スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国の債務とは?    1月4日(水) (平成24年・辰年)


新しい年を迎えましたが、世界経済は今まで経験したことのない
危機を迎えようとしています。欧州債務危機、中国経済崩壊、アメリカ
の没落、その中で日本の取るべき道とは?

地球上における経済現象の展開が我々の日常生活に大きな影響を与え、
ひいてはそれが自分の人生をかえる事になるかもしれません。そして
この経済不況の現実から逃れる術は存在しません。

このような世界経済の現実に、日本がどのように対処すべきか、それが
現在のもっとも重要な課題です。

しかし野田首相はこの不況下において消費税増税に不退転の決意表明を
するなど気狂い沙汰です。この世界経済の嵐が通り過ぎるのを待って
から、消費税やその他の税を上げても遅くありません。

野田首相は日本と世界経済の展開をもっと目を凝らして見なければ、
世界の渦に巻き込まれて日本経済を破壊しかねません。

野田首相は財務省の言いなりになっていると言われています。それなら
経済のプロであるべき財務省の人たちは大馬鹿ぞろいばかりということ
になります。

ケインズの言葉を借りるなら「不況の際には政府支出を用いて経済を
刺激すべきである。経済が回復した際には財政引き締めと政府財政の
立て直しのために増税もやむえない」と言っています。

財務省はこの逆のことをしようとしています。政府の国内債務が経済的
苦境の物差しではないばかりか、それと何ら明確な関係もないということ
を、財務省はたして理解しているのでしようか?

日本政府の債務は95%円建です。円を印刷できる日銀をコントロール
出来る政府はいつでも円を刷って金利支払いも借金も返すことがで
きます。

政府の借金相手は国民です。つまり国民は債務者であると同時に債権者
なのです。人々は自分が自分に借りている債務によって不安にかられる
などおかしいと感じないのですか?

政府の借金の大半は民間部門を構成する家計や、非営利機関、銀行や
保険会社その他の事業会社の正味資産になっています。いわゆる政府の
赤字は国民の黒字なのです

ところが経済評論家などは我が国は「世界最大の債務国」であると
言って国民を不安がらせています。

もし政府が日銀を飛ばして直接政府紙幣を発行すれば国債という借用書
を出さなくてすみます。そうすれば日本の場合借金は0です。

世界の先進国では政府にではなく中央銀行に紙幣の印刷の権限を与えて
います。なぜなら政府直接なら紙幣発行に歯止めが止まらなくなりイン
フレを招くからです。

しかし紙幣発行が行き過ぎるとインフレが発生すると、世界の誰もが
信じていました。だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになると
いう信じられない教訓を人類は得たのです。過去の偉大な経済学者の誰
もが知らなかったことが現在起こっているのです。

我々は今日、まさにそのような、急激な変化に備えなくてはならない
時代に生きているという認識を政府は持つ必要があります

そして物事は必ずしも目に見えるとおりではないということに気が
つき、政府の借金が悪であると思うことが、国民を不安がらせ萎縮
させることにつながることを知らねばなりません。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

174000円が37500円まで暴落している。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/cbuilder?T=jp09_&ticker1=8301%3AJP

日本の政府日銀がバカなのは、現状が常に続くことを前提にするから失敗を繰り返す。
低金利が続くなど、ずっと晴天が続くといってることに等しい。雨も降れば嵐も来る。
そのとき、耐えられるように欧米は借金の上限を必死に守っているのに、アジアはその辺が非常にルーズだ。

結論として、他人事のように膨らんだ借金は、借金がした人が払うことになる。

もう年末には、政府のデマとかそんなことは言ってられなくなっていると思いますね。

>だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになるという信じられない教訓を人類は得たのです。


疑問なのですが、


通常為替で問題無く貿易が行われている場合は、紙幣発行過多になるとインフレになるのは理解できるのですが、果たして現状はそうなのでしょうか?

日銀はFRBの子会社です。

「円を印刷できる日銀をコントロール出来る政府はいつでも円を刷って金利支払いも借金も返すことがで
きます。」
残念ながら日本政府は日銀をコントロールなんぞ出来ません。
出来るならトウの昔にしております。
日銀は株式会社で、単なる一企業に過ぎません。
日本政府は、国債という借用書を入れて日銀から、日本銀行券を借り入れているだけで、日銀のご主人様はFRBです。
名義は別人になっていますが、大株主ははロスチャイルドや天皇陛下です。


辻本さま

あけましておめでとうございます。
論客の皆様にはそんなことも知らんのかと笑われるでしょうけど。
「インフレとデフレ」 今一度、解り易くおさらいしてみます・・・
http://manabow.com/hayawakari/hayawakari4_1.html

2012年がやって来ました

>だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになるという信じられない教訓を人類は得たのです。過去の偉大な経済学者の誰もが知らなかったことが現在起こっているのです。

えっ?
今のデフレの現象は、お金の供給を長いこと怠ってしまった結果、モノとお金のバランスが崩れ、将来の不安から人々がモノよりお金を欲しがり、モノが売れずに経済のサイクルが停滞なのですが…。なので、今回のブログ記事は読まなかったことにします(笑)
それでも経済に対する危機感だけは伝わってきました。実際に危機です。

市中銀行にせっせとお金を貯め込んでも、お金は一旦日銀に行きますので、市中銀行には余り現金がありません。で、我々の預貯金で国債を買わされている訳ですが、あと何年持ちますかね?(おおよそは知ってますが。)一律ペイオフで1000万円+利息まで!なんて突然言われるかも知れませんね。万一そうなったら、もう経済もへったくれもありませんが、日本が破綻する前にアメリカが破綻して、北米でアメロが導入されたらいよいよかもですね。あ、更にその前に日本の証券会社がバタバタと潰れると思いますが。

※「ななし」というHNは以外にも複数の方が余所でも使っていましたので、「ななし's」にします。

現トップ付近の世代が非論理的

困ったことに, 自民党も消費税増を否定しない.
このまま選挙に突入すると消費税もTPPも
争点にならずに訳の分からない選挙になる恐れ.
どの組織も, 現トップ付近の世代が非論理的だ.

辻本さま

あけましておめでとうございます。
本年も応援しています。

>だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになるという信じられない教訓を人類は得たのです。過去の偉大な経済学者の誰もが知らなかったことが現在起こっているのです。

これは、ある意味、本当かもしれませんね。
いくらお金を供給しても、国債とかわけのわからない投機に向かうだけで、デフレが止まらない。
ドルを大量に供給しても、何も変わらない。
使わないとだめという事ですよね。
微妙で、深いと思います。

すごい時代に生きているんですね

EUはどうなるの?って思っていたらユーロ安になりました
ECBがユーロを刷ってコッソリ銀行に配っているからですね(笑)
FRBも16兆ドル程2007~2010年までに$を刷りバンカメはじめEUの銀行に配りまくりました…
多分第一ラウンドはこれで落ち着くのでは?銀行には取りあえずのお金は確保された気がします
あとはどの位銀行に対して棒引きするか?金額交渉です~野村も落としどころ思案中でしょうか?と言うより言われた金額丸呑み?

後はブログ主様が仰る長いデフレが各国を待っている
緊縮財政でどこの国も地味な生活になりそうです(笑)意外とバブルのはじけた中国辺りがしぶとく経済成長しそうなきもします…これは退職した会社の後輩に聞いた話し
中国は今年も経済成長する様子・理由はわかんない?と言われてしまいました(笑)兎に角売れてますとの事でした…

新年よろしくお願いします。

デフレ下に増税したらどういう結果になるかの素人の私でも解るのに何故突き進むのか。フタイテンのケツイだと。橋本政権の3パーセントから5パーセント増税の教訓が解っていないのかね。上手くいかなかったら中止だとヨ・・。政治屋は気楽な商売なもんだ。
日銀は何故頑なに紙幣を発行しようとしないのか国民に対してもっと詳しく説明をしなければいけません。

歴代の日銀総裁はナニもやらないで高禄を食むだけでしかない存在ですね。
このデフレスパイラル下にインフレ基調になるのが怖いのだと?バッカじゃないか。
同じ借金国でもアメリカと日本は大違い、辻本様のおっしゃる通り日本は世界一の金貸し国家です。日本政府は日本国民から借金しているだけです。

諸外国に合わせて円を刷らないと益々円高になり日本企業の海外移転に拍車がかかります。
そして日本の熟練の物作りの伝統が失われ支那朝鮮に取って代わられる危険性も考慮に入れておく必要もあります。町工場などの雇用の裾野が広い兵器生産をすべし。

増税の前にやる事がある。
国会議員削減と国家公務員給与削減もそうだが、都道府県の地方公務員の給与も高いのでこれも人事院勧告命令で削減しなければ不公正である。(中共の脅威が逼っているので自衛隊員と防衛費の増強は必要である)

自治体が赤字なのに政治家・公務員にボーナスがでるなどもっての外である。これも公務員法を改正するべきだ。人事院なんて役所は廃止すべし。役人が役人の給料を決めています。お手盛りもいいとこだ。
民間に対して命令するだけで何等生産に従事しない公務員がこんな高待遇で良いのか。県庁の職員の民間業者に対する態度もでかいぞ!

日本政府は民間に対して構造改革や規制緩和を押し付けるが、政治・公務員の世界は明治時代からの官尊民卑そのままで既得権に守られた連中です。

野ブタ首相の〈不退転の決意〉は中共との有事の国家防衛の時に使ってもらいたい台詞ですな。
国会は将来、一院制にして議員数をもっと減らしてよい。ねじれ国会も無くなる。

上に言った事などは政治家が決めることで・・・民主党の主な支持母体は連合と地方公務員組合の自治労でしたね。泥棒に泥棒の番をさせることになるワケです。

野党も含めて民主党のバカ共はどこまで日本を壊す気でしょう。自分自身の寿命より日本の行く末の方が心配だ。

明けましておめでとうぎざいます

今年もよろしくお願い申し上げます
ブログ主どの

やはり行き過ぎた紙幣の増発はデフレを誘発するのですね
だぶ付いたマネーは行きさきを失い通貨としての価値は暴落する
そのために普遍的な価値のゴールドや世界一の債権国家の日本
円を買い損失を逃れようとする
そのためにマネーの流れは一方通行になり ドル、ユーロ、ウォンなどの
通貨はだぶ付き物を買うため決算はしにくくなり
当然 品物や資源などは売れなくなり
工場などが潰れ益々景気は悪くなる
日本のできる事は10年以内にエネルギーを自給自足できるようにして
エネルギーを他国に頼らないようにすることです
日本にはそのようにするためのテクノロジーと海の資源があります
これを実現すればおのずと国の負債は少なくなるはずです
それと 債務返済のための日本円の増刷は反対ですね
今の世界経済の安全弁になっているのが日本円という状況です
もし安易に円を増発すればマネーの行き場はなくなり
世界恐慌の引き金になりかねません

これが答えだ!!!

金が絶対だ何て、考えを持ったら危険だ。これは相対で社会の公器、水や空気の様にジャブジャブにしないといけないのよ。

 いい例が1929年の世界恐慌でしょ。中央銀行が金の蛇口を閉める。すると、株が大暴落、それをユダヤが全部買ったわけ。アングロサクソンの会社はみんなユダヤに乗っ取られたの。

 日本の上場も中小もたからだよ。それを盗られていいわけ?

 日本人は金を気にせず、せっせと細かい事をやるべきだ。本田宗一郎みたくね。

 金が最終目的で、銀行株主こそ強者だなんてやると、コカコーラとハリウッド映画しか作れなくなるよ。

 企業の内部留保が300兆これを何とかしないとね。課税が嫌なら金をするしかないでしょ。
 昭和恐慌だって、株主銀行に金が集中して終わりでしょ。川の流れを止めると水は腐っちゃうの。

2011/11/28(月) 17:37:06| URL| MR.T #-

精鋭且つ善良なる読者の皆様、ブログ主様、明けましておめでとう御座います。

これが答えだ2!!!

しかし、緊縮の命令はアメリカから出ているんだろう。日本を不況に陥らせるとどうなる。みんな土地や株を売るわな。

 小泉竹中の緊縮で株が1万5千円から7千円に下がった。それをユダヤが全部買い漁ったわけだろ。更には紙切れドルよりはいいという事で日本資産や温泉までユダヤ人が買いに来てたろ。

2011/11/28(月) 17:34:21| URL| MR.T #- [編集]


金をすると確かに北朝鮮程度の生産力ではたちまちインフレだが、先進国は違う。かなりごまかしがきく。政府も円安介入でドル買いをしても限界だな。それより円を刷った方がいい。

 公共事業が嫌なら給付金1人50万、5人家族なら250万。60兆の規模で、そうすりゃ家電や車の買い替えも進む。ローンの支払いにあてるもよし。トヨタも輸出企業も紙切れドルを稼いでもしょうがない事に気づいていないな。

 戦前の海軍工廠とかの様に、兵器も自前がいい。すると日本人は細かいから、アメリカの武器を買う事もないし、工業高校の生徒なんかの受け入れ先としてもいい。日本人は細かいのにもったいないよ。後宇宙開発も自前でね。アメリカは日本を恐れてサターンロケットを使えと押し付けてきたでしょ。
 
2011/11/28(月) 17:35:50| URL| MR.T #- [編集]

現在はデフレです。
ドルや人民元などは発行数がものすごく多いのです。
(円の発行は抑えられています)

こちらにグラフがあります。
【9・11から10年 世界を変えたおカネ】
http://plaza.rakuten.co.jp/floweret/diary/201109110000/

西田議員によるデフレ操作についての説明
【超人大陸】平成23年11月21日号【西田昌司】3/3
http://www.nicovideo.jp/watch/sm16230740
8分ころからです。

>紙幣発行が行き過ぎるとインフレが発生すると、世界の誰もが
>信じていました。だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになる

これは暴論でしょう。

通貨を市中に行き渡らせる際、金融緩和で行き渡らせるか、
国が公共事業を起こす際の国債を中央銀行が買い取ることで行き渡らせるかで、
大きく景気の動向が変わるのでは?

金融緩和の恩恵は、基本的に投資家のみで、庶民は、トリクルダウンで
しか恩恵はありませんが、トリクルダウンなど起こりえないことは、
ほぼ周知の事実ですね。お金の移動のみで、生産がない所では、雇用も生まれず、
庶民は僅かの給与で、生きるために買うものを制限されます。それこそ、
デフレの本質ではないでしょうか?

あれば少しでも国民の利になるものを国が率先して公共事業として作り出し、
雇用と消費を通じて庶民にお金を供給し、庶民に購買の選択権を行使できる
余裕を与えれば、デフレも起こりにくいことと推察します。

日本で安かろう悪かろうの中国製品が売れるためには、日本国民が生活のため
の余裕が無い状態である必要がありますね。
とすると、「無駄な公共事業」とは、中共による巧妙なプロパガンダではないか
とも思える今日この頃・・・

オウム真理教の背後にいたもの

オウム真理教の背後にいたもの
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-843.html

【関連情報】
【創価学会ファイル】
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/snt/csskgk.cgi

反日売国テレビ局・マスコミを支配している支那人朝鮮人勢力の実体があからさまになって来ました。 
日本国内に蔓延る創価学会や統一教会等の実体は嘘を100回言えば本当になると思っている朝鮮人達
であり、ポルノ規制法案や人権擁護法案を成立に殊更熱心なのは日本人を貶める為の隠された罠である
ことに気付いてください。 そして彼等にこの様な力を与えては成りません。

【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

>オウム真・教の背後にいたもの

この愛・さんの記事に対し、現在29位、元警視庁、坂東忠信は知らぬ、存ぜぬの一点張りです!!!

4つ前の坂東忠信の金正日死去での私とのやり取りを見て下さい。

上位の保守ブログ、COFFEE,中韓、瀬戸、博士、はパチンコ反対とは言っても、児玉機関・笹川機関から半頭オールスターズに引き継がれて居る魔・利権の事は言いません。

これら上位保守ブログの背後にはリチャードコシミズ支が言う様に、統一教会が居ると考えられる、と思われても仕方有りません。

これを云うのは、みそ汁の具ブログと、リチャードコシミズ支だけです。

訂正。

>オウム真理教の背後にいたもの

この愛しんさんの記事に対し、現在29位、元警視庁、坂東忠信は知らぬ、存ぜぬの一点張りです!!!

3-4つ前の坂東忠信の金正日死亡での私とのやり取りを見て下さい。

上位の保守ブログ、KOFFEE,瀬戸、中韓、博士、はパチンコ反対とは言っても、児玉機関・笹川機関から在日半頭オールスターズに引き継がれて居る麻薬利権の事は言いません。

これら上位保守ブログの背後にはリチャードコシミズ支が言う様に、統一教会が居る、と思われても仕方有りません。

これを云うのは、みそ汁の具ブログと、リチャードコシミズ支だけです。

KESSELRING 様

わしゃ言うとるヨ。

ガルさんに予て同意ですね。
ただ現在の情況を踏まえれば10年では遅すぎます。
5・6年以内に一般にエネルギーが自国でまかなえると認知
できるとこまで進めておかないと間に合いません。
5・6年の根拠は各国の経済状況とそれに伴う日本への圧力
です。
政治についてはみなさん現在40、35、30歳以下の選挙権
人数が現在45以上の選挙権に並ぶ比率を各種データで自分なりに
判断してみてください。それにより見えてくるものもあると思います。
*日本人の平均寿命をちゃんと考慮してください。
ここにいるみなさんがいろいろな情報に対して自分なりに調べ
ソース、ソースと連呼しない人種になることを自分含め今年の
目標としてくれることを望みます。

金融緩和しすぎるとデフレになる。これは、ひどいデフレだから金融緩和しすぎる程やっているが効かないというべきでしょう。
経済学では順序を逆にしてはいけません。経済条件を先に設定し、政策を後に持ってきます。更に後に政策効果の話になります。

誤例)公共事業拡大していくと不況になる。
正)不況が深刻化する中で公共事業拡大している。
誤例)金融引き締めし過ぎるとインフレになる。
正)インフレなので金融引き締めしている。
誤例)失業率を低くしていくと不況になる。
正)不況なので失業対策している。

公共事業予算は年々減らされています。無駄な公共事業は
悪であるというプロバガンダがマスゴミによってばらまかれているから、
公共事業が多いというイメージがありますが実は年々縮小傾向に
あるのです。
(これは三橋氏も指摘していることですが)

【国の公共事業予算額の推移 】
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/cmsfiles/contents/0000079/79033/3_siryo6.pdf

一方、ODAによる海外投資などは増えています。
外国に流すお金は良いお金だというイメージがあるのでしょう。
【海外投融資の概要 国際協力機構 】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/kanmin/pdfs/jica_ikenkoukan_01.pdf

こういうことをしていれば国内に落ちるはずの税金が
海外に流れるということですね。

おまけ
【対中ODA実績概要】
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/data/chiiki/china.html

>その原因となっている国債の発行止めさせることだ。

死んだ理屈だな。
債務1000兆円などインフレになったらデノミすれば1兆円になるだろう、債務額に驚くな。自由主義社会は軽度のインフレが普通である。 国家財政と個人家計を混同するな。

4~5年での200兆円規模の建設国債を発行し、列島強靭化計画ではGDPは800~1000兆円に成長する。
GDP対債務比でIMFユダヤは文句付けられなくなる。

藤井 聡 京都大学大学院工学研究科教授
【国家ビジョン研究会】日本再生の道筋とその財源を探る13/23
http://www.youtube.com/watch?v=QYDHNYxExHE
【国家ビジョン研究会】日本再生の道筋とその財源を探る14/23
http://www.youtube.com/watch?v=hdOQjGQLuP0

(^-^)  
今年もテレビが言わない知識を

我々日本人に教えてください 

コメントが大分長くなりました

>だが紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになるという信じられない教訓を人類は得たのです。過去の偉大な経済学者の誰もが知らなかったことが現在起こっているのです。

デフレとは、企業や個人の民間にお金が回らなくなった状態のことで、↑の「紙幣の印刷が大幅に行き過ぎるとデフレになる」ではありません。
皆様のコメントを借りて敢えて言えば、「思い切って通貨を供給すればデフレは脱却できる」と述べた、FRBのバーナンキ議長の言葉は正しくなかったことになりますが、2008年の金融危機に発生した不良債権や過剰債務の額が余りに大き過ぎて、次の景気浮揚に繋がる雇用の創出が上手く出来なかったとも言えます。

市場に大量のマネーを供給しても、不良債権を抱えた銀行はその処理に追われ、融資にも慎重になりますし、過剰債務の企業や個人はとにかく元金だけでも返そうと必死ですから、新しい雇用の創出や景気の浮揚なんて簡単に出来るはずがありません。更に悪いことに、オバマ大統領の二度に渡る大規模な量的緩和で、崩壊寸前のハゲタカファンドが息を吹き返し、彼らが現在ギリシャなどのEUでやっていることは皆さんもうご存じですよね。

こんな長期のデフレ不況に嫌気がさした経済学者さんの中には、「景気回復には、短期的な「痛み」を恐れないで過剰債務を処理するハード・ランディングしかない!」と言う方もいます。しかし、去年の8月にFOMC(米連邦公開市場委員会)が、実質的なゼロ金利政策を2013年半ばまで続けるという声明を出しましたので、今のデフレによる景気後退は2013年まで続くことになるのでしょうか。
変動金利(固定金利でもいいですが。)の住宅ローンを抱えてる方も、過剰債務を抱えながらも何とか会社を回している社長さんも、少なくても低金利は2013年までは大丈夫そうですよ。

ところで、投資家のジム・ロジャーズ氏が、「2018年か2019年には、さらなる不況が押し寄せるだろう。」と、何やら気になる発言を日本のテレビ番組でしていましたが、その根拠は不明です。私には中国の景気しか考えられませんが。あと、野田首相が、「増税をネバー、ネバー、ネバー、ネバー・ギブアップ」と言っていましたよね。あの顔で…何かに取り憑かれたみたいな感じで不気味というか、とても気持ち悪かったですね(笑)

官僚のなりすまし日本人

なりすまし日本人は政治家だけではありません。学会や財界、司法などあらゆるところにいます。彼らは日本の経済を弱体させ、母国に貢献する政策を進めています。

民主党政権はなりすまし日本人の官僚の作ったシナリオ通りに政策を進めて日本経済を弱体化し、産業の空洞化で母国の産業の強化を図っているのではないでしょうか。

今までの政策やこれからの政策を見ているとそうとしか思えません。早期解散で早く政権交代を実現しないととんでもない国になります。

65歳定年の義務化は公務員へのばらまき政策の一つです。

隠居様、失礼しました。

皆様、みそ汁の具ブログを読みましょう。

始まって2か月ほどですが、読みやすいので全て読み返しても大して時間は掛かりません。

橋下徹とTPP【バカなのか売国奴なのか】

橋下徹とTPP【バカなのか売国奴なのか】
http://nippon-end.jugem.jp/?eid=2555

 アメリカは鎖国をしようとしています。 財政破綻の為に世界の治安を維持する軍事費に予算を取れないため
規模を縮小して米軍を徹底させます。 
アメリカの鎖国即ち封鎖する領域に日本も入りませんかとの誘いの話がTPPです。 
日本はアメリカに次ぐ経済大国ですので参加する必要はありません。 しかし社会主義や共産主義からの
侵略を防止するために今まで通りにアメリカと軍事同盟を維持しながら日本独自の防衛力を増強して行か
なければ成りません。
橋下新大阪市長は日本人社会を破壊しなければ在日朝鮮人が日本に居られなくなると言っているのです。 
言っている事は本当のことです。 
彼が朝鮮人学校へ税金を投入するのも日本人社会を破壊する為です。

【動画ニュース掲示板】最新版
http://www.aixin.sakura.ne.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
まず毎日の破綻から行こうか...
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-1499.html

KESSELRING 様

お薬問題に関して「小沢一郎のパナマコネクション」を指摘したコメントが、李氏によって削除「寸止め」にされた。

小沢一郎・池田大作・パナマの麻薬王ノリエガ将軍(創価学会の麻薬ビジネス)
池田はノリエガに、麻薬取引の資金を提供していた

ノリエガはブッシュパパがCIA長官時代に、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。
その代償として、パナマを中継地としてCIAの輸送機を使って、アメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出する暴挙を大目に見てもらっていた。
ブッシュの弱みを握ったとして、ノリエガはブッシュが大統領になったアメリカを、好きなように操れると過信した。
しかしノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュは89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガを「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。
そして、「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

この時ノリエガが吐かされたものの中に、池田大作が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガの麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田は小沢へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。小沢は池田のノーベル平和賞」獲得に協力していた。

ブッシュはこの自白の証拠書類を手に入れて、金丸、小沢を操作するムチとして使っていた。アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であった。
これは「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間に知れ渡っていた。

○×党と×○道場は、小沢一郎を日本の帝王と、、、

毎年国債は180兆円発行されております、そして100兆円日銀が回収しています。租税は75~90兆円ですが、国債を発行しないと官僚の天下り含め公務員経費50兆円の支払いが出来なくなるのです。国債発行停止し消費税を20%にすると公務員経費分となり左ウチワという仕組みですが、国の発展は停止します。公務員のために国があるとするのは共産主義者の発想です。

いつも、ありがとうございます。

さて最近知って目が覚めるような思いをしたことについて書きたいと思います。
それは「国債とは通貨と同じ」、「通貨は誰に返す必要も無く、金利も払う必要も無い債務」の二つです。

日銀券は発行するとバランスシート上に債務として計上されますが、それは誰かに借りたものではないため返す必要も無く、また同様の理由で金利も払う必要もありません。
国債が通貨と同じという理屈は、日銀が国債を買い取れば通貨に換わってしまうという意味です。そうすれば金利を払う必要もありません。現在は金利目的の運用のための国債購入ですから、そんなことはする必要はないのですが。
こういう話をすると馬鹿の一つ覚えのようにハイパーなんちゃら!と言い出すオウムのような知能の人間が現れるのですが、当然無限に通貨を刷れるなどと言うつもりはありません。
通貨発行の上限は絶対額ではなく、率で計るものです。
インフレ率で通貨の供給を図ればいい。

それで日本はバブルの後遺症である生産設備、そして改善・研究が生み出す生産能力がずば抜けています。物の供給が大量かつ安定的な日本では雇用を生み出すための財政出動を大胆にできる条件が揃っています。

これで最後にします。
そもそも通貨は物々交換を便利にするために出現したものです。大昔は存在すらしていなかったものです。
それを考えると通貨というのは物が生み出す影みたいなもので非常にバーチャル的存在だと思います。
何が言いたいかって物があれば通貨を刷れるってことです。

あと是非考察していただきたいのですが、円高がストックにもたらす恩恵についてです。一円円高で個人の金融資産はどの程度増えるのでしょうね1400兆円にもたらす円高効果は凄いと思うんですが?
何もしなくても金の価値が上がるんですから。

日航ジャンボ123便 U字溝はソ連軍機Tu-22が彫っていた。運輸省報告書とTu-22サイズが一致。ジャンボだと通らず。

日航ジャンボ123便 U字溝はソ連軍機Tu-22が彫っていた。運輸省報告書とTu-22サイズが一致。ジャンボだと通らず。
http://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/680.html
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6669.jpg

1985年8月12日の日航ジャンボ123便であるが、そもそもの問題点と致しまして、U字溝の空間のサイズに、B747ジャンボは通らないのであります。胴体だけとしてもかなり無理があります。よって、生存者の落合由美さんの証言でも衝撃は1回だった、とあるのですから、そもそもが、U字溝というものはJAL123便が彫った地形では無いと想定されます。

ところで、運輸省航空事故調査委員会のJA8119号機調査報告書155ページの付図19にありますU字溝の樹木の折損状況と、ソ連軍機Tu-22盲の断面が、一致するのであります。
http://jtsb.mlit.go.jp/jtsb/aircraft/download/bunkatsu.html#5
http://ja.wikipedia.org/wiki/Tu-22_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)
従いまして、U字溝は、ソ連軍機Tu-22が刻んだ地形と解析されます。




<参考>
日航ジャンボ123便 ソ連キリル文字で До  свидания (さようなら) の途中まで書いた残骸が報道写真にある。ソ連軍機乗組員の遺書か。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/676.html
ttp://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6660.jpg
日航ジャンボ123便 1985年8月13日頃の御巣鷹の尾根スゲの沢報道写真中にソ連軍機Tu-22残骸が見られる。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/655.html
日航ジャンボ123便 ソ連軍機Tu-22先端部残骸が見られる。 御巣鷹の尾根スゲの沢1985年8月13日報道記録写真中。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/659.html
日航ジャンボ123便 御巣鷹の尾根スゲの沢の写真にソ連軍機の椅子と酷似するシートが認められる。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/648.html
日航ジャンボ123便 コックピット「機長、他機に接近」    運輸省JA8119号機報告書「異常外力」の原因は、ソ連エア
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/639.html
日航ジャンボ123便 乗客小川さんがJAL123便機内から撮影した写真にTu-95ベアが写っている。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/632.html
日航ジャンボ123便 CVR音声「ソ連エア」 運輸省報告書「異常外力」の原因はソ連エア二重反転プロペラから出る低周波音。
ttp://www.asyura2.com/11/lunchbreak51/msg/638.html

私の先生は、コンドラチェフのサイクルを唱えておられます。
60年以上の長いサイクルで、日本の失われた20年にも納得しています。
重要なのは若年の成長世代(生産・消費)で、老齢世代ではないですね。
欧米は、失われた20年に突入するようです。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。