スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏切りは韓国の国是   3月19日(水)


前回からの続きです。
前回は韓国人の人格は千年にも及ぶ血と涙の歴史的経緯によって業病となり、
ついに宿痾となって人格障害の韓国人を創った。日本人の常識では理解でき
ない韓国人の深層を知るために今回も韓国史を検証していきます。

前回「日本は負けを覚悟でロシアとの戦争を決意した」と書きました。今回
は少し韓国史を離れて日露戦争について考察してみます。

日本はロシアとは戦争はしたくなかった。日本の指導者は明治天皇をはじめ
として大臣や元老まで誰一人日本は勝つ見込みがないと考えていました。
こういうことを言うと「勝てない戦争をなぜやったか」と言われそうですが、
民族というものは、あるいは国家というものは、勝てないと分かっていても
戦うのです。逃げていてはその場では被害は少なくすみますが、結果精神の
中枢が崩壊していきます。

日本の恐怖は朝鮮半島へのロシアの膨張です。日本は崖淵に追い詰められた。
ロシアは三国干渉で日本から奪い取った遼東半島の突端に位置する旅順港に
小艦隊を派遣してきました。この時の明治政府の焦躁は目を覆わんばかり
でした。

日本がここで戦わなかったならば、真綿で首を絞められるようなことになり、
戦わずに降参することになります。そのとき明治天皇は「もう一度ロシアに
対して交渉してみよ、国民を犠牲にするわけにはいかない、」と言われま
した。

元老筆頭の伊藤博文は「ロシアは何回交渉しても日本を相手にしない。
それどころか満洲と朝鮮で軍隊を増強して、いずれ日本に攻撃をかけてき
ます」と申し上げています。

日露戦争は客観的に見ても大人と子供の戦争でした。ロシアの全兵力約300
万人に対して日本の兵力は約20万人、軍艦約60万トンに対して日本は26万
トンでした。ロシアにとって極東の小国である日本など恐れる必要は何も
なかった。

ロシアのクロパトキン大将は「ロシア軍は日本軍の3倍以上である。来る
べき戦争は単に軍事的散歩に過ぎない」といっています。

この当時の世界は地球の面積のほとんどを白人が支配しており、大多数の
有色人種は奴隷のような境遇に甘んじていたのです。有色人種の主権国家は
全世界で、日本、トルコ、タイ、エチオピアのたった4国しかなかったので
す。当時の世界情勢の過酷さがよくわかっていただけたとおもいます。この
状況下で有色人種である日本が世界の大国ロシアに真っ向から戦いを挑んだ
のです。世界の誰もが狂ったとしか思えないのは当然です。

当時ロシアは日本をアジアの遅れた民族としてしか見ていませんでした。
しかし日本人の文化はすでにロシアをはるかに凌駕していたのです。その
証拠に当時の日本国民の識字率は75%と欧米諸国より圧倒的に高かった。
だから複雑な兵器の取り扱い方法が紙の説明書による伝達が可能であった
ために、軍事訓練のスピードを上げる事が出来たのです。

一方ロシア側は、日露戦争で捕虜となったロシア人の中で自分の名前すら書
く事の出来ない者が過半数もいました。名前が書けても文章が読める人は
幹部クラスだけという現状でした。これは、貴族への教育制度しかない当時
の欧米の識字率の低さがもたらした当然の結果です。

逆にロシアの捕虜となった日本兵の書いた論文が欧米の新聞に紹介されると
一兵卒すら論文が書ける日本の文化度に欧米の識者は驚愕し、その後、貴族
中心の教育制度から、庶民を含めた教育制度への社会改革をもたらしたほど
でした。

これを見ても日本の文化度の高さは当時世界一だったといえます。つまり私
が言いたいのは、ロシアより圧倒的文化度の高い技術立国日本の勝利は歴史
の必然だったということです。

ロシアは戦況の逆転を目指してついに切り札であるバルチック艦隊を日本海
に派遣します。しかし戦闘が始まってわずか30分で大勢は決しました。
日本連合艦隊は一昼夜の戦闘で撃沈19隻、捕獲6隻の大勝利をあげました。
日本側は各艦とも軽傷で沈没は水雷艇3隻のみでした。その沈没した水雷艇
は味方同士の衝突事故です。まさに完勝でした。

世界の海戦史上たった一昼夜の戦闘で大艦隊が壊滅した例はこの日本海海戦
をおいて他にありません。このニュースに接した世界中の人々は驚愕しまし
た。日本をアジアの遅れた野蛮国と見ていたためにその驚きは天地を揺がし、
この日本の勝利にアジアの民衆は熱狂しました。

1902に天津で創刊された清國の「大公報」には黄色人種と白色人種との間
の優劣は天の定めだというふうに書かれています。アジアのほとんどの国は
白人の知能はアジア人よりはるかに上である、白人には永久に勝てないと
信じていたのです。それを日本人は日露戦争での勝利でひっくり返した、
人類の歴史はここから変わったのです。

日露戦争の勝利は有色人種が白人と同等になれた、同じ人間だと証明した
画期的な戦争でした。日本人はもっと誇りを持ってもいいと思います。

さて話を韓国に戻します。
高宗は次々にロシアへ朝鮮内の利権を売り渡し、もはや韓国はロシアの属国
になることは歴然としていました。だから日本は負けを覚悟でロシアに戦い
を挑んだのです。当時韓国にも真面目な人がおり、「一進会」を設立してロ
シア支配を避けるために日本に支援を求めています。

「一進会」は現状の高宗を中心にした両班(官僚)主導では韓国の独立維持
は困難であると訴えて、日露戦争への協力を申し出ています。一進会の会員
は約14万人もおり、生命の危険を感じた高宗はしぶしぶ一進会に従います。

近代化を目指していた一進会の圧力で高宗は日本と第一次日韓協約を結びま
す。ところが一方で日本と合意しながら高宗は日露戦争最中にロシアに密使
を送り、「日韓協約は一進会が勝手に結んだもので不当である」と訴えて
います。

この高宗の二枚舌にロシアは全く相手にしませんでした。この高宗の裏切り
行為は日本側に伝わり、日本は激怒します。日本と協約を結んでおきながら、
日本が必死で戦っているロシアと裏で手を握ろうとしたのです。

日本は日露戦争の勝利でロシアの韓国支配を排除しましたが、国際信義を全
く守らない高宗が実権をもつ韓国ではいつ再びロシアと手を結ぶか分かりま
せん。そこで第二次日韓協約(1905年)を締結して一進会の後押しもあり、
日本は韓国を保護国として、高宗の裏切りを避けるために外交権を把握しま
す。

ところが高宗は再び日本を裏切ります。彼は1907年ハーグの万国平和会議
に密使を送り、日韓協約の不当性を各国代表に訴えましたが、各国とも日本
の立場を理解しており、どの国も相手にしませんでした。

当時の韓国首相である李完用以下、閣僚全員が高宗の勝手な行動に激怒して
皇帝である高宗の退位を迫ります。暗殺を恐れた高宗はついに退位すること
になりました。

日清戦争の際も清と内通し、日露戦争時もロシアと手を結んでいた高宗の
度重なる裏切りに日本は、ほとほとこまりはてます。


(今回は長くなってしまい、申し訳ありません
この続きは次回にて)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

★★★★
『河野談話の見直しを求める国民運動について①』
杉田水脈 AJER2014.3.19
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23125963

現時点で、まだ署名が3万人ちょいとのことです。
(締切は3月末)

ご協力、お願いします!!

河野談話撤回の署名は集まりが悪いとは聞いていましたが、まだ3万人ですか……。

性的な事柄ですから、人に署名を頼み憎いのでしょうね。自分も人に頼んだ時に怪訝な顔をされてまいりました。

こんにちは

国際政治もとい「戦争」は「力学」です。

水が高所から低所に流れるのと同じように、戦争は「強い国」が「弱い国」に対して仕掛けるものです。その逆はありません。

現在、ウクライナとロシアが揉めていますが、ウクライナの立場からすればロシアとの開戦大義は100%整っていますけども、ウクライナが単独でロシアに戦争を仕掛けることはありません。なぜなら、ウクライナはロシアよりも「弱い」からです。だから、ロシアはウクライナが戦争できないと分かってて、軍をクリミアに進めました。

ウクライナ現政権の正統性などは関係なく、どう見てもロシアによるウクライナへの「侵略」です。ウクライナ現政権がクーデターという暴力で前政権をひっくり返そうが、それはウクライナの内政問題です。軍事的に圧倒的優勢を誇るロシアは当然ながら他のカードも切れたわけであり、戦争カードを切れないと分かっているウクライナとは決して対等ではありません。従って、ロシアの行為は「弱い者イジメ」なのです。

だがしかし、侵略だからといって「悪」でもない。なぜならば、ロシアにだって「国益(自国民保護を含む)」という大義名分があるからです。

国際政治はこのように「強きは正義なり、弱きはそれ自体が罪」なのです。


以上の理由から、『負けると分かっててする戦争』のことを「自衛戦争」と言います。

日露戦争当時、日本とロシアは国力・軍事力ともに「20倍」もの格差がありました。

まともな思考回路があれば、その日本がロシアに戦争を仕掛けるなどは「キチガイ沙汰」であり、殿の御乱心であれば、家来が殿を暗殺してでも戦争を回避するでしょう。

つまり、日露戦争は明らかに日本側の自衛戦争であり、スターリンが宣うようなロシア侵略ではありません。

侵略ならば、クリミアを占領した露軍、日本を占領した米軍のように、相手国を占領し、戦争責任などというイチャモンをつけて政府中枢の人間を処刑(粛清)するはずです。

ソ連からの独立を宣言したチェコスロバキアを、1968~1990年まで実に22年間も軍事占領して自由を奪ったソ連の行為こそが侵略です。


振り返って日露戦争では、陸軍力でまともにぶつかったら日本側に勝機はありませんでした。

だから、シベリア鉄道が完成してロシアの大軍が満州に結集してしまう前に「叩く」という理由で開戦し(映画「203高地」の中でも児玉源太郎が伊藤博文にそのように説明しています)、宣戦布告の2日前に旅順艦隊を攻撃したのは、小村寿太郎外相の言うように、『日本側の抗議に耳も傾けず着々と旅順の軍事拠点化を進めていた露国とは既に戦争状態である。宣戦布告があろうとなかろうと関係ない』のです。

米国のセオドア・ルーズベルト大統領(共和党)は日本の立場を支持しましたが、セオドアの甥っ子フランクリン・ルーズベルト大統領(民主党)は、宣戦布告前の真珠湾攻撃を日本による卑劣な騙し討ちだと批難しました。

要するに「都合」の問題であり、これも力学に基づいていますが、ロシア帝国のアジア侵略(南進)という強大なパワーに日米のパワーが対抗したのに対して、今度は米国というアジア侵出(西方膨張)を目論む強大なパワーに日本が対抗した、それだけのことです。

とどのつまり、日本はアジアを守るために孤軍奮闘しながらロシアや米国に対して「自衛戦争」を仕掛けたのです。

秋元康の五輪組織委員会理事の起用を中止する署名、拡散にご協力下さい
http://www.change.org/ja/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3/no-to-yasushi-akimoto

視点が違えば違くなる

>ウクライナ現政権の正統性などは関係なく、どう見てもロシアによるウクライナへの「侵略」です。ウクライナ現政権がクーデターという暴力で前政権をひっくり返そうが、それはウクライナの内政問題です。軍事的に圧倒的優勢を誇るロシアは当然ながら他のカードも切れたわけであり、戦争カードを切れないと分かっているウクライナとは決して対等ではありません。従って、ロシアの行為は「弱い者イジメ」なのです。

そうですか?どちらが先って、EU加盟を希望する勢力にウクライナの大統領が追い出されたのがきっかけですよね。
外部から後押しした連中がいるのは確か・・・
過去に中東で起きた数々の事象と同じだと思います。
ウクライナがぐちゃぐちゃになって、喜ぶのは誰か?
ロシアのプーチンは、クリミア以外は、併合しないと言っています。欧米はそれも許さないと言っているようだが・・・
結局、弱小国は、ワンワールドを目指す勢力に破壊される。

ウクライナへの覇権

米国、ロシアともウクライナへの覇権など考えてはいないと思います。
仕掛けるなら こっちも仕掛けるよ  のような考えだと。
米国にとってウクライナがどうなろうと直接的な関係はありません。
米国(に隠れた金欲主義者)が仕掛けたのは、民主主義など全く関係なく、その深層にあるのは、エネルギー と 武器輸出だと思います。
米国(に付随する輩)が、そこまでやるのであれば、ロシアも自国の経済的不利益をも犠牲にしてクリミア、ウクライナ東部も編入を狙っているのかと 思います。 これは、軍事力、経済力を背景にした大国同士の戦争です。 しかしこれによって利益を得るのは、いまのところおそらく米国です。 シェールガス、武器輸出が促進されますから。

朝鮮との腐れ縁

暫く続いている日本の歴史と半島のかかわり及び朝鮮の出来事、朝鮮の動きなどの説明ですが、結局は日本の安全保障に対して無自覚、無能な朝鮮と止むをえず関わらざるを得ず半島に進出した日本の因縁話のようなものでしょうか。

欧米列強の植民地支配に危機感を持ち明治維新を起し急速に近代化し、富国強兵政策を行った日本が単独で日本国内だけで国防を全う出来るのであれば半島進出もなかった可能性は高いでしょうが、支那の属国で欧米に蚕食される支那に事大する両班が支配する朝鮮は国家ではなく朝鮮王朝の無事のみが重大事であり、そこからの思考が支那へ諂い、ロシアが強いと思えばロシアにすり寄るそんな事大主義そのものの李氏の王朝でした。

つまり時代的に日本にとり朝鮮は地理的にも支配層である為政者にも無関心でいることが出来ないものでした。
そこでの干渉は云わば日本の自衛の問題でしょう。
それが否定的にばかり捉えられる歴史解釈は公平ではありません。

現在、韓国が大統領自ら、与党自ら反日活動をエスカレートさせているのは自らの恨(ハン)の染み付いた歴史をカタルシスさせるかのような意味合いもあり、日本の進出を否定する所から出発しているのではないかと思います。

そもそも朝鮮が恨むべきは支那である筈がそこに交錯が起こるのは中華思想、儒教などが染み付いているからとも思えます。

そのような相手ですから自らの自尊心を保つためにも日本を責めることでは事実であるとか、作り話であるとかは関係はないのでしょう。
ここで一番まずいのは日本自身がそ韓国の主張に配慮してしまったことです。
もうすっかり噓と分っている『河野談話』ですが、それさえ今の政府は破棄等出来ません。
それが実質的に生きている以上、韓国が世界中で行なっている日本侮蔑行動にどう日本は反論出来るのか。
せいぜい、日本側は日韓関係は日韓基本条約で解決済みとしか言えないのでしょうか。

『河野談話撤回の署名』の集まりが悪いというのは一般の日本国民の無関心さであるとか、談話の信憑性の判定が出来ないことであるとか、日韓関係がうまくいかない原因であるという理解であるとか、マスコミ報道などから署名への積極的動きがないのではないかと思います。
今回が不調でもこれは日本中に広く広め、長期戦で向き合うべきで諦めてはいけないことだと思います。
何故なら諸悪の根源がここにあるからです。


左翼(在日)の河野洋平応援
http://d.hatena.ne.jp/kounodanwawomamorukai/

http://blogs.yahoo.co.jp/kounodanwawomamoru


河野談話破棄署名運動
http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/7585712.html

コメント欄のコメント長すぎ。

コメント欄のコメントが長すぎて辟易。

もっと簡潔に、もっとストレートにコメントしよう。

ウクライナやら国際情勢、どうなってるんだよ。
JPも、おかしい。子供がやられちゃって。
ちりちゃんです。歌、訊きましょ。


http://www.youtube.com/watch?v=EYm9hSRMfuE


http://www.youtube.com/watch?v=zh67_2IIqb4


http://www.youtube.com/watch?v=8iuYxdXFPbc

今日、UPするのやめた。私うそつきです。
来週月火に、気が向いたら出します。
今の気持は、国家斉唱!
国家、国ってナンなんだ?
あと約一週間、私の気持ちを熟成させたい。
です。

-----
P.S.昨年のアメの旅行
ホテルにあった、たなびくアメの旗が
あたり前で、かっこよかった。
風強くて、旗オトは忘れない。

P.S.2
ハンジマのやりとりNEWSは、ムシ。

P.S.3
コメ長くてもいいんじゃないのかな。
頭で、「私はxxです。」っていってれば、
携帯から見てる場合は飛ばすから。
PCから見てる場合は、長コメ気にならない。
電車の中で、携帯で長コメみてると、ほんとむかつきます。
最初に名前だしてくれると、スキップします。

アメリカにいる中高生が、韓国の慰安婦像の宣伝でイジメにあっているそうですが、慰安婦像を建てている本当の理由を教えてあげればイジメでめげることはなくなるだろうと思います。

慰安婦像を建てている韓国系アメリカ人の代表に、慰安婦像の下に刻まれている、20万人の女性を性奴隷にしたというのはねつ造だと抗議すると、日本政府が認めたものだ、謝罪してもっと金を出せと言うそうです。

河野談話には、20万人の女性を性奴隷にしたなどとは書かれていませんから、いい加減なものです。

因縁をつけてきたので、下手に出たら図に乗って、ゆすりたかりにエスカレートしてきた構図ですが、慰安婦像作りたがる本当の理由を教え、広げれば、慰安婦像は撤去すべきものというよりは、むしろゆするたかりの証拠になります。

こちらのブログは韓国人の反日のルーツをわかりやすく説明していますので、アメリカに居る日本の方へ教えてある方法はないでしょうか。
高校生ならばこちらのブログは理解できるでしょうから、内容を暗記して、韓国が反日である理由を知っているかと、何も知らないアメリカの中高生やアメリカ人に教えたらよかろうとおもいます。

安倍内閣は、河野談話を引き継ぐと言っていますが、最初は、「しょうがねな~」と思いましたが、よく考えるとなかなか大人の対応で、否定すれば輪をかけて批判してくるところでしょうが、それができずパク大統領も困っていることでしょう。いくら日本批判をしたところで、一銭も金が出てこないので当てが外れたことでしょう。

この際、河野談話は、韓国の事情に配慮して、事実無根を承知で出したものであると居直ったほうが良いでしょう。
それを鬼の首でも取ったたように喜んで、調子に乗ってゆすりたかりの材料にするのは民度の低さを表すことだと世界に向けて宣伝するのが良いと思います。

河野談話は、撤回するよりは韓国の歴史観の批判材料に利用すべきです。
我々は、あなた方韓国の本当の歴史を知っていますよ。
世界に向かって知らせましょうか。日韓併合までは、貨幣のない時代が500年も続いたのだというようなことを知ったならば、世界はどのように韓国をみるでしょうかね、と韓国に対して言うきかけに、河野談話は利用すべきでしょう。

こんにちは

>そうですか?どちらが先って、EU加盟を希望する勢力にウクライナの大統領が追い出されたのがきっかけですよね。
外部から後押しした連中がいるのは確か・・・
過去に中東で起きた数々の事象と同じだと思います。


そのようなことを言い出すとキリがありませんよ。

ロマノフ王朝を暴力でひっくり返したソ連の系譜であるロシア、ウクライナの親露派のデモにはソ連の国旗を掲げていた奴までいました。もっと言えば徳川幕府を実力で潰した明治政府もクーデター政府です。

それらの正統性を問われたら、現在の日本さえ正統性がなくなる。

暴力革命なんて世界じゃ日常茶飯事です。

最近じゃ南スーダンやタイでクーデターがありましたが、南スーダンのクーデター軍はもろに支那製の武器使ってましたけど、それに対して国際社会はどうしましかね?


正統性の問題は単なる東西のプロガンダ合戦にすぎず、要は『どっちに味方すればより利益があるか?』、それしかありません。


ダブルスタンダードやトリプルスタンダードなんて国際政治じゃ当たり前なのだから、どちら一方に「大義」を見れば、それ以外は全て「悪」になり、最終的には自分自身にブーメランとなって跳ね返ってきます。

「クーデターは悪」だなんてキレイゴトを言ってたら、世界の半分は敵に回すことになります。

アメリカがきな臭い

最近のアメリカは、安倍首相の靖国参拝を非難したり、慰安婦問題についての日本の検証に圧力を掛けたり、何かときな臭い。
アメリカにルーズベルトが現れるまでに、核武装とメタンハイドレードの開発を急ぐべきではないだろうか。

アメリカがきな臭い...同感

 ご指摘の....意見  同感です。
 米国の戦略が何故変わっていくのか..不安ですが。
 多極時代の戦略に果たして米国は生き残れるか..不安です。

ウクライナクーデターは英米資本の謀略

  皆さんこんにちは、ソロです。

 ウクライナ情勢が一向に終息しませんが、原因が英米側にあるのは明白。 ロシアとウクライナの関係は、いわばCIS内の話なのに、何故、英米が口出しをするんでしょうね? その訳が、ウクライナの政変を仕組んだのが米国だからと云うのは見え見えです。 確かにウクライナの大統領がロシア人と云う構図そのものが可笑しいと云えば、そうかもしれませんが、大統領を選挙で選んだのはウクライナ国民の筈ですよね。 アメリカはその選択の帰趨には、全く関係が無いでしょう。

 その裏側には、宣伝過剰でガス価格が下落し、採算面が危機的になった米国のシェールガスの問題があると私は思います。

 生産が軌道に乗るまで、もっと穏やかに宣伝するべきだったのに、イキナリ、米国のアラブからの輸入がゼロになるような話をするから、存在の危機すら感じた石油産出国は少なくなかったに違いない。 当然、何らかの工作を仕掛けているでしょう。

 それは、ガス価格及び原油価格を上昇させる方向に働かねば意味が無いワケで、すると、戦争の二文字が浮かびますね。

 然し、米国も相手を見て喧嘩を売るべきだと思います。

 ソ連時代のウクライナは、核ミサイルを初めとする武器の集積場の観があるそうです。 現在でも数百両に及ぶ戦車がスクラップ同然の状態で放置されているそうですし、発射可能な数百発の核ミサイルも領内に放置されているそうです。

 此処をEUが取り込み、延いては米国が支配下に治めるつもりなら、ウクライナを調略すればよいと云う答えが出ます。 今回のウクライナクーデターは、実質米国の「銃弾無き侵略」であるのは言うまでもなく、ロシアにとってはまさに危急存亡の秋だったわけです。

 明らかに自分達の利益の為に、ややもすれば戦争になる位のお膳立てをして来たのに、厚顔にも、その流れを全て相手の所為にするやり方は、かつて日本相手にも用いた手法である事はお気づきだと思います。 ロシアが此処でクリミアへ軍隊を侵攻させて、何か事件が起こっただけで、紛争化する大義名分を主張するというシナリオでしょう。 

 大量のシェールガスの発見で、ガスや石油の供給源が一時的に増えすぎたが故に、価格下落~事業破綻の危機を回避したい英米国際資本が描いた絵だと思いますね。 ロシアによってEUのガス・原油の供給が止まれば、米国はEUに向けに余ったシェールガスを回し、EUのエネルギーの主たる供給元になれると言う事です。 世界の腹黒さが目立つ話です。

ウクライナ人は穀倉地帯の中で死んで行った

ウクライナ人は、穀倉地帯の真ん中で飢え死にしていった父母や、祖父母の無念さを忘れる事なかれ。

日本の朝鮮統治

1926年は日本が朝鮮を併合して10年後です。その年に、イギリス生まれのアレン・アイルランド(1871-1951)が「The New Korea」という本を書いています。

彼は多くの植民地を自分の目で見、研究した学者です。日本の朝鮮統治に関しても「私自身が朝鮮で見たことや、公的・私的両方の出版物で読んだこと、そして私が訪れた際に半島に住んでいた様々な人々―日本人・朝鮮人・外国人―との議論などから導かれたものである」と書いている。

その本は、朝鮮総督府の公的な資料を元に書かれており、日本の朝鮮統治がどのようなものであったかを知る上で第一級の書物です。第1章の序論では次のように書かれています。

日本による併合
端的に言って、この併合は日本の決断を反映したものである。すなわち、かって朝鮮の宗主国であった中国が、再びその権利を主張し行動に移すことを未然に防ぐためであり、またロシアに対しては、弱体化し無能で腐敗した支配者(李王朝)の手からこの国を奪い取ろうとする衝動を・・・・前もって封じ込めようというものであった。併合以降の出来事を見るに、日本は朝鮮を自らの帝国の一部に編入し、その永久支配を国家政策の中枢に据え、どのような犠牲を払っても内乱や諸外国の陰謀から守り続けようとしていることだ。

そして次の言葉で序論を結んでいます。

「私は3年以上に亘りこうした資料をもとに研究しその結果を本書に記したのであるが、私が至った結論というのは次の通りである。

今日の朝鮮は李王朝時代とは比べ物にならないくらい良く統治されており、また多くの他の独立国と比較してもその統治は優れている。

すなわち、私がこれまで訊ね歩いたイギリス、アメリカ、フランス、オランダ、ポルトガル領のいずれの植民地も良く統治されていたが、その多くの植民地よりも、(日本の朝鮮統治は)政府の行政手腕のみならず、民衆の文化的経済的発展においても優れているのである。」

本は英語と日本語の併記で書かれており、日本だけでなく世界の多くの人々に読んでいただきたいと思います。

日本の歴史研究家を含め、多くの近現代歴史家たちは何故か真実から目をそらしているのではないでしょうか。歴史研究家として恥ずかしいと思わないのでしょうか。

訂正です

1926年は日韓併合から16年後の間違いです。

2016年、米軍撤退でアジアの大混乱が始まる――日高義樹のワシントン情報 2014年3月13日

アメリカ軍はアジアからすべて引きあげる
アメリカは2014年以降、本格的にアジアから引きあげる。
すでに述べたように、沖縄からグアム島に海兵隊が移動し、
日本にアメリカの基地はあっても、アメリカ軍がまったくいない状況になる。
アメリカ第七艦隊が横須賀や沖縄に基地を持っているが、海軍というのは、
孤立主義の象徴と言ってもよく、基本的にはアメリカ本土から出撃する体制をとる。
海軍力の日本における存在は軍事的には無視される。2016年、アメリカ陸軍部隊は
完全に韓国から撤兵する。アメリカ軍はアジアからすべて引きあげることになるのである。
アジアを取り巻く西太平洋、日本海から南シナ海、インド洋からペルシャ湾に至る広大な海域は、
アメリカの戦力地域からはずされることになる。
その結果、アジアにおいて、これまで予想しなかったような大動乱が起きると予測される。

台湾が危ない

記事と無関係で恐縮ですが、
いよいよ中国が本気で台湾を取りに来てるようですね。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51921847.html

見解の違いでそうなっているだけの話。

陰謀はこうやって生まれるんだな。納得

戦後世界は国際連合軍の陰謀の歴史

 お早うございます。 ソロです。 

 ↑に既に紹介されている方がいらっしゃいますが、シナ共に都合の悪い報道は蓋をするマスコミは報じて居ませんが、台湾の馬総統が、僅か9%の支持しかされて居ない、亡国法案を強行に採択。 是を知った学生を主とする国民が、国会に乗り込み占拠して抗議して居ます、その数、現在2万人。

 この事態で肝要なのは、昔日の2.28事件の再発と成らない様、世界は此の事件に注目し、共産シナの陰謀を暴き出して、米国共和党を中心とした世界世論でその暴挙を撤回、沈静化させる様、影響力を行使すると云う事です。 惨劇を繰り返す様なら、オバマ政権の犯罪とも言うべき事象です、ノーベル賞が泣きますね。

 然し、戦後世界で戦争や紛争を惹き起し得ている国家を挙げて行くと、米国、英国、ロシア、中国、フランスって、第二次世界大戦の戦勝国を名乗るモノばかりじゃないですか、是等の国々の利益を護る事が即ち、国連の存在意義なのですが、起こって居る戦争・紛争は、此の国家群の既得権益を護る為、若しくは、相互の権益争いにしか過ぎません。

 すると国連って、平和の為に在るのでは無く戦争を煽りたてる為に在るのではないかとすら思えますね。

 脱線しました。 

 今回の事態で恐ろしいのは、馬総統の出自が温州である事、そして、温州は歴史的反日の中枢であり、台湾国民党や米国資本との密接な結びつきが、昔から固い事です。 そして、共産シナ内部は、既に四分五裂状態ですが、一番兵力が有るのが広東、一番金を持って居るのが温州が有る江蘇勢力でしょう。 シナ人が金に靡く民族だと言う事は、言わずもがなですから、今度の事態を招いたのも、温州勢力が背景に居るからでしょう。

 ロシアと米国の対立で、日本が難しい立場に立たされている此の時に、台湾を「乗っ取り」を容認するが如き法案を強行採択した馬は、明らかに米中合作を企図する温州勢力の手先であるののは明らかな事です。

 安倍政権に、米ロ対立、朝鮮の拉致問題に続き、更に難しい選択を含む問題に直面させられる契機が発生したと言うべきです。

 然し、台湾民衆は、東北大震災の時に、米軍と並び真っ先に救助の意志を表明、行動を起こしてくれた人々です。 我々民間人が出来る事をしたいですね。

 台湾民衆を見捨てるな! と声を大にしたいです。

狂っている韓国?

韓国で甲状腺癌患者が増加しているようです。しかし、その対応が奇抜です。「自覚症状のない人は癌検査を受けないように」と高麗大学の保健大学院長が言っています。????としか考えられません。

韓国で甲状腺癌が急増、チェルノブイリ原発事故発生地の3倍

韓国の甲状腺癌が増加の一途を辿っている。
報道によると、甲状腺癌は4万人を超え、全ガン発生率のうち1位となった。甲状腺癌は毎年23.7%増加し、癌の平均発生率3.6%を大きく上回った。これはチェルノブイリ原発事故の現場地域より3倍多いレベルだという。19日、韓国KBS放送が報じた。

これに対して、高麗大学の保健大学院長は「自覚症状のない人は甲状腺癌の検診をやめるべき」と提言している。韓国では甲状腺癌のせいで医療費が増加していること、甲状腺癌は患者の自覚症状が出てから手術しても、90%が生存できるため、早期の検診やめるべきとしている。

韓国では甲状腺癌の手術を受けた人のうち7.3%ほどが副甲状腺機能低下症や声帯麻痺になっている。さらに韓国の医療界の一部では、甲状腺の超音波検査を中止することまで主張が始まっており、韓国は甲状腺ガンの検査そのものをやめる可能性が出てきている。

韓国を護り日本を毀す勢力に鉄槌を

>にっぽんじんさん、ソロです。
>>韓国は甲状腺ガンの検査そのものをやめる可能性が出てきている。
 それって、端に医療費の問題何でしょうかね、それとも、ソウルのセシウム濃度が東京の5倍もある事を知ったからなのでしょうか、どちらでしょう?

 半島は、明らかに放射線汚染地域ですが、その原因は勿論、蓄積の影響が主でしょうね。

 第一に、共産シナが過去ゴビ砂漠で43回も行った核実験ですが、その裡の大気中核爆発で生じた放射性物質で汚染された煤塵は、当然、日本にも飛来して来ていますが、降下煤塵の到達・拡散式から云えば、拠り距離の近い方が降炭量も放射線濃度も高いでしょう。 

 こんな事が予め判って居たとしても、相手が千年に亘って「ご主人様」だった中国ですから、文句は言えませんよね。 同じ汚染被害国である日本は、また別の理由で口を噤む他は無かったのですが、其れは、別の機会に致します。 

 近年話題ののPM2.5の元である石炭ですが、シナ産のモノには、ウラニウム汚染されたものが多く、燃やせば放射線で汚染された煤塵が、気流に乗って飛来する事になって終います。 是も、重大な汚染源だと言えましょう。 更に、次期冬季オリンピック開催地の平昌ですが、この地域は、世界に幾つか存在する天然の放射線過剰地域で知られて居ます。 更に、半島南部の海岸線の霊光、古里に作った原発6基が、一昨年拠り、数次に亘り補助機械の重大故障により、メルトダゥン、若しくはその直前に至り、現在休止中ですが、彼等が正直な申告をする筈が無い事は、朝鮮族の日頃、是までの言動から云って、自分達にとって都合の悪い話を進んで告白する様な良心は全く期待出来ない処から、実情の汚染度は報告の数倍以上と考えるべきでしょう。

 是だけネガティブな原因材料が揃っているのですから、韓国国民に放射線病の症候群に入る甲状腺がんが異常に多くても全く不思議ではありません。 訊けば、チェルノブイリの3倍の発症率なのですから、半島は既にチェルノブイリの数倍汚染されて居る可能性を疑うべきでしょうね。

 この事実を知りながら、何一つ伝えないマスコミ、そして、福一原発をチェルノブイリに数百倍汚染されていると宣う元総理がいるのが、日本です。 風評被害で人生をめちゃくちゃにされている人が大勢いる事を考えれば、公的立場を利用した虚偽の流布で外患誘致罪を適用して死刑にすべきだと思います。

丹沢山です
外患誘致在罪というのを、避難を強制されている福島の人たちに教えて、訴訟を起こしてもらうのが良いですね。

札幌医科大の高田教授が、2011年4月の時点で調べた20圏内の放射線レベルは健康に問題のあるレベルではないことを報告しています。
避難しないでそのまま仕事を続けている畜産農家もあるそうです。

世界の平均的自然放射線量以下のレベルを設定して、いまだに帰郷できないようにしていることは政治上の問題。責任者は断罪すべきです。
訴訟が起こされれば、政府も動かざるを得ないでしょうから、避難を強制されている人たちは立ち上がってもらいたいものです。

ハイエクは、専門家の考えが幅をきかせると、国民の自由が束縛されてくると言っているそうですが、福島の人たちが帰郷できないのも、原発が稼働できないのもその事例でしょう。
安倍首相は、専門家に任せると言っていますが、それは政治は責任を取りませんと言っていることと同じ。国民の自由を確保することこそ政治の仕事であろうに。

原発事故の見直し、マスゴミ批判を始めよう

>丹沢山さん、ソロです。
 日本の屑マスコミは、私が挙げた韓国の甲状腺癌の増加原因の3つ目にある、霊光、古里2原発での合計6基にも及ぶ原発停止原因の事実をとことん無視しに懸って来ましたが、その原因の主たるは、「純正部品の証明」であり、公私の別は判りませんが、その不正行為の正体は「文書の偽造」ですから、あちこちで同じ様にやったと考えるのが普通です。 すると、他の稼働中の原発にも、操業上の危険が在る事は、言わずもがなの事でしょう。 

 マスコミが流している「放射能情報」には、この様に、大きな[不作為」に拠って隠蔽されている情報がある事を、先ず、日本国民に周知させねばなりません。

 日本のエネルギー施策をネガティブな宣伝で葬り去り、一等危険な韓国原発が生産した電力を買いこもうと言う、明らかな売国発言をしていた、小沢鋭治とか言う、東北選出の国会議員がいた様に記憶して居ます。 彼は民主党が凋落し始めると、さっさと日本維新の会へ鞍替えを表明、認められて居ますね。

 是等、マスゴミのいい加減な情報に振り回されない為には、放射線被ばく量の限界を初めとする、現象を数値的に押さえておく必要がありますが、実は限界自体「判らない」が正解です。 

 以前ここで紹介した「ラムサールの真実」と云う文献では、ラムサールと云う、水鳥の生態保護の条約名にもなっているカスピ海の南岸のイラン領内に、温泉地がありますが、自然界に常在する放射線強度が異常に高い地域で日本の24倍に当る260mGy=260mSv/年と云う数値を記録して居ます。 なのに、住民の死因統計には癌の発生の偏りが余り見られず、寧ろ肺がんの発生率は他の地域よりも低い事が判って居ます。 是は、自然に存在する放射線の種類が、核実験の様な人工的な発生原因のモノと、やや違うと言う処に起因しているという説もありますが、納得できる説明では無く確定して居ません。 然し、日常の食事に拠っても、本人の基礎的な感受性に拠っても違いが出てくると云うのが、公式的な見解でしょう。

 「絶対に危険」と云う観点なら、10Sv=10,000mSv/日辺りではないかと言われて居ますが、是は、噴出した放射線を直接浴びた、ウラニウム蒸気を吸引した状態に等しいモノで、実例では、昔、東海村で業者が、バケツで濃縮ウランを扱い、「バケツ臨界」を起こして、作業員が被ばく~死亡に至ったケースのレベルです。

 良く、チェルノブイリの被曝状態が例に挙げられますが、
私は下記に紹介する説明が最も当を得ていると思っております。
 (「ことバンク」より引用開始)
 チェルノブイリと福島はよく比較されますが、大きな違いがあります。

 チェルノブイリは運転中の原子炉自体が爆発し、ありとあらゆる放射性物質が外部に飛び出しました。福島は原子炉とそれを取り囲む格納容器は残っており、格納容器を覆う原子炉建屋が水素爆発によって破損しました。

 少し工学的になりますが、日本の原発は、核分裂してエネルギーを生む燃料を原子炉の中に閉じ込め、それを格納容器が取り囲み、さらに外側を原子炉建屋で覆うという構造になっています。チェルノブイリは格納容器がなく、爆発した原子炉を閉じ込める機能の一つがなかったのです。

  チェルノブイリでは、牛乳などに対する規制が遅れ、多くの子供たちが10シーベルト(10,000ミリシーベルト)以上といった莫大な線量を甲状腺に浴びてしまいました。

 当初、事故そのもが隠され、計画的な避難や、放射性物質に汚染された食品や牛乳の摂取制限も実際には行われなかったのです。避難するべき場所でも、住民は日頃と変わらぬ生活を続けていました。事故は1986年4月26日に起きましたが、1986年5月1日のメーデーでは放射性物質が出ているのに、多くの人が街頭行進をしています。政府は食の安全を確保したと言いながらも、村々では日頃と同じものを食べる暮らしが続いていたのです。

  一方、福島では、事故直後から、避難や牛乳などの食品に対する規制が行われました。そのため、半減期が8日と短く、’初動’対応が大事なヨウ素についても、被害は最小限に食い止められました。実際、福島の1,000名を超える子供たちを対象に甲状腺の被ばく量を測定した結果、最大でも35ミリシーベルトに留まることがわかっています。チェルノブイリの被ばく量とはケタが3つ違いますし、甲状腺の被ばく量として、50ミリシーベルト以下ではがんは増えていません。「福島で甲状腺がんが増えることはない」と言えるでしょう。

  放射性ヨウ素はほぼ甲状腺だけに被ばくを与えますが、チェルノブイリでのセシウムによる全身の被ばく量は、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されています。

  しかし、セシウムによる発がんは、25年以上経過した現在まで確認されていません。福島では、セシウムによる被ばくもはるかに少なくなっていますから、どんながんも増えることはないでしょう。
(引用以上)
  福一、チェルノブイリ、広島の被曝量を比較すると、広島を1とした場合、福一=82 チェルノブイリ=400 です、是は爆弾の核分裂が一瞬にして起こった事象であるのに対し、原子炉のそれは、連続的で、長時間続いた事の差でしょう。 拠って、ばら撒かれる放射性物質の種類も量も、爆弾と黒鉛炉と軽水炉では違うのが当たり前です。 そんな中、チェルノブイリでの半減期6日の放射性ヨウ素を原因とする甲状腺癌が問題になって居ますが、日本では、原因と成りそうな措置はとられて居ません。

 そしてセシウムは、25年経った今でも発がん例は報告されて居ないのです。 

 是では、騒ぐ方がオカシイ事が判りますね。 其れに、通常ならもれない構造になっている原子炉を吹き飛ばした水素爆発を誘引したのは、時の総理大臣である管直人でしょう。 何故彼が、職権を乱用して水素放蒸を止め、爆発に至らしめた責任を問われないのか不思議です。

 マスコミがオカシイ点を指摘し様と思えば、幾らでもあります。 我々が其処を突き止め、裁判をやり直させて、厳罰に処す事は絶対必要な事だと思います。

丹沢山です
現代の悪魔はマスコミに棲んでいると言います。
悪魔の目的は、自分の頭で考えることを放棄させることでしょう。

司法も立法も行政もコントロールする第4権力のマスコミがもたらすものが現代の最大の問題です。憲法にマスコミを規制するものがないことが原因でしょう。

悪魔は昔より、常識的な考え方でささやきかけてきます。
その常識に従うと一人ひとりの自由が奪われるようなことにはなりはしないか。

韓国もどうにもならない常識を変えることができず、今日の苦境を迎えていると思われます。
現在のロシアの行動は主権の侵害であるというような見解も常識からくるのでしょう。
日本も自虐史観が常識になり、様々な弊害が生まれていると思います。
放射能はとにかく危険というのも常識にされ、責任を取りたくない者は常識に従う。即ち思考停止。

失敗は隠す、これも常識でしょうか(笑い)

天動説はいつの時代にもあり、地動説を唱える智慧と勇気が時代を変える力だと考えます。





安倍総理が日本国のことを本当に好きなのはわかる。
できれば日本国の1/10でいいから日本国民のことも好きでいてくれたらなあ。

中国のプロパガンダに対抗せよ

下記は21日の報道です。中国は「事実の中に嘘を混ぜて」、嘘を正当化しようと世界に拡散しています。中国のプロパガンダ戦略は実に巧みです。それに比べると日本の発信力は弱く、いつも負けています。このままでは尖閣諸島が「クリミア半島」となります。その時に世界の世論がどちらに味方をするでしょうか。

中国のプロパガンダに対抗する手段がないことはありません。外務省が作成した「外務省が世界に発信する 尖閣諸島に関する動画」の海外テレビ放映です。NHKは海外放送を行っています。それを利用し、海外に日本の立場を放映し続ければ、多くの海外の人も理解するだろうと思います。

下記の動画は日本語版ですが、英語版もあると思います。日本政府とNHKが協力すれば可能なはずです。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=t78GO7efdYM

「映画「魚釣島の真実」ハリウッドで公開 日本批判で描かれる」

日本と中国の間で外交争議となっている尖閣諸島問題を取り上げたドキュメンタリー映画が米国カリフォルニアで公開された。監督はハリウッドで活躍する作家で映画監督のクリス・D・ネーブ氏。映画は、同問題の起因は第二次世界大戦時の米国の施政権にあるとし、日本は戦争犯罪を中国に謝罪するよう主張している。インターネットメディア、GBタイムスが伝えた。

巷に溢れる反日プロパガンダに毅然と処しましょう

>丹沢山さん、ソロです。
>>天動説はいつの時代にもあり、地動説を唱える智慧と勇気が時代を変える力
 蓋し正論ですね。 現在の日本を覆っている戦後の既得権者が、「戦争利得者」で括れる集団である事を考えれば、是が天動説に当たる事は明白な事実。 其れに対して、「在るべき国家の姿」への回帰こそ、地動説に他ならない。

 安倍首相が昨年末行った靖国参拝で、米現政権の本音が判ったが、その表現が「失望した」であった。 真綿に包んだ様な曖昧さを持って居た事は、民主党政権以外の勢力には、日本の行動を支持している勢力が、同数以上いる事を暗示して居たと考えるべきだと思っていたが、その予測は当たった。

 知日派50人の上院議員で作った集団から、「米国政府は、日本の靖国参拝に口出すすべきではない」「極東の近朝状態の出来の原因は、主に、中国の軍拡にある。 随って、平和維持を真に望むのなら、融和的態度を日本に求めるのでは無く、韓国と中国に求めるべき時期にある」「是以上、一方的な譲歩を日本に迫る事は、米国に対する失望感を煽るだけの結果になりかねない」と言う声明を出している。 (「産経新聞」)

 更に
(神奈川新聞 3月23日(日)13時0分配信寄り引用)
 米政府が今月4日に示した安全保障戦略の指針「4年ごとの国防戦略見直し(QDR)」で、アジア重視戦略を堅持する姿勢が示された。軍事的台頭を続ける中国をけん制していく狙いで、神奈川の米軍基地を含む太平洋方面の拠点も、相対的に重要性を増すことになりそうだ。ただ巨額の財政赤字を背景に、戦力の質や配備先にメリハリをつける傾向も加速している。2期目のオバマ政権下では、米国は中国との融和路線に向かうとの見方もあり、安倍晋三首相が集団的自衛権の行使容認を目指す日本の防衛政策にも影響を与えそうだ。
(中略)
  新鋭装備を太平洋方面に優先配備する動きも続いてはいる。QDRでは中国に関し、「接近阻止・領域拒否(A2AD)」戦略で米国の軍事力への対抗を追求していると指摘。2020年までに海軍戦力の60%を太平洋に配置する方針をあらためて強調し、「日本での重要な海軍のプレゼンスの強化」と、踏み込んだ記述も盛り込んだ。第7艦隊と関係の深い海上自衛隊の協力への期待がにじむ。
だが、米国防予算の制約は今後も続くとみられる。

 空母の11隻態勢は維持する方針だが、レーガンと交代して本国に戻るGWの今後には不透明感が漂う。予算の制約を背景に、予定される大規模修繕を施さず、そのまま退役させる構想があるためだ。「予算の強制削減が来年も続けば退役は不可避」。ヘーゲル国防長官は2月の予算方針説明会見で懸念をみせた。

 海軍は高速航行のできる新鋭の沿海域戦闘艦(LSC)を18年にも佐世保に配備する方針だが、今回の予算ではLSC全体の調達計画は当初の52隻から32隻に大きく減った。空軍は旧型機を退役させ、浮いた費用を近代化に充てる。陸軍は兵力を第2次大戦以後の最小規模にまで減らす。
(引用終わり)
 詰まり、米国の国防費削減は、陸軍兵力中心で行われるが、海軍力は逆に増強しなくてはならない情況に在る。

 其処で米国は、日本に太平洋防衛に関して維持拡大すべき米国の軍事プレゼンスの削減部分を肩代わりし、且、部分的には、独自の守備範囲として拡大しなくてはならないと言う事でしょう。 

 勿論、是等の軍事計画は、端からシナとの戦争や韓国の離反を想定したものではないけれど、そうした流動的な成分にも十分対応すべきなのは言うまでも無い。

 その部分についての具体的なプランは、現在空白であるが、其れは詰まり、米国は日本が韓国抜きでその部分をカヴァーする形を求めている様に思います。

 QDRと云う4年毎に防衛力を見直す(Quadrenewal Defence Review) 米政府のしきたりで、次期QDRが画くする防衛範囲の中に、果たして朝鮮半島が入って居るだろうかと云う問題こそ、是からの焦眉の的の筈で、韓国の抵抗が必然である事を鑑みれば、現状の日韓の不仲が、米国自身の極東防衛コストのスムーズな削減の障害になりはしないかと危ぶんだのが、オバマ政権の本当の処ではないか? 

 然し、日韓の言い分を公平に訊いていれば、韓国の言い分には、証拠も無く、蓋然性も薄く、全く理が無い事、韓国は日韓基本条約と云う40年以上も前に結ばれた2国間協定すら履行し様としないで、謝罪と賠償を蒸し返しているダケで在る事、この韓国の意見を米国がいちいち取り上げて居ては、此の問題を解決する事は永遠にあり得ない事である、と云う意見が、米国内部からも上がり始めたと言う事です。

 韓国は抗議が受け容れられないのなら、シナ側に着く姿勢を見せている様ですが、擦り寄られる当のシナ共産党は、習政権が、究極親米である事で命脈を保っている事を鑑みれば、有難迷惑でしかない。 何れ、「絶交」を申し渡されるに違いない。

 韓国は既にしゃぶり尽くされた魚の骨の様な状態で、既に、国家としての機能が十全には働く状態ではない。 崩壊の最終章が始まったシナ同様、こちらも、今更復活の道を歩むことはあり得ないでしょう。

 安倍政権は、移民20万人と云った馬鹿な、経団連の要求を一応は「検討する」と約したが、外国人労働者の「輸入」は、単なる「貧乏」の輸入に他ならないのは、日本の給与体系が、悉皆平等を理想として造られたものだからです。 すると、折角デフレスパイラルを脱出したアベノミクスの効果を帳消しにして終う事になりますし、治安悪化で治安系公務員の増員が必須と成って、併行して進めたい歳出削減にも逆行する事になるのです。

 こんな素人でも判る事を、よもや気が着けないワケも無いのだから、20万人の移民促進策等、要請した経団連自体の損失にも繋がる話ですから、本気で云って居ないでしょう。  唯、シナの手前、要請だけはしておく必要が在ったのでは? と考えて居ます。

 「安倍はダメ」と、ぁれこれケチを着けたい御仁がいる様ですが、では、本当に安倍さんが置かれて居る立場を斟酌出来てのご発言なのか、 知って同じ事が言えるのか? 所持情報が限られている素人が、あれこれ、断定的な物言いでケチを着けられる程、政治は簡単では無いと思いますがね。

オバマ大統領への提言

おはようございます、 ソロです。

半島系新聞によると、パク大統領は、25日に日米韓三国で行われる予定の会談で、国交正常化の条件として
 1)安倍総理の直接土下座謝罪。
 2)政府予算を使った慰安婦支援。
 3)慰安婦への法的責任の認定。
 4)靖国神社参拝禁止
と主張する予定だとかですが、日本側としては、「いつでも話し合いの窓は開かれている」状態なのですから、二国間を正常化するしないは、韓国側の都合でしょうに、日本に上記の様な無礼な条件を示して居るのは、ドゥ見てもご自分の立場を誤解しているとしか思えない。 まぁ、米国は自分の味方をしてくれると云う、事大主義者的確信からの結論だと看れば、なんとなく判ります。www 此処で、オバマ大統領には、ご自分が下記の様な要求を突き付けられた場合を想定して、対処してもらいたいものです。
1)安倍総理の直接土下座謝罪。
= 安倍首相へ、戦争中の米軍による民間人虐殺行為に対する謝罪をオバマ大統領個人の土下座で示せ。

2)政府予算を使った慰安婦支援。
 = 米国の国家予算を使って、米軍による違法な都市爆撃、原爆投下に拠る民間人虐殺への賠償意図と金額を示せ。

3)慰安婦への法的責任の認定。
 = 米軍による無差別都市空襲、原爆投下が国際法違反である事を公式に認めよ。

4)靖国神社参拝禁止
 =都市空襲に携わった司令官=カーチスルメイやそれを指示した、FD ルーズベルト、及び、原爆投下を命じたトルーマン大統領の弾劾、けん責を行って、彼らを「人類の良心を殺した罪人」として永久に記録して、以後、病院船への雷撃や襲撃、島嶼での民間人虐殺や捕虜の勝手な処刑の記録を明らかにする努力を示せ。

 上記で、韓国側の主張は、日韓基本条約締結を無視して居るし、そも事実ではない話が混じっているが、日本側の米国への要求は、全て有ったと証明可能な事ばかりと云う違いがありますが、戦前の価値観が違う社会の中で起こった事、亦は戦時中であった、と云う事象を斟酌しない点、本件には当為者としての責任が全くない世代や個人に謝罪や反省を求めている点では同じです。

 もし日本が米国に、こんな要求をしたら、是で、二国間の友好が保てましょうか? 

現状、韓国側のこんな要求を日本が万が一呑んだとしたら、日本の国民感情から云って、安倍政権は御終いですから、わざと呑めない内容にした事が判ります。  つまり、クネ大統領には日韓の二国間関係を修復する気が全くない事が看て取れます。 是だけでも、日本に棲んで居る韓国系国籍不明滞在者は、流石に肩身が狭くなるでしょうがね。

 そして、この事態に至ったのは、韓国側の歴史改竄、付加、捏造を戦後の韓国政府が公認し、教育に織り込んできた為、歪んだ歴史認識が韓国社会に定着している所為であるのも明白な原因でしょう。 慰安婦問題(虐待、虐殺)、強制連行・・と云った事案全てが、戦前日本軍によって行われた証拠が無い点から、韓国側の強請集りでしかないことが明らかなのに、米国は敢えて、その片棒を担ぐつもりなのでしょうか?

 すれば米国民は、終戦直後からの日本や韓国の軍政下で、米兵や国連軍兵士が行った数千件に及ぶ婦女暴行の悪業を隠蔽し、全てを旧日本軍の仕業にかぶせて、口をぬぐおうとしているのではないかと疑われても仕方がない。

 もし、これ等を確信的にやっているのであれば、米国が戦後日本に示してきた好意の陰に人種差別的な成分が多く含まれていたと云う事が明白になり、以後日本国内には、厭米ともいうべき現象が出来するでしょう。 

 長期的には、ロシアへの傾倒度が増すことになり、米国が是まで積み上げてきた極東プレゼンスのすべてが崩壊に向かう筈です。

 オバマ大統領の外交音痴は、ウクライナ問題で世界が知る処となりましたが、更に失態を重ねて、戦後、曲がりなりにも是まで育ててきた太平洋の重要なパートナーを失うつもりなのでしょうか? 韓国が日本の代わりになるとでも?

 韓国が騒いでいる諸問題は、殆ど李承晩の悪しき遺産ですから、日本人は上辺だけの反日と看過してきたのですが、此処へ来て彼らの反日教育の結果である嘘塗れの歴史認識を、彼らが日本人にも強制するに至り、是は、日本人の誇りの問題である事に日本国民が覚醒している状況だと認識を新たにしてもらいたいですね。

更新ご苦労様です。
活達な文章に助けられ一息で全文読了しました。
朝鮮人の裏切り体質を象徴する歴史の事実が読みやすく解説されており、素晴らしい内容でした。

韓国の弔鐘が鳴り渡る前に

  ソロです。 明日の会談では、日韓関係の事は、Negrect する事に決まったそうですが、唯で済ませるとも思えません。 なぜ埒も無い話に拘るのでしょうか。 韓国人の独特に歪んだ歴史認識は、寧ろ、韓国内の権力構造に原因が在る様に思います。

 先ず、終戦直後から半島で布かれたアメリカと国連軍による軍政ですが、全く上手く云っていなかったようです。 その理由として、
 ①建国自体が。民衆の望んだものではない事。
 ②米軍政下20年9月~23年8月15日に至る役3年に、半島内には、帰還人、赤化工作員、反日両班層、親日層(常民、白丁の新市民層)、そして、旧日本軍所属の朝鮮軍将兵と主義も立場も考え方もバラバラの人々が混在して居たこと。。
 ③21年10月に大邱市で230万人と云う規模の軍政に反発するデモ(一部暴動)が起こり、米軍が出動して鎮圧したが、相当数の死者が出た事で、反米機運が高まった。
 ④その事件を契機として、半島の大衆レベルが左傾化したとの判断が、米国と南北朝鮮政府で為されたために、米軍は李承晩を使って、更に統制・弾圧に厳しさを増した事。
 ⑤朝鮮大衆に、日本回帰願望が復活して日増しに強くなっていた事。
 等が挙げられましょう。

 この傾向に対して、米国と韓国政府は、反共と称して、親日派、サヨク分子、民主化と云う意味を理想的に誤解した人々を片っ端から殺害して終います。

 途中に朝鮮戦争が起こりますが、結局、南北双方の死者は500万人近くに上った事でしょうが、その「災害」に対する、国家の救済は一度たりとも行われて居ませんし、民衆も行われるとは思っていないでしょう。 是は、政府や米国に文句を言っても1ウォンも出ないから言わないだけです。

 けれどメンツには異常に拘るので、真実の歴史をそのままにして伝えれば、政権は1年、政府でも10年持たないでしょう。  然し、民衆は本当の事を伝えないから怒るのでは無く、自分達がその恩恵に与れないから怒るのは、シナ大衆と同じで、システムそのものは支持して居ると考える他はない。 この辺りの屈折率は日本人には理解不能ですwww

 その怒りを外国に向けなければ、光州事件の様な暴動で内政が持たないわけだし、反省すべき人間が反省せず、民衆も彼らが強権を以て君臨する事を批判すらできないから、革命も改革も出来ないのです。

 つまり、韓国と言う国家は、そういう組織なのです。 国民を出汁にして、日本にイチャモンを付け、金を巻き上げますが、その多くは国民には渡りません。 殆どが政府関係者の懐に消えて終うのです。 其れは、国防軍や原発のメンテナンスの現状を看れば好く判る話でしょう。 公職は、賄賂を手にする窓口としか思っていない。 公職に付けるのはごく一部の人間であるのは判り切ったことだから、多くの国民の不満が、何時までも続くワケです。 この辺りのメンタリティは中世そのままですね。

 全て、自身の金儲けの対象にしか考えていないザマが見て取れる筈です。 多くの国民は其れを知って居るのに、敢えて知らないふりをしているダケ、寧ろ、其れを支持している

 こんな民族や国をマトモだと考える方が、明らかに間違っているのです。

台湾の件はケッシュ財団のデータをリークした復讐です。

ケッシュ財団の件のUSBスティック全内容がリーク
ttp://www.onpa.tv/2014/03/19/2333-2

裏切りは、韓国のアクセサリーのようなものさ。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。