スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暴走中国の末路     6月27日(月)


最近の暴走中国への批判はアジア各国で頂点に達しようとしています。

南沙群島は、ベトナム、フィリピン、ブルネイ、マレーシアから見ても
自国の沖合にあります。1968年に南沙群島の海底に石油や天然ガスが
あることが分かったとたん、中国は領有権を主張、

しかし今まで中国の軍事力を恐れた東南アジア諸国は、黙らざるを得
なかった。

中国の考えは、いずれ南沙群島の地下資源を本格開発する時まで、問題
を棚上げすれば良い、強大な軍事力で威圧して時を稼げば,後になるほ
ど中国の経済・外交的な影響力が拡大し、中国に優勢になる。

昨年まで米国は南沙問題について黙認してきた。だからあまり紛争が
起きなかった。ところがここに至って急に、米国はベトナムやフイ
リッピンを支持し積極的に介入し始めた。

その象徴的な事件が起きた。海底油田を探査中のベトナムの船が、中国
船に探査用の海中ケーブルを切断された。この後直ぐに米海軍は、軍艦
を南沙群島に差し向けた。

ベトナムもフィリピンも米国の後ろ盾があるので、中国に対して大胆な
態度を取るようになってきました。

それでは何故米国は突然ベトナムやフィリピン、日本などをけしかけて
中国包囲網の戦略をとり、中国敵視政策をとり始めたのか?

昨年まで米国は中国を戦略的パートナーと言ったり「米中G2論」とまで
言って北京のご機嫌をとっていた米国が何故いま、南沙海域での衝突を
想定した合同軍事演習をベトナム軍と行なったり、フィリピン軍の軍事
増強に協力し始めたのか?

今日は超大国アメリカを分析してみたいと思います。

結論から先に言えば、アメリカは中国に対して大きな罠を仕掛け、中国
はその罠にまんまとはまり込んでしまったということです。つまり中国
はアメリカを甘く見過ぎてしまった。

それではアメリカを軽んじる中国の自信はどこから出てきたのか?米国
の仕掛けた「大きな罠」を考察する前に、中国の米国軽視から論じて
みたいと思います。

まず一般的に言われているのは「中国は米国債の最大の保有国だから
米国の弱みを握り、米国は中国に頭があがらない」という認識が流布
されています。

しかしちょっとまってください。もし中国人の頭が市場経済原理を理解
していれば、この認識は的外れだとすぐに気がつくはずですが、社会
主義の幼稚な頭では、一般的になんとなく受け入れられた認識を中国
政府も信じてしまった。

それでは「中国の米国債の大量保有」により 中国は米国の上位に
立っているという虚構をあばいてみます。

中国の高官たちがときおり米国債の大量売却を外交の舞台で脅しの材料
に使いますが、経済知識のある米高官は何も反論せずに腹の中で笑って
います。

もし中国が米国債を大量に売ればどうなるか?当然ドルの価値が下がり
ます。ドルの価値が下がればドル資産を大量に持っている中国自身が
巨大な被害を受けることになります。

ドルが10%下がるだけで中国のドル資産全体に1500億ドルの損失を生む
と推定されます。つまり米国以上に中国の被害が大きいということです。

その上中国がドル資産を売れば、他の外貨への切り替えが必要になり
ますが、弱体化したユーロはドル以上に危険です。日本円も米各付け
会社S&Pは東日本大震災と原発事故の影響を踏まえて「ネガティブ」に
引き下げと発表しました。中国も日本円に対して二の足を踏んでいます。

しかし米各付け会社が日本国債を格下げしたにもかかわらず、それでも
円は上昇しました。思わず笑ってしまいました。

日本の無知な経済評論家たちが発する「日本は危ない」という言葉に
欧米諸国や米各付け会社たちが惑わされています。

日本経済に対するエコノミストの論調は「国と地方を合わせた債務残高
が2011年3月末で869兆円と国内総生産の1.8倍に達した、先進国で最悪
の財政状況にある」と声高に叫んでいます。

経済評論家たちは国債についてどれだけの知識を持っているのか常々
疑問に思っています。彼らの間違った思い込みの一番は「国の借金は、
国民の税金で返すもの」という言葉があります。

しかし毎年増える国債「借金」を国民の税金で返すなど100%不可能
です。結局返済は円を印刷する以外ないのです。つまり政府は国債を
日銀に買い取らして返済に充てるのです。

日本国の国債(借金)はほとんど日本国民からの借金です。つまり円
での借金になっているということです。言い換えれば日本国政府は円で
元利いずれもの支払いをすることが出来ます。

日本国は償還のためには、いつでも自国の通貨を印刷することが出来
ます。つまり国債を日銀に買わす事が出来るということです。日本国
債務は結局のところ円建てなのだから、エコノミストが「日本国が
破産しつつある」と叫んでいることがいかに無意味であるか,
わかっていただけたとおもいます。

日本のエコノミストたちのほとんどは個人の債務と国の債務と同じ
感覚で見ています。ビジネス上の借金は返すことが出来なければ
必然的に潰れますが、国の借金の相手は国民なのです。

もし国の負債が借り手にとってマイナスなら国民である貸し手にとって
それはプラスとみなされるべきです。政府が借り手であった一方で、
我々の誰もが貸し手だったのです。外国への債務がないのであれば、
日本の純債務は終始ゼロです。

しかしただ1点問題があります。日本銀行における国債の引き受けは、
「財政法第5条」によって原則として禁止されています。先進国は皆
この法律を持っていますが、米国も日本も国会の議決を経て中央銀行
に国債を買い取らしています。

このような法律のない中国では通貨の増発に歯止めが掛からなくなり
悪性のインフレーションを引き起こす事になります。


(今日も相変わらずアサッテにどんどん飛んでいってしまって、本分
の主旨からずれてしまいました。次回はもう一度「アメリカが仕掛け
た罠」について考察してみます)




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

やはり国債は自国通貨建てで発行していると言うのは非常に重要です。
三橋貴明氏のブログ http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/ でも申しておられますが、自国通貨建てで有る以上、破綻は有り得ないです。

自分が理解する所、
外貨建て国債→将来日本が稼ぐはずのGDPからの借金、つまり何とかして返済しないとまずい正味の借金

自国通貨建て(円建て)国債→今まで日本国民が貯めてきたGDPから借りる、返す必要は有るが円を擦れば何とでもなる

では無いかと思います。


96%が国内で消化されている日本国債では、国債を発行するほどその利回りで国民が潤いますし、国債価格が暴落すればそれこそ大量の資産が国民に移る事を意味するのでは無いでしょうか?

だとすれば、今回の震災復興債は増税で賄うのではなく、全額日銀買取で行くのが筋だと思います。
これにより公共投資で経済活性化される上に国債価格が下れば利回りがよくなるので、大量の保険請求が来るであろう保険会社や低金利で苦しんでいる銀行も助かるのではと、思います。

この程度の事でハイパーインフレは起こらないので5%のインフレになれば増税などで通貨供給量を減らし、財政健全化すればよいと思います。
如何でしょうか?

■全世界に向けて最高の韓国パクリ糾弾動画完成!

■危機に瀕する日本:なぜ我々は怒っているか
Endangered Japan: Why We Are So Angry Now
英語版
http://www.youtube.com/watch?v=9MaTKGpZ1Ow
日本語版
http://www.youtube.com/watch?v=RnnLj7ChmL8&annotation_id=annotation_416991&feature=iv
完成版になります。拡散をお願いします。This is the accomplished version.

財務官僚どもに鉄槌を!

今度、是非、増税の愚かさを目一杯、記事にして下さい。

今の日本の政治家は、民主も自民も、財務省の毒に掛かって、増税でしか税収を増やせないと考えています(確信犯的にその不可を知っていながら増税を唱える輩もいると思います)。結果的にデフレが進行し、税収が更に落ちるに決まっています。また、増税は、財務官僚の既定路線で、彼らの昇進・人事査定アップの為だと言われています。こんな国賊どもの私利私欲の為に、国の経済が今までも犠牲にされて来たと思うと、怒りがこみ上げて来ます。

付け加えるならば支那が米国債を売却したところで、
米ドル安になって米国の輸出力が飛躍的に高まりますしね。
その米ドル安に併せて支那が人民元を刷りまくる。。。。
結果、支那は超ウルトラハイパーインフレになって
不動産取引の激減に追い討ちをかける形で
バブルが崩壊してクラッシュ、クラッシュ、クラッーーーシュ!

でも、注意したいのが支那が内乱状態になって大量の難民が
発生した場合、日本に押し寄せてくると思われることです。
支那難民の漂着を是が非でも阻止しなければなりません。

「世界的な金融危機再来?6月10日(金)」より再掲

アホのロジック(笑)

その一

アホがオウムのように唱える国の借金=国民の資産、いざとなれば日銀が国債を買取ればいい、と言うロッジクがある。同様に米国政府の借金=米国民の資産、いざとなれば米国債をFRBが買取ればいい、と考えればいいではないか。そして現実にFRBが米国債を買って経済は安泰なのであるからデフォルトなど心配する必要ないだろうに。

その二

 次の馬鹿の一つ覚えに日本国債の95パーセントは日本人が所有しているので米国債と違って日本国債は安全だ、というロジックがある。国債購入者の国籍比率において自国国籍者が多いとその国債がデフォルトしないというなら米国も米国人購入者の比率を上げればいい。手っ取り早くFRBでほとんど買い占めてしまえば(そうなりつつあるので)米国債は安全だろう。

その三

 日本は世界最大の対外資産保有国なので安泰だ、というロジックがある。日本の対外資産の大部分は米国債なので米国債が安全ならば日本の対外資産も安全だが、米国債が破綻した場合は=日本の保有資産の大幅減少になり安泰ではなくなる。しかし心配はいらない、アホのロジックその一を思い起こそう。国の借金=国民の資産なのだから国民の資産の減少=国の借金の減少になる筈だ。

 アホな諸君に告ぐ、君たちの日頃の言説からすれば日本も米国もなんらの心配もいらない。何故、米国は安全だと言わないのだ?

今日も相変わらずアサッテにどんどん飛ぶな!

少し気になります

支那とイスラエルが良く共同開発的なことをしていますが、どう言うことなのでしょうか?
話しに聞くのが是で2回目です。
最初は、ウイグル地区の核実験にイスラエルも参画、イスラエルの自前の核保有に利用した。
次がジェット機開発ですか?
イスラエルは、アメリカの同盟国であり保護国ではないのですか?
話しの筋が今一見えません。

JUDE

南沙領有権についてはアメリカの戦略も透けて見えるので面白いですね
アメリカは海上プラントの開発能力のないベトナム、フィリピンに領有権で恩を売れば、エネルギー資源の開発権と優先的な輸入権が手に入るだけではなく東南アジアにおける世界の警察としての存在感をさらに高めることができます。さらに経済圏でEUにつまはじきにされたアメリカはASEANが重要な生き残り策となります。そこでリーダーシップを握るためには台頭する中国よりもベトナム・フィリピンと手を結ぶメリットの方がはるかに大きい。いざとなればここまで頑張るんだよという姿を見せれば日本にも好影響が及ぶ。さらに中国を煽れば煽るほど軍拡が進み、周辺諸国への武器輸出も加速する。これは一石二鳥どころではなく一石三鳥にも四鳥にもなる。
しかし願わくば戦争は避けられるほうが望ましい。アメリカの過剰な介入もまた日本にとっては不利益になることも忘れてはならない。

小沢氏が官僚に潰されわけ

郵政民営化同様、TPPを受け入れない政権は米国傀儡の官僚支配のこの国では、マスコミと東京地検を利用した冤罪によって潰されることも知らない保守こそ日本最大の国賊集団であろう。田母神元幕僚長ですら簡単に更迭させた麻生政権の真意も分からず、まだ世襲利権自民党や村山談話の閣議決定署名した平沼を指示する自称保守こそ日本最大の売国奴集団なのは、現況の日本社会を見れば明らかなのだが。

めずらしくバラバラ…ですね

>日本の無知な経済評論家たちが発する「日本は危ない」という言葉に欧米諸国や米各付け会社たちが惑わされています

↑一点だけ、中には欧米でも理解できず振り回されている者もいると思いますが、欧米資本家が日本メディアを操作してる面が強いでしょう。日本が強すぎると困るのは欧米の方たちです。
エリート同士では差がありすぎて戦いになりません(笑)
大衆レベルでは逆に日本が世界一なので、あまり心配はしてませんが…
永田町、霞ヶ関は自分達がエリートだと誤解せず、背伸びせずヤケにならず身の丈にあった仕事をしてほしいですね。

関係ない話ですいません

節電他で日本の企業が海外に出ようとしてます。民主党は本当にろくな事しません。日本の企業の事もわかります。けど民主党が日本を潰そうとしてる事がわかりました。原発廃止をいう前にまた一部撤回っぽくなってるし本当に場当たりで本当に腹立ちます。

財務省

 財務省は、ずっとデフレ対策を放棄しつづけている。財政再建も必要だが、優先順位で考えると、今の日本に必要なのは、財政再建ではなくデフレ対策と思われる。

 優秀な財務官僚が気づかないはずがない。いくら、財政が悪いからって、日本国自体が倒れてしまったら、意味がないはずだと思われる。

(注:日本国≒日本政府と思い込んでいる人が多いみたいですが、あくまでも、日本政府は、日本国全体の一部でしかありません。)

 外務省や法務省には、中共,半島及びサヨクの工作員が多数入り込んでいると言う噂がよく出てきますよネ!?

 しかしながら、財務省には、その手の話が出てきません。なぜなんでしょうねぇ。国家公務員上級職試験上位合格者で、かつ学生時代から、財務省が目を付けていた人しか採用しないという噂がありますが、どうなんでしょうネ!?

 外務省や法務省に工作員が入り込んでいるのなら、全ての官庁に入り込んでいると、考えるべきじゃないんでしょうかネ!?

 もうそろそろ、全ての官庁の上級職の官僚も、家族を含めた資産公開が必要になって来てるのかもしれませんネ!?

 合衆国の小説などでは、FBIが、官僚の銀行口座の調査で、スパイを割り出すなんて事をやっていますけど、実際はどうなんでしょうネ!?

チョウシン劇場「虚人の保守」 第2話―野球界の闇?―

・・・昨日の試合で三振したとき保守くんに「ギマンだー」と謝罪と賠償請求したら、退場くらっちゃったニダ。審判には聞こえないように言ったのに。あいつらウリが「密約」を見抜いたからウリをつぶしにきてるに違いないニダ。

・・・試合に出られないから、練習してるふりしながら、たまりたまったストレスを発散するニダよ。

・・・あそこに練習してるルーキーがいるニダ? あいつは2ちゃん・・・じゃなかった二軍戦でホームランをたくさん打って注目されたニダ。ウリにはさっぱりわからない打撃理論をもっててが、無性にしゃくに障るニダ。

・・・あいつさわやかそうに見えて不倫してるに違いないニダ。証拠? ウリがそう決めたニダ! アメリカの公文書と同じニダ! ウリがウソを言っている証拠こそ出すニダ!

・・・だいたい、ウチのチームはリーグトップ球団の70%しか勝っていないのに、なんで保守くんのチームに負けて勝ち星を献上するニダ? ふふ、数字を使うと頭よさげに見えるニダ?

・・・きっとあのルーキーの父親は保守くんの球団のODAに違いないニダ。(え、GMが正しいだって? そんなのどっちも何の略だかわかんないからテキトーにアルファベットを並べただけニダ。横文字も数字に合わせるとますます賢そげに見えるニダ?) だからうちのチームは「思いやり」で保守くんのチームに負けるニダ。世襲選手が活躍しほうだいニダ。

・・・保守くんは審判と密約してて、ウリに見えない球でも全部ストライクにしてもらえるニダ。あのルーキーが一軍に上がったら、きっと保守くんは消える魔球は投げずに、ヒットを打たせてやるニダ。でもって、保守くんは球団オーナーにほめられるニダ。

・・・交流戦や地方球場での試合もみーんな陰謀ニダ。需要予測を捏造させてまで作った、赤字確実な無駄なハコモノ球場はこれからも作り続けることができるニダ。

・・・ウリはすべてを知っているニダ。すべて談合ニダ。保守くんこそいけないニダ。みんなみーんなギマンだーニダ。保守くんがいけないニダ!

「おい、そこの。デケエ声でわけわからんこといいながら、ちんたらランニングするふりしてんじゃねえ!」

・・・すませーんニダ。いつのまにかついつい大声出してたニダ。ウリだってうすうすわかってるニダ。まともな打撃理論を話し合ってるところには怖くて行けないニダ。

・・・でも、ウリには奥の手があるニダ。保守くんが悪いのは決まってるニダ。だから、数字や横文字並べて知ったかぶりしたあとは、何でもかんでも保守くんのせいにするニダよ。

・・・言いたい放題言ったら少しは胸がスッキリしてきたニダ。

・・・ウリと同じポジションの後輩には繰り返しこういう話をしてやるニダ。すると、だんだん頭がおかしくなってチームを出ていくニダw

・・・今日の試合? ああ、成りすましを一人飼ってあるから、そいつが出るニダ。ウリはいつまでも安泰ニダ。練習いいかげんでも試合で結果が出せなくても、「保守くんが悪い」ってごねてれば、コーチも監督も気味悪がってウリのこと放っておいてくれるニダよ。去年だって「生活保護」って書いた封筒でお金もらったニダ。

このニュースは少し気になりますね。

中国は、麻布の大きな土地を買占め、日本人は入るなとのメッセージを出しています。そこを治外法権の工作基地にし、武器を持ち込み工作員のアジトとなる可能性を感じます。日本侵略を国内から始めようとする魂胆が見えます。

その中で、中国の急速な日本国債購入の増額報道が出ています。額にもよりますが、不気味な印象です。

日本国債は大半が日本国内で消化されています。しかし円相場も上昇トレンドが続き、ユーロはダメ、米国債よりも安全な投資先だと判断、中国は米国債投資をやめ、日本国債を買い入れにシフトを始めているようです。

このことは、中国は米国債のリスクが日本国債よりもはるかに大きいと考えているのでしょう。日本にとっては、ありがた迷惑な話です。日本が中国に対し、なんら対策を打たないと、思わぬ危険があるような気がします。
http://www.youtube.com/watch?v=1AmpvJmtbJY

民主党、菅直人政権、社民党、公明党、共産党、民団、朝鮮総連、連合、自治労、日教組、経団連に銃撃を!

>チョウシン劇場「虚人の保守」 第2話―野球界の闇?―

>・・・あいつさわやかそうに見えて不倫してるに違いないニダ。証拠? ウリがそう決めたニダ! アメリカの公文書と同じニダ! ウリがウソを言っている証拠こそ出すニダ!

笑わせてもらった。
まさに目くそ鼻くそだな。

第三者から言わせてもらえば
朝鮮人をネタにして本を売って金儲けする輩は
所詮同じ穴のむじなと言えるのだがな。

そんな奴の与太話を信じて
今日も日本の財政問題を語るブログ主の
アホさ加減にも哀れさを感じる。

解らないことは解らないと言えばいいものを。

特に民主党政権になってからの外務省法務省観光庁の売国は目にあまります。東京一等地シナへの売却は財務省主導とです。さらに財務省はアジア開発銀行経由で中国へ資金援助を続けています。
法律により帰化人の公務員採用は廃止する対策を取るべきだと思います。
公務員叩きが激しい昨今ですが公務員にはもっと日本の為を思って行動できる人が沢山必要ですね。

なぜ破綻しないの?

「このままでは破綻する」「いずれ破綻する」と主張する人は
「なぜ今は破綻しないのか?」
に答えられるの?

そして、その答えは「このままでは破綻する」「いずれ破綻する」を肯定できる答えなの?

毎度おなじみのチョンタコ

>第三者から言わせてもらえば

また装いやがって、尻尾が見えてるぞ。

太陽光発電コスト

太陽光発電の普及のために政府は色々な補助(現在は期間限定)をしています。そのお陰で一般国民も太陽光発電設備を設置する家庭が増えています。が、私のような年金生活者には高値の花です。

業者の中には高い設備を売り付ける悪徳業者もいることから政府は工事費の上限を設けました。その結果、工事費はその上限に張り付いています。もしかすると本当はもっと安いのかも知れません。

設備費の上限は発電能力1kwhあたり65万円、政府の補助金は発電能力1kwhあたり7万円です。この前提で3.225kwhの太陽光発電設備を設置した場合の見積もりは約2,200,000円(消費税込み)でした。

お日様は昼間しか出ません。また、雨が降れば発電量も落ちます。従って地域によって年間の発電能力は異なります。私が住んでいる地域では設備3.225kwhの発電量は年間約3700kwでした。

この発電量を全量買取金額1kw48円として(当時電力会社からの電力価格は24円)177,600円です。政府補助金を引けば初期投資は約1970,000円でした。全量買取でこの状態です。

地方自治体が太陽光発電事業に参入し、1億円の資金を民間金融機関から借り入れて太陽光発電事業に参入すればどうなるでしょうか。民間金融機関の金利は4~5%位です。年間に400~500万円になります。

1億円の投資でどれくらいの借金を返せるでしょうか。計算してみてください。利益は殆ど出ません。不足は全て国民の電気料金になります。

 「異変が起こったのはそのあとです。菅さんが、舞い上がってしまった。私に厳しく言われてカッとなったようで、突然何事かわめきだしたんですよ。ヒステリックというものを通り越して、ちょっと尋常ではない感じでした。日本語でもフランス語でもないような言葉を、早口で延々わめいているんです。ショックでした。日本の総理大臣がこんなことになっているなんて思いもよらなかった」

佐賀大学元学長 上原春男氏

シナという国は内乱で殺し合いをして人口が激減するというのは過去の歴史である。文化大革命、国共内戦、辛亥革命、太平天国の乱、紅巾の乱、黄巣の乱、黄巾の乱、赤眉の乱 etc 歴史は繰り返す。間違いなく内乱がおき(中共王朝)が滅びるであろう。

米国は多様です。
ユダヤ人に乗っ取られている「米国」と言う側面もあります。
しかし、ある層の米国人にとっては、イラク戦争(占領)以降は、イスラエルの軍事的、政治的な位置付けはかなり落ちているはずです。
中東和平交渉の成り行きによっては、米国、イスラエルの関係は尖鋭化するかも知れません。
もっとも、イスラエル(ユダヤ人)の方も、本当から成りすましまでかなり多様ですが…。

>「菅さんが、舞い上がってしまった。私に厳しく言われてカッとなったよう>突然何事かわめきだしたんですよ。ヒステリックというものを通り越し

かれの民族的病気が出たんです。あの民族独特の、火病ってやつです。彼の日本語、よく聞いていると、時々おかしいですよ。

もう彼が日本人の出自ではないことは、バレてますよ。とてもじゃいけど首相の器ではありません。

日本の国債を日銀に買い取らせれば良いですが、法律が通らなくて日銀に買い取らせることができなくても、ほぼ問題ありません。
なぜなら、今の日本の銀行には過剰預金(銀行が民間に貸し出せなくて困ってるお金)が150兆円もあります。ゆえに、銀行は国債が発行されれば、国債を速攻で買います。(買わなければ、逆ザヤになって銀行が損するからです)この過剰貯蓄が解消された時ってのは、民間が銀行に借りるたくてしょうがない状態で、当然、景気が良くなっている時なので、政府の税収が上がっている状態なので、更に問題なくなります。

電力使用量の罰金

http://www.meti.go.jp/earthquake/shiyoseigen/pdf/gaiyo110601-01.pdf

※PDFの6ページ目の罰金の項目
1)罰金について
故意による使用制限違反は100万円以下の罰金の対象となります。
なお、使用制限は1時間あたりの使用電力で課すことから、
1時間単位で制限値を超えれば使用制限
違反となります(例:5時間超えた場合は5回の違反となります)。

こんな無茶苦茶な罰金ってありでしょうか?
企業は日本から出て行けと政府が推奨しているようなもんです。

米国財政状況概要

細かな数字は述べないが、米政府の財政状況の概要をご紹介しよう。但し専門家ではないため間違いがある箇所についてはご指摘頂きたく。

超大国アメリカが何故膨大な財政赤字に陥ってしまっているかと言えば、端的には連邦政府としての税収システムに問題があると言える。米連邦政府の税収は、固定資産税と社会保障税が8割以上、その他が2割近くという分布だが、これらを基本的に各州から吸い上げるシステムである。

処が現在、その州達が軒並み財政赤字に陥っているため規定通り納税できず、連邦政府は予定通りの税収にならない。
その不足分を日本同様に国債で補ってきた訳だが、それが実に丼勘定且つ傲慢だった。それでも米ドルが強い時期は諸外国に強行に買わせて資金を調達できた。
が、そこに起きたのがリーマンショックだった。同ショックによって巨大投資銀行を中心に大損害を被り一気に経営危機に陥ってしまう。結果、法人税の激減と莫大な公的資金注入を余儀なくされた。その上各国とも米国債を購入するだけの余裕が無くなり、国債が売れ残る事態が今現在も生じている。そうなると利率を上げて売り切る努力をするのが普通なのだが、見掛け上の信用維持と償還国債への支払い額を抑えるために格付け会社を使って信用度ランクをAAAからテコでも落とさない。すると益々売れ残る。更に追い打ちをかけたのが輸出を有利にすべく量的緩和(札刷りまくり)によるドル安=インフレ誘導。

結局米連邦政府は税収不足、国債売れ残りと償還、そして量的緩和によるインフレの三重苦に喘いでいる状況にある。更に付け加えるなら四重苦目がアフガン・イラクの戦費拠出と言った処だろうか。まったくアホかと言いたくなる。

2010年度実績を観ると、歳入が2.2兆ドル、歳出が3.5兆ドルとのこと。そして本年度の累積債務が62兆ドルに達するという。詳細は以下のサイトを参照されたく。
http://uskeizai.com/article/208305827.html

米国はノーベル賞経済学者を何人も排出していながら、何とも低能な国家運営をしてきたものである。
現状、8月危機説さえ噂されている米国債だから、前項コメント欄にも述べた「世界経済の末路」の通り、米国デフォルトから米ドル大暴落の動きに注目されたく。

>ny、> 怒りの農民

>なぜ破綻しないの?
>「このままでは破綻する」「いずれ破綻する」と主張する人は
「なぜ今は破綻しないのか?」
に答えられるの?

経済・金融ランキングされているブログを読みましょう。
そんな説は即座に否定されます。

そりゃ日本人なら誰だって朝鮮人や中国人は不快だ。
それを不快に思っている日本人達に擦り寄り、時には煽って
自分のビジネス経済本を売って金儲けする。
これをおかしいと思わないのか?

経済・金融のランキングで正々堂々と自説を争うなら何も言わない。
しかし、中小企業診断士的なマーケティングをして
自説がもっとも売れそうな層である保守ブログにきて
知識のない人達にデタラメを信じ込ませる。

個人の意見で言えば「博士の独り言」さんが
保守ブログランキングを止めてしまったのも
保守層に耳障りのいいトンデモ本を売る人が
場違に居座っているからだと思う。

とにかく経済・金融の話をしたければ
経済・金融にランキングされているブログへ行け。
ここの管理人の与太話は笑って聞いている程度が丁度いい。

日米同盟vs.中国・北朝鮮

文春新書の日米同盟vs.中国・北朝鮮(リチャード・L・アーミテージ、ジョセフ・S・ナイ、聞き手春原剛、緊急提言)を読みました。カバーに『尖閣・尖閣・尖閣、オレたちをなめるんじゃないぞ』と刺激的なタイトルが付いていました。中国の暴走のエントリーなので。

気が付いたことを抜粋すると、とは言っても私の色メガネを通してなので、抜けも有るでしょうし曲解したこともあるかも知れません、不審な方は買って読んで下さい。

・日本は、アメリカと真の対等な関係を結びたければ、独自で核の開発をする必要がある。
・オバマは人間関係を築けない人間だ。非常に不安だ。
・小沢一郎は反米主義者だ。
・中国に核の先制使用能力は無い。
・東アジア共同体に愕然。懸念している。
・丹羽中国大使は中国に誤ったシグナルを送っている。
・アメリカは、イラン、北朝鮮、ビルマの核武装に反対である。
・ロシアは中国を懸念している筈。今の蜜月はフリしているだけ。
・中国は尖閣で失敗した。
・中国がアジアの指導者になることは、何処の国も望んでいない。
・中国は先細り、そんなに警戒する必要は無い。
・98%の漢民族の中国で、連邦制はありえない。、
・キッシンジャーもブレジンスキーも、日本やアジアの事を全く理解していない。
・米韓関係は良好である。しかし戦略的に重要なのは日本である。
・沖縄の海兵隊は人質である。即ち核抑止力である。
・日本に寄港するアメリカの艦船には、もう核は積んではいない。
・防衛費1%は無意味。サイバー防衛、ミサイル防衛、沿岸警備能力に重点を。
・国連に期待しても、国連は日本を守ってくれない。

ある程度予想していましが、のっけから日本の核武装の可能性を仄めかせたのは、日本が核武装を決意したなら止めようは無いので、核武装したとしても強硬な反対はせず同盟は維持したい、のシグナルと思います。但し、アメリカとしてはNPTを維持したいのでしょうから、心配りは必要でしょう。まあ、原潜、弾道ミサイル等の周辺は全て用意しておき、いざとなった場合はすぐさま核武装が出来る体制にするのが、現実的なのかも知れません。

アーミテージ・ナイ両氏の発言の下敷きになっているのが『米日同盟-2020年までにアジアをいかに正しい方向に導くか』の報告書ですが、此処には日米印三カ国による『戦略的パートナーシップ』が明記されています。理由は当然、対中国でしょう。アメリカが恐れるのは、中国一国では無く、それに日本が参加することです。日本が中国の軍拡に手を貸すことにでもなったら、中国の軍事力が質量共にアメリカを圧倒するのは、目に見えています。

日本より中国をパートナーとする考えは、未だアメリカ人に有りますが、日本がどちらに付くかでバランスが狂うのだから、ナイ・アーミテージ両氏が『東アジア共同体』に愕然とするのは当然でしょう。日本民主党の中国追従は、アメリカ人の目を開かせてくれる筈です。

でも、インドは必ずしもアメリカとの同盟を望んでいません。日米関係のようにアメリカの下になるのが否だからです。それでも日印同盟なら喜んで調印するでしょう。そこに、日米同盟を結んだままのアメリカを加えるとなると、これまたインド対米日の関係となりバランスを欠くことになります。やはり日米印三カ国による『戦略的パートナーシップ』を築きたいなら、日本の核武装は必要でしょう。恐らく、ナイ・アーミテージ両氏の構想にもそれが有ると思います。

聞き手の春原剛氏については、ちょっと変だなと思っていたら、やはり反核のお花畑。両氏に『核削減をしても北のようなごまかしをする国があるのだから、逆に世界は不安定になる』とお花畑を突かれています。又『北朝鮮に戦後保障が』と言ったりしてますが、ナイ・アーミテージ両氏に『結構だが国際支援の一環としての復興支援で良いのでは』と、いなされています。困ったものです。洗脳世代は。

もっとも、アーミテージ氏が『沖縄戦で民間人も日本兵によって生命を失いました』と、アメリカによるプロパガンダを信じているのは困りものです。沖縄戦での米兵の残虐行為、進駐軍による強姦、GHQによる検閲と焚書。パートナーシップを築きたいなら、当然共有するべき情報であり、日本人は言うべきでしょう。

sora

この筋書きはアメリカ発表のもので、中国の主張とは全く違います。
米国発の情報をそのまま単純に信じるのは経験上正しくないとおもいますよ。

まあ個人的には事実がどうなのかはあまり興味はありません。
日本もそうですが、米国の政治は難しく誰が何を考えているのか判り難い所があります。例えば愛国者らしき人が隠れ売国奴だったりその逆もあります。

何故そんな事になるかと言えば、判り易い行動は敵をつくりケネディの様に暗殺されたりニクソンの様にスキャンダルで潰されたりするからです。
例えばブッシュ元大統領。愛国的で国益かと思われるイラク戦争等、結局失敗して国力を弱めました。わざとなのか、ミスったのか判断できません。こういうのが現代の政治です。

>2011/06/27(月) 22:03:44 君

君が言っている事は、「博士の独り言」と「三橋貴明のブログ」と、此処の「中韓を知りすぎた男」が嫌いだと言っているだけだが、自分の意見は無いの?。

sora

今回の中国包囲網ですが、個人的には中国を潰す為のものではないと感じています。覇権というのはある意味めんどくさい事もあり中国内でも意見の対立があります。

米国にはもう時間的余裕がない。だから早く中国に覇権的行動と採ってもらうように、中国内の覇権強行派を後押ししたのではないかというのが私の考えです。ちなみに、この計画は日本とオーストラリアも巻き込まれそうです。

但し、オージーは日本とは違います。英米仏はアフガン撤退を表明しましたがオージーは残るそうです。この先、アフガンは中露中心で再建されていくでしょう。オージーは中国が覇権国になる可能性が高い事を理解して行動しています。この先、前原辺りが首相になって中途半端な中露対決になるんじゃないかと心配です。

ヤクザ紛いの暴論で

コメンターを蹴散らそうとする輩が現れましたね。
そんなに正論がお嫌いですか?!

民団?
総連?
のご出身?!

あざといコメントは逆に足元見透かされますよ!


御用心。日本人の皆様。

にっぽんじん様

太陽電池のモジュール変換効率は最高で23%程度です。
家庭用の太陽電池に至っては、約14%(京セラ製の形式SGP1786の場合)です。

低すぎます。

地方自治体の太陽光発電事業に参入は愚の骨頂です。
太陽電池を設置する金があるのなら他の代替エネルギーの開発に回したほうが得策です。

私も家を新築するとき太陽電池の設置を検討したのですが、
”電気料金の前払い”との結論に至り、設置しませんでした。
電気料金が現在の2倍くらいのなれば考えます。
そのときには、量子ドットタイプの太陽電池が実用化されているかもしれません。

続き③

もちろん中国が覇権国になるのは確定ではありません。ですがリスクヘッジは必要でしょう。

ところで、日本官僚が米国が崩壊しそうなのにノンキな理由がなんとなく想像できる自体になってきました。

麻布の一等地、5677平米を中国が大使館として落札したそうです。大使館敷地扱いですから、治外法権でこの土地は中国籍という事になり日本はてだしできません。

普通、国の大使館は一箇所でビル一つ程度なのですが、何故か中国大使館は全国各地にあり、日本の山林や水源地を買っている様です。近い将来、日本人は中国人から水を買わされる事になるかもしれないですね。山林は伐採で禿山にされるのかも。これが官僚の主体ではないですかね。面倒な事はやりくない。外交なんて面倒だからどっかの国に従属してればいい。国民の事などどうでもいいという事でしょうか。

電力会社等の公共株も中国が買っている様ですよ。

つまり、日本は対米従属を止めたら、対中国従属で良いと思っているのでしょう。

韓国パクリ糾弾動画

教えていただき、感謝!
「 ジャパン・エキスポ2011での偽サムライと偽剣道 ある文化略奪について」に関する動画が、
約4万5千回ほどの閲覧回数で削除されて、どうなるかと思っていました。
(その他の関連動画も悉く削除されましたが)
今度のものは、さらにハイレベルのものになっていますね。
これもまた、いつか(またスグに)削除されてしまうのでしょうか・・・

南麻布の住民の郵便受けに「日本人は立ち退きなさい!」の警告チラシ

847 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 18:48:25.10 ID:kd2HQ0ZG
>>842いつもありがとうございます。
10ウォン位しか変動しないとはさみしいですね


これはゆるせん!
南麻布の住民の郵便受けに「日本人は立ち退きなさい!」の警告チラシが

(p)http://www.youtube.com/watch?v=iydk0u255n4&feature=share

作曲家のすぎやまこういちさんの近所の住民の郵便受けに...
「警告:日本人は直くにたち退きください。この麻布は既に日本国政府の誘至(誘致の間違い?)により
中国同胞­」の所有物となりました。これは良心からの警告です。我々の新設に感謝しなさい。
小日本の法律が活用の内に日本人は早期に立ち去る事を警告しています。中国は土地所有を承­めません」
と書いたチラシがバラまかれているそうです。





850 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 18:56:58.71 (p)ID:H2c1FGif(2)
>>846
乙です

>>847
>「日本人は立ち退きなさい!」の警告チラシ



これいったいなんだ?
これって本当に中国人がばら撒いたのに間違いなければ、
重大な外交問題だぞ?
たとえば中国でなくてもアメリカやヨーロッパとかに行って同じことしたらただじゃすまないだろ

851 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 18:57:39.00 (p)ID:XcDJ8xST(6)
>>847
これは麻布住民は訴訟起こすべき

852 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 19:00:54.16 ID:G4Uf4zAy
>>851

訴訟って、誰を相手取って?

853 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 19:01:12.61 (p)ID:e1HbHWr8(2)
>>847
まずは、外務省から中国大使への警告なりなんなりをさせるべき事案かと。
外務省が無視する状態なら、次に訴訟じゃないかな~。


854 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 19:02:22.84 (p)ID:e1HbHWr8(2)
>>852
国民の安全を守らない、与党・政府でいいんでない?<訴訟


855 :Trader@Live! :sage :2011/06/27(月) 19:02:58.65 (p)ID:XcDJ8xST(6)
土地売ったとこ、大問題だよ治外法権を拡大させる行為だし



朝鮮土人や支那畜の工作員が湧いているが、日本のことは日本人が考える。

お前ら土人や畜生は、おのれの国を考えさらせ。世界中に移民・密入国して 害をバラまきやがって。

お前らの腐った国に 密入国までして住みたい などという人間が世界のどこにいるんだ?

糞クズのくせしやがって 人様の国に来て、偉そうな口をほざくな。

おい 朝鮮 支那! 日本人が何時までも大人しくしていると思うなよ。

>アメリカは中国に対して大きな罠を仕掛け、中国はその罠にまんまとはまり込んでしまった

考えすぎだと思いますよ。昨年9月に日本に対してとったのと同じ行動パターンですよ。
オバマ政権は当初中国に融和的でした。そういうところに中国は強く出るってだけのことだと思います。で、相手が強く出てきたら、あっさり退くのも中国です。
同じ過ちを何度繰り返してもまだわからないのは日本くらいなものです。ホントにこんな国はさっさと崩壊してしまったほうが良いのかもしれません。

アメリカの知日派

 日本には死んでも自前の核装備なんてさせる気はありません。
アーミテージの考えもそうですよ。

 ただシナ畜に対して弱すぎるのも、アメリカにとっては困るので、
核装備なしでの軍備拡大は願っている人もいる。沖縄・宮古間を通
過させ、ノンキにシナに軍事訓練とかされている場合じゃないぞ!ぐ
らいは、アメリカにもそう思っている人もいるだろう。

 しかし、アメリカは日本が本当のところは怖くて仕方ない。人工衛星
の打ち上げに失敗した日本のロケットは、軽々とワシントン上空を通過。
ということは、日本は、アメリカまで届くミサイルを作ることも可能。
それに核を載せることも可能。日本にはその能力があるので、怖くて怖く
て、核装備なんてさせたくない。だから、日本にミサイルディフェンスの
方にお金を掛けさせる方向に、アメリカは持っていこうとしている。アメ
リカの言いなりにしていたら、どんどん攻撃力は削ぎ落とされ、シナに手
も足も出ない国になってしまう。

 アメリカは、友人といえば友人なんだろうけど、日本という友人が非常
に優秀であるがために、内心非常に恐れているのが、日本の友人アメリ
カ君。しかし、日本は、自国のためにならないことについては、いくらア
メリカと言えども、ハッキリ言うべきだ。

暴走して潰れろ!

支那の覇権暴走と国内の高速鉄道の暴走と経済インフレの暴走で四方八方しっちゃかめっちゃかの支那を歓迎するものですが、もっと早く暴走滅亡する策はないものでしょうか?
支那共産党が目障りで仕方ありません。

>崗上虜囚


>君が言っている事は、「博士の独り言」と「三橋貴明のブログ」と、此処の「中韓を知りすぎた男」が嫌いだと言っているだけだが、自分の意見は無いの?。

誰もそんな事を言っていない。
相変わらず読解力のないアホだな。(笑)

「博士の独り言」さんの真摯な姿勢には頭が下がるし
彼こそブログランキング1位であるべきだと思っている。
「中韓を知りすぎた男」の辻本さんの体験談については価値があり
これは本にして売る価値があるだろう。(受売り経済学にはがっかりだが)

しかし、誰とは言わないが中国や韓国を嫌いな人たちに取り入って
ほとんど関係ないビジネス経済本を売って金儲けするのは
おかしいと言っているのだよ。
経済・金融の話をしたければそのカテゴリに行くべき。

何故日本を恐れるのか

>日本上げ韓国下げ #- [編

アメリカが何故日本を恐れるのか?良く解りません。
これほど日本の弱体化に成功しているのに何を恐れる事がありましょうか?
軍事力でも技術力でも基本的に日本を凌駕しています。
ただし日本が同じものを創れば完成度がアメリカのものより品質が上と言うだけです。
特に部品に関してですが。
日本は、致命的なことに情報発信力・分析力・収集力がどの先進国国よりも劣っているように見えます。
情報を制する事ができなくてあらゆる戦略など不可能です。
何を根拠にアメリカが日本を恐れるのでしょう?考えられません。

国債の日限引き受けは毎年行われてます。

高橋洋一さんのコラム
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2423?page=4

日銀保有の国債のうち、満期償還分の国債については引き受けることが出来き毎年行われていると。

sora

>米国にはもう時間的余裕がない。だから早く中国に覇権的行動と採ってもらうように、中国内の覇権強行派を後押ししたのではないかというのが私の考えです。ちなみに、この計画は日本とオーストラリアも巻き込まれそうです。

上記は私が書き込んだ内容ですが、根拠はあります。
グリースパンは中国が持っている米国債は実際には3兆ドルといっています。中国が米国債を売り払えば米国はデフォルトで、中国は簡単に米国をデフォルトにする事ができます。

反論がありそうなのが米中戦争。しかし、度重なる戦争の失敗で、大統領権限での戦争発令は既に剥奪されており、現在は下院の決議が必要になっています。大統領に権限があると十分検証しなくても、イラクに核兵器が無くても戦争ができてしまいますが、今は違います。下院決議なら十分な開戦r理由を議論する必要があります。財政負担を考え米国民の8割が戦争反対で米国はもう戦争はできない状態です。
又、米国民の負債比率はGDPの120%。住宅ローン等で含み損を抱えている米国民が多い事もあり7割がデフォルトした方が良いという世論調査になっています。

中国を追い詰めれば、米国のデフォルトが実現します。対米依存省、他力本願中国バブル崩壊論は、自立心が無さ過ぎ。繰り返しますが、麻布の土地売却等を考えると、官僚は対米従属ができなくなるなら、対中国従属でよいと考えている事です。官僚は国民の事など考えていない。国を売っても自分さえ生き残ればいい。それが本音ではないでしょうか。

>katachi さん

確か日下公人氏だったと思いますが、米国政府中枢の機密文書には「日本には永遠に再軍国化を許すべからず」と記されていると紹介しています。
理由はWW2時に米軍が為した多くの戦時国際法違反(人体実験として原爆を落としたことや東京大空襲など)に対する報復と、日本軍が敢行した神風特攻に恐怖しているからのようです。
ですから米国は核兵器どころか戦闘機さえ日本単独で開発製造することを許さず、MRJのような民間機ですら必ず米国製ジェットエンジンを採用させる訳です。
もし日本にすべてを許したなら、おそらく数年のうちに諸外国が驚愕する性能の戦闘機を開発してしまうでしょう。空母やミサイル、核兵器も同様です。それだけの基礎技術力が日本にはあるのですから。
日本に対するこの密かな恐怖心は、ロシアも支那も同様に抱いていると聞き及んでいます。

なぜ米が、日本を恐れるか

 > katachi 様
 わたしは、「自主防衛を急げ」(日下公人・伊藤貫、李白社)を読ん
で、日下先生のご意見をもっともと考え、アメリカは、日本の潜在能力
を恐れていると考えます。

 前著P256~260に、その日下先生のお考えが記載されている部分があり
ます。一部抜粋して原文を載せておきます。

 アメリカは日本の「潜在能力」を恐れている―日下
 (前略)
 さて、アメリカが抱く日本論や日本観を伺うと、①ワシントンにいるア
メリカ人は一般のアメリカ人とは違っていること、②ワシントンにいる日
本人も一般の日本人とは別だと感じますが、この話は別にして、まずワシ
ントンにいるアメリカ人の日本観を伺うと、③アメリカは日本を脅威と感
じている、ことを感じます。その日本観に便乗して「政府の仕事」をつくる
ことに利益を感じる人がワシントンには集まっていることを感じます(アメ
リカは、ほかにニューヨークのアメリカと田舎のアメリカが別にあると言う
話はあとにして・・・)そのワシントン的日本観を相手にして私の日米論を
言いますと、脅威は「意図」と「能力」の二つに分けて考えられます。攻
撃する「意図」があるか、攻撃する「能力」があるか、という二局面です。
 冷戦下のソ連には日本を侵略する「意図」があったでしょう。ところが、
ウラジオストックの極東艦隊のパワーが、アメリカ第七艦隊より下だった
ため、ついに侵略することができなかった。「意図」はあったが「能力」が
なかったケースです。
 一方、アメリカの目には日米関係がこの逆に映るのではないでしょう
か。たしかに日本にはアメリカを攻撃する「意図」はうかがえない。しか
しその「能力」はある、と。少なくとも潜在的な能力があります。
 すでに日本のロケットは軌道に乗ることに失敗してワシントンの真上を
通過したことがあるからミサイルはあるし、プルトニウム爆弾はすぐにでも
製造できます。原子力空母にしても日本の経済力をもってすれば数年の
うちに五隻でも六隻でも建造することができるはずです。偵察衛星はすで
にアメリカの反対を押しのけて持っている。つまり「能力」は十二分にあ
る。
 (中略)
 しかし、いまの日本にアメリカを攻撃しようという「意図」など、毛頭
ありません。それにもかかわらずアメリカが必要以上に日本を警戒するの
は―「能力」があれば「意図」はあとからついてくると、彼らは考えてい
るからでしょう。
 彼らがそう思う理由の第一は、彼ら自身が能力があればかならず使用
するという性格だからですが、理由の第二には、やはり昭和二十年の広
島、長崎への原爆投下の贖罪感があると思います。フーヴァー政権の国
務長官スティムソンは「原爆投下によって戦争終結が早まり、そのおか
げでアメリカ人の将兵百万人以上の生命が救われた」という“原爆神話”
を生み出して、日本の無辜の民を虐殺した“大罪”を少しでも軽くしよ
うとしましたが、やはりあれだけの殺戮をやったわけですから、いつか
日本人が仕返ししてくるのでは・・・という恐怖心があると思います。
 (後略)

 この前後にも、アメリカは、日本とは同盟関係にありながら、潜在的
敵国として、日本を十分に警戒しているお話もあります。ま、あなたの
おっしゃられるように、日本人の目から見たら、バカげた政治劇を毎日
見せられ、日々滅亡へと邁進している日本をなぜ警戒するのか意味不明
ですけどね。あちらから見れば、日本の技術力はあなたが考えている以
上に脅威に思っているのです。そんな能力を持っている日本を見れば、
過去の贖罪感とも重なって、ワシントン的アメリカには薄気味悪く感じる
国なんでしょうね。

>三国人利権集団が行うことなら、仕方ないと正当化できるサヨク小児病こそ、日本最大の国賊集団であることは間違いないということである。

まさにそのとおりw

共産シナ私考

>katachiさん、ソロと名乗っております、以後お見知りおきを。
 イスラエルとシナの関係について、確かに私も些か疑問を持っていまして、何処で繋がって居るのか?と、考えてみましたが、裏を取れる様な情報網を持っているわけも無く、飽く迄主観=独断と偏見と、勘繰りで書かせて頂きます、御笑覧あれ。
>>最初は、ウイグル地区の核実験にイスラエルも参画、イスラエルの自前の核保有に利用した。
  イスラエルは表向き核を持って居ないと云う事になって居ます、是は、周りが敵だらけの中東の一画に割り込んだ情況から鑑みれば、「実は持っている」と看られる蓋然性を持っている事になりましょう。

 然しもし、「核を保有している」と宣言したら、回りもそうせざるを得ない、事実上の核拡散の誘導行為、NPTに対する叛旗と云う事になります、幾らなんでも、米国の手前それは出来ないでしょう。 

 それに、イスラエルがその後核保有宣言をしたワケではありません、その蓋然性を周りにより強く印象付けたにすぎない、「核を持つ」のも、その「核保有を宣言する」のも、高度な政治決断に拠らねばならないモノですが、是は未だ戦略段階でしょう、詰まり、事実かどうかは別にして、「噂」段階に過ぎない。 

 シナとイスラエルが軌を一にするのは、反ムスリム位でしょうか、然し、唯でさえ中東で嫌われているイスラエルが、更に自分達への憎悪を高める様な真似を遣ったとすれば、イスラエル内部に相当の矛盾勢力=反米・反国家=親共産勢力が居る事が予想できます。

>>次がジェット機開発ですか?
  80年代欧州と米国で争われた次期戦闘機開発競争の一角にイスラエルも居ました、イスラエルの主力戦闘機は、永年フランス製ミラージュⅡのヴァリアントであるクフィールでしたが、機種の老朽化や、ユーロタイフーンに参画したミラージュ社が砂漠向けに思い通りのヴァリアントを造ってくれない事も在って、自国製戦闘機開発は永年の嫁でしたから、巨費を投じて自国製のFX開発を行い、ほぼ完成して居たのです、勿論、欧州市場や極東市場への進出も狙って居たでしょう、性能的にもライバルを凌駕しているとのうわさが有りました。

 処が、米国マクドネル・ダグラス社でFXとして開発したF18(ホーネット)の正式採用が決定しました。 同開発費は巨額だったので、同社が予め資金回収の為に策定して居た市場を確保する為に、ペンタゴンを通して、欧州を除く同盟各国へその国のFXを米国製にする圧力を懸けさせた結果、無理やり開発を中途で断念させられたと云う経緯があります。

 怒ったイスラエルが、開発戦闘機の情報一式を共産シナに丸ごと売ったと云う事です、戦闘機の開発費って国家予算位ありますから、是も仕方がない事です、米国も黙認する他は無かった。 とは言え、謂わば偶発的な事象で、決して端から「共同開発」を仕組んだわけではありません。 唯、そうして開発された殲10(J10)が、計画で要求されたスペック通りの性能を安定的に出して居るかと云えば大いに疑問ですが。(嗤)

 こういう事象を俯瞰して考えて看れば、共産シナとイスラエルの間には、太いパイプが隠されている可能性は有りますね。

>>イスラエルは、アメリカの同盟国であり保護国ではないのですか?
  是等の事象、話しの筋が今一見えません。
 国家戦略には、時に命懸けで護らねばならない筋が有る場合がありますが、逆に、筋を無視して明らかな敵同志と手を組む矛盾した場面もあります。  是は国際関係が、道義ダケで無く、利害デモ動くからです。

 結局のところ、経済と軍事の利益が常に同じベクトルを持つかと云えば、然に非ず、という事です、近年、力で全てを抑え込む事が難しくなっている事から、ソウいう事例が増えてくる様に思います、例えば、軍事的には成功を収めたが、直後の経済的な失墜につながった、ロシアのグルジア侵攻等はその典型でしょう。

 米国やロシアの失敗は、世界が好むと好まざるに拘わらず、従来の寡頭政治から多極世界の混交併存世界への移行期にある事への認識が不足し、パラダイムシフト=常識の切り替えがスムースにできて居ない証左だと言えましょう。

 私はこの事象が表われて来たのは、地球の人口と密接な関係が有るとい思います、嘗てのパクスブリタニカやパクスアメリカーナと云う現象は地球の人口が今の1/4~1/5だった時代に可能だった話です。

 人口と云えばシナですよね、実に19世紀末に地球に居た人口とほぼ同じ数を国内に抱えて居ます、私が考えるに、共産シナはその戦力を国外ではなく国内に向け続けなければ、国足るを維持できないのではなかろうか、思えば、19世紀も戦争の世紀であった、各地で専制体制が崩壊し始め、やはりパラダイムシフトが出来て居ない国王が、欧州で」自分の利権の為に兵を動かし、次々に国を失った時代でした。

 共産シナの崩壊への弔鐘は既に鳴り始めて居ます、人民軍の離反が始まり、共産シナ自身が国内各地で孤立を深めている、そうな。 今や共産党は欺瞞と搾取を専らにする悪の象徴で、嘗ての様に、誰も「共産党に信を置く」モノは居ない。

 シナの民衆の10/14億人は農民でしょう、この20年というもの、世界の工場化、工業化偏重のあまり、共産党は此の農民層に対し、苛烈な収奪・弾圧と差別しか行ってこなかった、恨みを買って当然です。

 人民軍の下級兵士の殆どの出自がこの農民ですから、彼らが真に目覚めれば、人民軍自体がシナ崩壊の原動力となるのは是亦理の当然、共産シナに尻尾を振って甘い汁を吸ってきた経団連の方々も覚悟はしておかねばならないでしょうね。

 天罰は必ず下る。

禁治産者国家NIPPON

沖縄が数次ビザを発行してでも中国との友好関係を深めようとする理由を考えられますか?
日本が沖縄に金を回さないからです。日本は400年間、沖縄の産業を破壊しつつ乞食マネーで沖縄人を自力で生活できないように洗脳してきました。その洗脳の呪縛から解放された若い世代が、日本の支配から逃れ、ひとつの自立した民族として生きるための手段として中国の経済力に期待しているのです。
アジアの平和を脅かす米軍基地を追い出し、大陸や半島を侵略しようとした日本の支配を脱却することで、沖縄の真の自立と平和は成り立つのです。日本はサル真似と泥棒しかできない屑の国です。メッキが剥がれ、後は死滅するだけの死に体に用はありません。沖縄はこれからは琉球国としてアジア諸国の一員となります。沖縄を苦しめ続けた罪人の糞ウヨクは天皇猿と一緒に心中してください。

(月) 21:12  崗上虜囚 様

はじめまして椰子と申します。

>もっとも、アミテージ氏が『沖縄戦で民間人も日本兵によって生命を失いました』と、アメリカによるプロパガンダを信じているのは困りものです。

もう一人付け足させてください。
鳩山由紀夫が首相だった時、話の前後は忘れてしまい申し訳ないのですがアメリカ国防相のロバートゲーツが放った言葉です、『従軍慰安婦の問題も忘れるな』 確かクリントン外相と訪日した時、普天間問題で日本に対して反感を示している時でしたのでクリントンへの肩持ちで本性が出せたと察しています。

現役の国防相が同盟国の日本に対してこの程度の認識しかないんだと驚愕し一抹の不安を感じました。それもこれもコリアンによるシナ傀儡ロビー工作の成果なのではないかと腹立たしく思いますがその傾向は増すばかりだと危惧しています。

それでも先日の浜田参議院議員の「シナの東京の一等地購入」に対しての質疑応答の我が国ハクチ防衛大臣よりはましだとは思ってしまう。

飛びますが、浜田参議院の民主移籍のニュースで、浜田の通り一遍の質問と松本外相他民主議員らのシナ傀儡受付嬢的な答弁はヤラセだったのかなと、憶測ですが。 朝鮮人議員らは侵略者です。

今後とも宜しく。

>>琉球の旋風
>日本はサル真似と泥棒しかできない屑の国です。メッキが剥がれ、後は死滅するだけの死に体に用はありません。

はい、鏡をどうぞ。深呼吸してからみたほうがいいぞ(笑)

>>http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1555178.html

米国債売れと言うが、新規の国債が売れないのに誰が買うと思っているの?

0ということは国民の貯蓄は0ということでしょ。
金融と原発は共通点が多い。借金と廃棄物は次世代へ。
何年後にどのような形になるかはわからないが、金利上昇などで取り立てに遭うだろう、想定された今回の原発事故のように、おそらく世界経済が麻痺した際に。
(http://adachikioku.adachikioku.com/?eid=989979)

日銀は打ち出の小槌とでも思っているのか?、やはり、またもや日銀券は紙くずか。
(預金封鎖http://jpnfuture.com/japan/yokinfuusa.html)

ナポレオン・ソロ様

ご見識の程を拝受致しました有難う御座います。
何となく解ったような気がします。
イスラエルは、モサドのような高度な諜報機関を有し、日本と違い戦略的に動ける国です。
従って、相当に深い思考力をもって事に当たっていると考えます。
支那との付き合いも、現在だけ捕らえると間違った判断
をすることもあります。
歴史的見地からも見る必要があるように思います。
特にユダヤ人の場合は、内容が深すぎて、単純ではないから難しい。其の一部がアメリカ及び各国に点在しているから、より複雑な読みきれない動きをします。
其の点日本は、単純で解りやすく、今の経団連に見る如く支那の餌食となり易い。見ていてそこが浅いなと思います。
ある意味それで日本は、救われているのかな?とも思います。

日本上げ韓国下げ #- 様

私も日本の凄さは、歴史を踏まえて認識しています。
アメリカが歴史的認識を恐れているようですが、数十年経っても日本人を分析しきれて居ないのでしょうか。
日本は戦争に負けたとは言へ、相手を恨む性格の民族では無いことは、解っていると思っていました。
是は、とりもなおさず、アメリカの咎めの気持ちが強ければ強いほど伝わってくる心の問題であるように日本人として感受したい。
ただし日本が我慢の限界を超えない限り昔の日本人に
立ち返ることは無い様に思います。当然戦後生まれでも遺伝子は受け継いでいるわけですから何時スイッチが入るか予測できません。

イスラエルと韓国・朝鮮の比較

>katachiさん、レス有り難うございます。
>>ユダヤ人の場合は、内容が深すぎて、単純ではないから難しい。其の一部がアメリカ及び各国に点在しているから、より複雑な読みきれない動きをします。
 私は、既にユダヤ人を民族としては捉えては居ません、飽く迄、ユダヤ教徒だと思って居ます、ユダヤ教徒という利権集団である場合が多いのではなかろうか、すると、ユダヤ人同士で利害が衝突する事はママある筈です、其処を纏めるのが同宗の結びつきなんでしょう。

 何か、在外のシナ人同盟にも似ている様な気がします、実際、戦前の浙江財閥とサッスーンの関係を見ても判る様に、ユダヤの一部勢力はシナ人とは仲が宜しい様です。

 つまり温州商人ですが、彼らは個人的にはソウデ無くとも集団になれば極端な反日集団になる様です。  亦、客家も居ますが、彼らを東南アジアを支配する華人集団と仮定すれば、ユダヤ教徒とは一線を画して居る様に見えます、但し彼らも、反日な部分が有りますね。

 ユダヤ教徒も在外シナ人も一括りには括り様が有りません、無理に括ろうとして居るのは、単に敵対している集団を叩こうとしているダケと考えるべきだと思います、民族が自分達の利益を護ろうと利己的に振る舞うのは生存権から云ってある程度は仕方がない事ですが、そこに仁義も正義も無いでは、結局のところ、排除されて終うでしょう。

 日本の在日韓国朝鮮人は、其処に至る道をまっしぐらに進んで居ますね。 折角国を持てたのに、全く大事にしようとして居ない、米国はモゥ完全に諦めた様です、韓国が過去形で語られるのに後10年懸るかドゥか、でしょうね。

 ユイスラエルと朝鮮・韓国をを比べれば、同じ時代に建国したのに、その内容が呆れるほど違う事に気が着く筈です、違う意味で同じ様に危機に居るのは事実ですが。

無知で低能な保守達こそが日本を滅ぼす

先日私は国民にマルクス主義を教えるべきだと述べた。
なぜなら私は保守こそが日本の敵だと思っているからだ。
保守は無知で頭が悪い。だから左翼が何を主張してきたのか理解できていない。敵を知らないから左翼を今まで倒せなかったのだ。保守は今まで左翼を真剣に滅ぼそうとは考えていなかったのだ。
保守仲間だけでしか通じない低能な論理をこねくり回して互いに慰撫し合っていただけなのだ。
敵を倒すには敵を知らねばならない。敵の武器を我が物にしなければならない。保守は旧式の火縄銃でアサルトライフルに立ち向かっているような物だ。その旧式の武器(論理)はとっくに論破されて使い物にならなくなっているのに。保守が騙せるのは同じレベルの馬鹿だけなのである。敵に対抗するのは敵と同等の武器(論理)が必要なのである。

保守に必要なのは絶対に揺らぐことの無い、いかなる手段を用いてでもこの国を守りきるという強固な意思と、そして左翼の論理なのである。論理は所詮道具に過ぎないのである。この道具は使い方次第で左翼を滅ぼす武器になるのである。

保守には現在の日本の状況を理解していただきたい。

まず我々保守は体制側ではない。体制は左翼である。
そして保守はそれに反逆する反体制側の立場なのである。

1945年8月15日の革命以来、日本は左翼の体制なのである。

そこを思い違いしてはいけない。

だから我々は体制(日本政府)を革命を起こして粉砕しなければならないのである。

そこをわかっていない保守(馬鹿)が多すぎる。未だに自分たちが体制側だと思ってやがる。

またバカが一匹w

>2011/06/28(火) 17:06:55| URL| あの #HfMzn2gY

シンでも類似品でもないけど、お前、バカじゃないの?

保守には自分たちが実現したい世界に関する明確なビジョンがない。設計図が無い。これでは駄目だ。

保守は日本をいったいどういう国にしたいのか?
保守は団結してそうした共通見解としての設計図をまず描くべきである。
そしてその設計図に合わせて運動を起こさなくてはならない。
設計図とは戦略の基本となる物なのである。


私は保守からそうした全体的な設計図を聞いたことが無い。
保守の言う事はどれもその場しのぎの場当たり的な主張だけだ。

反自虐史観教科書しかり、反慰安婦捏造問題しかり、

もちろん日本を嘘と捏造で貶める左翼や朝鮮人中国人に対抗するためのそれらの運動は必要だ。

しかしそれらは左翼がまず行動を起こして保守はそれに対応しているだけだ。つまり左翼がいつも先制攻撃を仕掛けて保守は防戦一方である。

左翼は戦略があるから、いつでも好きなときに好きな場所へ攻撃を仕掛けることができる。

このようないつも受身の態度では駄目だ。保守に戦略が無くては駄目なのだ。

そしてなぜ保守に全体的、長期的な戦略が無いかというと、設計図が無いからである。

要点がわかれば左翼を駆逐することなど簡単なのである。

■韓流に魅惑されたのは韓国人自身

自己愛性人格障害の典型例

【K-POP】白人が韓国を褒めれば私たち韓国人は頭がおかしくなる 韓流に最も熱狂するのは外国人ではなく韓国人だ [06/17]

■韓流に魅惑されたのは韓国人自身

 私たちの心で普遍的に発見される欲望がある。韓国を離れたがりながらも、自身の国を絶えず知らせて
自慢したがる矛盾的欲望だ。自国に愛情と自負心を持つのは良いことであろう。問題はこの指向が
行き過ぎて非理性的だったり、さらに非倫理的選択までするようになるということだ。

 私たちの中で多数が‘恥ずかしい'という理由で、明確に誤った行為の幹細胞操作を隠したがった。その
事件の主役を英雄に作りあげた背景はやはり‘韓国を輝かせた'という理由であった。外国人ら、特に白人
(金髪に青い目ならばより一層効果的だ)が韓国をほめてくれれば私たちは言葉どおり頭がおかしくなる。
ハングルや太極旗を持ち出す日には我を忘れる。‘韓流’に最も熱狂する人は外国人でなく韓国人たち自身だ。

オーマイニュース(韓国語)
http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?cntn_cd=A0001582245

保守を名乗るものならば。

>だめだめわんこさん、初めましてでしたっけ? ソロと名乗っております、以後宜しく。
>>保守は団結してそうした共通見解としての設計図をまず描くべきである。
  保守には、確かに左翼に拠る国家破壊活動を拱手傍観してきた処が有ります、それは江戸期より永らく日本の中枢に座って居たのが、庶民文化を尊重し、民の生活を第一に考えて居た封建領主たちであったから、戦後、それらが既得権者相にすり替わっても、気が着けない状態だったのでしょう、所謂、「お上」を信じて、お上の為し事に口を挟むな、という相互の信頼関係が常識の様に定着して居た。

 処が、戦後社会に最初に米国に拠って仕組まれたのは、朝鮮人と云う異端、異物に拠る社会の霍乱だった。 日本の社会を形成している、明らかに米国社会よりも優れたナニモノかを毀したかったのですが、ドゥして善いのか判らなかった。 そこで、似て非なる日本人を遣ったと云う事です。

 GHQは日本の社会を知れば知るほどに、何より戦前の日本を変えたかったのです、それは、戦ったモノだけが知る恐怖からだったでしょう、僅か、15歳くらいにしか見えない少年が、飛行機を操縦し、弾幕をかいくぐって爆弾を抱いて空母に体当たりするのです、その懐には母親のモノと思しき写真が入って居ると云うのにです、その勇気、その愛国心に驚嘆し、感動しない訳がない。  

 それは、彼らの愛国心のレベルでは、にはとても信じ難い現実だったでしょう、何故、そんな母を恋しがる少年に迄愛国心が生み出せたのか、判らなかった。 日本人なら、愛国心は愛郷沁の延長だと云えば判りますが。

 変えたかった理由を云えば、米国人は日本社会が欧米社会より構造的に民主的に出来ている事を認めたくなかったのです、其れは憲法24条を看れば判ります、GHQに勤めた一素人の婦人に拠って発案された条文は、婦人の地位についてでしたが、日本では、江戸期以来、婦人の地位は既に欧米以上であったと言えるのに、殊更に婦人の権利を高める内容になっている。 是等は完全に偏見と無知に基づくものだったと言えるでしょう、米国は自国文化が、日本拠り先進国であるのは当然と云う認識だったからそうなるのですが、そのころの米国社会では、未だ黒人は実質奴隷の域を脱して居なかった、当然、戦闘では真っ先に危険な役目を背負わされた。

 簡単な例示を挙げれば、コンバットというTV映画の米軍兵士には、黒人兵士が登場しませんが、登場させると現実との乖離が大きくなり過ぎ、都合が悪すぎるからでしょう。 米国で黒人がマトモに扱われ始めたのは、白人にも知名度が高かったマーチンルーサーキングやマルコムXが暗殺されてからの事です。

 今一番日本人に必要なのは、明治維新以来、世界を歩んできた日本人の真の姿を知る事です、何故、明治維新が必要だったのか、日本や日本人は何と戦ってきたのか、と云う事を具に知る処から始めなければならないと思います。

 それは兎も角、日本の保守は終戦で潰滅して終います、仰る通り、戦後に勢力を持った右翼なんぞ居る筈がない、右翼を標榜するモノの全ては成済ましでした、それに絶望した幾人かの人が自分の死を以て、沈黙する保守層に祖国の恢復への決起を訴えて居ます、三島由紀夫然り、野村秋介然り。

 日本の左傾化が極まったのは、バブル前後の90年代初頭でしょう、宮沢は日本に絶望した完全な売国奴でした、橋本は利に絡めて総理になったは善かったが、雁字搦めにされて憤死する他は無かった、後は、道化も務まらぬご仁ばかりでした。

 21世紀になって変人小泉さんが登場し、鉄壁の自民党の選挙基盤をぶっ壊して、サヨク官僚政治家生産一辺倒だった戦後体制を変えようとしたのですが、当然、その隙に乗じる連中を警戒しなくてはならない、其れが、小沢一派、鳩山一派だったわけです。

 是が是までの経緯です、此処から日本の未来設計図をひかねばならないのですが、達成すべき事は既に決まって居ます、否、普遍でしょう。

 それは、普通に自力で国と国民の財産生命を護れる国にする事です。

 内政、外交、経済、防衛、安全保障、社会保障、そして教育、何れの面でも、国民の目線優先の国にする、勿論其処には、公共を重んじ、秩序を護る心、公に奉じる心、戦前の様な愛郷心を原点とする、愛国心教育が何より必要です、そして国の基である、天皇陛下ご一家、皇室の方々への敬意、国家の象徴である国旗、国歌への愛情、敬意教育も忘れてはなりません。

 世界に冠たるドイツではなく、世界を援ける日本にならねばなりません、然し、自分の国を大切にできない国民は、他国の国民が国を思う気持ちを理解できる筈も無く、亦、信用される筈も無いと云う当たり前の事を理解しておかねばならないでしょう。

 現在の日本は、国がなんたるかを理解できない朝鮮人に纏わりつかれて居ますが、こう云う儀も義も理も知らない民はやがて歴史の闇に消えて行く運命に在ります、自身の出自を呪うものが、その出自の為に何か有益な事を出来る筈も無いからです、国家という花は、命懸けでこそ開くのは、世界の常識です。

 愛国の花を皆で咲かせましょう。

郵便ポストに 「日本人は出ていけ、ここは中国同胞の所有物だ」

中国が買収した南麻布周辺の一般宅の郵便ポストに
「日本人は出ていけ、ここは中国同胞の所有物だ]のチラシ


ひめのブログ
http://000hime.blog74.fc2.com/

>2011/06/28(火) 02:16:28 君
>中韓を知りすぎた男」の辻本さんの体験談については価値があり
これは本にして売る価値があるだろう。(受売り経済学にはがっかりだが)

だから、受売りでない君の経済理論は無いのか、と聞いているのだ。

>しかし、誰とは言わないが中国や韓国を嫌いな人たちに取り入って、ほとんど関係ないビジネス経済本を売って金儲けするのは、おかしいと言っているのだよ。

中国経済や、韓国経済がおかしいと言っている者は一杯いる。だから騙されるなと書いた本が売れるのではないか。それが何故誰かに取り入った事になるのだ。おかしいのは君の結論だろう。

>経済・金融の話をしたければそのカテゴリに行くべき。

世の中は、経済・金融だけで成り立っているわけでは無い。気象も天文も、周りの生物も、個々人間の嗜好も、集団行動も、人間や生物が作り出す環境も全てあらゆることが絡み合っているのでは無いか。経済・金融の話だけで済ませている馬鹿なカテゴリって何処だ?。

>相変わらず読解力のないアホだな。(笑)

と言うことは、君は、誰も疑問に思っていない事を、一人自問自答して『アホな諸君に告ぐ』と、以前と同じコピペをしている ↓ と同じ人間かね?。

>アホな諸君に告ぐ、君たちの日頃の言説からすれば日本も米国もなんらの心配もいらない。何故、米国は安全だと言わないのだ?
>2011/06/27(月) 15:03:18

>椰子 様

はじめまして。宜しくお願いいたします。

>もう一人付け足させてください。

日本に無理解なアメリカ人や、悪意を持つアメリカ人は一杯います。『河野談話から後退したら、日米関係は破壊的になる』と言った、シーファー大使も酷かったですね。 でも、あの時の問題は安倍総理です。『嘘で日本国民を貶めるのが日米関係なら、解消する事もやむ得ない』と一言言えば、首が飛んだのは。シーファー大使だった筈です。

日本に理解が有ると思われているアーミテージ氏だって、自国の国益の為に支那より日本をパートナーとすべきと言っているにすぎません。当然、アメリカの過去の過ちは認めないでしょうし、嘘であろうと日本の弱みと思えば突いてくるでしょう。日本人は毅然とすべきです。毅然としていないから、支那人・朝鮮人にさえ見透かされ、国が乗っ取られる寸前まで行っているのです。

このまま行けば、間違いなく日本と言う国は無くなります。朝鮮人が日本人を洗脳教育させた処に、支那が着々と便衣兵を送り込み、ロシア人も漁夫の利を得よう北海道に狙をつけています。どうせ日本は無くなるのだからと、アメリカも日本を切り取るでしょう。

現在、日本の正面の敵は、国内にいる帰化在日を含めた朝鮮人です。しかし本当の敵は日本人です。未だに朝鮮政党である民主党、公明党、社民党、共産党を支持する人間や、国などどうでも良いと思っている人間が国民の多数を占めているのです。それでも、この亡国の危機は日本人が目覚めれば、あっというまに解決します。その時、仮に世界を敵に回す事態となったとしても、日本人が目覚めれば亡国の危機は、無くなると思います。

恐らくこれから日本は、もっと酷い状態になるでしょう。日本はもっと困難な立場に立たされるでしょう。でも、その時こそが全てが解決出来る時です。それは支那が戦争を仕掛け、日本が甚大な被害を蒙るときかも知れません。どうせ、このまま行けば日本は無くなるのです。日本は、とことん落ちるとこまで落ちるしか無いと思っています。そこからです。

唯物的に破綻を見せる左翼主義

>保守は旧式の火縄銃でアサルトライフルに立ち向かっているような物だ。その旧式の武器(論理)はとっくに論破されて使い物にならなくなっているのに。保守が騙せるのは同じレベルの馬鹿だけなのである。敵に対抗するのは敵と同等の武器(論理)が必要なのである。

マルクス主義なる世界が出来て国も出来た。
しかし100年も持たず崩壊した。
是をどう説明するのだ!
つまりユダヤ人以外は、共産主義を上手く操る事は不可能と言う事か?他人種では劇物に等しいと言う事か!
日本人は其の点、上手く機能している共同体と言う概念に於いて今回の大震災に於いても共同体意識が作用して馬鹿民主の国を差し置いたではないか。
左翼の理論は、単に理論であって実践すれば矛盾が多く汎用性の無い欠陥理論であるのだ。
理論として機能しない。それを後生大事に理論が優れていると錯覚する左翼もめでたいのである。何も検証せずに失敗を繰り返し結局破綻を経験舌に過ぎない。
其の点日本の共同体意識は理論とせずとも有機的に機能する優れた汎用性のあるシステムである。
歴史的に其の姿を具体化したのは、明治以後の北海道の屯田兵であろう。防衛と農業を両立させる共同体組織である。是を彷彿とさせるのは、イスラエルのキブツである。日本とイスラエルは、無意識に同様な共同体組織を作ったことになる。又、そのようなことが出来なければ共産主義の真髄は掴めまい。
故に他民族では不可能なのである。
支那の末路を見るがいい!全てが破綻しているではないか!


>支那の末路を見るがいい!全てが破綻しているではないか!

どこが破綻しているって?これからが最盛期じゃないのかね。

マシュマロさすぺんしょん さま
2011/06/24(金) 12:07:50 ななし さま へ

アドバイスありがとうございます。確かにむやみは危険ですね。
国会議員までと思ったらとにかく恐ろしくてすぐにでも…と思ったのです。
少し冷静になりました。
実家の両親に話しているのですが、まったく駄目です。歯が立ちません。ネットやらない人には無理みたいです。

まるで何かのカルト宗教にでも洗脳されてしまったかのような哀れみの目で見られています。

普段の生活とネットからの情報があまりに差があるので実は私の思い込みなんだろうか?とふと思うことがあります。
実像と虚像が交差していて混乱してきます。
でも少し動きはじめました。

崗上虜囚  さまへ
2011/06/27(月) 22:12:30 の 

アーミテージ氏が『沖縄戦で民間人も日本兵によって生命を失いました』と、アメリカによるプロパガンダを信じているのは困りものです。沖縄戦での米兵の残虐行為、進駐軍による強姦、GHQによる検閲と焚書。パートナーシップを築きたいなら、当然共有するべき情報であり、日本人は言うべきでしょう。

で、これに関係することをつい先日、某国営放送でやっていましたよ。

内容は、あるアメリカ人カメラマン(たぶん50代)が、沖縄を訪ねました。
その人の父親はWW2時、沖縄に侵攻した部隊だったそうです。ずっと父は何かを抱えていて話そうとしない。
同じ様な立場の人が3人ほど告白しています。
当時の沖縄で何があったかって。

接近戦だからもう兵隊も一般人も区別がつかなくて殺しまった。
日本の軍隊はほとんどいなかった。
日本兵が民間人を撃っていたetcの証言でした。

少し前の私ならそのまま鵜呑みだったでしょう。
接近線だからというのは、理解は出来ます。

でもそれ以外は、
①自分の都合の悪い事はしゃべらない。
②日本人が民間人を殺した事を強調する編集でしたよ。
例えば、番組冒頭でアップでその事を放映して本題に入ってさらにもう一度です。

もちろん吹き替えなんだから英語で何をいっているのなんてあそこの局なら何をやってもおかしくないです。

これは、どこの国の意図で放映されていると思いますか?やっぱりアメリカですかね?ダブル朝鮮ですか?それとも沖縄が欲しい中国ですか?
たとえ本当に日本兵が民間人が殺した事が本当だったとしても、自分たちの悪さ(残虐行為、強姦)のどちらも告白しなければフェアーじゃなうけど、そんな精神アメリカにあるわけがないですね。両方話せないならどちらも言わないのがフェアーというものです。


何処が最盛期?

内陸の砂漠化、河川の汚染、地方政府の腐敗、安全無視の高速暴走列車のインフラ、東・南シナ海の覇権行為、国内の不満分子による暴動、官僚の金と一緒に海外逃亡、貧富の差拡大、ジャスミン革命の前兆・・・・
何処に発展性がある?
是を最盛期と唱えるならば、詐欺だぞ。バブルもはじけるだろうし、物価はインフレ状態、共産党人民と国民の
2分した格差社会に暴動が無いほうがおかしい。
時間の問題であろう。

決まっているじゃないか!

>保守は日本をいったいどういう国にしたいのか?

「美しい国」にしたいのさ。
物心両面で美しい国になる事だよ。
美しいと言うのは、色んな要素を含んでいる。単細胞の頭でイメージしても解らんだろうけど、高度になればなるほど抽象化が著しい。
左翼のように物質化したものしか意味不明であれば、形容詞の多い日本に居る事自体不似合いな自分を意識しなければいけないだろう。
唯物論のソースは神を意識した高次元の文章から神を引いた(マイナス)にしたものだ。だから限界がある。
抽象的願望が無ければ具体化は、難しいのよ。
わかるかなー唯物論者!
だから特亜のような劣化素材は日本にそぐわないのだ。

だめだわんこ様

言葉尻だけで判断してしまいました。
文章を全部読んでいなかったので、てっきり左の人だと
思いました。失礼。

ナポレオン・ソロ様、katachi様、レスをありがとうございます。

そうです。そうやってどういう国にしたいのか保守はアイディアを出し合うべきなのです。最初は曖昧でもいいから全体像を描くべきなのです。

細々とした些事の運動をすることだけが保守ではありません。
保守は大きな目標のために団結しなければいけないのです。
それは我々保守の望む形に世界を作り変えるという壮大なものなのです。

そしてその手段として国家権力を左翼から我々保守の手に奪い返すのです。
我々保守は権力を失った反体制側なのだということを忘れてはいけません。

2011/06/28(火) 19:29:42| URL| #-

=MR2?

中国人に頼った愚かな企業の末路

2011/06/28(火)

家電量販店のラオックスは28日、筆頭株主の中国家電量販大手「蘇寧電器」グループの子会社になると発表した。
第三者割り当て方式で新株を発行し、蘇寧グループが引き受ける。経営難で中国企業の支援を得て傘下に入る
日本の有名企業は多いが、子会社となる例はまだ珍しい。

発行額は計約90億円で、蘇寧グループのラオックスの持ち株比率は34.28%から計65.3%に上昇する。
ラオックスは東日本大震災後、主な客層だった中国人客が激減して経営の厳しさが増しており、借り入れや
公募増資による資金繰りは難しいと判断した。

新株の発行数は発行済み株式数の約88%に上り、発行額も1株当たり35円と直近の平均値を大幅に下回る。
このため、8月23日に開く臨時株主総会で、特別決議を得ることを発行の条件にしている。

ソース:
http://www.asahi.com/business/update/0628/TKY201106280600.html

沖縄戦の実態

>kmさん
 米軍の遣った事って、洞窟に向けて火炎放射機を放つ映像で十二分ですよ。 洞窟の奥が吹き抜けて居れば、火炎はフラッシュオーバー現象を起こしますし、吹き抜けていなければ、中の酸素を火炎が食いつくして酸欠で全員死亡、火葬迄やってのける、飛び出してきたら、ガソリンを浴びてまる焼けかライフルで狙い撃ちですよね、中に潜んで居るのが兵士で有ろうが民間人で有ろうが家お構いなしなら、無差別攻撃って事です。 あれを残虐行為とは言わないという基準なのなら別ですが。

 ソウいう意味がある事を説明する責任が有るのは、経験した大人達でなくてはならなかったのですが、私は一遍たりとも詳しい説明を受けて居ません、突っ込んで訊くと殆どが「その場に居なかったので知らん」という反応でしたが、中に一人「自分で考えたら判るやろ」と吐き捨てる様に云った人がいました。
 
 同じ事をサイパンで、グアムで、テニアンで米軍はやって居ます、マリアナ諸島に移り住んで居たのは、殆どが沖縄からの人達です、従って、其処で起こった事は、細大漏らさず沖縄に伝わって居るワケで、米軍が沖縄に侵攻してきたらどの様な惨事になるかは、予め判って居たのです。

ソロは何が言いたいのだろうか

沖縄のことをわかって言っているとは思えないのだが…

所詮は付け焼き刃の論客か

心ないヤツはどこまでも心ないヤツよ。

>2011/06/29(水) 08:08:54| URL|

自分のほうがわかってるというなら堂々と議論を挑めば?

キミのつぶやきなんて無意味だよ。誰も深読みなんてしてくれないよ笑

日本側負担は最大580億円 中国社会保険法施行で大打撃

7月1日施行
http://diamond.jp/articles/-/12888

(火) 21:53 崗上虜囚 様

レスありがとうございます。
アメリカは変わらない日本が変わらなければならない。ご尤もです。

>とことん落ちるとこまで落ちるしか無いと思っています。そこからです。
戦前戦後の日本人(先人)ならまだしも平和ボケ(愚民)が過半数を占めている現状では、、、、、。

愚民に覚醒して欲しいと声をかけても愚民ゆえに簡単ではありません。誰もが壁にぶつかりながらも信念を曲げることができず試行錯誤の繰り返しをしているのだと思います。

消極的な考えがよぎる時は引きずり込まれないよう切り替えをします。『そうはさせるものか、そうはならない!』と、肝に銘じています。
こういう同じ思いの日本人の輪が見えない形であるんだと思います、その輪がどんどん大きく、だから消極的な考えで輪の手を離すことはできない、何かそんな気がします。
常に何が起きようと各人の最終的な覚悟は必要ですが疲れたら無理をせず休みます。

ナポレオン.ソロさんの 「保守を名乗るものならば」
>それは、普通に自力で国と国民の財産生命を護れる国にする事です。
私もずっとそう願ってきて必ずそうなると信じています。
その他も同感です。

ユダヤ人に憧れる朝鮮人

ブームだからいずれ終わると言う人がいるけど、広告代理店や韓国や在日が絶対に
終わらせないだろう。韓国プッシュなんてもう10年はやっている。
連中が求めているのはコリアンの日本でのユダヤ人化・アジアでのユダヤ人化。
「シュリ」ってのをマスコミが取り上げ騒いでいた頃に、やたらとコリアンとユダ
ヤ人を比較する記事を韓国人や在日は記事にしていた。コリアンをユダヤ人とは思
わないが連中がユダヤ人を真似ている戦略をとっているとは思う。連中の目的は日
本でエスタブリッシュメントになる事。
まず映画でコリアンへの肯定的イメージを広める(井筒の在日美化映画)、その後
は音楽など他のショービジネスに拡大(K-POPやドラマのごり押し)するってのは
以前から言われていた戦略。
アカデミズムやジャーナリズムの世界でもカン・サンジュンをちょっと大きなニュ
ースに必ずといっていいほど出してくるし関係の無い美術番組の司会をさせて強力
にプッシュ。芸能界と密接な関係にあるヤクザにしたって在日が多いし、強力なコ
リアンのネットワークが出来ているから韓流ごり押しが出来るわけで、この利権を
手放すわけが無い。

韓国ブッシュって、何ですか?
何がはやっているのですか?
韓国人の整形病
韓国の外見至上主義
ひさびさに「嫌韓流!また韓国人か」(宝島社文庫)を読んだら、そう書いてあった。

作り物の顔って、きもい。

ナポレオン・ソロ さま

2011/06/29(水) 07:23:21 のコメントですが、
私より随分上の方に言うのには失礼かもしれませんが、正直コメントのどの部分に対して何をおっしゃりたいのか理解できません。
もう一度読み返していただければと思います。

言い訳は見苦しいよ。
卑下しているだけだろう。

kmさん

遅レスになりますが、
私が今一番必要だと思うことは、拡散することだと思います。
しかし、拡散する人が少ない。だから、まず拡散する人を増やす活動が必要だと思います。
日本が破綻の淵までいってようやく皆が覚醒して、というよりは拡散によって、もう少しましなところで道を修正したい、です。

在日はユダヤを手本としてるでしょう。
そして、在日は日本でエスタブリッシュになったとしたら、その日本支配はユダヤのものとは様相が異なるものとなるでしょう。
韓国・北朝鮮も介入してくるでしょう。

人権侵害救済法等によって、言論の自由もなくなるでしょう。
単に金持ちになってそれで満足してるような連中ではないでしょう。

在日を日本から追い出すしかありません。
在日を日本から追放するのは大変な作業です。国民が覚醒しないとできないことです。あるいは、それが無理なら一時的に軍事独裁にしてということになりますが、軍事独裁も国民が覚醒しないのに無理ではないですか?

武器を使わない、情報戦争では気づいた人から、個々に動かないと仕方がないです。情報戦争ですから、ネットでの拡散等がひとつの方法です。リアルに行動できる人ならもちろん、保守による政権の奪取と、その後の政策と遂行にかかわっていけばいいですが。それができないなら、拡散ではないですか?
軍政下のエジプトでもfacebook等で、政権打倒の動きをつくれたのですから、日本でできないはずがありません。

それから、アメリカを嫌いな人は、二正面作戦を戦うことは破滅への道であることを理解しましょう。保守の人は、戦略的に行動することを考えましょう。
敵は絞り込むべきです。どうしても日本にとって敵であるのは、まず在日と朝鮮です。そして中国(中国は中共がつぶれて国が分裂すれば敵でなくなるかもしれません)。
どうしても味方とは考えられないこの2つ以外の全ての国と良好な関係ができるよう努力すべきです。

名無しの蒙昧へ

>2011/06/29(水) 22:51:18| URL| #-
>>言い訳は見苦しいよ。
>>卑下しているだけだろう。
   相変わらず意味不明の3行コメンターやね、処で、「卑下」って、意味が分かって使って居るのか? 漢語の意味も判らずに使うのは、中学生でもやらない事だぜ。

「他人を卑下している。」ということ。

卑しめて言っているということで使いましたが、おかしかったですか?

間違いでしたらごめんなさい。ニュアンスはそういうことですよ。

2011/06/29(水) 23:37:22| URL| #-

= s h i n

また s h i n が何の意味も無い下らない工作を
してますね。
しかもドヤ顔(笑)

>>何処に発展性がある?
>是を最盛期と唱えるならば、詐欺だぞ。バブルもはじけるだろうし、物価はインフレ状態、共産党人民と国民の 2分した格差社会に暴動が無いほうがおかしい。 時間の問題であろう。

まあ確かにいつかは崩壊するだろうね。しかしそれはそんなに早い話じゃない。暴動などはこれまでも年間何万件と発生していたが、中国はビクともしていない。中国はいざとなれば、武力で鎮圧するだろうしね。中東諸国は欧米の介入を恐れて民衆を武力で徹底的に弾圧できなかったけど、中国は平気でやるよ。中国はこれから最盛期の10年を迎えるだろう。

それから、バブル崩壊に過度に期待しないほうがいい。中国は金融政策もトップダウンで迅速だから、日本のように後手後手にまわることはないし、何といっても、民間債務がGDPの20%程度しかなく、バブル崩壊当時の日本や欧米より遥かに低いから、バブル崩壊が全土に波及する可能性は低いだろう。

苫米地さんの「日本の盲点」(ヒカルランド)を読むと、、、
私的に嫌いな中国に対して、そういうことなのか!と、少し見る目が変わりました。
しかし、中国って、対外的にやることがえげつないですね。
日本も中国という国を見誤らないようにして、対応しないといけません。

三行コメンターへ

>>卑しめて言っているということで使いましたが、おかしかったですか?
「自分を卑下して云々」とは言いますが、普通「他人を卑下する」とは言いませんね 、単に「他人を卑しめる、貶める」とは言いませんか? 

 それは兎も角、で、誰が誰を、どの様な部分で卑しめているのか、ハッキリ記述してもらえませんか? 貴方の短い云い捨てコメントでは、貴方こそ私を卑しめているダケではないかと思うのですが。  失礼という意味が判っているとはとても思えませんがね。

ちょっと黙っていられない

>「他人を卑下している。」ということ。 卑しめて言っているということで使いましたが、おかしかったですか? 間違いでしたらごめんなさい。ニュアンスはそういうことですよ。

あなたが国語辞典を引いて何がおかしかったか反省して言い直すべきところを、自分の明らかな誤用に「ニュアンス」を感じろとはずうずうしい。

そんな非常識な奴の言うことを「ご理解」もへったくれもないではないか。

まして「だれの誰に対するどういう批判」かもまったく不明。

上のやり取りに関わっていない私が見ていてもあなたの言い分にはあきれますよ。

ドウですかソロさん?ソロソロ短文ニ兆戦シテみまセンカ?
長きゃ名文てもんでも無いんじゃないかな。
まして人様でのコメントは。
(失礼。)

私とソロさんは他ブログ幾つかで、ほぼ連日ご一緒でした。
ソロさんウザって言われてましたね。
ダラダラ長いダケだからですよ~
ダカラ自分のブログで論ぜよって言われる。ドウして自分のブログをやらないのか、あそーか、寄って来る人がいないかーとも言われてましたね。
ソロさん、三行でも一行でも立派だと思いませんか。
コメントを書く勇気と、短くまとめる能力と、他に配慮する奥ゆかしさを
感じたりはしませんか。
勿論長文でも、読ませる人はいます、ここのコメンターの中にいます、数人ね。

ソロさんあんまり威張ってるからパンチくれたくなるんよ。

めめしい奴だな

×ソロさんあんまり威張ってるから
○ソロさんに言い負かされたから

第三者だが、ブログを開いていちばん上にあるとつい読んでしまうこともある。
で、他人事ながらふたたび不愉快にさせられたから書く。

行数なんざ関係ない。お前みたいに3行超えていようがいまいが、胸糞の悪くなる文章はある。見たくないかももう書くな。

>2011/06/29(水) 00:24:41 km 様
返事が遅くなり、すみません。

>これは、どこの国の意図で放映されていると思いますか?やっぱりアメリカですかね?ダブル朝鮮ですか?それとも沖縄が欲しい中国ですか?

2011/06/26(日) 11:16:43にも書きましたが、占領時、GHQにいたコミンテルは、日本の指導層に共産主義者を配置しました。又、終戦直後、多数の朝鮮人が共産主義に入り込みました。

当初、金と地位に釣られた日本人の共産主義者は、GHQが無くなった現在、減ったと思います。何故なら共産国は何処も失敗、共産主義に理想は無く、日本を弱体化し、日本人を貶めることは、自分や子孫に返って来ます。従って、恐らく現在のサヨクは朝鮮人が主体でしょう。

もっとも朝鮮人サヨクの思想は、共産主義とは似ても似つかぬものです。有るの彼等民族伝統の恨の気持ちだけ。彼等の頭に有るのは、日本人を蔑み、日本を破壊する事だけでしょう。だから、共産国のベトナムやキューバが自国を誇りにするのに対して、日本のサヨクは日本人の誇りを奪うことに熱心なのです。

そして朝鮮人の得意技は、一度手に入れた地位や利権は、同じ民族や仲間にたらい回しをして、手放さない事です。それが、現在あらゆる日本の組織団体が、朝鮮族に乗っ取られて状態になっている理由です。

特に大学等は、徒弟制度的なものが有りますので、教授の地位は、朝鮮人サヨクやシンパの日本人に受け継がれ、結果彼等に教育された優等生が、NHK等に入ったり、官僚になったりするのだと思います。

それはオウムの浅原と弟子達の関係に似ています。敗戦の苦しみを知った世代が少なくなったにも関わらず、年々日本のエリート層が左傾化し、日本に誇りを持たず、日本の解体に手を貸しているのは、エリート層程、朝鮮人に洗脳される機会が多いからでしょう。

従って、NHK等の偏向報道は、確信犯である朝鮮人と、洗脳日本人と、彼等が引き入れつつある支那人の、連係によるものだと思います。

論争?

一人自分の論に酔いしれる人との論争など、誰もしないですよ。
勝ち負けにこだわるなら、負けてあげてもやぶさかでは・・・おわり。
はい三行。

中国を見て吹き出す

金満覇権の中国を目指し、無計画の過剰生産に突っ走った結果の落とし穴。
慌てふためくドタバタ中国。
過剰な在庫は海外へ、排便するように叩き売る。
口だけは達者に空威張り。
蛇を龍と言い、鶏を鳳凰と言う。
4千年に1人の中国フィギュアスケーター?
全てが誇張の共産党中国の歴史。
中国が言うことは、全部(嘘)です。

桃栗3年 嘘4千年の中国

中国は何でも事実とは180度違う嘘をでっち上げて世界中に伝えます。

中国が報道することの正反対のことが真実だと思えば間違いありません。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。