スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の戦争は全て自衛の為  近現代史NO41  9月3日(月)  


近現代史の旅41回目です。この旅も遂に40回を超えるとは我ながら
驚きです。6月1日から始まった旅は9月に突入してしまいました。
私の近現代史の旅は時系列に記述するところを、時代が時々前後して申
し訳なく思っています。

歴史上の事件は、突然起こったように見えますが、実はその前から準備
されているのです。日米開戦は日本の真珠湾攻撃から始まったように見え
ますが、日露戦争直後から既にアメリカは日米開戦の準備を始めています。

別の見方をすれば1853年のペリー率いる黒船が江戸湾浦賀に来航した時
から日米戦争は運命づけられていました。

アメリカは西欧先進諸国のアジアにおける植民地獲得競争に遅れていたが、
西欧との競争のためには太平洋航路の確立が必要であった。そこでまだ
手をつけられていない日本に目をつけました。

太平洋で盛んに捕鯨を操業していたアメリカは、太平洋での航海・捕鯨
での水、食料,薪の補給点としても日本がどうしても必要でした。

それではなぜアメリカはイギリスやフランスに先がけて日本に接近すること
ができたのか、それはちょうどその頃イギリスとフランスはトルコを援助し
てロシアと戦っていたからです。(クリミア戦争、1853~1856年)

しかしやがて両国はロシアの地中海進出の野望を砕き、幕末の日本に接近
してきました。イギリスは薩長連合を援助し、フランスは幕府を支援しま
した。

その後アメリカは日米修好通商条約(1858年)を最後に日本の前から姿を
消します。アメリカは南北戦争に突入し日本にかまっている余裕を失った
からです。

クリミア戦争に敗れたロシアは海への出口を失って、太平洋の不凍港を求め
て東北アジアへの進出を企てはじめました。幸いにも明治維新(1867年)に
よって既に明治政府が出来ていました。ロシアは弱小国家日本に対して千島
列島と樺太の領有権を主張して侵略してきました。日本は樺太を諦める代わ
りに千島列島全部の領有権をえました。(千島・樺太交換条約、1875年)

ロシアは満州から朝鮮半島に進出して日本の本土を虎視眈々と狙う計画
で動いています。日本はにわかに風雲急を告げてきました。

常にロシアと戦ってきたイギリスはロシアが日本で支配的地位を占める
ことは許しがたい。そこでイギリスはロシアと戦って日本を分割するより
日本を助け育てて、ロシアの防波堤にする方が良いと考えました。

ロシアは日本について何も知らないがイギリスは薩英戦争で日本と戦えば
非常に手ごわい相手であると知っていました。その後イギリスは義和団の
乱で日本軍の優秀さと規律正しい行動に感心し日英同盟(1902年)を結び
ます。もちろんそれだけではなく義和団の乱以来満州から撤兵しない狡い
ロシアを牽制する意味もありました。

日英同盟から2年後の1904年に日露戦争が勃発しました。イギリスは
ロシアと何回も戦ってその戦力と強さを知っているだけに、100%日本が
壊滅すると思っていました。

しかし簡単に日本が壊滅するのではなく、ロシアにそれなりの被害を与え
てから壊滅してくれればその後対ロシアとの戦いは有利になるとイギリス
は考えていました。そこでイギリスは中立を装いながら、諜報活動やその
他で間接的に日本を大いに助けました。

日本はイギリスの対ロシア政策の傀儡であることは百も承知していました。
しかしいずれロシアと戦うためにはイギリスの後ろ盾は心強いものでした。

日本は白人からの植民地化を避けるためには欧米列強と同じ土俵で生きる
以外に自衛の道はなかった。しかし欧米列強のように他国を侵略して植民
地化した国から搾取するなどの考えはこれポッチもありませんでした。

現に朝鮮を併合しても搾取するどころか日本から巨額の資金を投入して
朝鮮を近代化させています。台湾も満州も同じく近代化させるためにお金
も人も投入しています。欧米のように収奪だけが目的で侵略して植民地化
などしていません。

ところが戦後、有象無象の「反日的日本人」がウンカのごとく湧き出し、
日本の過去の戦争はすべて侵略戦争だと、多大の罪悪感を持つように、
国民を引きずりまわしてきました。欧米こそが真の侵略者であるところを
日本が侵略者にと、愚かな日本の学者は、論壇と言論界を占領して巧みに
すり替えてきたのです。

現代日本の危機は、作為で仕立て上げられた戦争犯罪国家というレッテル
を貼られたまま、未だに覚醒できずに60数年引きずっていることです。
おかげで占領憲法を変えることもできません。

日本の近現代史を調べれば調べる程、日本は明治維新以後、多くの偉業を
成し遂げ、日本だけでなく人類にも多大な貢献をした国であることがよく
分かります。



(今日は少し過去にさかのぼって もう一度確認するために記述して
みました。次回は支那事変の背後でうごめくアメリカの謀略を書くつもり
です。)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

●署名お願いします。 緊急! (匿名可能です。 )

名古屋の国有地を「中国総領事館」に売却する事に反対する署名: 1680人不足しています。

今日9月3日が期限です。
http://www.shomei.tv/project-1648.html

「自衛のための戦争」と「侵略戦争」は相反するものではない。
「自衛のための侵略戦争」は成立しうる

AはBからの脅威を受け、自衛のためにCを侵略して自国を防衛する。

日本は欧米列強からの脅威を受け、自衛のためにアジア諸国を侵略して日本を防衛する。

これだけの話です。
侵略行為を否定する道理はない。
正々堂々、自衛のために侵略したと胸を張って主張すればいいのです。
それを変に歪めて被害者面して負け犬の遠吠えをしているのは本当に情けない。
正に歴史を自分の都合で捏造してユスリ・タカリを繰り返す朝鮮人と根っこは一緒です。日本人として情けなく思います。
誇り高き日本人にあるまじき主張です。
こんな体たらくだから、橋下とか安倍とか石原とかにまんまと弄されるのです。

バカでも言える「遺憾」だけで済ませるなら、政治家を辞めろ!

昨日「守り継ごう!日本の領土in浅草」デモが行われたが、デモのコールに、


>具体的な対応をせず、「遺憾の意」を繰り返す日本政府に、国民は【怒っているぞー!】 

があった。
私が一番嫌いな言葉は「遺憾」という言葉である。
早い話が、「遺憾」の意味は、
「(外国による日本侵略があろうが、どんな大規模テロや政府転覆の様な悪事が起きようが)日本政府は何もしません。日本政府は責任放棄します。唯一する事は未来への問題先送りです。」
であるからだ。
戦後の日本の為政者は、今までずっと「遺憾」という言葉で済ませて来たが、それらが日本国民の士気をどれだけ落として来たか考えるべきである。
必要なのは「遺憾」というバカでも使える言葉ではなく、効力のある実行である。
効力のある実行とは勿論、武力の行使も含む。
バカでも言える「遺憾」だけで済ませるなら、政治家を辞めるべきである。

管理人様、更新ご苦労様です。

やはり小沢一郎、民主党が韓国とグルだった。

韓国大統領の暴走した発言に常識ある日本人は、
怒りに肩を震わせたものだが、
韓国人は、「えっ!」、と驚いた。

韓国人にはわからない。
なぜ日本人がそんなに怒ったのか。

実は彼らは期待していたのだ。
多くの日本人が彼らの主張に共鳴し、共に立ちあがって、
日本の右翼を懲らしめてくれることを・・・

なぜなら、彼らにとっての日本人のイメージは、
小沢一郎にあったからなのである。

韓国人が抱く現代日本人のイメージと天皇陛下のイメージは、
小沢一郎が作ったといえる。

小沢一郎と民主党がそのイメージの下地を作り、地ならしした。

では、小沢一郎の韓国での発言を振り返ってみよう。

<ソウル大学で学生たちに>

・日本人は考えない、判断しない、責任を取らない。
・日本人はアジアの寄生虫。
・日本には皆さんの優秀な血が必要だ。
・天皇には初代から朝鮮人の血が流れている。
・私は天皇を訪韓させることができる。(つまり、私は天皇より偉いのだ、ということ)

天皇と中国国家副主席との会談について・・・・

<報道記者に>

・天皇の国事行為は内閣が決めるんだ。憲法に書いてある、憲法を良く読め!

・国事行為は『内閣の助言と承認』で行われるのが憲法の本旨で、それを政治利用といったら陛下は何もできない、陛下の体調がすぐれないなら優位性の低い(他の)行事はお休みになればいいことだ、天皇陛下ご自身に聞いてみたら、手違いで遅れたかもしれないが会いましょうと必ずおっしゃる。

<鳩山首相に電話で>
・会見はやらないとだめだ、何をやっとるのか、ゴチャゴチャやっとらんで早くせい。

以上、このような発言により、
小沢一郎は、韓国人に日本人を貶める意識を吹き込んでいるし、
また、日本における天皇陛下の位置づけ、天皇陛下の尊厳を貶めて韓国人に吹き込んでいる。

小沢一郎は、これらの発言当時、日本の政界における実力者と言われていた。

年初めには、小沢邸に100名以上の国会議員が挨拶に訪れる。

韓国人は信じたはずだ。
小沢一郎こそ日本の第一人者であり、韓国を応援してくれる日本の良心だと。

小沢が韓国を応援してくれるのだから、当然、選挙で小沢に投票する日本の多くの有権者も韓国を応援してくれているはずだ、と信じたかもしれない。

それに、日本の大衆は、K-POPが大好きだ。

さらに小沢一郎は、”竹島を韓国にさしあげる”と言ってくれた。

また、鳩山由紀夫も韓国で、韓国が要望する天皇訪韓について、
あたかも天皇陛下もそれを望んでおられるかのように、次のように発言している。

・私は天皇陛下ご自身もその思いを強く持っておられると理解している。

小沢一郎や鳩山由紀夫のみならず、民主党議員全体を通してこのような発言をあふれかえしてきたから、
李明博は、次のように天皇を侮蔑できたのである。

・日王は韓国に来たけりゃ謝罪しろ!!!!

そして、彼は、民主党を含め、多くの日本人が拍手喝采してくれるものと期待した。

いまがチャンスだ、日本の右翼をやっつけるために、
竹島と、従軍慰安婦問題を徹底的に追求し、騒ぎまくろう。

きっと良心ある日本人が立ちあがってくれるはずだ。

と思ったに違いないのだ、やつらは。

しかし、残念でした。

最近形勢が悪くなって沈没しかかっている小沢一郎は、
「竹島をあげるなんて言っていない」、と言ってます。

そんなこと知らぬ存ぜぬ、だそうですよ。

はしご、外されちゃいまいしたね。

確かに、小沢一郎はそう言ったのだろう、
と日本ではだれもが信じるところですが・・・

韓国の政府は、そう言い張れない。
否定せざるを得ないところ、辛いでしょうね。

お察しします。

影の主役は、帝政ドイツ

ロシアが不凍港を求めて東北アジアへの進出を唆したのはドイツ皇帝のヴィルヘルム2世ですね。

ロシアを東アジアに釘付けするのが目的でした。
まさか、日本が勝つなどとは考えもしていなかったので、そこから誤算が生じます。弱体したロシアは英国の協力を得るようになり、ドイツ包囲網が完成するという大失態。

後のヒトラーも日本を同盟国と言いながら、いずれ蹂躙する木の葉のごとく、完全に見下しています。
持ち上げているところもあるのはあるのですが・・・。

日中戦争を仕掛けたのは、アメリカとドイツです。

ペリー来航から終戦まで、この二か国に世界中が翻弄された時代なのです。

>2012/09/03(月) 11:16:28| URL| 拡散希望です。 #dTDYUgsY

ネトウヨは他で拡散しておけ!

ここは、真剣に国益を語る場であり、米国に無償で与える治外法権エリアが増え続けることに危惧を申さない売国奴の拡散はここでは許されないということ。

尖閣防衛 考

尖閣防衛には
侵略国に侵略行為をしても無駄だ
外交でも世界が支持しない
軍事力を行使しても損害が酷くて困難だ
と思わせる事が重要です。

以上の事より
日本の為すべき事は、侵略国の侵略戦略をことごとく無効にする行為である。

1.領土問題化
日本に歴史事実や国際法的な非は無い。 日本から領土問題化する必要は無い。ただ、実行支配を着実に進めれば良い。
中共が世界に笑われる国際司法裁判所に提訴しても、歴史の事実や国際法を元に抗弁書を提出し、相手にしなければ良いだけである。

2.尖閣の買収
もはや民間の有志(地権者)に護っていただくのは、限界にきている。 次代の子孫が何時までも護ってくれると考えるのは、国民や政治家の怠慢です。
国有化が望まれが、現政府では売国しかねない。(人質や支那経済の権益と交換に)
国有化より都の所有とし、ワンクッション置いて売国し難くする事がベストだろう。

3.軍事力行使
1.2.の対抗策を実行しても、もしもの為に軍事オプションを用意する。
現状は日本単独で護り切る事は困難ですから、日米安保の着実な抑止力を高める。また、同盟が未来永劫に続く保証は無い、今から日本単独で護れる体制を創らなけばならない。(憲法改正、核保有)

以上と考える。

国と国の友好は虚々実々のせめぎ合いの中で成立している

> 日米開戦は日本の真珠湾攻撃から始まったように見え
> ますが、日露戦争直後から既にアメリカは日米開戦の
> 準備を始めています。

これは米国を考える時の常識だが, 米国は有力な競争相手
に対して「もし戦わば」を常に考えている.

米国の一番の友好国である英国に対しても戦争プランを
持っている. これは覇権国家として当然のことである.

従って, 米国が日本に対する戦争のプランを立てるのは
日本を有力な国であると認めていることに他ならない.
辻本氏はいわゆる保守派の, 以下にも日本的な, 無責任な
主張を信じていると思う. 国と国の友好は虚々実々の
あらゆるせめぎ合いの中で成立している.

このことを考えないと, 何故戦争に「なった」のかが
理解できないままになるし, 何故現在のような政治的危機が
到来しているかも理解できなくなる.

いやいや

大東亜戦争については資源目的の南部仏印進駐が日米関係破綻の決定打だったわけで単純に自衛とは言えないでしょう。資源自活を目指した勢力拡大戦争ではないの?

日本を語るには発想が必要。

>日本にはまだ個人資産が1000兆あるからといって、TPP、韓国債・・無尽蔵なる公共工事等、自民党の選挙基盤を守るための政官財癒着談合利権世襲政治にまずは終焉をでしょう。

公共事業は、必要です。
今、全国に万と言う数の老朽化しつつある橋がある。
このライフラインは、架け替えが、必要だし、耐震・免震などの新たな技術も必要だ。
日本は、海洋国家でありながら、国自体がじっとしていない動く国土だ。
それでも不動産と言うから面白い。
GPSで見ると列島が太平洋側に移動している事がわかる。
在り来たりな発想では日本は、統治出来ないユニークな国です。



2012/09/03(月)

>2012/09/03(月) 12:37:42| URL| 反韓人

小沢先生の、お顔といい、雰囲気といい、日本人寄生虫論といい、親のご出身地といい、条件がみな揃っている。小沢先生が同族、同胞ってわかってんでしょうね。半島人は。

小沢先生は、潰れかかった韓国をどろ水の中から引き揚げてくれる救世主に見えているんですね。小沢先生なら10兆円なんて細かいこと言わずに50兆100兆円韓国に差し上げると思ってんでしょう。

>発言動画が無いことを理由に発言否定するのは無理があるけどね。
2012/09/03(月) 15:50:22| URL| 福 #-

逆に
動画の証拠もないのに、又聞きや噂の妄想だけでよく落書きが出来るじゃん。


で、ソースが・・・

まともな日本人なら殆どスルーする
あの歪曲・ねつ造オンパレードの反日新聞ってマジでつか?www

オマエらってどんだけ都合がいい生き物なんだよ(笑)

小沢一郎・一次ソース

ソウル大学における小沢氏の講演会・中身はもちろん日本語です。


오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (1) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=CbJnAW6eCSM

오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (2) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=hR5TF83kGK8&feature=relmfu

오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (3) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=WsOwC13DVVw&feature=relmfu

오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (4) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=vTiu5wtdBUU&feature=relmfu


오자와 국민대 강연 小沢一郎 國民大 講演 (5) Ozawa's Speech at KMU
http://www.youtube.com/watch?v=mQtHln8204Q&feature=relmfu

だから言っているだろう、録音録画されていない公演後の質疑応答内での発言だってね、
だから発言動画を要求してもそれは筋違いの話ってね。
発言は朝鮮日報がソウル発外電として伝えている。
都合いいもなにも
朝鮮日報が誤報と認めない限り完全否定するにはちょっと無理があるよと言っているだけ。

日本政府は、ウソをつく!?

現政権は、信用出来ない。
唐突に出て来て、政府が尖閣諸島を買うと言う話し、、、
他ブログでも言われていたが、、、何なんだ?
もちろん、テレビでもニュースに、、、

尖閣諸島購入で寄付した都民としては、政府が尖閣諸島を購入して、
今までのようにそのまま何もしないで維持するのは反対。

尖閣諸島の自然・海を強欲な資源あさりするシナから守るためにも、
自衛隊等を常駐させるべき、、、
テレビでも言っていたが、東京都が購入後に自然遺産として、ユネスコ登録をするのもありですね。

ここには左翼も来るが、小沢派が結構かき回しに来る。
小沢一郎の韓国での発言。
それは言ったかと聞かれれば本人、答えは一つしかあるわけがない。
曰く「言わない」。
しかし、この話。聞いたとたんに「やっぱり」と思った日本人も多かっただろう。
その時「そんな馬鹿なことはない」と思ったのが小沢派だ。
しかし、その場その場の題名にすればいいようなHNをよく使ったいるものだ。

各論客とも、「中国包囲網」の定義があいまいなんですよね。

記載とではどう定義していますか?

「中国包囲網」とは、中国を軍事的に封鎖してデカイ面できないようにするもの、ではない。
中国を経済的に封鎖して、経済発展を阻害するもの、でもない。

「中国包囲網」とは、中国を暴発させるための「圧力装置」だ。
発展により高まる内圧を外側から雁字搦めにすれば、力はいつか暴発する。
それは、かつてABCD包囲網の罠にはまった日本と同じだ。

つまり、「中国包囲網」を敷こうとしている連中は、第三次世界大戦をもくろむ勢力に同じということだ。

南朝鮮崩壊によって利を得るのは日本だが、それは日本にとって都合のいいシナリオでしかなく、
アメリカからすれば日中衝突によって共倒れになるのがベストシナリオだ。

それがわかっているから、活動家の尖閣上陸がアメリカの工作とわかっているから、反日デモも統制されたものに収まる。尖閣再上陸もさせない。日中両政府とも早期に火消しを図る。

そしてそれをやりきったとき、
第三次世界大戦を目論む勢力=軍産複合体
が滅ぶことになる。

昨今のあからさまな工作からして、いま、その勢力の断末魔の叫びが世界中に響き渡っている。

長きに渡って世界を蝕んできた連中の息の根が止まるのももうすぐだ。
我々は、目先の衝突で一喜一憂していてはいけない。

>2012/09/03(月) 17:28:18| URL| 福 #-


なんか話が通じない奴だなw


いいじゃん。オマエは反日新聞の外電を信じれば?


ネットで検索すれば一発なんだけど、

「日本人はアジアの寄生虫」とかも言葉が随分と歪曲されているんだが・・・

解釈の方も随分と違ってくるぞ。



自分で検索してみな、そんだけ興味があればだがw



「中国包囲網」???
黙っていても自滅するシナに何をするって?

強欲シナが尖閣諸島を自国の領土と言わずに手を引けば良いだけ、、、
中共プロパガンダCCTVが、尖閣諸島のことでいちいち反応しないで騒がないことだ。
『尖閣諸島は、日本の領土』

話が通じないもなにも、何が気に入らないのか知らないけど、
同じことの繰り返しだが、発言動画を要求してもそれは筋違の話で、発言ネタ元は朝鮮日報の外電からで、それ以上でもそれ以下でもない話。

ようは何であれ外電は事実だと言うこと。
反日新聞だから信じるなは、ちょっと筋違い話になるけどな。

>2012/09/03(月) 18:43:04| URL| 福


オマエ、その外電とやらの日本語の↓これ、まともに読んだことないだろう?w


「日本人はアジアの寄生虫」


バカみたいに御託ばかり並べてないで、いい加減にしろーっ(笑)




>2012/09/03(月) 18:43:04| URL| 福 #-

 ↑
このバカ、今必死に問題の文言を検索中だと思うwwwwwwwww


多分(笑)


何をそんなに興奮しているんだい?
落ち付け、
みっともないから、火病は止めろ、身体によくない。
これ以上は無駄のようだから話はこれでお終い。

>2012/09/03(月) 19:10:56| URL| 福 #-

いや、オマエの動きが逐一見えたもんでw

ケンシロウじゃないけどさ(笑)


おっと、こんなところにニコニコが・・・・・・。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18787060

ユダヤを蔑視しましょう。

>別の見方をすれば1853年のペリー率いる黒船が江戸湾浦賀に来航した時から日米戦争は運命づけられていました。


コロンブス以来WASPは200年でアメリカを1000年帝国に創り上げました。

敗戦の遠因は先ずこれですね、日本は鎖国などせず、コロンブス以降の欧米露の争いに参加しこれらと衝突を繰り返して居れば大東亜戦争の惨めな敗戦は無かったと思います、いや、かも知れません。

しかし日米欧露の黒幕はユダヤです、不景気な今こそ、この事実を白人層にも気付いてもらいたいです。

ユダヤは、3S=スポーツ、スクリーン(映画)、セOクス、に夢中にさせる事によって人類を搾取しています。

■水間政憲氏が石平氏を糾弾!

■水間政憲氏が石平氏を糾弾!

今日も石平は、テレビ朝日の昼の番組に出演して、「東京都が来年3月に尖閣を購入すると、胡錦濤から習近平へ政権移行時期で、
政権基盤がまだ脆弱な習近平は、世論に押され、ありとあらゆる対日圧力をかけているので、国が購入したほうが中国の反発は少ない」などと、
暗に東京都が購入しないほうが、日本のためになるとの世論誘導ととれる発言をしていました。
石平の口からは、東京都が購入することが日本の国益になると、口が裂けても言う雰囲気は皆無でした。
フジテレビからテレビ朝日に出演して、必死に東京都が購入することは、危ないと世論誘導をさせているのは誰か。
このような石平を重宝してきた保守論壇も甘くてお話になりません。
いくら日本人に耳障りのいい著書を出していても、ここが国益の分岐点で、
中国が有利になるコメントを、視聴率10%以上で1000万以上に垂れ流す害毒は計り知れない。

http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/


■9月8日(土)討論 ■反日韓国をどうするか?

パネリスト [50音順]

黄文雄(作家・評論家)
鈴木隆行(「在日外国人」「男女共同参画」「人権問題」研究家)
三浦小太郎(評論家)
水間政憲(ジャーナリスト) チャンネル桜と和解されたようです。
三橋貴明(経済評論家)
村田春樹(外国人参政権に反対する会東京代表・自治基本条例に反対する市民の会会長)

司会進行
水島総(日本文化チャンネル桜 代表)



ちり なら

これ、インパクトあるんじゃないですか?。人権委員会法案、7日にも閣議決定。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120903/plc12090318470007-n1.htm
ホント?
これは法務省方面。

あくた、ACTAもいっちゃった。芥川賞じゃない。(冗談でない。)
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120831_556512.html

がっくし。
問責ってなんなんだよ。
手とり足取りおしえてといったのに、ムシされた。
やっぱり、私の直感通りになったような気がしている。
法的束縛力がないのか・・・。
-----
学校いくと、本当いやなやつ多い。
ここが、いい、ストレス解消場かも。
---
世にはばかる、憎まれっ子は、必要なんだよ。

負けんなよ、福(さん、この場は呼び捨てにしたい)。
私が言う筋合いでないだけど。

ジャアね。

KESSELRING 将軍閣下


ものには順序があります。 ジュダ退治のまえにキョッポドモを朝鮮に追い
返えさなばなりません。  世界よりもまず祖国の浄化作業が先決です。

>KESSELRING 将軍閣下

こう呼ばれたのは初めて、世はあっぱれじゃ!

世のハンネは上位ブログでは間違いなく一番カッコいい!

それなりにいいコメントもしている、なのにいつもケツリング呼ばわり!

KESSELRING 将軍閣下と呼んで頂き、本当に、本当にうれしい。

今後もいいコメントをした時はこう呼んでくれると有り難い。

ユダヤですが、こいつらが大国を支配する時の常套手段!

①オスマントルコを支配ししようと思えばクルド人を使う。
②欧米露を支配しようと思えば隠れユダヤを使う。
③支那を支配しようと思えば客家人を使う。

この様に少数民族を使います、少数派は大国にしいたげられた歴史が殆どで大国に愛国心等無い事をユダヤは2500年前から国土を失ったバビロンの捕囚以来身を持って知って居ります。

①②③の通り日本帝国を支配しようと思えば、創価学会、統一教会、自民党征倭会・・・・、この様に少数派の朝鮮人を使います。

ロッキード、リクルート、日歯連、鈴木宗男・小沢一郎・・・・・潰されるのは全て田中派ばかりです(竹下、金丸、小沢は朝鮮人ですが)。

征倭会や中曽根はお咎め無です。

政官財マスコミは既に右も左も朝鮮人(黒幕はユダヤ)に乗っ取られて居ます。

橋本や東国原を見てると、日本人なんかもう政治家にはなれないと思います。

法的な日本人ではなく生粋の日本人に政治を取り戻しましょう。

名古屋の国有地を「中国総領事館」に売却する事に反対する署名:
今日9月4日まで期限延長されました。まだ1529人足りません。署名お願いします。拡散希望です。宜しくお願いします。

目標署名数 10,000
現在の署名数 8,471 (達成率 84.7 %)
期限 2012年09月04日
https://www.shomei.tv/signature/signature_form.php?pid=1648

こんにちは

>ソロさん、見てますかな?

→日本は寧ろ、反露~反ソを軸に、英国同盟を発展させて、米国とも組むべきだったのです

共和党との繋がりを強固にしてれば、可能といえば可能だったんでしょうけども、何分日本人はお人よし過ぎて、民主党でさえも信用してしまいましたからね。これは確かに日本の落ち度でしょうね。

→満州は米国との共同開発でも良かった、米国の大量の資金が流れ込み、ユダヤ人が移住してくれば、喩え、石油埋蔵量が限定的であろうが、英米側の新たな国家が誕生して、防共=汎スラブ主義の砦、になった可能性のほうが高い

おっしゃることは分かるんですが、米国は満州が目的だと、それだけに限定すると間違いだと思います。これなら確かにソ連は南下できませんけど、米国とぶつかるほどの気概はソ連にはないですから、必ず満州に工作員を派遣して反日に扇動してますよね。そうなった場合、日米の権益闘争に発展する恐れがありますから、そうなると問題は朝鮮です。米国が日本を満州から追い出す、裏で米国と密約してソ連が朝鮮に攻め込む。どの段階かにもよりますけど、朝鮮をソ連に取られたら終わりですよね。
米国の目的はあくまで「覇権」でしたから、英国の衰退に付け込んで、英国の植民地を割譲してもらい受ける、その野望を頭に入れておかないと、満州を諦めたら米国が単に反共で政策一致するかと思ったら、それは見通しが甘いんじゃないかと、私は思います。

支那から日本を追い出すのを主導したのは米国ですから、米国に縋り付く欧州としては、米国がソ連と接近した以上は反ソでは体面が持ちません。

よって、日本としては他に頼る国と言えば、独国だけであったと、それは、全体主義側とか欧州事情とか、そんな時限じゃないんですね。
日本が反共反ソで一貫していただけです。

外交の立ち回りとしては、日本は確かに甘ちゃんな部分が多々ありましたが、現在のベトナムやミャンマーが支那の脅威から反米主義をかなぐり捨てて米国に擦り寄ったように、支那事変を抱えて、米国は反日に転換、加えて強大なソ連を相手する日本としてみれば、独国以外にどこの国が頼りになったでしょうか?

ま、それはよいとして…。


こんなのをお見受けしたので

→大東亜戦争については資源目的の南部仏印進駐が日米関係破綻の決定打だったわけで単純に自衛とは言えないでしょう。資源自活を目指した勢力拡大戦争ではないの?

南部仏印駐留が決定打というのは、米国の言い訳であって、実際のところは「イギリス領事館事件」が決定打ですね。
この時、英国は日本に理解を示し、かなり妥協したわけですが、それに激怒したのが米国で、日英の問題なのにも関わらず、米国は日本対して「日米通商条約」の破棄を一方的に叩きつけてきて、日本は英国との和解を反故にせざるを得なくなりました。
支那事変の収束に向けて全力をあげていた日本に対して米国が取った行動です。

南部仏印駐留は、南仏にド・ゴール亡命政府の政治結社ができて暗躍していたためであり、援蒋ルートを遮断するために北部仏印に駐留していた日本軍の背後を脅かす存在だったためで、そんなことは米国も百も承知だし、南部も北部もウ゛ィシー政権の合意の元ですから、米国が激怒するなど筋違いであり、そんなことを言うならば、第一第二欧州大戦に参戦した米国とて同じですね。
自分達は正義だとか言って軍隊を他国に派遣しといて、日本が同じことをやらかしたら激怒するなんて、勝手にもほどがあるでしょう?

要するに、米国お得意の大義名分ですよ。

米国の戦争目的は、戦争結果から見るに、ソ連のためだったのではないかと、そう思えるところもあるんですね。

「ウ゛ェノナファイル」で明らかになったように、ルーズベルト政権下の米国民主党にはコミンテルンのスパイが300人もおり、共和党のハミルトン・フィシャーが暴いた「ハルノート」の本当の執筆者である“ハリー・D・ホワイト”もコミンテルンのスパイでしたよね。

戦後の共産国の広がりを見るに、日米戦争がソ連の覇権主義に貢献したことは明らかです。日米戦争がなければ間違いなくソ連は日独によって壊滅させられていたでしょうね。

なんで米国が共産国の拡大に手を貸したのか?

それは、ルーズベルト政権がコミンテルンの傀儡であったと、そう見るのが妥当なのかもしれません。

これだけは確かなのは、米国が一貫して反共主義だったらば、少なくとも日本を叩き潰すような真似はしません。

そんなことはソ連が喜ぶだけだと、当時の世界情勢を知る人間ならばそう思ったに違いありませんし、現に米国共和党はルーズベルトに対し『敵は日本ではない、ソ連だ』と進言していますが、ルーズベルトはハルノートの存在を共和党に隠してまで日本に圧力をかけています。

真珠湾攻撃で共和党にさえも『日本はけしからん!卑怯者だ!』と思わせたのがルーズベルトです。

そこまでして徹底して日本を敵視したのはなぜでしょうか?

スターリンのため?

ルーズベルトは終戦前に死亡してますし、戦後、共和党が調査に乗り出したとき、トルーマンは書類を大量に処分してしまい、真相は闇の中ですが、状況から察するに、スターリンのために日本を叩き潰したと、その可能性はかなり大きいですね。

安倍昭恵さん、大丈夫なのか

いつも、ためになる記事をありがとうございます。
学ばせていただいています。

さて自民の総裁選がたけなわで安倍待望論も多いようで、私は安倍さんの功績も知っているし足を引っ張る気は毛頭ないのですが、不安材料が奥方です。
つい最近は原発廃止論の急先鋒の男に惚れ込んで、亭主に斡旋、講義を受けさせているし。

http://www.akie-abe.jp/index.php?ID=663

昭恵夫人のブログです。

週刊現代の記事では「夫に脱原発を説得します」

http://wgen.kodansha.ne.jp/sp/article/detail.php?id=5665&s=se9e0vllo3hte35bst1jjoqrf1

国民は夫人に付託しているわけではないので、困惑します。
しかし、もっと困惑するのは、こういう単に事実を書いただけで
韓国に都合の悪い安倍さんをおろそうとする工作員呼ばわりされることです。

昭恵夫人ですけどねえ、ハングルをせっせとお勉強して韓流大好き、韓国愛してます、と折りにふれぶち上げているのは。安倍さんのご母堂も韓流が大好きだと、これも昭恵さんの発信です。安倍さんが国会をさぼって、夫婦でスキーに出かけたことも、写真入りでいそいそとブログに書いてしまうし。

あと安倍元総理が訪米前のCNNの取材で、うっかり従軍慰安婦に謝罪してしまったのも、昭恵夫人に促されてのことでしたね。当時ニュースで見ていて仰天しましたが。
今回総裁選に出られるということで、各総理談話の見直しを「マニフェスト」に掲げられているので、ご自身が奥さんとなさった談話も、ぜひ見直して撤回ないしは補足説明をお願いしたいと思います。





「日帝は琉球を侵略した」とか馬鹿な妄言を吐いている琉球土人には決して理解できない正論

朝鮮人皆殺し法案を作ろう

世界のゴキブリ、いぬ食い、トンスルを駆除することが
世界平和えの道なります

休憩


月の法善寺横丁

http://www.youtube.com/watch?v=kspzGizSdcY&feature=player_detailpage

キムチ横丁にしたらアキマヘンで、ええな、こいさん。

(・”・)

いやいや

南部仏印進駐はそんな目的ではありませんよ。陸軍軍務局の石井秋穂が証言してる通り米やゴムの獲得が目的です。また軍令部第三部長の前田稔によれば、南部仏印進駐は対英米戦生起の場合の拠点確保が目的とあ5461ります。北部仏印の治安確保の為なんかでは決してありません。またアメリカもやってる事なんで日本がやって何が悪いという意見がよくありますが、当時の関係者はそんな言い訳を誰もしていません。近衛も豊田も野村もです。そんな言い訳は外交では通じないのはみんな知っていた訳で、知らないのは現代の一部の人だけということです。南部仏印進駐の問題点は、少くとも主義上は同意していたハル4原則を基礎とした日米交渉中に実施されたことです。6月に提示されたアメリカ側了解案に返答する事なく行動に移したわけで、アメリカ側が日本に対して決定的不振を抱くのは当然です。また平和進駐であろうが武力進駐であろうが一国に他国の軍隊が進駐するということは異常な事という認識がなかったことです。これは戦後多くの関係者が述べていますし、天皇も当時進駐に対して「国債信義上どうかと思う」とおっしゃっています。南部仏印進駐によって石油が禁油されたことはアメリカの言い訳ではありません。海軍の戦争決意要件には石油禁油がありましたので、やはり日米関係破綻の決定だ打は南部仏印進駐となります。まだこの頃には好機南進を進める国策が有効であることを考えても、単なる自衛ではなく資源獲得の為の勢力拡大と言っても過言ではないでしょう。
ハルノートについては、誰が何を書こうが、最終決定は国務省でありハルでありルーズベルトです。たまたまその考えがコミンテルンと一致していた可能性があるだけです。戦国時代じゃないんだから、一人か二人の力で国は動きません!

>■水間政憲氏が石平氏を糾弾!
>政権基盤がまだ脆弱な習近平は、世論に押され、ありとあらゆる対日圧力をかけているので、国が購入したほうが中国の反発は少ない」などと、


↑国が購入すれば、今まで通り尖閣諸島は、何もしないでそのままの状態にするだろう事を見越しての石平氏の発言で、
石原都知事より日本の総理の方がシナ中共も圧力をかけやすいからでしょう。

日本の経団連も日本政府に泣きつくと思われる。すでに泣きついている?
このほうは、ならず者国家・シナに進出したのだから自業自得だ。
経団連には、「自分が蒔いた種は、自分で刈り取れ」と言いたい。

自民党政権のときも、経済優先にして、尖閣諸島を鄧小平に言われるまま、棚上げにして、先送りし、今日に至る。
今では、中共シナが経済発展と共に、勢いづいてきて、日本に危険が迫ってきている。

ほとんどの国民は、マスコミ(特にテレビ)によって、洗脳され、エンタメに浮かれ、平和ぼけ状態で、陰で連中は、喜んでいるだろう。

先の戦争前、ドイツは、このことを見抜いていて警戒したそうだが、、、現在のドイツは、どうだろう。
日本のような平和ぼけには、なっていないのだろうと思う。
辺境の日本人は、幸か不幸か、このまま気づかないで、この先ものほほ~んと過ごすのだろうな。

石平氏とペマ・ギャルポさんの共書
『ならずもの国家 中国の本性』を読むと、シナ批判は、しているが、
文章の中に、???ってところもあるので、、、
そこはそこ、石平氏に対して、用心するに超したことはない。

すべてを疑え!byマルクス

ton  #GCA3nAmE = 反安部工作員


選挙とは神の如き聖人を選ぶのでなく、生身の候補者の中からマトモな者を
選び出すことなのです。

安部を批判したいなら、その前にあなたの理想とする候補者とそれが属する
政治グループを挙げてみなさい。

一見、善良なる投稿者を装いネガティブ宣伝を方々のブログで繰り返すのは
単純なアラシより悪質であり不愉快きわまりない。 

在日系? 小沢系? 池田大作系? ブン賎民系? 

■新旧大陸対峙論
 日露戦争後、初代満鉄総裁時代から後藤新平は「新旧大陸対峙論」を唱えていた。これは「新大陸」アメリカによる介入を防ぐため、「ユーラシア大陸同盟」を結成して日本の安全保障を確保するというものであった。そしてその「ユーラシア大陸同盟」は日露支によって形成されるべきものであり、且つそこに独逸が加わる可能性も考慮されていた。後藤の眼は常に世界情勢に向けられていた。「文装的武備」を旗印に満洲ひいては清国・アジアの安定を模索する一方、勃興著しい新大陸アメリ
カを、ユーラシアの連繋により牽制する「新旧大陸対峙論」を打ち出す。その実現への熱意は、当時韓国統監であった元勲伊藤博文を動かすことになる。1909年
10月、ロシア蔵相との会談にハルビンを訪れた伊藤は、会談を終えた後、凶弾に倒れるのであった。
このような発想がどのようにして生まれたのかという問題については別途検討の必要があるが、この構想の独特さ、及び日ソ国交樹立など実際の日本外交に与えた影響は特筆に値する。
米国が中東を諦め自国に戻れば、日露支独のユーラシア大陸圏は軍事同盟をする必要はないであろうが、経済的なつながりには多大なメリットが出てくるであろう。これに邪魔するのが米国の下僕、南朝鮮である。

スレ違いですが 失礼します

マスコミは、[近いうちの解散]の約束(何時解散するの?)をソッチノケで[野党]自民党の総裁選で盛り上がってますね。
現在の政権党は、民主党ですが…笑。

次の総選挙は自民党の政権復帰、しかも圧勝とでも思っているのかな?
マスコミの世論調査では、自民党の勝ち未だ定かならずです。まぁ、各社の調査のバラツキが広くて…信じられませんけどね。 何時もの如く、総選挙の投票日が近くなるにつれ世論誘導ではなく実質の世論動向になり、各社の足並みが揃うのでしょうがね。(笑)

世論誘導といえば、橋下維新の持ち上げ(笑)。 「遣らせてみたら?」で一度騙せたから、有権者を二度めも騙せると考えているのかな?
橋下維新の政策を冷静に見れば
私が自民党に結果責任を求めてノーを突きつけた新自由主義の改革(誰の為の?)路線、一部に共産主義?も…お灸派の方々も多分同じ思いでしょう。
また、TPP賛成や外国人参政権に賛成の党に決して投票しない庶民も多いと思いますが…。

でも、マスコミの頼り?は風に流される一部の無党派層ですね。今回、どれだけいるのかな?

最後に、自民党総裁選は自民党員が有権者ですが、無党派の私も外野席から応援してます。(心情的には此まで纏めてきた谷垣氏、政策的には安倍氏を応援です)

毎度、壊れた蓄音機のごとく同じ出鱈目ばかり書いている反日害人工作員がいるが、、、

韓国に学ぶことなどないよ。最近のTVニュースでやっていたが、
日本に対抗すべく、イージス艦を建造したが、、、資金がないので、希望通りの数を持つことができないと・・・
それはそうでしょう。企業を外資に乗っ取られ、超超格差社会の韓国が
軍備増強したらどうなるか?
どうせ世界第五位の釜山ハブ港も場所を貸しているだけの外資のものでしょ?違う?

船の出入りが多くて、海が汚れるよ。環境悪化。迷惑。

偉大なる宗教詐欺師、統一教会「混淫教」の文鮮明が死去した


「教祖は一代かぎり」とはカルト理論の基本である。

http://blogos.com/article/46100/

次は二大朝鮮カルトの片割れ、成太作(ソン・テジャク)名誉会長の番じゃろか?

(・”・)

悪魔の権化

なぜか報道されない日本人虐殺事件

在日コリアンへの配慮で虐殺事件隠蔽 

抑留日本人漁師解放のバーターとして在日への特別永住権付与

■韓国による日本人漁師44名死傷、4000人拿捕抑留は隠蔽する親韓マスコミ!

■韓国による日本人漁師44名死傷、4000人拿捕抑留は隠蔽する親韓マスコミ!

■韓国による日本人漁師44名死傷、4000人拿捕抑留は隠蔽する親韓マスコミ!



民族のDNA

犬にも色々な種類があります。ドーベルマン、スピッツ、秋田犬。しかし、その性質は異なっています。教育して変わるものではありません。教育によって表面的な行動は躾けられても内面を変えることは出来ません。人間も同じです。姿形は似ていても内面は全く異なります。それは民族のDNAです。

下記の文書は「日韓併合時の日本政府から朝鮮総督府への通達 」です。
かってブログ主さんが書かれたことが指摘されています。半島人との付き合いは下記のことを知った上で付き合う必要があります。

特に、謝罪すると「後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる」とあります。まさに今までの日韓関係そのものです。イエスキリストを自国起源と言う嘘をつく民族は韓国以外にありません。恥のないDNAです。

一、朝鮮人は対等の関係を結ぶという概念がないので、常に我々が優越する立場であることを認識させるよう心がけること。

一、朝鮮人には絶対に謝罪してはいけない。勝利と誤認し居丈高になる気質があり、後日に至るまで金品を強請さるの他、惨禍を招く原因となる。

一、朝鮮人は恩義に感じるということがないため、恩は掛け捨てと思い情を移さぬこと。

一、朝鮮人は裕福温厚なる態度を示してはならない。与し易しと思い強盗詐欺を企てる習癖がある。

一、朝鮮人は所有の概念について著しく無知であり理解せず、金品等他者の私物を無断借用し返却せざること多し。殊に日本人を相手とせる窃盗を英雄的行為と考える向きあり、重々注意せよ。

一、朝鮮人は虚言を弄する習癖があるので絶対に信用せぬこと。公に証言させる場合は必ず証拠を提示させること。

一、朝鮮人と商取引を行う際には正当なる取引はまず成立せぬことを覚悟すべし。

一、朝鮮人は盗癖があるので金品貴重品は決して管理させてはいけない。

一、朝鮮人には日常的に叱責し決して賞賛せぬこと。

一、朝鮮人を叱責する際は証拠を提示し、怒声大音声をもって喝破せよ。

一、朝鮮人は正当なる措置であっても利害を損ねた場合、恨みに思い後日徒党を組み復讐争議する習癖があるので、最寄の官公署特に警察司法との密接なる関係を示し威嚇すること。

一、朝鮮人とは会見する場合相手方より大人数で臨む事。

一、朝鮮人との争議に際しては弁護士等権威ある称号を詐称せる者を同道せる場合がある。権威称号を称する同道者については関係各所への身元照会を徹底すべし。

一、朝鮮人は不当争議に屈せぬ場合、しばしば類縁にまで暴行を働くので関係する折には親類知人に至るまで注意を徹底させること。特に婦女子の身辺貞操には注意せよ。

一、朝鮮人の差別、歴史認識等の暴言に決して怯まぬこと。証拠を挙げ大音声で論破し、沈黙せしめよ。

一、朝鮮人との係争中は戸締りを厳重にすべし。仲間を語らい暴行殺害を企てている場合が大半であるので、 呼出には決して応じてはならない

人材の抜本的見直し

特に自民の人材は、戦後功罪併せ持つが、次期選挙は、人材に絞って、リベラル・パチンコ・等国益に反する議員を落選させ、保守人間を登用することで国政を変革させる必要がある。
人変れば品変る。自民も変らねば、創価自民レベルで終わる。

ドン小沢も私服を肥やした利権のワカメちゃんだね。(笑)
ご愁傷様!

責任感?

戦争の責任は、一重に国民の財産と生命を守ることであり、過去も現在も考え方は同じである。
日本が負けたからと言って東京裁判史観で判断する事は片手落ちである。
そもそも戦争で裁判が成立する事自体が欺瞞である。
戦争を裁く精神は、裁くほうに非がある場合有効に作用する。尚且つ戦勝国なれば、昔から踏襲される歴史の改竄を目に見える形で戦勝国が裁判の名の下に演出した。是の何処に責任感なるものが存在する?

具体的にどのような資料が科学的なのか?

>がしかし、その理論を確立させるためには、東京裁判は過ちである科学的証拠を世界に示す必要があります。

具体的にどのような書類があれば、科科学的証拠になるのか?
何を持って科学的というのか?
それらを提示した上で討論すべきでは?

キ印朝鮮(チョソン)の諺


「弟の死は肥やし」

「梨の腐ったのは娘にやり、栗の腐ったのは嫁にやる」

「母親を売って友達を買う」


チョン様、どうじゃろ?

(・”・)

意味不明

統一教会=勝共連合ではなかった?
文鮮明の鮮の字も死んだし、歴史の様変わりが待っている。
正に人変れば品変るだ。
単純な、些細な事しか保守は、言っていないのに、
文章が意味不明なのは、相当追い込まれているな!
結論的には、人間の死によって歴史が変る。
北も激変の兆し、支那もトップが替われば激変の兆し、
変らないのは、日本である。
天皇と言う軸が有る限り不変である。」

ネトウヨだけって言うのも変なので、その対抗者ネトサヨ。

科学的を使うネトサヨ。

科学的を使うとなんかもっともらしくなる?

▼アンケート拡散  ロイター.co.jp 韓国, ワールド

10月に期限を迎える日韓通貨スワップ協定の拡充措置について、あなたの意見は
http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/korea

・延長すべき (480 votes, 21%)
・延長すべきでない (1787 votes, 77%)
・分からない (49 votes, 2%) .

>2012/09/04(火) 18:44:08| URL| ○○○ #-

〇三

アホ丸出しの

チョンのハングルみたいなハンネだなw






南部仏印進駐

かい 殿
石井秋穂や前田稔の証言のソースを教えて下さい。
文献ですか? 作者が誰で本の題名は?
または、TVドキュメンタリーですか?
まさか、ドラマや小説ではないですよね? …。

検索しても出てきませんでした。(検索上位には)

尚、こんな資料が…
NHK スペシャル「御前会議」
http://www.tante2.com/nhk-gozen-kaigi2.htm
この中に、南部仏印進駐の件も検証されていますが、貴殿の見解と違うようです。

>>南部仏印進駐によって…(略)…。海軍の戦争決意要件には石油禁輸がありましたので、やはり日米関係破綻の決定だ打は南部仏印進駐となります。…(略)…単なる自衛ではなく資源獲得の為の勢力拡大と言っても過言ではないでしょう。

→上記サイトの証言によると、陸海軍や政府も南部仏印進駐で米国が石油禁輸したことは、予想外で青天の霹靂だったようです。確かに、石油が確保できなければ戦争を決意するしかなかったと証言している。
詰まりは、南部仏印進駐段階では南進する(蘭印の石油確保)つもり=戦争準備は決意していない。

>>ハルノートについては…(略)…、最終決定は国務省でありハルでありルーズベルトです。…(略)…一人か二人の力で国は動きません!
→此処は、矛盾してませんか?

悪しからず。

地方交付税が支払遅延? になるそうで。
今までもあったような気がしないでもない。

財政状況が厳しい地方自治体を優先するそうです。

もしかして・・・・

今の日本は北朝鮮との間には「互いの関心事」がありますから、
南朝鮮が横取りした金をもう一度払うってことなんでしょうかね?

だとすると、今度は支那と南朝鮮に加えて北朝鮮が加わりましたね。
南朝鮮が猫糞した金をもう一度払う事になる。

更に日本の上にはアメリカがでーーーんと乗っかっている・・・・。

一体、この国は負けてばっかりで何を如何しようとしているんですかね?

何でも金で解決してきたツケが今頃来た?

いや・・・違うなぁ。。。



横レスですが
>南部仏印進駐段階では南進する(蘭印の石油確保)つもり=戦争準備は決意していない。

欧州の混乱に乗じて火事場ドロボウしようと南部仏印進駐したら、英米蘭、特に米の逆鱗に触れることになり、予想外に厳しく締め上げられてしまった。
そこで外交交渉の駆け引きも出来ず、一か八かの奇襲作戦に国運を賭けてみた。
そして大敗してしまった。
全て、米国の描いた謀略でしょう。
でもドロボウはドロボウです。
大ドロボウの目を盗んでコソドロしようとしただけですが、ドロボウはドロボウです。
もし、日本はドロボウじゃない!欧米の強欲植民地政策からアジアの解放だ!というのなら、解放後には運営を彼ら現地人に任せるべきですよね。
そんな例はないわけですよ。
支配者に成り代わっただけです。
もちろん、現地人の教育やインフラ整備に力を入れた面は、白人たちと大きく違うでしょう。
しかし、それは日本人の支配方法が白人のそれと異なっただけであり、力で支配して資源を日本に吸い上げたことには何ら変わりはないのです。

いやいや

当然資料はあります。インターネットではないでしょうね。
昭和陸軍の研究や石井日記、簡単なところでは戦史叢書 陸軍部大東亜戦争開戦経緯ってところでしょうか。
当然石油禁油が予測されてなかったのは日本指導者の愚かさを示す有名な話です。例えば戦争機密日誌を読めば陸軍海軍ともに誤算であったとあります。陸軍戦争指導班はこれによって戦争になると喜びますが、進駐を強引に進めた石川信吾は禁油をはじめから予測していました。これにより日本は戦争決意へと向かいます。だから南部仏印進駐が日米関係破綻の原因と言ってる訳です。ちなみに日本海軍はこの3月に対米7割の戦力準備を完了させており、南進は予定通りの行動と言えます。
ちなみに話に出てきた御前会議、特に昭和16年の御前会議、連絡会議、国策案の主務は軍務局が中心であり、その陸軍側責任者が石川秋穂中佐です。御前会議についてはその準備段階からの内容も当然知っています。ドラマやインターネットがソースではないですよ、、

第二次世界大戦自体がソ連の陰謀

>硫黄島さん
 途中で、私の発言にはない文章を挙げて居られるので、私が答えるのはドゥかと思いますが、一点。

>>日本が反共反ソで一貫していただけです。
 是は私の主張とは正反対ですね。 私は共産主義者近衛文麿こそ、日本国民を戦禍に引き摺りこんだ張本人だと思って居りますし、そう主張してきたつもりなんですがね。 反共の姿勢が明らかだったのは、英国とドイツダケですが、ドイツは腹に一物有りですし、基本的にナチズムは共産主義と双子であるという見方が有る位で、全く信用できません。 ヤッパリ、日本は大日本帝国として、皇室と英国王室との紐帯は大事にすべきであったのですが、その陛下の甥っこが、専制主義体制を否定する共産主義者で、二度も首相を拝命して居るのは、日本にとって歴史的な痛恨事です。

 反ソ反スターリンなら、何故、近衛文麿は敗色濃厚になった20年8月の時点でも、スターリンに停戦仲介の使者を出すのでしょうか?

 その時点で、ゾルゲも尾崎も国家反逆罪で死刑判決を受けて獄中につながれていたと云うのにです。

一方、米国中枢にも仰る様に、コミンテルンの手先が蔓延っていた事実が有るのですから、日米は結局ソ連に好い様に利用されたダケだと云えるでしょう。 殊に、米国は日本とは違いモザイク国家ですから、一貫した主義主張は原則できないと云って良い、ダカラ、先に結論ありで、後付けで大義名分をこじつけるのがパターンに成って居るのです。

 日本が目指して居たのは、大東亜共栄圏と言う閉鎖的な経済圏で日本がその盟主国となり、「アジア人の為のアジア」を目指していたのですが、そう云う理想が、英国の富の源泉であった植民地を無に帰す現実に繋がるのは当然ですから、もし日英協調・共存で、日本の生き残りを目指すと言うのなら、日本はアジア人の為に戦うと言う大義の旗を降ろさなくてはならなかった。 この自家撞着が、近衛文麿をして「敢えて英米に屈し、その膝下に組敷かれるより、日本は滅しても大義に生きる」途を選択せしめたのでしょう。

 その意気やよし、米国に日英同盟を遮断された時点で、米国との対立は避けられなかったのですから、判断も間違っているとは思わない、然し、何故、組む相手がナチスドイツやソ連なのか、が私には判らないのですが、当時の世界を眺めて看れば、日本が孤立するのは止むをえませんね。

 白人支配に共に叛旗を翻し、戦うべき最大の味方足るべきシナは、売国奴や野盗ばかり、民衆を目先の金で釣って、或いは、恫喝や暴力で強制して、私益の為に利用する事しか考えて居なかった。 共産シナとて実現したのは、皆が平等な社会では無く、王朝を共産党に置き替えただけのオソマツさでは、社会革命にすらなって居ない。

 朝鮮人は自分自身が国すら理解して居ない事が、日本が負けて初めて判ったと言う蒙昧さですから、極一部の開明人を除いて、話にもなりません、戦後彼らに国家を与えた事自体が、米国の大きな過ちでしょう。

 結果はご覧の通りです。

 第二次世界大戦自体がソ連の陰謀であると言えるのは、戦後のソ連の躍進ぶりを、戦前と比較すれば判る事です、満州は共産シナの手に落ち、ソ連は欧州でその領土を拡大し、極東では寸での処で、日本を領土にする処まで云った。 貴方もご指摘の様に、日米英は、見事にしてやられたと言う他はない結果ではありませんか。

 是が私が近衛文麿が日本人にとって、最大の戦争責任者であり、犯罪者であると思う理由です。

>いきなり対抗者ネトサヨってwwww この低能カスが(笑)

上記の言葉、お前さんにそのまま返すよ。
害人のネトサヨのお仲間さん。






半値の長い方へ

泥棒が持ち主に断って家に入りますかね?

日本は、仏国のヴィシー政府と其の配下の仏印総督の許可の下に
北部仏印そして南部仏印へ進駐した。其処には、色々な思惑があったでしょうが
何ら国際法に違反していない。(此処重要ね)

其処へ、其の家を狙っていた泥棒(ドゴール亡命政府)の親玉(米国)が
其の家は、俺様の部下の家だから出ていけ
と言って始めたのが石油禁輸。

賃貸人と泥棒を一緒にしないでいただきたい。

其れからね、戦争中は占領地に軍政を敷くのが常識。
何故なら敵国との係争地で、いつ敵軍が攻めてくるか分からないからね。
できることは、平和になったら(戦争に勝ったら)
独立させ世界に認めさせる
との約束と、独立に向けた準備=内政の官僚育成、独立軍の育成鍛錬などなど。

日本や日本軍は、独立の約束を果たせなかったが
其処の国民が独力で独立する力を与えた。ビルマとかインドネシアね。インドやマレーシアやベトナムも間接的な援助になった。
此、歴史の事実。

詳しいは、御自分でネット検索で勉強してね。


かい 殿
あるよだけでなく、其処から引用して説得していただけないと
皆さん納得しないでしょう。
また、左巻きの断定だけとね。

悪しからず。

北方四島を帰せ!裏切り者のロシア人

北方領土を横取りしたロシア人は日本人の敵です、
ロシア人を差別しましょう。

ロシアの血が混じった輩は本当に許せませんし、
どの面下げて日本で暮らしているのか、
日本から出て行ってもらいたいしロシアに帰れ!
恥をしらないロシア人。

ロシア人の問題点をかたりましょう。

>2012/09/04(火) 20:22:48| URL| ○○○ #-


カスの分際で負けず嫌いの低能だなw


お前には目つけたからよろぴくぅ~(笑)


>お前には目つけたからよろぴくぅ~(笑)

↑けっ!名無しの意気地無しのくせに、おバカちゃん!

>2012/09/04(火) 20:53:13| URL| ○○○ #-

低能がいきなり一匹でなに発狂してんだよw


五月蠅いカスだな(笑)

>↑けっ!名無しの意気地無しのくせに、おバカちゃん!
>2012/09/04(火) 20:57:05| URL| ○○○ #-

低能のお前のゴネなんて、とっくにどこかで聞きあきてるっちゅーのw

権力闘争と政局だけの男~小沢一郎

ちょっと、こんなものを見つけましたので、御札代わりに貼っておきます。

【権力闘争と政局だけの男~小沢一郎】
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35958


それにしてもですよ。
自分の選挙区を今までなんでほったらかしにしていたの?
そして、今更なのは選挙が頭をよぎったからでしょうか???

【今こそ?今さら? 震災1年半、小沢氏が大槌と山田を初訪問】
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/09/20120904t31010.htm

休憩


Non Ho L'Età

http://www.youtube.com/watch?v=Utd9cHBPfRA&feature=player_detailpage

朝鮮同朋の為に、成太作(ソン・テジャク)名誉会長の法力で、死んだオドーサマ(文鮮明)を生き返えらせるんじゃなかろか?

(・”・)

> 何を言いたいのか良く分かりません。


「半島住民に向かって、何か話してる」と思えば良いんじゃなかろか?

(・”・)

ご隠居様

>「半島住民に向かって、何か話してる」

そうだったんですか!?

いや、半島の住民も、ハテ???って思ったんじゃないですか?

手羽先が何か言う度に可笑しくて、可笑しくて、最近
退屈しなくなりましたぁ。

小僧は誰かをイジメにやってきただけなんだよな。
つまらんやちゃな~。
コイツ実社会ではイジメられてんだろ。w

ホレ、ガンバレ小僧w
なんか面白いこと言ってみろ。

言えんよな。
なにしろ馬鹿だーーーーーーーーーーーーーーーーから。w
人の悪口しか言えない。

小僧、隠居、はげじい
コメントいらーーーーーーーーーーーーーーーーーーね。
実社会ではもっといらーーーーーーーーーーーーーね。wwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

まっこと真実とは見る角度によって変わる
巷でも  「星の数ほど真実あり」 と言われる
浪漫的・・なれど・・

各々に存在する其々の真実
良くも悪くも
己が信じるものが真実となる

されど
事実は ひとつ しかない




欠くもあり 
雫ありなら 
神の愛 
感じずもがな 
時は冷酷

宮城県人もいじめられましたが
宮崎県も口蹄疫騒動のときには虐められましたよね。

宮崎県がいじめられたのは何故だったのでしょう?
確か、消毒薬を、とある大物議員ががめたという情報もございましたが。


あの時に何があったのか、再び思い出してほしい。

【拡散希望】 宮崎の口蹄疫・現場の叫び
http://tokiy.jugem.jp/?eid=645

ソース

資料は十分に有名なものです。別に私は喧嘩をするつもりではありませんよ。単に自衛戦争とは言いきれないと指摘しているだけです。また大東亜戦争の話なのですから、基本的知識がない方とはなかなか話が噛み合いません。戦史叢書くらいの知識がなくて、なんで自衛か侵略かを判断できるのかが疑問です。あなたこそ何かの本の丸写しでは?
前田稔中将回顧 戦史叢書大本営陸軍部大東亜戦争開戦経緯3
「南部仏印進駐は対米戦生起時の橋頭堡を確保する為であった。第一部二部ともに同様の考えであった」
昭和陸軍の研究 上
石井秋穂証言
「不意に藤井が真顔になっていった。「ええか、これが南進な限界だぞ。仏印までだぞ。これで米とゴム、石油もある程度手に入る」」
藤井とは海軍軍務局軍務課藤井茂のこと念のため。
7月2日決定「情勢の推移に伴う帝国国策要綱」
「自存自衛の基礎を確立する為南方進出の歩を進め」
前述の藤井の「これが南進の限界だぞ
」はこれに反する。私が資源自活の為の勢力拡大戦争とした根拠の一つがこの国策。
海軍石川信吾の動きは第一委員会でぐぐれば大雑把にわかります。ポイントは15年の段階で海軍に対米戦宿命論が浸透していたことと、16年6月以降海軍が対米強硬論に固まり南進を主張していることです。16年春には海軍の対米戦準備が実質終了していたことも重要。つまり資源確保の為なら石油禁油も対米戦も辞せずというわけです。この点からも資源自活の為の勢力拡大を意図していたのは明白でしょう。

有門は会津のセシウム農園でアヘンでも生産してるのか!

>KESSELRING

おい国賊は、賊軍会津の国賊行為を見逃しす有門のところで靖国神社と明治維新を否定して、日本を西欧の植民地と成り下がった清国化への道しかなかった島国鎖国文化と士農工商制度を懐かしむネトウヨの本質ブログで遊んでこいよ!

日本国所払いになった会津の賊軍松平が我先にと米国に逃げ去ったように、農産物を使った白血病および奇形児を生み出すテロ行為と津波対策工事という日本人なら絶対に行うべき安全対策さえ無視して、世界一危険な福島第一原発を絶対にに安全だと信じたことで日本国中に放射能拡散なる風評被害を与えた責任から福島県民は北朝鮮強制収容所にでも送還されろと国賊有門に伝えておけよ!

もう現実には福島は人間の住める環境ではなく、そういう環境でもネトウヨが生活できることを自慢するのは構わないが、福島で生産された農産物を福島以外で販売するなど断じて許さんと伝えておけよ!

とにかく、お前を始め有角・みたいな実など日本人として断じて認めないと国賊会津の負け犬有門の賊軍行為だけは全て否定すると言っておけよ!

やはり日本国所払いとなった賊軍松平同様、会津から出てくるのは麻薬王児玉か人斬り瀬戸と言った突破者しかいない真実だけは理解したと伝えておけよ!

小僧、隠居、はげじいなどの荒らし行為こそネトウヨが唯一ネット上で自尊心を満たせる行為と認識しておきましょう。

国賊KESSELRINGが反論に淡くってデマを流すネトウヨ本来の姿をみせました。

貧乏人のネトウヨでも、人斬り瀬戸のセシウム桃一つぐらいは買ってあげたのかな(笑)

白血病と奇形児産み出す可能性を否定できない農産物を美味しいとデマの風評を、少年法という国内法を破ったネトウヨ新風のCOFFEEブログに書いている様に笑いが起こる今時分である。

とにかく賊軍会津の負け犬は、靖国神社にだけは絶対に行かないでくれよな。

英霊達が迷惑しそうだし、神社事態が汚れることになることだけは勘弁してくれよ。

手羽先が余程気に障ったようで。

でぇー 反撃のコメントは名無しと・・・

アハハ・・・いやー面白い面白い。
流石、支那の教育受けているだけのことはあるな。
感心、感心。


世に闊歩するは便衣兵ばかりなり。
一皮むけば無学、無能の顔が出。
実に恐ろしきはこの者達なり。

いやーまいったまいった。



雑誌「SAPIO」の8月29日号の特集・「ネトウヨ亡国論」は、大きな反響を呼んだ。当サイトも
 一部記事を掲載し、多数の意見がネット上に書き込まれた。そんな中、千葉県在住の
 「私はネトウヨです」と自らの立場を明かす女性(35歳)から意見が寄せられた。
 SAPIOの同特集も、彼女のネトウヨ仲間とともに、輪読し、意見を交換しあったという。
 彼女は現在の日本の弱腰外交を憂い、韓国に対して怒りをおぼえている。掲載許可をいただけたので
 ここで彼女の意見を紹介する。
* * *
初めまして。いつも興味深く記事を拝読しております。日々の領土問題ニュースを見るにつけ、
日本を愛するひとりの国民として怒りに耐えず、といって自らそれらの島へ飛び実行支配
できるわけでもないため、思わずメールさせていただいた次第です。  

中でも、今一番苦々しいのが韓国との竹島問題です。そもそも長年に渡る不法占拠そのものにも
怒りはあります。不法占拠している側の韓国の大統領が馬鹿みたいに自分の保身のために騒ぎ出し
「いやいや、騒ぎ出すならこっち(日本)でしょ」と、怒りを通りすぎて、そんな大統領に国を預けている
韓国人に憐れみすら感じます。  

当然、ロシアや中国との間にも領土問題は存在しますが、なぜこんなに韓国に対して怒りが
こみ上げるのかというと、オリンピックも含めて、韓国の「ゴネ得」が横行しているからに他なりません。  
まず、そもそも領土問題と慰安婦問題は全く別問題です。それを一緒に語ることで、形勢を有利に
しようとしているのでしょうが、韓国はすぐに違う問題にすり替えて議論をぐちゃぐちゃにする。

「あなたはあの時もこうだったじゃない!」と、喧嘩の主題で形勢不利になると過去の問題を
ぶり返す醜い女のようで、だから余計に女の癇に障るのかもしれません。
 
在日の人が「独島は我が領土」とネットで発言しているのも腹が立ちます。「あなたはどこの国に住み、
利益を享受しているのですか?」と聞きたいです。
例えば、頑固さがウリのラーメン屋に行って、頑固親父の態度にクレーム言うぐらいなら、
「その店に来るな」と誰もが思うでしょう。別に誰も帰ることを引き止めません。帰っていただいて結構です。

竹島を筆頭として、韓国のパクリの精神も気に入りません。世界でヒットしているものをパクるだけなら
まだしも(日本も高度経済成長時にあった現象ですから)、「寿司も、侍も、ソメイヨシノも、もともと韓国が
起源だから」と、抜け抜けと言えるあの精神が全く理解できません。  
自分に都合のいい歴史の事実まで辿る(それ以外の事実は闇に葬る)ことが認められるのであれば、
ヨーロッパのほとんどがローマになるし、中国以西の土地はほとんどモンゴルになる。でも、それを誰も
今問題にしていないですよね? 結局、一番新しい取り決め、条約が何なのか、ということでしかない。
サンフランシスコ平和条約が全てだと思うわけです。それを疑うなら、正々堂々と国際司法の場に出てこいや!
とまた怒りが高まってしまいます。  

一番怖いのは、韓国が歴史をねじ曲げることになんの抵抗感もないことです。最近、韓国では整形の
親子割が一般化しているそうです。幼い子どもに整形手術をし、親の顔でそれが整形だと、周囲や本人
(子ども)にばれないように、親も同時に整形するそうです。

韓国では親日論調のネット規制がついに始まってしまいました。今現在、全ての韓国人が敵だとは
思っていません。正しく状況を理解している韓国人もたくさんいると思っています。しかし、今生まれた
ばかりの子は、目の前にある教育や情報だけを正と思うでしょう。そして、「独島は我が領土」だと一切
疑わない韓国国民がさらに増えてしまうでしょう。それこそが一番の悲劇です。

怒りに任せて長文・駄文を書き連ねたことについて、まずはお詫び申し上げます。ただ、残念ながら
今の日本には、きちんとした議論をできる場がないのが現状です。マスコミも単に事実を報道
しているだけで、日本の明確なスタンスを発信できていないとも思います。  

職場でこのような議論を持ち出しても「関わりあいたくない」オーラでシャットアウトされ、ネットの
掲示板で意見を投げかけても、「ネトウヨ」の一言で片付けられたり、「お前らのような女どもが
韓流を支持しているから、日本の金が韓国にまわる」と誹謗中傷を受け、全く議論にならないのです。

加えて、「中年女は全員韓流が好き」という偏見に一言言わせていただきたい。私は全くもって
「韓流スター」に興味はありません。興味ないどころか、あの作り笑顔の下に韓国の大統領と同じ
思想を持っているかもしれないことを想像するだけで、(あくまでも可能性でしかないですが、韓国の
教育を受けてきた人であるならば確率は高いでしょう)若干の気持ち悪さと恐怖すら感じてしまいます。  

これから日本はどう竹島問題に立ち向かうべきなのか。国を愛する日本国民ひとりひとりが
何をすべきなのか。御誌を中心に、活発で健全な議論の場が広がることを期待しています。

http://www.news-postseven.com/archives/20120904_141280.html


小僧さんもKESSELRINGさんも、この女性が1000万円なる寄付金詐欺行為をした在特会しか構ってくれないことを理解してあげて、有門の会津の賊軍ブログに生息している「みたいな実」が西南人と朝鮮人認定している福岡県の部落出身の高田誠のブログで慰めてあげてください。

政官財マスコミは既に右も左も朝鮮人に乗っ取られている!

2-3年前の9月1日、

リチャードコシミズが凱旋してる保守活動グループの黒幕は統一教会だと言った事に対し、


リチャードコシミズ事務所に大挙して似非右翼が押し掛けた時。


そよ風のおばちゃんは、指に統一教会の合同結婚式参列者に与えられる指輪をはめ、統一教会とは関係ないと言い放つ。


在日をカミングアウトした在特会の西村斉は、統一教会がたっぷり活動資金をくれると言い放つ(この発言はこの動画には無いが、探せばすぐある)。

間抜け杉!

http://www.youtube.com/watch?v=bkOBey3gbe4&feature=related

そよ風(痛風)=在特会=自民党征倭会=統一教会。

在特会の正体
http://blog.livedoor.jp/truthseeker/archives/65396166.html


自民党と統一協会の繋がり
http://blog.livedoor.jp/truthseeker/archives/65387135.html


Posted by 本物の右 at 2012年08月25日 00:23

維新は朝鮮系同和系の会でしかない

スレチで失礼。
維新 橋下でマスコミがB層洗脳中ですが、西の情弱な選挙民が心配です。維新は都市部と地方の対立軸を作り地方を切捨てて、TPPで日本を完全植民地化する予定です。消費税増税反対勢力が日本の独立を守るでしょう。
京都の藤井聡教授が維新だけはアカンと言っておられます。

(維新の政策)
道州制→州都以外切り捨て
議員定数半減→地方切り捨て(一票の格差の問題で、人口の少ない地方から議員が出ない)
消費税を地方税化→地方切り捨て
地方交付税交付金廃止→地方殺し
TPP参加→地方殺し(農業)

TPP参加とは日本をアメリカにするということです。日本がアメリカになるのです。アメリカになってアメリカの法の基に入るのですが日本人にはアメリカの法の適用はありません。日本は丸裸でアメリカの法の基に入るのです。つまりアメリカのやりたい放題というわけです。血も涙もないアメリカにこんな事を許したら何をされるか想像もできません。日本は第二回目の敗戦を迎えるでしょう。何も無くなって焼け野が原に放り出されるということを意味します。程度の差はどうあれそうなるのです。あの時維新の会を支持しなければこんなことにはならなかったとそうなった後で臍を噛んでも手遅れです。TPPに参加するとはそういうことです。
農業などほんの一部のことです。メインは金融、医療、保険でしょう。そして主な会社の社長はもちろん青い目の人や黒い人がなられます。国民は安い給料で働くだけです。ほんの少しの裏切り者達は塀で囲まれた豪邸に住む事になります。豪邸に住めるのは朝鮮系同和系の人達でしょう。
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/326.html

夜中に目が覚めたら…怒

かい 殿 やはり貴殿は左巻きだ。

私の貴殿宛てのコメントを良く読みましたか?
また、其処に根拠としている サイト(NHK 御前会議) を見ましたか?

何も知らずにソースを聞くわけないでしょう。左巻きさん。

>石井秋穂や前田稔の証言のソースを教えて下さい。

NHKスペシャル「御前会議」
http://www.tante2.com/nhk-gozen-kaigi2.htm

に石井秋穂らの証言が載っています。
貴殿が最初に引用した「これで米とゴム、石油もある程度手に入る」でなく
「ええか、これが南進な限界だぞ。仏印までだぞ。」でね。
別々に単独で読むと印象や意味が全然違いますね。
通して読めば、NHKスペシャル「御前会議」の見解つまり"仏印までだぞ"が主なる意味になりますがね。
議論は、正々堂々としましょうよ。左巻きさん。

>>単に自衛戦争とは言いきれないと指摘しているだけです

→誠に結構で御座います。証拠を揃え立論し証明すればね。
そしたら、私も「成る程」と思いますよ。
でも、左巻きは何時も誤魔化しての印象操作ばかり、呆れはてます。(怒)

ところで、ハルノートの一人云々の矛盾の説明は、未だですか? (嗤)

日本人はうぬぼれるな

日本人はうぬぼれるな。
原爆をドイツでなく、日本に落としたのは、日本人が有色人種であるからである。
また、京都を爆撃しなかったのは、原爆の効果を見るためである。京都の価値を認めたからではない。
京都に原爆を落とさなかったのは、原爆投下までに、日本が降伏してしまったからである。

こんにちは

えぇと、まず、南部仏印進駐についてですが、目的が何であったかは一つではないでしょう。
要するに、資源獲得にはルートが必要ですから、日米開戦前に日本軍部が南洋方面ではなく印度方面から中東までを主戦場として考えていたので、ならば南部仏印はその拠点となる。
となれば、資源獲得は後付けとも解釈できるが、どのみちド・ゴールの暗躍があったのは事実だから、多角的戦略の範疇では、私なら間違いなく南部仏印に進駐しています。その方が多方面で活躍できるからです。合理的判断であり、それで米国が怒ったというのは結果論に過ぎず、韓国の大統領が天皇陛下を侮辱し、日本人を怒らせたことが、レームダック大統領にとってはあれが最善だったのでしょうが、日本人が怒っても、韓国人は英雄視してます。結果的に日韓が戦争になり、韓国が負けたら、大統領は韓国人にとって戦争責任者となるが、勝ったらどうなんですかね?
「日本が負けた」というのは事実だが結果論に過ぎず、勝っていたら、誰も南部仏印進駐がどうのとは言わない。そんなものだから、私は何が悪いとかそういう話には汲みしません。ただ、戦争は回避するに越したことはないが、南部仏印進駐をしなかったとして、ルーズベルトが対日禁輸を発動しなかったかと言えば、必ずしもそうではありません。だから「言い訳」だと断言させてもらいました。

で、ハリー・D・ホワイトはルーズベルトの命令でハルノートを書いています。対日妥協案を破棄し、ハルノートの採択を決定したとき、政府首脳の中には『これじゃ戦争になる』と言う者もいたが、ルーズベルトは『それでいいのだ』と返答してますから、日米開戦はルーズベルトの独断で行われたと言っても過言ではありません。また、それだけ日米開戦を望んでいたルーズベルトですから、南部仏印進駐が仮になかったとしても、他の大義名分をでっちあげたと予測するのも簡単です。

次に、近衛文麿の責任論ですが、私はどうでもいいという立場です。なぜなら、近衛責任であるというなら、印度方面作戦をひっくり返して南洋方面にこだわった海軍の責任も同時に問われます。
近衛がどうであれ、日英妥協案や日米交渉といい、近衛が戦争回避を心掛けていたのは事実であり、強いていえば南京攻略戦で蒋を撃ち損じたことくらいで、それとて近衛一人の責任ではありません。
負けたことの責任なのか、それとも日米開戦を招いた責任なのか、結果論としては、どちらも同じです。

日独伊三国同盟には当初はソ連を入れるという案があったのはご存知だと思いますが、これは、ビスマルク流のバランス・オブ・パワーで考えたら至極当然だと思います。
同盟にソ連が入れば、少なくとも独国はポーランドへ侵攻していないものと考えますし、関東軍の戦力の一部を支那事変へ使うこともできますし、そういうことを列挙すれば枚挙に暇がなく、日本がソ連との同盟を望むのは、戦略的には何も間違っていなかっと考えます。
敵を味方にするという考え方は、遜子の兵法にもありますから、主義主張はさておき、反共反ソである日本が、一方でソ連を取り込もうとするのは、何等不思議ではありません。
その時点では日米衝突が予想されていなかったため、日本がソ連と接近ししたことは迂闊でもないと私は考えます。
そのような観点からも、近衛が純粋なアカであっと考えるのも些か尚早かと思います。

日本が自衛のために戦ったのは紛れも無い事実であり、ルーズベルトが大統領になった時点で、日米開戦の可能性は限りなく100%に近いものだったと考えます。

よって

→欧米の強欲植民地政策からアジアの解放だ!というのなら、解放後には運営を彼ら現地人に任せるべきですよね。そんな例はないわけですよ。支配者に成り代わっただけです。

このようなトンチンカン論には全く相手をする価値がないと思います。

300年の長きに渡り、政治はおろか学問さえもままならないで支配されてきた者に、いきなり政治を任せるなんて、それこそ無責任であります。
現に、戦後、亜細亜諸国が独立できたのは誰のお陰か?

お花畑というのは実に嘆かわしいもので、理想ばかりを見て、現場というものに全く無知であります。
もしも日本が政治を現地人に任せていたら、戦後、彼等はどうなったであろうか?これは想像にたやすい。
何も知らない者が、いきなり政治をやり国防をやり、教育までやる。李氏朝鮮末期の二の舞です。
親がいなければ子供は生きることさえままならないように、未開の人種にはそれなりの保護が必要です。

生まれたての赤ん坊に、いきなり『独り立ちせよ』と言ったところで、周囲には狼がいて、しかも、赤ん坊が故に我慢さえも知らない。

このような無責任論を唱えるのであれば、是非とも自身の子供を赤ん坊の時から外に放り出して、一人で生きてゆけるか観察してからにして頂きたい。

休憩


Oh! Carol

http://www.youtube.com/watch?v=aHm7PnCCd4E&feature=player_detailpage

オー! 朝鮮銀行

(今日は出てくるかナ?)

(・”・)

天皇陛下に対する侮辱は、日本人の1人ひとりに対する侮辱である。

韓国がどうなろうと知ったことではない。断固、経済制裁を発動せよ。

いやいや

NHKテレビの反論を求められても、、私の出した資料の具体的批判もなく困惑する限りです。南部仏印進駐は資源目的、対米戦の拠点確保目的であることは認めるのですか?認めないのであれば、その根拠となる資料を具体的にお示し下さい。だいたいの資料はわかると思います。左巻きとかざっくり議論
結構です。
藤井茂の南進はこまでという発言は、素人がよくそういう勘違いを起こすのでわざわざ国策を示しました。16年の国策を時系列で追えば普通常識でしょうに。正直知らなかったでしょ?
また自衛と言うならば、8月の石油禁油前に海軍特に軍令部が中心に対米戦強硬論が強くなり、永野総長も連絡会議で対米戦を初めて主張します。つまり、決定的な経済断行もなく日米交渉も進めている時期に対米戦の話が出ており、日本は経済断行を覚悟してでも資源獲得の為南進を行うということでこれでは単なる自衛ではないでしょう。これについても批判があるならば具体的資料を示して下さい。機密戦争日誌やら杉山メモやら有名な海軍の執るべき態度についてやらいろいろあるでしょ。頼みますから、サヨク云々やテレビ云々といった情けない批判はやめましょうよ。

追記

南部仏印進駐を行わなくても石油禁油があったという具体的根拠となる資料をお示し下さい。ルーズベルトの回顧や国務省記録があるのですか?検討しますので資料をお願いします。
またルーズベルト陰謀論にどっぷりはまっておられますが、それならば日米交渉について指摘が必用でしょう。アメリカ側了解案の細目について、どの点が問題なのかお示し下さい。何月何日案の何項目が問題という風に示して頂ければよくわかります。当たり前ですが甲案乙案どうこうは問題外なのはわかりますよね?
私は日本の交渉に問題があり、一方的にアメリカやルーズベルトに責任を転嫁することはできないと考えます。
あなたは人には根拠を求める割には、自分の意見には根拠を示さない癖がありますね。多角的な検証が苦手なんでしょうか。

>2012/09/05(水) 03:14:45| URL| トンスルと泪と #yVuiVI4o


こんな時間に一匹だけ発狂して・・・みっともないバカだな(笑)

戦争観なんて、日本人と欧米人、中国人または、欧米人と中国人などその他諸々で違いがあるのは当然で、
それを偏狭な思考しか持たない個人が、日本の戦争は自衛とか断定するからバカにされる。

こんなの、世の中に溢れるありとあらゆる損得を考えても普通に分かることなんだが、


バカには無理かな?w


>人類史とは、戦争勝者国が作ってきたことが真実であり、自衛であろうが侵略であろうが日本の歴史など人類史の爪痕も残せないことが事実である。

↑屁理屈もいいところ、、、
戦争勝者国が作ってきたことが事実でも真実なわけないだろう。
戦争勝者国は、自国に都合の良いように書くだけ。
それが常識。

東村山市在住の「朝鮮の読者」なんじゃろか?


珍島物語
http://www.youtube.com/watch?v=zRa1S90_fUE&feature=player_detailpage

モーゼの「海割り」みたいじゃけんど、、、
朝鮮銀行、どうじゃろか?

「朝鮮の読者」火病寸前のようじゃけんど、、、


朝鮮の恥部は晒さないようにしてあげるから、これでも聞きなさいヨ。

唄入り観音経

http://www.youtube.com/watch?v=6IHCWwzvDFQ&feature=player_detailpage

(・”・)

真の目的は支那事変の解決だった

戦後の「日本悪者」思想に洗脳された人達は、
「この時、やめておけば」、「あの時、やめておけば」と、
アホな事を言っていますが、そのような事が不可能な事は明白でしょう。日本は自分の意思で戦争をしているわけではないのですから。
・・・・
東京裁判以来、この北部仏印進駐を日本の侵略行為と論ずるのが反日歴史家の定説になっているようだが、
イギリスやアメリカですら他国に同様な軍事進駐を行なっている。
・・・・
東京裁判で、ブレークニー弁護士は、日本を不戦条約違反の罪に問うなら、
ソ連のポーランド、バルト三国、フィンランド、ルーマニア、イランに対する侵略、イギリスのアイスランド侵入、
アメリカのアイスランドとグリーンランド進駐、
オーストラリアとオランダによるチモール島占領などの
侵略行為を立証する文書を提出した。
これに対し、裁判長のウェッブ(オーストラリア人)は、
東京裁判は日本の侵略戦争以外の戦争を裁く権限はないなどとほざき、却下した。

◆日本が南部仏印進駐を行なった理由

・支那事変解決のため、重慶と英米蘭の提携を南方において分断すること
・英米蘭の南方諸地域における戦備の拡大と対日包囲陣の結成
・対日経済圧迫の加重
・英米の策動による仏印・タイの敵性化
・日蘭会商の決裂

などの諸事情であった。
特に、対日包囲陣構成上、仏印は重要地域であり、
いつ英米側から仏印進駐が行なわれるかも知れず、
日本はこれに対して自衛措置を講ずる必要があった。

(仏印進駐を日本がおこなった経緯)
http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-132.html

>半値の長い方へ
>泥棒が持ち主に断って家に入りますかね?
>日本は、仏国のヴィシー政府と其の配下の仏印総督の許可の下に
>北部仏印そして南部仏印へ進駐した。其処には、色々な思惑があった
>でしょうが
>何ら国際法に違反していない。(此処重要ね)

なるほど。
貴方はヴィシー政権をフランスの正当な政府として考えているのですね。
ナチスによって作り上げられた傀儡政権であるという考えは全くできないというレベルの思考力なのですね。
御見それしました。
そうなると、例えば日本中に跋扈する成りすまし日本人が、勝手に傀儡「日本新政府」を樹立して、尖閣や竹島を割譲したり、傀儡政権の許可の下、中国や韓国と併合して植民地化しても、全て合法であり、認めるということですね。
そしてそれに反発する日本人が蜂起することを防ぐため、治安維持名目で中国人民軍や韓国軍が駐留することも問題ないというのですね。
正に真性の売国奴思想ですね。

>其処へ、其の家を狙っていた泥棒(ドゴール亡命政府)の親玉(米国)が
其の家は、俺様の部下の家だから出ていけ
>と言って始めたのが石油禁輸。
>賃貸人と泥棒を一緒にしないでいただきたい。
ほ~南仏印を賃貸借したのですか。
その賃貸借契約とやらの中身はなんですか?
日本はちゃんと地代家賃を払っているのですかねw
まぁそうであったとしても、そもそもフランスの植民地を「又借り」するということは、植民地にされているアジア人を解放することはならず、結局、侵略者に変わりはないのですが、この点についても、日本の侵略戦争をアジアの解放と捏造する歴史観支持者からしてみれば例えとして不適切であろう。
そういった考えに及ばないあたり、本当に嘆かわしいですね。
ちょっと安酒の飲みすぎではないでしょうか。

>2012/09/05(水) 10:18:10| URL| 朝から発狂中の隠居 #-

まだ月始めだというのに、
もうパチ屋に行く軍資金も底をついて、


今月も四六時中ネット徘徊三昧の日々かな?(笑)


シルバー人材センターでも逝って働け、カスw


かい 殿へ

私は、貴殿の立論が??と言っているのです。
左翼の特徴的な仕方をね。

証言の一部だけを引用し全体の証言を隠す→意味が変わるからね
根拠資料を詳らかにしない→自分の論旨の検証を許さない
議論するなら当然○○らの資料ぐらい読んでおけ→此処は、学者などの専門家が集まる場ではない。自分の頭で考える庶民が読者のブログ主のコメント欄。偉い学者さんが言う事を聴いておけ!は、筋違いな場です。

皆さん、専門家ではない。自分が知らない事や、間違って覚えていた事の反論(ブログ主を含む)を虚心坦懐に聴いている。

私のコメントを良く読んでね。
貴殿の論旨に反論してますか?
証拠が不十分、検索で調べたが貴殿の論の証拠が見あたらなかったから、ソースを教えて下さいと御願いしただけですよ。基本は、貴殿の論旨を理解しようとしている。(同意するかは別な話)
また、ハルノートの貴殿の決め付けに矛盾があると指摘しただけですよ。(返答がないですがね)

貴殿の論旨の最初に欺瞞があり、其の言い訳?を聞いた後、もう理解する気はなくなりましたがね。


>>南部仏印進駐を行わなくても石油禁油があったという具体的根拠となる資料をお示し下さい
は、私ではなく硫黄島 殿への質問ですね。

悪しからず。

>貴殿の論旨に反論してますか?
>2012/09/05(水) 12:03:03| URL| トンスルと泪と #yVuiVI4o

なんでもいいけど、

バカなお前が気に入らない相手を「左翼」と決めつけて発狂中なのは事実(笑)


ま、この手のバカは毎度のことだけどw

4,5年前の政治ブログのコメ欄ならいざ知らず、
掃いて捨てるほど増殖したこの程度の単純バカより、

今時はもっと遥かに賢いコメンターが望ましい。





半値の長い方へ

歴史を考察し学ぶ時に、大変重要な視点があります。
“決して、現代の感覚や常識で当時を推し量ってはいけない。当時の人々の考え常識を知り、学ばなけばならない”
此は、私だけが言っている事では無く。歴史を学ぶ世界(日本の歴史学会を除く)の常識です。少なくとも、成る程と思った本には必ず書いてある事です。

フランス本国を統治するビシー政府と
英国に本拠を置くドゴール亡命政府
どちらが正統か?は、当時と現代では全く違いますね。勝者が押し付ける歴史を黙って鵜呑みにしたら、決して歴史の真実は見えてきません。また、歴史から教訓も学べません。

当時の状態は、ビシー政府がナチスドイツに降伏し、かつ講和条約も締結ずみだったはず。北フランスは、未だ英国との戦争が終わっていないとの理由で保証占領中ですがね。また、フランスの植民地も大半がビシー政府を支持していた(仏印も)。大日本帝国もビシー政府を正統と認めていた。当時(大東亜戦争前)、ドゴール亡命政府を正統と認めていた国は何処で何カ国かは、御自分で調べてから反論しなさい。
日本に何ら国際法的な瑕疵はありません。尖閣諸島の領有と同じにね。

尖閣・竹島問題の一挙解決案 殿は、とっくの昔に左巻きどころか、工作員ではないかと疑っています。

悪しからず。

>日本に何ら国際法的な瑕疵はありません。尖閣諸島の領有と同じにね。

あのですね。
ヴィシー政権を主要国が認めていたとか、いくつの国が認めていたとか関係ないんですよ。
国連を脱退してゴロツキ国家に成り果てた日本など、欧米の基準からすればアウトローなわけ。
今の北朝鮮よりも酷い国。

そして、国際法とか国際的ルールというものは、白人のためにあるのです。
彼らは、自分たちが勝つためにルールを作るのです。
むしろ負けた場合はルールが悪いというメンタリティでいます。
だからこそ、開戦前にヴィシー政権が承認されていたかどうかなど無意味まんですよ。
白人の泥棒たちが自分たちで作ったルールがあり、それを破って横取りしようとしたコソドロ国家という烙印を押し付けられればそれまでです。
世界は今も昔もヤクザ国家たちによって運営されているんです。
だからこそ、そのヤクザ国家たちの中でいまく世渡りをしていかなければならない。
女学生のようなお花畑平和脳とは違うのでしょうが、結局、国際法や国際ルールを神から与えられた啓示の如く、金科玉条の天下御免の御触れのように考えているからそうなるんです。

ヤクザのルールはヤクザが決める。
日本もその中で頭角を現さなければ、何時までもしっかり上納するチンピラごろつきであり、使えなくなったら鉄砲玉で捨てられることになるんです。
中国はそんななかでヤクザとしての勢力を増している。
日本はおちおちしていられないのです。

まずは、国際ルールが世界人類の平和のために存在するかのごとく潜在思想に教え込む「戦後の薄っぺらいエセ平和教育の支配」から脱してください。
安酒をあおっている暇はないんですよホント
真の保守ならばねw

A)自衛戦争で抗弁しようとする姿勢

ヤクザ国家達のやり方に怒り、反乱を起こそうとして失敗した日本

B)自衛のための侵略戦争を行って負けたとする姿勢

ヤクザ国家の世界でのし上がろうとして挑戦したが失敗した日本


現在もヤクザ国家たちが仕切る世界で、A)のような奇麗事をいっていても意味がありません。
これからの日本に求められるのはB)の思想に基づく『断固たる富国強兵思想!』なのです。
これからもヤクザ国家たちのなかでのし上がって行かなければならないのです。
もちろん、今の国際社会で叩かれないようにうまく遂行しなければなりません。
戦前の日本のように下手を打てばこっぴどく打ちのめされますので。

管理人さんも、皆さんも、私のように現実世界を直視し、もっとしっかりとした国家感を堅持してください。
お願いします。

いやいや

いつになったら具体的な反論があるんですかー!
誰か詳しい人いないのかな?

南部仏印進駐が資源目的である点と日米戦生起時の根拠獲得のためだったと資料をあげて示しています。資料批判なり、そうではないという資料を示して下さいよ。私は南部仏印進駐こそ資源目的であり、戦争を招いた根拠としていますので、その根拠を揺るがす資料を下さい。あるでしょ自衛と主張しているんだから。ざっくりした批判はもういいので早くお願いします。
専門化じゃないから具体的にはわからないと言うならば、もう一度勉強して出直しなさい。歴史的知識ではいかんともしがたい差があると思いますよ。
そうそう南部仏印進駐の際対米戦強硬論者には陸軍の田中新一がいますね。彼は仏印だけでなく泰への勢力拡大を強く主張してます。アメリカやイギリスが先にとる前に勢力内にとの理由は当時確かにありました。しかしそれは言い訳ですね。アメリカやイギリスが16年に仏印へ進駐する計画があったという根拠はありません。
今も信じている方がいますが、すぐ騙されるタイプなんでしょうね。

保守?

尖閣・竹島問題の一挙解決案 殿
と漸くマトモな意見交換ができますね。(笑)

その前に、私は自分が保守と思った事は一度もないし、保守と名乗った事もない。
但し、保守の定義は現代では様々なようですので、敬愛する(≠尊敬)チャーチル氏を保守の代表と考えて、氏を鏡として自分を比べた場合ですがね。(物事の考え方でね)

私は、自分を右でも左でもない無党派で一介の庶民と考えています。
然し、本当のノンポリは存在しない…自分の頭で考える社会人であれば…。ただ、滅多に政治や信条の話をしないだけでしょう。
私を構成しているのは、父祖から受け継いだ日本人のアイデンティティとメンタリティー、そして自分で獲得した信条信念。

父祖から受け継いだ日本人のアイデンティティとメンタリティーを見て
私を保守派と見るなら、目覚めた日本人が全て保守派になる。(笑)

自分で獲得した信条信念で見るなら
尊敬する政治家は、ケネディ大統領であり吉田茂首相ですので
私は人種差別が大嫌いなリベラル(=世界基準≠日本のリベラル)であり、現実対応が一番大事な現実主義者(仕事柄どうしてもそうなる技術者です)となります。
真の保守を自認される方々からは、左翼と罵られた事も有りますよ。

前振りは終了です。

後ほど(時間があれば)、意見を述べます。

酒と泪と氏

保守という言葉を選んだのは確かに不適切でしたね。
ここにコメントする方の多くの立ち位置を示すには適当ではなかった。
自分自身も保守かどうかといわれれば、むしろ革新です。
今更ながら。保守ではなく愛国者の方がよかったと思っています。
ここに来る大体の人は、日本を思う愛国者という自覚はあるのでしょう。
右でも左でもいいんです。
その人が見るところから左右方角など全部変わるんですからw

私には尊敬する政治家はいません。
ケネディはどうか知りませんが、欧米の実力を知りながら、日米開戦を防止できなかった吉田茂は、戦後の復興にどれだけ尽力しても、私にとっては重大戦犯です。

私も人種差別は反対ですが、日本の国益を確保することと直接関係のない話です。
それに固執しすぎると、未だに人種差別が根強い白人欧米社会との軋轢が大きくなってしまい、日本の国益を害します。
奴らがどんなに汚い思想をもっているかを熟知し、それを踏まえた上で、日本の国策を考えるべきです。
もちろん、やつらの人種差別思想を粉砕しうる実力が日本にある、もしくは力をつけることが出来る確証があるのなら、それを考えてもいいでしょう。

私は、中国人や韓国人を差別します。人種差別ではありません。
反日思想に染まった集団、明確な敵対勢力として差別します。
もちろん個人レベルとしてはいい人は沢山います。
しかし、国家として彼らと対峙していかなければならないのは今や日本の宿命ですから。

瀬戸弘幸恥を知れ

福島県の毒リンゴ、毒桃、毒米、毒さくらんぼは食べれないのが事実だ。

私流 ブログ主の近現代史のまとめ 日清・日露編

ルールは、人が活きて行く為の規範です。法律であり、みんなが正しいと考える道徳です。その法律や道徳も時代によって変わりますが、たとえヤクザが作ったルールでも正す力無き者は、ルールを守らねば生きて行けません。

日本の大平の眠りを覚ましたのは、ヤクザ(帝国主義者)でした。
ヤクザ達が決めたルールは国際法と呼ばれ、文明国(ヤクザ)のみがルールに保護されてました。野蛮国は文明国に植民地とされるのが当然とした世界に、日本は船出をしなければ行けない事態となります。
日本は、懸命に野蛮国ではない文明国(≠ヤクザ)と主張し(文明開化、鹿鳴館)、ルールを頑なに守ります。然し、ヤクザの間でもルール(国際法)は力でねじ伏せられると教えられ(ビスマルク)、ルールを守るだけでは護れないと、富国強兵に邁進しました。

漸く、ヤクザが一国で日本を蹂躙するには躊躇いを感じる程の力をつけた時、ふと隣国を見ると北のヤクザが隣国を狙っているのが判りました。隣国や其の宗主国に注意を促しましたがラチがあきません。地政学上、隣国がヤクザの植民地になったら日本は護り切れない。覚悟を決め、宗主国と争い隣国を独立させました。(日清戦争)
そして、北清事変(義和団の乱)でルールを守った戦い振りに(ヤクザが守らない中)、ヤクザから文明国と認められます。

つづく

つづき

下関条約での台湾割譲がありますが。当時のヤクザ間の国際慣例、戦いの後のね。ヤクザの慣例を無視したら、親分衆から袋叩きにあいます。此もルールを頑なに守った行為です。実際は、三下の分際で取り分が多すぎると、逆に怒られたが。(三国干渉)

北清事変の後、大親分の英国から杯を交わさないかと義兄弟のお誘い。(日英同盟)
大親分の好意に逆らったら、三下は生きては行けません。また、大親分の義兄弟になることは、親分になる近道です。喜んで杯を交わしました。

そんな中、隣国はヤクザから金を借りまくり、其の弱みから北の親分にすり寄り始めた。最後は、ヤクザの落とし前で植民地になると知らずに…。また、日本の危機。

北の親分と話し合い(外交交渉)、隣国から手を引いて貰おうとしましたが、三下と相手にされず。英国の好意を当てに、乾坤一擲の大勝負。(日露戦争)
決死の覚悟の奮闘で一時の優位を獲得し、北の親分一家に内輪もめ(日本の工作)も有り、新大陸の親分の声かけで優勢なまま手打ちとなった。

此処まで、日本は生き残る為に必死にヤクザのルールを守り、ヤクザのやり方で来ました。
私は、先人に感謝こそあれ、ヤクザと貶めるのには反対です。堅気のママだったら、とうの昔にヤクザの植民地にされていたでしょう。

酒と泪とさん。

>自分自身も保守かどうかといわれれば、むしろ革新です。
今更ながら。保守ではなく愛国者の方がよかったと思っています。
ここに来る大体の人は、日本を思う愛国者という自覚はあるのでしょう。
右でも左でもいいんです。
その人が見るところから左右方角など全部変わるんですからw

戦前の共産主義者は全て日本人で愛国者でした、皆平等にすれば国民は幸せになれるんだと本気で考えていました、しかし戦後の共産主義者は全てコミンテルンからの活動費で動いていた偽善者です、これは全て朝鮮人。

野坂参三からが所謂営業左翼です、最近の例を挙げると。

①・・・・・反対と言うだけで衆議院120議席を得た土井たか子。

②・・・・・土井の真似をしていたらいつの間にか個人預金15億の福島瑞穂。

ともに朝鮮人です。


>私も人種差別は反対ですが、日本の国益を確保することと直接関係のない話です。

この意見には反対です、五族協和、八紘一宇、大アジアをスローガンにして結局は、和夫一家殺人事件、朝鮮進駐軍、通州事件、在日支那兵朝鮮人の凶悪犯罪の数々・・・・・・、何度も騙されてどうしますか?

欧米人の諺です、一度騙されたら相手を恨め、二度騙されたら自分を恨め!

日本人と身体的特徴が同じ支那兵朝鮮人は特に要注意。

事実は ひとつ しかない
されど
その事実から
各々其々の真実が導き出せる
逆もまた有り
己が信じる真実を たったひとつの事実(真実) となる様に導く・・

法は人がつくる
どの様な法で有っても作り手の信じる真実のまま作られる
良くも悪くも・・
どの様な視点からでも作られる
作られたものが ひとつ しかない 事実 となる
実際に起こる出来事・・
各々信じる解釈の仕方で事実が作られる

まっこと・・
>時は冷酷





>此処まで、日本は生き残る為に必死にヤクザのルールを守り、ヤクザのやり方で来ました。
>私は、先人に感謝こそあれ、ヤクザと貶めるのには反対です。堅気のママだったら、とうの昔にヤクザの植民地にされていたでしょう。

ここまでは大きな異論はないです。
問題は此処から先です。
日本はヤクザの世界で頭角を現していきます。しかし、古豪のヤクザたちからすれば新参者、パッと出のなり上がり者。それでいて、肌の色も黄色く、本来であればヤクザの世界に入れるようなものではなかった。
兄貴分はいいように使えているうちは良かったが、日本はそのうち言うことを聞かない「荒くれ者」になっていった。
だんだんと組での締め付けが厳しくなると、日本は勝手に組連合を抜けると宣言してしまった(国際連合脱退)。

その頃、欧州の島でも無法者ドイツがシマの秩序を崩して事実上の抗争状態にあった。
ドイツ・日本・イタリアは破門状態にあり、ついにヤクザ組織・組長に反旗を翻す愚連隊を結成する。
そして、弱体化した欧州構成員をひとりづつ討ち取って行く。
日本はドイツの締め上げた構成員のシノギを横取りして、ついに組長たちの逆鱗に触れる(南仏印進駐)。
そして、厳しい締め付けが行われると、日本は無謀にも組長本体に殴り込みをかけることを決意する。
武闘派の愚連隊のドイツも日本も、当初は大躍進して、一時は組長の首が取れるかもしれないという幻想を抱くところまで迫るが、組の組織が長年に渡って蓄えてきた財力と動員数は圧倒的であり、最終的には愚連隊がボコボコにされ降伏に至る。

つまり、日本はヤクザの世界に身を投じた「れっきとしたヤクザ者」なのです。調子に乗って粋がって愚連隊になって組織に殴り込みをかけますが、堅気としてやったのではなく、所詮は破門されたヤクザ者の成れの果ての暴挙に過ぎないのです。
組長が挑発や謀略を尽くして、自分の首を狙う、鼻つまみ者で目障りで日本を抹殺しようとするのは当たり前であり、それを「陰謀だったので、被害者だ~」とか非難するのはチャンチャラ可笑しい話な訳です。
堂々と、日本は組長の座を狙って立ち上がった勇敢な義侠者となぜ言えないのですか?
堅気を通していたが、陰険ヤクザの陰湿ないじめに、ついに自衛のために爆発した「かわいそうな一般人」を装うことに、何の意味があるのでしょう。
そんな『卑怯者の言い訳』をして恥ずかしいと思わないのか!
本当に情けない!
こんな体たらくでは、胸を張って、日本の天下を信じて、大戦争で散った勇敢な日本兵たちに顔向けできないだろが!

現在もヤクザが支配する世界であり、日本やドイツは、かつて組を裏切って謀反を起こした罪悪人であることには変わりはない。
これからの日本も、ヤクザ国家たちが牛耳る世界で渡り歩かなければならない。結果として、裏切り者の烙印は、戦後の日本にとって大きな足枷となっている。
私はあの暴挙は明らかに軽率であり、向こう見ずで大馬鹿の所業であると断言する。
資源のない日本は、もっと狡猾に立ち回らなくてはならないのだ。
先人の失敗を正視し、しっかり反省し(下手を打ったことについて)、これからの日本を考えて行くためには、日本の暴挙が自衛であり、かわいそうな日本だったとかいう卑怯者の言い訳主張は「害悪そのもの」である。

そうそう、日本の勢いが良かったころに、隣に乞食のような孤児がいて、子分としてかわいがってあげたんだよ。
(あんな奴が、北の組長の手下になって鉄砲玉で送られてくるのも怖かったという本音もあったがw)
サブって呼んで、一緒に戦って仲良くやったんだが・・・
戦争に負けるや否や、いままで目をかけてやったのを忘れ、弱りきった兄貴分に突然被害者面して噛み付いてきやがった。
長々と施してやった恩義も忘れて・・・
ホント犬以下だよサブは。

尖閣・竹島問題の一挙解決案 殿
貴殿が何時からの中韓さんのブログ読者か判りませんが…。 中韓さんや此処の住人は“世界は腹黒い”“中でも中韓は最も信用してはいけない”が基本認識です。過去のエントリーとコメント欄を読んでいただければ理解していただけるでしょう。

今回のブログ主の近現代史の旅シリーズを戦前日本の全肯定と、貴殿は解釈されている用ですが。其れは、ブログ主の本意では無いでしょう。
過去の歴史を学ぶ事は
過去の人々が、どんな問題に、どの様に対処したか、其の結果がどうなったか
を知る事で、現在に生きる我々の将来や今の課題解決の教訓とする事ですよね。

但し、日本の現状はGHQ史観の押し付けが主権回復して60年たっても自虐史観として国民に蔓延している。
此の状況では、間違った歴史事実や認識を基に教訓を得る事になる。其れは、教訓ではなく破滅への道に進む事です。

ブログ主は、正しい歴史事実を基にした日本人の歴史認識にする目的で、此のシリーズを続けているのでしょう。工作員に邪魔されながらね。

貴殿とシリーズの解釈に違いがありますね。
もう少し、私流 まとめ をしましょう。

また後で…。時間は今夜になるかな?約束は出来ませんので、悪しからず。

>“世界は腹黒い”“中でも中韓は最も信用してはいけない”が基本認識です。

これについては全く同感です。異論なし。

そして、結構、昔からこのブログは読ませてもらっています。
7割がた参考に出来るのですが、日本を卑下しすぎる歴史観には我慢なりません。
アジア発の列強国として、欧米と対等に渡り合い、その過程で弱い国々を堂々と侵略したと主張できない管理人さん達をみて、本当の意味で日本人の力を知る1人として情けなく思っている次第です。

昨今、追い詰められる日本を有利に導くために、被害者面して逃げ回る戦法も一つではありますが、そんな卑怯な戦法を取る必要など日本はないのです。
そういう後ろ向きな姿勢が、また弱みとなり、付け込まれる隙を生むのです。
日本にとってよかれと思っているのかもしれませんが、全く逆です。日本が再び躍進するためにむしろ害悪なのです。
情けを買うような卑怯な論法を使わずに「日本に非はない」と堂々と主張しなさい。

「当時列強国としては普通にアジア諸国を侵略し支配下に置き、欧米・連合国と戦ったが大敗した。戦後、(国交のない上朝鮮を除き)侵略行為についてしっかり謝罪し、賠償を完結している。戦争のカタはつけた。」

どうしてこんな当たり前のことが言えないのでしょうか。
堂々と世界に覇を競って挑んだ勇敢な日本人の血を受け継ぐのなら、このくらいの主張は堂々と展開してもらいたい!

わる~いルーズベルトの陰謀に嵌って騙されて戦争しちゃった「可愛そうな日本人」といっているのです、管理人さんたちは。
小学校の道徳授業ではないんですよ
そんなお涙頂戴話で哀れみを乞うような情けない主張をするほど日本は落ちぶれてしまったのですか???


しかし、残念なのは、次のエントリーに対して私の投じたコメントが削除されてしまったことです。
確かに、管理人さんを煽るような表現を用いましたが、その内容に明らかに非があるようなものではないと思っています。
自分の意見に異を唱えるものは消してしまうブログ主は多々おります。
ここの管理人さんは、そんなことをしない、もっと芯の通った人物と思っていましたが、私の買いかぶりのようでした。
本当に残念です。
この書き込みもいずれ消去されるかもしれません。
私の主張に違和感を覚えるのなら、堂々と言論で論破してもらいたかったです。

>わる~いルーズベルトの陰謀に嵌って騙されて戦争しちゃった「可愛そうな日本人」といっているのです、管理人さんたちは。

↑よく言うよ。そう思っているのは、おまえさんでしょ。まったく。
 欧米と対等にだって・・・口ばっかり。
 あんたは、この日本のために何かしたんですか?
 いきよいだけは、いいけれど、、、

私流 ブログ主の近現代史のまとめ 2 日韓併合編

ブログ主は、次に日韓併合と李氏朝鮮を語りました。
此は、一挙解決案 殿と解釈の違いは無いでしょうが。少し補足してみます。

併合前の朝鮮の状況は、韓国がファンタジー史を日本に押し付けようとした事で
ネットに歴史の事実が拡散され、目覚めた人の常識となりました。(知らない人は、検索して検証してね)

日韓併合は植民地化?侵略?
→現代の価値観なら、植民地化であり侵略です。

ですが、当時のヤクザや日本での認識は、侵略ではありません。(世界の認識もね)
野蛮国への当然の処置であり、文明国の責務でした。 後で色々な難癖を日本にしてきた米国も当たり前と認めた事です。(桂・タフト協定)
歴史の事実。

日韓併合は、手続きも当時のルール(国際法)通りでした。
1904 第一次日韓協約→1905 桂・タフト協定→同年 ポーツマス条約(対露講和条約)→同年 第二次日韓協約(保護国化)→1907 ハーグ密使事件(国際社会が韓国を拒否)→同年 第三次日韓協約(属領化)→1910 日韓併合
此のように、当時のルールに沿ってました。
此を否定する事は、今の米英をも否定する事になります。ですから、売国?な外務省とて日韓併合に瑕疵は無いと現在も言う訳です。

然し、内地化(≠植民地)したのは大失敗。本物のヤクザでなかったから仕方がないか…。

私流 ブログ主の近現代史のまとめ 3 一等国日本編(1)

日露戦争の後始末も終わり、親分衆も日本を親分と認めました。
詰まり、日本の本土を不可侵と認め、台湾・朝鮮・南樺太の領有や満州に権益を持つ親分とね。一等国の端くれになった。まだ親分衆に意見を言える力は無いが、不平等条約は解消された。

新大陸の親分(米国)は日本を競争相手と認識し、日本相手の戦争計画を練り始めた。また同時に、日本の縄張り満州の共同経営を持ち掛け、日本の実力向上に箍を嵌めようとした。
日本の別れ道。

此処でIFの御話。
米国の満州共同経営を受け入れていたら?
国内的には国民の抗議の嵐になったでしょうね。明治の先人は現代の日本人と違い、大人しく受け入れるとは考えられない。自由民権運動の熱き血冷めやまず、第二の三国干渉と時の政府(首相や閣僚)が倒れたかもしれない。
国内的な混乱が何とか収まったとしても、やはり日本は野蛮国かと見られ親分(一等国)とは見られなくなった可能性が高い。
其の結果、満州経営は米国の経営となり、日本は米国親分の残り滓をあさる三下になって…。詰まり、米国への属国化へ一歩一歩と追い込まれたかもしれない。

後のアジア解放など夢のまた夢、西暦2000年になっても人種差別(白人優位)は無くならず。未だに、アジアやアフリカは植民地のママ?

私流 ブログ主の近現代史のまとめ 3 一等国日本編(2)

さて、明治の元勲や政府は米国の誘いを断りました。

米国の巧妙な罠に気が付いたかは定かでありませんが、露国の次に米国が日本の敵になる可能性が有ると認識した事は確かでしょう。
帝国陸軍は、相変わらず露国だけしか見なかったようですが…一部に後の石原莞爾将軍のように対米戦が不可避(最終戦争論)と思っていた方もいます…帝国海軍はハッキリと第一の仮想帝国を米国と定め、抑止力として艦隊整備を始めます。(八八艦隊計画)

米国親分とて、海千山千の達人です。何しろ、建国の時より原住民のインディアンから土地を奪い、それからフランスやスペインやメキシコなどから色々な理由(正義)を付け国土を奪い広げてきました。(ハワイなどは、完全な謀略でハワイ王朝から簒奪した)
然し、米国は今も昔も民意の国。国民の支持が無ければ、戦争はできません。
日本の正確な情報が国民一般に知れ渡ると…米独立宣言の精神を思い出し(奴隷解放のリンカーン大統領も)…日本との戦争(権益争奪戦)が出来なくなるかもしれない。そこで、利用したのが欧州で唱え始められた“黄禍論”です。

(ここから私論です)

ここで、巧妙なすり替えがありました。
当時の一般米国人は生の日本人を見たことがありません。

つづく

つづき

米国にいるのは、ハワイやカルフォルニアに移民した少数の日本人だけです。

米国人が目にする黄色人種は、クーリーから全米の都市へ拡散した多数の支那人。其処で目にする支那人は、チャイナタウンに固まって住んで米国に溶け込もうとしない。一部はマフィア化したならず者。
支那人を見て→黄禍論に納得
日本人が成し遂げた快挙→黄色人種は白人に劣っていない
此が支那人を日本人にすり替えて
支那人→黄色人種は野蛮人→日本人も黄色人種=野蛮人→日本人は危険
黄禍論=日本人
と一般国民に巧妙に刷り込んだ。
(私論おわり)

兎に角、米国親分は巧妙に国民を日本人排斥に導いた。

黄禍論の前に、ブログ主は日英同盟の解消の話をしています。

日英同盟は、米国に取って日本と戦う時に、どうしても邪魔な存在です。日本単独なら大した損害を受けずに勝利する可能性が高い。然し、同盟が健在ならば損害どころか負けるかもしれない。

米国親分は、虎視眈々と日英同盟解消の機会を狙います。実を結んだのが第一次世界大戦後です。

何やら、尖閣を狙う某国が一生懸命に日米安保の廃棄や空洞化の工作しているのに、似ていますね。(笑)

次回は、第一次世界大戦から まとめ たいと思います。

今夜は、これにて失礼します。

ん~
別に管理人さんのように歴史をなぞる必要はないんですよ。
私との議論の焦点は、戦前の日本が「侵略行為をしたかどうか」を正々堂々と認めるかどうかの、ただ1点に尽きます。
それを「自衛だったから侵略ではない」などと煙に巻くような卑怯な言い訳は見るに耐えないんです。
事実したんです。「自衛のための侵略」を!
当たり前です。
世界で起こる戦争はそれこそ全部「自衛」です。
例えばアメリカにとって
ベトナム戦争は、共産主義の侵略を防ぐための自衛戦争です。
イラク戦争もアメリカの自由を守るための自衛戦争です。
アフガン戦争も、テロリストからの攻撃を防衛するための自衛戦争です。
太平洋戦争は、極東で勢力を増し、植民地を脅かす大日本帝国の脅威から自国を守るための自衛戦争です。

したがって「日本が自衛だったから」という抗弁に何ら意味はないのです。
戦争をする国は、どちらも自衛だといいます。
当たり前でしょう。
そりゃそうです!いまも世界中が自衛のために日々戦っているのです!
現代では核兵器を手にしてしまったために、容易に大規模な戦争が起きなくなってしまっただけです。
どの国も、表向きは世界平和を標榜しておりますが、現実には自国の利益のために最大限の努力を行っているのです。
ホント日本だけです。
馬鹿みたいに平和主義を地でいくお人よし阿呆国家は。

これからの日本人は、しっかりと世界の本音と建前を掴んで、日本の国益を最優先で行動しなければなりません。
そのためには、確固とした国家観が必要なのです。
それは戦前も戦後も一緒です。
「強い国になる!!!」
それ以外は全く意味がないのです。
戦争はどんな戦争でも勝たなければ意味がないと日本人全員がしっかり自覚しなければいけないのです。
仕掛けられた戦争、仕組まれた戦争、そんなのお構いなしです。
戦争を「負けること」が罪なのです。
どんなことをしても勝たなければならないのです。
戦前の日本がもし核兵器を米国より先に開発したら、躊躇なく米国本土で使用したでしょう。
それが戦争です。
たまたま日本が弱かったからボコボコにされました。
本来なら、次に再起を図るためにも早期停戦を実現しておかなければならなかったんです。

軽率に米国に殴り込みをかけ、敗れても早期停戦を怠った政治家・軍部の戦争主導者は「日本人にとって」最大の犯罪者なのです。
それを現在も未だに曖昧にしているから日本は負け続ける運命なのです。
ルーズベルトの陰謀にのって仕方なく自衛戦争をやらされたとかいって、当時の指導者どもを擁護する発言は、日本を弱体化する負け犬思想そのものなのです。
本来なら、責任の所在をはっきりさせて、日本人の手で絞首刑にしなければいけなかったのです。

ちなみに、現在の成りすまし日本人が跋扈する情けない日本をつくった張本人は、戦争指導者たちなのです。
少なくとも、早期に停戦して、本土の国力と治安水準を維持していれば、在日朝鮮人に暴虐の限りをつくされたり、駅前の一等地を不当に奪われたり、在日特権を認めたり、エセ同和・人権団体の隆盛は防止できたのです。
それよりも、なんといっても屈辱的なエセ平和憲法を押し付けられることもなかった。
日本をこんな国にした張本人は、甘い見積もりで、勝ち目のない戦争を勢いだけで始めて、将来の日本を考えず、早期停戦を怠って、事実上骨抜きの国家にしてしまった戦争指導者たちなのです。

朝鮮人や中国人の不当な批判に対して、反論するために、戦前の日本を擁護したくなる気持ちは良く分かります。
しかし、大局にたって考えてみてください。
日本の侵略行為を一生懸命否定すれば否定するほどドツボに嵌るのです。まさに敵国の思う壺です。
そういう些細な言い争いをしているうちに、国益が少しづつ削られて行くのです。

今の日本は敗者なのだから、今は「表面上は」侵略行為を謝罪するしかない。
この汚名を晴らすためには、日本が改めて勝者にならなければいけない。
「力」で過去の日本の侵略を正当化するしかない。
重ねて言う!
日本は、勝たなければならない!
欧米の陰謀でいやいや戦争をやらされたとかいう子供のような泣き言は口にするな!
少なくとも、世界が常に形を変えた戦争状態にあることを理解しているまともな大人という自覚が貴方に少しでもあるのならば。

これから日本は、時には、中国や朝鮮を利用して欧米と対峙して行くぐらい、狡猾に動かなければならない。
国益を守るというのはそういうことです。

本当に日本を愛する気持ちがあるのなら、今すぐ「侵略行為はしていない」などという妄言を吐くことをやめなさい!
どの戦争もすべて、自国の国益を守るための自衛戦争であり、かつ、侵略戦争なのです。
そして、いまこの1分1秒も、世界中で形を変えて自衛・侵略を繰り広げているのです。
この事実を直視できないのなら、せめて鎖国政策を主張しなさい。

これから未来永劫人類の間で繰り広げられる世界中の自衛・侵略競争に耐えられないという負け犬思想なら、戦争放棄のエセ平和憲法を護って、内側に篭り、何時攻められるか怯えながら人生を送るようにすればいい。

私流 ブログ主の近現代史のまとめ 3 一等国日本編(3)

一挙解決案 殿
ブログ主や私は、当時の日本はヤクザだった、が基本です。只、生きる為の方便。それを非難するのは筋違い、特に現代人がね。

まとめ を続けます。

日本は日英同盟の規定により第一次世界大戦に参戦します。
一部の識者に、日本は海軍は参戦したが、陸軍は参戦しなかった。陸軍が参戦していれば、日英同盟の解消にならなかった、との弁があります。
確かに、陸軍は欧州戦線に参戦しませんでした。然し、それは日本陸軍が欧州戦線への参戦を強く望んでも、英国が望まなかったからです。何故なら、欧州大陸で日本陸軍が血を流し敵地を奪えば、ヤクザの慣習で欧州大陸の利権を与えねばならないからです。海軍は英国の要望で、地中海や大西洋の船団護衛や潜水艦狩りをしました。海上ではヤクザの慣習で利権は生じません。せいぜい自由航行権が認められるだけです。
その代わりに、英国は他の利権を日本に与える約束をしました。
陸軍には、ドイツが支那に持つ利権(山東省など)。
海軍には、太平洋のドイツ領(南洋諸島など)。然し、どちらもドイツ人が守っています。結局、陸軍も海軍も血で其の地をあがないました。

大戦後に、日本は国際連盟の理事国となり、五大国に列せられました。大親分の一人になったわけです。

つづく

一挙解決案 殿ようの まとめ は此で終了です

つづき

日本が大親分になれたのは…
欧州は戦火に見舞われ勝ち負けに関わらず国力が落ちました。その中で、日本は戦争景気で大発展し、欧州に並ぶ国力を身に付けたからです。
遂に、日本は親分衆に意見が言えるようになりました。

国際連盟の発足が決められた時
日本は、待ちに待った本音をぶつけます…人種の平等を。然し、米国の謀略で否決。重要案件は全会一致との米国の主張が通り、過半数の賛成があったにもかかわらずに。
代わりに、民族自決が謳われて民族の独立権が保証されました。(白人だけでアジア・アフリカは適用外)
流石に、米国親分です。
欧州には沢山の小国が誕生しましたが、アジアは大半が植民地ママになりました。

米国親分は、そつがありません。
ヤクザの慣習で日本領となる南洋諸島を国際連盟委任統治領とします。日本はヤクザで無いので承知。其処に、連盟委任領に軍事基地を置いて行けないと定めます。(後で米国が簡単に侵略し易くしました)
然し何故か、此の後に連盟不参加になります、米国がね…。

更に、ワシントン会議(1922)で
有名無実の四カ国条約で日英同盟を解消。海軍軍縮条約で日本の八八艦隊を放棄させる。九カ国条約で山東省を返還させ、満州の日本の特殊権益も放棄させた。

米国親分…凄い。

謝罪しまくった結果が、
現在の日本(言いなり日本)なのではないですか?

侵略ではない!自衛の為だった!にせよ
その後の
日本は、「体のいい植民地」

アメリカ・中韓・・の、「言いなり」になっても政府官僚(大企業)など何も困らない
増税すれば良いだけ!
寧ろ手柄の様に外国で持て囃される
海外ではさぞ気分良かったでしょうね 

酒と氏
自分でソースを出せと言っておいて、予想外に相手がレベル高いと、ここは自分の頭で考える(空想)ところと言い訳。
さらに、他人を左巻きと根拠なく断定したが、結局自分が左巻き(リベラル)であると告白する始末。


竹島氏
真の保守と言った直後に自分は革新だと正反対の主張。

この2人、どう見ても完全に頭オカシイ…

かいさんへ
またの何処かの記事でコメントお待ちしてます。
レベルの高い方の意見が参考になります。

通りすがりですが、「尖閣・竹島問題の一挙解決案」さんの意見に賛同します。
日本は偉大な国でしたが、常に偉大な国であったわけではありません。
大東亜戦争を「自衛のための侵略」として正当化することが出来るなら、現在の中国の尖閣や沖縄への「自衛のための侵略」の正当化を容認する理論にもなり得ます。
彼らは自衛のために日本列島を含む、マリアナの第2列島線を確保することが必要と主張しています。
そんな愚かな理屈は決して容認できません。
我々は過去の日本の侵略戦争を正当化する必要性は全くありません。
米国がオレンジプランを持っていたように、日本も米国を仮想敵国としてきました。それでいながら、米国は日露戦争でも日本を後押ししてくれましたし、グレートホワイトフリートでは日米友好は盛り上がりました。
日本は米国と覇権を争い負けたというだけです。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。