スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の将軍様の焦り


前回の続きです。

前回 北朝鮮の地下資源の埋蔵量は大変な数字だと書きました。
ゴールドマン・サックスが発表した報告書によると、3兆7000億ドル
相当の地下資源がある。韓国・商工会議所の試算では6兆ドルほどあると
発表しています。

またゴールドマン・サックスはもし南北が統一されたら南北朝鮮経済は、
2050年までに日本経済に匹敵する規模になると予想しました。

アメリカの資源探査衛星からの情報分析で、北朝鮮が世界でも稀に見る
「レアメタルの宝庫」であることが明らかになってきました。

たとえばタングステンは世界の埋蔵量のほぼ半分が北朝鮮にあるとされて
います。タングステンは軍需産業には欠かせない素材です。

その他合金に使われるアルミニュウム、マグネサイト、電子基盤の材料に
使われるモリブデンなども北朝鮮には大量に眠っています。

それ以外にも、リチウムイオン充電池の材料に用いられるコバルトや、超硬材
に用いられるチタニュウム、さらに金、銀などの資源も確認されています。

そしてしかも最近、ウランも約400万トンの埋蔵量があるという報告もされ
ています。これは世界の採取可能な推定埋蔵量とほぼ同じ量なのです。

その上ロシアの資源探査チームの調査で、北朝鮮の西海岸地域に600億バレル
もの石油が埋蔵されていることも判明してきました。

まさに国民は宝の山の上で暮らしながら 食うや食わずで暮らし、国民の
半分は栄養失調に苦しんでいるという皮肉な現実があります。

この宝の山を天然資源に飢えた欲ボケな中国が見逃すはずがありません。
中国はなぜ北朝鮮を支援し、金正日総書記を厚遇するかがわかっていただけた
と思います。

しかし金正日は中国とは長年同盟国ではあるが、中国を全く信用していません。
中国の焦りを利用して鉱山の採掘権を高く売りつけています。

それでも中国は北朝鮮の茂山鉱山の採掘権(50年)を獲得。投資総額九百十
億円以上、鉱山開発のほか鉄鉱石を中国側へ運搬するための運搬ルートも
整備し、毎年一千万トンの鉄鉱石を中国へ輸出する計画です。

さらに最近、無煙炭鉱山である龍登炭鉱の五十年間の採掘権を獲得しました。

しかし中国は計画通り事業展開がスムースに進みません。なぜなら北朝鮮は
規則をコロコロ変えたり、電力供給も滞りがちです。
金正日の仕込んだ投資の罠に中国を巧みに引きずり込んでいます。

前大統領の盧武鉉はこのままでは北の資源を中国に奪われてしまうという
危機感から、鉱物資源の開発及び確保に乗り出しましたが、李明博大統領は
北の狡猾さを百も承知、その上毎年一千億円以上の援助を続けることの
無意味さをビジネスマンらしく計算しました。

そして余命少なくなった金正日総書記がなくなればアメリカと世界の世論を
味方につけて南北を統一することが出来ます。統一すれば自動的に地下資源
は韓国の物になります。

アメリカも北の地下資源には魅力を感じています。統一された韓国と組む
ことによって、リスクを軽減して投資できます。資金不足な韓国も
アメリカファンドの投資は大歓迎です。

しかしこの流れは中国にとって最悪です.中国は南北統一を阻止して、北を
中国の属国にして宝の山を自由にしたいのです。

そのために前回書いたように長男金正男氏を大切に保護しています。金総書記
が亡くなれば、すぐに帰国させ後継者にさせて、北朝鮮に中国の傀儡政権を
作るつもりです。

このことを察知している金総書記は三男のジョンウン氏を後継とする体制
づくりを急ピッチで進め、世界に早く認知させ、自国の軍にも認知させる
工作を仕掛けています。

今回の韓国船沈没事件も南北の軍事的緊張を高め軍と国民に危機意識を持たせ、
三男ジョンウン氏の体制を早急に固める事を意図しています。

話を宝の山に戻します。
北朝鮮の資源をめぐる争奪戦に意外にもイギリスが暗躍しています。イギリス
は北朝鮮の地下資源に早くから目をつけ、2001年に北朝鮮と国交を回復し、
平壌に大使館を開設して、英国金融監督庁が朝鮮開発投資ファンドに認可を
与えています。

イギリスの石油開発会社アミネックスは、北朝鮮政府と石油の独占探査契約
を結び、1000万ドルを投資する計画を発表しています。

イギリスのヘッジファンド「ファビエン・ピクテ」によれば「北朝鮮には
大きな可能性がある。徐々に投資を拡大していきたい」と言っています。

ロンドンの金市場では近いうちに北朝鮮産出のゴールドが売買されるように
なるとの情報も出ています。(ニューズウイークより)

このように世界のファンドマネージャーたちはチャンスがあれば北朝鮮との
取引で大きな利益を上げようと虎視眈々とねらっています。

しかし朝鮮民族の性格を知らない欧米企業は金総書記が存命中に欲につら
れて事を焦れば、確実に投資の罠にはまっていきます。

韓国からの支援が止まり、日本からのパチンコマネーも先細り、国連から
経済制裁をうけても持ちこたえているのは、欧米各国の先行投資が続いて
いるからです。

一部の情報によれば北朝鮮の宝の山は北朝鮮人民軍が管轄しているらしい。
その人民軍の取り込みを中国が徐々に侵食しています。

金総書記の唯一の頼りは、軍幹部の忠誠心のみですが、その人民軍の中の
敵と味方の判別がつかなくなった北の将軍様の焦りが手に取るように見えます。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

ううむ、いつもながら大変ためになりました。

北朝鮮の鉱物資源総額は約240兆円!

 さる1月16日、大韓鉱業振興公社は北朝鮮の鉱物資源の総額が約240兆円(2,287兆ウォン)であると発表した。これは韓国における鉱物資源総額(約10兆円)の24倍に達する。

http://www.pyongyangology.com/

資料の出所はこのあたりですか?

 そんなに地下資源が豊富なら先の大戦で大日本帝国は南方に進出する必要などなかったでしょう。日本軍が血眼になって探しても北朝鮮からは満足に資源を採掘できなかったのです。日本人は何度朝鮮人に騙されれば気が済むのでしょうか。韓国は南北統一費用を他国の(特に日本の)資金で賄いたいのでこんな話を喧伝しているのです。本当に有望な鉱脈があるのならもう中国資本が握っているでしょうし、中国資本が本当に北朝鮮の妨害で採掘できないのか見極てから有望鉱山の有無を判断するべきです。

世界史を経済から紐解けば、一例の例外も無く経済がそこには絡んでい
ます。

もともと朝鮮半島の富が北に偏在していることはよく言われていましたが
そこまでの物だったとは知りませんでした。
(個人的に、レアメタルが少々とウランがある程度だと思ってました。
なにせ情報に乏しい国ですのでなかなか正確な情報が伝わりにくい面も
あるからでしょうか)

それほどの富がもし、本当にあるとすればそれを巡って争いが起きても
不思議ではないでしょう。

そんなヨダレの垂れるほどの資源があの国にあるとは思えないんですがねぇ~・・・・・。

地下資源

私は北朝鮮の地下資源については怪しい部分が多いと思っています。

探査衛星のみでは可能性の域を出ませんし、地質調査、重力探査、電気探査・電磁探査、地化学調査の明確なデータが無い限り信じるべきではないと思っています。

北朝鮮に関しては辻本さんが書いておられるとおりイギリスのファンドが多く関わっています。アメリカの土地バブルを引き起こし、今の中国バブルを扇動しているシティの連中が騒いでいる事が胡散臭さを感じさせるのです。

開いた事の無い箱の中は誰にも分からないのです。

北朝鮮の地下資源なんて蜃気楼のオアシスみたいなものでしょう。

そういう話は、何十年も前からあります。

ほんとうに存在するなら、北朝鮮はとっくの昔に核開発と平行して地下資源開発に乗り出しているでしょう。

大事なのはこの手のアル、アル詐欺に騙されないことです。

皆さん!用心しませう!!私も含めて

追加

 ゴールドマンサックス証券の投資話などをいちいち信じていたら財産がいくらあっても足らないと思いますよ。相手はサブプライムローン証券を売りまくって損しなかった連中なんですから。それに本物の鉱山ならもう自分で買ってるでしょう。一般人は検証しようの無い話なのですから自信たっぷりの論評はいかがなものでしょうか。

いつもためになるお話ありがとうございます。
しかしこの地下資源の話はないな。完全に騙されていますよ。
こんな話を信じてしまったら最後にばばを引かされるのは日本ですよ。
絶対にない。

北朝鮮が宝の山であることはあり得るかもしれませんね。
ただ、彼らは今は生きることに精いっぱいでそんなことを考える余裕もないのかもしれません。

茂山鉱山(北東アジア最大規模の埋蔵量の鉱山)の採掘も、資金難で中断していたところに中国資本がはいって再開されているようで、結局、彼らは目の前にごちそうがあっても箸も持てず、椅子に縛られ生唾をのみこむような状況なのでしょう。

外国の資本をいれようにも彼の国の実態を知られるのが怖い、なんてこともあるかもしれませんね。

日本が朝鮮を、清朝から解放した時に、李朝は二束三文でそれらを外国に売り払い、日本をあわてさせました。
それを、買い戻したのも日本です。

しかし、そんなことも忘れて彼らはせっかくの天の恵みを無駄にしています。なんと愚かな、、としか言いようがありません。

朝鮮民族とは、たぶん自分の腕よりも長い箸を持たされた民族です。
自分の箸からは絶対口まで運べません。彼らが生き残るのは協調して助け合い、自分の箸は他人のためにという発想の転換がなければ、永遠に貧しいままでしょう。

しかし、これは現在の日本人にもあてはまるかも知れませんね。

・・・・・・・という生き物。

そもそも、焦っているのですかねぇ。
余命幾ばくもないからですか?

彼、金正日の究極の目的は、自己保全に尽きると思いますが(笑)
苦のない人生と、苦痛を伴わない最後・・・・・これでしょう。
民を省みない政策は親子二代に渡り、
父、金日成の生涯を範として、命落としてなお、自らの屍を無碍に
されることを案じている・・・・・・・一族・民族の繁栄とかそんな大層な考えってのも
稀薄でしょうねぇ・・
・・・二号さん、三号さんどころの話で無いようですし(笑)・・・・
実際、何人の妻と子を抱えてるんだか・・・・・・。

この人並み外れた名誉欲と、人間不信による粛清の数々が、
朝鮮人を朝鮮人と言わしめる要因であり、蔑まれる元凶なのでしょう。
何年たちゃあ、奴らは民族の性(さが)ってヤツを清算できるのでしょうか。
もう、いちいち『評論(?)』するのもばかばかしくなる民度です。

だから、世の北朝鮮ウォッチャーに言いたいですね。
人として、民衆としてその心理を解き、解析するよりも、
朝鮮人として、どういう行動を起こしやすいかで解析したほうが、
よっぽどいい情報になりますって・・・・(笑)

日本の保守派は、昔の朝鮮と同じ、事大主義者。
事大主義の敗北主義者のカス保守に北を笑う資格はない。

藪の中の2羽よりも手の中の1羽

北朝鮮にそのような大きな地下資源はないと思います。この話は、北朝鮮に関心を持たすためのものではないかと思われます。仮にあったとしても、日本はそれに関わらないほうが賢明かと思います。関われば、日本は最後のババを掴まされることでしょう。
それよりも、釣魚島の東シナ海の石油を確保することのほうが大事なのではないでしょうか。それさえも日本が確保できないならば、北朝鮮の地下資源について、何ができると言うのでしょうか。藪の中の2羽よりも、手の中の1羽です。

太蔵氏、丸刈り出馬「覚悟と決意の表れ」

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20100604-637587.html


たちあがれ日本は3日、夏の参院選比例代表
に元“小泉チルドレン”杉村太蔵氏(30)を擁立
すると発表した。この日、党本部で会見した
杉村氏は丸刈り頭。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ps:
早くも衆議院選挙候補も立候補
衆院選・静岡3区 戸塚氏が出馬意向 
たちあがれ日本から 

それはね、いつもの嘘ですよ。日本に金を出させる取り込み詐欺でしょう。根拠が薄いことを拡散してはいけません。 もしあるのなら日本から奪われた金をかえさせないといけない。それに朝鮮人には活用できない。地球は開発経済は終わりですよ。まあシナが攻めてきて朝鮮人はシナ人に戻って千年ドレイになると思います。再びソウルにシナ人の恩に報いる門が再建されるでしょう。

ウランやらボーキサイトやらコバルトやらチタニウムやら、おまけに石油やら。
中国にも韓国にもほとんど出ないレアメタルが、その二国に挟まれ、地図上で見れば針の一点のような北朝鮮にすべて集中している?

公式発表や数字ばかり追ってしまう、頭でっかちな学者さんにありがちな考えです。
もう少し常識的に、視野を広くもってください。
このブログの目的が、かつて北朝鮮を地上の楽園と賛美した左翼人士と同じなら、余計なお世話ですが。

半島ってどんな人達がいるの?

大日本帝國が友愛合邦したあとの半島は北は工業で栄え南は農業のままで特に栄えなかった。
半島に多くの資産を残してきたのに食いつぶすだけだった北と南、南は幸いにも日本で学んだ朴大統領によって日本の莫大な援助が近代化への歩みとなった。
日本は感謝・尊敬をされても、やれ慰安婦だ竹島乗っ取りだ、対馬は俺のものニダといわれる筋合いも全くない。
馬鹿な日本の民よ、しっかり勉強しろ。

紛争地域にレアメタルが埋まっているがリスクなどから掘り出すのが困難
とかの話を聞いたことがあります
石油にしたってすべてのポイントで掘り出すコストが
同じわけではありません
自分はあるかどうかもわからんし、採算が合うかどうかもわからん
程度に思っておけばいいと思う

素朴な疑問

初めまして、いつもブログを拝見しております。
素朴な疑問なのですが何故北朝鮮はこれほどの資源を自分達で活用しないのでしょうか?
また北朝鮮というあんな小さな範囲に何故そんなに資源が集中しているのでしょうか?
無知な質問で申し訳ありませんが、あまり北朝鮮についてよく知らないので。
是非お答えいただければ幸いです。

いつも有益な情報を参考にさせていただいてます。
↑のコメントの方々様に、地下資源の件は半島人の情報工作かもしれません。
それなりの資源があればあの民族が開発をしないわけはないし、
あえて放置するのは理由にならない。
数年前の2チャンネルの情報ですが、北のウラン鉱脈は支那に
担保として押さえられているというチラ裏を観たことがあります。
事実ウラン鉱脈はありますし。
あの支那がいくら政治的側面があるからといって、経済基盤の貧弱な北との自国に不利益な援助を容認するわけはなく、何かしらの担保が必要でそれをすでに得ていると考えるのが普通ではないでしょうか?

相場用語で「知ったら終い」という言葉があります。
サプライズでも、外部に漏れたらもはやそれは意味がないという意味ですが、これがまさにそう。本当の話なら、まずここまで聞こえてこないでしょうね。

何十年前からある話

ゴールドマンサックスの発表だからなあ。
まあ、それ以前に北朝鮮の地下資源については何十年も前から騒がれていて、山師を釣るエサに使われていたりします。

チョンと付き会っても、時間の無駄です

明治の時代から、日本が間違った道を走ったのは、チョンと関わった為です。北朝鮮に資源が有れば、貸金の多い中国がサラ金の様に、身ぐるみ剥がして、持って行くに決まってます。開城工業団地でも、しきりに日本に資本参加を言ってましたが、以前、チョンに投資して酷い目に有った日本企業は誰も参加しませんでした。現在の状況を見ても正解と言うのが解ります。親日国は多く有るのですから、日本人を殺しても愛国無罪の様な国とは、付き合わない事が、日本にとってベストの道です。鉱物資源が欲しければ、日本の国内や日本沿岸で探すべきです。

「中韓を知りすぎた男」さんらしくないような、掘れ掘れ詐欺と
言われている北の資源です、北にはなにもないような気が
します、もしあったならとっくにどこかが手をつけていると
思いますがどうでしょうしょうか、

ゴールドマンサックスのやり口はいつもこうですよ(笑)少し前でしたか韓国経済を思い切り持ち上げて株価やウォン高を誘導したあげく一気に売り逃げ、後は野となれ山となれ。だから逆に言うと半島の危機がそこまで来てるということ。解りやすい会社ですね。北の資源?そんなの嘘に決まってます。何せ朝鮮人=嘘つきですから。

その資源とやらを誰が先に手を付ける?

そんなに資源があるなら、何時ものことながら欧米の有力国は、裏で確実に資本投下しています。
歴史の裏では何時もそうでした。
表ばかり見ているとマスメディアの世界と同じで、内容がわかりません。
だから北朝鮮が、裏で潤っているなら禁断症状は出ないはずです。このまま何事も無く行くはずです。
だが、北は、魚雷で韓国艦を沈めた。
この当りを、どう解釈するかだと思います。

捏造された数字?

地下資源の話ですが、
朝鮮人お得意のブラフ(大嘘)じゃないでしょうか?

あまりにも話が出来過ぎです。
偶然が複数重なるのは、必然性がそこにあるから。
つまり、大量の地下資源 = 他国を騙して北朝鮮に金を流す為の呼び水ですね。

私は、北朝鮮の地下資源の埋蔵量
ゴールドマン・サックスの話は、とても胡散臭いと思います。
理由は、両方とも大嘘吐きだからです。
また、北朝鮮周辺でレアメタルが多く産出される話は聞いたことなく
GSと北が汲んで投資で儲けようとしてるのが見え見えでは?

アルアル詐欺ですって。

資源があるっていっても、商業ベースに持っていく鉱山や炭鉱は少ないって聞きます。
日本だって、実は資源の宝庫です。筑紫炭鉱なんかは埋蔵量でも
世界屈指の埋蔵量ですし、石油だって日本の周り600兆円ほど眠ってます。(1970年の国連調査では、時価1000兆円の石油埋蔵量)
でも掘らないのは、採算が取れないからに他ありません。

結局、資源はあるにしても、商業ベースにもっていけないのなら
意味が無いと思いますが・・・・

それに、そんなに資源があるなら、昔の日本がほっとくわけありませんしね。

シナ共産党政府は何かとアメリカに対抗する手段として北朝鮮を利用して来たのではないか。シナは6カ国協議も結局対アメリカ政策の場として活用したが、結局あまり成果はなく終わってしまった。ひところ日本は取り残されるなど言って本気で6カ国協議に参加したが、今思えば何をしたことやら。日本は独自の考えでしっかりした堅実な道を探るべきであろう。
ついでだが、毛沢東は自分より優秀な人間は全部粛清?してしまった。
つまりシナ共産党や現在中国といわれる国にはには毛沢東以上に優秀な人間はいなくなってしまったと考えていいのではないか。文化革命って
シナにとっては不幸な出来事であった。
日本は自国の文化を大事にしよう。左翼共産主義は時に大きな間違いを
おかす危険性をはらんでいる。この文化革命は対岸の火事ではない。

>ぽんぽこ狸さん

リンク先の記事を拝見しましたが、、

”これだけなら、如何にも筆者は対中軟弱派のように見えるかも知れない。別にそれでも構わない。少なくとも対中強硬派ではないし、日本の将来を考えれば、アングロサクソンからなるアメリカやイギリスよりは、中国・アジアに重点を置くべきと考える派だからである。何故なら、アングロサクソンは、基本的に相互信頼関係をつくることが不可能な人種だが、中国・アジアは信頼関係を相対化出来るからである。こちらが信用すれば、向こうも信用する。こちらが信用しなければ、向こうも信用しない。非常にやりやすい。”

これは、ちょっと世間知らずではないですか?
というか特ア知らずというか^^。
地質のことは詳しいようですし、説得力もある程度あるとは思いますが、中韓に対しては無知ですね。
もっと、勉強してこいと言いたくなります。

資源はあるだけでは何ももたらさないと云う原則

 私も含めてですが、朝鮮の鉱物資源の有無についてのご意見がかますびしい様ですが、要は投資環境で考えれば宜しいのでは?

 埋蔵量も不明だし、あったとしても掘り出し不可能な状況、掘り出しても其れを精錬抽出する工場、売り先、積み出し、と云った条件がそろうまでに、この国では何が起こるか分からないと云うリスクが解消されない限り、手はつけられないと云う事でしょう、資源ビジネスには、巨額の初期投資が必要ですから採算が取れなくては開発者は即破産ですから。

 タングステンの埋蔵量の現在のトップはシナです、それに次ぐ南アフリカに大差がついてのモノですから、朝鮮の鉱山が開発されても市場に大した影響は無いでしょう、つまり、沢山あったとしても大儲けは無理。

 次にウランですが、是は。在る/無い、価格がドゥの、と云った商業面とは別の方向から規制が必ず懸りますから、手を出せる国は限定されているでしょう。

 石油は全く未知数だと云う他は無い、唯、近年石油は地殻とマグマ付近にある炭化水素が液化したモノではないかと云う説が浮上して居て、それなら、ある程度の深度を掘れば石油は出てくる可能性が高い、つまり、問題は深度ですから、掘削技術と深度当たりのコストの問題に成ります、勿論、海上の治安環境が安定して居ないと全く意味が有りませんが。

 その他の鉱物資源も同じ事、埋蔵量が幾らあった処で、掘り出したモノが運べない、安過ぎて採算が取れない、或いは高過ぎでも同じ事です、そして何より安定した治安環境が無ければ、安定した生産、供給はママならず、それこそ画餅に終わってしまう。

 何よりは先ず、安定した政治環境が確立しないと何も始まらないのが、戦後世界の常識です、例えば、ナイジェリア等、サウジアラビアに匹敵する石油の埋蔵量を期待されながら、政治的に不安定な為、未だに石油輸出は僅かな量にとどまっています。

 朝鮮は政治的に安定して居ないと云う意味で、投資対象としては全て落第と云う他は無いでしょう。

 以上の条件をすべて満たして、地勢的にも、別の意味でも最短距離に居るのは共産シナである事は云うまでもありませんが、環日本海となれば、太平洋や東シナ海への出入り口を抑えている我が国が少なからずイニシアティブを持つ事は当然の事でしょう、つまり、日本は黙って居ても儲かる位置にあるのです。

 ダカラ、シナも米国も動きたくないのでしょうね。

 勿論、日本は下手に動けば満州争奪戦の二の舞を踏む事に成ります、つまり、一人悪者に仕立て上げられて、皆で袋叩きと云う奴です、米国は昔と同じように、日本の選択の行方を凝視して居る事でしょう。

 でも、日本海が世界経済を救うほどの効果を及ぼせるのかと云えば、ソウデは無いのではないでしょうか、カザフスタンの石油の1件では、パイプラインで欧州の新たなエネルギー供給源となる計画と、天然ガスをパイプラインを使ってシナ海岸部迄引き込む話がありましたが(途中で分岐して、パキスタンのカラチ港付近から積み出す計画を含む)、途中、四川大地震もありましたから、一体ドゥなったか? 情報が出てきませんね。

 規模からみれば、ドゥ見ても、朝鮮の鉱物資源の話が日本海の話に迄広がったとしても、カザフスタンの話はその数倍規模です、朝鮮の話は局地的な話でしかありません。

 カザフスタン資源では、やはり揉め事が起こり、結局、ロシアのグルジア侵攻を招きましたが、ロシア不信とリーマンショックで、復調に有ったロシアがどん底に落ちたダケに終わって居ます。

 この先欧州で景気が戻れば再燃する話なのかもしれませんね。

 兎に角、資源の話は、領土問題を初めとして国家の権益、利益に直接絡むので、直ぐに戦争と云う結果につながり易いのですが、21世紀の戦争は本気で=全面戦争をやると共倒れに直結しますので、やれないと思うのです。

最近の半島人の動向にはあきれ果てますね。
先のIMF下の置かれた韓国はアメリカに買い叩かれ、
その後、在日の協力によってサムソンに技術を買われて、日本企業潰しをアメリカと共同でやっています。
政治家も日本名を名乗った半島人の多い事。電通をはじめ、マスコミにも半島人が入り込み「やり放題です。」
「官房機密費」の問題も闇に捨てられています。
サムソンの社員はこう言います。「サムソンは実はアメリカの会社なのです。」韓国経済全体がそうです。
余程の政治力と経済人、日本人の結束がなければこの状態は続きます。日本が沈没してしまいます。
半島人には祖国に帰ってもらいたいです。
日本に良い事は何もない!
その半島人はオーストラリアでは移民禁止になっています。アフリカからは追い出されておます。
アメリカでは、おとなしい、、、
日本国内だけですよ!
権利ばっかり主張するのは!絶対に許してはいけないです。外国人参政権などもってのほかです。
韓国で参政権を貰うには、一定のお金(半島らしい)と一定の法的しばりがあります。
政治・経済・マスコミを日本人の為になるように改革すべきです。

その資源話、

戦争特需を待望する輩達の捏造だったりはしないでしょうか?
ご用心、御用心。

まあ地下資源の埋蔵量に関しては過大評価かもしれませんが、
いずれにせよ中国にとっては少なからず利益でしょう。
中国の北支援の動機の一つであることには変わりありません。
管理人様の論旨は基本的には正しいと思います。

やはり「怪しい」北の地下資源

朝鮮半島の南側(韓国側)が地下資源の宝庫というニュースは聞いたことがありません。
なぜ、北側にそんなに地下資源があるのでしょうか?
”たまたま”ですか? それとも、朝鮮戦争停戦時に”地下資源存否の境界線”で南北朝鮮を分断したのですか? 他の投稿者も論じていますが、どうも”ガセネタ”にしか思えません!
ありもしない”幻の地下資源”をブチあげたのは、北の”ハニトラ”に引っかかった調査員では??
北はスケベな調査員を引っ掛けて、ウソ情報を流し、外国からの援助資金をボッタくる作戦でしょう!!

管理人さまには申し訳ありませんが、私にはそのようにしか思えません!

ぬははは、みんな地下資源なんか嘘ってわかってますな。中国が北朝鮮を支持し関与する理由は2つ

韓国つまりアメリカと国境を接したくない。

日本海に出れる港が欲しい。

これだけです。台湾、沖縄、日本海側の舞鶴と三方から囲まれてますから。北朝鮮北部に港があれば舞鶴の背後から出れますからな。

緊急拡散《「谷垣自民党総裁に本会議場での代表質問で、民主党にトドメを刺す質問のお願いを!》

緊急拡散《「谷垣自民党総裁に本会議場での代表質問で、民主党にトドメを刺す質問のお願いを!》


■「政治とカネ」の疑惑の二大巨頭、鳩山元首相と小沢一郎元幹事長の証人喚問を受け入れるか否かの質問をお願いします。


■民主党は、恒久財源が確保できると前倒した「子供手当」の恒久財源がないことが明らかになった今、「子供手当」を白紙に戻す覚悟があるか否かの質問をお願いします。


■民主党は、「子供手当」に国籍条項を自民党が要求しても、無視して強行採決を断行したことで,在留外国人が、外国で生活している外国人の「子供554人分」の子供手当の申請が行われました。なぜ、国民の生活が苦しい現状で外国人の外国に住んでいる子供に、赤字国債を発行してまで「子供手当」をバラまく必要があるのか。その理由を菅首相から国民へ明確な答弁のお願いをします。


■民主党は、今国会でマニフェストに記載のない「外国人参政権付与法案」や「夫婦別姓法案」など、日本を構造的に解体しかけない「革命法案」を強行しようとしていました。また、これらの法案と関連している「二重三重国籍法案」「戸籍制度廃止法案」や、失業者が溢れている現状で「1000万人移民推進法案」なども提出しようともしていました。
これらの法案は、日本を内部から解体する危険な法案ですが、国民に「国家構造解体法案」を知らしめないで国家の「形」を激変させる法案を成立させる意思があるのか否かを、国民に明確に答えていただけるように菅首相に質問してください。


■民主党は、昨年、鹿児島で国旗を切り刻んで民主党旗を作成した前科があるが、国旗にたいする菅首相の考え方を問いただしてください。

■菅首相は、過去に国歌「君が代」を斉唱したことがないのではないかとの疑惑がありますが、総理大臣としての国歌「君が代」にたいする考え方と、今後、国家の公式行事で国歌「君が代」を斉唱する意思があるか否かを問いただしてください。


■鳩山政権が締結した日米合意は、単に自民党政権時代の原案に戻っただけでなく、沖縄県民の気持ちを取り返しできないほど傷つけてしまいました。
日米合意には、普天間代替飛行場の「建設工法」の決定は8月末が期限になっており、現行法では、仲井真沖縄県知事の同意がなければ、日米合意を反故にすることになります。
そこで、仲井真知事の同意を得られないとき、日本国の国際的信用を担保するために、「普天間代替飛行場日米合意特措法」を成立させる意思があるか否かを、菅首相に問いただすことを最後に願いします。

覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様、以上の質問を、谷垣自民党総裁に国会本会議場でして頂ければ、NHKの実況中継で放送され、参議院選挙の争点に「日本解体法案」を浮上させることができます。

また、この8ヶ月間、皆様方と苦楽をともにしてきた「要請」の究極的な形にもなります。

日本国民が真に求めている思いを一気に晴らすチャンスですので、国内外から谷垣自民党総裁に絞って真摯にお願いしてください。

宜しくお願いいたします。

◆自民党谷垣総裁ホームページ:http://www.tanigaki-s.net/
お問い合わせ:http://entry.tanigaki-s.net/contents/code/inquiry?re=1274840512
Twitter:http://twitter.com/tanigaki_s

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■小沢一郎氏が無役になったいま、小沢氏にトドメを刺す千載一遇のチャンスですので、現在、東京第一検察審査会が小沢氏の2007年度分の政治資金規制法違反を審議中ですので、適正審査の要請をお願いしてください。

★東京第一検察審査会:
http://www.courts.go.jp/kensin/seido/itiran.html

★東京国税局:
https://www.nta.go.jp/tokyo/suggestion/mail/input_form.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-33.html
水間条項からです。

中韓を知りすぎた男さんにも取り上げてほしいです。
ネットユーザーの総力を挙げて頑張りましょう。

確実な資源は川砂利ですね。コンクリートを作るときに必要なものです。
これは「嫌韓流」に書いてありました。

ブログ主さんは「一体どうせよ・・」とお思いなのでせうか?
以前の記事で「日本は裏方に徹して目立たないほうがいい・・」
旨の主張に共感しておりました。
世界の見えない部分にメイド・イン・ニッポンが蔓延り影響を与えておりました。
海外在住の者として今や表にも文化面で影響が出回ってきてるのを感じます。
金儲けの話は守銭奴共にやらせ、放っておけばよろしいのでは?
日本は自国を外敵から守ることをまず考えればいいのではないでせか?

創価学会の集団ストーカーの恐怖

創価学会の集団ストーカーの恐怖

かなりの社会問題になっていますね。

狙った人物を24時間監視したり、

仕事の嫌がらせなどで、仕事を失った人もいるようです。

非課税特権でやりたい放題です。

資源もいいけど半島の一本化まだ?

半島の一本化は、何時実現するんでしょうね?
一本化すれば歴史が動くと思うんですけどね。
居候在日もぞろぞろ半島へ引き揚げると思うんですよね。
半島に資源があるとすれば、在日の人材資源を使って試す価値はあると思う。
日本で蓄積したノウハウがあるだろうから。
日本国は、金銭の出費は必要ない在日を食わせてあげた実績で帳消しになる。

胡散臭いです。
仮に経済発展したって拉致被害者を返したりしないでしょう。

そんなにあるなら将軍様が自力で掘れ

【日本】青木直人「掘れ掘れ詐欺に注意」【ATM化】
http://youtu.be/PAUtTH8lCsg
田原総一朗をはじめとするメディア関係者「掘れ掘れ詐欺」に注意しましょう。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/world/north_korea/?1275862860
【ソウル時事】韓国の聯合ニュースは6日、北朝鮮の警備艇が3日深夜、中朝国境の鴨緑江で中国人密輸グループの船に銃撃を加え、2人が死亡、1人が負傷したと報じた。北朝鮮警備艇はこれまで同様の密輸に対し、わいろを受け取るなどして黙認してきたといい、銃撃は異例という。(時事通信)

う~ん
きな臭くなってますねえ。
資源云々は置いておくにしても、北朝鮮は今回本気で追い詰められてるのかもしれませんねぇ。
しかし、皆さん博学ですね@@
資源の話、勉強になります。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/624-20eb7e98

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。