スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の製造業は、世界の経済を支える

「2007年版ジェトロ貿易投資白書」によると日本の対外直接投資が
10.3%増しの約6兆円と過去最高を更新した。

日本メーカはアジアはもちろん欧米各国にも続々と工場を進出させている。
これらが現地の人達の雇用をうながして失業率を減らしている。

日本が元気なく見えるのは、テレビ評論家達の言葉に惑わされているだけ、
世界中の識者達は日本の製造業に尊敬の念をだいている。

政治を舞台にした外交で「日本は孤立している」
「日本だけのけ者にされている」と
声高に叫ぶマスコミに心を暗くする必要はまったくありません。

日本に製造業があるかぎり、日本は世界から無視されることは絶対ありえない。
21世紀はどこの国も日本と組まなければならないと思っている。
とくにアメリカは日本と手を結ばないかぎり世界を抑えられないと
強く思っている。

抜け目の無い中国は最近やっと分かってきたが、素人政権の韓国は
つまらないイデオロギーと感情論に負けて日本が未だ見えていない。

2006年の対日貿易赤字は254億ドルに拡大した。
ノ.ムヒョン大統領はこの数字を見て側近に『日本から物を買うな』と
厳命した、
そこで韓国大手製造業の幹部が「日本から資本財(部品)の輸入をストップすると
韓国内の工場は全て止まってしまいます」

「韓国の輸出が増えれば増えるほど日本からの輸入がふえます、輸入を
止める事はそのまま自分の首を絞めることになります」

素人大統領は怒りに震えて『部品ぐらい何故自国で作らないのか?』

そこで財閥の幹部が「日本と同じ部品を作るのは何十年とかかります、
たとえ出来てもそのときには技術革新が進んで役にたたなくなります
日本の進歩は早いです」

後日、財界大物社長が大統領を表敬訪問したときにこの疑問をぶつけました。

するとその社長は、「なにも韓国だけではありません、アメリカを筆頭に
世界中の優秀な工場が日本製の資本財と工作機械を使っています、世界の
常識です」

この面白い話は韓国高官の友人から聞きました、
かなり創作があると思いますが真実に近いとおもわれます。

日本は邪悪の国から脅かされても抵抗もせず世界中に与え続けている。
世界中のビジネスマンから賞賛と畏敬のねんを抱かれていることを
もっと知るべきです。

いつも頭を下げながらいつの間にか勝ってしまう「武士道日本」













AUTHOR: 業界人 URL: DATE: 08/09/2007 11:39:35 Unknown
製造業ですから、勇気付けられるお話しですが・・・

原料がすべて海外調達ですので、誇れるのは加工技術

と製品に対する思い入れかな? 市場においては

品質、コスト、納期の厳守ですね 繊維関係ですが。

コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/82-efe94682

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。