スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米一極支配は今後も続く   12月11日(木)


今年になってからエコノミストたちは、「ドルの基軸通貨としての
信用失墜と同時にアメリカ覇権も弱まって、世界は多極化へ向かう」
と大方のエコノミストたちは予想していました。

しかし9月以降、むしろユーロや一部のアジア通貨が暴落する事態
となっています。

そしてドルは貿易取引や国際金融取引において今も、最も利用される
基軸通貨という地位を現在もなお維持しています。

エコノミストたちはユーロがドルにとって代わって基軸通貨になって
いくと論じていましたが、皮肉にもユーロが対ドルや対円で大きく
減価しています。

今回のアメリカ発の金融危機においてユーロが最大の影響を受けて
います。特にイギリスの金融危機と景気後退は深刻です。
イギリスは経済の中心をアメリカの真似をしてカジノ金融に切り替えた
付けが回ってきています。
イギリスは今月から付加価値税を一時的に引き下げました。

欧州中央銀行は、政策金利を0.75%引き下げ、年2.5%としました。
英国中央銀行も1%利下げし、年2%にしました。3ヶ月連続の
金融緩和です。

しかしユーロはEU圏内では、決済通貨として利用されているものの
それ以外の城外諸国とは依然としてドルを決済通貨として利用せざる
をえない状況です。

ところが欧州の金融機関は今回の金融危機で、内容が劣化して信用を
なくしているためにドル資金を調達することが出来ません。

結果ドルが相対的に高くなっています。それ以上に大幅な円高・ユーロ
安が進んでいます。

2007年12月に日経BPに載った大前研一氏の「タガ外れの円・ドル」
と題した記事を思い出して、今日のブログを書いています。
大前氏は「ドルや円が国際経済の中で衰微しつつある一方で、強さを
見せ続けているのがユーロである、そしてユーロ導入国の経済も
非常に好調だ」と書いています。

わずか一年前の記事です、経済を予測することの難しさを感じて
います。

大前氏も世界中もヨーロッパを買いかぶりすぎています、国境を開放
し通貨を統一すれば、誰もが巨大市場が生まれると錯覚していた
ような気がします。

ヨーロッパの国々はぜんぶ歴史の古い国です。自由な経済活動を
広げるにはあまりにも風俗習慣が違いすぎます。
歴史的慣行、宗教的制約、古い遅れた制度、など一筋縄では行かない
事が言われていました。

ヨーロッパはギルドという同業組合があらゆる手工業、家内工業を
統括しています。食品の規格も国ごと違います。それ故
アメリカ型の大量生産・大量販売を取れいれることが出来ません。

労働賃金も欧州各国で大きな格差があります。賃金の高い国に労働力
が流れないように、労働ギルドを作って止めています。

ドイツの企業の労働組合は企業の海外進出にも、組合の利益の配分が
なかったら同意も与えない。労働組合が強すぎて、労働コストを
切り下げられない。そこで移民労働を使ってコストをさげます。
結果 移民が増えすぎて社会の治安が乱れ、社会の混乱を招いて
います。

これはドイツだけではなくヨーロッパ各国の問題です。

フランス、ドイツ、イギリスに何百万という労働移民が住み着いて
時々爆発的な暴動がおこります。移民に多額の税金が投入され
年金も脅かされています。

書き出せばきりがないくらい問題が山積しています。
統合すれば、アメリカに匹敵する大市場が出現するとエコノミストたち
が盛んに言っていたのは、つい昨日のことです。

ところが現実は競争に立ち遅れることを恐れた有力企業は外国へと
資本を移動し始めていました。欧州に留まった大手企業も資本が
外国企業に買い占められています。

欧州の経済活力はあきらかに衰えています。世界市場でのシェアが
確実に下がっていっています。欧州が陥っている状況は深刻です。

この傾向はアメリカ金融危機となんの関係もありません。以前から
続いています。今回の金融危機がおさまっても、欧州の停滞は
今後も長く続いていくと思われます。

そして今後も変わらずアメリカが世界の中心であり、アメリカ
一極支配が長く続いていきます。

しかしアメリカは製造業からの撤収という路線をとり、高度の技術
を要する部分が殆ど日本に移転しました。
日本は労働集約型の製造は低賃金の中国や東南アジアへと移転して
工作機械や先端部品などの高度工業技術の開発を受け持っています。

アメリカは中国を「世界の工場」持ち上げて中国をいい気分に
させていますが、商品輸出のほとんどは日本とアメリカの資本が
コントロールしています。

つまり日米同盟が世界経済の根幹を担っています。
いまも昔もアメリカは一極支配を続けるには、日本の協力無しには
不可能なのです。

そのことを分かっている政治家は日本にもアメリカにもあまり
いないような気がします。残念です。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

なるほど・・・深いですな・・・

大前氏

大前氏:ユーロが出来た時にはユーロは直ぐ潰れるとか言ってたな。
韓国ウォンが暴落する前にウォン預金を進めてたが。
アリャ何だ!

エコノミスト、ヤブ評論家の言うことはあてになりませんぞ。

すぐに飛びつくと、えらいめに会います。

ある浪人の手記っていうブログは経済についての考察は間違ってないんですが、また例のごとく『ネトウヨ』とかいって批判のための批判を繰り返してます(言葉も下品すぎる)。
『物事の一方しか見ていないバカども』とのことですが、それはご自分の事でしょうと(笑)。こういう輩はこれ以上保守の足を引っ張らないでほしいです。

オバマ氏に代わったからといって、アメリカは一極支配のうまみを自ら手放す筈は絶対にありません。そして日本は必ずアメリカに付きます。アメリカに付くしかありません。世界一のアメリカと、世界第二位の経済大国である日本のコンビに敵う国やブロックはまず出てくることはないと思います。遠い先のことは知りません。遠い先について確実に言えることは、今生きている人間は皆死んでいるということだけ。

ユーロ

いつもわかりやすい解説をしていただいて、ありごとうございます。
なるほどユーロの長期的周落ですか。でも2年くらい前は90円くらいでしたね。 ドルはこれ以上下がると困りますが、ユーロは90円くらいに下がってほしいですね。 話は飛びますが、中曽根御大が韓国で、東北アジア連合をつくろうなどという戯言をほざいていますが、ブログ主さんはどのように考えられますか。

■ついに日本円が基軸通貨になった■

恐慌と化している最近の世界経済だが、
アメリカはもちろんのこと、ヨーロッパも日本頼りになっていて
円の独歩高状態が続いている。

ドルが基軸通貨から外れれば、ユーロによる単独通貨基軸体制
、もしくはユーロと円の複数通貨による基軸通貨体制になる
と、ずっと言われて来たが、フタを開けてみれば、ヨーロッパも、アメリカと同じようなことをしていて首が回らなくなっていた。
その為、気が付けば、世界を救えるのは日本しか残っておらず
日銀が大量の資金供給を連日行っており世界中の通貨が、対円で暴落し続けている。
結果的に、日本の円が、世界の基軸通貨になりつつある。
(いや、実質的に、すでに基軸通貨になったと、言ってもいいかもしれない)

それを裏付けるように、ヨーロッパの金融関係者から、
「次の基軸通貨は円で確定した」という発言が続々と出始めている。

しかし、おかしなことに、当の日本人には、その自覚症状が全くないw

元々、ユーロを作ったのは、ヨーロッパがアメリカから、基軸通貨の地位を
奪い、経済覇権をヨーロッパに取り戻すことにあった。
だが、皮肉なことに、その地位についたのは、全然その気のなかった日本であった。
----------------------------------------------
そういえば、こんな例もある。

王は世界にいくらいても許されるが、皇帝は世界でひとりしか許されない そのため
人類は2000年以上、たったひとりの皇帝の正当な地位を得るために戦争を繰り返してきた
十字軍遠征、モンゴルの長征、、、、、、、、
ところが、皮肉にも、最期に勝ち残ったのは、ローマ帝国皇帝でもモンゴル帝国皇帝でもなく、日本の天皇陛下だった
そう、現時点において、現存する世界で唯一かつ最古の皇帝が、天皇陛下なのだ。

これがどれだけすごいことか、外国人はわかっていても、当の日本人はまったく
知らない
ローマ法王とエリザベス女王は、天皇陛下と同席するときは上座を譲る慣例になっている
世界中どこに行っても、相手の元首を呼びつけるローマ法王が、日本に来たときだけ
自ら天皇陛下のところに足を運び、日本語で挨拶と演説をされた。
----------------------------------------------

おかしなことに、強欲な国だらけの世界にあって、ダントツに謙虚な日本という国が
世界中が欲しがってきたものを、手に入れてしまい最終的な勝利者に収まる例が、非常に多いのだ。

あらゆる業種の世界トップの技術は、ほとんど日本が独占しているし
文化的影響力も、世界一
治安も、人工資源も、環境対策も、災害対策も、気候も、自然の美しさも、長寿も、食事の旨さも・・・世界一
あげくに、今回の騒動で、金融でもトップに立った。
今後は、ノーベル賞でも、かなりの勢力を占めることになるかもしれないし
世界のネット上では、日本語を駆使する外国人が激増し、世界のブログの言語別ランキングでは、英語を抜いて、日本語が世界一
気が付けば、日本語が世界の標準語になるというマトリックスの世界のような話ですら
だんだんと現実味を帯びてきつつある。

日本という国は、外国から見れば、当の日本人にすら想像もつかない、突出した
超先進国になっていたのだw

大きな野望を抱き、陰謀をめぐらし躍起になってきた世界中の国々が、次々と脱落し
特に野望も陰謀もなく、日々、コツコツと小さな目標に向けて、謙虚に正直に頑張ってきた日本がほとんど独占と言ってもいいほど、ありとあらゆるこの世で最高のものを手に入れてしまった。

なんという皮肉であろうか

現状からすれば、日本人が望もうが望むまいが、今後、世界は日本を中心に回っていくハメになることは間違いない。

ただ、アメリカの誤りのツケを日本が支払うということのないようにしたいものです。

初めて書き込みます。
皆さんの話を聞いているとやはり日本人という民族が持っている底時からというのはすごいものだなぁ、思います。

私は20代後半なのですが同い年近辺の友達で日本がなにをしてきたか、日本が今どういう状況になっているか知っている様な人はごく少数しかいません。こういう身近な部分に一番不安を覚えます。
自分の国の歴史や、政治参加するという意識を持って考える人というのがあまりにも少ないように思えます。
やっぱりこれも教育による物なんでしょうね?
本を読んだり、インターネットを少しでもみたりすればといいますがそれに
対しての興味がまずないように感じられます。
少しでもみなさんが言うような事柄がわかれば自然と胸を張れる日本人に
なるような気がするのですが。。。

米国経済の為には何が必要なのか

「米国の一極支配は続く」
 続くでしょうね、日本が米国の様に主導的な役割を担って世界に冠たる事ができない限り、日本経済は米経済を太陽と見立てた場合の月でしかないからだと思います。

  ユーロが凋落したのは事実ですがドル自体の実力が浮上したわけではない、ドルが円以外の通貨に強いのは飽くまで基軸通貨としての強みを発揮しているダケと言うブログ主の言が正しい様に思います。

  双方共に、製造業を中心とする産業基盤が健在であるワケではないからでしょう、欧州の場合凋落と云うより、本来の姿が見えてきたと言うべきではないでしょうか。

  凋落の現況を「生き残り」で看れば、欧州の弱電メーカーで生き残っているのは、フィリップスとブラウンだけでしょう、オリベッティもモゥ名前を聞きません、機械メーカーでも、ハムワーシィとかサックの老舗も、制御機器で一世を風靡したガデリウスも、この頃名前を聞かなくなりました、特にイギリス等には、ウォターマンとか独系のシーメンスがカナリ遅くまでメーカーとして、健在だった様に思いますが・・、生き残りと言う面で云えば、日本は家電・弱電メーカーだけで1線級=海外拠点を持ち、ブランド力で売れるメーカーダケでも、ソニー、パナソニック、トーシバ、ヒタチ、シャープそして、パナソニックに吸収されるサンヨーと6社も有ったわけです。

  アメリカでさえ、RCAも、GEも、ウェスティングハウスも滅びたか、特殊な部門でしか生き残れていません、韓国のLGやサムスンは、ご存知のように日本企業の鵜にすぎません、つまり、日本製の部材を組み立て、組み替えるダケで、自社ブランドとして来たワケですから、日本無しには生きていけない寄生企業でしょう。

  ブログ主の仰るように、まともな製造業が残っているのは日本だけと言う事になりそうです。

  しかし、日本が幾ら対GNP外需依存率が16.2%であったとしても、現実に自動車を数百万台/年も内需で賄えるワケではないでしょう、アメリカという買い手が居たから、此処まで日本は成長出来たのですが、米市場を目指す迄に国内に厳しい競争が存在し、その金を技術開発に向けるしかなかった。

 「拠り善い、拠り安いモノで、国内市場で激越で高水準なニーズに応えるべく、競争供給して居るウチに、いつの間にか世界の良品基準を握ってしまった」から、市場を世界に広げることができたワケです、だからこそ、激越な国内競争に加わったメーカーが世界で生き残り、その競争に加われなかった欧州や米国のメーカーがその製品水準に着いて行けなくなったのだと思うわけです。

 つまりは、日本の究極の戦場は、未だ世界だと言えると思います。

  ダカラ、買い手が瀕死の重傷を負って購買力を弱めれば、自ずと市場は縮小しますから、日本は生産を縮小して対応するしかないのは、往年と同じ事です、唯、ブログ主が仰るように、往年のように、米国が風邪を引いたから日本が肺炎になるというワケではなく、却って、日本が風邪を引けば米国を初めとする周りが肺炎になる様です。

 米国経済の復活は、日本の繁栄には不可欠なのですが、では、何に拠って復活するのかが、見えてこないのが、苦しいところの様です、その答えを皆が待っているのではと、思うのですが

10数年前、中小企業にシナ・中国進出を勧めていたのも大前やぶ学者さんでしたね。
まったく無責任なやぶ学者さんです。

どうでしょうか

ユーロが衰退するとか、ドル一極支配が続くとか、少し結論が早すぎやしませんか?
来年以降にならないと、流れは見えてこないと思いますよ。

円がいくら強くても基軸通貨にはなりません。
US$がなぜ基軸通貨なのか。軍事力の裏づけがあるからです。
これに対抗できる所は今のところありません。
日本は外部に出兵しない(できない)から裏づけになりません。
近くない将来対抗できるところは?

たしかに対外債権の保証進駐も出来ない軍隊が無い、日本国の通貨は、基軸通貨に成りようがありません。

この不況はいつまで?
日本も大変です。
今年リストラにあい未だ・・・仕事なし。。。。。。

円はどこに消えたのか?

「外国人の日本株売りと国内勢の外国株買いで資金流出が続く」[ダイヤモンドZai]
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zai/news/top&newsid=7817

 この記事によりますと、12月第1週、日本が海外に投資(円を売って外貨を買って投資する)した金額が4975億円、海外が日本から回収(株を売った円を外貨にして持って帰る)した金額が3997億円、合計8972億円 これだけの円が外に出て行ったわけですが、全然円安になりません。逆に円高です。 円はどこに消えたのでしょう? 現金で持っているのでしょうか? それじゃ目減りしてしまいますよね? 日本国債を買う?

国債買い現先オペ3本を通告、総額5.6兆円=日銀[東京 11日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK022509820081211

 今日だけで、5.6兆円の日本国債が回収され、円が供給される予定です。 市場に出てる日本国債は減ってるんですよ。アメリカと違って・・・

 さて、しつこく、先物の結果・・・
12/11の日経平均先物 1枚:8690円×1000=8,690,000円
 買い手口:5902枚(外資)/9959枚(全体)=59%
 売り手口:8090枚(外資)/9828枚(全体)=92%

 まだまだ、外資は売り続けてます。日経平均が下がってくれないと、とても不味いみたいです。

 不良債権と株価低下のため、日本の各金融機関では、自己資本比率が下がったので、貸し渋りが発生してしまいました。 何故、自己資本比率が問題になってきたのでしょうか? 「自己資本比率 竹中」でググッてみてください。 その回答が得られると思います。

 では、どうすればよいのでしょうか? 各金融機関の自己資本比率を上げるしかありません。 そして、それぞれの金融機関は下記の様に自社で頑張ってます。

 ・三井住友FGが優先出資証券5382億円発行へ
  http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35382720081211
 ・三菱UFJ、公募増資と売出で3886億円調達
  http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35312620081208

 あと、アメリカの金融機関は、どうやって自己資本比率を・・・バックに国がついて、じゃんじゃんドル刷って、投資してますね。
 〔情報BOX〕米財務省の公的資金注入を受けた米金融機関(12月9日現在)
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK832650320081210

 あとは、日経平均がバシバシ上げれば、内部留保も上げって、金融機関に余裕ができます。 つまり、日本全体で、日本の株を買い上げて、外資を叩きつぶせば・・・ できるのかなぁ?

 まぁ、各金融機関も、「弊社の株価が○○円超えれば、自己資本比率が安定し、中小企業に投資することができます!」 なんて、ネット証券にバナー広告でも出せば・・・上がる・・・んじゃないかな

中国の体制下からの中国批判論文

話がそれて恐縮ですが、中国ウオッチで有名な 「日々是チナヲチ」 さんのブログ
    http://blog.goo.ne.jp/gokenin168/  にて、
明日12月12日(金)中国に関する極めて重要な記事が掲載されるとの予告がありました。 
中国の体制の下からの、中国で拡大しつつある体制批判の大論文のようです。
アップロードは夜になるのかも知れませんが期待しましょう。

もう大前研一氏は過去の人なのでしょうね。私はこれからまさに日本の時代だと思います。この超円高の時代だからこそ日本の体質をもっと筋肉質にする。日本はこれから人口減少の時代にそなえ徹底的に人材の効率をあげる。エネルギー効率をあげる。すなわち都市部に人口を集中させるために民間の1500兆円と円高を利用して日本中で都市再開発をおこなう。この世界に一つしかない鉄道国家のみが人口集中を可能にします。
土地を高度利用して環境整備する。仕事、遊び、住を兼ね備えた130㎡級mの都市型マンションが格安で賃貸されたら日本人のライフスタイルが劇的に変わる。
 そのためには民族大移動が求められます。田中角栄の均衡ある国土発展観から脱却しなければいけない。このことがみんなわからない。

首脳会議

全世界の混乱は、毎日のように情報が伝わりますが、日本のマスゴミの不況風を煽る論調にも、少々うんざりでございます。まるで、今にも日本経済が沈没しそうなイメージ戦略で、麻生政権の脚を引っ張りたいのかと勘ぐりたくもなります。

さて、福岡において13日に、日・中・韓の首脳会議が開催予定であるのを報道ではあまり流しません。聞くところによりますと、例の国籍不明の右翼団体が大きな車体編成、大音量のスピーカーで、がなりたて、警察当局もすでに多く警備の警戒に当たっているようです。

東アジア共同体構想なる、愚かな案も巷には流れているようでありますが、異常な民族国家と、どのような話があるのか興味と言うか恐れを感じています。韓国はすでに3月危機の情報が流れ、中国も急激な輸出需要の落ち込みで、裕福層がいると言っても、内需でつい先ごろまでのような9%を越えるような経済維持は不可能。落ちていく一途でしょう。

韓国とは、円とウォンのスワップ協定がありますが、日本の資本財輸入で経済が構成されている韓国を、日本は放置できないとの考えでしょうか?それに北朝鮮の核問題と、拉致問題が絡んで来ますが・・・・

中国との関連において、今度は胡錦濤でなく、温家宝が来るようですが、何の話が出るのか、株価予想以上に分かりません。皆様におかれましては、何らかの情報が流れているでしょうか?

一番大切なのは教育

4人の日本人ノーベル賞受賞で日本中が湧いています。これからも受賞者が出る可能性もあります。その先は?です。今の日本があるのは弛まない先人の努力によるものです。

浮かれている時ではありません。先日NHKのテレビで子供に応用力をつけるための授業風景がありました。小学生が電卓を持っていました。これで応用力がなくなった理由がわかりました。

便利さは人間をだめにしていきます。電卓は必要であり大事なものです。しかし、学生には不要です。私たちが学生の時には計算尺と算盤でした。携帯電話などは義務教育には全く不要であり持たしてはいけません。親が自分が持ちたいための理由付けとしか思えません。

今はコンピューターによって全てが便利になり、何もわからない人でもビルの設計や化学工場の機械設計が出来ます。データを入力すれば答えが出ます。基礎学力がないから正しいかどうかの判断は出来ません。しかも、電気が止まれば仕事はストップします。計算尺で仕事をしていた人が言っていました。電気がなくても設計できると。

ゆとり教育とは何か真剣に考えたことがあるでしょうか。時間がゆとりと錯覚している人が殆どです。そんなものはゆとりではありません。仕事に追われ、時間的余裕のない人が一番ゆとりをもっていました。時間があっても遊び以外に何もしません。それがゆとりでしょうか。ゆとりとは心の問題です。

労働時間の制約も厳しくなりました。仕事を遊びと考える人間にとっては実に住み難い世の中です。やりたくない仕事を長時間強制されるのは苦痛です。が、やりたい仕事を時間で制約されるのもまた苦痛になります。皆さんはどっちでしょうか。

弱者という美名で利益を得ている人もいます。今の日本を作ったのは教育です。立て直すのも教育です。中山前大臣が掲げた「日教組をぶ壊す」。これが日本再生に繋がります。

「08憲章」確かに凄い

コメ違いでスミマセン(汗)


先にコメントされた方の「日々是チナオチ」さん。中国民主化運動の記事を観てきましたが…「08憲章」。かなり凄い内容ですね。
中共が絶対このままにするはずないので正直恐いな~(汗)
この運動は今後どうなるんでしょう。それによってアメリカも考えを改めて、日本に戻ってくる事はないんでしょうかね。…ムリか。

ソロさん、いつも某ブログで親しませて頂だいてます。
トラさん、初めて拝見させて頂きました。

今日はおかげでとても酒がうまくなりました。

「中国軍が"尖閣諸島侵攻"すれば、日本に完全勝利できる」

こんな情報が流れているようです。首脳会議前に、中国調査船が日本領海を9時間も侵犯した意味は、なんでしょう?領有権既成事実化か?そして、日本の田母神氏への対応を見て、自衛隊の反応を探ったか?

中国に関しては、経済もですが、更に軍事関連に警戒が必要なのかも知れません。かなりの動きが感じられます。

力の循環論法

アメリカは基軸通貨国としての特権を利して、長らくドルの叩き売りをしてきました。そんなことが可能だったのは、アメリカが自他ともに認める「世界最強国」だったからに他なりません。

経済の根本には自己循環論法が潜んでいます。貨幣が通用するのは人々が貨幣を「価値あるもの」だと信じているからです。「みんなが貨幣だと思っているから貨幣だ」というのが実態です。

ドルが基軸通貨としての役割を果たしているのも、人々が「ドルこそ基軸通貨だ」と思っているからです。その思い込みを支えているのはアメリカの最強国としてのパワーです。

私はユーロが基軸通貨になると思っている人に聞きたい。「ヨーロッパがアメリカを力ずくで抑え込める日が来ると思うか?」と。みんなNoと答えるでしょう。アメリカと戦って勝てるわけがないと本心では分かっているからです。

ならばこれからもドルが基軸通貨として機能することは疑いありません。アメリカに真正面からケンカを吹っ掛ける度胸のある国など存在しないのですから。あの中国でさえ、米国債を購入してアメリカへの政治的影響力を強化しようと必死になっている。これが現実です。

そしてこのような世界情勢を眺めれば眺めるほど、孤立無援を覚悟でアジア諸民族のために起って大東亜戦争を戦った、偉大な日本の先人たちに対する尊敬の念が湧き起こってきます。

だからこそ、アメリカは今でも日本に対する警戒を解くことがないのでしょう。真の日本史・真の日本の実力を知ればアメリカ人たちは実存の不安を抱かざるを得ないのですから。

にっぽんじんさんの意見に賛成です。

現在、子供がアメリカの学校で学んでますが、小学4年生で電卓を買わされました。
 家での勉強は、(日本語の土曜日学校も行かせている)絶対計算機は使わせませんし、本人も現地の学校でも使ってないようです。
 今まで、海外にいましたが、日本の全日学校に去年の12月まで行かせていましたし、その後も土曜日補習校に行かせていましたので、英語が不得意にもかかわらず、計算問題(文章問題は英語が苦手なのでやや劣る)は、クラスで一番です。
 日本は何でもかんでも欧米の真似をしてしまい、良さをなくしている気がします。
 現在、多くの人が、改めて”日本の良さ”をブログを使って発信しています。これを期に見直して、私たち世論がよりよい日本にするためにそしてよい日本を取り戻すためにSpeak Upしていく時代もそんなに遠くはないのかなと思いました。
 

韓国は助けないとやばいと思う。

過去の歴史において、日清戦争・日露戦争がなぜ起きたかというと、国防のためであります。朝鮮半島南側を中国やロシアに取られて場合、日本との距離はほとんどなくなります。現在、中国・ロシアが保有している軍事力を考えると、かなりやばいことになります。
米軍がいても、ほとんど防衛は無理なのではないでしょうか?
韓国を助けるといっても、ただで助けるようなことはせずに、竹島・対馬・歴史捏造問題・反日教育を解決するような条約を結べば、今よりはましになるのではないでしょうか?

大前研一に関る、一情報。

チャンネル・桜、掲示板ーーー2003.11.15.より。

大前研一に関して。
昨年、「朝叩き板」 に大前健一について投稿したものを、書き込みさせていたてだきます。
大前研一について、何人かの方が論じておられます。
私の彼に関する、評価、及び感想。
以前、SAPIOだつたかで、森総理の「神の国」発言にたいして、「私のような年代の者には、鳥肌の立つような酷い発言だ」というようなことを書いていました。
彼は昭和十八、九年生まれだったかと記憶していますが、私と異なり戦争中のことは全く知らない、戦後教育を受けた人間です。
私は、森総理の「神の国」発言は、岡崎久彦氏が産経新聞紙上で述べていた、「神官、神職の人達の集まりの席上において、選挙協力のために話した演説の一部で、話の全体や、その前後から見ても、そこまで大騒ぎするような問題ではない」との意見に同意します。
これは「築地糞カルト」が、ものごとのほんの一部を取り上げて、極端に誇張、歪曲したり、実際にありもしないことを、偽造、捏造して、自分とイデオロギーを異にする者、自分の気に食わないものをやっつけるために、相手を悪魔化して叩きまくる、いつもの常套手段です。
森総理は「築地」に嫌われていたため、やられたと思っています。
石原都知事も「第三国人」発言を歪曲されて、徹底的に叩かれました。
人それぞれの思想、信条がありますので、私と大前研一とは考えが大分違うな、と思いました。

つづき
>彼は多少アカイ部分がありますが、経済に関しては良いことをいっています。
彼がコンサルタントとして有名なのは知っていますが、良いことを言うのと、良い結果を生むのとは異なるようです。
話の結果だけ聞いていると、株や競馬の神様のような人間もいますし、ゴルフでも、練習場シングルという人間もいます。
このようなことを書くのは、私がとても面白く読んだ書物、福田和也著「人でなし稼業」 新潮文庫 の中の、以下の文章が頭に残っているからです。
「人でなし稼業」 −老害都知事の後釜はー より
しかしこんどの都知事選挙はひどいね。そろいもそろってこんなくだらない連中ばっかり、よく集めたもんだよ。まぁこのあいだも、鈴木と磯村、あと内田裕也サンにドクター中松だっけ、そんなもんだったから、たいして盛り上がらなかったけど、今度はもっとひどい。
何しろ鈴木が四期十六年やつた後でしょ。ちょっとは気のきいたのが出てきてもいと思うんだけどね。
ーーーーそういう意味からすると、鈴木が自分の後継者だとぬかしている石原伸雄だけは、当選させたくないんだけどね。
石原ってのも、本当に鈴木と同じタイプだからね、自治省の官僚上がりで、竹下が総理大臣になったとき、内閣官房副長官にした。
それで竹下の後は、ロクなのが首相になってないだろ、宇野だ海部だ宮沢だつてクズばっかりが首相になつたから、少しは様子のわかった奴がいた方がいいってんで、ずっと留任してきたんだ、官房副長官で。−−−
それで竹下あたりの知恵だろうど、都知事にしちまえと。−−−−−−−
町工場の親方 2003-11-25 10:03:04 No.6017
--------------------------------------------------------------------------------
つづき
あとは大前研一か、こいつも気がきかないからね。このオヤジはアメリカの経営コンサルタント会社の支社長かなんかだったんだけど、バブルのときは大モテだつた。
だけどこいつのアドバイスを受けた会社はみんなとんでもないことになった。
住友銀行とか、野村證券とかね、大前のコンサルティングを受けた会社は、のきなみ左前になってね、イトマンみたいになくなっちゃった会社まである。
それで商売できなくなっちゃったんだね、誰もそんな奴に頼むわけがない。
それで政治に転進したんだ、「平成維新の会」とかわけのわかんない組織をつくって、得意のもっともらしいホラを並べて、政治改革だのなんだのって。
でも小沢が五十五年体制をひっくり返しちゃったでしょう、無理やりに。それで維新の会でも食えなくなったんだね。
だから都知事ってのは最後の賭けなんだね、大前さんにとってはね。もうこれでコケたら夜逃げしなきゃなんないところまで来てるんだよ。まあ、当選するのはムリだと知っているだろうけど、とにかくハデなことをやつて注目を集めないと、にっちもさっちもいかないというところだね。
しかし大前が都知事になっても困るしね、石原、岩国も腐ってるし、消去法もできないよ。
それで笑っちゃったんだけど、週刊誌が電話で一千人にアンケートしたら、青島幸男がトップだったって。−−−

ユーロがバブルだとは、三橋貴明氏がその著書
「本当にヤバイ中国経済」 や
最近の名著、「ドル崩壊」 にて詳しく述べておられます。

このオーマエなる男は、チョーニチ同様、どうしようもないですな。

>KIMさん
>>米軍がいても、ほとんど防衛は無理なのではないでしょうか?
  日本海にジョージ・ワシントンと同じクラスの原子力空母が2隻居るのはご存知ですか、2隻併せた搭載攻撃機の数160機、勿論、戦術核を積んでいます、最低限の数のイージス巡洋艦を含む護衛艦隊が着いているでしょうし、SLBMを搭載した潜水艦隊も中露の潜水艦が近づけない位の数はいるでしょう、その気になれば、シナの通化にあるミサイル基地をあっという間に消去できる力があります、勿論、北朝鮮のミサイル基地も十分に監視しているワケです、口先で喚いているのは唯の遠吠えに過ぎません。

 日本が持たねばならないのは、此のレベルの防衛力=抑止力なのですが、この艦隊は韓国も護っている事を忘れてはイケマセン。

 問題は軍事力ではないと言う事はお分かり頂けたと思いますが、では、韓国を助けたとして、韓国が立ち直るでしょうか、立ち直れないのは明かです、何故なら、今回の韓国の危機は、韓国自身が招いた事で、韓国の産業に投資に値する魅力が失われているからナノです、是を回復するのは並大抵の話ではない、自身の信用を散々貶めてきたツケが回ってきた、つまり、自爆と言う事ですので、その体質=国民性が改善されない限り幾ら助けても、何れ同じ結論しか出ないでしょう。

 一番頼りになる日本に散々石をぶつけているのを看て好感を持つの世界中に誰もいないでしょう。

経済力に見合った富を享受出来ない日本国民

>むしられ続ける日本・・・(コピペ)

 経済力に反比例して日本は異常に金の保有量が少ないことに気づかれると思う。これは日本がアメリカの属国であることの一つの証明である。アメリカは日本に、普通の先進国並の金の保有を禁じているらしいのである。

 金が買えないこと、大量のドルを抱えていることで日銀は、米国債を買わなければならない状況に追い込まれたわけである。もちろん、米国は米国債を日本に買わせるために、日本の金保有を禁じたのである。

日本国及び日本企業は米国債の落札でだいたい全体の3割程度を常に落札していた実績から、米国債の3割は日本が購入したというのが常識になっているようだ。これは驚くべき数字である。本来ならアメリカ政府の借金なのだから、アメリカ国内で賄うべきものなのに、その3分の1を日本一国に肩代わりさせているというのである。3分の1は1兆8770億ドル。そうち政府日銀の保有分1兆1990億ドルを引いた残りの6780億ドルを、日本の銀行、生命保険会社、企業及び投資家が保有していると思われる。

どちらにしろ日本の損失はアメリカの利益である。これこそ日本がアメリカに収めた上納金ではないだろうか。

政府日銀が米国債を買う原資は日本国民の税金である。銀行、生保が買う原資は日本国民の預貯金や生保に払った金である。皆さんが、米国債を買ったつもりはないと言っても間接的に買っていたのだ。そして、その損失は日銀や民間金融機関の不良債権として日々増殖しているのである。そしてその損失の穴埋めは結局、増税という形で我々が払うことになるのだ。日本国民の大多数はアメリカに上納金を支払うことを了解した覚えなどないのにである。

日本の財政破綻を回避するため増税は仕方ないとか、安定した年金の確保の為に増税は必至であるという説明をするはずである。この文章を読んで、もしそんな政府関係者に質問をする機会のある人がいたら、ぜひ質問してほしいことがある。

「国の財政が破綻寸前であるというのなら、何故今まで長期の米国債を買い続けてきたのか、又これからも買い続ける必要があるのか」

★ 『 むしられ続ける日本 』・・・アメリカに上納金を献上する日本政府
http://homepage2.nifty.com/motoyama/bond.htm

 >日本の政府は借金も世界一だが資産も世界一。・・・(コピペ)

一般に、財政破綻とか国家破たんを煽る書籍は、日本政府の国債発行残高の多さ(対GDPで150%程度の国債発行残高)だけを注視しているようです。
そして、比較的若い(?)の愛読者の方々からのコメントも、他の先進国に比べると、国債の発行残高の異常な多さを気にしている方がかなり多いような気がする。
アメリカやイギリスやドイツやフランスやイタリアの対GDP比での国債発行残高と比べると、確かに日本の場合は対GDP比では国債発行残高が異常に多い。

しかしながら、私たちは騙されてはいけない。
日本の政府は、結論からいえば、ストック(金融資産も含めて政府が保有している資産)も、765兆円あり、対GDP比で150%程度存在しているのです。
こちらも、他の先進国に比べると、日本政府は、異常に資産リッチな政府ということになります。

しかも、日本政府の保有している資産のうち、金融資産が異常に大きい。日本政府の金融資産だけ見てみると、現金や預貯金だけでおよそ38兆円、有価証券は120兆円弱、貸付金286兆円、出資金47兆円などなど、対GDPで100%近く存在する。ちなみに、日本政府が保有している固定資産も200兆円近い。

25年以上経過した今、計算の仕方にもよりますが、日本の特別会計も含めた1年間のフローの国家予算規模は、250兆円とも500兆円とも、国家公務員でさえも訳のわからない状態まで膨張している。2.5倍から5倍規模にまで膨張しているのだ。その間、日本のGDPは1.7倍しか増えていないのだ。

★ 『 日本の政府は借金も世界一だが資産も世界一。 』
http://diary.jp.aol.com/uvsmfn2xc/1036.html

 その気持ちはよくわかりますが、ノムピョンたちの無策のつけを
今の李明博大統領にはらわさせる訳にはいかんでしょう。

 せっかくの韓国保守政権、ほっとけば韓国左翼(北、中国のあやつり組織)に叩かれ、そうなるとせっかくの保守でありながら 左翼よりの政策しかできなくなってしまう。李明博大統領は確かに反日教育世代でしょうから反日心情を持ち合わせているかもしれませんが、左翼よりはるかに現実主義者でしょう。そんな人間を日本を含め世界が受け入れることによって、韓国人の政権にたいする考え方が変わっていけばいいかと思います。(甘いか)

 韓国は確かに感謝や恩というものを知らないのかと感じますが、もし我々が韓国に援助しなくなるとしたら またノムピョンのような左翼政権になった時です。

 ただ日本の政治家はそんな事に関係なく韓国 中国ならなんでも言うことを聞いてしまうことが気がかりです

どこの国でもマスメディアは・・・

「2009年見通しも厳しい JPモルガン・チェースCEO 」
http://www.usfl.com/Daily/News/08/12/1211_018.asp?id=66161

このニュースを元に、NY市場は動いた模様。

NY市場サマリー(11日)[東京 12日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35393120081211

> <株式> 反落。米自動車メーカー救済見通しが不透明になった。また、JPモルガン
> ・チェース(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)のダイモン最高経営責任者(CEO)が銀
> 行セクターに関する悲観的な発言で金融株が圧迫された。

ただ、ロイターでは、基になった記事を曖昧に表現してます。

「米JPモルガンの第4四半期、非常に悪い見通し─CEO=CNBC」
[ニューヨーク 11日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-35392320081211

 メガバンクの経営責任者のコメントは、相場に多大な影響を与える事ができます。 今回は、非常に悲観的な意見を言った訳ですが、彼はその影響を知っていたはずです。 つまり、何の為に、このコメントを出したのか? 今、上昇傾向にある世界の相場を止めたいから? なんの為に? このまま相場があがり続けると、JPモルガンの損失がでかくなる? などと考えてしまいますよね。

 その悲観的コメントを素直に流したCNBC(米国)も、何か意図がある? 曖昧にしたロイター(英国)は何故・・・

虎侍さん、禿しく同意です
だからこそ、支邦中狂チョソ連中がよだれをたらして
わが国を狙っているんですよ
 チョソ連中は心底腐ってますが、支邦中狂もなかなか手ごわい、、、

コピペデス スマソ
@休みになったのでイギリスの国際英語学校へ行った。フランス人、ロシア人、ドイ
ツ人、中国人、イタリア人、エジプト人、日本人、タイ人多くの外国人々が皆集っ
た。
こんにちは~お互いにこのようなあいさつをして友達になり誰かが突然自国の自慢を
始めたので皆順番に祖国の自慢を始めた。ドイツ人は私たちは創造力がすぐれて大部
分の発明品を作ったし、世界の人々が全部ドイツの製品を真似している。中略
中国人は私たちは世界の3大発明品を全部作った。大部分の間、強大国の時代だったこ
とも多くてアジアの国々に文化を与えて朝貢を受けていた。中略 イギリスはいつも支
配をした。ヒトラーの侵略、ナポレオンの侵略も防御した。日の光が消えない帝国を
建設した!イギリスの金融はアメリカと対等な状態で日本も追い越している。皆あれこ
れ自慢をするのです。日本人の誇る順番が来たんですが、日本人は謙遜して日本には
誇ることがないです。こう言いました。そうしたら世界各国の人々は日本は世界 2位
の経済大国だ!任天堂!さむらい!忍者!相撲!着物!ゲーム!アニメーション!大
好き。世界中の人々は全部日本のアニメーションとゲームをしながら成長する!自動
車はトヨタが好き、日本の家電製品を使っている。日本文化は神秘でファンタスティ
ック!皆日本の自慢をしていました。 私は学校、メディア、政府で学んだ世界で優
秀な人種の韓国人について誇ろうと思ったが、日本人が謙遜してみんなが日本の自慢
をしていることを見て私も日本人の真似をしました。それで韓国には誇ることはない
と言いました。すると各国の人々は悲しい表情を作って言いました。「哀れですね。
誇ることができることが一つもないですか?」他の人々が小さな声でひそひそ話す声
が思わず聞こえてしまいました。「韓国は誇ることがないのか?」「うん。そう。金
正日。核ミサイル。このようなことは有名だが、このようなことは誇ることができな
いでしょう。」  OTL...................
私は慌てました。日本人が誇ることがないと言えば多くの人々は日本の物を次々と誇
ったが、私が誇ることがないと言えば人々は皆悲しい表情をする。
私は直ちに学校とメディアで学んだ内容を言いました。韓国は世界4大文明と似てい
る5000年の歴史でもしかしたらその2倍壮大な 9000年の歴史かも知れない。韓国が日
本に色々教えた。韓国がなければ日本は今も土器の国家だ。三星、LGがある。南北統
一すれば世界で最も優秀な人種の朝鮮人が世界を支配する。そう言うと、世界各国の
人はみんな大爆笑しました。ハハハ。本当に韓国はすごい国家ですよね。世界4大文
明より壮大な国家。日本に教えたんですか?ヨーロッパでもイタリアとギリシアから
文明を受けたが,そんなことを誇るイタリア・ギリシア人はいないです。それならば

国は中国から文化を受けなかったの?そして三星LGを誇る理由は何ですか?三星LGは有
名です。.製品も持っています。しかしそれは日本の企業ではないの? 私は三星LGは
韓国の企業だと死に物狂いで説明したが、皆日本の企業と間違えていると言います。
横の日本人も大爆笑していました。日本人を見て私は急に頭に来て日本人を殴りました。皆、日本のせいだ!悪いことは全部日本だ!こう言いながら殴ったら私を擁護す
る人は誰一人いなくて、皆日本人を擁護しました。どうして日本人を殴るんだ?彼は
全く悪いことをしてない。ところでどうして暴行をはたらくのか?お前は頭が変なのか?私は挫折しました。そうして私は友達がいないさびしい夏休みを英語学校で過ご
しました。
休みが終わって韓国に帰国して家で休んでいて思わずTVを付ければTVでは世界中
で韓国が大人気!韓流熱風だと言っていました。OTL...

韓国を助けたとして、韓国が立ち直るでしょうか、立ち直れないのは明かです、何故なら、今回の韓国の危機は、韓国自身が招いた事で、韓国の産業に投資に値する魅力が失われているからナノです、是を回復するのは並大抵の話ではない、自身の信用を散々貶めてきたツケが回ってきた、つまり、自爆と言う事ですので、その体質=国民性が改善されない限り幾ら助けても、何れ同じ結論しか出ないでしょう。
@まったく同感です
 この腐れ国家はいくら金恵んでも助けたことにはなりません
 ざるで水すくうようなもの、、構造的な問題ですから、対症療法ではどうしようもない
  究極に「助ける」方法がひとつだけあります
   もうおわかりですね、石器時代だったチョソをまがいなりにも近代化して「助けた」ことがありましあtね、、、かつて
 あれですよ、、  
  でも その結果がどうなったかというと、、、、

韓国人たちは反日教育を受けそれを盲信している愚民であるから、本来助けても見返りはないでしょ。でも韓国がさらに左傾・反日となり経済が全く成り立たなく状態でも少し困りませんか。何もこちらの負担になるような支援をすることはないと思いますが、見放してもっと厄介な存在にするのもいかがかなと思います。生かさず殺さずの匙加減って破綻しない程度に維持することですからIMF通じての支援となるんだろうかなと思います。

政治家の仕事は国益と国の安全です

< 政治を監視する >

危険な政治家ばかりの日本
信用なら無いマスメディア

すこ~し時間を作ってください
みんなで政治を監視しましょう

本日の「危険な請願はこれだ!」
もしくは「日本国民が支持すべき請願はこれだ!」はどれですか?

v-157 請願の一覧  http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_seigan.htm
衆議院TV http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

墓穴を掘る中国

アメリカに対抗しようとしている覇権主義国家中国が墓穴を掘り始めました。中国は歴史に学ばない国です。世界の仲間入りを拒否し、排外的な行動がどれくらいマイナスになるか学んでいません。75年前ラルフ・タウンゼントが「歴史に見る中国人の変わらない気質」と書いています。不幸な民です。

【12月12日】の報道です。
中国当局は中国人がネット上での言論の自由を厳しく制御し、ネットに掲載された内容を封鎖するほか、中国国内の外資系企業に対してもさらなる制御の動きが最近あった。

外資系企業は自社のコンピュター・セキュリティ技術を当局へ提出し、認可を受けることを義務づける新条例が公布された。この条例は、外資系の企業機密提出を求められる可能性もあることから、北京およびワシントン間での貿易関係に緊張が走った。

この条例は来年5月1日に施行されます。外資系企業の締め出しでしょうか。企業秘密であるITセキュリティー情報を最も危ない中国に開示できるわけがありません。

中国国内の外資系企業の乗っ取りを画策始めたのでしょうか。中国ならやりかねません。軒先を貸りて母屋を乗っ取るのが長年培ってきた中国技術です。

その結果どうなるかは考えていません。恐ろしい国です。

自立

日本の「自立」する姿勢を世界に見せるより仕方が無い時に田母神論文一枚で日本の政治家・マスコミが方向を見失う様な国に成ってる現実・恥ずかしい姿を世界に見せてしまいました。

恥ずかしいと同時に物凄い「国益」を失いました。この論文で反論した人の批判は「大学生の論文」「文民統制」「空幕長の立場」この程度でしか反論できないのです。

韓国を救う次元の問題とは異なる損失を「屁」とも考えない日本の政治家・経済人が韓国の援助要請に「応える」しか「能」がないでしょう。竹島・過去の歴史などマトモな事を云える訳がない気がします。

日本人が日本の歴史をまともに伝えられる国に成らない限り、世界とは正常な関係は持てない。それほど「重要」な論文を「重要」な地位の人間が書いた事に「同調」出来ない程、日本自体が「腐」れ切って居るのです。

殆どが日本人自体が作りだした事~「日本人の敵は日本人」~これを日本の政治家が判って欲しい。(政治家の80%が日本人魂を無くして居る様ですから無理でしょうか?)~~~日本の政治家が「正気」を取りかえす?現状では難しい~~~20%の日本政治家が日本の有権者の目を覚まさせる様に頑張って欲しい。

管理人さま、お邪魔します(^^)
『 脱サラ目指せ!FX道 』の管理人の和広と申します。

今回、相互リンクのお願いをしたく、
書き込みさせてもらいました。


当サイトは、
FX系中心の生活ブログになりますが、
よろしければ、相互リンクのほど宜しくお願いします。


お忙しい毎日とは思いますが
ご検討のほど、よろしくお願い致します。
お返事お待ちしております。


そして、こちらから先にリンク集に
御サイトのリンクを貼らせてもらいました。



↓当サイトのデータ↓

希望タイトル:脱サラ目指せ!FX道
サイトURL:http://home85meifx.blog41.fc2.com/
管理人名:和広


それでは、失礼致しました。
管理人 和広

政治家の仕事は国益と国の安全です

申し訳ありません。上記コメントの<政治を監視する>に追加させてください。

v-157 衆議院―議案
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

救う価値がない國。

>見放してもっと厄介な存在にするのもいかがかな
 見放したらドゥ成るのでしょうか、或いは、見放さなかったらドゥ成るのでしょうか。

 前者は「誰が」見放すかで決まります、つまり、米国が軍事的にも経済的にも本格的に見放した場合です、是は、半島の38度線にあった軍事的防衛ラインを対馬海峡まで下げる事を、直截意味します。

 幾ら誇大妄想狂の韓国陸海軍でも、単独で大陸勢と軍事的に渡り合える等とは思っていないと思いますから、見放された瞬間に向こうの軍門に下る措置を採るでしょう、しかし、軍門に下られた方は、米軍との対峙を強要されたのと同じ事ですから、拒絶する可能性もあります、否、国際的な信用度が低い韓国ですから、「侵略」の濡れ衣を掛けられる可能性だってあります、その場合、韓国の後ろ盾には誰もいない事に成るわけです。

 此処で、シナ人民軍が南下を始めて、其れに呼応した形で米軍が動けば、正に朝鮮戦争と同じシチュエーションに成るわけですが、もし、米軍が居なかったら、軍事同盟を破棄して動かなかったら、半島はシナの領土に成ったも同じ事になります、そう言う想定有事の際の軍事的な駆け引きは、既に、米中間で終わっているでしょう、核大国同志では、お互いに戦争をできるだけ避けたいのが、本音ですから。

 先日まではロシアの存在も脅威だったのですが、ロシアはグルジア侵攻のペナルティで、原油価格を短期に急落させられ、兵糧攻めに遭っています、溜め込んだ国富を相当数吐き出す事になるでしょうから、大量の資金が要る遠い半島までは出兵すれば、ロシア経済の命取りに成りかねない、希少金属の開発には更に金も時間もかかるわけですから、ロシアの半島利権への関与は現実的では無くなったと思います。

 どっちにしても、通貨スワップ協定は来年の4月30日まででしょう、米国の対韓国の経済的な支援はその時点で終了と看て良いかと、つまり、経済的には既に米国が見放していると看ています、是は、リーマン破綻の際の韓国政府の仕打ちに対する報復と看ても善いかも知れません。

 では、見捨てなかった場合ですが、前述した様に、韓国経済の問題点は、自力での技術開発力が全く育っていない、労働問題も潜在している、貸した金が戻ってこないと言う社会的なモラルが低い、自立心が不足しすぎている・・等、将来を見据えた場合、不安材料ダラケで、全く魅力的な部分がないと言う現実は変えようが無い。

 そんな韓国の急場を救った処で、亦、10年以内に破綻するのは見えています、今だって、IMFに打診くらいはしているのでしょうが、なかなか内示が降りないのが、正直な処ではないのかと、焦らせば、ウォン維持の為に外貨準備金はドンドン減る事になり、手持ちの米国債をスワップ終了時点で回収される約束であれば、韓国の手持ちは、紙屑候補のファニーメイとフレディマックだけになるワケです。

 ご臨終と言うことになりますね。

 国連の委託統治でも受ける羽目になるのでは、と思います。

はじめまして。
私は大学3年で、国際関係を学んでいるものです。
ブログを拝見しましたが、とても興味深かったです。私の大学の先生と言っていることが似ているからです。

いま、アメリカ、中国、日本、台湾の関係を学んでいます。日本はアメリカから『完全に』独立できるんでしょうか。アメリカと中国の戦争は起こるんでしょうか。

今後もブログを楽しみにしています。

大前研一氏には、自分の発言が社会に与える影響について、責任を取ってほしいですね。思いつきの垂れ流しはやめてほしいです。

シナで起こっている事

>こじつけもいい加減にしろ
 「こじつけもいい加減にしろ」とは、誰より貴方に贈りたい言葉です。
>>共産党による中央政府57兆円、地方政府400兆円のスピーディーな内需拡大策によって、来年は、唯一8パーセントの成長をするだろう。
 内需拡大策とは云うが、もし是が本当だとして、この大金を一体何に遣うのか、現在のシナの産業の質や、社会構造から云って、簡単に個人消費が拡大することなどあり得ない、すると、政策次第と言うことになるが、現実にシナ政府がやっている事とは、
<「宮崎正弘の世界ニュース速読み」より抜粋・転載>
(前略)、さてフランスのサルコジ大統領は先週、ポーランドでダライラマ法王と会談したが、これに立腹したと言い訳をでっち挙げて、中国は発注済みのエアバスをキャンセルするという、西側資本主義国家の、契約社会では考えられない暴挙(合計100億ユーロ、邦貨換算1兆二千億円)だ。

 じつは米国ボーイングへの大量発注もキャンセルしている。

 中国の国有航空企業の赤字は42億人民元にのぼり、新型機を発注するどころではなくなった。
 
右肩上がりだった旅客が、突然、右肩下がりになったからだ。

 中国南方航空は政府から30億人民元を救援して貰い、かろうじて倒産を免れているが、東方航空、海南航空が、政府支援を近く要請するという。

 しかしこれらの企業がエアバス、ボーイングへ新型機を発注するのは政府閣僚レベルの許可がなくてはあり得ないことである。発注時に前払い金を払い、さらにキャンセルの場合は10%の違約金が常識の世界だから。

 ちなみに「中国が保有する民間航空機は合計1208機。エアバスが33%(399機)、ボーイングが57%の688機新型機で、残りが欧米以外の航空機である」(ヘラルドトリビューン、12月11日付け)。

 しかも半年以内に納入予定だった注文を土壇場へ来て、さらに10%もの違約金を支払ってまでキャンセルするという前代未聞の出来事は、中国の航空業界がどれほどの客離れ、経営難に遭遇しているかを推し量ることが出来る。
<引用止め>
 民間需要を喚起し、国内の景気を挙げて行くには、公共事業=大型のインフラ整備を行えば、仕事が増え、庶民に金が行き渡って購買力が上がり、経済が活気着くと言うのが、短期的に一番効果が上がり易い政策だろうが、四川大地震の復興事業にさえ金を回していないシナ共産党だから、そう言う手法は是からも積極的には採らないと看て善いのではないか、処が、1機数十億円もする旅客機の大量リプレースなら、仲介口銭も莫大になる、私腹を肥やすことが何にも優先するシナ人が此の濡れ手に粟のチャンスを見逃すわけがないのに、この始末です。

 不思議ですね。

 実は、内情は火の車ナンじゃないんですか、それこそ、その責任を追求すれば、現政権から死刑者が出るくらいの程度の。

 もし、一党独裁を解消すれば忽ち死刑なら、この世間から密かに尊敬を集めている人達の「一党独裁の否定」アピールは効きますね、心胆寒から強めたと云って善いでしょう。

 弾圧が心底心配ですね。

ソロさん、出だしから間違ってますよ

 中共で、お金を下に回すときには、途中でピンハネされるのが、基本ですぞ。 最悪の例は、約90%ピンハネされていたような。

 中央政府57兆円、地方政府400兆円とありますが、農民とか農工の手に届くときには・・・いったい、いくらになるのでしょう?

ご指摘有り難う御座います。

 スンマセン、投稿先のエントリを間違っていますね。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/398-b164bd30

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。