敵と戦う覚悟がありますか?      5月2日(水)


憲法改正必要6割、自衛隊明文化を7割、集団的自衛権6割と合同
世論調査での答えです(産経新聞2日)

毎年5月3日の憲法記念日が近づくと必ず憲法問題が論じられますが、
衆参両院の憲法審査会はいまだに始動していません。なりすまし日本人
の民主党政権下ではまず無理なことは分かっています。

とすれば次の自民党政権下では何を差し置いても憲法改正こそが最重要
課題です。その前に集団的自衛権を容認し、アメリカに対しその意思を
表明して、同盟関係の深化を図るべきです。

これまで「憲法改正」も「集団的自衛権」も放置してきたのは、護憲派
と称するバカ左翼の進歩的文化人が「憲法改正が戦争につながる」と
いった論議で国民に恐怖を植え付けてきたからです。

しかし尖閣諸島沖での中国船の故意の追突事件や度々の領海侵犯で中国の
野蛮で危険な行為に接して、日本人はやっと9条を片手に平和を説いて
も日本を守れないことが多くの日本人に分かってきたようです。

憲法9条の戦力不保持規定に象徴される非軍事化に束縛されて、領海を
侵犯するだけの行為を日本は排除し、処罰する規定「領海侵犯罪」を
持っていません。こうした国家としての不備が他国につけこまれる一因
になっています。

憲法9条で「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、
これを認めない」と手足を縛り上げられては、日本は座して死を待つ以外
ありません。

中国には海を取られ、領土を狙われ、油田をかすめ取られ、ODAや円借款
でお金をせびられ、日本の水資源を狙われ、事あるごとにゆすり、たかり、
恐喝など国際ルールやモラルなど無視するヤクザ国家に「日中友好」と
いう卑屈謝罪外交しかできない日本の政治家達。

北朝鮮には人さらいをされ、ミサイルを発射され、韓国には島を占拠され
有りもしない従軍慰安婦の像を大使館前にたて日本を侮辱し、日韓基本
条約で完全かつ最終的に解決されているにもかかわらずまだ賠償金を要求
する厚かましさ。

その上これら3国は靖国参拝、教科書検定、歴史認識に対して露骨な
干渉をして日本を罵倒する始末。それでも日本の政治家達は反論もせず
この三国に巨額の援助を出し続けてきました。

これら3国は歴史を捏造なしには国民の物語が作れない国々であり日本
に戦勝したと国民をだまし続けている国家です。これからもこの最低な
国々は日本の主権をおかし、侵略を続けてきます。

これだけされてもまだ憲法を改正しないのですか、自らの国を自分で
守ることができず、未来永劫アメリカに守ってもらうつもりですか?
一体いつまで占領軍の日本弱体化憲法を後生大事に守るつもりですか?

もういい加減に覚悟をきめてください。国民の保護と国益追求のために
いつでも敵と戦える憲法が必要です。

東日本大震災で日本人は「個人」を絶対視して、「家族」や「国家」を
軽視してきた戦後的価値観そのものの間違いにやっと気づかされました。
今こそ個人を絶対視する価値観から、家族や国家をもっと重視する新し
い憲法が必要です。

戦後バカ左翼の進歩的文化人と呼ばれる連中によって、日本という国家
の力を弱め、臆病でだらしない社会を作ってきました。しかし今回の
大震災によって幸いにも日本の良き伝統は保持され、まだ道義国家日本が
失われていないことが認識されました。

日本人は日教組の左翼的教育の呪縛を解き放ちさえすれば、必ず目覚め
ます。そのためには憲法を含む占領下の法律一切を無効化する必要が
あります。

敵は他国だけではありません。「左翼」や「なりすまし日本人」の反体制
派である売国奴たちの国体破壊工作が日本の権力構造の中枢まで入り込ん
でいます。一刻も早く憲法を改正や破棄して、そして卑怯・醜悪な「なり
すまし日本人」を追い出す法律を整備する必要があります。

「自らの国は自らがまもる」この当たり前の事が多くの日本人に認識され
た時、戦後的価値観を捨てることができます。

つまり戦後的価値観である、命の大切さや、人権をやたら教えるのではなく、
国のため、家族を守るため、道義のために命を捨てる事の方がより価値
があると子供たちに教えるべきです。

今回の巨大津波によって、個人よりも家族の絆であり、自衛隊や消防隊、
警察など危険を顧みない犠牲的行動によっていざとなれば日本国と運命
をともにするしかないと多くの日本人は覚悟を決めることが出来たはず
です。

現憲法のように個人や人権を絶対視するのではなく、家族や国家を重視
する新しい憲法を作ったならば、日本の古き良き伝統はたちどころに
復活します。

そして新しい憲法を作ることによって、国家なくして個人も人権も存在
し得ないことをあらためて認識する必要があります。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

平和の美名の下に、殉じる覚悟はありますか?

現時点における憲法改正は危険.

なぜなら, 社会主義指向の団塊の世代がまだ高い
投票力をもつため. 彼らの影響力の下で様々な
人権が憲法に書き加えられる危険性は少なくない.
こと更に改憲を唱える勢力に右と左とがある.

不十分ではあるが, 国を守ることは国民の当然の
権利であり, 国を守る戦争は憲法と矛盾しないと
言ふ「解釈」で良い. この解釈が当然の事実と
して根付いてから改憲を考えれば問題はない.
更に前文を削除すればもっと良い.

兎に角, 憲法問題は解釈問題と知るべし.

逆に, この解釈が問題になる様では改憲は甚だ危険.
責任の持てないことをすべきではない.

特アの他にも、琉球土人が日本の敵である事は先日の朝ナマを見た方なら理解できるだろう。
未だに「基地は無用」「そもそも日本に帰属などしたくなかった」「天皇の戦争責任」を喚いているのがあそこの民意なのだから。

沖縄に関する掲示板やツイッターを見れば、朝ナマで暴露された琉球土人の民意は多少の誇張はあるが決してデタラメではないとわかるだろう。
あの放送の内容を否定している琉球土人は誰もいない。逆に賛同しているのが殆どだった。

憲法を改正すれば、日本人の国防への取り組みは大きく変わるだろう。そして、誰が討つべき敵かを見極める審美眼が必要とされる。
日本国籍を持っているから、日本語を話しているから、こんな希薄な理由で在日琉球土人を仲間扱いするのは馬鹿である。‘愛国心’は書類上の扱いや言語ではなく、心で決まるからだ。琉球土人に日本への愛国心は無い。連中は日本の敵だ。

戦後60年間の反日自虐史観による教育からの脱皮が急務!!!

 サンフランシスコ平和条約の締結後、吉田総理は国防をアメリカに任せひたすら経済復興に専心したわけだが、後に政策選択を失敗したと反省の弁も聞かれると言う。せっかくの独立を得たというのに経済復興にまい進したばかりに日本の良さを失ってしまい独立国の威厳を失ってしまった。豊な生活?は送れているが鳥かごに囲われている妾みたいなものだろう。
 独立国として一歩づつ進んで行けば良かったと思われるが後の祭りである。東亜3国とロシアは憲法9条で手足のできない日本を陵辱しまくっている。ドイツは戦後60回も憲法を改正して今日に至っている。一人日本のみが憲法記念日に9条を守りましょうと特亜3国・ロシアの手先を自ら務めているのは滑稽としか言えない。
 憲法記念日に日章旗を掲揚する気にもなれないが占領国による占領政策推進のための憲法を後生大事に守っている売国奴からの脱皮を願って大いに掲揚して日本国に敬意を表することとしたい。

 しかし、デジタルTV時代を向かえ双方向交信が出来る時代にあってNHKと言う税金(ドロボー?)を国民から徴収して特亜3国側公共放送する局はなんとかならないものか?できれば番組単位での料金徴収にしてもらいたいものだ。反日捏造番組を制作したプロデューサーを解雇できる制度も是非作ってもらいたいものだ。
 
ネットとは縁のない人たちにとってマスコミのマインドコントロール能力は絶大である。これらを改める運動も必要と思われる。
 

憲法第9条はアメリカの誤りだったとニクソンも認めていた

 強烈な貴ブログの主張、時々読ませて貰って、特亜の政治・経済・軍事等多方面からの攻撃にさらされて為す術を失っている日本の酷い現状を嘆きながら、大いに共感しています。

今回の文は、下記のURLにあるアパ歴史懸賞の入選論文の説くところと似ているのではと感じました。

「真の現代史観」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1058.html

 かつて大問題になった、平成20年度アパ歴史懸賞論文で
問題視され更迭された田母神空将につぐ社会人優秀賞を受賞した論文
(戦後史の史実に忠実に書かれている論文)中に、

米国政府は、昭和28(1953)年、朝鮮戦争時代の日本の再軍備への政策変更時、

ニクソン副大統領を東京に派遣し、日米協会の昼食会でニクソンが、
「占領憲法の第九条は誤りであった」と公式に声明していると言う。

これは、今の日本人が教科書には書かれていない戦前戦後の真実の歴史に無知か、いまや知る人々が少なく忘れられているが、史実でしょう。

昭和28(1953)年、日米会談で池田勇人はロバートソン国務省次官補に「日本人が自分を守るのは自分しかないことに気づくには相当の時間がかかるだろう」と述べた。(抜粋引用「吉田茂とその時代」)

GHQの占領政策だった家族制度の廃止から、現在の少子化へと、必然的に続く因果関係も・・・


千島の奥も、沖縄も♪♪♪・・・で知られる蛍の光ではありませんが、日本国全体が一つになるのが怖いのでしょう。 分断を図ろうとする輩がいっぱいいますね。このコメント欄にもそのような工作をしようとする方もいらっしゃる。

でもそんな工作には負けません。ブログ主様のご尽力で、いま、一つの日本が生まれようとしています。

これ以上の恥辱は受けたくありません。子供や孫に、よい日本を残したいです。

■自らの出自を隠す2つの民族。エベンキとハザール(カザール)

韓流トップシークレット【サウスコリアの秘密を厳選紹介】※注、食糞映像あり
http://www.youtube.com/watch?v=1WuKYrGXKnU

デーブ・スペクター と タルムード (宗教面から見る彼の行動様式) 2
http://www.youtube.com/watch?v=c_3cEMt6-C4&feature=relmfu

1
http://www.youtube.com/watch?v=QFK9ihpEOkQ&feature=related

支那による尖閣占領

支那が尖閣の占領に成功すれば、それは支那にとっての戦術的勝利ではありますが、戦略的な大失敗を意味します。

おそらく、日本国民の95%はものすごく怒ります。怒らない残り5%は本格左翼と三国人ですが、こいつらをあぶりだす手頃な踏み絵になります。

95%がものすごく怒れば、憲法改正は一気に進み、軍事予算は5倍になります(たぶん)。財源は建設国債でまかなえば問題ありません。景気も良くなる。
核武装は半年で完了するでしょう。ミサイル防衛網も大幅に強化されます。

そうなれば支那は日本に手出しができなくなる。
尖閣占領? やりたきゃやってみな。支那人よ。
 

決定なら二度と当選させるな!

■民主党政権、紙くずを購入■
「日本政府、韓国国債の購入検討」
日本の安住淳財務相は27日、閣議後の記者会見で、日本政府としてウォン建ての韓国国債の初購入を検討していることを正式に表明した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/04/28...

いまだ

今が その時である 朝鮮人を排除せよ

占領軍押し付け憲法は無効

憲法改正するよりも、「占領軍押し付け憲法など無効だ」宣言を発するほうが簡単です。
そして帝国憲法に戻して、それから現代にあった自主憲法を制定すればいいのです。

クルーグマンの本音に

オーストリア学派VSケインズ主義
(ロンポールvsクルーグマン)
http://bit.ly/IkIL2i

男アナ「クルーグマン教授、アメリカの国債は、州と年金を加えると大体GDPと同じサイズですが、どれほど我々は借金を重ねる事ができるのでしょうか? ポール議員にも同じ質問をします。」

クルーグマン「これと言った具体的な数字はありません。もし借金を30%増加させて、この恐慌から抜け出せるなら、私はそれを容認します。リスクがないとは言いませんが、この恐慌を抜け出すためになにもしないのは危険です。私はアメリカを日本国債のレベル(GDPの二倍)までにはしたいとは思いません。まあそれでも、なんとか回せているように見えますが。ポイントは、我々はまだ崖っぷちにはたっていないということです。」

私はアメリカを日本国債のレベル(GDPの二倍)までにはしたいとは思いません。

このリフレ派の教祖の発言に恐怖した国家社会主義もしくはケインジアンたちは、発言の事実の前にとうとう人心を取り乱し、得意の差別攻撃とレッテル張りを展開し始めたようです。

"核を越える兵器「非核ミサイルCSM」 - YouTube" ( http://bit.ly/JiRsg3 )
の配備が一番現実的です。ミサイル中心の防衛システム(攻勢防御)ができるような法改正が一番。武器輸出、宇宙清掃など、エネルギー開発、尖閣竹島北方領土開発などができる法整備です。政治が明るい未来投資を誘導すれば景気は回復する。比較優位な軍需産業を育成しよう!!

国家の危機は常在している。危機に目を瞑らず対処する自由を獲得できる憲法を求める。不干渉主義の国家防衛を徹底した夜警国家を!!

核防護体制の確立を!! (http://bit.ly/Iligea)

憲法九条は

憲法9条で遊ぶのは、日本が最大の好戦国だったそして反日こそがエリートとの証明との決め付けによるものでしょう。
そのアメリカの尻馬に乗って近隣諸国は平和な国と寝ぼけた利権サヨク。日本に反対、世界平和と大きな勘違いというよりも反日こそが立身出世の早道と考えたいい子ちゃん。
日本は間違っていましたこれからは軍国主義じゃなく平和主義で行きましょう。
結局のところは軍国主義も平和主義も変わりない自己保身の術でした。

マルチで失礼します

>>平和の美名の下に、殉じる事ができますか?

よく反戦平和の御題目で聞きすね。「自衛隊があるから戦争になる。スイスのように非武装中立であるべきだ。」とも。近頃は、スイスが国民皆兵で重武装の上に核シェルターも用意している事が知れ渡り、聞かなくなりましたが。(笑)
軍隊は平和を守る為にあります。軍人も戦争を願っていません。戦争で死ぬかもしれないし、部下を死なせるかもしれないですからね。だから、訓練をし抑止力として戦力を蓄える事によって、侵略者が来る事を防いでいる。
平和、平和と唱えても戦争は無くならない。無くなるのは、唱えていた国や民族…これ歴史の教訓。

>>現時点における憲法改正は危険

なるほど、国民が目覚めてから改正するべきですか…。目覚めなかったら、このまま手足を縛った状態で国を護れと云うのですね。護憲派や日本侵略を狙う国の工作員の主張と変わりがないですが…。
政治家や目覚めた国民は、改憲を提議する事により国民を目覚めさせるべきとは思いませんか?
平和ボケのままにしたいのなら必要ないですがね。

>>日本は国内防衛強化だけで十分です

支那本土の出撃基地に手を出すな!…なる程。パンチをかわすだけは許すが、俺様のボディや顔面を打つな。
ノックアウトされるね。(嗤)

●これまでに東京都尖閣諸島寄附金の口座にお寄せいただいた寄附金です

http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku_kifu.htm
平成24年5月1日入金確認分まで ⇒ 戻るボタン

憲法なんて改正しなくても、スパイ防止法だけで危険は廃除できる~今の日本じゃ(米ポチ、反日朝鮮マスコミ、売国帰化政治家&スパイ)憲法改正なんて絵に書いた餅状態、逆に日本国民が悲惨な目に合うおそれがある~中国が脅威だとマスコミが流せば米軍基地負担増、廃棄並武器高値購入で莫大な日本の金が米国へ(在日朝鮮人もメクラマシになる)~中国は争いなんて望んでないし、経済重視だよ、●日米共同声明=日本貢ぎ声明、そしてIMF、韓国スワップ(米資本)と全て石原の尖閣発言、橋下の国旗国歌条例はリークしている~敵は他国でなく日本国内に山ほど居る~これを廃除せず憲法改正などしたら~日本人は全て戦地紛争地へ送られ日本亡国~●米紙が、ここ10年で最も賢明なリーダーに野田=最も貢いだ首相(消費税増税も折込済み)…小沢、平等な日米関係を←そりゃ潰されるわ!そして何より国内の億万長者を(マスコミは隠してる)見れば異状さがわかる~パチンコ、消費者金融、(宗教)在日企業=朝鮮人ばかりだ←米ユダも朝鮮カルトも結託して自分らの悪行を中国悪でカモフラしたいのだろう

敵と戦う覚悟がありますか?

敵と戦う覚悟がありますか?

【関連情報】
 自公政権や民公政権で日本人社会の破壊が進行して行く事に気付い下さい。
 日本には残された時間はもう有りません。
 反日売国社会主義者や共産主義者を排除しなければいけません。
【創価学会のタイトル一覧】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/snt/snt0_hdir.cgi

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

米国債≠日本国債

>私はアメリカを日本国債のレベル(GDPの二倍)までにはしたいとは思いません。
>2012/05/02(水) 16:30:59| URL| amotoyamatotake #vz8oqKOc

クルーグマン教授はただ単に数字の例えで私的な思いを述べただけだと思いますが…w

【現実】

スペインは緊縮財政の影響で失業率が急上昇するなど経済も疲弊しており、失業給付や税収減でかえって財政が悪化の一途です。失業給付が切れたら多くの若いスペイン人は国を出てイギリスなどEU各国にブルーワーカーの出稼ぎに行くのでしょう。悲劇です。

>個人よりも家族の絆であり、

家族だけは本当に大事です。

大震災の時は仕事なんかすぐに止めさせて企業は労働者を家に帰す努力をするべきでした。

■片山さつき「河本準一氏の『年収5千万円、母親生活保護不正受給疑惑』について、厚労省の担当課長に調査を依頼しました。」

■片山さつき「河本準一氏の『年収5千万円、母親生活保護不正受給疑惑』について、厚労省の担当課長に調査を依頼しました。」

以下は片山さつきの公式ブログより

http://satsuki-katayama.livedoor.biz/archives/2012-05.html#20120502
2012年05月02日
河本準一氏の「年収5千万円、母親生活保護不正需給疑惑」について、厚労省の担当課長に調査を依頼しました。

もう半月も、マスコミで話題になっていながら、ご本人の釈明のない、本件。
仮にギャグのネタであって、本当は母親の生活保護需給はない、というなら、
それを記者会見で公表して、そういうことは、本来刑事罰の対象にもなりうることである、ことを言うべきでしょう。
 もしも、本当ならば、これだけ大っぴらな不正受給を放置しておく、
当局、同氏の母親居住の市町村、は何をやっているんだと言われてもしかたありません。

 今の厚生労働省の、生活保護担当課長は、生活保護の適正化が与野党で最大のテーマのひとつになっており、
社会保障税の一体改革でも、正直ものが報われる社会にするうえで、「生活保護は、
本当に困窮している方にはしっかり届き、頑張れば働ける、
あるいは本来養ってくれるべき近い親等の親族がいる場合にまで払っていたら、
消費税などいくらあっても足りない世界になりかねない」という批判が当然出てくるので、
かなりしっかりした課長さんです。
 今日も直接話をして、以下のような言い訳が、建前上の、お役所回答ではあるけれど、せめて、
直接の窓口である市と府の担当に、状況を確認するように、要請してもらうことになりました。
これだけでも大きな進歩でしょう。

 今日は、全国行政書士会の北山会長と対談いたしましたが、会長は大阪会の会長もかねておられ、
東大阪なのですが、やはり、巷の感覚として、大阪では「もらえるもんならもらっとこ!」になっていて、
本当に困っているとは思えない人がかなりもらっているように見える。特に西成区の状況、とおっしゃってました。

 自民党の生活保護PTでも、大阪に実態調査に行って、かなりの問題意識もって提言にむすびつけていますが、まだまだ掘り込めます。
 明日から、ワシントンですが、種明けの大阪側の回答に、期待しましょう。

 (参考)
 扶養義務者に対する対応、、厚労省回答
 扶養義務者のうち、親子関係にあるような扶養義務者に対しては、
実地による調査や居住する福祉事務所への依頼などによる扶養調査を行っている。
 親子関係にあるような扶養義務者に対する扶養能力及び扶養の履行調査は、年一回程度行うことにしている。
 現在の運用の考え方は、扶養義務は、その性質上、直ちに法律に訴えて
法律上の問題として取り運ぶことは避けることが望ましく、努めて当事者間における話あいによって解決することにしている。


生活保護はきちんと家計簿みたいなものの作成を義務づけるべきだと思います。レシートみたいなものも全部添付させて、二ヶ月くらいに一度提出させるなど。そしてそれの提出と引き換えに、次のナマポを支給し、提出されたものは、全部調べるのは無理だから、ランダムな抽選で選んだものを集中的に不適切な支出や用途がないかチェックすればよい。もちろん不正があれば支給取り消しなど、そして次回の提出の時に古いものは返却すればよいと思います。こういうのは結構めんどくさて手間なので、どうしても必要は人以外はめんどくささに辞退して削減効果があるかもしれません。

中国 馬脚をあらわす

中国はもっと策略上手かと思っていましたが、今の時期に馬脚をあらわしてくれて良かったです。
私も以前から見ていましたが、もっともっと力をためてから一気に侵略に来るだろうと思っていました。
本当に今の時期で良かった。これで日本人も立ち向かう事ができます。

また、家族の絆をこわし動物としての本性に逆らい少子化を招くような政策はやめるべきです。

メール街宣

教育勅語
1.親に孝養をつくそう(孝行)
2.兄弟・姉妹は仲良くしよう(友愛)
3.夫婦はいつも仲むつまじくしよう(夫婦の和)
4.友だちはお互いに信じあって付き合おう(朋友の信)
5.自分の言動をつつしもう(謙遜)
6.広く全ての人に愛の手をさしのべよう(博愛)
7.勉学に励み職業を身につけよう(修業習学)
8.知識を養い才能を伸ばそう(知能啓発)
9.人格の向上につとめよう(徳器成就)
10.広く世の人々や社会のためになる仕事に励もう(公益世務)
11.法律や規則を守り社会の秩序に従おう(遵法)
12.国難に際しては国のため力を尽くそう、それが国運を永らえる途(義勇)

今こそ日本人は原点に戻り、日本人による、日本人のための憲法改正を行うべきである。

シュプレヒコール!! 朝鮮系国会議員を日本からたたきだせ! 忙しくてもブログ主殿を応援するぞ!

自民党の改憲案を見ましたが、過激な部分も多数
見られますね。

恐らくは過激に見せて落としどころを探る狙いもあるのでしょうが・・・
その点、ちゃんとディベート出来るんでしょうか?
そこだけは不安ですね。

 >もういい加減に覚悟をきめてください。国民の保護と国益追求のために
>いつでも敵と戦える憲法が必要です。
・・・必要なのは今のアメリカの戦力が如く、相手国に戦争をしようって思わせないだけの戦略と戦力だよ
 中途半端はアカンよ・・・ま、日米安保のあり方まで変える(日本脅威論に対する担保としての米軍)事になるけどね。

 武力が実際に動き出すのは戦争としては最終段階であり下策なことこの上無いから、やるなら徹底的にやれる状態にしておくべきさ

国内の体制を整えるこれが上の策。その上での外交努力。最後に覚悟。
日本の硬質憲法は時代にそぐわない。しかし戦後日本が訴えてきた国際協調、平和主義を捨てる必要はない。普通の憲法を制定した後我々は平和と強調を訴え続ける努力は継続していく。こちらの姿勢も必要だと考える。

【関越道バス事故】 中国出身の運転手 「ICの名前、わからない」…日本語は日常会話程度。不慣れなルートをカーナビ頼りで走行か

★中国出身の河野容疑者「ICの名前分からない」

・群馬県藤岡市の関越自動車道で起きたバス事故で、自動車運転過失致死傷容疑で
 逮捕された運転手河野化山(かざん)容疑者(43)(千葉市中央区新宿)が「事故の瞬間は
 うとうとしていた」と供述していることが県警への取材でわかった。

 なぜ居眠り運転につながったのか、県警は事故前の行動などを調べている。

 県警幹部らによると、河野容疑者は、4月29日未明に事故が起きるまでのルートについて、
 出発地のJR金沢駅前から一般道を経て、富山県のJR高岡駅前でさらに客を乗せた後、
 「高岡駅から一番近いインターチェンジ(IC)で高速に乗った」と説明している。出発から事故
 までの約6時間半の間に、「15分ずつ計3回休憩した」「最初は、高岡から一番近い
 休憩所に入った」とも供述。しかし、利用したICや休憩場所については「名前は
 分からない」と話しているという。

 河野容疑者は中国出身で、日本語は日常会話をこなせる程度だという。県警は、不慣れな
 ルートをカーナビゲーションを頼りに走行していた可能性が高いとみている。
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120502-OYT1T00694.htm?from=top

そもそも何故A級戦犯の岸信介は総理大臣になれたのか?

自民党のスポンサーはアメリカCIA と既得権益を死守したい日本の官僚なので自民党の正体は単なる売国機関です。さっさと党本部の土地の固定資産税を徴収して金欠で消滅させましょう。


それにしても自民党が出した改憲草案、日本を北朝鮮並みの情報統制国家にしたいんですかね?こりゃ政権なんか獲れませんわ(笑)

憲法は、日本及びの日本人を護るためにある。

憲法は、日本及び日本人を護るためにある。日本人は、憲法を護るために生きているのではない。
日本人は、日本人のためになるなら、速やかに憲法を改正すべきである。
憲法を護るために、日本の領土を盗られ、日本人が拉致されるとは、本末転倒である。
憲法を改正して、再軍備して、日本領土を確保し、ことあるごとに我らの血税を脅し盗られのを防止するため、直ちに憲法を改正すべきである。
この国は、我ら日本人の国である。これに反対な者は直ちに日本国から出て行け。

amotoyamatotakeさんの、経済、以外の見識は、大体良いと感じるのですが、だからといって、経済対策の主張にミスリードされないように!!!


amotoyamatotakeさんは、

結構良い事を語るし、本人のブログもまともだと感じるのであるが、

経済に対する見識が、まったくといっていいほど駄目であり、

そこを、指摘しても、不自然に、意図的としか思えないスルーを度々繰り返し、はぐらかしを行うし、
とても、馬鹿とは思えないので、工作員であろうと推察したのであるが、
それは、違うような気がしてきた。


意固地に、自分の、考えを押し通し、絶対と言っていいほど、
非を認めない人がたまにいるが、そのての人のように思えてきた。


このての人は、自分の考えと違う人の意見は、まず認めない。
言っても無駄な人であろう。


経済、以外の見識は、大体良いと感じるのですが、
だからといって、経済対策の主張にミスリードされないように!!!








自民党憲法案に見る亡国


自民党改憲草案はニセモノ

(http://bit.ly/IfxJtW)

自民党の憲法草案の問題意識に欠陥あり

(http://bit.ly/JWnq0f )

上記は自民党の憲法案がいかに個人主義的でルソー的であるかを暴露しています。

ブログ主いわく

「現憲法のように個人や人権を絶対視するのではなく、家族や国家を重視する新しい憲法を作ったならば、日本の古き良き伝統はたちどころに復活します。

そして新しい憲法を作ることによって、国家なくして個人も人権も存在し得ないことをあらためて認識する必要があります。」

などとは根本において異なるものです。ブログ主はまず、次期政権政党たらんとする自民党の憲法案にその認識から批判してもらいたいものです。

>東大阪なのですが、やはり、巷の感覚として、大阪では「もらえるもんならもらっとこ!」になっていて、
本当に困っているとは思えない人がかなりもらっているように見える。特に西成区の状況、とおっしゃってました。

「もらえるもんならもらっとこ!」、このどうしょうもない意地汚なさが
情けない。乞食以下だね。

橋下大阪市長が自民党の新憲法案を批判した。
「憲法は思想書ではなく、基本的には価値中立的で、権力者の権力を縛るためのものだ」というのである。

とんでもないことを言うやつである。

私たちは、強盗ややくざの脅しから身を守りたい。
だから国に権力を与え警察にその権力を行使してもらう。

中国の侵略を防ぎたい。
だから国に権力を与え自衛隊に戦う力を持ってもらいたい。

我々は独裁国家でなく民主主義国家を選ぶ。
だから、法治国家として、国にどのような権力が許されるかを
国民の意思に基づいて法律で規定しなければならない。

法律は、平等や公平を規定するとともに、差別を規定するものである。
どのようなに平等、公平、および差別を法律に規定するのか
についての原則が憲法である。

だから、憲法には当然思想が入る。
在日朝鮮人や在日中国人と、日本人とには差別があって当然だ。
その差別が嫌なら自分の国に帰れ。
自分の国の法律で守ってもらえ。

共産主義国家は当然共産主義の思想に基づいて法律を作る。
共産主義国家、強盗、強姦、詐欺などから日本を守ろうとする国であれば、
当然そういった思想に基づいて法律が作られなければならない。

憲法は思想書であり、断じて価値中立であってはならない。

平等、公平の思想と共に、断固たる差別の思想が入っていなければならないのだ。

憲法には日本にとって何が敵であるかということが示されなければならない。
敵と戦うという断固たる意思が入っていなければならない。

中国や、韓国、北朝鮮などと友愛を求めるような憲法であってはならない。

日本を守るための憲法だ。

憲法は、国を守るという思想書でなければならない。、

憲法は、地球憲法、友愛憲法、などと称されるような価値中立的なものであってはならない。

憲法は、国境を守り、国内の破壊思想と戦う意思を示していなければならない。それがないと、そもそもスパイ防止法などできない。

憲法は、それに基づいて作成された法律を実施する権力を国に与えなければならない。それを縛ってはならない。


橋下徹は要注意である。

第一劣等線、第二劣等線とか言い始めたけれど、他人の家に土足で上りこんでくるのが、シナ人であり、朝鮮人だ。宇宙から見てもそんな線がどこにある。あるわけない、シナ人は日本人の心の中にそれを植え付けようとしている。日本のカスゴミを使って、我々日本人はそれを見て黙って見ていてはいけないのです。思考停止せず大きな声に出し、断固シナ人に対し、我々大和民族日本国民は我々のやり方で相手が嫌がる方法をとらなければいけない。

時局認識:
連休であるが愛国者は鬱々として楽しまない毎日と思う。いよいよ日本が大変なことになってきたからだ。日本は頭から崩壊が起きている。

対応三方針:
この対応は①大衆に危機感を広めることと②救国勢力の形成と③指導部の選出だ。

大衆啓蒙:
これは街頭に露出することが大切だ。ルボンは、「大衆は頭で考えず脊椎で反応する」というから目で見せる。数名で看板を持って立っているだけで良い。
私はビラ配りによく参加する。受けとらない間抜けが多いが、それが大衆だ。そして「大衆が騒ぎだした時は手遅れ」というから、まだ大丈夫だ。失望しないで啓蒙を続けよう。戦後騙されてダラケきった国民の警戒心の山を右へ移動させる。また行動は若い新人に愛国啓蒙運動の根性を入れるのに役立つ。ビラをもらう方から渡す方になるだけで、大人の責任感と主体性ができる。
救国大勢力の形成は複数の愛国団体の連帯になる。各団体は綱領の基本部分の共通性を確認する。私は天皇崇敬、靖国護持、国民国防、先祖崇拝がOKなら提携する。他にも憲法改正、パチンコ廃止、帰化禁止、家制度再開など具体的な政策を綱領とする集団もあるだろう。大局観に立って協力をするのを「小異を棄てて大同につく」という。
各団体の間に立って協力をあっせんする人が必要だ。幕末の坂本竜馬だ。これは金も名誉もいらない命がけの無私の人だ。ようやく幕末の志士の苦悩と偉さが分かってきた。
最高指導者には高齢の愛国者がよい。若い人だとオレガオレガになりがちでまとまらないからだ。この運動は敵の対日工作との競争だ。だから敵は当然日本人の愛国運動をひっくり返そうとスパイを入れている。しかし警戒し過ぎると運動は大きくならないから、油断しないが大きく構える。
愛国運動は成長するか衰退するかのどちらかである。踊り場はない。前進するのみである。次の選挙では一人でも愛国勢力を当選させる。それが日本回復の突破口となる。今なお共産党に数百万単位の投票者がいる。その位日本人の政治意識は低迷している。と云うことは民族主義の可能性が非常に大きいということである。フランスでは民族主義集団が大きな政治勢力になってきた。愛国団体は運動の進め方について勉強に行くとよい。
愛国団体は、パチンコ廃止などの現象的な政策で危機感の高い若い人を集めているが、その危機感の高い若い人たちをさらに若い世代の指導員にするために、組織的な教育をお願いしたい。

教育内容は、関心を持ったテーマを中心に広げる方法ですすめるのがよい。
①戦後の腐敗した政治体制への疑問。それは近代史、大東亜戦争とは何だったのかという疑問になる。そして歴史教育だ。戦記や歴史本を読む、靖国神社に参拝する。
②また、左翼や反日は民主主義と云うが何なのか。これは左翼思想の克服だ。何故マルクスは間違っているのか。何故民族主義が正しいのか、まで理解を進めたい。これは私の「共産主義からの解放」が日本で唯一の本だから活用してもらいたい。左翼思想については、日本のマスコミ文化人を含めて「何が分からないか分からない」状態にある。
③そして自分づくり系である。それは自分とは何か。日本民族とは何か。愛国運動参加は自分一人の欲求不満の解消であってはならない。若い世代を育てる義務がある。自分の役割を発見し研鑽する。

こうして見ると、運動と自分の展望が開けてくるはずだ。民族主義エリートの誕生だ。日本を心配する愛国者は自分一人ではない。全国に沢山いる。紹介し合い、連帯しよう。手をつなぎ声を掛け合おう。そして頑張ろう。集会では必ず始め、中ほど、最後に歌を歌うことだ。散会前には愛国歌♪勝利の日まで♪を合唱しよう。
http://pub.ne.jp/surugasankei/

口の止まらないハシシタは自身が政権を獲りたいがために、ジミン批判にハシるのは当然の権利とでも思っているのだろう。アメリカの犬と書かれていたが、この間アメリカは日本が憲法改正する事に反対の気持ちはないと言っていたが、それは一度もシナと戦争していない表向きシナとは握手してニコニコのアメリカが日本とシナとの戦争に向かわせる為の芝居であると思っています。私は在日特権を捨てないならこれまでどうりジミン支持はしないが、憲法改正か現憲法破棄は賛成の立場であるので、今は石原知事の動向が最も関心が高いのです。あと一平卒なんかどうでもいい。
朝鮮人はほんとにKYだな。

毎年5月3日に知覧では、特攻隊員の慰霊祭が行われています。

http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&rl=yes&v=_QOXodCXpTs

その日には、彼等の愛した日本の空を見上げてあげて下さい。

憲法改正の方向は当然、自力防衛力の強化です。

 amotoyamatotakeさん の自民党の憲法改正案への批判に賛同します。 憲法が価値中立で在って宜しいのは、世界政府レベルの話ダケ、其れでも、もし、宇宙に外敵が居るのなら、其れも否定される事になります。

 橋下さんの説には平等主義者の常である、現実無視の妄想的平和主義が感じられますね、そんな国家はあり得ない。 国家が有っての憲法で、憲法が有っての国家では無い。

 日本が、独立主権をもった自国を自力で防衛できる普通の国家になる為に、自縄自縛を止めなければ成らないのは当然であろう。 国家の為に個人が命を賭けなければならないのは、その国家とは国民であり、知人や家族の集合体ダカラなのです。 個人を国家に優先して護り、国家を護らない事は、唯の利己主義にしか過ぎない。 国民で有る意識が全く足りず、社会に措いて権利は当然で義務は厭々名のでは、国民たる資格が元より欠落している。

 我々は在日韓国・朝鮮人の様に、国を追われたのでも、国から逃げ出したのでもなく、日本で生まれ、日本で育った、生まれながらに日本の国民の筈です。

 何故、日本人としての誇りが持てないのか、持てなくされて来た事実を知らないにしても、自分の祖父や曾祖父が一体何の為に戦地に赴き、戦ったかを真剣に考えた事が有るのなら、戦争を犯罪の様にしか思えないと言うのは、あり得ない。

 「戦争が悪で、どんな事をしても避けるべき」と言うフレーズは、如何にも頭でっかちで、足が地について居ないと言う他は無い、戦争は常に、向こうからやって来るのである。  例えば、現在共産シナは、外的な侵略的圧力の一つも受けて居ないのに軍事拡大を20年以上続けているのであるが、それは、数多くの戦略型原子力潜水艦、爆撃機、そして戦略空母を建造した事を看れば明らかな様に、付近を侵略するためである。 その付近とは、当然日本や韓国がその範囲に入っているのである。

 彼らの侵略行為は毎年酷くなっているのに、其れを伝えない新聞・TVには、最早国民の耳目としての価値は無い。 但し、その方が、戦前の煽りではなく、国民の自覚をじっくり高めるのには良いのかもしれない。

 迫っている危機の種類や性質を、マスゴミの誘導ではなく、自分の頭で考え、知って、感じとることができなければ、自分や家族を護る事すら出来ないと言う現実に覚醒しなければ、況や国を本当に護る事はできません。

 昭和18年にレイテ海戦で空母艦隊を全滅、マリアナ諸島も陥されて、制海権、制空権を喪った現実を知って居たから、神風特攻を初めとする各種の特攻が考案され、其処へ志願する若者が続いた、何故なら、次に始まるのは、日本民族の皆殺し作戦なのが明白だったからである。 事実その後、沖縄攻略、本土爆撃、原爆投下で、五十万人以上の民間人が焼き殺された。

 「戦争は始まったら止める方が難しい、亦、勝てば良いが、負ければその害は民間人に大きく及ぶ。」のは、昔からの戦争の常です。 戦争は何時の時代にも起こりうるものです、我々が自主独立の国家の国民なのなら、何時でも国家の為に死ぬ覚悟が無くてはなりません、国家とは、自分の家族であり、社会だからなのです。

 「戦前憲法が戦争が出来る憲法だったから、日本は戦争をして多くの死者を出したが、戦後は戦争が出来ない憲法ダカラ、戦争しなくても済んだ」と言うのは、大きな間違いです。 戦後米国は、絶えず、世界で戦争をしてきましたが、その所為で、需要が絶えずあったから、日本も此処まで成長できたのは事実です。

 昔反戦運動に肩入れして居た私としては、云いたくないし、カナリ飛躍が有って乱暴な言い方ですが、米国は日本の代りに戦争をしてきた様なモノだと思います。

 日本は米国の武力を背景にして居たから、歴史から云って悪辣な周辺の国から攻められる事が無かったのは事実です。 と同時に、米国の一部勢力は未だ日本の再軍備を恐れていると云って善いでしょう、然も無ければ、極東米軍は日本国内、特に、首都東京周辺の配置だけでよい事に成る。

 この先、米軍は北海道や本州・九州北側、そして沖縄周辺ダケになって行くでしょう、是は、米国の国力の衰退で、世界覇権を維持できないのでは無く、今の状態を維持出来る火力を開発、配備を終えて居るからだと思います、然し、元々、その軍事システムのポリシーが米国を護る為のモノである事を考えれば、同盟軍が規模を縮小した結果開く日本防衛の風穴の分は、日本が自身で補うのが当然です。

 その軍事システムは現在ある殆どの主力兵器を陳腐化出来るものであろうと思いますので、その陳腐化したものなら例え最新鋭レベルでも、日本が持っても米国への脅威にはならない筈です。

 以前から云って居ますが、防衛拠点を地方に置く事で、疲弊している地方経済を活性化する事が可能です、勿論沖縄の米軍基地は日本軍の代替えしようと云う事になりますが、空母や同伴するイージス艦の修理改修、艦載機の整備、訓練と言った新たな需要が、現在の問題の質を変えて行くと思います、更に竹島や尖閣、四島問題も方が着くでしょう、それらの効果から、米国の極東情況維持のための経費も大きく下げる事も出来るでしょう。

 自力の防衛力の強化で、日本が独立主権国家である事を取り戻すステップを踏むべき、憲法改正のベクトルはそれ以外にあり得ません。

自由 or 奴隷

「現在のグローバリズムは多様性の尊重が前提になっていないので、アメリカ帝国覇権主義の言い換えにしか過ぎない。」と、中野剛志准教授は述べています。ズバリ!ですね。
言葉をさらに換えると、「誤った個人主義の認識が国家レベルにまでなった。」感じでしょうか?
個人は絶対視…ある意味当然でしょう。個人(=ひとりの人間としての自分)はこの世に唯一の存在なのですから。
しかし、個人主義の絶対価値とは自分だけではありません。他人も共に同等だということです。

・金儲けに貪欲な多国籍企業
・基軸通貨ドルのアメリカ国内外での信用低下
・借金漬け経済から輸出主導に構造転換を図る必要に迫られたアメリカ
・etc

ここのコメンターにも「TPPには賛成でも外国人労働者の受け入れには反対」という意味不明の輩(amotoyamatotakeとか)がいますが、まさに勘違いの個人主義そのものです。単に自分勝手のワガママとも言いますがw
他国との自由競争にそんな寝ぼけた甘っちょろい望みは通用しません。TPP24全ての分野・品目に例外は一切なしです。それどころか、TPPには社会保障全般も含まれます。

規制緩和で何でもかんでも民間に投げ、何でも自由に競争することが社会の発展に繋がるという妄想は捨てた方が良いと思いますよ。

〝戦う覚悟″が必要というより〝戦わざるを得ないことを理解する″必要があるんだと思います。日本がチベットやウイグルのようになる前に。

 とりあえずアメリカもこういう事を言い始めたようです↓


米国 「日本は憲法9条を破棄しよう!GHQの遺物は捨てよ。 核武装し、アジアの大国として自立すべき!」
http://netouyonews.net/archives/7028416.html


 GHQはおまえらの所のだろうが! と言いたいですが、その当の本人が言ってるのですから憲法九条は無効でいいでしょう。もともと主権喪失中の占領下で勝手に決められたもんですから。


 また、憲法は新しいのを作るんじゃなくて、明治憲法に戻ればいいだけの話。
 そもそも占領下で勝手に決められたものを改正するというのは、アメリカの占領政策を継続を間接的に認めてるようなものになるでしょうし。


 改正したいのであれば、あらためて明治憲法に戻って、そこから何を直すのか考えていくだけで十分ですよ。


 何はともあれ、現行憲法と言われているアメリカ占領政策については、アメリカが上記のように言ってますし。こだわる理由はもう何一つありませんね。
 もう一回最後に繰り返しておきます。


米国 「日本は憲法9条を破棄しよう!GHQの遺物は捨てよ。 核武装し、アジアの大国として自立すべき!」
http://netouyonews.net/archives/7028416.html


米国 「日本は憲法9条を破棄しよう!GHQの遺物は捨てよ。 核武装し、アジアの大国として自立すべき!」
http://netouyonews.net/archives/7028416.html


おっと、思わず二回貼り付けてしまいました。

敵と戦う覚悟なき者は…

ソロ様
賛同いたします。全く同意見です。
ただ、自民党の改憲案は草案との事です。草案ですから、此から国民的議論をする為のたたき台と私は考えています。議論して善き案にしたいですね。

管理人 様の問いかけは
>>敵と戦う覚悟がありますか?
ですね。

此を私なりに考えると
>>殺人鬼に襲われた時、抵抗しますか?無抵抗で殺されますか?
>>家族が襲われたたら、闘いますか?黙って見てますか?自分だけ逃げますか?
正当防衛といえども暴力を否定するのか?との問いかけと考えます。

さらに、範囲を広げ
>>隣人が殺人鬼に殺されようとしている現場に遭遇した時、貴方は助けようと闘いますか?手遅れになっても自分の責任でないから警察に通報するだけですか?ただ逃げますか?
自分さえ安全なら同朋の命など関係ないですか?の問いかけになります。一時的な安全を選んでも、次の犠牲者が貴方かもしれないのに…。

此の極まった問いかけが
防衛戦争の時、敵と戦いますか?
です。

大東亜戦争は防衛戦争です。先人は国を護る事で、故郷の家族を恋人を友人・知人を護ろうと命をかけました。
現代の我々は?
国を護る覚悟なき者は、国や社会から、いえ全ての日本人から護って貰えないと覚悟すべきです。

自由とは聞こえが良いですが、新自由主義=弱肉強食のジャングルサバイバル!!!


>規制緩和で何でもかんでも民間に投げ、何でも自由に競争することが社会の発展に繋がるという妄想は捨てた方が良いと思いますよ。

その通りと思います。


日本の資本主義は社会主義だというふうに言われた時期があったと思いますが、あの頃は政治家も官僚もしっかりしていて理想に近かったように感じます。


あのころの、税、税率等々配分、他システムが、グローバルスタンダードであれば、一億みな中流の世界版にも成りえた様な気がします。


しかし、力関係により、国際金融資本家CFRの新自由主義、
グローバルスタンダードの名のもとに、経済による弱肉強食、
ほんの一握りが富の殆んどを貪り、大多数の貧困化という時代に成りつつあります。


自由とは聞こえが良いですが、
なんでもかんでも自由が良い訳では有りませんね!


それこそ、弱肉強食のジャングルサバイバルに成ってしまいます!


そこで、オキュウパイドウォールストリート運動が起こっている訳ですよね!


話は少しずれますが、公務員の、怠慢は当然是正しなくてはなりませんし、
また、公営企業の民営化も全否定するつもりはありませんが、


郵政民営化が象徴するように、
国益になるかどうか、よくよく考えるべきですね!




★河本準一が生活保護不正受給中の母親への仕送りの事実を証明する動画です。

証拠動画来ました!!!!!!!!!!!!

★河本準一が生活保護不正受給中の母親への仕送りの事実を証明する動画です。

20:20~
http://v.youku.com/v_show/id_XMzM1MDE1Mjg0.html

魂が入らないと無駄

素晴らしい目標でも魂が入っていなければ単なる経文になります。憲法条文を変えても魂が入らなければ何も変わりません。が、変えれば国民は少しは目覚めます。

しかし、現実には憲法の改正はハードルが高く、時間がかかります。侵略されてからでは遅すぎます。渡部昇一氏と南出喜久治氏は著書「日本国憲法無効宣言」で「憲法破棄」を訴えています。

石原都知事も日本国憲法破棄論者です。一番手っ取り早いやり方です。

憲法改正を或いは、破棄すべきと考えますが、しかし、田母神さんの↓の発言は、どうにも腑に落ちない!


とくに、憲法9条にかんして、911テロによる、イラク侵攻後、

911自作自演を知って、いかに、真実が隠され、マスゴミに踊らされているかに気付いた訳ですが、

自作自演911テロの時、日本人も犠牲者がいた訳ですので、
9条がなかったら、アメリカは、日本を後方支援どころか、
でっち上げ戦争に引きずり込んでいたであろうと思い、

マスゴミが奴らに牛耳られている以上、

また、でっち上げ戦争が起こされる危険性が大いに考えられるので、
マスコミがちゃんと機能するまでは、9条維持すべきと考えていたのですが、

尖閣始めシナの極悪侵略ぶり、
また、シナがとても話して解るような国ではないと認識し、
憲法改正、或いは破棄、核武装すべきとの認識に至りました。


しかし、田母神さんの↓の発言は、どうにも腑に落ちない!

http://www5.pf-x.net/~gotama/911/gimon/pentagon/pent.html

アメリカン航空77便が突入した現場については、次のような疑問が多の方から指摘されています。

  ■ ペンタゴンに開いた穴が小さすぎる
    とてもボーイング757-200型機が突入したとは考えられない。

  ■ 機体や、破片その他の残骸が見あたらない
    公式発表では高熱により「蒸発した」と説明されているが、そんなこ    とはあり得ない。


突入したとされる航空機の機体の残骸や、乗客の座席、荷物などが全く見られません。

 更に、建物の前の芝生が無傷であることも見て取れます。ボーイング757型機は地上に全く接触せず、地上数メートルという超々低空飛行でペンタゴンに突入したことになります。


■ 技術的に不可能な操縦
   9.11委員会報告書では、地面すれすれを時速530マイル(時速850キロ   メートル)で激突したとされているが、専門のパイロットは「技術的に   不可能な操縦だ」と証言している。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


元航空幕僚長の田母神氏は、この事を知らない、解らないとは到底考えられない!
芝生をかすりもせずに、ペンタゴン突入など不可能なことぐらい、素人の私でも解る事である!


にもかかわらず、イラクに自衛隊を派遣するのが遅いというのはどういうう訳であろう!


田母神氏は、殆んど正しい事を言っていると思っているが、
しかし、この重要な、大嘘の対テロ戦争の、燃料補給派遣が遅いという発言は、
どうにも腑に落ちない!




911の真実をご存じない方は↓動画で真実を!!!


自作自演9.11 テロ動画、他、真実の動画
↓↓↓
http://www.youtube.com/playlist?list=PLF2A316A28324BA44&feature=plcp




現行憲法改正より、欽定憲法回帰の方が先決

そうか、今日は憲法記念日だ、と気が着いたのですが、現行憲法が占領軍保護を目的に造られたモノだと確信した時から、それ程現行憲法に対する思い入れが無くなっている事に気が着いた、前レスでは憲法改正をすると云う前提で考えてコメントしてみたが、虜囚さんの「占領憲法を改正しても意味が無いどころか、現行憲法を正統化してしまう事に成る」と云うご意見を読んで、はたと膝を打った。

 確かに日本は戦争に負け、占領軍の統治下に組敷かれたのですから、其れなりの法律を強制されるのも仕方が無い事でしたでしょう。

 然し、SF条約発効で、占領軍統治が終了し、日本の主権が本当に回復したと云うのなら、即日、明治の欽定憲法の効力を復活させるのが筋と言うモノでしょう。

 現実は、65年経っても日本には米軍が基地を作ってあちこちに治外法権区域を作っている占領状態とあまり変わりがないのですから、現行憲法が有効であるのだと解釈すれば、確かに憲法改正とか云っても、占領憲法を改正するのでは、全く意味が無いでしょう。

 是は、昔サヨク運動に参加した連中の半分くらいは同調するのではないかと思います。 私が知っている範囲では、殆どが反米でしたから、現行憲法が米国の押し付けだと判れば、一も二もなく反対するのが筋です。(嗤)

 そういう意味で、反米の共産党が現行憲法を擁護する立場を採るのは、日本転覆への戦略的な作為としか思えない、彼等の本質が売国である証拠でしょう。

 サヨクの立場でも自身は売国では無いと云うのなら、先ずは、欽定憲法へ回帰を主張し、其処から憲法改正を言い出すのが筋です。

 欽定憲法は制定から既に100年以上経って居ますから、当然改正すべき点は多く有ると思います。

 就中、陸海軍を再生するに当たり、統帥権の範囲を明確にし且つ明示する問題、天皇陛下の大元帥としてのお立場の再考は必須で有ろうと思います。

 軍人の政治への関わりを最小限に留める為に、陸海軍省は防衛省に纏め、その範囲で軍人は政治に関わる事に制限を設けるべきかと、否、戦前も軍人が悪いのでは無く、政治家が余りに国民の信を喪ったから、票が身持ちが清潔な軍人に流れたダケの事でしたから、其処に歯止めが必要だと思った次第。

 それと、戦争の質自体が大きく変わって居る事にも思いを致さねばなりません、殊に徴兵制は男女を問わず実施し、それぞれの立場で地域防衛と言う特化した目的を担ってもらわねば、国益にとって有効では無い様に感じます。 民間人に、高速戦闘機を操縦したり、大型ミサイルを撃って貰う必要はないでしょう。

 それより、集団行軍や戦闘訓練で海岸線の水際戦や山岳ゲリラ戦を経験するうちに、登山やクロスカントリー、ボートやヨットと言った競技を一般に普及させる事にも役立つでしょうし、戦場医療、防疫活動、避難誘導等、女性の方が得意な分野での訓練も出来ます。 徴兵・兵役の機会を国民の国防教育・訓練の場と為すべきです。

 そういう訓練を各地で行う事で、不穏分子の活動も抑制できるし、何より若い人が大量に動く事で地方都市が活性化します。

 防衛の重要度の国民周知を基本とした国民皆兵こそ、軍事費を適正に保てる唯一の手段であると思っておりますから。

有人戦闘機から、無人機、更に、サイバー攻撃、レーザー電磁波兵器、等々の時代! +  HAARP


有人戦闘機から、無人機、更に、サイバー攻撃、レーザー電磁波兵器、等々の時代! +  HAARP
詳細
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201202/article_10.html





>ここのコメンターにも「TPPには賛成でも外国人労働者の受け入れには反対」という意味不明の輩(amotoyamatotakeとか)がいますが、まさに勘違いの個人主義そのものです。単に自分勝手のワガママとも言いますがw

そうですね。TPPは、人の行き来も自由ということだから、
TPP賛成なら、当然、外国人労働者も受け入れなければならない。
矛盾することを言っている人は、そのことを分かっているのだろうか?
TPPの内容を変えられるとでも思っているのだろうか?
理解に苦しむ。

核武装に関して、いかに上手くアメリカに納得させるかが、大変重要ですね!


核武装に関して、いかに上手くアメリカに納得させるかが、大変重要ですね!

アメリカを敵にまわす事は、現況下に於いて、あまりにも危険ですね!




そうですね

>>アメリカを敵にまわす事は、現況下に於いて、あまりにも危険ですね!
 勿論! 特に彼等は裏切りには非常に厳しく対処しますね、其処で出た被害は正に針小棒大にして喚き立て、何倍もの報復を敵に課そうとします。

 唯、核兵器について、シナやインドに対する是ほどの寛容さを看れば、核兵器が最終兵器では既に無い事を示していると思います。

 勿論、音速の3~5倍で飛んで来たミサイルを無効化するのは難しいでしょうが、発射して音速に達するまでなら、何とかなる、特に発射の前後に破壊できれば、被害は敵の方に大きく現れる事になるのは、誰が考えても判る事ですから、偵察衛星で常時監視して、発射確定した時点で勧告、発射直後に破壊すれば、良い事になりましょう。 先日の北のICBMがそうだったと云う人も居ますが、元々マトモに飛ばないロケットだった可能性の方が高いと思います。

 最終兵器では無いからと云って、嘗ての最強の敵あった日本に許可すると、日本が米国の桎梏の裡を抜け出す可能性が高いからには、米国内の反日・疑日集団=ロックフェラーやSWCが、易々と裁可するかは確かに疑わしいですね。 但し、自衛隊の優秀さを一番知って居るのは米軍だと云いますから、米軍としては、日本に一人前の軍備や法体系を与えてほしいと思って居る勢力の方が多いと思います。


>軍としては、日本に一人前の軍備や法体系を与えてほしいと思って居る勢力の方が多いと思います。

是非、核、EMP、に関してもそうであってほしいものですが・・・






命を投げ出す覚悟

命は大切です。しかし、人生には命よりもっと大切なものがあります。
時には、自分の信じるもののため、愛する人のために、命を投げ出さなければならないときもあるでしょう。

中韓:命の大切さ 2006/11/22(水) より抜粋

クルーグマンの逃亡から

視点を変えた中傷攻撃が始まったようですね。

私は、国家社会主義や鎖国論の蔓延には危惧を表明しています。一度もTPP賛成などとは申しておりません。反TPP論の背景にある空想的社会主義やマルキシズムや鎖国論に反対します。共産党や極左と同じ事をTPP論で展開する保守派は知らずに左傾しています。私は移民には反対するが、自由主義経済には賛成すると申しております。移民代替の比較優位ではない産業の海外移転はしかたがない、低賃金労働や消費者増加名目の移民(農業も研修という移民で成り立つ)に反対しています。勿論、低賃金労働以外の移民も反対です。伝統や民族の文化が破壊されれば社会の不安定化は増加して社会費用が増加、結局は警察予算などの増加や多文化関係の迷惑な事が頻発します。

しかしながら、経済的な統制主義は文化の全体性をそこなう統制国家をもたらします。日本文化は再現性に富んでおり、豊富な素材が現在に蘇ることができる豊穣の海です。日本民族はその豊穣の海で泳ぐ権利があります。統制主義は必ず文化を文化財とすることになります。統制に不都合なものは危険なものは排除するという傾向を産みます。したがって、自由主義を言うのです。儒教道徳的な決定論ではなく、民族文化決定論に傾斜してはいますが、自由に日本文化の中から好みの選択ができるという状況であるべきであるという思想なので自由主義なのです。

まさか、統制経済が自由を侵食しないなどという寝ぼけたことはもうしますまい?人を計算で云々できるという思い上がりが統制経済や社会主義にはあるので信用していません。哲学や心理学や社会学など諸学問を総合しても人のなんたるかは理解できないのであるから、政府はせいぜい楽市楽座をつまり自由な経済を保護する夜警に徹するべきです。

ヲシテの研究では天皇は豊穣を民族に与えました。かつてはそれが稲作技術やクリの栽培技術やトラフグの調理法であったかもしれません。現代では自由に生きていくことに当たると思います。天皇が与える自由をいただき、応答に皇統護持義務を負うというのが私の国家観なので、それを阻害するものは排除するべきと考えます。日本民族を貶める朝日新聞に天誅を加えた赤報隊というテロリズムの源泉も実は天皇にあるというような危険な思想も残しておくのが日本民族の務めだとは思いませんか?官僚的な儒教道徳をはるかに凌ぐ豊穣を。

財務省が韓国と癒着して金を流しまくってるんだが

じゃあのさんのネタです。

読んだら拡散しまくってください。

【財務省が韓国と癒着して金を流しまくってるんだが】
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50354978.html


652:名無しさん@12周年:2012/04/30(月) 23:21:05.36 ID:BDMJJClb0

ちなみによ、今の世界銀行総裁ってチョンだろぉ?www
http://mainichi.jp/select/news/20120417k0000m020162000c.html 
副総裁様は勝栄次郎さんの肉親の勝茂夫さんだっけ?www
欧州・中央アジア担当副総裁 
http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/COUNTRIES/EASTASIAPACIFICEXT/JAPANINJAPANESEEXT/0,,contentMDK:21443600~menuPK:4099180~pagePK:1497618~piPK:217854~theSitePK:515498,00.html 
チョンと勝さん仲良しでいいなあwwww

財務省が韓国と癒着して金を流しまくってるんだが 続き

さきほどのリンク先の続き


785:名無しさん@12周年:2012/04/30(月) 23:50:37.14 ID:BDMJJClb0

チョンへ日本政府から金ださせることで、てめえら金欲しいんだよなあwww
それにどうせチョンが破産しても空売りしたりして大もうけできるからwww
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LZD0WC07SXL001.html 

あとゴールドマンサックスよお、てめえら、日本が駄目だ駄目だとか言いながら

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LXZ7UE1A74E901.html 
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-58.html 

日本国債買いあさってるみてえじゃんwwwwなんだこれ?www
財務省報道発表 日本国債落札
http://www.mof.go.jp/about_mof/councils/meeting_of_jgbsp/press_release/20120402jyuni.pdf 


なめてんだろ?wwwなんだ?日本国債が下がる下がる詐欺して、下がったら空売りして大もうけする気か?www


麻生や安倍、小泉、石原、橋下、東国原を必死で応援するネット右翼ってどんなヤツ?

なぜ平日の9時から17時の間でも真夜中でも大量の書き込みを続けられるの?
なぜ金持ちに大減税して一般市民に増税や保険料負担増をする自民党や元自民党議員を支持するの?
→ 失業者やフリーターが多い上、他に趣味はマンガやゲーム、フィギアくらいしかない引きこもりニートが多いためです。
  そのため所得税や住民税や保険料を大して払ったことがないのです。

なぜ右翼思想を持つようになったの?
→ 教養や社会経験が足りないため統一教会やKKK新聞・右翼雑誌・右翼サイトに洗脳されたからです。
  そのため統一教会系議員として有名な麻生や安倍の応援には特に熱心ですw 小泉、石原も大好きw
なぜ中国や韓国、沖縄、部落を差別し罵倒する書き込みが多いの?
→ 右翼サイトやマンガ「嫌韓流」を鵜呑みにしたためと労働市場でライバルとなる者が多いためです。
なぜ70年代生まれが多いの?
→ 子供の頃から親が甘やかしたため、なかなか自立できず、30代のおっさんになった今も親に寄生している者が多い世代のためです。
なぜ頭が悪い書き込みが多いの?
→ 同世代でもちゃんと働いてる人と違い、能力が低い者が多いためです。
なぜ親の世代の団塊を目の敵にするの?
→ 30年以上も養ってもらっているにもかかわらず、オツムが弱いせいか
  自分の無職や低賃金は団塊が恵まれすぎてるせいだと本気で主張していますw

        |\  団塊もゆとり世代も氏ねやーー   
        |ヘ|        / ̄ ̄ ̄ ̄\ 
         | ̄|     (  人____)     __
ピュー     (∃⊂)     |ミ/# ー㊨-㊨-)     ( )
───   └┘\___   (6     (_ _) )   / /
         \/  \| ∴ ノ  3 ノ/ \/
────   ヽ       \_____ノ     /
            `、          `''''"      /
──────   \     自民 Love   /

米国が日本を戦争ビジネスに引き込みたいだけでしょ~それを米ポチの政官財が尖閣発言等で世論誘導をして憲法改正(九条)を目論んでるんだろ~何せ米国破綻寸前で防衛費削減、紛争地撤退や人員削減で戦争屋にとっては歯痒いからね~とりあえず尖閣で日本から金(予算増、武器購入)、北朝鮮で南朝から金、武器、その先には米国による改めてイラン等(石油マネー)への介入?~そして日本の憲法改正で後方支援とこれまで以上の莫大な費用負担を求められ、同時に共同責任を負う事になり、ある方がおっしゃるように米利益のためだけの自作自演、陰謀の戦争の共謀犯にされ、これまで築き上げてきたアジア(世界)からの尊敬や信頼を失う事になる~今回の原発の件をみれば~この国(政府)が国民の生命や財産より己の利権や利益しか守る気が無いのは明白、こんな奴らが憲法改正したらより酷い国民軽視、権力側、資本主義の法しか作らないのが分かるだろ~唯一国民が権力に勝利できる法を今の朝鮮脳や米ポチに改正させたら大変な独裁国家(軍事)なる~まずは主権国家に成る事から始めろよ~米朝にこれだけ牛耳られて何が憲法改正だ、ちゃんちゃら可笑しい、橋下の「…法は権力者(側)を縛るもの…」その通り、●原発再稼動も恐ろしい手続きで見切り発車しようとしている、法は国民の権利で武器であり権力側はそれを守る義務がある、(ところが作る側には穴だらけ)もう法治国家でなく国民監視国家である~原発同様に国や利権屋の嘘や隠蔽、マスコミ誘導で危険な方へ進むのですか…とにかく現状の政官(国)、国民レベルじゃ憲法改正は危険すぎ。

●水また病、B型肝炎もつい最近原告勝訴&和解になりましたが法でしか民が国に勝つ方法はない~この法をもし今の権力側に与えたら、原発事故による放射能の人体影響がもし何年か後に、〇何人~〇十万人出たとしても、争う場もなく葬りさられる事になるだろう。

【日本国貸借対照表(H23.3.31)】
<資産の部>
現金・証券等流動資産等  :463兆円
固定資産         :185兆円
資産合計         :647兆円
<負債の部>
負債合計         :1019兆円(粗債務)
資産・負債差額      :△372兆円(純債務)
負債及び資産・負債差額合計:647兆円

日本の負債1000兆円、GDP 500兆円の2倍で主要国中最悪は大嘘です。正しくは372兆円の負債、GDPの7割が正解です。

消費税増税したら内需が落ち込み税収悪化、デフレが加速、一方で円高が進み国内産業空洞化が進行、失業率増加、税収減による更なる財政悪化の悪循環に陥るのは目に見えています。国を破壊します。
処方箋は金融緩和。金融緩和によりGDP拡大を図り税収改善、マネタリーベースの見地からも円安に誘導可能(2月に実証済)で国内産業も堅持。景気・雇用も改善します。

(2004年当時参考
菊池英博・文京大学教授が著書『増税が日本を破壊する』(ダイヤモンド社、05年)より
財務省は、日本には795兆円の借金があると言う
日本の財務省      粗債務/GDPで計算
外国            純債務/GDPで計算
純債務=粗債務ー政府が保有している金融資産

政府は、年金や健康保険関連の運用資金の中にさまざまな金融資産を保有しています。その金融資産は外貨準備、米国国債などを含めると480兆円にも上ります。
つまり借金795兆円マイナス480兆円=315兆円が純債務です。それをGDP500兆円で割れば63%です。この数字は他の先進国と比べてもあまり変わらないのです。
財務官僚や政治家と大新聞が「日本はおしまいだ」と大騒ぎをしているだけなのです。
こうした大デマで国民の不安を煽り、マスコミもこれに追随し、そのウソを拡大再生産してきた。赤字財政を変えるためには公共事業投資も何もかもダメだとの大ウソをついて国民をおびえさせ、正常な批判精神が出てこない状況に追いやり、「消費税大増税もやむなし」という方向にマインドコントロールしようとしているのです。これは大間違いです。)

      2004年  →2011年比較
粗債務 795兆円  →1019兆円 224/7 32兆円/年↑
資産   480兆円  →647兆円  167/7 23.8兆円/年↑
純債務 315兆円  →372兆円  57/7  8.1兆円/年↑
資産/粗債務率  60% → 63%
純債務/資産率  65% → 57%
と政府金融資産の増加が続いており心配無用、消費増税する必要なしなのである。

敵と戦う覚悟? 出来てますど!!! 矢でも核でも持って来いってんだ( ̄^ ̄)キリッ!

@amotoyamatotake

>一度もTPP賛成などとは申しておりません。

ほうほう、それならば貴殿のTPPを押し付けてくる米国への対処なりをご教授していただきたい。

>共産党や極左と同じ事をTPP論で展開する保守派は知らずに左傾しています。

TPP推進に反対を言うだけで左傾ときたかw

>日本民族を貶める朝日新聞に天誅を加えた赤報隊というテロリズムの源泉も実は天皇にあるというような危険な思想も残しておくのが日本民族の務めだとは思いませんか?官僚的な儒教道徳をはるかに凌ぐ豊穣を。

俺は日本人として落ちこぼれているのじゃないかと思うくらい<保守本流>・・・っぽく語る貴殿の論が解読不能なのだよ

別に難しい言葉を使わなくても、多少の文脈の乱れや誤字脱字があろうが伝わるものは伝わる。どうも無理をして日本語を羅列しているようにしか思えないのだがねぇ、それも演じているような・・・

例えれば・・・日本に来た留学生が何がしかのきっかけで日本の保守主義に興味を覚えて勉強する。その留学生が投稿をすればこのような内容になるのではないかねぇ?

留学生=帰化人=工作員・・・何れに置き換えても良いのですがw

敵を殺した方が罰せられる理不尽な現憲法

ウザい琉球土人を皆殺しにしてそのはらわたを特アに着払いで送り付ければ、いくら特アでもビビっておとなしくなるだろう。
現憲法など無くして、土人をいくら殺してもお咎めなしにしてもらわないと保守派の心は離れてしまうかもしれない。

感想と疑問

>amotoyamatotakeさん、おはようございます。
>>現代では自由に生きていくことに当たると思います。
 貴方の直感ですか? できるなら、そう思う根拠を挙げて看て下さい。 貴方の歴史観が知りたく思います。
>>天皇が与える自由をいただき、応答に皇統護持義務を負うというのが私の国家観なので、それを阻害するものは排除するべきと考えます。
 与える自由を「いただく」は、頂くですか? 戴くですか? 亦、「応答に皇統護持義務を負う」と云ってるのですが、 此のセンテンスの主語は「国民」ですか? 「応答」と言う他に適当な語彙は見つかりませんでしたか?

 天皇陛下は象徴として存在されておられます、そのお仕事は「年年歳歳の国家国民の安寧・繁栄を神様に祈念する」「その国家、社会の繁栄・安寧に寄与した国民を顕彰する」「外国から日本に来る外国の代表、使節に対し、国家元首と言うお立場で接する」・・そして最後に、「皇室の皇統を維持する」事が挙げられましょう。

 つまり、皇統維持は、本来飽く迄、皇室内伝統護持という私的な事でしょう、市井の我々が関わるべき事ではない。 女性宮家だの、旧宮家復活だの論議をするのは構わないと私は思いますが、(中には論議すら僭越だと仰る方も居ます)、「皇統護持を(国民が)皇室に与える」に至っては、唯呆れるばかり、良くそんな認識で保守を名乗れますね。
 更に、
>>日本民族を貶める朝日新聞に天誅を加えた赤報隊というテロリズムの源泉も実は天皇にあるというような危険な思想も残しておくのが日本民族の務めだとは思いませんか?
 トンデモナイ、日本人にとって秩序維持は基本的な事です。 古来から「強訴」「上訴」を決めた百姓一揆とは、窮状をより上位の為政者に撃ったえる一方で、秩序破壊の責任を端から取る為に責任者を予め決める組織の事を云うのですよ。 テロリズムを容認するメンタリティは、日本で受容できるモノでは有りません。 況や、其れを天皇陛下の所為にしようとは、貴方本当に日本人ですか?

 日本人はテロに限らず、暴力を嫌う民族ですが、遣らなければならいと決まれば、徹底的に命を投げ出してでもやり遂げるのが当たり前と言うメンタリティです。 ダカラ、戦場でも譬え一兵卒になっても目的を遂行しようとしたのです。 ダカラ戦後30年もジャングルに隠れて居たのです。 嘗て戦った米軍には、そんな敢闘精神はなかった為、戦闘終了後も暗闇や物影に日本兵が潜んでいると云う妄想に駆られ、悩まされた挙句に精神障害を患った米兵が相当数いた、と聴いて居ます。

 此処でその敢闘精神を発揮した兵士は大抵、平時は唯の百姓や大工、漁師だったりします、つまり、特殊な教育も訓練もたいして受けて居ない人々ですから、私は敢闘精神は、日本人の根源的なモノだと解釈して居ます。

 貴方の御意見の裡、百人斬り「でっち上げ」事件の主犯は、現在の毎日新聞、当時の東京日日新聞である事はご存知ですよね、でっち上げたのは、戦意高揚の為だと言い訳して居ますが、其れは取りも直さず、自身の報道が常にプロパガンダを含んでいる可能性が有る事を自白して居ると云う事ですね。 「自身の商業的な成功の為には、真実を曲げて買い手も許される」といっているのですね。

 処刑された御二方は勿論、ご遺族も今は殆ど居らっしゃらないのでは、現在ものうのうと存在し続けて居る毎日新聞を誰も罰する事が出来ないワケで、前述の赤報隊事件に関する貴方の「云い過ぎ」コメントから考えて、貴方の怒りの対象になるのに十二分だと思います。 私も、毎日新聞には、国民の鉄槌が必要だと思います。 然し、それは、不買運動や広告出稿批判で、会社経営を窮地に追い込むだけで十分だと思いますね。

私が最も尊敬している漢の言葉

 言行一致 …。男が男であるための、これが大原則である。

「やる」
 と一度口にすれば、死んでもやる。

「やらない」
 と言い切ったなら、たとえ手足をもがれてもやらない。

 これが言行一致であり、男児に二言なきをもって、古来より日本の美徳とした。
嘘つきとは、言行の一致せざる者を言い、もっとも恥ずべきことであると先人は戒めてきたのである。

 ところが、どうだ。

 菅政権の中国政府への対応はまさに、もっとも恥ずべき行為と断じていいだろう。

 周知のように、尖閣諸島で中国漁船が日本の領海を侵犯、警備にあたる海上保安庁の巡視船に体当たりして、船長は逮捕された。

 このとき、菅総理をはじめ日本政府の閣僚たちは何と言ったか。

「尖閣諸島は、歴史的にも国際法的にも我が国固有の領土であり、領土問題は存在しません。したがって、船長の身柄拘束はなんら問題はなく、国内法にもとづいて粛々と捜査します」

 こう言い切ったのである。

 これに世界各国は瞠目した。大東亜戦争に負けて以後の日本は、右顧左眄のモミ手外交であっただけに、菅政権の毅然たる態度に、

「日本、あなどるべからず」

 と見直したのである。

 ところが…。このあとの経緯については、あらためて書くまでもなかろう。中国政府は日本を激しく非難し、日本旅行の大量キャンセル、レアアースの禁輸、建設会社フジタの社員4人を逮捕するなど、強硬手段をもって恫喝したのである。

 盗っ人猛々しいとはこのことだが、これに菅政権はアワを食った。たにまち中国人船長を保釈して世界中の物笑いになり、日本をナメきった中国は、

「慰謝料をよこせ、ワビを入れろ」

 と、オトシマエを要求してきた。

 これが日本の姿なのだ。

「尖閣諸島は日本領土であり、船長の身柄拘束はなんら問題はない」と言い切ったのなら、それを敢然と実行してこそ言行一致。世界から一目置かれる主権国家になる。

 国際政治は複雑だというが、そうではない。複雑にしているのは政治の保身であり、事勿れ主義の結果に過ぎないのだ。

 独立国家とは、自分の領土・領海・領空を持ち、いかなる国の侵略も許さないことをいう。もし、他国が侵略してきたなら、武力をもって排除することが国際法で認められている。

 いまから30年ほど前の1983年9月1日、大韓航空のボーイング747旅客機が操縦ミスで旧ソビエト連邦の領空を侵犯。スクランブル発信したソ連防空軍の戦闘機によって撃墜され、乗員乗客合わせて269人全員が死亡した。

 だが、ソ連の行為は当然とされ、国際世論は領空侵犯した大韓航空機の操縦ミスに原因があるとした。ことほどさように、領土・領海・領空は一国の生命線であり、軍事力をもって死守すべきものなのである。

 ならば尖閣諸島はどうか。「日本の領土である」と首相が言い切るなら、侵犯した中国漁船の船長を拘束するのは当然であり、中国の抗議は門前払いとし、恫喝に対しては敢然と対峙すべきであった。

 ところが日本はたちまち恫喝に屈し、モミ手ですり寄った。なぜそれほどまでに卑屈にならなければならないのだろうか。

 新聞報道によれば、日本は中国に対して毎年40億ものODA(政府開発援助)を提供しているという。日本国民の血税である。その血税を中国は吸い取っておいて、感謝するどころか、日本を恫喝しつづけているのである。

 日本の外交が弱腰である理由は2つある。核兵器を持たないこと、そしてアメリカから押しつけられた憲法によって交戦権を否定されていることの2つだ。要するに日本は、爪も牙も持たない太った七面鳥なのである。

 だから中国が小突きまわす。いや、中国というオオカミに、いつ食い殺されても不思議はないのだ。

 だが、日本が核武装し、主権を侵す国に対して毅然たる態度をとれば、戦争という事態もじゅうぶんに考えられる。日本国民にそれだけの胆のくくりはあるのだろうか。

 尖閣諸島をめぐる日本政府の弱腰外交を非難することは、同時に、われわれ国民に「戦争の覚悟」が求められることでもある。言行一致とはかくも厳しいものなのだ。(了)


      安藤昇

>>シナ共産党のスパイ政権民主、NHK、マスごみ

過去に天安門事件で国際社会から総反撃を受けたシナ共産党、打開策に日本に救援を求め天皇陛下を送り、シナ共産党安全と海外に知らせ制裁を解かせ、直後に、手のひら返して反日教育を一層強化、日本への領海侵犯、中間線付近に採掘施設を勝手につくり、日本の資源を強奪し尖閣諸島まで要求を始め、さらに、南京大虐殺の物理的有り得ない虐殺をでっちあげ被害数を30万人に増やす暴挙に出た。証拠写真が日本のもので事実と異なるものを証拠と言い張っている現状 米国へ向けてた核弾頭は射程をはずしたが日本国へ24基の核弾頭を向けたまま 在中国日本大使館をシナ人が襲撃したが愛国無罪として中国人を罪に問わず!世界中の政治家に従軍慰安婦や南京虐殺を非難する決議を出させて、日本を陥れるロビー活動を展開中! 60年もの間日本に謝罪を要求するが、自分たちは現在もチベット人を拷問虐殺し、結局、毒餃子の謝罪せず、日本で毒混入したと主張しシナ共産党捜査打ち切り シナ四川大地震時、米国20倍の世界最高額の支援をした日本 しかし、その後感謝を表明した25カ国中に、日本を載せず、 一カ月後、対日本攻撃ミサイル「東風3号」を「東風21号」にさらに改良 日本国へ核弾頭を向けたままだ

日本国憲法問題―なぜドイツは46回も改正できたのか

英国は憲法が無い、それでも君臨している。46回も改正できたる要因に諜報能力の無さを、同じ大戦の敗戦国ドイツとの比較を通して論じている。アメリカでの韓国のロビー活動が活発で日本の日本海で情報を得るどころか、スパイ防止法もない事も日本がスパイ天国である事は海外を含め周知の様に、海外から見れば如何に日本が無防備であるかが見えて来る、同じ敗戦国なのにドイツと日本の諜報(ちょうほう)力格差は広がるばかりだ。
http://ameblo.jp/matsui0816/entry-11149842736.html

私も 06:33:52さんと殆ど同じ感想です。

>amotoyamatotake

何々??統制経済に空想的社会主義、それにマルキシズムや鎖国論? 訳の分からないことは余所でほざいてくださいw

より巨大な一部の多国籍企業群と投資家のための「管理貿易協定」であるTPPに反対しています。

TPPはFTAよりさらに国内の政策策定にも深く関与する内容となっており、訴訟により国家の政策立案の主権が脅かされることは明白で、君が
望む「豊穣の海」とやらで泳ぐ権利もやがて無くなるかも。


狡猾・卑劣な朝鮮人は日本の敵だ

日本から朝鮮人と創価学会がなくなれば
ほとんどの問題は解決します。

密入国した朝鮮人に永住資格はありません(ないはず)。
これでほぼ50%の朝鮮人を国外追放できます。
犯罪を犯した者、生活保護を受ける者も国外追放対象者です。
これを加えると90%以上の朝鮮人は日本に住めなくなります。

さらに、残る、戦前から居た者たちですが、
67年以上も日本に居ながら日本に帰化しないような
いかがわしい外国人は、この際、新たな法律を作り
在日特権を廃止した一般外国人として処遇すればいいのです。
犯罪を犯すもの、生活保護を受けなければならないものなど
どんどん国外追放します。

これにより、在日は一掃され、
反日朝鮮人も居なくなり、同時に創価学会=公明党、民主党、社民党が破壊されます。

朝鮮人と創価学会を日本の敵と規定し、この国から一掃しましょう。

創価学会と在日問題への対応

>通りすがりさん
 在日朝鮮人の正体とは、
 ①戦前から在日して居た人々・・帰還奨励金をネコババして居る人々ですが、既に高齢者。
 ②①の子孫、2世、3世、4世迄いますね。
 ③戦後、起こった朝鮮戦争の前後、済州島や本土から李承晩のレッドパージ疑念虐殺から逃散してきた人々、で、殆どが密入国者で、その数約30万人以上、そしてその子孫。
 ④不法滞在の韓国人、密入国の朝鮮人多数、実数は不明。

 良く在日って云うのは、この①に該当する滞在許可を受けた人々とその子孫ですが、かれらは、外国人登録証を常時携帯しなくてはなりません。 是を人権云々で廃止とか言っていましたが、自国では外国人登録証に当たるものが無ければ、拘束・監禁・送還されても文句が言えない。 相互主義なら、日本でも同じ扱いにするべきである。 

 それと、飽く迄、滞在は許可されているダケで有って、権利では無い。 然も、帰還援助金は国庫に返納しなくては筋が立たないのだが・・

 ②の①の子孫について、その滞在許可が自然に発生しているかの様に勝手に考えている様だが、法治国家であるなら有り得ない話である。

 ③の政治難民の原因を作ったのは、勿論、李承晩と言う反日極悪人の仕業だが、米国の極東施策の失敗と言う評価も否定できない、原因は、米国人には日本人と韓国人の文化度の差がや無理解から区別が着いて居なかったと言う事に尽きる。 何故、日本だけがその責任を負わねばならないのか、と言う疑問に対する答えが、「日韓併合の不当性」という、歴史的なでっち上げであろう。

 数から云って、こちらの方が、在日問題の本質であると考えるべきだと思うし、数々の政治的なトラブルは、この③のケースから発生して居ると考えて善い、米国の責任の取り方は如何に。

 ④は、取り締まりを行っている法務省と、母国への抗議を行わない外務省の責任だと云って宜しいでしょう、是は、何も韓国朝鮮人だけでなく、他の国にも言える事で、現場の対応に人手が足りないのなら、予算を増やして水際防衛力を高めるべきです。

 創価学会について、テチャクの反日言動を皆で口コミで伝えましょう、宗教団体の影響力をそぐには、信者を減少させる事しか手立ては無いのですから、創価タレントの出演する番組を看ない事が先決でしょう。 

在日朝鮮・支那人

凌遅刑

和夫一家殺害事件・通州事件・斉南事件・・・・・

在日朝鮮・支那人は、磔・火焙りの刑にして一掃したら、、、

丸紅など、中国でのハウス栽培システム販売に向けて栽培実証を開始

丸紅など、中国でのハウス栽培システム販売に向けて栽培実証を開始
http://www.kankyo-business.jp/news2012/20120502_d.html

植物工場で生産された製品は地産地消が原則となる、その訳は植物工場経営は採算が調整できる事と
植物工場は何処でも造れる事である。
尚、丸紅と言えば、対中ODAの増額を要求する丹羽宇一郎駐中国大使、民主党政権が推進して
いる技術流出売国行動と見做せる。 新幹線の技術開発特許申請事件の例のように、植物工場は
支那が独自に開発したと捏造するのを、十分な手立てを設けて阻止しよう。

【植物工場の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/sgr/sgr0.cgi
【植物工場のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
イオン菓子からアレルギー物質=原料製造は下朝鮮!
プライベートブランドには気をつけろっ!イオン不買!
http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/2050f0e2a9b4c09608e8892650b734d8

日本での基本的人権の歴史的な考察

GHQ憲法により基本的人権が確立した、と云うが本当だろうか?

戦前は自由や民主主義がなかった?…。帝国憲法下の大正デモクラシーとは、何だったのでしょう。
確かに、戦前には野放図な自由はなかった。自分さえ良ければ、他人などどうでも良いとの無責任も許されなかった。
だが、普通選挙で選ばれた議員から総理が選ばれた政党政治が民主主義でないのか…政権交代を繰り返した政体が。
後の軍人政治は、確かに民主主義ではない。だが、国の非常時には民主主義が遠回りすぎて国益を失う場合が多々ある。其の時は、英国では挙国一致内閣になり、日本では武士政権の歴史的経験上から軍人内閣となっただけ。民主主義が崩壊してた訳ではないです。

また、帝国憲法で初めて天皇陛下から基本的人権が臣民に下賜されたのか?

確かに、欧米にならっての憲法発布であり、初めての明文化です。だが、今までなかった訳ではない。
欧米では、王権神受説の中世から絶対王政の帝国時代になり、其の中で国民の血であがなわれた結果が憲法に明文化された。
欧米の民は
王権は神から授けられたものでも、基本的人権も生まれながらにして神から授けられた権利、王といえども奪う事などできない
と革命を起こしました。

つづく

つづき

革命の結果が共和制になるか又は立憲君主制になるかに関わらず、民衆の権利が明文化されたのが欧米の歴史。

翻って日本では、民衆革命も起きず皇室も其の存在を脅かされた訳ではない。何故なら、現代に比べれば不十分だが基本的人権が保証されていたからなのです。

昔から、日本人は基本的人権を神様から与えられていた?
いいえ。
日本人は異民族に征服されて、奴隷に落とされたり民族浄化の憂き目にあったことがありません。
皇室は、万世一系。神話によれば、神の子孫です。国民も祖先をたどると皇室に繋がる家が多いです。また、他の家も神話の神の子孫に繋がります。さらに、神代の頃より日本人は分け隔てなく帰化人と婚姻を結び血を交えてきました。

詰まり、皇室は全ての日本人の総本家であり、天皇陛下は全ての日本人の家長です。

日本人全員(なりすましを除く)が神の子孫です。
基本的人権が与えられたのでなく、祖先の神から受け継いだものです。
だから、時の権力者といえども民を気遣わねば権利を維持できず、皇室も蔑ろにできなかった。

日本人は、太古の時代より基本的人権を持っていました。
明文化されたのが帝国憲法です。
現代風に書き直したのがGHQなだけです。

失礼しました。

2012/05/04(金) 12:41:33| URL| 通りすがり #- =朝鮮人

在日が67年以上も日本に居ながら日本に帰化しないことが問題なのではなく、
日本に住み着いてることがおかしいわけだが・・・。

元在日の帰化人も全員帰化を取り消し、強制送還だ。

以前から見かける工作バレバレだぞ、朝鮮人さんよ。


「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ


「国民の基本的人権は国家が自由に剥奪できます」という自民党改憲案のトンデモ内容まとめ
http://satehate.exblog.jp/17904076/

amotoyamatotake が工作員だとした場合、軍産複合体 D.ロックフェラー戦争屋系と考えれば一番すっきりするように思う!


TPP=植民地化


公営企業民営化=儲かる公営企業の乗っ取り(象徴郵政民営化)


円を刷らない、財政出動しない=円高、空洞化、デフレ促進=日本弱体化


日中戦争煽り、日本の為の如く主張し、

アメリカの為の憲法改正、戦争


日本を疲弊させ乗っ取り!!!


こう考えると、
↓↓↓

amotoyamatotake が工作員だとした場合、

軍産複合体 D.ロックフェラー戦争屋系と考えれば、

一番すっきりするように思う!



amotoyamatotake=意固地な人間か、それとも工作員か???


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


仮に工作が、有ろうが、憲法改正にとって良い機会!!!




沖縄人は隼人の末裔

※くたばれ琉球土人サンへ
↑その“琉球土人”の部分を、本土からやってきた連中も含めた“沖縄サヨク”に改めて下さい。 沖縄人こそ縄文以来日本列島に住み続ける生粋の日本列島住民の血を最も強く受け継ぐ者達であり、我々大和民族は後続住民に過ぎません。 また近年においては戦中(沖縄戦)も戦後(米軍基地)も日本国&国民のため盾になってくれました。 くたばるのは邪魔ばっかしとる敵のスパイに過ぎん“沖縄サヨク”だけで良いかと(^^ゞ  本土でくたばって欲しい連中はもっと沢山居るけどねぇ(苦笑)(;´∩`)ムグ~

酒と泪と さんへ
現代社会の言ってる基本的人権ってのは馬鹿を放置しておく為の方便なんで、江戸時代の庶民の権利と比較するなら先人に失礼ですよ。
 現代の低俗な似非人権屋を跋扈させるような欠陥品と同列に語るなんて下劣な事はしないで欲しいものですね。

敵と戦う覚悟、あります。

35歳男性、嫁、子二人(6歳男・3歳女)。
敵と戦う覚悟、あります。
むかし僕が中学くらいの頃、父が「俺は戦争になったら行くからな」といってました。その頃はなんのこっちゃ、と思っていました。実家は朝日新聞をとっていたので、僕の完全に頭が洗脳されてたんですね。

27歳頃に父から司馬遼太郎の「坂の上の雲」を勧められて読みました。
はっきりいって衝撃的だったことを覚えています。
戦争って一人ひとりの視点で見ると悲惨な点が強調されるけど、大きな視点、つまり日本という国の立場になってみるとすごく大事な、そして偉大な勝利だったんだなって。今まで朝日新聞を読んできて得た考え方が完全に間違ってたってわかりました。
それから、歴史関係の本、特に近現代の日本の歴史や価値観の変遷について書かれた本を読み漁りました。

今の日本を弱体化させるために作ったアメリカの憲法、本当に威力がすさまじいです。一国を立ち上がれなくするために軍事力ではなく憲法一つで済むんですから。

毎年8月中旬には家族で護国神社にお参りに行っています。
今から息子たちもちゃんとした事実を教えていかなければ、って思っています。それから、日本の神話も絵本で与えています。僕の子供の頃はキリスト教の神話の本は読んだことがありますが、日本の神話の本なんてほとんど読んだことがなかったですから。

話は逸れましたけど、今この歳になってようやく大事なことに気付いたと思います。中国と戦争になって徴兵されたら・・・もちろんいきますよ。小生看護師なので多少は役立つという自覚もありますので。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/