スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「近代朝鮮の慈父」伊藤博文    12月24(水)


産経新聞の産経抄で「来年は韓国統監だった伊藤博文が安重根に暗殺
されてちょうど100年に当たる」という文章を見ました。

今日は近代朝鮮の大功労者である伊藤博文について書いてみます。

歴史を自分の都合のいいように捏造する韓国人は伊藤博文を朝鮮併合
した極悪人にして、そして伊藤博文を暗殺したテロリスト安重根を
国家の英雄として賞賛しています。

テロリスト安重根を朝鮮民族の最大の英雄にしてしまった韓国に
対して愚かであり滑稽であり、そして同時に哀れでしかありません。

伊藤博文は「朝鮮を併合すれば莫大な金が掛かる」として併合に
強固に反対していました。しかし朝鮮併合反対の重鎮を暗殺する
ことによって、逆に朝鮮併合への道を加速させました。

安重根は朝鮮併合に反対している伊藤博文を暗殺することによって
朝鮮併合が為されなかったというなら、彼のテロにはまだ意味があり
ますが、結果は逆だったのです。

安重根は、はたして伊藤博文の真意を把握し、当時の国際情勢を
正しく理解していたとはとても思えません。

このようなトンチンカンのテロリストを韓国人は神話的意味すら持つ
民族の英雄にして韓国の国定教科書に記しています。

国定教科書では「安重根は、わが国侵略の先頭に立っていた伊藤博文
をハルピンで処断した。わが国と大陸への日本侵略を食い止め、わが
国の独立を維持するとともに、東アジアに平和をもたらす遠大な意志
を持っていた」この記述の捏造ぶりは哀れとしかいいようが
ありません。

「明治日本の対韓政策」から伊藤博文の言葉を抜書きしてみます。

「韓国人の誰が、自ら、その独立を主張しただろうか?そして韓国人
の誰が、自ら、韓国の独立を承認したのだろうか?あるなら聞きたい。
韓国人は、数千年来、固有の独立を有していたと主張するが、
その事実は無い。」

「日本は出来るだけ韓国を独立させようとしてきた。しかし韓国は
ついに独立できなかった。そのために、日本は日清・日露の二大
戦役を開く羽目となった。」

「日本は非文明的、非人道的な行為をしてまでも韓国を滅ぼそうと
するものではない。韓国の発展は大いに日本の望むところであって、
韓国自身が国力を見につけ、発展するためならば、韓国は自由に
行動してよい。日本は何を苦しんで韓国を滅ぼすことがあるだろうか」

「自分は、本当に日韓の友好を深めるために、誠心誠意尽くそうと
している。しかし日清・日露の両大戦の際に、韓国は一体何を
したか?陰謀以外の何をしたというのか?戦争中は傍観者に徹して
いたではないか,君たちは、日本が、突然やってきて韓国を滅ぼ
そうとしていると思うのは、いったいどのような根拠に基づくものか
聞いてみたい。」

「日本は韓国を併合する必要はない、併合は甚だ厄介である。韓国は
自冶を要する。しかも日本の指導監督が無ければ、健全な自冶を遂行
し難いと考える。」

伊藤博文の韓国に対する苛立ちを感じます。

彼は韓国の初代統監に就任しわずか三年余りの就任期間に治安、経済
教育,衛生などの発展と安定に実績を挙げました。

当時の国際情勢は弱肉強食、殖民地政策が横行していた。そして
李氏朝鮮末期は悲惨の極みで、大干ばつの頻発で食糧難、衛生状態も
この当時朝鮮を訪れたビショップ夫人など「世界一不衛生な土地」と
評しています。

当時李氏朝鮮の国王であった高宗は、「伊藤公を失ったことで東洋の
人傑が無くなった.伊藤公はわが国に忠実正義を持って臨み、骨を
長白山に埋める。伊藤公は東洋の平和を念じた者で、実にわが国の
慈父ともいうべきである。」と言っています。そして朝鮮王の高宗は
安重根を「兇徒」として罵倒しています。

対照的に伊藤博文に対しては、「朝鮮の大活物」「東洋の英雄」「朝鮮人
の恩人」と賛辞しています。

ところが戦後、あれほど韓国で非難された安重根を一転して「民族の
英雄」に祭り上げ、「朝鮮の慈父」として賞賛した伊藤博文を「韓国
侵略の元凶」と落とし込めました。

韓国人の歴史歪曲捏造は余りにも酷く、目に余るものがあります。

歴史は韓国人の為だけに存在しているのではありません。
自分たちにとって都合の良い歴史しか認めない韓国は実質的に
「韓国には歴史」がないと断言しても過言ではありません。

日清戦争後に締結した「下関条約」において、朝鮮の独立を要求した
のは紛れも無く伊藤博文です。

この歴史の流れの中で、テロリスト安重根の暴挙を考えた時、彼が本当
に韓国人の賞賛を浴びるにたる人間であったかは 子供でも分かる
所業です。

しかるにこのテロリストを聖人君子のように崇拝し、そのテロ行為を
賞賛するがごときは滑稽であり、哀れでしかありません。

もちろんどこの国の教科書でも自国中心主義であることは日本人は
理解しています。だから日本政府は韓国の教科書にクレームをつけたり
はしません。しかし韓国は日本の教科書に対して常に修正と是正を
要求しています。

日本人が怒るのは当然でしょう。日本の教科書は民間が作っています。
種類が何種類もあります。韓国のように国家の管理の下に国定教科書と
して一冊しかないのではありません。

安重根の無知蒙昧や激昂による衝動的行為は韓国民族の最大の弱点です。
朝鮮は日本から多大の恩恵を受けたことだけは間違いない世界も認める
歴史的事実です。しかしそのことについて積極的に韓国に対して恩を
着せたことは一度もありません。言うつもりもありません。

あなた達が日本にたいして故意に事実を曲げ歴史を捏造してまで
日本非難を繰りかえさないかぎり、日本から何も言うつもりはあり
ません。

最近の日本人は韓国人を理解することや、仲良くなることに疲れきって
しまいました。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

韓国人を理解する努力は大抵の日本人、特に仕事などで関った経験のある人なら無駄な事を知ってます。別に韓国人が悪いわけでもなく、しょうがないこと。日本人の理論では計り知れないぐらいの性根の違い。
そんなこと期待する日本人が悪いんじゃないでしょうか。

最近よく思うのですが、中華民族と半島民族と二つに分類した場合、圧倒的に半島の奴らが悪党だと思う。
例えば四川救済では感謝すると云う礼儀は見せた。
半島奴なら、「賠償にはまだ足りない」ぐらい言うだろう。
永遠に分かり合えないのなら、いっそ国交断絶すべきと思う。

オバマ氏は、中国寄りと言われています。米国内ですら大変なときに、どうして経済的に潤っている日本・韓国・台湾に巨額の兵を駐屯させる理由があるのか?と問うています。そのような金があるのなら、米国は米国内にいる貧しい人々のためにこそ資金を使うべきであるとの主張です。
アジアのことはアジアに任せればよい。市場は中国を選択する、というのが彼の主張でもあるといわれています。
中国支配に対する防衛ラインは、日台韓の連携が不可欠といえますが、
台湾は、すでに中国によって政権を奪い取られ、中国国民の悲惨な実情を報ずる言論はことごとく封殺され、台湾人の自由と独立を叫ぶ人たちは投獄の憂き目にあう時代となっています。韓国は戦後の反日思想のもとで、いまさら自由と独立を守るために日本と連合してという方向には向かうことができない。北朝鮮はすでに国家崩壊の危機にあり、北の崩壊によって中国が軍事力を北に展開したとしても、防共のために米が軍事力を行使するかは、民主党オバマ政権のもとでは、なんともいえなくなってきている状況にある。北が崩壊し、北の軍部が暴走して韓国に乱入したとしても、はたして米軍がこれに呼応して、兵力を行使するかはなんともいえなという状況になってきているといえます。そうなると韓国にとっての頼みの綱は日本ですが、その日本は軍事活動に関してはマルデダメオ君状態にあり、なんの協力もできない。北が韓国に兵を動かし、この鎮圧を理由として中国が兵力を半島に展開。どさくさまぎれに日本近郊に海軍力を展開したとしても、日本はなにもしない。なにもしない日本が、北にとっての敵国となり、ミサイル攻撃の対象となる。そうした事態が起こっても、やはり日本はなにもしない、何もできない。中国が自国防衛のためと称して兵力を日本本土に上陸させたとしても、日本は防衛どころか自衛隊の出動すらできない。ウソのような話ですが、実際、日本はあまりに無防備にすぎるのではないでしょうか。
こうしたブログで、自由に発言できるのも、日本が自由主義の国であり、言論の自由が保障されているからです。まんいち中国に軍事介入されるようになったら、このような自由はなくなり、政治犯として収容されるようになる。日本は完全に滅んでしまいます。
日本は独自に国防力を強化し、韓国とも連携して自由主義防衛ラインを引くことができるだけの体制を早期に築きあげなけれなばならないのではないでしょうか。
関連記事⇒「国防産業によって景気回復と雇用確保を」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-337.html
関連記事⇒「オバマ政権によって日本はどうなるか」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-336.html
関連記事⇒「ヤプー人の伝説」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-295.html

韓国は歴史の書き直しを行っています。

 “過去史委員会”来月1日発足、委員間の見解差解消なるか
-----------------------------------------------------
「真実・和解のための過去史整理委員会」が来月1日、正式に発足する。これから短くて4年間、長くて6年間、日帝の強制占領時代から盧泰愚(ノ・テウ)政権時代まで100年間の韓国の近代・現代史を改めて振り返る「歴史の書き直し」作業が始まる。

与党の推薦人物、過半数を超える…ほとんどが進歩、在野の人物
 過去史委員会をリードする15人の委員の選定も事実上終わっている。大統領府と与野党、最高裁判所がそれぞれ推薦した(表参照)委員の人選は、法の制定の際から論争の種になった。委員一人一人の価値観によって歴史的評価が完全に変わることもありうるためだ。
朝鮮日報 2005/11/29 14:03
-------------------------------------------------------
偕楽園血圧日記さんからの引用です。
http://ameblo.jp/statesgrow/archive1-200511.html

100年間の韓国の「歴史の書き直し」作業って...。これが世界でも有数の経済大国のやることでしょうか。
 韓国に自然の樹木が少ないのは秀吉が切り倒したせいで、偉くみせるため日本人名を欲しがったのが強制改名となり、日本兵相手の売春宿が慰安所になりました。内地で働けば6倍に給料が出るといって密航までして日本に働きに来たかったのが強制就労に書き換わる。日本が韓国の素晴らしい発展を阻害し、民族の発展を限りなく損ねた、が結論だそうです。

  これほど韓国は日本にとって迷惑な外国です。男尊女卑ゆえに女性を産まずに日本よりも少子化が進行していますが...さあ日本と韓国、100年後に残っているのはどちらでしょうか。

期待した日本人が馬鹿でしたね!

 「伊藤博文は「朝鮮を併合すれば莫大な金が掛かる」として併合に
強固に反対していました。」
 この話を知っている韓国人はお年寄りでもほとんどと言って良いくらい知っている人はいませんでしたね、伊藤博文が生きていたら朝鮮併合は無かっただろうと話をすると皆驚かれます。逆に最近の日本の若者が随分とその話を知っています。
 best さんの気持ちは良く分ります、ホント大変ですからね!
最近では日本が昔からの朝鮮半島介入の行為が、これまで何度となく精神的にも経済的にもやってきたことが全て無駄であったような錯覚さえ覚えます、本土防衛線を朝鮮半島などに求めず日本本土にして置けば良かったのではと・・当時の軍事能力においては最前線を朝鮮半島に置かねばならなかったのでしょうが、現在においては軍事兵器の能力からいくと必要性は軍事同盟国でもないかぎり何の意味もなさないのではと・・
 もう韓国が倒産しょうが他国に侵略されようがされまいが無視し、その分のお金で日本本土防衛費に当てればそれで十二分ではと思いますが。
 まぁ韓国にも友人が沢山いるので複雑な気持ちで書きましたが最近の韓国朝鮮中国在日の目に余る行為をこれまで見せ付けられるとちょっと・・ですね。

自由主義の弱点

日本では何を言っても、主張しても大丈夫。
それが良くもあり、悪くもある。
悪い方がよりメリットを享受している。
南北朝鮮の言うことは、まっとうな世界に生きている人々には理解できず、いや理解することは元々不可能なことを理解できていない。
日本へ侵入しているそれらは、左派系、人権主義の人々を欺き取り込み、自分たちはその中に隠れ、日本人の生き血を吸い続けている。
今では、マスコミ支配も完了し、民主党があからさまな売国マニュフェストを掲げても、気づくものはほとんどいない。
危機を叫んでいる私たちは「ネットウヨ」と蔑まれて意見も聞かれずに一蹴されている。
その様子を中国は薄ら笑いを浮かべて眺めている。

何かの予言で、日本は中国に攻め込まれるというのがあったな...。

実証なき歴史研究

関川: ‥‥先方(韓国人)が実証的歴史事実の積み重ねでは説得されるつもりがないことは認識しておかないといけない。

古田: 日韓歴史共同研究委員会も似てますよ。‥‥日本側の研究者が「資料をご覧になってください」と言うと、韓国側は立ち上がって、「韓国に対する愛情はないのかーっ!」と、怒鳴る。‥‥さらに、「資料をみせてくれ」と言い返すと、「資料はそうだけれど」とブツブツ呟いて、再び「研究者としての良心はあるのかーっ!」と始まるのです。

関川: 歴史の実証的研究では韓国に勝ち目はないでしょう。事実よりも自分の願望というか、「かくあるべき歴史の物語」を優先させるようですから。‥‥

古田: 民族的感情を満足させるストーリーがまずあって、それに都合のいい資料を貼り付けてくるだけなんですね。当然、それ以外の様々な資料を検討していくと、矛盾、欠落、誤読がいっぱい出てくる。

櫻井: それは韓国の大学の歴史研究者ですか。

古田: イエス。これは韓国の伝統的な論争の流儀であり、思考パターンなのですね。李朝時代の両班の儒教論争も、みなこれですから。要するに「自分が正しい」というところからすべてが始まる。実はこの「自分が正しい」という命題が実証不可能なんです。この思想が突出したものが、北朝鮮の主体思想にほかなりません。
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daikyuujuuichidai

増殖する韓国の「自尊史観」(続)
http://plaza.rakuten.co.jp/nipponndaisuki/diary/200812210000/

誇らしい我が祖国日本!!

日本という国は、

①モンゴルを撃退し、
②清国を破り、
③ロシアを破り、
④国際連盟の五大国に列し、
⑤大東亜戦争では全世界と戦い、
⑥フランスを破り、
⑦イギリスを破り、
⑧オランダを破り、
⑨アメリカと丸4年の大戦争をやった。

★しかも朝鮮らのようなゲリラ戦ではなく、
戦艦と航空兵力で堂々の大戦争である。


そして戦後は、即座に復興し『世界の経済大国』にのし上がった。

このような栄光に満ちた歴史を持つ日本に対して、
『惨めな敗北・属国の歴史』しか持たない韓国が
日本に“陰湿な嫉妬”
するのは、無理もないことかもしれませんね。

そういえば・・

韓国では伊藤博文と同じく金玉均の評価も世界とは全然違いますね!

 ほんと、半島のお方はちゃんとしたお話ができませんわねえ。
 学者さんでさえ、自分と異なる意見が出てくると、妄言だとかだとか捏造だとかおっしゃり、資料を検討しようとなさいませんわ。
 挙句の果ては「あなたは韓国を愛してないのか」でございましょ。
 どう考えても、精神構造が子供みたいで、世界標準からかけ離れておりますことよ。

 でもやはり、諦めてはいられませんでしょ。沈黙が美徳でさえある民族に対して、相手はダダをこねるように喋る民族でございます。少しずつでも日本人の立場を発信し続けなければ仕方ありませんわ。
 ただ、草の根的な声はなかなかパワーにならないのも事実でございましょう。歯がゆいことですわねえ。

そのとおり。

椿さん、完全に同意します。

その出来事の背景にどうこう言う前に、これらの事実を考えてみるのは意義あることとおもいます。

ネット情報に触れる人々は真実を知る事ができますが、大多数の国民は新聞とTV報道でしか状況を知らないのが現実です。

私達のように知っている人達で、まずは親兄弟親戚にこれらを知って貰う事が大事かと思います。

そしていかにして国(国民の生命と財産)を現実的な力で守るのかを考えて運動を広げるべきでしょう

墓参り

安重根の墓参りに「在日議員」に釣られて墓参りした民主党議員が数十人居ました、伊藤公の国会内に有る銅像の前で膝つき謝罪しろと電話をした事が有りました。

朝鮮人の「恩人」を殺したのですから「安重根」は併合の立役者?今じゃこの暗殺者が韓国の「英雄」ですから如何し様もない人達でしょう・それにしても日本の議員の子供っぽさには呆れます。

韓国という国

A子様にはファンになりそうだ(笑)

***


今回の記事もそうですが、ゴロリ様がUPされた朝鮮人が見た日本を読むと心底気持ちが悪くなりますな。おそらく犯罪者の心理と一致する精神構造でしょうね。


過去の出来事を教訓に生きていくことは立派ですが、過去に囚われ、常に後向きな考えでは幸せになれないという良い例ですね。それが韓国のように捏造した過去では救いがありません。


自分たちの国が悪くなった原因を他者に求めてばかりいては未来はないでしょう。脳科学でも証明されています。
恨みつらみを言っても、悲観的に考えても事態が改善しないなら正しい道は逆だという事を韓国人は知るべきですね。

日本の民主党議員が「墓参り」に出かけたのは、それが「銭」になるから。
カネにならないようなことは、議員はしません。

では、そのカネは、誰が出しているのでしょうか?

これは、現在に例えればチベット族が温家宝の暗殺に成功したような物で、歴史を多義的に捉えるならば、日本にとってのテロリストが英雄視されるのは、やむを得ない点もあるのです。近代日本が国際的に注目、賞賛されたのは下関条約までであり、それ以降はやはり狡猾な朝鮮乗っ取りだったと思います。文献を確認すると実際、それほどの差別と弾圧があった様です。伊藤博文が日韓併合に積極的であれ、消極的だったとしてもたぶん同じことです。過去の歴史を、それぞれの立場から多様的に見つめ、過ちならば潔く認めなければ、今の中国共産党と全く同じレベルだと思いますよ。

話し合いでの解決は無理

中国に駐在し、彼らの資質を肌で感じているものとして断言します。
中韓との歴史・領土問題を話し合いで解決するのは不可能です。

日本人の心情としてははなはだ遺憾でしょうが、力で抑え込むしかありません。力を見せつけてからでないとフェアな話し合いはできません。いい加減な対応をすれば滅ぼされるという恐怖感・緊張感を与えることがまともな話し合いの第一歩。相手はその程度の生物だとしっかり認識すべきです。

日本人が飛びぬけて優秀なせいで、国内にいるひとは外国人も自分たちと同じレベルだと錯覚します。だから非武装平和主義などという日本解体作戦に同調してしまう。とんでもないことです。
こちらにきて、一日に3回強盗に会えば考えが変わるでしょう。
自分で自分の身を守らないものは生きる資格はないのだと。

冷静に見て、まともなのは日本で異常なのが中韓です。間違いない。
それを独善的だとか、ああ言えばこう言う状態でインネンばかりつけてくる奴らの話など聞く必要はありません。

「独島だと?国際裁判が嫌なら、我々と全面戦争ということになるが、その覚悟があるということだな?」
いつかこのように切り込んでくれる総理大臣を待ち望んでいます。

翻訳記事 - 安重根遺品を保管“理解しがたい日本人”(KR)

韓国人にとって英雄である安重根の獄中で使われた硯と墨を保管していた日本のコレクターが お寺に寄贈し、そのお寺の住職がこれらを韓国に返還しようかと思っているという記事が載り、注目されていました。
下記はdongA.comの関連記事とNaverネットユーザーのコメントです。
・・・・・・・・・・
lh4817
日本人は本当にすごいですよね。
私たちの国は徹底的な恩讐である伊藤博文でしたが、相手としては日本人にとっては救国の英雄のような存在です。たった20年前まででも、日本の1000円紙幣は伊藤博文が主人公だったほどです。
そんな伊藤博文を暗殺した安重根義士をあんなふうに位牌まで奉って、生前の遺品を大切にしているなんて。
私たちの国としては想像もできないことでしょう。それほどその方の理想が日本人にも特別に尊重されたのかもしれませんが。
私たちの国でもし明成皇后を暗殺した日本人の刀を保存して、位牌を作り、香をたいているという仮定をしたら一体どうでしょう・・・石を投げられて死ぬんじゃないですか?
日本という国は本当に不思議です・・・

http://www.gesomoon.org/modules/weblogD3/details.php?blog_id=1244

伊藤博文を射殺した「安重根義士」が監獄で使用した『硯』が日本で見つかったニダ!
・・・・・・
大林寺の斉藤泰彦住職(73)は、「千葉に書いてあげた遺墨に使われたスズリだろう。スズリを韓国に返還する問題を検討する」と明らかにした。
http://specificasia.seesaa.net/article/99700003.html

ごう慢で冷静さ欠く朝鮮報道
斎藤泰彦さんと安重根
・・・・・・・
千葉夫妻が永眠する寺の住職として、その心の旅路をたどってみたかった
・・・・・・・
「政府首脳の非核3原則見直し発言に見られるように日本の政治家の歴史認識の軽薄さ、常識のなさ、すべてに救いがたいものがある。日本を再び滅亡の危機にミスリードすることをまさに恐れる」
 9.11以降、米国の主導の下に、世界は反テロ戦争への道をまっしぐらに突き進む。「こんな時だからこそ、日本は平和憲法の精神に立ち返り、隣国朝鮮半島の人々と手を結び、緊張ではなく、平和と和解の方向に舵取りをすべきなのに、日米同盟強化や軍事大国化の方ばかりを考えている。東アジアに位置する国として、バランス感覚を取り戻して政治や外交に当たらねばならない」。
元新聞記者として、冷静さを欠くメディアの朝鮮報道にも顔を曇らせる斎藤さん。
「北の食糧事情の苦しさにもっと思いをはせるべき。朝鮮分断の責任の多くは、日本にあることを知らねばならない。贖罪意識を忘れて、思い上がったバッシングばかりでは、問題は解決しない」
 いま、国際政治の現場では、NGO組織が、反グローバリゼーションを掲げ、反原発、貿易不均衡、環境問題にも取り組んでおり、大国の利害だけで、世界が動く時代ではない、と斎藤さんは語る。
 「こういう時だからこそ、安重根と千葉を結んだ糸をもう1度手繰り寄せ、忍耐強く、温かい気持ちで、隣国への食糧支援や日朝国交正常化への道を真摯に探るべきだ」
http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2002/7/0710/51.htm

18:20:32| URL| あ さん の言われるとおり 失敗でした。
朝鮮人は 差別主義が当たりまえ。
平等って言葉は存在しません。
日本は 平等主義を無理やり押し付けてしまった。
奴隷解放もしてしまった とんでもないことです。

日本は責められなければなりません。

彼らを、平等に扱ってしまったことを 人権を尊重したことを それが誤りであったと潔く認めないといけませんね。

日本の取るべき道は脱亜のみ

日本とシナ・朝鮮との関係は、インドとパキスタンとの関係と同じです。
どっちが進んでいるという事ではなくて、シナ文化圏と日本は別の文化圏という事です。

シナ文化圏には関わらないのが、上策です。

【日本外交を「海洋国家連合」に転換せよ】
http://www.ceac.jp/j/column/050526-2.html
中華圏からみれば、日本は「東夷」(野蛮人)である。黙っていれば朝鮮半島のように、中華圏に巻き込まれかねないと悟った日本は7世紀、中華圏からの離脱を図る。こういう判断をしたのは聖徳太子で、日本国の建国(668年)以来、中華圏との正式国交を絶つ。このおかげで、1871年に日清修好条規を結ぶまで、1200年にわたって安泰を保ってきた。
(中略)
1200年の泰平はペリーの黒船によって破られ、日本は再び大陸と関わりを持つようになる。以来、日清戦争、日露戦争、辛亥革命、五・四運動、満州事変と続いて大東亜戦争が終わる1945年までの74年間はまさに泥沼にはまり込んだような時代だった。福沢諭吉は1885年、時事新報に「脱亜論」を発表し、「中・韓と付き合えば身の破滅だ」と叫んだのである。
 1945年から日中国交樹立(共同声明)までの27年間は、再び大陸とのトラブルなしで過ごせた。しかしこのあと現在までの32年間は日清戦争前夜、「脱亜論」当時の様相さながらだ
(中略)
 ASEAN(東南アジア諸国連合)と日中韓の三国を加えた「東アジア共同体構想」が浮上しているが、これなどは日本を中華圏に引きずり込む策謀だ。聖徳太子と福沢諭吉を教訓にすれば、解決策は一つしかない。
 日、米、豪、ニュージーランド、インドの五カ国を中核とし、これにASEANを加えた「アジア太平洋共同体」、あるいは「海洋国家連合」を組織することだ。中華圏とは近所付き合いはするが、距離を保った方がいい。
(引用終了)

歴史教科書は、イコール「歴史」なのか

>>韓国のように国家の管理の下に国定教科書として一冊しかない

韓国人は、これに洗脳されきっているせいか、したり顔で「真実はひとつ」などと、のたまわるのでしょうね。
多面的分析などというプロセスは、まったく理解してくれません。客観的な裏付けさえ必要としません。なぜなら、彼らの国定教科書が、唯一絶対の第一級の歴史資料らしいのです。せいぜい、これとつながる資料しか認めません。下手すると資料のナナメ読みやねつ造さえするとか。
まして、それぞれの国が、ある程度は「我が国はすごい」的な歴史教科書を使っているのだ、という事情も一顧だにしませんね。

これでは、自分たちが視野狭窄に陥っていて普通ではないことに、気がつきようがないです。北朝鮮のキム親子の持ち上げ方など、典型的だと感じます。
そんな彼らなので、異論は歴史歪曲と称して、力づくで押さえつけようとします。紙の資料は破棄して焼きかねません。自分が正しいとしか考えないので、屁理屈、居直りも平気です。歴史分析の話しが、なぜか口ゲンカの様相を呈します。言論封圧や印象操作どころか、暴力的に黙らせることも厭わないようです。

逆に日本の「歴史教科書」なんかは、我が国はすばらしい、と詠わな過ぎでしょう。国の基本的な価値観を共有するためでもあるし、外交国益にも係わる重要なことです、遠慮なんかするべきではありませんよね。

朝鮮族に期待しないのが正しい

 朝鮮族の社会では、自尊心というのは唯の妄想に拠って形成され、気安めに拠って支えられるモノらしい。

 自分達の自尊心?に沿わせる為に、現実の主客や被害者と加害者を転倒するのは古い手法だが、よく使われている。

 現実を裏返したり評価を変えたりしながら一つの物語を紡いで行くが、何処かで矛盾が生じると忽ち説明に窮する事態になるのだが、その事態を乗り越える為に新たな嘘を発明する事になる、精神は未だ極度の貧困に支配されている彼等にとって一番大事なのは目の前の現実でしょう、本当の史実や遠い未来は、ドゥでも良いのです。

 拠って語られる歴史は、全くの物語、願望の産物に過ぎないのだが、それが真正の「歴史」だと信じ込む連中を沢山生み出すことになる、すると何時か、全く根拠の無い歴史を信じて道を誤る若者も出てくるだろう、その典型が安重根ではなかっただろうか、彼の場合は、彼を過ちにリードしたのは、誤った情報であったのは現在と同じでも、現在のモノはもっと組織的で、常識の様に扱われているから、カナリ悪質だと看て良い。

 この情況が続いて行けば、日本人が本当に覚醒した時には、日本にいる朝鮮人は全て居場所を喪うでしょうし、国交は最小限なモノに制限されるでしょう、真実は何時か明るみに出ますから、その時に起こる事も或る程度予想できます、離反の原因は、朝鮮側の心底からの反日ですから止め様が無いでしょうね。

 実際に、現在の40代には、「心底からの反日・嫌日」の傾向・兆候が見られるのではないかと思います、経済破綻の原因も世界での孤立化の進行も全てノ・ムヒョンの世代が進んで増幅した事なのですが、、朝鮮族は敢えてかドゥカは知りませんが、彼等を批判しませんね、やはり、朝鮮人は死ぬまで朝鮮人なんですね、事大主義で行動していて社会改革など出来るはずがない。

 正しい国を作るには、正しい人を育てなければイケマセンが、その人達は、自分達の社会の本当の姿を知り、先達の過ちを一つ一つ乗り越えて行かねば「正しい」モノには行き着かないでしょうに、妄想に耽って願望だけの歴史を信じているのでは、是亦朝鮮族の得意なインチキ宗教と同じ結果しか出ません、其処も判らず、自尊を心に掲げても空しいだけでしょうに、云うだけ無駄か、福沢諭吉翁の慧眼の通りだったと言うことですね。

福沢諭吉はシナ・朝鮮の開明・発展を望んでいたので別に東亜蔑視というわけではない。開明しないシナ・朝鮮人に絶望していただけの話。
福沢諭吉も期待を裏切られたお人好しの日本人。日本人は単一民族国家であった歴史が永く、外国人も同じ尺度で見るからいかん。
だいたい死人に鞭打つ文化と死んだらノーサイドの文化じゃ違い過ぎ。
シナ朝鮮と仲良くやりたいのなら軍事力を持ち相手に迎合しないことでしょうね。特に朝鮮人は強いものに尻尾を振るのが好きです。
中国は共産党の覇権国家だから自滅を待てば良いのです。
シナも朝鮮も憎んでも好いてもいけないと思います。必要な時だけ付き合うようにしましょう。

日本のために立ち上がろう

韓国・朝鮮の真実、朝鮮民族の実態を知れば知るほど、かくも劣等・品性下劣の工作にやすやすと篭絡され、侵蝕を傍観する国、日本、日本人に歯がゆさを通り越し怒りを覚える。日本人以上に在日朝鮮人を大切にし続ける日本でよいのか?日本を韓国・朝鮮、そしてシナの謀略から守り真の日本人のための日本国にしたい。そのために具体的行動を起こすべきときに至っている。

そろそろ、日本国民は目覚めなくてはなりません。

日本人が先祖伝来受けついできた、伝統・文化・社会価値観を取り戻せば、おのずと世界の先進的地位は、揺らぎのないものになると思います。

そのためには、9条を含めた日本国憲法の見直し、教育制度と内容の是正が早急に必要です。また、皇室の将来における典範の男子一系継承を確実にする対策が必要です。天皇制は、日本国、日本国民の要です。

いま、シナ、韓国・朝鮮民族の人口侵略工作が知らぬ間に進みつつあります。このようなことに手を貸している、政党、カルト教団、政治家、企業は断固潰さなくてはなりません。

歴代韓国大統領の言葉

韓国では、歴代韓大統領の言葉もすっかり忘れ去られているようですね。歴史を捏造しているようでは、再び国家の独立を失い、中国の一自治区になる日も近いでしょう。

「自らを弱者とみなし、他を強大視する卑怯で事大的な思想、この宿弊、悪い遺産を拒否し抜本せずには自主や発展は期待することはできないであろう。」  朴正煕

「我々は国を失った民族の恥辱をめぐり、日本の帝国主義を責めるべきではなく、当時の情勢、国内的な団結、国力の弱さなど、我々自らの責任を厳しく自覚する姿勢が必要である。」  全斗煥

「今日我々は国家を守ることができなかった自らを反省するのみであり、過去を振り返って誰かを咎めたり、恨んだりしようとは思わない。」  盧泰愚

朝鮮人へ。

安重根義士の記念碑 (アンジュウコンギシノキネンヒ)
所在地宮城県栗原市若柳字大林町裏219
交通アクセス 東北自動車道若柳金成IC10分
問合せ先 0228-32-2020

なんて下らねえ物があるから掘り起こして自由に持ってっていいよ。

ネットウヨ

ネットウヨは肝っ玉ちっちぇなぁ。
チョンボなんて南朝鮮だろうが北韓だろうが、在日だろうが取るに足らねぇじゃねぇか?
妄想しかできない民族なんて与し易くてありがたい。
日本人がそんな奴等に負ける可能性すらない。
チョンボに下手に知恵をつけられても困るんじゃね?
馬鹿なままが良いよ。
適度におだてれば、舞い上がってこちらの思う壺。
チョンボの扱い方を覚えなきゃ。
扱い易くてチョンボは大好きだね(笑)。

本当にそうですね。

韓国の歴史捏造には本当に疲れます。韓国での教育では戦前上海にあた大韓民国臨時政府の反日独立運動の延長上に韓国が建国されたの如くおしえていますが、戦前いったいどこの誰が上海臨時政府を国際法上の交戦団体と認めていたのでしょうか?日本と交戦して自力で独立したのではなく、アメリカの後ろ盾のもとで建国されたのであれば、結局アメリカの傀儡にすぎないのに、それがばれないようにするためには日本が凄まじい弾圧をして自力だけでは独立できなかったことにするしかなかったのでしょう。ある意味、例の上海臨時政府にいた金九が日本が敗戦したとき自力で独立することができずに泣いたということは、金九はこの状態で国が建てられてもどこかの傀儡に過ぎないということに気づいていたのかもしれません。 いずれにしても日本にとやかく言う前に、自国の歴史の交通整理をしないと大変なことになるかもしれませんね。日本は韓国からの大量移民を受け入れる考えなどありませんので、そこのところ宜しくと言いたいですね。

仏教はないのか?

韓国には仏教は無いのでしょうか?
宗教思想の貧弱さが根本原因のように思います。

つまり、うそをつくと閻魔様に舌をひっこぬかれるぞと、
差別すると来世は逆の立場にされるぞと、そういう思想がまったくないのでは?

enjoykoreaをいつも読んでいました。あの掲示板では「朝鮮人」があふれていました。
日本人有志の方々が、掲示板のなかで、数年にわたって朝鮮人をことごとく論破していました。
でも、彼らが変わることはなかった。

伊藤博文が一番韓国の独立を推進していた人物はなのにな・・・

我々は立ち上がるときだ。反日とシナ朝鮮を討つべし。

朝鮮人とシナ人と米国人が支配している政府を倒すべきだ。
自民、民主、公明、社民はすべて日本人の政党ではないぞ。朝鮮人やシナ人や米国人の傀儡だぞ。保守も野党もみな朝鮮人だぞ。われわれは日本人のてに日本を取り戻すべきだ。国会におしかけるのだ。朝鮮議員は落とすのだ。自衛隊は何にもしないから我々で有志軍を作り日本を防衛するんだ。竹島も尖閣も朝鮮議員にも」自衛隊は動かない。防衛出動しないんだぞ。我々で日本軍を健軍するんだ。

極貧に蝕まれた精神、妄想主義

 最後の朝鮮王高宗から「恩人」と称えられた伊藤博文を朝鮮族の最大の敵に仕立て上げたのは、云うまでもなく両班層でしょう。

 彼等は伊藤翁が史実のママの評価で有れば、朝鮮人民は日本回帰願望から抜け出せないと考えたのでしょう、もし、彼等が朝鮮族主体の国家を創り上げる為に、歴史を操作迄したと言うのなら未だ判ります。

 彼等が目指したのは、自分達にとって都合の善い社会、御し易い統治者だったワケです、反親日法の基準も其処にあります、「唾棄すべき親日家・朝鮮族の敵」として挙げられて居るのは、朴大統領を始め、全て朝鮮をマトモにした人達ばかりでしょう、其処に、現在の既得権者層を占める嘗ての両班層の名前があるのでしょうか、とすれば、トテモ不思議なことです、日本企業が遺した設備や田畑を無償で手に入れたのは、彼等なのですから。

 彼等は人民の敵を偽装する事で、自分達の非道の行いに対する訴追を逸らしているダケ、人民もソレを知っているのに、事大しているだけでしょう、卑怯者・腰抜けと言う言葉が是ほど似合う民族もない、どん底に喘いでいた韓国社会を立ち直らせ近代化した朴大統領を非難し、経済をガタガタにして、反日反米で韓国をのっぴきならない立場に立たせた最大の責任者であるノ・ムヒョンを非難しないので有れば、社会改革など永遠に出来ないでしょうね、「義に利あり」ではなく「義より利が大事」な人達です。

 こんな連中が自壊しない方がオカシイのですが、自壊が起こらないのは、在日の存在が大きいでしょう、日本が在日問題にけりを着けた時こそ、韓国の真の崩壊が始まるのではないでしょうか。

給付金拒否

皆さん、こんちは。
「SDI構想日本版」で凹凹にとなった者です。

定額給付金の受取り拒否運動を展開しましょう。
定額給付金の発案は公明党→ソーカ(世界のカルトです。)→大作親玉(不法滞在なりすまし半島人、日本乗っ取り暗躍中。)です。
経済効果が期待出来ない政策をゴリ押しするのは、ソーカ患者への給付金を親玉への上納金に為るためです。
ざっと(財源)2兆円×(国民中の対洗脳治療必要患者約600万人としての割合)5%=1000億円!!

な…何が悲しくて国庫からカルトの親玉に1000億円、お布施しなきゃいけないの…。
私は庶民ですが「馬鹿にするのも良い加減にしろ!!」と受取り拒否するつもりです。
出来る事からやってくしかないです。
皆様も明確な意思表示としてご賛同願えればと思います。

BEEFさんへ

>なんて下らねえ物があるから掘り起こして自由に持ってっていいよ。
そんなことしちゃだめですよ。
敵だろうと味方だろうと、死んだら同じです。
そういうことをしていたら、特亜と同じになってしまいます。

読者の皆さん、愛国者の皆さん

ネットでは勇ましい発言をするが、諸君はキンタマ
ぶら下げてるか。

口では何でもいえる。行動を見せろ。

竹島に突撃して日の丸を揚げて来い。

敵に殺されたら靖国に祀ってやる。
安心せい。

キンタマは皺だらけ、チンポは立たぬ
耄碌爺よりお願い申す。

ネチズンと呼ばれる韓国のネットにどっぷりと浸かった若い世代の人達は
ネットで真実の歴史に触れてどう思っているんだろうか
Enjoykoreaの掲示板を見ていると、彼らはネットで知る事の出来る
真実の歴史さえ信じていなさそうだけど

>安重根は、はたして伊藤博文の真意を把握し、当時の国際情勢を
正しく理解していたとはとても思えません。
まさか本気で「間違えて併合反対派を殺しちゃったよ(テヘ」なんて事はないでしょう
彼は併合賛成だった朝鮮貴族の側の暗殺者で、情勢に合わせてその態度を変化させたと考えたほうが自然なのでは?

aoさんへ

朝鮮仏教は、李氏朝鮮時代、徹底的に弾圧されました。
山奥に追いやられたようです。
李氏朝鮮時代は、土着多神教でした。
現在はキリスト教が盛んなようですが、怪しいカルトが多いようです。

>安重根は、はたして伊藤博文の真意を把握し、当時の国際情勢を

私も、コラさんの「正しく理解していたとは思えません。」に賛成します。

 ただ、その理由としては、陰謀論より、安重根に理解できる頭が無かったのでは無いかと思います。 文盲ではなかったし、そこそこの学問も有った様ですが、あの頃、正確な情報をはたして手に入れることができたのでしょうか? 確かに、新聞などは有りましたが、どれほどの人が読んでいたのか、またその情報は正しかったのか?

 安重根が、伊藤博文公を暗殺したのは、博文公の考え方など関係なく、朝鮮総督という立場の人を狙ったものと考える方が、すっきりしませんかねぇ。 当時の新聞を読み裏取りしたわけではないので、推測でしかありませんが。

拓殖大学

以前に「拓殖大学」の教授が「安重根」の映画に協力すると聞いたので拓殖大学元応援団長を通じて抗議したところ、「安重根」は韓国の「右翼・愛国者」だからと言う回答を貰い愕然とした事が有ります。映画は作られませんでした。

刑務所での彼の覚悟は「あきらめ」でしょうが淡々としており日本的な潔さは持っていたのでしょう。刑務所の署員との交流も有ったと聞きました。日本人にも敵では有るのでしょうが「伊東公」を暗殺したための朝鮮政府の「恐怖心」が併合の「種」英雄でもないのですが「英雄」の「種」が「暗殺者」しか居ないのも哀れですよ。

彼の遺書の文中には「日本天皇陛下」の意思に背いた「伊藤公」・・と書いたものが有ります矛盾に満ちた暗殺・伊東公が「併合」反対の主流派で有った事もしらないのですから「英雄」は只の「作品」でしょう。

日本人って相手が興奮しだすと逆にドンドン冷静になっていってしまう人が多いような気がします。例えば映画館で感動の場面で先に隣の人が号泣してしまうと冷めてしまうとか。誰かが酔いつぶれてしまって自分は酔いが覚めてしまうとか。
韓国人(中国人も?)は相手が興奮すると自分もドンドン興奮していく。

韓国人からしたら相手が冷めた目をしていれば「バカにしてる!」と益々怒るだろうし、それを見た日本人が益々冷めて「面倒くさい・・・」となってしまう。

まったくもって相性が悪い民族同士なのではないでしょうか?
お互いの為を考えてもあまり近寄らないのが得策なような気がします。

いつも拝見させて頂いているものです。初めてコメントさせて頂きます。
伊藤博文は韓国併合に強固に反対していた。
          ↓
韓国人の安重根によって殺された。
          ↓
韓国は日本に併合された。
この図式からすると、安重根はだだの殺し屋だったてことではないのでしょうか?それも、警戒厳重の中での犯行だったとしたら、韓国併合を強く望んだ日本人の仕業とも考えられると思いますが。。。 

私は日本が大好きな日本人ですが、あまりにも偏った見方かと感じたものでコメントさせて頂きました。

いろいろ面白い話題で毎日見に来ております。
頑張ってください。

弱みにつけこむ中国・韓国

りッキーさんが書かれた対中国対応は正しいやり方です。弱みにつけこむのが中国のやり方です。そのやり方を教わったのが属国であった朝鮮です。

ダライラマとの会見で中国はフランス製品ボイコットを叫んでします。これは昔からのやり方です。政府が仕掛ける罠です。日本もかってこのやり方で苦しめられました。カナダの首相は毅然とした態度で「経済より人権だ」と言いました。しかし中国はカナダ製品のボイコットはしません。カナダには通じないことを知ったからです。カナダの首相は立派です。

今日はフランスでも、明日は日本です。戦前の反日行動が激しくなる前の対象国はアメリカでした。強く出ないアメリカは中国にとって扱いやすい国でした。アメリカ宣教師はひどい仕打ちを受けても「職業的感情」から真実を本国に伝えませんでした。

ある時を堺に中国は反米行動をやめ、反日行動を強めました。中国は日本に苛められるかわいそうな国を演出し、アメリカの支援を受けた方が得だと判断したからです。弟弟子の朝鮮人も見習っています。似たもの同士です。話し合いは無駄です。

1932年に中国福州で日本人教師夫妻が殺害されました。日本の田村総領事は、その責任として中国に5万ドルの賠償金を要求しました。しかし、中国は応じません。そこで田村総領事は海軍に詳細を打電し、「5万ドルの賠償金を支払うまで面会無用」と言って席を立ったところ、中国は翌日5万ドルを支払いました。その後田村総領事がいる間は福州での排日運動はなくなり、田村総領事は中国人に尊敬されるようになりました。

リッキーさんが言われる通りです。中国も朝鮮も弱みを見せればたかられます。それが長年培ってきた彼らの金儲け技術です。

情報が入り乱れる昨今、安重根の言動が矛盾していたことはいずれ多くの人が知ることになるでしょう。
しかし「安重根の求めていた独立と
伊藤博文が推進していた独立は違う。謝罪と賠償を・・・」
どうせそのうちこんな意見が出てきそうですね。

ももさんへ、

ありがとうございます。

>>その出来事の背景にどうこう言う前に、これらの事実を考えてみるのは意義あることとおもいます。<<

私もこの意見に深く同意いたします。


ふるさとさんごめんなさいね!

ちょっと深く読まずに感情的に書きごめんなさい!
BTさんみたいな人と同程度に見ていた私が悪かったです。BTさんみたいな人が典型的な懲りない日本人なのでしょうかね?

すみません!

BTさんの中に書いてあった斉藤氏に対してです!

統監時代

伊東公が李朝鮮と関係を持つのは「統監任命」されてからすが当時の朝鮮内閣には外交以外「李完用」が自主権を持ち政治を司っているのです。
併合5年も前に「統監」指導の下日本からは目賀田種太郎が「韓国財政顧問」として国家財政の有り方から貨幣制度の改革で朝鮮独立の基礎作りをやっています。

警察顧問でも岩井啓太郎氏が就任1905年併合の5年前から朝鮮警察の制度を作って独立に備えて体制作りの援助をして居ます。独立させるのが日本の負担を背負わないで日本の安全保障の為に成ると考えていたのではないでしょうか?従い最初から「併合」は考えていない。日本の国内状況からも負担は目に見えています。

韓国の人もこの統監部時代は何ら問題にしないのは不思議で仕方がないのです。もう「外交権」も日本に預けて国内の整備を日本にやって貰い人心の把握と新国家建設に突き進んで居た「李完用」が評価されない。そしてこの5年間は日本の植民地支配(本来は併合)とは見て居ない。何とも不思議な韓国の姿と思います。

「統監部」も「韓国富強の時まで」~臨時的なものとされて居ましたが李朝があやふやな態度で「李完用」の仕事を邪魔をする皇帝を見て「富強」になれないと判断したのではないでしょうか?

暗殺?文民「伊東公」・軍事「山県候」に意見の差は有ったでしょうが、明治維新を成し遂げた人たち同士での「暗殺指令」はなのではないでしょうか?特に不思議なのは前期でも述べました外交権のない「統監部」時代が「日帝36年」には入っていないのは不思議です。

はい

犬HKは、反日プロパンガダの大本営発表機関

昨日、毎日系TV番組で、ビートたけし扮する東条英樹主導の下、日本軍部の統帥権、暴走による大東亜戦争への突入を強調した歴史番組があった。部分的には客観性があるが、米国ルーズベルトの日本国への陰謀、日本を戦争へ追いやる「ハルノート」の不当性に関し、言及はあったが、あくまで、日本が真珠湾攻撃に至ったことは、いまで言う、軍部に対し文民統制が効かなかったから、戦争突入だと意図的に誘導するものを感じた。

そして、本日、犬HKのニュースで、田母神元航空幕僚長の件に関し、政府の自衛隊への管理強化をする動きだとの報道である。このマスゴミの一連の報道は、日本の国防に関し、「憲法9条」、「村山談話」の再確認で更なる日本国防骨抜きだと感じた。

このような動きは、売国奴政治家、報道関連たち、ならびに国籍を疑うべき在日勢力、シナ、韓、朝の工作があるものと感ず。日本国民は危機感をもって断固戦い、徹底した言論工作排除を断行しなくてはならない。

「強制連行」は、大ウソです。
併合時代(生活保護国)に、職を求めて自ら来日したのです。
戦後のドサクサに、引揚者に混じって来日したのです。
朝鮮内乱から逃れて、先人を頼って密航してきたのです。
日本人に化けています。通名で日本人のように暮らしています。
差別もウソです。生活保護など在日特権を享受して安逸に堕落した生活を送っています。

彼らは、祖先の墓と土地を守るでもなく、自らの人間性を高めるでもなく、自らを歪めて、住んでいる日本国をも歪めています。日本に要求するのは、国籍のウヤムヤ化、国境のウヤムヤ化です。
併合時代から現代まで、彼らは日本に甘えてばかりです。自立できない道ばかりを選び、自らを正すことができずにいます。

【欺瞞、狡猾、党利党略……公明党の体質を露呈】

http://nvc.halsnet.com/jhattori/rakusen/AntiSouka/KillerMotoKouseiJikan.htm

年金が危ない。その「不安解消」と称して提案された政府の年金法案は、
公明党案を“丸飲み”したものだった。公明党はそれを、参院選での
最大の売り物に、ともくろんだ。いわく「年金100年安心プラン」。

【年金問題の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj1.cgi

先ほど2ちゃんねるで見かけました。
"中国メディア “好意的”な日本報道目立つ"
http://sankei.jp.msn.com/world/china/081225/chn0812252120002-n1.htm

経済状態が苦しいためにすり寄ってきてるのか
はたまた侵略の足がかりを作るためのステップなのか。。。
どちらにしても恐ろしいです。

マッチポンプ?

25日 20:06
bingo さん

 毎日系のTV番組、あたくしも見ておりましたわ。
 シリーズ激動の昭和「あの戦争は何だったのか」。 
 前半のキーパーソンの一人に徳富蘇峰というお方が出てまいりまして、開戦を煽った重要人物であると。当時のジャーナリストであるとの紹介でございましたが、ん?徳富蘇峰?
 そのときあたくしは近所のスナックでマスターに相手していただきながら飲んでおりましたんですけど、他にお客さんがいらっしゃらなかったものですから、カラオケの画面をテレビにしていただいておりましたんですの。
 
 徳富蘇峰のお名前は存じておりましたが、単にジャーナリストという紹介はおかしいんじゃありませんかね、とマスターに言いながら、携帯でウィキってみましたわ。
 案の定、大阪毎日新聞、東京日日新聞に在籍したお方でございましたことよ。
 一瞬、TV画面に参戦を煽る当時の新聞が映り、欄外上部、新聞社名のところに「...日日...」という文字が確認できたのは、ご愛嬌なんですかねえ。
 あのアサヒる新聞も節操がございませんけれど...。
 
 いけない、今日はあたくし、朝一の仕事があるんですの。また寝不足ですわ。最近、お肌が...。

戦前の政治の問題点

>bingoさん
>軍部に対し文民統制が効かなかったから、戦争突入
 確かに犬HKの恣意を感じますね、現実に「軍部が暴走」したのはノモンハン事変だけでしょう、柳条湖の張作霖爆殺が「関東軍挙げての暴走」と言えるかどうか、戦争突入は文民統制が効かなかったからではなく、全力を以て避けようとしたが避けられなかった、向こうから仕掛けられた戦争であった証拠が山程もあるのに、ドゥするのでしょう。

 何故戦前に軍人が政治に進出したかと言えば、政治家の多くに汚染が顕在して居たからです、寧ろ、文民の方を統制すべき情況だった、亦、ソレを唯一のマスコミである新聞が、「売らん哉」で大仰に取り上げて糾弾したから、マトモに信じた大衆の政治家への信頼が大きく失墜した、例えば若槻礼次郎、例えば加藤高明と云った連中です、本人にはナンの政治的な能力の自覚もないのに、財閥に取り入りその代弁者と成ることで、肩書きを選れば「立身出世」を果す事だと信じ込んで、結果、首相になっても何も出来ず、世を曲げた愚か者でしょう。

 上層部も酷かった、近衛文麿公は昭和天皇陛下の甥に当たる人であり、2度も首相の大命を拝した人ですが、完全なマルキスト=共産主義信奉者でも有名でした、ゾルゲ事件の主犯で死刑になった尾崎秀美元朝日新聞社記者は、完全にソ連の工作員だったわけですが、その彼が近衛公の側近にして政策ブレーンだったのですから、戦前の政治が如何にちぐはぐなモノだったか判ろうというモノです。

 こういう中で、軍人が清廉・強固に見えたのは、寧ろ当然でしょうが、軍人は所詮軍人で、天皇陛下の手足でしかない、政治の素人が有効な政策等献策できる筈もなかったのは理の当然、それより彼等は軍人で、当時は戦時中であったワケですから、勢い戦線を有利に展開して、文民政治家にバトンを渡そうとする事になるのは自然な流れでしょう。

 元空将の佐藤守さんが、現在の文民統制の愚かさを「マトモな事を云う人間を更迭して置いて、危機に際し、うろたえるばかりでナンの有効な対処もできない、危機対処能力が欠如したモノを登用する」人事の拙劣さを挙げて批判されています。

 文民統制とは、軍人以上に軍事の事を知悉している人(何も「軍オタ」を称揚しているワケではありませんw)を配置してこそ、そして何より、日本の防衛の重大性を認識している人でなければ正しく機能しないと思います、つまり、適材適所ではありますが、日本を日本国民の為の国にする根本を曲げない人でなくては、政治は任せられない思いです。

 では、清廉な政治家だけが清廉で有効な政治を為し得るのかと言う疑問を我々は持つべきでしょう、最近、田沼意次が善く目に付きます、能有る人は、世相に応じた処世術で世にぬきん出て来るモノです、実は、そう言う人の能力を上手に引き出して世の中の為に役立てる才能を持った人こそが、いまの世に欠けているのでは無いでしょうか。

韓国は今回の経済危機で韓国の為に
泣いてくれる大統領はいないということですよ
高木正雄こと朴正熙さんはいませんよ
かれは自国の歴史を嘆いて漢字を廃止したそうですが
哀れなものです。最後は叱っただけで撃たれちゃうし
韓国人に出会うと先ず訊ねています。
尊敬する韓国の大統領は?
朴正熙と答えられない韓国人とはお付き合いは止めております。
それと「日本に連れてこられた」と称する韓国人も
お付き合いは出来ません
「帰れ」と言っております。

コメント欄お借り致します m(__)m

★魂の力 (水間政憲) 2008-12-25 21:44:54
今日(25日)の夕方、久し振りに戸井田さんと、これからのことを踏まえて話し合ってきました。
平成21年元旦から、今後の100年を決する戦い(政局)が始まります。それには、皆様のお力添えが必要です。国内外から、各議員に送って頂いたFAXに込められた皆様の「魂の力」は、今後の政局に「魂の呪縛」となって絶大な効力を発揮すると確信しております。

皆さんは、お気づきになったと思いますが、麻生首相が戸井田議員にもたれかかるように肩をくんでくれたことは、国籍法のすべてを語りかけております。仮に、麻生首相が、国籍法改正案の内容を承知の上で閣議を通したのであれば、国籍法再改正の急先鋒、戸井田議員に対して、感謝を全身で表現したようなことなど出来ません。

皆様の「FAXに込められた魂」は、そのまま公明党に対して「無言の圧力」として、麻生首相にとって大きな力になったことでしょう。

これは、ぎりぎりのところで、神が日本人に与えてくれた、新しい政治(ネットの力)です。我々が、この日本を護との危機感をもって連携結束するれば、神憑った巨大な力になります。
ネットだけ転載フリー。Ⅱへ続く。

文民統制

ソロさんが云われる通りでしょう。
確かに国家の安全を左右する問題を外交で解決が図れない軍の力で解決を図る?この判断をするのが「文民統制」の意味です。現地で戦う軍人に文民統制が効くと考えているからシナ事変でも上海事件でも「軍」の独走と言う言葉が出るのです。

「文民」が戦闘で解決を図ると企画し、軍を派遣すれば後は「軍事作戦」軍人が主導するのが当たり前の話で「田母神氏」が日本の進駐軍に自衛隊が襲う状況を表現されましたが「正論」でした。自衛隊の手足も武器使用でも縛り付けておいてシビリアン・コントロールなる「英単語」でごまかす政治家・マスコミ又「戦争」を引き出したいのかと疑りたくなります。

文民統制とは

要するに、会社で例えれば、現場で急激な経済変動に対処しなくてはならないことでも、巨大組織の中で、長々と会議をやり、その間に会社が潰れるって硬直した組織を想像してしまいます。

命令指揮行動で、大枠でのルールが必要であることを否定するものではありません。しかし、国家の安全保障に関することは、現場のプロが決断行動できる部分を段階的に設けていなくては、危機管理対処が出来せん。その点を、「拓殖大学」のアホ教授は、現場のプロでもない観念論で自衛隊の手足を縛ろうとしています。そしてそれに迎合するばかりの、これまた、ボケ防衛大臣の存在は、日本国民の生命財産の安全を脅かしています。彼等に有事が起きた時に責任が取れるのでしょうか?

そもそも憲法9条で自衛隊の手足を縛り、国防ができると妄信していること自体が異常です。日本国憲法は、明らかに米国GHQが日本の軍事を骨抜きにし、日本を米国の属国化する意図をもって押し付けたものです。これを、いまだにご神体のように崇め奉る左巻き政治家達の愚かさも我慢の限界です。

米国との同盟関係が信頼できない時期において、日本の国防は危機にあると考えています。

伊藤博文さんですか

朝鮮総督府の総統で、朝鮮を出来るだけ独立の方向に導こうとした人であり、当時は明治維新の元勲とあって、実に惜しいタイミングで惜しい人を亡くしたなぁ、と思っています。暗殺者を英雄扱いするあちらの考えはさっぱりわかりませんが、まぁ、すごい誤解ですよね。無理に分かれとは言いませんが、日本人としては、伊藤博文と言う人がどういう人であったのかは、知っておいて欲しいと思います。

管理人様、いつもご苦労さまでございます。
 
 先日来、ときどきコメント欄にお邪魔させていただいておりますA子です。
 あたくし、たいてい携帯から文章を送るんですけれど、「カギ括弧」などの全角記号やカタカナが、自動的に半角に変更されてしまうことに疑問を感じますの。
 改行して、一行空けたいときにも、無視されてしまうので、行頭に不要な全角スペースを打ち込んでから、あらためて改行するなどということをやっておりますのよ。
 
 パソコンの標示特性や、携帯端末の一行文字数の設定の違いなどはどうしようもないでしょうけれど、文章というものは、スペースや記号まで含めて筆者の意図が詰まったものでございましょ。
 
 できれば送り手が送ったものを、そのまま再現できないものでしょうかね。
 なお、あたくし自身はやりませんし、技術的なことはよく分かりませんけれども、アスキーアートも表現の一つだとは思っておりますの。そういうのとの関連はどうなのでございましょうか。
 一度ご検討いただければ幸いです。
 

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/407-5fbaf8c6

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。