スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国大動乱の兆し


中国から撤退してすでに4年以上たちました。中国情報は新聞、雑誌
ネットで収集しています。中国ビジネスを離れて日本から中国を眺めた
とき、情報が錯綜して、真実が時々見えなくなってしまいます。

中国ビジネスの最中は、常に神経を鋭敏にして、いつでも逃げる準備を
して、撤退の間合いを計っていました。

中国へ進出した最初から,投資は全部捨てるという覚悟をしていま
した。そのために3年で投資額を回収するという計画で進めてき
ました。

逃げやすくするために現地の工場は法人格を持たず、契約式合弁と
いう合作の方式を展開しました。通常の合作は機械の一部を投入して
自社製品を作ってもらうというやり方ですが、私は工場を支配する
ために、すべて日本製の機械を投入して自社オンリーの工場にしま
した。

その代わり3年たてば、投資した備品,車、機械の全てを中国側に譲渡
する契約を結びました。どっちみち機械やその他の投資した備品は
日本にもって帰れません。もともと持って帰れないことが分かって
いるなら最初にあなた方に譲渡しますといったほうが、その後の
条件設定が有利に運びます。

そして製品作りに関しては日本側が工場を支配しますが、経営に関する
事は元の中国の工場にまかせて一切口を挟みませんでした。法人格を
持った合弁会社と違いますから日本側に経営の権利は何もありません。
当然のことなのです。

中国の工場が儲かろうが、赤字になろうが、給料が安かろうが、高か
ろうが、一切関係がありません。日本側は良い商品を期日通り日本に
出荷してさえくれれば、それでよいのです。投資した機械も車も無駄
ではありません。

日本の中小企業が勢い込んで合弁会社にするから地獄を見るのです。
日本企業が中国との合弁において、過半数さえ取っておけば董事会
(役員会)を制して合弁会社を支配する事が出来ると思ってしまう所
に落とし穴があります。

中国の法律では、定款の改正、解散、資本金の増額と譲渡、合弁の
4つの重要事項については,董事会(役員)の全員一致決議が法律に
より義務づけられております。

日本側が董事の過半数を握っていたとしても、中国側の董事の一人でも
反対すれば可決できない仕組みとなっています。

日頃法律など守る気もない中国人が外国人に対してはこのような法律
を持ち出して、攻撃します.しかも4つの重用事項だけでなしに、
全てにこの法律を持ち出します。

安易に合弁した中小企業は、一人の中国人の董事の反対にあって前に
進む事が出来ません。赤字になって解散したくても法律的に解散でき
ません。日本から永遠に資金を送り続けるはめになってしまいます。

だから韓国の会社は給料を遅配のまま簡単に夜逃げします。

2000年の春ごろ大阪商工会議所から「失敗しない中国進出のために」
というテーマで講演を依頼され、「契約式合弁」のやり方を説明
しました。

そして結論的に日本人は,専制政治の国の恐ろしさと、中国人の詐欺
的気質を甘く考えていれば地獄を見ますと話をしました。

講演が終わった時壇上につかつかと目つきの鋭い一人の若い男が
やって来て、「このような講演をこれから続ければ、あなたは危険です」
と脅かされました。後で出席者の名簿を見ましたら一人だけ中国人名が
載っていました。脅したのはこの中国人かどうかは分かりませんが、
まず間違いないと思います。その中国人の所属会社は、有名な某広告
代理店の関西支社と明記されていました。

この話は過去ブログで何回も書いています。中国へ進出されようと
なさている中小企業の経営者方の一人でも目に留まれば,幸甚です。

中国崩壊の煙が立ち込めてきたようなきがしますが、日本の報道は
「中国経済回復」と大きな見出しが躍っています。

しかし中国社会学院中小企業研究センターの発表によれば、中国に
ある4200万社以上の中小企業のうち40%がすでに倒産、40%が倒産
の危機に面していると紹介しています。(石平さんの記事より)

今日の産経新聞によれば「高級ブランド店が立ち並ぶロンドンの
ショッピング街、ボンド・ストリートで中国人買い物客が最大の
購買層に躍りでた」と載っています。

中国は国が大きすぎてまるで百面相です。悲観的なことも楽観的な
事も極端です。しかし総合的にながめれば中国が崩壊する可能性は
極めて高いと思います。

洪水,地震などの災害を拡大する手抜きインフラ、止めようもない環境
破壊、今日の新華社通信によれば、またウイグル自冶区で大規模
暴動が発生しています。中国市場はますます滅茶苦茶になり、
ますます混沌となっていっています。

このままで行けば、中国共産党の一党独裁体制が崩壊するかも知れ
ません。崩壊すれば中国社会は文字通り完全な無秩序かつ無政府
状態が支配します。

経営者は派遣している日本人従業員の身の安全を考えなければいけ
ません。そのために、航空会社のオープンチケットをいつも持って
いるようにしなければいけません。もしできるならアメリカの航空
会社のオープンチケットの方が望ましいです。

アメリカの航空会社はチケットを持っている客を優先します。
オープンチケットは一年有効です。共産党の幹部などの指示を
無視します。(過去の外国での例)

日本の航空会社は共産党の指示通り動きます。それだけ日本人は
危険が増大します?(推測で書いています)。そんな事はないと
思いたいですが、

アメリカは動乱なれしています、最後まで踏みとどまって民間人を
飛行機に乗せてくれます。(過去の例)、

いずれにしましても派遣している社員とその家族に、日本に帰って
くるオープンチケットを常に持たせるのは、会社の責任だと思います。


今日のブログも相変わらず右や左に飛んで結局何を書いたのか
主旨がぼやけてしまいました。夏バテです。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

崩壊の危機にある中国だからこそ、
日本の民主党政権誕生は待ち遠しかったに違いない。
日本を支配して資産と技術をぶん取ることが出来れば、
崩壊の危機を先延ばしに出来るかもしれないから。
それでも、いずれ崩壊していくと思いますが。

経験からのこのような話は論評を生業とする人々には書けません。故に非常に貴重ですし、企業家は肝に銘ずるべきです。よく日本人はお人よしだからと自嘲気味に語る人が多いです。騙されるほうが悪いのです。ようは大バカ者であると恥じるべきです。調べようとすれば調べられるのに、勝手な思い込みで特亜の連中を相手にする日本人は心してかかるべきです。

非常に参考になりました。迫力ありました
今度は、実際にプロぐ主様が見聞きした日本企業の失敗例のプロセスを具体的かつ詳細に書いて、シリーズ化していただけないでしょうか。
例えば業種毎とか。

小泉総理「中国はきっと後悔する。」 この言葉が現実化してきましたね。

 中国政府の発表に嘘が多いことは、1958年の大躍進政策を見ても明らかなのに、日本のメディアは忘れっぽいですね。
 歴史家の別宮暖朗氏は、若い頃は投資会社パートナーとして中国ビジネス等にも関わった経験がおありです。その別宮氏も「中国に欧米企業は工場進出していない。してるのは日本だけ。」と書いています。
 実体験の報告、勉強になりました。

 以上です。

ぼやけたなんてとんでもない!

久しぶりの中国ネタは痛快です。やはり経験をベースにしておられるので力があります。

中国は多様で、大きすぎて掴みどころがありません。だからこそ、生半可な知識ではなく、ブログ主さんや宮崎正弘氏(評論家)のような自らの目と耳で集めた情報と体験から出た知恵が重要です。

イデオロギー中心に考えている人は中共の崩壊を望むのでしょうが、強権の共産党一党独裁だからこそ国らしく見えているのだと思います。崩壊後が心配です。

難民が怖い。

ほんとにそうですね。
当方の近辺にも10年前くらいから中国で100均の文具などを製作している事業主がいます。
親は、「息子は中国で何百人も雇って大きくやっている。昨日帰ってきたが明日にはもう中国だ。大きくやるには中国だ」と息子自慢をしていましたが、あれからもう5年。今はどうなっているのか興味ありますねぇ。
ブログ主さんは以前からこういう趣旨を書かれてますので、おかげさまで当方などは全く中国人を信用しませんが、多くの零細中小企業主やメインの中小B/Kはまだまだ中国の幻想にとりつかれているようです。「後悔先に立たず」ですが、今回の選挙のように日本人は痛い目に合わないと分からないようです。
それも回復不可能な徹底的な痛い目に合わないとわからない、つまり、アホですね。
ところで、やはり人間社会は武力が全てです。「ペンは剣よりも強し」なんて戦後三世代精神侵略され、腑抜けになった日本人。ペンが剣より強いわけはないですよね。そうありたい、という心意気の言葉でしょうに、そのまま信じされてきた戦後60年はいまだに氷解できないようです。
そういう意味では、何かと異論はあるでしょうが、イスラムの武力抵抗は大いに価値のある戦いですし、はたまた、ユダヤの武力唯一信仰もわからないではありません。グルジアもロシア・チェチェンもアフガンもイラクも印パも中印もフォークランド島もアフリカ内陸部も・・・・、全てが「武力」です。
尖閣諸島・北方領土・竹島は「ペンは剣より強し」の国です。
使用の有無にかかわらず、世界で武力に力の最大評価を与えない唯一の国です。それどころか、国政政党が自ら沖縄を一国二制度にするビジョンを掲げ大勝し、沖縄県民こぞって小選挙区で投票勝利しました。
この国民に「明日」はあるのでしょうか。

夫の話ですが、40代以下の技術者はみんな中国製品にうんざりしてるそうです。
でっかいクレームの原因もかなりの割合で中国製品が絡んでいて、現在時限爆弾がさく裂するようにクレームが発生中だそうです。
なのに未だに会社の偉いお年寄りたちはコスト削減・中国、中国!なんだそうですorz

実経験は説得力があります。

本当に勉強になります。子供、孫に知らせます!

パ○ソニック、ソ○ー、シャー○・・・
弱電関係しかわからないですが、猫も杓子も皆、中国、中国、中国。
そして必ず、毎回痛い目を見るが、コスト至上主義のため、困ったときだけ国内業者を便利屋として使い、結局は中国へ・・・
大企業の担当レベルの人間など、勉強が出来るだけで、一般常識やモラルに欠けているものが多いです。
おそらく会社もそんなものに期待はしておらず、コスト至上主義のロボット化を望んでいるんでしょう。
利己主義者の集まりで、中国の批判などできたものじゃない。
日本は中小企業の血のにじむような努力で成り立っている部分が多いと思います。
世界を代表するような日本企業であるならば、もう少し日本という枠を大事に出来ないものでしょうか・・・
国内従業員は相変わらず、派遣社員だらけ・・・
自社の利益のためなら技術も売る。
自社の利益のためなら商売道徳など関係なし。
ブログ主様いつも仰せのとおり、日本(日本人)の力は世界からみても抜きん出ていると思いますが、いずれ大きく頭を打つような気がしてならないです。
本題からはずれましたね。
すみませんでした。単なる小市民の愚痴です。

具体的にどのような「兆し」でしょうか?

興味深い情報をありがとうございます。
私も中国の独裁体制はいずれ崩壊するだろうと思っていました。
ブログ主様がお感じになる「兆し」とは、具体的にどのような現象でしょうか。
たとえば、上海派+太子党 VS 団派 という対立の構図が指摘されていますが、国家の分裂や崩壊を引き起こすほど深刻なものでしょうか?
大変興味があります。次回のエントリーで取り上げていただければうれしいです。

ところで、崩壊の前後に起きるであろう大動乱ですが、共産党独裁政権は、ソ連崩壊のときのように、素直に倒れてくれるでしょうか。
大暴動があり、大弾圧がある、そういう騒然とした社会状況の中で、独裁政権はどう出るか、わくわくするような興味があります(不謹慎で申し訳ありません)。

私が描くシナリオは
(1)素直に倒れるーーーその結果:無政府状態で大量の難民発生
               または :軍事独裁
               または :数個の中小国家に分裂
(2)ナショナリズムを鼓舞して求心力を取り戻そうとするーーー
    そのために、台湾や日本を武力攻撃する
(3)民主的な新政権に権力移譲

(3)はないでしょうね。
(1)(2)どちらにせよ、日本が巻き込まれてひどいことになります。
 

チラシ集積場

http://chirashihokanko.web.fc2.com/
 昨日と同じものですがエントリーが代わったので、また載せます。
 ポッポ兄ちゃんの馬鹿っぷりがラジオで紹介されていましたが、あんな人が国連で演説するのだということ自体が日本の恥ですね。麻生閣下の漢字の読み間違いなんて可愛いもんだと思います。
 ミンスに投票した人は猛反省してほしいものです。

中国に対するビジネスモデル

>中国へ進出した最初から,投資は全部捨てるという覚悟をしていました。そのために3年で投資額を回収するという計画で進めてきました。
→さすがプロの経営者でいらっしゃいますね。これが対中ビジネスの基本というものでしょう。
ところが日経新聞やNHKに煽られて、中国に幻想を抱き、深入りして、大損失を蒙りながらも「頑張り続けているアホ馬鹿サラリーマン経営者がほとんどです。

シナ大陸に事業・投資する者は、自己破産のツケを国にまわすべからず!

>そして結論的に日本人は,専制政治の国の恐ろしさと、中国人の詐欺的気質を甘く考えていれば地獄を見ますと話をしました。

個々の企業、個々の投資家が、自己責任でシナ大陸で事業・投資を行うのなら問題有りません。
破産しようが自己責任です。
ですが、自己破産を逃れるため、国を巻き込むのは辞めていただきたい!

-きち石根-
「政治はCIAマスコミが作ります」
http://ameblo.jp/disclo/entry-10047638812.html
(引用開始)
必死になって日中融和を進めている日米ビジネスマンの考えている事は
やはり、崩壊へ向かう中国経済の緩衝材に我が国を使おうというわけで
相互の経済投資が膨らめば、日本がなんとかするだろう・・・とか。
(引用終了)


>中国崩壊の煙が立ち込めてきたようなきがしますが、日本の報道は「中国経済回復」と大きな見出しが躍っています。

シナ大陸を見る目を曇らせているのは“アジア主義”でしょう。
(大陸ロマンとも言いますが)

-池田信夫 blog-
「東アジア共同体」という幻想
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/909ac48bd69774e5bde4b47136ab6313
(引用開始)
鳩山氏のNYT論文は、予想どおりアメリカの専門家に酷評されている。


オバマ政権は、(鳩山氏の)論文にある反グローバリゼーション、反アメリカ主義を相手にしないだろう。それだけでなく、この論文は、米政府内の日本担当者が『日本を対アジア政策の中心に据える』といい続けるのを難しくするし、G7の首脳も誰一人として、彼の極端な論理に同意しないだろう。


中国が最大の対米輸出国になった時代に、グローバリゼーションを否定して「東アジア共同体」なるものを提唱する発想は信じられない。
(中略)
親米(欧)か反米(親アジア)かというのは、明治以来、日本の国家戦略の大きなわかれめだったが、戦前には前者は少数派だった。福沢諭吉の「脱亜入欧」はアジア蔑視として批判を浴び、北一輝や石原莞爾などの国家社会主義者は中国との連帯をめざした。それが満州国や中国侵略に拡大し、最後は対米戦争という自殺行為にゆきついた。

思想的にも、「近代の超克」などの議論は、鳩山氏の「グローバリズム批判」よりはるかにレベルが高かった。社会を原子的個人に分解する近代化が伝統的社会に亀裂を生み、人々の精神的荒廃をもたらしているという批判は文明論としては正しいが、日本がそれに代わって発見したと称する「大東亜」の価値観は、単なる軍事的プロパガンダに成り下がった。

現在の地政学的な状況をみても、東アジアがEUのような共同体になれる条件はない。第1に中国や北朝鮮という社会主義国を含み、政治的な合意が不可能だ。第2に国家の共同体とは基本的に軍事同盟であり、日本と中国が共同の敵と闘う事態は考えられない(中国が敵になる可能性はあるが)。第3に経済発展のレベルや賃金水準が違いすぎ、完全な自由貿易圏にして(EUのように)移動の自由を保障したら、中国から数億人の移民が日本に押し寄せるだろう。

しいて共通点をあげれば、漢字文化圏で地理的に近いことぐらいだろう。しかし渡辺利夫氏も指摘するように、これは錯覚である。日本と欧米のほうが日本と中国よりはるかに文化的共通点が多く、政府が反日感情を国民に植え付けてきた中韓と「和解」するのは容易ではない。海を介した海洋国家同盟においては日米同盟も日中同盟も大した違いはなく、サイバースペースでは地理的な距離そのものに意味がない。

要するに、東アジアで共同体を構築できる客観的条件はないし、それは望ましくもないのである。
(引用終了)

本当に興味深いお話です。中国崩壊とは恐ろしいですが、現実しそうな気がしてきました。中国にいる日本人の安全は、ぜひとも確保してもらいたい。中国旅行なんてできません。

アカを知らぬ者は、それだけで犯罪者である

>日本の航空会社は共産党の指示通り動きます。それだけ日本人は
>危険が増大します?(推測で書いています)。そんな事はないと
>思いたいですが、

日本航空が日本人に何をしたか。こんなことありましたよね。

地球史探訪:エルトゥールル号事件のこと
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_2/jog102.html
> 昭和60(1985)年3月18日の朝日新聞朝刊に「イラン上空
>飛行すれば攻撃/イラクが民間機に警告」という見出しが躍った。
>当時はイラン・イラク戦争(1980-1988)の真っ只中であり、長
>びく戦闘にしびれを切らしたイラクのサダム・フセインは、つい
>に総攻撃体制に入ったのである。
>...
> 外務省は救援機派遣を日本航空に依頼したが、
>「帰る際の安全が保障されない」として日本航空側はイラン乗り入れを断念したという。

これが初犯というわけではなく、以前からの常習犯だったようですね。

日本航空の組合問題
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA%E3%81%AE%E7%B5%84%E5%90%88%E5%95%8F%E9%A1%8C
>かつてのベトナム戦争における邦人脱出作戦やイラン・イラク戦争における邦人脱出の
>為のチャーター機の派遣が、労働組合による
>「安全が確保できない」、「戦争に加担するに等しい」などの理由で実現しなかった[3]
>(ドイツやフランス、トルコやアメリカの航空会社は定期便やチャーター便を運航し、
>日本人はこれらを利用し脱出した)。
>この為国内からは「殿様身分の日航」、フラッグキャリアがチャーター機を派遣した
>世界各国からは「日本にフラッグキャリアはないのか」と非難されたといわれている。

民主を選んだ人の気がしれない。
独裁国家の中国が民主にラブコールしているなんて悪夢としか思えない。
中国を怒らせる国家ほど民主主義が浸透している国家だと思うんだけど、
そうすっと日本は社会主義、共産主義に結構近い国家じゃないか本当のところは。じゃなきゃただの腰ぬけかどっちかだ。
台湾が併呑されてしまえば、台湾海峡もバシーも中国の意のままで日本の貨物船は人質同然、尖閣は中国自国領土宣言していつでも占領する根拠を勝手ながら作りあげ、南シナ海の小島のように簡単に軍港や滑走路をコンクリで作りあげるその先には琉球の占領、さらにその先には日本本土。北のミサイルが日本列島の遥か上だが飛びこえるし、日本海には何発も撃ち込まれる。北の核開発は裏では中国が支援しているのは確実で、200発とも言われる日本配備のミサイルにも核弾頭が搭載可能まじかか既に搭載されているかもしれない。
そんなときの選挙において、バラマキの金額がどうの、天下りがどうのしか民意を引きつけないし、民主圧勝から判断すれば、ほとんどの国民は防衛問題についてまるで無関心だと思わざるを得ないね。
民主党アメリカが核持ちのシナと戦争になることはないだろうし、日本は自分で国を守らなければならない時期に完全に来ている。
靖国に参拝できない自民では期待するほうが無理ということですかね。

崩壊とは

北朝鮮の崩壊が言われて久しいですが、実質崩壊しておりますけど、
崩壊しておりません。 ここがアジア的人民無視の政治だと思います。
日本人からすると想像できませんが、馬賊匪賊盗賊、解放軍、公安、
武装警察、そして一番可哀相な人民がくんずほぐれつ、混乱の極みを
実現しても、崩壊しないと思うんです。
人民が死のうが知ったこっちゃありません。

しかし相当数の経営者や党幹部が既に海外に拠点を持ち、逃げ出しているか、いつでも逃げ出せるようにしてあります。
少なくとも当事者である彼等がいつでも逃げ出せるようにしているのですから、外国人である日本人もそれ以上の準備は必要でしょう。
今は空自オペレーションの政府専用機が有りますから日航の腑抜けに頼らなくても大丈夫ですけど747-400が二機しかありません。
たとえば、上海に何人邦人が居るのか? 混乱好きで同化し過ぎた邦人には、渦中に身を置き、新皇帝にでも成ってもらえば良いですが、大方の日本人にはそんな暗黒大陸は耐えられないでしょうね。
民工は富裕層を軒並み襲うとかありそうです。豪華商店飲食店やマンション、役所や党事務所も危ないでしょうなぁ。
それでも、中国は中国のままあり続けるのでないかと思います。

民主党と上海閥

株に詳しい人によると、日本の民主党と中国の上海閥は間接的に近い関係にあるのだそうです。
ウイグル自治区で再び官製漢人デモが有ったようですが、民主党勝利を受けて、江澤民が勢い付いた可能性があります。
中国のマスコミの中で、一番民主大勝利を祝っていたのが、反日電波新聞「環球時報」です。
この新聞は、最近も「中国人は琉球独立を支持すべきだ!」という反日記事を書いていました。
「琉球独立」を支持する中国メディアが、「革命」という言葉まで使って民主の勝利を祝福する・・・
そしてウイグル自治区の不穏な情勢。
きな臭いです。

民主に投票した人たちは、見事に「一回だけ民主に」と謂う甘い考えと、目先のニンジン、26000円子供手当て、高速道路無料、官僚をやっつけ、ムダを無くすなんて言葉に騙されています。

いずれ、虚構の政党だとわかるとは思いますが、鳩山由紀夫の故人政治資金、小沢一郎の巨額の疑惑政治資金のことなど、検察は、どうしているのか気になります。

シナでは、今日も東トルキスタンで暴動の情報が入っています。台湾にも馬英九を非難する国民の声が大きくなってきています。日本も一日も早く、多くの無知な日本国民が政権の間違いに気づいてくれることを祈るばかりです。

民主党は、沖縄ビジョンなど計画しているようですが、米軍の撤退とともに、今度は本土が危なくなるでしょう。参議院選挙で民主が更に政権を取らせないよう、心ある日本国民は本当に世論を盛り上げなくてはいけません。

崩壊って言いますが・・

今回もとても参考になりました。
恥ずかしながらオープンチケットなど知りませんでした。
ところで、中国が万一崩壊した後に、ブログ主はどのような世界が極東アジアを待っているのか、具体的な将来像をお持ちでしょうか。
そしてブログ主が言われるような、中共崩壊後の完全な無政府、無秩序状態にというのは、私でも予想できますが、肝心な日本の国益にとってとてつもないことにはなりえないでしょうか。

民主は「カチカチ山の狸(たぬき)」のようです。

ブログ「日本が好きなだけなんだよ」さまからの情報です。
http://koramu2.blog59.fc2.com/
民主党「渋滞しそうな高速道路は無料化しない。選挙前は言いにくかった」
http://news.livedoor.com/article/detail/4329374/
---------------------------------------------------
2009.9.3 TBS「朝ズバッ!」民主党・長妻昭】
いいですか!いいですか!よく聞いてください。わたくしどものマニフェスト、公約で ”実現する” とは言っていません。あくまでも ”実現を「めざす」” と言ってるんですよ。子ども手当て26,000円支給を「めざす」高速道路無料化、徹底した無駄遣い削減を「めざす」実現したとしてもそれが永久的に続くとは言っていません。維持できる保障はないんですよ。
------------------------------------------------------

14:51:50 ID:H28uxJNY
今自民党に「扶養控除・配偶者控除を廃止するって知らずに民主党に投票した。なんとかしろ!」という抗議電話が殺到してるらしい
>>443
今自民党本部電話かけて確認した
俺「今扶養控除・配偶者控除の抗議の電話が殺到してるって本当ですか?」 自民党「本当です、二三日前からその電話ばかりです、なんとしても阻止してくれって」 だそうです

ポポポポポ( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)ポカーン…

502 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 14:55:29 ID:TzQHRsVZ
>>501
なんで自民党に抗議? わけ判らん。
504 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 14:55:49 ID:TTB53pC2

>>501
民主党に解散総選挙を急ぐ要望の電話でも、
抗議電話の主にかけさせたら~w

505 名前:日出づる処の名無し[sage] 投稿日:2009/09/03(木) 14:56:35 ID:H28uxJNY
>502
民主党に言っても埒が明かないから自民に泣き付いてるんだとwwwwwww てめーでぶっ殺したんじゃねーかwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
-----------------------------------------------------

以上、引用させていただきました。

 かって自民党が300議席を超えたとき、左翼勢力は怒りました。「有権者の皆さんを叱ってもいいですか?」とブログで書く民主党の議員は出たわ、勝谷氏などテレビで「おまえらは愚民だ!」と視聴者に向かって叫んでいました。民主党を推す勢力は、その後何をしたか?彼らは政権奪取に4年間を使って「準備」したのです。キーワードは「どんな手段を使ってもよい」です。当然嘘もつきます。目的は手段を正当化するわけで、革命のためには何をしてもよいのと同じ発想です。

 さて次の選挙は遅くても4年後あります。私も自民党の党員登録をして、自分の手で売国派の首相候補ではなく、まともな総裁を総裁選で選ぼうか、と考えています。おそらくここのコメンテーターや読者の皆様の能力を持ってすれば、「事務所のネット世論吸い上げ担当者」くらいの仕事は容易にできると思います。

 反麻生の自民党議員は、おそらく麻生氏の仕事や評判を正確には、知らないのでしょう。情報をアホテレビや馬鹿新聞から取るなら、自民党の老人の議員たちも立派な情報弱者です。もしネット情報を選挙に結びつければ、自民党は賢い戦い方もできるでしょう。民主の弱み、自民の強み、マスコミの異様さが瞬時にわかるのですから。(共産党支持だった私が、超大嫌いな自民の助け?冗談っぽいですが、それしかないです。)

 これからです。日本国は、まだ沈没していません。超売国派、山形の「加藤紘一」議員も総裁になる可能性もある党ですが、平沼新党がない今、自民を育てるしか日本版ナチス党を倒して日本をよくする手段はないかもしれません。




 

本当に今回の選挙結果にはガッカリです。
国民は4年前の「郵政民営化」のワンフレーズでマスコミに乗せられた事を忘れて「政権交代」のワンフレーズでまたまたマスコミに乗せられてしまいました。
このIT化社会の中で政治家にはIT弱者が多すぎです。これからの政治家はもっとITを駆使して既存メディアの偏向報道に対抗しなければ何時までたっても今回のような極端な結果になってしまうのではないでしょうか。
早速民主党のマニフェストのボロが出て来ているので今回騙されて投票してしまった人々は後悔している事でしょう。
どうせ実現しないマニフェストばかり(ただし裏マニフェストの外国人参政権等は成立させるかも?)なので近い将来政局になり4年を待たずに選挙になると思います。その時こそはもっと国民は良く考えて投票するように今のうちから政策を注視して行く必要があると思います。
長々書いてしまいましたが、要は特亜どもとの友愛など有り得ない事だと思います。(まっぴらゴメンです!)

北朝鮮の拉致被害者の様に
支那に行かされた日本人がならない様にしてもらいたいですね
特定アジアの傀儡の小沢政権には・・・

シナの破綻後に起こる危険考 1

 一言で今の日本人を言えば「1m先も見えないド近眼」でしょう、是が民主党を大勝させた原因になったのは言うまでもない事ですが、シナから足を抜けないのも然り、彼らのシナ経済評価は群盲表象の域を出るものではない、しかもその象が自らを自由自在に粉飾している事を疑いもしない愚かさは、偏に、大抵がサラリーマンで、「シナ進出は正しい判断である」と云う事が目的化した情況の下に居るからで、シナ経済破綻イコール身の破滅、失脚に直結する場合が多いのではないだろうか。

 簡単にいえば、シナ進出を決めた時点で、資本主義社会の常識で、シナの余りに安い人件費や労働者数にあり得ない妄想を描いていたからで、基本計画自体にシナに対する不見識の酷さがあったのだと思うし、其処から抜け出せない、というか、代案を立てられないのは、未だに不見識のままだからだろう。

 共産シナの破綻は、誰よりシナ人自身がある種の確信を伴って予見している事だと思います、特に、国家そのものを信じて居ない筈の(裕福な)シナ大衆がまとまって見えるのは、経済に未だ未練執着を覚える程の魅力がある訳ではなく、四分五裂、否、7つに分裂する予備段階に入ったからだと思います、この先、否現在も水面下では、安全圏への静かな脱出が始まる、進行中と思われます、外資の逃散は昨年起こりましたが、今度はシナ人そのものが逃げ始めているというわけです。

 この時点で、シナに進出している日本企業で、シナでの生産拡大を目論む様な不見識な企業トップを抱えて居るなら、如何なる大企業であろうとも、近い将来、必ず倒産の憂き目に瀕する事になるでしょう、何故なら、経済破綻ではなく戦争が始まるのですから。

 日本はシナの内戦に巻き込まれない様に一定の距離を置いておかねばならない筈ですが、民主党政権でそのコントロールはおそらく不可能になったと考えるべきでしょう。

 特に、「琉球の割譲」が実際に行われる、もしくは、実質的にそうなった場合、米軍は明らかなる日本の敵として存在する事になるでしょう、日本をシナが護るわけがないのは、反日愛国無罪が常識の国民に仕立てて来た共産シナの方針で明らかです、彼らは反日は異常な位叫びますが、嘗ての敵である米国なのに、反米を声高に叫分事は希です、つまり、米国と手を組む事はあっても、日本と手を組むことは考えられないのが基本だと認識すべきでしょう。

 日本にとっては沖縄はシーレーンを考える上で、「経済的な要衝」ですから、その確保に武力を以てするのが当然です、処が、民主党は是を「タダ」でシナに進呈しようとしている訳です、その民主党を沖縄県民は大勝させたのですから、沖縄がシナのものになる危険性は限界まで拡大したといえるでしょう、是で、在日米軍がもし撤退したら、沖縄には間違いなくシナ海軍が乗り込んできます。

 平和が戦力の均衡で維持されると云う常識からいえば。現在の平和を維持する為に、日本としては米軍の極東軍縮施策で空いたスペースを同等の海上自衛隊の戦力で埋めるべきところでしょう、なのに、民主党は全く反対の事を遣っているわけです、一発の銃弾も撃たずに父祖が命がけで護ってきた沖縄をシナ人に進呈する訳で、進んでシナ人の膝下に組み敷かれようと云う訳です。

 シナが不穏な情勢になれば、シナ人民軍は内陸部より、むしろ、海上からの外国の侵入を真っ先に警戒すると思います、内陸では、恒常的に「異変」が起こって居て、その大方が「喫緊」ではないからです、すると、最も戦場に成り易いのは、当然巨大な軍事基地がある沖縄と云う事になります、否が応でもそうなるのは、嘗ての朝鮮半島と同じく、国家間の要衝に位置している事が原因です。

 沖縄県民は、民主党=日本政府が如何に沖縄を護ってくれるのかに期待するほかはない訳です。

民主党大勝利で 中国大動乱

民主党の経済音痴、外交音痴が禍して、早くも株価暴落、回復基調であった景気が大後退するかの噂が出ています。
米国債を円に換えようとする発想がそもそも恐ろしいし、「素人集団」丸出しです。
元大蔵大臣出身の77歳のご老人が財務大臣に就任するでしょうから、そこまでとんでもなく革命的な判断はしないと思いますが、一部の常識派と多くの花畑によって成り立つ民主党の未来は明るくは感じません。

さて、胡錦濤と同じ一派(共青団)が支配していた新疆ウイグル自治区で、漢人達(江沢民派の策動?)が、デモを起こしています。
先日の暴動の時にも、おそろいの棍棒を持った坊主頭の屈強な男達がわざとらしく市内を練り歩いて話題になりました。
今回のデモも非常に臭います。

漢人による数万人規模の反新疆政府デモ@ウルムチ
ttp://ihasa.seesaa.net/article/127311943.html

>南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、
中国のお家事情・・・レポートより(抜粋コピペ)
作成日時:2008年1月19日
『Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理』

日中外交筋は16日、中国江蘇省に12月再オープンした南京大虐殺記念館の展示内容について、日本政府が「バランスを欠いている」などとして南京市幹部らに見直しを求める申し入れを行ったことを明らかにしました。

でも、中国にはこうしなければならない理由があるのです。おそらく、中国の人でも、本当はもっと日中の友好を積極的に推進したいと思っているはずです。日本に恩義を感じて感謝をしている人も大勢いると思います。でも、中国にはおおぴらにそうできないお家事情があるのです。大方の日本人、いや、諸外国の人々もあまり知られていない真実がこうした行動の裏にあります。特に、多くの日本人にこのことを知ってもらいたいので以下に掲載します。

■中国が自国民に対して反日教育をしなければならない第一の理由
国家を統合するための求心力になる象徴や英雄が存在しない。これは、事実です。
毛沢東がいるではないか、という人もいるかもしれません。

象徴とできないのは大虐殺が空前絶後の規模で行われたためというのが、事実です。中国側がこれをひた隠しに隠しているので、正確な統計など入手できませんが、その規模は、少なくとも100人の中国人いたら、そのうちの数十人は、自分の親か、親戚、あるいは知人などの誰か、あるいは複数人が、虐殺にあっているというようなものです。このような人物を、いくら国家を統一するために貢献したからといって、国家的英雄にすることはとうていできないでしょう。

国家を統合する象徴も、英雄もいない場合国家としては、何をしたら良いでしょうか。それは、国家全体に対する敵をつくりだすことです。だからこそ、統一国家中国に悪さをした、日本という敵を作りだすために、反日教育をして国家を統一する必要があるのです。中国には、国家統一のための敵が必要なのです。だから、反日教育は当面やめられないのです。

■中国が自国民に対して反日教育をしなければならない第二の理由
地方と中央政府のせめぎあい。いつも分裂の危機にさらされている、中国という一枚岩でない集合体の集まり。想像を絶する格差社会。これも事実です。

中国という国は、多くの人が「中国」と呼んで、一つの国である信じて疑っていないようです。でも、実体は違います。中国は複数の言語と、複数の宗教・信条、複数の民族からなる連合体です。一つの県を一つの国家と考えたほうが良いです。場合によっては、一つの大都市を一つの国と考えたほうが良いと考えられるような場合すらあります。

このような国家はどうなるでしょうか。もうお分かりでしょう、常に分裂の危機にさらされることでしょう。地方政府の分離独立、国民の中でも格差のひどさからの分裂の危機。こうした分裂の危機を防ぐには、何をしたら良いでしょうか。バラバラに見えるものを、一つにまとめるための、全く異質な他者の存在、それも敵としての存在が必要になります。だからこそ、中国は反日教育をやめられないのです。

■中国が自国民に対して反日教育をしなければないらな第三の理由
今後20年間今の経済成長を継続できたとして、一人あたりのGDPがようやっと日本の十分の一にしかならない、中国経済の実力。これも事実です。

多くの中国人民は、中国という国そのものが大発展していく中で、自分たちだけが取り残されていくという焦燥感にさいなまされているのではないかと思います。だから、中国の中には、一触即発という雰囲気がいつでもただよっています。事実騒乱事件など、あまり報道されませんが、日本国内で認識されているのとは違いはるかに多くの、頻発しています。

こうしたときに中国はどうしたらよいでしょうか。そうです、憎しみの矛先をそらす必要があります。だからこそ、中国は日本を悪者にしたてて反日教育をする必要性があるのです。

★ 『Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理』
南京虐殺記念館に対する日本政府の申し入れに関して考えた、中国のお家事情

http://yutakarlson.blogspot.com/2008/01/blog-post_19.html

                   「ふるさと」

鳩山民主党研究まとめ

鳩山民主党研究まとめ @ ウィキ 政権交代後のあゆみ
(政権交代してからの我が党のあゆみ)

●1日目(2009/08/31)
・補正予算執行停止
・人事が進まない
・藤井「財源は気合」
・今回初当選の顔ぶれのアレな素性が続々と明らかに(例:元フリーター43歳)
●2日目(2009/09/01)
・海外の識者から「民主党の経済政策に限界」と言われる
・やっぱ補正予算、一部執行停止(インフル対策入ってるっぽい
・蓮舫「補正予算15兆円全部なくしてもいいと思ってる」(緊急景気対策)
・概算請求白紙化鳩山寄稿が問題化
●3日目(2009/09/02)
・鳩山「やっぱ消費税上げるわ」
・福山政調会長代理「国債30兆程度は許していただきたい」
・大塚「最低賃金うp。企業が海外に逃げてもシラネ」
・馬渕「高速道路で渋滞したら金取るよ」
・概算要求を白紙撤回した上に何も指示しないので財務省が止まる
・オバマ大統領と電話会談
・鳩山「脱官僚は無理、脱官僚依存と言って」
・藤井が円高容認発言
●4日目(2009/09/03)
・補正予算(未執行分)を原則全面停止
・鳩嫁のアレっぷりが海外にいろいろとバレる
・国民新党の田中康夫代表とともに「サンダーバード隊」の創設について会談
・「子ども手当てと扶養控除をセットだと思われないようにしろ」と党幹部が言う
・長妻「年金問題の解決は100%無理、長い目で見守ってほしい。」
・扶養控除廃止の件でなぜか自民党本部に問い合わせの電話が
・「一等地にありながら家賃が安すぎる」などと批判していた議員宿舎が民主党の一年生議員大量当選により大幅に不足
・前原「我々はヤンキーゴーホームって言ってるわけじゃないんです」@クローズアップ現代
・クローズアップ現代にVTR出演した米の知日派政治学者マイケル・グリーン氏、鳩山論文の対米関係のくだりについて
・「あれも嫌だ、これも嫌だ。こんなのは戦略でも何でもなく、単なるわがまま」 と評する
・鳩山グループが調子に乗りすぎて小沢グループがキレる
・鳩山が小沢を幹事長就任を要請 岡田は?
・小沢は幹事長就任を快諾 ねえ岡田は?
・概算要求資料をそのまま捨てる
・「所得控除廃止は参院選後の11年度にやります」
●5日目(2009/09/04)
・八ツ場ダム問題に関して、石原東京都知事に「中止なら都の負担額を返還要求」と釘を刺される
・謎の自称・政権移行チームが複数現れ、霞が関困惑
・ロシアから「祖父のように2島返還で妥協しろ」と脅しがかかる
・連立協議が纏まらない
・藤井「補正予算から4,5兆停止できるかも」
・「太陽パクパク」が全世界的に広まる
・鳩山、米露首脳相手に外務省無しでカミカゼ特攻する意向
・馬渕「構想料金無料で物流コスト10%はさがるから物価も下がる」
・馬渕「新たに国債発行するお!」
・Q:高速無料化は受益者負担に反していませんか? 
 馬淵 A:反していません。むしろ今の方が反しています
枝野「納付していない人は0円の納付をしてきたと考えます」
・やっぱり人事は小沢幹事長がやります
・官房長官は平野博文氏に決定→鳩山「まだ決めてません」
・岡田「温暖化ガス25%削減目標は国際合意が前提だから産業界は大人しく従ってろ」
・小沢さんにはどんな幹事長になって欲しいですかぁ?の質問に鳩山「どんな幹事長・・普通のままで」
・中国「自分の国のことさえ20年間も建て直せていないのに東アジア共同体なんてふざけた事を言うな」
・給油活動やっぱり1月撤退にします
・ν即で「ソフトバンク政権」と言われる
・韓国の新聞から「日本のノムヒョン政権のようだ」と記事を書かれる
・民主党のマニフェストが実現できる予算編成に組み替えるように財務省に指示
・技術開発支援を凍結
・岡田は外相かも
・鳩山、中国外交官に無能者の外交官への対応をされる
・大塚「消費税上げは次の衆院選で判断仰ぐべき」


いや、早速中凶・・・・・鳩ボンに期待していますねぇ・・・ニヤついて・・・。
なんかのBS放送でみた、○×電子台だかなんだか判りませんが、
中華のアナリストだか、マゾヒストだかわからん人間が、
経済と国防をごちゃ混ぜにして、ウンチクたれてました。

その中、冒頭で興味をそそったところは、常にクエスチョンの対象が
米国なんです。
日本の後ろ盾としての米国を見ているんです。
特に軍事的な面で、出方を伺っているような論調に聞こえました。
文化交流・経済交流・・・・まぁ中凶にすれば、失うものなんて無いわけ
ですからその面だけは過剰な期待を託しているように見えましたが、
常にそこの行き先には、軍事的な米国との対立が、進む足を
止めているふうでした。
んで、我々はロシアと安全条約を結ぶべきか?!みたいないっぱしの
先進国家気取りです。

一方米国の反応がわかりません・・・・。
以前あれだけ米中接近の脅威を見せ付けられたのにも関わらず、
いざ、鳩ボン政権誕生の現実を見ると、
日米同盟は、かけがえのない絆だと抜かす始末・・・・
就任100日間は『ハネムーン』期間だから、様子を見守る云々・・・。
あの米国民主党がです・・・・(まぁ、根強く日本民主脅威論ありましたが)

やはり、現実問題として中凶のあらゆる角度の侵略を食い止めるひとつの
手段としては、米国を引き込む材料としても、『軍事・国防』を訴えるのが
ベターではないかと感じています。

↑↑↑↑↑↑
心配してたこと。民主党で、日本の経済も大混乱になる可能性が強いと思います。

漢民族が日本にこれ以上増えると、ウイグルと同じようなことが起こりかねません。参議院選挙に向けて、今から少しでもおかしなことを民主党がやるなら、大きな抗議運動をやるべきです。

高速道路は無料化

民主党・馬淵澄夫議員「渋滞しそうな高速道路は無料化しない」
http://www.youtube.com/watch?v=SYgF0XZn5x0

ウルムチ抗議デモで5人死亡=当局発表、なお緊張続く-中国新疆

http://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20090905-00000005-jij-int&s=points&o=desc

5人なんて発表していますが、中国政府が虐殺したのはそんな数ではないはず。
SARSの時も感染者数をごまかしていましたが、同じです。

>民主党・馬淵澄夫議員「渋滞しそうな高速道路は無料化しない」

そのうち、渋滞の人身事故、人体実験でもやりかねないね。
聞いてると、まるで詐欺師の論調に聞えてきた。

取り急ぎコピペだけです。裏とっていません。

Nevada(金融危機特集):経済情報(一向に増えない中国向け輸出)
http://blog.livedoor.jp/nevada_report/archives/946290.html
マスコミではしきりに中国向け輸出が好調といわれていますが、ではこの輸送手段は一体なんでしょうか?
海運同盟事務局が発表しました7月の中国向けコンテナ輸送量は一年前に比べ12.5%減少し、これで前年割れは12ヶ月連続となっています。
  ・以下省略

中韓も警戒し始めた鳩山政治

「朝鮮日報」が鳩山夫人の奇妙な言動を取り上げています。
また、鳩山氏を「日本のノ・ムヒョン」と評しているようです。

中国も、胡錦涛寄りのメディアが、極端な保護主義や経済音痴を心配し始めているようです。
また、東アジア共同体にも、若干の警戒感を滲ませています。

友愛や自虐史観や外国人参政権は耳に心地よいですが、世界経済は「気分」や風で動いているわけではありませんからね。

日本を生贄とする事により、シナ共産党政権は延命する。その先は国共合作

>このままで行けば、中国共産党の一党独裁体制が崩壊するかも知れません。

アメリカ民主党政権(チャイメリカ勢力:G2)は、崩壊させまいとするでしょう。
かつてシナ共産党政権は、満州国の遺産を収奪・活用しましたが、
今回は、日本(と台湾)が収奪・活用される事になります。

日本の反米アジア主義政権(鳩山政権)を、シナに入れ込みさせておいて、シナとアメリカが共同で日本を平らげる。

大日本帝国が滅亡したのと全く同じプロセスです。
但し、今回は日本本土が消滅(東アジア共同体への日本組込み:シナへの日本併合)します。

現代版、ABCD包囲網も出来つつあるようです。


-米豪が中国に合同軍事演習提案へ 豪国防軍司令官が豪紙に語る-
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/worldnews/297764/
(引用開始)
3日付のオーストラリア紙シドニー・モーニング・ヘラルドは、同国と米国が、中国に3カ国合同の軍事演習を提案することで合意したと報じた。中国の軍事的脅威の緩和や外交関係の改善が目的としている。

 オーストラリアのヒューストン国防軍司令官と米太平洋軍のキーティング司令官がシドニーで1日会談。3カ国合同演習への参加を、双方が個別に中国国防省に呼び掛けることで合意したとされる。キーティング司令官が同紙に語った。
(引用終了)

昔近衛、今鳩山。反米アジア主義者により、日本は2回滅亡する訳です。
(3回目は有りません)


-丸幸亭老人のシナにつける薬-
周恩来の高笑いと日本アジア主義の残影
http://marco-germany.at.webry.info/200710/article_1.html
(引用開始)
ここで指摘したいのは、シナ側は、日本の政財界、文化学術会、一般庶民にいたるまでそうとは意識せずとも無意識層に沈殿し底流する「アジア主義」を見ぬき、そこに向かって思想工作を仕掛けているのである。

「東アジア共同体」などという人騙しの策略にやすやすとのってしまう日本人が多い事の原因を、日本側の「アジア主義」にもとめて不都合はないと思われるが諸氏の意見を待ちたい。

「中華人民共和国」が「建国」されて58年。まだその崩壊は確かな日程にのぼっていない。それどころか経済「大国」の虚像に目をくらませられた日米欧の投資と援助は続く。その流れ込んだ資金を基にシナの軍拡はいよいよ現実の脅威となりつつある。

かって日本「アジア主義」が期待したシナが、いまやリヴァイアサン(Leviathan)と化し環境破壊や毒入り食品という誰の目にも明らかな毒を吐き散らしながらその末期の足掻きをしている。このリヴァイアサンの末期の足掻きがもたらすのは人類文明の危機であろう。

「アジア主義」はこの怪獣に輸血をほどこし延命させるだけである。今、日本が必要とするのは「アジア主義」ではなく反共、反共産党である。そのためには歴史的な反米を呑みこみ日米安保体制を強化し中共包囲網を完成させることである。
(引用終了)

陰謀論よりも、経済、金融論を

陰謀論はやり過ぎると、ベンジャミン・フルフォード担ってしまうかも知れませんね。

やはり、危機に際しては、三橋氏のように、根拠を挙げて解析できる人が必要だと感じました。

私も、うっかり陰謀論を展開し勝ちですが、気を付けることにしました。

10年位前に銀行の講演会で専務(いま頭取)が中国はすごい今度みなさんでツアーに行きましょうと呼びかけましたが、その後の懇親会で話は立ち消えました。たたき上げの社長はそんなもんです。

鳩山民主党研究まとめ
鳩山民主党研究まとめ @ ウィキ 政権交代後のあゆみ
(政権交代してからの我が党のあゆみ)
@いやああmm笑わせてもらいました TKS
 シナも思惑道理ミンスに政権とらせてみたわいいが、
おもいのほか 鳩が馬鹿だったんで頭かかえてる、テットコジャマイカ?
 これじゃあ反動で次自民復活、じゃねえ。。
  まずいなああ、、っておもってるでしょう 
黒馬鹿はとにはこのまま」つっぱしってもらましょうや
こんへんに希望の光が、、

ラルフ・タウンゼント

ラルフ・タウンゼントは1900年生まれ、新聞記者、英文学教授、国務省と職を転じ、1931年に上海副領事として中国に渡った。その時の現地体験が『暗黒大陸中国の真実:原題Ways that are dark』である。そこで彼は数々の中国の嘘を見、真実を伝えないアメリカのマスコミの異常さと反日行動を取るアメリカ政府の異常さを指摘します。そしてアメリカ各地で日本を擁護する講演を行っていた彼は、真珠湾攻撃後、逮捕収監されます。だが1995年『ベノナ文書』が公開されると、彼の指摘の方が事実であったことが証明された。それは、F・ルーズベルトはソ連工作員に操作されていた事実であった。

陰謀は過去も現在も厳然と存在します。物事の進み方が異様と感じた時、まずは異様であることを証明し、その後その背景を推論するべきと思います。推論を只の陰謀論と十把一絡げることは、自らの思考を停止しているか、他人口を封じたい意思があるか、のどちらかと考えます。

m(__)m ご教授ください。

>崗上虜囚様

あの、ほんとうに勉強になります・・・・弱い部分なので・・・。

短刀直入に伺いたいのですが、
持論として、中凶の魔手からわが国を護る際、緊急避難的に
米国を取り込み、中凶の軍事的警戒心を利用すべきが私の考えですが、
その観点で、今の米国のスタンスは、日本にとって有利か不利か・・・・
崗上虜囚様のご判断で結構です・・・・ご教授願えませんでしょうか。
なにか、ヒントみたいものが感じるのです。

http://forlost.blog105.fc2.com/blog-entry-100.html
↑ネトウヨの末路

共和党と民主党

西斗康拳様
『二つのアメリカの世界戦略』を書いた深田匠氏は、アメリカは一枚岩では無く、共和党と民主党では違うと言っています。その著書の中で小室直樹氏が日米開戦にまで至る日本外交の失敗を、ルーズベルトとハルだけを相手にして、アメリカのもう一つの世論を研究してこなかったこと指摘していたことを例に挙げています。

深田匠氏は、アメリカ民主党は昔から反日であり、それに比較して共和党は日本に理解があったとしています。いささか共和党を持ち上げすぎの感がありますが、彼の挙げた例を見ると確かにそう思えます。ブログ主様が、ことアメリカに関して、ぶれた見方をするのも二つのアメリカがあるとの見方をしていないからかも知れません。

もし共和党と民主党の対日政策が深田匠氏の言うようなら、現在のアメリカの民主党政権にお願いすることは返って危険かも知れません。そのまま中国に売り渡されてしまいます。アメリカの力を借りたければ、地道に共和党の人間に中国の危険性と日本とアメリカとの協力する利を説くべきでしょう。民主党も共和党が反対なら無理に事を進めません。

むしろ現在の日本の危機は、中国による軍事的危機では無く、合法的に又なし崩し的に中国の属国になってしまうことです。むしろ軍事衝突してくれた方が国民の目が覚めます。私が以前、麻生首相に靖国に参拝すべきとコメントしたのも、日中衝突を期待したからです。汚い手ですが。

何れにしても、現在の危機の原因と解決手段は全て日本国内にあります。それは国民の意識だけです。

ご回答ありがとうございます。

>崗上虜囚様

ありがとうございます。
大変参考になりましたm(__)m。

やはり、米国民主は当てにできませんか・・・・・・。
変な話ですが、ケネディ、ケネディって騒ぐのも芸の無い話ですよね・・・
そう考えてみると・・・・(苦笑)

>何れにしても、現在の危機の原因と解決手段は全て日本国内にありま
す。それは国民の意識だけです。

結局は、ここなんですね・・・・・やっぱり・・・・。
周りの方々も、人間の身体に例えると、内側から強くするのが一番と
同系の言葉を頂戴しました。
・・・・・時間のかかる、根気のいる作業となりそうですね・・・・。

【高速道路の無料化】

≪報道ステーションより抜粋〜高速道路無料化法案≫
http://www.youtube.com/watch?v=hIXp3FImfmU&feature=related

【選挙後】
≪2009.9.2 テレ朝「報道ステーション」民主党・馬淵澄夫≫
一色清:「高速道路を無料化したら渋滞が」
馬淵:「渋滞しそうな所は国土交通省にシミュレーションさせて高速料金を取ります」
http://www.youtube.com/watch?v=SYgF0XZn5x0

【選挙前】
≪2009.2.4 「予算委員会」民主党・菅直人≫
菅:「私たち民主党は以前から高速無料を言っている!ゲートは無くなる。インターチェンジは簡単に造れる。ETCは要らなくなる。根本的な行政改革になるんだ!」
(00:00~02:40)
http://www.youtube.com/watch?v=DRdCF2Tetc8

中国崩壊は予測できない

評論家の長谷川慶次郎氏もブログ主さんと同じことを言っています。今の中国はすでに無政府状態です。長谷川氏の著書の中の一例です。

2003年6月、いわゆる常州事件が発生します。揚子江の沿岸の紅蘇集(こうそ)省で、年産800万トンの大製鉄所の起工式が突然行われ、テレビでも放映されたのです。(中略)ところが事業主の民営企業である紅蘇鉄本鋼鉄有限公司は、国の関係官庁の認可をまったく受けていなかったのです。

温家宝も胡錦濤も省長も誰も知らなかった。知っていたのは、常州市長と人民銀行常州支店の支店長、それと事業主だけだったのです。(中略)

温家宝は常州に乗り込みましたが、今度は常州の警察が、製鉄所の周囲を取り囲んで通さないわけです。それで大騒ぎになって、結局、セッ(漢字なし)紅省の省長が工事の中止を命じることになった。

温家宝も納得して北京に戻ると、すぐに工事が再開されるわけです。

これが現実に起きている中国の実態です。長谷川氏は、崩壊は「暴動で起きるか」「経済破綻で起きるか」「三峡ダム崩壊で起きるか」、それは予測できないが必ず起きると書いています。

明日か、明後日か、今日かも知れません。日本人は命を守るために、崩壊時は財産は捨ててアメリカ航空便に乗れと書いています。ブログ主さんと同じ意見です。



民主党の監視

もし、我々がもう少し賢明だったら、満州国を発展させ、内戦中国・共産
ソ連を事実で論破し、対米戦争(太平洋戦争)を回避出来ただろう。

今回の民主党の圧勝は、マスコミの操作は言うまでもないが、我々が
内外の危機に直面したとき、空想的理想主義・個人主義的経済利益を
選択し、国家・国民単位の冷徹な現実を軽視したことによる。

この愚かな選択により、国家・国民に基づく求心力は さらに低下するだ
ろうが、その結果は甘受せざるを得ない。民主主義だから。

この民主党が、特亜3バカ国とどういう関係を作るか、米国との軍事同盟
をどう扱うか、監視するしかない。

来日する中国人の中には・・・

日本にいる来日している中国人の中には支那共産党の人民解放軍とか武装警察で
少数民族を殺して回っていた(いる)人もいると思うと
とてもじゃありませんが仲良くしようなんて思えませんね。

独裁になる?ならポッポは逮捕処刑になるだけ

これ、全くその通りよ。
シナは甘い顔して近づき、賄賂をもらって、先端技術工場を作らせ、その日のうちに「ここから出て行け!」とやる。それで工場一式泥棒。

日本国民も強くならないと。NHKはもう「中国共産党のおかげで」などと中共万歳放送までし始めている。

イタリアの留学生ねーちゃんが言ってた。
「日本はおかしいんじゃないの?国営放送(NHK?)が夜中まで共産主義の宣伝をしてる。欧米でもしこんな放送したらいっせいにその放送局に抗議電話が殺到する」と。

日本人よ、これからよ。民主党は解党する。その”次の時代の準備”をもう今からしようではないか。

マスゴミ諸君!へ

そんなに1000万人中国朝鮮人移民しいのなら、その前にまず「記者クラブ」を廃止しろよ。

さらにNHKも民放連も廃止。で、欧米各国のテレビ局を日本で開局させようではないか(笑)。なーにが「民放5社」だ?馬~鹿!

てめえらこそ電波解放しろ。電波をたった5社、メイン新聞4社でず~~っと独占しといて、何が「移民政策」「開かれた日本」だって(笑)。ふざけてんのか?世界中の外人記者マスコミは「日本の記者クラブは閉鎖的で言論の自由がない」と大批判をずっと前からしてる。テレビも未だ極一部、それも新聞社がTVもラジオも独占、入社は家柄コネ採用の露骨な差別までしてる。

開放しろよ、当然いいよな(笑)?

乞食国民の増加

今回の選挙を見て、ばら撒き合戦には嫌に成りました。そのつけは
後世の時代の国民の借金に成るだけです。不況だからと言って、介
護等の職場は2倍以上の求人が有ります。単に、楽して儲かる仕事
を探して居るだけでは無いでしょうか?生活保護も仕事が無いだけの
人が多すぎるのでは無いでしょうか?官僚も昔はあれほど国の為に
働いて来たのに、天下り先ばかりを気にする様に成ってしまったのか
?明治の頃はどんなに高官で良い身分でも、自分の理想の為に地位
を投げ打って、国の為に働いて居たのに、武士が居なくなって、乞食国
民が増えたのが悲しいです。

お知らせ

『麻生太郎激励オフについてのアンケート』

9月16日(水曜日)
官邸を引き払う麻生さんを「出待ち」して激励されるそうです。
参加できる方は是非!!

 ↓ そのアンケートのサイトです

  http://enq-maker.com/fNkIAqQ


コピペですが

最近わかったことで、知らなかった自分にがっかりしたんだけど総裁選の選挙権て献金2年すればもらえるのね。
裁選挙の有権者になるには総裁選挙の前年と前々年の2年継続して党費を納めてればよいみたい。自民党は支援してみたいが党員に抵抗ある人は、国民政治協会で政治献金、2年以上すると総裁選の選挙権取得できるし、これは税の控除もあるみたい。

​http://www.kokuseikyo.or.jp/​
​http://www.jimin.jp/jimin/jimin/campaign/index.html​

麻生さん応援したいんだけど選挙権ないのよね。。。俺は自民党に安部さんか麻生さんが総裁になったら献金しようかなと思ってるんだけど、鳩の弟だったら支持もやめるてメール打っといた。何万件も電話やメール入ったら効果あるから、気が向いたらやってみるのもよいかも。
総裁選の前に首相指名あるから多少予想つくかもだけど、実際わからんね。麻生さんがいいんだが誰になるかのぅ。。。

某掲示板のコピペです。私も知らなかったので参考まで。

質問なのですが

馬渕氏の発言、私も動画で見たのですが、まだ政権もできてないのにボロがでてきますね。ほんと発足前に解散してもらいたいものです。

質問は子供手当てについてなのですが、

@今秋の国会で関連法案を通して来年の4月施行。6月配布開始。
@児童手当は廃止
@当初セットだった扶養控除と配偶者控除廃止は叩かれそうなのでとりあえず切り離す。
@でも財源ないからいずれ廃止にする。
@1人26000円と言ってみたけど、児童手当と各控除廃止にしただけじゃ財源足りないから13000円にする。
@13000円をくばる期間は2年。
@2年間予算を組ませてもらって無駄遣いを探して残りの13000円をひねり出す。
@探しても見つからず駄目ならごめんなさいと言う。
@そもそもマニフェストには「やる」とは書いていない。
@書いてあるのは実行できるように努力する。と言う努力目標である。
@26000円だと控除廃止になっても収入増だが13000円だと負担増になるケースが多数でる。

今の段階での子供手当てに対する認識はこんな感じであってるでしょうか?

悪夢

岡田克也氏が外務大臣に任命されるようです。先ほどテレビで報道されていました。


漫画のような…

やっぱり「悪夢」です。

中国崩壊の条件

中国崩壊は私は無いと見ています。
民衆が謀反を起こせば、天安門の様に軍隊によって鎮圧されるだけだろう。
中国崩壊の可能性を考えるならば、軍隊が割れて内戦でも始まらない限り無理だろう。民衆の蜂起は粛正の嵐によって、徹底的に鎮圧されるだけだ。

当方も中国崩壊は無いと思いますね。

この国おもちゃにしたら、ただでおかんぞ!!!!

いや、アタシ的には、カンちゃんの『国家戦略局』初代担当相就任が
不気味です・・・・・副総理兼務・党政調会長兼務というのですから・・・
後者二つの役職とは性格がちがうと自然に受け取ってしまいます。
主に、国家運営の基本方針だとか、
予算編成の骨子決めるとこだそうですが・・・・・・・・

特亜三馬鹿と肩なんか組んだ基本方針打ち出したら、
国家戦慄局になりそうですよ・・・・・・・・・・・マジで。

大手マスコミではニュースにならないのだろうか?

記事配信より丸一日以上経過しましたが、大手では見当たりませんね。
レコードチャイナ:<怖い中国事情>中国産冷凍シャコから放射線を検出―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=35042
---- ここから ----
2009年9月4日、中国のラジオ局・中央人民広播電台のウェブサイト「中国広播網」は、日本の厚生労働省が中国産冷凍食品の「ボイルシャコ」から食品衛生法で禁止されている放射線を検出したと報じた。

輸入水産品から放射線が検出されたのは、同省が今年4月に輸入水産品に対する放射線照射の検査を追加してから初めて。食品への放射線照射は殺菌や殺虫、発芽防止や貯蔵期間の延長といった効果があるが、多くの国で利用範囲が規制されている。日本は最も規制が厳しい国の1つ。約30年前にじゃがいもへの利用が認められた以外、全ての食品への利用を禁止している。

記事によれば、中国は「照射食品大国」で、全世界の3分の1を占めている。これまでに日本向けのシイタケ、乾燥野菜、香辛料などでも検出されており、記事は「日本メディアの格好の標的となっている」と伝えた。

厚労省は香辛料、乾燥野菜、お茶の葉を放射線照射の疑いが最も高い食品と位置付け、重点的に検査を行っている。そのため、中国の検験検疫当局は関連企業に相手先の基準に沿った製品の生産を行うよう指導しているという。(翻訳・編集/NN)
2009-09-05 07:18:02 配信
---- ここまで ----
しかし大手マスコミよりこちら(↓2NNのこと)で情報拾わねばならない状態は日本人として、ナンだかなあ--っ。
東アジアニュース速報+ - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ - 2ch News Navigator
http://www.2nn.jp/news4plus/
ニュース速報+ - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ - 2ch News Navigator
http://www.2nn.jp/newsplus/

せっかくなので戦ってもらいましょう

麻生閣下の為に自民党へいまさらFAXしても、日本滅亡への動きは止まらないでしょう。かくなるうえは民主党へ政策への抗議メールやFAXでの過剰攻撃しかないのでしょうね。
 TVでは「マニフェスト実現してください」の声しか聞えてきません。一般国民はあれを実行するということの意味が全く判っていないのです。
 マニフェストには子育て手当てと高速道路無料化しか存在しないと思っているということに、わたしは最近気が付きました。無駄な公共事業を削減すると子育て手当てと高速道路無料化が黙って付いてくると思っているのです。各省庁の埋蔵金なるものは一度しか使えないということも知らないのです。狡猾な官僚と対峙するためには官僚出身の政治家か官僚並みに頭の良い政治家を連れてくるしかありません。無能な政治家が官僚の上に立ったところで国を混乱させるだけだということにも気が付かないのです。(そもそも、今は無駄な公共事業をしてまでも国民に金を回す時なのではありませんか。)
 けれども民主党はせっかく官僚と戦うつもりなのですから、戦ってもらいましょう。行政改革を実行してもらいましょうか。

 食品保存用の放射線照射をしても、別の検査機関で放射能が検出されることはあり得ない。
 核実験や原発で、水源や土壌が汚染された土地の食物ではないのか?(その方がはるかに問題だと思う。)

 中国は近代国民国家を装いながら、清末より混沌と無秩序を世界に拡散してきた。
 政権崩壊後も、この成功体験は次の権力に継承されることが予想される。(今度の政権の看板は、民主・連邦制を偽装した軍閥談合政権か?)
 いずれにしても、国の形が整うまで合従連衡を繰り返し、内乱と難民禍を世界に振りまくであろう、迷惑な話である。

 春秋時代より、対立する王朝に人材を派遣してきた謎の卜占集団「鬼谷子」のことは、もう少し研究されてもいいと思う。(統一された中国という国家モデル推進者は、彼らに端を発する節がある。)

Re: 中国大乱の兆し

自分が中国大乱の兆しを感じたのは、(上海閥の江沢民が乗った)列車が大事故をおこしたのと、イタリアサミットのタイミングでウイグル暴動(by 上海閥)でしたニダ。

支那という国は、多民族間で侵攻したり侵略されたりを有史以降くりかえしてきた国で、今の支那人民共和国の第二次世界大戦後にでき、侵略侵攻で拡大してきた新興の恐怖政治国家ニダ。 人口13億とも16億とも言われる巨大な多民族集合地域を国としてまとめる原動力は共産党と軍閥による情報操作、洗脳と恐怖政治に他ならないニダ。しかし、なまじ中途半端に経済発展して中後進国になってしまい、共産党幹部、地方幹部役人、軍閥関係者、大都市住民などなど人口5%くらいの特定優遇階級市民だけがリッチになり、それぞれの利権をもとめ私利私欲に走りだせば、当然、支那国内は軍閥単位あるいは地方単位の動乱が起り始めるのは道理ニダ。 これに輪をかけ、民族問題や環境汚染破壊問題や貧富格差が絡めば支那国内大動乱は時間の問題と言えるニダ。だがしかし! 見栄っ張りの支那人としてのプライドがチョビッとアル。 上海万博だけは国家の威信をかけてなんとしても遂行するアル! 上海経済破綻があっても上海動乱があって数十万人死のうとも、情報操作で封印するアル、絶対! 
つまり、本格的な支那大動乱(全面内戦状態)があるとすれば、上海万博かニャ?!
チャンチョン、失礼、支那人朝鮮人にでもできる組み立て単純ビジネスや鵜飼いの鵜ビジネスなら、、、 支那や朝鮮といった特ア反日国以外の親日アジア諸国のほうがもっと気持ちよく友好的に進めることができるニダ。 特ア以外のアジア親日国の国民は、支那人朝鮮人より民度も高くマジメで働き者ニダよ。 ウリが経営者なら、工場をインド、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、、、 にシフトし、自社利益と駐在員の安全、関係国との友好、国益を考えるニダ。

またまた、勝手なことを書いてしまったニダ。ウリの意見が間違っていても、謝罪はするが、賠償はしないニダ。

○シナへの投資は捨てる覚悟で回収したら即撤退。
シナ側に契約式合弁への対策はないのでしょうかね。

○役員会の全会一致制はネックですね。
そこはきっちり押さえておく必要がありますね。

 さて、日本の8倍と言われるのエネルギー消費、安い賃金、環境破壊に支えられたシナ経済成長は、そのままその3つから反撃をくらいましょう。エネルギー問題は対外的軋轢を生み、安い賃金は、社会主義国家内における階級闘争の、そして環境破壊は、水の汚染は生産疎外要因となり、まして富裕層の飲料水の確保は日本の水源を購入するという動きにまで及んでいる。
 日本も高度経済成長期には公害や環境問題を頻発させた前科があるが、今日では排水・排気における浄化技術や廃棄物処理技術は高度化し、環境産業化というかたちで乗り切ってきたかに見える。さて、シナにはそのような産業化を求める積極的なモチーフがあるのか、排出基準や環境基準などの強化を行えば、環境対策への無配慮を利益としてきた外資は逃げる可能性が高まる、シナ政府には痛いところであろう。
 安い労働力・環境無配慮によって利益を上げ驚異的な経済成長をしてきたシナも、労働権や環境権などの人権によって抑制される可能性が高い。いかに中華主義・覇権主義で鼓舞しようとも生存権を犠牲にした成長は長続きはしないだろう。
 チベット・東トルキスタン・モンゴルなどの民族圧力、資源・労働・環境圧力でシナ政府倒壊へ!

シナの大崩壊の予兆、足音

 現在の共産シナを倒そうとするものは、倒してからのバラバラになったシナの各勢力の始末まで責任を持たねばならないでしょうが、何せ、彼らは核兵器を持っていますから、倒すのも容易ではないが、其れを収めるのは更なる厄介が予想されます、外部勢力が主導してシナをかき回せないのは、この事情の所為だと思います。

 つまり、内部崩壊がある程度進行しないと、外国勢は手出しができないのです、処が、最近、ウィグルで、漢族(移植民)の暴動が起こっていますが、果たして、ウィグル族だけに向けた刃なのか疑わしい点も仄見える様に感じました。

 つまり、表面化したモノ以上に、現在の党中央に対する不満が存在、膨張を始めており、暴動は物理的な揺さぶりではないかと。

 ウィグル、チベットは胡錦涛が営々と築き上げてきた権力の母体の地、謂わば本拠地の筈、そこでの暴動に些かでも反体制の匂いがすれば、地下での胡の基盤の浸食はかなりの度合い迄進んでいると看て善いのでは無いでしょうか、明らかにポスト胡政権への準備が始まっているのだと思います。

 太子党と呼ばれる江択民~曾慶紅が育てた、共産貴族層が次の世代の担い手だと云われていますが、確かに彼らにはコネも実績もありますが、あげた実績は総て現在の経済の好調時の事であり、その好調時を築き上げたのは、団派の胡一派である事は疑いようがない事実です、つまり、長期低落、混迷期を迎える是からのシナ経済を切り回す力については、団派と同じく、太子党も。その他の勢力も未知数と言わざるを得ない。

 実体経済が事実上破綻して居ても、公的機関が虚構の数字を並べた詐欺紛いの粉飾を行っても、日米欧が文句の一つも言わないのは、胡一派しか、現在の体制を維持できる政治力を持って居ないと認識されているからでしょう。

 しかし、それは飽く迄も外部から看た話であって、内部的には、四川大地震やオリンピックで煮え湯を飲まされて、胡一派に対して、少なからざる恨みを持った層も居るでしょう。

 シナの大崩壊は必ず起こるでしょう、それは必ずや戦禍を伴って居ると思います、但し、規模は、介入する外部勢力次第でしょうから未知数だと言わざるを得ない。

 胡政権は、戦禍の規模の縮小を目指して外交を行っているともいえましょう、先ず、台湾問題で、馬英九工作員が大勝した事で、台湾問題がこじれても、米国との正面衝突はなくなりました、彼は、米国民主系保守層にも支援者を持つ男ですから。

 次に、日本で民主党を大勝させて、日米安保から来る重圧を弱めることに成功しました、但し、民主党政権の是からのかじ取り次第では、反対に重圧が高まる事態になる事も十分に考えられます、そういう意味では、鳩山はその言動に、米シ両陣営から疑問符を衝き着けられていると云ってもよろしいのではないでしょうか。

シナ共産党政権はファッショ政権に移行する可能性大

>中国ビジネスを離れて日本から中国を眺めたとき、情報が錯綜して、真実が時々見えなくなってしまいます。

ビジネスが主題ではないですが、日本に帰化した元シナ人の石平氏によると、シナ共産党は知識階層の取り込みに成功しているようです。

-世界の論評批評-
中国の将来
http://blog.canpan.info/okazaki-inst/archive/750
(引用開始)
日本に帰化した中国出身の評論家、石平が今年2月に中国を訪問、天安門事件当時(石平はたまたま日本に居た)、体を張って自由と民主主義のために戦った同志たちと再会し、語り合った体験を基に、『中国の大逆流』(ベストセラーズ社、6月4日発売予定)を著しています。

その内容は衝撃的であり、一部を紹介すると:
Aは、体制順応の研究者となり、研究費を私用に使う役得を得て、高級カメラを買ったりするささやかに贅沢な暮しを楽しんでいる。
武闘派だったEは、銀行副頭取の叔父の援けで不動産業を始めて巨冨をなした。彼は、不動産価格の三分の一は贈賄用の出費だ。自分は共産党幹部を一人一人徹底的に腐敗させてやる、これが共産党政府を潰す唯一の方法だ。金はもう十分稼いだから、いずれ民主と自由が保障されているイギリスに移住する。息子には二度とこの国で暮らして欲しくない、と言った。
天安門当時すでに官吏だったGは、事件関与のために、今に至るまで閑職に追いやられている。彼によれば、共産党政府は、Aのケースのように、すべての幹部や知識人を買収しているから、知識人は反対せず、政権は安泰なのだ。苦しんでいるのは労働者や大衆だ。人民はいずれ暴動によって政権を倒す。そして市場経済を廃止し、毛沢東主義に戻れば良い。共産革命をもう一度やるのだ。そうして国内を固めてから、中国が強国となる戦略を進め、まず釣魚島、次いで台湾島を取る。そうなればもう日本はまな板の鯉だ、と主張した。

そして石平は、結論として、中国の民主化運動は死に絶え、知識人は共産党一党独裁体制に取り込まれて、大なり小なりの役得を得ることで体制派となり、中国政府は巨大な汚職腐敗機構となって一般民衆の恨みを買っている。これに対抗するイデオロギーは、自由民主主義ではなく、むしろ毛沢東的平等主義への復帰である。また、権力維持のため軍は徹底的に甘やかされて肥大化しており、尖閣、台湾に向けての冒険主義に走る可能性もある、と言っています。

関係者の安全のために、書いてあることはそのまま事実ではないでしょうが、現在の中国知識人の動向はおそらくここにある通りであり、中国政府の鼻息を窺わなければならない、日本や外国の中国研究者やジャーナリストには到底書けない真実だろうと思われます。

中国の将来を考える際、現状の延長線上の通常の見通しの他に、暴力革命による左傾化の可能性、そして左傾政府か軍事政権による愛国主義的拡張主義が生まれる可能性も視野に入れておかなければならないことを、改めて感じさせられます。
(引用終了)

近い将来、シナ大陸にファッショ政権が成立する可能性が高そうです。
その際、生贄の羊(不満をぶつける対象)とされるのは日本人でしょう。
(シナ進出企業とその従業員)

その時までに、日本がシナに併合されてなければの話しですが・・・・・・

中川昭一議員を復活させる運動の紹介

http://blog.goo.ne.jp/fubenkyou/e/0b14184eb961abd013d7542cb585eed9
北海道11区で松山千春が選挙応援に歌を歌ったのは選挙違反ではないのかという疑惑が上がっています。
《さて肝心の松山千春であるが、ここでも「千春節」全開で観衆は大いに盛り上がった。
千春も乗り乗りで『大空と大地の中で』と『長い夜』をそれぞれワンコーラスづつアカペラで歌ってくれて、これは感動ものであった。
引用は以上です。
 民主・北海道11区・石川知裕氏は、小沢一郎の元秘書で、西松建設関係で事情聴取を受けた方です。
 停止した車での演説、連呼行為と挨拶以外の行為は禁止されています。
 それ以外の活動は、「何人もすることができない」 のです。
歌≠選挙活動ではないでしょうし、これに違反ではないでしょうか?
皆様で警察へ問い合わせをして、愛国政治家である中川昭一氏を、救いましょう。

お問い合わせ先
・北海道警察‥011-251-0110 (代表)
・北海道警察(ご意見・ご要望メール受付)
https://www.police.pref.hokkaido.jp/consult/soudan/request/request.html 》
中川昭一議員の復活を希望する方は御協力ください。

Re: 中川昭一議員を復活させる運動の紹介

ガンバってくださいニダ! 中川昭一財務大臣復活を望むニダ!!

世界各国の放送局があちこちで鳩山夫妻を怪しいカルト教の逝かれたバカップルぶりを連日ニヤニヤ呆れながら馬鹿にしながら報道しているニダよ!! これの意味することは簡単ニダね。

選挙違反の摘発、違法政治献金へのメス、覚醒剤がらみの民主議員摘発を意味するものだと思ふニダ。 つまり、突然の選挙違反摘発では、後進国の強権政治を世界に与えてしまうが、、、 民主党の逝かれた世界大恐慌向け政策やキチガイ宇宙人カルト次期首相夫妻の逝かれっぷりを世界の人々は認識してしまった!!民主党議員は当選してしまった。 これから始まる大量選挙違反、鳩山逮捕、在日朝鮮人や民団逮捕、覚醒剤議員逮捕に世界は同意し、世界経済回復に向け、「同意」「自民応援」ということニダよ!! 安心するニダ♪♪
だがしかし!!自民党も深く反省し不正や腐敗を正すニダ!!
中川カバ、カ口藤紘一、木x3、三可野、2Fとかを叩き出してしまうニダよ

また、いらん事を書いてしまってゴメンなさいニダ

   中国大動乱の兆し
面白いですね。石平氏の見解も。
中国に出店(工場)するだけで折衝に神経を使う。その後は、道徳観が悪いほうに、異なる人間との付き合いで、又神経をすり減らす。嘗ての韓国出店と、ある面よく似てますね。何時でも手を引ける用意は、賢明だと思います。

株も危機に敏感さが必要で、ラビさんの予言の年も近づき、逃げる算段している信者も居る様です。ラビさんの予言が無くとも、暴落の波は時にやって来るもので、投資家は常に身構えています。

反面、中国大動乱は、周期が長いので、出店者は警報も身に迫った警報と感じないのかもしれません。しかし我が同国人が酷い事態に遭う前に「知りすぎた男」様に連続警報をだして頂きたいものです。

怨念の炎が見え隠れの小沢と、友愛優遇主義ごっこの小学生の団体が、国民の支持を受けたのだ。勿論外人に対しての友愛と優遇だが、それを知らない、マニフェストと言う、餌の付いた釣り針に喰らい付いてしまった。「一度は政権交代を」、という魚の好きなフェロモンも撒かれちまったが。

国内問題はうやむやに出来るが、防衛外交は、何やるか、色々興味あるね。ヤクザ3カ国相手の盾に何を使う?9条か、友愛の盾か、拉致を金で解決、だから、莫大な金か。本物の軍備と言う盾は、アルミ箔弱くするらしいが。

北朝鮮と民主党

北朝鮮と民主党
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=2736

麻生の最後

麻生はついに、『ええかっこしい』のまま辞めていったな。

この男は、本当の保守ではない。

次の選挙で、自民党が今の社民党になったとき、ころりといままでの態度を変えるだろう。 手のひらを返すように左派になるだろう。

もともと、似非右派だったのだ。

麻生は、『ええかっこしい』だったのだ。

北朝鮮の先制攻撃

北朝鮮が上流のダムの放出量を増やして、韓国に先制攻撃
を始めました。韓国などダムを決壊させるだけで、お終いと言
う事を証明したと言う事です。上流が北朝鮮領土と言う事は、
工場でも作って、毒性物質を出すだけで、韓国は終わりと言う
事です。中国も内政問題と経済問題を解決する為に傀儡政権
の北朝鮮を使って、韓国に攻めて来るかも知れませんね。

日本のブレイン達

貴重な体験談、ありがとうございます。
似たような事は少し聞いた事が有って、
その会社も持参した機械から工場丸ごと
現地に置いて(持って帰らせてもらえなかった)
帰ってきたとの事です。
もしかしたら、表にはなっていないだけで
同じような被害にあった中小企業は日本には
ごまんとあるのかもしれませんね。
日本の教育も何だか危機管理などを全く
教えずに外国語を教えたりするので、痛い目に
あう日本人は結構居ますよね。

テレビや新聞が伝えない、そういう事実は
せめて、ひどい結果にあわされた企業人達が
まとまってグループを作り、日本のこれからビジネスで
活躍する若者にも警鐘をならして欲しいと思います。
大学や地方自治体での講演など、是非頑張って下さい。

覚悟して望むのと、何も知らずに良いことばかりを
妄想して望むのとでは結果に大きな違いが出ますよね。

ずっと前に読んだ本にびっくりすることが書かれていました。
某国きょーさんとーが、せんそーなどの時に人々を
コントロールするために洗脳をしているというのです。
日本も戦後国民全体に日本が悪かったとか、
日本は海外よりも遅れている、劣っているというような
劣等意識が植え付けられて今に至りますが、それも
もしかしたら日本人の意識を操作する何かの力が
働いていたのかもしれませんね。
書籍:洗脳言論
著者:苫米地 英人 氏
是非呼んでみてください。何かさらに分かってくるかも
しれませんね。

そして、是非、平和ボケといわれる日本人が大切な
財産と労力を失わないように、体験談を日本に広めて
下さい。私も、ビジネス系の人達にこのブログの存在を
知らせます。


奥が深いんです・・・・。

>RUI様

あの、その面で頭のひねることってたくさんありますよね。

シビリアンコントロール(文民統制) っていう、民主政治の根幹を
成すものにしても、国の大儀と正義が違えば、ただの『洗脳』と
なりえちゃうところが、ここんところの難しさだと思います。
もっとわかりやすい例は、『宗教』ですよ・・・・。
信仰の下に集いし彼らを、共産主義の人間は、洗脳と呼びます。
天皇制、靖国の扱いにしても、ある意味、特亜の三馬鹿と
その他の左寄りちゃん(さよりちゃん)達にかかれば、
りっぱな洗脳となりうる訳です。

日本を守らんとするキーワードは、愛国心と日本精神に尽きるのだなぁと
うっすら思ってきていますが、それ自体も敵対する輩や、
価値観を異とするものには、立派な洗脳ってなっちゃうんだから、
水掛論的様相を呈します。

なんという大儀と正義の下で、それらを見抜き訴えるかが
情報過多の今、個々に問われることだと思います。

昔から変わらない手法

中国の兵法書「六韜(りくとう)」

「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。

 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
 そしてやがては滅ぶ」

・・・さて、朝鮮半島や中国の政府に褒められてる民主党はどちらでしょうか。

シナ崩壊 移民による人口間接侵略が進行中であります![i:63906]

拝啓、管理人様

選挙の結果 まことに残念であります。

シナはその大きさゆえに崩壊しつつあります。

それに敷衍し迫り来る間接移民侵略に対抗する為に
シナ人犯罪者の想像を絶する危険性
凶悪ぶりを下記サイトで詳細に説明されています。


通訳捜査官の作者である坂東忠信氏のサイト『 外国人犯罪の増加からわかること 』が更新されております。

宜しければご一読下さい。m(_ _)m乱文にて 敬具

中国(支那)企業から覚えのない請求書が

いつも拝読しております。

さて北京に本社がある取引先に技術関係のサービス委託をしております。しばらくは何の問題もなかったのですが、今年の冬に突然、未払い費用請求のinvoiceが!しかも何年分もの利子がついてかなり多額になっていました。
明細もなく、今までは当方を信じていたので督促しなかったとのご説明。

しかしブログの愛読者である当方はあわてず、元留学生で今はあちらで大学教授の職にある友人のつてを頼り、相手先に再調査を要求しました。
すると、ほどなく相手側からリストに誤りがあり、この請求は他社向けであったとの返事が返ってきました。

・・・もしこのブログを知らずして、支那人の本質についての予見がなかったのであれば、そのまま支払っていたかも知れません。
彼の国との取引はほんとに注意しましょう。まるでオレオレ詐欺。

中国という泥船に乗船した日本

中国崩壊とともに、日本沈没か。
1から出直すには、それも悪くないかなと、自虐的に思う今日このごろであります。
中国と心中すれば、世界中から喜ばれるかも知れませんし。
こうなったら、とことん中国に貢献して、中国が日本を頼りきったところで、全てをひっくり返すのも、先方の被害を拡大させるうえでは、一計かも。
そう思わなければ、とてもやってられない昨今の情勢ではあります。

知の集結は大切

皆さんいろいろと痛い目に合ったりしてはいても
今まで泣き寝入りだったから教訓が生かされずに
新しいいけにえをどんどん生んできてしまったのかも
しれませんね。
>http://diamond.jp/series/chinese/10006/

も参考に出来るのでは?学歴なども偽装できてしまって
いるようなので。しかし、日本ではそんな事は皆無なので
外国人の求職の際にうっかり信じてしまっては大変。

勿論、皆がそうではない。けれど、そういう人達も居る
という事をしっかり知っておかなければ、騙された後では
遅いって事ですよね。

本当は最新のビジネス情報や警戒情報は通産省などが
しっかり日本を守るために情報を流すべきだけれども、
どうやら、日本の省庁は外国人ビジネスマン達とプロジェクト
を進めているようですから・・・・(とあるブログより)
どうしようもありませんよね。

私達は懸命に働いて税金で自分達の首を締めるような事は
避けなければなりませんよね。

そういう意味でも、お役人ではなく、実際に実業をしている
(いた)人達からの情報結集は必要ではないでしょうか?

どんどん印刷機で刷れる金よりも、代わりのない
日本人と、代々伝わりまたこれから生まれてくる
新しい日本人の財産をしっかり守り継承して行きたいですね。

知を持って。ITの時代には簡単に結集する事ができ
それを活かさない手はありませんよね。
ただ、気をつけなければならないのは、ジャンクや洗脳のような
おかしな情報もたくさんあるので、それにひっかからないように
する事。書籍でも変な物がたくさん出てきていますね。
題名はいかにもビジネス書、しかし・・・・・。
若い起業家を落とし自分達の下でコントロールしようというので
しょう。

鳩山党首の妻は朝鮮人だった

鳩山党首の妻、幸夫人は朝鮮人だった。
父親は朝鮮北部出身の貿易商。
鳩山党首が 「朝鮮の為に・・・民主党」
を叫んでる訳がやっと分った。

今更ですが、チャンネル桜で法律を恣意的に解釈した事例を関係者が顔を出した上で怒りを訴えていますね。
http://www.youtube.com/watch?v=I0HMmDuAZyo

でたらめ極まれりで、中国にいる知り合いのことが心配になってきました。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/497-8fd7a348

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。