スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済に同盟国は存在しない      1月25日(水)


私のブログのタイトルが「中韓を知りすぎた男」である以上はもっと
中国、韓国のことを書くべきですが、TPPの問題が起こってから、
もっぱらTPPの根底にある経済のことについて問題を提起してきま
した。

私はTPP問題の個々の恐ろしさを論ずるより、今日世界で起こって
いる経済危機の要因であるアメリカ戦略の「グローバリゼーション」
を通して国際経済・政治を土台にして問題を提起した方がより理解を
得やすいのではないかと思って書いてきました。

アメリカの戦略である「グローバル化」「グローバルスタンダード」
という言葉の魔術で世界中は国境を取り払う努力をしてきた結果が
現在の世界的な経済混乱の要因であると思っています。

つまり私はTPPとグローバリゼーションは表裏一体でありアメリカ
の政治的ミッションであると確信しています。

アメリカは自由化や民営化、そして規制撤廃を強要してきましたが、
それはすべてアメリカを基盤とする超国家企業にとって、都合の良い
環境を作り出すためであるということは間違いありません。

メディアや経済評論家その他の親米保守の人たちはTPPやグローバル化
の先に待ち受けている未来を時代遅れの因習的な思考で容認しています。

グローバル化は経済問題を解決してくれる「治療薬」ではないという
ことを我々は知らなければなりません。

しかしマスメディアは経済において基本的事実を伝える能力が欠けて
います。特に経済学者は現実の日本の金融や産業システムの具体的な
理論を過去の著名な外国の経済学者から経済用語を拝借して無理やり
今日の経済現象にはてはめています。

3~4年前私は日経新聞を読んでいましたが、私の実務経験からあまり
にも乖離しすぎて、読まなくなってしまいました。特に中国・韓国の
経済問題は嘘が多すぎます。

我々は新聞に載った日本経済や世界経済に関する記事を目にした場合
100%信じてしまいますが、それは危険です。

新聞は実際に起きていることを報道するものであると信じていますが、
医学や自然界に関するニュースと経済に関するニュースには天地ほど
の差がることを知らねばなりません。新聞のニュースを土台にし、
それを過大に粉飾したテレビ報道はもっと危険です。

日経新聞は30数年前「バスに乗り遅れるな論」を盛んに展開し、それ
を信じて中国進出をした中小企業の約9割が身ぐるみ剥がされて逃げ
帰ってきました。そのことを一切報道せず中国投資ブームを作って
きた日経新聞の罪は万死に値します。

現在でもTPP問題について見れば、朝日新聞から毎日、読売、産経
新聞に至るまでTPPに賛成しています。

日本のマスメディアはアメリカやヨーロッパに形成された巨大企業帝国
について正確には伝えていません。メディアは残念ながら現在進行中の
経済の悪化に関しても詳しく説明できるだけの知識を持っていません。

TPPに反対している人達も日米同盟は現在の日本の命綱であることは
100も承知です。東日本大震災では「ともだち作戦」としてまっ先に
救援に来てくれた米軍に、さすが同盟国であると心より感激しました。

それ故「TPP亡国論」などをいうと多くの人たちは友邦国であるアメ
リカが、そんなことを日本に対してするはずがないと頭から否定します。

60数年前アメリカの本当の力を知っていれば、決して戦いなど挑める
相手ではなかったが、アメリカの仕掛けた罠にはまりこんでついに
刀を抜かされてしまった。

今回のTPPは日本にとってはまさに一大正念場と言っても決して過言
ではありません。日米は同盟国であると信じ続けていると、それこそ
取り返しのつかない結果を引き起こします。

同盟国といっても経済に関しては利益を取り合う敵国同士です。経済に
おいて同盟国という言葉は意味がありません。経済という非情な
パワー・ポリティックスの中では食うか食われるかの世界です。

アメリカ人は日本人のナイーブ性を利用して過去幾多の罠を仕掛け
てきました。だからといって、アメリカを責めるのは筋違いです。
これが国際社会の常道なのです。

国際社会で生きていくには、正確な情報と相手に対する分析力が
必須条件です。日本人のアメリカという国についての無知さと分析力
の欠落は戦前から一向に進歩していないようです。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

>国際社会で生きていくには、正確な情報と相手に対する分析力が
>必須条件です。日本人のアメリカという国についての無知さと分析力
>の欠落は戦前から一向に進歩していないようです。
そんなことは、国際社会間では常識です
「ともだち作戦(笑)」にしても、311の混乱に乗じて侵攻してくるかも知れない中国に対する牽制・示威行為であって「日本人を助ける」なんてことは2の次です。
もっとも、もし本当に中国が侵攻してくるようなことがあれば、それは米中間で既に“話し合い”が済んでることを意味します。
ただ、これは逆に言えば米にとって日本はまだ利用価値があるということなのでしょう。

最近の米関係の内容になると、どうも当たり前の一般論でお茶を濁しているようにも見受けられますが、何かあったのでしょうか?
また再び、以前の様なキレのある記事を楽しみにしています。

アメリカでも問題視されてる遺伝子組み換え食品

アメリカ本国でも問題視されていますよ!このモンサントやばすぎ。

モンサント : 遺伝子組み換え有毒作物・・・
http://www.youtube.com/watch?v=Y84Yhqj1IH0
(日本語訳は画面下のccをクリック,JAPANESEを選んで下さい)

WikiLeaks: モンサントの遺伝子組み換え作物を拒む欧州に米国が報復を検討

TPPで日本の食文化、安全も遺伝子組み換作物で壊滅します。
断固反対!

米国の脅威は

「新自由主義者」たちは、何か夢でも見ているようにしか、私には思えませんね。
世界で米国だけが、唯一自前で多くのモノを賄える国だという事を忘れて、あたかもアメリカのように門を開くことが、人類の進むべき道であるかのような・・バカもここまでくると笑うしかありませんね!

更に、米国は自国通貨を基軸通貨にしているわけで、このアドバンテージたるや資本主義そのものに特権を与えたようなもので、どれだけ歪んだルールの下で取引をしなければならないか、今の日本は、まさに、それで苦しんでいるわけですが、
にもかかわらず、米国は開かれている!日本は既得権益を守る為のルールが多すぎる、間違っているなどと、米国政府が言うのならまだしも、日本人がこんな馬鹿な事を、解かった風に言うわけです。

EUはこの基軸通貨ドルに対抗する「ユーロ」を立ち上げましたが、見事に失敗してしまいましたね。IMFも、もっともらしく助ける振りしてユーロ解体としか思えない意見しか出しませんし、酷いものです。

円の脅威なんてものは放って置いても、この20年間で確り「新自由主義者」が自滅させましたし、米国の脅威は「元」です。

グローバリズムは諸悪の根源

ブログ主さまの主張は基本的には正しいと考えます。
ただ、「ともだち作戦」は大災害に伴う政治的・軍事的空白に乗じた中国の侵攻を牽制するという上記コメントに賛成です。

グローバル化は先進国の大部分の人々を不幸にしました。グローバル化によって利益を得るのは巨大企業だけであり、アメリカでも日本でも勤労者の所得は年々低下しています。グローバル化に伴う産業空洞化のせいです。
グローバリズムは破綻しているのです。破綻が明確であるわけですから、グローバル化の波はまもなく終息するでしょう。

グローバル化とは、よその国が他人の国の資源を食い合うことだという見方があります。

なんのために、そして誰のために、そんなに激しく競争しなければならないのでしょうか。大部分の人々を不幸にする競争がなぜ必要なのでしょうか。
考えたことがありますか?

グローバリズムもTPPも日本の独自性を破壊します。すでにアメリカは軽自動車の規格廃止を要求してきました。明らかな内政干渉です。

TPPにより農業は壊滅するでしょう。
3.11により日本の農産物は海外での競争力を失いました。ただでもいらない、というゴミになり果てたのです。国内市場では、現行の高率関税を残すとしても、国産米は放射能への恐怖により輸入米に対する競争力を失うでしょう。日本の農業が壊滅するということは、日本という国家が滅びることと同義なのです。

それぞれの国が国境の壁を少し高くして、それぞれの国に見合った産業、文化、社会、政治を維持すべきだと考えます。そういう方向に世界が協調して経済の仕組みを変えていくべきではないでしょうか。

世界は一つではなく、多様なのです。
生物の多様性が尊重されるように、文化、社会、経済、政治などの多様性が尊重されなければなりません

今は、シナが日本に攻め込むことは考えにくい。

別のシナリオ、すなわち内側から工作し媚中議員を作り弱体化しつつあります。 そのシナリオも尖閣列島を核心的利益と述べたことからそろそろ具体的に取りに来つつあります。 

したがって、今年は沖縄の世論作りにまい進します。
しかる後に、現在進行中の沖縄に解放軍兵士をどんどん観光客で入れ続け、時期を見計らっています。
今年が分岐点になるのは間違いありません。

来月はオバマと時期中シナの国家主席内定の習が会談します。
日本の未来はそれにより方向が定められてきます。
我々は、自国で立てるように軍備に予算を投入すべき時です。
民主党では駄目です。


地震と原発は本当に事故だったのでしょうか??
メディアに騙されている可能性を疑ってみましたか??
地震が起こった、原発で爆発があったという事実から、
自然災害によって放射能漏れにつながったと勝手に
脳内で決め付けていませんか?アメリカを利用して
壮大な集団ヒステリーに陥らせることが可能です。
現代では地震は高度に予知、誘発が可能です。
原発は外国勢による破壊工作が可能な状態でした。
次の解散で民主の次に台風の目になるのは大阪。
特定少数の立場にとって都合のいいシナリオです。

ブログ主様のおっしゃるとおりです。
今世界は『経済ナショナリズム』とも言うべき潮流に進んでおり、
『グローバル化』なんてのは、他国から富を奪うための詐欺の手段でしかありません。
アメポチ状態の櫻井よし子らには、早く目覚めてほしいです。

それと、橋下大阪市長は、経済認識を完全に誤っていますね。

第180国会審議中継2012年1月24日 (火)

第180国会審議中継2012年1月24日 (火)

第180回国会(常会)は、1月24日に召集されました。
会期は6月21日までの150日間です。
議席の指定 常任委員長の選挙
特別委員会設置の件
国務大臣の演説(施政方針・外交・財政・経済)
横路孝弘(衆議院議長)  11時 03分  03分
横路孝弘(衆議院議長)  13時 02分  01分
野田佳彦(内閣総理大臣)  13時 03分  40分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21133&time=03:15:10.5
玄葉光一郎(外務大臣)  13時 43分  23分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21154&time=03:54:46.9
安住淳(財務大臣)  14時 06分  16分
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21139&time=04:17:45.0
古川元久(国家戦略担当 経済財政政策担当大臣 科学技術政策担当大臣 宇宙開発担当)
ttp://www.shugiintv.go.jp/jp/wmpdyna.asx?deli_id=41530&media_type=wb&lang=j&spkid=21150&time=04:33:49.9

反日売国テレビ局・マスコミの報道しない売国民主党の演説を確りと確かめてください。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
在米韓国人たちが東海名称のために運動中
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2616

>>経済ナショナリズム

世界貿易機関(せかいぼうえききかん、英: World Trade Organization、略称WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として創設された国際機関である。
WTOの原則は次の3点
自由(関税の低減、数量制限の原則禁止)
無差別(最恵国待遇、内国民待遇)
多角的通商体制

経済ナショナリズムへ向かっているのであれば、世界中はWTOから脱退する国家があふれているでしょう。どこにそのような国家がありますか?嘘は言わないほうがいいですよ。客観的な事実をあげてください。

真の自由主義経済を求める立場であるロンポールのような反ブロックという意味での反TPP
経済ナショナリズム 中野某の反TPP
アメリカのブロックに反して他のブロックを求める反TPP

以上3つですが、経済ナショナリズムは世界の潮流ではないので他の2つしかありません。それとも鎖国とか言い出しますか?

朝鮮銀行 8

在日朝鮮人による北朝鮮支援

朝鮮銀行を経由した北朝鮮への送金は莫大な金額である。
パチンコ店経営者による、本国からの要請に応えた、送金は北朝鮮の存続を間違いなく支えている。

朝鮮総連の直営パチンコ店は日本全国に50店舗、従業員は朝鮮大学校の生徒を自前で要請します。敷地代を含めた建設費用はさまざまな名目で朝銀より調達している。

朝鮮銀行から総連への不正融資

朝鮮銀行は北朝鮮へ不正勝手に預金者の金を総連に不正融資したと言われる疑惑が有る。その為に朝銀は破綻を招いたと、大蔵省も調査している。
総連は朝鮮銀行から328億7千万円もの金を不正に引き出し、その1/3を北朝鮮に送金し、残りを地上げに運用していた。

「総連は日本最大級の地上げ屋組織だった。」

日本政府の朝鮮銀行への1兆円公的資金援助が無ければ組織は壊滅していた。日本国民の朝鮮銀行への預金は危険です。

朝鮮総連から北朝鮮に流れる不正秘密資金

毎年、金日成、正日の誕生日に北朝鮮労働党連絡部長(3号庁舎出身)姜柱日が万景峰号で日本に来て、総連中央の最高幹部である許宗萬に「本国から何億円出せと指令が出ている」。
朝鮮総連中央はその指令を受けて、地方から金を集めますが、その際朝鮮銀行が大きな窓口になります、朝銀側に拒否権は無く、出せなければ理事長は、人事権を握っている総連中央によりクビにされます。
現金は新幹線を利用して新潟港に運び、税関の目をごまかして持ち出します。税関による徹底した検査、「外為法違反」摘発が必要です。

日本の悪霊、鬼畜朝鮮キ印外道のチゲ鍋キムチ変質狂パチンコ屋フン族は、姦半島に帰れ!

ちょっと一言

>amotoyamatotakeさん
>世界中はWTOから脱退する国家があふれているでしょう。どこにそのような国家がありますか?

今度はTPPに「似て非ずる」WTOを持ち出して、相変わらず低レベルなコメントですね。

公平なWTOだからこそ、脱退する加盟国が少ないと思うのですが・・・
それは双務的で無差別な(最恵国待遇、内国民待遇)を見ても判ることです。

しかし、TPPはどうでしょうか?
片務的で不公平ですよね。
しかも国家より多国籍企業の権力を更に大きくするだけですが。

あなたねぇ・・・なんか毎回思考が足りないですね。

>片務的で不公平ですよね。

証明してください。証明が必要です。
私は納得がいかないだけですよ。納得させろという意見。
あなたはレッテル張りといい逃げばかりです。

23:30:26のO'Brienです

>amotoyamatotakeさん
>証明してください。証明が必要です。

証明、証明、やはりバ●ですね。
仮に私が証明しても、あなたは更にその証明を求めるだけでしょう。
あなたはそういう人種です。

そんなあなたに相応しいレスはこれです。

逆にTPPが公平で双務的だという証明をお願いします。あなたに可能ならばですが。

アメリカが製造国に帰りたいなら朝鮮企業を潰すべき
どう考えても日米の邪魔にしかならないだろう

レッテル貼りねぇ

>O'Brien さん
はじめまして、

返答先のamotoyamatotake氏のハンドルネームの後の#以降のIDが、奇妙であることを報告いたします。

精査すると、金曜日の一部と土日が同じで、他はランダムに変わっています。

端末を特定されたくない目的で、プロキシサーバを経由し毎回IPをランダムにしますが、必ずしももそうではない。IP隠ぺいが徹底されていない。

恐らく、IP偽装端末と通常端末に違いによるものと思われます。即ち、IPを偽装できる個人や事業主所有の端末とネットカフェなどの通常の端末を頻繁に変えて書き込みをしている可能性が、極めて高いと思います。

Log

1/25
2012/01/25(水) 20:47:23| URL| amotoyamatotake #iEsJClpc
2012/01/25(水) 23:40:11| URL| amotoyamatotake #pK.oNfME
1/23
2012/01/23(月) 20:46:41| URL| amotoyamatotake #0zcuN3Us
2012/01/24(火) 10:33:53| URL| amotoyamatotake #VOeyUTMo
2012/01/25(水) 10:33:54| URL| amotoyamatotake #70g2mB0Y
1/20
2012/01/20(金) 14:57:42| URL| amotoyamatotake #eqP7eH0Y
2012/01/20(金) 18:33:09| URL| amotoyamatotake #z7Q/jT4k
2012/01/20(金) 20:57:10| URL| amotoyamatotake #z7Q/jT4k
2012/01/20(金) 22:23:05| URL| amotoyamatotake #TY.N/4k.
2012/01/21(土) 09:14:51| URL| amotoyamatotake #3/2tU3w2
2012/01/21(土) 11:14:26| URL| amotoyamatotake #-
2012/01/21(土) 12:25:36| URL| amotoyamatotake #3/2tU3w2
2012/01/22(日) 20:59:13| URL| amotoyamatotake #3/2tU3w2
2012/01/23(月) 12:24:26| URL| amotoyamatotake #NmRVQg7I

お願い

管理人様

前々から、同様の意見を受けていると思いますが、
以上のような、IP偽装による書き込みを、制限するようなことを検討されたらいかがでしょうか。

ネット初心者丸出しのご意見ですね。

IP隠ぺいが徹底されていない。

ケンチャナ鮮族のやることですからネ~
ところで、

北朝鮮、「金正恩打倒」のビラで大騒ぎに

年始早々、非常事態に置かれている。金一家の世襲体制を非難するビラが、咸境道(ハムギョンド)地域で大量に発見されたためだ。北朝鮮当局は、大々的な犯人探しを展開している。

19日、米国の自由アジア放送(RFA)によると、ビラが最初に発見された場所は、咸境北道清津(チョンジン)市内にある金策(キムチェク)製鉄所だ。拉致脱北人権連帯の都希侖(ト・ヒユン)代表は「『金正恩打倒』『金正恩体制では北朝鮮の未来がない』などの反体制的な内容が載せられている」と伝えた。

現在、清津に通じる全ての道路が封鎖され、中国との携帯電話もつながらないことが伝えられた。北朝鮮当局が、一帯に妨害電波を発して通信線を遮断したのだ。

中国と地続きの咸境道は、かなり以前から反体制の傾向が色濃い地域だ。金正恩が後継者になった昨年末から、会寧(フェリョン)や清津などの都市では体制を非難する言葉が何度も発見されていたという。

中央日報 2012年01月20日11時31分
http://japanese.joins.com/article/562/147562.html?servcode=500§code=500

北朝鮮で幹部連続殺人…「人民の名で処断」の犯行声明も

北朝鮮で公安幹部を狙った連続殺人事件が発生し衝撃が広がっている。
韓国メディアは20日、北朝鮮専門メディアのデイリーNKを引用し、金正日(キム・ジョンイル)哀悼期間の昨年12月末ごろに公安機関の幹部4人が連続で殺害される事件が発生したと報道した。

咸鏡北道(ハムギョンブクド)のある消息筋は、「将軍様(金正日)哀悼期間に咸鏡北道清津(チョンジン)で道国家安全保衛部の幹部1人、道検察所の幹部1人、道人民保安局の幹部2人の4人が殺害された。保衛部幹部の遺体のそばからは『人民の名で処断する』という内容のメッセージまで発見された」と伝えた。

北朝鮮当局は住民の動揺を懸念して被害者の身元など事件情報を伏せる中で、反体制勢力を中心に主導者検挙に向け公安機関の組織力を総動員しているという。
北朝鮮の現職幹部が連続で殺害されたのは今回が初めてとされている。

中央日報 1月23日(月)

鮮族分裂崩壊まで秒読み段階なんじゃろか?

経済に同盟国は存在しない。全く、そのとおりです。
アメリカが今まで日本の経済の発展のためになることをしたことがあるか。
日本の経済力を弱めることはしたが、日本の経済力を強くすることは、全く、しなかった。
今般のTPPも、当然、アメリカのためであって、日本のためにならないことは明白である。
日本の主権までとられては、日本は丸裸になって、アメリカに組み込まれてしまう。
日本を守るためには、TPPの導入には、できる限りの遅延行動を採るしか方法がない。
端からTPPに反対し、アメリカの攻撃目標になっては、身が持たない。

>Sura

ネット初心者とはあなたのこと。
IPと#sLeXISI. が関係あると思っています?
ちなみに、passの数字ですよこれは。
訂正してください。

>♯

またぞろいい逃げですか?あなたはWTOからの脱退を主張してからどうぞ。

>O'Brienさん

片務的で不公平ですよね。 という主張をしているひとが納得のいく説明をするのが筋です。私は逆の主張をしておりません。主張をしておらず納得がいかないと言っているだけです。

立場を考えれば

根本的に考えれば外交とは国同士は如何にだましあい、自国の利益を得るかのみです。
自国に利益をもたらすと思えば、分け与えるし、利益を得ないで邪魔ばかりすれば潰す。
基本はそれです。
子供のころのクラスや学校での力関係となんら変わりません。

アメリカの軽自動車の件もアメリカは自国に有利になるようにを最優先に考えます。
TTPも同じです。
中国韓国も同じです。
それをわかって行動しないといけないとこのブログを拝見させていただくとそう思います。

グローバリズム=思想戦

グローバリズムには思想戦の一面もある
ことを我々は心に止めておいた方が良い.

周知のように, ルーズベルトが対日戦争に
突き進んだ影には社会主義者の暗躍があった.
そして, 周知のようにソ連の社会主義革命は
ユダヤ系の社会主義しそうに基づいている.
その思想がソ連と中共だけに留まった筈はない.
実際には, 米国の大学において漸化的な
社会主義革命思想として発展し, 戦後の
独と日本に広がった.

その独に伝わった社会主義思想は反原発,
財政均衡主義のどう仕様もない頑固さとなって
ユーロを崩壊に誘っている.
日本の全学連世代に代表される改革思想もそうだ.

ところで, 米国の社会主義思想はマッカーシズムで
消えたのだろうか. そんなことはあるまい.
現在のグローバリズムは政界を平均化する
漸化的社会主義革命の前章戦と考えると分かり易い.

米国の資本化には金儲け主義と共に社会主義革命家
の影もちらつくと言われている. 彼らが教育を
受けたハーバード大学はリベラルのメッカなのだから
当然だろう.

この思想戦=グローバリズムに勝つためには国の
伝統の立ち戻るしかない. 伝統を捨てた国, 例えば
半島国, はグローバリズムに洗われるがままだ.
例えば米韓FTAの様に.

軍需産業育成に取り組め(酒井信彦 日本ナショナリズム)
http://sakainobuhiko.com/2012/01/post-189.html

 現在の日本は、「失われた二十年」といわれるように、経済が長期に渡って低落している。しかもその上に産業の空洞化が急速に進行している。空洞化の要因は色々あるが、企業が日本から逃げ出してしまうのである。その代表である自動車産業では、ハイブリット車の基幹部品であるエンジン・モーターや電池すら、海外生産を志向するようになっている。その点、安易に海外生産ができずに、国内生産にこだわらなければならないのは、軍事産業であろう。
 日本には戦前から軍事産業の伝統があり、戦後はその技術が自動車産業や造船業に生かされて、高度経済成長に貢献した。ただし航空機産業はアメリカによって甚だしく規制され、健全な発展ができなかった。次期戦闘機・FXにアメリカのF35がきまったが、候補の三機種のうちで、技術開示において最も劣るとされている。つまり日本は現在の技術レベルすら維持できなくなることが、予想されている。もはやアメリカを頼りにしていても、高価な兵器を買わされるだけなのである。
 したがって日本は、今回の武器輸出三原則の緩和を契機に、独自の軍需産業の育成に積極的に取り組むべきである。三原則の緩和には、朝日は社説で反対を唱えたが、結局すんなりと決まってしまった。そこには明らかに空気の変化が感じられる。そうなった最大の要因は、このところ極めて明確になった、中共による急激な軍備拡張にあるに違いない。日本の軍事産業を成長させるのは、まずは我が国の軍備を充実させるためであるが、それを海外に積極的に輸出すればよい。中共の軍事的脅威に直面するのは、日本だけでなく、東南アジアや南アジアの諸国も同様なのであるから、そこに広大な市場が存在しているわけである。

経済ナショナリズムや鎖国は論外なので、このような発想が必要だと思います。自由経済論者でなければ反TPPを言う前にWTOからの脱退をいわないのは欺瞞です。

>amotoyamatotake
TPPとWTOはまったくの別物でしょう。思想背景も異なる。

とっとと↓に答えろよ。
>逆にTPPが公平で双務的だという証明をお願いします。あなたに可能ならばですが。

他人ひとり説得できない阿呆はすっこんどれ

>>WTOとTPP

TPPとWTOはまったくの別物でしょう。思想背景も異なる。 どう違うのか説明を願います。

>>逆にTPPが公平で双務的だ

私はそのようなことを言っていない。従って証明の必要は無い。
片務的で不公平だということを言う人間にこそ納得のいく説明が必要です。

>amotoyamatotake
こいつシナチクかと思ったらチョンじゃねぇか

amotoyamatotake は、頭の中どうなってるの?
思考が足りていないわ。

チゲ鍋理論

何の脈絡も無く突然支離滅裂な結論を強引に導き出す、本人だけが理解しているワープロジック。

論理の矛盾や破綻を頑なに認めず、自己の正当性を異常な粘着性忍耐力を発揮して、論点を外しながら主張する。

大陸北方から南下してきた、エベンキ系高句麗族が採用する詐欺理論。

カプサイシン接種過多の場合、正常思考に回復した症例は認められず、、、

マルチレス失礼します

>Suraさん

こちらこそ、はじめまして。
パスワードの件は私も気付いていました。本人なりに変える理由があるのでしょう。

>amotoyamatotakeさん
>片務的で不公平ですよね。 という主張を~納得のいく説明をするのが筋です。

えぇー!?
あなたみたいに道理をわきまえない人に、納得のいく説明をするのが筋なんですか?
ま、いいですよ。

●国家戦略室資料(TPP)
http://www.npu.go.jp/policy/policy08/pdf/20111014/20111021_1.pdf

関係各省庁が協議等を通して収集した情報を基に、国家戦略室が作成した資料です。
その資料を読めば、日本にとって重大なデメリットの恐れが浮かんでくるはずです。

それと、TPPの交渉日程は2010年3月の第1回から2011年9月の第9回までが既に終わっており、2012年にあと最低5回がある予定です。日本は2011年11月のAPEC首脳会議でTPP交渉入りを表明しましたが、アメリカ議会の参加承認を得るのに半年程度が必要な見込みで、予定のルール策定作業に実質的に参加できない可能性が出てきたわけです。日本がやっと交渉入りしたとしても、TPP推進派が主張する「有利な条件を得るために早い参加が必要」の根拠はもう何処にも存在しません。

殆どのルール策定作業に参加できない日本がよくTPP交渉入りを表明したと思います。
夏頃までには日本抜きの全交渉日程が終わっていたりして(呆)
しかも、各国政府が入手した交渉文書は協定発効後4年間の守秘義務があります。
これまでの交渉でアメリカは既に日本に対して勝算ありと踏んでいるのでしょう。
ISD条項満載の米韓FTAの二の舞の気配がします。

これだけでも充分、片務的で不公平だと思いませんか?どうです?
一般の判断能力がある人には納得して貰えると思いますが、
道理も何も関係のない人には果たしてどうでしょうか?

ところで、あなたの質問責めは癖?罠?それとも一種の護身術のつもりですか?
ま、正直何でもいいですが。

>端末を特定されたくない目的で、プロキシサーバを経由し毎回IPをランダムにしますが、必ずしももそうではない。IP隠ぺいが徹底されていない。

串差してとか何言ってんだか。
素直に「FC2の入力システム理解してませんでした」って書けば良いだけだろ。

>amotoyamatotake
こいつシナチクかと思ったらチョンじゃねぇか
2012/01/26(木) 14:21:01| URL| 香港(笑) #- [編集]
amotoyamatotake は、頭の中どうなってるの?
思考が足りていないわ。
2012/01/26(木) 18:04:02| URL| ちょっと、 #- [

お里が知れますね。私のロジックには破綻はありませんよ。

WTOの基礎は 
自由(関税の低減、数量制限の原則禁止)
無差別(最恵国待遇、内国民待遇)
多角的通商体制

中野某のように経済ナショナリズムを立脚点とするなら、内国民待遇反対なのでWTO脱退を言うべきであるし、また、TPPが「片務的で不公平」だというのなら、その説明を納得がいくように行うべきだし、立脚点は自由主義なのだからロンポール流であるか、別の経済ブロックですら経済ナショナリズムに立脚してはならないです。両方同時に基盤として立論は不可能です。


論理破綻して差別発言は出自が知れるというものです。


>amotoyamatotake

同じネタを何度も… いかにも愉快犯のマッチポンプらしい変態ぶりですね。

元々全般の知識基礎もないから傍から見ていて痛々しい。

WTOは解体すべし

WTO の基本理念である自由貿易の「自由」という言葉は反対できない響きを持っています。少なくとも私たちはそのように洗脳されてきました。

しかし、グローバル化とか金融ビッグバンといった耳あたりのいい掛け声のもとで貿易・金融の自由化が推進され、その結果どうなったか。
本家のアメリカをはじめ日本でも勤労者の平均賃金はこの20年間下がり続け、格差が拡大しました。大企業とそれに連なるエリートだけが肥え太ったのです。
「自由」がもたらした害悪は巨大です。
この事実に気づいているのは今のところ中野剛志京都大学准教授などごく一部にとどまっています。

WTOは解体されるべきです。
むろん、日本が単独で脱退するという形ではなく、先進国が協調して取り組むべき課題であります。

TPPはブロック的な要素はありますが、根底にある思想はグローバリズムであり、我が国にとって有害であるのは言うまでもありません。
特に農業に関して言えば、広範囲の国土が放射能に汚染された現状を考えれば、農産品の輸出で外に打って出るなどという話は悪い冗談に過ぎません。3.11により農業を取り巻く環境は激変したのです。

米の輸入制限が撤廃されれば、関税が現行のまま据え置かれるとしても、国内市場における国産米は競争力を失うでしょう。カリフォルニア米はすでに品質で国産米と同等です。タイ米の品種は日本人好みではないという意見がありますが、日本への輸出が可能となれば品種の切り替えが進むでしょう。日本の商社などが協力するはずです。国民は放射能汚染の恐れがない外米を選択すると予想されます。
こうしてTPPにより日本の農業は確実に壊滅します。
 

>TPPにより日本の農業は確実に壊滅します。
    ↑
その程度で壊滅するような農業なら、はじめから農業なんかやるな。
TPP反対派は、消費者の選択の自由を全く考えていないんだな。

どうせ鎖国するなら、都道府県単位で鎖国してみたらwwwww

比較優位の原則を軽視すると、どうなるのか、やってみればいいじゃない。


ご迷惑おかけしました

>O'Brien さん
ご迷惑おかけいたしました。
IPに関しては無関係みたいですね。
ただ、パスワードを毎回変えるにしても、何故金曜日の一部と土日は変えなかったのか、その挙動は奇妙です。
また、パスワードを毎回変えたら、ハンドルネームを偽装されても、外には弁解ができないので、帰って議論がやりずらいと思いますが。

まぁ、私が勘違いしたため、他のコメンテータからフルボッコされているamotoyamatotake一同の皆様が、喜んで頂けたので、軽い余興ということでご容赦ください。

なかなか良い風が吹き始めたようです。

【JA、TPP反対活動で米国やカナダの農業団体と連携へ】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120124-00000575-san-bus_all
 全国農業協同組合中央会(JA全中)の冨士重夫専務理事は24日の会見で、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉参加に反対していくため、米国やカナダの農業団体と連携を強めていく考えを示した。両国にも関税撤廃による国内農業への影響を懸念する団体があるため、情報交換や政党への働きかけなどで連携が可能とみている。

 全中の万歳章会長や冨士専務理事は今月中旬に訪米し、農業団体幹部らと意見交換。米国の小規模農家でつくるファーマーズ・ユニオンは「これまでの自由貿易では、国内の雇用を他国に移す結果になった」として、TPPに懐疑的な立場を強調。カナダ農業者連盟も「各国への重要品目への配慮がない」とTPPを批判していた。

私は経済に詳しくないので、間違ってたら指摘して下さい。

WTOはGATTから発展して、世界の貿易を自由で公平に発展させる目的で出来たのですよね。

ある国がWTOの協定に違反したと思えば、加盟国は自由に訴え裁定を求める事ができる。たとえ米国が相手でも…。
そして米国はその裁定機関で常勝ではない。
ニュースで日本などが米国に裁定で勝ったと聞いた事があります。
けっこう米国は負けているみたいです。

こんな公平な機関から脱退するメリットが、私には見つかりません。
米国なら違うかもしれませんが…。

TPPとWTOは、正反対なモノと思います。

TPPに反対ならWTOを脱退せよ
は、米国の強欲な人々が喜ぶだけと感じます…私は。

TPPに反対の立場は ロンポールの自由主義からの反対というものもあります。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB
彼はWTOも管理貿易として脱退を主張しています。リバタリアンの過激派はこういうものでしょう。これがひとつ。
酒と泪さんは片務性・不公平性をいわれているのでしょうが、明示されたルールの中でアメリカが敗北していないというのはルール違反がないからと考えるのが普通です。支那のように人治ならまだしも、立憲主義・法治主義の国家がそのような不公平なことをすれば加盟国は黙っていますまい?私の誤解でなければ、それが常識的な見識を通常いわれるあなたの立脚点ではありませんか?WTOは負けているがTPPは勝っているという相対的な理由は説得力が不足しています。つまり、「片務的で不公平」の証明は十分にはなされていません。
酒と泪さんはWTOに賛成のお立場なので自由主義であり、アメリカの常勝に疑念を抱き、アメリカのブロックへの加入は否定的な見解と存じました。つまり、WTOというレベルで、自由主義経済を行うか、その他のブロックへ加入もしくは創造ということでいいでしょうか。酒と泪さんの意見には論理破綻はないので理解しました。懐疑論なので客観性には欠けますが、立場がわかりましたので理解いたしました。
WTO路線を反自由主義から否定している人が登場したようですね。いよいよ面白くなってきました。反WTOで立論を期待します。鎖国主義ですか?
私は、ブログ主の立場をお聞きしたいのです。どういうお立場から経済を語っておられるのかです。

米国の経済ブロックに入るメリットが、TPP賛成派の説明で納得できません。
逆に反対派の説明の方に納得しています。

ただ、親米保守の方々が安全保障に絡めて論じられている人もいますが。
この方々と現状認識の一部が共感できます。

歴史を振り返ると、現在は
第一次世界大戦が終わり米国のバブルがはじけ、世界恐慌になり、列強各国が経済ブロックを囲い込み、不況から脱出を試みた過去に
大変に似ています。

歴史は、逸れが第二次世界大戦につながり
米国は、日本を追い詰め罠に嵌める事により
裏口から大戦に参入しました。

そして、ニューディール政策で成し遂げられなかった大不況からの脱出を戦争特需により成し遂げた。
敗戦国日本の犠牲のもとに…。
日本に取って迷惑千万です。
米国のプロパガンダと違い、満州や朝鮮を日本人は誠心誠意治めていたのに…自国に落とすべき税金を投入してまで。

今回、米国が前回と同じ覚悟を持って謀略を始め、戦争も辞さない計画ならば
敗戦国となるより、一時の不利益は忍耐し
戦勝国になるべきかと迷います。

ただし以上の論は架空の論であり、米国が戦争を始めるとの確証がない限り売国奴と同じになりますが…。

旧来のWTO条約では米国国際資本の思うように物事が進まないので世界銀行の法律家が、米韓FTA、TTP(実質日米FTA)などの国際条約を出して来ているのです。WTO脱退論 はamotoyamatotake酒飲みの戯れ言で極論です。当面TPPを批准しないで国際情勢を見ていればよいだけ、野田の参加表明が諸悪の根源です。

選挙前コム
増税によらない復興財源を求める会(208名)
http://senkyomae.com/m/%c1%fd%c0%c7%a4%cb%a4%e8%a4%e9%a4%ca%a4%a4%c9%fc%b6%bd%ba%e2%b8%bb%a4%f2%b5%e1%a4%e1%a4%eb%b2%f1
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
(356名)
http://senkyomae.com/m/%a3%d4%a3%d0%a3%d0%b8%f2%be%c4%bb%b2%b2%c3%c8%bf%c2%d0%a4%cb%b4%d8%a4%b9%a4%eb%b9%f1%b2%f1%c0%c1%b4%ea%a4%ce%be%d2%b2%f0%b5%c4%b0%f7

JAのTPP反対請願に署名した議員

▽衆議院

 <民主党>
相原史乃、赤松広隆、石井章、石関貴史、石田三示、石津政雄、石原洋三郎、石森久嗣、
石山敬貴、今井雅人、内山晃、大泉博子、逢坂誠二、太田和美、大谷啓、岡島一正、岡本英子、奥野総一郎、梶原康弘、勝又恒一郎、加藤学、金子健一、川島智太郎、川内博史、川口博、川口浩、川村秀三郎、木内孝胤、菊池長右エ門、京野公子、工藤仁美、熊谷貞俊、黒岩宇洋、黒田雄、桑原功、小泉俊明、古賀敬章、小林興起、小林正枝、小山展弘、斎藤恭紀、坂口岳洋、阪口直人、佐々木隆博、階猛、篠原孝、杉本和巳、瑞慶覧長敏、首藤信彦、空本誠喜、高野守、高橋英行、高松和夫、橘秀徳、田中美絵子、田名部匡代、玉置公良、玉城デニー、玉木雄一郎、中後淳、道休誠一郎、中井洽、永江孝子、中川治、中島政希、中津川博郷、中野渡詔子、仁木博文、野田国義、萩原仁、橋本清仁、橋本勉、畑浩治、樋口俊一、福嶋健一郎、福島伸享、福田衣里子、松野頼久、水野智彦、三宅雪子、宮崎岳志、宮島大典、三輪信昭、村上史好、矢崎公二、谷田川元、柳田和己、山岡達丸、山崎摩耶、山田正彦、山田良司、横山北斗、鷲尾英一郎、和嶋未希、渡辺浩一郎、
渡部恒三、渡辺義彦

 <自民党>
逢沢一郎、赤沢亮正、秋葉賢也、阿部俊子、石田真敏、伊東良孝、稲田朋美、井上信治、今津寛、今村雅弘、岩屋毅、江渡聡徳、江藤拓、遠藤利明、大島理森、大野功統、小里泰弘、小野寺五典、小渕優子、梶山弘志、加藤勝信、加藤紘一、金子一義、金子恭之、金田勝年、河井克行、川崎二郎、河村建夫、北村茂男、北村誠吾、木村太郎、高村正彦、古賀誠、後藤田正純、斎藤健、坂本哲志、佐田玄一郎、佐藤勉、塩崎恭久、柴山昌彦、新藤義孝、菅原一秀、高市早苗、高木毅、竹下亘、武田良太、武部勤、竹本直一、橘慶一郎、田中和徳、棚橋泰文、谷公一、谷川弥一、谷畑孝、田野瀬良太郎、田村憲久、徳田毅、永岡桂子、長島忠美、長勢甚遠、中谷元、二階俊博、西野陽、丹羽秀樹、額賀福志郎、野田聖子、野田毅、馳浩、浜田靖一、林幹雄、平井卓也、福井照、古川禎久、古屋圭司、細田博之、保利耕輔、町村信孝、松野博一、松本純、三ツ矢憲生、宮腰光寛、村上誠一郎、村田吉隆、望月義夫、森英介、森喜朗、森山裕、山口俊一、山本公一、山本幸三、山本拓、
山本有二、吉野正芳

 <公明党>
石井啓一、石田祝稔、稲津久、井上義久、漆原良夫、江田康幸、遠藤乙彦、大口善徳、斉藤鉄夫、佐藤茂樹、高木美智代、高木陽介、遠山清彦、東順治、古屋範子

 <共産党>赤嶺政賢、笠井亮、穀田恵二、佐々木憲昭、志位和夫、塩川鉄也、高橋千鶴子、宮本岳志、
吉井英勝

 <社民党>
阿部知子、重野安正、照屋寛徳、中島隆利、服部良一、吉泉秀男

 <国民新党>
亀井静香、下地幹郎

 <たちあがれ日本>
園田博之、平沼赳夫

 <新党日本>田中康夫
 <新党大地>浅野貴博
 <無所属>石川知裕、小泉龍司、中村喜四郎、鳩山邦夫、松木謙公、横粂勝仁


 ▽参議院

 <民主党>
植松恵美子、大河原雅子、大久保潔重、小川敏夫、川上義博、川崎稔、小西洋之、小見山幸治、今野東、佐藤公治、高橋千秋、武内則男、田城郁、谷岡郁子、徳永エリ、友近聡朗、外山斎、平山幸司、舟山康江、増子輝彦、松浦大悟、水戸将史、米長晴信

 <自民党>
愛知治郎、青木一彦、赤石清美、有村治子、石井準一、石井浩郎、石井みどり、礒崎陽輔、磯崎仁彦、猪口邦子、岩井茂樹、岩城光英、上野通子、宇都隆史、衛藤晟一、大家敏志、岡田直樹、岡田広、加治屋義人、片山さつき、金子原二郎、岸宏一、岸信夫、熊谷大、小泉昭男、鴻池祥肇、小坂憲次、佐藤信秋、佐藤正久、佐藤ゆかり、島尻安伊子、末松信介、鈴木政二、関口昌一、世耕弘成、高階恵美子、伊達忠一、谷川秀善、塚田一郎、鶴保庸介、中西祐介、中原八一、西田昌司、二之湯智、野上浩太郎、野村哲郎、橋本聖子、長谷川岳、林芳正、福岡資麿、藤井基之、藤川政人、古川俊治、牧野京夫、松下新平、松村祥史、松村龍二、松山政司、水落敏栄、溝手顕正、宮沢洋一、森雅子、山崎力、山崎正昭、山谷えり子、山田俊男、山本一太、山本順三、吉田博美、義家弘介、若林健太、脇雅史、渡辺猛之

 <公明党>秋野公造、加藤修一、木庭健太郎、白浜一良、竹谷とし子、谷合正明、西田実仁、山本博司、横山信一、渡辺孝男

 <共産党>市田忠義、井上哲士、大門実紀史、紙智子、田村智子、山下芳生

 <社民党>福島瑞穂、又市征治、山内徳信、吉田忠智

 <国民新党>亀井亜紀子、森田高

 <たちあがれ日本>片山虎之助、藤井孝男

 <新党改革>荒井広幸

 <無所属>糸数慶子、大江康弘、長谷川大紋

野田首相側に111万円献金 逮捕の会社社長(01/26 11:25) 北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/346155.html
 暴力団関係者が使う乗用車を購入する際に虚偽登録をした疑いで、千葉県警に22日逮捕された冠婚葬祭会社「セレモ」社長の林勇樹容疑者(46)と同社が、野田佳彦首相の資金管理団体などに計111万円を献金していたことが26日、政治資金収支報告書の記載などで分かった。野田氏の事務所は「事実関係を調査中」としている。

 報告書によると、林容疑者は2008年に資金管理団体「未来クラブ」に1万円を寄付。セレモは05~10年の間に、野田首相が代表を務める政党支部「民主党千葉県第4区総支部」に計110万円を寄付していた。

このブログ主さんの主張は、イギリス病をもたらした、第二次大戦後のイギリス労働党と一緒じゃないの?


http://megu777.blogspot.com/2012/01/1.html


労働党はこのような考え方を明快かつ明瞭に掲げた。同党は、計画化、規制、統制、補助金などを誇りとした。将来に関する同党のビジョンは、東ヨーロッパの集団主義とアメリカの資本主義の中間にあって民主社会主義としての第三の道を行くイギリス、というものだった。そして、その原則と政策の間には大ざっぱな一貫性があった。労働党より左派の陣営がいうほどのペースの変化は求めないにせよ、政府の拡大を求めたことである』サッチャー回顧録、上(16頁~17項)

比較優位論は有害

WTOが立脚する自由貿易の理論的基礎が比較優位論であるとするなら、WTOの存在意義には重大な疑念が生じる。

比較優位論を裏返すならば、比較劣位にある産業は壊滅するということであり、そこに従事する何百万、何千万の人々は失業するということである。現実問題として、転職はスムーズにはいかず、賃金の低下を伴う場合が多い。
現在日本、アメリカ、ヨーロッパなどの先進国で起きている失業率の高止まりと賃金低下は自由貿易によってもたらされたと言っても過言ではない。世界規模での激しい競争の結果、賃金の平準化が起きているのであり、これがリーマン・ショックの遠因であったとみなすことができる。

比較優位にある産業を伸ばすことで価格が低下することの代償が失業と貧困である現実を直視するなら、比較優位論は有害であると断じざるを得ない。

そのような有害な理論に立脚するWTOは解体し、その後に新たな世界貿易の枠組み(仮に新WTOと呼ぶ)を構築すべきである。
新WTOの基本理念は旧WTOの自由貿易の理念を引き継ぎつつ、多くの制約を課すことで、比較劣位の産業を保護するものとなるだろう。人々の幸福を最大化することを重視するものであり、それによる経済効率の低下はやむを得ないとみなす。

野田首相、在日韓国人から15万円献金

野田佳彦首相(54)の資金管理団体、未来クラブ(千葉県)が2001~03年、在日韓国人の男性から計15万8000円の献金を受け取っていたことが3日、男性の関係者の話などで分かった。政治資金規正法の公訴時効(3年)は、既に成立している。

政治資金収支報告書によると、男性は同県船橋市の会社役員で、日本名で献金していた。関係者によると、在日本大韓民国民団(民団)の支部役員を務めている。

野田氏の事務所は「事実関係を精査してから正式なコメントを出す」としている。

政治資金規正法は、外国人や外国企業から政治活動に関する献金を禁止。違反すれば3年以下の禁錮か50万円以下の罰金と定めている。

外国人献金をめぐっては、3月に前原誠司元外相(49)や菅直人前首相(64)の政治団体でも発覚。前原氏は外相を辞任し、菅氏は「日本人だと思っていた」と釈明した。(共同)[2011年9月3日21時8分]

少子化の原因は自由貿易

自由貿易は比較劣位にある産業を淘汰し、そこに従事する人々の職を奪うことは上述の通りである。
比較優位にある産業といえども、世界規模の競争に生き残るためには人件費を圧縮するほかなく、正社員が減少して非正規社員が増加する流れが生じた。

非正規社員は賃金が低いだけでなく、いつ首を切られるかわからないという不安定な状態に置かれている。
身分の不安定さのもとでは結婚をあきらめざるを得ないのであり、それが少子化に直結している。

若者の意識の変化が結婚を妨げているという意見があるが、それはごく一部のことにすぎない。為政者にとって、経済的要因が少子化の根本原因であることを認めることは自らの失政を認めることと同等であるから、意識の変化や保育施設の問題にすりかえているのである。

自由貿易の害毒を薄めるにはWTOを脱退すればいいということではない。日本が単独で脱退すれば日本だけが袋叩きにあって大損するのは自明である。

したがって、他の先進国と協調して、WTOを解体して新たな貿易秩序を構築すべく務めるのが正しい外交というものである。

>参考
旧来のWTO条約では米国国際資本の思うように物事が進まないので世界銀行の法律家が、米韓FTA、TTP(実質日米FTA)などの国際条約を出して来ているのです。WTO脱退論 はamotoyamatotake酒飲みの戯れ言で極論です。当面TPPを批准しないで国際情勢を見ていればよいだけ、野田の参加表明が諸悪の根源です。


WTOの基礎は 
自由(関税の低減、数量制限の原則禁止)
無差別(最恵国待遇、内国民待遇)
多角的通商体制

TPPに対して「内国民待遇反対」で否定する論陣はWTOからの脱退も言って当然というのは何が非論理的でしょう?あなたはWTO自由主義路線そしてTPP様子見派であるなら私にではなく、「内国民待遇反対者」に言うべきでは?昼間から飲酒運転?御身大切に。私は論理的な必然を述べているのみですが。それともあなたも実は内国民待遇反対派ではないですか?WTO否定まではさすがに・・・という日和見でしょうか?


























>参考さんへ

>>旧来のWTO条約では米国国際資本の思うように物事が進まないので世界銀行の法律家が、米韓FTA、TTP(実質日米FTA)などの国際条約を出して来ているのです。WTO脱退論 はamotoyamatotake酒飲みの戯れ言で極論です。当面TPPを批准しないで国際情勢を見ていればよいだけ、野田の参加表明が諸悪の根源です。

参考さんの認識の通りです。

WTOもEPA、FTA、TTPも自由貿易を促進するものではありますが、
世界全体をWTO(唯一の国際協定)だとすると、
EPA、FTA、TPPは、その全体の中で特定の二国間又は地域の多国間が独自のルールで協定を結んでいる自由貿易協定です。
それが幅広く参加国の経済関係を強化するものなら良いのですが、実際はどうでしょうか?
皆さんもうご存じのことだと思います。

amotoなんとかって、自分の没理論に無自覚な人です。
この人のコメントは煽り的、挑発的と思って間違いありません。
少しおかしな人なのでスルーで良いかと思います。

笑いのツボ

>Suraさん

どうも、こんばんは。

>その挙動は奇妙です。
>少しおかしな人なので

飲んでたコーヒー吹いた(笑)

Suraさんと15:18:03さんのおっしゃる通りです。
顔も知らないamotoyamatotakeさんですが、この人のコメントをリンクさせたら、妙に笑いのツボにハマってしまいました。

ところで、今日の野田さんのTPPに関する国会答弁ですが、質問の答えにもなっていません。あんなのが日本の首相とは…。しかもあの顔で。

ブログの宣伝までしだしました

>O'Brien さん
きっと、どうでもいいことと存じますが、一応報告まで
このブログを賑わしているamotoなにがし氏が、
せと弘幸氏のブログ(恐らく保守分断の目的で、経済関係をあまり取り合わないところを狙ったと思われる)で、福島原発がらみで御自身のブログを宣伝しておりました(http://amotoyamatotake.blog.fc2.com)。

で、そのリンク先を見ると、保守系のサイトを並べているがその中に、池田信夫や太陽の帝国(柳生昴)が紛れ込んでいました。

要するに、筋金入りであるということでしょう。

「比較優位論を裏返すならば、比較劣位にある産業は壊滅するということであり、そこに従事する何百万、何千万の人々は失業するということである。現実問題として、転職はスムーズにはいかず、賃金の低下を伴う場合が多い」
    ↑    ↑    ↑
 比較優位論を、正確に理解してくださいね。
 A国とB国があり、A国は、機械と農業の両方がB国よりも得意で、機械の方がより得意である。B国は、両方とも劣位である場合、A国は、機械に集約し、B国は農業に集約することがA国、B国ともに豊かになれるというウィンウインの考え方です。A国が全てのことを行うのではなく、B国と分かち合うことに意味があるのです。B国の収入がなくなったら、A国の製品が売れなくなってしまいます。要するに、相対的に自分の得意な分野でがんばれ、ということ。相互に一番すぐれた製品を使えるようにしようということです。

 身近な例では、タイピストと弁護士の例で考えればいいですね。タイピストよりもタイプが上手な弁護士ですが、それでも弁護士はタイピストを雇います。それは、弁護士は、弁護士としての仕事をより深化させ、それに専念することが最大の効用を発揮するからです。タイピストが首になることはありません。むしろ、弁護士の収入が増加することにより、タイピストの収入が良くなる可能性があります(教科書によく出てくる事例です。)。

 一方、比較優位論は、利用者・消費者の観点に立てば、なおさら有益です。日本人であっても、ドイツの製品が良ければドイツの製品を使いたいです。また、安い台湾産バナナを買いたいと思ったら買えるようにすることです。安くて良いものを世界の中から選択したい。そして、より良く、より安いものを開発するための競争を促進するのが、WTOなり、TPPではありませんか。
 もっと身近でいえば、比較優位を否定するならば、なんでもかんでも自分でやってくださいということ。コメ作りも、会社までの通勤も電車などに頼らずに、服も自分で縫って、いやその服の生地も木綿から栽培して、田んぼに水を引くための水路も自分でやって、、、、というように。たぶん無理ではないかと思いますが。。。。 比較優位を否定する人は、ここからスタートしてほしいです。。。。

 確かに、比較優位の原則でも一時的な例外がないわけではありません。保護主義が必要な時期もあるでしょう。しかし、あくまでも例外です。

 世の中は、生産者と消費者がいます。少なくとも、消費者にとって、比較優位論は有利です。生産者にとっても、おおむね有利であれば、結論は見えているのではありませんか。

 後は、TPPに加入することによって、損害を被るであろう産業(農業も含む。)について、いかに激変緩和措置をとれるか、競争力をつけてもらうか、業種転換を進めるか、TPPを公正に運営するためにいかなる工夫をすべきかということなど加入後の諸課題の工夫に尽きるのではないでしょうか。

ネーション・オブ・イスラムのリーダー、ルイス・ファラカーンによる米国弾劾
http://www.youtube.com/watch?v=YEd0QOOm25A

市場の動向をどのように理解しいるのですか?

ブログ主さんの愛国心は理解もできるし、指示もします。

しかし、日本の天文学的負債を認知できれば、tppは必要です。

ジム・オニールのレポートは現実を示しています。ゴールドマン・サックス

在日問題は平和憲法改正しなければ、解決はない。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。