スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国撤退「蟻地獄」


前回当社の中国撤退模様を少し書いてみました。当社は最初から中国撤退を
想定して中国投資をしました。だから何の痛みもなしに中国を逃げ出すことが
出来たのです。

ところが他社の中小企業は中国工場と合弁し会社を作ってしまいました。
法人格をもてば当然のごとく中国の法律に拘束されてしまいます。

つまり撤退が簡単に出来なくなるということです。機械設備の没収はもちろんのこと、
資産も合弁相手に全てとられてしまいます。中国には会社解散の法律が完備されて
いません。

解散するには合弁を認可した役所と合弁相手の中国董事(重役)の了解が
いります。そして双方の了解をもらうために莫大な違約金を要求されます。

違約金が払えないと法律的には永久に中国従業員の給料をはらい続けなけれ
ばいけません。まさに蟻地獄です。これを避けるには日本本社を倒産さすか、
解散さす以外方法がありません。

大手企業や外国の会社はこの危険を避けるために香港にダミー会社を作って
そこから中国本土に投資します。香港ではダミー会社の事をシェルカンパニー
といって誰でも簡単に会社を買ったり、作ったりすることができます。

日本の中小企業は中国人の怖さも知らず、安易に直接中国へ進出してしまい
結果地獄を見ることになってしまうのです。

話を前回の契約式合弁会社である威海工場との抗争に戻します。威海工場の
計算は この日本の会社はいまさら他社に振れば新たに設備投資をしなければ
いけない。だから50%の値上げでも飲まざるを得ないと強気に出たのです。

ところが当社はこのようなことを当初から想定して準備していました。
威海工場が突然豹変した時点で徐々に発注を減らし 3ヶ月後には半分にして、
4ヶ月後には突然発注をゼロにしました。

その時にはすでに青島と煙台の工場が威海の生産を全て引き受けていました。
特に青島の工場は総勢約1000人の大工場です。我々のために一角を開けて
待っていてくれていました。

当社も3年かけて特殊な機械を投入して徐々に発注を増やしていました。

威海工場との抗争をダラダラ書いていると又長くなります。私が言いたいことは、
中国人は常に相手の弱みを握ることが行動原理の第一だということを
肝に銘じる必要があります。

弱みを握られると態度が一変に豹変します。日本の政治家もハニートラップや
金という弱みを握られて自由に操られています。

中国の弱みは外国投資がなくなることが最大の弱みです。だからニュースに
なりやすい大企業に対しては慎重にならざるをえません。しかし末端の中小企業
に対しては露骨に脅迫、嫌がらせをして金をふんだくります。

中国は労働コストが上がったと言ってもまだ日本の10分の一です。
ストで.給料が倍になっても大企業はまだ撤退はしないと思います。

大企業は工賃の安さだけでなく、少々労働コスト上がっても中国市場で
売るために現地で作るというシステムにこだわっています。 まだ何回も何回も
痛い目にあわないと分からないと思います。

今日の結論です。中国人と付き合うには弱腰は非常に危険な対応です。常に
強硬な態度をとらないと、逆に身に危険が及びます

他人につけ込まれる前に、他人の弱みに付け込めというのが中国人の
行動原理の第一だということをよく覚えておいてください。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

>他人につけ込まれる前に、他人の弱みに付け込めというのが中国人の
>行動原理の第一だということをよく覚えておいてください。

大学の頃、支那人留学生の裏表のすさまじさを見て、
何ともいえない嫌悪感を感じたことを思い出しました。

それでも、そういった留学生に対して、
「あなた方は、知らないでしょうが、中国には文革というものが
 あって、あれでなければ、生き残れなかったんです。」
と擁護する年上の方がおられました。
まあ、そういった方の前では、彼らは非常に行儀が良かったのですが w
(こういったことをいうと、気分を害される方がおられるのは
 承知ですが、まさに団塊の世代ど真ん中の方でした。)
当時は、釈然としない思いでしたが、今では、思います。
文革時代に限らず、あの大陸で生き残るには、
あのような性格でなければならないのでしょう。

>今日の結論です。中国人と付き合うには弱腰は非常に危険な対応です。常に
>強硬な態度をとらないと、逆に身に危険が及びます

我々、日本人が彼らに合わせるくらいなら、
付き合わない方が、よいかと思います。
とはいえ、最近、周りに支那人が増えてきています。
何とかならないかな・・・と。

韓国企業も非常に危ないです。

管理人さん、韓国もすごいです。
彼らに情けは無用です。

特殊技術を持つ日本の会社を買収する為に、国家プロジェクトを立ち上げるようです。
「隣人は利用しつくし、しゃぶり尽くすもの」ぐらいにしか考えていませんよ。
「経済危機の時に手を差し伸べてもらった恩に報いる」とか、そういう殊勝な発想は皆無とみました。
確か、人格障害の一種に、この手の症状があったような気がします。

ひたすら「親韓路線」を歩む民主党と、全力で韓流を煽る日本のマスコミの下、日本国は、やがてスネを齧られまくって痩せ細って朽ち果てるのでしょうか・・・

この問題に対する注意を喚起していただければありがたいです。

韓国:日本企業買収支援で基金設立へ、技術取り込み狙う-朝鮮日報
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aNyoP5yHEY7o
6月16日(ブルームバーグ):日本企業買収を模索する韓国企業に資金提供する基金の設立を韓国政府が計画している。同国紙の朝鮮日報が政府当局者1人からの情報として報じた。当局者の氏名は明らかにしていない。
16日付の同紙によると、基金は独自技術を持つ日本企業を対象とする買収支援に軸足を置く。

なるほど、理解できます。そうやればよかったんですね。次回やってみます。

日本人は知らなすぎですね・・

技術を教えに行く監視チェックに行く人達には自分の会社に対してそんな恐さがあるなど知りませんでした。中国人に休日観光へ誘われ撮った写真の背景が軍事関係施設でありスパイとして投獄され会社を乗っ取られたなんて話は過去聞いたことがありましたが、ありえそうですね。中国に派遣される社員側もしっかりした教育を受けて行かねばならないなと思いますね・・

企業の海外進出は賛成出来ない

 自国でどうにも成らない、ならば海外で儲けよう。
  実に浅はかな企業意識です、海外で必要ならば其れは海外の企業なのです。
 自国では無理な金儲けを海外ですることが、その国での必要性はどうなのか?
 儲けはどこでも必要な所で等とは全く馬鹿げた資本主義の理屈です。
  その為にどれだけの国と国民が困っているのが考えてみなさい。

JAL=公務員?

《ふざけるな》JAL! 割増退職金の大盤振る舞い
リストラ損失 1兆円
この会社は本当に変われるのか――。

会社更生法手続き中のJALが、総額1兆円を超える巨額リストラ費用を取引銀行団に提示した。ジャンボ機の燃費のいい小型機に交換するために出費がかさむというのだが、2万人近い早期退職応募者への「割増退職金」でも3000億円以上の追加損失が出るという。これには「ちょっとおかしいんじゃない?」の異論が噴出している。

「JALの経営を圧迫していたのは、早期退職に殺到した年収3000万円ともいわれるパイロットや、年収1000万円超の熟女スッチーの高額報酬です。税金投入に納得していない国民も多いのに、今回の早期退職者には月給の6カ月分以上の割増金が上積みされているらしい。JALはその詳細を明らかにしていませんが、40歳のスッチーで1000万円を超えているという。パイロットは最高額クラスになると、5000万円は下らないといわれています。本当の金額を知ったら、庶民は卒倒するんじゃないか」(航空業界事情通)

パイロット、熟女スッチー “焼け太り”に怒りの声
ちなみに、国民の9割が働いている中小企業の退職金の相場をご存知か。定年を目前にした55歳の大卒社員が会社都合で退職する場合、従業員100~300人未満の中小企業で1285万円。50~100人未満の会社では973万円だ(中小企業退職金共済事業HPから)。これが庶民の感覚なのである。

さすがに、身内からも恨み節が聞こえてくる。
「JALを食い物にした世代がベラボーな退職金をつかんで“勝ち逃げ”する一方、35歳以上を対象にした早期退職にも応募できない若い社員たちは地獄です。そもそも入社当初から給料を抑えられているのに、ボーナスは昨冬に続いて、今年も夏・冬ゼロ。加えて業績加算手当など手当も廃止される。やる気を失っています」(関係者)

彼らの士気が低下すれば、空の安全も脅かされる。これでいいのか。
◆日航、リストラ費用1兆円超 人員削減や大型機処分
 (⇒2010/06/15 47ニュース)

これほどデカイ会社は、潰すのも再生させるのも大きな負担と犠牲が必要です。
それなのに、退職金を上乗せしていいのか。その上、金額も公表なしでは、何のために透明性がある法的整理を選んだのか!―といいたい。
稲盛さんの手腕に期待せざるを得ませんが、それにしても自民党政治は、大きな”負の遺産”を残してくれたものです。奴らが政治を続けていたら、この問題はどうしていたでしょう。民主批判ばかりしているんじゃねぇー!

昨日のTVニュースでしたか、件の丹羽氏が嬉々として首相官邸に入って行く様子が流れていましたね。

まぁ、なにぶん何の苦労もなく育った人ですから。

友達がいるとか仲間が人生を豊かにしてくれるとかみんな能力は同じとか、人間は褒めてやると成長するとか。
なんて言うんでしょうねぇ~。アホらしさ満点でして。
鳩山とはまた違った、「お花畑能」の持ち主で。

これで、伊藤忠の社長になれたわけで、トヨタのかつての奥田氏と同様、大企業の社長なんてぇのは、愚物じゃなきゃなれないって証明ですな。笑

で、この丹羽氏が中国大使です。

大使って仕事は、軍事政治の凝縮でして、簡単に言ってしまえば、経済なんて全く考慮する必要がない仕事です。

丹羽氏がビジネスで中国に詳しいなんちゅう思考こそが、世界の外交を知らなさ過ぎる「鳩山友愛脳」と同じレベルでしょうね。

アメリカは最大の軍事攻撃能力を有し、かつ、最大の秘密工作能力を有する国だからこそ、大使は誰でもいいわけで、大統領の友人知人経済人選挙スポンサーなんて輩でも務まるわけです。

ロシアもイギリスもフランスもドイツも中国も、規模の大小はあってもどの国もアメリカと同じです。

鳩山・菅・小沢・岡田民主のように軍事能力どころか軍事が何かも分からぬわが国では、大使にビジネスマンや友人知人を指名することは自ら亡国を望むようなもんです。

かといって、阿南のような敵スパイは論外ですが。

いわゆる、”政に商人は口出しするな”って格言は、いつの時代にも生きてるわけですな。

>2010/06/17(木) 08:04:50  ?さん

すみません、
最後なんで自民党批判になるのか教えてください。
民主党が法的整理してるのではないのでしょうか。

中国バブル崩壊か?

広州市では不動産投資熱が急激に冷え込んでいるそうです。17日付「新快報」によると、売買契約数が、前年同期比86%減少したようです。また、中国経済紙は、上海市が運営する不動産サイトの情報において、中古マンションの販売在庫が12万6698戸と、今月1日時点の11万6554戸から1万戸も増えたと報じました。
さて個人的には今後が楽しみですが、あまり日本経済に影響を与えないで欲しいものです。

ジミンガー、ジミンガー

民主党の批判ばかりするなという輩がいるが、民主党の支持母体は労働組合、日教組、在日朝鮮人韓国人等であり、全て我が国の発展に寄与しない寄生虫、穀潰しの類いである。


おまけに民主党の政策は大衆迎合のバラ撒きと資産食い潰しのオンパレードである。


はやぶさ開発の事業費17億円をたったの3千万円にまで削減するなど、仕分け作業で我が国の科学技術の芽を悉く摘む一方、子ども手当てで中国大陸はじめ全世界に住む外国人の子どもたちに日本国民の血税をバラ撒き、黄砂対策費用として1兆7千5百億円を外貨準備高世界一、GDPは今年我が国を抜いて世界第二位になるという金満中国に献上するという。


民主党に政権を任せておけば、国まるごとJALの惨状を呈するのは間違い無い。


民主党ばかりを批判するなと言うけれど、未曾有の地獄絵図が目前に迫っているのをむざむざ手をこまねいて見過ごすバカも居ないだろう。

いつまでもジミンガー、ジミンガーと昔を懐かしんでばかりいないで、未来に向かって有効な手だてを考えることが優先されると思われるのだが。


中国濁流化の兆し

中国における08年度の労働争議は07年度の2倍の70万件だそうだ。そして10年度
2つの象徴的な労働争議が起きた。台湾の世界大手電子部品メーカー「富士康」
深セン市工場の基本給を67%アップ2000元(約2.7万円)に賃上げした
ことと、ホンダが33%の賃上げで妥結したことだ。

既存の労働組合は所詮共産党の下部組織でしかないが今回の労働争議は若者を中
心として起こっている。一部屋に10人が詰め込まれる生活を強いられインフレが
進む中賃金が上がらないことに腹を立てて立ち上がったというところだろう。
もはや若者は労働組合の言う事を聞かない存在になっている。しかし共産党にと
っては安い労賃で製品を輸出し外貨を稼ぐのが目的なので労働者の生活などはど
うでもいいのである。このせめぎあいがとうなるか、中国は濁流の中に入ったと
いえる。

痛い目に合うしかない

ケツの毛まで毟り取られないと解らなければ、其の流れに任せるしかないでしょう。
欧米企業は、其の当りどのように対処しているのでしょうか?
日本は、バスに乗り遅れるな的な企業参加でしたが、蟻地獄と言うからには引くに引けない企業も既に有るのでしょうね。
何か担保する物があって参加したようには一般人の目にも見えないです。
これから民主政権時代ですが、不幸の種がどんどんまかれるでしょう。
種と言うより日本が苦境にあっても助けない政府でしょう。
所が反転アメリカの高速鉄道は、官民共同で昔の護送船団宜しくバックアップ体制で売り込むのでしょう?
なんだか民主のパフォーマンスは、ごまかしの見せ掛けに見えてどうしようもない。
「はやぶさ」の予算削減を見ていると、官民一体の売り込みは矛盾するんですよね。
破壊者民主は本心ではないでしょう!
国民を騙すための隠れ蓑だと思います。
そのくらい信用出来ない政党だ!

【ラブ♡ハンター】麻生太郎の恋愛テクニック
http://www.nicovideo.jp/watch/sm11095150
http://www.youtube.com/watch?v=DPu-okBsbZg

打倒民主党、打倒管政権。

我々保守から特亜と呼ばれている国々の国民の皆さんに通底するのは、反日、反米と色々外国批判はしますが、実は何より、自分が属している社会を何より一番信用して居ないと云う事でしょう。

 嘗て、神戸の華僑の方と酒場で隣席した時、意気投合いして、国家について語っているうちに「シナ人とは国家を全く信じて居ない民族なんですね」と云った時、「お前善く分って居るな」と、「シナ人は国家に散々裏切られてきた民族だし、シナ人にとって民族と云う言葉が意味する処とは、日本民族が考える様な民族がイメージする様なモノとは遥かな隔たりが有る」と仰っておられました。

 その言に従えば、彼らは国という単位を我々日本人や欧米人とは全く違う次元で捉えて居ると云って宜しいでしょう。

 私が考えるに、我々日本人にとって国とは、詰まる所国民であり天皇陛下であります、陛下は、主と云う字が現す様に、王と云う字の上に抜きんでた存在の御方であり、民は、元の字の様に足で支えた水平の上に抜きんでたモ存在です、是ら双方を以て、昔から「国体」と云う表現で語られて居ります。

 しかし、特亜人達にとって国とは、弾圧を加える暴力的な機関と云う一面を持つ、支配者と云う顔をした社会における特権集団です、簡単に云えば、彼らは「自らの裡より出でて、自らの上に君臨し、差別し、弾圧するが、やがて、自らを滅ぼし、そして、無に還る」存在なのです。

 其れが故に、憎むべき存在であると同時に、彼らが構成する社会にとっては、むしろ、「目指すべき」存在なのです。

 其れが故に、数千年の虐殺・弾圧の歴史を経ても、社会改革と云う観念に辿りつけないのでしょう。

 社会とはドゥあるべきかと云う自覚、認識を見識と呼びますが、見識と派価値観でもありますが、人生を如何にして送ってきたか、その人の成功・失敗はどんな基準で彼の上に顕現したかに拠って、その価値の基準が大きく差湯されるのは言わずもがなの事でしょう。

 然るに、商社マンや経営者の健全な感覚は、結果尊重・重視の姿勢からこそ生まれ、構成されてゆくものでしょう、、是が、結果と評価が一致しないと、その実行者にはオカシナ価値観が育つ場合が多く見られます。

 勿論理屈を超えたモノを否定するわけではありませんが、些か幸運に恵まれ過ぎた場合、例えば、鳩山の様な状況に陥って終うのでしょう。

 彼の場合、虚言癖、迎合癖、具体性に欠けた発言、主張に一貫性や覚悟の無さが明らかである等、人格的なアンバランスが明らかに見られます。未成熟な面が多々見られ、所謂、昔でいう「親の顔が見たい」タイプです。

 自力で苦悩や葛藤を克服した経験が些少でしかないから、他人の立場に立ったモノの見方、感じ方が想像の範囲にない、是は弟とも共通して居るところから親の責任でしょうが、親も亦、同じタイプかもしれませんね。

 国リーダーたる最適な資質と云うものは、時代や国が置かれた状況によって変わるものなのでしょうが、戦前も多くの間違いを犯して居ます、例えば、松岡洋右もそうだし、何より、近衛文麿を忘れてはいけません。

 日本国民は二度と同じ過ちを繰り返しては、本当に国を滅ぼし、二度と立ち上がれない事態に見舞われてしまうかもしれません。

 処で、今日から叫びます、打倒民主党、打倒管政権。

なるほど。

よく分かりました。
やはり、日本国内のほうが、まだマシということですね...

引けば出てくる、中華の覇権

前記事でも、ナポレオン・ソロ 様言われましたように、
世界に類の無い思考を持っているのが、奴ら、特亜の連中です。

戦後、『戦争放棄』のもと、中国・朝鮮はこの日本のメッセージを
悪用し、土足で堂々と踏みにじり、わが国と我国民を愚弄してきました。
・・・・・喧嘩をしない担保を貰った立場を奴らは、可能な限りの悪事を
外交の場に持って行き、国家高揚のダシに使ってるわけです。
考えてみると、
当時の状況から鑑み、この日本の発想は世界の現実から見て、
百年は早い結論だったとおもいます。
『ひょっとして、ここまでやったら、やられるかも・・・・』の脅威から、
彼ら特亜は解放されたのですから・・・・・・。

ブログ主様も言われているように、あのモラルの国民性ですよ・・・・
時は2010年、米軍沖縄海兵隊の存在という話になりますが
これ、グァム移転だの、国外移転だのってやったら、
間違いなく、尖閣と沖の鳥島はやられますよ・・・・・・。
・・・・・みてくださいよ・・・・・あのガス田・・・・・。
中国国内で大陸棚までは中国領って触れ回ってですよ、
蓋開けてみたら、境界ギリギリにプラント設置するあの方式です。
・・・・共同開発で合意っていっておきながら、それまで稼動保留っていう
道議的なルールは無視して、毎日採り続けています・・・・
・・・・・されるがまま、黙っているからでしょう?・・・・。

フィリピンでも、米軍撤退に絡み、新たな島の占有権の主張
始めて、今に至ってますよね・・・・わかりやすいったらわかりやすいですが
・・・・・ほんと、実利取れるなら一秒でもっていう卑しい根性を隠そうともしません(笑)

韓国の例の竹島・・・・・・・ドクトなんてキッタない名前で呼んでくれちゃってますが、
でかい声出して『どおり』を引っ込めさせる手法を
自称先進国と声高々に言ってる国には実に似つかわしくない行動だって
・・・・・・・皆さん、思いますでしょ?

民主は、ついこの間、この『抑止力』ってものについて、
前総理大臣様が勉強され始めたばかりなんですよね・・・・・。
・・・・・菅ちゃんも今、勉強中ってのは、まっこと、シャレになりませんよ・・・・。

既出ならすまそ

【中国】広がるスト、「世界の工場」に異変 日系企業、対応に苦慮「既に多額投資…後引けない」「巨大市場、捨てられぬ」[06/20]
http://live28.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1276990272/

19 :伊58 ◆AOfDTU.apk :2010/06 /20(日) 08:47:47 ID:3U8AEuxp
816 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/23(土) 18:59:32 ID:zWrCuM66
そんじゃあ、以前も少し話したけど、こちらの住人に知って欲しい、
日韓の代表的「事件」を二つあげよう。

まずは「大沢プレス事件」

1988年の年末から、プレス機械を韓国に納入していた大沢プレスの
社長が、製品に「言いがかり」といえるクレームを付けられた上に、拉致され、
延べ一ヶ月以上にわたって、監禁された事件。

要するに、「ゴネ得」を狙ってクレームつけたが、拒否されたため、
火病って「人質」にとったってことな。

驚くべきは、この社長は日本大使館の公用車に乗っているところを拉致された
ということ。韓国では、国際的に認められている「大使館特権」が通用しない。

政府関係者に、こういった犯罪行為に一枚噛んでいる人間がいるようだ。

結局、この社長は相手側に5000万円。
大統領側近などの政府関係者に2000万円の、実質上の「身代金」をはらうことでやっと釈放された。


24 :伊58 ◆AOfDTU.apk :2010/06 /20(日) 08:49:29 ID:3U8AEuxp
もうひとつ知って欲しいのは「韓国スミダ電気事件」

やはり韓国に進出した日本企業スミダ電気は、韓国国内で上がった収益を
一切日本に回収せず、全て韓国国内で再投資するという、ほとんど
ボランティアといっていいほど良心的な経営を続けていたそうな。

ところが1987年ごろから、労働組合が結成される。
しかも、この労動組合には北朝鮮の支持者が偽名で入り込んでいたらしい。

労働者が扇動され、お決まりの賃金アップ要求、不真面目な就業が続く。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
以下、韓国側が会社に要求されたことを列挙していくと、

就業時間中の労働運動と、この労働運動の時間中の時間給の要求。
会社外の人間である労働組幹部への給与要求。
2交代3交代制の拒否。
トイレ、水のみ場で長い列を作っての並んでのサボり。
300人が会社・工場へ泊まりこみ。
事務所への残飯ぶちまけ。
さらには、「日の丸の踏み絵」を作り、日本人代表理事の会社からの締め出し。

結局、賃金は2倍まで高騰。
しかし労働者側はそれですら満足せず、さらに運動を続け、
「大沢プレス事件」を知っている経営者側の退社が相次ぐ。
身の危険を感じた日本人代表理事は日本に帰国。

1989年10月、日本からFAXで、韓国人労働者の解雇を通知。

注 下線部は伊58が入れた


30 :伊58 ◆AOfDTU.apk :2010/06 /20(日) 08:51:04 ID:3U8AEuxp
827 名前:港 ◆asHRtOTOD2 投稿日:2005/07/23(土) 19:07:37 ID:zWrCuM66

しかし、韓国労組側はそれを認めず工場を占拠。
日本に代表を送り、日本の労組、マスコミと連携して
社長の自宅前での抗議運動などを行う。

最悪なのは日本のマスコミで、事件の経緯を十分に説明せず、韓国側の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
主張のみを取り上げ「韓国人労働者を過酷な労働をさせながら、給与を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
支払わずに逃げ出した」という論調でこの事件を報道。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
結局、日本国内の批判も集中し、スミダ電気側がさらに韓国側に金を
支払うことになった。
どの程度の金が支払われたのかは不明なのだが、どうも要求額
ほぼ満額を支払ったらしい。


以上が、「大沢プレス事件」「スミダ電気事件」のそれぞれの大まかな
経緯である。
それにしても日本人関係者の怒りはいかばかりか。
心中察するにあまりある。

注 下線部は伊58が入れた

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/629-86a0af06

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。