スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「知」が足りない国会議員たち   1月27日(火)


テレビ報道を毎日見ておりますと「定額給付金」「派遣労働」「消費税」
のオンパレード、このような事案は日本国にとってたいした問題では
ありません。

しかし野党やマスコミの知の欠落した攻撃で、自民党支持率が急落
しています。調査結果では民主党が自民党の2倍近く、有権者は
一日も早く麻生首相も自民党も交代させたいと思っているようです。

年内に行われる総選挙は自民党の大敗が確実になってきました。

しかし民主党の政権になればどのような恐ろしいことになるか、考えた
だけで鳥肌が立ってしまいます。

「国籍法」「人権擁護法案」「恒久平和調査局設置法案」などの悪法が
スイスイと通り抜けていきます。
このような日本国をダメにする法案を考えた人は、発狂しているとしか
思えません。日本国民は、危険な本質も分からないまま、このような
毒を注入され続けていきます。

国民は知の足りない政治家やマスコミによってこのような毒法案を良薬
と思い込んで毒をあおり続け日本は衰弱の一途をたどり続けていきます。

かといって自民党内部にも保守でないのに保守の看板を掲げた、
妖しげな議員が跋扈するようになってきました。

自民党政権の中枢に共産主義、社会主義的な価値を取り込んだ議員
が多く存在しています。その弊害が日本社会を蝕んでいます。

私のブログのコメント欄で以前 知の欠落した政治家たちを列記して
頂きました。選挙日が決まればもう一度投稿してください。
しかし結局 炙り出していただいても 有名、有力な議員は当選して
きます。

毒を撒き散らす政治家が当選してくるということは、我々国民も
結局「知」が足りないということです。


皆様に余り知られていない究極の悪法である「恒久平和調査局設置
法案」について少し説明します。
この法案は数年にわたって、衆議院に提出されては審議未了・廃案・
再提出を繰り返しています。

2008年11月30日にも民主党からこの法案が再度提出されました。
どういう内容かと言いますと、「強制連行の調査、従軍慰安婦における
性的な行為の強制の調査、日本軍の化学兵器の調査、日本軍の
非人道的行為で出た損害の調査(外人に対して)、戦争の結果出た
損害の調査」など、

つまり戦前の日本は悪という誤った思い込みの上にたって、戦前の日本
の歴史を追及、裁こうという意味です。

中国人や韓国人がでっち上げた殖民地という嘘、従軍慰安婦という嘘、
強制連行という嘘、南京大虐殺という嘘、これらの嘘にわざわざ協力
するためにこの「恒久平和調査局設置法案」を提出するなど、あなた
方は本当に日本生まれの日本人ですか?

鳩山由紀夫を筆頭に多くの民主党議員と公明、共産、社民のメンバー
がずらりと並んでいます。

いまの政治家が歴史を知らない、勉強しない、そして決定的に国家観が
欠落しています。

しかしこのような知のない 落ちてしかるべき候補者が相変わらず当選
してきます。国会議員である以上は、その前提として当然問わねば
ならない国家観について我々国民はきちんと判断しなければ
いけません。

残念ながら多くの政治家のホームペイジを見ても国民に媚を売る
おいしいチマチマした事しか書いていません。
いったい誰を選んだらいいのか見当がつきません。

しかし問題が多い自民党でも、民主党よりはるかにマシという選択肢
しかありません。悲しいことです。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

去年から選挙権を得たわけですが。
成人式の後の中学の同窓会で政治の話しをしたら、
「分かんねーよ!」
と言われ。
説明しても、
「興味ない(´・ω・`)」
の一言で終わりでした。
 
「自分の子供が変な社会で育っていいのか!?」
と言っても、
「いやー、まだ大丈夫でしょ」
という、訳の分からない返事が。
心が折れそうです。
悪法の説明をしても、何で楽観視出来るのかが分かりません……。

正直厳しい

麻生に大鉄槌を加えたい、と言う思いはふつふつと。
かと言って民主党と言う毒まんじゅうを食う訳にもいかず。
結局どっちがましか?の究極の選択。

日本には保守政党がありませんね。
真の保守政党があればそこに投票するのですけれども。
日本の場合は自・民両方とも米中韓に媚を売っているので、かなーり悲しい選挙になります・・・

日本人から「国家」を抜き取るのがマンマと成功したようです。
「東京裁判」「新憲法」と言う「まやかし」に「平和」が乗っかり、議員がおかしくと言うより日本人がおかしく成って仕舞ったのでしょう。

共産党の怖さも、社会党のいい加減さも理解出来ず、「平和」「生活」が出来るから「心配ない」?「安泰」「安全」である。「基本国家」が抜けているのです。「国家」方針・防衛はアメリカにお任せ?

アメリカ大統領選挙には大騒ぎするマスコミが日本の政治については自民党をおろして「民主党」に政権を取らせばマスコミが狙う「自虐国家」の状況が永続して「商売」がし易いと言う所でしょう。

歴史観については殆ど勉強はして居ない様ですね。教科書がおかしいと言えば韓国に飛んで行く・9条を改定しようと考える政治家がいるとシナに飛んで脅迫してくれと頼む、こんな議員が居るのも哀れです。

それでもNHKを見る・テレビを見る・朝日新聞を始め「騙し」「手品」で日本人をバカにする・世界に通用しない日本人を作る為の協力を視聴者自身が作り出しているのが現状。

支持率を公平を装い適当に質問で誘導し、作り上げてしまう姑息な手段に騙される人が大勢居ることは「自立」「自己」を無くした人がマトモな人より多く、弱者「大政翼賛会」状況の日本が怖いですね。

日本国家としては「何も考えない人」が日本の国会議員としては「合格」点をマスコミは与える。マスコミに具合が悪い場合は何が何でも些細な事でも、大仰に騒ぎ「騒動」を巻き起こす癖に「公明党」批判だけは絶体にしない。

そろそろ真剣に考えましょう

民主党政権ができたら、文部科学大臣は日教組のドン「輿石東」で決まりでしょう。子供が通う学校が日教組の支配するすさんだ学校でよいのか真剣に考える必要があります。そして経済産業大臣は民主党マルチ商法推進支援議員連盟名誉会長の石井一。防衛大臣は日朝友好議連に属し、自衛隊の撤退を求める緊急アピールを出した金田誠一・・・といったところ?。民主党は日教組、マルチ関連議員、部落解放同盟、在日、自治労、日朝友好議員連盟・・・等、妙な人材に関しては事欠きません。

Kotaさんへ
その気持ちよく分かります。相手に政治に対する基礎知識や好奇心がないと自分でできるだけの説明をしてもなかなか理解してもらえない。それは年配者も同じです。政治の話しが大好きな自分より一回りも年上の人と話していても相手には新聞TVからの知識しかない。本を読むのも嫌い、政治の話は好きでも本当に深い興味はない、でも政権が民主党に変われば全て良くなると強固に思い込んでいる(TVの影響なのでしょう)。民主党の出す案には反対だけど選挙のときは絶対民主党に入れるというわけのワカラナイ行動をする。もう説得の範囲外だと思うのですが、民主党の出してくるひとつひとつの政策に反対ができるのなら個々の政策に反対の署名などで協力してもらうだけでもよいのではないかと思います。新聞TVの情報を鵜呑みにしている相手にいきなりこちらの主張全部を分かってもらうのは難しいです。そういう情報にある程度漠然とでも疑問を持ってる人には受け入れられやすいのですが。

ネットで得た情報をプリントアウトして渡すなども相手によっては効果があります。なかなかネットやってる時間がない人でもちょっと手の空いた時間に見てもらえますから。あとやはり相手が興味を持ちそうな話しから取っ掛かりを作るのも大事かと思います。宗教団体の力で仕事もらってるらしき芸能人の話しとか、どうして日本の芸能界には日本名を名乗る外国人が多いのかとか。日の丸・君が代に反対している人がなぜいるのか。韓流ブームのときの空港お出迎えエキストラ、派遣村や京浜ホテルの争議などマスコミが伝えない裏話の部分も興味持たれるかも知れません。反日活動は広範に行われていますから。実際に話しの流れをうまく作るのは難しいですが、人にわかってもらうのは時間のかかるものだと割り切って少しづつ相手の理性と日本人としての心に入り込んでいければ良いのではと思います。

日本民族滅亡だろ!
Kotaさんと俺の周りも一緒だわ。
政治家も悪いけど、それを選ぶ有権者も悪いだろ。
ネット世界では知の方が多く、この国も捨てたモノでもないなって思えるけど、
でも現実の世界にしか国は無い訳で、
どれだけネットの世界で素晴らしい事を並びたてても、
現実の世界では何も変わらないよ!
このままいけば、間違いなく民主党が政権をとるわ!
そして、この国はなくなるだろうな…
でもそれを選ぶのも国民なんだし…

俺はもうこの国に絶望を感じてるよ…

こんにちは。
去年から拝読しております。

今日の内容は、事実を突きつけられて
気持ちがどっと落ち込んでしまった、というところでしょうか。
「恒久平和調査局設置法案」のことは全く知りませんでした。

私の回りでは、まだ「知」と「日本人魂」を持った方が多いように思えます。
しかし、うちの母はよく言っています。
正しいことを正しいと言い、正しい行動をとった人が悪者になる、と。

いつの間に、そんな日本になってしまったのでしょう。

私には子供がいませんが
次の世代には健全な日本を渡さなければならないと思っています。
そのためには、私は何をするべきか?とよく考えています。

こちらのブログでは、いつも私の知らないことを得ることができ
私なりに「知」を広げさせてもらっています。
考えることのできる日本人でありたいものです。

毎日の更新を楽しみにしております。


日本は明かに内部崩壊工作支配があります

昨今の新聞、テレビの偏向報道は目に余ります。とくに、朝日、毎日は新聞だけでなく、系列のテレビ報道にも、日本を貶めるような報道が目立ちます。

ネット情報を見れる人達は、このおかしな日本の現状がわかるのですが、60歳以上になると、「おれおれ、詐欺」に引っかかるように、新聞やテレビ放送だけを信じている傾向が強くなります。

この傾向が強くなるのは、過去のような大家族の絆がなくなり、核家族で情報のやり取りの機会が少なくなっている現実があります。情報伝達の手段の進化についていけない高齢者が増えていることへの対処が必用であると思います。

このブログを訪れている方は比較的、高齢であっても時代の変化に遅れていない方がほとんどであるとは思いますが、多くがそうでない可能性もあります。また、成人になりたての若い年齢層も、ネットは使っているが、政治経済に無関心、あるいは無知に近い人も多いかと存じます。

したがって、日本の危機に対する認識を国民全年齢層で共有する手段を考えなくてはならないと思います。それには、住居を別にしている家族、親類、友人などとも緊密で話し合える社会環境の構築が必要ですね。昔といえば、私の年齢が分かりますが、日本社会は、縦だけでなく横の連携、連帯関係が自然にあったのです。

いずれにしても、日本は奇妙な日本社会崩壊を狙い、支配工作をたくらむ勢力が国内に巣食っているのは確かであると思います。それは、日本の国政に係っている政党、マスメディア、教育界、財界、あらゆる分野に、日本人の顔をした、隠れ反日勢力と言うものです。中には、すでに明確に国籍さえ問うべきと思われる、政党や政治家の存在があります。

今度の総選挙で民主党に一度まかすという人が、かなりの知識人にもいますが、これをやると支那、朝鮮、韓国の思う壺でしょう。日本が日本で無くなる危険性が生じます。困ったことには、自民党内にも隠れ反日がかなりいることです。これは何とかしなくてなりませんが、そもそも自公連立自体が癌です。これは、早急なメスがいります。

さらに、麻生首相は、選挙制度の見直し、議員定数の削減、小選挙区比例政の廃止を言われていると思いますが、これはぜひ断行して欲しいものです。国民が投票もしていない議員が比例で生まれること自体、民主主義制度の選挙とは思えません。また東京都の選挙が近いですが、これは公明党のためにあるのではなく、これに配慮した国の総選挙時期を合わせるなど、もってのほかです。公明党は都議会選挙で勢力を弱めると、数々の闇の事柄が出る可能性があるので、あせっているのでしょう。

最大の敵はマスコミ

ブログ主さんが書かれているように自民党の中にも社民党的な人がいます。しかし落選させたくても出来ません。自民党公認として出馬すれば投票せざるを得ません。他に投票する政治家がいないからです。

今の自民党には不満があります。しかしブログ主さんが言われるように民主党が政権を取ればとんでもない国になります。民意の声を聞けと言いながら政権を取れば国民の声は聞きません。小沢代表が言っていました。国民は政治は知らなくて良い。投票さえしてくれればそれで良いと。一番怖いのは、アメリカ国債を減らしてドル通貨機軸を変えるような発言をしていることです。イラクのフセイン大統領が倒されたのは決済をドルからユーロに変えたためです。民主党はトラの尾を踏むつもりです。日本にはそれだけの力はありません。

そんな政党をマスコミは支えます。マルチ商法問題や小沢代表の多くの灰色不動産購入問題、韓国籍秘書問題などは報道しません。韓国の元慰安婦が韓国政府とアメリカ軍に対して提訴した従軍慰安婦賠償訴訟も報道していません。 

マスコミが報道しない民主党の正体を多くの国民に知ってもらう必要があります。選挙の争点は景気対策ではありません。「日教組」「社会保険庁労組」「朝鮮総連」「韓国民潭」「部落開放同盟」「外国人党員」を支持母体とする民主党に国政を任してよいかを国民に問わなければいけません。

そのことを多くの国民は知りません。マスコミが報道しないからです。チラシによる広報が必要です。最大の敵はマスコミです。

是非、平沼先生に新党を立ち上げてもらいたいです。

すみません。パスワードを打ち間違ったようで、
文章の編集ができませんでした。
申し訳ないのですが,上の文章については、
削除していただければありがたいです。

---

昨今の新聞、テレビの偏向報道は目に余ります。とくに、朝日、毎日は新聞だけでなく、系列のテレビ報道にも、日本を貶めるような報道が目立ちます。

ネット情報を見れる人達は、このおかしな日本の現状がわかるのですが、60歳以上になると、「おれおれ、詐欺」に引っかかるように、新聞やテレビ放送だけを信じている傾向が強くなります。

この傾向が強くなるのは、過去のような大家族の絆がなくなり、核家族で情報のやり取りの機会が少なくなっている現実があります。情報伝達の手段の進化についていけない高齢者が増えていることへの対処が必用であると思います。

このブログを訪れている方は比較的、高齢であっても時代の変化に遅れていない方がほとんどであるとは思いますが、多くがそうでない可能性もあります。また、成人になりたての若い年齢層も、ネットは使っているが、政治経済に無関心、あるいは無知に近い人も多いかと存じます。

したがって、日本の危機に対する認識を国民全年齢層で共有する手段を考えなくてはならないと思います。それには、住居を別にしている家族、親類、友人などとも緊密で話し合える社会環境の構築が必要ですね。昔といえば、私の年齢が分かりますが、日本社会は、縦だけでなく横の連携、連帯関係が自然にあったのです。

いずれにしても、日本は奇妙な日本社会崩壊を狙い、支配工作をたくらむ勢力が国内に巣食っているのは確かであると思います。それは、日本の国政に係っている政党、マスメディア、教育界、財界、あらゆる分野に、日本人の顔をした、隠れ反日勢力と言うものです。中には、すでに明確に国籍さえ問うべきと思われる、政党や政治家の存在があります。

今度の総選挙で民主党に一度まかすという人が、かなりの知識人にもいますが、これをやると支那、朝鮮、韓国の思う壺でしょう。日本が日本で無くなる危険性が生じます。困ったことには、自民党内にも隠れ反日がかなりいることです。これは何とかしなくてなりませんが、そもそも自公連立自体が癌です。これは、早急なメスがいります。

さらに、麻生首相は、選挙制度の見直し、議員定数の削減、小選挙区比例政の廃止を言われていると思いますが、これはぜひ断行して欲しいものです。国民が投票もしていない議員が比例で生まれること自体、民主主義制度の選挙とは思えません。また東京都の選挙が近いですが、これは公明党のためにあるのではなく、これに配慮した国の総選挙時期を合わせる必要はありません。国益に応じてやればよいことです。

おそれなくてもいい

政権交代は自主独立への第一歩、このまま政権を保守したいだけの自公政権が続いても、対特亜、対米何が解決していくでしょうか、長期政権は腐敗します。

民主の主流は元自民の保守勢力が押さえてますし、政権交代を目的としてかなり左までまきこみ、束ねただだけのことと思います。

政界浄化して、闇の部分をオープンしましょう、人、組織共レベルアップしていかないと滅びます。

はじめまして

いつも楽しくこのフログを見ています

こんな議員さんたちを見ていると「議員いらなくね?」と思っちゃいます f^_^;
自分も政治に興味ないと言われている若い層なんですが選挙権がないこら当然っちゃ当然な気がします
それなのに政治に感心をもたせようとしでも難しいです

マスゴミの害は確かに有りますが、投票する政党や候補者を調べない有権者にも問題は有ります。
例えPCが家に無くても図書館やネットカフェ等でネットは出来ますし。保守系の雑誌などからも情報は得れます。あまりにも情報弱者振りが目立ちます。
国を良くも悪くも変えれるのが選挙です。その選挙に情弱で投票する日本人は正気とは思えませんが。
自分の考えは間違いかも知れませんが、一度痛い目を見ないと分らないでしょうね。
国防は米国に任せて国内問題も関心が無い此れでは話になりません。

ブログ主様こんばんわ。
この正式名称「国立国会図書館法の一部を改正する法律案」の提出者は
鳩山 由紀夫(民主党)外七名となっています。

法案の中身についてはかなり長いので要約すると以下になります。

要約
国立国会図書館法に恒久平和調査局の設置をする。
所轄する調査事項
1.開戦経緯 2.朝鮮人・台湾人の強制連行
3.日本軍の関与による組織的・強制的な性的行為の強制
4.日本軍の生物化学兵器開発・実験・使用・遺棄
5.2~4以外の朝鮮人・台湾人への残虐行為
6.2~5以外の戦争被害
7.わが国の賠償責任
予算
2億5千万円/年

サヨク的思想に基づく平和教育などほとんど中国、韓国、北朝鮮に我が国を(沖縄ビジョンの場合沖縄を)売り渡すようなことなのです!
もし、次の衆議院選挙で民主党に政権を渡すことは 外国には土下座はするのに阪神淡路大震災の時に思想にとらわれ早急に国民を救えなかった村山政権(社会党)と同じかそれ以上にひどい状態になります。
現に民主党の中にはかなりの旧社会党議員がいます、そのため自分は民主党=(社会党 OR 社民党)だと思っています。
大手マスコミのほとんど(特にTV)民主党にとって不都合な真実をTVなどのマスコミが殆ど報道してないのは何故なのか?
自民党の時は喜んで報道するのに・・・特にテレ朝やTBS!
自分も民主党について書いて見ましたもしよろしければ参考程度にどうぞ。

銀色の侍魂
国民の生活より選挙が大事! ”民主党!!” 沖縄ビジョンから見える思想
http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-25.html

日本人は働きアリですが
政治に関してはキリギリスです。
「特亜優先社会」という冬将軍が本格的に到来すれば
何か大切なことに気がつくと思います、たぶん。

既に気がついている人たちは、政治的なアリとなって
来たるべき冬の時代に備えましょう。

そこへキリギリスが来たら、貴方はどうしますか?
分け与えますか?諭しますか?
それとも・・・・

恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟

「恒久平和のために真相究明法の成立を目指す議員連盟」参加国会議員一覧
■最高顧問
土井 たか子

■顧問
鯨岡 兵輔 武村 正義

■会長
浜四津 敏子 鳩山 由紀夫

■副会長
上原 康助 近江 巳記夫 久保 亘 中西 績介 本岡 昭次 田 英夫 吉岡 吉典 白浜 一良鈴木 恒夫

■幹事長
田中 甲

■副幹事長
清水 澄子 石井 紘基

■常任幹事
馳 浩 円 より子 大野 由利子 吉川 春子 松浪 健四郎 大脇 雅子

■事務局長
藤田 幸久

■幹事
【自民党】
阪上 善秀 山口 泰明 仲道 俊哉 河野 太郎  若林 正俊 畑 恵
【民主党】
横路 孝弘 赤松 広隆 岩田 順介 大畠 章宏 五島 正規 坂上 富男  佐々木 秀典 田中 慶秋 土肥 隆一 小沢 鋭仁 枝野 幸男 海江田 万里 金田 誠一 樽床 伸二 永井 英慈 山本 孝史 家西 悟  石毛 えい子 岩国 哲人 生方 幸夫 川内 博史 北村 哲男 桑原 豊  近藤 昭一 中川 正春 中桐 伸五 葉山 峻 肥田 美代子 松本 惟子 山本 譲司 奥田 建 岡田 克也 竹村 泰子 今井 澄 齋藤 勁 和田洋子山下 八州夫 簗瀬 進 小川 敏夫 郡司 彰 小宮山 洋子 高嶋良充  谷林 正昭  千葉 景子 松崎 俊久        

【公明党】
北側 一雄 東 順治 石井 啓一 上田 勇 福島 豊 池坊 保子 白保 台一 中野 清 荒木 清寛 山下 栄一 大森 礼子 河合 正智 田端 正広 加藤 修一 高野 博師 海野 義孝         

【共産党】
木島 日出夫 阿部 幸代 八田 ひろ子     

【社民党】
北沢 清功 畠山 健治郎 濱田 健一 中川 智子 深田 肇 保坂 展人  横光 克彦 辻元 清美 山本 正和 三重野 栄子 照屋 寛徳 福島 瑞穂
【さきがけ】
奥村 展三                  

【無所属】
中田 宏 岩本 荘太                


計109名(99年6月20日現在)

※みなさん、情報としては古いですが彼らの名前忘れないでください!

世界地図は大きなうねりの中に在る・・

>Kaya さん
>私には子供がいませんが
次の世代には健全な日本を渡さなければならないと思っています。
そのためには、私は何をするべきか?とよく考えています。

私も、まったく同じです。
日本を、守ることが、自分の子供、孫に引き継がせたいとか、、
そんな財産みたいなもんじゃありません。
今、世界は歴史上で大きな転換期にあり、
今後大きな時代のうねりが 起こり始めることかと思います。
現実に見える子供がいないから、見えるということもあります。

過去の英雄、偉人といわれる人たちでも、自分の周りの
家族の平和だけを、守れればいいなどと、考えていた人なんて
いないと思います。
かえって、偉人の遺族たちも、その陰では、耐え忍んできたことは多い。
しかし、未来に繋がる残された功績に、救われた事と思います。

その心の想いの大きさ、その理想の高さ、理念、信念こそ、
時代精神となり、心の財産、哲学となって、後世の多くの日本人に、
引き継がれていくのだと思います。
おかれた立場で自分をどのように、日本のために生かせるか・・
常に「智慧」を、働かせていたいと思います

今日、ボクのブログでも書いたのですが、民主党、23日に鳩山氏が、ソマリア派遣について党内の意向を一本化します!と言ったかと思ったら、もう25日には、党内の意見調整ができてないだけでなく、政権交代時の連立相手と想定している社民党、国民新党とも意見調整がつかない。
ことは、国連決議に関する国際協調の問題であり、世界は待ったなしです。
関連記事:ソマリア海族対策で民主党のやっぱり
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-402.html

管理人さんがご指摘の「恒久平和調査局設置法案」も、まさに不見識極まりない法案なら、鳩山氏が提出した「国立国会図書館法の一部を改正する法律」も、まったくご指摘法案と同趣旨の不穏な法案です。
歴史というものを、はじめから色眼鏡の結論ありきで結論付けるなどというのは、まさに先人たちにたいする、そして現代日本人に対する、さらには未来の日本に対する犯罪です。
関連記事:国立国会図書館法の一部を改正する法律案の不穏
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-276.html

昔書かれた安岡正篤氏によると、「スパイの一番大きな目的は、相手国の国策を誤らせる事にある」、なのだそうです。
スパイ法案もなく、無防備で、庶民の努力で稼いだ多額のカネを持っている日本政府。そこへもってきて、セイケン化粧品がほしくて仕方がないオザワ姫や、ハトヤマ姫などは、狙いを定めた色事師のチューカンにとって、これほどクミしやすい相手はいないのかもしれません。

自民がダメだから、民主に政権を委ねる。
多くの庶民からみたら、民主も、大部分はもともと自民なのだし、まぁ、いちどくらいまかせたっていいじゃないか、程度の軽い認識です。
しかし、その民主は、すでにヒダリ色に染まり、日本を亡国へと追いやり、意図して国策を誤る方向付けをしようとしていることは、すでに明白です。
なるほど自民にも問題議員は確かにいる。

しかし、わるいけれど、すでにチューカンを選挙資金のスポンサーにいただいて、真っ赤に染まった民主よりは、自民の方が、は・る・か・に・ま・し!!と強調しておきたいです。

選挙は、麻生総理が解散権を行使しなければ、絶対に起こりません。
だからこそ、たかが1000人程度の偏向したアンケートで、支持率がどうのとはやし立てている。
むしろ麻生総理には、メディアが何をほざこうが、金輪際、選挙なんかしてもらいたくない。
ボクはそう思っています。

新聞などの上層部は・・・

 「全共闘などの過激派のうち、警察に捕まるほどではないが、かといって一般企業や役所に就職できない連中が、新聞にもぐりこんだ奴らである。」というのを聞いたことがあります。 真実かどうかは判りません。

 この事を頭に入れて、次のブログのエントリーを読んでみて下さい。

『北京・官邸趣聞博客(ぺきん・かんていこねたぶろぐ) 』
産経新聞政治部麻生総理大臣番記者福島香織さん
 「雑談②いつまでたっても慣れない総理番のお仕事」
 http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/882883/

 上記ブログのエントリーに出てくる、「編集局の偉い人たち」が、どの様な背景をもって、記事を作っているのか、理解できるのではないかと思います。

 上記ブログのエントリーを読んでいて、個人的に思った事は、新聞記者って、馬鹿の集まりじゃないのかな?と・・・

 政治記者とか、○○番とかになると、勉強する暇ないし、そもそも、勉強する気がないし・・・

 政治部、社会部、経済部などを約3年毎にローテーションさせて専門化させないでゼネラリストにするらしいけど・・・

 そもそも、一般常識も、業界常識も、持ってないから・・・

 結局、取材した専門家の受け売りしか書けなくて、自前の、まともな記事なんか書く事ができないのじゃないかと思う。

 昔は、新聞記者って優秀な人の集まりなんだよなと、思っていたけど、社会人になってからの勉強量とかを考えると、新聞記者と一般会社員を比べた場合、一般会社員の方が圧倒的に多いんじゃないかと・・・

 最近では、普通の人のブログの方が、新聞やTVより、政治でも経済でも、まともな分析した記事が多いよーな、気がします。

 そんな事、判りきった事じゃないかと、書き込む人が居ますが、その判りきった事を、繰り返し、繰り返し、伝えていかないと、情報は広がりません。 自分は知っているけど、他の人が知らないという情報は沢山あります。 逆に、自分は知らなかったけど、他の人が知っていたとういう情報も沢山あるのです。

■最高顧問
土井 たか子

これ、引退したとおもったけど、まだしがみついているんですね。迷惑千万!

ブログ主さん、論客の皆様、初めまして。
いつも拝見させていただいております。

私も前回の参院選にて激しく絶望感を持ちました。
身近な人からでもと説得したりしてみたものの、真実など二の次で結局マスコミの思い通りになってしまう現実に正直心が折れそうでした。

今、日本人は自らの投票で生み出したねじれ国会で、景気対策を盛り込んだ補正予算もスムーズに通らず、苦しんでいます。
反対のための反対しか出来ない民主党に投票して、民主党の自己満足とアピールのためのツケを自分達が受ける。
補正予算の繊細も報道されないので、内容もどうせ知らないでしょう。
そして、それが誰のせいかも分からず「政府が悪い」
定額給付金には反対だの間違ってるだの否定するくせに貰うのかと聞かれれば「貰う」と答える。

愚民ここに極まれり、です。
これだけ印象操作しやすければメディアも(その黒幕も)笑いが止まらないでしょうね。

それでも、まだ日本は死んではいないと思っています。
瀕死かもしれません。
しかし、明日の日本を考える人も政治家だってゼロではないです。

中山前国交相、田母神前空幕長、派遣村が「おかしい」と述べた坂本元政務官…不遇の憂き目にあったとはいえ、どんどんと今までおかしかった何か、が噴出してきているように思います。
たとえメディアに非難されようとも、それぞれの方が提示した問題は無にはなっていないと考えます。

麻生内閣は、今ガタガタに見えます。
しかし、私には一歩一歩、慎重に耐えながら踏む浮石を選びつつ歩んでいるようにも見えるのです。
現状、思うように出来ないでしょう。
良いところは取り上げず、法案もネガティブな部分のみをクローズアップして真実さえもゆがめるメディア、揚げ足を執拗に狙い、出来もしない政策を掲げ国民を惑わす民主党、党内の反対勢力、理解の無い国民…
思うとおりの行動をストレートに取れば即座に失脚させられるのを承知で、掴みどころ無く歩んでいるように見えるのです。

何を言われようが忍の一字でこの場を堪え、民主党がボロを出し、自民党内のウミを排出しつつ、好機を窺って欲しいと思っています。

分けて送ります。重要だと考えます

売国4法案
(人権擁護法案、外国人参政権、 国籍法改悪、 1000万移民計画)
を粉砕するチャンスが到来しました。
これを気に、一気に巻き返せるよう広めていただけますと幸いです。
コミュニティ名
売国4法案撲滅!
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4002418
より
===【ネット転載フリー】===
緊急拡散『簡保の宿・オリックスへの売却反対、売国4法案絶対反対』要請 (水間政憲) 2009-01-25 08:22:43

皆様、千載一遇のチャンスが巡って来ました。
改革推進派(日本・郵政解体推進派)と売国4法案(人権擁護法案、外国人参政権、 国籍法改悪、 1000万移民計画)推進派は一体です。
平沼赳夫さんが、不幸な立場になっているのも反日本解体推進派だったからです。
一つ一つ正攻法で攻めることも大事です。
しかし、国民世論が社会正義と理解している問題が、我々の目的と完全に一致しているこのチャンスを見過ごしてはいけない。
麻生首相が、 郵政民営化反対した 河村健夫議員を官房長官に抜擢したことは、売国4法案推進派でないなにより証拠です。
マスメディア( 読売、 朝日など)は、 オリックスを擁護し、 鳩山邦夫総務大臣

すみませせん。分けて送ろうと思ったのですが。情報量が多くて(^^;
分けてもダメでした。
売国4法案阻止の情報です。
Mixi に登録済みの方、下記で入ってください。よろしく御願いします。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1061963472&owner_id=10152743

議員を見極めよう

正に同感です。

政治家は派遣レベルの給与と3ヶ月更新の待遇で見合っているように感じます。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/330.html

ここを見られている方たちは、民主党のヤバさに気づいていますが、世間は、そうなってしまっているのでしょうか。。
奴らは、新日本人。本物の日本人の思想を持っていないことを堂々という必要がありますね。
差別でもなんでもないですから。

マスコミの功罪

まさにジャーナリズムのジャの字もないマスコミの功罪だと思います。
それに乗せられて、日本の政治家は国家や未来を語らず、
政局論争に奔走し、国民を向いていないというのが正直な感想です。

しかし、こうした政治家を選んだのは我々国民です。
まずは一人でも多くの国民が投票所へと足を運ぶところから始めるしかないかと思います。

まだネットはマスコミに比べると情報メディアとしては弱いのが実情だとは思いますが、
その一方で、テレビ、新聞、雑誌の多くの媒体が、媒体価値を落とし、赤字へと転落しているのも事実です。
これは既存マスコミの正体が国民にもじんわりと浸透してきているということかもしれません。

次回衆院選は政治家が反面教師となって、日本国民が目覚めるための試練となることになればと思います。

我が国は 誰かの犠牲がないと目が覚めないんでしょうか?
犠牲者にならないために出来ることは なんでしょうか?

戦後最悪の売国政権が生まれようとしています。
最長で4年間、日本の国益がどこまで蚕食されるのか。
唯一の砦であるネットも、統制の対象にされるかも知れません。
小生、口コミに励んでいますが、やはり手応えは薄いです。
手遅れにならないうちに、目覚めて、蜂起してくれますように。
もう信じて、祈るしかありません。

売国奴議員

銀時さんありがとうございます。さっそく国会議員Exel表に、銀時さんの情報を追加しました。
国籍法、人権擁護法、外国人参政権、1000万人移民、北支援、恒久平和調査局設置法の何れかに賛成すると、売国奴度数が加算されます。現在、売国奴議員は国民の味方になってくれそうな議員の3倍弱います。その他ノンポリ議員が売国奴議員の1割増し程度います。売国奴は民主党、自民党の色分けでは済まなくなっています。(注、共産、社民、公明議員は無条件で売国奴にしてあります)

時々ここのプログに工作員が出没しますが、彼等の言っていることを見ると、売国奴議員達が作らんとしている法案や民主党の政策の目的も分かります。民主党が言っている沖縄自治区の目的はやはり沖縄を中国へ差し出すこと他ならず、その他の法案は民主党支持の工作員のかねてからの願望である天皇制の否定、日本解体を目的をしているとしか考えられません。

国籍法案の怪しい動きを水間政憲氏は「怖いと」表現しましたが、止めようがないかのように日本解体に向けて着々とプログラムが進んでいるからでしょう。

プログ主様は、これ等に加担する売国奴国会議員を「知」が足りないと表現していますが、彼等は洗脳されたか悪意をもって日本を解体しようとしている者のどちらかです。どちらにしても国会はもうオーム信者のような者の巣窟になったようです。

売国奴法案の内容を国民が知れば、殆どの国民はNO!と言う筈ですが、何故麻生総理は何も言わないのでしょうか。これ等を争点にして解散すれ勝てるはずです。勿論、党内の売国奴議員を戦う必要がありますが、小泉首相のように国民を味方にしてすれば良いのです。今は自民、民主と言っている場合では無い。

反日組織は、日教組や各種反戦団体がありますが、こんなものも見つけました。
日本福音同盟 http://jpnews.org/pc/modules/xfsection/article.php?page=1&articleid=1247
キリスト教国でも自国の国旗には敬意を表しますが、日本国旗だけは駄目だそうです。まさか麻生首相も。

河村建夫

>bingoさん

河村建夫は私の通信簿では、外国人参政権賛成、1000万人移民推進、親韓派、民潭の手先となっています。
私情報は間違いでしょうか。

加害史観という対日工作

>つまり戦前の日本は悪という誤った思い込みの上にたって、戦前の日本
>の歴史を追及、裁こうという意味です。

思い込みではなく、アカや朝鮮人らが意志を持って進行させている加害史観という対日工作の一環ですよ(この工作以前はそんな風に思っている人はいなかった)。これは、分かっているだけでも1958年「世界」という雑誌の2月号から準備されていて、1960年に強制連行が「発明」されています。しかし、多くの人は「強制連行」というプロパガンダがバレても、誰が何の目的で流布したのか考えようともしないし、流布させたものに対し制裁しようとも思わないのです。それならば、やった者のシナリオ通りになるのは自明でしょう。

加害史観という対日工作

それと、「強制連行」が流布された何年か後、それを検証した方がいて、実はそれらが嘘だったことがすでに判明していたのですよ。なのに何故、そんなものが今まで通用していたのでしょう?言論統制していたのは誰なのか?

もう少し詳しいことはこの本に。

新しい神の国 (ちくま新書 684)
http://www.amazon.co.jp/dp/4480063862/

崗上虜囚さん。

返事が遅れました。すみません。

確かに下記サイトでは、川村健夫は、
北京オリンピックを支援する議員の副幹事長であった。
日韓議員連盟副幹事長
永住外国人参政権賛成派
との情報があります。

「川村健夫」で検索したら、そのようなことが確定的のようです。
http://www41.atwiki.jp/dainihon/pages/44.html

崗上虜囚さん

続投です。
困りましたね。
麻生内閣にて内閣官房長官だという事実との整合性。
Wikipedia の情報ですが、これに工作が入っていると
したらと、ふと思いました。少し、各方面から情報を探るのも
必要かもしれません。再度、注意して漁ってみます。

崗上虜囚さん

http://www.tspark.net/
これを見るとやっぱり、中・韓関係のことにかなり関わっていますね。
これが日本の国益を考えながらやっていることならいいですが、
純粋、単純に、日中友好とか日韓友好なんてことを考えているとしたら、
要注意人物かもしれません。

自民党の中に隠れ左翼がいるのも問題ですね。二階、山崎、古賀、加藤、伊吹なんかも問題児です。

議員定数

アメリカの議員の数を考えれば、日本の国会議員の数が多すぎです。衆議院で百数十名、参議院で100名以下で十分です。あまり多いから国民の目も届かないことを良いことに陰で余計なことをするのです。
後は、小選挙区制廃止と定員分複数の人に投票する制度にすれば、死票もなくなります。小選挙区は国民の選択の自由を奪う悪制度です。小選挙区に賛成した人は反省して欲しい。

サムライブログ最新ニュース

サムライブログ・サムライ通販最新ニュース

【麻生首相】「2次補正成立したが、民主党の反対で関連法案が通らないと給付金や高速料金引き下げを早くやりたくても60日間はできない」

↓続き
http://todays2ch.jugem.jp/

だから あの人も騙される

ウソをついて「騙してはいけない」は、本来なら「騙されてはいけない」と「騙すやつを許すな」とセットで完結するはずの教えです。
ところが、我々日本人は、「騙してはいけない」しか躾られない。すべての日本人が、そう教えられて機能すれば、こと足りるからなのか。

しかし、現実は、
日本のどこかで、誰かが誰かをだましている。
自分もこっそり騙されている。
局所的な卑近なウソには敏感に気づいて激怒する人も、大仕掛けのウソには簡単に騙される。ウソのからくりを教えられても、自分の損害が小さければ、意外に怒らないかも。騙すより騙される方がマシかな、などと納得してみたり。

公益を考えていない悪法は、例えればまるで、身に覚えのない取引契約ですね。(でも、どこかで騙されている) 解約するまでの砂を噛むような労苦が甚大です。
騙す奴天国、我が日本。哀しきかな。
法的な拘束力などない村山談話(ウソ)なんぞに至っては、即刻唾棄!ですよね。

私には2人の娘がおります。
この子たちにまともな日本を残してやりたいと思い、行動開始しました。
と言っても、私に出来ることと言ったら、ビラ配りくらいしかありませんが・・・
「国民が知らない反日の実態」Wikiの中にビラがありますので、それを自前でプリントして配って回っています。効果のほどは分かりませんが、ネットを使わない情報弱者への警告になれば、と思っております。
1日30分くらいで50軒は配れますので、ネットでの周知には限界がありますから、皆様ご賛同よろしくお願いします。
麻生総理が解散を先延ばししてくれている間に、世論をひっくり返してやりましょう!

猪口邦子

猪口邦子も注目しています。アメリカ帰り、部落解放同盟との関係も深く人権擁護法案推進の武者小路公秀の弟子、二重国籍賛成、移民賛成、それでいながらTMDの推進者です。日本解体を実行しているのはアメリカ内部の組織と関係しているのではないかと思う根拠の一つです。

テレビ朝日の放送免許停止、放送法改正の署名活動
http://www.shomei.tv/project-624.html

企画者: 林 哲也
提出先: 麻生太郎総理大臣
開始日: 2009年01月12日
連日の自民党への揚げ足取りな執拗なバッシング、支持率の捏造疑惑、民主党小沢氏の隠し資産疑惑や裁判で負けた件を全く報道しないなど不平等な民主党べったりの印象操作報道。
国民の知る権利がマスコミに侵されている現状、民主党小沢政権をやらせてみようなんて報道は心の底から怒りを覚えます。
放送法一部抜粋
・政治的に公平であること
・報道は事実をまげないですること
国民が真実を平等に知る事が出来るよう放送法を改正し、通信放送規制の独立行政委員会の設立。
先日のテレビ朝日ウソバスター!の悪質やらせ放送に対する1日放送停止処分、捏造放送の放送免許取り消しや放送停止の放送法の厳罰化を求める署名です

対抗する手段は残されていないのでしょうか

> R様も紹介している産経新聞記者 福島香織さんのブログです。
http://fukushimak.iza.ne.jp/blog/entry/882883/
-------------------------------------------------------
.麻生首相のバッシング報道がいちばんさかんだったとき、某新聞社の記
 者がこんなセリフをいっていた。
.「ここまできても麻生政権を解散に追い込めない今の政治部記者はなさ
 けない。
. 昔の政治部記者なら、今頃麻生政権は解散になっていた」。
.報道の力によって支持率を上下させたり、内閣を解散させたり、すきな
 政治家を首相に押し上げたりやめさせたりできる、そういう影響力の行
 使こそ、政治部記者の醍醐味、といいたげである。
-----------------------------------------------------
 最近も続く麻生総理へのマスコミの卑劣な攻撃は、「報道の影響力の行使こそ政治部記者の醍醐味」で行われているのでしょうか。上の方で麻生総理をこきおろす発言をしている方がいましたが、では福田総理が今も継続していたほうがよかったのでしょうか。
 読売新聞社、電通、日本テレビなどを支配する80歳前後の怪老人たちが日本をコントロールしているのは報道を見ていると、事実なのかもしれません..。

 民主党の勝利で日本国は破滅します。すぐにでも受け入れられる中国・韓国・北朝鮮からの1000万人の移民と、日本人との武器を使った内戦や武装闘争も頻繁に起きるでしょう。日本の警察は異常にナイフを警戒していますが、では外国人の凶器の前に素手で立ち向かえと言うのでしょうか。日本が憲法9条で縛られているように、暴力に非常に弱いのが日本の国民です。軍事訓練を受けた外国人には、夢のようでしょう。小さなナイフすら持たない日本人から、ほとんど抵抗されないのですから。

 日本人の権利や土地、生命財産を外国人に差し出す政党を与党に選ぶ日本は滅亡してもしょうがないのです。この百年で世界では約25%の国が滅んだそうですが、日本もそうなる可能性があります。ギリシャや中国が、昔とは異なる民族が住んでいるように。

 西京(西安)、南京、北京そして東京(洛陽)。日本の東京が異民族に乗っ取られて「洛陽(旧東京)」と呼ばれる日も近いです。

 マスコミ、歴史教育、法曹界、政治を押さえられている以上、民衆の蜂起くらいしか対抗手段がありません...。ましてや日本人は驚くほど少ししか生まれないのですから。滅亡まっしぐらです。

選挙に行く前に知って欲しい、日本を売る政治家たち

 http://senkyomae.com/

選球制度改革は必要です

確か麻生首相は、選挙制度改革を打ち出しいますよね。議員定数の削減と小選挙区制の廃止。ぜひ実行をしてほしいものです。投票する側の選択権が狭まって、投票したい立候補者が地区によっては、誰一人もいないケースも生じます。
また、望んでもいない人物が議員になる、比例制度も廃止がいいです。

日本の政治家

中国に行くと必ず接待を受ける。すると食事に薬を盛られ、それで洗脳されてるんじゃないでしょうかね?
だから日本国民や国益のために動かない。政治家を調べてみたら薬物反応があるかもしれない。

日本的な社会主義

つらい「派遣切り」の一方で、「過保護の正社員」の日本派遣労働者問題が注目を
集めています。年末年始には、東京・日比谷公園での「年越し派遣村」などをめぐって
様々な論争が起こりました。雇用不安を受けて、「ワークシェアリング」も焦点になって
きました。
派遣労働者側の言い分は、「企業による非正規社員の首切り横行は許せない」
ということ。確かにその通りつらい立場に置かれているわけですが、一方で、
「日本の正社員は保護され過ぎている」ということも、よく知られた事実です。
やや古い報告ですが、経済協力開発機構(OECD)は、この「正社員に対する
過保護」を問題視しています。

(08年3月5日付日経新聞)

――日本の正社員過保護? OECDが労働市場分析、「非正社員、処遇改善遅れ」 ――

経済協力開発機構(OECD)は四日、加盟先進国の労働市場に関する分析をまとめた。
日本は正社員へ手厚い雇用保護をしている半面、パートなど非正社員の処遇改善が
遅れていると指摘。正社員への過剰な保護を緩める政策的な取り組みが進んでいないと
批判した上で、正社員・非正社員の待遇格差を縮めて、より効率的な労働市場を
目指すべきだとした。
……報告書が問題視するのは正社員保護が手厚い一方、非正社員の保護が
手薄な点だ。
……米国やOECD平均と比べても正社員の「過剰保護」が際立つ。

OECDは、正社員と非正社員の待遇格差を放置すれば、企業は正社員採用を手控え、
コスト面から非正社員への依存を強め、正社員・非正社員の格差が大きい
「二重労働市場」が根付いてしまうと警告した。(引用以上)

つまり、労働者(正社員)を保護しようとすればするほど、新たに職を得ようとする
若い人たちの就職の機会が奪われているということです。
「だから、企業が正社員を解雇しやすくすべきだ」とはストレートに言わないまでも、
あまりにも既得権が守られ過ぎている現状は改められなければならない、というのが
OECDの報告書の趣旨でしょう。

「正社員の既得権を壊せ」という主張で代表的なものは、
上武大学大学院教授の池田信氏。

「雇用形態による解雇制限の差別を禁止し、すべての労働者を契約ベースの
『フリーター』にするぐらいの抜本的な改革が必要だ。年功序列という名の年齢差別も
禁止し、年金もポータブルにして退職一時金も廃止し、全労働者を機会均等にすべきだ。
同時に職業紹介業も完全自由化し、民間の雇用データベースを充実させる必要がある。
このように人的資源を労働市場で再配分することが、OECD諸国で最低レベルに
転落した日本の労働生産性を上げるもっとも効果的な手段でもある」
(池田信夫blogより)
OECDの報告をまとめたエコノミストは日経の取材に対し、「景気回復で新卒採用が
増えても、三十歳代のフリーターが正社員の職になかなか就けないのは労働市場が
まだ柔軟でないからだ」とコメントしています。
働き手一人ひとりにとっても、日本や世界の労働市場の中である程度、柔軟に動くことが
でき、「適材適所」を発見できたほうが,“幸福な働き方”というわけです。

派遣労働者、非正規社員の問題を、なるだけ広い視点で考えていきたいものです
ザ・リバティ 政治デスクより

■政党別愛国・売国度分布
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/303.html

上のページで総選挙立候補者ほぼ全員について定量的に愛国・売国(保守・リベラル)候補の分布状況を8段階に分けてグラフ化し解説しています。
リンク先から選挙区毎の個別候補の愛国・売国度もほぼ完璧に判定されています。
是非一読を & もし気に入ったら他サイトなどへの紹介もお願いします。

うーん。仰る事ごもっともなんですが
民主主義下の政治家どもですからな。正直、全責任は国民にあると・・原則から言えばね。

逆を言えば国益を第一に現実論を持って政治を行おうとする政治家が当選、政治活動を継続できるでしょか?現在の日本で。
安倍氏や麻生氏みれば明らかです。

糞マスゴミの煽動に乗せられてる白痴国民が国を潰してんだと思いますよ。

などと・・・達観して諦めてもしょうがないですからのー、このようなブログ発信が存在する事も変革を起こすその礎になるものでしょうし、マスゴミがネットを敵視し売国野党がネットの影響力に目をつけ利用し始めるほどにここ数年の変化はネットを中心にめまぐるしかったわけですし、やはり国家は国民から変わっていかねばならない部分が多分にあると思うんですよね。

どうやったら白痴バブル団塊みたいな一大勢力を誇る有権者層に知性を与える事ができるんでしょうかね。

売国

「銀時」さんの「広報紙」では~
マトモな議員は居ませんね。しかし良くこれだけのアホを議会に送り込んだものです。確かに日本人自体が問われている問題でしょう。

皆さんが云われる様に日本のマスコミは戦前から批判能力は有りません罵倒・ねつ造・人聞き・迎合・嘘は上手でしたが・・・・

中国は猛毒を撒きちらして自滅する
http://m.rakuten.co.jp/rms/msv/Item?i=12178730&ref=s_ws&jsessionid=&s=213310&X=11e76c47f21&c2=3653310483

自己満足のパターン

[いまの政治家が歴史を知らない、勉強しない、そして決定的に国家観が欠落しています。」
これもマスコミがいつもしている方法。逆を言うと、「私は歴史を知っており、よく勉強しており、素晴らしい国家観を持っています」と自尊している。首相や政治家を馬鹿呼ばわりして非難することで、おのれの立派さを証明して自己満足に陥っているだけのこと。しかし、ブログ主はぺらぺらしゃべるだけで何一つ実行しない。こんな人間がわんさかいるから日本は救われないのだ。そんなに自分が立派で政治家が馬鹿だと思うなら政治家にとって代わればいい。言葉への責任とはこんなものだ。

国民が取る行動は投票だ。
誰に投票するか、それを判断する為の情報を提供する。
それも重要な行動だ。
実行してるのさ。

aoさん

そうですよ! 同意!

神輿に乗る人担ぐ人、そのまた草鞋を作る人

役割りはいろいろだと思いますよ。
「t #sdx8fbJM」のようなビラ配りはやっていませんが、
このような素晴らしいブログに触発されて情報拡散行動を起こした私など
さしずめ草鞋の藁集めかと認識しております。
マスコミの偏向報道に屈しないように総選挙までに覚醒した人が手分けして
誰にどの党に入れたらいいのか?広めていくことが今は重要なことではないかと。(年賀状・回りの知人・自ブログくらいですけど)

KENIKARIさんに同意します

ブログ主様、いつも楽しくまた勉強させていただいています。



私もKENIKARIさんに賛同致します。私も保守派論客の方々の本にて本来あるべき姿、歴史を学びましたが、このブログからも多くの政治家や社会の欺瞞を学ばせていただきました。主張の内容は理解できますが、その論に立つと、政治家や行政への批判は、政治家にならないとできないことになります。このブログにて、現在日本の問題点を分かりやすく浮き彫りにして、周知するのは、このブログの主(あるじ)さんの「立派」な「役目」だと思います。これからも応援します。そして、自分にも何かできないか考えます。

下で簡単に政治家になれ、なんて言ってる人いるけども、
選挙に立候補するには巨額の資金が必要になります。
本気で当選を狙うなら街頭演説
行う為に選挙カーをレンタルし、
ポスター代など、合計で一億円程かかるそうです。

政治家が必死に金を集めるのはその為もあるようで。
当選すればその後の政治家給与他でで返済ができますが、
落選すれば返済できません。
親戚に借りたり知人に借りたり、大変だそうです。

ダメな政治家を擁護よるつもりは全くありませんが
政治家になる、なんて簡単に言える事ではないのです。

>>国民

いい事いってますな。
じつはそこ重要で日本ではマスゴミのせいで【公共事業=悪】並に喧伝による刷り込みが行われてる概念です。

【政治献金=悪】とね。

政治に金が要るのは現実として当然というか道理。じつは悪と喧伝するマスゴミ自体が政界へ資金を注入する事で政治に介入しているわけで国民に対する大きな欺瞞なわけです。

米礼賛するわけじゃないんですが、あちらでは政治に対する関心と関与、情熱として個人による政治献金などは盛んに行われてんですね。
まぁそれが中国政府による在米華僑個人を利用した民主党への迂回献金の隠れ蓑になってたりするわけですがw

いずれにせよマスゴミに洗脳された国民ってのは物事に対して思考能力が働かず現実的な判断、知識と現実からモノを考える事ができませんからなぁ・・・
理想概念とそれとは異なるものの2極でモノを判断するようになっているのが大きな問題ですな。

私たちの選挙区の候補者は大丈夫ですか?

既出かもしれませんが、議員さんと売国法案への加担度、愛国への姿勢などのリストです。
間違っても売国度S級A級の議員を当選させてはなりません。
差別、人権をてこにキックバックによる利権をむさぼり、シナ朝鮮などが日本への侵略を深めるための手引きをしているのが売国議員たちなのです。日本の税金で働いているはずの議員さんが日本を裏切る・・・絶対あってはならないことです。
ナイーブな日本的友好が、かの3国に通用していると思われますか?
あなたの選挙区の先生は大丈夫ですか?

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/119.html

本について

書き込む場所が違ったらごめんなさい。

ここのブログで、中国の話湾みると、南京大虐殺や、強制連行など、本当はなかったと言っています。

でも、学校の先生や、塾講師(大学院で中国の研究をしていた教授)はそれはあったと言っています。創氏改名された人ともあったといいます。


本当の事を知りたいです。どんな本、ホームページが役に立つでしょうか。

文がおかしかったらごめんなさい、高校生なので。。

文系ウソ社会の研究

はっきり言えば、日本人が最低限読むべき本は数十冊(十数冊ではない)あります。
そんなに沢山とお思いかもしれませんが、そうではなく占領後の日本人がそれだけクルクルパーにさせられているのです。
とりあえず朝鮮人とハザール人に関する記述が何だけど、入門としてはこの二冊を。

文系ウソ社会の研究
http://www.amazon.co.jp/dp/4886563228/
第五章 「語られた嘘」の事例研究
1 朝鮮人慰安婦「強制連行」という「嘘」
第六章 「嘘を語る者」は躊躇なく「嘘も書く」
3 「悪臭を放つ支那」に毒された朝鮮(新羅時代に行われた本当の創氏改名)
5 ペンで書かれた嘘「南京大虐殺」
11 広辞苑が載せた「朝鮮人強制連行」という「嘘」

文系ウソ社会の研究 続 (2)
http://www.amazon.co.jp/dp/4886563236/
第一章 文系日本人の一向宗
5 支那兵が自白「日本軍を装い南京で犯罪を実行」
第六章 元凶は「嘘」まみれの歴史教育にあり
2 歴史教科書転落の軌跡(左翼や日教組は(ソ連だけでなく)中共からも飴を貰っていた )


対朝鮮にはこの辺とか。

韓国は“なぜ”反日か?
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/

ぢぢ様玉稿集
http://jijisama.org/

在日朝鮮人年表
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Apricot/9959/nenpyou.html

左翼がサヨクにさよく時
ttp://www9.big.or.jp/~cumy/cgi/list.cgi?number=sayoku

サモハン様(ホームページについて、手始めに)

このブログにどういう経路で訪問されたかわからないのですが、
もしご存知でなければ、まず手始めに、このブログの記事トップ右(→)の「人気ブログランキング」をクリックしてみて下さい。
そしてランキング(TOP > 社会・経済 > 政治 )のベスト30あたりまでのブログを閲覧して見て下さい。(ブログ主様は2位におります。)
(「人気ブログランキング」は数十ある中でも一応メジャーなランキング種別です。)
そこから先は歴史部門を見るなりリンクをたどるなりしての自分の判断です。
歴史の解釈というものは数学や物理のようなこれというひとつの答えはありません。
その事件の起こったいきさつ・時代の環境・今の自分の立場・国・受けた教育等々で変わります。
偉そうな、そして、突き放したような言い方ですいません。
勉強やクラブ活動などの中、大変でしょうが時間を捻出していろいろ見聞してみて下さい。

わかりました

返事ありがとうございます!
すぐに読んでみます。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/427-6aaa1496

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。