スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済の誤解   2月14日(月)


与謝野氏が民主党に参加して以来彼の言動を注意深くチェックして
いますが未だに与謝野氏の真意が見えません。

最初与謝野氏は民主党を潰すという目的のために裏切り者を演じたので
はないか、がん患者が国を思っての「最後のご奉公」のつもりではない
か、と今でも少しは好意的にみています。

しかし自民党時代から与謝野氏の「消費税増税による財政再建」につい
ては納得していません。特に彼の最近の経済問題に関するトークショウ
やその他の言論を聞いていますと首を傾げるばかりです。

彼はテレビで「国家財政は赤字を続け、国民の家計もまた赤字に苦しん
でいる。このまま赤字を続ければ財政は破綻する。子孫にツケを残す
わけにはいかない」と述べました。

この言葉を聞いたとき彼の頭は「家庭の財政」と「国の財政」の区別が
出来ていない、つまり国の経済について全く無知だという事です。

他の経済評論家も同じようなことを言っています。「日本は世界で最大
の債務国家になってしまった」「日本は債務を完済出来ないだけでなく
利息も払えなくて破産してしまう」と叫んでいます。

今日は素人経済学でこの間違いを正してみたいと思います。

もし経済評論家達に「国の債務とは?」と質問したら正確に答える人が
いるのだろうか?日本のエコノミストたちのほとんどは個人の債務と
国の債務と同じ感覚で捉えています。
個人のレベルでは借金は重荷ですが国の債務と同義語ではありません。

日本国の借金(国債)の相手は誰ですか、日本国の場合95%まで日本
国民です。その上日本国はアメリカ国債を70兆円保有しています。
その他の国の国債は約50兆円、国民の保有高まで含めると150兆円
は有に超えるといわれています。

つまり日本国は大借金国ではなく大金持ちの国なのです。

ビジネスでは新しい工場や設備に投資するために借金し、政府も借金
します。しかしビジネスや個人の借金と政府の借金は根底から違います。

ビジネス上の借金は返す事ができなければ必然的に潰れますが、国の
借金の相手は国民なのです。もし国の負債が借り手にとってマイナス
なら国民である貸し手にとってそれはプラスとみなされるべきです。

外国を相手とする貸借がなければ、借りの合計と貸しの合計とは明ら
かに同額となります。すなわち正味負債はゼロとなります。

政府が借り手であった一方で、われわれの誰もが貸し手だったのです。
外国への債務がないのであれば、日本の純債務終始ゼロです。

経済の話はややこしいのでもう少し噛み砕いて書いてみます。

「日本国の借金の相手は国民」と書きました。国民の誰もが「政府に
カネを貸した覚えはない」と言うと思いますが、実は日本国民は
約900兆円も貸しているのです。

個人が直接証券会社を通じて国債を買う場合と我々が銀行に預けた預金
で銀行が国債を買う場合があります。つまり我々のお金で銀行は国債を
買っているのです。

国債とは借用証書のことです。つまり国民(銀行、保険会社、個人、
企業、その他)が国債を買えば、国に利子付きでお金を貸したことに
なるのです。

だから外国を相手とする貸借でなければ、正味負債はゼロです。
ギリシャが潰れたのは外国に国債を買ってもらっていたからです。
EU加盟国のギリシャにとって借金を返すにはドルかユーロが必要です。

日本国民は1400兆円も銀行に預金を持っていますが、ギリシャ国民
(銀行)は国に貸すほどのお金を持っていません。だから外国に国債を
買ってもらっていたのです。

ということはギリシャが債務の元利払いを全うしうる唯一の途は外貨を
獲得することしかありません。

その為にはさらに借金を重ねるか、資産を処分するか、あるいは貿易で
黒字を出す以外方法はありません。

しかしギリシャの貿易は万年赤字、処分する資産もありません、国債を
外国に買ってもらう以外方法はなかったのです。つまり借金を返すため
にさらに借金を積み重ねたのです。破綻するのは当たり前です。

日本国の国債(借金)は全て日本国民からの借金です。つまり円での
借金になっているということです。言い換えれば日本国政府は円で元利
いずれもの支払いをすることが出来ます。

日本国は償還のためには、いつでも自国の通貨を印刷することができ
ます。つまり国債を日銀に買わすことが出来るということです。

日本国債務は結局のところ円建てなのだから、エコノミストが「日本国
が破産しつつある」と叫んでいることがいかに無意味であるか、
分かっていただけたと思います。

いずれにせよ日本国の借金の相手は日本国民であり、債務が事実上すべて
円建てであるという事実は日本がギリシャのように債務不履行が生じる
可能性はゼロだということです。

だからといってこのまま永久に国債を発行し続けていけばいずれにせよ
ギリシャのようになってしまいます。それ故つまらないバラマキを止めて
国債発行額を減らす事が重要であることは当然のことです。


(今日も長くなってしまいました。経済の話は、ややこしくて、難しくて、
今日書きたかったことは、政府支出の不足分をまかなうにあたり、借入に
よるか、増税によるか、について書くつもりが少し脱線したようです。
次回も素人経済学を書いてみます)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

経済関連ってことで!


マクドナルドの原価表が流出/マックフライポテト14円など
http://rocketnews24.com/?p=73487


与謝野氏あたりを買いかぶるのはやめたほうが良いでしょう。
日本の借金は日本国民から、という説明は最近は少しは理解されるようになってきてますが、あいかわらずTVではデタラメを言って不安をあおってますね。

鳥インフルエンザや口蹄疫大発生の韓国特集をやるHanako 抗議の電話しましょうね。雑誌を出版するなら社会に責任を取らないと駄目ですよね。

国債を国民の借金扱いしている連中は「借金を孫に払わせるな」と念仏のように繰り返す。
国民のために必要な国債は発行し、「孫の代」に払ってもらえればどうということはない。健全なインフレ、経済成長を妨げる増税派には引退してもらおう。

確か戦艦大和は1億円ちょっとだったと思います。辻本様が1年で支払う税金くらいかw(勝手な予想)

与謝野さんて名前だけで、詳しく勉強してません。
勉強しますわ。年金を日本国民は、払う義務があります。
保険はいろうとしても、病気のためはいれません。
定額貯金もできません。わたしは、かまわないんですけど、
両親は、日本国民でないと、反対するとおもいます。
そのはなしは、あなたが、両親にするべきでは、ないでしょうか。
京都市長関係と警察とわたしが、瀕死の状態をたすけたんです。
人がいきるか死ぬかのときで、いいましが、セコムは、自殺者がたくさんいます。警察と絡んでいて、会社の組織で消されます。

「広く公平に国民に税負担をさせたい」という理想が与謝野氏を駆り立てているのではないか、と予想しています。国の借金がどうこうというのはあくまでも財務省の方便であって、それを理解できないほど頭の悪い議員ではないと思うのですが。

まあ、本来なら長期にわたるデフレの最中に言うことではないですね。後日談という形でもいいので、そのあたりはどう考えているのか知りたいところです。

債権もある

日本には債務だけじゃなくて債権もありますよね。
ドルが必要なら米国債の売却で調達可能です。
まあ、世界経済は大混乱だろうけど・・・

日本に潰れてもらっちゃ困るのは米国と
米国債を大量に保有してる中国でしょう。

「売ろうかなぁ」って一言言っただけで大騒動になった過去を思い出します。

ついでですが、TPP反対。
関税自主権、知財権、金融投資のルール決定を放棄するのは
不平等条約改正で獲得したものをすべて放棄する事です。
「第2の開国」とはまた不平等条約を受け入れましょうという意味でしょうか。

ギリシャはドルを刷って、ドル建ての借金を返済する事は勿論出来ないし
ユーロ加盟国で、通貨発行権をECB(欧州中央銀行)に移譲してしまったので
ユーロを勝手に刷って、ユーロ建ての借金を返済する事も出来ませんね

あまり刷りすぎると、中国のように過度なインフレになってしまいますが
日本は政府借金の一部を日銀に買い取らせても大丈夫のような気がします
デフレですしね

そもそも国家レベルでは、借金を増やすのは経済成長の必要条件なんですけどね。
必要条件ですから借金を増やせば必ず成長するわけではありませんが、借金を増やさなければ絶対に成長しません。
一方もし負債を減らしたら確実に経済は縮小します。
わが国の人口・経済規模がもっと小さければ輸出の拡大でどうにかなるかもしれません。あるいは原油等の天然資源がジャブジャブ出るとかね。
でも我が国の経済規模では真っ当に負債を増やして投資するしかありません。

あと不思議なのが、借金には色々あるんですが何故政府の債務だけが問題にされるんでしょうね?
民間の債務なんか5000兆ありますし、日銀の負債も莫大です。
もしかしてこれらの債務に触れると「負債残高をどうこう言うのは意味が無い」と言わざるを得なくなり、「じゃあ政府の債務もそうじゃないの?」と真実に気づかれるからだったりして(笑)。

与○野はもうダメ

言っちゃ悪いけど、ガンが脳に転移しているんじゃないかと疑うほど、思考能力の低下が著しい。もうあの人は「晩節を汚す」以外の事は出来ないでしょう。
今は国債発行額を過去最大にしてでも景気回復を優先させるべき時です。それなのに増税なんかしたら、家計支出が減って、物が売れなくなって、給料減少・リストラ加速、果ては企業の海外移転で従業員全員解雇・・・デフレスパイラルの典型例として、海外の経済教科書に採用されることでしょう。
消費税を5%にして景気が悪化し、会社が経営破たんした親友が自殺した橋本竜太郎の二の舞になりたいの?と聞いてみたい所ですが。
大体税金アップの前に上級公務員(特に地方)の給料半減ぐらいはするべきです。
ただし、過去の給与引き下げでは、実働部隊の下っ端公務員は雇用ストップとリストラで仕事が激増した上に給与減で、「宿舎の部屋も借りられない」ほどにしたくせに、部長級以上のエリートは「何とか手当」がわんさと付いて逆に数%アップしていました。給与減は内容も見るべきです。
(天下りは少々残したほうがいい?かも。自分に利が無いと働かないんですよ、エリートという人種は。多少一般人より頭が切れるのは認めなくもないですけどね。)

>ギリシャが潰れたのは外国に国債を買ってもらっていたからです。
  ↓
外国に外貨建てで・・・


参議院決算委員会審議中継を見ています

2月14日13:00~
参議院決算委員会審議中継を見ています
http://www.webtv.sangiin.go.jp/generator/meta_generator_wmv.php?sin=692&mode=LIVE&un=9a94d0da2de1ab32ab07953af3a31604&ch=n&pars=0.3089618227948663

【動画ニュース掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

どうしてこうも「国の借金」としか言えないんでしょうね。
これを「国民の投資」として報道すれば特に問題は無いことがわかるだろうに。

ちなみに公務員年収の各国平均
フランス 310万
アメリカ 340万
ドイツ 355万
日本の地方公務員平均年収 728万
このデータ見たら何が財政赤字の原因か自明でしょ。日本の公務員の年収も
フランスとはいかないまでもドイツ並みにまで下げれば15兆円の予算が浮く。
民主の言う無駄削減で15兆って公約もこれで達成じゃまいか。
公務員給与の改革をしないから、公務員でない他の国民の人生までもが
何十年先まで担保にされて不幸な人生を政治家から押し付けられている。

さっさと 国家・地方公務員の給与を半分にしろや
話はそれからだ 、あ、共済年金、公務員の手当て、退職金の優遇も
一切廃止ね 。15兆は余裕でできるわな。

しかしこんな状態でも公務員は高給+ボーナスだからなw
この国危機感なさ過ぎていやになるw
逆。危機感を感じるほど公務員は自分たちの給料・ボーナスを増やす。”いずれ貰え
なくなるなら、今のうちに少しでも多く貰っとかないと損”と考えるからね。
夕張でも破綻が確実になった時、市職員は逆にボーナスを上げた。
だいたい、安定している上に消費性向の低い保守的な公務員に金やるなんて
愚策もいいところなんだよな
公務員は国民の平均以下の待遇でいいはずなのに
地方じゃもっとも恵まれているのが公務員
これじゃあ、誰も働く気なんておきねーっての
まず公務員の待遇を今の半分にしろ
増税話はそれからだ

ジャーナリストの若宮健氏 「パチンコが無くならない理由はマスコミがパチンコ業界を叩けないから」
各分野の識者とともに視聴者が社会のあらゆる現象について考える
「ニコ生トークセッション」が2011年2月7日、ニコニコ動画で生放送された。

番組では「メディアが報じないパチンコ業界の闇」と題し、
著書『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか(祥伝社新書226)』で反響を呼んだフリージャーナリストの若宮健氏、元パチンコ店店員で芸人のウェルダン穂積氏、 そしてひろゆき氏が「パチンコ」にまつわるタブーについて語った。

番組ではひろゆき氏が「なぜに韓国ではパチンコを撤廃できたのか?」という議題を提起。
韓国では2000年頃からパチンコ店が広がり、パダイヤギ(日本名「海物語」)」という機種が大流行。
最盛期には約16000店舗のパチンコ店があったが、パチンコ店の商品券発行に絡む大統領の甥のスキャンダル
「パダイヤギ事件」をきっかけに、マスコミがパチンコ批判を展開。2006年にはパチンコが完全撤廃されている。

若宮氏は日本と比較しながら「(韓国のパチンコ屋は家族で経営するくらいの小さい規模であり)
パチンコ団体を作ったり、広告スポンサーになったりすることはなかった。(日本のように)マスコミや政治家がパチンコマネーに汚染されていなかったから」「マスコミがパチンコ業界を叩くことできた」と分析していた。

そして「なぜ日本ではパチンコを廃止できないのか?」という議題について、若宮氏は「韓国と日本の違いは、被害が出ても(マスコミがパチンコ業界を)叩けない点にある」とし、さらに多くの政治家がアドバイザーとして名を連ねている
パチンコチェーンストア協会の存在や、元警視総監がパチンコ台のチェックをする団体に「天下り」しているということを説明した。

これを聞いたひろゆき氏は協会のアドバイザーの名簿の中に元首相の名前を見つけ、 「政治家がパチンコ業界からお金をもらっていて、バックアップしているわけですね」と呆れた様子だった。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw31294

今日

『ななし』のコメ多いな
(笑)


連投します!

訓練を超えて拷問!韓国軍の悲惨な実態
http://rocketnews24.com/?p=73190

与謝野氏への期待

与謝野氏の経済政策には私も疑問があります。が、地方選挙後の政治姿勢に期待しています。それは経済問題ではありません。公明党問題です。ブログ主さんも指摘されていました。

公明党の政策は民主党に近いものが多くあります。外国人参政権付与もその一つです。党員資格は民主党と同じく国籍を問いません。民主党の支持率が下がったため、民主党に距離をおくことで地方選挙を有利にする計画です。

しかし、公約の政策実現のためには与党の力が必要です。そのために、地方選挙が終われば民主党に近寄る可能性があります。民主党と公明党が協力すれば日本解体法案も通る可能性があります。

が、法案を出すためには閣僚の署名が必要です。その時に、自民党にいた与謝野氏が法案に署名することはないと信じています。日本解体法案阻止のためには与謝野氏が必要です。

与謝野氏を更迭出来ない限り闇法案は出せません。衆議院の解散までは管内閣に頑張って貰う必要があります。総辞職は避けたいものです。



与謝野氏を支持する。

 さる2月9日、自民党内において財務省の主計局と理財局の担当者を招き「Xdayプロジェクト」が開かれた。「Xday」とは国債暴落の日であり、国債暴落時の被害軽減策について話し合われた。座長は林芳正氏、副座長は宮沢洋一氏である。

 宮沢洋一氏のブログに寄れば国債暴落時の懸念事項として以下の点を指摘している。

(1) 国債を大量に保有している我が国の金融機関が暴落によって多額の評価損を抱えることになるため、金融機関の経営危機が表面化する。
(2) 銀行の資産が劣化する結果貸し渋りおこる。
(3) CPなど社債市場が機能しなくなる。
(4) 金利の上昇により多額の負債を抱える企業の経営が苦しくなる。
(5) 急激な円安

 防止策として下記のように指摘している。

 回答は極めてシンプルで、具体的な財政健全化計画を作り、一つ一つ着実に実行していくことです。

 結論は「財政健全化」です。自民、民主の政党の関係なく、ましてや政治家個人である与謝野氏、藤井氏、林氏、宮沢氏の関係もなく、どのみち財政健全化は必要なのです。

 これまでも何度か投稿させて頂いたが、ブログ主を含めてあなた方の多くはサイパンが陥落してもまだ神国日本は不敗だと信じている熱狂的な庶民のようなものだ。しかし、現実には情報が入る政治の中枢部では終戦処理が話し合われているのである。

 ブログ主やあなた方の情報源はチャンネル桜と三橋貴明氏あたりでしょう。三橋氏の経歴や中小企業診断士の資格からみて国家経済の細部まで語るのは不可能であると思われ、動画での氏の発言はさながらドンキホーテを連想させる。

 今後の事を考えれば、経済に関する限りチャンネル桜と三橋氏とは距離を置き、積極財政と財政健全化の両論併記をお勧めする。Xday以降、おそらくネットの保守論壇は戦犯扱いになるであろう。生きている内に自主憲法が策定されるのを見てみたいが、残念ながら遠のいたようだ、道のりは長い。

””2011/02/14(月) 13:49:17| ””
この方の言われるとおりですね。

消費税導入の際の騒動、今でもよく覚えています。
その時「だめなものはだめ」の土井社会党を支持された方も
ここにたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
かく言う私も当時選挙権はありませんでしたが言いようの無い
興奮を覚えました。
しかし結果としてそのことで消費税はアンタッチャブル、
国債の発行を増やし予算の補填とする方向になり
我々一般国民から見えにくい流れになってしまった
とは言えないでしょうか?
自分の借金じゃないし国債発行が1兆、2兆増えてもいいか、みたいな。
それを本来の方向性であった直接税に移行し国民がしっかりと監視する。
このような流れも必要かと思うんですが。
もちろん国民一人一人がヒステリーを起こさず大人になるという
条件もつくかと思いますが僕は本来の日本人はそのくらいの分別は
持っている国民だと思っています。

辻本さん、こんにちは。

辻本さんの意見に少し肉付けをするならば、円建てて国債を発行するという事は将来的に順次、円が放出されるという事です。
現状で言えば1,000兆円+利子の円が市場に放出されます。償還と同時に国債購入の原資が生まれるという事になります。

だからと言って、これが良い事ではありません。
そもそも国債の原資となっているお金は銀行で停滞してしまっているお金です。流動性が低く消費されていないお金だからこそ国債購入の原資になってしまうのです。

かつての自民党政権では流動性の低いお金を国債を発行する事により消費性向の強い支出としてリフレを継続してきました。これをマスコミは「無駄な公共事業」と非難したわけです。小泉政権以降、大衆迎合化してしまった自民党反論することなく、これを止めてしまった。
しかし現民主党政権は「コンクリートから人へ」等といって、更に消費性向の低い予算を組んでいるのです。

その通りだけど、背景も考えるべき

ここの読者の方には必要ないかもしれませんが、一人でも多くの日本人に考えて貰いたくて、あまり難しく考えずに僕も自分なりの素人経済学と問題提起をしたいと思います。
まずは、日本沈没・破綻と煽り世論として形成されつつある風潮に対しては、ブログ主様に全くの同感で、僕も日本は破綻しませんという結論。この辺の日本破綻しない論に関しては、上念司氏が非常にまともな著書を出版してますから、詳細はこれを読めばよく解るはずです。
債務と債権のバランスシートと失われた20年と言われつつもGDP500兆円を維持し、GDP試算方法には海外にでた日系法人の試算や私益は加味されませんので、ホンダ等の海外生産依存の高い企業に関してはGDPは大きな影響を与えないため、実質上日本経済はそれほど悪いわけではありません。勿論、企業は投資を避け、債務返還を行いますし、内需は減ってますので、不況感は強いですが。
簡単に今の状況を説明すると、デフレの正体はバブル崩壊による資産価値の下落であって、不況はデフレによる消費の低迷にほかなりません。
銀行がお金を貸す時、担保が必要ですが、日本銀行は新たなビジネスモデルを評価査定して融資するなんてことは殆どなく、土地以外の担保では融資を受けることは出来ません。そこで、土地の値段が下がれば、当然、融資を受けれる額もそのまま下がりますので、投資額自体が委縮しますよね。すると銀行にお金は残り、世の中に出てくるお金が相対的に減りますから、デフレを誘発します。じゃあ、なぜデフレ下で消費が低迷するのかを考えます。
デフレはバーゲンセールとは異なり、一過性の値下がりではなく、断続的な値崩れです。要は、毎日モノの値段が安くなっていくわけです。消費者は当然、安くものを買いたい訳ですから、今、ほしいものがあっても少し我慢して待てば、安く帰ると思えば、ものは今買いません。少しでも安く買いたいのが人情ってものですし、ましてや年金危ない、日本沈没だと偉い人たちが言えば、堅実な日本人は将来に備え貯金するでしょう。すると消費はさらに減り、銀行にお金が余る状態がより強くなり、企業は企業で、それまでさんざん銀行からの貸し渋りや売りたくもない資産(土地など)を売却させられ、恨み辛みばかりですから、銀行からお金は借りたくありませんし、ギャンブル的な投資は避け、債務の返還の返還にお金を使います。要は利益の最大化を避け、債務の最小化を図って、力を蓄えているところなのです。この作用により消費が減った分だけ雇用も減りますので、不況感がより一層強いものになります。
ここで、一流の経営者であれば、金利が安く、土地が安く、工事費が安い今こそ「いずれは必要な」投資を行うべきですが、三流の経営者は勝負どころが解らずに、リスク回避のため、投資しないで債務の最小化に夢中になるわけです。
企業を日本として考えた場合、雇用を生み出し、投資するにあたり、効果が表れやすいつまり速攻性がのは「公共事業」ですが、民主党の政策がどうかと言えば、コンクリートから人へなどというキャッチコピーのもと「子ども手当て」などという消費なき貯金を増やす政策と事業仕分けなる投資減衰政策をとっているわけで、この上、膨らみに膨らんだ予算90兆円の財源がないと言っては消費税増税まで行おうと画策しているんです。
これが、どういう結末を生むかは想像出来ますよね。

では最後になぜ、こんなデタラメがまかり通るのかを考察して見ましょう。
官僚にしても、政治家(屋)さんにしても、エコノミストにしても、このような初歩的な経済学が理解できない人はいませんよね。
僕が恐れるのは確信的かつ恣意的に情報操作を行うことで世論煽動し、得をする輩が存在し、その輩どもの暗躍に他なりません。
藻谷浩介『デフレの正体』なるとんでもおバカ本が30万部のベストセラーになること自体がその存在を否定できない証明になるのではないかと。
それを糾弾しない「報道しない自由」を謳歌するマスコミってなんだろ…
この背景を焙りだし糾弾するには日本人の知性が必要であり、学ぶには強い当事者意識が不可欠であり、戦わなければならないのではないでしょうか。
なるべく解りやすい言葉と用語で自分なりにコメントして見ました。


大事なのは借金の額じゃなく金利なんですよね。
要はデフレが問題。
日本がデフレによって得をする国がある。
日本の経済規模を縮小させることを願う連中がいる。
マスコミは国の借金を煽って公共事業を縮小させ増税させたがる。デフレ対策の真逆。
麻生さんがデフレ対策をしようとして散々叩かれました。
結局、経済も歴史問題と同じ奴らなんですよね。

両論併記をお勧めする

DDさん、三橋氏は、今はデフレの状況を克服する事が先決であって、そのためには積極財政(財政出動をしてインフラの整備などを行う)を行って、次の段階(健全なインフレに移行した)で財政の健全化を進めるべきであって、今の段階で消費税UPとか財政健全化は順序が逆だと言っていると、私は理解しているのですが。

帳簿の中だけの数字に右往左往する馬鹿

借金を無暗に恐れているように思えます。もしかして「借金は返さなければならない」と思い違いしていませんか?
カウカウファイナンスのような闇金や帝愛金融のような強制収容所持ちの所の借金なら強盗をしてでも返すのが道理ですが、そうでない借金は踏み倒すのが当たり前です。返さない奴に貸すほうが、人を見る目が無い馬鹿なんです。

借金を恐れたり恥じたりするのは日本人特有の悪癖です。世界的には「合法的な借金は踏み倒すのが礼儀であり常識」です。
帳簿上だけの借金で破綻したギリシャのような間抜けな例外もいますがw

パチンコは、10年を待たずに淘汰される。

パチンコは、いずれ消滅する。暗くて、陰険で、単純で、不衛生で、日本人が損ばかりする遊びは、淘汰される。10年を待たずになくなる。

其の通り・・

たった今『読者様』のコメントを読みました・・おっしゃるとおりです
昨年の尖閣問題からふとブログめぐりをするようになりついに辻本様から
めぐりめぐって三橋さんのブログまで見るようになりました
特に三橋さんの本は12月~2月までに4冊ほど購入して読みました

ただ私たちが誤解しやすい問題として夕張問題があると思います
夕張が負債を負った団体になった為に大抵の日本人は日本と言う国があのようになると思ってしまっている・・・と想像しています
地方行政と国とはまったく違うシステムと言うかお金の考え方で動いて
いるのだと最近になって理解できるようになりました
1番は国は円を印刷できる権利があるということ、2番はバランスシートの考え方ですね(国債と円は常に同額発行される)

今読んでいる富国論の中で三橋・藤井聡のお二人ともおっしゃることには
日本は破産するというドミナントストーリーはほとんどストーカー並だと・
『今チラッと私を見たわ・・きっと彼は私のことが好きなはず』・・ナわけないじゃないので此れに変わるオルナタティブストーリー(代替のストーリー)が必要との事
まだ本の内容を十分に理解しているわけではないからえらそうに書けませんがもっと勉強して・・えらそうにかけるようになりたいものです

そうそう・そうです!

シルバーな親父様のおっしゃるように三橋さんはインフレとデフレとそれぞれの状況に合わせて経済対策をしましょうと言っているのであって常に公共事業をしろと言っているのではありません
インフレになったら公共事業をやめて金利を上げ、税金を絞る方向が良いと言っています・・

記事違い,失礼!

ロケットニュース24感謝祭!お米を最大240kg 1名様にプレゼント!
http://rocketnews24.com/?p=71740

与謝野支持のかたに質問です

(1) 国債を大量に保有している我が国の金融機関が暴落によって多額の評価損を抱えることになるため、金融機関の経営危機が表面化する。
・暴落するのは公債発行金額がいくらになったときでしょうか?たとえば
1500兆円とか・・2000兆円とか・・今現在は何とか大丈夫そうですが

(2) 銀行の資産が劣化する結果貸し渋りおこる。
今現在デフレで銀行は土地以外に担保を取る気が無く貸し渋りですがもっと貸し渋り状態になりますか?
銀行は今現在貸し渋りでこってしまい国債を買うしか他に方法が無いようです
(3) CPなど社債市場が機能しなくなる。・・pass

(4) 金利の上昇により多額の負債を抱える企業の経営が苦しくなる。
金利が上昇して困るのは中小企業ばかり・・大企業はこの2年で又内部留保で何兆円も溜め込んでいます・・
読者様もおっしゃったように銀行は土地以外の担保は信用しない・・これ一番の今は癌じゃない?

(5) 急激な円安
円安になれば何処が困ります・・輸出のトヨタは万々歳でヤッホーです
何か困ることが発生しますか?もっともガソリンは高くなりますね・・でもそうしたらエコカー減税しなくても皆トヨタや本田のハイブリッドに飛びつくからやはりこれもよいのでは?

以上簡単に思いつくまま書き込みました・・

DDさん

なぜ暴落するのかの説明がありませんね。
暴落したら・・・という仮定が前提の暴落後の話を聞きたいのではなく、なぜ暴落
するのかを聞きたいなと思います。

(天下りは少々残したほうがいい?かも。自分に利が無いと働かないんですよ、エリートという人種は。多少一般人より頭が切れるのは認めなくもないですけどね。)
02/14 12:56By:半分牛飼い URL


天下りは公務員に二度目の美味しい人生を味あわさせるだけだから、いらないでしょ。

現在の延長線上で、
つまり巨大隕石が落ちたとか世界大戦が起きたのでなければ、
国債が暴落するとは他の投資先が急激かつ大量に発生したと言うことです。
我が国にとって何も悪いことはありません。

私もそんな事が起きたらいいなと妄想をもて遊ぶことは無いではありません。
あんなこといいなできたらいいな♪
そういうの考えるのって楽しいですよね。わかります。
でも、それを親しいわけでもない他人が集まるところで発言するのはどうかなと思います。

パーでKYかもしれませんが

このブログを読む人にとっては常識かもしれませんが、わからないので教えてください。
2011/02/14(月) 15:35:55| URL| #-
>日本がデフレによって得をする国がある。
どの国ですか?
>日本の経済規模を縮小させることを願う連中がいる。
誰ですか? コレ↑は私も感じていて、不思議に思っていました。

はじめまして私チョパーリ謝罪汁と申します。ひとつ質問よろしいですか?
先日イルポンの町を歩いいると、ウリ好みのチョパーリアガシがいたので「ヨボセヨ~♪ウリとセクース汁ニダー。日程36年の悪戯の謝罪と賠償のためにウリとセクース汁!汁!汁!汁!犬汁~~!!!」
とウリが声をかけるとそのチョパーリアガシは顔をひきつらして逃げていってしまったニダ……〈`Д´;〉ナジェニカ?
これはイルポンのチョッパリどもは、ウリナラミンジョクのことを尊敬し過ぎていて恐れ多くて口も聞けないということニカ?どうか質問にお答え下さいニダー。

私としてはぜひ国債の暴落とやらをみてみたいのですが・・
銀行にお金を預けても金利は0.2%しかつきません。国債が下落して国債の利回りが5%くらいになったらぜひ買いたいと思います。
そして、円が暴落してくれたら日本の外需企業はウハウハになるでしょうから景気もよくなるでしょうね。
銀行の資産が劣化するから貸し渋り?私はこれから家を建てようかとも考えているのですが、銀行としては貸出先がないから国債を買うだけで、みんながお金貸してくださいといえば喜んで貸してくれるでしょうね。
もちろん、ここで、ウソを吐きまくるような人は信用できないから貸してもらえないと思いますよ。((´∀`))ケラケラ
暴落カモンw

日本のガンは財務省が借金の額を900兆円行ったとかいって、マスコミに報道させることです。さらに、国民1人あたりの借金が、700万円とかいう嘘を平気で言うことです。
ブログ主様の仰るとおり、国民1人あたりの借金ではなく、国民一人あたりが国に貸している債権額が700万円です。そして、日本国の借金は900兆円というのは正しいが、国債発行で調達したお金はなくならないので、国内で回っている以上は結局、国内の銀行に帰ってきます。要するに国の借金が増えても、国の資産も同じぐらい増えていっています。(以下の統計参照)こちらの増えてる資産の方をマスゴミは一切報道しようとしません。
そして、国債を発行しても、金利が二十年も低いのは、銀行が民間に貸し出せないで困ってる、過剰預金が150兆円もあって、国債発行したら、国内の銀行が、速攻で買いに行くからです。さらに、日銀の国債買取の買いオペもできるのでデフォルトなんかありません。
日本の問題は、借金の総額や、国家破綻なのではなく、デフレ不況です。デフレで、需要が不足していることです。日本は、今こそ、銀行にあまっている、この過剰預金150兆円を使って(国債発行で調達)、乗数効果の高い事業(公共投資(橋のメンテ、道路整備、耐震化、海洋開発、など))に投資して、このデフレギャップを埋めて景気回復させることです。これと真逆の増税なんかやるのは経済学を全く知らないか、知ってるのにやろうとしない(与謝野と財務省など)売国奴です。
また、ギリシャのことを言うとブログ主様のことを補足しますと、ギリシャのユーロに加盟していることがあだとなっています。通常、経常収支が赤字となると、自国通貨が安くなり、輸出しやすくなって、輸入がしにくくなるのです。ユーロに加盟しているおかげで、自国通貨安による輸出ボーナスが消えてしまい、更に、通貨発行権もECBに渡しているため、国債の買いオペもできません。ギリシャがユーロに加盟していなければ、インフレになっていたかもしれませんが、国債の買いオペで、済んでいたかもしれません。

日本の各経済主体の資産(上段)と負債(下段)の推移 (単位:百万円)
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_3... .

NHK の報道を見ていると、スマートフォン関連の企業を中心に、利益が8倍とか、株価も11000円を超えているなんて、いかにも日本経済が回復基調だと云っていました。

それは、支那を中心に東南アジアなどの新興国のおかげだとの論調です。おまけに、古物商のオークションで明時代のぼやかした画像で、9300万円もの値で中国人が落札したなんて報道しています。

どうもPTTを肯定的に誘導し、グロバーりゼーションが日本経済回復の鍵とも言いたげです。エジプトの政変を、日本のチャンスとも云っており、このNHKの報道は、短絡的で支那の誘導的なペテンに思えてしまったのですが、だれか意見のある方、書き込みをお願いします。また、民主党への援護報道なのかなとも思いました。

心配性の人へ

Q:「国の借金の相手は国民だ」と言うと、やはり国が返せなくなるのではないかと心配します。
A:心配はいりません。国はお札を刷ってでも返せます。勿論インフレになります。でも、そのとき国民に生産能力が有れば、物は買えるし飢えて死ぬことも有りません。怖いのは、国に借金が有ろうと無かろうと、国民の生産性能力が無くなる時です。インフレ等、日本は終戦時や石油ショックの時と、何度も経験しています。終戦時のインフレで、栄養失調で死んだ人がいたのは、生産能力が無く実際物がなかったからです。それ以外で誰が困ったのですか。

Q:国に利子付きでお金を貸したことになっているが、日本がインフレになると損してしまう。
A:お金にだって賞味期限は有ります。その賞味期限がインフレなのです。それもいやなら外国の国債を買い、外国銀行に貯金をすればよいでしょう。ここ数年外国のファンド等買って大損したのが一杯います。誰も止めやしません。外国だって同じなのです。支那銀行に貯金する→支那人が支那銀行から金を借りる→日本の物を買い漁る→支那人儲けて金返す→その利子を当てにする。なんか馬鹿々しいですね。

Q:国債が大量に外国に買われて、返せない事態になった時は?。
A:心配はいりません。謝金を返せなくなって国が無くなった例は有りません。日下公人氏は踏み倒せと言います。それに金銭トラブルで殺されるのは、金を貸した方です。日本のように債権国は他国から憎まれます。踏み倒されるのを恐れて、ギリシャには救いの手を差し伸べてくれる国がいます。しかし日本がギリシャのように外国からの借金でやりくりし、そして借金を踏み倒すとなると二度と貸してくれないでしょう。でも、国民に生産性能力があれば、他国が金を貸してくれなくても、どうってことは有りません。ようするに、この場合でも心配するべきは国の借金の事より、国民の生産性能力が無くなることを心配すべきです。

Q:他国からの借金を踏み倒したら、領土等が取られるのでは?。
A:それこそ核武装すべきです。他国からの借金が有ろうと無かろうと、領土を守る武力が無いと取られるものは取られます。この場合、日米安保等意味が有りません。借金の担保として資源を真っ先に取りに来るのはアメリカでしょう。又、赤字国債は子供に付けが回されると心配する人がいますが、そんな国債の紙ペラの事より、領土を取られることを先に心配すべきでしょう。日本の周辺海域は宝の山、国民の共有財産、莫大な資産です。他国から借金してでも、赤字国債を発行してでも、まず核武装重武装。


与謝野氏は生産現場にいなかったせいなのか、国民の生産性能力についてなんら心配していません。国債で賄おうと税金で賄おうと、現在の予算規模で国民が食べていけるのは、未だ国民の生産性能力があると言う事です。しかし全て税収で賄おうとするあまり、予算規模縮小→国による投資の縮小→経済規模の縮小→失業→国民の生産性能力の低下と、何れ外国からの輸入や借金に頼らないと生きていけない国になってしまいます。即ちデフレをなんとかしないと、ギリシャのような国になると言う事です。菅政権の下、日本はマイナス成長。そう成りつつあります。

国民に恐怖心を与え、正しい方向に向かわせるのなら良いでしょう。『日本は資源小国だ。日本は輸出しないと生きていけない』。その恐怖心から日本人は働き、生産能力を身に付け、世界第2の経済大国になりました。しかし『国の借金をなんとかしないと日本が無くなる』は、どうも違うようです。与謝野氏は大病を抱え金銭欲等あるとは思えません。やはりボケ老人の一徹のような気がします。

国民に恐怖心を与え、悪しき方向に向かわせる欲ボケは、こういう↓↓でしょう。
『落選させようTPP反対派議員-関税で農業は救えない』売国奴・北村 隆司。
あの媚中・丹羽中国大使と同じ伊藤忠出身。TPPに入らないと『自然資源に恵まれない日本は、元々自給自足経済は不適な国柄で、日本のエネルギーの生命線であるマラッカ海峡や東京湾をテロリストに封鎖されたら、食品自給もすっ飛んで仕舞う事も忘れてはならない』と恐怖心を煽る。そのくせ国防力増強は言わない。売国奴・北村 隆司

デフレはチャンス  


政府の債務残高が増えれば、その一方で国民の貯蓄が増えます。
それらの増加に比例し、国家の経済規模も拡大して行けば、経済的な波乱は起きません。
ところが、現実には政府の債務が増えるのに経済が拡大しないので、年々国民預金の経済規模に対する倍率が拡大します。
言い換えれば、今の日本国という物件は、国民が持っているお金に対し非常に安価になっているので、今こそ正に、読者さまが、
>ここで、一流の経営者であれば、金利が安く、土地が安く、工事費が安い今こそ「いずれは必要な」投資を行うべきですが、
と仰っているように、私も史上曽てなかったビッグチャンスと考え、大勝負に打って出ました。

自分が考え付くことは他人も考えているので、今デフレを利用して起業したり、業務拡大をしている人達は少なからずいる筈で、やがてその成果が現れるようになると、今は債務の最小化に夢中になっている人々も、「自分も儲けたい」と思うようになって投資を始め、資金需要が高まります。
そうなれば、日本国内には莫大な貯蓄があるので、その資金が動けば忽ちにバブル経済が再発します。

今日本経済はデフレに覆われているが、その地下には「国民貯蓄」というマグマ溜りが年々膨張し、そのマグマ溜りを膨らます原因が「経済規模に対して増え続ける政府債務残高の倍率」なのです。

私自身は大して働いておらず、生産性?と問われれば、『別に何も生産などしてません』と答えるしかない者ですが、、、、

私は自分の事を棚に上げて言うのですが、『日本人がこれほど身を削って勤労しているのに、その結果が【増税】という政府のホザキ、、、』

戦争には負けてしまったが、、、勝てるはずも無かった、、、
寺銭払うにも限度がある。と思ってしまいます。

経済学の胡散臭さ

どの論にもそれぞれ根拠もあり、論理的に考え尽くした結果であっても、
現実にはその理屈どおりには進行しない。
これを畳の上の水練という。
LTCMの様にノーベル経済学賞学者を集めても破綻する時は破綻する。

単純な行動原理に従うべきだろう。
例えば、
「今、これを買っておいてください。絶対値上がりしますよ!」は
100%、完全に嘘です。
だって、必ず値上がりして儲かるなら、今売りつけるより自分で持ってるし、
借金しても買い増ししたいのが本当でしょう。
最大限値上がりしても金利より儲からないから売りつけようとしている。

米国から「TPP入りましょうもうかりまっせ」・・・・
もうおわかりでしょう。

与謝野の件に関しては彼の説が正しくても間違っていても
信用を失った人間には、信用をベースとした金融を扱うのは無理。

議席を捨てて、民間人として入閣する潔さがあれば信用は残った。
民主党もマニフェストの誤りを認め謝罪すれば信用は残った。
それぞれの説が正しいとか間違ってるとかの判断じゃないですよ。
民主党は言う事が一貫していないし、誤魔化して糊塗しようとするから
ますます信用が置けない。
与謝野は一貫しているけれど、罵倒していた民主と共同しての立場では
その一貫している自説の信憑性が疑われる。

国民の本音を言えば、清く正しく潔くで一貫した自説を曲げずに
例えその本人が信じた結果と逆目にでて損を出しても、
それに掛けた国民は恨みには思わない。

NTT民営化の時に株を持てば儲かると多くの国民が信じた。
経済の専門家も、政府の役人もそう信じていたのでしょう。
結果、損失を出してもがっかりはしても自己責任だし、
恨みに思ったりするものではない。

経済学の信憑性なんて、せいぜい競馬の馬券師程度。
まあ、ある程度は当たるけど、自分で掛けるには危険すぎる。
他人に馬券を買わせて情報料で稼ぐ方が儲けに成る。
まあ、手相見や八卦見よりはマシといった程度のものです。

中国が、米国が、中東がと騒いで見て未来を想定予想してみても、
どこかの国が核ミサイル一本を打ち上げた瞬間に全ての
前提条件が吹っ飛んでしまって1週間先の予測もたたないでしょう。
あり得ない想定で、遊んでいるだけだと思う方は、
911テロ前後の経済動向を誰が、度の様な根拠を以て予測できたと言うのでしょうか。

中国や米国がデフォルトする様な事態になれば、
経済打開に軍事力を行使するオプションも無視はできない要素です。
特に日本の経済学者は誰ひとりとして軍事専門家ではなく
戦争の経済効果を計算していないのではと思います。
野球選手やタレントの経済効果などで遊んでいるなら、
北朝鮮が暴走した場合の金儲けの方法でも検討する方が現実的というもの。

>naoki0217 さん

駕籠に乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋を作る人。生産とは誰かの為になって経済活動を行っていることです。

国が事業を行う事が出来るのは、その分余分に国民が生産しているからです。国家予算が、税金であろうと、国債であろうと、同じです。若し、現在の国の予算を国債から税金にしても、国民は耐えることが出来るでしょう。問題はマインドだけです。従って税金だけが取られていると思うのは間違いです。

戦争に負けても、技術は残りました。ルーズベルトの意向通り、農業と手工業だけの国になっていたら、戦争は無かったかも知れませんが、日本人は奴隷状態になっていたでしょう。

教えていただけませんか

デフレで外国で作った品物は安くなっていますが、反対に巨大資本に支配されている今、これからは日本が輸入する原材料は高くなりそれを日本国内で製造すると値段は高くなっていくと思います
原材料が高いから国民の賃金所得は下がっていき、国内で作った製品は高い買い物になってしまうから国民の生活は今より苦しくなるのでしょうか

与謝野 馨
(ヨサノ カオル)
71才 たちあがれ日本
(衆議院) 東京都1区
人権侵害救済法案:賛成
外国人参政権:反対
移民受入推進:反対
集団的自衛権:賛成
外交政策:日米同盟堅持
経済政策:財政再建派(財政タカ派)
+8
2010.4.7 自由民主党離党

さらば、デフレ不況 -日本を救う最良の景気回復論
廣宮 孝信
【↓著者本人による解説】 より

・国家財政やマクロ経済においては常識とは正反対の見方をする必要があります。
 
・「財政黒字は良い」「財政赤字は悪い」。それが一般的な常識的なものの見方でありましょう。

・しかし、実際には
 「財政黒字なのに国家破綻」、「20年以上財政赤字が続いている国が高度成長を続けている」
 ということが世界ではごく普通に起きているのです。

・そして、 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」であることを明示することです。

・なぜならおカネというものは印刷や帳簿上の処理で幾らでも創れますが、
 国民生活、国民の生存のために必要な食料やエネルギー資源などは、
 おカネと違って幾らでも創れるものではないからです。

・一般の「経済学」では取り扱われることのないこの「物流上の破綻」に焦点を当ている点です。


著者本人による解説終わり

まさに、そのとおり(核心)ではないでしょうか。


通貨について、ご存知の方もおられると思いますが、
本当の事を知らない方が多いようです!

ご参考まで
http://www.youtube.com/user/hosizorajp?gl=JP#p/c/8041E95EC625633E/0/sGMOPTYKzq4

与謝野は論外です。
選挙民にNOを突きつけられたのに議員に居座り
国民は自民党に投票したのに民主党系議員の誕生。
民主主義の完全否定です。
本来なら大問題になるはずですが日本解体論者のマスコミはまったく問題にしません。

さて国債の意見については、残念ながら尊敬するBLOG主さんとは正反対です。
日本国が日本人に借金してるから大丈夫なのでしょうか?
では国債が償還出来ないから

「あなたが郵便局に貯金している一千万円はチャラね」

と言って国民が納得してくれるのでしょうか?
お金を刷れば大丈夫と言う人がいますが
ハイパーインフレになりおにぎり一個1万円、カップラーメン2万円になっていいのでしょうか?
それが日本の財政破錠というのではないでしょうか?

そんなに国債が大丈夫なら毎年100兆円国債を発行して
所得税も法人税も消費税も0にすればいいのではないですか?

あと良く耳にする意見が
日本は不景気だから国債を発行して景気を良くする。

日本は本当に不景気なのでしょうか?
では日本より景気が良くて豊かな国ってどこでしょう?
私は知りません。
不景気だ不景気だと言えば利益を得る人がいるのではないでしょうか?

デフレという言葉もよく耳にしますが
デフレというのは物価が下がることです。
いったい何の値段が下がってるのでしょうか?
私が知る限り値段が下がったのは電化製品か牛丼くらいです。
ほとんどのものが値上がりしています。

嘘をつく事によって利益を得ている人がいるのではないでしょうか?

「子宮頸癌ワクチン」 打つ?打たない?

「子宮頸癌ワクチン」 打つ?打たない?
http://wishcomestrue.ti-da.net/e2969927.html
次の世代は、子供がいない社会。 ぞっとします。
女の子のお子さんをお持ちの、お父さん、お母さんは、
慎重な判断をお願いします。
【関連情報】
【新型ウイルスの掲示板】新型ワクチン健康被害、
救済制度スタート
【新型ウイルスの掲示板】ワクチン接種 妊婦と持病
のある人、きょうから受け付け

自国民へ有害ワクチン、断種(子供を出来なくする)
ワクチンを注射する国の狂った政策を直ちに停止しさ
せよう。
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

TPP

TPPとは「環太平洋戦略的経済連携協定(Trans Pacific Partnership)」の略で、
簡単に言えば、太平洋周辺地域の国々──日本、中国、東南アジア諸国、オセアニア諸国、アメリカなど──が参加して、自由貿易圏を作ろうじゃないかという構想です。
日本の農家や農業団体は、この協定の締結に猛反対しています。

「パートナーシップ」などという、もっともらしい名前がついていますが、
実質的にこれは「日米協定」と呼んだ方がいいもので、
その戦略には背筋が寒くなるシナリオが隠されています。
コメを除いた主要農産物の各国の平均関税率を調べてみると、
日本はEUや韓国よりも低く、すでに「開国」している状態にあるそうです。
このような状態でTPPが締結され、関税が撤廃されるとどうなるか。
たんに農産物の完全自由化により外国から安い農産物が入ってくるだけに留まりません。
高島さんは、「結論だけ言いますと、アメリカの農業資本に日本の農地がほとんど買収され、コメを含む日本の農業が米国資本の配下に完全に入ってしまう」と言います。

http://www.nihoniyasaka.com/

インフレ

おはよーございます
増税不況をまねいたら与謝野馨はどうする気か? 消費税の回収率が悪く、制度欠陥があるのに? 理由は国力を弱らせるためなのかも

借金は借金

誰が何と言おうと借金は借金です。
戦後の新円切り替え同様、最後は国民が付けを払います。
戦争もそうでした。末端の国民が死にます。
気楽な人が多いですね。何か変ですよ。

ベトナム戦争後のアメリカは経常赤字、財政赤字、インフレーションの三重苦の状況にあった。そこでとくに対日貿易赤字に焦点を当て、円安ドル高是正を迫ったのが1985年のプラザ合意。その後も赤字は膨らむ一方だったので、アメリカ議会は「新貿易法・ス-パー301条」を制定し、日本に対して強力な保護政策をとる。それを受け1987年宇野首相のときに「日米構造協議」が開催される。そこで何が決まったのか。それは「日本にGDPの10%を公共投資に当てること。しかもその公共投資は決して日本経済の生産性を上げるためのものであってはならない。全く無駄なことに使うこと。」という要求だった。それを受け海部政権下で10年間で430兆円の公共投資を、日本経済の生産性を高めないようなかたちで実効された。その後アメリカからさらに強い要求が出て、1994年にはさらに200兆円追加して、最終的には630兆円の公共投資を、経済生産性を高めないように使った。そしてまたこのことを国は、財政節度を守るという理由の下に地方自治体にすべて押しつける。地方自治体は地方独自で、レジャーランド建設のようなかたちで、生産性を上げない方法で計630兆円を使う。そのために地方債を発行し、その利息の返済は地方交付税でカバーする。ところが小泉政権になって地方交付税が大幅に削減されたため、地方自治体が第三セクターでつくったものの多くは不良債権化し、それが自治体の負債として残ったのです。これが地方自治体がきびしい財政状況に現在置かれている最大の原因です。

今日の地方財政危機は、中曽根政権期の市場原理主義に基づく「行革」「民営化」「民活」といった政策のあり方に起源をもつ。また2004年、小泉政権による「三位一体改革」が地方自治体の窮乏にさらに拍車をかけた。

国民の多くが望んでいるのは、市場原理主義的な改革ではなく、一人一人の心と命を大切にして、すべての人々が人間らしい生活を営むことができるような、真の意味におけるゆたかな社会だということをはっきり示したいものである。

中国人民解放軍の幹部らの複数令嬢が、東京の銀座や新宿のクラブに勤めていることが、在日中国人社会でひそかな話題となっているという。
クーニャンお得意の下半身スパイとはこのことか日本の売国企業であるユニクロ、かシロクロは知らないが柳井という男が毎晩通っているそうだ。スパイ組織であるのは間違いないでしょう。シロクロで買わないように!!支那人にお金を渡しているのと同じです。

>誰が何と言おうと借金は借金です。

その時点で思考停止してますよ。
借金で破産というなら、アメリカはもう破産してもいいんじゃね?

まして破産するのは政府であって、国民に円を返せないなら政府の責任で円を発行すればいいだけだ。
どこに通貨発行権があると思っている?

政府が通貨発行したり、日銀が国債買ったらインフレになる?
ECB、FRBともに自国の国債を買い支えてますがインフレになるかなぁ?
((´∀`))ケラケラ

インフレ?今、日本はデフレだからいいじゃまいかww((´∀`))ケラケラ

結局破綻論者って結果論だけで途中の思考過程が欠落しているとしか思えん。

なんで外人は5%しか日本国債もってないんですかぁ?ww

何時まで借金できるんですか?www

老齢化していく国がボンボン借金して、財政円滑に回せますか?

大人は知らないだろうが、若い奴らはこんな借金をする奴らの面倒を見る気はさらさらない。

S&Pの格下げは相変わらずユダヤの陰謀ですかぁ?www
債務残高の国際比較(対GDP比)
http://www.mof.go.jp/zaisei/con_03_g05.html

20年も苦しみながら悪化の一途を辿っているのに、いい加減お花畑からでてきたらどうですか。

つまり、この国の体制は国民の貯蓄を勝手に運用して焦げ付かせておいた状態にしといても国民にしわ寄せさえしてれば、国民が苦しんでも体制はなんら問題もなく維持出来るから問題がないってことね。

【話題】 世界中で犯罪犯す中国人! アルゼンチンでは「中国人に注意!」
中国人不法移民が大量に溢れ出ている。溢れ出る先は日本や韓国など近隣のアジア諸国にとどまらず、南北アメリカ、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリアと、地球の隅々にまで及ぶ。

彼らの多くが密航や偽造パスポート、なりすましなどで不法に相手国に入国し、行く先々で文化衝突を繰り返し、犯罪を撒き散らしていると評論家、黄文雄氏が警告する。

来日外国人の犯罪の中で、中国人の検挙件数が突出しているのは周知の事実だ。
「2010年警察白書」によると、2009年の中国人の検挙件数は1万2572件(全外国人の45.2%)、検挙人員は4812人(同36.3%)にのぼる。

こうした傾向は日本に限ったことではない。韓国でも、2009年に検挙された外国人犯罪者は2万3344人で、前年に比べると13.2%増加し、国籍別に見ると中国人が1万3427人で実に57.5%を占めた。

同国に就労目的で不法滞在する中国人は8万人超。昨年10月にはイタリアの豪華客船で済州島を訪れた中国人ツアー客が集団失踪するという事件も起きている。

一方、移民大国アメリカに密入国する中国人は年間約50万人と推定される。
2010年1月のハイチ大地震の際、現地に滞在中の数百人の中国人の安全が懸念されると報じられたが、彼らは中南米に潜行している不法入国者で、最終目的地は北米大都市のチャイナタウンだった。

そのチャイナタウンで最も規模が大きいのがニューヨークとサンフランシスコだ。

ここでは中国人による抗争、恐喝、暗殺、殺人事件が頻発しており、 サンフランシスコでは2008年1月、10件、100人規模の中国人売春組織が摘発された。
チャイナマフィアはイタリア系マフィアにとって代わる存在になりつつある。

またアルゼンチンには台湾系の移住者が3万人から5万人いたが、マフィアの過酷な取り立てに耐えられず北米に逃亡、残っているのは1万人ほどだ。数年前にブエノスアイレスの貴金属店に立ち寄ったことがあるが、
店内にはカービン銃が置いてあり、「中国人に注意」と書かれた紙が張られていた。
http://www.news-postseven.com/archives/20110214_11477.html


To ((´∀`))ケラケラ さん

>ユダヤの陰謀ですかぁ?www

地球温暖化CO2説詐欺も国際金融資本家(ユダ金)ですよ!!!
IPCC・WWF・国連は温暖化捏造に加担しています!

信じられないかもしれませんが、嘘だと思ったら見て下さい!
マスゴミでは、まず報道される事のないビデオ!!!

http://www.youtube.com/watch?v=2NTDIwiJ8nk

http://www.youtube.com/user/hosizorajp#p/a/CF54BCBF326D8B65/2/aeTW1rMQNII


真実を見、また調べて見て下さい。
世界的に多くの人々が9.11テロから覚醒したようです!(小生も)

http://www.youtube.com/user/hosizorajp3

ユダヤに取り入って金儲けしてる知り合いもいますし、(もっとも諸経費で儲かっていないみたいですが)まったくないとは言いませんが、それより内政の酷さのほうが遥かに問題でしょう。

外資系のセミナーでユダヤについて質問している人に世界でユダヤの質問をしてくるのは日本人だけだと聞きました。すべてを知っているわけではないが、そんなものを研究している間に他の人は金融を研究していると。

リーマンショックで逃げ切ったゴールドマンが金融危機を仕掛けたとかいうバカがいますが、彼らはこれは危ないものだといち早く気づき、撤退しただけの話でそれを恭しく買いに来たのが日本の金融機関であほな奴らだと陰で笑われていたとか。

実質あと5年ぐらいで国民の金融資産を借金が上回るのに、よくそんな間抜けな話が出来るもんだと幸せな奴らだと呆れますな。

米トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものだと米国人が告発

米トヨタへの苦情の多くが在米韓国人によるものだと米国人が告発
http://defferentiatejapan.blog115.fc2.com/blog-entry-643.html
韓国人は、日本人の猿真似をテレビの前で堂々とし
たり、無用な嫌疑を吹っ掛けて日本を貶めるているが、
その行動のせいで逆に世界で嫌われていることを知
るべきだな。
http://www.youtube.com/watch?v=W7G-FGL4el0&nofeather=True
(動画)
詳細は
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】最新版はこちらをクリックして下さい。

資本主義は資本家が一番偉いんだよ。

外資系のセミナーでユダヤについて質問している人に世界でユダヤの質問をしてくるのは日本人だけだと聞きました。

世界とは先進諸国の事だと思うけど、そりゃあ、日本だけがユダヤ人を虐殺してないもん、悪びれないで色々と聴いちゃんでないの?
ユダヤの事は日本人の感覚では臭いもんではないからね。

先のデリバティブで一円も儲けることなく6720億円の損をしたみずほ
http://csrfinance.cocolog-nifty.com/mirai/2008/10/post-c10c.html

日本の金融なんてこんなレベルなんだろう。近年、運用で損ばかりしているんで、楽して儲かる国債を日本の金融機関は買い捲った。昨今の金利上昇で真っ青だろう。

金利上昇でいくら損が出ていることか、ゆうちょの90%が国債運用。これからも金利上昇は避けられまい。

世界の中央銀行は日本の金融政策をもっとも愚かな見本として研究されている、研究の第一人者のバーナンキは現在米を似た状況に否応なしにしている。

しかし、ティーパーティの台頭など政策転換の素地が固まりつつある。
FメイFマックは米の保証対象ではないと。日本の大手金融機関が持つ24兆の債権の大幅毀損は避けられない。どこがどれだけ持ってるか調べられるといい。泣きたくなるからw

この辺の影響で財政破綻は2年は早まる。まあ、最後は日銀に国債を買い取らせ、最終的に日銀券は紙くずか。

To ((´∀`))ケラケラ さん

橋本首相の時に消費税を5%にしてどうだったでしょう!
まして、今消費税を上げたりしたらどうなるか、
火を見るより明らかでしょう!

財政再建には政府貨幣の活用がBestだと思います。
円高、デフレなのですら、チャンスです!
http://www.youtube.com/user/hosizorajp?feature=mhum#p/c/1/vWSfvY3Ay2g

ただし

2011/02/14(月) 23:39:14|
参考
・そして、 本当に怖いのは財政破綻ではなく、モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」である

参考 終わり


まさに参考の通りで、経常収支が黒字であれば、財政赤字でも大丈夫だと思いますが、

国際金融資本家は危機(作り)を悪用しますから、
モノの供給が途絶えてしまう「物流上の破綻」は注意が必要です。

だからこそ、食糧の自給率を上げ、また、CO2詐欺とは別の意味で、
エコ、いろいろな発電=エネルギー等も、
財政出動して押し進めて行かなければならないと思います!

サイト失敗しましたので再度送信させて頂きます。

財政再建には政府貨幣の活用がBestだと思います。
円高、デフレなのですら、チャンスです!
http://www.youtube.com/user/hosizorajp#p/a/8041E95EC625633E/1/vWSfvY3Ay2g

衆議院予算委員会審議中継を見ています

第177回国会決算委員会
2月15日10:00~
衆議院予算委員会審議中継を見ています
http://www.shugiintv.go.jp/jp/wmp.asx?deli_id=40776&live=yes&media_type=wb
(動画)
【動画ニュース掲示板】最新版
ttp://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi
【動画ニュース最新版タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ケラさん
>あと5年ぐらいで国民の金融資産を借金が上回る

本当かい?そりゃたいへんだ。
国の借金は資産をカナーリ上回ってるが、個人資産もそうなのか?
それとも国全体のバランスシートの話かい?

よかったら何の資料から引用したか、教えてくれや。

誰とは言わないが、ここのコメント欄に悲観的な投稿をしている諸君!
あなたは、日本のメディアに洗脳されている。(笑)

今朝のTVニュースで、日本はGDP(国内総生産)で中国に抜かれて世界第3位と、そのことだけを盛んに伝えているが、一方中国CCTVでは、世界第2位になっても一人あたりのGDPでは、日本の10分の一と詳しく伝えていて、ロシアRTRは、やはりGDPについて、世界第2位になった中国は、一人あたりのGDPは、日本、ロシアよりも低いと伝えている。

この放送の違いから、日本のニュースの伝え方が悪いのが分かる。

苫米地英人さんの著書「あなたは常識に洗脳されている」で、このGDPも取り上げていて、GDPの順位ついて、世間一般で言われていることとは、違うことを言っております。ここで、詳しい内容は、書きませんが・・・

日本は世界一の経済大国で、日本人は中国人の最低10倍、アメリカ人の最低3倍、そしてヨーロッパ人の5倍くらい裕福なのだそうです。
ところが、日本は徹底的に経済的な搾取をされているのでその裕福さを実感できないようです。
とにかく、前向きに物事を考えた方が良いです。
わざわざ、世の中を暗く見ることない。
日本は大丈夫!(V)

日露海戦の際、ロシア艦隊を最初に見つけたのは沖縄の漁民の奥浜牛でした、それを知らせるべく宮古島に漕ぎつけ、役所に駆け込んだが、通信設備が無い為、志願者を募り、5人の若者が設備の有る石垣島を目指す事に成った。
彼らが乗って居る船は、杉の木を切り抜いて作ったサバニと言う小舟だった。
しかし、ロシア艦隊の位置を知らさず、国賊に成る位なら、死んだ方がまし
とエンジンも無い小舟で荒天の60海里を不眠不休で漕いで石垣島から、日本海軍に通信を送った位、愛国者が多い沖縄でした。それが、第二次大戦後、特アの連中が多数住み込み、中国寄りの発言をする成り済まし日本人が増えたのです。

テレビでの印象操作はすごいです。
一つの事象における影響について、マイナス面ばかりが強調されてます。
「~しないと日本は世界から置き去りにされる、没落する!」
これが常套句ではないでしょうか。
「嘘をつく」一歩手前、「本当のことは言わない」そんな感じです。

経済評論家なんて、競馬の予想屋と本質的には変わりません。
よく見かける経済理論も、収奪者に対する既得権益者の為のまやかし、方便の道具みたいに感じます。

星空さん、政府貨幣については勉強不足でよくわかりませんが(成功した国はあるのでしょうか?)、おっしゃるように先の増税で税収が減って失敗したことの学習能力もない奴らに、そのような高度なことが出来るとは思えません。


民ムーさん
いろいろ見解の相違はありますが、参考になる点は多々あるかと。
財政危機に国民が取るべき選択
http://d.hatena.ne.jp/etsuyoshi/

現状、金持ちは必死に資産防衛に動いてますが、詐欺師かロクな金融機関のない国内から海外に移すまともな資産運用者には金融庁が潰しにくるかんじのようです。

まあ、メンツをかけて俺はこれ一本で行くというのが一番失敗しますので、どんなに信用出来るところであっても絶対分散することが重要です。
絶対は絶対ないですから。
サウンドオブミュージックのトラップ大佐は1金融機関にすべて預けていたために、一夜にして貧乏人に成り果てました。

CO2さん
日本人は中国人の最低10倍、アメリカ人の最低3倍、そしてヨーロッパ人の5倍というのは所得のことかと思うんですが、まさにグローバルスタンダード後、その矛盾が日本を苦境に陥れているんですが。行き着く果てはピークの3~5分の1の所得でしょう。
そのために、所得を底上げしている国際水準より高いものは聖域なく全て下がる。

まあこんなところで仕事に行きます。

日銀、訳して日本銀行北京支部…この悲しい現実に日本人は目覚めるべきですね。
李登輝元台湾総統は保守系アルピニスト野口健さんとの対談で「もし日本の総理ならやることは?」という質問への答として、
1.憲法改正、
2.その前提としてアメリカの説得、
3.日本銀行を内閣府の一組織にする
と語り、
自他共に認める親日李元総統曰く
今、日本銀行は有効に機能していません。私は日本銀行を内閣府の一組織にして、国の経済政策に配慮するかたちで仕事を行なったほうがいいのではないかと考えています。とのこと…。
そうですよね。誠に正しいご認識と日本への誠実なアドバイスに一日本人として感謝申し上げたい。
日銀のやっていることは北京への利敵行為ですので、元台湾総統としては今の日銀は敵ということでしょう。
日銀総裁・白川さん…改めパクさん??と認定します。

良識ある日本人はリフレに賛成し、日銀法改正を目指しましょう!
日銀法改正に反対し、日銀総裁・パク北京支部長と日銀貴族の特権を擁護する輩は、北京の回し者として糾弾されるべきである。

最近感じておりますのが民主党議員のポスター乱立が減ってきて自民党議員のポスター掲示が元に戻ってきているのではないかと思います。
(私が仕事で移動するごく身近のエリア限定の話で
すいません。大阪府堺市、奈良県奈良市、特に滋賀県内全域)

一時期の民主党アゲのイヤラシイ雰囲気が徐々に減ってきたかと思うと少しですがホッとします。

一刻も早く日本人ではない人達で造った国を売る政党
民主党はとっとと消えてください!




ケラ さん。

資料ありがとう。リンク先は直ぐには読めないから、
少ない脳味噌をフルに使ってじっくり読むしかないな。
ぱっとみると、ある時点でハイパーインフレ
が起きることを前提にしてるようだが、その根拠のところをね。

でわ。

世界の陰謀論10選
http://rocketnews24.com/?p=72504


国債で吸収させずに相応の日本円を発行したほうが良いのでは?
諸般の状況を鑑みるとですが。。。
既に時期を逸しているとは思いますけど。

春風さん
>デフレで外国で作った品物は安くなっていますが、反対に巨大資本に支配されている今、これからは日本が輸入する原材料は高くなりそれを日本国内で製造すると値段は高くなっていくと思います
原材料が高いから国民の賃金所得は下がっていき、国内で作った製品は高い買い物になってしまうから国民の生活は今より苦しくなるのでしょうか。

日本のデフレとその他の国のデフレを一概に一緒くたのすることはできませんが、中国が通貨安政策と賃金安、環境コスト無視などで、非常に安い価格で質の悪いものを大量に供給しているので、世界的に見て物価が下落する傾向にあります。
アメリカが中国たたきを始めたのも、中国がデフレ(失業)を輸出して、国内の雇用を奪っているからです。
また、原料が高くなるのは何処の国でも一緒です。日本は円高の恩恵で、通貨安の国よりはましだと思います。
原材料が高いから国民の賃金所得が下がっていくというより、日本以外でも作れるような物を製造する場合、新興国の安い賃金にどうしても引っ張られてしまい、賃金が下落していくことになるのだと思います。

外国の株主は日本の労働者がどうなろうといいから、賃金を極限まで下げ、利益を上げて株価の上昇と株主配当を求めます。
労働者が苦しむ原因のひとつに株主制度があると思います。

破綻厨さんへ(はぁと)
政府が国債を発行すると、日本国民の貯蓄が増える事実を知ってるんでしょうか?

三橋さんのブログに詳しい解説があります。
以下、長いですがコピペです。
「家計の金融資産1400兆円を、国の借金が超えたら破綻する!」の馬鹿馬鹿しさ
「家計の金融資産1400兆円を、国の借金が超えたら破綻する!」
 などと、統計的に有り得ない説を創作したのと、同じタイプの「匂い」を感じます。

 経常収支黒字国である日本の場合、政府が国債を発行し、景気対策をすると、民間(主に家計)の金融資産が増えてしまいます。お金が「銀行⇒(貸付)⇒政府⇒(支出)⇒企業・家計⇒(預金)⇒銀行」と流れていくだけなのです。

 上記の「説」を考えた人は、政府が負債を増やしたとき「そのお金が最終的にどこに流れるか?」などについては、全く考えていないということになります。アホです。

http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_32.html#Junkan

 上記の通り、バブル崩壊以降、政府の負債が増えると同時に、家計の資産が増えてしまっています。
 デフレから脱却できないため、政府が景気対策を打ち、支出をしても、それがそのまま家計の資産(主に現預金)として滞留し、銀行の預金残高が増え、相変 わらず貸付先がないため過剰貯蓄問題が解決せず、デフレが続き、政府が国債を発行し、銀行が喜んで(低金利で)金を政府に貸し(=国債を買い)、政府が景 気対策を打ち、支出をしても、それが・・・・
 という、バカバカしい循環が発生していることがわかります。

 この嫌な循環から日本が抜け出せないのは、上記のネバダレポートや「家計の金融資産を超えたら破綻説」など、鬱陶しくかつ「嘘」の情報を、堂々と発信する連中が一因になっているのは間違いありません。何しろ、今や政治家までもが「嘘」の破綻説を堂々と口にするような状況になってしまいました。

To ((´∀`))ケラケラ さん

アメリカの通貨そのものに、政府貨幣(政府の通貨発行権)と国際金融資本による通貨発行権を見る事ができます。
  ↓ ビデオ
Zeitgeist ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 パート3 1/5

http://www.youtube.com/user/hosizorajp#p/c/8041E95EC625633E/2/1YIE-OkFkV8

どちらが良いかは申すまでもない事と思いますが、
リンカーンの言葉ご参考まで

▼リンカーンの言葉▼-政府貨幣

”政府は政府の費用をまかない、一般国民の消費に必要なすべての通貨、銀行の預金を自分で発行し流通させるべきである。 通貨を作製し、発行する特典は政府のたった一つの特権であるばかりでなく、政府の最大の建設的な機会なのである。
この原理を取り入れることによって、納税者は計り知れない程の金額の利子を節約できます。 それでこそお金が主人でなくなり、人間らしい生活を送るための人間の召使になってくれるのです。”

今の政府には残念ながら、期待していません。
亀井さんが財務大臣か首相にでもなれば期待が持てると思うですが・・・

正しい世論が形成されて、その事により、より良い政策を立案、実行してもらいたいものです!

スポンサーに文句を

テレビの地方局と言っても、なんだかんだ言っても大都会大阪での話。マスコミの中でもやはり一般人には洗脳する影響力が大きいテレビですが、これがはっきり言ってあまりオツムのいい人が少ない事には、昔から驚かされています。私の知る範囲では、彼らの言う「業界人」と言われる人々の中には経済通は一人もいません。(有名人と会う機会が多いからか分もわきまえず勘違いしてしまい、「チャラ男」化したええかっこしいの人が知人の100パーセントです。笑)はっきり言って大阪の地方局あたりでは関西の凡私大クラス社員満載ですので、まともな経済番組が出来る訳がありません。公的な社会的役割とかは全く頭に無いようで、完全に利己利益主義化しています。また他の番組も劣悪、拙劣なものが多すぎます。こんな低レベルのテレビが、単純な人々を洗脳し誘導しているのです。わたし、韓国ロケ物なんかのくだらん番組には結構クレーム付けてます。ただし、スポンサーにクレームを言うのがマスコミには一番こたえます。不勉強な破綻論者が多い番組のスポンサーにばんばん言ってやりましょう。

ネバダ・レポートの驚くべき内容。
1~公務員の総数の30%カット、及び給料30%のカット、ボーナス全てカット
2~公務員の退職金は100%すべてカット
3~年金は一律30%カット、
4~ 国債の利払いは、5~10年間停止
5~消費税を20%に引き上げ
6~所得税の課税最低限を年収100万円まで引き下げ
7~資産税を導入して不動産には公示価格の5%を課税、債権・社債については5~15%の課税、株式は取得金額の1%を 課税。
8~預金は一律1000万以上のペイオフを実施し、第2段階として預金額を30%~40%財産税として没収する。----IMF管理下に入れば、借金の返済が最優先課題とされ、公共部門が大幅に削減されることは、過去の例から見ても明らかです。ネバダ・レポートで、公務員人件費の大幅カット、年金の大幅削減、そして大増税を実施する。国民の預金の3割以上を財産税として没収してしまうという、とんでもないプログラムも含まれています。最悪の場合、国債を買い支えることで日本の借金を支えてきた、郵貯・簡保からの預金引出しを事実上出来なくしてしまうことだってあり得るでしょう。ネバダ・レポートIMF日本管理プログラムhttp://ihope.jp/nevada.htm

wktkさま
詳しく説明してくださり、大変ありがとうございました。
経済オンチなので分からない事も多いので、これからも勉強致します。
それにおいても、やはりシナは世界の癌ですね
はじけるバブルに期待している私です。
そして、CO2さまも仰っておられます様に、世の中を暗く見ることなく前向きに物事を考えたいと思います。
ありがとうございました。


DD様からお返事が無かったので・・

ネバタレポートの通りにならないように頑張りましょう・・IMFの管理におかれるには後100年くらいかかりそうですが・・

日本がIMF管理下に入ることなんて100%無いです。

なぜならIMFは外貨(主にドル)借り入れによる経済危機にしか関与できません。
しかもIMFは外貨準備から10兆円をIMFに貸すという麻生・中川ペアの英断が無かったら存続できなかったような組織です。

それにIMFごときの規模ではスペインすらも救えないんじゃないでしょうか?
日本の経済規模・経済の強さはとんでもないんですよ!
それにたとえ管理下にはいるようなお笑いごとになったとしても、先進国では一番最後になるでしょう。

参院あってよかったと思うのは自分だけ?

でなきゃ日本即死だったと思うんだけど。
国会見てたらそう考えないか?

bingoさん

NHKだけでなく、ほとんどのメディアは、
1、日本・アメリカ・欧州経済は先行き暗い、成長しない。
2、なので「日本経済は中国頼みだ」、とつい最近まで大ウソこいていたのが、中国経済の張り子のトラぶりが広く知られてきたため、「アジアなどの新興国」とボヤかしたり、金持ち中国人のお買いものシーンを見せたり、とにかく中国経済を実態以上に見せる。
という印象操作をしています。

最近、例外的に、日本経済の回復ぶりを強調するのは、「橋本増税の二の舞か!」という消費税増税への世論の反対をかわす意図があるから。
普段は、日本経済の好材料ニュースには「いつまで続くか」「中韓の追い上げが…」と最後に”呪いの言葉”をつけるのが普通です。
ちなみに「韓国との競争が」「韓国に負ける」「韓国に抜かれた」とやたら張り合いモードに持っていく記事は、在日の記者が書いている。

それにしても日銀総裁が反日とは!!
じゃ、財務省にもいるんですよね、当然!!

>> 強い日本人 さん

説明ありがとうございます。民間も含めメディアは、情報工作機関かと思うほどです。日本のTVの電波使用料は、他国に比較し、破格の安値です。その中で、報道機関は20%以上の株式が外国籍の人間に握られることを禁じているはずですが、これも巧妙に守られていないようですね。

支那のGDPが日本を抜いたと、真顔で悲観的に語るアナウンサーも一応の経済知識がないのかと思うほどです。

支那が出す統計の怪しさもですが、人口一人あたりのGDP割り算も頭に出ないのかねと、思った次第でした。

レスありがとうございます。

TO 大和は国のまほろばです さん
はじめまして読者です。つたない初歩的な素人経済論に、コメント頂きありがとうございます。
私自身、ロクに勉強せずに、国も未来も考えずに生きてきました。これまでも漠然と何か日本っておかしいと思ってきましたが、ただ時は流れ、いい歳になって仕事柄海外の人と会う機会や滞在すると日本人の失いつつある精神性が如何に偉大で、守るべきものが何か未来に引き継ぎたいという思いが湧き起こりました。自分も何かできないか考えるに隗より始めよの言葉通り、まずは自分で学び、知りえたことをなるべく多くの人に伝え一緒に考えてもらおう、政治や歴史、文化などに興味を持ってもらおうと。
実のところ、私のような日本人って沢山いるんじゃないかと思います。本気で勉強を始めてまだ5年くらいですが、仕事以外の時間はネットからの情報収集や読書、そこで得た情報に対し、自分なりのレポート作成したりでほとんどない生活を続けています。
不思議と今はそんな生活に満足し、自分の知的欲求が少しでも満たされることに幸せを感じています。同時に強烈な危機感というか恐怖感も。
悲しいかな、自分で情報を取りに行かないと思考停止状態に陥る世の中となりました。
偉そうに言ってもまだまだ勉強不足で、解らないことばかりです(笑
ただそれでも、当事者意識だけはなくさぬよう、今は未熟でも何れは大人の教養を身につけ、祖国の主人公の一人のとして恥ずかしくない人間になりたいと思ってます。
これからも一緒に学び考えていけるといいですね。皆様よろしくお願いします。
ブログ主さま、サイトの皆様、私の身の上話など本来する必要もなく失礼致しますが、もしこのサイトの訪問者の方で私のような普通の日本人が見て少しでも何か感じてもらえるととてもうれしく書き込んだ次第です。
最後に大きなお世話かも知れませんが、江藤淳氏の著書には深く感銘を受けました。氏のGHQによる検閲への分析は勿論ですが、それ以上に無邪気な程に国を憂い真実を追求し思考する姿に忘れていた何かを呼び覚ませてくれた。まだ読んだことがなければ是非、ご検討を。
本題から著しく脱線し、本当に失礼致しました。




国債を増やしても良い

国債が増える

緩やかなインフレになる

日本人の資産と引き換えに、借金がなくなる

同時に円の価値がさがる
つまり、緩やかな円安になる

5分と点けていられません;…

もうね、たま~に地上波点けても、スグに支那やら朝鮮やらのヨイショネタが出て来るので、気持ち悪くて5分と点けていられません;…慌ててスカパーに戻します。シナチョンのウンコネタ攻めに疲れた貴方に…お薦め→スカパー268CH(ひたすらキレイな風景と、まったりした音楽が流れています。何て事無いようですが、癒されます…217CHでCH桜やってない時は基本コレ)

日本国の信用

通貨を印刷するか、国債を印刷するか
どちらも、日本国の信用をもって流通しているペーパーです。
どちらを選択するもそれぞれに利害があって一概に断ずる事は不可能。
要は日本国の信用を失わない事です。

全体を俯瞰できない愚かな経済官僚、経済学者、日銀の政策は
それぞれに馬鹿げている。
正しい道は、減税とインフレターゲットしかあり得ない。

国力を増すには、教育振興、産業振興が必要でしょう。
財政出動、金融緩和でバブル寸前まで市場を活性化し
諸国の資金を日本に集めて、兵器を輸出するのが早道。
今、中国がその道を驀進している。
米国も同じ道で世界の覇権を握っている。
独り日本の幻想的な平和主義がその流れの外にある。

今の日本は管政権のおかげで支那、露西亜に侮られている。
朝鮮如きまで、図に乗っている。

相応の軍事力、堅固な日米同盟。
食料自給、エネルギー資源の確保が肝要。

返事

>シルバーな親父 様
>大和は国のまほろばです  様

>積極財政(財政出動をしてインフラの整備などを行う)を行って、次の段階(健全なインフレに移行した)で財政の健全化を進めるべき

 リチャード・クー氏は、よく人類史上最低金利を更新し続けているこの時期こそ日本は借入をしてインフラ整備を行うべきだと述べていました。つまり金利が低下するのは「金融市場の「もっと金を借りてくれ」というサインだという事です。この説は正しいのですがそれ故に逆も正しいのです。金利が反転上昇してくる局面では金融市場が「金を返済してくれ」というサインを出しているという事になります。金利の上昇ピッチが早ければ早いほど「借りたペースより早く返済してくれ」というサインでもある訳です。この場合、年30兆円~40兆円の借入に対して、それを上回るペースで返済するなど無理でしょうから無慈悲な市場原理によって強制清算に追い込まれる可能性があるのです。

 金利の上昇は昨年の12月から始まりました。今や財政健全化を行い借金を返済する局面に入ったのです。与謝野氏の危機感、S&Pの日本国債の格下げ、Xdayプロジェクトもこの流れに沿ったものであると考えられます。三橋氏の言説にはリチャード・クー氏の影響が随所に見られるのですが、この金利が反転上昇してくる局面に行うべき政策が抜け落ちてしまっているのです。

>スケアクロウ 様

>なぜ暴落 するのかを聞きたいなと思います。

経済学の疑問   1月17日(月)において投稿していますので抜粋します。

「国債が格下げされると低下した信用に応じた分の上乗せ金利(プレミアム)が発生する。金利の上昇は国債価格を下落させる。これにより国債を大量に保有している金融機関の資産は縮小してしまう。資産が縮小した金融機関は応分の国債を処分売りするか貸し剥がしをやって融資を圧縮する。このような流れが発生する恐れがある。なにやら90年代末のBIS自己資本規制TierⅢに抵触するのを逃れん為に行われた貸し剥がしの悪夢が蘇ってくる。」

この投稿後に実際に国債が格下げされ、そして現実に金利が急上昇しています。
指摘したとおり国債の処分売りによる暴落が心配されるのです。それと自民党の宮沢洋一氏は貸し剥がしの方を心配されています。氏の懸念どおり先に貸し剥がしが起こるでしょう。

>(ななし) 様

>政府が国債を発行すると、日本国民の貯蓄が増える事実を知ってるんでしょうか?

そんなの常識。
逆にあなたはマクロ経済学しか知らないのですか?
本気でマクロ経済学だけで国家経済を語れると思っているのですか?
(ブログ主もそうですが・・・。)

>春風 様

>国民の生活は今より苦しくなるのでしょうか

その通りです。(悪い話ばかりで申し分けないです)
日銀の資料によれば消費者物価の上昇により
昨年度よりも今年度、今年度よりも来年度
更に苦しくなる見通しが発表されています。

これまで日本は日銀の努力もあって
為替によりインフレの流入を阻止していました。
しかし菅政権の日銀への恫喝、嫌がらせにより
渋々ながら札を刷ったところ
案の定、消費者物価が上昇しだしたのです。

その背景にはインフレになれば
あらゆる経済問題が解決するかのような一部の世論があります。
この人達はインタゲ・リフレ論者と呼ばれます。
しかし、現実には物価が上昇して生活が苦しくなるだけ
という現象しか起こっていないのです。

ついでながら増税もやってきます。
それが嫌で日銀にツケを回したところで
その分は物価高になって返ってくるでしょうから
苦しさは同じでしょう。

さて、我々に生活苦を強いる犯人のインタゲ・リフレ論者は誰かというと
実はここのブログ主、多くの投稿者
チャンネル桜、三橋貴明氏などがあてはまります。

それ故に、とにかく真面目に活動している他の保守派の方々に
迷惑が及ばない為にも、いいかげん考え直せば?と
せっせと投稿している訳です。

レスできなかった他に方にはお詫び申し上げます。

日本国債の格下の原因

対症療法をいくら論じても、その時々で症状は変わるのだから、
しかも、処方どおりに効能が出ないのだから無意味。

格下げの原因は日本の信用が落ちたからです。
何故落ちたのか?嘘ばかり吐く政党が国家を運営しているからです。

鳩山が日米同盟に泥を掛け、中露におもねってあなどられた。
管も財政健全化をうたってバラ撒きを画策し行き詰ってる。
言行不一致で信義も無く、支持率も降下一途の政府に
市場も見限っての格下げです。
与謝野の様な蝙蝠を使う限り改善する見込みは皆無でしょう。

銀行が貸し剥がすなら、政府系金融でジャブジャブ貸し出せばよろしい。
日銀の誤った努力で日本はデフレから抜け出せず
円高不況で年々生活が苦しくなっているのです。

現状の間違いを正して減税、インフレターゲット以外に違う局面への
移行はあり得ません。
増税、デフレでは日本の信用はさらに失われてどん底でまっしぐらでしょう。

【国際】中国の富、米国債購入→人民元切り上げで大幅減少の危機!日本の轍を踏むな―香港紙
2011年2月9日、香港紙・亜洲時報は、「米国による国債投資と人民元切り上げ要求の圧力に屈するべきではない」とする記事を掲載、日本の二の舞を避け、多様な手段を使って軌道調整すべきと論じた。

米財務省の今月3日の発表によると、中国の米国債保有高は8960億ドル。記事は「国家の大事な貯蓄をこれほどまでに米国債に投入したことは大きな誤り」とし、日本から教訓を得るべきとした。中国の前、米国の最大の投資国は日本だった。1971年、対米貿易で空前の黒字を記録した当時のレートは、1ドル300円。その後は円切り上げの圧力に押される形で、止まらない円高は1ドル100円を切るところまで進行するが、これは米国の対日貿易赤字を解消するには至らなかった。

この事実から、米国への投資は決して貯蓄につながらないことを中国は気づくべきである。
米国は通貨政策という名のもとに、貿易相手国の利益を自国側に引き入れることをひそかに画策しているのである。国債への投資と、その後に続く人民元切り上げの要求は、表面上は貿易不均衡を是正する措置とはいうものの、実際の意図は違うところにある。人民元が上昇するほどに、それは米国の利益に自然とつながっていくのだ。

日本はかつて非理性的にかつ自虐的にこれに対応し、実質的にはいまだに被占領国から脱していない。中国は米国の声に屈せず、勇敢にこの種の流れに抵抗すべきである。貿易不均衡の責任を黒字国に転嫁する米国の作戦に乗ってはならない。為替変動はこうした問題の解決にはならない、むしろ為替安定を保持することにその糸口がある。
(翻訳・編集/愛玉)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=49246&type=1

経済はもっともっと勉強致します。

なんだか、世界が民主化の方向で平等意識を持ってきだしているのではないかと感じたりしています。
もう一つは、TPP協定で資本家と大企業だけがおいしい思いをし、外国から安い賃金労働者が大量に入り日本人が同じ待遇でなかったら職を得られないとか、安い賃金の為に外国人労働者に職場を奪われる事にもなりかねません。
治安も危なくなります(恐い)
これって日本国民の事など考えてなくって、他国の国にとって利益になる事を率先してる政策ですよね
それにメディアにしろ我が国に害を及ぼす他国の情報操作の影響で、無意識に日本国民の国家意識が薄れているのはとても腹立たしいです。
日本は外国を見習う必要はないと思っています。

ブログ主殿へ

もう、いいだろう!
韓国なんかと、同盟組んだ覚えのある日本人なんか居ないだろうし。

>さて、我々に生活苦を強いる犯人のインタゲ・リフレ論者は誰かというと
実はここのブログ主、多くの投稿者
チャンネル桜、三橋貴明氏などがあてはまります。

↑上記のようなことを言って、あなたは、実際、今現在、生活苦なんですか?生活苦でもないのに言っているとしたら、何だかなぁ~ですよ。



恐怖の中国農産物

●中国の米10%がカドミウム汚染、イタイイタイ病発生 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110215-00000057-scn-cn

ある調査によると、中国国内で販売されている米の10%には、基準値以上のカドミウムが含有されているという。カドミウムが多量に含まれている米を食べ続けることで、骨の病気が起こる可能性が高い。しかし、専門家が心配するのは、政府や医療機関がこの病気の根本原因を把握していないことや、何よりも、中国には重金属に汚染された土壌での栽培基準がなく、汚染が深刻な土壌でも稲が当然のごとく育てられているという事実だ。財新網などが報じた。

84歳になる李老人が、小さな袋に入った米を見せてくれた。純白で艶があり、ふっくらした米粒だ。一見した限りでは、異常があるとは全く思えない。しかし、成分検査の結果、基準値をはるかに超えたカドミウムが検出された。地元の人々は、このような米を「カドミウム米」と呼んでいる。

化学元素周期表48番目の重金属・カドミウムは、自然界では化合物として鉱物中に存在し、人体に入ると極めて大きな危害を及ぼす。

李老人は、自分の奇病と米との間に関係があるのではと疑いを持った。老人は体こそ丈夫だが、この20年間は、歩くことがひどく苦痛だった。100メートルも進まないうちに、脚とすねに耐えがたい痛みが襲った。

医者は明確な診断を下せなかった。そこで老人は、自ら「軟脚病」と病名をつけた。老人が住む広西チワン族自治区桂林市陽朔県興坪鎮思的村には、彼と同じような症状を患う老人が10人以上いた。

定年退職して故郷の村に戻った1982年から28年間、李老人はこの村で生産された米を食べ続けてきた。いくつかの研究論文によると、同村の水田土壌は、1960年以前から、カドミウムに汚染されていることが実証済という。当然、この村で生産された米のカドミウム含有量も、基準値をはるかにオーバーしている。

医学書によると、カドミウムが長年にわたり人体に入り続けると、骨の痛みが引き起こされる。日本では、1960年代に富山県で精錬所が流した排水が原因で多発、「イタイイタイ病」と命名された。「イタイイタイ病」の症状と李老人の言う「軟脚病」の症状は酷似している。多くの学者も、思的村村民の症状は、「イタイイタイ病」の初期症状であると指摘した。

このような症状が発生しているのは、思的村だけはない。国内各地の住民が、カドミウム汚染による症状を訴えている。

農業部門によるここ数年のサンプリング調査のほか、専門家の研究によって、中国の米の約10%には、基準値を超えるカドミウムが含まれることが明らかになった。米消費量が世界一の中国にとって、この事実は極めて深刻だ。(編集担当:松本夏穂)

☆祝☆

100


未だに恥ずかしげもなくネバダレポートなんて怪文書・デマ文書を出してくるバカがいるとはあきれ果てるね。
IMFが出したというけど、それはどういった人間がいつ作成したの?誰に向けて、どのように公式発表されたの?
特定国家政府やマスコミなどに向けに公式発表もされていない、作成時期曖昧、作成者不明、公開相手不明の文書を相手にするのですか?
アタマ大丈夫?

大体、リーマンショックの際、資金不足に陥ったIMFに巨額融資をしてIMFから絶賛されたのは日本ですよ。
それにそもそもIMFは国家の対外債務(主に米ドル建債務)が不履行になりそうなときに調整役となり、債務国に債務返済手順を強制することで、債務国の信用を最低限維持させる役目を担う団体だぞ。
そんなIMFが、100%日本円建ての債務しかない日本政府相手に何する気なの?

いい加減、IMFや財務省、大手マスコミ、教授等の肩書きを持つ自称専門家などの、なんか凄そうな権威者の名前が出た時点で情報収集・分析・思考を停止させてその主張を鵜呑みにする情弱は卒業したら?

DDさん

わざわざ回答ありがとう。

>金利の上昇ピッチが早ければ早いほど「借りたペースより早く返済してくれ」というサインでもある訳です。この場合、年30兆円~40兆円の借入に対して、それを上回るペースで返済するなど無理でしょうから無慈悲な市場原理によって強制清算に追い込まれる可能性があるのです。

嘘つきなの?バカなの?
金利が上がろうと下がろうと償還するのは満期になってからです。
財政黒字なら早期償還もあるかもしれませんが、それは政府がそう決めた場合です。国債の購入者が満期前に一方的に「今すぐ耳をそろえて払え」なんて通用しません。仮定がデタラメです。
それと、そもそも現在の延長線上で、金利が上昇したと言うことは資金需要が旺盛になったと言うことです。投資が活発になったと言うことです。それこそまさに待ち望んでいることです。

>国債が格下げされると低下した信用に応じた分の上乗せ金利(プレミアム)が発生する。

それは政府の資金調達を海外の投資家に依存している国の話です。
海外のファンドの多くはそういったルール、具体的には格付けが一定より低下したら保有を禁止するなど、があるからです。
要するに海外の金融機関や投資家は格付けにそれだけの権威があると認めているということなのですが、我が国の金融機関は格付けなど無視しています。すくなくとも日本国債に関してはまったく認めていません。
権威があってこその影響力です。権威が無ければ影響力など皆無です。

最近ヨーロッパなどでは格付け会社や海外投資家の影響を少なくするために「(日本を見習って)できるだけ国内で資金調達しよう」という意見が出始めています。
悔しいですね。日本を見習えだなんて。

DDさん
>積極財政と財政健全化の両論併記

はぁ?
対極にあることを同時に行う?
どうやって?

DDさんは天才なんでしょうから、詳細に説明してください。

DDさん
>>政府が国債を発行すると、日本国民の貯蓄が増える事実を知ってるんでしょうか?
上記の記述を破綻厨さんへと書き込んだものです。

>実質あと5年ぐらいで国民の金融資産を借金が上回るのに、よくそんな間抜けな話が出来るもんだと幸せな奴らだと呆れますな。
上記の書き込みはケラケラさんのものです。
僕のレスはケラケラさんに向けてのものですが、何であなたが答えてんの?
あなた、まさかケラケラさん・・・
DDさんの書き込みには「国民の金融資産を借金が上回る」に関連する記述なんてありませんからね。
アウトm9(^Д^)プギャー

それと呆れるとか人を馬鹿にした書き込みしたくせに「俺は知ってる。お前はマクロ経済しか知らないのか?」という何の説明にもなっていない書き込みで済ますんですか?

>実質あと5年ぐらいで国民の金融資産を借金が上回るのに、よくそんな間抜けな話が出来るもんだと幸せな奴らだと呆れますな。
この書き込みは実質あと5年ぐらいで国民の金融資産を借金が上回るのが問題だってことでしょ?
どう問題なのか説明を求めているのに「常識」って何ですか?
もしかして理解できなかったんですか?
DDさんことケラケラさんの書き込みを見ると、博識でいらっしゃるようにお見受けします。
しっかりと説明してください。

特派員協会にての元海上保安官、一色正春のインタビューである。

仙石38こと、特派員協会にての元海上保安官、一色正春氏が、語っています。民主党の馬鹿議員は、彼の爪の垢を煎じて飲め!

http://izakamakura07.iza.ne.jp/blog/entry/2156563/
http://izakamakura07.iza.ne.jp/blog/entry/2156558/
http://izakamakura07.iza.ne.jp/blog/entry/2156563/

分かり易いお話を有難うございます

先生のお話はいつも本当に分かりやすく、よく納得できます。有難うございます。
①「国の借金と個人の借金は違う」。さらに言えば、国はいざとなれば紙幣を発行することができる。
②「日本の国債は殆どが日本人が買っているもので、国の負債=日本の国民の債権」(バランスシート的に言えば当然そうなります。)・・・という事がポイントですね。 
さらに言うならば、超デフレ時にそれをさらに悪化させる緊縮財政、インフレ対策はするなということですね。

早く長期金利が急上昇しないかな~

せっかく格下げされたのに

政府貨幣のことを書いている方がいますが、、、

脳機能学者の苫米地英人さんの著書に
ジョン・F・ケネディが財務省ドルを刷ったことで暗殺され、その財務省ドルは、残らず回収されたと・・・

それは、連邦準備銀行に逆らった結果だとか

日本で政府貨幣をやろうとしていた中川昭一さんも・・・

なんか考えただけで恐ろしい。

ありうる話かも

ケネディの話しは知りませんでしたが、
米国はFRBによって間接的にロンドンの支配を受けているという説は
信憑性があるかと思います。

世界のマネーの行方を決定して、紛争を起したり、鎮めたりと、
死の商人の思惑は日本にも当然及んでいるでしょうね。

日本一国の国益だけではなく、シティやウォール街の意向も汲んで
共同歩調で世界の経営に当たる立場に居続ける事も安全保障かと。

>彼はテレビで「国家財政は赤字を続け、国民の家計も
>また赤字に苦しんでいる。このまま赤字を続ければ財政
>は破綻する。子孫にツケを残すわけにはいかない」と
>述べました。

与謝野が如何のってのは知らんが、このくだりを読む限り個人的には別な意味に聞こえる。

つまり、

国民にどれほどの借金をして金をつくったところで、
アブク銭で消えちまうってぇことには間違いねぇ。
内も外もカネ、カネ、カネってぇ五月蝿ぇんだが
内ではとんでもねぇ額のカネがすっとんじまった。
外からはアレよこせ、コレよこせって、これも
スンゲェ五月蝿ぇんだけど手前ぇらの面子を考えりゃぁ
譲る訳にはいかねぇし、孫末代まで借金が
残るのも間違いねぇが、いい加減、内側だけでも
気付いてくれねぇかなぁ。。。。

ってな願望が見え隠れする。

日本には債務だけじゃなくて債権もありますよね。
ドルが必要なら米国債の売却で調達可能です。
まあ、世界経済は大混乱だろうけど・・・

横からレス

>未だに恥ずかしげもなくネバダレポートなんて怪文書・デマ文書を出してくるバカがいるとはあきれ果てるね。

 ↑ そうなんですか?この「ネバダ・レポート」という文書、2002年2月14日の衆議院予算委員会で取り上げられ、金融・財政関係者の間で話題になったとか・・・私が今日、久しぶりに読み直した本「日本人が知らない恐るべき真実」の中に書いてありましたが、、、いい加減なモノなのでしょうか?

>衆議院予算委員会で取り上げられ
偽メール事件を思い出そうね。
国会・委員会などで取り上げられた資料が必ずしも信憑性があるとは限らないよ。
実際、ネバダレポートは誰が、いつ、誰に対して発表されたものかはっきりしていない。
「IMFに近い筋」が作ったとかいう触れ込みで騒ぎになりましたが、結局、作成者の正体も不明なままでした。
j-castでも、再調査記事を昨年出していますが、結局出元は「IMFと直接関係ない名称不明の会社が発行したもの」としか書かれていない。
ttp://www.j-cast.com/2010/07/15071196.html

そもそもIMFの存在目的と役割、日本政府の債務が日本円のみだという事実、日本がIMFへの出資規模二位という事実、リーマンショック時のIMFへの緊急巨額出資の事実、日本が世界最大の債権国だという事実などを合わせて自分の頭で考えれば、信じるに足る資料かどうか自分の頭で判断できると思うけど?

普通に考えれば、IMFは日本の心配をする前に、日本以外のほとんどの国の心配をするだろうね。

結局、日本中に巣食う日本破綻主義者の内の権威だけはある誰かが作って知識のない議員の不安を煽り、結果、委員会で取り上げただけだと自分は思いますよ。

あの騒ぎから10年弱経過し、国債発行額もかなり増加しましたが未だ国債金利は世界最低クラス。
いい加減、「日本破綻」を絶対条件に理論を組み立て不安を煽る連中に付和雷同させられるのは卒業しようよ。

         __ , ────── 、__
      , - ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     / ;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
    /,,;,,,,,  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  ,,,,,,,,;::::::丶
   / :::::::::;;,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,;:::::::::::::::::::ヽ
   i゙:::;:::::||::::::,!i:::::::::::,|i::::::::::::::::::;:::::::::::::::::::::::::::::::゙i
  i゙::::|;;;;| |;;;;;| |::::::::::| |:::::::::::::::::||::::::::::::::::::::::::::::::::|
 . i゙::::::i     ''''''''''' '───' |;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::|
  .|:::::::|,-====-´  ゙ヽ,,,,,,,,,,,,,、    |:::::::::::::::::::|
  |;::::::::|,-──、    ~ニニ,,_`    |:::::::::::::::::::|
  `ヽ、i (、i´ノ     ´い,, ノ '    |;;;::::::::::::::/  何で、公務員を削減せいへんのん?
  .   i ^~~~ー==─ ー'-+、     /^゙-、;;;;/
     {     ヽゝ          '-'~ノ
    λ   ''゙゙''-''-─、       /-'^"
     ヽ,_    ^~^        (
     /`''丶、     , -    /^l
    /  /( ノ `'''''''´~ _, - ' ~ ゙i、
    { / /| ̄ ̄ ̄ ̄   _,-'^¨ }
    {/ /  ゙ー────'~   \|  
    /               ヽ  \


         ,、='' ̄::::::::::::::: ゙̄'''ヽ、
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::_,_、:::::::>‐-、::::::::::::::::::::::::::::: 
     /::::/~ヾ,}::::j|  。 }:::::::::::::::::::::::: 
    l::::/|_ ゚ ,.>ー、ゞー≠ ̄ヽ::::::::::::::
    |::/ ヾ≦ヘ,_ノヽ      \:::::
   |Y     l|         ヽ
   |ノ〆    l|       ー-  | あんなこといいな
  /| /      l|       ー-  |
   l / r   」{,        ヽ  |  できたらいいな
   l,  ヘ_ _,,>ー=、_   /       
    ∧   `Σ,,、-‐─゙ゝ=´    /   自民も民主党もバラマキ政策は 
     ヘ   ===一       ノ
      ∧                  そんなのばっかりなんだよ
       \≧≡=ニー   ノ 

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /民主 /
     /λ            \        /民主 /
   / / \            ヽ      /民主 /
  / /     \            |   /民主 /         /\
  / /        `ー 、       |   \民主 \        /民主 \
  | .|           ー―-、   |    \民主 \      / 民主 \
  |  |               |   |      \民主\ /粛清屑/\民主\
  |  |        l        \ |        \言論弾圧鬼/    \民主\
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \売国奴/       \民主,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /弱者排除\        \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//悪\    /詐欺/\民主 \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\民主\/詭弁 /    \民主\
  `-|      /  ┃       |   \民主暴力 /       \民主\
    |      | _,__i )     .|     \民主/        /民主/
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /民主/
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /民主/
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /民主/
_ ,――|  \       / /   \          \ /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \  
     |  /  入   /    /              \
今、日本の選挙で圧倒的に勝つ方法は、公務員を最初に血祭りにした党です。

セッセ
 .   ∧ ∧ っ セッセ               俺が働くことで
    ( ;・ω・)っ
  _と^:::y:::;〕フ□__     __ ガタン __ ゴトン
./|  /|_ /| ./|_ .///|__ ///|___
|二二|/   |二二|/   |二二|/   |二二|///
○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄◎/

     |           .( ( | |\
     | )           ) ) | | .|
     |________(__| .\|        俺の代わりにナマポと公務員が
    /―   ∧ ∧  ――-\≒         遊んで暮らす・・
  /      (    )       \
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
  |______________|


   ∧∧
  (  ・ω・)
  _| ⊃/(___
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄
                             なんてこった・・・
  <⌒/ヽ-、___
/<_/____/

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。