スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓 麻生首相殿    11月17日(月)


金融サミットが15日閉幕しました。

麻生首相は今回の金融サミットで「リーダーシップを発揮したい」と
強調して、会議に臨みました。

そしてサミット冒頭から麻生首相はIMFへの10兆円融資や
発展途上国支援3000億円規模の新基金創設などを打ち出しました。

しかし日本は先進国の中でもワーストクラスの長期債務を抱えている
なかで10兆円もIMFに融資に踏み切る余力はない筈です。

最初は崩壊寸前の韓国などから直接、支援要求を避けるためにIMF
経由にするためだと思っていました。
IMF経由にすれば取り立ても容赦をしませんので,日本も気を揉む
必要がありません。

10年前のアジア通貨危機の時 デフォルト寸前の状況まで追い込まれ
た韓国は、IMFから210億ドル、日本から100億ドル、米国50億
ドル、世界銀行、アジア開発銀行等の融資を合わせると570億ドルの
援助を受けてやっと崩壊が免れました。

しかし韓国はIMFその他の融資は完済しましたが、日本の100億ドル
は未だ完済されていません。返済する気もないみたいです。

このような韓国に直接融資の事態を避けるためにIMFに10兆円融資
したと思っていました。

しかし当日サミットの当地で日中韓は緊急時に外貨を相互融通する2国
間スワップ協定の規模拡大を検討することで一致したという記事を見て
気分が悪くなりました。

韓国はすでに日本とは130億ドル規模の通貨スワップ協定を結んで
います。

今回の金融危機でIMFは既に破綻しているアイスランドの救済に入って
いるし、そのうえハンガリー、ウクライナ、パキスタンなどへの支援も
行わなくてはいけない、再び通貨危機が忍び寄る韓国にかまって
いられない。

そこで韓国は金の借り易い日本とのスワップ協定を拡大したと
思われます。

日本はIMF、世界銀行、アジア開発銀行等の融資額はアメリカ以外の
他国を圧倒しています。世界銀行の資金源は加盟国の出資金は少なく
世界銀行債券が多くをしめています。日本はこの銀行債券を大量に
買わされています。

しかしいずれの場合も発言権は低いです。アジア開発銀行の場合は
日本の融資額が圧倒していますので総裁は歴代日本人が勤めて
います。現在の総裁は黒田東彦氏です。

黒田氏は危険な東アジア共同体の発案者であり強力な推進者です。

東アジア共同体とはEUに対抗して「ヒト」「モノ」「カネ」の移動を
自由化することです。自由化を試みた場合、中国の問題ある食品や
商品がチェックされずに日本に流通します、「ヒト」の自由化は
大量の中国難民が流入します。「カネ」の統合は日本円の価値で
中国元の価値を支えることになります。

東アジア共同体は危険な人格欠如の中国人に日本国が乗っ取られる
事を意味しています。

融資額の低いにもかかわらず中国が既に理事としてアジア開発銀行
に入り黒田氏を取り込んでいます。

胡錦濤主席は黒田氏に中国の経済・社会発展について説明して協力
を要請,温家宝首相とはビエンチャンで会談、黒田氏は引き続き中国
への協力を約束,回良玉副首相とも北京の中南海で会見。
記事になった公的な会談だけでもこれだけ中国人の要人と会って
います。

テロ支援国家指定が解除になった北朝鮮は当然のごとくアジア開発
銀行に加盟して開発銀行の資金を使うつもりです。中国の傀儡に
なっている黒田総裁は中国の圧力で北朝鮮をアジア開発銀行に加盟
させると思われます。

話が例によってまた横道にそれました。本道に戻します。

麻生氏がIMFに10兆円も融資するなど理解できません。IMFでの
発言力を強めるためと思われますが、いくら出資しても無駄です。
IMFはアメリカと欧州が抑えています。

IMFの歴代の議長はすべて欧州出身者が選出されています。
現在の議長はフランスです。

今回の金融危機で資金不足に陥ったIMFに欧州各国は一銭も
出さずに なぜ日本だけが10兆円も融資するのですか?

外貨準備高が世界一になった中国すら今回IMFの支援を見送って
います。中国は「世界銀行傘下の貿易融資プログラムには
積極的関与姿勢をサミットで表明した」と言い訳しています。

胡錦濤は15日の演説で先進国に対して、金融市場の安定化で「ある
べき責任と義務を果たすべきだ」と求め,そして新興市場を含む発展
途上国の発言権強化を求める方針を表明しています。

中国の強かさがみえます。そのうえ「中国経済の発展は世界経済の
発展を促す」と大見得を切りました。

それに比べて麻生首相は存在感を見せようとして見返りのない大金
10兆円を痛みも感ぜず安易に出してしまいました。
大金をだすなら各国が頭を下げて日本に御願いしてからでも遅く
ありません、そのほうがアメリカや欧州に恩を売ることになりIMFでの
発言力も強くなります。

日本人はどうして演技やかけ引きができないのでしょうか?麻生首相
がビジネスマン出身とも思われません、なさけない話です。

麻生首相は閉幕後 記者会見で10兆円出資についてブラウン
英首相から賞賛されたと胸を張ったそうです。

麻生殿 イギリスはアメリカ以上に金融危機だと知っていますか?
10兆円もIMFに出してくれる日本にびっくりするのは当たり
まえです。

日本は張子の軍隊と国を守る事のできない憲法を持っている間は
国際舞台でリーダーシップを発揮することも存在感を示すことも危険
がいっぱいです。

出るくいは叩かれます。カネも簡単に出せば馬鹿にして たかられる
だけです。日本は国際舞台では決して目立ってはいけません。
心配しなくても知らぬ間に世界のビジネス界では日本中心に回り
始めています。

日本は誠実さと真面目さだけを見せていれば自然に日本は世界に
存在感を高めていきます。

麻生首相は「日本の底力」という言葉を時々発しますが、本当の底力
は、世界に信用されている日本人の人格です。

決して財布の中身ではありません。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

今回の融資が正しいかどうかは自分には判断できませんし、政治的な駆け引きに関しては
なおさら難しいです。

ただ、日本の外貨準備高のなかで塩漬けになり売り払うことも出来ず、円高ドル安で延々と
価値が下がり続けている米国積を活用できるなら意味はあるかと思います。

IMFへ貸し出して、米国積以上の利回りが付くことが絶対条件ですが……

世界経済の崩壊は望みませんが、まずは日本の傷を最小限にとどめるべきでしょう、
数年後にこの融資で正解だったと思える事を祈るしかありません。

福田首相のときは

実際の行動が予想(売国的)どおりだったので、変なことをして怒りはしても失望することはなかった(既に諦めていたので)のですが...
安倍前首相や麻生首相は、首相になる前の言い分や態度と、首相になってからのそれが裏切りに近いほどあからさまなので、非常に失望させられます。
日本の国益を考える保守首相かと思いきや、結構な割合で日本を憂う国民のことを裏切り続けています。
私たちが首相に期待しているものは、首相になる前に示していたその毅然とした保守的・国益重視な姿勢だったのに、首相になった瞬間皆無になります。
もう政局だの不況だのといった言い訳は聞きたくありません。
保守・国益重視をベースにした国家運営を指揮できない首相など要りません。

朝日新聞の記事をみられたのですか?
確かブルームバーグなど他のメディアでは

‥取引の拡大を検討する‥

という表現でしたが。要するに何もしないということかと思います。

IMFへ出資しても「日本はポンポン金を出すバカだ」と見くびられる
危険性は確かにあります。
ただし、世界で唯一無傷に近い日本が今出し渋ると途端に
ジャパンバッシングが始まるのはほぼ確実かと思われます。

IMFに出さないと、IMF経由じゃなくて直接貸せ!とどこかの国が
ストーキングしてくるでしょうからさっさと国際ヤクザであるIMFに
預けたのは正解ではないでしょうか?IMFは国ではありませんから、
日本への借金も踏み倒しにくいかと。

日本は金を出すだけで発言権が無い、と言う危惧は確かにありますが
それでも今出さないと世界中から恨みを買ってしまいます。
そしてブログ主様がおっしゃる通り、日本の真の強みは信頼性です。
油断は禁物ですが、いずれは金と技術に相応しい発言力が
得られるのでは無いでしょうか?
どうせ今は円高で外貨準備高を崩す訳にはいきません。大事にとって
おいても全然使えず恨まれるだけなら、財布がゆるいと陰口を叩かれても
後でしっかり利子付で取り返せる恩を売った方が良いのでは?
発言力拡大を狙うなら、不利を覚悟でもそれをやるしか…残念ながら、
欧米は一時的に日本に頭を下げても後々で恨みを返してきますから。

後、韓国とのスワップ協定は「拡大する”可能性””を検討する”」と言う
いわゆる言葉遊びで足蹴にしたみたいですよ。多分韓国側から
「頼むから完全否定だけはしないで!」と泣きつかれて「はいはい、
ひょっとしたらやるかもしれないって事にしておいてあげるよ」と
追い払ったのではないでしょうか。もし本当に韓国に支援なんかしたら
私の麻生首相評価は墜落するのは確実ですが。

ちなみにこれが「拡大する可能性を検討する」と明記してある
http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=axJWDTdhbsds
ブルームバーグの記事です。これが毎日新聞にかかると
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000094-mai-bus_all
拡大を検討する、と”可能性”をわざわざ省いているんですよ。
朝日も同じ事をやっていますから、多分ブルームバーグの方が正しく、
これについて聞かれたら毎日・朝日は「紙面の都合」とテープ音声を
流す気で居るのでしょう、きっと。

ちょっと話はそれますが、最近は産経もおかしな事になっています。
これやhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081115-00000522-san-int
これではhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000002-fsi-bus_all
と産経らしく概ね麻生首相に好意的なのですが、
これでは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081116-00000525-san-bus_all
日本はもうダメだ、日本は嫌われ者、日本は無能!とまるで朝日か
創価にハッキングでもされたのかと思う様な記事を書いています。
産経…狙われているのかな?国籍改正法案について唯一報道している
メディアだから、集中攻撃を受けているかもしれない…

民主党がバカをやっている間は実現しないと思われる韓国支援より、
邪魔な産経を潰そうとしている気配がある方が個人的には怖いです。

国際的に日本のような経済力はあっても軍事力のない債権国は債務国より立場が低いというのが常識です
債務国に貸した金を踏み倒されても、取り立てる手段=軍事力がありませんから
しかしIMFに融資するという事はIMFの事実上のオーナーである軍事超大国であるアメリカが債権回収者なわけなので
日本としては二国間のやり取りで融資するよりはベターな方法だと思います
ただしそれは通常の場合では、ですが
金融危機でアメリカ自身にも火が付いているので少し不安を感じます

はじめまして~
私は今回の10兆円は、今のところ国内で使えるわけでもないお金なので、IMFにならいいかな~と思っています。
もちろん、管理人様がおっしゃるように、韓国とスワップをするようなら、
上の方も書いておられるように、私も麻生さんの評価は墜落しますが・・。
他の方が書かれているように検討する、ということで足蹴にしているのならいいのですが・・・不安ですよね。
IMF以外にお金を出すのは反対なんですけど・・・。
経済って難しい・・・・・。

申し訳ありませんが緊急ですので。

管理人様、再々のレス違いどうかご容赦下さい。
この「国籍法改正」及び「二重国籍容認」を許せばこの日本がチベット、ウイグルのようになります。
そしてこのコメント見ている皆様北京オリンピックの聖火リレーの時の長野を思い出してください。
あの時よりひどいことが全国でこれから起こるかもしれないのです。
日本の伝統や文化の破戒、皆様の現在お住まいの地区や郷里の治安の悪化、日本人より低賃金不法就労者の増加による日本人の雇用情勢の悪化等考えればきりがありません。
この「国籍法改正」の件については自分の知る限り未だにあまりマスコミでは取り上げられていません。
残念なのは、自分の知る限り自民党(保守派)の議員さんや平沼赳夫議員と西村真悟議員は反対してくれているみたいですが、民主党は党として賛成に回っていることです。(敬称略)
以下国籍法改正案まとめWIKIより一部抜粋です。

■問題点
DNA鑑定等の科学的根拠が不要(DNA鑑定を設けていないの)で、日本国籍の取得が容易かつ無制限に可能。
出生後に認知された「子供」にも国籍を付与される = 満19歳で認知 → 国籍取得も可能   【補足 子供の定義:父又は母が認知した子で二十歳未満のもの】
罰則が20万円以下の罰金、懲役1年以下とかなり緩やかで、抑止効果は無きに等しい
科学的根拠に基づく証明手段がなく、自己申告である認知と聞き取り調査のみなので虚偽の申請を見抜く確実な方法が無い
   → 実の子でない者を認知することは出来ないので、その場合の国籍申請は虚偽の申請にあたります。 しかし、実の子でないことを証明できる手段(DNA鑑定など)が義務付けられていない・・・ということは。

結果:本改正案の悪用を防止することはかなり困難。

人身売買・児童買春などの悪質な犯罪に利用される可能性が高い。
本来日本国籍を持つべきでない者に対してまで不用意に国籍を付与するため、治安の悪化、国防を脅かす恐れも大。(日本にはスパイ防止法が無い)
真面目に収めてきた税金や年金を、不適当な者(偽装認知で国籍を取得した者とその家族など)(※1)の生活保護のために使われるのではないか、という懸念を残念ながら持たざるを得ない

詳しくは
国籍法改正案まとめWIKI
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/pages/14.html
をまず一度見てください。
そして何か感じたらメールでもFAXでもいいので送って下さい。
今、みなさんの、我が国の危機です。
自分も今、できうる事をやっています。
一部の議員さんからはお返事も頂いています。
18日の法務委員会で審議があります。
みなさんの一通のメールやFAXがみなさんの、子供達、子孫の未来を守りますどうか宜しくお願いします。
長々と長文になりましたことを深くお詫びします。
宜しくお願いします。

あなたのブログはとても影響力があると思うのでぜひ今回の「国籍法改正案」と「二重国籍容認」について論じてください
署名TVでネット署名もやっています

ちとお話から外れますが
>日本は先進国の中でもワーストクラスの長期債務を抱えている
これは外債ではなく内債ですよね。
国民からの借金ですから、すぐ返せとは国民は言わない。
他国、特に韓国(短期外債)とは比べられないものですよね。
借金には違いないので、問題は問題ですが。
麻生総理の先日30日の記者会見全文
http://www.kantei.go.jp/jp/asospeech/2008/10/30kaiken.html
を読んでみると、内需拡大が重要なのはよく認識しておられるようです。
そのあたりも会見には十分含まれていたと感じました。

アメリカのためのIMFですから、多くを期待しても無駄でしょう。
記事の最初と最後では少々ブレが感じられますが、気のせいでしょうか?w

銀時さん
私も土曜日に議員たちにメールをたくさん送りました。
多くの議員が知らない間に・・・と言うのが不気味です。

>麻生氏がIMFに10兆円も融資するなど理解できません。

日本が、韓国に対して有する下記の貸付金を10兆円の内訳としてINFに対して融資としたら回収してくれるのではないでしょうか。
かの国は、日本には返済するつもりはないようですので。

1.1997年の韓国が通貨危機に陥った際に日本が、韓国に融資して未だ返済されていない67億ドル

2.2002年のワールドカップ共催に際して韓国に競技場建設費として融資した30億ドル

日本を見ていると利益を求めない「非営利団体」ではないかと思うことがあります。

どんな国でも国家が金をだす場合には、何がしかの目的(国家利益)を求める「営利団体」でなければならないと思うのですが。金をだしても感謝もされる訳でなし、国際的発言力が増した訳でなし。
今だに、売る勇気もない米国債をセッセと買い、中韓には戦後処理の難クセをつけられては金をせびられ。彼等は、この日本をATMとしか見ていないのだろう。この日本には国家戦略がないというのか、場渡り的というのか、全く感じられない。

この日本を、「NPO国家」にしてはいけないよ、麻生さん。


http://m.youtube.com/watch?v=gzJGyGXgj2Y&rl=yes&client=mv-google&gl=JP&hl=ja&guid=ON

やはり、「規模の拡大について検討することで一致した」とありますね。

IMFの出資について

いつも楽しく拝見させていただいてます。
今回のIMFへの追加出資についてお怒りのようですが、追加出資は至極当然のことと思います。
別に日本国内に保存されている10兆円をドルに代えて出資するわけでもなく、
貿易の決済金としてあまりあまった余剰的な$(多分米国債)から出資するのですから死に金のうまい使い方です。
でも、米国は反対したいようですが。
なんでも、議決権=出資額であり、17%が拒否権単独行使条件でそれを崩されるのが嫌だとか。
また、韓国との通貨スワップ拡大ですが、国内マスコミが意図的に、さも決まったことかのように報道してますが、「あくまでも役人の使う前向きに検討します」に等しいものです。

今すぐ国籍法改正案の記事を書いてください。

v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133

緊急事態であることをご理解ください。 
闇法案可決まで残り24時間切りました!!! 

いまは経済・金融問題はおいておいて、
すぐに国籍法改正案についてのブログを書いていただきたく、お願い申し上げます。
時間が本当にありません。
我々がいくらコメント欄に書いても、多くの方々にはなかなか伝わりません。
緊急事態にあることをご存じないのでしょうか?

<まずは以下の動画で概要を理解してください>
http://jp.youtube.com/watch?v=pC0fImgoY9g
恐ろしい国籍法改悪案!河野太郎を絶対に許さない!
http://jp.youtube.com/watch?v=tsylEcVD45s
国籍法改悪から「二重国籍」法案?売国議員河野太郎の暴走を止めよう!

<より詳しい内容は以下のまとめサイト>
国籍法改正案まとめWIKI
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/
国民が知らない反日の実態
http://www35.atwiki.jp/kolia/

v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133v-133

今ブログで書かないと一生後悔すると思います。

国籍法改正案によって、凶悪外国人(ほとんどが中国人・韓国人)が何十万・何百万・何千万と合法的に日本人になってしまうのですよ!!!!!!
治安は壊滅。
我々や子供たちの中にも死人が出るでしょう。
外国人参政権などなくとも、特亜の工作員が日本人になって国政を乗っ取ります。

外国人参政権・人権擁護法案・移民1000万人・沖縄一国二制度以上の悪法と言えます。

推進者は、公明党の全議員・自民党の河野太郎・猪口邦子。
民主党は党全体として法案に賛成。
法案を阻止しようと動いている国会議員は自民党の保守系議員だけです。

今、自民党の保守議員が戦っている真っ最中です。
我々国民は彼らを支援しなければなりません。

今全国で、FAX、電話、E-mailによって、全国会議員に悪法反対の声を届けています。
中韓を知りすぎた男をご覧になっている国民は非常に多いので、
ブログで記事を書けば、有志の声が大きくなり、何も知らない国民にももっと知らせることが出来ます。

お願いですからブログを書いてください。

すみません、今回のIMFへの10兆円拠出は、寧ろ良い手みたいですよ。
2ちゃんねるのまとめサイトですが、分かり易い解説がしてあって勉強に
なりました。
働くモノニュース
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1598.html

国籍法改正案の恐ろしさを報じた唯一のメディア

チャンネル桜での報道

http://jp.youtube.com/watch?v=WfLfutS9PKw
http://jp.youtube.com/watch?v=VIyqySjcYtY
http://jp.youtube.com/watch?v=E0E58EsYw6g
クーデター発生か?! 「国籍法」改正案成立の危機

国家権力が中国・韓国に乗っ取られる

国籍法改正案によって、日本人の血が途絶えます。
また、二重国籍によって、外国人のまま政治家になれ、警察官になれ、自衛官になれるようにもなります。

河野洋平の息子、河野太郎が首謀者。

田母神問題も、国籍法改正案を隠蔽するためのマスコミ工作の一種か

田母神問題などどうでも良くなるほど、国籍法改正案は重大問題です。

マスコミは意図的に他のニュースを取り上げ、国籍法改正案をスルーしています。
大手マスコミで報じたのは産経新聞のみです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081115/stt0811150054000-n1.htm
国籍法改正案審議入り 不正認知横行の懸念も

>しかし日本は先進国の中でもワーストクラスの長期債務を抱えている
>なかで10兆円もIMFに融資に踏み切る余力はない筈です。

どの道、外貨準備に関しては解消しようにもドル売りなら円高、
米国債部分を解消するなら米国債の暴落の可能性は避けられないのでこの部分は運用・換金のできない箪笥貯金化していませんか?
無理やり現金化して財源に組み込もうとする政党はありましたが。

運用できずに宙に浮いているならIMFに貸し付けるのも可だと思われます。しかも現金部分ではなく米国債の貸付ですからさらに運用の難しい部分で解決しています。

>しかし韓国はIMFその他の融資は完済しましたが、日本の100億ドル
>は未だ完済されていません。返済する気もないみたいです。

この点をマスコミは言及しませんね。血税でないとはいえ。
そういうのを放っておいて日中韓の基金とかマンセーしてますし。

>しかしいずれの場合も発言権は低いです。

麻生は発言権の強化ではなく、支援の場合はIMFを通じてしか行わないと言う点を強調するのが目的では?
すでに10兆円分の支援が済んでいますから個別支援は断りやすいと思いますよ。おっしゃるとおり金融危機に10兆円分も供出しているという事実があるのですから。

ついでにいうとIMFの主導権が誰にあるというのもこの場合は関係ないかと。
10兆円程度ではすべての国を救うことはどの道できません。
IMFが救済先を選ぶというならIMFが恨まれることであって日本が恨まれることではありませんから。

強いて言うならIMFを通じて支援は行われるので日本が感謝される割合は小さくなってしまうかもしれないことでしょうか?

どの道この件は日本人として少し自慢できることではないかと思います。
おっしゃるとおり金融危機のなかで10兆円も出せるというのは驚きです。
浮き金を使っているだけであっても誇りに思いますよ。

国籍法改正案は民主党もグル疑惑

<民主>「党首会談17日中に」自民に申し入れ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081117-00000047-mai-pol
11月17日12時54分配信 毎日新聞

 民主党は17日午前、小沢一郎代表らが党本部で幹部会を開き、政府は追加経済対策の裏付けとなる08年度第2次補正予算案を今国会に提出すべきだとの認識で一致、2次補正予算案に関する小沢氏と麻生太郎首相の党首会談を同日中に行うよう自民党に申し入れることを決めた。
 幹部会の後、鳩山由紀夫幹事長は記者団に対し、自民党が党首会談に応じなければ、18日予定の参院外交防衛委員会でのインド洋給油活動を延長する新テロ対策特別措置法改正案の採決を先送りする考えを示した。
 鳩山氏は「2次補正予算案を提出しなければ重大な決意がある。採決前に会談が実現しなければ、それ以降の審議に大きな影響があるということだ」と強調した。【田中成之】
----------
なぜ今日いきなり「今日中に」党首会談を開くよう圧力をかけたのか?
今日の夜の太郎会にて、戸井田議員が麻生総理に国籍法改正案の問題を伝える予定。
もしかして民主党は「太郎会」を妨害し、国籍法改正案を強引に可決させようとしているのではないか?

【参考】
民主党の正体 http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html

米国債を担保にアメリカからドルを借りて核兵器なりラプターなり、色々アメリカにあるものを買えないものでしょうか?アメリカの消費に貢献するし、日本もお得な気持ちになります。(^^;)

国籍法改正案を阻止すべく戦っている真っ最中の国会議員

宮路和明
稲葉大和
並木正芳
赤池誠章
稲田朋美
安次富修
新井悦二
井澤京子
上野賢一郎
遠藤宣彦
近江屋信弘
鍵田忠兵衛
岡部英明
亀岡偉民
川条志嘉
木原誠二
木挽司
近藤三津枝
篠田陽介
杉田元司
薗浦健太郎
平将明
鳥修一
永岡桂子
萩原誠司
林潤
牧原 秀樹
松本洋平
馬渡龍治
矢野隆司
山本ともひろ
若宮健嗣

平沼赳夫
戸井田とおる
中山 成彬

国籍法改正案で、ドイツの失敗の二の舞になる

◆海外ではドイツでこんなことが
父親が認知をし、母親の同意で父子関係が成立する法律のあるドイツでは、悪用ケースが多く、認知無効にできる法律が新たに出来ました。
その間10年かかっています・・・・・!(2ページ目にも同じ記事有り)

【ドイツ】 偽装父子関係の認知無効を可能にする法律
ドイツでは、1998 年の親子法改革により、父親の認知宣言と母親の同意だけで父子関係の認知が成立することになった。
これにより、生物的な父子関係のみでなく、社会的な父子関係についても法的な認知が可能となった。
ところが、この制度を悪用して滞在法上の資格を得ようとする事例が現れた。
例えば、 滞在許可の期限が切れて出国義務のある女性が、ドイツ国籍を有するホームレスにお金を払って自分の息子を認知してもらう。
この認知によって息子は自動的にドイツ市民となり、その母もドイツに滞在できることになる。
このような制度の悪用を防止するために、2008年3月13 日「父子関係の認知無効のための権利を補足する法律」が制定された。
民法典の改正により、父子間に社会的・家族的関係が存在しないのに認知によって子や親の入国・滞在が認められる条件が整うケースに限って、父子関係の認知無効を求める権利が管轄官庁にも与えられることとなった。
(齋藤 純子・海外立法情報調査室)
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/legis/23501/02350112.pdf5ページ目

>スワップ協定の規模拡大を検討することで一致した。

皆さんもご指摘の通り、朝日と毎日は毎度の如く、特殊フィルター経由で記事を書いているようですw
「規模拡大で一致した」と書いているのは朝鮮日報も同様です。
あくまで、「規模拡大を検討するとこで一致した」にすぎません。
個人的には日本と中国が拡大案を呑むとは思えませんが…。

IMFを通じた融資に関しては、私は日本が現在継続的に行っている外貨準備高の運用だと認識しています。
またIMFは単なる取り立て屋と見做しているように思います。

国会議員のブログで、国籍法改正案を知る

◆戸井田とおる 丸坊主日記 http://blog.goo.ne.jp/toidahimeji/e/a3498ebf91da9a6fa8f5684d8578e538
明日は「太郎会」

◆「イケ!イケ!あかいけ」 衆議院議員赤池まさあきの国政日記
http://akaikemasaaki.spaces.live.com/blog/cns!27D9834FB685DFCD!1284.entry
国籍法改正 パート4

◆城内実の「とことん信念!」
http://www.m-kiuchi.com/2008/11/17/yukokunoshishiatumaru/
「国籍法」改悪:日本もまだすてたものではない
 

これに関して「財務省公式リリース」が出ています。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/201115joint_message.pdf 日本語版

 韓国へのスワップを拡大する可能性を検討すると言っているのです。
 実質的にはまったく拡大する意思は無いようです。

「国籍法改正案」緊急対策会議で語られたこと

阿比留記者のブログ
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/799264/
「国籍法改正案」緊急対策会議で語られたこと

 本日、午後4時から衆院第一議員会館で開かれた「国籍法改正案」緊急対策会合に行ってきました。会合の中身については、別の記者が記事にすることになったので、私は興味深く感じた部分について記そうと思います。それは、出席した14人の議員の多くが、口々にネットを通じた反応について言及したことと、国会議員たちが閣議決定に加わった閣僚を含め、本当にこの改正案の中身について知らなかったという事実などです。間抜けな話ですが、これが現実でしょう。

 会合では、まず無所属の平沼赳夫氏が「今はインターネットの時代で、毎日全国から大変な量のこの法案に関するご意見が寄せられている。無茶苦茶な歯止めのない法案だ」とあいさつし、赤池誠章氏がこれまでの経緯を説明し、米ニューヨーク州弁護士の資格を持つ牧原ひでき氏が世界各国での移民の家族呼び寄せ時に実施されているDNA鑑定について簡単に説明しました。

 牧原氏は、「調べてみると、スイスは従来の日本の法律(国籍法)と全く同じだ。ドイツは今回の日本と同じような改正を行ったところ、偽装認知などの事例がみられた。日本はドイツと同じ失敗を繰り返すことになる。DNA鑑定は有効であり、世界的にも事例があることだ」と語っていました。会合で配布された各国の移民の家族に対するDNA鑑定の様態は以下のようでした。

(略)

 戸井田とおる氏 今までは法案に問題があると、必ず(党内建て続きなどの)どこかで引っかかって、総務会でもめて部会に差し戻されたり、常識ある人が止めていたが、今回はそうならなかった。

 一般の人はこの法案について知らない。人権擁護法案のときの反応とも今回はケタが違う。きのう午後6時半にアップしたブログにさっき見たら300件の書き込みがあった。この法案が通ったら、国会は何やってるんだということになる。

(略)

 中川氏 メールを見ると、書き込む人は間違いなく自民党を支持するような人たちだ。そういう人たちがあれだけ反応していることに全く応えないとなると、選挙にも影響する。間違いなくそう思う。

 木挽司氏 自民党の手続きの在り方にすごく不満だ。今、自民党が存在意義を問われている。こんな自民党を何とかしたい。

 土屋正忠氏 自民党も政局に振り回されている。この問題もちょうど、選挙で気もそぞろのときにちょこちょこっとやって、いつのまにかこうなった。

 平沼氏 解散?総選挙という状況で、みなさん関心がなかった。私のところにも、閣僚から連絡があった。「あんた、閣議で花押を押したんじゃないの?」と言ったら、「流れ作業で分からなかった」と言っていた。麻生太郎だって知っているわけないよ!

(略)

 残念ながら、今のところ明日の衆院法務委員会、衆院本会議での法案採決、衆院通過の流れは変わっていません。ただ、きょう集まった議員たちは明日の朝まで、法務委員長や法務委員会筆頭理事、各委員らに申し入れを行い、働きかけを続けるということです。明日の委員会では稲田朋美氏が質問に立つとのことで、私も審議を見ようと考えています。

核ミサイルが発射される瞬間なのに赤字を悩んでいるのと同じ

 だと思います。今、国籍法改正法案について語らずに、サミットについて語るのは。
 サミットに対する評価なら明日以降でもできますが、採決阻止の活動ができる時間はあと24時間を切っています。
 この改正案について全てご存じであえて話題になさらないのでしょうか?今までこのブログを好きだっただけに残念です。
 

日本壊滅前夜なのに、IMFの話などしている場合ではない!!

国 籍 法 改 正 案 についてブログで書く猶予は今日だけですよ!!
明日ではもう手遅れです!!!!

国籍法改正案まとめWIKI
http://www19.atwiki.jp/kokuseki/

まず、10兆円ではなく1000億ドルです。
同じように見えますが全く違います。ここは絶対に間違えてはいけません。
これを念頭においてもう一度調べなおしてみては?
きっと今とは違う感想を持たれることになると思います。

中国人が日本の国籍法改正案を熱心に調べている証拠データ

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-278.html
グーグルトレンドで、多数の中国人が日本の国籍法について熱心に調べていることが判明

日本の国内法の筈なのに、「中国在住」の中国人が興味津々。しかも日本の検索件数と比べても半端な数ではない。つまりは、この穴だらけの国籍法改正案を悪用する気満々ということだろうか。

↓日本国内では以下のような事件も発生中
http://jp.youtube.com/watch?v=jLN0DII-XdM
中国人は、「日本国籍」が死ぬほど欲しい。

やっとマスコミも国籍法改正について情報を流しだしたみたいです・・・

皆様のメール、FAX、電話等の抗議が身を結んできたようです。
やっとマスコミも国籍法改正について情報を流しだしたみたいです・・・
但しインターネットですが。
以下yahooより
日本国籍取得要件の改正法案 ネット上に反発、自民にも懸念
11月17日19時25分配信 J-CASTニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081117-00000003-jct-soci

後は地上波全国ニュースで公になれば良いですが。
そして絶対この改正をそししなければなりません。

やっと大手メディアに国籍法改正案が大きく取り上げられた!!

↓一番最初に報じたメディア
http://www.j-cast.com/2008/11/17030474.html
日本国籍取得要件の改正法案 ネット上に反発、自民にも懸念

やっと大手メディアが取り上げました!!
J-CASTニュースはGJ!過ぎる!!!
転載したヤフーも今回は見直した。

外貨準備高について

IMFに外国為替資金特別会計から1兆円出すことはそれほど悪いことではないと思います。詳しくは一度こちらをご一読ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/20306916.html
外貨準備高は国が輸入代金の決済や借金の返済などの対外支払いに充てるために持つ、公的な準備資産です。つまり死に金で、これを国内で使うために円に替えると超円高、ドル暴落がおき、アメリカは本気で戦争へと向かうかもしれません。民主党が半分切り崩すと言っていましたが、戦争がしたいのでしょうか?これをIMFにまわすのは死に金の有効利用となります。日本が憲法改正して軍を持ち、発言力を上げることはことは賛成です。しかし、現状それがない以上、IMFを通じて踏み倒しを押さえるのは有効なことと思います。

今日のブログ主さまの論考に全面的に賛成です。
国民の10兆円を勝手にIMFに供出して、他国から評価を得たなんてあきれてものが言えません。国内では2兆円を国民に配るのにすったもんだしてるのに、10兆円をポンと・・・絶句
情けなくて涙が出ますよ。
この出資金はまず戻ってはこないでしょう。
他国が恩に着るとは思えないし、むしろ馬鹿にされるでしょうね。
たぶん見下げ果てた大馬鹿者の財務官僚の発案だろうと推測してます。
彼らにとってはIMF出向のポスト増ぐらいのメリットはあったんじゃないでしょうか。

上手い表現 ⇒ ⇒ ⇒ 「NPO国家」
政治家レベルの売国気質には、「お人好し」も含まれる。
日本代表は、駆け引きをしてくれたのか、確かに心配。したかしないかで、ナメラレ方が違う。
主要国の要人に公に「日本に期待する」とか「日本に感謝」と言わせるべき。立ち話程度のお世辞じゃ、話しにならない。
そして、中国! ちゃっかりもらう側に回っている。お前らこそ、出せという感じです。

国籍法改悪 打倒。 平沼先生からは、お返事が来ました。
ネット署名は、20代30代が多い。年配の皆さんは、ご存じないかも知れない。教えてあげましょう。

11/15(土)産経新聞朝刊に国籍法改正の記事が掲載されてますよ!
今日はJ-CASTニュースに続き、意外にも毎日新聞が取り上げました!

党首会談も18:30頃に終わったみたいだし、今頃は「太郎会」開催してるのでは?

>麻生首相は「日本の底力」という言葉を時々発しますが、本当の底力
は、世界に信用されている日本人の人格です。

ほんとうにそうですね。
とにかく人格が一番重要だと思います。
その、世界でも貴重である日本人の人格をボロボロにしてしまいそうな国籍法の改正はなんとしても阻止しなくてはいけませんね。

連投すいません

ご有志の方がすでにコメントしていますが、確認のためご指摘申し上げます。日本の債務は800兆円以上ですが、これは粗債務であり、さらにこの95%程度は日本国民が債権者です。また、日本の資産は700兆円以上あります。対外的には債権国です。
>日本は先進国の中でもワーストクラスの長期債務を抱えている
これは明らかに間違っています。外貨準備高につきましても、一度調べてください。
ここのブログはほぼ毎日拝見させていただき、勉強させていただいています。特に韓国、中国の分析は鋭いと感心しています。私は理系で、以前は政治・経済のことなど全く興味ありませんでした。いまではインターネットを通じていろいろと勉強し、興味を持っています。いまやネットは新聞、テレビより遙かに深い知識と見解が見られます(マスコミの劣化がひどすぎます)。このブログも、実体験をもとにした非常に深い見解があり興味深いです。このスレについてはご一考ください。

中国人が興味津々

日本の国籍法改悪で中国人が興味津々 
http://koramu2.blog59.fc2.com/

10兆円?
外貨準備のなかの「1000億ドル」ですよ? 
何か壮大な勘違いをなさっていませんか?
外貨準備とは具体的にどのようなものか認識はありますか?
日本の長期国債と外貨準備の違いをご存じですか?
ドル建て資産とはどのようなものでどのようにしなければ使えないのかご存じですか?

必要最低限の知識すら持たず、それ以前に調べすらせずに戦略を語るのはただの馬鹿者です。

あなたの頭が悪いのは仕方がないことだとは思いますが、物事を調べようとする小学生レベルの意識程度は持っていただきたい。

印象が食い違ってきた

最近の麻生氏の発言や行動を見ていると、首相になる前との印象とかなり食い違っています。それは、またマズゴミの戦術かも知れないが、麻生氏への支持率が落ちてきているとの報道にも現れているようです。

国内の財政も大変なのに、国威発言力を得たとも思えないIMFへ気前のよい10兆円の融資。米国の尻拭いをやる情けない国情。アジア開発銀行に関しても、アジアだけではなくヨーロッパ諸国も加わり、60数カ国に増えている。これは日本が総裁の任務を発足以来担当してきているようですが、必ずしも融資を受けた国の国民から感謝されているとは限らず、日本の存在価値が高く評価されているとは言えないかも知れません。

国内においては、日本経済は3年の病気とのことから2兆円のばら撒き。
これは、公明党が以前の地域振興券同様、創価学会員への人気取りのためと思える、ごり押し妥協。はっきり言って無駄。

田母神元航空幕僚長の更迭に関し、あの馬鹿げた村山談話を継承し、浜田大臣と同様、歯切れの悪い対応。

このようなものを見ていると、期待していたものとかなり食い違うとの印象が強くなっている。内弁慶なのかな??先の首相選で、拉致問題に関して福田前首相を攻めまくった鋭い目つきと発言が、今はまったく見えていない。ただただ、戸惑いを感じている。

皆さんのコメント散見しました。
どうやら勘違いしている方が、かなりいらっしゃるようですので、私からもこちらのブログを推奨しておきます。
さきほどエントリーされたばかりの記事です。

http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/20306916.html

それから「国籍法改正案に中国人が興味津々!」というのは勘違いだと思われます。
そのブログも拝見しましたが、管理者は「全期間」で検索した結果のみでそう勘違いしたようです。
だって、考えてみてください。
2007年、2008年、この三ヶ月間で検索した結果、2007年から段々と検索数が減っていっています。
中国人が今回の日本の国籍法改正案に興味があるなら、この三ヶ月間の検索数が最も多くないとおかしいのです。
2007年に最も多い(それ以前はボリュームがありません)ということは、これはおそらく2007年に「中国国内の国籍法」に関して検索したということを意味すると思います。
日本と中国が同じ漢字圏だということを忘れないでください。

不確かな情報を拡散されることは、我々改正反対派にとって、混乱を招くだけです。


上記の訂正です!

間違えました。すみません。

上記の「三ヶ月間」は「過去30日間」の間違いでした。
また該当ブログの管理者の方は「過去12か月」での検索結果でした。

「過去30日間」で検索して頂ければ、ほとんど中国からは検索していないのがお判りだと思います。

はじめまして。いつもROMして日々勉強させていただいていますが
今回は「ん? それは違うんじゃないかな?」と思ってコメントさせていただきました。
既に他の方も別途ニュースサイトやブログを紹介して指摘しておられますが、私もIZAブログを紹介させてください;
■ご隠居さんの「こりあうぉっちんぐ」
金融サミットで協調確認するも、日本に財政・金融政策打つ手なし>産経か?
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/798676/
韓国、IMFからの資金支援は必要ない=企画財政省高官>そうかそうか
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/798722/

亡国だ。どうする。どうしたらいい。国内に外国人が溢れて日本人はチベット人にになるな。将来シナ米国朝鮮と内戦を戦って死ぬことになるな。
負けるのが判ってても戦うよ。シナ人や米国人と日本国内で我々は武器は無いけどゲリラ戦を戦うでしょうね。死ぬのは怖くない。奴隷にされて絶滅させられるよりいいよね。戦って全滅するんだからね。
此処に昔、昔、日本民族と言うものがいた。というように売国奴とシナ米国の記憶に刻んでやるよね。いくら朝鮮人に乗っ取られた政府が日本を解体させて愛国心を失くそうとしても、まだ日本人には愛国心があるのだよ。

ほとんどのマスコミが信用できない・・・

みなさん、本日衆院法務委員会、衆院本会議で決戦です!
自分の知る限りこの国籍法改悪案について今の時点で未だにテレビ報道はありません 。
昨日の小沢民主党の単なる妨害としか思えない会談の事は流れていても国籍法改悪案については一切流れていません。
テレ朝、TBSにいたってはただ政府批判し民主党を印象よくしようとしているだけ・・・正直見て気分が悪くなってきました。
インターネットをしている人はこの法案の危険性をかなりの人が知っていると思いますがテレビしか見ていない人は未だにこのような法案改正が審議されていことすら知らないでしょう。
知らなければどうすることもできません(賛成反対は別にして・・・賛成する人はいないと思うけど)
これからの課題?はこのテレビしか見ない人にいかにしてこのような情報を提供をそしていくか考えなければならないかもしれません。
今のところ口コミしか思いつかないですが・・・
自分は地方に住んでいるので直接的な抗議が出来ませんが自分が出来ることはやっていきたいと思います。
現在劣勢ですが最後まであきらめず頑張りましょう!只知らないだけの人はまだ多いと思います。
そして絶対この改正を阻止なければなりません。

このタイミングで,意味不明の麻生総理批判を書かれる
ブログ主の「本当の目的とは?」を疑い始めてます。
IMFなどニュースにするには二の次。100兆円でも
驚かない。

麻生総理の最近の様子は歴代総理でも圧倒的な最高
レベルではないかと評価し始めた矢先の批判記事です。
本来有るべき姿を,見せて下さい。お願いします。

民主党支持者の皆様へ

「国籍法改正案」を民主党支持者の方はどのようにお考えですか?是非ご協力をお願いします。

Birth of Blues 衆議院議員 河野太郎ブログ 大炎上
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50741297.html
<一部抜粋  はじめ>
偽装認知ビジネスや人身売買ビジネスの対策としてDNA鑑定を義務づける事はできないのか?
法務当局の国会答弁を参照して下さい。
実質的な議論をいえば、DNA鑑定を義務づけるには戸籍法や民法と合わせて議論を進める必要があるので、参議員を制している民主党が協力しないと無理です。
<おわり>

日本アンチキムチ団
http://antikimchi.seesaa.net/
<一部抜粋 はじめ>
この問題法案の発端である
公明党の大口善徳(大口よしのり)創価学会員と
民主党内反マルチだけど親創価の極左人権派の連中とコラボ
自民党内の公明党創価学会に選挙でお世話になってるので配慮し賛成してるだけの連中

創価学会を正当な理由で叩く絶好のチャンスなのに自称反創価の方々がこの件をスルーされてて
<おわり>

そういえばそうです。何が真実か、よく見ていく必要があります。「国籍法改正案」を何とかするだけではなく、元凶を元から絶たなきゃ駄目!

足を引っ張る”牽制”

ブログの内容やコメントを見ながら思ったのですが、いろいろの派閥の”牽制”が行われている(対象は総理)ように感じました。
IMFに10兆の文字に「日本は福祉団体ではない」と憤慨した方もおられるかもしれませんが、この恐慌に対して傷が浅い日本が、援助を検討する、というだけでも経済に対して効果があるとにらんでの発言なのかもしれません(ただの憶測です、すいません)。ただ、IMFを通しての援助になるので、韓国が援助を受けられる可能性は極めて低く、日本のスタンスとしてポーズをとっただけではないでしょうか?スワップ拡大を”検討する”というのはそういう布石だとぼくは考えてます。
総理の帰国直後に討論を投げかける民主のやりくちに焦りにも見えます(実際、いくつか批判を見ました)。国籍法改正案について考える時間を与えないためとしか思えないタイミングです。足を引っ張ってるとしか思えない・・・・

もうちょっと日本のことを考えて行動してほしいものです
(主に民主)。

IMFへ10兆円、提供する件について

日本政府が外貨準備高の中から、塩漬けになっているドルをIMFに10兆円分、提供する件に関してなのですが・・・

結論だけ言えば、これはとてもGJ!!な政策なのです。
長々と説明はしませんが、以下のHPを読んでください。

何か、日本国民の血税を10兆円もただでIMF献上してしまうとか思い込んでいる「痛い人たち」もいるので、精読することをおすすめします。

http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-1598.html#more

お疲れさまです

皆様お疲れさまです。
残念ながら衆議院本会議にて国籍法改正案が可決されてしまいました。
しかしみなさんや反対された先生がたの行動が決して無駄ではなかったと思いたいです。
ただ、今回の事で自民党はかなりの保守的思想の人から失望されたのではないかと思います。(だからといって民主党を信じる事もできませんが・・)
今回のこの法案を誰が賛成し誰が反対したか、少なくともネットをしている人には分かったと思うのでこの次の選挙(何時になるかわかりませんが)の参考になると思います。
私たちは今後このような不意打ちをくらわないよう政治にかんしてもっと敏感にならなければならないといけませんね。
知らないことがこれほど不利益をもたらすのか身にしみて感じます。
ただ、これによって全てをあきらめることだけは決してしないようがんばりましょう!

国会議員を監視する

政治家の仕事は国益と国の安全です

重要な「国籍法改正案」をテレビはまったく報道しない
危険な政治家がいっぱいの日本。
v-157衆議院TVを見て政治家を監視しよう。http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

テレビって、TBSってこの程度
(日本アンチキムチ Posted by 閑人 at 2008年11月15日 11:14 より拝借)

http://image.blog.livedoor.jp/takashikitaoka/imgs/e/8/e857b8c2.jpg

TBSフィルターを通すとこうなる
http://stat001.ameba.jp/user_images/22/d6/10109954412.jpg

>国籍法改正案が可決されてしまいました
>知らないことがこれほど不利益をもたらすのか身にしみて感じます。

見のがしました。がっかりです。テレビの勝利。公明党の勝利。 

創価学会員から学ぶこと

知らないことがこれほど不利益をもたらすのか身にしみて感じます

反日のマスコミと反日の政治家が多い日本では、国民が政治に関心を持たないと今回のようになるということですね。
日頃反感を買うことの多い創価学会員ですが、迷惑がられるその活動もある意味見習うべきかもしれません。
優先順位をつけるなら、仕事はさておき、もっと政治に興味を持ち、趣味の範囲のものは後回しにする必要があると感じました。

公明党は網を張って待っていた

やる気が違う公明党はチャンスを逃さなかった!

日本アンチキムチ団 <コメントより拝借> 

>最高裁のこの違憲判決に素早く対応したのが公明党だった。判決翌日には早くも、浜四津敏子代表代行らが鳩山邦夫法相(当時)に会い、速やかな法改正を要望。併せて、党内にプロジェクトチームも発足させ、専門家らとの議論を重ねながら改正の中身も詰めてきた。

>こうした公明党の力強い取り組みでまとまった今回の改正案では、“違憲規定”である第3条1項の結婚要件が削除されているほか、偽装認知など不正な国籍取得行為に対する罰則も新設。経過措置として、これまで国籍取得が認められてこなかった人たちの国籍取得にも道を開いている。いずれも公明党の提案で盛り込まれたものだ。
>やっぱ諸悪の根源は創価学会だったね公明党を解体しないと日本は変われないなとりあえず朝鮮人は朝鮮に帰ればいいのに
     Posted by 学会員はきもw at 2008年11月18日 13:14

これからの事を考えないといけませんね・・・

今、考えてみると確かに法案改正を阻止することはできませんでしたが、悲観することばかりではないと思います。
今回の事で敵が誰なのか、政治に関する無関心がどのような結果を招くのか、そしていざというとき日本人は団結して動く事が分かりました。
法案改正を通そうとした勢力は今回は不意をついて改悪することに成功したけれどその代わり大きな失敗もしたと思います。
それはインターネットを中心とした日本人の良識を完全に目覚めさしたことです。
まだ、目に見えないレベルなのかもしれませんが確実に流れは変わっていると思います。
私たちは今、幕末でいえば安政の大獄あたりにいるのかもしれません。
ですが必ず彼らの崩壊の時はきます。
決してあきらめる事無くまだこのようなことがあったことを知らない周りの人たちに伝え私たち良識の声を今回味方してくださった先生方に確実に届けるようがんばっていきましょう!

前向きな姿勢を

可決のニュース、大変ショックでした。虚脱感と無力感が押し寄せてきます。
しかし、希望も生まれました。
ネット内で広がる、日本人の意識改革と行動力の証明です。


しかし、若い世代のブログ、また、2ちゃんねる内では諦観も多く見られます。
だからこそ、前向きな意見をもっと広めませんか?

こちらは、おそらく少し上の世代の方の読者さんが多いと思います。
若い世代の集まるブログで、掲示板で、ぜひ希望ある意見を書き込んでください。上の年代からの希望ある意見は、若い世代の諦めを食い止める力があります。

一番怖いのは、諦観と絶望です。

売国政治家を落選させる

すぐに総選挙をやれ。
売国政治家を落選させるぞ。
奴ら、絶対に許さん。

マスコミがこの件を含め、中国韓国に関わる事を(特に悪事)ほとんど報じないなら、その対策を国民がしていかなければならないと感じました。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/380-e514cbe4

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。