スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TPPの罠      3月15日「金)

「TPP交渉自民容認」と新聞の一面にデカデカと踊っています。

1年前このTPP参加の危険性について多く書いて来ました。それと同時に
「グローバル化」「自由貿易」という言葉に洗脳されている多くの著名人の
危険性も指摘してきました。いわゆるTPPとはアメリカ式のグローバル化
のことです。

田久保忠衛教授は「米国がTPPで主導権を握るようになったのは、東南ア
ジアと結び,中国に対して軍事的優勢を維持する戦略の一要素である」
「TPPを取っかかりにして積極的な貿易、投資を増やして日本経済を躍進
させなければならない」「TPP交渉参加が決められない場合、日本の将来は
極東の一小国に沈み込んでいくほかない」

また屋山太郎評論家は「TPP反対論者はアメリカに一方的に日本の利益を吸
い取られるという被害妄想が見え隠れする」「農業も医療も、鎖国で守ること
は出来ない」「グローバル化の中で、世界の人々が恩恵を受けているのはまぎ
れもない事実である」

このように私が尊敬してきた保守派の論客の多くは戦後の市場思想の枠から
一歩も抜け出ていない。つまり政府は経済に強引に介入するのではなく社会
の出来事は市場に任せるべきであり、社会の価値観や物の分配も市場が決定
すべきである、いわゆる「市場が一番良く知っている」という市場崇拝から
未だに抜け出ていません。

しかし昨日まで正しかったことが今日も正しいとは限らない。つまりこうし
た市場崇拝から結果として莫大な利益を得たのはグローバル企業だけでした。

保守の論客殿、今世界で何が起こっているか、しっかり目を凝らして眺めて
下さい。それは格差の拡大です。グローバル企業に傷めつけられたアメリカ
国民の惨状を知っていますか?

我々が知っている、健康保険にも老後の年金にも恵まれた健全なアメリカ人、
青々とした芝生に囲まれた住宅に住む豊かな中流階級のアメリカ人、そう、
日本は長い間「豊かなアメリカ」に憧れていました。

しかしアメリカ時代を支えてきた中流階級は没落し、企業は成長する力を
失った。労働者階級の生活は衰退の一途を辿り、底辺にいる人々はそこか
ら這い上がれないままです。アメリカはいったい何を間違えたのか。
アメリカの悲劇は無国籍のグローバル企業が政府を支配してしまったこと
です。

アメリカの惨状はいまや世界中に広がり、格差は広がる一方です。それは
企業が国境を超えるにつれて、労働から社会、環境全ての面でコスト削減競
争へ向かわせているからです。自国から企業が後進国に簡単に移転すること
によって大量解雇、労働条件の悪化、中小農家や中小企業の消滅、など、
アメリカは悲惨な状況になっています。

昔アメリカ映画で見た「仕事と地域と従業員を愛する実業家」などがいなく
なり、多くが次々と投資家に買収され、資産ばかりか従業員の積立年金まで
食い荒らされてしまいました。

経済学者が長年提唱してきた「市場思想」「自由貿易論」が今日アメリカ
国民を奈落の底に落としてしまったのです。つまり彼らは「自由市場の力が
国境を超えることが出来れば、関税、補助金その他の「人為的」障壁は取り
払われ、効率のよい企業だけが報われる。世界の国々は、自国で一番安く
有利な物だけを生産するようになる。

いわゆるリカードによる1817年の比較優位説の影響をうけてしまった。
「効率がよくなれば価格も低下して、誰もが利益を得ることが出来る」と
経済学者も政治家もメディアも信じてしまった。しかし今日利益を得たのは
一握りの裕福な人だけで、先進国の多くの人々は奈落の底に沈んでしまった。

TPPに参加するということは日本をこのような不幸なアメリカ型の社会に
してしまうということなのです。つまりアメリカの基準を日本が受け入れ
れば米国富裕層の利益を拡大させ、日本人は米国民と同じように奈落の底に
落ちていくことになります。

アメリカは過去日本市場をこじ開けるために多くの「対日経済要求」を突き
つけてきました。それが規制緩和であり構造改革です。しかし「日米構造協
議」もあまり効果がなかった。

そこでアメリカは日本の市場をこじ開け、日本の国柄を変えてしまう新しい
武器を手に入れた、それがTPPです。グローバル企業の真の狙いはTPPに
よって外国企業が日本で自由な活動が出来るように制度やルールを変えて
しまうことなのです。

TPPの主課題はいまや自由貿易における関税ではありません。アメリカの
狙いは非関税障壁と投資です。

保守派の論客たちは「世界を一つの巨大な市場に変えようと目論む勢力」の
存在に気がついていない。すなわち「真の敵」が見えていないということ
です。

それでは真の敵とは、アメリカではない、アメリカという国を動かしている
多国籍企業、いわゆるグローバル企業です。グローバル企業数百社が有する
冨と力は途方も無く拡大しています。

1970年以降「グローバル化」は時の言葉になり、政治家も学者も識者も
揃ってグローバル化は、全人類のあらゆる経済問題を解決してくれる「治療
薬」として世界中に蔓延しました。そしてアメリカが提唱してきた「グロバ
リーゼーション」以外選択肢は存在しないといった強烈な印象を我々日本人
は特に持ってしまいました。

何故ならアメリカ以外の国で戦後、自由貿易において「世界のグローバル
化」の恩恵を一番受けた国は日本だからです。

日本は戦前、欧米列強の仕掛けたブロック経済化の壁に閉じ込められ自由に
貿易の出来ないまま最後は石油まで止められてしまった。生きていくため
に、防衛のために、戦争に誘導され、最後は国土を破壊してしまった苦い
経験があります。

それだけに戦後のアメリカが提唱した「政府のいかなる行動にも妨害され
ない完全なる自由市場」とういう思想を日本は宗教的信仰に近い価値として
最終目標にしてしまった。しかし、そのような市場は実際にはアメリカを
含めて世界に存在したためしがありません。

アメリカに国土を焦土化され何もかも失った日本は生きていくために、市場
を徹底的に管理してきました。戦後の愛国心あふれた優秀な官僚は、よち
よち歩きの日本においては完全なる自由市場は無理があると判断して市場を
管理してきました。

アメリカの提唱した完全自由市場の思想は思想として、日本の愛国心あふれ
た官僚達は、市場は管理されるべきだと信じて来ました。もし市場の規制が
完全になくなったとしたら、社会や環境に大混乱が生じ、大勢の人々が悲惨
な境遇に陥ってしまう。

したがって日本市場は市場活動の行き過ぎがあっても、伝統、法的秩序、
礼儀、やその他の文化的要素などがあることによって、道徳自制心が働き
社会が破壊されることがない、それが日本武士道社会であると常に信じて
来ました。

お陰で、世界を一つの巨大な市場に変えようと目論むアメリカのグロー
バル企業から日本社会を破壊されずに今日まできたのです。

安倍首相はTPPの罠を充分知り抜いています。しかし単略的に反対するわけ
にはいかない。尖閣諸島で中国と戦争一歩手前の状況です。そのためにも
日米同盟を強化して中国を牽制する必要があります。

だから多くの政治家や国民がTPPに反対してくれることは大賛成なのです。
民主主義国家の政治家は国民の多数意見を無視するわけにはいかない。
そのことを一番良くわかっているのはアメリカのはずです。

自民党政治家の三分の二はTPP反対です。アメリカに反対できない安倍首相
にとって政治家の三分の二の反対は大きな武器になります。個別の関税で
譲歩しても、日本の国柄を壊してしまう「非関税障壁」の重要部分は国民
の意思として拒否できます。

幸いにも閣内には将来の首相候補である稲田朋美内閣府特命担当大臣が
いらっしゃる。おそらく自民党内ではTPPについて一番よく勉強してい
ます。安倍首相も彼女から充分な知識を得ているはずです。

いずれにしても今後世界は国以上の力を持っているグローバル企業との戦い
が待っています。

そして独自の価値観と冨を内在している日本だけが無国籍の超怪物企業との
戦いに勝利することがでると信じています。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

TPP交渉参加へ

 成程、安倍首相はTPP交渉参加を言い出しましたが、「参加する」とはまだ言って居ない。 「日本の国家国民の利益を護れない様な条件なら、当然拒否する」と云う意思表明も併行してますからね。 農業と医療保険に、自国以外の関与を許すべきではないのは、農業は食料の量と安全の面で、医療保険は弱者救済が出来ていないと云う米国社会の現実面から明らかな事です。 

 唯、ご指摘の様に、シナが尖閣を韓国が竹島と云った日本固有の領土を侵略して、米軍の極東プレゼンスの価値を高めている働きとなっている情況を利用して、この機に、自力防衛力の強化を図ってほしい処です。

米国はこれから反日映画の目白押しです
特に、奴隷化回避の防衛戦を「キリスト教」弾圧と称する映画は酷いものです

米国の後ろ盾で開戦しても、「反日の民意」を理由に米国は兵を引きますよ
その後、米国に派兵を要求するにはどんな「譲歩」が必要でしょうか

今、話されてるTPPどころの騒ぎじゃないと思いますよ





イスラエルが日本を乗っとろうと、白人起源説を撒いてる


色んな話題に絡めてわいてくる、
「純粋な日本人でも金髪碧眼はいる」
「遠い祖先に白人がいるのかも」
等の言論には注意が必要

「アイヌはロシア系白人」と言う事もある
ロシア白人が極東に入植したのはつい最近だというのに

ユダヤ人はアラブ人のはずだが、中東は見ての通りユダヤ人を名乗る白人が占拠している

気を付けないと日本がああなる

米軍基地から入って来れば入管記録も付かない

北海道、東北、南九州、沖縄、小笠原は特に注意



人権擁護法は特亜の為の法案ではありません




.

>イスラエルが日本を乗っとろうと、白人起源説を撒いてる

キッシンジャーが、後、10年以内にイスラエルが戦争に敗れ滅びると述べていたらしいが、その代替え地が日本という事ですかね?

ネトウヨは何度でも騙される。


本当にTPPに反対するなら離党も辞さないと言うべき。
郵政民営化の時のように党を割ってでればいい。
当時と異なり受け皿はたくさんある。
西田昌司、稲田朋美もポーズだけ。

稲田朋美

wikiより

政歴 [編集]
2005年(平成17年)
8月15日 - 山谷えり子参議院議員を介し、自民党幹事長代理の安倍晋三から要請を受ける[要出典]。

>山谷えり子参議院議員を介し
>山谷えり子参議院議員を介し
>山谷えり子参議院議員を介し

怪しすぎるよな。(笑)
応援するここのブログ主も素性が知れるというものだ。

馬鹿を騙して銭儲け。
ネトウヨは骨の髄までしゃぶられてだろう。

にもかかわらず、忠告してくれる人に
工作員!(某宗教団体では)「悪魔が来たー!」(笑)

アホなネトウヨは・・・。

ネトウヨは何度でも騙される。

↑こんなのに乗せられて保守の分裂がありませんこと願います。

ね ずきち(ね ず さん)のドス 黒い正 体!!

ねずき ち(ね ずさん)は創 価系仏 具店に 飴玉を卸し てカネを 貪っ てい た!!

詳 しくはblog『日 心 ○を糺 す会』をご覧 下さ い!!

敗戦国日本、良し悪しは未來の判断に任せるが、日米安保に民意は無かったと思う、それを通した岸の倅が、安倍なので・・・。


最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51886794.html

広島で中国人実習生の凶行!

★NPO外追・研修動画
☆東京・吉祥寺に次ぎ凄惨な事件続発のこの時期に説く!NPO外追 「外国人犯罪による政府の責任を考える」~国家賠償請求訴訟~
http://www.youtube.com/watch?v=RZAK45ZZi78
公開日:2013/03/14平成25年3月13日 NPO法人外国人犯罪追放運動 臨時研修会にて講師:有門大輔
私ども『NPO法人 外国人犯罪追放運動』ではこれまで凶悪犯罪よりも、どちらかと言うと不法滞在・不法就労といった問題や偽装国際結婚、国際結婚トラブル(詐欺)などの問題に取り組んできました。ゆえに他の愛国市民団体と共闘、世間的にも一般で話題になっているような在留特別許可の付与に反対したりするようなデモ行動・署名活動に主眼を置いてきました。時を経て、愛国市民デモとは一線を画した先鋭的な行動を目指したこともありますが、思想的には大成功を収めたものの、それが行動勢力として成り立つには未だ至っていません。その次にわがNPO外追で着手したのが若手のスターを発掘・育成し、自らプロデュースする形で世に売り出すということでした。しかし、それもあえなく頓挫。他人を売り出すには自らの責任において何らかのリスクを伴ないます。そのため、他団体にも致命的な迷惑が及びかねない事態にも陥りました。出費やリスクを負ってまで他人を売り出すよりは、たとえ微弱であっても粗末で拙くても、自分の責任において、自分で自分を売り出したほうが良い。この度、NPO外追単独の研修会という形で制作・発表した動画は「外国人による凶悪犯罪について、国家・政府にその責を問う」としたもので、その旨を述べていますが、同時に私どもNPO外追としてのスタンスを一層明確にしたものであります。動画の大部分がブログで主張したようなことですが、単に文字・文章のみならず、実際の動画・行動として呼びかけることも重要であるとして今後、週一もしくは隔週でも、こうした形での研修会を開催し動画を制作・発表していきたいと考えるものです。
ニコニコ動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm20336166?user_nicorepo

★男女8人を殺傷!!

☆「事実上の外国人単純労働者受け入れ」の暴発! 平成25年3月14日午後4時半頃、広島県江田島市江田島町切串の水産会社『川口水産』にて男が暴れ、男女数人が「血だらけで倒れている」との110番通報。駆けつけた県警署員が同社の中国人水産加工技能実習生・陳双喜容疑者(30)=同町切串=を殺人と殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。

 陳容疑者は「殺そうと思って殴るなどした」と供述、容疑を認めている。

 陳容疑者も刃物で自身の胸を刺すなどしており、広島市内の病院に入院したため、県警は一旦、同容疑者を釈放したという。相手が国家間の取り決め(制度)で来日させた中国人研修生とあって何を憚っているのか、県警の対応は甘いの一言に尽きる。

 会社内でのトラブルが原因と見られるが、県警としては陳容疑者の回復を待ってから動機などを調べるという。

 陳容疑者の凶行によって死亡したのは同社社長・川口信行さん(55)=同町切串=と水産作業員・橋下政子さん(68)=同=の2人。重軽傷を負った男女6人は50~70代とみられ、大半が同社の作業員。そのうち女性1人が重傷と伝えられる。

 陳容疑者は同社のカキ打ち作業場で、作業員らを相次いで刃物やスコップなどで襲撃し、計8人を殺傷した。

 事件当時、現場では約10人が作業中で、目撃者の作業員によると「陳容疑者が同僚をスコップで殴打した」と説明。

 陳容疑者を知る、同じく実習生の中国人(30歳、男)の話によると、同容疑者は昨年9月から同社で実習生として勤務していた。勤務時間は午前5時半~午後5時までで、休みは日曜日。

 同容疑者はしばしば職場で社長に叱られていたらしく、日頃、「一生懸命働いているのになぜ社長に怒られるのか」と不満を口にしていたという。陳容疑者は日本語はあいさつ程度しか出来ず、「いつも1人でいて寂しそうだった」とする同胞の証言もあるが、外国人凶悪犯の身の上まで同情的に取り上げるのはどのマスコミにも共通する悪い癖である。たとえ偏向・印象操作などの意図がなかったとしても。

 今回の事件も社長らに厳しく叱責されたことが発端になったと思われるが、作業などに用いる刃物やスコップが凶器だったとしてもあまりにも短絡過ぎる。

 これは中国人ばかりが通う専門学校に通う然る日本人男性から聞かされた話だが、「中国人はどんなに大人しそうなヤツでも大抵、腕やどこかに擦り傷の痕が残っていたりする」と言う。それほど現代の日本人以上に取っ組み合いなどの喧嘩を経験してきたことの証左で、日本人的な感覚で接していても、いつどこでキレたりすれば、どのような行動に出ないとも限らない。

 外国人実習制度は、元は研修制度として行なわれており、その研修期間を経た者が国の審査によって実習生としての勤務を認められるシステムとなっていた。ところが、各企業による事実上の労働者としての使役が各地で問題となり、急場を凌ぐ意味で政府は研修制度と実習制度を一緒くたにし、現行の実習制度に移行したものと思われる。

 企業も悪い。研修・実習とは名ばかりで、実際は単純労働者として外国人研修生(実習生)の受け入れ先として名乗りを挙げたのだから、こうした時に何らかの形で暴発して跳ね返ってくるのも必然である。

 今回、事件が起きた広島県の川口水産にせよ、被害に遭ったのは殺害された社長らをはじめ、いずれも50代~70代の爺婆ばかりだった。慢性的な人手不足と社員の老齢化、そこに手ごろな若い労働力を欲したのではないか? 実習生の受け入れを取り扱う国の機関を通じ、書類選考や面接などで受け入れを決めたのかも知れないが、かたや労働力の欲しさ、かたや日本で職にありつきたいとする中国人の野合によってもたらされた結果が好ましいはずはない。

 企業側にしてみれば言葉が通じない上に、勤務態度も本人が思っているほど真面目ではなく、足手まといになるばかりなら叱責したくもなるだろう。他方、実習生の名目で高い報酬を夢見て来た陳容疑者にとっては労働意欲の沸かない(と言うか最初から無い)単純作業と低収入の生活に嫌気も差していたのだろう。

 それが今回の凶行になって一気に暴発した。 ともあれ、国の実習生受け入れ制度に基づいて来日した中国人による凶行。中国で何をやっていたのかも分からない、提出された書類はどこまで本当のことが書かれているのかも分からない、そのように杜撰で歪な受け入れ制度が発端となって起きた凶行である。一たび起きれば外国人凶悪犯には同情的なマスコミ報道と、警察当局の甘い対応。 国に対する責任が追及されて然るべきである。

 2月に東京・吉祥寺で女性を狙った強盗殺人事件が起きた直後、この平成25年もあらゆる形で事実上の外国人単純労働者受け入れ、事実上の移民受け入れに端を発する凶悪犯罪が頻発しそうである。

TPPで儲けるのは一部

グローバル化は、貧乏競争です。安い賃金を求めて工場は移動します。TPPはその集大成と言えるでしょう。

日本がTPPに加盟しても、一般アメリカ国民は豊かになりません。日本をTPPに入れる目的が、多国籍企業の世界支配にあるからです。日本がTPPに加盟すれば、結局は支那もTPPに入るでしょう。一般アメリカ国民は、奴隷状態の支那の労働者と、低賃金競争をしなくてはならないのです。勿論日本国民も奴隷状態になります。

世界第1第2第3の国がTPPに加盟したとき、多国籍企業の世界支配は粗完成です。なので日本をTPPに加盟させることは、絶対条件なのです。

多国籍企業の世界支配が完了したとき。TPPに加盟した各国の政府は多国籍企業に牛耳られ、政府の仕事は、奴隷である国民が反抗しないように監視する役割になります。

又、奴隷達が反抗して決まり作った場合、罰として、ISD条項の名目で、奴隷達から取り立てた税を上納するのも、各国の政府の役割になります。

保守偽装政党橋下維新の会情報です。ご一読よろしくお願いします。

橋下徹の正体 
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/888.html

【特集】サルでもわかる!橋下の正体
http://ameblo.jp/otakoji/entry-11170077821.html

経済評論家のバカの壁

ブログの更新誠にご苦労様です。

憂国の士であられる辻本様のご意見は誠に尤もですが、現実に自国を防衛する軍事力と持たせてもらえない日本国としては、経済も含めたアメリカからの要求を無視することは出来ないのです。

>アメリカの悲劇は無国籍のグローバル企業が政府を支配してしまったことです。

仰る通りです。今や完全にアメリカ政府を支配したグローバル企業のアメリカ国民支配の最終仕上げが、此処で何度も申し上げている食品安全近代化法で、家庭菜園すら禁止されて「健康的に暮らす」自由を奪われたアメリカ国民は医療ビジネスの生贄となり、グローバル企業に骨までしゃぶり尽くされてしまうでしょう。

そして、TPP交渉妥結の暁には、アメリカは日本に対しても日本版食品安全近代化法の施行を迫って来るでしょう。

もし、アメリカと同様の食品安全近代化法が施行されれば、日本の農家或いは一般家庭でさえ自家農園で採取した種苗の保持が禁止されるので、例えば籾を保存するとか、芋を保存するだけで警察に逮捕されてしまうのです。

つまり日本版食品安全近代化法が施行されれば、日本中の農家や一般家庭は毎年アメリカから輸入した種苗を植えなくてはならず、日本の伝統的農作物は絶え、日本国民は遺伝子組み換えされた食品しか食べられなくなってしまいます。

このように、世界の食糧生産を独占し、全人類の奴隷化を目論んでいるグローバル企業に対し、我国の農業団体のように、国民全体の利益に反する特権的既得権益集団が抵抗しても、彼らだけではその力が及ばずに、遂には日本が乗っ取られてしまうと考えています。

従って、我が国をグローバル企業の魔手から守るには、政府と国民が率先して国内の既得権益者集団を解体し、国民誰もが自由な発想を持って各分野に参入出来るようにして、全国民の力を結集しなければなりません。

これも此処で何度も申し上げているように、輸入農産物に国内農業の規模拡大で対抗するのは、戦艦に水雷艇で挑むようなもので全く勝ち目は無く、結局日本農業はグローバル企業の支配下に入ってしまうでしょうが、農地法を改正し、耕作を希望する総ての国民が耕作に従事出来るようになれば、その耕作者の数が政府への圧力になります。

TPP参加までは致し方ないとしても、日本版食品安全近代化法は絶対に受け入れてはなりません。受け入れれば日本国民もアメリカ国民のように「健康的に暮らす」自由を剥奪され、医療ビジネスの生贄にされてしまうのです。

世の中に、経済評論で飯を食っている人は多いのに、誰一人として農業や食品のことを理解している評論家が見当たらないのは、誠に危険なことです。

新自由主義と保守主義は両立しない

>保守派の論客の多くは戦後の市場思想の枠から一歩も抜け出ていない。

TPP賛成!を主張する輩=一日の生活費を得るのに苦労している勤労者の立場を全く理解していない連中

です。要するに、TPP賛成派は、
TPP参加により一般勤労者が地獄の苦しみを味わう事になっても、自分達は安全な所から高みの見物が出来ると思っているのですよ!
(TPP賛成者の本音=貧乏人は雑草を食え!貧乏人は医者に行くな!貧乏人は資質が劣等だから淘汰されるのが自然だ!)

>安倍首相はTPPの罠を充分知り抜いています。

これはどうでしょうか?
安倍首相は、両立できない新自由主義経済(伝統破壊)と保守主義(伝統維持)が両立出来ると信じているフシがあります。
このままだと、近衛文麿がファッショに傾倒し、結果的に大日本帝国を滅ぼしたように

安倍首相は新自由主義経済に傾倒した結果、日本を滅ぼすことになるでしょう。

ウォール街の守銭奴に、金融資産を収奪され、医療を受ける権利も剥奪された日本の勤労者の間に、烈火の如く、反米感情が巻き起こるでしょうね。

参議院選挙にて、
アメリカ(というよりウォール街の守銭奴)に日本国民の資産を売り、日本国民の雇用・健康を破壊を推進する安部政権に、国民の鉄槌が下される可能性大ですね。
(前安倍政権が参議院選挙で惨敗したのと、全く同じ流れです)

ここは・・


ここのコメントは・・
反安倍、反自民の在日と左翼、工作員がうじゃいじゃ沸いてるなぁ・・・。

そんなコメントで安倍支持は揺らがない。
しょうもない陰謀説で話にならない。

私も平凡太郎さんの意見に賛成です。

安倍さんは歴史認識や防衛、復興政策などについては賛成できるのですが、経済については新自由主義者ではないでしょうか。
もうそれは認めなければいけないのでは?

今日のTPP参加表明を見ても、日本が内向き云々という演説を見て唖然としました。2年前から中野剛志さん、藤井聡先生、西田議員など、TPPの恐ろしさデメリットを発信してらっしゃる方々から直接説明や警告を受けたにもかかわらず、あの稚拙な演説内容、全くグローバリズムの恐ろしさが分かっていないと確信します。

といって今、アメリカに毅然と立ち向かい反TPPと自国による防衛を実行できる政党がないのです。本当にこれは不幸なことです。民主維新みんな全てTPP推進です。社民になど入れたくはない、とすると共産党に入れるか??

本当に困った状態だと思います。

軍拡の世論を盛り上げましょう。

>成程、安倍首相はTPP交渉参加を言い出しましたが、「参加する」とはまだ言って居ない。 

現段階では↑のように言うしかありませんが、安倍首相の腹は決まっていて、既に交渉妥結後の国内産業保護策を考えていると思っています。

前コメントと重複になりますが、TPPに参加して安い農産物が入って来るようになれば、政府は益々農家保護に走るでしょうが、それこそアメリカの思う壷で、日本政府の農家保護をTPP協定違反と非難し、困り果てた日本政府に対し、日本国内の農業保護を黙認する代わりに、日本版食品安全近代化法の施行を迫って来るでしょう。

そもそも、アメリカで食品安全近代化法が制定されたのは、国際金融資本の世界完全征服の第一歩なので、次には必ず日本が標的にされる筈です。

>米軍の極東プレゼンスの価値を高めている働きとなっている情況を利用して、この機に、自力防衛力の強化を図ってほしい処です。

先ずは、現在開発中の超音速対艦ミサイルや国産戦闘機の開発費を増やし、一刻も早い実戦配備を目指すと共に、大砲などのアナログ兵器の配備増強も必要だと考えています。

日本と中国、日本と韓国の戦争は空と海の戦いになるので、ハイテク兵器の性能と配備数が勝敗を決めると思いますが、中国の場合、前面に旧式戦闘機や旧式艦艇を押し出して自衛隊のミサイルなどの消耗を狙い、最後に新鋭戦闘機と新鋭艦艇を出してくる可能性があります。

従って、そのような旧式兵器に対抗するためには、対艦ミサイルの直撃に耐えられるような装甲艦を何隻も造り、対艦対空ミサイルの他に艦砲、高射砲、対空機関砲などを搭載すれば、弾薬量で中国艦艇と空軍を圧倒出来るでしょう。

大日本帝国は、総合的な科学力ではアメリカに劣っていましたが、高射砲の性能などではアメリカを上回っていました。ただ高射砲弾に近接信管を装着出来なかった為に、アメリカ軍の高射砲より撃墜率が劣りましたが、現在の電波誘導技術と融合した長距離砲弾の威力はミサイルに引けをとらず、現在アメリカが建造中のズムウォルト級ミサイル駆逐艦も、ミサイルと合わせて15cm砲を主力兵器として搭載する予定です。

そして、現在の日本の工業力を以ってすれば、15cm砲はおろか、20cm砲の大量生産も可能と思うので、これを装甲艦や離島基地に配備し、周囲を高射砲と対空機関砲で防御し、更に戦闘機やミサイルで何段構えにも防備すれば、中国もおいそれとは手を出せないでしょう。

平和を守る最も有効な方策は、強力な軍備を相手に見せつけることに尽きる訳で、国民の方から軍事費倍増の世論を盛り上げるべきと考えています。

世界を支配するために工作する人たち

文鮮明による意志「世界統治!」通りに動いてきた統一教会を調べてみてください。

宗教という名を全面に出しながら、裏でアメリカを喰い荒し、手広く多国籍に商売を広げ(米国報道機関買収、銀行買収、国連買収、世界中へ武器製造販売、麻薬売買、韓国の諜報機関、石材などなど)、「多国籍資本家」として世界の国々を買う為に奔走をしていた統一教会を調べてください。

彼らが買っていたのは企業ではありません。国です。
反共を唄っていたはずが、共産圏のトップたちですら密かに文鮮明を訪れている。
世界中で賄賂を繰り広げて、国を支配する。

2018年平昌オリンピックで、統一教会関連企業がどれほど儲けたか、IOC賄賂を調べてみてください。

統一教会は、ある韓国発祥の多国籍企業と深く関わっており、その韓国企業が韓国政府と統一教会、そして米国有力者の仲介役をしていると米調査で解かっています。
私はサムスンだと思っています。
サムスンは統一教会者の資本で賄われていると思っています。
あれほどの広告(マーケット)資金を、世界の他のどの企業も出せません。
大株主、資本、広告主は統一教会だと思います。
日本人技術者の引抜き額や技術特許侵害額、企業買収、工場を日本で作って技術を流すやり方なども、世界中で工作員と化している信者(日本にも多く存在する)が関わっていると思います。

日本で彼らに加担する存在が居ます。彼らから資金を頂いている存在が日本政府に居ます。
日本市場が開ければ、彼らの得意とする武器販売(戦争)、麻薬販売、様々なマーケット分野に侵入するでしょう。
韓国、アメリカ、日本国を買収してG7と世界を掌握する、と文鮮明は宣言していました。
その通りになるでしょう。

市場を統制すべきであり、「一日の生活費を得るのに苦労している勤労者の立場」に立つべきである。
これって左翼思想、左翼のセリフそのものだと思いますが。
まったくもってTPPに反対している人たちの思想が分かりません。
「安倍さんは愛国者だから何か考えがある」というレベルで話している人たちばかりで呆れかえる。
「保守」「右翼」の本義を深く考えず、単に国に寄りかかりたいだけだったのだ、愛国者である私に酔っているだけ人ばかりだったというのが明らかになっただけですね。
安倍さんと同じことを民主党がやっていたら「反日だ!」と今頃大騒ぎしていただろうなと苦笑するばかり。

ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(1/4)

トリレンマ:
ハーバード大の経済学者ダニ・ロドリックさんという人が提唱している概念。

絶対、ここを見て欲しい。
今後のものを考える前提として、持っておくべき概念。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549

■グローバル化
(ヒト、モノ、カネ、の動きを国境や規制を飛び越えて自由にする事)
■国家主権
(自分の国の事は自分の国で決める権利)
■民主主義
(国民が政治に参加する事)
の、これら三つは、同時に存在する事が絶対にできない。
という理論、これが「世界経済の政治的トリレンマ」

順に、ユーロ、チャイナ、アメ、そして、JPのトリレンマを取り上げています。

---
さて読ませるために、以下抜粋。

それは、日本の民主政治が機能しているので、国民が許さないからです。
つまり、日本には民主政治が機能している事により、
グローバル勢力が入り込めなかったのです。

そこで、そういった事から、
グローバル勢力が次に目を付けたのが、国家主権です。

この国家主権を制限してしまえば、日本をグローバル化できると考えたのです。

そして、それを実現する為に編み出されたのが、
TPPなのです。

このTPPというものは、「国際条約」になります。
ちなみに、国内の法律と、この条約というもの、
どちらが上位に位置するかと言いますと、
単純に、「条約」の方が上になります。

つまり、
一旦、「条約」を結んでしまうと、
その「条約」に合わせて国の法律を変えなくてはならなくなるのです。

もし、
「それは困る!一旦結んだ条約だけど破棄します!」
なんて思ったとしても、絶対に無理。あとの祭りなのです。

ただし、その相手国に、条約を破棄すると言って、宣戦布告するなら別ですが・・・。

つまり、何が言いたいかと言いますと、
このTPPという条約を一旦結んでしまえば、日本国民が何を言おうが、
どんどん日本をグローバル化する事ができてしまうのです。

そして、そうやってTPPに参加してしまうと、
日本のトリレンマはこうなります。
---
以上、抜粋。

URL、繰り返します。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549

で、今後の日本、
経済とか、外交(囲まれるか、囲むか)は、私が思う日本の今後の姿でを考える上で、
このトリレンマの理解が前提となります。
---
---
ここに、私が来るなってか。それはあるかもしれない。じゃあネ。


2013/03/03(日) 21:48:05| URL| #9OCdGr.6 [編集]

ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(2/4)

ところで、さてと、銀行さん
>私がTPPに賛成なのは、このような政治家の市場への関与がなくなること期待しているからです。
これでは、だめなの。感覚的に、
他国に依存しての、JPの掃除はだめだよ。
私の思うところは違う。JPが、JPででやるんだからね。

---
これを見てください。復習ね。
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549
http://ameblo.jp/tokyo-kouhatsu-bando/entry-11475261766.html
http://rodrik.typepad.com/dani_rodriks_weblog/2007/06/the-inescapable.html
■グローバル化
(ヒト、モノ、カネ、の動きを国境や規制を飛び越えて自由にする事)
■国家主権
(自分の国の事は自分の国で決める権利)
■民主主義
(国民が政治に参加する事)

---
この理解の上で、囲まれるか、囲むかの、理屈や論議があるがあるのだけど。
一つ飛ばして、次、TPPの件。

■CASE1:TPP不参加:
不参加でも、ここ当分はモーメント変わらない。そりゃ、国際関係だから。
でも、1、3、5、7、15年後の有事の際、本当に辛くなったときの、
現場(どこの現場はいいたくない)のモチは今のままか?
辛くなったとき、申し入れを聞かない人々のために、
アメの現場を統括できるか?(僕が?私の家族が?)
現場の下からつきあげられたらの観点が足らない。TPP不参加主義の人は。
そこまで、やれるか。これがお花畑だよ。私に言わせると。
(主語と述語隠します。日本人は約束守ります。多分家族が死んでも。)
(アメの軍人は、TPP不参加と表明した人々に対して、命はるか?)
(本当に辛くなったとき、なんだって逃げる、理由言うんだぞ。)
(つか、これを、アメの撤退の理由にするんだよ。)
→これがそもそもの疑問。普通に考えることだよね。
だから、簡単に反対と言うなというのが私の意見。
(ご老人は、今これからの、この10+α年の年金や医療費シノゲレバいいんだろ。
もう、ムカついてるんで、常に、このセンテンス出させてもらおう。)

■CASE2:TPP参加:
まあ、これは、ここで表明しなくとも、いいだろ。
国家主権=関税(くだものとかの平等なバランス率)、通貨発行権(貨幣の平等なバランス率)が、
なくなる。

■CASE3:
理論、理屈的には、もう一つある。
これは、私のオリジナル。
TPP不参加、TPP参加、であっても、張り合える道が、JPにはある・・・。
そして、これが、JPの勝機はここ。
(私個人の考えだけど、理屈的にはココしかない。)

---
さてと、次は、チャイナに囲まれるか、チャイナを囲むかの、理屈や論議がある。
チャイナのプロバガンだ。
CASE3は、このプロバガンだの後に、私の意見をUPする。
<実は、まあ、この辺は、私のブログネタで用意してた。んだけど、ここでもUPするか。>

28だっけ、一つづつの各論の話も私は準備している。
(まだ、部分的にしかわかってない。機会あったら教えてください。)

2013/03/05(火) 01:03:50| URL| #9OCdGr.6 [編集]

----
ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(3/4)

それでは、私です。

前回までの復習。
■前提知識
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549
■グローバル化
(ヒト、モノ、カネ、の動きを国境や規制を飛び越えて自由にする事)
■国家主権
(自分の国の事は自分の国で決める権利)
■民主主義
(国民が政治に参加する事)

この理解の上で、JとCが、囲まれるか、囲むかの、理屈や論議があるがあるのだけど。
一つ飛ばして、次、TPPの件。

■CASE1:TPP不参加:
「経済圏」「軍事同盟」といった考察がすっぽりなし。
日英同盟破棄の相似と考えると、30年以内には、やばし。
■CASE2:TPP参加:
まあ、これは、ここで表明しなくとも、いいだろ。
国家主権がなくなる。長くても10年程度でグローバル化。
→まあ、90%のJPは奴隷かな。少子化のファクターも加速する。(親年金頼のみのニート含む。)
(※参加がいいのかのどうかの予測はまだしていない。)
---
---
ジャーーン。では、今日。


■CASE3とは、 TPP条約締結の先延ばし
一言で言うと「ズルズルしよう」、「時間稼ぎしよう」、「まだその時期でない」。
いろいろなWebサイトでよく見かける。



理論、理屈的には、もう一つあると書きました。
昨日、「ほら」吹きました。
これは、私のオリジナル。 ではない。


私の主張としては、これが戦術として、一番まずいからね。
わからん理由で、先延ばし・・・。
よく覚えとくんだよ。
こそこそ、アメから見ると、卑怯に見えるから。
アメは、「卑怯者」を「弱者(ヨワモノ)」以上に叩きまくるからね。徹底的に。
最低、5倍返しで、くるからね。
それはいつかって?!
今の状態の政権でなく、政権がトホホになったとき。
いつまでもAllStarで、維持できないじゃない。強さには振幅がある。

という意味でも、今、この政権で、TPPは決着させるべき。
前にも話したけど、TPPの決断を今後でと待っていて、
今のAllStarキャスト以上に、外交交渉できる持ち駒はJPにはない。
(と思っている。)

脳内では(理想の)ベストとは言わないけど、もっともベター。
慌てずに、このCastで決めて欲しい。

■CASE4
さてと、
実は、CASE4の対応がまだある。
これが私のオリジナル。
(解答はないのだけど、方向性としてだけど。)
これには、今のJPは気が付くまい。
キーワードは、公平、フェアーだよ。

なんか疲れたので、今日はここまで。
---
あーーあ、また元に戻って、荒れてるか。
まあ、でも、私もここにいるのは、あと数日の予定。

今日も書き留めた、私のブログネタ一つUPです。
こんなになっちゃたら、もう何UPしても同じ・・・。
ジャネ。

2013/03/05(火) 22:13:31| URL| #9OCdGr.6 [編集]

ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(3/4)

それでは、私です。

前回までの復習。
■前提知識
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549
■グローバル化
(ヒト、モノ、カネ、の動きを国境や規制を飛び越えて自由にする事)
■国家主権
(自分の国の事は自分の国で決める権利)
■民主主義
(国民が政治に参加する事)

この理解の上で、JとCが、囲まれるか、囲むかの、理屈や論議があるがあるのだけど。
一つ飛ばして、次、TPPの件。

■CASE1:TPP不参加:
「経済圏」「軍事同盟」といった考察がすっぽりなし。
日英同盟破棄の相似と考えると、30年以内には、やばし。
■CASE2:TPP参加:
まあ、これは、ここで表明しなくとも、いいだろ。
国家主権がなくなる。長くても10年程度でグローバル化。
→まあ、90%のJPは奴隷かな。少子化のファクターも加速する。(親年金頼のみのニート含む。)
(※参加がいいのかのどうかの予測はまだしていない。)
---
---
ジャーーン。では、今日。


■CASE3とは、 TPP条約締結の先延ばし
一言で言うと「ズルズルしよう」、「時間稼ぎしよう」、「まだその時期でない」。
いろいろなWebサイトでよく見かける。



理論、理屈的には、もう一つあると書きました。
昨日、「ほら」吹きました。
これは、私のオリジナル。 ではない。


私の主張としては、これが戦術として、一番まずいからね。
わからん理由で、先延ばし・・・。
よく覚えとくんだよ。
こそこそ、アメから見ると、卑怯に見えるから。
アメは、「卑怯者」を「弱者(ヨワモノ)」以上に叩きまくるからね。徹底的に。
最低、5倍返しで、くるからね。
それはいつかって?!
今の状態の政権でなく、政権がトホホになったとき。
いつまでもAllStarで、維持できないじゃない。強さには振幅がある。

という意味でも、今、この政権で、TPPは決着させるべき。
前にも話したけど、TPPの決断を今後でと待っていて、
今のAllStarキャスト以上に、外交交渉できる持ち駒はJPにはない。
(と思っている。)

脳内では(理想の)ベストとは言わないけど、もっともベター。
慌てずに、このCastで決めて欲しい。

■CASE4
さてと、
実は、CASE4の対応がまだある。
これが私のオリジナル。
(解答はないのだけど、方向性としてだけど。)
これには、今のJPは気が付くまい。
キーワードは、公平、フェアーだよ。

なんか疲れたので、今日はここまで。
---
あーーあ、また元に戻って、荒れてるか。
まあ、でも、私もここにいるのは、あと数日の予定。

今日も書き留めた、私のブログネタ一つUPです。
こんなになっちゃたら、もう何UPしても同じ・・・。
ジャネ。

2013/03/05(火) 22:13:31| URL| #9OCdGr.6 [編集]

ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(4/4)

前回までの復習。
■前提知識
http://ch.nicovideo.jp/amanomotoyasu/blomaga/ar132549
■グローバル化
(ヒト、モノ、カネ、の動きを国境や規制を飛び越えて自由にする事)
■国家主権
(自分の国の事は自分の国で決める権利)
■民主主義
(国民が政治に参加する事)


●CASE1:TPP不参加:
「経済圏(*1)」、「軍事同盟」といった考察がすっぽりなし。
●CASE2:TPP参加:
まあ、これは、ここで表明しなくとも、いいだろ。
国家主権がなくなる。その意味はここの読者は理解できると想定。
●CASE3:TPP条約締結の先延ばし
→NG。何も考えてない;と見られる。アメからボコボコ。
---
---
---
追記:CASE1
*1「経済圏」:言葉足らずでもう一回説明したい。
A→JP【理屈】
「アナタJPは、TPPに入ってませんね。
だから、今後、Aとしては、小麦とかその他、いろいろは、
私も困ってるんで(ホントは困ってないかもしれないけど)、
JPには、あげません。」
って、絶対逃れられない、きっかけだってとこ。
このリスクどうするんだ?(小麦だけでいないからね。)
でも、来年とかにすぐ来るわけでない。
いつか将来、ホントにJPが困ったときにくる
可能性=外交カードの一つ。じわじわね。
その他にも多々応用あり。

少し違うけどあげとく。
NAFTAの事例、平成23年10月25日 外務省 投資仲裁の事例
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/tpp02_06.pdf
この、ブロック経済予想を、どう考えればいいか。
個人では悩まなくてよいのだが、どうすれば。
(少しは現物見て休まるだろう。コレクライかと。煽られた、TPPは。)
デモ次は違うんだよ。

---
(追記)CASE2,3は、ココの読者は、理解していると想定。

---
---
さて、TPPの私が考える、次、CASE4の話。
「賛成」、「反対」「先伸ばし」、そして「次は何?」
てのがあるんだけど、簡単、CASE3の逆。

論理的に考えると、CASE3の逆がある。
これが、私の意見だ。
「意志を持って、TPPに積極的に関与する。」。
(その結果、勝ちと負け、譲歩と強制、引分けがあってもいい。(個別にね。))
TPPはいくつもの分野がある。

分解して、ではどうかってところなしに、
反対、賛成、か、または、引き伸ばそうとか。
意見というか、ルールをぶつけなければいけない。
ルールvsルールが、フェアーで公平。
(簡単!)
今日は、ココまで。疲れた。

2013/03/10(日) 01:13:59| URL| #9OCdGr.6 [編集]

ちりちゃん投稿に比べて物足りない。(おまけ)

ちりちゃん。りかさん。

続きの話が聞きたい。
お願いです、ちりちゃんブログのURLを教えてください。

同感です

こんばんは。
今日のブログを拝見し安心しました。
そうですよね。改まって「TPP交渉参加しない!」などとは言えないですよね。
交渉参加は残念でしたが、これからの交渉の経緯をしっかりと見守り、TPP参加に断固反対の意思表示をしていきます。

キムチ銀行の知能ラベル!

香港上海銀行と言うのはリチャードコシミズ支そのものです。

米ユダヤがザイチョンを使って我が日本帝国を支配してるのは理解出来てはいるようです、
しかし、この解決策として日中を中心に対抗すべきだと考えて居るようです、アホ杉、
身体的特徴が同じでも日本人以外の有色人種は科学技術が出来ないと言う事を理解できてません、
ナポレオンソロと知能は同じラベル、つまり赤ラベルです、私の様なゴールドラベルでは有りません。

経済諮問会議のメンバーに、新自由主義者かつ米国ポチの権化である
竹中、社内の公用語を英語にしてしまった馬鹿経営者の楽天が
入っていることで、すでに安倍内閣の信頼度はマイナスでした。

そして、案の定、TPP参加を簡単に表明した安倍。

日本を地獄行のバスに乗せる、似非保守かつ売国奴の極みです!

みそ汁の具、みたいな実氏ブログ!

自公連立と言うのは、
自民党征倭会=統一教会、と、公明党=創価学会。

これが手を握ると言う事です=北朝鮮(宗教法人)です。

政官財マスコミ含め、非課税特権の宗教法人を朝鮮人が見逃す訳が有りま鮮。

みなさん右だか、保守だか、ネトウヨだかが好きな、稲田トモミ、西田昌二を始め麻生以外は皆公明党推鮮議員なんですよ!

自公連立政権と言う事がどういう事なのか位はリチャードコシミズ支でさえ知ってます。

COFFEEブログ始め上位保守ブログの黒幕は統一教会である事は余程馬鹿じゃない限り解る筈です。

参考に。

http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/

辻本貴一は支那兵の如きものである!

安倍壺三程の売国奴は居ない!
東北地震の時、漁港で支那の女工が研修生と称して働いていた事を知り驚きました。

民主党や、土井たか子、河野洋平の売国なんか可愛いものです。
橋龍がエリツインにまんまと一兆円騙し取られてもこれは金だけで済みました。

一番の売国奴は事実上の移民政策であるにも拘わらず
支那兵を30万人留学生として受入れ政策を実行している安倍壺三です。

四年で返すと言うならまだしも、この支那のチンさんやトンさんは日中友好の懸け橋として
日本の宝であるから支那の家族の来日も認め生活保護も含め日本に永住して頂くと言いださんばかりの勢いです。

これは日本は始まって以来最大の売国です。

この法案は民主党にさえ歓迎されてます、というか、
政界は議席やポストを争う選挙の時だけはお互い激しく罵り合いますが
特亜在日優遇のトンでも法案成立に関しては水面下でガッチリ手を握り合ってます。
右も左も朝鮮人です。

ブログ主はこの辺の事情が分かって無いからナポレオンソロの様な売国奴、国賊、非国民、ゴキブリ、蛆虫、・・・・・が寄生するんです。

我が日本帝国の有史以来かつて安倍壺三以上の売国奴が居たなら教えてください。

ブーメラン命中!

ブログ主はこの辺の事情が分かっておいでだからKESSELRINGの様なニセ愛国者、売国奴、国賊、非国民、ゴキブリ、蛆虫、・・・・・が寄生してウソを垂れ流すさまを白昼のもとにさらしておいでなのです。

我が日本帝国の有史以来かつて安倍壺三以上の売国奴が居たなら教えてください。

答え⇒弓削道鏡、足利義満、近衛文麿、鳩山由紀夫、管直人、有門、みたいな実、ニセ山伏、KESSELRING

あの障害者、病院へ行ったかな?



それから在特会の人のニコニコ動画はみたが、 情報量も検討度も低くて話にならない。見た目も私よりしょぼいし話下手ですからアジテーターとして大成はできないでしょう。君やコシミズ信者くらいの幼稚な人しか引っかかりません。それくらいの感想しかないね。大人と呼ぶのも恥ずかしい人たちだ・・・ 2013/03/09(土) 09:09:10 | URL | 篠の目 #2kf32hgo [ 編集 ]    

==========================  

  [自己愛性人格障害でしょう。]

    自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになると、それは自己愛人格障害と呼ばれるものになります。健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。 御都合主義的な白昼夢に耽る。 自分のことにしか関心がない。 高慢で横柄な態度。 特別な人間であると思っている。 自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。冷淡で、他人を利用しようとする。 批判に対して過剰に反応する。 虚栄心から、嘘をつきやすい。 有名人の追っかけ。 宗教の熱烈な信者。  なんでも自分の思い通りになるという空想に耽ったりします。内容的には、自分の万能感を満たすようなものになります。すべて自分にとって都合のいいように事が運んで、最後には自分が絶大な称賛を浴びるといったようなものです。自分だけが特別に評価されて大抜擢され、とんとん拍子に出世するとか、もっと空想性が進んで行くと、超能力的な力で現実を思い通りに動かすとか、あるいは過去にタイムスリップして、時代差から来る優越感に浸るとか、いろいろなパターンがあります。たとえば自衛隊が関ケ原の決戦に参戦したらどうなるかなどという空想は、圧倒的な文明の差による優越感に浸ることができます。  聞かれもしないのに、やたらと自分のことをしゃべりたがる人がいます。話が他へ移ろうとすると、強引に自分の話に戻そうとします。話の内容は自慢話的なものばかりで、聞いている方はうんざりしてきます。他人にはあまり関心がないので、相手がうんざりしていようとお構いなしです。  自分は特別な人間だ、パンピー(一般のピープル)とは違うんだという意識から、小市民的な生き方を軽蔑し、そういう人達と一緒にされることを嫌います。裏付けとなるものがなにもないのに、一目置かれる存在であることに非常にこだわります。  あるいは、自分という人間は特別な人しか理解することができないのだと思ったりします。たとえば、以前マスターソンがラジオで自己愛人格障害の話をしたところ、自分は自己愛人格障害なのでぜひ治療してもらいたいという人が何人も電話してきました。そこでそのうちの十人を治療することになったのですが、実際に治療するのは高名なマスターソン本人ではないと知ったとき、十人が十人とも治療を断ったそうです。無名の医師ではダメなのです。  他人に対する共感に乏しく、他人を自分のために利用します。他人の業績を横取りして自分のものにしたりします。優越感に浸るために他人を利用します。他人の存在とは、素晴らしい自分を映し出す鏡である、くらいにしか思っていません。ですから、他人から批判されたりすると、すぐにカッとなって怒ります。あくまでも自分は優れた存在なのです。  もともと、裏付けのない優越感ですので、話のつじつまを合わせるために嘘をつくこともありますが、本人には嘘をついているという意識はあまりありません。ときにはホラ話のように、話がどんどん大きくなっていって、どこまで本当なのか分からなくなります。  有名人に近付くことで自分を特別な存在だと思い込んだりします。政治的な大物に近付いて自分の誇大感を膨らませることもあります。自分も同じ世界の人間になったように錯覚して、裏付けのない空想的な野心にのめり込んだりすることもあります。  誇大感を持つ人には二つのタイプがあります。自分は素晴らしいと言うタイプと、あなたは素晴らしいというタイプです。あなたは素晴らしいというタイプの人は、その素晴らしい人に奉仕している私も素晴らしい特別な存在だと言うふうになります。偉大な独裁者を崇拝する献身的な国民、偉大な神に身を捧げる熱狂的な信者、ワンマン経営者に心酔して滅私奉公する素晴らしい幹部社員、有名な歌手の応援をする熱狂的なファンなどです。  すべてに言えることは、ありのままの自分が愛せないのです。自分は優越的な存在でなければならず、素晴らしい特別な存在であり、偉大な輝きに満ちた存在でなければならないのです。愛すべき自分とは、とにかく輝いていなければならないのです。しかし、これはありのままの自分ではないので、現実的な裏付けを欠くことになります。  しかし、本人にしてみれば、高慢だと言われてもぴんと来ないかもしれません。それよりは、他人や周囲の出来事を過小評価していると言った方が理解されやすいかもしれません。自分より優れたものを認めたがらず馬鹿にしているので、他人の能力や才能が見えまず、他人の優秀さを無視します。そして、他人を見下したり軽蔑したりすることに快感を覚えたりします。自己愛性人格障害とはなにか  http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

ケツ!

お前もわかりやすいバカだよなぁ w

なんでお前が出てくると、すかさずフォローの "おともだち" が

出てくるんだ?


二役、三役、ご苦労さん wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

フォロー云々というよりも、たんに、「しの〇め」が泣き叫ぶのを見てると弄りたくなるだけじゃないかい?

またもや騙されましたね!
これが右翼さんたちが熱望した安倍政権でした!
選挙前の反TPP!に期待しましたが
やはり騙された!
安倍さんには、交渉参加→脱退なんて言えるはずないでしょ!
アメリカの食の安全って
ピーナッツバターに混入物20以下ならOK!だそうです
全てにおいてアマアマで到底日本人の繊細な感覚外!
そんな物ばかりが回りにあったらなれるんでしょうか?

そして農業だけをクローズアップしているが農業じゃないでしょ?
アメリカの真のターゲットは保険と医療と薬!
アメリカにとったら農業なんて赤子の首をひねるがごとし!
今後医者にかかるのも100万単位!ってことになりますよ。
貴方達の子供の時代には益々格差が歴然!
後の世に残る日本人の子孫なんているのでしょうか?

TPPを煽ったマスコミはTPP交渉で
「マスコミのクロスオーナーシップと記者クラブを守れ」と
ご都合主義を政府に提言しているところがまたまた馬鹿!
そんなこと出来るはずない!
全て解体!それどころか安い安い電波使用料は
今の100倍になれば税収が増える!

まぁ!いくら自民党に意見しても結果はこんなもん!
国民の声など聞かないなら「ご意見募集」など不要
まるで独裁で北朝鮮並みです
残念!




粘着で自己を突き通すのが、Korean quality
日本が嫌いなのに、日本に何故、居座ってるのがわからない、これがKorean quality

朝鮮は一時の間もなく一目散に逃げ出すのが、Korean quality
火病で泣き喚くのが、Korean quality

ホラー映画を見て喜ぶのが、Korean quality
いつか世界を制覇する、というのがKorean quality

見当違いで、「ウリは間違ってない」と言い出すのが、Korean quality
「ウリに愛がないのかー」と言うのがKorean quality

非関税障壁

アメリカの大型車の輸出の非関税障壁となっている日本の軽自動車の製造を禁止せよというのがTPPの精神である。何事もアメリカが基準である。

夕べは凄く心配でショックでした。
親が最近キムチを買ってくるので買わないでとお願いしているのですが、キムチを見て思いました。
以前はキムチ汁が沢山入っていたのに最近のはあまりない。
おそらくキムチ汁を利用して一品、又は更にキムチを漬けられるよりキムチ味リゾット等商品として回した方がより利益が出せる、と言う事だと思います。
キムチ味ナンタラとかキムチ風ナンタラ商品がやたら目につきましたものね。
ますます庶民は工夫出来なくなりますね。
工夫できるところから潰されてゆくのかもしれません。
梅干しからは紫蘇が抜かれ、利益の出る国で売りさばかれるんでしょうね。
そうこうしているうちに日本人から梅干しに紫蘇?と言う時代になるんじゃないでしょうか?
小さい事ですが怖いですね。
私が老人になるころは日本人は資産を食い尽くして消えてしまうのじゃないかと不安になりました。

TPP後の世界を如何に描けるか?

>こってりさん
 細やかな解説有り難うございます。 仰せの通りと思います。 唯、米国側=多国籍企業団からすれば、日本の例外品目の容認は、即ち、日本のTPPへの参加を形骸化する行為を容認する事だと解釈されるのは、是亦自明ですから、何らかの手を打ってくるでしょう。 オソラク、其れは、(多分に演出された)軍事的緊張を盾にしてくるものと思います。 詰まり、シナ人民軍に過剰な侵略行為をさせて、危機を煽るが、イザと云う場面で米軍が動かないとすれば、日本はドゥなるか判りませんよね。
 勿論、日本の国内に駐留米軍とその家族が居る限り、その安全性が担保出来る範囲で、でしょうが。

 日本独自の防衛戦力が、そして、その十分な継続戦闘維持力が必要とされる所以です。

 具体的には、シナは核ミサイルよりも、長期戦で、日本の兵站が切れるのを俟つ作戦で来るものと思います。 正面の短期戦闘では、シナ人民軍は陸海空軍とも日本に勝ち目が無いのは判り切って居ます。

 歴史上からいっても、日本軍に勝った外国軍は数えるほどしか無い、シナ軍が有史以来日本軍に勝ったのは、白村江の戦いのみですから、精神的な支柱を歴史に求めれば求めるほど、コンプレックスが増大する(笑)。

 軍事同盟国米国が日本の危機に、拱手傍観するのは、普通に考えれば、「有り得ない話」ですが、もし、其れを政治的な駆け引きに遣われたなら、その可能性が、仮に、「一瞬」と看做される様な「重要なタイミング」に現れたら、それだけで、日本の軍事勢力の大半が喪われる可能性が出てきます。 

 シナの数々の陽動行為は、シナの内部の葛藤・相剋の現れで、実際に戦闘する気は微塵もないのは、尖閣暴動の際、米国の打撃艦隊出動で、暴動がピタリと止まった事で明らかです。 問題はその後、米国からシナ中枢に就いた太子党への{オーダー」が、如何なるものであったか、です。 太子党を立脚点とする習近平国家主席以下、彼に追随する太子党閣僚の全てが米国に自身の家族や資産を預けている事を考えれば、内容の如何を問わず従う他はないのが現実でしょう。 然も、此処は大東亜戦争の様に、日本に勝った米国の言いなりに動いて居るのが勝利への確かな途だと気が着くでしょうね。

 「TPP以後の世界を正確に描く」事が我々に求められた課題です。 自力防衛力、就中、継続戦闘力=兵站のない日本は、其処から、如何に希望を見出して行くか、しか選択肢はないのです。

確かに安倍自民は民主党に比べればTPPの危険性を理解していますが、今頃交渉参加した所で日本に有利な条件を提示する事はほぼ不可能です。交渉参加にはアメリカの議会の認証が要り今年交渉に参加できるのは9月1回だけです。アメリカは今年中の締結を目指していますから絶望的と言わざるをえません。
この様な状態で交渉参加を明言した安倍自民は到底支持出来ません。

恐るべきTPPの真実(再掲)

TPPの問題は関税ではありません。ブログ主の言うように非関税障壁です。TPPはネガティーブリスト方式ですから、TPPに参加すると「これとこれは例外を認めるがその他は障壁だ」としつこく迫ってきます。米国の気に入らないものすべてが対象となります。後でこれは死守すべきであったと判断しても手遅れとなります。
ポジティーブリスト方式なら相手と「これとこれは譲る」、相手も「これは譲る」という事で、対象が明確となり安全
です。だからTPPは絶対に参加してはいけないのです。

恐るべきTPPの真実
米国USTR代表のカトラー女史は、TPPの内容について質問すると「米韓FTAをみてほしい」と語っていました。

○ 韓国は米韓FTAを全面批准(治外法権条項のISD条項も含む)
○ 米国は米韓FTAを全面批准せず、FTA履行法を制定して限定批准(FTA履行法102条により、米国法の優先を規定)

⇒米国の連邦法>米国の州法>FTA>韓国の法律
⇒まさに不平等条約

*さらに、韓国は撤廃した関税・非関税障壁を戻せない(ラチェット条項が、
米国はセーフガードを発動できる(スナップバック条項)

<拡散>TPP反対!岩上安身 米韓FTAは完全に不平等条約
http://www.youtube.com/watch?v=VH3B3x2Xtek

米韓FTAは事実上の植民地条約です。

○ ラチェット条項: 韓国は一旦緩和した規制を復活できない
○ スナップ・バック条項: 米国は関税を復活できる。セーフガードの発動も可能
○ 未来最恵国待遇: 将来韓国が第三国に認めた有利な条件は、自動的に米国に承認したことになる
○NVC条項(非違反提訴):韓国が条約に違反していなくても、米国企業が予定通りの利益を得られなかった場合、米国政府が韓国政府を提訴する 
⇒「自由貿易の否定」との指摘あり
○サービス業の非設立権の承認: 米国企業は韓国内で事業を営む際に登記不要であるとの規定。「課税できない」ことが想定される
⇒「法治の否定」との指摘あり

ISD条項

TPPは通常の自由貿易協定ではなく「治外法権」と「関税自主権の放棄」を含む「不自由貿易協定」⇒江戸時代末期の不平等条約

一部の米国企業はNAFTAにおいてISD条項を悪用してきた歴史があります。このため各国は警戒しており、WTO、OECD、米豪FTA、FTAAではISD条項は排除されています

NAFTA以降「間接的接収」の拡大解釈により、ISD条項を悪用する企業が続出
⇒「産業廃棄物・化学物質の規制」まで覆される事態に発展
⇒事実上の治外法権状態の発生
⇒国民の健康・安全・治安を守ることができなくなる「植民地奴隷条約」

ISD条項を悪用するアメリカ 【藤井教授がTPPの毒牙を解説】
http://www.youtube.com/watch?v=yuAFbMlz37o

治外法権(ISD条項)
憲法>条約>法律(国内法)
⇒条約に法律を覆す規定がある場合は法律が無視される
⇒沖縄で事件がある度に問題となる「日米地位協定」と同様の問題が発生する

日本が発展途上国相手に締結しているISDでは国際仲裁機関への回付を拒否できる

NAFTAと米韓FTAでは事前包括同意条項があり(国際仲裁機関への提訴)を拒否できない⇒悪用の温床

これは明白な治外法権である、関税自主権も消滅するので幕末の安政5カ国条約に逆戻り⇒第二の伊井直弼を出してはならない

企業論理が国家主権を蹂躙する事実上の植民地条約

「間接的接収」という概念が拡大解釈され暴力的接収(米国企業の自己中馬鹿の言い訳)となる

米韓FTAのISD条項発動例

米国ファンド ロンスター社が株式譲渡益課税での是非をめぐり2012年5月よりISD条項発動の手続きに入っている
⇒韓国が敗訴すれば国家主権の一部である「徴税権」の否定を意味する⇒事実上の治外法権状態の発生

日本では遺伝子組換食品(発癌性の恐れあり)の表示義務がある
ドイツ・フランス・イタリア(英国は例外
)では遺伝子組換食品(GMO)の栽培が禁止されている

ISD条項を発動するのは企業であり提訴先の世界銀行の紛争解決センターには米国系ユダヤ系弁護士の数人だけが事実上判決する
⇒米国企業と弁護士の癒着による悪用

ISD条項の訴訟リスク
非関税障壁であり間接的接収であると提訴される可能性のあるもの
・遺伝子組換食品の表示義務
・産地表示
・禁止農薬・残留農薬規制
・発癌性ある食品添加物の禁止
・BSE対策としての全頭個別検査
知的財産権の障壁
・種子の自家採取及び翌年度の種蒔
(毎年種子を売れないとカナダ・メキシコ・インド・ブラジルでメーカーが農家を訴える訴訟多発)
・畜産物価安定制度
・環境有害物質規制

・郵貯 米韓FTAでは3年以内の解体が決定
・簡保 米韓FTAでは3年以内の解体が決定
・農業共済・漁業共済 米韓FTAでは3年以内の解体が決定
・低い軽自動車重量税 米韓FTAでは撤廃された TPPの事前協議で問題化している⇒軽自動車保有規制へ
・エコカー減税
・燃費規制・排ガス規制
・医療業務への営利法人の参入禁止(富裕層以外が満足な治療が受けられなくなる)
・混合診療の禁止⇒国民皆保険の崩壊
・ジェネリック医薬品 知的財産権の侵害と提訴 医薬品が高価となる
・健康保険の点数制に基づく薬価基準の上限の規制⇒高価な薬品が売れない⇒国民皆保険の崩壊(米豪FTAではこれが撤廃された、豪州はTPPで回復めざしている)
・入国管理法⇒外国人労働者が流入し賃金の低下・治安の悪化・文化の破壊の恐れ
・医師・薬剤士・看護士・弁護士・公認会計士の資格が国内資格である⇒外国人の流入 資格基準の消失で賃金低下
・再販価格維持制度⇒書籍の種類減少
・公共工事⇒入札書の英語表記と外国人労働者流入で公共工事が日本の景気対策にならない
・徴税権 米韓FTAでは既に提訴された

TPPは安政の不平等条約と同じであり小村寿太郎が明治44年に53年かけてやっと撤廃させた

小野寺五典が語る!誰も知らない「TPP」
http://www.youtube.com/watch?v=eXz_8cqpl_4

自民党の選挙公約

自民党の選挙公約
自民党は2012年3月に次の見解をまとめています。
① 政府が「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
② 自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
③ 国民皆保険制度を守る。
④ 食の安全安心の基準を守る。
⑤ 国の主権を損なうようなISD条項は合意しない。
⑥ 政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。

・このなかで重要なのは⑤である。⑤を守れないと①③④⑥は全て覆されるリスクがある。
国民の健康・安全を守る上でもISD条項は極めて危険である。
・米国では知的財産権が非常に重んじられている。そのため治療法や手術にも特許権が認められている。(現在ニュージ―ランドでは大問題となっている)
・③の国民皆保険制度の維持とともに、知的財産権に関する国内法の優越を明記する必要がある(米韓FTAは維持されていない)
・⑥の(政府調達)は、公共工事の入札において、地元企業の優遇等を残す、英語版の入札書を作成義務を課さないことなどを含めている。これを維持しないと、公共投資が景気対策にならないだけでなく、日本国民の雇用を守ることができない。
・⑥の(金融サービス)は郵貯・簡保・共済の維持を含んでいる (米韓FTAでは維持されておらず、韓国の共済組合は3年以内の解体が決定した)
★ この他に、「知的財産権条項」の制限(医療行為・種子は除外)が最低限必要

米国は「日本が農産物を関税撤廃から除外」するなら「自動車の関税撤廃をしない」という態度
⇒経団連の主張する貿易上の最大メリットは消滅した

自民党の公約については、加筆が必要であるので、改正案を呈します

① 政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
②自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
③国民皆保険制度を守る。医療・介護分野、及び、薬価基準は自由化の対象外とする。
④我が国の食の安全安心の基準を守る。遺伝子組替食品及び飼料は自由化の対象外とする。残留農薬・食品添加物・食品トレーサビリティについては自由化の対象外とする。
⑤国の主権を損なうISD条項は合意しない。
⑥政府調達及び公共調達については、自由化の対象外とする。また、金融サービス等は、わが国の特性を踏まえ、郵便貯金・簡易保険及び共済等は対象外とする。また、公共調達については、一言語に統一するのではなく、母国語主義とする。
⑦知的財産権については自由化の対象外とする。また、動植物の種子や遺伝子、医療行為やビジネス・モデルについては知的財産権の対象外とする。
⑧国家資格については自由化の対象外とする。
⑨基本的人権に関する事項、及び、教育・文化・報道・公共交通・ライフライン・エネルギー・土地の取得・売買については自由化の対象外とする。
⑩日本語も公用語とすることが認められない限り、交渉参加に反対する。
⑪自由化がネガティブ・リスト方式である限り、交渉参加に反対する。
⑫交渉過程が公開方式に変更されない限り、交渉参加に反対する」


自民党外交・経済連携調査会が27日採択した「TPP交渉参加に関する決議
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013022700399

◇TPPに関して守り抜くべき国益
 ▼政権公約に記された6項目関連
 (1)農林水産品における関税=コメ、麦、牛肉、乳製品、砂糖等の農林水産物の重要品目が、引き続き再生産可能となるよう除外または再協議の対象となること
 (2)自動車等の安全基準、環境基準、数値目標等=自動車における排ガス規制、安全基準認証、税制、軽自動車優遇等のわが国固有の安全基準、環境基準等を損なわないこと、および自由貿易の理念に反する工業製品の数値目標は受け入れないこと
 (3)国民皆保険、公的薬価制度=公的な医療給付範囲を維持すること。医療機関経営への営利企業参入、混合診療の全面解禁を許さないこと。公的薬価算定の仕組みを改悪しないこと
 (4)食の安全安心の基準=残留農薬・食品添加物の基準、遺伝子組み換え食品の表示義務、輸入原材料の原産地表示、BSE(牛海綿状脳症)基準等において、食の安全安心が損なわれないこと
 (5)ISD(投資者・国家訴訟制度)条項=国の主権を損なうISD条項は合意しないこと
 (6)政府調達・金融サービス業=政府調達および、かんぽ、郵貯、共済等の金融サービス等の在り方についてはわが国の特性を踏まえること

 ▼医薬品の特許権、著作権等=薬事政策の阻害につながる医薬品の特許権の保護強化や国際収支の悪化につながる著作権の保護強化等については合意しないこと
 ▼事務所開設規制、資格相互承認等=弁護士の事務所開設規制、医師・看護師・介護福祉士・エンジニア・建築家・公認会計士・税理士等の資格制度についてわが国の特性を踏まえること
 ▼漁業補助金等=漁業補助金等における国の政策決定権を維持すること
 ▼メディア=放送事業における外資規制、新聞・雑誌・書籍の再販制度や宅配についてはわが国の特性を踏まえること
 ▼公営企業等と民間企業との競争条件=公営企業等と民間企業との競争条件については、JT・NTT・NHK・JRをはじめ、わが国の特性を踏まえること(2013/02/27-13:43)

安倍晋三総理へのメッセージ、頭を冷やして下さい
① 一部のマスコミと新自由主義者に乗せられて、公約違反して売国政策TPPを強行すると、1人区が31に増加した参議院選挙で大敗しますよ。「交渉参加」の段階で6項目の確保が公約だった筈です。
② 売国政策TPP強行したら、ロシアが態度を硬化させて、北方四島が永久に失われますよ。勿論、国連常任理事国への道も閉ざされますよ。
③ 売国政策TPP強行したら、自民党から大量に離党者が出て、ライフワークの憲法改正が永久に出来なくなりますよ。
④ 憲法96条を改正して改正要件を緩和したなら、次の政権交代が発生した時、憲法1条の改悪(天皇制の解体)に道を開くことになりますよ。

 参)憲法96条
日本国憲法第9章「改正」にある唯一の条文で、日本国憲法の改正手続について規定している。いわゆる硬性憲法の規定。憲法改正には、衆参両議院において、それぞれ総議員の3分の2以上による賛成」と「国民投票による過半数の賛成」が要件となっている。

http://www.youtube.com/watch?v=uPFwpZtd_zM 

自民党は公約⑤ISD条項は合意しないを守れ!
米国企業ISD条項発動 賄賂⇒世界銀行の弁護士⇒判決が最初から決まっている!

youtube <さくらじ#66 上村シーラ千賀子が明かすグローバル化の本質>

ttp://www.youtube.com/watch?v=UJGS8F3uuy8
見ました。(55:50~56:50)のドイツの話が参考になりました。

ドイツと日本を対比すると
ドイツ銀行       日本銀行
ドイツテレコム     NTT
ドイツポスト(国が株主)日本郵政
コメンツ        簡保・共済
という事になるのでしょうか。
TPPは日本の金融資産1500兆円の剥奪が主目的であり、関税の例外が認められたのでTPPに参加・批准することは愚の骨頂なのです。
重要な金融・銀行・保険・通信・郵便など 年次要望改革書で米国が以前から狙っている分野です。
郵貯    300兆円
簡保・共済 50兆円
医療    30兆円
農業    3~10兆円
やはりドイツは強かです。 米国は欧州でもTPPを考え始めているようですが、ドイツの慎重な態度をみて、4~5年後に再検討しても遅くはありません、TPPに参加しなくとも日本は滅びませんし、変化もありません。
中国の脅威は日本の自衛隊で対応すればよいのです。
中国は日本と戦争する気は向う10年はないのです。
軍備を増強すればいいだけ、郵政で350兆円奪われるなら50兆円も軍備増強にかければ怖いものなしとなります。核武装したいのならNPTという不平等条約から脱退可能なのです。
<TPP交渉離脱・TPP批准せず>がユダヤの猛攻と戦った英霊への供養でしょう。

引き分けに持ち込む

オバマ大統領との会見で、安倍首相はTPP交渉参加の前提としていた「聖域なき関税撤廃は受け入れられない」ことを大統領との共同宣言として発表しました。

安倍首相にとっては前に進むしかありません。参加表明しなければルーピー鳩山と同じレッテルを張られます。

TPPは多国が参加し交渉をしているが、実態は2国間交渉です。理念は共通でも国益が異なる以上全ての国が共通のまな板には乗れません。

アメリカの狙いは日本です。日本以外にアメリカが期待する雇用を拡大できるほどのDGPを有する国はありません。

しかし、アメリカも全ての国民がTPPに賛成しているわけではありません。大企業に特権を与えるだけだと批判があります。

日本は国益、特に主権に関わる事項はハードルを高くし、アメリカに要求することです。最後の判断はアメリカ議会と日本の国会が判断します。

お互い認められなければ「交渉は引き分け」です。その上で、対中国を念頭にした日米の政治的な合意を交渉していけばオバマ大統領も安倍首相も面子がたち、救われます。

安易な妥協は主権を失います。アメリカは安倍首相を警戒しているので足元をすくわれないように首相を支えていく必要があります。

本日の論稿, 概ねその通りだと思う

もう一つ論を進めるなら, 今日のグローバリズムは
欧米における信仰の消失と漸化的社会主義革命思想の
結果であると思う.

ソ連と中共で失敗した本来の共産主義を称える声はないが,
コミンテルンの世界戦略の一環として米国で生み出された
漸化的社会主義各名思想は欧米の思想会を蚕食し,
信仰を基礎とするモラルの失われた, 1%の国である米国と
巨大な社会実験のユーロの欧州として結実している.

日本においても, 近衛文麿政権から著しい影響力を持った
社会主義各名思想であるが, 戦後の天皇陛下の御幸によって
勢いが食い止められ, そして, その思想の担い手である
全学連世代の引退を迎えている. 片や, 信仰心の希薄な
オバマ大統領(そもそもキリスト教徒なりや?)やメルケル独首相
によって堕ちていくグローバリズムの地獄,
片や皇室を敬う心の大きな安倍首相によって率いられる日本.
運命の皮肉と言わずばなるまい.

日本が安倍首相の下でTPPの戦いに勝つなら, その時から
日本は世界のリーダとなる責任を持つことになる.
その時に, 支那の核をどの様に無力化するかという大きな
問題が生ずる. そのためにも, 原子力の研究と防衛の研究は
強力にに押し進めなければならない.

しかし, 世界の現状を見るにつけ, モラルとは信仰心の
一つの現れに過ぎないことが良く分かる.
現在の文明社会がイスラムと言う名の中世世界に退行するか
否かは単に日本の力にかかっているように思われる.

わかりやすい分析、ありがとうございます

お知らせ!

http://s.ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11491647002.html(在特連ブログ)

★明日は日本人愛国者の縁日!春のザイトク祭り

 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保竹島泥棒・仏像泥棒の盗賊国家韓国と国交を断絶しましょう!

毎年5千人が検挙される犯罪民族を日本から追放しましょう!原発なき社会より在日のいない明るい社会を目指しましょう!

告知動画 : http://www.nicovideo.jp/watch/sm20277776

【集合日時】平成25年3月17日(日)14:00集合 14:30出発

【集合場所】大久保公園

【アクセス】最寄駅 JR新宿駅東口地図 http://www.sh〇njuku.info/S52121.html ←の中はi

【生中継】ニコニコ生放送にて14:00から中継予定http://live.nicovideo.jp/gate/lv129688647

【現場責任者】桜井誠 (在特会会長)堀切笹美 (在特会東京支部長)

【主催】在日特権を許さない市民の会 東京支部

【協賛】クリーンかわさき連絡会/國心会/護国市民隊志士の会/サラリーマン保守の会埼玉支部/新日友会/そよ風/東京青少年の会/日本侵略を許さない国民の会/日本の心を学ぶ会/日本の自存自衛を守る会/パチンコ廃止を求める会/BLOG最右翼勢力/BLOG日本よ何処へ/民族主義党(民主党)/ゆうくんと愉快な仲間たち/ロックバンドフジモンズ

※協賛の申し込み・問い合わせは在特会東京支部までzaitokutokyo@gmail.com

【注意事項】チマチョゴリなどの日本にそぐわない恰好はご遠慮下さい。撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどをご持参ください。日章旗・旭日旗・Z旗 趣旨にそったプラカード、団体旗、拡声器などの持込歓迎。現場責任者の指示に必ず従ってください。

※今回のデモに参加される方は是非日の丸小旗をご用意ください

誰が交渉できるというのか

日本には、白人を相手に国益を守って交渉できる人材がありません。残念ですが。
過去の我が国の失敗を見てもそれがわかります。太平洋戦争、バブル崩壊とその後のデフレ不況。

日本は、韓国に対しても我が国の国益を守って交渉できません。

それほど交渉力がない国がどうして白人と渡り合うことができるでしょうか。
アメリカから人材を輸入してでも、有益な人材を確保する必要があります。

安倍首相は、「TPPに参加する事は国家百年の計でもある。」と述べ、
また、TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加を正式に表明したことについて、
「アジア太平洋地域の経済圏で、日本が主導的な役割を担うためのルール作りを行っていきたい。
地域と世界の繁栄の中で、日本が主役になるべきだと判断した」と説明しました。

現状確認として
アメリカで「TPP」を推進して米政府を操る黒幕たちの正体(Gigazine)
http://gigazine.net/news/20111104_tpp_mastermind/

TPP協定(日本との協議に関する米国政府意見募集の結果概要:主要団体の意見詳細)(PDF形式)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/tpp/pdfs/us_iken_1201_2.pdf

アメリカ企業及び、連盟のリスト
・米国先進医療技術工業会
・米国生命保険協会
・米国食肉協会
・ボーイング社
・カーギル社
・キャタピラー
・シェブロン
・全米サービス産業連盟
・コカ・コーラ社
・米国貿易緊急委員会
・ゼネラル・エレクトリック
・食料雑貨製造業協会
・情報技術産業協議会
・米国映画協会
・全米製造業協会
・全国生乳生産者協議会
・米国乳製品輸出連盟
・全米豚肉生産者協会
・米国穀物協会
・米国コメ連合会
・米国小麦協会
・全国小麦生産者連合
・ウォルマート
・西部生産者協会
・ワイン・インスティテュート
・世界自然保護基金
・全米自動車政策評議会
・全米労働総同盟・産業別組合
・全米自動車労働組合
・ジェネリック医薬品連合
・メイン州市民通商政策委員会
・全米肉用牛生産者・牛肉協会

また、この動画も参考になるかもしれません。
日本と世界の社会経済の仕組み5分で早分かり エコノミックヒットマン
http://www.youtube.com/watch?v=oBq8ivJVSq0

世界企業番付・世界の大企業ランキング(日本編) [フォーチュン2007年]
http://memorva.jp/ranking/forbes/fortune_200707_global500_japan.php

の500社の中で、日企業は67社、米企業は162社となっている。

日本政府はこれ等、米国の多国籍企業及び連盟、米政府に対して交渉を行う訳です。
ちなみにTPP協定素案について、2013年7月まで見れなくなっております。
TPP協定素案 7月まで閲覧できず(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013031390070641.html

目も耳も塞がれた状態で交渉を行う訳で、どこまで有害な処を雲散霧消し、改善する事が出来るのか?がこれからの課題として重要になって来るでしょう。
私は米国の現況が解らないのが怖いですが、日本がもっと我儘になって米国に要求すれば「日本は参加しなくていいぞ」となるのでは?と思います。

保守≠資本家擁護

>しかし今日利益を得たのは一握りの裕福な人だけで、先進国の多くの人々は奈落の底に沈んでしまった。
>TPPに参加するということは日本をこのような不幸なアメリカ型の社会に
してしまうということなのです。つまりアメリカの基準を日本が受け入れ
れば米国富裕層の利益を拡大させ、日本人は米国民と同じように奈落の底に落ちていくことになります。

まさしく、上記がTPP問題の本質だと思います。

故に、当方は安倍首相=近衛文麿(ファッショが時代の趨勢だ!バスに乗り遅れるな!と枢軸国との関係強化し、結果、国を滅ぼした)

に見えるのです。
歴史を鑑みれば、新自由主義経済体制(1%の上位が99%の下位から富を吸い上げる)は長く続かないでしょう。

そのアメリカの新自由主義経済体制維持の為、日本人庶民の資産(虎に子の貯金)・生命(医療制度)をウォール街の守銭奴に差し出す安倍政権は、戦前ならば国賊として閣僚(首相も含む)が暗殺されていたでしょう。
(TPP参加の結果、経済的苦境より、命を絶たざるを得ない状況に追い込まれた勤労者や農家が多発する状況になっても、TPP推進者は生存競争に敗れた劣等人間が消え去るのは優生学上、良い事だ!と嘯くのでしょうが!)

保守とは、永年の歴史により培われてきた人々の伝統・風習・生活習慣を維持する立場です。
国際資本家が国境を越えて、金転がしで効率良く金を儲けやすくする体制を推進する。それに邪魔なそれぞれの地域(国)の固有制度は貿易障壁と見なし、破壊する!
という思想(考え)は保守では有りません。

TPP参加を防ぐには、
有権者が、安倍政権(TPP参加に反対との衆議院選挙での公約を反故にした)にはNO!という意思表示を参議院選挙にて示す必要があると思います。

参院選前に自民党のTPP不参加決議は最低必要

◇TPPに関して守り抜くべき国益
 ▼政権公約に記された6項目関連
 (1)農林水産品における関税=コメ、麦、牛肉、乳製品、砂糖等の農林水産物の重要品目が、引き続き再生産可能となるよう除外または再協議の対象となること

重要5品目の完全関税撤廃はない、ただし数%の下げはあるかもしれないと自民は言い始めた。全国農政連とJA全中の顔を立て、参院選で農業票を取り込むためだ。農業界の人はTPPは農業だけでない事を認識して欲しい。
TPP不参加決議を参院選前に自民党がせずに参院選となれば、なんとか農業は保護されると考え、自民に投票する農業界は結果的に売国奴となるのである。

「重要農産5品目の関税引き下げも」石破氏 TPP交渉参加
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130316-00000533-san-pol

詐欺師が政治家やるなら、選挙って意味無いよな・・・

政治詐欺


朝鮮犯罪者集団  民主党

代表 海江田万里
「和牛オーナー制度」で約4200億円を集め経営破綻した安愚楽牧場(栃木県、破産手続き中)をめぐり、民主党の海江田万里代表が経済評論家時代に書いた雑誌記事などをきっかけに出資し、損害を受けたとして、40~70代の出資者30人が18日、海江田氏に計約6億円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201302/2013021800573&g=soc

幹事長 細野豪志
路チュー禁止

在日の 生活が第一

代表 小沢一郎
朝鮮進駐軍の末裔

(・”・)

今回のブログ拝見しました。
全くその通りだと思います。
そしてできる限り
日本国民としてTPP参加には反対の抗議を
自民党に届けたいと思っています。

これ全部、在日特権だってさ、ムナクソ悪いね、NHK受信料無料かよ、おいおい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生活保護優遇・月額最低17万円無償で支給。
在日朝鮮人64万人中46万人が無職。
なお仕事を持っていても給付対象から外されることはない
国民年金全額免除(“掛け金無し”で年金『受給』が可能)
保険診療内の医療費は全額タダ(通院費も全額支給)
市営交通無料乗車券給与・・仮名口座可(脱税の温床)
上下水道基本料金免除
JRの定期券割引
NHK全額免除
特別永住資格(外国籍のまま子々孫々とも日本に永住できる)
公文書への通名使用可(在日隠蔽権獲得)
公務員就職の一般職制限撤廃
永住資格所有者の優先帰化
公営住宅への優先入居権
外国籍のまま公務員就職
犯罪防止指紋捺印廃止
朝鮮学校、韓国学校の保護者へ年間数十万円の補助金援助(所得関係ナシ)
大学センター試験へ韓国語の導入(朝鮮語受験者への異常な優遇)
民族学校卒業者の無審査公私高校受験資格付与
競争率の低い帰国子女枠で有利に進学可能
朝鮮大学校卒業者の司法試験1次試験免除
民族学校卒業者の大検免除

本日、行われた! ザイトク祭りの御報告。

在特連ブログ
http://s.ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11492474830.html

ザイトク祭りのご報告!

http://www.zaitokukai.info/
★侵略・横暴に抗わずして日本人たるか?平成25年3月17日(日曜日)、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』東京支部の主催による「春のザイトク祭り」と銘打った朝鮮人追放デモが東京都新宿区の大久保界隈で開催されました。当日は『レイシストをしばき隊』ほか極左亡国勢力から熾烈な妨害が示唆されるなど緊迫した中、デモの開始前、関西から馳せ参じた有志らとしばき隊らの間で小競り合いが発生。しばき隊の一行から暴力行為が起こされるなど、極左勢力が凶暴性を露にしました。現在、警察への被害届の提出と調書の作成などが行なわれているようで、速やかな捜査と摘発が待たれます。

開始前の桜井誠・在特会会長の挨拶北朝鮮・韓国に日本人同胞を連れ去られ、領土を奪われ、日本を侵食された上に天皇陛下まで侮辱する朝鮮と朝鮮人に怒りの声をあげずして何が右翼だよ!? 何が保守だよ!?

完全重装備のザイトク護衛兵周辺には韓国大使館からの回し者? スパイ?

協賛者の一人として挨拶したアジテーターの「優さん」今回、筆者(有門大輔)は初めて言葉を交わして名刺を渡し、ご挨拶させて頂きました。デモ集合地点へ行く最中、新宿の雑踏で偶然にもお会いした次第です。筆者らが街頭行動、デモを率先的に行なっていた頃、優さんはよく視聴してくださっていたそうです。

デモ行進出発前の風景横断幕を手にする筆者いざ出発! 日韓断交! 韓国粉砕! 鮮人ころせ!

大通りに出る直前から熾烈な妨害(写真奥)!

機動隊に阻止されながらも中指を立てて激しい罵声を浴びせる極左亡国勢力

日本の恥だ・・・日の丸を穢すな・・・とか言いながら、お前らこそが日の丸に×印をつけてはさんざん穢しているだろうが! だいたい普段、日本国を否定しておきながら、都合の良い時だけ日本を持ち出すな!

うわっ! キモい左翼軍団!

さらにキモい、キモ過ぎる!妨害の罵声には屈せず!ひたすら前進、前進!

大久保通りでパチンコ店の付近に来ると、反対側の沿道にプラカードを極左集団が!・・・大歓迎(?)で出迎えてくれた仲良くしようぜ!・・・などと言いつつも「レイシスト帰れ!」「出て行け!」「しね!」「ころすぞ!」とは、これ如何に!?

「日本の恥! 在特会はレイシスト集団」と書かれた横断幕には英語とハングルの併記が! 

よっぽど外人様、異民族様に良い子ぶりをアピールしたいのですね。機動隊に阻止されながらも極左勢力によるストーカーの如き執拗な妨害は終着地点まで続いた。

この「中指立て」は最後の最後まで繰り広げられた。

終着地点にて挨拶する桜井会長出発時、250名だったデモ参加者は次第に膨れ上がり、最大500名までに!

各協賛団体の関係者らが今後の予定を告知『パチンコ廃止を求める会』の渡辺 昇・事務局長

『新日の丸友の会』の中井ケイノスケ代表

今月末の日曜日には同じく大久保で同団体による「排害カーニバル」が開催される。

参加者によってズタボロに切り裂かれた韓国国旗昨今、日本人の愛国者が韓国司法に訴えられるようなことが続発しています。裁判で有罪となれば韓国政府は日本政府に対して身柄の引き渡しを求めるでしょう。これらは韓国による「新手の日本人拉致」です。北朝鮮は工作員の潜入で日本人を掻っ攫い、韓国は竹島近海などで日本漁船に発砲しては拿捕の名目で日本人漁師らを拉致しました。拉致は朝鮮民族のお家芸。そして現在、韓国は司法による有罪判決をテコに、合法的に日本人を国外(自国)に連れ出そうとしています。日本人愛国バンドの歌が気に食わない、日本人愛国者の言動が気に食わないとなれば、その口を封じるためには、いかなる手段を用いてでも身柄ごと掻っ攫う・・・。断じて良識ある日本人は同胞、まして日本のために愛国の歌を歌い、日本のために行動した愛国者の身柄を引き渡しはしません!

韓国に引き渡してやるべきは、オールドカマーの南北を合わせた在日朝鮮人とニューカマーの朝鮮人であり、一人残らず引き渡して、受け取らせてやりましょう!その意義を示した今回の大久保デモでした。

なお、今回のデモではアメーバの「ペタ友」や関西有志の方々、そして2年ぶりくらいとなるデモ参加者に再会したりするなど、非常に有意義なデモ行進でした。

うわっ! キモい自称右翼軍団!

↑とことん気味悪い自己満足貼り付けだな
品の悪い乗っ取り屋ってところか

叙々苑で大腸菌キムチを食べよう (注:朝鮮人様限定)

朴泰道(通名・新井泰道)は北朝鮮への送金を止めなさい!

朝鮮売春婦と焼肉屋は、共同謀議による犯罪行為を止めなさい!

叙々苑での飲食は、拉致犯罪幇助と売国行為でないじゃろか?

(・”・)

>市場を統制すべきであり、「一日の生活費を得るのに苦労している勤労者の立場」に立つべきである。
>これって左翼思想、左翼のセリフそのものだと思いますが。

左翼の人たちは、TPP、賛成か分からないがむしろグローバル、賛成だと思います。地球市民とか言うし、、、国の枠をはずしたいのが左翼だと思う。

>ナポレオン・ソロ様

ご丁寧なレスを頂き、有難うございます。

土曜日・日曜日と続けて外出していましたので、その間はレスも出来ませんでした。

一方で中国など周辺諸国との領土問題があり、一方で国際金融資本の走狗と成り果てたアメリカとの関係維持にも苦慮しなればならない我国の現状は、正に前門の虎、後門の狼に挟まれてしまっていると言えます。

そもそも、斯様な苦境に陥ったのは、明治維新の後、民衆が立ち上がって廃仏毀釈を行い、堕落の極にあった仏教の勢力を弱め、本来の「やまとごころ」に立ち返って朝野を挙げて国力の増大に邁進し、日清・日露の戦争に勝利して、遂に幕末以来西欧植民地主義の脅威に晒されていた状況を脱することが出来たのに、その成果を自ら台無しにする原因となった神社合祀を行ったからだと、私は考えています。

明治も末期になると、明治維新後の「近代化教育」を受けた者が政府の指導的立場を占めるに至り、経済的効率を重視するようになった政府により、神社合祀が断行されました。

1914年、第一次世界大戦が勃発し、主戦場から離れていた日本は漁夫の利を得ることが出来、遂に世界列強の一角を占めましたが、恐らくこの時が大日本帝国の絶頂であったと思われます。

そして、この頃から中国への干渉を強めた日本に対し中国が反発し、更に中国での利権拡大を狙う欧米との軋轢を生み、遂に自らは望まざる日中戦争に引き摺り込まれ、その戦争で国力をすり減らした挙句、更に望まざる対米戦争へと引き摺り込まれて行きました。

そうして、敗戦の結果、日本の領土は幕末期より縮小し(当時の琉球諸島は実質的日本領)、現在の正に前門の虎、後門の狼の状況は黒船来航時に戻ってしまった感があります。

我国の歴史を顧みれば、信長・秀吉・家康の宗教政策によって仏教勢力の政治干渉が無くなって、政治が安定して社会も安定し、様々な文化的研究の中から国学が生まれ、更に国学から復古神道が生まれ、多くの国民が国学や復古神道を学んで明治維新の原動力となりました。

そうして、堕落していた仏教に対する民衆の怒りが爆発し、多くの寺院が破壊され、或いは寺院が神社となりましたが、それによって国内が不幸になるどころか、日本の力は日増しに強まって行きました。

しかし、神社合祀期に行われた日韓併合も、今日的状況から見れば、朝鮮人民の文明開化に寄与し、現在の韓国の経済発展へと至ったものの、日本としては国富を費やした挙句、韓国人の反日感情が半永久的に続くという、全く割りに合わない結果となり、更に中国大陸への進出の結果、望まざる戦争に突入して敗れ、遂にアメリカの属国となってしまったことを見ても、神社合祀が日本人の精神を堕落させ、世界の情勢を観る眼を曇らせ、今日の国難を招く原因になったことは否定出来ません。

現在の国難は、中国共産党と国際金融資本が衰亡するまで続きますが、国際金融資本は衰退するどころか、今やアメリカ支配を成し遂げ、次に日本はじめ全世界人民を完全支配する陰謀を巡らしています。

そして、この国際金融資本の世界支配戦略の一環であるTPPに対し、領土侵略の脅威に晒されている日本政府は、今や日本国民が許容出来る範囲での交渉妥結を目指すしかないのですが、その国民が許容出来る範囲というのは国民各階層によって大きく乖離しているのです。

その乖離の原因は国内に様々な特権的既得権益者集団が存在し、その特権的既得権益者集団が国富を貪ることにより、既得権益を得られない中小零細企業や都市勤労者が大きな不利益を蒙っていることにあります。

従って、来るべきTPP交渉に於いて、日本政府は既得権益者の権益を守りたい為に、国民全体としては不利益を蒙り兼ねない内容で妥結を目指し、結果的に国際金融資本の日本支配への扉を開くことになるのではないかと懸念しています。

戦争に於いて、国内での争いがあれば国力を戦争に集中することが出来ないように、現在の日本国内に特権的既得権益者とその被害者がいる状況では経済戦争に勝てる筈がありません。

日本人は今一度「やまとごころ」を取り戻し、自己の利益、自己が所属する集団の利益だけを考えず、国民総てが各々の働きに比例して正当な報酬を得られるような国民平等の社会を目指し、国民が知恵と力を合わせて国際金融資本の魔手を跳ね除けなければなりません。

そうして日本人全体が幸せに暮らす姿を世界に示し、更に人類全体の幸福増進を目指して、国際貢献を重ねて行けば、世界人民の日本への評価が高まり、相対的に中国共産党や国際金融資本の魔力も徐々に薄らいで行くでしょう。

黒船の来航により、欧米の植民地化の脅威に晒された日本国民が、様々な困難を克服して、遂に世界列強の一角を占めるに至った歴史を、彼らの子孫である我々が再現出来ない筈がありません。

>歴史上からいっても、日本軍に勝った外国軍は数えるほどしか無い、シナ軍が有史以来日本軍に勝ったのは、白村江の戦いのみですから、精神的な支柱を歴史に求めれば求めるほど、コンプレックスが増大する(笑)。

支那事変の当初、陸軍兵力約30万の貧乏国日本に対し、国内に流通していた銀貨を売り払って世界中から購入した最新兵器を装備した陸軍兵力約300万の中国が攻めて来ましたが、上海を守る日本軍は一歩も引かずに民間人を守り切り、本土のからの援軍を得て反撃し、4ヶ月で敵国首都を陥落させるという快挙を成し遂げました。

そもそも、中国共産党が日本軍と戦ったのは百団大戦くらいで、他は日本の補給部隊を待ち伏せするなどのゲリラ戦に終始し、司令部自体が日本軍から逃げ回っていたというのが実情で、中華人民共和国成立直後の共産党幹部等は日本の再軍備を心底恐れていたと思います。

しかし、今や「戦争を知らない世代」が政府や軍を指導することになり、勇ましいことを言うようになったので、中国の日本侵略の危機は再び高まって来ました。

支那事変の時は、日本vs米英独ソ中という対立図式で、日本は世界を相手に戦うという状況になりましたので、現在の日本は自国の軍備増強と日米安保の強化、更に世界各国との連携を強めて中国共産党を孤立させるという国家戦略を全面的に支持する国民世論を盛り上げねばなりません。

たのしいか?

no philosophy

日本人には、ビジョン(未来像・理想像)がない。だから、個人の力はばらばらな方向に向いている。
日本人を束ねて協力な推進力を得るには、古来の序列精神が必要である。
序列制度を封建的として排除すると、人間がばらばらになって収拾がつかない。
これが、戦後の教育である。
人間を外から拘束しようとすると法律万能に陥る。知恵の隙入る余地はない。
アメリカ人はビジョンの一致を求める。ところが、日本人はビジョンを持っていない。
ビジョン自体を持っていないとなると、ビジョンの一致・不一致以前の問題である。
我が国は、相手に引きずられる形で参加する。議論もできない。その自主性の無さが嘆かれている。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

リアル火病を見る事の出来るお祭り、ザイトク祭に、是非!ご参加を!



http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/lite/archives/52948940.html

<活動報告> 春のザイトク祭り 続編

不逞鮮人追放!

春のザイトク祭り 続編 

前回記事が余りに好評につき続編です。

昨日はカメラで相手方を抑えていたのは、何も公安警察ばかりではありません。こちら側も多くのカメラマンを動員して数百枚に及ぶ敵対陣営の姿を収めさせて頂きました。

 「しばき隊」やら「日の丸×印隊」やら「仲良くしよう・プラカード隊」の面々です。今後、大久保におけるデモは許可を得て堂々とデモをする愛国者に対する、このような人達が妨害を繰り返す無法地帯となるのでしょうか?

 我々のデモだけを規制しようとする動き、特に国会議員の人達に今回のアンチの大騒ぎをしている写真を送り、その見解を問い質そうと思っています。

 おやおや、何千万もする高級外車で右脇の車道からデモ隊に接触する距離まで近づき、文句を言っていたのはあなたでしたか?

 よそ見運転ですよ! 道路交通法ではよそ見運転はいけません。

 中には拡声器を備え付け怒鳴っていました。

 明らかにデモに対する妨害行為です。 

主催者が正式に許可を受けたデモに対して、路上からまだしも道路側から近づいて、このような妨害行為を働くなど、どうしたって一般常識を越えるものと断ぜざるを得ません。

 私は主催者ではありませんが、主催者が為として正式に訴えれば当然、警察署に呼ばれるケースだと思います。

 この方もバイクで近づき何やら騒いでいました。

 ナンバープレートを見て下さい。

 故意に上に曲げているように感じられました。 これも道路交通法上、スレスレですが、違反に該当しませんか? ナンバープレートは確認出来るよう、つけるように義務づけられています。 このようなちょっとしたことでも、交通ルールを守れないような連中が、我々の正当なデモに対して、まるで血迷ったような顔で大騒ぎしていました。 危険な行為であることは間違いありません。

 「にどとくんな」の文字が見えます。 

あなた方が歓迎する限り、これからは何度でもやって来ますよ。

 支那や北朝鮮ではありません。 ここは我々日本の土地です。 我々日本人が自分達の道路を歩いて、何が悪いのですか? 朝鮮人は自分達の土地と勘違いしていませんか? 貴方たちは我々日本人の温情によって、この国にいることを制度上認めているだけです。 それももうお終いです。

 そんなに4世、5世になっても居座るなどと言うことが出来なくなるように、我々愛国者は立ち上がったのです。

 あなた方の長年の横暴に耐えかねて来た日本人が今、心の底からあなた方への怒りを以って立ち上がったことを肝に銘ずべきでしょう。

 この指を立てる若者、この仕草をしていた人々の写真が多数撮れました。

 我々を批判している国会議員の先生にこの写真を見せて意見を伺うつもりです。 

昨日のデモはこれまでのデモとは違って、朝鮮人殺せ!などのプラカードもなければ、おとなしい普通のデモでした。それは映像で確認できます。

 こちらはにこやかにやっているのに、この憎悪むき出しのやり方。これを立派な行為だと褒める国会議員がいたら、とてもその人物が選良だとは思いたくもないですね。

有田芳生 ‏@aritayoshifuナチズムやネオナチを社会として許さないのがドイツの戦闘的民主主義である。日本でいえばオウム真理教やその残党に対する基本的立場でもあった。いままた殺人教唆を常態とする「在特会」などの人間としてもっとも恥ずべき排外主義、人種差別主義者たちにこの精神で立ち向かうつもりだ。

 この有田先生の言うところの「戦闘的民主主義」というものが、このような妨害者を指すのか、それとも違うのかを近く事務所に伺って問い質すつもりです。

細野豪志 ‏@hosono_54抗議集会に心より賛同します。集会があったことを今、知りました。有田さんご指摘の通り、レイシズムはイデオロギーに関係なく、恥ずべきものです。私も、やれることはなんでもやります!RT@aritayoshifu: (1)在特会などによる品性下劣かつ人種差別デモへの抗議集会… 

こちらの方も関心があるようなので、今回のアンチのやり方が「恥ずべきもの」でないのか、それと恥ずべきものなのかを聞いてみることに致しましょう。

 日の丸×印、道路からの車両での妨害、指を立てて歩きながら着いてくる行為。 このようなアンチの行為をもし有田・細野両議員が支持するようなら、我々愛国者は絶対にこのお二人を許さないとだけは言っておきましょう。

684 +1:名無しさん@13周年 :sage:2013/03/18(月) 06:14:22.87 ID: 8XXhpJu60 (3)
他国に侵略されるとか占領されると言うのは 現実には領土を奪われることではない
かってインドを植民地にしてたイギリスが インドにした事は
インドからインド人追い出したわけでも インド半島をちぎって イギリスの近辺に持って来たわけではなく
自分ら(イギリス)に都合の良いルールをインドに強要しただけなのだ
インドに綿花栽培等の 一次産業だけに従事するようにし
繊維加工業等の 2次産業禁止のルールを押し付けた
他国に自国のルールを決められる
それが植民地の実態だ
そしてインドの独立とは 自分らのルールは自分らで決める
これを勝ち取ったと言う事だ
その証としてインドの国旗には 繊維加工のシンボルである糸車が描かれている
つまり侵略・占領の目的とは 相手国の領土を奪うことではなく ルールを奪うのと言うのが実態であり
これを土地の奪い合いのように演出してるのが茶番なのだ。
ユダ公の日本に対してのルールの押し付け変更 家長制度の廃止・減反政策・プラザ合意・新自由主義等々
そして今回のTPP… 誰が侵略者なのかは誰でも判るじゃないか
714:名無しさん@13周年 ::2013/03/18(月) 06:21:53.35 ID: U65JybZvO (8)
>>684
尖閣取られるどころの話じゃないよなw
富や財産だけでなく、思想や文化や言葉
ありとあらゆるものがなくなる

工作員が必死ですね?

何だか、可愛そうになるほど、在日や反日左翼の工作員が必死ですね?
日本国籍を剥奪され、祖国に強制送還される日が刻一刻と近づいているのですからやむ終えない事かも知れません。

在日の人達は気付いていないでしょうが、米国は韓国を切り捨てます。
その後、米国内の韓国人・朝鮮人にも同様の措置が取られます。
周辺の環境はすでに変わり始めている。
これは決定事項なのです。

日本は、戦後したたかに欧米諸国とやりあって来た事を日本人は知らない。TPP反対派は、戦後既得権益を最大限利用してきた輩と、親中派・新韓派。
ついこの間まで賛成派だったマスゴミが、突然反対に回ったのはその為です。
中国が嫌悪感と危機感を露にする以上、TPPは安全保障上国益と考えます。




【意識調査】■デモのヘイトスピーチをどう思う?

【意識調査】■デモのヘイトスピーチをどう思う?

排外主義的な主張を掲げる市民団体による「嫌韓デモ」が、各地で相次いでいるそうです。
一部では、暴力や差別的行為を扇動するようなヘイトスピーチが見られることから、
3月14日には参議員議員の有田芳生氏らが中心になって「抗議する集会」が開かれました。
ヘイトスピーチについては、全世界的に規制する動きが広がっているそうですが、あなたはヘイトスピーチをどう思いますか?
(実施期間:2013年3月18日~2013年3月28日)

http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=8722&qp=1&typeFlag=1

安倍は本音は反対で猫かぶりしていると楽観視するのもいいのでしょうが、
本当の安倍は新自由主義・構造改革だという最悪の前提で戦略を立てておくことが必要です。
(参院選では党名に拘らずTPP参加反対・批准反対を公約にする候補者のみに投票するとか。具体的には新風・党議拘束のない生活・みどり・社民など、自民は最後は党議拘束を発動しそうですから、不参加決議がないのなら入れない。など)

自民の6項目遵守と

安倍の主張する
・混合診療の解禁
・解雇用件の緩和
・医療先端テスト(ips細胞などのことか)
・道州制
が矛盾するからです。

猫の遠ぼえ「次の世代に残したい日本」ブログ
「TPPはとんでもないが交渉には参加」本音が見えない安倍総理 より。

>中国が嫌悪感と危機感を露にする以上、TPPは安全保障上国益と考えます。

中国と韓国は実は米国によってコントロールされている戦勝国連合の一員であること。TPPはISD条項による日本包囲網です。中韓vs日本(+米国?)という図式は米国の極東分断統治策なんです。
TPPに参加する事と、中国の軍事的脅威に対抗する事は全く別物です。TPP不参加と防衛力強化・核武装が日本のプライドを守ります。TPPに日本が参加すると喜ぶのは米国と中国です。日本の真の敵は米国ユダヤですから日本はロシアと組むのが正解です。
現在の日米安保は対中国ですが、以前は対ソ連でした。ソ連と現在のロシアは別物です、日露同盟の可能性もあるのです。

TPPは日本は関税の話ばかりするが、実はメインは非関税障壁。

ここにサービス・医療・投資が入ってくる。

そうなってくると、薬価が高騰するし、医療保険も米国の会社がどんどん参入してくる。

そうなったときに、結果的に、薬価が上がった場合に、国民皆保険を残していたとしても、皆保険でカバーし切れなくなる。

結局、全部国庫で負担するのかという話になると、それは無理だから、たぶん、自発的に日本国内から、もう皆保険は維持できないから混合診療にしてくれと、そういう形で段階的に混合診療が解禁されてく。

皆保険制度は残るかもしれないが、皆保険でカバーできる薬が、自己負担のほうが儲かるので、そっちに製薬会社も入れる。

すると、お医者さんに行くたびに、じゃあ薬はバージョンアップしたが皆保険は利かないから今度は自己負担になるということで、段階的にこっちが増えていく。

それで形骸化するのがいちばん大きいと思う。

米国議会の調査文書というのがある。

そこに、日本のTPP加盟の米国にとっての目的は関税ではなくて非関税障壁の解除だとはっきり書いてある。

日本は関税だとか貿易だとか農業ばっかりに矮小化された報道が多いが、この非関税障壁の中にさっきの医療の話も入るし、サービス・知的財産所有権、それからメデァアも入る。

全部これ影響を受けるからそこをしっかり報道しないと、判断材料が不十分になると思う。

TPP交渉は交渉の枠組みは国家間だが、内容は、投資家・財界vs国家の国内法だったりそういったルールの内容になっている。

市場にとって利益がないものは、それが文化・公共福祉であっても、崩れていってしまうというものなので、そこをしっかり見ていかないと危ないかなと思う。
http://sun.ap.teacup.com/souun/10349.html

日本がTPPに参加しても米中対決はない

たかじんのそこまで言って委員会 #130317 そこまで極論で委員会!?核武装・徴兵制・赤線・大麻・重婚・原発・復活?反対?正論なんてクソくらえ!!本当にそこまで言って委員会スペシャル

http://himado.in/134472

今まで日本自身では核武装していなかった・・それは米軍が守っててくれたの
しかし、米軍は核を持った国とは絶対に敵対しない、戦争はしませんから絶対に日本を守ろうとしませんし・・・
日本はとりうる選択しはおそらく二つ・・三つしかない。
一つは通常兵器で対抗できるところまで武装を強化する。
二つ目が、自前の核を持つこと。
三番目が、残念ですが中国の軍門に降ることですよ。
選択肢はそれほど多くないということです。
それが、割と近い将来に起こりうるだろうということは、真面目に一度議論する必要が・・私はあると思う。」

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/37621065.html

したたかな韓国

したたかな韓国
朴槿恵(パク・クネ)時代の戦略を探る

浅羽祐樹

近年急成長を遂げ、着実に国際社会での地歩を固める韓国。そのしたたかさは、明快な政治システムの下で鍛えあげられた戦略性に由来していた。韓国政治というゲームを体現する朴槿恵はいかにして大統領となり、どのような舵取りをするのか。竹島領有権紛争、慰安婦問題にどのようなカードをきってくるのか。政治学のアプローチで、転換期の日韓関係に斬り込む清新な論考。

はじめに―― <したたかな韓国>に心してかかれ
第一章戦略家としての朴槿恵大統領
第二章大統領選挙にみる韓国社会の変化
第三章竹島問題に<悪魔の代弁人>を立てよ
第四章慰安婦問題は国際社会を意識せよおわりに―― 嗤うと笑われる

米韓FTAに盛られた「毒素条項」

(1)Negative list:
   サービス市場を全面的に開放する。例外的に禁止する品目だけを明記する。
(2)Ratchet条項:
   一度規制を緩和するとどんなことがあっても元に戻せない、狂牛病が発生しても牛肉の輸入を中断できない。
(3)Future most-favored-nation treatment:
未来最恵国待遇:今後、韓国が他の国とFTAを締結した場合、その条件が米国に対する条件よりも有利な場合は、米にも同じ条件を適用する。
(4)Snap-back:
自動車分野で韓国が協定に違反した場合、または米国製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすと米企業が判断した場合、米の自動車輸入関税2.5%撤廃を無効にする。
(5)ISD:Investor-State Dispute Settlement。
韓国に投資した企業が、韓国の政策によって損害を被った場合、世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターに提訴できる。韓国で裁判は行わない。 韓国にだけ適用。
(6)Non-Violation Complaint:
米国企業が期待した利益を得られなかった場合、韓国がFTAに違反していなくても、米国政府が米国企業の代わりに、国際機関に対して韓国を提訴できる。例えば米の民間医療保険会社が「韓国の公共制度である国民医療保険のせいで営業がうまくいかない」として、米国政府に対し韓国を提訴するよう求める可能性がある。韓米FTAに反対する人たちはこれが乱用されるのではないかと恐れている。
(7)韓国政府が規制の必要性を立証できない場合は、市場開放のための追加措置を取る必要が生じる。
(8)米企業・米国人に対しては、韓国の法律より韓米FTAを優先適用
  例えば牛肉の場合、韓国では食用にできない部位を、米国法は加工用食肉として認めている。FTAが優先されると、そういった部位も輸入しなければならなくなる。また韓国法は、公共企業や放送局といった基幹となる企業において、外国人の持分を制限している。FTAが優先されると、韓国の全企業が外国人持分制限を撤廃する必要がある。外国人または外国企業の持分制限率は事業分野ごとに異なる。
(9)知的財産権を米が直接規制
  例えば米国企業が、韓国のWEBサイトを閉鎖することができるようになる。
韓国では現在、非営利目的で映画のレビューを書くためであれば、映画シーンのキャプチャー画像を1~2枚載せても、誰も文句を言わない。しかし、米国から見るとこれは著作権違反。このため、その掲示物い対して訴訟が始まれば、サイト閉鎖に追い込まれることが十分ありえる。非営利目的のBlogやSNSであっても、転載などで訴訟が多発する可能性あり。
(10)公企業の民営化

神道日本イズム

>こってりさん、私も名古屋へ出張が入り。昨夜は投宿したホテルでROMしてました。
>>信長・秀吉・家康の宗教政策によって仏教勢力の政治干渉が無くなって、政治が安定して社会も安定し、様々な文化的研究の中から国学が生まれ、更に国学から復古神道が生まれ、多くの国民が国学や復古神道を学んで明治維新の原動力となりました。
 私も↑の歴史認識です。 

 幕末に起こった黒住教、大本教、維新後の天理教、金光教は全て古神道から発したもので、西洋列強の極東侵略開始を有史以来の国難と捉え、お鎮まり在られても国を加護していた国魂が躁状態となって、その神霊に感応した霊能者が、神の言葉を預かる者として現世に現れた、と考えております。

 日本は大陸内部からの干渉・影響を最も受けにくい、海と火山と云う地理的な要害・要因を持ち1万年を暮らしてきたのですし、海流も気流も集合する大陸の端ですから、多くの民族が流れ、辿りついた土地です。 この列島の中で、独自の生存競争が繰り広げられた、然し、限られた土地を奪い合って生きていけば、列島を周期的に襲う激しい自然現象の前には、共滅しか待って居ない事を何時しか悟る事が出来、例えば、噴火・台風・大雨・地震・津波等の激甚災害時には、共に援け合う社会常識が醸成された。

 是等は全て、自然がその在るがままの姿=工夫と努力をして、自然の力を畏れる生活を送って居れば、自然は至善に足る多くの恵みを齎すが、地球と云う生き物である自然は、時には荒れ狂い、多くの罪なき人迄殺害する。 その脅威を畏れ、過ぎず、驕らず、そして、忘れず、怠らなければ、人は至善=神と共に暮らして行ける事を教えて居る。

 日本の神道は、自然の一部として生きる人々の気付きで成立している事が判る。

 一方、西洋宗教=ヤハウェを頂点の神として頂く砂漠の三宗教の基教であるユダヤ教は、簡単に謂えば、ユダヤ族の民族宗教です。 本来はヘブライイズムと呼称される、人間の一挙手一投足迄を縛り上げる多くの禁忌で成り立つ契約の宗教です。 

 ユダヤ教に限らず、古代からの民族宗教には、自族繁栄と云う絶対命題が付随して居ます、詰まり、自族の繁栄の為なら、他族は滅ぼしても構わないと云う、利己性、排他主義を併せ持っている、謂わば、「人間を敵とするのが、宗教だ」と言えましょう。

 突き詰めて行けば、異族や異教徒との共存は、有り得ない事になります、列島民の様に、自然の力を利用しながらも、自然に圧倒され、神のご慈悲を頂いて生かされている人間同士、援け合い乗り切ろう云う話には、なかなか、ならない。

 本来のユダヤ教は紀元70年に、最大宗派のファリサイ派が、ローマ帝国に反旗を翻しますが、士師フラビウス・ヨセフスの利己的な理由に拠る裏切りから、籠城した老若男女10万人の自殺者を出し、ローマ軍にエルサレム神殿を焼かれて滅びます。 然し、後に判った事ですが、ローマ人はユダヤ人を尊敬していたのです、なのに、結局、ユダヤ人は絶滅するしか途が無かった。 彼らにもローマ人にも、所詮、異族は異族以上のモノでは無かったのでしょう。 彼等は同じ青人の筈ですが。

 ヘブライイズムの血統と教えを守るモノで残ったのは、多くの禁忌を守って日々を暮らす穏健宗派に随う少数のみ。 実はこの時点で栄光を誇った古代ヘブライイズムは、絶えて居る筈です。

 天主教=キリスト教は、元ファイサイ派の士師で十二使途の筆頭パウロが、ユダヤ教ゲッセネ派の士師イエス(キリスト)の行った説教をファリサイ的に改竄したもので、基本的には、ユダヤ教ファリサイ派の成分が色濃くまざっています。 「パウロ神学」と揶揄されている様に、パウロ以後のキリスト教は、パウロに拠って内容を換骨奪胎され、その名も「剽窃された」モノと云う認識です。 亦、現代に伝えられているのは、異民族間に異なり言語で伝播する裡に、ヘレニズムを代表とする各民族の考え方をヘブライイズムに混ぜ合わされたものと考えるべき、拠って、中世の宗教対立も民族間対立が潜在すると考えるべきです。 その中核をなすのは、同じコーカソイドでも、青人と白人の対立でしょう。

 神の声を「気付き」とし、互いに援け合って厳しい自然の中生き抜こうとする神道と、「神を理由に民族的な利己主義を主張する」西洋宗教の違いは、明らかです。

 神との交流は、本来、個人の「気付き」と、人間間の「共感」で成り立つモノであると私は思います。

 「人が人を支配する」事を目指して居ては、人間同士の対立を肯定、扇動するのみ、唯の昆虫や獣と何ら変わりが有ろう筈が無い。 

 日本人の危機に際するに示す、自己犠牲や援け合い、そして感謝を明示し、諦めない不屈の精神ト行動でそれに応える。 何故、世界は、是等日本人が長い歴史で培ってきた常識に、驚き感動するのだろうか。 それは、彼等も心の何処かで、日本人と同じ事をすべきである事に気が付けているのでしょう。 ダカラ、共感する。 然し、其れを表現する事を彼らの社会の現実が許さないのです。

 そうした絶望的な社会の中で、カザール系ユダヤ教徒集団が画策する、「世界政府」だの、「人類奴隷化計画」だのと云う企ての基は、フランキズム「=この世を暗闇にして、救世主の降臨を促す」でしょう。 彼等が、人口爆発が止まらない人類へ与えるピリオドとして、世界の終末を用意して居る可能性は高い。

 然し、日本イズムは、自然を畏れ、然し、自然の力をお借りして、環境を整え人間の為のみでない世界=多くの生き物が生き残れる余裕のある世界=神のみ心に沿う世界を、「神が与え賜う気付きを人が行う築きに換えて行く事」だと思います。 私は唯一是が、彼らに対抗する手段であると信じて居るのですが。

http://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/187356552.html
■TPPの24作業部会 (TPPに賛成した参議院議員は次回の選挙で落選確実へ)

1 首席交渉官協議     既得権排除でCNN、FOX等が日本の地上デジタルチャンネルに参入。日本テレビ、NHK等は放送免許剥奪and再販制度廃止で新聞出版業ワープア
2 市場アクセス(工業)      ←大部分の日本国民の平均年収低下(SONY、ホンダ、全ての中小企業等)
3 市場アクセス(繊維・衣料品)
4 市場アクセス(農業)      ←農業だけでなく、パチンコ業界も米の圧力で縮小or廃業。代わりにラスベガスのカジノ等が参入
5 原産地規則
6 貿易円滑化           国民の平均年収が減るので、公務員の平均年収も激減へ。消費税増税へ。治安悪化へ、公共サービスの低下へ
7 SPS(検疫、及びそれに付随する措置)
8 TBT(貿易上の技術的障害)
9 貿易保護       ←日本に定住する外国人が激増へ。国民の収入が減るので観光業・娯楽業界も大打撃。狂牛病輸入を断れなくなる
10 政府調達
11 知的財産権     ←ジェネリック医薬品の価格高騰→癌、糖尿病の薬を買えずに死ぬ日本人多発へ。盲腸の手術が250万円に。弁理士の年収低下へ
12 競争政策      ←公企業の民営化で公務員リストラへ。国民皆保険廃止・社保制度崩壊へ。弁護士、公認会計士、行政書士等の年収低下へ
13 サービス(クロスボーダー)
14 サービス(電気通信) ←インフラも外資のものへ。NTT、関電等の電力会社等の平均年収低下へ
15 サービス(一時入国)
16 サービス(金融)   ←国民の郵政の貯金も何兆円単位で米国に強奪される。東京三菱UFJ、野村證券社員等の平均年収低下へ
17 サービス(e-commerce)
18 投資        ←日本企業が容易に外資に買収される。派遣、フリータは解雇者続出で自殺者多数へ
19 環境   少子化が加速。
20 労働       ←全ての分野の今の日本人の仕事を奪われる。上司が外国人、部下が日本人が急増
21 制度的事項    ←米国の有利なルールへ変更、様々な商品の値上げへ
22 紛争解決
23 協力
24 横断的事項特別部会(中小企業)

米韓FTAに調合された毒薬・ラチェット規定やISD条項の怖さ
http://diamond.jp/articles/-/14540?page=4

反日左翼大粛清 クル━━━━(°∀°)━━━━!!!!!

反日左翼大粛清 クル━━━━(°∀°)━━━━!!!!!

アメリカの安全保障の都合もあり、
公安やら警視庁やらが
売国テレビなどの左翼勢力を排除するらしい。
http://www.news-us.jp/article/347272643.html

ソフトバンクの孫正義や
韓国政府が北朝鮮に裏支援してるのが、ソース付きで暴露され

てます!
http://www.news-us.jp/article/341784062.html

選挙なんてする必要ねえよ。

詐欺師が立候補するんだから、するだけ無駄。

『TPPがなぜダメなのか』

昨年3月に行われた国際シンポジウムで、パブリック・シチズンのロリ・ワラックさんによるTPPに関する日本講演の模様を、Youtube動画(同時通訳有)で視聴出来ます。
『TPPがなぜダメなのか』
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=eiLuxx-ga8Y

講演内容の概要 (定年オジサンのつぶやきブログ記事参考)
●まずTPPの内容や性質からして「貿易協定」という名前が間違いで、”貿易協定ですらない”。26分野のうち貿易分野は、2分野しかない。残りの24分野は大企業にとって好都合なものばかりであり、国民や議会の反対や反発を受けるために実現する事ができなかった「改革」(規制緩和/自由化)を、反発や民主的プロセスの制約を受けずに秘密裏に一気に、その国へ押しつけることができる「スグレモノ」である。
●アメリカはすでに、1989年に発効したNAFTA(北米自由貿易協定)が、先例としてあるからで、アメリカ国民も、カナダ国民もメキシコ国民も、ヒドイ目に遭わされてきた。
●NAFTA以降のFTAなどの協定は、その協定で決められたルールによって、協定国の国内規制、法律、行政手続きが、次々に「なし崩し」になっていった。
(その国の国民が、協定のせいで、喘ぐことになった)
●なぜそんなに恐ろしい協定を議会の議員は許したのかというと、協定内容のルールが何百ページにも及ぶために、議員や議員スタッフは、内容を吟味・精査することが時間的、労力的に不可能であった。
(米韓FTAでも何百ページもの英文書が作成される、という同じ手口)
●FTAも、TPPも、このNAFTAに基づいている。
●そうした理不尽な協定ルールに、加盟国・協定国の国内の法律や権利が殺がれて、その分、その国民や国の自由度や権利が奪われてしまう。
協定ルールは、その協定相手国の国家による制約(規制)や介入を弱め、ハゲタカ多国籍企業は規制や介入から解放され、(相手国の環境や人権を無視して)好き勝手に、経済活動を展開する権力や権限をもたらす。
・ISD条項
・規制緩和
・自由化
・民営化 etc.
●アメリカ人の製造業の就業者の4人に1人が、NAFTAで仕事を失ってしまった。
●「ウォールストリート・ジャーナル」のアンケート調査では、NAFTA(FTA,TPP)のような協定に、アメリカ人の69%が反対している。
●TPPもFTAも、NAFTAと同様に、ハゲタカ大企業の野望や願望を叶えるためのもの。
●TPP協定により、投資家(ハゲタカ外資)には大きな権限や権力が与えられる。
●TPP交渉の進捗具合や時期からして交渉の余地すらないのに、なぜ日本はTPPに参加しようとしているのか、アメリカ人は不思議で仕様がない。
まったく理解に苦しむ。つまり、TPPのルールづくりに参加できない段階でなぜ日本は参加しようとするのか、まったく理解ができない。
●アメリカ民主党議員の3分の2が反対しているにもかかわらず、オバマ政権はTPPを進めようとしている。(大統領選挙時は、NAFTAに反対する主張をして、人気を獲得していた!)
●アメリカの民主主義が、大企業に買収されてしまって、腐敗している。
●ハゲタカ多国籍企業や大企業の横暴を可能にし、99%の国民に対して1%を占める大企業やハゲタカ多国籍企業しか利さないTPPを、交渉参加国すべての国民が、ちからを合わせて「NO!」を叫んで、防ぐしかない。

右も左も売国奴。どちらも共生、共生、共生社会の正当化を謀るだけ。右の売国奴の例、安倍晋三。


最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51887349.html
★安倍が「日本を取り壊す」!

☆タカ派強硬姿勢の一方で進む「開国」と社会不安要因

 安倍内閣・自民党政権への支持率は70~75%で依然として高い。

 こと労働者においては賃金のアップ、各企業においては景気の上向きによるものと思われるが、目先の美味しい餌にありついては後々トンデモないツケを背負わされかねない。

 そんな安倍・自民党の下、日本で最も恵まれた給与・待遇の人々が先日、新たな巣立ちの時を迎えた。

 防衛大学生こそは現在の日本で唯一、学生の身分でありながら給料をもらえる最も恵まれた立場ではないか。

 さる3月17日、首相・安倍晋三は防衛大学の卒業式で訓示。この席上、安倍は尖閣諸島周辺で活動を活発化させる中国を念頭に、「我が国の領土・領海・領空に対する挑発が続いている。現場で起きていることは今そこにある危機だ。私は先頭に立って、国民の生命・財産、領土・領海・領空を守り抜く決意だ」と述べたものである。

 先頭に立って守ると言うなら、防衛大学なんぞに行って訓示を垂れる前に、「事実上の移民社会」とまで言われるようになった中国人の流入から日本国を守って頂きたいものだ。いや、既に日本は明治の近代化以降、統治下の朝鮮半島・台湾との共生・同化政策に勤しんだ時点から事実上「移民国家」への道のりを歩んだものであり、その時から異民族の混血が繰り返されてきた。

 明治維新を主導したのが旧長州閥なら、その系譜と血統を脈々と受け継ぐのも安倍なる宰相である。

 然るに、今日における中国人の大量流入も当然の帰結であり、こと「敵国」の人民を留学生や実習生受け入れの名目で流入させ続けることは敵国・中国のスパイ工作員やゲリラ便衣兵を受け入れていることと同義である。

 以前にも同じことに触れたが、安倍は防衛大卒業式の場でも「防衛大綱を見直し、南西地域を含め、自衛隊の対応能力向上を進める」と強調した。

 対中国を念頭に、南西つまり西南日本の守りが最重要であることを強調したわけだが、これなどは新たな部隊、新たな施設を大量増設するとしたもので、結局は国土防衛を口実にした利権の話なのである。奮い立ったのは防衛大生も然ることながら、予算増額が見込める防衛省の官僚であり、防衛族の国会議員ではないか。

 09年に米国で旅客機を川に緊急着水させ、乗員乗客の命を救った機長のエピソードを卒業生らに説いた安倍は、機長が「日頃の訓練どおりに行動しただけだ」と語った逸話を紹介、「一生に一度あるかないかの『その時』に、完璧に任務を全うする。その心構えを常に持ってほしい」と激励したという。

 断言しよう! 今ソコにある危機…とは、街中の至るところに敵国民である中国人が徘徊するほどに定住・永住化した事実であり、一生にあるかないかの「その時」とは極東有事に際して在日中国人が大規模暴動を起こしかねないということである。

 日本がどんなに最新鋭の兵器・装備を誇ろうとも、仮に自衛隊が憲法改正で国防軍になろうが、核やら大量破壊兵器を持とうが、国内で在日中国人による暴動を抑えられなければ、その時点で日本の敗北は必至である。

 革命、反戦運動…国家が戦争を遂行出来なくなる時、どんな兵器を持っているかとか、どれほどの兵力を有しているかという問題よりも、背後(国内)の問題によるところが大きい。

 03年のイラク攻撃の際、欧州では国内のイスラム系移民に配慮して参戦や支持声明を出せない国もあったし、スペインなどは派兵までしていながら、イスラム系移民による国際テロで撤退を余儀なくされたではないか。

☆戦後に留まるか、戦前に戻るか、行くも戻るも地獄・売国の近代!

 安倍は韓国誌のインタビューに答える形で、戦後70周年となる2015年の節目に、自らの内閣で「安倍談話」を発表する構想を明らかにしている。さる95年の村山談話を踏まえた新たな首相談話だが、元より言われてはいたこととはいえ、具体的な時期を韓国誌で述べる感覚からして完全にズレている。

 それにしても2年後の発表を目指すとは、それまでは安倍内閣のままでいくということを暗に示したもので、高支持率に支えられている安倍は、自らの「内閣」「首相生命」が中長期となる大方の目処がついたのだろう。

 また、集団的自衛権の行使容認や国防軍創設を掲げたスタンスが韓国から「極右」と形容されていることに関し、「韓国を含めた大多数の国家も採択している安全保障体制と同じようにする行為に過ぎない。韓国も『軍』だ。私の主張を極右的だとするなら、世界の国家全てが極右国家になる」と反論。

 保守派・右派が多いに胸をすかれるところだろうが、安倍・自民党のスタンスが相当に朝鮮半島とりわけ韓国を意識していることがうかがえる。こと安全保障においても韓国との共同歩調を暗に示唆したものであり、首相談話の発表を念頭に、韓国誌のインタビューがセッティングされた段階からそのように考えられるだろう。

 つまり改憲も軍創設も、全ては韓国のために日本が北朝鮮と対峙する未来像を韓国誌へのインタビューで示したものであり、これでは丸っきり戦前の繰り返しではないか。朝鮮半島のために清国やロシアと交戦、多くの人命と国家予算を消耗した挙げ句、統治下とした朝鮮半島や台湾の出身者まで同じ日本人として扱った。

 改憲やら軍創設などは日本の現状での国土防衛を考えるにどうでも良い(しなくても良い)問題であって、とにかく人の流れを塞き止めること、今現在、日本にいる敵国の中国人や韓国人ほか外国人・異民族をいかに追い出すかにかかっている。

 黄砂や公害など激しい環境破壊が指摘される中国からは日本をはじめ、大量の人口流出が見込まれている。そうした状況において、留学生や実習生の受け入れ拡大、日本での生活環境の整備に勤しむ安倍内閣・自民党とは同党が公約に掲げる「移民1千万人受け入れ計画」と併せて、実はトンでもない売国奴であり、トンでもなく日本人の生命や財産を危ぶませるようなことを直接的または間接的に行なっていることがうかがえよう。

恥ずかしくないから貼り付けるんだろうな

>そんな安倍・自民党の下、日本で最も恵まれた給与・待遇の人々が先日、新たな巣立ちの時を迎えた。
>防衛大学生こそは現在の日本で唯一、学生の身分でありながら給料をもらえる最も恵まれた立場ではないか。

国民を守る命がけの仕事なんだけどな・・・

知能が著しく劣化している病人の例。成り済ましの例。

それから在特会の人のニコニコ動画はみたが、 情報量も検討度も低くて話にならない。見た目も私よりしょぼいし話下手ですからアジテーターとして大成はできないでしょう。君やコシミズ信者くらいの幼稚な人しか引っかかりません。それくらいの感想しかないね。大人と呼ぶのも恥ずかしい人たちだ・・・ 2013/03/09(土) 09:09:10 | URL | 篠の目 #2kf32hgo [ 編集 ]    

==========================      

自己愛性人格障害でしょう。    自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになると、それは自己愛人格障害と呼ばれるものになります。健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。 御都合主義的な白昼夢に耽る。 自分のことにしか関心がない。 高慢で横柄な態度。 特別な人間であると思っている。 自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。冷淡で、他人を利用しようとする。 批判に対して過剰に反応する。 虚栄心から、嘘をつきやすい。 有名人の追っかけ。 宗教の熱烈な信者。  なんでも自分の思い通りになるという空想に耽ったりします。内容的には、自分の万能感を満たすようなものになります。すべて自分にとって都合のいいように事が運んで、最後には自分が絶大な称賛を浴びるといったようなものです。自分だけが特別に評価されて大抜擢され、とんとん拍子に出世するとか、もっと空想性が進んで行くと、超能力的な力で現実を思い通りに動かすとか、あるいは過去にタイムスリップして、時代差から来る優越感に浸るとか、いろいろなパターンがあります。たとえば自衛隊が関ケ原の決戦に参戦したらどうなるかなどという空想は、圧倒的な文明の差による優越感に浸ることができます。  聞かれもしないのに、やたらと自分のことをしゃべりたがる人がいます。話が他へ移ろうとすると、強引に自分の話に戻そうとします。話の内容は自慢話的なものばかりで、聞いている方はうんざりしてきます。他人にはあまり関心がないので、相手がうんざりしていようとお構いなしです。  自分は特別な人間だ、パンピー(一般のピープル)とは違うんだという意識から、小市民的な生き方を軽蔑し、そういう人達と一緒にされることを嫌います。裏付けとなるものがなにもないのに、一目置かれる存在であることに非常にこだわります。  あるいは、自分という人間は特別な人しか理解することができないのだと思ったりします。たとえば、以前マスターソンがラジオで自己愛人格障害の話をしたところ、自分は自己愛人格障害なのでぜひ治療してもらいたいという人が何人も電話してきました。そこでそのうちの十人を治療することになったのですが、実際に治療するのは高名なマスターソン本人ではないと知ったとき、十人が十人とも治療を断ったそうです。無名の医師ではダメなのです。  他人に対する共感に乏しく、他人を自分のために利用します。他人の業績を横取りして自分のものにしたりします。優越感に浸るために他人を利用します。他人の存在とは、素晴らしい自分を映し出す鏡である、くらいにしか思っていません。ですから、他人から批判されたりすると、すぐにカッとなって怒ります。あくまでも自分は優れた存在なのです。  もともと、裏付けのない優越感ですので、話のつじつまを合わせるために嘘をつくこともありますが、本人には嘘をついているという意識はあまりありません。ときにはホラ話のように、話がどんどん大きくなっていって、どこまで本当なのか分からなくなります。  有名人に近付くことで自分を特別な存在だと思い込んだりします。政治的な大物に近付いて自分の誇大感を膨らませることもあります。自分も同じ世界の人間になったように錯覚して、裏付けのない空想的な野心にのめり込んだりすることもあります。  誇大感を持つ人には二つのタイプがあります。自分は素晴らしいと言うタイプと、あなたは素晴らしいというタイプです。あなたは素晴らしいというタイプの人は、その素晴らしい人に奉仕している私も素晴らしい特別な存在だと言うふうになります。偉大な独裁者を崇拝する献身的な国民、偉大な神に身を捧げる熱狂的な信者、ワンマン経営者に心酔して滅私奉公する素晴らしい幹部社員、有名な歌手の応援をする熱狂的なファンなどです。  すべてに言えることは、ありのままの自分が愛せないのです。自分は優越的な存在でなければならず、素晴らしい特別な存在であり、偉大な輝きに満ちた存在でなければならないのです。愛すべき自分とは、とにかく輝いていなければならないのです。しかし、これはありのままの自分ではないので、現実的な裏付けを欠くことになります。  しかし、本人にしてみれば、高慢だと言われてもぴんと来ないかもしれません。それよりは、他人や周囲の出来事を過小評価していると言った方が理解されやすいかもしれません。自分より優れたものを認めたがらず馬鹿にしているので、他人の能力や才能が見えまず、他人の優秀さを無視します。そして、他人を見下したり軽蔑したりすることに快感を覚えたりします。自己愛性人格障害とはなにか  http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

ここはお金とか欲の匂いがしないので安心できます。
書いてある内容を、「どこから資金援助されてるんだろう」なんて
邪推する必要がないので
何にも邪魔されずに読むことができます。
更新を楽しみにしています。

右翼ってやはり日本人じゃないんだな

>安倍は防衛大卒業式の場でも「防衛大綱を見直し、南西地域を含め、自衛隊の対応能力向上を進める」と強調した。

>対中国を念頭に、南西つまり西南日本の守りが最重要であることを強調したわけだが、これなどは新たな部隊、新たな施設を大量増設するとしたもので、結局は国土防衛を口実にした利権の話なのである。奮い立ったのは防衛大生も然ることながら、予算増額が見込める防衛省の官僚であり、防衛族の国会議員ではないか。

東北の震災で自衛隊がどれだけ活躍したのか今上陛下のおことばさえ聞いていないのか?
「給与」だの「利権」だの、他人様の懐具合が気になって仕方ないのかね。どんだけねじくれた卑しい解釈ををするのかと呆れる。
左翼記事が文章のお手本に見えるなら共産党にでも入ればいいんじゃないか。
反日日本人に外国人排斥なんてできるわけはない。

どうでもよいけど、こっち見んな。


それから在特会の人のニコニコ動画はみたが、 情報量も検討度も低くて話にならない。見た目も私よりしょぼいし話下手ですからアジテーターとして大成はできないでしょう。君やコシミズ信者くらいの幼稚な人しか引っかかりません。それくらいの感想しかないね。大人と呼ぶのも恥ずかしい人たちだ・・・ 2013/03/09(土) 09:09:10 | URL | 篠の目 #2kf32hgo [ 編集 ]    

>お鎮まり在られても国を加護していた国魂が躁状態となって、その神霊に感応した霊能者が、神の言葉を預かる者として現世に現れた、と考えております。

幕末から昭和前期に掛けて、実に様々な宗教が生まれましたが、日本の歴史上、斯様な宗教の大量発生期は他に例がないと思います。

ナポレオン・ソロが挙げられた各宗教は、現在も相当数の信者を有する教団として存続していますが、神憑りした人が無数に出たのもこの次期でした。

じつは、私の祖父と伯母も所謂霊能者で、祖父は大阪千日前に住んでいて、近所の女郎屋の女郎が間男して逃げると、女郎屋が逃げた女郎の行方を聞きに来て、祖父は憑いている霊に聞いて逃亡先を教えていたそうです。

また、伯母の親戚が刑事をしていて、手配中の犯人の行方を聞くと、伯母も霊に聞いて「そいつは今汽車に乗っていて、何処其処の駅で降りる」と教え、そうして度々犯人を検挙するので、刑事仲間に「なんで判るの?」と不思議がられていたそうです。

しかし、最近は祖父や伯母レベルの霊能者も見なくなり、行方不明者の一人も捜し当てられない癖に、故宜保愛子や江原啓之、最近ネットで霊能者を騙って有名になり、矢継ぎ早に本を出している伊勢白山道などというインチキ霊能者ばかりになってしまいました。

このようなことから、確かに幕末から昭和前期に掛けて、現世と霊界の間が広く開いていたのに、戦後は閉じられてしまったので、本物の霊能者がいなくなったのだと考えています。

>日本の神道は、自然の一部として生きる人々の気付きで成立している事が判る。

私も経験的にそうだ!と思います。確かに神様を信仰していると様々なことを気付かせてもらえる一方で、信仰心の薄い人々ほど気が回らない実例を様々経験して来ました。

私が度々此処で主張している「国内農業の規模拡大と機械化では食料生産の独占を企むグローバル企業と国際金融資本の陰謀に勝てない。寧ろ彼らの思う壺であり、国民の誰もが百姓を出来るように法改正し、細分化した農地で手作業を主とする多品種少量栽培をすれば、国民一丸となってグローバル企業と国際金融資本に対抗出来る」という考えも「気付き」なのです。

私が大規模農法より小規模農法の方が「儲かる」ことに気付いたのは、かれこれ20年以上も前のことですが、最近アメリカに於いて食品安全近代化法が議会を通り、小規模農業と家庭菜園が規制されることを知って、自分の「気付き」が間違っていなかったことを確信しました。

アメリカの食品安全近代化法は、食料生産の独占を企むグローバル企業と国際金融資本がアホな議員を誑かして制定させた法律ですが、なぜ小規模農家と家庭菜園が敵視されるのかと言えば、資本の支配から離れても生活可能な人々の存在が食料生産の独占に邪魔だったからです。

従って、日本中の農地を細分化し、自給的兼業農家と家庭菜園家ばかりになれば、日本中の耕作者がグローバル企業と国際金融資本の邪魔となり、日本から農業を取り上げてしまおうという彼らの陰謀を打ち砕くことが出来ます。

我家は農家ではありませんが、小さい頃は近所に田畑があり、自分も物を植えるのが好きで、植えた植物の育ち具合や、自然の野山の生態を観察している内に、機械化と農薬で単作をするより自然に近い状態で様々な作物を混植する方が病虫害も少なく、収量も増加することに気付いたのでした。

>神の声を「気付き」とし、互いに援け合って厳しい自然の中生き抜こうとする神道と、「神を理由に民族的な利己主義を主張する」西洋宗教の違いは、明らかです。

そのような「神を理由に民族的な利己主義を主張する」西洋宗教の究極が、人類を資本の奴隷にしようと企み、既にアメリカ合衆国人民を支配化に収めたグローバル企業と国際金融資本の根本原理でしょう。

>然し、日本イズムは、自然を畏れ、然し、自然の力をお借りして、環境を整え人間の為のみでない世界=多くの生き物が生き残れる余裕のある世界=神のみ心に沿う世界を、「神が与え賜う気付きを人が行う築きに換えて行く事」だと思います。

日本人は、この世に生きている生き物だけでなく、生き物の霊とも共存して来たので、日清戦争と日露戦争には国内の狸も出陣して、敵軍を散々にやっつけたという話が出征兵士に広まり、戦勝を祝う提灯行列には狸も参加したという伝説にもなりました。

しかし、同じ郷土から大東亜戦争に出征した兵士たちは「今度は狸の援けがない。この戦争は負けだ」と話し合ったそうです。

ロシア正教会の十字架を掲げる司祭を先頭に攻め寄せるロシア軍も日本の狸に翻弄されて負けた程なので、日本の神々の怒りが顕現すれば、中国共産党や国際金融資本の企みも雲散霧消するでしょうが、残念ながら、唯物論に傾く現代人の心が神々との交流を閉ざしているので、我国の苦難の道は相当長く続かざるを得ないでしょう。

常識のない貼り付け厨

>保守派・右派が多いに胸をすかれるところだろうが、

日本語としておかしいな。2か所訂正すべき。

>安倍・自民党のスタンスが相当に朝鮮半島とりわけ韓国を意識していることがうかがえる。こと安全保障においても韓国との共同歩調を暗に示唆したものであり、首相談話の発表を念頭に、韓国誌のインタビューがセッティングされた段階からそのように考えられるだろう。

アメリカがおおっぴらに韓国つぶしでもしない限りは日本国首相としてはインタビューで韓国を敵視するわけにはいかんだろ? ソースの判断基準からしておかしいよ。

自分で取材して記事を書かないのに、ジャーナリスト?
ただの感想文垂れ流し屋さんだろ。
反論できないなら変な記事を貼りつけるのをやめてほしいものだ。
まあ、まともな日本人なら最初から貼り付けないだろうケドw

武士の情けで名指しはしないでやる

2013/03/19(火) 20:31:56
2013/03/19(火) 22:05:32
2013/03/19(火) 22:51:10

一つでも本人だとしたら言論人として生きていけないだろう・・・日本人ならな。二度と来るなよ。

唯の妨害行為ですね

 虫は↑貴方でしょ、同じコピペを何回も貼るのを、「正常な投稿行為」とは言わない。 貴方の意見は1行だけ、「また虫が湧いたか」ダケですからね。

 いい加減に止めなさい。 SHNやし○○めさんが、貴方にとってどんな存在であろうが、私や他のROMの皆さんには全く関係が無い。 詰まり、貼る事の意味は全くない。 有るとすれば、此のブログの運営を阻害しているダケだと思いますがね。

>こってりさん、おはようございます。 ソロです。 レス有り難うございました。
>>機械化と農薬で単作をするより自然に近い状態で様々な作物を混植する方が病虫害も少なく、収量も増加する
 是は、「奇跡のリンゴ」と云う実際に起こった話で詳しく書かれて居ました。 最初は農薬を使わないので、周りのリンゴ園からの苦情が凄かったのですが、その多くは「濡れ衣」だった様で、直に収まったと在ります。

 亦、別に、「播磨のお百姓さん」と同宿する機会が有り、農業の話を深夜遅くまで話しました。 

 それに拠れば、「害虫を避けるために農薬を遣ってその年は良いが、永年遣ると、土壌が毒化し、地中の有効細菌が死滅して土地自体が使い物にならなくなる。 農薬を遣わない方法として、その昆虫が好む作物を、育てたい作物の間に植えて行くと云う方法が有る、自分は結構是で成功した。 農業の大規模化、生産の商業化は、一概に反対もしないが、賛成も出来ない問題だろう。」 彼の所有する田畑は100haに迫る広さとの事でしたので、昔から云う大百姓や豪農と云った処でしょうか、農地改革の前はその5倍~10倍はあったと言ってました、でも、ご本人は[農業のプロ」と云う感じでしたがね。

 スイマセン、出かける用事が出来たので、亦書きます。

本当の迷惑とは

シンやシノノメこそが、ここのブログ主にとっては、正常な投稿者では無い、が正解かな。だから禁止ワードに指定をされてるわけだし、ま、ここだけではないみたいたが。

>2013/03/20(水) 10:24:04

ごちゃごちゃ言ってんじゃないよ、犯罪者まがいの言い訳するな。

名無しのオマエには禁止ワード指定できないからといって、
オマエの行動が迷惑千万なのは常識で、それは否定できないだろうが。

他の禁止ワード野郎は関係ない。
オマエが同じ記事を繰り返し貼らなければよいだけのことだ。

非常識記事でも本人が書いたり、オマエがそれをもとに何か書くなら批判はしても一応は読んでやるが、ただ貼り付けるから迷惑なんだよ。

ただ貼り付けるとか、文章が短いとかも関係ないとおもうよ、それに代えて主張をしていると言う事でしょう。忙しいと言う理由もあるだろうし。

問題は、工作員かアラシかどうか、といったところでしょうかね、認定をされている本人には、いくら言っても自覚は無いであろうから言わないけど、一応、ここを愛しているという方は、その辺りは自覚を持つべきかと、管理人が嫌っている投稿者は論外でしょう。他の多くのブログででも嫌われてるみたいですし。

まだまだ序章、自民党による移民受け入れ1000万人計画が実行されたら、日本は、毎日、地獄絵図。

最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51887450.html

★元実習生の容疑者を再逮捕!

☆中国依存の売国制度もたらすビジネス感覚と商人主体の体制

 広島県の水産加工会社で社長ら男女8人を殺傷した元実習生の中国人容疑者・陳双喜(30歳)が入院していた病院から退院。陳容疑者は8人を殺傷して自らの胸を刺すなどしており、広島県警は事件直後、入院治療のために釈放していたが、3月19日に再逮捕した。

 刃物や工具を使い、複数の人が殺傷されたセンセーショナル且つ凄惨な事件である。相次いで人を襲撃するなどは、そうそう出来ることではない。ネット上を飛び交う情報のように、軍で訓練を積んだ工作員というのは大袈裟だとしても、およそ日本人とはかけ離れた人種・生命体というのは間違いないだろう。

 他方、同日の東京メトロ地下鉄の東西線・東陽町駅前では朝の通勤時間帯に、男が刃物を振り回して通行人らを相次いで襲撃。通勤客の4名が負傷されられたが、命に別状はないという。

 この事件で特筆すべきは、刃物を持った男に追いかけられた男性が咄嗟の判断で店舗前にあった旗竿で応戦。男を突き倒したところを、付近にいた男性らがその場で取り押さえ、駆けつけた警察に引き渡している。

 これが数年前だとしたら事件の経過はどうなっていたか分からない。 かなり以前のことだが、東京・豊島区の池袋で通り魔事件があった際、凶器を手にした犯人を偶然にも通りかかった男性らが取り押さえたものだが、この男性らは東京都民ではなく、地方から出張で上京していた一団だったという。取り押さえた直後、通りがかった人の中には大手柄の男性らに対して「暴力はやめなさいよ」などと信じられないことを口にする者もいた…!

 暴力はやめろ、とは通り魔にこそ言ってやるべきことなのに、まったく以って本末転倒。日本人の精神はここまで頽廃していたのである。

 また、東京・台東区にある御徒町の路上では店先から商品を盗んだ窃盗犯の男を通りがかった男性らが追っていたのを目撃した。私も男を取り押さえるのに加勢したものだが、窃盗犯は激しく抵抗。付近に居合わせた男性のうち一人が窃盗犯に強烈な膝蹴りを食らわせて抵抗する動きを止めたが、「暴力はやめて!」などと、ここでも本末転倒な叫びが聞かれたものだ。

 こんな体たらくな社会では、凶器を手に襲いかかって来た中国人凶悪犯に発砲した警察官が民事上の責任を問われ、刑事裁判にかけられる本末転倒な事態がまかり通ってしまうのも無理はない。

 一たび事あらば周囲の人々が団結して眼前の非常事態に対処する、いつの日からか日本人から死滅してしまった共同体意識であるが、それが再び甦りつつある兆しではないだろうか。

 街中で天皇陛下を侮辱し、日本人の祖先らを罵倒する不逞な輩によるデモ集会があれば挙ってこれを叩き潰し、横暴極まる朝鮮人ら第三国人を追放せよとする愛国市民のデモがあらばこれに馳せ参じる…昨今の日本の傾向とはマスコミで伝えられるキレイゴトとは裏腹に、非常に明るく心強いものがある。

 翻って広島での事件の場合、会社という敷地内で、まして高齢者ばかりとなれば対処は難しかったのだろう。 事件は国が安直な中日交流の下、安直に始めた外国人研修・実習制度に基づいて安直な外国人労働者の受け入れが始まり、それに労働力を欲した企業が安直に乗っかったことに起因する。被害者は国の制度によって殺されたも同然であり、また、安直に労働力を求めるあまり自ら招いた事件とも言える。

 殺害された社長が実習生だった陳容疑者に度々怒鳴りつけては叱責、度々口論になるという日頃の衝突がいくつも積み重なって事件当日に暴発。日本語もろくに話せないヤツに何を言ったところで暖簾に腕押し、糠(ぬか)に釘を打つというものだが、こんな無駄な労力を費やした結果が事件当日の凶行。

 当の中国人実習生にしたところで、母国のために何らかの技術を習得して帰国しようという者は皆無に等しい。誰もが実習とは名ばかりの「出稼ぎ」の一環でしかないのである。仕事は長時間の上に単調、儲からない上に日本語は分からないと来ては、元より怠慢な中国人に労働力としての正常な機能を求めるのは至難の業。

 中日間の為政者同士でどんな交流をしているのか知らないが、名ばかりの実習制度は労働現場では歪な野合のみを生み出し、来日する中国人のためにも、それを受け入れる日本人のためにもなっていない。互いのためになっていないのなら、最初から受け入れなければ良いと思うが、これでは何のための友好・交流なのかも分からない。

 財界も政界も、雲の上の為政者同士は交流しては友好なのだろうが、日本の国費を使った中国人留学生の受け入れも然り、圧倒的多数の日本人にとってはおよそ無縁の中日友好・交流など必要ないし、中国との国交自体がそもそも必要ない。国交断絶で十分だろう。国民世論では親しみを感じない、互いに反発や衝突が募るばかりだというのに、財界人や政治家同士で合意した中日友好条約も何も必要ではなく、破棄で何ら構わない。

 こうした中国人の凶行が起きる度に、実習制度や留学生受け入れ制度がクローズアップされたりするが、それらをもたらした中国とのマヤカシの友好関係こそが総体的な問題としてクローズアップされなければならない。財界と、その走狗である国会議員が結んできては強化・発展に勤しむ中国との関係こそが見直されるべきだろう。

 『日本経団連』など売国奴だらけの財界が議会のスポンサーとなり、その意向に沿って一国の政治・外交を左右する体制というのも宜しくない。

 商人(あきんど)が営利至上主義の下に国を司っているから国際政治・外交も商人の発想になってしまう。日本では3K労働が敬遠されて労働力が足りません…では、(移民制度ではない)受け入れ制度をつくって中国人の方が働きに来られるようにしましょう、少子高齢化と人口減少で本格的に国の構成要員が激減します…では、中国から大量の人口を受け入れて補完しましょう…全てが商人の発想で国を構成するのは別に日本人(日本民族)でなくとも構わない、日本という国名(社名)さえ残ればそれを運営して構成するのは中国系の人ばかりでも構わない…。

 まるで会社でも経営するかのような感覚で日本という国が動かされる、安易に外国人留学生でも雇用する企業の感覚で国の玄関口が取り扱われる、企業を他社に売買する感覚で国まで売られてしまう…全ては経団連など商人のビジネス感覚。

 それが証拠に議会を構成する与野党の顔ぶれを見てみよう。父子3~4代かそれ以上にわたって財界とも繋がりが深い世襲議員と財界の御曹司ばかりが勢ぞろい。現首相・安倍晋三などは明治の近代化以降を象徴する旧長州閥のプリンスである。

 こんな輩に数々の対中売国政策をもたらした中国との関係を断ち切れるはずはないし、尖閣をめぐってまともに中国と渡り合えるはずはない。尖閣を云々した数十年の間に続々中国人留学生や実習生が日本に定住・永住化しては次々と本土が侵食され続けている。

 そして次は本格的な移民の受け入れ、極東有事においては全国規模で在日中国人の暴動を招き、果ては中国人民解放軍の本格進駐まで実現させる勢い…。

 労働力を中国人実習生に委ねる一企業は日本国の縮図であり、ある企業はそのツケを凶悪犯罪による犠牲で清算したように、日本国も何らかの形でツケを清算しなければならない時がやって来る。

 こと日本の場合、対中売国政策をもたらした商人(財界)主体の現在の体制をどうにかしなければなるまい。 その一手として、外国人凶悪犯罪の被害に遭った責を国家・政府に問うべきは当然である。

 一斉的な国家賠償請求訴訟となれば、その数は膨大なものとなるだろう。

【アーカイブ】上念・倉山・浅野、日銀新体制を語る[桜H25/3/19]
http://www.nicovideo.jp/watch/1363662239

TPPは55分過ぎからです。

>2013/03/20(水) 12:33:42

>ただ貼り付けるとか、文章が短いとかも関係ないとおもうよ、それに代えて主張をしていると言う事でしょう。忙しいと言う理由もあるだろうし。
>問題は、工作員かアラシかどうか、といったところでしょうかね、認定をされている本人には、いくら言っても自覚は無いであろうから言わないけど、一応、ここを愛しているという方は、その辺りは自覚を持つべきかと、

ではちゃんとHNを名乗り、反論にもちゃんと答えろ。
名無しじゃ反論しづらいだろうが。
オマエが荒らしかどうかはそれ以降禁止ワード認定されるかどうかで明らかになるだろうよ。

>ナポレオン・ソロ様

私も「奇跡のリンゴ」を買って読み、生物の共生を利用すれば完全無農薬栽培が可能なことを再認識しましが、この本が評判になって以来、木村秋則氏自身も執筆やら講演やらにお忙しいようで、「りんご栽培の方はどうなったの?」と思いますが、自然に実がなるりんご園をお持ちなので、お暇が出来たのでしょう。

>農薬を遣わない方法として、その昆虫が好む作物を、育てたい作物の間に植えて行くと云う方法が有る、

私も色々な植物を栽培していて、オンブバッタの食害にも遭いましたが、双子葉植物を食害するオンブバッタにも嗜好があって、色々と植えていると種類によって食害の度合いが違い、同じ種類の植物でも、品種によって食害の度合いが違うことも発見しました。

このオンブバッタのように広範囲の植物を食害する害虫に対しては、「播磨のお百姓さん」の方法が非常に有効だと思いますが、例えばツバキ科の植物を主に食害するチャドクガのように、特定の植物だけを食害する害虫も多くいるので、この方法だけで万全とは思えず、「播磨のお百姓さん」は他の方法も併用されているのではないかと思います。

ツバキは庭や公園などに多く植えられていて、そのツバキの葉を食害しているチャドクガの毒針毛に触れると、人によっては病院に行って治療してもらわねば治らない程の炎症を引き起こしますが、その庭や公園に植えられている椿に比べ、山中などに生えているツバキには、然程にチャドクガが見当たりません。

恐らく、山中には小鳥や様々な虫がいて、チャドクガの毛虫も食べられてしまうのだと推測出来るように、結局、様々な植物、虫、鳥などが混在している環境では、互いに食べたり食べられたりするので、特定の生物が大発生することが無いのでしょう。

従って、多くの生物が農園内に共生出来るような多品種少量栽培に加え、害虫が好む植物をわざと植える方法、更にネコブセンチュウを殺すマリーゴールドのような殺虫植物を植える方法などを併用して行けば、殆どの植物の無農薬栽培は可能だと考えています。

余談ですが、枚方市の隣にある京田辺市は宇治茶の産地で、彼方此方に茶園がありますが、茶はチャドクガ以外も様々な害虫に食害されやすいので、例え有機栽培であっても、茶園では定期的な農薬散布が不可欠と思え、無農薬栽培を謳っている茶園の青々とした画像を見るにつけ、チャドクガに悩まされて来た自分は「本当に完全無農薬茶かいな?」と疑ってしまいます。

茶も原産地の環境に似せた自然林で育てれば、完全無農薬栽培が可能でしょうし、肥料を与えて葉を大きく茂らせた茶葉より痩せ地で育った小さな茶葉、更には若木より老木の方が茶が美味しくなるので、私も広い庭のある家を購入したら、自家用にチャノキも植えてみたいものです。

何言ってんだ、このバカは?

>ただ貼り付けるとか、文章が短いとかも関係ないとおもうよ、それに代えて主張をしていると言う事でしょう。忙しいと言う理由もあるだろうし。

自分は日本語が不自由だと白状しているようなもんだな。
「忙しいと言う理由」だと?

読む人が困惑するような「他人の文章を貼り付けて、何が主張したいのかわからん行為」をする自己を弁護する言葉が「忙しい」ってかw まさかこいつ有門かw

無駄にスペースを独占する工作活動しかしとらんじゃないか。
オマエの貼り付けと上の「某さん」の投稿は同じ貼り付けでも違うだろ?

それとも「おれ忙しかった」とか言って雇い主に小銭をもらうのかw
たわけたことしか言えんのな。

レス有り難うございました。

>こってり様、ソロです。 レス有り難うございます。 本日は、妻方の墓参りに、友人の父親の葬式、孫の誕生日と、駆けずり回って居ました。 (嗤)

 実際に園芸や農業も実践されて居られるのですね、驚いて居ます。 私の様な耳学問しか持たない輩には、そう云う体験でしか得られない認識をお持ちなのを伺うと、羨ましい限りです。 農業の勉強は是からなので、参考になります、御教示有り難うございました。

 処で、京田辺ですが、昨年半年在籍した会社のお客さんの研究所が祝園に在って、電源の発電機の定期点検に何度か、その辺りに通いました。 ちょっと調べたのですが、ドゥも、その辺りには、オソラク河内王朝の頃に、隼人族が大量に徴用されて、オホキミ家の食糧庫=宮屯(ミヤケ)の守護兵として使われ、此の地にそのまま棲みついて、その地名もミヤケとなり、時代が下って住人も「ミヤケ=宮家、三宅、宮屯、宮宅・・」を名乗ったとか、其れに、番犬としての犬を育てる、「犬飼」と云う名も。  亦、海人族である隼人族の独特な風習や言葉は、山の民である人々には奇異に映ったようで、その名残が祭りとしてあるとの事でした。

 古代とは言え、日本の南端から海流に乗れば、2日半もすれば、紀伊半島に到達する計算になります、黒潮文化圏と言われる職業や食文化を共有する地帯が、太平洋側の黒潮沿いに広がって居た事は、御既承の事と存じます。 ミヤケ、イヌカイの名前は、土佐、紀州にも多く有るとの事です。 

 やや取り留め無くなって来たので、今回は是で止めて措きます。おやすみなさい、亦明日から出張です。

大住隼人舞

>実際に園芸や農業も実践されて居られるのですね、

職場が神社だったり幼稚園だったりしたので、職場で色々な植物を育てたり、約一坪ながら各戸に花壇が割り当てられている団地に住んでいたので、栽培した植物の種類は多く、プランターに水を張って稲を栽培したこともあり、水田の土だと中干しで土を固めることが出来ますが、腐葉土を含んだ土に水を張ったので、中干しでは固まらず、棒と紐で支えて稲穂が倒れるのを防ぎました。

それに比べ、陸稲だと水を張らずに栽培出来るので、稲穂が倒れる心配がなく、野菜の連作障害の防止にもなるので、自分が多少の農地でも取得出来れば、手間を掛けて水田を作らずに、陸稲と野菜の輪作或いは混植をするでしょうし、多くの国民が自給的兼業農家や大規模家庭菜園を営めるようになれば、手入れが簡単で野菜栽培の助けにもなる陸稲の栽培が盛んになるでしょう。水稲であろうと陸稲であろうと、自分が作った物は何でも美味しく感じられますから。

農地法という特権階級保護法が無くなって、多くの国民が米を自給自足するようになれば、如何に安い輸入米が入って来ても、せいぜい外食産業で使われる位だし、麦だって自家栽培する人が増えれば、やはり輸入量が減るでしょう。

>祝園

京田辺と隼人で思い出したのが、京田辺市大住岡村の天津神社と、田辺市大住池平の月読神社で行われている大住隼人舞ですね。

枚方に引っ越して以来、3年余りになりますが、京都方面には行きたいところが多過ぎて、JR大住駅は最寄駅から三駅目ながら、実際の大住隼人舞は見に行ったことがありません。

京田辺市は旧綴喜郡に含まれ、郡内に延喜式内社が14座あって、古来より経済力が豊かな土地であったことが伺え、月読神社は3座ある大社の1座となっています。因みに交野郡内の延喜式内社は小社が2座で、丘陵地が多い為に灌漑技術が充分でなかった時代には田畑が少なく、人口も少なかったことが伺えます。

そういうことで、私は当市の歴史地理に加え、隣接する京田辺市の歴史地理にも興味がありますが、今は仕事以外のことでは頻繁に出歩けないので、追々調べて行こうと考えています。

それで、私も明日は豊中市の服部霊園に墓参に行きます。

大腸菌キムチ


あの下水道からばい菌だらけの食用油を作ってる中国でさえ、韓国産キムチ、マッコリ等は、大腸菌群が多すぎて輸入禁止になってます!

日本の民主党は、自民党時代は衛生検査をやっていた韓国産キムチを、無検査で輸入できるようにしてしまった!
民主党は、元・朝鮮人が多いので、日本のことよりも韓国の利益になる政策ばかり実行しているのです!
イオンや他のスーパーでも日本産のキムチが消え、韓国産のキムチばかりになっている理由がそこにあります。

http://ameblo.jp/pepsicoara/entry-11229084580.html

SHN クン、どうじゃろか?

(・”・)

おまけ、「自己愛性人格障害者の見本」近よらないよう御注意ください。キムチ臭いんで。

そそれから在特会の人のニコニコ動画はみたが、 情報量も検討度も低くて話にならない。見た目も私よりしょぼいし話下手ですからアジテーターとして大成はできないでしょう。君やコシミズ信者くらいの幼稚な人しか引っかかりません。それくらいの感想しかないね。大人と呼ぶのも恥ずかしい人たちだ・・・ 2013/03/09(土) 09:09:10 | URL | 篠の目 #2kf32hgo [ 編集 ]   

 ==========================    

  自己愛性人格障害でしょう。    自分を愛するという行為は、健全な心の発達のためには必要なものですが、それが病的に肥大化して自分に対する誇大感を持つようになると、それは自己愛人格障害と呼ばれるものになります。健全な人のように、ありのままの自分を愛することができないのです。 御都合主義的な白昼夢に耽る。 自分のことにしか関心がない。 高慢で横柄な態度。 特別な人間であると思っている。 自分は特別な人間にしか理解されないと思っている。冷淡で、他人を利用しようとする。 批判に対して過剰に反応する。 虚栄心から、嘘をつきやすい。 有名人の追っかけ。 宗教の熱烈な信者。  なんでも自分の思い通りになるという空想に耽ったりします。内容的には、自分の万能感を満たすようなものになります。すべて自分にとって都合のいいように事が運んで、最後には自分が絶大な称賛を浴びるといったようなものです。自分だけが特別に評価されて大抜擢され、とんとん拍子に出世するとか、もっと空想性が進んで行くと、超能力的な力で現実を思い通りに動かすとか、あるいは過去にタイムスリップして、時代差から来る優越感に浸るとか、いろいろなパターンがあります。たとえば自衛隊が関ケ原の決戦に参戦したらどうなるかなどという空想は、圧倒的な文明の差による優越感に浸ることができます。  聞かれもしないのに、やたらと自分のことをしゃべりたがる人がいます。話が他へ移ろうとすると、強引に自分の話に戻そうとします。話の内容は自慢話的なものばかりで、聞いている方はうんざりしてきます。他人にはあまり関心がないので、相手がうんざりしていようとお構いなしです。  自分は特別な人間だ、パンピー(一般のピープル)とは違うんだという意識から、小市民的な生き方を軽蔑し、そういう人達と一緒にされることを嫌います。裏付けとなるものがなにもないのに、一目置かれる存在であることに非常にこだわります。  あるいは、自分という人間は特別な人しか理解することができないのだと思ったりします。たとえば、以前マスターソンがラジオで自己愛人格障害の話をしたところ、自分は自己愛人格障害なのでぜひ治療してもらいたいという人が何人も電話してきました。そこでそのうちの十人を治療することになったのですが、実際に治療するのは高名なマスターソン本人ではないと知ったとき、十人が十人とも治療を断ったそうです。無名の医師ではダメなのです。  他人に対する共感に乏しく、他人を自分のために利用します。他人の業績を横取りして自分のものにしたりします。優越感に浸るために他人を利用します。他人の存在とは、素晴らしい自分を映し出す鏡である、くらいにしか思っていません。ですから、他人から批判されたりすると、すぐにカッとなって怒ります。あくまでも自分は優れた存在なのです。  もともと、裏付けのない優越感ですので、話のつじつまを合わせるために嘘をつくこともありますが、本人には嘘をついているという意識はあまりありません。ときにはホラ話のように、話がどんどん大きくなっていって、どこまで本当なのか分からなくなります。  有名人に近付くことで自分を特別な存在だと思い込んだりします。政治的な大物に近付いて自分の誇大感を膨らませることもあります。自分も同じ世界の人間になったように錯覚して、裏付けのない空想的な野心にのめり込んだりすることもあります。  誇大感を持つ人には二つのタイプがあります。自分は素晴らしいと言うタイプと、あなたは素晴らしいというタイプです。あなたは素晴らしいというタイプの人は、その素晴らしい人に奉仕している私も素晴らしい特別な存在だと言うふうになります。偉大な独裁者を崇拝する献身的な国民、偉大な神に身を捧げる熱狂的な信者、ワンマン経営者に心酔して滅私奉公する素晴らしい幹部社員、有名な歌手の応援をする熱狂的なファンなどです。  すべてに言えることは、ありのままの自分が愛せないのです。自分は優越的な存在でなければならず、素晴らしい特別な存在であり、偉大な輝きに満ちた存在でなければならないのです。愛すべき自分とは、とにかく輝いていなければならないのです。しかし、これはありのままの自分ではないので、現実的な裏付けを欠くことになります。  しかし、本人にしてみれば、高慢だと言われてもぴんと来ないかもしれません。それよりは、他人や周囲の出来事を過小評価していると言った方が理解されやすいかもしれません。自分より優れたものを認めたがらず馬鹿にしているので、他人の能力や才能が見えまず、他人の優秀さを無視します。そして、他人を見下したり軽蔑したりすることに快感を覚えたりします。自己愛性人格障害とはなにか  http://homepage1.nifty.com/eggs/narcis.html

どうにかならんか。

それにしても、他人のブログで関係の無いことを永遠に長々とダラダラと、ここはおまえらの家かと。チラシの裏にでも書いとけと、書きたりないのならば、直接にメールででもやり取りをしろよと。

最右翼の引用は問題なし、これを問題と言う方にこそ、問題がある。

ま、こう言うと問題らが発病をするのだろうけど。

その姿を見る事もまた勉強になる。

なんか、京大だか阪大だかの脳神経研究の教授のHIro MIzunoっちゅう人が、「キプロスなんて山梨くらいの人口しかなく、山梨のGDPの半分くらいだ。こんな国がどうなろうと、ユーロが崩壊することはあり得ない」だって。

「ドイツの覚悟を試してる」んだと。なんかポイントずれてんだよなあ

北朝鮮送金企業


「パーラーエクセレ」
 東京都中野区弥生2-19-13 (中野新橋駅) 電 話 03-5371-3377  朝鮮総連中央本部直営店

「パーラー国際武蔵小山」
 東京都品川区小山3-20-7

「パーラー国際」
 青森県むつ市金谷2-106-1 0175-22-0600

「パーラー国際中央」
 秋田県秋田市卸町2-172 018-866-7755

「パーラー国際松山」改名の可能性あり 
 山形県山形市

「パーラー国際山形中央」
 山形県山形市南栄町1丁目1-15 023-624-7777

「パーラー国際新庄店」「パチンコジャンボセブン」より改名と思われる
「パチンコジャンボセブン」は朝鮮総連直営一号店
 山形県新庄市大字本合海字福田界1802-2  0233-26-2777

「パーラー国際山形東」改名と思われる
 山形県山形市

「パーラー国際山形北町」
 山形県山形市北町3丁目7-14  023-681-3456

「パーラー国際天童南」→「スーパージャンボ」という名前に変更の可能性あり
 山形県天童市大字久野本1703番地10 023-654-8551

「ジャンボ」→「西千葉ジャンボ」に改名の可能性あり
千葉県千葉市中央区春日2-25-4   
一店で千葉朝鮮総連のほとんどすべての経費をねん出

「幕張ジャンボ」
千葉県千葉市美浜区幕張西3-1-2

「ジャンボセブン雫石店」
 岩手県雫石町第16地割字黒沢川168-6

「パーラースーパージャンボ 」
山形県鶴岡市大字文下字広野24-1  0235-25-7777

「パチンコジャンボ」
山形県鶴岡市伊勢原町4-44  0235-25-2222

クィーン17
電話番号:0278-23-5000
住所: 群馬県沼田市屋形原町1422

クィーン
電話番号:0278-23-5855
住所: 群馬県沼田市東原新町1825?44

 この国際という名前は、管理している総連のパチンコ店運営会社「インターナショナル企画」よりの命名。2002年現在で、全国に総連中央直営店は約20店舗を所有。
その他、有限会社北栄商事(山形県酒田市に一店、同鶴岡市に三店、秋田市に一店)、有限会社IPU商事(山形県新庄市に一店)、有限会社東馬商事(群馬県富岡市に一店)、有限会社西原産業(岩手県雫石町に一店)などが朝鮮総連系のパチンコ管理会社です。

総連地方本部、総連系団体所有は全部で40店舗ほど営業。

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=203858

(・”・)

お待たせ、遅ればせながら、春のザイトク祭の動画紹介!! 五族協和を掲げ、共生を押し付け、悲鳴をあげる在日らの憎い姿を御堪能くだされ。

在特連ブログ

http://s.ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11493038648.html

在特祭りの記録!

★動画ご紹介!

さる3月17日に東京都新宿区の大久保界隈で行なわれた『在特会』東京支部主催による「春の在特祭り」は非常に盛況なデモ集会となりました。既にユーチューブなどでは動画もアップされていますので、わが在特連で撮影した画像とともにご紹介しましょう。

大久保公園に集結した愛国市民デモの参加者たち

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保1http://www.youtube.com/watch?v=kHJ4gR9rl74&feature=player_embedded

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保2http://www.youtube.com/watch?v=tnzoNh3-Wpg&feature=player_embedded

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保3http://www.youtube.com/watch?v=s3q5DfvvAsY&feature=player_embedded

過去最多の動員をかけたと思しき在日・極左の妨害勢力その人数は100人以上とも言われますが、同じメンバーらがデモ行進を執拗に追尾してはローテーション方式で入れ替わり立ち代わりしていたと言われます

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保4http://www.youtube.com/watch?v=1U__aklsJ4I&feature=player_embedded

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保5ttp://www.youtube.com/watch?v=gjCbotZ-B38&feature=player_embedded

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保6ttp://www.youtube.com/watch?v=N-Sl2kME4-M&feature=player_embedded

大久保通りでパチンコ店の前に来ると、パチンコを打つために長蛇の列をなしているのかと見紛うほど妨害勢力がプラカードを掲げて待ち構えていました。全員、パチンコ屋に雇われたエキストラですかね? あっ、そうじゃなかった、パチンコ屋の「用心棒」か!? それともパチンコ屋の客が出て来て用意されたプラカードを掲げているんですかね、出玉と引き換えに?

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保7ttp://www.youtube.com/watch?v=X0lltjw0zBg&feature=player_embedded


春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保8(※デモ開始前の番外編収録)ttp://www.youtube.com/watch?v=eZmQGRJff0o&feature=player_embedded

春のザイトク祭り 不逞鮮人追放キャンペーン デモ行進 in 新大久保9(※アルバム集)ttp://www.youtube.com/watch?v=pd6i9aZCy6s&feature=player_embedded

在日なのか韓流に嵌った日本人なのか知りませんが、「レイシスト帰れ!」と書かれたプラカードを持っているオバちゃんもいましたよ。「恥を知れ!」なんて連中の常套句ですが、今や私用で大久保界隈に赴くことほど憚られることはないですよ。何たって韓流のメッカ!

■まずは先制パンチ。

★先日、福島で小児の甲状腺癌が3名、癌の疑い濃厚が7名と発表されました。経過観察された小児の一部ということですから、今後ますます増えるのでしょう。福島県立医大の教授は、放射能の影響は5、6年後から出るはずだから関係ない、と言っています。悪名高き山下俊一も同じ。残念ながら福島で活動する医師の中には、原発産業に魂を売り渡した輩がきわめて多いように感じられますな。

ついでに言うと、どうも放射線科医師の中に、住民に対して本当の放射線障害のコワさを伝えられないヤツが多い気がするな。いろいろな放射線科医師の講演を見たり聴いたり読んだりしていて、なるほど、と思えるものが少ないものな。福井の先生にもひどいのいるな..。

復興のため、と放射能の高い地域でイベントを催したり子供を集めたりする危険な行政やらくそメディアと同じ。悲しい福島の子供の会話は「私はいくつまで生きられるかな」。これを聞いて原発推進者に怒りが湧いて来ないヤツは人間じゃねぇ。



■新聞テレビより役立つニッポン裏事情          

★「アホのミックス」こと「アベノミクス」とTPP参加を手土産に、勇んでオバマと対話した安倍首相。予想通りメディアは大きな成果を上げたと大絶賛。しかし実態は夕食会にも呼ばれず、現地記者がオバマに促してやっと握手をしてもらった。日本の政治は戦後一貫して米国の管理下にあることが如実に現れた会見。これを絶賛した新聞テレビは大本営発表と同じ。                    

★米国の狙いの中心は実や医療や保険。国民皆保険制度を破壊し、外資系保険会社に依存する属国を作りたい。TPPでは日本の政策が米国の企業の不利益になったら米国の会社が日本を訴え、高額の賠償金をもらえる。なにせ裁判するのは米国。安い薬がつかえない、高度先進医療は金持ちだけが受けられる、貧乏人も大病院で診てもらいたきゃ保険に入ってね。ああTPP。

ついでに言うと、世界最大の保険会社AIJは経営破たんし、米国国有化となった。つまり保険会社が米国政府そのもの。<三橋貴明のYouTubeなどに出てたと思うよ>

★米国の国家財政は破綻寸前。何としても日本をTPPに参入させ、日本の国益を吸い取りたい米国のはげたか投資家や戦争屋が暗躍する。それを知ってなお日本をTPPに加入させようとする安倍らこそ売国奴。   

TPPを知りたきゃ、このYouTube見なきゃダメ。



[乞う拡散]リークされた売国のTPP草案?告発の要点をまとめてみた?

http://www.youtube.com/watch?v=efXmDiq-Eek



 この上のURLの元がこの下。 Democracy Nowで放映された。

参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕) 20120614

http://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8

    ついでに

5分で分かるTPP!どうしてダメなのTPP? 三橋貴明 2013.03.04

http://www.youtube.com/watch?v=XltdAvCy5Aw



★「国境なき記者団」から“報道の自由度”は世界の53位に大幅後退と告げられた日本の新聞テレビ(記者クラブメディア)。少しは反省するかと思ったが、テレビじゃやっぱ芸人に子供に放射能汚染食品を食わせまくり。

そういや、報道関係者、芸人も、がんが多発。ニュースキャスター大塚、アホな辛坊、樹木希林、その他大勢。

そういや、大企業が続々と東京から関西などへ本社移転。

そんな中、メディアが吹聴する復興支援事業など聞いて呆れる。ホントに旨い高級食材はこれまたテレビ職員が取材にかこつけ喰い漁っている。私たちは、放射能がちょっと基準よりオーバーだから、安全なのと混ぜて薄めて流通させましょ、みたいな食材を知らず知らずに食わされてる。 そして放射能情報を隠されたまま大気汚染はPM2.5と黄砂だけが悪いかのようにいつしか洗脳される。 

★そういやあ、NHKでは珍しく正しい原発放射能報道をしていたイケメン堀潤アナが辞職した。壮絶な圧力がかかり、報道から料理番組担当に左遷されると聞いていたら、本人が、辞職を申し出たらしい。

まあNHKってのは、公共放送と思っちゃいけねえ。なにせ、電力会社の大株主だってんだから、原発情報をマトモに出さないのはNHKでは常識。

NHK堀潤アナが退職!「NHKを離れても公共メディア人でありたい」

http://ameblo.jp/takumiuna/entry-11493561333.html  

韓国へのサイバーテロは割れosが原因

韓国へのサイバーテロは割れosに時限爆弾ウィルスが仕掛けられていたのが原因と見られ韓国はos使用料をを払うのが嫌で中国から不正なosダウンロードしていた可能性が浮上している。
現在アメリカのマイクロソフトと韓国軍がos使用料の事でもめている
韓国軍が中国の割りosを使っていたら軍の中枢は握られている可能性がある。

TPPで輸出は増えず内需(農業・医療など)がやられる

TPP推進派は産業競争力を強化し輸出で外貨を獲得しないと大変なことになると騒いでいます。
日本はすでに内需依存国になっています。
多分日本が貿易依存度低いと言われて釈然としないのは、理屈で考えてどうこうというより子供の時から日本は輸出依存国とずっと言われてきたからそう信じこんでしまってるせいだと思いますよ。日本の教育をやっている人は実際に貿易依存度が高かった時代の人達ですので、その人達から教育を受けたしたの世代もそう盲信しやすいです。自国での産業が発展するに連れて貿易依存度が下がってくるのは普通なんですけどなかなか受け入れられない人も多いですね。一旦信じてしまった信仰を否定されても受け入れられないのと同じです。

キムチとの共生シン話に洗脳をされ続ける日本、明治以降続くこの危機的状況に、日本人は、何時、気づくのであろうか? 気付いてる人のブログ記事を紹介。

最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51887728.html

共生主義なる安全保障の崩壊!

中国依存の売国制度と体制の責

作為的な頓挫?

 ★安倍・自民の西南防衛強化!

☆日本人の真の敵とは日本の体制そのものという悲劇! 安倍内閣・自民党政権は中国を睨んだ「西南防衛強化」の一環として与那国島(沖縄県)への自衛隊配備と基地建設を目指していたが、これを当面は断念するとした。

 当初、防衛省が「ショバ代」として最大1億5千万円としたのに対して、与那国町側が10億円の地代を要求してきたためである。

 今後、政府・防衛省は町側と交渉を続ける構えだが、双方で隔たりは大きく、難航が予想される。

 日本の最西端に位置する与那国島を含め、南西諸島は陸上自衛隊が駐屯していない対中国の空白地帯。防衛省は周辺海・空域での動きを活発化させる中国への牽制として、陸自によるレーダー探知の沿岸監視部隊100人規模を与那国島に常駐させる計画で、航空自衛隊も航空機への警戒態勢強化として移動式レーダーによる移動警戒隊を展開させる予定だった。

 中国による侵攻を想定し、与那国島に続いて宮古島や石垣島にも部隊を配置させる予定であったとするが、与那国での躓(つまづ)きにより、宮古・石垣両島でも用地取得が困難になるのではないかとの懸念を示している。

 一見は政府の目論見が最初の段階で崩れたとの見方もあるだろうが、案外、政府にとっては最初の目論み通りだったと言えるかも知れない。

 これまで日本政府は中国を恐れ、中国に憚るあまり、自衛隊基地を西南日本に配置することが出来なかった。

 国内向けには有権者へのアピールから対中国強硬姿勢と西南防衛を打ち出しておかなければならない。しかし、対中関係からそれは露骨には出来ない。基地・部隊を移設させて西南の守り強化を打ち出したものの、左翼勢力と結託した地元との交渉が折り合わなかった、猛反発を食らった、実行出来なかったのは国内左翼による妨害のせいだと言えば通りは良いだろう。

 有権者の反発は在沖の左翼勢力へと向かい、地元は地元で軍(自衛隊)の進出を阻止したと主張出来る。

 あるいは政府としては与那国での交渉難航と頓挫から、年間10億円に足る、さらなる予算を引き出すための口実にするのかも知れない。10億円をせしめた与那国町にとっても願ったり叶ったりである。

 対中強硬姿勢の手前、やっぱり中国様が怖いので自衛隊配備は出来ませんとは言えない。そこで国内左翼に牛耳られた自治体が登場、バカ高い地代を吹っかけられたので交渉が難航していますと言っては有権者向けの時間稼ぎをする一方、中国には心のソコから敵対姿勢はありませんということをしっかりアピール。

 部隊と基地移設に反対する国内左翼も中国人民解放軍の沖縄侵攻に加担ばかりしているわけではなく、そこはしっかりとごね得をして政府から搾り取れるだけ搾り取れたら、表向きの反対は最後まで主張しても部隊が配備されることを追認する算段ではないか。

 最終的には南西諸島で対中戦争の準備が整いませんでしたので、尖閣や東シナ海の油田をめぐる問題および極東アジアの安定には中国との対話の継続が欠かせませんとなって、中日防衛ホットラインやら中日戦略的互恵関係が持ち出されると見ている。

 かたや防衛予算の利権保守で、かたや利権左翼…その双方の妥協で確立された安全保障に何か意味があるのか? まさしく与那国の陸自配備をめぐる問題は「日本の縮図」であり、日本の近未来を暗示しているのである。

 そんな安全保障には何の意味もなく、仮に与那国ほか南西諸島への陸自配備が実現しようと、自衛隊が国防軍になろうと、集団的自衛権の行使が認められようと、極東有事において中国と日本の間で対話による解決が図られる結果に変わりはないのである(ただし軍事力を背景とする中国に、一方的に有利な対話において)。

 もし日本が本当に対中戦争の準備を進めているのなら、在沖の国内左翼勢力の摘発と撲滅、壊滅に乗り出すほうがよほど早道だろう。

 中国系の帰化人も相当数が入り込んでいるのだろうが、そうした国内左翼が跋扈している状況から、とても日本が対中戦争の準備から本気で沖縄防衛を考えているとは思えない。

 まさしく日本の近代政治(議会体制)と自民党政権を司る西南体制(首相・安倍晋三の出自である旧長州閥など)は朝鮮(韓国)の走狗であり、中国の走狗でもあり、中韓そのものの存在なのである。

☆準戦時下で見えた日本の白旗!

 尖閣諸島がどうという問題も然ることながら、今の日本に必要なのは戦時態勢を前提に中国からの人(ヒトモドキ)の流れという安全保障をどうするのかといった対策であり、これを直ちに塞き止めなければならない。

 広島にある海産物の加工会社で中国人実習生による社長らへの惨殺事件が発生した。こうした中国人実習生の凶行は実習制度の導入が始まってから何度となく聞かされている。やれ養豚場で経営者らが惨殺されたとか、研修・実習先の会社から失踪した中国人が警察官の職務質問から逃れるために凶器を振りかざして襲いかかったとか、実習生に限って見てもこの有り様。留学生に限って見ても中国人のそれは先進国の中で日本だけが異様に犯罪発生率が高い。その他、中国人による犯罪、凶悪事件と言えば外国人犯罪の定番と言うくらいに常態化している。

 そうした中、中国人実習生による凶行が起きた直後にも関わらず、「これからも中国人実習生の方々に頼らなければならない」「中国の人に偏見を持ってはいけない」「中国の人と仲良くしなければいけない」などなど…これが現代日本人のメンタリティとしてすっかり定着してしまった。 中国人による強盗殺人などの被害に遭った然る被害者・遺族らは、自身が中国人と関わっていた、自身が中国人を雇用していたがために凶行の被害に遭ったというのに、なおも中国人との関わりを断とうともしない、なおも中国人を雇用し続ける愚行を繰り返す…。

 こういう中国人との共生が当たり前のこと、絶対に欠かすことの出来ないこと、そのようなメンタリティに陥らせてしまっているのが現在の共生社会であり、一貫した開国政策の近代体制だ。

 よく在日中国人の支援者・支援団体として左翼や人権派の存在が取り沙汰されるが、彼らが中国人や外国人との共生を目指した「体制左翼」であるなら、中国との偽りの友好関係の下にあらゆる制度で、際限なく中国人を受け入れているのが自民党とその支持層など「体制右翼(保守)」である。 どちらに行こうが、そのスタンスが異なるというだけで、共生社会に反対する者は新型極左集団『レイシストをしばき隊』がやっているような闇討ち(暴力)で葬り去るか、合法的に葬り去るかの違いに過ぎない。

 広島での実習生による凶行を受け、周辺の人々が不安に思っているように、一会社で起きた事件であろうが地域一帯から中国人を叩き出して当然である。しかし、現実には外国人実習制度なるものが存在する以上は誰もが中国人実習生が来日するのが当たり前で常識だと思っている。ゆえに中国人実習生に依存する悪循環がいつまでも続く。

 実習制度に端を発する広島の加工会社をめぐる問題は日本国そのものの縮図でもあるだろう。中国と共生したい、仲良くしたい、韓国と共生したい、仲良くしたい、そのような体制が存在しているがゆえに誰もが中韓との共生・友好が当たり前で常識だと思っている。

 尖閣問題で中国からのフェイントに目を奪われている間に、長距離弾道の大量破壊兵器でとうに日本列島全土が射程圏内に収められている。こうした状況にあって、敵国の人間(ヒトモドキ)が続々日本に入国している、日本自らが招き入れているという「安全保障の崩壊」が真っ先に正されるべきだというのに、その真逆のことにばかり勤しんでいる今の体制は戦わずして中国に白旗をあげる事態は目に見えているのではないか。

洞庭湖消えて支那滅ぶ。

アラル海消えて、ソビェト社会主義共和国連邦滅ぶ。

洞庭湖消えて、中華人民共和国も滅びるのも、そう遠いにのことであるまい。

今日も福島沖で被爆した米兵に向かって岩国基地にオスプレイを配備する行為を神の声として地獄へ行くことになると街宣してきた

瀬戸の自己都合の欺瞞思考を裏切った自称弟子の有門は、同和ブログと蔑視し続けてきた辻本さんの思考・価値観まで変えれると自己陶酔に酔いしっていることこそ、有門が賊軍会津たる所以ということ。


有門が天皇家の正統性を否定でしておきながら自身を保守と思い込んでることこそ本当に空恐ろしくなるが、一貫性のある理論武装を形成することが出来なかった瀬戸の弟子だけのことがあると、おそらく政治ブログランキング上で最もお粗末な自己欺瞞ブログの記事にさえ恥じらいがないのでしょう。

レイシストとしての立ち位置でしかなかった瀬戸のことなど在日・同和・特亜・創価が相手にしないことさえきっと理解できないようですから・・

ネトウヨにとって政治ブログランキングがインターネットを介したネトウヨの最後の言論のはけ口に過ぎなかったことが証明されたことは、トップの三橋貴明や2位のCOFFEEのブログが世論に何の影響も及ばさなかった以上に、日本国の真の主権回復に対しての妨害ブログの役割でしかなかったということです。

病気の牛(口蹄疫)カルビが旨い朝鮮焼肉を食べよう (注:朝鮮人様限定)2

大腸菌キムチも忘れずに!

朝鮮売春婦と焼肉屋は、共同謀議による犯罪行為と北朝鮮への送金を止めなさい!

★もんじゃ・鉄板焼「みのり」(東京都練馬区) 鄭徹寿 東京都練馬区練馬1―20―2、TKGビル2F。℡03・3992・6641
★冷麺専門店 KORYO(東京都台東区) 権星桂 東京都台東区柳橋1―12―8(℡03・3863・0023)
★焼肉ハウス千里亭(東京都港区) 方世杰 
★林(リム)さんのキムチ(東京・国分寺) 林玉順
★キムチ店・「キムチの高麗家」(京都・南区) 金君子 京都府京都市南区西九条東比永城町74-16。TEL 075・661・2938、FAX 075・661・5538
★ビーズアクセサリー・イプゲスセヨ(東京) 李相子 
★お好み焼き、鉄板焼き・「一(はじめ)」(岡山市) 黄悦子 岡山県岡山市磨屋町7-11磨屋町パレス1階(TEL 086・222・1221)
★カフェ・meal on meal(愛知・名古屋) 全幸純 張香 麗美 愛知県名古屋市港区港栄3-11-14 052・651・3116
★焼肉・焼肉はうす 明松館(長野県松本市) 李浩遠 李梢 長野県松本市蟻ヶ崎5-1-28 0263・34・1948
★和風創作鉄板・やきやき亭(静岡市) 李貴文 崔一守 静岡県静岡市北安東4―18(TEL 054・248・6060)
★朝鮮式創作料理・サラン(大阪市生野区) 金尚美 金一九 大阪府大阪市生野区田島1丁目10―4 TEL&FAX 06・6758・5539
★焼肉・たんぽぽ(静岡市) 趙吉 睦華順 静岡県静岡市清水草薙一里山5―5(TEL 0543・46・4478)
★焼肉・「北光園」(北海道札幌市) 金清 金星竜 金且竜 北海道札幌市中央区南5条東2丁目(TEL 011・531・6593)
★お好み焼き・ぼてじゃこ(富山県福井市) 金俊子 本店:富山県高岡市東中川町(TEL 0766・21・8033)、佐野店:富山県高岡市佐野(TEL 0766・22・0455)、横田店:富山県高岡市横田本町(TEL 0766・23・3399)、新湊店:富山県高岡市姫野(TEL 0766・84・8838)、小杉店:富山県射水郡小杉町下条(TEL 0766・56・8488)、呉羽店:富山県富山市茶屋町(TEL 076・436・0144)、豊田店:富山県富山市下赤江(TEL 076・442・0303)、熊野店:富山県富山市下熊野字柳原割(TEL 076・428・1888)、山室店:富山県富山市中川原(TEL 076・493・7066)、魚津店:富山県魚津市吉島(TEL 0765・23・0720)、大宮店:福井市大宮(TEL 0776・30・1115)、片町店:富山県福井市順化(TEL 0776・29・0999)
★屋台・屋台屋ぴょんきち(福岡市中央区) 李哲柱 福岡県福岡市中央区天神1丁目中央公園西側歩道(TEL 090・9074・4390)
★家庭料理・有里(大阪市鶴橋) 李勝男 文民子 大阪府大阪市天王寺区舟橋町19-6 06-6761-3220
★焼肉・明洞(広島市中区) 白承浩 広島県広島市中区小町8―3モントレービル1F(TEL 082・241・1129)
★やきとり&串かつ・ひょうたん(岡山県岡山市) 金光雄 李秀子 金栄子 岡山県岡山市泉田34―28(TEL 086・234・1116)
★韓国居酒屋・屋留気(兵庫県神戸市) 韓福南 鄭順仙 兵庫県神戸市須磨区大田町1―2―15(TEL 078・737・0441)
★韓国居酒屋・らごん(兵庫県尼崎市) 黄栄吾 李基鳳 李久和 李蘭文 兵庫県尼崎市長洲西通1―1―19(TEL 06・6482・3130)

拉致犯罪幇助と売国行為に、加担すべきでないと思うんじゃけんど、、、
SHN クン、どうじゃろか?

(・”・)

自民は交渉離脱しか道はない現実

今日本人がすべき事はいつでも破棄できる日米安保条約はそのままにして、世界に類例のない日米地位協定の27条により米軍の治外法権をなくす事。

TPPはアメリカの日本に対する宣戦布告(ハルノート)であるから、TPPの内容を米国市民に知らせて米国のTPP反対世論を盛り上げる事。

シンガポールで行われていたTPP第16回交渉会合が13日に終了した。この内幕を独自取材により明らかにした内田聖子氏(PARC事務局長)に14日、岩上安身がインタビューした。この交渉会合の閉幕に際し、アメリカ通商代表部(USTR)は声明を発表。その声明には、関税を含むいくつかの交渉グループは、最終段階の会合まで集まる予定はない、という驚きの内容が含まれていることが明らかとなった。


 USTRによる声明には以下のようにある。

<関税(customs)、通信(telecommunications)、規制の統一(regulatory coherence)、開発(development)を含むいくつかの交渉グループは、今後の会合で法的文書に関して再度集まっての議論は行われず、これらの分野において残った課題は、合意がファイナルとなる最終ステージの会合で取り上げられる予定である。このことにより、TPP参加国は、知的財産権、(公的機関の)競争、環境といった、残った最も難しい問題の解決に努力を集中させることができる>

 つまり、今から日本がTPP交渉に参加しても、関税に関する議論には参加することが出来ない、ということだ。「聖域なき関税撤廃を前提にする限り、TPP交渉参加に反対する」という自民党の公約は、TPP交渉において実現されないということが明らかになったと言えよう。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/67743

4月28日は「主権回復の日」でなく「日本の米国属国の日」

講和条約や安保条約と同時に発効したのが、日米地位協定の前身である日米行政協定だったという。この3つが1952年4月28日に発効する。この日が「主権回復の日」ということになっており、安倍晋三首相は、記念式典を行うつもりらしいが、この日はまた同時に日本が本格的なアメリカの属国となった日でもある。だから主権回復は名目だけ、日本はこの日から今に至るまで、アメリカの属国となった。

 その属国という性格を法的に裏付けているのが、日米安保条約であり、日米行政協定である。行政協定は名前は地位協定に変わっているが、他の安保条約に比べても格別に従属的な内容となっている。

 前泊らは、戦後体制は、この「講和条約―安保条約―行政協定」という三重構造であると喝破(かっぱ)している。一般的には講和条約が一番重要であるとされるが、実際は細々とした内容である行政協定が日本をがんじがらめに縛っているとする。この指摘を行ったのは、孫崎享の『戦後史の正体』でも登場した、愛国派の外務官僚(この場合には反吉田茂派)の寺崎太郎(昭和天皇の御用掛である寺崎英成の兄)である。
・・・・
 だから、日米地位協定を根本から見直すしかないのである。イラクにできたことが日本にできないわけがないはずである。
 この地位協定の第27条には「いずれの政府も、この協定のいずれの条についてもその改正をいつでも要請することができる。その場合には、両政府は、適当な経路を通じて交渉するものとする。」と書かれている。さらに安保条約10条には、「いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する」と書かれてある。

 日本国の代表者は外務官僚ではなく、主権者である国民の選んだ政治家である。その政治家がこの地位協定の第27条を利用して来なかった。だからいままで日本はアメリカの属国で在り続けてきたのだ。安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を目指して憲法や教育基本法を変えようとしており、橋下徹と石原慎太郎の「日本維新の会」も民主党の野田・前原らもこれに同調している。
 しかし、日米安保と地位協定という不平等条約を放置したまま、憲法を改正させることがアメリカのネオコン派の目的である。安倍晋三首相は自らの主張が「戦後レジーム」の一層の強化につながることに気づいていないようだ。
http://www.snsi.jp/tops/kouhou

新風はレイシスト政党でないことを証明するために瀬戸を党員剥奪する時期にきている

辻元さん、有門が常日頃辻元さんが薩摩人であることを同和・西南人とレイシスト行為しかしていないことで、辻元さんのコメ欄に有門の記事を拡散させる目的が妨害にあることは間違いありません。

ということで、そろそろアク禁でいいでしょう。

天皇陛下さえ侮辱しないと理論が崩壊する有門が、レイシスト瀬戸弘幸からレイシスト行為を行っていると解釈すればいいだけです。

今、巷では、なりすまし等、在日が必死となり、泣き叫ぶ。 その在日が泣き叫びたくなるブログ記事の御紹介。

最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51887941.html

開国なる「加害国」の宿命

共生主義なる安全保障の崩壊!

★動画ご紹介!
NPO外追 第2回臨時研修会 「近代日本による開国の責任を考える」http://www.youtube.com/watch?v=-3M4ZT2mDCE公開日:2013/03/22平成25年3月18日 NPO外国人犯罪追放運動 第2回臨時研修会にて~外国人実習制度に殺害された者たち~講師:有門大輔

NPO外追 第3回臨時研修会 「外国人犯罪の被害者・遺族らと共に」http://www.youtube.com/watch?v=CblPVOse6FM公開日:2013/03/22 平成25年3月22日 NPO法人外国人犯罪追放運動 第3回臨時研修会にて~かくのごとく国家政府の責任を問う~講師:有門大輔

★外国人凶悪犯罪、続発の月!

☆歪な制度と共生もたらす近代・開国政策こそ「ヘイト」せよ!

 この3月というのは立て続けに外国人による凶悪犯罪がクローズアップされた月だった。

 まず2月末日に起きた東京・吉祥寺でのルーマニア人・今井アレックス容疑者による女性強殺事件に3月上旬の世間は震撼した。そして半月後の3月14日に広島県の水産加工会社で中国人実習生・陳双喜(ちん・そうき)による社長ら2名に対する殺害、6名に対する傷害事件で日本列島が震撼。

 しかし、それとて発生当初こそ大々的な報道がなされたものの、その後、早々と事態は沈静化へと向かい、風化の兆しすら伺える。正確には沈静化したと言うよりも、マスコミ報道によって別の物事への関心へと誘導されていると言えるだろう。

 さる3月22日、吉祥寺・強殺事件で逮捕された今井アレックス容疑者と共犯の少年が家裁送致されたことをマスコミ各社が伝えた。事件の悪質性から2容疑者は家裁から再び検察に戻されて、成人と同じ公開の法廷で審理される見通しだという。当然である。それでも素行不良な容疑者らにとってはぬるま湯のような環境である。

 調べに対し「遊ぶカネが欲しくて襲った」と供述していた両容疑者らは「取り返しのつかないことをしてしまった」と述べたと言うが、まったく以って取り返しがつかないのは殺害された被害者の人生である。

 今井アレックス容疑者の恵まれつつも頽廃し切った家庭環境や普段からの素行の悪さについては、当ブログに情報が寄せられたものの、マスコミ各社の報道ではそうした実情を把握していながらも正確には伝えられていない。加えて被害者遺族の近況、心境というのも伝えられない。事件というセンセーショナルな事実のみが興味を惹くように伝えられ、後はたな晒し同然に忘却、風化へと仕向けられるようでは無限ループのようにまたぞろ同様の被害を招くだろう。

 他方、広島の8名殺傷事件で逮捕された陳容疑者については、決まり文句の如く、事件以前の同容疑者を取り巻く職場環境などがこれまた同情的に伝えられている。

 調べに対して、陳容疑者は「会社の皆にバカにされた」と供述していることが産経新聞より伝えられたが、「ころすつもりだった」(同)とするように明らかな殺意のあった凶悪犯罪でも、まるで職場でイジメがあったかのように容疑者に同情的な報道である。

 TBS系の放送では陳容疑者が「会社全体に不満を持っていた」とする供述内容が伝えられており、陳容疑者が言葉の違いや日本人との働き方のギャップなどから、殺害された川口信行社長らへの不満が暴発したかのような報道。

 同じくTBS系では「自由がなかった」とする陳容疑者の供述が伝えられた。その他、陳容疑者が同胞の中国人には「(いつも叱責する)社長が怖い」「いつも一人で淋しい」と話していたことが他社の中国人実習生から明らかにされている。

 それにしても分からないのは、陳容疑者は今年5月にも帰国の予定で、そのため、故川口社長の取り計らいで陳容疑者への慰労会が会社として開かれていたという事実である。通常の日本人的な発想で言えば、5月にはもう帰国するのだからそれまでの辛抱ではないかと思うが、そこで信じ難い凶行に及ぶのが日本人の感覚では考えられない中国人という異人種・異民族なのだろう。

 ただ、受け入れ機関によるケアもない、フォローもない、まったく言葉も分からない異国の地で孤立した状態にあった、会社での仕事はキツい、周囲の人もキツい…こういった報道がなされると、帰国を目前にした陳容疑者がそれでも凶行に及ばざるを得なかったという方向に誘導されかねない。

 陳容疑者が凶行に及んだ、陳容疑者が8名を殺傷したという事実よりも、何故にそうした凶行に至ったのか、その背景ばかりが同情的に伝えられるとトンだ結果を招きかねないのではないか。これは今後の裁判にとっても方向性を左右する重要な箇所である。

 先ごろ、関連ブログにて愛国市民デモへの弾劾や法規制を求める韓国民団とマスメディアの動きについて言及させて頂いた(下記アドレスをご参照)。

民団の「日本人追放」機運に対峙!http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11496033305.html
☆「通名」なる特権制度的な行政の慣例!

  日本人の愛国デモが韓流タウンなどに集う韓国人を差別した、在日社会を迫害したというものだが、社会運動のデモンストレーションにおいて激しく、時に汚い罵声が飛び交ったりするのは当然で、衝突まではいかないとしても小競り合い程度のことは起きて当然だろう。

 ところが、日本人の愛国市民デモによる「差別的な言動」ばかりがクローズアップされ、何故に日本人の中からそこまで怒り出す人々が現われたのか、何故そこまでキツい表現が飛び出したのか、そしてこれまで在日韓国・朝鮮人の犯罪によってどれだけの日本人が殺害され、財産を奪われ、犠牲になってきたのか、その「凶行」「事実」についてはまるで議論されていない。在日が通名によって「日本人犯罪者」に成り済まし、その後、また別の通名でさらに別人格に成り済ましているような事実についても。

 ただ、デモによる言動ばかりが強調されて、一方的な断罪が行なわれようとしている。

 広島の中国人実習生による凶行も同様。陳容疑者が凶行に及んだという事実よりも、まるで日本社会が疎外したから、会社でイジメや差別・迫害があったかのように誘導され、そのように仕立て上げられているのではないか。

 デモ行進で在日社会や通りを行き交う韓国人、韓国系店舗に対して激しい罵声を浴びせたのが何だと言うのか? それ以前に在日による凶悪犯罪で日本人が犠牲になったとか、日本人よりも在日の加入率が遥かに高い暴力団の存在によって平穏な市民生活が脅かされているという事実が完全におざなりにされてしまっている。

 その一方で、たかだか声しか発しておらず、暴動・襲撃はおろかガラス一枚さえも割らない整然としたデモ行進が差別的であると言って、主張そのものへの法規制やら罰則などというのは実に舐めた話ではないか。あまりにも一方的過ぎるのではないか。 {後略}・・・

読めば一目瞭然、此のまんまだな、在特連ブログから、

http://s.ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11496789696.html

有田スターリンの言論封さつ

☆歪な制度と共生もたらす近代・開国政策こそ「ヘイト」せよ!

★日本人差別主義を容認しない愛国市民デモカルト問題ジャーナリストで現参議院議員の有田芳生(ありた・よしふ)が何やらご自身のブログで喚いているようです。拉致被害者家族の横田夫妻まで持ち出してきました。



在日擁護の連中というのは、愛国市民デモを封さつするためなら何でも持ち出すし、何でもアリの何でも屋さんになってしまいます。そう言えば在特会バッシングでちょっとした顔(?)になった新型極左集団『レイシストをしばき隊』の野間易通(のま・やすみち)は先ごろ、「在特会と手を組んででもつぶしたい」として誰かに怒りをぶつけたとか、ぶつけなかったとか言われていますが、ツイッターでこうした書き込みを見た方からは「相当に病んでいる」とも指摘されていました。今まで散々罵詈雑言を浴びせては襲撃事件まで引き起こしておきながら、誰をどうやって何をつぶしたいのか知りませんけど、在特と手を組んででも・・・ってのはないでしょう。ご冗談がきつ過ぎますよ。そう言えば野間さん、先日、東京・大久保で行なわれた愛国市民デモ(3月17日)には終始サングラスをかけて登場されていたようですが、それってご自身の目つきについて方々のブログ等で指摘されたことに起因するのですかね?まぁ~色々と宜しくないご指摘もありましたからね。そのしばき隊とも歩調を一にする有田の話に戻しましょう。




TPP交渉参加には反対です

 「聖域なき関税撤廃を前提とする限り、TPP交渉参加に反対する」という文言は、参加しないための口実なのかなと考えていましたが、安倍さんはどうやら本気で参加したいようです。驚きであり残念です。
 前回の安倍政権のとき期待したが結局ダメだったが、今回はそうなってもらいたくない。
反対派の皆さんにはがんばってもらいたいですね。

環太平洋経済連携協定(TPP)問題 の裏の裏。1時間半たっぷり音声ラジオで語りました!

2013年03月23日21:31


環太平洋経済連携協定(TPP)問題 の裏の裏。1時間半たっぷり音声ラジオで語りました!

アルルの男・ヒロシです。

[紊・��]秀太郎さんの司会で人気のネットラジオ番組「アザーサイド・ジャーナル」に再度出演し、現在、日本のマスコミの大きな話題になっている、環太平洋経済連携協定(TPP)問題。

日本の農業に与える影響、日米関係、日中関係にどういう影響を与えるか、TPPに隠されたアメリカの真の狙いは何か?
マスコミでは取り上げないTPPの裏の裏を、1時間半ちかくタップリと秀太郎さんと対談しました[/紊・��]。

http://blog.livedoor.jp/bilderberg54/archives/25950368.html

驚愕の不平等条約TPPの毒素条項を解明する~これでもTPPに参加するのか!!!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=273291

政府は、これらの毒素を無効にした上で、国民にきちんと説明することが求められる。でなけば、アメリカとのTPP等に参画することは、国辱的で売国奴的といえるものである。

☆投資家保護条項(ISD条項:Investor-State Dispute Settlement)

日本に投資したアメリカ企業が日本の政策変更により損害を被った場合に、世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターに提訴できるというものである
国際投資紛争仲裁センターはアメリカがコントロールしているので提訴の結果はアメリカ側に有利になるのは自明の理なのだ
この条項は日本にだけ適用されるようになっているので見事な不平等条項である

☆ラチェット条項(Ratchet条項)

貿易などの条件を一旦合意したら、後でどのようなことが発生してもその条件は変更できないというルールである
つまり、一度決めた開放水準は後で不都合・問題があったとしても逆戻り出来ないという恐怖の条項なのだ
例えば、牛肉などの農産物で、狂牛病や遺伝子操作作物で、健康被害が発生したとしても、それをもって輸入の禁止や交易条件、国内でのアメリカ産のものの規制はできないということだ
健康や安全のためがあっても、規制を緩和したらそれを元に戻して再規制するということはできないのである
ここまでくるとばかげているとしかいえない

☆NVC条項(Non-Violation Complaint条項)

非違反提訴のことである
つまり、米国企業が日本で期待した利益を得られなかった場合に、日本がTPPに違反していなくても、アメリカ政府が米国企業の代わって国際機関に対して日本を提訴できるというものである
違反が無くて、日本で期待した利益を得られなかった場合にも提訴できるというのが、恐ろしい部分であり、 例えば、公的な健康保険分野などで参入などがうまくいかないと、提訴されて、国民健康保険などの公的保険制度が不適切として改変を求められるということにもなりうるものだ
これを様々の分野でやれるということなのだ

☆スナップバック(Snap-back)条項

アメリカ側が相手国の違反やアメリカが深刻な影響ありと判断するときは関税撤廃を反故にできるというもの
例えば、自動車分野で日本が協定違反した場合、または、アメリカ製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすとアメリカが判断した場合、アメリカでの自動車輸入関税撤廃をアメリカが無効にできるというものである
関税の撤廃も、アメリカ企業に深刻な影響を与えるとアメリカ側が判断した場合はいつでも反故に出来るというすごい条項なのだ
これも見事な不平等条約の条項である

☆未来の最恵国待遇(Future most-favored-nation treatment)

将来、日本が他の国にアメリカよりも条件の良い最恵国待遇を与えたときは、自動的にその最恵国待遇はアメリカにも付与・適用される
何の交渉も不要でアメリカは最も条件の良い最恵国待遇を手に入れられることとなっている
アメリカの都合のみ良くなっている
しかも、これは日本側にだけ義務が生ずるという究極の不平等になっている(アメリカ側は日本にこれを補償しないという不平等が当然という仕組みなのだ)

☆ネガティブリスト方式

明示された「非開放分野」以外は全てが開放されるとするもの
すなわち、例外として明記されない全ての分野は全面的に開放され、アメリカとの自由競争にさらされるということである
だが、このリストが遵守される補償は無いようになっているのだ - 次の項目を参照

☆規制必要性の立証責任と開放の追加措置

日本が規制の必要性を立証できない場合は、市場開放のための追加措置を取る必要が生じるというもの
(政府の立証責任)であり、その規制が必要不可欠であることを韓国側が「科学的に」立証できない場合は、無条件で追加開放しないといけないものである

これは、例えば、お米をネガティブリストに当初加えていても、その規制が必要であることを立証できないと無条件開放させられるので、米もいつまでも規制対象とはなりえないのだ
これは他の品目やサービスも同じことなのだ
アメリカの都合で次々と市場開放が行える仕組みなのだ

☆TPPの交渉・適用の驚くべき仕組みがこれだ・・・・・・

どう考えても21世紀の民主的ルールとは思えないものだ

* 90日ルールにより、実質的には、ルール作りには参加できない・・・ルールは作れない

* 交渉では、既にあるルール、すなわち、アメリカのルールを受け入れるかどうかとなっている

* 交渉内容は秘密扱いとなっている - 開示されないので、闇の中で条件・内容を飲まされる仕組みである

* アメリカ国内では、TPP,FTAのルールは既に立法で法的に無効とされている - アメリカ国内法が優先する

* であるのに、各国(日本)ではTPP,FTAルールで縛る - TPP,FTAルールが各国の国内法よりも優先する

* TPP,FTAのルールでアメリカ国内で訴えても全て棄却される仕組みがすでに完備している

これらからみると、完璧な非民主的、不平等、植民地的ルールである
このようなものをアメリカと合意するというのは通常は信じられないこと

アメリカが各国(日本)を強姦するようなもの

(アメリカの狙いは、関税よりずっと重大な邪魔者であり続けている非関税施策を日本に解除させることにある)
http://satehate.exblog.jp/19624888/

http://blog.nihon-syakai.net/blog/2013/02/002497.html

自民党が壊れるか、日本が壊れるか
もうこの二つに一つの選択肢しか残されていない段階にきています。

なぜか。

当たり前な話ですが、結党以来、日本をアメリカの属国とし、日本のアメリカ化を推し進めてきたこのアメリカ傀儡政党は、日本を解体し、アメリカに組み込む最終段階に着手をはじめたからです。

TPPと道州制という、彼らがやろうとしている明治維新にも匹敵する日本の制度改変を見れば、これは、どなたでも否定することのできない事実です。

この日本のアメリカ化によって、日本がどういう社会になっていくのか、アメリカのひどい貧困と格差の様子を次の記事から読み取って下さい。

以下WJFプロジェクト様ブログをご覧ください。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-dbd2.html

叙々苑で大腸菌キムチを食べよう (注:朝鮮人様限定)


病気の牛(口蹄疫)カルビ焼肉も忘れずに!

朝鮮売春婦と焼肉屋の朴泰道(通名・新井泰道)は、共同謀議による犯罪行為と北朝鮮への送金を止めなさい!

★韓国家庭料理・韓ノ家(東京都練馬区) 李在龍 東京都練馬区豊玉北5―22―13(TEL 03・5999・2314)
★全羅南道料理・臣家(東京都足立区) 池洙鐘 金高勲 金炳南 東京都足立区綾瀬2―23―17。TEL 03・3602・0102
★韓国料理・チョリ(神奈川県川崎市) 成姫 神奈川県川崎市中原区市ノ坪451(TEL 044・422・7874)
★炭火焼肉・囲も~家(兵庫県加古川市) 方英哲 金英子 兵庫県加古川市加古川町北在家767-4(TEL 0794・25・1136)
★焼肉・山水(東京都国分寺市) 朴英振 東京都国分寺市本町3-2、バザールK1階(TEL 042・325・6111)
★お食事処・さかゑや(鳥取県境港市) 鄭三九 鳥取県境港市上道町2184-19(TEL 0859・42・5400)
★お好み焼き・源(埼玉県川口市) 安貞任 圭源 埼玉県川口市芝新町15-2(TEL 048・269・8809)
★韓式酒家・とっとっ(兵庫県神戸市) 朴洋子 金錫宏 兵庫県神戸市中央区北長狭通1-3-1K&Rビル7階(TEL 078・321・3138)
★炭火焼肉・味楽亭(千葉県松戸市) 姜君子 千葉県松戸市下矢切50(TEL 047・367・0873)
★韓国料理・韓京膳「おもに」(福島県郡山市) 林京蓮 福島県郡山市駅前エリート11ビル1F(TEL 0249・31・8381)
★朝鮮家庭料理・真暖(広島市中区) 李朝子 広島県広島市中区十日市2-3-14 TEL 082・232・6614
★居酒屋・呑ぐ里(東京都荒川区) 金京生 正愛 東京都荒川区町屋3-3-11(TEL 03・5692・3380)
★朝鮮特産物・キムチの店(京都府舞鶴市) 杜順点 京都府舞鶴市引土折原37(TEL 0773・77・1372)
★焼肉・金華園(東京三河島) 金恒満 金弘子 東京都荒川区西日暮里1丁目4-23 03-3806-2189
★炭火焼肉・幸永(東京都新宿区) 金益根 尹鐘源(通名:平山幸永、平山敬裕、尾尻更子、尾尻健介、平山京) 東京都新宿区歌舞伎町2-4-11 ノア新宿マンション1階 03-3205-4364
★焼肉・両班(埼玉県浦和) 功煥 埼玉県さいたま市浦和区岸町4-1-35 048-834-4129 現在は 韓の蔵 という名称で営業中の模様 
★エステティックサロン・FACTA.(京都市中京区) 全英順 京都市中京区聚洛廻東町22 コスモ二条1F 075-823-2015 Clinical Beauty Facta
★炭焼ホルモン・宝や(埼玉県浦和) 姜大植 李秀益 埼玉県さいたま市浦和区東仲町12-7 048-887-6970
★焼肉・HARUMI(東京都調布市) 芮浅海 東京都調布市布田3丁目43-9 042-498-0600
★韓国家庭料理・ととり(横浜市鶴見区) 申浩一 陳智子 神奈川県横浜市鶴見区下末吉4丁目9 - 13 045-582-0155
★焼肉・一福(京都市西京区) 呉煐俊(通名:呉山煐俊) 京都府京都市西京区山田久田町10-71 TEL 075-394-6029 FAX 075-394-6468

拉致犯罪幇助と売国行為に、加担すべきでないと思うんじゃけんど、、、
SHN クン、どうじゃろか?

(・”・)

えっと、名前は書きませんが皆さんへ報告です。

あたしはどうにか大学に合格しました。

東〇大学文科Ⅱ類でーす。
これからも頑張りまーす。

東大門(トンデモン)大学合格


朝鮮人銀行・SHN クン、在日同胞を代表して祝福してやったらどうじゃろか?

(・”・)

成り済まし集団レイシストをしばき隊共は、息を吐くたびに見透かされるだけだ、無駄なあがき。

最右翼勢力ブログ
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51888203.html

3/24討論会のご報告

開国なる「加害国」の宿命

★愛国市民VSしばき隊 IN文京シビック

☆弱者・被害者が可哀想シンドロームからの脱却を!

 さる平成25年3月24日(日曜日)、東京・文京区の文京シビックホールB1Fの学習室にてブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰が呼びかけた「政治学習討論会」が開催され、新宿・大久保などにおける愛国市民デモに対する妨害を繰り広げてきた敵対勢力『レイシストをしばき隊』との公開討論が行なわれた。

 この討論会は『在特会』ほか愛国市民デモに対して、所謂「カウンター攻撃」による妨害行動をレイシストをしばき隊や極左勢力が繰り広げてきたもので、特にしばき隊からは私ども『NPO法人 外国人犯罪追放運動』を名指しで襲撃予告めいた声明が発せられてきたことによる。

 そのためNPO外追の顧問であり、愛国市民デモの先駆者である瀬戸主宰が「闘争」の一環として呼びかけたものであるが、討論は2対2の公開形式で行なわれ、後に会場の参加者から質疑応答がなされるという形で進行した。

 愛国市民デモの側からパネリストとして登壇したのは瀬戸顧問とデモへの古参参加者である多摩川ボート氏。

 一方、しばき隊陣営からは同隊の「隊長」とも言うべき呼びかけ人・野間易通(やすみち)氏と松澤呉一(くれいち)氏。 まず、野間氏と私の数年来の確執に触れておきたい。

 今回の討論会では参加者らの発言を取り仕切る会場スタッフの役目に追われた私が発言する機会というのは一切無かったが、愛国市民デモなどの運動体の中核に存在するわけでもなく、NPO外追という組織単体としても正規会員がたかだか十数人という脆弱さで、ブログの人気度もさほど高いわけでもない私どもがレイシストをしばき隊なる敵対勢力から名指しで「標的」の一つとされたことはある意味での評価として嬉しくも、他の運動団体を差し置いて畏れ多い。

 あれは3年前、この当時も『ナショナル・フロント』なる一派から私どもへの襲撃予告がなされ、実際に拉致の標的にもなり、東京・上野で一騒動があった。

 それにしても度々標的の一つにされやすいものだ。ちなみに、この当時のナショナル・フロントの頭目は刑務所から出所したが、先日(3月23日)、東京・千代田区の靖国神社にて花見の酒に泥酔しては上半身裸となって大騒ぎし、結果、駆けつけた警察官らによって連行されたという。

 このナショナル・フロントなる一派と共に、当時からカウンター攻撃を仕掛けていたのが野間氏らである。この頃、私は同志からの「アンチ情報」で野間氏の住所とともに、野間氏が中国残留孤児であるとの情報を得たので、それをネット情報(ブログ)に掲載。その直後、当の野間氏から「事実に反する」として電話で連絡を受けたものである。また、会員制SNS『ミクシィ』では野間氏を在日朝鮮人であるとも述べた。

 時を経た昨日の討論会にて、野間氏と共に登壇した松澤氏から「こちらにレッテル貼りをするなら根拠を示してほしい。事実と事実をすり合わせるのが討論であり議論。有門氏のブログでもしばき隊を『在日組織』と書かれてありましたが…」とする旨が述べられ、野間氏からは3年前の電話におけるやり取りにも触れられた。その時の電話でも野間氏から「中国残留孤児って何なのか分かっているのか?」と問われたことを覚えている。

 今回の討論会で思ったことは、野間氏らもイデオロギー云々の前に人であり討論に慣れている上に冷静且つ口もよく回るが、頭の回転も早くて切れる。デモ妨害における相貌とは違い(むしろそちらが本性か?)、至って常識的な方々であり、3年前に「議論にはならない」として一方的に電話を打ち切ったことを少しだけ悪いと思った。

 ただ、今現在もそうだが、あの当時は前出のナショナル・フロントからの襲撃事件があって犯行予告が出されていた時期ということもあり、その者らに与する者とは話し合いは出来ないとしてナーバスになり過ぎた部分もある。

 ただ、野間氏が残留孤児でも在日でもないにせよ、異民族や異文化との共生・同化を強いる「共生主義者」であり、レイシズム粉砕に名を借りた、その実、「日本人への差別主義者」であるという評価に変わりはないわけで、そのスタンスからそう思われても仕方がない事由があるのではないか。野間氏がこだわった「残留孤児とは何か?」…つまり野間氏は日本人だと言いたいのだろうが、中国残留孤児及びその子孫・親族と偽って日本に入国した「成り済まし」が相当数に上るのもまた事実であろう。 直接議論を吹っかけられたわけではないにせよ、大した運動勢力を率いているわけでもない私のことについて、お二方の話の端に出て来たことは光栄な限りで「俺もちょっとした者だな」と思いきや、超有名人なのは性ふうぞくや差別問題について数々の著書を持つ松澤呉一氏のほうである。

松澤呉一(ウィキペディアより)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BE%E6%B2%A2%E5%91%89%E4%B8%80

 当日の討論会について述べておきたい。

 当初、開催を知らされても正直なところ、私は敵対勢力との議論にあまり意義を見出せず、ごく身近な方々にはその旨を漏らしてもいた。議論するということは相手を認めるということになるからだ。事実、認めざるを得ない部分は認めざるを得ない。開催の意義については当日の主催者である瀬戸主宰の論評に譲ることとしたい。

 討論会の最中、相手側で討論と質疑応答の大部分を担った野間氏が述べたことに対して、ここで一方的な主張を述べても後出しジャンケンのようになってしまうので、飽くまでも事実関係と見解を表明し、後はそれを読み手の判断に委ねることとしたい。

 まず、北朝鮮による拉致被害者の奪還デモを「ニューカマーの韓国人ばかりで、北朝鮮籍の者が住んでいるわけでもない大久保界隈でやる意味は何なのか?」と疑問を呈した野間氏だが、韓国も日本人拉致を行なっている。

 竹島近海では日本漁船に対する発砲と日本人漁師の殺害が起きたし、何人もの日本人漁師が拿捕の名目で韓国へ拉致されている。その解放に際しては日本国内における韓国人凶悪犯の釈放と、在日韓国人への生活保護の支給という一方的且つ不当な要求がなされた。その他、韓国カルト統一教会に洗脳され連れ去られた日本人信者は多数で韓国当局もその事実を掴んでいながら何ら公表、対処していない。

 また、チャイナタウン計画が実行されている東京・池袋で中国系事業グループ『陽光城』本店を取り囲んだ抗議行動を「襲撃」と形容した野間氏だが、ガラス一枚も割らない、店舗を放火したわけでもない、店舗や商品を破損したわけでもない抗議行動は襲撃でも何でもないという認識であり、程度の問題だと思う。むしろ包囲という観点で言うなら、我々が池袋駅西口でチャイナタウン反対の抗議街宣を展開した時、周囲に目つきの鋭い不良中国人と思しき者や軍上がりの中国大使館関係者と思しき者らがいかに多かったことか。包囲、取り囲まれているのは逆に日本人の側である。

 討論は戦前日本による朝鮮半島統治にも触れられたが、私個人の見解としては戦前日本による朝鮮統治は誤りであり、植民地支配であるどころか、むしろ日本側からの朝貢。朝鮮・台湾出身者をも日本人として扱った戦前日本の共生・同化政策は日本史上で最悪の時代であり、戦後のほうが遥かにマシ。戦前と戦後を通じた日本の近代体制を「明治朝廷」であると位置付け、戦前への逆行を許すなとするスタンスである。

 戦前、自らの意思で日本へ渡って来た朝鮮人もいれば国家総動員に基づく戦時徴用で来た者もいる。ただ、戦後になって大部分は朝鮮半島へ帰り、戦後の混乱期に不法入国してきた者らが「強制連行の被害者」と偽っては子々孫々にわたって特別永住資格を付与されているため、愛国市民デモに馳せ参じる方々はその点を強く非難するものだ。今回の討論会では、こちら陣営からその部分についての言及がなかったように思う。

 在日で大多数が占められる特別永住資格について野間氏はこれを「永住権」としたが、正しくは在日が獲得した永住権ではなく、在日に付与された永住資格。

 また、帰化と国籍の問題についても触れられたが、日本国籍の有無に関係なく、日本国への忠誠心や帰属意識について問うべきだというスタンスである。討論会において、しばき隊には「在日は一人いる」と初めてその陣容が明かされたが、では帰化人はいないのか、また、その者らが故国に忠誠心や帰属意識を持ってるか否かが問われるべきだと思う。

 今は在日特権(特別永住制度)の廃止に言及している愛国市民デモの運動も、いずれかの段階で「帰化廃止」に発展させ、かつて敗戦後に在日が日本国籍を離脱したように、帰化人もいつか日本国籍を強制的に離脱させるべき時代が到来しなければならないと考えている。

 特別永住の何が差別なのか?とする話題にも触れられたが、一般の外国人が持たない特別永住資格は一般永住者に対する差別以外の何ものでもない。

 そして野間氏の話では、私どもNPO外追が金友隆幸氏(後の『排害社』代表、現『日韓断交共闘委』)らと共に埼玉県の『芝園団地』をルポした活動が出て来た。これについて「中国の人々が暮らす生活圏に入り込んで行き、平穏な暮らしを脅かす…」旨が述べられたが(野次など多数)、むしろ生活圏を破壊しているのは続々日本社会に浸透しては自らの生活様式・文化をごり押しする中国人の側である。芝園団地では中国人居住者が敷地内の噴水で洗濯をするなどして噴水が停止、団地の階段・踊り場で所構わず糞尿を撒き散らすなどの問題があったため、私どもが実態調査に赴き、日本人居住者への生活破壊をルポしたものだ。

 前述の「襲撃」にも関係してくるが、野間氏からは京都・朝鮮民族学校への抗議や埼玉・蕨の不法滞在フィリピン人カルデロン一家の長女ノリコが通っていた中学校前を通過した愛国市民デモが襲撃であり、マイノリティの弱者へのイジメだとする言及がなされた(野次など多数)。

 これらは朝鮮学校においては隣接する児童公園を不法占拠していた事実、不法滞在の児童を通学させていた事実に言及したものであり、保護者や学校関係者、地域の大人たちに対する責任追及である。そこにマイノリティだとか、弱者か否かという次元の発想を介在させるべきではない。

 とかくマイノリティだとか弱者といった次元で妙な正義感や義侠心を振りかざす野間氏らしばき隊だが、これは右だとか左だとかイデオロギーの問題に限らず、現在の日本社会で全てに共通する問題であると思う。

[後略]

合格
おめでとう~~~~!!

ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」

ロリ・ワラックさんが訴える「日本のTPP参加は主権の放棄」
http://youtu.be/fm-6DR6o3vs
(動画)
アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは
http://youtu.be/HLVKAalmD48
(動画)

反日売国勢力やテレビ局・マスコミが推し進める日本人社会の破壊作戦であるTPPの正体がアメリカから
暴露されました。 
このような実態を把握できない自民党安倍政権に我々愛国系日本人は不安を感じます。 
日本人社会の破壊者の創価学会公明党を排除するべきです。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

チリ、凄いな!

この前は失礼した、某さんにたっぷり説教された。

お前に命令を下す!

人種は日米欧列強と日本人以外の有色人種の二つに別れる。

この事実を武器に同級生を説得し東大の姦サンジュを首にしろ!

これは命令だ!命令違反、敵前逃亡は日独の様な一流の軍隊では軍法会議の判決を待たず即刻銃殺刑だ!

閣下、落ち着いて。

文科Ⅱ類 ?


> ロジックなこと~

英語と国語以外の受験科目は、満点だったんじゃろか?

朝鮮人銀行・SHN クン、どうじゃろか?

(・”・)

安倍さんは2年前からTPP推進派です。

http://nicoviewer.net/sm20386673
(39分)
、【アーカイブ】上念・倉山・浅野、日銀新体制を語る[桜H25/3/19]よりTPPの箇所を抜粋して作成してあります。
http://www.youtube.com/watch?v=1ypf-EuWv0E
(1時間30分)
紆余曲折ありましたが、東田剛さんの見解では、安倍首相はTPPを推進している側になりそうです。個人的には、デフレ脱却、憲法改正、教育改善において、現時点では安倍首相以外に任せられる人はいないと思っていますので、応援していますが、TPPに関しては反対の意見に立っています。世界一を目指している安倍首相の決意は素晴らしく思っていますが、仮に安倍政権に交渉力があるとしても、ISDS条項とラチェット規定を認めてしまった後、もし国際的に弱い政権が誕生してしまったら、対応できるかどうか疑問が残ります。

この意見どう思いますか?
      ↓
~戦後レジームからの脱却~
(ブログ「日本の将来」様の以下抜粋です)

「戦後レジームの脱却とTPPは全く矛盾」というが、 「戦後レジームの脱却とTPP」のベクトルが向いている先はおなじである。
彼らはTPPはアメリカからの乗っ取りだという被害妄想に取り付かれているが、WW2で敵国・敗戦国であった日本が 本当の意味で敵国ではなくなることが戦後レジームの脱却であり、それは偏った親米思想でもなんでもなく、過去にいがみ合ったアメリカとの信頼関係をどれほど築けるかにかかっている。核武装もしかり。
故中川昭一氏が言っていたように、現在の日本は核武装の議論すらできない国、 それは連合国側からしてみれば未だに日本が敵国であり、敵国条項の存在と常任理事国へ加入できないことがそれを表している。
アメリカとの信頼関係構築、もはや日本は連合国の敵ではなく、アメリカの友好国であることをアメリカという大国に、 より知らしめることが今後の日本の未来へと繋がる。
これを単純に「アメポチ」という自虐的な考えは左翼思想、 中国シンパに取り付かれている。
これ以外に敗戦国であり敵であったことから脱却する方法があるのだろうか?
あの中国やロシアと手を結ぶことは愚行であり、では孤立したまま他国を無視して勝手に核武装などすれば
余計に危険な国として目の仇にされるだろう。
TPPはアメリカからの乗っ取りではなく、対中国・ロシアを見据えた、 日米の経済・軍事の結びつきの強化、日本の「敵国・敗戦国」からの脱却を意味している。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去の敵国・米国が本当に手を組んで、日本といい相手となっているか、 国連の日本に対する敵国条項を永久除外する事がTPPに入っているか?という疑問が残りますし、東京裁判史観批判禁止の言論弾圧が加速するだけでしょうが。

TPP回避条件

>*さん、ソロと名乗っているモノです、以後お見知りおきを。
 私は、日本がTPPに参加するのなら、十分な自力防衛力を付けてからにしないと、イザと云う時に米軍が動かない事態と引き換えに、強引な要求を拒否できなくなる、と云う致命的な弱みをワザワザ与える様なものだと思っています。 つまり、原則的反対です。

 外交の決定力とは、強制力の大きさであり、信頼関係の度合いではありません。 その強制力は当然、軍事力で担保されるモノでしょう、然し、幾ら同盟関係にあろうとも、他の国民の為に進んで自らの命を捨てる様な兵士はそうそう居りますまい。 皆自国の国益と国民の生命を護る為にこそ命も捨てるのです。 今の日本の平和は米軍の強力な後ろ盾の賜物である事は明白、決して、紙に書いた護符=9条の御利益ではありません。

 亦、「十分な」自力防衛力を行使する相手にどこの国を想定するのかに拠って、「十分さ」の規模も内容も違う、と云う問題がすぐ浮かびますが、敵国の定義を厳密にすれば、「自国以外の全ての国」である事は、米国やロシアが、核戦争勃発時には、譬え、その紛争に全く関係がない国でも、核を保有する全ての国を初めとして、全ての国を核ミサイルの標的にしている事で明らかです。 

 その意味合いから云えば、日本も当然核武装をするべきでしょうが、今の日本の技術水準から云えば、「遅れた戦略核」は不必要でしょう。 大規模な核戦争が起これば、日本だけ助かる事はまずありえないし、万が一助かっても全く意味がないのですから。

 脱線しました、いずれにせよ、安倍さんは「交渉に」参加したのであり、TPPそのものに参加を決めたのではない事から、今後、もし参加するのであれば、「どの程度の自力防衛力を備えればよいのか」を議論して、実施して頂きたいものです、是をやらないと、日本は何れTPPに無条件で入る話になると思います。

TPP参加国のチリは米国の植民地である

3月25日付けの朝日新聞によると、自動車部品をめぐる価格カルテルにかかわった日本メーカーの社員12名がアメリカで収監されつつあるようだ。2011年から昨年にかけて禁錮1年1日から2年を認める有罪答弁をし、今年2月の段階ですでに10名が収監されたという。自動車メーカーにしてみれば、部品メーカーのカルテルは好ましくない。当局としても比較的、気楽に摘発できるだろう。
・・・・
今回のケースはTPPと直接関係ないようだが、TPPを導入する戦略という観点から見ると、密接に結びついている。企業活動のありかたもアメリカの支配層が決めるということだ。

アメリカの描く戦略はラテン・アメリカで行われたことを見ても推測できる。フリードマン流の経済政策を実践に移した最初の国はチリだが、この国では軍事クーデターでアメリカの巨大資本にとって邪魔な人たちを弾圧、虐殺している。そうした中、フリードマンの弟子たちが「私有化」と「規制緩和」を推進したのだ。国有企業を私有化、労働者を保護する法律を廃止、労働組合を禁止、そして外国からの投資を促進、さらに健康保険、年金、教育なども私有化しようと試みている。こうした政策の結果、チリの国内産業はダメージを受けて社会は崩壊、経済の根幹部分を外国の投資家が支配することになった。

http://satehate.exblog.jp/19732895/

2013/03/25(月) 12:48:45 「あたし」さんへ

私です。

↓面白い。「あたし」さん
>2013/03/25(月) 12:48:45| URL| #- [編集]
>
>東〇大学文科Ⅱ類でーす。

---
感想言え。
http://uonome.jp/read/1048
その後、この感想。
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4425734.html

---
会おうか。手段、あなたから、私へのアプローチしなさい。
入学式立ってるポイント決めようか。

TPPなんて参加したら税金取りっぱぐれ しそうだなぁ 長銀の時もだいぶんファンドにやられたはず。

自民党の行う売国は良い売国だと・・・、売られ続ける日本の行く末は、如何に。

最右翼勢力
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51888464.html

★中韓への共生・同化が一層進行!

☆安倍・自民の防衛費増大も敵国民増加では敗北必至

 米国防総省は来たる2014年度のリムパック(環太平洋合同軍事演習)に中国人民解放軍が初参加することを明らかにした。

 前国防長官のバネッタが昨年9月に訪中した際、中国側に参加を促したもので、米国としては東アジアにおいて不測の事態を回避するための信頼関係の構築が念頭にあるものと思われる。

 こと尖閣諸島や東シナ海の権益をめぐる問題で日米同盟の重要性が謳われているが、その一方で米国は尖閣問題で日中双方に自制と対話を求めている。状況次第では中国とのパートナー・シップを重視して日本の封じ込めと、日本からの権益収奪を目論んだもので、これが冷徹な世界情勢の現状だろう。

 来年のリムパックにせよ合同演習とは銘打っているものの、各国協力の下、ソマリアにおける海賊の掃討作戦で中国艦船が他国艦船に挑発的な危険行為を繰り返したことは記憶に新しい。まったく別件だが、中国船舶が南シナ海でベトナム船舶に発砲したことで両国間で主権侵害が問題になっている。

 合同演習はボクシングに例えればスパーリング(仮想試合)のようなもの。米中、特に中国にとっては日本に対して力の差をまざまざと見せつけようとする「仮想戦争」と位置づけられよう。

 さながら米中という第2次世界大戦の戦勝国によって日本封じ込めが行なわれた戦後体制そのものの国際情勢だが、そもそも戦前という時代を振り返ってみれば米英の思惑に基づいて日本が清国やロシアとの衝突を強いられ、その後は満州国(中国大陸)の権益をめぐって日米は衝突した。日中戦争においては米中によって日本への挟撃が行なわれ、第2次大戦へと突入した。 戦前・戦後を通じ、米中両国の狭間で翻弄されてきたのが日本の近代史であったと言っても過言ではない。

 週刊誌『週刊現代』では「中国と日本 『宿命の対決』」と題された特集が組まれた他、昨今の週刊誌媒体などでは中国脅威論が盛んだが、さながらマスコミ各社は日本の戦前回帰を煽っているようである。戦前回帰とは日本が憲法改正によって国軍を持つという問題にとどまらず、日本が超大国の思惑に翻弄されて本格的な犠牲(戦争における流血と出費)を余儀なくされることと同義だ。戦後が内にこもったまま出費のみを強いられた時代だったとすれば、戦前回帰は外に出る(派兵)を強いられ、膨大な犠牲を強いられることを意味するものに他ならない。

 週刊現代の特集記事では中国からの帰化人の保守系評論家・石平(せきへい)が登場し、首相・安倍晋三が石平に会うか否かと書かれていたように思うが、これなどは石平を安倍に会わせるための布石としか思えない。これは明らかに帰化人スパイによる工作活動である。

 ついこの間まで「北京五輪後に中国は崩壊する」とか「中国バブルが吹っ飛ぶ」と言っていたと記憶される帰化人評論家が首相に会ってどんな中国脅威論を伝えるのか知らないが、それを受けた安倍内閣・自民党が狂奔するのはやはり防衛費の増大だろうか。結果、基地建設、装備・兵器の導入、人員増で防衛省の権益のみが拡大するのだろう。その内実は酷いものである。

 中国が脅威であるかの前に、在日パチンコでギャンブル中毒に陥り、国際結婚した中国人女はスパイで、その間に出来た混血家族という家庭環境から自衛隊そのものが戦う姿勢にあるとは思えない。

 日本国が本気で中国との対峙・対決を想定しているのなら、中国からの人(ヒトモドキ)の流れを塞き止めるのは最優先事項であると思うが、中国が対日侵略の橋頭堡と位置づけている沖縄県からして中国人が入り放題。中国からの帰化申請は在日外国人の中でも最多。

 在日中国人の増加とそれに伴なう有事の際の騒乱発生こそは中国人民解放軍による日本進駐を正当化させるものに他ならない。中国人留学生及び実習生の受け入れ拡大などはもってのほか。

 こうした中国人の受け入れ拡大は到底、日本社会におけるマイノリティで済まされる状況ではなくなっている。

 だいたいが近くのスーパーに行けば店員も客も中国人ばかり、建設現場などの労働環境においても周囲は日本人よりも中国人作業員のほうが目につく、然る専門学校に行けば教室の9割近くが中国人と韓国人、休日の公園で屯しているのは中国人の若者ばかり、観光地に行けばこれまた中国人の集団…ザッと思いつくだけで在日外国人とりわけ中国人の存在というのは局地的に見ればとうに日本人社会を圧倒しつつある。

 日本本土からしてこの有り様、沖縄・尖閣などは言うまでもなく、日中の宿命対決は雌雄が決したも同然だ。

 両国はこれから戦うのではない。既に決着がついたも同然の中で、日本がどう抵抗運動を繰り広げていくのか、日本がどう中国人排斥運動を繰り広げていくのかの段階にある。そうしなければ日本列島において当の日本人こそが在日外国人・帰化人とそれを容認する(植民地)体制によって排斥されていく一方である。

 在日外国人の場合は出て行け!と言われても帰るべき母国があって、帰化人にせよ日本国籍を強制離脱させられても帰るべき故国というのはあるだろうが、日本人の場合は在日及び帰化人との共生・同化政策が嫌なら帰るところはないので、それこそ死ぬしかない。

 日本の年間自殺者は少なく見積もっても公式発表の3倍は下らず、年間10万人以上。一方、皮肉なことだが、人の生命救済に携わる看護士・介護士について先ごろ、インドネシアやフィリピンなど東南アジアから受け入れた外国人看護士・介護士候補らの試験で合格率が下がったと伝えられた。漢字は難しいのでふり仮名をふったそうだが、それでも合格率は低下。

 こんな受け入れ制度は手間暇(コスト)がかかる上にやっている意味はないし、どんなに日本在留が長くてどんなに日本語が達者でも来日外国人の中でも最多である中国人の場合は前出のように様々なあらぬ問題を派生させる恐れが大。と言うよりも現実に派生させている。

 極東ひいてはアジア情勢が風雲急を告げる中で、そのように信じ難い外国人受け入れ制度を行なっている日本の体制というものを最近の事例から見てみよう。

 東京・千代田区にある『朝鮮総連』本部の競売問題で、旧薩摩閥の鹿児島県鹿児島市にある宗教法人『最福寺』が落札。

 同寺が貸し出しをすれば朝鮮総連はそのまま施設の使用が可能だが、寺の法主・池口恵観(えかん 76歳)は度々北朝鮮を訪れては「よど号ハイジャック事件」の赤軍メンバーとも頻繁に接触しているなど、北朝鮮との関係は明らか。だいたい総連を通さなければ北朝鮮との間を往来出来るはずがない。

 その他、池口恵観は「永田町の怪僧」の異名で知られ、現首相である安倍をはじめ政治家とも親しい間柄。 現首相・安倍にも通ずる一方、北朝鮮とも通じている者が落札というのだからトンだ茶番劇。

 東京地裁で買受の審査が待たれるが、こんな北朝鮮のスパイみたいなヤツと通じているのだから安倍が売却と朝鮮総連本部の存続を認めたも同然ではないか。

 池口曰く、「北朝鮮と関係がある自分が落札すれば、反発を招くこともない。アジアの平和の場として使いたい」とするのだから開いた口が塞がらない。

 中国と事実上の交戦状態で上も下も敵と内通、経済制裁を科し国交もなく準戦時状態の北朝鮮と上も下も内通。政権政党としては北朝鮮との交渉のパイプ役として池口のようなお抱え民間外交官が何人もいるのかも知れないが、もはや今まで援助と対話の連続で、もうそんな段階ではなく、いかに圧力(武力制裁)をかけていくかの段階である。

 中朝とこの有り様なのだから竹島を不法占拠する韓国との関係は言うまでもない。

 先ごろ韓国の国防長官だかが北朝鮮からの攻撃を想定し、対処を指示している様子が日本のネット・ニュースでも伝えられたが、日本が改憲・軍創設による戦前回帰を果たした場合、派兵する先は朝鮮半島を置いて他にない。

 朝鮮半島のために北朝鮮なる共産主義軍事独裁国家との対峙を余儀なくされ、米中の狭間で大国の思惑によって中国なる共産主義軍事独裁国家との対峙を余儀なくされる。

 まさに日本のみならず、世界も戦後体制から戦前回帰を進めているものであり、戦後に留まったままでいるわけにもいかないが、戦前への逆行も許されない。

 ひたすら前進で近代議会体制から脱却した新たな体制へと移行するしか未来はない。

 先日、安倍内閣・自民党政権では観光立国に関わる初会合を開催。この席上、安倍は2010年には800万人台だった外国人観光客が11年には600万人台に激減、12年には800万人台まで回復したことを受けて、今年13年は「1千万人の外国人観光客の招致を目指す」と高らかに宣言した。

 せっかく尖閣問題の反日暴動で中国人観光客が減少したというのに…。 外国人とりわけ中国人観光客受け入れの拡大を目指すということは、中国資本や韓国資本の一層の参入を進めると宣言したも同然だ。必然、在日外国人の雇用ばかりが拡大。

 安倍・自民党は中韓など敵国との宿命の対決へ向け、愛国・救国の使命に奔走していると世間的には評価されているし、ゆえに昨年の選挙で大勝、政権復帰を果たしたわけだが、実際には敵国民(中国人)がますます増えては敵国民(韓国人)への共生・同化をますます強いられているではないか。

 いい加減、自民を勝たせた支持層のみの勝利の美酒に酔い痴れることをやめて、何を言ったかよりも何をやったのか、その実行力にこそ評価の対象を転化させよう。

>感想言え→感想

>http://uonome.jp/read/1048

生田暉雄(弁護士) 元大阪高等裁判所判事
「俺、逮捕されるぞ」という情報を流したら、そのネットワークで、みんながメールとかで、香川県の丸亀署に抗議をしてくれた。それも韓国からは3000名ぐらい、中国からも1000人近く、アメリカからも数百人というメール。それから、日本全体もメ-ルを送ってくれて、そんなので逮捕されずにすんだというのもあります。

いま、生田は愛媛県で「つくる会」教科書の採択取り消しを求める訴訟を手伝っている。

感想:なんだこりゃ。こんなのが高等裁判所判事だったのか。

参考:愛媛県では、新しい歴史教科書採択により訴訟を受けたが、原告団3459人の内日本人は210人であるが、残りは外国籍(朝鮮人3249人)であった。

世論調査ではTPPへの支持率が高いようですが、このような恐ろしい内容が知らされていないからだと思います。

主権侵害条約「TPP」が振りまく「毒素」の怖さとは何か
2013年03月23日
http://lite.blogos.com/article/58635/

 国会審議などを通じて、ようやくTPPというものの正体が分かりつつあるようです。依然としておぼろげではありますが……。

 それもそうでしょう。基本的には秘密交渉で、交渉の進展具合も、どのよう条件があるのかも、何が決まったかも、正確には分からないのですから……。

 交渉が終わってTPP条約が締結されてからも、その内容は5年間秘匿することが義務付けられているというのですから、秘密主義は決まった後でも貫かれているということでしょう。

 何があるか分からない真っ暗な部屋に入ろうとしている。そして、一度入ったら、もう出られない。それが、TPP交渉という闇の世界なのです。

 その闇の中には、危険な「罠」がいくつも隠されているのではないでしょうか。その「罠」の一つで最も良く知られているのがISD条項で、最近ではISDSと書かれることも多いものですが、TPP条約の代表的な「毒素」です。

 「ISDS条項」は投資家保護条項(Investor-State Dispute Settlement)のことで、ある国家が自国の公共の利益のために制定した政策によって、海外の投資家が不利益を被った場合、

世界銀行傘下の国際投資紛争仲裁センターなどの第三者機関に提訴できるというもので、地方自治体の規制なども訴訟の対象になる可能性があります。

それに「第三者機関」とはいっても、この「紛争解決センター」はワシントンにあってアメリカ支配下の世界銀行傘下で、審判はアメリカ寄りですから、アメリカの思うままです。

 現に、これまでの46件の提訴のうち31件が米国企業の原告で、米政府が負けたことは一度もないと言われています。しかも、この審理は非公開で、不服があっても上訴することができません。

 先ほど「『罠』の一つ」と書きましたが、「毒素条項」そのものは一つではありません。以下のような「毒素条項」もあります。

 たとえば、「ラチェット条項(Ratchet条項)」は、貿易などの条件を一たん合意したら、後でどのようなことが発生してもその条件は変更できないというものです。先発国がすでに合意した条件については、後から入った国は異議を申し立てられず、ただそれを受け入れるだけというわけです。

 「NVC条項(Non-Violation Complaint条項)」というものもあります。これは「非違反提訴」のことで、米国企業が日本で期待した利益を得られなかった場合、TPPに違反していなくてもアメリカ政府が米国企業に代わって国際機関に日本を提訴できるというものです。

 さらに、「スナップバック(Snap-back)条項」はアメリカ側が相手国の違反やアメリカに深刻な影響があると判断した場合、関税撤廃を反故にできるというものです。

 「未来の最恵国待遇(Future most-favored-nation treatment)」という条項もあります。将来、日本が他の国にアメリカより条件の良い最恵国待遇を与えた場合、自動的にその待遇はアメリカにも適用されるというものです。

 このほか、「ネガティブリスト方式」というものもあります。これは、明示された「非開放分野」以外は全てが開放されるというものです。

 規制必要性の立証責任と開放の追加措置というものもあります。日本が規制の必要性を立証できない場合、市場開放のための追加措置を取る必要が生じる、例えば当初米をネガティブリストに加えていても、その規制が必要であることを立証できない場合、無条件で開放させられるというものです。

 これらの条項によって、加盟国の市場は無理やりこじ開けられることでしょう。少しでも邪魔なものがあれば次々と訴訟を起こされ、アメリカ寄り(というより多国籍企業寄り)の「第三者機関」によって莫大な賠償金を支払わされます。

 政府の試算では、関税撤廃が求められている農業分野だけしか対象になっていない点が批判されました。非関税障壁の撤廃が求められている農業以外の分野での影響と損害は、見方によっては、もっと大きなものかもしれません。

 というのは、医療の市場化が求められ、公的医療の給付範囲は縮小し、医療格差は拡大するでしょうし、国民階保険崩壊の危機が訪れることになるからです。また、知的所有権の変更によって、著作権などはアメリカ企業に有利に変えられるでしょう。

 公契約や公共事業への参入という点でも、外資が安く入札して日本の建設業者は壊滅的打撃を受ける可能性があります。地方の土建業者にとっては死活問題になります。

 外国の農業法人が進出し、遺伝子組み換え食品や今まで認められなかった農薬なども流れ込んでくるでしょう。この点では、アメリカの遺伝子組み換え食物や種子などを取り扱うモンサントと住友化学(会長は米倉経団連会長)との親密な関係も注目されます。

 遺伝子組み換え食品などの表示方法の変更や食品関連の規制撤廃によって、安い米国製品が売り込まれ、病気や病人が増大するでしょう。

こうして、医療に対する需要が高まり、混合診療の解禁や新薬・高い薬の売り込みなどを通じて外国の医療ビジネスにとって大きなチャンスが生まれますが、国民にとっては医療費が増大し、自己負担が拡大することになります。

 郵政・金融・保険などの分野にも、米国企業が参入してくることになります。差し当たり、郵貯・かんぽの資金267兆円が標的となることでしょう。

 こうして、国民の健康と安全が脅かされ、日本はアメリカの医療資本や保険ビジネスの草刈場となります。「病気の沙汰も金次第」という、アメリカ映画「シッコ」のような未来が、この日本に訪れるにちがいありません。

 とはいえ、TPP条約の内容については、おぼろげにその姿が分かるだけで、すべては暗い闇に包まれたままです。世論調査ではTPPへの支持率が高いようですが、このような恐ろしい内容が知らされていないからだと思います。
 以上に見たような、主権侵害条約としてのTPPのおぞましい全貌が明らかになれば、このような世論も大きく変わることでしょう。でも、その時になってからではもう遅い、ということにならなければよいのですが……。

【 TPP 】 こんな馬鹿げた世界支配の道具を推進しているのは誰だ!
2012/6/14のDemocracy Now!の動画の字幕文字を大きくしました。

http://www.youtube.com/watch?v=oPo8SOD9ig8

Democracy Now!書き起こし

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/tpp-dec7.html

韓国政府は慰安婦に謝罪せよ

アメリカでは慰安婦問題が話題になっています。昨日、関係の方々に下記のメールを送りました。韓国政府は慰安婦に何故謝罪しないのでしょうか。

ナッソー郡長、議員の皆さま
私は日本在住の日本人です。
英語での送信が出来ないため、日本語で送らせていただきます。
旧日本軍による韓国女性の慰安婦問題に関して、アメリカ各地で批判が高まっていることを憂慮しております。
旧日本軍による女性の強制連行事実がなかったにも関わらず、韓国と日本の政治家、河野洋平氏の捏造歴史で日本人の名誉を貶める海外の行為は許すことが出来ません。
もし、旧日本軍の行為を糾弾するのであれば、韓国軍やアメリカ軍の行為も糾弾されなければいけません。それが正義ではないでしょうか。

下記の2つ文章は韓国軍とアメリカ軍による慰安婦性奴隷化の公式記録です。
韓国軍とアメリカ軍によって慰安婦にされた女性たちの訴訟記録も公表されています。

1.慰安婦を制度化した韓国軍
朝鮮戦争時の韓国軍は慰安婦を制度化して、軍隊が慰安所を直接経営することもあった。また、慰安婦で構成される「特殊慰安隊」と呼称された部隊は固定式慰安所や移動式慰安所に配属されており、女性達の中には拉致と強姦により慰安婦となることを強制されることもあった。(朝鮮戦争時の韓国軍にも慰安婦制度 韓国の研究者発表 朝日新聞 2002.2.23、韓国軍'特殊慰安隊'は事実上の公娼 創刊2周年記念発掘特集 韓国軍も'慰安婦'運用した OhmyNews 2002.2.26・朝鮮語)

2.「韓国」は在韓米軍に「慰安婦」を提供していた!

 ロクな調査もせずに発表された時の官房長官談話によって、今でも韓国から非難され、謝罪を要求され続けている旧日本軍の「従軍慰安婦」問題。が、ここにきて、その韓国政府自らが、かつて在韓米軍に「慰安婦」を積極的に提供していたとの証言が飛び出した。

 <元売春婦らが、韓国と米国が基地付近の売春を可能にしたと述べる>――。今月8日、米紙『ニューヨーク・タイムズ』が、こんな見出しの記事を掲載した。同じ記事は同紙傘下の『ヘラルド・トリビューン』紙翌日付にも掲載されているが、いずれも国際面と1面で半分近くの分量を割いた記事だ。執筆者は、両紙のソウル特派員である崔相薫(チェ・サンフン)。

<これらの女性たちは、(中略)韓国自体の歴史を厳しい目で検証することをせずに日本からの賠償を求めるのは偽善だと、歴代韓国政府を非難している>
旧日本軍による韓国人女性の強制連行がなかったことは韓国の大学教授も証言しています。

下記のUチューブ動画を見ていただければお分かりになるだろうと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=9bOw0uhgfrY

法と正義を重んじるアメリカ国民を信じてメールを送らせていただきます。

TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6-uZx2HFn5U

日本語訳文
 皆さん、こんにちは。 TPPの背景と、それがもたらすものについての討論会へようこそおいでくださいま した。この会が、皆さんに多くの情報を提供できる有益な場となりますことを 願っております。 海の向こうからのご挨拶となってしまったことを深くお詫びいたします。全くの 予想外でしたが、先週金曜日の定期検診で、ブルースターの心臓に問題がみつか り、医師から旅行の中止を指示されました。治療の効果が見られる前に出発すれ ば、重大な結果を招く危険も高いということでした。 そういうわけで、私たちは今、オタワの自宅におりますため、皆さんとそちらで TPPへの懸念を共有し、直に皆さんのお話しをうかがうことができず、大変悲しく 思っています。

しかし私たちは、日本のTPP参加に関する賢明な判断に貢献できることを願ってや みません。 旧友であり同僚であるレイが、TPPについて話してほしいと私たちを北海道に招い てくれた時は、驚きとともに、大変うれしく思いました。 皆さんと直接お会いできず、本当に申し訳なく思います。しかし、私が用意した 講演を、ほかでもないレイが、代わりに皆さんに伝えてくれるということで、安 堵しております。

私とレイは25年来の友人ですが、25年前と言えば、私たちは共にウィニペグで働 いており、またカナダでは、草原地帯の農業が負債問題に直面している時でもあ りました。農家が次々、借金のかたに銀行に農地を取られていくのを見て、私と レイと数人の仲間は、銀行より、農地トラストの方が土地保有権の保証が高いこ とを理解してもらおうと、農家を説得しようとしていました。 他方ではその頃、地域の食に関する活動への関心が高まりを見せており、私たちもCSAなどの地域主導型の農業の立ち上げに関わっていました。

レイと私はそれ以 来、地球の反対側に住みながら、交流を続けています。 レイが私に代わって講演を始めるにあたって、一言、付け加えたいのが、TPPは パートナーシップと呼ばれていますが、実際には、人と人、国と国が公平で正しい関係を結ぶことを唱えるものではないということです。人々のニーズを適正に満たし、環境を守るために考えられた経済の形を作り上げるものではないのです。

 他の貿易協定と同様、TPPは、企業が好きな場所で事業を展開できるよう特権を与 えるものです。“パートナー”国となれば、そのような企業の特権を認めて、そ の権利を守らなければならないのです。これがすべての人にとっても良いもので あるというのです。

しかし、モンサントやカーギルのような多国籍企業と国々との関係は植民的で、 実際、植民地支配をする側、される側の関係になってしまうと言った方がより正確かもしれません。(引用注:特にISD条項故に) 日本を含む各国は、企業のための保証人や執行者といった役割を担うことになってしまうでしょう。

TPPの目的は、人々の幸福ではなく、企業の幸福なのです。 日本にとって、この貿易協定に参加するということは、コメを含めた食糧自給の完全な放棄を意味し、カーギル社は喜んで、テキサスかカリフォルニアからコメ を輸入してくれるでしょう。豚肉でも牛肉でも、合衆国やおそらくカナダから、 カーギル社は喜んで輸入くれます。またニュージーランドも、日本が必要とする 乳製品をすべて輸出してくれるでしょう。

しかし、TPPはそれにとどまりません。学校給食や医療などを含むあらゆる公共事業において、外国企業が入札へ参加できることを認めなくてはならなくなります。日本は、外国企業を日本企業と同様に日本国籍を有する法人であるかのよう に扱わなくてならなくなるのです。

TPPの最も重要な側面の一つは、遺伝子組み換えや特許種子問題への影響です。今 日、世界の食糧消費の大半が、自家採取した種子を使って小規模農場で栽培された作物である一方、モンサントやシンジェンタのようなほんの一握りの種子を取 り扱う巨大企業が、作物の遺伝子組み換えや特許を利用して、グローバルフード システム(世界の食糧市場)の支配を手中に収めようとしている。TPPは、この目的 達成を手助けするために企図されたものなのです。

モンサントの種子は環境に配慮した農業のためのものではありません。工業的で、生産に多大なエネルギーを消費し、単作のために作られたものであり、企業の利益を除けば、だれにとっても災いをもたらす代物です。

TPPは健康や環境に関する安全基準を引き下げ、それを国際基準として統一しよう とするものです。その意図は、医薬品や遺伝子工学の分野においても、企業の 乗っ取りを助長するものなのです。 カナダでは、企業の利益が守られる範囲で規制が策定されているとさえ言われて います。さらに政府は、適切な試験もせずに、全ての新しいバイオテクノロジー 製品を認可しようとしています。

 地球の裏側のカナダでも、現政府は企業のために尽くしており、TPPは、やはり日本と同様、カナダにとっても悪い結果を招くものなのです。 カナダはこれまでに、いくつもの貿易協定参加してきました。そして、今、TPPと CETA(EU・カナダFTA)への参加協議を行っています。

CETAとは対ヨーロッパ との協定で、内容はTPPと同じものです。いずれの場合においても、カナダ政府は 国民の不安を無視しようとしてきたことは明らかです。 国民が黙ってさえいれば、政府にはそういうことがやれてしまうのです。そし て、反対者を追いやって、計画を実行できるのです。

今日の会が、日本人がTPPによって被る本当の危険とは何なのかを理解する一助と なることを願っています。

また、皆さんの地域社会や組織の中で問題意識が高まり、政府のプロパガンダに対して声を上げるための手助けとなれば、と期待しています。

食糧主権に関心を寄せる世界各国の人々と声を合せ、企業による食糧システムの 統治や支配は、だれにとっても良くないことであると、訴えてほしいと思いま す。 食糧主権とは、私たちが、私たち自身の持つエネルギーを使って、地域規模の食糧システムを構築することです。またその経済は、公平さを持ち、環境に優しく あるべきです。世界のあらゆる地域で、同じように食糧主権と新しい経済に取り組む人々との繋がりを意識しながら。

私たちは、貿易よりも、人々のための食糧安全保障が優先される日が来ることを望んでいます。大切なのは、家族が十分食べた後で残りを市場へ持って行くとい う考えで、地域の人々の生活が優先されるシステムなのです。 最後にもう一度、会場にうかがえなかったことを、心からお詫びし、お招きいた だいたことを感謝申し上げます。

内閣官房
経済連携・TPP関係情報
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/index.html

○TPPに関する諸団体、都道府県等との意見交換の実施状況

メリット・デメリットの意見があります

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/1/20120516_merit.pdf

http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/1/20120529_demerit.pdf

TPPの根本対策
http://ameblo.jp/jdi0411/entry-11486651562.html

初代TPP協定(P4)には脱退条項(脱退表明後6ヶ月で協定から脱退出来る)がありましたが、今度のTPPは交渉を打ち切る権利は9ヶ国のみにある。日本が脱退希望しても絶対に入ったら逃がさないという形になっている。絶対に念書にサインしてはいけない。

3月24日討論会動画紹介!「愛国市民運動VSレイシストをシバキ隊」


最右翼勢力
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/lite/archives/51888663.html

3/24討論会のご報告 第2回

日本国内のアジア大戦争

★動画ご紹介! 

さる平成25年3月24日に東京・文京シビックホールにて行なわれた「愛国市民VSレイシストをしばき隊」による討論会の動画が全て完成しましたので、全編ノーカットでお届けします。

 討論会の前半から大部分が「在日論争」に割かれてしまいましたが、本来ならしばき隊サイドが愛国市民デモを「弱い者イジメ」と非難する論拠となった、さる09年のカルデロン一家追放デモについて時間が要される予定でした。今からちょうど4年前の09年3月、埼玉県蕨市で敢行されたカルデロン一家追放デモはNPO外追による提案・提言だった瀬戸弘幸顧問や筆者(有門大輔)、中村副理事長(当時)、小野寺・現理事長代行など外追の主だったメンバーが在特会幹部らと共に行進の先頭を務めた 不法滞在フィリピン人カルデロン一家の追放運動に際して、愛国市民勢力は東京・霞が関の法務省前や東京入国管理局前など各地で抗議行動を展開し、一家の長女ノリコ・カルデロンが当時通っていた中学校前をも通過したデモ行進はその一環に過ぎない。どこで抗議行動やデモを展開しようが、行政の許可に基づいて行なっている以上、それを行なう側の戦略・戦術であり、勝手である。

 また、カルデロン一家に限らず、全ての不法滞在外国人の追放を主張したもので、問題の渦中にあったノリコ・カルデロンのみを対象とした抗議デモではない。むしろノリコ・カルデロンを問題の渦中に引っ張り出し、「悲劇のヒロイン」として大々的に利用したのはマスコミと不法滞在外国人を支援する極左・人権派勢力のほうである。

「愛国市民運動VSレイシストをしばき隊」討論会1http://www.youtube.com/watch?v=NhkhOVDa7qI

「愛国市民運動VSレイシストをしばき隊」討論会2http://www.youtube.com/watch?v=b6kxBajKR58

「愛国市民運動VSレイシストをしばき隊」討論会3http://www.youtube.com/watch?v=oEOahFRSvB8

「愛国市民運動VSレイシストをしばき隊」討論会4http://www.youtube.com/watch?v=KkqNEVPGscU

★アンチ愛国市民勢力の台頭!

☆マイノリティと弱者擁護にすり替えた共生主義の卑劣さ 新宿・大久保界隈における『在特会』や『日韓断交共闘委』など様々な愛国市民団体による「韓流追放!朝鮮人追放!」を掲げた愛国市民デモは毎週毎月の如く継続されており、既に定着の感がある。

そうした愛国市民デモへの妨害を繰り広げてきたのがレイシストをしばき隊なる敵対勢力である。同隊は反原発グループなどの極左から右翼団体関係者そして在日朝鮮人(その他、帰化人も含まれていると考えられる)までの混成部隊であり、保守・右派のデモに反発しているからと言って即ち極左勢力であるとは一概に言えないが、外国人・異民族との共生を唱える「共生主義者の集団」「共生主義勢力」という括りで捉えることは出来よう。

 このしばき隊の登場は愛国市民デモによる韓国・朝鮮人の追放を語る上でも必然的だったと言える。と言うのも大久保界隈における愛国デモはヒートアップの一途を辿っていた。デモの終了後、参加者らによる「お散歩」と称した韓流タウンの練り歩きでは公道上にはみ出た韓国系店舗の立て看板を撤去させるため、度々参加者と店側との間で衝突が繰り広げられ、警察沙汰になる騒動を巻き起こしてきた。私ども『NPO法人 外国人犯罪追放運動』としても小規模ながらゲリラ的に独自でお散歩を展開したこともあった。

 これは池袋チャイナタウン計画への反対行動でも同様の光景が見られたが、こうした愛国市民による練り歩きに反発する韓流タウンとの間でいつか決定的な衝突や事件が発生して愛国市民の側から逮捕者を出し、愛国市民こそが国家権力から一方的に摘発・弾圧対象とされていたかも知れない。

 そこへ登場したのがレイシストをしばき隊なる現体制(共生主義)の尖兵であり、反面、反原発デモでは自民党現政権から弾圧対象にもなり得る半グレ的なアンチ愛国勢力である。

 事実、さる3月17日の大久保デモでしばき隊はデモ参加者に殴る蹴るの暴行に及び、反原発グループ摘発の観点からか、警察は積極的に被害届の提出を働きかけた。

 そうした襲撃と衝突が繰り返され、私どもNPO外追を名指しで犯行予告が出されたりもした中で外追顧問でもあり、人気極右ブログ『日本よ何処へ』の瀬戸弘幸主宰がしばき隊との討論会を呼びかけて開催されたものである。

 当日来たのは、しばき隊の呼びかけ人であり隊長の野間易通(やすみち)氏とその後見人らしき松澤呉一(くれいち)氏。

 討論会の後日、然る警視庁関係者から野間氏についての印象と討論会について自分なりの総括を「どう思うか?」と問われた。

 これまで野間易通という男については敵・味方双方のネガティブ・キャンペーンも手伝って「大したことのないヤツ」「ヘタレ」といった評価がネット上でも伝聞でも徘徊していたが、実際に討論会で見た野間という男はよく勉強しているし頭の回転も早くキレる、何よりも向こうにとっては敵ばかりの公開討論という敵陣に単身乗り込んで来たココ一番の度胸はこれまでのどんな妨害者よりも格段に上だろう。

 実際の議論においても論点のすり替えや誤魔化し、煙に巻くといった手法もあるにせよ、場面によってはだが、会場を圧倒する展開も見られた。

 警視庁関係者にも同じことを述べたが、今回の一件(討論会)で株を上げた野間易通は今後、極左まで含めたアンチ在特・アンチ愛国市民の妨害勢力で主導権を握る可能性があると見ている。

 アンチ在特勢力の台頭は数年前より指摘されていたが、核となる者・勢力が存在しなかった。それがここへ来て野間一派を中核とするアンチ勢力が急速にチカラを付けて来るのかも知れない。

 今回の討論会について、前出の警視庁関係者から「影の主催者」とヨイショされたことは嬉しい限りだが、瀬戸弘幸主宰が野間一派しばき隊に非暴力を確約・公言させ、全貌を暴くべく公の場に引き出したことの意義は大きい(動画ご参照)。

南の島に雪が降る


これ観た契機に真実の近現代史を自習して欲しいものです。今の学­校では嘘、捏造、歪曲の歴史(学)しか学べないようになっている­ようです。最早、自分で学習するしかないのです。あんなに遠くま­で白人国の殖民地を開放する為と、人種差別撤廃を求めて戦ったの­です。これを遂行する為、国は存亡を懸け、人は生死を懸けてたた­かったのです。戦後世界を大きく変えたのは実は日本なのです。戦­後、大部分の国が独立し、人種差別も撤廃されました。このほとん­どが日本の戦争のお蔭なのです。敵国だった米国にも恩恵を与えま­した。キング牧師の公民権運動は言うに及ばず、黒人が大統領にな­れる迄になりました。こんなこと教科書には一切書かれていません­ね。先生も知りませんね。自分で研究するしか無いです。

http://www.youtube.com/watch?v=m6TFi9O-7B8&feature=player_detailpage#t=3s

(・”・)

ご隠居。

わたしもあなたの言うとおりの考えでした。

コロンブス以来の白人列強支配から有色人種を奴隷から解放したのは日本です。

しかし、

有門氏の言うとおリ、こんな土人を日本人の多大な犠牲を持って白人列強の前線基地を叩いて解放したからと言って、では日本にとって一体何の得になったのかと言う事を考え直すべきです、実際損ばかりしてます。

日本人以外の有色人種は一円の価値も無いと言う事が既に判明してます。

日米欧列強体制に戻すべきです、これを高らかに掲げれば国民も覚醒し、
支那兵朝鮮人も人口侵略を諦める様になるかも知れません。

科学技術が出来るのは日本人と白人(ゲルマン民族)だけだと言う事実を突き付けるのです。

ただ日本がやってあげるのは支那に隣接する小国を支那から守ってやるくらいはしてもいいと思いますが、経済支援などそれ以上の事はすべきじゃ有りません、ドブに金を捨てる様なものです。

KESSELRING 様


> 日本にとって一体何の得になったのかと言う事を考え直すべきです、実際損ばかりしてます。

小生もある時期には、"損得"を行動の基準にしていました。しかし、年代を経るに従って価値観や世界観・人生観は変化します。家族や友人との関係は、利害打算を超えたところに存します。
目先の"損得"だけを、国益追求の基準にするのは疑問です。

支那・朝鮮人は、この辺を突いてくるんじゃけんど、、、

> 日本人以外の有色人種は一円の価値も無い

日本人が一番高潔で、世界に貢献した民族だとは思います。

> 日米欧列強体制に戻すべきです

白人は350年間、重商主義の名のもとにアジア・アフリカから搾取して富を築いたのです。

盗人の仲間になりたいのですか?支那人や朝鮮人と同じレベルにはなりたくありません。

> これを高らかに掲げれば国民も覚醒し

掲げるべきは、"日本精神"だと思います。

> 支那兵朝鮮人も人口侵略を諦める様になるかも知れません。

中華思想を潰すことが、傀儡在日犯罪者の掃討になると思います。

その奥にはコミンテルンなりすましユダヤ人が、糸を引いてるんじゃけんど、、、

> 科学技術が出来るのは日本人と白人

科学技術は植民地経営の手段(アジアの富を収奪するツール)として発展してきました。

日本によってのみ、科学技術は正しく活かされてきました。

> ドブに金を捨てる様なものです。

支那を利するよう、東南アジアに金をバラまいた開発銀行の日本人頭取がいた。

ドブに捨てた方が良かったんじゃけんど、、、

(・”・)

TPP参加と中国・北朝鮮脅威論について

自民は参院選公約にTPP参加6条件を入れないと(衆院選では公約だったはずなのだが)負けるだろう。 

「日米安全保障体­制の強化」と引き換えに「TPPへの参加」がオバマ・安倍会談であったのだろう、だからTPP参加は止む無しと考えるのは日本人特有の妄想ではないだろうか。
アメリカは、いざ究極の選択になれば、日本を捨てて中国をとる。尖閣で日中が衝突したらアメリカが日本に加勢するとかは妄想。オバマの師であるブレジンスキーは米中G2論者だ。
日本はTPP交渉参加から早期離脱し自主防衛力の大幅な強化が先決。4~5年後の情報開示後に再検討しても決して遅くない。

自民党は田母神氏の言う事を聞いておくほうが良い。 twitter参照
http://ameblo.jp/toshio-tamogami/

【田母神塾 第105回】 中国は戦争準備をしていない 【情報謀略戦】

http://www.youtube.com/watch?v=Y5LmwMd86_Q

中国は戦争する気はない。
アメリカは国益でしか動かない。最大の目的がTPPである。
(6:40より)

時系列流れ
2008.9.15 リーマンショック
2009.8.30 政権交代で民主勝利、自民下野
2009.9月   鳩山 東アジア共同体提唱
2010.3月   アメリカ・オーストラリア・ベトナム・ペルー がTPP(2006年5月のP4)に参加
2010.6月   鳩山首相 普天間から辺野古移転に反対し辞任
          菅首相代行となる
2010.9.7  中国漁船尖閣で衝突事件
2010.9.14 菅・小沢代表選で菅勝利
2010.10.1 菅首相がTPP交渉参加を検討すると表明
2010.10月  マレーシアがTPPに参加
2011.3.11 東日本大震災
2011.11月  野田 キッシンジャーにTPP交渉参加に向け検討と表明
2012.8.20 香港活動家 尖閣上陸
2012.12.16 政権交代 民主下野

これからわかるように、アメリカはリーマンショック後に日本を標的にTPP策動を始めている、尖閣漁船衝突事件もアメリカの策謀である可能性は否定出来ないのである。

隠居殿。

①>目先の"損得"だけを、国益追求の基準にするのは疑問です。

知り合いに筋ジストロフィー患者が居ます、15まで生きられないと言われたそうですがいま30才位です、これは本人も言ってますが医学=科学技術の発達のみによるものです。
しかし指一本しか動かずマウスと車椅子の操作しか出来ません、親は大変です。
日米欧列強国は先進国とは言えこれに加え癌やエイズ再生医療・・・の様なまだ未完成の物ばかりです、とても目先の事だ等とは言えません、医学・宇宙・工業製品=科学技術です、これの研究開発費のみに税金は使うべきです、異論を唱える者は無い筈です。


②>白人は350年間、重商主義の名のもとにアジア・アフリカから搾取して富を築いたのです。
盗人の仲間になりたいのですか?支那人や朝鮮人と同じレベルにはなりたくありません。

これは渡辺昇一先生が言う様に当時の常識ですし、洗車戦闘機軍艦=科学技術をマスター出来る民族で無ければ覇権国家にはなれません。
支那の宗主国はロシア(製の武器)です、これが無ければ周辺諸国とどっこいどっこいです。
人権と言うのは白人の発想ですし、ここ50年位の物です、
当時の白人がアジアアフリカから搾取した等と言うのは東京裁判、ロッキード裁判同様、事後法裁判=リンチ殺人と同じです。



③>科学技術は植民地経営の手段(アジアの富を収奪するツール)として発展してきました。
日本によってのみ、科学技術は正しく活かされてきました。

主に石油や鉄鋼ですが、科学技術の産物である工業製品を湯水の如く作り出す日米欧列強国だから石油採掘や、鉱山開発が出来るんです、支那兵朝鮮人はじめアジアアフリカの土人にこんな事は出来ません。

KESSELRING 様


不毛の議論になりそうです。これで打ち切ります。

(・”・)

What is TPPA?

米国の市民団体によるTPPへの懸念

http://www.youtube.com/watch?v=FLaX18KtbQM

公開日: 2013/03/19
オレゴン・フェアトレード運動のエリザベス・スワガーさんのスピーチです。

もとの動画
http://www.youtube.com/watch?v=51OPQRqnM0Y

> R.K #Luo6PgT. さん 
構ってくれて、ありがとうございます。 (^^)
--
--
釣られたのか・・・。


安倍政権の危険性を訴えると、多くの自称保守は、「朝鮮人」だとか「共産主義者」「左翼」だとか都合よく解釈する。

誰もTPPの危険性に気づかない。知っているはずなのに、無視する。

それよりも関心は安倍がいかに韓国や中国の嫌がることをするのかということだ。円安で韓国経済が潰れそうだと大喜び。

その足元で日本という国がTPPで消滅しようとしているのに、本当に馬鹿な連中だ。

でなければ安倍政権や黒田日銀の行うアベノミクスのリフレ政策に夢中の奴もいる。TPPが自由貿易だから良いことであって、危険だなんてこれっぽっちも思っていない。

国が無い。やつらの心には国が無い。愛する国が無い。

あるのは韓国や中国に対する嫌悪か経済効率至上主義のことだけ。


もちろん韓国や中国は日本と相容れない日本の敵だ。

やつらのしてきたことを考えれば嫌うのはわかる。

日本経済が大変なのもわかる。

だがそれらにとらわれ、完全に大局的視点や本質を見失っている。

TPPで根本から日本を失ったらすべて無意味ではないか。


嫌韓や嫌中は愛国と同義ではない。

どうも彼らには、

日本なんかどうでもいい、

韓国や中国さえ不幸になればいい、という、

という破壊願望が見うけられる。

国家観が無いのはサヨクの基本

>>日本なんかどうでもいい、 韓国や中国さえ不幸になればいい、という、 という破壊願望が見うけられる。
 否、それは貴方の偏見ですよ。 私は私を含めた保守は、別に韓国やシナがどうなろうが関係ないと思っている様に思いますがね。 貴方の言う「破壊願望」とかが、あるなら、此の度のシナの地震に心配など寄せたりはしないと、思うが。 如何?

 まぁ、朝鮮族の醜様さは、日本だけではなく、今や、世界の嗤いモノですよ。 張り子の虎成らぬ、飛ばぬミサイルを見せびらかして、茶番で世界を手玉に取っている積りのジョンウン朝鮮は、表向きの威勢のよさと裏腹に就任3年目にして既に末期的だし、韓国は日本が円安に振れただけで、絶命しかかる様な、脆弱な経済基盤を世界に曝しているから、ちょっと前までのウリナラマンセーとのギャップを嗤っているだけだろう。

 別に「特別に」意識して居る訳ではない。 寧ろ、殊更に意識して居るのは、色々「当て」が外れた貴方の様なサヨク勢力ではないでしょうか?

 就中、日本を毀損してきた貴方達にとって、一番当てが外れて居るのは、「最近、国が纏まって来た」って事でしょう。 所謂、サイレントマジョリティは、本来、「うすらサヨク」だったのに、この頃「うすら右翼」に振れ始めているから、貴方方には焦燥感が生じているのでは? と思って居ります。

記事読ませて頂きました。
これが本当であればさすがです。安倍総理。
ってか、この通りであって欲しい・・・
安倍総理と稲田さんの2コンボ総理でこの先進んでくれればいいのにと切に願います!

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。