スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫文神話の虚実 近現代史の旅 NO30 8月8日(水)


近現代史の旅30回目です。前回は中国系の人たちからあたかも聖人君子
のごとく尊敬されている孫文の政治思想から彼の正体を探ってみました。

孫文の巧みなへ理屈論を読んでいますと彼の本心は結局近代的な皇帝に
なりたかったのではないかと思われます。近代的という言葉と皇帝は
矛盾しますが、つまり天下を取るために「革命」という看板を掲げて
中国のオーナーになりたかった。

彼は13歳でハワイに渡りキリスト教系の学校に入り、そこで西洋文明や
西洋の思想にふれ、帰国後医学を学びつつ革命思想を抱くようになり、
日清戦争の終結後に広州で武装蜂起を企てたが、密告で頓挫し、日本に
亡命した。

後に1年半にも及ぶ世界遊説を行い、明治38年に日本に着き、革命の
根拠地にしました。彼は革命資金を集めるためにハワイのマウイ島生まれ
にしてアメリカ国籍を収得しています。

世界遊説先での彼の主張は「300年中国を支配し続けた腐敗堕落した
清の王朝がある限り、中国近代化や発展はない。中国元々の民族である
漢民族が立ち上がり清朝を倒すため革命を起こさなければならない」と
演説しています。

つまり「長い間、中国は満州民族である清の植民地されている。腐敗した
満州民族を追い出すために中国漢民族を支援して欲しい」ということです。

もし中国の歴史を知っているなら「何を寝言を言うか」と一笑されるとこ
ろですが、ほとんどの人々は信じてしまった。特に多くの善意の日本人は
彼の「革命」という言葉に酔って金と支援をしました。

彼の主張している漢民族は後漢末期の戦乱によりほぼ絶滅し、北方から侵入
してきた遊牧民族に取って代わられています。日本人が大好きな三国志時代
の戦乱で人口が極端に減り、後漢を滅ぼした魏王朝は大量の兵士を北方より
集めて「蜀」を滅ぼしています。そして司馬炎が魏を内部から乗っ取り
「晋」を建国して「呉」を滅ぼしています。

日本に縁の深い「随」や「唐」はこうして侵入してきた遊牧民が作った
いわば異民族の中国です。

その後も中国は人種も国土の大きさも、さまざま変化しています。そして
ついにはモンゴル人の帝国が南宋までも併合して中国全土を統一しました。

14世紀に明の帝国ができるが、それも満州人の清朝に征服され、1912年
中華民国が建国されます。このような中国歴史を見れば、孫文が主張する
ような純粋な漢民族などどこにもいない。

孫文はハワイと香港に革命団体・興中会をつくり1895年、1900年と二度
にわたり、武装蜂起を企てたが、いずれも失敗します。そして1911年10月
辛亥革命が起こります。しかし孫文は当時アメリカにいました。

革命を起こした人たちの間で内紛が起こり、政府はどこに置くか、また革命
政府のリーダーを誰にするかでもめていました。当時から革命家として世界
的に有名な孫文が12月に上海に帰着すると革命派はそろって彼の到着に
熱狂し、翌1912年1月1日、孫文を臨時大総統とする中華民国が南京に
成立しました。

孫文は演説家であり、煽動家です。話す際には興奮して身振り手振りが大き
くなり、熱狂的な拍手喝采をうけました。また会場には彼の部下が数人いて
彼が会場に入ると、入場者全体を立ち上がらせて、孫先生と絶叫させるよう
に演出していました。

辛亥革命は古代より続いた君主政治を終わらせ、アジアでも初の共和制国家
を樹立し、中国歴史には画期的な革命と世界的に評価されています。その名
誉を孫文は独り占めをしたのです。

孫文は大総統就任演説で「新国家体制は漢満蒙回蔵諸国で構成する」と
言い出しました。つまり満洲もモンゴルもウイグル、チベットも台湾も
みんな俺たちのものだと言ったのです。この厚かましさと強欲ぶりは
歴代皇帝となんら変わりません。

孫文の後の蒋介石、さらに毛沢東までこのインチキ話を受け継いでいます。

彼は革命生活40年のうち、3分の一は日本で暮らしています。その間彼は
植民地支配を脱する漢族の純粋な独立運動だといって、無邪気な日本の
善意にたかり、多くの人たちから借金してそれを踏み倒しても恥じず、
また日本女性との間に子供を設けたりもしていました。

今や孫文は中国でも台湾でも「国父」と言って尊敬され、海峡両岸
で民族の英雄として高い評価を与えられています。

しかし本当に孫文は中国・台湾から「国父」と崇められるほどの値打ちの
ある人物なのか?本当に孫文は中国を変えたのだろうか?
多くの疑問が残ります。



(続きは次回にて)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

おおぉ、こんな論調見たことない。続きが楽しみです。

>今や孫文は中国でも台湾でも「国父」と言って尊敬され、海峡両岸
で民族の英雄として高い評価を与えられています。

しかし本当に孫文は中国・台湾から「国父」と崇められるほどの値打ちの
ある人物なのか?本当に孫文は中国を変えたのだろうか?
多くの疑問が残ります。


中国人や台湾人がそう言ってるならそれでいいじゃん

くだらない



孫文とはレーニンのような者か。
孫文とは坂本龍馬、西郷隆盛のようなものか。

何かの出来事には象徴が担がれる。

支那において。
辛亥革命において。

それが孫文ということか。

孫文がいなくても誰かが孫文をやっていたのか。
孫文でなければならなかったのか。

一つよく分からないのがあまりにあっさりと袁世凱に大統領を孫文が渡したこと。

昭和30年頃の高校世界史の教科書(尾鍋輝彦ら著)に、孫文の顔写真があり、その説明に「澄んだ目・・・}とあり、このような感情的、理想的な説明をつけてよいものか疑問に思った記憶があります。 中国人が孫文を理想化するのは構いませんが、 日本人は冷静に評価すべきでしょう。 孫文神話の一端として挙げてみました。

 坂本龍馬も実体はスパイから立身した死の商人だし、ここでは「日本人が勘違いして孫文を英雄視しちゃだめだ」と言うことを理解すればいいんじゃないだろうか。

>中国人が孫文を理想化するのは構いませんが、 日本人は冷静に評価すべきでしょう。

凄い余裕ですね?それとも暇人の傲慢かな?
諺に「自分の頭の蠅を追え」というのがあるが意味分かる?

孫文 状況証拠からの考察?? ですか?

管理人 様
今回は、正直なところ腰が引けてしまいました…大胆な仮説に。(汗)
ですが、次回に繋がる 枕 前振り なのでしょう。次の本論が楽しみです…。

管理人 様の『状況証拠からの考察』は、孫文直筆の日記や回顧録が発見され其の中に[皇帝]となろうとしたと記述があって、初めて証明される事柄ですね。
其れまでは、ハッキリ『状況証拠に基づく考察からの一仮説』と断らないと誤解する人が出てくるでしょう…トンデモ歴史論と。
歴史は、事実に基づいて歴史観を育みます。国や民族または立場の違いで、歴史観は異なりますがね。歴史的事実を共有しながら、互いの違いを尊重し議論するのが歴史の探求心と心得ます。
また、歴史の中には陰に隠れて見えない部分があります。其処は、『状況証拠に基づく考察』が必要になりますが。あくまでも、一仮説と断りを入れる必要もあるかと存じます。
一仮説とて、新証拠が発見されれば(ソ連崩壊での外交文書漏出とか、英米の時がたった後の秘密文書公開など)、陰謀論の誹りを受けていた論文が歴史の事実になり、新たな側面から歴史が語られる、其れが学問です。
ですから、『状況証拠に基づく考察』は大変に重要ですね。

失礼しました。

みそ汁の具ブログ。

① >つまり「長い間、中国は満州民族である清の植民地されている。
②>腐敗した満州民族を追い出すために中国漢民族を支援して欲しい」ということです。

①②は支那だけでは有りません、我日本帝国は今も同じ目にあってる!


明の亡霊

2011-09-26 09:17:38
テーマ:ブログ

<・ω・>人気ぶろぐらんきんぐ参加中です。ここをぽちっと<・ω・>

復古神道の方向性を模索する者らによって神と仏・儒学・陰陽道などの切り離しが行われます。で、次に思いついたのが復古神道と朱子学を掛け合わせる事による歪な形成です。

これはまるで、今に存在する在日にだけに与えている特権である特別永住権を彷彿とするものです。

復古神道に対しての特別永住権を朱子学だけに与えました。その結果出来たのが国学となり国家神道となります。

国学の道筋をつけたのは水戸学ですが水戸学の体系作りに最も寄与したと言われるのが清に敗れ亡国となった明朝の遺臣帰化人の朱子学者・朱舜水です。

日本本朝正統を南朝王朝とする決定をしたのも朱舜水です。それまでの日本では北朝・南朝のどちらが正統だのといった決定はしてきませんでした。それが武家政権の天皇家に対する配慮でしたが、明朝の遺臣らにとって重要なのは朱子学から導き出される答えだけです。

つまり、朱子学にとってみれば2つも正統があるのは許される事では無いのでどちらかに決定せねばなりません。で、南朝が正統王朝と決定されます。この事が日本にとって災いとなりました。

南朝は倒幕側でしたので、その歴史観が幕末にそのまま続いて行く事になってしまった事が徳川幕府の滅亡へと繋がりました。

明朝滅亡によって日本へと亡命してきた明朝の遺臣らにとってみたら、日本の歴史編纂は自尊心を保つ為の重要な作業なんです。

南朝を正統に決定した理由は他に、敗れた南朝側の楠正成の存在を朱舜水は自身の立場に置き換える事で自己の正当化を図ります。

つまり勝った側である北朝と清朝を敵とし、敗れた側の南朝と明朝とを同一視して、それの正統性を訴える事で明朝遺臣である自己の自尊心を保ったと思われます。

後に日本は維新政府の世となり明朝を倒した清朝を倒す事になります。
その日本は国家神道を携えた儒教国家となっては、まるで、明朝遺臣らが暴れるが如く中華ヅラしてはアジアに派遣を広げて行く事になります。

明が治めるで「明治」

8月15日は天皇の靖国参拝を不可能にさせたA級戦犯を世襲した自民党総攻撃でしょうね

ネトウヨというのがどういう存在かKESSELRINGという人を見れば大体見当つきそうですね。

アヘン戦争のような形で西欧の植民地を選ぶ会津は明治維新と東京裁判史観という二つの劣等感から津波対策工事すらしていなかった福島第一原発をの安全神話で生きていくあめに交付金・助成金まで受けて元々自立できな自治体にしておきながら、韓国人といい勝負ができるであろうその怨念を有効に使えないことでネトウヨの巣屈となっていくことでしょう。

ネトウヨは自民党からも相手にされなくなってしまったが、ネトウヨには自民党しか頼れない悲劇の悪循環も韓国と同じ緯度上の気候が影響してるのでしょう。
慰安婦は自民党の置け下で日本軍部」による強制収容が定義づけられたが、娘を遊郭に売り飛ばし、老人を姥捨て山に捨て去る迷信で言えば、東北は韓国を明らかに超越しているということでしょう。

尖閣=防衛

支那共産党が執拗に侵略を狙っている尖閣諸島、これを護ることは国家の威信どころか、国家存亡にさえ大きく関わってくる。
今年4月、石原東京都知事が世界に向けて発信した「東京都は尖閣を買います」に対して、「何故無関係な東京都が…」「何故東京都民の税金で買わねばならないのか」などとほざいたマスゴミ達、愚脳丸出しの御用学者やコメンテーター、それに東京都民やお花畑国民よ、以下の動画をじっくり観よ!

チャンネル桜H24/8/7放送【山田吉彦氏】尖閣問題の盲点と今後
http://www.youtube.com/watch?v=PopwSLxPvjw

尖閣諸島の岩1個でも支那に侵略されたなら、日本は東シナ海を失うのだ!



石原知事に関して、参考までに。

http://blogs.yahoo.co.jp/tt23vd8m/9406933.html

こうなると私も訳が分かりません。

追伸。

訳が分からないと言うよりは、

政官財マスコミは既に右も左も朝鮮人に乗っ取られています。

ネトウヨは叩いて反日サヨクはスルーのサピオ。

ネトウヨは叩いて反日サヨクはスルーのサピオ。

日本の在日問題は世界のユダヤ問題並にタブーなんだな。

サピオはなぜフジデモの原因のJAP18事件を取り上げないの?
フジテレビの社員で韓国語がペラペラの木下がやからしたことは明白なのに。。。

連呼リアンによる2ちゃんでの反日親韓書き込みや倭猿連呼やジャップ連呼に天皇皇族批判中傷もスルーか?

http://i.imgur.com/fsjfE.jpg
http://imgur.com/iWPKH.jpg
http://imgur.com/wbQMb.jpg
http://imgur.com/7LHpC.jpg

休憩

長崎の鐘
http://www.youtube.com/watch?v=3ZqJL9TtSF4&feature=player_detailpage

1945年(昭和20年)8月9日、長崎に原子爆弾が投下された。

元々、孫文は始皇帝を理想としていた
専制絶対君主の帝王を目指しいたのだ
しかし初っぱなから、独裁を言えば
国民から反発を買うために主権は国民だが、国民を導くのは一部のエリートだけ
に限られるなどと詭弁を要している
孫文の最終目標は日本式軍隊をもち
統帥権を把握して全中国を支配する事
だった。
その意識をついだのが、毛沢東だ
共産主は一見、平等と主権は国民に
あるように見えるが、現実は一部の
エリートが国政を牛耳り国民を抑圧する
政治となっている、まさに孫文がめざした政治と言えよう。

チームプレイが日本を再生する

ナカタ


私が男子サッカーの国際試合をテレビで観戦するようになったのは、日本が海外のチームに勝つようになってからです。

といっても、それがいつの大会から、というはっきりとした記憶はありません。

たぶん、三浦知良選手が代表選手の時代ではありません。

その次の世代ぐらい…





そんなにわかサッカーファンなので、これから書くことは、長く日本のサッカーファンでいらっしゃる方々から、「よくサッカーも知らないくせに」とののしられるかもしれません。





私は、中田英寿選手が日本代表にいる限り、日本はワールドカップで上にいけないと思っていました。

中田氏が引退した後、日本代表の雰囲気ががらっと変わったのを見て、ああやっぱり、と思いました。

中田氏は、チームの中でいつも怒っていて、宿舎では一人でいることが多かったと聞きます。

中田氏が代表チームにいた時代、宿舎では他の選手も自室にこもってテレビゲームに興じたり音楽を聴いたりしていたようです。





その後、あれは何の試合だったか…

岡田監督が最後に率いたワールドカップ、南アフリカ大会だったと思います。

開催前の下馬評を覆し、日本は予選を2位で突破。

決勝トーナメントで残念ながらパラグアイにPKで敗れたのですが、帰国後の記者会見は和気あいあいとして非常に選手同士の信頼関係があついと思ったのです。





その後テレビで特集が組まれ、知ったことは、宿舎で選手が自主的にミーティングをしたり、集まって卓球をしたりゲームをしたり…

とにかく兄弟のように仲が良かった、というのです。





代表入りする前は、互いにライバルで代表の座を争った仲であるし、Jリーグなどでもいつも戦っている相手なので、いざ代表チームに参加したからと言って、仲良くなるのは簡単ではないそうです。





でも、あの大会から、日本の代表チームは変化した、と私は感じていました。

そのことが試合本番でもよくあらわれていると思います。





その後監督がザッケローニに交代し、ますます日本の代表チームは団結力が高まってきたし、お互いに尊敬しあえる仲間になっていると思えるのです。

だから、仮に試合に負けたとしても、見ていてとても気分が良いのです。





今回のオリンピックでは、日本選手は、たとえば競泳でも卓球でも体操でも、チーム力がとても光っていると思います。

女子マラソンは残念な結果になったけど、今回初めて実業団の壁を越えて合同トレーニングを行い、本番では調子の悪い選手を他の選手がひっぱるように前に来て走ったりしていたそうです。

今後、日本企業が生き残れるかどうかは、中韓、欧米には一切存在しない「団結力」にかかっていると思うことが多くなりました。

これからの日本が生き延びていくために必要なこと、それは「協働」、「団結」、といったものではないかと考えていたところに、オリンピックの日本選手のチーム力が重なって見えて、しめし合わせたわけではないのだけれど、自然にそうなっていくのだろうか、と、このごろはそんなことを考えています

何処かの市長と同じ

今回の話を読んで、大阪市の橋下市長と重ねてしましました。
なぜかピッタリ。そう思うのは私だけでしょうか?

中国→自衛隊けんしょう会

中国→自衛隊けんしょう会

いずれも中国共産党下請けの台湾連中。

銀行までも「けんしょう」銀行が発生
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/04/AomorikenCreditCooperative_Honten-001.jpg

選挙で使える。消費税賛成議員リスト。
http://syouhizei.cswiki.jp/
賛否衆議院一覧選挙区付  (6月26日)
http://syouhizei.cswiki.jp/index.php?%E8%B3%9B%E5%90%A6%E8%A1%86%E8%AD%B0%E9%99%A2%E4%B8%80%E8%A6%A7%E9%81%B8%E6%8C%99%E5%8C%BA%E4%BB%98
賛否参議院議員一覧選挙区付 (予想版)
http://syouhizei.cswiki.jp/index.php?%E8%B3%9B%E5%90%A6%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2%E8%AD%B0%E5%93%A1%E4%B8%80%E8%A6%A7%E9%81%B8%E6%8C%99%E5%8C%BA%E4%BB%98

8月9日 今夕 衆議院内閣不信任 自民欠席で採決 記名投票でなく起立採決か

8月10日 明日 参議院で消費税法案採決 記名投票か   

明日 参議院の賛否議員がはっきりします、参考にしてください。

ルーズベルトの責任

日米戦争は12月8日の真珠湾攻撃で始まりました。日本が開戦を決めたのは11月26日にアメリカ国務長官ハルが日本政府に突き付けた「ハルノート」です。戦争はしないと公約していたルーズベルト大統領はハルノートによって日本に先に攻撃させ、開戦の道を開きました。

チャールズ・A・ビーアドは1874年生まれのアメリカの歴史政治学者で1948年に亡くなりました。彼は亡くなる直前に、アメリカ公文書を元に「ルーズベルトの責任 日米戦争はなぜ始まったか」を書いています。

不思議なことに、その本は国立図書館にありながら翻訳されていませんでした。イギリスのチャーチル首相との関係や日米開戦のいきさつが書かれた膨大な本が何故図書館で眠っていたのでしょうか。日本の歴史家の怠慢でしょうか。それとも隠蔽でしょうか。

800(翻訳本)ページに及ぶ本が翻訳され、平成24年1月に出版されました。当時の公文書記録をもとに書かれたこの本は、歴史家だけでなく政治家にも読んで欲しい本です。立憲民主主義の不都合も良く分かります。

経済の中心は産業革命から西暦1800年以前に戻る?

スレ違いです。

●インド 核兵器の三位一体が出揃う (ロシアの声)
http://japanese.ruvr.ru/2012_08_09/indo-kakuheiki/

インドは戦略核兵器による抑止力を拡大することで、アメリカ、ロシア、中国に続き、三位一体の核装備を持つ4番目の国となりました。
艦船用原子炉の開発は全てインドの自前による技術です。

GDP世界第11位のインドは、IT業界の他に医薬品業界も注目を集めて久しいですが、
正直インドの医薬品はピンキリで、個人的には遠慮します。
日本の美白化粧品などはインドで有望だと思いますが。


ACTAを知ってください

スレ違い失礼します。

関連リンクです。
知っていただき、しかる後に賛同いただけるとありがたいです。

【ニコニコも2ちゃんもツイッターも全部閉鎖の危機、ACTAを止めろ】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17658252

【「ACTA 条約」の抗議先☆ACTA条約を反対する方法☆衆議院の議員に反対意見をFAXで送ってください】
http://lnnl.blog81.fc2.com/blog-entry-4832.html

わざと?w

自分のブログで何を書こうがブログ主の勝手で、

嫌なら読まなければ良いのですが・・・

『過ぎたるは猶及ばざるが如し』

ブログ主個人の主眼に偏った歴史のお勉強にそろそろ飽きが・・・

支那をヨーロッパ大陸ととらえると、
ひとつの中国とか、5000年の歴史などの言葉が空虚に聞こえる。歴史上、多くの王朝の栄枯盛衰が繰り返されて、多くの国が同時に存在し、領土の拡大縮小が繰り返されたことがイメージできるのではなかろうか

8月9日もう一つの記念日

今日8月9日は長崎にプルトニウム型原子爆弾が投下された日だが、もう一つ歴史的大事件があった日である。それはソ連が日本に宣戦布告(8月8日)すると同時に攻め込んで来た日。ソ連が日ソ不可侵条約を一方的に破棄して、である。
そして8月16日以降に千島列島への侵略が開始され、同21日に占守島の激戦が終わるまで、ソ連軍はその僅か2週間足らずの間に日本人数十万人を虐殺し、婦女子を拉致し強姦し、結果100万人近くを捕虜としてシベリアに拉致連行したのである。そして今現在も千島列島と南樺太が占領されたままである。そのすべては明確に国際法違反であるにも関わらず。

ソ連=現ロシアは「日本は敗戦国だから」という理由で千島列島や南樺太侵略を正当化しているが、まったくの詭弁。何故なら旧ソ連の軍事行動すべてに正当性が無いからである。特に現ロシアが主張する連合国の総意とは嘘であり、千島樺太割譲について話し合われたのはヤルタ会談である。つまり密約である。そこに国際法的な強制力は無い。

結論を申せば、本来地位未定である千島列島及び南樺太を、ロシアが不法占領している。
これが許されている現連合国体制こそは、打ち砕くべき戦後支配。その為に日本は何を為すべきか。この為すべきことを棚上げにして経済発展にのみ勤しんで来た戦後日本ではなかったか。政治家、役人達、今からでも為すべきことを為せ!
我々一般国民にできるとこはネットを通じて世界にその史実と不法性不当性を訴えること。以下近野滋之氏ブログのように。

参考
http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/MYBLOG/yblog.html

地理

我慢できません。

ヤルタって、私の歴史認識ではダメ!
なにいってるの?

朝鮮の伝統的習慣 2

韓国仁川地方警察が、実の娘を10年間に渡って性的暴行を加えてきた51歳の男を親族間強姦罪の容疑で逮捕していたことが26日明らかになった。複数の韓国メディアが伝えた。

仁川警察の調査の結果、男は妻と離婚してから長女と次女の3人暮らしだったが、2004年長女が小学6年生の時から10年間に渡って常習的に性的暴行を加えていたことが明らかになった。

警察は親族間強姦容疑で男を逮捕し、現在16歳の次女に対しても、同様の行為を行っていた疑いがあると見て余罪を調べている。

一方、別の事件で、16日には実の娘が10歳から28歳になるまでの18年間、性的暴行を繰り返していた高校教師に対する裁判が行われ、 懲役8年、電子足輪(位置追跡システム)を10年間装着、性犯罪者の身辺情報公開5年の実刑判決が言い渡された。

韓国では親族間の性犯罪事件が後を絶たず、昨年12月と9月にも実の娘に対する性的暴行事件が報じられていた。

2006年から2011年6月までの5年間に親族による性暴行は、延べ2089件発生しており、年平均400件以上の高い発生率となっている。(編集担当:金志秀)

チョンさん、どうじゃろか?

ちり って ちりちゃんです の Renameかぁ?


自称、女子高生なら学校勉強でもしていなさい。

それとも安きゃバレー 「女子高」で本業にはげんでいなさい。

国民の不満かわす狙い?ギリシャ、不法移民摘発

国民の不満かわす狙い?ギリシャ、不法移民摘発
http://plaza.rakuten.co.jp/1958kn/diary/201208100000/

関連情報】
Korea(韓国)の荒ぶる人達 拡散用
http://youtu.be/nNRD8MludFU
【東京】「韓流ステマばかりのフジテレビには、価値はないぞー!」 浅草で「反フジ」デモ 「韓流ごり押し」批判
http://youtu.be/xal56oA8uT4
(動画)

世界各地で引き戻し活動が開始されています。 不法残留外国人や外国人
犯罪者集団を本国に送還する活動です。 この様な者達を追い出して国内
で大変深刻な問題となっている景気低迷による失業問題を好転させて自国
民の信認を得るために、今年大統領選挙等が実施される世界各国が時期を
合わせて2012年から開始するために準備してきた活動です。世界各地
に不法残留する朝鮮人や支那人が大量に強制送還させられるのです。
日本では入国者には指紋による本人確認の開始や今年7月9日に外国人の
住民登録を実施して素性を明らかにし(通名使用も抑制される)、3ケ月
以上滞在する登録外国人には国民健康保険証を発給して保険料納付の義務
を課しました。 来日したばかりの不逞外国人による新しい犯罪として
不逞病院と結託して医療費を騙し取る詐欺も多発するでしょう。

詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
李明博が竹島上陸!森本敏防衛相「上陸は韓国の内政上の判断でお決めになった。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4753.html

ちりってだれ?

ちり・・・。
あなたは誰?

私の大好きな、HNというか。
偽物がでてきた。
----
ちり、って呼びつけられても、「はい」と答える。
ちりちゃん、って聞こえたら、「なぁに」、っていう。
ちりさんて、言われたら、どきっとして、目をみる。
ちりさまと、言われたら、背景考えて馬鹿と思う。

これ位、最低100行で、Commentのせるんだよ。
なにこれ、私は近衛とノモンハンが全てなのよ。

これから考える。
ここに載せるというか、UPすること考える。
ちりちゃんからだからね。
時間が、あ。

召喚

ムカついて、召喚している。

ちりちゃんです。工作員と疑われています。
アラシは自覚し始めました。
私はアラシです。

今日は、プログ主に ブーたれます。

もし語るのであれば、
歴史としては、その時
・日本の政府(大臣とか)は何したとか、
・官僚が何したとか、
・それをアラヒトが何をどう判断して、何を言ったとか、
(↑表現難しい)
・そして、一般(偉い人)人が何思ったとか、
・今でいうマスコミがどうしたとか
・そしてたくさんの人がどう思って、どうしたとか。
それを語った上でどうなったんだと。

上を総称して、「日本」が、というのであれば、
日本であるのであると思うのだけど、それは違う。
個々どの階層が何をいってどう誘導して、
結局日本がどうなったかということがないと、
せっかくの近現代歴史がNGと思う。
少なくとも、一つや二つや三つが、
主語を日本としているのは違う。

いろいろあったことは判っている。
少なくとも私はいろいろみて、聞いそう思っている。
それは、高校生が読む、例えば山川の教科書でない。
印象操作だ。

日本側としてのいろいろな階層に人たちの素朴な対応を、それを語りなさい。

もう一回、何回でも上げたい。
----
▼「日本自立」に必要なこと
私の夢は、「日本が、アメリカ幕府の天領でも、
中国の小日本省でもない、『自立国家』になること」です。

そのためには、
・精神の自立
・経済の自立
・食糧の自立
・エネルギーの自立
・軍事の自立
等々を成し遂げなければならず、簡単ではないのですね。
しかし、最初にやらなければならないのは、「精神の自立」です。
その第1歩は「自虐史観」から脱却すること。
日本全体ではまだまだですが、RPE読者の皆さまは、とっくの大昔に「自虐史観」を卒業されていることでしょう。
しかし、「自虐史観」を卒業しただけでは十分ではありません。

「悪のルーズベルトが、先制攻撃させるよう日本を誘導した」事実を知るだけでは十分でないのです。

次にしなければならないのは、「なぜ日本は第2次大戦で敗北したのか?」を分析することです。

なぜでしょうか?

第2次大戦前まで、日本人は「自虐史観」なんてもっていませんでした。
むしろ、「非白人国家で唯一近代化を成し遂げた国」
「日清、日ロ、第1次大戦を勝ち抜いた神国」
として、高いセルフイメージをもっていたのです。
しかし、第2次大戦では完敗した。
ここから、「自虐史観を克服しても、それで問題は終わらない」ことがわかります。
ずるがしこいアメリカ、イギリス、中国、ロシアなど大国にだまされないよう、日本は「負けた原因」を知る必要があるのです。

▼日本完敗の原因
日本はこれまで、(他国同様)たくさん戦争をしてきました。
明治維新後だけを見ても、
日清戦争
日ロ戦争
第1次世界大戦
第2次世界大戦
これにプラスして、
冷戦
も入れておきましょう。

日清、日ロ戦争は、日本と中国、日本とロシアを中心とする戦争でした。
しかし、第1次、第2次世界大戦および冷戦は、世界規模の戦いです。
そして、日本は第1次大戦および冷戦で勝利した。

負けたのは、たった一回「第2次大戦」だけ。

なぜ日本は、「第1次大戦、冷戦」に勝利し、「第2次大戦」で負けたのでしょうか?

答えは簡単。
日本は第1次大戦、冷戦で、【勝つ側】についたから勝ったのです。
日本は第2次世界大戦時、【負ける側】についたから負けたのです。

第2次大戦時、日本の敵だった国のメンツを見てみましょう。
・アメリカ
・イギリス
・ソ連
・中国
こんな超大国群を敵にまわして勝てるはずがありません。
絶対に勝てません。
戦争が始まった時点で勝敗は決まっていたのです。
だから私たちは、「なぜこんな大国群を敵にまわすハメになったの
か?」を分析する必要があるのです。

▼日本破滅への道のり1(孤立する日本)

「日本敗北の原因」ときいて、まず思い出されるのは、「ABCD包囲網」でしょう。
ABCD包囲網とは、A=アメリカ、B=イギリス、C=中国、D=オランダが、1940年代初めに行った、対日経済制裁のこと。
これにより、日本は石油や鉄などを輸入することができなくなってしまったのです。
このABCD包囲網構築を主導したのがアメリカおよびイギリスでした。
なぜアメリカおよびイギリスは、日本を敵視していたのか?
これは、米英が中国利権で日本と争っていたからです。
もう少し時代をさかのぼってみましょう。
開戦からさかのぼること9年。
1932年、日本は「満州国」を建国しています。
これに異を唱えたのがイギリス。
国際連盟は、イギリス人のリットンさんを団長とする調査団を現地に派遣しました。(リットン調査団)
調査団の報告結果は、「満州国は、日本による中国主権の侵害」というものでした。
皆さん、お気づきでしょうか?
これをいっているのが、世界中に植民地をつくりまくり、「日の沈まない国」といわれた人類史上最大の植民地帝国ですよ。
あまりの偽善に、当時の日本人は怒り狂ったことでしょう。
ちなみに、こういう構造は今も変わっていません。
「イランは核兵器をもつな!」と主張しているのが、世界最大の核大国アメリカである。
まあ、ここで私たちは憤ってはいけない。
「怒ったら負け」であります。
深呼吸して次に進みましょう。

さて、既に衰退していたとはいえ、元覇権国家イギリスの力は強かった。
1933年2月国際連盟は、「満州における中国の主権を認める」決議を採択。
日本はこれを不服として、国際連盟を脱退してしまいます。
どうですか?
開戦の8年前、日本はすでに国際社会から完全に孤立していたのです。
日本が孤立してしまった理由。
おわかりでしょう。
元覇権国家イギリスとの関係が悪かったからです。

▼日本破滅への道のり2(イギリスとの関係破綻)
さて、日本を破滅に追い込んだイギリス。
日本とイギリスの関係はずっと悪かったのでしょうか?
そんなことはありません。
そもそも、イギリスは、薩摩藩、長州藩を支援していました。
フランスは、幕府を支援していた。
つまり、明治維新は、イギリスの支援によって成就したのです。
(もちろん、維新の志士たちの奮闘が主ではあるが)
その後も、日英関係は良好でした。
1902年、日本とイギリスは、「日英同盟」を結びます。

この同盟は、「日ロ戦争」のときに大いに力を発揮し、日本の勝利に貢献しました。

1914年、第1次世界大戦勃発。

イギリスは、同盟国日本に、「陸軍の派兵」を再三要請しました。
しかし、日本は、これを拒否しています。

(海軍は、なかなか活躍したが・・・。)
大戦中駐日大使だったグリーンさんは、日本政府の高官に何度も会い、協力を要請しました。
日本の政治家の態度は、「即座に協力拒否」あるいは「遠まわしに協力拒否」の二種類しかなく、非常に幻滅したのです。
私は「自虐史観」をもっていませんが、現実は現実としてとらえる
必要があります。

日本は第1次大戦時、軍事同盟国イギリスを十分にサポートしなかった。
それで、イギリスは戦争後、「日英同盟って意味ないよね」と思うと同時に、「日本はもはや味方じゃない」と決めてしまったのです。

1922年、イギリスは「日英同盟破棄」を日本に通告します。
これがイギリスからなされたことは非常に重要。

日英同盟破棄については、
・アメリカの圧力
・同盟締結時、日英の主要敵だったロシアの脅威減少
・中国利権における日英の対立
・日英がそれぞれ、アメリカを重視するようになったこと
等々、いろいろな理由が語られています。

しかし、イギリスにとって「日英軍事同盟」が有益なものであれば、当然期限を延長したことでしょう。
イギリスが期限延長を望まなかったのは、「日本はいざというとき助けてくれない」という不信感があったのは間違いないのです。
こうして、幕末から約60年間つづいた日本とイギリスの良好な関係は崩れていきます。

これ以降、イギリスとアメリカの主要な課題は、大国になった日本をいかに封じこめるかになりました。

その結果が既に書いた、
・満州国建国反対
・日本の国際連盟脱退
・ABCD包囲網
などなどだったのです。

日本が決定的に国際的に孤立したのは、「国際連盟脱退」時でしたが、それは「日英同盟破棄時」にはじまっていた。
そして、日英関係が悪化したのは、第1次大戦時に日本が欧州派兵を拒否したことが理由だった。
こう順番に見てみると、「第2次大戦で完敗した理由」は実に敗戦の30年前までさかのぼることがわかるのです。

ああ、恐ろしい。

▼教訓を生かそう
さて、話を今に戻しましょう。

日英同盟はとっくになくなっていますが、「日米同盟」は存在しています。

そして、当時のイギリスと今のアメリカには似たところがあります。
それは、世界的に「落ち目の覇権国家」という共通認識があること。
それで、第1次大戦後、日本は「イギリスはもう過去の覇権国だから、これからはアメリカよね~」という認識になっていった。
(後には、「世界恐慌でも発展しているドイツよね~」になった)

今はどうでしょうか?

民主党の鳩山政権は、リーマンショックで苦しむアメリカに対し態度を豹変させ、一人がちしている中国重視を鮮明にしました。
そして、小沢さんは超大規模使節を率いて訪中。
そこで、「私は人民解放軍の野戦軍司令官です!」と語り、北京への恭順を宣言したのです。
もちろん、アメリカは激怒し、中国は大喜びしました。

中国は、「小沢を通して、日本を間接支配できる!」と確信したことでしょう。
しかし、小鳩政権があっさり崩壊すると、中国の態度は一変しました。

そして、2010年9月、「尖閣中国漁船衝突事件」が起こったのです。

この事件をきっかけに、中国は「尖閣諸島はわが国固有の領土である!」と全世界に宣言。
中国は、自分が悪いにも関わらず、「レアアース禁輸」など次々と対日制裁措置を打ち出し、日本を追い詰めていきました。
まあ、「本性を現した」わけです。
当時の中国政府の認識は以下のようなものだったと想像できます。
「100年に1度の大不況で苦しむアメリカは、この問題に干渉してこないだろう」

ところがどっこいアメリカは干渉してきた。
・スタインバーグ国務副長官
・クリントン国務長官
・ゲーツ国防長官
・マレン統合参謀本部議長
・オバマ大統領
などが、相次いで日本を支持する声明を出しました。

特にアメリカが「尖閣諸島は安保条約の適用対象」と宣言した効果は大きかった。

中国は、「まだアメリカは、十分弱くなってない」と認識し、矛をおさめたのです。

この事件で、以下のことがわかりました。
・中国は、本気で尖閣諸島を狙っている
・日米安保はいまだ有効である

私は何がいいたいのか?
日本は「落ち目の覇権国家」イギリスを軽視し、結果的に全世界を敵にまわした「大失敗」を繰り返してはならない。

「アメリカですか?中国ですか?」ときかれたら、迷うことなく「アメリカです!」と答えなければならない。

確かにアメリカはいろいろ悪さをしています。
また、日本からできるだけ多くの金を搾取しようと日々活動している。
しかし、世界総軍事費の半分を一国で占めるこの国は、日本の同盟国です。
そして、日本の領土も狙っていません。
一方中国は、「尖閣諸島・沖縄はわが国固有の領土」とし、実際のアクションも起こしています。
要するに、日本にとって「仮想敵」なわけです。
中国と日本の関係が改善するとすれば、小鳩政権のような「中国傀儡政権」が成立する場合に限られるでしょう。

「・・・・・・・・ではアメリカからの自立はあきらめるのですか?」
そうではありません。
アメリカは、かつての覇権国家イギリスがそうであったように、ほおっておいてもどんどん弱体化していきます。

日本はアメリカと良好な関係を保ちながら、「アメリカの弱体分を補完する」という口実で、「自主防衛能力」を強化していけばいい。

それならアメリカから感謝され、なおかつ日本は「軍事的自立」に近づきます。
そう考えると、日本は最悪だった鳩山時代から軌道修正し、少し正しい方向にむかっているといえるでしょう。
今回は「第2次大戦の教訓」についてでした。

以上

---
RPEだから、ロの国とか、
文脈からアの国のエージェントと言われたいわ。
工作って、
紙をハサミで切って、糊付けして、なんかつくることでないの。
ここまでは、(^O^)として。


ということで、できることしなきゃだめんじゃないの。
以前もあげたと思うのだけど、追加の問題。

増税。(ただし数年後)
領土(某大統領訪問)。
防衛(オズプレイ)。
ダウンロード。(
ATCA。(
いじめ。とその背景。(
年金。(
医療(健保)。
・・・更ににもっとある。
どんどんどんどんでてくる。


WARの前に、負けてしまう。
アリエナイ。

私は私で、選挙権が欲しい。

また、荒らしちゃってる、ゴメンナサイ。

----
ちりちゃんだからね。
だんだん、高校生と言われて、正直嬉しい。
どうすんだよ、受験。

私の偽物かどうか判断は、最低でも100行というか、
これくらい書けよ。
でも、ナニ、あの、レイテじゃなくて、もうムカついてるんだよ。
「ちり」ってやつ,軽いんだよ。

いつも、最低30行は、かくからね。
----
アラシのチリちゃんでした。
偽もでてくるとは・・・・。

DC53

 低級特殊鋼は摂家神道。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。