スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪魔を育てたキッシンジャー博士


キッシンジャー博士 岡山大で講演(産経新聞4月20日)

世界史において色んな巨悪な人が表れます。その中でもキッシンジャー
は巨悪中の巨悪と言っても過言ではありません。しかしアメリカから見た
場合は多少巨悪が薄まりますが!

彼は権力欲の塊で目的のためには手段を選びません。彼によって弱者
や弱小国が数え切れないほどの犠牲者を作り出しました。

彼の評価を決定付けた第一は「ベトナム戦争和平」への貢献が上げられ
ますが、事の真相がジョセフ・ヘラーによって暴露されています。

1968年民主党のジョンソン大統領によってベトナム戦争を終結させる
パリ和平交渉が進められていました。
当時大統領選が迫っていました、対立候補のニクソンは選挙を有利に
進めるために、パリ和平交渉を決裂させるように仕組みました。
その提案と工作をキッシンジャーが全て執り行いました。

その功績でキッシンジャーは政権誕生とともに大統領補佐官として政権
の中枢に入り、外交全般を取り仕切りました。それから4年後、
ニクソン政権はパリ和平交渉で提示されていたものと同じ条件で戦争を
終結させました。

キッシンジャーは南ベトナム軍の上層部に「当時米国の政権を取って
いた民主党より共和党のニクソンの方があなた達に有利な条件で締結
できる、」と言って相当な資金援助も約束しました。それに乗った
南ベトナム代表団はキッシンジャーの作戦通りに大統領選前日に和平
交渉の席をけり、決裂させました。

結果「平和公約」を掲げていた民主党を打ち砕き、見事ニクソンが,大統
領に選ばれました。しかし当時ジョンソン大統領の和平交渉はほとんど
締結寸前でした。キッシンジャーの邪悪な野望によって戦争終結が
4年間延ばされました。

その間2万人を超える米国人と数え切れないほどのベトナム、カンボ
ジア、ラオスの人々の命が失われました。

この裏工作と大虐殺で彼はノーベル平和賞を受賞しました。邪悪な裏
の見えない政治家に贈る平和賞は殆ど間違えます。

キッシンジャーの犯した悪事の数々は、クリストファー・ヒッチンス
が色々書いています。バングラデシュでの大量殺人、東チモール民族
大虐殺の扇動と援助、クルド人をそそのかしてフセインに対して攻撃
させ最後は彼らを裏切り見捨ててフセインに大虐殺されました。
その他クリストファーはキッシンジャーの多くの悪事を書き連ねて
います。

しかし私が今日書きたかった事は、この二人の作家が見えていない
キッシンジャーの悪事と陰謀です。

キッシンジャーの最大の罪は悪魔の巣窟、中国の竹のカーテンを無理
やりこじ開けて毒ガスを世界中に撒き散らした事です。
彼はソ連を牽制するために野蛮国中国を世界のグランドに招きいれ
ました。そして中国と取引して台湾と日本を見捨てました。

中国と手を握る事によってソ連を孤立化させました。敵の敵は
味方を実践したのです。
しかしこの策謀家の最大の弱点は権力欲と金銭欲です途中からミイラ
取りがミイラになってしまったのです。

当初彼は、一党独裁の共産国であり、国民を過酷な統制下において
いた中国を経済発展させれば資本主義開放経済への道を進みやがては
中国も民主国家へとなっていくと思っていました。そして中国発展の
ために彼はあらゆる便宜を図りました。

ところがこのずる賢い極貧国家中国がキッシンジャーの予測以上に
経済発展をとげ魔王に育ってしまったのです。そしてこの悪魔は目もく
らむぐらいの大金でキッシンジャーを中国の走狗にしてしまったのです。

中国はキッシンジャーを使ってアメリカ政権内部に入り込み信じられ
ない大金を使ってクリントンを大統領にしました。

中国はクリントン大統領夫妻や民主党有力政治家と癒着して国防総省
の機密情報が大量に北京にながれ、ミサイル技術や核弾頭の技術まで
中国は手に入れてしまいました。

いまや米贈賄工作は官僚の末端まで浸透して、中国スパイは捕まる
事もなく大手を振って政権内を闊歩しています。これは私の妄想では
ありません。クリントン夫妻がワン・ジュンというスパイから何回も賄賂
を受け取っていた事はアメリカでは周知の事実です。

中国に取り込まれてしまったアメリカを眺めた時、アメリカが日本を
守ってくれるなどありえない、核の傘は存在しないと言う事が分かって
いただけたと思います。

これら一連の流れを作り日本滅亡に手を貸しているキッシンジャーを
2千500万円の大金を払って日本に招き日米関係などを拝聴するなど
バカらしくて涙が出ます。

彼は「拉致は最も悲惨な事件」と心にも無い事を平気で言って日本に
同情したように見せるなど、とんでもない老人です。またそれを
ありがたがって拝聴している日本人の無知さにもがっかりします。

彼は既に85歳になりましたが今も厳然とアメリカ政権内で外交
アドバイザーとして影響力を発揮しています。ブッシュ政権下で
起こったイラク戦争も彼のアドバイスと言われています。

当初 彼も中国もヒラリー・クリントンが大統領になると思って
資金援助をしていました、ところが中国は途中から盛んにオバマにも
大量の資金を流して保険をかけ始めました。

世間ではオバマの場合ネットによる個人献金と言われていますが、
この方法のほうが目立たなくて資金を投入できます。アメリカ在住の
大量の中国人を使って献金しました。名前だけ使われた中国人も多く
います。

オバマが選ばれた時点で中国の資金まみれのヒラリーを国務長官に
押し込みました。人間の心情として選挙中にあれだけオバマを口汚く
罵ったヒラリーを政権のNO2に取り込むほど人間は寛大ではあり
ません。しかし中国に尻尾を握られたオバマは拒否できなかった。

最近オバマがチェコのプラハで提唱した「核兵器の無い世界」が
世界で失笑をかっていますが、ホンネはこれ以上核保有国を増やさ
ないということです。つまり世界は中国と中国に取り込まれた
アメリカが世界を支配すると言うことです。結果として中国という
悪魔が地球を支配してしまうことになります。

日本の右も左も「日本は自主防衛する必要はない。日本の安全保障は
アメリカに任せればよい」という人たちが圧倒的ですが、中国から
収賄する米国大統領や国防省幹部たちが日本を守ってくれるなど
100%ありえません。

「アメリカFBIは中国スパイ組織が米国政治家に対して大規模な贈賄
工作を展開している事に警告を発している」とワシントン・ポスト紙
は報道しています。

これらの事実をもってしても日本にアメリカの核の傘がすでに
無くなっていることに気がついてください。

日本が中国という悪魔に滅ぼされないために、自主的な核抑止力を
構築する方法を皆で考えましょう。
今の世界情勢から見て日本が核を持つ事は至難の業ですが、勇気を
持って皆で声を挙げていきましょう。

たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せます。
日本の運命は決して神や仏が握っているものではありません。
日本国民の心の中に運命を左右するカギがあります。



ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

キッシンジャーは北京五輪の開会式にも正式に招待されていましたね。長年、中国のためにロビー活動を続けた功績が評価されたのでしょう。あの開会式は現代国際政治の汚物を一ヶ所に集めたようなイベントでした。楽しそうにはしゃぐキッシンジャーの姿をNHKの中継で見ていて本当に不愉快な気分になったものです。

キッシンジャーはニクソン訪中の前に極秘裏に中国を訪問して、周恩来と会談していますが、その会談で日本を悪し様に罵り、「日本のためにアメリカの核の傘が使われる可能性は小さい」だの、「経済復興した日本をこれから米中で管理しよう」だの、「日米安保は日本の対等を押さえ込むための条約だから心配するな」だのと周恩来に約束しています。

こういう人物にゴマをすって飯の種にする日高義樹(元NHKアメリカ局長)のような日本人は、本当に日本の癌と言ってもよいと思います。日本人は国際政治がどれほど醜く腹黒いものかを知る必要があります。

以前国益に徹した政治家としてキッシンジャーを評価されていましたが、今回彼の悪魔としての側面も触れてもらいました。完全同意します。
ほんとうにフセインに虐殺されたクルド人のようにならないよう、いよいよ自己防衛しなければならない時代がやってきました。
まず、朝日TBSなどの反日マスコミにツブされないよう、さきにブチのめすことです。反日マスコミがヤられるか、でなければ、我々日本人がヤられるだけです。
戦後60年たって、再び現出した大本営発表体制をどうブッ潰すかです。

>日本が中国という悪魔に滅ぼされないために、自主的な核抑止力を
構築する方法を皆で考えましょう。
>今の世界情勢から見て日本が核を持つ事は至難の業ですが、勇気を
持って皆で声を挙げていきましょう。
>たとえ小さな斧でも、数百度これを打てば堅い樫の木も切り倒せます。
>日本の運命は決して神や仏が握っているものではありません。
>日本国民の心の中に運命を左右するカギがあります。

ほんとうにそうですね。
圧倒的に不利な状況の中で、ついついあきらめそうになりますが、我々の子供たちに「神の国、日本」を受け継ぐことが出来ずに、「悪魔の国、中国」の一部になった日本を引き渡さないといけなくなることだけは、なんとしても避けたいです。
そのためには、おっしゃるように斧の一打を根気よく積み重ねていくしかないでしょうね。

巡航ミサイルと燃料気化爆弾

 核兵器を持つのは、まさに至難の業ですね。 左翼でないおばさんたちも、すでに相当の「核アレルギー」を持っています。

 であるならば、トマホークのような巡航ミサイルを投射手段として、弾頭には核ではなく燃料気化爆弾ではどうかなぁ。 大陸間弾道弾と核弾頭を開発するよりは、ずっと安く製造できると思う。

 ロシア沿海州~鴨緑江~旅順(北京)あたりまで射程圏内に入れば、数千発の燃料気化爆弾で、相当の効果が期待できそうな感じがするけどさ。

先日、スピルバーグ監督が面白いことを言っているのを読みました。
いまから10年ほど前までは、得体の知れない宇宙人が地球を侵略してくるといった内容の映画が受けた。これは、当時のコミンテルン(共産主義者・社会主義者)達、まともな言葉の通じない人たちへの恐怖が、宇宙人に相対化して描かれていたというんですね。
その説からすると、昨今のバイオハザードのような、市民が噛みつかれるとゾンビになって人類を襲うといった主題の映画は、さしづめ、黄禍・・・つまり、中国人や朝鮮人などのイエローが大挙して襲ってきて、そしていつの間にか市民を彼らの仲間に同化させることへの恐怖が相対化され描かれている、と言って良いのかと思います。
そしてチャイニーズが描かれるハリウッド映画では、必ずといっていいほど、シナ人は大量に描かれる。それが恐怖感を増幅させる。
中国という異形の大国に門戸を開いたキッシンジャーは、結果として人類に大きな災いを招いているというブログ主様のご指摘は、いつもながらしごくもっともなことと思います。
そして、日本人はもっと特アへの恐怖感・・・警戒心を持つべきと思いますね。

近未来を情況を見据えた喫緊の国防態勢を

 否、正直ゾッとする話ですね。

 今日の極東の平和は、在日、在韓米軍、韓国軍、日本の自衛隊プラス台湾軍の戦力を併せたモノと、ロシアや共産シナの戦力、朝鮮軍の戦力が、均衡しているから成立・維持しているわけです、特に在日米軍の比重は、全体の戦力の9割近い比率を占めて居ると考えてよいでしょう、亦、それに、絶対的優位を担保するモノとして、米国の核の傘があるわけです。

 此処で、日米安保無し、核の傘無しで、日本の国防を考えたら、日本は10年分の国家予算を1年間の国防費として注ぎ込んでも、現状を維持できないでしょう。

 シナ・朝鮮の侵攻に備えるものでさえそうですが、是にロシアは勿論、米国迄を仮想敵として加え無ければならないのですから、もし、日本が戦前の様な軍備の比率で世界に存在する事を描いたとするなら、永遠に無理な話という他はないでしょうし、する必要もありません、日本が米国と戦争になったら、米国は迷わず核を打ち込むでしょうから。

 ニーミッツ級の原子力空母1隻を中心とする機動艦隊の戦力を看るに、空母に搭載している戦術核搭載可能な戦闘爆撃機80機は以上ですから、それだけでも航空自衛隊の全戦力に肉薄しますし、付属する護衛艦隊群からして、日本の海上自衛隊の戦力を上回って居ます、つまり、横須賀のジョージ・ワシントンが1隻居なくなるダケでも、日本の純粋な防衛力は半分近くに減少するワケです、これに加えて、立川・厚木、岩国や佐世保、そして沖縄の在日米軍が居なくなれば、日本の防衛力は1/10位になるでしょう、その上、戦術核も核の傘もなくなるわけです。

 是で、ドゥやって、日本を護ると云うのでしょう、しかし、現実とはこの予算を更に削れと言うのですから、自殺用に毒薬を毎日飲まされ続けて居る様なモノです。

 日本が核武装をするとかしないとか、良いとか悪いとか云って居る事自体、平和ボケの極致と言う他ありません、現実とは、在日米軍の核に拠って核武装しているのであって、核無くては国防は成り立たないのは明白です、ですから問題とは、日本が自前運用できる核を持つ迄の方法論であり、持ってからの外交姿勢なのです。

 しかし、事態は切迫していると言って良いでしょう、近い将来、在日米軍が大幅に縮小、撤退する事態、または、イザと言う時に機能しない事を考えて、逸早く、現状維持を担保できる様な態勢を採れる方法を探すべきです、その態勢構築こそ、是からの施策の主体とすべきなのです。

 キッシンジャーは85歳だそうですし、ディビッド・ロックフェラーは92歳です、不埒な言い方ですが、時代の変換点は近いと考える方が妥当でしょう、彼らの意向を引き継ぐもの達が、日本に対して如何なる評価をしているのか、何を下すのかを見極めて措かねばならないのです。

国際正義

アメリカはいつまで原爆投下を正当化できるか
http://www.kcn.ne.jp/~ca001/F4.htm

オバマ大統領への要望
http://blog.m.livedoor.jp/taisa1978/c.cgi?id=421410

表裏一体の現代

動き出す中国の「世界」経済支配戦略
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=1000

スパイ防止法《対日政治工作》
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/spy_boshi_1.html
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/

ヒラリー国務長官の中国共産党人脈
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=991

表裏一体の現代

大紀元時報-日本
http://www.epochtimes.jp/editorial/9ping.html

中国・侵略と虐殺の歴史
http://www.geocities.com/deepbluepigment/csz.html

そもそも中国ODAとは何か
http://www.geocities.com/deepbluepigment/sco.html

中国:紛争と弾圧を煽る秘密裏の武器輸出
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/print.php?storyid=139

スーダン(ダルフール)
http://ftk.nobody.jp/tibet/other-2.html

韓国への金融支援反対の署名
http://www.shomei.tv/project-208.html

「韓国人の甘えの構造」
http://kkmyo.blog70.fc2.com/?no=408&m

コリア人が待望していた「日韓併合」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nikkan4.html

従軍慰安婦強制連行捏造報道
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~asakyu/no5.html

竹島を奪還せよ!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-786.html

核装備は急務

中国の犬NHKが、大胆にも反日番組『JAPANデビュー』を放送し始め、『第1回:アジアの一等国』の中で台湾が恰も漢民族の領地だったかのように放送し、台湾人の反日感情を煽ろうとしているのは、中国による『台湾侵攻』が間近に迫ったことを意味していると思います。

従って核装備は急務です。核弾頭でなくても、臨界前の試験データなら、どこかの国が売ってくれるかもしれません。目的は戦争防止なので、説明をしてインド、パキスタン、イスラエル等の何れの国かと交渉すべきでしょう。昔のM2ロケットでもポラリス以上の性能ということなので、ミサイルも誘導技術も既にあります。巡航ミサイルに使えるジェットエンジンも、既に開発済みです。

そして、核を保有してるだけで、もちろん日本人の不幸を避けることが出来、台湾人の不幸も避けることが出来るかもしれません。

小沢一郎民主党党首のバックにぼんやりと見え隠れする中国。
米国議員と同様な事態が想像される(在日の中国系からの資金援助など)。
自民党親中派といわれる連中は日本からのODA・委棄化学兵器処置などの中国支援金のバックや中国進出企業からの献金などがある。
中国進出企業は中国における企業活動の便宜と引き換えに国を売っているはず(河野洋平氏や二階俊博氏が紙面で言われている)。
私の疑問は、本当に日本企業は中国での利益を得ているのかということなのである。
日本企業でヤオハンなどのように”けつの毛(品がなくて申し訳ない)”まで毟られ撤退した企業は数多くあると思う。
進出企業は企業活動をスムースにするために共産党幹部・公安・許認可などなどにその都度”袖の下”を要求されると聞く。その上に技術の収奪も心配される。
今、問題になっているNHKなどは中国での取材費がどれくらいかかっているのかも知りたいものだ。
日本国からの援助・支援などの金額の総額と進出企業の利益の損得を算定するとそれほど日本国にとって実入りのいいものではない様に思っている。
さらに、最悪なのは主権に手を入れてくることである(経済同友会会長が「靖国に行くべきではない」などと日本国国民に選ばれた首相に命令する異常さ)。
中国はEUと米国にまかせ、欧米による経済植民地化が可能か否かを見つめる狡猾さが欲しい。戦前の”愚”を繰り返さないために付かず離れずがベストだ。脱亜論の再認識が強く求められる。

キシンジャー85歳。彼は米国の闇の部分で、常に米国の対外戦略に影響を与えていた。北京オリンピック会場に彼の姿が写し出されたのを見て、未だに彼の隠密行動が続いているのを不気味に感じた。

思えば、ニクソンが大統領が実質、敗戦であった、ベトナム戦争を「名誉ある撤退」と謂う言葉で濁し、南ベトナム陥落。北ベトナム、ホーチミンの勝利に至るまで、どれだけの生命が失われたか、何のために戦ったのか若き米兵も分からないままに多くが命を落とした。そしてニクソンがウオーターゲイト盗聴スキャンダルで失脚後も、米国の政界の闇に居座っていた、この男のなんとも謂いがたい冷血な存在は、多分歴史上の闇の中に知られていない事も多いであろうと思う。

彼は、ナチスドイツから逃れ米国に移民したユダヤ人であるが、ハーバード大学にて博士号を得るに至り、ドイツ訛を気にしていたが、ニクソンの国務長官へのポストに応じたことからが、彼の暗躍の始まりであった。

当時、冷戦構造の中で、米国の経済は年率10%にも及ぶインフレ、赤字に対処をしなくてはならない状態にあった。財政的にも戦費の困窮と台頭する日本経済などとの輸出不均衡で、日本バッシングを始めていた時期でもある。

このような中に、米国はベトナム戦争を早急に終結さえる必要があったわけである。ここで動いたのが、キッシンジャーの支那への隠密外交。ピンポン外交。国交樹立である。だぜ、米国が共産国の支那に接近したかと言うと、当時の冷戦構造では、米国の絶対的敵対国はソ連であり、毛沢東、周恩来路線の共産主義は、ソ連のフルフチョフがスターリンの行った蛮行を非難したことに対し、「修正主義」だと距離を置き対立していたからである。毛沢東は、完全なレーニン、スターリン思想を元とし、毛沢東主義とも謂えるものを支那大陸恐怖圧制統一に掲げていたいたからである。

これに着眼をしたのがキッシンジャーである。米国に取っての最大の脅威は、当時、大陸間弾道ミサイル開発で、対立していたソ連が脅威であり、支那は、同じ共産国であったが、ソ連とそりがあっていなかった。米国としては、支那をソ連への対立軸にすえることにより、ベトナムからの撤退が出来ると考えたわけである。

さて、その時他に何が起こったかと謂うと、米国との安全保障上の条約があった、日本と台湾は米国の一方的行動で無視されたいたと謂うことである。台湾は、米国が支那との国家国交樹立をされたことにより、国連での独立国としての立場を失った。日本は、土建屋、田中角栄が米国に追従し支那との国交樹立にしてしまったわけである。日本と台湾の国家として立場は、米国の国益のためには、無視されたことである。

さて、長々と前置きを書きましたが、今、国際的に起こっている経済混乱、軍事勢力構図の多極化の中に、どれだけ日米同盟が頼りになるかと言うと、頼りにするほど馬鹿なことはないと謂うことです。米国の過去の行動を考えれば、子供でも分かることです。

日本は、早急に自国独自の国防体制を整備すべきです。当然、これには核防衛も含まれていなくてはなりません。

キシンジャー85歳。彼は米国の闇の部分で、常に米国の対外戦略に影響を与えていた。北京オリンピック会場に彼の姿が写し出されたのを見て、未だに彼の隠密行動が続いているのを不気味に感じた。

思えば、ニクソンが大統領が実質、敗戦であった、ベトナム戦争を「名誉ある撤退」と謂う言葉で濁し、南ベトナム陥落。北ベトナム、ホーチミンの勝利に至るまで、どれだけの生命が失われたか、何のために戦ったのか若き米兵も分からないままに多くが命を落とした。そしてニクソンがウオーターゲイト盗聴スキャンダルで失脚後も、米国の政界の闇に居座っていた、この男のなんとも謂いがたい冷血な存在は、多分歴史上の闇の中に知られていない事も多いであろうと思う。

彼は、ナチスドイツから逃れ米国に移民したユダヤ人であるが、ハーバード大学にて博士号を得るに至り、ドイツ訛を気にしていたが、ニクソンの国務長官へのポストに応じたことからが、彼の暗躍の始まりであった。

当時、冷戦構造の中で、米国の経済は年率10%にも及ぶインフレ、赤字に対処をしなくてはならない状態にあった。財政的にも戦費の困窮と台頭する日本経済などとの輸出不均衡で、日本バッシングを始めていた時期でもある。

このような中に、米国はベトナム戦争を早急に終結さえる必要があったわけである。ここで動いたのが、キッシンジャーの支那への隠密外交。ピンポン外交。国交樹立である。なぜ、米国が共産国の支那に接近したかと言うと、当時の冷戦構造では、米国の絶対的敵対国はソ連であり、毛沢東、周恩来路線の共産主義は、ソ連のフルフチョフがスターリンの行った蛮行を非難したことに対し、「修正主義」だと距離を置き対立していたからである。毛沢東は、完全なレーニン、スターリン思想を元とし、毛沢東主義とも謂えるものを支那大陸恐怖圧制統一に掲げていたからである。

これに着眼をしたのがキッシンジャーである。米国に取っての最大の脅威は、当時、大陸間弾道ミサイル開発で、対立していたソ連が脅威であり、支那は、同じ共産国であったが、ソ連とそりがあっていなかった。米国としては、支那をソ連への対立軸にすえることにより、ベトナムからの撤退が出来ると考えたわけである。

さて、その時他に何が起こったかと謂うと、米国との安全保障上の条約があった、日本と台湾は米国の一方的行動で無視されていたと謂うことである。台湾は、米国が支那との国家国交樹立をされたことにより、国連での独立国としての立場を失った。日本は、土建屋、田中角栄が米国に追従し支那との国交樹立にしてしまったわけである。日本と台湾の国家として立場は、米国の国益のためには、無視されたことである。

さて、長々と前置きを書きましたが、今、国際的に起こっている経済混乱、軍事勢力構図の多極化の中に、どれだけ日米同盟が頼りになるかと言うと、頼りにするほど馬鹿なことはないと謂うことです。米国の過去の行動を考えれば、子供でも分かることです。

日本は、早急に自国独自の国防体制を整備すべきです。当然、これには核防衛も含まれていなくてはなりません

>へんですね。誤字が多い前の記述を消そうとしましたが、編集に私のパスで、一凡人の記述が出てしまいす。

恐れ入りますが、私のは、後のほうで読んでください。

私の持論なのだが

核ミサイル搭載の潜水艦を數十隻造り、北極海、東支那海、太平洋、大西洋に展開させ、モスクワ、北京、ロサンゼルス、ワシントンを睨んでいなければ、日本人は安心して寝る事もできない。

もっとも、白人も特亜人も日本人と同じような心、思考を持ってくれれば、武器も軍隊も要らないのですが。

邪悪な心を持つ一部の白人、中国人の為に、私達の未来を不安にさせる。どうにかしなければと、考えざる得ないのが現実だ。

一生眠れるブタで居続けさせているのが賢明だったのに
中国を今日の醜悪で傍若無人な、ならず者国家に育ててしまったキッシンジャーの罪は大きいですね
しかし日本にも多少、責任があるのではないでしょうか

アメリカが中国と国交正常化したのは、ソ連を牽制するためだったと言われているが
もう一つ、アメリカはアメリカ工業を脅かす存在だった日本と西独の工業力を叩き潰すためだったと思います
当時、世界から孤立していた中国を国際貿易の中に組み込み、工業国家にすることで世界中をデフレ状態(生産過剰)にし
工業国家であった日本と西独の国力を削ぐのが目的だったのではないかと思います
就労人口が多く、人件費が安い分、日本や西独と中国とでは中国に分があるのは論を待たないでしょう

アメリカはベトナム戦争中で、国力を疲弊させており
同時に日本の対米輸出攻勢で産業が大打撃を受けていた
アメリカに守られながら、対米貿易で経済成長する日本
アメリカの日本に対する怨嗟は凄まじいものがあったのではないでしょうか
中国を国際貿易に組み込み、工業国家にすればデフレで日本や西独のみならず、アメリカも唯では済まないはずだったが
アメリカは金融国家として生き延びる道を選択した

日本はこの時、軽武装&経済重視からの政策転換を図って
アメリカと共同して東アジアの安全保障に責任ある行動を取るようにしていたら
現在は異なる状況だったのかもしれません
今更ぼやいてもしょうがないですね
これから、どう日本の安全と独立を確保維持していくのか
安全で独立した日本を子孫に残していけるのか
知恵を絞って考えていきましょう

>核ミサイル搭載の潜水艦を數十隻造り、北極海、東支那海、太平洋、大西洋に展開させ

核ミサイルを搭載した潜水艦は自国の海上優勢(最近は制海権とは言わず海上優勢と呼ばれるようになった)が
及んでいる海域を行動範囲とし、敵国の駆逐艦や潜水艦、哨戒機が活動している可能性が高い敵国の海上優勢が及ぶ海域にわざわざ出張る必要は全くない

潜水艦は自国の海上航空戦力の支援が期待できる安全海域から、核ミサイルを投射するものであり
言い換えれば、敵国の海上航空戦力による妨害の及ばないアウトレンジから投射する必要がある
例えばロシアの場合ならオホーツク海、日本の場合は西太平洋となる

こんな中国とズブズブで日本に差別心丸出しの人物をよく大金果たいて招聘したものです。キッシンジャーアソシエイトというコンサルティング会社で米国企業を中国に進出させて儲け放題。伊藤貫さんの著書によると中国から莫大な金を受け取っているだけでなく女も世話してもらっているとか。この人の言う事は嘘ばかりですから気をつけましょう。

>まむ さま
自国・自民族のアイデンティティーを外国・異民族に求めている人、外国・異民族にあると誘導する人は危険だと思うよ。そして、彼らに好意的な記事のほとんどは、なぜか彼らが超一流のロビイストであることの考察がごっそり欠落していることが興味深いね。

日独称揚論、日ユ同祖論について思うこと

>まむ様
 ご紹介のブログをちょっと読んでみました、感想を書かせてもらいますと、「この人はユダヤ人と云う括りを間違えては居ないだろうか」と言う疑問が湧きました、私も日ユ同祖論には興味があり、齧った事が有りますが、其処で云われている民族的なユダヤ人の定義と、現在ユダヤ人と呼ばれて居る人達の其れには、ユダヤ教以外の繋がりは見出せないのが現実です、然るに「同祖」の言葉の定義を言えば、民族的血統を指すものである事は間違いないのに、習俗の一部でしかない宗教や同義語を以って、現在のユダヤ人と同祖を語るべきではないでしょう。

 況や、ドイツ民族との同祖論が成り立つとすれば、「人類皆兄弟」のレベルに拡大しなくてはならないと思います。

 私も↑の#さんと同じく、危険だと思います、日ユのルーツに擬似的なものがあると言い立てて居る一方で、現在のユダヤ人の定義や血統的な出自は明らかにして居ない、今昔のユダヤ人に血統的な一貫性が無いのであれば同祖論を語る意味は無いのですから、わざわざ其れを持ち出すのには、何か違和感を持ちました。

 ヒトラーは決して親日家では有りません、最初日本人を「モノ真似ザル」と扱き下ろして居たのに、日独伊同盟が締結されると、慌ててその部分を削除したとの話が伝わっています、それに、日華事変で蒋介石の背後に居たのはナチスドイツで、国府軍の軍装・銃器はすべてドイツ製、軍事顧問団を送って、ゼークトラインと呼ばれる塹壕戦法を国府軍に教授したのです、因みに、日華事変は国府軍75万に対する日本軍25万と言う、日本が圧倒的に劣勢な大戦闘でしたが、日本軍側の大勝利に終わり、ナチスの軍事顧問団も全滅して居ます。

 差別は相対的なもので、何かを絶対善と措けば、必ず対極には絶対悪が存在しなくてはならなくなるワケです、ダカラ、過度な民族主義はイケナイといわれているわけです、しかし、その反対に自民族を絶対悪と措くのは、唯の自虐でしかないし、反動で、絶対善になりかねないと考えます。

 処が、ユダヤ人を差別するとは云いますが、ユダヤ人自体の定義が曖昧なのに、ドゥしてユダヤ人と見分け、差別が可能なのでしょうか、唯、単に、ユダヤ教徒だからというダケなら、ユダヤ教徒である選択を止めればいいだけでしょう、もし、宗教選択に自由裁量が許されているのならですが、そういう意味で、ユダヤ人ではなくユダヤ教徒として括るべきでしょう、ユダヤ人と言い立てて、民族差別と混同させる表現には、恣意的なものを感じます。

>まむ様
>#-様
>ソロ様

確かにユダヤ人と謂うのは、エチオピアの黒人の人たちにもユダヤ教徒がいますし、ユダヤ人と謂う言葉は、死語になる運命なりつつあるのかも知れません。

キッシンジャーをユダヤ人と書いたのも、ユダヤ教徒と謂うべきですね。この点に関しては、訂正して謝罪をいたします。決して、個人的には、恣意的に書いた思いはありません。米国に長くいた時期には、米国人の間でも自然に使われていた表現で、それ以上、それ以下でもありません。

ただ、ユダヤ教徒が米国だけではなく、世界的に散らばっており、与える軍事、金融・経済分野への影響力は、巨大です。そして小ずるく汚い金銭的な利権に絡んでいるケースは、大変に多いのが事実であろうかと思います。そして、英語の中でも"He's Jew or Jewish. と黒を白にするだけの弁護士やロビイストも多く、差別的に言われているのも現実にはあります。

漢民族に関しても、混血が大変に進んでいますから、同様にその語彙の定義は、あいまいになってきております。そして、チベット民族他、少数民族は漢民族と称される民族によって消され、同じ漢民族になるのでしょう。清王朝の満州人は、ほとんどその子孫は消滅に近いものになっております。このままで行きますと、更に中華人民共和国の中国人で呼ばないといけなくなるのは近いのでしょう。

日本人に関しても、大和民族とか日本民族とか謂うのは、間違いだと謂われるのかも知れません。日本に於いても人口侵略が進みつつありますから、そのうち漢民族になり、中国人になるのも否定できなくなる恐れが生じますね。しかし、日本は世界に比類のない歴史と伝統、文化を継承してきた国家です。したがって、私は今年、還暦になりますが、私の生ある間は、そのような日本の姿は見たくないと思っています。そして、そのために微力ですが、自分の仕事の合間に言論活動をやっています。

日本のすばらしい過去を知るもの者の一人として、日本の主権、国益を護るためには、いま、戦わずしていると、日本国の消滅は否定できなくなると感じます。


核より情報

日本に必要なのは核よりも情報戦に勝てる力。現状一方的にやられているばかりじゃないか。こんな状態で核装備しようとも、それは砂上の楼閣のようなもの。

おまけ=太郎ちゃんねる(動画)付き

麻生内閣メールマガジン第28 号         2009/04/23   
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━

●麻生太郎の「強く明るく」
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
[低炭素革命で、世界をリードする国へ]

 この日曜日、小さなお子さんを交えた親子30組100人と一緒に、電気
自動車やハイブリッド車などのエコカーの試乗会に参加しました。

 クリーンディーゼル車は、排気ガスに白い布をさらしても、黒いススが付
きません。環境へのやさしさを実感しました。参加した子どもたちが、大き
くなる頃には、エコカーを普通の車にしたい。そんな思いを、強くしました。

 地球温暖化は、21世紀の我々が、乗り越えなければならない、大きな課
題。これを、新たな技術と、社会システムの変革で、克服するのが、低炭素
革命です。

 環境対策、というと何か「制約」というイメージを持つ人がいますが、私
は、将来の飛躍に向けた大きなチャンスだと思っています。

 資源エネルギーに乏しいわが国は、二度にわたる石油ショックの際に、大
変な危機に陥りました。しかし、国民をあげて切磋琢磨し、逆に、世界に冠
たる省エネ技術をもつ国家へと変貌を遂げたのです。今や、日本のエネルギ
ー効率は、アメリカの2倍、ヨーロッパの1.7倍です。今回も新たな産業
や雇用の起爆剤にできると確信しています。

 先日、2020年を見据えた中長期的な成長戦略、「未来開拓戦略」を発
表しました。その第一の柱が「低炭素革命で、世界をリードする国」です。

 「太陽光世界一プラン」として、2020年には、太陽光発電を現在の2
0倍に増やします。これは、800万世帯に太陽光発電を導入する規模に相
当します。太陽光発電で世界一の座の奪還を目指します。また、「エコカー
の世界最速普及プラン」を進め、新車の2台に1台をエコカーにしたいと思
います。

 世界全体で、そして、その中で日本が、どれだけ温室効果ガスを削減して
いくか、という目標の設定も、大事なポイントです。

 昨年の北海道洞爺湖サミットでは、日本は「2050年までに世界全体の
温室効果ガスの排出量を半減する」ことを提案し、世界の議論をリードしま
した。併せて、わが国は、2050年までの長期目標として、現状比で60
~80%の削減目標を決定しました。

 国際的な枠組みである、京都議定書の次の枠組みの構築を目指して、今年
末、コペンハーゲンで国際会議が開かれます。この枠組みには、すべての主
要国が参加することが必要であり、私としても積極的に働きかけていきます。
この中で、2020年前後の削減目標(中期目標)が議論されます。

 日本自身も、どれだけ温室効果ガスを減らすのか、そのためには何をしな
ければならないのか、その結果、国民生活にどのような影響があるのか。明
確に示さねばならないと存じます。

 温室効果ガスの削減は、環境の側面だけではなく、ご家庭の所得や光熱費、
雇用など、経済活動、国民生活全般にわたって、大きな影響があります。産
業界とか、環境NGOとか、限られた世界だけの問題ではなく、国民全体で
共有すべき問題です。そこで、有識者の方々に、科学的に分析してもらい、
削減量とコストなどを総合的に示した、6つの選択肢の形にまとめていただ
きました。

 この分析結果をもとに、どのような選択肢が望ましいか、国民的に議論し
ていただきたいと思います。意見募集(パブリックコメント)や、国民との
対話集会などを通じて、どんどんご意見を頂きたい、と思います。

 皆さんのご意見もうかがった上で、遅くとも6月までには、中期目標を決
断したいと考えています。日本が誇る技術と先進的な削減への取組により、
世界をリードしたいと思います。

※ 地球温暖化対策の中期目標に対する意見の募集(パブリックコメント)
  について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tikyuu/kaisai/dai07kankyo/tyuuki_iken_syousai.pdf

※ 地球温暖化対策の中期目標について(中期目標の6つの選択肢)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tikyuu/kaisai/dai07kankyo/cyuuki_mokuhyou.pdf

おまけ=太郎ちゃんねる(動画)
http://www.kantei.go.jp:80/jp/asovideo/2009/04/9317/normal_play9317.html

日本の技術は、世界に(地球のためにも)、
なくてはならないものになるでしょう。
研究も進めていかねばならない。

中国が膨張していって食い尽くすだけじゃ、
日本どころか
地球まで消滅する。世界の未来のために、
今,日本は、
防衛強化の為の体制を固めておくべきでしょう。

日本の敵

彼がやって来た事で日本がプラスで有った事はないのでは無いでしょうか?誰かが云われるように何故こんな人間を日本に呼ぶのか?一定の距離を日本はあらゆる国・人との間に作る「気力」と「丹力」を政治家も持って欲しいものです。

日本に文句が有れば「何故」なのかを聞き出し「反論」するなら反論できる能力を養うことも必要です。こんな小学生に説教を垂れる様な事を書か無ければいけないのは本当に情けない。

チャンネル桜が著作権フリー

<a target="_blank" href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm6819445">【ニコニコ動画】NHK「JAPANデビュー」でチャンネル桜が台湾へ突撃取材(その1)</a> 
 NHKの台湾変更報道に対してチャンネル桜が著作権フリーで情報拡散を呼びかけています。しかし、長い長い。そこで一番最初だけ貼ります。以前の女性差別撤廃条約の時にはキチンと飛べなくてすみませんでした。コピペして貼っただけなのに不思議です。今度はキチンと飛べるといいなと思っています。

どうもすみません

 かさねがさね失礼します。ここにはどうしてニコニコ動画が貼れないのでしょうか。わたしの貼り方が悪いのでしょうか?またニコニコの目指す動画に飛べませんでした。チャンネル桜の情報拡散動画は今日の政治ランキングの一位ですので、暇で行ってみたい方はどうぞ。

偏向放送NHK 暴露デビュー

朝鮮歴史館
「あんた(NHK)の後ろには中共がついているんだろ!」by柯 徳三
http://ameblo.jp/campanera/entry-10247081393.html
●NHK「JAPANデビュー」でチャンネル桜が台湾へ突撃取材(その1~8)

>ここにはどうしてニコニコ動画が貼れないのでしょうか。
朝鮮歴史館さんからニコニコ動画が見れます。

偏向放送NHK 暴露デビュー

朝鮮歴史館
「あんた(NHK)の後ろには中共がついているんだろ!」by柯 徳三
http://ameblo.jp/campanera/entry-10247081393.html
●NHK「JAPANデビュー」でチャンネル桜が台湾へ突撃取材(その1~8)


>ここにはどうしてニコニコ動画が貼れないのでしょうか。

朝鮮歴史館さんからニコニコ動画が見れます。

申し訳ありません二重投稿になりました。上の一つ消していただけますか?

URLのみ抜粋したら飛べましたよ

OOIDOYA 様
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6819445
で飛べましたよ。
上記「<a target="_blank・・」のURL部分をダブルクリックすると「http://www.nicovideo.jp/watch/sm6819445">」がURLとなり飛び先で画像ID「sm6819445">」と判定されて画像該当なしとなるのではないでしょうか?(ほんとうは画像ID「sm6819445」だと思います)
HTMLそのものが表示されていますので記事欄とちがいコメント欄では翻訳できていないのでしょうね。
飛べないの意図がこういう意味でなかったらすいません。

80年代以降の米国の仮想敵は日本

私もxpさんと同じ見解で、

80年代以降「米国の仮想敵は日本」になったのだ、と思います。

何故か?それは80年代に「米国は日本に負ける危険性を感じた」からです。
そして米国は、日本経済の強みが、政、官、済の共同体システムにあると見抜いた。
まず米国はその共同体を破壊するために、脱米国支配を目指す政治家(角栄等)を潰し、自民党の主流派を従米派で固めました。
それから、マスコミを利用した官僚叩きが始まったのです。
日本官僚の頂点であった「大蔵省」が解体(ノーパンしゃぶしゃぶは忘れません)された(今の財務省主流派は従米派です)のをはじめとしたマスコミの官僚叩きの全ての動機はこの「日本弱体化」です(今は郵政解体と社保庁叩き、農林中金の資産強奪、次はNTT再分割とNHK民営化かな?)。

そして米国は「日本封じ込め」のために中国との実質的な同盟を選びました、この選択は同時に「中国は決して米国を凌ぐ強国にはなれない」と考えていることの表れかもしれませんが。
(「何時でも革命工作で中共をひっくり返すことが出来る」とも思っているかもしれません、しかし中国も甘くはなく、歴史的に優れた戦略論文化を持っているだけあって、逆に米国中枢に食い込んでいますけどね。)

大東亜戦争で共に日本と戦った事を絆(建前)に、米中同盟で日本を押さえつけているのです。
従軍慰安婦問題追求や南京大虐殺映画に米国が協力的なのも、米中共通の対日工作だからです。
この歴史問題攻撃に対する対処方法は、米国は「国民のみなさまの国」なので民意には逆らえませんから、米国民に事実を訴えていくしかないでしょう。

あと、今の日本で組織的に「国益を考えた戦略」を遂行出来る能力を持っているのは官僚だけです、マスコミの安易な官僚批判に流されずに、逆にマスコミの過剰な迫害に怒っている官僚と売国マスコミに反撃していきたいものですね(放送法改正等で)。

ユダヤ教徒かユダヤ人か

>bingo様
 否、貴方の使われた「キッシンジャーがドイツ系ユダヤ人」と言う表現に違和感を覚えたワケでは有りません、「ドイツ系ユダヤ人」は、既に記号化している表現です、まむ様のご紹介のブログを開くと、其処には、あのハウスホファーやヒトラーまでが親日であったが如きプロパガンダのみならず、日ユ同祖論と日独同祖論まで展開してあり、少々薄気味悪く思った次第、そこで、まむ様に「余り本気にしないほうが宜しいのではないでしょうか」と、要らぬお節介で、メッセージならぬ講釈の駄文を書いたまでの事です、誤解を与えた様な気がします、すいません。

 それにしても、ユダヤ人は、形済ましのカザール人や、アシュケナージ、スファラディと三種類も居るワケですが、ユダヤ教自体、世界を覆っているキリスト教やムスリムの基本となるものですから、その禁忌や戒律の在り方、考え方は、西洋・中近東世界の基本常識と考えて宜しいのでは無いでしょうか。

 元はと言えば、1弱小民族の宗教であったのが、周りの優れた宗教を持った古代国家が滅んで行く内に、優れた祭祀儀式やトーラーを伝えるモノが1つだけ残ってしまい、台頭した独自の宗教を持たなかったローマ帝国が取り入れ様としたが、拒否され、結局ローマに滅ぼされる、と言う憂き目に遭いますが、ローマはユダヤ教に救世主を附加したキリスト教を4世紀に国教としましたから、ユダヤの民の歴史書である旧約聖書は、世界的に広がる事になったのでしょう。

 中東戦争以前は、三教の教徒が、対立も何も無く平和に隣人として暮らして居た事実があるのですから、中東戦争自体カザール人がパレスチナに齎した災厄だと云えるでしょう、元より此処に留まって暮らしていた真性のユダヤ族の末裔スファラディにとって、英仏と全アラブを敵に回したイスラエル建国は大迷惑であった事でしょう。

 ユダヤ人の腹黒さは、旧約聖書を読んだ事があれば判る筈です、内容は身内同士での窃盗、姦淫、裏切り、殺人の連続です、其れは歴史書ですから半端当然です、読めばユダヤ族がドゥして滅んだかが判ります。

 この歴史を珍重するのは、ユダヤ族でなければ在り得ない話でしょう、丸で、世界がユダヤ族の為にこそ存在しているかの様に感じられますから。

 結局、ユダヤ族は西暦70年に士師フラビウス・ヨセフスの裏切りに遭って、10万人が自殺すると言う、真に理解し難い事件を経て、神殿を焼かれて、ユダヤ族は全滅して居ます、指導者の裏切りで全滅すると言うのは、いかにもユダヤ族らしいのですが、その教えを未だに押し頂き、差別されるのにも拘らず、棄教しない人々が居る方が、もっと奇跡的だと私は思います。

 世界には、確かにユダヤ教徒が未だに存在し、世界中で成功していると言う現実があります、しかし、欧州では、家族名に金属名が混ざっていたり、色が着いた器具や町(バーグ、ブルグ、)だったりすれば、直ぐユダヤ教徒と判る様にして居たようです、ゴールドバーグ、スピルバーグ、ロスチャイルド(赤い盾)、アインシュタイン(1つの石)、ルービンシュタイン(赤い石)・・・、マルクスやエンゲルスの様な例外も居るのは確かですが、彼らには確かに、「優秀」と言う共通点がありますね。

まったくもって、、、

http://www.charleslipson.com/speechtopics/Why-We-Fought-WW2.htm
アメリカの第二次世界大戦についての考えは想像がつきますが、この様な考えの元、大学で政治学を教えているのは本当に怖い事だと思いました。きっとこういう事を繰り返し教え込み自分たち行う事すべてを正当化し続けるのでしょうね。

ゲーツ国防長官の重大発言

先の北朝鮮のミサイル発射に関して、ゲーツ国防長官が 「ミサイルがアメリカに飛んでくるものでなけれが迎撃しない」 という主旨の発言をしましたね。これは極めて重大な発言です。日米安保条約は既に米国により破棄されているのです。
日米安保条約に基づいて基地を提供し、思い遣り予算なんて余分なものまで払っている日本はアメリカに対し激しく抗議すべきだったのです。全般的には良い仕事をしている麻生内閣ですが、この点は甘かったと思います(民主党は甘いなんてものではなく、国を売っています)。
こうしたアメリカの姿勢を考えたとき、日本は着々と敵基地攻撃能力を含めた国防体制を整えるべきです。いくらMD網を整えても、中共は何千発、北朝鮮でさえ200~300発ものミサイルの照準を日本に合わせているのです。何割かは迎撃できてたとしても、日本に大量のミサイルが打ち込まれることは間違いありません。敵基地攻撃能力や長距離飛行可能な戦闘機・空中給油機なども保有する必要があります。日本を攻撃を受けた場合、必ずこちらからも反撃できるよう、潜水艦からのミサイル攻撃能力も必要です。

日本の独自防衛整備は急務です

>潜水艦からのミサイル攻撃能力

これは、大変に有効な抑止効果があると思います。もちろん核弾頭、ミサイル装備の上です。

日本独自の偵察監視衛星の打ち上げが急がれます。米国からの二次情報、それも米国のさじ加減での情報では間に合いません。

米国は日本の技術も使用しているF22ステレス最新戦闘機の生産中止として、日本側に売ることをやめています。現在の日本の主力戦闘機はF15ですが、これはもう支那、韓国、ロシアなどと比較しても圧倒的な優勢戦力では、ありません。早急に日本独自で軍事産業を育成、核武装を急ぐと共に、空母、MD、さらに海岸線が長い日本の地政学的問題からも、チンパンが放棄すると言った、クラスター爆弾の再所有は不可欠です。

憲法論議をしている場合ではありません。9条は即刻破棄。シビリアンコントロールなどと国防の素人が謂い、国防のイロハを間違うことほど危険なことはありません。

>「ジャップは裏切り者」・・・コピペ

キッシンジャー氏 72年、日中外交で

米公文書

【ワシントン=共同】ニクソン米大統領の中国訪問など1970年代の米外交政策を主導したキッシンジャー大統領補佐官(後に国務長官)が1972年夏、田中角栄首相が訪中して日中国交正常化を図る計画を知り「ジャップ(日本人への蔑称=べっしょう)」との表現を使って日本を「最悪の裏切り者」と非難していたことが、26日までに解禁された米公文書で分かった。

キッシンジャー氏の懐疑的な対日観は解禁済みの公文書から明らかになっているが、戦略性の高い外交案件をめぐり同氏が日本に露骨な敵がい心を抱いていたことを伝えている。繊維交渉などで険悪化した当時の両国関係を反映しており、1970年代の日米関係史をひもとく重要資料といえる。

文書はシンクタンク「国家安全保障公文書館」が国立公文書館から入手。26日の公表前に共同通信に閲覧を認めた。

ハワイで日米首脳会談が行なわれた1972年8月31日付の部内協議メモ(極秘)によると、キッシンジャー氏は部内協議の冒頭で「あらゆる裏切り者の中でも、ジャップが最悪だ」と発言した。

続けて、中国との国交正常化を伝えてきた日本の外交方針を「品のない拙速さ」と批判し、日中共同声明調印のために田中首相が中国の建国記念日に訪中する計画を非難。首相訪中に関する日本からの高官協議の申し入れを拒否したという。

またフォード大統領訪日を直前に控えた1974年11月12日付の国務省会議録(秘密)によると、国務長官も兼務していた同氏は省内会議で田中首相について「日本の標準に照らしてみてもウソつきだ」と言明した。


2006年5月27日 『東京新聞』

★  『 ●親中国派で有名なキッシンジャーの「対日観」』
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe650.html

                            「ふるさと」

“地獄の鬼”が待ってるね。

ャーも85歳か…。
もうそろそろ“[下線]地獄行きのカウントダウン
”が始まってるね。

・日本の100都市以上に焼夷弾を落としまくりた“ルメイ”
・広島・長崎に原爆を落とし、数十万の命を瞬時に奪った“ルーズベルト
・日本人に「欧米侵略の大罪」をなすりつけ、日本人から歴史を奪った“マッカーサー”。
・日本人から大恩を受けながら、敗戦国となった日本人を侮り、強姦・略奪・強盗・拉致・拷問・虐殺を繰り広げた、“卑しいシナ・朝鮮人の恩知らず達”も、今頃地獄の業火に焼かれて、のた打ち回っていることでしょう。

自業自得・因果応報。
己の罪は、己で償う。


キッシンジャーも“腐るほどの大金”を手に入れたかもしれないが、
所詮、死ぬ時は地獄に持っても行けず、
00]汚辱にまみれた“悪業”だけを「死の道連れ」に、もうすぐ旅立つ日が来たんでしょうね[/色]。

地獄で、ルーズベルトもルメイもマッカーサーも
その他諸々の罪深き輩が、手ぐすね引いいることでしょう。
誠に無駄で無益な人生でございました。ご愁傷様、チーン。。。





管理人さんの素晴らしい記事、ならびに皆様の深い知識に敬意を表します。

日本は支那、朝鮮半島を睨んだ直接的な政策と同時に、米国の出方をも十分に考慮した国防を考えなければなりません。ネットに触れることの無い方々には、非人道的な政策をおこなう国家といえば支那がその代表の様に思われていますが、米国もそれに勝るとも劣らない国家であることを理解してもらわなければなりません。

“自由と平等の国”などと自ら評してみても、歴史の浅さからくる他の国家への“潜在的なコンプレックス”は隠しようもありません。日本人にも同様の性質を持つ方々が山の様にいます。古来より連綿と続くバックボーンとなるモノを持たない。国民が共有する価値観に沿えない、沿いたくない…そういった方々です。

普通の日本人であれば、自国の文化や価値観に自信を持ち、恥じることなく世界と対することができる筈です。しかし、そうでない方々もいます。そういった者達は自信が持てない故に“大多数の中の一人”であることに我慢がなりません。そして過剰なほどに“力”や“成功”といった「目で見てわかるもの」に依存します。そして“正義”“平和”“平等”といった一見「反論できない文言」を好んで振りかざします。

自らが拠って立つモノ、価値観を持たないものは、他人のソレにも無頓着です。自らの思い込んだ倫理、価値観を押し付けます。力を持つものがリーダーとなり、“成功”者はこそが称えられるものだと思い込んでいます。結果こそがすべてであり、経過は“後付け”でどうとでもなると思っています。成功者(の一部)が慈善事業などにご執心なのはその最たるものでしょう。

米国は国自体がそういった存在だと感じます。ある意味、人や国家といった存在の“純粋な姿”とも言えなくもありませんが、理性や品位を第一とする人や国家にとっては、ちょっと始末に負えない存在であるとも言えます。…もちろん、日本には無い、真似のできない良いところも多くあることを認めた上での話です。

私は、現状の米国との関係を最低限維持しつつも、防衛機軸は欧州との関係を重視していくべきだと考えます。顕著な例を挙げて言うならば「空自の時期FXはユーロファイターとする」と内々に米国に突きつけても構わないでしょう。

もちろん不慣れなインターフェイスや統合的なデータリンクの問題、整備運用面での初期リスクは十分に考慮した上でのことです。向こうは日本が顧客となることを強く望んでいます。F-22と対照的に、様々な技術を開示し、ライセンス生産なども認める方針です。同時に日本という一流の技術国家が、兵器開発に大きな飛躍を与えてくれることを期待しています。

支那の工作が米国の政策を揺さぶり、その都度日本の国防が揺らいでいるようでは話になりません。欧州と共同で第5世代、第6世代機の検討・開発を開始すべきです。米国に軍事転用可能な技術を一方的に吸い上げられつづけるよりも、欧州から「日本の技術が無ければ困る、日本を守らなければ自分達の安全に直接的な被害を被る」…そう思われる環境を構築することこそが重要だと考えます。

米国のF-22の生産中止は単に対費用効果の問題ではないでしょう。おそらく極東の今後のパワーバランスを考慮しての事だと思います。その一因に支那の工作があったことは十分に予想できます。このままいけば、米国と支那の国益の狭間で踊らされ続ける…そういった危険が現実のものとなりつつあるのではないでしょうか。明確な敵意を持っている支那、朝鮮半島。潜在的な敵意を持ち国益最優先の米国。状況次第でどう動くかわからない露西亜。まさに日本の動き次第で“どうとでもなる”…そういった状況なのだと思います。

正直なところ、露西亜のような国とは「表面上笑顔で握手しながら、実は満身の力で握り合い隙をさぐる」といった関係しかありえないと思いますが、そのような状態こそが、双方共に平和でいられる状態でもあるのだとも思います。…ですが、毅然とした意思と、当たり前の実行力を持たなければ“敵”とも見なしてもらえません。今の日本は米国、露西亜、支那から見るとせいぜい“餌”といった所でしょうか。

核の保有、なによりも情報戦に対する認識と対策を十分に論議しつつ、主権国家として当たり前の、自らの毅然とした意思による国防を構築しなければなりません。当たり前の“大人の国家”になった上で、安全保障や価値観を共有できる国家との同盟関係を積極的に結んでいくべきでしょう。

“地獄の鬼”が待ってるね。文字化けしていたのでもう一度。

ジャーも85歳か…。
もうそろそろ“[下線]地獄行きのカウントダウン
”が始まってるね。

日本の100都市以上に焼夷弾を落としまくりた“ルメイ
・広島・長崎に原爆を落とし、数十万の命を瞬時に奪った“ルーズベルト
・日本人に「欧米侵略の大罪」をなすりつけ、日本人から歴史を奪った“マッカーサー”。
・日本人から大恩を受けながら、敗戦国となった日本人を侮り、強姦・略奪・強盗・拉致・拷問・虐殺を繰り広げた、“卑しいシナ・朝鮮人の恩知らず達”も、今頃地獄の業火に焼かれて、のた打ち回っていることでしょう。

自業自得・因果応報。
己の罪は、己で償う。


キッシンジャーも“腐るほどの大金”を手に入れたかもしれないが、
所詮、死ぬ時は地獄に持っても
00]不名誉と汚辱にまみれた“悪業”だけを「死の道連れ」に、もうすぐ旅立つ日が来たんでしょうね[/色]。


地獄で、ルーズベルトもルメイもマッカーサーも
その他諸々の罪深手ぐすね引いて待っていることでしょう。
誠に無駄で無益な人生でございました。ごチーン。。。





キッシンジャーも85歳か・・・。


⑤奪轡鵐献磧爾癸牽戯个・帖く

この文字化けの意味は、「キッシンジャーも85歳か・・・。」と言ってます。
何故に何回も文字化けになるのか???


>北朝鮮のミサイル発射があらわにした日米同盟の希薄化・・・抜粋コピペ

国際問題評論家 古森 義久氏
2009年4月14日

■ 北朝鮮のミサイル発射が日米同盟の希薄化という新たな現実を示した

■ 試練に出会った日米同盟

■ 日米同盟に背を向けるゲーツ国防長官の発言

日米の防衛協力の欠落という点で深刻に懸念すべきはロバート・ゲーツ国防長官の3月末の言明だった。同長官はFOXテレビのインタビューに答えて、北朝鮮の今回の打ち上げが「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の開発技術の実験という真の目的を隠しており、やがてはそのミサイルに核弾頭を装備する意図だ」と明言しながらも、「今回はそのミサイルがハワイなど米国領土に向かってこない限りは、米側には迎撃の計画はない」と述べた。

 この発言は文字どおりに解釈すれば、ミサイルがたとえ日本領土に向かってくる場合でも米国は「迎撃の計画はない」という意味となる。だが日米安保条約は「日本国の施政の下にある領域における武力攻撃」には米国も対処ための軍事行動を取ることを宣言している。だからゲーツ長官のこの発言は日米安保条約の米側の責務の違反ともなりかねない。日米同盟の長い歴史でも珍しい日米共同防衛に背を向ける言明だったのである。

 ましてこのゲーツ発言は北朝鮮のミサイル打ち上げがいかに危険な実態となりうるか、まだまったく不明な段階でなされていた。日本側では迎撃の意図がしきりに表明されていた。周知のように日本領土内には米軍の主要基地がある。これら基地に向かってミサイルが放たれた場合、米軍への直接の攻撃となる。理論的にはそうした危険きわまるシナリオもまだ排されていなかったのに、米国の国防長官がいちはやく「米国領土に向かってこない限り迎撃はしない」という消極方針を言明してしまったわけだ。極端にいえば、日本との同盟関係を無視するような言明だった。

■ もう日米同盟だけには頼れない

日本側の日米安保関係者の間では「これまで北朝鮮や中国のミサイルの脅威に日米共同で対処するミサイル防衛の重要性をさんざん強調してきた米国があっさりと米国領土に照準を合わせたミサイル以外は迎撃しないと表明したことは日米同盟への背信にも等しい」(海上自衛隊元幹部)と憤る声も出たほどだった。

 ミサイル迎撃網、つまりミサイル防衛はここ数年、日米共同の安全保障努力の主眼となってきた。ブッシュ前政権では日米共同ミサイル防衛は日米同盟の中核と位置づけられてきた。同盟強化のシンボルでもあった。今回のようなミサイル危機に対してこそ、日米両国が同盟パートナーとしてミサイル迎撃態勢でぴたりと歩調を合わせることが自然な帰結のはずだった。

 ところがオバマ政権の国防長官は危機が起きつつあるときに、米国は日本と同一の行動は取らないことを早々と言明してしまったのだ。この背景にはオバマ大統領自身が上院議員時代にミサイル防衛への反対に近い消極姿勢を取ってきたという事実がある。さらにはオバマ政権全体の「対外政策では対決を避け、二国間よりも多国間を」という基本姿勢も影響しているといえそうだ。

 現に選挙期間中にオバマ陣営のアジア政策の主要顧問だったフランク・ジャヌージ氏(現上院外交委員会上席補佐官)はゲーツ発言の10日ほど前のシンポジウムで「北朝鮮が発射するミサイルを迎撃するというのは過剰な反応だ」として、米国だけでなく日本や韓国にも、迎撃を考えてはならないという見解を語っていた。明らかにオバマ政権全体のソフトな軍事忌避志向を反映させた言葉だった。

 こうみてくると、日本にとっては北朝鮮のミサイル脅威に対しては米国には必ずしも依存できないという構図が浮かんでくる。となれば、歴代の同盟関係では存在しなかった深刻な現実だといえよう。日本としてはオバマ政権下の日米同盟は従来と異なる新しい状況を迎えた、という可能性までを考えねばならないだろう。少なくとも、そういう極端な場合までを想定しての調整が必要になるだろう。

 北朝鮮の今回の弾道ミサイル発射が持つ意味の数々には、こうした日米同盟の新たな真実を示唆する教訓もあるといえるのだ。

★ 『北朝鮮のミサイル発射があらわにした日米同盟の希薄化』
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/98/index.html

                           「ふるさと」

偏向報道NHK 暴露デビュー

朝鮮歴史館
●NHK「JAPANデビュー」でチャンネル桜が台湾へ突撃取材(その1~5)

「日本時代は良かった、中国とは比べ物になりません」と日本統治時代を知る台湾の生の声
http://ameblo.jp/campanera/page-2.html#main

悪魔のキッシンジャー、よくぞ言ってくれました。それにしても岡山大学はとんでもなく脳天気な大学です。

>#-様
>ナポレオン・ソロ様
>bingo様
いろんなご意見をありがとうございました。大変勉強になりました。何事もそうですが、ステレオタイプの知識のみに惑わされたり流されたりしないよう微力ながら学びたいと思いますので今後ともよろしくお願いします。
国内外の諸問題も、国内から見つめて考えるのだけではなく、同時に宇宙から地球を眺め、さらに地球上の日本を見つめていくようにもしていきたいです。
それにしても今の日本、反日勢力とマスコミ対策を早急に何とかしなければ・・・護国!

日本の自力防衛を具体的に語りましょう。

>bingo様、uni様、ふるさと様、靖国様
 皆様の「脱日米安保論」若しくは、「日米安保形骸化の指摘」についての論考、興味深く読ませていただきました、皆様の深い洞察力に敬意を表します。

 私もF22の生産中止には、裏がある様な気がします、F22と言えば、F15相手に格闘戦をやって、1:20で勝利を収める事ができるとの噂のスーパーファイターですが、F15、若しくはF18に相当するスホーイ29やミグ31クラスがシナ空軍の主力でしょう、空母が無くなった=艦載機が必要無くなったロシアでは、未だ艦載機は旧式のままで、F18A/Fに該当するクラスは出現していない筈です。

 すると、日本にF22を大量にもたれたら、折角近代化したシナ空軍の戦闘力も一挙に陳腐化して、戦力バランスが大きく崩れる可能性があります、シナ側の抗議もあって、「時期尚早」と言う意見で日本側の要求を収めていた経緯があります。

 処が突如「生産中止」と言い出した、是は推し量るに、「F22は、自国で独り占めする」という意思表示ではないか、というのは、既にF35と言う次世代戦闘機が開発中との事ですが、是が上手く行かず、F22で現在の技術での戦闘機の開発限界に達している可能性が有るからです、勿論、F22は現在の米空軍にさえ正式配備されていない筈ですから、米軍専用に特殊目的に使いたいのではないかと。

 すると、ユーロファイター「タイフーン」は魅力的ですね、秘匿技術が無いなんて云って居ますが、「ブラックボックス」的な部分は、開発国連合EUの安全保障に関ることですから、ドゥせ有るでしょう、公開している範囲に日本の技術水準で魅力的な部分があれば、将来の日本国産戦闘機に資する事になりますから、日本にとっては最良の選択かもしれないですね。

 唯、米国が横槍を入れないかは心配です。

 ゲイツ将軍の発言は、何も特別な事ではなく、当たり前の事を「この際だから」云ってみた迄ではないかと、つまり、日本は集団的自衛権を放棄している状態にあるワケです、「自分のピンチは友軍に救ってもらうが、友軍のピンチには駆けつけられない」のなら、「頼りになるバディ」とは見做されないのは当然です、国際的に片務的な軍事同盟関係って、唯の属国と宗主国の間柄で無いと成立しないのでは?

 然り乍、元はと言えば、米軍が遺して行った憲法の所為なんですが、実際に命懸けで日本を護っているのは、自衛隊であり、彼等なんですから、実質「国防は他国任せ」の憲法を60年も改正しないで置いて、「ミサイルだ、ロケットだ」と、意味も無い事で騒いでいる日本の政治家には、いい加減腹に据えかねる事も有るでしょう。

 其処で一丁脅しをかけて、反応が見たかったのではなかろうか、と私は解釈しているんですがね、監視衛星や情報網から、核は勿論、通常弾頭も積んで居ない事は知っていたのでしょうが。

 朝鮮のミサイル発射は、日本国民の国防意識を喚起したと思います、我々は、遠くて近い核武装論議だけでなく、先ず、200発以上有ると言われているノドンからの防衛を真剣に考え、具体的対抗策を施行すべきです。

 特に日本海沿岸に並ぶ原発群は格好の標的ですし、攻撃されたら重大な被害が予想されます、原発の危険性を訴えて居る人達が何故、朝鮮の行動を批判しないのか全く理解できません。

 海岸線の警戒も、拉致被害者を出す様なレベルではお話にならないでしょう、予算を増やして保安系公務員の設備と人員の増強をして、備えるべきです、亦、生存権を基本とした不審船舶への銃撃権を保障しなくては、日本国民である保安系公務員の生命を護れません、保安系公務員にスーパーマンを雇う事は出来ませんから。

 国際的な侵略・攻撃を想定した沿岸警備は、日本の自力防衛の原点だと思います。

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?

※仰天スクープ※広末涼子の離婚の原因発見!?

http://ljljlhgil.blogspot.com/

ITの機密開示を中国が来月強硬

実に恐ろしい事になってしまいました。

中国政府は、デジタル家電製品などの中核情報を、メーカー側に強制開示させる制度を5月からスタートさせます。

何ヶ月か前にこの話を耳にして、ふざけるな!と思ったのですが、同時に「日米欧が頑なに反対するから実現は難しいだろう。」とたかをくくっていましたが、どうやら本気でやるようです。

現在世界同時不況下にあり、あと3~4年は中国を利用して経済の建て直しを行おうというのが世界共通の認識でした。
それを利用して、中国が強気に出た、というよりやりたい放題の大悪事を始めたという事です。
これにより、知的財産がだだ漏れになる可能性すら出て来ました。
恐ろしい事です。

民主党とマスコミは同じ穴のムジナですか?

ブログ「特定アジアニュース」さんのコメント欄からです。
http://specificasia.seesaa.net/article/117914933.html#more
----------------------------------------------
今、たまたまTVの2チャンネル(インターネットの掲示板ではない)を見てたら、ニコ動で問題になっている、例の鳩山の「日本列島は日本人だけの所有物じゃない」「参政権ぐらいくれてやれ」発言の映像を取り上げていた。
 鳩山の映像が終わったと同時に、司会者が「この発言の何が問題なの?」と、えらそうに発言。出演者たち(日本人と在日外国人たち)も口々に、外国人に参政権を与えるのは当然とばかりの発言。
在日米人は、「アメリカでは、在日外国人に参政権を与えているかどうかは知らない」と言いつつ、この鳩山発言に反対する日本人は、閉鎖的だ、とでも言いたげな上から目線の物言い。


 その番組見ました。
司会者が動画終了後に言い放った、ネットユーザーへ向けての一言
「顔が見えないからって好き勝手言ってんじゃねぇよ」
さらにコーナー終了間際に言った一言
「我々の手で正しい建国をしなくてはいけませんね」
まずは公共の電波を使ったニュース番組の司会者が
ならず者のような口利きをしたことに唖然。
「~じゃねぇよ」って・・・・。
更に「正しい建国」にも唖然。
--------------------------------------------------

 番組名はTOKYO MX のザ・ゴールデンアワーだそうです。

 番組へのご意見・ご感想欄
http://blog.mxtv.co.jp/mxnews_blog/web_apps/src/blog/detail.php?user_id=64&blog_id=2450

 我々がネットで日本の将来を憂いても、大衆に影響力のあるテレビ番組で、このような意見を言っているわけです。マスコミが「マスゴミ」と言われるのは当然です。この番組は要注意の問題番組になるかもしれません。 東京在住の方、よろしければ今後視聴をお願い致します。

唖然というか

 情報技術・ITの機密開示には、正直唖然と言うか、来るものが来たと感じる。日本の進出企業はどう対応するのだろう。マスコミの中国礼賛は、これにどう呼応するのだろう。

 マスコミは無視するだろう。NHKは真実を伝えまい。 

 中小を含めた日本企業は、毅然とした対応をとらない限り、尻の毛まで抜かれてお陀仏になるのだろうなぁ。

普段、こんな陰謀説みたいな物は、完全に鼻で笑ってしまいます。

しかし、この話はとても現実味を帯びているように感じます。
ただ、全て中国の思惑通りであったかどうかは疑問です。
中国の指導者は狡猾であるが故に、正しい人の心を理解しません。たまたま、中国の都合の良い方向に事が運び、その愚かな妄想を正しいとして、たくましくさせていったに過ぎないと思います。

そして、その愚かな妄想は、近い未来に挫かれると予感します。

中国の反日教育は凄まじい。このまま中国が膨張し、アメリカが衰退すれば、日本は、日米安保のかわりに、日中安保を結ぶかもしれない。
そうなれば、洗脳された中国軍が日本に駐留してくる。南京の敵と称して、東京事件を起こすかもしれない。そのとき、世界は動かない。
威勢良く、反中を口にするのもいいけど、いまのうちに親中になるほうが身のためのような気がする。
少なくても、今の日本の権力を握っている連中に、国を守る気も能力もない。

中国は猛毒を撒きちらして自滅する

中国:紛争と弾圧を煽る秘密裏の武器輸出
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/print.php?storyid=139

ヒラリー国務長官の中国共産党人脈
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=991

売国議員一掃
http://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/1.html

名無しの卑怯者へ

>#
>>威勢良く、反中を口にするのもいいけど、いまのうちに親中になるほうが身のため
 ソウ考えるのなら、早目にシナに渡って、貴方本人がシナ人になったらドゥか? 三跪九叩頭でもする積もりで、シナ人の靴でも舐めて生き永らえたらいいのでは? 彼らは弱く出るものには、思いっきり強く出てくるから、下手をすれば、遊びながら殺される可能性があります、気を着ける様に、泣きながら命乞いをしても、目を刳り貫かれたり、手足を切り落とされたりして、苦しみながら死ぬのを笑いながら見物されるワケです、覚悟はしておいたほうがいいでしょう。

 あんたの様な考えの日本人なら、皆の足手まといになるか、ビビって、日本人を裏切る行為しかしないと思うので、即刻日本人を辞めてもらえないだろうか。

ソロ様の言葉は誇張や比喩(ひゆ)ではないのです。

・中国速報:中国での中国人による中国人殺人現場実況中継映像
【大纪元5月22日讯】
事情发生在广东省陆丰市碣石镇,两个小偷被居民活捉之后就招到暴打,听说被打死.....
http://kay-japan.iza.ne.jp/blog/entry/176890/

2007年5月に中国で起きた窃盗犯に関する写真と映像記録です。ナポレオン・ソロ様の言葉に対して「何を言っている。そんな残酷な仕打ちがヒトにできるか!」と反発する方がいらっしゃるかもしれません。そのような方は、上の映像をご覧下さい。「これぞ中国人」という映像です。同じ黄色人種ですが、一般に殺生を嫌う日本人と中国人は、まったく違うという事実が理解できます。
 
 今から備えなければ10年後、東京では、ありふれた光景になるでしょう。もちろんヤラれるのは日本人です。すなわち中国人にひれ伏すという事は、殺される奴隷になることを意味すると思いますが、皆様はどう判断されますでしょうか....。

核ってそんなに効果あるかな?

核兵器は今、使ったら絶対にやばい兵器と全世界で考えられているじゃないですか。
だから、核を本当に打ったら、世界的に村八分にされると思いますよ。
そう考えると、核は、使えない兵器でありながら、高い維持費もかかる厄介者なわけです。それを果たして日本がもつべきかどうかということですね。
自分は持つべきではないと思う。

よく、核必要派の方々は、朱成虎少将の話を持ち出して、だから核を持たなくてはいけないといいます。
「もし戦争になればアメリカは東側の全ての中国
の都市を破壊するだろう。だが我々も黙ってはいない。核ミサイルで、
アメリカ大陸を攻撃する」
「われわれのスローガンは『攻日防備』だ。まず日本を攻める。
アメリカは遠い、中国のミサイルは、今すぐにでも日本の都市を攻撃
出来る。だからいったんことがあれば、まず日本を攻撃する」
というやつですね。
で、中国は共産党独裁だから、少将も党と違う意見がいえるはずが無いので、中共がそのように考えているという感じですね。

そこでちょっと考えて見て欲しいのですが、国が本当にしたい内容を簡単に表に出すだろうかということです。
少将の発言を大東亜戦争の日本で考えてみたとするなら、事前にアメリカに対して、「真珠湾を奇襲する予定だから、よろしく」って言っている様なものです。本気でやろうとしたら、そんなこと本当に言うでしょうか?
と考えたなら、少将がそのようなことを言ったのは、中共はそのようなことをする気はまったくないが、そういうふうに言ったことをどこかの国に事実としてみて欲しいからではないでしょうか?

それから、キッシンジャーとかは、これから核テロが起こる可能性があるとかいっていたと思いますが、これもまずないと思います。
なぜかというと、最初に言ったとおり、核は絶対に使ったらやばい兵器と思われているからです。もし、ある政治的テロリスト団体が核を使ったとしましょう。世界の人々のそのテロリスト団体に対する目はどのようになるでしょうか?決して好意的には見られないでしょう。むしろ、そんなやばい団体と思われて、内部分裂するんじゃないでしょうか。

上のことから、やはり核兵器を持つべきではないと思います。

あと、日本は非核三原則なるものを持つ唯一の国です。一見おろかにも見えるこの押し付け原則ですが、これをうまく使えば、外交的にかなり有利なことができるのではないかと思うのです。
現在、核を持つ国よりも持たない国の方が圧倒的に多いです。国連で、核を持つ国VS核を持たない国の構造が作り出されれば、非核三原則を持つ日本の影響力は大きくなるでしょう。

株式日記さんとこにも投稿したけど

こちらにも、同じ内容だけど貼らせてください。

ジェームズマンの著書『危険な幻想』読んでるんですけど、ニクソンからブッシュ(子)まで、偉大なアメリカの歴代大統領はみんな中国とズブズブのようです。

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4569691935/ref=sib_dp_pt#reader-link

Pファクターという言葉がありまして、
PとはPresident、つまり大統領のことで、
中共のスパイはアメリカ議会でなく、大統領やその側近に直接話を持っていくことで、有利に政略を運んでいったと著書にあります。

特に国家安全保障問題担当大統領補佐官との癒着が酷いみたい。
ブレント・スコウクロフト、サミュエル・バーガー、オルブライト元国務長官など、クリントン時代の行政官立ち上げたコンサルタント会社はどれもズブズブのようです。

わざわざ「文化大革命」の頃と比べて、中国は改善したと現実隠しのアホ発言をしたカーター大統領。

ミッチェル=ペロシ法案に二度も大統領拒否権を行使したブッシュパパ大統領。

中国をWTOに加盟させて、2000億ドル以上まで対中貿易赤字を膨らませたクリントン大統領。

「虎の楊さん」こと楊潔篪(現・中共の外務大臣)と仲良しのブッシュ・ファミリー

はきっりいって、腐りすぎです。
もはやアメリカは中華帝国の衛星国と見なしたほうが分かりやすいのでは?

AIGの元会長のモーリス・グリーンバーグのような大物も「取り込まれた」人のようで、対中強硬的な論文を発行した研究所に、寄付金の打ち切りなどの脅迫をしたこともあります。
まあ、経済界そのものがは巨大なマーケット幻想に魅入られてみんなズブズブなのはいうまでもないか。

最近は中国ビジネスのカネと魅力は、アメリカ政府のトップレベルから実務者レベルの公務員にまで広がっているそうです。

アメリカの真意は?

名無しさんが面白いことを言っていますね。
事実、現在中国の影響力は強くなってきて、アメリカは日本から手を引きつつありますね。
でもこの状況は、アメリカにとって非常に儲かる話なのではないかと思うのです。
以下のような感じです。

中国が強くなる。
 ↓
アメリカが日本から手を引くそぶりをみせる
 ↓
日本で中国脅威論が出る。
 ↓
アメリカから日本へ核販売
 ↓
アメリカ大もうけ

それですまないと思われるのがアメリカ。
そのあと、こんなストーリーも考えられます。

中国で日本脅威論
 ↓
アメリカから中国に、日本に販売した核よりちょっと高性能な核を販売
 ↓
アメリカ大もうけ

実際に、アメリカの最近の言動をみると、
中国に対しては、「これからはG2ですね」
日本に対しては、「絶対に日本は見捨てない」
じゃないですか?

そんなことあるわけないと考える方もいるかと思います。
でも、アメリカは、過去にそんなことをやっているんです。
イラン・イラク戦争の時は、アメリカはイラク側に付いていて、イラクに武器を販売していたのですが、秘密裏にイランにも武器を販売していたりしたのです。アメリカぼろもうけじゃないですか。

イラン・イラク戦争の再現を極東でしようというのがアメリカの戦略ではないでしょうか?

偽名を使い日本人になりすましている朝鮮人の巣窟芸能界

aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・AKKO(赤松亜希子)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)・misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)・YUKI(北村夕起,TRF)・土井たか子(李高順,北朝鮮,パチンコ,元国会議員)・中川秀直・辻元清美(社民党国会議員,赤軍派)・麻原影晃(オウム真理教教祖,サリン事件の首謀者,海外新聞がkoreanと表記)・宅間守(大阪池田小学校児童殺傷事件,裁判前獄中結婚,朝鮮部落,密入国在日)・徐裕行(韓国籍,オウム真理教幹部,刺殺犯)・林真須美(和歌山毒入りカレー事件,帰化人)・鄭明析(韓国人,カルト「摂理」教祖,日本人1000人,台湾人100人,米英仏人などを強姦)・織原誠二(英国人豪州人強姦殺害犯)・本多勝一(崔泰英,「南京大虐殺」虚報の朝日新聞中共工作員記者)・佐高信(韓吉竜,極左評論家)・筑紫哲也(朴三寿,元朝日記者,共産キャスター)・関根元(埼玉の愛犬家連続殺人犯)・あおい輝彦(青井輝彦)・赤井秀和・アグネス・チャン(金子陳美齢)・東ちづる・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,ハーフ)・いしのようこ(石野陽子)・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周・かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直実・神田正輝・小西真奈美・コロッケ(滝川広志)・さとう珠緒(佐藤珠緒)・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・ジョニー大倉(李雲煥,出典「在日韓国人の底力」)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄)・つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,出典「在日韓国人の底力」)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)・トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫)・なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美・成田豊(広告代理店,電通グループ会長,電通最高顧問)・西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・ビビアンスー(徐淑娟,混血:鮮人・台湾)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・フランク永井・ベンガル(柳原晴郎)・ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明)・もんたよしのり(門田頼命)・ラッシャー板前・りゅうじこうじ(笠浩二,C-C-B)・阿部寛(阿部寛喜)・愛川欽也(井川敏明)・愛内里菜(垣内里佳子)・安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・安田圭・安田祥子・安田成美(鄭成美,父親は朝鮮総聯地方幹部,出典「在日韓国人の底力」)・安田美沙子・安藤聖・安部譲二・杏里(川島栄子,出典「在日韓国人の底力」)・伊原剛志(伊原剛)・伊集院静・伊東ゆかり・伊東四郎(伊藤輝男)・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・伊藤蘭・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上陽水(田所純一郎,出典「在日韓国人の底力」)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵)・井沢八郎(工藤金一,出典「在日韓国人の底力」)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子)・宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,反日活動,台湾,帰化人)・円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学・岡安由美子・岡江久美子・岡田友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫)・岡本夏生(金村幸子,李夏生)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜依(B&K)・加山雄三・夏川結衣(宮川美紀)・河合美智子(鈴木一英)・河島英吾・火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川春樹・角川博・角田ひろ・叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン)・舘ひろし(舘廣)・岩城滉一(李光一,出典「在日韓国人の底力」)・吉井怜(飛知和怜)・吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司・吉田拓郎・吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・米倉涼子・丘みつ子(森田光子)・久本雅美・及川光博・宮下順子(金英姫,出典「在日韓国人の底力」)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳・宮迫博之・宮本信子(池内信子)・京本政樹・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二・玉木宏・玉利かおる・近藤真彦・金山一彦・金子堅・金田賢一・桑田圭介・桑名将博・桂木文・研ナオコ(浅田なを子)・原由子・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口昌匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・古舘伊知郎・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・後藤真希・倖田來未(神田來未)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン(出典「在日韓国人の底力」)・小室ファミリー・X-Japanファミリー・石原&大門軍団・氷川きよし・柴田理恵・たけし軍団・ジャニーズ・吉本興業・avexグループ・伊藤英明・北島康介・上沼恵美子・小林綾・小田茜・若村麻由美・山田優・松たか子・酒井彩名・松村邦洋・松田純・松本明子・松嶋直美・早見優・岩崎宏美・東山紀之・牧瀬理穂・細木数子・タッキー&翼・押尾学・竹野内豊・高島彩・加藤紀子・加藤小雪・榎本加奈子・羽鳥慎一・西尾由佳理・森摩季・上山千穂・大木優紀・勝田和宏・坂本龍一・役所広司・尾崎豊・L'Arc-en-Cielのハイド(高良井秀人)・井森美幸・河合奈保子(金原奈保子)・内田恭子・軽部真一・中村仁美・加藤綾子・生野陽子・森下千里・長野翼・松岡修造・広末涼子・小谷真生子・川北桃子・佐古忠彦・竹内香苗・堀井美香・小林豊・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐早紀)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳理)・高倉健(出典「在日韓国人の底力」)・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)・高品格・高峰美枝子・高木美穂・国広富之・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・黒木瞳(伊知地昭子)・佐久間良子・佐藤絵梨子(佐藤英利子,崔江利子)・佐藤浩市・佐藤藍子・佐野元春・左とん平・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州)・坂本九(出典「在日韓国人の底力」)・坂本冬美(坂本冬美)・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金城亜希子)・三国連太郎・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・三田村邦彦・山口百恵(混血,出典「在日韓国人の底力」)・山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島しのぶ(寺嶋忍)・寺島純子・寺尾聰・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩・柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子)・樹希樹林・出川哲朗・春一番(春花直樹)・春日八郎・春風亭小朝(花岡宏行)・所ジョージ(芳賀隆之)・緒形拳(緒形明伸)・勝俣州和・勝呂誉・小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功)・小泉今日子(厚木文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二・小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小島聖・小畑実・小野真弓・小野みゆき・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林旭・小林佳樹・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥(松村亜由美,皮屋の娘,BK混血)・松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子・松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出,出典「在日韓国人の底力」)・松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦・松村雄基(松村憲幸)・松田優作(母親が鮮人)・松嶋尚美(オセロの白,西成部落)・松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属系企業)・松任谷由実・松本伊代・松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・真矢みき・照英(高橋照英)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上原謙(池端清亮)・上戸彩・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江朝鮮部落出身,自称横浜)・新井春美・新山千春・新沼健二・新田恵利・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)・森高千里(父親が森高,母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)・森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘)・神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・水前寺清子(B,疋田民子)・杉原輝男・杉村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)・菅原都々子・菅原文太・瀬川瑛子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水圭(清水圭太)・清水健太郎(園田巌)・西岡篤馬(西岡徳美)・西郷輝彦(今川盛揮)・西山浩司・西城秀樹(李龍雄,出典「在日韓国人の底力」)・西川のりお(川西康成)・西村和彦(伏見茶屋,仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・西村雅彦・西田佐知子・西田敏行・青江三奈(井原静子)・青田典子・青木さやか・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石原さとみ(石神国子,創価)・石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は朝鮮総聯幹部)・石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・石田ゆりこ(石田百合子,出典「在日韓国人の底力」)・赤木春恵・千秋(藤本千秋)・千堂あきほ(千名晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸・浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢祐子)・前田吟(前田信明)・前田耕陽・前田亘輝・倉田まりこ・倉木麻衣(青野真衣)・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)・相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大塚寧々・大平かつみ・大原かおり(大原香織)・大原麗子・大場久美子・大信田礼子・大杉漣(大杉考)・大谷直子・大鶴儀丹・大和田獏(大和田芳朗)・滝沢秀明(旧姓・指田)・滝田栄・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・沢田研二(李研二,出典「在日韓国人の底力」)・辰田さやか・辰巳琢郎(京都大学のB)・淡路恵子(井田阿紀子)・池宮彰一郎(池上金男,池金男)・池内博之・池波志乃・池脇千鶴・中原ひとみ・中山仁・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,洗濯屋)・中森明菜(B&K,肉屋)・中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中村玉緒(奥村玉緒)・中島みゆき(中島美雪)・中島美嘉・中嶋朋子(西村朋子)・中尾彬・中野英雄・仲間由紀恵(混血:沖縄・鮮人)・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・長谷川京子・長谷川理恵・椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・汀夏子(宮本順子)・天海祐貴(中野祐貴)・田村亮・田中麗奈(田中れいな,鄭麗奈)・都はるみ(李春美,母親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・唐沢寿明・島崎ひとみ・島田楊子・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也・藤村志保(静永操)・藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋)・藤竜也(釜山生まれ)・菅野美穂・稲垣吾郎・草薙剛・堂本光一・堂本剛・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄の朝鮮部落)・内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子・内野聖陽・南こうせつ(南高節)・南果歩・南原清隆・南野陽子・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄)・萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼芝央)・白石美帆(阿久津桜)・白川由実(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光)・八代亜紀(混血:沖縄・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・尾藤イサオ(尾藤功男)・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺島純子)・布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風間トオル(須藤光春)・風間杜夫(住田知仁)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片岡鶴太郎(萩野繁雄)・片瀬那奈・保坂尚輝(保坂尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明・豊原功輔・豊川悦司・とよた真帆(青山真穂)・北原賢治・北原三枝・北原総一朗・堀内孝雄・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・酒井美紀・麻木久仁子(松本久仁子)・明石家さんま(杉本高文)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・木原美智子・木村佳乃・木村拓哉・香取慎吾・長井秀和・中居正広・野口五郎(佐藤靖)・野川由美子・野村真樹・野田義治(イエローキャブ社長)・矢沢永吉(父親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・矢田亜希子・柳ジョージ・柳沢慎吾・柳樂優弥・優香(岡部広子,呉広子)・有馬隼人(TBSアナウンサー,NHK・日テレ・フジ・テレ朝・テレ東にも多数いる)・由紀さおり(安田章子,出典「在日韓国人の底力」)・由実かおる(西辻由美子)・遊井亮子(金井亮子)・余貴美子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・嵐山光三郎(祐乗坊英昭)・李麗仙・隆大介(柳明男)・竜雷太(長谷川龍男)・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・林寛子・林輝美・林隆三・鈴木杏・鈴木杏樹(山形香公子)・鈴木京香・鈴木紗理奈(宗廣華奈子)・和央ようか・和田アキ子(飯塚現子,金現子,出典「在日韓国人の底力」)・眞鍋かをり・野茂英雄・池田大作(ソンテジャク,創価学会教祖,海外ではカルト宗教に指定されている)・江田五月・小沢一郎(民主党代表,韓国済州島)・菅直人(民主党)・小泉純一郎(父親は鮫島純也)・福島瑞穂(趙春花,帰化人,社民党代表)・太田昭宏(公明党代表)

軍と党の乖離が進行しているシナのこの先

>KIM様
 先ず、「核を撃ったら、村八分」と言う生易しい話ではなく、現状、世界中から即報復の核ミサイルが飛んでくると言う態勢でしょう、是で世界の秩序は保たれて居ると言うのが私の認識です、それに金儲けは結局、世界が平和であってこそ意味があるモノです、核の撃ちあいで、もし生き残っても、遺された土地に人が住め無い情況なら、絶滅するしかない、従って、功利主義だけで流れを読んでも限界があるでしょう。

 然るに、日本が持つべきは、現在の米軍が持っている戦術核を肩代わりする範囲=現状維持、プラスアルファだと私は思います、プラスアルファとは、SLBCを持つ原潜を複数所有する事や新開発の限定核を持つと言う意味です。

 何れも、自主開発ではなく米国から買う、譲渡を受ける事をベースにして居ます、ですから、私が考える核武装は、日米の同盟関係を維持しつつ「自主運用できる核を持つ」と言う意味に留まっています、つまり、使用権限の委譲です。

 兵器としての戦略的な核は、既に陳腐化していると思っていますが、軍事的な均衡、政治的な均衡を保つ為には、やはり必要だと思います。

 米国には多種多様の利権ホルダーが輻輳して居ます、そのグループはその時々の利権を漁って私服を肥やしてきた、米国は元よりそういう国です、シナ系米国人が米国内で台頭して来たのは、シナに利権が眠っていると言う妄想にシナが付け込んで、工作員を増大させたからでしょう、是は仰る通りかと。

 しかし、多種多様な利権ホルダーには、当然、反対側に立つ勢力も居るワケです、この先、シナが描いた戦略通りにばかり事が進むとも思えません、しかも、シナ側も一枚岩ではない、共産党政治部である共産シナ中央と、共産軍である人民解放軍は別の組織だと考えて好い位、軍と党の乖離が進んでいると考えても好い様です。

 と云うのは、丁度三年前の5月1日、胡錦涛国家主席は、メーデーを記念して、腹心の司令官が座乗するミサイル駆逐艦をヘリコプターで訪問した、処が、その駆逐艦を同型の駆逐艦が挟み込む形で接近してきて砲撃した、胡主席は、乗っていたヘリコプターで辛うじて脱出、そのままチベットへ雲隠れした、と言う暗殺未遂事件があった、砲撃された駆逐艦では5人の死者が出たが、このニュースが表向きになったのは、香港の一紙が、「暴発で5人死亡」を伝えたのみだった。

 当時、胡主席は、江択民元国家主席一派との間に相克を抱えていました、事件の黒幕は江一派と思われましたが、その事件後、胡主席が返り咲いた頃から、江氏の動静が殆ど聞かれなくなった事や彼の身内の失脚=IT帝王と呼ばれた息子が、1000名のトップリストからさえ削除されている事など、そして、江一派である温家宝が首相として、胡主席と組んだ事を看て、江択民氏の健康状態に重大な事態が起こり、江氏が事実上レイムダックとなって江派が混乱した、其処に胡氏が復権をかけて、軍を取り込み支持を取り付けたから、「手打ち」が成立したと看るべきかと思います。

 胡主席は、直後に人民軍の給料を2~4倍にしたし、昇進も大盤振る舞いした、是が軍への恩賞であった事は間違いないでしょう。

 此処までは、軍は党の下部組織に甘んじて居たと見えるのですが、その後、不安定な党の情況を見越した軍は、エネルギー調達権を獲得、専権事項とし、その後、買占め戦略が図に当たって、石油は長期に亘って高値水準で推移しましたから、軍のエネルギー担当者は、先回りで長期に確保していた原油を売買する事で、莫大な利益を得ていると看て宜しいでしょう。

 銃口に権力が有ると考えるシナ人の最も好むのは金です、つまり、盗賊的思考と言う他は無いのですが、シナ社会では金こそ発言権を得る最大の手段なのは、云うまでも無いでしょう。

 其処で、朱成虎の様な跳ね上がりを党が処分出来ないという事態になって行くワケです、情報統制下のシナですから、シナから情報が発信されていない時期が、最も、シナ内部で変化が起こっていると考えてもいいと思います、隠蔽し難い場合、例えば、3年前には、朝鮮がミサイルを乱発したり、核実験をやったりして、世界の耳目を惹きつけると言った協力行動を採ります、その事例から逆に云って、今回のミサイル発射の陰に、シナ内部での政変が起こっている可能性があります。

 共産シナが、世界に発表する経済状態の指数の改竄も巧妙さが増してきた様に感じます、最早、改竄を行ったものしか判らないレベルに達しつつあるのではないかと、しかし、指数は判断の一材料でしかないのですから、結局は結果で見る他は無い、今回の「ITコード開示義務」で、各企業や、国家がどんな判断をするか、注目は、製造業が殆どの日本企業が一斉に手を引いた場合、米国がどんな展開を考えて居るかですね。

>KIMさん
>これをうまく使えば、外交的にかなり有利なことができるのではないかと思うのです。
核不要派の人がよく持ち出す、カビの生えた机上の空論ではないでしょうか

>国連で、核を持つ国VS核を持たない国の構造が作り出されれば
対立構造を作り出して、どうするつもりですか?
抽象的で仰っていることがよく分からないのですが、核武装国に核を放棄しないと経済制裁すると恫喝するのでしょうか
グローバル経済下では意味がありません

核武装国はいずれも国連の最高機関安保理理事会で拒否権を持つ常任理事国ですよ
拘束力のある決議も拒否権を行使されてしまうのがオチです

それに、それぞれの国の利害関係で非核国を一つに連携させるのは不可能でしょう
例えば欧州各国はロシアにエネルギー依存しているので、ロシアを刺激したくない
ロシアが嫌がるような事は止めておこうと考える筈です

東南アジア・インドシナ半島を流れるメコン川の水源は中国です
メコン川の上流で既に何箇所かダムを造られて、水量をコントロールされている
いわば東南アジア諸国は中国によって水資源を人質にとらわれているわけです
これらの国々も中国の嫌がる事を止めておこうと考える筈です

これらは一例であり、他にも色々な手段で核武装国が、非核国が連携するのを分断するのは
容易いのではないでしょうか
核武装国と非核国の対立構造を作り出すなんていうのは荒唐無稽ですよ


>そう考えると、核は、使えない兵器でありながら、高い維持費もかかる厄介者なわけです。
あなたは軍事力の本質を理解していない
軍事力とは敵国をやっつける力ではないんですよ
軍事力とは敵国の行動を制限する
敵国が野心を行動に移させないようにする=戦争をおきなくする
つまり抑止力なんですよ
通常兵器だろうが核兵器だろうが同じです
反核派の人の中には、核は使えない兵器だから保有していても無駄という意見が
いまだに多くて辟易するのですけど、彼等の中には抑止力という考えがすっぽり抜け落ちているようですな

そして維持費がかかると仰っているけど、維持費のかからない兵器は存在するんですか?
戦車や航空機、艦船も維持費はかかりますよ
すぐ陳腐化する、維持費がかかる通常兵器より、核兵器はコストパフォーマンスに優れている
だから北朝鮮なんかも核兵器の保有を目指すわけです



>それから、キッシンジャーとかは
>これから核テロが起こる可能性があるとかいっていたと思いますが、
>これもまずないと思います。
>なぜかというと、最初に言ったとおり、核は絶対に使ったらやばい兵器と思われているからです。
>もし、ある政治的テロリスト団体が核を使ったとしましょう。
>世界の人々のそのテロリスト団体に対する目はどのようになるでしょうか

例えばアメリカ、中国、ロシアに虐げられている国や地域のテログループが
積年の恨みを晴らすべく、それらの国で核テロを起こす
絶対に核テロはあり得ないことと断定するのは無理があります
東トルキスタン(新疆ウイグル)では中共により、過去何度も核実験が行われ
被爆した住民は決して少なくないでしょう
今でも後遺症に悩まされている住民もいる筈です
チベットではジェノサイドが行われているが国際社会は彼らを見捨てている
絶望にとらわれた住民がせめて一矢を報いたいと核テロに走る可能性はゼロではないでしょう
もちろん犯行声明など出す必要はない、名乗りをあげる事なく粛々と実行するでしょう

核テロが起きないとする、あなたの主張は説得力がありません

核は持たざる得ない

「核を持つべきでない」と言った意見の人がかなりいると思われますが、最強の武器が有るのに、敢えてそれより弱い武器しか持たない理由はなんでしょうか。

核には都市を丸ごと消滅させる戦略核だけが目立ちますが、核保有国は、近接戦に限定的に使用される戦術核も保有している筈です。

戦略核は、人類を滅ぼしかねない程強力な為、冷戦が有っても米ソの軍事衝突は起きなかったように、使うことが出来ない兵器ですが、戦術核は155mm砲弾の核があるように、範囲を限定した戦場で使用される為、あまり戦争抑止力に役立ちません。

そして、今後中国が軍事行動を起す可能性のあるのは台湾・沖縄といった地域と想定出来るため、海戦で戦術核が使われることが想像できます。幾らイージス艦が強力と言っても、核魚雷や対艦核ミサイルに対抗で出来ません。艦隊毎戦力が消えてしまいます。

中国によって戦術核が使われた場合、「懲罰の為、限定的に核を使用した」と声明が言われるでしょう。その場合、同盟国も動きづらくなります。恐らくアメリカは動かないでしょう。なにしろ核保有国同士は戦争をしないのですから。その前に中国側の工作が効を奏して、アメリカからの一方的な安保条約廃棄があるかも知れません。

従って、このような想定の場合、アメリカの核の傘は役に立ちません。報復力のある核を自国で装備するしかありません。

自宅に鍵をかけることが不要であった文化で育った国民にとっては、防犯に金をかけること等、馬鹿馬鹿しいことと思いますが、犯罪が増える現状では、そうは言っていられません。同様に、凡そ人間を虐殺することしか使い道のない核であっても、金をかけて装備せざる得ないのが現状です。馬鹿馬鹿しい限りですが。

結局の処、「核を持つべきでない」と言う意見は、「武器を持つべきでない」という非武装理論と同じであり、私は何もしないと宣言していると同じであり、他人を説得する論拠さえない意見です。

処が、その何もしない筈の人間ほど「核を持つべきでない」「武器を持つべきでない」「他国が攻めてきても何もすべきでない」とか喧しいのは、その人間が他国の意図で動いている工作員か、工作員に洗脳された人間のどちらかという事になります。

まじめに考えるなら日本が、蒙古にも侵されず、西欧の殖民地にもならず、文化を継続し繁栄発展を謳歌出来たのは、当時世界最強とも言える武士団を擁していた、と言う過去の事実を思い起こすべきです。

>ナポレオン・ソロ様

昨日、出かけていた間に大変に内容の濃い分析が書かれているのに改めて感服いたします。

最近と言うか、今なおさらですが、支那の傲慢さが鼻についてきますね。
支那での製品製造、販売をするものに関し、ITプログラムソースを公開しろとか、米国系ユダヤ教徒でさえ謂わないことを、よく平然と謂うものだと驚きを超えて笑ってしまいます。まさに大中華思想の極みというものでしょう。支那語が分からない私でさえ、「世界の覇権の中心は支那である」と謂っているのかと分かってしまいます。支那の市場が頼りだと世界が思ったとしても、到底受け入れがたいことです。これに日米欧諸国がどう反応をするのか、新たな発見をする楽しみが出てきました。

しかし、軍事に関し、このような支那の思考回路や行動は、極めて危険です。人間の命が豚の肉より安くなる国家ですから、何をやらかすか、北朝鮮の親分ですし、予想がつきにくいことです。しかし、共通していることは、格下と思える相手には容赦の無い攻撃を行い食い物にする習性だと思います。このような国々に囲まれているのに、確かな「国防と謂う鍵」をかけていないことは、国際常識では信じられません。

ですから、なお更の事、北のノドンの脅威、支那の日本領土への侵略野望脅威に関し、日本の国防整備は急務であろうと思います。お人よしで、礼儀正しく、技術力が高度で宝物を生むジパングは、世界のどの国からも羨望の的であるし、中には暴力で奪おうとする国が出てくるのも不思議ではありません。

しかし、奇妙なことに敗戦後、65年も経て、マッカーサーGHQによって植えつけられた東京裁判史観の洗脳から脱却できないでいます。これは、国内外に、そのような歴史観を利用し、日本の搾取工作を行っている勢力がいることが原因であると思います。

日米同盟があって、今まで搾取をされながらも経済発展をしてきた日本ですが、その日米同盟が信頼できなくなってきているのは確かであろうと思います。いきなり日米同盟破棄なんて、とんでもないことを謂うつもりはありません。しかし、国防とは最終的に自国国民の血によって護る体制を築いていないと、古代カルタゴのように滅亡するかもしれないと謂うことだと思います。

さて、同盟関係ですが、これは一方的な依存では成り立たないことが明白です。したがって集団的自衛権や、そもそも国防のための軍隊を持つことさえ違憲とするような現在のGHQ占領憲法は破棄、本来の日本国憲法であった明治憲法を基礎とし、早急に日本の歴史、伝統、文化を考慮した中で、現代に対応できる新国憲法の制定が必要であると考えます。

更に外国との同盟関係は、あくまで当事国の主権と国益を優先させるものであると考えます。同盟関係にあるからと全面的な信頼を置くのも危険な行為です。

田母神氏も謂われていましたが、「核を持たないと宣言した時点で、核を持つ国への軍事抑止が効かなくなり、最終的には従属させられる。」確かにヨーロッパにおいて、ドイツ、イタリアなども独自での核武装を、していません。しかし、それではドイツ、イタリア等が核に対応していないかと謂うと、それは誤った認識です。米国と上記の国は、核シェアリングと謂う条約を結んでいます。これは、条約国が核の脅威にあった場合、それぞれが核兵器の使用権利を有すものです。これも集団的自衛権の一つですね。

日本は、そろそろ自国の軍需産業を育成すべき時期に来ているものと思います。それは、範囲も広く、コストもかかることです。しかし、全ての重要な武器を言い値で、それもブラックボックス付きで購入しなくてはならないと謂う事は、買う方のお客が遠慮し、売るほうが威張っている、極めて理解しがたい市場経済です。日本はの技術は、高度な武器を生産する水準にあるし、国産で安く、雇用も増やす。そしてその産業から裾野の産業も広がり、さらに経済活動が生まれる。

一気にできないことはわかっています。ならば、米国一辺倒の武器輸入でなく、フランス、イスラエル、中立国スイスだって武器を買って欲しいはずです。場合によってはロシアも日本に武器を売りたいかも知れません。ロシアは、米国との関係がNATO関連で冷え込んでいるし、北朝鮮がロシアの忠告、6カ国協議に戻ると言う事を拒否しています。だとする北朝鮮は議長国であるはずの支那の面子を潰していることになりますね。

ロシアは、日本にとっても日ソ中立条約を破った憎き「オソロシア」です。また、北方領土問題も解決していません。しかし、現時点で、ロシア経済もかなりの痛手を負っていますから、サハリン2から、日本への天然ガス輸出を、あの冷血プーチンも喜んでいるはずです。腹黒ロシアですから、決して油断していいと謂うことではありませんが。

要するに、世界は冷戦構造時代から変化をしていることに注視すべきです。北朝鮮の背後には支那がいます。ロシアは、グルジア侵攻で米国とにらみあっています。ロシアは、日本に経済的接近を望んでいます。支那と北朝鮮はパキスタンに核を含めた武器輸出関係があります。パキスタンとインドはカシミール領土紛争で仲が悪いです。インドは核保有国ですが親日です。インドは支那と領土紛争もあるし、友好的ではありません。

日本はこのような複雑になった対立軸と友好関係をうまく渡る外交戦略も必要でしょう。また、貿易関係と生産拠点を支那に集中させるのではなく、インド、ベトナムなどの東南アジア、さら旧社会主義国等に分散すべきです。支那との貿易関係を切ることではありません。今後は環境関連技術などを日本から必要とするでしょう。しかし、軍事的に日本を余りにも自立していないままでいることは、野獣のジャングルに無防備でいることになります。

いつも勉強させていただきありがとうございます

以前の私からは思いもしませんでしたが、今を取り巻く日本の現状を考えると近隣諸国に対して核武装に賛成です。
属国になるなんてまっぴらごめんです
田舎育ちの私は大勢の親戚に囲まれて「人生は謙虚であれ」「人に迷惑はかけるな」「真面目に一生懸命生きろ」と口をすっぱくして大きくなりました。そんな私も自分の子供に言い聞かせています。昔より日本人の根底にあるそんな精神性は何事にも変えられない宝物だと感じています
そんな日本を日本の手で守らねばならないと思っています。

南北朝鮮は百害あって一利なし

コリア人が待望していた日韓併合(創氏改名の真実)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nikkan4.html

従軍慰安婦強制連行捏造報道
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~asakyu/no5.html

強制連行の嘘
http://makizushi77.hp.infoseek.co.jp/SEIKATUHOGO.htm

毎日勉強させていただいています。いよいよ中国が動きだしました。ITソースコード強制開示、目的は日本潰し、裏で米国と組んでいると考えています。戦争への第一歩か?
こんな博打を打つほど中国経済も大変と見ました。本質を見抜かないと先延ばしでは、より困難が待ち受ける。勇気を持って中国と決別するとき、戦争を仕掛けられたと思って行動することが大切か?
一歩ゆずれば二歩三歩と際限なくゆずることになります。日本の経済力を世界に見せつけるチャンスです。米国国債100兆円買わされるお金を使ってインドやベトナムへ移転させるのが良いと思います。
国民も納得しますし米国との核シェアリングの交渉しながら裏でフランスやロシアから原潜購入や核開発もインドと密約するなど動いて欲しいものです。国民には万が一の共同利用で説明すれば良いかと思いますが、あるいは動いているかも知れません。

私考人種の集積所・多民族国家日本

私は日本は世界に類を見ない一言語多民族国家と考えて居ます。
素も国境とは何時から出来たのか?国民国家の誕生と共に出来たので無いでしょうか?

それ以前はこの地球に国家と言う概念も当然国境などと言う忌まわしき物も無く住んでいるのは全て地球人でした。

当時(国境の無い時代)人々は自由に地球(殆どユーラシア大陸のみ)を移動していたはずです。

であるならユーラシア大陸の東の端にあり、海に於いては世界最大の海流日本海流が押し寄せ、その先に最大の大洋、太平洋がある。

入ることは簡単で出ることの困難な人種の溜まり場其れが日本、日本人のルーツ。

インド洋、東シナ海、南太平洋アジア(ポリネシアを含め)の島の人々が移動して住み着いた。

当然記紀が証明する様に中国?韓国?大陸からも相当な人々がその中には遠くヨーロッパ・中東にルーツを持つ人々も居たはず。

またこのヨーロッパ、中東の人々は地中海、アラビア海よりインド洋を経て海路日本にたどり着いた人々も居たと思われ、その証拠は芸術、住居、言葉に沢山残っている。

天津神、国津神で判るとおりである、それを万世一系に拘り過ぎると国民全てが単一民族と勘違いする。

念の為単一言語、世界に類を見ない単一民族国家日本であることに異を唱えているのではない、がしかし我々日本人の中には世界中の民族の血が脈々と流れている事も確かである。

もう一つ付け加えると仮に日本が本当に多民族国家であるか疑われる方はミクロネシア、ポリネシアの島々に一年ほど暮らせば理解可能である。

其の島々には日本が単一民族で無い証が現存する、一、二週間の小便旅行では少々困難。

この事を踏まえて、日本に移住したい人を拒むべきではない、地球は地球人のものであって国家の物ではない、この1000年(本当は600年)に一度の天佑に人々が地球人として目覚めん事を切に願って居ます。

核は小国と大国の差を埋めると言り

誰も言わないから是だけ言っておきたい。

皆さんそんなに戦争をお望みかな出来れば軍備なんぞ無いに越した事は無い。

理想的には理想の国連軍(今の国連では無い)だけに制裁用の核を残せばよい、其れが出来ないのであれば全ての国家には核を持つ権利がある。

そこで『核は小国と大国の差を埋める』是で困るのが大国今まで国家予算の5%も使って軍備していたのに、小国家が全て核武装したら今までの苦労が全てパー。徒労に終わる(是日本が遣ったら面白い)

そこで^^連合国(常任理事国)はNTP(だったけ)核拡散防止条約成る物をでっち上げこれほど馬鹿げた馬鹿にした不平等条約を押し付けさも正義の味方ずらしている。

書いていて何を言いたいのか忘れた^^

兎にも角にも核は威嚇に於いてのみ威力を発揮する。

あそう そうこれだ日本の持っている米国債これで核兵器上手く手に入れる事がこれからの政治家のお仕事。

重ねて核なんぞこの地球上から無いのが一番、其の延長で軍隊も無いのが一番此処の所お忘れなく。

竜馬か信長出てこないかな待っているのに。

信濃大路様

ミトコンドリアDNAから見ると、人類の女性の祖先はアフリカの一人の女性、即ち一人の母親に行き着く。人類みな兄弟。もっと遡れば同様、全ての生物はみな兄弟。貴方の体にも多くの民族や生物と同じ血が脈々と流れている。

同じ血が流れているという理由で、他国民の移住を拒む理由が無いというなら、他人や別の生物が貴方の家に住み着いても拒む理由もなかろう。家の無いホームレスも一杯いる。捨て猫、野良犬、野鼠も一杯いる。まずは貴方の家に彼等を住まわせては如何。

中国海軍、原子力潜水艦2隻を初公開

中国はしたたかな国でソースコードの開示を拒否する企業、国に対して軍事力でねじ伏せる。

フランスの高速列車騒動で一旦この法案を引っ込めたのに、再び言い出してきたからは
もう引っ込めないでしょう。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

崗上虜囚 様

良くぞ謂われた。あの鳩ポッポと同じ御仁がおられることに違和感を覚えていたところでありました。

愛信様

動画では、韓国旗をつけた戦艦と、支那の潜水艦が写っていましたが、ナレーションがまた変ですね。

「中国は軍事の透明性をアピール」ですか。日本の戦艦は招待しないで、何が透明性ですか。みえみえの支那の意図が分かります。

フランスのサルコジも支那に媚びるようになっていますね。過去のフランス大統領、ドゴールの評価が一番高いとか。わかりますね。サルコジはやはり猿でした。

戦争をしたがって居るものとは一体誰?

>信濃大路さん
 仰せの通り、日本は地理的に大陸島ユーラシアの外れに位置し、海流も北赤道海流の末端である西流する黒潮がユーラシア大陸に当たって北上した只中にある上、7万年~1万2千年前ま迄続いたピュルム氷河期の海退現象に拠って、ユーラシア東岸は、現在のベーリング海、オホーツク海、日本海、東シナ海、南シナ海が悉く、現在列島となっているものが半島状に陸地として、夫々の海を内海として包摂する形で存在しましたから、東から海流に乗って、大陸から列島にマンモスを追って亘ってきた狩猟採集民が住み着いたりしていました、亦、3万年前頃からは、現在のマレー半島に該当する浅海地域に大陸として存在したスンダランドから、陸地と海路で海岸伝いに北上した一団が住み着き始め、1万5千年前ごろから内陸を通って来た一団と、東シナ海沿岸の人々が、長江中流域で邂逅して、紀元前2500年前に滅ぶまで、水田耕作と漁労を生業とした長江文明を営んでいました、日本の7割に当たる人々の祖先はこの文明の末裔であると言われています。

 日本列島のみならず朝鮮半島を含む極東域は、それら漂着民や流浪民の終着点であったのは、地理的にも、気象、海象的にも云える事だと証明されつつあります、亦、我々日本民族とは、前出の長江の民を中心としては居るものの、是等、漂着民、流浪の民が混血して生まれた民族である事も証明され始めています。

 世界的に国境線が曳かれ粗確定したのは僅か150年位前ですが、其れまでは、国境線が曖昧故に、例えば国境線付近で鉱物資源の有望鉱床が発見されると、相争うネタとなりました、特に、国境線が歴史的な理由で錯綜している欧州では、戦争と言えば、必ず国境線が原因と言ってもよかった様です、拠って、寧ろ、戦争を防止する為に国境線を話し合いで画定する事にしたのです、つまり、国境線は平和を保持する目的で考案されたと言って宜しいでしょう。

 国家も同じく、国民が税金を多重に納めたりしなくても好い様に、亦、イザと言う時に住民が侵略を受けない様、ハッキリした国境線を曳く要請を国民から受けていました、日本は、海洋国ですから国境線への拘りは低いでしょうが、内陸国ではソウは行きません、古くは、見通し線等を使った方法などで、外国の侵略の有無を判定していましたが、ハッキリしたのは、近代の測量法が確立され、お互いの共通認識になってからでしょう。

 つまり、国境線を画定するのは、人々の無用な争いを予防する為に行われた事です、そこに、無駄で悲惨な戦争を忌避したい古から民衆の願いが篭っているのです、誰一人として戦争を好んで起こす事に賛同するものは居ません、逆に、平和を維持する為に積極的になれば、守りを固めるのが、当然の考えと言う事になります。

 昔は、軍備を増強すれば即、戦争準備と取られたのですが、現在は、はっきり防衛と侵略の武器を分ける事が可能です、例えば、人民軍が開発中の空母は戦略兵器と見做す事が出来ます、何故なら、シナが護るべきは内陸だからです、亦、核弾頭を搭載した弾道ミサイルもはっきり云って、戦略兵器でしょう。

 貴方が、戦争をしたがって居るものを批判したいのなら、先ず、共産シナや人民軍を批判すべきでしょう、それに朝鮮政府もソウです。

崗上虜囚 様

わたくし長い文章が嫌いでしてそのためか良く誤解されます。

私が言いたいのは鎖国、国民国家になる前、日本は世界でも稀有な世界の民族を吸収して作り上げられた民族だと言う事です、ここまで書いて御理解戴けないわなと地球人という発想、八紘一宇が本当に理解できていない事には難しいと思います。

他国民の移住を拒む理由が無いというなら、
貴方は貴方が拒まれても平気なのですね。

失礼いたしました。

ナポレオン・ソロさん

長い解説をありがとう御座いました。

さて、私と良く似たお考えの方かと思っていたのですが国家、国境の概念は相当異なっているようです。

国境について一例を挙げますと中東、インドの例を挙げますようにエゲレスがえげつなく自分に都合のいいように線を引いただけ、ところが不思議な事にアヘン戦争の賠償を求めないように、広島、長崎の原爆の賠償を求めないように、中東、インドに起きましても其の国境を滑稽にも死守しています。

これは国家概念が間違っている証拠と私は考えます、また理想に成りますがユーラシア大陸が一つの国家であれば中東もインド、パキスタンも最終的に簡単に解決可能だと考えます。

中国に対する考え方は核は小国と大国の差を埋めると言りでお話したとおり、非難するより行動だと思います、核を持つか核を持たなくても脅されない方法を講じる。

八紘一宇は大東亜戦争の核

>信濃大路さん
DNAレベルでは民族の違いはわかりにくいのです。つまりこれはサルとヒトを区別するのには便利ですが(すなわち人類のルーツを探るには便利)、民族のルーツを探るには必ずしも良いものではありません。民族のルーツをみるにはGm型抗体による分析が優れています。
これによると日本人はかなり均一なのです。日本人は決して多民族ではありません。極端に言うと日本人はほとんど縄文人と同じ遺伝子を持っています。弥生人、アイヌ人、ポリネシア人の血が混じっていることは事実でしょうが、縄文人の血が圧倒的なのです。すなわち縄文人にいろいろな民族の血がほんのわずか混じっているのが日本人です。もちろん朝鮮民族とは全く異質です。
それから信濃大路さんは本当に八紘一宇の意味がわかっていらっしゃるのでしょうか。あなたこそ、その意味を知らないのではないでしょうか。

信濃大路 様

「八紘一宇」を持ち出されたが、左翼的考えの中で大東亜戦争は日本の海外侵略を正当化するスローガンと説明をされ自虐史観の根拠とされているようですね。

しかし、極最近、NHKが流した、日本統治時代の台湾に関し、偏向番組として、多くの台湾の人たちからも強い抗議の声が寄せられました。
もし、日本が他民族を抑圧・併合だけのためだけに国家的・軍事的侵略をやったと謂うなら、このようなことは起きないはずです。

アジア諸国が白人欧米人たちに植民地にされ、搾取されていたことと、日本の大東亜戦争の経緯は異なります。日本は朝鮮半島、台湾にも巨額のインフラ投資をし、医療を施し、教育も日本国内より先に帝国大学を設立するなどのことをやっています。また、朝鮮人も帝国陸軍の中で将官クラスの軍人を認め、多くの日本兵を指揮する権限さえ与えています。

インドで英国がインド人に英国人と同様の医療や教育を与え、鉄道、ダムなどのインフラ整備を行ったでしょうか?フランスは、オランダ、スペイン、ポルトガルなど、植民地を豊かに潤したでしょうか?

日本は、大東亜戦争での敗戦国にはなりましたが、その後、欧米諸国に植民地にされていたアジアは、どうのようになりましたか?みんな独立を勝ち取ったのです。韓国、北朝鮮、中華人民共和国以外の歴史捏造・歪曲国以外は、みんな親日的なんです。

自虐史観、東京裁判史観は、いい加減やめていただきたい。


NHK台湾報道問題と教育勅語

NHKの台湾史報道問題を検証するチャンネル桜の動画が長すぎて見切れなかった人は、下の動画が要約版ですので見て下さいね。

■ チャンネル桜「台湾取材12のポイント」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6851537

教育勅語を諳んじた台湾の年配者に触発されて、「教育勅語とその精神」を下のページにまとめました。
「教育勅語ってよく聞くけど、内容はよく知らない」という方は、そんなに難しい内容ではないので、この機会に一読して見て下さい。

■教育勅語とその精神
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/443.html

質問です。

>信濃大路さん、長い文章がお嫌いだそうですが、ちゃんと読んだ上で回答お願いします。
>>ところが不思議な事にアヘン戦争の賠償を求めないように、広島、長崎の原爆の賠償を求めないように、中東、インドに起きましても其の国境を滑稽にも死守しています。
 すみません、↑の文章の意味が判りかねます、一体何が云いたいのでしょう。

 戦時賠償とは、一般に戦争の勝者が敗者に求償するモノです、アヘン戦争の勝者は英国ですから、英国が大清帝国に賠償を求める立場にあるワケですよね、香港を99年租借した他にも、あちこちの港を開港させ、様々な特権を受容させたのではなかったでしょうか、敗者の大清帝国には求償権が無いのは明らかです。

 次に、敗者である日本が、戦争犯罪である長崎、広島への原爆投下の被害賠償を請求できるのなら、東京空襲も大阪空襲も、名古屋も、神戸も・・賠償を請求出来る筈ですよね、何せ総計50万人以上の非戦闘員が空襲や原爆で殺されているのですから、それとも、米国が日本に求償するのですか、ナンデ?

 三つ目、インド・中近東において、英国が曳いた国境線を誰が死守しているのでしょうか、イスラエルは第三次中東戦争でシナイ半島を征服しましたが、エジプトとの間で平和協定が結ばれ、結果、シナイ半島の占有をあきらめています、しかし、決して英国の曳いた国境線を護ったのではなく、是以上の戦闘を嫌って、エジプトの要求を受容した迄でしょう、インド・パキスタンのカシミール紛争も、貴方の誤解です、カシミール地方はカシミア羊の産地だから、奪い合いになっているだけです。

 貴方が、英国の無責任さをを指摘した積もりなら、判らないでもないですが、論旨と大きくずれていますよ。

>>核を持つか核を持たなくても脅されない方法を講じる。
 その方法を論議するのが核武装論議ではありませんか、誰しも核を持たなくても済むのなら、持たない方がマシだと考えているのですが、持たなければ脅されているわけですから、私は核を持つべきだと言っている、しかも具体的に。

 核なしで脅されない方法が有ると貴方が云うのなら、先ず、貴方がその方法を提示してください、でないと論議にはなりません。

青春の音楽
雨のささやき、夢のカリフォル二ア、ミスター・ロンリー、悲しき鉄道員、輝く星座
マミー・ブルー、哀愁のヨーロッパ、迷信、愛の休日、愛がすべて、明日に架ける橋
ダンシイング・クィーン、名前のない馬、荒野のならず者、裏切者のテーマ
YouTubeでめぐり合い、つかの間の過去に戻りました。
大変失礼しました。本題に入ります。


日本戦略研究所

>「慰安婦」決議は中国の謀略 マイク・ホンダ議員に多額の中国系献金・・・(抜粋コピペ)

「慰安婦」問題追及 ホンダ議員 中国系献金突出 反日団体と連携(産経新聞 古森義久2007/03/15 )

 ■昨年11万ドル

米国議会で「慰安婦」問題での日本糾弾決議案を推進するマイク・ホンダ下院議員がこれまでの選挙で中国系からの政治献金への依存度が異様に高い事実が14日までに判明した。中国系献金者には中国当局ともつながる在米反日団体の幹部たち多数が名を連ねており、ホンダ議員自身の日本の「戦争責任」追及には長年、これら中国系団体との密接な連携があったことも明らかとなった。

とくにホンダ議員への中国系の献金はその約40%が州外からで、他の議員たちへの州外からの献金が10%程度という一般水準に比べれば、同議員は全米各地の中国系住民からの寄付の比率が例外的に高いことになる。また慰安婦問題では中国よりも関与が深いはずの韓国系からの同議員への06年の献金は10人、約7000ドルと、中国筋からの献金の十数分の1だった事実も、中国系勢力の役割の大きさを裏づけた。

ホンダ議員への中国系個人献金でさらに特異なのは、06年分だけでも

(1)中国系の世界規模の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」現会長のアイビー・リー氏

(2)中国当局に政策を提言する人民政治協商会議広東省委員会顧問のフレデリック・ホン氏
(3)日本の「残虐」を恒常的に糾弾する反日の「アジア太平洋第二次大戦残虐行為記念会」事務局長のチョフア・チョウ(周筑華)氏
(4)「南京虐殺」の記念館を米国に開設しようという中国系運動組織の「中国ホロコースト米国博物館」役員のビクター・シュン(熊園傑)氏-などという日本糾弾団体の中国系活動家たちが、それぞれ数百ドル単位の寄付をしたことだといえる。

 さらにホンダ議員の下院への初出馬の2000年から02年、04年の選挙では「世界抗日戦争史実維護連合会」の創設役員のイグナシアス・ディン(丁)氏やキャシー・ツァン(曽)氏が2000ドル単位で頻繁に献金してきた。ディン氏はホンダ氏が州議会議員時代の1998年ごろから日本の戦時の「残虐行為」を非難して謝罪を求める決議案を共同執筆してきたことを公言している。

ホンダ米下院議員に献金 中国の「意思」色濃く反映

 「慰安婦」問題決議案を主唱しているマイク・ホンダ下院議員(民主党=カリフォルニア州選出)は中国系の反日団体「世界抗日戦争史実維護連合会」を動かす活動家たちから一貫して献金を受け、日本を糾弾する言動もその団体の活動方針にぴたりと沿った形だという実態が明らかとなった。

 「世界抗日戦争史実維護連合会」は公式には1994年に海外華僑、中国系住民によって創設され、本部をカリフォルニア州クパナティノにおき、傘下に50以上の下部組織を持つとされる。だが実際には同連合会は中国国営の新華社通信とウェブサイトを共有するほか、中国側の公的組織との共催の形で日本批判のセミナー類の行事を中国国内で頻繁に開き、中国当局との密接なきずなを明示している。

 同連合会はその任務を日本の残虐行為を恒常的に糾弾し、謝罪や賠償を求め続けることとし、日本側のこれまでの謝罪や賠償をまったく認めずに国内の教育や言論にまで一定の命令を下す、という点で反日だといえる。事実、同連合会は97年にはアイリス・チャン著の「レイプ・オブ・南京」を組織をあげて宣伝し、2005年春には日本の国連安保理常任理事国入りの動きに反対する署名を世界規模で集めたうえ、中国内部での反日デモをあおった形跡もある。

ホンダ氏はその翌年の2000年に州議会から連邦議会への転出を図ったわけだが、その間、ディン氏らはいっせいに選挙用の献金をして、ホンダ下院議員の誕生に貢献している。そしてホンダ氏はディン氏らの意向にそっくり沿った形で連邦議会でも01年、03年、06年、07年と連続して慰安婦問題で日本政府に謝罪を求める決議案を提出してきた。この背後には、どうしても中国当局の同連合会を通じての日本の道義面での弱体化や日米離反という政治意図がにじむわけだ。

 慰安婦問題は表面的には中国よりも韓国がより多く関与するようにみえるが、米国側で韓国寄りとしては「ワシントン慰安婦連合」という組織があるだけで、韓国系勢力の組織的な動きはほとんどうかがわれない。それだけ中国の役割が大きいわけで、ホンダ議員の動向もその中国の意思を少なくとも結果として十二分に体した形となっている。その有力な裏づけは中国系からの政治献金だといえよう。

 ■「世界抗日戦争史実維護連合会」幹部からマイク・ホンダ議員への献金リスト(2006年分を除く、敬称略)

★ 『「慰安婦」決議は中国の謀略 マイク・ホンダ議員に多額の中国系献金』
http://kaz19100.hp.infoseek.co.jp/siryo/honda.html

                         「ふるさと」

信濃大路様のコメント、
何となく分かります。理解できるような気がします。

ただ、
2009/04/25(土) 19:31:05| URL| 信濃大路 #P4OBiZHM
のコメントと
2009/04/25(土) 20:10:53| URL| 信濃大路 #P4OBiZHM
のコメントの間に、すごく隔たりがあるような感じがします。

異論が出ていますが、これは決してバッシングではありません。
これはすごく有意義な議論だと思います。

核なしで脅されない方法が有ると貴方が云うのなら、先ず、貴方がその方法を提示してください
2009/04/25(土) 23:02:40| URL| ナポレオン・ソロ #90LdKUd6

わたし的には、このあたりに議論が集約される気がするのですが、いかがでしょうか?

更なる議論の進展を希望します。

>地球人、地球市民を口にする方々へ

どうしても私には理解のできない考えの方々がいらっしゃいます。私の稚拙な考えを以下に述べます。私とあなた様方の考え方のどこに分岐点があるのか、よかったらぜひご教授願えないでしょうか。あえてお名前は書きません、無視していただいても結構です。

世の中には、様々な地域に住む、様々な価値観の人間が共存しています。そうである以上、全ての人間が納得できる事柄を共通のフォーマットとして考え、討論し、互いの権利を保護しつつ、歩み寄って生きていかなければなりません。

よく「生きる意味とは」という問いに囚われ、思い悩む方がいらっしゃいます。少なくとも現在の時点で人間の生きる“意味”など誰にもわかろう筈もありません。宗教的な見地から解を得ようとする方も多いでしょうが、それは別の宗教を重んじる方から見れば、一方的な価値観の押し付けに過ぎません。

ですから、世界中のできるだけ多くの人が認める“現実のみ”を中心に据えて考えなくてはなりません。「人は子を生み、育て、種を繋ぐようプログラムされている」…これを否定できる方はいない筈です。少なくともあなた方の肉体は、本能は、そうしようとしている筈ですから。そして自然環境や、他の動植物と密接に関わり、大きな輪廻を形作っていることもご理解いただけるはずです。

少なくとも「種を繋ぐ」ことを認識でき、心身がそれを肯定しているならば、人はこれに対し真摯に、最大限の努力を行わなければなりません。“人間の総意”として、この地球で安定して種を繋いでいく為にどうすれば良いのか。それぞれの人種が、それぞれの生きる権利を保障されるよう、誠実かつ前向きに話し合ってより良い形を模索しながら未来へと進んでいかなくてはなりません。

マクロな視点で見ると、アフリカの一人の女性を祖とする人間が、世界中の様々な気候、住環境の地へと散らばったこと。そこにおいて様々な文明、価値観、生活様式を生み出すに至ったことは、他の動植物を引き合いに出すまでもなく、心身共に様々なタイプの進化を模索し、絶滅を避け、環境変化に屈することなく適応し、安定して種を繋ぐ必要からでありましょう。

少人数により狩猟を主とした生活をしていた時代から、稲作が始まり集団による生活様式へと移ることで、価値ある物や、権力の争奪といった問題が出てきます。国家の起こり、武力による防衛等がなぜ必要になったのかは、今更ここで申し上げるまでもありません。

この日本のみならず、世界中でそれこそ数多くの国家が生まれ、消えてゆきました。国家の枠組みが移り変わる瀬戸際には、支配者が代わるだけでそのままの生活を維持できた者もいれば、女、子供に至るまでこの世から消滅させられた民族もあります。自分が所属する国家という器が如何に大切かを知らなければなりません。また、それこそ国家が全力で守らなければ“人権”などというものが如何に儚い、頼りないもの過ぎないか…をも。

様々な方向性の進化を促された“人”が、長い年月をかけてたどり着いた“現時点”での解答がこの世界情勢です。数多くの国家を形成し、互いに争い牽制し合っています。利益や権力を求めて通商もします。ですが、災害時には助け合い、安定や相互理解を求めて交流したりもするでしょう。

世界は絵に描いたような単純な図式で動いているのではありません。国家や民衆のあらゆる意思が、それぞれの先人から受け継いだ経験や信念に従い、自らの、そして子孫の為に、死にもの狂いで生きようとしています…そういった清濁の想いのすべて飲み込んだ果てに、この姿があるのです。

世の中には「地球人」「地球市民」と安易に口にされる方がいらっしゃいますが、平和・平等の名のもとに多様な国民性、価値観を一つにして、一体何を目指すおつもりなのでしょうか。先人達がその血を持って守り、命を賭して手渡してくれたこの日本を、あなたの価値観一つでなぜ簡単に「こうあるべきだ」と断ずることができるのか…私は正直理解に苦しみます。

私達大人は子供達の生命と安全を守る“義務”があります。国防はその最たるものです。世の中には「こちらに攻撃しなければ戦争は起きない」とか、「非武装であることで生命を守る」などといった事まで口にする者がいます。そんな根拠のない不確かな考えで、子供達を危険に晒すようなことができよう筈もありません。

戦争をしたいから軍備を整えるのではなく、戦争をしたくない…子供達を巻き込みたくないからそうするのです。

様々な人種が善良なお客様として来国されるのであれば、日本人は最大限の礼節を尽くすでしょう。もし日本を気に入ってくれて、その社会に順応し、日本人として生きてゆきたいと願うならば快く迎えるでしょう。そういった自然で緩やかな“新しい血”や“可能性”の流入を一体誰が拒むでしょうか。

そこに暮らす人々の価値観や生活様式に敬意を払わず、自らのソレのみを主張し、認めるよう強要する人々。明確な敵対の意思を表し、来日した人数のかなりの割合が犯罪に手を染める国家の民…そういった者達までを無制限に受け入れ、はたして平和な社会は構築できるでしょうか。胸を張って子供達の世代に手渡せるでしょうか。

厳しい表現は好きではありませんが、あなた方は「傲慢」です。人は経験を次の世代に伝え、そこから学びながら、道を誤らないように少しずつ前に進んできました。歴史の浅深こそあれ、これは日本のみならず世界のどこの国家も同じことです。それぞれのものの考え方があり、価値観があります。まともな日本人はもちろん、ほとんどの外国人は、自らの文化や価値観に誇りを持ち、他国のソレにも同様に敬意を払います。それが“世界標準”です。

「地球に国家と言う概念も国境などと言う“忌まわしき物”も無く」と仰っていますが、あなたの言う“忌まわしき物”やそこに住む民衆に懸命に尽くした先人や、それを守る為に殉じた先人達に対して失礼だとは感じませんか。あなたは一体“何様”ですか?

できるだけ先人達の教えから離れることなく、謙虚に受け止め前に進もうとするのが「保守」です。その対義語は「革新」ですが、それはあくまでも物事を“より良くする”立場からのものでなければなりません。あなた方の口にする「地球人」「地球市民」が現実のものとなって“より良くなる”根拠はどこにあるのですか?


bingoさんと同じく、先程仕事から帰ってきたところナポレオン・ソロさんの素晴らしいコメントを拝見ました。多くの論客の皆さんのコメント内容にも感心しつつ、「さて、どうコメントさせていただこうか」…と悩みながら画面を下にスクロールする内に、少し残念な気持ちになってしまいました。今日の仕事が終えて帰宅したら、気持ちを新たに、改めて前向きなコメントをさせていただきます。

uni様のコメントを拝見して、今気づきました。

「信濃大路」
このHNが偶然でなければ、私は上のコメントで大変愚かな発言をしました。
申し訳ございません。

おはよう御座います。

私が長い文章が嫌いな訳
話が本道を進まないからに外なりません。

今回の議題は国境の話と核の話が本道でありその他は其の補助であるべき、そこで話を核防衛と国家論に集約したいと思います。

>核なしで脅されない方法が有ると貴方が云うのなら、先ず、貴方がその方法を提示してください。

この答えは最初に示した心算なのですが
理想的には理想の国連軍(今の国連では無い)だけに制裁用の核を残せばよい、其れが出来ないのであれば全ての国家には核を持つ権利がある。





bingo様

私が自虐史観?私の発言の何処が自虐史観なのでしょうか?

教えて頂けますか?

質問です。 2

>信濃大路さん、おはよう御座います。
>>最初に示した心算なのですが
 それなら、モゥ一度その結論を書くべきだと思いますがね、読者に自分の云わんとする事を判り易く明示するのが、表現者として必要な事では?

 「唯一核を持った理想の国連を遺すべき」とのニュアンスで仰っている中、貴方が、「現在の国連ではない」と注釈を入れている処から、戦勝国連合に過ぎない現在の国連とは異なる枠組みなのでしょう、では、その「理想の」国連とは、具体的にドノ様な目的と構成で成立するべきとお考えでしょうか、其れを呈示して下さい。

 亦、その前提として、世界の核保有国が総て、現在保有の核兵器を放棄する事が必要になりますが、其れはドノ様にして実現するのでしょうか、思うに、其れを行えるのは、背後に強大な強制力を持って居なくてはなりませんが、貴方は、「そんな国」とは、一体何処を仮想しているのでしょう、其れも明らかにしてください、でないと、折角の新論が、全く説得力が欠けた妄想でしかなくなります。

 モゥ1つ、これは揚げ足になるかも知れませんが、「総ての国家に核をもつ権利がある」って、今でもソウではないでしょうか、NPTPに入っているからと言って、シナの様に密かに開発を進めて、核実験の間際に脱退すれば、実質何の拘束力にもなりません。

 亦、「文章が長いと話が本道を進まない」のは、因果関係が確定していませんよ、文章が長くても、ちゃんと結論に向けた説明なり、補完也に成っていれば問題ない筈です、「本論を進まない」のは、別のファクターが原因ではないのですか、文章に拠る討論には忍耐を要するのが通例です、確かに国境と核の話をして居ますが、双方の間には双方を結ぶ様々な議論の経路が存在するのでは?
 
 以上、日曜の朝からスミマセンが、是非、回答願います。

お答えします

>表現者として必要な事では
同日に書いた事、繰り返して書くことが必要とは思えません。

逆の立場で私が見落としたのであれば素直に反省、お詫びします。

理想の国連とは
民主国連とでも呼べば善いのか、色々なモデルがあると思います。
詳細に書くとそれこそ原稿用紙n千枚、要するに昔邪馬台国の時代国は数万人程度の人口であったようで、江戸時代で数万から百万以下、今この国は一億を越えています、最終的に地球と言う小惑星に国家は一つになるし、一つで十分とは思いませんか?

過去に其れを目指した指導者も居ました其れがタタールの頚木、黄禍論として現代に残って居ます。
其の手段は合理的でありますが、現代では受け入れられないでしょう(もっと過酷な事を遣っていても)。

>「そんな国」とは、一体何処を仮想しているのでしょう、
???ソロ様の御意見、だけではなくDNAの話にしても私が言っていない事を決定事項のように話される、是では考え方に広がりが出てこないと私は思います。
そして其の答えもチラッと書いてあるのです、私の嫌いな繰り返しになりますが
>そこで『核は小国と大国の差を埋める』是で困るのが大国今まで国家予算の5%も使って軍備していたのに、小国家が全て核武装したら今までの苦労が全てパー。徒労に終わる(是日本が遣ったら面白い)

この考え方に賛同する全ての国家に防御用核兵器を日本が提供する。
旧日本軍であれば結構うまく遣れたと思うが今の日本では信長、竜馬が出現しない事には無理でしょうね、しかし一考の価値あり、ネット社会情報は早い。

>核実験の間際に脱退すれば、実質何の拘束力にもなりません。
其の通りです、ソロ様のように判っていらっしゃるのであれば何の問題も無い、しかし世界に冠たる日本、調べたわけではないが条約を死守する事に掛けては多分世界一、不可侵条約破っていればナ~^^。

>「文章が長いと話が本道を進まない」のは、因果関係が確定していませんよ、

そうですか?確定していませんか?昔の人が言いました巧言令色鮮仁、余分な物は出来るだけ少なく、判らなければ具体的に質問すればよい特に文字による会話はと私は考えています。

さて、また雨が降り出してきました、是では山菜取りにも行けない今日は大嫌いなデスクワーク^^;。





妄想だらけで、議論に値しませんね

>信濃大路さん
>>最終的に地球と言う小惑星に国家は一つになるし、一つで十分とは思いませんか?
 もしもし、其れは何処で聞いていた予定調和論ですか、それとも誰かの予言ですか、確たる証拠が無い事が判り切って居るモノを断りなしに論議で使うと、貴方の信用が著しく低下しますよ、ナントカ・フルフォードやナントカ・コシミズの様に、半分以上が妄想の産物と看られます。

>>過去に其れを目指した指導者も居ました其れがタタールの頚木、黄禍論として現代に残って居ます
 是は、珍論中の珍論と言うほかは無い、チンギスハーンが世界制覇を意図的に狙ったと言うのでしょうか、確かに、世界を統一しようとしたかもしれないが、其れは彼ら遊牧民の認識の中にある「世界」、草原世界、遊牧の世界の制覇でしかなかった筈、タタール人がユーラシア大陸以上の土地の存在を知っていた可能性は限りなくゼロに近い、と思いますよ、ダカラ、海を渡る危険性を知らず、日本征伐に失敗した。

>>私が言っていない事を決定事項のように話される、
 私は端に、貴方に質問しているだけですが?
 
>>防御用核兵器を日本が提供する。
 もしもし2、日本は防御用核兵器を何時開発するのですか? 核実験は何処でやるの? 第一、 核開発、核の所有に反対って、云ってませんでしたか?

 貴方の書いたものを読み直して看ると、理想の国連?を含めて、殆ど貴方の願望か妄想ですよね、現実を踏まえた真摯なモノは殆ど見当たらない、加えて、ご自分の書いたものを他人に判り易く説明する誠実な気持ちにも欠けて居る様ですし、真剣に議論する気が無い様にしか感じません、是では、マトモに議論するに値しませんね。

心を打つ文章

「読者に自分の云わんとする事を判りやすく明示するのが表現者として必要な事では?」  と言われた方の文はいつも難解です。
知識や語彙などは相当すごい方だと感心しておりますが。

私は、信濃大路さんの文章のほうが読み易いですし、仰りたいことが分かります。(あくまで文章の書き方ですよ。賛同するしないは別としてです)

「中韓を知りすぎた男」ブログにはそれまでの政治ブログになかった、
温かさがあった、から・・昨初春以来日課の一つになり通っているのですが。
温かさ=言葉が分かりやすい=仰る意味が解る=心打たれる、のかな?

私、川柳を詠める人って脳みそに特別のものがプラスされてるように
思うのですよ。あんな短い言葉で表現できるなんて、特別な才能があるんですよきっと。

あちこちに鯉のぼりが泳いでいますね。
私のコメントも吹流してくださいね。


共産シナのITソースコード強制開示要求に反対します。

 シナがITソースコード強制開示要求をして居ますが、是ゾ、共産シナの本音と言う処でしょう。

 唯、端に全体主義の無法者がその正体を露わしたというダケの話ではないかとも感じました、シナに進出した企業は、元よりこの事態は予想がついた筈、是までの経緯を鑑みて、今更この件に関してのみ、共産シナに世界的な常識を望むのは、寧ろ、奇異に感じる。

 80年代、シナが労働力の安さダケを武器に無知蒙昧なレベルから立ち上がリ、世界が安い労働力を利用して来たのを最大限に活かしつつ、不当に搾取した資金を国家と各自で溜め込む一方で、世界の最新技術を手っ取り早く定着させて技術開発でも先進国に肩を並べ様という目論見を持っていたのは火を見る拠りも明らかでしょう、思えばシナが市場開放を始めてから、既に30年近くが経過しているのです。

 是は、次段階への成長作戦を開始したと看るべきではないだろうか?

 昨年、シナの労働力の安売りに一定の歯止めを懸ける、雇用・解雇に関する義務を定めた法令の発効も有った、明らかにシナは、今回、発展の次段階を意識した施策を、内需振興策と併せて出す事に拠って、先進国の目を晦まし強行し易くしている様に感じます。

 シナはこの法律の施行に鑑みて、各国の反発の度合いを諮っているのではないか、世界がシナに許容できる妥協レベルとして、在来技術の開示・譲渡がありますが、それならシナは世界の下請けのママですから、一躍、先端技術を狙っているのではないか、旧ソ連勢の強力な技術援助を受けているとは云え、ロケットを打ち上げ軌道上の衛星を破壊したシナに、高度先端技術を受け入れる受け皿が、不在と考えるのなら、危ういと思います。

 つまる処、企業の判断が合理性のみに限定されるのなら、共産シナの勝ちは見えているといってよいでしょう。

 企業を木に譬えれば、花や実が製品や業績だったとすれば、技術は根っこであり、就中、先端技術は、その木の生命維持・発展に欠かせないひげ根に当たります、それを只で寄越せと脅迫しているわけだから、企業は自社の命運が懸っていると解釈し無くてはイケナイ。

 それに、先端技術は国家機密にも波及する可能性を秘めている、決して一企業のみの利益云々の判断で済む話でもない、政府関係者はしっかり対応をすべきです。

 河村官房長官がシナに「全面見直し」を要求していましたが「撤回」を要求したい処です、然も無くば「撤退」と云わねばイケナイでしょう。

>信濃大路様

>私が自虐史観?私の発言の何処が自虐史観なのでしょうか?
>教えて頂けますか?

その前に、「八紘一宇が本当に理解できていない事には難しいと思います。」と謂われていますから、「八紘一宇」の意味、あるいは定義を説明いただけませんか?

私があなたの考えを理解できていないのかも知れません。そうすると、その時点で食い違いが生じると思います。

また
>他国民の移住を拒む理由が無いというなら、
>貴方は貴方が拒まれても平気なのですね。

私は、望む望まないに係わらず、移民受け入れは、当該国の主権、国益の関係上、拒まれるのであれば、それを当然だと思います。犯罪人、もしくは当該国に寄与するものがなく、むしろお荷物になる外国人を受け入れ拒否するのは、主権国家の権利だと思います。

あの移民国、米国でさえ移民に関して厳しい条件を設けています。米国生まれでない人は、長い年月の手続きで米国市民権を得たとしても、大統領になる権利はありません。また、米国民になったら、米国に忠誠を誓い、いざ国難となれば国防のために銃を持って立ち上がることを要求されます。永住権も3年以上、米国に入国がないと自動的に失効します。

ヨーロッパでは、イギリス、ドイツ、フランスなどでも、安易に移民を受け入れたが為、暴動、犯罪などの増加が問題になっています。そのような問題も含めて、「八紘一宇」を説明頂きたい。




精神分析 & 情報戦争

お帰りなさい。待ってました。 私めは、2ch に浮気しておりました。

昨日(4・25) 奈良での 田母神閣下の講演を 聴きに行ってきました。
閣下の講演は、約一時間半。 その間 立て板に水の如し、休みなし。
内容は、軽く 本一冊文あり。 石破 防衛大臣 についての話しが 面
白かったです。
そのあと、閣下と 大久保博一氏と 水島聡氏 三人による パネルディ
スカッションが 一時間。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

各種情報を総合してみて 改めて感じることは、日本人の穏やかさ・
真面目さ・遵法精神です。日本人は、真面目に戦争した。真面目に、
経済発展した。真面目に、サブカルチャーで遊んでいる。

対するに 中国人の残虐さは、凄まじい。 政治上の戦いでの、悪辣・陰
険・執念深さは、日本人の及ばぬ所。 こんな連中が 日本の発展を 見
た時、頭が爆発するのも 分かる。 こいつらの発想では、日本人は 自分
たち以上に 悪辣・残虐だったから、自分たちより発展した、と考えざるを
得ない。またそう考えることで、日本人に対し 優位に立てる。

そこで、捨てるほどの金を使って 反日映画を作り 歴史歪曲して、世界
中にばら撒く。 そうしていないと 中華精神を維持できないから、この反
日プロパガンダは、今の中国ある限り 続く。

一方 朝鮮人は 過去の歴史の経験より、政治には 全く無能。 団結して
強大な外敵と戦っても 勝てる見込みがない為、生き残る為には 事大せ
ざるを得ず、どこに事大するかで 分派・内紛を 始める。

個人レベルでは 肉体強壮・凶暴であり、社会性が乏しく、国家・歴史・文
化といったレベルでは、強烈な劣等感を持つ。

こういう連中が 日本を見た時、どうなるか?

 ー ー ー ー ー ー (初めから 2/3 程 略) ー ー ー ー ー
山の姿は勇壮、川は平野を巡って流れ、肥沃な農地が無限に広
がっている。 この豊かな楽園を倭人が所有しているのだ。
悔しい。
「帝」や「天皇」を自称し、子や孫にまで伝えられるのだ。
悔しい。
この犬のような倭人を全て掃討したい。
この土地を朝鮮の領土にして、朝鮮王の徳で礼節の国にしたい。
 ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー
朝鮮通信使、金仁謙(Kim In Kyeom)の著書『日東壮遊歌』


これが、日本・日本人に対する 朝鮮人の基本であり、時が移り 人(?)
が変わっても、根本は 同じである。 WW2 直後の 朝鮮人の 日本人
に対する 残虐行為・土地の簒奪が、説明できる。

この中国人・朝鮮人から 日本を守り、侵略を 撃退するには どうするか
皆様の 仰る通り である。

水島聡氏 曰く、「自衛隊は 武器を以って戦うが、それは 戦争の一部に
過ぎない。今は 主に歴史観を巡って 情報戦争中であり、我々一人一人
が 兵士であり 戦士である。」


追伸   メキシコで、豚インフルエンザ発生・緊急事態宣言と テレビが
      言ってますね。

歴史から見る日本と中国の違い

>歴史から見る日本と中国の違い

中村天風、安岡正篤とともに戦後の三哲人と称された城野宏という方の著書の中に、日本と中国の歴史を比較するという面白い文章がありまして、皆様に是非読んでいただきたいと思いコピペさせて頂きました。

長文にて失礼かと思いますが興味を持っていただく方もいらっしゃるかと思い書き込みさせてもらいます。申し訳ありませんm(__)m

中国では秦の始皇帝の時代、漢の高祖の時代、明の太宗の時代、清朝時代と、このなかにひとつの共通性が流れています。
どんな共通性があるか。秦の始皇帝は戦国時代のその当時、7ヶ国が群雄割拠していた国をどうやって統一したかというと、相手を全部滅ぼして天下統一し、滅ぼしたところに部下を派遣してそこを治めさせる方式を採りました。
中央集権的な天下統一の国家というのはここからできたわけです。
秦が滅びると漢の高祖・劉邦になるが、これも秦を全部滅ぼし、それから7ヶ国の末裔を皆消し去って、政権から追い出して自分の部下をほうぼうの国の王に奉じたのです。滅ぼすというのは殺すということです。
劉邦は敵方全部を殺したのですがそれでも安心できないというので、天下統一のために一緒に戦い、功労をたたえて自分が各国の王に任命させておいた仲間を殺してしまうのです。そして、その後に自分の子供たちを王として派遣します。

三国志の舞台でもこれと同じように、やっぱり相手を殺したりして天下統一をやっているわけです。曹操が北方を統一して魏という国を建てる時も、周辺の群雄を全て殺しています。
ですからみな相手方を滅ぼしてしまって、殺してしまって国をつくっているのです。
このように相手方を全部滅ぼして天下統一するというのが中国の伝統的な政治体制です。


日本の場合も古事記から始まって平安朝、源平の争い、鎌倉幕府、室町時代から戦国時代ということになり、信長、秀吉、徳川による天下統一・・・・・
という流れになるのですが、中国と比べてみると、ずいぶん違います。
平安朝という、天下統一して中央政府ができたのは、相手を滅ぼして、殺してというわけではありません。蝦夷という異民族との対抗戦はちょっとあったらしいのですが、大体は仕えるという格好になるのです。ほうぼうに豪族がおりますけれど、これらはみな『中央政権を握ったやつに仕える』、という格好になるのです。
そして、平家の世になり平清盛が天下をとったといいますけれど、大体中央あたりで武力で地方の勢力を押さえ、他の地方の豪族は平家でも源氏でも清盛の所に税金を納めているのです。次には源氏が平家を滅ぼして天下をとり、鎌倉幕府を開くのですが、頼朝が平家を滅ぼしたといっても、平家の一番の中心人物は殺してしまいますが、諸国の平家を皆殺しにしているわけではありません。
いままで平家に仕えていた者たちは、今度はみんな源氏につかえるようになるのです。
鎌倉幕府が倒れて建武の中興ということになっても、諸国の豪族はそのままです。やられたの北条だけです。そして今度は足利尊氏が天下統一する。諸国の勢力というのはそのままです。今度は足利さんが大将だそうだ、それじゃ彼につかえましょう、というわけです。

日本には天下を統一するというけれど、相手を全部滅ぼして自分の部下を派遣するという歴史はないようです。これは日本の特徴だと思います。仕える主人公が変わるだけで、仕える方の家来どもはほとんど違っていないのです。これが日本のやりかたです。

秀吉が天下を統一する時も、地方の豪族が納める自治体制はほとんど変わりない。。一番最後まで反抗した北条も主人を切腹させただけで、あとは全部助け、生かしたまま使っています。
次は家康の場合ですが、天下統一を成し遂げた家康がしたことというと関ヶ原で中心になっていた石田三成、小西幸長という中心人物の首を切っただけで、あとの奴は全部殺されないのです。三成に加担していた毛利にしても島津にしても潰されていません。

ですからやっぱり日本の歴史というのには対抗馬というか相手も皆殺しにして天下を統一したというのは出てこない。これは日本の歴史の最大の特殊性です。


歴史上、天下統一がなされるときの傾向として
中国では敵方を全部相手を皆殺しにして自分が上に立つ。

一方で、日本では上のポストだけ殺してあとは互いに協調していく。

このような傾向にあるわけです。

城野宏『三国志の人間学』竹井出版 1984.9.1 p256-p259
まるまる引用です。

追記

城野宏
略歴
1913年8月長崎生
昭和13年。東京帝国大学法学部卒。
徴兵で中国に渡る。中華明国山西省政府の指導に当たり、終戦後も山西野戦軍を指揮し、中国人民解放軍と戦う。
首都太原落城により捕虜となり、15年間に及ぶ監獄生活を経て昭和39年釈放・帰国

心を打たない文章

>「読者に自分の云わんとする事を判りやすく明示するのが表現者として必要な事では?」  と言われた方の文はいつも難解です。
知識や語彙などは相当すごい方だと感心しておりますが。

すごく陰険で厭味な書き方ですね、HNが有るのだからナポレオンソロ様とズバリ!指摘されたらいかがでしょうか。それが相手に対する礼儀と思うのですが。

 温かさとは遠回しに厭味たらしく表現することでしょうか。

 信濃大路さんの文章、言いたいことだけはわかります。bingoさんソロさんに指摘された反論の裏づけに脈絡がありません、また「繰り返しは嫌いだ」とか、「「文章が長いと話が本道を進まない」など自分の決め付けで質問にも真摯に回答しているようには思えませんが?議論する気が有るなら多少は理解してもらえる努力は必要かと。
 よって ”心を打たない文章”と感じました。

>私、川柳を詠める人って脳みそに特別のものがプラスされてるように
思うのですよ。あんな短い言葉で表現できるなんて、特別な才能があるんですよきっと。

 そうですね、すばらしいと思いますよ、俳句も短歌も和歌も詠み解く人は、特別な才能が有るんでしょうね。きっと脳みそに何かが摂り付いているんでしょうかね。
 
 私は川柳や俳句のような短い言葉を詠み解く特別な才能は有りませんが、難解な長文を読み解き理解する普通の能力があるんですよ。

 風にそよぐ鯉幟、今日は強風のため泳ぎ疲れたようです。
川の柳の葉も吹き流されてしまいました。

中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円

これは正に対日宣戦布告。

裸フルチン騒ぎはこれを隠すための演出かも知れない。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

木を見て森を見ない人たち

ロックフェラーに代わる石油新勢力?とナチス
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=759

テレビ・メディアが闇の権力の洗脳手段
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=44

「在日による性犯罪の手口」
http://www.anzwers.org/free/zainichi/

>愛信 様
>中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円

これは、日本だけを狙い撃ちと謂うことでしょうか?
だとすると、背後で米中欧のABC包囲の可能性も考えられますね。

少し様子をみないとはっきりしませんが、支那は支那海軍60周年行事に、日本の海自戦艦だけを招待からはずしています。
もう少し情報が欲しいと思います。

NHKスペシャル

(シリーズJAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国”)

NHKに取材を受けた台湾人の柯さんが

「あんた(濱崎氏ら)の後ろには中共がついているんだろう?」と話した(7分20秒)。
http://www.youtube.com/watch?v=9lO3fbu508A

話に付いてこれなかったようですね。

妄想だらけで、議論に値しませんね
>信濃大路さん
>>最終的に地球と言う小惑星に国家は一つになるし、一つで十分とは思いませんか?
 もしもし、其れは何処で聞いていた予定調和論ですか、それとも誰かの予言ですか、確たる証拠が無い事が判り切って居るモノを断りなしに論議で使うと、貴方の信用が著しく低下しますよ、ナントカ・フルフォードやナントカ・コシミズの様に、半分以上が妄想の産物と看られます。

これは20年ほど前ハウスフォファーの地域統合論を読んで私なりに解釈した物です。付いてこれないと直ぐ妄想だ、空想だと言いますが『貴方は戦術家であって戦略、思想が有りません』
一例、中国が空母を作る是を見て私は中国恐るに足りず時代錯誤も甚だしい、この点も理解出来て居ない。
二例、核実験は如何するのか?是こそ正にテクニック、戦略では有りません、増してや貴方核武装論者なのでしょ、なら貴方の核は如何するのですか実験、其の方法論を論じたいのですか?空しい論争ですね。

>>過去に其れを目指した指導者も居ました其れがタタールの頚木、黄禍論として現代に残って居ます
 是は、珍論中の珍論と言うほかは無い、チンギスハーンが世界制覇を意図的に狙ったと言うのでしょうか、確かに、世界を統一しようとしたかもしれないが、其れは彼ら遊牧民の認識の中にある「世界」、草原世界、遊牧の世界の制覇でしかなかった筈、タタール人がユーラシア大陸以上の土地の存在を知っていた可能性は限りなくゼロに近い、と思いますよ、ダカラ、海を渡る危険性を知らず、日本征伐に失敗した。

言ってる事が支離滅裂
其れは彼ら遊牧民の認識の中にある「世界」、草原世界、遊牧の世界の制覇でしかなかった筈、
ダカラ、海を渡る危険性を知らず、日本征伐に失敗した。
ほほー日本は草原国世界?遊牧の世界だったのですか?

更に
タタール人がユーラシア大陸以上の土地の存在を知っていた可能性は限りなくゼロに近い、と思いますよ、
思いますよと有りますがタタールの時代世界はユーラシアのみが世界であり豪州も米も誰か知っていたと言うのでしょうか?

尚、モンゴル帝国の話はつい先日堺屋太一著作(題名は失念)から初めて知りました。

>>私が言っていない事を決定事項のように話される、
 私は端に、貴方に質問しているだけですが?
部分的に引用しないで下さい、更に質問した事に答えた一部だけに返答されると何処がわかって何処がわからないのか、それとも付いてこれないから逃げているのか判りません、この事が私が長いやり取りを避けたいわけでもあります。
 
>>防御用核兵器を日本が提供する。
 もしもし2、日本は防御用核兵器を何時開発するのですか? 核実験は何処でやるの? 第一、 核開発、核の所有に反対って、云ってませんでしたか?

是を枝葉末節、戦略が決まれば方法は沢山有ります、貴方の方法でも差し支えない。
私は全ての国家に核武装する権利があるといって居ます。

 貴方の書いたものを読み直して看ると、理想の国連?を含めて、殆ど貴方の願望か妄想ですよね、
なら貴方の戦術も時代遅れの願望か妄想ですよね

現実を踏まえた真摯なモノは殆ど見当たらない、加えて、ご自分の書いたものを他人に判り易く説明する誠実な気持ちにも欠けて居る様ですし、真剣に議論する気が無い様にしか感じません、是では、マトモに議論するに値しませんね。

私は私の思想骨格を御披露しているのであって肉、皮、毛を皆さんで考えて欲しいので骨格しか述べていません。
まさかゆとり教育世代でもあるまいし、日教組には影響されているかな自分で考える、是大切ですよ。

今まで枝葉末節には答えず、私の判断で貴方の発言で一番重要だと思うことに答えてきましたが先に述べた通り、余にも選り好みが激しい戦略、思想論であればお付き合いしてもいいのですが直ぐ戦術論に話を変えられるとお付き合いできかねます、其処の所御理解よろしく。

八紘一宇とは般若心経にあり

>信濃大路様

>私が自虐史観?私の発言の何処が自虐史観なのでしょうか?
>教えて頂けますか?

その前に、「八紘一宇が本当に理解できていない事には難しいと思います。」と謂われていますから、「八紘一宇」の意味、あるいは定義を説明いただけませんか?

般若心経の何処に八紘一宇があるか答えなさい。
是が答えられないようでは貴方の其の態度では先ず私の話は理解不可能だと断言できます。

私があなたの考えを理解できていないのかも知れません。そうすると、その時点で食い違いが生じると思います。

また
>他国民の移住を拒む理由が無いというなら、
>貴方は貴方が拒まれても平気なのですね。

私は、望む望まないに係わらず、移民受け入れは、当該国の主権、国益の関係上、拒まれるのであれば、それを当然だと思います。犯罪人、もしくは当該国に寄与するものがなく、むしろお荷物になる外国人を受け入れ拒否するのは、主権国家の権利だと思います。

枝葉末節の典型、当たり前田のクラッカー

あの移民国、米国でさえ移民に関して厳しい条件を設けています。米国生まれでない人は、長い年月の手続きで米国市民権を得たとしても、大統領になる権利はありません。また、米国民になったら、米国に忠誠を誓い、いざ国難となれば国防のために銃を持って立ち上がることを要求されます。永住権も3年以上、米国に入国がないと自動的に失効します。

ヨーロッパでは、イギリス、ドイツ、フランスなどでも、安易に移民を受け入れたが為、暴動、犯罪などの増加が問題になっています。そのような問題も含めて、「八紘一宇」を説明頂きたい。

信濃大路様

初めまして。

貴文章を 拝読致しました。 個人攻撃を するようで誠に申しわけないので
すが、今の日本を取り巻く状況を 考えた時、悠長な考察・議論などしてい
る 余裕はない と考えます。

家族の誰かが危篤になった、パソコンの前に座っていたら 隣家で 火の手
が上がっている、今の日本は そんな状態です。

田母神閣下が 仰っておられましたが、戦前の帝国大学などでは、学生に
対し、「お前たちは、リーダーとして 国民と国家に 尽くす 義務と責任が あ
る。」 ということで、指導者としての 自覚を持たせ、帝王学を 叩き込んで
いたそうです。

それが 戦後になると、GHQ による 公職追放の後、空いた席に 左巻きの
人達が 国立大学や 政府機関・教育機関・行政機関 に入ってきました。
その結果が 今です。 当然、国民・国家に 献身する 骨のある 政治家・外
交官 は、払底しました。

今の日本は、重態です。

今世界で相対的に一番健全なのが

日本であると考えて居ます。
10年後はこれからの舵取り次第だと思いますが。

急速 逆回転中さま
>今の日本は、重態です。

具体的に日本の何処が重態なのでしょうか?一点デ結構です。

>信濃大路

今度は般若心経、宗教のはなしですか?どこかのカルトと似たような論調ですな。

残念ながら、あなたの奇妙な思考回路とつきあうことは、時間の無駄と判断します。

八紘一宇解説

八紘一宇は元々日本書紀に在った物を仏教(日蓮)が借りた物、意味は色即是空 空即是色全ての物は形が違えども元は同じ、見えない糸で繋がっているんだよと言う教えと私は解釈しています、詳細は下記を。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E7%B4%98%E4%B8%80%E5%AE%87

其の見えない糸の元が天皇であるとして大東亜を統一するのに使用したのが旧陸軍、何故か目の敵にして使用禁止にしたのはGHQ(何か都合の悪い事があったのでしょうね)

日本の進出によってその後何が起きたかを見れば大東亜共栄圏を作ろうとした事は事実、其れが連合軍には不都合だった要です。

そして、今欧米の大混乱の最中^^其の大東亜共栄圏を作る千載一遇のチャンスなのです、是誰も言って居ないでしょう、是を戦略、思想と言います

信濃大路様

自衛隊は、がんじがらめにされており、交戦権が 極めて限定されていま
す。 被害が 出てからでないと、出動できません。 与論島(だったと思う)
の住人の方が、北朝鮮による拉致なり 中国のゲリラなりによって、我々に
犠牲者が出ない限り、守ってくれないのか、と 自衛隊の人に 詰め寄った
そうです。 警官が 二名いるだけだそうです。

竹島にしても、政治家が 韓国ともめるのが嫌で、海自が警備していたのを
やめさせた途端、韓国が 実効支配を 始めたわけです。 味をしめた韓国人
は、今度は 対馬は韓国領 だと言い始めています。

歴史教科書の 近隣諸国条項、靖国参拝、ガス田開発、とにかく 内政・領
土・領海を どんどん 侵食されています。 国籍法の改正、ビザの廃止、
これらにより、犯罪 予備軍の 中国人・朝鮮人が 日本に 入国しやすくなり
居座り 易くなっています。

最も 深刻なのは、米国が 中国に接近し、日本に 距離を置き始めた事で
す。自衛隊は、報復・攻撃を アメリカ軍に 依存している為、中国が 日本
や台湾に 直接 手出ししてきた時、米国が 黙認したら、日本は やられっ
放しになります。 自衛隊だけでは、日本を 守れません。

この コメントでも、多くの方が 心痛されているように、中国の 膨張は 止め
処がありません。弱者には、中国は どういう事をするか、説明は 不要でし
ょう。 実質 中国軍の戦力は、自衛隊を 超えつつあるそうです。

それにも拘わらず、軍事費を 減少させ、文民統制などと 言って 自衛隊
を がんじがらめにして、弱体化させている訳です。

日本は、内部も 外部も 凶悪な害虫に 食いつかれています。にも拘わら
ず、国益を守る 骨太の政治家や 外交官が あまりにも少なく、づるづる
と 危険地帯に 引きづられています。

息抜き

夢の地球政府が実現する方法が一つだけありますよ、
それは「宇宙人が地球に侵略」して来ることです。
これで人類は結束できます。
しかし条件が厳しくて地球人が反撃可能な程度の科学力でなければいけません。
これはで宇宙旅行の出来る程の科学力と矛盾しますが、大丈夫です、いい方法があります。

(`・ω・´)実際には宇宙人が居なくても、人類が宇宙人が地球に侵略しに来ていると信じさえすればいいんですから。

超常現象バトル宇宙人レプティリアン - デービット・アイク(動画)
http://www.youtube.com/watch?v=pNH5oQaJYtM
父ブッシュ大統領もダイアナ姫も宇宙人だった!!
┐(´ー`)┌ マイッタ♪

冗談はさておいて、
■ITソースコード強制開示の話。
少し前の情報では、対象製品はアメリカのシェアが高いコンピュータネットワーク用の物ですね、
知的財産の獲得よりも、情報統制が主目的だと思います。
私感ですが、軍の諜報部門の強い要請と、国内の情報統制の強化の必要性から中共強硬派が押し切って、
胡錦濤政権が「駄目で元々」と許可したのではないでしょうか?

◆対象製品リスト
日経BP(2008年9月24日)
http://www.nikkeibp.co.jp/news/china08q3/585650/
経済産業省-社団法人コンピュータソフトウェア協会(2008年6月27日)
http://www.csaj.jp/government/other/2008/080627_meti.html

■豚インフルエンザの未確認話
「メキシコ政府とオバマ政権」vs.「テキサス勢」の間で、現在「麻薬戦争」が起きていて、
「豚インフルエンザ」はその抗争で使用された「生物兵器」の可能性もあると指摘も・・・
http://amesei.exblog.jp/9645388/

アブラカダブラ

原油高騰も、目的はドル防衛【転載大歓迎】
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=31

ブッシュ大統領弾劾決議案
http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=87

アブラカダブラ

米国におけるジョージ・W・ブッシュ大統領への「弾劾行動」の実態について
http://www.anti-rothschild.net/material/34.html

日本の危機
http://www.anti-rothschild.net/main/09.html

日本銀行のヒミツ
http://www.anti-rothschild.net/material/05.html

信濃大路さんの仰ってる事はこうではないのでしょうか?私の持論ですが・・・間違ってたらすいません

近い将来、いずれにせよ人類は宇宙に進出するでしょう
そしたら、別の手段がいります。
今で言うならUFOあたりですね、UFO自体、存在が怪しいですが、
もし存在すると考えれば、現在のロケットの速度よりも早く惑星間移動が出来る様になり
核ミサイルや世界をすぐに掌握できる力を持っているかもしれない。

仮に、そういう力を人類が手に入れれば人と人の移動が容易になり、簡単に世界一周ができてしまいます。
仮に戦争が起きると奇襲や先制攻撃などが容易になりますでしょう、
核ミサイルを飛ばしても、すぐに感知、撃退ができるようになります
しかも戦場が海中、海、陸、空、宇宙となり国民の避難場所は、ほぼなくなります。
武器は、現在、我々が持っている武器でも十分です。
将来的には荷電粒子ビーム兵器ができるかもしれませんが・・・

結果、核兵器以上の戦略用途を持ち、いざとなればすぐ国の軍隊を奇襲で滅ぼせることが可能となります。
そのため抑止力が働くようになり
世界と日本は戦争をしてもお互い利益が無くなり戦争自体、無駄になります。

これからは、国の名前と国土は残るが最終的に国境は無くなり地球全体的に1つになりますでしょう。
国連は、たぶん信濃大路さんが言う民主国連のようになるでしょう。

そこで疑問が生まれます。結果として世界にこういう未来があるとすれば、
民主国連に兵器を管理をしてもらい、かって豊臣秀吉が行った
「刀狩令」として、世界の国々からは武器を取り上げる。仮に
民主国連に従わない場合、懲罰戦争と称して無理やり武器を奪ってもいいのでしょうか?
私はそんな事をすれば国家テロが起きる可能性がありますがね。
「刀狩令」が出来ないならば、あなたが言うとおり、すべての国家に核兵器を持つ権利がありますね。
要するに民主国連に従っている国々は、滑稽ですな
もし「刀狩令」が成功したとして、国々の役割はどうなりますか?
例えば、「宇宙人が地球を攻撃する」
すぐに民主国連は対処が出来るのでしょうか?

国家を持たない人々達はどうすればいいのでしょう?
そして、あなたが考える国家の定義は何でしょう?

そんな未来をみるのは個人の自由ですが、所詮は妄想でしかない。
過去を見れば、思想云々より管理される社会はイレギュラーに対してはもろいものです。
まさか、これ以上に完璧管理社会を作るつもりでしょうかね?
そんな妄想を語る前に、現実を見て判断してもらいたいですね。

私的には、現実的にはそういう力を
中国、韓国、北朝鮮が持ってもらいたくは無いですね、
そういう力を持つのは、日本一国だけで十分です。
じゃないと世界が滅びるのが目に見えます

…うーん、まだやっておられたのですね。
ナポレオン・ソロさんの「日本の自力防衛を具体的に語りましょう」に前向きなコメントをさせていただこうかと考えておりましたが、この場はそれが許されるような状況ではありませんね。とても残念です。


川柳さんがナポレオン・ソロさんの表現を“難解”だと評されていらっしゃいます。また「温かさ=言葉が分かりやすい=仰る意味が解る=心打たれる」とも仰ってますが、私には必ずしもそうだとは思えません。

なぜ管理人さんの記事や、論客の皆さんのコメントが心を打つのか、それは「しっかりした“自己”を持ち、真摯に考えを述べる」からです。“言い逃げ”の許されるネットという特殊環境においても、自己の存在を確立し、礼節を弁え、決して逃げずに言葉を紡ぐからです。

管理人さんも、論客の皆さんも、文面からその“人柄”がにじみ出ています。お目にかかったことは無くとも、その品位や、どういった人間性なのかはわかります。誰でも理解しやすい文章構成能力や、言語を高度に操る技能も大切ですが、それだけでは人の心を打つ文章にはなり得ないような気がします。

また私は日本人が“日本の詩歌”を嗜むのに特別なものが必要だとも思いません。日本人であればその素地は誰でも持ち合わせているものであり、逆にソレが無いというのならば、それはすでに日本人足りえなくなりつつある…と言っても過言ではないような気がします。

先の記事で世界遺産さん…という方とお話をする僥倖を得ました。初めてのコメントとの事で短いやりとりではありましたが、それでも信頼に足る方であることを感じることができたのです。それは文章の中に世界遺産さんという人間の“本質”が刻まれていたからに他なりません。

お名前を挙げてしまって恐縮ですが、私は信濃大路さんらの言葉からは一切それを感じることができないのです。自己というものが希薄な方なのでしょうか、それとも私の言葉を理解する能力が未熟だからでしょうか。

自己を持たず、場当たり的に、またはその都度有利な見地から“一方的な物言い”をする方。HNをコロコロ変え、他人を装って場を乱そうとする方には共通する独特の感じがあります。言動に“芯”がなく、人生経験等からくる人間としての“重み”も感じられません。“いる”のはわかりますが、“それだけ”です。「“あなた”は一体誰ですか?」…と問いたくなってしまいます。

極めて未熟ではあるものの私は“謡”も嗜みます。謡曲の徳目に「不習而知歌道」という項があります。詩や歌を習わずとも、それを知り親しむことができる…というものです。もし私の言葉遣いにも“難解”である、“真意が伝わらない”といった部分がありましたら、どなたでもどうかご指摘くださいますよう。及ばずながらも真摯に改めさせていただきます。


管理人さんの記事において「多くの方々にコメントして欲しい」との想いを拝見し、私自らも「そうなると良いですね」との意思を表したにも関わらず、昨日から今日に渡る浅はかなコメントをしてしまう事。それが結果的に新しい方々がコメント欄に参加しがたい雰囲気をつくりだしてしまっている一因となっているかも知れない事…とても心が痛みます。

私は正直、このコメント欄の一部の方々が「新しい方々の参加を妨害する」という意図に基づいて行動されている、そのような“お仕事”をされている…と、考えています。それは、実際にソレをされてきた方を知っているからです。ですから、悪意ある方々の行動は、一定の成功を収めているのだとも思います。

ここのコメント欄は他所の「“荒らし”に反応する者も“荒らし”」といったネット特有のスタイルではなく、“荒らし”すらも皆で理論的に解決して見せ、これまでメディアに扇動され、ネットを偏見の目で見てきた方々にも意識改革、そして喚起を促す…といった素晴らしい性格を持っていると考えます。

そういった意味では前述のような妨害に対して、若干のアドバンテージを許すことになってしまいますが、ここに集う論客さん達や、多くの皆さんの真摯な姿勢、本心から生まれ出でたる言の葉は、必ずより多くの人たちの心に届くと思うのです。微力ながら私もその力の一部となれれば…悩みながらも、心からそう願います。

「豚インフルエンザ兵器説」と「メキシコ麻薬戦争」関連の大手ニュース記事

◆米軍フォートデトリック生物兵器研究所でウイルス兵器標本が行方不明になり捜査中
【フレデリック・ニュース・ポスト】英語
(米国メリーランド州の新聞)2009年4月22日
http://www.fredericknewspost.com/sections/news/display.htm?StoryID=89293

この記事の機械翻訳
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.fredericknewspost.com%2Fsections%2Fnews%2Fdisplay.htm%3FStoryID%3D89293&wb_lp=ENJA&wb_dis=2&wb_submit=+%96%7C+%96%F3+

◆韓国のブタから採取されたウイルスに、数十年前に科学者が人間のインフルエンザ・ウイルスから人工的に作り出したウイルスの遺伝子が含まれていた。
【ワイアード】コンピュータ+科学系雑誌(米国)2005年3月10日
http://wiredvision.jp/archives/200503/2005031002.html

◆米政権、メキシコ「麻薬戦争」にようやく支援【産経】2009.4.17
http://sankei.jp.msn.com/world/america/090417/amr0904172028014-n1.htm

各国に警戒、豚インフルエンザへの感染

WHOが新型インフルエンザで警告、
米国では新たな感染者

 
 【メキシコ市 25日 ロイター】 メキシコで81人が死亡したとみられる
豚インフルエンザへの感染が、世界的に流行する可能性がある。
米国でも感染が拡大しているとみられ、世界保健機関(WHO)が25日、
各国に警戒を促した。
http://blog.goo.ne.jp/mao777cocoro/
世界に不満が、広がって、光を推し進めること、急務です。

結局密入国者の合法化が狙い?

>2009/04/25(土) 19:31:05| URL| 信濃大路 #P4OBiZHM
>この事を踏まえて、日本に移住したい人を拒むべきではない、
>地球は地球人のものであって国家の物ではない、この1000年(本当は600年)に
>一度の天佑に人々が地球人として目覚めん事を切に願って居ます。

単一民族だろうと、そうでなかろうと、地球市民であろうと、そうでなかろうと、ぜんぜん関係ありません。きっぱりお断りします。人が生きていくために、あえて国家という縄張りを作っているのです。国家があって人がいるわけではありません。

結局、この人は、日本に同胞を入国させる口実を言っているわけでしょ。本当の狙いは密入国者の合法化あたりでしょうか。しかし、それでは明確な反対にあうため、地球市民思想を持ち出すと。

あとこのタイミングで出てきたということは、NHKの例の番組とも連動しているのかもしれません。工作指令が出ているのかも。

それと、国家が邪魔というのなら、国家が機能していないと考えられているアフガニスタンやソマリアに、とっとと移住したらどうでしょう。お互い不愉快にならずにすみます。でも、それは嫌なのですよね。とにかく日本に引き込み、大和民族を追放もしくは抹殺して、自らの地とすることが目的なのですから。

そして、こういうことを書くと、次には、如何に日本が排外的であるかとか、日本人は如何に劣等であるかなどの反論をしてくるわけだ。でも、その手の人たちは、侵入者の代弁をすることはあっても、我々の生存権・主権を省みることは絶対無いわけです。要するに、侵入者の利益のためなら我々は死ぬべきだと明言しているわけです。

疲れますな

>シナの王子さん、否、信濃大路さんでしたかWWW
>>話に着いてこれない
  ん? 私が、貴方の話に着いていけないのは、貴方の文章が余りにワケワカメな所為であって、私の読解力や知識不足の所為ばかりではないと確信しました。
 
 しかし、貴方の読解力は相当酷いですね、失礼ですが小学生並でも、まだマシの様な気がします

>>これは20年ほど前ハウスフォファーの地域統合論を読んで私なりに解釈した物です。付いてこれないと直ぐ妄想だ、空想だと言いますが『貴方は戦術家であって戦略、思想が有りません』
 だから、ハウスフォーファーの地域統合論を貴方がどのように解釈したのか、さっぱり書かれていないのはドゥ云う事なのかと訊いているのですよ、下記に例示を挙げられるのなら、最初から挙げて話をすれば良かったのでは?と思ったのですが、中身をのぞくと・・
>>一例、中国が空母を作る是を見て私は中国恐るに足りず時代錯誤も甚だしい、この点も理解出来て居ない。
  成る程、しかし「何故空母を造る事が時代錯誤で、中国怖れるに足りない」のかが、全く書かれていませんね、やっと出て来た貴方の説明にも、貴方の説明なしの感想だけしか述べていないのに、何をドゥ理解しろとWWW、この感想だけの文で、ハウスホーファーは全く見えてこないのは神ならぬ身では、着いて行けまシェン。
>>二例、核実験は如何するのか?是こそ正にテクニック、戦略では有りません、増してや貴方核武装論者なのでしょ、なら貴方の核は如何するのですか実験、其の方法論を論じたいのですか?空しい論争ですね。
 エライ反応ですね(笑)、自主開発の核を持つのなら核実験は必須なのを知らなかったのでしょうか、日本がもし、貴方の仰る様な「防御用の核を賛同者に配れる」立場で核を運用し様というのなら、誰にも頼らず前代未聞の核兵器を自主開発して、現在の核大国の核を無効化出来なければ無理でしょう、ダカラ、其れはドゥスルの、と、貴方の妄想の展開を訊いているのですがね、有効な回答は無いままにこちらに振って来ましたが、私は下記に応えます、貴方の応えもお待ちしたい処ですね、まさか、是もシカトですか?

 一方で、私は日米安保を堅持すると書いていますが、これは、ドイツやNATO諸国が与えられている様な米国の核の運用権委譲を打診・交渉すると言う意味です、知らなかったわけですね、此方の説明不足の様ですな。

 アホらしくなってきましたが、↓については、一言云って置いた方が宜しいと思いまして。
>>ほほー日本は草原国世界?遊牧の世界だったのですか?
 この反応は、貴方の読解力の程度を示す好例ですね、文脈から云って、主語がタタールでしかありえないのは、誰が読んでも判る事でしょう。
 更に
>>思いますよと有りますがタタールの時代世界はユーラシアのみが世界であり豪州も米も誰か知っていたと言うのでしょうか?
 もしもし? アフリカや中近東には、タタールの勢力は押し寄せていませんがね、彼らの世界は草原世界のみに限定されていた筈だと云って居るんですが、読み取れないんですね。
 
>>是を枝葉末節、戦略が決まれば方法は沢山有ります、貴方の方法でも差し支えない。
>>私は全ての国家に核武装する権利があるといって居ます
 何の弁解にすらなっていません、逃げ回っているダケ、私は、貴方の云って居る「防御に必要な核兵器を、賛同者に日本が配る」と言う結論に、論理矛盾があるから云って居るんですよ、曰く、核兵器を開発するのなら核実験は? 核武装に反対してたのではないのか、整合性が無いのはドゥスル、と?、

 これは枝葉末節の問題ではありません、核をなくし、平和な世界で暮らしたのは、一部の覇権国家を除いて、概ね世界中の人々が望んで居る事です、総論は決まって居るのですから、方法論にこそ拘らねばならない。

>>私は私の思想骨格を御披露しているのであって肉、皮、毛を皆さんで考えて欲しいので骨格しか述べていません。
 是はしたり、貴方の思考ではなく、どこかから拾ってきた断片的な知識のつぎはぎレベルである事を自白したに等しい文章ですね、つまり、あなた自身の考え自体、ドゥ考えても、他人に披露できる様なレベルではない事を自覚しているとしか思えない。

 こういう場合、端から出典を明らかにする等の手続きを凝らして、誤解を予防すべきです、まぁあなたの場合、他人に説明する力も気も希薄な様ですからね。

 要は自他共に、未だ知識を体系化して自分なりの解釈に仕立てる段階には至って居ないと言う事が明らかになったワケですね、其れが証拠に、貴方が言いたい話は全然見えてこない、なされた説明は総て批判されて初めて出て来たモノですし、なされた説明も総て中途半端、それで、結論の出拠の説明を求めると、「枝葉末節」ですからね、挙句、「肉、皮、毛を皆さんで考えて欲しい???」とは、正に小学生並の自分の説明力を誤魔化して居るだけ、妄想ワールドで宜しいといっているのと同じだ、笑ってくださいって? ホント、笑止千万ですね、尤も、貴方の表現の方がしっくり来る人も御居での様ですがね(笑)。
 
>>まさかゆとり教育世代でもあるまいし、日教組には影響されているかな自分で考える、是大切ですよ。
一体誰が「ゆとり世代」で、「日教組に影響されている」のか知りませんが、その「ご自分の思考」をもっと判り易く説明してくれませんか、ハウスホーファーから始めて、八紘一宇に結ぶダイナミックな展開を希望します。

>>今まで枝葉末節には答えず、私の判断で貴方の発言で一番重要だと思うことに答えてきましたが
いやいや、逃げ捲くっているか、自分の都合の悪い事は無視か、誤読で捻じ曲げているとしか思えない真に不誠実な回答でした。

>>先に述べた通り、余にも選り好みが激しい戦略、思想論であればお付き合いしてもいいのですが
上の文章、日本語になっていません、「余りにも」と言う副詞は以下の文を修飾するには不適切だし、先に貴方は何も述べて居ません。

>>直ぐ戦術論に話を変えられるとお付き合いできかねます、其処の所御理解よろしく。
こちらも、日本語が通じない相手と、日本語を使って討論したくありません、徒労に終わるだけ、まぁ、川柳サン辺りには、好ましい表現方法らしいですが。

 長々と失礼しました。

侵略犯罪者偽名在日追放!

在日特権を許さない市民の会
http://www.zaitokukai.com/

特別永住資格の廃止を!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=834

特別永住資格に終止符を!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-331.html

拉致問題と売国議員
http://www.geocities.com/baikokudo_traitor/brdb/brdb06.html

侵略犯罪者偽名在日追放!

外国人参政権に反対する会
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/ 西村眞悟議員、パチンコ換金完全違法化請願を提出
http://genyosya.blog16.fc2.com/?mode=m&no=1239 在日韓国朝鮮人とパチンコ屋に特別な税を課せ
http://www9.big.or.jp/~cumy/cgi/list.cgi?number=kokutai_20080101304

臓器移植法:改正案、WHO動向が背景に 「海外禁止」検討、河野議長も前向き

臓器移植法:改正案の成立に向け活発化する活動、国籍法改正で日本国籍を取得した外国人が
偽装日本人として臓器を高く売る騙しの手口、中国人体展に見られるような闇市場の開設を
阻止しなければならない。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

オオルリが囀る気温0.7度寒い朝 

おはよう御座います何処が早いんだって^^;実は是3回目何故か途中で消えてしまうのです、此処誰かが投稿すると強制的に其処に飛ばされるのかな?
急速 逆回転中様

自衛隊は、がんじがらめにされており、交戦権が 極めて限定されていま
す。 被害が 出てからでないと、出動できません。

戦略的に雁字搦めにしているのは自分であって他人にされている訳ではありませんので何時でもその自慢のアジア一の力を解放でき何の問題も無いと思います。

与論島(だったと思う)
の住人の方が、北朝鮮による拉致なり 中国のゲリラなりによって、我々に
犠牲者が出ない限り、守ってくれないのか、と 自衛隊の人に 詰め寄った
そうです。 警官が 二名いるだけだそうです。

???島民さんは遣られる前の先制攻撃を望んでいるのでしょうか?

竹島にしても、政治家が 韓国ともめるのが嫌で、海自が警備していたのを
やめさせた途端、韓国が 実効支配を 始めたわけです。 味をしめた韓国人
は、今度は 対馬は韓国領 だと言い始めています。

これはあほな政治家選んだ日本の国民がアホ・・・

で解決方法
1話し合いで返してもらう(此処突こまないで)
2強請、脅す、騙すかして返してもらう(是が二番目にいいと思って居ます、強請、脅す、騙方法?そんなもの山のようにあって一々上げていたら切が無い、御自分で考えて下さい^^)
3脅す中に入るかな武力で制圧して元に戻す。最悪の愚作
4共有にする。是が一番かな後があるのですが判りますか?

歴史教科書の 近隣諸国条項、靖国参拝、ガス田開発、とにかく 内政・領 土・領海を どんどん 侵食されています。 国籍法の改正、ビザの廃止、 これらにより、犯罪 予備軍の 中国人・朝鮮人が 日本に 入国しやすくなり 居座り 易くなっています。

ま、沢山有りますね、各個撃破していたのでは時間がかかりすぎますね時間を掛けずに解決する方法があります。
1原爆を落として占領する。
2私が言う新大東亜共栄圏を作り一つの国になる。

最も 深刻なのは、米国が 中国に接近し、日本に 距離を置き始めた事で
す。自衛隊は、報復・攻撃を アメリカ軍に 依存している為、中国が 日本
や台湾に 直接 手出ししてきた時、米国が 黙認したら、日本は やられっ
放しになります。 自衛隊だけでは、日本を 守れません。

これの対策は最終的に核武装しか方法がありません、が此処の方々現実と将来の恐れが一緒になっていませんか?

中国は基本的に陸軍国家、其れが証拠に国是(今はしていなかったケ)としている目と鼻の先の台湾統一さえ出来て居ない、是が現実。

是(日本侵攻)が軍隊将棋であれば此処10年以内なら余程なヘボが指さない限り鴨に出来ます、大勝利台湾と統一国家が出来ます。

この コメントでも、多くの方が 心痛されているように、中国の 膨張は 止め 処がありません。弱者には、中国は どういう事をするか、説明は 不要でし ょう。 実質 中国軍の戦力は、自衛隊を 超えつつあるそうです。

判っていらしゃるんだ今の所自衛隊方が強いって、逆の立場なら怖い話少しは判ってあげよましょうね、過去に虐められた人の気持ちも。

それにも拘わらず、軍事費を 減少させ、文民統制などと 言って 自衛隊
を がんじがらめにして、弱体化させている訳です。

は~文民統制などと 言って は~文民統制がいけないんですか、そうなると北朝鮮の軍先思想になりますよ。

日本は、内部も 外部も 凶悪な害虫に 食いつかれています。にも拘わら
ず、国益を守る 骨太の政治家や 外交官が あまりにも少なく、づるづる
と 危険地帯に 引きづられています。


確かに官僚と言う獅子身中の虫、竹島には韓国軍が、東シナ海では天然ガスの抜き取りされているし。

しかし、貯金は世界最高、人口が減って食料の心配は要らない、地政学的にGNPの1%で自衛できる何の心配があるのか、一つ若者に夢が無い是が日本の一番の問題点だと考えて居ます、その他の事はあくまで相対的ではありますが先進国の中で最高の状態なのが今の日本、余悲観しないほうがいいですよ、私は旅が好きで世界70余国、総時間にして5年くらい世界中(アフリカと南米は怖くてチョコットだけ)をバックパック旅行してきました、悪い人も居ますが善人が圧倒的に多い是も現実。

善人なおもて悪人おや。

人が身に
     わが身を置いて
               一眠り
2009/04/26(日) 22:44:39| URL| #XL3.fooI [編集]

信濃大路氏のついて

ブログ主様、此処に集われる憂国の皆さま、また投稿させて頂きます。
さて、私は本来、議論という物が、余り、好きではなく、仮に論戦で勝ったとしても、余り、嬉しいとも思わない、人間の1人ですが、只、上記の方については、?.感じます。
先ず、簡単に言って、言われている事が、よく、解りません。当方が頭が悪いのか、シナ氏が理解超えた優秀な方なのかは知りませんが、何れにしても、理解できません。

私の理解するところでは、このブログは、ブログ主様の熱い思い、又、長い経験と豊かな見識での主張に同調され、鼓舞され、”わたしもそう思う”
そんな方々の集まりかと思います。

追申
シナ氏、曰く、総時間5年位の世界旅行で分かった事は、悪い人もいますが善人が圧倒的に多い、是も現実。

是は、余りにも、短絡な意見です、人間の善悪など、簡単には判断できません。仮に何カ国語も母国語と同様に話せても、神様でもない限り、人間
の真の正体は分かりません。又。その国の一般的な人間理解するにしても、その国に住み着いて、生活してから言える事で、たかが、一介のパック旅行で通過したぐらいの経験では、論じる話ではありません。

どなたが書いていらっしゃいましたが、シナ氏の文章には、他人に対しての思いやりと気配りが感じられません。
願うくは、一眠りではなく、ずっと、お眠り下さい。

信濃大路さまに お願いです

恐縮ですが信濃大路さまの返信コメントは何処から何処までが誰のコメントか分かりにくく読みにくいです。
このコメント↓から信濃大路さまのご意見(青字)を探し出すのに苦労しました。
------------------------------------------------------------------------
八紘一宇とは般若心経にあり
>信濃大路様

>私が自虐史観?私の発言の何処が自虐史観なのでしょうか?
>教えて頂けますか?

その前に、「八紘一宇が本当に理解できていない事には難しいと思います。」と謂われていますから、「八紘一宇」の意味、あるいは定義を説明いただけませんか?

般若心経の何処に八紘一宇があるか答えなさい。
是が答えられないようでは貴方の其の態度では先ず私の話は理解不可能だと断言できます。


私があなたの考えを理解できていないのかも知れません。そうすると、その時点で食い違いが生じると思います。

また
>他国民の移住を拒む理由が無いというなら、
>貴方は貴方が拒まれても平気なのですね。

私は、望む望まないに係わらず、移民受け入れは、当該国の主権、国益の関係上、拒まれるのであれば、それを当然だと思います。犯罪人、もしくは当該国に寄与するものがなく、むしろお荷物になる外国人を受け入れ拒否するのは、主権国家の権利だと思います。

枝葉末節の典型、当たり前田のクラッカー

あの移民国、米国でさえ移民に関して厳しい条件を設けています。米国生まれでない人は、長い年月の手続きで米国市民権を得たとしても、大統領になる権利はありません。また、米国民になったら、米国に忠誠を誓い、いざ国難となれば国防のために銃を持って立ち上がることを要求されます。永住権も3年以上、米国に入国がないと自動的に失効します。

ヨーロッパでは、イギリス、ドイツ、フランスなどでも、安易に移民を受け入れたが為、暴動、犯罪などの増加が問題になっています。そのような問題も含めて、「八紘一宇」を説明頂きたい。
          2009/04/26(日) 20:35:42| URL| 信濃大路 #P4OBiZHM
-------------------------------------------------------------------------
私も正しくは分からないので偉そうな事は言えませんが第三者にも読みやすく工夫してくださると助かります。真面目に読んでいます。

<普通は下記のようにされていると思います>
○○さんへ
>○○さんのコメント → → →
>○○さんのコメント → → →

信濃大路さんの返信コメント →  → → 


それと、ストレス発散に書かれているんじゃないですよね? 日本を、世界を良くしたいという想いからですよね? でしたら一見優しい書きぶりですが傲慢な印象は理解を得にくくなると思うんですが…。信濃日記のブログ主さんですか?

                 <平和ボケから目覚めた通行人>

最悪の日本

現状は最悪の日本の政治・軍事・環境の中で移民を取り入れて日本が制御出来るのかを考えれば「夢のまた夢」身近なところで「カルデロン」「特別在留許可」いろんな方便を使い「法を法」とも思わないで侵食を許しているのは国なのです。

理想と現実はかけ離れた処での議論ははムダと考えています。大東亜共栄圏も日本人に通用する言語で有り・理想でしかないしょう。中国人・韓国人にすれば人種的偏見が身についている日本人嫌いが素直に成る筈が有りません。日本人主体の「大東亜共栄圏」など「言語道断」と意にも解さないでしょう。

日本人が「混血」の民族と言われてもいますが当然の事です。南・東・北あらゆるところからの「血」は入っていると思いますが、国家としての成り立ちと歴史を見ればアジアの中では「異質」、日本書記・源氏物語の古文書が現代人にでも読める事、そして西欧からの脅威いに対して唯一反発・対応した事が既に異質でしょう。

文化を作り出し・国家を国家たらしめたのは先人が血と汗を流して作り出されたもので平成の世に短絡的に人口が減少するから国家意識にない人間も導入して日本の活力を生み出そうと考えるのは如何なものかと疑問を持ちます。如何に大事に国体を守る方法があるのかを先ず考えるべきです。

国家観の再生・教育の再生・軍事力の整備・外国人対応の法整備・与野党政治家の国家観譲成と「再生」すべき点は多々あります。基本的な日本の歴史を日本人が教える事が出来ない現状を如何に変えていくかも問題です。政治家がやらなければならない、その政治家をわれわれが選ぶ日本人自体の資質も問題です。

朝鮮併合で中国の梁啓超が「朝鮮人の敵は朝鮮人」と朝鮮の亡国を見た上で「我国如何」と自問自答しています。現状の日本は正に当時の李朝と同じ様相を呈しています。マスコミ・政治家の資質からして「日本人の敵は日本人」と言っても過言ではないでしょう。

対立が当たり前なのが国際常識を認識して居ない政治屋・官僚の教育が先ず急がれます。情けないと言えば情けない話ですが、先日の田母神氏に対する政治家・背広自衛官の対応には本当に驚いたものです。加えてNHKの「反日報道・台湾」これらが常識に成って居るのは恐るべき事が起こりつつある日本、移民の話どころではないのでは・・・

法律? そんなの関係ない!

不法滞在は犯罪です 。カルデロンの次はシナ人。

●世界に無い在留許可制
http://iza0606.iza.ne.jp/blog/entry/1012041/
●バ韓人・カナダで「カルデロン」
http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/1006930/

核兵器による戦争と別の日中戦争が進行しています。

臓器移植法:改正案、WHO動向が背景に 「海外禁止」検討、河野議長も前向き
臓器移植法:改正案の成立に向け活発化する活動、国籍法改正で日本国籍を取得した外国人が
偽装日本人として臓器を高く売る騙しの手口、中国人体展に見られるような闇市場の開設を
阻止しなければならない。


【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

下に貼り付けられている、トラックックバックの動画を見ると涙が出る思いです。なんと、奇妙な日本社会になっているか。
今のままでは、英霊の方々に申し訳が立ちません。

支那、韓国、北朝鮮は、明確に敵国と思います。また、国内の反日政治、工作勢力を潰さなくてはなりません。

核兵器でアメリカ本土を攻撃しよう!

核兵器でアメリカ本土を壊滅しよう!

日本の正義のために世界戦争を!

信濃大路 様

申し訳 ないが、貴方との コミュニケイションは 拒否・辞退する。

日本は、言論の自由は 保障されているから、家主の ブログ主様が 受け入
れる限りは、貴方が ここに投稿されるのは 全く自由である。

急速 逆回転中様

そうですね、この手の方は通常の意見では、相互理解は不可能との思いです。私自身、一度レッテル貼られた事もあり、異なる意見に対しては、誹謗、中傷はしない、そのスタンスで此処に来ております。

しかし、余りにも、よく訳が分からない、投稿です、ナポレポンソロさんや、その他、常連の論客の皆様が、対話に試みられておりますが、この人物は言葉は悪いが、思考回路が、私達とは違うと思います。

他にも提灯記事,書かれている方が有りますが,これって,同一人物なのでしょうか?私はいわゆる、工作などとかは、よく分かりませんが、情報加工コントロールはここまで、進んでいるのですかね。

いずれにしても、此処に集われる、憂国、真に日本愛する、皆様、共に立ち上がりましょう。覚醒しましょう、もう、時間がありません。

歎異抄では?


>善人なおもて悪人おや。 <

意味が通じていないよ。
「善人なほもつて往生をとぐ、いはんや悪人をや」ではないの?

親鸞聖人の【歎異抄第三条 】を読んだ方が良いよ。(笑)。



創価TBS毎日新聞

TBS「捏造報道」の局技
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=2414

http://www.youtube.com/watch?v=Dh8nDj9FV2w

4.28 マスコミが最も恐れるイベント!

日本を思う日本人の方々、絶対参加してください!!


スレ違いすみません。いよいよ明日からですのでご協力お願いします!

大東亜共栄圏の妄想

>猪さん
 私も大東亜共栄圏構想は、戦前日本の大間違いだったと思います。

 理由は、他の米州機構や大英連邦を始めとする排他的、閉鎖的なブロック経済機構の形成が、総て自国の植民地圏を対象にした、強大な武威を背景にする事に拠って成されたモノであったからです。

 然るに、日本は成る程満州は掌中に収めていた居たかもしれないが、広大なシナからも、東南アジアからも、欧米列強の魔手は排除されて居ない状態で、殊に、シナ大陸は群雄割拠状態で混沌としていたし、独立国といえば、日本とタイ位しか無かったのですから、先ず、多くは植民地からの独立から始めなければ成らないわけで、中心となるべき「アジア主義」は夢の亦夢、正に絵に描いた餅だったからです。

 経済圏の盟主となるには、強大な武力の他に、同盟国を支える経済力や供給する地下資源を持たねばならないのですが、それも、開発が遅れていた満州頼みではドゥ仕様も無い、せめて、大英連邦等と友好関係を継続できていれば未だしも、アジア最大の経済圏大英連邦下のインドや豪州との友好関係も、アジア主義を前面に出せば、邦主国英国に国益を損じる相手として敵視されて当然。

 「植民地を解放する正義の戦い」と言う理想は宜しいのですが、軍部のアジア主義も曖昧だったし、政治家では、共産主義者の近衛首相以下の政治家には、崇米の幣原、蒋介石の親友広田、ナチス好きの松岡、そして、何より親英国王室の先帝陛下と、正にバラバラでしたから、味方と敵を峻別するなど、出来様筈も無かった、加えて軍に皇道派も居れば統制派も居て、加えて海軍と陸軍が犬猿の仲と成れば、唯でさえ、物量=工業力で負けているのに、戦争が長丁場に成れば勝てるわけが無い。

 対米戦争で日本に勝機が有ったとすれば、敵を米国一国と見定め、背後に敵の敵を引き込んで措いて、電撃的な作戦で相手の戦力を一時的にゼロにして、相手の国の世論に脅威と厭戦感を与え、電光石火の交渉で早期講和する事だったでしょうが、戦闘は7割方上手く行ったのに、外交は宣戦布告からして遅れると言う大失態を演じ、有利な講和条件での終戦を不可能にして終った。

 前にも書きましたが、日本は軍隊でも兵士は強いが、作戦立案し、指揮をするエリートが全くダメですね、特に、現場経験の無い学校上がりのエリートを徒に重用したり、出身地など、別の括りの「閥」を直ぐ作るのは、日本人の悪い処です、まぁ、それでも陸海軍には、見上げるくらい立派な人も沢山居ましたがね、政治の方は、大方が財閥の飼い犬と言った風情が強かったのではないか、数々の汚職で国民にソッポを向かれて終って居た。

 前にも書きましたが、日本はこのエリートの選別方、育成方を変えなくてはダメでしょうね。

本当に疲れた

疲れますな
>シナの王子さん、否、信濃大路さんでしたかWWW
>>話に付いてこれない
  ん? 私が、貴方の話に着いていけないのは、貴方の文章が余りにワケワカメな所為であって、私の読解力や知識不足の所為ばかりではないと確信しました。
端から爪の割れのご指摘ですか、最初に私は長い文章が苦手と言った本当の理由は自分の話の筋が通らなくなると直ぐ話を反らす人にその隙を与えない為というのが本心なのです。
更に自分の不勉強から来る読解力のなさを棚に上げ、お前の説明が悪い、思い出します、嘗て其の理論で帝国大学を追われた博士を其の方アインシュタインの直弟子来日の折通訳しました、日本の先生方相対性理論についてチンプンカンプン原因はあいつの通訳が悪いんだ、でアラ(これがあったのですよ何と重婚^^)探されて追放其の先生に付いていったのが我が師匠、メインストリートを歩めるわけも無く早期リタイヤしてこの地、科の木の繁る野、信濃の国の住人になったしだい、しかしシナノとシナなるほどとパラノイヤ振りに感心しています。
それに下手に話長くすると多分私の話際限がなくなります、ですから出来るだけ短くするように自粛しているんですよ、前に言った読者の方に考えて欲しい、素晴らしい発想が生まれるかもしれません、それを事細かくお知らせしたのでは其の芽を摘んでしまいます。
> しかし、貴方の読解力は相当酷いですね、失礼ですが小学生並でも、まだマシの様な気がします

>>これは20年ほど前ハウスフォファーの地域統合論を読んで私なりに解釈した物です。付いてこれないと直ぐ妄想だ、空想だと言いますが『貴方は戦術家であって戦略、思想が有りません』
 だから、ハウスフォーファーの地域統合論を貴方がどのように解釈したのか、さっぱり書かれていないのはドゥ云う事なのかと訊いているのですよ、下記に例示を挙げられるのなら、最初から挙げて話をすれば良かったのでは?と思ったのですが、中身をのぞくと・・
>>一例、中国が空母を作る是を見て私は中国恐るに足りず時代錯誤も甚だしい、この点も理解出来て居ない。
  成る程、しかし「何故空母を造る事が時代錯誤で、中国怖れるに足りない」のかが、全く書かれていませんね、やっと出て来た貴方の説明にも、
説明なぞした覚えまったく無い、空母を造る事が時代錯誤であると判らないなら判らないと教えますよ、1行もあれば事足りる、これ貴方の専門の戦術の問題。
空母の最高の利点は何時でも攻撃できる事にあった、しかしこれは太平洋戦争までの話、偵察衛星の登場で其れは不可能に、加えてSAM2を搭載したF216機の餌食となる。
細かい事居るって我儘だナ~今日此処寒くておこたから出られない、おこたの上には何故か地球儀が面白いから妄想を巡らして見た。
シナの空母が出てきたら
偵察衛星これあったけ?少なくとも空母が完成するまでに打ち上げて置く(こんなとこ突くなよ枝葉末節啄木鳥の名を差し上げるぞ)二つもあれば1時間おきの位置が確認できる、是で空母の動きは手に取るように判明する。
早期警戒機も仰山ある、何機搭載しているのかな塵空母5万トン搭載機はSU33、しかし是可笑しい、SU33は制空戦闘機、塵空母に攻撃機は無いのか、まいいか在っても制空戦闘機40機まで救助用ヘリ最低4機出来れば8機は欲しい、空母の最高の利点は何時でも攻撃できる事にあった、しかし太平洋戦争までの話、しかし上記偵察衛星の登場で其の利点は消失。
想定海戦場所は一番不利な尖閣列島ここで調べてビックリ石垣に基地が無いま石垣空港は在る、有事には何とかなると言う事はヨナクニにもある、空中給油を使えば九州からでも・・・空中給油機何機あった^^;ありったけ飛ばせば3個小隊ぐらい同時に可能だろう、相手が40機として80機飛ばそう、是制空戦闘機の話、もっと細かくいるのかな宮古基地から20機那覇から20機その他40機(思わず余のいい加減さに笑いが)是で制空戦闘機は此方の勝ち
後はF-2支援戦闘機にASM-2これ一機に何発つめたかな大きいから1発。
第一波で3個小隊6機第三波まで違う方向から同時攻撃これ三波とは言わないかな?勿論枝葉末節^^同じ戦力で三次攻撃まで用意合計54機これで塵空母は海の藻屑
第一波で90%撃沈、後は多分出番なし。
所要時間あ忘れていた^^;護衛ミサイル艦が居る、何隻付いて来るんだ、ミサイルは何発ある、命中精度は何%、結構厄介^^;誰か調べて疲れた。

どうしても必要なら調べて考えて書いてもいい、しかし結果は殆ど変らない空母は時代遅れの代物。

旧日本海軍は大和を作り後世に悔いを残し
共産中国は時代遅れの空母を作り無知なるを晒すか。



転載歓迎

金融救済でぼろ儲けする人たち
http://www.anti-rothschild.net/link/animation.html

KYですみません。あまりに作りが良かったもので。

「危機をチャンスに変えろ」 (前編) ~G20サミットの裏舞台
http://www.youtube.com/watch?v=Bb4YROZJcow
麻生さんが今回の世界金融危機の解決に向けて大きなリーダーシップを果たしています。

プロジェクトX 麻生太郎の挑戦
中東に平和と繁栄の回廊を開け
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6624475

わずかな武者震いと目頭熱くなりました。

大東亜戦争と大東亜共栄圏はちがいます

私は大東亜戦争と大東亜共栄圏と呼ばれる思想とは別に考えるべきであると思っています。
大東亜共栄圏とはつまらない思想です。しかし、大東亜戦争は不思議な戦争です。
最近、いくつかのブログで日本の経済は内需中心の経済であることが、説明されています。これは、何十年も前、日本が高度経済成長を達成しつつある頃、松下幸之助氏がすでに指摘していることです。ただ彼は解りにくい形で言っているだけです。
しかし、これは面白い問題なのです。江戸時代は普通に考えると内需の経済です。貿易は完全には禁止されていないとしても、貿易頼みの経済のはずがない。では、明治時代になって内需中心の経済から外需中心の経済に変貌したのでしょうか。繊維工業が経済の牽引力でありました。戦前には生糸製の繊維製品をアメリカに輸出しています。戦前、戦後とアメリカは、日本にとって重要な貿易相手国です。戦前、アジアへは資金の流出が起こっています。今の考え方だと海外に工場を建設したのだろうかと考えてしまいますが、多くはインフラ整備です。中国に買弁企業を造って儲かる訳がないのです(今の中国を見るとよく分かります)。では日本はアメリカで稼いだ金をアジアにバラまいていたという図式になるじゃないですか。戦前、日本は貿易立国でしたから、石油は重要で、ABCD包囲網は日本を苦しめたと言われていますが、では、いつから内需の経済が外需に変わり、そしてまた内需に変わったんですか。素直に考えれば、戦前も日本は内需の国であったと考えるべきではないですか。ならば、満州など生命線などではあり得ません。ABCD包囲など少しも日本を苦しめていませんよ。ソ満国境を防衛するだけで良いのです。アメリカが資本進出したいのなら、勝手に進出させればいいんですよ。その方が日本にとっても需要が大きくなって儲かるはずですよ。ロンドン軍縮会議、ワシントン軍縮会議でなぜ大騒ぎして悲壮ぶる必要があるんですか。日本海と東シナ海の制海権のみを考えればいいんですよ。
そのように考えると、大東亜戦争とは一体何だったんだ。どうしてここまで非経済的な戦争ができるんだと考えて当然と思うのです。

しかし、日本がアメリカに敗退し、アジアから撤退した直後より、アジアの少数民族は存亡の危機に陥っているのです。日本軍がアジアから消え去っただけでそうなっているのです。
この辺りに大東亜戦争の本質があり、「八紘一宇」の意味があると思ったりします。

> KENIKARI さん

麻生さん、中川昭一さんは、本当にすばらしい。誇りに思います。

こんなことが、マスコミにもっと明確に流れないなんて本当におかしいです。

力に頼った外交は強く、恐ろしい

 ヘンリー・キッシンジャーという人は、「ドイツ人でさえなければアメリカ合衆国大統領になっていたはず」とさえ揶揄されています。
 まさに言い得て妙でしょう。
 「アメリカの世界秩序構築」という共和党政権のシナリオを完成させた人こそ、キッシンジャー氏だと言えます。
 ピノチェト独裁政権の無法振りは今でこそよく知られていますが、そのファシストに手を貸したのが、ヒトラーのユダヤ人弾圧政策に異を唱えて出国したはずのドイツ人であるというのは何たる皮肉か。

 米中の接近には、冷戦下の社会主義国同士の内紛が根拠となっているのであって、デタントと一言で片付けられるものではないことを日本人は1970年代からまだ気付いていないままなのかも知れません。

 …と、話題を元に戻してみました(笑)。
 

K 様

Res 有難う ございました。

>相互理解は不可能
     この方は、御自分の世界に 固執し、他者を 冷笑して 議論に勝つ
     ことにより 自己定位 されている方と見受けました。

>思考回路が、私達とは違うと思います。
     大きく 見ると、同じだと 考えています。
     2ch に行って、朝鮮人・中国人が 日本人を 罵倒する 悪口雑言
     攻撃・因縁付け・脅迫を 見たとき、あらま~スゴイな、と思い、
     (特に) 朝鮮人の 歴史認識・世界解釈を見た時は、この連中は
     脳内配線が おかしい と思いました。

>提灯記事、工作、情報加工コントロール
     中国などは、金と人数にまかせて、巧妙・高級な 対日工作を して
     いるでしょう。「日本弱体化工作 要綱」 みたいなものを、どこかで
     見ました。
     ナポレオン・ソロ 様に 叱り飛ばされた 弱気な日本人(反中から、
     親中へ) の方のコメントを見た時は、大笑いしました。許してね。
     対日工作も 進歩してきたな、と邪推した 次第です。

>憂国、真に日本愛する、皆様、共に立ち上がりましょう。覚醒しましょう、
 もう、時間がありません。
     取りあえずは、衆議院 議員の 選挙ですね。 ミサイル騒動で、皆
     目が覚めたんじゃないでしょうか。
     

やはり麻生首相に期待します

集団的自衛権の議論を本格化、だそうです。


http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=dol-souraku

dsfsd

松山の野球チームマンダリンパイレーツが解散の危機
松山東署は27日、強姦(ごうかん)致傷の疑いで独立リーグのプロ野球チーム、愛媛マンダリンパイレーツの韓国人選手、文相勲容疑者(26)=松山市道後多幸町=を逮捕した。球団は同日、文容疑者を解雇した。

 逮捕容疑は4月13日午前3時20分ごろ、飲食店に勤務する松山市の女性(23)方に侵入し、暴行して1週間のけがをさせた疑い。
 同署によると「女性の部屋に行ったが同意があった」と否認、女性は「面識はない」と話している。同署は女性の話や防犯カメラの映像から文容疑者を特定したという。
 チームは独立リーグの四国・九州アイランドリーグに所属。球団によると、文容疑者は今年2月に入団、外野手として10試合に出場した。昨年までは韓国のプロ野球、三星ライオンズに所属していた。

日本人が最も単一民族

東亜日報の記事ですが、こんな話もあります。

血液分析により民族の移動経路を判明する
japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2001010317828
>∇どの国民が単一民族か
>
>医学的には、韓国人、タイワン人、日本人の中で日本人が最も単一民族に近い。
>単一民族であることを誇る朝鮮民族は2番目、タイワン人は3番目に‘純粋な血統’である。
>(略)
>その結果、韓国は70%、日本は80%、タイワンは50%だったという調査結果が出た。

日本人とチベット人は、世界でも稀な古代血統

某巨大掲示板からのコピペですが、こんな話もあります。

1 :名無的発言者:2008/03/30(日) 07:29:49
日本人とチベット人は共通した遺伝子を持つ近親民族。
日本人とチベット人は、世界でも稀な古代血統とされる
Y遺伝子D系統を持つ民族である。
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf
http://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroups
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/enjoybbs/viewphoto/phistory/89000/20070729118570733431677600.jpg

他のアジアの地域全体にはアジア系O系統が広く分布し、日本のすぐ
近くの韓国人や中国人がアジア特有のO系統であり、孤立したD系統を持つ
日本人・チベット人の異質さが際立って見える。

このY遺伝子D系統はY遺伝子YAP+型に含まれ、アジア人種よりも中東や地中海
沿岸等に分布するE系統の近親であり、Y遺伝子の中でも非常に古い系統の一つ
である。かつてE系統と縁が深いD系統は、漢民族属するO系統の進出により
多くが滅ぼされ、結果海に守られている日本列島を最大とし、同じく山岳の
チベットに残り、それぞれ日本人・チベット人として二つに別つ事態に追い込まれた。

これを今回の騒乱に当てはめてみればどうであろうか?まさにO系統属する
中国人が、D系統属するチベット人を再び滅ぼそうとしている。次は日本人か?
日本人とチベット人は共通する遺伝子を持つ希少な近親民族であり、
我々日本人はチベット人の危機の今立ち上がらなければならない!

ヒロポンとは覚醒剤のこと

>いわんや朝鮮人の悪質な連中はヒロポンを製造、販売し、国民の保健を非常に傷つけておる、

ちなみに、↑でヒロポンという言葉が出てきますが、これは現在で言うところの覚醒剤に相等します。ついでに、ヒロポンを覚醒剤という言葉で、いやもっと広範な言葉の麻薬で置き換えてみましょう。

>いわんや朝鮮人の悪質な連中は麻薬を製造、販売し、国民の保健を非常に傷つけておる、

あれ?現在の日本に持ち込まれている麻薬はどこからのが多かったか。はて。

「大東亜戦争」と呼ばない理由

歴史の流れを見ると日本には明治から「平等思想」があり、その流れで「大東亜共栄圏」構想にいたった必然は理解できるんですけどね。
しかし実際には猪さん、ナポレオン・ソロさんの仰るように夢物語でしたが・・・

明治初頭  「日韓同盟」路線か「征韓論」かの論争、政変
明治14   ハワイ国王が明治天皇に「天皇の下、日本を盟主に『大アジア連邦』構想」を提案
日清戦争、米比戦争、日露戦争、朝鮮合併
大正8   パリ講和会議、日本が『人種差別撤廃条項』を提案
大正13  米国で「排日移民法」施行
昭和7   満州国建国『五族協和の王道楽土』
昭和13   日満華による『東亜新秩序』建設声明
昭和15   日満華+東南アジアで『大東亜共栄圏』構想

戦後GHQが検閲、焚書で消し去りたかったのは
日本が「人種平等を推進」して、アメリカが「人種平等に反対した」という歴史の事実(正義)だったのでしょうね
だから、「大東亜戦争」の名称も消されたのでしょうね。

>信濃大路さん
あわわわ、副詞、助詞、主語の省略が過激すぎです><;。
新たな日本語を構築しようとするその矜持には感服しますが。。。

時代?を勘案 支那すぎなのでは・・・・・
(”さ”抜き失礼)

中共の空母の件はスプラトリー諸島の領有権争いには有効ですね。
スプラトリー諸島
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/4/4c/Paracel_Spratly_Islands.png

ウナギ偽装:「魚秀」社長ら5人に有罪判決 神戸地裁

裁かれるべき問題は、中国産ウナギのかば焼きを「愛知県三河一色産」などと印刷した段ボール
箱に詰め替えた事ではなく、健康に害を及ぼす有害食品、中国人も食べない中国食品を騙しの
手口で販売した詐欺行為である。

【食品・グルメ・レストランの掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/sgr/sgr_ind.cgi

記事とは、関係ないですが・・

臓器移植 渡航せずに済むように
2009年4月23日 中日新聞

 臓器移植法の改正論議が熱を帯びてきた。
最大の争点は国内で認めていない
十五歳未満の脳死移植への道を開くかどうかだ。
海外へ出掛けて移植を
受けることが今後、事実上禁止されるからである。
 脳死移植を認める現行の臓器移植法は一九九七年に成立したが、

世界で最も厳しい移植法と言われるように、臓器提供者(ドナー)が
生前に提供の意思を書面で示すとともに、提供を家族が拒まないことが
条件になっている。しかも意思表示できるのは、厚生労働省の指針で
十五歳以上に限定されている。

 このため、脳死患者からの提供が不可欠のうえにサイズが
ほぼ合う心臓の移植を十五歳未満の子供が受けるには、
米国など海外での移植に頼らざるを得ない。

 ところが昨年五月、国際移植学会が自国外での移植の自粛を
求める宣言を採択し、これを受けて世界保健機関(WHO)総会でも
来月、同様の指針を発表することが
予定されている。これによって渡航移植の道は早晩閉ざされる

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2009042302000046.html
関連記事】
【政治】脳死判定を厳格化 年齢撤廃、条件に自民検討(4月18日)
    【政治】来月の採決目指す 臓器移植法改正案で与党(4月11日)


臓器移植法の改正論議が熱を帯びてきた
現在静かに推し進められている・・・・

日本の臓器移植の遅れているというが、
古来からの日本人の宗教観”による
反対層に守られているからだそうです。決して、”遅れている”のではない
医学の進歩という名で、踏み込んでたいけない場所もあると思います。
日本人の魂が、どこかで判っているかもません。

反対の意志を示す方もいらっしゃるなか
”現在国会で進んでいる”臓器移植法の改正論議の
移植を推進する動きがある。

ドナーが子供の場合は、低温治療等で治癒する確率は
高いといわれるが、臓器が不足ということで、
治療は、はやく打ち切られ、移植用になる可能性がある。
回復の可能性も絶ってしまう。

http://blog.goo.ne.jp/mao777cocoro/e/2fe34e76831ebf00e67c1eb2a4e049d0

シナの具体的侵略の本格化に際して

 共産シナのITソースコードの強制開示=強盗宣言に対する、日本政府の反応は、「撤回」要求でしたが、是に続けて、「然も無くば、撤退」を付して、各企業に強制すべきだと思います、是は、シナの具体的侵略の第二段階だと認識しなくてはいけないのです。

 企業の功利主義を偏重して、企業判断のみに委ねて来たワケですが、ソフトは勿論ハードウェアでも、民生転換の軍需技術は多い筈、既に出回っているレベルのモノは仕方が無いとして、どこかで断乎とした措置を含む規制を懸けないと本当に危うい、それに、「従わねば、本国に介入してでも開示させる」とは、まるきり、他国の国家主権を無視した話で、何時から日本は品の属国になったのだろうか、と問いたい。

 「民生転換の軍事技術漏洩」と言う問題は、世界最大の武器製造・輸出国である米国が一番多く抱えている筈、それに続く欧州、ロシアも他人事ではない、何故黙っているのか判らない、どうせロシアの同等技術が出回るからと、諦めているのだろうか、それなら、嘗て米ソ間で展開された「仕組まれた」兵器開発競争のツケが回ってきたと言う事になる。

 オリジナルを創出する生産技術は30年やそこ等では育成できないだろうが、技術の模倣は可能だ、現に、軍事領域とはいえ、軌道上の衛星を打ち落とせる技術を持って居るワケで、通信、遠隔制御、遠隔検出の部門で長足の進歩が有った事が伺える、侮って居ると危険だと思う。

 この先日本も、商業優先主義を控え、国防優先主義に転換してゆくべき、その矢先、麻生さんの「集団的自衛権への取り組みの開始」は、的を得ていると言えそうだ。

WHO、豚インフルエンザの警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げ

 【ジュネーブ 27日 ロイター】 世界保健機関(WHO)は27日、豚インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)警戒レベルを「フェーズ4」に引き上げた。
 「フェーズ4」はウイルスが人から人に感染し、地域レベルでの発生を引き起こす可能性があることを示す。

 WHOは、豚インフルエンザの発生を受けて緊急委員会を開き、警戒レベルを「フェーズ3」から引き上げるかについて協議していた。メキシコで最大149人が豚インフルエンザで死亡したとみられているほか、米国、カナダ、欧州にも感染が広がっている。

2009/04/28 6:41

http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/2009-04-28T064140Z_01_NOOTR_RTRMDNC_0_JAPAN-377294-1.html
豚インフル、感染者と接触した人に
同様の症状を確認=米疾病対策センター
 4月27日、米疾病対策センターは、豚インフル感染者と
接触のあった一部の人に同様の症状が見られると発表。
 【ワシントン 27日 ロイター】 米疾病対策センター(CDC)は27日、
豚インフルエンザの感染者と接触のあった一部の人に、同様の症状が見られると発表した。
豚インフルエンザが人を介して感染する可能性が示された格好。
 CDCのリチャード・ベッサー所長代行は電話会見で、接触者の中に
呼吸器感染例が見られると指摘。豚インフルエンザウイルスは
インフルエンザウイルスのように機能しており、インフルエンザウイルスは
人から人に感染する、と述べた。
2009/04/28 4:53
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/090427-150245.html
米政府、緊急事態を宣言-豚インフルで全米で感染確認は20人

世界的規模になる前に、水際でくい止めないと大変な事態になります。
日本など、密集している国ではひとたまりもありません。。
これも国民の命を守る危機管理ですね
http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/9870f98461ad7dc9493e5bbd1606ad25

報道記者に品格・誇り・矜持はないのか!無いんでしょうね。(苦笑)

>bingo様
>>麻生さん、中川昭一さんは、本当にすばらしい。誇りに思います。
>>こんなことが、マスコミにもっと明確に流れないなんて本当におかしいです。
まったくもってそう思います。
あの頃(2月中旬以降)「マスコミ報道の幼稚性ここに極めれり」でした。
中川前財務相の先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の酩酊記者会見ばかり繰り返し放映・報道されていました。
あの会見に至った日程・スケジュールさえも詳しい解説はほとんどなかったように思えます。
前日までの国会で仕事→次の日朝起きて羽田に行く→昼頃飛行機に乗って15時間あまりのフライト→時差ぼけばりばりの中、ガイトナー米財務長官との会談→G7夕食会のおつきあいをこなし、翌日G7会合→G7昼食会後に新聞記者と会食→その後財務省幹部との打合せ→そして仕事成し遂げたあとの会見。
ほとんどが日本人記者の中での会見、海外のニュースでは当初、酩酊記者会見の出来事は小さく扱われていたらしいじゃないですか。
米ABCの記者のブログで何枚か写真が取り上げられたぐらいで、日本のマスコミが大騒ぎしたから注目を集めたという成り行きで、幼児性丸出しで世界に嘲笑されたのは「日本のマスコミ!オタクらだ!」と言いたかったですね。

さらに情けないのは時事通信社。
麻生政権に対する時事通信社による悪意ある情報操作 (G7でのIMF謝辞):イザ!</a>
http://organ.iza.ne.jp/blog/entry/919738
初版の「てにをは」を修正するならまだしも、一度公にした記事から、ごっそり文を削ぎ落とす。
ほんとに情けない。その行為に「報道記者として品格・誇り・矜持はないのか!」と思いました。
無いんでしょうね、今のマスコミは全共闘世代がトップにいてかつ特アにコントロールされている状態ですからね。

空母より核より怖いソースコード

早い物でパソコン弄り出してもう30年以上経ちます、当然最初はベーシックそしてMSDOS.

95年にウインドウズ近くの工業試験場で使ってみて、こんな物役に立つかPCはそのままキャド専用機でした。

98年NTTのパソコンスクール、オイオイ早いじゃないか95年にはカップラーメンが出来るくらい掛かっていた呼び出しが15秒位に短縮していた。

後で知ったことNTT最速の場所^^;幸い家がNTTに近かった、以来ネット中毒、無くては生活が成り立たなくなっている。

さて本論
ネットを始めた当時から、しかしこれOSに裏口作られたら怖いなと時々思っていた、其の頃?少し後だったように思うのだがザ・インターネットを見た、是現実になったら堪らん、堪らんドコロの騒ぎで無いぞ、世界がひっくり返ると思った。

中国のPCのOS何かな?チラット聞いた話ではやはりウインドウズらしい
ウインドウに限らず、テレビに組み込んだマイコンで例に挙げれば。

ある日突然・テレビだま~~るの そして其の後ちゅ~ごくのしんじつはな~~すの、

なんてことはマイコンの中に書き込めば可能である、早い話他人の作ったOS使っていると、私生活全て覗かれて、スパイされる可能性がある、現実に遣られているかもしれない。

この事に中国気が付いたのではないか?
でも無ければこんなあほな事(ITソースの開示)認められる訳無い事は判りきっている。

更に中国の資源の買い漁り(是は日本と違って需要が伸び必要に迫られて漁っている面は否定出来ないが)、IMFでの強気、有名なハッカー部隊。
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601087&sid=ay2PHRcxHy.g

更には呉邦国のこの発言
「複数政党制や三権分立、二院制議会、司法の独立といった欧米型の政治体制は、中国には適さない。

中国がこの制度を複製して使うことはない」「中国には、欧米型の体制より、共産党の一党体制の方が適している」「共産党の一党支配がないと、中国のような大きな国は分裂してしまう」

「独立した裁判所が法律の正しさを決める司法体制は採らない。法律は共産党が決める」

これら凄い戦略眼、是本当に2000年間新しい発想、発明を禁止され更に60年間の共産主義という閉鎖空間に居た人々に考えられるのかな?

誰か後ろで操っている者が 居るとしたらあいつら あいつらだとしたらあいつはどうしているんだろ話が横にそれる。

兎も角ソースコード(超天才ハッカーでもいい)空母、核に勝る、中国は其の事の問題提起をして自由にさせないぞと、すると貿易出来ないこの対策難しい。


確か、キッシンジャーが仕掛けた中国との雪解け事業の始が、卓球外交ではなかったかと。
今日本で、日中の卓球の試合がTVで報道されたいますが、こんなものはアメリカに対した行った中国共産党の陰謀で、中国に対する警戒感を取り除くために過去に行った同じ戦略を、日本でもつかっているものと見ており、おぞましいばかりです。

紅音ほたるのプレミア動画ダウンロードを開催しました!

たくさんの動画を用意しましたがありすぎて今回は選びに選んだ中からBEST3を今日から1週間の間だけダウンロード可能です!!

http://fkdajfklajfal.blogspot.com/

- 対中外交は現実主義で キッシンジャー氏、新著で -

 1972年のニクソン米大統領の電撃訪中の立役者、キッシンジャー元米国務長官(87)が40年にわたる
中国とのかかわりをまとめた新著「On China(中国について)」を発売した。訪中歴は50回以上。中国の
歴代トップとの会話を紹介しながら「米国の価値観を受け入れさせることを対中交渉の前提とすれば関係
は頓挫する」と現実主義に基づいた対中外交の必要性を説いた。

 大統領補佐官時代に極秘訪中し、72年のニクソン米大統領訪中と米中関係正常化の道筋を付けた
キッシンジャー氏は、当時接した中国首脳について「毛沢東(主席)はどんな会合でも相手を圧倒した。
周恩来(首相)は知性で相手を説得した」などと回想した。

 中国の経済力、軍事力が急速に伸び、周辺国が警戒を強めていることについては「一人っ子政策の結果、
2050年には人口の4分の1が65歳以上になる。これほど国内問題を抱えている国は世界制覇を求めない」
との見方を示した。「アジアの将来は米中がいかに調和できるかにかかっている。米国や他のアジア諸国
は中国と共に発展する『太平洋共同体』をつくるべきだ」と提唱した。(北京=森安健)

ソース : 日経 2011/5/23 19:23
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381959FE0E0E2E3998DE0E1E2E7E0E2E3E39494E3E2E2E2 011/05/25(水) 22:15:50.41 ID:???

NKVD&CIA二重スパイ『キッシンジャー』

拝読いたしました、有り難ぅ存じました。

私見は【キッシンジャーは終身NKVDスパイ】であると受け止めますが
戦争屋トラストに【国境はござぃません!】
ゆえに、彼らは無国籍と考えることが自然かも知れませんね。

_________________さて以下をご高覧下さいませ。


1938年、『キッシンジャー』はナチス・ヒトラー支配下の東欧から米国に亡命.

第二次世界大戦中、OSS(現在のCIA)で
将校用の自動車運転手をしていたヘンリー『キッシンジャー』.

某日、米陸軍のジュリアス・クライン将軍は、
ユダヤ訛のあるキッシンジャーを逮捕し、即SRIに送り込んだ。

米国政府とOSS(CIA)は、
麻薬と脳の切開手術等で人間の思考を強制的に変更する
マインド・コントロール技術と人格の矯正手術の研究施設をもっていた。

そのマインド・コントロール研究と【人格の矯正手術】の中心地が、
スタンフォード大学の
SRI【スタンフォード・リサーチ・インスティテュート】であった。
ヘンリー【キッシンジャーはそこに送り込まれた】。


SRIのプロ達によるヘンリー.キッシンジャーへの
様々な薬物投与、すさまじい拷問等の結果、
【キッシンジャーが、ソ連のスパイ組織NKVDのスパイ】である事、
NKVDの「スパイ教育の過程」で
【キッシンジャーの思考能力が破壊】され、
【人格が分裂症状気味】になっている事、

そのため一見、
【無能で行動力の弱い夢遊病患者状態】になり、
【自動車の運転手程度にしか使い道の無い】人間になっている事等が
判明したと、当時のOSS防諜局長ジェームズ・ジーザス・アングルトンは
報告書で述べている。

______________________________

クライン将軍は、
【キッシンジャー】が
【南アフリカの金鉱山経営一族オッペンハイマー財団の末裔】
である事に注目する。


【オッペンハイマー】は、
ウラン鉱山をも多数経営し【核兵器原料を大量に生産】していた。
後に、
【イスラエル最大の軍事産業アイゼンベルグ社】で、
【核兵器開発の中心人物の1人となるクライン】は、
【キッシンジャーを核兵器原料調達係り】として【利用できる】と判断した。


この目的の下、
【キッシンジャー】は【SRI】でさらに【矯正と教育】を受ける事になり
かの「国務長官」他の称号を与えられた!と。


ちなみに【1942年、世界初の原発シカゴパイル1号が建設】され
このあと【1945年に、ウラン型、プルトニウム型原爆は完成】しています。


結論、その私見は
【地表の一生物が、太陽活動と地球核活動を真似た狂言】この事態を
【地軸揺動をも起こし、太陽系のみならず銀河系へも影響を及ぼし】
人間他生物滅亡では済まされない、宇宙史最悪のシナリオを達成すると
推察いたします。

もぅどぅにも止まらない!、これが私の実感でござぃます。

NKVD&CIA二重スパイキッシンジャー(2)

35歳の中曽根康弘氏は
▼【1953年】(昭和28年)- ハーバード大学の夏期セミナーに留学。

この時、中曽根康弘氏
【少壮教授だったキッシンジャーが責任者】であった_と。

_____________________

↑これを書き込み中、
自動的に【急に書き込み欄が極小サイズ】へ
フォントも【8以下】へ、非常に遣り難ぃです!
_____________________

この状態でつづけます〜

キッシンジャーに指導された翌年【1954年 3月】
【中曽根康弘】氏が、日本初!【原子力予算を国会へ提出】し
【原子力予算を国会に提出し成立】させた。

そして【中曽根康弘】と【CIAスパイ正力松太郎】は
政界における【原子力発電推進の両軸】となった。

原発を【試運転ナシ】で買い付けた、
この【原発犯!中曽根康弘】は天皇や皇室がつける
【大勲位:菊花大綬章】を、国内でただひとり存命中
に授与された!

昭和天皇ヒロヒトは【脳性薄弱の大正天皇の子供ではナイ】
ことは大正時代の国民の周知となる処。
また【原発原爆トラストの共同経営者がヒロヒト】、

ヒロヒトも明仁も徳仁も、東電の筆頭株主。

存命中の【極悪非道は中曽根康弘】氏。

【極悪非道は中曽根康弘】は、長年
人工生体電子機器:パワーヘルス医療器を愛用し
93歳でますます極悪非道の意気軒昂!

以上
http://blogs.yahoo.co.jp/shion1082001
でも
述べております。「Shion」拝

キシンジャアエ

日本の芸者大好きですね、老害本当の事暴露懺悔して天国へ?

ヒトラーが、親日家じゃないって言ってる人いるけど、親日か反日で他国や他国の首相を判断するのは危険ですよ。「国家に真の友はいない」ってことは知らないお子様なのがよくわかるわ。世界の本質が「弱肉強食」だってことも知らないのかな。WW1敗戦後のワイマール憲法下のドイツでも、あの国は親独国家だとか、反独国家だとか流行ったようです。今の日本は、WW1敗戦後のドイツとよく似てる。

米国の世界戦略の基本を調べれば、米国が日本を弱体させたいかがわかりますよ。米国は、世界の空と海を支配できればいい戦略になってる。他国の軍事力を陸上に向かわせて、海軍力に向かわせないようにしたい。この戦略に一番当てはまってしまうのが「日本」なわけです。今、米国と中国がぶつかりそうなのも、エアーシーバトルですからね。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/448-64490aeb

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。