スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍首相がんばれ NO 3

一部のおろかな知識人やメデイアによって安倍首相が危なくなってきた。

左翼の価値観に染められた人たちによって意図的に亡国へと導かれていることに早く気がついてください。

国民一般が今まであまりにも左翼に対して
無警戒、無関心でありすぎた結果、社会を蝕む脅威に気づかない能天気になってしまいました。

政治家も、官僚も、企業の経営者、警察も、みんな使命感、緊張感をなくしてしまいました。そこに付け入ってきているのが、亡国をたくらむ左翼達です。

左翼の人たちもれっきとした日本人です、その日本人が何故自国を滅ぼす行為に走るのか、私も理解できません、多分この国を滅ぼして新たに理想の国を作りたいのかも。

しかし彼らが考えている国とは、戦争の無い平和な国、格差の無い国、
平等な国、社会福祉の充実した国、ですか?

戦後60年間日本は平和でした、それは日米安保条約に守られているからです、憲法9条があるからではありません。

際限なく軍備拡張を続け、日本を恐喝する危険な中国、核を持ちミサイルを日本海にぶち込み、日本人を拉致し偽札を作り、麻薬を日本に持ち込む、犯罪国家北朝鮮、その金正日と中国に取り込まれた反日の韓国、このような国に囲まれて平和を維持するには、左翼の人達の嫌いなアメリカと同盟を結ぶ以外何か方法がありますか?

「格差の無い国」?日本は世界一格差の無い国です、資本主義社会ですから努力や運によって格差は出てきますが、あなた達が好きな共産国家中国は信じられないくらいの格差があります。

「平等な国」?平等とは誰でもが努力すれば報いられる社会の事で、あなた達が考えている社会主義的な平等は働く意欲をなくします、歴史が全て証明しています。

いまやあなた達が理想としている、マルクス・レーニン主義を奉じているのは
北朝鮮と中国、キューバくらいのものでしょう。

他は全て崩壊しました。日本の左翼だけが革命幻想というか、幼稚な理想主義へ未だに傾斜しています。

安倍政権を崩壊させて国を混乱させ、徐々に国民を分からないように
衣のかぶった左翼政権にしようとしています。

既成の社会秩序、道徳や規範を乱し経済も不景気にし、
国を乱れさすことによって国民の現政権離れを起こさすように
もっていっています。

安倍首相の不利な事があれば、大したことでもないのに、
一生懸命に追求して国民の不満を増長させています。

社会主義が人間性を否定する最悪の思想だと気がつかないおろかな人達。

『がんばれ安倍首相』、日本八百万の神がついている。









コメント

始めまして、昨年の年末にこちらのブログを見つけ、正月休みを利用して少しづつ読み進めている者です。
頭でっかちのネトウヨでなく、経営者として渡り合った経験から裏打ちされた言葉はとても説得力があります。何より大変読みやすい文章で、貴重な情報を上げて下さり感謝します。

18ヶ月も前のブログにレスをするのもどうかと思いますが、いちおうキューバの知識はそこそこある身なので指摘しても良いでしょうか?
キューバもマルクスレーニン主義だった時期がありましたが(ソ連崩壊前までの10年くらい)基本はマルティ思想を源流にしています。
(ホセ・マルティというのはスペインと独立戦争で戦った戦士で、同時に詩人であり思想家でもあったキューバ人です。
彼は残念ながらこの戦いで戦死し、キューバもスペインから独立したものの今度はアメリカに保護国扱いされてしまい、支配者が変わっただけという悲惨なオチを迎えました。)
キューバは他の独裁国家と違い、衣食住と医療、教育をいちおうは保証している国ですが、それは源流がマルクス・レーニン主義という絵空事でなく彼ら土着の思想があるのも、ひとつの要因だと思います。

ただ、共産主義のダメさはキューバでも発揮されていて、大学教授より路上で外国人相手に商売をしている商売人のほうが給料が高いというデタラメな経済システムになっています。
最近は減ったと聞きましたが、アメリカへ亡命するキューバ人が後を絶たないのは「努力しても碌な生活ができない」という経済事情があるからです。
そういう意味で、北や中国と並べて論じられても仕方ない面はあります。しかし、根源的にそんな独裁国とは違うので、できれば同列に並べて欲しくないなと願い書き込みさせて頂きました。


理想を理想にしないためには、現実の泥臭い、血生臭い、消耗戦を繰り広げる戦いが絶対に必要です。キューバのトップだったカストロは、その戦いに身を投じて、時に汚く恐ろしい手段も使いつつ国民の衣食住を守り抜きました。
お花畑の住人には、決してできないことです。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/73-51a0f349

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。