スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因果応報

最近、事務所引越しのためブログを怠けてしまいました。

「中国や韓国の批判ブログばかり書いていると身が危険です」と忠告を受けました、悲しい事です。

しかし日本の教育や左翼の評論家達に長く毒されていた日本人に少しでも目覚めてほしくて、あえて書きました。

(今日は輪廻転生について)

遠藤周作の『深い河』に必ずや転生してあなたに会いたいという遺言を残して死んでいった妻の言葉が忘れがたく、どこかに転生しているであろう妻の姿をもとめてインドへの旅に加わった老いたる夫のことが書かれています。

遠くに旅する途中、機内でこの文章に出会い、深く心に残りました。

仏教に見られる輪廻を、単なる生と死の繰り返しとのみ理解する事は正しくないかもしれません

お釈迦様は次のように語っています。

『比丘たちよ、あなた方はすでに幾度となく母の死に出会い、子や娘はもちろんの事、親戚や友人の死に出会った事がありましょう。さらに家や財産を失った事もあったでしょう。悲しい離別や悲嘆のなかで流した涙は大洋の海水の量などくらべものにならないほど多かったとは思いませんか』

『比丘たちよ、それは何故だと思いますか、輪廻に始まりはないのです、人々は無明という無知に覆われて渇愛と言う欲望に束縛され、生・死の世界を流転し、苦悩の巷を輪廻しているのです、そしてそれが何時から始まったのか、知ることは出来ません』

輪廻転生の土台には必ず因果応報の教えあり、また自業自得という徹底した自己責任を明らかにする教えがあります。

最近のニュースに企業の無責任ぶりや役人の無責任ぶりが報道され、因果応報や自己責任が際立ちます、。

人は悪い原因は必ず悪い結果をもたらす事を肝に銘じるべきです。



 ブログランキング参加中。クリックしてもらえると励みになります。










コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/57-b4367e41

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。