スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落日の大英帝国


前回の拙い記事に対して多くの力強いコメントを寄せて頂き感激しており
ます。皆様のコメントを読みながらおもわずウルッとなってしまいました。

今日はメキシコ湾原油流出事故について考察してみます。

最初は日本から遠い地域の事故で、あまり関心もありませんでしたが、
ここに至って、大英帝国崩壊の引き金になるほどの大事故だとわかり
注意深くニュースを見ています。

米史上最大の環境災害に対してオバマ大統領の強硬な姿勢は理解できますが、
しかし英BPに対するオバマ大統領の激しい非難が英国世論の反発を招き
アメリカ離れを加速させています。

政治的な急場しのぎのために米国世論の怒りを英BPに向けるのは,戦術と
してはあまりにも稚拙すぎます。冷静に被害補償を要求するだけにして、
余計な非難攻撃をするべきではありません。

被害補償のために約1兆8千億円の資金を拠出させるという成果を勝ち取り
ましたが、しかし米国内では効果があるかもしれませんが,最大の同盟国である
英国民を怒らしてしまいました。

アメリカにとってイギリスは本妻であり一心同体に近い関係だと言うことが
オバマにはわかっていません。

オバマはリベラル的思考で「米史上最悪の環境汚染」という観点で怒りを
あらわにしました。イギリスという本妻に対する配慮が全くなく単に社会正義
だけで英メジャーBP社を叩いています。

英BP社は戦争の世紀だった20世紀を大英帝国と共に歩んできた英国象徴的
な大企業です。サッチャー首相時代に完全民営化され規模の拡大を続けて
今や世界3位の国際石油資本に成長しました。

アメリカがトヨタを叩くのと英BP社を叩くのとは根底からちがうということが
オバマにはわかっていません。

つまりBPは単なる民間企業でなく英国そのものなのです。オバマ大統領の
BP叩きで もしBPが傾くようなことにでもなれば英国民は反米に傾いていく
可能性もあります。

英国は常にアメリカの理不尽な戦争行為であってもついてきた最大の同盟国
なのです。その英国を社会正義や道徳論で叩くなどオバマの資質を疑います。

イギリス経済は,この30年間,金融で成長し多くの富を手に入れました。ところが
アメリカ発の金融危機で,過去30年で最悪のリセッションに直面しています。

このままでは長い歴史を誇る世界の金融業の中心地であるロンドンのシティー街が
消滅する日が目の前にせまっています。金融業界だけでなく,イギリス国家
そのものも破綻の瀬戸際に追い込まれつつあります。その上今回英国国民
の年金資金の運用先であるBPが米国の賠償請求で危機にひんしたのです

このような状況下の中でオバマは無神経に「BP叩き」をすれば米英関係の
亀裂は修復不可能になってしまいます。

アメリカ人の投資家ジム・ロジャーズ氏は「イギリスはもう終わりだ。
北海油田の原油は今後なくなっていき,金融街シティーもメチャクチャだ。
イギリスは売るものがもうなにもない,私は自分の持っているポンド全てを
売ってしまった」と発言しました。

このジム・ロジャーズ氏の発言は2009年の発言です。そして今回のBP社の
原油流出事故です.イギリス国民はもはや輝けるイギリスの栄光の歴史が
消えかかっているところまで追い込まれています。

もし頭の良い大統領なら,事故の自己責任は別にして、イギリスに配慮した
言葉を一言でも言っていれば、どれだけイギリス人は救われたか、
たとえ何もできないとわかっていても,同盟国を見捨て追い詰めるような
発言は慎むべきでした。

今回の事故で許されないことに、またしてもアメリカを支配しているゴールド
マンサックス(ロスチャイルド)は、原油流出事故の一ヶ月も前に英BP社の株を
売り抜けています。

この世界最大の投資銀行であるゴールドマン・サックスは米政府高官への人材供
給源になっています。当然米政府のあらゆる情報が入ってきます。

この投資会社はサブプライム問題でも唯一被害を受けていません。この会社にとって
インサイダー取引は常識なのです。なんせ社員一人の平均ボーナスが6500万円を
超えるのです、びっくりして呆れ果てます。

今日の産経新聞に「手抜き工事」「油井には安価な単体のパイプを使っている」
と載っています。「安価・手抜き」の主役は韓国の現代重工業です。

事故が起きた石油掘削施設は現代工業が2001年に建設し 今回関係した油田掘削会社に売っています。事故で崩壊した現代社の石油プラットフォームは,耐用年数が30年と決められているのに,10年で崩壊しました。

アメリカ政府は現代社にも巨額の損害賠償請求訴訟を起こすつもりです。

ちなみに今日の産経新聞の「手抜き工事、安価」には現代社の名前は載って
いませんが、まだ疑惑の段階だからとおもわれます。

話は飛びましたがイギリスが心配です。イギリスの金融機関にはまだ中近東の
不良債権をほとんど計上していません。今後これらが一気に表面化した時、
かっての偉大な輝ける大英帝国が終焉を迎えるのでしょうか?

イギリスもEU圏もアメリカも,嘘で固めた中国も凄まじい経済異変が起こって
います。まさに首筋が寒くなるような歴史の転換点に立っていることを感じます。






ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

被害保障だけを求めるんですね。そのまえに
費用をとられたら、生活やっていけないところまできています。わたしの家がつぶれます。

かつてWWⅡが始まったのは、ウォール街の大暴落を経てよろよろと
世界経済が立ち直りかけた時に、欧州の銀行が破綻し収拾が付かなくなったのが原因だったと聞きます。
歴史は繰り返す・・・でなければ良いのですが。
仰られるとおり欧州主要国はまだまだ、不良債権を隠し持っていると見られていますよね。
イギリスもそうですが、一番元気の良いドイツだって東欧諸国にはばっちり
不良債権を抱えているはず
フランスも投資先こそ違えどしかりです
今後、この辺りが引き金になって現代版世界恐慌に落ち込んでいかねばよいのですが・・・心配です

911と同じ様な疑惑が

と言うことですね?

正直驚きました。イギリスがそういった状況になっているなんて夢にも思いませんでした。
私的にはイギリスには死なないでもらいたいところです。イギリスには武士道に通ずる騎士道があります。新渡戸稲造著の「武士道」で日本の武士とイギリスの騎士は多く通じていると語っています。

まぁ私がイギリス人だったら散々我慢した上にこれか!ってかんじですw

 この問題、ネットでは随分前から重大な問題として話題になっていましたが、日本のメディアの反応は、本当に鈍いですね。

・メキシコ湾の流出原油、油流出訴訟対象にはヒュンダイも含まれ
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/05/blog-post_1072.html
・メキシコ湾の事故ってアメリカ経済にどういう形で影響が出てくるの?
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/06/blog-post_379.html
 etc…

しようがないですね、BPがやったことは歴史上最大の事故で100兆円でも保証債務は足りない位だからアメリカ大統領にガツンといわれてもね、英国におけるBPの存在感が記事でわかりました。

黒ノムヒョンの異名はダテじゃ無い。

ただ、鳩と比べた時にまともに見えただけでしたね・・・
(アレと比べると人類の大半がまとも)

何故、BPを擁護するのか理解出来ない。環境破壊の憂き目に遭ったアメリカの怒りはもっとも。

>「安価・手抜き」の主役は韓国の現代重工業です。

まさに「あの国のあの法則」の発動
やはり朝鮮人と関わるべきじゃないかと。


【あの国のあの法則】
第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。
第二法則 第一法則において、韓国が抜け駆けをすると韓国のみが負ける。
第三法則 第一法則において、韓国から嫌われると法則を回避できる。
      この時、嫌われる度合いと回避できる割合は正の相関関係にある。
第四法則 第一法則において、韓国と縁を切った場合、法則を無効化出来る。
第五法則 第一法則において、一方的に商売をする場合は、法則は発動しない。
第六法則 第3・第4則において、半島と手や縁を切った場合、
     運気や業績その他、全ての面に置いて急激に回復、若しくは上昇傾向が期待出来る。
《諸法則》
第一法則 日本で発明され、人気を博した物は、数十年(又は数百年)後に、 韓国製又は半島製にされる。
第二法則 日本で人気や才能が有る人間は、必ず在日認定されるが、韓国か ら嫌われていると、必ず回避出来る。
第三法則 日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気下降度が正比例の関係に有る。
    (日本のTV番組は、半島の露出度と番組の人気度が反比例の関係に有る。)
第四法則 海外や国内で、聞かれてもいないのに自らを日本人と名乗る人間は、 本当の日本人で無い可能性が高い。
第五法則 自国に都合の悪い出来事は、全て外国に責任転嫁する。
第六法則 韓国の大統領(為政者)は、任期末期になると騒動が持ち上がり 悲惨な末路を歩む。
第七法則 朝鮮に手を出した日本の権力者は二代のうちに破滅する
第八法則 法則の威力は60年周期で非常に強まる傾向にある
第九法則 たとえ半島人であっても心が日本人なら法則は発動する
第十法則 たとえ日本人であっても心が半島人と化したなら法則は発動しない
第十一法則 あの国に深く関わり且つイメージキャラクタ等、象徴的存在になってしまった場合、
          その人物は法則発動体となり、その人物に関わると直接・間接関係なく法則が発動する。
          また発動体はこちらの意志とは関係なく一方的に関わってくる為、 ほとんど 回避不可能である。

イギリスから、こんにちは。
> アメリカがトヨタを叩くのと英BP社を叩くのとは根底からちがうということがオバマにはわかっていません。

根本はそうですね。表層では「外国人を悪者にし、一般大衆の関心を外に向ける」という手段で。しかし、その副作用を忘れているようで。事実、トヨタの大量リコールの後には、GMやFordのリコールが頻発。

BPの深海油田の隣で、純アメリカ資本の会社が採掘しているでしょうし。また、政権として、深海油田の新規開発を差し止めようとしています。
BP株の40%はアメリカ資本(主に民間年金基金)が持っていると、イギリスでは報道されています。あまり叩きすぎると、老後の資金ショートに繋がりかねません。
本質を見失って、一時的な人気取りはできても、後から不利益が... という感じですね。
その人気取りのために、BP社長の休日(イギリスでのヨット・レース参加。スポンサーだった可能性もあり。)をホワイトハウス報道官が批判した翌日、ゴルフをしていた大統領がCNNに批判されています。

アメリカの姿勢は実は一貫している

これまでROM専でしたが今回は考えを示したいと思います。

一言で言えばイギリス叩きはわざとじゃないですか?
叩きというよりは潰し。
第二次大戦のアメリカの裏の目的はイギリス潰しだといわれています。
日本はイギリスとオランダの陣地だけ叩いていればアメリカの日本への
挑発も無かった、もしく相当後の話になっていたと考えられ、又、今日日の
サブプラ毒饅頭セールも一番食らったのはイギリスでありEUです。

イギリスを叩く背景にはアメリカの覇権を逆戻りさせない、決定的な物に
するというアメリカ結成以来のアメリカの指針があると私は考えるのです。
オバマもそれを継承実践しているだけに過ぎないと。

コストと技術を秤にかけて

こんばんは。またまたお邪魔します。

BPもコストカットを優先にしたばっかりに、ヒュンダイ建設など指定してしまったのでしょうか。

三豊デパートの崩落、聖水大橋の崩落他で韓国ゼネコンの技術知識の無さ、杜撰さはもう十分知れ渡っているわけですが、聖水大橋の2年前に起こった新紅州大橋の崩落事故についての大変興味深いレポートが公開されています。
http://shippai.jst.go.jp/fkd/Detail?fn=2&id=CD0000146
※リンク先:失敗百選データベースです。

竣工前かつ作業時間終了後に起きたため犠牲者は出なかったものの、この崩落事故レポートに綴られている当時の韓国建設の在り様を見るに、「このレベルの国が海底1500メートルの石油掘削施設など作れる技術を10年の間に身に付けられるはずがない」と確信できます。

自国内でこれですから、他国でタワービルを作れば傾くし、空港連絡橋を作れば崩落する、スタジアムを作れば屋根が落ちる。当たり前です。

こういう身の程知らずな国が、なぜ海外で石油掘削施設や原発受注活動など推進するのでしょうか?

もし自分らの未熟な技術が原因で事故が起こったら、全世界に迷惑が掛るとか考えられないのでしょうか!?

本当に迷惑な国です…orz

ヨーロッパの衰退

歴史的な視点

 少し、大きな視点からヨーロッパを見てみる。
 ヨーロッパ経済共同体を指向したのは、彼らが弱さを自覚したためである。

 さて、20世紀まではヨーロッパは巨大な力を持っていた。
 それは、産業革命を産みだし、科学を生み出した新しい思考方法の発見、発明
 による。(現在の科学計算において複素空間の役割は非常に大きい)

 そこに、科学主義、合理主義が生まれ生長し人文社会系までその支配下に
 入った。

 そして、21世紀の現在、この彼らを成功に導いた哲学が限界に来ている。
 彼らは、ゆっくりと衰退の道を辿ることになる。

こんなことを言うと笑われるかもしれませんが、この世の理について書きたいと思います。

私の尊敬する先生がおっしゃっていました。
「歴史には貸・借の問題がある」ということです。
要は因果の話です。
過去白人が有色人種にしてきたことはまだ消えてません。これから白人たちは一億人の黒人の奴隷売買、侵略、虐殺、植民地支配の果を受け取らなければいけません。

行為による相手の想念や自ら発した想念は、現象として現れなければ消えないんです。

まぁ信じないでください(笑)
笑い飛ばして頭の片隅にでも置いていてください。

スペインやらイギリスやらどうなるんですかね。
正直なところwktkです。
一番待ち望むのは、ひュンダイ建設の消滅ですが、何か?

原油流出のごとく、何処も隠された嘘が噴出・暴露されれば・・

原油流出の1ヶ月前に、ゴールドマンサックスがBP社の株を売り抜けていたという点が疑問で、少し調べてみましたら、GS社の会長は昨年までBP社の会長でもあったというので驚きました。

そうすると、流出事故が始まる1ヶ月以前には、既に何らかの亀裂とか小規模流出が始まっていたのでしょうか。この事故を巡って隠されている裏がありそうです。

いずれにしても、メキシコ湾周辺では大気汚染も深刻になっているようですし、農作物被害の影響なども含めて国際的な問題になりそうで心配です。こんな時に真実を報道しないマスコミと、政権与党が民主党では、溜息が出るばかりです。

管理人さま
とても面白かったです
現代重工業の手抜き工事はもっとニュースになるといいですね
韓国企業の安かろう悪かろうが世界に知れ渡ることを願っています
自分は普通の日本人だと思っていますが
まわりの人は私を「右翼」と言います

BPと英米国民の関係

>>BPは単なる民間企業でなく英国そのものなのです
 BPの大株主には、英国の年金組織が筆頭に名を連ねて居るんですね、他にもテキサス州の年金財団の名前も挙がっているそうで(「世界の窓、アメリカの窓、日本の窓」ブログより)、 私には、是までどうも英米社会の仕組みが判って居なかった部分が有ったのですが、今回の事故でハッキリ判りました。

 是なら、石油会社は国民の利益を生み出す装置そのものなんじゃないですか、例えば、石油の値段を時価で上がる仕組みが出来上がっていれば、戦争を始める用意をしただけで、石油なしには世界の生産は止まってしまうワケですが、戦争が始まればその石油の流れが止まる可能性が高くなりますから、「確かな不安」が広がって、石油は更に高騰するでしょう、石油は投機の対象であるわけですから、石油元売りとしては情報操作だけで、必要な時に必要な資金が湧いて出てくる事に成りますね。

 ダカラ石油会社って、英米国民が自分の老後を託す年金が、一番信用している投資先なんでしょうね、是なら、儲からない筈が無い、と云う説得力にあふれて居る。

 処が今回その絶対優位のシステムが突如崩れ始めた、思わぬ事故の所為だと云いますが、或る程度予想は出来た様です。

 此の台船リグは、元は三菱重工製だったらしいのですが、台風に拠る甚大な被害を受け損壊した為、BPに連なる会社が、格安の現代重工製をリースで導入したものだとか。

 今回の事件以来、様々な方法(約6通り)で、流失を止めようと試みが為されて居ますが、結局、一番時間のかかる方法別の方向から井戸を掘って、噴出圧を下げ、蓋をする方法に頼るほかは無くなった様です。

 随って、最低でも後2カ月は止まらないそうな。

 処で、BPはこの事態に直面しても一切「逃げ」の姿勢は見せて居ません、経営トップが此の騒動の最中に、ヨットレース見物で顰蹙を買った位で、オバマの当面の要求の200億ドルは勿論、その倍以上の準備金があり、しかも、更に同額の借金の用意もしているとのことです。

 この必死さは、米国の既得権者層の大部分を敵に回したくない、との思いから来るモノでしょう、ここで怯んだり、後ろを見せる様なそぶりさえ見せた場合、確実に信用が無くなります、それは、BPからの確実な資金引き揚げを意味し、近い将来BPの確実な破産と英国経済の立ち直りが不可能に成る事が簡単に現実化する事を意味します、石油メジャーは他にも幾つもあるのですから。

 見モノなのは、ヒュンダイへの批判が何時始まるのかと云う事です、リーマンショック前後のウォンの暴落で韓国経済は完全に煮詰まっていました、あの状況から如何なる手を使って恢復したのかと云えば、米国にイニシアティブを渡し、総統の借金を肩代わりしたり免除してもらったとしか思えません。

 ですから、韓国企業は今や、米国資本だと言えるのではないでしょうか、ダカラ、米国も日本もあまり騒がない。

 しかし此処で、ヒュンダイが巨額の賠償を背負った場合、米国内で内輪揉めが始まった事を意味しますから、其れ相当に恐い話ですが、もし、金だけでは済まない、場合、つまり、環境ダメージを含む修復責任をBPだけに背負わせて回避、と云う手法が使えなかった場合、現代の破産は当然でしょうが、それは、韓国政府の崩壊にもつながってくるのでしょう。

 サムスンは既に米国のモノだと思って居ますから、韓国には独立した私企業は皆無になるのかもしれませんね、でも、その方が、事大主義者の朝鮮族には嬉しい話なのかもしれません(嗤)、何せ、世界一の大国のしもべに成れるのですから、おおっと、日本も同じだと突っ込まれそうですな(大笑)。

>ゴールドマンサックス(ロスチャイルド)は、原油流出事故の
>一ヶ月も前に英BP社の株を売り抜けています

何でこんなことが可能なのでしょう?
株暴落ならともかく、事故って1ヶ月前に予想できますか?
それとも、これってあらかじめ仕組まれた事故だったのですか?

うーん、どうでしょうか?
私はBPバッシングがトヨタ叩きと同列の程度でメディアに流れているのを見て強い違和感を覚えました。

米国の自動車メーカーより遥かに少ないリコール台数で公開リンチにあったトヨタと、米国最大の環境破壊(しかも進行中)を起こしながら何故か控えめな報道のBP。これってオイルメジャーだから、英国の会社だから、ということもないですか?

BBCのニュースでも最近やっと少しだけBPのことを取り上げるようになりましたが、イギリス人は自分達こそ環境に最も配慮する民族と言いながらこの件については信じられないほど無関心です。これが日本の企業なら自分が社員でなくとも殆どの日本人が自分の事のように心配するはずです。
イルカだ鯨だマグロだと叫ぶのに、自分達の国の企業がこれほど酷い環境破壊を起こしているのは他人事っておかしくないですか?

それと、イギリス人は基本的にアメリカ嫌い(自分達の覇権が失われたことを面白く思ってない)、アメリカはイギリスを蹴飛ばして独立したのでイギリスやヨーロッパにはコンプレックスだけでなくちょっとした敵愾心のようなものを抱いてます。政治経済面では決して離れることのない双子のような間柄ですが、実際の感情はそうとも言えないのではないでしょうか。

ヒュンダイですか。やはり、という感じです。管理人さんも他の方も書かれているように、彼らの工事は酷いものがある。しかし世界では判断力の無い人も多く、欠陥工事と事故が起きることになります。
最近のインフラ工事ブーム、とりわけ原子力発電のような極めて高信頼性の要求されるものまでk国が請け負っているようで、本当に心配しています。こういうもので事故が起きた場合、地域場合によれば地球規模の汚染が起きてしまいます。それと、彼らはワイロを使うのに長けています。本当に悪いことをやっても責任を誰かに転嫁して逃げるというパタンが頻発するのではないでしょうか。
本当に地球環境を言うのならば出鱈目な工事をやる企業は地球レベルで徹底して排除すべきでしょう。

BPの内部告発

上でBPとゴールドマンサックスの関係を指摘している方がいらっしゃいますが、BPは事故の数週間前から異常があったことを知っていたとの内部告発があったようですよ。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/world/us_and_canada/10362139.stm

歴史は仕組まれてます

一ヶ月前に売り逃げが可能なのは、誰が考えても仕組まれているからで、よりによって韓国の現代が絡んでいるとは、運が悪いとしか言いようが無い。
韓国産の設備を依頼したのも全て仕組みの一つといえるのではないでしょうか。
日本製を選んでいれば、事件にすることは不可能だし、逆に疑念を抱かれると思います。
いい加減な国はこのように利用される証でしょうね。
インサイダーが可能なのは、独裁的金融資本が、情報の発信元であり、事件の造り元であれば、どんなことも可能になると思います。
この世界は、見せ掛けの国家と言う姿と歴史を操作する
一握りの独裁金融資本組織によって成り立っているのではないでしょうか?
都合に合わせて歴史を造りを動かせば、独裁金融資本は、枯渇することはない。
これが、近世における世界でしょう。
ただし今回のBPの事件は、アメリカとの関係で考えると何故?と思ってしまう。
このような形でイギリスを叩けば、日米同盟も何らかの事件が引き金になって解消する事態に作られる危険性は無かろうか?
日本は、経済・軍事ともに信用不安を呼んでしまうことになる。日本を切り捨てる時はそんなもんでしょう。
であれば、初心に戻って自立国家の基本に立ち戻る時期に来ていると思います。

1年前のこと

オバマは確か大統領就任演説で、むかし英国軍がワシントンに攻めてきた植民地戦争に言及した際に「敵」という言葉で英国を表現していました。
この為当時ネット上では米国の英国に対する姿勢に変化ががが、と議論されていたのを覚えています。
まぁ、民主党のアメリカは国内しか見えておらず、同盟国などにも神経を使わず、国益追求一本槍なのは毎度のことですが。

>今日の産経新聞に「手抜き工事」「油井には安価な単体のパイプを使っている」
と載っています。「安価・手抜き」の主役は韓国の現代重工業です。

史上最悪…メキシコ湾原油流出の責任はどこに
http://allabout.co.jp/gm/gc/45820/
>■ハリバートン
アメリカの石油や天然ガスの生産設備メーカー。DHの設置工事を担当した。公聴会では、「うちはBPの指示に従っただけであり、事故の責任はない」(CNN)と主張。


@産経の記事は読んでませんが「油井には安価な単体のパイプを使っている」ですのでリグの問題ではなく設置工事をしたハリバートンの問題なのではないでしょうか。

戸締りさんのブログで得た、メキシコ湾原油流出事故の気になるニュースを転載。
戸締りさんのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/daitojimari
■英BP、提携企業に貢献求める権利ある-原油流出事故の被害補償で
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aB2P6pqXGk8w
■三井物とアナダーコ、BP原油流出事故で負担に備えを-マーキー議員
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aKxNz5n0pY.Y



>何でこんなことが可能なのでしょう?
株暴落ならともかく、事故って1ヶ月前に予想できますか?
それとも、これってあらかじめ仕組まれた事故だったのですか?

↓も戸締りさんのブログで得た記事です。
■メキシコ湾原油流出:BP、爆発事故6週間前に制御困難と当局に報告
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=aoCY5ynn.ZEw

>何でこんなことが可能なのでしょう?

ユダヤ系団体は占星術を通して予言して運営しているという陰謀論に立つ人(?)の主張もありますが、どうなんでしょう。NWO内部では規定路線だったとか。

ヒュンダイの責任は?

>BPは事故の数週間前から異常があったことを知っていたとの内部告発が・・・

やはりそうだったのですね、情報ありがとうございます。この莫大な損害・被害を巡って、韓国(ヒュンダイ)も巻き込まれ(色々な意味で国際的な信用を失って)長い目で見て、日本にとってはこの事故が「助け船」になるような展開になってくれると良いなあと思います。

前の記事と一緒に読ませていただきました。
トヨタの事件以来、私もオバマ政権がニュースで目に入ると
背筋が寒くなる思いでしたが、難しいことは解らず、今
管理人さんの書かれた記事を読んで、頭の中も心の中も
きちんと整理されていきました(感謝)
私の夫は団塊の世代ですが、彼の男女の友人は
朝日新聞の社説を受験勉強の題材としてしまい洗脳されている人が多く
今、日本が乗っ取られようとしている時に、なんと暢気なことを
言っているのかと思います。
管理人さんの次の記事も楽しみにしています。
どうぞ目を覚まさせてください!

あらためて、ブログ主さまの情報収集に敬服いたします。
米国は、英国からメイフラワー号にて、迫害を受けていたプロテスタン系の白人が自由を求め、アメリカ大陸に渡ったのが始まりで、たったの240年ぐらいの歴史しかありません。

その白人達は、原住の人たちの助けを受けるも、アメリカ大陸の支配者になり、初期には独立戦争で勝利するまで、英国の植民地であったわけです。その歴史的経過、また日本でも鬼畜米英と云っていた、大東亜戦争が起きる原因を作った米英の不正義を思うに、隔世の想いがよぎります。

しかし、あの民族のあの法則は、千年単位を経ても変化がありませんね。日本国内も、あの愚民たちにより大変な時代が来ています。

メキシコ湾に神風がふく

不謹慎ですが、メキシコ湾原油流出は、トヨタを不当にバッシングしていたアメリカに対する罰のように思えてなりません。

国家に真の友達はいないという言葉の実証なのかな?
英国の歴史をふまえると安易に同情できかねます。
二枚舌とか密約とか老獪な連中だしなぁ・・

イギリスが駄目な国であることはポンドが物語っている。
頭の良い連中は既にポンドを売り抜けている。

懐かしい言葉が…

落日の大英帝国、第二次世界大戦後からサッチャー登場前に良く聞きましたよね。
多分、これまで実にしぶとく立ち回って来た英国ですから、今回も危機を乗り越えると思います、私は。

韓国企業は信用を落とすだけで、金銭的には大丈夫でしょう?契約書の違反行為や有責事項に当たらない限りは…あったらアウトですが。韓国企業もそれ位承知でしょう。(日本では、普通より安い物でも高い品質を要求しますが)
釈迦に説法でしたか…管理人様、失礼しました。

しかし、米国も落ちぶれましたね~、正妻を怒らせたら…後が怖いのに…。さしずめ日本などは端女の妾かな、旦那が本当に守ってくれるか心配になります。早く自立しなきゃ~、周りに怖いお兄さん達が住んでいるんだから…。

西洋占星術ですが、当たってる感じですか?

この年は、星のうえではきわめて重要な星回りになっています。
専門的には、「カーデイナル・クライマックス」と呼んでいますが、
土星、木星、天王星、冥王星という主要な大惑星が、互いに90度
のハードアングルを形成しあうのです。

実は、この配置が前回起こったのは1930年代前半。
大恐慌から戦争へと、世界が向かっていった時代です。
今回はしかも、カーデイナル(活動宮)の0度付近で起こるので、さらに重要。

人類が大戦争を起こす、とは思いたくないですが、時代が大きく変わるのはたしか。
そしてその時代の変化は、当然あなたにも影響を及ぼします。

@ @ @ @

白人世界の没落って感じがしています。
有色人種でも、アフリカ系や虐げられてた人達がどんどん目覚ましい発展をしていきそうです。

日本も、すごく変わってしまってますね。

自民党も野党になって、ちりじりバラバラだし。

インドがこれからすごいって書いてましたが、中国をしのぎそうですか?

http://imgnews.jknews.co.kr/outnews/2010/06/24/NISI20100624_0003069321.jpg

「日本の統一教会員拉致監禁による韓国人権被害者対策委員会(対策委)」は24日、韓国男性と
結婚して家庭を持った日本妻らが拉致・監禁が恐ろしくて故郷を訪問さえ出来ずにいるとし、日本
政府の事態解決と韓国政府の協力を促した。

対策委はこの日午後、忠南天安市並川面アウネ体育館で大韓民国に居住する日本人妻500人
余りが参加して記者会見を行い、去る1966年統一教会の拉致が初めて発生してからの拉致監禁
被害に対して訴えた。

ハラ・サユリ忠南大田拉致監禁被害者会支部長は菅直人日本総理に送る要請文を通じて「子供
が母方のお祖父さん、お祖母さんが見たいといっても拉致監禁が子供らまで被害を与えるか心配
で日本に行けずにいる」として「拉致監禁事件は単純な家族問題、宗教問題ではなく憲法に保障
された個人の人権を弾圧する問題」と明らかにした。

日本で統一教会信者を対象にした拉致・監禁事態による被害者は去る1966年初めて拉致事件
が発生して以来、今まで4300人余りに達するという。この日の集会ではタナカ・ユキミさん(仮名)
の拉致被害事例が発表された。

この日の行事に先立ち日本人妻500人余りは日本伝統衣装のキモノと韓国伝統衣装の韓服を着
て天安市並川面の柳寛順(ユ・グヮンスン)烈士追悼閣に参拝して日帝強制支配期に対する謝罪
と日本慰安婦問題に対する日本の責任と解決を促す行事を行った。

キムラ・ジュンコ大田忠南委員長は「大田忠南(テジョンチュンナム)地域にも拉致監禁被害者が
約30人いて今でもその時の恐怖と後遺症から韓国生活が困難になった方々も多く、韓国政府の
協力をお願いする」として「経過報告に先立ち、韓日合併100周年になる年をむかえて日本強制
占領期間に対して日本人として代わりに謝ります」と明らかにした。

ソース:財経日報(韓国語) 日本人統一教夫人団体”拉致・監禁恐怖で故郷行けない”
http://news.jknews.co.kr/article/news/20100624/5670430.htm

関連記事:
統一教会の拉致監禁対策委が日本大使館に嘆願書を提出。_ニュース天地報道(3)
http://www.tongilgyo.org/system/news_notice_jp/36668
・これは韓国による日本人拉致事件です。
 売国民主党には怒りのメールをしました。
 何とか救う方法はないでしょうか!
 唖然とします。

国内というか在日の話で恐縮です。

前提失った参政権推進論 《強制連行が付与の根拠》 何度も言っているように、在日の「強制連行」は嘘である。

「在日強行連行説」急に聞かれても把握していない岡田外相
http://blog.m.livedoor.jp/the_radical_right/c.cgi?guid=ON&id=52463382

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/632-058a9eef

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。