スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日露戦争開戦の決意 近現代史の旅NO13 6月29日(金)


近現代史の旅13回目です。明治38年5月28日、日本海海戦で日本は
大勝利しました。野球で言うならまさにパーフェクトゲームです。

完全試合は日本のプロ野球ではこれまで15回記録されています。しかし
艦隊と艦隊の海戦での完全試合は後にも先にも日本海海戦だけです。

当時のロンドン・タイムズという世界的な大新聞に次のような社説が載り
ました。「日本海において日本の海軍とロシアのバルチック艦隊とが
戦った。一方のロシアのバルチック艦隊は全滅である。これに対して日本
はほとんど無傷である」

さらにタイムズは「この日本の大勝利はどこに原因があるかというと、
日本の海軍の軍艦が優秀でも、大砲が優秀でも、戦術が実に巧みであった
のでもない。実にかかってそれは精神力の差であった」と書いています。

さらに驚いた事にタイムズは「日本人の支柱である大和魂がロシアの海軍
の兵隊たちより突出して優れていた。大和魂というのは、日本人が数百年
かかって育ててきた武士道である」とタイムズは説明しています。

当時のロンドンの新聞がここまで日本人の精神を知っていることに驚か
されます。おそらくアーネスト・サトウの回想録の影響ではないかと推測
します。

アーネスト・サトウ(1843~1929年)は イギリス人の通訳官および外交
官として日本に累計で約25年間滞在しております。アーネスト・サトウの
「サトウ」は 日本人名「佐藤」とよく間違えられますが 本名が
Ernest Mason Satowで、生粋のイギリス人です 

もう一人、明治の日本を浮き彫りにした貴重な記録を残した人がいます。
英国の博物学者リチャード・ゴードン・スミス(1858~1918)です。
スミスは1898年に来日し、主に神戸で暮らした。少なくとも1915年まで
日本におり、その後帰国したらしい。この間、英国で『日本の昔話と伝説』
を著しています。しかし彼の関心は次第に物から日本人の精神生活へと
移る。昔話と共にそれを象徴するのが日露戦争に関する記述です。

彼は「戦時下の日本人の行動は模範的で、人々には愛国心、静かながらも
勇気のある気力などが驚くほど満ち溢れている。これが「サムライ」であり、
「大和魂」と呼んでいるものであろう」と日本人の特質を客観的に述べて
います。また彼は「『愛国心と武士道』、この二つが日本人を理解する上で
もっとも重要な要素であり、天皇崇拝にもとづいた精神は、ヨーロッパと
根本的に異なる」と記述しています。

話を元の軌道に戻します。
日本はロシアと戦争はしたくなかった。日本の指導者は明治天皇をはじめ
として大臣や元老まで誰一人日本は勝つ見込みがないと考えていました。

日本陸軍の最高責任者である山県有朋は負けを覚悟していました。彼は伊藤
博文に「伊藤、お前は文官である。だからわしと同じように腹をかき切って
責任を負うわけにはいかない。われわれ軍人はまだ死ねば済む。負けた日本
人4千万人はロシア人によって奴隷のようにこき使われ、辱めを受けるで
あろう、その中で一人屋台骨を支えなくてはならぬ、敗戦のどん底から日本
を再建させてくれ、伊藤お前しかいない」と言う言葉を残しています。

特に陸軍は勝つ自信がなかった。こういうことを言うと今の日本国民は勝て
ない戦争をなぜやったのかと言いますが、民族というものは、あるいは国家
というものは、勝てないと分かっていても戦うのです。出来立ての明治政府
の最大の国家目標は欧米列強の植民地にならないことでした。そのために
戦ったのです。

旅順の攻撃などは命をゴミのように捨てて突撃の連続です。第1回の攻撃
で4千人以上の死傷者がでた。それでもめげずに攻撃をくりかえし合計2万
数千人の人が死傷しました。国を守るためにみな命を捨てていったのです。

そのご先祖さまがあったから、ロシアに蹂躙されずに、現在、私たちは
幸せな生活を送ることができるのです。

明治37年の1月12日、日露戦争が始まる1ヶ月前、再度の御前会議が
行われた。御前会議では、もうここまでであります。日本がここで戦わ
なかったならば、真綿で首を絞められるようなことになり、戦わずに降参
することになります。そのとき明治天皇は「もう一度ロシアに対して催促
してみよ、国民を犠牲にするわけにはいかない、だから平和裏に交渉をして
みたらどうか」と言われました。

元老筆頭の伊藤博文は「ロシアは何回交渉しても日本を相手にしない。
それどころか満洲,と朝鮮で軍隊を増強して、いずれ日本に攻撃をかけて
きます」と申し上げました。明治天皇はその頃、「いくすえは、いかに
なるかとあかつきのめざめめざめに世をおもうかな」と歌われていました。

つまり日本はロシアと戦わなければならないようである。もし負けたなら
ば皇祖皇宗に対し、日本国民に対してなんといって朕はお詫びをしたらい
いのかわからない。そう考えると夜も眠れない。知らぬ間に夜はあけて
いったという意味です。

海軍はパーフェクトの勝利ですが、陸軍はロシアの新兵器 機関銃を前に
多大の犠牲をはらいました。それでもロシア軍との激戦に勝利を得ました。
この不利な状況を勝ち抜くことが出来たのは、明治天皇を中心に日本の
リーダーたちが一致団結した。それから軍隊が全員命を捨てて戦う覚悟を
したことです。

軍隊だけが戦争をするのではない、日本国民が全員で戦ったから勝ったの
です。国民が自分の国を守る意識がなかったら、いかなる国でも滅んで
しまいます。

話は飛びますが、尖閣問題で領海を侵犯されても、国家の主権を脅かされ
ても政治家は何も感じない、悔しいとも思わない。ロシアから日本を命懸
けで守った明治のリーダーたちには考えられないのではないでしょうか。

幸いなことに東京都の石原慎太郎知事が表明した尖閣諸島の購入計画の
寄附金が、12億円を超えたそうであり、4月27日の寄附金口座開設から
約1ヶ月余りで10億円の寄附金が集まったことは、日本精神は今だ健在だ
と認識しました。次回の選挙で「なりすまし日本人」さえ排除できれば
日本の未来は明るいです。

しかし最近の財界には頭のおかしい人がいて平気で日本を売ります。
元伊藤忠の丹羽駐中国大使が、英紙フィナンシャル・タイムズのインタ
ビューで、都による尖閣購入計画について「実行されれば日中関係に重大な
危機をもたらすことになる」と述べたそうで、まるで中国側に立った発言
をしています。

ブログで私が何回も主張していることは、歴史を知るということは出来事
だけを今の感覚で捉えるのではなく、その時代に戻って、その時代の精神と
いうものがどうであったか、その時代の世界情勢はどうであったかを、その
世界における日本人の位置を学んで、そこから歴史を探っていかなければ
真実はみえてきません。

(今日も相変わらずアサッテに飛びました。次回もお付き合いください)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

アホの朝鮮上海香港銀行3

国内の政局などは皇帝1人の意思で動くものではない
下にいる大臣や議院などが国家の方針を決めるのだ
ニコライがいくら戦争を避けたくてもどうする事もできない
大平洋戦争でも天皇陛下は反対されていた。
しかし、一部の軍人と政治家が勝てる見込みのない
戦争をし始めたのだ。

ロンドンタイムスは、日露戦争勝利の理由を日本人の精神力としたのですね。 戦艦は国産ができなくイギリス製、戦費は外債、国力はかけ離れて低い。 このような条件でよく開戦に踏み切ったと思います。 明治の軍人、政治家の肚の座り方に驚くほかありません。 これに比べれば大東亜戦争は、一部工作機械が外国製だったとはいえ、艦船、飛行機、戦車は自分で作りました。 戦費を外国に頼ったわけでもありません。 国力の差、資源特に石油の問題はありましたが。 明治人の肚はどうしてできたか。 これは今の日本人にとって大きな課題です。 精神面、肉体面、両方から考えなければと思っています。 私は身体の方に余計惹かれます。

【史実】 ロシアの汚い領土侵略 (第三者による記録)




一番上に間違った世論誘導(工作員がしつこいので)

再度!!!


45秒頃~必見!!!
【史実】 ロシアの汚い領土拡大侵略 (第三者による記録)
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=2IB85S123rs&list=PL9DB0454F06BD2BDC&index=29&feature=plpp_video





福島の首長「取り返しつかぬ」 米国放射能汚染図非公表

1985年8月12日のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中共及び中国公安部)では、米軍の救助が日本政府に断られた。
2011年の311でも、原発事故直後、米国から提供された放射線量のデータを、政府が公表していなかった。

これが、正しい米国を無視する中国べったりの悪しき日本官僚の姿だ。


以下朝日新聞
http://www.asahi.com/politics/intro_m2/TKY201206280571.html
福島の首長「取り返しつかぬ」 米国放射能汚染図非公表
 原発事故直後、米国から提供された放射線量のデータを、政府が公表していなかった。経済産業省原子力安全・保安院と文部科学省が福島県の避難自治体におわび行脚を続けているが、首長からは厳しい意見が出ている。

 28日午前、保安院幹部らは埼玉県加須市の旧騎西高校の双葉町役場を訪れ、非公表の経緯を説明。井戸川克隆町長は「人命に関わることを一握りの人の判断で決めてしまった。取り返しがつかない」と非難。保安院の職員が、新設される規制庁に移ることについても「原子力行政ができるのか。規制庁に横滑りしていったい何を規制するのか」と憤った。

ロシア=台湾 (1985年8月12日のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事(背景に中共中国軍中国公安部)と同様の構図)

ロシア=台湾 (1985年8月12日のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事と同様の構図)



http://www.nikaidou.com/archives/26392
■ アルジグループ:細野の関係者は台湾に逃げた

 実質ファンドなんだけど、信用補完という名目でアルジ自体(正確には100%子会社)が起債して金を集めていたはずなので、負債になっているのですね。
(販売窓口)アルジゲート証券
(発行元) Aruji Capital Asset(Russia)
この2社の100%親会社がアルジグル―プという構図。
要は最初から
1.キプロスは当時(3~4年くらい前)からハイリスク・ハイリターンなので投資家が付きにくいところを、如何にもロシア政府に通じた風なアルジが中に入ることで、信用補完している様に見せかけて、債券を売る。
2.キプロスがうまく行っている時は、クーポン以上の利回りをアルジが食べる。
3.キプロスが死んだら、アルジを潰して逃げる。
というインチキ商売。アルジ自体の起債は250億くらいだけど、アルジゲート証券で売った如何わしい債券はもっとあるはずなので、調査が進めば被害額は上ブレするはず。




http://www.nikaidou.com/archives/26379
細野大臣の関係者がいる会社だぞ!

http://n-seikei.jp/2012/06/post-9542.html
ロシアコンサルのARUJI GROUP(株)(東京都港区麻布台2-4-5、代表:ラヒモフ・アリシェル)は、債権者による第3者破産申立てにより6月 20日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、三村藤明弁護士(電話03-6721-3111)が選任されている。
負債額は約250億円。
同社は、ロシア・日本間の投・融資や貿易等のコンサルを行っていた。負債額が250億円とは、大き過ぎ、名ばかりの金集め会社のような感じもする。ロシアに豪邸でも建てているのだろうか。
なお、オービックの平成23年3月期の決算書には、ARUJI GROUP(株)第1回私募方式普通社債として120億円が掲載され、更にロシアのようなKislania Enterprises Company Ltd.第1回私募方式担保付転換社債型新株予約権付社債として30億円も掲載されている。いくらオービックといっても痛いだろう。オービックの自己資本は1,292億99百円(平成24年3月期)と儲けを積み上げている。

戦果という思想

戦争を行えば、その戦果を治めることができるというのは、戦国時代の武士の思想。そして日清戦争当時の世界的な常識であったようですね。

戦果を取り上げられた日本は、その常識が臥薪嘗胆となり、日露戦争の大きな精神的な引き金になったということでしょうか。

戦争は戦役のためにあるという思想は今日の常識ではない。戦争はぶんどるためにではなく、防衛のためにあるという思想であれば、戦役の恨みという考えは今日的ではない。

今日の戦争は、核ミサイルを中心とした恫喝の平衡と領土防衛そして領土奪還である。まずは、非核ミサイルにおいて相手国に対する圧倒的な破壊力を保持し、現有領土を防備すること、そして竹島・南樺太・千島列島を奪還し、そこに日本民族による自由な経済活動を取り戻すことこそ政府の使命である。

拡張はいらないが、領土保全は必要である。

南鳥島にレアアースが発見され、メタンハイドレートとあわせ日本は資源大国なのであるから、自国の領土における権益を保全していく夜警国家へ変貌を遂げる時だ。資源が経済成長の要になる時、国家は商人国家から資源国家へ変貌を遂げるべきである。拡張の戦役思想を継承するよりも資源防衛を要とするべきである。

"武装蜂起&メタンハイドレート.mp4 - YouTube" ( http://bit.ly/LTXvG8 )

"河北新報 内外のニュース/南鳥島海底にレアアース 230年分、採掘に課題" ( http://bit.ly/Mbgi4C )

おまけ

"新刊情報---中川八洋『TPP反対が国を滅ぼす 農水省・JA農協を解体せよ!』:「保守主義の父」 エドマンド・バーク 保守主義:So-netブログ" ( http://bit.ly/M3863q )

あ~あ

どうせbubkaの仲間なんだろうな。

6/25【超人大陸】藤井聡【記者の言い分に真っ向からお返事します】



スレ違いですが(__)

6/25【超人大陸】藤井聡【記者の言い分に真っ向からお返事します】
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=n-Vwm8l3-9g








リアルのロシア人は最低の民族

ニコライ二世がどんな人物かは会ったことがないから知りようもないが、
こんにち、ロシア人がとんでもないクズの泥棒民族だというのは、世界中で
完全に一致した共通認識です。私は医師で、
北海道でリアルに数多くのロシア人の患者とその家族に接してきましたが、
治療費は全て踏み倒しです。そのお金は全て日本人の血税から支払われました。
その他日本全国から寄せられた義援金の持ち去りなど、
仕事でじかにつきあえば、ロシア人という民族のクズぶりは明々白々。
(アメリカで暮らしていた時も世界中の民族から嫌われていました)
上でロシア人を一生懸命擁護している人がいますが、今のロシア人と日露戦争当時のロシア人が全くの別人種などということはどう考えてもあり得ない。
よってロシア人をあまりに美化しすぎるのは非常に危険だと申し上げておきましょう。

暗い穴蔵に篭り汚れた水溜まりに映る己の姿を見ながら自慰行為に耽る常連諸君。
街へ出よう。

要はアレだろ!

ヤッターまん?
お前!マジ沈めるぞ!

いつも有り難うございます。日本はすごい力がある国だったんですね。忘れないように日々過ごしていきます。

何故自民党は賛成に回ったのか? 西田昌司

 民主党解散総選挙に持ち込む!

”今一度ハッキリさせたい消費税より景気回復優先”

http://www.youtube.com/watch?v=Ftkd1GBaP6I

管理人 様
此のシリーズ、長く続く事を祈念しております。ですが、時事ネタも時々は挟まれたらと…。(欲張りでスミマセン)

歴史を学ぶ時、管理人 様の仰る通り、当時の時代背景や人々の考え常識を知らずに現代の常識で全てを推し量ればトンデモ歴史論になりますね。日教組や左巻きの自虐的歴史論のように…。
また、歴史小説は小説であって歴史書ではない。エンターテイメントで憶測や嘘が混じっていると考えるのが常識です。小説が歴史になる国の人と日本人を同一視しないで欲しいものですね。

さて、ロシアは戦争に巻き込まれた?の和田教授の論文を引用した説明、期待していたんですが…。
君主の一言で戦争or平和が当時の常識なんですか?
少なくとも、明治時代の常識ではないですね。
世界は君主の一言より国益の時代でしょう。また、国民の支持が必要な国家総力戦の時代。勝ち抜くには、其処に楔を打ち込む(革命勢力の援助など)も常識。帝国主義の世ですから。
ロシアに取っての最善は戦争しないで朝鮮半島に南下する事。恫喝だけで日本に負けを認めさせる、帝国主義の極意です。
教授の論文は何と論じたのかな…?

ところで
後の皇帝一家の不幸な出来事は残念な事ですが…日本の責任?日本が悪い
特亜の日本悪役論丸出し…ですね。(笑)

≫2012/06/29(金) 19:00:52

『要はアレだろ!』

この短い一文だけでどなたが書かれたか分かってしまいました。

世の中にはいろいろな輩がおる。

無視すれば宜しい。

和田名誉教授らが述べているのは、銀行強盗が銀行員に実弾入りの銃を突き付けておきながら、「強盗に殺害の意図はなかったので、実際には、銀行員の生命の危険は全く無かった。銀行員は何ら追い詰められていなかったのだから、その強盗をはり倒したのは不当だ」というようなものだろう。

閑寂な草庵 - kanjaku -
記事抜粋

和田名誉教授が発見したのは、ベゾブラーゾフの署名がある1904年1月10日付(これは西暦?ロシア暦?)の同盟案全文である。

その同盟案の内容は
「ロシアが遼東半島を越えて、朝鮮半島、中国深部に拡大することはまったく不必要であるばかりか、ロシアを弱化させるだけだろう」
「ロシアと日本はそれぞれ満州と朝鮮に国策開発会社をつくり、ロシアは満州、日本は朝鮮の天然資源を開発する」

というものらしい。

日本の外務省が、ベゾブラーゾフが日露同盟案を準備していることを最初に知ったのは1月1日とのこと。
そして、10日に同盟案が完成し、日本の外務省には12日に詳細が報告されたという流れ。

この事実を受けて、共同通信の記事は、


当時の小村寿太郎外相は日露同盟案の情報を得ながら、同月8日、桂太郎首相や陸海軍両大臣らと協議して開戦の方針を固めた。12日の御前会議を経て、同年2月、ロシアに宣戦布告した。

と締めくくっている。

これを見ると、日本はロシア側の同盟の呼びかけを無視して戦争をしかけたみたいに書かれているが、それはおかしい。


小村寿太郎ら日本政府は、1903年以来、日露協定の締結に向けてロシア側と交渉を続けていた。

その相手方は、ベゾブラーゾフではなく、極東太守のアレクセーエフである。

ベゾブラーゾフは、当時、日露交渉の窓口ではなかったわけで、ロシアを代表して同盟を提案できる立場にはない。
つまり、日露同盟案なるものは「単なる一政治家の私案」にすぎない。


また、その同盟案の内容も全部が明らかでないので何とも言えないが、この時期に進められていた日露交渉において、対立していたのは、

・満洲において日本が有する権益をロシアが認める
・韓国領土を日本が軍略目的に使用しないことを認める
・北緯39度以北の韓国領土を中立地帯とする

という3点であって、ひとつめはロシアが拒否し、後のふたつは日本が拒否していた。
交渉の最中に、争点となっている事項を完全に無視した(しかも、非公式の)同盟案などありえないので、小村外相が無視するのも当然だろう。


和田名誉教授は、「ロシア側は戦争を望んでいなかった」という主張をしている人なので、「主戦派の筆頭であったベゾブラーゾフが実は同盟を望んでいた」という事実だけが重要なのだろうが、そもそも「主戦派」といっても、戦争そのものが好きなのではなくて、「目的のためには戦争をも辞さない」という立場だ。

直接的な目的は、あくまで満洲権益の防衛と、韓国への影響力の維持であったわけで、主戦派とは「とにかく日本と戦争がしたかったグループ」のことではない。
つまり、「文句があるならかかってこいや!派」なのであって、別に「日本は鬱陶しいからさっさと潰してやろうぜ!派」ではないのだ。

戦争をすれば自国にも多大な負担をもたらすことは常識であり、戦争を避けて同じ目的を達成できるならそれはそれでよいのである。

したがって、「ベゾブラーゾフが戦争回避を望んでいた」「戦争がロシアを弱体化させるという認識を持っていた」というだけでは、別に驚くべきことでも新しい発見でも何でもない。


また、「ロシアは韓国への影響力拡大を目指してはいなかった」という評価は、今回の資料に関わらず誤りだといえる。


もしそれがロシア側の公式見解なら、正式な日露協定案として提案されるべきだが、同盟案作成後においても、ロシア側は依然として、「ロシアは満州から撤退しないが、日本は韓国の軍略目的使用をしてはならず、韓国に中立地帯を作る」という態度を変えてはいなかったからである。


つまり、実際に交渉の場にいなかった(その権限も有していなかった)ベゾブラーゾフという政治家が内心でどう考えていたかは知らないが、日清戦争後に満州を支配し、韓国権益の拡大を図っていったロシアの動きを見る限り、日本に対して脅威を与えるに十分な状況にあったといえる。

◆◆◆
和田名誉教授らが述べているのは、

銀行強盗が銀行員に実弾入りの銃を突き付けておきながら、「強盗に殺害の意図はなかったので、実際には、銀行員の生命の危険は全く無かった。銀行員は何ら追い詰められていなかったのだから、その強盗をはり倒したのは不当だ」というようなものだろう。



抜粋以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



三国干渉で、日本に難癖をつけ、遼東半島から追い出しておいて、

自分(ロシア)が遼東半島を乗っ取っり南下して来たのであるから、
まったく、道理に反してますよね!


また、次のタ-ゲットは、日本。
その事を当時の日本人は十二分に察していたという事でしょうね!












みそ汁の具は無視しましょう。

20:16軍医中尉さま                                 戦前、朝鮮は経済的に自立できず、内地からの持ち出しでした。 終戦時、のちに首相になった石橋湛山は、これで日本経済は身軽になって発展すると喜んだそうです。 朝鮮半島が日本にとっていかに重荷だったかわかります。 併合時、李朝の対外借金を全部肩代わりして、インフラを整備してゆきました。

隠居=瀬戸弘幸

日露戦争当時なら米国に圧して原油を輸入できないことはなかった

イラン産原油の輸入停止を決めた韓国に対して、イラン政府が、原油を直接、韓国に輸送する計画を提案
してきたことが分かりました。
外交通商部の関係者が29日、明らかにしたところによりますと、EU=ヨーロッパ連合による、イラン産原油輸送
タンカーへの保険引き受け禁止措置を受けて、韓国は来月以降、イラン産原油の輸入を停止することになり
ましたが、こうした中、イラン政府が、原油を直接、韓国に輸送する計画を提案してきたということです。
それによりますと、イラン側は、EUの外相理事会が今月25日、イラン産原油の輸入制裁措置を再確認する
以前から、こうした提案をしてきており、イラン側は、輸送タンカーの保険料を含め原油の運送費まで負担
する考えを打ち出しているということです。
これについて政府関係者は、核開発問題で国際社会から制裁を受けているイランのタンカーを使ってイラン産
原油を輸入することは政府としての負担が大きいとして、慎重に対応する構えを見せています。

http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=44242

主権回復の証明である軍隊に統帥権を持つことになる韓国はイランからの原油も輸入可能なのである。

『静かなる戦争のための沈黙の兵器』

『静かなる戦争のための沈黙の兵器』 の一部抜粋


   世界の奴隷化と第三次世界大戦

●『沈黙の兵器』は第三次世界大戦の宣戦布告である
 この刊行物[沈黙の兵器]は、「沈黙の兵器」をもって闘われ、細菌戦と酷似した 戦争を遂行する「静かなる戦争」と呼ばれる第三次世界大戦の二五周年を記念して刊 行されたものである。この文書には、今戦争とその戦略ならびに兵器についての序説 が収められている。<ご搭乗感謝>

●静かなる戦争は一九五四年、国際的なエリートによって宣戦布告された
 静かなる戦争は、一九五四年、国際的なエリートによって静かに宣戦布告された。
 沈黙の兵器システム[コンピュータ]はほぼ十三年遅れて姿を露わしたけれども、 この新兵器システムの出現によって、重大な蹉跌を被ることは皆無となった。この小 冊子は静かなる戦争開始二五周年を記念する。すでにこの国内戦争は世界中の多くの戦線で多くの勝利をあげてきた。<歴史的序説>

●ひそかにアメリカ人に対し静かなる戦争を仕掛ける
 将来の世界秩序、平和、安寧のために、ひそかにアメリカ人に対し静かなる戦争を仕掛け、自然と社会のエネルギー(富)を、幼稚で処理能力のない大多数の人間から、自己訓練を積み遂行能力があり尊敬に値する少数者の手へと、恒久的に移すことを究 極目標とする。<エネルギー>

     破壊と支配

●われわれはゴイムから生命を奪うことに関心を寄せている
 われわれは、労働者にわが戦列・・社会主義者、無政府主義者、共産主義者・・に加わるよう提案し、振りかかる圧迫からかれらを救出する救世主を買って出る。われ われは、われらがメーソン員が言われなく唱えた(人類団結という)兄弟の定めどおりに、一貫して主義者たちを支援している。貴族は、法律によって労働者が提供する労働の恩恵を受け、労働者たちがよく食べ、健康で、強壮であるかどうかに関心を払 っていた。われわれは全く反対のこと・・劣化、ゴイムから生命を奪うこと・・に関 心を寄せている。<三>


    ゴイム(非ユダヤ人)

●ゴイムは偏見なく歴史的観察を実際に適用することがない
 諸氏もご存知のように、これらわれらの専門家たちは、歴史の教訓や一瞬一瞬の現実の出来事の観察から、われらの政治計画に必要とする知識を体得しているのである。
ゴイムは偏見なく歴史的観察を実際に適用することなく、一連の結果に厳しい批判を加えることなく空理空論に走る。ゆえに、われわれはかれらに一顧も与える必要もない・・時が一撃をくらわせるまで楽しませてやろうではないか。過去の栄光に新しい形を与える希望に生きさせてやろうではないか。古き良き思い出にひたらせてやろうではないか。<二>

    力と偽善

●われわれの誘導によって人民は貴族階級を全滅させた
 われわれの誘導によって人民は、貴族階級を全滅させてしまった。人民の福利と密接に結びついた貴族自身の利益のために、貴族階級は人民の唯一の保護者であり養い親であった。現今では、貴族階級の滅亡によって、人民は労働者の首に残酷無慈悲なくびきをつないだ守銭奴の手中に落ちた。<三>

●戦争は経済に基礎を置くように仕向けるべきである
 われわれの目的には戦争は欠くべからざるものである。が、できる限り、戦争が領
土的な利益をもたらさないように仕向けるべきである。そうすれば、戦争は経済に基
盤を置くようになり、各国はわれわれの支配の強力さを思い知らされるであろう。また、当事国は双方ともわれわれが国境を越えて放った代理人団の思うがままに操られるだろう。<二>

●投機を産業の基礎にしなければならない
 ゴイム社会をきっぱりと崩壊滅亡せんがためには、投機を産業の基礎にしなければならない。その結果、産業が国土から引き出したものは、いくつかの手を通り抜けて投機に手渡される、すなわち、われらが階級に転り込むであろう。<四>

http://asyura.com/data002.htm

ニコライ二世は対日戦争に反対だったらしい・・・
たったこれだけを根拠に
あの当時のロシアは日本と戦争をするつもりはなかった
むしろ日本の方がロシアに戦争を吹っ掛けたと
拡大解釈できる朝鮮銀行の思考回路は非常にユニークですね

【拡散】http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1340989560/
594 :可愛い奥様 :2012/06/29(金) 19:00:29.97 ID:/b+xYf99O
2012/06/28(木) 18:40:12.99 ID:lHFyAf5s0
韓国男性の強姦は、普通の強姦じゃないからね

フィリピンの某島で韓国人の男二人に輪姦された若い日本女性2人がいますね。
犯人の凶行はとりあえず、むろん許されるものではないのだけど、女性2人も感心しませんね。
英語の語学研修になんで、わざわざ訛りの強いフィリピンを選ぶのか不明で,リゾート気分のお遊び半分と
思われても仕方ないですね。
それよりも何よりも、韓国人の男2人と飲んだくれる無防備さ。 相手は強姦大国の男だと、これはもはや
教養の一つです。

それでねえ、警告の意味で敢えてズケズケ書きます。

英文の報道では被害者の日本女性の顔から年齢から名前からさらされているんです。
訴え出てもそういうふうなんですから。
そしてですねえ、肛門もやられてるんです。裂傷で血みどろ。日本の報道にそこまではないけど。
なんで隠すのかな。ハッキリ書かないと怖さと悪質さが伝わらない。
タイでも同じ事件があったでしょ。こちらは中年の日本女性。夜更けまで韓国人男性を交えた酒盛り。
その後部屋に侵入されて、肛門に無理矢理挿入されてます。

おそらく、どちらのケースも最初は性器に、それから肛門に。あられもなく言えば、コンドームもしてないと
思うんです。エイズ他の性病と妊娠の危険性もつきまといます。
2人の若い女性の場合はテキーラにクスリを入れられた。これも日本では報道されてません。なんで、
隠すんでしょうね。正確に伝えないから被害者が出る。
手口からして、常習犯なので被害者は他にもいると思われますが、肛門への強姦ということで訴え
づらかったのかもしれません。

ロシアは許せん。
今までにしてきた極悪非道な振る舞いの数々。
絶対に許さない。
北方領土を全て奪還しなければならない。

米総領事館駆け込みの王立軍氏の腹心を解任 重慶市

http://www.asahi.com/international/update/0630/TKY201206290766.html
米総領事館駆け込みの王立軍氏の腹心を解任 重慶市
 中国重慶市は28日、王鵬飛・市公安局渝北区分局長を免職とする処分を発表した。王氏は2月に米国総領事館に駆け込んだ王立軍・元副市長の腹心。王立軍氏を巡る事件の調査が進み、関係者の処分が始まった可能性がある。

 重慶市関係者によると、王鵬飛氏は市公安局長だった王立軍氏に引き抜かれる形で2010年に遼寧省盤錦市公安局から重慶に赴任。王立軍氏が市トップの薄熙来(ポー・シーライ)書記と対立し、四川省成都市の米国総領事館に駆け込んだ際、車両を提供するなどした疑いで取り調べを受けていたという。

 薄氏の妻の関与が疑われている英国人殺人事件の捜査を指揮したとの情報がある市公安局刑事警察総隊長も免職された。(北京)

パンダ・尖閣「どんな名前でも中国のもの」 中国が反発

パンダ・尖閣「どんな名前でも中国のもの」 中国が反発
http://www.asahi.com/international/update/0629/TKY201206290581.html


 中国外務省の洪磊副報道局長は29日、石原慎太郎・東京都知事が、上野動物園のパンダの赤ちゃんに「センセン」「カクカク」と名付けたらいいと発言したことに対し、「どんな名前をつけようと、パンダが中国のものである事実は変えられない」と述べ、反発した。

 定例会見で記者の質問に答えた。洪氏は「日本が釣魚島(尖閣諸島)にどんな名前をつけても中国のものである事実を変えられないのと同じだ」とも、ぶぜんとした表情で付け加えた。

 上野動物園で妊娠の兆候を見せているパンダは中国から借り受けており、生まれる赤ちゃんは中国に所有権がある。(北京=林望)

要はアレだろ!

ななし殿!
お気遣いありがとうございます。

確かに彼も悪いとは言え、個人的に向けるには汚い言葉でした。

お恥ずかしい!

アホの朝鮮上海香港銀行4

前に朝鮮半島は戦前、糞尿を通りに投げ捨てていた
何て書いたら1人芝居の火病を興していたな。

極右翼ってさ

統一的な国家体制で「天皇陛下マンセー」「現人神様マンセー」が日本人気質に似つかわしくないというなら、明治以前の非近代がそうであったように、各地方ごとにサムライ集団が統治していた時代に戻せば良い。
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51825568.html



こういうこと平気で言うんですね。びっくり。

騎士道と武士道、ステッセル将軍と乃木将軍。(日露戦争)




騎士道と武士道、ステッセル将軍と乃木将軍。(日露戦争)
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=4O1sFtKOCtI



先人は偉大である!

心が洗われます!








海の武士道 Japanese Bushido saved lives



日本人の品格

海の武士道 Japanese Bushido saved lives  
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201112/article_56.html






しげる(笑)



お前みたいなバカがいる限り、
4島どころか1島も戻ってこねーよ。
バカはロシアじゃなく、チョンとじゃれるのがお似合い(笑)



日露戦争はロシアとさしでやって勝った。
大東亜戦争は日本対世界中とやって負けた。
米国とさしでやったら今度は絶対負けない。
(戦線を東南アジア等広げすぎた。攻撃対象は米国のみに)
あと真珠湾攻撃後にハワイを占領して
アメリカ本土攻撃の脅しをかけておいて
和平交渉をするべきだった。

↑ 2chでも相手にされなくなってここに流れ着いたんだよな(笑)

ある事件のロシア人の印象。
何年か前のナホトカ号というロシアの船が座礁した事件。
かたづけは日本まかせ。海岸で重油の除去をしていた住民を
高みから見下ろしていたロシア大使(領事だったかも)
帰国する乗組員達は”疲れきった表情”と報道されていたが
かたわらにはおみやげの家電製品がつまれていた。
江戸時代にも松前藩の藩士がロシア人と遭遇。腕は切り落とされるは
目は抉られるはと残虐行為をくりかえした。
大陸からの引揚者がどんな目にあったかはいまさらの話。


ガル=KESSELRING

中韓では し_の_の_め に言われ放題。
なのに極右翼勢力では偉そうなコメント。

みたいな実さ~ん し_の_の_めにイジメられたよ~。
ってしか見えないんだがな。
ほんとみっともない奴だ。w


マスコミの嘘、他

ROCKWAY EXPRESS
記事抜粋

ダマスカス郊外でシリアの民間衛星テレビ局が武装勢力の襲撃を受けた。ホムスではキリスト教会が襲撃され破壊された。

無辜の市民が、民間テレビ局を襲撃などしない。だから、NHKを始めとする日本のメディアはシリアのアサド政権が「無辜の市民」を弾圧している、という表現は、もういい加減、止めるべきである。あまりにも事実からかけ離れ、あまりにも事実と正反対の報道には正常は精神を維持することも困難に感じる。どこまで愚かなのか、ということなのだ。

 欧米NATO、トルコ、アラブ君主国家群があからさまにその牙をむいてシリアに襲い掛かってきている情勢に、ロシアはこの週末のシリア関係国会合に一縷の望みを繋いではいるが、今までの流れからはそれも効果がないかもしれない。そうなれば、欧米NATO・トルコ・アラブ君主国家群とロシア・イラン・ヒズボラとの全面対決という将来像が地平線に見えてくる。

以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



◆◆◆【必見】◆◆◆

シリアの真実=反政府軍こそ謀略工作員
↓↓↓
http://www.youtube.com/playlist?list=PLE4DCD7ED1A960754




★★★
敬愛大学教授 水口章=すました巧妙な、戦争屋工作員



また、殆んどの方が騙されていますが、



★★★
大高 未貴=ユダヤシオニスト工作員


中東関連の大高のコメントを注意深く観察して下さい!!!


勘の鋭い方は分ると思います!!!








トヨタVSヒュンダイ

>自称・越後人の保守系外科医へ

ナホトカ号の件は、日本政府による損害賠償請求で10年前に和解が成立したじゃん。あれは事故なんだよ。
江戸時代の話は、200年以上も前の海賊行為の話。
つい最近も、読売新聞に治療費未納で帰国続出の中国人家族を日本の医療機関が中国で提訴という記事があったけど、どうせ北海道のロシア人の話はそれのパクリなんだろう。
ロシア人を必要以上に美化しなくても良いが、必要以上に誇張して敵視する必要もない。

第4回花王抗議デモin茅場町1【6月26日】




第4回花王抗議デモin茅場町1【6月26日】
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=m_5Rn60RFaY






ここに来る度毎に誰かと誰かの口汚い罵り合いを目にしなければならない。

嗚呼、もううんざりだ。

ベゾブラーゾフwww

龍岩浦事件 で検索。

「拉致問題はデッチ上げ」を叫ぶ和田春樹センセは、勿論否定。

日本、ロシア主戦派の同盟案黙殺 日露戦争直前、新史料発見

http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009120701000184.html

日露戦争についてはこれまで、作家司馬遼太郎氏が小説「坂の上の雲」で論じた「追いつめられた日本の防衛戦」とする見方も根強く、日露戦争前史を見直す貴重な発見と言えそうだ。



勝てば官軍負ければ賊軍

しかし、事実は小説よりも奇なり

小村寿太郎ら日本政府は、1903年以来、日露協定の締結に向けてロシア側と交渉を続けていた。その相手方は、ベゾブラーゾフではなく、極東太守のアレクセーエフである。ベゾブラーゾフは、当時、日露交渉の窓口ではなかったわけで、ロシアを代表して同盟を提案できる立場にはない。「単なる一政治家の私案」にすぎない!




>日本、ロシア主戦派の同盟案黙殺 日露戦争直前、新史料発見

◆◆◆
交渉の最中に、争点となっている事項を完全に無視した(しかも、非公式の)同盟案などありえない。

上に貼っていたのですが、読まれてないようですので再度!!!

閑寂な草庵 - kanjaku -
記事抜粋

和田名誉教授が発見したのは、ベゾブラーゾフの署名がある1904年1月10日付(これは西暦?ロシア暦?)の同盟案全文である。

その同盟案の内容は
「ロシアが遼東半島を越えて、朝鮮半島、中国深部に拡大することはまったく不必要であるばかりか、ロシアを弱化させるだけだろう」
「ロシアと日本はそれぞれ満州と朝鮮に国策開発会社をつくり、ロシアは満州、日本は朝鮮の天然資源を開発する」

というものらしい。

日本の外務省が、ベゾブラーゾフが日露同盟案を準備していることを最初に知ったのは1月1日とのこと。
そして、10日に同盟案が完成し、日本の外務省には12日に詳細が報告されたという流れ。

この事実を受けて、共同通信の記事は、


当時の小村寿太郎外相は日露同盟案の情報を得ながら、同月8日、桂太郎首相や陸海軍両大臣らと協議して開戦の方針を固めた。12日の御前会議を経て、同年2月、ロシアに宣戦布告した。

と締めくくっている。

これを見ると、日本はロシア側の同盟の呼びかけを無視して戦争をしかけたみたいに書かれているが、それはおかしい。


小村寿太郎ら日本政府は、1903年以来、日露協定の締結に向けてロシア側と交渉を続けていた。

その相手方は、ベゾブラーゾフではなく、極東太守のアレクセーエフである。

ベゾブラーゾフは、当時、日露交渉の窓口ではなかったわけで、ロシアを代表して同盟を提案できる立場にはない。
つまり、日露同盟案なるものは「単なる一政治家の私案」にすぎない。


また、その同盟案の内容も全部が明らかでないので何とも言えないが、この時期に進められていた日露交渉において、対立していたのは、

・満洲において日本が有する権益をロシアが認める
・韓国領土を日本が軍略目的に使用しないことを認める
・北緯39度以北の韓国領土を中立地帯とする

という3点であって、ひとつめはロシアが拒否し、後のふたつは日本が拒否していた。
交渉の最中に、争点となっている事項を完全に無視した(しかも、非公式の)同盟案などありえないので、小村外相が無視するのも当然だろう。


和田名誉教授は、「ロシア側は戦争を望んでいなかった」という主張をしている人なので、「主戦派の筆頭であったベゾブラーゾフが実は同盟を望んでいた」という事実だけが重要なのだろうが、そもそも「主戦派」といっても、戦争そのものが好きなのではなくて、「目的のためには戦争をも辞さない」という立場だ。

直接的な目的は、あくまで満洲権益の防衛と、韓国への影響力の維持であったわけで、主戦派とは「とにかく日本と戦争がしたかったグループ」のことではない。
つまり、「文句があるならかかってこいや!派」なのであって、別に「日本は鬱陶しいからさっさと潰してやろうぜ!派」ではないのだ。

戦争をすれば自国にも多大な負担をもたらすことは常識であり、戦争を避けて同じ目的を達成できるならそれはそれでよいのである。

したがって、「ベゾブラーゾフが戦争回避を望んでいた」「戦争がロシアを弱体化させるという認識を持っていた」というだけでは、別に驚くべきことでも新しい発見でも何でもない。


また、「ロシアは韓国への影響力拡大を目指してはいなかった」という評価は、今回の資料に関わらず誤りだといえる。


もしそれがロシア側の公式見解なら、正式な日露協定案として提案されるべきだが、同盟案作成後においても、ロシア側は依然として、「ロシアは満州から撤退しないが、日本は韓国の軍略目的使用をしてはならず、韓国に中立地帯を作る」という態度を変えてはいなかったからである。


つまり、実際に交渉の場にいなかった(その権限も有していなかった)ベゾブラーゾフという政治家が内心でどう考えていたかは知らないが、日清戦争後に満州を支配し、韓国権益の拡大を図っていったロシアの動きを見る限り、日本に対して脅威を与えるに十分な状況にあったといえる。

◆◆◆
和田名誉教授らが述べているのは、

銀行強盗が銀行員に実弾入りの銃を突き付けておきながら、「強盗に殺害の意図はなかったので、実際には、銀行員の生命の危険は全く無かった。銀行員は何ら追い詰められていなかったのだから、その強盗をはり倒したのは不当だ」というようなものだろう。



抜粋以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



三国干渉で、日本に難癖をつけ、遼東半島から追い出しておいて、

自分(ロシア)が遼東半島を乗っ取っり南下して来たのであるから、
まったく、道理に反してますよね!


また、次のタ-ゲットは、日本。
その事を当時の日本人は十二分に察していたという事でしょうね!







休憩


John Lennon stand by me

http://www.youtube.com/watch?v=O4_ghOG9JQM&feature=player_detailpage

もう一つ



あのね!癒されます!
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=n6RLHAWZFPM


馬刺しに一目惚れ!!!




日本人以外の有色人種は人間ではない!

年収200万、300万でも昔の殿様や貴族よりもいい生活が出来ます。

家電、自動車、武器・・・、科学技術の産物である工業製品の発達によるものです、衣食住の柱である豊富な食料も農機具、漁業機械の進歩、常に関心のある医学や宇宙開発もそうです。

不景気ばかりで育った若者が家も車も別に無理してまで欲しくない、ゴルフや麻雀もやる気にならないと言うのはバブル世代の若者より遥かに完成度の高いゲームやラジコン、PCといった娯楽を経験しているからです、彼らの欲求を満たすのに十分な品質、性能です、彼らは相当部分既に満足しています、携帯電話もそうです、53歳のMR2でもプり携さえ有れば十分満足できる代物になってます。

科学技術はいくら改良しても棒切れと同じ刀とは全く違う性質を持つ鉄砲が起源です。

このコロンブスの鉄砲以来の科学技術の発達に寄与、貢献出来るのは日本人と白人だけです。

気候は熱帯に対し亜熱帯が有ります、この様に人間も日本人以外の有色人種を亜人間の様な別枠を設けるべきです、彼らに有るのは食欲・せい欲・金欲だけで、日本人と白人を人間とするなら、知能に於いて人間のレベルに達していません、特に支那兵朝鮮人。

続 『静かなる戦争のための沈黙の兵器』


『静かなる戦争のための沈黙の兵器』 の一部抜粋

    「沈黙の兵器」の特徴

●公衆の目には自分たちのためになると見えるような新しい兵器を開発する
 この目標に到達するために、究極のところ、操作原則がひじょうに高度で精巧であり、公衆の目には自分たちのためになると見えるような、その名を「沈黙の兵器」と 呼ぶ一群の新しい兵器を開発し、確保し、適用する必要があった。結論をいえば、研
究対象となるのは、資本の所有者(銀行業)と商品産業(商品)とサービス[注・直 接生産以外の労働]によって運営されている、全面的に予測可能でかつ操作可能な経済体制である。<エネルギー>

●大衆はこの兵器に攻撃されていることが信じられない
 大衆はこの兵器を理解することができず、兵器に攻撃され征服されていることが信じられない。大衆は本能的には何か良くないことが起こっていると感じるが、沈黙の兵器の技術的な性質により、かれらが感じていることを理性的な形で表現することができないか、知性をもって問題を扱うことができない。
 それゆえ、かれらは助けを求める方法が解らず、沈黙の兵器に対して自分を守るために他人と協力する方法が解らない。沈黙の兵器がじわじわと大衆を攻撃すると、大衆は(経済経由で心理的な)圧迫があまりにも大きくなってマイってしまうまで、兵器の存在に自分を合わせ慣らし、生活への侵食を耐え忍ぶことを学ぶ。<沈黙の兵器についての序説>

     王者とクラゲ

●簿記を駆使する者は王者となることができる
 エネルギーは地球上のすべての活動の鍵である。自然科学は資源を研究して自然エ ネルギーを支配し、理論的には経済学に帰する社会科学は資源を研究して社会エネ ルギーを支配する。この二つは簿記システムすなわち数学である。したがって、数 学は最も基本的なエネルギー科学である。そして、一般人を簿記の操作方法に無知
のままにさせておけば、簿記を駆使する者は王者となることができる。すべての科 学は究極の目的に達するための手段に過ぎない。手段とは知識である。究極の目的
とは支配である。残る問題はただ一つ、「誰が利益を享受するか」だけである。< エネルギー>

●頭脳を使わない人間は荷物運搬動物かその調教師となるほかはない
 もっている頭脳を使わない人間は、頭脳がないのも同然である。だから、父親、母親、息子、娘というこれら知性のないクラゲの学校は、荷物運搬動物あるいはせいぜい彼らの調教師となるほかはないのである。<実施のファクター>


     戦略と戦術

●最も単純な経済増幅装置の形態は宣伝と呼ばれる装置である
 テレビの広告主から語りかけられると、人は被暗示性のために、確かな確率で十二歳の児童そのもののように無批判に暗示に反応し、その商品を買うべく衝動的に店に行き、自分の経済貯水池から経済エネルギーを放出する。<経済増幅装置 >

●どうしようもない大衆に対する有効な戦略兵器が福祉国家である
 なぜ市民個人が政治という機構を作りだすかという根本的な理由は、子ども時代 に頼りにした関係を永続させたいという、潜在的な意志あるいは欲望に根ざして いる。卒直にいえは、かれらは、かれらの生活からすべての危険を取り除き、頭 をなで、傷口にキスをしてくれ、どのディナーテーブルにもひな鳥をつけ、体を
洗ってくれ、夜になればベッドに押し込んでくれ、何ごとも明日の朝目が覚めればすべてよくなっているだろうと言ってくれる神人が欲しいのである。……こう いう大衆の行動は、恐怖、怠惰、利巳主義の軍門に降っていることを意味する。
そういうどうしようもない大衆に対する有効な戦略兵器となるのが、かれらが主成分になっている福祉国家である。<国の政治機構・・依存物>

     破壊と支配

●いつの時代でも人民は言論と行動とを混同してきた
 いつの時代でも世間の人民は、個人も同様であるが、言論と行動とを混同してきた。
競技場で見ることに満足しているが、約束されたことが実行されているかどうかを考えてみようとする者はめったにいなくて、もっぱらショーを見るだけで満足している。そこでわれわれは、人民の利益が進歩に向っていると声高く証明するショー団体を作るだろう。<五>

●人民は〝反対〟というものを喜ぶ
 愚にもつかぬものではあっても反対とか批判とかはありうるし、うわべのことにしか理性の力が働かない人民は、反対ということを喜ぶものである。かかる場合に、健全で論理的な精神が、道理の通った助言や議論の助けをかりてうまく大衆を導く希望をもてるのだろうか? もっぱらあさはかな情熱、つまらない信念、習慣、伝統、感
傷的な理論だけに囚われている間違いだらけの人々は党派根性にとらわれる。そうなると、完全に理の通った議論を基にしたどんな合意をも妨げる。<一>

自由・平等・進歩・権利


●「自由・平等・友愛」を叫んだ最初の人間はわれわれであった
 はるか以前の時代にさかのぼれば、われわれは人民群集の中にあって「自由・平等・友愛」という言葉を叫んだ最初の人間であった。以来、幾度となく愚かなオウムたちが四方八方からこの餌に群がり集まり、世界の福利と、以前は群集の圧力に対してよく保護されていた個々人の真の自由を、この餌をもって破砕し去った。<一>

●「自由・平等・友愛」がわれわれの勝利を助けてくれた
 地球のいたる所で、われらの盲目の代理人たちのおかげで、「自由・平等・友愛」という言葉が、われらの旗を熱狂的にかざす大群を、われわれの隊列に引き入れてく
れた。これらの言葉はまた常に、ゴイムの福利に穴をあけ、いたる所で平和、安寧、協同に終止符を打ち、ゴイムの国家の基礎を破壊する生きたエダシャクトリ[果樹の害虫]であった……このことがわれわれの勝利を助けた。<一>

>KESSELRING

普通の賃貸の安っぽい狭くて小汚い部屋で粗食を摂って、
気分が惨めにならないの?
熱帯に対して亜熱帯はおかしいでしょ。それを言うなら寒帯な。
あとさ、MR2って53歳なの?

ロンドン橋ごっこ飽きたの?

アパート暮らしをひもじいなんて思ってる若者は居ないよ、それなりに満足してる、アパート暮らしをひもじいと思ってるのはホームレスのMR2だけ。

MR2はバブル時代の恩恵を受けれなかった人間だろう、コメはいつも自称ゴージャス?!誰が読んでも貧乏人と解るはず。

海外経験も無い筈だ、ドイツは食事がまずいと言ってた、南欧に行けばうまいとでも思ってるんだろか?、海外を経験した者(行かなくても)ならキャビアとタラコ、どっちが旨いか位解るはずだ。

CoCoさんとかならしばらく見ない時になるけど・・・。

Q・・・・・何でMR2如きのことでレスするの?
A・・・・・本人だから!

三党修正合意にある景気条項は修正が必要

三党修正合意にある景気条項は修正が必要だ、デフレ下で有権者は自公民に投票すると馬鹿をみる。

【日本の実質GDP、名目GDP、GDPデフレーターの推移(単位:%)】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_38.html#Seixho

 ご覧になればお分かりでしょうが、日本の名目GDP成長率は、97年という唯一の例外を除き、常に実質GDPの成長率を下回っています。GDPデフレーターがマイナス(除97年)というわけで、延々とデフレ状態です。
 97年にしても、実質GDP1.6%成長、名目GDP2.2%成長で、上記の「努力目標」を下回っています。橋本政権の時の消費税増税に際したミスは、大きく二つあります。
「名目GDP2.2%、実質GDP1.6%、GDPデフレーター0.6%というわけで、そもそもデフレ脱却と断言するには低すぎた」
「しかも、97年単年のみGDPデフレーターがプラスになっただけ。たった一年で『デフレ脱却』と断言するには、あまりにも時期尚早」
 単年の「デフレ脱却の兆候」のみで、橋本政権は消費増税、公共事業削減といった緊縮財政を開始し、現在に続くデフレ深刻化の引き金を引いてしまったわけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つまり景気条項(経済成長率「名目3%、実質2%」の努力目標を、
経済成長率「名目3% かつ 実質2%で、名目GDP>実質GDP」を努力目標から最低条件に法案修正すべきです。

現在の合意に基づくと、14年4月に消費税をアップするには、13年10月頃(半年前)に「政権」が半年後の消費税アップについて「判断」する必要があります。その時の政権が自公民であると財務省が都合のよいデータ持ち出し単年度・月別指標で14年4月からの消費税率8%を決定するでしょう。この点からも参院の西田議員も信用できないのです。2013年の予測でも名目GDP<実質GDPのデフレです。

第一生命経済研究所 2012年度 2.2%  2013年度 1.2% と予測。
景気条項の経済成長率はあまり意味がない、単年度・月別に一時的に2%以上となることが1997年以降何度かはあったが、1990年以降のGDPの減少傾向は不変である。実態経済はGDPデフレーターでみるべきで、少なくとも100以上(0.0)、105(0.5)以上の時点で始めて増税を考えるべきでしょう。(しかし1997年 橋本内閣ではGDPデフレーター105(0.5)以上であったが3→5%で失速が起きている)

http://ecodb.net/exec/trans_weo.php?d=NGDP_D&s=1990&e=2011&c1=JP

本当は物価指数と給与でみるのが一番いいのですが。
(何度でも言う!1997年消費税増税の愚を繰り返すな)
http://ameblo.jp/akiran1969/archive7-201201.html#main

     名目GDP  実質GDP 名目成長率 実質成長率 GDPデフレーター
1980 246.46 269.83       3.18 91.34
1981 264.97 281.10 7.506 4.18 94.26
1982 278.18 290.59 4.986 3.38 95.73
1983 289.31 299.49 4.00  3.06 96.6
1984 307.49 312.86 6.285 4.46 98.29 
1985 330.26 332.67 7.402 6.33 99.28
1986 345.64 342.09 4.658 2.83 101.04 
1987 359.46 356.14 3.996 4.11 100.93
1988 386.42 381.60 7.502 7.15 101.27
1989 416.24 402.09 7.716 5.37 103.59
1990 449.39 424.49 7.963 5.57 105.87
1991 476.43 438.60 6.016 3.32 108.62
1992 487.96 442.20 2.42  0.82 110.35
1993 490.93 442.95 0.609 0.17 110.83
1994 495.74 446.78 0.979 0.86 110.96 
1995 501.70 455.45 1.2   1.94 110.15
1996 511.93 467.34 2.03  2.61 109.54 
1997 523.20 474.80 2.2   1.6  110.19 *
1998 512.44 465.29 -2.05 -2.0 110.13
1999 504.90 464.36 -1.47 -0.2 108.73
2000 509.86 474.85 0.98  2.26 107.37
2001 505.54 476.53 -0.84 0.36 106.09
2002 499.15 477.91 -1.26 0.29 104.44
2003 498.85 485.97 -0.06 1.69 102.65
2004 503.72 497.44 0.976 2.36 101.26
2005 503.90 503.92 0.035 1.30 100.00
2006 506.68 512.45 0.552 1.69  98.88
2007 512.97 523.68 6.288 2.19  97.96
2008 501.21 518.23 -2.29 -1.04 96.72
2009 471.14 489.59 -5.99 -5.53 96.23
2010 481.77 511.30 2.257 4.44  94.23
2011 468.42 507.48 -2.77 -0.75 92.30
2012 476.79 517.82 1.786 2.04  92.08
2013                     1.2  
(2012年 2013年は推計値)

GDP成長率=(当年GDP-前年GDP)/前年GDP×100
GDPデフレーター=名目GDP/実質GDP×100

>KESSELRING

なんだ、最低でもマンションかコーポかと思ったら、
アパートかよ。MR2もKESSELRINGも貧乏なんだな。なんだかキムチ臭さそー
ボロアパートで年寄りが粗食なんて、気分が惨めにならないの?

白人にも格が有る、油断大敵!

http://www.youtube.com/watch?v=DGADUrVfMtw&feature=relmfu

この動画を見ていただければ解ると思いますがロシア人は南欧の伊仏西葡とは違った意味で間抜けです、鉄砲大砲での散兵戦・白兵戦の時代なら男気が有り山族、盗賊気質のロシア人は強かったかもしれません、しかしその後は精鋭なゲルマン民族やWASPとは違います。

明治の頃はまだ武家気質の様なものが残っていましたから国内戦で陸軍が重要な時は西郷従道が陸軍大将だったのに、日露戦争で海軍が重要となれば西郷従道は海軍大将になると言った人事が行われました。

日露戦争に勝ちコロンブス以来の白人天下を覆したとはいえ、同時に負の遺産を背負っていたことも反省すべきです、大東亜戦争の海軍司令長官は山口多門か小澤冶三郎が適任な筈なのに、年次順送りで派手な事だけが好きな山本五十六になってしまいました。

日露戦争の勝利と共に日本は科挙制度、儒教社会の事大主義国家になってしまってたんです、今なおこの弊害が続いています、みたいな実氏はこれは薩長が意図的にやったもんだと言ってます、私も同感です。







>KESSELRING

>みたいな実氏はこれは薩長が意図的にやったもんだと言ってます、私も同感です。


結局、他人の受売りか。w


だから、それが未熟なんだよ。前文の記述と科挙制度、儒教社会の事大主義国家の繋がりを理解できる人はいないだろうよ。君の文章はいつも結論ありき、みたいな実の名前を出したり、朝鮮人にかこつければ人が文句をつけないと思っている。だけど内容のデタラメさは皆なが感じるので君には、未熟だ、馬鹿だ、キムチだ、ってレスがつくんだよ。いつになったら解るのかな、お馬鹿さん。w

MRは天才だよ!

>粗食なんて、気分が惨めにならないの?

基本のご飯と味噌汁。

これにどれか一品でもあればいい、納豆、焼き魚、卵焼き、塩辛・・・・・、

日本に粗食ってあるの?

MR2はよく、聞いても無いのにこれから新宿や渋谷に行くと言っていたが、奴は嗅覚鋭い天才だと皆に褒められていた、郊外に行ったんじゃ生ゴミに有りつけないからな、これが祖食って言うんだよ。

日本に祖食なんてものは無いよ。

CoCoさんとかならしばらく見ないと気になるけど・・・。

Q・・・・・何でMR2如きのことでレスするの?
A・・・・・本人だから!

>KESSELRING

君はブログ荒しのコメントしかできんのか。
みたいな実 の広報きどりで他人様のブログでの
言いたい放題に他の読者を不快に感じさせているのだよ。

有門もよくこんな奴を出入りさせているものだ。
あそこはその程度のブログと言えばそれまでだが。

日米欧露、列強は国連を解散させよ!

我日本帝国やドイツは国連の分担金を年間500億払っていますが、使途は三等国代表の給与やその母国の援助になっています。この三等国の代表と言うのは母国の王族だったり、政治家の血縁者ばかりです。

日露・大東亜戦争で奴隷から解放された有色人種の100年を見れば明らかですが、医療・農魚業・家電・車・武器・宇宙開発・・・・、これらの科学技術の産物である工業製品に於いて彼らが人類の発展に貢献することは有りません。

アジアアフリカなどは発展途上国と言われてますが、これは間違いです、
正確には支那朝鮮を筆頭に、発展しない国、と言うのが正式名称です。

プロジェクトXの僅か数人で研究費のない三流学歴の研究者による開発現場を思い出してください。

各研究所に1億ずつ出しても、ガン・エイズ・宇宙開発・省エネ技術・…等、単純に500の研究が出来ます。

田母神軍司令官閣下が申す様に60億人が全員満足できる資源は地球には無いんです、皆これを巡って分捕り合戦が世界の常識です。

発展しない民族に水産資源や石油を与えても何も為りません、エンジン付きの漁船など取り上げるべきです、最近支那兵が黒マグロの味を覚えたと聞きますがこれはとんでもない事です。

>KESSELRING

KESSELRING にPCを与えても何も為りません
IP晒してアクセス禁止権を取り上げるべきです。

リチャード・ゴードン・スミスは日本に滞在中の日記が荒俣 宏 (翻訳), 大橋 悦子 (翻訳)によって本が出ています

『ゴードン・スミスのニッポン仰天日記』
カラー(当時はカラー写真は人力での着色)なのでお高いです&日記が散逸した(荒俣が欲しがってたが子孫がさっさと競売してしまった)ので最後は完結された話ではないですが歴史的な人物がポンポンと出てきたりします

当時で普通の(今の感覚でやや傲慢な)放蕩英国人って印象です。世界の海を制した国ですし当然です
釣りとか狩りが好きなボンボンでツテで大英帝国博物館からお仕事をもらって仕事をしたりしてるような印象です
日本には割と好印象ですが悪いと思えばこき下ろします。日本の兵士、女性、下賎な身なりの人々などは褒めています
日露戦争の勝利も褒め称えています
当時の海女さんの普段着も写真に収めてる貴重な本です

KESSELRINGは背伸びしすぎだよ

白人とか肌の色の話をしたがる君は「日本人の頭蓋骨の発達は百年遅れている」などと本気で思っていたFルーズベルトを髣髴とさせる。解剖学者によれば、人種によらず人間の頭の大きさから察するに2万5千年前からちっとも変わっていないとされている。

だいたい「普遍(いつでもどこでも成り立つ真)を追及するのがサイエンス」であるとすれば、学びの蓄積がたやすくは追いつかないアフリカ人や日本人以外のアジア人にだって、「技術」を提供し覚えさせれば安価に幸福にさせてもあげられる。Chinese共産党などは確かにやり方が阿漕すぎるから警戒は必要だが。君の書き方ではあたかも白人と日本人の選民思想をあおるようで、いただけない。

「コロンブス以来~」とかもね、一面の真理なのかもしれないが、ふつう書かんだろう。文系の人間でも人種、民族よりは、DNAに言及しそう。現に崗上虜囚さんのところに出入りしているなら半島人と日本人の違いは詳しく分析されていたのを知っているはずだ。なぜ今さら、自説か受け売りか読むほうが困惑するような大言壮語をするのか?

日本海戦の大勝利だけを持ち出して南樺太しかとれなかったのが薩長政府のせいとかみたいな実の説(本人は「強記」と書いているから与太話を確信犯的に書いている自覚はあるのだろう。怨恨でもあるのかね)をまだ信じているのか?

その後のこちらのエントリにもある通り、陸軍は旅順でたいへんな苦戦だったし、トータルでみれば長引けばもう弾薬もなくなっていた素寒貧上であったのが当時の日本で、幸運にもロシア国内の革命騒ぎで双方継戦できなかった。だからこそ、早期の仲裁をSルーズベルトに依頼した。

有色人種が白人に勝った、という意義は大いに認められるが。私はそういう事情を勘案して「辛勝」と表現した。私は君の言うように「壁に向かって話さ」なければならないのかね?

一個人としてはみたいな実など和歌を五言絶句と言うくらい基礎学力の欠けた人間だと確認したので「まあ、たいがいに聞いとけば」と自分のブログでそっと君に伝えたつもりだったが、まだ信奉しているのかね。ま、勝手だが「頭が良くない」とは言わせてもらう。そして、ここの読者を変なブログに引っ張るのはいかがかと書かせてもらったわけだ。

だいたい、これらのブログに招待したのは君だったろ?

誰しも初めはだれかに師事するし、自分の正しいと思った受け売りから文章を書き始めることが多いのかもしれない。「言葉は過去からくる」ものだしね。しかし「余りに無批判、無防備」だと感じた人には遠慮なく叩かれるし、それを真摯に受け止めればそうそうかつて書いたのと同じ趣旨の投稿の連投にはならないはずだ。

私がおせっかいかと思いつつ書いた気持ちを汲んでくださっているかのように、名無しさんが実に的確に君の文章や態度の欠点を指摘してくださっているじゃないか。自説を否定するものに遠慮なく攻撃を加え信者を募っては自己満足している有門たちは君にそうはしないが、真に親切なのはどちらか考えろ。

ま、さすがにこれ以上はほんとうにやめます。アパート住まいの若い人と聞けばよけいわが愚息や教え子とイメージが被るので黙っていられなくなるのだか、しょせん他人です。各自の思想を大切にすればそれで足りることだろう。自分の頭のなかの責任は自分でとれ。

休憩


澤田勝春氏 勝成氏による長山洋子の じょんから女節をご堪能下さい!

http://www.youtube.com/watch?v=GH9YQ7H_25o&feature=player_detailpage

隠居さん、はじめまして。
これはいいですね。
でも、私はシャイなんでイイタイコトをいったから消えます。
ご投稿を楽しみにしております。
私は基本的にコメントーターでに過ぎません。

>A さん

隠居もみたいな実の支持者だぜ。(笑)
過去ログをみてごらん、みそ汁ブログのURLを張まくってるから。


隠居にみそ汁ブログのPRをさせておいた方がいいって話もあるがな。
他の奴は引くだろうから。w

国費留学 考

管理人 様は、留学生とさらり書きましたが…皆さんは疑問を感じませんでしたか?

「日本の常識、世界の非常識」と良く言いますよね…。
日本人は優れた文明や文化を学ぶのに躊躇はしません。国や藩が留学生を送り出すのに何の不思議も感じない。遣唐使や其れ以前に御先祖様がしてきた事で当たり前だと思っています。でも、明治の始め頃は「世界の非常識」だったそうです。

欧米に元勲が調査団として派遣されたり、国を挙げて留学生を送り出す、また外国人を雇い国内で技術や学問を学ぶ、こんな事をする国は無かった…それも自費で。
白人も最初は馬鹿にしてたそうです。有色の野蛮人が学べる筈がないと。ですが、日本が貴重な金貨を白人に支払ったから拒みはしなかった。

これらが、「世界の常識」になったのは
日本が大国ロシアと堂々と戦い勝った日露戦争後の事です。

明治の先人達が仮装敵国の欧米に学び、列強と互角に戦うまでなった。これが、国を挙げての留学などが世界に広まった理由です。

尚、此の頃は白人が有色人種をわざわざ自国に呼んで学ばせる事など無かった時代です。(植民地人など以ての外)

日露戦争後は、日本にもアジアから沢山の留学生が訪れるようになりました。
正に歴史の転換点ですね。

米国の支援が、大規模デモにまで発展できる背景である

6月29日に総理官邸を中心に大規模な原発反対デモが実現した。
基本的に、これだけ大きなデモが実現し、警視庁もお手柔らかなのは、背景に米国の支援があるからだ。

大飯原発等の日本海側の原発で濃縮された核物質が核燃料として中国にわたり、中国の核兵器の原料となってきた。
DF21等の対空母型電磁パルス核ミサイル等を中国が配備し、日米軍をおびやかしてきた。

今回の大飯原発の再稼動は中国による日本へのごり押しである。

米国は米国債を中国に買ってもらったりしているため「中国を刺激しない政策」により中国に文句が言えない状態となっているが、腹の中ではもちろん大飯原発再稼動は米国の国益を損なうものであり反対している。

米国の支援が、大規模デモにまで発展できる背景である。

東京で反原発デモを行うが効果的だ。警視庁(幕府勢力 ロシア)も、中国の核の脅威を増大させる大飯原発再稼動には反対である。平行して中国大使館周辺でも抗議活動を行えば、より効果的だ。

>KESSELRING

祖食はおかしいでしょ。それを書くなら粗食な。
別に粗食が論点のメインでもないし、悪いとも言ってないのに、
粗食でムキになって、頭が悪いバカだな。
ボロアパートの貧乏人が無理に日本食とか粋がって惨めにならないの?

ガル→ガルダ

インド神話の火の鳥

あらゆる邪悪を焼き尽くす

無敵の神の鳥

丹羽駐中国大使は
「日本は中国の属国として生きていけばいい。」
と言ってるみたいですね。
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/2728469/

戦争とユダヤ資本の関係

●世界世論調査2011 (英BBC系)
http://www.globescan.com/commentary-and-analysis/press-releases/press-releases-2011/94-press-releases-2011/133-international-views-of-us-continue-to-improve.html

・全参加国からの評価より自国評価の方が断然高い国々

 ロシア、中国etc ← 自意識過剰、勘違いのナルシスト

・日本に対するロシアと中国の評価

 ロシア:ヨーロッパ大陸参加国の中で日本への評価が一番高い。イギリスはロシアの次。
 中国 :全参加国の中で日本への評価が一番低い
______

ロシアについて、グローブスキャンの世界世論調査と下記の記事に整合性が見られます。

●ロシア人から見た日本
http://www.teamrenzan.com/archives/readers/matsuo/post_372.html

________________

日露戦争

イギリス、ドイツ、ロシア、フランス、日本の5カ国がパイにみたてた中国を分割するのはさておき、ロシアの南下政策を防ぐべく、一致団結した当時の日本国民はもちろんのこと、日本軍の人材も非常に優秀だったわけですが、そんな日本賛美の影にウォール街とシティのユダヤ資本の存在が隠れています。
彼らは、日露戦争下の日本とソビエト革命(=日露戦争下同時進行)の革命家たちに軍資金を出費しました。一口にユダヤ資本といっても、ユダヤ財閥同志の陰謀、対立は現在も存在しますが。
日露戦争は、ユダヤ資本の存在抜きにしては語れません。


>丹羽駐中国大使は「日本は中国の属国として生きていけばいい。」

アメリカがダメなら次は中国…丹羽は、どこまでも寄生虫の奴隷根性が抜けない人間です。アメリカが没落するまでの間に、日本は自立の準備を進めて行けば良いだけのことなのですが、腐っても鯛のアメリカです。

KESSELRINGって底辺ニート特有の馬鹿臭さがあるよね。
羞恥心の無い屑って生きるの楽しいだろうねぇ~wwwwwwww

会津の負け犬倒錯史観では国は滅びる

瀬戸は作家まで福島に呼んで原発安全神話というデマの風評被害の片棒を担ぎ、もう福島だけでなく太平洋に放射能を垂れ流していることすら何も考えてないだろう。

交付金が欲しいために福島に原発誘致したやり方と再稼動の方便が何一つ変わらない想定外に逃避する大政翼賛会史観で、北海道などの需要予測の科学的データのないエリアに新幹線作ってまだ100個近くも赤字空港作った無駄な箱物作りのために消費税上げようとしている政府に何も言えないのだから数十人程度の在特会レベルの集団しか機能させることができないのだ。

官僚が支配している国税横領システムにモノが言えなくてパチンコ天下り特権を手放すはずがない警察官僚から迷惑がられて何が国益だ!

有罪判決者を多く出す在特会や犯罪オンパレードの佐藤とかと共闘しようが圧倒的多数の国民はテリー伊藤を支持していることぐらい気づかないと、所詮、小沢は有罪だとかギャンブル依存症の根源であり同じ警察官僚天下り特権を支えている競艇・オート・競馬・競輪が朝鮮人経営でないだけの吹けば飛ぶ塵の格言と見なされるだけだ。

パチンコ売り上げの20兆の全てをガラス張りで官僚が管理しており、パチンコマネーが北朝鮮核開発に流れてる化学的証拠も出せないことで、在日を被差別部落と考えている島国士農工商制度しか理解できないと殆どの国民が思っている。

少しは福島以外にも、デマの原発安全神話の風評被害でセシウム内部被爆安全数値を変えた加害者の立場で物事を考えないと、科学的データでさえ事故が起きなければ改ざんできない自己都合の想定外に逃げ続けることになるぞ!

福島第一原発の津波対策工事を無視した安部政権に一言言ってみろ!
1000年に一度などといった科学的証拠もない地震でなく、IEAEには100年に一度起こっていた津波で事故が起きたと報告していることもどうでもいいと理解してるとしか言いようがない詭弁では大衆運動などできるはずはなく、テリーの会社に脅迫する程度の運動しかできないということだ。

みたい実は福島出身ということすら恥ずかしくて隠している

>今回の大飯原発の再稼動は中国による日本へのごり押しである。

これも会津や在特会のような無明のなせる文章でしょう。

農業高校出の瀬戸や工業高校出の有門が国益など語れるほど戦後の日本はダメになったということでしょう。

トンスルと泪

お前の方こそ、糞臭い面だすなよ!

原発安全神話と再稼動安全神話は同じ方便である

法律など関係ないと言って、有罪判決を隠蔽して電気工事やってる川東が副会長できる在特会の高田誠が沢口女史からもらった寄付金1000万の隠蔽工作を高田自ら行い、その1000万から単独行為で発生した150万の賠償金をもらうために川東が高田にゴマをすってる様などもう漫画でしょう。

そしてその沢口女史を高田に紹介して1000万高田が受け取った現場にいたそよ風関西の望月が沢口女史のほうから隠蔽工作を働いたなどとデマで誤魔化す運動などまやかしである。

その片棒にトントンとかいうオバサンがいてはチーム関西が機能しなくなったのも当然である。

国内法を破って有罪判決食らって罰金をチーム関西の寄付金から捻出した望月の旦那の設計事務所にでも行って、国賊者として会社を首にするような街宣でもしておけばちょうどお似合いということだ。

>酒と泪と

俺は成りすまししてないよ。
このブログで否定の論法をもう使う必要がなくなったからね。

セシウム内部被爆安全数値が改善される前から桃を生産した瀬戸

KESSELRING は工業高校出で、農業高校出の前科2犯の会津の師匠を持つ有門のところで、同じく負け犬会津出身のみたい実と薩長出身者を国賊とわめいていればいいだけだ。

みたい実などは、日本で一番尊敬されているのが徳川家康などといった島国士農工商制度でお上に絶対服従しかできないただ、津波が押し寄せるエリアにしか家を建てる能力がなかったたかりの方便しか言ってないからな。

瀬戸はギャンブル依存症を多く排出してきた競馬場でセシウム安全神話の農産物を全て売り切り、別に国から福島農産物補償金までたかる二重取りの国税横領者であり、原発安全神話というデマの風評被害を世界にばら撒いた加害者側の想定外という自己都合の方便しか言えない愚か者である。

日本最大の津波地域の福島第一原発で安部政権が津波対策を怠ったつけ

瀬戸は創価組織表を有効活用して代議士になれているだけの片山さつきを支持できる分裂論者だろ。

在日批判するものなら全て死んだら皆神様となれる大政翼賛会史観が戦前の日中戦争の泥沼化から満州国が認められなかったことで国連脱退を国民の真意を捻じ曲げて実行し、ヒットラー・ムッソリーノと悪の枢軸同盟を結ぶことしか道がなかった東条英機を国際司法判決を米国が作った国内法で無罪にできる世界の常識に全く気づかなかった戦前の過ちを繰り返すことで、米国の植民地になることで特亜諸国と友好関係を築けない金を援助しないと即世界から孤立化を図ることになるでしょう。

福島以外の地域の津波対策工事を事故が起こったから行う公共工事は即刻中止すべきである。

片山さつきがいくら叫ぼうと、慰安婦増は米国において今後量産されるのだから、島国に外交などそもそも出来るはずはなかったということ。

昭和になってから、薩長が築き上げた明治維新の精神的緊張感まで無くなった結果が軍部まで官僚化したということである。

酒と泪とが懲りずに荒し擁護しているようじゃの、、、
ホレ、お前の大好きなネタじゃ、、、

酒と泪と どうじゃろか、、、


そのうち日本人の家の中から一人の娘さんが引き出されて来ました。
十五才か十六才と思われる色の白い娘さんでした。

その娘さんを引き出して来たのは学生でした。
そして隠れているのを見つけてここに引き出したと申しております。

その娘さんは恐怖のために顔が引きつっております。
体はぶるぶると震えておりました。

その娘さんを引き出して来た学生は何か猫が鼠を取ったときのような嬉しそうな顔をしておりました。
そしてすぐ近くにいる保安隊の兵隊に何か話しておりました。

保安隊の兵隊が首を横に振ると学生はニヤリと笑ってこの娘さんを立ったまま平手打ちで五回か六回か殴りつけました。

そしてその着ている服をいきなりバリバリと破ったのです。

支那でも七月と言えば夏です。暑いです。
薄い夏服を着ていた娘さんの服はいとも簡単に破られてしまったのです。

すると雪のように白い肌があらわになってまいりました。
娘さんが何か一生懸命この学生に言っております。

しかし学生はニヤニヤ笑うだけで娘さんの言うことに耳を傾けようとはしません。

娘さんは手を合わせてこの学生に何か一生懸命懇願しているのです。
学生の側には数名の学生と保安隊の兵隊が集まっていました。

そしてその集まった学生達や保安隊の兵隊達は目をギラギラさせながら、この学生が娘さんに加えている仕打ちを見ているのです。

学生はこの娘さんをいきなり道の側に押し倒しました。
そして下着を取ってしまいました。

娘さんは「助けてー」と叫びました。

と、そのときです。

一人の日本人の男性がパアッと飛び出して来ました。
そしてこの娘さんの上に覆い被さるように身を投げたのです。

恐らくこの娘さんのお父さんだったでしょう。

すると保安隊の兵隊がいきなりこの男の人の頭を銃の台尻で力一杯殴りつけたのです。

何かグシャッというような音が聞こえたように思います。
頭が割られたのです。

でもまだこの男の人は娘さんの身体の上から離れようとしません。
保安隊の兵隊が何か言いながらこの男の人を引き離しました。

娘さんの顔にはこのお父さんであろう人の血が一杯流れておりました。
この男の人を引き離した保安隊の兵隊は再び銃で頭を殴りつけました。

パーッと辺り一面に何かが飛び散りました。恐らくこの男の人の脳髄だったろうと思われます。

そして二、三人の兵隊と二、三人の学生がこの男の人の身体を蹴りつけたり踏みつけたりしていました。
服が破けます。
肌が出ます。
血が流れます。
そんなことお構いなしに踏んだり蹴ったりし続けています。

そのうちに保安隊の兵隊の一人が銃に付けた剣で腹の辺りを突き刺しました。
血がパーッと飛び散ります。

その血はその横に気を失ったように倒されている娘さんの身体の上にも飛び散ったのです。

腹を突き刺しただけではまだ足りないと思ったのでしょうか。今度は胸の辺りを又突き刺します。
それだけで終わるかと思っていたら、まだ足りないのでしょう。
又腹を突きます。
胸を突きます。
何回も何回も突き刺すのです。

沢山の支那人が見ているけれど「ウーン」とも「ワー」とも言いません。
この保安隊の兵隊のすることをただ黙って見ているだけです。

その残酷さは何に例えていいかわかりませんが、悪鬼野獣と申しますか。
暴虐無惨と申しましょうか。
あの悪虐を言い表す言葉はないように思われます。

この男の人は多分この娘さんの父親であるだろうが、この屍体を三メートル程離れたところまで丸太棒を転がすように蹴転がした兵隊と学生達は、この気を失っていると思われる娘さんのところにやってまいりました。

この娘さんは既に全裸になされております。
そして恐怖のために動くことが出来ないのです。

その娘さんのところまで来ると下肢を大きく拡げました。
そして陵辱をはじめようとするのです。

支那人とは言へ、沢山の人達が見ている前で人間最低のことをしようというのだから、これはもう人間のすることとは言えません。

ところがこの娘さんは今まで一度もそうした経験がなかったからでしょう。
どうしても陵辱がうまく行かないのです。

すると三人程の学生が拡げられるだけこの下肢を拡げるのです。

そして保安隊の兵隊が持っている銃を持って来てその銃身の先でこの娘さんの陰部の中に突き込むのです。

こんな姿を見ながらその近くに何名もの支那人がいるのに止めようともしなければ、声を出す人もおりません。

ただ学生達のこの惨行を黙って見ているだけです。
私とTさんは二十メートルも離れたところに立っていたのでそれからの惨行の仔細を見ることは出来なかったのですが、と言うよりとても目を開けて見ておることが出来なかったのです。

私はTさんの手にしっかりとすがっておりました。
目をしっかりつぶっておりました。

するとギャーッという悲鳴とも叫びとも言えない声が聞こえました。
私は思わずびっくりして目を開きました。

するとどうでしょう。保安隊の兵隊がニタニタ笑いながらこの娘さんの陰部を切り取っているのです。
何ということをするのだろうと私の身体はガタガタと音を立てる程震えました。
その私の身体をTさんがしっかり抱きしめてくれました。
見てはいけない。
見まいと思うけれど目がどうしても閉じられないのです。

ガタガタ震えながら見ているとその兵隊は今度は腹を縦に裂くのです。
それから剣で首を切り落としたのです。

その首をさっき捨てた男の人の屍体のところにポイと投げたのです。
投げられた首は地面をゴロゴロと転がって男の人の屍体の側で止まったのです。
若しこの男の人がこの娘さんの親であるなら、親と子がああした形で一緒になったのかなあと私の頭のどこかで考えていました。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1025.html

ホレ、お前の大好きなネタをもう一つ追加じゃ、、、

荒し擁護の酒と泪と どうじゃろか、、、

この写真は、紫禁城に無断で侵入したものに対して実際に行われていたシナの「凌遅処死」という処刑の様子を写真に撮ったものだそうです。凌遅の刑ともいう。

この刑は、人を丸裸にし、生きたまま、3357箇所の肉をそぎ落とすというものです。

しかも10刀ごとに息を入れ、一喝して正気に戻す。

第1日目は親指から手の甲、胸の左右へと357刀肉を削ぎ取り、翌日もその翌日も、その刑が続く。

最初の一刀には大量な出血があるけれど、二刀目からは出血が減り、恐怖で血が下腹部や脹ら脛に溜まり、削ぎ終わってから胸を開けば一挙に血が噴き出すという残虐なものです。

「いや、そんなのは昔のことでしょう」という声も聞こえそうです。

いいや、違います。

彼らは、今もなお、属国にした東トルキスタンなどで、こうした残虐な行為を続けている。

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-553.html

>>人斬り瀬戸などそもそも市民などと語ること自体過ちである
誰も読まん、自分のサイトでやれ。

満蒙支朝は1円の価値も無い!

厳韓ブログなどで支那兵は朝鮮人と違い話せば解る、大人だ、さすが宗主国だといったコメントをよく目にしますが、コロンブス以降日米欧露の列強が出そろった後は列強国の前には支那も朝鮮も同じです。

西尾幹二氏の著書に書かれてますが、支那語・漢字と言うのは科学技術に対応しこれを扱えるような文字、言葉では無いそうです。愚民文字と言われるハングルもそうでしよう。

モンゴルについてもそうです、ユーラシア大陸を支配したと言うのが彼らの自慢ですが、欧州の中部、北部が衣食住整う前の話です、ご多分に漏れずコロンブス(鉄砲)以降の列強には勝てません。

ペリー艦隊が来航した時、日本はペンギンと白熊しか仲間が居ませんでした。
この時はとっさに犬でも猿でもと思い、五族協和・八紘一宇・大アジアをスローガンに多大な投資をしました。
当時はこれが英断だったかもしれません、だったでしょう。
しかし奴隷から解放された彼らの100年を見ると発展しない民族であることが手に取るように解ります。
五族協和などの国策はこれからは間違いであると認識すべきです。

大政翼賛会史観とは無意識にA級戦犯無罪署名した集団

>米国の小学生並の知性のKESSELRING

薩長を会津の負け犬史観で投影し、ペリーと不平等条約しか結べなかった島国鎖国という井の中の蛙の封建的士農工商制度が生み出した誰も責任を取らない死んだら皆神様になれる大政翼賛会史観ブログに過ぎないみたい実のブログでせんずりしておけよ。

世界がどんどん変わっている次代に、大奥三昧で遊女と遊び続けてきた徳川政権では、清国の二の舞のアヘンで日本が汚染されていただけである。
所詮、先代の人達が「ここより上に家を建てよ」と津波被害の学習効果の石碑を残しておいてくれたにも関わらず、その下に家を建てて去年の津波で押し流された自己責任のない大政翼賛会が一夜で鬼畜米英から親米と変わっただけの、原発は絶対に安全だとお上に言われれば簡単に信じ込む5面性を持つパーソナリティーのない自己都合の会津の欺瞞ブログでせんずりしておけよ。

排除すべきコメント群とは。

ブログ主様
 本ブログに措ける品位に欠ける罵りあいや差別発言の羅列は、本ブログの開設意図に大きく反して居ると考えます。 ブログ主様の寛恕のお気持ちは尊いと思いますが、此の処、目に余ります、殊に、恰も朝鮮人そのままの価値観を持ち込んでいるコメントは、それらの導火線になっている。 それに該当するコメントは削除される、もしくは、投稿拒絶の措置を採るべき時期かと思います。 

 朝鮮系投稿者が蟠居するブログは必ず、読み手が引いて終い、最悪は閉鎖となる他は無い。 彼らの狙いも其処に或る事は、一投稿者として肝に銘じて置かねばならない認識です。

 最早、問答無用の域に達して居ると認識いたしておりますが、如何?

ブータンの火災にお見舞金を

ちょっと場所をお借りします。

政府が資金協力するしないに関わらず、私たち日本国民がそれぞれ志を寄せることにより、日本・ブータン両国の友好関係がよりいっそう深まることは間違いありません。皆様のご寄附を重ねてお願い申し上げます<(_ _)>

そのブータン西部の歴史的建造物で観光名所にもなっていた「ワンデュ・ポダン・ゾン」という寺院で、6月24日(現地時間)火災が発生しました。残念ながら建物の大部分が焼失してしまったそうです。建立は1638年で、3月に世界遺産としての登録を申請したばかりだったとのことです。
ティンレイ首相は26日、国民向けのメッセージで「ワンデュ・ポダン・ゾンは再建する」と宣言したそうですが、内相は「ブータンは小国であり、我々の歳入で同じ建造物を再建するのは現時点では極めて難しい」と話しているそうです。
領事館では寄附(お見舞金)は受け取れないため、徳田ひとみ様が代表を務めておられるNPO法人国連友好協会の口座で受け付けているそうです。

三菱東京UFJ銀行 
 神田支店 普通口座 0104626 
 特定非営利活動法人 国連友好協会
 ※一口1,000円よりお願いいたします

 詳細は以下のURLをご覧下さい。
 http://bit.ly/NPZb7o

※なお、高橋孝郎様@ブータン政府で首相フェローとして働く日本人のブログによれば、ブータン側では寄付の受け入れ口座は下記に決まりましたが、日本からだと送金手数料などが余計にかかってしまうと思うので、上記の国連友好協会の口座が簡単なのではないか、ということです。
Below is the Bhutanese bank account which is officially gathering donation:
A/C No. 0000055333013,
Account Name: His Majesty's Kidu Fund,
Branch: BNB, Thimphu.
Swift Code: BNBTBTBT
All your contributions will be acknowledged with your names in the media by the Gyalpoi Zimpoen Office.

http://www.cnn.co.jp/travel/30007129.html
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1217.html

戦前、国連を脱退した行為の真意が理解出来なかった親米保守

>ナポレオン・ソロ

良いこといいますね。

2チャンで書かれてるような韓国・在日バッシングのような品位に欠ける罵りあいや差別発言の羅列は、本ブログの開設意図に大きく反して居ると実は私も考えてました。

薩長を西南人とか言ってバッシングしているブログを保守とは思えなかったことの答えとして肝に銘じておきましょう。

反死ンのの目!必見!

http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/51845102.html#comments

大本営MR2発狂!

85. 旅立ちます・・・・

成田空港 国際線ロビー 北ウィング到着!!


16:〇〇 成田空港発~ロンドン・ヒースロー空港行きへフライトします。

X 2011-12-31 15:09:55

>ナポレオン・ソロ

ご指摘ごもっとも。

一年前と今とさほど変わらないようにも見えますね。

常に幼稚な口喧嘩は多少なりとも継続してあります。
それよりも同じ顔ぶれが新たな読者を強く拒んでるよにも見えますね。一部の者だけに通用する事を延々とくどくど言い争っている。
初めて覗いた人は何の話題かすら理解不能ではないでしょうか。

これが既得権というものなんでしょうかね。困ったもんですね。コメント欄を覗くといつも不快になる。

駅前に勝手に居座り周りを蹴散らすC人のようですね。

ブログ主もそんな輩に居座られて大層迷惑しているでしょうね。

管理人さん有門がアク禁にして逃げたことを理解してください

もうここのブログでも真実を求めるために否定の論法を使う必要がなくなったから正直に言うが相手の意見すら遮断しなければ崩壊する思考の有門が老獪な戦術に勝てるはずがない。

一貫性のある信念を形成できないようでは日本政府が公認し実質官僚支配のパチンコ産業など廃止できる根拠がぶれることすら分からない説得力の微塵もない方便しか言えないのが有門です。

保守ごっこしてるんじゃないと元在特会副会長の名古屋の女性もとっくに有門の欺瞞に気づいているからダンプで突っ込むぐらいの行動しろとバカにしていることぐらいは分かってほしいがね。

刑務所で師匠が知り合った話はもう書かないと言ったが、有門が粘着して蒸し返してデマを申すことしかできないことも想定済みだ。

とにかく本当の俺をお前に理解してもらうつもりはないが、否定の論法を使用しないと言った以上、刑務所で知り合ったと言ったことは否定できないからな。

はっきり言って有門の師匠の瀬戸は、創価学会を批判して、創価学会の組織票で代議士になった自民党議員をよく支援できるものだと思うのも、その創価学会が支援している公明党を批判する者は自民党による官僚支配政財界世襲利権体制による大政翼賛会史観グループにも入れないことより、間違いなく片山議員からもウザイ存在にしか見えないでしょうからね。

民主党との連立を選んだ自民党を支持できる根拠を瀬戸はすでに無くしていることに気づかなければ東条軍事政権と同じ穴のムジナ政権しか見えないだろうね。

一貫性を持つことで初めてパーソナリティーが確立されることも、国際司法判決という法的根拠に基づく東京裁判はサンフランシスコ講和条約で否定されなかった真実から東京裁判の判決はおかしいと言った理論武装で判決を示した東京裁判という国際法を改正してから東条英機を無罪にしないのだから領土問題解決のための対象国との外交関係まで捨てて身内の戦犯を無罪にした世襲利権自民党こそとんでもない国賊集団であることすら有門は気づかず、ただ薩長・明治維新が悪く、米国と不平等条約を結ぶような国益を考えない徳川政権が正しいとしか考えられない有門に何を言っても無駄なことだろうがね。

まあ、有門のブログで真実を求めるために否定の論法を使わせてもらったことは感謝するが、否定の論法を俺と勘違いしていることがもう致命的だけどね。

法律などどうでもいいと言った有門は在特会レベルということ。
いや、法治国家日本で法律を無視できる有門は、その歳では遅いが、チャイニーズやヤクザの生き方を身につけるべきと本当に思うよ。

新宿から電話した条件で会う器量があれば、完璧に法的根拠で論破してやるために連絡先まで書き込んでもアク禁という言論弾圧に逃げる醜い習性をさらけ出したけどね。

戦争勝者国が作った事実が米国公文書博物館に科学的証拠として保存されていることでブログが崩壊していただろうと思うからね。

有門にはパチンコ産業の天下り利権を握っている警察官僚を倒すための真の主権回復実現など絶対に不可能な習性を晒して逃避しても、いずれ有門が死ぬ前の日にまだパチンコが存在していることが証明するから、その時、俺が言ったことの正しさに気づいてほしいと思うよ。

管理人さん、この辺でやめておきます。

刑務所で知り合った詭弁さえ正当化できる有門のところに二度と行かないと名古屋の女性が言ってることがよくわかる。
脳梗塞を二回起こしてた60過ぎの瀬戸の記憶力より、一貫性の根拠を持って真実を探すことを目的にしてきた俺の記憶の方が裁判官も正しいと言うのも、有門も知ってるとか言ってたマリアでさえ、記憶しているからな。

瀬戸に日本を愛する気持ちは俺の方が強いと言ったのも、真実を求めるための否定の論法で自称保守ブログの欺瞞に気づき、敵は大政翼賛会史観をコントロールし、島国国内法だけで、軍部による慰安婦強制連行を認めることになった河野談話発表を導き出した原因が国益より身内の世間体を取るために、何も知らない大政翼賛会史観を利用した署名活動でA級戦犯を国内においてのみ無罪とした哀れな詭弁と交換条件となっているからだ。

米国に忠誠を誓うことで、マッカーサーさえも知らされずにワシントンから巣鴨の監獄からの釈放特権を勝ち取ったことで、統帥権も持てない自衛隊と治外法権を与えて主にイスラエルと韓国を守るための在日米軍基地の思いやり予算が実質米国の国防費となっている真実も有門は気づくことができない。
しかも戦後70年近くたっても払い続けているのだから、拉致被害者も竹島も北方領土も尖閣も日本に戻ってこないことは、米中露北韓が東京裁判史観という共通の価値観を持っていることぐらい理解する推察力がない有門が国益など語ることこそ漫画でしたね。

要は戦後、日本の外交官や政治家で東京裁判は過ちだと国連の場ではっきり主張した者いないことが、死んだら皆神様で英霊達に対しても責任感を放棄していることも理解できないから、天皇バンザイと国のために殉死した者が眠る靖国神社に天皇が参拝できなくなっている環境の改善といった発想が有門から生まれるはずがないということ。

東条英機を戦犯無罪に国内法で制定しても、戦後の自民党政権は特亜諸国に東条英機は無罪だと誰一人言えなかったことも、安部が総理になると靖国参拝放棄・米国下院で河野談話否定拒否宣言も言えなかったことも、麻生が田母神幕僚長が真の主権回復の実現のビジョンを考えて文章にしただけで即更迭した真意も有門は理解できないのだから、日本が無条件降伏した事実も忘れてサンフランシスコ講和条約を歪曲して東京裁判を無かったことにして欺瞞を生み出しているCOFFEEの方が有門よりはまだ一貫性を認めることができるね。
在日に特別永住権を与え、パチンコ産業育成資金として朝銀に1兆4千億もの国税を公的融資した自民党の欺瞞政治に文句言えない者が、日本で保守ずらできるようでは、有門は、マッカーサーから大政翼賛会史観が米国の小学生並の知性しかないと笑われた真実も見逃しているに違いないでしょう。

日本は中国なんぞとは離れて、米国に回帰するべきである。

今、弾圧が行われている。
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/308.html
投稿者 宮島鹿おやじ 日時 2012 年 7 月 01 日 18:16:47: NqHa.4ewCUAIk


字数制限などかまっていられない。削除結構。

これが日本の現実だ!

http://www.ustwrap.info/multi/iwakamiyasumi::iwj-oita1::yuzuru-k::%E5%A4%A7%E9%A3%AF%E5%8E%9F%E7%99%BA%E6%AD%A3%E9%96%80%E5%89%8D%E3%82%88%E3%82%8A%E4%B8%AD%E7%B6%99::iwj-fukui1::iwj-fukui2::irene-channel::kenbor  




http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/308.html?c67#c67

「警視庁」(日米韓勢力)と「警察庁」(中露支配)は根本的に異なる。
金曜日のデモは「警視庁」管区内で、米国の支援もはたらいたため、盛大なデモがうまくいった。

しかし、
「警察庁」管区内の福井となると、中国実効支配であるから、天安門事件さながらの大弾圧となる。

日本は中国なんぞとは離れて、米国に回帰するべきである。

休憩


Engelbert Humperdinck - The Last Waltz

http://www.youtube.com/watch?v=-hF9ngGYqbc&feature=player_detailpage

チョウセン征伐を始めよう

先ず、小沢一郎と成り済ましを完膚無きまでの潰し。
次いで、百害あって一利なしのパチンコを確実、かつ、完全に禁止する。
次いで、在日韓国人対するの日本の生活保護費の支給を廃止しする。
以上で在日韓国人を駆除できる。

予想通り石原新党・小沢新党・立ち上がれ日本と大阪維新の会の連立となる

羽曳野市長選挙(開票終了) 
北川嗣雄(現職 民主・自民推薦)18,796票 当選 
麻野佳秀(無新 維新支部推薦)13,373票
宇山鉄雄(無新 共産推薦)7,666票 

維新が思った以上に頑張っています。
これからあの民主党と連立を組む自公も与党になることで、民主党を批判してきた多くの保守ブロガーと共闘できそうである。

【反日】「反原発デモに参加したら1万円」金がもらえた
http://www.tanteifile1.com/diary/2012/06/23_02/

船井勝仁

今年は慶応3年?


 前回、紹介した落合莞爾さんの『金融ワンワールド』(成甲書房)をもう一度読み直しています。インターネットで落合さんの情報を探していると、野村證券の社長になるような人材だった紹介されており、この260ページの本に詰め込まれている情報量はとんでもない量になっていると思います。同書から少し引用します。

(引用開始)

 金融ワンワールドは、信用通貨を国債と交換することで金利を稼ぐという従来の略奪方式を今や放棄しました。理由は、日本をはじめとする先進工業国で、深刻なデフレ・ギャップが生じたからです。その背景は中国を代表とする途上国が、先進工業国の先端技術を安い労働力と結びつけ、世界中の工業品市場を席巻したためです。
 国内の工業設備の過剰を反映して過剰となった国内資本は、当面金利を生みません。そこで金融ワンワールドは、近代以後の世界では珍しいゼロ金利策の強行を決め、平成7(1995)年の日本で初めて実行に移しました。目的は、大衆の預金から自然金利を奪うためですが、同時に国債金利も低下しますから、金融ワンワールドも従来のような金利稼ぎができません。


(中略)


 そこで金融ワンワールドが企んだ新手の金儲けが金融カジノです。彼らは金融カジノの隠れオーナーとなり、カジノのハウス・ルールを自己に都合よく操ることで、信用創造にも勝る大儲けを謀ろうとしているのです。国家が租税の形で国民から得たカネを、金融ワンワールドが効率的に奪い取る仕組みという点では、信用創造も金融カジノも本質的に同類です。

(引用終了)

 少し難しい話ですが、搾取の形態が金利を取るということから、金融カジノで巻き上げるという形に変わったということです。
 勘の良い方はお気づきだと思いますが、国債は国の借金ですので信用創造で搾取されるということは私たちの税金が金融ワンワールドに貢がれることになります。だから、いままでの制度の中でお金持ちになろうと思うのなら節税対策をして税金を払わないようにしなければならなかったのです。ただ、そんなことをしてお金持ちになっても幸せになることはないので、ビールが毎日おいしく飲めるぐらいのお金が残るのなら、税金を思い切って払ってしまった方が私はいいと思っています。

ゴミクズのようにとは何だ?当時の要塞攻略は犠牲が出て当然なんだよ。乃木大将は末端の兵士まで気をかけていたのだ。英霊を侮辱するな。その後ドイツフランスで行われた要塞戦では遥かに多い死者が出ている。いかに乃木大将の作戦が正しかったかがわかる。ゴミクズは貴様だよ。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。