スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ側の歴史観  近現代史の旅 NO25  7月27日(金)


近現代史の旅25回目です。戦後の偏向史観を正すために今日も努力した
いと思います。太平洋での戦いの原因はほとんどアメリカ側にあるといっ
ても言い過ぎではありません。

アメリカの目的は最初から明らかに日本の攻略であり、太平洋の覇権で
あり、中国権益の拡大です。そのためにアメリカは日本にあらゆる挑発を
仕掛けてきました。

そして表向きの旗印は「民主主義の教化」、何をするにしても「国際正義」
を主張してゴリ押しの力ずく政策を押し付けてきました。

アメリカの偽善の旗印をイギリスやフランス等の西欧列強はアメリカが自国
の利益を通すためであり、日本を弱体化させるための見え透いた幼稚きわま
りない主張だと100も承知していました。しかし真面目な日本はこのような
正義ぶった言葉に昔も今も何故か弱い。

アメリカが日本を押さえ込みにかかった決定的な出来事が1921年のワシン
トン会議です。この会議はアメリカが提唱して、日本、イギリス、フランス、
イタリア、オランダ、ポルトガル、ベルギー、中国とアメリカの9ヵ国が
参加しました。

この時も「国際平和」と「国際正義」という言葉で会議をリードしていった
のはアメリカでした。一番目のテーマは海軍軍縮問題でした。この会議で
米・英・日の主力艦隊の比率が「5・5・3」と決められました。

この会議で山東省の中国返還がきまり、満洲における日本の特殊地位を承認
した協定が廃棄されました。このように日本の中国進出の既得権は全て否定
され、中国への可能性はすべて封じられました。そしてこの会議で正式に
日英同盟が廃棄されました。

このワシントン会議の首席全権を務めたのは加藤友三郎です。彼はこのまま
競争で軍艦を造り続けたら日本の財政は破綻してしまうという判断で「5・
5.3」を受け入れました。帰国して首相となった加藤は、軍艦を自分の
手で沈めるといった後始末もやってのけました。

しかしちょっと待ってください、軍縮を提案したアメリカも財政難だから
軍縮を持ち出したのです。イギリスはもっと財政難でした。三国は軍縮を
したかった、それはいいとして何故日本だけが米英の6割なのですか?

日本は正直に米英の5に対して3にすべく軍艦を廃棄しています。しかし
米英が軍艦を廃棄したという情報は全くありませんでした。もっと納得で
きないのは、外交は駆け引きであり取引のはずです。

米英日の主力艦の比率を相手の6割の条件を飲むなら、中国既得権益の放
棄を何故拒否しなかったのですか?

許せないことにこの会議において、アメリカ、イギリス、フランス、オラン
ダの植民地支配による既得権益には指一本ふれていません。日本だけが損を
する身勝手な会議の条件を何故了承したのですか?アメリカの仕掛けた罠を
どうして感じることができなかったのですか?

日本の歴史書にはワシントン会議を評して、「軍拡や対外膨張で日本が独走
するのをアメリカが抑止しょうとした平和のための会議」と記述されていま
す。そして会議に出席した加藤友三郎全権大使のことを政治が軍事をリード
したという点で優れた政治家だと評価しています。

私はこの歴史学者に、思わずよしもと流に「どこがやねん」「あんたはアメリ
カ側から日本の歴史をみるからや!「ええ加減にせえ」と言いたくなりました。

このワシントン会議以降から日本は孤立化していきます。アメリカは日本を
叩き潰すチャンスを20年間待ち続けます。アメリカはなにか事を起こす前に
かならず大義名分を掲げ、国内の世論を味方に引きつける術をしっています。


(次回は満州事変、支那事変と,泥沼の蟻地獄に入っていき、
アメリカが日本を追い詰めていく様子を書くつもりです)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。



コメント

国民を煽る政治が戦争を導くのは政治の真理

日本の問題は継続した国家の方針がない,
もしくは, 簡単に変えられてしまうと言う点.
加藤友三郎の時点では米国との正面対決を
避けると言う国家の方針があった.
それをきっちりと守っていれば, 満洲を
手放すことも日米開戦をすることも無かった.

日米開戦の非は, やはり, 正面対決回避の
全体的な判断を, 国民を煽ることによって,
日米対決へ導いていった後代の政治家にある.

特に, 近衛文麿の真っ赤な朝日新聞との連携が
日本にとって致命的であった.

国民を煽る政治が戦争を導くのは政治の真理.

現在日本各地でデモ、反対運動が色々盛んに行われている様ですが、テレビ新聞報道では詳しくわかりません。

日本は荒れ病んでいる様です日本中が大震災の傷を其々大なり小なり持っています。
今、国が日本側からきちんと見て適切に判断して貰わないと・・・

>あんたはアメリカ側から日本の歴史をみるからや!「ええ加減にせえ」

日本は今後何十年も低迷してしまうのではないか?
不安になります。

どんなに低迷しても左右されない人達が、実権を握り自分達の保身だけ考えていれば良い!のですからみんな右習い、是も非も無く保身が全ての社会になってもおかしくないと思います。

戦争犯罪者・侵略者、テロリストシナ人と手を組んだアメリカは100%悪でそれは今も変わらない。日本を守っていると嘘をつき日本を侵蝕しているのだから。

ドイツにシナ人に武器を売ったり、軍事的に指導するのをやめろといえば、ドイツはやめた。だから、ドイツを鬼畜にしなかった。

しかしアメリカ、イギリスはやめなかったどころか積極的にシナ支援をした。日本人の怒りのボルテージが激しくなり、鬼畜米英になった。ソビエト、ドイツもシナ支援を積極的ににやっていたら、鬼畜米英蘇独になっていたはず。

そして鬼畜アメリカを忘れ、空襲、原爆で日本人を殺戮し、防衛詐欺により日本領を侵蝕しているアメリカに守ってもらっている狂った戦後日本。大東亜戦争しないで、戦前から日米同盟と言う詐欺、侵蝕を受け入れていればいいことになってしまっている戦後日本。

狂った親米の親米左翼によって。

日本人は世界を読める人間は居るか?

幕末以来~今日まで日本を取り巻く環境は、常に列強により綱渡り外交を強いられてきた。
幸い江戸末期の人間もある程度の軍事力と高い文化でしのいで来れた。
それが大東亜戦争を負けた辺りから今日に至るまで劣化の一途を辿っている。
国民から見ても是が政治家と疑いの目で見始め、
いちいちチェックしなければ何を仕出かすか解らない政党に実験を握らせてしまった。
最悪の状態を今経験中である。
是も教育から来る国民劣化とそれに伴って生まれた劣化教育の賜物としての国会議員それと共同で動く官僚達、全てが関連して日本がおかしくなってきている。
大人の理性的判断も無ければ、戦略も無い無の集団の塊でしかない。
是は全て教育がもたらした空恐ろしい平和的国家破壊なのです。
平和裏に起る破壊ほど傷は深い。なぜなら神経を抜かれ痛みを感じないから、腐っても解らないのだ。
SAYOKUも自分が腐っていることを自覚できず与えられたデーターに基づいて動くだけの思考力を持てないロボットであり、奴隷である。
時々山本太郎の様な威勢の良い奴が現れても、そいつが思考破壊されていれば、SAYOKUの奴隷でしかないのだ。
SAYOKUは、人間を破壊し思考力を奪うだから発展的段階を踏めない。全てを破壊と結びつけた行動になる。それをSAYOKUは、発展と言うだろう。破壊が発展するSAYOKUなのだ。

間違われた 北朝鮮国旗

つい 先日 サッカー女子、コロンビア 対 北朝鮮 戦の開始前の選手紹介の電光掲示板に 北選手とともに 韓国国旗が 「 北朝鮮国旗 」として掲示され これに 激怒した 北朝鮮選手団のために 試合開始が 1時間も 遅れると云う 「 あってはならぬ 」が よく有りそうなミスが起こってしまった。

韓国人のなかには 韓国のほうが 北朝鮮よりも 国際社会に 広く 認知されている証拠だとか、 いや 国際的には 韓国が主権を持っているのだ・・・とか 大喜びする向きもあるだろう。

でも よく 考えてほしい。 

国旗を 間違って「 北 」のものと間違われた韓国国旗も 所詮 ヨーロッパから 見れば 間違われても仕方のない 似たような どうでもよいクニなんだと・・・・・・・・・・・・・・


日本にSAYOKUはいない。いるのはキョッポと成り済ましだけである。

日本にSAYOKUはいない。いるのはキョッポと成り済ましだけである。

明治の政治家は、未だ現役武士です。

>katachiさん、ソロと申します宜しく。
 日本の政治の歴史と言うのは、殆ど国内で紡がれて来た様なものです、日本の限られた狭い耕地面積で生み出される二千五百万石分の領地を八十諸侯で分割して、それぞれが独立した国家として生計を立てて来たのです。 江戸期に成ってからは、中央の力が日本中に行き渡り、戦では無く政治力で改易や領地替えを大名に強制すると云う、驚くべき強制力を発揮して居ます。

 仕置きを受けた大名が、是等に必ずしも唯々諾々と従ったわけではないでしょうが、一族一党の栄耀栄華の為に「戦乱・戦火で民百姓を苦しめるべきではない」と言う、「自身の名利の為に、戦火に及ぶは、一族末代までの恥」と言う事で、公を与っているモノが背負うべき大義名分に、潔く遵ずるのが、武士としての作法であったから、改易や領地替えに逆らって反乱を起こした例は一つとして無かった。

 つまりは、「世界平和の為=一般大衆の為」と言う言葉に、日本のエリート層は殊のほか弱いのです。

 ワシントン軍縮会議の矛盾点は、ブログ主のご指摘通り、軍縮の基準の不公平さに有ります。

 軍縮を以て平和になると云うのなら、世界は「武力の均衡こそ平和の礎」と言う共通認識の上に立っていると考えるべきです。 武力は防衛や治安維持の為に遣われるべきですから、守備範囲とその質、即ち海陸の別が軍備の質に現れるべきでしょう。 然るに、英国と日本は周囲を海に囲まれた海軍国です、其れに対し、米国は広い領土を持つ陸軍国です、英国:日本:米国=5:5:3なのなら判ら無くも有りませんが、何故海国日本が3なのか、其れでは却って、武力均衡が崩れ、不安定になって行くのではないか、という反論は当然の様に有った筈です。

 この時点で、既に日本は英米から侵略国家と言うレッテルを貼られていると云う事に成りますね。 つまり、「日本の軍備は侵略の為である」と決め付けられているワケです。

  加藤友三郎は何で、帰国してから軍艦を沈めたのか、自身の潔癖さに拘って、国益を損じているとは思わなかったのか? 身を国民の為に捧げるのが公人の志なら、敢えて節を曲げ、悪人にもなって、悪名を遺す事を恐れない筈だろう、「綺麗事だけでは政治は出来ない」なんて、小学生でもわかる。

 そこでやはり、日本社会に受け継がれて来た「戦火を避ける方途=自らの利益を犠牲にしてこそ、相手の寛解を引き出せる」と言う、常識が暗黙のうちに働いたのではなかろうか、然し、この場合、相手が江戸期の様に八十諸侯でも、況や仏教徒でも無い事で、共感等得られる筈も無かったのです。

>>平和裏に起る破壊ほど傷は深い。なぜなら神経を抜かれ痛みを感じないから、腐っても解らない
 ↑は、現代のお花畑的平和論者の為し事に向けられればぴったりですが、江戸期、明治期と、日本人が受け継いできた「平和維持への努力に自己犠牲を以てする」と言う美的行為が裏目に出て終う、嫌拍車をかけて終う恐れが有りますね。

 指導者足る層が、「民百姓の為」とか「平和」と言う言葉に弱いのは、寧ろ、望ましい事ながら、指導者足るもの自身の精神構造をモット顧みる必要が有ると思いますね。

日本は、中長期の国家目標を立て、ぶれない力が必要がある。

今は昔、大東亜戦争は、大日本帝国に継続した国家方針がなかったか、又はアメリカとの正面対決を避けるという国家方針をあくまでも堅持することが出来なかったことにあると思われる。

アメリカのルーズベルトは、第2次世界大戦に介入しようとして、ヨーロッパにおいて、さんざんに、ドイツ・ヒトラーに挑発したが、ヒトラーは、どんなに挑発を受けても、アメリカとの戦争は回避するとの方針のもと、ルーズベルトの挑発に乗ることはなかった。このため、ルーズベルトは、裏口から第2次世界大戦に入っていったのである。

大日本帝国としては、アメリカとの正面衝突を避けるとの国家方針のもと、アメリカの如何なる挑発にも、それこそ忍びからざるを忍び、台湾、香港、仏印に兵力集結しながらも、フィリピンを素通りして、仏印からシンガポールへ、蘭印へ向い、資源を確保しつつ、インド洋に出て、援蒋ルートの遮断に向かえば、また、違った歴史になっていただろうと思われる。

餌食にされている日本

民主党が政権の座に就いて3年、日本はあらゆる面で坂を転げ落ちるがごとく弱体化してきた。経済、外交、防衛、内政、何か良くなったと思える分野があるだろうか。あるなら是非教えてほしい。何故こうなってしまったのか。こんな筈ではなかった、などと思っている有権者も少なくないだろう。
個人的には2009年選挙前に何度も「民主党に政権を取らせたならトンデモないことになる!」と主張させてもらった一人だが、現状その言葉通りとなってしまっている。

民主党が何故トンデモない政党かと言えば、形上日本人でも朝鮮DNA成り棲まし帰化人の子孫が過半数を超えている上に、政党の支持母体が国内の左翼的組合組織や、朝鮮系組織或は中国系から支援を受けている者が少なくないことである。裏を返せば米国系議員が殆ど居ない。

「国民の生活が第一」とのまやかしに有権者の多くは見事に騙され、民主党に政権を与えた結果何が起きたか。この3年、日本の弱体化と破壊が繰り返されてきた。何故…何故政権与党自ら自国を弱体化させ破壊する政策を押し進めるのか。それこそが朝鮮系及び支那系政党であるが所以。

幾度か述べたが日本は政府債務こそ1千兆円ほどあるものの、国内経済全体のマネー総額8千兆円余り、個人資産1200兆円、対外純資産250兆円、円建て国債長期金利0.8%、の経済大国である。その上技術大国である。朝鮮系や支那系は当然「我々の支援で政権を取れたのだからカネと技術を供与してほしい」と事ある毎に要求してきた。そして民主党政権は見事にそれに応えてきた訳である。

元々日本を弱体化させたい、破壊したいと思っている成り棲ましが巣食う左翼政党が民主党である。日本の経済がどうなろうと、国民がどんなに苦しもうと、殆ど意に介さない。このことは東北大震災の復興支援状況を観ても判る。その証拠に、民主党が政権の座に就いてから諸外国にバラ撒かれたカネは総額40兆円近くにものぼるのである。外国にバラ撒くカネがあるなら何故東北の復興に使わないのか。復興させる気がないからである。
http://blogs.yahoo.co.jp/ryotoanariza/30677793.html

個人的な認識として、初代ルーピー鳩(+汚沢)政権は親中共、次のスッカラ菅政権は親北朝鮮、そして現在のドジョウ野田政権は親韓国、という棲み分けができると考えている。つまり民主党内の派閥はそのまま支援国派閥である、ということになる。ここに来て汚沢一派が離党した。すると野田は急に対支那強硬路線を打ち出し始めたように見える。もう支那に気を遣う必要が殆ど無くなったためであり、支那とのパイプを汚沢一派が握っていた証左であろう。

但しどの政権であろうと、大親分アメリカの前に出るとポチであることは同じ。円高維持、増税、TPP参加、脱原発、すべて米国の命令であり、国家意識の無い民主党政権は従順に従っているのみ。極論を申せば米国こそは日本弱体化・支配強化を狙っている猛獣であり、支那系朝鮮系はハイエナのごとし。

やがてこの売国亡国行為が国民に認識されることを充々承知している民主党は、4年間の間に可能な限り日本国を弱体化させ、国民を苦しめ貧乏にしたいとは考えても、永く政権の座に居たいなどとは殆ど考えて居ない。それが支那朝鮮のやり口であり、これに米国まで加わっての弱肉強食の餌食となっているのが我が国日本、と認識すべきである。

結論を申せば、日本のカネや技術をどんどん諸外国にバラ撒かせ、日本を弱体化させ、やがて支配するための先兵が国賊民主党なのである。

ブログ主がアメリカの過去を批判されますが、現在の日本が変化を研げる一番の起因は、インターネットですよね。英米は日本国の真のパートナーかと。

アントニーの雄弁

http://shakespeare.hix05.com/tragedies1/julius04.lend-me.html

イギリス人は扇動に乗りにくいそうだ。こういう演劇に親しんで、詐術を学んでいるからだろう。

日本民族も能書きや大義などに反応しやすい体質を変えたほうがいい。


70年弱の占領によって日本人は様々な文化や歴史、祖国を守る概念、愛国心を殺がれてしまいました。

GHQ日教組によって捏造された歴史より真実の歴史を知ることがとても大事だと思いました。
東京裁判の映像を見ると今でも涙が溢れてきます。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm18004491

拡散予測「信頼性は疑問」=SPEEDI、情報共有に課題―文科省

拡散予測「信頼性は疑問」=SPEEDI、情報共有に課題―文科省
http://jp.wsj.com/Japan/node_484854


【関連情報】
【福島原発】 上野通子 緊急時迅速放射能影響予測 (SPEEDI)
http://youtu.be/9AwN8h9OBWQ

当時の民主党韓直人内閣はこの様な情報を隠し通せる、日本国民を騙せる
と思い詭弁をろうしていたが、今日のニュースで嘘が暴露されました。
日本民族の存亡に関わる重大な嘘の発言であるので民主党政権の犯罪行為
を徹底的に責任を追及しよう。 同時に今日まで報道を隠蔽してきて
愛国系日本人に事実を隠蔽してきた反日売国テレビ局・マスコミの責任を追及しよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

鬼畜米英支

シナと殴り合いをしていたら、左右からアメリカとイギリスが殴り掛かってきた。しかも悪事(通州事件など。
今日本にいるシナ人が日本人に虐殺されたらどうなる)を行うシナ人だ。怒り心頭に達した日本にやられるのは当たり前。シナと手を結ぶアメリカとイギリスを日本が憎悪するのは正しかった。

5・5・3は不条理

主力艦比5・5・3のハンデは、結構利いています。空母蒼龍は1万トンの枠しかないとき設計したものですが、1万トンではまともな空母は出来ません。結局条約破棄を見越して15,900トンの空母になったのですが、やはり脆弱な空母でした。一方アメリカは、2万トンのエンタープライズ級空母3隻を作ります。その差3千トン弱ですが、結果はそれ以上の差が出ます。

ワシントン条約は日本の財政を救ったと言いますが、それは戦後のアメリカが言わせている論でしょう。自由な建艦競争に負けるならそれはそれで戦争抑止になった筈ですが、アメリカは5・5・3を押し付けることで、日本を焦らせ、又隙を見せて戦争に誘い、5・5・3の得失の利も得ます。

やはり5・5.3は蹴るべきだったでしょう。

大東亜戦争は革命戦争

シナ人が長江の上流域や山岳地帯に移動しようと、英米からの物資がなければ戦えなかった。
シナ事変は日本の勝利で終わっていたのだが、米英がごろつきシナ人を助けたから、大東亜戦争とつながる。

アメリカ、イギリス、オランダ、フランスと白人の下っ端シナ人が勝手なことができる世界では日本は生き残れなかった。『世界革命』をしなければ生き残れなくなった。
シナ事変で日本は革命勢力になった。
覆さなければ従属的地位に追い込まれただろう。

現在日本も覆さなければ、植民地状態が進行する。戦後日本は左翼とアメリカと朝鮮が設定、運営している。

大東亜戦争は左翼、アメリカ、シナ、朝鮮が言う侵略戦争でもなく、保守、右翼が言う自衛戦争でもなく革命戦争だった。

言葉遣いは慎重に

>大東亜戦争は左翼、アメリカ、シナ、朝鮮が言う侵略戦争でもなく、保守、右翼が言う自衛戦争でもなく革命戦争だった。

前段を拝見しますと、「覆す」の意味合いを強く意識しておいでですからrevolution の訳語として「革命」という言葉をお使いなのだろう。

しかし、言葉は一対一対応にはならず時として誤解を生んでしまうことにご注意願いたい。

「革命」はシナ古代思想の天命思想に根拠があり、天の命を受けた天子が民を治める徳に欠けたとき変わって「命を革(あらた)む」と称して打倒してきたシナにおいて成立する。

「王権神授説」をこれと似たものと考えたので、イギリス、フランス、ロシアの政変転覆に「革命」をあてることは可能だ。

しかし、日本の行った戦争を「革命戦争」と称してしまうと、天皇陛下が世界に覇を為さんとして戦ったという誤解を生んでしまう。

祭祀王である天皇にはエンペラーの語を当てるのが不適切であるように、ここはやはり「革命」の名は使わないでおいてほしい。

強力な世直し。異常が常態化した状態を正常にひっくり返す。左から反対の右に向く。異常な状態を覆す。こんな感じで革命を使った
私は漢文漢籍シナ古代思想が大嫌いで、シナ的革命と言うことは前提になかった。
フランス革命、ピューリタン革命、トルコ革命など異常を正常に覆すと世界史でよく使われている革命として使った。
シナ古代思想の知識があると革命に嫌悪感を抱くのでしょうが。

reolutionの意味で使ったのだろうと認めているでしょ?

でも「革命」には「易姓革命」という言葉がなじみあるように、誤解を生じやすいから足を引っ張られないようにしようといったのですよ。

「世(界)直し」のほうがまだいいですよ。

いま保守系の、たとえば「凛として愛」を支持する人が「自存自衛の戦争だった」という表現を肯定するのは、当のGHQ司令官マッカーサーのアメリカ上院での発言を踏まえ、「彼でさえそういったように、領土的野心をもつ欧米列強とは異なる」という意味で肯定しているわけです。

そこには、「人種差別撤廃」とかのニュアンスも含まれている。しかし、敗戦国として負けたくせに自己正当化しないほうがよいという配慮も踏まえ、そこにとどめているといえます。これに「革命」ということばを加えるとよけいなことになる危険性をはらむということです。ご理解願いたい。

いっそはじめから「大東亜戦争は西欧風にいうとrevolution(革命)を行ったのだ」と書いてくれれば私は何も言いませんでしたよ。

感情に任せて誤解を生じる危険はお互い避けましょうよという呼びかけ。だから「オレはそういう意味では使わなかった」というわがままな言い分はやめましょうや。気持ちはわかるつもりだが。だからこそ、お互い無名なんでしょ?

休憩

石狩挽歌
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=is9BENQGjmg

天は二物を与えず

是までの日本、是からの日本

 日本の政治家に自信が無いのは、簡単に謂えば、独立国家の国民としての自覚が無いからだ、と言う事だと思います。

 オリンピックの入場行進を看て居て思うのですが、参加204カ国の裡の80%近くが名も無い小国です、何故、新たに国家を造る必要が有ったのかと思うほど、複雑な場所に有る国も有ります。 全ては、民族自立・自決主義の影響だと読みとりました。

 国を建てるのは、生半な事ではありませんし、そしてそれを維持するのも大変です。

 国家は国際と言う絶えず流動している大河の中に浮かぶ小舟の様なものですから、自らの推進力を育成し沈まない様に水をかき出す等、不断の努力が必要なのです。

 日本人はそういう努力を2千年以上に亘って連綿と続け、以て、日本国を維持してきたのです。

 処が、先の大戦で敗北を喫し、国家存亡の秋を迎えましたが、日本を護る神々は先帝陛下と言う稀代の英邁な君主を用意されて居りましたので、国が分裂しなくても済みました。

 然し、戦前日本の完全復活を惧れる米国に拠って、国家維持に必要なアイテム中の幾つかの自主権を認め無いまま、平和憲法と言う形で日本国家に押し付けたのです。

 詰まりは、「武力による外交問題の解決の放棄」です。

 その結果、先ず武力を背景としなければ、立場を担保しようが無い外交が、自主防衛を許されない状況から、完全に米国追従に成って終った。

 次に、国防も駐留米軍による肩代わりによって、国民の義務では無くなって終っているのです。

 こんな情況で、元来、その国民の代表である政治家に一体何が期待できたでしょうか。

 但し、戦後は「国家の生存の危機」状態が続いて居ましたから、目標が明確だったし、戦前社会から遺された「国民の為に」復興するのだ、と云う共感に満ちて居たから、高度成長を果たす事が出来たのです。

 是は正しく、日本人が2千年以上培ってきた底力と云うべきでしょう。

 然し、或る程度目標が達成された前世紀の80年代末=昭和の終わりの政治状況と云えば、宮沢、竹下、金丸と言った、事大・金権政治家がトップに立って居ましたが、彼らの背後勢力と云えば、宮沢は米国、竹下はシナ、韓国、金丸は朝鮮と皆、国内にいる海外利権に絡んだ企業を通じて支援を受けて居た政治家ばかりでしょう。

 彼らの政治家として拠って立つ処に、既に「国民」は居なかった。 代りに居たのは、「企業」でした。 日本人は奇妙な国民です、企業が何時しか、「おらが国」とすり替えられている のに、手放しで放置して居る。

 国家・国民の利益を何時しか企業の利益が肩代わりする様になって居たのです。 彼らは企業から献金を受ける代償として、企業の利益の為に働いた。 国民の代弁者では無く、企業の代弁者と化して居た。

 この現象は端から予想できたことです。

 憲法九条が有効に働く国家では、国を護ると云う事が、国家の根源的な事では無くなっているのですが、それは国家国民にとって、異常な事態なのだと云う認識さえ、今の日本人には満足に無いからです。

 例えば、オリンピックに参加した弱小国家群の旗は、幾多の尊い愛国者達の生命の代償の結晶です。  笑顔で行進して居る彼等も、国家の危機には、銃を取って戦うでしょう。 そんな事は誰にでもわかる話です。

  然し、今の日本人にそれが即座に出来る人間が何人いるでしょう、否、仮に居たとしても、ソウいうシステムが既に社会から失われているのです。 国民は此処に気が付き始めた、「何か、おかしいぞ」と。 然し、表面に見えるのは、自民党の劣化現象だけでしたし、マスゴミも其処を徹底的に衝いた。

 勢い、政治は反動的に個人の為のモノに向かって終います、其処で小沢が掲げたのが「国民の生活が第一」と言うフレーズです。

 数々の嘘っぱちマニフェストにも騙されて、この誘導は成功しました。 是が、3年前の衆院選挙でしたね。 結果、民主党のダメ政治を3年も見せられ、大震災の復興もままならない、何の為の反対か判らない原発反対迄、今の日本は混乱の極致にあると云って宜しいでしょう。

 然し、この現象は、逆に、政治が既に国民の為のモノでは無い事に国民が気が着いたと云う事を示している。

 そして、此の三年の間に大河の流れは、確実に大きく変わりつつ有り、今日本に必要なのは、国民の手に拠る国防なのだと云う事も、徐々にではあるが理解されつつ有ります。

 私は、日本人はまだ捨てたものではないと、望みをつないでおります。

南沙織 沖縄返還40年に寄せメッセージ

青い空、青い海、自然がある沖縄、
亡き母は沖縄返還には100年かかると言っていた事が思いだされます。
普天間基地がある所で私は生まれ育ちました。
沖縄が返還されて40年になりますが、
沖縄が返還されてもあの形で普天間基地が未だにあります。
本当の意味での沖縄返還がされる事を望みます。

篠山シンシア

TBS 甦る昭和の歌謡歌姫伝説2から。

戦争の隣で育った少女 南沙織

朝日新聞

沖縄県宜野湾市の嘉数高台。その名に聞き覚えがない人でも、
標高90メートルの頂に立つ展望台からの見晴らしは、
新聞やニュースの映像で何度も目にしているはずです。

中低層の住宅がひしめく市街地のど真ん中に、
2700メートルの滑走路がまっすぐ伸びています。
上空から視察した米国の国防長官に、
「事故が起きない方が不思議だ」と言わしめた米軍普天間飛行場です。

日本中の注目を集めるこの現場に思いがけずたどりついたのは、
とっくに引退した元人気歌手を取材してのことです。
彼女は16歳で上京するまでに3回引っ越し、
それぞれが普天間飛行場の三つのゲートの近所だった--
東京で会った南沙織さん(56)本人に、そう教えられました。
1971年、本土復帰前年に沖縄からやってきて、
「17才」で鮮烈なデビューを飾った美少女アイドルです。

南さんが最初に住んだのは、大山ゲートの近くだったといいます。
「1号線のすぐそばで、戦車や軍用車が普通に走っていた」。
1号線とは現在の国道58号。
6車線の広い道は米軍の非常用滑走路を兼ねていました。

小4の頃に越した先が、市役所のある中心部に近い野嵩ゲート付近。
そして、中学に上がってから、
1994年に母が58歳で亡くなるまで実家があったのが、
佐真下ゲートの目の前でした。

最後に住んだ場所には今、真新しいマンションが立っています。
文教地区として知られ、数百メートル先には、
2004年に米軍ヘリが墜落した沖縄国際大学があります。
南さんが幼稚園から通った
クライスト・ザ・キング・インターナショナルスクール(CKS)へも徒歩で5分ほど。

大山、野嵩にいた頃は、両親が運転する車で通っていたそうです。

ベトナム戦争で沖縄が出撃基地となり、
戦場帰りの米兵による犯罪が多発していた時代でした。
娘の一人歩きに母は神経をとがらせました。
「佐真下に越したのは、学校が近かったから」と、南さん。

南さんの育ての父もまた、基地で働くフィリピン人。
琉球人が羨望の目で眺めたフェンスの
向こうの豊かな生活が身近にありました。
商品があふれるPX(売店)や
ハリウッドの最新作を上映する映画館に出入りする身分証を持っていました。

にもかかわらず、南さんの思い出のなかの宜野湾の街は、
モノクロ写真のようにどんよりと暗いそうです。
引退から32年。有名写真家の妻として何不自由ない生活を送っている
南さんが取材に応じた理由は、はっきりしていました。

「言いたいことは一つです。沖縄の海を守って欲しい。
基地はなくすべきですが、代わりに海を埋め立てたら取り返しがつかない」
戦争の影に覆われた日々にあって、
海の色だけは今よりもっと鮮やかな青だったと、
南さんは記憶しているそうです。

チョンの犯罪

元交際相手の男に懲役30年ー女性6歳の娘殺害

許忠志(28)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120725-00000081-jij-soci

中国豪雨被害、政府の「情報隠し」批判高まる

中国豪雨被害、政府の「情報隠し」批判高まる
http://www.asahi.com/international/update/0726/TKY201207260504.html

中国・重慶で25日、洪水で冠水した道路に浮かんだソファの上で休む男性=ロイター

北京で26日、お年寄り2人が豪雨の被害を受けた自宅のそばに立ちつくしていた=AFP時事

中国・天津で26日、豪雨で水につかった道を運行するバスに乗り込もうとする人たち=AP
 中国・北京の先週末の豪雨で、北京市政府は26日、死者が77人に上ったと発表した。中国中央テレビが伝えた。被害を巡って、市政府の情報開示が遅いといった批判が高まっている。

 21日から22日にかけ、北京では、南西部の房山区だけで8200軒の家屋が倒壊し、50の橋が壊れた。市政府は22日に死者数を37人と発表したが、一部中国メディアはそれ以降も少なくとも10人の遺体が見つかったと報道していた。

 ネット上では「民衆が受け入れられないのは被害の現実でなく、ペテンだ」といった市政府の対応を批判する書き込みや、犠牲者の「追悼デモ」の呼びかけも出ている。

≫amotoyamatotake

『イギリス人は扇動に乗りにくいそうだ。こういう演劇に親しんで、詐術を学んでいるからだろう。』

違うでしょう。己の中にあるものは、他人にも当然あるとの発想が故ですね。つまり彼等は当たり前のように詐術を用いている恥知らずな人間であるという事です。
まあ、そんな輩が世の中にはわんさかいる事を学ぶのは良いでしょう。

≫チョン

刑務所出て死ぬまで生活保護受給者だろうね。日本にユスリたかりの人生だ。くずだよ、生まれながらのくず。


≫本当の意味での沖縄返還を

結局何が言いたいんだい。

「言葉遣いは慎重に」 畏れながら申し上げます (大汗)

おっしゃることのスジは真にごもっともであり、異論をはさむ余地はございません。 が・・・・(汗) 語調が冷たいのです。  投稿者の多くは学者でもなければ評論家でもありません。 そこに怜悧な刃物のごとく理を述べられると、理解以前に反感をもたれてしまうのではないか、と危惧するものでございます。
それとも、(名無し+荒い論旨 = 工作員誘導) との非情なる信念からなのでしょうか・・・(汗)(汗)



>無名氏
>はげじい氏

つんけんした印象を与えたとすればオレの不徳の致すところ、
お許しください。

はげじいさま

私のこと? すみません。

パナ、ハンガリーでも太陽光パネル生産縮小

パナ、ハンガリーでも太陽光パネル生産縮小
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120728/biz12072814100006-n1.htm

反日売国奴前韓直人総理の辞任の交換条件とした所謂メガ・ソーラ構想
の崩壊を示唆するニュースであり、孫正義と結託した太陽光発電の余剰
電力を高値の41円で買い取る法案が日本国民を騙すものであり、日本
国民に無駄の投資をさせる犯罪的詐欺法案であったことを証明するニュースです。

【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

南沙織

ハチマキを巻き、旗を掲げて先頭に立つのは、右翼も左翼も似たようなものだが・・・
左翼には、その後ろに進歩的知識人たる広告塔が続き、叫ぶ。

「本当の意味での政治・・・」、「本当の意味での友好・・・」
「本当の意味での・・・」

やめろオォォォォォォ~!!!!!

シンシア、早く目を覚ませよ。

>>基地はなくすべきですが、代わりに海を埋め立てたら取り返しがつかない
 シンシアですか、古い話ですね。 基地を無くしてその後ドゥするの? 間違い無くシナ軍が攻め込んで来るんだけど、デモあんたは東京だもの関係無いか? 遠くで吠えるのが関の山だろうね。

 予想通りのお花畑感覚ですね、そりゃあ、自分は東京の高級住宅街にお住まいだもの、沖縄は思い出の地でしかない。 個人の思い出で、何を語ろうが自由だが、沖縄がシナの大陸棚辺縁に位置している事は、米軍が居ようが居まいが、昔も今も関係ない。

 東シナ海を自分の庭にしたいシナにとっては、沖縄は喉から手が出る位欲しい島ですよ、間違い無く。 仮に沖縄がシナのモノになったら、沖縄から琉球人は追い出され、大量のシナ人が遣って来る、沖縄が前線基地として戦略的に有効なのはシナにとっても同じ事ダカラ、此処に海南島に劣らない海軍基地を造るでしょうね。 すると、その海は10年以内に汚泥の海に成るでしょう。 彼らに衛生的な生活とか、公共心なんて理解できませんし、環境保護なんて「無駄な」事に一角だって遣わないから。 海を埋め立てる? そんな無駄な事は絶対しない、住民の危険等考えるワケが無い。

 遣るとすれば、滑走路拡張の為、普天間飛行場周辺一帯を全部国有化(共産シナのモノ)した上で、無条件で強制立ち退きにするでしょう  住民の行く先? そんなモノ、判りませんよ、だって人民「解放」軍なんですから、何処かへ解放するんでしょ。

 全て、米帝(懐かしい~嗤)は悪と言う我々の世代の認識を引きづって居るから出た言葉でしょう、自分の云っている事が矛盾ダラケなのが判らないし、実は、興味も無い。

 現在シナの人民軍が上陸してこないのは何故だと思う?

拡散・デモに中国人

スレ違い失礼いたします。

【拡散】ミンスの売国っぷりと”オスプレイと原発反対派”の本当の姿
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18465002

反原発及び反オスプレイデモに中国人を送り込んで運動を盛り上げています。

その狙いは反対運動で政府が機密情報まで出すから、それを手に入れて本国へ持って帰ることだそうです。

ぜひ見て確認してください。

そういう意味で・・・

進歩的知識人が良く使う「本当の意味で・・・」には腹が立つが、
小沢一郎がしつこく使う「そういう意味で・・・」にも私は腹が立って、腹が立ってしょうがない。

「・・・ ・・・ です。 そういう意味で ・・・ ・・・ です。」
「・・・ ・・・ です。 そういう意味で ・・・ ・・・ です。」
「・・・ ・・・ です。 そういう意味で ・・・ ・・・ です。」

”本当の意味で・・・”、も
”そういう意味で・・・”、も
後に続く語句や論理を話し手が勝手に清めてしまうのだ。

マネーロンダリーしてしまうのだ。

私は頭に血がのぼるので小沢一郎へのインタビューはもう聞かないことにしている。

保守ブログの殆どが自称保守に過ぎなかったわけ

管理人様、今回の記事は日本の外交能力の敗北と考えられます。

その原因が、昭和になってから軍部までもが官僚化してしまい、大本営も関東軍の統率ができなくなってしまい、関東軍の単独行為と責任を放棄できる侵略行為は無秩序に行うことができたが、和睦撤退という責任を取ることとなる外交能力が失われてしまったことに尽きると思います。

戦後、一夜で鬼畜米英史観から反共親米史観に様代わりできた大政翼賛会史観で拘束された幾千万人ものA級戦犯無罪化嘆願署名が集まったこと自体、マッカーサーは、お上に絶対服従的な絶対に真実を見抜く考察力のない米国の小学生並みの知性と嘲笑しました。

無条件降伏を天皇が宣告した日本の嘆願署名など吹けば飛ぶ塵の署名に過ぎなかったが、米国の老獪な世界戦略が、日本と特亜諸国の隔離化が、日本が米国に忠誠を誓い続けさせる絶対条件と見抜き、日本の共産化を恐れた必要条件を基に、米国が制定した国内法という日本国内においてのみしか通用しない罠でA級戦犯問題を利用できると判断したまさに米国の国益に利用するために無罪にさせたことの公文書だけはさすがに米国も公表してませんけどね。

管理人様が自称保守でないことは理解できましたので、今度は東京裁判史観こそ戦争勝者国の共通の価値観とする戦略で冷戦も乗り切った米国の次の戦略が日本を中東有事・朝鮮有事の要の位置関係と見なしたことに気づく頃だと思います。

連合国体制が終わらない限り

何故、現GHQ憲法を破棄しないのか。何故日教組を潰さないのか。何故宗教団体に課税しないのか。何故スパイ防止法がないのか。何故いつまでも在日特権を許すのか。何故パチンコを違法化にしないのか。何故大麻取締法を撤廃しないのか。何故デフレから脱却しようとしないのか。述べたいことが多くて困っている今日この頃である。今回も長文ご容赦賜わりたく。

上記の「餌食にされている日本」でも述べたが、アメリカという猛獣から常に「また原爆を落とされたいか!」と脅され、狡猾なハイエナ支那朝鮮にカネも技術も狙われ、奪われ続けてきた戦後日本ではなかったか。戦後世界は戦勝国という立場のアメリカ、イギリス、フランス、ロシア(旧ソ連)、そして中国が核兵器を後ろ盾に世界を牛耳ってきたが、その戦勝国組織である国際連合(正しくはUnited Nations=連合国)に敵国条項があるにも関わらず日本が加盟している上に、米国に次いで多額の分担金を支払ってきた。この現実は本来「屈辱」ではないのか。その昔、吉田茂が敷いたレール「吉田ドクトリン」の熟れの果てが現状日本である。

以前「日本再占領計画」でも述べた通り、アメリカを中心とする国際金融資本家達は日本のカネと資源を奪う計画を実行に移しており、プランAが不発ならプランB、C、Dと次々と仕掛けてくる筈だ。日本の円は現状世界一信用度と付加価値の高い通貨であると同時に数千兆円が国内に淀んで動かない。このカネをアメリカに流させる仕掛けがTPPであり脱原発である。日本近海に眠る膨大なエネルギー資源は政治家や官僚に「手を出すな!」と命令して温存させ、再占領が成ってからじっくり奪う算段なのだろう。

またドル暴落の危機から脱していないアメリカは、対日累積債務9〜10兆ドル(7-800兆円?)を返済したくない、というより返せない。もし10円ほども円安になったなら、それだけで米国だけでなく欧州諸国まで大変なことになってしまう。これが円高+デフレ維持を命じてきている理由の一つなのだが、再占領はこの債務全額を棒引きにさせる方策でもある。まさに吉田ドクトリン躍如といった処。もし可能なら吉田茂をひっ叩いてやりたい。

そして今年、世界は風雲急を告げる状況になりつつあるようだ。米国の山火事と大干ばつ、支那の干ばつに大洪水に大暴動、ロシアを襲う熱波と大洪水、イギリスの長雨と極冷夏、そしてスペインに端を発するユーロ崩壊の危機再来。これら大災害や危機が図らずも連合国地域で起きている現実は偶然なのだろうか。既に兆候は表れているが、トウモロコシや大豆、小麦など穀物価格が大変なことになっていくに違いない。そして同様に値上がりするのは間違いなくエネルギー資源である筈だ。そうなると資金力の無い国と人口が多い国は大変なことになる。勿論日本とて無事では済まない。

さてその人口大国支那だが、経済バブル崩壊が確実視されている上に抗議デモや暴動が激しさを増し、更に最近起きた北京近郊の大洪水による死者数は、下手をすれば4桁を超えて5桁の可能性すら出てきているという。このことからも既に民衆の不満が大爆発寸前にあるのは間違いない。処が支那はなり振り構わず南シナ海と尖閣沖縄の侵略を強めている。これはどう観ても国家が崩壊する寸前の姿ではかなろうか。それはつまり日本にとって極めて危険な状況になってきた、と言わねならない。

支那人民解放軍とは日本人を心底憎悪している上に核兵器をもつ最も凶暴な軍隊である。もし共産党の統制が利かなくなってきた時、彼等はどう動くだろうか。その前に、最近支那にある日系王子製紙の工場を巡って訴訟が起き、抗議デモも発生したとの報道があった。それが「日本の企業には最終的に儲けさせない」という支那のやり口なのだろう。がしかし、もっと重要なことは訴訟が決着するまで支那を出国できないという法律があること。つまり、支那に進出している日系企業+日本人は、日本に強硬な圧力を加え、更には武力侵攻するために、悉く人質に取られる可能性が高い、ということを王子製紙の事件が示唆している。その時、日本の政権与党が民主党であるなら、これこそは日本国の不幸。

支那共産党の支配が崩壊する寸前、ほぼ間違いなく人民解放軍は暴発する。その暴発がどこに向うかは断定できないが、日本に向いて来る可能性は決して低くない。下手をすればICBM(核ミサイル)のボタンさえ押しかねない。そうなると、日本は憲法を無視してでも応戦せねばならない。戦ってくれるのは勿論自衛隊だが、果たして日米安保に基づいて米軍が参戦するかは未知数。下手をすれば様子見どころか、逃避すらあり得る気がする。

本来、核爆弾を落とされた唯一の国である日本こそ核武装する権利を有する筈なのだが、戦後67年経った今も公式に国軍さえ持てず、核武装している連合国の横暴や内政干渉を許してしまっている。この連合国体制が終わらない限り、日本にとっての戦後は終わらない。そしてこの連合国体制は、それぞれの国が潰れない限り続く。しかながら、自然災害が示す通り、遠からず彼等に最終局面がやってくる可能性がある。国内外阿鼻叫喚の事態となるだろうが、死んでもよい覚悟だけはしておくべし。

性悪質で見れない日本人

ソロ様
是はもう日本人の気質の問題のように思います。
昔から農耕文化の日本では、狩猟文化中心の民族とは根本的思考が異なります。
其処に宗教が加わり、人種が加われば、人間の判断行動は、異なって当然です。
疑う事を常としない民族が、SAYOKU思想に犯され、GHQの罠に嵌まった民族が、その与えられた範囲内でもがいてる姿は、ロンドン軍縮会議と同じです。
外圧に弱いと言うか、好むというか日本人の根底には何があるのだろうと思います?
それが、神ながらの道なのか?どうして日本国を主語にした国益主体の思考力が低いのか?
何処かに日本を主語にしない思考が潜んでいるん
ですよね。
欧米人のように俺が俺がの我の張り合いが弱い民族です。日本人と特亜の間もその傾向にあります。
其処が、何なのか解りませんが、鰻(日本人)と蛇(欧米人)の思考過程の違いではないかと思います。
蛇は、鱗があり理論的に前にしか進みません。
鰻は、ヌルミがありつかみどころがありません。
この違いだろうと思うしかありません。日本人は、強いのか弱いのか?水の様な民族だとも言えます。
抵抗無く受け入れその形に日本人を水のようにどんな形にも変容でき、日本人の性善説はそのまま。
どの民族も真似できない特殊な民族と言わざる得ません。

性悪質>性悪説

休憩

歌の旅びと
http://www.youtube.com/watch?v=yIuRN9hdf_M&feature=player_detailpage

すばらしい! ちょっと話がずれますが。

団塊世代です。われら(団塊世代)以降、GHQによる、洗脳を助けた(日教組、マスコミ)事により、日本がすべて悪い自虐的思想を植えつけられ、どんどん劣化していく日本人。私はアカハタをよく読んでました(親が購読)。自民の悪さはよく知ってます。 なのに パチンコ屋の恐さはこれっぽちも報道せず、○ハンなる企業の広告は野球場で一番値段の高いところにあり、和田氏なる帰化人が宣伝に出てます。また 製造メーカーsankyo?<昔よくやってまして、機械に書いてありました>なぜ知っているかパチンコ台のメーカーで 他に大手は数社、 皆 半島系です。
私は上野の朝鮮部落(コリアンタウン?)を毎日のように通ります。ゲーム機メーカーと最初思ってましたが、みな パチンコの機械メーカーです。素晴らしいビル(白亜の殿堂<皆が、白くはないですが、それにちかい>が林立してます)。日本一の金持ちは孫正義さんとか。それ以上に侮れないのは、パチンコ屋経営者です。 ネットの情報によると、丸半の創業者は密入航者で力道山<北朝鮮の英雄>によって、無罪釈放とか?

日本は、第2次世界大戦の連合国に対して、原爆を落とす権利がある

日本は、核装備する、核装備をしない、の議論をすることは元より、第2次世界大戦の連合国の、いずれか2箇所に対して、原爆を落とす権利がある。

反日集団国家

ほんともう密入不法入国者、不法滞在者全員一人ももれなく強制送還して貰いたい!
他所の国に処罰もされず居直り居座る人間が良い人になる訳ない!
また、人知れず良からぬ事する、人を甘く見てはいけないです。
罪は罪それが出来て始めて同じ土俵で話せるってものでしょう!
大した人数じゃないって言ってるうちに、不正な力を得て権力持ってやりたい放題、税金も派手に毟り取ってるじゃない!
「日本は日本人だけのものではない!」
分裂国家だと表してる、まさにそうじゃないですか。

強制送還=強制送韓

賛成です。
ニコニコでも、韓国国交断絶デモをやっていますが、賛成です。
日本から出て行ってもらいたいです。
よく長く日本に居るんだから帰化させればと言う人が居るが、それは、間違いだ違法に存在した訳で、法治を乱した民族をかわいそうだからと逆差別(日本人が差別されている)にしてはいけない。
今迄の鮮人による犯罪・被害を総括せず野放図に
放置するのは良くない。歴史にケジメをつけよ!

金融資本が調子のってるなら昔の日本人らしく
懲らしめに行くべき
今ならイスラムもついてくる
いや、イスラムは日本が動くの待っている。

気に入らないならワシントンやニューヨークを
まるまるふっとばせばいい、広島長崎みたいにさあ
そして正義と言い張るんですよ
そしてやっと白人は自分たちのやったことを自覚する

白人があんなに凶暴になったのも
アジア人に恐怖を抱いてるからでしょう
思い出させてやればよい

パチンコ

都道府県別パチンコ人口比率
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7330.html
10歳以上の人口の約10%が過去一年間でパチンコした経験があるそうだ。

パチンコホールの収入額
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/5670.html
2004年度で27兆円

パチンコの売り上げが急激に伸びている。 (総務省統計局)

平成23年 3月 63,110 (百万円)
4月 69,565
5月 74,639
6月 69,651
7月 74,592
8月 76,495
9月 72,809
10月 74,799
11月 69,891
12月 77,131
平成24年 1月 111,892
2月 100,305
3月 104,582
4月 103,791
5月 107,184

***
2004年度の収入額27兆円と、総務省の統計による売り上げの関係が良く分からないのですが、どなたか説明していただけませんか?

総務省の統計によりますと、パチンコホールの売り上げは年間およそ12兆円くらいになります。
2004年はなぜ27兆円なのでしょう?

昨年は、マスコミも国会も小沢一郎の「政治と金」について騒ぎ立てていましたが、
マスコミも民主党の国会議員もパチンコの金にズブズブに浸っているはずだ。

また、推測だが、成人男子に限ると、2割~3割が、パチンコしているのではないか?

日本人に覚醒せよ

>katachiさん
>>何処かに日本を主語にしない思考が潜んでいるん
ですよね。
 鋭いご指摘だと感心して居ます。 愚考するに、その原因の一つは、仏教思想=利他愛、共助社会の称揚の中で培った日本人の「徳を為す事を重んじる心」だと思います。 そして、モゥ一つ、背景に「天皇家=スメラミコト=民草の代弁者=選ばれし家族、以外は、全て神宝=神の子として平等なのだと云う考えでしょう、特に、後者は一部明文化されては居ますが、殆ど無意識下にあり、其れが日本人たる所以であると云って善い。

 民草が神宝(カンダカラ)であると云う考え方は、古く4世紀の時代には、既に現れて居ますが、民草の為の政事を何にも増して優先すると云う考えこそ、民主主義の根本ではないでしょうか。 民主=民に拠る政治とは限らない。

 利己的な栄耀栄華ではなく、飢えて死ぬ子供を無くす事を目指した社会だからこそ、無駄な争いを避けようとする。 責任者たる領主が切腹して、敗戦の禍から、民を救う様な社会常識が生まれたのです。

 我を張らない、我を殺し、対立する相手の話も良く聞いて、自分の為ダケでは無く、皆の為に成る結論を引き出そうとする姿勢を称揚し、其れを基本にした行動を称賛する仏教精神が素直に受容され、為政者、聖徳太子を以て、「仏法に拠る王道楽土の完成こそ、国家・社会の理想である」と言う結論を有らしめた。 亦、民草にも、それが出来てこそ、より良い社会に近づく事が出来るという確信が沁み込んでいった。 ソウいう常識を支配者と民草の間で共有してきたから、2千7百年(皇紀27世紀)に亘る連綿たる歴史が紡げたのです。

 その要諦を記したモノこそ、「教育勅語」であると私は思います。

 モゥ一つ貴方がご指摘されて居られる、この日本人らしさが、世界に通用して居ない点について、心無い三国人達に拠って、悪用されている事に対する嫌悪感については、私も同感です。 彼らの理想を最もよく言い現わしたのが、創価学会の自己実現第一主義でしょう。 

 「先ずは、自分を救いなさい、然る後に、他者を救う事が可能になる。」と言った、考えには、自己犠牲と言う姿勢は何処にもない。 それを是とするなら、自分を救い、然る後に他者を救える様な余裕のある立場に立つまで、他者は救済されなくて善い事に成りはしないか? 否、自分を救う為には、他者の難儀は無視して良い事に成りませんか? 法華経に説かれた事だから、是も仏教=仏の教えであり、然も、結論であると言うが、何故、最後に説かれたモノなのかを考えて看るべきである。 「この結論に至るまでの教えは、全てまやかしである」と説くが、それでよいか? 個人は良くても、社会は立たないのは明白では無いのか?

 日本人は、こういう自問自答を永きに亘り繰り返してきた、然し、眼前で繰り広げられる、飢饉~弱者の餓死を食い止める事こそ、遺されたモノのすべきことである、と言う神より与えられた覚醒に、日本人は素直に従ったのです。 ダカラ、平和主義が基本なのでしょう。

 私は、この日本人らしさに日本人が気が着けないまま、日本社会が、他の国の人々と同じ様に、利己主義、自己実現ダケの理想しか描けない社会に堕して終う事を、如何にも惜しいと「思うモノです。

ふざけるな!

ソロやCoCoがいまさら何を言うか!

反韓人と名乗る得体のしれない工作員?へ


説得力の基本は論旨、またはテーマに一貫性があること。

ときに 「あんさん、腸、きり裂かれるぜぇ~」 とすごみ
ときに 「教育勅語の暗証ぉー ! ! 」   とさけび
ときに 「オザワいちろぅ ・ ・ ・  」  とうめき 
ときに 「ぱちんこ、chinnko、こんちぱ 」  とのたうつ。

処方箋はただの一つ。  馬鹿に付つける薬は無く、馬鹿は死なねば治らない。
慧眼の士のアドバイスに従い、ネームロンダリングでもやったら。

「ソロとCoCoがここのコメント欄の頭だと思ったが役不足だ」

そんな「頭おかしいのか?」と皆を唖然とさせるセリフを吐いていた勘違い野郎が「いまさら」とか狂犬ぶりをさらしてますなあ。

君をたてまつってくれるチリドルももういないし、君が去っても誰も困らない。

ホンダ、歩行アシスト機器開発 介護予防を目的、実証実験へ

ホンダ、歩行アシスト機器開発 介護予防を目的、実証実験へ
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120729/biz12072920200002-n1.htm

歩行補助機器で室内や屋外の運動が可能になり、寝たきり老人達が動き出す。
医療や老人介護業界に画期的変化をもたらすだろう。
【車・船・乗り物の掲示板】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kfn/kfn.cgi

>君が去っても誰も困らない。

sinonome、ふざけるな、地球儀買っておけ。

ポグロム

●1881年の春、アレクサンドル2世が暗殺されると、この犯行グループの中にユダヤ人女性革命家ゲシア・ゲルフマンがいたことから、民衆の間で「皇帝殺しのユダヤ人に制裁を加えるべきだ!」という煽動がなされた。そのため、この皇帝暗殺事件を機にポグロムは爆発的に波及したのだが、興味深いことに、ほぼ全てのポグロムがウクライナ南部の定住区域──かつてのハザール王国領と重なる地域(黒海北岸)に集中していたのである。当時のユダヤ人作家は、この時のポグロムを「ウクライナ南部(黒海北岸)の暴風」と呼んでいた。
・・・・
●1881年にウクライナ南部(黒海北岸)において発生した一連のポグロムは、ロシアにいるユダヤ人たちに大きな衝撃を与え、ロシア・ユダヤ人社会に大きく分けて“3つの動き”を生み出すことになった。

●1つめの動きは、ユダヤ人の大移住である。1881年から1910年まで、300万人近くのユダヤ人が、ロシアを離れて他国へと移住した。その7割は、アメリカ合衆国を目ざしている。ユダヤ人は、エルサレム陥落以後、全世界に「離散の民」として移り住んだが、これほど短期間における大規模な移住は、かつて例を見ない。しかも彼らは組織もなく自発的にロシアを去ったのである。
・・・・
「東欧ユダヤ人にとってニューヨークは『約束の都市』であり、アメリカは『約束の土地』であった。1881年にロシアで起きたアレクサンドル2世の暗殺の余波としての東欧ユダヤ人の大移住の開始から、第二次世界大戦へのアメリカの参戦の頃までの時期は60年間である。この間に東欧系ユダヤ移民の世代は巨大な変化を体験した。彼らは『東欧ユダヤ人』から『東欧系ユダヤ移民』となり、最後に『ユダヤ系アメリカ人』となったのである。」
・・・・
●ソ連は第二次世界大戦後、ユダヤ人を差別し続けた。スターリン時代からソ連崩壊にいたるまで、ソ連の上級官僚に任命されたユダヤ人は皆無に近い。教育でも就職でも、ユダヤ人は常に差別されてきた。ブレジネフ時代にユダヤ人にもたらされた恩恵といえば、ただ1つ、出国の機会だった。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb200.html

休憩

東京オリンピック
http://www.youtube.com/watch?v=iL2Yymyb-yk&feature=player_detailpage

中国デモ、朝日新聞記者に警官暴行 カメラ・記者証奪う

中国デモ、朝日新聞記者に警官暴行 カメラ・記者証奪う
http://www.asahi.com/international/update/0728/TKY201207280483.html

関連トピックス
海の日
 中国江蘇省南通市啓東でデモの取材をしていた朝日新聞上海支局長の奥寺淳記者(41)が28日、警官らに押し倒され、頭などを蹴られる暴行を受けた。撮影ずみデータが入ったデジタルカメラ、外国人記者証も奪われた。

 暴行を受けたのは同日午後0時半ごろ、啓東の市公安局前の路上。デモに参加した市民を警官が集団で暴行している様子を撮影していた奥寺記者は、突然カメラを奪われ、取り囲んだ15~20人の警官に地面に押し倒された。自分は記者だと名乗ったが、約20秒間にわたり蹴られ、体の上に飛び乗られた。暴行がおさまった後で見せた記者証も取り上げられた。後頭部や腕、腰などに痛みが残った。

 朝日新聞は中国政府に対し抗議し、カメラと記者証の即時返還を求めた上で再発防止を申し入れた。上海の日本総領事館は同日、地元政府に対し、(1)暴行が事実なら厳重に抗議する(2)奪われたカメラなどの原状回復を求める、などとする申し入れをした。

     ◇

 〈渡辺勉・朝日新聞国際報道部長の話〉 正当な取材活動に対して加えられた極めて悪質な妨害であり、看過できません。中国政府に抗議し、謝罪と、カメラと記者証の返還を求めています。

情報が古いんじゃないか?

>kesselring, etc
イマドキこのブログで、 ソロとCoCoが … ってチト古いんじゃないかい。
有力ブログにコメントをする際のマニュアルに、このブログではその二人に気をつけろ、とか書いてあんのかなぁ?
 

朝日新聞 = 天罰ですなぁ 


シナポチとしていっしょけんめいにシッポ振り媚を売っても、媚薬の効果なしかいな、笑ってあげる。  
アハハハ。 無法国家には武力を背景とした毅然たる態度のみ、と自覚できればケガの功名となるけどねぇ。

総選挙まで400日を切った。
野田は最後まで居座り、枝野たちとともに日本に悪いことを続けるだろう。
大悪党枝野が野田の真の姿なのだ。
原子力規制委員会は憲法9条のように日本の経済のエネルギー自衛を弾圧するだろう。
エネルギー3択案など、まったく意味不明である。国民を馬鹿にしている。
世界を見ると三択ではない。自由に原発を使っている。
これは日本経済の自殺行為の強制だ。完全に利敵行為である。大失業が発生するだろう。
民主党は外貨を稼がない。浪費するだけだ。
浪費で大赤字の日本は、破産へ向かって一直線だ。
左翼政治家の悪を思い知っただろう。
しかし騙されて毒薬を飲んだ以上、重大な被害はやむをえない。耐えて回復するしかない。小泉元首相もその意見だ。二度と失敗しない。
そこで回復の方向を常に考えて欲しい。社会は機能的でなければならない。
政治決定に参加するものは、責任を負う国民に限る。これを責任制民主主義と云う。
いまは無責任性民主主義だ。金をもらう人が金額を決めている。これでは社会は崩壊する。
誰もが甘く見ているが、原理は峻厳だ。舞い上がっても地上に落ちて粉砕される。
それから価値観の転換だ。長生き、金から伝統の子孫確保に戻す。
究極の幸福は子孫を持つことだ。どうせ人間長生きはできない。
この価値観の対立の背景には、欧米のキリスト教的な先祖崇拝否定と日本伝統の先祖崇拝のぶつかり合いがある。これは奥深いので今後も話したい。
われわれ日本人は敗戦で国体を盗まれた。その代りに偽物が鎮座している。
この被害者意識が重要だ。
http://pub.ne.jp/surugasankei/


朝日新聞も例外ではなかった

支那共産党の公安が取った行動は、素晴らしく平等を感じさせるニュースです。
何時でもこうなる事は、見えていたはずだ。日本日本国民を煽動出来ない新聞社の支那での末路を思わせる。
ある意味支那共産党は、朝日を見限った証拠ではないか?
朝日は、支那から見て裏切ったのか?裏切られたのか?朝日の論説が両刃の剣として作用したともいえる。
それは、日本人を誘導出来ない事による。
今後、朝日は、どのような立場で報道の立ち位置を決めるのだろうか?見物である。
頼むから朝日の大本営発表だけは、止して欲しい。
信頼されない新聞が、消える時とはこのようなものだ。

朝日新聞は謝罪しろ

カメラと記者証を返して欲しかったら朝日新聞は謝罪しろ。

「あるはずもなかったデモをあったかのように思い違いしていました」
「お許しください」

デモがなかったと思うの得意なんだろ?

満州の特殊性

藤原正彦氏も「日本人の誇り」の中で、日露戦争後の満州について同じようなことを述べていたと思います。満州の土地は誰が統治するわけでなく盗賊が跋扈するような無政府状態のエリアだったというような内容でした。また、リットン調査団も満州のそうした特殊性を認めて公平な見解を示していたと。
よく考えたり調べたりせず「日本の侵略」を前提にして論を進めている、いわゆる知識人が多いようですね。
西尾幹二氏のブログによると、「雅子妃の父、小和田氏が日本は国際社会の中で「ハンディキャップ国家」だと言い立てていることは よく知られている。つまり中韓両国に永久に謝罪し続けなければならない国という意味 という。」
このような真実を追求する意思や思慮もないような人が外務省のトップだったとは。そして今は国際裁判所の判事。また、小和田氏は、ビルダーバーグ会議の下部組織である日米欧三極委員会のメンバーでもあります。
困りますね。こんな人の娘に将来、皇后になってほしくありません。
皇太子はというとすぐに「雅子が、雅子が」、一般人ならそれでも構いませんが。秋篠宮夫妻に天皇皇后になっていただきたいものです。

パチンコと生活保護

生活保護詐欺事件と申請を受理する成り済まし公務員と資金回収装置のパチンコが連動しているのは常識だろう。

そして、経済不況により資金回収装置に割り増しの蕩尽を指令されて、パチンコ専従生活保護者が使役されている。

もともと、生活保護を受けられない人間が、組織的圧力と承認で不正受給しているのだ。
それを北朝鮮に送金するのだから、北朝鮮が困窮すればするほど、回収率を上げるのだろう。
四公六民が五公五民になるように。

ちなみに、南朝鮮内の人民委員会(北朝鮮の根拠地)にも、補給が必要なので、南朝鮮系のパチンコも、
韓国パブが北朝鮮経営なのと同じように、カンボジアにまで出店するのだろう。

そう言う意味では、警察の内部にケーサツがあって、北朝鮮勢力であると想像することができるのだ。
ケーサツの事件もみ消しは、多分こういう圧力が原因で、暴力団対策課が暴力団と人相が同じ理由だろう。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。