スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒙古襲来の主力は朝鮮族(高麗)   1月29日(水)


前回モンゴル帝国に踏み込んでしまった以上、日本への蒙古大襲来について
検証せざるを得なくなりました。
この蒙古襲来という歴史上日本最大の危機はわずか740年前の出来事です。

13世紀の文明世界の大部分を征服したモンゴルは、極東の小国日本をも支配
せんものと使者を送ってきた。その頃、鎌倉幕府は、北条時宗が執権を握っ
ていたが、彼はこの書状の内容を知ると、怒りのあまりこれを破り捨てまし
た。その時彼は若干18歳でした。

日本側の対応に激怒したフビライは、モンゴル軍の恐れを知らない小生意気
な小国を殲滅しようと属国高麗に対して、直ちに1千隻の軍船を造るように
命令した。

多くの労働者と大量の食料を提供しなければならなくなった高麗の国内は大
混乱に陥った。結果山はハゲ山になり、何十万という数えきれない餓死者を
だした。その上彼らはその船にのって蒙古の兵士として海を渡らねばならな
かった。まさに朝鮮史とは惨めで悲惨そのものです。

1274年10月(文永11年)モンゴル軍は突如対馬に来襲、続いて壱岐島に
上陸した。対馬の守護代の宗助国は80余騎を率いて応戦したが、モングル
軍は既に千余りの兵が上陸しており、勝敗は歴然としていた。

壱岐では守護代平影隆が100余騎を率いて応戦したが400余りのモンゴル兵
に粉砕された。対馬・壱岐に上陸したモンゴル軍は男女子供の区別なく極め
て残酷な殺りくを繰り返し。耳や鼻をそぎ落とし、苦しみもがく様子を楽し
んだと「勝本町史」に記されています。

モンゴル軍に捕らえられた住民は生きながらにして、手に穴を開けられて
数珠つなぎにされ、船べりに吊るされ、住民は生きたままモンゴル軍の矢面
にたたされた。

しかし壱岐島、対馬の人たちは、他国と同じように命乞いなどせず、無抵抗
で殺され凌辱されたわけでもはなく、女も男も勇敢に立ち向かって玉砕しま
した。宋の遺臣・鄭思肖の「心史大義」に「倭人、狼にして死を恐れず、
倭婦、甚だ烈にして犯すべからず」と書いていることで実証できます。

また「東方見聞録」にはモンゴル軍の占領した城は壱岐の城唯一つだけで
あった、この唯一の守兵は最後まで降参しなかったので土地の全人民を殺し
た、と記述されています。

そしてついにモンゴルの大艦隊は博多湾に姿をあらわした。その兵力は3万
5千、戦闘は激戦で一騎打ちが得意な日本の武士はたちまち苦戦におちいっ
た。日本側の死傷者は計りしれず、わずか一日足らずで太宰府あたりまで
後退せねばならなかった。

モンゴル軍と言ってもその主力は高麗軍8千人と南宋軍1万人と、契丹人、
渤海人等の混成軍5千、他に梢工・引海・水手が7千人で残りは各部隊の指
揮をとるモンゴル人です。モンゴル軍の主力部隊は高麗軍で、彼らは常に
前線で真っ先に戦いを強いられていた。

日本に残されている「蒙古襲来絵詞」を見ると襲来した兵士の武具はモン
ゴル軍そのもので、高麗軍の武具ではないために後年、全てモンゴル人と
勘違いしてしまった。

当時、高麗はフビライの女をめとった忠烈王が王位についていた。フビライ
の凶暴さを知り抜いていた忠烈王は元の忠実な属国になる態度を示して、強
制もされないのに自ら辮髪にして胡服をまとい、宮廷の儀礼や用語もモンゴ
ル風に変えていました。

常に最前線で戦わされていた高麗軍は、小馬鹿にしていた日本軍の死をも恐
れない反撃に、前面の高麗軍が次第に崩れはじめ、しだいに後方の宋軍も元
軍もかなり損害を受け、多くの戦死、負傷者を出した。そのために全軍は夜
戦での不利を察して、全員博多湾に浮かぶ軍船に引き上げた。

「幸運にもその夜半暴風雨がにわかに起こり、博多湾に浮かんでいたモンゴ
ル軍の大船団は損壊し沈没した。残った船はすっかり戦意を失いほうほうの
体で朝鮮に逃げ帰った」とほとんどの本に記述されていますが、少し疑問が
残ります。

この夜の暴風雨を日本の歴史では「神風」として戦勝の主因にあげっていま
すが、この日は太陽暦によると11月26日頃となり、台風の時季はとっくに
過ぎていて、台風級の暴風雨があるとは考えられない。「元史」によれば、
台風雨の記述はなくその敗因を「官軍整わず、また矢尽き」と書かれてい
ます。

台風ほどの強力なものではないが風雨があったことは事実のようです。しか
しその風雨が蒙古軍の艦隊のほとんどを沈めてしまったとは、少し無理があ
るように思えます。

元軍は戦いを常に有利に進め、博多まで攻めこみながら、なにもわざわざ
夜討ちを恐れて、全軍が全軍船に一旦引き上げる必要などないはずです。
彼らも日本軍の死をも恐れない戦闘能力の迫力に、脅威を感じた結果であり、
被害も相当受けていたはずです。

ある本によれば「日本はモンゴル軍の強さと凶暴さを知らないゆえに『蒙古
国書』を無視することが出来た」と記述されていますが、当時、日本では南
宋とは貿易が盛んで、多くの国がモンゴル軍によって蹂躙され征服されてい
た事実を承知していました。

日本の商人は幕府の命を受けて、モンゴルの情報を積極的に収集していまし
た。情報により、モンゴルの日本侵攻もありうる、現に高麗は既にモンゴル
の侵攻によって属国化され、モンゴル軍の蹂躙で、田畑は荒廃し、人民は疲
弊の極に達していた情報も入っていました。

結局モンゴル軍の一回目の日本攻撃は、対馬・壱岐島、九州の太宰府周辺を
席巻しただけで終わってしまいました。(1274年文永の役)

続きは次回にて




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。


コメント

「神風」が吹いて日本を救ったというのは俗説で、実は日本の武士たちがたいそう強かったから元は退散したのでしょう。
接近戦では日本刀のほうが威力があったらしいですね。
最近元寇のときの元の船が海底から引き上げられましたが、なにが真実だったのか調べてほしいものです。

ブログ主さんにはいつも貴重な情報を有難うございます。

只もう「極東の小国」と書くのはやめた方が良いのでは。
当時の軍事力、生産能力は半端なものではなかったはず。
シナ朝鮮みたいに言いたくはないですが

精鋭が揃う強国の
日本こそ「中国」だったはずでは?

文永の役

文永の役は、予想外の日本軍の抵抗に、元軍を現れたら忽ち降伏すると思っていた高麗軍の思惑が外れ、再編成を理由に朝鮮半島に引き揚げたと聞き及んでいます。なお、文永の役では神風は吹いておりません。日本軍の奮戦により高麗軍を撃退したのです。

お人好しの日本人のことだから、逃げられず日本に流れ着いた朝鮮族をかなり助けてあげたのでは。その後は、助けてあげた人を強姦&虐殺し、日本に住み着いて、さらに強姦&虐殺を繰り返していたのであろう。

モンゴル騎馬軍は近代軍の礎

先生の説にはごもっともですと言うしか有りません。

がしかしネット上では高麗王朝元軍扇動説が有ります。
これはさして海の向こうの島国日本に関心の無かったフビライに日本を攻撃するべきだと進言し続けたのは他ならぬ高麗自身であって、元は水上が苦手なので暫くはその進言を退け続けたと云う説で、言うなれば告げ口で日本を攻める様に進言し続けた高麗が其の進言により自分を苦しめる道を自ら選ぶ嵌めに陥ったと云う話です。

進言した理由は国内のモンゴル軍の駐屯兵を減らすのが狙いだったとか、なんとか。

そして対馬に先行部隊として進攻したのは高麗軍で蛮行の限りを尽くしたのも高麗軍で世界戦に慣れ統率の高く厳しい軍律で縛られたモンゴル軍は蛮行に参加せず、高麗軍の蛮行に手を焼いていたとか。

詳しい歴史資料等は読んだ事は有りませんがモンゴル軍の軍律の厳しさや軍の編成は近代軍の基礎に成った考えで、其の後軍律に縛られモンゴル的な編成の礎に成ったモンゴル軍、そう考えると荒くれが好きに暴れ捲る、今までの前近代的諸国の軍とは違うとも思えます。

長くなるので又いずれ

ざっくり言うと、韓国人は、「盗人のようにやってきた」「解放」について、曲がりなりにもパルチザン闘争したという北朝鮮に対して心のどこかではコンプレックスがあり、これを払拭するのが「大韓民国臨時政府の法統」(大韓民国憲法前文)であり、光復軍であり、安重根「義士」なんですね。

従軍慰安婦の事実

事実1:アメリカ最高裁は「慰安婦の訴え」を却下した
 米連邦最高裁判所は第二次大戦中に日本軍の「従軍慰安婦」にさせられたと主張する中国や韓国の女性計十五人が日本政府を相手どって米国内で起こしていた損害賠償請求などの集団訴訟に対し、二〇〇六年二月二十一日、却下の判決を下した。

この判決は米国内でのこの案件に関する司法の最終判断となった。もう慰安婦問題に関して日本側に賠償や謝罪を求める訴えは米国内では起こせないことを意味する点でその意義は大きい。(産経新聞)

事実2:各国の従軍慰安婦
インド駐留イギリス軍[編集]
1893年のインド駐留イギリス軍の売春制度の調査では、利用料金は労働者の日当より高く、また女性の年齢は14〜18歳だった。当時インドのイギリス軍は、バザールが付属する宿営地に置かれ、バザールには売春婦区画が存在した。

主に売春婦カーストの出身で、なかにはヨーロッパから渡印した娼婦もいた。売春婦登録簿は1888年まで記録されている。
第二次世界大戦の時代にはイギリス軍は公認の慰安所は設置せずに、現地の売春婦や売春宿を積極的に黙認した。1944年3月の米軍の日系2世のカール・ヨネダ軍曹のカルカッタでの目撃証言では、6尺の英兵が10歳のインド人少女に乗っている姿が丸見えで、「強姦」のようだったとして、またそうしたことが至るところで見られたという[157]。性病感染率の記録からは、ビルマ戦戦では6人に1人が性病に罹っていた。

また、日本軍の慰安所を居抜きで使用したともいわれる。イギリス軍の捕虜になった会田雄次は、英軍中尉がビルマ人慰安婦を何人も部屋に集めて、「全裸にしてながめたり、さすったり、ちょっとここでは書きにくいいろいろの動作をさせて」楽しんでいたという。

ドイツ軍[編集]
ドイツ軍は日本軍と非常に類似した国家管理型の慰安婦・慰安所制を導入し500箇所あった。ドイツ政府は「人道に対する罪に時効はない」と宣言し、様々な戦後補償を行なっているが、当時のドイツ軍による管理売春・慰安所・慰安婦問題はそうした補償の対象とはされてこなかった。しかし、日本軍慰安婦問題がきっかけとなり、検討されるようになった。

また秦郁彦が1992年に日本の雑誌『諸君!』で紹介したフランツ・ザイトラー『売春・同性愛・自己毀損 ドイツ衛生指導の諸問題1939-1945』はドイツでも知られていなかったため、当時来日していたドイツ人の運動家モニカ・ビンゲンはドイツに帰国してこの問題に取り組むと語った。ドイツ正規軍将兵用の慰安所(軍用売春宿)以外にも、ナチスドイツでは強制収容所に囚人用の慰安所が存在していた。

これに関してクリスタ・パウルが『ナチズムと強制売春』を1994年に、また2009年にはロベルト・ゾンマーが『強制収容所の売春施設:ナチス強制収容所での性的強制労働』を発表した「#ドイツにおける報道」および「ドイツの歴史認識」も参照。


フランス軍[編集]
フランス軍、特にフランス植民地軍では「移動慰安所」という制度(慣習)があった。「移動慰安所」は、フランス語でBordel militaire de campagne、またはBordels Mobiles de Campagne(略称はBMC)と呼ばれ、第一次世界大戦・第二次世界大戦・インドシナ戦争、アルジェリア戦争の際に存在した。移動慰安所はモロッコで成立したといわれ、ほかアルジェリア、チュニジアにも存在した。慰安婦には北アフリカ出身者が多かった。

現地人女性は防諜上の観点から好ましくないとされた[176]。秦郁彦は、このフランス軍の移動慰安所形式は、戦地で日本軍が慰安婦を連れて転戦した際の形式と似ていると指摘している。

米軍[編集]
アメリカの公娼制と売春禁止運動[編集]
アメリカ合衆国では南北戦争時に性病予防のための管理売春を計画し、戦後の1870年にセントルイスでヨーロッパ型の公娼制が導入され、ニューヨーク、シカゴ、シンシナティー、サンフランシスコ、フィラデルフィアでも計画がすすめられた。

同時に公娼制度・売買春反対の運動がおこり、1880年代からは純潔十字軍が社会浄化運動を行い、米国純潔連合、米国自警協会、米国社会衛生協会などの組織がつくられ、娼婦を「白人奴隷」と表現し、公娼制度を「白い奴隷制度」とセンセーショナルに報告し、WASPの公共心に道徳的なパニックをひきおこした[180]。またアメリカでは娼婦への反感と人種差別がむすびつき、1875年には世界ではじめて中国人娼婦の入国禁止法を制定し、のちに国籍問わず娼婦の入国を禁止し、

さらに中国人娼婦を口実に1882年に中国人排斥法が成立し、また日本人娼婦も排斥された。サンフランシスコ労働者党のデニス・カーネーは中国人と日本人排斥運動を行い、1892年5月にサンノゼ市のサンタクララ町で、「(中国人と)同じアジアの奴隷が流れ込んでいる。

植民地フィリピンの米軍用売春と公娼制[編集]
アメリカ本国は全国レベルでは公娼制を持たなかったが、植民地で公娼制度を導入した。米西戦争でスペインに勝利したアメリカが1898年にフィリピンを占領してからは雨後の筍のように売春宿が蔓延し、また米軍は、現地の娼婦の検診を施したため、宣教師がこれらを訴えた。

1902年4月、キリスト教婦人矯風会(WCTU)のマーガレット・エリスがマニラ管理売春や児童買春の実態を報告するなどフェミニズムからの抗議を受け、米国政府は性病検査と検査料金徴収を中止し、健全な娯楽施設、読書室、体育館をかわりに建設するとした[186]。ルーズベルト大統領は現地娼婦と軍との関係を不明瞭にしたが、フィリピン軍政責任者のルート陸軍長官は診断料や診断証明書の料金がなくなっただけと語ったような実情であった。

のちにマーガレット・エリスと政府とのあいだで裏取引が発覚しており、その後も米軍慰安所は実質的に存続し、フィリピンで売春街を紅灯街に限定するようにし、性病検査を継続しながらもアメリカ政府が公式に関与していないように努力した。

米軍目当ての売春宿と性病検査はその後も第二次世界大戦、ベトナム戦争、1990年代の米軍の一時撤退まで継続し、廃止されることはなかった。また、アメリカ人女性、フランス人、イタリア人、ロシア人、ユダヤ人の白人娼婦もボンベイ、シンガポール、サイゴン、香港、上海、ハルビン、マニラなどで就業した。

在韓米軍慰安婦[編集]
「韓国軍慰安婦」および「在韓米軍慰安婦問題」を参照
太平洋戦争後の朝鮮半島においては、連合軍による軍政が敷かれ慰安所、慰安婦ともにアメリカ軍に引き継がれた[8][213]。アメリカの支援を受けて建国された韓国では、朝鮮戦争以降、韓国政府が韓国軍・米軍向けの「特殊慰安隊」を設立した。

2002年に韓国の研究者金貴玉が、朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度があったとし、韓国軍は1948年の政府の公娼廃止令に背いて、約3年間不法に公娼を設置・運営していたと発表して以降、韓国軍慰安婦の実態調査も開始されたが公文書の閲覧が制限されてもいる。(詳細は本項#大韓民国軍慰安婦参照)。

国連軍による性暴力
朝鮮戦争時には敵国ではない韓国において国連軍がソウル市北部の村で日中、シェパードを連れて女性を捜索し、発見後に強姦に及んだり、またジープにのって民家を訪れ女性を強制連行して性暴力をはたらいたり、韓国人兵士が韓国人女性に性暴力や性拷問をはたらいたといわれる。た。

ベトナム戦争時には、米軍がベトナム人女性がいる軍公認の慰安所を利用していたと米人女性ジャーナリストのスーザン・ブラウンミラーが”Against Our Will”(1975年)でルポを書いている。

1960年代の韓国ではアメリカ軍相手の売春が国家を挙げて奨励され、国民総生産の25%を占めていた。娼婦たちは「ドルを稼ぐ愛国者」「真の愛国者」「ドルを稼ぐ妖精」と韓国政府から称賛された。

その後、謝罪と補償を求める女性たちもいるが、韓国最高裁は売春である不法行為に基づく損害賠償請求であるとして棄却している。

1980年までに韓国における米軍相手の売春を生業としてきた女性は100万人を超えた

田母神俊雄氏の能力


田母神に都政仕切る能力が疑問と言ってるやつは、社会の勉強を1からやりなおしたほうがいい。
 
航空自衛隊5万のトップを努めたプロ官僚中のエリートだぞ!?
そこらへんの作家上がりやタレント活動して選ばれる大臣とは話が違う。完全実務実績主義の世界だ。
下積みから幹部への勉強、お偉方の副官、部署の責任者、そして推薦で幕僚監部へ、 それこそ毎日の防空の実任務から訓練、補給、整備、要人保衛などの特別任務、さらに人事・経理・隊員の福祉、イベントの企画まで全てを統括してきた。
猪瀬の25倍くらいしっかりしていると考えたほうがいい。
階級社会の厳しさを経てきたものと、そうでない者の差が明らかになるだろう。大体他の有力な候補はみんなボンボンチヤホヤじゃないか。
 
元航空幕僚長というだけで実績は100%、弁護士や東大の先生よりあきらかに格が違う。
 
なぜか?それは入隊以来一貫して国家公務を生業としてきたからだ。
そこには我欲が存在しない。命を賭して国に奉公する、それだけで生きてきたからだ。

http://kojoryoshu83.edoblog.net/

(・”・)

現代の領土侵略法に対するには

 ソロです、元寇の話が出ていますので、領土侵略についての考えをまとめてみました。

 共産シナや韓国のやっている竹島関連の行為を一括りでいえば、「銃弾無き侵略手法」と云うべきでしょう。 勿論、現在、竹島には韓国の治安系公務員が常駐しているし、尖閣付近には品の海軍がうろうろしているのですから、武力と全く無縁ではありませんが。

 こういう手法で国境付近にある島や岩礁を同盟「関係」国の立場を悪用して、勝手に占拠し、捏造した歴史を論って自国のEEZの拡大を謀る行為は、明らかに侵略行為でしょう。

海底資源の探査・掘削・回収技術が飛躍的に伸び、海底の様々な鉱物資源の存在が知られるようになった現在、従来の漁業権侵害を含めて、新たな国際問題として提示すべきでしょう。国家の基本権利である領土占有権の侵害を許す前例を看過すれば、世界中で同じ事が起こり、世界の平和に対する脅威にもなりかねないからです。

 事は、「小さな島や岩礁の所有権問題には止まらず、国家の基本権利である、領土占有権の問題なのだ」と言う事を、世界に周知しなくてはならないのです。

 では、国際はこのような問題をドゥ見ているのでしょうか?

 この事例で過去に明らかなものとしては、フォークランド紛争が挙げられましょう。 アルゼンチンと英国の間に起こった領土占有権をめぐる争いですが、時の英国首相サッチャー女史は、話し合いが決裂するや、相手が自由主義圏国家である事も厭わず、敢然と宣戦布告を行い、直ちに英陸海軍に全力出動を下命しました。 戦闘は約半年間続き、英国海軍はアルゼンチン空軍所属のシュペーエタンダール攻撃機が放った、エグゾセ対艦ミサイルによって、駆逐艦を轟沈させられ多くの乗組員を失うという犠牲を払いながらも、島に上陸、アルゼンチンの守備兵と交戦に及び、この戦いを制しました。

 この戦いを俯瞰するに、国際が「領土問題は2国間問題なのだ」と云うハッキリとしたスタンスを示した事です。戦争結果から為された処置について、英国やその関係国、亦、アルゼンチンやその利害関係国からも、異議が出たという話は聞きませんし、問題が再燃したという話もありません。 

 此処でハッキリしたのは、「自力防衛力がある国なら、自国領土は、当事国家の国民の血と汗で護るのが当然」と言う事です。 この紛争では両軍の少なくない人々が戦いの犠牲になってますが、何れも、「国を護る為に命を賭した人々」として、国家・国民に尊敬され、慰霊の儀式を受けて居ます。

 つまりは、是が国際常識だと言う事です。

 「戦争で問題の帰趨を争うのは、愚の骨頂だ」という意見があります。 成程、戦死者の遺族の身になれば、幾ら勲章をもらった処で、死んだ者は帰ってこないのですから、その喪失感はいつまでも癒えないでしょう。 死んだ当人も、死にたくて死ぬわけではありませんから、戦争はしない方がよいに決まっています。

 然し、では権利を侵害されても、戦争を嫌って黙って居れば、戦争の原因は嵐の様に過ぎ去るのでしょうか? いいえ、戦争は嵐ではなく疫病なのです。4,5年前に流行った口蹄疫や鳥インフルエンザでの疫病鎮定手段とは、罹患の懼れのある牛や鳥の屠サツでした。 数百万羽の鳥が、数十万頭の牛や豚が、コロされました。

 韓国や共産シナは、領土侵略行為によって、この疫病を催す行為=戦争挑発行為を行っていると言えましょう。 疫病が顕現化したら、戦争当時国の両方で多くの人間が、鳥や牛の様にシななければならないのです。

 我々日本国民は、彼らがその様な真似を何故するのかをまず考えてみるべきでしょう。 

 それは、日本の政治、特に外交姿勢に「隙」があるからです。 そしてその「隙」を、更に広げているものの多くは、日本国内に潜む学者や法律家、マスコミと呼ばれる報道・言論界の人士達です。 一国の秘匿すべき情報の開示を制限しようというごく当たり前の法案にしつこく、異常に反対する輩がそのまま、日本の「隙」を作り出し、広げていると云って宜しいでしょう。

 貴方が日本を100年後も日本人の手に遺したいのなら、世界で行われている国家保護の為の行為=防衛行動とは何であるかを知り、自らそれを実践すると共に、国家主権擁護の為の言論を支持し、世論の主流としなくてはなりません。

日本人は「他者や世界に関心はないが自分がどう見られてるかだけは気になる」というのは、言い得て妙。

鯨やマグロのように対外評価が低い場合は、人種差別や陰謀論を持ち出して、相手のせいにする。相手の考えを理解して、落としどころを探れば、回避可能な摩擦も多いのだけど。

文永の役に関していうなら、元の東路軍の損害がかさんでが戦闘続行可能な数をわりこんでしまったため撤退せざる終えなかったのです。それに、応戦したのは少弐氏ら筑前、豊前、肥前といった北九州の地元武士団が主力でしたから、日本側は大健闘したといってよいでしょう。
ミリタリー関係の雑誌では、もう大部前にそんな分析が載せられていました。

何が目的なんでしょうね

>>鯨やマグロのように対外評価が低い場合は、人種差別や陰謀論を持ち出して、相手のせいにする
質問あり。 鯨漁に関する日本側の説明は、「伝統的に行われて来た漁であって、是で生計を立てて居るモノも多い」詰まり、鯨漁を制限する法律に対する既得権が存在している事を主張したモノ、之は非漁業国を交えた会議で有るにもかかわらず承認されて居る話。 「相手の所為にする」って、何の事でしょうね。

 マグロ漁に関しては、欧州や米国の漁民が、すしの流行でマグロ食の世界的な普及に連れて、マグロの需要が多方面から起こり現地漁師が専門漁を行い始め、且、大需要地の日本やシナに輸出している。 その為マグロの個体数が激減、魚獲量を制限し様と云う話になっている。

 勿論、米国や欧州の漁民は、全面なら漁規制に反対して居る。 一方で日本は、マグロの養殖を成功させ対応策を建てている。

 勿論、日本の遠洋漁民・会社も抵抗するが、是までの日本漁民が処して来たこの手の問題に、相手の所為にしてまで反対はした事はない。

 貴方のコメントは、最初から「日本は・・」と云う決めつけダケを目的にしている様に感じますが?

朝鮮戦争の真相

管理人様、ソロ様 勉強させて頂きありがとうございます。下記のサイトを見て愕然としました。民族性って容易に変わらないものなのですね。還暦を過ぎた浅学の身ですが日本人でよかったです。

http://ameblo.jp/smalldemo/entry-11345138860.html
朝鮮戦争の真相
朝鮮戦争は、北朝鮮の一方的な侵略ではない。(中略)1950年1月、李承晩は正月の年頭記者会見で、対馬、竹島の領土主張の声明し、「連合軍の一員(朝鮮進駐軍)」ということを自称し、朝鮮半島南部での大演習を装って対馬、九州北部への侵攻計画を実行に移しはじめた。

私見、元寇其の2高麗軍は酷く野蛮だったの記述多し、しかし今回はコピペの巻き

先生皆様こんいちは。
色々と私なりに元寇を調べ直してみました、しかし一番大手の辞典的サイトのWikiが矛盾だらけの記事が多く掲載されているなど、信頼度が低いと自分なりに判断した為に無視させて貰いました悪しからず。

今回の投稿は、ブログしばやんの日々からの一部抜粋のコピペです。
お話は九州上陸後からです。

『高麗史』によると高麗軍司令官の金方慶は抗戦論を唱えたのだが、元の最高司令官が「…味方の敗残兵(原文:疲乏之兵)を掻き集めて挑んでも、刻々と増強される優勢な日本軍(原文:敵日滋之衆)には抗し得ず。退却するより他無し。」と却下し、「全軍退却(原文:遂引兵還)」が決定されたのである。 『元史』では撤退の理由を「統率を失い、また矢も尽き」と書いている。武器が底をつけば、これからまだまだ繰り出される日本軍には全滅することになると考えるのは当然ではないのか。

日本の武士たちは敵軍の予想以上に勇敢であり、強かったのである。だから敵軍は撤退したと考えるのが妥当だろう。
元の総司令官である忻都は文永の役後にフビライ(元の世祖)にこのような報告をしたと言う話があるそうだ。(『元韃攻日本敗北歌』)
「倭人は狠ましく死を懼れない。たとえ十人が百人に遇っても、立ち向かって戦う。勝たなければみな死ぬまで戦う。」
本当に忻都が言ったかどうかはわからないが、そういう話が元に伝わっていると言うことは興味深い。

文永の役については敵軍が撤退を決定したのち、帰路で強い風が吹いたことは前回に書いたので繰り返さない。
大風が日本を救ったなどという誤った歴史解釈が長い間日本人の常識になっていたのだが、そのような考え方がこの戦いで犠牲になった対馬や壱岐等の人々のことや、武士が奮戦して敵軍の退却を決断させたことを風化させてしまい、元・高麗連合軍は多くが日本人の人質を本国に持ち帰ったという事実をも忘れさせてしまった。

元寇の真実を知り、日本の領土が多くの人の努力と犠牲によって守られてきた歴史について、もっと知ることが必要だと思う。政治家や官僚やマスコミがこういう歴史を熟知していれば、尖閣諸島や北方領土の問題などの対応や論評がもう少しまともになるのだと思う。

我々が糺さねばならない認識と示すべき相手

ソロです。 度々スミマセン。

フランスで漫画際を開催した処、韓国が出品した作品に慰安婦問題を扱ったモノが有り、其れを看たフランス人が「之は酷い、日本は何故謝罪しない」と激昂、その後、何故か、フランス人によって日本のブースを破壊する事件が起こった。

 これに対し、菅官房長官は「祭りの本来の開催意義である平和的なムードを毀す不適切な作品展示だった」と即座に非難しています。

 国連=戦勝国連合軍が存在して居て、未だ日本やドイツは「敵国条項」の該当国なのですから、無理も無い話では有りますが、他国の歴史に然程興味が無い欧州や米国では、未だに日本は嘗ての枢軸国家で、戦争を惹き起したファシズム国家であるとのレッテルが有効なレベルの歴史認識・知識の人が大勢います。

 先日、日本の佐々江駐米大使が米国のバイデン副大統領に「そも、日本と韓国は戦争をして居ないのだから、戦犯云々で靖国問題であれこれ批判される謂われは無い」と説明した処、「初めて知った」と驚いたという位です。

 相手は「米副大統領」ですから、こっちが驚くべき話ですが、之は如何に、是までの日本の外交官が仕事をして来なかったかも良く判る話です。

 それにしても、他国の歴史知識の無さ、関心の薄さの割に、自分達だけの都合で、端から決めつける姿勢を看れば、他人を思いやれない精神的な文明の低さを感じますね。

 安倍政権になってからは、これまでに無く、菅官房長官が、この手のプロパガンダにはすかさず反論、抗議して居ますから、今回も、フランス内の親日派からの援護の力を借りる事も可能となって、誤解した人の何分の1かは、認識を改めてくれるでしょう。

 勿論、直接反論すべき相手は、卑劣そのものの韓国政府でありましょうが、間違えてはいけないのは、周知をしなければならない相手とは、流布した地域の住民・国民なのです。

 プロパガンダをしている国に何を言っても意味が有りませんが、成り行きを傍でじっと見ている人達にこそ、真実を伝えねばならないのです。

 今までの日本は、瑣末な事として是を軽視・無視して来たから、現在が有るワケで、しっかり反論、抗議を入れて、粘り強く、プロパガンダである事を流布国に居る親日層・知日層に周知して、彼らの助けを喚起して、日本の主張を拠り広く拡散して行く努力を怠ってはなりません。

 すれば、次第に真実が明らかとなり、逆に朝鮮族の嘘、彼等が信奉する歴史の歪曲度・捏造度が世界に認識される事になりましょう。

>世界なんか見る必要ないし。

田母神は会津出自を公表したから終わった

ヤデス

動機、決断、指揮官、準備内容と時間、編成、指揮ルート、進撃ルート、
移動手段と時間、揚陸方法と時間、拠点場所、情報収集・伝達手段、
兵糧内容と量、補給線、補給方法、武器、ハンジマ拠点兵糧調達継続。
揚陸、拠点確保と維持、索敵方法、部隊展開、衝突。

それぞれ一つ一つを大きなテーマとして取り上げて議論したい、元寇。
ちりちゃんです。

元寇では、一つ、思い出があります。
コー2の時、元寇のこと学んだ日、ノートに、このコメの先頭4行メモ。
「先生、元寇について教えてください。知りたいことたくさんあります。」
先生にノートを見せる。ノート凝視3秒。
椅子に座った先生が私を真上見上げる顔、目を見開く真顔1秒。
(ヤベー、琴線ふれたか?)その後、ニコー顔、
「俺にもね、まだわかんってないことあるんよね。いっしょに調べてみようか。」
と言って、世界地図を取り出す、先生。
その後、5回かに渡りお互いの調査結果持ちよって、
喧々諤々、口角泡飛ばしての議論。

ここの皆さんには、やっぱり、あわせて標準的なものも勉強して欲しいです。
http://www.tamagawa.ac.jp/SISETU/kyouken/kamakura/genkou/
ビジュアル、地理的な素養も必要です。
この中に属国マップがありますが、「え!たったこれだけ?(笑)」です。

フビライの、モンゴルの日本進撃意欲は、ノートさんがコメUPしてましたが、
海を渡ったことがないモンゴル、慎重なモンゴルとすると
私も、あんまり乗り気でなかったと推察します。
この中、「大丈夫です。私たちがやって見せます。」と
その気にさせた人々がいると考えています。
日宋貿易ってのはありますが、日高貿易って言葉はありません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%AE%8B%E8%B2%BF%E6%98%93
wikiでは、一応、日宋貿易とは高麗含めた三国貿易ってことになってますが、
高麗には売るものがあったとは思いますが、高麗から何を買ってたのでしょうか?
交換するものって何?そもそも為替って概念がないこの時代。
そこまでは、チャイナ方面とは断交してたんですけど、
この時代、交易は活発だったんですよね。
そして、宋の人たちは、博多にもたくさんきてたんです。
日本のリッチさもある程度わかってたんです。
リッチは2つの意味かけててます。

そそのかしたのは、"南宋"です。と私は考えています。
なんか、「今も続くよねー、この構図」ってとこです。

で、ここまで前ふりです。ホント、ナゲーな。
ですが続けます。

ヤデス 2

ちりちゃんです。
馬の維持管理の大変さを熟知しているモンゴル。
馬をチョー大切にするモンゴル。
絶対、船なんかに、乗せません。
騎馬兵団がいないモンゴルって、お肉がない、すき焼きと同じです。
機動力がないモンゴルって、日本刀の威力には、かなわんって、
じゃあ、日本、なぜ楽勝できなかったかってそのような考えもあるのですが、
騎馬兵団が編成できないモンゴルには、勝算とすると武器がありました。
騎馬の力がないモンゴルは強さ70%ダウン(根拠ないです)かな、

最初の4行の中のタームからから全部話してるとナガどころではなく、
本、一冊になっちゃうんで、この中からでは、"武器"の話します。
モンゴルには騎馬でなく、もう一つ勝算となる、
当時、最新鋭で当時最強のもう一つ武器があったんです。
飛び道具です。
ヤデス。イヤデスじゃないです。漢字で書くと、それは矢です。弓です。

先ほど紹介したサイトでは、
「日本の弓の射程距離が100メートルたらずなのに対して,
元軍の弓は200メートルの射程距離がありました.」
元軍の弓矢ですが、私がいろいろ見ている中では、
実行射程距離300メートル、到達射程距離600メートル、
これはウソだろうと思ってます。

当初、当時の戦いでは、日本は、まず自己紹介から始まります。
「僕、マ○○エxxxxです。年齢はxx歳です。実績としては云々かんぬん。
じゃあ、行っていいですか、行きますよ。ソォレー。」
なんてから、突っ込んでたんですけど、
「僕」って瞬間にピュンピュン、ヤが飛んできちゃって。結果わかりますよね。
このイクサで前後で仕方が変わりました。
陸戦での部隊編成、集団vs集団です。
集団vs集団の戦い方が変わりました。革命です。
飛び道具対策は、この集団vs集団の概念変化に比べれば、少ないと思います。
まさに、ノートさんのコメでの「モンゴル騎馬軍は近代軍の礎」デス。

「それでは、モンゴルの弓ってどんなものだったんでしょうか。」
て、大半の人は、こんな展開な話になると思うんですけど、私は違います。
武器、弓から見た歴史ってのも、面白いです。
興味ある方がいたら、この観点で調べて見てください。
ググればすぐです。

私は過去の習得も大切と思うのですが、現在・現実が優先です。

当時、際強力な武器な、弓矢、今に相似する、
これからJPの国防で有効な飛び道具はナニって所です?
JPが得意とする、この分野世界最強なものがあるんです。
それは、






手裏剣です・・・。






アハ、冗談です。それはミサイルです。
実はこれが本題なんです。今日どうしようかな。
今、この時間です。
ノートさん真似して、では、イズレで。
で、今日は、終わりにします。
ヤ(矢)デス、は、あと1回はUPします。
----
P.S. もうどうしよう。とまらない。
1)管理人さん
言いたいことばかり、打ち込んでます。
UPしていただけたら、ありがとうございます。
2)都知事選のコトをソロさんと話したい。
ソロさん、ダメです。テヌルイです。
現場見ちゃった私としては、ダメです。
一言で言うと、聴衆、こいつら選挙行くのかな?です。
今日は、ソロさんへの再感想、書きません。
私の予測では、投票率低くて田母神買っても辛勝です。
天気頼みです、晴れて暖かくなって欲しい。
凍りつくような寒さだったら、私が凍ります。
私の予想がはずれて、ソロさんに方向に振れること期待します。
ココは、選挙ブログでないので、これ以上やめときます。
3)なんか、へコンでる、Patさんと大阪人さん。
靖国の話もしたい。
私がコメすると、10回以上になります。大きくは文化、US、CNの観点です。
おやすみなさい。




都知事選概観

>ちりちゃん。 ソロです。
>>投票率低くて田母神買っても辛勝です。
  う~ん、虜囚さんも「期日前投票の出口調査結果は、舛添>細川・宇都宮>田母神だった。 都民はバカです。」と仰っていらっしゃったから、ホントに心配しています。 東京都民って、蓮舫に130万票を投票し、あのテロリスト山本太郎を国会の赤じゅうたんを踏ませた実績がありますからね。 モゥ既に、東京は外国人だらけの状態になって居るのに、この外国人に、参政権まで差し上げようっていう都知事を選択するのは、狂気の沙汰だと、仏は思うのですがね。 

 そんな事態になれば、東京の治安は確実に悪化しますが、東京オリンピックを開催するのですから、治安維持力の強化の為に、治安系公務員の増員 は必至でしょう。 すると、確実に、税金が上がりますが、すべて、都民の自己責任と言う事でお願いします。云っておきますが、オリンピック開催は、独り、東京都民の権限で決まるものではないと思いますがね。

>>天気頼みです、晴れて暖かくなって欲しい。
一番の敵は、舛添ですが、支持層から公明党の婦人部が、余りの女癖の悪さに「支持から脱退」を表明している他、ネガティブな話がどんどん湧いて出ているから、期日前投票の時点とは趣が変わるのではかろうか。

 浮動層への「3氏は危険」の周知が結構浸透しているから、4氏以外の12人にある程度票が流れるが、半分位はもらえるとして、 投票率が65%位=総票数725万票なら、接戦でも安心できるのではないかと、読んで期待しているんですがね。

 やっぱ、残るお年寄り層が、投票所に行ける、「晴れで暖かい」ののが、投票率を上げる大きな要因になるでしょうね。

元の時代 高麗という国名は、生きていたんだね。
だったら 日本を侵略した戦争責任は、当然 朝鮮人は、ある。

ノーテンキ

ノーテンキって言葉ありますよね。ちりちゃんです。

ソロさん。思いが至らない領域ってあるんだね。
都知事選のこと書きます。
これからの私の書くことについて、思いを更にメグラシテしてください。

■ウツノミヤ:ムリ
赤組、固定票のみ。

以降、女目線です。
■ホソカワ:ムリ
原発は、お母さんには響きません。
電気代UPの現実があるからです。
「原発は怖い。
でも、電気ダイ下がるんだったら、原発動かして欲しい。」
矛盾してます。でもこうなんです。
ということで、原発論点では、お母さん動きません。

以降、女目線に加えてノーテンキです。相当数いると推定。
■マスゾエ
・舛添2億5千万>細川1億>猪瀬5000万
「政治家は『悪(わる)』の裏面があってあたり前。
この位のことでもナンでもして、自分や自分の組織守って、
前に進まなきゃダメ。」
政党助成金ってナンナノか、分かってないし、分かろうとしません。
猪瀬の5000万。罪にがっかりしてるんじゃありません。
たった5000万を弾き返せなかったことに、
失望、落胆、軽蔑、ミクダしてるんです。
女は逆なんです。
ここを見ているというか、政経方面のブログ見てるお母さんは別と思うんですけど。

・「外国人参政権」推進
少子化で人口の減る中、海外の人とも交流、ウマクやって行きたい。
若)JPに来たかっこいい外国人といっしょになれれば。JPだめだから。
中)KRドラマのような経験ってあるのかな。
↑リスクを全く考慮できないこの人たちは、私には全く別世界人です。
老)・・・
(この領域、このテーマでは想像つきません。
全般として確かにあるのは、年金とかモラウダケもらって、
あとはどうでもいいやデス。私の観察では。)

・全般
選挙ポスターの目つきが素敵。
厚生省のときはいじめられたけど、今度はやってくれそう。
そんな目つき。

■田母神俊雄
自衛隊ってなんだかなー。
選挙ポスターの目つきがおじいさん。
やってけるのかしら?

以上です。
ソロさんの固まった姿が眼に浮かびます。こんなもんです。
アハハ、でも、心配不要です。ノーテンキ女の大半は選挙に行かないから。

オネガイするとすれば、都民丸めた数字で1000万を分母として、
500±50万票でシュミレートしてくれませんか。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/senkyo/kiroku.files/tiji-gurafu.PDF
ビジュアルな視点も必要です。結果と数字はウソつかないです。
トレーダ的な私目線では、今度は、その辺に落ちます。
(株とは違うんですけどね。でも、そう見えちゃう。)
(まあ、よかったらです。私の予想が間違うこと希望します。)

----
ということで、傾向と対策です。皆さん行動してください。
目標を持った女は強いです。
たとえ、石つぶてがバンバンふってても選挙にいきます。

ポイントは2つ。女性の都民への連絡。
1.<DV、愛人、あっちこっち子供、女の敵>刷り込み。
生理的な嫌悪感まで。
2.「こんなヤツ女の敵、知事になんかできないですよね。」 暗示。
選挙投票率UP。

ざけんなよ、DV、愛人、そして何より子供がカワイソだろ。
私の前スレで提案のコメのコピペでもいいから、
何でもいいので、これを一人でも多くの東京都在住の女性に
伝えて欲しいと思います。ホント女性の敵です。
人として終わりではなく、世間さまからも終わりにしたい。
それ位、思ってます。
(でも、コピペする場合、ちりちゃんの行は削除して欲しいです。
これ以上有名になりたくないから。)

終わりです。





終わりません。管理人さんへ。
「ヤデス」って、コメUP、実は、私には意外です。
あんなむちゃくちゃなコメ、
継続OKって、勘違いしてもいいですか?
ちりちゃんが投稿したコメ。一回も管理人さんブロックない。
どちらさまかが、私が真空を作ったとかってのがあって、
責任感を感じちゃったりして、それ見たときは、戸惑いと責任を感じました。
救ってくれたのはノートさんのコメでした。アリガト、ノートさん。

オヤスミナサイです。

日本の鉄資源は日本刀の作刀地と関係あり

>ちりちゃん
>>高麗が日本に何を輸出していたか・・
 答えは、ご紹介のWikにあり。i
>>高麗は宋に金・銅器・木材・棉織物・毛織物・花茣蓙・諸種の薬材・朝鮮人参を輸出し、宋から絹・陶磁器・薬材・書籍・楽器・香料を輸入した。
ここで、注目したいのは、輸出入品目の中に金や銅はあっても、鉄が無い事でしょう。 戦争や開拓の為には、鉄がドゥしても必要ですが、それが輸出入品目には無いのは、互いの相手に対する牽制だと思う他はないですね。 

 まぁこの時代、嘗て朝鮮半島を約700年間戦火の中に叩き込む原因となった、朝鮮半島の新羅慶州鉄山は、既に枯渇していた様です。

 一方、3世紀ごろ半島の鉄資源枯渇を待っていたように始まった、日本刀の製造が、中世以降も続いたことから、生産地の中心は、既に日本にあった様です。 例えば、古くから名刀産出で有名な、出雲(島根)、備前長船(岡山)、関の孫六(岐阜)と謂った場所には、鉄が出たのでしょう。 ダカラ、日本からの宋や高麗への輸出品目には、日本刀があったと思われます。 日本刀は、「宝刀」と重要視され、越地方の商人が日本に来て直接仕入れたそうで、北宋の政治家にして詩人の欧陽修が日本刀の美しさを称揚した、そのものズバリ「日本刀歌」を遺してますね。

 日本の鉄の産地は日本の鉄の需要に大きな影響を受けています。 初期は、出雲に始まり、伯耆、備中、備前、相模と点在しましたが、武家政治が始まって需要が急速に高まると、全国で鉄山の開鑿が行われ、供給地が次第に広がって、山城、大和と機内でも産出、さらに、豊後、筑後と九州でも産出するようになって居ます。

続き

>ちりちゃん ソロです。
  微妙に話がずれてしまいました。 えっと、高麗が日本に何を輸出したかでしたね。 

 高麗は元々の出が、女真族で半牧半農がベースですから、船は使えない。 然し、鉄貿易をやっていた新羅の残党は貿易のプロですから、日本と南宋との貿易では、中継役の様な事をしていたのでは無かろうか。 勿論、先に挙げた宋に輸出したものは、日本にも輸出していたと考えるべきだし、未だ仏教が完全に排斥されて居ないので、宋からの文物を、付加価値を付けて日本にも流すと云う様な事もやっていたと思います。 唯、その中に、火薬もあったと思います。 

 勿論、その時代には、弩(いしゆみ)や投石器はあっても、鉄砲や大砲はありませんが、火薬は墨家が発明し、城壁に囲まれた都市の城壁の爆破等には使っていた様です。 この頃、高麗は火薬の製造に成功して居て、元軍が使っていた火箭は、今でいうロケットの様なものとされていますが、是は火薬を使った武器です。

 唯、この時代の日本で火薬を持って居たとしても、鉱山で使うくらいで、武器に使う迄は消化できていないと思います。 以後も鉄砲が入ってくるまで、火薬は、日本では原料となる硝石が取れなくて貴重だった事もあって、殆ど見向きもされていませんでした。

キラーツール

ソロさん、レスありがとう。ちりちゃんです。

実はチェックポイント埋め込んでました。
日高貿易はないのです。
でも日麗貿易はあるんです。
どちらさまか突っ込んでくるかなと期待してたのですが、
マサカ、ソロさんとは思いませんでした。
都知事選でレスくるかと思ってたのですが、意外です。
でも、このソロレスには、驚愕で、アリガトな気持ちを持ちました。
その理由少し長いので、次にします。早くて日曜です。
---
優先のコメをUPしたいからです。都知事選です。
次、日曜が決戦日です。
今日が都知事選への私からのLAST1メッセージです。

継続してオネガイします。
女性から女性への誘導は、コレでオネガイします。
>ポイントは2つ。女性の都民への連絡。
>1.<DV、愛人、あっちこっち子供、女の敵>刷り込み。
>生理的な嫌悪感まで。
>2.「こんなヤツ女の敵、知事になんかできないですよね。」 暗示。
>選挙投票率UP。

LASTあと、実質3日。
次には、女性から男性への誘導お願いします。
田母神キラーツール出ました。(涙です。)

東京在住の親戚オジさん筋にも、コンタクトしてました。
でも、50代の一線の社会人って、
こんなに忙しいかなと認識改めました。
家に電話しても、ホント、いつもいないんですよね。
深夜に電話するのもナンダシ。
私と生きてる時間が違うのかな。って思い知りました。
亭主元気で留守がいいってのもあるかもしれません。
こんな状況下、携帯に電話すると迷惑と思い、
携帯メアド、分かってるんで、携帯メールでアタックです。
雑談面倒なので、ストレートに都知事選です。
初期結果。田母神3名、投票せず2名でした。
さすがにマスゾエは0名。
メールのやりとり。投票せず2名のやりとりです。
「もう、メンドクサインだよね。猪瀬があれだよね。
誰がどうなっても同じだよ。」
「舛添2億5千万>細川1億>猪瀬5000万考えてください。」
「マスゾエには投票しないよ。でも誰にも投票しない。」
マスゾエ女問題意外の、いろんなアプローチしました。
でも、だめでした。絶望感。
偉いのは、スキマ時間使ってんでしょうか、
必ず何らかのレスをくれてたことです。
でも、めんどくさ感ありな、レスメール内容です。
絶望から歓喜に変わったのは、
私が田母神の日本外国特派員協会記者会見の映像を
見てくださいメール出しました。
ここです、
http://www.youtube.com/watch?v=sHdv203GPLY
さっき(30分前)最後の1名が落ちました。
2名ゲットです。(他3名にも出してます。)
(そんな忙しい人たちがどこでみたんでしょうか?)

皆さんへのお願いです。
今度は、女性から東京都民男性にこの
http://www.youtube.com/watch?v=sHdv203GPLY
を見るよう誘導してください。
そして、選挙に行くようお願いしてください。
もし、これに批判的な男性がいたら、注意してください。
本当の日本人でないです。
実験と思ってやってください。
後のつきあいで、選別する必要ありな人達です。と思ってください。

日本外国特派員協会記者会見の対応については、100%完璧です。
総理大臣でもOKと、私は思いました。
あと、3日、なんとかこのキラーツールの紹介を、
目に付く所に出して欲しいです。
女性だったら、グルメ、旅行、料理等わかるんですけど、
男性にはどこにだせばよいか、私にはわかりません。
女性向きには出さないほうがよいです。
男性の選挙行かない派に効力あると思ってます。


管理人さん
私のコメをブロックしない、ありがとうございます。
お願いがあります。
もし、田母神が通る報道があったら、
ここのコメUP、ブロックなしにしてくれませんか。
日曜の夜から月曜の朝までだけでよいです。
田母神応援の皆さんとハイタッチと乾杯の
メッセージでいっぱいにしたいです。
キモチ共用したいです。
今で、田母神の当選確率フィフフィフです。
全く根拠ないんですけど。

では、オヤスミナサイです。

朝鮮人の悪行をもっと世界に知らせましょう

蛮族が支配する現代中国といえども、教養のある中国人が相当数いることも確かで、習と朴が演出する「蜜月」には呆れているようです。
史実を知る中国人には、先の戦争で中国人に害をなしたのは朝鮮兵だということは周知の事実で、香港の女優が朝鮮兵に強姦された話はよく知られています。
このような中国人は、朝鮮が日本を貶めているのは先の戦争の責任を取っていないし、取りたくないので日本を悪く言っていることも知っています。
中国の知識層が真実を広めれば習と朴の茶番が習の命取りになるでしょう。
日本人は先の戦争で朝鮮人が「加害者」であることをもっと世界に知らしめる必要があります。
中国の知識層との連携も大切です。

元寇は、高麗が企画した

元に日本侵略を進言したのが高麗の元宗王の皇太子(後の忠烈王)。
彼の進言がなければ元寇はなかった。元が海になじまず、日本侵略に乗り気でなかったという点から考えても。
したがって、残虐を極め、日本人に多大な損害を与えた元寇の責任は朝鮮人にある。
韓国の親日歴史学者チェ・ケイホ(yOUTUBEに出てくる)ですら、「高麗が元と戦ったから、元の日本侵攻が遅れた。このことを日本は歴史に記すべきだ。」などとのたまったが、大間違いだ。

元寇後の朝鮮半島

 成程、世界一の破壊力を誇る元軍をも、幾ら海という天然の要害の助けがあったとはいえ、日本軍は二度も撃退して見せたのですね。 隣人は、一緒に戦おうと同盟を求めてくる処か、丸で督戦隊に脅かされた、北伐軍の様に、元軍の先鋒で、盾の代わりをさせられたわけですか?

 でも全く同情できないのは、対馬や壱岐での住民虐殺を知っているからでしょう。 日本人は誰一人、自分だけ助かろうなんて思っていなかったんですね、女子供でさえ。 

 一方、 結局の処、朝鮮半島に暮らすものは、自力で外敵を排除したことが無く、悉く蹂躙支配を許してきたと言う事ですね。 そして、元軍が居なくなった後も、千年以上も負け犬だったと言う事ですよね。 勿論、其処から、対馬や壱岐の住民による復讐=倭寇が始まるワケで、高麗の滅亡の一因にもなって居ますね。 その倭寇が明代まで続いて、明の滅亡の原因になったと云うのは、間違いですがね。

 ドゥしてでしょう?

 まぁ、高麗までは、自力で戦う力が残っていたと見えますが、世界一の元軍に思いっ切り負け、甚振られた為に、朝鮮になると、「何時飼い主の手を噛むかもしれないし、ドゥせ負ける軍隊には、使う金が勿体無い」ので、文班・武班と在ったから両班なのに、文を偏重した為に、武班が壊滅してしまいましたとさ。 この結果、自らの力では何物も護る事が出来ない国になったんでしたよね。(笑)

 ダカラ、憲法九条の精神って、朝鮮半島出自なんですよ。 (爆)

 憲法九条を墨守していれば、日本も何れ19世紀の朝鮮国のような有様になる事が約束されているのです。

 勿論、需要の無い処に、発明も工夫も生まれようがないので、先ず、刀が要らないし鉄砲も要らない。 牛馬が居れば、人間では持てない重い荷物を運ぶモノも必要が無いから、ナント荷車自体が無い。 どぅせ搾取される量が増えるダケだからと新田開発も必要ないし、水害が起こっても直すのに必要なお金も出てこないのでは、イカンともしがたい。 ダカラ、李氏朝鮮500年で、人口がなかなか増えていませんよね。

 工芸品も両班が只で持ってゆくから、いいものが出来ても長く続けられない。 顔料を使って染色したいけれど、是亦、いいものが出来たら献上せよで御終い。 仏教は悉皆平等が都合が悪いので排斥して坊主は乞食並みの身分に落とし、生まれ重視の儒教一色にして、差別やり放題。

 是が、朝鮮半島国家の正しい中世の歴史ですよ。

 どんな国でも、産業が滅ぶのは、その前に庶民の生活が滅んでいるのです、つまり、需要の起り様が無くなっているのです。 中世の朝鮮社会には色が丸でありません。 モノクロ世界と云って宜しいでしょう。

 然も、下水道や糞尿、塵芥処理に金を出す公的な機関はありませんでしたから、当然、それを引き受ける集団も居ません。 ダカラ、道や下水は汚物だらけで、飲料水の汚染もお構いなし、伝染病の流行は止めようがなかったに違いありません。 不潔な飲料水で死ぬ子供や老人が多かったから、平均寿命が24歳前後だったのは、むしろ当然でしょう。 是で、朝鮮が理想の国だったと云っているのですから、其処へ還ればいいだけの事です。

 更に、違法を取り締まれない治安レベルなら、亦、自力で外敵を防げない防衛力なら、周辺の強国の膝下に甘んじるほかはないし、その強国の都合ひとつで、いつ国を失っても仕方がない。 というのは、歴史から学ぶ常識です。

>一騎打ちが得意な日本の武士はたちまち苦戦におちいった。
これは歴史の教科書に書かれた通説ですが、詳細はウィキペディアの「元寇」のページに譲りますが、一騎打ちは日本の伝統的な戦法ではなく、また日本軍が一騎打ちを行ったとの記述は『八幡愚童訓』にしか書かれていません。
つまり元寇に際して日本軍はほとんど始めから集団戦闘を行い元軍を撃退したと考えるのですがいかがでしょう。

ヤデス 3

消費税廃止さん ちりちゃんです。

「一騎打ちは日本の伝統的な戦法ではなく」
私も戦法ではないと思ってます。これは挨拶です。
ここ、文永の役までは挨拶が伝統だったかもしれません。
「ワタシはxxです。ドチラさまですか?
ナニシニきたのですか?」てな、
挨拶と思ってます。
一人二人三人はやられたと思います。
でも、そのあとは違うと思います。
陸戦では、遠距離、船旅団(旅団の意味違ってます。)
の奴らには負けません。ひょろひょろ矢です。
矢をすりぬけて、白兵戦日本刀です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E5%85%B5%E6%88%A6

じゃ、次スレで、弘安のファンタジー考察あげます。

上の方で「従軍慰安婦の事実」とか書いてる人がいるけどさ。

この蒙古来襲の教科書に載ってる写真が日本軍が苦戦するように切り抜かれたものだけど、事実は日本が優勢で圧勝。日本の歴史は戦後書き換えられ、日本は劣等で悪と言うような真実と真逆の扇動が根底に流れてる。

その従軍慰安婦についてそれだけ細かく書いているのに、敗戦後米兵の強姦が後を絶たず、あまりに被害が多いので日本中の各県に米兵慰安所を作った事実を書いてない。強姦を阻止しようと惨殺されて国民も多い。

日本は戦後、完全にアメリカのWGIPのプロパガンダに国民が洗脳されてしまってる。
アメリカについて日本人は知らなすぎる。
世界の中でアメリカにとって最強の敵国は同盟関係にある今も日本であるのには変わりない。
中韓朝のバックで反日を煽っている国家こそアメリカであり、世界しているユダヤ金融であることは、歴史を見れば当たり前のことだ。
戦争は金でやるものであり、殆どの戦争がユダヤが金や物資の援助で起きている。

武士とは重装弓騎兵

武士とはもともと蒙古と同じ軽装弓騎兵でした。が、その後の武士同士の争いで軽装弓騎兵に対抗すべく進化し、世界的にも珍しい重装弓騎兵という兵種になりました。モンゴルが西洋騎士である、重装槍騎兵に勝てたのは当たり前です。モンゴル騎兵は威力と射程に劣るが、速射が効きまた、ショートボウとしては威力のあるショートコンポジットボウを装備した軽装弓騎兵です。まず、軽装の西洋弓兵、歩兵と西洋重装槍騎兵を脚力と弓で分離します。騎士が突撃しなければ弱い歩兵を弓で蹂躙します。軽装弓騎兵とは歩兵キラーなのです。味方歩兵を守る為、西洋騎士が突撃を開始します。
モンゴル騎兵は馬を狙って矢を放ち、重騎兵の足並みを落とし、落伍した者から数で押しつぶします。軽騎兵は槍の射程外を維持できるからです。そして全軍が軽騎兵である為、足の遅い味方歩兵を守る為、戦場に無理に踏みとどまる必要もありません。だから西洋騎士には完勝できました。ですが、弓の防御に特化した大鎧を着込み、速射に劣るが射程と、威力で優越する世界最大のコンポジットボウ、和弓を装備する武士には相性が悪い。アジャンクールで名を馳せたイングランドのロングボウは600mm先の木の幹を貫通しますが、和弓の初速と矢尻の重さはロングボウを上回ります。武士とはモンゴルのような軽装弓騎兵を狩る為に進化した兵種だからです。開けた平原で武士とモンゴル騎兵が戦えばどうなるか?互いに並足で接敵し、まず射程に勝る武士が先制します。ホロと大鎧すら貫く和弓の有効射程内ではモンゴル式の皮鎧は紙同然ですが、同射程ではモンゴル弓は大鎧を抜けません。モンゴル騎兵は軽騎兵の機動力を生かし全速で突撃します。武士は並足のまま後退しパルティァンショット(並足で逃げながら後方を射撃する)に移行します。有効射程に入るまでモンゴル騎兵はダメージを与えられませんが、接近して命中率の上がった和弓は一撃必殺の距離です。やがてモンゴル騎兵が有効射程に入ります。接近する為、全速のモンゴル騎兵は最早方向変換が出来ません。また、馬も疲れきっています。並足で後退していた武士は方向転換が容易であり、馬も疲れていません。ここで馬首を巡らし突撃を開始します。全速の騎馬同士の突撃です。弓有効射程が最大でも300mm、馬は時速40Km。相対速度80Kmで接敵します。所要時間は13.5秒。実際には最大射程でモンゴル弓で大鎧を撃っても抜けませんから、実際にはコレ以下の時間で重騎兵の得意な接近戦に持ち込まれます。せいぜい1射か2射ですね、荒れる馬上からの射撃では。ですが、2射目を撃った愚か者は白兵戦兵装への持ち替えが遅れ接近戦で確実に負けます。また軽騎兵では亜種とはいえ重装騎兵に接近戦で勝てません。本来、軽騎兵は迂回して矢戦を仕掛ける兵種です。が、重装弓騎兵相手では矢戦でも負けます。理系で軍事が好きならわかる事ですが、モンゴル騎兵では武士に勝てません。前の方も仰っていたように惨敗したモンゴルは船に逃げ込んだのです。当時の未熟でいつ難破してもおかしくない船に逃げ込む他無かったのです。蒙古来襲の絵巻で射撃している蒙古弓兵は描かれた時代、絵の具が違う事をご存知でしょうか?あれは武士の世に不満をもった一向宗が後の時代に書き込んだ物です。今では放射線測定でわかった事ですが。モンゴル騎兵では武士に勝てません。西洋騎士なら接近戦で武士に勝てるでしょうが、モンゴル騎兵と同じ事を武士にされたら負けます。また、重装弓騎兵は重装槍騎兵に接近戦能力で劣りますが、決定的な差ではありません。接近まえに弓で負傷した場合は接近戦に持ち込めても負けるでしょう。重装弓騎兵とは中世最強の兵種ですが、育成に大変手間が掛かります。まず、見る事はありません。が、戦場で出会えば絶対の死を意味する恐怖の代名詞です。何故こんな事がわからない人が歴史の教科書作ってるんでしょう?

不思議なコメ?!?!

>2016/03/26(土) 20:34:18| URL| 皆武士を知らない さん

不思議なコメがあるもんだね。
今更、モンゴルなのかな。

このスレのコメのやり取りを公開することが目的?、
と、
サスペクトしたりする。
考えすぎか?・・・な!。

南朝鮮の「売買婚」

韓国人男性との結婚 ベトナムやキルギスで禁止
2014年7月26日 16時0分

 韓国では2000年代以降、外国人の花嫁が増えている。その多くが仲介業者のあっせんで韓国の農村部に嫁いでいるが、夫から虐待を受けた末に殺されたり自殺したりする悲劇が後を絶たない。今年に入ってからは、江原道で36歳の韓国人の夫がベトナム人妻(21)の首を絞め殺害した事件も起きている。そして、2007年以降、韓国では「外国人妻の悲劇」がほぼ毎年発生しているのだ。ジャーナリストの室谷克実氏が、韓国での外国人妻の悲劇について解説する。

 * * *
 嫁いだベトナム人妻を待つのは、韓国社会からの差別、家庭内での暴力だ。

 韓国農村経済研究院が全国34の農村部に暮らす国際結婚した400世帯を面接調査したところ、外国人妻の約2割が「ここ1年で家庭内暴力を経験した」と答えた(『東亜日報』2012年4月19日付)。家族から無視され侮辱的な言葉を浴びせられたり、外出を禁じられたりする上に殴るぞと脅され、また、実際に殴られた妻が少なくなかったという。

 韓国の女性家族部の調査では、家庭内暴力を受けている外国人妻は7割にも上る。韓国KBSは外国人妻の相談窓口に寄せられた事例として、韓国人男性と結婚し、2度妊娠したが夫に人工中絶を強要されたベトナム人妻や、結婚してから5年間、韓国人夫の暴力を受け続けているフィリピン人妻の肉声を伝えた(2013年5月21日)。

 言葉もわからず、生活習慣も異なる韓国で夫から暴力を受け、舅や姑にもいじめられ、さらに労働力としても酷使される外国人妻の支援団体関係者は「外国人女性を妻にしたと考えているのではなく、自分が対価を払って連れて来たのだから、自分の好きにしていいという間違った考え方が暴力につながっている」と説明する。

 相次ぐ事件を受けベトナムなど各国は対策に乗り出した。

 2010年には半官半民の「ベトナム女性連盟」と韓国政府の間で、韓国人男性の経済力や家族構成、健康状態などの基本情報を国際結婚仲介業者に通知させる制度を作ることが合意された。しかし、書類を捏造するなど虚偽が横行したため実効性は皆無。2012年にはベトナム女性連盟が、50歳以上、または年の差16歳を超える韓国人男性との結婚を禁止する方針を打ち出した。

 ベトナムだけではない。同じく仲介業者による「売買婚」の標的であるカンボジアはこれまで数次にわたり「韓国人男性との結婚禁止」措置を講じてきた。昨年3月には中央アジア・キルギスの副首相が韓国大使に、キルギス人妻が韓国で「不幸な生活を送り、中には死に至るなどの問題が報告されている」と伝えた上で「議会では韓国人との結婚を禁止する必要があるとの話まで出ている」と述べた。

 これに対し韓国大使は「多文化家庭(国際結婚家庭)の結婚問題はキルギス人女性だけに限られたものではない」「幸せな結婚生活を送る多文化家庭も多い」などと答えたという「(『サーチナ』2013年10月7日付)。

 大使の言葉に表われた「問題軽視」の不誠実さこそ悲劇の温床と言える。今年4月、韓国政府は国際結婚に伴う移民ビザを申請する外国人には韓国語の習得を、韓国人配偶者には年収1480万ウォン(約148万円)以上を条件として課した。しかし、そうした規制強化は「農村部の男性の結婚相手を選ぶ範囲を狭くし、結婚費用をかさませるだけ」(国際結婚仲介業者)と冷めた声も聞かれる。

 実際、業者による「売買婚」はベトナムに始まり、次から次へと貧しい国々を物色し、市場を開拓してきた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9082640/

今でも韓国人がベトナム女性を妻にすると、夫だけでなく舅までもが夜の生活を要求して、それが苦痛でベトナムの父親にSOSを出して父親が連れ帰ったという例もある。

ちりちゃん、何とかして下さい。

(・”・)

千年恨を忘れない韓国は、元寇の報復を狙っている

パク・クネは、千年、恨を忘れないと言明した。

然らば、元寇の保障をせよ。その考えのないなら報復をするに違いない。

報復の炎を燃やしている韓国を2度と出られぬ奈落の底へ叩きこめ。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。