スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生きる」     1月7日(火)  平成26年(2014年)


2014年、ついに希望に満ちた日本の夜明けが始まりました。それは「特定
秘密保護法」の通過であり首相の「靖国参拝」でした。

以前の臆病な政府なら腰砕けに終わっていたが、安倍首相は左翼マスコミ
やインチキ文化人の攻撃に屈すること無く毅然として行動しました。
自分の国の国民に敬意を払う首相は結局外国からも信用されるのです。

戦後の左翼思想は単なる流行で、文化人や大学教授は自分に箔をつけるため
に適当にちょっと勉強して左翼のお面をかぶって得意になっていただけで、
それはまるで調子に乗った仮面舞踏会だったのです。

彼らは常に上から目線で「自分たちは国民を教え導いてやっているのだ」と
いう優越感とうぬぼれで左翼風の教えを撒き散らしていました。
しかし最近の中韓の露骨なまでの反日姿勢に以前のままの幼稚な理想主義で
は多数の国民がついて来なくなってきた。

そこで彼らも目立たぬように左翼の仮面をそっと外したものの、優れた思想
を宣伝している選ばれたものであるという自尊心と満足だけはいつまでも味
わっていたい。国民を指導しているという面子だけはぜひとも維持してゆき
たい。

つまり得意でつけていた左翼の仮面を外しても、左翼の習性がそのまま温存
され、大きな正義を無視して小さな欠点をほじくり返して大声でわめきちら
しています。

彼らの習性は常に反権力という姿勢をとります。反権力こそが正義であると
言い、反権力を謳い文句にして生息しています。そして国家を人間を抑圧
する暴力装置と定義しています。

「特定秘密保護法」についても、左翼メディアや評論家達は、左翼の習性で
ある反国家姿勢丸出しで、戦前の治安維持法を無理に結びつけて国民の不安
を煽っていました。朝日新聞などは国民の誰も知らないナチスの全権委任法
まで持ちだして恐怖を演出するしまつ。

「特定秘密」を漏らした人、それを知ろうとした人を厳しく処罰する法律を
つくるのは当たり前のことです。いわゆる「スパイ防止法」です。国や企業
でも情報の漏洩は命取りになります。敵国に囲まれた日本は、情報の迅速,
正確な収集を進めることは最大の防衛であり安全保障です。世界中は情報
合戦を日夜繰り返しているのです。

昔アメリカの元国務長官のキッシンジャーは、「日本では秘密が守られない
ので、重要な機密情報は伝えられない」と言っていました。同盟関係のアメ
リカだけでなく、味方である他国が「秘密を守れない国」だと分かれば、
100%秘密を渡してくれません。当たり前のことです。

国を守る「公」より「私」を優先する「反日本」の文化人、朝日新聞、左翼
議員、テレビ評論家たちは、もはや国際感覚をまるで失った大馬鹿者たち
です。





(韓国シリーズの続きは次回にさせていただきます)

(去年の暮れ、落ち葉と木切れを集めて焚き火をしました。それを見た妻は
さつま芋を台所から持ってきましたが、その時はすでに火が消えそうになっ
ていました。もう一度火を起こすために消し炭を集めてその上に新聞紙を乗
せて木切れを補充して再び焚き火をしました。

消し炭をほっておけば火も消えてしまうが、その上に燃えやすい新聞紙を
乗せれば火は生き返ります。今の日本です。ろうそくの火も数本よれば明る
く、元気づきます。

今年は正しく知り、正しく信じ、正しく行い、かくして、歩一歩、明るい
日本に、皆様とともに向かいたいと思います。)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

ブログ主様、明けましておめでとうございます。
いつもこちらで貴重な勉強をさせて頂いてます。
お体を大切にして頂いて、今年も身になる知識をご教授頂きたく、どうぞ宜しくお願いします。

2014年の金融市場に関する5つの予測=カレツキー氏

コラム:2014年の金融市場に関する5つの予測=カレツキー氏
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYEA0502D20140106

カレツキー氏は2014年、金融市場にとっての予期せぬ出来事の一つとして、「日本は再び自滅する」可能性を指摘

北朝鮮喜び組

2014-01-06 07:52:00
北朝鮮喜び組

カンボジアと北朝鮮は仲良しなんだって

だから
カンボジアに北朝鮮の喜び組のおねえさんの芸術的ショーがみれるレストランがある

西原理恵子は北朝鮮冷麺が大好き

韓国と北朝鮮は交戦状態のはずたが
韓国観光客が2000人以上来てる。みんなノリノリ

飲めないかっちゃんは覚醒してるが
みんな熱狂状態


僕らが日本人と知ってか知らずか
とても愛想がいい

http://ameblo.jp/drtakasu/

>燃えやすい新聞紙
朝日とか毎日とかが最適ですねw
どうせチラシを包むくらいしか使い道がないのでどんどん焚きつけに使いましょうw

日本に左翼はいない。在るのは、在日韓国人と成り済ましだけである

日本に左翼はいない。居るのは在日韓国人と成り済ましだけである。

パスタのお方、現憲法は水戸黄門の印籠?

もういいかげん現憲法を印籠がわりに使うのはやめませんか?
本当に法治を尊重するなら占領統治法より自然法を尊ぶべきだと思います。

反権力の姿勢をとるのはそれが楽で安全だからでしょう。
他人が言うこと為すことをただただ批判するのは小学生にも出来ますし、結果がどう転んでも自分はケガしませんから。

自分が左翼なら、中国、キューバに引っ越す。
左翼はなぜか日本に拘るという点でとても保守的だ。自己欺瞞、自己矛盾を抱えている人なんだろうと思います。もしくは日本で自分の社会的地位向上のためなんだろうなと。

本年もよろしくお願い致します。

明けましておめでとうございます

お体にお気をつけ今年も頑張ってください。
何か日本が変わりつつある感を覚えます。

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
約3年前から閲覧させていただいております。
毎回貴重なお話を聞かせていただき自分はまだまだ生きた経験が足りないなと実感する毎日です。ブログ主様、今年もよろしくお願いします。

本日、「生きる」を読み、「かず先生」と呼ばれる方を思い出しました。
余命3年時事日記のブログ主で、日本の将来を危惧し発信された方でした。
しかし、悲しいことに去年12月にお亡くなりになりました。
かず先生はガンの痛みに耐えながら苦しみをこらえながら、主筆としての責任を全うされ、心ある人たちにこの国の事を託されました。
私たちの火はひとつひとつは小さいかもしれません。
ですが、それらが集まって日本を明るく照らすのだと・・・。
「生きる」を読んでそう思いました。

今までずっと言いたかった

私は、高野山のそのまた奥で山仕事に従事しています。
現在のマスコミ、政治評論家の人達は
幼きころから、本当の人の道を歯をくいしばって生きてきた人達でわないですね、ただただ学歴を武器に世間の風を読んで調子を合わせてきた諸兄だと思う、そのような諸兄でこの国が成り立っているわけでわない、サイレントマジョリティの努力の賜物です、昨今の中韓のおかけで本物の人達が
声をあげだしたことに、嬉しく思っています。

日本の夜明け

安倍首相が誕生して周りが明るくなってきました。それを煙たがる人もいます。共産党や民主党、朝日新聞は特定秘密保護法案の廃案を叫んでいます。彼らにとって特定秘密保護法案は余程不都合な法案だと思われます。

国家公務員は今でも秘密厳守の法案があります。今回の法案の本当の対象者は「国会議員」です。国家機密を知る機会の多い国会議員から多くの国家機密が他国に流れていました。

民主党は韓国の政党でした。韓国の前大統領は民主党政権になったときに「日本を支配した」とも言っています。民主党政権時代には日本の国家機密の多くが韓国に筒抜けだったと思われます。アメリカ政府もそれを危惧していました。

安倍政権になり機密の漏えいが少なくなったと思います。しかし、多くの機密を握る国会議員に対しても罰則のある規制をしないと国益を失いかねません。安倍政権は「国会議員からの漏洩防止」が急務と考えて「特定秘密保護法案」成立を急いだものと思います。

「特定秘密保護法」の廃案を叫ぶマスコミや政党は売国の危険性があります。私の新年の妄想でしょうか。

ブログ主さんには「目から鱗」のコメントをいつも期待しています。

戦後時代の終焉という節目

>>戦後の左翼思想は単なる流行で、文化人や大学教授は自分に箔をつけるために適当にちょっと勉強して左翼のお面をかぶって得意になっていただけで、それはまるで調子に乗った仮面舞踏会だったのです。
異論有ります。 戦後、GHQは主に英文系の大学卒者約4千人を、手紙や書籍の検閲のアルバイトとして募集・採用、キィワードを設定して、その言葉が出てくる公的に出版された書籍、個人の書簡、手紙に至るまで、報告させました。 たとえば、「闇市」「闇物資」といったキィワードは、物資の闇取引の摘発に大きな力となったそうです。

 然し、GHQが目論んだ真の目的は、勿論、GHQの施策や米国への批判や組織的な反抗=レッドパージの一環、WGIP施策の推進であったのは言うまでもないことでしょう。 簡単に言えば、彼らこそ戦前日本に対する裏切者です。

 彼らこそ「靖国」を悪の権化、軍国主義の象徴、メッカの様に標榜して回り、「反戦」の美名に隠れて、独立国家の基本的要件である、防衛自体も「軍国主義」と決めつけた主犯だといえましょう。 彼らが直面した戦争とは、無差別爆撃であり、原子爆弾であり、身近な肉親の不当な死であり、そして、恐怖と飢えであったからには、戦争自体が悪という決めつけしか存在しなかった。

 彼らは、否、女性が占める割合がかなり高かったそうですが、GHQの「お墨付き」がついて回って、給与は平常採用者の2倍、出世は思いのままという有様だったそうで、忽ちの裡に、日本の言論、出版、報道界は、米国という新たな保守の姿をした、その実、思想無き反戦主義者「=左巻き」の巣窟になったわけです。

 この時代の人たちって、所謂、大正教養主義や昭和一桁の不満足勉強組が多く、自分自身の偏向すら、欧米価値基準に平伏する余り、正しく見直せない人たちだったと思います。 然し、彼らの多くが既に80歳の坂を超した今日この頃です。 鬼籍に入る人も後を絶たず、この先、日本は、従来在るべき姿に、大きく変化を始めるでしょう。

 安倍さんはその時代の変わり目を正しく読んでいると察します。

安倍総理には、戦後レジームからの脱却を成し遂げていただきたい。
靖国参拝せずして、戦後レジームからの脱却はありえない。

先の大東亜戦争は、欧米列強から、アジアの植民地を解放し、白人優位の人種差別政策を打ち砕くとともに、わが国の正当な自衛権の行使としてなされたものである。

よって、ほんとうの意味における、(A級)戦犯なるものは存在せず、先の大東亜戦争を戦った日本人は、アジアを白人による植民地支配、人種差別から解放した英雄である。

残念ながら、今一歩、力及ばず、敗れたことにおける、敗戦責任はあるが、決して戦争責任なるものではない。

戦後レジームからの脱却は、戦勝国から押付けられた歴史認識ではなく、正しい歴史認識からくるものです。

私は、昨年に60歳をむかえました、二人の息子の成長が楽しみで、その為にこの国に普通の判断や行動ができる国になってもらいたいです、しかし昨今の識者達(平和主義者)にウンザリしておりました、あなた様の投稿を見させて頂いて、少しわかった気がします。これからもお身体をご自愛のうえの私達にいろいろ教えてください。

陰陽の法則からみれば中韓などは陰の性質。日本人は国旗が示してる通り明らかに陽の性質。そして陰陽にはサイクルがある

今まで闇雲の覆っていた日本では陰な性質な在日左翼が有頂天にやりたい放題でした

ところが気付いた日本人の心に、また一人と陽が燈り照度を増す

照度が増せば陰は当然縮小して逝きます。奴ら陰な連中は照度を増す一方の日本人が恐くて仕方ないはず
どう悪あがきしても陰のサイクルは終焉を迎えていますね

韓国のよいところ

韓国のよいところは、たった一つ、それは「パチンコ」を廃止したことです。

日本も見習って、速やかに「パチンコ」を廃止しよう。

9条改正と世界大戦

右翼って中国韓国北朝鮮は嫌いだけど憧れがあるんだろうな
将来的にそんな国みたいになる可能性がある法律できて喜んでんだもんな

中韓政府は何故靖国参拝をしないのか

安倍首相の靖国参拝を中韓政府が激しく非難しています。正しい歴史を知っていれば非難できないはずです。かって毛沢東主席は中国共産党が勝てたのは日本軍のお陰であったと日本軍に感謝しています。

これは、日本の政治家が中国を訪れて毛沢東主席に「謝罪」したときの言葉です。謝罪はしなくて良いと言っています。外務省の外交記録には残っていないのでしょうか。

韓国は先の大戦では日本人としてアメリカと戦った国です。多くの韓国人軍人が靖国神社に祀られています。朴韓国大統領の父親も日本軍将校として戦った一人です。もし、大東亜戦争がなければ韓国人は今も日本人として生きていたかも知れません。独立できたのは日本軍のお陰です。

中韓政府は何故靖国に参拝し「感謝」しないのでしょうか。日本政府は中韓政府だけでなく、その事実を世界に訴えるべきです。

中国、世界規模で日本批判…各国大使も宣伝戦


 【北京=五十嵐文、ニューヨーク=加藤賢治】アフリカ歴訪中の中国の王毅ワンイー外相は中東の衛星テレビ局アル・ジャジーラの取材に応じ、安倍首相の靖国神社参拝について、「中国人民ばかりか、国際社会も受け入れられない」と批判した。

 中国外務省が9日、発言内容を発表した。各国に駐在する中国の大使も記者会見や現地メディアへの寄稿で日本を批判、世界規模の宣伝戦を繰り広げている。

 エジプト訪問中の張明外務次官も8日、1943年に米英中の3首脳が台湾などの返還を日本に求めた「カイロ宣言」を発表したホテルで記者会見し、参拝は同宣言と45年に日本が受諾した「ポツダム宣言」が定めた戦後の国際秩序に「公然と挑戦するものだ」と主張した。

 王氏らの日本批判は、安倍首相が9日から中東・アフリカ歴訪を開始したのに先立ち、同地域で中国に有利な世論を誘導する狙いがある。

 また、ニューヨークの国連本部では中国の劉結一・国連大使が8日、記者団に「安倍首相が誤った歴史観を正すよう国際社会は警告すべきだ」と述べ、各国に協調を呼びかけた。

 これに対し、日本の吉川元偉国連大使は同日、安倍首相の靖国神社参拝は「軍国主義を称賛するものでは決してない」と説明する文書を現地で発表。先月26日の首相談話「恒久平和への誓い」の英訳も添えて反論した。

(2014年1月10日07時33分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140109-OYT1T01081.htm

日本人らしくあれ

 日本の文化人の心理的な構造とは、やはり、官尊民卑が基本なのでしょう。 明治維新で建った新政府が、旧士族レベルを中央官庁に、廃藩置県で新たになった各県の行政府に官吏に登用した時から、官吏世界は、様々な閥が形成されました。  殊に、端から官吏養成を開学の目的とした東京大学は、卒業後の先輩後輩の結びつきにも、ある種のエリート意識が醸成されて、官吏~政治家への道が開かれると、モゥ一つの、庶民の出世手段であqった軍人と同じ様に、或いは、軍人から政治家への道も大っぴらに開かれるようになりましたが、軍人も官吏の一種である事を思えば、戦前日本を動かしていたのは、紛れもなく官吏集団であったのは間違いない。

 この傾向は現在でも受け継がれています。 処が、「官吏にならなかった、亦は、なれなかったエリート達」が存在します、それが、所謂、「学者」なのでしょう。 そりゃあ、官吏になり損ねただけで、頭の中身は官吏と同等か、それ以上なのでしょうから、彼らの自意識は勿論高く、「官吏如き、何するモノぞ」という人も多いでしょう。 そんな中で、予算を握っている官吏に頭を押さえつけられて、悔しい思いをしているのですから、勢い反体制にもなりますわね。(笑)

 然し、困った事なのは、戦後のWGIP教育の結果、彼らが考えている正義から、「国家国民の為」という視点がすっぽり抜け落ちている事です。 平和、つまりは国防、社会保障や国としてあるべき姿、国民としての自覚=国家の伝統文化や精神の護持といった面で、国民の視点でものを考えていないザマは顕かです。

 例示すれば、男女共同参画に対する国家予算は、この10年間10兆円/年で、注ぎ込まれ、10年間で100兆円近くにも上っていますが、是は、国防予算の2.5倍近い数字です。

 男女を平等にするという名目の予算が、国家を守る費用の2倍半も必要でしょうか?  どのような価値観なら、男女平等>>>国家国民の安全という話になるのか、なぜ、こんな逆転現象が起こるのかと言えば、前述の学者どもが反官吏・・・・反政府と自分たちの立ち位置を曲解しているからではないでしょうか。 確かに、官吏はケチをつけられないだけの仕事はしています、然し、その彼らが描く国家の将来像が、本当に国民の為のモノであるか、すこぶる疑わしいのも事実です。

 官吏を批判できる知性を持つ集団こそ、国民の支持を受ける側にいなくてはならないのですが、彼らには哀しいかな、公に対する忠誠心が希薄です、しかも、欧米の価値観にひれ伏しているものが大勢を占めている有様に、国民が次第に気付き始めています。

 欧米の価値観や習俗から生じた施策や、政治的意図がはたして日本文化に馴染み、日本文化を変質させうるでしょうか、答えは、否であろうと思います。 事実、欧米に倣った個人主義者は、世の顰蹙ばかりを買い、次第に孤立してゆく傾向にあります。 「日本人らしくない」事が、嫌われ始めていると云ってよい。

 戦前日本に在って、戦後日本にないモノ。それは、公共心・公徳心という、国民が持つべきモラルです。 これらを理解しないで。靖国神社の英霊を語っても、意味が全くありません。

 靖国神社に真っ先に参拝すべきは、何より、政府官庁に奉職する公務員のはずです。 公務で殉職した治安系公務員も、護国の戦士である事は言うまでもないのですから、靖国神社に改めて合祀するべきです。 さすれば、公務員が真っ先に参拝を始めるでしょう。

極東情勢の急展開、靖国参拝が齎したモノ

[レコードオブチャイナ]から引用、「米スタンフォード大学教授『日本の政府高官との交流から日本は韓国疲労症、・・中国とは、関係改善を強く望んでいる』」
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-12242.html
 韓国疲労症は言い得て妙ですが、日本が今更、政治的に歩み寄る気がまるでないシナとの関係改善を強く望む理由が見当たらないので、後半はシナの恣意的付加だろうと言う事が判りますね。(嗤)

 簡単に謂えば、日本が本来在るべき主張を始め、本来なすべき事を始めたが、世界がそれら一連の行動は国際道義に照らしても蓋し正しく、随い、支持している事が次第に判るにつれ、道理を理解できない韓国は論外ですが、シナこそ一番不安を感じ始めているということでしょう。

 是までの反日行動は、日本の国内に呼応する勢力が居て、或る程度の効果が期待出来たが、年末の安倍総理の靖国参拝が7割以上の国民の賛成データを集め、正月の靖国詣でが例年の8倍に増えた事で日本国民の覚醒は急速かつ著しく、最早、反日行動は不発である事を確認するしか無かったワケですね。

 以後、靖国を批判する場合、↑の様に、米国経由と云う手を遣ってくるでしょうね。

 米国政府も、此の度の「失望した」コメント騒動で、「死者儀礼に関する事は、その死者が属する国の純粋な国内問題であり、外国からの批判等は、原則内政干渉に属する」と云う認識を確認したと思います。

 さて、シナですが、モゥ十数年来シナや東南アジアに懸けて貿易の商売をしている友人に、この前久しぶりに遭ったのですが、彼が「よく中国人と会話して居ると、『日本は中国と戦争になっても構わないのか?』と訊いてくる。 その時怯まず、『構わない、国を護るのは国民の義務だ』と応えると、大抵は黙る、然し『我々と殺し合いになってもいいのか?』と一線を踏み越えてくる奴が必ずいるので、『個人的には、私は兵隊にいける歳ではない』と、冗談めかして云う事にしている」 そして、日本がシナの文化圏に在って云々の話が始まったら、すかさず、魯迅の「阿Q正伝」を挙げて、清朝時代の漢民族の未開で悲惨な生活の話に及ぶと、途端に話をひっこめるソウです。 魯迅は、毛沢東も高く評価した文化人で、語録の中にも「阿Q正伝」からの引用が多い為、シナ民衆で最も名前が知られている作家なのだそうです。

 ソウいう意味でなら、未だシナ人の方が救い様がありそうですね。 韓国には精神病的な傾向しか見いだせないですからね。

 何れにせよ、日本が両国と付き合って、「得るモノより喪うモノの方が大きい」事は、自明の理ですから、韓国とは国交断絶、シナとは1970年の日中国交正常化以前の状態に戻すべきでしょう。

 韓国は白黒二元論でしかないし、政治経済とも宗主国米国にさえ見捨てられた現状では、相手にする必要がモゥ有りませんが、シナの場合、言論は共産シナが握って居ても、その実多元論の世界です。 然し、多元論とは言え、基本は功利主義、商業主義、そして利己主義ですから、益に適えば向こうから如何様にもアクセスしてくるでしょう。

 そうです、日本人は、情報を収集して相手の変化を待てばよいのです。

京都朝鮮第一初級学校襲撃事件裁判

京都朝鮮第一初級学校襲撃事件裁判で原告弁護団に参加した同校出身の弁護士の真情。
必読。

pic.twitter.com/omYCgNdTzs

\(^o^)/


> 「得るモノより喪うモノの方が大きい」事は、自明の理ですから、韓国(南朝鮮)とは国交断絶、シナ(支那)とは1970年の日中国交正常化以前の状態に戻すべきでしょう。

( )内はワタスの表現じゃけんど、、、

(・”・)

日本人が世界に示すべき民度とは

  民度の度合いは「誰の為にするか」と云う行為目的の如何で決まるモノと心得ます。 詰まりは、仏教に謂う「利他愛」の成分の度合いで「他の為に為す事には、仏の御加勢がある」とも伝えられて居ます。

 別に仏の教えを知らなくとも、自身の利益を第一としないで、「お客様の為=皆様の為」に尽くす姿勢で事業運用に臨めば、多くの人々の共感や協力を得られ、事業の成功に繋がって行く、のは、至極道理だと思います。

 それが道理だと誰もが理解できるのに、何故我々は、目先の利益を追い求めて、失敗する様な事を繰り返して居るのか? 

 理屈や道理通り人間が生きられないのは、この世が競争で出来あがって居て居て、その競争の過程で、破滅と云う目先の恐怖感=生存への欲望=我執が在るからでしょう。 

 規則を守らねば社会の秩序が喪われ、利己主義が横行して、棲み辛い環境になる事は判って居ても、目先の恐怖感に煽られて、余裕を無くして終う。

 斯うした日常の「自我の危機」のストレスが少ない社会が、民度の高い民衆を育てると言っても良いのだと思います。

 民度の低下を招いている「自我の危機感」を和らげるには、亦も仏の教えですが「各自が、足るを知る」他はないのです。

 「自らの足るを知り、余剰を他に譲る事が出来れば、自身も他も充足し、社会から争いが一つ消える」のです。

 日本社会には、限られた耕地の中で、保てる精一杯の人口を維持する様に皆が、あらゆる面で辛抱し、生活を工夫して来たという歴史が在ります。 一人の自由放埓が、多くの人の陰ながらの努力や辛抱を無に帰して終っている事を、日本社会は批判して来たのです。 日本社会の民度とは、そうして培った社会常識の産物です。

 世界でも資源は有限である事が周知され、世界中で多くの人が未だ、飢えと不潔な飲料水を原因とした疾病・疫病に苦しんでいる中、モノに溢れた清潔な社会で生きている我々は、先ず、自分の足下を眺め、自己の充足の限度を見極めた上で「他の為に役に立とう」と云う志を、世界に示す事を考えなければなりません。

宮脇淳子先生の話です。
歴史学者の視点からみた中国と日本の近未来の話です。

ぜひ,御視聴ください。
【反日デモに見る中国の正体・日系企業は今すぐ撤退せよ!】
http://www.youtube.com/watch?v=KthnBL5zCSI

ネトウヨ連中は日本の野球記録TOPの三人、王(ホームラン世界記録、中国人、ワンちゃん)、張本(生涯安打日本一、在日、チョウさん)、金田(400勝投手、在日、キムさん)のことをどう思っているのかね?
初期の日本プロ野球、在日の嵐だし。スポーツ芸能全般ね

力道山も大山ますたつも在日だよな。
だって、日本は職業スポーツ、格闘家を見下げて下に見る傾向(まあ韓国中国もそうだが)がそもそもあって(世界的にもそうだね)、普通の会社に就職できなかったわけだから、芸能スポーツ、興行系のいわゆる「下賤な」仕事にしか就けなかったんだよ

在日系ってことで思い浮かぶのはキャロルのジョニー大倉だな。
大倉洋一っていうんだけど、朝鮮名が朴ウナンっていうんだ。横須賀の方の育ちで子供のころ散々苛められたって。
10代の頃自殺を2,3回してる。
朝鮮系ネットワークの話しは出ないな。
沖中士のバイトしたくらい。

郷に入っても随わない民は・・

>>(在日は)普通の会社に就職できなかったわけだから、芸能スポーツ、興行系のいわゆる「下賤な」仕事にしか就けなかったんだよ
  現在いる在日とは、日本以外の国で謂えば、移民に該当する人達ですよね、例えば、日本人も移民した、米国や中南米の現地で着ける職業は限定されて居たし、給与にも格差があった。 詰まり、移民が現地で、始めから現地人と平等に扱われる事の方が希なんですよ。

 それは、寧ろ当然の話でしょう。 現地の仕事は現地人の権利と云っても良い、他所の国から密航してでも入国して仕事を掠め取って行けば、現地人が「防衛策」を講じるのは当たり前です。 それが証拠に、韓国やシナで一体どの様な外国人差別が横行して居るかを考えて看たらよい。

 で、日本人は其処へ順化して、その国の為に成る事をして、信用を築き上げ、社会的に「同国人認識」と云う成果を得ています。 その為に移民日本人が払った努力・犠牲は、その国の現地人から敬意を払われる程です。

 然し、戦後の朝鮮族はドゥでしょうか? 何時までも朝鮮族の悪しき習俗や常識を捨てられず、当然日本には順化せず、寧ろ、故なき優越感から日本人を差別して、嫌われる事ばかりやって居る癖に、日本に居ついて特権を享受しているのではないですか?

 社会の負担になり、且、不安要素ばかりまき散らすのでは、何処の国で有っても何時かは、不要な民族として、排除・排斥が始まると思いますが、誰の所為でもない。 全て、在日朝鮮人が自ら招いた事です。

 芸能界やスポーツ界が朝鮮人ダラケの様に云って居ますが、その殆どは日本人で構成されているのが事実ですよ。 王さんは兎も角、張本氏や金田氏は、実績を遺さないと、引退後相手にして貰えないから、人一倍頑張ったのでしょう。 他の在日でいえば、ロッテの有藤氏や巨人の西本氏、新浦氏なんかもチームの主力でしたが、実績が不十分だからか、別に理由が在るのか、監督処から、チームの幹部にさえにはなれてません。 

 法曹界、芸能界、報道界に在日出身が多いのは、GHQ時代に、WGIPとレッドパージに悪乗りして、朝鮮族優遇を勝ち取ったから、現在の優遇情況が在るだけです。

 「郷に入れば郷に従え」は、世界の原則です。 それが判らないのなら、何れ世界から嫌われるのは仕方が無い事です。 既に、結婚や移住の面でNO KOREAの国が相当有るのですが、日本もいずれソウなるでしょう。

保守速が政治ブログランキングから突如除外の不思議

脱特亜脱戦後体制を標榜する(自説)保守ブログサイトの保守速が政治ブログランキングから何故か突然消されてしまいました。

下は保守速管理人のコメントです。

今まで押して頂きましてありがとうございました!
ランキング上昇に貢献・応援してくださった方ありがとうございました!
感謝しております!

心配してくださった方、教えてくださった方ありがとうございました!

人気ブログランキングの政治カテに載らないのはとても残念なことですが。
ブログのアクセス数は下がっておりませんので、ご安心くださいませ。

以上、ご報告です。
今後ともよろしくお願いします。

保守速報 管理人より

何かの圧力でランキングから外されて現在クリック数等が反映されなくなりました。

保守速は現在も運営されてますので応援ヨロシクお願いし

在日は何故活躍出来たのか

>王、張本、金田スポーツ界は在日の嵐だしね・・・大山舛絶、力道山。

王さんは如何か知らんが、在日朝鮮人に関してわ突っ込み所満載。

ヒント
キムヨナ、名球界現会長金田正一、在日特権、
分かるよね?分かんない?
もう一つオマケ

GHQ

合理的な村八分制度を美翻刻の民度と勘違いするな!

>ソロ
いいこと書くと思っていたら

>日本社会の民度とは、そうして培った社会常識の産物です。

島国内での自己正当化で世界の常識と対峙する外交問題に解決策が見出せると思うなら、日独伊三国同盟~国連脱退~真珠湾奇襲攻撃~原爆投下そして天皇陛下による無条件降伏宣言の総括をできなかったことになる。

東京裁判がサンフランシスコ講和条約で否定されなかったという世界の常識に対して、米国が制定した国内法で東条軍事政権の無罪放免化を世間体で認知できたことで踏襲して誕生した自民党政権も大政翼賛会という民度を引き継いだことになることから、軍事政権当時と現在の自民党政権時の民度は変わっていないことになる。

日本国の前に来るものは、ソロが望みもしない外交の敗北ばかりであり、特に第二次世界大戦とは日独伊という悪の枢軸同盟からの世界侵略を守った良い戦争であるという物語が不滅であることに打開策を見出す術を自民党政権が持ち得なかったことは至極当然なのである。

打開策としてせねばならないこととは何か?
ソロよ、私が言いたかったことのすべてこの答えなのだよ。

中々うまく表現できないもどかしさに怒り狂うこともあったこと失礼した。

タイトル訂正

>合理的な村八分制度を美翻刻の民度と勘違いするな!

合理的な村八分制度を日本国の民度と勘違いするな!

米軍による韓国兵の扱いマニュアル

http://blogs.yahoo.co.jp/zodiacfumiya/12481145.html

1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。
  但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
6.相手を3才児と思い、信用したり頼りにはするな。重要な仕事は任せるな。

(・”・)

元愛は戦後社会の変節点

>SHN,久しぶりやね。 明けましておめでとう(喪中ならゴメン) 然し、相変わらずやね。
>>島国内での自己正当化で世界の常識と対峙する外交問題に解決策が見出せると思うなら、日独伊三国同盟~国連脱退~真珠湾奇襲攻撃~原爆投下そして天皇陛下による無条件降伏宣言の総括をできなかったことになる。
誰もそんな事は云っていないぜ、日本社会の民度形成の成因を云っているだけで、「自己正当化」しているわけではない。 三国同盟から始まる国際への対応の不味さの要因が、その民度にあるとお前が言っているのなら、話はべつだが。

>>東京裁判がサンフランシスコ講和条約で否定されなかったという世界の常識に対して、米国が制定した国内法で東条軍事政権の無罪放免化を世間体で認知できたことで踏襲して誕生した自民党政権も大政翼賛会という民度を引き継いだことになることから、軍事政権当時と現在の自民党政権時の民度は変わっていないことになる
おいおい、戦後は、自由党、民主党、社会党、共産党・・と、様々な政党が誕生してごった煮状態だったから、大政翼賛会を引き継いだなんてとても言える状況じゃないぜ。 米国とGHQが内部分裂を起こして、日本の政治状況を、「何でもアリ」の曖昧な状態にしたからこそ、結果、日本が左傾化したんだよ。 それが証拠に、昭和20年代の初頭には、社会党が政権を執った事実がある。 勿論、政治力不足で直ぐに馬脚を現したわけだが。(片山内閣)

 お前の現状認識には既にカビが生えているよ。 丸々、日本共産党史観だよな。 自分たちの都合の悪い事は全てネグっているから、結果、視野狭窄に陥って、「共産圏の核はきれいな核」なんて妄言を平気ではく話になるんだよ。 お前は、そういうミスリードに疑義を持てないのか?

 米国は、リーマンショックの前後の10年で大きく変わっているし、共産シナ内部でも大きな変質が起こりつつある。 この先中東は2極化するだろうし、ロシアは極東重視策に変更するだろう。 欧州は再度分裂へ向かうだろうから、アフリカもそれに連れて変化する。 国連は、相変わらず唯の戦勝国権益擁護の場で、「何も解決できない組織」である事が次第に背化愛に周知されているから、その存在意味が薄れつつある。 

 確かに、極東軍事裁判は戦後日本が国際復帰する=国連参加する上での大問題だったが、70年近くも前の話には違いない。 第一、ソ連の後をロシアが、そして、共産シナが、中華民国の立場を継承できること自体、国連が妥協の産物である証拠ダロ。 いつまでも続きはしないさ。

 それに戦後の日本を仕切っていたD.ロックフェラーが居なくなった現在、いろんな状況が変化している、現状認識をもっと深めないと、いつまでも東京裁判史観基底じゃ、頓珍漢な話しかできなくなるぜ。

>>打開策として何ができるのか?
  基本的に、国連が永遠の組織だとは思わないので、現状の国連の態勢に、敢えて日本から何かを仕掛ける必要はないと思う。 如何に否定しようが、日本が国連の主要スポンサーである事実は変わらない。 

 つまり、発言権が一番強い国の筈だが、豈謀らん也、未だに戦勝国連合の敵国のままだという、「ねじれ」が生じて、すでに久しい。 そろそろ、戦勝国の既得権も期限切れだろう。 米国による韓国への経済侵略~経済植民地化は、昔日の武力に代わって、経済力がその国の命運を握っている事を示している。

 つまり、ある程度の武力さえ備えていれば、どこかの国を韓国化する事が可能と言う事だ。 然し、それは飽く迄、ルールを守らない、守れない場合へのペナルティだと考えれば、世界で新たなルール・秩序が形成されつつあるともいえよう。

 この先人類に必要なのは、現在進行中の相互信頼を基調とした相互依存体制形成だろう。 その理想を顕現するには、地球上に住む互いに異なる習俗や宗教を持つ者同士が、地球の事を人類の生存問題=共通利害として考える場こそ必要なのだから、現状の戦勝国サロンの様な、武力偏重の組織は改革されるべきなのだよ。 勿論、そのイニシアティブを執るものは、多くの国からの支持を得たものでなくてはなるまい。 すると、日本にもチャンスがあるから、安倍さんは世界を飛び回っているんだよ。

教育の怖さ

生まれた時から黒色を白色、白色を黒色と教えられると大人になっても正しい色がわからなくなります。中韓の行っている反日教育がそれです。下記の文章は笑うに笑えない中国の事例です。

大人は分別があるから、表面的には親日的な付き合いが出来ます。しかし、心の中はわかりません。

日本人小学生の放った言葉に中国人家族が絶句、「われわれの愛国教育は間違っていた!」―中国メディア
Record China 1月13日(月)0時10分配信

8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザーがネット掲示板に投稿した。資料写真。

2014年1月8日、中国のゆがんだ愛国主義教育が、純粋な子供の心をねじ曲げてしまったことを如実に示すエピソードを、中国人ユーザーが軍事関連ネット掲示板・米尓社区に投稿した。以下はその内容。

【その他の写真】

日本人男性と結婚した従姉が、夫と彼の親戚の男の子を連れて中国に里帰りした。男の子は俊夫という名の小学校1年生。見知らぬ国で言葉の通じない人々に囲まれて、とても緊張している様子だったが、一生懸命カタコトの中国語で私たちに挨拶し、深々とお辞儀をした。その姿がとても愛らしく、私たちはいっぺんで俊夫のことが大好きになった。

だが、その従姉の一番上の姉の子、小学3年生の鵬鵬(ポンポン)だけは違った。最初から敵意むき出しの顔で俊夫をにらみつけ、こぶしを振り上げると「打倒小日本(ちっぽけな日本をやっつけろ)!」と叫んだのだ。

これには俊夫も周りの大人もビックリ。鵬鵬の父親が彼を叱ると、「だって、日本人は中国人の敵じゃないか!学校の先生もそう言ってたもん。パパたちは中国を愛してないんだ!」と言って泣き出した。そこで、「先生が言っているのは歴史だ。今は日本と仲良くしなきゃ。

それに俊夫は私たちの大切なお客さんなんだから」と言い聞かせると、「じゃあ、パパやママはなぜ毎日、日本が中国の土地を奪ったから日本製品をボイコットするなんて言ってるんだよ?学校で見せられた教育アニメでも、日本帝国主義を打倒しろって言ってたよ!」と反論した。

幸いなことに、中国語の分からない俊夫に鵬鵬と父親の会話の中身を知られることはなかった。俊夫は本当にいい子で、自分でできることは自分で全部する。礼儀正しく、大人を敬い、食事の際は全員が箸をとり、従姉が日本語で「いただきます」と言ってから、自分の箸をとる。

それに比べて、鵬鵬はどうだ。部屋は汚い。自分では何もしない。食事は当然のように自分が好きな料理を一人占めし、彼を溺愛する大人たちもわざわざ好物を取り分けてやる。

私たちは「鵬鵬が俊夫みたいだったらいいのに」と心から思ったものだ。そんな鵬鵬もだんだん俊夫に打ち解け、2人で遊ぶことも多くなった。お互いに日本語や中国を教え合っている姿を見て、「やっぱり、子供は子供同士だ」と安心した。

最後の晩、従姉とその夫は買い物に出かけていて、私たちはみんなでテレビを見ていた。そこへ鵬鵬が得意げな顔で俊夫を連れてきて「俊夫がみんなに言いたいことがあるって」と言った。俊夫は顔を赤くしながら恥ずかしそうにほほ笑んで、たどたどしい中国語でこう言った。

「僕は死んで当然の日本人です。僕は中国人に謝ります」

俊夫のこの言葉にその場の大人たちは全員凍りついた。鵬鵬の父親はすぐさま彼をトイレに引きずって行き、中から「パン!」と引っぱたく大きな音が聞こえた。真相はこうだ。鵬鵬は俊夫に「みんなが喜ぶ言葉がある」とだまして、あの言葉を覚えさせたのだ。

こんな小さな子供がここまで日本を憎むとは、あまりにもおかしい。鵬鵬の愛国観はすでにゆがんでしまっている。善良で純粋で友好的な日本の子供を前にして、中国の子供がどれほど恐ろしい敵意と憎しみを日本に抱いているかを私たちは思い知らされた。中国の愛国教育はもっと客観的で冷静であるべきではないのか。(翻訳・編集/本郷)

韓国軍の国内的な立場

 韓国政府は、南スーダンに派遣された韓国軍が、国連軍を通じた銃弾供与を日本に求めた事が、痛く気に入らなかった様で、「銃弾を受け取っていない」とか、「返した」とか、挙句には、「貰った事を忘れろ」とか、礼儀を知らない野蛮人そのものの本性を露呈していますが、韓国では昔から、こういう文官による武官支配が行われてきた様です。

 どんな国でも。シビリアンコントロールで事足りると思っている状況自体が、非常に危険なのですがね。 イニシアティブを握っているのが独善的なシビリアンだと、現地の兵士は命が幾つあっても足りない。

 例示を上げますと、そも、朝鮮族の組織は500年に亘って文班優勢のままに、武班は「要らぬ者」扱いを受けていました。 つまり、両班でも武班の地位は極めて低く、閔妃が己の贅沢の為に軍の予算を限界まで削って、軍に恨みを持たれたことは有名です。

 戦後、半島南部が米国支配に切り替わりましたが、民主選挙を行うという名目の下、その実李承晩がレッドパージを目的に、執行武力として後の国軍を編成したのですが彼らは、丸腰で無抵抗の済州島島民に「赤化」の濡れ衣を着せ、8万人も虐殺しただけで、外国勢力と戦かったワケではないから、戦闘では丸で使い物にならなかった。 実質的な戦闘能力を有していたのは旧日本軍指揮下にあって、実戦経験を積んでいた、当時、義勇軍的な存在の部隊のみでした。

 然も、李承晩は、その旧日本軍将兵に対し、朝鮮戦争勃発にも拘らず、思想統制を強要、疑わしきは粛清という暴挙を行って、数万人が処刑されています。 これでは、軍隊が何の為にあるのかすら分らない。 謂えるのは。「自分の立場を脅かす怖れがあるものは全て敵」と看做していると言う事です。

 旧日本軍将兵を李承晩が起用したのは、国連軍そのものが追い詰められて、半島の南の釜山攻防戦で全滅する直前でした。 結局、金錫山という日本で金鵄勲章をもらった将軍(少将)が、囮となって敵主力であるヤクタイガー戦車部隊を引き回し、海岸線に戦列が伸びたところで、沖で待機していた米国戦艦隊からの艦砲射撃を浴びせて、壊滅させたことから、形勢を逆転させたのでした。

 李承晩が、これら軍の主力を投入するのが遅れたのは、出し惜しみなどではなく、韓国軍自体、国を護る武力として、歴史的にも尊重された事が余りなく、寧ろ、政権を脅かす危険な存在としての認識の方が強かったからと云うのが真実です。

 それが証拠に、手柄を立てた旧日本軍将兵は、救国の英雄として顕彰される処か、親日法施行下の今では、全員国賊扱いです。 僅かに、朴大統領のクーデター~盧泰愚失脚までの軍政の間だけが軍人が胸を張れた時代だった様です。

 「国の為に戦った先人を尊敬しない」ザマは明らかですね。この辺りにも、自分たちで勝ち取った独立では無いが故の弊害が見られますね。 

 そして、国の為に、否、社会や他人の為に自に犠牲を強いてでも尽くし、皆の為になる何かを遺そうという志を評価できない社会の価値観が見えます。

 敵に囲まれた状況で、銃弾1万発は現場の韓国軍には干天の慈雨の様にありがたかったでしょう。 その気持ちを忖度できないシビリアンでは、無駄に兵士を死なせるだけで、せっかく奮い起した兵士の愛国心も長続きしない事でしょう。

 ソレ処か、このままの状態が続けば、軍によるクーデターが起こる可能性が高いですね。

東京裁判史観に絶対服従の自民党は世襲制度を改めねば民度は成熟しない

>ソロ
今年は韓国軍が日本より先に米軍より統帥権を委譲されることとなるのと違って、沖縄県民の民度を無視して強引に地域振興策と取引でヘノコ沖が米国の治外法権そして厚木基地所属艦載機部隊もヘノコ沖の工事進行と合わせ、時期をづらすとはいえ朝鮮戦争時の最前線基地である岩国基地に飛んでくる日韓差別化が始まる年になるであろう。

後は艦載機部隊の夜間発着訓練場(ほぼ鹿児島県の島に決定済み)と、横須賀に代わる原子力空母の寄港地であるが佐世保しかないことも決定済みである。

もっとわかりやすく言うと、在韓米軍と在日米軍がひとつの指揮系統に同じ軍として韓国軍と切り離されることに関して自衛隊が絶対に真の国防軍の持つ必要条件である統帥権を保持できない日本国の宿命をきっとまの当りにしてもこの差別化に気づく日本人がまだ現れないことを憂う今自分である。

そして戦後の大政翼賛会とは政官財癒着談合利権制度で原発安全神話や会津農産物安全神話等の風評を拡散させているだけで殆ど大本営発表時代と変わっていないことに気づくためには深層心理学から日本国民所謂保守層を観察することが必要なんだ。

靖国参拝した安倍総理はもう河野談話を否定する発言は出来なくなってしまったのは訪米においての発言を撤回できなくなってしまったからであり、安倍総理も中韓と戦うということが東京裁判史観産みの親である米国との戦いに繋がることを否応なくとも知ったことで、戦前の国連脱退行為で世界の常識を敵に回した大政翼賛会制度を効果的に利用することは難しくなっているところは戦前時とは違うと言っていいだろう。


何せこの道理がわからぬ自称行動保守勢力が衰退していくことになるであろうからいいことと思っている。

今年もお手柔らかにたのむぜ!

尖閣問題に介入しない在日米軍のために治外法権エリアを拡大し続ける日本

中国外務省の洪磊副報道局長は16日の記者会見で、韓国政府がいわゆる元従軍慰安婦らの証言資料などを国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に登録する準備を進めていることについて、「韓国を含むアジアの国々と努力し、歴史の正義を守りたい」と述べ、協力する意向を示した。

洪副局長は「従軍慰安婦は日本軍国主義が第2次世界大戦中に犯した重大な犯罪行為だ」と強調。日本に対し、歴史を反省し、実際の行動でアジアと国際社会の信用を得るよう促した。
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140116-OYT1T01003.htm

何故、米国は日本国だけに自治領並みの権限しか与えず、韓国には真の主権回復の象徴である軍隊に統帥権を与えるのか?
何故、同じ独立国であるびも限らず日本の国内法だけ日本人に制定させなかったのか?

外交も同じく、何故日本の主張を海外に向かって言えなかったのか?
日本はアジア開放のために自らを犠牲にして世界の平和のために米国に戦争を望みましたと日本国総理大臣が外交の場で各々国々に発言してきたらどうなっていたか?

ここに米国の老獪な日本統治政策がある。
海外向けには東京裁判史観に従属させ、国内向けには東条軍事政権を無罪にさせてやったのが米国が制定した国内法であるということに注目してほしい。

A級戦犯は外交において東京裁判史観に忠誠を誓う条件で島国内で無罪放免化されたと考えればすべて理詰めできることを殻恐ろしく思わないかな?

日本国には永遠に米国の世界戦力のために治外法権エリアを米国に謙譲しなければならないロジックに保守でメスを入れることができる者が現れないところが、戦前の東条軍事政権の国内向けの大本営発表の欺瞞に一言言う者が現れなかったことこそ同じロジックなのである。

朝鮮はダメよ

http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=y_TdGoJktmQ#t=2

(・”・)

妄想の国、韓国

>シン
>>何故、米国は日本国だけに自治領並みの権限しか与えず、韓国には真の主権回復の象徴である軍隊に統帥権を与えるのか?
 一つ間違い、統帥権ではなく、作戦統合権だぜ。 つまりは、韓国が作戦を立ててイニシアティブを執ると言う事だが、米韓同盟もその範疇に入っているから、是が返還された時点で米韓同盟の解消は当然だよ。

 米国が返還に同意したのは、サヨクだった盧武鉉が米国に「作戦権を当該国に返すのが米国の義務だ」とか、韓国軍の現状も弁えず要求したからダロ。 米国は当時も今も、双子の巨額の赤字に悩んでいるのだから、韓国が強硬に「自前防衛権を主張する」と言い出せば、止める理由はないワナ。 でも、最初は2010年だったのに、延期して2012年に、そして、2015年になったという経緯を持っているから、その危険性は韓国内で十二分に認識されていると考えるべき。

 お前みたいに、共産シナや北朝鮮が仲間で、米国や韓国が敵の立場なら、この韓国切捨ては奇異に思えるだろうな。ww 然し、米国の立場でいえば、他国の国民を護る為に自国民の生命と税金を投入しているという一面があるのに、迷惑がられたら、退くのは当然だよ。 一方、日本国民の立場から云えば、米国による日本の敵性国家韓国の切り捨ては、望む処だし、日本の自主防衛権復活の認知にもつながる朗報だよ。 

 日本の自衛隊が国軍に昇格する事は、国民が理解し始めている。 安倍政権は、それが「希い」に高まるのを待って国軍復活を果たせばよい。  米国を日韓の宗主国に見立てた、「韓国の統帥権の認可」云々という、お前の視点には、元々のお前の主張から云って、「国家は国民が自力で護る他にはない」という歴史的な常識が欠けているか、サヨク宜しくネグっているのだから、今更、「日本にも自主防衛権を」な~んて云っても、それこそ奇異に感じるダケだぜ。。

 それに、極東情勢は米国にとって、以前の様な重大事ではなくなりつつある。

 然し、軍事バランスを保つのが平和を守る基本だから、米軍が極東プレゼンスを縮小した分日本の軍事プレゼンスの拡大を容認するのは、理の当然なんだよ。

 ダカラと言って、韓国を日本が友邦国家として認められないのは、サヨクのお前でもわかる話だろう。 然し、現状の韓国の軍事力は取るに足らない。 第一韓国の燃料備蓄量じゃ、仮に朝鮮と開戦しても1週間持たないダ。 もし仮に、日本が相手なら、日本が唯一の燃料の購入先なんだから、3日で御終いだろう。www 

 で、2015年、つまり来年に作戦統合権を返還した後では、米軍が米韓同盟を理由に、韓国軍の指揮下に入る訳もない事を考えれば、盧武鉉の作戦統合権返還要求は、朝鮮に降伏する事を前提としていると考える他はないのさ。

 米軍はその時点で、韓国を見限っていたと考えるべきだよ。

 妄想で滅んだ希な国として世界の歴史に残るかもね。 ww

朝鮮統一は日本の国税を使って米中露が後見人として実現される

>ソロ

>米国の立場でいえば、他国の国民を護る為に自国民の生命と税金を投入しているという一面があるのに、迷惑がられたら、退くのは当然だよ。 一方、日本国民の立場から云えば、米国による日本の敵性国家韓国の切り捨ては、望む処だし、日本の自主防衛権復活の認知にもつながる朗報だよ。




東京裁判史観とは戦争勝者国が作り出した勝利宣言であるが韓国も同じ価値観であるのは性奴隷増が米国において建立されることを科学的証拠として考えてみる想像力がお前には必要とみた。

いいか、真実はこうだ。
在日米軍と在韓米軍を一元化することで韓国に駐留する米軍も在日米軍として同じ指揮系統となることでその軍事的負担金を日本側から徴収することは、戦後日本の国税を使って韓国を復興させた米国が持つ不退転の決意そのものである。

沖縄県民の民意を無視してまで普天間沖を尖閣問題に一切介入しないと断言した米国の治外法権エリアに委譲するのを日本の国税で行ってやることと同じ法則と考えてみてくれ。

要するに




在日米軍がかつて日本人の命を救うために命を投げ捨てた者が一人もいない事を前提に(モトイ、第二原発事故後、福島に突入するために米国海軍兵が福島沖で被爆しているからいずれ死ぬだろう)モノ申すなら、お父さんの朴政権下、韓国人の命を守るために自らの命を投げ捨てることができない在韓米軍は今すぐ米国に帰ってくれ、ただし核兵器だけは置いて帰ってくれと言い切った国と核兵器が日常どれだけ基地内に運び込まれた数え切れない事実に対して大本営発表まで踏襲したかのように非核三原則を持ち出して、「そのような事実は聞いていない」と、オスプレイを誘致するために、米国内における運行状況を偽造させて安全神話化できる国のいったいどちらが米国と共通の価値観を持っているかよく考えて言ってもらいたいものである。

竹島を真に持つべく絶対必要条件こそ統帥権を持つ軍隊の存在である

あと語嚢的感知で言うなら統帥権も作戦統合権も保持することが国民に高揚感を与える意味合いで同じであることを理解してほしい。

勉強せーよ。

>SN
>>在日米軍と在韓米軍を一元化することで韓国に駐留する米軍も在日米軍として同じ指揮系統となることでその軍事的負担金を日本側から徴収することは、戦後日本の国税を使って韓国を復興させた米国が持つ不退転の決意そのものである。
お前の妄想という他はないな。 米韓同盟と日米同盟が連衡して働くのは、有事他、演習で企画された場合ダケ、つまり、結果としてそうなると云う範疇の話だ、それを味噌糞一緒にしているのでは、牽強付会という他はない。 

 第一に、
>>韓国を復興させた米国が持つ不退転の決意
こんなものは、何処にもなかったし、今も、是からもない。 何故か?

 戦後すぐに、朝鮮半島を植民地化して、武力を駐留させた理由は、勿論、「韓国を復活させる」事等ではなく、満州進出のための足掛かり、橋頭堡建設がメインだった事は、世界が周知の事実だよ。 

 然し、ソ連や共産シナの抵抗に遭って、朝鮮戦争を戦う羽目になり、5万人もの死者を出した米国は、折しも、アラブで大油田が発見された事を潮にして、極東プレゼンスの意味を、防共=ソ連の南下を食い止めるに、変更した。 つまり、満州の大慶油田は諦めたと言う事だ。

 お前の説には自家撞着が含まれている。 

 お前が言う通りなら「米国が韓国の復活を維持させる」に、5万人モノ人的犠牲を払った事にもなるが、是が在り得ない話である事は、お前自身が文中で認めている事ダロ。 然し、現実の朝鮮戦争では、米国兵士が5万人もの犠牲者を出しているんだぜ。

 ダカラ、米国も朝鮮戦争の途中から、正式に「防共戦争」と言う事にしたんダロ? 犠牲者を出す国民には、米国の国益に適う大義名分が必要なのだから。

 唯、朝鮮戦争が、もし端から「防共の為の戦い」と位置付け出来たのなら、日本政府は、米国議会の再軍備要請を完全に断れなかっただろう。 米国のポチだった吉田首相でも、日本経済の立ち直りの遅れを理由に、掃海部隊の派遣と、要請の1/3規模の警察予備隊の編成でお茶を濁せたのは、そも日米戦争の目的が、満州利権の奪い合いであったという証拠だよ。

 統帥権は、国家と国民の問題、作戦統合圏は、自国軍と条約相手国軍との問題である、という切り分けができていない事が丸分りだな。

 韓国の作戦統合権返還を言い出したのは、あの盧武鉉だが、盧武鉉が訪米した当時、相手した国務長官補佐ヘーゲル氏は、「反米で頭がおかしいと思った」と述懐している。 そりゃあ当たり前ダロ。 米韓同盟が持つ軍事力の殆どは、日本の自衛隊のバックアップを受けた在韓米軍のものであり、韓国軍は陸軍は兎も角、空軍、海軍とも、現代の自動車と同じで、スペックだけ一流の「ナンチャッテ」レベルに過ぎない。 第一、自前の備蓄燃料が無いでは、戦争以前の問題だろ。

>ソロ

やはり想像力がないな
想像力とは意思の3乗倍の効果をもたらすことをアングロサクソンが最初に発見したんだ。
日本政府が辺野古沖を新たに米国の治外法権エリアを増大させるために埋め立て工事を行うことは、地元住民の民意より米国の世界戦略をサポ^トすることを戦後一貫して日本国が米国に忠誠を誓ってきたことの踏襲以外何もない。
そして日本国の主権回復を守る領土問題解決のためにならないことは、米国が日本国政府に尖閣問題を日中間で平和的に解決することを望んでいると高官が発表したことで尖閣諸島にオスプレイが上陸するとしたら米国の軍需産業のお得意さんとして定価の1,5倍を国税を政官財癒着談合利権制度を現在の大政翼賛会としたら、地域住民の声などそもそも大政翼賛会に入っていないことで地元住民の声である住民投票を民意という言葉でなく地域エゴと言い換えたのが官房長官時代の安倍総理が艦載機部隊の岩国基地移駐問題で発信した総理の本音であったことなど覚えている国民は皆無だろうから大政翼賛会び精神的緊張感が欠如した最大の原因をトップが責任を問われない官僚国家の悲しい現実として理解できない者は想像力がないということだ。

日本国が自衛隊用に購入するオスプレイとは、地元住民の反発から米国本土内の基地で訓練できない現実問題の米国が、悪知恵だけはすばやく働く官僚の策略で、米国本土内のオスプレイの偽装運行状況報告書を作ったら即風評としてオスプレイ安全神話が拡散されるがデマの報告書であったことに抗議する保守など一人もいない国民性こそサルトルが申した実存の堕落ということである。

まず、地元の声を無視、日本の国税で建設される治外法権エリアから飛び立つ在日米軍機がいったい地球上のどこに向かって飛ぶたっているか知る由もない国民性とは、生まれで職業が決まり、被差別階級・村八分・5人組・倒錯された儒教精神をうまく利用して徳川売国政権の政治に関心を持たなかった江戸民衆と大して変わらないぐらい堕落してしまったのだがどこから堕落したかというと世界の5大国として国連安全保障理事国入りした明治維新政府からである。

つまり昭和になってから軍部まで官僚化したことにより、デマの風評を真実のごとく拡散して島国内をオブラードで包み込んでしまうことを鎖国化と言ってもいいんだな。

しかも辺野古沖埋め立ての目的とは米国の世界戦略のみであり、国土と国税と治外法権という植民地特権を米国に与えておいて「在日米軍は尖閣問題に干渉しない」、「北方領土護岸工事をロシアの公共工事と見なし入札」「米国閣僚級も靖国参拝を中止」等性奴隷増まで本土内に建立した米国は、TPPで徳川幕府が米国と結んだ条約のように関税自主権を日本国から撤廃させることを植民地と言わずしてなんと言えばいいのか教えてくれよ。

造語であるが語嚢的感知で作戦統合権を統帥権と見たのはどちらも国民を高揚させるからといったのは想像力のないソロが俺に返してくる文章が想定内でしかないからだよ。

訂正

>性奴隷増

、性奴隷像

これも訂正しなはれ


「想像力」 自分の知識内にある事をもとにして心に思いをえがく力
「創造力」 存在しないものを新たにつくり出す力

朝鮮人は訓読み思考が出来ないから、似て非なるピンズレの糞味噌混合見識を開陳して、ヤットコ自己の対面を保っているように見えるんじゃけんど、、、

(・”・)

>ソロ

アバマ政権下においては、日米同盟より米中外交の方が米国の国益を守ることになりそうである。

安倍政権は米国と協調できる国から日本を米中韓北露の持つ東京裁判史観で押さえつけることこそ米国の国益を守ることになるんだ。

言語明瞭意味不明


句読点(クドクテンと読まない)を打ちなはれ。

(・”・)

亦、サヨクの妄想か・・

>SN
>>アバマ政権下においては、日米同盟より米中外交の方が米国の国益を守ることになりそうである。
根拠は? 日米同盟の否定ならお前の感想文で済む話じゃないよ。 で、米中外交と日米同盟の何を比べているのかも、この文章では判らん。 お前が、「オバマ政権が日本よりシナとの友好を選ぶ」と言いたいのなら、現状の外資フライトや、シナ海軍の南シナ海での挑発行為=対米敵対行為を説明しててもらおうか。 お前の説なら、シナと米国って仲良しなんだろ? 先日、シナ海軍が南シナ海で米国のイージス艦に衝突を仕掛けてイージス艦は已む無く停船、一触即発の事態になったが、ありゃあ、芝居かよ。

>>安倍政権は米国と協調できる国から日本を米中韓北露の持つ東京裁判史観で押さえつけることこそ米国の国益を守ることになるんだ。
日本語になって居ない。  「安倍政権」が主語なら、「米国と協調できる国から」以下の「日本を・・」の文章の間に脈絡がない。

 お前の考える米国の国益って、何? 具体的に説明しろよ。

米国は尖閣問題を中国側の意に従って日本に忠告してきた

米国の国益とは、戦後の冷戦期においてまでは、ユダヤ民族の世界戦略を履行していたのだから、ユダヤ人による世界支配の実験場としての米国の存在感がまだあったと思う。

がしかし今の米国は、世界の常識を築き上げた戦争勝者国である国連常任理事国による談合利権癒着で解決させた方がスマートと考えているはず。

キャロライン・ケネディ駐日米国大使は1月18日、自身のツイッターで和歌山県太地町で行われている日本国の伝統分野であるイルカ漁まで非難してきたも、もう日本国が対米従属から離脱不可能と見ての米国の決意表明であろう。

日本に遠慮するなとね。
当然のことながら、中国も日本を動かすには米国を介したほうが早いことをすっかり学習効果してしまっている。

そして昨年末、日本に来日しtら米国閣僚級以上の者たちの靖国参拝中止を名言させたのは、長年に渡って米国に圧力を掛けつづけてきた中国のまさに外交的勝利であって、同じ東京裁判史観を持つ韓国が米国に
性奴隷像を建立させたことも、米中韓北露の持つ東京裁判史観で押さえつけることであり米国の国益であろう。

自民党政権は地元住民の民意より、米国の国益である米軍の世界戦略のための軍事行動化を敏速に行わせることに国税を無尽蔵に注ぎ込んでいるのだから、在韓米軍を事実上吸収する在日米軍の負担金ぐらい簡単に国会で可決させることなどまずもって間違いないであろう。

尖閣問題とは、結局東京裁判史観が日中平和条約で棚上げ化されていた既成事実に軍配を上げたということなんだ。

安倍政権で日米離反工作だけは大成功したということだろう。

東京裁判史観に忠誠を誓うことで米国が制定した国内法で無罪放免化してもらった祖父を持つ安倍が東京裁判史観に真っ向から対立するごとき振る舞いを行えば、米国大統領は訪日より訪韓・訪中を最重要的外交地点とし、訪日は中韓に行くための休憩地となることも、米国の治外法権エリアが今でも増大の傾向にある世界で唯一の国こ日本である。

拉致問題を日本意一時帰国した者を逆に拉致して取り返したことで終焉とするこtになるとしたら、日本に外交など不可能であるとわかってくれるかな?

ロシアの公共工事として北方領土の護岸工事に携わる米中北韓の民間企業や労働者を横目で見てよく北方領土を返せと東京裁判史観に一言言えるものだと思うのは言いすぎだろうか?

反論

>SN
 お前の事実認識には、大きな過誤がある。  米国の靖国参拝についての「靖国参拝そのものは批判して居ない」と云う弁明が米国筋から出ている事は知らないのか? それに、「靖国参拝禁止」と云う日本の報道機関の表現に、「そんな事は言って居ない」との厳しい反論が在った事は省略するのかな。

 ケネディ大使のイルカ漁批判・告発は、これまで黙過して来たが、米国政府が本音で示してきた一貫した姿勢=反捕鯨の姿勢に沿ったモノと思っている。 

 唯、彼女は、女性に有りがちな目に見える惨状ダケを論って批判して居るのだが、その背景には、「異民族間には、其々が生きる為の手段の差異が有る」事を、彼女は見逃して居る。 

 彼女の感情的な言い分が是と云うのなら、牛や豚を屠畜する事はドゥなのか、狩猟に出かけて、「楽しみ」の為に鹿やウサギをコロすのは残酷では無いとでも?

 イルカ漁は海洋民である漁民が古くは、数千年も前から行って来た漁「生きる」為のモノであって、「遊び」や鯨油等の目先の功利の為にやって居る訳ではない。 今更、異文明の基準でどうこう言われる筋合いのものではないし、その鯨油獲得の為に太平洋のクジラ類を絶滅に追い込んだのは、誰有ろう、米国ではないか。

 以上の議論は既に、幾度も日米間の関係者でクジラ漁の是非を巡って議論の俎上に上がったもので、既に双方に定見が確立して居る。 其処を蒸し返すのだから、彼女は自分の責任に措いて、この発言をしたと解釈するべき、問題が大きくなれば、辞任せざるをえなくなるだろう。

 靖国参拝にしても、イルカ漁にしても、お前の視点は、日米離間を願ってやまないサヨクのそれ以外の何物でもない。  

 此処の読者に偏見を与えない様に配慮するなら、米国がユダヤの意のままに国策を進めてきたという証拠を提示するべきだ。 亦、前のレスで書いたが、米中接近と云うのなら、南シナ海のゴタゴタは、ドゥ説明出来るのかな? 慰安婦の像を米国に建立させた事が、米国の国策で有ろう筈が無い、現に、米国内で撤去要請が起きている。米国政府が反対運動を禁じたというのなら別だが?

 米国は悪、と云うのがお前らサヨクの金科玉条だからな、では、自国民を苦しめ、虐殺に及んでいる共産シナや朝鮮が正義なのか?

 だとしたら、お前らも唯の人ゴロしだよ。

 過去に多くの自国民をコロしてきた韓国にだって正義は無い。 その歴史事実を隠蔽し、恣意的に歴史や正義を捏造して居るからだ。 お前らはその韓国にも加担して居るのだから、何をか況やダロ? 

ソロよ、そろそろ本気でいくぜ!

原爆まで投下されて数百万人もの尊い人命を、ただ「神風が吹く」の一言でいっせいに右向け右と、国連決議で満州国建国のの大義を日本国以外ただお一カ国も認めなかった国際情勢下を国民に隠蔽して満州開拓団と期待に夢弾ませた者たちの前に待っていたのは、米国から日ソ不可侵条約を破棄して満州に出兵したソ連兵の波状攻撃であった。

出兵の見返りに南樺太~北方領土まで譲渡する戦争勝者国という特権を持つべく国家として国連常任理事国の地位を獲得したロシアと真逆な方向に行ったのが、明治維新政権が築き上げた新しい国土は全て没収されて、お前このことの総括を日本国政府は国内法で戦犯を無罪にしたことでサンフランシスコ講和条約でひていされなかった東京裁判でA級戦犯を宣告された者を靖国神社に合祀したことの宿命的因縁と化した靖国問題とは、この総括を怠り続けてきた紛れも無い自民党政権の怠慢行為そのものである。

国連憲章敵国条項国家とはヒトラーと東条は開くの枢軸同盟を結成した世界の敵であることをうたっていることに戦後自民党政権は何か国益のための打開策をしたとでも申すなら言ってみろ!

、今回の性奴隷像建立を米国になんら排除させる方便を持たない自民党政権とは、昭和になってから誕生した大政翼賛会政治である東条軍事政権を踏襲するためにその軍事政権をどうしても国内法で無罪放免化する必要があったのは、たとえ必要悪だろうが世間がいったん認可することで自民党は保守となりうるからである。

そしてお前は、少しは自身で言葉の語嚢の真意を探し出してみなさい。
戦前の鬼畜米英思考の東条政権は左翼政権であったのか?反米=左翼ではなく、ただの一夜で無意識に反共親米思考に変わっても良心の呵責をもてない大政翼賛会とは無明すなわち実存の堕落した無意識の様であり、1000年に一度の地震で福島第一原発事故が起きたと本気で思っている世界でも類をみない知性であることは、人からもらった言葉でしゃべることがお前からもよく分かるんだ。

うそと思ったら、左翼思考の概念からまず申して、日中関係を根知米関係と二等辺三角形の関係に修正することこそ、聖徳太子が自主独立の精神で随国に申した信念そのものであるが、まず反米と一方的に捕らえるお前の偏向的思考についてこれからは問うていくのでよろしく。

知的格闘技

言葉尻をいちいち申さなくても情熱で琴線に触れさせてるからソロも雪国で遊ぶ場所がない秋田の身体障害者のようなこと言わずに思想闘争やるつもりでこいよ。
真実を探し出す否定の論法とは全てオリジナルであるが、その真実を自身で探したことにお前との違いがあることを分からせてやるから。

俺が自民党を保守と見なす大政翼賛会の欺瞞を熟知してることを想定内でかかってこいよ。

共産主義の詐術

>SN
>>国連憲章敵国条項国家とはヒトラーと東条は開くの枢軸同盟を結成した世界の敵であることをうたっていることに戦後自民党政権は何か国益のための打開策をしたとでも申すなら言ってみろ!
 お前が挙げる論点は、すべて過去のものだ。 大政翼賛会、三国同盟、原爆投下、終戦・・ 戦勝国連合が大戦後の世界を牛耳るのは、対抗勢力が居なくなったのだから已むをえまい。 米国は昭和19年以降、明らかに日本民族を皆コロしにする気満々だったのだから、終戦直後から植民地的支配を布かれた日本に主導権がある訳がない。 お前はそれを承知の上で↑の様な愚問を投げてくるワケで、そのあざとさに呆れるほかはない。

 お前売国サヨクが逼塞しているのは、日本国民がお前らの正体に気が付いているからだよ。 お前が挙げた、日本の親米従属への疑問点は、そっくり共産シナが提示しているものダロ? お前らサヨクは、軍備を公表以上の幅で20年に亘って増強して、周辺諸国への侵略を企図して、就中、日本を敵国と看做して徴発を繰り返している、極東の平和に脅威を与え続けてきた共産シナに靡いて、国民の支持を得られると思う方がおかしい。

 元々世界の歴史は、勝者の権力によって築かれてきたのであって、正義や人道といった、人間が普遍の価値と信じたがっているモノを基準にしたのではない事は、残念ながら事実である。 歴史上で論じられる正義や人道は、勝者の都合で後世幾らでも書き換えられてきたのが真実だろう。

 然し、ダカラと言って自身の内部まで捏造歴史に屈服する必要はない事に、最近日本人は気付き始めたのさ。 そして、自分たちを騙し続けていたマスコミの正体にもな。 彼らの正体は、日本の敗戦という「正義の敗北」を認められなかった、戦前の文化人達だよ。

 お前は、日本人を戦後のWGIP捏造歴史観に逆戻りさせようと、繰り言を述べているに過ぎない。 お前のやっている事は、共産シナの侵日条項にある、後方攪乱ダロ、つまり、対米憎悪を醸成しようと言う訳さ。 

 確かに米国のやって居る事の半分以上は、露骨な人種差別や我田引水的な強引な正義の押しつけで溢れかえっている。 そこに白人文明の浅さを感じさせるが、その米国の文明も、既に変質が始まっているんだよ。 それは民意の表出という形で顕現する。

 民意の表出は、庶民文化の重要なアイテムだから、数千年に亘る庶民文化を誇る日本文明が注目されているのだよ。それは取りも直さず 欧米の日本化が始まっていると言う事だ。

 俺は、お前もソロソロ卒業すべきだと思うぜ、今更、破綻した白人発の共産主義の理想を追っても、待っているのは支配階層を入れ替えただけの専制主義社会だよ、自分の価値を認めない社会に復讐するつもりで、赤に被れても人生を無駄にするだけだ。

麻生首相が米軍基地のおかげで日本の防衛費はや安いと発言したことを覚えてるか?

>ソロ

論点そらすなよ。

俺が左翼思考である科学的証拠を明示せずにまたいつもの「共産シナの侵日条項にある、後方攪乱」等でひとくくりしてるが、自分と意見が違うと皆左翼・中共となるなら有門が会津の属国史観に従わねば皆同和・在日となる対立軸の全否定と同じであり、それこそ日本人の持つ劣勢DNAであるならまず、民意という語嚢から勉強してこい。

俺は、自分自身で考えに考え抜いた案ならば法律を破らない限り個人の持つモラルすなわち民意と認める。

一応、有門が会津の負け犬史観で天皇家の正統性を全否定しようが靖国神社を売国神社と糾弾し松陰神社を同和神社と叫ぼうが思考の段階では許されると思っている。
だが、有門の後見人をもって松陰神社に放尿テロを実行したから器物損害等、法的根拠を持って有門の思考の産物とみなしそれが国賊行為を実際に行った賊軍会津の怨念めいたものであることが分かり現在有門を攻撃してるのであって、ソロよ、お前は俺の意見を、法的根拠をもって指摘したことがあるのか?

法的根拠で問題になることを言ったことがない俺の意見は自己都合でスルーしてきただけではないか?

東京裁判が否定されなかったサンフランシスコ講和条約締結以降、ドイツ及びイタリアでは、国連憲章敵国条項の真意を汲み取り、ヒトラー・ムッソリーノの犯罪性を国民教育の一環に組み入れ悪の枢軸同盟の非道徳性を国民に受け入れさせることから戦後を出発しているんだよ。
第二次世界大戦の総括とは誰に責任があるかを明確にすることであり、国際軍事裁判の結果と一致した教育を行うことができたドイツ・イタリアは立派に総括できたことで自虐史観など存在しないことをよく理解してから俺の質問に答えてくれよ。

4000万人もの嘆願署名でA級戦犯を国内法で無罪放免化された者を靖国神社に合祀したら天皇が参拝できなくなる道理を自己都合の解釈で判断するからダメであると言ってきただけだよ。

まずは理念ありきで申すなら、自主独立こそ真の主権回復であり統帥権を持つ軍隊を持って始めて道理がなされることからも、日本国は大国米国・中国・ロシアと対等な外交を行うために米国一辺倒の安全保障体制ではダメであるのは、戦後の日本国が現在どうなっているかを見ることが証拠であるんだ。

そろそろ、戦後の自民党政策の欺瞞に築くべき時とみてこの問題定義に結論をだしたい。
その結論を否定の論法で探し出してきたことも分からずに、よくも俺のことを左翼とひとくくりできたものだと、その短絡的思考こそ大政翼賛会の持つ右向け右の無明と言ってきたのだがね。

米国が制定された国内法でA級戦犯は無罪にできたかもしれないが、日本国の首相がヨーロッパを訪問して公にA級戦犯は無罪と言えないことこそ最大の問題なのである。

一方、

信解

ソロよ、国連憲章敵国条項とは悪の枢軸同盟に対する懲戒文であるが、東条英機にはその枢軸同盟を結んだトップとしての責任問題が発生していたことも気づかずに、日本はいいこともしたと言ってたことに気づけよ。

米国が制定した国内法で戦犯無罪とされた真の理由が何か?

当然のことながら、「鬼畜米英」に変わる「反共親米」という風評を国内中に巻き続ける役目を課されたことを米国の国益のために阿倍総理の祖父達が日本国をどう変えていったか勉強してきなさい。

会津の原発が津波に弱い原子炉であるにも関わらず米国の志向をそのまま受け入れ、わずか数十年前に大津波に襲われた土地柄をよそに、「何とかなる」「死んだら皆神様」と事故が起きるまで津波対策工事の必要性を指摘したのが共産党のみであったことを、そして事故が起きればIAEAには津波が事故を引き起こさせたと報告しておいて国内向けには、誰も責任を取らないように1000年に一度の自身による想定外といった子供だましの方便に保守ともあろう者達の誰からも異議が言われなかった現実の恐ろしさに気づけよと言ってるだけだ。

自身の大きさと津波の大きさは必ずしも比例しないことを知ってる者がいないかのようであった。

津波対策工事を国会審議で必要なしと一方的に却下したのが安倍総理である。
この問題定義にさえ真剣に議論できない者が愛国などとほざくなと全ての自称保守ブログに警鐘を鳴らす者のどこが左翼だ!

ソロよ、何か言ってみろ!

反論

>SN
だ~か~ら、過去の話を論っても何にもならんと言っているんだがね。 お前の現在の話は、誤情報だらけだし、未来の話は根拠も示せない話ダロ?

 お前の主張はサヨクそのものダロ、問題は、俺の規範で云うサヨクか左翼かの違いだ。 サヨクは、外国の下僕に過ぎん、自分の利の為に平気で国を売る連中だ。 一方左翼は、ちゃんとした信念を以て体制批判ができる連中で、議論するに値する、然し、お前の様にでは、どうしたらよかったのかという質問に何も答えていないのでは、その何れかでああるのかすら見当がつかない。

 人に怒鳴る前に、お前自身が、あらゆる問題に、具体的な答えを示してこなかった事はドゥ説明するんだ? お前こそ答えてみろ!

 それじゃぁ、朝鮮アメンボ=ケッセルリングと変わらんぜ。

ソロは俺を左翼と言ったが人間の業が共産主義を実現させないことを俺は知っている

>ソロ

過去の事は即水に流して、死んだら皆神様で大誤ない世過ぎの方便こそ日本では保守の証であることは、鬼畜米英から即反共親米に変われた者こそ大政翼賛会であり、戦後の政治を東条軍事政権を国内においてのみ無罪にすることで一応踏襲できる世間体は確保された結果誕生したのが自民党であったのだから、お前が自民党を支持する根拠では、世界の常識にひれ伏すことしかできないことを現状の日本国のあり方に見て取れるということだ。

トップに責任が存在することで、政治に緊張感が存在した明治政府は、負ける戦争だけはしないことで日本国を政治大国として国連常任理事国入りをさせたといった世界の常識的道理が分からぬ者に愛国やら国益とかバカモヤスミヤスミイエ!

お前は、過去100年以内に数回襲われていた津波の高さより低い高さの津波で会津第二原発自己が引き起こされた必然的因縁も、トップが責任を取らなくてすむ官僚天下制度も、生まれで代議士になれる自民党がかつての士農工商制度から学んだ世襲制度を使って、戦前の大政翼賛会制度を政官財癒着談合利権制度に置き換えて国税を湯水の如く吐き出して世界最大の国債発行残高を保持する国家となろうが、誰も責任を取らなくてすむ現状において、アカ狩りの手法しか持たぬようではお前も生きた化石と認識してしまうのだよ。

日米同盟をより一層米国の国益のための手段にさせてしまった安倍総理の靖国参拝で、その安倍総理にもっとも腹立たしく思った国家こそ米国であることを5年前に否定の論法で探し出していたことが、米国閣僚級以上が靖国参拝を中止したことで証明されたわけだが、オバマ大統領にまで訪日の目的を無くさせていよいよ中韓米ロの東京裁判史観が今年は日本国に火種として降りかかる可能性が出てきたことに警鐘を鳴らすことを日本の真の国益と理解できるようになったんだよ。

戦後レジームのマスコミの寵児たち

寺島実郎さん、関口宏さん、田中優子さん、朝日や毎日で戦後ずっとマスコミで戦後レジームに乗っ取って優位に活動して来たマスコミの人たちに一言:
このところの衆参の議員選挙で国民の意識の変化がはっきりしたと思います。何となく中韓の意見を代表する様な意見ばかり言っているのではあなた達を見限ってしまうのは当たり前の事です。どうせ間もなく寿命ですから何を言っても個人的な問題はありません。しかし、田中さんが言っている国民の意識とは違う選挙結果と言うのは間違っていると思います。阿部さんが靖国に参拝した後の世論調査では前より支持率が増加していると言う事から、戦争の危険をもいとわない反日の中韓に対してこのような日本国民の反応が出たと解釈するのが当然と思います。間もなくマスコミでのあなた達の出番は無くなるでしょう。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。