スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラリー国務長官は「魔女」   1月15日(木)


ヒラリー・クリントンは日米同盟を「アジアの平和と繁栄の要石で、
共通の価値と利益に基づく」と日米同盟重視路線が変わらないことを
強調した。(産経新聞、15日)

受身外交しか出来ない日本の政治家はこのヒラリーの言葉を聞いて
少し安心したと思いますが、この言葉は彼女の真実ではないことは
歴然としています。

彼女は黒い中国資金にまみれていることを隠すためにも、表面的には
親日を装うことをしなければ、立場上非常にまずくなってきます。

ヒラリー次期国務長官は上院外交員会の公聴会で、夫のビル・クリン
トン前大統領が主催する慈善事業財団に対する外国政府からの寄付に
ついて、情報開示ルールを順守する考えを示すにとどめ、受け取り
自粛にまで踏み込まなかった。(ワシントン13日時事)

これに対して共和党のルーガー筆頭理事は、外国政府が同財団への
寄付を通じて米政府の外交政策に影響を与えようとする危険性が
あるとして「受け取らないと宣言することが望ましい」と主張、
より厳しい規制を設けるよう求めました。

ルーガー理事が言っている外国政府とはあきらかに中国のことです。

ヒラリー・クリントンは選挙中から中国人による政治献金疑惑で、
ロサンゼルス・タイムズ紙などが盛んに報じていました。

ヒラリーに巨額の政治献金をした米国在住の中国人企業家が詐欺
などの容疑で逮捕されたことに続き、マンハッタンの中国人社会で
政治献金を募るヒラリーに新たな不正疑惑がもたれていると
タイムズ紙などが報じていました。

中国の政治献金は非常に巧妙で、中国企業からの巨額の献金を隠す
ために、多数の個人に振り分けて出しています。

タイムズ紙が中国献金者の身元を確認しようとした結果、3分の1は
財産が全く無く、電話、収入の記録もない。収入があっても収入水準
と献金の額がかけ離れている。中国献金者の半分以上が電話番号がない、
電話番号があっても連絡がとれない。連絡が取れた献金者は、献金事実
を否認、その他は所在が確認できない架空の人物であることが判明しま
した。

この報道をもってしてもヒラリーが中国資金にとっぷり浸かって、
いまや身動きがとれないことがはっきり分かります。

だからヒラリーは選挙中「米中関係が最重要」と発言しているにも
かかわらず、上院外交委員会で「日本重視」と言わざるをえなかった。

何故ならここで「中国重視」のコメントを発すれば、中国献金疑惑を
証明することになってしまうからです。

夫のビルク・リントンは在任中、日本に厳しい政策をとり、はっきりと
親中国路線を歩んできました。そして米国と中国との「戦略的パート
ナーシップ」の構築に力を注いでいました。

日本はもういい加減に目を覚まさないと、日本の命綱である日米安保が
融けてなくなってしまいます。

14日のシーファー駐日大使がお別れ会見で、日米同盟の危うさに
ついて警告を発しています。
「日米同盟における日本側の責任分担は不十分で、集団自衛権の行使
を認めるよう憲法解釈を見直すべきだ」「米側は同等の日米同盟を望んで
いる。責任と分担も同等ということだ、これまでそれはなかった。
日本はもっと大きな役割を担える」と強調しています。

そしてシーファー大使は「日本の政治が停滞している間に、日本は世界
から取り残される」といっています。

これらのシーファー大使の日本に対する警告記事を見ても日本の政治家
は何も感じないのだろうか?

憲法9条の改正を待っていれば時間が掛かりすぎる、麻生首相が「集団
的自衛権の行使を認める」と宣言すればことはすみます。
野党やメディアの総攻撃にあっても意に介さなければいいのです。

どっち道今度の選挙で負けることが分かっているなら、勝負に
出るべきです。以外に勝つかもしれません。勝負が分からない時は
このようなことは なかなかいえませんが、今がチャンスです。

集団自衛権行使を認める宣言をした時、麻生氏は歴史に刻まれる首相と
して日本人の記憶に残ります。神が与えた使命です。

宣言しなければ短命首相として、またいつもぶれる信念のない最低
首相として国民の記憶にのこります。

保守の希望の星(以前はそのように思っていました)として使命を
全うしてください。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

予言します

平和を希求する諸国民など世界中に存在しない。
日本にだけ、その幻を国民に信じさせようとしている輩が堂々と生息しているようだ。
この混沌さが増した世界で、私がはっきりと断言出来ることは、
侵犯されても占領されても、へらへらと意味もない神学論争を日本は続けるということだけだ。

どっちも・・・

取り合えずヒラリーが中国の番犬であることは公然の事実。
日米同盟なぞ何とも思っていないでしょう。

かと言ってシーファーの言葉も変です。
日本が日本軍として陸海空をきちんと揃えて、島国らしく潜水艦と戦闘機と空母を配備する、と言う事で、中国への牽制力になるべきだ、と言う趣旨なら満足ですが。
米軍と一体化して、とか、米軍にもっと金払えとか言うならどっかに消えてもらった方が良いでしょう。

取り合えず日本はまじめに独立するべきですね。
そのためには真の保守党がひつようなのですが・・・

「憲法9条の改正を待っていれば時間が掛かりすぎる、麻生首相が「集団
的自衛権の行使を認める」と宣言すればことはたりる」

管理人さんのこの言葉、おもいっきり、賛成です!!

阪神大震災が起こっても、なんでワシのときにばかりこんな事態がおこるんだ?とオロオロするばかりで、自衛隊の出動を遅らせ、結果、死亡者を増やした、私にいわせれば殺人鬼村山総理。その村山総理が行ったただの「談話」で、日本はいまだに縛られる。
それならいっそのこと、麻生総理の代で、村山談話の撤回と、集団的自衛権を認め、自衛隊を軍として海外に派兵する。これは日本国内問題を扱う憲法前文の国際協調の意思にのっとって行うものである。と、明確に宣言してもらいたいものです。
日本国憲法は、権力の分散を図るために三権分立としています。
しかし、幾百人が集う国会で、様々な意見が衝突してるままにしておいたら、日本はもう転落するしかない。すでに日本は亡国の道を歩み始めている。
個人的には、旧大日本帝国憲法の復活が、日本にとって、そして世界にとってもっとも良い選択なのではないかと思っていますが・・・・

■関連記事=「大日本帝国憲法を復活したほうがいいのでは?!」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-387.html



夫は不倫豚、そして妻は

シナに囲われた 「シナの妾」。

麻生総理談話大いに賛成。ミンス党や膏冥党に対し、必殺の一撃となり救国の総理として名を残すことになろう。

首相には「日本は核を持つ」と宣言してほしいです。

麻生じゃダメなことははっきりしたが・・・

>保守の希望の星(以前はそのように思っていました)として使命を
全うしてください。

麻生はもう少し根性のある男だと思っていたんですが、
こんな腑抜けとは・・・

誰が支持者なのかわかっていないのでしょうか。いまさら左巻きに愛想笑いしても支持してもらえるわけじゃありません。私たち中道保守の支持者が離れて行き、のたれ死にするだけ。
別に漢字が読めなくてもいいから、その程度の洞察力は持っててよ、と言いたくなります。
集団的自衛権容認、防衛予算増額、北朝鮮制裁強化、非核三原則撤廃、スパイ防止法制定、公務員改革徹底など、やるべきことはたくさんあります。

アメリカが日本を捨てるなんて・・・

日本の経済力や技術力をいらないなんて本気で思っているのでしょうか?
自分が生きている間は良くても、自分の子孫のことまで考えた場合、
中国と組み続けることが最良の方法だと本気で信じているのでしょうか?
捨てた日本が中国に吸収された場合、日本のお金や技術力は消えてなくなると思うんですが・・・。
クリントン夫妻はそんなことが分からないくらい頭が悪いのでしょうか?
甚だ疑問です。

選挙資金を中国に出させるためのポーズだと思うんですが・・・。
何より、親分のユダヤ人が中国とあまり仲良くありませんよね。
アメリカにせよ、中国にせよ、覇権を執りたいなら日本は欠かせないパートナーです。
キャスティングボートは日本が握っています。
そのためには日本は領土拡大の野望や資源採掘の意思を持たず、経済力と技術力だけで生き延びてきたし、これからもこの路線でなくては生き残れません。

日本は日米安保のために、米軍基地を提供しているし、お金までやっている。尻軽日本人女性も与えている。日本は十分、日米安保の責任を
全うしている。この上、日本人の命さえも日米安保の名のもとに、米国に
与えるようなまねをしたら、ますます、アメリカの日本植民地化に拍車を
かけてしまう。

シーファー大使の言う事をまるっきり鵜呑みにするのもどうかと思いますが、同意します

いつも 拝見しています

結論から言うと
中国が軍拡を止めれば、核兵器を処分すれば 日本は何もする必要は無い。北朝鮮は、脅威と言える国ではありません。
中国が軍拡を止めない以上、日本は 早急に法整備し 此に対処できる様に急がなければ間に合わないかも。 私は、今のままの のほほんとした日本のほうが好きです。日本の国は、他所の国に比べたら天国です。大日本帝国のような時代には 戻りたいとも思いませんが、五十年、百年後の日本の事を考えれば仕方の無い事なのでしょう。

七誌さん

>日本は領土拡大の野望や資源採掘の意思を持たず、経済力と技術力だけで生き延びてきたし、これからもこの路線でなくては生き残れません。

左巻きの方のようですね。
でも、日本の経済力と技術力を過信してはいけません。
日本との競争に敗れて米国の製造業が衰退した、という一面もあります。米中同盟が成立するとは思いませんが、米国から見ても「日本の消滅」は魅力的かもしれませんよ。例えば、米国の策略によって日中戦争が起きる、ということだってあり得ないわけではありません。
これまで無事だったから、なにもしなくても今後も無事だ、と考えるのは平和ボケしたあなたがた左巻きの皆さんだけです。

どんな事態にも対処できるように、自主防衛力の強化と資源・食糧の確保に努めなければなりません。領土拡大はいけませんが、多くの友好国を作るなどにより、リスクの分散をはかれば目標の達成は可能です。

福田・民主・公明・サヨク人権平和市民団体が黙秘する日本の闇 在日の証言、内部告発続々と 国賊・反日テロリストを追い詰めよ!


北朝鮮送金ルートを断て  ※必見
http://www.youtube.com/watch?v=gfUojDy5kkA
朝鮮総連、地上げとパチンコ  ※必見
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=266114
パチンコ必勝攻略で有名な梁山泊  ※必見
http://www.youtube.com/watch?v=D2VhwFY58ZA&feature=related

韓国人 
http://www.youtube.com/results?search_query=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%80%80%E5%BC%B7%E5%A7%A6&search_type= 
右翼の正体  特定アジア まとめスレ 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1192685451/


※コピペ ビラ メール で追放リレー ×100を始めよう! 簡単・効果絶大! 92万人突破!!


>日本はもういい加減に目を覚まさないと、日本の命綱である日米安保が
融けてなくなってしまいます。

すでに日本の命綱が日米安保では無くなってしまっている事に気づきましょう。

東西冷戦の終結と共に日米安保の役割は終わっているのです。
イデオロギーの対立の時代は終わりました。
商売のできない共産主義との戦いなら米国はトコトン戦うでしょうが、
商売ができる中国とは適当にしか戦わないでしょう。

真の日本の命綱は、日本人が自主防衛を目指し続ける気概を持つ事です。
自助独立の精神を失った時、日本国は消えてなくなり、大国に吸収されて行くでしょう。

大日本帝国

大日本帝国が「悪い」と言うには「戦後の童話です」。明治・大正・昭和20年迄も全部「大日本帝国」です。但し16年から20年八月までは「戦時体制」と言う「異常」な時期で有ったのは間違いありません。

日清・日露戦争は日本が起こしたものでは有りません。ロシヤ・中国に対する安全保障から日本が勝利したもので、そのご大正時代・昭和戦時体制に成るまではアジア唯一の議会が有る「民主主義国家」でした。

三権分立も確立・政・官・財もしっかり機能して居ました。その中で今日と同様に「政」が混乱して経済問題も重なった中で軍人将校の「乱」を起こし陛下の「断」で終止符。「大日本帝国軍隊」全体が問われる問題では有りません。

「大日本帝国陸海軍」が非難されるのは「敗戦」が呼びこんだものです。「大日本帝国陸海軍」は内外に於いて国際条約を守り軍律も厳しく、軍の移動も選挙で選ばれた議員の「閣議」を得た後のシビリアン(当然首相)の命令で「中国」に進駐して居たものです。

現地での「テロ」が日本軍を戦争に巻き込んだのは「田母神氏」が指摘されるまでもなく台湾・アメリカ・ロシヤ・日本の資料からも日の目を見ています。アメリカとの戦争も共産主義と反日の為せるもので日本が計画したものでも有りません。

大日本帝国は明治・大正・昭和と「立派」な国で有った事は認めないといけないと思いますよ。マ元帥も「共産主義」と「自衛」の為に大日本帝国は戦争に突入を余儀なくされたと公式に上院で発言・資料も存在し、東京裁判で東条首相が云われた言葉を証明しています。

「ネット素人」さんが「大日本帝国」を誤解されているようなので一言付けくわえさせて頂きました。「のほほん」と過ごすには「核」が必要だと言う事も
理解されなければ成りません。「核」を持つと大戦争には絶体に巻き込まれる事も有りません。

麻生さん

家柄の良い御曹司がここで民衆に背を向けたら 顔面に泥どころかアスベストですね。

今の政治家は世界中を探し回ってもそれぞれの国の非や汚点を認めて受け入れ正当な浄化をしていく区ことが出来る人物はいないでしょう。

それと、慈善事業なんて100パーセントの解決に取り掛かってない時点で最高にして最大の偽善という事に気づかないのでしょうかね。くだらない貨幣のやりくり・お子様の小遣いやりくりに絶望を覚えます。世界の中心と言われたアメリカがこれでは世も末だ。

ロイターのニュースを見てみましたが、アメリカ大手の銀行の経営危機の第二段が来ている。政府とFRBの700兆円もの大盤振る舞いで何とか動揺を食い止めようとしたのでしょうが、破綻の危機はあちこちから火の手が上がってきてオバマ政権では食い止められないかもしれない。

日本のバブルの崩壊は政府が何度も終息宣言を出しても収まらず15年以上もの長期不況になってしまった。これは時間をかけて不良債権を償却してきたから長引いたのであり、アメリカは政府の大盤振る舞いで克服しようとしている。しかしアメリカ経済は財政も経常収支も大赤字であり、信用がいつまで持つかが問題だ。

大手金融機関の損失の大きさもまだわからないし、投資銀行の内容も全く不透明で、関連ヘッジファンドの実態も全く分からない。分かってはいても公表すればまずいから公表できないのでしょうが、償却できる範囲内でしか損失を出せない。アメリカ政府による金融機関への資本注入で何とか持っていますが、政府もいつまでも資本注入は出来ないだろう。

シティもバンカメも二度目の資本注入になりますが、損失の全貌が明らかにならないと政府の救済策はかえって無駄金になりかねない。今や大きすぎて潰せないのではなく、大きすぎて救済できないと言う状況になりつつあるのではないだろうか? ロイターのニュースでも住宅価格の下落は続きそうですが、市場を建て直すのは徳政令を発動するしかないのかもしれない。

「株式日記」でも住宅ローンの徳政令を提案した事がありましたが、銀行もダイエーなどの大企業に対しては数千億円もの債権放棄が行なわれているのに住宅ローンへの債権放棄は全く行なわれていない。政府が指導すれば出来るのですが、政府の経済諮問委員会は新自由主義経済論者に固められて、銀行潰し政策が行なわれた。

アメリカは新自由主義経済の総本山だったのですが、いまやアメリカは社会主義国家になりつつある。住宅ローンの半額の債権放棄を行なえば債務者も返済は楽になり、その分が消費に回る。しかし日本は市場原理主義を貫いてダメな企業は潰す政策で潰してきた。確かにダメな企業は潰した方が長期的には正しい政策なのでしょうが、速く経済を立て直すには徳政令で救済したほうが早く立ち直る。

最終的にはアメリカ政府自身がデフォルトして借金をチャラにすればいいのかもしれませんが、中国や日本の持つドル債券も紙切れになるから一番被害を蒙る事になる。71年のニクソンショックのドル安や、85年のプラザ合意のドル安で借金を半分チャラにしてきたのですが、再び近いうちに第二のプラザ合意が行なわれるかもしれない。しかし今度はG20で行なわれてドルの基軸通貨体制も終わるのかもしれない。

最終的にシティやバンカメはどうなるのだろうか? 大前研一氏はナショナルバンクになるしかないと述べていますが、アメリカは日本の郵政を強引に民営化させたのに、アメリカは民間銀行を国営化して救済しようとしている。これは究極のモラルハザードであり、自分たちの損失をみんな国におっ被せて銀行経営者達は逃げ切るつもりだ。

後暫くは。

結局。
麻生では役不足、能力不足は分かっていました。
しかし、このベクトルの中での「ひと」を待つということでしょうか。

 ソマリアの海賊退治に中国も台湾も出かけるそうです。日本も参加できそうなので良かったです。
 14日の日本テレビの東大安田攻防を見ましたが、ああいう熱血で明後日に向けて駆けていく正義感達の残党がこの国の上層部にいるのだと思うと憂鬱になります。かつて「ベトナムの戦争によって虐げられている人を助けたい」と立ち上がった若者達は「中国によって虐げられているチベットの人を助けたい」と思ったり明日の日本を憂えたりしないんでしょうか。でもしないんですよね。共産主義という理想が絵空事だととっくに歴史が証明してもせっせと売国にせいを出しています。
 わたしは自衛隊はソマリアで実績を上げて9条をなし崩しにするしかないと思っています。
 団塊の世代が去って次の世代が9条を改正するのを待っています。

深田恭子 「ヤッターマン」ドロンジョ姿の○○○動画流出!?

「ヤッターマン」でもかなり過激なシーンがありますが、それどころではないプライベートの動画が流出してしまったのです!


http://fukadadoronjyo.blogspot.com/


初めは激似だと思ったのですが、音声などから間違いなく深田恭子本人!!

とにかく一度自分の目で確認してください♪


http://fukadadoronjyo.blogspot.com/


これは本当にヤッターマン○ですね(笑)

今日は、株式日記さんのパクリですか

せめて、引用元のアドレスと題名ぐらいは、記入してください。

猪さんへ

コメントありがとうございます。
なんか 私の言葉が足りなくて、誤解をあたえたようで 申し訳ありません。
私は、田母神氏と歴史認識を同じくする者です。私の産まれる前の出来事ですから 細かい所まで全て本当だとは信じておりませんが、歴史の流れとして 田母神氏の歴史認識は間違えていないと思っています。
大日本帝国時代、自国の安全の為に 朝鮮に出て行かざるえなかった。朝鮮が自国になると その安全の為に満州に出て行かざるえなかった。全ては ロシアが怖かったからです。
他国の地に、軍隊を駐屯させておかなければ 不安だった昔の時代、そんな時代に戻りたくはない。言い足りない事がもっと有りますが、だいたいそんな事です。大日本帝国を誹謗中傷する意味では けしてありませんので、悪しからず。
お国の為にと 命を捧げて下さった先人の事を思うと 胸が痛みます。
今のこの平和な時代に、貧富の差はあれ のほほんと生きて逝けるのは、全て 先人のおかげです。
と言うような 私の考え方なのですが、ご理解いただけましたでしょうか?

全くその通り

以前も書かせていただきましたが、伊藤貫さんの「中国の核が世界を制す」絶対読むべし!管理人さんの書いているクリントン夫妻および民主党議員の中国との癒着ぶりが赤裸々に描かれています。目から鱗が落ちる事必至です!

伊藤さんによるとヒラリーは金権政治の権化で日本で言うと田中真紀子みたいな人だそうです。で、発言はリベラルなので矛盾しまくりなのだそうです。伊藤さんの画像がありますので宜しかったらどうぞ!

http://jp.youtube.com/watch?v=mqdPWx6JOjE

理屈のまえに行動ありき

>団塊の世代が去って次の世代が9条を改正するのを待っています。

団塊世代を左翼とひとくくりするのは、また受動態的姿勢は止めてもらいたい。田母神前航空幕僚長は、団塊世代だし、私だって同じである。

当時の人間は左翼との定義をよく聞くが、ベトナム戦争での反米裏がえしでもあった。要するに、すべてが米国従属で、日本の安保体制の従属性への反発でもあった。そして、現代の荒廃を予見していた三島由紀夫の日本自立への命をかけた武士道精神と美学にも共感を覚えるものである。

今思うのであるが、団塊世代は、大東亜戦争から帰還した多くの日本兵の子供である。したがて人口が多く、すべてが競争の中に置かれ、闘争しなくては社会から弾き飛ばされるハングリーな状況にあった。何かを変えなくてはとの闘争エネルギーは、今日の若い層の数倍の爆発力があった。ただ、そのエネルギーの向け方が間違った部分があるのは認める。

いま、若い世代が育ち、日教組のバカ教師からの呪縛から解き離れている。いまこそ、若い層が声を大にし、政府、官僚役人たちに日本国の将来を問い、立ち上がるべきである。我々から見ると、ニート、派遣社員は、公明、社民、共産、マズゴミなどが、語る雇用側への批判に依存する前に、自らの力量に磨きをかけるべきだと感ずる。要するに誰かが何かをしてくれるのを待つのではなく、自ら自力で立てと言いたい。

9条改正だけでなく、日本国憲法そのものの正当性を問わなくてはならない。それが独立国家たる主権と国益を取り戻す唯一の道だと信ずる。いま、必要なのは若い諸君の能動的行動の爆発的パワーである。

>「ハマスを日本のように屈服させよ」=イスラエル極右党首・・・(コピペ)

【エルサレム13日AFP=時事】イスラエル紙エルサレム・ポスト(電子版)が13日報じたところによると、極右政党「わが家イスラエル」のリーバーマン党首(写真)は12日、大学でのスピーチで、第二次大戦終結時に米国が日本を屈服させたように、イスラム原理主義組織ハマスと戦い続けるべきだと主張した。
 同党首は「第二次大戦中に米国が日本に対して行ったのと同様、ハマスとの戦いを続けなければならない」と語った。日本は1945年、広島と長崎に原爆が投下された後、降伏している。
 同党首はまた、「イスラエルはハマスの意志を打ち砕かねばならない」と強調。「ハマスが力を保持している限り、イスラエルは安全ではない」と述べた。 〔AFP=時事〕(2009/01/14-00:37)

★ 『「ハマスを日本のように屈服させよ」=イスラエル極右党首 』
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_int&k=20090114020727a

>イスラエル極右政党党首、「ハマスには第2次大戦での日本と同様の対処を」・・・(コピペ)

【1月14日 AFP】イスラエル極右政党「わが家イスラエル(Yisrael Beitenu)」のアビグドル・リーバーマン(Avigdor Lieberman)党首は13日、イスラエル政府は第2次世界大戦で日本を降伏させた米国の例に従うべきと発言した。

 同国英字紙エルサレム・ポスト(Jerusalem Post)電子版によると、リーバーマン氏は、テルアビブ(Tel Aviv)近郊のバーイラン大学(Bar-Ilan University)での演説で、「米国が第2次世界大戦で日本に行ったのと同じように、イスラム原理主義組織ハマス(Hamas)と戦い続けなければならない」と主張した。

 日本は1945年、広島と長崎に原爆を投下された後、降伏している。

 リーバーマン党首はさらに、「ハマスが権力の座にいる限り、イスラエルの安全は確保されない。したがって、われわれは戦いを続けようとするハマス側の意志を打ち砕くことを決心をする必要がある」と語った。

 同氏の発言は、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)のラジオ局でも放送され、携帯電話のテキストメッセージでも多くの人に伝わった。パレスチナ側は激しく反発している。

 リーバーマン氏の「わが家イスラエル」は、イスラエル国内で大きな勢力であるロシア移民のコミュニティーを中心に支持を得ており、2月10日に実施予定の総選挙で第4党に浮上するともささやかれている。(c)AFP

★『イスラエル極右政党党首、「ハマスには第2次大戦での日本と同様の対処を』
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2557838/3682679

「ふるさと」

私見ですが、この決定は米国政府が「シティを完全な形で救済することを放棄した」
ことにも、起因すると思われます。

■シティ:バッドバンクとグッドバンク分離を決定、モデル転換-FT紙
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aRcJUVJFyJxg

これをやると、日本のようには行かない

>★『イスラエル極右政党党首、「ハマスには第2次大戦での日本と同様の対処を』
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2557838/3682679

戦争はやらないと言明して大統領になった「ルーズベルト大統領」で、あったが、日本は彼の罠にまんまとはまった。ルーズベルトは、「ローゼンベルト」。すなわちユダヤ人である。

だが、ユダヤ利権の邪魔になってきた、日本を戦争に引きずり込むため、日本が到底受け入れられない「ハルノート」を突きつけたものである。

広島、長崎に原爆が投下されたのは、決して米側が言っている「戦争を早く終結させ連合軍側の人的被害を抑えるため」との理屈からではない。その前に日本は国土全域がB29の爆撃により焦土とされ、敗戦は決定的なものであったのである。

原爆投下は、ソ連のスターリンの野望を見抜き、実験とともにソ連の東アジアにおける侵略の出鼻をくじいておくことにあった。そしてその後のイデオロギー対立、朝鮮戦争と冷戦の幕開けであった。

しかし、イスラエルの右翼が、日本に対し米国がやったようなことが通用すると思うなら、自らの滅亡を招く可能性のほうが多いと感ずる。

イスラエルは、すでに核ミサイルを所有していることは極秘の事実と考えられている。しかし、それをガザ自治区のハマスに打ち込んだとしても、それでイスラエルへのイスラム圏からの攻撃が止むわけではない。むしろ、イスラエルは更なる攻撃の恐怖に落ちるであろう。

イラクは核ミサイルを所有していず、フセイン政権は倒れたが、イスラエルを取り巻くイスラム諸国は、決定的なイスラエル殲滅に動く可能性が強い。すでに、和平状態にあった、エジプトは他のイスラム諸国からの非難を浴び、座して語らずの状態はできなくなるであろう。

すでにレバノン側からも通常ミサイルが飛来し始めているが、もしイスラエルが強力な米国のバックがあると言っても、ガザに核を打ち込むことで、米国が援護軍事行動を直ちに起こせるかと言うと、不可能であろう。

イラン、シリアにも北朝鮮やパキスタンからの核兵器技術の供与があるかも知れない。さらに、イスラム圏はキリスト教圏より人口は多いのである。テロ組織が隠れ行動するところは世界中に可能である。

また、米国が直接動けない要素として、ロシア、中国などの軍事的行動が活発化する恐れが生じる。いずれにしても、イスラエルは今まで国防を地域でのみできたかも知れないが、そうは言っても猫の額ほどの領土である。イスラム圏を全部敵にしてしまうと、再び流浪の民として世界に散らばるしかないであろう。

賛成!!。

日本は早く普通の軍事力を持った国になるべきだ。
遅れれば本当に中国の餌食になってしまう。

また同時に朝木明代と伊丹十三の事件に観られるように。
某宗教団体の関与が噂されている事件の再捜査をすべきだ。
公安と警視庁は日本の威信をかけて、この2つの事件の真相究明せよ。

日米同盟により、アメリカと日本は、同等のレベルであるべきだっといっても、今までアメリカのために湯水のごとくお金を貢いがされている(沖縄返還でもアメリカが払うべきお金を、日本が肩代わりなど)のにどこが対等レベルなのでしょう。それもこれも、アメリカの軍事力で、日本が一応守られているから、その分お金を払っているという解釈で納得していたのに、これでアメリカの思惑通り、日本の軍まで出させられ、挙句の果てに、アメリカの思惑通り、日本と全く関係ない戦争に狩り出され、(それでなくても、ベトナム、イラク戦争などアメリカの侵略的戦争だとの批判が国際的に広がっている中。。)アメリカと同様非難され、またアメリカが負け、それにくっついていった日本もまけたなら、またまたどこぞの国のように、賠償だのなんだのと将来、たかられるかもしれません。
 アメリカも堂々と、日本も同じように同等のレベルであるべきというなら、日本独自の核を保有させるべき、でも、これには、日本が書く保有するかもしれないといえば、びっくりして、日本はアメリカの核の傘に守られているからそれは考えなくていいといわれ。。そうなれば、アメリカの目的は一つ”日本は独自の自衛は持ってほしくないが、(あとあとアメリカの脅威になりかねないし、日本に対してのアメリカ優位の外交ができなくなるため)アメリカの援護をする日本軍は必要”ってことだけではないでしょうか?
 私は、日本はスイスのように”永世中立国”になるべきだと思います。でもそれで核も持たず自衛なんていっていると馬鹿らしいので、自国自衛のための核をもち、(他の国が侵略できないように)軍隊は最小に押さえ、(他の国々からの強制的な戦争への加担を拒否できる)ことが一番と思います。
スイスは永世中立国ということで他の国々の争いに巻き込まれず、かつ自衛はしっかりしているので、他の国の侵略に脅威を抱かず、他の国々からも尊敬されているのではないでしょうか?
最近、私の考えは、日本は、このように、周りの大国 (中国、アメリカ、ロシアなど)からの干渉を取り除き、自国だけの繁栄に力を注ぐほうがいいと思うようになりました。

この内容に関係ないけど、外国で拉致されても、必ず国が助けにきてくれる。
そんな日本になってほしいです。

???

麻生首相はそれでも良くやっている方でしょう?
自民党の内輪もめなどいろいろあったようですが・・・

失言や漢字の間違いはしてますが
定額給付金にしても公明党の案であって
麻生自民党発の失策ではないのでは?

ここに来ている皆さんが単にどこぞの世論調査の結果を見ただけで
そこまで麻生首相に
失望している訳ではないと思うのでできれば理由を聞かせてくらさい

日本の未来

日本はアメリカの罠にはまって戦争をしかけられ、粉砕されアメリカの属国になってしまった。しかし、不死鳥のように、しかも今度は戦わずして、世界第二位の経済大国になり世界に光を放っている。そのアメリカは瀕死の体。次は中国に戦争をしかけられ、原爆を落とされ敗戦し、中国の属国になってしまう。だが、また不死鳥のごとくよみがえる。今度は日本国ではなく、新世界人として。ちょうど人類が十数万年前に地球に広がっていったように地球を新日本人が広がっていく。もはや日本という枠にははまらない。欧州連合のように。300年後には「昔、国というものがあってねえ、それにこだわって殺し合いをしていたんだってよ。バカみたいね。」なんて子供に教えているかもしれない。諸行無常。

軍事力はある

シラリーがどんなに国際協調を強調しても、アメリカ合衆国の軍事力が無くなるわけではありません。国際問題の解決に少々時間がかかるだけで、そのプロセスは今と何ら変わることはないでしょう。

交渉になれば、アメリカはその軍事力を背景に「妥協」する必要が無くなります。当事国の間では、かなり汚い言葉が飛び交うのではないかと思います。汚い言葉が使えない日本の外務省はここでは完全に「浮く」かもです。

アメリカが金持ちではなくなった(と思っている)今後は、違った意味でだだっ子になるだけではないかと愚考します。日本の主体的な外交戦略が不可欠ですが・・・無いんだろうなぁ~、そんなもの。

ネット素人さま

御返事いただきまして有難う御座います。
「大日本帝国」は「立派」な国で有りました。と云ったので「ネット」さんを非難をした訳では有りませんので御理解下さい。

「ネット」とさんの趣旨も理解出来ました。私の「孫」も私に感化されたのでしょうか普通の大学生では無いと思われる事が「不思議」と自分の学科以外の勉強ににいろんなところに出かけて居るようです。

若い方が「大日本帝国」を勉強して頂けるのは有り難い事と思います。何も自分の事ではないのですが連綿と歴史は続いている「大日本帝国」を暗黒と見てしまうと日本が失うものは非常に大きいものと心配です。

「ネット」さん達の今後の活躍に期待したいと思います。お返事有難うございました。

コメント欄お借り致します:1 m(__)m

<以下転載>
★日本鎮護(1月16日)
日本鎮護(1月16日) (水間政憲) 2009-01-16 07:24:22

政局がらみの国会で、民主党が第二次補正予算案を1月23日に参院で採決することに同意したよです。それの裏取引の材料に「外国人参政権」「 重国籍」「偽人権擁護法案」のどれかを差し出した可能性がある。そのような悪魔の合意があったとすると、関わったのは 大島理森自民党国対委員長・ 村田吉隆副委員長と 漆原良夫公明党国対委員長たちが考えられます。

今後FAXの要請先は、 麻生首相、 森英介法務相、 中曽根弘文外務相などの担当相を継続しても、

あとは、 自由民主党の派閥の領袖(会長)・事務総長と自民 党三役並びに 二階俊博塩崎恭久など 媚中派の 国会議員に要請して勉強をして頂きましょう。

尚、 中川昭一財務相などは、理解して頂けたようですので、その辺への要請を終了して上記の国会議員に集中すると効果的です。

皆さん、くれぐれも風邪に気付けて下さい。そして、淡々とやり遂げましょう。追伸、 テレ朝と 日テレの 放送法での告発は、最大級の効果を実現するための準備中です。
ネットだけ転載フリー
ジャーナリスト水間政憲

★国益UP メーリングリスト http://groups.yahoo.co.jp/group/kokuekiup/
★FreeJapan 国益最前線・水間政憲 http://www.freejapan.info/
★mixi 国益最前線・水間政憲 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3908168

コメント欄お借り致します:2 m(__)m

今後FAXの要請先
<以下転載>

大臣
・麻生太郎首相 TEL:03-3581-5111 FAX:03-3501-7528 -  http://www.aso-taro.jp/
・森英介法務相 TEL:03-3508-7162 FAX:03-3592-9036  morijimu@kdkaso.co.jp http://www.kdkaso.co.jp/mori/
・中曽根弘文外務相 TEL:03-3508-8630 FAX:03-3592-2424  info@hiro-nakasone.com http://www.hiro-nakasone.com/


媚中派
・ 二階俊博 TEL:03-3508-7023 FAX:03-3502-5037 shiozaki@y-shiozaki.or.jp http://www.nikai.jp/
・塩崎恭久 TEL:03-3508-7189 FAX:03-3508-3619 shiozaki@y-shiozaki.or.jp http://www.y-shiozaki.or.jp/

コメント欄お借り致します:3 m(__)m

今後FAXの要請先
<以下転載>

自民党三役
・幹事長     細田博之 TEL:03-3508-7443 FAX:03-3503-7530 fvbb3410@mb.infoweb.ne.jp  http://h-hosoda.jp/
・総務会長    笹川堯  TEL:03-3508-7526 FAX:03-3502-8865  info@e-sasagawa.com http://www.e-sasagawa.com/
・政務調査会長  保利耕輔 TEL:03-3508-7311 FAX:03-5251-7130 - -

・自民党各派閥の議員に関しては Free Japan国益最前線水間政憲へ
http://www.freejapan.info/

民主党は日米同盟を破棄させる

ブログ主さんが書かれているように日米同盟はいまや風前のともし火です。日本に自主独立の気概があれば話は別です。しかしそんな勇気は日本にはありません。野党やマスコミ、特定3国に遠慮する与党ではアメリカから見放されます。

沖縄の米軍基地移設問題を白紙にすると断言した民主党が政権を取れば決定的です。中国北朝鮮は赤飯を炊くでしょう。そして俺が守ってやると言います。

中国に守られる日本は悪夢です。憲法9条のお守りで大丈夫という進歩的文化人がきっと守ってくれるでしょう。その結果第2のチベットになります。

麻生さんに期待するしかありません。多数決の問題ではありません。日本国民の生命を守るための決断が必要です。そうすれば歴史に残ります。さすがわ吉田首相の孫だと。

初めまして。このブログを愛読してる者です。
私的意見ですが、神という言葉はあまり使わない方がいいのでは?
どっかの宗教みたいに、途端に説得力を失うように思えます。

麻生首相に期待するのは無駄

>宣言しなければ短命首相として、またいつもぶれる信念のない最低首相として国民の記憶にのこります。

悪い意味で、記憶に残るでしょう。
在日朝鮮人(創価学会)に屈従し、国籍法を改悪した時点で、敗戦利得勢力(在日朝鮮人、左翼)に立ち向かう意思も力も無い事が判明しましたから。

【国籍法改正の真相です。】
http://infinite.iza.ne.jp/blog/entry/808454/
(以下、一部引用)
 日本に不良外国人が大量に流入する可能性があるとして、各所で話題になっている国籍法改正案が18日に衆議院を通過した。内容が内容だけに成立の裏で中韓ロビー議員が暗躍したのは言うまでも無いが、その実は全政党を巻き込むほどの大規模な工作活動が行われていたようだ。各方面への取材で国籍法を成立させた真の戦犯たちの全容と、この法案を何故急いで成立させなければならないかが判明したので、その真相をお伝えする。
 まず、自民党で推進していた代表格は河野太郎や猪口邦子を中心とする中韓ロビー議員だ。この2名は1000万人移民活動や二重国籍容認活動も推進しており、売国議員の筆頭各とも言える。だが、彼らとて所詮は陣笠に過ぎず、これらの議員にはそれを操る黒幕がいる。それは父親である河野洋平や二階俊博、古賀誠などの売国議員のボスたちだ。
 自民党議員の中には「今回の国籍法改正については問題点が多すぎる」として反対する議員が少なからずいた。しかし、「反対したらどうなるか分かっているんだろうな?」と自民党幹部から露骨に圧力をかけられた議員も多く、中には大島国対委員長がわざわざ事務所に乗り込んで脅した議員までいたという。総選挙も近く、法案に反対したことによる古賀誠選挙対策委員長の報復を恐れた大半の議員は、嫌々ながらも彼らに従う道を選んでしまったようだ。
 何故、そこまで執行部が圧力をかけたのかといえば、それは公明との関係の維持が目的だ。そもそも、大将が朝鮮人である公明党において、この法案を推進するのは当然のこと。この法案は今国会での最重要法案という位置づけとなっており、公明党が全政党でもっとも力を入れていたのは間違いない。そこで、「この法案が通らなければ次の選挙での協力にも影響が出る」と自民党執行部を強硬に脅し、もはや後の無い麻生首相も受け入れざるを得なかったようだ。
(中略)
 では何故、この時期にこんな無責任に不良外国人を受け入れるような法案を通さねばならなかったのか?それは、世界恐慌の影響で近いうちに韓国経済が破綻することが確実であること、そして金正日の死去による北朝鮮の混乱に備えるためだ。日本を食い物にすることで長らえようとする売国議員が、南北朝鮮の崩壊が近いと察して焦るのも頷ける話だ。
 つまり、この法案を積極的に進めているのは売国政党である公明党、そして自民党・民主党内の中韓ロビー議員の連携、そして、脅しに屈した自民党執行部であり、国民不在のままに騙し討ちで可決されてしまった法案なのだ。
(中略)
結局、朝鮮の工作で日本はおかしくなっているのだ。

敗戦利得者(在日朝鮮人、左翼)パージが必要

>憲法9条の改正を待っていれば時間が掛かりすぎる、麻生首相が「集団的自衛権の行使を認める」と宣言すればことはすみます。
>野党やメディアの総攻撃にあっても意に介さなければいいのです。
>どっち道今度の選挙で負けることが分かっているなら、勝負に出るべきです。

選挙に勝つ為、草の根保守を切り捨て、
敗戦利得者(在日朝鮮人・左翼=創価学会・マスコミ)と協力(妥協)する事を選択したのが麻生政権です。

田母神空幕長の更迭、国籍法改正案の黙認がその表れと見るべきでしょう。

世論動向を見る限り、その結果は「勝つと思うな思えば負けよ」のようですね。
いずれにしろ、敗戦利得者(在日朝鮮人・左翼)パージを行わない限り、日本の衰亡は必然です。
日本国民が、敗戦利得者パージ運動(かつてのシナ人の日貨排斥・排日運動、タイ人の国際空港閉鎖デモと同様の運動)を起こさないと、どうにもならないと思います。

【片岡鉄哉のアメリカ通信の管理人コラム】
http://tkataoka.blog.so-net.ne.jp/2007-05-20
(引用開始)
日本は最悪の戦争犯罪国家としておくことで利権を維持できる人たちを「敗戦利得者」といいます。

保守側の人間は公職追放があったので、マスコミ、大学、官僚で生き残るには「東京裁判史観」を信条としてGHQにおもねったのです。敗戦により栄達できた「敗戦利得者」たちなのです。

だから、大学、マスコミ、官僚なんかにはサヨク史観、日本犯罪国家史観ばかりなのです。
本来日本人を勇気づけたいと思っているなら、マスコミもマッカーサー証言を公表るところですが、自分たちがマヌケな発言を繰り返してきたことを今更取り返しがつかない。
シナ、コリアからお金ももらっているし、謝罪外交もやっている。
血税をODAでだして、敵からはミサイル作られているが、自分たちはバックマージンももらいハニートラップ、マネートラップでどうにもならないのだろう。
駐中外務官の自殺問題、脱北者の日本大使館逃避事件の顛末なんかも同じだ。
若いマスコミ人も上司、役員がその利権を吸ってきたことを告発する形になるような記事は書けない。

保守側の人間は戦後公職追放されたが、現代の敗戦利得者をパージしないとどうもなりません。
(引用終了)

米国民の世界観が貧しい事への疑い

 オバマがヒラリーを国務長官に据えた時点で、オバマ政権は死産と同じでしょう、オバマに圧力が掛かって、ヒラリーに共産シナとの密約を果たすチャンスを与える事になったのでしょうが、あの夫婦は、自前の懐を肥やす為に政治家になったのが見え見えですから、その密約もきっと、何処かの国益を大きく損じるモノなのでしょう、オバマ政権の目的は経済再建ですが、下手をすれば、ソノ鍵を握る日本を潰して終うことになるかも知れません、その勢力が日本の味方であることを祈るしかない。

 オバマにとって、その一つであろうUAWの支持は彼の政権維持には必須です、今般の始末の落とし所では、ビッグ3が、ビッグ2or1に成るのは避けられないワケですが、そうすれば、当然多くの失業者の発生を覚悟しなくては成らないし、雇用を護るというのなら、賃金も下げなくては競争力のある製品を作る強い企業体質の会社を再建する事は出来ないでしょう。

 しかし、UAWは、雇用を減らす事も賃金を引き下げる事も拒否の姿勢です。

 UAWの言い分には一理あります、ビッグ3の国内シェアは昨年11月時点でさえ合計で50%近くもあるのです、多額の借金の原因は経営陣のマネーゲームの失敗によるモノですから、然して得もしていない自分達が何故責任を取らされるのかと言うモノです。

 しかし一方、世界では米国産の自動車が売れなくなって久しいのでは無いでしょうか、如何に日本車とは国内で住み分けをしてきたとは言え、米国以外では米国産車は全くと言って良いほど売れていないのは現実でしょう。

 産業は需要家の要求によって成長するモノです、嘗て共産圏に有ったトラバントと言う車は、共産圏で40年間のベストセラーでしたが、中味はと言えば、全く40年前の車そのものでした、米国では全産業でこの現象が起こっている可能性があります。

 UAWは米国でもトラバント現象が起きていないだろうか、と疑ってみる必要が有るでしょう、起こっているなら日本の企業の血を導入してみるのは意味があるかも知れない、重くて派手で、無駄ダラケが好きなのは、右ハンドルのキャデラックなど最初から造る気が無い事で判ります、少々ガソリンが高かろうが、大きな車から来る安心感には換えられないのでしょう、しかし、余所の国でもキャデラックを売りたいのなら、その国のニーズを調べて、必要なら右ハンドルも造るべきでしょう。

 オバマが遣りたいのは、実はそう言う意識改革ではないかと思っています、是まで世界が米国基準に合わせてきたキライがあるので、多くの米国民は国際基準を知らないと言う皮肉な現実があります、真に米国人を国際化するのは、海外での米国製品の販売拡大路線でしょう、否、何も今更、外需産業を大きく育てろとは云って居ませんが、産業の基である製鉄位は自前で或る水準は確保しなくては、米国に未来はないのではないでしょうか、でも、是まで米国が外需中心国で有った事など無かったワケです、世界で一番国際的でない国とはアメリカなのです。

 大統領候補にあの夫婦程度の人間しか出てこないのでは、米国の3億人の民主主義も底が浅いとしか言いようがない、サスガ拝金主義アメリカだけのことはあると感心したモノですが、彼等の様なイカサマ師の様な才能が表立てるには、背景が必ずその才能を必要とする勢力が居るのでしょう、しかも、その一方が大統領を8年も遣り不倫で汚名を曝し、その奥方共々私腹を肥やし捲って居るのに、8年後奥方が大統領の第一候補とは、他に人は居ないのでしょうかね、そんな国民を疑いたく成るのは当然ではないかと、まぁ、日本も小沢・鳩山・菅の三馬鹿その他なんかみていれば大きな事は云えませんがね。。

 日本も、再軍備をしてちゃんとした独立国に成らねば成りませんが、米国も、自国中心観から抜け出して世界を等観出来るように成らねば、世界で一番遅れた国民になるかも知れません。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/419-e188e589

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。