スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北朝鮮「韓国に宣戦布告」


今日の新聞によれば韓国政府は、北朝鮮を国防上の「主敵」とする概念を
6年ぶりに復活させる方針を固めた。これに対して北朝鮮は「すべての関係断絶」
を宣言して、「軍事的措置」の発動をちらつかせています。

これはまさしく宣戦布告です.宣戦布告とは紛争当事国に戦意があることを
公式に宣言することです。つまり自国民や第三国に対して特定の相手国と
戦争状態に入ることを知らしめる、つまり開戦通知なのです。

多くの日本人は対岸の火事のような心境で経緯をのんきに眺めています。
しかし日本は今後確実に朝鮮戦争に巻き込まれていきます。

北朝鮮はなぜこの時期に韓国海軍艦を沈没させたか?北朝鮮が中国の了解
なしにこのような暴挙に出たとは思えません。

北朝鮮はまさしく瀬戸際戦略です。昨年6月に採択された国連安保理決議に
基づく対北制裁措置が発動されてから経済状況がひっ迫して、
体制を維持する軍に投じる資金が枯渇してきました。

そのうえデノミを実施した以降,抗議行動やこれに乗じた犯罪が続発し,
デノミに反対する住民が警官隊と衝突,騒ぎを起こした住民の公開処刑が
相次いでいます。

このような国内の混乱を強権で押さえ込むことができても、今度は軍の暴発の
可能性が出てきました。軍を優遇しない限り金王朝の存続が維持できません。
そこで南北間の緊張を高まらして軍の暴発を防ごうとしています。

軍が突発的に暴発すれば韓国駐留のアメリカ軍が直ちに北朝鮮に進攻を開始します。
そうなれば中国は手を出せません。そのようにさせないために、
まず軍の不満を抑えなければいけません。

中国の場合は例年と同じ水準の30万トンを支援すると約束していましたが,
今年は100万トン~200万トンの不足分を中国が面倒をみるつもりです。

それと中国は沈没させたことによって米国の動きや、韓国の対応ぶりを見る
ことができます。

おそらく中国や北朝鮮の考えは戦争を恐れる韓国が弱腰になって沈没を大ぴらに
しない、それにアメリカも平和主義者のオバマ大統領なら強行姿勢はとらない
だろうと判断したのではないかとおもわれます

ところが意に反して米韓は毅然と戦争も辞さないという軍事的圧力を強める
動きに出ました。中朝は慌ててると思います。

2012年にアメリカ軍は韓国から撤退することになっています。金正日はその時
までなぜ待たなかったのか、それは彼の命が残り3年といわれているからです。

金正日はルーマニアの独裁者チャウシェスクの二の舞をひたすら恐れています。
そのために利害が一致している中国に協力を求めにいったのです。

韓国に亡命した北朝鮮高官のファンジャンヨブは北朝鮮の攻撃目標は「日本と
韓国」と言っています。このことは日本民族がけっして朝鮮問題を対岸の火と
見てはならないことを示しています。

そして北朝鮮は南侵の可能性について常に検討しています。北は電撃戦の方法で
韓国全域を迅速に攻撃し,同時にアメリカが大々的に参戦できないように,
日本をまずテロ攻撃して,核で大量に殺すぞと脅迫します。

中国は北朝鮮が南侵戦争を引き起こしても勝利する可能性はなく,失敗すれば
北朝鮮をアメリカ支配にされることを憂慮しています。

中国は金王朝を支援して維持させるか,あるいは短気で危険な金正日を排除すべきか,
迷っていると思います。

いずれにしても日本を巻き込む戦争の危機が迫っています。頭が病気の鳩山殿
や中国の走狗である小沢を排除しない限り日本の明日は阿鼻叫喚の世界です。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

覚悟

本当に対岸の火事ではないと思います。
北朝鮮が日本を攻撃したり、テロを行う可能性や、起きた場合の対処を十分に想定しておくべきだと思います。
でも、ほとんどの国民も政府も真剣に考えてないのでしょうね。
どうしたものでしょうか。

小沢や鳩山を早く日本から排除したいと願ってはいても、その手段が見つかりません。このまま日本の国益を危険にさらしつつ、小沢率いる民主党のなすがままにさせておくことは、中国、北朝鮮、韓国を利することです。

国会終了まで、悪法成立を指をくわえているのが現状です。

もちろん、可能なかぎり抗議はしています。

しかし、もう言い飽きましたが『個人の我をまかり通す国民性』だと
思いますね・・・・・これを対岸の火事と思わないとやってられません(笑)

つくづく思うのは、
あの北朝鮮・・・・・世のルールを知らないで、危ないおもちゃを
持ってしまった悪童そのものです(笑)
・・・・・誰がそうさせたのかは皆さんのご想像にお任せしますが・・・。

こういう時だけですね・・・・・・南の方々がまともに見えるのは・・・・。
ご同輩同士で、不毛の優劣の成否を決めてればいいんです。
・・・・・・世界一優秀な民族さん同士なんですから、
我々が感ずるものとは異次元の崇高なものなんでしょう・・・・。

対岸の火事ではないというブログ主様のご見解なので、
謙虚に考えると、
アタシ的には、国内の『総連vs民団』の方が怖いですね・・・・・。

参議院選挙で奴ら、どう出てくるのか、とくと拝見といったところです。
民主さんの追い風になるんだか、足引っ張られるんだか・・・・・・・
・・・・・・いずれにしろ、おとなしくはしていないでしょうね(笑)

北朝鮮の瀬戸際政策

北朝鮮の瀬戸際政策です。北朝鮮は、経済の逼迫しているうえに、デノミに失敗し、国内は混乱状態であり、南北間に緊張を高めてこれを乗り切ろうとしたが、韓国は軍事的圧力に出てきました。北朝鮮の読み違いがあったものと思われます。

北朝鮮は中国に経済援助を求めに行ったが、思うような経済援助は得られなかったようであります。このために韓国の経済封鎖に対して、瀬戸際戦略を取り、南北関係断絶、戦争準備体制を固めています。

現在のところ北朝鮮及び韓国の両方とも強く出ていますが、両国とも自分から動かない、動けないのではないでしょうか。非難合戦、小競り合いに終わると見ました。北朝鮮及び韓国の両方の国民は疲弊し、戦意があるととても思えません。小競り合いで韓国がポイントを挙げれば終わりではないでしょうか。

それにしても、鳩山由紀夫の言動はどうでしょうか。韓国を支持し、その先頭に立つとは、日本の首相の発言とは思えません。鳩山一郎は小沢一郎に操られた韓国の狗であります。地球市民とかいうようなものでなく、単なる韓国の狗であります。

北と南が戦争をして一人でも多くの朝鮮人が地球から消えるのを心待ちにしていますが、支那が乗り気でなく、口先だけの北の臆病な朝鮮人だけでは戦争にはならないでしょう・・・残念。

元々、冷戦時代の産物、朝鮮戦争は終わっていず、38度線で休戦状態だっただけのことです。

ただ、キューバ危機、ベトナム戦争、ベルリンの壁が壊れ、ソ連邦崩壊、ユーゴ民族紛争、イラク戦争以後、9.11以後、テロの時代に入って、いまだに、旧イデオロギー対立、共産、社会主義VS.自由資本主義の火種がいまだに、くすぶっていたかとの想いがよぎります。

日本は、このような現実が起きても覚醒しないとすれば、将来が暗い。
でも、日本には、国家再生のチャンスなのかとの考えもあります。

真実は?

http://tanakanews.com/100507korea.htm


韓国軍艦「天安」沈没の深層

2010年5月7日   田中 宇    この記事の英語訳 - Who Sank the South Korean Warship Cheonan?
 3月26日、韓国と北朝鮮の海上の境界線(北方限界線、NLL)のすぐ南にあるペンニョン島(ペクリョン島、白【令羽】島)の近くで、韓国の大型哨戒艦(コルベット)の「天安」が爆発・沈没した事件は、発生から1カ月以上がすぎても、沈没原因が確定していない。韓国政府は4月に入り「魚雷か機雷が船の外で爆発したと考えられる」と発表し、艦内からの爆破や破壊(故障など)ではなく、外部からの魚雷(海中を進行)や機雷(あらかじめ敷設されている)によって破壊された可能性が高まった。

 しかし、誰が魚雷や機雷を撃ったり敷設したりしたのかは謎のままだ。韓国の右派勢力は、北朝鮮の潜水艦(半潜水艇)が魚雷を撃ったと主張し、韓国政府に「北を報復攻撃せよ」と求めている。左派や和平派は「1970年代の韓国軍が敷設したまま放置されている古い機雷に触れたのではないか」などと分析している。 (西海の緊張に伴い機雷136個設置、10年後、10%も回収できず)

 ペンニョン島は、北朝鮮の本土から20キロしか離れておらず、島の周辺の韓国領海の外は北朝鮮が「自国の海域だ」と主張する海域だ。現在、北朝鮮と韓国の海上の境界線は2種類ある。韓国や米国(国連)は、北方にあってペンニョン島のすぐ北を通る「北方限界線」(NLL)が南北の境界線だと主張してきた。だが北朝鮮は1999年以来、もっと南の「軍事境界線」が南北の境界線であると主張している。ペンニョン島は約5千人の韓国人が住み、仁川港から定期便のフェリーが運行している。2000年の南北和解で、北朝鮮は、このフェリー航路とペンニョン島の周辺領海を、韓国や米軍の船が自由に航行できる海域として認め、それ以外の海域に入った米韓の船は、北朝鮮の経済水域を侵犯したとみなすという姿勢をとっている。 (ペンニョン島の地図(1)) (地図(2)) (天安号事件をふりかえってみた)

 ペンニョン島の周辺は、北朝鮮軍と恒常的に対峙する海域だ。そして天安は哨戒艦であり、レーダーやソナーを使って、敵軍の潜水艦や魚雷、航空機、ミサイルなどを感知し、攻撃するのが任務だ。北朝鮮の潜水艦や魚雷が接近してきたら、早期に感知し、迎撃や回避の策をとれたはずだ。しかも当日は、米韓合同軍事演習が行われており、北朝鮮の潜水艦が演習の偵察のために南下してくることが予想されていた。天安艦内のソナー担当者が注意を怠ったとは考えにくい。

 韓国軍の関係者はマスコミに対し、当初、ソナーで2キロ先の魚雷を感知できる確率は70%以上と言っていた。その後、現場の水深が30メートルと浅いので感知確率は50%未満だという話に引き下げられた。この引き下げは「北朝鮮犯人説」を補強するための転換という感じもする。 (哨戒艦沈没:捜索海域を2倍に拡大)

▼第3ブイに沈没する米潜水艦

 天安沈没の謎は解けないままだが、この事件をめぐっては、日本でほとんど報じられていない「もう一つの沈没」が起きている。天安艦の沈没現場の近くの海域に、米軍の潜水艦とおぼしき巨大な物体が沈没しており、韓国軍の潜水隊などが捜索にあたり、米軍のヘリコプターが米兵の遺体とみられる物体を運び去る映像を、韓国のKBSテレビが4月7日に報じている。KBSテレビは公共放送で、韓国のマスコミで最も権威がある。

 天安艦の沈没後、潜水捜索の過程で、韓国海軍の特殊潜水隊(UDT、特殊戦旅団)のハン・ジュホ(韓主浩)准尉が潜水中に気を失った後に死亡するという、二次災害が起きている。KBSは、ハン准尉の死亡事故を取材するうちに、ハン准尉の慰霊祭が行われた場所が、艦尾が見つかった場所(第1ブイ)でも、艦首が見つかった場所(第2ブイ)でもなく、約6キロ離れた第1ブイと第2ブイの間に存在する、天安艦と関係のない「第3ブイ」であることを知った。

(KBSテレビが報じた地図。ペンニョン島に最も近いのが第3ブイ。その右(東)のブイが天安の艦首、左(西)のブイが天安の艦尾の沈没地)

(一般に報じられた捜索地点の地図。ペンニョン島の南方にある2つの黒い丸印が天安の艦首と艦尾の沈没地点。第3ブイは載っていない。)

(【写真】ペンニョン島の崖から数百メートルの海で、米韓軍が捜索作業をしている。天安艦の沈没場所である第1と第2のブイの地点は、いずれも島から2キロほど離れており、この写真のように崖のすぐ前ではない。この写真は米潜水艦が沈んでいる第3ブイの地点である可能性が大きいが、韓国では天安艦の捜索風景として報じられている。)

(上記の地図や写真の引用元。ブログ「ジョンフンが好き」)

(沈没船を海底で発見すると、潜水者は沈没船にロープのついたブイ<浮標、浮き玉>をむすびつけ、海上から沈没現場を特定できるようにするので、沈没現場が「ブイ」の名前で呼ばれる。天安艦は爆発後、真っ二つに割れた後、速い潮流に流されてばらばらになったので、艦首と艦尾が6・4キロも離れて見つかった)

 ハン准尉は、第3ブイの海底に潜り、捜索活動をしている最中に意識を失い、死亡した。KBSは、特殊潜水隊など関係者を取材するうちに、第3ブイの海底に、大型の潜水艦と思われる物体が沈没しており、米軍の指揮のもと、大急ぎで潜水艦内部の捜索が行われたことを知った。

 米軍は捜索を急ぐあまり、潜水捜索に必要な減圧装置が現場に運び込まれるのを待たず、韓国の部隊を潜水捜索させた。潜水可能な時間が15分程度と短いのに、複雑な艦内を無理して捜索させたため、熟練した潜水部隊員でさえ意識を失う者が相次ぎ、その中でハン准尉の死亡事故が起きた。韓国軍の特殊潜水隊からは「米軍の潜水隊はこんな危険な作業を拒否したので、韓国軍の部隊にやらせたのだ」という見方も出た。

▼封じられたKBSテレビのスクープ

 韓国や米国の当局は、天安艦と同じ時間帯に、すぐ近くで米軍潜水艦が沈没したことを、ひた隠しにしている。米潜水艦沈没の事実を発表していない韓国当局は、ハン准尉の死亡について、米潜水艦の捜索中の事故とは言わず、天安艦の遺体捜索をしている最中に死亡したと発表した。ハン准尉は国民的英雄として祭り上げられた。

 だが、ハン准尉の慰霊祭が行われたのは、当然ながら天安艦ではなく、米潜水艦の沈没現場であり、慰霊祭には米国のスティーブンス駐韓国大使や在韓米軍のシャープ司令官も列席し、ハン准尉の栄誉をたたえ、ハン准尉の遺族に見舞金を出した。米高官の参列や見舞金は、韓国軍の中に「米軍の事情で天安艦の捜索が遅れ、米軍の無理な秘密捜索作戦のせいで殉職者が出た」という反米感情が湧くのをおさえるためだったのだろう。

 第3ブイの海底から引き上げられた遺体らしき物体をつり上げて運び去ったのは、韓国軍のヘリコプターではなく、米軍のシーホーク・ヘリだった。このことからも、第3ブイの海底に沈没したのは、韓国軍の艦船ではなく米軍の艦船だと感じられる。

 天安艦の捜索と引き上げは民間の潜水会社に委託され、作業の指令塔は民間のバージ船に置かれたが、第3ブイの捜索は韓国軍の特殊潜水隊で、指令塔として韓国軍の最新の軽空母「独島」が駆り出された。こうした格差からうかがえるのは、米韓軍、特に韓国軍の上位にいる米軍が、天安艦の捜索引き上げよりも、第3ブイに沈む米潜水艦の捜索を重視していたことだ。事件発生後、天安艦に対する救援や捜索の開始が遅れたが、その理由も、米韓軍当局が米潜水艦の捜索を優先したからだったと考えられる。

 KBSテレビは4月7日の「9時のニュース」で「謎の第3ブイ・なぜ?」という題名で、この件を特集した。その後、韓国のいくつかの新聞や雑誌がこの件を報じた。韓国当局は、これらの報道について事実ではないと強く否定し「誤報」をしたKBSを名誉毀損で告訴した。裁判を受け、KBSのウェブサイトでは、問題の特集についての動画や記事が公開停止になっている。 (謎の第3ブイ・なぜ?)

 特殊潜水部隊に箝口令が敷かれ、第3ブイの問題が韓国当局内の話ではなく米軍の話であるとわかり、当局から圧力がかかった時点で、KBSなど韓国マスコミはそれ以上、この話を取材して報じるのをやめたと書かれている。日本と同様に対米従属の韓国のマスコミには、米軍のことを詮索しない暗黙の決まりがあるようだ。

▼核武装した原潜が潜航していた?

 第3のブイの存在を報じたKBSは誤報扱いされ、その後は「天安艦は米潜水艦から誤爆された」といった見方自体が「危険な流言飛語」とみなされ、韓国社会で事実上の「禁止」とされた。

 しかし、天安艦が仲間内からの誤爆で沈没した疑惑は、沈没の直後から韓国のマスコミに存在していた。事件当日、韓国軍と米軍は、ペンニョン島より南の海域で、米韓合同軍事演習「フォールイーグル」を展開していた。米韓の事前の発表では、軍事演習は3月18日に終わったはずだったが、実際の演習は4月30日まで秘密裏に延長され、3月26日の事件当日も演習が行われていた。事件後も米韓当局は、当日に合同演習が行われていたことを全く発表しなかったが、事件翌日には情報がマスコミに漏洩し「天安艦は、軍事演習中の誤爆を受けて沈没したのではないか」という記事を各紙が報じた。 (天安艦、韓米合同訓練中 誤爆事故'疑惑' ) (記事の機械翻訳日本語版(グーグル))

 報道を受け、韓国当局は、事件当日に米韓合同演習が行われていたことを認めたものの、演習の海域はペンニョン島周辺ではなく、それより100キロほど南の忠清南道・泰安の沖合だったと発表した。韓国当局は、天安は演習に参加していなかったと発表したが、高速の艦艇なら泰安沖からペンニョン島まで2-3時間で行ける。昨年来、北朝鮮は、米韓が合同軍事演習の際に北朝鮮の海域近くまで来て威嚇していると米韓を非難しており、今回の軍事演習でも、米韓の軍艦がペンニョン島周辺まで北上した可能性はある。もし、天安が軍事演習中に沈没したのだとしても、北朝鮮からの非難を防ぎたい韓国当局は、そのような発表はしないだろうから「天安は演習に参加していない」と当局が発表しても、それは事実と違う可能性がある。

 問題のKBSのニュースの内容について、韓国の自主民報(左派系)が分析を試みている。この分析で興味深い点は、米潜水艦が沈没している第3ブイの地理的環境についてである。米潜水艦は、ペンニョン島の南側にある「ヨントゥリム岩」と呼ばれる断崖絶壁の海岸の数百メートル沖合に沈没している。ペンニョン島の周辺には、潜水艦が潜航中に座礁しやすい浅瀬が多いが、断崖絶壁の海岸の前の海は深い。ヨントゥリム岩の周辺は北と東が陸地でさえぎられ、島の北方にあたる北朝鮮の本土からペンニョン島の方向を監視しても、島の南側のヨントゥリム岩の周辺に米潜水艦の動きを知ることはできない。北朝鮮は、ペンニョン島周辺の海域を韓国の領海と認めているため、島の近くを潜航する限り、北朝鮮軍から攻撃されることはなく、米潜水艦の隠れ場所としても安全だ。

 そうした地理的状況をふまえ、自主民報が取材した軍事問題の小説家ソ・ヒョンオは、沈没した米潜水艦について、ヨントゥリム岩の前の海を拠点としてペンニョン島の周辺海域で潜航を続け、島の対岸にある北朝鮮の通信を傍受しつつ、有事の際に北朝鮮にミサイルを撃ち込める臨戦態勢をとっていたのではないかと分析している。 (自主民報「北が米潜水艦を完全撃沈した?」) (機械翻訳日本語版(グーグル))

 ペンニョン島は、韓国で最も平壌に近い場所で、平壌まで170キロほど。米韓軍にとって、通信傍受や有事の反撃の拠点として最適だ。米軍がペンニョン島の周辺にミサイルを発射できる潜水艦を長期滞在させていれば、北朝鮮軍がソウルを攻撃してきた時に、数分で平壌にミサイルを撃ち込める。

 この種の作戦に使われる潜水艦は、間違いなく、1カ月以上潜航したままでいられる原子力潜水艦だ。原潜は、艦内の原子炉で発電した豊富な電力を使って、海水を電気分解して酸素を抽出して艦内に供給する。ディーゼルエンジンの潜水艦と異なり、海上に出る必要が全くない。米軍の原潜の中には、核ミサイルを搭載できるものも多い。核武装していると自称する北朝鮮に対抗するため、米軍が、核兵器を搭載した原潜を、平壌に最も近いペンニョン島の周辺に常時潜航させていた可能性がある。

【後日談】:この記事を後追いした観がある「日刊ゲンダイ」5月13日付の記事によると、核搭載可能な米原潜「コロンビア」(USS Columbia)が、米韓軍事演習に参加した後、ハワイに帰港しておらず、沈没したのは原潜コロンビアだとみられている。コロンビアは、事件の4日前、3月22日に韓国の港に寄港している。(関連記事)

【後日談2】:米原潜コロンビアがハワイに帰港していないと最初に指摘したのは、韓国の自主民報の記事「米原潜コロンビア号はどこに消えたか」だった。この記事には、事故の翌朝、ペンニョン島のヨントゥリム岩の岸から自主民報の記者が撮った、沈んだ艦船(米原潜?)の一部が海上に出ている写真も載っている。(グーグルの日本語機械翻訳版)

 米韓軍が、ペンニョン島の陸上に、北朝鮮をねらうミサイルを設置したら、北朝鮮から激しい非難を浴び、北朝鮮を同胞とみなす韓国民の世論も逆なでするので、撤去せざるを得なくなる。だが、ミサイルを積んだ米潜水艦を島の周辺に潜航させるなら、有事の際は地上のミサイル基地と同じ効果を生む上、北から察知されないし、韓国民にも何も知らせずにすむ。たとえ米原潜が核兵器を搭載していても、韓国側に知らせなければ問題にならない。そのように考えると、核弾頭の有無はともかくとして、ペンニョン島周辺に武装した米軍の原潜がいない可能性の方が低いぐらいだ。

 米軍の原潜の多くは、100人以上の乗組員を定員としている。昼夜交代制で潜水艦を管理するので総人数が多くなる。第3ブイの下に米原潜が沈んでいるなら、天安艦の死者数に並ぶ、かなりの死者が出たはずだ。放射能漏れの懸念もある。沈没した潜水艦から米軍が急いで取り出そうとしたのは、核弾頭だった可能性もある。韓国軍の特殊潜水隊は捜索を急かされ、ハン・ジュホ准尉が殉職した。

 天安艦の沈没は、すぐに大々的に報じられたが、米潜水艦の沈没は、米政府によって隠蔽され、韓国当局も隠蔽工作を手伝わされている。沈没の事実を隠さねばならないのは、北朝鮮側や韓国の国民に、米潜水艦が有事の際に北朝鮮を速攻で攻撃すべくペンニョン島周辺に潜航していたという事実を知らせたくないからだろう。知られたら、北は怒って何らかの報復を仕掛けてくるだろうし、韓国民の反米感情も煽られる。だがKBSなどが、誤報扱いされつつも米潜水艦の沈没を報じてしまったので、すでに北側は、今回の経緯をかなり把握していると考えられる。 (哨戒艦沈没事故で軍事機密明るみに、軍が対策着手)

▼米潜水艦を北の潜水艦と誤認?

 ここまでの展開は、最も重要な「天安艦と米潜水艦は、なぜ沈没したか」という分析に至っていない。今からそれを書く。KBSテレビの報道を分析した前出の自主民報の記事は、北朝鮮の潜水艦が南下してきて、天安艦と米潜水艦の両方に対して攻撃し、両艦を沈没させたのだろうと書いている。しかし私からみると、北がやった可能性は非常に低い。

 米韓両政府は、天安艦の沈没直後に「北朝鮮の攻撃を受けて沈没した可能性は低い」と発表している。もし北朝鮮の潜水艦からの攻撃で沈没したなら、北朝鮮政府が数日たってから「米韓の軍艦を撃沈した」と高らかに「戦果」を発表するかもしれない。その前に米韓両政府が「北朝鮮の攻撃ではなさそうだ」と発表してしまうと、米韓の政府は国民から非難され、高官が引責辞任せざるを得なくなる。本当に北の攻撃ではない場合しか、米韓の両政府が早々と「北の攻撃ではない」と発表することはない。自主民報は、北朝鮮寄りの左派新聞なので、北朝鮮の軍事力の強さを結論にしたかっただけだろう。

 すでに書いたように、事件当日に行われていた米韓合同軍事演習が、ペンニョン島の周辺でも展開され、その一環として天安艦が現場にいた可能性が高い。軍事演習が行われていたとしたら、米韓軍の他の艦船が付近にたくさんおり、北朝鮮の潜水艦が攻撃してきても、すぐに米韓で猛烈に反撃し、撃沈していたはずだ。撃沈できずに逃げられたとしても、北側からの攻撃があったのなら、米韓は防衛しただけの正義の立場に立てるので、交戦が行われたことをすぐ発表するはずだ。

 北側は、米韓が合同演習を口実に北上し、北の核施設に向けて本物の攻撃を仕掛けてくることを恐れていた。軍事演習しているふりをして本当の戦争を仕掛けるのは、米軍の戦術としてあり得ることだ。そんなところに北側から攻撃を仕掛けるのは、米韓に戦争の大義を与えてしまう自殺行為である。

 すでに書いたように、天安艦と米潜水艦の沈没から11日後の4月7日、スティーブンス駐韓米国大使とシャープ在韓米軍司令官という、米国の高官が、ペンニョン島近くの第3ブイでの捜索活動の現場で行われたハン准尉の慰霊祭に出席している。もし3月26日、北朝鮮の潜水艦が天安艦と米潜水艦を撃沈させたのなら、それは米韓と北朝鮮は交戦したわけであり、米韓と北の間で何らかの和議がなされない限り、交戦から11日後に、まさに戦場の最前線であるペンニョン島周辺に、米国の軍司令官と大使が2人そろってのこのこやってくるのは危険すぎる行為だ(米韓と北が交戦して数日内に秘密に和議したとは考えられない)。だから、天安と米潜水艦の沈没は、北朝鮮に攻撃によるものではないだろう。

 5月初旬には中国が金正日を北京に招待したが、これも、3月26日に米韓と北は交戦していないと考えられる根拠だ。胡錦濤の中国は、米国の軍産複合体によって、朝鮮戦争後と同様の「米韓VS中朝」という冷戦の構図に再びはめ込まれることを最も警戒している。3月26日に米韓と北が交戦し、その1カ月後に中国が金正日を北京に呼ぶと、それは中国が北朝鮮の肩を持ったことになり「米韓VS中朝」の構図に近づく墓穴堀りとなる。米韓と北が交戦したなら、中国は金正日を冷遇するはずだ。

 北側からの攻撃で沈没したのではないなら、残るは誤爆説になる。私が疑っているのは「米軍は、潜水艦をペンニョン島の周辺に常時潜航させていることを、韓国軍に伝えていなかったのではないか」ということだ。第3ブイに沈んでいる米潜水艦が長期潜航していたのなら、当日の米韓合同演習にも参加していなかったことになる(合同演習とは別の任務になる)。

 天安艦は、ペンニョン島の南の沖合を航行するはずが、予定より岸に近づき、その結果、韓国軍に存在を知らされていない米潜水艦の存在を探知し、北朝鮮の潜水艦が潜入していると勘違いして発砲し、攻撃されたので米潜水艦も瞬時に撃ち返し、2隻とも沈没するという誤認の末の同士討ちが起きたのではないか。米潜水艦は、受信専用のパッシブソナーを使い、天安艦の接近を察知しただろう。だが、米軍が韓国軍に対しても秘密にして米潜水艦を潜航させていたのたら、米潜水艦の方から天安艦に無線連絡を入れるわけにはいかない。

 天安艦が攻撃されたのは左舷からだった。韓国当局は、当時の天安艦は北西に向かっていたと発表しており、その通りなら、左舷は外洋側である。岸の近くに潜航していた米潜水艦は、島の側から撃ったはずだから、外洋側とは逆であり、上記の仮説と矛盾する。ただ、韓国当局は、米戦艦との同士討ちの事実を隠すため、天安艦が進行方向を逆さまに発表した可能性がある(島側から撃たれたと発表すると、北朝鮮犯行説はあり得なくなり、同士討ちの疑念が強まる)。

▼中国に委譲された天安艦事件後の南北仲裁

 天安艦の沈没以来、韓国のマスコミや政界は「哀悼」一色で、韓国ではコンサートや娯楽の催し物が相次いでキャンセルされた。韓国の右派はにわかに活気づき「北朝鮮に反撃しろ」と政府に圧力をかけている。韓国では6月に統一地方選挙があるが、この「天安艦政局」は選挙戦に多大な影響を与えている。

 在韓米軍の内情を知っていそうな在韓国の米国人記者ドナルド・カークは、天安艦事件を「米国の911事件に匹敵する」と言っている。それは言い過ぎだという声もあるが、天安艦が米潜水艦との同士討ちで沈没した可能性を隠し、北朝鮮に撃沈された疑いがあると言い換え、政界や社会が一気に好戦的になる事態は、米国人から見ると、911にたとえたくなるのは当然だ。 (元NYT記者「天安艦沈没、9・11テロに匹敵する悲劇」)

 韓国議会の左派系議員は、国防長官に「天安艦は、米軍の原潜による誤爆で沈没したのではないか。真相究明してほしい」と要請し、右派マスコミから「陰謀論を信用する間抜けな議員」と揶揄・批判されている。これは、911の真相究明を呼びかける米国や日本の議員が、ここ数年プロパガンダ化が激しい日米のマスコミから揶揄・批判されたのと同じ構図だ。 (朴映宣議員、誤報判明の「米軍誤爆説」で国防部長官と論争)

 天安艦の沈没後、米韓が「北から攻撃された」「反撃する」と宣言していたら、事態は本当の戦争になっていただろう。在韓米軍は撤退の方向にあり、2012年には有事指揮権が米軍から韓国軍に委譲される。韓半島の国際政治の主導役は、米国から中国に委譲されつつある。ブッシュからオバマにかけての米政権は、委譲を是認している。米国防総省内の軍産複合体系の勢力の中には、こうした多極化への流れを止めたい、逆流させたいと思っている人々がいるはずだ。

 彼らは、このまま東アジアが中国の覇権下に入り、米軍が撤退していくことを看過したくない。彼らが、天安艦事件を機に、韓国と北朝鮮との戦争を誘発し、朝鮮戦争の時のように、それを米国と中国との戦争にまで発展させ、東アジアでの多極化の流れを逆流させたいと思うのは当然だ。考えすぎかもしれないが、彼らがペンニョン島での米潜水艦の潜航を韓国軍に伝えず、同士討ちを誘発したと疑うことすらできる。

 天安艦事件を機に、朝鮮半島で大戦争が再発していたら「思いやり予算」で贈賄しなくても在日米軍の駐留が続くようになり、米国は再び日本を不沈空母と評価してくれて、日本経済は60年ぶりの「朝鮮特需」でうるおい、日本の対米従属派にとってはうれしい限りだった。

 しかし米中枢での暗闘では、軍産複合体(米英中心主義)より隠れ多極主義の方が強いようで、天安艦沈没事件は、朝鮮戦争の再発にはつながらなかった。さらに、日韓の対米従属派にとってがっかりなことに、米国は事実上、天安艦事件で南北関係が悪化することを防ぐ役割を、中国に委譲してしまった。

 中国の胡錦涛主席は、4月30日に上海万博の開会式に来た韓国の李明博大統領と会談し、その3日後には北朝鮮の金正日に中国を訪問させ、北京で中朝首脳会談を開いた。今後6カ国協議が開かれるかどうかは不明確だが、中国が、韓国と北朝鮮の仲介役をする傾向が強まっているのは確かだ。

 韓国民の多くはすでに、天安艦事件に関する政府の発表を信用できなくなり、何か裏があると感じている。米国では911事件の深層がなかなか事実としてみなされないが、韓国では、ペンニョン島の第3ブイの下に米潜水艦が沈んでいることが、今後いずれかの時点で「陰謀論」から「事実」に変わるかもしれない。韓国が対米従属を国策とする限り、第3ブイの秘密は隠蔽されねばならないが、国是が多極化対応(中国重視、南北共存)の方向に変われば、隠蔽が解かれるだろう。

教訓

私は若い頃、10年程「消防団」に在任しておりました。
地元地域の生命と財産を守る…この一点にのみ活動した中で、次のような教訓を得る事が出来ました。
「常に最悪の事態に備える」
(24時間)常に心の片隅に、今の状況で○○な事が発生したらどう動けばいいのか…なんてことを意識しておりました。
現在の日本人は半島の状況を対岸の火事みたいにしか思考できないのは、やはり骨の無い平和憲法に尽きると思います。
9条の精神を以ってあっけなく滅ぼされるのか?
それとも肉を切らせて骨を断つのか?
国民の一人一人が答を見つけるしかないと思います。

以下の署名にて、皆様のご協力を
お願い致します。

私たちの 領土:いえ は 私たちで守ろう
http://www.shomei.tv/project-1423.html

日本は、アジアではありません。

亜細亜、亜細亜と耳障りです。
我が国「にっぽん」は、亜細亜ではありません。
「皇国日本」です。
「朝鮮半島有事は、莫大な損失」を発生させると、
断言できます。
現在の我が国政府は、無力でしょう。
シナ・朝鮮とかかわると、ろくなことはないのです。
民間が、頑張っているのが、我が国です。
(民主党の紅衛兵が、仕分け????)

初めまして

初めまして。
いつもブログ

を読み勉強させて
頂いている者です。

ただ今日の
記事の中で

中国と組んで哨戒艦
を沈没させたと仰り

ましたがこの上海万博
の開催中に朝鮮情勢を

悪化させるのは
中国からしたら

私は不都合に
思えてなりません。


むしろ韓国は
北朝鮮の犯行

を裏付ける証拠を
金正日の訪中時に

発見したが中国の顔を
たてるためにわざわざ

先のばしにして
15日に発表した

という見方があります。


ここ最近の中国の
米韓への歩みより
も説明がつくので
私はそちらを支持
していたのですが

どっちが
正しいの

でしょうか?

>一人でも多くの朝鮮人が地球から消えるのを心待ちにしていますが

それはちょっと言い過ぎではないかと・・・
言っていいことと悪いことはあると思います。

韓国海軍艦を沈没させ、46人の犠牲者が出たとありますが、本当なのでしょうか?アメリカ・中国・韓国が日本に北朝鮮へ人道支援させる、茶番だったという可能性もあるのでは?結局、日本がお金を出すような気がしてなりません。

おかしい!

マスコミの報道を私は、もう信じません。 人は 正しい情報があって判断するけど、間違った情報をインプットしたら間違った判断になります。 でも唯一様々な情報が錯綜する中で 判断できる事があると思います。 それは、常識だと感じます。 自分の体験や常識を当てはめたとき 憲法9条があるから 日本は、平和だとか?外国がせめてこないだとか ありえない! そして、今回の北朝鮮の行動は明らかにおかしい! そして金日成や金正日の肖像画を飾る在日の人達もおかしい! そして愛国無罪と叫ぶチャイニーズもおかしい! 日本の女を全員犯して、日本の男を殺してしまえと言ってるひともおかしい! そんな反日国家に経済援助してすり寄る鳩山由紀夫はおかしいおかしい!

日本への飛び火の可能性は充分ありますが、こちらから深入りしなければ、甚大な被害をこうむる事は無いと思います。

とはいっても、何をするか分からない連中ですし、中国の動向も著しく不透明ですので、防御態勢を早急に整える必要はあります。


確か、原子力発電所の警備については、すでに前原大臣が言及していたはずですし、北朝鮮の貨物船を取り調べる法案は、自民党・たちあがれ日本が積極的に推進していたはずです。

懸念としては、鳩山総理が見栄を張り、無制限に韓国への資金援助を行いかねない、という事もあるでしょう。


あやふやな記憶ばかりですみませんが、確か、韓国の大統領も少し前から韓国国内で厳しい立場に立たされていませんでしたか?
それと、確かアメリカは最近国防何とかという白書?で、特に中国の海洋進出についての懸念を言及していませんでしたか?

これらが確かだとすれば、今回の韓国・アメリカの強気の姿勢は、半ば理解出来ると思います。
つまり、韓国は大統領の求心力向上のため、アメリカは中国の動向を警戒・分析するためではないでしょうか?

強気と言えば、鳩山総理も、彼にしては強気だと思いますが、やはり国内で苦しい立場に立たされており、何かしら「手柄」を挙げたいという思惑があるのでしょう。
もしくは、普天間基地移設問題に関連して「このような事もありますので、アメリカ海兵隊は沖縄に必要です」と、言い訳に利用する気もあるでしょう。


これを機に、日本国内における「中国勢力」と「韓国勢力」が反目しあえば、民主党の内部分裂に繋がるかも知れません。
ちょっと楽観視し過ぎでしょうか?

北朝鮮「韓国に宣戦布告」

よそで全く同じ投稿を見つけたんですけど...

http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/bfbd1a19abb8037ff330b0abdc87ca61

北朝鮮「韓国に宣戦布告」

本日の内容の一部がよそのサイトにありましたが...
★厳選!韓国情報★
「金正日、戦闘準備をとるよう軍に命令」

朝鮮=恩知らず

韓国からすれば開城工業団地や金剛山観光等も含め、多額の食糧、金銭援助をしたのに、北朝鮮の恩知らずと言う所でしょうが、同じ事は日韓関係も同様です。第二次大戦で戦いもせずに、多額の賠償金を分捕り、経済崩壊の際には、助けて貰いながら、恩知らずの極致が韓国です。だから、朝鮮半島で南北が殺し合いをしても同情する様な国は世界に存在しません。韓国もこの際早く、在日に召集令状を出して、最前線に配置でもして、日本人の同情をかう活動でもして欲しいです。

お隣の国の歴史を見ると、内乱、政争の際、ためらうことなく
我がの勢力拡大のため、外国勢力を国内に導きいれてきました。
それからいうと、今回も、彼らのみで、やりあう根性など無く
状況は、中共、米国の後押し次第のような気がします。

(その点、世界史の枠では、英仏の代理戦争といえる
戊辰戦争を戦い合いながら、植民地とされることなく
独立を保った日本人を、誇りに思います。)

前の朝鮮戦争(継続中の戦争ではありますが・・・)のとき
国連軍の後方撹乱の目的で、日本国内で、朝鮮人の騒乱事件が
多発したことは、ネット等で調べて知りました。

(こういったことを、広く周知させないこと自体、日本の安保
 の重大な欠陥であると思います。)

今回も、そのようなことがある可能性が高く、非常に心配です。
加えて、現在の首相が、あの人では、とんでもないことが起こりそうで・・・
しっかりとした、条約を結んでおきながら、集団的自衛権は認めない
一方で、条約も何も無い国のための支援に、日本が先頭に立つ。

あいかわらず、支離滅裂です。

田中宇氏ってどうなの?

田中宇氏の記事には誤りがある?

”USS Columbia Returns to Pearl Harbor
Release Date: 05/03/2010”
と某サイトにあります。

本当にUSS Columbiaが帰港していなければ
アメリカでは今頃大騒ぎのはずです。
もし、田中氏の記事が事実なのであったなら
潜水艦で訓練に出ていた水兵の家族は黙っていないでしょう。
潜水艦は沈没、しかも死者が多数でていたのであれば、
くらなんでも隠蔽は無理だし、ニュースになると思います。

しかし、この田中氏の記事はとても危険だと思います。



日本が巻き込まれるかどうかですが。。
実は、既に巻き込まれている状態だと考えています。
あの馬鹿ハトが南朝鮮に対し、支持するとか連携だとか
言った瞬間に巻き込まれてしまっているかと。

南朝鮮は金融も株も、下がりっぱなしの状態のようですね。
緊張が続けば続くほど、高まれば高まるほど南朝鮮の経済
状態が悪化して行く。そして、南朝鮮を応援する馬鹿ハトも
連携と称して請われるままに南朝鮮の穴埋めをする。
或いは逆に、金は必要か?なんて南朝鮮に打診してる
ことでしょうね。なので、もう既に対岸の火事ではなくなって
いると考えてます。

今や所詮、朝鮮族同士の事ですから・・

 是までの朝鮮政府が遣ってきた事と云えば、麻薬製造・密輸、武器密輸、贋金造りに拉致誘拐、挙句は核兵器を造っての強請たかり、そうして集めた金で軍隊を飼い慣らし自分の強権を維持し、金王朝とも揶揄される首領の地位を保ってきたワケですが、近年続いた経済制裁の為に、外国での集金システムが崩壊して、既に朝鮮の国家財政と云うべきものは破綻しつくして居る様です。

 判っている情報を基にするしかない上、飽く迄私の推量の域を出ませんが、デノミ失敗なら、国内では自国通貨が全く信用できない状態になっているでしょう、そんな状況を統御するのなら武力に頼るしかない金正日の立場で考えて看ると彼自身が護れるものと云えば、既に自分の生命と家族位しか残って居ないでしょう。

シナに詣でたのは国家の為、人民の救済云々ではなく、この上金切れで軍隊の反乱がおこった場合、我が身と家族の安全の確約を取り付けが必要になりましょう、勿論引き換えは、国外にプールしてある国家の非常時の隠し金でしょうから暗殺される事を恐れてシナへ直行しなかったのだと思います。

シナ側としては、今更幾ら援助した処でその場凌ぎにしかならない現実を否定しようがないのでは、誰が看ても破綻のカウントダゥンはモゥ最終段階にあると判断していると思います。

 その他の周辺国の思惑も、そんな朝鮮を「如何にして跡形もなく消滅させる事が出来るか」に移っているのではなかろうか、韓国が朝鮮がと云った処で、朝鮮族に文明を与えて経済を発展させても、韓国以上の国には成り様が無い事は明白です、其の韓国はと云えば経済規模こそ世界11位ですが、何時まで経っても、何処まで行っても、彼らが寄生虫である事には変わりが無い、シナ文化に寄生し自国の民を搾取の対象としか看ないで、弾圧、差別で、支配層が我が身の栄耀栄華のみの為に国を運営する事を「社会の頂点の成功者の為し事」として、容認させてきたからでしょう。

 是は明らかに前近代のモノです、アフリカでも同じ様な現象が起こって、多くの下層民が、戦火で、亦は其れを原因として起こる飢餓や疾病で亡くなっていますが、外力では為すすべが無いと云うのが欧米の結論です。

 詰まる所、民族は自決しなくてはならない、つまり、民族は飽く迄自力で立ち上がらねば、そういう決意を持たなければ、自立などできはしないのです。

 然るに、朝鮮族の催す社会は、未だ事大主義、つまり強きに阿り、弱きを虐げるのが常識です、此処から生まれる極めて利己主義的な価値観が社会の常識の様ですが、近代社会が弱者救済に拠って、病貧争を駆逐し、最大多数の幸福を実現しようとした流れに真逆の方向に民衆個々が求めるモノがであるのですから社会が善くなるわけが無い。

 例えば、経済世界11位と謂う韓国にあって、共済という考え方、互助と云うシステムも理解されて居ません、日本社会では既に開国以前からこういうシステムが社会の現存し、しかも、民衆主体の運営であった事とは、天地の程の開きを感じます、欧米が築いた近代と謂う第三者の視点からは、明らかに異質の社会であると判定する事になりましょう。

 しかし、もし日本を東洋の標準に措かれたら、朝鮮もシナも未開のジャングルに暮らす狩猟採集民並み、否、凶悪、利己的、狡猾さから云えばそれ以下の野蛮な暗黒社会でしょう。

 こんな社会しか催せない国に欧米は何も期待していないと看るべきです。

 私は結局の処、今回欧米やロシアが合意して、シナが朝鮮の始末に掛ったと看て居ます、半島国家を一先ず韓国にまとめますが、其の韓国が経済や産業面で遣って居ることと云えば、シナと五十歩百歩でしか無い、現在の通貨安と世界不況の所為で一服しているダケ、ダカラと云って将来の展望が明るいわけでは全くない、こんな状態で千万人近い難民の救済を先ず遣らねばならないし、新たな産業を興して、社会を安定させねばならないのですが、韓国に其の国力があるかと云えば、無いと云う他はない。

 其処で、金満日本の登場と云う事になるのは必定でしょうね。

 おそらく自民党政権でも同じですが、特に民主党政権のままなら、名分は何でも求められるママ、唯々諾々と金を出し、小沢が陰でゼネコンに仕事をばらまいて姿が、日本のゼネコンが大賑わい、大儲けすると云う是まで通りの姿が目に浮かびます。

 つまり、戦争と呼べるモノなど起こりません、起きたとしても1カ月以内の内戦規模程度でしょう、艦載機やミサイルが飛び交い、挙句核を遣う様な大戦争を起こされたら困る超大国が3つも絡んで居るのですから間違いないと思います。

 米ソが世界の覇権を賭けて戦った時代ならいざ知らず、戦争となれば人が死ぬのです、しかも若い人が大量に、朝鮮半島で再び戦争に成ったとして、その死ぬ若者たちは一体誰の為に、誰の利益を護る為に戦い死ぬのかを考えれば、アホらしくて戦争などできないでしょう、ベトナム戦争で大義だけでは戦えない事を米国は嫌というほど知った筈ですが、今回はその大義も描けないのですから。

戦争とその後を思えば

ブログ主様の、思い切った切り口に、そうか!と感嘆しました。

もちろん、沈没の原因については、様々な情報が飛び交っていて、関係する国の思惑も、いろいろと取りざたされていますが、大事なのは、今後の動きを予想し、最悪の状態を想定し、準備する事かと。

私は、米国の態度が、イラク開戦前夜と似ている様な気がします。
米国(産学軍複合体)が戦争を欲している時期とも考えられます。

国連安保理で、米国、韓国による懲罰動議→中国が拒否権を行使し、否決→米韓+?の多国籍軍による開戦→平壌を空爆→多国籍軍の平壌進攻
との筋書きにが予想されますが、そのとき、中国はどう動くのでしょう。
中国の立場からすれば、何らかの形(米国と衝突しない形)で、北朝鮮に人民解放軍を進めることは間違いないと思います。

朝鮮で戦争になれば、多国籍軍の後方基地は、もろ日本となります。

もしかして、北朝鮮には先が無いので、この際つぶしてしまい、金正日と一族は中国に亡命させて、最終的に、北朝鮮を中国の北朝鮮自治区とし、合わせて日本を巻き添えにしてたたくという陰謀では?と疑っています。
とにかく、ここ半年の動きが大事と思います。一番の問題は日本の政権です。どうにもならない。

南北戦わば

問題にしたいのは、在日ですよね!
韓国籍の鮮人は、軍の招集が掛かれば、卑怯者でも半島へはせ参じなければいけないと思うのだけど。
北籍の鮮人は、日本で何をする?テロ行為?脱日して北京経由で参戦しますか?鮮人の行動は見ものです。
日本に居る5万人の韓国売春婦は、半島の従軍慰安婦で帰国しないといけません。
日本から鮮人一掃の南北戦争を期待します。
日本から鮮人がいなくなれば素晴らしいです。
鮮人の居ない日本が良い。

将軍様はまとも?

この度の韓国哨戒艦撃沈事件は、現地指揮官の独断によるものでしょう。将軍様が常に突っ張った姿勢を見せないと金王国は維持出来ない。時々付いて来ない部下を見せしめの為処刑するのはその為。だからと言って戦争にでもなったら金王国はいっぺんに無くなる。強行姿勢を見せても戦争にはさせない。金王国を存続させる為、将軍様は常に必死に綱渡りをしているのだ。

この微妙な処を部下は理解出来ない。哨戒艦撃沈の海域は北も領海を主張している海域だ。手抜きをしたら自分が処刑されるかも知れない。ならば思い切り良くと撃沈してしまったのだろう。それでびっくり将軍様。中国指導者が休暇中にも関わらず押しかけて『ごめんなさい』『なんとかして』を言ったのだと思います。

従って戦争にはならないと思います。だからと言って安心するべきでは有りませんが。

それにしても、未だ馬鹿々しい米国原潜の仕業説を貼るのがいます。核攻撃をするため何故原潜が危険な近海の浅瀬でウロウロしなければならないのか。馬鹿々しいけど、そのおかげで田中宇が北の工作員河信基と繋がりが有ることが知ることが出来、その田中宇説を広めている者も、何時もの長文のコピペをするのも、同じあちら系の工作員だろうと推定する事ができました。

それよりもっと馬鹿々しいのはルーピー鳩山の発言。『もし韓国が国連安全保障理事会に決議を求めるということであれば、日本として先頭を切って走るべき』だと?。友愛では無いのか。口蹄疫の事で何もしなかったくせに、韓国の事で何張り切っているいるのだ。

恐らく女房による韓流コントロールだったのでしょう。今まで民主党政権が日本国民そっちのけで韓国朝鮮人の為の政策をやっていたことも、女房による韓流コントロールだったと考えると納得です。

ルーピー鳩山と比較すると、北のテロリスト将軍の方がまともに見えてきます。

李政権は事件発生から半月もの間国民に何ら語りかけもせず、北朝鮮説打ち消しに躍起となり事実上否定していました。金・盧政権時代の主要人物を切ることが出来ず政権に残留させ、その影響下で有事時の中国介入も北の脅威もそれほど考えてはいなかったし、出来ればそっとしておきたかったのではないでしょうか。
 しかし世論の高まりに己の政治生命が危ぶまれ、小手先であれこれやっている内に、行くところまで行かざるを得なかったように見えて仕方ありません。これまでの政権の敵は「日本」であり、あらゆる手を尽くして反日を煽ってきた、その事実を李政権も変更していません。
 これまで日本の援助に対しても当然のようにして感謝の言葉もなく、膨大な借金の返済をする意思もなく、日本領土への不法占拠、その教科書問題にまで内政干渉してきた事の継承。そればかりか李政権になって激しくなった文化の一方向的押しつけ、食、衣料、日用雑貨用品に至まで韓国製が溢れている現状と、不法入国した反日韓国・在日の残忍極まりない凶悪な犯罪に対しての、日本からの協力要請にも無視し、都合の悪いときだけ当然のように頼ってくる。
 李氏は商売人だろうけれど、政治家としては自己の延命利害だけで都合良くも転ぶ。信頼の点でどうしても疑問符が付きます。
 韓・朝の本質は同じであり、彼が北朝鮮に向け発した言葉は、そのままお返ししたい。李氏の言葉を聞きながら心から思いました。

 100名の特殊工作員を乗せた北朝鮮の潜水艦4隻が不明のままとのことですが、独裁軍事国と反日国が跋扈するこの極東で、GDP1%の軍事費で平和を叫んでいる愚かな国が何処にあるでしょうか。
 危機の時に、日本の最高指揮官が何も考えず、リップサ-ビスだけで「日本が先頭に立つ」と軽々しく言う。日本を守るという意志が国家にも国民にも欠如している所以なのでしょうか。
 
 

今日自衛隊に訓練という名目で非常呼集、動員がかかったそうですよ。

もう日本人の若い衆の命を一人も鮮人の為に失いたくない。

朝鮮人というのはいなかった。全部シナ人だった。シナ人の奴隷をしていた乞食のような辺境の何も文化がなかった土民を日本人の尊い多くの血と莫大な税金によりシナから救って独立させてやった。あげくにロシアから朝鮮を日本人の血と金で防衛してやった。それなのに日本に朝鮮から望んで、日本を騙して併合してもらってにほんじんの税金で莫大なインフラを作り税金をはらわなかった。おまけに日本の文化と技術を全部盗った。防衛は日本にさせた。

もう二度と鮮人の為に日本人の命を犠牲にはしない。税金をつかって鮮人の防衛はしない。

日本人は鮮人の為にシナ人とは戦争はしない。勝手に鮮人はシナ人と戦って1000年奴隷に戻ればいい。昔に戻ればいい。元に戻れば良い。

戦争を知らない世代ですが、戦争なんかしたくありませんよねえ。
それは休戦状態のままの韓国国民とて同じこと。
日本国民に至っては、「自分が巻き込まれる」という意識すらないレベルですが。

先の衆院選挙では、自民党政権に痛い目を見させて目を覚まさせる、といった目的で民主党に投票し、結果自分が痛い目を見ている方々が多数いたようですが……
今度朝鮮戦争が再開されたら、今度は日本国民全体がもっと痛い目を見ることになります。

しかしそれが、外部の「日本国民に痛い目見させて目を覚まさせる」ための方策であったとしたら?
「戦争をしない」と主張している日本を、「戦争を否定しない日本」に変えるために、至近で火種を作って、「ほらほら戦争否定ばかりしてたらえらいことになるぞー」と国民に知らしめれば、憲法9条の改変に繋がるのでは?
……という陰謀論も考えてしまったりします。

いや、別に9条には賛成してません。「やるときはやる」という姿勢を打ち出すのは、国際社会の中では重要なことだとは思いますので。
自分から仕掛けなければいいだけです。
ただ、「隣国がやる気マンマン」なのにこちらは何もできない、というのは、飛車角金銀落ちで将棋の相手させられているようなものですから……

まあ、日本周辺の危険性を周知徹底するには、いい機会かもしれません。
「飛翔体」が日本の上を飛んでいく程度では、日本国民も判らないでしょうから。

>ななしさん
田中 宇氏の陰謀論はとっくの昔に妄想である事が確認されてます。
天安が轟沈したのは、3/25日だったでしょ?

コロンビアもコロンバスもヒューストンも、沖縄のうるまに4月に寄港してます。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-160415-storytopic-3.html

米国原子力潜水艦のホワイトビーチ寄港に反対する抗議決議
http://www.city.uruma.lg.jp/DAT/LIB/WEB/1/H2010416hatugi10.pdf

どちらかと言うと田中の陰謀であります。

何故か書き込みを嫌がられる不思議なコメント

成り済まし民族体制に問題があるのだ


旧日本陸軍の満州進出を後押ししたのは、満鉄調査部に巣食う朝鮮人勢力であったのでは?
そして、現在中国による東北工程による逆侵略を半島北部が受けつつある。
731も結局、ハンドラーズによるキムチ踊りによる関東軍筋肉による実行、成果は真の発注先へ返還? なのではないか。


パックインジャーナルで言わないこと。

 フィリピンの米軍が撤退して、フィリピン領が中国に侵略されたこと。(南沙諸島?)
 沖縄海兵隊が、直接的機能から必要なのではなく、人質として機能していること。
 韓国に駐留している米軍(人質)が撤退することで、開戦の危険性が高まっていること。

問題は、海兵隊の機能を表向き、正直な議論で、必要性を政府首脳が主張できないこと。

川内は、知っていて、反米、反日行為を繰り返しているのではないかという疑問。

朝鮮人同士のいざこざに巻き込まれるな

北が南の朝鮮を攻撃したか、しなかったか、
そんなことは日本に関係ありません。
北も南も日本を憎み敵視する敵性国家です。
どちらかに与するなどあり得ません。

南は日本に助けを求める前に「竹島」「日本海」など
露骨な敵対行為を清算してからにしろ。

日本は北朝鮮からのミサイルや施設への爆発工作への警戒態勢をレベルを上げて警戒する事。
日本のやるべき事は在韓の日本人やアメリカ人の引き上げを支援。
在韓米軍が早速釜山からグアムか日本に引き上げそうだ。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/620-068eb0df

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。