スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年バカにされながら勝ってしまう日本  12月29日


混乱を極めた2008年もいよいよ残り少なくなってきました。
皆様にとりましてどんな年だったでしょうか?

日本のメディアは過剰なほど、世の中の混乱振りを報道します。
このようなメディアのニュースに惑わされずに、日本の輝ける未来
を信じて2009年も豊かな意義深い人生を過ごしたいものです。

毎日、えらそうに知ったかぶりでブログを書いています。そして
翌日、皆様から投稿していただいたコメントを感心しながら見さして
もらっています。

皆様の博学、見識にただただ恐れ入ります。

来年もこのブログを続けていけるかどうか自信がありません。
子供も頃より作文が苦手な自分が毎日書けることすら不思議でしかた
ありません。でも皆様のコメントに励まされて一生懸命書いています。

ひとりではなかなか力は出てきません、コメントをくださる皆様と
意見を交換しあえばお互い伸びます。ロウソクの火も数本よれば
明るく、元気づきます。

自分の人生をふと振り返ったとき、ただ馬車馬のように事業に
まい進してきただけで、あまり深く考えた事もありませんでした。

しかしこの一年ブログを続けることによって、自分の輪郭をはっきりと
認識できるようになってきました。

自分は一体この社会で何をしているのか、どんな役割を占めて
いるのか、分かったわけではありませんが、「自分は自分、自分だけ」
という小さな世界から、「全体」ということを考えられるようになって
きています。

人間はいつも平穏無事を願い「昨日の思想」に寄りかかります。
そして昨日の考え方、昨日の行動のレールに乗りたがる。
昨日ほど平安にしてのんきなものは無いからです。

しかし昨日の思想に限界を感じた人たちは、政治家の「改革」という
言葉に引きつけられてゆきます。
その改革も戦後60年の古い家をそのままにして、甘ったるい「昨日」
をちょっと銀紙で包んで新しそうに見せているだけで、何も変わって
いません。

私たちはそうした古い家にばかりいるわけにはゆかない。この古い家
から新しい日本が生まれてくるとは考えられない。

日本は知らぬ間に世界に影響力を与える強大な国になっています。
その自覚が日本人には全くありません。日本は早くその自覚を持たない
と、世界は迷惑します。

世界は宣伝上手な中国や、世界一の軍事力をもつアメリカしか見えて
いませんが、中国はいまやメッキが剥げて、瀕死の状態、アメリカも
一時的に弱っています。ヨーロッパも足腰の弱った老人になっています。

戦後の中国の繁栄もアメリカの繁栄も自力によるものではありません。
日本の資金と技術力によるところが大きいです。

しかしこの両国は、日本にいつも強圧的な圧力をかけたり、時には
脅迫的な姿勢をとったりします。だがアメリカも中国も日本に救われて
ばかりしています。

2009年激動の時を迎え、日本は世界での主導権を握りつつあります。
殆どの日本人がそのことに気がついていません。

2009年以降は世界を席巻した巨額な円は静かに日本に帰ってきます。
日本は経済の流れに乗って事実上世界を制覇する状況になってきて
います。アジアもヨーロッパもアメリカも日本の経済圏になってし
まいました。

戦後日本は経済一辺倒でやってきました。そして蓄積した富を世界中に
「ギブ」し続けてきました。けっして他国に要求したり奪ったり
しませんでした。

このお人好しで間抜けに見える日本が結局世界を繁栄させます。

中国のように相手から何かを奪おうとしたり、人のものを自分の
ものにしたりする精神を持っているのろわれた国に神の祝福は
ありません。

日本は2~3年のうちに再び繁栄の加速を強めていきます。
日本の内に秘めるポテンシャルは、どの国より抜きん出ています。


2009年は日本にとっても、また私のブログに来ていただいている
皆様にとっても輝ける年になることを願って今年のブログを
閉めさしていただきます。

それでは良いお年をお迎えください。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

 いつもためになるブログをありがとう。 来年が良い年でありますように。おいらも頑張るぜ!!

国益を考える講演会
http://kokueki.cool-biz.net/

2009年3月22日(日曜)

(入場無料・全席指定・定員1600名)


特別講演

菅沼 光弘 
元公安調査庁・調査部第2部長

志方 俊之 
元陸上自衛官陸将・北部方面総監

青山 繁晴
株式会社独立総合研究所 代表取締役社長・兼・首席研究員 


特別ゲスト
田母神 俊雄 前航空幕僚長

はじめまして、いつも興味深く読ませていただいています。
オバマなどは、チェンジを掲げていますが、そんなことは当たり前で、先が怖くても日々変わっていかなくてはならないのですよね。
日本には、すばらしい技術者がいて、世界に誇ることのできる企業もたくさんあるのですから
マスコミの毒に汚染されずに世界を見ることのできる、
志と愛国心を持った政治家が沢山台頭してくる事を願うばかりです。
いつも楽しみに読んでいるので私としては無理がない程度に、これからも続けてもらえると嬉しいです。
近頃寒さも増してきていますが、体調など崩されぬよう気をつけてくださいね。

辻本さんにとっても、新しい年がよりよいものに変わりますように。
よいお年を!

管理人様、お疲れさまでした^^
是非是非、来年も頑張っていただきたいと思います^^b
ずっと応援していきます!
今日もまた竹島問題が出ていました。
日本の外務省が「竹島問題を理解するための10のポイント」と題した資料を7か国語版で追加作成し、計10か国語としたことに対して、韓国が、日本側に厳重抗議したうえで、外務省ホームページからの資料削除まで求めたのだそうです。
関連記事⇒「韓国の見下げ果てた行動 竹島」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-351.html
ちなみに韓国は、「韓国政府の独島に対する基本的立場」と題する資料を日本語も含め10か国語で外務省のHPに掲載しています。
自分のところはやっておいて、日本には抗議する。
紛争地であることすら認めず(だから国際司法裁判所に出ない)、事実上占拠し、韓国内はおろか、諸外国に対しても日本が竹島の領有を主張するのは侵略行為だと嘘八百を並べたてている。
しかも31日からは、「ごめんね、独島よ」と題した竹島の領有を正当化する映画の上映が開始されます。この映画は各国の映画祭にも出品するのだとか。
隣人と仲良くしていこうとか、互いの言い分をちゃんと傾聴して、相互理解のもとに問題を解決しようという、冷静な対応は韓国にはまったく無理なようです。
先日、「涙でいっぱいになったペットボトル -カンペの手紙-」という日本映画を観ました。もう古い映画で、レンタルなら旧作扱いになっているはずなので、お正月にもしお暇なら、ご覧になってみてください。
主演は、大沢樹生.相田翔子で、相田翔子が韓国女性の役をしています。この相田翔子の演じる女性が、性質が悪い。とにかくカネをせびりまくる。せびってせびって大贅沢をする。カネをくれないとなると「反省が足りない」と居丈高になる。もう完全にもらえなくなると、日本で借金しまくる。そして払わずに韓国に逃げてしまう。いち女性の物語ですが、日韓関係そのものを描いたような作品です。ちなみにカネを渡す役の日本人(映画の中では韓国生まれ)は、すべてを失い、死んでいなくなってしまいます。
映画の中の日本は、韓国にカネを吸い取られ、バカにされ死んでいきますが、現実の社会のなかで、私たちはバカにされたくもないし、死にたくもない。来年こそは、ある程度、日本の立場をきちんと主張できる国家に、日本も変わっていってもらいたいなと期待しています。

今年1年,本当に有り難うございました。毎日,毎日,このブログを読むのが楽しみで,午後になると「更新されているかなぁ」と覗いてました。いつも勉強になり,元気づけて頂きました。来年も是非に続けて下さい,宜しくお願い申し上げます。来年が良い年でありますように,日本の将来のために頑張りましょう,それが世界平和に繋がると信じてます。

今年一年お疲れさまでした。いつも勉強させていただきました。来年も頑張って下さい。応援しています。

お疲れ様です。

マスコミが信用できない以上、ネットが頑張るしかありません。
中国が台湾を併合して、つぎの目標は日本国の資産であることは明白です。そうした事態を招かないよう、ネットの常識が国中に広まらなければなりません!!

09年の展望

 私は、09年は08年以上の激動の年になると確信しています、08年に起こった変化の結論が未だでていない感がある事案が多すぎるからと言うのがその理由です。

 先ず焦眉の国際経済ですが、米国、シナ、ロシア、韓国、欧州、そして最後に日本の順番で考えてみました。

 米国はオバマ政権が何を措いても先に、GMを始めとする国の基幹産業である自動車生産業界の救済を如何にして行うかで、是から先の米国の行く末も決まってくる様に思います。

 オバマ次期大統領が、もし、自動車生産の受け皿をシナやロシア市場に期待しているので有れば、トンだ見当違いだと云う他はないでしょう、シナ大衆のウチ購買力を期待できる民衆の数は、最高潮期でも全人口の1%位=1300万人ではなかったでしょうか、今回その層が、一番ダメージを受けている層でしょうから、残存する有効購買力保持層は、その亦1割程度、130万位は居るかも知れませんが、是では、日本の地方都市位の需要しか望めません。

亦、車を買って貰っても走る道路が無くてはイケナイのですが、共産シナが年次計画@09でインフラ整備に一体幾ら注ぎ込むのか、亦、道路だけできても忽ち、産業車を走らせる物流が復活できる=逃散した外資のウチ、主要なモノを呼び戻せる力があるのかという問題に直面するワケです、結局外資の力無しには、喩え目指すモノが内需中心であってもシナ経済は復活できないでしょうが、先の外資排除を目論んだとしか思えない三法の成立・施行では、そう言う絵を描いているとはトテモ思えませんし、口約束・空手形を信じる外資はモゥでてこないでしょう。

ロシアですが、グルジア以後、制裁と云うハッキリした形を採らず共、外資が逃散し、株式も通貨も大幅に下落したワケですが、是は武力を背景とした恫喝外交は通用しないと言うことを示していると思います、この状態で米国に尻尾を振れば、プーチン一味への国内の保守派の支持が大きく下落するでしょう、結局、石油で溜め込んだ外貨を遣って、軍事復活・拡大以外に一体何をやれるのかが焦眉の的になります、ロシアの内需拡大って、自動車購入に向いてではない様に思います、あの国は広大過ぎて疎らにしか存在しない都市を結ぶ高速道路がもし完成したとしても、売れるのは故障の多い米国車ではなく故障に強いタフで安い日本車の、しかも、中古のRVでしょうね。

韓国ですが、勿論焦眉は、スワップ協定が切れる4月末でしょうが、その前に国内で一波乱有りそうな気がします、但し、幾ら足掻いても助けようが無いのは、結局、自分達の努力の方向性に大きな問題があったと言う事を、全く顧慮できなかった処に有るわけですが、是を糺して行くには、後100年は有にかかるでしょうね、独自の立ち直りなど全く期待できません、取り敢えず、アラブや、インドに出稼ぎに行く、倒産した国内の企業の韓国人労働者が増えるだけでしょう。

大不況に見舞われて失業者ダラケの日本に来られるのは、売春業に勤しむアガシだけじゃないかと、フリーターや非正規雇用とは云え、日本人を解雇して措いて、朝鮮族を雇用したら、其れこそ暴動になりますよね。

欧州ですが、景気の悪い時期はソウでもないでしょうが、需要や生産活動が復活してくれば、資源を供給しているロシアの動向・浮沈にも影響されるのではないかと思います、つまり、ロシアが亦強権を行使して原油価格を単独で引き上げたりすれば、大きな摩擦が起こる可能性があります、有力な産業が有れば、ルーブル安を利用して回復し易いのでしょうが、原油・天然ガスだけでは、通貨安はネガティブな効果しかもたらしませんから。

さて日本ですが、相変わらずマスコミは不況だ不況だと騒いでいますし、実際、企業間には不安感だけが先行・充溢していて、世界同時不況の深刻さを考えれば、それ程ネガティブな結果ではないのに「お先真っ暗」と云うムードです、しかし、140ドルまで上がった原油はとうとう35ドルを切りました、実に、凡そ10ヶ月で100ドル以上下がったわけです、其れを受けてか、ガソリンは既に90円を切りそうな勢い、灯油も半値以下です、唯、軽油だけが未だ下がらないのが気懸かりなくらいです、企業側はこの下げの意味を諮りかねて、疑心暗鬼と言った態です。

しかし、マスコミが幾ら不安感を煽っていても、こうした好条件は企業業績に現れ始めるでしょう、特に、以前の様に、対ドル・円が1円上がれば、数十億円が泡と消える様なドル建て決済一本槍ではない筈です、唯、輸出主体業種の企業にとって、今回の円高が「急激なモノ」に成っているかドゥかが分かれ目ではないかと、輸入原価が大幅に下がって行くワケです、特に100円を切った場合、為替1円の上昇は、1%の減価とイコールなワケです、簡単な比較で云えば150円の場合10%の減価を期待するには、135円に成る必要がありますが、100円なら90円で10%になるワケです、1円の変化がもたらす変動が大きくなると言うことです、ですから、日本が世界的なリセッションから最初に立ち直ると云われて居るのだと思います。

来年も大変な年の様です、皆様、健康に留意して頑張りましょう。

善いお年をお迎え下さい。

日本人に元気を与えるブログ、ありがとうございます。勉強させていただきました。来年もよろしくお願いしたします。

日本は衰亡を防ぐには、戦後体制の打倒が必要

>日本は2~3年のうちに再び繁栄の加速を強めていきます。
>日本の内に秘めるポテンシャルは、どの国より抜きん出ています。

日本の持つ、技術・資本・人材を、日本の国益追求と日本国民の生活向上の為に用いれば、上記のようになる可能性は有ると思います。

問題は、日本の為政者がそのように動いていない事です。
日本の技術・資本を日本国や日本国民の為に用いず、シナ・南朝鮮や、在日朝鮮人やシナ人留学生の為に用いる。

これでは、金の卵を産む鶏(日本)も、餓死してしまいます。

日本が衰亡を逃れる為には、敗戦利得者(在日朝鮮人、左翼)パージを行う必要があります。即ち、“戦後日本の否定と脱却”です。

「せと弘幸Blog『日本よ何処へ』」
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51640484.html
(引用開始)
参院選挙の直後、ある方が私の所に来て、次のような話をされました。
 「戦後GHQはあらゆる分野で在日朝鮮人を利用した。マスコミの世界にもそれとなく潜り込ませ、スパイのような役割をさせていたんだ。しかし、その連中のネットワークが余りにも今日巨大化してしまった」
 「パチンコ・マネーや消費者金融などの資金を在日が握り、同じく在日帰化人が牛耳る大手広告代理店(電通)と結託して、今や在日利権がマスコミ界を支配しているよ」
 「裏社会と密接な関係にある興行(スポーツ・芸能)も在日に握られており、プロダクションの多くが在日系であり、格闘技などもそうだ。テレビ番組はほとんど在日に汚染されてしまった」
 この人物の話を聞くと、もうテレビ・メディアは完全に在日利権の支配下にあり、日本人は排除されていると言うのです。そして、その種を蒔いたのがGHQであるということだった。
(引用終了)

「岡崎研究所」
戦後とは何であったか
http://www.okazaki-inst.jp/official/okazaki-inst/2008/12/post-17.html
(引用開始)
すなわち、日本自身の意思とは関係のない占領行政がその発端である。日本人を精神的に無能力化させる目的の初期占領政策が生んだ偏向教育が、その後、アメリカの政策は変わったにもかかわらず、今度は、日本の非戦力化が目的の冷戦時代の共産側のプロパガンダ、そしてその走狗となった左翼勢力により、維持、増幅され、反政府、反権力志向が国民の意識の一部に定着したものである。
 それは、もともと日本人自身の意思ではない。それだけに、それに対する古い世代の反発も強いということである。
 村田氏は、すでに、高校、大学時代から現憲法体制に疑問を抱いていたという。
「私は、マッカーサーが、昭和天皇を人質として、九条二項と、条件の厳しすぎる改正手続き条項とを入れて、憲法を強制したことには既に学生として本能的に強い反発を感じていた。国家公務員となった以上、この憲法に明白に違反する行為は行えないが、心中では憲法前文を軽蔑し、本文の規定にも個人的に尊重の念は持たず、機械的にやむなく従うことを秘かに心中に誓った次第であった。私は、一人の日本国民として、個人としてはかく今日まで自尊心を守って来たつもりである」
 その前の段落ではこう書いている。
「日が経つにつれて占領中に米国の施した洗脳の効果が少しずつ浸透し、学校教師もマスコミも、所謂『進歩的文化人』の妄説に汚染され、戦後六〇年余、米国の庇護と幸運により日本が平和裡に時を過ごせたことを〝平和的憲法のお陰″と誤認する愚者が少なくない事態にまで立ち至った」
 そして「護憲派」が生まれた理由として、(イ)現行憲法の屈辱的出自を知らない(学校で意識的に教えない)、(ロ)護憲を叫ぶ以外に政治的拠り所がない政治勢力がなお存在する、を挙げた上で(ハ)として次のように書いている。
「日本が平和を享受し得たのはこの憲法ことに第九条のおかげであるとの途方もない嘘を、一部著名学者、日教組など左傾した組合、朝日、毎日、NHK,岩波書店に代表される偏向したマスコミがつき続けたことによる。(この後で、村田氏は、戦後日本が平和でありえた本当の理由について国際政治的分析を示している)……なお、宮沢俊義、横田喜三郎はじめこの憲法を弁護どころか賞賛した学者とメディアは、大別して、占領初期にそれが自己の保身になると考えたか、コミンテルンの諸テーゼ、とりわけ三二年テーゼを信奉し、新憲法を(日本共産化の)第一歩と考えたか、または、東大教授などの学者として、一流新聞記者として、個人としての地位、身分、収入の保全や組織の一員としての虚栄心なり売名を欲したか、のいずれかが、基礎であったと思われる」
 この分析が極めて正確であることは、今の人にはわからないかもしれない。その点、その時代を経験しているという意味で村田氏も私も昔の人である。
(引用終了)

今年の秋にこのブログの存在を知り、世界情勢を政府の人間やマスコミの人間の目とは違う視点に、驚きと納得で一気に世界観が広がりました。
日本人が日本人として誇れるブログをありがとうございます。
よいお年を迎えて下さい。

おつかれさまでした。

管理人さんの文章は 段差のない小ホールで語られているようです。
拡声器も使わず声高でもないのに 一番後ろの席までよく響きます。

来年も聴かせて下さい。それでは良いお年を・・・。

ありがとうございました。

いつもロム専ですが、
2008年にこのブログに出会えた事に本当に感謝しております。
政治や経済に疎かった私が、こんなにも深く日本と日本人のことを考えるようになったのは、一年前の私には考えられませんでした。
ありがとうございます。
ブログ主さんをはじめ、コメントされる方々の意見のやりとりをいつも興味深く読んでおります。
時には勇気づけられたり、不安になったりしますが、本当のことを知るということがどんなに大切な事かわかりました。
きっと私のような人がたくさんいると思います。

2009年はさらに激動の年になりそうです。
ブログ主さんには、無理のないようこのブログを続けていただけたらと願います。良いお正月を!

来年は平成維新に向けて頑張りましょう!

今年の後半からこのブログを知り、毎日ワクワクして読ませていただきました。
一主婦で何の力も発言も持ち合わせない私ですが
混迷した今の世の中の情勢をしっかり把握し
何が間違いで何が正しいのか、もっと知識を積んで
見極めていきたいとおもいます。
管理主様、そんな私を目覚めさせていただき、
そして博識ある皆さんのコメントも本当にすばらしです!!
今年はありがとうございました!
更なる精進を頑張ります、よろしくお願いします。。

このブログは我々の宝です

前にも書きましたが、管理人さんのポイントの絞り込みといい、充実した論客陣といい、すごいブログになりましたね。
政治や歴史を専門に勉強したことのない我々一読者にもわかりやすい大変貴重な、というか唯一無二な言論広場として、これからも発展していくことを期待しております。

メインストリートのここかしこに物乞いたちがたたずむ広東省の街に私は住んでいます。象足というのでしょうか、下肢が肥大して歩けなくなった女性、下半身のない男性、成長の止まった(止められた?)子供…片腕・片足がないだけならまだ軽い障害に思える人たちです。

助けてどうする?暖かい服やおいしい食べ物を与えることは罪。彼らを最後まで背負う覚悟がないなら手を出すべきではない。本当は。

背後にそびえる高層マンション、星級ホテル、KTVのネオンサイン(不夜城)。着飾った女性を伴って得意げに街を歩く富裕層。
その足もとで彼らはあらん限りのアピール。

「いい人」と言われたいために金をめぐむ。
物乞いをもアトラクションの一部にしてしまう。
当然、元締めがいる。彼らが自力でこの街に来たはずはない。

それとは別系統?の五体満足な老人たちのグループもいます。
彼らは上述のような「武器」を持っていないので、ときどき強襲を敢行します。汚い身なりで店に突入。出ていってほしければお恵みを、と。

ある香港人が「ここは世界一の街だ」と言いました。
あらゆる欲望がむき出しになっています。
享楽と犯罪のメッカ。光と闇のコントラスト。
人間とはこういう生き物なんだと社会全体が主張しているかのようです。

私はニュートラルの立場で大陸に来ました。好きでも嫌いでもなかった。
今の中共に対する感覚は、こうした日常を体験するうちに醸成されたものです。普通の人間なら、私と同じ感覚を持つはずだ、と信じています。例外は中共政府とのしがらみを持つ者のみ。

これからも実際におきたエピソードを中心に書いていきたいと思っています。
おととい女三人組のたかりに会いました(笑)。はじめから警戒していたので事なきを得ましたが。

相棒の女がチンピラの出動を要請する電話をする間、もうひとりが私のバッグを抱え込んで逃げられないように、との作戦でした。
強引にバッグを引きはがし、全力疾走で逃げました。
女を踏みつけるのに躊躇はありませんでした。

理不尽に対してしっかりした怒りを持てたからです。
このブログのおかげです。

御礼

いつも、質の高いブログ記事のエントリー、
ありがとうございます。
今年秋頃から、他のブロガーさんのご紹介で
拝読させていただくようになりました。

ますますのご活躍をお祈りいたします。

無理だけはなさらないよう・・・。

今年一年ありがとうございました。

政治や社会状況を見ていると腹立たしさや虚しさで
やりきれなくなることも多いのですが、管理人様のブログを
読むことで力と勇気と希望が湧いてきます。
教えてくださる管理人様にとても感謝しております。

こんな平凡な主婦でも、TVや新聞がなんと言おうと
冷静に分析もできるようになりました。
何年か先に社会人になる息子とも対等に話ができるように
もっと勉強をしていきたいと思っております。

来年も管理人様と皆様に幸多い年となりますように
こころよりお祈り申しあげます。

今年一年お疲れさまでした

ブログ主様今年一年本当にお疲れさまでした。
いつも貴重な経験談や記事をありがとうございます。
今の、メディアはホント過剰なほど不安を煽るような報道ばかりが目立ちますね。
自動車産業を中心とした製造業における非正規労働者の切り捨てもメディアがここまで不安を煽らなければなかったのではないかと思います(厳密に調べた分けではないので確証はないですが・・・)。

自分もたまに「自分は一体この社会で何をしているのか?」と考えたりするときがあります、自分だけの世界から全体を考えると言う事も最近になって何となくですが頭では理解できたように思います(自分の場合は国籍法改悪の時からですが・・・)
それでもたまにブログ主様も書かれていますように「昨日の思想」といいますか平穏な方に流されそうになります。
少し違うかもしれませんが昨日の自分と今日の自分は同じではないと思い安易な方に流されないよう努力は心がけていますがなかなか・・・。
自分は日本の伝統や文化を守りたいと思いますし、これを壊そうとはみじんも考えてはいません。
ただ、西洋の鳳凰(フェニックス?)は生まれ変わる時その身を焼いて再生するという伝承があります。
戦後60年GHQの占領政策により押しつけられた価値観や憲法、思想については一度灰燼に帰し再生した方がいいように思います。
日本は本当の意味での自信を取り戻しもっと世界に対してその影響力を発揮できれば少なくとも中国による影響を受けるよりは世界に取ってよりよいものになるのではと思います。

>日本は2~3年のうちに再び繁栄の加速を強めていきます。
自分は経済の動きに関しては素人なのでよくは分からないところがありますがブログ主様の言われるとおり繁栄していく事を心から願いたいです。
自分も日本の潜在性はどの国よりも抜きん出ていると思います、きっとまた「日が昇る」時が来ると信じています。

最後に、無理のない範囲で頑張ってください、いつも楽しみにしています。
来年がブログ主様や日本にとりよい年である事を願います。
それではよいお年を。

在日企業が隆盛な件

年末にいやなニュースです。ロッテがメリーを買収したようです。今年コージーコーナーを手中にしたのに引き続き、日本企業が在日企業の傘下にくだりました。地方を見ても全国展開の在日企業の勢いを感じます。ABCマート、ドンキ、パチンコ、貸し金、和民。在日企業はあっという間に安売りで全国展開に成功しているように見えます。なぜ在日企業が安売りできるのか?いともたやすく全国展開できるのか。秘密結社でもあるのではないか思います。在日企業は不買の対象です。

こんばんわ
 ここのブログは管理人様や参加者のレベルが高いので、ものすごく参考になります。
 今年も一年ありがとうございました。

毎日読んでおります。
それにしても、私は齢50になりますが、今年ほど、世間全体に問題が溢れた年はなかったとおもいます。
管理人様、これからも、頑張ってください。応援しております。

プログ主様、今年一年お疲れ様でした。
私自身の一年振り返って見ますと、韓国はなぜ反日か?に興味を持ち、その過程で辻本氏のプログを読み初め、その後に政治経済関係の様々なサイトを見聞きし調べるようになりました。
辻本氏のプログには、実体験からくる考察にとても高い「納得力」が感じられました。
コメント名の如く日本に危機感を覚え国会議員になりたくなる一年だったと思いました。

また来年も当プログが続く事を期待します。

ブログ主殿、この一年お疲れ様でした。良いお年を。

'08年

今年はこのブログに出会えて、またここからリンクされたいろんなブログやサイト
を知り、ある意味、変わり目となった年でした。
ブログ主様やコメンテーターの皆様の素晴らしい投稿を毎回読ませていただき、
恥ずかしながら自分では2~3回しか書き込みさせていただいてませんが、
この日本が今より少しでもまともな国になるように期待している一人です。
来年もこのブログをより多くの方が読まれる様になる事を祈ってます。

私もリッキーさん同様中国在住です。(今これは帰省中の日本で書いていますが)
で、リッキーさんと同じ様な実感を持って暮らしています。
私は山東省なんですが、街の状況は広東省と殆ど同じですね。
そして最近はやはり白昼強盗等も増えてきていて、私が住み始めた5~6年前と比べ、街の治安はかなり悪化してきているのを実感しています。
うちの従業員の複数の女性もひったくりやスリに遭っています。
白昼に路上でナイフで脅されてバッグを盗られた友人もいました。
実際に、街にたむろする職を失った、出稼ぎの農民工達に出くわすと怖さを感じます。
中国人の友人も彼等を怖いと言います。
彼等には明るい未来も見えないし失う物も無いから、何をするか分からない・・・
このような奴等が何億人もいるのがこの中国なんです。
日本も最近は治安が悪くなっているとは思いますが、それとはレベルが違います。

私は中国人従業員を使い中国人相手に商売をしているわけですが、来年もまたこの放し飼い動物園の様な、サルの惑星の様な街で頑張らなければなりません。

来年もまたここで勉強させていただくと共に、拙いながらもまた中国から書き込みさせていただこうと思います。

ではブログ主様、皆様、よいお年を。



来年もお願いします

プログ主様お疲れさまでした。ここのプログを見る前は、現在おかれている日本の状況、他国との比較、歴史、文化等、プログ主様始めコメントを書かれる多くの皆様と自分の意識がこんなに共通しているとは思いませんでした。ナポレオン・ソロ様がおっしゃっているように、09年は08年以上の激動の年になると思います。日本が滅亡するか封活するか後一二年の動向で趨勢が決まると思います。是非来年も続けて下さい。

とても意味深く拝見させて頂きました。
どうか来年もご教授下さい!!

来年もまた拝読させて頂きます。

ありがとうございました。
日本人の皆様にとって良いお年でありますように!

ブログ主さん、賛同者、反対者、ROM専、全ての方々に、来年、幸多からん事を願います。

御礼

管理人様
毎日楽しみに拝見させて頂いております。
正しい認識をお示しいただいたことで、どれだけ勇気付けられたか分かりません。取るべき態度、進むべき道も理解できたように思います。この1年本当に有難うございました。2009年もぜひ宜しくお願い申し上げます。
この先々、管理人様の次のお言葉を固く信じて生きて行く所存です:
>「戦後日本は経済一辺倒でやってきました。そして蓄積した富を世界中に「ギブ」し続けてきました。けっして他国に要求したり奪ったりしませんでした。このお人好しで間抜けに見える日本が結局世界を繁栄させます。中国のように相手から何かを奪おうとしたり、人のものを自分のものにしたりする精神を持っているのろわれた国に神の祝福はありません。日本は2~3年のうちに再び繁栄の加速を強めていきます。日本の内に秘めるポテンシャルは、どの国より抜きん出ています」 。

知恵と力を貸してください

はじめまして。
安と申します。

突然失礼いたします。

犯罪組織は、世界どこの国でもあります。
しかし、
世界どこの国でもある犯罪組織とは違って、
一部の政治家、裁判官、警官、全国役所の一部役人、医師、先生、
PTAの一部役員、町会の一部役員、市民団体を始め各種団体の人、
芸能人、システムエンジニア、実業家、ヤクザなどが組織のメンバーになって、
ITという最先端技術を使い、
裏で日本の社会を支配している組織が日本にいるとしたら信じますか?

この組織の掲示板には「世界征服」「助成金」などが書いてあり、
私がアクセスした直後になくなりました。

詳細なことは、
お手数をかけて申し訳ございませんが、
http://blog.yahoo.co.jp/ansund59 をご覧ください。

偽警官が警察署を自由に出入りし、偽裁判官が裁判所で法の悪用をし判決をし、
裁判記録の改ざんもあり(最高裁判所まで)

P.S.
記事と関係ないコメントで申し訳ございません。
他の方にも知らせたくて、

ご配慮・ご理解よろしくお願いいたします。

いつも(コピペ)で申し訳ございません。

「中韓を知りすぎた男」管理人様、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

    「ふるさと」

僕は中学生ですが、このブログはすごくためになると思います!!!
来年もブログ続けてください!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

御礼

管理人様
四川大地震直後の頃からこちらにお邪魔していましたが、
管理人様には「中韓」というよりむしろ対比した日本の底力を教えていただいたと思います。
これだけの底力を政治外交的に有効活用できないのは何とも歯がゆいのですが、誇りを持って歩んでいきたいと思います。
一年間お疲れ様でした。よいお年をお迎えください。

来年も勉強させてください。

いつも勉強させて戴き感謝しております。
沢山の日本人が特亜の実態を知り日本が変わる切っ掛けに
なって欲しいです。
来年も引き続き宜しくお願い致します。

覚醒し始めた日本

共産・社会主義が破綻し、その後米国を代表とする新自由主義という拝金主義も曲がり角にさしかかっています。マルクスレーニン思想という階級闘争、国家否定、勧善懲悪、文化伝統否定主義はソ連崩壊と中国の独裁資本主義への転換で終了しました。また個人合理主義、拝金主義という資本主義思想も米国の凋落とともに終焉を迎えつつあります。両者に共通する思想は公に尽くすという無私の心や自己犠牲を否定し、自分さえよければ、あるいはある階級さえよければという思想でそこには尊厳、先人への尊敬、国家への誇り、恥の意識は一切ない。今それが欠けているからこそおかしな事件、汚職、教育崩壊、家庭崩壊があり、外国・宗教勢力に私的に媚を売る政治家、マスコミが跋扈しているのではないでしょうか。しかし田母神元空将の毅然とした態度、日本の国体を守る誇りを堂々と示してくれたことで日本国民は目を覚ましつつあります。著書「自らの身は顧みず」は早や10万部を超えるベストセラーになっています。国籍法を巡っても自主的に反対行動に移した日本人はこれほど多くなっている。辻本さんのブログも日本人の覚醒という大いなる貢献をしています。毎日ブログ更新も大変なことですが、来年もなにとぞよろしくお願いします。

よいお年を!

最近ココを知りました。
鋭い視点から、落ち着いた論調で。
素晴しいブログです。勉強させてもらっています。
来年もよろしくお願いします。

良いお年を!

昨年、偶然にこちらのサイトとめぐり合って、本当に良かったと思っています。
毎日心待ちにして、こちらを訪問させて頂いています。
土・日で管理人さんがお休みの時は、寂しい気持ちでいます。

こちらで知らなかったいろいろなことを知り、また、勇気と希望を頂いて、幸せです~!!

来年もお体にはくれぐれも気をつけられて、更新してくださいませ。お待ちしています!

では、良いお年をお迎えくださいねぇ~。

国籍法改悪騒動で、このサイトに巡り会って以来、愛読いたしております。ビジネスの現場で培われた思想・哲学には、TVに出てくるどの評論家よりも「説得力」を感じています。
今年1年お疲れ様でした。また来年も、様々なことを教えていただけるようお願いいたします。

本日のTVタックルは田母神氏が登場して以降は、おもしろかったです。しかし、あの森永卓郎の政治や防衛に関する「脳天気さ」は何なんでしょうねえ。自虐史観に強烈に洗脳されてしまったのか、それとも...。
我々のできることは、他の人々の自虐史観への洗脳を解き、中国・韓国の現状を知らせることを繰り返していくしかないように思いますね。

良いお年を!

一年間お疲れ様でした。
いつもためになるブログありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

※お知らせ※

http://www35.atwiki.jp/kolia
国民が知らない反日の実態

↑ この人気サイトが大幅改良され、
より一般層に受け入れられやすくなりました。
まだ見ていない方も、今まで見てきた方も、
年明け前にぜひ一度ご覧ください。
非常に役に立ちますよ。

ありがとうございます^^

やっぱり、アメリカや特アの人達は日本がうらやましいんだと思いますよ。日本にバッシングかけても、結局頼らざるを得ないのでしょうね。日本もまた、そんな彼らに協力?することでやっていけるのですから。うちの政治音痴な母にこのような話をするとですね、「アメリカやシナ朝鮮がどんなにうるさく言ったって、日本に絶対勝てるわけないのよ。」と豪語していました。なんだろうその強さはどこから来るんだと思っちゃいましたし。ニッポンもすてたものじゃないなぁw 日々自分の無学さやふがいなさを実感することも多々ありますが、知りすぎた男さんの前向き姿勢に共感し元気をいただいております^^
来年も日本人に生まれてよかったと思える年になりますよう^-^
知りすぎた男さま、みなさま、いいお年をお迎え下さい。

管理人様、一年間お疲れ様でした。
こんなにも内容の充実したブログを、毎日更新されていたことを思うと
本当に頭が下がります。
来年も楽しみに拝読させていただきます。

日米国交正常化から30年、天安門事件から20年と
2009年は中国にとって節目の年となります。

今年発生した金融危機の影響とそれまでの中国の経済発展の歪みが
出て、奇しくも中国にとっての09年は本当に節目の年になるかもしれません。

韓国経済もまた、予断を許さない状況です。

2009年も『中韓を知りすぎた男』の更新、楽しみに待っております!

ウンコノウン

今年一年 大変ありがとうございました そしてお疲れ様でした
来年も 御教授下さります様 お願い申し上げます

正直な事を申し上げれば 他のサイト様に比べて 断然光り輝いておりました 今か今かと待ち遠しく読ませていただいておりました ありがとうございました

この1年ありがとうございました、

 「中韓を知りすぎた男」 様
 不安を煽る報道の中で、いつも我が国ニッポンの存在を静かに強く指摘され、未来に対して何があろうとも日本の底力を信じれるようになりました。
 来る年が日本が変わる 始めの第1歩である事を信じます、
この1年、沢山勉強させていただきました。        
 
      ありがとうございました、
 

有難うございました

管理人様
コメンテイターの皆様

大変お疲れ様でした。
来年も変わらぬご活躍をお祈り申し上げます。

とりあえず、年末のご挨拶とお礼まで。

追記

肝心なことを書くのを忘れていました。

>バカにされながら勝ってしまう日本

もっとも短いフレーズで今の日本を的確に表現した言葉であると思います。
シナや半島の攻撃に決して崩壊することなく、日本が日本であることを祈って止みません。

★今回のコラムの元ネタはこれかな

■ついに日本円が基軸通貨になった■

恐慌と化している最近の世界経済だが、
アメリカはもちろんのこと、ヨーロッパも日本頼りになっていて
円の独歩高状態が続いている。

ドルが基軸通貨から外れれば、ユーロによる単独通貨基軸体制
、もしくはユーロと円の複数通貨による基軸通貨体制になる
と、ずっと言われて来たが、フタを開けてみれば、ヨーロッパも、アメリカと同じようなことをしていて首が回らなくなっていた。
その為、気が付けば、世界を救えるのは日本しか残っておらず
日銀が大量の資金供給を連日行っており世界中の通貨が、対円で暴落し続けている。
結果的に、日本の円が、世界の基軸通貨になりつつある。
(いや、実質的に、すでに基軸通貨になったと、言ってもいいかもしれない)

それを裏付けるように、ヨーロッパの金融関係者から、
「次の基軸通貨は円で確定した」という発言が続々と出始めている。

しかし、おかしなことに、当の日本人には、その自覚症状が全くないw

元々、ユーロを作ったのは、ヨーロッパがアメリカから、基軸通貨の地位を
奪い、経済覇権をヨーロッパに取り戻すことにあった。
だが、皮肉なことに、その地位についたのは、全然その気のなかった日本であった。
----------------------------------------------
そういえば、こんな例もある。

王は世界にいくらいても許されるが、皇帝は世界でひとりしか許されない そのため
人類は2000年以上、たったひとりの皇帝の正当な地位を得るために戦争を繰り返してきた
十字軍遠征、モンゴルの長征、、、、、、、、
ところが、皮肉にも、最期に勝ち残ったのは、ローマ帝国皇帝でもモンゴル帝国皇帝でもなく、日本の天皇陛下だった
そう、現時点において、現存する世界で唯一かつ最古の皇帝が、天皇陛下なのだ。

これがどれだけすごいことか、外国人はわかっていても、当の日本人はまったく
知らない
ローマ法王とエリザベス女王は、天皇陛下と同席するときは上座を譲る慣例になっている
世界中どこに行っても、相手の元首を呼びつけるローマ法王が、日本に来たときだけ
自ら天皇陛下のところに足を運び、日本語で挨拶と演説をされた。
----------------------------------------------

おかしなことに、強欲な国だらけの世界にあって、ダントツに謙虚な日本という国が
世界中が欲しがってきたものを、手に入れてしまい最終的な勝利者に収まる例が、非常に多いのだ。

あらゆる業種の世界トップの技術は、ほとんど日本が独占しているし
文化的影響力も、世界一
治安も、人工資源も、環境対策も、災害対策も、気候も、自然の美しさも、長寿も、食事の旨さも・・・世界一
あげくに、今回の騒動で、金融でもトップに立った。
今後は、ノーベル賞でも、かなりの勢力を占めることになるかもしれないし
世界のネット上では、日本語を駆使する外国人が激増し、世界のブログの言語別ランキングでは、英語を抜いて、日本語が世界一
気が付けば、日本語が世界の標準語になるというマトリックスの世界のような話ですら
だんだんと現実味を帯びてきつつある。

日本という国は、外国から見れば、当の日本人にすら想像もつかない、突出した
超先進国になっていたのだw

大きな野望を抱き、陰謀をめぐらし躍起になってきた世界中の国々が、次々と脱落し
特に野望も陰謀もなく、日々、コツコツと小さな目標に向けて、謙虚に正直に頑張ってきた日本がほとんど独占と言ってもいいほど、ありとあらゆるこの世で最高のものを手に入れてしまった。

なんという皮肉であろうか

現状からすれば、日本人が望もうが望むまいが、今後、世界は日本を中心に回っていくハメになることは間違いない。

日本の反日マスコミは、この現実を、いつまで隠しとおすつもりなのか?
世界で3つしかない反日国家の中韓北はどう対応していくつもりなのか?
けだし、見物である。

>このお人好しで間抜けに見える日本が結局世界を繁栄させます。
中国のように相手から何かを奪おうとしたり、人のものを自分の
ものにしたりする精神を持っているのろわれた国に神の祝福は
ありません。

神様は最終的に、こんな人を応援したくなると思います。
ただ、出来るだけのことは、まずやってごらんと自由を与えてくださっている・・・
それも、きっと愛からです。転んで、たんこぶだらけでも観てくださっている、
やがて、自立できるようにです。

世界の眼から見た日本は、私たち日本国内から見たものより
もっと、もっと大きいと想います。こんなに小さい国なのに、この湧き上がるような
発展のエネルギーは、まるでマグマか怪物か・・というようです。
昔フランスの(ミッシェル・ド・ノストラダムス)はアンリー王朝の
典医として使えた、医学者、(天文学、占星術、語学、数学)が
「諸世紀」で予言したという、人類を滅亡から救う民とは・・・

私たち日本人は日本という怪物の背に乗せられて、そのことを知らずに
生きているようなものかもしれません。ノストラダムスの予言にあるように
パンドラの箱を開けたような、ありとあらゆる災害が世界に飛び去って
想像される限りの、さまざまな恐怖がよみがえってきた時に、人類の
溝尾の危機に世界を救う民とは、まさしく日本のことだったのだと思えます。
その貢献によって未来が変わるから、その後の予言は存在していないのでしょう。

日本に生まれたことは、幸福だと思います。
なのに・・恐れ多くも愚かな反日の人は、そうと知らずにこの怪物を
手なずけようとしているようですが・・。
怪物の意識は、近年やや目覚め、もう、お人よしばかりでないです。
持ち前の希望と勇気をもって、そんな輩の勢力に、負けてはいられない時。

来年は、さらに大きく世界に飛翔する日本があることを期待しています。


辻本様,コメント欄に書き込みをしていらっしゃる方々,
今年一年間,本当にお疲れ様でした.

私にとって今年は,辻本様のブログとそのコメント欄で今後の日本という国を真に危惧していらっしゃる方々を知ることができ,世間で起こっていることに対して自ら意見を持とうと気持ちを切り替えることができた大切な一年でした.本当に有難うございました.

来年は本当に激動の年になりそうですね…
辻本様,皆様と共に新しい時代を切り開けるように地道ではありますが私も努力していきたいと思っています.

それでは辻本様,皆様,よいお年をお迎えください.

陰ながらいつも応援してます。

いつも拝読のみだったのですが、感謝と応援の気持ちを
伝えたくて初めて書き込ませて頂きました。

本当にいつも為になることばかりで、勉強になります。
そして、自信がない自分に自信を与えくださる管理人さんは、もっと自信を持つべきです。(笑)
陰ながら応援している人は必ずいます!

来年も、謙虚にして尊大に、堂々と日本人としての
姿勢を語って頂きたく願います。

今年もお疲れ様でした。良いお年を!

よいお年を

経済破綻の日がいつかいつかと怯えながら韓国で暮らしている主婦です。(笑)
政治、経済、国際情勢など何も知らない私にとってこのブログは本当に勉強になります。そしてコメントの内容も興味深いものばかりで、いつも感嘆して読ませてもらっています。
その素晴らしいコメント欄の中にたまに私もボケたことを書かせてもらっていますが(恥;;)、それに突っ込まれる方もいなくて、本当に良識のある方々が集まっているのだなと思います。
他のブログを読むと暗くて情けない話題ばかりで悔しくて涙の出ることもありますが、ここの「日本人ファイトー!」という内容を読むと元気が出てきます。

来年も多くの日本人がこのブログを読んで明るく前向きに暮らせるように願いながら・・・


私は比較的、初期の頃からずっと拝見させて頂いていたひとりでありますが、こちらのブログ主さんの切り口・経済考察・政治考察・善悪・日本国の素晴らしさを分かりやすく教えて頂き本当に感謝しております。

今年一年、本当にお疲れ様でした。
そして、有力な情報を伝えて下さった皆様にも感謝しております。

有難う御座いました。

ブログ主さんを始め皆様、良いお年を。

お疲れ様でした!

今年一年お疲れ様でした。ブログを通して、若者が目覚め、自信と自覚を持ち始めています。来年もお体に気をつけて頑張ってください。

ブログ主様に感謝、そして来年こそ良い年になりますよう。

このブログに注目を致したのは、ごく最近のように思えます。

ブログ主様が出される主題は、大変に大切で内容が濃いことばかりと感心をを致しておりました。また、ここに書き込みをされる方たちの知識と見識の高さ、豊富さにに感服し、大変な勉強をさせていただきました。

ブログ主様がおっしゃるとおり、日本はすばらしい国だと思います。そして、敗戦後の教育の誤りを正し、政界を含む世直しが進めば、さらに素晴らしい国になると信じます。名前は忘れましたが、外国の学者に、他の世界文明に加え、日本は単独で比類のない「日本文明」を有していると謂ったのを記憶しています。

今年は「変」の年でありました。来年は多分「乱」の年かも知れません。しかし良い意味での変革、「乱」の年となるよう願っております。田母神氏の出現は、日本のゆがんだ体質を治せとの英霊からのお叱りとも感じます。
誇りある伝統、歴史、文化の日本を取り戻しましょう。

ブログ主様今年はありがとうございました。私は主に見るだけでしたが、判りやすい解説、毎回楽しみにしておりました。投稿者の方々もすばらしい人たちが多かった。時々現れる不心得者は手も足も出ず痛快でした。此処は日本人の良識あるブログでした。来年は日本の全各界を不当且つ強制的にに寡占支配して日本人を差別排除収奪している非情朝鮮人の極悪人どもをいっせいに討伐して全員を玄界灘に追い落とし日本を日本人の手に取り戻すべく頑張るつもりです。しかし、日本の上層部をすべて朝鮮人が占領支配して日本人から強奪し日本人を貶めているということはショックでした。我々が生きている間にこの朝鮮人に占領されて金も女も奪われているという問題をかたずけないといけない。

ブログ主さん、今年は、ありがとうございました。アメリカから、毎回拝見させていただき、いろいろと考えるさせられることがありました。”日本は本当に情けない”と言うようなブログが多い中、ここに来ると、日本はまだ捨てたものではないんだなとなんかほんわかとした気分にしていただきました。
 ブログ主さんの記事を読み、いっそう、日本が大好きになりました。ここを訪れてコメントされる方々からもいろいろ勉強させていただき感謝しております。
来年は、こちらでは(アメリカ)オバマ大統領がいよいよ就任し、期待する面、日本にとって風当たりの強い政治になったらどうしようとか、来年の衆議院選挙で、日本はどうなってしまうのか。。と不安でいっぱいですが、ちょっとやそこらでつぶれてしまう日本ではないということを祈りつつ、また、ここを覗かせていただきます。
 日本食在は、この円高でさらに高くなりましたが、子供たちに教えるため、がんばって、お正月の材料を買いました。
 初詣も、うちから1時間車で行ったところに神社があるそうなので、家族で参拝しようと思っています。日本の良さを知らせるのは親の役目だと思っていますので、これからも、しっかり子供たちに教えていこうと思っております。
 ブログ主様、ここを訪れる皆様もどうかよいお年を。。

不況を煽るニュースに特定アジアの内政干渉、日本の一部の政治家やマスコミの売国、それに気付けない多くの国民。
最近目にするニュースはそれらを思い知らされるものばかりだったので、今回の記事は沈んだ心に光が差すようでした。
日本は政治や権力のあり方さえ真っ当なら、それこそ世界のトップに立てる実力を持ちながらも、無自覚のため一歩引いたポジションでのんびり平和に在り続けられるでしょうに、現状が残念でなりません。
国籍法が通ってから、本当に日本は生き残れるのだろうかと不安で胸が押し潰されそうになる出来事が憎らしいほどポンポン起き、正直なところ2009年を迎えるのが恐ろしくて堪りませんが、日本の地力を信じて頑張っていこうと思います。
反日工作や売国に負けず、一つのまともな国家として立ち上がれる日が来ることを心から願っています。

今年1年間,毎日楽しく読ませてもらいました。
ブログ主様,コメントを寄せられた皆様の意見等を読ませていただき,
大変勉強になりました。

テレビや新聞に目を通す前に,このブログを読むことが,
私の習慣になっています。

来年も,楽しみにしています。1年間お疲れ様でした。
そして,本当にありがとうございます。



はじめまして。拝読させていただきました。
為替で生計を立てている小生ですが、
ここにきて円の強さを再認識しているとともに、
管理人様の慧眼に強く共感します。
素晴しい国・日本に生まれ、日本人であることに
誇りを持って生きたいものですね。
今後も頑張ってください。

いい国だといえる国家に

狂っているとしか思えない保守政党を自認する自民党は果たして保守政権なのかと疑問をいだかした年末であった。日本はいい国だったと言える人が国の代表者になるよう選挙権を行使したいものである。日本人の権利を奪って外国人に権利をあたえようと、いっている外国人参政権などつぶしてしまわないと、日本はいい国だといえる社会はこないのではないかとおもえる。ブログ主さんもいい年をむかえられるように。

参考に

ノストラダムス戦慄の啓示 1991年
章題は「太陽の帝国」。日本を主題に据え、安保、大東亜共栄圏などの
明瞭な固有名詞や明確な時期指定を織り交ぜ、日本の軍国主義化が語られる。
この中で語られた思想が極端な国粋主義・軍国主義礼賛であること、
中国や朝鮮半島に住む人々に対する露骨な蔑視を感じさせる文言が
多く織り込まれていることなどが、当時、複数のジャーナリストや
作家から批判された。(←今思えば反日系の?)

抜粋
「朝鮮の人々にとって悲劇であることは、彼らがあまりにもリバイアサンの近くに
住み過ぎたということだ。かつてそのわき腹をえぐられ、食べられはしたが、今度は
その尻尾を食べられることになるだろう。中略。
今は鎖に繋がれていると思って、その悪口を、雑言をやめなかった事が、自分の
命取りとなったことをやがて後悔することになるであろう。中略。
この朝鮮半島は動乱に乗じて、また日本に、経済的に、いやある意味においては
軍事的にも、牛耳られるようになっていく。
アメリカの後退とともにそういうことが起きてくる」

実務に携わればこそ

新鮮なブログを1年間有難うございました。

評論家や新聞記者の空理空論でない、実務に根ざした意見に出会えて幸せです。統計数値で語ることは大局的に正しい(だろう)とは思いますが、人に接し、契約を交わし、商品の動きを見たうえで洞察することはより重要です。

新聞記者らは屋上から曇った眼鏡で地形を見る人ですが、実務家は地図を片手に、ガイドと共に目の前の道を歩く人です。
今後とも我々の道しるべとなるご意見をご教示ください。新聞テレビが劣化した今日こそ、この種の情報は貴重です。

来年も管理人様には良き1年となりますよう祈念いたします。

風が吹けば桶屋が儲かる

欲を出さずにこつこつと勤勉に励めば
風が吹けば桶屋が儲かる、
ということですね。
西欧では、北風と太陽ですか・・・
他国も覇権主義をやめこつこつやれば、世界は良くなるのですね。

一年間ご苦労様でした。ブログ主様も良いお年をおむかえられますように
みなさまも健康でありますように

追加

「中近東で晒したアメリカの醜態、そしてその後の経済的混乱。中略。
債務の放棄、ドルの紙屑化、株の暴落、世界恐慌の一歩手前まで行き、
日本の経済がかろうじて支えるアメリカの没落。そのような没落国家、
赤字国家、借金国家、破産国家が日米安保条約で
日本を守ってくれるというようなことを信ずる人は、もはや誰も居なくなる・・・。」
平成3年2月20日  初版より

中国のは・・・これ・・恐ろしくてかけません。

龍の国日本

陸海空を東奔西走できる龍の国日本!
現在、龍の国を操縦しうる民はその舵を外国に任せているが次第に舵を自分たちで操縦しなければと自覚し始めてきている。龍の国もまた本来の姿である炎(北方領土)を復活せんと欲している。

この神話が現代にもある国は2009年に転換期をむかえている!

ブログ主さん、今年一年本当にお疲れ様でした。
経験に裏打ちされた臨場感溢れるエントリー、素晴らしかったです。
勉強させて頂きました。
ありがとうございました。

読者の皆さんも知識豊富、且つ上品な方々ばかりで素晴らしいです。
ありがとうございました。

「日本人」は五里霧中の中、付き飛ばされては立ち上がり、蹴倒されては這上がり、訳も判らず必死に走って来ました。
霧が晴れ始め気が付くと、空中の刃の上に立っています。
とても高い所で、刃の下がどうなっているのか霞んで見えません。
又、とても長い刃で、前後がどうなっているのかも霞んで見えません。
そして、刃はとても鋭く、踏み外すと滑り落ちるか体が真っ二になってしまうでしょう。
なのに、何処からか「急げ!」と声が聞こえます。
絶体絶命の中で、「日本人」は考え始めています。
「他の誰がこの場所に立てるのか?」と。

「日本人」が「日本人」であるかぎり何度でも世界に奇跡を示すでしょう。
今一度、示さねばならぬ時が近付いていると私は思っています。

拙い文章ですいませんでした。
来年もよろしくお願い致します。

今年一年すばらしい記事の数々ありがとうございました。

私は今の日本の繁栄は大東亜戦争で亡くなられた英霊の皆さんが守ってくれたのだと思っています。
家族を、村のみんなを、国民すべてを守るために命を投げ出してくださった方たちの純粋な思いが、GHQや中共の反日教育にも勝って、国民の意識に深く刻まれているためだと思います。
そして来年は、その反日勢力との決戦の年になりそうな気がします。
その意味でも、貴ブログは今年一年たくさんの日本人を勇気付けたと思いますが、来年もどうか宜しくお願いします。

ありがとうございました、来年もよろしくおねがいいたします

いつも素晴らしい内容をありがとうございました。
このブログを通して現実の日本の姿を再認識させて頂けたことが一番の喜びでした。また多くのコメントを入れて下さる方々の内容の素晴らしさもあって、日本を代表するブログへと来年は展開出来るのではないかと期待しています。

何か意見を言いたいのなら、まず・・・「中韓を知りすぎた男」の記事と、投稿されたコメントをまず読んでからにしろ・・・と日本中で言われるようになることを夢見て、ブログ主さん、皆さん、良いお年をお迎えください。

日本は天然資源に恵まれぬ島国として、少ない資源・食料を分け合いながら争いを避けて平和に暮らすことを目指してきた文化。しかし、泥沼の
日支戦争などは官僚機構に成り下がった軍部が犯した罪かとも思う。日本には人的資源はあっても天然資源が乏しすぎた。今回の不況を脱する
内需拡大、景気回復はおそらく自由貿易・国際分業の後退が必要となろう。戦後世界は効率の良い国際分業によって繁栄と平和をめざしてきた
のだろうが、グローバル金融という怪物をも繁殖させざるを得ずにきた為に、あっけなくも破綻した。世界は不況からすこしづつ地産地消にシフ
トし、過度の貿易依存と資金の出入を解消して低成長していくのであろう。大国の経済発展させる化石燃料の浪費は抑制される。
資源・地球を大切に感謝してこその真の繁栄であることに気付く、そんな
時代となる。日本はエネルギー資源の問題も克服して、食料自給率も上げそして資源消費効率の高い技術立国として世界に貢献・繁栄する。
そんな未来が見えます。 
日本の皆さん、何ができるかわからないかもしれないけど、がんばって良い国作ろう。よい年をお迎えください。

来年も期待しております。

管理人 様

1年間お疲れ様でした。

 本ブログは数ある政治経済ブログの中でも、中国、韓国、アメリカを中心とする日本との関わりの強い或いは大きな国を中心として、その国と日本の過去から現在に至る現実認識に立つ論考が示され、現実の状況を理解する上で大変に参考になりました。

 来年も引き続き、良い記事を見せて頂けることを期待しております。

 良い年を迎えられますようお祈り申し上げます。

お疲れさまです。
シンガポール在住です。先日、こちらで葉問(IP MAN)という映画を観ました。旧日本軍の非情ぶりをちりばめた内容になっており、今でもこのような反日を煽り立てるプロパガンダ映画を平気で作る中国に恐ろしさを感じます。この映画を観た純粋な若者たちは、日本人に対して嫌悪感を抱いていくでしょう。今後も反日映画が増えるような気がします。日本への戦争が迫っているのかもしれません。日中韓で仲良く一緒に、お金と技術は日本が担当という各種協定は、いい加減やめてほしいものです。

それでは、よいお年を。

こんにちは。
いろいろ勉強させてもらいました。
有り難うございました。

日本は世界中の国々から叩かれ、馬鹿にされながらも
結局は勝ってしまう国だと私も思います。
現人神がおわす国ですから。

来年もよろしくお願いします。

日本人に常識を教える最適なブログ

戦後の教育で世界の常識を知らない日本人が増えました。特に、新聞、テレビなどマスコミ関係者は世界の常識を知りません。彼らは世界の常識を知らないことを知らないので、説得の方法がありません。
彼らの非常識から真っ当な日本人を守るために、是非今後もこのブログを続けられるようお願いします。
熱烈なる愛読者より。

ブログ主様。今年一年お疲れ様でした。
日本のことについて色々勉強させていただきました。
ありがとうございます。

自分が日本について思うことなのですが、
世界史をみたときに、理由無く相手を迫害する集団があったときに、最初は迫害する側が一方的に迫害するのですが、しばらくすると、迫害される側の方が強くなっているということがしばしばあります。
ユダヤ民族、アメリカ、キリスト教等はすべて、迫害された後強くなったものです。
これまでの日本を見たときに、列強に大戦の罪を着せられ、中国、韓国に迫害されというものです。
このことにより、これから日本が発展してくるのは必然ではないかと思うのであります。
ただ、願わくば、増長することのないよう進んでもらいたいものです。

有難うございました。

大変な勉強と労力を必要とする事ですが、来年も日本の為によろしくお願いします。

今日は30日。特に意味は無いのですが毎年・新年を前に伊東公が「憲法」草案された場所が近隣(と言っても二時間以上懸りますが)に有るので訪ねます。今帰り「食事」を終えて打って居ります。

本当に誰も判らない様な小さな記念の石碑です。横須賀市の日産自動車の工場奥の小さな林に囲まれた場所です。
来年こそ「田母神論文」が日本中を駆け巡り日本人を覚醒、このプログが日本人の常識に成る事を願いたいものです。

大凶に喜ぶ

アメリカ発の世界的な経済不況は100年に一度の大凶です。日本も苦しくなっています。私は経済や金融問題は素人でよくわかりませんが、ブログ主様が書かれていることは感覚的にわかるような気がします。

日本の底力は「技術」や「金」ではありません。日本民族が培ってきた「誠の心」ではないかと思っています。大凶になって初めて日本の強さがわかる気がします。大凶以上沈むことはありません。後は「上昇」だけです。

ブログ主様が書かれたような日本になることを夢に見て元旦の国旗を出したいと思います。今年一年ありがとうございました。

今年は

大変勉強させていただきました来年も楽しみにしています。
今年一年お疲れ様でした。

ありがとうございました

中韓を知りすぎた男

かっこよすぎます♪

また来年もよろしくお願いします!!

応援してます

ブログ主様、そして多彩な知識を残して下さった皆々様、今年は本当にお疲れ様でした。

こちらのブログを知ってから、皆様の豊富な知識を読ませて頂きながら毎日が勉強でした。自分の知らない知識に、時に怒り、時にはホッとさせられました。凄く自身の為になりある意味楽しい一年でした。
来年も大変な一年になりそうですが、皆様にとって良い年である事を願っております。

11月くらいにこちらのブログを知って、毎日拝見させていただきました。
多くの知識に成る程と感心したり、驚愕したりととても勉強になりました。
また来年もブログを楽しみにしています。

ブログ主様、お疲れ様です。
初書き込みになります。
私は栃木在住の26歳のしがない一サラリーマンですが、7月くらいでしょうか、きっかけは忘れましたが韓国が経済破綻する可能性があるということを知りネットを調べるうちにこのブログにたどりつきました。以降毎日拝見させて頂き、とても参考になっています。
私の周りでは平和ボケ(ようは改憲反対とかいう人)はいませんが、私は憲法改正は必要だとおもっています。もちろん平和は大切ですし戦争は基本反対ですが、自分の身は自分で守れるようにはしないといけないですよね。特に周りは核を持つヤクザだらけですから。
それと国会議員を見ると本当にがっかりします。国会議員の仕事は国益を守ることじゃないんですか?生活が大事とか言いますけど、国益を守る過程で国民を守るということになると私はおもっていますが。(そもそも生活が一番とかはわざわざ言うまでもなく当たり前のことである)他の人も書いてますが国会議員にでもなって国を守らねばという気持ちが強くなってきています。
さて2009年はどんな年になるか、もしかしたら世界史に残るような大事件があるかもしれませんね。イスラエルとイランあたりが戦争おっぱじめなきゃいいですけど…。
来年もがんばってください。私ももっと周りの人にもこんなブログがあるよと薦めてみます。
応援してます。

毎日更新されたブログを見るのを楽しみにしております。健康に注意され末長く続けられることを切に願っております。2008年辻本様のブログに出会えたことに感謝いたします。

関連しているかどうかはわかりませんが、比較的左翼の人の意見ですが。
(資本主義の破綻)
http://himadesu.seesaa.net/article/111213275.html

まあ要するに不平不満以外何物でもないでしょうが、結構凝り固まっているからなあ。

この一年、管理人さん、素晴らしい知識を有するコメント欄の皆さんから、とても多くのことを学ばせていただきました。皆さんにとって、新しい年が幸多きものでありますよう、心からお祈り申し上げます。

ありがとうございます。

初めてのコメントです。
小中高の12年間、『きみがよ』を歌ったことがありませんでした、
結婚し、妻に指摘されて目覚めました。
昨日のTVタックルの森本なる人物は、日本人なのでしょうか。
かの人物のような『XX評論家』が、この国を歪めていると思います。
テレビの力は、凄いですね。
この手の方々は、コメントされる前に、『国家観』を明らかにされてから
発言されても良いのでは。
このブログを知ってからは、主さまとコメンテイターの皆様の意見を拝見し
希望と勇気を少々・・・・・・・・・です。
50歳に近い年齢ですが、日本人の誇りを胸に邁進します。
ブログ主さま、ありがとうございます。
毎日、楽しみにしております。
2009年以降、日本は一人勝になりそうです。
日本の技術力が、世界を席巻します。




2009年以降の日本はどうなる

いつもためになる評論を楽しみにしています。ブログ主さんもおっしゃるように、毎日のブログの他に、博識のコメンテーターのコメントも読むのが楽しみです。
内実はバブルであった世界同時成長軌道が崩壊した2008年。円キャリーの巻き戻しが始まり、輸出依存度の高い企業や国々の苦境の日々がはじまりました。
 日本のトヨタの苦境もひどいものですが、実勢よりもうんと安い円レート(100-105円)で巨額の差益を懐に入れていた輸出依存企業は実勢円価格(82円)がずーっと続くことで、輸出設定価格を1ドル=82円に変更し、価格体系を変更することで乗り切ることは可能でしょう。1ドル=82円の実勢価格が続けば、円本来の強さ=購買力の拡大による成長の道も開けるものと思います。石油や鉄鉱石などの資源輸入が安い価格で購入できるようになれば、いままでより安い価格で資本財・生産財を生産することができ、そこからの経済成長が望めるからです。
 税制の改正をすれば外国での生産によって上げた収益を日本に還流させることで日本企業は企業業績を好転させることができます。
 長谷川慶太郎氏、三橋貴明氏、本ブログ主さんの言うとおり、日本の本当の姿での経済成長が可能になるのがこの2-3年の調整時期の後にやってくると確信しています。

目からうろこの正論に何時も感謝です。

いつも公平なバランス感覚のコメント感服いたしております。
更新をいつも楽しみにしております。しかし、膨大な情報の中から、的を得たタイミングの内容には、相当な影のご努力とご経験の蓄積をお察しいたします。本当にブログ主さまの熱い心情から発していると信じております。
心から感謝いたしております。一年間本当に有難うございました。
21世紀になり、日本という島国は益々他国との共生共栄は必定です。
他国のエゴをはっきり見抜き、滅私奉公の他己精神を発揚し今後ともご指導くださいます様よろしくお願いいたします。
善いお年をお迎えくださいます様に!祈り。

勉強させて頂き、有り難う御座いました。

 日々、勉強させて、頂いております。
 「来年は日本が世界の主導権を堂々と主張し握り、
 もぎ取らなくてはなりません」
 皆様の、ご指導、来年もよろしくお願い致します。
 ブログ主さま、一年ご苦労様でした。
 日本と皆様が、良き年を迎えられますように・・・
 
 
 
 

愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない

●小泉改革で人間不信が蔓延した。信じられるニッポンを取り戻すため、亀井先生の理想が現実になるように切望する。
【新党勝手連の掲示板】はこちらをクリックして下さい。。
http://www.aixin.jp/axbbs/ktr_ind.cgi

愛国を叫ぶ国会議員はいても、売国を叫ぶ国会議員はいない、国会議員の生の声を聞こう、
年末の挨拶、年始の挨拶、活動報告が分る愛国国会議員ホームページはこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/yskgd.cgi

皆様 よいお年をお迎え下さい。
くる年は輝かしい日本再生を実現しましょう。

このブログに出会って、たくさんの考え方や自分ではなかなか知ることの出来ない情報を読むことが出来ました。
今まではニュースをただ流し読みするだけでしたが、このブログを読んでから考えることを知りました。ニュースを見て自分で考え、気になることがあったら調べ、いろんな人の見解を読む。
自分は学生で、この世間に影響を与えられるだけの力もありませんが、歳を重ねたときにしっかりとした日本を作る一国民になれたらと思います。

ブログ内容もコメント欄も、若輩者の自分にはとても勉強になりました。
今年一年ありがとうございました。よいお年をお迎えください。

お世話になりました

 チベット騒乱から、韓国経済危機を巡る状況の中で、当サイトに巡り会いました。マスコミの情報統制を突き破る強い力が日本人の中に芽生えてきていることを、実感できました。年末の国籍法改正に関する動きなどはこれからの、マスコミ、在日、中共、社会民主党、日教組等、反日の全共闘残骸勢力との対決に大きな示唆を与えてくれたと思います。日本社会から反日売国勢力を一掃するため、来年も頑張って下さい。支持する人たちの方がこれからも増えて来ると思いますよ。

感謝です!

ブログ主様、年度の締めくくりに素晴らしい内容の
文章を読ませていただきまして、有り難うございました。
とても感激しております。

来年も、どうぞ宜しくお願いします。
またいろいろ教えて下さい。

本年もあとわずか、そして韓国経済もあとわずかで完全にオワるようです。

韓国で人気だったKIKO(knock In / Knock Out)という通貨オプション(先物相場による外国為替決済法)があるそうな。

これはレバレッジ商品の一種で簡単に言うとあらかじめ予想・決定した
ウォンxドル交換レートを超えてしまうと韓国が大損をこく、というシステム。もちろん経済がうまく行っていればレバレッジによって何倍もの取り引きが可能になり、良いことづくめなのだが・・・

通常は「そこまでウォンは安くならないだろう」というレベルでレート設定してリスクを回避する。今回多くの韓国企業が設定したレートは1ドル=1200ウォンであったため、1200以上の数字になるほど損失は天文学的に増えていく。

12月30日のレートをもって年末決算為替レートが決まるが、
現在それは1ドル=1300ウォンくらいである。この時点で韓国経済の終了がケテーイ、だがさすが韓国、さらに強力な「お笑いネタ」を提供してくれた。

大損こいた企業がこぞってKIKOを売った金融機関を提訴、なんと裁判所はKIKOが無効という判断を降したのだ。
およそ投資、先物取引にリスクはつきものであり、購入者は損をしても泣き寝入りするのが資本主義社会の冷徹なルールである。
これが覆ったとなると外国から見れば韓国経済の信頼性が崩壊、カントリーリスクが増大する。すなわち外国からの投資は激減する。

さらに哀れをさそうのはKIKOを販売した韓国の金融機関は自らのリスクを避けるため、KIKOの債権をハゲタカ・ファンドなど外国の投資家に転売、自らは販売手数料のみをわずかに儲けていただけだった、と言う。
つまりKIKOによって潤った韓国企業・個人投資家はゼロ、利益は海外に移転されたということだ。

その国家的損失を最小化するため、韓国通貨当局はわずかな保有外貨を取り崩してウォン高に誘導したが結果は先に述べたとおりの惨敗であった。

以上、日本の新聞・TVでは完全スルーしている重大ニュース。

さてわが日本においては上記のようなドタバタは起こりえない。
なんとなれば「円」にたいする信用が絶大であるうえ、保有外貨が世界で二番目に大きいからだ。
5年前に発動された俗に言う「日銀砲」は世界の並み居るハゲタカファンドと正面対決、見事に完勝を収め、日本経済を守ったのである。その規模100兆円、まさに世界最強の経済大国ニッポンの実力を見せた。

_______________
来年も素晴らしい記事、日本を応援する記事をお願いいたします。
良いお年を・・・・

いつも心強いエントリーをありがとうございますっ♡
日本国内の高濃度ウランをアメリカが回収したって聞いてムカつきますたっ。(。・ˇдˇ・。)
日米同盟はこれからどーなって行くんだろぉぉぉって、とっても心配っ。
感覚的にはっ、中国がどんどん凶暴になってる気がするっ。
今まで隠してた牙をむき出しにしつつあるとゆーか…。
でもでも絶対負けないぞっ。 (=`ェ´)
来年も楽しみにしてますっ。
(o´ω`)ノ・゜・☆★良いお年を★☆・゜・

「国籍法改悪」をブログを通して周知する活動!!

国籍法改正案について、あらゆる分野のブログのコメント欄に周知する活動に、ご協力をお願い致します。

それぞれ担当する分野・ランキングを決めて、徹底周知します。


いかに多くの国民に知らせるかが、この問題の勝負の分かれ道です。

日本を守る為、伏してご協力をお願い致します。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/317.html#id_00f6408f

毎日ブログを拝見し勉強させて頂いております。

一度だけコメントさせて頂いた事があるのですが、来年からは出来うる範囲でコメントさせて頂きたく思っております。

コメントの方も、色々な角度から感じる事が出来る様に、あえて中庸的なコメントをさせて頂きたく存じます。

どうしてもブログ主様に共感する方々が集まりますので、なかなか違う角度からのコメントは少ないと思いますので。

ただ、私自身は極右な感じなのですが(笑)

ブログ主様もブログファンの皆様も、年末で慌ただしいと思いますが、お体には気をつけられまして、良いお年をお迎え下さいませ。

最後にブログ主様、今年一年有難う御座いました。

よいお年を。

いつもROMさせて頂いています。ためになる文章をありがとうございます。
最近ようやく、自分が住むこの日本という国に対して興味を持つ様になりました。
やりたい放題の中韓、マスコミに対して苛立ちを感じながら、個人の無力さに途方に暮れています。
自分の無知ぶりに恥じ入るばかりです。

いつも拝読しております。ありがとうございます。

軍長老・遅浩田の「米国打倒、日本殲滅」講演全訳文
2008/12/28/Sun
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-606.html

産経新聞(十二月二十七日)に掲載の伊藤正・中国総局長の記事「発展には軍事力が必要」は、
中国軍の長老である遅浩田・前中央軍事委副主席兼国防相が二〇〇五年四月の中央軍事委拡大会議で行った講演で、
胡錦濤政権の「平和と発展」戦略を批判し、
「台湾武力解放のみか、米国打倒と日本殲滅を主張、核使用さえ肯定」していることを紹介した。

貴重な情報、いつもありがとうございます

ブログ主様もコメントされる皆様も、貴重な情報ありがとうございます。

2008年は、政治の「変」に気づいた普通の人が増え初めた年でした。
2009年は、政治を「動」かす普通の人が増えることを願っています。

まさに現在の日本の状況と、これからの指針を書いている本です。

神道と日本人
http://kobe-haricure.net/book/b189.htm

ここのブログが少しでも多くの日本人に読まれますように。

こちらのブログから様々なことを知り得て、学ばせていただきました。
マスコミの一般的な報道、ないしは不作為的な報道にはないブログ主様のご意見やモノの見方はとても貴重でした。
来年も学ばせてもらいながら、自分でもしっかり考えていけるようになりたいと思います。
今年一年、お疲れさまでした。よいお年をお迎えください。

2008年 ありがとうございました

いつも、真っ先に開くブログです。拝読し、日本国、日本人のすごさに胸を熱くすることもしばしばでした。また、特アに興味を持ち、さまざまなブログ、書物により、彼の国のおぞましい(失礼かもしれませんが、特に人肉食とか)歴史、文化を知り得ることができました。また、ここに集うコメンテーターの方々の知識、見識、経験は圧巻です。お金を払ってもこれだけの講義は、受けられないと思います。
来年も楽しみにしております。ブログ主様、コメンテーターの方々、読専(私も)よいお年を、お迎えください。

この一年、ありがとうございました

 管理人様、お疲れ様でした。
人は期せずして突然大きな責任を負うことがあります。このようなブログに成長することを意識して始めたわけではないでしょうが、結果的に日本国にとても役に立つ、かつ重要なブログになりましたね。それは多く野心的なブロガーが望んでも、かなわないことです。私も管理人様の最初の頃の牧歌的な中国論が好きでした。
 いつからでしょう、その論調が変わり重いテーマになってきました。それは管理人様が背負ったものの大きさなのでしょう。しかしここは管理人さまが個人の責任で書いているブログです。これからも思うように書いて下さい。また自由に無責任に書いても誰も管理人様を責めることはありませんので、これからも御自分の思うまま書いていただければ幸いです。内需と外需の割合や日本経済のことなど、どこの誰も指摘しなかった事柄に私は驚きましたし、実に勉強になりました。

 亀の甲より年の功と申します。我々の国、日本には管理人さまのような方の自由な意見が、よき助言になっています。よく額におさまっている「おやじの助言」より素晴らしいです。

 さて来年こそはマスゴミがますます没落し、民主党がたとえ勝っても旧社会党のようにすぐに馬脚を表わし、売国派の自民党議員が没落し、巨大宗教や国売り新聞社、電痛らの醜悪な老支配層の方がこの世からいなくなることを希望いたします。

 管理人様におかれましては、健康に気をつけて長くブログを続けていただければ幸いです。いろいろ学ばせていただき、本当にありがとうございました!


今年1年ありがとうございました。

このブログをきっかけに沢山の人々が視野を広げていると思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

中国駐在の方からも書き込みがありますが、大変な環境でのお仕事、頑張ってくださいと心より応援しております。

このブログにいらっしゃるような方々が増えていく限り、日本は大丈夫だと思います。

大和の心、それは大いなる調和、結びつき、
仲良くむつまじく生きていくという心の在り方が大和の心といいます。
根底にあるのは謙虚な心、へりくだった心、神の下にかしずいている人間。

日本では古来より八百万の神々がおられるといいます。
神々と証されてもそのお姿はあまりにも人間に近いことから分りますのは、
かつて地上で生きて、偉大な魂の方々が、しあわせに国を治め、国民に
長い間、尊敬されてきたからだと思います

神国日本といわれるように、そのように神仏を敬う心を持つ人間が、
仲間として相集い、調和し生きていこうとするところに「大和の心」が
芽生えてくるのと思います。
いつも現代人が忘れかけている「神仏の目」からも、優しい言葉で
問題提議してくださる、管理人さんの心には、まさに「大和の心」が
根付いていらっしゃると思いました。

厳しい時代はもう少し続くかもしれませんが、
また今年のように、管理人さん、皆さんの心に支えられ、
頑張って生きて行こうと思っています。
今年はどうも有り難うございました。☆良いお年をお迎えください

ありがとうございました。

いよいよ、あと数時間で2008年も終わりを迎えます。
お忙しい仕事の合間をぬっての情報提供、
本当にありがとうございました。

このブログで新たな中韓の知識を得られましたことは、
何にも代えがたく、有意義な一年であったと感謝しています。

来年も引き続き、よろしくお願い致します。
そして、来年のブログ主のさらなる
ご活躍と繁栄を心からお祈りいたします。

ブログ主様へ

 今年も中国は崩壊する。韓国経済は破綻する。国籍法改悪は通らないなどと昔からの主張をさんざんおっしゃっていましたが、ことごとく予想は外れましたね。

 現実は日本の現在の危機は相当なもので、貴方の予想に反して2009年以降もそうバラ色な未来はありそうもなく、亡国の兆しが出てきております。
 
 その原因は、指導者層のモラルハザードにあると思いますが、あなたのような無責任な老人がグローバリズムの世界経済に背を向けて、国益に反するネットウヨを増殖させていることにも一因があると思います。

 国際間には永遠の友人も永遠の敵も無いのです。あるのは冷徹な利害関係だけなのです。2009年には米国のみならず日本もアジア諸国と協力して利害関係を見つめた外交をしなくてはならなくなるでしょう。
 
 あなたのように中国や韓国とさようならと言うような余裕はないことがますます実感をもって感じられることになると思います。ますます苦しくなるお立場だと思いますが、がんばって下さい。

明けましておめでとうございます!

今年も記事を書いていって下さい。楽しみにしています。
そして、日本人として、誇りを持って生きていきたいと思います!

事実を知る

>こじつけもいい加減にしろ

指導者のモラルハザードだけではないでしょう。その指導者を選んでいるのが国民です。正しい世論形成に不可欠な事実の報道を日本のマスコミでしないのです。事実を知ることは必要です。日本は存亡の危機にあります。事実を知り、危機に立ち向かうそのためにこのブログは元気を与えてくれます。短期間に一日一度の行進に関わらず多くの日本人の賛同を得てブログの上位にあります。しかもコメントは良識ある日本人を感じさせる説得力のあるものばかりです。シナ、韓国の本性を知ることは必要です。現に韓国は経済危機にあるではありませんか。もう一押しして最後通牒と生きたいところです。国内的には在日朝鮮人の一掃も実現したいところですが、2世3世の世代になりあらゆる日本の分野が侵蝕されている現実を見るにつけ、簡単には行かないと思います。しかし警告し続けることは大切です。

自虐史観左翼、反日在日朝鮮人、特亜の工作空抜け出し、日本を取り戻す。良識の愛国の皆さん今年もよろしくお願いいたします。

>こじつけもいい加減にしろ

まだこんなバカがいたのか。
たった2~3年で世の中が180度変わったことがあるか?
あるなら言ってみろよ、この世間知らずが。
お前みたいなクソと同族だと思うと反吐が出るぜ。

願わくばお前が隣の国の基地外であるよう祈るばかりだ。

また宇水か

>こじつけもいい加減にしろ

あなたもこりないね。シナや韓国の現実を理解しての話なの?新年早々の挨拶はいいけど、日本の政界がいいとは言ってないわけ。

でもね、日本はシナとチョンからの、たかりとゆすりの危険性に対処しなくちゃならない火急の動きを察知してるの。だから、政界にちゃんとしろと攻撃をかけてる最中よ。

指導者層のモラルハザード? これについては、あなたがおっしゃるネットウヨも問題意識があるがわからないの?いま、それに対して戦おうとしてるの!シナやチョンが好きなら国籍変えたらどう?

こじつけ程度でも考えて見ろ

こじつけもいい加減にしろ殿
プログ主様のプログもそれに対するコメントも情報から何故と考え推論し結論を導き出して書いている。
情報→何故→推論→結論
結果が間違っているのなら情報が間違っているか推論の仕方が間違っているかなので、それを指摘すれば良い。

君のコメントは難しい言葉を使っているが、常に結論だけなので反論しようも無い。予想の結果だけが興味みたいなので、君が通うべきサイトは↓だと思う。
http://www.takashimaekidan.com/takashima/index.php

可能であれば改名されるほうが宜しいです

>こじつけもいい加減にしろ様

HNが姓名判断上宜しくありません。特に対人運、社交運が非常によろしく在りません。

「破壊波乱、悲運の霊位を示す最凶数。散る、乱れる、壊れるの暗示のある悲運数で、事故遭遇や身内のトラブルなどが起きやすく、事業の倒産、病弱など肉体的・精神的に薄幸の傷心が続き、晩年孤独に終わる悲運数とされています」「不遇時にも挫けない信念を養い、自我を慎み他人との協調性に努めて、良き友を持ち、積極的に自己啓発する気概と実行の勇気を持つことが必要です。敗北主義に陥ると不遇な人生となります」

可能であれば改名される方が宜しいです。
麹漬けもいい加減♪」など如何でしょうか?
人様のブログにケンカを売るHNは子供にでも判るマナー違反であります。

そうでしたか?

>国籍法改悪は通らないなどと昔からの主張をさんざんおっしゃっていましたが、ことごとく予想は外れましたね

ブログ主様は「国籍法」に関してそのように主張してましたか?
私や他の方が「国籍法」等でコメント欄をお借りする事はありましたが・・・。
                              <平和ボケから目覚めた通行人>

今年もお世話になります

こじつけもいい加減にしろさんとか、他の似たような人たち、サヨク、あるいは自分はサヨクではないと言いながら、言ってることはサヨクがかった人たちの中に多く見られるのが、「自分はいかにお前たちより頭がいいか、知識があるか」という人を見下した態度と、歪んだニヒリズムですね。自己顕示欲が人一倍強い。
そう言う人たちのコメントを読むと、必ず共通するのがこの態度。
人のブログでやるのは、自分のブログでやると誰も見に来ない、読まない、コメントほとんどなし…だからでしょうね。工作員は別としてww

2008/12/31(水) 22:59:26| URL| こじつけもいい加減にしろ #- [編集]

指導者層じゃなくわが国では単に「代表者」だから
あなたの国とは違うんだよ

皆様あけましておめでとうございます

ブログ主様、そして皆様あけましておめでとうございます。
さて、こじつけもいい加減にしろさん
>今年も中国は崩壊する。韓国経済は破綻する。国籍法改悪は通らないなどと昔からの主張をさんざんおっしゃっていましたが、ことごとく予想は外れましたね。

中国は崩壊する。韓国経済は破綻する、についてですがすでにその兆候は現れていますし韓国に至っては日本やアメリカ等他国の支援が無ければ今年中に崩壊するでしょう。
(その日本やアメリカに対して韓国のとった行動は決して褒められたものじゃないです:竹島に関する事や反日反米行動等)

【中国経済月報】不動産バブル崩壊が本格化し始めた 2008.9.12 16:44
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080912/chn0809121654002-n1.htm

中国経済減速 社会不安すら起きている(12月31日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20081230-OYT1T00659.htm

以上は今、簡単にしらべてあったものです。
これが全てとは言いませんがブログ主様が言っておられる事が間違ってるとも言えないはずです。

「国籍法改悪は通らない」に関しては<平和ボケから目覚めた通行人>さんも書いてますがそのように主張してましたか?

そもそも、コメントするなら「宙水」って堂々と書いたらどうですか?
あなたのブログに全く同じ事をネットウヨのブログ主様に送ると称して書いてますよね。
最後に過去にナポレオン・ソロさんが他のブログでコメントされてたのを引用させて頂きます。
>このブログをお読みの皆さんへ
 宙水と言うこのコメントを書いた人は、あちこちで、中韓の擁護コメントを書いて、顰蹙を買っている人で、「中韓を知りすぎた男」と言うブログでは、根拠の薄い話を展開して、説明を求められても、論拠を求められても無視し、全く議論にも成りませんでした。
そうして次第に行き詰まると、然も自分のコメントが支持を得て居るかのように、HN やIPを変えて、成り済ましコメントまでする凝りようを見せましたが、ソレが露見すると、最後は自分のコメントを全部消して逃走しました。
単なるアラシですので、関わり合いにならぬようご忠告申し上げます。

今回、一度だけ反論させて頂きましたが上記の通り自分は関わり合うつもりはありませんのであしからず。

あけまして おめでとうございます。
我が国日本は、新たな年を晴れやかに迎えました。日本国および日本国民と、世界に誇るべき歴史と伝統と精神を御身にまとわれる天皇陛下ならびに皇室の方々のご健勝を祈りたいと存じます。

また、ブログ主をはじめ、健全な愛国心を胸に灯す皆様の、ますますのご活躍を期待させていただきます。私も自らの無知微力を承知しておりますが、できることを続けてまいります。

GHQの呪いと自虐史観から脱却し、サヨクと卑劣な売国勢力の国富略奪から我が国を守り、「普通の国」にしていきたいものです。
偏向反日マスコミは言うにおよばず、北方領土だけしか問題にせず竹島奪還や尖閣諸島には言及しない街宣ウヨクなどにも騙されないように、正しい情報を身近な人に教えてさしあげましょう。

お薦めブログです

テレビを見逃した方は早めにどうぞ
●YouTube ビートたけしのTVタックル2時間30分スペシャル 論文で袋叩きに?田母神元空幕長も激怒!№1~№6
№1http://jp.youtube.com/watch?v=oRQtSqkcHCI&feature=related

忙しい毎日、いつも助かります
●mikoさんの「これ 見逃すな」
http://miko.iza.ne.jp/blog/

テレビでは報道しない中国の田舎
●爺砲弾(時事放談)
http://emjes.blog14.fc2.com/

いつも助かります
●陳さんのWorld view
http://blog.livedoor.jp/fgejtocfk4fk5j23dk5/

時間のある方はこちらもどうぞ
●木庵先生の独り言 GHQ焚書図書開封(西尾幹二)#6
http://blogs.yahoo.co.jp/takaonaitousa/archive/2008/12/2?m=lc

                               <平和ボケから目覚めた通行人>

いよいよ始まった米国の戦争ビジネス

イスラエルによる、パレスチナ、ハマス拠点の軍事攻撃はエスカレートしている模様。国連および日本を含む多くの停戦勧告に、米国は反対の立場を取っている。更に、米国はアフガニスタンに兵力の増派を進めている。

新年、さっそくマネーゲームで大損したユダヤ系背後の戦争ビジネスが展開し始めたようである。東アジアにも影響するものか、注視をしておく必要があるでしょう。

初笑いのネタになり得る、韓国ならではの非常識バクハツ事例を紹介します。

去る12月7日、韓国テアン沖に停泊中のインドのタンカー:ヘベイスピリット号にサムスンのクレーン船が衝突、1万2千キロリットルの原油が海上に流出した。K国史上最悪の海洋汚染事故である。
停泊中の船Aに航行中の船Bが衝突したのだから悪いのはBに決まっている。

と こ ろ が 韓 国 で は そ う は な ら な い !

タンカーのインド人船長と航海士を拘束、裁判でそれぞれ1年6ヶ月と8ヶ月の禁固刑を言い渡したのだ。
その理由が理解不能で、「大穴があいた自船の修理をすみやかに行なわなかったから」だとか・・・

地元インドでは反韓デモはもとより韓国製品、なかんずくサムスン製品のボイコット、みせしめの破壊などが多発している。今後全ての韓国製品禁輸措置にまで発展しそうな勢い。

さらに深刻なのは世界中の海員組合が韓国航路船への就労をボイコット、ロイズ保険組合などが保険の引き上げ、主要船主が韓国航路停止などを宣言した。
日本の海運関係各社もこれに同調している。

そりゃそーだ。自分が悪いのに相手に言いがかりをつけ「謝罪と賠償しる」と逆ギレすれば、日本以外の国が相手だったら最悪戦争になる。

国際常識の通用しない韓国がKIKOを勝手に無効化したことともあいまって、世界の中で孤立化するのは確実。船が来ないとなれば食糧自給率の低い韓国の国民は明日からでも飢える。寒い冬に石油も来ない。
輸入も輸出も産業は全て停止・・・・
まさに韓国経済終了宣言、完全に詰んでいる。

追記:
こういうニュースは日本のマスゴミは全然報道しない。
宙水あたりは情報弱者、新聞しか読んでないんだろーな(笑)

1月1日、船員らが韓国行航海や港停泊を拒否(ボイコット)している様子の写真。
http://minkara.carview.co.jp/image.aspx?src=http%3a%2f%2fcarview-img01.bmcdn.jp%2fcarlife%2fimages%2fUserDiary%2f11623746%2fP1.jpg

明けましておめでとうございます。

いつもながらの、鋭いご指摘!!
感服します。
日本が世界の経済をひっぱて行かなければ年になりました。
日本の金融界に暮らす人々の覚醒を心から祈ります。

コメント欄お借り致します m(__)m

★麻生首相へ『寒中見舞い』を!! (水間政憲) 2008-12-28 03:54:53

正月に読んで頂ければ幸いです。お時間がある方にお願いがあります。
1月中旬頃、与野党対立で国会は緊迫します。主な原因は、公明党が提出した「特別給付金問題」です。そこで、麻生首相に、公明党も納得できる提案をしましょう。

現在、消費税収は約12.5兆円です。その中の食品分は約3兆円です。仮に、消費税を8%にすると、現行の比率で、20兆円になります。また、食品の消費税がゼロによっての税収減は、4.8兆円になります。これでも、15.2兆円の税収となり、緊急に必要な基礎年金国庫負担分の2.7兆円は確保できるのです。
また、食品の消費税ゼロ分はかならず他の消費に回ります。それが、50%あれば税収も2.4兆円プラス以上に、マクロ経済に取っても、景気拡大に貢献できるのです。

皆様、麻生首相に「寒中見舞い」を出される方がおりましたら、是非、「特別給付金」を止めて、「食品の消費税をゼロ」にする方が国民が望んでいることをお願いして下さい。これが次の総選挙に勝利する何よりの方法なのです。食品をゼロにするだけで、年間、一世帯あたり約6万円の減税になります。 麻生首相を支えるため、皆様、宜しくお願いします。
ネットだけ転載フリー。ジャーナリスト水間政憲
------------------------------------------------------------------------

★護国の先兵 (水間政憲) 2008-12-30 16:08:00

外国勢力が日本を乗っ取っる場合、金融資産と先端技術だけで良いのです。その逆に伝統と文化は、それらの目的を達成するための邪魔になります

お祭りなど伝統文化を残してる地方を切り捨てた、小泉・竹中日本解体改革は、終始一貫して外国勢力に忠実に奉仕していたのです。その罪は、 小泉純一郎をコントロールしていた 竹中平蔵の方が大きい。正月休みで帰省している皆様、初詣して日本の再興を祈って下さい。
そして、お時間が御座いましたら、年明けから動乱が予想される政局で、護国のために国民の先兵として、体を張ってくれる議員さんにも「寒中見舞い」を出されて見ては如何でしょうか。

平沼赳夫、 西川京子、戸井田とおる、 馬渡龍治、 牧原ひでき、 飯島夕雁、赤池誠章、 松本洋平、 平将明、 林潤、 木挽司、 土屋正忠、 西田昌司、 中川義雄、 稲葉大和、 古屋圭司、 永岡桂子、 西本勝子、 有村治子、 衛藤晟一。以上、麻生首相を支えてもらってくれることを願って。

83会・ 土屋正忠会長の国家観は本物です。 菅直人の対立候補であり、武蔵野・三鷹・府中・小金井市に友人知人がいる方、土屋議員のブログに応援コメントをしてあげましょう。
ネットだけ転載フリー。ジャーナリスト・水間政憲

土屋正忠ブログ http://blog.livedoor.jp/shugiin08846/
------------------------------------------------------------------------

国家観で判断 (水間政憲) 2008-12-31 14:22:25

土屋正忠衆院議員のブログに、中国の 覇権主義の危険性が記載されています。
私が、土屋議員の国家観は本物と記したのは、12月19日に開催された「 歴史議連」で、上記の発言を拝聴したためでした。また、土屋議員は、「自民党防衛部会に殆ど出席しているが、米中で大平洋を東西で分割して統治することなどを、中国が米国に申し入れしているのに、お金のことばっかり」などと、危機感のない現状を憂いてたのです。
その前にも11月17日、 国籍法改正案の慎重審議を求めた「緊急会合」の席で「ここまできたら、実力行使してでも止められないか」との発言も立派でした。仮に、20人位が決起したら状況は違っていたでしょう。

次の衆院選は、 土屋正忠議員と 菅直人議員、また、戸井田とおる議員と 松本剛明議員(1000万移民推進)、 馬渡龍治議員と 近藤昭一議員(親北朝鮮)の選挙区を、国家観の象徴した一騎打ちの戦いになるように、支援するため応援しなくてはならないのです。

皆さん、ネット勝手連で沢山アイデアを出し合って下さい。宜しくお願いいたします。
ネットだけ転載フリー。ジャーナリスト・水間政憲

●土屋正忠ブログ http://blog.livedoor.jp/shugiin08846/
●水間政憲まとめ http://www.freejapan.info/?_FaxSaikyou
●mixi水間政憲 http://mixi.jp/view_community.pl?id=3908168

遅ればせながら新年明けましておめでとうございます

昨年は御ブログに出会うことができ、私にとっては大変大きな変革を
もたらされた年でした。
本当に勉強をさせていただくともに、いろんな影響をいただきました。
ありがとうございます。
今年はますますご活躍いただきたいと思います。
我々も先生から勉強をさせていただき、がんばっていきたいと思います!!

>まずは日本という素晴らしい国に生まれたことを感謝しましょう。
そして今 生きている自分の神秘に気がついてください。
(はい)
初コメ失礼します。ずっとロムして勉強させて頂いてました。
<迎春>これからもよろしくお願いします。
道草を食ってきた残りの1回きりの人生思い切り自分らしくと考えていましたが、他力本願生かされていることへ、目が開かれるここにたどり着けたことへ、日本人に生まれたことへ・・すべてが感謝、感謝。お正月は一般参賀や初詣に参り、念じ、足元をしっかり見据えて頑張りたいと新たな思いに満たされました。これからも記事楽しみにしています。

失礼しました

↑ うっかりしました。上のコメントは1月3日を読んで書いたつもりでした。

お礼

何時も勉強させて頂いて居ります。
管理人様の文章の一部を勝手ながら私の小ブログに引用させて頂きました。
今後とも宜しくご指導の程お願い致します。

あけましておめでとうございます。

共産主義は、労働者独裁と言いながら、学習至上主義や学者至上主義のところがあり、トラバントという東ドイツのポンコツ自動車しか作れない社会になったと記憶しています。以前ソ連が全盛期だったころ、ニガムシをかんだ思いを僕は続けていて、ソ連の大没落をマノアタリにしたわけです。今の日本は、日本人が浮浪者のようになって、焼肉店やパチンコ店ばかりが盛況で、暴動寸前の状態です。いずれ、ソ連のような、焼肉店やパチンコ店の大没落を経験できるものと、期待しています。経済評論家中谷巌氏のは、罪が重いと思います。秋葉原の犯人の罪は重く、それよりも、政治家の罪は、もっと重い。一番、罪が重いのは、学者や悪徳評論家の罪だと思います。改善は、現場の人材を大切にする方法です。現場の人材とは言わず、現場の気づきや知恵を大切にするやり方です。・・・米国NASAの開発したドレイクウィロックという透析装置で、装置の心臓部(脈動を打ちながら透析液を送る)のピストンの左右が、同じ形ではなかったために、患者の血圧が大きく変動した事件がありました。この原因は、ピストンが逆に組み立てられていた為ですが、組み立てた作業員の責任ではなく、日本では常識的なfoolproof(馬鹿よけ)の設計がされていないことが原因と考えられます。これは、現場と設計との情報交換も必要ですし、現場が「見ざる言わざる聴くだけ」の立場では、改善が進行しません。結論を申しますと、「ピストンが左右同じ形の設計にするか、左右異なるときは、どのようにしても、逆に取り付かない構造にすることが、設計常識であり、もしそのような事件があったならば、ただちに、現場責任ではなく設計責任で、対処することが要求されます。」。にもかかわらず、マーフィーの法則の補足の8に「バカでも使えるものを作るのは無理だ。バカはとてつもない使い方を思いつくから。 It is impossible to make anything foolproof because fools are so ingenious.」と書かれています。
電子掲示板の「国民が知らない反日の実態」の文章の中で「小泉元首相の時、拉致被害者を帰国させたのは事実ですが、北朝鮮訪問は森元首相の代で決まっていたことです。小泉元首相の功績というよりタナボタだそうです。彼(小泉元首相)の父親は元大臣の娘に婿入りした朝鮮人です。 2008-12-10」と書かれていました。ハマコーさんは、韓国の方に大変お世話になったと、ご本人が言っていました。このような方々が、たびたびテレビに出るような時代になって、大変戸惑いを覚えます。右翼の人はキムチばかりたべていると聞きますが、ちゃんと和食を食べる人もいるでしょうか?左手で茶碗を持って、背筋をのばして食べるでしょうか?I hate Former Prime Minister Koizumi.The Japanese is not in the Japan. Japanese were a custom to hold the bowl of rice with his left hand and eat from his right hand chopsticks. But other country, It don't have the dish by the left hand. In Japanese tea ceremony, there is no chair for king. There is no table for king .
白人を好む小泉さんは、ブッシュ現大統領のファンのようです。ブッシュさんやキッシンジャー及び小泉さんやハマコーさん、そして創価学会は、目に見えない糸でツナガッタような予感がします。田原総一郎の話ですと、ベトナム戦争の枯葉剤による奇形児のことを隠蔽(インペイ)するために、日本の捕鯨問題を大きくしているそうです。田原総一朗がアメリカに出向いて、ピースボートと捕鯨反対運動に関する文書を確認したところ、重要部分が抹消されており、抹消した人物の名は、キッシンジャーと書かれていたそうで。民主党のオバマ新大統領の誕生を、心から祝福したいと思います。思い起こすことは、1992年4月末から5月頭にかけて、アメリカ合衆国・ロサンゼルスで起きたロス暴動です。アフリカ系アメリカ人の高い失業率、ロス市警による黒人への恒常的な圧力、韓国人店主による黒人少女(ラターシャ・ハーリンズ)射殺事件とその判決に対する不満などが重なり、重層的な怒りがサウスセントラル地区の黒人社会に渦巻いていました。そこにロドニー・キング事件のロス市警警官に対して無罪評決が下されたことが引き金となって、黒人社会の怒りが一気に噴出して起きた事件です。事件の重要な要件として、暴動がはじまったサウスセントラル地区の人口比率の変化が挙げられます。サウスセントラルはかつて黒人地区でした。その後、ヒスパニック系が居住者として取って代わるようになり、一方では韓国系アメリカ人がそれまで黒人の所有していた酒屋や雑貨店などを買い取って商売をはじめていました。国勢調査によれば、歴史的に黒人居住地区であった場所におけるヒスパニック系住民の増加率は119%に達していたといいます。こういった地区では商店などの経済競争が人種間の憎悪を高めていきました。それまで黒人が一手に引き受けていた単純労働は、半分の賃金で働くラテン系移民へと移っていきました。また、韓国人(コリアンアメリカン)による黒人に対する極端とも言える黒人蔑視など、韓国人商店と客である黒人住人との関係のみならず、黒人社会と韓国人社会とで明確に断絶していました。黒人住民たちは韓国人商店の客扱いが酷く商品が値上がりしているとの不満を持っていました。こういった状況の中、ラッパーのアイス・キューブは1991年10月に発表したアルバムで、黒人社会と韓国人社会間に存在する軋轢を BLACK KOREAという曲において韓国人を攻撃する歌詞という形で表現しています日本では、今では、このようなことは、無いと思いますけれども、このような、歴史が繰り返されることは、現代では、少なくなってきたと思います。多様性という言葉も多く語られるようになりました。以前、暴動事件のあったロスアンゼルスの教会と、同系列のラスベガスのアフリカ系の教会に、行ってきました。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/409-96910585

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。