スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「脱亜入欧」近現代史の旅No5      6月11日(月)


近現代史の旅の5回目です。前回「日本は朝鮮が清から独立して近代化
を進める事を願っていた」とかきました。しかし李氏朝鮮は今だ千年の
夢から覚めず、本国の中国より以上に中国化した専制体制を続けていま
した。

日本は明治元年からたびたび使節が送られ、新たな国交や通商を求めた
が、日本政府からの国書の受け取りを拒否しつづけました。

朝鮮は中華主義にこり固まっていて,華夷秩序に属さない日本は自分より
下位で蛮族以外のなにものでもないと思っていました。そして清国に対し
ては臣下の礼を取り続け、そのつど報告をして、意見を求めていました。

しかしその親分の清国があいつぐ列強の侵犯を受けて、ボロボロの状態
で、属国である李朝など相手にしている余裕などありません。

ところがロシアは南下をつづけて朝鮮国境まで領土を広げています。もし
朝鮮半島がロシアに領有されれば、日本の国土防衛そのものがほとんど
不可能になります。

明治6年に朝鮮は大院君が失脚し改革派に支えられた王妃の閔氏一族が
実権を握ります。そしてやっと明治9年にようやく日朝修好条規が結ばれ
ました。改革派官僚たちは日本にやってきて、その近代化のスピードと
軍制の改革の有様を目にして仰天します。

明治政府は朝鮮の独立と近代化の必要を彼らに説き、欧米列強の強さと
野望を教えました。朝鮮も各国に窓を開きアメリカ、イギリス、ロシア
フランスがソウルに在外公館を開きました。

やっと目覚めた閔政権は日本人将校を招いて日本式軍隊の訓練を始めま
した。朝鮮の改革派は日本の支援で独立と近代化を達成しようと目論ん
でいました。ところが清国は下位の小国である日本が千年属国である朝鮮
に進出していくことが許せなかった。

清国は、これが日本でなくイギリスやフランスであれば目をつぶったが、
下位の日本では黙っているわけにはいかなかった。清国は1881年に起き
た保守派の反乱鎮圧後ソウルを軍事体制化に置き、直接李氏朝鮮を支配
しました。

清国は1842年の「阿片戦争」でイギリスに破れ、多額の賠償金と香港
の割譲、広東、上海など多くの開港を認め、治外法権、関税自主権放棄
などを余儀なくされました。その上この不平等条約に他の欧米列強が
便乗するしまつ。

つまり清国は近代化された白人の強さには、一目おいても自分より劣位
の蛮族と思っている日本にだけは自由にさせるわけにはいかなかった。

朝鮮は日本派と清国派に別れて争い、1884年、金玉均率いる改革派は
日本公使館守備兵の支援を受けてクーデターを挙行したが、清国兵が
出動し、日本公使館は炎上し、在留日本人40人以上が惨殺されました。

後に金玉均は上海で暗殺され、売国奴として朝鮮で遺体が八つ裂きに
されました。閔氏は今度は清国への依存度を強め、改革派の目を摘み
千年属国に戻っていきました。

明治政府は、いくら説得しても、支援しても言葉が届かない厄介な朝鮮
に絶望していました。福沢諭吉はアジアの共闘はありえないと悟り、
日本一国の近代化路線に転回して「脱亜入欧」を主張します。

日本の進出を排除した清国は朝鮮の支配権を強めていきます。ウラジオ
ストックに拠点をおくロシアは虎視眈々と朝鮮を狙っていました。李氏
朝鮮は、清国に頼りきっていましたが、満洲鉄道の利権を手に入れ、
清国を侵食し始めた強国ロシアに、にじり寄り朝鮮は清国を裏切る姿勢
を見せ始めました。

このまま行けばいずれ朝鮮はロシアの植民地にされてしまいます。ここ
に至って日本は朝鮮から清国の勢力を一掃し、ロシアの野望を砕くため
に朝鮮を独立国にする戦争を決意します。

近代化された日本軍は、指揮・装備の不統一な清国軍を終始圧倒、各地
で勝利をおさめた。わずか1年足らずで清は降伏し、1895年下関条約を
むすび清は朝鮮の独立を認め、遼東半島を日本に譲り、多額の賠償金を
支払いました。

中国よりも文明程度において低いと欧米から侮られていた未知の新興
国家日本が、いくら弱体化したとはいえ大国清に勝てるはずがないと
欧米各国は日本の敗北を予想していました。

日清戦争は日本の文明が老廃国中国よりも高く、日本の近代化はすでに
一段と他のアジア諸国より進んでいることを世界に知らしめました。
維新からわずか29年しか経っていません。欧米は短期間で近代化した
日本に驚嘆しました。

欧米は日本を中国と同じく「儒教文化圏」の一員と見ていました。しかし
実際は日本は遣隋使の時代から中華文明をずっと拒否し続けて、実質的に
は、唐以後の日本文明はすでに大陸歴代王朝よりも進んでいました。

ハンチントンが「文明の衝突」の中で日本だけで一つの文明と定義されて
います。つまり日本は大陸とは別系統の文明なのです。

日清戦争の勝利により、欧米列強は、日本に対する彼らの特権を放棄し
ました。

当初日本は欧米列強の侵攻に共同で対処しようと、朝鮮だけでなく中国に
も伝え働きかけてきましたが、中国の世界常識に対する無知と唯我独尊の
傲慢な態度や 朝鮮の腰の定まらない裏切りや弱さを知り、アジアの共闘
はありえないと悟りました。

現在ルーピ鳩山が主張している「東アジア共同体」や馬鹿な政治家が唱え
ている「アジアは一つ」などの主張の愚かしさ、中国と韓国と組む事の
危険性を100年前の明治の人達はあらためて悟ったのです。

「あらためて」といったのは1000年近く前に日本は中国の危険性を察知
して遣唐使を廃止した時から宗、元、明、清に至るまで千余年の間、日本
は中華文明は魅力のないものになっていました。

つまり明治の人達は、日本の生きていく道は「脱亜入欧」だということを
あらためて認識しました。21世紀も日本は野蛮な中国に付くことのないよ
うに祈るばかりです。


(この続きは次回にて)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

みそ汁の具。

http://ameblo.jp/adgjmptw-214c/entry-11268966282.html

日本が戦争した大きな理由は、ロシア中国共産党から日本を守ることだった

昭和11(1936)年に西安事件が起こされ、これによってソ連が指導する中国共産党とアメリカが支援する国民党とが合体し、米ソの支援による抗日民族統一戦線が形成された。

盧溝橋事件の原因をつくった中国共産党
http://www.history.gr.jp/~showa/227.html

中国共産党北方局による抗日工作が第二九軍内に浸透したため、軍内の過激分子によって盧溝橋事件が引き起こされた可能性が高い。

日本への最後通牒 ハル・ノートを書いた ハリー・ホワイトは、ソ連のスパイだった。

日米戦争とは何だったか
http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/rekishi07.htm

マッカーサーは、朝鮮戦争を戦ったとき、かつて日本がなぜあれほど朝鮮半島や満州にこだわったか、という理由をはっきり理解した。『 朝鮮と満州は、日本にとって共産軍から身を守るための最後の防波堤だった。』

複式簿記の秘密

2012.06.11(第54回)
「天律の時代」の到来に向けて

複式簿記の秘密

安西正鷹著『国際金融資本がひた隠しに隠すお金の秘密』(成甲書房)を読みました。著者は金融機関でディーリング業務の第一線に携わっている人ということで、お名前はペンネームだと思います。
 内容は、このコラムで私が書かせていただいていることを学術的により深く掘り下げて書かれており、自分の主張の確認をする上でも大変興味深く読ませていただきました。例えば、利子と中央銀行制度が詐欺的なシステムであること等がわかりやすく精緻(せいち)に紹介されています。

面白いなと思ったのは、複式簿記というシステムが、やはり現代の資本主義社会の本質をごまかすために利用されているという視点でした。まず、複式簿記の説明をしている部分を少し引用させていただきます。


(引用開始)

 複式簿記は、企業活動における取引を二つの側面から捉える。ある一定の仕組みに基づいて帳簿に記入し、計算して整理する。この作業を経て、企業の財政状態を示す「貸借対照表」と経営成績を示す「損益計算書」が同時に作成される。その技法を複式簿記と呼ぶ。
 企業が資本投下して取引を行ない、その取引で生じるカネ(貨幣)の流れとモノ(財・サービス)の流れを、帳簿の借方(左側)と貸方(右側)に分けて記録する。これによって一定の期間に、資産、負債、資本がどのように変化し、最終的にどれだけ増加(あるいは減少)したか、つまり収益と費用の差額としての利益(あるいは損失)がどれだけ生じたかを計算する技法ともいえる。複式簿記では、資産、負債、資本および収益、費用を細かく分類された勘定科目ごとに、それぞれの有高を計算する。
 経済における取引はギブ・アンド・テイクの精神で行われることになっている。したがって、ある取引を行なえば、必ず勘定科目の借方(または貸方)が増加し、同時に別の勘定科目の貸方(または借方)も増加する。
 勘定科目の組み合わせは、借方と貸方で常に一対一であるとは限らない。一方が一つで他方が複数の場合も、両方が複数の場合もある。だが、各々を集計してみると、借方と貸方には同じ金額が記されていることが分かる。つまり、すべての取引を記帳した結果として、すべての勘定の借方合計と貸方合計は必ず等しくなる。
 これは複式簿記の基本原理とも言うべき特徴であり、「貸借平均の原理」と呼ばれる。複式簿記は天秤の原理、つまり重量を加減して水平になるようにバランスをとる思想を内包しており、これを適用して経済活動を測定するのである。
 若き日にヴェネツィアに遊んだ文豪ゲーテは『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』で、「複式簿記こそ人間の精神が発見した最も素晴らしいものの一つである」と高く評価している。
 複式簿記は商業資本主義的経済活動が始動したルネッサンス期に、社会に浸透していった。

(引用終了)

詳細は以下で「船井幸雄HP内」
http://www.funaiyukio.com/funaikatsuhito/index_1206_02.asp

華夷思想の支那、自大主義の朝鮮に何時までも捕らわれることなく、早々に支那及び朝鮮を切り捨て、日本は、南を向くべきである。アジア全体を、東洋全体を見るべきである。そこには、アセアンがあり、インドがあり、アラブ諸国があり、オーストラリアがあり、太平洋がある。日本の照り輝く未来が待っている。

栄光なる孤立政策が日本には最良である

大東亜戦時は、今のアジア諸国はタイ以外は白人の奴隷であり、アジア人は白人と同等に扱ってもらえなかった。東南アジアの支那人は白人の側に立ちアジア人が白人の奴隷となることに協力した有色人種の裏切り者である。しかし大東亜戦争後、日本が負けると日本は侵略国家としてアジア諸国からさえも非難された。いまでもなにかあるとそういう東南アジア人はいる。(特に朝鮮人、華僑はそう。)今支那は、元のころのように東南アジア(もちろん日本も)を支那の領土にしようと狙っているが、東南アジア、とくに(最も過酷に大戦後極東軍事裁判で日本に攻めた)フィリピンとは一緒に戦わないようにしよう。日本と東南アジアの連合軍が負けた場合は、大東亜戦争のときと同じように、また日本だけが非難されるだけだ。また日本にだまされていた。なんていって日本をせめるようなことを平気でするだろう。大東亜戦争後、独立したアジア諸国を侵略したのは再び植民地にしようとした旧宗主国であったのに、かれらはそんなことは一言もいわず、当時高度経済成長をとげつつあった日本を非難し、日本から賠償金を取るように多額の金銭を(つまり日本人が働いて治めた税金を)要求した。いま彼らが黙っているのは、日本が豊かになると彼らも一緒に豊かになることを学んだからにすぎない。
今後、日本はアジアでなにが起ころうとも、ましてや支那でなにが起ころうとも、まったく無関心をきめ、共闘せず日本のみの、支那、朝鮮、ロシアからの防衛のみに専念すべきだ。アジアは一つなんてあり得ないことは、われわれルーピー以外の日本人はよく学習したはずだ。日清日露の戦争後、仲介した三国は清の領土を租借し、アメリカは満州鉄道を手に入れようとしたように、アメリカやヨーロッパは日本の資源(メタルハイドレード)を狙っているのである。

1985年8月12日のJAL123便ソ連自衛隊核攻撃惨事後の長野県川上村と同様の様相

福島県相馬市界隈には、中国人が入植しはじめている。

おりしも、中国人が日本国内に入りやすくなるという。
<引用ここから>
http://www.nikaidou.com/archives/25733
みなさん 中国人が来ることを希望しますか?
中国人(工作員多数) 90日以内【自由渡航】を認める【数次ビザ】を外務省は【6月まで国民の声を聞いて】導入決定します。
反対の声を!(名前不要)外務省外国人課 TEL:03-5501-8176 FAX:03-5501-8174
<引用ここまで>

1985年8月12日のソ連自衛隊核攻撃惨事後、ピカ原子雲で汚染された長野県川上村に中国人がなだれこみ、現在では、すっかり中国人街になってしまった。目的は、雲母、黄銅鉱石、水晶、武田隠し金、等である。

これと、類似の案件が、福島で発生する傾向となっている。
福島県相馬市界隈には、一等地に中国料理店が立ち並び、中国人が我がもの顔に闊歩している。
福島の原子番号115の資源等を中国が狙っており、昭和60年の日航機同様の中国人の暗躍が懸念される。

あほもヤスミヤスミイエ

長野県人で川上村も仕事でよく行くけど~中国人街なんて有りませんよ
馬鹿もヤスミヤスミイエ~

最近は中国人も農作業のアルバイトに来てくれなくて困り果てています
理由は本国より稼げないから。最近は中国でスト多発で給料の値上げが続いています

しかしなんでこんな馬鹿みたいなこと書くのか…

下朝鮮(韓国)のどこまでも続く反日・嘘バラマキに如何に対抗すべきか。

以下の村田春樹氏の動画が参考になると思う。
http://www.youtube.com/watch?v=0vAXk4VxXXY
(長いので時間の無い人は30分過ぎあたりから観るとよいだろう)

とにかく日本人は史実を訴え続けようではないか。

感情で決める親父

気に食わないコメントが来ないように言論封殺しているようだ。やっぱり親父はダメだ。言いたいことが言えないようにするのはおかしい

言いたいことが言えず空虚な言論で済ませたからよくなるどころか悪くなることに気付かないのか。争いを避ける親父(弱い者いじめはちゃんとやる)どもを消さなければ、日本はよくならない。

先生の消費税引き上げについてのご意見を、読ませて頂ければ嬉しいのですが・・・
小沢一郎が反対しているので、反対とは言いにくいのでしょうか?
私は、このデフレの今消費税を上げるなんて全く理解出来ません。
自民党も、どうかしていると思います。

日本がいち早く近代化を遂げた一因に、江戸時代の300諸侯がそれぞれ独立国家を形成していたことが挙げられます。
狭い国土に300以上の小国家があり、それぞれが独自に経営を行っていました。
300の国には藩校があって文武に優れる英才の育成を行っており、欧米諸国の知識を吸収する素地はそれら武士を中心とした支配層に十分に備わっていました。

明治維新後の急成長の元は江戸時代に蓄えられていたのです。

聖徳太子が偉大なのは…

皆さん、倭の五王って学校で習いましたが覚えてますか…聖徳太子の前の時代の。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E3%81%AE%E4%BA%94%E7%8E%8B
邪馬台国の時代もそうですが、聖徳太子の前までは支那の華夷秩序が当たり前。
大和朝廷も半島の父祖代々の権益を護る為、支那の皇帝に安東大将軍とか御墨付きを求めました。支那の皇帝の権威を半島での大義名分とする為にね。
このような外交の仕方が東アジアでは常識だったのです。
聖徳太子は常識に捕らわれずに、支那と日本は対等だと考えた親書を送りました。遣随史で支那文化を学ぼうとする中でね。

聖徳太子が為した事は、コロンブスの卵。(気が付けば誰にでも出来るが、最初に気が付いて為す人が天才)
後から批判する人は…。(笑)

聖徳太子の偉大さが、支那文明の影響から脱した日本文明を造ったと考えても間違いないでしょう。

ついでに
SST殿
光栄有る孤立は、嘗ての英国のように世界を圧する実力を持つ国だけが抱ける夢。
まだ単独で敵から護る実力の無い日本では、空想に過ぎません。たとえ実力があったとしても、先の大戦の教訓から孤立は拙いでしょう。
それから、昨日の敵は今日の友、敵の敵は味方、が外交です。フィリピンは大切な友好国です。

ゴキブリキムチ銀行

>どうして聖徳太子が隋と国交を進めたのか理解していない。

894年、白紙に遣唐使。

なぜ日本帝国が一方的に遣唐使を辞めたのか答えろ!

遣唐使廃止だが断交ではない

遣唐使は廃止されても民間の交易は停止されていない。

"遣唐使 - Wikipedia" ( http://bit.ly/JX8JID )

遣唐使の停止 [編集]

唐では874年頃から黄巣の乱が起きた。黄巣は、洛陽・長安を陥落させ、斉(880年 - 884年)を成立させた。斉は短期間で倒れたが、唐は弱体化して首都・長安周辺のみを治める地方政権へと凋落した。

このため遣唐使は、894年(寛平6)の派遣が菅原道真の建議により中止された。907年(延喜7)には唐が滅亡し、遣唐使は再開されないままその歴史に幕を下ろした。

遣唐使の停止により中国との正式な国交は途絶えた。以後、日本では独自の文化である国風文化が発達することになる一方、民間での交流は拡大し、貴族や寺院を中心とした「唐物」の流行など中国の文物へのあこがれや需要は変わらなかった。中世の武士の時代になっても同様であり、一例として大鎧に代表される武士の豪奢な鎧は、中国から輸入した色糸が必要不可欠であった。

朝貢はなくなっていたので、そこはGJでしたね。

自由交易はどことでも行うべきです。国家間の国境問題や国益追求は当然です。TPPやFTAなどは現在の自由貿易体制の限界補填的な意味が強いですね。支那の低賃金労働は日本企業にとって魅力であればそれは利用し尽くして、賃金が高騰したら逃げるという事が容易にできないのが支那の不自由なところですね。そのような制度は害悪です。

アメリカも国内に企業が戻るように仕向けていますが、効果はあがっていないようです。株主がアメリカにもどって企業収益が落ちることを警戒しているようです。株主民主主義と国民国家の国民民主主義は折り合わないところもあるようですね。

つまり、国家は遣唐使廃止しても市場は交易が続き、鎖国時代も、長崎の出島でオランダ交易同様、支那との交易もあっていたのです。

問題は商売のために国益を無視したら国家反逆罪です。支那へいっている大使は、更迭しなくてはなりますまい。それは国益の立場から当然の措置なのに、交易優先する政府がだらしないのです。

市民主義政府はいけません。石原のように、国民主義にたたねば国家はうまくないです。

私は、民族主義ですがね。石原ともちょっとちがうかな。石原は移民賛成でしょ。そこが違うけど、ま、市民主義よりはましですね。イトチュウの利益代弁者を大使に据える馬鹿も馬鹿です。

それと、日本国を出て商売をしに支那へ行った人間たちは命を捨てる覚悟で行くべきです。相手はなんでもありのならず者です。道義もへったくれもありません。国益のためならなんでもするでしょう。覚悟していくべきです。そして日本国に泣きつかないことです。日本国政府は国境のうちにおいて国民の安全と民族の生存を担保する夜警国家であればいいのです。

一旦、国益を犯されそうな場合は、非核ミサイル=神の杖で核爆弾に劣らない破壊力の民族の雷をおとせばいいのです。その準備もできない政府は倒すべし!!

おまけ

"H24_06_11衆院決算行政監視委・尖閣諸島諸問題参考人意見【石原都知事】" ( http://dai.ly/JX4xbV )

ゴキチョンキムチ

>唐も新羅も国勢が落ちて倭の脅威でなくなったからだろ。w
いつの時代も 留学生=スパイ
スパイする必要がなくなったんだよ

焼き物までしか出来ん奴らに用はないと言う事だ、これからもだ!

>>放送大学の売国講義問題

送り出している側の無責任を棚に上げで反日タカリジャ-ナリストを持ち上げ偏執狂的の外国人労働者・様と最上級の敬語で「日本側不正」だけを言い立て、こんなヒドイ容基地外講義を真剣に聞いている学生がいると思うとやりきれません。

在日韓国人の生活保護を廃止しよう

在日韓国人のお笑い芸人次長課長の河本準一は、3000万円の収入がありながら、母親に生活保護費を盗らしていた。そればかりでなく、河本準一の姉も、叔母Aも、叔母Bも、そして嫁の母も生活保護費を盗っていた。つまり、在日韓国人は全員が、生活保護費を盗って、遊んで生きている。

在日韓国人は、朝鮮戦争を敵前逃亡して、日本に密入国して以来、60年間、1円の税金を納めず、孰れ朝鮮に帰るからと1回の年金も掛けずに、日本人のための生活保護費を、夫婦別姓、通名を悪用して、日本人の2倍、3倍も盗り、遊んで暮らしている。

在日韓国人の生活保護を事業仕分けし、在日韓国人の生活保護を廃止しよう。何故、日本人は餓死してまで、在日韓国人に日本人の数倍もの生活保護費を支給していかねばならないのか、理解することが出来ない。

酒と泪と  様へ

酒と泪と 様のおっしゃるとうりですが、

しかし信頼するにたる国はアジアでは台湾ぐらいでしょうね。その台湾ですらも支那とともに日本を攻めるでしょう。台湾の国民党政府が尖閣諸島の領有権を主張しているからです。朝鮮はどちらも特に大韓民国は本気で日本と戦争をする気です。支那に対する防衛上では、戦略的にはインドのみが頼りになります。

フィリピンについては他のブログで極東軍事裁判における日本に対する彼らの態度が述べられています。
インドの態度とは全く違っております。
フィリピンの判事や検察官については、ハラニーリャ高等法院陪席判事が、フィリピン共和国の裁判官として出廷、検察官はペドロ・ロペス。
ハラニーリャ最高裁判所判事は日本の戦争責任追及の急先鋒で、被告全員の死刑を主張した。ロペス検察官は、対日増悪感をむき出し、傲慢な態度そのままで発言台から冒頭陳述を行う。冒頭陳述を終えるとウェッブ裁判長は「ロペス検察官の冒頭陳述は、冒頭陳述の範囲を相当超えるものであり、当法廷はロペス検察官の冒頭陳述を無視する事を申しあげます」と裁定している。



いつも、興味深く拝見しております。ドシロウトの私には、すごく歴史の勉強になりました。今回の吉本芸人の生保問題が菊地直子、高橋容疑者の報道で、立ち消えになりそうで心配してます。吉本興業ってヤクザだったんですね。「興業」ですからね。吉本芸人だらけのテレビも、今後は極力見ない事にします。在日、支那、南朝鮮の正体に日本人皆が気づいてくれますように。

小泉が始めた党議拘束は邪道  議員の自由な判断にまかせよ
消費税増税法案を予想してみる。
衆議院
  反対           総数
民主党 98~198名    291名
自民党 42名        120名 
みんな  5名          5名
公明   21名         21名 
国民新党・新党日本 3名     5名 
社民党  2名          6名 
日本共産党 9名         9名
新党きづな 9名         9名
新党大地  3名         3名
たちあがれ日本 2名       2名
無所属    2名        8名
     196~296名      479名  

①自民・民主党員は次期衆院選 落選恐怖で反対激増で否決。
②消費税増税法案 衆議院で可決 しかし参議院で否決され(現在の所 自民参議院は反対で決定済みだが自民長老の党議拘束で混乱も)、差し戻され、衆議院で2/3 (320名)以上の賛成で可決する。しかし反対が160名以上であり否決され小沢派除名、小沢新党成立。増税法案成立ならず。 
③財務省・経団連・マスコミの意を受け、自民谷垣・伊吹・古賀と民主野田・仙石・岡田が修正協議中。総選挙後の自民民主大連立を約束した話し合い解散となる。党議拘束をかけ6月15日消費税増税法案採決 で可決。自民参議院が消費税増税反対から賛成に転換し増税法案可決。 所がすぐには解散せず、自民・民主の代表選後に公明の顔を立てて今年秋~来年春に衆議院選となる。増税法案に反対した議員と、賛成した議員が次期衆院選で明暗を分けるであろう事は間違いない。6月15日の自民・民主の党議拘束と採決は自民・民主を真っ二つに割るだろう。
しかし増税可決で失望した国民の総選挙結果は当然 自民・民主の議席数は激減する。増税反対議員が当選し、賛成した議員は落選し、第3極が増え、民主291→140(ほとんど小沢派となる仙石落選)、自民120→100(谷垣・伊吹落選)程度で、なんとか自民+民主で過半数を取るが、当選した議員が増税反対派ばかりというお粗末な展開となる。
税金を払わない売国輸出大企業はさらに輸出戻し税で国民からさらに巻き上げる。中小企業倒産ラッシュと世界経済危機と連動した株安(日経4500円~5000円位)が日本を襲うだろう。

あくまで予想です。

菊池直子と”耳”:逮捕された人物は本人か、偽物か? 謎は深まるばかり!?

菊池直子と”耳”:逮捕された人物は本人か、偽物か? 謎は深まるばかり!?

さて、菊池直子という元オウム真理教信者が逮捕されたというニュースがあったが、その人物が本人の若い頃の写真映像と余りに似ても似つかない。そして、同様に、いま逃亡中と目されている、高橋克也という人物の顔もあまりに違う、ということで話題騒然のようである。例えば、これ。

オウム菊池直子逮捕-替え玉説浮上、本人は殺された?顔写真画像公開、まるで別人!

そして実に興味深いことに、今回逮捕された女性の顔は、むしろ、テレビタレント化した、在日朝鮮人の呼び声高い、香山リカという人に瓜二つだという指摘も多い。

詳細は以下で
http://quasimoto.exblog.jp/18159996/

自民党はデフレ下での消費税増税には反対しています。
国会中継を見ましょう。少なくとも、マスコミのいうことをそのまま信用するのはやめましょう。

●6/13日(水)、外務省へ緊急街宣

外務省へ緊急抗議 --- 駐北京大使・丹羽宇一郎(73)を更迭せよ。国益を損なう売国奴。守銭奴の子商人を外務省から叩き出せ。売国奴を追放しよう。

玄葉光一郎(48)外務大臣への要請文、手渡しを行います。平成24年6月13日(水曜日)午後2時から 霞ヶ関の外務省正門前に集合 / 当日(6月13日)の正午から午後1時までは恒例のアンチ水曜デモ。四谷四丁目交差点付近において、南鮮(韓国)大使館へ向けた抗議活動を実施します。 従軍慰安婦強制連行の妄言を撤回せよ! 我国固有の領土・竹島を返上せよ!
連絡先:まき やすとも 090-3135-4069

十三日の東京都議会本会議で石原慎太郎東京都知事と土屋たかゆき東京都議会議員によって、
「日本国憲法無効確認」がされて、東京の公の場で、初めて「戦後体制からの脱却」が宣言される。

帰化共生をこえた、超共生大亜細亜主義の復活など国民は望んでいない。

国外に逃げる富裕層

●「年金67歳以上」OECD加盟国の4割 改革進む
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM11039_R10C12A6FF1000/

OECD加盟国の年金支給開始年齢

69歳 デンマーク、イタリア
68歳 チェコ、アイルランド、英国
67歳 ドイツ、スペイン、米国etc 8カ国
65歳 カナダ、日本、韓国etc 17カ国
63歳 スロベニア
62歳 フランス、スロバキア
60歳 ルクセンブルク

先進国、BRICs… 年々寿命が長くなっているので、年金が問題になってきています。
65歳でも「?」なのに何なに?? 68歳とか69歳とか…

イスラエルはOECDの加盟国ではありませんが、
67歳支給で1カ月の基礎年金が大体、30,000円(1シェケル=約21円)くらいか。

日本では退職した高齢者が集まって、自給自足の共同生活をしているところがあるみたいです。共同生活は個人的に合う合わないがあると思いますが、何だかイスラエルのキブツみたいですね。

2012/06/12(火) 16:03:00| URL| #WV4V227M
に書いてある連絡先へ連絡しようと思う人は、
念のため、公衆電話からかけることをお薦めします。それと、ご自分の本名、連絡先は教えない方がいいと思います。

十分に安全性が確認できたら、自由に交流すればいいでしょう。

世界は腹黒い

SST様
レスありがとう御座います。

国家に信頼できる友人を求めるのは危険です。
国家は、其の国の国民の為に国益を求めます。国益の為には、昨日の敵が今日の友になり、今日の友が明日の敵になるのが世界の常識です。其の修羅場では、国どうしの信頼関係や友好が一夜にして変ずる…が歴史の教訓です。

外交は、今の国益は何かを考えて為すものです。(将来を見据えつつ)
最大の友好国米国とて、国際情勢が激変し日本からの撤退が国益なら、簡単に日米安保を破棄し東アジアを見捨てるでしょう。国益が第一で、腹黒いのが世界の常識なのです。

過去の出来事に囚われて、フィリピンとの友好関係が今国益になる事を忘れてはなりません。尖閣などの対支那でとても重要な国です。
件のBC級戦犯の裁判の酷さは事実です。此の点は、我々は批判し亡くなられた方々の名誉を回復させるべきです。ですが、もっと酷い米国よりフィリピンにつらく当たるのは、如何な事かと思いますがね。
なお、渡辺はま子「モンテンルパの夜は更けて」の歌で有名ですが、戦犯収容所で死刑犯とされていた日本人が特赦で解放された事実も忘れてはいけません。

最後に
民主党政府(怒!!)
丹羽大使を更迭せねば、其の発言を認めた事になるのが外交
早急に更迭せよ!

ロシア vs 中国

来週メキシコで開催されるG20を前に、野田総理は「プーチン大統領との会談を楽しみにしている。」と述べ、会談に意欲を見せました。
さて、日本は今後、ロシアと中国のどちらにより多くの投資をするべきでしょうか?

日本にとってはチャンス到来なのですが、民主党政権には期待できません。
もうすぐ終わるしw

国賊の日本帰還を許すな

 丹羽宇一郎駐日大使が、国民が石原都知事の呼びかけに呼応して、尖閣購入募金運動が盛り上がっているてんいついて、「日本国民はオカシイ」と発言した件について、私は激しい怒りを覚えている。

 日本国民の代表として、国民の利益を擁護する義務を背負ってシナに赴いている身で、国民が国益を護ろうとして採った行動に対し、「日本国民はオカシイ」と私見を宣わった時点で、丹羽は大使は勿論、日本人も辞めなければならない。 公人に言論の自由など有るものか。

 然も殊は国家・国民を敵と看做し、国民に敵と教え込んで居るばかりか、国内外で侵略行為を行い、其れを正当化しようとして居るのが明らかな相手に対し、日本国民を代表する立場で、公益より私益を擁護する発言をしているのでは、私益と引き換えに国民の努力や意思を完全に無視したも同じ事、自分が国賊である事を、国民に進んで周知した様なものだ。 よもや、日本に還って無事に済むとは思っていまい。 イッソ帰って来ずに、シナでも朝鮮でも身ぐるみ担いで引っ越すが善い。 
 この先、丹羽氏の家の住所は伏されるだろうが、まぁ無駄な事でしょう。無辜の家族を護る為にも、早々に国外へ移住される事をお勧めする。

 信条がサヨクだろうが右翼だろうが、国家国民の代表となれば、私を捨てて公儀に仕えるのは、国際的な常識です、その立場に自分が置かれていると気が着けないレベルで、元より大使等引き受けるべきではない。

 ソウデ無く、確信的であるのなら、陰でこ奴が何を遣って居るのか判らない。

>どうして聖徳太子が隋と国交を進めたのか理解していない。
>倭  聖徳太子 隋と国交正常化
>倭  聖徳太子 新羅と友好関係樹立(百済猛反発)
>倭  聖徳太子 遣隋使(日隋友好大訪問団派遣)


聖徳太子は、実在していないとも言われているのに、名前を出して
何を企んでいるの?
嘘を書かないように・・・


親××と言う異常がのさばる戦後日本

親米も結局は左?だよねー。なぜなら、自民族よりも、アメリカを重視し、受け入れる。自民族よりも、ソビエトを重視していた日本共産党員と同じではないか。アメリカもシナも朝鮮もソビエトも日本人にとってはいらない。消えていい。                                                                                                                                                                                  親ソ、親米、親中、親朝鮮とか親××と言うのはもういい加減止めるべきだ。親××が消滅して、それで戦後日本が終わるのだろう。常にアメリカ、ソビエト、朝鮮、シナなどに振り回される戦後日本が終わる。                                                                                                                                                    入り込ませず、侵蝕されず、接触を最低限にし、かかわるのを嫌い、避ければ、親××は出てこない。入り込ませ、接触するから出てくる。

休憩


渡辺はま子 モンテンルパの夜は更けて
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=YpWEtSjB2qo

倭 倭人 倭国はシナ朝鮮が使う差別用語

シナ人朝鮮人が使う差別用語、倭をよく使っている。頭おかしいんじゃないか。日本は一度も倭、倭人、倭国であったことはない。ヤマト、ヒュウガ、日本が自称。醜い人、みすぼらしい人と言うことで、シナ人が勝手に決めたことだ。                                                                                                                                    日本人が使う必要はない。朝鮮人が自分をちょんといい、シナ人がチャンコロというのと同じくらい狂っている。                                                                                                                                                                古代日本は弥生日本、縄文日本、古日本、前日本でもいいのだが、バカだからシナ人朝鮮人が決めて使う差別用語を差別用語とも気づかず倭を使う。日本人はここまで愚かになっている。この民族だめかもしれない。 

脱歴入力

"池田信夫 blog : 就職協定を廃止せよ - ライブドアブログ"
(ttp://bit.ly/LjScjb)

大学の役割は入試で完了している。私的収益率は高いが社会的には浪費である。

学生の九割が支那人になってしまった私学もあるという。それって、社会貢献していなくて社会に負荷をかけているだけではなかろうか。

少子社会で誰でも大学へいけるというのは間違っている。エリート教育機関から一般教養レベルの教育をするようなレベルであればネットで十分だと思うが。

学歴ではなく学力という考えが、脱歴入力とでもいうことになろうか。

脱亜入欧路線か脱欧入亜かではなく、商売は全方位へ物と金の移動は自由に行い、人間は制限するという棲み分け型多文化共生を目指さねばならない。

支那も安い労働力や資源など必要なものは購入すればいい、ただし、かの国はそれを戦略化して自己支配権の道具にするからそこは市場化しないという意味で叩く必要があるし、交易の自由化のためにも、ぜひ、核爆弾と比肩して劣らない雷の保有が必要。たまには、売れよちゃんとと脅迫することも必要かも。アメリカもおなじです。丸腰の商人は身ぐるみ剥がれて終わりですよ。

おまけ


"隠居とは - 歴史民俗用語 Weblio辞書" ( http://bit.ly/LjmG4H )

女の心意気 2

>御隠居さん、以下は私が8年前伊勢さんの処で拾った、ご紹介の話と同じモノです、文章でどうぞ。
<引用開始>
フィリピンの戦犯収容所に収監されていた日本軍死刑囚が作詞作曲した「モンテンルパの夜はふけて」という曲にまつわる感動的な話が出てきましたので、ご紹介いたします、少々長いのでご勘弁下さい。 題して「女の心意気」。

■1.刑務所の歌姫■
「皆さん、やっと来ましたのよぉ」
 フィリピン・マニラ郊外のモンテンルパ刑務所に、渡辺はま子の大きな声が響いた。死刑囚の独房の奥のステージは花で飾られ、「歓迎 渡辺はま子様」と横断幕が掲げられている。
 聴衆は戦争犯罪人とされた百数十名の元日本兵たち。昭和27年12月24日の事である。12月とは言え、40度を超す酷暑をものともせず、はま子は振り袖を着て、「荒城の月」や「浜辺の歌」を歌い続けた。長い間、日本の女性の着物姿など見たことのない元兵士たちへの心尽しだった。
 やがて「あゝモンテンルパの夜は更けて」を歌う時となった。
 ここの死刑囚たちが作詞作曲した歌である。「どうすれば泣かずに歌えるのか」と胸をいっぱいにしながら、はま子は歌い始めた。聴衆の中から、すすり泣きが聞こえ始めた。この歌が後に、これらの人々を救い出すことになる。
 会が終わりに近づくと、傍らに立っていた元駐日大使デュラン議員が、禁じられていた「君が代」をお歌いなさい、と言った。「私が責任を持ちます。」 一同起立して祖国の方に向かって歌い始めたが、ある者は泣いて声が出ず、またある者は途中で座り込んでしまった。

■2.歌はすごい!■
 渡辺はま子は、日華事変が本格化した昭和13年から7年間、陸軍報道部からの依頼で、従軍慰問に明け暮れた。国内では「愛国の花」「支那の夜」「蘇州夜曲」などが次々と大ヒットしていた。貨車の上でも、戦闘機の前でも、はま子は美しい衣装を着て歌った。戦場の将兵たちは「僕らの歌姫」に慰められた。「それが私の戦争協力」というのがはま子の覚悟だった。
 天津駅で終戦を迎えると、収容所の中でも、引き揚げ船の上でも、はま子は歌い続けた。自分の歌に、打ちひしがれた人々がハッと顔を上げて明るさを取り戻すのを見ると、「あゝ、よかった。この人、元気になった」と喜んだ。そしてまたしても思うのだった。「歌はすごい!」
 帰国すると、国内には「あの戦争は間違っていた」と言う声が拡がり、戦争犯罪人として捕らえられた人々の家族は「戦犯の子」「戦犯の妻」と後ろ指をさされていた。
 「冗談じゃないわ。それじゃ国のために命を捧げて戦った人々が可哀想すぎるわよ」と、はま子は巣鴨拘置所や、傷病兵、戦犯家族などを慰問して廻っていた。

■3.モンテンルパの囚人たち■
 はま子がフィリピンで百数十名の元日本兵たちが戦犯として捕らえられ、悲惨な状況にあると聞いたのは、デュラン議員からだった。はま子の大ファンだったデュランが、モンテンルパの話をすると、はま子はすっくと立ち上がって、「これからマニラに行きます」と言った。しかし、当時、国交も回復していないフィリピンに行く術はなかった。
 終戦時、フィリピンには14万人の日本人捕虜がいたが、昭和21年のフィリピン独立後も、150人の戦争犯罪容疑者がモンテンルパ刑務所に収容されていた。
 昭和26年1月19日、そのうちの14人が突然、処刑された。フィリピン政府は80億ドル(当時の日本円では、2兆7800億円)もの賠償を要求しており、米政府のサンフランシスコ講和条約での無賠償案に反撥した結果では、と言われている。
 14人のうちの13人は、セブ島でのゲリラ退治にまつわる村民虐殺事件で死刑宣告されていたのだが、その半数近くは現地に行ったこともなかった。日本軍の雑役夫だったフィリピン人が、対日協力の罪を問われることを逃れるために、やみくもに「この人だ」と指さして歩いたのである。
 残された戦犯たちも、希望を失い、「80億ドルの代わりになろうじゃないか。日本のために死ぬんだ」などと叫ぶものもいた。

■4.「あゝ、モンテンルパの夜は更けて」■
 「歌だ。歌しかない。」
 教誨師として、戦犯者たちと起居を共にしつつ、なんとか助け出そうと考えていた僧正・加賀尾秀忍は膝を打った。当時「異国の丘」という歌が、日本中でシベリア抑留者の事を思い出させていた。モンテンルパの歌が出来たら、日本の人々に思いが通じるかも知れない。
 昭和24年10月にフィリピンに派遣されてきた加賀尾は、6ヶ月の任期もとうに過ぎ、無給のままモンテンルパに留まっていた。獄中の一室に住み、囚人の残飯を食べて生活していた。
 加賀尾が日本を出発する時、戦犯家族達は加賀尾にすがって泣いた。「この人たちを救わないで、どうして僧と言えようか」との決心をしたのはその時だった。
 加賀尾は死刑囚の元憲兵・代田銀太郎に作詞を頼んだ。文学好きの代田はノートもない中で、トイレットペーパーにヨードチンキをインク代わりに詩を書いていた。作曲は元将校の伊藤正康。モンテンルパの中の教会でオルガンを独習して弾いていた。伊藤も行った事もない土地での住民虐殺で死刑判決を受けていた。
 加賀尾は出来上がった歌を渡辺はま子に送った。はま子が早速、控え室でピアノを弾いて、この歌を歌っていると、ディレクターの磯部氏が入ってきて、じっと聞いていた。感動して「いいね、なんの歌」と聞き、「これ吹き込みしよう」と即決した。
 こうして死刑囚達の作った歌は、そのままはま子の歌としてレコード化された。昭和27年7月、「あゝモンテンルパの夜は更けて」が発売され、またたくまに20万枚を超える大ヒットとなった。
 はま子が念願のモンテンルパを訪れて、この歌を歌ったのは、この年の暮れである。

♪ モンテンルパの夜は更けて
つのるおもいに やるせない
遠いふるさとしのびつゝ
涙にくもる月影に
やさしい母の夢を見る

■5.黙って手渡されたアルバム■
 元軍人でオルゴール会社を経営していた吉田義人は、はま子の歌を聴いて感動し、当時できたばかりのアルバム式のオルゴールにこの曲を詰めた。吉田から富士山の蒔絵のアルバム式オルゴール2冊を送られたはま子は、その1冊を加賀尾に送った。
 加賀尾はちょうどその時、キリノ大統領との初めての会見が許された所だった。昭和28年5月16日のことである。
 キリノ大統領は、妻と3人の子供を日本軍に殺されており、どうせ加賀尾も、涙でも流して、戦犯を釈放してくれと泣き落としにかかるのだろうが、そんな涙には騙されないぞ、と身構えていた。大統領は後にこう語っている。
 ところがそうではなかった。何も言わないのだ。黙ってこのアルバムを土産にと手渡しただけなのだ。開いてみると、中からもの哀しいメロディーが流れてきた。「この曲は何か」と聞くと、「あゝモンテンルパの夜は更けて」という曲で、戦犯者が作ったものだという。
 言葉の代わりに、音楽をアルバムに仕込んできて、それを黙って手渡された。それが私の心の琴線に触れた。私は初めて、心を動かされた。

■6.日本人500万人の署名■
 大統領はふかく頷いて、もう一度メロディーに耳を傾けた。
聞き終わると、静かにアルバムを閉じて、ポツリとつぶやいた。
 7月4日の独立記念日には日本人を二人釈放してあげましょう。
 この二人というのは小池君と藤崎君です。戦争中、私が捕虜になっていた時、こっそりとかばってくれたんです。
この二人については早くからなんとかしたかったのです。
 たった二人とは言え、胸の内を語る大統領の言葉に加賀尾は「春は近い」と感じていた。
 6月27日、大統領府からの連絡で、加賀尾が再びマラカニアン宮殿に参上すると、「7月4日の独立記念日を機会に、一部の者に恩赦、釈放の恩典を与えるので、それに値すると認められるものを指名せよ」とのことだった。
 ところが、一夜明けると、その決定は「死刑囚、無期刑囚を全員釈放。死刑囚は無期に減刑して、日本の巣鴨に送還する」に変わった。その前日、日本からの戦犯釈放嘆願書がフィリピン外務省に届けられた。それには何と日本人500万人分もの署名が添えられていたのである。
 はま子の歌に感動した500万人もの日本人の同胞救出の願いが、フィリピン政府を一夜にして動かしたのである。

■7.一緒に帰ろうね■
 日本政府は衆参両議院それぞれの本会議でフィリピン政府の措置に対して、感謝決議を行った。
 この恩典を与えられたことは、一人本人およびその家族のみならず、日本国民のひとしく喜びとするところである。
 日本政府は一刻も早く戦犯たちを帰国させるために、最初飛行機輸送を計画したが、直前に墜落事故があったので、安全な船舶輸送に切り替えた。モンテンルパの戦犯者たちは日本政府の思いやりを聞いて感激した。
 7月15日、加賀尾も含めた帰国者111名が日の丸を掲げた白山丸に乗り込む。囚人服から政府から支給された白ズボン、開襟シャツに着替えて、皆見違えるようだ。短い人で9年、長い人では15年ぶりの帰国である。
 船の一等サロンには祭壇が設けられ、17体の遺骨が黒塗りの木箱に納められて安置されていた。処刑された人々である。
 加賀尾がフィリッピン政府の特別許可を得て、「一緒に帰ろうね」と呼びかけつつ、掘り出した遺骨だった。

■8.同胞(はらから)、生きて再び故国の土を踏む■
 7月22日午前8時半、白山丸は横浜の大桟橋に着岸。待ち受けたのは、港を埋め尽くす2万8千人もの大群衆であった。
 これほど多くの人々が自分たちを出迎えてくれたことに、帰国者たちは驚き、そしてこんなに大勢の人たちが関心を持ってくれたことが釈放の原動力になったにちがいないと思った。
 はま子はここで、「あゝモンテンルパの夜は更けて」を歌った。思えば、この歌が同胞の命を救ったのだった。歌いながら、はま子は歌というものの持つ底知れぬ力にふるえる思いであった。
 モンテンルパのはらから、生きて再び故国の土を踏む。 何はなくとも”生きる”喜び
 当日の朝日新聞夕刊はこう語った。加賀尾はまったくその通りだと思った。一人の自殺者も病死者もなく、全員揃って、故国の土を踏むことができた事を、改めて感謝するのだった。

■9.歌に目覚めた同胞(はらから)への思い■
 出迎えた2万8千人の中には、帰国者とは縁もゆかりもない人々も大勢いたことであろう。それらの人々は、はま子の歌に心動かされ、「モンテンルパのはらから」を出迎えるためにやってきたに違いない。
 自分が食べていくだけで精一杯の時代、そして戦犯者の家族が後ろ指を指されていた時代に、はま子の歌う「あゝモンテンルパの夜は更けて」は、異国に苦しむ「同胞(はらから)」への思いを目覚めさせた。その思いがアルバム式オルゴールとなり、500万人もの署名となって、キリノ大統領を動かしたのである。
 こうした「同胞への思い」が、国家という共同体を根底で支える基盤なのだろう。渡辺はま子は、終戦後の混乱期に国民が忘れかけていたこの「同胞への思い」を歌によって目覚めさせたのである。
(文責:伊勢雅臣)
 
 日本人が、戦後打ちひしがれた思いで、自信も何も喪失していた頃に「もう戦争はご免だ」の思いを固めたのだと思います、所が、その非戦の誓いが、反省が、極東軍事裁判に象徴される「負けたモノには発言権なし」という勝者の正義が氾濫して、上記の様な「行った事も無い場所で、やってもいない人殺しの罪で死刑になる」という様なトンデモ無い事実が行われる、如何に500万人の嘆願書があろうとも、全員無罪、全員放免とは、判決根拠が空しいものであった証拠と思うが、キリノ大統領の英断には最敬礼したい。

 往時を知っていれば、敵方で家族を殺されている権力者の立場にある人でこれ程の事をするのに、後年、60年も経った今、あろう事か、現場に行ってもいない記者によって事実が改竄・捏造され、子孫が罪科として謝罪するという、考えもつかない展開を向かえる、嘘八百が真実として大通りする、日本人が自らの行為の総てを「悪」に塗りこめる事が正義として、日本人の反省として通っている、やり切れませんね。
<引用終わり>
 私の感想は、8年前と全く同じですが、事態は更に悪化していると云って善い情況です。 あの丹羽の様な、売国奴、国賊の類が、日本の国民を代表する職責を拝命する様では、世も末です。 激しい戦闘を生き延びたのに、故なき罪を着せられ無念の涙を呑んで死んでいった兵士達の思いは、どうすれば宜しいでしょう。

 外国人の命や人権のみが尊く、日本人の命はゴミだととでも云うのか、丹羽。 ならば、お前も家族も日本人だと云う事を忘れるな。

今年もまた、ふた月足らずで敗戦したあの日が来る。
覚悟は如何に。

物は考え様。

呑気に韓国や中国に構ってる暇は無いと思いますよ。

財務省は、IMFを使って消費税増税に邁進してます。

メディアに関しても財務省です
日本の敵は、日本人です。

財務省、外務省と自分達が日本を動かしてると勘違いをしてる官僚を叩きのめさなければ

海外にお金をばら蒔いて、国民を締め付けて自分達の利権だけを護ってます

『ああモンテンルパの夜は更けて』 渡辺はま子

http://www.youtube.com/watch?v=BoqVjdQmGE0&feature=player_detailpage

命は大切です。しかし、人生には命よりもっと大切なものがあります。時には、自分の信じるもののため、愛する人のために、命を投げ出さなければならないときもあるでしょう。

中韓「命の大切さ」2006/11/22(水) より一部抜粋
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-date-200611.html

民主党・下条みつ「在日韓国人民団」呉公太団長から310万円の問題献金!
http://potemkin.jp/archives/50773142.html
民主党防衛政務官「民団」団長から310万円の問題献金が判明 またしても民主党政権で在日外国人からの政治献金問題が判明した。

みんなの評価
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/rev/detail/?g=2012000452&s=0&r=4&d=2

ネオナチと共産党の仲間割れ

 ギリシャの極右政党「黄金の夜明け」の議員が、テレビの生放送中に共産党の女性議員を殴り、警察に逮捕されました。

 「ファシズムとムダな時間を費やすつもりはない」(共産党議員)
 「この古いコミュニストめ」(「黄金の夜明け」議員)

 ギリシャのアテネにあるテレビ局で行われた議員らによる生放送の討論会。財政危機に陥っているギリシャの先行きについて、各政党の議員らが議論を戦わせていたとき、事件が起きました。

 極右政党「黄金の夜明け」の議員が左派政党の議員に水をかけ、さらに、隣にいる共産党の女性議員の顔を平手で数回殴りました。放送は中断。「黄金の夜明け」の議員は、別の部屋に閉じ込められ、その後、ドアを突き破り逃走しました。

 「黄金の夜明け」は緊縮財政策に反対し、5月に行われた選挙では21議席を獲得していますが、「移民排斥」を訴えていることから、ネオナチ的だと他の政党などから非難されています。

 議員はすでに逮捕されていて、他の政党の議員は今月の17日に再選挙が行われることを念頭に、「前回の選挙で支持した人は投票先を変えるべき」と、今回の事件を強く非難しています。

"「ギリシャ、極右議員が女性議員殴る」 News i - TBSの動画ニュースサイト" ( http://bit.ly/L3NsRS )

緊縮財政に反対して、移民排斥を訴えて得票数を伸ばした「黄金の夜明け」、緊縮財政に反対してってところは共産党と共闘関係でしょうに、なんでなぐっちゃたんでしょうね。「移民」が問題なのかな。

左翼はいつも、女性や身体障害者や被差別民を立ち位置にして戦っていますから、その基盤を殴っちゃ相手の利益になりますから、やっちゃいけませんが、黄金の夜明けの方は謝罪に応じないようですね。弱者を立ち位置にして伸ばすコミュニストと強者を立ち位置にして伸ばすネオナチの立ち位置の違いなのでしょうね。

しかし、緊縮財政反対で滅亡への道を転げ落ちれば戦争か革命かということになりましょうから、今から主導権争う前哨戦の狼煙なのかもしれませんね。

共産党もネオナチも全体主義設計主義で、経済的自由も個人的自由も無視した連中なので、緊縮財政の側から見れば、仲間割れにはみえますでしょうね。

緊縮財政も、私のように、社会保障からの撤退や、公務員(みなし公務員も)の徹底削減、さらには、事業税・所得税・相続税の廃止、非核ミサイルメインの防衛体制、武器輸出完全自由化などの自由主義を徹底しないと無理ですよ。ギリシャは比較優位な産業は観光しかなく、公務員天国なのでしょ、滅亡しますよ。EUも出来る限りソフトランディング狙ったんでしょうが、税金食らう人間がそんなにいたら無理でしょう。

ちなみに、警察の票は「黄金の夜明け」に集まったそうですが、やっぱり時代は夜警国家なのでしょうね。

とまれ、移民排斥派が共闘のはずの共産党を殴ったということは、ギリシャには脱欧入支という流れが生まれつつあるのかもしれません。"ギリシャ共産党 - Wikipedia" ( http://bit.ly/L3RucX )

おまけ

"小銃携行の隊員、都内行進…陸自レンジャー訓練(読売新聞) - goo ニュース" ( http://bit.ly/K0zg7U )

"【ウナちゃんマン】在特会会長(桜井誠氏)を殺害予告 - YouTube" ( http://bit.ly/K0xDXZ )酔っぱらいのたわごとでしょうかね。坊主にして謝罪したようですが・・・"ウナちゃんマン 在特会への謝罪放送" ( http://bit.ly/L3Uh68 )

財務省の財政危機という洗脳に騙されるな

日本の国・地方全体の会計(地方編)
ーーーー地方歳入ーーーーーーー
地方歳入(都道府県・市町村合計) 54.25兆円(地方税35.25兆円+地方交付金19兆円) 平成21年度
ーーーーー地方税ーーーーーーーー
個人住民税     12.5兆円  
法人住民税      2.1兆円
事業税         3.1兆円
地方消費税      2.4兆円
固定資産税      8.8兆円

以外          6.35兆円 
    不動産取得税       0.41兆円
    たばこ税          1.01兆円
    自動車・自動車取得税 2.06兆円
    軽油取引税        0.91兆円
    都市計画税        1.23兆円
    その他           0.6兆円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国からの地方交付金            19兆円
「 地方交付税交付金  16.6兆円
  地方特例交付金    0.4兆円
  地方譲与税譲与金  1.9兆円 」
ーーーーーーーー歳出ーーーーーーーーーーーーーー
地方公務員経費   21.3~23.7兆円  (234万人~314万人)

都道府県ベースでみると地方税>地方交付金となっているのはわずか12府県で残りは地方交付金に強く依存している。財政問題のある東京都に地方交付金が交付されていないのもおかしな話だ。

日本の国・地方全体の会計(国編)
---------国の歳入(平成22年度)-------------
所得税          13.5兆円
法人税           8.8兆円
消費税          10.5兆円
相続税          1.43兆円
社会保険料収入 (各種年金保険・健康保険を国の歳入とした)         60兆円
酒税            1.34兆円
たばこ税          0.95兆円
揮発油・石油石炭税   3.15兆円
自動車重量税       0.4兆円
印紙収入          1.0兆円
利子収入          5.4兆円
納付金            1.3兆円
前年度剰余金       2.4兆円
国有財産処分金      0.5兆円
回収金            0.9兆円
国有財産利用収入    0.3兆円
諸収入(財政投融資収入 1.0兆円 外為特会収入 0.7兆円含む 内容不詳) 5.5兆円

計      117.4兆円
ーーーーーーー国の歳出(平成22年度)ーーーーー
社会保障関係費(恩給 0.6兆円入れて) 30兆円
地方交付金                     19兆円
「 地方交付税交付金  16.6兆円
  地方特例交付金    0.4兆円
  地方譲与税譲与金  1.9兆円 」
文教・科学振興費                 5.5兆円
防衛関係費                     4.7兆円
公共事業関係費                  6.8兆円
経済協力費(ODAなど)             0.6兆円
中小企業対策費                 0.18兆円
エネルギー対策費                 1.0兆円
食料安定供給関係費               1.8兆円
財政投融資                    16.6兆円
経済危機・地域活性化予備費          1.0兆円
予備費                         2.5兆円
人件費                         5.5兆円
省庁事務費                      4.2兆円
その他                         7.8兆円
国債利払い費                    9.8兆円
計     117兆円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歳入と歳出は国債借り入れ・償還を考慮しなくともほぼ一致する。つまり消費増税する根拠がないのである。

地方 35兆円と国 117兆円で日本全体の規模は約152兆円であることがわかる。一般会計と特別会計の繰り入れを整理し、国債借り入れ収入と国債償還を除外して計算した。
(赤字国債残高 現在 390兆円 世界先進国で国債ゼロの国はない)
消費税10%(25兆円)にすると、消費意欲減退でデフレ続きその後再び赤字国債の急増が予想されます。増税→赤字国債増加→増税のループとなるはず。
(社会保障費)
社会保障のための消費税といわれますが社会保障費収入は
   社会保険料収入 60兆円
   国税負担      30兆円
   地方負担      10兆円
と約100兆円となっており社会保障費内訳は
   医療費               35兆円
   年金(51兆円)・介護福祉(10兆円)・生活保護(3兆7000億円)   65兆円 となっている。医療費は抑制政策中なので、医療費以外の増加しているこれらを消費税で行うと将来 消費税26%~30%となり現実的でない。給付水準を下げるか、所得・法人税を上げるか、GDP伸ばし経済成長をするかの問題となる。社会保障は間接税ではなく直接税で行い、富裕層(大企業の内部留保300兆円など)からの富の再分配が原則である。つまり企業の社会保険料負担を元に戻すことである。
(霞ヶ関埋蔵金 推定30~50兆円はある)
民主党はこれがあり10兆や20兆すぐに出ると国民に言い政権を取ったが、霞ヶ関官僚はビタ一文も出さない守銭奴であった。
国の各省庁は国からの予算補助金を積み立て、各省庁が私物化する場所ではない。
各省庁予算補助金      33.0兆円
「厚生労働省補助金    19兆円    
 文部科学省補助金    5.2兆円   
 国土交通省補助金    3.6兆円 
 その他            5.2兆円」
  
(公務員給与改革と特殊法人廃止)
国家公務員         5.5兆円  60万人 
特殊法人(国家公務員OB2万5000人が4500の法人に天下りし、その12.5兆円が流れている。消費税5%分)           12.5兆円  2万5000人  
地方公務員         22.2兆円  295万人
公務員経費総額      約40兆円

日本の公務員労組は欧米並み給与とするように反省すべきだ。国家公務員労組が2年間7・8%減給で訴訟したようだが恥かしい限りだ。
欧米平均の約2倍の公務員経費約40兆円を2/3(26兆円)にするだけで消費税5%分13兆円が出てくる。さらに特殊法人廃止で25兆円毎年出てくる。これでエネルギー開発・列島強靭化対策などの景気対策が打てる。
高給といわれる地方公務員経費約20兆円は国からの地方交付金約20兆円でまかなわれていることがわかる。
民間人並に合わせて人件費を1/2~2/3にすれば消費税5%分(国 10兆円 地方 2.5兆円)は増税する必要はない。
総公務員経費 40兆円と仮定すれば消費税 17%分となる、公務員のための消費税増税では、民間国民は反発しますます消費しなくなりデフレが進む。

一般会計と特別会計を一本化し会計制度の簡素化・透明性が求められる。
まずは消費増税を阻止し、公務員のための民主党政権を終わらせることが先決だ。

(参考)
何度でも言う!1997年消費税増税の愚を繰り返すな
http://ameblo.jp/akiran1969/entry-11134610057.html
消費税3%にした竹下、5%にした橋本は後で後悔していた。その数年後に株暴落となっている。消費増税後の不況を見越しユダヤIMFはここで日本の資産を二足三文で奪いにかかり経済植民地にするつもりである。ユダヤ白人はアジアの植民地化をTPP同様にまだ諦めていない、黄色人よりもしつこいのである。

在日朝鮮人を駆除・撲滅すべし!


支那の世界常識に対する無知と傲慢な態度、朝鮮の腰の定まらない裏切りや弱さ、「東アジア共同体」は未来永劫ありえない。

支那・南朝鮮と国交断絶すべし!

IMF“日本の消費税 最低15%に”
6月12日 15時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120612/k10015775311000.html

世界が注目する「暗黒の6・17」(ノーベル経済学賞受賞、世界最高のエコノミストポール・クルーグマン独占インタビュー


http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32753
抜粋

日本経済もデフレで行き詰まっている。それもそのはずで、日本の政策当局はこの15年間ずっと、アグレッシブな政策を取ることを拒否してきた。つまりはデフレを終わらせようとしなかった。

 それはいまもまったく変わらない。


 たとえばいま日本銀行は今年に入ってやっと、2月の金融政策決定会合でインフレ目標を1%としたが、本来であれば3%、4%にしなければならない。

1998年から私はそう主張しているが、日銀はまったくやり方を変えようとしない。もう日銀に期待するのはやめた。


野田首相も現在5%の消費税を2年後に8%、3年半後に10%まで上げようとしているが、いかにもタイミングが悪すぎる。いずれ消費税を上げなければいけないことにはなるだろうが、それはいまではない。


この時期に消費税を上げたら、もっと消費が落ち込み、経済が悪化することは目に見えている。

 日本の政策当局はいつも、これといった大胆な政策を打たないできた。だからこそ、他国でショックが起きたときにはかなりきつく影響が波及してしまう。

 2008年のリーマン・ショック時がまさにそうだった。日本は耐久消費財を輸出することで経済成長してきた国だが、リーマン後の円高を止められず、輸出がひどい打撃を受けた。

そしてこの間、当局が効果的な政策をなんら打たなかったため、嫌なリセッション(景気後退)を経験することになった。

ギリシャに説教しても意味なし


ではいまの世界的な不況、そしてユーロの危機を解決するにはどうしたらいいのか。それは不可能なのだろうか。


実は答えは難しいことではない。ユーロ諸国、アメリカ、日本などが一斉に、大恐慌時並みの大胆で積極的な財政・金融政策を取ればいいのだ。


 ユーロ圏ではいま、ドイツやECBがギリシャなどに対して、「カネを貸したのだから、きっちり財政緊縮をしろ」と迫っているが、これは間違っている。ギリシャやスペインが危なくなることは初めからわかっていたのだから、貸した側にも責任があるということをどうして認識できないのか。

 これ以上の緊縮を迫れば、南欧諸国の経済は下降スパイラルに入り、まったく先が見えない状況に陥るだろう。ユーロの問題はギリシャやスペインだけではなく、ヨーロッパ全体の問題なのだと受け入れてほしい。

 そしてアテネではなく、ベルリン(欧州政治の中心)やフランクフルト(ECBの所在地)で大きな政策転換が行われなければならない。ギリシャに説教することはなんの役にも立たない。

 アメリカにしても政府レベル、州レベルで緊縮策をやりすぎたから、いまやるべきはその反対のことだ。

 財政カットの憂き目で解雇された教師、消防士、警察官を雇い直せばいいではないか。具体的には3000億ドル(約24兆円)を使って州やローカルレベルで70万人の雇用を生み出せば、経済にプラスのダイナミクスが生まれて、自己回復の局面に入ることができるだろう。 


世界中の先進国が頭を抱えている国債、つまりは借金の問題も実はそれほど怖い問題ではない。


 もちろん誰しも借金はいやなものだが、経済が成長すればそれは返すことができる。イギリスがかつて成長を謳歌していた時代にも、同国は大量の借金を抱えていたという事実をどうして誰も語ろうとしないのか。そうした意味でも、成長のための政策がいま求められているのだ。


世界経済を見渡すと、すでにリセッションが始まっている。残された時間はそれほど多くはない。もしここで政策当局が、成長のための政策を打てなかったら—繰り返しになるが、それはなんら複雑ではなく、わかりやすく簡単な政策だ—世界経済はかなり長い間、高い失業率が蔓延する不況に突入することになるだろう。多くの政治的反動が起こり、それがさらに経済を不安定なものにさせるだろう。

 いまの危機は世界中のリーダーたちがひどい間違いを犯したことで引き起こされたものだ。それを救えるのも、リーダーたちの決断ひとつにかかっている。いま再び過ちを繰り返せば、「ゲームオーバー」が訪れることになるだろう。

【取材・大野和基(ジャーナリスト)】
「週刊現代」2012年6月16日号より



要はアレだろ!

別に、個人的な問題に口を挟む気はないんだが!

人の人生と言うものは、障害が少ない方が良いに決まってる!
いとこ同士の結婚って普通、親族反対だろ?
生まれて来る子どもに、先天性と名の付く疾患が見つかる可能性が以上に高いからな!
それは、親になる者同士の問題で、生まれて来る子どもの為に考えるのが人としての責任だろ?

自分達の子どもが、在日と呼ばれるのは、どんな疾患より酷いと知るべきだ!

世界最大の疾患は、◯◯系コリアンだからな!
何処に行っても、差別を受けるぞ!

大陸の犬共が怒った顔は、顔の骨格に関係なく顔の皮膚の下から浮かび上がる笑った顔だ!

隣りの半島狐の怒った顔は、相手の感情に関係なく浮かび上がる薄笑い!
人間!身を守る必要の無い相手に見せる姿が本性だ!

犬な狐の子を宿し、相手の本性気づいてもおそいぞ!

その時!俺達ネトウヨの敵にもなるがな!

民主党防衛政務官「民団」団長から310万円の問題献金が判明

民主党防衛政務官「民団」団長から310万円の問題献金が判明
http://ameblo.jp/205102/

下条氏の政治団体である「みつの会」の収支報告書を見ると、平成20年から22年まで、
それぞれ、100万円、110万円、100万円、政治資金パーティへの支払いが確認できる。

民主党議員は反日売国奴の確信犯である事を愛国系日本人は確りと確認してください。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

平成23年の外国人犯罪検挙状況の確定値

2012.06.14 Thursday
先日、警察庁から平成23年の外国人犯罪検挙状況の確定値が発表されました。
今日の動画は、その資料の数字からだけでは読み取れない、現場の状況を加えて解説しております。

「平成23年外国人犯罪の分析」

ユーチューブ
① http://www.youtube.com/watch?v=dTa4AD4MmZ4
② http://www.youtube.com/watch?v=CiEqpSygybo&feature=relmfu

ニコニコ動画
① http://www.nicovideo.jp/watch/sm18068610
② http://www.nicovideo.jp/watch/sm18068672

まあ、本当はこういう話は警視庁広報課から、それぞれの分野の職員が実情を交えて広報すればいいのですが、警察の「不偏不党」というのは、あくまで一般世論の平均的見解を基準としています。

坂東忠信ブログより
http://taiyou.bandoutadanobu.com/

細かい事ですが、清が保守派の反乱を抑え、ソウルを軍事下に置いたのは1882年ではないですか?

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。