スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米開戦の責任は米国  近現代史の旅38回   8月27日(月)


近現代史の旅38回目です。前回はルーズベルトが日本との戦争になる
ように米国内世論をあらゆる手段を用いて納得させたと書きました。

つまり米政府は中国を支援して日本を泥沼の中に引きずり込み、日米全面
戦争に備えて日本軍の体力を消耗させ、哀れな中国を助けるという正義の
旗を無理やり立てて、世論を味方につけたのです。

しかしこれだけでは世界に対して道義的理由づけにはなりにくい。何故
ならアメリカも多くの国に侵略し、特に中国に対して侵略していたこと
は事実だからです。

そこでアメリカは日本を追い詰めて日本側からアメリカに対して宣戦布告
するようにありとあらゆる方法を取り始めます。日本に対してはいろいろ
な禁輸措置を次々にして、最後は日本の命綱である石油を止めてしまった。

相次ぐ禁輸措置で、日本を経済封鎖して追い詰めていったアメリカは日本
から出された和平の暫定案の一切を放棄しました。日本はアメリカとの
和解への道を懸命に模索していましたが、アメリカは日本との和解の意思
などはじめからまったくありませんでした。

アメリカはひたすら日本からの第一撃を待っていたのです。日本が先制攻
撃をすれば、アメリカの世論も参戦に傾き、道義的責任も回避できます。

そのためのアメリカは宣戦布告に等しいハルノートを日本に突き付けまし
た。ハルノートとは日本が明治維新以降営々と築いてきたすべての権益を
水泡に帰すような要求でした。

ハルノートの内容とは、日本の全面的な中国からの引き上げ、汪兆銘政権を
捨てて,重慶の蒋介石政権を支持すること、日独伊三国同盟の破棄等です。

しかし満洲は日露戦争において多くの犠牲を出してロシアを排除し、馬賊
上がりの軍閥に支配されていた満州の治安を確立し、巨額の日本資本を
投入してこの広大な土地に鉄道、道路、港湾、空港、上下水道、治山治水、
などの近代的な法治国家、一大重工業として成長させたのは日本です。

その満洲を全て捨てて出て行けという言える権利が侵略国家アメリカに
あろうはずがありません。これはもう無茶苦茶です。

アメリカは自らの主張を正当化するために、「満州事変という侵略戦争
の結果生まれた満州国は、略奪と虐殺の大地である」という中国のデタ
ラメ報道を世界中に宣伝したのです。

ハルノートを日本がのむということは、戦争をしないで全面降伏すると
いうことです。つまり日本に戦争しろと言っているようなものです。

東京裁判でインドのパール判事は「ハルノートのような通牒を受け取った
らモナコやルクセンブルグでさえもアメリカに対して立ち上がったであろ
う」と述べています。

セオボルト米海軍少将は「まさしくハルノートは、日本を鉄棒で殴りつけ
た挑発であった」と述べてこれを激しく非難しています。

元米国大統領フーバー(ルーズベルトの前任者)は「もし我々が日本人を
追い詰めなかったら、日本人から攻撃を受けることは決してなかったで
あろう」

ハミルトン・フィッシュ議員はハルノートの存在を知ると「恥ずべき最後
通牒」と批判し「日本は自殺するか、降伏するか、戦うしかない」と言って
います。

10項目のハルノートの提案はいささかの妥協も譲歩も含まれていない過酷
な提案で誰の目にも日本を叩き潰す目的であるということがハッキリして
います。

ハルノートと禁輸措置で日本は完全に息の根を止められてしまいました。
勝ち負けを度外視しても開戦を選択せざるを得ない状況に追い込まれまし
た。しかし多くの歴史書には「日本はアメリカの国力を知らず無謀にも
傲慢に戦いを挑んだ」と書かれています。トンデモナイ日本はアメリカ
との極端な国力の差を熟知していました。だから極力戦争を避ける努力を
続けていました。

日本は石油やゴムといった多くの資源はアジアから輸入しています。
ところがそのアジアは欧米列強に植民地化されて資源のほとんどを日本に
対して供給停止にされています。

経済封鎖された日本はアジアの国々を欧米支配から解き放ち、独立させて
貿易をする以外、日本に生きる道はありませんでした。

しかし日本はアメリカだけでなく、アジアを植民地支配しているイギリス、
オランダ、フランスを相手にしてまで勝てるとは考えられない。まして
アメリカだけ考えてもその国力の差は天と地ほどの差があります。

日本の空母は7隻に対してアメリカは本格的空母26隻、護衛空母7隻に
対してアメリカは110隻。これでは勝てるはずもありません。だから日本
は必死に日米交渉の妥結の道を模索していました。

アメリカは日本を壊滅させるには早くて半年 長くても1年と見ていました。
自信たっぷりなアメリカは早く戦争して日本を潰して中国利権を手に入れた
かった。

戦後 日教組や左翼学者たちが大東亜戦争は日本の侵略だという大嘘で日本
人を洗脳して、多大の罪悪感を持つように、国民を引きずり回してきました。

東条英機は処刑前の手記で「大東亜戦争は彼らが挑発したものであり、私は
国家の生存と国民の自衛のため、止むを得ず受けてたっただけのことである。
故にもし、世界の世論が、戦争責任を追求しようとするならば、その責任は
我が国に居るのではなく,彼の国にいる」という遺書を残しています。

戦争の責任は日本に開戦を選択させるべき仕向けたアメリカの責任だという
ことが戦後の資料によって明らかです。



(この続きは次回にて)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

先日知人と話しているうちに戦争の話
が出てきた。知人は太平洋戦争は
日本が真珠湾攻撃して始めたもので、
当然日本は悪かったとかいう意味のことを
いったので、何新聞読んでいますかと尋ねたら、朝日だと答えた。
私はそれに対して、
日本はアメリカの計略に引っかかって戦争させらたんだ
と言ってみたがなんのことかわからなかったようであった。
次回にはもう少し分かってもらえることを
話したいと思っているが。
戦後の日本がいかに欺瞞に満ちた人々によって
毀損されてきたか。今更ながらため息が出るばかり。
はやくまともになってほしい。

アメリカは真剣に日本という国を叩きつぶしたいと願っています。
また、白人圏の連中は“ローマ法王より偉い”天皇陛下の存在を快く思っていません

>次回にはもう少し分かってもらえることを
>話したいと思っているが。
アメリカが日本に再び“ハルノートのような”要求を叩き付けてくる頃には、
その友人もあなたの言うことを理解できるようになることでしょう
ただしそうなった時点で、時すでに遅しなのですが…

何故日本軍は、アメリカとの開戦を避け、時計の逆回りに南部仏印からマラヤ、シンガポール、シンガポールから蘭領インドネシアに向かわなかったのか。

歴史にIFは、禁句だけれど、何故、日本は、アメリカの挑発に乗らず、アメリカとの開戦を出来るだけ遅らせ、南部仏印から時計の逆回りにイギリス領マラヤへ、シンガポールへ、そしてシンガポールを軸にして蘭領インドネシアへ、また、イギリス領ブルネイへ進出して石油、鉱物資源をを確保しつつ、米領フィリピンに対しては、台湾、南部仏印、ブルネイに大部隊を集結して、フィリピンを監視する。一方、機動部隊はインド洋に展開して、ビルマ、カルカッタ、セイロン、ボンベイを爆撃して、援蒋ルート遮断に努め、支那事変の解決に努める。こうなれば、ルーズベルトはヨーロッパの戦争に参加できず、WWⅡは、また、違った結果になったかもしれない。

何をしても勝ったもの勝ち!今も昔も変わりませんね。
>多大の罪悪感を持つように、国民を引きずり回してきました。
どこに?何に?希望を見出し・・持てば良いのでしょうね。
皆が皆強い訳ではありません。気力忍耐にも限度があります。
国が何かしたつけは、国民の知らないうちに必ず国民に回ってきます。
「腐ったものの中に誠を見出す」
最近見た(セリフ回しなどイマイチでしたが)ドラマのセリフにありました。誠を見出しホッとするのは身近にいる当事者だけです。
庶民には伝わりません。
見えるのは腐れだけと思います。

ルーズベルトの責任

1948年に亡くなったアメリカの歴史家「チャールズ・A・ビーアード」がその著書「日米戦争はなぜ始まったか」に日米開戦に至ったいきさつを、公文書を元に詳細に書いています。ハルノートが日本に突き付けられた11月26日の翌日には全軍に戦争の準備を命じています。

しかも、日本軍による真珠湾攻撃の危険性に関してはオーストラリア政府からアメリカ政府に情報が送られていました。前記の本は日本の国立国会図書館で眠っていました。歴史家なら読んでみたい本です。

日本には近現代史を研究する歴史家はいないようです。理由は東京裁判が起点だからです。東京裁判を否定すれば日本の歴史家として教職の地位が得られないようです。

靖国神社にはA級戦犯はいません。真のA級戦犯である「ルーズベルト、チャーチル、スターリン、蒋介石」は誰ひとり靖国神社に入っていません。

画竜点晴を欠けば

競争相手を潰そうと言うのと開戦を決意するのとは
全く違う.

確かに, 日本に戦争を覚悟させるような振舞いは
支那も, 米国も, ソ連も行なっていたが,
日本には多くの選択肢があったはず.
この選択肢がどの様な過程でなくなっていったのか.
単純に米国が悪いのだと言うのでは同じことを
半島に対して, 支那に対して繰り返しかねない.

あれほどの敗戦にも関わらず, 日本が戦前以上の
地位にあると言うことは, 戦争で失われた魂が
もたらした奇跡である.

奇跡はが起きるには代償が必要だろう.
次の神風のために何が必要なのか.

従って, 戦局をコントロールできなかった原因,
その工作はどの様な意図で行なわれたかを探る必要がある.

その意味では, 大東亜戦争は北支事変から始まっている.
勿論, 大東亜戦争との間には停戦状態があるから
連続していないと言う論があるのは承知している.
しかし, 開戦の意図を持つものが連続して存在するなら,
事象は連続していたと言う他無い.

さて, 北支事変から第二次上海事変まで連続して
日本に存在していたものは何か?

歴史を述べる以上は, このことをしっかりと議論すべきだろう.
画竜点晴を欠けば鮠に等しい.

日本の誤算

本政府には、いくつかの大きな誤算がありました。

・満州の利権を失ったアメリカ経済界から逆恨みを買っていることに気付いていなかった。

・最大の貿易黒字国の日本と戦争をしようと考えていなかった。

・英米は日本の味方と錯覚していた。

南京事件が終了するまで、欧米は鋭い攻撃を行ってきませんでした。したたかに着実に日本の軍事力を裂くことを念頭においた戦略をしていました。
財政が頻拍する時期、日本政府は軍縮に舵を切ってゆきます。
米英が同じ軍縮の条約に署名しましたが、それを着実に実行したという記録はありません。

日清・日露時代に比べると、日本の外交官の能力が落ち始めていたのかもしれません。
軍隊も経済音痴が多く、東条英機などが軍事産業の投資問題で「得た利益を投資家に戻すとは、何事だ」と発言しております。

政治紛争に明け暮れた政治、行き過ぎた官僚主義で頭が硬直化した参謀本部、策謀家としての本分を忘れた外交官

この3者がアメリカの意図を見抜けないばかりに、最悪の事態になってしまいます。

莞爾いわく、「石油を買う為に、戦争をするとは何事だ」という正論も虚しく響くばかりです。戦争の責任はすべてアメリカですが、日本がアホ過ぎたのも事実なのです。

敬愛するブログ主さま

エントリー違いでスミマセン。
ブログ主さま
ロンドンオリンピックの開会式においての入場行進で、日本選手団だけが会場の外へ追い出された場面をご覧になりましたか?
アレが正に英国の悪意そのものです。
日本はまともな抗議さへしていませんが、英国の云い訳は当初は係員の手違いです。それで聞き入れてもらえないとなると英国側は、日本が自分達だけ会場の外に出してくれと云ったんだ、と開きなおります。
ブログ主がここで称賛される英国とはかなり落差がありませんか?

ついでと云っては何ですが、参考までに。
ハルノートはハル長官が書いたものではありません。これはもう有名な話ですがハル氏自身はアレをハルノートと呼ばれることを酷く嫌っていましたね。当然でしょう。
ハルノートを実際に書いたのはロイ・ホワイトと云うコミンテルンのスパイです。日本を使って米国を対独戦に参戦させることが目的です。
ここで間違うのはコミンテルンのスパイと聞くと共産ロシアと勘違いする事です。本質はユダヤ人です。旧フランクフルト学派、GHQそのものです。
日本は嵌められたのですが、ハルノートに言及するならばロイ・ホワイトに言及しなければ片手落ちだと思います。

ところでブログ主さま
ハルノートには満州に対する言及は一言も無いのですが、、、。

いつも楽しく拝見しています。
日本の為に頑張ってください。

敬愛するとの表題だが?

>2012/08/27(月) 14:13:42| URL| 名無し

 コメの出だしがなぜか英国攻撃だが ↓ 参考
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/2ebd36d7da3d85d950d2c0893ec76c21

 ハル・ノートの作成者については承知の上と思われるが、
 (不完全なWikipediaよりもホワイトの背景に言及) ↓ 参考
http://www.youtube.com/watch?v=lS0u6as6KAM&feature=related

 確かに満州とは言ってないが、支那と言っている ↓ 参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

日米開戦の件で外せない事実として
両国で暗躍していた共産主義者の存在があると思います

ハル・ノートに関しては、ソ連のスパイ、ハリー・ホワイトが
わざと日本を追いつめる内容に差し替えたという話があるようですし
日本の側にも尾崎秀美というソ連のスパイがいましたし

真珠湾攻撃の5カ月前、1941年7月、アメリカは自らを中国軍に偽装して日本に空襲をしかけようとしていた。中国の沿岸から爆撃機を飛び立たせる計画で。しかしドイツ軍に手を焼いていたイギリスから援助要請がきたため実行に移されなかった。
  ↓
日米開戦 アメリカ最大のタブー
http://www.youtube.com/watch?v=HxoKYA3aeVs&feature=related

アメリカのやり方は、自分が戦犯国になってしまうのは避け、常に、自分は「正義」であることを演出するようです。戦争をしたいときは、まず相手国を追い詰め、最初の一撃をやらせる。それが不可能なら、みずから「攻撃された」という事件を演出する。そのためには数千人の自国民が犠牲になっても構わない、というもののようです。

まず、第一次世界大戦でアメリカ参戦のきっかけとなったルシタニア号事件の疑惑があります。詳しくはウキペディアで。

第二次大戦後は、
例1)ベトナム戦争・・・トンキン湾事件でベトナムに攻撃されたと言い、戦争を始めたのですが、実はアメリカのヤラセだったことがバレました。ウキペディア参照「トンキン湾事件」
トンキン湾事件は、1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件。これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、北爆を開始した。しかし、1971年6月ニューヨーク・タイムズのニール・シーハン記者が、報告書『ベトナムにおける政策決定の歴史、1945年-1968年』こと“ペンタゴン・ペーパーズ”を入手、トンキン湾事件はアメリカが仕組んだものだったことを暴露した。

例2)湾岸戦争 ・・・・これもきっかけはアメリカのヤラセでした。TVの「世界一受けたい授業」に。 2:51あたりから出てきます↓。
http://www.youtube.com/watch?v=zO1DURXk1TU

例3)イラク戦争 ・・・・911で「攻撃された」と言って国民世論を報復戦争に向けようとし、イラク戦争やアフガン戦争開始。
911はアメリカの自作自演だという説は、ヨーロッパにおいては常識になっているそうです。

アフガニスタン戦争の真の理由
http://www.youtube.com/watch?v=vd0JND7n_-w&feature=relmfu
ブッシュ等の石油利権が関わり、パイプラインを引くことが目的のひとつでした。

9.11米同時多発テロ 知られざる事実 エリック・ロラン
http://www.youtube.com/watch?v=iWbapx0KlZE&feature=relmfu
ビンラディンには逮捕状も出ていなかったとか、前日にインサイダー取引があったとか911のボロ出まくりです。

「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」
http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4
CFR(外交問題評議会)とは、アメリカを裏で動かしている組織で、大統領は一見、民主主義的に選挙で選ばれているようでも、このCFRのメガネに適った人物でなければ大統領になれないそうです。





自民党:南チョンをはじめ外交利権を貪ってきた連中
民主党:在チョンにまみれた連中
在チョン:南チョンと縁を切りたいと思っている害虫

つまり、このまま在チョンを送り返さないまま国交断絶や戦争をやれば、日本を蝕む害虫を国内に残したままになるということを忘れないほうがいい。

朝鮮通信使など、現在の日本は必要としていません


息を吐くように嘘をつき、国際条約を無視してでもカネをたかろうとし、他国に寄生することしか考えぬ朝鮮には拒絶のカーテン、「国交断絶」が適切でしょう。  国内法に「時効」があるように他国に対しても「時効」の概念が必要です。  この概念を理解しようとしないのですから国を閉ざし自省を促すしかないでしょう。 過去に拘り続けることを可とすれば社会は成り立ちません。 秀吉の朝鮮出兵をしのごの言うなら、元寇侵略をカウンターとすればよいだけです。 G7で「国際時効」を提案すれば欧米諸国は大賛成となるでしょう。



日本と関わらねば自分を表現出来ぬかの民族。

こっち見んな!あっち行け!

排除しても除去しても放り投げても足蹴にされても抱き着き纏わり付いてくる粘着物質。

なんてあんなに気色悪いのだ。



戦前日本を説明するに・・

>G&Kさん、初めましてソロと申します、以後宜しく。
>>次回にはもう少し分かってもらえることを話したいと思っているが
 私も通った道ですね(笑)。 最初に言って置きますが、どんなに理を尽くして説明しても、信じたくない人、権威に疑いを持たない人には判ってもらえません。 端から時間の無駄だと覚悟した方が宜しいと思います。

 その前提で。 「何故、日本が真珠湾攻撃をしたのか」を設問として提示して、ハルノートが如何なるもので、何時日本に突きつけられたかから話してゆくと、結構話を聞いてくれます。 更に、ABCD経済包囲陣がドゥして日本を追い詰めるのに有効に働いたか、当時の産油国とは、何処と何処だったのかを挙げながら、当時はエンジンのエネルギィ源が石炭から石油に代って行く端境期にあった事を説明し、満州に大慶油田と言う、当時としては埋蔵量が多い事が判っている良質の油田が未開拓のママ在り、日米戦争は、その争奪戦であった面が大きい事を説明すれば、大体納得してくれます。

 米国が日本を騙して戦争に成るように仕向けた様に謂われて居ますが、それは事実でしょう。 然し、米国人の飽く迄一部「=ロックフェラー」が、私益の為にそう云う行動に出たダケの事です。 国家間外交交渉とはいえ、話し合うのは個人同士です、人間性が表に出て、影響力を発揮する可能性だって少なくない、高橋是清がロシア戦費の調達に成功したのは、彼の人柄に負うところが大きいそうな。

 そう云う意味で、近衛文麿は華族筆頭の摂家(摂政)の出身ですから、列記とした日本のブルジョアジーなワケですから、如何に彼がロシア人に理想を語ろうと、所詮は金持ちのボンボン(本当は父親が事業に失敗して没落貴族でしたが)の寝言にしか聞こえなかった事でしょう。 その証拠に、彼は人を疑う事を知らず、8月8日にソ連が国境を破って攻めてくるまで、スターリンに和平交渉を依頼していた位ですから。

 私は、シナや米国と戦争に成ったのも、戦争に負けたのも、彼の所為が一番大きいと思います。 彼こそ、日本人が選ぶA級戦犯の筆頭でしょう。

朝鮮通信使

朝鮮通信使らは日本での旅日記を残しています。

彼らは日本の行く先々の町でど肝を抜かれました。
大阪、京都、名古屋、江戸。
その都市の大きさ、美しさ、清潔さ、賑やかさ、人々の豊かな生活ぶり、
を見て、こんなすごい町、朝鮮はもちろん、支那ににだってないよ。
と驚嘆しました。

(そうですね、欧米にもありませんでした。当時、江戸は世界一の大都市でした。)

そして、日本の緑豊かな山々と実り豊かな田畑を見て、

「こんな肥沃な土地を朝鮮のものにすることができれば、
朝鮮だってもっと豊かになれる」、とため息をついているのです。

そりゃそうだ、彼らの土地は燃料として草木一本はぎ取られ、
不毛の荒れ地にされてしまったのだから。

幾人かの西洋人が近世の、支那、朝鮮を旅し、
その社会の様子を記録に残しています。

それによりますと、彼らの都市は、臭くて、汚くて、非衛生で、
今でいうホームレス、貧困者が通りをはいずりまわって排便している。
犬を殺して食べている。

ある韓国人留学生(女性)が日本の印象を次のように述べています。

「地方のどの小さな町も清潔で綺麗なのに驚いた」
「通りにゴミが捨てられていない」
「これは日本の優れた点だ、韓国も学ぶべきだ」
「だけど人間としては韓国人がすぐれている」

????

「ねぇ~、ねぇ~、彼女ぉ~、」
「もっと日本人について学ばなくちゃだめですよ」
「韓国の反日教育だけじゃだめですよ」
「あなたの日本への旅費、滞在費、学費は日本人が出してあげてるんでしょ?」
「日本の風物を見て感心し、
韓国人は利口だからパクることできると考えるだけじゃ韓国の進歩はありませんよ」

同盟するにせよ戦争するにせよオランダだけ相手にしてればよかった!

ABCD包囲網について。

米欧露の列強国は各地の戦線で猫の手も借りたいほどだったので我日本帝国対策の為、支那兵に武器を与えました。

これが無ければ日本軍の前に毛沢東も蒋介石も跡形も無かった筈、
コロンブス以後の戦は武器=科学技術で勝敗が決まります。

後釜を、ロシアを破った日本帝国に我々支那兵が敵う訳が無い、それよりも日本と協力して欧米露に対抗しようと言っていた汪兆銘にせず、蒋介石にした孫文もやはり只の支那兵。汪兆銘これを相手とせずと言った日本も悪いが。

ハルノートと石油について。

日下公人の著書に有る様に受け入れるべきだった(受け入れたふりをすればよかった)。

これには期限の日付けが入って無かったので、催促されたら、そのうちその内と繰り返せばよい。

資源確保と言っても石油がメイン、インドシナを蘭領としていたオランダだけに圧力をかけ続けていれば良かった、連合艦隊を派遣、威嚇して、オランダさん、まさか石油を売らないって事は無いですよね・・・と。

派手な事だけが好きな山本五十六辺りが戦線を無意味に拡大したと言うのも一つの見方だ、最近言われる様に山本など明治以来の海外組はフリーメーソンにずっぽり浸かってたんだろう。

参考に。http://www.youtube.com/watch?v=weWl5QCPS6E







ちょっと気になること、日の丸の旗の扱い


「頑張れニッポン!全国行動委員会」のデモは日の丸の旗を林立させていますよね。

これを私はね、「嫌だなぁ~」って感じています。

最近、韓国大使館前でのデモで、四谷署は、日の丸の旗は5人に1本に限ると規制しました。
幹事長の水島氏は、「日本人が日の丸を掲げて何が悪い!」
と怒ってました。

ですが、私はね、四谷署が正しいと思います。

そしてさらに、私は、私的団体のデモでは、日の丸の旗を1本も掲げてはいけない、と思う。

日の丸の旗の取り扱いについてはある程度の制約が必要ではないでしょうか?

日の丸の旗は、日本国のシンボルです。

だから国の慶弔事に掲げる。
公的な催しの会場で掲げる。
国や地方のお祭りで掲げる。
日本を守る自衛隊のシンボルとして掲げる。
日本人のあらゆる団体、組織のお祝い事で掲げる。
外国航路に携わる船舶、航空機のフラグとして掲げる。
外国に設置される日本の公館のフラグとして掲げる。
外国に設置される日本の私的友好、協力施設に掲げる

以上は日の丸の自然な扱いである。

さらに、その他、日本を良い意味でアピールする数え切れない場合で、
日の丸を掲げてよいと思う。

しかし、
ある全く私的な団体が、他の組織、団体を非難、攻撃するために、
日の丸の旗を林立させて押しかける、と言う行動が
無制限に許されてよいものであろうか?

彼らはその日の丸の旗で何をアピールしようとしているのだ。
日本国を代表しているつもりなのか?

韓国大使館であれ、ロシア大使館であれ、天皇により権威づけられている外国公館である。

天皇に許可されている公館を私的な団体が日本国のシンボルである日の丸の旗を前面に掲げて抗議、挑戦して良いのか?

私はネトウヨを自称するが、私的な団体が日の丸の旗を林立させて行進するのは好きでない。

仮にその行進が国の自衛隊の行進であっても嫌な感じを受ける。

国の自衛隊だって日の丸の旗を林立させて行進して欲しくない。

新撰組が新撰組の旗を持ったように、私的な団体は自前の旗を持てば良い。

それよりも何よりも、もし、「韓国人は日本から出ていけ!」、と言うデモであるなら、
デモの参加者は日の丸の旗なんぞ掲げる必要はない。

すべてのデモ参加者は、「韓国人は日本から出ていけ!」という旗を掲げればよいではないか。

その方が本来のデモの意図をより強くアピールできるではないか。

ソロさん

思い切っていま投稿してます。
いつもありがとうございます。

INPUTはこのえです。なるほどみんなに私がきっかけで、伝えました。(でもこれはわかんない。)
OUTPUTはノモンハンのあとの官僚です。

ここまでくると、何をしてるんだか、今、なやんでます。
ふわふわしてきました。

日本史って、すばらしいですね。

こんな格付け会社は信用を落とします

ムーディーズ、韓国債を格上げ 日本と同じ「Aa3」に
2012.8.27 17:39
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120827/fnc12082717400007-n1.htm
米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは27日、韓国の国債格付けを「A1」から「Aa3」に1段階引き上げた。見通しは「安定的」とした。「Aa3」は日本と同じで、最上位から4番目。(略


日の丸

>「頑張れニッポン!全国行動委員会」のデモは日の丸の旗を林立させていますよね。
>これを私はね、「嫌だなぁ~」って感じています。

この人、予想するに団塊の世代ではなかろうかと思います。団塊の世代の人は昔学生の頃ゲバ棒振り回していた人が多いですから。
まあ、個人の選択ですからどうでも良いことですが、一般論として日本国民が国を想って日の丸を掲げることに何ら躊躇う必要無し、ではないでしょうか。アピールすべき場では多いに掲げればよいのです。
これを否定まではしなくても嫌と思うこと、それは反日サヨク及び支那朝鮮系の思うツボでしょう。

私個人は日の丸大好き、君が代大好きです。


あの時、こうすれば良かった…
誰々が無能で、間違いを犯した…
確かにそれもあるんでしょう。あの時、なぜ間違ってしまったのか検証する事も大切だ。けど、私には当時の人達を責める気にはなれない。私たちのおじいさんの世代は、その時代を必死に生きていた。それが全てです。

あの当時、禁油されて怒った日本人は正しかった。もし石油が日本にしか無かったら、そしてアメリカに禁油したとしたら、自国民を喰わせる為に力ずくで盗りに来たでしょう。それが当時の正義だったと言う事です。だから日本は正しかったのです。

中国への日本の土地売却絶対阻止!!

名古屋に中国領土ができるのを絶対阻止!!

【オンライン署名に御協力をお願いします】

名古屋の国有地を「中国総領事館」に売却する事に反対する署名

http://www.shomei.tv/project-1648.html

8/31を以て終了。現在の署名数が5,140くらいで@5,000ほど数が足りない。
至急拡散の上、署名を達成し
中国の思惑に対し断固NO!を!
拡散もよろしくお願いします

いま欧州は、独逸以外の国が財政赤字で大変だ。
この解決方法研究の一つとして、ヒトラーの財政が研究されているという。
1929年の米国大恐慌で大不況になったドイツは失業者が人口の一割に達し、経済はマヒし、社会不安が発生した。しかし議会制度では解決できず、ナチスの独裁に至ったのである。
するとヒトラーはたちまち経済の大混乱を収束させ、失業者に職とパンをあたえ、ドイツ経済を前進の軌道に乗せ、数年で大軍備をもてるほど経済力を強力なものにしたのである。
この結果ヒトラーは独逸の救世主として比類なき声望を築いたのである。
この魔法は何だったのか。そこで21世紀の今、関心を集めているのである。

この経済政策を担当したのが、ヒャルマー・シャハト博士である。
彼は連邦銀行総裁をつとめた経済政策のプロであった。
ドイツは今もそうであるが、過剰人口を抱え輸出に依存する国である。日本も同じだ。
そこで輸出力の回復を優先した。
「ヒトラーとナチズム 」白水社によると、基本政策として以下が挙げられている。
・外国資本の海外持ち出し禁止
・貿易収支の均衡と外国依存の忌避
・輸出産業への信用供与

これは外貨収入を確保するという基本に立つもので、日本でもやれることがある。
特に経済の外国依存を避けることは重要である。その一つがエネルギー自給であり、それが原発稼働再開なのだ。貴重な外貨が無駄な油代に毎日百億円、年間3兆円も捨てられている。危険である。国民は気が付いていない。
現代民主主義国家は、選挙目当てのバラマキに苦しんでいる。これは無責任民主主義の弊害である。生活保護受給者が参政権を持てば必然的に陥る国家社会の地獄だ。社会の富を食いつくす。
政治制度を責任制民主主義に変えることが急務である。
また生活保護受給者を輸出産業の労働力に組み込むことが必要だ。国営工場を作り、輸出産業の下請けをするのだ。これで無駄飯食いを少しでも減らし、若い人の負担を減らすのだ。日本救出には具体的な政策が必要である。偽善はもういらない。
http://pub.ne.jp/surugasankei/

>ハルノートの内容とは、日本の全面的な中国からの引き上げ、汪兆銘政権を捨てて,重慶の蒋介石政権を支持すること、日独伊三国同盟の破棄等です。


最近、「中国」の中に満州は含まれていなかった、最後通牒ではなかった、という説が有力らしいです。Wikiを見てみたら書いてありました。

違う気がする

>・中国 台湾 : 尖閣で日本を挑発

台湾民国は、中立を保つのではないか?
支那も日本が正論を吐くものだから、政府として攻撃し辛い。
今迄の日本と違って引かないことに面食らう。
反日デモが反共デモ的になりつつ、あらぬ方向へ、分裂国家思考へと突き進む。
いつの間にか尖閣どころの話では、なくなっている。
それから同時平行的に、竹島へ飛び火、韓国の良識派も竹島領有の無効がネット内で物議を醸す。
戦火を交えず韓国は、日本に竹島を返還する。
困ったのがロシア、北方領土の歴史的無効を日本が唱える。
学術的にも日本が正論である。
その正論がロシアを2分するまでになる。
折りよく北方4島に東北並みの海底地震が起きれば、人口に自信が無いロシアが、譲歩して本土に引き揚げる。
日本は、嘗ての領土を回収、領海も広がり、大国家に変貌してゆく。
世界が予想だにしなかった国家が誕生する。
日本は、正攻法で領土を広げ、発展するが、能力はあっても戦争回避の態度を貫く努力があらゆる面で必要だ。
果たして上手く行くか?




●在日朝鮮人ディレクター李闘士男

●在日朝鮮人ディレクター李闘士男

フジテレビ「脳活アップデートQ!スマートモンキーズ!!
答えた数で日本人の猿度を決める
毎回アジアカップでキソンヨンのやった猿の踊りを出演者にやらせる
正解率が一番低いとニホンザルクラス
必ずバナナを食べさせる
http://livedoor.blogimg.jp/nurupox/imgs/b/c/bc3ee20f.jpg
http://livetests.info/hayabusa/livecx/img/20120827/1345997496-014116-001.jpg
http://livetests.info/hayabusa/livecx/img/20120827/1345997496-014116-007.jpg

総合演出 李闘士男
テレビディレクター・ドラマ演出家・映画監督 在日韓国人3世
大阪府大阪市西成区出身。有限会社リーライダーすの代表取締役社長
http://www.moviecollection.jp/_pimg.php/12019/NEWS2.jpg
http://www.cinemacafe.net/img/template/201005/100525_lee_main.jpg

ここでも朝鮮人が嘘を言ってまで南鮮上げしてますねえ。見苦しいやつらです。

休憩


朝日のあたる家

http://www.youtube.com/watch?v=BBE4JdzPiKg&feature=player_detailpage

神様、在日朝鮮人さんがキムチを食べてなくなりますように。
そして、日本から全員出ていってくれますように。

(・”・)

違う気がする

政府民主党は、東京都の調査のための尖閣諸島上陸をやはり認めなかった。先にも日本人の政治家の尖閣を認めなかった。日本人は誰も我が国土に上陸させないつもりらしい。
また、政府民主党は、陸上自衛隊の配置どころか、灯台の改築も、何らの対策もせずに、ただ、一途に支那の「解放軍」の上陸を待ちわびている。
そして、待ちわびた支那の「解放軍」が上陸したら、きっと言うだろう「想定外」だったと。アホクサ。
政府民主党を「売国奴」と言わずに、誰を「売国奴」と呼べばよいのか。

訂正


神様、在日朝鮮人さんがキムチを食べてなくなりますように。

神様、在日朝鮮人さんがキムチを食べなくなりますように。

どちらも○なんじゃけんど、、、
朝鮮銀行、どうじゃろか?

(・”・)

ハルノートと石油

ハルノートは事実上の最後通牒。パール判事の弁を聴かなくとも、誰が読んでも最後通牒です。
最後通牒とは、要求を呑まなければ実力を行使するとの宣言。これ以降は、国際法的に戦争状態になる。(何時戦闘が始まっても国際法違反にならない)
だから、米国は未来永劫 ハルノートを最後通牒と認めない。認めれば、真珠湾のスネークアタックに立ち上がった正義の戦い、が欺瞞になる。

然し、幾ら弁解しても
真珠湾攻撃の時、米国太平洋艦隊の空母は何処にいました? ウェークやミッドウェーに飛行機や弾薬また海兵隊を運んでいましたね。
確か、日本はサイパンやトラックを軍事基地化をしない条約が有りましたね。日本は条約を守り近くの米国領に脅威を与えていませんが…。 何の為ですかね?米国さん。

この様に、米国は対日戦争の準備を着々と進めていました。(米国の秘密文書が開示されない限り証明はできませんが)
一説によると、米国は開戦時期を昭和17年4月として準備していたそうです。
尚、帝国海軍は石油の確保無しでは、後半年(12/8から)で作戦行動が不可能になる事実があったそうです。
ハルノート?で交渉を続けていたら、日本は簡単に負けていたでしょうね…帝国海軍が戦えないからね。アジアの植民地独立のない歴史になった?…米英蘭大笑。

自分の頭で考えましょう

連投、失礼します。

ハル・ノート - Wikipedia
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88

Wikipedia でも論争中と断りが入っています。

偉い学者さんが言っているから、政治家や官僚が言っているから、マスコミが言っているから
と信用するのは、騙す側に都合の良い考え方です。

リテラシーを持ちましょう。自分の頭で考えましょう。そして、自分の意見に責任を持ち、あの人に騙されたと言うのは止めましょう。

情報リテラシーとは
http://e-words.jp/w/E68385E5A0B1E383AAE38386E383A9E382B7E383BC.html

ハルノートも
ネット検索すると色々な意見が聴けます。

例えば

日本人は知ってはいけない
http://cosmo-world.seesaa.net/article/142255894.html

アメリカの最後通牒ハルノート
http://www.senyu-ren.jp/AA/08.HTM

対訳 ハル・ノート
http://www.chukai.ne.jp/~masago/hullnote.html

以上、wiki関連やYouTubeを除いた、検索上位3位まで。

情報リテラシーを持ち、自分の頭で考えましょう。
責任は国民自身が負うのが民主主義です。だから、主権在民なのです。

失礼しました。

“ニイタカヤマノボレ” の真珠湾攻撃開始の暗号も解読し日本軍が攻撃するのを じぃ~と待っていたアメリカ。
日本軍の暗号もすべて 解っていて攻撃させていた。

性奴隷にされたと言いながら 子供を産み元気に長生きしている。
慰安婦ばあさんは嘘つきだ。
嘘つきばあさんの証言以外に 官憲が強制連行した証拠は何一つない。
売春婦(裁判で大金を貯金していた事実が判った)に謝罪と賠償を要求し続ける キチガイ反日国。
売春婦に追加料金など払わない!

世界中からフルボッコされて焼け野原になっても立ち上がり 世界第3位(本当は1位?)になった日本。
戦争末期には “最後の一人まで戦う” と玉砕を国民は覚悟していた。 何度も存亡の危機に会いながら乗り越えてきた。
八百万の神に守られ自然を愛する民族は滅びることはない。
共産主義と戦わなくては 今また存亡の危機に立たされている。



うぁ~、キチガイがいる。

確かに、大平洋戦争はアメリカが仕組んだ物かも
しれませが、当時の軍事優先で一般国民の生活を
ないがしろにした政策がいいとは思えませんね
あの戦争は負けましたしかし、西洋列強の
既得権を排除しアジア諸国を独立に導いたのは
事実です。
日本人は、自ら泥をかぶりアジアの人々のために
戦い敗れ死んでった英雄であった事を誇りに
おもわなければならない。
それを一番理解しているのが、ベトナム、台湾、
インド、などです。
今でもインドでは日本軍を讃える歌があるぐらい
です。


小沢を信奉するコメントを荒らす者だ しつこい手口 

「ムーディーズ、韓国国債を格上げ」 裏を考えてみよう


格付け会社とは米国金融機関の「良きパートナー」でしかありません。
米国の「サブプライム」破綻は百年に一度の危機と騒がれました。 この時の「サブプライム債」の格付けはAA+、優良債権だったのです。

欧州金融危機のハシリとなったアイルランドのデフォルト懸念でも、格付け会社は騒ぎが起きてからアイルランド債の格付けを下げています。  一般的に民間会社の財テク担当は、格付評価無しで国債や社債を買いにくく「免罪符」として利用せざるを得ない、それだけのようです。

外貨準備が100兆円の日本と、その内容が公表出来ない(捨て値でかき集めたジャンク債?)の韓国が同一格付け、などというのは詐欺評価か欺瞞評価と言うしかないでしょう。 

 以下は私の想像です。

日本との外交トラブルで、日本は韓国国債の購入を見送りとする懸念がある。
アップル訴訟でサムスンは敗訴し、サムスン株8%の下落。
韓国国債の売り圧力が高まってきている。 下がる前に売り逃げたい。
これを避けるには格付けを上げざるを得ない。 Etc. Etc。

日本と韓国の外交トラブルが一段落した後で、韓国国債の格付け評価が下がれば、
この見方は正しいことになります。

なにはともあれ朝鮮半島と国交を閉ざし、在日様は祖国にお帰りになるよう願うものです。


自分は馬鹿なので論戦から逃げます
と言っているバカな奴の投稿の見本。

再投稿で失礼します 1

管理人 様
>>中韓との戦争を恐れるな

全く同感です。 戦争を恐れていたら逆に大戦争になりますからね。(ナチスドイツとの戦争を英仏が回避するあまり、ナチスの欲望が深まり、独ソのポーランド侵攻で第二次世界大戦になった)
ですが、準備もせずに蛮勇だけで戦争すれば、亡国する…も歴史の教訓です。(ローマに滅ぼされたカルタゴとか)
其の点で
中共の核兵器に対して精密誘導ミサイルが抑止力または報復兵器に…が疑問です。

其のミサイルは
弾道ミサイルですか? 巡航ミサイルですか? どんなミサイルを想定しているのですか?

弾道型、特に大気圏再突入型(邀撃が非常に難しい)は、必中半径が大きいのでピンポイント爆撃に適しません。だから、核の爆発力でカバー。または、報復用(都市核攻撃)に使います。

巡航型はピンポイント爆撃(ダム決壊には力学的弱点爆撃が必要、まともなダムなら)できますが、途中で撃墜される可能性があります…戦闘機で。また、攻撃目標が予め判っていれば、邀撃体制を厚くし撃墜率が100%近くなるでしょう、ファランクス等で…抑止力になりません。
また、報復用都市攻撃には非核では威力不足です。

やはり、核兵器には核兵器が必要と考えます。

2012/08/20(月) 19:38:39
投稿す

再(再)投稿で失礼します 3

中共の戦略(考察)
1.尖閣の領土問題化
歴史の事実や国際法で、尖閣諸島は争いなく日本の領土と国際的に認識されている。

兎に角、日本の御花畑に領土問題と錯覚させる→日本政府が国際裁判所に提訴→支那政府も応訴

領土問題となる
中共: 裁判?、道理が引っ込むのが国際政治だ。常任理事国=世界の大国の政治力で左右してみせる。 然し、裁判が不利ならば泥沼化させて…後は実力行使するだけ。 世界が領土問題と認知していれば…非難は半減できる。(大笑)

2.尖閣を民有地として取得
日本が御花畑なうちに、土地を買う。第三者ダミーを通して、内密に…領土問題化したら、隠れた切り札になる…フフフ。
現状
中共:…買えなかった。
石原都知事:もはや、民間の有志に甘える時期ではない。都が買う。地主も了解している。 →日本国民から義援金が集まる。
中共:‥‥。兎に角、阻止。手下(マスゴミ)を使ってプロパガンダ。

3.最後の手段=武力行使
前提は
・領土問題化(世界に侵略と見られない為)
・日米安保の空洞化(尖閣地域だけでも…×米国戦争)
・自衛隊の非戦力化(強いかも?…×核戦争)
…最良は武力紛争無しで奪取だが。

以上から、日本が為すべき事は…明白である。

2012/08/21(火) 18:31:29
再投稿す

河野談話で満州侵略・性奴隷というデマの歴史を捏造させた自民党の罪は重い

> 私自身は現在この活動にはもう直接関わってはいませんが、このようなかつての戦いの苦労が陽の目を見る時代は、自分が生きている間には絶対に来ないだろうと正直思っていました。しかし、この日韓対立が深まればその可能性も一段と増して来ることは事実です。



瀬戸ってのは、地元の原発爆発させたあげく、河野談話発表の根拠が米国を中心とした東京裁判史観国家の必然的因縁に過ぎないこともわからんアホだから、日韓対立を米国が招いた結果責任もしらず、河野談話が解消できるとネトウヨらしい浅知恵を恥じもなく述べるのですから、統一教会・会津の児玉の丁稚、人斬り瀬戸は農産物を生産販売することで日本人を白血病・奇形児にすることしかできなかったと後世の日本人から国賊扱いされるということでしょう。

新聞記事の貼り付け部分は読めるが・・・・


自説を展開されると、わけがわからん・・・ アタマがわるくて、どうもすいません。

ともあれ、在日様の祖国への帰還を願うことに変わりはございません。

朝鮮人は、戦勝国民にあらず、第三国人である。(ダグラス・マッカサー)

朝鮮人が日本に攻め込んで来た。元冠、こっちが先。(笑) しかし、日本の武士に撃退される。(笑) 日本人は、過去の出来事と理解している。

朝鮮出兵、易々と上陸され連戦連敗。(笑) 未だに根に思っている。(笑) いつの出来事だよ!(笑) 元冠の出来事は無視か?(笑)。

休憩


満州里小唄

http://www.youtube.com/watch?v=m6lHx6mBke4&feature=player_detailpage

森繁久弥
1939年、NHKアナウンサー試験に合格し満洲に渡る。同期アナウンサーに竹脇昌作がいて生涯の友となる。満洲電信電話の新京中央放送局に勤務。
満洲映画協会の映画のナレーション等を手掛ける。甘粕正彦とも交流があった。満州巡業に来た5代目古今亭志ん生、6代目三遊亭圓生らとも親交を結ぶ。

手羽先さん

あんた大丈夫?
あんたに知性が備わっていないことは明白だと思うんだけど、自覚無いのかしら?

ある訳ないかぁ・・・

だって・・・あんたの書く文章って五十音と漢字だけは識別できるんだけどさぁ・・・

一体、何処製の翻訳ソフト使ってるの?

(連投すみません)

手羽先さん

そうそう、もう母国語で書いた方がいいんじゃないかなぁ。。。

と、思うよ。

小僧、馬鹿キターーーーーwww

ホレ、手羽先♪、手羽先♪、手羽先♪
踊れ!踊れ!踊れ!

馬鹿が得意になってるぞ!w
コイツ他にまともなこと言ってたっけ?

ホレ、手羽先♪、手羽先♪、手羽先♪
踊れ!踊れ!踊れ!

まともな議論ができない
お前が活躍できる話題だ!(笑)


それしか言えんのか。w





おーい、手羽先 小僧ぉお))))))))))))))))))

なんかまともなこと言ってみろよーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

馬鹿かだら無理か。

悪ぃ、悪ぃ、馬鹿に無理言ってw

うふふw
お里がバレたようで。
お粗末。


失礼しました。

× 馬鹿かだら無理か。 
〇 馬鹿だから無理か。 


うゎ、馬鹿菌が移ったかな。

× 馬鹿かだら無理か。 
× 馬鹿だから無理か。 


× うゎ、馬鹿菌が移ったかな。


◎ 手羽先であるが故に成せる技


うふふぅwww

お粗末。


えー、そろそろ雷が落ちる頃かと・・・
これにて。。。

チョンは知らない

http://www.youtube.com/watch?v=wE_Cfh-XNTE&feature=player_detailpage

大空の広さをチョンは知らない

スマートにおべんちゃらなど言えるか!

>酒と泪と

日韓基本条約の議定書には、竹島問題が含まれていません。
なぜなら、条約交渉締結時でさえ、自民党が議題として竹島問題を入れなかったからだ。

騙されるな

尖閣諸島問題で中国も苦慮しています。中国にとっては今の時期に大きな問題にしたくない考えです。下記は中国政府の日本政府への要請のようです。3条件はしたたかです。主語がありません。日本政府がホッとして受け入れれば主語のない言葉がいつか主語が踊りだします。

日本が銘記すべきことは「確信的利益」です。確信的利益を放棄するなら受け入れても構いません。が。放棄しないなら実効支配を強化するべきです。言葉に騙されてはいけません。

交渉は「確信的利益の撤廃」です。

中国政府の提案
尖閣問題、中国政府が日本へ3条件を要求、(1)上陸させない(2)調査をしない(3)開発しない

中国 / 2012年08月28日 19時28分45秒

【北京時事】中国政府が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐり日本政府に対して

(1)上陸させない
(2)(資源・環境)調査をしない
(3)開発しない(建造物を造らない)

の3条件を策定し、現状維持を求めていく方針を内部決定したことが分かった。対日問題を担当する複数の中国政府筋が28日までに明らかにした。


歴史は繰り返すな

日本は過去の歴史を繰り返すな・・・・・・ということをしきりに繰り返す御仁がおりますね。

なるほど、尖閣諸島を主張した暁には、戦前の抗日運動の泥沼に足元を救われ、逃げ遅れて云々・・・という愚行を繰り返すことなく、速やかに撤退して、工場などは第三国に移すという選択をすべきなのでしょう。

有事になれば全て中共国家のものになります。

【中国、国防動員法7月より施行 ただようきな臭さ 】2010/06/21(月)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0621&f=politics_0621_001.shtml

 中国の国防動員法が7月から施行される。同法は「国家の主権、統一、領土の完全性・安全が脅威にさらされたとき、全人代常務委員会の決定をうけて国家主席が国防のための総動員、あるいは局部動員を発令できる」と規定した。いったん有事となれば、18歳から60歳の中国公民(女子は55歳まで)は国防勤務にあたらねばならないし、必要な戦略物資は民生用も含め徴発される。さらに、金融・交通・運輸・郵政・電信・新聞出版・放送テレビ・ネット・医薬衛生・食糧供給・エネルギー・水源・商業貿易は統制下に置かれる。この国防動員に備えて、資源など戦略物資の平時からの備蓄などが指示されることになる。拒否すれば法的責任を問われる。

注・外国の企業なども含まれます。
  どのみち、最後には外国企業は撤収せざるおえないかもしれません。



そうそう河野談話ですが・・・・・。
昨日は国会で河野談話を破棄せよという議論が出ました。

それで、河野談話の見直しが始まるようです。良かったね。
外山斎議員のブログです。
http://ameblo.jp/izki-toyama/entry-11339149180.html

何を仰って居るのか判りません。

>ガルさん、ソロです。
>>当時の軍事優先で一般国民の生活をないがしろにした政策がいいとは思えませんね
  それって何時の話をしているのですか? 日本は昭和7年~20年の間は、ず~っと戦争状態に有ったと云って善いのですが、好き好んでやって居たとでも?  世界を敵に回して終ったのは、英米を敵に回して終ったからですが、ソウデ無ければ、日本は白人国家の奴隷に成る他は無かったのは、マリアナ陥落後、日本に絶対勝ち目が無くなったのに、和平交渉一つ持ちかけられなかった事で、英米が日本を惧れ、皆殺しに架けようとして居たのが丸わかりです。

  満州に乗り出したのは、石油の産出地を確保したかったからだし、遊牧民しか住んで居なかった満州を開拓してアジア人中心の国にして、大市場を形成しようとして居たのですよ。

  国民の生活を蔑にしたのでは無く、謂わば、国民の未来の生活の糧に成る、極東経済圏を築く為に戦っていたと云うのが正しい。

 日本は、終局的に平和目的でない戦争は、未だ嘗てした事が無いと言えます。

日本が貿易立国だったのは今も昔も同じ事ですが、その日本の主だった貿易相手国とは、ABCD=アメリカ、イギリス、シナ、オランダだったのを知って居ますか? 勿論、彼らのアジア植民地の市場が実需の相手ですが。

水間さんがまた二階堂さんのところで、ちょっと面白いこと言ってるようです。(笑)

そうか・・・・SHIさんは安倍ちゃんが怖いのか・・・・・。

SHIさん、A級戦犯なんていないよ。
戦勝国が、自分たちの殺戮を正当化するために勝手に犯罪者にしただけ。

ソロさんの意見に同意。
私も色々と自分なりに調べ勉強した結果、最終的にたどり着いた結論は日本は正義だったと言うことです。一度も間違った戦争はしていないのです。
志那事変の軍隊は今で言う平和維持軍だったと、友達に言うと笑われるんですけどね(笑)。

馬鹿は死ななきゃ治らない、チョンは死んでも治らない。


次郎長三国志

http://www.youtube.com/watch?v=-ZErchMvenQ&feature=player_detailpage

清水の次郎長、幕末・明治の侠客、本名、山本 長五郎。

慶応4年(1868年)3月、東征大総督府から駿府町差配役に任命された伏谷如水より街道警固役を任命され、この役を7月まで務めた。
同年8月、旧幕府海軍副総裁の榎本武揚が率いて品川沖から脱走した艦隊のうち、咸臨丸は暴風雨により房州沖で破船し、修理のため清水湊に停泊したところを新政府海軍に発見され、見張りのため船に残っていた船員全員が交戦により死亡した。その後逆賊として駿河湾に放置されていた遺体を、次郎長は小船を出して収容し、向島の砂浜に埋葬した。新政府軍より収容作業を咎められたが、死者に官軍も賊軍もないとして突っぱねたという。当時、静岡藩大参事の任にあった旧幕臣の山岡鉄舟は これを深く感謝し、これが機縁となり次郎長は明治において山岡・榎本と交際を持ったとされる。

博打を止めた次郎長は、清水港の発展のためには茶の販路を拡大するのが重要であると着目。蒸気船が入港できるように清水の外港を整備すべしと訴え、また自分でも横浜との定期航路線を営業する「静隆社」を立ち上げている。

戦後、8・9・3業界に朝鮮進駐軍が参入して、日本の任侠社会が鮮人暴力団やその下請け組織のなりすまし似非右翼に占拠される。

不況の為、鮮人暴力団と似非右翼業界は経営難に陥って、転職者が続出しているようじゃけんど、、、

朝鮮銀行、どうじゃろか?

サムスン株急落9500億円吹き飛ぶ…訴訟敗北


 【ニューヨーク=岡田章裕、バンコク=永田毅】米アップルと韓国サムスン電子によるスマートフォン(高機能携帯電話)などの特許を巡る米国での訴訟で、アップル側がほぼ全面勝利の評決が下されたのを受け、27日のニューヨーク株式市場では、アップルの株価が一時、680ドルを超えて過去最高を更新した。

 スマートフォン市場でアップルが優位に立つとの見方から買いが広がった。

 一方、ソウル株式市場でサムスン電子株は急落し、同日の終値は前週末比7・45%安の118万ウォン(約8万3000円)だった。ロイター通信によると、時価総額は約9500億円吹き飛んだ計算だ。

 サムスンは営業利益の約6割をスマートフォンなどの事業部門に頼る。もっとも、市場では「米国で今後、サムスン製品の販売差し止めの判決が出ても、対象は旧型機種で、影響は限られる」との見方も出ている。

嘘は許されるべきものであると考えを変えろ、世界は嘘と共存しているのだから

戦前の広島には、一晩でテラ銭が1億以上落ち、海軍も陸軍も賭博場で男を磨く文化があった。

当然、太平洋戦争が始まれば、財産全て国に寄付し、無償で奉仕活動する本物の博奕打ちがいたが、原爆で亡くなった。
最後の博徒で有名な波谷組長を輩出した名門組織があったんだ。

戦後の仁義なき戦いの共政会にも当然影響はあるだろう。
たとえ相手が日本最大の山口組でも、少数精鋭の共政会は旅の笠下に立ったことはないと反骨精神を見せてくれたが、この精神こそ、米国に対する戒めとなればと考えたこともある。

要は、市民から慕われ、政治家から一目置かれていたのが任侠だと思ったこともある。

自民党の金丸が稲川会2代目に接見を申し込んだこととは次元が違うんだよ。
戦後の世襲利権自民党の政官財癒着談合世襲制度の一角で、合法的な商売でその利権に食い込めたのは、統一協会国内最大のスポンサーであるA級戦犯岸信介が、ロッテ財閥設立、アカ狩り対策としての東声会・会津児玉等による暴力団大同団結、日韓基本条約で竹島放棄させて対韓ODA利権を朴政権と談合、朴政権管轄下勝共連合をA級戦犯全てが利用、総連に大使館的機能享受、在日に特別永住権付与と、湯水のごとく特亜利権を官僚天下り特権のために築き上げ、その結果が、統一協会にょる合同結婚式で合法的拉致被害者を韓国に奪われ、北朝鮮には真の拉致被害者を誕生させた。

当然流れから、村山・河野談話を岸の孫安倍が肯定、同和も日教組も在日も左翼も利権の一部としか考えてこなかった自民党は、これらの活動を全て黙認してきたのだから・・

話は戻るが、任侠界は大同団結して、襟を正せば、まだ自民党のような腐った社会ではないことを証明するために、売国奴自民党に鉄槌を下す時期なのです。
国のために犠牲となった英霊達を見殺しにしたのが自民党である証拠は、A級戦犯を靖国神社に合祀したため天皇が靖国参拝できない環境を作ったことと、A級戦犯という日本以外では有罪判決者に過ぎぬ戦争主導者達が、自ら引き起こした戦争責任から逃避して、米国に忠誠を誓うことで米国の諜報工作員と化した行為を、米国に殺された英霊達に対する裏切り行為と言わねば何と申す。

次の日本国の政権与党がまずやらねばならぬことは、天皇による靖国参拝を実現させることで英霊達の大義が蘇り、日本に一本の柱ができることから、その前に東京裁判は過ちである科学的証拠を国連の場で創り出す理念を形成し実行することだ。

官軍か賊軍かのけじめを持たなければ、日独伊三国同盟が悪の枢軸同盟すなわち賊軍であった認識を持てまい。
清水の次郎長と山岡鉄舟が官軍いわゆる明治政府に謀反を起こした事実を明らかにすれば答えてあげるよ。

任侠界を暴力団と規定して条例で排斥したのは、オバマ政権の認識が正しくないことは、マフィアと任侠界を同列で見てることが証拠であり、米国の命令で条例も制定されたことを知れば、自民党もヤクザを利用するだけ利用して捨てたとも解釈できる。

今こそ、任侠界を本来の姿に戻すため、たとえ慈愛の心乏しく、親不幸ではあるが、国体を維持し、軍隊を指揮することに堪能な者がいる本来の姿に返さす時期であり、官僚はこのことを遺漏なきよう推挙せば、特亜からの風さえ受け止めることのできない国家に日本は落ちぶれることを肝に命じるべきである。

とにかく自民党は、戦後利権経済のみを国益と、大政翼賛会史観にデマの風評信じ込ませたつけが全てであり、世襲制度で私利私欲の政権基盤維持に邁進してきた安倍や麻生が肝っ玉が小さく、決断力も乏しいのはこのためだ。

米国と対等な関係になるためには、米国以上の悪の持つ凄まじいエネルギーや行動力が必要とされるということ。

東京裁判は過ちであり、米国の原爆投下行為は犯罪であると、国連の場で主張できるかを踏み絵として今度の選挙の政治家を選ぶことを考えてくれ。

無一度言うが、ただの善では、今の日本社会を取り囲む特亜・米国に飲み込まれてしまうだけである。東京裁判史観が導き出した河野談話なる捏造操作された世界にあっては、戦争勝者国という傲慢さと戦うには、それ以上の悪になるしかないという真実を否定の論法の積み重ねが見つけ出したということ。

勝目のない戦いをものにするのが知略だ

原発直下に地盤をずらす「断層」があっても原発の運転を一律に禁止せず、継続の可能性を残す新たな安全評価基準の導入を、
経済産業省原子力安全・保安院が検討していることが28日、分かった。

 保安院は従来「活断層の真上に原子炉を建ててはならない」との見解を示していた。新基準では、これまでは活断層と判断される
可能性があった一部の断層について原発の直下にあっても、ずれの量が小さく原子炉建屋などに影響が生じないと評価されれば
原発の運転継続も可能になるとみられる。

 だが「ずれの量の正確な評価手法はまだ完全ではない」(保安院)など課題も多い。

http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012082801002324.html


自民党時代から地盤のルール無視して建設ありきで造りまくったから、
その責任を回避する為に今さら言っているのだろう。

国民と国土の安全を軽視する、完全な犯罪集団だ。

津波対策工事もせず、原発安全神話なるデマの風評を撒き、米GE社製原子炉を東北で使用した自己責任のない原発利権の身内4親等以内全員及び末代にまで処刑を含む個人責任を負わせるべきである。
娘を東電に入社させ、津波対策工事すらしなかった東電を被害者扱いして賠償金1兆円近くも与えた原発利権とは、自民党が朝銀に1兆4千億円公的融資させて、官僚天下り特権のパチンコ産業の資金繰りに転じた特亜利権温存政策そのものである。

国民が米国傀儡官僚支配世襲利権自民党に圧力をかけまくり、いざとなれば、打ち壊しするぐらいのエネルギーを持っていた高杉晋作のような人物を日本は必要としているということ。

米国の原発産業を日本に売り込む工作をし続けてきた読売新聞と日本テレビの創業者正力がA級戦犯の責任逃避から原発推進しかできなくなってしまった工作原理と、戦犯放棄から東京裁判史観を受け入れたことで必然的に統一協会を国内サポートせねばならなくなった岸信介が孫の安倍まで米国に絶対服従しか道がなくなったことは同じことである。

漁夫の利を頂戴したいがために、今になって安倍が河野談話廃止などと申せば、自己都合の後出しジャンケン行為と解釈し、生まれで政治家になれただけの士農工商そのものの機転の効かないボンクラと見なす見識がないと、今回の韓国側から風をもらった真の主権回復プログラム解決の手段が失われてしまうのだよ。

元の木阿弥で東京裁判の根本治療を放棄することは尚更問題ではあるが・・

ちりちゃんでーーす。

問責決議、やったー!と、荒らしたいのだけど、今はそう浮かれてない。

この前の外務省による門前払いで、久々に、気持ちがスカーーーと晴れて、ココ荒らした。
その後ずるずるずるずる、牛の歩くスピードよりも遅くて、カタツムリのスピードかって。
ってことで、なんだかまたまた無情感が漂ってきた。
スワップすぐ停止宣言しろよ。スワッピングじゃないからね。


で、今日は、手取り足取り、教えて欲しいことがあるの。


これだけ、あらしちゃって、お願いできるすじあいでないのだけど、
人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に新設する人権救済機関設置法案(人権救済法案)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120829/stt12082911250005-n1.htm
これも、凍結でいいんですか?

問責決議って、そもそもどこまで強制力があって、どうなのか、わかってません?
その結果、マイナス面がなんなのか。
さらにその結果、JPにどのような影響が及んでくるのか。
私はすぐキレやすくて、いろいろ傷つけたり、失礼してるのは、ワカッテルンダケド、
手取り足取り教えてください。。

参考に:(類似の内容UPしている所多い。)
http://quasimoto.exblog.jp/18711174/

----
今回の、このUP内容と違うけど、ここの所の状況が相似と思える動画。
http://www.youtube.com/watch?v=OCy4xlS1EBY
組織とは?分断って何?

またまた、話飛ぶけど、JはABDからはCを一緒にやろうよと、誘われていたけど、断った。
この観点からの分析と反省と教訓と今が何ってトコまでの考察が必要と思う。
(この辺の分析とかは、プログ主には、許してあげようかな。コメさん面々からはよろしくお願いしたい。)

偽チリへ

あとね、偽チリ。
UPするんだったら、これ位かけよ。
25行ルールってのがあるんだよ。(私的には)
25行で終わるんでなくて、最低25行は書けってことだからね。
空白の行は、当然カウント対象外だからね。
もう少し、私を追っかけてないで。日本人の心に、響くこと書けよ。訴えろよ。
悪くても良くても。

>悪の持つ凄まじいエネルギーや行動力
>それ以上の悪になるしかない

百鬼夜行・・

日露戦争はロシアとさしでやって勝った。
大東亜戦争は日本対世界中とやって負けた。
米国とさしでやったら絶対負けなかった。
(戦線を東南アジア等広げすぎた。攻撃対象は米国のみに)
真珠湾攻撃後にハワイを占領して
アメリカ本土攻撃の脅しをかけておいて
和平交渉をするべきだった。

管理人様…

どうでもいいツッコミかもしれませんが、
アメリカの開戦時の保有正規空母は3隻ではありませんか?
終戦時は約10倍に膨れ上がっていましたがw

無知

ハルノートの頃には日米共に戦争決意をしており、ハルノートは単に開戦決意を促したに過ぎないでしょ。それに日米交渉もあなたは詳しく知らないと私は断言できます。そもそも8月の石油禁油は日本の南進が原因でしょうに。4月から始まっていた日米交渉中に南進を実行しておきながら、最後まで日本は平和を模索していたとは言えません。日本のちぐはぐな

負け犬史観粉砕

(☆)米軍記録によれば、

対日戦において撃沈、破されたもの
加えて、事故、台風等によって損傷したものを
合計すると「正規空母」の損害は
何と80%に相当します。

日本が「無条件」降伏したとのイメージを植え付けたい負け犬史観の犬HKなどは、
日本軍が悲惨な大敗をした話題しか取り上げませんが、
それが「先の大戦」の全貌では、
むろんあるわけではありません。

管理人様

ハルノートがソ連のスパイであるホワイトによって作成されたものであることは田母神さんですら主張していますよ。

日米開戦は各国の共産スパイによって仕組まれたものです。

管理人様は売国朝日が嫌いであるはずなのに、なぜ朝日が煽った破滅戦争を凶弾しないのですか?
ダブルスタンダードではありませんか?

お答え下さい。m(_ _)m

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。