スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春眠暁を覚えず


春眠暁を覚えず。

休眠しているにも関わらずレベルの高いコメントを毎日頂いて感激して
おります。このまま静かに消えていくつもりが、消すに消せなくなって
困惑しております。この間、韓国の子会社を整理すべく忙しく立ち
回っていましたが、私の予想がはずれ以外にも韓国の会社が立ち直り、
正直困っています。

一度筆を置くとなかなか書く気が起こらず、今まで毎日書けていた
ことが不思議に思われます。

今日私のブログを見ましたら、休眠中と書いている下に、書いた覚えも
無いのに「スポンサーサイト」と書かれています。
FC 2ブログさんも営利事業ですからいつまでも休眠状態では迷惑なの
はよく分かります。そこで今日は久ぶりに稚拙な文章を書いてみます。

休眠の間に数社の出版社から書籍化の話を頂きましたが、邪魔くさい
ので無視していました。そのうちの一社から非常に熱心に迫られ、
半信半疑のまま了解しました。

私の条件は「私のブログに寄せられた優秀なコメントも一緒に載せて
欲しい」と要望しました。最初はOKでしたが、数回の打ち合わせ
している途中でコメントを載せる件は次回にして欲しいということで
丸め込まれてしまいました。

結局、中国関連の文面を中心に加筆、修正する事になりました。
その為に今までの経験だけに頼らずに、中国関連の本を数冊図書館で
借りて読みました。結果中国の本心がいままで以上にはっきりと見えて
きました。

中国共産党幹部の思いは、「清朝最盛期の中華勢力圏を回復する事」を
国家目標にしてひたすら強引に進んでいます。

清朝最盛期の中華勢力圏には、蒙古・新疆・キルギスタン・チベット・
ブータン・ネパール・満州・朝鮮半島・台湾・琉球・ビルマ・タイ・
インドシナ半島・マレーシア・東シナ海・南シナ海などです。

そして「アジアで最強の覇権国」になる事を目指してアメリカ以上の
軍事予算を毎年計上しています。この巨大な軍事力で近隣諸国に
思い通り命令していく事を着々と進めています。

この中国の危険な野望に手を貸してきたのは親中派といわれている
日本の知の欠落した政治家たちです。中国に常に甘い期待や情緒的
感覚で接してきた日本の外交は自分の首を自分で絞め始めています。

アメリカも強欲な企業家や政治家たちがアメリカ滅亡に手を貸して
います。クリントン夫妻を筆頭に米民主党は中国共産党から収賄行為
を繰り返しています。ということはアメリカが提供する核の傘は
すでに無くなっていることに気がつかなければいけません。

日本の安全保障をアメリカに任せることの危険に早く気がついて
ください。邪悪な中国を知れば知るほど、21世紀の日本が生きていく
ためには、自主的な核抑止力の構築が絶対必要であることをはっきり
認識しました。

アメリカの高官は、はっきりと「日本は独立主権国家ではない、
アメリカの保護領である、故に自主防衛能力を持たせない」と言って
います。中国も「日本の自主防衛政策を阻止する」ことで日本の親中派
の政治家を取り込んでいます。

日本の保守政治家たちは「日本はアメリカの同盟国であるからアメリカ
は日本を守ってくれる」とひたすら信じています。
しかしアメリカの民主党政治家は「日本を守るために核武装した中国と
戦争する事はありえない、アメリカ国民を危険にさらすなど絶対無い」
とはっきり言っています。

中国は1時間以内に米国を消滅させてしまう核を数百発持つ国です。
当然アメリカのホンネは「同盟国を守るために核武装国である中国と
戦争する愚行は、絶対避けねばならない」と思っています。

アメリカは、目覚めた時の日本人の優秀さと強さをよく分かって
います。そこで日本を核武装させないために米中両国が共同して、
日本を抑え、いつまでも眠らしておく事が、両国の基本政策です。

国力の衰えたアメリカは同盟国をすでに見捨て始めています。
アメリカ高官は「次世代のアジアは中国のものだ、中国が日本と
朝鮮半島を支配するのは国際政治の常識だ」と述べています。

しかし救いは全てのアメリカ政治家がこのように思っているのでは
ありません。キッシンジャー、ブレジンスキー、クリントン国務長官
ケリー上院議員、など有力議員が中国と連動しています。最近では
オバマ大統領までこのような親中派議員に影響され始めています。

中国は辛抱強く米国がアジアから撤退するチャンスをまっています。

日本の危機が刻々と迫っています。もういい加減に「専守防衛」「非核
三原則」と漫画チックな独りよがりのスローガンは捨てなければ
いけません。国家にとって頼りになるのは自国だけです。

日本の政治家に一番欠けているのは国際政治史を全く知らないと
いう事です。だから常に情緒的な善意に満ちた道徳的な思考をして
しまいがちです。

政治家様いったい何時まで国際政治の現実から逃避した平和外交論を
繰り返すつもりですか?

CIAの国家情報会議が公表したレポートによれば、今後、日本の周辺
地域が世界で最も危険な地域になる」と予測しています。

中国が日本に「東アジア経済共同体」の創設を仕掛けてきています。
国際政治を勉強しない日本の官僚・政治家・経済人は日中の友好が
進めば戦争防止に繋がると思っています。

しかし中国人は日清戦争の敗戦と、戦前中国を侵略した日本に対して
消える事のない復讐心を燃やし続けています。

戦争を避けるために日本は中国の属領になるのですか?
あの品性下劣な殺し屋集団に吸収されてしまうのですか?
日本を阿鼻叫喚のチベットやウイグルにしたいのですか?

北朝鮮のミサイル発射に対して国連安保決議案で日米対中露に
分かれているように見えますがアメリカは中国と裏でつながって
います。結局拘束力の無い議長声明で決着します。

日本の政治家様
国際舞台で発せられる言葉に「言うこととすることは違う」という
国際常識を早く見に着けてください。「日米同盟に頼っていれば、それで
十分だ」と言う考えが、いかに知的生産性に欠けているかを分かって
ください。

アメリカは命綱であるドルの基軸通貨を守るために今や中国に逆らえ
なくなってきています。今後アメリカは、国際舞台においてアメリカの
威信と体面を保つために、いかにも中国と対立しているかのように
見せかけます。

日本がアメリカと中国の犠牲にならないためには数発の核を持つ必要が
あります。たった一つ持つだけでも十分に戦争抑止力になります。
日本の技術力を持ってすれば核の製造は6ヶ月もあれば十分です。

ミサイルを1万K先に命中さす誘導技術は簡単です。アメリカ
のミサイル誘導技術の一部は日本の開発技術です。

あの極貧犯罪国家の北朝鮮をよく見てください、核を持ったことに
よって、どこの国も北朝鮮に対して攻撃できなくなってしまいました。
まして優秀な技術国家日本が核を持てば中国もうかつに手を出せません。

世界に対して日本の「善意と道徳的」な対応は核保有国になったとき
はじめてその効力をはっきします。世界を平和に導くには核を持った
日本以外ありません。

日本の警察もピストルをもっていますがめったに発射しません。しかし
中国の警察は民衆に発砲する事を躊躇しません、アメリカも銃社会です
簡単に引き金を引いて誤射します。

日本のような道徳的な人種が核を持っても世界は安心です。残忍な
「殺し屋集団の中国」に核を持たせるから世界は暗黒に覆われるのです。

日本よ目覚めよ! 
冒頭に書いた「春眠暁を覚えず」は、まさに今の日本そのものです。












コメント

再開を心待ちにしてました。
やはり今の日本の危機的状況に、居ても立っても居られないという心境だったのではないでしょうか。
ブランクで文章力が衰えるどころか、以前よりパワーアップされてる感じがします。
しょうもない流行作家なら太刀打ちも出来ないのではないでしょうか。
日本を救うためお力添えお願いします。
ボチボチの更新で構いませんので。

こんにちは

こんにちは。
ここでは本当に勉強をさせてもらいました。
コメントを書いている方々からもいろいろな視点を教えてもらえたと思います。
ブログの運営を今後どのようにされるのかわかりませんが、こういう貴重なブログ、良識のある文章を探すのに、これほど苦労する時代もなかなかないんじゃないかと思います。
今日は文章を読ませていただきありがとう御座います。

おかえりなさい!!
桜の美しい季節に・・・ああ、きょうはなんといい日でしょう。
                  <平和ボケから目覚めた通行人>

お待ちもうしておりました。

 久しぶりにふとみましたらupされておられ
嬉しくて本当に涙が出ました。
 是非是非、時々、ぼちぼちで結構ですから
どうかどうか更新をお願い致します。

今日は父の命日、嬉しく良い日でございます。

Welcome back, Sir.

本を楽しみにしています。

久々の記事、非常に嬉しく思います。
また、世界の事を教えていただければ幸いです。

待ってました!

 来たな! 中四日どころか、休養たっぷりですぜ。 

 中国を斬りはらうきれ味の鋭いスライダーと、韓国をなぎ倒す剛速球で論じてください。 

>北朝鮮のミサイル発射に対して国連安保決議案で日米対中露に
分かれているように見えますがアメリカは中国と裏でつながって
います。結局拘束力の無い議長決議案で決着します。

 その通りになりました。

沢山書こうかと思ったけど・・

v-252v-308[v-496おかえりなさい・・
ありがとう・・

おかえりなさい。ありがとう。

再開をお待ちしていました。
米・中が裏で日本に対する共同政策が出来ているとのご意見には同感します。周恩来とキッシンジャー会談でのビンの蓋論は有名な話です。特に米国民主党は戦前からシナと経済などで深い関係で結ばれています。ほぼ間違いないと見てよいと思います。
今日、中国の経済発展も米国の意向に沿ったものです。
米国の対中投資に比べれば日本の投資額は微々たる額です。
日本は米国と敵対するのではなく、まず国防に力を入れ自主独立を目指すべきだと思います。

おかえりなさい。
今後も、時々で構いませんので更新お願いします。・・楽しみにしています。

でも、無理なさらないように。

祝!再開

 いやぁ、還ってこられたんですね、慶賀の至りです。

 お待ち申し上げておりました、皆さんも本当に喜んでいると思います。

 ソウですよね、米国を無条件で信じぬくなんて、本来危険極まりない事なんですよね、しかし逆に、無条件で敵と見做すのは、もっと危険が伴いますよね、米国の一部が共産シナと通じているのは、戦前と同じ事でしょう、太子党と呼ばれる共産シナの元老達の子弟で組織されているエリート集団の共通項は、米国留学ですからね。

 どの途日本はそうした環境下でやって行くしかないワケですから、殊更悪く考えても仕方がありませんが、頼り過ぎたりしない事ですね、相手は強盗かヤクザだと思う位で丁度好いのではないか、金で解決しようとする相手は、実はイザとなったら頼れないのは世の通例です。

 結局、日本にとって真に必要なのは自立心だと言う事ですね、自前の防衛力、自前の外交交渉力、そして、自前の市場があればもっと好いのですが、それを開拓・開発し様とすれば、戦前の様に、どこかの超大国と覇を競う事になってしまうのです。

 日本は超大国になる必要は無いと思いますが、国防力と愛国心だけはちゃんとしたモノを身に着けておきたい、と願っております。

有難うございます。

ポータルサイトのiGoogleを開けた瞬間に、”休眠中”の上に
”春眠暁を覚えず”!!!!!
久しぶりの感動です。

蟻の思いも天に昇る!
1人の行動が世界を変える!

ブログ主様の影響で、自分に出来ることを日々考えて
行動しております。
次回の更新を楽しみにしております。
また、出版も楽しみにしております。

完全復活ですか??

また仕事中の楽しみが増えそうです(笑)

お帰りなさい。

久方振りのブログ主様の更新はやはり読み応えあり、夢中で読みました。
本の発売楽しみにしてます。

はじめて投稿します。

はじめまして投稿させて頂きます。

ブログの再開ありがとうございます。
これまで、何回か訪問し、勉強させてもらっていました。

日本国家の為に、気の向いた時だけでもいいですから続てください。
いま、先生の様な方を日本は必要としています。

今日のブログ内容にまったく同感です。
日本は今、とても危機的状況です。日本国家の存続は、今後10年~20年が勝負です。

憲法を改正し、平和主義を維持しつつ、国軍と国の交戦権を認め、独自の強力な軍事力をもつべきです。
スパイ防止法と、国家の破壊防止のため反日活動防止法も制定すべきです。

大東亜戦争の時に、特攻隊として命を捨てて、日本国家のために戦った日本の先人の思いを、少しでも今の日本人は考え、行動するべきだと思います。

はじめまして。
嬉しさのあまりコメントを入れさせていただきました。
私が貴ブログを初めて拝見した時はすでに青年よ「明日に向かって起て」
の文章でした。
現在過去のアーカイブを順に読ませていただいております(現在2008年10月)
もともと文章を読むのが遅いたちの上にコメント欄まですべて読ませていただいているので時間がかかっておりましたが、最近の情勢をブログ主
様ならどうとらえているのだろうか?
などと考えながらぼちぼちと読み進めておりました。
残りのアーカイブはピッチを上げて読みたいと思います。
是非今後の更新を御願いいたします。

待っててよかった!!
今日はいい日です。

ありがとうございます。嬉しいです。

びっくりいたしました。久しぶりに記事拝見いたしまして少し感動しています。
「心の芯がしゃんとなる」今日もそういう気持ちになりました。
これからも決して無理をなさらぬよう、気が向いた時だけでいいですから末長く、たまに筆を執っていただけたらと願っております。

ありがとうございます。

このブログを開く時は、当然「休眠中」の文字をイメージして、そこを基準に視線を集中する習慣がついておりましたので、最初、その「休眠中」の上にあるもう一つのトピックに、「あれっ、何か幻でも見てるのかな」と感じ、そして起こっている「事態」の意味が即座に頭の中でフラッシュするように明らかとなり、感動と喜びで一杯になりました。すぐさまクリックして記事を読ませて頂きました。以前と変わらない文章の力に感激致しました。

もう、うれしくてうれしくて、私はここにお集まりになっている皆様のコメントも毎日何度も読ませて頂いていますが、今日のブログ主様の更新記事を胸一杯の喜びで何度となく、読み返しました。本当にありがとうございました。

これからも、皆様がお話なされていますように、無理をなされず、都度都度でも結構ですので、更新して頂けるだけでも大きな喜びです。

そして、また(合間にでも)言及されておりました、本の出版化についても、発売時期などの情報を頂ければ、幸いです。本の出版化は私も待望しておりましたので、これもうれしい「お知らせ」でした。

よい週末を送れそうです。本当にありがとうございました。

わーい

おかえりなさい。
待っていた甲斐がありました。
本がでたら、買います。 楽しみにしています。
アマゾンで流行らせますよ。

ご本、出版されましたら、ぜひ拝読したいと思います。
楽しみにしております。

核兵器のない世界の嘘

お目覚めと思えば、いきなり核を持つべきと頼もしいご発言。

処が、オバマ大統領が「核兵器のない世界」へ具体的な行動を取ると言い出しています。しかし、よく考えれば「核兵器のない世界」等、絵に描いた餅。中国、ロシアも北朝鮮だって手放すことなどありえません。一カ国でも核保有国があるなら、アメリカはそれを口実に核を持ち続ける筈。

それを知っていながらオバマ大統領が「核兵器のない世界」を言ったとなると、新たな核保有国を認めない新た戦術を行うと言うことでしょう。そして、その核保有国を認めさせたく無い国は日本となります。

オバマ大統領は、原爆慰霊塔を訪れる可能性があります。もし訪れたとしたら、それは日本への核の傘の提供も拒否する事を意味します。「日本は核兵器のない世界を望んでいただろう」「当然核の傘等必要が無いだろう」が口実です。

反日左翼やノーテンキな日本人は、オバマ大統領の発言に大喜びですが、これからの日本は、中国からの侵攻があっても、アメリカは核の傘で守ってくれない、核開発するには逆風が強すぎると、危険な時期を迎える事となります。

やはり世界は腹黒い。

おはようございます。
ゆっくりお休みになりましたか。
というか相当お忙しく過ごされていたようですね。

ブログ主様のお休みの間に日本の内外でいろいろなことが起こっていまして、事が起こるたびにここでのご解説を聞きたかったです。

>日本よ目覚めよ! 
  冒頭に書いた「春眠暁を覚えず」は、まさに今の日本  そのものです。

ブログ再開の〆のお言葉が何とも的を得ていて涙が出そうです。

今後の更新も楽しみにしています。

おかえりなさい!!

毎日待っていました!!
本当にいつもスカッとする切れ味鋭く説得力のある文章!!
うれしくてたまりません!!
ありがとうございます!!

嬉しいサプライズ!

お帰りなさい!
本当に嬉しいです!どうぞお体に気をつけて私達を楽しませて下さい。心から喜んでおります。

ブログ再開。本当にうれしいです!ありがとうございます!

酒井信彦先生がおっしゃっていましたが、日本をここまで貶めたのは、反日勢力でも在日でもなく、このような事態になるまでほったらかしにしていた日本人です。この落とし前は私達日本人でつけなくてはいけません。

北は核もミサイルを完成させた。シナはもうすぐ原子力空母を完成させる。アメリカは経済が完全に崩壊した上、親中派だらけの民主党政権であり、日本は見捨てられる可能性が極めて高い。

・核武装
・スパイ防止法制定
・自衛隊国軍化
・在日帰国事業推進

時間がありません。早急に必ず実現させましょう。

たまにでけっこうですので、ぜひ再開希望いたします。
たいへんな時代です。貴重な意見をたのしみにしています。日本の危機とは、いつアメリカが日本を見捨て、中国がいつ日本に侵攻するのか、ということだと思います。この二つは同時に起こることであり、どちらが先ということはないと思います。
そうして、そんなに遠い未来の話しとは思われません。ぜひその日のためにブログ再開をお願いいたします。

プロジェクトJAPAN 続報

エントリー違いの内容で失礼します。
動きがありました。が、NHKは聞く耳持ちません。確信犯でやってますね。

Nスペに「李登輝友の会」が抗議声明
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/090410/biz0904102039021-n1.htm
>NHK広報局は「歴史を振り返り、未来へのヒントにしたいという番組の趣旨を説明し、理解していただきたいと考えています」としている。

休眠していたのに

休眠していたのに、アクセス数がほとんど衰えずとは・・・すごいですね。
今回のコラムは、まったく賛成です!!

中国の悪の手先になるのは御免だが、中国の奴隷になるのは、もっと御免です。それこそ、親中派、左翼の人間を、中国にプレゼントできたら…と心から思います。これからも、がんばってくださいね。

おぉ !

おかえりなさい
春色の季節になりました !

エントリーとても嬉しかったです ! !
こちらでいつも勉強させていただいてありがとうございます

書籍化ですか!絶対買います!宣伝するぞ!

期待しています!

ブログ主さんも核武装の必要性を明言されるとは心強いですね
核兵器が恐ろしいのは、それが実際に使用される時よりも、核兵器を背景にした恫喝がされる時です
核兵器を持たない日本は中国や北朝鮮による核恫喝で通常兵器による抵抗すら封印されてしまうでしょう
そうなると日本は領土領域防衛やシーレーン防衛すら不可能になる
核恫喝を抑止できるのは核武装だけです

ミサイル防衛は、技術の進歩で命中精度は確実に向上しているという反論があるのでしょうが
核ミサイルの攻撃&防御は非対称戦争です
攻撃側は相手国の大都市やインフラ設備という、いわば巨大で不動な的に弾道弾を落とせばいいのに対して
迎撃側は超高速で飛来する、数mのちっぽけな円錐形の物体に迎撃体を命中させなければならない
攻撃側と迎撃側、双方のコストパフォーマンス、リスクは完全に非対称であり、攻撃側の圧倒的有利、迎撃側の圧倒的不利は明白です

祝!復活!

今か、今かと再開を待ち望んでいました。
そして以前にも増して力強い言葉に大いなる
パワーをもらいました!
多くの国民を目覚めさすには、そして元気に
させるにはこのブログが必要です。
プリントし職場の皆に読ませます!
本も買って読ませます!
これからもがんばってください!

今上天皇、皇后両陛下の御結婚満50年の記事を見て、心から嬉しく、また国民として両陛下のお言葉をありがたく思っていたところ、思いがけず管理人さんの記事にもふれる事ができました。

管理人さん不在にあっても、一人また一人と新しい、心のこもったコメントを紡ぐ方が寄り集まっているようですね。本当に素晴らしいことだと思います。

良い事が続いたおかげでしょうか、何やら今日は窓の外の梅と桜が、いつにもまして色鮮やかに見えます。

書籍化に期待します

ブログ主様おかえりなさい!お留守の間にお仲間に入れていただきました。桜満開の今週のような今回のエントリありがとうございます。

再開を大変嬉しく思っております。でも無理は決してしないでくださいね。
書籍化に期待します。必ず購入いたします。
それから地元図書館に入れます!
皆様にもお願いします。図書館に「リクエスト」し、受け入れられれば、ここに集う方々以外の利用者の目にも触れます。「寄贈」という方法もあります。

まってましたー!!

このブログを知ってから、しばらくして休眠されたので、残念に思っていました。
応援してます。

おかえりなさい

本当にうれしいです。

  管理人さま、復帰を歓迎いたします。お久しぶりです。執筆の進み
具合はいかがでしょう。

 さて昔、オウム真理教の施設、サティアンに警察が踏み込んだ頃、
宗教に名を借りた「洗脳」が現実にある事が問題になっていました。
一部の良心的弁護士は空中浮揚のマネをしてまで信者の洗脳を解
こうとしていました。

 戦後の土下座外交の原点は教育です。いまだに中学校や高校では
信長や徳川家康は教えても、太平洋戦争は詳しく教えていません。
なぜならそこを教えると歴史教師が徹底的に「日本がすべて悪かった」
「日の丸が赤いのは、殺したアジア人の赤い血の色だから」とか教える
わけです。
 従って今日においても文部科学省は、現代史を教えないままです。
これらの教師はオウム真理教の信者を連想させるほど、「洗脳」されて
いますので、たとえ拷問されても焼かれても自説を曲げません。邪教か
ら洗脳を解き放つのと同じプロセスが「九条を信じるヒト」には必要です。

 世の中は単純ではありません。しかし、たとえば「九条の会」では
エラい単純に九条を信じているようです。

「九条の会」賛同者・賛同メッセージ  898名
http://www.9-jo.jp/message.html
 弁護士、詩人、大学の教員の多いこと...。

 日本版核ミサイル容認のネット言論に、最も強硬に敵対する存在で
ある「九条の会」の賛同メッセージを読んでいると希望ではなく、絶望
を感じるのは、私だけではないと思います。
 我々の敵は実に強大なのです。

再開、ありがとうございます。

ブログ主様、おかえりなさい。

時代は待ってはくれないですね…。
自分が時代をつくる位の気持ちでないと、あっと言う間に置いていかれ、後手後手にまわってします。
色々ありますが…。

桜舞う、この良き日に復活、実にめでたい事です。

再開,本当に嬉しいです。

↑の方々同様,再開されたことを
とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

北朝鮮のミサイル発射で
様々な問題点が見えてきたと思います。

実は,あのミサイル,私の住んでいる所の
上空を通過していきました。

発射の数日前,PAC3が
配備された場所の近くも通りました。

発射されたときは,本当に緊張しました。
Em-Netで,緊急速報が流されたとき
外で遊んでいる5歳の娘をとりあえず
家の中に避難させることしかできませんでした。

通過したからよかったものの,
もし落ちてきたらと思うと,
今でもゾッとします。

私が問題だと感じたことは,
防衛システムです。
ミサイルが通過した所は,
配備されたPAC3の遙か射程外です。
(PAC3の射程は20kmといわれています。)

もし,今回通過した所の沿岸部に
ミサイルが落ちてきたら
PAC3による迎撃は不可能でした。

マスコミは,『誤報』を盛んに取り上げていましたが,
このような迎撃システムの落ち度については,
地元誌ですら,大々的に扱っていなかったように思います。
(私が見落としただけかもしれませんが…)

また,「燃料には『毒物』が使われていた。」
ともありました。
「ロケットの一段目が落下した
日本海海域の水面が変色」
との記事も目にしました。
それが,沿岸部にも押し寄せるとどうなるかも心配です。

「防衛」について,真剣に考えなければならい時期に
なったのではないでしょうか。

長くなって申し訳ありません。
ブログ主様
時々でかまいませんので,
新しい記事をUPしてください。
今後も楽しみにしています。


いつも見てました!

やっぱり自国のことは自国で守る、当たり前のことですね。
アメリカも中国も所詮同じで自国の利益ばかり考えています。
日本もそろそろ、中国に対しての脅威に備えなければならない時に来ていると思います。

毎日毎日必ず帰って来ると信じて待ってました

また、よろしくお願いします。

攻撃こそ最大の防御

空母と弾道ミサイルぐらいは持たないと、日本は守れません。
「攻撃は最大の防御」と言う言葉もあります。
ミサイルを一発撃たれたら、20発ぐらい撃ち返す気概が必要です。
北朝鮮のような「ヤクザ国家」に「話し合い」などナンセンスです。「核武装論」で脅してみるのも一つの手かもしれません。
それにしても、国連は本当に頼りになりませんね。「クソの役にも立たない」と実感しています。「国連中心主義」は国を滅ぼします。

皆さんで、このブログを支えて行きましょう

ブログ主様の復帰、本当にうれしく思います。

まずは、お帰りなさいの前に、ありがとうございますと謂いたいです。
このブログは、真実の情報が伝わる貴重な存在です。また、高度な
知識を備えた方も多く、政界、経済界、言論界への影響力を正しい形で行使できる可能性を有しているものと考えています。これから、本当に真の日本国民からの日本再生運動です。

日米同盟で、日本と東アジアの平和と安定が保てる時代は、もう終わったと考えるべきでしょう。むしろ、日本が大きな舵取りができるチャンスでもあり、そのやり方を誤れば危機です。

これから日本が取り組まなくてはならないことは、数に限りがありません。しかし、まず早急に着手しなくてはならないことは、国防、国体の再構築に関する憲法(明治憲法を基本とし、改正を行う。GHQ占領憲法は破棄)、軍備、経済対策、国内に巣食う反日工作勢力の排除、メディア情報工作への対処などでありましょう。

このブログにて、あらゆる情報の集合体を作り、論議を重ね、政府や議員への働きかけをやりましょう。平成維新です。

はじめまして。元気と申します。
私も、最近まで安眠を貪っている状態でした。(恥)
日本が変るためには、まずは、安眠を貪る状態から脱しなければならないでしょう。
日本の底力。日本の偉大さ。日本の素晴らしさは、戦前戦後の歴史が証明してくれます。
日本を変えるのは、目を覚ました日本人です。
そして、世界を変えるのは、目覚めた日本です。

日本は瀬戸際に立たされています。
戦後、眠らせ続けられた日本人です。
徐々にですが、目覚める日本人が増えて来ています。
そのまま安眠を貪り続けるか、目覚めて荒波に繰り出すか… 大きな転機かも知れません。
そして、荒波に乗り出すならば、海の藻屑と消えない道を模索せねばなりません。
核保有は、荒波に耐えるための船の建造にあたるかも知れません。
繰り出されては困る輩は、熾烈なまでに妨害することでしょう。
妨害を抑えるためにも、目覚める人を増やさねばならないと思います。
書籍化。目を覚ます人を増やすための大きなチャンスだと確信しています。

日本が目覚めるために、
一人でも多くの方がトラックバックを貼られることを提案致します。
ですが、残念ながら、私は、トラックバック送信に失敗したようです。
恥ずかしながら、失礼を承知で、コメントにて、トラックバックモドキをさせていただきます。

「五輪妨害テロ」で死刑執行
http://muumintani-irasyai.blog.so-net.ne.jp/2009-04-09-1
知り合い縁者がいなければ、犯罪者にされて、見せしめのために、「公開処刑」 されるかも知れません。日本の防衛について、国際貢献について、国連について、自分の頭で真剣に考える転機なのかも知れません。
______________________________
    2009/04/11(土)09:35:00|インシャーラーお元気ですか?

明かりは燈り続けそして大光明へ

 細々とつないできた蝋燭の炎は灯り続けた、そして今主の復帰とともに強大なエネルギーを注入されたその炎は太陽のコロナのごとく勢いを増し激しく燃え上がり、そして日本中を燦然と照らす大光明となって輝きだした。

 お待ちしておりました。!!

一度完全に消火してしまえばなかなか再燃することは難しいものです。

 「継続こそは力なり」 そして 「行動こそは正義なり」です

  我々の祖先が営々と築きあげた世界に誇れる文化と精神の国日本、その日本が今未曾有の危機に立たされています、一日でも早く本当の独立国家として世界をリードしていける国になれるようよう。

 我々一人ひとりの力は微力なれど、多くの力を集結して不可能を可能にしてきた、日本人の底力を信じて行動しましょう。。

 まずは、ブログランキングの1位へ押し上げるべく、応援いたします。

復活わっしょい!

文章が論理的で非常に理解しやすく、毎日読むのが苦にならず、楽しく勉強させてもらってました。これからもお願いします。
本が楽しみです!

又愚痴をこぼせます。

のんびりと~「強烈な奴」を期待しております。

責任を取らない日本のマスゴミは万死に値します。

chonnonoと申します。

ブログ主様の久々のエントリーとてもうれしく、思わず投稿させていただきます。

先日、NHKで放送されましたプロジェクトJAPAN・第一回『アジアの"一等国"』という番組、見ていて自分が日本人であることが情けなくなっておりましたら取材された台湾人が自分がまるで日本人を憎んでいるように、そういう発言だけを編集して取り上げられていたと抗議しているらしいですね。

実際番組ではその時代の日本を悪く言ってる部分だけ使われていましたから。日本のことを良く言っていたところはカットしていたらしいです。
金美齢先生もたまらず公式サイトで言及されてますね。
http://www.kin-birei.com/column/090408.html

まず、『日本人は悪い』という視点ありきなんですよね。
今回だけはたまらず先ほどNHKに一言抗議の電話をかけました。
やはり声をあげないとダメですね。

戦前は日本人になりたいと純粋に願っていた朝鮮人もいただろうし、アジアの為にと頑張った日本人もいたはずです。
その事実を韓国では“親日派”というレッテルを張り先祖が願った心を踏みにじり、日本のマスゴミ自身も率先して“侵略戦争”というレッテルを張り当時生きていた日本人を悪者扱いする。

本当に情けないです。先祖に申し訳ないです。
何十万・何百万・何千万という当時頑張った日本人がかわいそうです。
マスゴミの罪は万死に値します。

このままでは、日本はチベットと同じ運命

>中国共産党幹部の思いは、「清朝最盛期の中華勢力圏を回復する事」を国家目標にしてひたすら強引に進んでいます。

シナの立場では、当然(自明)な国家目標でしょう。

為政者が、自国の安全と利益の最大化を考えれば、地域覇権国家を目指さざるを得ません。(目指さないのは、職務怠慢です。もちろん、国力から100%無理な国もありますが)
シナを国民党が支配していたとしても、同じ国家目標を制定し、実現に努力するでしょう。

そして、覇権とは力(軍事力)です。

さて、日本ですが、
このままですと、憲法墨守して民族滅亡です。未来では「日本の教訓」という諺が出来ているかもしれません。

力に対して、呪文(護憲、護憲、護憲、九条、九条、九条、無防備、無防備、無防備)は全く役に立ちません。
金(経済)で力を買う事も出来ません。

自国を自分で守る気概の無い国民(民族)が滅びるのは歴史が証明しています。


「スイスと日本 国を守るということ」
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4396681062.html
(以下、一部抜粋)
国民が全員経済人であったメロス島の人々は、経済的利益を追求するあまり、個人の生命、財産の犠牲を伴う国防が大嫌いだった。 彼らは、
「営利心と愛国心は反比例する」
「経済活動には国境はないが、国防には国境があるので邪魔になる。国家が武装すれば交易相手国に覇権の猜疑を与える」
とした(メロス島の言い伝え)。
そして、優れた貿易によって売り手・買い手の両方が利益を得れば、戦争は起きないと考えていた。だから「非武装中立」を国是としていたのだ。これは、経済的な(金融の)依存関係があれば、戦争に至らないとする現代日本人の短絡思考に通じるものがる。
しかし、メロス島の両天秤政策は突然破綻する。
アテネの交易を締め上げたいと考えたスパルタが、『デロス同盟諸国』との交易を禁止したのが発端だった。
シシリー島や南部イタリア半島の植民地を含めて、アテネ経済はたちまち苦しくなった。ところがメロス島の人々だけは、そんなことはお構いなしに全正面貿易を続けていた。
彼らは、国際情勢を政治力学(パワー・ポリスティック)で考える思考を持ち合わせていなかった。その対外政策には、経済しかなかった。
ギリシャ中の諸国がメロスを軽蔑し、次第に冷淡になった。「一国平和主義」のメロス人が改めていずれの側につこうとしても、外交力も軍事力もないため無力である。
メロス島の人々は孤立への道を突っ走っていた。

「軍事力ほど儲からないものはない。しかし、軍事力がなければ、もっと儲からない」(ギリシャの言い伝え)

アテネ人は、このことを対ペルシャ戦争で学んでいた。そこでアテネは、スパルタがメロス島を手中に収めるより前に、先手を打った。メロス島を軍事拠点とし、戦略的に優位な態勢を築こうと考えた。
メロスに侵攻したアテネ人は、働き手の男子全員を殺戮し、役に立たない幼児・老人を船に乗せて海に捨て、働ける子供と女性は奴隷として売り飛ばした。アテネに敵対的なペルシャも、スパルタも救援しなかった。こうして、メロス島は歴史から消えた。

日本が戦略核兵器を持つには賛成です。

その場合 原潜しか優位に立てないとおもいます。
とりあえず自前の原潜を配備するまでは、アメリカから借受るのも選択肢ではないでしょう。


ブログ主様

ブログ再開にとても喜んでおります.
そして,ブログ主様の変わらない文面を見て安心致しました.
更新は頻繁でなくてもいいと思います.
次回更新を心待ちにしております.

核保有についてですが,ただ所有するだけでは意味がありません.
それを外交で活かせるブレイン集団が必要です.

麻生さんが解散・総選挙の発言をしています.
争点について重要視しているそうですが,今後の国際社会で日本を正しい道に導けるように是非とも力を発揮して頂きたいです.
そして,私達も意識を変えて真剣に選挙で候補者を選ぶべきですね.

おかえりなさい

お帰りなさい。
再開楽しみにしていました。
書籍化ですか、とても楽しみです。

日本にとって核武装は絶対必要ですが、北のようなやり方ではなく米軍を
最大限利用して段階的に行うのが理想ですね。

クリアして行く問題が山積みですが、一つ一つ片付けて行きましょう。

不定期でかまいませんので、今後も更新をお願いします。

更新されていたので大変うれしく思いました。また時々いろんなことを教えてください。自国を守れるのは自国だけ、日本のような道徳的国が核を持つのは危険でない。ストーンと魂のどまんなかに来ました。

日本再生のため「中韓を知りすぎた男」管理人様これからも情報の発信をして下さい。

支那・韓国は、日本を貶めるため捏造した情報を元にアメリカをはじめ、ヨーロッパなど

世界中に情報活動を盛んに行っています。

日本は、これらの対応を基本的に行ってないのでその影響が心配されます。

国内に限らず、海外でも情報操作されている事を懸念し、監視する事が必要かと思われます。

日本も国内外に、日本の史実・日本の正しい情報を発信するべきです。

「ふるさと」

早く核兵器を造っちまえ

自衛隊でも民間企業でもいい。
秘密裏に核兵器を作っちまえ。
できちゃいました、もう持ってますけど、何か、って
すらっとぼけて言えばいいんだ。
自動航行沿岸監視飛行体とか何とか言って、
巡航ミサイルも作っちまえ。

>このまま静かに消えていくつもりが、消すに消せなくなって
困惑しております。

何おっしゃてるんですか~!消えてくなんて絶対ダメですよ!!
お忙しい中、無理をせず時々でいいので、
いつまでも書き続けていただきたいと思います。
ブログ楽しみにしてますし、勉強させていただいてます。
今後ともよろしくお願いいたします。
ずぅーっと応援しております。

更新ありがとうございます!

休眠中もほぼ毎日訪問しコメント欄をすべて読ませていただいて
おりました。

日本の国防に危機を感じています。かなり昔からハマコーが
「日本には日米安保があるじゃあないか」とか言っているのを聞くたび
このおっさんアホか。と思っていました。
今でも米国の安全の傘を国民に妄信させるための
トロイじゃなかったのかと疑っています。

自分は広島で、祖母の妹の一家4人が原爆で死んでいます。
当時田舎に住んでいた祖母らが、広島に特殊爆弾が投下されたと聞き
探しに出かけました。
祖母の妹は探しだせましたが、1週間後に亡くなり、
子供たち3人は学徒動員先に行ったけど、骨も見つけることが
できなかったそうです。
あんな非常な国100%信用しろっていうほうが無理です。
(注:復讐心などは全くありません)
左翼が強いと言われる広島で育ち、小学校~高校まで学校行事で
日章旗も掲げられず、国歌斉唱もない環境で教育を受けましたが、
日本が悪い国だなんて思った事は一度もありません。
日本という素晴らしい国が大好きです。
NHKのプロジェクトJAPANなどを見ると、
心が折れそうになりますが、ここのコメント欄や先ほどは
アマゾンで「反日マスコミの正体」のコメント欄を読んでいたのですが、
皆さんの熱い思いを読ませていただくと、ウルウルしつつ元気が取り戻せます。

時間がありませんね。不謹慎ですが、政府や国連が何も
できないのなら、人を呪わば何とやら・・・といいますが、
中国に隕石でも落ちてくれないかなぁと思ってしまいます。

ブログ主様、無理のない範囲で結構ですので、
次回の更新も楽しみにしています。











もはや、日米同盟は、破綻しています

北朝鮮のテポドン2の発射に関し、明確に国連決議違反に係わらず、米国も中国、ロシアと同じ拘束力のない議長声明になろうとしています。これは、米国の核の傘があてにならないことを露呈したことになります。グルジア、ウクライナの例を見ても明確です。

であるとすれば、日本は占領憲法を破棄、明治憲法を基本とした憲法に基づく国体の再生と、国防体制を早急に準備しなくてはなりません。中国の東アジアに於ける、覇権の野望は、すでに台湾だけでなく沖縄にまで及ぼうとしています。背後では米・中の闇の軍事謀略が進んでいるものと感じています。

米国は、すでに沖縄から撤退、米海兵隊8000名のグアム軍事移動を決めています。この意味は、米軍は今後ハワイを太平洋軍事指令の中心とし、東アジアでの覇権を支那(中国)に譲るということです。理由は、支那が世界一の米国債保有国であり、なおかつ米国本土をも攻撃できる核ミサイルを保有しているからです。日本も支那に次ぐ米国債(紙くず)保有国ですが、軍事的に米国にとって脅威ではありません。

したがって、米国が沖縄の米軍をグワムに移転するための費用まで日本政府に要求していることは不当なことです。そんな費用があったら、早急に日本は日本の国防のために核防衛兵器を独自で持つようにしなくてはなりません。さもないと、米国が去った後、朝鮮半島を含め、日本本土にまで支那の軍事、経済覇権が及ぶ危険性があります。

日本の確固たる軍備の再構築は、待ったなしです。憲法論議をしているどころではないかも知れないぐらい急ぎます。将来の日本国の運命がかかっています。また日本のハイテク技術は、今後日本の管理を強め、軍需産業も自前にするべきです。

アレ?

コメント数65のわりには表示されている数が少なくないですか?
鷲さんで60ぐらいだったような気がしますが…どうしてなのでしょう???削除されたコメントもカウントされている、という事ですか?

いずれ本格再開を!

管理人様のブログに注目し、出版の申込が数社からきていたということは非常に嬉しい、元気の出るニュースです。すばらしい内容の記事に接する人が増えればそれだけ日本が良くなるということです。いずれ本格再開していただけることを心待ちにしています。

づづづ

どうもありがとうございます。
日本の核武装は難しいと思いますが、隣国の台頭も困ります。
日本はそんなことよりもどうやって現在の経済危機を復活させるのかが課題でしょう。結局は日本の商品をさらに良くして魅力的にするしかないと思います。最近新しい価値を日本が作れなくなっているように思います。それが問題でないでしょうか。元気な日本に帰って、世界の人にこんな面、楽しみもあると思わせたい。経済で支配できないものかと。

お帰りなさい

 お帰りなさい。
 本が出たら絶対に買います。2冊買って1冊は娘にあげて、もう1冊は図書館に寄付したいです。早く出版される日を待っています。

発見

ブログ主様、更新ありがとうございます。ずっと首を長くして待っていました。此からも是非、御負担にならない程度で良いので、書いて頂けたらと希望します。
中国共産党はとても危険ですね。日本の財界は、何を考えているのでしょうね。徐々に撤退していかないと、大怪我すると思うんですけどね。大体、反日教育を国の方針でやっている所と仲良く出来ると、考えていること事態が間違いですね。当たり障り無く、付き合っておけば充分ですよね。米国においても、いまいち信用出来ないと考えています。真珠湾、911 いざとなったら何をするやら解りません。信用して居ると、足元をすくわれかねません。本当にどうしたら良いでしょうか?
私としては、探知不能潜水艦を作って、核ミサイルを積んで、10隻ぐらい海に沈めて置けば、なんて考えています。国民の反対なんて既成事実を作っちまえば終りですからね。それで国の安心が買えるのなら、答えは既に出ていると思うんですけどね。
それにしても日本の政治家の危機感の無さと云ったら、嘆かわしいですね。

 ブログ主様の復活、本当に嬉しいです。
 私は、恥ずかしながら近年やっと、マスコミの操作や日本の危なさに気づきました。
 このブログも分からせてくれたものの一つです。コメントされる方々の言葉も本当に勉強になります。ありがとうございます。
 少しでも多くの人が、できるだけ早く目覚めてほしいですが、私の周りのネットからの情報を毛嫌いする人達のためにも、書籍化はありがたいお話です。
 とても楽しみに応援しています。

お久しぶりです。

管理人さんが蒔いた種は、芽吹きそうですね。

甘えを捨て、雨にも風にも嵐にも耐え、日の本に沢山の花が咲く様に、私も強くなります。

おぼろ月夜に乾杯!!

 
帰ってこられた!嬉しいです,
       心待ちしていました。
     明日は満天の星空に乾杯だ!!


お待ちしてました。

びっくりしました!!
とてもうれしいです!書籍かいます。

お体にはおきをつけください。

戦勝国史観について

 皆様の復活をお祝いするコメントが続く中ですが、明日から暫く遠征しますので、出て来れません、ちょっと書き込みたい件がありますので失礼させて下さい。

 私製の造語なんですが、戦後の日本を覆って来たのは、戦勝国史観というべき視点だった様に感じます、戦勝国を国連と置き換えて国連史観と云っても好い様に思えますが、未だ国連に対する作られた誤解が大勢を占めている中では、別の意味に取られる怖れがあります、国連とは、旧連合軍という意味でしかないのです。

 象徴的なものとして、韓国の態度が戦勝国史観を好く顕していると云って好いのかも知れません、「兎に角、戦前日本は悪逆非道、天皇陛下は悪魔の様な存在、日本は軍国主義でアジアの2500万人の無辜の人々を殺した。」「敗戦国となった日本には、その罪を償う義務があり、その為には、戦前日本の言動の如何なる蓋然性も認められない」と云うものです、当初は、日本の国体を滅して、日本を自由な共和制の国につくり変え様と目論んでいた様に感じます。

 意味忸も、米国が韓国の初代大統領に、CIAに庇護されていた反日運動家にして反共運動家であった李承晩を据えた事でも、米国の極東経営の方針の端緒が見えるといえましょう、つまり、WGIPと呼ばれるものです、是に、共産主義排除のベクトルが加わって「赤狩り」が行われ、2・28や4・3事件が起こりました、凡そ10万人の旧大日本帝国臣民が殺戮され、25万人の人々が故地を追われました、1945~52年の間に起こった事です。

 しかし、米国の目論みは、先ず、先帝陛下の尋常ならざる国民を思う気持ちとお覚悟によって変質して行きます、国体と皇国体制の維持こそ、日本を平穏なに保つ唯一の術と、マッカーサーに悟らせたのです、加えて、李承晩の暴走反日に拠って、偶発的に引き起こされたといって良い、朝鮮戦争で、既に、米国は日本に再軍備を要請していますから、米国が出した憲法が、如何に場当たり的な占領の為の憲法であったかを示しています、曰く、憲法は改正の対象である事になる。

 先般のプロジェクトジャパンの偏向内容を看ても、戦勝国史観はNHKにも深く浸透していると思います、しかし、戦後行われてきた数々の検証から、戦勝国史観は全く間違った解釈を基にしているとか、事実でないもの、隠蔽されて居る事に拠って、成立している場合が数多くある事が少しずつ明らかになっているのです。

 その最たる問題が、極東軍事裁判であろうと思われます、この裁判自体が司法裁判では無かった事を考えても、端に連合国の復讐の場であった事は、紛れも無い事実でしょう、戦犯とされたものの罪状が、司法裁判ではありえない、事後法に拠るものだったからです、亦、事実認定の検証も行われて居ないか、全く不十分です、「南京大虐殺など有り得ない」と、当事者の蒋介石が言っているのですから。

 戦勝国史観は、我々が克服すべきモノの筆頭に挙げられましょう

 終戦時に既に大人になっていた人達が社会の中枢を担っていた頃は、然程の事も無かったのですが、終戦時に青年以下、少年以下の年回り、つまり、昭和一桁の後半くらいの世代の人達は既にこの史観に大きな影響を受けていると考えます。

 現在、その世代が60~70台となって居ますが、実は、彼らも戦争を知らない世代なのです、知って居るのは、戦後に現れた敗戦の悲惨さだけです、空襲に逃げ惑い、食うや食わずの目に遭わされた彼らは「爆撃」と「飢え」の恐怖を知っています、国を護るに滅私奉公の必要性を説いても、戦争の恐怖、飢えのイメージから、拒絶されるだけの方のほうが多いでしょう、その所為なのか、この世代の人は、認識の個人差が大き過ぎる傾向にある様に感じます。

 只、今、従来の史観を補強する様な工作が行われるのは、近い将来、米国辺りから、過去の事実の公表が始まるからかもしれないと思っています、すると、世の中のベクトルが大きく変わり始めているのかもしれないのです、つまり、日米安保が大きく後退して、自国は自国民で護るのが、当たり前になる=元に戻るのですが、その時の為にも戦勝国史観からの逸早い脱出を目指さねばならないと思います。

おかえりなさい!
楽しみに待っていました。
本が出たら是非宣伝してくださいね。
本屋に買いに走りますから!

陰ながらいつも応援しております。

ずっとお待ちしていました

いつか必ず再開される・・・と待っておりました.
非常に喜んでいます.
これまでのペースで更新せずとも,引き続き続けて頂けると非常に嬉しいです.

国防米国依存は危険

情報によると、北朝鮮がテポドン2を打ち上げの通報に関し、米国は韓国へ先にし、日本を後回しにしたようです。

現在、日本は軍事衛星を米国に依存し、独自で所有していません。それだけ、米国の意のままでしか、防衛も出来ないわけです。これでは、日本を護れません。

日本の技術も入っているステレス最新鋭戦闘機、F22を米国は製造をやめる発表しています。日本は、支那の急激な軍事勢力拡大に対応するため、次期防空体制の強化に導入を考えていたものです。

日本の国防を米国に依存したままではいけません。早急に日本独自の軍事衛星を打ち上げる必要があります。

「再開」、まことにおめでとうございます。
なによりも、『再開』 を喜ばれている、大勢の皆様の書き込みを読むと、日本の将来に対して、胸が明るくなります。
しかし、マスコミ、教育界が腐りきっている、日本の現状を思うと、前途多難、容易ではないと痛感します。
私が希望を託すのは、「ネット言論」、「チャンネル・桜」、「少数の真性保守の政治家」、だけと考えています。
今日、愛読する三橋貴明氏のブログに登校したものを転載させていただきます。

3年ほど前、「チャンネル・桜、掲示板」 へ書き込んだものですが゛。

NHKよ、どこへ行くのか、《NHK解体、崩壊への道》

日本全国、途方も無い多数の観衆を相手の電気紙芝居屋,『NHK』
公共放送をうたっているものの、運営に必要な金は税金でなく、全て見物客=観衆が出しています。
最近紙芝居の内容や、運営の杜撰さに怒りを持つ観衆が増え、タダ見の客が急増中で経営上由々しき問題となっており、このようなことが続くと、益々まともに金を払っている善良な日本人が払わなくなり、近い将来、倒産の事態すら考えられます。
このまま行くと、NHKはどうなるのか、と思います。先日も夜の看板番組、「クローズアップ現代」 にて、国旗,国歌問題を取り上げたものの、左翼教師の主張に著しく偏ったもので、多くの国民の怒りを買い、今までわからなかった、国谷裕子の思想もかなり明らかになりました。

老年探偵団員、(町工場の親方)、の暗い予測(推測)
年々内容が酷くなり、それに比例して不払いの国民が増え、どうにもならない状態になるのではないかと、危惧します。<昔はまともな番組が多かった! (嘆)> 
私が過去に仕事で接した経験から言えば、一般的なNHK職員の人たちは、他の会社、官公庁の人間よりも善良な人が多いと感じました。番組も民放と異なった、NHK独特の品のあるものが多くありました。
競争が無く、潰れず、利益を生み出す目的と必要のない組織は、どうしても活力がなくなります。(国営企業、地方自治体、学校、かっての三公社等) 民間と異なり、利益を上げても自分達に還元されず、経営に 「政治」がかかわりますので、経済より、政治が優位となります。かっての 「総評」 を見れば明らかです。社会党の断トツのスポンサー、総評は、「生産性向上反対」 、「合理化反対」 のスローガンを掲げていました。民間でしたらそのような企業はすぐ潰れ、上から下まで路頭に迷います。
閉ざされた世界で暮らすと、世間の常識が通らなくなってしまいます。
NHKは長いこと、労組委員長をした、上田哲が社会党の国会議員をしていたため、非常な権力を揮い、NHK幹部は頭が上がらない状態でした。
地元で威張り散らす議員はいないので、政治に関心のない、善良な国民はよくわかりませんが、鈴木宗男を見るまでも無く、国会議員は大変な権力を持っています。マスコミの組合幹部は左翼思想の持ち主であり、したがって、左翼に不利なこと、反左翼的なことは殆ど報道されない仕組みになっています。反面、左翼変更番組を作りたい、左翼的報道をしたい意欲は強くあります。いつだったか、「チャンネル桜の」 の《週間褒め殺し》 で、小山和伸教授が、「一つの学校に職員が三十人いても、確信犯的左翼思想の持ち主が三人いれば、組織をその支配下におくことが出来る」 と語っていましたが、その通りです。個々には反対の保守思想、自由主義的考えを持つ者も、個人で彼らと戦うのは、余程の信念、度胸の持ち主で無い限り至難の技です。個人は弱く、左翼には強烈な思い込み、信仰心と、全国的なネットワークがあり、左翼弁護士も多くいるので、一般の人はその前に皆黙っています。
NHKでも、上田と左翼労組に睨まれたら、前途真っ暗と、怯えた善良な職員や管理職の人間が大勢いたのは間違いありません。左翼は人間の恐怖心を徹底して利用します。世界中どこでもそうです。
スターリン、毛沢東、金正成、を始めとして、その他、日本の日教組、マスコミ、等、左翼を支配する、根元は、《恐怖心》 です。
三重県の日教組の組織率が90何%という異常な高率なのは、組合に入るメリツトと入らないデメリットを較べた場合、入らないデメリツトがあまりにも大きいからです。組織率の高いところは同様です。入らない場合、その人間は組織から酷い苛め、嫌がらせを受け、「周囲は皆敵」 という孤立無援の状態となり、そうでなくとも孤立に弱い日本人は参ってしまいます。
特にここ数年、NHKの左翼汚染度の酷さを表わすものとして、『反国家』 の姿勢、国旗、国歌を無視する姿勢が顕著に感じられます。産経抄の石井英夫氏が憤慨していた、日本ダービーにおける、国歌演奏時、パドツクの馬の尻を映し続けた事件、アテネオリンピツクにおいて、ことさら金メダル勝者の表彰台の国旗、国歌を無視するような報道等、左翼に気兼ねし、左翼に媚びるような嫌らしさが目立ちました。
昨年私が「チャンネル・桜」 掲示板に、「ここまで悪質な報道をするNHK」 の題で、愛児・素子ちゃん(女児の赤ちゃん)を残して、特攻隊に志願し、散華された、植村真久大尉の遺書から最も重要な 「・・・お前が大きくなって父に会いたい時は九段へいらっしゃい」 の部分をカツトして放送したNHKについて書き込みました。「日本の国を愛すること」 「日本の国家」 に繋がることを放送するのは、左翼労組に睨まれるため、『タブー』であり、強烈な 「自己規制」 をするような体質になってしまったためと思います。

何故、ここまで自国の過去を悪くいい、呪うのかについて、

雑誌、「正論」---平成13年10月号、
【随筆】・・・・・中村勝範ーーー『教科書採択問題が教えたもの』 より一部引用いたします。

「・・・要するに扶桑社版教科書採択に反対している勢力の中心は共産党、旧社会党・総評系、過激諸派というが、一言にしていえば共産主義者である。
共産主義者が扶桑社版教科書に反対するのは当然である。なぜならば共産主義者は過去及び現在の真なるもの、美なるもの、善なるものをことごとく否定することをもって、彼らの信条の中核とするからである。
過去の日本に存在し、いまなお存在しているものの唯の一つでも肯定すると、それがブレーキとなり、日本革命は遂行されない。彼らの目的は過去を抹殺し、現在を否定することにより、日本革命の完遂を狙う。したがって、彼らの使用すべき教科書は、「日本暗黒史」、であることが望ましい。・・・」

NHKに厳重抗議を申し込むと同時に、濱崎憲一その他製作に関わった連中をオープンな場へ引っ張り出し、公開討論を行うことが何より大事です。
これを繰り返し、繰り返し、申し入れましょう。
しかし、濱崎憲一その他は、事実を捻じ曲げ放題捻じ曲げ、歪曲したことが明らかにされるため、公開討論会には絶対に応じないでしょう。
平成18年1月12日、NHKに不当な政治的圧力をかけたという、「朝日」、の、安倍、中川・代議士潰しの真っ赤な嘘・捏造報道に関し、両代議士はじめ、じつに多くの論客が公開討論を申し入れましたが、張本人、仕掛け人の本田雅和・朝日記者、と長井暁・NHKプロデューサー、は、徹底的に逃げまくり、一切出て来ようとはしませんでした。

チャンネル・桜、水島社長がNHK報道のあまりの酷さに怒り、特集番組で批判を開始し、NHK糾弾の論陣を張ると宣言されました。
ニコ動、政治、チャンネル・桜、でそれについて述べております。

国防のあるべき姿

>bingoさん
>>日本の国防を米国に依存したままではいけません
御意の通りです、日本がすべきは、先ず、目前に有る危機に対応できる防衛態勢を構築する事でしょう、目前に有る危機とは、やはり、故宮沢さんが総理の時、隠蔽し様としたノドン=スカッドB改、スカッドBは、ナチスドイツのV2ミサイルの発展形、でしょう、是に小型核弾頭など着けられれば、周辺国は全て核の脅威にさらされますから、ロシア乃至シナも全力で是を阻止するでしょう、しかし、射程距離から云って日本にとっては通常弾頭でも十二分に脅威です。

 その配備数200基といわれています、山中を刳り貫いた地下基地や移動式発射装置に積まれている様で、発射する迄の全数・完全破壊は無理との事、それなら燃料を積ませない様貯蔵タンクを破壊する、燃料の購入経路を遮断する、燃料代金を払えない様経済制裁をする、等の事前工作・外交背策が必要になります。

 亦、燃料になっているUDMH(非対称ヂメチルヒドラジン)と触媒の赤煙硝酸は双方とも高い発火性と腐食性、そして毒性があるもので、発射寸前までミサイルに充填できないらしいから、おそらく、直前に合成するのだと思います、すると、生成工場や輸送ルートを狙えば好い事になります。

 仰る様に監視衛星を打ち上げておけば、破壊工作の時期を特定する事もできる事になるのですが、問題は、どうしてその工作を迅速に行うかです、本当は、SOLの様なモノが有れば、監視地点への随時の制圧攻撃が可能であるばかりか、人的被害無しか、或るいは最小限にできるのですが、やはり、打撃用の攻撃型空母艦隊で、燃料注入開始の時点で制圧攻撃をして、相手の攻撃手段を無効化する他は無いのでしょうか。

 上記に挙げた手段の何れを採っても、米国の協力が必要ですし、米国を敵に回す事は、これから先も避けたほうがよいでしょう、味方として不全だから、敵視すると言う極端な話は有り得ない話ではありますが。

 どんな盟友でも過信すると危ういと言うことを肝に銘じておかなくてはいけないのは、何時の世でも云える事です、独自の防衛態勢を布くには、やはり、監視衛星を含む軍事的情報・諜報機関のネットワーク構築が最優先だし、同時に、迅速且つ効果的な打撃手段の研究、実行部隊の人材養成、部隊の実戦配備が必要でしょう、日本の士気溢れる防人の養成とハイテク技術を駆使した、世界で最も有効な防衛手段・システムを開発してもらいたいモノです。

>ミンタさん
必死か?

>必死か?

工作員か?という意味ならそれは間違い。

こちらは鷲さんの文章を60でお見掛けしたつもりでいたので皆さんに訊いてみた。間違いであるならば、それも良し。こちらの勘違いなら別に問題は無いと思っている。


名指しで他人を工作員扱いしておきながら、ご自身はHNすら名乗らない。そちらのほうが怪しいと思われますが?

麻生と小沢、先に沈むのはどっち!?国会チキンレース

一方の民主党は、2日の参院予算委員会で「政治と宗教」をテーマにした審議を党首討論に
先駆けて実施するよう求めた。
参院予算委員会で「政治と宗教」をテーマにした審議を党首討論では民主党に大いに頑張っ
て貰いたい。
政権与党から創価学会排除の論功は国を思う愛国者の大量得票を獲得できるだろう。
創価学会公明党議員の参加している議員連盟や活動内容から分る、国民のために成っていない
歳費泥棒である反日団体の正体。
【国会議員愛国度一覧表】はこちらをクリックして下さい。http://www.aixin.jp/yskgdb.cgi#giakd

【新党勝手連の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi

>ミンタさん
勘違いでしたか、すみません。

追記

鷲さんを60で見かけ、次のbingoさんの文章はコメント65に表示されていたと記憶してました。見間違いなら別にいいんです。


鷲様、bingo様ゴタゴタに巻き込んですみません(汗)。

オバマ

核軍縮の発言、ただの人気取り?
不可能な事だとは、百も承知のハズ。ただのポーズだとしても、日朝の間に緊張が走っている時期に、タイミング良すぎる様な気がするのは私だけ?

日本には核は持たせない、との メッセージにしか私には聞こえない。もし、日米安保条約が破棄される時が来たとき、裸で中国と戦えと言うのと同じだと思うのだが?

必死か?さんへ

こちらこそ誤解を招くような発言をしてしまい失礼致しました。


こちらのブログは携帯で観ているので多少表示が違います。それで勘違いをしてしまったんだと思います。お騒がせして申し訳ございませんでした。

マインドコントロールへの落とし穴!①~⑦ 強制せず、さも自分の意思で

貴方はマインドコントロールで比例は公明党とお願いされていませんか。
参加している国会議員連盟で知れる創価学会公明党の政治活動は何一つ日本の為になるものは有りません。
(議員連盟に参加していません。国益をもたらす政治活動をしていないと言うことです。)
次期総選挙で皆の力を合わせて投票率を上げればこのような偽装国会議員を排除できます。
日本人による日本人の為の革命政権交代を実現しよう。 政権与党から創価学会公明党を排除して
自民党愛国派保守勢力を結集して輝ける日本の復活を実現しよう。
【国会議員愛国度一覧表】の政治活動内容や参加している議員連盟で確認して下さい。
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi#giakd

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

>ミンタさん
そういうことだったんですね。重ねてすみません。
普段HNは使わなかったので、今後、コメントを書く際にはHNを書きます。

書籍化ですか!本当におめでとうございます。
ブログ主様が書籍で発信されるということは、
ネットユーザー以外の層にも伝えられるということですよね。

これは非常に有意義なことだと思います。
毎日更新は大変だと思いますので、今回のようにたまにでも更新していただければ
一読者としては非常に嬉しく思います。

お帰りなさい! ずっと応援してます!

思い立ったら随時更新でも
季刊更新でも
隔月更新でも
別にいいと思います。

このブログは中国・台湾・朝鮮・を知る為の「事典」や「教科書」のようなものですから。

もし 日本 無かりせば・・・・

もし 明治維新後の日本が 実際の歴史と違って 欧米と伍するだけの国力も持てず 結果 日清・日露戦争も勝利せず 殖産興業も充分 実施できず 欧米の半植民地としての歴史を辿ったとしたら・・・・どれだけ 世界の歴史は 変わっている事でしょう。

1  「 有色人種が 超大国 ロシアに打ち勝った 」と云う歴史は存在せず 欧米の アジア・アフリカ・中南米の植民地政策は あと 50年以上続いた。 中国は欧米に割拠され続け インドも未だ イギリスの半植民地、東南アジアも フランス・アメリカ・イギリスの半植民地、 アフリカの多くの国は 独立しておらず 未だ植民地のまま、南米も スペイン・ポルトガル・アメリカの植民地のまま、そして アメリカの黒人の人権運動は50年以上送れて いまだに 選挙権すら持っていない。 従って 黒人オバマ大統領の出現など ずっとずっと 先のハナシ。

2  日本が世界に先駆けて開発・実用化した 多くの技術はいまだ 存在すらしないか 遥かにおくれている世界。
テレビやパソコンは未だ ブラウン管が主流で 液晶やプラズマ、有機ELなど 夢物語の世界。録画も未だにVTRが主流で それも ずっと大型のテープ。水晶式の時計やデジタルウォッチも いまだ 在るかどうか。従って 家庭用ホームビデオや 携帯電話もまだ 存在しない。ハードデイスクなど存在すらしない。よって個人用パソコンなど 存在せず インターネットも無い。

3  自動車の省エネ 排ガス規制技術も 10~20年以上 遅れた。

4  太陽電池も数十年遅れた。電池の小型化・充電池もずっと遅れた。環境技術も数十年遅れているでしょう。

5  すくなくとも インスタントラーメンやカップヌードルも存在しない。

等など 日本無かりせば 世界は 遥かに 遅れているのです。  世界に冠たる ニッポン なのです。

>ナポレオン・ソロ さん

おっしゃるとおり、米国を敵に回すようなやり方は、得策ではないのは確かです。ただ、どうも、米国は日米同盟に関し、時々あらっと思うような発言や行動があったりします。米国に限らず、自国の国益が優先するのが現実ですから、同盟関係にあったとしても、日本は100%それを信頼してはいけないのです。

ブッシュ大統領政権末期でも、あれほど北朝鮮を「悪の枢軸」と謂っていたにも関わらず、日本にとっては重要な拉致問題を含む6者協議の進展がない中に、テロ指定解除を日本に相談も無くやりました。

今度は、米政府高官のハワイに届かないミサイルは、打ち落とさないと謂ったり、テポドンの発射の通告を日本より韓国に早く知らせていたとか。これでは、日米同盟がどれほど信頼できるかが当然問われます。

これは、私信ですが、多分、米国は逆に日本の集団的自衛行動への不信感からわざとそうしたのかも知れません。軍事同盟とは、一方的に片方が命を懸けて戦うことではないのが常識だと考えれば、納得がいきます。

しかし、いずれにしても米国の世界戦略が変化してきているのは事実であります。イラク戦争が終わったと謂っても、アフガニスタン、パキスタン、イランなどの問題も抱えていますし、パレスチナ、イスラエルの不安もあります。加えて、NATO関連でロシアとの関係も冷え込んできました。

そのような中で、米国は未曾有の金融危機を世界中に拡散させ、ドル基軸通貨としての防衛もやらなくてはいけない。米国側に立つと大変な時期です。

話を日本の安全保障に戻しますが、日本としても日米同盟に依存するだけでは、国を護れない事態になっていることも事実であろうと思います。長く平和ボケしている日本の政治ですが、これは危険水域に入りつつあると考えています。北朝鮮のミサイルは、「キチガイに刃物」の印象さえあります。日本にとって危険なのは、むしろ発射位置を変えられる、ノドン級の短距離ミサイルでしょう。その意味で、日本独自の軍事監視衛星を持つことは急ぐべきであると思います。

更に、支那の軍事拡大は急速です。すでに台湾だけでなく日本へのミサイルの照準も多くがあてられていることがわかっています。これに空母の建設、GPS衛星打ち上げ計画もあるようですから、東シナ海から太平洋地域に及ぶまでの制空、制海権の強化をしているのでしょう。その目的は明確です。大中華思想の実現であろうと思います。

今後、日本がとるべき方向性は、自衛隊を明確に国防軍とし、浜田無能国防相などは更迭、軍の指揮権は、すこし現場の裁量を柔軟にすべきであろうと思います。田母神前航空幕僚長の講演も聞きましたが、文民統制が全てあるがごときの軍隊は、むしろ国防の機能性を失わせます。支那事変において、関東軍が独走したようなことが言われていますが、あの時、戦争突入を煽ったのは、文民の近衛文麿首相であったわけで、文民統制が軍事において完璧であるとは謂いがたいことです。

自衛隊の装備に関し、早急に周辺諸国の軍事装備に対抗できる水準まで引き上げる必要があります。バブル崩壊以後の自衛隊の装備は、徐々に、周辺諸国を圧倒できるような水準ではなくなって来ています。

私は、米国製の武器に依存している危険性も感じています。徐々に、自国の核兵器を含めた軍需産業の育成を考えるべきであると思います。これは、米国が嫌がるでしょうが、世界で唯一の被爆国だからこそ、秘密裏にでも取り掛かっておくべきであると考えます。

http://www.youtube.com/watch?v=Dh8nDj9FV2w&feature=channel_page

4.28 マスコミが最も恐れるイベント 皆さんご参加を!!

管理人様

ブログが再開されたこと、うかつにも先ほどはじめて知りました。
有難うございます。

そして、いきなり力強い記事。
更なる更新をお待ちしております。

さて、
春眠暁を覚えず、とはまさに今の日本。

>現在、その世代が60~70台となって居ますが、実は、彼らも戦争を知らない世代なのです(中略)、知って居るのは、戦後に現れた敗戦の悲惨さだけです、空襲に逃げ惑い、食うや食わずの目に遭わされた彼らは「爆撃」と「飢え」(以下略)
2009/04/12(日) 09:21:24| URL| ナポレオン・ソロ

まさに、ご指摘のとおりかと存じます。
そろそろ我々日本人も「戦勝国歴史観」の頚木から逃れるべき時期でしょう。

帝国はある時期膨張しますが、無限に膨張するわけではありません。辺境のどこかでその勢いが止まります。
往々にして相手は未開の蛮族だったりするのですが、今の日本の実力をもってすれば、シナの野望を日本海ー対馬海峡ー東シナ海を結ぶ線で止める、そのチャンスはまだあります。

一刻も早い日本の覚醒を望んでやみません。

米国では最近、日本の存在は軽すぎないか?

 米国には約一年程度、出張で嫌々ニューヘブンに仕事で住んだだけですが、むしろ米国に長く住んだ日本人の方、あるいは今も住んでいらっしゃる方に聞きたいです。

 我々日本人も、たとえば国内の水泳大会やスキーのジャンプ競技、全日本ゴルフで褐色の肌をしたベトナムの方やインドネシア、パキスタン、バングラディシュの方がいつもいつも勝ったとしたら正直、人種的な偏見は少し出てくると思います。短い米国滞在でしたが、米国のリッチ層の白人にとって、アジア人はやはり二等国出身であり、偏見を持って見られると感じました。日本人など実力を見せなければ、最初から相手にされないように思えました。
 
 そして、もう一つ。米国は基本的に、腕っ節の強さや暴力を讃える国家です。
アメリカ合衆国国歌 星条旗
http://rasiel.web.infoseek.co.jp/mil/starspangled.htm

4番の歌詞です。
おお 自由なる人民の       O thus be it ever,
愛する家郷と           When free men shall stand
戦争の荒野に起つ時は、    Between their loved homes
永久に斯くあれかし。      And the war's desolation;
勝利と平和に恵まれたる、   Blest with vict'ry and peace,
天佑ある大地よ、         May the heav'n-rescued land
我が国を造り護れる       Praise the Power that hath made
神のみ力を誉め讃へよ!    And preserved us a nation!
この原理の正しき時、      Then conquer we must,
我等は断じて勝利せん。    When our cause it is just,
そして我等が胸には        And this be our motto,
「神を信ず」の言葉あれ!   "In God is our trust!"

 すなわち「武力を持たない国」イコール「弱虫」です。誰が弱者を尊敬するでしょうか。非武装中立など、むしろ侮蔑の対象です。米国では勝負に勝った者だけが尊敬される肉食人種の社会です。戦後長い時が経ち、米国人にとっては、戦争相手で多少は存在を認めた日本の重みなど今は歴史のかなたです。今は、常任理事国で核保有国、米国の国債を世界で一番購入している中国が尊敬される存在です。

 残念ながら我々日本人も、イラン人やインド人、ミャンマー人がとにかく信頼できて大好きだ、と言う人が多くないように思えますが、多くの普通の米国人にとって日本などは、すでに、どーでもよい国であり、最近は若い米国の政治家にとっては軍事的に「家来(けらい)」「侍従(じじゅう)」「征服した国」としか写っていないかもしれません。その傾向は最近、ひどくなっていませんか?

 従って結論は
(1)日本は空手、柔道、剣道、合気道などを発明した国です。同じ
   年齢の白人男と殴り合っても負けない格闘訓練は必要です。
   なぜなら日本と異なり、暴力的勝者である意味の大きさが違う
   からです。国民は20歳まで、何かの武道の黒帯をとるべき。

(2)日本軍を復活し、核ミサイルと世界最高性能の原子力潜水艦と
   戦略核兵器搭載可能な戦闘機を製造すべきです。我々日本人
   は違いますが、米国を含む多くの国では「力(ちから」)しか信
   じないからです。「力愛不二」は少林寺拳法の言葉です。

(3)とにかくルールを変えて中国の反対を押し切って安保理常任理
   事国になること。できなければ脱退すればいいのでは?カネが
   もったいない。巨額なカネだけとられているのはおかしいです。

 米国に長くいらっしゃる方、最近日本のプレゼンスは小さくなっていませんか?
よければ教えて下さい....。










有り難うございます。

執筆を含めて頑張って下さい。

出版されたら,直ぐに購入します。楽しみです。

書籍化が楽しみ♪

■ナポレオン・ソロさん
戦勝国史観<=いい言葉ですね。
戦後に英雄視される人物ってのは怪しい奴ばかりですしね・・・

坂本竜馬≒武器商人の丁稚
山本五十六≒米国に利し連合艦隊を壊滅させた
白洲次郎≒英国系スパイ

■F-22製造中止
F-22製造中止は、日本の未来にとっては朗報かもしれませんよ。
F-22は、もし輸入できたとしても、内部は全てブラックボックスで整備すら米国に委託して、日本人には触らせない体制になるのではないかとも言われていました。
これでは日本の航空機生産ライン、整備スキルの現状維持すらままなりません。

ユーロファイターならば、ライセンス生産や独自改造も可能と条件提示されているようですから、日本の戦闘機独自開発のためにはユーロファイターの方が近道だからです。
(でも結局、F-15SEかF-35(どちらもアメリカ製)を買わされるんでしょうね)

■そういえば、宙水さんって新聞記者(朝日?)だったのかな・・・などと夢想しています。(日本語の崩しが無く、整いすぎだった事が気になっていたので・・・)

祝・ブログ再開、祝・出版

なにわともあれ、平易な文章で事実をありのままに描かれるこのブログの再開をお祝い申し上げます。

ブログ主様の、
≪日本の「善意と道徳的」な対応は核保有国になったときはじめてその効力を発揮する≫

この言葉が、すべてを言い表していると思います。
善意と道徳。約束を守り、礼儀正しく、政治においてはなによりも庶民を大切にするという日本の文化と伝統こそが、未来の世界を開く石杖になるものと確信しています。

世界中どこの国に行っても、その国の最高のおもてなし料理は、宮廷料理です。最高に贅をつくした料理は、王に捧げる料理。
ところが日本では、徳川将軍も全国の大名も、食生活は実に貧相だった。
料理屋に行くと、まれに大名御膳なんてのもありますが、あれは名前だけで、そんなものを食べるのはむしろ庶民のオカネモチくらい。
なんたって目黒のさんまに大喜びして舌つつみを打った程度なのがお殿様です。

では日本では、いったい誰がいちばん美味いものを食っているかというと、これが実は生産者。漁師さんであったり、お百姓さんであったりします。

知り合いに九州宮崎の漁師の出のタクの運ちゃんがいるのですが、彼は飲みに行ってもさしみを絶対に口にしない(笑)
こんなものは刺身じゃないって言うんです。
刺身ってのは、箸でつまんだ時に、ピンと横に張るものだ。ダランと垂れるようなものは刺身とは言えねぇ!(笑)

友人の実家は代々続く農家ですが、聞けば自分の家で食べるお米だけは、田んぼが別になっている。そこでは最上級のうまい米を生産している。そして他の田は、出荷用に安いお米を作っている。聞けば何百年も前から、ずっとそうしているとか(笑)

明治にはいってから、警察ができましたが、警察という言葉は、その漢字のままに、「敬って言うことをきくか査察する」組織です。
ところが江戸時代、全国どこに行っても同じ職務を果たす人は奉行であり、与力であり、同心と呼ばれた。
お奉行は、行いを民に奉ずる人。与力は民に力を与える人、同心は民と同じ心で民に味方する人という意味です。

かまどの煙のご治世で今に伝わる仁徳天皇。庶民のダイナミズムと活力を何よりも愛した大名・小名。そして自己研さんを重んじた武士道。

特定の貴族や一部の政治家だけが征服者として君臨し、いい思いをし、民を奴婢とみなす社会体制。4000年の歴史と言いながら、その実、王朝の後退の度に、市民ごと殺戮の限りを尽くした中国の国体。しかも儒教は国民的宗教として上を守るためならいかなる嘘を述べても良いと説く。
関連記事⇒虚言で対面を保とうとする中国の文化は、どこの国に行っても歓迎されない
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-449.html

親中政治家や政党が幅を利かせ、メディアが中国に汚染されている中、では実際に中国に支配されるとどうなるか。その良い例が、ネパールであり、東トルキスタンです。
関連記事→「日本は唯一の被爆国」に隠された嘘
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-456.html

市民に私有財産は認められず、男は一生無休無給で働かされる。民族同化政策と称して年頃の女性はまとめて強制連行された揚句、中国人の子を出産させられる。まるで市民に知らせることなく、いきなり人が住んでいるその場所で核爆発の実験をする。人を連行し、生物兵器のための実験材料にする。

そんな国が、清朝最盛期の範図の再興を夢見、そして実際すでに中国の国内地図では、日本は中国の勢力圏の一員として描かれだしている。

にもかかわらず、そうした事実から故意に目をそむけ、我が国国民に自虐史観を刷り込み、平和尊重と称して日本の文化の破壊を目論んでいる異形の派遣国家に対して媚を売る売国政治家がいる。
関連記事→中国、戦慄の「日本支配工作要領」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-448.html
関連記事→在日コリアンの本音
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-440.html

日本人は目を覚まさなければいけない。
ほんとうにそう思います。

おかえりなさい

サプライズですね!復活されたこと、そして書籍の出版。
待った甲斐が
ありました。本当に嬉しいです。

お休みの間に北朝鮮のミサイル発射、NHKのプロジェクトジャパンによる
日台分断工作と憤る話題には事欠かなかった訳ですが、ブログ主様なら
どんなコメントをされるだろうと時々想像しておりました。

私も微力ながら「粛々と抗議行動をする!」と関係機関にメールを送るなど
しておりましたが、「なりふり構わず工作を仕掛けて来る中国は相当焦って
いる」と感じています。
ネットや書籍を通して真実を知る日本人が増えている事を相当恐れている
ように思います。

手を緩めず・信じて・諦めず、拡散するのみ!行動するのみ!

ブログ主様の今後の活躍をお祈り致します。

北京オリンピック

北京オリンピックの開会式で、空中に巨大な地球儀が出現した。そして、クライマックスで、その地球儀が、突然、真っ赤に染まったのだ。これは、中国の世界征服宣言だったのではないだろうか。

麻生内閣真水15.4兆円「自民党危機対策」を決定
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=992

スパイ防止法《対日政治工作》
http://ryutukenkyukai.hp.infoseek.co.jp/spy_boshi_1.html
http://www8.ocn.ne.jp/~senden97/

世界の先進国でスパイ防止法がないのは日本だけ!

国損防止法 提出運動
http://hw001.gate01.com/funwaka/ronsupai.htm

日本を、日本人を信じて

>日本よ目覚めよ! 
冒頭に書いた「春眠暁を覚えず」は、まさに今の日本そのものです。

思わず目頭が熱くなりました。
シナで生活し、こちらから日本を見ながら祈り続けています。
モスラの復活を祈るインファント島の住民の気分です(笑)。

世界の超大国が総がかりで封じておこうとするほど日本の潜在能力は高く評価されている、と解釈します。放っておけば日本が世界の中心になってもおかしくない、と思っているのではないでしょうか。

日本対世界、で互角の勝負、です。
喧嘩ではなく、文化的影響。よりよい共存を目指すとき人々が何を手本にしようとするか、でです。

香港・マカオで「どこから来たのですか?」と聞かれて「日本です」と答えると途端に表情を柔らかくしてくれるひともたくさんいます。大陸人への日々の対応に疲れた彼らがちょっとホッとできる相手。

自分が日本人であることに感謝し、誇りを持ってこちらで生活していこうと思います。

宙水が、朝日新聞のネット情報班だという疑惑をずっと持っています。
保守っぽい発言の割りには、ネットウヨクの連発ですから(笑)。
非常に判り易いやすい御仁です。

http://banmakoto.air-nifty.com/


2009.3.29の記事のコメ欄

普通の国民さんの仰る多くの部分に私も同感です。

世界は「行動しない者」「他者に依存するだけの者」の存在は許しても、主張は決して認めません。意見を激しくぶつけ合った者と、判断を自分に任せて後方で様子見をする者がいたとして、「これから先どちらと未来を歩んでゆくか」…と問われれば、多くは間違いなく前者を選ぶでしょう。

国際社会における日本の現状は、かつて命をかけて米国を始めとする列強国と渡り合い、行動を示した先人達の“遺産”を食い潰しているだけに過ぎません。

この国の多くの民は、楽しく生きること、遊ぶことにだけに執着しています。不快なものからは徹底的に目を逸らし続け、自分の世界から出ようとはしません。生も、死も、生きること自体に真摯に向き合おうとしていないのです。

私達が「日本人である」と言えるために最低限必要なことは、日本を構成する“要素”を後進に伝える力の一つとなることです。文武を一つずつ学び、その担い手になることが理想なのだと思います。また、それを学ぶことはこれからの日本を支える大きな下地にもなりえます。

例えば“武道”であるならば、筋肉による力、スピードの向上ではなく、元々日本人の体に備わっている身体特性を効率的に運用することを主眼としています。また、能楽の“舞・謡”や“楽器”のように西洋的な音階やリズムを廃し、動きを制限し、一見すると極めて不自由な中から、無限の表現性を導き出すこともできます。

日本人が本来持ち合わせている能力をきちんと発揮できれば、どこの国にもそう簡単に遅れをとるものではありません。真っ向から力比べをするのではなく、自分達の特性をよく理解し、最大の武器として用いるべきです。

そして日本は海洋国家です。この国の安全保障は海を主体としておこない、実行力をそこに逃がしておく必要もあります。現在のような迎撃用途のディーゼル潜水艦も大切ですが、ここから先、原子力潜水艦(核報復能力)は真剣に議論されるべきでしょう。

それを持って、この国にはどれほど小細工を弄して社会を歪めようとも、決して潰せない良識ある民意が存在し、誇りなき隷属を拒み、理不尽な要求には実力行使も辞さない…という意思を秘めていることを、対外的に毅然と示さなければなりません。

“事なかれ主義”による外交は最大の愚策です。うまく局面を切り抜けたつもりが、実は将来にツケをまわしているに過ぎません。どうか麻生首相には子供達の世代の為、仮にそれが痛みを伴うものだとしても、いまここでこそ然るべき対応をお願いしたいものです。

新しい記事が出たので、私ごときがコメント欄を消費するのも、何となく許される気もします。管理人さん本当にありがとうございます。

おかえりなさい。
またボチボチ更新して下さったら大変嬉しいです。
また勉強させて下さい。
宜しくお願いします。

お帰りなさい!

ブログ主様お帰りなさい!お休みになっている間、しょっちゅうここを訪れて皆様のコメントを拝見していました。高い見識、知識のある多くの方々が集っていらっしゃる事に以前から感心していましたが、ブログ主様がいつお目覚めになるかわからないのに毎日毎日コメントを書き込んでいらっしゃる皆様に胸を熱くしておりました。こういう方々が集うところが必要なのです。そういう場を提供してくださっていることに厚く御礼申し上げます。

待ってました

ブログを書き続けることの大変さは良く理解できます。
取り上げたテーマとコメントが評判を左右することも事実です。その中で広く多くの人からヒットされ続けることは一言で言えばセンス以外の何物でもないと思います。
力まずに、ランキングを気にしないで書き続けていってください。

>ねずきち様

いつもブログの記事を楽しく拝読させていただいています。今日このコメント欄に投稿なされた文章も興味深く読ませていただきました。

>では、日本ではいったい誰がいちばん美味しいものを食っているかというと、これが実は生産者、漁師さんであったり、、お百姓さんであったりします。

これは、おそらくねずきち様が江戸時代以降の豪農、庄屋さんをイメージして書いた記事ですね?記事の中に登場する代々続く農家の御友人の話もおそらく、御先祖様が豪農か庄屋さんだったのでは、と推察致します。

当時のお百姓さんでも、そういった少数の豪農と大部分だった小作農では、かなり生活のレベルが違うと思います。

もちろん、博識なねずきち様は、そういったイメージで書かれたと感じてますが、読んだ方々が当時のお百姓さんが全て、お殿様以上の美味しいものを食していたと感じることはないとは思いますが、老婆心でこのコメント欄を消費させていただきました。お許しください。

日本のプレゼンス(余談)

>> 普通の国民 さん

米国在住者のひとりとして感じている米国における日本のプレゼンスですが、これは住んでいる世界によってその感じ方は大きく違うと思います。

政府関係者として生きているか、
企業関係者として生きているか、
関わっている産業は何か、

また、
短期滞在者として生きているか、
長期滞在者として生きているか、

そして、
米国都市部で生きているか、
米国の田舎社会で生きているか、

以下は、企業関係者、長期滞在者(永住者)、そして、田舎社会で生きる者としての感想です。

米国は本当に広いので、州やそこに住んでいる民族の分布状況が違えば考え方や対応も全く異なります。残念ながら米国に長く住んだことのある人でないとこの違いの大きさは理解できないと思います。

しかし、日本への対応を米国政府全体で見るならば、ブログ主さんの以下の意見が全てを表現していると思っています。

----------------------------------------
アメリカは、目覚めた時の日本人の優秀さと強さをよく分かって
います。そこで日本を核武装させないために米中両国が共同して、
日本を抑え、いつまでも眠らしておく事が、両国の基本政策です。
----------------------------------------

事実、大東亜戦争以降の日本占領政策はそのとおりに推移し、その思考に沿った国の運営がこれまでなされて来たことはこのブログを訪れる多くの方々が理解されているとおりです。

そうした手枷足枷の中で、日本は多くの技術開発を成し遂げ、表面には現れていなくとも見えない部分で世界をリードしている物を多く所有しています。これはブログ主さんもこれまで何度も書かれていることです。

米国も中国も「中身がない」ので、表向きのプライドを維持しておかなければ国そのものを運営できません。これは、日本のプレゼンスは常に低い状態で表現されなければならないということです。事実、米国の東側それも田舎に住んでいると日本のニュースやアジアのニュースも殆ど流れることはなく、世界は米国と中国で回っているかのように見えます。

しかし実態はそうではないでしょう。
GM, Chrysler, Ford が危機に陥って、政府からの援助をどう得るかということはニュースで大きく報道されますが、米国民個々がそれを本当に大変だと考えている様子はそれ程大きくありません。何故なら、TOYOTA, HONDA, NISSAN という既に米国民を多く従業員として抱える企業があり、良い車はそこから供給されることが分かっているからです。

レイオフされる従業員が住んでいる地域と閉鎖される工場のある町では大きな問題となりますが、それもある意味では自己責任だということを米国人自身が良く分かっているし、皆レイオフする側、される側で生きてきているので、外から見る程の同情心はその他の米国人にはないように見えます。政治家は騒ぐでしょうけどそれはまた別の目論見があるでしょう。


米国の家電産業は既に壊滅して存在自体がなくなっていますが、SONY, Panasonic, Toshiba, Sanyo, Hitachi その他が今後とも良い製品を出してくれるだろうということは誰も疑っていません。また「安かろう、悪かろう」製品は常に MAIDE IN CHAINA だということも折込済みですね。

良いものを持ちたいなら日本製、品質にはこだわらず、とにかく安い物で良い、使えさえすればよい、壊れれば買いかえれば良い・・のは中国製、で市場でのコンセンサスは出来上がっています。

日本が先頭を切った航空産業はありませんが、ボーイングが製造技術を IHI, MITSUBISHI, KAWASAKIJYUKO, MEIWASANGYO, その他の日本企業に託しているという事実は今後とも続きます。コンピュータネットワークで設計情報は繋がっていますので(あまり話は出来ませんが)、日本側のノウハウが無ければやって行けません。

原子力分野では TOSHIBA のプレゼンスは米国策に合わせてこれから更に上がるでしょう。

ブログ主さんもこれまで何度か事例として書かれていますが、産業機器の分野で世界を牛耳っているのは日本とドイツです。これらの産業機器がなければアメリカの武器もまったく作れない状況となっています。FANUC, MORISEIKI, MAKINO, OHKUMA, TOSHIBA KIKAI, JTEKT, TSUGAMI, OKK その他の高度な技術によって精密産業は成り立っています。(名前を挙げなかった会社の方・・すみません、悪気はありません)

こうして見ると、米国の基幹部分に日本は既に組み込まれていると考えられます。ただ、こうした事実を日本人も米国人も良く知らないというのが現実でしょう。知られては困るという欧米のプライドも大きいでしょう。

しかし、もっと大きな日本のプレゼンスがあります。
それは漫画とゲームです。現在の政治家の年代ではなく、もっと下の世代における日本のプレゼンスはものすごいものがあります。それこそ米国の田舎の田舎でも日本のゲーム機はあるし、日本語のままの漫画(翻訳していないもの)もあるし、MANGA, OTAKU という言葉は既に米国語になっていますし、何処の本屋に行っても MANGA, OTAKU というカテゴリーが存在し、そこに米国人が集まっている、既に十分溶け込んでいるというのが実態です。

信じられないかも知れませんが、「日本人になりたい」「日本に生まれたい」「日本に行きたい」「日本語を学びたい」と言っている子供たち(中高生)がアメリカには沢山います。こんなことは決してニュースにはなりませんが、事実です。

戦争の後、様々な経緯を辿り、日本文化はしっかりと米国に溶け込む形で根付いています。それを良く思っていないのは中国です。アグネスチャンなどを使って政治的に日本の漫画産業に打撃を与えようとしていることは皆さんも御存じでしょう。

MANGA, OTAKU の世界になると日本以外で一番プレゼンスが大きいにはフランスです。
日本に直接行けないヨーロッパ人は、日本の文化に触れるために皆がフランスに集まります。

漫画と言って馬鹿にしては行けません。MANGA の話をすれば世界中の若者と文化を共有し、話が出来、分かり合える世界があるということです。

旧世代の人間は、英語を話せれば世界に出ていけると考えたでしょうが、今は MANGA を知れば世界に入っていけるという時代になっています。だからこそそうした日本の将来を潰そうと中国は動くのでしょう。

長くなりましたので、ここで終わります。

同じく、北米に住む者として。

初めて、投稿させていただきます。

北米に居住し、永く祖国、離れていますと、今まで見えなかった物が見えてくる、解らなかった事が、距離がある事により、理解できるようになる、多分、海外で永く生活なされている方であれば、ご理解いだだけると思います。

さて、今現在の我が祖国の国、国家、としての在り様、安全保障、又、国民の意識、国家観、唖然たる思いがあります。

北米に住む我が同胞、最近の移住組は別にして、現在3世、4世、先ず彼らは日本人ではありません。父や母に繋がる国としての意識はありますが、所詮、その程度です。
又、この国には多くの若者が、語学研修として、短期、長期でやって来ます。私も色んな若者と会い、話もいたしました。これも、全てではありませんが、唖然としました。なんと、中身の無い、若者が多いか!同じ日本人として、本当に我が祖国の将来、憂いました。その意味では、アメリカの戦後、教育、日教組の偏向教育が、花開いた。そう、思う程の成果です。

従って、私的には、今の日本取り巻く、状況については、手遅れ感が否めません。正直言って、このブログで、さまざまな方が民、憂い、国、憂い、何とかしなければならない、その上で、貴重なご意見が沢山あり、また、此処のオーナーの経験に裏付けされた、見識ある意見、どれもが、心に響きます。
中国の覇権主義、米国の利益のみの国家戦略,半島の刷り込み反日教育、又、我が国の売国奴政治家、電通支配の反日メデイア、巨大宗教団体の政治介入、。どこから、手、つけたらよいのでしょうか?どうやって、この巨大な敵から、わが祖国、我が同胞、守ればよいのでしょうか?

我が国民は、まだ、覚醒していません。価値観も国家観も、この国の在り様、ビジョンも歴史認識もばらばらです。声だかに核武装や、軍事力の増強、極悪左翼勢力の粉砕、叫ぶ、私もそのとうりだと思います。しかし、ならば、どうやって!此処が、問題です。

ブログ主様の次なる、コメントに期待しております。愛国者の1人として、貴方様の活躍、お祈りしております。
長文にて失礼いたしました。

北米在住、団塊世代、元企業戦士でした。

似非保守

>kuni9292様
>k様

普通の国民様の呼び掛けに、瞬時にこういった米国在住なされている方々の貴重なご意見を伺えるのも、このブログの素晴らしいところだと思います。本当に外部からの貴重なご意見、ご見解だと感じました。

確かに私も普段からこの場で日教組批判を強く主張している者として、k様のお嘆きが非常によく理解できます。

特にk様が、北米に語学研修に来る日本人若者の呆れるばかりの質の低下にお嘆きの気持ちも同様によく理解できます。少し日本の実情を知る者として、補足させてください。貴方様が遭遇されたその日本人の若者が呆れるばかりの質であるのは、ある意味無理からないと感じます。日本では金銭的に裕福ではあるが、学力的に希望通りの学校に進学できない子息女をがそのプライドを「穴埋め」するような形で、北米やオーストラリア等に語学研修留学に行く形が、かなり多いのではないかと感じます。だから、貴方様が遭遇された若者が何の苦労もせず、家庭環境から(そういった進学問題でも)大して挫折感を味わうことなく成長し、大した人生哲学も持ち合わせていないから、そのような「軽さ」なのだと感じます。もちろん、確かに優秀な大学へ通い、その間留学する学生の中にも、そういった質の低下した学生がいるとは思います。何とか語学力を得ようと独力でお金を蓄え、強い目的意識を持って留学する少数の若者なら、そういったあまりに辟易するようなレベルではないとは存じます。

しかし、そうは言っても貴方様がご指摘なされているように戦後のあの日教組による、偏向極まりない害悪で教育された日本人の質の低下は確かに否めません。これは本当に難しいですが、こういった場で力を合わせて、彼らを糾弾し、多くの日本人を地道に覚醒させていく以外方法がないと感じます。

私はここにお集まりになっている識者の方々が指摘なされているように、こういったメディア、教育界などを覆う左翼の欺瞞を暴くには、ネットの配信力はかなり有力な対抗手段だと感じています。ただ、何千万台とパソコンや携帯電話が普及しても、それを会社の仕事で会社の社員全員が保有し、仕事でそれを使う割合や、パソコンや携帯電話をネットオークションや個人の趣味のために「限定的」に使用している方々の割合もまだまだかなりあります。また、ある年齢層以上では、そういった媒介に接する機会のない割合も考慮しなければなりません。ですから私もk様がおっしゃられているように、日本を変えられるくらいに日本人が、「覚醒」するためには、まだまだ時間が必要だと感じています。

私はここに集われる方々が憲法改正を強く主張し、また皇室制度に関しても、明治憲法に戻すとするbingo様の主張にいつも強く同意しています。が、あの戦後憲法が今までただの一度も改正できていないのは、確かに左翼売国メディア、政党などの存在も大きいですが、簡単な手続きでは決して改正できない制度上の問題も考慮しなければなりません。

こういったことを総合的に勘案するなら、今の日本人が、何の無傷を負うことなく「覚醒」することを期待することは、彼らがメディア、教育の中枢を押さえてしまっている現状、私も容易ではないと感じています。

野村旗守氏が、その著書の中でこう述べています。

>北朝鮮という国我々の同胞を拉致し、わが国に向けてミサイルを飛ばすテロ国家であるが、反面、戦後長らくアメリカの核の傘の下で精神的属国にされてきた日本国民を覚醒させてくれた得難い隣人である。金正日のおかげで、わが国は真の主権国家として蘇ることが出来るかもしれないのだから。(引用終わり)

私もこの北の動きか、支那の動き如何で日本人が覚醒する契機とはならないか、と感じています。

例えばあの「尖閣諸島」、政治家や外務省にも売国勢力があるため、日本はあの島々の当然の占有権利を主張することに腰が退けています。こういった姿勢をあの邪悪な支那が見逃すはずがありません。だいたいあの南沙諸島の領有でも、一番主張できない立場で、それも後から強引に武力で主張するのが、支那のやり方です。現在支那が尖閣諸島を武力で侵攻しないのは、プレゼンスが低くなっているとは言えども、まだ日米安保があるからだと思います。昨今支那は壮んにあの領域に調査船を投入し、長時間違法滞在などして、動向を探っています。この島々に現在住民もなく、そして海域に地下資源があることを考慮すると、支那が日本の武力侵攻に動くことがあるなら、私はまずここだと感じています。そういったことが起こった時、日本人は日本国内にはびこるこれら「獅子身中の虫」反日勢力の欺瞞から目覚めるのか、どうなのか、その時、その成否が試されるのではないでしょうか。

駄文長文失礼致しました。

小坊主さんからメルマガが届きました

v-4962009年04月14日
自衛隊入隊式!
こんにちは!戸井田とおる事務所です!
いつも小坊主日記をご覧いただき、心より感謝いたしております。
週末、戸井田は地元、陸上自衛隊姫路駐屯地の「新隊員入隊式」に
出席、ご挨拶させていただきました。姫路と国防の関わりは古く、
明治7(1874)年に旧陸軍歩兵第10連隊第1大隊第1中隊が
大阪より移駐、明治29(1896)年には第10師団の司令部が
置かれ、軍都・姫路として栄えました(陸上自衛隊姫路駐屯地HPより抜粋)。

現在は陸上自衛隊第3特科隊が置かれています。
厳粛な空気の中、入隊式が行われました。v-496
http://toidakatudou.tenkomori.tv/e91569.html

>国家・国民の安全のため、危険を顧みず、
身をもって責務の完遂に努める自衛官はv-496日本の誇りであり、


・・・本当にありがたいことです

「新憲法無効論」と言う考えがある。」

いわゆる、護憲派、すなわち米国GHQが作成した「占領憲法」、愚かな9条を守ろうとする日教組や左翼連中を売国奴、国賊と定義し、これを排除、伝統ある日本の国体の復活をさせなくてはならないと考えている。

米国の占領軍、GHQによる占領憲法は、そもそも日本人によるものではなく、これ自体を基にした改正自体が、おかしなことである。これを基にした、いかなる改正も、憲法の整合性から逸脱するものであると考える。

サンフランシスコ講和条約によって、日本の独立の復帰がなされたと言うことは、大日本帝国憲法が生きた前提で行われたことであり、GHQの占領憲法を元としたことではない。 要するに国の主権、国益を守るための交戦権と終戦をさせる主権を有したものが、日本国家の憲法である。そして原状回復された、日本国帝国憲法こそが、日本の独立を確立した憲法であると認める。もし時代の変化に対応するとなれば、大日本帝国憲法を復活の上、憲法改正の定義が成り立つことを主張したい。

更に東京裁判(極東軍事裁判)に関連し、靖国参拝を他国からの内政干渉を受ける筋合いはない。また、歴史捏造、歪曲によって、言われなき非難、糾弾的攻撃を受ける根拠もない。日本の長い血脈、歴史、伝統、文化を汚すものは、グローバル時代などの言葉で許せるものではないことを断言する。

参考リンク:
憲法無効論か?憲法改正論か?小山常実 渡部昇一(6-5)
http://www.youtube.com/watch?v=7-feFCiNWNs&eurl=http%3A%2F%2Finosisi80%2Eiza%2Ene%2Ejp%2Fblog%2Fentry%2F122904%2F&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=n6yMQfza998&feature=related (6-6)

一期一会様、丁寧なる、御返答、真に有難う御座います。

北米在住と書きましたが、詳しくはカナダ在住です。
この国は117カ国からの移民で成り立っている国です。その意味では、人種的イデオロギーはありません。つまり、移民の段階でそういった事
は、この国に住む以上、やってはいけない事として、教育されます。
客観的に見て、黒人人種以外は上手く、行っていると感じます。

さて、海外における、日本のプレゼンスですが、どういったらよいでしょうか
多分、ブランドでしょうね。自動車から、コンピュータ、電子,IT,k家電、その他、、底には、苦悩する、日本はありません。又、日本人が思う程の関心はありません。
面白い話、書きます。昔ニュウーヨークの酒場で、飲んでいた時、アメリカのおのぼりさんと同席しました。彼は田舎の屋根の職人、彼の認識では日本は中国の一部でした。、一般的、アメリカ人はこんな程度です。
従って、国連においても、日本という国は、我々、日本人が思う程、評価はたいした事がないのです。

やはり、日本、基本から、代えるのは、選挙しかありません。
魑魅魍魎の闇組織が跋扈して辛うじての日本民主主義ですが,真の真正保守が大多数になれば、展望は、開けると思います。
この場合、まだ大丈夫時間がある! もう、時間が無い、早く、なんとか!
私の場合、後者ですが、
願うは、超救世的愛国者出現、待望しております。又は自衛隊のクーデター。いずれにしても、ショック療法がなければ、多くの日本人は惰眠のままです。此処に集う関係、各位の皆様、  よい知恵、教えて下さい。
Kでした。
 

マスコミが最も恐れるイベント 4月28日決行

【 東京裁判 賛否 国民投票 】
投票日:平成21年4月28 ~ 5月28日
1952年4月28日、日本が主権を回復したその日に出版された『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫・田中正明著・560円)を、東京裁判否定の意思表示の「錦の御旗」にして、4月28日からインターネットは「アマゾン」、書店は「紀伊国屋」をメインに予約注文(一冊を一票として)を開始しましょう。
インターネットユーザーと保守系団体が、一致団結できれば、パール判事の「その時こそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求することだろう」との予言を現実することが出来るでしょう。

平成21年4月28日から1ヶ月間、「アマゾン」と「紀伊国屋書店」のランキング1位を継続できれば、広く国民が認知することになります。
http://www.freejapan.info/?Word%2F2009-04-28
ぜひご参加ください

祝・再開!
お帰りなさいませ。
無理のない程度でまた続けてください。
本も是非買います!

米ゴールドマン、公的資金返済しても経営の自由奪還を要求

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-37480420090414

 ゴールドマンは、全体で7000億ドル規模のTARPから100億ドルの注入を受けている。
専門家によると、公的資金の受け手には、報酬や経費、買収などに政府の強い監視が及び、
頭痛の種となっている。

サブプライム・ローンを引き金とした世界経済の低迷や巨額損失の実体は存在しない、
その理由は、いわゆる数百兆円を上回る巨額欠損に見合う利益を上げた個人も組織、機関、会社も
存在していない。
外資ハゲタカの騙しの手口で世界中の株式、債権、金融商品に空売り仕掛けを行つた詐欺行為である。
 いわゆるこの巨額の損失とはハゲタカ売軍団が抱える含み益である、
これが100年に一度の凶悪な経済犯罪の真相である。
ハゲタカ売軍団の旗手GSは偽装倒産の公的資金受け入れ(一時国有化)の結果として濡れ手に
粟の如く転がり込んでくる確定利益で笑いが止まらない。
公的資金の返済で経営の自由奪還とは、公的資金の返済は当然であるが同時に世界経済に与えた
損害賠償をする事である。 ハゲタカ売軍団にその覚悟ができているのだろうか。

【株式ニュース】
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi

愛信様

>いわゆるこの巨額の損失とはハゲタカ売軍団が抱える含み益である、これが100年に一度の凶悪な経済犯罪の真相である。

ハッとするようなご指摘です。拝見してナルホドと思いました。
小生経済理論には疎いので、もう少し詳しくご説明していただければあり難いのですが、、、

愛信様

Frank 様と同じ興味があります。
>100年に一度の凶悪な経済犯罪の真相である。

これが、解明されると、世界の勢力構図が、はっきりしてくるように思えます。

おかえりなさーい!


お帰りなさーい。復活して下さったんですね。
今日のトピックスの内容には、諸手を上げて大賛成です!!

管理人さんの著書を楽しみに待っています。
お体に気をつけて、無理をなされない程度に、
ブログアップしていって下さい。

>しかし中国人は日清戦争の敗戦と、戦前中国を侵略した日本に対して
消える事のない復讐心を燃やし続けています。

"侵略"ではないと何度言えば分かるんだ?

分かるまで復活などせんでいいよ!!!

RE:100年に一度の凶悪経済犯罪

>Frank 様 bingo 様

マスゴミが報道しない麻生総理の演説要約
http://kafuka36.blog104.fc2.com/blog-entry-510.html

2009年2月22日 
自民党県連の政経セミナー(ホテル青森) に於ける麻生総理の演説要約。

--- 一部抜粋---

9月15日、リーマンブラザースが倒産をしたことで世界中が金融不況に
突入しました。

これが波及効果が極めて大きく、世界中が一斉に世界同時デフレ不況に
陥ります。
しかも、これまで不況といどもどこかいい国が一つはありました。

今回は世界同時不況で例外なく193国全部不況。
過去に例はありません。

---終わり---

麻生総理も気が付いて居られるようです。

>もう少し詳しくご説明していただければあり難いのですが

私の意見につては下記に一連のニュースを掲載していますので参考にして下さい。
【株式ニュース・タイトル一覧】はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks_hdir.cgi

愛信

本格再開を望みます。

「道徳的な国家・日本が核を持つ」
これこそ、日本と友好国が平和に暮らせる一番の方法だと思います。
一向に勉強しない政治家は反省しなければなりませんが、それと共に、核について話せる環境が必要です。日本国民が核についての知識を習得し、単なる感情論で否定し続けた過去を葬り去るべきです。教育の場で核や歴史認識について正しい知識を身につけるのは一番大事ですが、周辺国の日本に対する侵略は待ってはくれません。ネットから核議論を発信すべきだと思います。


 ついに本を出されるのですね。首を長くして待っています。

「さらば森田と言おう!」と立ち上がった有権者
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=996

表裏一体の現代

「サンプロ」竹中平蔵氏「存在の耐えられない」誤謬
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=994

340兆円をアメリカにプレゼントした日本(郵政民営化)
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=21

9.11テロそれでもマスコミはダンマリこくる
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=28

ロックフェラーとの会話内容を暴露したアーロン・ルッソ監督、怪死
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=39

金融資本家の暗躍
http://uramedia.blog119.fc2.com/?mode=m&no=37

永遠に平和で在る為に

必要最小限の最新鋭自衛隊が在れば良い。

外国に攻め入る必要は無いので、陸自は自国民救出の為の特殊部隊と警察で対応出来ない時の治安部隊が在れば良い。戦車など無用。
海自はイージス艦があと何隻か在れば良い。それよも核ミサイル搭載潜水艦を、10隻ほど造るべき。

空自は最新鋭部隊が、北と南に2つ在れば良い。

核は、陸に持つ必要は無いので海にに沈めて置けば良い。

これで、永遠に平和が約束される。

と、思うのですが?
私的な理想空想で、板を汚して申し訳ございません。

一番抑えておくべき事は・・・

「本当のことを言えば」、政党や肩書きではなくて
誰が、何をする・・・日本の国益になる政治家なのか
という事だと思うんです。

>目を覚ました日本人たち さん
>「さらば森田と言おう!」と立ち上がった有権者

そんなわけで、「また」、書きますが、
「自公政権打倒のために集まろう 」のお考えですが
売国奴左翼に”目覚めた”方、というわけでしょうか。。

危機の時代の今、自民党”だけ”が、
良いとかでなく、(自民でもいろんなお考えありますし)
各個人が、命がけで日本を愛しているのか、
そういうお心を、持ち合わせているかどうか・・・

これからは、そういう事が大事な時代に
なってくるでしょう。
喧嘩を吹っかけるような民主党は残念です。
政党同士が対立しあって、バラまき合戦では、
もう、国民の心を、つなぎとめられません・・・・
政治不信になってしまいます。

でも、今は麻生さんの、北ミサイルのときの、
ご決断の方向性に、「日本丸の舵とり」をお任せしよう・・
って感じの、国民の支持も、多いと思います。
森田健作さんも皆さんに支持されてます。
国民の多くは、そういう方向になってきました。
騒ぐのは、その流れを止たい人なのでしょう。

中国に属国化して、”チベットみたい”になりたくないです。
自由と民主主義の精神で結構です。
(左翼マスコミによって言論は、封じ込められつつありますが)

日本の繁栄を羨み、手中に収めようとしても、奪ったら最後、
今の繁栄はなくなって、ただの島になってしまいます。

高山植物だって低地におろしたら美しく咲けません。
排気ガスとかの中じゃ死んでしまうこともあります。

おそらく汚れた心で、乗っ盗った時点で、
崩壊していくと思います。
神々の住まわれる、国なのですから・・・。
そこに住む、ご先祖の民の篤い信仰心によって、
繁栄は授けられてきたのだと思います。
享受しているだけでなく
だからこそ、次世代の日本ために、
命がけで守るべきだと思います。

日本は、神仏と日本人の魂が、この「天と地」に在って、
柱となり、小さいけど、この島国はどのような中からでも、
発展し繁栄、しているのです。

北ミサイルはいろんな国の問題点(本音)を、
あぶりだしてきたような気がします・・
そろそろ憲法改正に踏み込んでほしいです

http://www.youtube.com/watch?v=Dh8nDj9FV2w

4.28 マスコミが最も恐れるイベント!

日本を思う日本人なら必ず参加しましょう!!


スレ違いすみません。もう時間がありませんのでご協力お願いします。

alanさん

主さんは、支那側の言い分・心情として書かれていると思います。

というか、、あなたのためにブログ書いてるわけでもないでしょうに。(´-ω-`)
気に入らなければここにこなければよろしかろうに。

意見ではなく命令口調でのコメントほど鬱陶しいものはありませんね。

必要最小限など判らないと思います

>ネット素人さんへ
>必要最小限の最新鋭自衛隊が在れば良い。

北朝鮮のミサイルが発射された舞水端里は、小松基地から800キロありません。またこの地は海に近く、しかも水深が急峻に変化するところで、潜水艦なら深度200~300メートルの深深度航行のまま(舞水端里まで)20キロ以内に接近できると思います。
ということは、北朝鮮はF15Jに地上攻撃能力がなく、また日本の潜水艦にも地上攻撃能力がないことを前提に舞水端里を発射基地にしているのです。
戦闘機で爆撃するならば、ステルスでなくF15Jでも爆撃可能であり(おそらく)、潜水艦に地上攻撃能力があれば、巡航ミサイルでなくても爆撃ができる距離ではないかと思います。
すなわち、「最新鋭の兵器を備えた国が勝利するのではなく、そのときの軍事的環境に最も適した兵器を持った国が勝利する」(すなわち最善の戦略的優位性を確保できる)ということです。
だからこそ、あらゆるオプションを準備しておく必要があるのです。
その中でも「外国に攻め入る」ためのオプションは最重要なものであると考えます。
アジアはすでに軍拡競争に突入しています。不思議な悲壮感は必要ありませんが、軍備拡張は不可避であり、最新鋭兵器の開発は必要ですが、軍事費の節約にはならないと思います。
最後に、ネット素人さんの平和の中では尖閣諸島、竹島、北方四島などはどのような状態なのでしょうか。一度お窺いしたいものです。

「グアンタナモで何が起きてきたのか」

【最新ニュース】米、キューバ制裁を緩和 民主化の促進狙うはこちらをクリックして下さい。
米ホワイトハウスは13日、オバマ米大統領がキューバへの制裁措置を大幅に緩和することを決定
したと発表した。キューバ系米国人を対象に渡航と送金の制限を撤廃。
米通信会社に事業参入を許可するほか、民間航空機の定期便の運航も検討する。民主化の促進を狙う。
米国が「敵対国」と位置付けてきた国への制裁を緩める動きの第1弾となる。

【就任時のニュース】テロ容疑者収容所、1年内に閉鎖 オバマ大統領が命令へはこちらをクリックして下さい。
9.11世界貿易センタービルは米国政府により爆破解体された、
グアンタナモの施設に収容された、消えた乗客が「千の風」に乗って帰ってくる

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

時々変なのが沸いてくる

>目を覚ました日本人たち さん

売国社民党に日本人をかたられたくないです

日本に明るい未来を見出せません

物心ついたときは既にバブルが崩壊してて、日本については暗い話題しか聞いたことがありません。
この10年、世界全体が好況の中、日本だけが取り残され低成長。
今回の金融危機では逆に世界で五本の指に入る危機的な国となっています。
BBCでも頻繁に日本経済の転落が伝えられています。
日本に明るい未来を見出せません。
人口は減ってる、人材は劣化している、国土は狭い、資源は殆ど無い。
はっきり言います。没落国の国民である日本人であることが辛いです。

もうこの国は終わりだと思うのですが、どうでしょうか?

日本の未来は明るいです

↑さん、日本の未来は明るいです。日本人が日本の未来を信じないでどうするのですか?麻生首相だって日本の未来を信じています。
 資源はあります。日本海に大量に眠っています。日本政府はここを領土申請したので、何年かしたら掘り起こせます。
 技術もあります。原発の最新技術も日本は持っています。日本は現在外交カードの全てを持っています。
 無いのはプライドです。酷いのはマスコミと売国勢力です。それらを追い払えば良いのです。・・・・でも、それが一番難しいのかもしれません。でも日本をあきらめてはいけません。
 

カルト創価学会統一協会撲滅

西村慎悟議員、パチンコ換金完全違法化請願を提出
http://genyosya.blog16.fc2.com/?mode=m&no=1239

木を見て森を見ない人達

半島大陸メモ
http://freett.com/iu/memo/menu.html

>2009/04/15(水) 20:34:36| URL| #- [編集] 様

そんなこと、ぼやいて日本に住んでいるが、北朝鮮に引っ越したら、いい暮らしがあるかもよ。

>普通の国民様

貴方様が問い合わせされた内容に対するkuni9292様のご投稿に、先に割り込んだ形となり、誠に申し訳ありませんでした。貴方様の質問が「日本のプレゼンス」でしたので、私としてはk様があまりに日本の若者に悲観されており、少し事情をお話したかったのです。気分を害されてましたら、どうか、お許しください。

>k様

私はここに寄稿なされる、リッキー様他、海外に長期に滞在している方々のご意見も非常に参考にさせていただいています。外から日本を見ることは、「傍目八目」ではありませんが、違った視点から日本の状況がより具体的に観察できることがあるのだと思います。このブログの主様が放つ文章に説得力、惹き付ける力を持つのも実地でのご苦労から培った経験から導き出される真実があるからだろうと感じます。

それにk様、日本人の若者もそんな(貴方様が現地で遭遇なされた日本の若者)人々ばかりでは決してありません。例えばここに投稿される若者でも、売国メディアの欺瞞に気づき、しっかり自分の意見を述べておられる方々が多く声を聞かせてくれています。

k様はカナダに在住されてるんですね。カナダは貴方様が言及なされていますように、多くの移民が混交しながら社会を形成しているのでしょう。私もカナダの子会社にベトナムのボートピープルから幾多の艱難辛苦を経験しながら、信頼を勝ち取り、カナダ国籍を獲得し、生活している人間を知っていますが、その深い苦労を知る人間として、その人間の深み、穏やかな性格、絶えず他人を気遣う姿勢と、彼に逢うたびに尊敬の念を深くしました。

ところで、貴方様がご指摘なされているように、「ショック療法」が今の日本には必要と感じています。これは先に投稿させていただいた中でも記述させていただいた通りです。ただ、昨日貴方様が寄稿なされた文章に、「クーデター」の文字がありましたが、これは時期尚早ではないかと感じます。まだ一般の日本人国民が左翼の洗脳から覚め切っていない現状、それは「諸刃の剣」となる危険性があると考えるからです。普段から自衛隊などのいわれなき「危険性」について、馬鹿らしいくらいに左翼売国メディア、政党らが喧伝している中で、彼らに恰好の「攻撃材料」を与え、国家防衛上、多大なダメージをもたらす可能性も否定できないと推察するからです。自衛隊はやはり「一朝有事」の際、それこそ颯爽と国民を守ってくれる救世主のような登場の仕方でないと、左翼売国陣営を打ちのめし、それに洗脳されている人々を「覚醒」させることはできないと感じていますが如何かと。

今は、こういった考えの一致した方々が力を結集、雌伏しながら、なおかつ日本がより良い方向に進んでいけるように、そして何よりも例えば昨今のあの国営放送のあまりにも偏った許せない番組に憤りを関係各所にぶつける皆様の行動に見られるように、あんな許せない欺瞞を一々放置させない、本当の意味での「良識」の行動を絶えず地道に働きかける、それが必要だと何時も感じています。

先程、OOIDOYA様もあきらめてはいけない、と申されておりましたが、私もその通りだと感じています。色々なところでも言われたりしておりますが、あの明治維新も、僅かの強い意志を持った、日本の危機に立ち上がった方々が、あっという間に世の中を変えていったのですから。今の世にはびこる売国勢力を糾弾し続けることが大切です。

「中韓を知りすぎた男」を名乗るのなら一度は見るべき動画

>ブログ主様

■対支21ヵ条要求(1915年)・五四学生運動(1919年)の実際
http://www.youtube.com/watch?v=Q42ceerBYes&eurl

↑上の動画を見て興味を持ったら下へ

■中国はなぜ反日か?
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/62.html

>あきちゃ様

貴方は下も読んでね。

■GHQの占領政策と影響
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/241.html

一期一会様、
確かにクーデターでも云々の話は、いささか、いき過ぎの話であり、現状では、問題が有るとは、勿論認識しております。

では、投稿で述べましたように、具体的には、今、何、すべきなのでしょうか?確かにある種の青年、若者がネットの世界で目覚め、真の歴史、隠されていた情報、知り、立ち上がり始めました。そして、彼らが、さらに輪
広げ、近い将来、日本変革の担い手として、大いに期待します。

しかし、現実の日本代えられる力がある、30代40台50代の人々の認識、危機感は如何でしょうか?
残念ながら、過去の選挙みても、結果的には、それらは反映されては居ません。私自身、自民党信ずる者ではありませんが、消却的選択であれば、この政党しかないのです。
次の選挙が何時になるか!それは、解りませんが、少なくとも、それまでに、ネットの力で、真の脅威、隠蔽さて来た、歴史、真実、又、日本として世界にどうあるべきか!惰眠、小心、無関心の我が同胞に周知徹底させなければなりません。
日本はヤクザ国家でもなければ、覇権主義、領土拡張、侵略の中国、ユダヤ資本で支配された、御都合国益主義の米国ではありません。
が、反面、能天気で、臆病で、お人よしで、阿呆の国でも有ります。これは、私が言うのではなく、実際、そのように見られています。
国連分担金の大スポンサーでありながら、なんと情け無い、扱いでしょうか!今こそ、日本は毅然として、立ち向かわければなりません。

ブログ主様の主張のとうり、皆で真の日本愛する者同士で、手、取り合い、立ち上がりましょう。

ネット素人さん
>戦車など無用
現在日本は様々な工作により、本土上陸を防ぐ手段(クラスター爆弾)が無力化されつつあります。またそれに気付かない国民がほとんどです。戦争時に工作員の一斉テロなども危惧されている以上、本土防衛の要として戦車は欠かすことのできないものだと思いますよ。

>核ミサイル搭載潜水艦を、10隻ほど造るべき。
偏りすぎはいけませんが、最低限は必要ですよね。

>永遠に平和が
おそらくお巡りさんが自動小銃やロケットランチャーで武装しても、街からヤクザが消えることは無いと思うんですが。(笑)



縄文人さん
まさに仰る通りだと思います。

>だからこそ、あらゆるオプションを準備しておく必要がある
現在自衛隊で保有するF-2およびF-15における対地用途で運用、検討されているのは、本土に侵攻された際の自衛の為の爆撃能力に過ぎません。ところが、その性能向上の検討、使用錬度の維持訓練をおこなっただけで、妙な方々が国内外から「海外派兵を視野に入れている」「侵略だ」といった声を上げる始末です。

仮に先制攻撃もしくは戦闘継続能力を奪う為の戦闘機による敵地攻撃をおこなうならば、“一番マシ”なのが、F-2によるJDAM(GPS/慣性誘導装置付500lb爆弾)の使用でしょう。…とは言え、それを効果的に行う為には、一定以上の敵の地対空能力を沈黙させた上で、GPS誘導の為に精密な位置情報を送る地上部隊の展開などが不可欠となります。

F-2、F-15共に500lb無誘導爆弾は使用できますが、両機ともにステルスでもありませんし、単体で地対空兵器網をすり抜け、迎撃戦闘機を撃墜した上で、ミサイル基地を破壊…などということはゲームの世界でしか起こり得ません。現行法上は地上部隊の展開、支援などあり得ませんので、貴重な戦力、何よりもパイロットの生命、安全性を考慮すると、今のところかなり難しいですよね。

米国がグアムでF-22とB-2を運用した演習をおこなったのは、そういったことを意識した上で北朝鮮に圧力をかけたつもりなのでしょうが、最新装備にご執心な韓国ですら“少々アレなF-15”を購入して大喜びしているレベルですので、北朝鮮がどこまで理解しているかは疑問と言わざるを得ません。

興味のある方ならいざ知らず、社会の多くの方々の認識は「F-15よりもF-16の方が“数字が多い”から“強い”に違いない」という程度のものだったりもします。…おそらく車などの型番と同じ感覚なのでしょうし、また“強い”“弱い”という概念もあまりに漠然としています。ライフルを持って近接戦闘したり、ピストルで遠距離狙撃を要求するようなレベルの話です。

縄文人さんの仰るように「最善の戦略的優位性を確保」することこそが重要ですね。

中共の反日は手段

中共の反日は手段だからね。昔はその対象がソ連やアメリカだった時期があり、現在は日本というだけのこと。日本が悪いことをした、あるいは日本が侵略したから反日なのではなく、中共の政治的な理由で都合のいい国が日本なので、反日をしているというのが正しい理解。今からは信じられないかもしれませんが、昔中共は対ソ連関係が理由で、日本に対し軍事費の増大と国防力の強化を要求してきたこともあった)
そして日本が悪いことをした、あるいは日本が侵略したなどという偽りの加害史観を発明し普及につとめたのが、コミュニスト(アカ)達。これは1950年後半から1960年前半にかけて作られたもので、この時その一環として朝鮮人強制連行という対日プロパガンダも発明されてます。さらに、日本共産党と朝鮮総連がかつて同一の存在だったことを考えれば…

日本終了のお知らせ

>2009/04/15(水) 20:34:36 さま

貴殿の懸念はもっともな事だと思います。私も、いい年した多数の大人のクルクルパーぶりや、ある種の保守派(保身派?)にみるオナニーぶりを見ていると、正直200年以内には日本には日本人種はいなくなっており、支那人の国になっていると考えています。

>もうこの国は終わりだと思うのですが、どうでしょうか?
問題は、どうしたいのか、つまり意志の問題です。

終わりにしたいのなら、終わりになるでしょう。
終わりにしたくないのなら、なかなか終わりにはならないでしょう。

現在の日本の重要な問題は、幼少時から大人になるまで、いや大人になってからでさえ、アカや(在日)外国人らの策で教育とマスコミにより、敗北主義が深層心理に刷り込まれていることです。他にも、自身が凄まじくプロパガンダに弱く、対日工作員に都合の悪い事象に関してすぐに思考停止しプロパガンダを復唱するよう教育されていることすら認識できないという問題もあります。

スイス政府「民間防衛」に学ぶ
http://nokan2000.nobody.jp/switz/


しかし、希望がないわけではありません。

教科書の検定制度が、大きく改善されました
http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-2055.html

このように、日本を終わりにしたくないという明確な意志を持つ連中が(残念なことに少数の勢力ですが)がんばっています。芙蓉社の教科書を作った連中もそうです。ちなみに芙蓉社の教科書の採択を妨害(脅迫)したのは中核派(アカ)と民潭(朝鮮人)です。さらに言えば、一部を除き大多数の日本人は芙蓉社の教科書を採択しようとする自治体を、つまり日本、ということは自分の未来を守ろうという素振りすら見せませんでした。


貴殿はどのような行動をとりますか?在日日本人として傍観、あるいは政治家や行動している連中に罵声を浴びせますか?あるいは、日本人として、彼らに協力するなどして日本の明日を作るために、または日本を守るために行動しますか?それとも、部屋に閉じこもり泣き続けますか?

>k様

ご返信ありがとうございます。もちろん、これまでに言及させていただいてますように貴方様がお持ちの危機感を私も当然共有しております。ですから、こうして議論させていただいているのだと思います。そして、私も貴方様同様、今の日本では、ある種の「ショック療法」が必要なことも同様にこれまでに述べさせていただきました。

私はこの場で以前から、述べさせていただいてますように、現在の日本では、日教組を強く批判した中山成彬氏、日本はよい国だと当たり前の「弁明」をした前航空幕僚長の田母神俊雄氏が何れも失脚する事態となったこと、これは今の日本に覆う欺瞞や不正義が今も、そして如何にまかり通っているか、それを如実に指し示している「結果」だと私も考えています。この何とも言えない空虚感は日本に住んでいる我々の方が高いと感じています。

私がクーデターを時期尚早と話させていただいたのは、まさにこういった欺瞞や不正義がまかり通っている現状だからこそ、そうした行動も同様に左翼売国勢力の恰好の標的になる可能性が極めて高い、と感じているからです。

では、どうすればいいかですが、世の中の空気感は間違いなく、変わって来ております。これは日本を離れておられるk様以上に、私達が肌で感じられるものです。例えば、先に言及させていただいた田母神氏ですが、更迭された後、彼の人気は国民にすごく高いのです。こういった正論を吐く、憂国の士を支持する人間が確実に増えているのです。それを支える運動も各地で起こっています。

こういった世の中の流れは、あの北朝鮮による拉致事件によるところも少なくないでしょう。朝日などの欺瞞が如実に暴かれ出した端的な「証拠」を国民が目にし始めているからです。

>しかし、現実の日本変えられる力がある、30代40代50代の人々の認識、危機感は如何でしょうか?
このようなブログの中で、中心的に有益な議論をされているのが、その世代でもあるのです。こういった当たり前の左翼売国メディア、政党、団体等を糾弾する動き、行動は間違いなく大きくなってきております。
だから、私は彼ら売国勢力が、それ(世の中の流れ)を引き戻そうと、更なる工作を仕掛けてきているのではないかと感じています。その端的な例が国営放送のあの偏向ドキュメンタリー番組などは、その典型ではないかと。

>が、反面能天気で、臆病でお人よしで、阿呆の国でも有ります。

その通りだと思います。貴方様だけでなく私もここで前々から、述べさせていただいてますように、売国政治家や官僚の行為に憤りを感じています。だからこそ、こういった場で同じ認識を持った人間同志が、力を合わせて行動し、世の中を変えていく以外ないのだと思います。不正義や欺瞞がまかり通っている現状にもちろん、危機意識を持たなければなりませんが、世の中の流れを変えていくのもこういった人々の力の結集が何より必要だと感じています。

ヒラリー国務長官の中国共産党人脈
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=991

補足させてください。

>K様

その証拠に左翼メディアの弱体化は顕著です。毎日新聞の財政的危機状況はもう広く喧伝されていますし、朝日新聞も不正を糾弾するメディアにあるまじき、あの違法行為で脱税の発覚、赤字決算、朝日新聞編集局員による2チャンネルへの低俗な迷惑行為の発覚(これは朝日の恒常的な活動の露見でもあると見るべきです)、またあの在日勢力に乗っ取られている感のあるTBSが4月からの番組改編で視聴率(%)がほぼ全番組一桁という惨状です。

彼らのあまりに偏った報道姿勢が自身に跳ね返る、そしてその衰退を一層加速させる「兆候」ではないでしょうか。こういった現象は、売国メディアの欺瞞を国民が次第に気づき始めている証拠であり、(その結果これらの売国メディアが)次第に国民の支持を失い、いずれ立ち行かなくなるのは必然かと感じています。

政治ブログのコメント欄は、

傾倒して行く傾向があるから恐い。
あまり難解だと取っ付き難い。 (コメントを書くのが恐い)
 

 



麻生さんの最新メールです

>遠い目様へ
>傾倒って?真実を知ることが・・ですか?
こちらのブログは、v-496政治ブログでも比較的穏やかな
気持ちで学べます。眼を覚まそうという気があればですが・・・

考えたくないという人も居ます。でも、結局、皆が考えねば
ならなくなってくる問題だと思います。考えることから逃げても
身に迫ってから考えるようになる、というだけでしょう。
ぬるま湯につかったまま、いつの間にか煮れて死ぬ、
かえるは、イヤです、情けなくて、ゴメンです^^

最初はどんな分野でも、、(私も)何が何やら頭がくらくらしたりしました。
最近は冗舌じゃない分、コピペ、貼り付け使って、感じたことを伝えてます。

 ■○■○■   麻生内閣メールマガジン第27号    ■○■○■ 
 □●□●□             2009/04/16    □●□●□ 

●麻生太郎の「強く明るく」
[国際社会が一致団結]

 「安保理は、安保理決議に違反する、北朝鮮による2009年4月5日の
発射を非難する。」
 「安保理は、北朝鮮がいかなる更なる発射も行わないよう要求する。」
 「安保理は、すべての加盟国が決議の下での義務を完全に遵守するよう
要請する。」これは、今週、北朝鮮のミサイル発射に関して、国連安全保障理事会が、
国際社会の一致したメッセージとして出した、議長声明の骨子です。

 通常は、「遺憾」とか「懸念」といった表現が多く使われるところ、日本
の主張が認められ、「決議に違反」「非難する」といった、異例に強い内容
の議長声明となっています。

 わが国を含め関係各国が自制を求めたにもかかわらず、北朝鮮が、ミサイ
ル発射を強行したことは、決して認められるものではありません。

 国連では、ミサイル発射直後、初めは、自国の頭の上をミサイルが通過し
て、もっとも深刻な危険にさらされた日本と、受け止め方に差がある国々が
あったのは事実です。

 そこで、私は、一貫して、
 1) 強いメッセージとすること(これまでの安保理決議違反として非難
   すること、決議の完全履行を求めること)
 2) 国際社会が一致して対応することを示すこと
 3) かつ迅速にメッセージを出すこと

などを最優先として、私自身や、中曽根外務大臣を含め、あらゆるレベルで
外交努力を傾注し、行動しました。

 この週末に行ったタイでは、日中、日韓の首脳会談を行い、特に、日中首
脳会談では、温家宝総理と、予定時間を30分以上もオーバーして、この問
題を真剣に話し合いました。さらに、その後の日中韓首脳会議で、韓国の李
明博大統領も交えて、三カ国の間で議論し、考え方を収斂することができま
した。

 国連でのメッセージの発出は、北朝鮮をめぐる拉致、核、ミサイルという
深刻な問題への対応のひとつのステップです。今回、私は、決議か議長声明
かという形式もさることながら、「一致して、強い」メッセージを、「迅速
に」出すことを優先しました。その結果、異例に強い内容の議長声明を実現
することができました。

 国民の安全を守るため、私は、世界各国と連携を密にしながら、引き続き、
全力を尽くしてまいります。
 
 今回のタイ訪問では、本来であれば、北朝鮮問題に加え、アジア各国の首
脳に対して、日本とアジアが一緒に成長していく、「アジア経済倍増へ向け
た成長構想」を提案する予定でした。

 タイの国内事情から、急遽、帰国を早めた結果、羽田に到着したのは午前
4時。今回は、残念なこととなりましたが、引き続き、この経済成長構想を、
アジア各国に説明し、その輪を広げ、日本と共にアジアの将来の成長を確実
なものとしていきたいと思います。
e-491


政治家の方も国民の意識が高くなり、政治家が何を考え、行動しているか
だいたいお見通しなんですよね。政治家の方はコワいと思います。
いけないこと、間違った道も、人知れず、こそこそやるのでしたら、できたでしょうが、
民主党の代表のように、あからさまに公になってしまってからでは、
風あたりは、多きいでしょう

日本人成りすまし密入国偽名犯罪者集団在日

aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・AKKO(赤松亜希子)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)・misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)・YUKI(北村夕起,TRF)・土井たか子(李高順,北朝鮮,パチンコ,元国会議員)・中川秀直・辻元清美(社民党国会議員,赤軍派)・麻原影晃(オウム真理教教祖,サリン事件の首謀者,海外新聞がkoreanと表記)・宅間守(大阪池田小学校児童殺傷事件,裁判前獄中結婚,朝鮮部落,密入国在日)・徐裕行(韓国籍,オウム真理教幹部,刺殺犯)・林真須美(和歌山毒入りカレー事件,帰化人)・鄭明析(韓国人,カルト「摂理」教祖,日本人1000人,台湾人100人,米英仏人などを強姦)・織原誠二(英国人豪州人強姦殺害犯)・本多勝一(崔泰英,「南京大虐殺」虚報の朝日新聞中共工作員記者)・佐高信(韓吉竜,極左評論家)・筑紫哲也(朴三寿,元朝日記者,共産キャスター)・関根元(埼玉の愛犬家連続殺人犯)・あおい輝彦(青井輝彦)・赤井秀和・アグネス・チャン(金子陳美齢)・東ちづる・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,ハーフ)・いしのようこ(石野陽子)・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周・かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直実・神田正輝・小西真奈美・コロッケ(滝川広志)・さとう珠緒(佐藤珠緒)・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・ジョニー大倉(李雲煥,出典「在日韓国人の底力」)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄)・つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,出典「在日韓国人の底力」)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)・トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫)・なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美・成田豊(広告代理店,電通グループ会長,電通最高顧問)・西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・ビビアンスー(徐淑娟,混血:鮮人・台湾)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・フランク永井・ベンガル(柳原晴郎)・ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明)・もんたよしのり(門田頼命)・ラッシャー板前・りゅうじこうじ(笠浩二,C-C-B)・阿部寛(阿部寛喜)・愛川欽也(井川敏明)・愛内里菜(垣内里佳子)・安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・安田圭・安田祥子・安田成美(鄭成美,父親は朝鮮総聯地方幹部,出典「在日韓国人の底力」)・安田美沙子・安藤聖・安部譲二・杏里(川島栄子,出典「在日韓国人の底力」)・伊原剛志(伊原剛)・伊集院静・伊東ゆかり・伊東四郎(伊藤輝男)・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・伊藤蘭・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上陽水(田所純一郎,出典「在日韓国人の底力」)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵)・井沢八郎(工藤金一,出典「在日韓国人の底力」)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子)・宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,反日活動,台湾,帰化人)・円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学・岡安由美子・岡江久美子・岡田友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫)・岡本夏生(金村幸子,李夏生)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜依(B&K)・加山雄三・夏川結衣(宮川美紀)・河合美智子(鈴木一英)・河島英吾・火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川春樹・角川博・角田ひろ・叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン)・舘ひろし(舘廣)・岩城滉一(李光一,出典「在日韓国人の底力」)・吉井怜(飛知和怜)・吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司・吉田拓郎・吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・米倉涼子・丘みつ子(森田光子)・久本雅美・及川光博・宮下順子(金英姫,出典「在日韓国人の底力」)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳・宮迫博之・宮本信子(池内信子)・京本政樹・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二・玉木宏・玉利かおる・近藤真彦・金山一彦・金子堅・金田賢一・桑田圭介・桑名将博・桂木文・研ナオコ(浅田なを子)・原由子・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口昌匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・古舘伊知郎・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・後藤真希・倖田來未(神田來未)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン(出典「在日韓国人の底力」)・小室ファミリー・X-Japanファミリー・石原&大門軍団・氷川きよし・柴田理恵・たけし軍団・ジャニーズ・吉本興業・avexグループ・伊藤英明・北島康介・上沼恵美子・小林綾・小田茜・若村麻由美・山田優・松たか子・酒井彩名・松村邦洋・松田純・松本明子・松嶋直美・早見優・岩崎宏美・東山紀之・牧瀬理穂・細木数子・タッキー&翼・押尾学・竹野内豊・高島彩・加藤紀子・加藤小雪・榎本加奈子・羽鳥慎一・西尾由佳理・森摩季・上山千穂・大木優紀・勝田和宏・坂本龍一・役所広司・尾崎豊・L'Arc-en-Cielのハイド(高良井秀人)・井森美幸・河合奈保子(金原奈保子)・内田恭子・軽部真一・中村仁美・加藤綾子・生野陽子・森下千里・長野翼・松岡修造・広末涼子・小谷真生子・川北桃子・佐古忠彦・竹内香苗・堀井美香・小林豊・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐早紀)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳理)・高倉健(出典「在日韓国人の底力」)・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)・高品格・高峰美枝子・高木美穂・国広富之・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・黒木瞳(伊知地昭子)・佐久間良子・佐藤絵梨子(佐藤英利子,崔江利子)・佐藤浩市・佐藤藍子・佐野元春・左とん平・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州)・坂本九(出典「在日韓国人の底力」)・坂本冬美(坂本冬美)・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金城亜希子)・三国連太郎・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・三田村邦彦・山口百恵(混血,出典「在日韓国人の底力」)・山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島しのぶ(寺嶋忍)・寺島純子・寺尾聰・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩・柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子)・樹希樹林・出川哲朗・春一番(春花直樹)・春日八郎・春風亭小朝(花岡宏行)・所ジョージ(芳賀隆之)・緒形拳(緒形明伸)・勝俣州和・勝呂誉・小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功)・小泉今日子(厚木文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二・小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小島聖・小畑実・小野真弓・小野みゆき・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林旭・小林佳樹・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥(松村亜由美,皮屋の娘,BK混血)・松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子・松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出,出典「在日韓国人の底力」)・松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦・松村雄基(松村憲幸)・松田優作(母親が鮮人)・松嶋尚美(オセロの白,西成部落)・松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属系企業)・松任谷由実・松本伊代・松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・真矢みき・照英(高橋照英)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上原謙(池端清亮)・上戸彩・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江朝鮮部落出身,自称横浜)・新井春美・新山千春・新沼健二・新田恵利・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)・森高千里(父親が森高,母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)・森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘)・神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・水前寺清子(B,疋田民子)・杉原輝男・杉村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)・菅原都々子・菅原文太・瀬川瑛子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水圭(清水圭太)・清水健太郎(園田巌)・西岡篤馬(西岡徳美)・西郷輝彦(今川盛揮)・西山浩司・西城秀樹(李龍雄,出典「在日韓国人の底力」)・西川のりお(川西康成)・西村和彦(伏見茶屋,仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・西村雅彦・西田佐知子・西田敏行・青江三奈(井原静子)・青田典子・青木さやか・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石原さとみ(石神国子,創価)・石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は朝鮮総聯幹部)・石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・石田ゆりこ(石田百合子,出典「在日韓国人の底力」)・赤木春恵・千秋(藤本千秋)・千堂あきほ(千名晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸・浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢祐子)・前田吟(前田信明)・前田耕陽・前田亘輝・倉田まりこ・倉木麻衣(青野真衣)・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)・相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大塚寧々・大平かつみ・大原かおり(大原香織)・大原麗子・大場久美子・大信田礼子・大杉漣(大杉考)・大谷直子・大鶴儀丹・大和田獏(大和田芳朗)・滝沢秀明(旧姓・指田)・滝田栄・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・沢田研二(李研二,出典「在日韓国人の底力」)・辰田さやか・辰巳琢郎(京都大学のB)・淡路恵子(井田阿紀子)・池宮彰一郎(池上金男,池金男)・池内博之・池波志乃・池脇千鶴・中原ひとみ・中山仁・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,洗濯屋)・中森明菜(B&K,肉屋)・中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中村玉緒(奥村玉緒)・中島みゆき(中島美雪)・中島美嘉・中嶋朋子(西村朋子)・中尾彬・中野英雄・仲間由紀恵(混血:沖縄・鮮人)・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・長谷川京子・長谷川理恵・椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・汀夏子(宮本順子)・天海祐貴(中野祐貴)・田村亮・田中麗奈(田中れいな,鄭麗奈)・都はるみ(李春美,母親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・唐沢寿明・島崎ひとみ・島田楊子・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也・藤村志保(静永操)・藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋)・藤竜也(釜山生まれ)・菅野美穂・稲垣吾郎・草薙剛・堂本光一・堂本剛・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄の朝鮮部落)・内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子・内野聖陽・南こうせつ(南高節)・南果歩・南原清隆・南野陽子・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄)・萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼芝央)・白石美帆(阿久津桜)・白川由実(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光)・八代亜紀(混血:沖縄・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・尾藤イサオ(尾藤功男)・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺島純子)・布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風間トオル(須藤光春)・風間杜夫(住田知仁)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片岡鶴太郎(萩野繁雄)・片瀬那奈・保坂尚輝(保坂尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明・豊原功輔・豊川悦司・とよた真帆(青山真穂)・北原賢治・北原三枝・北原総一朗・堀内孝雄・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・酒井美紀・麻木久仁子(松本久仁子)・明石家さんま(杉本高文)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・木原美智子・木村佳乃・木村拓哉・香取慎吾・長井秀和・中居正広・野口五郎(佐藤靖)・野川由美子・野村真樹・野田義治(イエローキャブ社長)・矢沢永吉(父親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・矢田亜希子・柳ジョージ・柳沢慎吾・柳樂優弥・優香(岡部広子,呉広子)・有馬隼人(TBSアナウンサー,NHK・日テレ・フジ・テレ朝・テレ東にも多数いる)・由紀さおり(安田章子,出典「在日韓国人の底力」)・由実かおる(西辻由美子)・遊井亮子(金井亮子)・余貴美子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・嵐山光三郎(祐乗坊英昭)・李麗仙・隆大介(柳明男)・竜雷太(長谷川龍男)・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・林寛子・林輝美・林隆三・鈴木杏・鈴木杏樹(山形香公子)・鈴木京香・鈴木紗理奈(宗廣華奈子)・和央ようか・和田アキ子(飯塚現子,金現子,出典「在日韓国人の底力」)・眞鍋かをり・野茂英雄・池田大作(ソンテジャク,創価学会教祖,海外ではカルト宗教に指定されている)・江田五月・小沢一郎(民主党代表,韓国済州島)・菅直人(民主党)・小泉純一郎(父親は鮫島純也)・福島瑞穂(趙春花,帰化人,社民党代表)・太田昭宏(公明党代表)

アジアの軍事バランス崩す恐れ
ttp://www.worldtimes.co.jp/w/usa/usa2/kr090415.html

>国防総省の兵器調達計画の見直しがアジアの安全保障に及ぼす影響を本当に心配している。
日本は自主防衛力を大幅に拡大しなければ
将来、生存 を中国にコントロールされる状況に直面するかもしれない

■韓国における自国民虐殺の隠された歴史

1948年 済州島「4.3事件」  3万人 虐殺 →→→→ 大量の在日が日本に密航密入国
1950年 国民保導連盟事件  30万人 虐殺
1950年 朝鮮戦争  400万人 死亡 →→→→ 大量の在日が日本に密航密入国
1951年 国民防衛軍事件  5万~10万人 虐殺
1951年 居昌事件   700~8500人 虐殺
1980年 光州事件   154人虐殺 70人 行方不明

※これらはすべて事実であり、隣にこんな国があることを日本の教科書では絶対に教えてくれない!

コリア人が待望していた「日韓併合」
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/nikkan4.html

従軍慰安婦強制連行捏造報道
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~asakyu/no5.html

真実史観日本護国史戦勝国
http://www.tofu-ryohin.co.jp/siten.htm

スレ違いですが、VANK関連情報コピペさせてくださいませm(_ _)m

「韓国は『なぜ』反日か?」

2ch情報によると、どうやらVANKの攻撃受けてサーバが落ちてる可能性が。
本サイトと(勝手)ミラーサイトのURLが有りました。

http://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/asia/1215820215/

327 :日出づる処の名無し:2009/03/21(土) 18:06:02 ID:KhqWyfHd
韓国はなぜ反日か?
本家サイト http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html

↑本家の調子が悪い場合はこちら
ミラーサイト1 http://kumakichi2008.web.fc2.com/korea.html
ミラーサイト2 http://www.koreanantijapan.comze.com/index.html

書籍化おめでとうございます。
しかし韓国の企業、しぶといな(笑)。
ときどきでも、是非是非更新を希望します。
お体にお気をつけて。

> 記 #/2CD/BNk 様

ご投稿されたような貴重な情報を、いつでも参照できるように

「国民が知らない反日の実態」
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/61.html

に集積しています。
是非編集にご参加ください。

私にも判ります

① 2009/04/14(火) 23:06:25| URL| alan #LkZag.iM [編集]
 → ブログ主に対し「侵略」ではない、と文脈の考察も無く怒りのポーズ他、数箇所でブログ゜主様に他のホームページを見ろと意見している

② 2009/04/15(水) 20:34:36| URL| #- [編集]
 → 「日本だけが低成長」などと謂れのない不安を煽ってる

③ 2009/04/16(木) 02:50:48| URL| K #.fR4.oCU [編集]
 → 日本語特有の助詞 (てにをは) が使われていない、さらに文中に突然に「同胞」などとその世界の言葉が出てくる

①②は、このブログを全部読んでから出直す必要がある
③は、今後の投稿に本音が出てくる、というパターン

 ……ですよ。このブログのお陰で判るようになりました。三者の次のコメントが楽しみです。
 

荒らしに構うのも何だが

これでも、私はブログ主を、(歴史認識以外は)物凄く高く評価してるんだよ。

私の目的は、ここへの投稿を通して

「韓国に対しては”日本悪玉史観”は完全に解けているが、
中国に対しては『侵略だった』とまだ思い込んだままの
ブログ主を含めた多くの方々の目をきちんと覚まさせること」

なんだよ。

ここのブログ主は休眠前に「日本だけが中国を侵略したわけではない」と書いている。
この認識だと、いつまでも支那人に
「そうだよ。欧州列強も中国を侵略したし、日本も侵略した(だから日本は永久に中国に謝罪しろ)」
と理不尽な言い掛かりを受け続ける、という結果にしかならない。

少なくとも、こんな馬鹿馬鹿しい隙を見せるのは日本人として賢明ではない、ということを早く理解して欲しいのだよ。

その上で興味がある人は、日中関係の歴史をもっと詳しく調べていけばいいんだよ。

日本終了のお知らせ

自分で、こんなこと書いといてなんだけど、
>正直200年以内には日本には日本人種はいなくなっており、支那人の国になっていると考えています。

なんと!ソースがついた!!!

レコードチャイナ:不法滞在から「特別在留資格」の中国人、4年で8千人超=定住...
www.recordchina.co.jp/group/g30445.html
>法務省入国管理局が2月17日発表した今年1月1日現在の不法滞在者は、
>5年前と比べ52%減の11万3072人。うち中国人は同45.2%減の 1万8385人だった。
>減少の理由は「強制退去」のほか、
>ここ数年は毎年1万を超える不法滞在者に「特別在留資格」が与えられていることも挙げられる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>合法的な在留資格を得た元不法滞在者は、そのまま定住する傾向が強いという。

何じゃこりゃー!!!
(ノ`д´)ノ ==== ┻━━┻

しかもソースが支那の広報組織。orz
日本のマスコミはこんなこと報道してたか?

もう少し目を広げて下さい

>> 目覚めつつある読者 さん

そんな簡単に相手を色付けちゃ勇み足だと思うよ。

alan さんは担当直入なだけ、リンク先の内容はおかしくない

「日本だけが低成長」 の人は、単に若いだけ、今の若者は皆この程度の認識でしょう。生きていくことは「希望を失わず」「未来を信じて」自己の意識を持ち続けることです。そのようなことを今の若者は学んでいないので直ぐに「ダメだ」「ダメだ」になってしまう。過去の人も今の人も能力は同じですが、その未来を見る意思の強さが違うということでしょう。

K さんはカナダ在住が長いので、日本語が少し短絡的になっているきらいがありますが、最初の投稿はおかしくない。普段日本語をほとんど使っていないとこのような文書になってもおかしくないよ。私も米国在住が長いですが、日本語を使う機会が多いので日本語は使えますが、そうでなければ上手くいかなくなる。

いろいろな状況を考慮して判断しなければ、余計工作や陰謀にやられますからね。

人気ブログ「博士の独り言」さんの記事です。
日本のお年寄りが危ない
http://specialnotes.blog77.fc2.com/
-------------------------------------------
釜山市は14日、日本の医療機関に療養保護士(介護ヘルパー)インターン300人を派遣すると明らかにした。市は2月に日本の医療法人3カ所とインターン派遣契約を結んでいる。その第1陣として30人が来月、日本に向かう。派遣対象者は現在、釜山市広域自活センターで日本語教育を受けている。日本国内の高齢者医療機関でインターンとして6カ月間勤め、勤務成績が良ければ正式に採用される。市は第3、第4四半期にも各135人ずつを20カ所余りの医療期間に派遣する予定だ。
------------------------------------------------
 感情を抑えられず、弱いものから奪い、反日思想ゆえに日本人に
障害を与えても「よくやった」と賞賛される韓民族が、「釜山市失業対策」
として数百人単位で送り込まれてきます。正式に採用されるという事
は、日本に定住することでしょうか。

 これは「やられた!」と叫ぶ事態です。主に中国からの留学生30万人はすでに決定
された国是であり、反対者は文部科学省から注意されるそうです。その結果、大学には
4月そうそう失踪する中国からの学生なども出ていると思います。
 
 そしてどれだけ増えるかわからない韓国人介護ヘルパー軍団の登場。まず大失敗でし
ょう。反対しようにも、すでに動き出しているようです。報道すれば大問題になるので、関
係省庁やマスゴミは沈黙していたのでしょう。わが国では、もはや事態はこのように推移
します。国民にわからないよう、<秘密裏>に。 
 
 敵国の若者が少子化でやっと生まれた日本人の若者を押しのけ奨学金を独占し、そして
ヘルパー名目で堂々と来日。日本政府は、自国の若者を見殺しにして他国の失業対策に
手を貸すわけです。
 
 こんな理不尽がまかり通る日本になったのに悲しい思いがします。

 管理人さま、ソロさま、老後の介護は怒りやすい韓国人の若者の機嫌を損なわないよう
に、「日本文化は韓国起源です。韓国はすばらしい」と必死で言う時代になるのですね....。
 中国や半島の攻撃を想定した日本の武装など、敵国の若者に占領された国では、もはや
芽もでないでしょう。こんな国になったことを、日本人の若者に申し訳けない気持ちです。
  
 

本日発売の『週刊新潮』4月23日号に[歴史歪曲と「台湾人」も激怒したNHK「超偏向」番組]が特集され「性懲りもなく、というべきか。史実を枉(ま)げ、日本の台湾統治を徹底的に貶めたNHKドキュメンタリーの「超偏向」ぶりに抗議が殺到している。日本の視聴者ばかりか出演した台湾人も激怒するこの番組、中国、台湾との外交関係にも影を落としそうなのだ。」という内容となっており、日本のマスコミ、「あのNHKまでもがこんなに酷い」という好例(と言っていいべきか?)の内容になっています。

また同号、高山正之氏のコラム「変見自在」でも「不払いの勧め」でこの番組を取り上げ、そして4代前のニューヨークタイムズ紙・東京支局長の記事を「日本人の異質さをほじくっては下品な筆致で強調する。行間からは日本人への憎悪すら感じられた」と書いて、「日本人が人肉を食った」というストーリーを紹介しています。こちらも朝日新聞の社屋とニューヨークタイムズ東京支社が住所を同じくする理由が理解しやすい例として挙げられると思い紹介いたしました。

明らかに不自然な投稿はあります。

「日本だけが低成長」云々を書き込まれた人は、私個人的にも、また他の保守系ブログを見ても、何らかの「不可思議」な意図を感じます。他のブログでも見掛けるのですが、明らかにここに参加している人々とは異なる日本へのネガティブに片寄り過ぎたコメントの羅列、わざわざこんな否定的過ぎるコメントをこういった場で発言する「不自然さ」だから、複数の方々が「違和感」を感じて、コメントしてるのだと思います。

そして、何より発言者は、HNすら明示していません。なぜあの発言がわざわざ「ここ」なのでしょう。明らかにここに集まる皆様の前向きな力の結集を削ぐ発言です。私は普段このような投稿はしませんが、他のブログでも似たような投稿を見掛けたので、寄稿させていただきました。

もう一度よく読むと・・確かにそうですね

>> 一期一会さん
そして
>> 目覚めつつある読者 さん

「日本だけが低成長」云々を良く読んでみると、確かにこれは不自然ですね。私は単なる「若者のぼやき」だと軽視してしまいましたが、悪い意図がそこにはあるようです。その内容に左右される様なことは無いにしても「おかしい」ものは「おかしい」とはっきりと示すことは大事ですね。私の方こそ勇み足だったようです。

これからも注意していきましょう。

領土問題

北方四島と言うのは正しくない。カムチャッカまで日本古来の領土。南サハリンは日露戦争で捕ったものだから百歩譲って返したとしても、千島列島全島に権利が在ると考えています。しかし、先の大戦で負けて、占領されてしまった事も事実な訳で、相手が返さないと言えばそれまで。だが、日本は、放棄はさせられたが帰属先は決まってはいない。サハリン千島列島は、実行支配されているだけだ。

竹島は、日本が動けない状態に在ることをいいことに、韓国が盗んだ。しかし、もう何年も経ってしまっているので、今更戦争する訳にもいかない。韓国支援を辞めて、経済的に締め付けを行うべき。

尖閣諸島は、沖縄の一部日本領土です。中国がこれを奪おうとするならば、戦争になっても致し方無い。竹島の様に、実行支配されて返せ返せと言っても、何年も経ってしまっては攻撃する事も出来なくなる。台湾についても、放棄はさせられたが帰属先は決まっていない。しかし、台湾政府が出来上がってしまっている以上、これを認めるべき。けして中国の一部ではない。中国の一部だと言うのなら、実行支配し世界に認めさせる他はない。

笑ってしまいました。

ブログ主様、又、投稿諸氏に皆様、今日は。

私の記事が文章的に、て、に、お、は、が、無い。又、同胞と言う、言葉が出てくる、従って、K氏なる人物は、日本人ではない、もしくは?

上記のコメントがありましたが、これは、簡単に言いまして、上手く、打てないのです。、又、同胞の意味は、海外に住んでみて、はじめて、この言葉の意味が理解できるのです。それ以上の意味はありません。

こんな、些細な事で、私は、中国人や、朝鮮人、在日工作員として、疑われてしまうのでしょうか!

元々、文章で生活している訳ではありません。ない頭で、必死に思い、書き連ねているだけです。
目覚めつつある、読者さん。それでも、まだ。疑いますか?
楽しみのコメントになりましたか~!
因みに父の系譜は4代まで解ります、元下級武士で、母も4代までたどれます。これでも、駄目ですか!
一期一会様、私は普段、こういった政治ブログには、投稿しないのですが、あまりにも、ここのブログ主様の主張に呪縛が飛んだ思いで、書き込んだわけですが、、正直言って、こういう、決め付けは初めての経験です。

笑っては居ますが、ちょっと、
情けない、寂しい、思いもしております。残念です、

生きた化石

戦車など無用の代物。生きた化石、必要性を感じない。日本は島国なので、大規模な上陸部隊が上陸する事は不可能。イージス艦のミサイルで、もしくは戦闘機で沈めればよろしい。一部上陸したとしても、機動性の無い戦車では対応出来ない。戦闘ヘリ及び、装甲車が良いのでは?

「経済阿Q」の時代

「きち@石根」さんのブログの分析が現代中国経済の本質を掴んでいるので紹介、引用させてもらいますね。

中国の対米綱渡り外交の意味
http://ameblo.jp/disclo/entry-10243857587.html
~何が言いたいのかと言うと
米中外交というのは
中国経済を支える国際資本と、
中共由来資本と
軍部由来資本の動向が
メインテーマであって
我が国の報道なんかで見える米中関係などというものは
外面の体裁でしかないということです。~

中国依存でババ抜き
http://ameblo.jp/disclo/entry-10243290133.html
~中国というのは、その内部統一性を保持するために
「不断発展」つまり、永久に発展する事を担保にしてしまったが故に
無理やりにでも経済を発展させ(外面だけでも)続けなければならいという
拷問のような国家運営を強いられているわけです。~
これが計画経済破棄の代償であるのですが
そうでもしなければ、党内分裂は避けられなかったし
そもそも国家運営が破綻寸前であったから、選択の余地はなかったでしょう。~

核はダメ

日本には9条という核兵器よりも協力な武器があります。
しかし核兵器を持てば9条の力は無くなります。
9条は世界を味方にする世界最強の平和的な武器。
核兵器など弱い弱い。
9条という武器に磨きをかける事こそが、日本の取るべき最善の道なのではないてしょうか。

軍備拡張など要らね。

今の戦争はミサイル戦争です。軍事費を削る必要はありませんが、軍拡する必要もありません。ハイテク装備で、必要な戦備があれば良いと考えます。

工作員の一斉テロは現実の脅威です

>ネット素人 さん
uniさんの指摘の「戦争時に工作員の一斉テロ」は現実に準備されています。
日本国内に総連関連や統一協会関連が武器を多数所持し、
そのなかには【迫撃砲】まであるのでこれらに対応するには小型の戦車は絶対必要です。

■政府関係者によると、阪神大震災の時、ある被災地の瓦礫(がれき)から、工作員のものと見られる迫撃砲などの武器が発見されたという。
(2007年1月19日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe7000/fe_ki20070119_01.htm

■統一協会が日本国内で武装計画?
・教団関連の「幸世物産」(現:「ハッピーワールド」)が1968年1月16日に射的用、狩猟用という名目で空気散弾銃2500丁を輸入した。
・「幸世物産」が名称変更した「統一産業」が「鋭和3B」という韓国製の単発銃を射撃用空気銃という名目で15,700丁不正輸入した。
・教団関連の千葉のモデルガンショップの店長らが、モデルガンを実弾が撃てる短銃に改造して売りさばいたとして1992年に逮捕
このような不審な銃の輸入問題は国会でも度々、取り上げらています。

・教団関連企業の「統一産業」が韓国から大量狩猟用散弾銃を輸入、
信者の多くが全国各地で鉄砲店を経営している。
しかし捜査は難航し2002年には時効が成立した。
(『朝日ジャーナル』有田芳生氏の記事)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%9F%BA%E7%9D%A3%E6%95%99%E7%B5%B1%E4%B8%80%E7%A5%9E%E9%9C%8A%E5%8D%94%E4%BC%9A

しかし、自衛隊も対処を考えています
自衛隊の次期主力戦車はゲリラ戦にも対応し、
小型なので橋や道路の移動が簡単で迅速な展開ができる小型戦車です。
■新戦車のTVニュース動画:
http://www.youtube.com/watch?v=TRddK-pVJBw

九条など要らね。

笑っちゃう。

もっとも、日本の平和路線は大賛成ですが。

日本も早く、大人になるのだ。

マスコミの崩壊に注目が集まっている!

メディアは、朝鮮総連の実態を報ぜよ
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=2271

日本社会から「パチンコ追放」を!
http://specialnotes.blog77.fc2.com/?mode=m&no=1920

拉致問題と売国議員
http://www.geocities.com/baikokudo_traitor/brdb/brdb06.html
発言集
http://www.geocities.com/rachi_kidnap/

戦車の威力はものすごい

戦車は化石だと言っていますが、本当の戦車の威力を見たことがありますか? 生半可じゃないよ。本当に恐ろしい兵器だよ。

どうか、落胆なされませんように。

>K様

朝から貴方様の投稿なされた文章を書かれた心中を鑑み、胸が痛む思いで一杯です。決してこのような「事態」で以後こういったブログへの投稿を差し控えられませんように。私は最初の貴方様のご投稿から貴方様のこの国を深く思う気持ちを文章から強く理解させていただきました。それだけに今回の「誤解」で感じられた貴方様のお気持ちが痛いほどよく理解できます。

私は貴方様のご投稿を海外からの貴重なご意見だと述べさせていただきました。それは長らく現地で生活なされ、外から見る別のまた真実の姿が観察できるからだと思います。

少し「事情」を説明させてください。そして、目覚めつつある読者様もまた悪気はないのです。単なる誤解なのです。こういった正統派の保守系ブログには、必ず「荒らし」と申しまして、皆様の結束力、協調を削ぐための投稿やそれを明らかに分断させることを意図した、日本人ではない、だからどこか日本人が使う文章と異なる文体、使い方をした「不自然な」投稿にある程度の頻度で見舞われるのです。そういった「工作」は結構少なくないので、ここに集われる方々は謂わば、「義憤、正義感」で排除するわけです。目覚めつつある読者様もそういった「誤解」から貴方様をそういった工作だと感じてしまったのだと思います。

こういったブログやメールのやり取りは、言葉の行き違いや心情のすれ違いで、自分の意図がうまく伝わらないことが、結構あるものです。電話対応でも相手の心中がわからず、相手を怒らせることがありますが、こういった中でのやり取りは余計(電話対応以上に)難しく誤解を生む可能性が多々あるものです。

それに私達が日本で住んでいる空気感と貴方様のように長く日本を離れて日本を観る空気感では、微妙に感じ方も違って当然です。ですから、私は貴方様のご意見を「貴重」だとお話させていただいたのです。

重ねて申しますが、貴方様の文章には日本を憂える、そして日本を愛してなさる思いが感じられました。ですから、私も貴方様と議論させていただいているのです。

これはK様、誤解から生まれたことです。どうか、落胆なされず、日本を思う「同志」として、これからもどうか、よろしくお願い致します。

情報戦

>Kさん
私もよくレッテルを貼られているのでお気持ちは察しますよ。
まあ、私はそれ以上にレッテルを貼っているけどw

「情報戦」という形の戦争が既に始まっています。
「六韜」「孫子」等の戦略書そのまんまの戦略で「(武力で)戦わずして勝つ」ことを最上とした間接戦略です(篭絡、移民、情報戦等)。

大手メディアが屈服してしまったという民主主義体制にとって最悪の状況の今、
国を動かすには私達草莽の個人が情報を拡散するしかありません。
しかし敵の工作員も数多く紛れ込んでくるので、
「疑わしきは工作員」だと思ってその姿を暴いていかないと情報戦に勝てないのです><。
共同体の和を重視する日本人としては悲しい事ですが、戦争です。

だからよく勘違いの同士討ちが起こりますが、
気分を入れ替えて、とことん議論して誤解を解き互いの認識を深めていきましょう。

「さらば森田と言おう!」と立ち上がった有権者
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=996

森田健作の千葉県知事に当選は”無効”の可能性があるようだ
http://mdcjbu.blog88.fc2.com/?mode=m&no=970

選挙に行く前に知って欲しい(選挙前.com)
http://senkyomae.com/

>日本には9条という核兵器よりも協力な武器がありますって
書いてる人。
こんなもん武器になるか!
核云々より、これが日本を滅ぼすって事に目が覚めるべきだ!

あと、上の2009/04/17(金) 08:10:57| URL| #- 氏 の
自公与党、森田知事を引き摺り下ろそうとするしつこい書き込みも,
そういう輩”やから”のせいで、日本を守るために心労し、
体を壊し、安部さんを引き摺り下ろした。
中川さんも。、麻生さんまであぶなかった。
そして、自分たちに都合が悪いと穏便にすませようとする!?。
、「悪は何処にあると思っているのか」 

日本を守ろうとする政治家が邪魔者なら、
あなたは何処の国の人なのだ?
もし日本人なら、「この人の眼を覚ますということ」が、
悪に走ることだとは・・・
そんな考えしか出来ないなんて、気の毒でもある。
 断じて日本は死守する!!

有難う、御座います。

平安京様、一期一会様。
擁護、ご理解、有難う御座います。

又、拙い文章で誤解が生じるかもしれませんが、書かして頂きます。

私の若かりし頃、三島由紀夫氏の市谷事件が有りました。当時の私は
、右も左もありません。しかし、私には鮮烈な思いとして、残りました。
氏の著作は良く、読んでおりました。

その憂国の志は著作の中でも、表現されていましたが、しかし、自身の命
かけて、自衛隊に問い、世に問う。結果、あざけりと冷笑、それが世間の答えでした。

私としては、これが、武士の生きかた、日本人の生きかたではないか!しかし、当時は少数意見、でも、何かおかしい、、その思いひきずりながら、
企業戦士とし、思いは封印しました。その後、カナダに永住し、今日に至っているわけです。長い道のりでしたが、偶然、この、ブログに巡り会えました。で、覚醒した訳です。
私自身、右として、理論武装している訳ではありません。その意味では、此処に集う、右派の論客の方々に対し、なんの説得力も持ちえません。

ただ、一点、ある意味、祖国、捨てた、忸怩たる思いは残ります。
今、私に出来る事。友人繋がりで、チャンネル桜、カナダで同志、集い、海外で愛国勢力、結集したいと思っております。

目覚めつつある読者さん、私は、まだ、貴方の主張する、容疑者ですか!

公の場で、答え、求めます。

それが、どれ程の力になるか、わかりませんが、やる、価値はある!と思います。

目覚めつつある

やる気の出る書き込みを!

日本をあきらめない!自分の国を誰が守るのか。


【紹介】「沖縄と共に『自立国家日本』を再建する草の根ネットワーク」
  http://jiritsukokka.com/

3月28日(土)に行なわれた発足シンポジウムは、[満員に近い来場があり]
成功したとのことです。当日都合がつかず、ご参加いただけなかった方々のため、
次回開催を7月25日に行なう、と代表の仲村さんから発表がありました。

⇒沖縄発の改憲を目指しておられます。沖縄と本土の志ある人をつなぐネット
ワークです。詳しく知りたい方はこちらで⇒ http://jiritsukokka.com/

!まだかまだかと、首が伸びてしまいました。
シンポジウムの報告記事が出来たようです。http://jiritsukokka.com/cat4/post_6.html
記念すべき第一回目に、ワタクシも、一人、参加してきました!
日本国中からあらゆる立場の方々が集ってました。
次回は講演会「日本は侵略国家ではない!」決定、なんと!!
渡辺昇一(上智大学名誉教授)、
田母神俊雄(前航空幕僚長)のお二方です。(次回はあぶれてしまうかも)
今後も、自分に出来るところから、日本を応援したい!
いつまでも、日本を大人しいと思って、好き勝手にさせておいてたまるか!

日本国中、つぎつぎに立ち上がるでしょう。

コピペ
◎歪んだ歴史認識が国を滅ぼす。渡辺昇一(上智大学名誉教授)、
田母神俊雄(前航空幕僚長)が日本という国家の姿に警鐘を鳴らす、
講演会「日本は侵略国家ではない!」決定

講演会「日本は侵略国家ではない!」
2009年7月13日(月) 杉並公会堂 大ホール
 PM6:30開演 (PM6:00開場)
第一部 国 思う故に我あり  上智大学名誉教授 渡辺昇一氏
第二部 日本は「侵略国家」ではない! 前航空幕僚長 田母神俊雄氏
終演後、両氏の共著「日本は侵略国家ではない!」サイン会計画中

入場料:1000円 (全席自由)
■チケットのお申し込み (下記①②から選択 )

①郵便振替用紙にて事前に入場料をご送金
口座番号00140-0-662676  名義:真に誇りある日本をつくる会  宛。
お近くの郵便局に備付けてある郵便振替用紙で人数分をご送金ください。
この領収書が入場券になりますので、当日受付でお示しください。

②FAX申し込み:03-3393-2584
郵便番号・住所・氏名・年令・電話番号・
お求めの枚数を書いてFAXして下さい。チケットと郵便振替用紙をお送りします。

■お問い合わせ:03-3393-2587 (会長・山下達雄)

主催:真に誇りある日本をつくる会
後援:「東京裁判」を糺す会 NPO杉並文化村 田母神論文を応援する会 
正しい日本史を勉強する会 

■杉並公会堂大ホールアクセス
      荻窪駅北口より徒歩5分  電話:03-3220-0401
      http://www.suginamikoukaidou.com/access/index.html  

kさん頑張れ♪

私は同意します。
私は、無学ですので、ここに居られる論客の皆様の様に、理路整然と論じる事は出来ませんが、それを恥じる事もありません。疑問に思った事、自分の意見は気が向いた時に、書いてみたいと思っています。其がコメント欄の意味だと理解します。その事が、ブログ主様の本意で無いとするならば、一般から書き込めない様にするか、削除すればよろしい。

意見の交換は、必要性があるだろうが、攻撃される謂れは無い。この意見はおかしくない?と、ちょっと指摘するだけで、良識ある人はすぐに気付きます。

PC歴の浅さは、おなじですが。

右寄りが多いといわれたネットも、
左の人が入り込み、攻撃したり、巧妙になって

・・・最近は、新人を装って混乱させる書き込みが多い。
せとさんの「日本よ何処へ」で、以前、一生懸命かばってあげた
ネットの新人が、ボロを出して指摘されました。
かばった私は恥ずかしかった。
のん気な日本人丸出しのお人よしでした。

それで、そうか、そういうこともあるのかと・・・
だからすぐには、こちらも信じられない。
私もカキコミが上手く行かず、反日指定になったことも。
信用されるまでの書き込みの回数、内容ってあるでしょうから。
限られた中で、どれだけ、無事誤解されずに、・・どのように
伝わっていることか、・・・自分だって判りません。
情報はネットだけじゃなく、生の声も大切になるでしょう!

危機を知って、いつも冗舌ではないが、周りの人に
日本は、のん気でいたら、乗っ取られてしまうんだよ。
沖縄とか、今、とても危ないんだよ。
と話しています。
沖縄に知り合いが居ることが、真実を知るのには
よかった!
中国に属国化、”されたがっている”という真実など、
本土(こう呼ぶ)の人(私たち)はあまり知らない。

中国に3年居た友人が帰ってきました。
「中国で一旗あげようなんて考えないほうがいいよ!
みんな”全てをおいて、いま帰国している”よ。」
その時まで、(なにかあって日本に帰国するときまでは)
笑顔の中国人たちだったから、まさか帰ろうとするときに、
「すべておいて帰れ」と・・豹変するなんて。

笑顔が一変して鬼の顔になり・・・、
「自分は大丈夫」と思って、今まで仲良くしてた人たちに、
そう、言われるなんてと。
信じられないと、皆言うそうだ。

来た時と同じか、または負債をしょって、(心の傷も)
家路に帰るようだ。

それにしても、強い心と言葉によって、周りを切り拓いていく  ←(ここ追加)
・・・大事なことかもしれません。
日本人は、いつまでも、弱々しき善人ではいられない。

>kuni9292様

了解です。こういった正統派の保守系ブログには、悪意を持った投稿も紛れますので、お互い注意、そしてしっかり同志を見極め、結束していきましょう。

皆さん、Kさんは絶対に工作員ではありません。Kさんはアドレスを公開なされています。それ一つとっても、(工作員とは)違うことが明らかです。

>ネット素人さん

日本は現在、戦車を950両程度保有しており、これは600両程度まで削減される予定です
あなたが仰りたいのは、日本は専守防衛であり、戦車が活躍する舞台は領土内に限定されている
つまり戦車が活躍するような状況とは、日本が他国による侵略を受けて、すでに敗北寸前な状況なのだから
戦車を保有していても意味がないのではないかという事ですか

日本に戦車があるという事は、日本侵略を企んでいる国は戦車か対戦車装備を輸送してこなければならないんですよ
敵国の軍隊が日本の艦船や航空機による防衛ラインを突破し、日本の領土に上陸する事が出来たとしても
次は戦車を破壊しなければ、占領を果たすことはできない
戦車を破壊、無力化するには戦車か対戦車装備が絶対に必要であり、輸送してこなければならない
つまりそれだけ侵略のコストが跳ね上がるのであり、日本侵略を意図している国に侵略自体を断念させる抑止効果が戦車にはあるんですよ
逆に日本に戦車がなかった場合、侵略のコストがそれだけ低くなる

それでも島国に戦車は必要ではないと頑固にお思いなら、台湾軍(主力戦車926両以上保有:外務省サイト台湾基礎データより)やイギリス軍に戦車を全廃して、その分の軍事リソースを艦船や航空機の増強に充てるべきだというアドヴァイスをしてみたら如何ですか

うわっ先生が目覚めてる!?

おかえりなさいませ。おまちしておりました (・∀・)ノ

ただ先生、実際現状の日本でどうやったらいいですかね?
政治家、マスコミ、世論、どれひとつとっても信頼できるピースがない今の現状で
どうやってこのパズルを正解へ導けるのか・・・。私には答えが出せません。
そのへんのアイデアなんかもお話いただけると勉強になります。

管理人様、お帰りなさい。

 お帰りなさい。お待ち致しておりました。
 消さないで下さいね。
 一期一会様とコメントを勝手に温めておりました。
 著書、楽しみに待っています。
 管理人様、御無理をされずに更新されてください。
 ブログ更新有り難う御座います勉強になっております。
 
 
 
 
 

日本人ではないと言ってくれ

aiko(柳井愛子.父親は総聯地方幹部)・AKKO(赤松亜希子)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)・misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)・YUKI(北村夕起,TRF)・土井たか子(李高順,北朝鮮,パチンコ,元国会議員)・中川秀直・辻元清美(社民党国会議員,赤軍派)・麻原影晃(オウム真理教教祖,サリン事件の首謀者,海外新聞がkoreanと表記)・宅間守(大阪池田小学校児童殺傷事件,裁判前獄中結婚,朝鮮部落,密入国在日)・徐裕行(韓国籍,オウム真理教幹部,刺殺犯)・林真須美(和歌山毒入りカレー事件,帰化人)・鄭明析(韓国人,カルト「摂理」教祖,日本人1000人,台湾人100人,米英仏人などを強姦)・織原誠二(英国人豪州人強姦殺害犯)・本多勝一(崔泰英,「南京大虐殺」虚報の朝日新聞中共工作員記者)・佐高信(韓吉竜,極左評論家)・筑紫哲也(朴三寿,元朝日記者,共産キャスター)・関根元(埼玉の愛犬家連続殺人犯)・あおい輝彦(青井輝彦)・赤井秀和・アグネス・チャン(金子陳美齢)・東ちづる・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,ハーフ)・いしのようこ(石野陽子)・いっこく堂(玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周・かたせ梨乃(杉田典子)・かとうれいこ(横尾房江)・川島直実・神田正輝・小西真奈美・コロッケ(滝川広志)・さとう珠緒(佐藤珠緒)・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)・ジョニー大倉(李雲煥,出典「在日韓国人の底力」)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄)・つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,出典「在日韓国人の底力」)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)・トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口・名高達郎(名高達夫)・なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美・成田豊(広告代理店,電通グループ会長,電通最高顧問)・西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・ビビアンスー(徐淑娟,混血:鮮人・台湾)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)・フランク永井・ベンガル(柳原晴郎)・ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)・モンキッキー(大森明)・もんたよしのり(門田頼命)・ラッシャー板前・りゅうじこうじ(笠浩二,C-C-B)・阿部寛(阿部寛喜)・愛川欽也(井川敏明)・愛内里菜(垣内里佳子)・安めぐみ・安岡力也・安原麗子(少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・安田圭・安田祥子・安田成美(鄭成美,父親は朝鮮総聯地方幹部,出典「在日韓国人の底力」)・安田美沙子・安藤聖・安部譲二・杏里(川島栄子,出典「在日韓国人の底力」)・伊原剛志(伊原剛)・伊集院静・伊東ゆかり・伊東四郎(伊藤輝男)・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)・伊藤蘭・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上陽水(田所純一郎,出典「在日韓国人の底力」)・井上和香(新村直子)・井川遥(井川秀恵,趙秀恵)・井沢八郎(工藤金一,出典「在日韓国人の底力」)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)・引田天功(板倉満里子)・宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,反日活動,台湾,帰化人)・円広士・園まり(薗部毬子)・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学・岡安由美子・岡江久美子・岡田友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫)・岡本夏生(金村幸子,李夏生)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之(置鮎広之)・下川辰平・加護亜依(B&K)・加山雄三・夏川結衣(宮川美紀)・河合美智子(鈴木一英)・河島英吾・火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)・華原朋美(下河原朋美)・角川春樹・角川博・角田ひろ・叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン)・舘ひろし(舘廣)・岩城滉一(李光一,出典「在日韓国人の底力」)・吉井怜(飛知和怜)・吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司・吉田拓郎・吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)・米倉涼子・丘みつ子(森田光子)・久本雅美・及川光博・宮下順子(金英姫,出典「在日韓国人の底力」)・宮川大助(松下孝美)・宮内淳・宮迫博之・宮本信子(池内信子)・京本政樹・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二・玉木宏・玉利かおる・近藤真彦・金山一彦・金子堅・金田賢一・桑田圭介・桑名将博・桂木文・研ナオコ(浅田なを子)・原由子・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口昌匡)・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・古舘伊知郎・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・後藤真希・倖田來未(神田來未)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン(出典「在日韓国人の底力」)・小室ファミリー・X-Japanファミリー・石原&大門軍団・氷川きよし・柴田理恵・たけし軍団・ジャニーズ・吉本興業・avexグループ・伊藤英明・北島康介・上沼恵美子・小林綾・小田茜・若村麻由美・山田優・松たか子・酒井彩名・松村邦洋・松田純・松本明子・松嶋直美・早見優・岩崎宏美・東山紀之・牧瀬理穂・細木数子・タッキー&翼・押尾学・竹野内豊・高島彩・加藤紀子・加藤小雪・榎本加奈子・羽鳥慎一・西尾由佳理・森摩季・上山千穂・大木優紀・勝田和宏・坂本龍一・役所広司・尾崎豊・L'Arc-en-Cielのハイド(高良井秀人)・井森美幸・河合奈保子(金原奈保子)・内田恭子・軽部真一・中村仁美・加藤綾子・生野陽子・森下千里・長野翼・松岡修造・広末涼子・小谷真生子・川北桃子・佐古忠彦・竹内香苗・堀井美香・小林豊・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐早紀)・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳理)・高倉健(出典「在日韓国人の底力」)・高知東生(大崎丈二)・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)・高品格・高峰美枝子・高木美穂・国広富之・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)・黒木瞳(伊知地昭子)・佐久間良子・佐藤絵梨子(佐藤英利子,崔江利子)・佐藤浩市・佐藤藍子・佐野元春・左とん平・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州)・坂本九(出典「在日韓国人の底力」)・坂本冬美(坂本冬美)・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金城亜希子)・三国連太郎・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・三田村邦彦・山口百恵(混血,出典「在日韓国人の底力」)・山咲千里(杵村千里)・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島しのぶ(寺嶋忍)・寺島純子・寺尾聰・鹿賀丈史(勝田薫且)・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩・柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子)・樹希樹林・出川哲朗・春一番(春花直樹)・春日八郎・春風亭小朝(花岡宏行)・所ジョージ(芳賀隆之)・緒形拳(緒形明伸)・勝俣州和・勝呂誉・小坂一也・小松千春(小松崎千春)・小川菜摘(夫・浜田雅功)・小泉今日子(厚木文化会館/温水方面の農村)・小倉優子・小沢健二・小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小島聖・小畑実・小野真弓・小野みゆき・小柳ユキ(黒柳りん)・小柳ルミ子・小林旭・小林佳樹・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥(松村亜由美,皮屋の娘,BK混血)・松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充(SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)・松金洋子・松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出,出典「在日韓国人の底力」)・松坂沙良・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦・松村雄基(松村憲幸)・松田優作(母親が鮮人)・松嶋尚美(オセロの白,西成部落)・松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属系企業)・松任谷由実・松本伊代・松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・真矢みき・照英(高橋照英)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上原謙(池端清亮)・上戸彩・上島竜兵(上島龍平)・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江朝鮮部落出身,自称横浜)・新井春美・新山千春・新沼健二・新田恵利・森下愛子・森口博子(花村博美)・森口瑤子(坂元陽子)・森高千里(父親が森高,母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)・森進一(森内一寛,母親が鮮人)・森川美穂(榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘)・神戸一郎・神保美喜・神野美伽(荒木美佳)・水前寺清子(B,疋田民子)・杉原輝男・杉村春子(石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)・菅原都々子・菅原文太・瀬川瑛子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水圭(清水圭太)・清水健太郎(園田巌)・西岡篤馬(西岡徳美)・西郷輝彦(今川盛揮)・西山浩司・西城秀樹(李龍雄,出典「在日韓国人の底力」)・西川のりお(川西康成)・西村和彦(伏見茶屋,仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)・西田ひかる(西田光)・西村雅彦・西田佐知子・西田敏行・青江三奈(井原静子)・青田典子・青木さやか・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)・石原さとみ(石神国子,創価)・石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美・石川梨華(揚梨華,父親は朝鮮総聯幹部)・石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)・石田ゆりこ(石田百合子,出典「在日韓国人の底力」)・赤木春恵・千秋(藤本千秋)・千堂あきほ(千名晃穂)・千葉真一(前田禎穂)・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸・浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)・浅野ゆう子(赤沢祐子)・前田吟(前田信明)・前田耕陽・前田亘輝・倉田まりこ・倉木麻衣(青野真衣)・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)・相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光・大塚寧々・大平かつみ・大原かおり(大原香織)・大原麗子・大場久美子・大信田礼子・大杉漣(大杉考)・大谷直子・大鶴儀丹・大和田獏(大和田芳朗)・滝沢秀明(旧姓・指田)・滝田栄・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・沢田研二(李研二,出典「在日韓国人の底力」)・辰田さやか・辰巳琢郎(京都大学のB)・淡路恵子(井田阿紀子)・池宮彰一郎(池上金男,池金男)・池内博之・池波志乃・池脇千鶴・中原ひとみ・中山仁・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,洗濯屋)・中森明菜(B&K,肉屋)・中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中村玉緒(奥村玉緒)・中島みゆき(中島美雪)・中島美嘉・中嶋朋子(西村朋子)・中尾彬・中野英雄・仲間由紀恵(混血:沖縄・鮮人)・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・長谷川京子・長谷川理恵・椎名詰平(岩城正剛)・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・汀夏子(宮本順子)・天海祐貴(中野祐貴)・田村亮・田中麗奈(田中れいな,鄭麗奈)・都はるみ(李春美,母親が鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・唐沢寿明・島崎ひとみ・島田楊子・東ちづる(東智鶴)・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也・藤村志保(静永操)・藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋)・藤竜也(釜山生まれ)・菅野美穂・稲垣吾郎・草薙剛・堂本光一・堂本剛・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄の朝鮮部落)・内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子・内野聖陽・南こうせつ(南高節)・南果歩・南原清隆・南野陽子・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄)・萩原聖人・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼芝央)・白石美帆(阿久津桜)・白川由実(二谷安基子)・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光)・八代亜紀(混血:沖縄・鮮人,出典「在日韓国人の底力」)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・尾藤イサオ(尾藤功男)・美木良介(寺田良介)・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺島純子)・布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風間トオル(須藤光春)・風間杜夫(住田知仁)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片岡鶴太郎(萩野繁雄)・片瀬那奈・保坂尚輝(保坂尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明・豊原功輔・豊川悦司・とよた真帆(青山真穂)・北原賢治・北原三枝・北原総一朗・堀内孝雄・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘・酒井美紀・麻木久仁子(松本久仁子)・明石家さんま(杉本高文)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・木原美智子・木村佳乃・木村拓哉・香取慎吾・長井秀和・中居正広・野口五郎(佐藤靖)・野川由美子・野村真樹・野田義

もう見飽きた。コピペ

杉本彩は朝鮮系ではない。出自が部落なだけ…。

誤報による不作為で紛れ込んでいるのか?、意図的な朝鮮ステマによる『業績あればウリナラミンジョク』との一方的な在日認定なのかは判らないが数名出自が在日朝鮮系ではないのも掲載されている。

真偽は如何に!?。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/446-0ef64413

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。