スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国人は中国人にあらず


毎日ブログを書く時間は報道ステーションを見てから書き始めます。
書きたいことが多くある日と まったく何も考えてない日があります。

書く事が何も無くてもパソコンの前に座れば自然と打ち始めています。
アップするのは翌日と決めています。

書く日を月水金と決めたおかげで少し余裕が出来、本を読むことが出来る
ようになりました。

昨日から「パクス・ブリタニカのイギリス外交」を読み始めました。まだ
三分の一しか読んでいませんが、その中で19世紀のイギリスの首相である
パーマストンの名前を初めて知りました。

恥ずかしい話ですが私の知識の中に イギリスが絶頂期の時に外交を仕切った
パーマストン子爵が全く抜けていました。

パーマストンの演説に「永遠の同盟国も永遠の敵も存在しない。あるのは
永久不変の国益だけであり、それを追求するのが我々の義務である」と
いう至極真っ当な言葉があります。

今日はこのパーマストンの有名な言葉を日本に当てはめて考えてみたい
と思います。

パーマストンの言葉にケチをつけるつもりはありませんが、ヨーロッパに
位置しているイギリスと、東アジアに存在する日本に於いては根底から
違います。

つまり日本の場合は「永遠の同盟国は存在しないが、永遠の敵は存在する」
と言ったほうが適切です。

日本にとっての永遠の敵は中国です。中国というより中国大陸といった
ほうが適切です。何故なら中国は常に各異民族に征服され人種もさまざまに
変化してきたからです。

しかしわざわざ「敵は中国」の看板を掲げる必要は全くありませんが、日本
の歴史を検証した場合敵は常に中国でした。

中国が世界に宣伝している「黄帝以来四千年間、中国はつねに変わらぬ姿で
存在し、高い文明を誇ってきた、永久不変の民族である」という主張は
事実ではありません。

紀元前221年秦の始皇帝によって統一されたが死後各地で反乱が相次ぎ、
秦王朝は滅亡します。その後光武帝により漢王朝は復興しますが、黄巾の
乱が起こり、三国時代に突入します。

そのご中国は再び統一され西晋の時代に入りますが、晋は度々北方異民族
の進入を許し、漢民族はほぼ絶滅し、遊牧民族に取って代わられます。

その後の日本とかかわりを持った隋や唐はこうして侵入してきた遊牧民族が
作った、いわば第二の中国です。

日本はご存知のように、遣隋使や遣唐使を数十回にわたり使節を派遣して、
論語、漢詩、儒教関連の膨大な漢籍や仏典を持ち帰りその後長く徹底的に
勉強したのです。

遊牧民族である隋や唐は漢民族によって国教化されたこれらの思想を実践や
勉強することなく、皮肉なことに無数の漢籍を持ち帰った日本人が勉強し
実践し身に着けてしまったのです。

そして日本は孔子の教えである仁(人間愛)と礼(規範)にもとづく理想
社会を目指したのです。

今日、日本人が漢籍を通じて身につけた道徳的な中国イメージに裏切られ
続けるのは当たり前のことで、日本人が尊敬する漢民族は遊牧民族に滅ぼ
されているからです。

つまり異民族である遊牧民は漢文を理解できません。日本人が勉強した
漢文は2千年間、中国語とは全く関係がありません。日本人は漢文のこと
を長く中国の古語と思っていたのです。

このように漢籍による教養を身に着けた日本ビジネスマンが大陸に渡り
中国人と接しても幻滅して痛い目に遭うのは当然のことです。

我々が現在、接する中国人は漢民族でなく凶暴な遊牧民族です。隋、唐、
宋、金、そして最強の遊牧民であるモンゴルに中国は支配(元)されます。

モンゴルのチンギスハーンの残虐性は地球の時空を越えて知れ渡って
います。モンゴル軍が通った後は男子は皆殺しに遭い、町は破壊され
富や女子は略奪され、町は消滅します。

その野蛮な遊牧民やモンゴルの末裔が現在の中国人なのです。日本人は
いまだに2500年前の漢民族が残した漢籍で中国を理解しようとするから
見誤ってしまうのです。

日本の多くのビジネスマンが大陸に渡っても、「史記」や「三国志」に
登場するような、信義や礼に篤い漢民族の中国人に出会うはずもなく、
現実にいるのは油断も隙もない連中ばかりに遭って、痛い目にあい絶望
して帰ってきます。

異民族に常に取って代わられてきた中国には古代から共通中国語という
のは全く存在しませんでした。そのうえ広大な中国は各地方ごとに言語
が異なります。

つまり中国人たちは近代になるまで、自分たちが話している言葉を書き
あらわす手段がなく自前の文字が無かったのです。

これらの中国の真実を私は岡田英弘教授の著書を読んで初めて知りました。
教授は著書の中で「現在の中国人は、彼らが使っている中国語が、実体は
文体もボキャブラリーも日本語からの借用であるということをすっかり
忘れてしまっている」と書いています。

現在の中国人も無視していますが、日清戦争後、日本に多くの清国の
留学生がやって来て、日本語を学び日本人が作った漢語を借用し、それに
よって新知識を中国に導入し、法典まで日本の法典を丸写ししました。

これらのことは中国留学生の魯迅が言っています。中国人にとって漢文
は外国語同然なのです。日本人が漢文を返り点や送りがなをつけて理解
したのは日本人の優れた智慧です。


中国人は「日本の文化は中国の模倣であり日本の発展は中国のお陰である」
と宣伝していますが実は全く逆なのです。

中国にとって近代文明の玄関口に立てたのは日本文化の影響力であり
戦後も経済発展をし 一様見せ掛けの大国になれたのもアメリカと
日本の援助と技術力のお陰なのです。

韓国も全く同じパターンです。この両民族は日本人のお陰であるという
真実を捻じ曲げて、無理やり日本人の上に位置したいのですね!
こまった人たちです。


今日も相変わらず最初の本題から離れて中国の歴史を長々と書いてしまい
ました。中国が「永遠の敵」であり危険な国であることを書くつもりが
アサッテに飛んでしまい、申し訳ありません。

次回は唐の侵略の危険を感じて菅原道真の献策により遣唐使を廃止した
時代に戻って 再び書いて見ます。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

シナ崩壊の始まりか?

失業、2億人以上。これには、人口の6割を占める8億人、農村部の就業状況は含まず。ネット上では、農村部の失業者は2億、2300万人の説もりあり、実際の失業率は、驚異的な17・4%との可能性も出ている。

これは、経済統計上、1929年の大恐慌をはるかに上回る数値であり、新記録と言っても過言ではない。

それでも、温家宝の発表は、公称4.2%の失業率。実態は????

中国,今がバブル絶頂期か?


不動産バブルで北京市の収入が4割増加
http://n.m.livedoor.com/a/d/4681371

パーマストンという人物は私もこの投稿で初めて知りましたが、
むしろ重要なのは
>あるのは永久不変の国益だけであり、それを追求するのが我々の義務である
この部分ではないのでしょうか?

本当の国益にかなうのであれば、付き合いもするが、害を為せば断絶もする。
日本はこの精神を地で来ていたと思いますよ。
古代の中国地域とは文字や文化を取り入れたが、剣呑な雰囲気になれば関係を絶ち、攻め来るならば対立も辞さない。

現状の中華思想に染まりきった中国であれば、距離を置くべきだと思いますが。
国内が安定すれば、余所のものが欲しいという思想、何でも元は自分達の物だという拡大解釈は非常に危険ではありますね。

かつて友好国であった地域である意味で永遠の敵という事ではなく、また中国もいつまでもあるとは限らない。なーんて言ったら抗議集団が来そうですが、しかし、敵視ばかりすることは、ある種こちらとしてもずっと脅威が続く訳で、その対処は勿論相手の言いなりになるという事ではなく、こちらが国益を考えて行動すれば、どのような事態になろうとも、最大限の国益は残るのではないでしょうか。

歴史話はおもしろいです。
それだけでコーナー作ってほしいです。

漢族

論語にはなかなかなじめませんが,私は漢詩が好きです.また,老子が大好きです.

しかし,初めから現代の中国にのめり込むことはありませんでした.漢詩や漢文の世界,それはアラビアンナイトのバグダッドやペルシャと同じであって,現実味を感じませんでした.
だからブログ主が書かれるように,中国に関わりを持つ人間が幻想を抱いて中国に行くということが,なかなか理解できません.そういう幻想を抱くということ自体,営業マン,あるいは起業(企業)家として失格ではないかと思ったりもします.

幻想を抱いて中国に行って騙されるというよりは,人を騙さない正直すぎる日本人の性格が中国人や中共の良い鴨になっているのではないかと思います.
相手は,ましてやあの蝦蟇にも似た江沢民の謂れもない反日教育で育った中国人です.

私の知り合いに,日本の援助による中国の植林事業に参加した人がいます.援助に行っているのに,現地の人はお前らのおかげでこんなになったと声高にののしるといいます(禿山や砂漠化はてめぇら自身のせいなのに).懇談会があってバーベキュー大会を開いても日本人と分かると参加者が気分を悪くするからとぬいぐるみを着せられて機嫌をとって回ったとか,そんな情けないことをしてまで援助する必要はないと思いますが,当人は至極嬉しそうに話すので,日本人のお人好しぶりにもあきれます.

漢人にどの程度,異民族の血が混じっているのか,あるいは滅んでしまったのかは分かりませんが,私は本来の漢族の血が今の中国人の根源ではないかと思います.文化の伝承もなく破壊し破壊されてきた民族の末裔.
普通,血が混じると優秀な種が出来るといいます.そうは見えませんね.
清は少数の部族で漢人を支配しました.以前の元も同じだったでしょう.また,血が混じることをある程度防いでいたはずです.
満州の地に中国人が入るのを禁じてもいました.
だから,私は今の中国人が野蛮で低俗で信義も持ち合わせないのは,もともとの漢族の血ではないかと思っています.

中国のバブルが弾けるのは近い。

中国は、今がバブルの絶頂期であるのではないかと思います。
貿易黒字が設備投資に向かわずに不動産投機にむかっています。

富裕層は、より金持ちになろうと、マンションを5つも、6つも所有している。
貧しい人々は、失業者にになり、その数は2億人と言われています。

その話が本当なら、中国のバブルが弾けるのが近いように思います。
万博の終わりの頃に不動産バブルが弾けるのではないでしょうか。

確か…

以前、中国自身が参考までにと中国各地に住む人のDNA鑑定を行ったところ…古より”中原”と呼ばれていた洛陽、長安地域でも相当に混血が進んで周辺諸民族の要素の方が多くなっていたとか。遺伝子上も従来より住む民族とは違う民族が住んでいる事がはからずも実証されていたハズです。

…今はもっとも古来からの中国人の遺伝子要素を持つ民族は”客家”=中国を出て行った人というのが現在の主流の考え方だそうです。

中国史ヲタですが

前漢が抜けてますが(;´∀`) ・・・

あと、晋末五胡の侵入から中国が乗っ取られたという事ですが、元々、それ以前から中国人は単一民族とは違い、夷系・狄系・羌(チベット系)系・南(南蛮系)人系の混淆のうちに中国人ができあがってきたのです。
ちなみに周は半遊牧・半農耕民で、チベット系の祖先の羌族とは姻戚関係にありました。
広い意味の中国人は秦漢時代に徐々に完成してきたと思われ、晋の南遷により北方のトルコ・モンゴル、チベット系などの遊牧民族が河北を支配、それにより北中国は遊牧民族が隆盛しましたが、同族含めた殺し合いや、漢人との積極的な婚姻などで中国人に同化され、彼ら(純粋な塞外民族としての遊牧民)の数も減っていったのではないでしょうか。
センビなども結局、固有の言語や文化を捨て去り、中国に吸収された観がありますね。

五胡十六国の引き金となったのは
魏や晋が、北方異民族を自国民として編入することで
人口問題も異民族問題も一石二鳥に解決しようとした事だそうです。
もっとも異民族移住政策は前漢時代からあったものですが
三国時代に特に激しくなったようです。

労働力の不足を、近隣諸国からの移民で補おうとする。
現代のどこかの国とだぶって見えます…。
ナショナリズムから来るゼノフォビア(外国人嫌悪症)は勘弁ねがいたいですが
平和ボケから由来するゼノフィリア(外国人愛好症)はさらに勘弁願いたいものです。

永遠の敵?

古代の中国には、日本の社会の基盤となった仁と礼を考えた孔子が居て、
「史記」や「三国志」に登場するような、信義や礼に篤い漢民族の中国人も居たと仰います。

それなのに、その後の中国の経過を見て
中国は「永遠の」敵だと結論付けるのは矛盾したものを感じます。

今の中国が古代中国の精神を取り戻すなどというのは
今のところ果てしなく望み薄であることは確かでしょうが。

中華人民共和国 の
『人民』も『共和国』も
日本が近代化するときに作った日本語ですもんね。

中国 は、国名の 3分の2が、日本語です。

中国人は記憶喪失だと思っていました。
人違いだったのですね。

鬼畜米国

日本の財政赤字とユダヤ人が仕掛けた罠 

日本は、経常収支は大幅の黒字でありながら、財政赤字は9兆ドルで国家経済規模の2倍。世界最悪の借金国家アメリカの財政赤字は、66兆ドルで国家経済規模の6倍。小泉ユダヤ政権は、緊縮財政で景気後退させ、結果税収を減らして財政赤字を拡大させた。国債発行30兆円上限の公約も、加世田の朝鮮部落の息子は、息をするかのように平気で破った。経済成長こそが、財政健全化の手段だと正論を訴えた植草教授は、ジョシコーセーのパンツを覗いた罪で口を封じられた。

小泉のやることは、常にアメリカのユダヤ人のための利益誘導である。よって、財政赤字を悪化させたのも、ユダヤ人のためであると勘繰りたくなる。金融商品として魅力のない大量の国債をさばくために、郵貯や民間銀行に押し付けた。小泉政権とけんかしたくない金融機関が仕方なく引き受ける。結果、こうなった。郵貯112兆円、簡保57兆円、全国銀行99兆円、生保42兆円。2004年度末でこれだけの国債を抱えている。小泉は、金融ユダヤ人の指導の下に、この事態に意図的に誘導したのであろう。
さて、この状態で郵政民営化が2007年に行われる。ロックフェラーが新生銀行の名を使って、郵貯銀行の株を買い漁る。サーベラスやリップルウッドも追従する。気がついてみると、筆頭株主から4-5番手まで全てが、ロックフェラーの息のかかったユダヤ金融資本。だが、殆ど脳細胞を使った経験のないB層大衆は、新生銀行がユダヤ銀行であることすら知らない。郵貯の350兆円はユダヤ人が勝手に運用できるようになる。ロックフェラーは、日本国債の引き受けを止める。ただでさえ金利の低い魅力のない日本国債の引き受けては、なくなる。国債未達となる。国債が暴落する。

まず、国債100兆円を抱える民間銀行が疲弊する。株価が低落する。ユダヤ人がこれ幸いにと買い漁りに来る。生保も痛手を負う。ユダヤ人が生保も買い漁る。気がつくと、大手銀行も生保もなんとかバーグやらかんとかシュタインが筆頭株主の座に座っている。銀行の借り手の製造業も、新しい銀行オーナーのゴールドバーグ会長にひれ伏す。スプリングシュタイン新CEOは、融資先の製造業にもユダヤ人重役を受け入れるよう強要する。どこの大手企業にも財務担当のユダヤ人か、手先の朝鮮人が送り込まれる。利益を根こそぎ吸い上げるために。

労せずして、日本の金融界と基幹産業を安値で手に入れた寄生虫界の帝王ロックフェラーは、寄生先をアメリカから日本に乗り換えることに成功したことにほくそえむ。馬鹿な猿どもだ。全部毟り取ってやったと。かくして、日本はユダヤ人の私物となり搾取されつくす。

最近の中国は貿易赤字であり、やみくもに貿易黒字を求めていないと行っています。
これはその場しのぎの嘘なのか、事実なのかよくわかりません。嘘の多い国なので・・・
http://inanna-search.net/index.php?cmd=cmt&cat=link&cnum=INA0000336927

面白いです。
勉強になります。

がんばれ与謝野

若手を総裁・幹事長に」自民・与謝野氏http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100325-OYT1T01133.htm

当面は党にとどまって谷垣総裁をはじめとする執行部刷新と
若手起用を求める考えを示す一方、
新党結成も選択肢として引き続き検討していることを明らかにした。

一方で、与謝野氏は「新党を作れば、結構人気が出るのではないか。
『自民党』という名前がもうすり切れている」と述べた。
新党結成に踏み切るかどうかは「一瞬のタイミングだ」と語った。

そもそも「働く」という言葉が支那にはなかった。「働」は日本製の漢字、国字である。(マルクス先生さようなら(一))
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-2095.html

ニコニコ動画・アンカー

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10064765
ニュースアンカー・青山繁晴氏の解説
 「与謝野馨、鳩山邦夫、枡添要一は小沢と仲がよい」との情報です。自民崩しは何もかもが小沢の選挙がらみという話です。
ぜひ一度見てください。

コピペの独り言

『コピペの独り言』
 新聞を読んでいると、民主党の政策が現実だとはとても思えなくて、「何かの間違いではないか」「夢から覚めていないに違いない」「仮想現実に迷い込んだのか」と思うこと暫し。
 だが、悲しいかなこれが現実なのだと思うと殺意が湧き起こる。
 生かしちゃおけない。
 あぁ機関銃が欲しい、プラスチック爆弾が欲しい、バズーカ砲が欲しい。
 コピペじゃ戦えない。
 日本は終わってる。
 間違いなく滅ぼされる。
 冷静になればなるほど日本の未来が手に取るように見えてくる。

※この「コピペ」を至るところにコピペしてください。

>イギリスが絶頂期に..etc


て言う事は,中国は今が絶頂期か?(笑)2~3年のバブル経済でした 上海万博以後 雪崩れをうって崩壊の予定ですね‥

名づけて『上海大恐慌』


「中華思想」という国家観が強固であるが故に、中国は一つの国家として成り立っていると思います。
これを裏返せば、台湾という国は、もはや中国とは全く別の国である、という事になるのではないかとも思います。


>遊牧民族である隋や唐は漢民族によって国教化されたこれら(論語、漢詩、儒教関連の膨大な漢籍や仏典など)の思想を実践や勉強することなく

これはやや誤解を招く表現ではないでしょうか?

隋と唐はご指摘の通りかも知れませんが、隋唐以降の王朝にて、宋では朱子学の祖・朱子(朱熹)が、明では陽明学の祖・王陽明が、旧来の儒教を見直し、進化・発展させていた事を無視する訳にはいかないはずです。

特に日本は、陽明学の影響が大きかったという説もあります。
こちらも参考にして下さい。

産経ニュース 【次代への名言】子、曰わく編(16)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100316/acd1003160351000-n1.htm

産経ニュース 【次代への名言】子、曰わく編(17)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100317/acd1003170340001-n1.htm

産経ニュース 【次代への名言】子、曰わく編(18)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100318/acd1003180256000-n1.htm

産経ニュース 【次代への名言】子、曰わく編(19)
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/100319/acd1003190336000-n1.htm

(子、曰わく編は、(22)まで連載されていました。)


>そして日本は孔子の教えである仁(人間愛)と礼(規範)にもとづく理想
社会を目指したのです。

この部分は、まさに仰る通りかと思います。
特に現代の中国・韓国・北朝鮮は、残念ながら儒教を正しく理解出来ているとは到底思えません。
彼らにとって儒教とは、「国家権力を維持する為の飾り」に過ぎず、当の孔子自身がそうなる事を予知し「私の理想とする『道』は、終には行われないであろう」と嘆いていた、という伝説もあります。

そもそも、隋の前の漢王朝(厳密には前漢)も、建国の祖・劉邦が無類の「儒者嫌い」であったのは有名で、「儒教が国家権力維持に有効」だと気付いたからこそ、儒教を国教と定めた、と記憶しています。

北朝鮮不審船に銃撃か
2010.3.27 00:14
 聯合ニュースによると、韓国海軍の艦艇が26日夜、北朝鮮の不審船舶を銃撃した。(共同)

関連ニュース韓国海軍哨戒艇 黄海で浸水

仁について習ったけれど

 考えてみると、孔子は諸子百家の時期の一人でしょう?百家もの考え方のグループの中の一家でしょう?
 で、孔子が研究したのは礼(礼法)と楽(音楽)で、この「礼楽で国を治める」というのが、孔子の主張だったわけだから、トップの為政者以外は、その中味の「仁がどうのこうの」ということは関係なく、形としての礼法だけを行なえば良かった。のではありませんか?
 つまり、儒学はあの国では、特別高級な学問でもなんでもなくって、ただの「治世のための技術の一つ」でしかなかった。
 とすれば、朝鮮半島での儒学の浸透振りが、日本とは全く違った形になっているのも頷けます。日本では礼楽の具体的な形でなく、その根本の「仁とは何ぞや」ばかりやっているのですから。
 ああ、日本人に生まれてよかった。

韓国や中国が日本の技術で発展したのは疑う余地なしですね

しかし、日本は産業スパイだらけで韓国企業にやられています。ぜひスパイ防止法について語ってもらえませんか?それと法人税についてもお願いします

眠れる獅子の『中国』現在,未来 予定表


Now 這い上がりバブル経済謳歌中

崩壊後 大コケ確実か?(笑)

↓眠れる獅子ね‥

『前漢』時代前後の「項羽と劉邦」の頃なんでしょうね,ホントは‥

韓国、北朝鮮海戦中

最新情報 中央日報日本語版より

海軍哨戒艦が西海海上で原因不明の爆発により浸水

青瓦台安保関係長官会議緊急召集

合同参謀部は26日午後9時45分ごろ、西海(ソヘ、黄海)ペンリョン島西南方海上で警備中だった韓国海軍哨戒艦が船尾側で原因不明の爆発があり、浸水中だと明らかにした。

海軍哨戒艦772艦(1500トン級)には乗務員104人が乗っており、現在、人命救助作業が進行中であり、かなり多くの乗務員が死亡したものという。

現在、隣近海上にあった海軍所属PK(100トン級)艦艇1隻と海警艦艇2隻(1002艦、501艦)が出動し、事故艦艇の将兵を救助している。

軍の消息筋は「天安艦が船体の後ろから沈没中であり、攻撃された可能性も挙げられている」とし「当時、隣近にあった哨戒艦束草艦から北の未詳船舶に向けて発砲したと聞いている」と明らかにした。

これによって李明博(イ・ミョンバク)大統領は、安保関係大臣会議を緊急召集した。

青瓦台で開催中の安保関係大臣会議には金泰栄(キム・テヨン)国防部長官と元世勲(ウォン・セフン)国家情報院長、柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部長官らが出席しているものと伝えられた。

金恩慧(キム・ウネ)青瓦台スポークスマンはYONHAPニュースとの通話で「安保関係長官会議が緊急召集され進行中」と明らかにした。

一方、ペンリョン島の住民たちは夜11時から砲射撃音が15分間ドカンと続いたという。韓国海軍艦艇も北の身元未詳の船舶に発砲したと伝えられ、緊迫した状況が続いている。

いつも経験値に基づく貴重なエントリーをありがとうございます。

>晋は度々北方異民族の進入を許し

この時代の発掘された化石と現シナ人のDNAはまったく違うそうですね。

予断ですが、プッチーニのオペラ「トーランドット」はシナが舞台なのですが若き王様が「紅毛碧眼」であったので時代考証なってないな・・・と思って観た覚えがあるのですが時代が晋~500年であったなら当方が無知だったわけです・・
寒暖厳しい折ブログ主様にはお体くれぐれも御自愛の程、祈念しております。

対決は宿命

我ら、日本人の祖先には大陸での戦争戦乱、政治的対立、無秩序を忌避してやってきた者は少なくありません。もしかしたら、日本人の方が古代漢民族の血を引いているのかもしれませんね(DNAレベルですでに友好などありえないのです。)
その中には、漢籍などの文化を伝えた祖先もいた事でしょう。そして、日本の風土に併せて発展しました。
一方、大陸では王朝の交代ごとに行われた血生臭い徹底した破壊、民族浄化が行われました。特に、文化大革命の破壊は凄惨を極め、孔子さえ否定し、寺院、書物、経典などは跡形も無くなったとはずです。(古代漢民族からすれば、文化的には日本の方が正当かもしれませんね)

歴史を振り返れば、東アジア共同体などありえないのです。(儚い妄想を抱いている日本人も、今回のギリシャ騒動で目が醒めてくれないかな)

弁護士を増やすと、米国の様な馬鹿な国に成る事を日本人は自覚すべきです。

今週号『週刊新潮』高山正之先生コラムに、米の三菱のセクハラ裁判が何故でっちあげられたか、詳しくかかれている。

なるほど、三菱は卑劣なアメ公と断固と戦ったワケか。それでおいつら毛唐が国家ぐるみで三菱はセクハラ企業だと仕組んだ。問題は日本のマスコミの軟弱馬鹿ども。この人種差別で不当なカネせびり米弁護士どもは実は韓国にも同じ様なことを仕組んだ。しかし韓国のメディアは一斉にアメリカにかみつき差別!だと書き立てた。しかし我が国日本のマスコミは、この「デッチアゲセクハラ」裁判を追求し捏造だと騒いだメディアはなんとゼロだよ、ゼロ。何なのこいつら(笑)。馬鹿チョンメディアすら劣ってる。そりゃ韓流ブームとか言うわ、在日に何も抗議も批判も出来ず、逆に日本国民批判し在日の焼肉屋ババアと写真撮って自慢してるだけある。中国と不当な記者交換協定まで結んで。


今週号、まだあるはずだから興味のある方は急いで本屋に。トヨタの騒動にも皮肉っぽく触れてる。三菱はなぜはめられたか、読めば毛唐アメ公への幻想は一瞬で消える。原爆落とし反省もしない。

ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストはユダヤ新聞。あんなの信奉してるのは日本人だけ。日本人はマスコミに洗脳され過ぎ。あたかも新聞こそ正義の味方!であり信頼出来る!などと正に”刷り込まれ”ているが、アメリカ人は新聞なんかそんなに読まない。金持ち層が読むのはファイナンシャル紙だし。


新潮コラム、まあアメリカの汚さ、日本の平和ボケ・だらしなさ、よくわかる。こうやって日本が次々と悪者に仕立てられてきた、そして今度はクジラやイルカ、マグロなどの食生活と文化へ。。。

新司法試験を廃止して元に戻しませんか?

急に合格者を増やしたものだから、弁護士が街に溢れて仕事がない。そこで、仕事を作り出す。

電車の広告で見かけるサラ金の過払い金請求代行業務。これに特化した弁護士事務所があっというまに激増。

過払い金が戻ってくると信じて依頼すると、法外な手数料(通常は30%程度)をとられたり、酷いケースでは貸金業者からの入金を弁護士事務所が懐に入れてしまう。

一回過払い金請求をすると、ブラックリストに載って、次回、サラ金から借りにくくなることを弁護士は説明しない。あとで、借り入れできずに青い顔。

一方で市場規模が12兆円程度の消費者金融業界で過払い金支払額は1兆円。業界には大きな負担。改正貸金業法施行で、規制が強化され貸出額が激減する予定。つまり、商売として成り立ちにくくなり、サラ金が街から消えていく。

カネに困った人たちは、これからは、まっすぐに裏社会の金融ヤクザさんのところに行くことになるのだろうか?多重債務のお姉さんが、利払いの代わりにヤクザ経営の六本木の秘密クラブで、会員多数の前で慰めものにされるといった「裏ビデオの世界」が現実のものになるかも。

さて、過払い金請求業務で儲けている弁護士事務所も、サラ金業界の縮小化で市場を失う。司法書士事務所も参画しているので、ますますパイは小さくなる。

そうなると仕事にあぶれた弁護士たちは、新たな市場開拓に走るだろう。誰かが新市場を創設して成功すれば、我も我もと参入して市場を食いつぶすまで祭りは継続する。「医療訴訟」が次のターゲットかもしれない。弁護士に唆された「被害者」や遺族が病院を相手取って億円単位の訴訟を起こす。あっちでもこっちでも訴訟沙汰になり、病院経営を圧迫する。米国型の世知辛い訴訟まみれのぎすぎすした住みにくい社会が出現する。

(日本をそんないやな住みにくい社会に作りかえるために、米国は、対日年次改革要望書に司法試験改悪の要求を盛り込んだのか?)

日本は訴訟社会にしてはならない。司法試験は最高の難易度を持った狭き門であるべきだ。少数精鋭で構わない。新司法試験制度は単純に廃止し元に戻せ。小泉竹中のやったことはすべて国家の損失を生んでいる。本件も同じである。即刻、元に戻そう!

植民地の日本は米国の参政権を要求すべきです。

毎年秋に米国から届く「年次改革要望書」とは?


 〈問い〉 毎年秋になるとアメリカから「年次改革要望書」なるものが届くそうですが、どんなもので、いつから始まったのですか? 郵政民営化もここから始まったそうですが、本当ですか? ことしの要望書には何が書いてあるのですか?(福島・一読者)

 〈答え〉 現在の日本は、「今日の世界の国際関係のなかで、きわめて異常な国家的な対米従属の状態」(日本共産党綱領)にあります。軍事・外交だけでなく、日本の経済にも、アメリカの世界戦略とアメリカ独占資本主義の利益のために、従属の強い鎖がかけられています。

 それを象徴的に示しているのが、「年次改革要望書」(正式名称・日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく要望書)です。

 これが始まったのは1993年のクリントン大統領と宮沢首相との首脳会談でした。

 その仕組みとは、(1)毎年秋に、政治・経済のあり方について、アメリカが文書で注文をつける、(2)その注文書にそって、日本政府がその実施方を検討し、実行に移してゆく、(3)その実行状況をアメリカ政府が総括し、翌年春、その成果をアメリカ議会に報告する―というものです。まるで、部下が上司から指示をうけ、その遂行状況を点検されるようなものですが、こういうシステムをつくることに首脳会談で合意してしまったのです。

 このシステムは、いまでも確実に動いています。毎年秋になると、アメリカ政府から「要望書」という形で、アメリカ側の要求一覧が届きます。日本政府はこれを受け取ると、これは農水省の分、これは経産省の分というように仕分けして各省にくばり、担当の省庁がその対応策を研究して、できるものから実行に移してゆく、その進行状況を日米の担当者が定期に集まって点検し、翌年3月には、アメリカ政府がその全成果を「外国貿易障壁報告書」にまとめて議会に報告、日本とのあいだで、貿易の壁を打ち破るうえで今年度はこれだけの成果をあげたと、実績宣伝をするわけです。

 このシステムが、合意の翌年94年から始まり、続いています。「郵政民営化」も、このシステムを通じて要求されました。

 ことしの「要望書」は10月18日付でだされています。その内容は、規制改革路線の継続を迫るもので、具体的には、(1)米企業が強みを持つ医療機器や医薬品分野の市場開放(2)銀行窓口での保険商品販売については今年12月までに全面解禁する(3)物流コストの引き下げ(4)郵政関連では、ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険と民間企業との間で課税や当局による監督基準を同一にする、郵便事業の通関手続きで差別的な取り扱いをしない―などとなっています。

 経済の問題でこんな上下関係が押しつけられて、アメリカの介入が制度化されている国は、日本以外には世界でありません。日本経済を健全化し国民生活を向上させるには、この「異常」をただすことこそが求められています。(喜)

ブログ主さまも岡田英弘氏の著書を読まれていたのですね。
私もこのかたの本を読んで、中国のことを色々知りました。
日本は、日本建国以来、反シナです。警戒しないといけない相手です。
鳩総理の友愛など成立しない国が中国です。

ところで、今朝のTVニュースで、「冷凍ギョーザ事件、元従業員を拘束した」と新華社が報じたと言っていましたが・・・なんで今頃?
すでに2年2ヶ月が経過している。
この毒餃子事件の日本政府の対応について、青山繁晴氏の著書「王道の日本」を読むとよく分かります。
特に中国に対しては、気を許してはいけないと思います。
中国は、何を企んでいるのだろうか?

モノつくりの原点を忘れた人達

おはようございます。

既得権益を守る為に、心ここにあらずの人達。

固定費削減、ROS改善の為に中国に進出し、
金になれば、後先考えずに外資の提案する原発利権にのってしまう。

国内の物流・生産設備の稼働率を上げるためなら、
既存の製造スキームに企業連合・新規製品プラットフォームを
導入する事も出来ます。

30~20年前の日本なら、地道に取り組んだはずです。
日本の技術があれば、アイディア次第で
新たなトレンド・製品はいくらでも排出できます。

今日の1000円より明日の1万円の発想が必要です。
アメリカは周辺技術では20年先を行っています。
残念ながら、それらは邪悪な集団にコントロールされ、
邪悪な用途でしか世に出されません。

人類の為に役に立つ技術を積上げる可能性を
日本人が有しています。

国家事業としてやる気になれば出来る事は
山のようにあり、アセアン諸国も協力してくれるでしょう。

インチキな子供手当てという的外れな亡国スキームを
展開する前に、日本らしい産業復興を展開してください。

それは500馬力のクルマでは無く、荷物の沢山積める
低燃費のバイクからなのです。

突き詰めていけば、あらゆることが、殆どの事が、好きか嫌いかに収斂すると聞いたように思います。出来れば中庸を保ちたいが出来そうに無いので、一言。大好きな、気が付けば暗誦している漢詩ですが、心に響くものと言えば、和歌であり俳句なんですよ。日本人は、何でこんなに素晴らしいのか、その根源を知りたいものです。手中の珠玉を愛でるようですけれど。

中井国家公安委員長の女性問題も、鳩山内閣で、彼だけが朝鮮高校の授業料無料化に反対したので、マスコミの餌食に成って居るだけです。自民党がこれを批判するのを見ると、どこを向いて居るのか疑問です。SPに囲まれた要人が、ちんけなマスコミにリークされる事の方が問題です。カメラが銃だったら、即死ですよ。

世界富裕都市ランキングNY1位、東京4位

http://n.m.livedoor.com/a/d/4682563

中国食材

CO2さん

>ところで、今朝のTVニュースで、「冷凍ギョーザ事件、元従業員を拘束した」と
>新華社が報じたと言っていましたが・・・なんで今頃?

よっぽど都合の悪いことが、国内で起こり始めているのではないでしょうか? 彼らの文化では、無条件に日本へ謝罪すると言うことは無いと思いますので、何かの見返りを求めての事でしょう。

まぁ、日本国内での中国食材の販売は、お金稼げなくなりましたからね。 スーパーで売っていても、不良在庫。 不況により外食が減って、ファミレスの中国食材購入による安売り効果も、無くなりつつあるかな? ネットで調べて、ファミレスに電凸(不買運動?)する方々も増えた様ですし。

あ、下水油の食用油への転用のニュースもあったし、中国食材への信用が・・・ かな?

論語について

いずれにしろシナ文明は何度も断絶を繰り返してい、連綿と断絶なく文明を受け継いでいる日本とは全く違った新しい国なわけです。
後一つ、日本は「論語」を受け入れましたが、「儒教」は受け入れていないことです。論語と儒教とは全く別のものというのが日本人の考えかたです。
そのことから、日本人の論語の解釈が本当に正しいのかどうかと言う問題が起こりますが、宮崎定一先生の解釈が素直に理解できると思います。
現代のシナを観ていると、孔子が何を問題にしていたのか逆に透けて見えるような気がします。日本では、孔子が問題にしたことが、実は解決されているところがあり、返って解りづらいのではないでしょうか。

TV見ながら 新聞読みながら

「べつに自民党が好きじゃないけど、自民党だったら新聞は、当該議員が辞職するまでテレビと共に執拗に報道するだろうに、民主党となるとマスコミの追求も尻切れ。ぜったい手加減してる。おっかしいよ」

・・と(宮崎正弘のコメント)を平和ボケ日本人の横でぼやいてみる。

詳しくは  http://www.melma.com/backnumber_45206_4803590/
mikoさん経由です http://miko.iza.ne.jp/blog/

日本人だったらいいかげん 「感じろ!」「見抜け!」
民主党政権は ごめんだ! 

日本は最後の獲物

>中国が「永遠の敵」であり危険な国

この言葉の意味を、どれだけの日本人が理解しているだろうか。定住し苦労の末農耕文明を築き上げられた長江文明は、遊牧民の執拗な攻撃により消滅させられ民族は四散させられた。

その後の黄河文明以降の中国の歴史は、遊牧民同士の乗っ取りの歴史とも言えるものだ。それでも初期の中国の文明度が高かったのは、生き残りの定住民が乗った取った遊牧民にこき使われながら生産活動をしていたからだろう。

それも度重なる遊牧民達の乗っ取り合戦で、生産技術を持った定住民は次第に姿を消し、中国文明の質も次第に落ちる。乗っ取った遊牧民は、なんら生産技術を持ち合わせていないのだから当然である。彼等が出来ることは、人の上に立ち人をこき使うことだけである。

このような例は、中国だけでは無い。メソポタミア文明も何度も主人が変っている。共通することは、結局は社会も荒廃し最後は遺跡しか残らない事だ。

朝鮮半島も同様である。朝鮮人達は百済に高度の文化があったと言う。それなら何故その文化が続いていないのだ。あるのは遺跡と出土品だけではないか。

現在の朝鮮人は百済人とは違う。辰韓人が朝鮮半島に流れ着き定住民に土地を分けて貰いながら、定住民の国を乗っ取り、百済を乗っ取り、そして出来上がった辰韓人の国新羅も高句麗人に乗っ取られる。

乗っ取り劇が行われる毎にカースト制も強化される。その結果は、人間関係は荒廃し経済は停滞した乞食国家李氏朝鮮だと言う事だ。

当然、現在の朝鮮人の主流は遊牧民だろう。彼等の考え方や行動が、それを示している。

遊牧民の原動力は豊かさへの妬みであり、その武器は嘘とパフォーマンスと謀略である。そしてそれを使った工作活動は執拗で飽く事を知らない。

血は争えないものだ。嘘とパフォーマンスと謀略。そしてその執念。小沢一郎や池田大作がやっていることそのものでないか。

このブログにも盛んに、しつこくユダヤ陰謀説を説く者が現れる。だか良く聞けば小沢擁護と日米離反が目的。遊牧民による日本乗っ取り工作活動の一環。

朝鮮人は日本人の弟

日本列島から朝鮮半島への移動

もし、そうであれば、
環境が変わることによって、品性も悪くなってしまうんですね!

現代シナ考

皆様お久しぶりです、生業が忙しく自宅のPCの前に座ることすらままなりませんでした、“大不況風が吹いている”と、まことしやかに伝えられていますが、トヨタ系の部品工場では座員行が始まってます、「ホントかよ?と云うのが正直な感想です。

さて、ブログ主が紹介された岡田英弘日本女子大教授[今も?]の本で、私も目からうろこが落ちた思いをした一人です、私は母方が大連からの引揚者と云う所為もあって、幼年期からシナには興味があり、母親が学生時代の専攻だった事もあって、漢文も早くから親しんで居ました、読み物も、三国志、水滸伝は勿論、中学生になった時は、史記や十八史略、挙句は四書五経の類に迄ちょっかいを出して居ました。

ですから、日中友好条約が結ばれた時は、「是で、おふくろが自慢して居るを『アカシアの大連』を、おふくろを連れて見に行ける」と親子で喜んだものでした。

でも、その後漏れ伝わってくるのは、共産シナの蛮行に喘ぐ民衆の姿ばかりで、是なら近い将来、共産シナ支配は崩壊するに違いないと確信して居ましたが、その核心の基となったのは其れまで学んできた古代シナの幻影、「4千年の歴史を紡ぐ基層となったのは、『シナ大衆が英邁であったから』」云う云う、思い込みであった事は云うまでもない事です。

「共産主義社会で云う『革命』とは、絶えざる前進であり、社会の改良」であった筈なのですが、共産党独裁=党関係者の権益の擁護=現状維持が常識となれば、単に、共産党王朝に成っただけの事、しかも、喩え、借り物や剽窃に過ぎないレベルに堕して居ようと、細々ながらも歴史や伝統を護ろうとして居た良識派の学者を文革で否定、破壊し、虐殺を行ったのですから、漢民族の歴史や伝統は完全に命脈を絶たれていると云って良いでしょう。

試しに、留学生に論語や中庸を読んだ事があるものが居る化と訊いてみれば判りますが、知って居るのは、孔子孟子の名前だけ、杜甫や李白にしても、諳んじている詩文は一つもないというのが普通です。

真正の留学生で此有様ですから、一般庶民は推して知るべし、否、日本に居たのは、一部のエリートであったと考えれば、格差が日本の何十倍もあるシナですから、一般庶民は読み書きをできないレベルが相当数居るとみて好いでしょう、しかも、異民族間で通じるのが漢字という表現手段しかない状況で在る事を考えれば、15億人の多くの大衆は黙殺されていると考えてよいでしょう。

つくづく、共産主義の弊害を思わずには居られません、階級闘争ならぬ権力闘争に絶えず曝されている身には、自らの保身の為には、限りなく完全な自己肯定が必須だからです。

然るに、文化や道徳と云ったモノは、足るを知り、人を思いやれる余裕が心に在ってこそ、その美や情念を受容でき、亦、楽しめるものだと思います、シナは文化大国を標榜していますから、さぞ恩徳溢れた政治がおこなわれていると思いきや、共産シナが民衆に向けて遣って居る事は、虚構の歴史や正義への誘導と其れを批判する勢力への弾圧、更には、少数民族の抹殺という犯罪行為ダケ、つまりは、自分達の立場を護ることを主体に、迎合する大衆を「漢民族」と呼んで、その権益の拡大だけしか考えて居ない。、自国の権益拡大のためには、他民族の抹殺などなんとも思って居ない姿しか見えません。

「共産シナがどんな国を作ろうとしているのか」さえ見極めずに、目先の勢力のバランスだけ、自分の党益の身を考えて、其の足下にひれ伏す愚かな似非日本人を、首相の傀儡子として期待している日本国民なら、他国侵略に迎合するシナ大衆とさほども変わりがないとは思いますが。

今のシナに、西洋文化を凌駕する文化を生み出す力が現れてくるでしょうか、私にはとても無理な様な気がします

拡散依頼です!

“外国人参政権”で日本がなくなる日 (別冊宝島) をAmazonで買って、1位獲得を目指そう。

→→→→→→決行日は 本日3/27 午後23時59分迄です←←←←←←←

http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/event/1268377883/

●購入対象商品
“外国人参政権”で日本がなくなる日 (別冊宝島 ノンフィクション)
http://www.amazon.co.jp/dp/4796676740
●送料: 1冊購入して580円でも、3月までは無料キャンペーン中!
●冊数: お好みで
2冊以上買う人は、ご面倒でも「1冊づつ」の購入手続きをお願いします。
一回に100冊買っても、カウントは「1」です。

→→→→→→ 在庫切れの場合でも、カウントはされるのでok。←←←←←←←

●現在のランキング
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=pd_dp_ts_b_1

★監視対象:朝日新聞の週間ランキング 3/21~3/27に注目
http://book.asahi.com/ranking/

中国大陸の文化は二千数百年進歩していません。というよりも後退していると言っていいでしょう。
昔の文化は、今のような技術立国を目指すものではなかったでしょう。どこまでも人としての生き方や、国家の在り方が説かれ、その追及が本来的なものだったでしょう。そういったことを鑑みるとき、今の中国から経済や技術を差し引けば、後退していると捉えるのは自然な認識であると思います。

諸子百家という方たちからは当時あらゆる考え方が模索されました。性善説、性悪説、形式重視、内面重視、民主的思想、あらゆる考え方が議論されたのではと思われます。
残った思想(論語、老子)、消えた思想(墨子etc)といろいろですが、これほどの教材が残されたにかかわらずそれ以降まったく進歩していない。

たぶん、中国大陸での文化の蓄積は非常に困難であったためかもしれません。人々にとって命を全うするが第一義であって文化など知ったことではない、ということなのでしょう。

子供の頃は東洋と西洋の漠然とした区分は、精神的かあるいは物質的かというものであったように思います。しかし、中韓の在り様を見れば儒教が中心であってそれは、外面を飾る思想に過ぎない。けっして精神的に深いものは感じ取れません。
孔子は形式重視ではあっても無為に人生を送ったわけではなかろうと思います。形から出発したとしても人生を通じて「吾、~、70にして心の欲するところに従って矩(のり)をこえず」の境地に到りました。
すなわち、自然な行動が、神性(善性の極致)から外れない境地に立ったということだろうと思います。

しかし、一般人や権力欲や経済欲に囚われた指導層にこんな高尚な境地は天地の隔たりがあったことは云うを待ちません。
結局は、形式主義の悪い面ばかりが残ることになったと考えていいでしょう。

こう考えてくると、東洋での精神文化というものの真髄は中国大陸ではなくて、周辺国に残されたというのが歴史の真実でしょう。
そして、その保存場所と醸成の場所が日本だったということではないのでしょうか。

ペリーが来航した時の逸話に「日本は、東洋でもないし西洋でもない、不思議の国」との感想があるそうですが言いえて妙と言うべきでしょう。(ペリーの東洋への認識が如何様であったかは知りませんが、中韓とは全然違った印象だったのでしょう。)

朝鮮似非右翼が同胞の総連離れを阻止するために、またまた、朝鮮学校を襲撃計画!

日本と同化し、殆ど民族性を失いつつある在日同胞。これでは、共和国への帰属心は失われ、母国へのパチンコ焼き肉献金も細ってしまう!一方で母国、北朝鮮は、デノミの失敗で未曽有の経済的危機に直面し、在日同胞からの資金提供を絶対的に必要としている。

北朝鮮王朝の盟友、統一教会文鮮明は、かくなる共和国の危機に際して、ダミー組織の奴隷家畜信者に号令を掛けたのであります。総連関係施設を日本人のふりをして襲撃し、同胞の民族意識を覚醒させよ!日本人はいまだに差別的だと同胞に認識させよ!

かくして、統一邪教系列の似非右翼集団が招集され、朝鮮学校の前で朝鮮民族を侮辱する行動を引き起こしたのでありました。勿論、襲撃者の中には隠れ朝鮮人がたくさん含まれているのですが、なにしろ人材不足で、いつも同じ奴隷食口しか動員できない。●由美など、もろに朝鮮人とばれてしまっている人物すら動員せざるを得ない事態なのです。

これは、まさに、ユダヤ権力がナチスを使ってやった民族意識高揚の手口そのものであります。隠れユダヤ組織ナチスは、欧州のユダヤ人を迫害することで、ユダヤ民族意識を刺激し、戦後のイスラエル建国を実現したのであります。それと同じ手口を行使し、日本の在日からさらに搾り取って、共和国の延命資金を負担させようと、似非右翼も必死なのであります。

彼らの失敗は、ネトウヨと呼ばれる、日本人の俄か右翼の育成に失敗したことであります。途中で、似非右翼の正体、朝鮮カルト・ホ●との関係に気付いた日本人青年たちは次々と似非右翼組織を離れてしまった。結果、残ったのは食口とホ●だけ。よって、毎回同じメンツで細々と家内工業的街宣となるわけです。

また、似非右翼と北朝鮮の関係が知られるにつれて、「無関係」を偽装する必要にも迫られているのです。そこで、朝鮮学校を襲撃し、北鮮との敵対関係を偽装強調する必要もあるのです。しかし、いくら汚い姦計を使っても、北朝鮮宗教統一教会と北朝鮮の関係に目をそむけて批判できない以上、正体は明らかであり、誰も説得などできないのです。

似非右翼の断末魔は、ユダ金の断末魔であり、北鮮の断末魔であります。皆一緒に滅びていただきたい。

●朝鮮学校周辺の街宣禁止  京都地裁 仮処分を決定

京都市南区の京都朝鮮第一初級学校で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などが民族差別発言をしたとされる問題で、京都地裁(小河好美裁判官)は24日、在特会などに学校周辺で誹謗(ひぼう)中傷を伴う街宣活動を禁止する仮処分を決定した。

学校側が、28日に在特会が街宣活動を予定しているとして、19日付で仮処分を申し立てていた。申し立てによると、在特会のメンバーらが昨年12月4日、学校による近隣公園の使用方法を批判するため、授業中の学校前に訪れた。約1時間、拡声器を使って差別的発言を繰り返したという。

ここのコメント欄を何かの掲示板と勘違いされてる方
多すぎませんか?
やめて欲しいです。

朝鮮人か?


『2ちゃんねる』が謎のスクリプト攻撃を受ける「容赦なくやってる」
http://rocketnews24.com/?p=28448

確かに、コメントは多いですが、読んで面白いのとバラエティに富んだ意見は貴重ですね。
私は、これでコメントは3回目です。
日本にとって、中国の存在がいかに大きいかわかります。

遊牧民=小沢の仲間達と工作活動

少し前に『外国人参政権』について、どの様な意見をもっているか、政治ブログ上位50位までを調べて見た。

勿論、圧倒的多数のブログが外国人参政権付与に反対の意思を表明している。賛成の意見のブログは皆無であった。民主党支持者と思われる人のブログで、只一人意見表明をしていたブログも、「外国人参政権は慎重に」の意見であった。

不思議なのは、政治ブログの上位に位置するのに、話題になっている『外国人参政権』についてなんら意見を持たないブログが有ることである。これ等のブログは何れも選挙前にポチ数『週間IN』の数が増える。そして共通しているのは小沢への捜査が国策捜査と言っていた事だ。

さらに共通していることは彼等の話題に日本文化への言及は無い。ようするに日本等愛していない。そのくせ日本人はアメリカやユダヤに騙されいる等と説くのも共通事項。

そしてLINKを辿れば、目が覚め声を上げ始めた一般日本人をネトウヨと言い、街宣活動をする主婦達をも朝鮮右翼と呼び、統一教会のシンパと決め付ける、幾つかブログにぶち当たる。

共産革命を夢見る純粋左翼が、朝鮮人と蔑む言葉を口にする筈が無い。外国人参政権に反対し、目覚めた日本人が小沢等を支持する筈が無い。

では、そのブログの主は誰か?。それは今正に日本乗っ取りの為、工作を行っている遊牧民朝鮮民族そのものではないのか。そうであるなら、保守の人を統一教会シンパと決め付け、保守分断工作をしている彼等自身も、統一教会の回し者であることも可能性大である。

モンゴルもそうだったが、遊牧民は謀略が得意である。国を乗っ取る為なら、自らの民族を蔑んでも良いみたいである。

>崗上虜囚 様

おしゃるように中韓とは同じ民族でありながらどちらも二つに割れています。支配と被支配。

まさに忌むべき民族性です。よく中国には国内に植民地があると言われますが、まさにその通りでしょう。
支配者が、多くの庶民をまるで奴隷同然に考えている。

今の日本も、このまま放っておけば必ず、かの国と同様の様相を呈するようになるのは目に見えています。
小沢などは、そんな考え方に深く同調するからこそ中韓を重視するのでしょう。
と、いうよりも彼は朝鮮人の血のままに行動するがゆえに、今があるといった方がいいかもしれません。

支配、被支配の関係はその立場で違うように見えてそうではありません。結局は同根です。
常に弱者に虐待の矛先が向けられ、助け合うことを知らない民族性が隠されています。
彼らの、恨みの思念にまみれた指向性をなんとしても阻止せねばならないでしょう。

政治家は結果が全て。

1.選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績
h ttp://senkyomae.com/

2.国民が知らない反日の実態
h ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html

3.国会議員 - けんじゃ
h ttp://kenja.org/CategoryPages.aspx?Cat=%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e5%93%a1

4.パチンコに縁の深い国会議員
h ttp://plus.kakiko.com/pachinkotax/representatives_pt.html

5.売国議員一掃
h ttp://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/1.html

6.反日売国利権増税ゴミ政治家
h ttp://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/hannitiseijika.html

優先度:1≫≫6≫≫≫2>>3>4≧5

ぜひご参考に。



3月26日の忘備録 よかったら読んだって

これをあなたはどう思う?
h ttp://blog-imgs-36.fc2.com/h/y/a/hya94ki/20100110163803975.txt

日本社会は中高年の雇用を頑なに守り、若者を見捨て続ける
h ttp://diamond.jp/series/tsujihiro/10097/

子供なぁ、子供手当てなんだけど"外国人には事実上審査なしで支給汁"って命令が来ちゃってるんだけど…。
h ttp://www.j-mp.net/archives/50377758.html

競争忌避=協調忌避 - 書評 - 競争と公平感
h ttp://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51423461.html

>杜若様
神話の時代でさえも、天照大神が皆と労働し有用な植物があると目を輝かせる。仁徳天皇も庶民の台所を心配している。奴婢の制度も根付かず、すぐに形骸化してしまう。

ブログ主様が紹介してくれた、スりランカのアーナンダ師が十七条憲法を引き合いにして『日本はあの時代から文明国だったのです』の言葉に納得してしまいます。

聖徳太子が、中国の事を深く学び仏教や孔子は採用しながら、壮士老子を採用しなかったのは人々を弧峰にさせない配慮。

その後の朝鮮が儒教原理主義に陥ったことを比べれば、奈良時代であっても日本民族の歴史の深さを感じ取れます。

後出しじゃんけん

人民裁判
 何か大きな事故が起きたとき、あの時ああしておけば、こうしておけば、と言った後悔をすることは良くあります。同じ失敗を繰り返さないためには反省をすることは大切なことですが、同じ論法で刑事罰を与えるのは間違いです。

 結果が出てからは、どうしても結果論に陥りがちです。いわゆる後出しジャンケンです。そのような判断の誤りを防ぐためにはそれなりの教育や訓練が必要なのですが、検察官・警察官・裁判官といった司法関係者ですら、そのような過ちを犯しやすいと、私は思っています。素人の集まりである検察審査会であれば、やはり感情的な後出しジャンケンになるのも無理もないのでしょう。


神戸第1検察審査会の議決要旨/尼崎JR脱線事故
2009/10/22 19:01 四国新聞

 尼崎JR脱線事故でJR西日本の歴代3社長を起訴相当とした神戸第1検察審査会の議決要旨は次の通り。

 【元社長3人の過失】

 1992~2006年にかけて井手正敬、南谷昌二郎、垣内剛の3氏はそれぞれJR西日本の代表取締役社長を務めた。JR東西線の開業によって福知山線の利用客を増加させ、収益拡大を図る経営方針の下、井手氏は福知山線から東西線への列車乗り入れを円滑にするため事故現場の線路変更工事を96年に完成させ、快速列車の本数を1日当たり34本から94本に増加させた。

 南谷氏は宝塚―尼崎間で、垣内氏は塚口―尼崎間でそれぞれ快速列車の基準運転時間を短縮させ、1日当たりの快速列車本数を増加させた。

 3人とも事故現場のカーブには自動列車停止装置(ATS)を整備すべきであることを総合安全対策委員会の職員に指示すべき業務上の注意義務を怠り、速度順守の指導で十分と考え、転覆限界速度を上回る速度で事故現場のカーブ手前の直線で列車を運行させた過失がある。

 【信頼の原則】

 3人はいずれも安全対策委員会の委員長で事故防止などを統括。安全対策を実行する最高責任者で、事故現場のカーブでの転覆危険性を格段に高めたのだからカーブにはATSを整備すべきことを委員会の職員に指示すべき業務上の義務は否定できず、担当職員に権限を委譲していたとして免責される立場にない。

 【まとめ】

 3人は96年の(JR函館線の)脱線転覆事故を精査することもなく、ATSの整備を指示せず放置した結果、106人の命を奪い、485人(兵庫県警発表は562人)に傷害を負わせた。担当職員に権限を委譲したとの理由で3人が刑事責任を問われないとの結論には到底賛同できない。


 ATSを設置しないことが罪に問われるべきなのであれば、事故が起きる前に法的に義務づけるべきでした。事故が起きてから刑事罰を科そうというのは典型的な後出しジャンケンです。

 また、当事者だけに責任を負わせようというのは、公平ではありません。ATSが刑事罰を科されるほど不可欠だというなら、設置を義務づけなかった行政も同罪です。後出しジャンケンとしてもたちが悪いと思います。JR西日本の当時の責任者を起訴するのであれば、当時の運輸省の責任者も起訴するべきでしょう。

 素人に、起訴の権利なんか与えちゃいけないんじゃないのかな。菅家さんの冤罪が問題になっているけど、逮捕から判決に至るまで、メディアも民衆もみんなで菅家さんを警察や検察以上に犯人として断罪していたんじゃないでしょうか。今になって、警察や検察に非難の矛先が向いているけど、我々も同罪ですよね。

>崗上虜囚 様

老子の思想は、取り入れようとしても非常に難しいと思います。現代であってもかの思想を具現化するには問題が多すぎます。老子はある面、神の統治する国のことかもしれません。

儒教とは組織への縛り(最近の私の儒教のイメージは箸の向きが立て向きでないといけないとか‥‥、の下らない約束事なんですよね)、老子の思想は個々人の精神の昇華にあると思います。だから老子本人も中国から去っていったのかもしれません。

だから、政治には取り入れがたかったと思います。しかし、私たちの生活のなかで、老子から引用される言葉は折に触れ、気が付かずに使ってることが多いと思います。

北風と太陽の御伽噺のようなものでしょうか。
もし、老子の思想が体験できるならば、ぜひにも味わってみたいものです。
人間ができていない私としては退屈かもしれませんが。
最近、老子から遠ざかってますので、ちょっと支離滅裂で申し訳ありません。

小泉、竹中時代を清算しないで、自民はどうするの?

構造改革で更に巻上げ バブルで潰した挙句
 円がジャブジャブなったところでバブルになり、パンクして「失われた10年」となった。バブルでつぶして、ぼう大な不良債権を抱えさせ、構造改革をやらせてさらに巻き上げる。これはアジア各国が早くに経験してきたのと共通で、タイにはじまってインドネシアがやられ、97年に韓国が破綻。翌年にはロシアが金融危機に見舞われていた。ジョージ・ソロスのようなヘッジファンドが莫大な資金を投入して、経済が成り立っているかのように思っていたら、突然引き上げる。その後、IMFが市場開放をさせ、アメリカ金融資本が自由勝手に各国に進出して、各国人民を搾り上げていく構造を作り上げていった過程である。そのための規制緩和を自民党売国政府をしてやらせていった。
 低金利を強いられた日本から資金が逃げ出し、自動的に高金利のアメリカ市場へと向かうシカケが施された。「円キャリー・トレード」など、アメリカ金融資本が日本から低い利率の資金を借り入れる。この資金をハゲタカファンドが借り入れて、金融派生商品に投機したり、日本企業乗っ取りなどの資金にしてきた。日本のメガバンクも保険会社も、経済が低迷するなかで大手は軒並み株式を外資に握られ、食品からアパレル、不動産にいたるまで、日本企業は買いあさられた。そして昨今はサブプライム危機が表面化すると、いっせいに資金を引き揚げて株価暴落の事態となった。
 アメリカそのものはカネがないので国債を乱発。米国債の購入者の九割が外国人購入だ。海外から集めた資金によって巨額の財政赤字を補い、各国でバブルを創出して投資で荒稼ぎしてきた。貿易赤字、財政赤字と合わせた“双子の赤字”が単年度で6000億㌦ずつ。これを穴埋めするための資金調達先が日本や中国、中東諸国で、米国債の主な引受先になっている。低い調達コストで高いリターンを求める手法で、法外なレバレッジをかけたサブプライムのような金融商売の原資にもなった。「円高を阻止する」と称して円売り・ドル買い介入を繰り返し、米国債を買い込んだのが自民党政府だった。
 日米の関係では、プラザ合意を経た1988年の日米構造協議で「今後10年間で430兆円の公共投資を実施すること」と約束させられ、そののち630兆円に引き上げられた。その結果、国内でも財政赤字が悪化した。市町村は不要不急の公共投資をやらされたことで、財政は破たん。すると財政破たんを理由にして市町村合併を押しつけられた。さらには民生費削減へと直結。国・地方あわせて財政赤字は1100兆円にもなった。
 サブプライム問題発覚後は、アメリカでは公的資金注入によって、これまで散々に詐欺商法で暴利をむさぼって世界経済を破たんさせた銀行の救済をやっている。これも国債発行に頼るしかなく、日本のような従属国に引き受けさせる関係になっている。
 日本の米国債保有残高は秘密にされていて決して公表されないが、政府が保有しているものだけでも1兆㌦を突破した外貨準備高の大部分を占めており、そのほかに銀行や生保、証券会社、輸出企業を中心とした独占大企業2000社が運用しているものなどすべてをひっくるめると、相当額になる。
 そして、米国債のほかにサブプライムローンのような金融派生商品を保有していたりもする。一昨年には、実質的に破綻した米国政府系住宅金融会社のファニー・メイ、フレディ・マックの関連債券を農林中金が5兆5000億円、三菱UFJが3兆3000億円、その他生保や証券会社など、日本の金融機関が合計で23兆円保有していることも明らかになった。こうしたデリバティブにも日本の金融資産が突っ込まれている。金融資産というがそれは国民の預貯金などである。海の向こうが破綻すれば一蓮托生という関係になってきた。

 日本国内は財政赤字に 債務残高は1100兆円
 そして国内はどうなっているのか見てみると、日本政府は800兆円という膨大な財政赤字を負っている。政府歳入が年間約50兆円なので、16倍にもなる。国・地方を合わせた債務残高は約1100兆円とされる。財政赤字を理由に、国内では地方切り捨てや医療・福祉をぶち切ったり、生産人民の生活がままならないほど貧しい状態をつくりだし、消費税を増税するとか、財政再建などといってきた。そして、一方では「史上空前の好景気」が同時進行で、大企業の内部留保は120兆円を超えるまでになった。
 財政赤字はさらに拡大する傾向にある。こちらもカネがないので国債発行でまかなっている。日本の場合、アメリカと違って国民の貯蓄資金を使って国債を買い取っている。銀行など金融機関に預けた貯蓄の相当部分は、政府の国債購入に回るシカケになっている。従来であれば簡保資金などが最大の買い手になっていたが、郵政民営化によって2007年からは縛りがとれた。340兆円の郵貯・簡保資金は日本国債の買い取りではなく、今後は外資(ゴールドマン・サックス)が運用する関係へと切り替わった。これも奪われた巨額の資金である。これが小泉・竹中の最大の仕事であった。
 09年3月末段階の日本の国債残高は681兆6544億円で、所有者別内訳を見てみると、金融機関がおよそ7割を保有している。国民の預貯金は四五〇兆円近くが回り回って国債に姿を変えている。
 60数年前の終戦後には預金封鎖になって、みなが預金を引き出せないうちに、たいへんなインフレになり、預金や保険は二足三文になるという出来事があった。「これは利子がすごくいいよ」といって国民に買わせていた国債は、敗戦によって名実ともに紙屑になるという経験を年寄りは忘れていない。第二次大戦の経験では、貯蓄とか株などは政府がすべて紙くずにしたのだ。
 アメリカに流れたカネはアメリカは属国などに返す気などないと見るのが普通で、最後はドル暴落、債務不履行もやりかねない。大インフレで大借金をゼロにするという事態も十分にあり得ることである。国内の財政赤字1100兆円に加えて、約500兆円が焦げ付くという事態である。
 日本国内、国民生活を貧乏にさせて、独占企業や米外資が好き放題を謳歌し、社会を崩壊させてきた、この間の小泉・竹中に代表される自民党売国政治の犯罪性はこの上なく大きい。

>杜若様

老子は禅に通じていると思います。禅は老子の影響を受けたと言う人もいますから。

十七条憲法の『和を以て貴しと為し』の言葉も、禅的言葉で言えば、和に非ず、貴しとに非ずとなりますが、結局は『和を以て貴しと為し』に帰ってきます。聖徳太子程の人なら老子も解かっていたでしょう。

当たり前の事に疑問を持ち、当たり前の処に戻って来る。人生は回り道です。

>崗上虜囚 様

若い頃、十牛図なるものを真剣に見つづけたものです。
多分、意味不明であるが故に、惹きつけられる部分があるように思います。

今でも、その意味するところを悟ることは出来ませんが、結局は人間とは、見えぬものを探し信じ、確認し、また忘れ、また出会い、見失い、再び見出す。
そんな繰り返しなんでしょうか。

ずいぶん、明後日にきてしまいました。ブログ主様も時々明後日にいかれますから、この程度はお許し下さるでしょう。
失礼しました。

>日本国内、国民生活を貧乏にさせて、独占企業や米外資が好き放題を謳歌し、社会を崩壊させてきた、この間の小泉・竹中に代表される自民党売国政治の犯罪性はこの上なく大きい。

日本国内、国民生活を貧乏にさせてって、、、実感がないのですが・・・
別に金持ちでもないですが、まわりを見ても貧乏でもなさそうだし、、、
悲観的なことを誰が流しているのか?

毒餃子犯人逮捕?

小沢擁護といってもピンと来ないし。
支那の失業問題とくれば、ビンビンとくる。
日本企業の撤退(出来るんだろうか?、脅されるんじゃない)、若しくは日本への輸出の激減?
いずれにしろ、欧米企業なら合理化を徹底するし、利潤の追求も厳しいし多くの労働力を欲するとも思えない。
どきゅんか?

>杜若様
私もブログ主様にお詫びしなければなりませんが、実はインターネットをしながら聖徳太子を読んでいます。若い時読んだ筈でしたが全然頭に入っていませんでした。それを今日のブログ主様の言葉により、すんなり頭に入れることが出来ました。

ブログ主様が、仰っている『日本は孔子の教えである仁(人間愛)と礼(規範)にもとづく理想社会を目指したのです』に付け加え、聖徳太子は仏教も独自解釈をし、人間平等をも目指していたようです。

それは、法華経、勝鬘経、維摩経を読みこなし、仏教の世俗生活も肯定し、人間関係を重視する結論に至ったのであれば、老子はチョットね、になるでしょう。

小泉元総理・竹中元大臣の業績一覧表です!

確かにものすごい業績ですね。これだけの偉業を国民に阻止されずに成し遂げたわけですから。万死に値するというと「万」じゃ足りないと叱られそうですね。小泉竹中のお陰で家族が自殺したり、断腸の思いで事業を断念したり、仕事を失って路頭に迷った数多の被害者の皆さん。彼らが、自分の不幸の影にこんな裏事情があったことを知った時、小泉・竹中は無事ではいられないと思います。

ここで再度確認しておきます。ユダヤ裏社会は、日本社会の要所要所に隠れ朝鮮人を配置して売国行為を行わせてきたと理解しています。その最たるものが政界です。まず政界を浄化することから、日本再生は始まります。


   ●小泉・竹中と 自民党清和会 の政策の結果


   GDP下落率----------------歴代総理中№1
   自殺者数------------------歴代総理中№1
   失業率増加----------------歴代総理中№1
   倒産件数------------------歴代総理中№1
   自己破産者数--------------歴代総理中№1
   生活保護申請者数----------歴代総理中№1
   税収減--------------------歴代総理中№1
   赤字国債増加率------------歴代総理中№1
   国債格下げ----------------歴代総理中№1
   不良債権増----------------歴代総理中№1
   国民資産損失--------------歴代総理中№1
   地価下落率----------------歴代総理中№1
   株価下落率----------------歴代総理中№1
   医療費自己負担率----------歴代総理中№1
   年金給付下げ率------------歴代総理中№1
   年金保険料未納額----------歴代総理中№1
   年金住宅金融焦げ付き額----歴代総理中№1
   犯罪増加率----------------歴代総理中№1
   貧困率--------------------ワースト5国に入賞
   民間の平均給与------------7年連続ダウン
   出生率--------------------日本史上最低
   犯罪検挙率----------------戦後最低
   所得格差------------------戦後最悪
   高校生就職内定率----------戦後最悪

政をまともに自分たちでやろうとした政治家で生きている人はいない。沖縄基地もグアム移転と決まっていた。

米国の医療保険改革で85兆円も居るのに、お金は何処に有るの?
また日本に米国債を買わせるの?

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20100217-OYT8T00427.htm

まず、対外準備金の中で多くを占める米国債は70兆円くらい占めてる。
対外純資産が250兆ほどあるといってもも影響は大きい。
それでもって個人や金融機関も直接、間接的にドル建ての金融資産を30兆ほど保有してる。
米国の国債が暴落したら日本の国家のバランスシートが痛むのは間違いないね。

それでもって米国債が暴落したらドルだって暴落するって事だ。
外需に依存してる日本にとっては為替損も発生して収益は圧迫される。
頼みの中国も米国債を大量保有してるから、対中貿易にも支障をきたす。

そうなってくると内外需ともに行き詰るから、対外純資産は一気に吹っ飛んで日本国債も暴落する。
日本国債が暴落すれば金融機関は債務超過に陥って資金供給の機能を失う。
民間企業は資金の調達が不可能になり、資金繰りが出来なくなって倒産。
まさしく、日本大恐慌の到来だ。
円も暴落してドルとの為替はパリティーに収束するがその時にはすでに両国の経済は破綻してるから日米連鎖倒産だ。

こんなシナリオは現実的ではないかと思うが、今の世の中は不確実な要素のオンパレードでなんでも起こりうるんじゃないかな?
どっち道、1度資本絶対経済がガラガラポンしないと国家の再生は難しいような感じがするけどね。

「過去現在未来塾」発足記念講演会

こんにちは。
4月10日は【日比谷公園音楽堂】に集結しましょう!
「過去現在未来塾」発足記念講演会です。
塾長は中山 成彬先生です。
日本を自分達の手に取り戻す為に熱風を吹かせましょう。
大和魂の見せ所です!

民主党政権を追っ払う程の大きな風を作りましょう!
追加状況が判ります。

{いま、日本人が日本人の力で潰さなければ、数年後には、中国人や韓国・朝鮮人が様々な「権利」を主張して、日比谷公園で数万人規模の大集会・デモ、そして暴動にまで発展することは想定できるのです。}と、実行委員のお一人、ジャーナリストの水間政憲さんが予想しています。

「過去現在未来塾」実行委員は下記の3名の方々です。

◆前衆議院議員 戸井田とおる先生:ttp://blog.goo.ne.jp/toidahimeji  

◆都議会議員 土屋たかゆき先生:ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~t-tutiya/cgi-bin/sf2_diary/sf2_diary/

◆ ジャーナリスト・水間政憲さん:ttp://blog.goo.ne.jp/mizumajyoukou  

http://applecosmos.blog123.fc2.com/blog-entry-36.html
此方に詳しい最新情報を追加して行きます。

宜しくお願い申し上げます。

アースアワー2010とは

おはようございます。

世界的規模で国連主導で地球温暖化防止キャンペーンが
行われています。

Earth Hour 2010 Official Site
http://www.earthhour.org/

一定時刻に世界主要都市で消灯を行いました。(Tokyoは除外)
もちろん地球温暖化は大気中では無く、太陽系の定期的サイクル
による各恒星・惑星のマントルの変異によるものです。

Co2濃度は長期的に見ると一定で、また温度上昇に
起因するファクターは少ないのです。

COP活動による地球温暖化詐欺による排出権という
国家的搾取の連鎖に負けてはいけません。

ギリシャ・アイスランドを財政破綻させた集団の
意向がはたらいています。

一方で省電を呼びかけ、一方で原発を増加させる。
つくりもののウィリアム坊やが来ても騙されては
いけません。

ジミンガー工作乙

この国の為に働く政治家は、与野党にも居ないし、誰か、愛国党を作ってくれ

12年連続で自殺者が3万人越えてたんだけど?自民は有効な対策打てなかったね


自民党が良いと思っちゃいないよ。特に小泉竹中はアメリカに完全売国だったからな。郵政民営化を止めたのは民主党の功績。ついでに自民党は中国にも売国。

しかし民主党中国と韓国に売国。日本には日本の政党はないのかも知れない。

また失態か?


【上海万博】関連
http://rocketnews24.com/?p=28466

全くの独断と偏見ですが、
中国の人達は、日本人が三国志の武将達を尊敬の念を持って
語ることを非常に嫌がるそうですね。
ついぞ、その理由を知ることなく、
うやむやにして、今、息をしてるんですけどね(笑)
ブログ主様言われていることが関係しているのでしょうか・・・・・。
・・・・本来、自分達が知っていてしかるべきことを辺境の国の日本人
がマスターし、昇華(消化?)していることに変なプライドが出てきて
そうさせるんでしょうかねぇ・・・・・・。

途中から見たので何なんですが、先般『たけし』のTVの特番で、
随分賑やか(ヤカマシイ・・・)な中国の方々が唾飛ばしながら
『これからは中国の時代・・・・世界の基準もルールも中国が創る』
みたいなことを言っておりました。
・・・・・・万事、この調子なんでしょうねぇ・・・・・中国人て・・・・。

言われたら痛いトコ突かれてましたよ・・・・・・。
『中国人は、出て行ってたどり着いたところも中国にしちゃう』みたいな・・・・・(笑)
後、
『中国がルールを創るというから問題が発生する。国際社会のルールに
乗っ取って基準を設けるべきだ』とも・・・・・・・。
それと、
『都合の良い時は先進国と言い、都合の悪いときは発展途上国という』
・・・・・・・我々良く聞きなれたイヤミ言われていましたよ・・・・・(笑)

自分達の国が独裁共産国家のくせに、自由主義陣営気取りで、
意見をいう様(さま)は、ある意味滑稽でしたね・・・・・・・
最後にたけしに皮肉られていましたよ・・・・・・・
『中国は、何がほしいって・・・・・民主主義がほしい』・・・・・大拍手でした。

国民の皆さんは知っているんですよ・・・・・・・。
鳩ボンが東アジア共同体なんてもので、外国人一千万人受け入れると
日本国中、あっちこっちで行儀の悪い、汚い『チャイナタウン』が
出来ることを・・・・・・。
そういう意味では、画期的な番組でしたね・・・・・・・。
仕事ほったらかして最初から見ればよかったですよ(笑)

特亜三馬鹿兄弟の訴えって言うのはいつもこうです・・・・・・。
自ら誇らしい国といってはばからないのに、その自らの国に対し
日本でいう訴えの『万分の一』も言えず、参政権よこせだのとか、
よこさないのはおかしいだのとか・・・・・・・選挙も投票も知らない国民が
何をほざいているのかと、ほとほと馬鹿らしく思えるのは、
ここに来られる良識ある皆さんだけなようです(笑)

頭いいんですよね・・・・・自称、絶大な国民の支持を得ている民主党さん。
・・・ぼやかさないでスパッと言ってくれたら支持率UPなのにねぇ~(笑)
・・・・・支持している連中もオツムの中膿んでないかオーバーホールしたら
いいですよ(笑)


う~ん・・・・・
・・・・最近ストレス溜まってて・・・・毒舌だったらすみませんm(__)m

アメリカが小沢を許してやる代わりにゆうちょの200兆円を米国債で運用する約束をした様子だ。いまどき米国債で運用する馬鹿な選択は無いので、どうやら無理やり持たされて米国は中国に喧嘩売って米国債を売らせてアメリカデフォルト破産のようだ。そんで借金全部チャラ。日本はアメリカと心中。

米国債:便所紙を買い増してどうするつもり?

米国債:まあ、大量に買い増しているわけではない(1.5%程度)から意図的なものではないとは思いますが、一方で中国は上手に売りぬいて4.5%くらい減らしているわけです。私は、鳩山政権が財務省の役人の手綱をしっかり握っているのか、旧権力に未だに媚びている役人が勝手に米国債を買い増ししていないのか、追及するべきと思います。

国民は、民主党政権がユダヤ米国と裏取引をして政権へのCIAの妨害を手加減してもらい、見返りに米国債を購入....」という事態を一番心配しています。もののわかった知的な国民は、あの911自作自演テロやアフガン、イラクの侵略を行った野蛮人国家にほとほと嫌気がさしているのです。もう、あの国との関係は「次第に疎遠になっていつのまにかどうでもよい国になっている」ことを望んでいるのです。もはや「日米関係」が最重要などと考えていないのです。

米国債はそう遠くない時期に暴落する恐れが強い。勿論、日本や中国が大量に放出することで米国債の暴落を呼ぶ可能性はあるし、そうなれば日本も無傷ではいられない。だが、もう終わった国家であるアメリカには確実に臨終が来るのであって、避けようがない。覚悟を決めて、できるだけ国家資産を保全したうえで米国の崩壊を見送り、日本再建に取り組むしかないのです。

必読!日本のメディアの中には朝鮮学校卒業者が多いんです
http://ameblo.jp/dol-souraku/entry-10493282163.html

政治家は結果が全て。

1.選挙へ行く前に知りたい、放送されない政治家の思想と実績
h ttp://senkyomae.com/

2.国民が知らない反日の実態
h ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html

3.国会議員 - けんじゃ
h ttp://kenja.org/CategoryPages.aspx?Cat=%e5%9b%bd%e4%bc%9a%e8%ad%b0%e5%93%a1

4.パチンコに縁の深い国会議員
h ttp://plus.kakiko.com/pachinkotax/representatives_pt.html

5.売国議員一掃
h ttp://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/1.html

6.反日売国利権増税ゴミ政治家
h ttp://www.lcv.ne.jp/~kobamasa/hannitiseijika.html

優先度:1≫≫6≫≫≫2>>3>4≧5

ぜひご参考に。



3月27日の忘備録 よかったら読んだって

これをあなたはどう思う?
h ttp://blog-imgs-36.fc2.com/h/y/a/hya94ki/20100110163803975.txt

夫のカードで“秘密の借金”!?
「6月危機」に脅えるサラ金妻たち
h ttp://diamond.jp/series/yuuai/10015/

ベーシック・インカム、計算してみたんだけど…要は独身者には結婚の権利も機会もなく、国に搾取されるという 弱者を追い詰める結果となる。
h ttp://www.j-mp.net/archives/50379796.html

過去記事 小泉構造改革について「本質は売国政策」と栗本慎一郎氏
h ttp://archive.mag2.com/0000154606/20050428051859000.html

過去記事 「団塊の世代を“産廃”や“お荷物”と呼ぶ“異常”」
h ttp://sun.ap.teacup.com/souun/2575.html

過去記事 第九回 日本とアメリカ 政府の資金調達
h ttp://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2009/07/21/006173.php

過去記事 第9回「サブプライム問題はどのようにして起こったか」
h ttp://bizplus.nikkei.co.jp/colm/koo.cfm?i=20080814d8000d8

陰謀論大好き ジャクソン大統領について
h ttp://hya94ki.blog34.fc2.com/blog-entry-58.html

『中国』漢族は遊牧民か..?


中国東北部の子が言ってたけど‥

そこの都市にはモンゴル族や朝鮮族も沢山居て!漢族が大半だが‥

やはりモンゴル人や朝鮮人(韓国も)は相当異様に映るらしい,いきなり性格がガラッと変わり大変だと言ってた,相性も全く合わないらしい彼らとは‥

『漢人』は農耕民族系に近い数㌫だけ遊牧狩猟民族の入ったニュータイプでは無いか?

しかし世界には迷惑はかけて行くだろうな中国人(漢族)は ,ありとあらゆる事で‥
(笑)

【参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立】

今日の内閣支持率はこちらをカッチとね
http://www.jra.net/ank/online/naikaku.php

【参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立】
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100328/stt1003281959004-n1.htm

もっとも、「政治とカネ」問題などによる影響で、地方には現職の落
選や共倒れを懸念する声が強く、小沢氏の方針がすんなり受け入れら
れる情勢ではない。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

日本の政党はない

>しかし民主党中国と韓国に売国。日本には日本の政党はないのかも知れない。

御意。自民党に愛想をつかし、次善の民主党に票を入れざるを得なかった大方の選挙人の不幸。

太陽光サーチャージ(太陽光発電促進付加金)

一昨日、経済産業省資源エネルギー庁から発行された、上記のチラシが各家庭に配布されました。よく読むと、太陽光発電の余剰電力を、各電力会社が購入しますが、これにかかった負担(支払額)を、各家庭に分担して負担させるというものです。増税ですね。

1月あたり数十円から100円だそうです。22年度の負担額は、昨年の買取期間が平成21年度11ー12月と短かったため、21年度は徴収額は0円で、実質徴収は23年度からだそうです。

稲盛の京セラには儲け話、各家庭には電気料金値上げです。
CO2、25%削減のための、課金制度の一貫ですね。

言ってることが山鹿素行の中朝事実の二番煎じ

たいした参考には成らないが
http://www.youtube.com/watch?v=t8zEJ6UnaiI

主は幕末の尊皇攘夷派が読んでた書物を調べておけ、話はそれからだ

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別‐1

『ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別』
 2008年1月、『民団新聞』に掲載されたソフトバンクの「キャンペーン広告」によって、以下のような「在日韓国人を対象とした特別割引」が露見した。

【ソフトバンク携帯電話料金システム比較】
▽基本使用料
日本人:9600円
在日韓国人:4500円
▽Sベーシック
日本人:315円
在日韓国人:0円
▽パケットし放題
日本人:4410円
在日韓国人:0円
▽26250円分通話料
日本人:26250円
在日韓国人:0円

《合計》
日本人:40325円
在日韓国人:4500円

(キャンペーン広告は、2008年1月16日付『民団新聞』に掲載された)

(続く)

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別‐2

【解説】
 毎月発生する経費がこれだけ違うのである。
 通話料を月に26250円も使う個人はなかなかいないから、在日韓国人は携帯電話の利用上最も高いと言われる通話料を支払わずに済んでいることになる。
 また、携帯電話の「販売促進法」により、購入時はタダ同然でも、実質価格は5~7万円、或いはそれ以上もし、その分は利用者が毎月負担しているが、ソフトバンクは負担分を日本人利用者だけに負担させてはいないか。
 また、ソフトバンクモバイルは、民潭との「ソフトウェア共同開発」も発表しており、「総じて『民潭組織』を特別扱いし、モバイル事業の利益を民潭組織に還元する目的ではないか」とも指摘されている。
 これは、日本人への広告宣伝(告知)をしなかった点も含め、「電気通信事業法第6条」(※1)に抵触するのではないか。

※1「電気通信事業法第6条」
 電気通信事業者は、電気通信役務の提供について、不当な差別扱いをしてはならない。

(続く)

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別‐3

 『週刊新潮』('08年5月29日号)は、そのソフトバンクが、今度は「中国人向け」のさらなる格安サービスまで実施していたことを報じている。以下は、その要旨。

▼在日中国人向け週刊新聞『東方時報』に度々掲載されている「広告」によると、ソフトバンクの携帯電話からかける国際電話が、中国なら1分10円だという
▼ある中国人向けモバイル代理店業者曰く、
 「通常は、平日日中なら130円もかかるし、夜間や土日でも72円。私たちでさえ、どう頑張っても30円が限度。10円というのは、あまりにも異常な割引です」
 「この割引手法が事実なら不正なやり方だし、代理店が独断でやれるとは思えない。もし、ソフトバンクも承知の上で黙認しているなら、これは一般契約者に対する裏切りだし、株主に対する背信行為でしょう」
▼この広告主は、『國際販賣中心』で、『東方時報』の発行会社『東方インターナショナル』とは極めて密接な関係にあり、『東方インターナショナル』自体が「中国人向け大手ソフトバンク代理店」である

(続く)

ソフトバンクモバイル、在日特権に匹敵する逆差別‐4

▼つまり、この割引は、レッキとしたソフトバンクの大手代理店が関与しているサービスなのだ
▼このサービスを受けるには、
1)専用のプリペイドカードを購入するか、事前にコンビニなどで入金する
2)入金すると、契約者ごとに携帯番号とIDが与えられる
3)そこにかけると“2回転送”され、中国国内の相手先と通話ができる
 この“2回の転送”がミソで、これこそがまさに不正な手法だとのことらしい
▼実は、この“2回の転送”には、ソフトバンクが法人向けに実施している『おとくライン定額』なるプラン利用の疑いが濃厚で、このプランは同社自身が“電気通信事業法に定める電気通信事業者は利用不可”と定めており、『東方インターナショナル』のサービスは、まさにその不正項目に該当するということらしい

※忘れっぽい日本人。違法が蔓延する日本。マスコミが報じないばかりか、ネットでも忘れ去られてしまうことが原因ではないか。

特亜留学生優遇政策‐1

【中国人留学生への優遇実態】
1)奨学金
月額142,500円
(年171万円)
2)授業料
▽国立大学
全額免除
▽公立・私立
文科省が負担
(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給
(例、東京―北京:111,100円)
4)帰国旅費
奨学金支給期間終了後、所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給(渡航旅費と同じ)
5)渡日一時金支給
25,000円
6)宿舎費補助
月額9,000円または12,000円
(年14.4万円)
7)医療費補助
実費の80%支給

 上記、1)~6)の合計額は年262万円。4年間いるとして1048万円。
 しかも、返還不要。
 この日本人を蔑ろにした上での異常優待がなぜ勝手に決められ、問題視されないのか。留学生総数を10万人として計算すると負担総額はいくらになるか。10万倍してみるといい。

(続く)

特亜留学生優遇政策‐3

【留学生総数】
1)平成18年5月1日現在
中国人:74,292人(全体の63.0%)
韓国人:15,974人(全体の13.5%)
2)平成19年5月1日現在
中国人:71,277人(▲3,015人(▲4.1%)減)
韓国人:17,274人(1,300人(8.1%)増)

 中国人や韓国人は、日本人の税金を恵んでもらい、祖国に貢献している。
 中国人は日本人の血税で、日本で「反日活動」をやり、祖国に帰ると英雄面出来るそうだ。

※留学生への支給額は、ウェブ上の資料と比較すると若干異なるので注意。

(以上)

『シナ・朝鮮の排斥』を民間レベルでも行うべきでは?


>日本の多くのビジネスマンが大陸に渡って、信義や礼に篤い漢民族の中国人に出会うはずもなく、現実にいるのは油断も隙もない連中ばかりに遭って、痛い目にあい絶望して帰ってきます<

平和ボケ日本人にとっては、“必要不可欠な試練”でしょうね。日中友好・日韓友好という美名の下、、どんどんシナ・朝鮮と関係を持ち、「裏切られ」、「騙され」、「富や技術を搾取され」、「最後には命までも奪われて」、やっと目が覚めるのではないでしょうか?

せめて、命を奪われる前に、人権・平和・友好等という“胡散臭い美名”に惑わされずに、警戒感危機感をもっと研ぎ澄ませて『シナ・朝鮮の排斥』を民間レベルでも、実行して行くべきだと思います


日本の森と水、むさぼる外資 埼玉や山梨でも山林買収を打診 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100329/crm1003290107000-n1.htm

中国人観光ビザの要件緩和を=菅副総理
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010032700383
菅直人副総理は27日、「中国のお客さんが来日するには、貯金の残高を証明しないといけない。日本に来にくい仕組みになっている」と述べ、中国人向け観光ビザ発給要件の一層の緩和が必要との考えを示した。(2010/03/27-20:26)

中韓の留学生に無償奨学金月30万 日本人は縮小
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/jsaloon/1156055011/

これらは、日本が抱える危機問題のほんの“氷山の一角”に過ぎませんが、これだけ見ても、いかに「特亜を排斥」しなければならないかが、ヒシヒシと伝わってきます。



my日本@健全化を求める有志の会

最近、人気ブログランキングの一番上の広告スペースに
snsサイト「my日本」の宣伝広告が表示されているのにお気づきでしょうか?
私は基本的には「my日本」の趣旨に賛同しますが、my日本には下の様な問題点があり、強く改善を求めていく必要があります。

●問題点
トップページに陰謀組織イルミナティが世界政府樹立・人類奴隷化計画を狙って暗躍している等とほのめかす動画を掲載しており

①情報リテラシーの高い人からは、馬鹿にされるか呆れられ、保守派の信用を落としてしまう。
②情報リテラシーの低い人の場合は、それを真に受ける危険性が高い。
特に「中韓よりも本当に危険なのはイルミナティだ。中韓ばかり攻撃している既存の保守派は馬鹿だ」という様な彼らの主張を真に受ける人が既に何人も発生している。
③情報リテラシーが中程度の人であっても、情報判断が混乱させられる危険がある。

なお、これらのイルミナティ陰謀論の発信者は、反対意見に対して、かたくなにコメント拒否・アクセス拒否しており、sns内で盛んに一方的なプロパガンダ活動を行っています。
(ブログランキング58位の「お母さんのブログ」が代表的な例で、最近コメントを全削除し不可としました。sns内でイルミナティ関連のコミュニティを主宰しています)

つきましては、以下のアンケートを実施して、my日本の管理者に改善を要望したくご協力をお願い致します。

◆my日本のトップページで世界政府、イルミナティを常時設置紹介することに反対?賛成?アンケート
http://sentaku.org/seikei/1000018626/

現在、反対150票、賛成13票、どちらでもよい19票

↑アンケート投票にご協力下さい。

..変化が~


日本人だと分かった瞬間 外国人にされた事
http://rocketnews24.com/?p=28634

特亜留学生優遇政策

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/boshu/08031212/001.pdf

特亜留学生優遇政策‐2 日本政府は今後、中国人留学生
を30万人に増やすつもりだ。  貸与の奨学金すら支給されず、大学
や大学院への進学を断念する日本人が多くいるなかで、この優遇は
なんなのか。  
誰がこんなバカなことをやらかしているのか。

この政策は中国の経済政策を牛耳る中国高級官僚へのワイロ、売
国民主党の小沢一郎幹事長が日本の金を使って国際利権を手に
入れる為の犯罪である。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi
【マスコミ隠蔽のタイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

政治家がマスコミに本音をいう訳が無い

サンプロの終焉。
日曜日、テレビ朝日系で放送されていた生番組、「サンデープロジェクト」が最終回でした。

昔の映像が流れた時は、田原総一朗氏やジャーナリストの高野孟氏が、髪は黒々しているし若いというのが印象的で、まあ20年以上もやってれば、歳もとるわなあと思いました。



田原総一朗氏は、番組が終わることを残念がっていましたが、私は、「テレビの限界」を感じていたので、そろそろやめて正解だと思います。



テレビの限界…

いくら本音で討論っていったって――実際最終回の出だしで「今日は放送コードは無視する」などと挑発的なことを言っていた田原氏でしたが、放送コードにひっかかるようなギリギリトークなんてなかったですし――テレビは、スポンサーの顔色をいつも見ていないといけないし、視聴率が上がらなければ、大衆受けするようなことをやってみたりします。



何より、テレビは時間の制約がありすぎて、こういう討論番組は常に「消化不良」の状態でした。



それと、政治家はテレビ慣れする必要がどこまであるのかなあという疑問もすごく持ちました。



選挙が近くなると、テレビにいそいそと出てきて顔を売ってるんじゃないかと思えるような政治家もいるし、かといってそう言う政治家がちゃんと仕事しているとは限りませんし。

むしろ、テレビに出てきていないけど立派な仕事している政治家の方が多いんじゃないでしょうか。



うまくテレビを利用した「小泉純一郎」は、国のために何をしたんでしょうか。

今は次男が後をついで、相変わらずテレビは次男を追いかけているけど、小泉ジュニアが政治家として何をしたかって、私は知りません。

まあ、サンプロが小泉進次郎を取り上げることは、さすがにしませんでしたが。



テレビ受けする論客が国のために汗をかいているとは限らない、ということは、見る側も忘れてはいけないと思うのです。



私は、テレビが流さない情報にも常に気をつけておく必要があると思っています。

「もっともらしい」情報、たとえばテレビで取り上げられる「数字」「統計」などは、それがどこから出てきた数字で、本当にその場で言われているような解釈しかできないのか、について注意を払う必要があるのではないでしょうか。



たとえば、「40パーセント」は多いか少ないか。

2010/03/29(月) 13:32:24| URL| #- [編集]様

>テレビ受けする論客が国のために汗をかいているとは限らない、
ということは、見る側も忘れてはいけないと思うのです。

もうね、ま~ったくそのとおりだと思いますね(笑)
スポンサーのことやら、視聴率のことやら、変な協定やら・・・・・
あげくの果ては、
本格的な政治の話自体がTVのタブーとされつつあります。
・・・・・こういう番組やっててもです・・・・ショーでないとダメなんですね(笑)
ある意味、商業主義の欠点ともいうべきところです。

ただね・・・・・アタシも含めてなんですが、万人に理解してもらおうとしたら
難しいですね・・・・・政治は・・・・。
主義主張が違う報道側と視聴者側との利害の一致てのは
ごくごく稀なことでしょう。
中立であるべき報道機関は、多数決の利でコロコロ主張を変えて
正義ぶるし・・・・・・。
彼らの襟って言うのを正すようなことより、受ける側が学習することが
きっと近道なのかも知れません。

繋がるかどうかはわかりませんが、日教組ひとつとったって、
立派な聖職者っていう方はたくさん居られるでしょう・・・・きっと・・・・。
しかし、本来の仕事を全うされている方って言うのは、
まっこと地味ですよ・・・・・(笑)
組合の活動に余念の無い方で、ほんと子供達の教育を想って・・・・なんて
考えている方いらっしゃるんですかね・・・・・。
・・・・赤化を企て、左翼に裏金渡して逮捕された輩と、
それを支持する連中に将来を担う子供達を心から案じているなんてことは
到底考えられないでしょう(笑)
・・・・・似てるんじゃないですか?
パフォーマンスだけの政治家と・・・・・(笑)

先般、日本経済新聞が、電子化するってことで話題になりました。
新聞社自体も、
その新聞のあり方自体が分岐点に来ているのだと自覚していますね。
・・・・しかし・・・・TV局はまだまだ腰は重いと思いますよ・・・・・。
意図的な野心あるスポンサーに頭も上がらないし、インパクトは強いし・・・。

こころある政治家が、本来あるべき姿で国民と国益の為に生業を履行し、
正統に国民に伝わる、わかりやすい報道が待たれるところだと思います。

中国人とか韓国人は大向からいっこうに進化していませんね。
しっかし子ども手当目当てに役所へ殺到するのは彼ららしい行動と言えますが、
そのくせ日本にいながらにして反日行動を取るってのも在日の特権ですか?
このブログにもいろいろ書かれていますが、全部本当ですかね。
http://7experts.org/diarypro/index.cgi
半分ぐらいは本当なんじゃないかと思いますけど。

不勉強でした。

初めてコメントします。40代男子です。
面白くて為になります
自分も色々と書籍を読
んでいい情報があれば
又、コメントします。
雑音もあるでしょうが
私は応援します。

もっと勉強を!

我が國の保守も實に程度が低くなつた。
王朝が違へど(元と清とを除けば)民族的には皆漢民族である。
その他の無知無教養な妄言の數々も讀んでゐて恥ずかしい。
那珂通世先生の『支那通史』で猛勉強する事を薦める。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/592-80264d22

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。