スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感違いの中国人像


中国における日系企業の登録数は,すでに約二万社を超えたと言われて
います.

中国は民主国家でもなく資本主義国家でもない,その上法律が通用しない,
世界の常識も通用しない,詐欺師集団の「騙されたほうが悪い」という国に
積極的に投資を続ける日本企業は,底抜けのアホ集団です。

中国に進出して大失敗している中小企業の例は、枚挙に暇がない。それでも
懲りずに中国進出を続ける日本企業は,いったい何を考えているのか理解に
苦しみます。

結局マスコミが真実を報道せずに、中国が発する宣伝を取り上げるからです。
中国進出で痛い目にあった中小企業もあまり世間に公表しません.プライドと
信用を無くすからです。情報弱者である中小企業の致命的欠陥です。

それでは何故日本人は中国幻想に陥ってしまったのか,日本人は同文同種の
民族として漢文を読み込むことで中国を知ったつもりになってしまった。

しかし漢文を通じて中国人を理解することぐらい、絶望的な行為はありません。
何故なら漢文はこの二千年間というもの中国語とは全く関係がない。
日本人のほとんどは漢文を中国語の古語と思ってきたのです。

つまり日本人が尊敬し 知っている漢民族は紀元二世紀でこの地球上から
姿を消し、中国住民はそっくり北方の騎馬民族の子孫に何回も何回も入れ
替わってしまったのです。

そして秦や漢時代の中国人は,そのほとんどが大陸から居なくなったという
ことです。

ところが日本は遣隋使や遣唐使たちの使節が派遣され膨大な漢籍を大陸から
持ち帰り,それを今日まで途切れることなく勉強してきたのです。

つまり日本人は騎馬民族の子孫である中国でなく2000年以上前のいなく
なった漢民族の文化を勉強してきたのです。

日本人なら誰でも知っている儒教の開祖である孔子は,紀元前6~5世紀
中国各地の有力諸侯が覇権を争っていた春秋時代のことです

使節団が中国から持ち帰った無数の漢籍を日本人は今日まで約1300年間も
読み込んできたのです。

早い話が遣隋使や遣唐使が持ち帰った「論語」や「漢詩」などによって
皮肉なことに中国人でなく日本人の人格が磨かれてきたのです。

中国語と漢文は全く関係がない、つまり漢文の読めない中国人にとって
孔子や孟子の教えなど身につくはずもありません。
いわゆるこの二千年間というもの,漢文は中国語とは全く関係がないと
いうことを多くの日本人は知らなかったのです。

私はこれらのことを中国史研究の第一人者である岡田英弘先生から教えて
もらいました。

私も20年前 漢文を通じて身につけた中国イメージのまま中国に進出して
そのギャップの大きさに仰天した記憶があります。

中国進出する前は、信義に厚く,礼を尊ぶ文化人の国であると信じていま
した。しかし現実にいるのは,油断も隙もならない、詐欺師の野蛮人ばかり
でした。

中国人に取って漢文とは外国語同然なのです.中国で話されている言葉とは
全く無縁の言語体系なのです。

現在の中国人は,彼らが使っている中国語が,実は文体もボキャブラリーも
日本語からの借用であるということを隠そうとしています.現代日本文の
真似をして前置詞や助動詞を明確に記すことによって、やっと文章が
書けるようになったのです。

日清戦争後,日本に大量の清国留学生がやってきて,日本語を学び中国語を
誰でもが読める中国語の表記法を改良していったのです.その中に かの
有名な魯迅もいたのです。

日本語をマスターした魯迅の頭の中は日本語の文章があり,それを漢字に
置き換えて表現することによって原文一致体の「白話文」が生まれました。

そして試行錯誤の結果 現在における中国語は北京語を元にした「普通話」
がやっと確立されたのです。

つねに色んな異民族に取って変わられた中国の歴史を眺めたとき,中国政府
が宣伝している四千年の歴史は中国人の歴史ではなく中国大陸の歴史だと
いうことがわかります。

中国には単一民族としての中国人は一度も存在しなかった.中国語には
北京語,上海語,福建語などの言葉があることを知られていますが、実際は
もっと言語は細分化されています。これらは単なる方言というのでなく,
ほとんど共通点がありません。

そこで中国政府は各国が持っている「国民国家」というシステムを作るため
に国民を北京語に統一して教育してきたのです。それもまだ100年足らずの
ことです。

そして言語だけでなく異文化、異言語の人々の寄せ集め集団である中国を
統一するために歴史も歪曲せざるをえなかった。

毛沢東は少数民族を含めて全ての中国人を漢族にしてしまうために少数民族
の文化を奪い、抵抗するものは容赦なく抹殺してきたのです。

もし少数民族の自治や、言論の自由といったものを実現させれば、中国政府
が意図する最強の「国民国家」システムの改造計画が頓挫してしまいます。

この中国共産党の意図が理解できたとき、日本人やアメリカ人が思っている
「中国は資本主義開放経済への道を進めば自然に民主国家になっていく」と
いう考えが いかに愚かな事であるかということがわかっていただけたと
おもいます。

いわゆる中国が民主国家になったとき、強大な中国はその瞬間消えてなく
なります。

だから中国は外国よりむしろ国内に向かって「歴史始まって以来、中国人は
純一無雑の漢民族である」とか「4千年の歴史」や「永久不変の中国」など
歴史を歪曲して、国民を洗脳しなければ55以上の多種多様の民族を統一
出来なかったのです。

つまりこの2千年間騎馬民族が中国に同化したのではなく、騎馬民族が
中国人になったということを理解したとき、日本人も覚醒するのでは
ないかと思っています。

中国が建国され、中国が国民国家への歩みを始めたのは1912年からです。

(あまりにも長くなってしまいました.続きは次回にて)



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

大変面白いと思います

ブログ主に賛同します。
相次ぐ易姓革命で、民族の入れ替わりは容易に想像付きます。ザッパに言って支那の歴史は、漢民族と異民族(騎馬民族)の王朝が交互に入れ替わり異民族の方が統治時間が長いように思われます。
秦の始皇帝の兵馬傭の顔がペルシャ系の顔であったものを漢民族のように挿げ替えたと言われて居ます。
出土した時、埋め戻しをしたニュースは日本にも伝わりましたので其の謎がわかります。
あの人形は、首は脱着可能な造りになっています。
この観点からも、日本の歴史にも少なからず影響があると考えます。
従来考えられていた歴史とは違った解釈が成り立つのではないでしょうか。
例えば唐の時代でも、日本は遣唐使を使わしたにも係わらず唐と「白村江の戦い」をしていて何となく不自然さを感じます。本当にそんなことがあったのかな?と思ってしまいます。

このブログはとても勉強になります。これからも見させていただきます。

孔子様は朝鮮民族にいいました。、日本を一生恨めとw
どこが儒教の国なんだ!w

たとえ話

「この広大なアメリカの大地で、争いを嫌い平和を愛する我が民族は、自然と調和し、高度な天文科学知識を駆使し、幾千年にわたり偉大なる文明を築いてきた。」とアングロサクソンやスペイン人が胸を張るようなものですナ。

中国人の場合、さらに一節加わりますか。
「そのような偉大なる中華文明、中華民族に敬意を払い、諸国民は我が前にひれ伏さねばならない。」

このタイミングで、IMFが日本に対する消費税率の段階的引き上げ策を提言してます。何から何まで国民の財産を巻き上げる謀略を仕掛けてきます。新聞も全紙これを報道して後押ししてます。タバコ税増税論議でもよく使われますが、税率が上がってても税収は上がらないことは、橋本内閣の時に実証されています。わずか2%の増税だけで景気後退し日本経済が疲弊しました。銀行や証券会社が次々潰れだしたのはこの時からです。消費税増税絶対阻止!!!
もう見た方もいるかも知れませんが、まだの方是非、岩上安身さんと菊池英博さんのトークイベント(消費税増税反対!緊急国民財政会議)の動画がアップされていますので見て下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=9brcRQBehhg&feature=channel

竹中平蔵元金融相 盟友・木村剛逮捕に知らぬふり
「答える立場にない」だって
●2人で日本をメタメタにしたクセに
「金融界の寵児(ちょうじ)」ともてはやされた男の末路は何とも惨めだった――。金融庁の検査を妨害したとして、14日、警視庁に銀行法違反容疑で逮捕された日本振興銀行前会長の木村剛容疑者(48)。かつて「金融分野では誰にも負けまい」と豪語していたが、すっかりメッキが剥(は)げた。こんな男が一時でも金融行政の中心にいたなんてゾッとするが、「ブレーン」に据えたのは、竹中平蔵元金融・経済財政担当相(59)である。
「元日銀マンで、一介のコンサルタントに過ぎなかった木村は02年、当時の竹中大臣から『金融再生プログラム』(竹中プラン)を策定する『竹中チーム』のメンバーに起用されたことで一気に注目を集めました。金融庁顧問という肩書を得て、銀行に対して不良債権処理の厳格化を迫った。竹中はこれを全面的にバックアップ。“二人三脚”で金融再編の荒業に突き進んでいきました」(経済ジャーナリスト)
 竹中・木村コンビは、経済が下降している中で不良債権処理を強引に進めた。その結果、債権を安く買い叩いて暴利をむさぼるハゲタカ外資がはびこるようになり、中小企業はメタメタ、失業者が急増する最悪の展開になったのは周知の通りだ。エコノミストの紺谷典子氏はこう断罪する。
「木村前会長は当時、峠を越えていた銀行の不良債権処理を必要以上に迫り、日本の金融不安を煽りました。このために一体、どれだけの企業が貸し剥がしにあって倒産し、失業者が増える事態に陥ったのか。リーマン・ショックの影響が世界でも少ないといわれる日本がいまだに低迷しているのも、当時のデタラメを引きずっているからです。振興銀行の問題は氷山の一角であり、そんな銀行の開設を認可した金融庁や木村前会長と一体だった竹中氏の責任は大きいでしょう」
 いったい、竹中は“盟友”の逮捕についてどう考えているのか。誰もが気になるところだが、マスコミの質問には事務所が「コメントする立場ではございません」と答えるのみ。本人は雲隠れしたままだ。自分が政府の中枢に起用した男が捕まったというのにシラを切る――。ホントに無責任な男だ。







漢文と中国語とは無関係:まさに目から鱗

仰っていることに全面的に賛同します。中国四千年の歴史なんて無い。あるのは中国大陸の歴史である。
まさにその通りだし、異民族による王朝の交代が何回もあったことは周知の事実からストント腑に落ちます。
しかし、漢文と中国語の関係については初めて知り、まさに目から鱗の思いです。
経験、調査、知識に裏打ちされたブログ主さまの説明はとても分かりやすく、いつも勉強させていただいております。
無理の無いように、これからもお続けいただければ幸いです。

目から鱗

学生の頃に習ったり読んだりした、漢文や論語や三国志から
中国人像を考えてはいけないということ。。。。

ビックリしましたが、とても面白いお話です。

これからも中国のいろいろ、教えてください。

いや……中国人だからって100人が100人野蛮な詐欺師なわけじゃないでしょう。
日本人だって100人が100人真面目なわけでも犯罪者な訳でもないんだから……。
なんでもかんでもひとくくりにしては良くないと思います。

「日本の三国志」が中国を美化しすぎたと思う。
現実の中国は「目先の利益を追うセコさ」が目に付く。

>日清戦争後,日本に大量の清国留学生がやってきて

彼らは日本で始めて「中国の古典」に出会い、それを持ち帰り、自国の文化だと詐称していますね。
なにしろ焚書などの前の時代のものは全て葬り去る文化ですから。

魯迅と言えば
「妹は兄貴に食われた。
お袋は知っていたろうか。
・・・考えられなくなった。
四千年来、絶えず人間を食ってきたところ、そこにおれも、長年暮らしてきたんだということが。
今日やっと分かった。
兄貴が家を管理しているときに妹は死んだ。
やつがこっそり料理に混ぜて、おれたちにも食わせなかったとはいえない。
おれは知らぬまに、妹の肉を食わせられなかったとはいえん。
いま番がおれにまわってきて・・・
四千年の食人の歴史をもつおれ。
はじめはわからなかったが、いまわかった。
真実の人間の得がたさ。
人間を食ったことのない子どもは、まだいるかしらん。」
(狂人日記)
一貫した中国文化はこれです。

日本でまじめに働いている中国人はいます。ビジネスマンに留学生に。中国人を人くくりにはしてはいけないとは思います。広い国ですから。でも、あくまでも、個人レベルでの付き合いの話ですよね。政治的に中国が何も変わらない以上、築いてきたものが根本から覆されるかもしれない。なし崩し的に中国人が日本に流れ込んできたとき、日本人はどうするのですか?あまりにも無知なんだと思います。

どちらも瀬戸さんのブログのコメントからのコピペですが、

(1)2010年7月15日 11:21:34: Kf0iyGKBaM
IMFの報告書全体を読んでいません。
しかし報告書の最初にこんな文章が出てきます。
引用。
This report is based on discussions held in Tokyo during May 10–19.
・・・a seminar co-hosted by OAP and the Ministry of Finance on reshaping the global financial landscape and the implications for Asia.
Counterparts. The mission met with Bank of Japan (BoJ) Governor Shirakawa, Senior Vice Minister of Finance Noda, Senior Vice Minister of the Cabinet Office Furukawa,Senior Vice Minister of the Cabinet Office Ohtsuka, Vice Minister of Finance for International Affairs Tamaki, BoJ Deputy Governors Nishimura and Yamaguchi, and other
senior officials, academics, and private sector representatives.
(注:PDFファイルである)
http://www.imf.org/external/pubs/ft/scr/2010/cr10211.pdf

完全にIMFと言うより財務省案件です。

(2)国税収入に占める消費税の国際比較

http://koku.iza.ne.jp/blog/entry/1689629/

日本   消費税5%    国税に占める割合 24.6%

イギリス 消費税17.5% 国税に占める割合 23.7%

イタリア 消費税20%   国税に占める割合 27.5% 

最近は消費税の値上げについて寛容な意見も多い。そういう人らはヨーロッパの税率は高いですよ、20%くらいもあるんです、などと引き合いに出したりする。
 
しかし、ちょっと待って欲しい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B6%88%E8%B2%BB%E7%A8%8E#.E5.9B.BD.E7.A8.8E.E5.8F.8E.E5.85.A5.E3.81.AB.E5.8D.A0.E3.82.81.E3.82.8B.E6.B6.88.E8.B2.BB.E7.A8.8E.E3.81.AE.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E6.AF.94.E8.BC.83
 
 
上の図はWIKIからもってきたものだけれど、日本の消費税率はたしかに低い。しかし、日本政府には、消費税の高いハズのヨーロッパと同等の税収があるのだ。なぜかというと日本は、いわばなんでもかんでも消費税をかけるのに対して、ヨーロッパでは、食料など生活必需品に対して非課税であったりするためだ。
 
日本人は、ヨーロッパと同等の消費税をすでに支払っている。それなのに、5%を10%にすると、単純に計算して24.6%が倍の49.2%になる。ドイツ、フランスすら追い抜いて、ヨーロッパも真っ青な消費税重税国家になるのではないか?

そういえば

「呉服」があるのは日本だし、いわゆる「チャイナドレス」は農耕民族の服には見えませんね。中国語は全く詳しくないですが、それでも「~的」の表現は日本由来ではと強く感じます(元々英語の"-tic"の訳)。

パチンコ税

消費税を上げる前に、パチンコ税を導入して欲しい!まっとうな日本人で文句をいう人、そんなにいないと思うのですが~。

短いながらも非常に解りやすい名文でした。
学校で1年間学ぶよりも内容があると思います。
多くの日本人に今日のエントリーを見てもらいたいです。

加速する災害損失!

http://nna.jp/free/tokuhou/080609_asa/09/0209b.html

GDP10.3%増なんて意味あるのでしょうか!!

いつまでGDPに踊らされれば目が覚めるの??

自分の周りの中国人が真面目だから、全ての中国人が嘘つきだというわけではない、は確かにそうです。ただ、そう言う人が相対的に多いという認識は自己防衛上大切であり、転ばぬ先の杖です。知っておくことで無用のトラブルを避ける利益があります。
あまりにも外国人になれておらず、無防備な日本人に認識させるには、ちょうど良い線引きだと思います。
日本人同士でも腹の探り合いくらいするでしょう?
余計言葉が通じない相手に用心するのは当たり前です。

中国人観は面白かったです。しかしその論理から行くと、日本のような特殊な環境下における例外的国を除いて、世界の多くの国において特定の民族を維持している国はごくまれであると考えます。大陸においては絶えず人種間の移動、交流があり、かつて栄え他国に文化を伝えたという事実はあっても、現在に生きる民族とは異なる他民族ということになります。たとえば朝鮮人は百済、新羅が日本にかつて文化を伝えたと、子孫にわが民族の偉大性を大いに語ることにより近、現代のみじめさを転嫁しようという歴史歪曲が行われています。そのような周辺国とは異なる日本の歴史の連続性を自覚史、今後も大切にしていきたいと思うのです。そのためには自国を含め近隣諸国の歪曲されていない淡々とした歴史の事実を学ぶ賢さが必要かと思います。

台湾の歴史、日本の歴史を少しでも知っていれば、中国をやすやすと受け入れられない。断片的な歴史の知識しかもっていない僕でさえです。悪意のある中国人が相対的に多くなるという事実が恐ろしいです。今は直接、中国人と関わることはありませんが、身の回りには中国人だらけです。台湾に旅行しても大陸人だらけ、もう台湾人と全くマナーが違います。大陸人は結核、肝臓病の罹患者が多いそうですね。富裕層を医療と観光で呼び込んでも、大挙して病気をもち込まれるリスクもあるわけですよね。将来的に。民主党早く分裂してほしいです。

中韓を知りすぎた男様へ>つい何日間か前に、小一時間かけ、貴ブログに書き記したのですが(もし、勘違いや…書き残しMissでしたら…大変済みません)
自ら書いた筈なのに、どちらの記事に書いたのかが、情けないことに分からなくなってしまいました(汗)どちらにせよ申し訳無いです(汗)


肝心の内容なのですが、経済に精通した、中韓を知りすぎた男様に、「池上彰氏」の人物考察を記事にしていただきたく書き残しました。

ちょっと、知ったかぶりを、、。

>「~的」の表現は日本由来ではと強く感じます。

ですが、これは膠着語(言語の形態論上の分類のひとつ、日本語は膠着語です)ですね、、たぶん、、^^。

中国語は分類上は膠着語の逆の孤立語と呼ばれるらしいです。しかし、今の中国語には多くの膠着語がはいってます。たとえば、~化、~式など。日本語、由来だそうです。詳しくは下記をどうぞ。

日本語の実力その2】日本語なしには成り立たない現代中国語
http://suzacu.blog42.fc2.com/blog-entry-32.html

こういったことは、日本人としては知っておきたいですね。
ちょっとした、知ったかぶりでした。失礼しました。

漢文は面白い、人間ドラマの歴史です

漢文って、レ点がどうの読み下しがどうのと、本当に面白くなかったです。社会人として、趣味から歴史本を読み始めると、三千年前の春秋・戦国がとても面白い。(此も戦後教育の弊害か?)
三千年前から、人間進歩していないのが良くわかります。昔の日本人は、漢文から【人間とは】【国とは】【政治・外交とは】学び、世界に通ずる教養人になったと思いますが。この人達には、嘘やプロパガンダが通じなかったでしょうね。
中国?千年の歴史…に惑わされているエライ?人達は、試験問題でなく教養として、漢文を学んだ…上面だけだから騙されるのかな?

ついでに
昔の漢民族は偉大ですが、歴史は民族史と地域史があります。
日本は、世界で稀な民族と地域の歴史が古代より同じ国だそうですが。世界の常識は、民族の移動・入れ替わり(殲滅含む)が普通です。ですから、地域史で語られる事が多い。中国大陸や朝鮮半島も、例外ではありません。日本人は、勘違いしている人が多いみたいですが…。だから、お人好し日本人は騙される?

初めまして、支那豚と申します。

いつもこのブログを拝見しているものです。日本が大好きなシナ人です。だいぶん私のようなシナ人はシナの中に13億人の中に10人くらいの割合だと思います。

ご意見は全て賛成いたします。私の知る限り、今までブログ主のような支那のことをそんなに知っている方は本当に多くないです。

ブログ主が言ったとおり、シナは詐欺の国であり、厳格に言うと、国ではなくただの山寨です。つまり盗匪
集団ということです。

昔は私もシナに対して、ほのすこしの希望を持っていましたが、去年シナに帰った頃から全滅でした。日本で五年ぐらいで生活しましたが、シナ社会で暮らす必要な嘘つき、陰謀の運用などの能力は弱かったではないかあの日再びシナ人にまんまと騙されました。日本のマスコミの報道を受け、常にシナの社会はもう変えったかなと思っていたが、結局何も変わっていませんでした。自分の甘い判断に悔しい気持ちがいっぱいでした。まあ、最後はシナの家を売り出しで、死ぬまで日本で暮らすことを決意しました。これからも日本人として生きて行きたいと思います。

今は日本の未来を凄く心配しています。マスコミの偏向報道や左翼政権の売国路線によって、日本は危険の道に滑り込みました。なんとか救いたいです。もし何か私ができることがあったら、教えてください。



日本語まだまだですので、文法や語彙など間違え所があったら、ご容赦ください。

あれ?

すみません。以前も似たようなことを仰っておりませんでしたか?同じポストをもう一度読んでいるような気がしたもので...

東アジアの真実の歴史

 東アジアの歴史は。シナの歴代の王朝が管理する古文献を中心に編纂されてきた為に、色々な面で事実とは異なる面が付加され、或いは粉飾されているのは、間違いが無い。

 化の史記を著した司馬遷ですら、漢王朝を怖れて、重要な部分を最初から欠落、もしくは後に削除して居る。

 亦、宋代に十八史略を著した陳寿自身が、「内容は殆ど正確ではない」と述懐していたと云う。

 シナの王朝に連続性があるかのように云って居るのは全くの「侵略者の居直り」でしかないのは明らかでしょう。

 隠しようが無い事ダケを追って行っても、其の事実が窺い知る事は簡単である。

 シナの王朝は,夏[商]、殷、周[春秋、戦国]、秦、漢[新]漢、三国、魏、晋、(南北)五胡十六国、隋、唐、宋(五代)、元。明、清の順ですが、このうち、明らかに正州と呼ばれる万里の長城内の区域外から遣って来たのが明かな王朝は、先ず五胡十六国の中に沢山現れます、是らを統一したのは隋ですが、二代皇帝の煬帝は、鮮卑族の父親と、トルコ系の母親の間に生まれた子供で、赤ひげの鮮卑と陰口をたたかれていたと十八史略にさえ書いて居ます。

 其の隋は、高句麗に大敗を喫した事が原因で、部下に反乱を起こされたのを利用した李氏が是を倒しますが、此李も、匈奴の一部族である壮族(チワン)出身だと云われて居ます。

 つまり、この時点で既に、支配層は、秦や漢の時分の民族ではないと云う事です。

 東アジアの歴史がこの様に、遊牧民の南下の度に、農耕を中心とした文明が繰り返し侵略されて出来上がったものである事は誰も否定できないでしょう、是は、その後も、女真族の金(南北)、モンゴル族の元、そして満州族の清と自らの出自を隠さない民族支配が続く事で明らかでしょう。

 遊牧民は、放牧した牛や羊を猛獣から護らねばならないから、当然馬を上手に使うし、武器を持った戦いも上手くなる、しかも、厳しい条件下で生き抜いて居るから、統率を醸し出す規律も厳格で、嘗ての敵には苛烈で容赦がない、という特徴がある、その殺戮を正当化する為に哲学や宗教的なモノは、例えば中央アジアを本拠地にしたアーリア人の様に優れている場合があります。

 農耕民族なら、捕虜となっても労働力として利用価値があるから生かして措く理由があるが、遊牧民には捕虜を養い、常時見張るダケの余裕はないから、倒した敵の扱いで、兵士は勿論皆殺しが原則であるし、もし、生き残れたとしても次の戦いでは最前線で戦わされる羽目になる、女子供も多くは凌辱の上殺される、よほど幸運でなくては生き残れないでしょう、老人や病人は問題外ナノは云うまでもない。

 そういう規律を厳格に守らなければ、忽ち敵と立場が入れ替わる事に成るのが彼らの常識です。

 亦、遊牧民族の特徴として、季節によって放牧地を変えなければならない為に定住が常では無い事から、土地に対する考え方が農耕民族とは全く異なっている事が挙げられます。

 農耕民族にとって、土地は生産手段であり、開梱・干拓等改良が可能です、拠って、自然と戦い、或いは平伏しつつも、土地を多く所有する事が、富を生み出す一番の近道なのですが、遊牧民にとっては、財産とは土地ではなく遊牧して居る羊や牛でしょう、家蓄は生き物ですから、面倒を見てやらなければ死にますし、野獣から護ってやらなければ直ぐに数を減らします、最悪なのは疫病などがはやった場合、人間も共倒れですし、何より、雨が降らないと牛馬や羊、そして人間もいとも簡単に死んでしまいます。

 彼等の度重なる南下は、いつも周期的にやってくる寒冷期の乾燥した年に起こっている様です、彼等も生存をかけて、南を侵略しにくるわけです。

 此遊牧民の社会性が、漁労・海産・農耕の民が暮らすシナや朝鮮を支配した遊牧民王朝が作り出した社会に色濃く表れ出すのは、やはり、シナ唐代以降だと言えましょう。

 彼らに共通するのは、定住する習慣が無いから自身での穀物生産力は全くないがゆえに人口を増やせない、為に文化・文物を編み出す余裕も必要も生まれないのと、戦いに明け暮れているが故に、文物は略奪するモノと云う常識から、彼等は文化創造力や発信力が極めて低いと云う点です、ですから、遊牧民王朝となってからのシナ文明は衰退の一途をたどっている。

 唐代代末期に長江文明から引き継いだシナ文明は最盛期を終え、宋代から衰亡が始まっているのが判ります、一時、明代に一部が復興しますが、清代の初~中期に最盛期を終えてしまいます、それ以後はご存じの通り、文化発信力のない異民族に200年も征服されて終うわけです。

 此の歴史を知れば、何処に漢民族が生き残れる可能性が有るのか?と云う問いは、むしろ空しいでしょう。

 一方日本はと云えば、元の時代に世界最強の騎馬軍団が海を越して日本を侵略に二度に亘って攻めて来ましたが、季節外れの台風の襲来であえなく大敗、其れが原因で、元王朝は衰亡します、それ以降は大陸からの侵攻はない。

 其の後の明は元は楚と云う、古代の呉越の民の国から起こったモノです、四面楚歌で有名な漢祖劉邦の好敵手であった項羽もこの楚の出身ですが、楚民は日本人と祖先を同じくすると云われて居ます。

 つまり、是も、詳細に云えば、漢民族では無いと云う事になりますが、敢て其処に拘りたいのは、彼等が嘗て漢民族が滅ぼした長江文明の末裔だからです。

 長江文明の最盛期は、黄河文明に滅ぼされるBC20世紀に先立つ事30世紀以上前であり、その起源は14000年以上を遡ると云われて居ます、その頃と云えば、未だ氷河期の末期で、東シナ海は内海でしたから、日本とは陸続きの部分が多く、多くの長江人や東シナ海人が日本列島に住み着いた事でしょう。

 現代の日本にもその名残は残っており、例えば、前出の越からの移民の国と云われる日本海側の越三国では、伝わったと思しき習慣や土着の宗教が見られますし、能登の国に伝わる漆工芸などは、越の国が得意としたモノだと云います。

 是ら詳しくは、ブログ主様ご紹介の岡田英弘さんの著作に詳しいので、ご一読を。

 私も、「続きます」

韓非子は中国大陸理解に有用ですか。

これほどシナ大陸の歴史と、現在のシナ人との乖離を明確に分析されていることに敬服を致します。

私も、日本で行われてきた、歴史の丸暗記と遣隋使、遣唐使以来のシナ大陸の歴史教育を受けてきた来た一人として、ごく最近まで漠然とした、NHKの工作にはまったシルクロードなどのロマンチックな印象で、シナ大陸を考えていたことをとても恥じています。

しかし、現在の共産シナの歴史は、毛沢東の1949の独立宣言以来、まずか60年しかないのです。そして現実的に皇統の歴史、2670年の日本を侵略支配をしようとする危機まで発生をしております。

このような現実に今も気がついていない日本人の多くは、戦後の左翼工作教育の中に、腰抜けにされています。現在は、日本の国体の存亡がかかっていると差し支えのないことでしょう。

歴史の話題からいきなり飛躍するようなことではありますが、日本は本当に国体、国土。領海・領空防衛に関し、早急な核防衛を含む軍備整備が必要となっています。それは、民主党などの日本人ではないものたちにできるとは期待ができません。

来年の6月ごろには、シナの尖閣諸島侵略が計画されているとの情報も流れています。このような対処には、子供手当てとか高速料金無料化などのタワケ民主党の甘い話に乗ってはいけません。自衛隊の軍備増強こそ巣急務なのです。与那国島への自衛隊駐屯配備、対馬への軍備増強は、待ったなしです。

管理人さま、

原文一致体→言文一致ではないかと。

支那豚さま、(シナを変換できないのは何故じゃ!)

私のようなシナ人はシナの中に13億人の中に10人くらいの割合だと思います。

→割合すくなっ!(笑)。

貴方のような方がおられて本当に嬉しいです。石平さんも貴方と同じ事をおっしゃっておられました。日本を守るために私たちと一緒に頑張りましょう!

マイクロソフト IME

マイクロソフトのimeは支那で作られています。
それ故、使っていません。atokを使っています。
atok15でも変換できないのでシナ、シナジンは登録して支那、支那人と
変換しています。
参照 日本語入力システムも中国産
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080220/1007283/

管理人さん!更新の度に濃密の良識をありがとうございます。

日本人は戦国時代やら幕末くらいまでの出来事、人物にはとても詳しい。
なのに、なぜか近代の歴史
世界大戦、第二次、戦中、戦後の歴史はほとんど知らない・・・
この矛盾に何の疑問も感じない人が多すぎます。

そして知らないから「また」騙されてしまう・・・
実はもう、日本人はちょっと前に「散々」支那人にも朝鮮人にも騙され物凄い酷い目にあっているのに・・

チャンネル桜で中村あきら先生がご著書「大東亜戦争への道」を解説してくださっています。先生は誠に残念なことに2~3週間前にご逝去されました。そのあとでチャンネル桜でのご講義を知り、目下拝読しつつ勉強中です。明治以降先の大戦に至る経緯が詳しく説明されており、どれも初めて聞く我が国日本の姿、中国、ロシア、朝鮮の今と変わらぬ民族性です。以下に日本のマスコミが事実を無視して、近隣との友好ばかり叫ぶのか、同様に歴代自民党政権および現民主党政権の侮日ぶりが一目瞭然です。これを機会に我が国日本の現代史を勉強し直し、中国、ロシアそして朝鮮に反論していくため知識を獲得し、周囲の日本人を啓蒙していきたいです。世論が高まれば政府は無視できません。政府にその信条に従い勝手に日本の国益、名誉を害させないためにも世論を喚起しなければいけません。「大東亜戦争への道」はそのツールたりえます。

いつも更新楽しみにしています。
漢文を勉強しても中国では無意味いうのは、新発見でした!
今考えると、何を勉強したのかと考えてしまいます。

それと中国4000年の歴史というのは以前から、私も違和感がありました。大きな国ですが中華人民共和国としては建国60年ですし、文化大革命でそれまでのあらゆるものを否定したきたのに、それで4000年の歴史というのは、やはり”大陸4000年の歴史”と言い換えるのが正しいと思います。

まだまだ、知らない事があるかもしれません、期待しています。

朝鮮半島での日本帝国の蛮行

1)無知蒙昧な朝鮮民衆にハングルを広め、
平等な教育の機会を与えてしまった。

2)近代医療・司法・行政等を導入し、
忌むべき因習を廃してしまった。

3)日本国民の血税により、
何にも無い半島に膨大なインフラを整備してしまった。

4)農地解放・農業改革を進め、
貧困に喘ぐ朝鮮民族を救い、
人口及び寿命を2倍にしてしまった。

5)打ち棄てられ忘れられてた朝鮮半島の文化財・歴史遺物を調査修復し、
保存管理してしまった。

6)半万年に及ぶ属国の地位から解放し、
一等国の国民としてしまった。

他etc.・・・

これらについて、謝罪する必要があるのか?どうなのか?
改めて検証するべきだろうがよ>民主党政府よ。

チョンと関わった宮崎の悲劇

研修生は韓国京畿道州抱河市西域から。昨年から口蹄疫が発生している地域。

熊本の酪農家はこれを断った。

宮崎2区のJICA出身のDOQ議員、地元宮崎での受け入れを要請。

宮崎のある程度の規模の所は当然断った。

そこで目を付けたのが都農の水牛チーズ農場。この農場は東京のお店でイタリアンの

お店で働いてた人が立ち上げた農場。

この農場も初めは断った。この農場立ち上げの時、国からの補助を受けており、

DOQ議員にゴリ押し通される形で受け入れた。

<<以下省略 紹介終わり>>

民主党議員に韓国人研修生を無理やり押し付けられ、その結果壊滅させられたのに、

バカ呼ばわりされては宮崎県の人もさぞや無念だと思います。

韓国からやってきた口蹄疫。


訂正と続きです。

 スイマセン誤情報を伝えてしまいました、訂正です。

 十八史略は元の時代に曾先之が資料を纏め書いたモノ、陳寿はあの三国志を書いた人です、記憶が怪しかったので後で検証しようとして居たのですが、忘れて居ました、すみません。

  シナの歴史を調査するにあたり、当然その費用はその当時の王朝から出ているワケで、つまりは、勝利者の歴史です。

 支配者にとって歴史とは自分の支配の正当性を援護するモノでなくてはならない訳です、王朝交代の方法に禅譲という言葉が有りますが、それは陰謀と言葉を置きかえるべきでしょう、事実は武力で勝ち取ったケースが殆どであった、基本的には、前の王朝の一族郎党、関係者の家族に至るまで皆殺しですが、殊に、異民族にその支配を許した場合この傾向はさらに凄惨を極めたと云います、殊に拠れば、何千人の規模に成る事もあった様です。

 そういう王朝の成立にとって不可欠だが不都合な事実は、当然、削除/改ざんされ、或いは有りもしなかったエピソードを創作し付加して居る場合が多く有るワケです、その為に人的な起用も含めて、勝利者自身が費用を出して、是等の事実の隠ぺいを行っているのは、何処の国でもいつの時代でも同じことです、利己主義的な改竄を許して許居れば、辻褄が合わなくなる為のは必定、その為に消し難い事実もあるワケで、是をつなぎ合わせられる範囲を正史と呼んでいると考えるべきでしょう。

 日本で天武天皇が編纂を命じた古事記や日本書紀も、編纂をおこなうに足る必要がある情況が背景にあったと看るべきです、唐・新羅の連合軍と、日本・百済の連合軍の戦いに日本はよもやの大敗を喫し、多くの海人族が死んだ、天智天皇はその遺族を慰撫するどころか、百済から逃れ来た百済人にその領地を与えたから、海人族に育てられたと謂われている大海人皇子(後の天武天皇)は是に激怒、話し合いの場で床を剣で衝いた処、剣は床を破ったと云います。

 是に驚いた兄の天智天皇(もと中大兄皇子)は、急病を装い弟に天皇の座を譲ると云いだす・・この辺から、兄弟の離間が始まり、結局、叔父と甥の争い(壬申の乱)となり、甥は自殺に追い込まれる。

 大海人皇子は、其れまでのオオキミ=スメラミコトに換えて、スメラミコト=天皇と云うオオキミ以上の最高位を創設、神倭=カムヤマトを日本と云う国号にした人で、歴史家に拠っては、此処から日本を統一国家として考える人も居ます、つまり、700年を紀元と考えるワケです。

 話がトンデモナイ方向に向かい始めたので是でやめておきます(嗤)が、このように万世一系と謂われている日本でもこの様に「謎の部分」はかなりあります、況してや、歴史に異民族王朝が混じって錯綜すれば、本当の事は全く見えてこなくなるのも宣なる哉でしょう。

初コメントです。

ブログ主様のあまりの卓見とその文章表現力に感服いたします。

私も素人ながら10年ほど前に中国国内を単身旅行しまして、その時体で感じたものは『ダメだな、この人達とは付き合えない。』といったものでした。
一方でガイド付き視察旅行などに参加する企業の、『なんと騙されることの多いことよ。』と思いました。

しかし、私の場合はあくまでも体で感じた直感のレベルなので、これを上手く表現できません。いつも言いたいのだけれど上手く表現できずにモヤモヤとしているものを、ブログ主様は実に見事に表現して下さいました。

これからも、ブログを楽しみに拝見させていただきます。

いつもありがとうございます

はじめまして。
いつも興味深く拝見しております。
漢民族と他民族の勢力図と歴史。漢字が読めない民族。
今回のブログを読んで、井上靖さんの「敦煌」と現代がつながったような気がしました。
恐ろしい国です。

孔子時代のシナ人は戦乱に巻き込まれたり餓死したりして、すでに春秋戦国時代の終わった紀元ゼロ年の頃には1/4になっていたというのは、昔からの常識です。

その後も、北からどんどん匈奴(きょうど)と呼ばれる遊牧民が侵入し、人間が次々と入れ替わってきたのがシナの歴史です。

民主党の経済対策?

景気対策をしているかといった質問に官さんは中国の観光客の受け入れ
をやり始めている、と胸をはっていっていたが、これを聞いてさすがーと思た人は民主党支持者だけだろう。あまりにの馬鹿馬鹿しさに思わず笑ってしまった。国をいやしめ 国のために亡くなった方をいやしめながら政治家をやってきた連中はこんなものだろう。 屑だ。

ナポレオン・ソロ様
随分前ですが、私も十八史略を読みました。ただし陳舜臣作『小説十八史略』ですが。(原文は苦手です)
読後感想は
中国史が面白いのは後漢末まで、多民族が入り混じった後は…。司馬遷の史記が描いている春秋戦国が一番面白い、でした。
また、漢民族(昔の)が当代王朝史を書かず記録だけ残し、前王朝の前々王朝簒奪から前王朝正史を編纂している。つまり、現王朝の圧力で嘘の歴史を書きたくない。確かに、歴代王朝史を通して読むと、王朝末期には?があるが次の王朝正史(次の次が編纂)で、ある程度嘘がばれる仕組み。『なるほど』と感心しました。
彼ら(昔の漢民族)に言わせれば、現共産党王朝は嘘ばかり言っている、現王朝を倒した次代の王朝で共産党王朝正史を書くのみ、となるのでしょう。
西洋の歴史観と違う、東洋いや昔の漢民族の凄さに感じ入りました。

沖縄の中国観

管理人様、今回のエントリーも楽しく読ませていただきました。大変勉強になります。

さて話は飛びますが、私の故郷・沖縄の(サヨクの)中国観は非常に特殊で「中国は昔から沖縄と交流があってそのおかげで沖縄は発展できた。だから日本よりも信頼できる」というものです。

私は小さいころから学習漫画「中国の歴史」をベースに中国史を学んできたので中国の歴史についてはちょっとは知っているつもりです。もちろん中国の歴史は中国大陸の歴史であり中国人の歴史ではない事も理解してますし、また中国の歴史というのは戦乱の歴史であり、中国という国は非常に不安定である事も理解しています。

しかし「中国は沖縄と仲良しだからそこまで中国を敵視するのはおかしい」というのが沖縄の中国観なのです。地元マスコミの論調ももだいたいそんな感じです。
地元マスコミが期待しているような中国人はもはや存在していないし、今いるのは全く別の「中国人」である事を沖縄でも知らしめる事が出来るように管理人様のブログで中国の真実の姿を学びたいと思います。

うちなミスト

ブログ更新しました~
今日の記事↓
http://okinawaeconomy.blog111.fc2.com/blog-entry-224.html

>韓非子は中国大陸理解に有用ですか。

お邪魔しますさん、韓非子は私自身の考え方の基本部分なので
対中国という事に限らず、思想・哲学の基礎として有益だと思います。

…で、問題はブログ主指摘通り『韓非子ほかの中国文化を築いた人達と現代の中国大陸で跋扈している人達の思想は違う』ということ。はっきり言えば孟孔思想なんてのはバカが信奉するものという感じ。
それよりも、金美麗女史が紹介してくれた「中国人の『死不認錯』と『移花接木』」が現代中国大陸を理解する上で大事ではないかと。もっともTVで見た米国の事例とかを考えると”大陸の文化・思考の根本”がコレなのでは?と思う今日この頃です。

朝鮮語も日本語の写し

現代中国語は実は日本語の写しであるという指摘は、大変興味深い話です。
実は何年か前、ちょっとした事がきっかけで、現代韓国朝鮮語は実は日本語なのではないかと、
思い至った事があります。

朝鮮語による書き言葉は元々なく、日本との併合後に朝鮮語の書き言葉、漢字ハングル交じり文が
成立した訳です。
翻って、日本の現代書き言葉、要するに「言文一致体」の成立には、明治人の苦労や天才的な文章家の出現が必要であった事を考えると、
現代朝鮮語の書き言葉を作る際最も効率的な方法は、文法もぼぼ類似の日本語の書き言葉を
そのまま朝鮮語に写す事だったはずだ、と推察した訳です。

その後、渡辺昇一氏と韓国の学者の対談で、現代朝鮮語は日本語の写しだと云う指摘を
読み、やはりそうだったかと納得した次第です。

もう1つ現時点で疑問に思っている事は、古代朝鮮の百済などで話されていた
言語です。これは朝鮮語ではなかったはずです。古代日本語ではないでしょうか。
何故なら、もし百済で朝鮮語が話されていたのなら、日本語には相当数の朝鮮語
起源の単語が入ってきたはずです。所が日本語と朝鮮語の間には殆ど単語の類似性は
ないそうです(現代朝鮮語の中には、相当数の日本語は入っているでしょうが)。
と云う事は百済では朝鮮語は話されていず、文化的な圧力の向きも百済から古代日本では
なく、古代日本から百済だったのではないでしょうか。

二番目は「聖徳太子」を題材にした、古いTV番組を見ていたら、その中で百済出身の女性が
聖徳太子に向かい「百済言葉で話しませ」とか何とか、字幕付き朝鮮語で言っているのを見て
待てよと思った内容です。
ともかく日本人も単純な宣伝に乗らずに、自分の頭で考える事が大切ですね。

これが中国人です

香港のニュースですが、
http://www.youtube.com/watch?v=2C792nTsIpo&feature=bzb302
誰も買い物をしなければ昼食なし
合計金額に満たなければホテルなし
どんなツアーなんでしょうね。

このガイドは香港人ではなく中国人(大陸人)ですね。
中国人が香港で中国人を脅し、騙す。これが中国人ですよ。
同じ国民だってこうなのですから!
香港にもこんな迷惑をかけるのが中国人なら
日本に来る中国人はもっとひどいことしますよ。

>これが中国人です
笑えますね。

彼ら中国人から見れば、我が国の御皇室が「何で続いているのか不気味」なのでしょう。

そういう意味で、我が国ではまだ一度も「革命」は起こっていないとも言えるかも知れません。

http://www.nc-kyo.com/watchtvprogram_what'snow.html

2010/06/22 偽札が多すぎる中国経済事情

を見てください。

結構面白いです

小沢、これでもか!

本文と関係ありませんが、このような記事がありました。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100718/crm1007180146001-n1.htm

小沢氏側に献金2000万円超 胆沢ダム受注工作の疑いも 山崎建設、西松事件と時期合致 (1/2ページ)
2010.7.18 01:45


筋の良さそうな新たな疑惑、楽しみです。

厚生労働省が、特定の宗教法人の教理に配慮して
医師国家試験の開始時間を不正に遅らせる。
官庁の一室で秘密裏に受験させた。
http://257.teacup.com/newsda/bbs/3336
宗教法人側は、米国副大統領に陳情し、日本国政府
に圧力をかけさせた。

テロリストの資金源を断て!

韓流ブーム  マスコミのしつこい煽りと追っかけババアの正体
http://plaza.rakuten.co.jp/img/user/90/91/13069091/90.jpg
http://maokapostamt.img.jugem.jp/20090514_433268.jpg
http://www.osaka-minkoku.info/flash/yonbaba.jpg

朝鮮学校の生徒 はやっているものは韓流! 4分37秒あたり
http://www.youtube.com/watch?v=TUQDMPfmeOs

日本のメディアには朝鮮学校卒業者が多いんです
http://www.youtube.com/watch?v=IDfEUKhCXps

テロリストの資金源を断て!

TV・マスコミのスポンサー 在日パチンコ
http://www.youtube.com/watch?v=3ho2xFwCaRU


(在日)韓国朝鮮人の工作活動の一つです 
日本人に成りすまし、
政治、メディア、教育現場などに入り込み、潜伏し、
捏造・歪曲・隠蔽・ミスリードをして、日本人を洗脳、コントロールして奴隷化して乗っ取ること 


マスコミを鵜呑みにしないように 調べよう 広めよう まとめです
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/a8843de60b784b5ced94a769e9ae2cfc

身についた習性は簡単には変わらない

中国の民族性は書物の上のことしか知りません。従って、現代の中国人の習性を判断する直接的な基準はもっていません。が、中国から入ってくる色々な情報を見る限り「変わっていない」としか言えません。

多くの暴動、環境破壊、モラルのない生活などなど。下記の事例は今の中国の実態です。まさに馬賊、匪賊の社会です。民主党が憧れる社会です。

1.ニセモノ大国の中国に、政府部門のニセバージョンが登場した。(7/8)

 中国地方紙「揚子晩報」によると、先日、江蘇省塩城市で20億元相当の偽造領収書を作成・売買するニセ税務署が摘発されたという。このニセの税務署内には、領収書を偽造するためのパソコン、プリンターのほか、税務部門の印鑑、企業の領収書用印鑑50個以上があり、20万枚のニセ領収書が山積みされている。

2.路線バスに乗るにも、ちゃんと目を凝らさなければならない。(7/1)
中国南部の広東省深セン市で、正規路線バスの標識と番号を付け、車体も本物同然の「偽路線バス」が現れ、今年年初から高額運賃による不当な「操業」を開始した、と地元紙「羊城晩報」が報じた。

 同報道によると、偽路線バスが扮した868号バスは市内の主要路線。利用者の多いバス停を何箇所も抱える人気路線であるにもかかわらず、わずか十数台のバスで運行している。供給が需要に追いつかないため、「偽路線バス」が隙に乗じて出現したという。

 情報によると、偽路線バスの最高運賃は40元(約550円)で、正規の路線バスの4倍である。一台のバスに複数の男性「車掌」が配備され、騙されて乗車した人に運賃の支払いを強要する。


 さらに25人の職員を有する規模で、本物の税務署も顔負け。営業担当、販売網、常連のお得意先まで揃っていた。局長となる人物は「地下の税務署長」と称されている。

直接関係はないのですが松下幸之助は確かに経済人としては立派だったとおもいますが松下政経塾などを設立して日本を滅亡に導いてしまった。この罪は重い。

松下政経塾って、そんなに悪いのでしょうか?

良・不良は、塾生個人の資質の問題かと思うのですが。

NHKでETV特集「ワタシの見たニッポン~外国人による日本語弁論大会~」
と言う番組を放映していますが聞くに耐えない内容ですね。
特に中国人や韓国・朝鮮系の人たちは20代のくせに大東亜戦争時のことを然も自分が被害を受けたの如く訴えています。
これが日本の国営放送ですか?

おっしゃることは分かります。確かに個人の資質の問題ですが資質の悪い人が多すぎるのです。松下幸之助の意図とは全く違う結果になっていると思います。私は経済人は政治に口を出すべきではないと思っています。
菅が丹羽さんを中国大使に任命しましたが唖然としています。

中国も漢民族も五千年超える歴史を持つことです。今にような中国は1949年から、たった60年です。この60年の歴史を通して、この民族全体を評価することはほぼ意味がないと思います。

台湾も中国も同じ民族同じ歴史ですけど、現状は全く違う原因はなぜか
北朝鮮と韓国も同じ民族で、分けたたった50年だけど、全く違う原因はなんですか? みんな知ってるでしょうね

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。