スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ういロシア外交


麻生首相とプーチン首相が並んだニュース写真の説明に、「プーチン首相
とじゃれ合う麻生太郎首相」と載っているのを見て,思わず苦笑して
しまいました。

その産経新聞の写真を見れば、肘でつつく麻生首相の笑顔は無邪気
そのもの、プーチンの笑顔は「こいつのなれなれしい態度,こいつの
邪気のない笑顔、一体何を考えているのか、なんとなく気味がわるい、」
という戸惑いの笑顔に見えます。

プーチン首相の持っている常識からすれば「陰謀も策謀も無い外交など
あり得ない、まして一国の首相が戦略を持たず本心を正直に見せるなど
絶対にない、しかし簡単に狙い通りに領土問題を先送りして、経済協力
を引き出す事が出来た。なにか裏がある、油断できない、日本人は
頭がよい、麻生首相の笑顔は見せかけにちがいない。」

ところが日本は信頼関係を重視して誠実で正直な国民、一点の曇りも
ない、裏などさらさらない、まず先に相手に利益を与えてから、控え
めに相手の出方を待つ、そして日本の期待は、ほとんど裏切られる。

日本人のロシア感は昔から非常に危険で凶暴な国というイメージが定着
しています。明治維新以降、ソ連からの脅威を払拭するために富国強兵
をはかり、日清戦争、日露戦争へと進み、ソ連の南下を防ぐために
満州に進出、朝鮮を併合して、日中戦争、日米戦争へと進んでしまった
のです。

それでは現在の日本にとって、ロシアとは何か、いかにつきあうべきか、
について考察してみます。その前にロシアは日本をどの様に見ているか
を推測しないと、ロシアの正体は見えません。

日本人の外交の弱点は、冷徹を要する国際問題を、根拠無き思い
込みの情念で常に間違いをおかします。お粗末のかぎりの情報不足が
原因です。

日本は常にロシア脅威論で覆われていますが、逆にロシアは日本を
恐れています「日本脅威論」と言ったら日本人は誰も信じないと
思います。

では何ゆえロシアはこのちっぽけな日本を恐れるのかを今日は
解き明かしていきます。

ロシアにとって、日露戦争の敗北は、いくら吹っ切ろうとしても、
吹っ切れない悪夢のようなものなのです。日露戦争はロシア人にとって
どう考えても負けるはずがない戦争でした。

陸軍は10倍、海軍は3倍、しかもソ連の艦隊は、世界一強力といわれ
たバルチック艦隊、ロシアは小国の日本など一捻りだとおもった。

しかし陸に海に連戦連敗、ロシア艦隊は全滅したのに日本は砲戦で
やられたのは一隻だけ、数隻は機雷による事故、陸でも世界一強大な
ロシア軍は連戦連敗、ロシア軍総司令官は世界の大戦略家として名声
が高いクロポトキン大将、負けるはずがないのに負けに負けた。

日本軍とソ連軍が対峙したときの比率はだいたい1対6,この勢力比で
ソ連軍は負けるはずが無い、しかし日本軍は弾薬が底を尽きても、
ソ連式の水冷式機関銃を分捕って戦った。

火力、兵力がどうしょうもないほど劣勢でも日本軍は勇戦敢闘した。
武器どころか、食料、水が無くても戦う、ソ連軍は日本軍を恐れに
恐れた。ロシアの常識がまるであてはまらない、日本軍隊とは二度と
戦いたくないと思うのは当然なのです。

第二次世界大戦、日本はポツダム宣言を受託し戦争が終結して武器を
捨てました。ソ連軍の日露敗戦時の復讐のときが来ました、武器を
捨てた日本軍は怖くない、日ソ中立条約に違反しようが,卑怯と
いわれようが、日本軍に襲い掛かり、シベリアに強制抑留や民間人も
含めて100万人あまり殺しました。

そして戦後ソ連は軍国日本の再建を恐れ,1950年中ソ軍事同盟を
締結、その対象相手が日本とは恐れ入ります。
当時の日本は、軍備も軍事産業も皆無、自衛隊さえまだ無い、ソ連が
日本をどれほど恐れたか、そしてソ連は日本の防波堤のために毛沢東
にマルクス主義を教育、毛沢東を援助して妖怪に育てました。

ところが日本は戦後わずか20年でオリンピックを開催、信じられ
ないくらいの高度成長、そしてアメリカにも比肩すべき経済大国日本
に瞬く間になってしまった。ソ連が夢想にもしない、常識ではありえ
ないことなのです。

マルクス理論によるソ連共産党の理想は平等社会の実現、資本主義を
凌駕して労働者を豊にするはずだった。しかしソ連では、意に反して
帝政時代以上の特権階級が出現してしまい、一般民衆は食うや食わず、
共産主義の理想を実現する事に、ソ連はひとつのこらず失敗して
しまった。

これにひきかえ、日本はひとつのこらず成功した。平等社会,貧乏
退治に成功、人間らしい文化生活、日本の成功はソ連にとって、
完全なるイデオロギー的敗北を意味します。

社会主義経済は資本主義よりすぐれた経済体制で国民は豊かになり
幸せになるという神話がもろくも崩れ去った。

マルクシズムの看板であった平等、豊かさ、経済体制の優越さなどの、
どれひとつとしてソ連は実現しなかった。ソ連の理想を実現したのは
戦争で焦土と化した日本のほうだった。

このロシアの日本に対するコンプレックスが、どれほど大きくかつ
深刻なものであるか、日本人は誰も知らない。
ロシアは戦前と戦後、二度日本に負けた、この衝撃はロシア人の心の
最深部まで揺さぶるほどの深い意味をもっています。

決められたイメージでしか見ない大多数の日本人もマスコミも評論家
なる人々も、このロシアの日本コンプレックスの心を知らない。

日本人はもっと自信を持ってください、ロシアは日本人の技術と資金が
喉から手が出るくらい欲しいのです。自分たちが描いた理想を簡単に
実現した日本の本格的かつ大規模な指導と援助が欲しいのです。

アメリカと対抗するには日本の力が必要です。アメリカは日本を見捨て
中国に接近しています、ロシアが日本を取り込むチャンス到来です。

プーチンがこのように考えて日本にやってきました。

しかし日本は調子に乗ってロシアと深く結びつけば、アメリカを敵に
してしまう危険がはらんでいます。核を持たない日本はアメリカと
離れるわけには行きません。

アメリカにしっかり根回ししてロシアとの関係を深めないと、アメリカ
を無視して中国と国交を回復した田中角栄の時のように、酷い目に
あわされます。

日米同盟は日本が生きていくための国是です。ロシアに色目をつかって
アメリカを慌てさすという手は大いにありです。
しかしアメリカを決して怒らしてはいけません、危険な中国を牽制
する意味でも日米同盟は命綱です。

これらのことを全て踏まえてロシアと付き合わなければいけません。

戦後日本人のロシアという国についての無知さと分析力の欠落は
危ういこと限りがありません。

今日の日本が置かれた立場とそれをとり巻くもろもろの国際情勢を
つぶさに分析する能力が外務省には欠けているような気がします。
国際情勢はつねに変化しており、停止状態は決してありえません。

ロシアもアメリカも、もはや六ヶ月前の情報ではまったく分析不可能
とさえ言ってよいほどの急激なピッチで変化し続けているのが現実の
国際政治です。

これからの日本の生きる道は強力な経済力に支えられた外交しか
ありません。その外交のためには情報がなくてはなりません。
まともなインテリジェンスを持たない外務省に不安を感じます。

ビジネスマンは「正確な情報は最大の武器」という真実を骨身にしみて
知っています。しかし今の日本の政治家にどれだけ理解されている
だろうか。国全体が大きな危機に直面しているにもかかわらず、それに
気づいてもいない。

アメリカと中国の仕掛けた罠がゆっくりと、確実に日本をしめつけ
始めています。

「自国の利益と生存は自分の手で守る」この当たり前のことに、
日本国民はいつになったら、気がついてくれるのでしょうか?





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

世界は腹黒い

ブログ主様の文章を読んでいて、「戦闘機、ゼロ戦」を思い出しました。「ゼロ戦闘機」が、いかに信じられないほどの神話的性能を持っていて、米国の戦闘機は、まったく歯が立たないぐらいであったか。空中戦では、敵機を何十機も打ち落とし、日本空軍機はまったく無傷であったことがたびたびあったと聞いている。

しかし、日本の弱点は情報戦だと思う。あのゼロ戦闘機にも通信機器の弱点があったとか。ミッドウエー海戦あたりから、日本の情報戦の弱点がもろに戦況を悪くした。日本のゼロ戦闘機搭載空母の動きは、米国側に暗号を読まれ、戦闘機が帰還できないように、空母を徹底的に沈められた。
この時から、日本の敗戦に一気になったことを顧みる必要がある。

武士道とは、西洋の騎士道と同じかどうかは、知らないが、こと海外の馬賊、匪賊と思える民族国家を相手に、武士道は通用しないであろう。残念ながら、すきあらば、相手を支配、搾取、殺戮さえしようとする相手には、それなりの対処が必要でしょう。

日本版、諜報機関の設立が望まれます。

この国は一度、ぶっ壊して作り直すしかないんです!
現代の民族意識、国家意識を喪失した国は国家ではありません。
だから、心ある日本人が立ちがらなければならないのです!

脳トレからスタート・・・!?

こんにちは。

民間なら誰しも多かれ少なかれ情報戦の中で勝ち抜かないと先はないことを身にしみてわかっているのに(私でさえわかるのに)
国家レベルの事案になると、あたかも思考停止に陥ったかのごとく他人事のように思ってしまうのはなぜなのでしょうか?

国家間の外交がどのように日常生活に関わっているのか
「考える力」を養わないといけないですね。

私は、「答え」だけを安直に知りたがり
「答え」を知ったところで思考停止してしまうところから
改めないといけないようです。

残虐で強姦、殺戮を繰り返すソ連兵、日本の降伏以降も攻撃してくるソ連。 一般市民にも平気で火器で攻撃するソ連。
チェチェンでも同じように、グルジアでも。
でも軍隊なんてどこも同じ。規律の良い日本軍も外地では少しやらかしていた。 まあとにかく、国と国のエゴのぶつかり合いでは日本はそうとうにナイーヴですね。 
ソ連がいかに酷いことを日本人にしたかということは忘れるわけにはいきませんが、それをもって信用できない、また騙されるなんて考えず、できるだけの交渉をしましょうよ。 中国・朝鮮人なんて利益があるから反日運動しつづけますが、逆に反日が損だとわかるように誘導・外交するべきです。 そのためには、友好協会も必要ながら、反中・朝・韓・露・米などの運動も良いでしょう。
あまり侵略された経験のない日本人だけがナイーヴなのかもしれませんね。 
韓国の人がNYTに東海呼称を広告だしたりしますよね。
日本は、韓国人がいかに他の文化を盗んで自分達が文化起源だと捏造しているか、宣伝してみたらどうでしょう。中国人ものってきますよ。 
話はロシアでしたが、ソ連の残虐行為ももっと対外的にアピールすべきですよ。政府がやるまでもないけど、そういうことをする保守勢力があっても良いと。 桜チャンネルがそうなのかもしれないけど、少し感情的な感じがして、あれじゃダメでしょう。
もっとしたたかに、日本をプロバカンダして他国を牽制していく組織があれば良いのになあ。 もう国内で悪口言ってるだけだと、面白くないですよね。

日本人はえてしてお人よしで外国人はしたたかでタフである。外交は百戦錬磨の人間が行うもの、ましてやロシアはその中でも指折り。海外に長く暮らすものとして、上記のような考えに非常に同意します。

しかし、麻生さんがここで無邪気な笑顔を見せているからと言って、タフではない、とは言い切れないのでは。推測に過ぎないですが、あるいは、期待も入っているかもしれませんが、もう少し胆力のある政治家であるように思えます。

ええかっこしいの麻生

 麻生総理は何を持って「うつけ」を装うのか。 心根にあるのはただひたすら「ええかっこしい」である。 後世の日本人が、このためにどれくらい迷惑を蒙るのか。 「うつけ」は、装っているのではなく、本心なのか。本心だろう。

堂々と

堂々と構えておいて欲しいですね。ロシアが近ずくと気は苦しい時、日露戦以降もそうなのですからいい加減に日本も相手を「泥棒」呼ばわりしても許されると思います。実際に「泥棒」なのですから「泥棒」と呼ぶだけで他国に対する波及効果は大きいと思います。まあその前に「自衛権」の行使は人間・国家としては当たり前の話を宣言しておく事です。

ピースボートですら自衛の為に自衛官の護衛を頼んで居るのです、言行不一致が国家が生き残る大きな「材料」の一つ相手によって対応を変えるしたたかさを持って欲しい。夢物語かな?もうすぐ韓国はアメリカから統制権を返してもらえる、このときの最前線は日本列島覚悟と構想をしておくべきでしょう。

中国・ロシアを間にしたたかな経済政策と国家戦略で日本は生き残る算段を真剣にやって欲しい。それには受け身は駄目です。相手の弱点を攻撃するのが良いのですがスパイ防止法もない、マスコミはアホ、政治家は気力を持つ人が少ない、公務員は恩給まで事無かれ。困ったものです。

当ブログは、一時休載がありましたが復活し、当初から変わらぬ視点で、日本の国を想い、国民を想う、冷静で客観性を有する、素晴らしいブログと感嘆するばかりです。大人の日本国民1割に読んでもらえたら、計り知れない影響力を持つだろうと思います。

ところで、最近のコメントが当初とかなり傾向が異なってきているように感じます。以前は、わが国一般庶民の素直なブログへの賛意、あるいは、ブログへの補完・提言等が数多く見られました。本当に素直でマジメなコメントばかりだったような気がします。最近・・・、確かに、一見マジメなコメントのようですが、何か陰湿さ・誘導・まともなようでバックボーンが正反対、のコメントが多くなった気がするのは当方だけでしょうか。

2ちゃんねるでの朝日新聞社員の自作自演もつい昨日のことです。当ブログにも一人芝居、あるいはお仲間芝居が登場しているのかもしれません。
匿名のネット社会は、その匿名性ゆえに、参加者の芝居もなかなか見抜けない部分があります。賢明な読者の皆さんはそんなこと既にご承知の上のことでしょうが、当方のような無知な素人は、異和感を感じる直感しか保有していません。まともそうなコメントにも少しの疑いの目が必要かもしれません。

一方、コメントに対する視点を変えますと、やはり、日本人の弱さの特徴が現れている気がします。議論が、ミクロ・ミクロへと入っていき、出口の無い迷路をさまようばかりです。主題が忘れ去られ、一見主題と見えないこともないようにカムフラージュされた論点が、解決不能の道へと誘導されていきます。なんだか、頭の中が訳のわからない世界となり、一種の精神の病を起こしかねません。また、それが目的なのかもしれませんが。

日本人は、まずマクロで物事の判断をすることが必要だと思います。最も日本人の不得手な能力でしょうが。物事の議論はミクロの世界に入れば入るほど尽きることがありません。つまり、一人一人の考えに一種の納得が生まれてきません。行動を生む最大の要素は、精神に心に納得・了解・思い切りを生じることです。(理解ではありません)。細部を無視するわけではありませんが、ここまで日本が追い込まれた以上、国民はそれぞれ自分の気持ちに早く概論の納得感を持つ必要があるのでは、と感じます。

生意気なコメントで申し訳ありません。

ロシアとは接近すべきと思います

歴史を考える時に、もしも…という視点も大切かと思います。


もしも、日英同盟を継続できて、
アングロサクソン国家の一角と連携できていたなら…


もしも、第一次世界大戦のヨーロッパでの陸戦に
日本の陸軍が参戦できていて、陸戦兵器と運用のイノベーションを体験できていて、
補給の大切さを理解できた、軍や政府の上層部の人たちの数が多かったなら…


もしも、日露戦争のあと、満州鉄道の出資に
アメリカの鉄道王エドワード・ハリマンからの資本を受け入れて合弁として、
アメリカに門戸を分与し、日米の利害を一致させる箇所をつくって、
アメリカに中国進出のリスクを分担していたとしたなら…


もしも、ハルノートに期限がないことを見越して、
日本が開戦を急がずに、ハルノートの非現実性と開戦した場合の両国の甚大な人的損害の可能性をアメリカのマスコミと世論に訴えて、ルーズベルトを縛ったなら…


 歴史の大きな分岐点はいろいろあります。

その中でも、分岐点として考えておかなければいけないのは、
日露戦争前の分岐点ではないかと思います。
伊藤博文は、最後までロシアとの戦争回避を模索していました。


伊藤博文は、ただ親露派、恐露派で頑迷だったから…

で済ませてしまっては、惜しいのではないでしょうか。


現在、日本は、大陸に権益は一つも持っていません。
それどころか、大戦終了後、50年間以上も、反日教育を子弟に続ける、
日本を怨む国を、大陸にいくつか作ってしまいました。

そのうちの一つは核保有国で、もうじき空母保有国になります。

また、一つは、核実験と弾道弾実験を繰り返しています。

また、一つは、竹島を武装占拠し実効支配し、対馬の土地を買いあさっています。


 という事実から、考えると、

伊藤博文の親露的な外交方針には、先見の明があった
ということが言えます。


ロシアがいっそのこと、
中国の東北区や朝鮮半島まで手を伸ばしたほうがよかったのです。
それからの日本の関与であれば、
解放という大義名分もたちましたでしょう。
圧制から解放されるというのは、現地の人には理解されやすいかたちです。
きっと、恨みではなく、感謝されている現在になっていたことでしょう

もしも、ロシアからの解放に関わらないとしたなら、
それらの地域への道路や鉄道、電力といったインフラ整備のための
日本の資金の投下分は、国内に向けれてたことでしょう。
持ち出しにならずに済んだのです。


外交とは、人道的な国と手を結ぶばかりではないです。
パワーのバランスを取るために結ぶものです。

アヘン戦争や南アジアでの植民地経営の実態を考えれば、
当時の英国が、ロシアに劣らず、人道的な国ではない感じです。

伊藤博文の、親露路線の外交でいけば、
日本の進路は大陸から遠ざかり、不要な戦争と国際的な孤立を招かずにすんだ
もう一つの繁栄への歴史があったのかもしれません。


アジア大陸とのかかわりを考える時に
ロシアとそこそこ手を結んでおくことという視点は、
かつての日英同盟からの教訓と同じぐらいに重要な視点かもしれません。

安全保障条約までは、ロシアとは無理としても、経済的な協力の条約まではほしいと思います。
また、パール判事の故国、インドとは、名目だけでも、安全保障条約を結んで、同盟先の核保有国を、アメリカ以外にもう一つ、インドという形でつくっておくべきと思います。

また、将来、緊張が高まって
日本の企業が中国市場から追い出されるようになったようなことがあったとしても
中国につぐ人口大国のインドと手を結んであれば、インド市場があれば経済的な面でもリスク分散になります。



中国が軍備を近代化させ、力をつけていくときに、
一番圧迫を感じる国は、海の向こうのアメリカではありません。
また、海峡をへだてている日本でもないです。

中国が軍備を近代化させ、力をつけていくときに、
一番圧迫を感じる国は、陸を接し、国境の未確定の地域をかかえるインドであり、
過去の歴史で何度も国境線が変わったロシアです。

日本が、中国に対抗するには、
日本はインドと安全保障条約を結ぶことだと思います。
石油の輸入の航路を確保することは、産業の生命線と思います。

また、日本が、中国に対抗するには、
日本はロシアと協商を結んで、協力し合う関係を結ぶことだと思います。

日本もロシアもインドも、中国が脅威という利害が一致しています。
そのうえで、アメリカとは親密な現在の関係を維持すべきと思います。

ロシアから、北方領土がいつ還してもらえるかは
交渉を継続しながら、
その結果にこだわらずに、今、日本人jが住んでいる国土の安全になるように、ロシアに接近することが大切ではないかと思います。

陸を接した国の脅威というのは、実にやっかいなものです。
中国とベトナムの戦争のように、
いつ緊張が高まるかはわからないです。

海という天然の緩衝帯がないのです。

ロシアのプーチン首相は、権力を維持できているところからかなりのやり手です。 やり手のプーチンなら、中国の軍備の近代化と覇権主義への傾倒を敏感に感じているはずです。

中国を制するには、毒を持って毒を制する発想で、
包囲網を築くことだと考えます。

中国の覇権主義が、周囲の国を呑み込み始める前に、
中国を包囲網を形成して、中国のその気持ちを早い時期に 折る べきと思います。

人口が多いのですから
経済規模が大きくなってきたら、経済力においてもやがては最強の国になってくのが中国です。
国威が高まります。国民感情はとても積極的になります。
そういったときに、覇権を広げていく動きに出ます。

 覇権を広げることは、
 日本もロシアもインドも許さない。
と、メッセージを絶え間なく送り続けていかなくてはならないと思います。

アメリカは、もう共和党政権ではないのですから。
アメリカ青年のライフルマンたちの血の値段は、さらに高くなっています。
他国のために、アメリカ兵の血は流したくないという気持ちが強いです。
中国の強気に押されていくのが見えています。

いつか来た道です。
日英同盟が切れたら、日本の危機が来ました。
日米同盟が有名無実化しそうな将来です。
日米同盟を堅持しつつも、
ロシア、インドと手を結んで中国を押さえるようにすることが大切と思います。


日本がロシアとインドを手を結ぶのは、
フィリピンやベトナムやインドネシアやマレーシアやオーストラリアの国々が支持してくれる政策です。
それは、中国の覇権主義が、迷惑だからです。

また、アメリカも道理が通り、アメリカの負担が少なくなっていくので支持してくれるでしょう。



 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

また、 そういった外交の成功を収める日本になら、
北方領土の返還もロシアは考えるかもしれません。
自国民に、日本は友好国で、中国を押さえるうえで役に立つから
還してやれば、きっと、日本はもっとロシアを利するだろうと、
自国民に話せるようになるからです。


交戦権を憲法で否定いるような 弱腰の国に
北方領土を返還したら、プーチンは支持率が下がり、政敵を利してしまいます。
相手が強くそして、自分の仲間であってこそ、返還の名分が立つのです。

 講道館柔道6段のプーチン。
出身地には、トヨタの自動車工場の進出で雇用の促進。
プーチンは決して表には出さないでしょうが、日本憎しの人ではありません。

 プーチンが政界で権力を持っているうちに、
日本が、プーチンに「経済力以外でも 日本は強くそして、ロシアの仲間だ」と返還の名分を与えれるように、取り組むんべきと思います。

国の交戦権と武力を認めない よわっちい国に、
領土の返還などしたら、失脚の原因になりかねないですもの。


国土を増やした政治家は、英雄ですが

国土を失った王や政治家の人気は激減しますから。

麻生さんの外交は一言でいえば「お調子者」だとおもいます。
とにかく外交で結果を出したいのだろうが甘すぎる。

北方四島返還後でなければ経済支援は難しい、と席を立って
帰るくらいのことが何故できないのだろうか。

海外投票の25%超、不明票として処理と 昨年の米大統領選

日本の選挙事情は近年、期日前投票の投票数が異常に増えている。 偽装投票の疑いが
濃厚である、このような選挙違反の防止のために、選挙当日投票の開票数と期日前投票の
開票数を別々に発表した後に合計する方式を提案しよう。双方の開票結果で得票数に著し
い偏りがある場合は、選挙管理委員会の責任に於いて選挙違反の有無を調査しよう。

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi
【新党勝手連タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

ブログ主さんのロシア驚異論、そしてロシアにおける対日感情、たいへん勉強になりました。
また、↑のいのさんの、「中国の脅威に対抗するためには、昨日の敵は今日の友という視点も大切」というご意見も、傾聴に値するものと深く感銘をうけました。
ただ、一点だけ^^
本文中の・・・
≪ビジネスマンは「正確な情報は最大の武器」という真実を骨身にしみて知っています≫
おっしゃるとおり、まさにその情報によって商売が壊滅的打撃を被ったり、そこから逃れたり。日本のビジネスマンが、情報を武器と考えているということについては、否定しません。
が、同時に、日本のビジネスマンは、政治を他人事と考える傾向がある。
「政治向きの話は嫌い」だと、眼を背ける。
そして政治をバカにし、政治家などはお笑い芸人仕事にすぎないとばかり、青島幸雄あたりを東京都知事にしてみたり、横山ノックごときを大阪府知事にしてみたり、新潟県柏崎市長会田洋市のように、親日国であるトルコ共和国から寄贈されたトルコ建国の父、ケマル・アタチュルクの記念像をラブホ業者に叩き売り、幌をかぶせて野晒しにするようなキチガイ偏向政治家を市長に選んだりする。
サラリーマンが帰宅の電車で読む夕刊紙は、スポーツ選手を讃え、全裸の女性を礼賛し、政治家を揶揄し、バカにし、貶める。
しかしね、
人間、逃げられないんですよ。
政治家からね。
政治をバカにした市民は、結果、政治によって多大な不利益を被る。
考えてみれば、戦後日本は、国民みんなが必死で働き、焼け野原を立派な大都会にした。なるほど豊かになった。しかし、個人の家計でみると、焼け野原の復興に尽力したサラリーマンの家計は、戸建やマンション、家具家電、自動車等の資産はあるけれど、同時に同額のローン負債を抱えている。フローベースの資産は増えたけれど、ストック資産は何もない。清算したら、もとの貧乏人でしかありません。
以前、東ヨーロッパのある国と取引がありました。彼らの年収は、日本円に換算して、当時、30万円くらい。日本から行った諸氏は、彼らが貧しい生活をしているとばかり思いこんだ。
ところが、なるほどフローの所得は彼ら、少ないのだけど、家には、何百年も前からの資産が、それこそ山のように残っている。ストックの資産は、いったいいくらになるのか見当もつかないほどの大金持ちだった。
冨には、フローとストックがあります。日本はフローベースの富をこれだけ稼ぎだしながら、国に徴収されたカネは、諸外国に垂れ流されている。
EUにおける失業率の増加や景気後退と、日本における景気後退は、その内容がまるで異なります。EUの場合は、いってみれば、日本の莫大な山や土地を持つ農家の息子さんが失業して困っているみたいなもの。
日本の場合は、簡易宿泊所暮らしの日雇い労務者が失業するみたいなもの。ストックがない。
これだけ戦後稼ぎながら、なぜストックがないかといえば、国防力を持たない日本は、戦後一貫して、庶民が爪の先で掬って稼いだ金を、国という名のダンプカーで、海外に垂れ流し続けたから。
みんながみんなその問題に目をつむり、国防から逃げ、政治から逃げ、結果、ダンプで垂れ流したカネで作ったミサイルやら核弾頭が日本を向いて恐喝している。
情報を大事にするビジネスマンというなら、同時に日本のビジネスマンは、国家や政治も大事にするビジネスマンにんらないと、いまのままでは、日本は、ほんとうに危ういことになる。
そう思います。
とりとめなくって、ごめんなさい。

麻生の笑顔とプーチンの戸惑い

プーチンに対する麻生首相を観ていると、肚を割って話し合える関係を築こうと仕向けているように思われる。がしかし、元KGBのプーチンは決して肚を割らない。麻生首相の満面の笑みにプーチンが戸惑っている写真が各国外伝で報じられたが、尤もだろう。通常諸外国の外交交渉では肚の探り合いこそすれ、裏などありませんという笑顔を見せることなどあり得ない。一般的には「麻生、大丈夫か?」と言いたくなる。

処が、麻生首相は外交のプロである。ロシア国内の経済状況、関係国との貿易状況、外交・軍事状況など、それなりに情報はもっているだろうし、プーチン個人とも首脳会議などで何度も接見している。彼はプーチンもロシアも見切っている節が観て取れる。北方領土問題も容易に決着がつくなどとは毛頭考えていない。

ロシアは金融危機前の資源バブルと、同バブル崩壊による経済危機を経験した。そこでやっと資源のみに依存する経済の危うさを認識した。プーチンが今考えていることはおそらく、資源開発を加速することに加え、新たに主力となる産業の創造を模索すること。シナとは莫大な資源及び兵器取引きをしているが、兵器の模倣被害からシナ人の小ずるさを知って同国とは資源取引きのみに留め、新たな産業の投資や技術提供を促す相手国として日本に白羽の矢を立てることにした。
チェルノブイリの大爆発事故以来、原発の開発を中断していたロシア(ソ連)にとって、世界一信頼性・安全性が高い原発プラント技術は勿論のこと、高純度のウランもプルトニウムも取り出せる日本の原子力技術は喉から手が出るほど欲しい。それがこの度のプーチン来日の目的なのだろう。

麻生首相はそこまで見切っているように思える。そこで彼一流の満面の笑みが出てきたと考えると事の次第が分かり易くなろう。麻生氏は外交力で決して他国の首脳に劣らない。外務大臣時代の彼の実績がそれを物語っている。ただ、彼の笑顔の真意をプーチンが理解できたかどうか…。

日本はこれから米国の影響力衰退による独自防衛の路を求めなければならなくなるだろう。その際、シナの侵略を防ぐ意味も含め、ロシアとも接近しなければならない。つまりは米国、シナ、ロシアの三大国と上手くバランスを図りながら関係を強化しつつ独自防衛を目指すことになろう。一般的に考えれば危うい外交手法だが、世界に貢献するという一段高い見地から外交力を行使することが結果的に独自防衛に繋がるのではなかろうか。原子力発電には世界が平伏すほどの技術力をもちながら核兵器をもたないという奇妙な国日本が生き残る路はこの辺りだろう。

対外政策は、地政学に基づくべき

>ロシアとは何か、いかにつきあうべきか

シナ共産党と同様、ロシアは典型的な大陸勢力(ランドパワー)です。関与は必要最小限度にすべき相手です。
ロシアの歓心を買う為、領土問題で譲歩するなど言語道断です!

【櫻井よしこ 麻生首相に申す】領土問題1ミリも譲るな
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090514/plc0905140325003-n1.htm
(引用開始)
歴史を振りかえると、ロシアの日本接近は、必ず、ロシアが閉塞(へいそく)状況に陥ったときになされている。

 73年、田中角栄首相との会談でブレジネフ書記長は、初めて、日ソ間には未解決の「問題」があると認めた。ニクソン外交で米中両国が接近し、ソ連が国際的孤立を恐れたからだ。

 93年、エリツィン大統領が来日し、4島は歯舞、色丹、国後、択捉だと固有名詞で領土問題を語り、問題解決をはかるとしたのは、ベルリンの壁が崩壊し、旧ソ連が消滅し、ロシア経済が破綻(はたん)し、日本の援助が必要だったからだ。

 今回も同じ構図である。日本の資本と技術を必要とするロシアが、それらを手に入れるために日本に接近したにすぎない。7月のメドベージェフ大統領との会談で、3・5島論も含めてあらゆるオプションを論ずるというが、ならば、経済協力は具体的成果を見てからでよい。領土問題を経済の多寡ではかってはならない。日本が国家なら、主権にかかわる領土に関して、原則は1ミリも譲ってはならない。
(引用終了)

 海洋国家である日本が大陸勢力に対して取るべき政策は、大陸国家同士の離反工作でしょう。即ち、シナとロシアを対立関係に導く事です。
(ロシアはモンゴル帝国に蹂躙された過去がある為、シナ大陸の政治勢力には恐怖心と反感を持っています)

【戦略地政学的に見たわが国の防衛特性】
http://www.drc-jpn.org/AR-8/yoshida-04j.htm
(引用開始)
 ロシア、中国、朝鮮半島などの大陸国家は、大陸内部または半島に位置し、陸の国境線において他の大陸国と隣接し、また海洋を隔てて海洋国家(日本)と対峙している。

したがって、これらの大陸国家は、隣国と利害が対立することが多く、その最大のものが国境線を挟んでの他の大陸国との領土紛争であり、このために常に臨戦態勢を強いられる。

軍隊は、陸軍を重視せざるを得ず、国境線の長さに比例して多数の兵員を維持することになる。
(中略)
 これに反して日本などの島嶼から成る海洋国家は、四面環海、他国と国境線を接していないため大陸国家に比べれば領土の防衛には有利な立場にある。海洋国家の多くは、米国、英国、オーストラリア、オランダ、スペインなどのように海洋ルートを使用して他国との自由な交易、国際分業による相互依存を基調としての発展を希求する。国家は、合理的かつ自由民主主義的な体制を選択し、国民の権利は最大限に尊重される。国家の安全保障は、当該国の特性に応じた陸海空軍の保持と、他の海洋国との同盟関係の構築による達成を志向する。こうしたことから海洋国としては、領域の保全、自由民主主義の擁護及び世界の海洋の自由航行を確保することが基本的な国益となる
(引用終了)


(横レス すみません)

ねずきちさんのコメントにあった
>ケマル・アタチュルクの記念像をラブホ業者に叩き売り、
幌をかぶせて野晒しにするような…
 を読み、驚きました。

そんな… 
トルコ独立の父、イスラム世界の英雄、
そして親日家であり、
トルコの親日感情の源のおかたですのに…
(伝記 http://www.t3.rim.or.jp/~miukun/ataturk%20front1.htm)



日本のストックというか 不動産の資産ですが、
一時期、東京23区だけで、アメリカの全土地を買えるぐらいに資産価値がありました。

 過熱した地価(と株価)の資金があたらに流れ込める、新たな市場さえあれば、
信用創造が循環しバブリーに膨らんだ資金が実体化できて、
過熱の冷め方が軟着陸できましたものを… 惜しかったです。

地価は1990年を目指して急速に膨らみ、
その反動で、20年経過しても地方ではまだ地価の下落は続いてはいますが、
日本のストックは、日本なりに、
波打ちながらも(今はちょっと下向きですが)
しっかり、巨額が形成されて、あるように思います。

これからまた、日本の再興とともに膨らむことと思います。

ねずきちさん 言及、ありがとうございました。

NHK大河ドラマ「天地人」、サブリミナル手法の演出?

犯罪手法で禁止されているサブリミナル手法の演出を指摘されても、過去に度々同様な
問題を起こしているのに、尚もサブリミナルでないと強弁するNHKは騙される方が悪いと云
う理屈を得意とする日本人社会の破戒者そのもの、日本国民の税金で運営されている
国営放送局の自覚を持ち、疑わしい禁則を即刻止めるべき。

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

相手の目線での思考。今回のエントリーも大変勉強になりました。まさしく敵を知り己を知れば…ですね、プーチンさんはどうか知らないが、優秀な人材の集まった対日本部局にはそうした見方も案外支配的かもしれませんね。

我が国も核さえあれば、ここ100年のフランス外交を踏襲するのが良い手本だと思いますが。
対プロシャ、ドイツ、対ロシア、ソ連、対イギリス、対アメリカ……

麻生政権がごの激動の東亜細亜情勢に生まれたのは奇跡ですね。
情勢を鑑て5年は続いて欲しいな~。

明るい?話題

ブログ主との主題とは少し異なりますが、政府広報。

北朝鮮向け送金等の手続きの変更:政府広報オンライン
http://www.gov-online.go.jp/pr/media/paper/tsukidashi/871.html
>北朝鮮向け送金等の手続きが変更されました。
>5月12日から、北朝鮮向け現金等の持ち出し・送金等の際に手続が必要となる金額(下限額)が変わりました。

ソ連の歴史的脅威ながら、中国の軍拡がこわいから、北方領土をすぐにでも返して欲しいけどこれからロシアをどう付き合うか。もうアメリカとの安保は当てにできないってことで。 
ロシアってあれだけの資源もありながらなにもこれといった工業製品がないような。第一次産業の延長にある工場だけ。永い間共産圏だったからしょうがないとは言え、れっきとした中共は自動車・電化製品とか作ってる。 まだまだ体制の維持にきゅうきゅうのロシア政府。中国に抜かれたか。 ロシアは資源採掘には積極的だが工業はダメですね。金が貯まれば軍事力に使っちゃうみたいだし。
中ロの軍事力が怖ければこちらの軍事力をさらに高めるしかないのでは。暴力団のような中ロ韓朝に対しては必要でしょう。

ブログ主様の仰っていることは、よくわかります。

結局のところ、全ては現在の日本の有り様、所謂「根なし草」の状態が如何に異常なことであり、危険なことであるかを国民が広く周知されるのは、いつかというブログ主様の結びが私も全てだと感じます。

外交は、確かに危険な国を見極め、それに対抗すべく他国との連係、提携は不可欠ですが、アメリカに防衛上、極度に依存している現状では他国連係外交(遠交近攻)は根回しが必要で、ダイナミックな提携活動は難しいとの認識だと思います。

それに今の外務省では、インテリジェンスの重要性をどれだけ認識し、活用できるのか私も心許ないと感じます。彼らが毎回、相手かまわず「信頼関係」を強調するのは、それにすがるしかノウハウも、経験もないからだとまで勘ぐってしまいます。

そのようなスタンスでは、ロシアのような一癖も二癖もあるような相手には、利用されるだけだと考えて、これまで意見を書き込ませていただきました。

付け加えて、私が言っている「ビジネスマン」とは、日本国内で活躍しているサラリーマンではなく、海外で違う習俗や文化が違った人種とのシビアな攻防の末に利益を獲得しなければならない人達を指してのことで、その人達の対処と現在の外務省官僚の対処とを対比させてのことです。(恐らくブログ主様も同じ認識だと推察致します。)

海外で活動する商社などではありとあらゆる情報を収集して、それらを分析して初めて行動するのであって、それ(行動)には必ず理由や裏付けがあるはずです。その積み重ねからノウハウを積み上げていくのであり、それらそのものがインテリジェンスだと感じます。

そういう張り詰めた緊張感(利益を生むかどうか)のある中で獲得した情報と対応能力があってこそ、自分と違った文化や習慣で生きてきた人間に的確に対処できるのであって、それが、これまでの外務省の外交姿勢からは、今の外務省にその対処能力があるのかどうなのか、と感じてしまうのです。

また、麻生首相が的確な外交手腕を発揮するためにも、インテリジェンスは殊更に重要であると考えています。

>崗上虜囚様

体調に留意なされ、今後も同様なご活躍を期待しています。

皆さんの日頃の活動に敬意を表します。いつも知識吸収させていただいています。

角栄の頃とは、情報量が違うと思うけど

アメリカがごねるのは、想定内でしょう。

日本が、世界中からたかられるのは、やむを得ないよね。


世間知らずのお金持ちの子供が、騙されながら世間勉強しているわけだから。


騙されても、騙されても、アッケラカン。

日本には.人類に未来を示す責任があるからね。


次の発展的段階に入る、準備が出来ている国は日本だけですよ。


温暖化、エネルギー、食糧、金融、宗教対立、イデオロギー対立、文明の対立、解決の道は、日本にあるからね。

腹黒三国

何とかしてほしいですね~この三国だけは。日本の不幸ですよ明治以来。信用してはいけません、利用するのです。戦後復興は米国のおかげなんて、トンでも無い事ですよ。そう思わされているだけであって、自虐史観から抜けられない人の考えですね。米国と言う国が無ければ無いなりに、日本人は巧くやってマシタよきっと。その場合中ソに対する備えも万全だったでしょう。

なんだか、ネットも含めて、プーチン来日関連の情報が少なすぎる。何がどう動いたのか、情報を入手できている方は、教えて欲しいな。帰国したのがいつなのかの情報も分からない。極秘の話が何かあったのであろうか?

それにしても、テレビ、新聞は相変わらず、民主党の党首跡目のことばかりで、うんざり!鳩ぽっぽの話は、絵に描いたモチみたいな印象で、とても信頼できるとは思えなし、小沢の院政は、一応否定しているみたいだけど、これもどうかな?岡田は護憲派との情報を聞いたことがあるみたいだけど、それだと日本の、国益、主権をますます毀損する可能性がある。実際、彼は護憲派かどうか、知っている方は、ありませんか?

ロシアといえば ・ お ・ な ・ ご ♪

やぁ、やっぱロシアといえば美女の産地! アメ公やオージーのメスどもよりもなんっつーかやっぱどっちかっていうと欧州なりの味気があるというかなんというか…。 それに、(あんましナショナリストとかエスノセントリストとか言われたくないけんど)グローバル社会において経済的な立場からやはり日本人男性が優勢を取れる白人の相手ってロシアと東欧、南米ぐらいでしょうしね。 その中でも、ロシアっつーのはやはり日本の最寄で有り難い! 特に、もっと景気の良かった昔は、地方都市でもロシア産の茶髪金髪、札束片手に転がすのもお茶の子さいさいだったようで♪ 小生が中高生の頃は、英会話学校の生き返りに通った夜の繁華街のキャバクラの立ちんぼのロシア美女を見るたびに心が躍りましたよ。 あ~小生も高校卒業したら社会勉強にあ~~んな美女といちゃついちゃうぞ♪って熱望したもんです。 んでもって、最近は日本は景気が悪くなって、しかも頭固い馬鹿政府が変な規制をしいたから、そんな麗しゅう場所もなくなりすっかりロシア美女も足を引いてしまった…。 んでも、流石はロシア、ちょいと今までオイルバブルで成金気取りだったが、あんな田舎大国は文明がろくに発達する隙がないのかまたもや経済的に没落♪ しかし、それは先進国の殿方にとっては大チャンス! またもや、先進国の恵まれぬ殿方へ美女の供給が再開されるのです! 


小生は、絶対に日本人とは結ばれたくない! んでも、UKの女やその他地中海を除く西欧の女は冷めているからなぁ…。 やっぱ、東欧やロシアのような文明発展にちょっと負い目のある地域の方が、小生に門を開いてくれる! それに、やっぱ性格的にみても、東欧やロシア人の女性は他民族への偏見が西欧や北米に比べて低く、なおかつ情緒があって容姿も端麗ときた! もう目指すは東欧美女! これっきゃない! 

NHK JAPANデビュー に抗議する国民大行動
≪田母神俊雄氏も参加します≫
平成21年5月16日(土)
【街頭宣伝】
12時30分~13時30分
JR「渋谷」駅ハチ公前
* 準備をお手伝いいただける方は、12時にお越しください。
【リレートーク集会】
14時00分~15時30分
TS渋谷アジアビル501
小田村四郎、田久保忠衛、田母神俊雄、渡部昇
【デモ行進】
15時50分
 渋谷 宮下公園集合
* 風船のガス注入等をお手伝いいただける方は、13時30分に集合願います。
16時00分~ 準備・挨拶
16時30分~17時20分 デモ行進
※ NHKを包囲する抗議デモを行います
【協賛報道】
日本文化チャンネル桜
國民新聞

おはよ恩ちゃん。
あいかわらずイタイね(ノ_・。)
日本人女性に相手されないのは、その性格ならしかたないよ。見た目はきっと温水さんみたいなんだろうなぁ。アッ!でも温水さんはモテるけどね☆

どちらが民主党代表になっても日本国は売られます

エントリー内容とはちがいますがご容赦下さい。明日民主党代表決定らしいですので。
■岡田克也の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/580.html
■鳩山由紀夫の正体
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/559.html

そういえば、ソ連は小国と侮って、冬戦争でフィンランドに大苦戦してましたな。
蜂が熊にだって痛撃を与えることや、ダビテがゴリアテを倒した寓話から教訓を読み取れなかったってことなんでしょうな。

でも、今の日本も急所を突くための情報戦が出来てないわけで。

> KENIKARI 様

情報ありがとうございます。

エコポイントがスタート メーカー、家電量販店、期待高まる

政府は具体的なポイントの利用方法を決めておらず

京都議定書のCO2排出量削減協定でCO2排出権が売買される。過度な節減目標を設定
されたドイツは排出量に余裕を持つカナダの排出権をお金で購入した。日本もドイツ同様に
過度な節減努力目標を設定していて、不足分は排出権を購入しなければならない。
地球温暖化のデマの発信元であるアメリカは京都議定書を批准していないので目標設定
はなされていない。隣国中国は開発途上国を理由に不参加、しかし日本のCO2排出量
削減未達成を見込み、不足排出権相応の金額を日本から罰金として毟り取る予定で中
国は今年の国家予算に計上している。【地球温暖化の騙しの手口】から分るように地球温
暖化の事実はなくCO2の排出を地球環境と関連付けるエコ運動はアメリカが主導する世
論操作で捏造された騙しの手口である、麻生内閣は日本人はまだ騙せると考えるアメリカ
の策略を黙認するのは直ちに止めて、このような偽計政策を廃止しすべきである。

【地球温暖化の騙しの手口】
http://www.aixin.jp/axbbs/tnk/tnk.cgi#tnk-cko

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

チャンスですシナが苦しんで居ます。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090513AT2M1202L12052009.html
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009051200402

中国が東シナ海と南シナ海で相反する状況に苦しんで居ますが

が不思議な事に日本のサイトこれほど議論の余地のない
Wスタンダードどこも取り上げない、有った無ったの無限ループには
自分の主張を堂々と正統であると声を張り上げるのに、

この明確なWスタンダードになにも発言しない^^つい裏読みしてしまう。

何か情報お持ちでしたら教えて下さい。

シナの余剰人口をロシア領へ導くのが上策

>ところが日本は信頼関係を重視して誠実で正直な国民、一点の曇りもない、裏などさらさらない、まず先に相手に利益を与えてから、控えめに相手の出方を待つ、
>そして日本の期待は、ほとんど裏切られる。

大陸国家(ランドパワー)とはそのような性質であると認識した上で、交渉すべきですね。
大陸勢力に深入りした結果、大日本帝国は破滅しています。

【世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略】
http://npslq9-web.hp.infoseek.co.jp/sls006.html
(引用開始)
 まず、ランドパワーはシーパワーと異なり、国境線の防衛に非常にコストがかかる。シーパワーに対抗する前に周辺のランドパワーに対抗せざるを得ない。多正面作戦にならざるをえないのだ。かつ国土面積や人口が多く、内政のコストも高くつく。経済は農業主体であり、国内に資源を有する。

 要するに、中露を典型とする国家だ。彼らは、国境線を隔てて、あるいは国内で異民族と生存競争を繰り返してきたところから、狡猾、残忍、獰猛な精神構造となった。お人好しで平和愛好の日本人とは全く違う荒々しい民族である。良く言えば活力に満ち、上昇志向の強烈な、悪く言えば強引でしかも天才的商才(悪知恵とも言える)に長けた民族である。

 その自己主張の激しさは到底我々が及ぶところではない。絶対に自分の非を認めないで、逆に徹底的に相手を攻撃する。何せ、非はどうであれ、「勝てば官軍」なのである。何千年来、彼等が先祖から受け継いできた生活信条は「騙すヤツより騙される方が悪い」であって、さらに「水に落ちた犬は叩け」なのである。

 思いやりや善意など彼等の価値観にはないし、渡る世間に鬼はいないどころか、鬼ばかりというのが彼等の世界だ。彼等の価値感とは生き抜く上での権謀術数だけだ。歴史始まって以来、権謀術数なしでは生存できなかったのだ。ラテン語のPaxはPeaceの語源であるが、平和という意味ではなく、「強者による弱者併呑により達成された安定」が正しい訳である。

 天然の要塞である島国で、外敵の侵略、支配を受けずに来た日本人には、ランドパワーの精神構造は理解できない。それがために、第二次大戦において、松岡外相が独ソというランドパワーを手玉にとろうとして、逆に裏切られ三国同盟に当初ソ連を入れた4カ国同盟で英米に対抗しようとしたが、独ソ開戦に至った。

 終戦時に日ソ不可侵条約を頼って、ソ連に米英との仲介を頼み、又、裏切られる(1945年8月9日、日ソ不可侵条約を一方的に破って参戦)という愚を犯した。ランドパワーは、純朴な日本人が手玉に取れるほど甘いものではなく、彼らとは接触しないことが最善なのであるが、その教訓を歴史から得ているとは言い難い。
(引用終了)

日本にとって上策は、“毒(シナ)を以て毒(ロシア)を制す”でしょう。

ロシア極東地方およびシベリア地方は、シナの経済支配とシナ人の入植が進んでいます(植民地化)。
日本はこの流れの邪魔さえしなければ良いのです。
(日本は、ロシア極東地方およびシベリア地方の開発に一切協力しない)
シナの余剰人口のロシア領への移住は日本にもメリットが有ります。
(シナ人の日本への移住圧力の緩和)

ロシア極東地方およびシベリア地方におけるシナ人の人口がロシア人を凌駕すれば、シナは併合に向けて動きだすでしょう。
その時、樺太(全島)、全千島列島、カムチャツカ半島南端部を日本が奪還する機会があるかもしれません。

果報は寝て待て

マッキンダーの「東欧を制するものはハートランドを制し、ハートランドを制するものは世界島を制し、世界島を制するものは世界を制す」
この仮説から行くと中露は放っておいても戦ってくれる、うまく行けば共倒れ、悪くても勝った方(多分中国)も疲弊、此処で助けるか、川に落ちた犬とするかだな。

>ちなみに、小生はやっぱホリエモンや浅原ショウコウに顔が似ていると言われたことがあるな

そうだろうな!想像がつくよ。

>あ~神よ!われを導きたまえ…!!

無理だろうな!神も見放してるぜ!きみ。

本当に日本はロシアに4島の返還交渉をしているのでしょうか。
最近は、領土交渉を置いて、現在と直近の経済対策というか、企業の利益を考えているように思えます。領土交渉は難しいとひたすら言い訳している様に見えるし、思われます。
今後の経済発展、それも必要でしょうが、それなら4島の返還交渉でなく、経済協力関係の発展とか言えば良いのでないですか。何もしてもいない交渉でなく、結局はこれからの経済とか、これからお金を稼ぐにはロシアとどう協力するかといった感があります。やはり政治献金されている企業があるのでしょうか。なぜか、領土よりも日本の経済発展を重視しているように思えます。それが日本をダメにするようにも思います。しかし、日本は弱い国だから仕方がないかもしれませんが。

re:本当に日本はロシアに4島の返還交渉をしているのでしょうか。

>どうでもさん

日本が戦争に負けて北方四島から日本人が帰ってきました。
北方四島が日本領土であったとき朝鮮は日本の植民地だったので、沢山の
朝鮮人(旧日本国籍保有者、いわゆる三国人)が入植しました、終戦を迎え
て、ソ連に占領されたので多くの朝鮮人は朝鮮に帰還しようとしましたが
朝鮮政府はこれを拒否しました。
新たな棄民問題が浮上しました。
在日朝鮮人ならぬ在ロシア朝鮮人の運命は如何に、創価学会公明党は
日本政府にこの人々の戦後保証を要求するでしょう。
得意の騙しの手口をどの様な口上で切り出してくるか???。

ロシア・プーチンのブログで大統領が歴訪する国々の領土を表示する世界地図がありそうです、日本をクリックすると赤く塗り分けられた地図には
既に北方四島が日本の領土に組み込まれているそうです。

北洋漁業権益の返還が求められますが、水素エネルギー革命がスタートした今日、サハリン1,2の重要性は薄れて来ました。
今の日本に求められるものは北方四島より更に重要なもの、それは対中国戦略の一部として日ロ同盟だと考えます。

平沼氏が首相と会談 11月12日を臨時祝日に 靖国神社参拝も要
【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi


売国奴の系譜、丸山真男~大江健三郎、なぜ彼はノーベル賞を取れたのか

>町工場の親方、(=朝日 築地カルトを知りすぎ様

この丸山真男という人は、売国教の教祖のような人間みたいですね。確か朝日にも記事がよく引用され、大学入試の国語の問題にけっこう引用されているみたいですが。左翼というのは、自分の主張を他者に強制し、激しく抑圧する習性があるのが共通していますね。

大江健三郎がなぜノーベル賞を獲れたのか。これに関して谷沢永一さん(関西大学名誉教授)が著書の中でこう述べています。

(以下引用)
彼は日本の悪口を諸外国で講演して歩いて欧米人種、いわゆる先の対戦の戦勝国諸国の人たちにたいへん気に入られたからにほかならないのです。胡麻すり行脚をやったからなのです。

そもそも日本人でもよくわからないのが大江文学です。「万延元年のフットボール」を一般の読者で最後まで読み通しえて感動した人などまずいないでしょう。文壇、論壇の専門家でも同じことです。わからないのが取柄みたいな小説ですから、彼の小説全集の初刷り部数を出版社の営業が、何部とはじき出した。すると、「ノーベル賞作家の自分にはふさわしくない」と大江さんは卓を叩いて怒ったそうです。その初版が捌けない。

日本人が日本語で読んでもわからないのに、ノーベル賞選考委員のスウェーデン人にわかるわけがないのです。原文を読まないで文学賞を与えるというのはヘンです。なのに彼がノーベル賞を狙うという話を耳にしたのはもう二十年も前でした。

それで秀才大江がとった方法は、そのために二十年間、ちょっとでも国際的な催しは、たとえ手弁当でも馳せ参じる。もう必死に努める。世界各国で日本の悪口を言いふらして回る。二十年間、ノーベル賞を獲得するためにこの作戦で粉骨砕身努力している。経済成長いちじるしい、こしゃくな国からやってきた坊やが、その国の悪口を言ってくれるのですから、皆さん気分いいでしょう。

外国人に向かって日本の悪口を発信すれば、国際的評価が得られるという手法を、初めて考えたのは丸山真男です。丸山真男の「現在政治の思想と行動」という本は、全巻日本の悪口ですから。あれの続編で、「自分は日本の恥部を暴くことが使命である」とはっきり言っています。だからアメリカの大学の必読のテキストになっています。つまり大江はそれの二番煎じをやった。

大江健三郎は、日本国民は罵るが、世界国民は罵らないという一貫した政策を持っています。過去二十年、絶対にいかなる著作物を調べてもアメリカ批判を一言もしていないし、ソ連の批判もしなかった。つまり日本以外の、あらゆる国の批判をしていない。大江さんという人はつくづく思うに営業がうまい。そうでなければ、ナポレオンの将軍を王朝の祖といただくスウェーデンからの勲章は喜んで、わが国の文化勲章は断るという矛盾を平気で犯す、などということはできないはずです。(引用終わり)


自分の生まれた国のことをこうまで悪し様に罵りながらも、日本から出ていかない売国奴。更にわざわざ国外まで行って日本の悪口をふれて回るというのはもはや狂人の類いでしょう。

自身の評価のためというのを別にしても、自分の中の芯になる拠り所が腐敗しているか、他国から金銭を受領した走狗のどちらかか。この人達はこうまで自分を育んでくれた祖国を悪し様に罵り、何を基準に生きていけるのか?

毎度感じてしまいますが、こういった輩には、日本人とは名乗ってもらいたくないし、即刻日本から出て行ってもらいたいものです。

次期総選挙の選挙結果を捏造するためのイメージ作り

次期総選挙の選挙結果を捏造するためのイメージ作り

【アンケート結果】「あなたが選ぶ、首相にふさわしい人」
博士の独り言(みなさまのご協力に感謝)より転載

 結果については、上位が、
1位が麻生太郎氏(現総理)で1,182票(得票率は57.8%)。
2位が安倍晋三氏(前総理)で317票(同15.5%)。
3位が平沼赳夫氏(平沼グループ)で148票(同7.2%)の順となった。
読売新聞社が実施した面接方式の全国世論調査(4月25~26日)によると、首相に最も
ふさわしい国会議員のトップは小泉元首相14・8%、2位は舛添厚生労働相9・0%の
デタラメな情報操作を暴露した衝撃的なニュースを広めよう。
読売新聞社のこの情報操作は次期総選挙の選挙結果を捏造するためのイメージを作る
準備工作と考えられる。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj.cgi#5月8日_00時07分54秒


CO2削減議論のまやかしと欺瞞

>愛信様

いつも、各ブログを回り、貴重な情報を拡散する姿勢に頭が下がります。お疲れさまです。

京都議定書でのCO2排出量削減協定で、相変わらずの明確な自己分析も自己弁明もせずに過度な目標設定を受け入れた日本、ばか正直外交そのものです。

日本の環境技術はすでに世界最高水準ですので、これ以上のCO2削減は、例えれば硬く絞った濡れ雑巾を更に絞り切るようなものだと聞いたことがあります。つまり、短期での過度な目標設定受け入れは、高額の金を出しての排出権の購入以外、日本が選択できる道がないということになります。

私も、武田邦彦さん(中部大学総合工学研究所教授)の「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」を読んで、その欺瞞構造に唖然としました。

そもそも、排出量が圧倒的に多い世界一位と二位のアメリカ、中国が取り決めに参加していない枠組みの中で、排出量削減を取り決めようとしても、貴方様が仰っているように、まさに絵に描いたモチです。

こんな議論の発端となった会議を京都で開催するように取り仕切った日本の主要関係者は誰なんですか?
腹立たしくて、馬鹿らしくてなりません。

新型インフルエンザについてなのに、遅くなってしまいました。

貼っておきます!
■○■○■   麻生内閣メールマガジン第30号    ■○■○■ 
 □●□●□             2009/05/14    □●□●□ 
☆★新型インフルエンザについて、総理から皆さまにメッセージがございます。
「かからない」「うつさない」を心がけましょう。   ★☆

●麻生太郎の「強く明るく」

 先週末、米国から成田空港に到着した方々の
新型インフルエンザ感染が確認されました。

私の新型インフルエンザに対する考えを、直接、皆さんにお伝えすべく、
太郎ちゃんねるで配信しておりますので、どうぞご覧下さい。

□総理メッセージ「新型インフルエンザ」について(太郎ちゃんねる 動画)
http://www.kantei.go.jp/jp/asovideo/2009/05/9563/normal_play9563.html

□総理メッセージ「新型インフルエンザ」について(テキスト)
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2009/05/11message.html


●「太郎ちゃんねる」
 メルマガ読者の皆様を対象に、麻生総理へのインタビュー動画「太郎ちゃ
んねる」を配信しています。
 今週は、世界的拡がりをみせている新型インフルエンザについて、総理か
らのメッセージを配信します。
 なお、今回のメッセージは政府インターネットテレビでも掲載しています。

以上が、抜粋部分

総編集長:内閣総理大臣 麻生太郎
編集長 :内閣官房副長官 松本純
発行:内閣官房内閣広報室(〒100-8968 東京都千代田区永田町1-6-1)


ブログ主様には、いつも、お世話になっております。
最近トラックバック、送らせてせていただいてます。

まだまだ不勉強ですが、よろしく御指導お願いいたします。

ブログ主様、論客に皆様、今日は。
私の場合、経験談しか書きえません、
私の在職中のお世話になった、年配の工場長にシベリア抑留帰りの方が居ました。満州で連行されたそうです、

本人は飲んだ席、酔った席でしか、話しませんでしたが、本当に辛い経験だったと思います。
彼は末端の兵士で、旧将校とは違い、なんの恩典も無く、辛酸、なめたそうです。とにかく、腹がへってレンガがパンに見え、汚い話、他人の吐しゃ物まで食べたそうです、。奇跡的に彼は生き残り、日本に帰る事ができましたが、栄養失調の影響で、後まで、残りました。

結果的にシベリア強制収容所でどれだけの日本人が死んだのか、数字は把握していませんが、膨大な数と思います。
ロシアは隣国として、絶対に信用できる国でありません。

追申
恩義さん、前回よりも、精神病の症状、酷くなったように思います。
早く、手当てしないと廃人になりますよ。

「幸福の科学」って訳のわからに信者に告ぐ。

このブログにトラックバックを貼り付けることは、君らの布教活動かもしれないが、迷惑千万。そしてブログ主のブログ公開趣旨ともかけ離れているものと思う。

我々は、日本の国体をのあり方に疑問を持ち、古事記に記されて以来の日本国の伝統、文化の価値感に基づく日本国の復帰を目指している。

「幸福の科学」を英語の表現とすると、(the Sciennce of Happiness)
みたいなものに翻訳されるかもしれない。しかし。科学、”Science" と言う言葉は、何も自然科学のみに使用されている言葉ではないが、厳然たる整合性のある、"Logic" の意味を持つものであり、合理性が誰にも理解できるものでなくてはならない。

君らの新興宗教は、創価学会、統一教会、オーム心理教、摂理みたいなものと区別して、一般の社会にて理解を得ているものではない。それを、このブログに貼り付ける行為は、「荒し行為」としてか判断できるものではない。早急に迷惑な行為を止めていただきたい。

我々は、日本の国体をのあり方に疑問を持ち、古事記に記されて以来の日本国の伝統、文化の価値感に基づく日本国の復帰を目指している。

「幸福の科学」を英語の表現とすると、(the Sciennce of Happiness)
みたいなものに翻訳されるかもしれない。しかし。科学、”Science" と言う言葉は、何も自然科学のみに使用されている言葉ではないが、厳然たる整合性、論理性のある、"Logic" の意味を持つものであり、合理的に誰にも理解できるものでなくてはならない。

君らの新興宗教は、創価学会、統一教会、オーム心理教、摂理みたいなものと区別して、一般の社会にて理解を得ているものではない。それを、このブログに貼り付ける行為は、「荒し行為」としてか判断できるものではない。早急に迷惑な行為を止めていただきたい。

くれぐれも謂っておくが、これは君らの言論の自由を云々と言うものではない。一般社会に害悪を起こさない限り、君らの集団に限り何を話そうと、やろうと自由なのを阻止する意味ではない。以上

西松建設献金事件:使途秘匿金26億円 取締役大半退任へ

■裏金作り■ 
海外事業を巡り約10年前から裏金作りを実行した。マレーシア、タイ、香港、米国でペー
パーカンパニーを利用した架空発注などを行い、5事業で約8億9300万円の裏金を捻
出(ねんしゅつ)。うち約3億3300万円が国内に持ち込まれたが、使途は判明しなかった。
【在日韓国朝鮮人とパチンコ屋に特別の税を課せ】はこちらをクリックして下さい。
架空発注で得た資金の出し手は誰か、天網恢恢疎にして洩らさず。西松建設は深く反省
して二度と政治献金は行わないと石橋直社長の弁

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。

bingoさん!またですか?

まず、言っておきたいのは、
書き込みは個人でやってること!
「君ら」、という言い方は止めなさい。
自分で考えて行動している。

私のブログであり政治!宗教でない。
宗教が政治に政党を作るということから
記事にし始めただけ。
応援してもいいはずでは?。

組織に問い合わせたりしても
貴方が恥をかきますよ。
自分で勝手に書いてるだけのことです。
信仰の自由にしたって、
法律で保障されている権利です。

あと「我々は」でなくて貴方でしょう?

こちらは個人のブログであり、よほど反日的な
書き込みでないなら良いと理解している。
http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-410.html#comment6260
この記事での管理人さんの宗教観とは、
まったく一致いたします。

こちらで、おおらかに宗教的なことでも、
書かせて頂けるのは家がお寺にご縁があり、
宗教に理解が得られる管理人さんと思うから
・・・・貴重な御存在です。
だから、コメントしている、というか「できる」

反日的どころか、これからあらゆる意味において
大事な動きだ。政治、教育、宗教、憲法改正。
正していかねばならないと思う自分があった。
その為にも、うだうだ言ってる場合ではなく
ありとあらゆる手段で、動けない日本を、動かして
いかねば、間に合わないと思いませんか?

何も分からない、という貴方のほうが、
何が悪いということでなく
「判りもしない」ということで批判する。
そのことのほうが危険だ。又、異常だ。
書き込むたびにOOするな!と何度も個人攻撃してくる。
おかしくないですか?
あなたの主張は民主主義の国の考えではない。
中国共産党なら理解が得られよう。

それでも、
管理人さんでなく、貴方が、以前、書き込むな!と、
言うから「貴方に」気を使って、自分のブログに書いていた。
それを報告することも許さないと言うのか・・・

・・・自分の気に入った書き込みだけ許す。
だとしたら、「傲慢」なのではないですか?
貴方は、人様のブログで、何を差配し考えておられるのか?
もっと、世間にどのような点など、評価されているか、
調べてから批判なり、発言されたほうが、いいと思います。
いま、多くの方の眼が注がれています。
・・・貴方の為にです。

>桜咲久也さま:

あなた様の仰るとおりです! 

恩義(Oblige347)さま

起きてらしたんですか?
まぁ、貴方様に言っていただいても
思想が違うと思いますので・・。
本来、「内輪の喧嘩」になるべきものなんですよね。。。
ここは、気軽な気持ちで何でも書き込める、交流の場で
あった筈なんです。
貴方様も色々おありなんでしょうけど、方向性は
間違えないようにされてくださいね。
右と左だけでなく、[光と闇]、の違いというのもありますから。

人に攻撃したり不快な思いをわざわざ、させないように
・・・ということです。そういう意味で、貴方も
頑張って良い人生を選択、生きてくださいね。

★桜咲久也さまへ:

>起きてらしたんですか?

GMT±0地点に居ますので。 日本は、こっちがサマータイムの時は、GMT+8でしょ。


>思想が違うと思いますので・・。

あなたの思想を知らないのでなんともいえません。 ちなみに、小生は功利主義者であり、反皇族、反日本政府、Anarch-capitalist ですので。 

>貴方様も色々おありなんでしょうけど、方向性は 間違えないようにされてくださいね。

とにかく、日本人辞めるか、日本社会を根本から覆すこと、そして功利の追求が小生の人生目的ですので、それ以上はとやかく言われたくありません。


>人に攻撃したり不快な思いをわざわざ、させないように

別に、あっちから食って掛かってこない限り、小生は理路整然としていますよ。


>・・・ということです。貴方も頑張って良い人生、 生きてくださいね。

ありがとうございます <(_ _)>  桜咲久也さまも小生と生きる目的は違えども、あなたのこれからの人生における飛躍と成功をお祈りしておりますよ。

ありがとうございます

>あなたの思想を知らないのでなんともいえません
そうですね、日本に生まれているし、日本が好きです。
日本をはじめ世界も愛してます。
あと・・貴方様へコメントした直後に
見つけたのですが(本当に偶然か?)とか、また
言われそうだから貼りたくなかったんですけど本当です。
↓↓これ。海外版にでもなって、上映映画館でも見つけることが
あったら、ごらんになってみてください。
ぜひ私も見てみたい映画です。
http://www.buddha-saitan.jp/wb/index.html

追信、私も貴方さまの、「幸福と御健康」を
お祈り申し上げております。どうか、お元気で。

このブログは日本人のものと認識しています

>こちらは個人のブログであり、よほど反日的な
書き込みでないなら良いと理解している。

違いますね。このブログは日本人のためのブログであると認識しています。
したがって原則として外国人はご遠慮願うべきではないかと思います。どうしても投稿したいのなら、その身分を明らかにして投稿するべきであると思います。
もちろん在日朝鮮人は明白な外国人です。しかも、違法に入国した人あるいはその子孫である場合が多く、限りなく犯罪者に近い外国人であると認識しています。
したがって在日朝鮮人の方も投稿されるのなら、その身分を明らかにして頂きたいと思います。

おもしろい視点ですが...

考えすぎです!!
管理人さん。人が良すぎますよ!

.

>縄文人さんへ、
ワタクシに投げかけられた問いかけでしょうか?そうとれますが。
攻撃される理由がわからない。在日朝鮮人の方って?なんですか。

>よほど反日的な 書き込みでないなら良いと理解している。

私の考えでなく、確か記憶ではそんな趣旨だったと思います。
以前は、随分「反日的な書き込みを削除してほしい」と隠しコメントで何度も
管理人さんにお願いしていましたが、それからは止めました。
管理人さんの懐の深さを感じたからです。

あと、人の投稿を理解しているのですか?ブログも、見ていただければ趣旨は
わかると思いますが。たぶん見ない。
私の出どこは過去の投稿も見ていただければ判ります。
以前から愛国心を言ってるのに、それも読んでないから、
ひとつのコメント投稿だけに反応する。

日本を応援するために自分もブログを作ったんですから!
いちいちもう、面倒くさいのでお答えしませんので・・・・

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/222ef44a8ea828e37d80fc5f67f46e30

行動もしてるから、こうして証明できるからいいようなものを。
他にも、失礼を言われて傷ついてらっしゃる方も多いんじゃないんですか?
そんなことなら、日本国の建て直しも手伝ってくださいよ!
ネットで味方を、斬りまくるばかりじゃなく!!。

受付でも、会場整理でも、どんな講演会場でも、今、人手を必要としてますよ。
ささやかなカンパでもいいと思いますよ。日本のために頑張る人たちを応援したい。
何処だって応援しますよ。それは宗教ばかりでなく・・・・。
プラス、私はネットで啓蒙したいだけです。いろんな愛国の講演会などの
案内もするんですから。

こういうことで反論することが、ブログへの嵐になっているんです。
それが狙い?とまで思ってしまいますよ。


↓ブログ主さんの記事より。

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-447.html
毎日皆様から寄せられたコメントを読んで勉強させてもらっています。
私だけでなく訪問された多くの方が「すぐれた真理、深い知識、」を知り
目覚めていきます。

私が書いた稚拙な文章など無視してください。コメント欄を開放する事に
よって「邪法」に毒された多くの人々を「正法」に導いていきます。

まさに現代版の寺子屋です。この寺子屋から日本の未来を背負った
人材が排出されるような夢を迂闊にもみてしまいます。

FC2さんからこのブログを削除されないために、コメント欄を維持する
ためにも、時たま幼稚な記事をアップさせる努力をするつもりです。

若い方や、女性の方に希望します、知的レベルの高いコメントに
臆することなく、自分の思いを、勇気を持って投稿してください。
気の休まる楽しいコメントも必要です。お互い毎日の生活に追われ
ていれば、書きなれていない文章を書く辛さも十分わかります。

このコメント欄は、上からの一方的な教えでなく、お互い意見や
知識を披露する事によって自分を磨いていくことができます。

偏向報道のテレビ、日本を捻じ曲げる左翼新聞、日本の過去と
現在を非難攻撃し子供たちを反日教育する日教組、国を売る
政治家達によってわが国は国家の力を弱め、国民の元気をなくし、
日本国民としての誇りを消滅させてきました。

しかしこれらの狂った日本人の正体を暴く時がきました。我々は
今まで知らず知らずのうちに狂信の垂れ流す害毒に染まってきま
した。このコメント欄に入り込めば一人でも多くの日本人が覚醒し、
日本国民としての誇りを取り戻す事ができます。

投稿されている論客の皆様は言論を商売とするいわゆる知識階級
と呼ばれている人たちではありません。純粋に国を思い,国を憂い、
日本国に恋している人たちの集まりです。

日本を近代国家に成育するように国民の啓蒙に乗り出した福沢諭吉
のような人たちの集団です。日本だけを限りなく侮蔑し卑しめ、おとしめ、
罵るような異常な知識階級の日本人ではありません。福沢諭吉のように
愛国心から発する批判でなければいけません。

知識階級だとか、進歩的文化人などの高級そうな名称に誤魔化され
てはいけません。知識階級の頂点に位置する左翼思想の大学教授
達は知識もなく進歩的でもありません。

私が学生の頃、左翼全盛時代でした。この人たちは常に程度の低い
国民を教え導いてやっているのだというエリート意識で国民を見下して
いました。
以上、抜粋終わり

此方のほうも、よろしくお願いいたします!

http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/095ec0a323db4c137ece0a698cfa6818

すでに予約で満杯かもしれませんが、問い合わせてください。

私は56億7千万年待ちます・・・

>桜咲久也さんへ
縄文人さんのコメントは別の方に仰られたように感じましたよ。
布教行為をしなければ問題ないと思います。

エル・ランティー様^^

ありがとうございます。
いえ、私なんです。
そこでもこの件に関して「政治」だって書いてるんですが
どこまでも「宗教」にしたいらしい。
御耳が「餃子状態」らしいです。

↓の投稿で、つっこまれていましたので・・・
2009/05/17(日) 02:59:10| URL| 桜咲久也 #ncVW9ZjY
あと、組織など で動くのは好きでありません。
短気ですしね。なんか、そういう憶測がいやでした。
指図で動くような・・・。
私は、自分の良心と、神仏に問いかけて決定し、
行動してます。正直な自分の心です。それを・・

辛抱は・・・うん、ハイ・・・足りんですね。
これは、受け入れます。。。お世話様でした。

> 桜咲久也 さん

布教活動ごくろうさんです。どうぞ、あなたが書きたいことを、いくらでも書いてください。そして、トラックバック、いくらでも、「幸福の科学」を貼り付けてください。

よく考えたら、このブログは私のブログでもないし、あなたのブログでもない。私がここに書き込むようになったのは、国を思う保守派の論客が多く、すばらしと思っていたからです。少なくとも個人的、わけの分からない新興宗教を貼り付けるブログとは、違っていた。

あなたとは、布教活動と言う接点もないし、あとは、ブログ主様と、ここに以前から来られている論客の方々の評価と判断でしょう。

で、しばらく、静観するしかないと判断しました。時間とくだらない書き込みに翻弄される暇はありません。また、論客の方々が戻るようでしたら、参加をさせていただきます。それまでは、自分のブログ中心で、将来の日本のための言論活動を充実させます。

検索してみてください

B層
共謀罪
北朝鮮人権法
911真実
新憲法草案

小野田寛郎氏「講演会」盛大に開催

博士の独り言より転載
みなさまのご協力に感謝  
先稿で、開催・周知のお手伝いをさせていただいた小野田寛郎氏の遺言講演会が5月15日
に開催された旨、企画・主催者の国思う士より伺った
---中略---
当日は、西村眞悟議員をはじめ、国思う国会議員ならびに地方議員の諸賢も計60名近く
参加されたそうだ。諸賢とともに、日本が毅然とあることを願い、以上、講演会成功の御礼
報告とさせていただく。
平成21年5月吉日

祝! 小野田寛郎氏「講演会」大勝利

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi
【政治・経済タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。


世界が欲しがるジャパン・カード

コメント欄に精神に異常をきたした人が跋扈していますが、反日の国も反日の人達も、こう言う人間の集まりと思えば分かりやすいです。

只、ロシアは精神に異常の国の分類には当てはまりません。

プーチンは、アメリカから日本を引き剥がせば、アメリカは崩壊すると見ているようです。その為に今後日米離反の工作を行うと思われます。

日本の価値は当然アメリカも知っている筈。このとこに気付けば日本はアメリカから色々の譲歩を引き出せる筈。常任理事国の推挙、核保有の容認、竹島尖閣北方四島の日本領土認定。河野談話破棄の容認。色々あります。

そして国の付き合いには、以下のファクターも考慮すべきでしょう。
1、精神異常的反日度
  特亜三国>アメリカ>ロシア
2、約束不履行度(嘘つき度)
  特亜三国>ロシア>アメリカ

日本国民としてはジャパン・カードの価値をさらに上げることに勤めるべきでしょう。

bingo様、UNI様、憲法論議の返事は「9条を改正して武士道精神を」に書きました。異常者の書き込みも多いので、早くナポレオン・ソロ様にも復帰して欲しいものです。

HNナポレオン・ソロ氏について

>異常者の書き込みも多いので、早くナポレオン・ソロ様にも復帰して欲しいものです。

んなもん、期待しないほうがいいと思いますよ。 だって、あのナポレオン・ソロとか名乗る輩、そんなに人間できた奴とは思えません! このまえ小生に対するあの愚弄の仕方、あれはひどいものです。 こんな東アジアの偏狭部族国家の言語に関して云々抜かしやがって、結局はほかの日本人愚民と同じく数の勢いで、日本だけでしか当てはまらない偏狭な常識(誤った良識)で小生の実力を過小評価どころか侮辱しやがった! あんな輩の精神を強制的に改良するぐらいの社会の天変地異を促す改革が行われない限り、この日本はいつまでの腐った母国ですよ。

このブログについて

むろん、ここのブログは評価していますよ。 そりゃぁ、中韓に赴いたことないから、生で中韓を知った経験を記されているブログは重宝しますよ。

んでも、違うことは政治と日本感ですな。 むろん、中韓も情けないほどたいした国ではないでしょう。 んまぁ、それだからこそ中華人民政府は、遅れた支那民族を修正し人民開放を施しているのですが。 韓国だってパクチョンヒ将軍のような偉大な人物が率先して開発独裁をしいたじゃないですか。 それに日本も中韓に負けず劣らず情けないほどたいしたこと無い文明です! まだ、市民革命も起きていないし、遅れた民族を近代合理主義に適応させるために翻弄する人民政党の存在も無い! しかも、住民の多数派は卑屈であること限りない醜態です! そして、戦争も経済成長も、天皇崇拝という人民の心を蝕むアヘンを使って、圧政を敷いて人民を愚民化もしくは強制労働を押し付けて、かりそめの国民国家、かりそめの資本主義を導入したのです。 本来これらのエレメントは、人民一人一人が啓蒙思想を持ち、確固たる党が偉大なる西欧合理主義を掲げ、市民社会が誕生した後に創設されるもの。 だから、仮に外面から国民国家や資本主義に見えても、所詮、中身は前近代の東アジアの偏狭部族社会的な封建主義のままなのです。 だから、倭族はまだ精神的に未熟だし、卑屈極まりなく、周りの足を引っ張り、世界に醜態をさらしている結果となっているのです! こういう事実を、日本人として生まれて恥ずかしいと思いながら、そういうことを必然的と受け止めて、日本人であることの悲惨さに押しつぶされて自殺しないようにしなければいけないのですよ。 日本人であってしまったことを恥として心に秘めて、それを乗り越えて地球市民になろうとし精進することのみが、立派な地球に生きる人としての役目ではないでしょうか?

宗教と基地外と自称国士様の巣になっててワロタ

良識ブログを復活させよう!

久しぶり来てみました。

仰天しました。

撤退的に打倒すべき左巻きがとぐろを巻いているではありませんか。

皆さんで協力してこの左巻きを叩き出しましょう。

「恩義」だと?
ふざけたHNをつけやがって!

とっとと出て行け!
ここはオマエのような腐った奴がいるべき場所ではない!


困ったもんだ

別に好き勝手言う事に、文句を付けたい分けでは無いのだが、コメントというものはブログ主様の文章に対する感想や意見を述べる場であって、それ以外の目的で入場される方はちょっと困ったもんだ。

このブログは、健在です。

>恩義さんへ

貴方はなぜ、ここに頻繁に顔を出すのでしょうか?貴方の主張は、先日このブログの主様より削除されたはずです。ということは、ブログ主様も貴方の主張はこの場に相応しくないとの判断をなされているのだろうと推察します。


>小生は、功利主義者であり、反皇族、反日本政府ですので。


ここに集われるのは、この日本を愛し、誇りとする方々が、ここのブログ主様の主張に共感なされて参集されているのです。その主張は貴方の主張と相容れるはずがありません。

貴方が上記のような主義で主張するなら、排斥されて当然です。ここは国を愛し、国を憂う方々の素晴らしい議論の場であるのです。
もう貴方の主張のベースはわかりました。私達とはベースが180度違うのですから、一致点は見出だせません。それに何度も同じ排斥にあいながら、何度もここに来て同じ主張をするその精神構造を心配します。

加えて、私は海外を回り、感じてきたことは、日本以上に素晴らしい国が世界にそれほどあるようには感じないということです。もちろん、世の中には「完全」はありません。それぞれの国に長所もあれば短所もあります。総合的に判断して私は、日本は世界でも数少ない素晴らしい国だと考えています。

貴方が日本以上に素晴らしい国があるというなら、それらを列挙してくれますか。そして、いち早くその国に努力して移住してください。

毎日皆様から寄せられたコメントを読んで勉強させてもらっています。
私だけでなく訪問された多くの方が「すぐれた真理、深い知識、」を知り
目覚めていきます。

私が書いた稚拙な文章など無視してください。コメント欄を開放する事に
よって「邪法」に毒された多くの人々を「正法」に導いていきます。

まさに現代版の寺子屋です。この寺子屋から日本の未来を背負った
人材が排出されるような夢を迂闊にもみてしまいます

http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-447.html

期間不定でコメント欄を承認制にすべきだと思います。

ブログ主さま、前にも述べましたが、私はブログ主さまより、管理人様と呼ぶことにしています。ブログは、義務でもなく、またコメント欄における言論の自由度を競う場でもありません。管理人さまがコントロールできる言論の広場です。ブログが有名になると、荒らす方々が必ず登場します。たとえば、最近は更新をお止めになり、残念な坂 眞さまの「依存症の独り言」という有名なブログもそうでした。ソロさんや猪さんもよく投稿していた事もあり、私も坂さまに育てていただいた生徒です。それまでは仕事のこと以外、何も知りませんでした。

  さてコメント欄復活の解決方法は簡単です。お忙しい中、申し訳ありませんが管理人様の承認制をとっていただければよろしいのではないでしょうか。自由な投稿の反対は、言葉に責任を持つことです。ところがそれを理解しない方々もいらっしゃるようです。

 前述の坂 眞さまも異常な投稿に悩まされ、承認制になさったそうです。投稿後数日経過してからコメント欄に投稿が載ることもありました。しかし私の経験によると、それがブログの地位を引き下げることはありませんでした。荒らす方の行為のほうが、はるかに問題だったからです。

 最近立ち寄る多くのブログで、荒らし行為が目につくようになっています。自由なネット言論が気に入らない勢力の台頭か、あるいは個人の方かはわかりませんが。

 ではブログ主さま。よければ民主党の党首交代や中国の環境汚染、オバマ政権の評価などについての意見を読ませていただければ幸いです。運営に関しては前述の坂 眞さま、あるいは知り合いの方に相談なさると、技術的な事も教えていただけると思います。

 執筆中のお忙しい中、勝手な事を済みません...。
 承認制へ移行の御検討をお願いします。庭の芝刈りも、手を抜くとあっという間にたいへんになります。ブログの芝もマメに刈っていただければ、また美しくなると思います。

 

コメントおよびトラックバックの制御は必要だと感じます

「中韓を知りすぎた男」つまりブログ主さんへの負担が大きくなることは残念だとは思いますが、普通の国民 さんのコメント(承認制)に賛同します。

人気が出れば注目度が高まりますので、「荒らす」行為そのものの重要度が高まります。つまり「荒らす」意義と価値が高まるということですね、トラックバックも同じで、人気のあるブログを使って、・・・「「「宗教宣伝活動がタダで出来る」」」・・という便乗商法です。いくらそれ相応な意見を言ってみても、単なる小汚い便乗にすぎません。

ブログ主さんの本がこれから出版されようとしている時だからこそ、コメント欄を含めて、きれいに整理しておくことが肝要だと思います。

出版後にあそこのブログはあのように荒しにやられまくっている変なブログだよ・・という風評を流され、出版の主旨を曲げられる可能性があります。

この先、ブログ主さんの出された本を見た一般の方々がブログを訪れ、そのような変な感覚にならないように、今から承認制にして、日本人の、日本人のための、日本を思う、本当の保守の世界の論客を更に招き入れることのできる世界を作っていければこのブログから日本を変えられるかも知れません。

ブログ主さん、勝手なことを言って申し訳ありませんが、もうこのブログはそれだけの価値を持てるブログにまでなっているということを認識して頂いて、運営をお願いしたいと思います。

一言だけ失礼します

>日本人であってしまったことを恥として心に秘めて、それを乗り越えて地球市民になろうとし精進することのみが、立派な地球に生きる人としての役目ではないでしょうか?
2009/05/17(日) 20:07:33| URL| 恩義(Oblige347) #-

ワッハハハハ。面白すぎます。

斜めに受けて申し訳ありませんが、まじめにどのように議論すればいいのか私には分かりません。

それから、
>君らの新興宗教は、創価学会、統一教会、オーム心理教、摂理みたいなものと区別して、一般の社会にて理解を得ているものではない。それを、このブログに貼り付ける行為は、「荒し行為」としてか判断できるものではない。早急に迷惑な行為を止めていただきたい。
2009/05/16(土) 21:17:53| URL| bingo #mIug5Ryo

同意いたします。

思惑は

民主にもいる反日左翼たちは、新党発足の保守団体に対しては、
たぶん宗教的なことを許さないとかいい、目の仇にしていくんだろう

幸福?のための科学

ここ最近の流れ

・「たま」さんが、最近になって、なぜか頻繁に教祖様のお言葉を長文コピペで張り始める。
#この時は意図が不明だった。
・「桜咲久也」さんが、「私は行動を開始した」と宣言し、当時 google ですら数百件しかヒットしなかった「幸福実現党」を目ざとく「発見」し、なぜかこの場で応援宣言する。
・しかし本人は勧誘ではない、と思っているらしい。

日本人の未来はこれからが、試されているということだ

ミリオタ=平和市民団体

>(略)自称国士様の巣になっててワロタ
日本人の権益を考える人たちのことを「自称国士」とレッテル張りする君は誰なんだい。

書き方は語る

こんにちわ。

HNが変っても書き方は直せないものなんですね。
文の書きグセと言うのでしょうか。
あれ?この人あのHNの人じゃないのかな?というコメントが多々ありました。 
あくまでも私の感じ方ですが、でもここまで特徴があると分かりますよ。

「優華まま」さまは「たま」さんでしょう?





裁判委員制度凍結を支援します。

国籍法改悪を強行した法務省が熱心に推進するこの制度は日本人社会の破壊を企てる
特定政治団体による司法の支配を行う危険なもの。
在日朝鮮人や日本人社会の破壊者で裁判員を独占して日本の司法を支配する企みを阻止
して下さい。
国籍法改悪と同様な犯罪を許しては成らない。
裁判員制度凍結へ超党派議連には日本列島は日本人だけのものではないと言う鳩山民主党
新代表も参加しています。
憲法が保障する「思想・信条の自由」を威圧して日本人の人権剥脱へ向かうこの制度は
人権擁護法案の成立を目指す一歩であり、後戻りは出来ません。

【国政に対する要請書】コメント一覧
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi

エル・ランティとは懐かしいです

 恩義さんのことは、わたしは頭が良い単なるムスカだと(『天空の城ラピュタ』のですよ)思いますよ。恩義さんのコメントに皆さんが過剰反応しているようなんですが、彼のブログまで行って意見する人がいないのは何故でしょうか?彼はごていねいにもリンク貼っていますので、文句などはそちらに書き込まれてはいかがでしょうか?誰かのコメントが来ても、それはブーメランというもんですよね。ね、恩義さん。
 
 それからエル・ランティという懐かしいHNを見ました。わたしがかつて知っていたGLAという宗教団体の教祖高橋信次(たしか、このような名前)という人の前世での名前でしたよ。この教祖は丸い福福しい顔をなされていたのに急激にげっそりと痩せて他界しました。その後あとを継いだ娘の高橋圭子は自らを大天使ミカエルと名乗るという暴挙にでました。その影響を受けて作家の平井和正は『真創世記』という本を彼女のためにゴーストライターとなって書き下ろしたのです。
 このGLAの顛末は彼の『幻魔大戦』にそっくりに書かれているんです。教祖が死んだところは主人公が失踪したことになっているんです。
 GLAではよく過去世(前世のことらしい)で使っていた外国語で話しまくるというショウをしておりました。「わたしは昔ギリシャで生まれた神官でした」と、外人訛りで話すのです。教祖の娘もだからミカエルだと言ったのでしょうね。これは、かれこれ20年は昔の話ですよ。
  これらの経緯の後に、何故《幸福の科学》にエル・ランティが獲り込まれたのは不明ですが、出所はこういう所です。
 宗教とは自分の心に秘めて信ずるものです。そのほうが有り難味がありますよ。軽々しく口にするのはよしなさい。自分でだけ、しっかりと信仰すれば良いのです。

スリランカ内戦が終結しましたね。
おまけに政府側の全面勝利(?)です。
管理人さんも、この出来事に思うところがあると思います。
そのことをまたブログで聞かせて下さい。

なりすまし

こんにちは

幸福の科学の大川隆法総裁先生は、幸福の科学の会員が守るべき大切な徳目の一つとして「反省」を挙げておられます。

最近このブログに出没している幸福の科学の会員と称する者たちのコメントを見ていると「反省」のかけらも感じられない。


私は幸福の科学の一会員として非常に憤りを感じています。

→「桜咲久也」

→「たま」

→「あゆ羽」


上記の者たちは、本当に幸福の科学の会員なのか?

本当の会員ならば、このブログにおいて自分達の心ない行為が大変な顰蹙を買っている事実を心から「反省」し、二度と迷惑をかけないようにするべきだ。


「反省」など聞いたこともないと言うのなら明らかな「成り済まし」と断定できる。

一般の方から見れば所詮「目くそ鼻くそ」の類いでしょうが、このブログが本来の良識あるブログらしくあって欲しいとの思いで、コメントさせていただきました。


ナポレオン・ソロさんやbingoさんのコメントをまた存分に拝見したいと思います。

私の思い

初めてコメントさせていただきます。ずっとこちらのブログを読ませていただいていましたが、ちょっとなんだか読むのがつらい感じになってきたので書かせていただきます。
宗教を信じること、心の中に何らかの教えを持つことはそれを必要としている方には大変良い事だと思います。ただ、こちらのブログに私が求めているのは皆さんがそれぞれブログテーマについてどう考えるのかという個人的見解なのです。いろいろな考えを読ませていただいて自分の中のまとまりのない考えに少しで道筋がつけばいいなと思っています。だから、どんな意見でも私にとっては貴重な教科書です。
信仰を否定されるのはつらい、いじめだ、偏見だとおっしゃる方もいらっしゃいますが、たぶんこのブログにコメントされる方のどなたもそういうつもりは無いと思います。個人の意見表明の場に団体やその代表者の名前を出してコメントが出てくることに強い違和感を覚えるからだと思います。(私がそうです)
ブログ主様がせっかく提供してくださっているオアシスなので、一考していただけるとありがたいです。

宗教者の常識が一般の常識と違うことに対しての配慮は必要ですよね。

自分たちにとっては、当選の感覚が、外側の人間の意識には教条てきに捉えられることに対して、無自覚なんだよね。


だから、幸福の科学を名乗るのは、いいけどさ。

幸福の科学の信者の意見として一つの視点を示す姿勢を取るべきだよね。


その視点の高みによって、感化、影響を与える事で、勉強になるからね。

上から目線はよくないよ。

布教活動じゃあないんだよね。

言論なんだよね。

あしはなさん、

特定の宗教団体の名称や代表者の名前を、ここで出すことは本当はタブーだと私も思います。

本当にその宗教とは関係の無い人たちにとっては不快極まり無いことだと思います。

でも今回はあの連中の行為を止めさせるためには致し方ないと思い、敢えて名称を上げました。

不快な印象を与えて本当に済みませんでした。

なりすましとは

偽者が、たくさん人のHNを使い混乱させることです。

せとさんとこにもよく現れるが
muy bien さん、本当の会員ですか?

今が「どういう時」か、おわかりですか?
それなら、「書き込みを見れば判る筈、」
古くからの名もある。それに・・・貴方には「愛がない」
もしそうなら、もう、ここでのこんな書き込みは
信用を落とし、それぞれ、混乱させて御迷惑なはずだし、
本当の会員はしない!!良識で考えても
意見は、こういうところでなく
桜咲久也のブログに来てメールを
くださるでしょうから。

ただ、一言。
保守政党が出来ると困るんでしょう?

おなじみさんなら、もとのせとさんの
とこにてお願いします!!とことん
話しましょう。伝えておきます。

ブログ主さん、
ここまで、甘えさせていただきながら
こういう状況になるとは考えていませんでした。

宗教でない政治での、大事なことでしたが
色々意見を言って下さった方のおかげで、
ここで、もう充分、「お知らせはできた」と思います。

場所をお借りし、お礼を申し上げます
感情的になりお騒がせして申し訳ありませんでした。

投稿削除いたしました。

混乱の元で御迷惑になりますので 。

2009/05/18(月) 11:59:44| URL| OOIDOYA #LkZag.iM [編集様
>獲り込まれたのは不明ですが、出所はこういう所です。
>排除の方向のようです。

(*^_^*)

muy bien さま
いえいえ、こちらこそ恐縮です。なんだか私偉そうでしたね。
これからもよろしくお願いします。

保守政党は応援します。

創価学会撲滅運動実行委員会

創価学会の宗教問題
http://page.freett.com/sokagakkai_komei/shukyou/index.html

sokakitacho
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sokakitacho.htm

宗教法人解散命令
http://blog.goo.ne.jp/adlum99v3t/e/7511ee6a8f500b23fee9b6ce9aa1f331

創価学会撲滅運動実行委員会
http://www.freepe.jp/i.cgi?hihan

国境なき記者団、「インターネットの敵」を発表

http://blog.m.livedoor.jp/taisa1978/c.cgi?guid=ON&id=534264

管理人さんの素晴らしい記事、コメントを書く皆様の深い知識に敬意を表します。

ついでですが、このブログの品位を貶めようと不断の努力を続ける方々。本当にお疲れ様。最終的には逆効果だと思うのですが、適度に頑張ってください。

コメント欄が何やら好ましくない雰囲気になりつつあるので、誰にともなく申し上げます。

今回の記事の中で管理人さんは次のように述べておられます。

>ところが日本は信頼関係を重視して誠実で正直な国民、一点の曇りもない、裏などさらさらない、まず先に相手に利益を与えてから、控えめに相手の出方を待つ、そして日本の期待は、ほとんど裏切られる。

周囲から信頼を得たいならば、謙虚に、真摯に言葉を紡ぎつづけてください。厳しい言葉をかけてくる方もいらっしゃるでしょうが、本当に皆さんが自分の信ずる道を歩まれるのであれば、堂々とコメントを書かれればいいと思います。

ただ、多くの方々が違和感を持たれた事に関しては、謙虚に改める姿勢も持ってください。望むような結果や、周囲の反応が得られなくとも、それはそういうものとして納得するしかありませんね。

もし、心から本当にこの国のことを憂い、管理人さんの声の元に集った方なのであれば、ましてや宗教者、求道者の一人であるのならば、“試練”は喜んで受け入れるべきです。

自分で「ここはこうあるべきだ」と勝手に信頼し、思うような結果でないと「おかしい」と断ずるのは、まさに管理人さんの仰る内容と符合します。信頼は、互いの真摯な行動によって次第に構築されてゆくべきものです。一方的に「与える」ものではありません。

コメント欄の皆さんや、まだ言葉を発せずにいる多くの方々の信頼を得られるかどうか…は、今この場におけるあなた方の行動如何にあることを、どうかお忘れなきように。

ご自身の言動が、このブログ、コメント欄の信頼性、社会からの評価を受ける上で、どのような影響を与えるのか、果たしてそれは管理人さんの思いに応え得るものなのか、十分に考えてみてください。それが私たちコメントを書く者の最低限のマナーですよ。

【裁判員制度関係の掲示板】

裁判員制度凍結法案を支援します

国籍法改悪を強行した法務省が熱心に推進するこの制度は日本人社会の破壊を企てる
特定政治団体による司法の支配を行う危険なもの。在日朝鮮人や日本人社会の破壊者
で裁判員を独占して日本の司法を支配する企みを阻止して下さい。国籍法改悪と同様な
犯罪を許しては成らない。


【裁判員制度関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj9.cgi
【裁判員制度タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい

コメント欄含めてここまでいい影響を受けられる場所は少ないです

ブログ主様の実体験に裏打ちされた重み、そしてその中で培われたであろう国際感覚。
その記事を元に論客の皆様の素晴らしい知識・意見・見解の開示。
私にとっては他にない大変貴重な場所です。どうかそのような軌道修正がなされるようにと願っております。
>あしはな様
全くもって同感です。私にとってもここは貴重な学び場です。
>bingo様
サイレントマジョリティーはその気持ち十分わかってるんじゃないかと思います。

それからまだコメントしたことのない方も勇気を出して書いてみたらどうでしょうか?
私も数ヶ月前に始めてこのレベルの高い中に書込みをした時の最初にクリックした時の緊張感を忘れていませんので気持ちのハードル高いのはわかっているつもりですけど。(笑)

時々ブログを拝見させて頂いております。貴方は素晴らしい見識の持ち主だとは思いますが麻生首相へ手紙やFaxでこういった内容を伝えた事はあるのでしょうか?試しに1度お手紙差し上げたら如何かと思います。記名のあるものならキチンと読んで頂けると思いますよ。

困ったもんだ

なんだかな~

最近、コメント欄見たく無くなって来た。

ブログ主様の考えに対する感想や意見、そういった原点にみんな戻ろうよ。

困ったもんだ。

鳩山さんの「友愛」ってやっぱりアレですよね・・・フランス人権宣言の・・・

エル・ランティーを騙った者です。
私の書き込みでおかしな雰囲気を感じられた方すみません、
ユーモアで雰囲気が良くなればと思い書いちゃいました(´・ω・`)ショボーン

私は信者の方はその教義ではなく、それを元に考えたブログのテーマについての「意見」を披露していただけるのなら大歓迎です。

恩義(Oblige347)さんも博識なんだから、
感情の吐露ではなく論理で書いて頂けたら、参考になっていいのになと思っています。
反対の立場からの意見は、問題を表面化させるために必要不可欠なものですからね。

テーマに戻って、
◆「プーチンはこうして権力の座についた」(動画:日本語)
http://www.youtube.com/watch?v=m0TIptyJKvg&feature=PlayList&p=80D53632B8948619&index=0&playnext=1
2005年に作られたフランスのドキュメンタリーです、無名のプーチンがいきなり権力を握った経緯を追っています。フランスらしく「自由、平等、友愛(笑)」視点ですが、退屈だったNHKの「揺れる大国 プーチンのロシア」と違って面白いですよ。

拙い文章力で大変申し訳ありませんが少し・・
このブログを知るまでは平和ボケだった自分を恥かしく思う程、私にとれば特別の存在のブログです
ブログ主様のエントリー、bingo様や常連の方々のいつもすばらしいコメントを待っている一主婦なので、これからも、もっともっと勉強をさせていただきたいと思っています
よろしくお願い致します。。

ブログを読んだりコメントに参加したりしたのが
最近のことで、ネットでのエチケットのことは、よく知らない
新参者の感想ですが、

トラックバックのことでもめているとお察しします。

トラックバック先の記事を読みに行きましたが、
確かに政治の内容です。

宗教団体が政党を立ち上げるのかな?

そしてその主旨が、
左の無神論をぶっつぶすための宗教政党というだけでなく、

中国や朝鮮からの脅威への対処のために
安全保障もしっかりする。
交戦権を認め、世界の国々同様に当然の姿に。
というような動きのようですから、
左に傾斜したマスコミ連合体に風穴をあけてくれそうで

私的には、某宗教政党よりも頼りになると期待する気持ちが
ありますが、

トラックバック先の記事には、
ブログ主さん(桜咲久也さん)の直接の意見や感想の文章がありません。
記事は、こういうお話がありましたよ という提示だけです。

これは、ちょっとエチケット違反ではないでしょうか?

記事に、こういうお話がありましたよ は、いいですが、
それに加えて、ブログ主さんが、こう思うとかこう考えると記載があって
その部分に、
この「危ういロシア外交」の記事内容と
何かの関わりが述べられてあるなら、トラックバックはいいと思います。
宗教団体だろうが、なんだろうが、この世に政治的ではないものは、ないですからどういう立場の人が意見を言おうが、いいと私は思います。

トラックバック先には紹介はありますが、
桜さんの意見はありません。
それなら、布教か? と言われて、
削除してほしいとコメント者内部で、自浄力が作用しても
それはそれで、道理が通っていると思います。

左傾化した国やマスコミや、外交的な弱腰や交渉下手を憂う
ことでの心情は、「危ういロシア外交」一致しているとは思います。

トラックバック先の記事に、
何らかの感想や意見の付加をされて、
トラックバックが心情的にではなく、
意見の内容的に、「危ういロシア外交」と
リンクしているようにされるべきと思います。


「中韓を知りすぎた男」さんが、
お気になさらない限り、OKだろうと言うのはちょっと無作法と思います。
いただいている寛容さに、甘えすぎていませんか?

寛容な言論空間だからこそ、
トラックバックには、トラックバックにふさわしい言及や関連した文章が必要と思います。

トラックバック先の記事は、
今後の政局を激動させるような感じもする内容なのかもしれませんが、
でも、その記事の内容には、
桜咲久也さんご自身の意見や感想など、付加した部分が入っておりません。トラックバックにふさわしく加筆されるべきと思います。

また、トラックバックを撤去してほしいと指摘されたコメント主さんに、ご挨拶が必要と思います。
そのご指摘は、いまのところは、的を得たものです。

また、トラックバック先の記事に、桜咲久也さんご自身の意見や感想などを付加し、その部分に「危ういロシア外交」に何らかの関連があるなら、ロシア観とか日本の外交観とか トラックバックは成立し、そのままでもいいと思います。

きっと、布教という意図ではないのでしょう。
こういう事が今後、政界に影響しますよということなのでしょう。
だったら、トラックバックとして成立するようにされるべきでしょう。


貴重な言論空間への「中韓…」さんへの感謝の気持ち、

他のコメントされるかたがたへの配慮する気持ち、

短気にならず、
ご自身に非がないかどうか冷静に点検される心境
を、桜咲久也さんに、お願いしたいと思います。


そうすることで
そういうマルクスの亡霊を駆逐する新たな政治的な勢力が
参入するということに、不安を感じずに済みます。

情熱ほとばしっての勇み足でしたということで
波立ちに、不快な思いをしたかたがたの許しを得るべきと思います。

桜咲久也さんがその団体のどういうお立場の人か存じませんが、

桜咲久也さんの人となりを通じて、
所属する団体や
その新たな政治的な勢力がどういう性格のものか、
信用に足る人たちが運営するのかを見られていると思います。

冷静に、誠実に、礼儀正しく
みなさまとの仲を修正されることを希望します。

一番先に指摘されたかたは、
対・左マスコミ戦での大切な戦友でしょう。
強大な敵を前にして、割れたら左の敵を利するだけです。


> かめかめ覇様

自粛をと思っておりましたが、初めてのコメント
ということで、大変恐縮です。

また、多くの参考になります御指摘、
ありがとうございます。肝に銘じます。
ブログも日が浅く、運営中に記事も消えてしまったり、
ミスばかりの毎日で、余裕がなかったのですが
最近は、考えも書き入れています。
コメント欄で答えることもあったり。

御指摘の記事は、感想と記事の「境目」が
はっきりしていないことに気が付き
感想の文字も入れておきました。確認不足でした。

気がつかないことばかりで、魂から湧き上がる思いも
統御できずに至らない点ばかりで申し訳ありません、
こんな性格ですから、何も組織には役職もあるわけでもなく、
信者というより、本を読んだり一般の会員です。

参考にし、自分の考えで自由なブログを繰り広げています。
確かに保守同士の仲間割れは、私は絶対に望みません。
同じ流れに在るためには、個人の努力はしたいと思います。

意見が割れた場合に、コメントの文章だけでは、
理解しあうには、無理があるようです。
押し付け傲慢になっていくのも良くない・・・
・・・そのへんは、しかたがない事なのだと
諦める事にしました。

しかし、あなた様の御心配のお心は、私の心に
伝わってまいりました。
お詫びと同時に、お礼申し上げます。
どうも、本当にありがとうございました。

マトリョーシカさえ

諸氏、雑音は雑音として本論に戻ろうではありませんか。


中から次々と出てくるロシア人形で有名なマトリョーシカ。驚くことにこれすら日本が起源とのこと(入れ子人形)。
諸氏はメイドイン・ロシアの製品を他に何かご存知だろうか。言われてみればロシアの産品など、まったく知らない。ロシア原産てあるのだろうか。まあ、強いて挙げれば日本にも僅かに輸入されているウォッカくらいなものか。キャビアは取引き禁止になったようだし。国土は日本の45倍、人口も1.4億人余りの大国なのだが。但し2008年度GDP1.2兆ドル(日本約5.5兆ドル)、2009年度GDP予測-20%!(日本約-4%?)。

ピーク時の1/3にまで落ち込んでいる原油取引き価格は、中東など産油国の生産調整が利いて一時期からすると値はやや戻している。しかしながら、ロシアにとっては相変わらず薄利の状況に変わりない。

今、ロシアという国家は危機状態にあるという。現在の資源収入に頼るばかりでは莫大な維持費を必要とするロシア軍を維持できない。といって米軍やNATO軍に対抗するためには軍縮も安易にはできない。これが現在のロシアにとって最大の悩み。

もう一つ問題があるとするなら、ロシアの巨大エネルギー会社の経営者には旧ソ連時代の役人がおさまっており富を独占していること。彼らは手に入れた莫大な金の活かし方を知らない。精々新たな油田やガス田の開発に投資するだけ。自由主義経済の活動経験に乏しい彼らには新しい産業の創造など及びもつかない。その為、新たな主力産業は生まれず、国内を潤す経済流通が起こらない。
ただ、旧国営企業だった自動車会社などもあることは在る。がしかし、日本製の中古車にさえ遥かに劣る性能と聞く。

万事このような状況であるため、大国で一番先に国家破綻する可能性がある国は、ロシアなのだ。このあたりに北方領土を返還に導くヒントがあるのかも知れない。日本にとっては同国の国家破綻を待つというのも手ではある。がしかし、人の好い日本人は彼らの窮地を黙って見過ごすことができない。それが麻生首相の満面の笑みに表れたと言えよう。外交には妙な情けは無用なのだが、これも日本人特有の人間性、所謂武士道精神の一部なのか。

日本の政治家や外務省など役人にはロシアの国情をより深く理解して頂き、抜かりなく強気に対ロシア外交をしてほしいものである。


日本人成りすます侵略犯罪者在日

aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・AKKO(赤松亜希子)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)・misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)・YUKI(北村夕起,TRF)・土井たか子(李高順,北朝鮮,パチンコ,元国会議員)・中川秀直・辻元清美(社民党国会議員,赤軍派)・麻原影晃(オウム真理教教祖,サリン事件の首謀者,海外新聞がkoreanと表記)・宅間守(大阪池田小学校児童殺傷事件,裁判前獄中結婚,朝鮮部落,密入国在日)・徐裕行(韓国籍,オウム真理教幹部,刺殺犯)・林真須美(和歌山毒入りカレー事件,帰化人)・鄭明析(韓国人,カルト「摂理」教祖,日本人1000人,台湾人100人,米英仏人などを強姦)・織原誠二(英国人豪州人強姦殺害犯)・本多勝一(崔泰英,「南京大虐殺」虚報の朝日新聞中共工作員記者)・佐高信(韓吉竜,極左評論家)・筑紫哲也(朴三寿,元朝日記者,共産キャスター)・関根元(埼玉の愛犬家連続殺人犯)・あおい輝彦(青井輝彦)・赤井秀和・アグネス・チャン(金子陳美齢)・東ちづる・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,ハーフ)・いしのようこ(石野陽子)・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周・かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直実・神田正輝・小西真奈美・コロッケ(滝川広志)・さとう珠緒(佐藤珠緒)・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・ジョニー大倉(李雲煥,出典「在日韓国人の底力」)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄)・つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,出典「在日韓国人の底力」)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)・トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫)・なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美・成田豊(広告代理店,電通グループ会長,電通最高顧問)・西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・ビビアンスー(徐淑娟,混血:鮮人・台湾)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・フランク永井・ベンガル(柳原晴郎)・ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明)・もんたよしのり(門田頼命)・ラッシャー板前・りゅうじこうじ(笠浩二,C-C-B)・阿部寛(阿部寛喜)・愛川欽也(井川敏明)・愛内里菜(垣内里佳子)・安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・安田圭・安田祥子・安田成美(鄭成美,父親は朝鮮総聯地方幹部,出典「在日韓国人の底力」)・安田美沙子・安藤聖・安部譲二・杏里(川島栄子,出典「在日韓国人の底力」)・伊原剛志(伊原剛)・伊集院静・伊東ゆかり・伊東四郎(伊藤輝男)・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・伊藤蘭・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上陽水(田所純一郎,出典「在日韓国人の底力」)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵)・井沢八郎(工藤金一,出典「在日韓国人の底力」)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子)・宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,反日活動,台湾,帰化人)・円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学・岡安由美子・岡江久美子・岡田友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫)・岡本夏生(金村幸子,李夏生)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜依(B&K)・加山雄三・夏川結衣(宮川美紀)・河合美智子(鈴木一英)・河島英吾・火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川春樹・角川博・角田ひろ・叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン)・舘ひろし(舘廣)・岩城滉一(李光一,出典「在日韓国人の底力」)・吉井怜(飛知和怜)・吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司・吉田拓郎・吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・米倉涼子・丘みつ子(森田光子)・久本雅美・及川光博・宮下順子(金英姫,出典「在日韓国人の底力」)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳・宮迫博之・宮本信子(池内信子)・京本政樹・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二・玉木宏・玉利かおる・近藤真彦・金山一彦・金子堅・金田賢一・桑田圭介・桑名将博・桂木文・研ナオコ(浅田なを子)・原由子・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口昌匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・古舘伊知郎・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・後藤真希・倖田來未(神田來未)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン(出典「在日韓国人の底力」)・小室ファミリー・X-Japanファミリー・石原&大門軍団・氷川きよし・柴田理恵・たけし軍団・ジャニーズ・吉本興業・avexグループ・伊藤英明・北島康介・上沼恵美子・小林綾・小田茜・若村麻由美・山田優・松たか子・酒井彩名・松村邦洋・松田純・松本明子・松嶋直美・早見優・岩崎宏美・東山紀之・牧瀬理穂・細木数子・タッキー&翼・押尾学・竹野内豊・高島彩・加藤紀子・加藤小雪・榎本加奈子・羽鳥慎一・西尾由佳理・森摩季・上山千穂・大木優紀・勝田和宏・坂本龍一・役所広司・尾崎豊・L'Arc-en-Cielのハイド(高良井秀人)・井森美幸・河合奈保子(金原奈保子)・内田恭子・軽部真一・中村仁美・加藤綾子・生野陽子・森下千里・長野翼・松岡修造・広末涼子・小谷真生子・川北桃子・佐古忠彦・竹内香苗・堀井美香・小林豊・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐早紀)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳理)・高倉健(出典「在日韓国人の底力」)・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)・高品格・高峰美枝子・高木美穂・国広富之・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・黒木瞳(伊知地昭子)・佐久間良子・佐藤絵梨子(佐藤英利子,崔江利子)・佐藤浩市・佐藤藍子・佐野元春・左とん平・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州)・坂本九(出典「在日韓国人の底力」)・坂本冬美(坂本冬美)・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金城亜希子)・三国連太郎・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・三田村邦彦・山口百恵(混血,出典「在日韓国人の底力」)・山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島しのぶ(寺嶋忍)・寺島純子・寺尾聰・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩・柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子)・樹希樹林・出川哲朗・春一番(春花直樹)・春日八郎・春風亭小朝(花岡宏行)・所ジョージ(芳賀隆之)・緒形拳(緒形明伸)・勝俣州和・勝呂誉・小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功)・小泉今日子(厚木文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二・小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小島聖・小畑実・小野真弓・小野みゆき・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林旭・小林佳樹・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥(松村亜由美,皮屋の娘,BK混血)・松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子・松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出,出典「在日韓国人の底力」)・松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦・松村雄基(松村憲幸)・松田優作(母親が鮮人)・松嶋尚美(オセロの白,西成部落)・松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属系企業)・松任谷由実・松本伊代・松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・真矢みき・照英(高橋照英)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上原謙(池端清亮)・上戸彩・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江朝鮮部落出身,自称横浜)・新井春美・新山千春・新沼健二・新田恵利・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)・森高千里(父親が森高,母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)・森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘)・神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・水前寺清子(B,疋田民子)・杉原輝男・杉村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)・菅原都々子・菅原文太・瀬川瑛子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水圭(清水圭太)・清水健太郎(園田巌)・西岡篤馬(西岡徳美)・西郷輝彦(今川盛揮)・西山浩司・西城秀樹(李龍雄,出典「在日韓国人の底力」)・西川のりお(川西康成)・西村和彦(伏見茶屋,仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・西村雅彦・西田佐知子・西田敏行・青江三奈(井原静子)・青田典子・青木さやか・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石原さとみ(石神国子,創価)・石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は朝鮮総聯幹部)・石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・石田ゆりこ(石田百合子,出典「在日韓国人の底力」)・赤木春恵・千秋(藤本千秋)・千堂あきほ(千名晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸・浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢祐子)・前田吟(前田信明)・前田耕陽・前田亘輝・倉田まりこ・倉木麻衣(青野真衣)・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)・相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大塚寧々・大平かつみ・大原かおり(大原香織)・大原麗子・大場久美子・大信田礼子・大杉漣(大杉考)・大谷直子・大鶴儀丹・大和田獏(大和田芳朗)・滝沢秀明(旧姓・指田)・滝田栄・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・沢田研二(李研二,出典「在日韓国人の底力」)・辰田さやか・辰巳琢郎(京都大学のB)・淡路恵子(井田阿紀子)・池宮彰一郎(池上金男,池金男)・池内博之・池波志乃・池脇千鶴・中原ひとみ・中山仁・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,洗濯屋)・中森明菜(B&K,肉屋)・中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中村玉緒(奥村玉緒)・中島みゆき(中島美雪)・中島美嘉・中嶋朋子(西村朋子)・中尾彬・中野英雄・仲間由紀恵(混血:沖縄・鮮人)・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・長谷川京子・長谷川理恵・椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・汀夏子(宮本順子)・天海祐貴(中野祐貴)・田村亮・田中麗奈(田中れいな,鄭麗奈)・都はるみ(李春美,母親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・唐沢寿明・島崎ひとみ・島田楊子・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也・藤村志保(静永操)・藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋)・藤竜也(釜山生まれ)・菅野美穂・稲垣吾郎・草薙剛・堂本光一・堂本剛・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄の朝鮮部落)・内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子・内野聖陽・南こうせつ(南高節)・南果歩・南原清隆・南野陽子・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄)・萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼芝央)・白石美帆(阿久津桜)・白川由実(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光)・八代亜紀(混血:沖縄・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・尾藤イサオ(尾藤功男)・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺島純子)・布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風間トオル(須藤光春)・風間杜夫(住田知仁)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片岡鶴太郎(萩野繁雄)・片瀬那奈・保坂尚輝(保坂尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明・豊原功輔・豊川悦司・とよた真帆(青山真穂)・北原賢治・北原三枝・北原総一朗・堀内孝雄・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・酒井美紀・麻木久仁子(松本久仁子)・明石家さんま(杉本高文)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・木原美智子・木村佳乃・木村拓哉・香取慎吾・長井秀和・中居正広・野口五郎(佐藤靖)・野川由美子・野村真樹・野田義治(イエローキャブ社長)・矢沢永吉(父親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・矢田亜希子・柳ジョージ・柳沢慎吾・柳樂優弥・優香(岡部広子,呉広子)・有馬隼人(TBSアナウンサー,NHK・日テレ・フジ・テレ朝・テレ東にも多数いる)・由紀さおり(安田章子,出典「在日韓国人の底力」)・由実かおる(西辻由美子)・遊井亮子(金井亮子)・余貴美子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・嵐山光三郎(祐乗坊英昭)・李麗仙・隆大介(柳明男)・竜雷太(長谷川龍男)・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・林寛子・林輝美・林隆三・鈴木杏・鈴木杏樹(山形香公子)・鈴木京香・鈴木紗理奈(宗廣華奈子)・和央ようか・和田アキ子(飯塚現子,金現子,出典「在日韓国人の底力」)・眞鍋かをり・野茂英雄・池田大作(ソンテジャク,創価学会教祖,海外ではカルト宗教に指定されている)・江田五月・小沢一郎(民主党,韓国済州島)・菅直人(民主党)・小泉純一郎(父親は鮫島純也)・福島瑞穂(趙春花,帰化人,社民党代表)・太田昭宏(公明党代表)

日本人成りすまし侵略犯罪者在日

◆何年か前、在日たちは、以下のことを日本人に言いました。
「お前たちは昔、悪い事
をした日本人の子孫だから、お前たち子孫が責任を取れ」・・・
彼らは今、天に向かって吐いたツバが、自分の顔に落ちて来たのです。強制連行・従軍慰安婦など
歴史の捏造や歪曲は、事実を逆さまにして、朝鮮人が自分達の犯罪をごまかす為に、大声で叫んでいるのが真実です。
必ず本当の歴史が明るみに出てきます。出します。私たち日本人は、
決して朝鮮人を許してはならないのです。朝鮮人のした日本人に対する、残虐な歴史を、決して忘れてはならないのです。

日本人成りすまし侵略犯罪者在日

<ある在日の告白>
今や創価学会や統一協会など宗教界や年間30兆円のパチンコ業界・消費者金融業界・風俗業界・ラブホテル業界を在日は掌握したよ。全国の駅前も在日が握っている。宗教やパチンコで儲けた金で、駅前の一等地を買い制覇するつもり。
外国人参政権も達成する為『工作』しているよ。日教組の上層部は我々在日が制覇して、日本人の子供には我々の歴史観を徹底的に教育する。日本海の名前も東海に変える。靖国も徹底的に叩く。日本の永住権取得も緩和させ、移民を多く受け入れアホな日本人は30%ぐらいにする。
反対するなら「差別!差別!」と騒ぐ。今の時代は戦争で侵略するような時代じゃないんだよ。我々はあくまで合法的に日本を侵略してるんだ(笑)
芸能界もほとんどが在日プロダクションだし、新人なんか体売るか、創価に入信しないと仕事は与えない。
もちろん、テレビ局も我々の支配下にある。結局全ては金であり、我々はテレビも政界も全て制覇したんだよ。芸能界は今後も在日芸能人をプロデュースしていく。日本は最高だね税金のかからない宗教とパチンコ産業で我々は大儲け!こんなことアホな日本人の多くは知らない。
まあ、日本人の事はどうでもいいよ。政治や大企業や在日企業を守り「日本を乗っ取る」のが目的だから。
ほとんどのアホ日本人が我々を日本人と思ってる(笑)まあ、知った所でお前らにはどうする事もできないけどな(笑)

強制連行の嘘
http://makizushi77.hp.infoseek.co.jp/SEIKATUHOGO.htm

日本社会から「パチンコ追放」を!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=1920

創価学会撲滅運動実行委員会
http://www.freepe.jp/i.cgi?hihan

2009/05/19(火) 03:53:13| URL| #- 様へ

一つだけ訂正させてください。
>宗教やパチンコで儲けた金で、駅前の一等地を買い、、、
彼らは買い取ったのですか?
私が両親から聞いた話では、戦後のドサクサに暴力的に占拠したようですが、、、

それから、何となく仕方なくパチンコをしている日本人が
仕方なく新聞を勝って読んでいる、
あるいは
仕方なくテレビをつけてニュースを見ている日本人と
まったく重なって見えます。

テレビも新聞も、NHKもパチンコみたいなもんだ!!!

追加

民主党も鳩ポッポも、、、

小沢は消えたけど、このままなら鳩山道鏡として日本史に名前が残るよ。

鳩山さん、アンタ本当にその覚悟はあんのかい?

更新※日本人成りすまし侵略犯罪者在日

aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・AKKO(赤松亜希子)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)・misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)・YUKI(北村夕起,TRF)・土井たか子(李高順,北朝鮮,パチンコ,元国会議員)・中川秀直・辻元清美(社民党国会議員,赤軍派)・麻原影晃(オウム真理教教祖,サリン事件の首謀者,海外新聞がkoreanと表記)・宅間守(大阪池田小学校児童殺傷事件,裁判前獄中結婚,朝鮮部落,密入国在日)・徐裕行(韓国籍,オウム真理教幹部,刺殺犯)・林真須美(和歌山毒入りカレー事件,帰化人)・鄭明析(韓国人,カルト「摂理」教祖,日本人1000人,台湾人100人,米英仏人などを強姦)・織原誠二(英国人豪州人強姦殺害犯)・本多勝一(崔泰英,「南京大虐殺」虚報の朝日新聞中共工作員記者)・佐高信(韓吉竜,極左評論家)・筑紫哲也(朴三寿,元朝日記者,共産キャスター)・韓昌裕(パチンコマルハン会長)・佐藤公平(パチンコダイナム社長)・毒島秀行(パチンコ三共会長)・綾瀬はるか・あおい輝彦(青井輝彦)・赤井秀和・アグネス・チャン(金子陳美齢)・東ちづる・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,ハーフ)・いしのようこ(石野陽子)・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周・かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直実・神田正輝・小西真奈美・コロッケ(滝川広志)・さとう珠緒(佐藤珠緒)・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・ジョニー大倉(李雲煥)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄)・つかこうへい(金原峰雄,金峰雄)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)・トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫)・なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美・成田豊(広告代理店,電通グループ会長,電通最高顧問)・西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・ビビアンスー(徐淑娟,混血:鮮人・台湾)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・フランク永井・ベンガル(柳原晴郎)・ポール牧(榛沢一道)・バカボン鬼塚・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明)・もんたよしのり(門田頼命)・ラッシャー板前・りゅうじこうじ(笠浩二,C-C-B)・阿部寛(阿部寛喜)・愛川欽也(井川敏明)・愛内里菜(垣内里佳子)・安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・安田圭・安田祥子・安田成美(鄭成美,父親は朝鮮総聯地方幹部)・安田美沙子・安藤聖・安部譲二・杏里(川島栄子)・伊原剛志(伊原剛)・伊集院静・伊東ゆかり・伊東四郎(伊藤輝男)・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・伊藤蘭・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上陽水(田所純一郎)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵)・井沢八郎(工藤金一)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子)・宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,反日活動,台湾,帰化人)・円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学・岡安由美子・岡江久美子・岡田友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫)・岡本夏生(金村幸子,李夏生)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜依(B&K)・加山雄三・夏川結衣(宮川美紀)・河合美智子(鈴木一英)・河島英吾・火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川春樹・角川博・角田ひろ・叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン)・舘ひろし(舘廣)・岩城滉一(李光一)・吉井怜(飛知和怜)・吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司・吉田拓郎・吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・米倉涼子・丘みつ子(森田光子)・久本雅美・及川光博・宮下順子(金英姫)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳・宮迫博之・宮本信子(池内信子)・京本政樹・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二・玉木宏・玉利かおる・近藤真彦・金山一彦・金子堅・金田賢一・金本知憲(阪神タイガース)・松坂大輔・浅尾美和・桑田圭介・桑名将博・桂木文・研ナオコ(浅田なを子)・原由子・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口昌匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・古舘伊知郎・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人)・後藤真希・倖田來未(神田來未)・光浦靖子・光本幸子・重光武雄(辛格浩,ロッテ社長)・孫正義(ヤフーソフトバンク社長)・水嶋ヒロ・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン・小室ファミリー・X-Japanファミリー・石原&大門軍団・氷川きよし・柴田理恵・たけし軍団・ジャニーズ・吉本興業・avexグループ・伊藤英明・伊藤かずえ・北島康介・上沼恵美子・小林綾・小田茜・若村麻由美・山田優・松たか子・酒井彩名・松村邦洋・松田純・松本明子・松嶋直美・早見優・岩崎宏美・東山紀之・牧瀬理穂・細木数子・タッキー&翼・押尾学・竹野内豊・高島彩・戸部洋子・加藤紀子・加藤小雪・榎本加奈子・羽鳥慎一・西尾由佳理・森摩季・丸岡いずみ・渡辺真里・上山千穂・市川寛子・堂真理子・大木優紀・古澤琢・勝田和宏・坂本龍一・役所広司・尾崎豊・L'Arc-en-Cielのハイド(高良井秀人)・井森美幸・河合奈保子(金原奈保子)・内田恭子・軽部真一・中村仁美・加藤綾子・生野陽子・森下千里・長野翼・松岡修造・広末涼子・小谷真生子・川北桃子・佐古忠彦・竹内香苗・堀井美香・小林豊・小林麻耶・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐早紀)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳理)・高倉健・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)・高品格・高峰美枝子・高木美穂・国広富之・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・黒木瞳(伊知地昭子)・佐久間良子・佐藤絵梨子(佐藤英利子,崔江利子)・佐藤浩市・佐藤藍子・佐野元春・左とん平・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州)・坂本九・坂本冬美(坂本冬美)・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金城亜希子)・桜井翔・三国連太郎・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・三田村邦彦・山口百恵(混血)・山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・薬丸裕英・児玉清(北川清)・寺島しのぶ(寺嶋忍)・寺島純子・寺尾聰・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩・柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子)・樹希樹林・出川哲朗・春一番(春花直樹)・春日八郎・春風亭小朝(花岡宏行)・所ジョージ(芳賀隆之)・緒形拳(緒形明伸)・勝俣州和・勝呂誉・小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功)・小泉今日子(厚木文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二・小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小島聖・小畑実・小野真弓・小野みゆき・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林旭・小林佳樹・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥(松村亜由美,皮屋の娘,BK混血)・松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子・松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人)・松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦・松村雄基(松村憲幸)・松田優作(母親が鮮人)・松嶋尚美(オセロの白,西成部落)・松嶋菜々子(座間出身)・松任谷由実・松本伊代・松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・真矢みき・照英(高橋照英)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上原謙(池端清亮)・上戸彩・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江朝鮮部落出身,自称横浜)・新井春美・新山千春・新沼健二・新田恵利・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)・森高千里・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)・森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治,千葉県知事)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘)・神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・水前寺清子(B,疋田民子)・杉原輝男・杉村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)・菅原都々子・菅原文太・瀬川瑛子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水圭(清水圭太)・清水健太郎(園田巌)・西岡篤馬(西岡徳美)・西郷輝彦(今川盛揮)・西山浩司・西城秀樹(李龍雄)・西川のりお(川西康成)・西村和彦(伏見茶屋,仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・西村雅彦・西田佐知子・西田敏行・青江三奈(井原静子)・青田典子・青木さやか・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石橋貴明・石原さとみ(石神国子,創価)・石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は朝鮮総聯幹部)・石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・石田ゆりこ(石田百合子)・赤木春恵・千秋(藤本千秋)・千堂あきほ(千名晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸・浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢祐子)・前田吟(前田信明)・前田耕陽・前田亘輝・倉田まりこ・倉木麻衣(青野真衣)・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)・相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大塚寧々・大平かつみ・大原かおり(大原香織)・大原麗子・大場久美子・大信田礼子・大竹まこと・大杉漣(大杉考)・大谷直子・大鶴儀丹・大和田獏(大和田芳朗)・滝沢秀明(旧姓・指田)・滝田栄・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・沢田研二(李研二)・辰田さやか・辰巳琢郎(京都大学のB)・玉川美沙・淡路恵子(井田阿紀子)・池宮彰一郎(池上金男,池金男)・池内博之・池波志乃・池脇千鶴・中原ひとみ・中山仁・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,洗濯屋)・中森明菜(B&K,肉屋)・中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中村玉緒(奥村玉緒)・中島みゆき(中島美雪)・中島美嘉・中嶋朋子(西村朋子)・中尾彬・中野英雄・仲間由紀恵(混血:沖縄・鮮人)・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・長谷川京子・長谷川理恵・椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・汀夏子(宮本順子)・天海祐貴(中野祐貴)・田村亮・田中麗奈(田中れいな,鄭麗奈)・都はるみ(李春美,母親が鮮人)・唐沢寿明・島崎ひとみ・島田楊子・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也・藤村志保(静永操)・藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋)・藤木直人・藤竜也(釜山生まれ)・菅野美穂・稲垣吾郎・草薙剛・堂本光一・堂本剛・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄の朝鮮部落)・内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子・内野聖陽・南こうせつ(南高節)・南果歩・南原清隆・南野陽子・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄)・萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼芝央)・白石美帆(阿久津桜)・白川由実(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光)・八代亜紀(混血:沖縄・鮮人)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・尾藤イサオ(尾藤功男)・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・原田龍二・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺島純子)・布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風間トオル(須藤光春)・風間杜夫(住田知仁)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片岡鶴太郎(萩野繁雄)・片瀬那奈・保坂尚輝(保坂尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明・豊原功輔・豊川悦司・とよた真帆(青山真穂)・北原賢治・北原三枝・北原総一朗・堀内孝雄・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・酒井美紀・麻木久仁子(松本久仁子)・明石家さんま(杉本高文)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・木原美智子・木村佳乃・木村拓哉・香取慎吾・長井秀和・中居正広・野口五郎(佐藤靖)・野川由美子・野村真樹・野田義治(イエローキャブ社長)・矢沢永吉(父親が鮮人)・矢田亜希子・柳ジョージ・柳沢慎吾・柳樂優弥・山本梓・優香(岡部広子,呉広子)・有馬隼人(TBSアナウンサー,NHK・日テレ・フジ・テレ朝・テレ東にも多数いる)・由紀さおり(安田章子)・由実かおる(西辻由美子)・遊井亮子(金井亮子)・余貴美子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・嵐山光三郎(祐乗坊英昭)・李麗仙・隆大介(柳明男)・竜雷太(長谷川龍男)・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・林寛子・林輝美・林隆三・鈴木杏・鈴木杏樹(山形香公子)・鈴木京香・鈴木紗理奈(宗廣華奈子)・和央ようか・和田アキ子(飯塚現子,金現子)・眞鍋かをり・野茂英雄・池田大作(ソンテジャク,創価学会教祖,海外ではカルト宗教に指定されている)・江田五月・小沢一郎(民主党,韓国済州島)・菅直人(民主党)・小泉純一郎(父親は鮫島純也)・福島瑞穂(趙春花,帰化人,社民党代表)・太田昭宏(公明党代表)・浜四津敏子(公明党)・北側一雄(公明党)・白浜一良(公明党)・松あきら(公明党)・神崎武法(公明党)・山本英夫(創価大学学長)・※番外※鳩山由紀夫(フリーメーソン)
強制連行の嘘
http://makizushi77.hp.infoseek.co.jp/SEIKATUHOGO.htm
「在日による性犯罪の手口」
http://www.anzwers.org/free/zainichi/

日本乗っ取り工作はパチンコから新興宗教まである

だいぶ、落ち着いてきたようですので書き入れます。

日本乗っ取り工作が支那、朝鮮勢力によって行われている。これには、巧妙な情報操作が含まれている。現在のメディアがNHKの台湾歪曲歴史番組をやって、日本国中で抗議デモが行われた(田母神氏の参加もあった)こと、台湾に於いても10万人規模の、馬英九政権による急激な支那への接近から、台湾国民の主権を奪われる危機感と、日台友好関係を引き裂こうとする、NHKへの抗議であった。

しかし、このような重大な出来事を意図的にしか思えないほど、日本のメディアは、流さない。真実の情報は、ほとんどネットを通じている。テレビ報道は、すでに信頼をなくしているが、政界の民主小沢の西松建設問題、韓国女性秘書に関する説明など、スルーであった。

もうひとつ、日本国内に問題なのは、カルト宗教の存在、あるいは脱税と思える宗教法人の乱立である。大抵は、教祖といわれる人物の出版物販売、お布施金、霊感商品の販売などである。もっともらしく、多くの宗教のつまみ食いで信者を増やす。信者は要するに資金源である。

天皇を拝す神道は日本の成立に係わる古事記に記された神話であるが、日本の歴史、文化、すなわち日本国の国体を古代から形成して来たものである。それを新興宗教と味噌糞に語るなど、とても日本人が言えることではない。

このようなサイトがあった。多分、日蓮正宗からのサイトではないかと思います。なぜなら、新興宗教には日蓮上人の名前や教義をつまみ食いするのが多いからです。ほかにもキリスト教などとごっちゃにしているの多いようですが。
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/html/kouhuku.html

いま、外務省などにも創価の手が伸び、天皇家の存在を危うくしている。日本から天皇制度と神道を奪えば、日本国家、分裂崩壊の危険性に気がつくべきである。なぜならそれらは日本国家、日本民族の根底の基礎を成すものであるからだ。

新興宗教には、日本の天皇制度や神道を軽んじたり、否定するものまで現われている。これを日本乗っ取り手段とする勢力が国内にも多いことに日本国民は覚醒すべきでしょう。断っておきますが、私は仏教徒でもあります。しかし、上記のような日本の成立根底をなすものには、最大限の尊厳が必要であると考えます。

私は現在、外国に居住する、名もない日本人の一人です。
何年か前まで、ただただ、自分、家族の事だけ考えていた、人間です。
しかし、ある日、ここのブログに出会い、熱心な読者となりました。

覚醒しました。その後、私なりに勉強しました。まだ、浅いかもしれません。系統だった、学問ではないし、専門的な知識もありません。

ネットの世界では、いわゆる、国、憂う、愛国、についても、解釈、理論、
方向、で、保守の方にも温度さがあり、又、技術論、方法論、在るいは、
学者はだしで、些細な違いで議論されています。
理が無ければ、動かない、それも正論でしょう、しかし、一方で理屈はともかく、行動で、なんとかしなければならない、そんな行動保守の方もいらしゃいます。

私は思います。皆様、ご存知のように、シナ、中心に情報戦争がすでにはじまっており、シナは半島使い、アメリカとはすでに話が付いており、ロシアはその後の世界、了解しています。又、一方で国内では、メデイア、政党、すでに反日工作作戦、終了の感さえ、あります。

しかるに、保守陣営、ばらばらです、レッテル貼りと、疑心暗鬼、些細な意見の違いに学者気取りの解釈論争、
中国の巨大な情報戦略,国際,諜報戦の中で,何と.矮小な事でしょうか!今や自己満足の解釈の域はもう、ありません。

つまる所、形だけの民主国家とはいえ、選挙でしか、変革できえません。
それが、問題としても、これしか、方法がないのです。

その意味では、一般的な日本人、私の母、妹、弟、叔父、叔母,姪、甥、
彼らに分かってもらう、そんな草の根の理解から始まるのです。

勿論、プロパガンダとしての高邁な思想、解釈は、それなりの人には必要でしょう。それは理解出来ます。それも覚醒促す、手段と思います。

しかし、実際に日本、変える人々は市井の市民なんです。おじちゃんや、叔母ちゃんや、安ちゃんや、魚屋さん。八百屋さん、すーぱーのレジのお姉ちゃんなんです。

まずは、彼に、気がついてもらうしかありません。

あまりの難解な議論、解釈。理論の応酬で、ある意味、ここのブログ主様の意図との違和感生じます。

この見方は、日本離れて、冷静に、客観的に観察すれば、分かります。
論客さま、もっと、市井の小市民の目線で考えて下さい。
御願いであり、批判ではありません。 ご理解下さい。

日本の岐路です

さて、ようやく、まともな路線での問題論議、論議と謂うとまたむずかしいような印象になりますが。

ロシアのプーチンが来日し、麻生首相との話がどうなっているのか、まったくと謂うか、ほとんど国民の側に報道されません。

その前は、麻生首相が、南樺太(サハリン)に出向き、経済協力に関し話し合われたようです。ただ、ここでも南樺太は、日露戦争で日本が領有権を得ていた領土であり、領有権は放棄したが、ロシアに引き渡したとの合意はなく、麻生首相が出向くことは、ロシアの領有権を認めたことになるとの疑念の記事と、サハリン2から天然ガスの供給が開始されたことぐらいの事実しか報道にでなかったようです。

ところで、いま、世界的な経済混乱がある中、日本はすぐさま一兆ドルを
IMFに拠出し、この点では世界の評価は高かったと思います。しかし、その時の、中川昭一金融・財政大臣が、明確に仕組まれた罠と思える酩酊状態の写真をメディアが出すなど、麻生おろし、自民党から政権を奪おうとする工作があったように思います。これは小沢民主党に政権を取らせようとする支那、韓国朝鮮の工作活動かも知れません。

巷で聞く、「一度民主に政権を」と聞くたびに、近づく総選挙が、日本の将来をどう決めてしまうか国民はしっかりと考えなくてはならないと思います。今の日本を見ていると台湾の現実に似ているような気がしてなりません。

せっかくの台湾独立への道が、馬英九と謂う外省人の総統になり、90%以上を占める台湾本省人達は、経済がよくなるという甘い言葉に騙され、台湾が支那の手中に落ちつつあることに今気づき、抗議の声を上げ始めています。

同じようなことが、情報操作メディアによって、日本に起きない保障はありません。はっきり申し上げて、民主党には政権担当能力がないばかりか、国籍法改悪、外国人参政権など、支那人留学生30万人受け入れ、 1000万人外国人受け入れ、等々、次々に、日本の主権、国益を毀損する行為が合法的に行われていく危険性があります。

日本の有事に対する憲法改正と自衛隊法の改正も急がれます。もう、日米同盟が安心でないことが、明確である以上、軍備は核も含め整備をしなくてはならないでしょう。それと、国内軍需産業の育成は急務です。武器を他国に依存することは、いつでも丸裸にされることです。

もう、あまり時間が残されていないのは確かであるでしょう。ならば、なおさら、自国内の政局が混迷するような事態を早急に改める必要があります。先日、国内で多くの方達がデモ行進をやり、NHKの偏向番組に抗議をしましたが、このような国民一人ひとりが立ち上がり行動、発言をする運動を起こさないといけないと思います。

プーチン首相の記事など

三橋貴明さんブログの昨日記事( 2009.05.18(月) )のコメント欄からです
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/27998086.html
---- ここから ----
スレチで申し訳ないのですが、こんな記事をみつけました。
佐々木正明さんという、ロシア通の産経新聞の記者さんのブログです。
プーチン首相が来日した時の記事があまりなかったようなので…

プーチン来日10の裏話(上)http://sasakima.iza.ne.jp/blog/entry/1036108/
プーチン来日10の裏話(下)http://sasakima.iza.ne.jp/blog/entry/1040353/

あと、ニコ動で麻生×プーチン会談の模様
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7029219
おまけで小沢×プーチン会談
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7029381
プーたんのあからさまな態度の違いに、おもわず笑みがこぼれますw
---- ここまで ----
小沢×プーチン会談
先生に呼び出しくらって説教されている中学生のような小沢元民主党代表。
後半最後あたりで、とにかく眠そうなプーチン首相。不謹慎ですが笑ってしまいました。

【年金機構、社保庁の1万人採用内定…軽微処分者2千人含め】

内定者には訓告や厳重注意など懲戒よりも軽い処分(矯正措置)を受けた
職員も2116人含まれている。

組織犯罪事件の裁判の判決文に組織による犯行であるので、個人に対する刑を重くする
事が妥当でないとして、主犯が執行猶予付き軽微な判決が下った。北海道の国土交通省
での汚職事件があった、そして組織には何のお咎めが無い。社保庁の1万人採用はまっ
たくこの例と同じであり、国民の納得を得られる措置でない。損害被害の大きさを考えれ
ば組織犯罪者は人権を剥脱して厳罰に処するべき、人権を剥奪された者は公職に付く
ことを禁止すべき。

【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi

この国を良くしようとする発言だけが力を持つ。

時々現れる荒らしの存在、これはどこの保守系ブログでも管理の悩みの種になっているようです。これをある意味擁護したり、徹底的に議論すべきと半ばけしかけるような方も見受けられます。

その主張の意味も理解できないことはありません。しかし、そういっている人がその荒らしの人と議論を尽くしたり、荒らしをする人とコンタクトを取っている人をあまり見掛けません。そういうことを指摘なさる方々は、まず真っ先に荒らしの方々と議論なさるべきだし、密接にコンタクトを取るのが筋だと考えます。後ろからけしかけて、自分は観戦しているだけというのは、いかがなものかとも感じたりします。

私はこの国を批判するにしても、国を愛し憂うが故にという大前提での発言でないと、その批判は荒らし行為以外に認識されず、読み手の心にその主張は響かないといつもそう、考えています。

連投失礼致します。

>bingo様

いつも貴方様の博識ある書き込みに勉強させていただいています。

今回のトラックバックへの張り付け記事の件で、少しコメントすることをお許しください。当事者の方々は批判しにくい立場だと感じますので。

私は幸福の科学の会員ではありませんが、本は読んでおります。貴方様が張り付けておられたリンク先の記事を読ませていただきました。

私の感想はこの宗教団体への悪意を持った人が作成した内容に感じました。どの宗教でも反対勢力の意見は必ずあるものです。これは世界三大宗教でも日本神道でも批判勢力がありますし、三大宗教も草創期には既存宗教から激しく排斥された歴史があります。

また、前にも言及させていただきましたが、あの藤原正彦さんの「国家の品格」に対してさえも大々的に批判の書を著す進歩的文化人もおられるわけです。

一概にあのリンク先の記事だけをお読みになっただけで、幸福の科学を邪教、カルトと決め付けるのは早計かと思います。

事実、幸福の科学では、日本の国体を破壊させるような、例えばカルトがよく主張する天皇制への破壊活動等は一切ありません。また、色々記載すると長くなりますので、例えばあのリンク先の記事の中に、一念三千の説明で以下の記載があります。

>三千というのは割り切れない数、すなわち数多いという意味です。などという珍説を述べています。天台大師も大変な人に教わったものです。

とありますが、こんな記述は本の中にも一切ありません。これ(一念三千)について、人間の念い(おもい)は、欲望や煩悩により、針が振れるように揺れ動く、その状態に本当の心のやすらぎはない。いつも磁石がつねに北を指し示すように、心の針の方向も一定に正しい方向に指し示すべきだとの教えです。

こんな場でこんな議論をしても始まりませんが、私の言いたいことは、あのリンク先の記事だけで全てを判断するのは、早計だと言いたいのです。

今回の対応については、批判される方々も少なからずおられたわけですし、対応に問題がなかったとは私も言いません。ただ、あの記事を読まれた方々が、(あれだけで)イメージを固定化されてしまうのも、あまりに不合理かと感じてコメントさせていただきました。

桜咲さんも普段は保守的な意見を毎回述べられておられる方です。貴方様より言葉強く批判されて、反動で激しく弁明なされた面もあろうかと感じました。仲間割れをしている時間はありません。売国勢力の欺瞞を砕くため、勢力をそちらに結集させようではありませんか。

>一期一会様
どうもありがとうございました。

一期一会様の書き込みにも、さぞ、
大きな勇気がいった事と思います。;;
自分の未熟な点で、一期一会様にまで、御心配をおかけしました。
ほんとに申し訳ないです。

あと、上に正しい情報ではない、負のサイトが存在してるようですので、
こちらを貼って置かねばならないです。正しい情報です。
http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/about/activities/
宣伝とかではないですが・・・。
ご自分の心の眼で、正・邪を決めてくだされば。

これからはもう、物事の正・邪を見極めていく目が、
各人、本当に必要な時代にきていると思いました。
>uni 様
>かめかめ覇様
>k様
感謝しております!!仰るとおりだと思いました。
言葉は、発した各自が責任を追うべきですね。
いい加減な情報では、間違えの元でした。

「反省」ということが、確かに大事ですが、「ごめんなさい」で
落ち込み、自己憐憫するだけなら、ただの自分いじめです。
そういう意味で、お言葉を受け、近くの、幸福の科学の支部に足を運びました、
直接、堂々と最新の情報を得てきました。会員でも、まだご存じないかも。
http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/info/list/32_1.html
http://www.kofuku-no-kagaku.or.jp/info/list/31_1.html

しかしこれも、聞いて、各自が理解するものだと思います。
普通は身内の、手の内は、伝えません。
しかし、堂々と、声を発しています。
(ちなみに、気持ちでお布施、千円おいて来ました。)
会員でなくても個別に聞かせてくれるそうです。
総裁の選挙の方向性、展望の話でした。

ですから、興味のある方だけに
お伝えしたほうが、又良いかなと、、、、

ただ一言触れれば、

・・・これは聞いてみて「あくまで、自分で判る部分だけ」の、
感じたことですが
マスコミが怖い政治家は、恐らく、このまま先も、このままなら、
何年しても、何も変わらないでしょう。
また、応援する組織に、気兼ねしたら、言いたいことも言えない。。
経済立て直し中の、保守には、陰ながら応援してきた。
でも、(小さくなっても?)宗教とは、もう組みたくない
保守もいるようですし・・?(このへん自分の考え入り)
政策を提案しても、都合のいいとこだけ取り上げる、
都合悪い提案は、無視。
(たとえば企業への融資のみ、の条件付、銀行紙幣発行案は、
(リバティ4月号記事)
話にならないと却下されたもよう。日銀だけを奉りたい。
これではいつ経済回復できるのか。)
結局日本を変えるには、正しいことを言う、
正しいものが強く、正しい政治を行っていけるような、
世の中にするには、それじゃ、・・・・・弱すぎる。

強く日本を変革し、日本人が未来の夢と希望を語れる様に、
そんな受け皿になりたい。という発足のようです
世を変えるには、多くの人の
「夢や希望の想念」は必要です
急がねばならないでしょう・・・。

自民は、日本の経済政策に問題抱え、
民主は、日本の国防に関して重大な問題を持つ・・・

しかし、いま、上空ミサイル通り抜ける中、
国防は大事な時でした。

・・そんな流れの中の、新党発足だったようです。
続きは、↓のトラックバックのブログに、あとで感想を書いておきます。

以上、とっても勉強になりました。
お世話様でした。


>桜咲久也様


貴方様のご振る舞い、発言が、少なからずの方々に不快感を与えたことも事実だと思います。これからもその点には鋭意留意なされて、誤解されないように対応なされることを希望致します。

それは、皆さんも言及なされてますが、団体へのイメージにも直結することですから。

失礼致します。

補足させてください。

>桜咲久也様

貴方様の国を強く思ってなさる熱い心情は、いつも私に届いています。これからも共に情報交換など含め、よろしくお願い致します。

NHKの死亡フラグ立ちました

久しぶりにNHKのニュース番組を見ました。我が家にはテレビはありませんので、たまたまです。21年の第一四半期のGDPの落ち込みが-4%であったようで、年換算で-16%の落ち込みであり、大幅な輸出減(-26%)と合わせて、戦後最大の経済的落ち込みと解説者が深刻な顔つきで報道していました。株価や為替が彼の悲壮な顔つきとは関係ない動きをしているのが可哀想なくらいでした。アメリカ経済は、今後のGM等の破綻を控え、未だに底が見えない。それに比べて中国は57兆円におよぶ政府投資を実施すると発表しており、中国経済はこの世界的不況から最も早く回復する可能性がある、日本経済は戦後最大の落ち込みである。もはや、世界経済は中国にかかっているとの報道でした。
どうやらNHKは中国共産党と運命を共にするようです。
中国が分裂の危機が切迫しているというのは本当と思います。近いうちに中国は資本主義を放棄し、統制経済に移行するにちがいありません。外国資本はすべて没収するでしょう。経済統制と粛正は古来より分裂回避の妙薬です。
弱っちい金持ちを血祭りに上げ、外国資本を追い出します。カンフル注射です。そして細々と生き残る道を模索するのです。
日本経済はすでに底を打ったとの観測があるようです。世界で最初に経済が回復するのはもはや確実かもしれません。
政治さえ間違わなければ、日本一国で中国を抑えられると思います。日本人にとって一番重要なことは中国のこけ脅しにだまされず、ビビらないことです。
例えば航空母艦など何の役にも立たないのですよ。実際に「尖閣諸島戦争」になるとね。

NHKへのデモ、報道しないが、産経新聞の一面広告があったこと偶然今日知りました

えーと、細かいこと言わせていただきます。
旧ロシア(帝政)とソ連、きちんと書きわけてください。
できれば、いまのロシアとも。 
でないと文章の意味がつながりません。

犬に血液型があるのか麻岡光久の疑問

犬に血液型があるのか麻岡光久の疑問犬に血液型があるのか麻岡光久の疑問

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/454-fc83bdf2

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。