日銀「白川総裁」の罪    4月23日(月)

「日銀、追加緩和を検討」(産経新聞21日)
誰もが見過ごしてしまう経済の小さな囲み記事に目に留まりました。

以前は経済のことを書く事に少し気が引けましたが最近では自分の意見
を書く事に抵抗がなくなってきました。何故なら現在の経済的低迷状態
からわが国を脱出させる方法について多くのエコノミストや評論家の
トンデモナイ議論や主張にいらだちを感じていたからです。

何故多くの経済のプロたちがトンデモナイ理論を声高に主張するのか?
その原因は、経済についての多くの理解が個人のそれであって、経済全体
についてでは無いということです。つまり政府の財布と個人の財布を同じ
感覚で見ているからです。

経済のプロたちは、通貨発行権をもっている政府と汗水たらして働かない
と通貨を手に入れることができない個人と同じに見ることの愚かさに気が
ついていない。

経済のプロ中のプロである日銀の白川総裁の新聞報道によるコメントを
時々見ればアレッと思うことがしばしばあります。
「中央銀行が際限のない国債買い入れなどを行えば制御不能なインフレを
招く」「厖大な通貨供給の帰結は、歴史の教えに従えば制御不能なインフレ」
これらの白川総裁の言葉を見ればインフレを恐れるあまりデフレ脱却政策を
してこなかった事が歴然とします。

経済の複雑なところはそれぞれの国によって正論が逆転することなのです。

もちろん白川総裁の「際限のない国債の買い入れ、膨大な通貨供給」と
いう言葉は間違ってはいませんが、際限のない、膨大な、と言う極端な
言葉の呪縛で国債の買い入れも、通貨供給も控えめにしてしまった。結果
日本はいつまで立ってもデフレからの脱却が出来なかった。

デフレ下の日本において白川総裁の言葉は正論ではありません。

国内的には政府の財布を個人の感覚で見ることは間違いですが、しかし
外国に対しては国の財布を個人の財布の感覚で見ることは決して間違って
はいません。何故なら輸入代金の決済には世界通貨であるドルで支払う
からです。

つまり財布のなかにドルが入っていなければ海外から借金してドルを
手に入れなければ何も買えません。日本国の財布には100兆円もの
ドルで満杯状態です。これを外貨準備高といいます。外貨準備高の元手
となっている資金は民間が稼いだお金です。

過去の円売り介入で手に入れたドルもありますがほとんど米国債に
化けています。つまり米国に金を貸しているということです。

一部の評論家は外貨準備高の多さは国の「裕福さ」や「政府が自由に
使えるお金の量」を意味してないと言いますが、どうしてですか?
外貨準備高は国にとって一番の信用の目安です。

その証拠に韓国は外国から借金をして外貨準備金を積み上げて、信用を
必死に演出しています。韓国は石油の高騰で貿易で稼ぐお金が追いつき
ません。その上韓国の危機を察知した投資家たちは資金を韓国から
引き上げています。

1997年のアジア通貨危機の時、韓国の危機とは、輸入に対して支払う為
の外貨準備高が枯渇してしまった。つまり財布が空っぽだったのです。
IMFと日本から巨額のお金を借りて危機をしのぎました。

自給自足で生きていけない世界において、外貨準備金が急減し、輸入でき
ないということは、すなわちジエンド経済破綻です。

経済評論家たちが外貨準備高のおおさは国の裕福さを意味しないと言って
いますが、借金で外貨準備高を積み上げた韓国のような国には通用します
が、日本のように実力で積み上げた国は間違いなく裕福です。

つまり私が言いたいのは経済の正論は国によって異なるということを
言いたいのです。それを一律に論じるのは大きな間違いのもとです。

ある評論家はしたり顔で「外貨準備高がついに中国に抜かれた、日本は
落ち目だ」と言っている評論家がいましたが、中国は外国資本の投資や
中国に進出した外国企業の稼ぎで得た外貨準備高です。

もちろん韓国のように借金で膨らました外貨準備金ではないのでお金持ち
には違いありませんが、しかし早く言えば家賃収入で金持ちになった
大家のようなもので、店子が出ていけば直ぐに元の貧乏な国になるだけ
です。不安定この上もない経済です。

しかし日本の場合毎年外貨準備金は増えていっています。ドルで買った
米国債からの金利収入、銀行の海外への貸付金の利子、配当収入、
その上製造業を海外に移しても、付加価値の高い製品や技術開発の拠点
は国内に残したために貿易収支は20年間毎年黒字、(2011年は震災のた
め赤字)そして特許収入だけで年間1兆円近くもあります。

このような裕福な日本国の経済と貧しい韓国のような国の経済を一緒に
数字だけで論じるのは間違いのもとです。つまり経済の正論は国によって
逆転することを知って欲しいのです。

例えばアメリカの外貨準備高は韓国の4分の一しかないからといって
アメリカは韓国より貧乏ですか?ドルが基軸通貨であるアメリカにとって
外貨準備高を必要以上に持つ必要はありません。いつでも印刷出来る
からです。

ヨーロッパユーロ圏の経済もまた違います。ユーロ圏に17ヵ国がありま
すが、通貨を統一したがためにギリシャの破綻は日本における夕張市の
ようなものです。

つまり世界経済を一律に論じる愚を知って欲しいのです。だから白川総裁
が世界を一律に眺めて日本の政策を検討しても間違った答えしか出てきま
せん。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

韓国銀行の警告「このままいくと国の負債がGDPを超える」

2030年に国の負債が国内総生産(GDP)を超えかねないという警告が出された。韓国銀行のパク・ヤンス計量モデル部長など13人が22日に発表した「負債経済学と韓国の個人・政府負債報告書」の主張だ。今年2月に租税研究院が政府負債がGDPより多くなると予測した2050年より20年早い。韓国銀行は「租税研究院と違い公企業債務など潜在債務と金融性債務を含めた」と説明した。

最も大きな要因は高齢化だ。高齢化による社会保障性支出だけ考えても政府負債は2030年にGDP比72.3%に増える。ここに公企業の不良補填、公共住宅供給支援などを合わせればGDPの106%に達すると分析された。

例えば韓国経済が2015年まで毎年4.3%成長しその後2030年に2.1%まで少しずつ成長率が下がると仮定すると、2030年にGDPは4010兆9630億ウォン(約287兆879億円)となる。昨年のGDPは1240兆5040億ウォンで、毎年の物価上昇率3%を仮定した。研究チームの仮定通りならば、この時に政府負債は4251兆ウォンを超えるということだ。研究チームは、「とても多くの仮定を前提に出した数値」として具体的なGDPと政府負債予測値を公開はしなかった。

昨年の政府負債は422兆7000億ウォンでGDPの3分の1水準だ。韓国銀行の見通しがとても悲観的という指摘が出かねない部分だ。しかしパク部長は、「2007年に299兆ウォン台だった政府負債が4年間に30%近く増えた。2015年から政府負債が急激に増えるとみられるだけに、いまから備えなければならない」と話した。

「厖大な通貨供給の帰結は、歴史の教えに従えば制御不能なインフレ」と日銀の白川総裁は発言したそうですが、リーマン・ショック後アメリカがあれほどの金融緩和を行ったにもかかわらず、インフレ率がわずか2%台だったそうです。
それを考えると歴史の教えとかはあまり意味がなくなって来ているのではないかと思うのです。

経済はグローバル化し通貨供給してもモノやサービスの供給力は過去に比べて格段にあります。

だから、少々通貨供給してもインフレはそれほどでもないような気がします。

外貨準備

外貨準備とは政府が持っている外貨($)のことではなかったでしたっけ?。
日本はその外、民間も沢山外貨を持っており、総額はシナを上回っています。
シナ政府の外貨準備が日本を上回っているのは、交易されるドルを全て吸い上げて、替わりに元を渡しているからです。

木を見て森が見えない朝鮮銀行

貿易収支を見れば確かに赤字化しているが、所得収支は
10年度より11年度は黒字ですね
何故か?
日本は金融黒字国だからです貿易で食べているわけでは
く金利で食べている部分が大きいとことです
実際に11年度は貿易赤字を金融の伸びでカバーしてしまい
ましたからね。
だから日本の国際収支の黒字は11年度と10年度ではほとんど
変わっていませんね
残念ですけ朝鮮銀行さん
日本の事を心配する前に自分の祖国の経済を心配したほうが
いいな。
前回の金融危機よりヤバイだろ
(大笑)y


今日もアホが出てきてますね

上のほうに飽きもせず粘着しているアホがいますね。
こいつは、

>日本銀行を海外の中央銀行と短期比較してマネーストックを増やしていないとか国債の買取額が少ないとか一律に論じる愚を知って欲しいのですね。

政府と日銀は国内の景気を調整しつつ、国民の雇用と収入、インフレ/デフレを調整しつつ、外交・防衛を行い、国民に安全・安心な生活を保障する。 そのために、必要なときにはマネーストックの増減を図り、国債の発行/買い取りを通じて、国内経済を調整する。

これこそが政府と日銀が国内経済を調整する手段であり、それに対して「上海香港銀行」がとやかく言う必要はないと思う。

>このような愚考の発生源は三橋貴明、高橋洋一、(両名とも自民党清和会系)中野剛志(赤い天下り官僚)などで、ろくでもない奴らばかりです。

三橋氏のブログで意見したらどうかね?
私はこの3方を、信じ尊敬しております、

ろくでもない奴はほかにいるので捜索の旅にでも行ってしまえ!

白川みたいなアホが日銀総裁やってるのが悲劇だわ。

右翼と左翼

"共産主義者の大東亜戦争責任(1/3) - YouTube" ( http://bit.ly/I9fgQ4 )

"共産主義者の大東亜戦争責任(2/3) - YouTube" ( http://bit.ly/I9ftT6 )

"共産主義者の大東亜戦争責任(3/3) - YouTube" ( http://bit.ly/I8BYMu )

撃論4月号 中川八洋論文


meguのブログ

中野剛志亡国論 7 昭和天皇退位論とアジア諸国への謝罪
http://megu777.blogspot.jp/2012/04/blog-post.html?utm_source=BP_recent

ここ論破後のコメントはひとつもないですね。

印刷すれば紙幣はあるって支那と同じやりかたですね。中央銀行の紙幣増刷の弊害はまさに将来世代への負債先送りです。インフレ税期待の借金チャラでまるもうけというヤミ金よりすごくない?

核ミサイルor非核ミサイル装備しよう。i3Fighter心神急げ。尖閣開発してエネルギー自給。武器輸出。

軍需産業の振興を!!被災者帰宅させて日常の仕事を再開!

石原慎太郎東京都知事ワシントンでの演説ノーカット版(音声のみ)

石原慎太郎東京都知事ワシントンでの演説ノーカット版(音声のみ)
http://youtu.be/N3TScyN36Gc
(動画)

反日売国テレビ局・マスコミは決して報道しない演説です。 愛国系日本人には聞き逃せない石原都知事の演説です。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

量的緩和論は気持ちの問題

グルーグマンがいうには量的緩和は「インフレ予想」という心理的な要因が強く、0金利を長期にやっている紙幣過剰供給気味の日銀政策では効果が薄い。心理的なものだそうです。

緩和しても日銀が負債を過剰に背負って破産状態になることは政治的な決断が必要であり、首相が決意する必要がある。

http://agora-web.jp/archives/1448601.html

高橋是清による国債の日銀引き受けは、国債を日銀に保有し続けさせ、国債のマネタイゼーション(貨幣化)を行おうとしたものではありません。当時のベースマネーの動きを確認すれば分かります。高橋是清自身は、日銀保有国債の民間金融機関への売りオペにも腐心していたのであり、実際にも高橋財政期の1932-36年の間については、日銀が引き受けた国債のほぼ90%は、市中に売却されています。史実を正確に確認することなしに、歴史から学ぶことはできません。日銀引き受け=マネタイズ、というイメージになっているけれども、高橋財政期の実態はそうではなかったというのが史実
http://agora-web.jp/archives/1333443.html

韓国の1人当たりGDPは30年までに日本を抜く

台湾の郭台銘氏は74年、サラリーマン生活に見切りをつけ、台北郊外に小さな工場を借りて鴻海(ホンハイ)プラスチックを設立した。
23歳の時である。白黒テレビのつまみを作る従業員15人の町工場で、出資金10万台湾ドル(約30万円)は母に出してもらった
▲苦しい時期が続いたが、コネクター製造に乗り出してから経営は軌道に乗り、パソコン、ゲーム機、携帯電話、
液晶テレビなど次々と分野を広げていく。社名も鴻海精密工業に改め、今や売上高は10兆円に迫り、日本の電機大手を上回る。
M&A(企業の合併・買収)を繰り返して事業版図を拡大する手法から、郭氏は台湾で「現代のチンギス・ハン」と呼ばれる
▲日本で知られていなかったのは、鴻海が自社ブランドを持たない受託製造専門のメーカーだからだ。
だが、シャープの筆頭株主になることで国内でも知名度が高まった。「日台が組めば、韓国のサムスン電子に勝てる」が郭氏の持論だ
▲ソニーも次世代の薄型テレビである有機ELテレビの量産に向け、台湾の液晶パネル大手、友達光電と提携する方向で交渉を進めている。
こちらも日台企業が連携し、韓国勢を追い上げる図式だ
▲電機メーカーに限らず、韓国の勢いは止まらない。経団連の研究機関、21世紀政策研究所の予測では、
韓国の1人当たり国内総生産(GDP)は30年までに日本を抜くという
▲中国勢の追い上げも急ピッチで、サムスンも脅威に感じている。元々IT業界ではパートナーがライバルに早変わりするのが常だ。
この先、さまざまな組み合わせが現れては消え、アジア企業はめまぐるしく合従連衡を繰り広げていくだろう。

毎日新聞 2012年04月23日 01時37分
http://mainichi.jp/opinion/news/20120423k0000m070105000c.html

高橋是清はデフレ脱却とインフレ制御を同時にやり遂げた!  amotoyamatotakeさん、これ見て勉強して下さいな!


amotoyamatotake はやはり似非保守工作員か、それとも馬鹿なの

これ見て勉強して下さいな!
工作員には無駄か!?


高橋是清はデフレ脱却とインフレ制御を同時にやり遂げた①小野盛司 AJER
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=_Bb4NvMFCEY


高橋是清はデフレ脱却とインフレ制御を同時にやり遂げた②小野盛司 AJER
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=1PqihxU-BYw



>2012/04/23(月) 20:23:48| URL| amotoyamatotake #RcYaWJVs
>中央銀行の紙幣増刷の弊害はまさに将来世代への負債先送りです。

だからこそ、政府貨幣がベスト!!!

政府紙幣はなぜ発行できないか=国際金融資本家の圧力
http://www.h3.dion.ne.jp/~b-free/siranai/c-18-1.html
記事抜粋

コロンビア大学のスティグリッツ教授(2001年のノーベル経済学賞受賞者)が4月16日の関税・外国為替等審議会で、「日本の政府はデフレ克服策として紙幣を増刷すべき」と提唱し、物議を醸しました。

スティグリッツ教授は、デフレ経済ではインフレ経済とは異なり、発想の転換が必要と強調し、


政府が日銀とは別に紙幣を発行し、それで歳出の一部を賄えば、国債を発行せずに財政を賄えて資金供給量を増やせると説明しています。


財政規律の喪失の危険性については、世界的に中央銀行の独立性があれば経済が回復するとの証拠はなく、政府紙幣の発行量に制約を設ければ、財政規律を守ることができると指摘しています。・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

「政府紙幣」は、国債の発行をなくしてしまうものである。
「政府紙幣」は、世界経済支配層にとって、「近代経済システム」を根底からひっくり返してしまう“害毒”なのである。

貸し出しを通じて供給されない通貨を経済支配層が認めるというのは、私の「利潤なき経済社会」を経済支配層が認めるに近いものなのである。


日本が「政府紙幣」を発行して巧く経済を立て直せば、経済苦境に陥っている先進諸国国民がこぞって「政府紙幣」を求めるようになる。


だから、世界経済支配層は、日本政府のそのような暴挙を許す“愚”を犯しはしない。 

しかし、諦めてはならない!



政府の通貨発行権(政府貨幣)の重要性を理解していたアメリカの政治家(暗殺)!
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201111/article_4.html


消費税増税は海外へ中小製造業を追いやり
現地の経済規模をでかくして市場を拡大させ
グローバル大企業へ恩恵を与える!!

TPP、公務員削減で国家予算と預金を
グローバル大企業へ差し出す!!

ちょっと長いです。


【日銀総裁をみんなでボコれば景気回復するよ! というかしたよ】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16671005

生活保護費不正受給と在日コリアンと吉本芸人

■河本準一から日本人の皆さんへ返答が返ってきましたよw

>Twitterの意味自体を把握してない人は今後一切見なくていいなぁ。
>その生き生きとしたパワーをもっと他の事で使えばいいのになぁ。 じゅんを。
>人の嫌な事を生きがいにしてる人達がどうか無くなりますようになぁ。
>ビオフェルミンの瓶の中の。

http://twitter.com/#!/junkoumon

管理人 様
私も管理人様と同様に苛立ちを感じていました。ただし経済学者にではなく、政治家に…正しく経世済民して欲しいと。

学者や評論家が間違っても国民に害は出ませんが、政治家が間違えば国が傾きます。いままで、駄目だった政策(経済論)に固執して国民を蔑ろにする政治家には退場していただくしかない(官僚もね)。政治は結果責任ですから。

参考:
今なるほどと思う経済論と政党

三橋さんのブログ(携帯用)
http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=takaakimitsuhashi&articleId=11229773676&frm_src=article_articleList&guid=ON

自民党の討議資料(携帯用)
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&wsc=tb&wsi=941ec1a71685aece&u=http%3A%2F%2Fwww.jimin.jp/policy/policy_topics/pdf/seisaku-101.pdf&ei=xBaVT9vxAZaRkQWU8pSXAw&ct=pg1&whp=30

自民党の政策(案)
(携帯用)
http://gxc.google.com/gwt/x?client=ms-docomo-jp&guid=on&output=xhtml1_0&wsc=tb&wsi=bbd6ad88829b2bb2&u=http%3A%2F%2Fwww.jimin.jp/policy/policy_topics/recapture/pdf/061.pdf&ei=EQaVT7vXMIrokAWO0s3ICA&ct=pg1&whp=30

いままでの新自由主義的政策よ、サヨウナラ…。

ODAは止めろ!

前の日銀総裁は旧第一勧業銀行「みずほ銀行」から、
ノーパンしゃぶしゃぶ接待を受けたとんでもない奴。

白井も受けたのでは。

毎年開かれているタイ、ミャンマーなど、メコン川流域の東南アジア5カ国による首脳会議で、
野田総理は「メコン地域の開発と発展は、東アジアの発展と安定の鍵」とし、
この地域に対して3年間で約6000億円のODA(政府開発援助)を行うことを表明しました。

こんな下らない事をあってもなくてもどうでも良い国にいつまで日本政府はやるのか。

経団連企業と建設業界が儲かるだけのODAは即止めるべきだ。

数値は語る

よく読めば?

是清は日銀引き受けの借り換え債期待ではなく、売りオペでした。
"戦前期の日銀国債引き受けの実態 :"
( http://bit.ly/ILAkNt )

という事実です。

ただ、是清時代にNYでは日本の国債はジャンク債になっていたのも事実ですよ。

それと高橋政策については賛否があり、政府は一方の見解に乗って冒険するほど馬鹿ではないでしょう。

財政規律と中央銀行のバランスシート
−金本位制∼国債の日銀引受実施へ・
中央銀行の対政府信用に関する歴史的考察−

(4) 高橋財政期の財政規律と日本銀行の位置付け
次に、本稿の問題意識に即して、これまでの研究を踏まえつつ、高橋財政期の財政運営とこの時期の日本銀行の対政府信用の関係について整理を試みる。
大内兵衛の監修による日本銀行[1948]は、高橋財政に関する最初のまとまった研究であるが、第2次大戦中から戦後の超インフレとの関係において高橋財政に対して厳しい評価を行った。すなわち、高橋の財政運営スタンスを「昭和20年の敗戦まで連なる同系の財政のはじまり」、具体的には、満州事変を契機に「累増の一途を辿る軍事費をできるだけ無抵抗に調達するために膨大な赤字国債を発行しつつ、他方ではその公債の利払いに足りるだけの増税もしないで、増税はやがて民力が回復して負担能力ができるまで待つという政策、略言すれば借金による赤字補填、もしくは大規模なインフレ政策」と評価している。高橋財政下における日本銀行の位置付けについても、政府が日銀の政策金利の引下げ、保証準備発行限度の拡大や制限外発行税の引下げ等を行うとともに、「金輸出再禁止をはじめとするこれらの準備工作の上に公債の日本銀行および預金部引受発行制度を開始し」たことを指摘し、これによって「日本銀行は公債消化の立役者となるに至った」点を強調している。さらに、当時の日本銀行が行った市場オペレーションに関しては、「大々的に行われた日銀の公開市場操作は、当時の国債消化率が85%であって見れば、ともかく一応は成功したものといえる」が、調達された資金が非生産的な軍事支出に充当される中で、「インフレーションは、金融機関所有国債の累積という形をとって潜在的に進行」していたとの見方を示した。
一方、ケインズ的な財政政策の先駆として、世界恐慌後の景気後退に対応するための総需要管理政策との観点から高橋財政を積極的に評価する研究も多い。
例えば、中村[1978]は、当時の日本政府が、1為替レートの低下放任による輸出増加、2国内金利の引下げ、3軍事費ならびに時局匡救費(農村振興費)を中心とする財政支出の拡大、というマクロ経済政策の組み合わせにより需要創出に成功した点を強調している。一方で、この時期の日本銀行の対政府信用については、財政支出増加に伴う「財源の不足を賄うためにとられたのが公債の日本銀行引受発行 方式であった 」 52 と簡潔に述べるに止まっている。また、Cargill[2001]は、高橋財政期のマクロ経済政策は基本的に成功であったとしており、その後も適切な引き締め政策を採用していれば、必ずしもインフレは発生しなかったと論じている。こうした議論の底流には、どのような財政政策が採用されたとしても、中央銀行が金融政策を適切に運用することによりインフレを防止することは可能であり、二・二六事件による高橋是清の暗殺により軍部を抑制する政治的対抗勢力が存在しなくなったため、その後のインフレにつながったとの考え方がある。
これに対し、島[1983]は、マクロ的な需要管理政策としての高橋財政に意義を認めつつも、財政節度の喪失と金融政策運営の硬直化という観点から、高橋財政の運営上不可欠な要素であった国債引受制度に内在する問題点を指摘した。
そして、国債引受制度の導入が高橋財政期以後の財政規律喪失につながった面は否定できないとして、仮に高橋が暗殺されなかったとしても、早晩、超インフレにより政府債務を帳消しにすることが不可避であった可能性を示唆している。
すなわち島は、財政支出が肥大化・硬直化する要因が存在する場合、「国債の日銀引受けという楽な方法があれば、積極放漫の財政運営となりやすいのは自然であろう」との見方を示した。また、こうして財政節度が喪失されていく中にあって、当初の段階では「一時の便法」と考えていた日銀引受が常態化していったという意味で、政策の行過ぎが生じたわけであるが、「日銀引受け制度自体にそうした行過ぎを生み出しやすい傾向が内在」していたと論じた。さらに、金融政策運営面でも、財政節度が失われた状況下では国債の価格下落を防ぐために引締め政策への転換が困難となるほか、国債の価格維持のために機動的な金融調節ができなくなると指摘している。ここでの論点は、中央銀行の対政府信用は財政政策や国債管理政策と深く関係しているため、実際の政策運営上は金融政策だけを独立して論じることが難しいという点にあるといえよう。

http://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%98%AF%E6%B8%85%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF&source=web&cd=1&ved=0CCIQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.imes.boj.or.jp%2Fresearch%2Fpapers%2Fjapanese%2F01-J-15.pdf&ei=omyVT8e7KIrNmQXeif3VAQ&usg=AFQjCNFDgImJhhrmUP0MZ0tAROqPMwpojw&cad=rja

クルーグマン程度の政策は日銀は実行しており、「インフレ期待」が期待できないという心理は日銀ではなく政府が国民に希望を与えていないということに依拠すると思います。

是清は 売りオペ で国債を消化したが、NYではジャンク債扱いであったというのは事実ですよ。事実から目を背けてはいけないのではないでしょうか?感情的な動画よりもPDFでじっくり学んだほうがいいですよ。それにその手の動画は上念司で懲り懲りです。

学ぶなら学問的な論文から!!


。。。

外貨準備は民間が稼いだものて、、、
なんか日銀が巻き上げたみたいなこと言ってますが。

貿易黒字と混同してませんか?

決済用の準備金とドル買い介入の積み上げでしょ?

ちなみにGDP比のマネーサプライはアメリカの二倍近くあり、サブプライム前からすでに相当な金融緩和をしています

結局は民間の資金需要が無いからで、それは銀行から金借りると強烈な縛りを受ける上に、銀行の都合で押し貸しや貸し剥がしなど、いいように振り回されるからです。

もちろん、金を借りてまで事業を拡大しても、この不景気ではそれに見合う増収が期待できないというのもあるでしょう。

もはや世界が飽和状態で、これ以上の拡大路線は大して意味がないんですよ。

辻本社長ならその辺りはよくご存じのはずでは?

日韓関係は白紙

韓国外交通商省のチョ・ビョンジェ報道官は6日、「日本が独島(日本名:竹島)への主権を主張することは、結果を考えない粗野な行動である。われわれは日本からの領土主権侵犯の企てを一切容認しない」との立場を強調した。中国国際放送局が報じた。

チョ報道官はまた「日本が歪められた歴史観を強調し続け、独島への主権を主張していくならば、未来の日韓関係は白紙になる。こうなると日本は国際社会で責任のある役割を果たすことはできない」と述べた。

支那や朝鮮とは、即時国交断絶すべきなんじゃけんど、、、
在日犯罪者たちも、国外追放して欲しいもんじゃ。

要はアレだろ?

人から金借りといて白紙って!

まぁ、手切れ金とおもえば安いか!

しかし、何をどう勘違いすりゃ自分達の存在理由に価値があると思うんだ?

どちらにしても、嬉しいニュースだよ。

生活保護の審査を厳しくしろ

生活保護 総額は国家予算の9% 親族による扶養は法的義務 不正受給には懲役刑も
「おかん」の不正受給で懲役刑も? 次長課長河本に非難の嵐

年収5000万円の人気芸人、「次長課長」の河本準一が母親に生活保護を受けさせていた
として非難を浴びている。「女性セブン」が4月12日に掲載した元記事では、実名が
伏せられていたが、その後日刊サイゾーに実名が掲載され、吉本興業も認めた。

河本準一のTwitterを見ると一目瞭然だが、河本自身は(中略)、いっさい疑惑について
触れず(中略)、自身が出演するNHKのテレビ番組で「親について悩みのある方」を
募集していることを告知。驚異的な鉄面皮ぶりを見せている。

河本準一のケースは、我が国の生活保護制度が抱える問題を如実に示している。
生活保護を受けている人は、2011年3月末、202万人超となっており、戦後の
混乱期以来59年ぶりに200万人を突破。生活保護費の総額は、国家予算の9%を
占めるまでに大きな負担となっている。

大阪市では18人に1人が生活保護を受ける異常事態に、橋下市長が支給基準を厳格化
するよう指示したほどだ。
背景には、大阪市にみられるとおり、支給における審査の甘さがある。

生活保護は個人の生活を維持する最終手段である。そのため、親族の扶養義務が優先され、
申請者に対する扶養義務を負う親族には社会福祉事務所などから扶養の要請がなされる。
河本の場合も母親に対して「絶対的扶養義務」を負うはずだ。これは法律的に「義務」
と定められており、正当な理由なく扶養しないことは不法行為に当たる。(中略)

にもかかわらず、河本に対して「扶養」が強く求められなかったのは、担当する福祉事務所に
調査権限などがないためだ。
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20120423/Itnetworks_tax_news_5o7SBmhRi.html

@属国志願似非保守

お、またまた脳タリン似非保守が経済論をのたまわっているな・・・・それもコピペハリハリデw

なぁ、お前さんの経済活性化論と手法をご教授くれよ・・・なぁ、頼むよw

amotoyamatotake さん、まるで、民主党のブーメラン発言のようですね!

amotoyamatotake

>数値は語る
>よく読めば?
>学ぶなら学問的な論文から!!


論文が正しいと、潜在的に先入観を持っているのではないですか、
恐らく、学校教育の洗脳を受けている証左でしょうね。
それとも、工作員の手法ですかな!?


大先生、専門家、大新聞テレビ、大手マスゴミが間違っている事も、誘導も多々ある。
(今や、常とさえ成りつつある。)
片や、週刊誌であろうが、正しい事を言っている事も多々ある。


要は、真実か否か、正しいか否か、が重要であって、論文であろうが、
例え、マンガであろうが、井戸端会議であろうが関係ない!


amotoyamatotakeこそ、

数値は語る、よく見れば!

再度、


高橋是清はデフレ脱却とインフレ制御を同時にやり遂げた①小野盛司 AJER
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=_Bb4NvMFCEY


高橋是清はデフレ脱却とインフレ制御を同時にやり遂げた②小野盛司 AJER
↓↓↓
http://www.youtube.com/watch?v=1PqihxU-BYw


+ご参考

歴史に学んで下さいね!!!

アメリカは増税で大恐慌に導いた!
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201201/article_93.html



再度、見ても理解出来ないようであれば、

なんとかに付ける薬はない、人か、
或いは、似非保守工作員であろう!





訂正


×(今や、常とさえ成りつつある。)
○(今や、常識とさえ成りつつある。)
(__)

小野盛司
こいつも鎖国空想経済論者のにおいがぷんぷんするな。

http://www.tek.co.jp/p/

問題はこっちだろ実際問題
http://blog.shadowcity.jp/my/2012/04/post-164.html

工作員、ついに匿名にwww

>小野盛司
>こいつも鎖国空想経済論者のにおいがぷんぷんするな。

工作員、ついに匿名に!www

これが、精一杯の反論だすか!ww

母子家庭の生活保護

チョン鮮ヤクザが複数の妾と子供を製造した後、母子家庭にして生活保護を受給させて、本部へのロイヤリティーを捻出しているそうじゃけんど、、、

キムチ銀行さん
詳細を教えてもらえんじゃろか、、、

痛いとこ突いたかな?w

少しは言ってることを見ないと批判するのは失礼と思ったが、著書名見たらもう見る気が失せるw
 『お金がなければ刷りなさい』小野盛司、中村慶一郎書、ナビ出版
 『日本はここまで貧乏になった』小野盛司著、ナビ出版
 『積極財政で財政が健全化する!』小野盛司著、ナビ出版
 『これでいける日本経済復活論』小野盛司著、ナビ出版

チョン公チョン公と主題のすり替えに必死な奴に、大したこと言ってない奴が多いな。

チョンチョン言われるのもうっとおしいのでこんな記事を。金融でインチキやり過ぎ、どっかの国も言えたモンじゃないが。

【韓国】「韓国経済、通貨危機当時並みに深刻」★3[04/19]
http://blog.livedoor.jp/touanews/archives/5923515.html

外貨準備金
H19末   973         (十億ドル単位)
H20末  1030
H21末  1049
H22末  1096
H23末  1295
H24・3月  1288
(財務省 外貨準備の状況より)
と確かに増えています。
2008年当時でも約100兆円でしたから、為替が円高になったためという見方も出来ます。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=newsarchive&refer=jp_stocks&sid=aMGyGLRQOyWE

特別会計見直しで、外貨準備金対GDP比20%を下げるという連中は、郵政完全民営化で300兆円放出と言っている連中と同じ勢力なのでしょう。

情報操作してるのこいつじゃんw

洗脳されてること気がつけよWW

このブログのコメント欄は随分ガラの悪い人が多いですね。ブログ主に同情します。自分の家の玄関にずっと街宣右翼がいるようなものですな。ご愁傷様です。

あの~

動画見ましたが、

http://www.google.com/url?sa=t&rct=j&q=%E5%9B%BD%E5%82%B5%E3%80%80%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%98%AF%E6%B8%85%E3%80%80%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%AF&source=web&cd=1&ved=0CCIQFjAA&url=http%3A%2F%2Fwww.imes.boj.or.jp%2Fresearch%2Fpapers%2Fjapanese%2F01-J-15.pdf&ei=omyVT8e7KIrNmQXeif3VAQ&usg=AFQjCNFDgImJhhrmUP0MZ0tAROqPMwpojw&cad=rja

の中の高橋評価と変わりませんね。何も目新しいこともありませんよ。この動画は。高橋を高評価する人間の典型です。

後の軍部への責任転嫁も実はすでにインフレへ向かう内在する原因があったという説を無視しています。

「国債引受制度の導入が高橋財政期以後の財政規律喪失につながった面は否定できないとして、仮に高橋が暗殺されなかったとしても、早晩、超インフレにより政府債務を帳消しにすることが不可避であった可能性を示唆している。 」

経済学者が分析しているものは無視できない。それが何か問題がありますか?開発独裁で景気がよくなるという時代は二度と来ないということ、高度経済成長は無いんだということを前提に、

極小政府!!防衛産業振興!除染不要被災者帰宅!原発再開!非核ミサイル武装、輸出!!第六世代i3Fighter心神実装、輸出!!宇宙清掃事業!!尖閣開発!!日本海メタンハイドレート!!

やれることはいっぱいあるけど、政府がまともじゃない、法律も。「インフレ予想」が期待できないと判断すれば日銀の国債引き受けはすでに借り換え債でやっているので無理でしょう。日銀が宣伝していないだけで、クルーグマン程度の印刷は済んでいるということです。それどころか、日本円は余っているということです。余っているなら刷っても意味はありませんよ。問題は心理的なこの国の未来への展望がひらけないことへの不安ですよ。

経済学者をバカにするより、彼らの分析は参考にして当然だし、決断は政治家がやることですが、日銀にこれ以上債権引き受けさせる覚悟が政府にあればですがね。売りオペ可能という目途がたてばね。償還債(借り換え債)を発行している状況にそれが期待できますか?自転車操業にさらに自転車こげといえる?

それより、これおもしろいですよ。【おうちラジオ】第17回 帰れる場所のない人々
http://www.youtube.com/watch?v=gqLml1JnkjU&feature=player_embedded

人間として…

いつも拝読させていただいております。
参考になるご意見有難うございます。

白川総裁については、税制管理の知己・能力云々の前に故中川氏の泥酔(?)会見の際、平然と隣に座っている人間性に疑いを持っています。
例えどんな立場であるにせよ、公の会見で国の代表たる人間の様子がおかしければ制止する。
そんな事もできない人間が一国の代表として、国の為、国民の為に尽くす事が出来るでしょうか?
御身大切な自己中心の日銀総裁。
こんな人間に日本の財政を託して良いはずがない。
私はそう考えています。皆さんはどうでしょうか?

面倒だから、
1年、無税にしてみろ。
日銀の意味理解できるから。

景気回復するか。

「経済学者が分析しているものは無視できない。」と言いながら、ケインズはスルーですかww


>2012/04/24(火) 13:59:05| URL| amotoyamatotake

>経済学者が分析しているものは無視できない。それが何か問題がありますか?

かの有名な経済学者、ケインズご存知ですよね!

amotoyamatotakeさん、

「経済学者が分析しているものは無視できない。」と言いながら、
デフレの今日、ケインズはスルーですかwww

あまりにも、不自然では有りませんか、
そう感じるのは、私だけでしょうか!?





【おうちラジオ】速攻で飽きたw

>クルーグマン程度の印刷は済んでいるということです。それどころか、日本円は余っているということです。余っているなら刷っても意味はありませんよ。

それはどうかなぁ…
クルーグマン教授は、デフレ不況下での緊縮財政を批判しています。

で、日本円は余っている … 確かに。
使い道のないお金が停滞している状態です。
パズルを解くのがイヤだから、海外には気前よくお金をバラ撒き、国民に対しては増税なのでしょう。

1世帯当たりの金融資産(住宅ローンなど借金を差し引いた額)を年代別に見ると、金融資産の偏りは一目瞭然です。高齢者の方々はそんだけ長く働いてきたのですから当然と言えば当然ですが、金融資産と言っても現金とは限りません。消費低迷の中、政府が増税とか年金支給年齢の引き上げなんて言ったから国民の心理的な委縮が大きいのです。ミンス党ってつくづくダメ政党です。


>それより、これおもしろいですよ。【おうちラジオ】第17回 帰れる場所のない人々

動画を紹介して貰って悪いんだけど、おもしろいって?どこが?

語尾をいちいち伸ばすバカっぽいアラサー女が ”ジャスミン革命~”とか喋っていたけど、このオバさん、いい歳して、 ”超かわいいー!”とか連呼しそうな感じw

在日韓国人に対する生活保護を廃止せよ。

在日韓国人に対する生活保護費の支給は、憲法違反であり、直ちに在日韓国人に対する生活保護を廃止せよ。

>ちなみにGDP比のマネーサプライはアメリカの二倍近くあり、サブプライム前からすでに相当な金融緩和をしています

http://www.stat.go.jp/data/sekai/10.htm
世界の統計 国際収支・金融・財政
10-4 マネーストック
日米を現金通貨・預金通貨・準通貨で比較すると色々な見解が出て来るのでしょう。多分ザルからもれる様に海外に漏れていったのでしょう。

大企業はわかりませんが、中小・個人への貸出し金利の高さと所得低下と将来への不安が金融緩和をしても借入れが伸びない原因でしょうか。経済的無気力症では歴史は進みません。インフラだけでなく一般の家屋も経年劣化しますからamotoのように土建屋などと馬鹿に出来ないのが歴史です、もちろん軍備増強は必要ですが、郵貯・超過預金による軍需国債の発行が必要となるのです。次世代を考えると、本当は色々需要はあるのだと思います。中小・個人に苦しい消費増税・TPPには反対です。海外取引には税の保護主義と、心ある企業は乗っ取り防止策として株式上場を中止すべきでしょう。そこで始めて金融緩和の効果が出るのだと思います。グローバリズムと言う言葉に騙されずに、米中の様に土地・株式の外資規制が必要だと思います。

エントリー違いで失礼いたします

「博士の独り言Ⅱ」の記事
(4/23付:橋下氏について)
が気になりましたのでご紹介いたします。
よろしければご一読ください。
毎度掲示板をお借りしてすみません。

篠田昭新潟市長と、「過激派団体」市民の党との関係

篠田昭新潟市長と、「過激派団体」市民の党との関係
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-533.html?tw_p=twt

中国政府への国土売却を推進する篠田市長も、やはり市民の党と深い関わりがあることが新潟市議会
で明らかにされました。

 プロ市民革命家達が日本人社会の破壊活動を行なっている。 市会議員、市長、都議会議員、国会議員と
なり支那や朝鮮の反日勢力の先兵となり売国活動を展開している。 反日売国テレビ局・マスコミの隠蔽、
捏造、偽装報道で愛国系日本人は知らない。  一気呵成に革命を起される前に彼等の実体を暴き出して
徹底的に殲滅して、この素晴らしい日本を再生させよう。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

ps:
水から電気が作れるのです。
原発の是非を議論するもも良いですが、この技術開発を
急ぎましょう。 
詳細は【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi
【燃料電池タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

創価学会の秋谷前会長(第5代)が脱会している事が判明

 スレ違い失礼します。
創価学会の秋谷前会長(第5代)が脱会している事が判明しましたと言うことは、朝鮮、在日グループが主導権を握ったということでしょうか。

http://ameblo.jp/jmuzu10812/

要はアレだろ?

自動車教習所で、教官から注意される度に逆ギレしながら取った免許証みてみろよ!
保険証見ろって!

国籍!韓国って書いてあったら出てけよ!
本気で自分が住んでる国に愛着が有るなら、犯罪には走らんだろが!

どの面さげて、生活保護だよ!

ほぼ日常化してる、刑務所での暴動も在日が殆どだろが!

なんで、国籍韓国でおまけに犯罪者でこの国に残ってるんだ!
日韓関係を白紙に戻すって大口叩いたのは、隣の半島狐だろ!
腹の底から、有り難いね!

ついでに、在日のクズ狐も引き取れよ!

韓国メディアや政治家は、もう何十年も天皇の事を「日王」と呼んでいます。

韓国メディアや政治家は、もう何十年も天皇の事を「日王」と呼んでいます。
一方、韓流ファンには、朝鮮王妃や朝鮮王太子の事を「皇后」「皇太子」と呼ばせています。

朝鮮王室は「皇」であって、日本の皇室は「王」であり格下だという刷り込みなのですが、そろそろいい加減にしろよと思いますね。

【韓流】ドラマ「屋根裏部屋の皇太子」1話あたり約1630万円で日本へ輸出[04/20]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1334931445/l50

>「屋根裏部屋の皇太子」は朝鮮時代の皇太子であるイ・ガク(ユチョン)が愛する皇太子妃(チョン・ユミ)を亡くし、
臣下らと300年の歳月をタイムスリップして、21世紀のソウルで前世では咲かせられなかった愛を咲かせるという
ストーリーを描くファンタジーラブコメディーだ

運転免許証の国籍欄

これがね、最近空欄になったのだ。
間違いなく在日チョンの圧力だね。
もっとも、公安や警察にもチョンの帰化人が幅をきかせているらしいがね。
  

要はアレだろ!

そうですか…
知りませんでした。
実にお恥ずかしい限りです。

せめて、自分の免許証の裏に大きく!
日本人と書いときます!


奴隷の賤民族の朝鮮人

李王朝など70年前に消滅した奴隷王朝
子孫が居るみたいだが国際的にはほとんど
認知されていません
国家間の外交交流でも相手にされいない
と言うか韓国自体が李王朝の子孫を王家
認めていません。
日本の皇室と比べる事態ナンセンス
ただのコジキと社長を比べるような物

重要なポイントは、中央銀行日銀は私企業であり、株式会社であり、その55%の株式は日本政府所有とは言え、事実上は海外の国際金融資本家に経営を左右されていること。貨幣発行権を日本政府(=日本国民)の手に戻せば、1,000兆円にも達する国と地方の負債なんて、その瞬間に無くなってしまうこと。


あなたはお金のしくみにこうして騙されている  (5次元文庫) [文庫]
天野統康 (著)

コメントより

5つ星のうち 5.0 小学生でも分かる金融のカラクリを殆どの人々が知らない事実, 2011/5/30

By 旅人 - レビューをすべて見るレビュー対象商品: あなたはお金のしくみにこうして騙されている  (5次元文庫) (文庫)

この本を書いた天野統康氏に感謝する。国民が知るべき真実を分かりやすく、一冊の本にまとめてくれたことを。

重要なポイントは、中央銀行日銀は私企業であり、株式会社であり、その55%の株式は日本政府所有とは言え、事実上は海外の国際金融資本家に経営を左右されていること。貨幣発行権を日本政府(=日本国民)の手に戻せば、1,000兆円にも達する国と地方の負債なんて、その瞬間に無くなってしまうこと。

バブル創出も、潰すのも、全て中央銀行の所有者の胸先三寸。何だ、失われた10年というバブル崩壊による莫大な損失も、1997年のアジア金融危機も、全て中央銀行のシステムを操る国際金融資本家達の仕業だったのか!我々は騙されていた!TVで経済問題をもっともらしく解説する専門家と称する人達、彼等はわざと国民に真実を知らせて来なかったのだ!

この本は気持ちよいくらい、それらの事実をあぶり出してくれる。難しい理屈は何も無い。銀行という詐欺的システムを理解すれば、お金の問題はスッキリ解決する。この隠された事実を、全ての納税者は知らないといけない。でないと、東日本大震災の復興を口実に、またしても増税で、本来支払わなくても良い税金を取られる。いつまでも騙されているのはバカだ。そのことをこの本は教えてくれる。全ての人々の必読書だ。何も知らないあなた。今直ぐに読むべきだ。

なぜ政府貨幣が良いのか! 他 youtube
↓↓↓
http://www.youtube.com/playlist?list=PL8041E95EC625633E&feature=plcp

日銀を含む世界各国の中央銀行をコントロールするFRBの意図が明らかにされる。バブルと経済危機のセットを繰り返し起こすことで経済構造を変革し、徐々に権力を中央銀行に集中させる。1990年代末のアジア通貨危機ではアジア各国の中央銀行が政府からの完全な独立を果たした。


円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか [単行本]

リチャード A ヴェルナー (著) 吉田 利子 (翻訳)

コメントより

5つ星のうち 5.0 日銀の正体が暴かれる衝撃の書!, 2010/4/2
By 本格派 (東京都小平市) -

レビュー対象商品: 円の支配者 - 誰が日本経済を崩壊させたのか (単行本)


日銀が日本経済の浮沈を完全にコントロールしている、という衝撃の書で
ある。

「お金は銀行の貸出し=信用創造によって作り出される」という重要な事
実を日銀は隠し、金利が貸出し総量のコントロールに有効である、という
嘘の理論を主張し続けて世間に定着させる一方で、自らは銀行への「窓口指導」という、実質上の「命令」を用い、銀行の貸出し総量を完全にコン
トロールし、景気を操っていると言う。

貸出し総量のコントロールによってバブルを作り出したのも日銀だし、そ
れを潰したのも日銀である。

社会システムの全面的な構造改革を強く求めるいわゆる「前川レポート」
が発表されたのが1986年、そして、その直後に続くバブルとバブル崩壊。
それによって「日本の社会システムに欠陥があるから不況に陥ったのだ」
とする主張が幅をきかせるようになり、小泉政権での構造改革につながっ
て行ったのである。

構造改革を促した日銀も、それを実行に移した小泉政権も、それが日本のためになると思ってやったのであろうが、まんまとアメリカの戦略に乗せ
られたのであれば罪は深い。

最後に、日銀を含む世界各国の中央銀行をコントロールするFRBの意図が明らかにされる。
バブルと経済危機のセットを繰り返し起こすことで経済構造を変革し、徐々に権力を中央銀行に集中させる。1990年代末のアジア通貨危機ではアジア各国の中央銀行が政府からの完全な独立を果たした。
次の通貨危機(リーマンショックのことだろう)ではアジア共通通貨と北米
共通通貨(アメーロ)を作り、最後はユーロを含めた3つの共通通貨を統合して世界通貨を作り、通貨を、すなわち世界経済を完全に彼らの支配下に置くことが目的だろうと推理する。

20年近く続く不況の根本原因に迫るとともに、日本経済の支配者と、さらにはその背後にあって彼らをを動かしている存在を明らかにした、発売から10年近く経つが決して埋もれさせてはいけない画期的書である。



政府の通貨発行権(政府貨幣)の重要性を理解していたアメリカの政治家!
↓↓↓
http://7fukuzin.at.webry.info/201111/article_4.html




吉本興業 芸人も凍りつく経営危機の深刻内幕(1)「吉本がヤバい」は周知の事実
100周年を迎えた吉本興業に暗雲が垂れこめている。ここにきて、相次いで芸人のギャラ未払いに、社員の給料遅配も報じられたばかり。あげくハリセンボンまで「800万円支払われていない」とこぼしているのだ。吉本芸人を見ない日がないほどの露出度で、順風満帆だった老舗芸能プロに何が起こっているのか。本誌が独占入手した決算報告書をもとに、経営危機の実情に迫る。

「吉本がヤバい」は周知の事実

創業100周年を迎えた吉本興業。4月8日には、「なんばグランド花月」をリニューアルし、笑福亭仁鶴や西川きよしら、大物落語家や芸人も詰めかけるなど、華々しい舞台となった。

 しかし、肝心の吉本興業の話題といえば、昨年の島田紳助の引退騒動以降、ギャラの未払いや社員の給料遅配騒動など、危機的な会社の経営状況に注目が集まっているのだ。

 お笑い番組を手がける民放局スタッフが語る。

「もう、テレビ局の関係者の間でも『吉本がヤバい』ってのは周知の事実ですよ。吉本は、番組の制作も手がけていますが、とにかく経費が渋いと言われている。記者会見などのPRも吉本の本社や、劇場に早朝に取材陣を集める徹底ぶり。しかもこの前なんか、リアルな話、ハリセンボンが2人分で『給料未払い800万円あるんです』って言うんだよ。どうも彼女たちだけじゃないみたいで‥‥。芸人Iにも未払いがあるって聞いたから、会社の経営がどうにかなっているんじゃないか。ほんの数年前までは超優良企業として、社員の給料の高さは有名だったし、AIJじゃないけど、どこか怪しいところに金の運営を任して失敗して、資金がショートしたんじゃないかなんて噂になってるよ」

 吉本といえば、もともと芸人や社員たちがみずか「ケチな会社」とネタにするほど、そろばん勘定に厳しい関西企業の典型として喧伝されてきた。

 だが、あくまでそれは過去の話。さんまや紳助、ダウンタウンといった所属大物タレントがこれまで過去何度も「ギャラが安い」「独立したい」と口にしてきたのは、関西ローカルの企業だった頃にすぎない。

 ところが、ギャラの「未払い」となると事は重大である。今やテレビ番組の制作に欠くことのできない吉本が、「経営危機」ともなれば、テレビ局にとっても大打撃となりかねないのだ。

このエントリは、外貨準備高と対外純資産を混同していますね。

>自分の家の玄関にずっと街宣右翼がいるようなものですな。ご愁傷様です。

自分の家の玄関にずっと瀬戸弘幸がいるようなものです。ご愁傷様です。

悲しき御用一般人

ブログ主の主張は、
大手マスコミの論調からすれば、一部の極端な意見と割り振られてしまう。
ここのコメント欄にも、そのような大手マスコミの論調に載せられた御用一般人の発言も見受けられる。

エール大学の浜田宏一教授の見解は、ブログ主の見解に極めて近い。
御用一般人は、経済学者の意見を重視しろというなら、
せめて相対立する経済学者の主張を自分の頭で吟味してから、批判を展開してもらいたい。深く考えもせず、自分の目につく見解に飛び乗るから、御用一般人と呼ばれてしまう。

ジョージ・ソロスを超える男からの提言

米ブリッジウォーター・アソシエイツを率いる、レイ・ダリオ氏の発言
「紙幣増刷による量的緩和で、円安にすることが負債圧縮につながる。
何もしなければ今後2~3年で日本の債務問題は深刻な状況になるだろう。」
http://daitaiantimonopoly.blogspot.jp/2012/04/blog-post_26.html
経済学者と実際にカネを稼いできた者の意見、
どっちが重みがあるだろう?

国際金融資本家を、金貸しと言った方が、一般人に理解しやすいと思う。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

著書

コラァ!中国、いい加減にしろ!

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/