スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「石平氏」と「魯迅」  11月26日(金)


最近、元中国人の石平氏の文章をよく見かけます。現代中国の
政治・経済から中国人の性格,考え方まで教えていただき,日本人に
とってはまこと貴重な人です。

石平氏の日中関係観察記は面白くて,思わず「その通りだ!」と膝を
叩いてしまいます。

石平氏の日中関係のおもしろい文章を少し抜粋してみます。

「数千年の歴史を有する『品格ある大国』を代表していると自称する
中国は,日本国に対していつもわがままにして幼稚極まりない乱暴な
言動にでる。日本国首相との会談をドタキャンしたり、大臣を名指し
して『愚かで不道徳』だと罵倒するあたりは、もはや大人の節度の
かけらもない。中国人の私は汗顔するばかりである」と書いています。

石平氏は中国を「横暴なガキ大将」日本を意固地のない「いじめら
れっ子」であると言っています。

そして日本の政治家はガキ大将にいじめられないためにこの大将に
一途に恭順を尽くして媚をふるのが、最善策だと思い込んでいる
ようだ、だからガキ大将には飴玉を貢ぎ、その命令にはいつも服従
してる。

政治家はガキ大将の気に入らない靖国神社には絶対行かないし,大将
の嫌う「中国軍事力の脅威」などの言葉は絶対に口にしてはならない。

ガキ大将から「お前は昔俺の足を踏んだだろう,今でも痛いぞ」と
言われると,すぐその場で「ごめんなさい」と謝りながら土下座する。

国交回復以来30数年間の日中関係とは,結局このようなものだった
と石平氏は述べています。

意固地のない日本の政治家様たまには石平氏の本を読んでください。

100年前、石平氏と同じように自国人に絶望し嫌悪した中国人が
いました。有名な「魯迅」です。

魯迅は医学の勉強のために日本に留学します。しかし魯迅は途中から
中国人を救うのは医学による治療でなく,文学による精神の改造だと
考え,「阿Q正伝」や「狂人日記」などを書きます。

魯迅は日本に留学して日本語を覚え、思考から生活まで日本人に
成り切ってしまいました。彼は純日本式の生活を送り,和服で通し、
下駄をはいて歩き,中国産の食品など一度も買わなかったと言って
います。

そして日本の図書館に入って仰天します。そこには世界中の本や文献
が揃い、中国では見たこともない日本語で書かれた中国の文献が山の
ようにあった。彼は図書館で儒教や孔子,論語など初めて読んだと
言っています。

日本の中国専門学者たちは中国人は儒教や論語に囲まれて育ったと
勘違いをして『中国人は道徳的で大人の風格がある』と勝手に
イメージしてしまったのです。

ところが皮肉なことに知識人である魯迅でさえ中国で論語などを見た
ことがないと言っているのです。

最近中国は孔子の偉大さに目覚めて世界各地に孔子学園を立て,自分
たちは論語の教えで育ったかのごとく政治利用をしています。

日本の精神に染まった魯迅は,中国人の精神を改造しなければ,何を
しても無駄だ,近代化は不可能だと考え,「狂人日記」の一遍を書き
ます。

この狂人日記で魯迅は中国の文体を変え,日本語文脈の白話文学の
第一弾を書きます。これを境に中国語の日本化が決定的になった
のです。このことを中国人は絶対に言いませんが紛れもない事実です。

この狂人日記の中で「みんなに殴り殺された人の内臓をえぐり出して
油で炒めて食ったやつがいる。思い出しただけで、おれは頭のてっぺん
から足の先まで ゾッとなる。」

「4千年来,絶えず人間を食ってきたところ、そこにおれも,長年
暮らしてきたんだということが今日やっとわかった。4千年の食人の
歴史を持つ俺。いまわかった」

という恐ろしい文章が出てきます。つまり魯迅は「狂人日記」によって
中国人は食人の習慣のある,汚れた動物であり,人間の名に価しない
んだ、という救いのない事実を正面から見つめた画期的な小説です。

実際中国では飢饉のたびに共食いが起こりますし,人肉を愛好した
話は無数で,人肉は強壮剤として医書に堂々と記載されています。

魯迅はこのような中国人に希望を持つことが出来ず,「中国の未来に
砂漠が見える」と死ぬまで言っていたそうです。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

世界が注目する沖縄県知事選

読売新聞は今月21日に尖閣諸島周辺の接続水域をいったん
離れたヘリ搭載型の最新鋭漁業監視船「漁政310」と
「漁政201」が再び同海域に向かうと速報を報じました。

中国当局者は「今回の巡視行動では釣魚島(尖閣諸島の中国名)
周辺の全海域をカバーする」と語っており、今回は尖閣諸島
のみならず、沖縄諸島周辺海域への侵出が強く懸念されます。
☆゜・:.。. .。.:・゜

尖閣諸島への危機感を強くする石垣島で広く読まれている
『八重山日報』が昨日25日、1面トップ記事で、
金城タツロー候補の個人演説会、並びに街宣活動に関する
詳細な記事をカラー写真付きで1面の上半分を使って
報道しています。(以下、引用)

----引用開始-----

先島諸島への自衛隊配備を
“日米同盟の堅持"を訴える

県知事選に立候補した新人で幸福実現党の金城竜郎氏(46)の
個人演説会が24日夜、大川公民館で開かれた。

金城氏は日米同盟の堅持を訴え、
「沖縄県民とともに沖縄のリーダーが、
尖閣諸島を守ると訴えなければならない」と強調。

防衛力の強化も必要とし、「自分の国は自分で守るために、
先島諸島への自衛隊配備を国にお願いする」と
自衛隊配備に意欲を示した。(以下、省略)

----引用終了-----
☆゜・:.。. .。.:・゜

また、夕刊紙『日刊ゲンダイ』が26日付(昨日25日午後発行)が
「沖縄県知事のカギを握る『第3の男』」として、
金城タツロー氏の動向に注目した記事を報道しています。
(以下、引用)

----引用開始-----

沖縄県知事のカギを握る「第3の男」

28日投開票の沖縄県知事選の行方が混沌としてきた。

表向きは県外移設派同士の争いに映る。
これに危機感を募らせているのが米国だ。

ワシントン・ポスト(電子版)は20日、選挙結果は日米同盟を
ゆがめる恐れがあるとの見方を示した。

残り1週間を切った選挙戦。
激戦が続くが、ここへきて意外な見方が浮上している。

第3の男・金城の得票数が、
有力2候補の勝敗の帰趨を決めかねないというのである。

「幸福実現党の金城は昨年の総選挙、
この夏の参院選に続く出馬です。

今回は、日米合意に基づく辺野古移転による早期の危険性除去や、
尖閣諸島をはじめとする先島への自衛隊配備などを訴えています。

参院選の得票は1万票。知事選の投票率が上がれば、
保守票や無党派層からも票が流れるかもしれない。
2万票を上回るといった見方も出ている。

今回、大接戦になると、最終的に金城氏の得票が
選挙結果のカギを握るかもしれないのです」(政界関係者)

そんなところに起きた北朝鮮の砲撃。
これがどういう影響を与えるか。

最後の最後まで何が起きるか分からない選挙である。

----引用終了-----☆゜・:.。. .。.:・゜

沖縄全土、そして全国からの「沖縄決戦」への
本当に力強いご支援、心より感謝申し上げます。

先日のインド紙に続き、昨日はイランのテレビ局が
金城タツロー候補の宜野湾市での個人演説会を取材するなど、
全国全世界から金城氏の選挙活動、そして

沖縄県知事選の行方が注目されています!

「沖縄決戦」も残すとろころ、いよいよ本日を含め、
後2日となりました!

沖縄の未来、日本と人類の未来を懸けて、最後の最後まで
「沖縄決戦」を戦い抜いて参りましょう!!

◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp

人が人をって…

いつも更新楽しみにしています。
北朝鮮が韓国を攻撃したニュースに注目が集まる中、日本にとっての一番の癌、中国の話題を力強く綴って下さる主様が頼もしいです。
コラァ中国を読ませて頂いて、中国人が人を食うと言うことを知り、例えようのない気持ち悪さに襲われましたが、貧しい昔の中国の事だと気持ちを整理したのです…が!!
昨日ある方のブログで中国には「胎児スープ」なるものがあることを知り、その衝撃的な画像を見てしまいました。
その名の通り、中絶した胎児をスープにして食してしまうという、信じがたい料理でした。
まな板に横たわる、小さいがもう顔や手足ができている赤ちゃん。
まだ小さい子供がいるわたしにとって、具合が悪くなるほど心を痛めました。
一人っ子政策やチベット人の血筋を絶つために堕胎を強制する中国共産党、
生まれる事の出来なかったかわいそうな赤ちゃんを食材に利用するなどという愚かな中国人、
絶対に許せません!!
言い切れます。中国人は人間ではありません。

「胎児スープ」で検索して下さい。

嘘つき、唾吐き、捏造、基地外、この世のありとあらゆる「悪」を
具象化した奴ら・・・シナ・・・お前らの国の中で勝手に生きていろ。

そうなんですよね。

金融とか経済なんてぇ単語も日本人の発明なんですが、いつのまにか中国にパクられてるわけで。

まぁ、ここまで芯からアホウになった日本国民が、ある日突然目覚めるなんちゅうことはまずないでしょう。

今や、”ボケ狂人=日本の未来に砂漠が見える、いや既に砂漠”の方が正解でして。

誰か、この狂人日本の精神構造を改革してくれる逆魯迅はいないものでしょうかねぇ~。

自民党政権時代はどうだったんですか?
自民党の中にも、国会で冷静に知的に質問する人はいます。たとえば、林 芳正 参議院議員や、石破 茂衆議院議員など。



丸川珠代と山本一太、西田昌司などは、騒ぐばかりで、とても偉そうで、聞くに堪えないタカビーな質問をします。

知的な感じが、全くしないんですよねえ…





菅内閣の危機管理がなってない、と、丸川氏も山本氏も、国会で偉そうにわめいていらっしゃるのですが…

もし、菅総理大臣に情報が速くあがらなかったとすれば、それってむかしむかしからの伝統なんじゃありませんかね。

総理大臣に情報が上がるのがテレビより遅い、っていったって、内閣にあがってくる情報がテレビ並みの情報なら、それはそれで問題で、正確な情報でなければならないでしょう。



愛媛県の水産高校の練習船が、ハワイ沖で米軍の潜水艦に衝突されて沈没したとき。

阪神淡路大震災のとき。

ほかにもあったでしょう、いろいろと。

そのたびに、攻守を変えて批判しているけど…



大事なのは、内閣に正確な情報が迅速に上がるシステムをきちんと作ること。

日本は自ら情報を収集する能力をつけること。



だから、

国会では、「菅内閣は今後、どのように情報の迅速な伝達システムを作るつもりか」という質問をすべきで、
やいやいやいやい自民党が言うのは、自分たちがサボっていたことを言っているようなものです。



なんのための国会なのか…

壮大な税金の無駄をやっとるなあ、というのが正直な感想で、いくら菅内閣がだらしないといったって、自民党がそれを責める資格はないんじゃないでしょうか。

>自民党の中にも、国会で冷静に知的に質問する人はいます。たとえば、林 芳正 参議院議員や、石破 茂衆議院議員など。

この御仁は冷静に知的に質問する人が好きなようですな。
どこか「知的」なのか指摘してみてくださいませ。

>何のための国会なのか

とずいぶん上段に振り上げて

>壮大な税金の無駄をやっとるなあ、というのが正直な感想で、いくら菅内閣がだらしないといったって、自民党がそれを責める資格はないんじゃないでしょうか。

民主党は駄目だけど自民党もだめとい言いたいがためが見え見えの、いつものパターンの最後っぺ、ですな。

「騒ぐばかりで」とか、「やいやいやいやい」とか、話の内容を述べたらいかがでしょうかね。 しかし、内容を書いてしまうと騒いでいないことがばれてしまうのでできないのでしょうが。
せっかく例をあげたはいいが、全く的外れであることにも気づいていない。
もっとも、最後っぺの文句を吐くのを最初から予定していたのでしょうから無理もありませんが。






丸山さんも山本さんも

私は良いと思いますよ。

少なくとも「怒ってるゾ!」ということがわかりやすい。最近、怒らなすぎですからね、日本人は。

答弁の論理矛盾にも正確に反応して「誤魔化しても逃がさないぞ」という姿勢が見れます。審議をストップして、政府の論理矛盾を強調し、それをテレビ中継させて国民に見せる。いいじゃないですか、わかりやすくて。
議論がムニャムニャになったときに、私としては一番気分が悪いので、それが少ない質問者に好意を持ちます。

わかりやすい、ということはとても重要なことです。
民主党に投票した「眠たい日本国民」に対しても。
特ア包囲網で連携すべき外国人に対しても。

当然、彼らにも内外に対するアピールを計算してパホーマンスを演じている部分があるでしょう。私はそれを是とします。そのパホーマンスこそ、シナにも朝鮮にも通じる言語だからです。

日本の黎明期に存亡を賭けて世界とコミュニケーションした日本人の感性が、少しずつ蘇ってきているようで、ちょっと嬉しい気持ちになるのです。

「世紀中国」論文、支那人学者王彬彬の言。 ---支那人の脳内使用言語の70%が日本人が与えてくれた漢字だ。これ無しでは人食・蛮族の仮面が露呈すると----(日本人が支那に与えた漢字例)歴史・民族・国家・宗教・信用・自然・(中略)目的・宗旨・代表・代価・ (中略)国際・排外・基準・場合・伝統・継承・基地・元素・要素・学校・ 学生・警察・(中略)写真・法人・保険・常識・強制・経済・同化・(中略出版・支配・公敵・哲学・理想・作用・新聞・図書館・記者・社会・主義・ 野蛮・発起・革命・思想・運動・計画・金融・交通・現実・会話・反対・ 原則・人道・演説・文明・広場・人民・意識・工業・論文・(中略) 進歩・義務-------。痛快、愉快とはこれを言う。

日本国憲法が日本を滅ぼす

日本は支那に弱いだけでなく、
アメリカにも、ロシアにも歯向かうことができません。
さらに恥ずかしいことには、朝鮮に対しても毅然とした態度がとれません。
それもこれも、全て憲法の軛があるせいです。
自分の安全は自分で守る、この当たり前のことができない憲法は
一日も早く無効にしましょう。

シナのテレビドラマ

シナでテレビをみていると、ものすごく目が疲れます。
まず画像が汚い。大陸製作のものは、あらゆる面で見るに耐えないのですが、外国製作のものでも画像が極端に荒れてます。

海賊版DVDなんか、極端なのは、画像の右から左へ人の影が移動していくヤツがあります。映画館で隠し撮りしたテープをマザーにしてるのですね。NHKの大河ドラマなんかも家庭用ビデオから起こしたものなので、惨憺たる映像美(笑)です。

で、シナ人に「画像が悪いからテレビは見たくない」と言っても意味がわからないのですね。そういうのしか見たことが無いから。

あと、シナ大陸で製作されたテレビドラマは、ほとんどビデオで撮影されてます。専門外でよくわからないのですが、日本のドラマは、デジタル化されているにせよフィルム形式で撮影されていますよね。

ビデオで撮影すると、フォーカスが画面全域になるために画像が平べったくなります。奥行きが表現できない。同じフレーム内で、手前の人から奥の人へフォーカスを移動することによって心理描写をする、というようなことが不可能になるわけです。

結局、家庭用ビデオで家族の運動会を撮る延長線上で番組を作っているということになります。
しかも、カメラの台数が極端に少ない。
画面切り替えが笑っちゃうほど単調です。

日本のドラマは少なくとも3-4台、多ければ8台ものカメラを使って、各登場人物のアップ、ツーショット、全景などを撮り続け、その中で役者がリアルに演技をし、あとで編集するので、リアリティーがでるし、画面切り替えも豊富です。

しかし、シナのドラマはカメラの台数がすくないのか、台詞をしゃべっている役者の上半身を写し、次に喋る役者の上半身を同じように写す、というような退屈な画面が延々続きます。
相手の話を聞いているほうの表情のカットが入ることは少ないです。
もしかしたら、一台のカメラで順番にカメラの前に立たせているだけではないかと(笑)。
(お前らはインディーズか?)

チャンネルが無駄に多くなって、視聴率が下がり、制作費をかけられない、という事情があるのでしょうか。とにかく言語道断にチープです。
おそらく、画面に写りこむ部分以外はセットも作り込んではいないでしょう。

管理人さんが仰るように、神も仏も大自然に対する畏敬の念も捨てた唯物論によって人治国家を作ってしまったシナ人の空虚さがこういう部分にも現れているのだと思います。

中国人に宗教を

中国人に道徳を教えるしかない。そうしないと世界平和はない。
儒仏キリスト、なんでもよいから彼らに宗教を伝えよう。

馬の耳に念仏

>凡人 さんへ!
世の中には【ダメな物はダメ】なのです。
イタリアのシェナの地方に【サン・フランチェスカ】教会があり、聖人(サン)フランチェスコが【鳥に説教をする絵画】が有名ですが、
馬の耳に念仏、、かと。
>15:04 さんへ!
自民党の事よりも、政権を取った今現在の【民主党】が何もしえ無い事を、あまり触れていない!
過去の自民党がと、グダグダ昔のことよりも、現在はどうだった?
将来はこれで良いのかが何も述べていなく、責任を自民党にかぶせている。
卑怯ダ。

支那の版図は清(満州族)の版図と同じでない。

支那の版図は、北は長城を超えず、西はチベット山塊に上らず、南は越を超えず、東は東海を渡らず。

怖い適者生存

中国に関係するビジネスマンが読むべき本は、黄文雄氏、石平氏の本等と思いますが、戦前の情報としてラルフ・タウンゼントとフレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズの本もお薦めです。

そして合わせて『コラァ中国いい加減にしろ』を読むと、現在も過去も何も変わっていない、否もっと進化したかも知れない凶暴な中国の姿が見えてきます。

中国の4000年の歴史。品種改良をするには十分すぎる時間です。優しくて正直な人は獲って食われてしまったでしょうから、生存競争で生き残った人はすごい人達です。

とても日本人と共存出来ません。西洋タンポポと日本タンポポどころの話ではありません。中国がまともの国になった後、4000年たってから付き合いましょう。

現シナ国は三国志の時代の頃から精神面ではあまり違いがないのではないか。権力者が威張りかえって、人民を奴隷扱いする有様は4000年昔の覇権者とあまり変わりない。そんなシナ国と友好だなんてありえない。友好はつまりシナ政府に膝まつき使えることでしかない。
中国で工場をつくり操業している日本企業は果たしていつまで、無事でいられるだろうか。日本の工場にはシナ人の労働者が働いているわけで、その中には政府の意図を受けた工作人もかなり潜入しているはず。労働者をいつでも扇動してストライキを起こすことも簡単。ストライキよりもたちの悪いのは、工作人が労働者にサボタージュさせ、労働者を働けるようにして信用させる。日本人経営陣に取り入り、幹部にシナ人を採用させ、初めは信用させておいて、やがて時期が来れば、工場の重要部分の占拠もやらかし、技術をのっとる。日本人経営者が不要になった時点で工場施設そっくり横取りしてしまい。理由つけて日本人を追い出してしまう。共産党国家では個人の不動産は認めていないし、又必要とあればたの施設財産もいつでも勝手に規則作って不要な人間を追っ払うのが彼らの得意なところである。いずれ日本企業が憂き目に会う時期は必ずやってくる。それが中国政府の日中友好条約の目的ではなかろうか。そう見るのは誤りと言えるか。どうだろう。
つまり濡れ手に泡で日本企業の施設や技術を取り上げる時期を狙っている。そんなことやりかねないのが中国政府である。日中友好は眉唾ものである。騙されてはいけない。また現時点で日本企業が中国に進出して操業しているが、それで日本国にとって本当にプラスになっているのだろうか。その点大変疑問に思う。

私も「危険」さんと「リッキー」さんと同じような印象を受けています。

別に自民党が良いとは云わないけど、創生「日本」に所属している自民党議員は、正論を云っていると思います。西田昌司議員のヤジは強烈だけど、管直人、仙石由人なんかの答弁を聞いていると、普通の日本の国民は、カリカリ頭に来ますです。

民主党で日本を救国できるなんて考えるやつの気が知れないです。早急に衆議院解散総選挙が必要です。

魯迅のことは継ぎはぎで読んでますが、シナ人の本質を知ったシナ人自体がビックリ仰天。天安門事件で逃げてきた石平さんも同じ心境なんでしょう。少なくとも、日本にいるエセ帰化人や在日韓国・朝鮮人より、よほど日本への忠誠心、感謝、愛国心がある。

平沼赳夫通信からの内容を読むと

日本が置かれている現実と、共産シナ人、朝鮮人の実態がわかります。平和ボケでまだくだらないことを云っているのは、社民党、福島瑞穂他、民主党の大臣とその面々ですね。

■国難 今こそ歴史の教訓を活かせ「昭和2年 南京事件から支那事変への道」

中国が台湾を「中国の一部」と主張し様々な圧力をかけていること、中国漁船の尖閣諸島事件、それに続く中国の高圧的で理不尽な日本への恫喝、露西亜大統領の前代未聞の北方領土訪問と領土返還を反故にするかかの如き横暴な姿勢、そして今回の北朝鮮の韓国領への攻撃・・・。

非民主国家・核兵器保有国の三国が、西と北から南下して日本・韓国・台湾を飲み込もうとしているかのようです。
韓国と台湾が、日米と同じ民主主義国家であり続けることが、日本の自由と平和を守る生命線なのです。

これではまるで日清・日露の両役直前の極東情勢と全く同じ構図です。
一気に100年ほども歴史が撒き戻されたかのようです。

昭和2年(1927)3月24日、米英両軍が南京城内を砲撃する「南京事件」が起こりました。

この前年、国民革命軍総司令の蒋介石は、軍閥を倒し中国統一するため「北伐」を開始、北伐軍は武漢を占領した後、1927年3月24日、国民革命軍第6軍と第2軍が南京を占領し、軍人や民衆の一部が外国の領事館や居留地などを襲撃して暴行、掠奪、強姦など破壊の限りを尽しました。これが歴史上実際に起こった「南京事件」です。

ラルフ・タウンゼント著『暗黒大陸中国の真実』(1933年)によると

『(前略) この残虐行為は、上官の承認の下、制服着用の兵士によって行われた。南京在住の我々アメリカ人全員がこの目で見たのであるから断言できる。

彼らは、外国人の私邸、領事館、学校、病院、会社の事務所を略奪しただけではない。家にも学校にも火を放った。外国人と見ると老若男女構わず撃った。誤射ではない。殺意を持って撃った。
(中略)
北伐軍の兵士や中国人の友達の証言によれば、南京入城に際して命令ではないにしろ、「略奪、外国人殺害許可証」の類を持って南京に入城したようである。

外国人の家に押し入る。金庫を開けさせる。着ているものまで剥ぎ取る。女は犯す。
(中略)
ところが、この虐殺がピタリと止んだ。英米の軍艦の艦砲射撃が始まったからである。

とたんにあちこちでラッパの合図があり、組織的破壊行為が止んだ。
これで兵士の暴虐、破壊活動は上が命令した組織的行動だったことが証明された。(後略) 』

米英仏伊日などの列強は権益を守るため、南京の長江に軍艦を停泊させていました。米英両軍は、南京事件鎮圧のため南京市内に艦砲射撃を加え、中国側に多数の死傷者が出ました。米英などは事件後、中国に対し損害賠償などを要求しました。

南京を占領した国民党軍が外国人や宣教師を襲撃した背後には共産党の扇動があったとされています。

しかし、日本政府の幣原喜重郎外務大臣は、蒋介石軍が力を失うと中国が分裂状態になり、交渉相手がいなくなると考えていました。

英米などから共同して軍事作戦を行おうとの要請を拒否し、中国に配慮した宥和的な態度を示し続けたのです。

南京に停泊していた英米の軍艦が外国人を保護するため、砲撃を開始したとき、日本の二隻の駆逐艦は何の動きもみせませんでした。

日本領事館が他国領事館と同じ様に略奪され、女性も含む日本人が暴虐にさらされていたにもかかわらず、助けを求めるその目の前で碇を上げて南京を離れたのです。

政府の「友愛」にみちた相手の善意に期待する懐柔政策がそうさせたのです。

これ以降、中国軍や中国人に大砲を打ち込んだ英米人に対する暴虐は静まり、ただの一発も砲撃しなかった「弱腰の」日本人居留民・日本軍に対しては更に各地で襲撃が繰り返されることになったのです。

この日本政府の自国民を見捨ててまでの「親中」「友愛」政策にもかかわらず蒋介石は、日本との通商条約を一方的に破棄する旨を通告し、抗日反日の立場をとり続けます。

その後、日本がシナ事変という泥沼に突入する原因がここにあります。

ラルフ・タウンゼント著『暗黒大陸中国の真実』(1933年)には、米国人の悲痛な実感として次のように綴られています

『(前略)つまり、今までの対中国政策は失敗だったと素直に認める以外ないのである。

金を貸せば、返してもらえないばかりか悪用される。学校や病院を建てたら、火をつけられる。

宣教師は宣教師で、いくら中国人の中に飛び込んで命がけで働いても、教え子に拷問され虐殺されている。

ただ外交援助するばかりで、何の罰則もなく甘い顔ばかりしてきたから、かえって暴虐の限りを尽くしてきたのである。

アメリカ人の究極の希望は世界平和である。そこで極東にも平和を願うなら、アメリカはどういう姿勢を採るべきか。

「君子危うきに近寄らず」。
きれいさっぱり足を洗った方がよい。思いやりも必要だが、それと同時に毅然とした態度で主張すべき権利は堂々と主張すべきである、というのが大人の考えである。(後略) 』

アメリカは学びました。
しかし日本は、過去にも目の前の現実からも未だに何一つ学ぼうとせず、能天気な平和主義や友愛精神に依存し、現実を顧みようとはしません。

無責任な「友愛」は、国益・領土・国民の平和と安全を損ねるだけです。

いまこそ不幸な歴史から教訓を得て、日本の「主権」「領土」「国民」を守るため、理不尽な暴力には屈しないために、必要な国防力を整備し、憲法改正を含めて有事に即応できる体制を確立し、後顧の憂いをなくさなければなりません。それが私たちの義務であり責任なのです。

日本と日本人の確かな未来を守るために。
我々の無策のツケを子供たちに回さないために。

◆◇◆ ◆◇◆

※引用

【日本全土を射程 北朝鮮がムスダン発射準備 】
(2010.11.25 01:33 産経新聞)

北朝鮮が中距離弾道ミサイル「ムスダン」(射程約3千キロ)の発射実験を数カ月以内に実施しようと準備を進めていることが24日分かった。

朝鮮半島情勢に詳しい情報筋が明らかにした。

北朝鮮は10月の軍事パレードで、ムスダンとみられる新型ミサイルを登場させたが、これまで発射実験は行っていない。

実験によって実戦可能であることを“宣言”するとみられる。

北朝鮮軍による韓国国内への砲撃で、朝鮮半島情勢が緊迫化しているなかでの弾道ミサイル発射準備は、北朝鮮のさらなる挑発行為といえる。

 ムスダンは在日米軍基地が集中する沖縄まで射程圏に収める。北朝鮮で核弾頭を搭載するミサイルはムスダンが最初になるともみられている。

北朝鮮はこのほど米専門家に寧辺(ニョンビョン)の新たなウラン濃縮施設をみせており、ムスダンの発射実験はウラン濃縮とも密接に関係しているといえそうだ。

 同筋によると、発射は北朝鮮との間でミサイル開発で協力関係にあるといわれるイランとの間の共同作業で進められ、実験結果に関する情報などは両国で共有するという。

 さらに、同筋は「イランからの代表団が10月10日の軍事パレードに招待され、VIP席で観覧していた」と語った。代表団はイランのミサイル開発に携わるSHIG社の幹部らで構成されていたという。

SHIGは北朝鮮とのミサイル協力にも深く関わってきたとされ、米国などは大量破壊兵器拡散に関与していると制裁措置を講じてきた。

 ラヂオプレス(RP)によると、10月のパレードで、ムスダンとみられるミサイルは、大型のミサイル発射台付きの車両に搭載され、8基が確認された。

 米海軍の弾道ミサイル発射監視艦「オブザべーション・アイランド」は23日に米海軍佐世保基地に寄港した。ミサイル発射に備えた動きの一環とみられる。

※引用終わり

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
衆議院議員
平沼 赳夫 事務所
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
平沼赳夫HP
http://www.hiranuma.org/
平沼赳夫HP e-mail
info@hiranuma.org
たちあがれ日本URL 
http://www.tachiagare.jp/
たちあがれ日本e-mail
info@tachiagare.jp
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

>(魯迅は)日本の図書館に入って仰天します。そこには世界中の本や文献が揃い、中国では見たこともない日本語で書かれた中国の文献が山のようにあった。彼は図書館で儒教や孔子,論語など初めて読んだと言っています。



昔、中国人に儒教の経典について尋ねた所、「えっ???」という反応を返されてしまいました。

恐らく、現在の中国人は本当の儒教を知らないのでしょう。
ですから、道徳などという観念も持ち合わせていないはずです。

儒教のみならず、殺戮と欺瞞に満ちた彼ら自身の本当の歴史も・・・・

そういう中で、石平氏のような方は何を考えながら暮らしていたのでしょうね。

どうしようもない国=シナ


>日本を意固地のない「いじめられっ子」であると言っています<

すみません、あげ足取りではないのですが…、、
意固地ではなく、【意気地のない日本人】ではないでしょうか?

>「中国の未来に、砂漠が見える」と死ぬまで言っていたそうです。<

本当にそうなっていますね。
シナは、毎年毎年ドンドン“砂漠化”して行っているらしいですね。
人口は、日本の10倍以上もあるのに、水は“日本の1/4”しかないなんて…




メール街宣

スイスで28日、外国人犯罪者から滞在権を剥奪する憲法改正案が、国民投票にかけられる。殺人、強盗、麻薬、密売などの重犯罪のほか、失業保険や生活保護などの不正受給も対象となる。外国人犯罪者の再犯防止のためである。対象者は、刑に服した後、母国に送還されます。

日本にいる在日は、犯罪、不正を犯しても、母国に送還されない。これを誰も追及しない。おそらく日本の法律を遵守すれば、母国へ送還できるはずであり、ただちに執行してもらいたい。

戦後、商用等で正式理由で日本に来た朝鮮人は、250人程度。これは国の記録に残されている。その後、数十万人が日本に不法密入国している。主な理由は、朝鮮戦争で徴兵を逃れるため、豊かな暮らしを求めて、日本に逃れてきた。盧泰愚大統領は、この同胞を「卑怯者」と呼んでいる。

その卑怯者は、朝鮮にも日本にも属さない「三国人」と呼ばれるようになり、駅前の一等地を、強制的にぶんどり、ロープを張り、自分の物にしていった。当時、日本には戦争により若い男性がおらず、未亡人が家を守っていたので、簡単にぶんどれたそうである。この土地をパチンコ屋にしたのである。

「三国人」は、「日本人でないので日本の法律を守る義務がない」という勝手な解釈をし、闇米で大もうけし、大暴れした。特に阪神間の暴動はひどく、当時のGHQが戒厳令を発令し鎮圧した。私は、日本に戒厳令が発令された事実を最近まで知らなかった。日教組もこの事実を公表したくなかったであろう。(おい輿石、聞いとるか)

日本が、朝鮮に国立大学を作っていた事実を最近知った。朝鮮人でも、日本人でも入学できる。学生のほとんどが朝鮮人で、卒業すれば士官になり、その下に多くの日本人が従った。当時は、平等だったのである。

福岡のある炭鉱会社では、若い朝鮮人労働者が多く、年老いた日本人は、会社に「朝鮮人からの要求、要望が多く対処できないから何とかしてください」と、トップに泣きついている。おそらく会社の記録にも残っている。当時は、平等だったのである。

従軍慰安婦は、「売春婦」です。今のお金に換算して「300万円/月 = 年収3600万円」も稼いでいたそうです。こんな大うそを、堂々と教科書に載せるとは一体どういう国だ。(聞いとるか輿石)

朝鮮高校の無償化なんて大反対です。パチンコマネーや、芸能マネーを渡せばいいんじゃないですか。朝鮮では反日教育をやっているのに、テレビをつければ、ヨン様、ジャニーズ、演歌歌手で喜んでいる。このギャップは一体何なんだ。橋下知事、がんばってください。

帰化条件が甘すぎる。ユルユルズボズボ。母国と戦争できる誓いが必要である。世界の常識は、中国人、朝鮮人にビザを求めている。買い物マネーで得るものより、失うものがどれだけ大きいか考えてほしい。

日本の若い人にもっと政治に興味を持ってもらいたい。平和ボケと政治ボケ。次代を担うリーダーが出てきてほしい。

シュプレヒコール!! 帰化人集団の民主党を日本からたたきだせ!! 工作員国会議員を日本からたたきだせ!!

【速報】菅内閣、国内の朝鮮学校の授業料無償化の申請を受理

取り急ぎお知らせいたします。

【速報】菅内閣、国内の朝鮮学校の授業料無償化の申請を受理

ttp://white0wine.blog10.fc2.com/blog-entry-2094.html

シナ人が人間ではない証明

共食いに嫌悪感を抱くのは生物のなかでは人間だけ、という話があります。高い知能を持つ猿やクジラも生死は関係なく、同族の肉を食う習性があります。
これは人間が持つ理性、罪悪感、体面など「社会生活」を営む上で必要な要素が、共食いという行為を動物的な野蛮な行為とみなし、排除しようとするからだそうです。獣と同じことをしてしまえば人間ではなくなる、ということでしょう。

そういった意味でも、人肉食いをいち個人の変質的な快楽どころか伝統と文化にまで昇華させているシナ人はやはり「ヒトモドキ」の名がふさわしいと思われます。
わたしたちの隣にいるシナ人も、その作り笑いの一枚下は人食いの畜生なのですから。

速報

仙谷由人官房長官のも問責決議、参議院で可決。

やっと政界が変化し始めるか!

日曜日から‥


韓国と米国が黄海海上で合同軍事演習

北朝鮮や中国は猛反発!

中国の外相はクリントン長官 韓国の外相などと電話で緊急会談(会話か?)


 ( ´,_ゝ`)プッ

脱税王が早速韓国で勝手に日本国民代表として北朝鮮を批判してるので・・・
http://tokumei10.blogspot.com/2010/11/blog-post_2131.html

近くの町で車椅子の男性が中国人に殺されました。
心臓を抜き取られてました。
ひょっとして食べるつもりだったのか?
そんなことを想像しました。

日本人気質について

 愛は地球を救うと云うが、殊、シナ人と朝鮮人に関して言えば、愛は悪を増長させるとしか言いようが無い、情けを掛ければその情けを、救いの手を差し伸べればその救いの手を、散々利用した挙句に、してもらった事とは真逆の捏造事を云い立て、誹謗中傷、そしてあろう事か、謝罪と賠償を要求するのが、彼ら一流のパターンである。

 その驚くべき流儀で、此の20年位日本人は己の甘さを思い知らされて来た、と思いきや、戦前も同じ事を遣って来たワケで、先人と同じ轍を踏んでいると感じる。

 これは偏に、歴史をちゃんと伝えてこなかったのが原因だと断言できます、その背景には、勿論、米国の戦前日本=悪党国家と云うプロパガンダもあったでしょうが、何より、度を越した事実の表現を避ける=伝えないという、日本人の美意識がそうさせたのではなかろうか。

 例えば。シナの食人の風習について描かれていると、削除と云う言葉しか思い浮かばないのが日本人でしょう、況してや、其れが子供達の教育に遣う教科書だったとしたら、教科書ライターが端から書かないのではなかろうか、胎児スープ等以ての外だろう。

 この結果、日本人は「書かれて居ない事や知らされていない事は、日本と同じ」と勘違いし、その事実に行き当り自身で確認する迄、気が着けない迂闊さを持つにいたる、歴史上殊に外地で起こった事件の殆どが、此の迂闊さの由縁である事が多い。

 「まさか、幾らなんでも・・」と云う感覚である。

 その状態からの覚醒の第一歩とは、日本社会の連綿たる歴史上、庶民が如何に秩序を維持しようと血涙を振り絞って来たかと云う事を学ぶことである、と私は思います。

 日本人は、「他人からドゥ思われているか?」を気にする国民だと言われます、読み手も外国と比べるのが好きだし、書き手も説得力を持たせる上で効果的なので、他所との比較が善くなされて居ます。 その際、殆どの記述が、外国の優れた処を取り上げる一方で、此処が日本はダメだ、と云う論調で描かれて居ます。

 是も日本人の向上心を喚起する意味で書かれている裡は宜しいのですが、事実に反する様な外国の称揚や一面的な記述に偏している場合、日本の不備を表現するに日本への侮蔑に迄筆が及びますと、一体何の為に紹介して居るのか判らなくなっているモノが多数あります。

 サヨク人士が好んで行う北欧社会との比較等がその典型です、彼らがその高福祉を言い立てる一方、収入の大半を税金や年金積立金として徴収されて終い、結果、経済が活力を喪っている反面の事実は紹介して居ないのが常でしょう。

 日本人が国内に留まり、自文化の中で生活するのを潔しとするのなら、今のままでも構わないでしょうが、海外に、世界に足をのばし、手を広げて行こうと望むのなら、先ずは自文化を正しく評価し、相手の国の歴史の真実を知ってこそ、初めて外国で我が身を護る常識を身につける土台が出来ると思うのですが、此のブログには、海外から帰還された方、海外に滞在されて居られる方が多く集われていると配しますが、如何でしょうか、ご意見をお聞かせ下さい。

宗教というだけで幸福の科学や幸福実現党を拒む方も多いでしょう。これまでの常識や価値観を超えた言動によって、カルトだという論調に組する方も多いでしょう。盲目的に信じろとはいいません。しかし、機会があったら何が述べられているかを、虚心坦懐に覗いてみてください。ネット上に氾濫しています。
その立場でみても、このブログに書かれていることの多くは、極めて納得できます。石平氏の主張や魯迅の話もその通りだと思います。思想的に言えば、つまり、左翼的で唯物論的な考え方では、人間の幸せはないという考えです。今現在、政治的な支持者が広まらないのは、右翼が広まらないのと共通した状況があるからです。
与野党問わず、秘かに幸福の科学の考え方や未来予測を学んでいる政治家も多いのですが、支持者と名乗れないのは、あまりにも真っ当でごまかしが利かないからです。書かれていることに嘘がないので、このブログを見ている会員も多いのではないかと思います。

魯迅が今いたら

魯迅は晩年、中国の現状に辟易していましたが、それでもまだ、一つの希望を持っていたようです。何への希望か?中国共産党でした。清朝は言うまでも無く、そのあとの中華民国もおよそ近代国家には程遠く、それに代わり中国を近代化し、発展させうる勢力と見ていたのでしょう。その魯迅がその後の中国を見たら、何と思ったでしょう?大躍進や文化大革命を見て何と思ったでしょう?80年代からの経済発展で少しは見直したかもしれませんが、やがて倫理抜きの「拝金教」が蔓延り、物だけを通じて心の支配を進める、奇妙な「中国式唯物論」が万能になった現状を、嘆くことは間違いないでしょう。中国人が今さらあわてて魯迅や孔子を学んだとしても、自国の歴史を正しく評価して教えられるとは思えず、社会が簡単に変わるものではないでしょう。しかしそんな社会でも、中国人からも面白いことを聞くことがあります。ご存じの中国国歌「義勇軍行進曲」ですが、これが政府の方針ないしは政策により、何回か歌詞を変更されているのだそうで(中国語に疎い私には判りませんが)、「その場しのぎで政府が適当なことばかりやっているんだ」と、通訳氏がぼやいていたのを思い出します。

補給の途絶した戦場
食料となるもののない孤島への漂着
こういった状況における食人については、
支那に限らず、我が国でもあったといわれています。
ただし、あくまでも生死に係る極限状態下での
出来事で、公にすることが憚られるタブーであるという
認識は、日本人であるなら持っています。

一方、支那人においては、貴人を接待するため
妻を殺してその肉を供した、とか・・・・
人肉は滋養に良いとか・・・・
全く理解不能です。

ある小説家が、支那関係の小説を執筆中に
こういった支那人の風習を省こうか、そのまま書こうか
それともある程度の注釈をつけてオブラートにくるもうか
とか、どうたらこうたら悩んだ、という話があったらしいですが
どうして、こんな配慮をするのか全く理解不能です。
ブログ主さんがいつも言われているように、
中国に根拠のない憧憬を持っているのでしょう。

こういった現在のある一定数存在する馬鹿な日本人に比べて
もやは、学ぶべき対象では無いと遣唐使を見切ったり
江戸から西に向かって、これで支那に近づけた
と喜んだ馬鹿な儒学者を相手にしなかったり
昔の日本人は何と賢かったことか、と思います。

フィリピン図々しいぞ

フィリピン政府が在韓フィリピン人5万人の一時受け入れを日本に打診しているようですが、一時ではなく居座られる可能性が有り、この不景気に日本人の血税で他国人を養うなど到底受け入れられません。治安悪化も懸念されます。フィリピン政府は自国民は自国で何とかしろ。日本に押し付けるな。

フィリッピン人といえば、私の息子のクラスにもいます。

①息子が、そのフィリピン人を含め、数人で遊ぼうとして友達の家に集結
②呼んでもいないのに、5歳以上も年上の フィリッピン人の姉が登場
③息子たち、お呼びでないからと、 その姉に帰ってもらおうとする。
④その姉逆上、終結していた友達の家を、ぼこぼことたたいて大暴れ
⑤その家の親が激怒、どっちらけで解散

てなことがあったらしいです。
どうも日本人には、理解不能なことが2、3ありますが w

ただ、笑い事でなく、息子から「どうしたらいい?」
と聞かれたときは、どう答えていいか悩みました。

「先生は、みんな仲良く、というだろうけど、
 そういう場合ばかりでは無い。 
 ルールを守らない相手に対しては、 真面目に相手をする必要は無い。」

と教えておきましたが・・・

たてつづけでのコメントすみません。
フィリッピンと聞いて反応してしまいました。

【胡錦濤主席の仰天発言!?】

記事元は、
http://www.funaiyukio.com/funa_ima/

【胡錦濤主席の仰天発言!?】
「日本を植民地にする!」

 中国の最高権力者、胡錦濤国家主席は11月1日、訪仏を前に仏紙「フィガロ」のインタビューに応じ、「中国は拡張を追求しない」と覇権主義をきっぱり否定した。
 だが、中国から亡命した反体制派作家で『暴かれた中国の極秘戦略』(まどか出版)を最近上梓した袁 紅冰氏は、「胡錦濤氏は、日本を含むかつての列強を、中国の植民地にするつもりです」と断言する。

非公開のその演説の一部が、著書に紹介されている。
《歴史上、西洋列強は砲艦とアヘンをもって中国を植民地にした。現在歴史は逆転し、我々は資本主義の危機という有利な歴史的機会を捉えて、効果的な措置をとり、次第にかつての列強を社会主義中国の経済的・文化的な植民地に変えていくのである》

ヒトモドキのおべっかに賛同する気はありません

もっとも、この石平という帰化シナチクも安全な日本国内で上辺だけのシナ批判をしている自己満足ヤローに過ぎません。シナ国内の反日デモ集団の眼前で、あるいは武装した人民解放軍の基地の中で同じことを言うかと問えば、この自称活動家は決してそんなことはしないでしょう。

シナの手が届かない、ぬるま湯の日本の中でテキトーにシナが悪い、共産党が悪いと心にもない戯言を並べて、ウヨクにチヤホヤされてドヤ顔をする浅ましいシナの乞食。天安門事件で負けたから命惜しさに逃げてきただけで、別に日本への忠誠があるわけではありません。
こいつがもし共産党のトップの家に生まれていたら、あるいは天安門事件が首謀者側の勝利で終わっていたら、今頃はシナ国内で反日デモを煽っていたでしょう。それがシナ人という生き物の性質です。


国内にも幸福実現党とかいう統一教会のダミー組織がのさばっていますが、シナチク石平はこのカルト教団には何も言ってませんよね?こいつらも根っこはシナに通じているんですが?

フィリピン人と聞いて!

フィリピン人は基本的に(みんながみんなじゃ無いが!)人の言う事,聞かないの多い‥

特ア3国とはまた違った異常性も有り!フィリピーナは

朝鮮人は昔からずっとシナ人、満洲人の奴隷だった。シナの歴史の本に書かれていることは、一人の高麗奴の値段は一匹の馬にも及ばない。朝鮮国王は、シナ皇帝に三跪九叩の礼を行わなければならない。一方、日本は皇室より皇女を朝鮮王子に嫁ぎ、戦前、朝鮮人も日本の国会、軍界で重用された。日本がないと朝鮮の独立は不可能、戦後、日本の援助はないと、韓国の経済発展も不可能だっただろう。

日本人は朝鮮人の恩人である。しかし、朝鮮人は日本人の恩を仇で返す。再び朝鮮戦争を起こしても、日本人は韓国人の味方をする必要はない。2度と同じ過ちを繰り返さないためだ。これは子供の考え方ではなく、理性のある、現実的な考え方だ。http://pigzhina.blog122.fc2.com/blog-entry-145.html

夕刊フジ「知事選の結果待ち」民主は卑怯 

普天間基地の移設問題
010.11.26転載
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20101126/plt1011261610002-n1.htm
中国漁船衝突事件のビデオ流出のニュースが駆け巡る中、
私は沖縄の米軍基地へ視察に行きました。

 那覇空港から車で走ると、密集した住宅地に突然、飛行場が
現れます。普天間基地です。すぐ近くにある小学校の真上を、
訓練中の戦闘機が行きかう様子を見ると、早く基地を移転すべき
だという思いがわいてきます。

 さらに私は、移転候補地の辺野古沖を訪れました。
町を走れば「基地反対」の横断幕や看板が目につきます。
移設先の近くには反対派のテントがあり、座り込みを行って
いました。

 辺野古に長く住んでいる70歳代のおじいちゃんは、
「基地をどう思うか? 頭の上を米軍の飛行機が飛んで
いくのは、いい気持ちじゃないよ。でも、米軍が出ていった
ら中国共産党がやってくる。あんな恐ろしい国に入ってこら
れるなら、米軍にいてもらう方がいいよ」と言っていました。

 食堂で一緒になった地元漁師さんたちも、「座り込みを
している人たちは、お金をもらってよそから来ている人たちだ」
と反対派の行動を冷めた目で見ていました。

 あまり報道されないことですが、普天間基地が辺野古に
移設されることに続いて、嘉手納基地より南の基地は相当
規模の土地が返還され、県全体としては負担軽減になるのです。
そのことを言わずに移設に反対することは、危険な普天間を
固定することになります。

 今回視察をする中で、「国防は本来国の仕事であり、その
責任を一地方に委ねるのはおかしい」という思いを強くしました。
APECでオバマ大統領と会談した菅首相は「日米安保の
重要性と米軍の存在が重要だという認識を持った」と述べました。
それならばすぐに基地移設を進めるべきなのに、
「沖縄県知事選が終わってから努力をしていきたい」など
悠長なことを言っています。

 そもそも、政権与党である民主党は沖縄県知事選に、
県内移設を主張する候補を出していません。それなのに、
「知事選の結果を待つ」というのは卑怯ではないですか。
日米首脳会談で語ったことに偽りがないなら、沖縄県知事選で
唯一、「県内移設」を主張しているわが党の候補者を応援
したらどうでしょうか。

 菅首相には「この国を守り抜く男として責任を果たしなさい!」
と言いたいです。(幸福実現党女性局長・滝口笑)



.

少子高齢化を中国・韓国からの移民に解決しようとする考えは、後日、多くの問題を残す。

巷間,少子高齢化を解消するため、中国や韓国から移民を増やそうとの意見が財界や与党から出ているが、これはとんでもない誤りである。現在、日本は就職氷河期で大学卒業生でも就職率は、60%である。これに移民を入れたら、日本人は就職できなくなってしまう。

財界は、賃金を減らし、自分の利益を増やす目的で勝手なことを言っているが、移民を増やすと、ドイツや、フランスに見られるように、日本の国の中に中国自治区や、韓国自治区が出来てしまう。その地区では日本人は小数民族になる。移民の導入でドイツやフランスは、ひどいめにあっている実例を学ぶべきである。

日本の近隣の中国の農村地区や、韓国は、老人が多く、そこからの移民は、労働力の移転より、生活保護等の福祉政策になるものと思われる。また、多数の移民の流入は、犯罪が多数発生することになり、警察管の増員が必要になって来る。移民の導入は害のみ大きいものと思われる。

軽犯罪法って、使えませんかね

シナ人が、変なゴミの出し方をしたり、
ところ構わず、立ちションやウ○コをするとか、
大声を出して困るとの報告が多いようですが、
軽犯罪法違反ですので、見つけたら、
警察に通報して下さい。

罰則が緩いので、すぐに釈放されるかもしれませんが、
近所にシナ人が住んでいましたら、
始終、彼らの行動を監視し、
日本人の住人同士が交代で通報し続ければ、
少なくとも、その近隣の秩序は保たれると思います。

ちなみに、私は上記のこととは別件で、
通報したことがあるのですが、
通報のコツは、切実さを瞬時に表現することです。
冷静すぎると、警察にもその程度かと思われ、
気合いを入れてもらえません。

ナポレオン・ソロさんへ

仰ること、いちいちごもっともだと思います。

反省しないシナ人でもなく、ポジティブ一本槍のアメリカ人でもない絶妙のバランス感覚が、世界でもっとも安定した日本人の気質を生み出し、世界中の信用を勝ち取ることになったのでしょう。

ただ、その「公正さ」とも言い換えられるバランス感覚があまりに完成されており、日本国内で有効でったために、日本人の気質だけが「孤高を行く」状況になってききた感があります。
他国が全然ついて来ていないのですね。

子供に話すときは言葉を選んでわかりやすく伝える努力をするのと同じように、特アに対するときは、相手が理解する言語を使わねばなりません。

孤高を行く日本人が慈愛の心をもって相手に接しようとしても無駄です。相手がその言語を理解しない。相手の国には、力の論理即ち、上下関係によって相手を支配する概念しかないのですから。

初めてアメリカへ行ったとき、空手を学んだ理由を聞かれて「Self Defence(自己防衛)」と答えました。
アメリカ人は大きくうなづいて、「そうか、暴力を振るうためにやるんじゃないんだな」と納得しました。
最初はそれでいいんです。「修行」や「人間工学」などは興味があるなら後から少しずつ教えればいい。
最初は相手が持っている概念から最も近いものをピックアップすることを心がけるのです。

はじめから難しい話をするのは自己満足です。
話すことを自分が楽しんでいるだけだから、コミュニケーションの能力としては最低。
いつのころからか、そういう切り替えができない日本人が増えてきたようです。

我々国民の見えないところで政府も色々と攻防戦をやっているでしょう。最近のマズイ対応は、ひとつにはその裏工作をやる実動部隊(官僚など)に現政権が嫌われていることがあげられるかもしれません。
表に見えることしかやれない政府なんか、かえって怖いです。

しかし、もうひとつの重要なファクターである「目に見える」動きでは、
「俺たちは怒ってるぞ!」
「やられたら、やりかえすぞ!」
文化に関係なく猿にでもわかる明確なメッセージをたえず心がけるべきなのだと思っています。

幸福実現党は頭の中が幸福www

>普天間基地です。すぐ近くにある小学校の真上を、
>訓練中の戦闘機が行きかう様子を見ると、早く基地を移転すべき
>だという思いがわいてきます。

基地ではなくて、周辺に寄生している在日琉球人が移転するのが筋だと思うんですが。普天間に基地があるのは「そこが最適な位置だから」ですよ?

>70歳代のおじいちゃんは、
>「基地をどう思うか? 頭の上を米軍の飛行機が飛んで
>いくのは、いい気持ちじゃないよ。でも、米軍が出ていった
>ら中国共産党がやってくる。あんな恐ろしい国に入ってこら
>れるなら、米軍にいてもらう方がいいよ」

痴呆老人乙。シナと繋がろうとする知事を自分で選んでおいて恐ろしい国とは笑わせてくれます。日本を馬鹿にしてるんでしょうか?


>元漁師さんたちも、「座り込みを
>している人たちは、お金をもらってよそから来ている人たちだ」

仲間外れにされた僻みですね。卑しい乞食根性むき出しで下品ですよwww

>危険な普天間を 固定することになります。

危険?だから何?


あと、フィリピン人は麻薬とエイズでできているので触らない方がいいです。あいつら、汚物まみれの国で生まれたせいか生ゴミ臭いですし。

日本社会の劣化

>リッキーさん、レス有り難うございます。 
>>文化に関係なく猿にでもわかる明確なメッセージをたえず心がけるべき
 日本人は昔から感情を表に現す事を羞じる傾向が有りますが、その分、「主張は行動で表して居た」様に思います、処が、現代の日本人の場合、生活全体をメディアに過剰に依存した所為か、表現力自体が劣化してしまい、主張を相手に伝える適正な行動が出来ない、と云うか、やり方が判らない、ついでに怒りや意見をはっきり主張する事、相手に伝わる様に表現するさえもが下手に成っていると思います。

 もっといえば、自分自身が何を言いたいのかさえ判らない、こうなれば一種の病気に近いと言えますが、「猿でもわかる」様にさえ言えないのは、自分自身を知る努力さえして居ないからだと云う事ではなかろうか。

 そんな奴は、フラストレーションが溜まっても、人の尻馬に乗って騒ぐほかはない、但し、顔が見えない様に、その他大勢にまぎれてです、正面切るとマトモな反論さえできない、言えるのは石の飛んでこない処で「オマエノカァチャンデーベーソ」と罵声を挙げる位でしょう(嗤)。

 シナや朝鮮半島人は、欧米は勿論、中東や南アジアと比べても社会自体が未開なのだと思います、先ず、社会で通じる価値観が余りに物質中心過ぎるのは、生存を脅かす様な貧困が未だに常在している証拠でしょう。

 この辺りの日本の情況との格差が縮まることは、余り無いのではなかろうかとも思います、物質中心の価値観が罷り通って居る裡は、社会で差別が否定的に捉えられる事は有り得ないと思います。

 米国はその典型でした、克服しようともがいては居ますが、人々からそういう差別観が消えないのは、結局のところ、物質中心の価値観=アメリカンドリームだからではなかろうか。

 それと、全体主義的な一元主義も別の側面で、差別を強化・固定します。

 この両方を持ったシナ社会から差別が消える事は有り得ないと思いますね。、

 リッキーさんはドゥやらシナにお住まいの様ですが、昨今の極東のキナ臭さは尋常ではありません、何か大きな異変が起こる前兆の様な気がします、シナの内政の悪化、外交の行き詰まり、軍と党の乖離と、異変が起こる条件は整って居る事も心配です。

 シナに住んで居らっしゃる方に、日本から心配等、「釈迦に説法」なのかもしれませんが、「池の中より、池の傍に居る方が善く池の全体の様子が見える」場合もあります、周辺の変化に気をつけて、早めの御帰還をお勧めします。

長野県小諸市で外国人参政権が採択されてしまう! 住民投票条例! 

長野県小諸市で外国人参政権が採択されてしまう! 住民投票条例! 

http://hibikan.at.webry.info/201011/article_495.html

断固反対して、阻止しなければならないですね。

皆様、どうか反対意見を送って下さい。
拡散も出来ましたら、お願い致します。

取り急ぎお知らせまで。

>自分自身が何を言いたいのかさえ判らない
竹下登w

削り落とすことの重要性

>自分自身が何を言いたいのかさえ判らない

英語などをある程度習得するとわかるのですが、日本語のメールと比べると、文章の長さが半分くらいで済みますね。慣れると日本語でメールを打つのが面倒に感じます。

英語の文章を作るときには、言語的な成り立ち以外に、おそらく自分の主張をシンプルに整理しなおす作業をやっているのだと思います。時には灰色だと思っていることでも白か黒に決めてしまいます。

本当は灰色なんだけど、まったく中間というわけではなく、すこし黒のほうに寄った…。日本人同士では分かってもらえそうなニュアンスにこだわっていると、外国人には意味不明な文章になってしまいます。

これはある意味、「削り落とす」勇気なんですね。
決断とは要らないものを決めることだ、とビジネスでは教えられます。あれも要る、これも重要、それもやらなければ、と列挙することは誰にでもできます。そんなことはみんなわかっている。能力に限界があるとき、何を優先するか、何を削るかをきめることが決断です。

中途半端に頭のいい人が陥りやすいのが、そういうことを並べ立てて結局すべて潰してしまうこと。決断できない典型です。本当に優秀な人は、相手に伝えることを一つか二つに絞り込みます。
実際、それくらいしか憶えて帰ってくれないのですから。

交渉の基本だと思います。

日本は独裁政権になる可能性

管直人、支持率が1%になってもやめないと発言。独裁政権だ!

民主党に票を入れた馬鹿、どうするんだ?

中華人民共和国
中華を除いて全てが日本語
ちなみに支那では民のことを草民と呼んでます。草ですよ草!!!
民主主義だって日本語です。北朝鮮が朝鮮民主主義人民共和国
全てが日本語です。もしかして朝鮮も日本語かも知れませんね、彼ら民族にとって盗んで自分達のものだとするのが得意中の得意ですからね。
なにはともあれ、支那人と朝鮮人、世界に迷惑をかける嫌われ民族と言っても過言ではないでしょう。
しかし、そのバカ民族に媚びる民主党は一体何者の集団なんでしょうか。

武道の心得の喪失

>自分自身(日本人自身)が何を言いたいのかさえ判らない。

言いたいのでしょうが、言ってはいけないという日本のマナーが強すぎるためではないでしょうか。

でも昔の日本人は間合いを詰められ一歩引き、また間合いを詰められ一歩引いて、次はいきなり叩き切りました。相手にしては不満なら何で言ってくれないのかと訝しがられますが、それは日本の武道の作法だったのです。

現在の日本人は、ただ引くことしか知りません。欧米人のように主張する必要もありますが、私は日本の武道の作法の方が好きです。

敵は中国ではない。

マスコミである。

敵は国内にある事を認識せよ。

話題に関係ないことで、度々すみません。

反対意見と拡散をお願い致します。
この混乱に乗じて数多くの売国法案が進められています。
どさくさにまぎれて、通したいと思っているのでしょう。

●「日本がこの先生きのこるには外国人を受け入れるしかない!」 著名な政治家などが移民拡大求めるキャンペーン
http://alfalfalfa.com/archives/1545955.html

●鳥取県がノービザ特区、国に提案
http://alfalfalfa.com/archives/1546098.html

削ぎ落とす勇気

>リッキーさん、レス有り難うございます。
>>削り落とす勇気
  私は主に日本国内でですが、外国船相手に船の修理屋を永いこと遣って居ました経験から、↑の必要性を感じる場面が善くありました、原因は、仰る通り、こちらの云う事を2,3事位しか理解してくれない(憶えてくれない)からでした、まぁ、船の場合、スケジュール維持が全てと云う面が有りますので、全体の話は早かったのですがね。

 其れは兎も角、私の冗長な文章にリッキーさんのアドバイスを活かせる様、書き込む前に校正を入れる事にします。 有り難うございました。

●北の砲撃は中国に倣った領海拡大戦略か
・・・中国は尖閣紛争で日本の国内法適用を断念させ、結果として法的に尖閣諸島を日本から遠ざけることに成功した。この前例と、今回の北による大延坪島砲撃事件には、よく似たところが見てとれるのである。・・・
暫定的な結論として、北の砲撃は勝手な「領海」を拡大確保する目的の乱暴な張り手であり、手本は尖閣にあったと見る。これで地理的に韓国より北朝鮮に近い沿岸諸島とその海域を、韓国から政治的経済的に遠ざけることに成功した。
 これこそ三代目首領候補の目覚ましい功績として北の人民に示される実績であろう。

 それにしても日本の尖閣外交の完敗が初のロシア大統領による北方領土訪問を許し、さらに北朝鮮による初の韓国陸地砲撃を誘発した。そう考えると民主党政権の罪は量り知れないほど重い。(おおいそ・まさよし 2010/11/24) 
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest139.html

●国家の基盤を壊す鳩・菅・仙民主党政権
・・・
民主党がどんどん壊れていることは確かだが、その過程を面白がっていると民主党が意図的に「夜警機能」を破壊している事実を忘れてしまう恐れがある。
・・・
 重要なことは、この外交敗北が失政というものではなく、初めから意図して外交防衛の基盤を破壊しようとした結果だという事実である。
 そのお粗末ぶりと並行して、もう一つの国内的「夜警機能」も危機に瀕していることに注意を喚起しておかねばならない。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column138.html

◆ナポレオン・ソロ様◆

全く仰る通りだと思います。特に、真の歴史に対して目隠しをされている為に、先人と同じ轍を踏む結果となっている現在の日本の状況は非常に深刻です。更に、声高に相手を非難し攻め立てる事を良しとしない日本人固有の美徳が、過去の残虐な出来事が教訓として後継に伝わる事を阻害し、本来備えるべき警戒心をも失わせる結果に至った要因の一つである事は確かです。私が、幾ら懸命に特ア人の危険性を友人・知人達に説いても、典型的な返答が、その「まさか、幾らなんでも・・」です。先人達の懸命の努力、そして尊い犠牲は何だったのかと虚しくなってしまいます。
外交もそうです。日本人の美意識が通用する外国人は皆無ではありませんが非常に小数です。まして、国家という巨大な組織がぶつかり合う外交の世界に於いては、双方が無理難題を吹っかけ合う事から始まるのが常識であり、日本の様に、始めから相手の立場を考慮し落としどころを探るなど、戦う前から負けているも同然です。また、日本では間違いを素直に認め謝ることが人として立派なことなので、時には過剰に、必要以上に相手に詫びる場合がありますが。非を認めたら負けの理論で成り立っている国際社会では、これは自滅行為です。

それから、日本で諸外国(特に欧米)と日本を比較して日本を非難する論調の意見が幅を利かせるのは、その様な意見に進んで耳を傾ける潜在的な要望が大衆の中にもあるからだと私は思っています。一見本心とは矛盾する様に見えますが、つまりそこには本心ではない部分があると言う事です。
日本には謙譲の美徳というものがあり、「うちの子は出来が悪くて」とか「これはつまらない物ですが」等と言っても本心ではありません。日本人は、他人や他国の過ちや欠点をあげつらう事を恥ずべき事だと思っているのと同時に、自分や身内のことを誉めることをはしたない事だと思っています。しかし、私のアメリカ人の友人が、日本でイカの塩辛を出されて「美味しい」と言って食べたところ、その家族は明らかにがっかりした表情を見せたそうです。内心、「こんな物食えない」という彼の拒絶反応を期待していたからです。これは、心理学で云う「補償行動(compensation)」の無意識的行動の一種で、欧米人に劣等感を持つが故に、自分達の嗜好品をことさら悪く言わせ、「相手のレベルではこれを理解することは不可能であろう」という裏返しの優越感に浸ろうとした訳です。日本人の自虐感は心理学的には非常に複雑であると言えるでしょう。

最後に話は逸れますが、「補償行動」の話が出たついでに述べたい事があります。通常一つの社会の中に、差別否定派、差別肯定派、そして中間層とがほぼ3分の1づつ存在すると教わりました。差別意識が全くゼロの人間というの非常に少ないと思います。しかし、それ以上に理性が勝っているのでそれが正しく制御され、良識ある行為、行動が取られる訳です。そして、この制御装置が働かない人々の、率先して差別的言動を表明、顕示する理由がこの「無意識的補償行動」なのだそうです。自分の境涯に納得が行かないとか極度に貧困である事実が許容できない、或いは、学歴や身体その他の要因で他人、或いは社会に対して極度のコンプレックスを抱いているから、それを埋め合わせようと(無意識的に)必死な訳です。自身の経験からも全てのケースに、ほぼ100%この理論が当て嵌まると断定出来ます。特アの国々が過酷な差別社会であるというのは、つまりはそこに住む人々がいかに不満足で不幸な人生を送っているかと言う事の証明でもありますし、「○○人」さんの主張などは私から見れば、懸命に自分がいかに劣等感の固まりであるのか、いかに自分が今の人生に納得していないのかを訴えている行為に他ならず、哀れにすら思えて来ます。
それと、在日などが壊れたテープ・レコーダーの様に「差別」、「差別」と繰り返しますが、「差別」と「警戒」は全く別物です。そして、口先ではそう言いながら、過酷な祖国の差別事情を知るからこそ、どんな手段を用いても居心地の良い日本を離れたくないと言う、連中の本心を見抜かなくてはいけません。必要充分な警戒心を全日本人が持てるように、正しい歴史を、過去の日本に於ける朝鮮人の極悪非道の蛮行を人々に周知させる事が急務でしょう。

テロ政権には支那朝鮮に解体刑をさせてやるべき、この制裁の餌を与えよ
カンチョン支持率11% 次期衆院選投票候補 民死10.6% 自民35% 解散総選挙で民意を問うべ67.4%…最新情報2001 民死=日本人差別政党 日本人の税金を、日本人の名誉や安全を脅かすことに使っている反国家集団。 民死徒党どもには解散・解党すら生ぬるい一頭残らず解体刑のごとく見せしめの如き処罰が相応しい。

「支持率1%でも辞めぬ」カン・チョン (デモクラシー否定の暴政、テロ政権宣言に等しいバカ者)
国民のほとんどを敵に回しても政権が維持できる? ・・・よくこんな発言できるなあ 内閣総理大臣って立場をまったく理解してないのかな?支持率1%というのは在日と売国奴のこと
電通と反日メディアとスポンサーの関係図
http://mamorenihon.files.wordpress.com/2010/05/tv_kankei.jpg
・電通グループの会長、成田豊は韓国の京城府(現在のソウル市)出身
・韓流ブーム捏造で韓国政府から勲章を授与
・NHKニュース7で韓国アイドル「少女時代」の来日をトップニュース扱いにさせる
・NHKは「日本と朝鮮半島」で在日韓国人のディレクターを起用
・NHKが出資する関連団体が電通と共同で韓流ブーム捏造に加担
・NHKは「JAPANデビュー」で日本の歴史を歪曲報道し1万人から訴訟されている
・民放のスポンサー企業には、パチンコ・サラ金・カルト宗教など韓国朝鮮系が多数。民死党・暴力装置テロ集団、ならず者政府は全く無効装置だ。日本国破壊無罪の 暴力政権だ。何故辞めろ!が分からない灯台・キチガイのフラン・ケン死相----http://www.uproda.net/down/uproda173059.jpg

沖縄にとって“必要な真実"

沖縄にとって“必要な真実"


昨日27日、沖縄県知事選最終日、金城タツロー候補は、
ついき秀学党首や数百人の支援者の皆様と共に、
那覇市内各地で練り歩き、街宣を行い、
17日間の激しい選挙戦を終えました。

 

金城タツロー候補は17日間、声を嗄らして沖縄県内・離島を
隈なく縦断し、沖縄にとって“必要な真実"を訴え続け、
沖縄県民の皆様から多大なる御支援を賜りました!

「沖縄決戦」大勝利に向け、17日間に渡り、沖縄全土、
そして全国の支援者の皆様より、不惜身命のご支援を
賜りましたことを心より感謝申し上げます。
☆゜・:.。. .。.:・゜
本日は「沖縄の危機」の真実を伝える幸福実現党の
特設ページ「201X年、沖縄が『中国』になる日」を紹介致します。
⇒ http://www.okinawakiki.jp/

マスコミが報道しない、中国にとって
“不都合な真実"=沖縄にとって“必要な真実"について、
動画やイラストを用い、分かりやすく掲載されています。
以下、同ページより引用致します。

----引用開始-----

 【真実その1】中国は沖縄侵略、
そして世界制覇をたくらんでいる!!
~中国の歴史は、ズバリ"侵略"~
日本では報道されないが、中国周辺のウイグルや
内モンゴルは酷い侵略をされている。

しかも中国は今、周辺の海も徐々に支配しており、
太平洋を通って世界制覇しようとしていることは明らか。

沖縄は、世界制覇のための重要ポイントなのだ。

 

【真実その2】すでに「沖縄は中国の領土だ」と宣言されている!!
~中国は「○○は中国の領土だ」と宣言して、侵略を始める~

今、中国では、「沖縄は中国の領土である」
「日本は沖縄の独立をおさえ込んでいる」という論文があふれている。

中国の「沖縄侵略の意思」は、もはや否定しようのない事実だ。

ステップ1…侵略する国を「中国の領土」と主張する
ステップ2…調査船で周辺を調べる
ステップ3…軍事演習などで中国軍の存在をアピール
ステップ4…漁船などを使って上陸、建物の建設で領有を既成事実化
 
【真実その3】中国の侵略が沖縄から自由を奪う!?
~一党独裁の共産主義国家・中国は、
トップの言うことは絶対で、自由を許さない~

そんな中国に侵略されれば、自由を奪われ、
弾圧を受けることはもちろん、沖縄の血筋が途絶える可能性もある。

もしも沖縄が侵略されたら…
・政府への批判は刑務所行き
・思ったことを自由に話せない
・学校の授業はすべて中国語に
・沖縄県民と中国人の結婚が進む(沖縄の血筋が途絶える)
・中国本土へ強制移住・沖縄人口の半分以上は中国人に
・抗議デモは暴動とみなされ、参加者は射殺されることも
・個人の財産や会社の利益は政府に没収

※現在、ウイグルやチベットで起きている事件をもとに想定。
 
【真実その4】米軍基地の県内移設こそが、沖縄を守る最終手段!!

~「米軍はもうたくさん!」のイメージで、
県外移設に賛成していませんか?~

米軍基地が県外に撤退して、沖縄は平和になるのだろうか?

米軍基地撤退で、本当に喜ぶのは「中国」だ。

なぜなら米軍が撤退したのを見届けるように、
フィリピンやベトナムは周辺地域を中国に支配され始めている。

沖縄を侵略するために、
米軍撤退で日本とアメリカを引き離すのが、中国の作戦なのだ。

 ----引用終了-----

沖縄の左翼マスコミや沖教組(日教組の沖縄組織)は
「米軍基地があるから他国から狙われる」とキャンペーン
を張っていますが、「沖縄決戦」を通じ、
私たちは真っ直ぐに“真実"を訴え続けて参りました。

「基地があるから危ない」のではなく、

「危ないから基地がある」のだと。


今、沖縄から米軍基地を「県外・国外」に追い出し、
「日米同盟」を破棄することがいかに危険であるかということを。

 今後ともマスコミが報道しない「沖縄にとって“必要な真実"」
を訴え続け、左翼言論を引っくり返し、
中国、北朝鮮の脅威から沖縄、日本を守り抜いて参りましょう!!

☆゜・*:.。. .。.:*・゜
◎本メルマガは自由に転送、転載いただいて結構です。
◎幸福実現党 公式サイト http://www.hr-party.jp

ナポレオン・ソロさんへ

いえ、いえ、いえ。

ソロさんには今のままで思い切り書き込んで勉強させていただきたいと思っております。外国人には理解できない精密な表現を楽しむのは我々日本人の特権です。
それに、私が拝見する限り、ソロさんの文章から削ってよい文言などお見受けしません。

それを見てイラつくのは、細かいニュアンスを取れない非ネイティブでしょうから、そういう人たちは放って置けばいい。外国人に接するときの切り替え能力は持ちつつ、同胞同士ではひきつづき微細な表現が維持されるべきだと考えます。

いつか日本人の精神文化が世界を席巻してほしい。
それが人の能力で到達しうる唯一のパラダイスでしょう。
そのときのために、総本山である我々は我々のやりかたを守り育てねばなりません。

全世界で圧倒的人気を誇るゲームソフト「ファイナル・ファンタジー」。
そこに出てくる想像上の動物キャラ、モーグリ。
まあ、ミッキーマウスみたいなものです。
そのモーグリが主人公に助けられたとき、とてもとても可愛く、しかし、きわめて正統な日本式お辞儀をします。
世界中の子供たちがそれを見て育ちつつあります。

しかし、沖縄知事選で

幸福実現党の候補者がまともに見えるのは
私だけでしょうか。

最近の中国が取る態度に北朝鮮に対する過保護的な擁護があります。
私が思いますに、中国にとって北朝鮮はとても大事な国家です。いくら彼ら共産党の悪辣な横暴があろうともそれ以上に悪辣な北朝鮮が控えているからです。
そういった面では中国にとって北朝鮮は精神的な宗主国かもしれません、、^^。

もし北朝鮮がこの世から消えると、世界中で非民主国家中国の悪辣さがより際立ちます。

、、と、この頃考えています。

私の妄想

中国は古来より孫子の兵法を使い「戦わないで勝つ」戦法を得意としています。北朝鮮もそれを良く知っています。世界から孤立している北朝鮮は中国に経済依存し、すでに植民地化しています。金正日は中国の正体をしっているため毛嫌いしています。が、孤立している以上中国に頼るしかありません。

後継者として3男のジョンウン氏を選びました。性格容姿が自分に似ていることが在るかも知れません。それよりも親中でないことが理由として大きいような気がします。長男は親中で中国に取り込まれています。妹の夫が抜擢されてジョンウン氏の後見人役を務めると言われています。が、それは誤りがありそうです。妹の夫はどちらかといえば長男贔屓です。

ジョンウン氏を支持していた二人の幹部が事故などで突然死しています。その二人は妹の夫とは不仲でした。後継者問題はまだ色々ありそうですが、金正日は中国だけに頼るのは危険なのでアメリカと交渉したいと考えています。

開発している核の向け先は中国かも知れません。今回の砲撃事件は中国への威嚇の可能性もあります。もっと経済援助しなければ全面戦争を起こすぞと。中国は困っているはずです。北朝鮮はしたたかです。

考え過ぎでしょうか。

◆世界的な、日本のアニメ・ブームについて◆

今回の、この食人の話ですが、誰だってこの様なおぞましい話題に好んで触れたいとは思わないでしょう、しかし、誰かがやらなくてはなりません。それを避けたならば、最低、日本人が中国人に対して抱くべき警戒心、また社会的、政治的な中国人に対する対応の不備に繋がります。辻本様の再びのご活躍、本当に感謝し致しております。
ところで、記事から離れてしまって申し訳ないのですが、

>そのモーグリが主人公に助けられたとき、とてもとても可愛く、
 しかし、きわめて正統な日本式お辞儀をします。
 世界中の子供たちがそれを見て育ちつつあります。

と聞いて、思い出したお話があります。

今や世界の津々浦々までと言っても過言ではない程の空前の世界的日本ブームです、その実態は我々日本人の想像を遥かに超えていると私は感じています。人々を魅了する数々の日本の文化、先端技術、しかしそのブームの起爆剤となったのは、世界中のアニメ・ファン達ではないだろうか私は思っています。
そのアニメブームの始まりですが、例えばヨーロッパの場合。1970年代まだ日本のアニメなど海外で見向きもされていなかった時代に、日本人がヨーロッパに売り込みに行ったところ、あるフランスのテレビ局の社員がそれを買い付けたそうです。彼女は上司から、無駄な買い物をしたと大目玉を食らってしまい、児童の下校時という子供番組には最悪の時間枠しか与えられなかったそうです、ところが子供たちは、それを見たさに一目散で帰宅するようになり、その時間帯は街から子供達の姿が消え、なんと空前の視聴率を記録してしまったそうです。
現在、多くの国々で日本のアニメブームはすでに次世代の時代に入っており。翻訳されたストーリーが単に画像との辻褄合わせだけで陳腐なものに変わっている場面がある事、また、文化の違いから翻訳自体が不可能な場面が多い事等も良く知られており、そのために日本語を学び原語でアニメを観るマニアが増えているそうです。確かに地元ロスでも、アニメの影響で片言の日本語を話すあらゆる人種の若者達に出会いますし、格好の日本語の練習相手とばかりに、彼らに捕まってしまう事も時々あります。
東ヨーロッパやアフリカではアフレコの設備もない為字幕のみで放映している国も多いそうです。ですから、就学前の幼児が繰り返し長時間日本語にさらされる訳です、それも飛び切りに面白いストーリー付きで。お分かりでしょうか、つまり暫くすると、彼らは日本語が日本人並に話せるようになるのです。幼少期の感動はその人間の一生を左右します、大げさに言えばアニメによって世界中の子供達が日本人と同じ情操教育を受けている訳です。日本政府による海外への日本文化の宣伝活動はつたなくとも、日本のアニメは筋金入りの親日家達を世界中で養成し続けている訳です。現在の、弾の跳ばないこの近代戦争に於いて、そう意図されて始まったものではありませんが、日本のアニメ(Japanimation)は日本が反日勢力に対して行う、最強の攻撃と言えるでしょう。

日本時間5時30分からの中共の発表の予想。

北朝鮮の一部を中国自治区へ。
北朝鮮への攻撃はすなわち中国への宣戦布告とみなす!
ってところかな。
米韓は5時30分の発表前までに北に先制攻撃を開始したほうが
よいのでは?

博士の独り言がブログランキングに復帰します!

以下コピペ

○○○○○○○○○○○○○○○○○○

平成22年11月30日より

ブログランキングに復帰します!

ご支援のほど、どうか宜しくお願いいたします。

博士の独り言

アニメに関しては

良いアニメも伝播してるとは思うのですが、
実際、中東の奴らにきくと、日本のエロアニメがかなり入っており、
そちらの方の影響を受けてる人も多いように思います。

どうやら、日本の女性は、皆ミニスカートを穿いて
胸がでかいと思ってるらしいです。

以前、「毎日新聞」の海外版が日本人女性を侮辱するような記事を
掲載したとして、不買運動が起こりましたが、
いったい、誰があのようなAVまがいのアニメを
海外に持ち込んでいるのか、非常に迷惑な話です。

前にも書きましたが、日本のフェミニストは何をしてるのでしょうか。
正直、この種の話題を外国人にされるたびに、
毎回私は、某国の火病のごとく、本人に抗議し、
相手が謝るまで許さないので疲れます。

特に女性の方は、外人と話す際には、
一瞬でも、無礼な奴だと思ったら、絶対に許さず
とことん、教育してやって下さい。
(このような日常の行動が、強い日本人のイメージ戦略に
繋がると思っています)

中国の漁業監視船 また、尖閣に2隻出現!

海上保安庁の警告に対し、
「我々はこの海域を合法的に管理している」と回答!

前原外務大臣! あなたの出番では?
菅さん「世紀の蛮行」と抗議して下さい。

植草一秀センセーの新著書「日本の独立」。
外資陰謀論者必読ですw

いつもビックリするような内容で
興味深く読ませていただいてます
今度は朝鮮人のことも書いてほしいです
同じアジア人なのにこの民族の日本への言動は何?と
思うことばかりです
どうぞよろしくお願いします

『ZERO:9/11の虚構のテーマ』が示すもの==
来年は、あの「9.11同時多発テロ」から10年目になります。
ブッシュ・アメリカが「テロとの戦い」を叫んでアフガン・イラク戦争を仕掛けた契機にもなりました。
当時より、あの「テロ」に対する多くの疑問がありました。
今回上映される映画で、その深層を考える機会にしませんか。http://zero.9-11.jp/
私の住む札幌では、シアターキノ(http://theaterkino.net/sakuhin.html)で公開されます。
12月25(土)から30日(木)のレイトショウーです。
機会のあるお方は、一度足を運んではいかがでしょうか。よろしくお願いいたします。
監督/フランコ・フラカッシ、フランチェスコ・トレント
出演/ジョージ・W・ブッシュ、オサマ・ビンラディン、ナフィーズ・モサデク・アーメド ほか

『ZERO:9/11の虚構のテーマ』は明確だ。
「911事件の公式説明は真実ではありえない!」

イタリアのTelemacoによって2007年に製作されたこのドキュメンタリー映画は、米国の作家でオピニオンリーダーの一人ゴア・ヴィダル、イタリアの作家でノーベル文学賞受賞者のダリオ・フォーによる説明を軸に、事件目撃者や犠牲者遺族、米国と欧州の学者や知識人、各分野の専門家、軍や警察の関係者等々による数多くの証言によって作られている。
それらは、この事件に関する米国政府の説明が「はなはだしい矛盾と食い違いと無知の羅列」(イタリアの日刊紙イル・コリエレ・デ・ラ・セラ)に過ぎない、という事実を白日の下に晒す。
物証が破壊され、記憶が隠され、データは捏造された。
世界各国市民は、この米国国家によるとんでもない大嘘を信じ込まされ、その「対テロ戦争」政策を押し付けられた。
それは、戦場にされた地域だけでなく、日本や欧州各国の政治と社会と経済にも深刻な悪影響と破壊を延々ともたらし続けているのだ。
 世界がこの嘘に気付き、戦争を終わらせようとするときがくるまで、この事件と「対テロ戦争」の犠牲者の魂が癒されることはない。
以下に上映スケジュールを挙げておきます。
上映予定全国共通前売券は 【 こちら 】
2010/12/11(土)〜 12/31(金)
名古屋シネマスコーレ[ 愛知県名古屋市 ]
2010/12/25(土)〜 12/30(木)
シアターキノ[ 北海道札幌市 ]
2011/1月中旬
テアトル梅田[ 大阪府大阪市 ]
2011/01/17(月)〜 01/28(金)
下高井戸シネマ [ 東京都世田谷区 ]
2011/02/13(日)〜 一週間程度
ポレポレいわき[ 福島県いわき市 ]
2011/02/19(土)〜 03/05(金)
シアター・イメージフォーラム
[ 東京都渋谷区 ]
前回上映の好評を受けて再上映決定!

神無き社会の住人の為し事とは

>リッキーさん、再びのレス有り難うございます、でも、校正は必要だと思って居ます、有り難うございました。
>L,A.さん、レス有り難うございました、下記に貼ったのは、一般にはあまり知られていませんが、戦後、韓国内で、李承晩政権下行われた自国民虐殺の証拠写真です。
閲覧注意。虐殺写真です。
http://www.ab.auone-net.jp/~sekisei/sub20080907.htm

 是等を看て居ると、彼らのメンタリティには、共に戦う同胞も、護るべき社会も登場しないと云う事がよく判ります。

 亦、在日華僑の友人から聞いた話ですが、「昔、2人の朝鮮人と商談をしていた、初めは2人は友人同士なのかと思っていたが、一方がトイレに立った瞬間、残った方が、立った方の悪口を言い始め、挙句に『彼は信用できないから、私とだけ交渉してください』と、云い始めた、モゥ一方も、その後同じ事を云い始め、最後は二人でつかみ合いの喧嘩になった」と云う話でした。

 簡単に云えば、彼らの常識では他人は即ち敵なのです、逆に云えば、全て個人で遣り通さねばならない訳です、他人の力を借りる事は、自分の寝首を画かれるチャンスを相手に与えると同じ事で、相手もその期待?に、間違いなく応えてくれる社会なのです。

 考えて看れば、悲しく厳しい、そして空しい話です。

 シナ人の場合も50歩100歩でしょう、ナンセ、現代のシナ人の構成の多くが昔の漢民族ではなく、その漢代に曰く、周辺の蛮族でいう処の西絨(遊牧民族)出自であるのに対し、朝鮮半島に棲む多くは近代の満州族である女真族の一部ですから、彼らも遊牧民的でなくてはなりませんが、表向き「朝鮮族」と一括りにされて居ても、実は、南蛮族も、東夷族も、そして北狄族も交じっていると云う、混乱状態を示しているのは、半島が様々な民族に侵略を受け、混交と逃散を繰り返してきた証拠でしょう。

 それを当の本人達が善く自覚している証拠に、根深い地域簡対立、差別と云う形で、現代韓国に現れて居ます、あの故ノ・ムヒョンが大統領の座を賭けても遣りたかった事は、此の地域間差別の解消でした、しかし、結局は何も変わっていません、是では、一つの社会に纏まれと云う方が無理ではなかろうか、とも思います。

 以前シナでも16歳の少女を売春の罪で公開銃殺した映像が有りましたが、↑の写真にある様な、後ろ手に縛った隣人を平然と後ろから撃ち、塹壕の中に埋めて終える、双方の神経を看るに、とても、近代社会で云う「見えない偉大な何かの存在を感得し、それを畏れている」人間が為せる業とは思えません。 此処で確実に云えるのは、シナにも、朝鮮にも、他の民族が信仰する様な対象は居ないと云う事です。

 ブログ主が前々スレで掲げた様に、シナ民族が造った国も、朝鮮族が与えられた国も、共に「神を追放した国」だと言えると思います。

 処で、キリスト教が朝鮮半島で流行っているそうです、訊けば、国民の7割が信者で、既に国教にしても善い位だと云うのを聞いて驚きました。

 利己主義全開が社会常識の国で隣人愛を説くキリスト教が流行るとは、如何にも面妖で俄には信じ難い話ですが、2年ほど前、戦時下のイスラム圏の国に団体ツアーを組んで布教に出かけ、現地でゲリラに拘束されリーダー格は銃殺され、その他は人質にされると云う、如何にも、妄想の世界で生きる朝鮮族らしい間抜けで且危ない事件が有りましたから、きっと、本当なのでしょうね、それにしてもイスラム圏に布教とは、勇敢な事ですな(嗤)、でも、自国民同志の虐殺や、朝鮮人に対する日本人の自己犠牲を無視できる彼らにとって、人類の為に自己犠牲を示したキリストに一体ドンナ価値を見出しているのでしょうか、一度訊いてみたいものです。

 共産シナ下のシナ大衆は兎も角として、この頃、インチキ宗教の教祖として登場するのは、殆ど朝鮮系の人士ばかり、浅原彰晃こと松本智津夫も、創価学会池田教の池田大作も、統一教会の文鮮明もそうですし、他にもその疑いを持たれている教祖や、明らかに詐欺を働いた教祖も山ほどいるのは、彼ら朝鮮族が、宗教を完璧に詐欺的な金儲けの手段と割り切って居るから、、つまり、口から発する事とは真逆に、神も仏も心底信じて居ないからでしょう。

 「神」を信じられる余裕がある社会は、未だ希望が残っていると言えるのかもしれませんね。、

人食いシナが沖縄を手に入れる布石

沖縄県知事選、もとい中国領琉球自治区統治者選挙の結果が出ました。

11万人集会や9万人集会を扇動し、シナ人をビザ無しで沖縄に招き入れようと画策している極左政治屋の仲井真が統治者を継続することになりました。
同じ極左の伊波、カルト教団の金城と同じ穴のムジナどうしの茶番劇は、誰が受かっても「沖縄はシナと共闘して日本から離脱します」という意思表示になることは明白でした。

沖縄人(うちなーんちゅ)は日本人です

ブログ主様。
 今日はほんとにうれしいです。沖縄県民は日本人であることが証明されました。極左反日候補の伊波洋一が敗北しました。なんと喜ばしいことか!彼は何故自分が敗れたか信じられない顔をしておりました。この逆風(鳩山が沖縄をかき乱したため)の中、沖縄県民だって、ちゃんと覚醒していたのです。

 如何に、沖縄のNHKを含むマスゴミが反日報道をしたって、沖縄県民はちゃんと正しい選択ができるのです。これからも、ブログ主様の力を貸してください。全国民が自虐思想から覚醒しこの国を誇りにするように・・・ 私ももっと勉強しなくっちゃー!

沖縄選挙戦大勝利おめでとうございます。

>オーペー様、
 知事選大勝利おめでとうございます! 善かったですね。

 極左がシナに沖縄を売り渡す崖っぷち~の勝利です、ホントに善かった、私も思わず「やtった!」と万歳しました。 

 仲井真さん側で選挙を戦った人達全てに、御苦労さまでした、日本を護っていただいて有り難うございますと云いたいです。

 只、勝ってホッとしたのも束の間で、朝鮮と韓国が戦争状態に入って、黄海~東シナ海~日本海海面は俄に極度の緊張状態に陥りました、黄海では、韓国大統領の要請に拠って、中止に成って居た米韓合同演習を行う事に成って居ます、横須賀から第七艦隊も出動しました、その海域の根っこが沖縄ですから油断できません、何が飛んでくるか判らない怖さが有りますね。

 尖閣事件から朝韓戦争と、沖縄の危機状態が高まって来た中で行われた県知事選は、日本中の耳目を集めても可笑しくない一大イベントの筈でした、処が、マスゴミは朝韓戦争ばかりに集中して殆ど無視の状態、彼らの意図が見えた思いでした。

 亦、今回の選挙は、一応極左、現役、保守と三様ではありましたが、保守は宗教団体が背景と云う図式でしたが、この図式は公明党で懲りているワケです、宗教団体とは言え、否、教祖が絶大な力を持つ一元主義の宗教団体だからこそ、力を与えるとドゥ変質するか判らない怖さが潜んでいるので、支持し難い印象が有ります、立候補も遅かったのでは? 「彼がキャスティングボードを握る事に成る」と云う穿った見方も、成程と思える程、実際、接戦だった様に思います、改めて、勝てて良かった。

 但し、背中から水を浴びせる様で申し訳ありませんが、3人の候補中、仲井眞さんしか選択肢が無かったと云う面も否定できません、本土の保守としては、彼の是までの言動からその人と形を推量する他は無いワケです、この先も彼の言動には注視して行きたいです、「やっぱり、仲井眞にしてよかった」と県民だけでなく、本土の保守系からも声が上がる様な結果を待って居ます。

理想の政治家像を語ると

 連投スミマセン、皆さんは宇都隆史と云う青年を知って居ますか? 自民党の参議院議員ですが、元自衛官(1尉)にして、松下政経塾主出身デモ有ります、彼の選挙戦での最後の街頭演説を一度読んでみてください、現在、花うさぎさんの「世界は腹黒い」に掲載中です。

 感動と希望が湧いてきました。

◆国家権力も恐れて手をだせない関東連合とはなにか

・広末旦那のギャングメンバーが殺された時も名前がでたけど逮捕者なし
・酒井法子の事件で麻薬の供給源として名前がでても誰も逮捕されない
・横綱朝青龍をトラブルにまきこんだのにむしろ朝青龍が引退に追い込まれた
・押尾学の薬物事件の時も関東連合の名前がでたけど誰もつかまらない
・人間国宝の海老蔵が半殺しにされたのにマスコミはこぞって海老蔵叩き  ←New!

沖縄県知事選挙の結果を受けて
http://www.hr-party.jp/pdf/101128_1_info.pdf


 この度の沖縄県知事選挙におきましては、残念ながら、
我が党の金城タツロー候補は当選までは至りませんでしたが、
総計1万3千票(得票率2.0%)を獲得し、沖縄県民の皆様に
一層の支持基盤の拡大と、理解の浸透を図ることができました。

 特に、今回の沖縄県知事選挙におきましては、尖閣諸島沖での
中国漁船の海保巡視艇への衝突事件、北朝鮮による韓国・延坪島
への砲撃事件等、「沖縄の危機」が迫る中、金城タツロー候補は
「尖閣諸島を守る」「沖縄を守る」を前面に打ち出し、米軍
普天間基地の「県内」移設等を掲げて正々堂々と戦い抜いて
参りました。

 今回、票として表れてはいなくとも、沖縄県民の多くの皆様
に「日米同盟」「国防」の意義や重要性をお伝えし、啓蒙活動
を通じて、左翼言論が支配する沖縄世論を相当程度、転換する
ことができました。今回の沖縄県知事選は、沖縄における
「ベルリンの壁の崩壊」として、歴史的に評価される戦い
であったと考えます。

 菅直人首相は26日、沖縄県知事選について
「結果も含めて注目している」と発言しており、今回の選挙結果
が普天間基地移設問題の行方に影響を与えることは必至です。
しかし、今回の沖縄県知事選の結果をもって、菅首相が
日米合意に基づく普天間基地の辺野古移設を覆すことは許されず、
仲井真知事が辺野古移設に必要な公有水面の埋め立てを許可しな
い場合は、特別措置法を制定し、国が認可すべきであります。

 マスコミが「事実上の一騎打ち」として金城タツロー候補に
ついて報道しない中、力強く戦い抜くことができたのは、沖縄、
並びに全国の支援者の皆様の多大なるご支援があってこそで
あります。長期間に渡る沖縄県知事選を共に戦い抜いてください
ました党員、並びに支援者の皆様に心より感謝申し上げます。

 金城タツロー候補、並びに幸福実現党は、今後とも、ますます
多くの県民の皆様のご理解を得るべく力強く活動を展開し、
「沖縄と日本を守り抜く戦い」を続けて参ります。


2010年11月28日
幸福実現党
党首 立木 秀学


・・・・・
開票の時点で候補者が3人いたことを知る人も多かったことだろう


やむなく移民する時は、韓国及び支那の2国を除外すべきである。

移民に反対です。今でさえ大卒の就職率が60%と低い状態ですのに、この上移民を増やすと日本人が就職できなくなり、生活保護等の福祉対策に多くの資金を要します。

やむを得ず、少子化に伴い移民をする時には、1国につき、日本の全人口の0,3%を上回ってはならないと思います。これ以上になるとその民族は日本人の中にとけ込まずに、その民族でかたまり、国のなかに国を形成するようになります。

韓国は帰化を含めて1,0%であり、大阪の鶴橋、東京の新大久保などにコリア・タウンが形成されています。支那は、0,1%で池袋に大きなチャイナ・タウンが形成されようとしています。この両国はこれでもう十分です。中国や韓国は減らすことがあっても増やすことをしてはなりません。

その害悪は在日韓国人の例を見れば明らかです。移民はこの2国を除外した東南アジアの国によるべきです。東南アジアには多くの国があります。容易だからといって、中国や韓国のに頼ると、将来禍根を残すものと思われます。

>読売さん
副島隆彦推薦ってのもお笑いですね(笑

途中で送信してしまいました。直上は私の書き込みです。

>patriotさん
同感です。

暗闇から悪意の不意打ちにあって驚いた経験はありませんか?

ナポレオン・ソロさまのコメントに触発され僭越ながらコメントをさせて頂きたい。

>彼ら朝鮮族が、宗教を完璧に詐欺的な金儲けの手段と割り切って居るから、、つまり、口から発する事とは真逆に、神も仏も心底信じて居ないからでしょう。


基本的に朝鮮族は日本人の美意識の外に棲息しているものと考えます。宗教を金儲けを代表とした世俗的権益拡張の手段と割り切ってしまう人々を日本人的常識で測ろうとしても測りきれるものではないでしょう。日本人としても彼らの実態をそんなもんなんだと割り切ってしまったほうがいいようですね。朝鮮族にありもしない幻想を投影して「同じ人間じゃないか」と安心感を得てきた精神の安定装置を勇気を持って「削り落とす」時期が到来したと感じています。

結局、朝鮮族が日本人に見せる姿は彼らの生態の一部にすぎないのです。そもそも彼らの「巣」は日本人の死角にあるわけでして、彼らの[ネットワークの所在]と[ネットワークの中で何が流通しているか]を日本人は認知できていないわけです。実際のところは、彼らのネットワークの中では日本語とは比べ物にならない豊富な罵倒語・侮蔑語が飛び交い、彼らはそれを駆使して心ゆくまで日本人を侮辱して悦に浸っているわけですが。

日本人の死角に張り巡らされたネットワークの中では日本に対する悪意のプログラムが常時作動しているのですから、日本人は警戒心を持たなければならない。暗闇から悪意の不意打ちにあっても、こういう前提知識があれば、冷静さを失わずにすみます。日本人の目の前では親日的態度をみせる人がいたとしても、朝鮮族である限り日本に対する悪意的プログラムが稼動するネットワークを棲家にしているということを肝に銘じる必要があるでしょうね。

日本人としては朝鮮族の生態が自らの美意識にそぐわないとしても語り続けるということに尽きます。語らなければ認識が広まらないし継承もされない。継承されないから悲劇は繰り返される。朝鮮族への警戒心は世代を超えて継承されるべきものであるはずです。周期的に痛い目をみてその度に一から学んでいくのはやっぱり賢明ではない。

心ある人が彼らの生態を観察し記述していかなければなりません。

http://qazx.blog.eonet.jp/docdoc/2009/03/post-e98c.html

兵頭二十八氏は、「日本人の病気」として、次のように書いている。(予言、日支宗教戦争)

ーーーーー

有害な他者に甘く、どう遇するべきかに気が回らず、関係を絶たず、あるいは何らかの、出来る範囲の反撃をせずにいて、その逆に、無害な他者に対しては、不必要に冷たくして平気でいることです。

ーーーーー

そして不当に攻撃してくる相手に抗して、死してもなお反撃し絶対に窮しないし屈服せぬための精神装置が、宗教であり、その内容として、氏は、次の項目を挙げている。
1)公人が公的な約束を破ったら恥じよ
2)無害な他者・他国には、不親切な働きかけをするな
3)有害な他者・他国からの干渉には必ず反撃の策を講じよ

いつもありがとうございます

韓国の話題、主にマスコミが伝えない反日の実態についても、
時々お願いします。
警戒すべきは、中国と北だけではありませんので。

よろしくお願いします。

はじめました、ある大学を通ってる中国留学生です。
ごめんなさい、何かこの文章本当に言いたい放題ですね。
別に挑発しにきたじゃないですけど、でも筆者が何かの根本的な問題を間違いましたです。
石平は中国人ですか?いえ、いまは日本籍の人ですね。
僕は魯迅さんが好きではないけど、こんな魯迅さんを侮辱する文章を見て、耐えられないです。
「魯迅はこのような中国人に希望を持つことが出来ず,「中国の未来に
砂漠が見える」と死ぬまで言っていたそうです。」筆者がそう言いましたが、本当にそうですか。魯迅さんは別に中国人に絶望して文章を書き始めたじゃないです。最初は日本に来て医者になりたかっている魯迅さんは中国を救おうと思っているが、途中日本で様々見聞して、魯迅さんは中国人の病気が体じゃなくて精神的な堕落であることを悟って、文章を書き始めたんです。一見中国人に希望を持たず、実際は中国を愛して、こんな歪んだ民の精神を解放しようとしたんです。決して筆者が言ったようなことじゃないです。

そして石平という人はどうなの?
この人が書いた文章本当に信じていいですか?
自分の国を捨てて自国を批判する文章ばっかり書いた人は信用できるのか?こんな人将来日本を裏切る可能性十分ありうるですよ。

別に怒って何かいないです。ただ根本的違うの二人を一緒に評論するのは不快感です。
駄文すいませんでした><
文法ミス多いので許してください・・・

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。