スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青海省地震の謎


青海省地震から今日で早1週間が経ちました。四川大地震からすでに2年、
青海省は四川省の隣です。青海省地震の震源地玉樹と四川地震の震源地汶川
の距離は地図で見るとそれほど離れていません。

この二つの地震は何か因果関係があるのでしょうか、2008年の四川大地震
の時は盛んにその要因が三峡ダムではないかという仮説が立てられていました。

三峡ダム着工当時から地質学者や地震学者たちが警告を発していました。
2006年に香港の人権情報センターは三年以内に山峡ダムが強い地震を引き
起こす可能性があると発表していました。

日本で一番大きなダムは黒部ダムです。山峡ダムの規模は黒部ダムどころでは
ありません。貯水量に至っては150倍以上の開きがあると言われています。
蓄積された水の重さにダム付近の岩盤や地質が耐え切れずに地震を引き起こす
と地震学者が警告しています。

学者の警告どおり満水になる前の段階で小さな地震が頻発しています。これが
ダムの影響であることは、学者の間では常識化されています。

山峡ダムは1993年に着工、2009年完成予定です。ということは青海省地震
の前にダムの貯水量が満タンになったということです。

素人が勝手に推測してはいけませんが、地盤に想像を絶する水の重さがかかり
それが引き金となって断層が動きだしたと考えられます。

山峡ダムと四川地震の震源地の距離は数百キロ離れています。青海省地震の
震源地はその倍は離れています。山峡ダムと今回の青海省地震との因果関係は
ないかもしれませんが、青海地震をテレビで見たときなぜか山峡ダムが思い
浮かびました。

一番恐ろしいことは三峡ダム周辺で地震が起こることです。三峡ダムが崩壊
すれば、地震どころでの騒ぎではありません。考えただけで身の毛がよだち
ます。

20数年まえ四川省成都市の契約工場で生産していました。四川省大地震の
時は胸が詰まる思いで地震の凄惨さをテレビで見ていました。

もう一度、劉備玄徳、諸葛孔明、関羽、張飛などが祭られている四川成都に
ある武候祠に行きたくなりました。四川地震で崩壊したかも知れませんが、

三国志のプロローグに「長江東に去り、浪英傑を呑む、なるもならぬも夢の
よう」という一説があります。過去は夢のように去っていきます。

私は阪神・淡路大震災の真っ只中にいました。私の住んでいる町も400名
くらいの人たちがなくなりました。人間はいつまでも生きておりません、
やがては死んでいきます。

しかし人は死ぬということをまったく考えないときはには、生存の喜び、
ありがたさはわかりません。人は平素、日常の生活にほだされて、まるで
死なないかのように考えてみずからを忘れてしまっています。

生きてゆくことは、1日を送り、1日を迎えるということは、まこと
その1日に向かってお互い死の領土に一歩一歩近づいているのです。

私は地震に遭遇して初めて、この地上において生まれた喜び、生きている
ことの喜びを実感しました。それ以来 何のために生きているのか、何を
するのか、どこへ行くのかということをおぼろげながら考えるようになり
ました。

せっかく生きているのですから、これに息を吹き込まねばなりません。
かといって別に大きなことをする必要もありませんし、そんな力もありません。

現代人は静かに物を考えたくても、今日の社会ではあまりに多くの情報が
氾濫して人間の耳を聞こえないようにさせてしまっています。その結果
邪法と正法の区別がつきません。つまり、うのみです。邪法の洪水です。

日本の船長である鳩山首相が邪法の洪水におぼれて、日本の本当に進み行く
べき正しい航路を見失っています。

また脱線しそうなのでこの辺で終わりにします。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

そうですよね。
生きるってことは、日々、”死”に近づいていくことですねぇ。
まっ、鳩山のような育ちの悪いクソガキでも63歳まで生きてこれたのですから、さすが世は平等ですな。
平等が最大の”害”なんですがねぇ~。

スレ違いになりますが、13日から人気ブログランキングのページで
新しくエントリーした際にブログ内で貼られた画像が表示されるようになりました。
もし興味があったらエントリーを更新する際に画像も付けておくと、
ブログの宣伝になるかもしれません。

http://www.chosunonline.com/news/20100420000005
韓国 ハン・スンス前首相 米マンスフィールド財団の理事に
http://ameblo.jp/ototo9/theme-10018498787.html

朝日がおかしい。

今週月曜日「TVタックル」の麻生前首相スペシャルと言ってもいいような、及第点(可)レベルの番組といい、今日の天声人語(朝刊読んだ)といい、裏で何が起こっているのだろうか?

asahi.com(朝日新聞社):天声人語
http://www.asahi.com/paper/column.html
4月21日付( 賞味期限が1週間のようですので、全文ここに挙げます。)
---- ここから ----
ホンダ、ソニーと紛らわしい「HONGDA」のオートバイや「SQNY」の乾電池が出回った国である。中国のコピー癖に今さら驚きはしないが、国の威信をかけたイベントまでとはニセモノ天国も半端じゃない

▼上海万博のPRソングが岡本真夜(まよ)さんのヒット曲にそっくりな件で、万博実行委が岡本さん側に「あの曲を使わせてほしい」と申し出た。遅すぎる依頼ながら、岡本さんは「とてもすてきなお話で光栄です」と応じたという

▼13年前の「そのままの君でいて」が、ほぼそのまま、なぜか中国の国家事業を盛り上げる運びとなった。先方は穏便にさばこうとしたのだろう。「盗作に抗議」「認めて謝罪」という手順をすっ飛ばした、お手軽にして珍妙な落着だ

▼この荒業、当方も冗談としては話していた。冗談を地で行く国である。例えは悪いが、万引きの犯人が「倍払うから許して」とひれ伏した図が浮かぶ。そして店側は「とてもすてきなお話」と

▼〈もっと自由に/もっと素直に/強がらないで歩いてゆこう〉という岡本さんの詞に導かれたか、体面を重んじる国にしてはビジネス本位の、素早い対応といえる。万博まで10日あまり。さすがに正面から争ったり、曲を作り直したりする余裕はなかったらしい

▼盗作騒ぎは、中国のインターネットで「国の恥だ」と火がついた。岡本さんはかの国でも知られており、はやりものに疎い当局が笑いものになった。ネットをあれこれ規制したところで、人の口に戸は立てられない。「OKANOTO」が通るはずもない。
---- ここまで ----
よけいな書き込みかもしれませんが、三峡ダム関連の過去記事も改めて読み直させていただきました。
中国・三峡ダムは時限爆弾  5月26日(月)( 2008/05/26(月) 13:18:37 )
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-261.html
台湾の切り札( 2009/08/10(月) 15:17:05 )
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-485.html

HAARPの話もありますし、今回の地震は上海万博を狙ったとの記事もありますが・・・
中国 地震 兵器 |進化社会
http://ameblo.jp/sinkasyak/entry-10442977773.html
※信じるか、信じないかは、個人の判断でお願いいたします。m(__)m

>朝日がおかしい

前から思ってることなんですが、日本のマスコミには 在日>韓国>中国>北朝鮮
という優先度があるように感じるのですが、ちがいますかね。
結局のところ大事なのは自分たち在日であって、
状況によってはそれ以外は”だしにして”叩くこともあります。

「TVタックル」の件は、
そろそろ民主党の前途も不安になってきたので、
今のうち麻生氏に媚を売っておこうと考えたとか。

善意の募金が、『犯罪組織の加担金』にならないように!

b>>四川大地震からすでに2年<

あれから、本当に“もう2年”も経ってしまったんですね。日本人も「ドラえもん募金」だのなんだのと、

頃の嫌中振りもなんのその、必死で募金されておられましたが、所詮、非人権蹂躙国家シナの事、もちろん、募金は共産党幹部らが、“ほぼ8割”は分捕っていましたね

日本人の善意?である募金は、悪徳シナ政府やチンピラ共産党員らに、巻き上げられ、貧しく虐げれているシナ人や少数民族の人々を、“より一層不幸に貶め[/色]”、“地獄に叩き込んだ募金”だと思います。

ボランティアやチャリティーなんていうのは、そのバックやスポンサーに、一体どんな企業や団体が絡んでいるか、それをしっかりと見極め、把握して募金をしないと、悪人をのさばらせ、虐げられている人々が、“より一層搾取される事”になりかねませんから

善意の募金が『騙し取られる』だけなら、自分が損をするだけで済みます。ですが、良かれと思ってした募金が、『犯罪に使用』されてしまったら、申し訳なくないでしょうか?

ましてや、『虐げられている人々をより虐げる結果』になってしまうのです。募金にも十分気を配るべきだと思います。

日本の善意』がいつのまにか、“犯罪に加担”してしまっているなんて、結果にもなりかねませんから・・・。

やはり、四川地震義捐金は盗まれていた
http://tsuki4202000.iza.ne.jp/blog/entry/1174538/allcmt/

義援金の90%を中国政府がネコババしていたって
http://proxy.bbsnews.jp/id_list?bbs=offmatrix&num=1210801514

『オーストラリアに亡命した元中国人官僚が告白してたよ。 “中国人留学生学友会は、駐在大使館を通じ中国当局の管理下にある”って…。 その手の募金活動は、100%中国政府が関与していると思ったほうがいいよ。 義援金は、いったん政府に預けられ、“9割をピンハネ”、 残りの1割は、現地の政府関係者の懐だから、実質なにも届かないと思ったらいい』・・・。


[太字]※中国大使館が、同じ支店に『[色:FF0000]台湾側の口座名』に、酷似した口座を開いて義捐金を募集していたり…、本当に盗人とは、シナ人の事ですね。


善意の募金が、『犯罪組織の加担金』にならないように!


>四川大地震からすでに2年<

あれから、本当に“もう2年”も経ってしまったんですね。日本人も「ドラえもん募金」だのなんだのと、

日頃の嫌中振りもなんのその、必死で募金されておられましたが、所詮、非人権蹂躙国家シナの事、もちろん、募金は共産党幹部らが、“ほぼ8割”は分捕っていましたね

日本人の善意?である募金は、悪徳シナ政府やチンピラ共産党員らに、巻き上げられ、貧しく虐げれているシナ人や少数民族の人々を、“より一層不幸に貶め”、“地獄に叩き込んだ募金”だと思います。

ボランティアやチャリティーなんていうのは、そのバックやスポンサーに、一体どんな企業や団体が絡んでいるか、それをしっかりと見極め、把握して募金をしないと、悪人をのさばらせ、虐げられている人々が、“より一層搾取される事”になりかねませんから。

善意の募金が『騙し取られる』だけなら、自分が損をするだけで済みます。ですが、良かれと思ってした募金が、『犯罪に使用』されてしまったら、申し訳なくないでしょうか

ましてや、『虐げられている人々をより虐げる結果』になってしまうのです。募金にも十分気を配るべきだと思います。

日本の善意』がいつのまにか、“犯罪に加担”してしまっているなんて、結果にもなりかねませんから・・・。

やはり、四川地震義捐金は盗まれていた
http://tsuki4202000.iza.ne.jp/blog/entry/1174538/allcmt/

義援金の90%を中国政府がネコババしていたって
http://proxy.bbsnews.jp/id_list?bbs=offmatrix&num=1210801514

『オーストラリアに亡命した元中国人官僚が告白してたよ。 “中国人留学生学友会は、駐在大使館を通じ、中国当局の管理下にある”って…。 その手の募金活動は、100%中国政府が関与していると思ったほうがいいよ。 義援金は、いったん政府に預けられ、“9割をピンハネ”、 残りの1割は、現地の政府関係者の懐だから、実質なにも届かないと思ったらいい』・・・。

[太字]※中国大使館が、同じ支店に『台湾側の口座名』に、酷似した口座を開いて義捐金を募集していたり…、本当に盗人とは、シナ人の事ですね。


ダムによる地震説が有ったのですね。
大変勉強に成りました。
それからコメント欄から、義援金サギの話しも初めて知りました。
いつも勉強させられる事ばかりです。ありがとうございます。

チベット人だけ何故?

2度も大きな地震に見舞われ、自然災害の理不尽さを感じますが、昔からこの地域は、地震の頻度が多いところだったのだろうか?
ここ最近になって良く聞くようになったし、地盤も日本のように軟弱な地盤でも無いように見受けますが、何が原因してるのでしょう?
インド亜大陸からのプレートが押し寄せ極に達して地震となってエネルギーの放出が起っているのだろうか?
日本の太平洋側は何時地震が起こってもおかしくないと言われながら、中々起きません。地震予知は可能なのだろうか?

こんにちは。
ダムの別の脅威を知りました。勉強になりました。ありがとうございます。

水間政憲さんの記事が載っています。
『SAPIO』朝日〈朝鮮版〉の研究:第九弾「張作霖爆殺」で始まった奇妙な報道》★★★今日(21日)発売。★★★
http://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou

宜しくお願いします。

ダムで地震なんですね。

地学で、重さで地面が沈むと習いましたが?佃や豊洲の埋立地の高層ビル群は大丈夫でしょうか。

Re:>朝日がおかしい

ななし 様
優先度は、たしかに、そうかもしれないですね。
ただ簡単な色分けでは「朝日:シナ寄り」「毎日:韓国寄り」じゃないですか。朝日とシナ揃っておかしいんですよね、この頃。

シナのおかしさは、マグロ・キムヨナの八百長指摘・竹島の日本領土宣言・上海万博パクリ疑惑。まるで日本をヨイショしているような。

万博のテーマソングですよ。プロジェクト進行途中で、気づかないはずがないと思うんですよ。それをワザとネット上で騒がせて世間に広めた。すかさず朝日がフォロー。しかも天声人語欄で。「この荒業、当方も冗談としては話していた。冗談を地で行く国である。」とまで言ってますからね。狙いはなんだろうと。

世界的にコピー国としては認知されていますので逆手にとって「ほら著作権をちゃんと意識してんだよ」という効果狙いなのか?(上海万博テーマソングの作曲者は日本人という事実が永遠に残るんですけどね)、
反面
「中国潜水艦軍団が沖縄横断、沖の鳥島(東京都小笠原村)を一周」
「海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で」などは朝日の扱いが小さいまたはスルーですので、それのカムフラージュなのか?

また麻生さんの方も
チラ裏の倉庫 電通が鳩山を切った。
http://chiraurasouko.blogspot.com/2010/04/blog-post_9689.html
なる推測話が載っているのですが、それなら菅直人だろうと。何で麻生さんなの?
ななし 様言われるように、麻生氏への媚売りかもしれないですね。

私の裏読みレーダーも電池切れです。(笑)

「地震」ネタでなく申し訳ありません。m(__)m

朝鮮人・舛添要一が新党結成

外国人参政権推進の朝鮮人・舛添要一が新党結成という報道あり。
「成りすまし日本人」の朝鮮人がトップの新政党は、朝鮮人のための政策、すなわち反日売国政策をどんどん進めるのだろうな。恐ろしい時代になったものだ。そんなの支持する一部の日本人って、本当のバカ?
Loopy?


自民党支持者の票の取り合いで自滅です

舛添氏離党へ 週内の新党発足目指すhttp://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100421/stt1004211533004-n1.htm


1人目は日本人女性。2人目はフランス人女性。3人目は片山さつき。「高飛車な生意気な女」4人目は現在の奥さん。


片山との離婚が成立する前年の昭和63年、
愛人X子に男子を産ませており(後に認知)、
平成3年には別の女性Y子が彼との間にできた女児を出産、
平成7年にY子は次女を出産している。平成8年6月に現在の妻と結婚している。


過去に妻が3人、愛人2人、認知3人。

本当に謎ですね。

こんにちは。
三峡ダムは時限爆弾、再読しました。


被災された方々が可哀相でなりません。中国は、どの位被災者のフォローをしているのかな。(外国のメディアを立ち入らせないから真実が見えまなくて、これまた怖い。)

三峡ダムを造るにあたって関わった国は?
費用や技術はどこの国のどこの会社だろ・・とか思いました。


不気味な謎と隠蔽に満ちた国が、なーんで日本の隣りなんでしょう。







テレビ朝日 「池上彰の学べるニュース」でそうだったのか!中国のアフリカ進出をやっていました。
すでに知っていることですが、テレビでやるのは珍しい!?
アフリカを独占している中国、、、中国人も輸入、、、世界が赤化。
恐ろしい。すざましい。人間の欲望は、天井知らず。ハァー
自然が失われていく。

普通に吟じます。

中国人~~~、お金(欲)のためなら~~~~、地の果てまでも~~~~~~行く。

シナ海軍の動きが不気味です。日本は早急に軍備を整備しなくてはなりますせん。選挙には下の動画を参考にお願いします。我が国のためです。

憲法改正論は究極の反日思想 【南出喜久治】

新党の乱立がありますが、ぜひ、この南出喜久治先生の占領憲法無効論を見て選挙を考えて欲しいものです。小沢一郎、鳩山由紀夫以下、民主党議員、及び、極左翼社民党、公明党、共産党は、日本の敵です。殲滅しなくてはなりません。

長いですが、日本の将来、国体に関し大変に重要なことが語られています。ぜひ、辛抱強く最後まで見ていただきたいと思います。
http://www.youtube.com/watch?v=6bNiWMvFHRE&feature=related

普天間基地移設問題について

すみません。
全く別の話題なのですが、本日党首討論が行われました。


その中で、鳩山総理が

「腹案を持っているのは事実だ。(移転先となる)地元よりも、まず本当に腹案が米国に理解されるかどうかを水面下でしっかりやりとりしなければならない。米国が理解を示さないうちに地元に『こうなるから』と言っても迷惑をかける」

と答弁しておりました。
これは、順番が全く逆ではないでしょうか?

「先にアメリカの了解を取り付ける」という事は、
「アメリカが『ここで良い』と言っているから、地元も納得してくれ」と、地元に基地を押し付ける意味ではありませんか?

仮に、皆さんの地元に突然このような話が降りかかってきたら、どう思われますか?


 アメリカの  威借るつもりが

 島民の  怒りを覚ます

 鳩の浅知恵



基地移設の賛否はさておき、このような鳩山手法は、地元の住民を愚弄するものです。

独裁政権も作られかねない「国会法改正案」が出てます。
周知、拡散にご協力ください。まとめwikiもあります。
http://www37.atwiki.jp/kokkaihou/pages/17.html

お願いです!

皆さま、お疲れ様です。

【日本を】『日本解体法案』反対請願.com【守ろう】では、
「日本解体法案から日本を守る活動の一環として、
引き続き意見書送信や周知活動を行いたく、
周知拡散・意見書作成、送信先のご提案を募集させて頂きたい」と
管理人のしーたろう様がおしゃっていらっしゃいます。

詳細はこちらをご覧ください。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-171.html

夏の参議院選挙で民主党に勝つために、
どうか皆様のお知恵をお借りしたく、
伏してお願い申し上げます。

確信的売国

我々日本人の国を解体し、中国共産党の支配下におくことが
目的である。
そのためには邪魔な日米関係など壊して構わないと思っている。

鳩山の白痴的妄言に一々つきあってはならない。

この間に、亡国法案がどんどん提案可決されつつある。
また、中国ファンドの日本の水源地の取得など、日本人の命に関わること
を支援している。

中国は最初に書いたとおり日本を実質的植民地にするつもりだ。
(まず、1000万人の移民を実現させたい。
 これは、中国の国是といってもよい。
 彼らは、世界中に出て行って悪さをしている)

それまでの時間稼ぎに過ぎない。

こういうことが分かっている人が少しずつ増えてきたが、
まだ足りない。

三峡ダムダムが決壊したら、下流の上海は濁流で流されてしまうなんて情報も聞きました。これは、自ら巨大な時限爆弾を抱えたことになっているのかも知れません。

何から何まで、後先を考えない乱開発は、環境破壊を他国にまで及ぼしています。日本にも黄砂の飛来量が年々増え、その黄砂には有害な化学物質も含まれていますから、呼吸器系統の病気が深刻になるかも知れません。さらに長期に及べば、日本の領海や国土を汚染する可能性もあるでしょう。

四川省、重慶付近では、砂漠化が急速になっているようです。更に東南アジアに流れ込むメコン川の水量が極端に低下しつつあり、農業への水資源不足だけでなく、河川の漁獲量の低下も急速だととの情報もあります。メコン川の上流域は、チベット高原からであり、シナがここにも四つほどのダムを作っているため、下流に沿った国々は大変に困っているようです。

世界的な水資源の不足で、シナは日本の水資源にも目をつけていると聞きます。日本アルプス山脈の水源地が、シナ資本に買い占められたりしたら、とんでもないことです。このようなことにも国家安全保障対策がとられていないと、シナ人は欲望の赴くままに世界の資源をあさるでしょう。

ヤバいヤバい何もしていない人

 輿水さん、大変ですよ。小沢病を患っている場合じゃないです。中国海軍が日本の領海を侵犯していますよ。あなたは日本人なんでしょ。早くエントリーにアップしてください。当たり前に深刻な事態ですよね。
 それとも母国海軍が日本に何をしようがそっちの方が当たり前ですか?
 それじゃ民主党とおんなじですね。
 輿水さんは「ユダヤのアセンションを阻止するんだ」って張りきってますが、輿水さんの「アセンション阻止」に協力したおかげで何事もなかったとホッとした日本人は、「そっちにばかり気を取られていた隙に日本が中国領になっていた」なんてシャレになりませんよね。
 これについて、どう思います?
 華僑グループの参加者の皆さん。

(This comment was blocked out at richardkoshimizu's blog.)

>>邪法の洪水を防ごう

なんだか、カルトが云うような表現すね。

S カルトは、邪教とか、邪宗と言うようですから、また別のカルトでしょうか?

メコン川等の水位低下と日本の名水。

 >bingoさんへ。 

今、インドシナ半島の地図を見ながらなんですが、チベット高原や四川省や
雲南省・重慶など(他も)、荒らし放題荒らしたんですね中国は。
生態系も環境もメチャメチャなんでしょうね。

下流の国はたまったもんじゃありませんよね。 よく怒りませんよね。
怒ったのかな。
汚染水はもうすでに海に流れてるんですよね。海には海流があるから日本の海にも影響ありますよね。(ホント迷惑)

日本の山と水を狙ってる話題は知っていました。
絶対に阻止しなければなりませんが、、、今の親中の政府では日本をちゃんと守れないでしょうね。
ハトには参りますね。



4月20日(火)付け産経新聞の読書投稿欄「談話室」に、『理解ができない新党の結成』という題で70才になられる主婦の方の意見が載っていました。新党結成が国民にとってどのような意味を持つのかわからない、という意見であった。もちろん、民主党にはうんざりし、自民党にも失望しているとの事。これを読んで、ネットを使う以前の自分ならば同じように考えていたな、と感じた。
テレビと新聞の情報だけでものを考えていたならば、現在の新党乱立も政治家が個々に勝手な行動をし始めた、という風に考えただろう。しかし、ネットを通じて様々な裏事情や市井の有志の方々がいることを知った今は、この流れは必然であり、新党を応援しなければというような考えになっている。
自由に意見や情報を共有出来るネットという物は、やはり大きな力を持っていると思う。これからは、高齢者を中心としたネットを使わない人々に、いかに情報を拡散していくかが課題でしょう。自分的には、やはり口コミかなと思い、出来るだけいろんな人達と会話するように心がけています。

与野党、ネット選挙解禁法案を5月末までに国会提出へ 今夏参院選から適用

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100421/plc1004211146004-n1.htm
この日の合意について、民主党の桜井充参院政審会長は会合後、
記者団に対し「各党ともネット選挙への意識が高まってきたのでは
ないか」と述べた。 候補者や政党になりすました虚偽の電子メール
対策が難しいことから、今回は電子メールの使用解禁は見送り、
選挙期間中のホームページ(HP)などの更新を認める方向だ。


【参院選辻立の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/sgi.cgi

もし地震兵器というものが

もし、地震兵器というものが実在したなら、戦争に代わる最高の練金術になるのではないか。

貧しい国々を狙って大規模な地震を起こし、被害が出たといって、金を出しそうな国から莫大な寄付金を集め(ニュースに流せば自発的に集まる)、その金で物資を調達する。

もし政府が、他国の戦争に加担して金を出せば、その国民から非難されることもあるだろう。しかし、災害に対する救援や復興が名目であれば、批判がないどころか、友愛精神として讃えられるだろう。ODAの拠出に反対する国民であってもである。

シナへの救援金は、ダライ・ラマの組織宛てに送るのが、チベット独立を支持する行動につながるのではないか。

P.S. 椿さん、前回に引きつづき、ご配慮ありがとうございます。

新党ではありますが???

参院選に向けて、新党乱立となるでしょう。
しかし、その顔ぶれは、現在と代り映えはありません。
政党乱立では、「我が国」は変わらないでしょう。
芸者議員では、国益は守れません。
民意とは、現在の民意に限定されたものではありません。
「過去・現在・未来」の思考により、決定されるべきものであります。
過去の約束を守り、現在を生き抜き、未来に繫げる。
先人日本人の思考の原点です。
現政権に、「思考」の概念があるのか???
ブログ主殿は、過去に麻生前総理を批判されていましたが
メディアに叩かれていた、麻生前総理を頼もしく思います。

「実は中国を囲むいろんな国が三峡ダムにミサイルの照準を当てている」と言う記事をみたことがありますね。中国は嫌いですが地方に住む人ほど情報を与えられず、中枢から酷い扱いをされているんでしたか?ダムが崩壊して犠牲になる可能性が高いのは彼らなんですよね。複雑…。

地震が兵器化されるにしても、自国で試すことに意味があるのかと思いますが……
あ、北京と上海の争いのとばっちりですかそうですか。

地震説もともかく、四川でもあのあたりの付近には核施設があるのではないかという説もありますねえ……あったとしても軍事機密なので、確認のしようもありませんが、海外の救援を拒むのも、重要な軍事施設があるので近づけたくない、というのも理由なのかも……
そもそも、核施設の近くで地震って……

まあ、憶測の域は出ていませんけどね。

日本の造船受注率2%って、ほんまかいな ?

あ、これね。
http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021101000443.html

なぜ、新党発案者は外国人参政権に反対を表明しないのか

おはようございます。

外国人参政権に反対しない議員は、全て傀儡です。
当選後、民主党に合流する謀反を起すでしょう。

公務員削減は、耳ざわりが良いですが、そのリストラの
受け皿・産業基盤の構想・タイムラインは如何ですか?

首長・落選議員の天下り先、国の為に命がけで
戦わない議員しかいないのなら、参議院は必要ない。

国会ごっこをする時間的・物理的余裕はありません。

今回日本で成立した政権交代には二つの側面がある。


政策転換の側面と構造転換の側面である。議会制民主主義を採用する国では政権交代は「普通の現象」である。主権者の選択により、政権が交代させられ、連動して政策が転換される。政権交代は政策転換の意味を持つ。


日本の場合も、小泉政治の市場原理主義が日本を世界でも突出した格差社会に変質させたことを背景に、主権者国民は市場原理主義の修正、セーフティネット重視と人間性尊重の政策を要望した。このことが政権交代を実現させた原動力になったことは間違いない。


しかし、日本の場合には、特定勢力が長きにわたり、政治権力を独占し続けてきたとの特殊事情がある。日本の政権交代には、これらの特定勢力が政治権力を独占するという構造を打破するとの極めて大きな意味がある。日本政治構造の転換が政権交代のもうひとつの側面であり、現段階ではこの目的が実現されたとは言えないが、その重要な第一歩を記した点に大きな意味がある。


この政治構造とは、官僚、大資本、米国が日本の支配者であり続けたという構造である。米官業の三勢力が日本政治を支配してきた支配勢力である。この支配勢力の手先となって活動してきたのが、利権政治屋と偏向マスメディアである。


私はこの五つの勢力、すなわち政官業外電の五勢力を悪徳ペンタゴンと称している。

 
政権交代は日本政治の実権を米官業の三勢力から主権者国民の手に奪還する意味を持つ大業であり、昨年8月の総選挙を通じて、その重要な端緒が開かれたと考えるべきである。


鳩山政権の半年強の実績は必ずしも十分なものではない。大きな失望を生み出している点も否めない。しかし、鳩山政権批判の空気が生まれてきた大きな背景にマスメディアの偏向した鳩山政権攻撃の情報操作が存在している点を見落とすことはできない。


米官業の三勢力のなかで一歩抜きんでる存在が米国である。1947年に米国の対日占領政策が「民主化」から「反共防波堤」に転換して以来、米国は日本を支配し続けてきた。


鳩山政権は日本政治の米国支配の構造を転換する気配を濃厚に漂わせており、このことが米国による激しい鳩山政権攻撃を生んでいる最大の背景であると考えられる。


マスメディアが誘導する鳩山政権攻撃の空気に流されて、本年夏の参院選で政権交代を水泡に帰す結果を生み出すなら、日本政治の構造転換は永遠に実現しない可能性がある。


鳩山政権の現状はBESTではないだろう。しかし、BESTでなくともBETTERな選択を示さなければ、社会の改革、政治構造の転換は実現しない。一歩ずつでも変革を前進させるという、漸進主義の立場が重要である。


米官業が支配する日本政治構造を打破するために、必要不可欠なことは、


①米国に対して言うべきことを言うこと


②官僚天下り利権を根絶すること


③企業団体献金を全面禁止すること


の三つである。


参院選に向けて新党が雨後のタケノコのように乱立しており、主権者国民は目をくらまされかねない。この状況のなかでは、基準を単純化する必要がある。結論を示せば、③企業団体献金全面禁止をかならず実現するのかどうか、この一点に絞って参院選に臨むことが必要と考える。


半田滋氏は日本の防衛政策の専門家であり、極めて豊富な情報を網羅して把握された上で、鳩山政権の安全保障政策の問題点を厳しく指摘された。


私は政権交代直後から普天間問題の取り扱いが新政権の大きなリスクになることを直感し続けてきた。前政権とは言え、日本の政権が米国と合意を成立させてしまったことが最大の障害になると判断したのである。


したがって、鳩山政権は基地移設問題については、辺野古の海岸破壊滑走路建設を阻止するとの限定目標に留め、その一方で、日本の安全保障政策について、米軍駐留の是非を含めた抜本的な見直しを実行するとの中長期の政策見直しに取り組むことが望ましい政策姿勢だったのだと考える。


とはいえ、歴史に「たられば」は意味を持たない。現在の状況をどう打開するのかが重要である。


フロアからは普天間の問題は全体から見れば大きな問題とは言えない。鳩山政権攻撃に終始するマスコミの姿勢が問題だとの指摘と、沖縄の負担軽減を軸に最低でも県外の主張をもとに鳩山政権を批判するなら、国内での代替地選定に向けての努力を求めなければ論理的整合性がないとの見解が示された。


まさに正論である。県外移設を求めながら、徳之島の基地反対の住民意向を全面支援するのでは、「解なし」をメディアが誘導していることになる。


県外移設には沖縄負担を代替する地域が存在することが不可欠である。しかし、日本にそのような地域が一箇所も存在しないなら、結論は海外しかないということになる。


この論理を突き詰めれば、5月末に鳩山総理大臣が、「米国の了解は最終的に得られていないが、日本政府と日本国民の意思を集約した結論として、基地の移設先をグアムにする」との見解を示す可能性が浮上してきているように思われる。


米国の了解を採れていない点で5月末最終決着の公約とのずれが生じるが、日本政府と日本国民の意思を集約した結論ということであれば、政府の行動としては成り立ちうる選択である。


米国は「地元の了解」を必須事項としているのであるから、最終的に「移設先はグアム」という日本政府案を受け入れざるを得ない。


鳩山政権は米国と厳しい交渉に臨まなければならないが、ここで、米国に「言うべきことを言う」ことが、日本政治構造の重要な転換をもたらすことになる。

三狭ダム向けのミサイルを輸出しよう。

確かに、このプログでミサイル三発で三狭ダムを破壊出来ると見ました。

三狭ダムを破壊されたら、武漢、南京、上海は海に押し流されてしまう。

日本も、早速、三狭ダム向けのミサイルを配備しましょう。

ベトナム、タイ、ビルマ、インド等中国の脅威にさらされている国にも、

三狭ダム向けミサイルを輸出しましょう。アジアの平和のために。

悪徳ペンタゴン&ウォール街(ユダヤ金融資本)

 このキーワードを用いる筆頭ブロガーは、アソコとアソコです。
 前者はコメント欄はなく、超(変態)有名人の名を借りた工作組織によるネット言論誘導で、実際に書いているのは恐らくゴースト・ライター・グループです。本人はチェックのみで多少手直しする程度でしょう。裁判沙汰でいろいろ忙しい本人が、あれだけのボリュームの原稿を書いてるとは考え難(にく)い。
 後者はコメントを検閲・削除したり、たまに投稿拒否した参加者のアクセス情報を公開しています。エントリーは本人が書いているでしょうが、著作物については複数のライターが書いている可能性があります。
 いずれも特定の情報には触れません。スルーしています。少なくとも私は危ないブログと考えています。

>テレビと新聞の情報だけでものを考えていたならば、現在の新党乱立も政治家が個々に勝手な行動をし始めた、という風に考えただろう。しかし、ネットを通じて様々な裏事情や市井の有志の方々がいることを知った今は、この流れは必然であり、新党を応援しなければというような考えになっている<

新党乱立は、良くないと思うが・・・
有権者がどの党を応援して良いか分からなくなる。
選挙票が取れない小さな党が足をひっぱるだけで、今ある既成政党に選挙票が集まり、今までどおり変わらずか、民主党のような何処の国の党なのか、分からない党がそのまま続いて力で、この国を亡国に導くかも、、、
結局「船頭多くして船山を上る」では、ないでしょうか!

思想・考えが近いのであれば、まとまっても良さそうなのに
政治家も個人主義で自己主張が強いのか協調性に欠けていて、バラバラ。日本の「和」の精神は、何処へやら。
まとまらなければ、諸外国に対して弱くなると思いますが・・・

阪神大震災

いつも楽しく(表現不適切ですね。楽しくはないが非常に勉強になります)拝見させて頂いております。
そして今回初めて気づきましたが阪神大震災に関わりのある地帯の方であったのですね。
我の実家も阪神大震災で倒壊しました。我は現在東京在住ですが、その事の因果の延長線上に神戸に週に一度は帰る様な状態が続いています。
●ともあれ少し話しを変えて、「お笑い界」の大型新人の出現の話を丁度日誌に書きましたので紹介させて頂きます。
http://hirakami2.easy-magic.com/user/index.php?menu_id=12&main_content_type=DIARY&cal_Year=2010&cal_Month=04&cal_Day=22

暴力団排除へ異業種連携 初会合で情報交換

http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20100422/201004220835_10519.shtml

今後は月1回の会議を通して、同センターが暴力団組織の実態や暴力団の見極め方など暴力団対策の情報を提供する。

中韓暴力組織掃討作戦に1億2000万日本国民の総力を結集して
参加しよう。 政治と金の腐敗の根源を断ち切り、日本が買収される
危機を切り抜けよう。

彼らは日本侵略の先遣隊、支那解放軍野戦軍司令官は民主党幹事長小沢一郎です、自分で言うから確実です。
支那海軍は既に沖ノ鳥島周辺に迫っています

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

CO2 様、まったく同感です。
日本解体の危機にある今、参院選または衆参同時選挙でも【売国法案阻止】を基準とすべきと思います。敵は強大だし、結集して戦わなければ勝利は遠い。
新党・新党と踊るマスコミに、何かの悪意を感じるのは私だけ?日本人を分割し統治せよに見えてしかたがないのですが。

※もう一度書きます。私は保守ではありません。左翼・右翼の極端が嫌いです。無党派な一庶民です。

知られざる真実

>「04/22 08:20By: URL」殿


読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」では、番組を盛り上げるために、敢えてボケ役の田嶋陽子女史を出演させている。


ここに敢えて貴殿が植〇氏のブログからコピペして、その脳内お花畑的見解を曝しているのはここを盛り上げるためだったわけですね。


秘(丸点)秘(丸点)爺様のご指摘で、貴殿の心情の「知られざる真実」を知ることが出来ました。

アメリカ国内の人気CEO(最高経営責任者)10人!ジョブス氏は何位?
http://rocketnews24.com/?p=30960


>>2010/04/22(木) 10:22:08| URL| 無党派な新参もの

>※もう一度書きます。私は保守ではありません。左翼・右翼の極端が嫌いです。無党派な一庶民です。

正体バレたのにホロン部員無党派な新参ものが必死w


今日の産経新聞「メコン川中国巨大ダム」読んでるところです。

「下流経済圧迫 紛争原因に
中国は自国内のダムの実態について秘密にしている・・」



秘密に破壊した訳ですね。
農業、漁業、生態系、自然環境、気象・・・。

今更ながら、メディアに腹が立つ

あれほど、麻生降ろしをやって、今度は視聴率の確保なのか?麻生さんの経済政策は、あのリーマンショックによくやったと思う。ところが、今の民主党は、幼稚だが確信的な日本貶め工作左翼としか思えない。

自民党が再生できることを祈る。しかし、戦後の立党の精神を取り戻して欲しい。それは、占領憲法を無効とし、本来の日本の憲法、大日本帝国憲法への原状回復を経た、自主憲法の制定にある。これがなされないと、いつまでも日本の国体は、揺らぎ、国家の分裂、衰退を招く危険性を感じます。

何が何でも、民主党を打倒しなくてはならないと思います。しかし、確かな国家像がなく、民主党を含めポピュリズムで政党立ち上げをやっているところは、日本を滅亡に追いやるかもしれません。この危険性を、良識ある国民は共有しなくてはならないもと思います。

自民党は、カルト公明党との縁を断固切る。そしてまだ党内にある膿は、完全に出し切る必要があります。そう云った意味で、麻生さんの再起を願いたいものです。

麻生内閣では、事情が許さなかったことが多くあったのは、理解できます。しかし、断固、妥協的な政治はできないと思ったほうがいいでしょう。政局を考えたら、やむおえない局面での判断は、あるでしょう。しかし、そのツケは後から倍返しで負の重圧としブーメランで還流することを肝に銘じなくてはならないと思います。

再度云います。麻生さんはすばらし、そして彼も決して若くはありませんが、まだ十分に戦える政治家です。しかし、政局を考えすぎた面が、自民党の衰退を招いたところもあると考えています。

私が麻生さんに期待し、多少不満に感じたこと。

1.首相就任をすると、すぐに公明党の党大会に行き太田代表と硬い握手したこと。その後も、自公連立を口に出して維持していたこと。

2.中山成彬前国土交通相が、日教組批判をすると、すぐに更迭したこと。

3.中川昭一金融・経済大臣が、イタリアのサミットですばらしい経済外交交渉をやった後、酩酊工作をされたにも関わらず、かばうことなしに辞任させたこと。

4.河野談話を踏襲すると宣言し、田母神前航空幕僚長の論文を「極めて不適切」と、証人喚問に応じたにも関わらず、聞く耳を持たないような公聴会を放置したこと。

5.あれほど、多くの保守派が願った靖国神社参拝をせず、左翼集団が集まる戦没者慰霊祭で、自虐史観を述べたこと。

6.対馬の自衛隊基地の隣の土地が韓国人に買占めされていることを、なんら問題がなきように切り捨て発言したこと。

麻生さんを心から応援し、今でも応援したい気持ちの中に、上記、6つの事をなんとかしていれてくれたらとの複雑な気持ちがあります。どのような政治家も完璧ではないことは承知です。ですが、残念な気持ちが深く残ります。

自分は麻生さんの地元の人間です。であるから、麻生さんには、これから頑張っていただきたいとの想いも深いです


TVタックル麻生20100419-1
http://www.youtube.com/watch?v=bwFdmyDuFos&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=Ea9jAY8ziBw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=ym8HKwK_xDM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qOrO6Z-SfJU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=UETfTBuh0XU&feature=related

言い回しが・・・

邪法そのものを生産していると思うのは、私だけですか?

>「04/22(木) 10:22:08| URL| 無党派な新参もの」
よう、白丁。

>>鈴木s さん

メコン川の異変には、当然、下流のインドシナ半島諸国は、抗議をし怒ってます。しかし、シナは、それを自然現象だと言い張っていますね。

シナとしては、意図的にメコン川の水流を減少させ、下流の諸国への覇権を狙っているのかもしれません。この川は、彼等にとって死活問題ですから、軍事的にわざと挑発に出ることを企んでいるかも知れません。

ベトナムは比較的に安定していますが、タイ、ラオス、カンボジア、ミャンマーなどは、国内政情が不安定ですし、その先には、マレーシア、インドネシアなどもあり、シナが軍事、経済覇権の触手を伸ばそうとしている印象があります。

更に、シナは軍事的にパキスタンにも友好の言葉で近づき、パキスタンとカシミール紛争を抱え、自らの軍事衝突で負けたインドにも覇権を広げる魂胆かも知れません。ベトナム軍もシナから国境沿いで、戦火を交えたことがありますが、引き上げています。

しかし、シナの軍事拡大は急速です。台湾や日本も安心ができない事態が来ると思います。事実、尖閣付近では、シナ海軍のヘリが日本の監視海上自衛隊戦艦に、90メートル付近まで近づいたりして、挑発とも思える動きをしています。

このような事態に、Loopy(ボケ) 鳩山政権は、普天間の件で米国との軍事同盟も危なくしています。これは、鳩山政権はシナの傀儡だと考えるしかないとも思えるぐらいです。日本国民は、本当に、このような情報に鈍感です。上海万博が終わった以後、何らかのことが起きるのではないかと危惧しています。

四川大地震

 以下は、『週刊新潮』('08年5月29日号)より、四川大地震に関する記事全文。

[特集]
『新聞が書けない「四川大地震」の真実』

◆新聞は報じる。未曾有の惨禍に対する国際的な支援を、瓦礫に埋まった市民救出の感動シーンを。だが、これらは畢意(ひっきょう)、うわべだけのもの。灰塵(かいじん)と化した被災地には、為政者や人民の欲得と計算が渦巻いている。以下は、新聞が書けない「四川大地震」の真実――。

(記事本文割愛)

【コメント】
 中国四川省で('08年)5月12日、M7.9~8.0の地震が発生した。中国共産党の最優先事項は常に独裁権力の維持であり、人命軽視も甚だしく、自然災害が起きてもその姿勢は何ら変わらない。でなければ、58年の大増産運動「大躍進」が失敗した後、たとえ「3年自然災害」が起きたとしても、数千万人もの餓死者が出るはずがないのだ。
 中国共産党は中国人民の敵だけではない。人類の敵である。

(file#080520-0003)

(by 耜巫彌)

中国四川省核関連施設(1)

『中国共産党、人民解放軍と軋轢か』
 四川大地震を受けて、温家宝首相、胡錦濤国家主席ともに現地入りし、被災者を慰問したが、全体主義国家において、未曾有の自然災害が発生したとしても、国を司るトップが揃って国務を離れることは絶対ない。その絶対有り得ないことが起きている。これには何か並々ならぬ事情があったに違いないと見ていい。
 実は、胡錦濤政権に対する人民解放軍の不満は爆発寸前で、胡政権は軍を掌握しきれていないのではないかとの指摘がある。
 つい最近でも、台湾侵攻を要請する血判状が軍の組織を超えて同時に提出されるという騒ぎがあった。
 四川省には、“核の銀座”と謂われる核研究所、核施設、ICBM発射基地、そして『労改(ラオカイ)』と呼ばれる「強制労働施設(思想改造監獄、強制収容所)」がある。

(続)

中国四川省核関連施設(2)

▽「中国行程物理研究院」
(綿陽市)
▽ウラン・プルトニウム精錬施設(原子炉)、核燃料再処理施設
(成都市、ヘピン市、広元市)
▽原潜向け核燃料棒を生産する核燃料加工プラント
(宜賓(ぎひん)市)
▽『労改』
(綿陽市呉家鎮ほか)

 今回の国務トップ両名の同時現地入りは、「“核の銀座”を知る欧米諸国に対する“安全宣言”だ」と見る向きもあるが、「放射能漏れ事故の危険性」に恐れをなした軍が、国務トップの2人に「お前らトップが現地に行かないなら、軍は動かない」と反発した可能性も否定できないのである。

※因みに、広元市には日本のレスキュー隊が入っている。

(file#080516-0001)

(by 卉夛莨)

国家を破綻に導く民主党と、まだ民主に票を入れる国民。

 我が国の臨時与党は「コンクリートから人へ」と言っています。中国のアキレス腱がコンクリートでできたダムなら、日本は、この日本の歴史はじまって以来の売国与党のヒトたちがアキレス腱になっているのではないでしょうか。

成長戦略で外資の参入促進、シンガポール並み優遇に
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20100421/214113/

 ビジネスマンであれば、これを読んだらどのような地獄絵図が出現するか、わかると思います。日本の法人税は減額せず、あるいは少し下げて朝鮮企業は(正式に?)法人税ゼロ。技術を盗みに来る中国企業も日本に税を納める必要はありません。
 
 さて北海道帯広市では、民主党の推薦する候補が市長になっております。日本は第二の敗戦を迎えるのでしょう。円の価値が暴落するのではないか、心配しています。売国記事の朝日新聞もいまだに約500万部?でしょうか、売れているわけです。「ハトヤマ小学生集団」に政治の舵取りを任せる国民に待っているのは、取り返しのつかない経済破綻のような気がします。

 中国がバブルの崩壊を起こすか、韓国が何度目かの経済破綻を起こすか、日本企業が外国人に喰われて国を失うか、わかりません。ところで北朝鮮が暴発するのではないか、とネットのあちこちで言われています。5,6月は、北の食糧が尽きる時期。何かあるのでしょうか..。

新しい朝というのは欺瞞です。

この世の全ての物は今この瞬間こそが最も新しく、次の瞬間である未来は確実に古くなります。

骨董品は古いから価値があるのではなく、その形を留めて来た時間とそれに関ってきた先達の努力に価値があるのです。

人間もその他全ての生物も、DNAをコピーしながら繋がり続け、その器は確実に古く劣化していきます。
宇宙誕生、それともそれ以前から存在するDNAは繋がることのみを命題に増殖を続けます。

そして、DNAは宇宙滅亡後も存在し続け、次の世界に繋がるでしょう。

あたかも、世界そのものに蔓延るカビのごときこのDNAは。

中国共産党傀儡偽装政党売国民主党解体!!

政府「情報“隠蔽”中国に配慮」考
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=3379

陰で操る池田大作 政教一致公明党カルト宗教創価学会 朝鮮同胞多数民主党連携か

創価学会「方針転換」か
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=3382

今や、東京都民の100人に1人は中国人 地方参政権とはいえ選挙権のある外国人が増えれば、日本が日本でなくなるのは中学生でもわかること

外国人参政権「賛否あいまい」考
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=3380

[#372]日本ルネッサンス‐1

 以下は、『週刊新潮』('09年7月30日号)より、連載コラム第372回『日本ルネッサンス』(櫻井よしこ執筆)の転載。

『中国による第三世界の核拡散』
 中国はかつてソ連と袂(たもと)を分かって、自力で核を開発した。後発国の中国の核開発のスピードに、世界は驚いたが、その裏には多くの葛藤があった。また、中国は核兵器を第三世界に広げるべく、核関連技術を複数の国々に輸出したのみならず、フランスの核にも協力していた。
 中国の核政策の実態は驚きである。中国だけでなく、世界で核兵器がどのように作られ広がったかを詳述したのが今年出版の『核の急行列車 核拡散の政治的歴史的背景』だ。
 著者はトーマス・リード、ダニー・スティルマンの両氏。リード氏は米国空軍の長官を務め、レーガン政権下、国家安全保障会議のスタッフを務めた。国際情勢の専門家、田久保忠衛氏は、旧ソ連を崩壊に導いた米国主導の軍拡競争にリード氏も貢献していたと述べる。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐2

 「リード氏は1982年6月に語っています。ソ連の力を押し返す方法として、とにかく米国はソ連に対抗して軍拡をする。ソ連が年間4%に軍事費を増やさざるを得ない状態に追い込めば、90年までにソ連の軍事費はGDPの20%を突破する。これがソ連経済の限界点で、ソ連は自壊するという内容で、レーガン政権の対ソ連外交そのものでした」
 戦わずしてソ連を崩壊に導いた政策に関与していたのがリード氏なら、スティルマン氏は、原爆の研究で知られるロスアラモス研究所に28年間勤め、中国の秘密の核施設などを視察した人物だ。いわば、専門家のなかの専門家が纏めた同書は、米ソなどの核開発について詳述しているが、とりわけ目を引くのが中国だ。

■「596」
 中国の核の自力開発は、それまで技術を教えてくれていたソ連との決別がきっかけだが、その件で同書は興味深いエピソードを紹介している。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐3

 1958年7月31日、ソ連のフルシチョフが中国を訪れたとき、すでに亀裂の入っていた中ソ関係を決定的に悪化させたのは、毛沢東だった。首脳会談で毛沢東は、「ソ連が中国内に基地を要求したこと、中国の外交政策へのソ連の影響、冷戦下、ソ連の持ち駒としての扱い」などに強い不満を示した。
 フルシチョフは、ソ連が与えた核技術などに感謝もせず横柄に振舞う毛を不快に感じた。そのフルシチョフを、毛は中南海のプールに誘った。泳げないフルシチョフは水を飲んで恥をかかされたというのだ。
 結果、ソ連の科学者らは中国から引き揚げ、翌59年6月、ソビエト共産党は正式に、核開発に関して一切の技術移転の中止を通知した。中国はソ連の技術援助引き揚げを憎み、それを「596」、59年6月の決裂として心に刻んだ。「596」は中国人のプライドの象徴となり、自力開発で成功させた64年10月の核兵器は「596」と命名された。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐4

 「596」実験は日本が東京オリンピックに熱狂していた最中に実施された。米国の核の傘の下で自国を自力で守ることをすっかり忘れて、アジアで初めてのスポーツと友好の祭典に酔った日本と、「596」を胸に刻んで大国ソ連に対抗した中国の、国家観についての差は大きい。
 スティルマン氏は中国の技術を高く評価し、本書の「追記」で「中国の核技術レベルは米国と同水準にあると確信する。中国はこの目覚ましい成功を、米国の核実験のわすが4%分の実験で達成した」と述べている。中国の成功は如何にして可能だったのか。
 スティルマン、リード両氏は、中国の長期的視点に立った人材管理を要因の一つに挙げている。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐5

 たとえば中国の原爆の父と呼ばれる銭学森(チェンシュエチン)という人物である。彼は35年、国民党の支配する中国から米国に留学、カリフォルニア工科大学で博士号を取得、第二次世界大戦時には米陸軍で、捕虜となったナチスドイツのロケット科学の専門家への尋問なども行った。だが、朝鮮戦争が勃発すると、米国政府は彼を“敵性外国人”と見做した。多くの日本人は収容所に入れられたが、彼は自宅軟禁となり、55年、朝鮮戦争時の捕虜交換に伴い、中国に追放された。
 毛沢東らは、待っていたとばかりに彼を大歓迎した。彼をミサイル及び宇宙開発を担当する国防部第五研究院の責任者に任命して、中国の最重要の未来プロジェクトを任せた。結果、彼は対艦ミサイル「シルクワーム」、弾道ミサイル「東風」、そして、70年の人工衛星のすべてを指導し成し遂げたとされる。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐6

 中国の核開発を助けた人材には、多くの外国人専門家もいる。たとえば米国人の女性科学者ジョアン・ヒントン、英国で投獄されていたドイツ人スパイのクラウス・フックスの両名は、共に熱烈な共産主義者である。彼らは中国の核開発にコミットしたとされ、ヒントン氏は現在も中国在住である。中国はこうした人材を実に巧みに囲い込むのだ。

■中国の覇権への道
 毛沢東は核関連の情報収集と研究開発を、各国の関心を引かないように秘密裡に進めた。トウ小平の時代になったとき、トウは中国の核・ミサイル技術を、イスラム及び社会主義政権を中心に第三世界に広げていったという。スティルマン氏らは、中国が82年にアルジェリアと秘密の原子炉協定を結んだこと、北朝鮮に核開発のための全面支援を行ったことを明記している。
 加えてパキスタンには核物質の製造を含めて核兵器を完成させるのに必要なインフラ技術まで含めてすべてを伝授した。82年から83年にかけてパキスタンの多くの専門家が中国を訪れ、学んでいったが、そうした技術や情報が後にリビアにも伝わったと、指摘するのだ。

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐7

 中国は、現在、イラン、シリア、パキスタン、エジプト、リビア、イエーメンへの核・ミサイル技術の中継点として北朝鮮を利用していると、著者の両氏は指摘、結論づける。
 「イスラム過激派のテロは中国にとっては問題ではない。それはむしろ、将来の中国の覇権への道と見做されている」
 中国は世界に覇権を打ち立てようとしているのであり、そのためには手段を選ばないということだ。中国政府による第三世界への核・ミサイルの拡散は、米ロ両国、とりわけ、唯一の超大国となった米国の力を相対的に減殺し、米国を核で取り囲む戦略と考えてよいだろう。
 著者の両氏は米国の眼前に出現した二つの壁は、イスラム過激派と中国との経済戦争だと強調する。各々の国民は敵ではなく、真の敵は狂信的な過激派と反米的な中国共産党の軍事組織だとも述べる。
 日本にとってはどうか。中国の実態を見て現実的な安全保障政策や日米関係を打ち出すべきは当然だ。そしてなによりも、軍事力の支えなき日本の脆弱さを、中国が喜んでいることに気づくべきだろう。

(記事転載は以上)

(続)

[#372]日本ルネッサンス‐8

 週刊誌には勿体ない内容である。いや、むしろ週刊誌でこうした貴重な情報にありつけると考えるべきかもしれない。
 日本国内の敵国反日メディア、似非平和主義者、中共工作員と見做していい評論家、専門家、大学教授、ジャーナリスト、文化人、…。
 こうした連中が何を意図して日本の軍拡を否定し、お念仏平和主義を唱えているのか。
 中国脅威論を鼻で嘲笑う工作員のアホどもに構っている暇などない。

(完)

国民の「いのち」への背信‐1

『国民の「いのち」への背信』
(櫻井よしこ氏執筆)
 鳩山由紀夫首相の保護者的存在である小沢一郎幹事長は『日本改造論』(講談社)でこう書いた。
 「国民の豊かで安定した生活の前提になるのは、国家の安全である」
 首相が施政方針演説で連呼した「いのち」を守るにも、国家の安全が担保されていなければならない。日本の安全保障の基盤が現在、日米安保体制にあることは両氏とも認める点だ。だが、日米安保体制を揺るがしている普天間飛行場移設問題での言動は、両氏ともに自らの言説に反している。
 小沢氏は名護市辺野古への移転について、「あの美しい海を埋めるのか」と、反対ととれるコメントをしたとされる。首相は国外、県外、県内と迷走して、過去13年の日米折衝を水泡に帰さしめた。民主党の方針転換が1月24日の名護市長選に反映され、移転反対を公約した稲嶺進氏が当選したのは周知のとおりだ。
 私は丁度、その日、与那国島の取材を終えて石垣島にいた。そこでの取材で、昨年4月、石垣島で「非常事態」が宣言されていたという驚くべきことを知った。

(続)

国民の「いのち」への背信‐2

 発端は在日米海軍が昨年4月1日から3日まで、掃海艦2隻を石垣港に寄港させたいと通知したことだった。米艦船の寄港は日米地位協定で認められているのだが、「八重山地区労働組合協議会」「九条の会やえやま」「いしがき女性九条の会」など8団体を先頭に反対の声が起きた。
 大浜長照(ながてる)市長も「子供たちに強い恐怖を与える」「寄港は平和行政と相いれず、内政干渉」だとして強く反対、拒否回答をした。
 地元紙の「八重山毎日」は3月18日付の社説、「米艦船は来ないで!」で、米艦船を「招かざる迷惑な客」と位置づけ、米艦船の寄港を「果たして台湾や中国などがどう受け止めるか」と問うた。
 石垣島の鼻先の日本の領海を中国の潜水艦が侵犯したのは平成16年11月だった。当時、石垣市もしくは大浜市長が、中国に抗議したとは、私は寡聞にして知らない。彼らは沖縄(日本)への軍事的脅威をもたらし続ける中国に的外れの配慮をし、同盟国の掃海艦入港の「危険」を煽りたてたのだ。

(続)

国民の「いのち」への背信‐3

 さらに、寄港予定日が近づいた4月1日、市長は「非常事態宣言をして対応せざるを得ない」と述べ、3日に延期された寄港に際して本当に非常事態を宣言した。その法的根拠は不明だが、非常事態宣言は地元紙とラジオを通じ大々的に報道された。反対派の組織した「約300人のデモ隊」が港を封鎖しケビン・メア総領事らを7時間半にわたって封じ込めたのだ。
 驚くべき倒錯である。日本の安全保障に、米中両国が持つ意味も、両者の違いはなにかも見えていない。八重山諸島のなかでも革新勢力が強いといわれる石垣島の、これが実態である。それにしても、同島にこの異常反応をひき起こした体質と鳩山政権の安保政策には、共通点がある。
 首相には、日本にはかり知れない影響を及ぼす米中のどちらに関しても、実像を把握していない。物事を自身の甘い夢想という眼鏡を通してみるために、如何なる国の実態も見極められないのだ。
 たとえば、首相がいたく感心した核なき世界の構築へ向けてのオバマ大統領の努力の表明である。

(続)

国民の「いのち」への背信‐4

 大統領は、核のない世界は自分が生きている間に実現されるとは考えていないことを明らかにしており、それは米国における常識である。むしろウイリアム・ペリー、ジェームス・シュレジンジャーといった元国防長官らを筆頭とする国防戦略の専門家が指摘するのは、「世界が、核拡散が一気に進むティッピング・ポイントに達する危険」である。
 人類がコントロール不能の核拡散に向かうのか、危うく踏みとどまって核をコントロールできるのか、岐路となるのがイランに核保有を思いとどまらせられるか否かだともみられている。
 折しもイランは2月8日、従来製造してきた3.5%の低濃縮ウランを濃縮度20%に上げて自力製造すると発表した。イランはこれまで、ウラン採掘から濃縮まで、一連の施設を、複数個所で整備してきた。
 イランの動きをオバマ大統領は「核兵器追求の表れ」として非難し、新たな制裁に入る構えである。フランス、ロシアが米国と共同歩調をとろうとしているのに対し、中国は消極的だ。イランだけでなく、北朝鮮の核開発に対する制裁にも、中国は常に消極的である。

(続)

国民の「いのち」への背信‐4

 中国自身、オバマ大統領の核なき世界への希望表明には一言もふれることなく、核兵器の近代化と拡大に邁進するばかりだ。台湾を睨んだ核弾頭搭載可能な短距離ミサイルが1400基余りも配備され、年ごとに100基ずつ増えているのは周知で、これらはいつでも沖縄に向けることができる。沖縄こそ、日米安保体制の物理的中心地であれば、その脅威は日本にとって極めて切実だ。
 ロシアも、通常戦力の劣化ゆえにむしろ核への依存度を高めている。米国でも、「核戦略態勢の見直し」によって「信頼できる核弾頭の入れ替え」計画のステルス技術の応用の議論が見込まれる(「核の無秩序体制」グラハム・アリソン、「フォーリンアフェアーズ」2010年1~2月号)。
 オバマ大統領の非核世界に向けての努力宣言とは正反対に、現実世界では核の近代化と拡大化が猛烈に進みつつあるのだ。
 北朝鮮が核保有国となり、イランが9番目の核保有国となるとき、まず中東諸国を中心に核拡散が起きる可能性は否定できない。核は一気に拡散する危険性がある。
 そうした危険な潮流へと世界を誘い込みかねないのが、中国、北朝鮮、イランに対する支援政策である。

(続)

国民の「いのち」への背信‐5

 国民のいのちと安定した生活を守るには、したがって中国にきちんと物を言うことが必要である。同時に、当面日本が切実に必要とする日米安保体制の緊密化のために、普天間飛行場移設問題をどのように解決するのか、首相はいたずらに5月末まで待つのではなく、国民に説明する責任がある。中国に物を言えず、日米安保体制の重要事に関する説明責任は不履行というのでは、国民の「いのち」への背信であろう。

(以上、'10年2月11日付産経新聞1~2面『鳩山首相に申す』より転載)

 日本には、櫻井よしこ氏を「米国(ユダ金)の手先でやたら極東緊張を煽っている」などと指摘するふざけたブロガーがいるが、氏は事実を提示し、事実を分析して論考を重ね、ときに警鐘を鳴らしてているに過ぎない。
 事実をねじ曲げ、或いは隠蔽し、国民を欺くどこぞの国籍不明者とはわけが違う。
 良識派の諸君がこの明らかな相違に気づかないはずはないと信じる。

(完)

国民の「いのち」への背信(訂正)

 本投稿タイトル連番が重複しています。
 連番4以降を変更して閲覧ください。

中国共産党、血の決済恒常化問題(1)

 以下は、「誰も報じない中国の真実」(オークラ出版)より、『粛清、拷問そして●人』(「大紀元時報」記者:張本真執筆)の冒頭の数節。

『粛清、拷問そして●人』

 中国共産党(以下中共と略称)政権成立からの五十八年間は、血と嘘で記された歴史、人権迫害の歴史である。
 「地主を●す」という方法で、農村の生産秩序を解決し、「ブルジョアを●す」ことで、商工業の改革を成し遂げた。この二つの階級の抹●により経済における基礎的問題はほぼ解決した。
 イデオロギーの問題も●人によって解決される。「胡風の反党集団」を絶滅させ、知識人たちを粛清する。「民間信仰団体および結社」を●すことで、宗教問題を解決する。「文革の人●し」は文化および政治に関する党の絶対的な指導権問題を解決するためであった。「天安門事件」の殺人は民主化を求める問題を解決し、政治危機から逃れるためであった。

(続)

※[禁止ワード]
●人→サツ人
抹●→抹サツ
●す→コロす
人●し→人ゴロし

中国共産党、血の決済恒常化問題(2)

 すべては、みな中共がその地位を強化し、その統治を維持する過程で、経済危機(政権を打ち立ててから、物価が高騰し、文革後の経済が崩壊する寸前に)、政治危機(一部分の人たちが党に服従せず、一部分の人たちが党と政治権利を奪い合う)、信仰危機(旧ソ連の解体および東欧激変事件、法輪功事件)を解決するために起こした必然的な事件である。
 つまり、人権迫害とは、中共が統治を維持するための最重要の手段なのだ。血の債務がますます多くなる状況の下で、屠殺用の刃物を捨てることは、自分自身を民衆に渡して清算されることを意味する。

(転載は以上)

(続)

中国共産党、血の決済恒常化問題(3)

 権力維持装置としての「独裁肯定」を強制するための「思想洗脳教育」「暴力」「プロパガンダ」。
 独裁者の末路は、必ずや「悪魔的支配に対する被支配者からの報復」を如何にして駆逐するかに執着することになる。
 そのためのプロパガンダが効力を失い、暴動が起きる事を最も恐れるが故に、更なる「悪逆非道」を重ねるしかなくなるのである。
 被支配者や反動分子の報復・反発を恐れるが故の「拘束・拷問・殺戮」及び「外敵捏造・侵略覇権主義」。
 中共は、いずれは人民の報復を恐れ、独裁権力維持のために国外に対して牙を剥くしかなくなるだろう。
 中共は、今年の上海万博を成功させるまでは大人しくしているつもりだろう。本性を剥き出しにするのは上海万博終了後である。

※転載文中に理解に苦しむ箇所があるようなないような。執筆の誤りかどうか不明のため、そのまま転記した。

(完)

 
 bingoさんレスありがとうございます。

インドシナ半島諸国は地続きだから、大変ですよね。
命の水が他国から流れて来るなんて。

こうしてみると、日本は島国で良かったと思います。
山のてっぺんまで日本ですから、今のところ。

日本は他国から侵略されないような国でいてもらいたいな。

と、つくづく思います。







麻生さんの動画に関し、

う~む、早速、1と4の動画を消されました。

民主党に、工作員がいるのでしょう。まったくあきれます。

保存している方は、再度のアップをお願いします。
TVタックル麻生20100419-1
http://www.youtube.com/watch?v=bwFdmyDuFos&feature=player_embedded
http://www.youtube.com/watch?v=Ea9jAY8ziBw&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=ym8HKwK_xDM&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=qOrO6Z-SfJU&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=UETfTBuh0XU&feature=related

bingoさん、すみませんがわたしにメールください。
リンク貼ってあります。
 このことの参考文献として、こちらを貼ります。
http://www.tsujimotokiichi.com/bbs/topic/topic.php?id=13
 よろしくお願いします。

ついに中国の不動産バブル崩壊か!やっぱりな~


香港のSough China Morning紙(4月21日付け)は,中国の不動産崩壊が迫ってきてると報じており,この記事の中で不動産会社は以下のようなコメントを出しています。

『買い手が消えてしまった(Buyers have disappera red)そして価格が今の水準より少なくとも20%以上下落しないと買い手は不動産に対して信頼を回復させない』

現在は5%の下落に留まっているようですが,多くの買い手が頭金をデフォルトして契約を失効させており,今後物凄い勢い売り圧力が新築物件に集まります。
また転売市場もすでに売り買いが激減してきており,今週は50%も減少していると報じています。


株式市場はまだこの変化を織り込んでいませんが,今後『中国版サブプライズ破綻問題が表面化することは必至であり 金融市場が大激変することになりますので,株式・商品・為替・不動産取引をする方はくれぐれもご留意ください。


鳩山首相元秘書偽装献金事件 勝場啓二被告に禁固2年、執行猶予3年 東京地裁

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00176012.html
鳩山首相の資金管理団体をめぐる偽装献金事件で、政治資金規正
法違反の罪に問われている元公設秘書に対し、東京地方裁判所は
禁固2年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。

鳩山総理は政治資金規正法違反連座制で国会議員を辞任せよ。

母親からの子供手当ては真っ赤な嘘、クリントンの嫁と同様に支那
の買収資金を小口の偽装献金で隠蔽していた。資金の使途を見れ
ば更にはっきりする、しかし鳩山総理は先の党首会談では資料公
開を拒んでいる。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

断固たる決意で2人を処分を

谷垣自民党総裁、離党の舛添氏「議員辞職が筋」 http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0E0E2E5858DE0E0E2E6E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;at=ALL


自民党の谷垣禎一総裁は22日午後の記者会見で、
舛添要一前厚生労働相が新党結成のため離党届を提出したことについて
「比例で選出されている以上、新党を作るなら議員辞職してからやるのが当然の筋だ」と述べ、
議員辞職を求めていく考えを示した。

舛添氏の行動については「明らかに党の規律を乱すもの。
断じて許すわけにはいかない」と強調、党紀委員会で厳しく対処する姿勢を示した。
党運営への影響については「あまりあるとは思っていない」と述べた。


与謝野氏らの処分を先送り 新党結成で自民http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100421/stt1004211048001-n1.htm

与謝野馨と舛添要一は直ちに除名処分にしていただきたい

楽仙堂 さん

残念ですが、貼ってあるサイトに飛びましたが、コンタクトをするメールアドレスが見当たりません。日信会に関しての意味不明な、中韓さんのサイトが表示されました。
私へのコンタクトは、bingo1@hotmail.co.jp で、できます。恐れ入りますが、詳細なことは、ここへお願いいたします。
bingo 拝

メディアの賢い戦略

メディアが鳩山を叩き始めたのは、これ以上擁護すると、何も知らない国民<までが>メディアに疑念を抱き始めるからでしょう。

少しおかしいと思い始めた国民も、単なる思い過ごしだったと、メディアへの不信感を容易に拭い去るでしょう。選挙前に信頼を得ておくための、メディアのどこまでも賢い戦略です。

我々が思う以上に、ネットに関わらない人は、活字に弱いということです。

政治家の出自の問題は、もっともっと国民の耳に届かなければ、戸籍の消滅を図られたときには時すでに遅し、ということになりかねません。公人がもっと発言し、タブーを破ってどんどん物議を醸すべきと思います。

ブルーリボンに倣って、国旗をイメージするバッジを作り、選挙ポスターに明確に示してはどうかと思います。何故それが必要であったかを、国民に知らせる絶好のチャンスにもなるからです。

保守新党が支持を得て拡大すれば、工作員としてもぐり込む政治屋が必ず出てきます。自民党の二の舞になります。新党立ち上げから、出自に関する、はっきりとした対応を期待したいと思います。

舛添新党、裏の裏‐1

 朝鮮人・舛添要一の新党結成発表記者会見の面(つら)をみたまえ。
 顔面蒼白の上の空である。新党結成への不安と不本意な表情が窺える。これは本人の意思ではない証左である。
 有権者は政治家のこうした表情を過去に何度も見て来たはずだ。
 自民党政治家の、しかも大臣の発言としては常識では考えられない失言、暴言の数々。いや、むしろそれぐらいで何でマスコミが大騒ぎして叩くのか、大臣のイスを棒に振らなければならないのか、と思うような幼稚な発言をしたときのあの面である。中には「中国へ行って帰って来い、あっちで下剤を盛られるから体調を崩して帰って来い、その後で殴られるから絆創膏を貼って記者会見に臨め」と言われるままに従った農水大臣までいた。これ全て、自民党を貶めるための工作である。
 これらの工作の多くは全て在日裏社会から出た指令である。多くの政治家は裏社会に何らかの弱味を握られているか、もともとがチョン系で在日裏社会から恩義を受けて当選している。
 だから言われるままに従っているのだ。
 今また、民主党政権の支持率低下を自民党分裂工作でカバーしようとしている。

(続く)

舛添新党、裏の裏‐2

 そして、新党乱立もまた、民主党政権維持には好材料であっても決して日本人保守のためにはならない。

※関連ブログエントリー
【ねえ知ってたぁ?】
『舛添、ついに離党ヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノ片山さつきと結婚していたとき』
http://xianxian8181.blog73.fc2.com/?mode=m&no=1697

(以上)


「日本は資源のない国」と洗脳された日本人。実は、日本はイラクの次に大油田を保有しています。もちろん、竹島周辺や、尖閣領域にも原油や天然ガスが豊富にあるのです。特アが狙っているのは日本の豊富な資源なのです。その資源は液体、気体だけではなく、固体もあるのです。それがメタンハイドレートです。嬉しくなる動画、無料で見られます。

「たかじんのそこまでやって委員会」
http://ex-iinkai.com/free/detail14.html

このまま日本を植民地化してる米軍と米大使館がいっても日本の未来はないよ。日本人は餓死していくだけだよ。米軍にでていってもらい、CIA『多くが在日やシナ人』を取り押さえて統一を根切りにして日本は自分でやたほうがいいよ。勿論シナ人の植民地も駄目。自分は自分で守らないと屑になるよ。最悪シナと戦争になって水爆の雨で絶滅してもそのほうがいいよ。このままでも餓死だから一緒の事だ。地方は恐慌になってきてる。自民党なら米国の犬で日本人は餓死だろ。民主党でも餓死だけど。

何ともおぞましきかな支那人と鳩

チベット、東トルキスタン、内モンゴル、満州と周辺国を侵略した支那は、さながらメタボ肥満児のごとし。
共産主義国でありまながら形上自由経済体制を採り入れ、軍事力増大と経済発展を最優先にして公害や国土荒廃、都会と地方の格差を視て視ぬふりをしている。
支那政府にとっての国民とは、事実上都市部の富裕層と呼ばれる共産党員と軍隊、約8千万人。次に約12億人の非共産党員の中で、都市部居住民、そして地方農民の序列になる。最下等は自治区にされている上記被侵略国の人々。これは立派に階級制度と言えよう。

この度の地震はその最下等な扱いを受け続けているチベット族自治州で起こった。
情報統制のために外国の救援部隊をチベット族の村に入れる訳にはいかない。よって、諸外国に向けて、支援物資と義援金は受け取るが人の援助は不要、と奇妙な通達を出した。
この21日になって死者2千人を超えたと発表したが、実態は果たして…。噂では幾つかの村の合計で死者行方不明者合わせて1万人以上との情報も聴こえてきている。
「いろいろ痛いニュース」氏の記事に奇妙な写真が掲載されている。
http://2009.itainews.com/archives/2010/04/2183.html
被災者の遺体を埋葬する前なのだろうが、何故か遺体は殆ど裸なのだ。もし衣服を剥ぎ取ったのなら死者に対する冒涜と思うのだが…。これも最下等国民故なのか…。

その地震災害の最中、支那海軍の潜水艦二隻と護衛艦など計10隻ほどが沖縄本島・宮古島間の公海を悠々と通り抜け、通常警戒活動中の海上自衛艦艦船に支那軍ヘリが90mまで近づいて写真を撮っていたという。まるで手出しできない自衛艦を嘲笑うかの挑発行動だが、片や地震で大きな被害が出ているにも関わらず、他国のEEZ海域を通り、その上沖ノ鳥島を周回して日本を愚弄するかの艦隊行動。

支那海軍のこの度の行動は、日本政府の反応を観ようとしているのだろうが、案の定ルーピー鳩山政権は抗議どころか、殆ど反応すらしなかった。
それは何を意味するか。現鳩山政権が長く続くなら、間違いなく支那人民解放軍が東シナ海日本側に手を伸ばしてくるだろう。

少し考え過ぎかも知れぬが、ルーピー鳩山は支那・朝鮮の意向に副って国内を混乱させているのではなかろうか。何故沖縄の基地問題をこれほど大問題化させたのだろうか。米国との同盟関係を破壊し、支那が沖縄を侵略し易くするための民主党政権なのか。沖縄の左翼プロ市民が中心となって起こしている反米反基地運動の拡大とメディアの左翼化の裏には支那が居るのではないか。であるとするなら、民主党とはまさに売国政党。

支那にとって沖縄を含む東シナ海海域は喉から手が出るほど魅力的。何故なら東シナ海の日本側海域には中東に匹敵するほどの原油や天然ガスが埋蔵されているからに外ならない。不思議だが、それら天然資源の多くは日本側海域にばかり集中している。実は日本という国は世界有数の資源大国なのである。
その上沖縄を手に入れれば太平洋に抜ける障害が無くなり、台湾を併呑し易くなる。
アメリカが経済的に弱体化すれば軍事力も当然弱体化する。支那は虎視眈々とその時を待っているのだ。
支那がこのドス黒い野望を隠さなくなってきているにも関わらず、友愛の海などと戯言をほざくルーピー鳩山政権と民主党が日本国を護れる筈もない。
日経新聞の読者アンケートでは鳩山内閣支持率11%とのことでもあるし、可能な限り早期に退陣させねばならぬ。
日本が生き残るには、早期に民主党政権を終わらせ、保守政治家による政権を確立して日米同盟を強化しつつ国防力を高め、経済を活性化させ、自主憲法制定を急がねばならない。
まさに安倍政権時の安倍首相が行なおうとした政治、亡き中川昭一氏が目指した国の姿ではないか。

パチンコマネーで政治家やマスゴミ、日教組など組合組織を買収・侵略して日本を乗っ取ろうと企む小賢しい朝鮮系在日、国内に左翼思想を蔓延させて地方の切り崩しなど日本の弱体化を図ろうとしている支那系在日、更には日米同盟という名の日本支配を強めようと企むアメリカも居る。
日本の政治家にはこれら侵略者から日本を護り、国民を導いていかねばならない重責が課せられる。が、今の世の中、単に政治家頼みではなく、国民一人一人が国を護る意識に目覚めねばならぬ。そして昨年の衆議院選挙のような間違いは二度と犯してはならない。

報道によると無党派層有権者が5割に近づいているらしい。無党派そのものに何ら問題はない筈だが、無関心やマスゴミの誘導に乗ってしまうお花畑頭が大問題なのだ。支那の侵略を防ぐ為にも、無党派層の有権者こそ政治に関する意識を強くもたれんことを。

何と露骨な敵国政権か!(1)

ё取り調べ可視化
ё死刑制度廃止
ё児童ポルノ規制
ёネット規制
ё日本国内南京大虐殺記念館建立
ё従軍慰安婦謝罪賠償
ё国立追悼施設建立(靖国参拝廃止)
ё戸籍制度廃止
ё国立国会図書館法改正(自虐史観固定化)
ё沖縄ビジョン(一国二制度)
ё人権侵害救済
ё永住外国人地方参政権付与
ё防衛費・自衛隊員数削減
ё日米安保破棄又は形骸化、日米離間(普天間飛行場移設問題)
ё学力テスト廃止(未遂)
ё選択的夫婦別姓
ё国会法改正
ё子ども手当
ё高校授業料無償化
ё郵政三事業民営化見直し
ё高速道路新料金
ё地域主権
ё特定アジア大量移民受け入れ(入管法緩和)
ё国籍法改正(特定アジア帰化要件緩和及び手続き簡易化)
ё特定アジア留学生大量受け入れ及び政府援助
ё外国人観光客大量誘致
ё温室効果ガス25%削減
ё相続税・贈与税増税(未遂に終わる可能性大)
ё外国人住民基本法
ё公職選挙法改正(ネット解禁)

(続)

何と露骨な敵国政権か!(2)

 以上、思いつくまま列挙したが、何の関連性がないように見える個別の案件が、よく見れば全て中共の対日工作の一環として連動しているのである。
 マスコミが真実を報じないから無理もないが、このまま民主党政権が続けば間違いなく国家は解体され、日本人は賤民化された後、中共が意図する「日本自治区化」が達成されるだろう。

(以上)

何と露骨な敵国政権か!(追加)

ёカジノ解禁、パチンコ換金合法化
ё家賃取り立て規制

 まだ抜けがあるかもしれない。出来れば追加よろしく。

UKの政権交代は日本の焼き直し

おはようございます。
イギリスの政権交代は世界支配層のアジェンダです。
ブレア氏が崩壊させ、ブラウン氏が引導役でした。

ブログ   クリスタル・ピープル
http://plaza.rakuten.co.jp/akaifusen/diary/201004220003/

公人としての自覚や意識の無い政治家は、
その国を衰退させ、評価を落とし、
国民はその被害者になり
挽回するのに多くの時間を要します。

テロリストがアフガン・イラクから反乱に目覚めた
一般市民へ移行する準備段階なのです。

自民党は誰がなっても、アメリカのポチ

米属国の張本人自民党が何をいうか
「日米同盟を維持発展させるためにも、沖縄の負担を軽減する努力をしている」
きのう(21日)の党首討論で、鳩山首相は毅然と考えを披露した。明快で分かりやすい主張だった。

辺野古沖の埋め立て工事は、住民の反対や環境問題が“防波堤”となり、今すぐ始められる状況にない。強行すれば途中でストップする危険性もある。これでは、ヘリや輸送機が盛んに頭上を通過する普天間住民の物騒な暮らしは解消されない。米国にも迷惑がかかるし、米軍への反感も強まる。長い目で見れば、沖縄の負担を軽くすることが、日米両国にとって重要である。だから今のうちに立ち止まり、沖縄も米国も日本政府も合意できる最善策をまとめようと汗を流している―。

確かに鳩山は、揚げ足を取られるような発言をするし、普天間問題を任されている平野官房長官は非力に見える。しかし、政権交代を機に、日米同盟や在日米軍基地の在り方、沖縄に課せられている負担の軽減について、もう一度知恵を絞ろうとする姿勢は間違っていない。新たに政権を預かる身となった首相からすれば、むしろ当然の責務である。

だが、自民党の谷垣総裁は、そんな鳩山が許せない。「国民をこれ以上愚弄することは許されない」とエラソーに罵倒し、「日米同盟をはじめとする国際社会の信頼を掘り崩した」と攻撃した。

米国の代理人に成り下がった自民党総裁
米国は現行案でOKと言っている。米国を怒らせると同盟がおかしくなる。それが谷垣の言い分だ。どうにかして沖縄の負担を軽くしようと奔走する鳩山政権を手助けしてもいいはずだが、まるで米国の代理人のように振る舞うのだから呆れる。本当に日本の政治家なのか、どうも疑わしくなってくる。

政治評論家の山口朝雄氏が言う。
「米国ベッタリが日本の国益になるという感覚です。時代錯誤も甚だしい。東アジアに拠点基地を持ちたい米国からすれば、日本が用意してくれた辺野古沖プランを手放す必要はありません。沖縄にいれば、駐留経費も日本政府が負担してくれる。その総額は3兆円に達しています。ゴタゴタが長引くうちに、世論が国外移設で盛り上がったりすれば一大事。自分たちの利益を守るには現行案で圧力をかけるのがベストというわけです。しかし日本は独立国です。米国に隷属する必要はありません。日米関係は濃密で、普天間問題ぐらいで壊れるわけがないのです」

谷垣は「今までのいろんな努力を潰してきたのはあなたたちだ」とも言っていたが、いったい自民党が沖縄のためにやった「いろんな努力」とは何なのか。

1969年に合意した沖縄返還の交渉で、佐藤栄作首相はニクソン大統領に、米国が負担すべき軍用地の返還費用や米軍施設の移転費用を国庫から支出することを約束した。円とドルを無利子で米国に預託して便宜も図った。有事の際は再び沖縄に核兵器を持ち込むことも黙認すると申し合わせた。これらの密約と、その後も歴代首相が一貫してウソをつき通したのが、「最大の努力」だったのではないのか。

沖縄は自民党政権と在日駐留米軍に振り回されてきたのだ。普天間問題は自民党の負の遺産に他ならない。鳩山政権は、そんな無責任政党のデタラメを改め沖縄問題を前進させようとしているのである。同時に、対米隷属ではない日米関係の対等化を進めているのだ。

「職を賭して5月には解決すると約束してください」――こう谷垣は鳩山に5月までに決着しなければ辞めろと迫ったが、ちゃんちゃらおかしい。沖縄政策を総括して、国民を騙した過去を謝罪するならまだしも、米国からの自立を目指す「鳩山政権の努力」をぶち壊そうとするのだから、腐っている。

確かに加藤の乱で見せた国賊総裁だ

 自民党時代が良かったわけがない。そもそもが米国のみならず中国に屈したのは自民党だ。自民党は米中のどちらに国を売るかで内部抗争に明け暮れ、現在は加藤紘一の子分が総裁をやっている。自民党内も米中を行ったり来たり揺れているだけで日本人などお構いなしだ。自民党内の米中エージェントの権力闘争であった。もちろんチョン系議員が主導権を握っているから南北朝鮮への配慮は当然である。これに創価三国人政党・公明がくっついているから最悪だ。
 だからどうした?
 民主党、社民党、共産党他にだってチョン系・シナ系がわんさかいるではないか。
 つまり日本の政界は疾の昔に終わっているのだ。極端な話、日本の国会は敗戦から米中朝エージェントに乗っ取られてきた。だから選挙でどうこうしようとしても選択肢がない。
 そんじゃどうする?
 決まってるだろ、“アレ”しかない。“アレ”をやる日本人が必ず出て来る。そして失敗に終わり、日本は世界地図から消える。

※中共対日工作要網の通り事が運んだと考えたとき、自民党分裂工作を最初に仕掛けたのは小沢一郎である。

bingo 様

>コンタクトをするメールアドレスが見当たりません

2010/04/22(木) 21:33:59| URL | 楽仙堂

楽仙堂さんは、URLからはブログへ、 楽仙堂からメールできるようにしています。

>鳩山政権は、そんな無責任政党のデタラメを改め沖縄問題を前進させようとしているのである。同時に、対米隷属ではない日米関係の対等化を進めているのだ。<

 日本を米国と、また戦争させるつもりですか?
いやいや、米国が日本を中国と戦争させるかもしれない。
それに「戦争はしない。出来ない。」と言っても、巻き込まれるかもしれない。

米国のポチから、中国のポチへ移るのもごめんです。

民主党も自立が見えない。思想の左寄りはお断り。

中国を同じアジア人と思って油断するとトンでもないことになる。

たちあがれ日本:参院選候補者を公募

http://mainichi.jp/select/today/news/m20100421k0000m010018000c.html
新党「たちあがれ日本」は26日から参院選候補者の公募を実施する。
19日夜に同党ホームページで公募要領を発表した。5月18日まで
申請書類を郵送で受け付ける。

第22回 参議院議員選挙 候補者公募要領
https://www.tachiagare.jp/candidate.php

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr/ktr.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

皆様のお知恵を是非お願いいたします。

皆様

お疲れ様です。

いよいよ参議院選挙まで80日を切りました。
保守が一致団結して、
打倒民主のために
皆様!力を合わせて頑張りましょう!

時間がありませんので
ただ闇雲にやってはダメです。
一番いい方法でやらなければなりません。

皆様のお知恵を是非お願いいたします。
http://sitarou09.blog91.fc2.com/blog-entry-171.html

絶対!民主に勝ちたいです!
死ぬ気でやりますので、
皆様、よろしくお願いいたします。

確かに自民党は米国のポチだったかもしれないけど
ポチになるのを拒絶していたら日本はどうなっていたか・・
左翼の人の意見はそこが欠如してますよね。
敗戦国から脱するには時間が必要だと思う。

地震兵器HAARP おそろしや〜    オバマ大統領 あらためて核兵器廃絶をめざす決意を示す   【ノーベル賞】平和賞にオバマ米大統領 「核なき世界」と「対話」を ...  おそろしや〜

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/603-e4d1e727

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。