スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタゴンの怠慢      11月11日(火)


朝鮮日報で ハンチントン教授に聞くと題して「中国は再びアジアの
帝國になる?」と書いてある記事を見つけました。

そのインタビューの中で教授は「中国は過去においても帝國であり、
現在でも東アジアで最も大きな国だ、国民はとても良質な教育を
受けており、強大な経済を発展させてきている。多くの点で中国は
東アジアの中心的な役割を果たすことになるだろう」と言っています。

「文明の衝突」を書いた著名なハンチントン教授ですら中国や日本の
真実が見えていません。

教授は記者の質問に答えて「日本が最近東南アジアやインドに投資
しているのは、より多くの利益を得られるからだろう。中国は
それ自体が非情に大きな経済圏である上に、良質の教育を受けた人材
が豊富で投資先として非常に素晴らしい環境をもった国だ」と
いっています。

この教授の答えを聞いて私はアメリカ人が中国をどの様に評価して
いるのかをはっきり分かりました。

教授はまるで中国の実態が分かっていない、昨日のブログにも書き
ましたがアメリカ人が中国を過大評価している実態をこの教授の
インタビューでなるほどと思いました。

中国の歴史も中国人の人格も現在中国の腐敗振りもまるっきり把握
していません。

しかしこのような著名な学者やエコノミストたちが中国を知ら
ないままアメリカの中国政策をリードしていきます。
まことに恐ろしいことです。

8日の産経新聞に「山西省の炭鉱事故で数十人の記者が現場に殺到
したが炭鉱経営者から口止め料を受け取り、報道せずに引き上げた。
また河北省で35人が死亡した炭鉱記事でも、直後に現場で口止め料
をもらう記者の行列ができていた、その後も一切報じられなかった」
と載っていました。

中国朝鮮族3世の金文学氏の「中国人民に告ぐ」と言う母国批判の
著書をアメリカ人は読んで欲しい。

そこには痛烈に中国人のことが書かれています。
「バスに誰よりも先に乗ろうと、むやみやたらと押し合いへしあい
大声を張り上げる修羅場、道に唾や痰ところかまわず平気で吐き散ら
す傍若無人ぶり・・・。」
「中国人にとって約束を守るのは馬鹿でありそこに罪悪感はともなわ
ない。正直な人間は損をするどころか軽蔑すらうける。
ニセモノが横行し、契約が反故にされ、人命が軽視される」と
書かれています。

泥棒天国、汚職腐敗、厚顔無恥,公共道徳心の欠如など金氏は
痛烈に中国批判をしています。

アメリカはこのような国と手を組んでアジアを任せるつもりですか!
中国にはアメリカが大切にする人権など欠けらもありません。

「水に溺れて溺死直前の人間が水を飲みこみながら手に指を二本
出すと、船に乗った人間が指を三本だす。『三元出せば助けてやる』
『二元にまけてくれ』と言う意味、類似した実例はいくらでもある」
と金氏は書いています。

アメリカのペンタゴン内部に各国の歴史から現代政治家たちまで研究
する部署があります。それによって各国の行動予測から工作までセット
したり 政策を決めたりしています。

しかしその部署に現代中国の資料が不足しているのでしょうか?
魯迅、伯楊、陳独秀,黄文雄などの著書がないのでしょうか?

アメリカが誇る知能集団ペンタゴンとCIAの怠慢です。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

中国の金融はパンドラの箱

中国の進めている国営企業の民営化も大変みたいですね。
絶望的なコーポレート・ガバナンス欠如、
民営化時の国有財産の流出(着服)、
詳細不明の債務、
会計・情報操作も横行、
等々日本の第3セクター以上にカオスらしいです。

そして最大の問題点が金融・・・
国有銀行系の取引関係が、ブラックボックスで全く不明。。。
偽札だらけで紙幣の流通量を誰も把握できない状態とか・・・

パンドラの箱は開けない方が・・・・・・
(((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

偽札天国

 >偽札だらけで紙幣の流通量を誰も把握できない状態とか・・・

こんにちは。はじめまして。自分も半年ほど中国に滞在したことがありますが、2週間に1回の割合で偽札をつかまされたことがあります。
あきれたことに、彼らにとってはそれが日常茶飯事・・・
中国で両替するのが面倒だったので、成田国際空港で日本円を元にかえたのですが、いざ、中国で支払いの時に偽札がまじっていると判明。
これにはさすがに驚きました。




米も日も、相互補完と協力関係をもっともっと大切にしなければなりませんね。そういう意味でブログ主さんのご意見には全面的に賛成です。
ブログ主さんのご意見に刺激されて、ボクも今日の記事で、日米関係の重要さにすこし踏み込んで書いてみました。
よかったら、ご覧になってください。

「日本にとって日米関係はもすごく大事!」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-236.html

だからいいんです。


>中国にはアメリカが大切にする人権など欠けらもありません。

だからいいんじゃないんですか?
自らは建前(でしかない自由と民主主義)を崩すことなく安く買い叩き、13億のチュウゴク人民を奴隷化し搾取するのは中共がやってくれるのだから。
おまけにお人好しの日本人が自らドンドン貢いでくれる。米中が仲良くするはずです。

スレチスマソ
今参考人質疑中


田母神論文の審査委員の花岡信昭氏が緊急発言
花岡メールマガジン[2008・11・11]より転載
<<ああ、週刊誌・・・>>

週刊誌というのは、「見出し先にありき」で、おもしろく仕立てるのが
売りだ。新聞などのメディアが切り込めないところまで思い切って踏み
込むから、存在価値があった。
だがここまで「作文」が過ぎると、いったいどういうことになるのか。
 このところ、この問題ばかりにかかわっているが、「田母神論文」だ。
筆者は何度も言うようで恐縮だが、審査委員として関係したことから、
あえて、自分の役割を演じようとしてきた。
 それは、審査委員長の渡部昇一・上智大名誉教授や小松崎和夫・報知
新聞社長に細部まで説明をお願いするというのは、お立場を考えるとよ
くないと思ったからだ。
 審査委員の中で筆者が最も自由に対応できる立場にあると判断し、
週刊誌などの取材には懇切丁寧に応じてきた。
 もう1人の審査委員だった中山泰秀衆院議員(論文募集の開始当時、
外務政務官)は秘書を審査会に出席させた。自身が出席できないので
あれば審査委員を辞退すればいいと思っていたのだが、案の定、この
秘書は「自分は田母神論文に零点をつけた」と公言した。
 この秘書の真っ赤なウソによって、審査経過に疑問が持たれること
になってしまった。田母神氏の最優秀賞が工作によって仕組まれたもの
ではないか、という見方を広めてしまったのだ。
 この秘書の罪は重いのだが、中山議員からはこちらに何も話がない。
政治問題化してしまったから、議員と秘書が一緒になって、「保身」
を決め込んだのだろう。
 で、まず「サンデー毎日」(11月23日号)。ここからは取材はなかった。
 なんと見出しは「またもや防衛省のトンデモ不祥事 前空幕長とアパ
グループ代表の『イーグル疑惑』 癒着の点と線」とある。
 論文募集を企画したアパグループの元谷外志雄代表が昨年8月、小松基
地でF-15(イーグル)に試乗したことを取り上げ、今回の懸賞論文300
万円はその見返りとして贈られたものだ、といった調子の記事だ。
 これは審査委員の1人として厳重に抗議せねばなるまい。「見返り工作」
に加担したといわれているのと同じだからだ。
 ここまで「ヨタ話」を作り上げることができる能力はたいしたものだが、
週刊誌の「劣化」を示す好例かもしれない。
 田母神氏が小松基地友の会会長の元谷氏のF-15試乗を認めたのは、
その宣伝効果を見極めた結果にほかならない。民間人を戦闘機に乗せる以上、
最大の効果がなくては意味がない。それだけの話である。
 さらに、「週刊朝日」(11月21日号)。ここからは丁寧な電話取材があった。
これに真摯に対応したつもりなのだが、やはり、「見出し先にありき」の典型
だった。
 アパグループが発刊している「アップルタウン」という月刊誌がある。
オールカラーの豪華版で、全国のアパホテルの部屋に置いてある。
 この昨年6月号の記事と今回の田母神論文が酷似しているというのである。
 見出しは「アパグループ代表のF-15登場に裏あり 賞金300万円論文に
『原作』あり?」である。サンデー毎日と同様、F-15試乗と結び付けている。
 昨年6月号の記事というのは、元谷氏が毎月、私邸で開いている「ワインの会」
に田母神氏が出席、そこでのやり取りをまとめたものだ。
 田母神氏が出ている会のもようをまとめた記事なのだから、田母神氏の所
論が中心になっていても、いっこうにおかしくはない。
 週刊朝日は審査の模様にも疑問を突きつけている。審査経過については何
度も書いてきたのだが、執筆者名を伏せた論文を審査し、元谷氏を含めた5人
全員が点数をつけた結果、田母神論文が最高点となったものだ。
 そこに中山議員の秘書の発言にあらわれたような虚偽が出回ったことで、
おかしなことになったようだ。
 田母神氏の最優秀賞受賞を審査委員が知ったのは、防衛省記者クラブで発
表された10月31日だったなどと書いている。
 これも意地悪な見方だ。2回目の審査会で田母神氏が最優秀賞に決まった
のだが、現職空幕長の受賞ということから政治問題化は必至と見て、元谷氏
が田母神氏の意向を再確認することを「条件」とする、といったニュアンス
であった。
 審査委員の仕事はその2回目の審査会で終わったのである。その後、田母
神氏の反応がどうであったかといったことや、10月31日に発表するという
ことを、一部の審査委員には知らされていなかった、という程度のことに
過ぎない。
 11日の参考人聴取で、週刊誌記事を踏まえて質問されたのではたまらない。

中国は政治的反乱が政府を倒すと恐れる

アメリカの初の黒人大統領を歴史に残したかったと同じように
中国の台湾問題も、胡主席としては歴史的功績を残したい。
北京五輪も上海万博も江沢民前政権の獲得したプロジェクトなので
功績になりません。

五輪も上海万博も終わって、中国経済をけん引するものがなくなったとき、
国内問題の不満が政府に向けられた時が、それをそらす意味でも、
中国が軍事的行動にでるきっかけになるといわれている。

胡主席2期目の終わる時期ごろ、台湾は親大陸の政権になっていて、
アメリカは民主党政権になってる、
すべては
北京政府は先を見据えて戦略的に布石を打っている。
さらに望ましいのは日米関係の悪化・・・。

台湾の蒋介石はキリスト教徒だった。アメリカは日本も台湾も・・
資本主義も、キリスト教も、見捨ててはいけないのだ。
http://taijiro.tama.net/Kuni2Sato/sanpo/sanpo.cgi?page=7
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa1197914.html

台湾の危機は、同時に日本の危機だ。アメリカとぐるになって蒋介石に裏切られたとかの、過去の問題ばかりも言っていられない。
未来に向けて、守るための憲法改正の論議に入って欲しい。

模倣とものまね

勉強になりました。でもその教授の発言は本気なんでしょうかね。
もしかして、褒め殺し?

前にも書きましたが、中国人はルーティーンが大好き。
会議でかならずと言っていいほど「以前からそうしてる」的な発言があります。何でそれがベストだと信じられるの?と聞いても答えられない。
日本人なら素人でもわかる改善案に着手しようとしない。

「悪魔の平等」の弊害ですね。
がんばってもがんばらなくても給料は同じ。
何かを変えて責任を負わされることを極度に嫌います。
このシステム、気質からは新しいものは何も生まれてきません。
ギャグとしか思えない劣化コピーを大真面目で作りつづける。

変なたとえですが、ゴルフスイング。
中級以上になったら、上級者のカタチを真似てもダメなんですね。真似るならリズム・テンポ、と言われます。時間軸を合わせればカタチは自然に整ってきます。自分の体質・体格に合った独自のスイングに発展します。

日本は本質を学びました。
「模倣」とは本来そういうものであるというセンスを日本人はもっていました。だから安易な対処療法より、着実に基礎を固めることを選びました。
仏教も科学技術も日本でさらなる進化をとげました。

アメリカが、中国と組んでも日本の技術と金は引き続き引き出せると踏んでいるなら、なめられたもんだと言わざるを得ません。

中国?より

中国との交流は日本は一程の距離を持った付き合いが有ったのがノメリ込んで仕舞いました、日本の中小企業の空洞化は「中国」に取られたと同じ事です。それに対して防御も出来ない状況は素知らぬ顔、田母神論文で一番先に「腹」を切らなければ成らない防衛省大臣が「幕僚長」を見殺しにする、加えて「退職金返納」を求める姿に日本人の精神的な堕落を見る思いです。

「ハンチントンン」がトンチンカンな事を言おうがトンチンカンな中国観を披露するのは勝手だと思いますが肝心の日本の中枢が「腐ってる」のですから現状の日本の政治家には「トンチンカン」なんでしょうね?近隣諸国に疑問を与える、職責を考えろ、発表の時期が悪い、と正論を封じる口実にすり替えようと必死な政治家・マスコミにはげんなりしました。

中国暴動頻発の時期

http://sankei.jp.msn.com/world/china/081110/chn0811102235004-n1.htm
暴動
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-magazine011.html
台湾が反日に
http://jp.epochtimes.com/jp/2008/11/html/d83931.html
台湾のデモ

中国の真実を欧米インテリは何故見誤るのか

昭和初期のアメリカ人宣教師、或いはオウェン・ラティモアやエドガー・スノー、彼らは何故か日本を悪と見、中国を善と見た。
80年たって少しは改善されたものの、今もその勘違い傾向は残っている。
現代にラルフ・タウンゼントやジョージ・ケナンは居ないのか。

昔から
アメリカの日本を過小評価と、中国を過大評価は、
何も今に始まった事ではないですよ!
戦前からもアメリカは日本を過小評価し、中国を過大評価してましたよ。
だから、蒋介石みたいな奴をバックアップしたりするんだよ!
前にもブログ主さんが言っておられましたが、
中国4千年の歴史の幻想が、アメリカには根強いンではないのかな。

それよりも、国際感覚の鈍い政治家や官僚を何とかしない限り、
国家としての日本は、終わるだろうな。

エントリーに関係ないですが。

【田母神氏招致・詳報】
産経にほぼ全文がでているようです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111125017-n1.htm

【北沢俊美(民主党:元社会党)参院外交防衛委員長の冒頭発言】

>「本日、参考人に出席を求めた趣旨は、国民の代表機関たる国会の場に
> おいて政府に対し、この問題をただす一環として招致したものであり、
> 決して本委員会は、参考人の個人的見解を表明する場ではありません。
> 参考人におかれてはこの点を十分に理解し、質疑に対し、簡潔にご答弁
> をいただきますようようお願いをいたします」

 つまり、「いらん事言うな!」と宣言きました。

「日本の国はいい国だったと言ったら解任された」
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081111/plc0811111402031-n2.htm

> 田母神氏「あのー、日本にはですね、今、日本の国が悪かったという論が
> 多すぎるというふうに思います。そして今、歴史を見直すということで、
> 日本の国はいい国だったという見直しがあってもいいんではないかとそう
> いう論文を募集しているから、勉強になるから、ということで紹介をいた
> しました。それで私も今回びっくりしてますのは、日本の国はいい国だっ
> たと言ったら、解任をされたと。そしてまた、責任の追及も、いい国だと
> 言ったような人間をなぜ任命したんだといわれる。すると…いいですか?
> しゃべっていいですか?」

> 外交防衛委員長「参考人、質問者がそこまでは求めていませんので…」

 北沢(元社会党)参院外交防衛委員長、さすがです。

>国民はとても良質な教育を受けており、
>強大な経済を発展させてきている。

これって悪い冗談でしょ?
わざと言っているなら大ホラふきの大罪人だし、
でなきゃ、このハンチントン教授って只のバカか?

ここの国民がもう少しでもマトモだったら、私も中国でこんなに
苦労しないだろうに・・・

平成3年、日本傷病軍人会代表団が、大東亜戦争の敵国であったオランダを訪問した折、同国の傷病軍人代表と共に、首都アムステルダム市長主催の親善パーティに招待された。その時の市長の挨拶です。

アムステルダム市長の歓迎挨拶(1993年)
「本当は私ども白色人が悪いのです。100年も200年も前から競って武力で東亜諸民族を征服し、自国の領土とし勢力下にした。日本はそれとは反対に、植民地や属領にされて永い間に亘り、奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと遠大崇高な理想を掲げて、大東亜共栄圏という旗印で起ち上がったのが、貴国日本だった筈でしょう。本当に悪いのは侵略して権力を揮っていた西欧人の方です。日本は敗戦したがその東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジアの諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は大であり、血を流して戦った貴国こそ最高の功労者です。自分たちを蔑むことを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきであります」

白人と日本人が和解したとき、立場を失うのが反日サヨクだw

戦後問題の清算とは、反日サヨクとの情報戦、そして選挙に勝つことでしょう。
反日サヨクの背後には在日、特亜、アメリカ(民主党・国務省)が居るが、米中がこちら側に寝返り和解する。
反日サヨクが”トカゲの尻尾切り”にあい、壊滅する。
これが、理想のシナリオではないでしょうか。

もう、このアムステルダム市長のような白人達や、特亜以外のアジアの人々にに来日してもらい、国会で講演をしてもらったら、話が早いんじゃないかな?

米国は自信があるように見えるものを信じるくせがあるのでは?
中国のはったりを見抜けない。
失敗しても自分達の思慮が欠けていたからと思い込んでいる。
高学歴にありがちな罠ですな。

米国に学べ

アメリカはベトナム戦争に敗北したが、冷戦には最終的に勝利し、多くの共産主義政権下にある国々の国民の解放に貢献した。われわれ日本も大東亜戦争には敗北したが、地球規模の有色人種に対する人種差別には勝利し、多くのアパルトヘイトの状態にあった有色人種の白人の奴隷状態からの解放に貢献した。アメリカはどうやってベトナム戦争の敗戦ショックから開腹できたのかよく研究して、日本もそれを多いに参考し、敗戦のショックから立ち直ろう。
中国の中華主義(つまり中国、漢民族が世界の中心であり一番で他は野蛮人、日本人などは東夷であるという考え方)は、白人が一番というのとなんら変わりがなく、ナチスのアーリア人が優越でほかは下等な劣等民族であるとするのと何ら変わらない。下劣な思想である。

いつだったかアメリカにMBA留学をしている人のコラムがありましたが、その人によると中国からの留学生は厳選された人間なだけあって非常に優秀で常にトップクラスの成績を残す、とありました。英語もまったく不自由無くこなし、日本人(だけではなく他の)留学生にはどうにも歯が立たない存在だったそうです。

教授はそんな中国人留学生を見て中国の現在を認識しているのではないでしょうか。

ハンチントンではなくトンチンカンって名前では??

田母神空幕長国会参考人喚問に関して

エントリーとは異なりますが気になることがありましたのでコメントさせていただきました。思い過ぎかも知れません。

今日の国会質問で共産党の井上議員が歴史を改竄させるような質問を行いました。政府が反論できないことを承知の上で(と私は感じました)、質問の中に南京大虐殺を入れて、中国侵略の1事実として政府に認めさせるような内容でした。

南京大虐殺に就いては、日本の前途と歴史教育を考える議員の会が「南京の実相」の中で中国国民党のプロパガンダであったことを明らかにしています。

井上議員は、政府の歴史認識の中に南京大虐殺を認めさせようと、意図的な質問をしたのではないかと思います。これは看過できないことです。

先ほど、その旨の意見書を「内閣府」「自民党」「民主党」「社民党」「共産党」「公明党」に送りました。

何も言わないと認めたことになりかねません。明日の新聞報道にも注意したいと思います。

誰にでもできるMR.マリック

>国民はとても良質な教育を受けており

私もナミヲさんに同意ですね。沿岸都市部に住む約1億5千万人によるバーチャル世界を「中国」だと錯覚しているとしか思えません。実際、これらの地域に住む「支配層」中国人自身も、大多数の民衆が暮らす闇の世界を実態だと認めようとしません。顔をそむけています。

中国人の多くは5分で終わる議論を1時間かけてしゃべります。
糸の切れた凧のように、話題の中心が様々に変化し、各論が肥大していっこうに結論に近づきません。

生産遅延のため、コンテナに積み込める商品の明細がそのときになってみないとわからない、という事態が連続して起きたことがあります。
客(および営業担当)の意向を確認せず、現場が勝手に代替で積み込む商品を決めちゃう。
そんな常識ハズレのことを平気でやる。

そんなことをしたら、お客さんがお金をくれないかもしれないんだよ?
というところから説明しなきゃいけないのです。
お客さんが怒ってお金をくれなかったときは、あなたたちの給料から引いてもいいですか?
と言ったらやっとわかる(笑)。

そういう問題を再発させないためにはどうすればいいか、あなたたちで話し合ってみなさい、と言ったら、昨日の出荷明細を連絡したかしないかで営業と現場で口論が始まる。よく聞いていると、その連絡が夜の8時だったか9時だったかでモメている。

とうとう机を叩きました(笑)。
何の話してんの?こっちの夜の9時は日本の10時なんだよ。その時間に連絡入れて、すぐに返事が返ってくると思ってるの?そういう状況にならないようにどう管理するかが議題でしょ?

別の会議で。
15人くらいが招集されて生産スケジュール調整会議だというので私もオブザーバーとして参加しました。
会議が始まって約15分。状況説明が終わった時点で、私は対応策(案)をメモに書いて通訳に渡し、席を離れました。

2時間後、会議室を覗いたらまだやってる〈汗)。
私は、参考意見ということにして私が渡した箇条書きのメモを通訳に発表させました。

会議の代表者が、自分たちの出した結論もまったく同じだと言いました。
ずっと同席していた通訳に確認したら、そうですと。

彼らにしてみれば、私と同じ結論に至ったことを評価して欲しい、あるいは誇りに思う、という気持ちだったかもしれません。まあ、それはいいのですが…。
彼らが2時間、何をしゃべっていたのかが謎です(笑)。

アメリカは正直言って中国に対しては生かさず殺さず、を続けたいのだと
思っています。もし中国で内乱や革命がおきてしまったらほぼ必ず
世界的大恐慌が起き、場合によっては第三次世界大戦にもなる。
それを望む国はありませんからアメリカに限らずヨーロッパもロシアも、
そして日本も暗黙の了解で中国の利用価値を段階的に減らしていく
ステップに入っているのではないのでしょうか。

いずれ社会問題と環境悪化で中国は世界の工場にも市場にも
なれなくなります(それを回避する手段はあるかも知れませんが、
私にはちょっと思いつきません)。中国共産党幹部や金持ち達は
そうなる前に外国に逃げ出し、後は内乱と暴動と飢饉と汚染に
まみれた中国と言う地獄に数億人の貧民達が残されるのではないかと。

これらは希望的?観測と言われてしまえばそれまでですが…
崩れかけの(欠陥だらけの)超高層ビルを少しずつ慎重に解体していく
心境で見守れば、そうそう絶望せずに済むと思います。



ちなみに、朝鮮日報は韓国の新聞らしく捏造・歪曲・隠蔽ドンと来い
なのであまり真剣に受け取らなくても良いかも知れません。参考までに。

中国に騙されるアメリカ

アメリカの中国ロビーの実態を討論した動画の紹介です(チャンネル桜)
http://jp.youtube.com/view_play_list?p=30BF447FF5FEC8B7&playnext=1
・アメリカ程、中国に騙される国はない
・これからは思想の戦い
・アメリカの亜細亜歴史学会は中国系と新左翼
・日本に性奴隷国家のレッテル張り
・草の根保守には理解者もいるが日本とのパイプがない
等々、今日のエントリーの分析にもなります。
それと、田母神空幕長論文とも繋がります

民主党勝利で沖縄の中国統治へと進む日本

中国の台湾統治作戦本格化!?次期衆院選で民主党勝利か!?→民主党勝利で沖縄の中国統治へと進む日本

↓続き
http://todays2ch.jugem.jp/

米国側の立場に立って考えてみます

 >中国人留学生は優秀
 前の方で - さんが書いておらfれますが、それはそれは優秀です。
考えてみれば人口が多く、その中で優秀なのですから。中国語の文法と英語の文法も似ている?のでしたっけ、そして発音に関しては英語より中国語の方が難しいです。すなわち英語の能力は平均的日本の留学生のざっと3倍くらい上かもしれません。上達も早いです。ただし米国では英語の達者な方も仕事を失っています。工業系や学問の専門能力に関しては日本人留学生は中国やほかの国に比べて同等以上です。
 
 大陸的な気質を持つ米国人と中国人はモノの考え方が似ている、とアメリカ人が言っていたことがあります。ちなみにイギリス人と日本人の思考方法は島国同士、似ているそうです。また「軍事的なバックグラウンド」を有している点も中国は評価されています。評価かつ警戒されていますが。
 
 国連の安保理5カ国のメンバーであり、核兵器もミサイルも有しています。すなわちアメリカからみると自分と同じような世界に冠たる国なのです。米国人はケンカの強い相手を特に認める傾向があります。アメリカ開拓の歴史は、先住民を撃ち殺して国をかすめ取った強奪と暴力の歴史でした。実際コルトの回転拳銃が発明される前は、怒った先住民に皆殺しになることも多かったのです。中国も似たようなもので、互いに理解できるのでしょう。白人による多数の子供・女性を含むアメリカ先住民の大虐殺を描いた映画では、たとえばソルジャー・ブルーなどが参考になります。切り取った先住民の手や首を皆でうれしそうに振るシーンもあったと思います。
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=13308

 さて「自分のできることを自分でするのが、おとなの定義」とすれば、日本はどうでしょう。自国民を拉致されても何もできない。津軽海峡を他国の軍艦が堂々と横断しても報道もなく、自衛隊も何もできない。竹島を外国に占領されて漁場を占領されても、何もできない。米国の目から見て軽蔑されてもしかたのない、哀れな国としか見えないでしょう。

 米国の軍人が言っていました。日本の技術は素晴らしく、自衛隊はあんなに優れているのに、なぜ政治家だけがあんなにダメなんだ、と。そのものズバリの指摘でした。そこらの軍人さえ日本の政治がまるきりダメなのを知っており、不思議がっているのです。これがアメリカと五分に戦った大日本帝国の末裔か?と。

 福島みずほ社民党党首や共産党の志位委員長は参議院で首相指名を受けています。お約束ですが。そして小沢党首が次の首相と言われています。この方を選挙で選ぶ日本は、政治的に見ると世界で最低に近い三流国なのです。米国人から見て、理解できない小沢を選ぶ日本と、したたかであるが頭のよい温家宝の中国、いったいどちらの国がまともに見えるでしょうか。 

 もっとも中国の現状は悲惨で公害が行き渡り、その悲惨さを指摘できないアホさには同意します。もし管理人さんが英語でブログを書いたら、ものすごい人数の読者がつくと思います。なぜならアメリカ人の多くはマスコミ抜きで、日本の真実を知りたいのですから...。


 

麻薬組織のその後

平安様
>英米中枢と中国中枢とは緊密であり、未だに植民地時代の構図を引き摺っています。

アメリカの一部勢力が依然と中国に御執心なのは何の利益があるのです?。戦前は麻薬が有りましたが、共産党が組織を壊したことになっている。現在それに変るものは?。

ノンフィクション小説馬賊戦記の中に小日向白朗と言う日本人馬賊が馬賊廃業後、長春~上海の闇黒街のボスになり世界の麻薬の買い手No.1の仕事が回って来て世界No.1の売り手と売買する下りがある。売り手No.1もちろんユダヤ人。現在も美味しい商売をするだけでなく日本人を陥れる理由は?。南京虐殺30万人は30万人以下ではならないと主張するのも何故か同じ仲間。

(因みに中国国歌は映画満州抗日義勇軍の主題歌。モデルは満州馬賊の総元締め小白龍=小日向白朗。満州抗日義勇軍のモデル東北抗日義勇軍は奉天城攻略未遂で日本に謹慎させられている間の部下が結成したもの。東北抗日義勇軍は小日向白朗の説得の元解散させられてしまう。従って、中国共産党が日本軍と戦ったのは嘘。)

そうだろうか?

管理人さんの意見は正しいと思いますが、ただ一点、日本の功績を知っていようがいまいが、彼らの行動様式というか思考経路は変わらないと思います。
アメリカも中国も、その他多くの国の人たちの誰が自国を第一番に発展させたいと思うのでしょう?
私は、日本人以外、滅私的に公のことを優先する人間を知りません。

自分や、自分の周りの人間が豊かになる事が第一。
国民が飢えようがどうなろうが、自分たちが豊かになってから・・・便宜的にでいい。
それが彼らの本音である以上、日本が裏の顔を持っていようがどうであろうが余り関係ない。
それより自分を豊かにして自分の子供の将来を保証してくれる中国人と付き合う。
日本人は今所属している自分の国を豊かにしてくれるけれど、自分の子供が大きくなったらこの国にいるのかどうかも判らない。
日本人は勝手にあちらこちらの国を豊かにしていればいい。

それが彼らの根っこの部分にある、日本人との思考の差異ではないのだろうか?
管理人さんの正義は、公が優先されていますが、それは日本人の思考形態だと思うのですが・・・

失礼します

 申し訳ありませんが宣伝のためのコメントです。

 以前こちらのブログにてコメント欄で筆舌にしがたい事を書き散らしていた宙水なる人物のブログへの反論をやっております。
 お暇なときにでも訪れていただければ幸いです。

「とある反日にスパム認定されました」
http://angel.ap.teacup.com/grnahtgasgra/

 お手間を取らせて大変申し訳ありませんが、管理人様。不要・不快と判断されたら、即座にこのコメントを削除して下さい。
 
 お楽しみのところ大変失礼しました。

田母神さんは平成の坂本龍馬ですね!

知識不足ですが・・・

>崗上虜囚様
詳しくは知りませんので、主に推測で書きます・・・(門外漢ですwすいません)

>アメリカの一部勢力が依然と中国に御執心なのは何の利益があるのです?

これまでは主に金融、経済だったと思います、きちんとした会計基準がないのでやりたい放題でしょうから。
金融、保険、投資会社が進出していて(AIGも上海生まれ)、中国の企業にも投資が盛んです(「乗っ取りファンド」ブラックストーン社も)。

カオスの国、中国では国営企業の株式上場時の操作なんぞお手の物でしょう。
そして吊り上げた株価で中国国内におけるM&A。
それに、不動産。日本でも外資がヤクザを使って地上げしているとか噂もありましたし。
中国でのバブル作り方、儲け方もレクチャーしたかもしれないですね。

そしてこの先は原発にも注力する様です。
中国に原発を100基以上建設する計画です。(読売新聞2007年5月27日)
すでにGE-日立、WH-東芝共に受注し始めていますね。
燃料のウランも欧米が8割近く握っています(古いデータかも?)。

そして麻薬組織、現在どんな組織なのかはよく知りませんが、昔と繋がっているでしょう。

信頼度は低いですが超詳しい・・・英国諜報系との噂もあるオルタナティブ通信より
赤パン、青パン、中国マフィア、イスラエル、CIA
http://alternativereport1.seesaa.net/article/69637506.html
(注:世界の真実を歪める為のプロパガンダページの可能性大、米国、天皇陛下に厳しく英国、北朝鮮に甘い)

中国が現在、世界の麻薬取引の一大中継国になっている(サーチナ)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=1026&f=column_1026_004.shtml

米中が引き合うのは似た者同士だから

hotta さんの意見にもありますが、日本人以外の殆ど全ての民族は自分のことしか考えません。米国は米国の利益を見て中国を評価し、中国は中国の利益を見て米国を評価します。

日本人にはそのような自分勝手な感覚だけでなくもっと大きな世界観があるため、そういった自己中心的な考え方の持ち主とは同化できません。結果として、「どうして彼らは分からないのか?」という思考のループに陥ってしまいます。

自分勝手な連中はこれからの1000年、2000年も自分勝手に主張し生きていくのであって、決して日本人の言う素晴らしさを理解することはないでしょう。

日本人は世界の中で突出した誇るべき心の持ち主だということを理解した上で世界との付き合い方・・あくまでも付き合い方・・を生み出していかなければ、人類の持つ良心が失われていくことになってしまいますね。

昔は鎖国で何とかなりました。今は鎖国すると生きていけませんので、対応策が必要です。

お花畑の左翼も、反日の勢力も、中韓の工作勢力もこれらの自分勝手な人種です。それを見ておかしい連中だと感じることのできる人が本当の日本人だと思います。このブログはそういった本当の日本人でかつ理性のある方々が多く集まっているのがせめてもの救いです。日本人はまだ死んではいない。


田母神氏の論文

はじめまして、いつも為になるお話拝見しております。
エントリーとは異なりますが。
田母神氏の論文はまるで林子平の「三国通覧図説」と「海国兵談」とおなじような扱いですね。
間違ってはいないけどまだ、早かったのか・・・
国民が目覚めるのが近いのか・・・
さながらマスコミと野党は老中松平定信か。

 国籍改正法案 今日の自民党での審議 水間氏傍聴の水間 氏のコメ ミラー動画も作った

 シュミレーション動画もできた。

 日本人なら全員来い

  http://www.nicovideo.jp/watch/sm5193008

 人権擁護法案の時より速度あがってるから
 こっちも30万人目標

 IDないやつは作って来いよ☆

アメリカの有識者って

アメリカ人てのは、アメリカ中心でしか物事を考えない、米国外の知識がまったくない連中が多くいます。米国が世界なやつらです。

大統領選でのアラスカの田舎っぺ、ペイリン女史もその一人ですね。アフリカを国と思っていたとは・・・・・・これで、一応アラスカの州知事ですから。

私がアメリカにいた70年代ぐらいまでは、日本、中国、韓国の地理的区別さえ出来ないのがワンサといました。彼らは、東南アジアも含んでoriental(東洋人)で済ましますしね。

でっ、韓国人や中国人がやる犯罪も、とばっちりを受けて日本人と混同される迷惑には困ったものです。

ブッシュも大統領になる前は、日本のことはほとんど知らなかったのではないかと思います。オバマはハワイにいたから、日系人を通じて、少しは日本についての知識があるかも知れませんが、アメリカ人にこちらのことを知っているとの前提でいると、思わぬ失望を味わいます。(笑)

スレ違いですが・・国籍改正法案

スレ違いで申し訳ありませんが、

国籍改正法案を潰すためには、全ての国籍認知に DNA 検査を義務付けるという運動を起こすことが効果があると思います。

これまでにも法律を騙して日本人になっているものが沢山いる。政治家にも沢山いる(これが問題の元)。こうした連中がこのように調子に乗って国籍取得の道を広げようというのであれば、これまでの騙した連中も公に晒すという道を付けるべきだ。

本当の日本人であれば何も問題ないはずだよね。

田母神氏の論文

「トップの制服を着ている人の口から語られてはいけない言葉」・・。?

マスコミも、「うそを言うこと」が、かれらの真実なのだろう、
「口ごもりながら」語っていた。
きっとどこかに良心はあるのだろう・・・。
たぶん、正論は、一般人の口から語られるということだ。

本来、正論を語る人が、トップの肩書きを持ち、
その地位に立つべきである。
いつの間にか、日本に巣食った共産主義が、それを許さなかった。

正論を言う人には身分がない。言うなら辞めてから・・。
かえって身分を持つといえなくなる。

龍馬なら言う、「こんな世の中、一度ひっくり返さにゃいかんぜよ。」
でも、それは民主党の小沢さんがするという事じゃない。
上辺だけの、目を引く派手な行動が、良い政策ではない。
ほんとうに、国民の眼は肥えてきている。

志高く、強い決断でもって・・・、
総理は粘り強く確実に、日本を変えていって欲しいと思う。

銀時さん、私はいち主婦ですが、遅蒔きながらマスコミのゴミっぷりに気付きました。
周りにロビー活動しまくってます。
今度結婚式もあるので二次会で更に活動してきます。

ヤフーの産経新聞からとった参考人招致の模様をすべて読みました。その後、時事通信の記事を読んでみると、あら不思議。。田母神さんのコメント途中できって記事を書いているんです。そう、悪いように悪いように。。その記事のしたにはコメント欄があるのですが、なぜか、田母神さんをこき下ろしているコメントばっかり。誰かが、田母神さんを擁護しているコメントを書くと消されると書いてありました。そこで私も書いたら。。。やっぱり消されました。。
田母神さんが参考人招致で、ヤフーでの自分の論文に対する評価のアンケートのことに触れたので、工作員がこぞってコメント欄で活動してました。。
田母神さん。。ヤフーを信じないでほしいです。

かなり詳しいですね

面白い、すごくためになります。
切り口が面白い。
頑張って下さい。

再々すみません

今、ヤフーのニュースのコメントがおかしいです。
ヤフーの田母神氏のニュースにコメントしようとしたら何故かはじかれて反映されない、何度やってもだめでした・・・
「アパとの密接ぶり、次々明らかに=公用車でパーティー、戦闘機搭乗許可-田母神氏」の前までの田母神氏のニュースのコメントは肯定する意見の方が多かったのにこの項目でここまで真逆になるのは普通に考えておかしい!
ヤフーが工作してる可能性があるのかな?
次々と同じようなニュースを流してサヨク化しよとしているのがみえみえ。
田母神氏を批判している人でその論文の全てに目を通してかつ、江戸時代末期から第2次大戦終了までを勉強して的確に批判してるやつ見たことがない。(ほとんど感情論に近い奴ばかり・・・)
あと北沢俊美(民主党:元社会党)参院外交防衛委員長!
「本日、参考人に出席を求めた趣旨は、国民の代表機関たる国会の場において政府に対し、この問題をただす一環として招致したものであり、決して本委員会は、参考人の個人的見解を表明する場ではありません。参考人におかれてはこの点を十分に理解し、質疑に対し、簡潔にご答弁をいただきますようようお願いをいたします」て、どういう事?
個人的見解聞かないと論文について話し合えないじゃ!それじゃあただの公開リンチになるよ!(まあ、国民も馬鹿じゃないからその辺は分かってるけど)
民主党や野党、マスコミはそんなに日本国民の生命や安全より韓国中国の方が気がかりなのか・・・。
自民党のリベラル派と野党特に民主・社民はまさか田母神氏で騒いでる間に「国籍改正法案」「在日参政権」「人権擁護法案」を通してしまえと思ってるんじゃないでしょうね?
日本人をなめるなといいたい!

怠慢というか

極東そのものにそんなに関心がないからではないですか?

日本に長く住んでる外国人の著書などを読んでみても
えらく的外れなものが多く、結局この人日本のこと
何にもわかってないんだなあというようなものたくさんあります。

同じことが日本人の親米派にも言えると思います。

>国民はとても良質な教育を受けており、
>強大な経済を発展させてきている。
留学生や外資の企業で働く中国人を見るなら、そう見えるのでしょう。

>アメリカが大切にする人権など欠けらもありません
アメリカの人権とは、アメリカ人のものだと思ってます。(あとは、便宜上利用)
公開処刑にしろ弾圧にしろ、アメリカ(政府)にとっては、(大問題になる前に潰してくれたら)なんら支障があるとは思えません。
欧米は、植民地や奴隷で発展してきた所です。
8億の奴隷とも言われている(?)奴隷を公然と有する中国に対し、同様な考えや感情があるのではないか? と、感じます。
私が アメリカ人なら、中国の混沌は、影響力も大きく利用可能な火だねとして温存したいと考えるかもしれません。

昔 ネットで見た話を思い出しました。
宣教師達(欧米人)は、日本が嫌い、中国は大好き。
なぜなら、中国には、可哀想な人達が多いから・・・というのがありましたっけ
思いついたまま、感じたままの脈絡もないコメ、失礼しました。



yahooは信用しない

yahoo、ソフトバンクは在日韓国人に特権、特別通話料金制度をやっていたでしょう。

私は個人的に、yahooを信頼していない。

日本に帰化したのに、1996年TBS報道特集に出演した時に原爆のことを「日本に正義の原爆が落ちた」と言ったそうだけど正義の原爆ってどういう意味?
日本に原爆が落ちて当然だったと、言いたかったわけ?

中国共産党幹部達以上に、腹黒く罪深い人種がアメリカ人です!!!


>>自らは建前(でしかない自由と民主主義)を崩すことなく安く買い叩き、13億のチュウゴク人民を奴隷化し搾取するのは中共がやってくれるのだから。<<

私も構造不況業種さんの意見に賛成です。昔、欧米諸国が植民地政策の時にやっていたやり方と同じだと思います。搾取する『憎まれ役』は、同じ有色人種にやらせて、実質的な利益は自分達が分捕っています。

アメリカは、国際社会の手前、表向きは中国を非難しているようですが、裏では中国共産党の一党独裁を援助する。そしてその代償として、10億の中国人を奴隷のように搾取する『憎まれ役』を中国共産党にさせているのでしょう。

『自らは手を汚さずに、搾取する』←アメリカもうまく立ち回っているようだけど、今の時代、昔のように何でも都合よく隠蔽はできません。世界は表だって言わないだけで、アメリカの汚い手口は、ほとんどの人間の知るところです。

中国共産党幹部達以上に、腹黒く罪深い人種がアメリカ人です!!!

黒人オバマが大統領になったのも、これから先、アジアでの小競り合いに、白人が表に出ずに、有色人同士で戦わせようとしているのではないですか?アメリカで『捏造朝鮮慰安婦強制連行』の件で、日本を徹底的に糾弾している人物は、あの有名な『日系アメリカ人マイク・ホンダ』でしたよね?



名前を入れ忘れていました。

↑上のコメントに名前を入れ忘れていました。すみません。



ルシファーは混沌がお好き

平安様
なるほど、ルシファー達は混沌が好きなようですね。
やはり東アジアの中心的な役割を果たしているようです。
国有銀行にストローが付いているかも。

戸井田議員ブログコメ欄より転載。

13日【国籍法改正案】阻止 (水間政憲)

2008-11-13 14:12:34

今日(13日)、午後4時国籍法改正PT副会長に、「チャンネル桜」の取材に同行します。結果は番組で。皆さんには、一通でも多く衆院法務委員会所属議員事務所にFAXして下さい。
各10.000通届けば、明日の審議だけで採決することは難しくなります。今月末までずれ込めば、国会を取り囲む阻止行動もできます。
この改正案は、国家の根幹に関わる重要法案です。極左官僚と売国政治家のクーデターを断固阻止。その位の覚悟を持って、皆さんも頑張って下さい。
緊急に核心情報を拡散するには、インターネットしかありません。国内のインターネット空間をコントロールしているのが、まだ、日本人が圧倒的に多いことが唯一の救いです。
ジャーナリスト水間政憲。皆さん、自由に転載して下さい。

朝鮮日報を信じますかね?

上にも書いている方がいらっしゃいますが、

朝鮮日報がインタビューを報じる
   ↓
本人はそんなこと言ってないと反論

という例は、これまでに数限りなくありますよ。

週刊朝鮮とでも呼ぶか

サ△デー◇日のような週刊誌と同類なのが、朝鮮日報です。
風説ながしてよしとする。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/376-ec196edd

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。