スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想の韓国、自虐の日本    11月4日(火)


今日も韓国のことを書いて見ます。
最近 多くの日本人は、日本人がどんなに努力しても、韓国人とは
永遠に友達にはなれないのではないかと思い始めています。

一時期 女性の間で韓流ブームが起こり いいムードになってきた
と喜んでいましたが,盧武鉉政権時代に露骨なまでの日本叩きで
韓国を疎ましいと思う日本人が逆に増えてきています。

両国の間でなにかの問題が生じると、日本は韓国に気を使って何も
言わないか、あるいは誠実に対応しても,いきりたつ韓国人のまえ
には、無益になってしまいます。

なにがなんでも、日本が悪いという図式では、話し合いなど意味を
なしえません。

韓国は対日憎悪がすべて優先してしまい、故意に事実を捻じ曲げ、
歴史を捏造してまで日本非難を繰り返します、こういう国と真面目
に付き合っていくことは不可能だと最近日本人は思い始めています。

韓国人を理解することに日本人は疲れ切ってしまいました。

韓国は戦後 世界最貧国であった経済が日本からの多額の経済援助と
技術援助、ベトナム戦争参戦を要因に「漢江の奇跡」と呼ばれる
成長をとげました。

しかし韓国人は日本の経済・技術援助によって発展したことに過敏に
反応して否定しますが、サムスンや現代グループ等の韓国を代表する
財閥や、大韓航空,浦項製鉄所ができたのは、すべて日本との国交
正常化以降のことです。

韓国人の背骨を支えているのは「われわれ韓民族は優れた選ばれた
民族である」という自負です。
高度成長によって自信をつけた韓国人にとっては日本人によって
近代化の仲間入りをしたことに耐えられないのです。

千年昔より自分たちは優れた民族であるということを実証するために
すべての朝鮮の歴史を歪曲捏造せざるをえなかった。

千年の長きに渡り朝鮮は、中国の属国となっていた事実を韓国人は
決して認めません。

各国の学生が学ぶ歴史書に朝鮮関連の記述は ほとんど出てきません。
なぜなら朝鮮は中国の属国もしくはそれ以下の扱いを受けていた、
すなわち、各国は朝鮮を独立国として見ていなかったのです。

確かに中国の属国であったという歴史は悔しいですが、それを認める
ことは何の恥でもありません、むしろ歴史の真実を隠すほうがもっと
恥じだと思います。

近代に入り日本は朝鮮を開国して自主独立の国家を形成し,近代化を
押し進めました。そうしなければ、またたくまに欧米列強の支配下に
置かれることになってしまいます。
そうなれば今度は日本が危なくなります。

しかし朝鮮の国王 高宗はあくまで清国の属国としてあり続けようと
しました。1873年宮廷クーデターで閔氏政権が成立しました。

こうして1876年に朝鮮は日本と正式な国交条約を結びます。
開国となるや日本へ使節団や留学生が多数派遣されてきました。

彼らは日本の近代化の進むようすを見てびっくりします。
電気、電信、電話、鉄道、に驚き、国際情勢を日本ではじめて
知ったのです。

ところが清国をバックにして反乱が起こります。こうして再び清国
の支配が始まりました。

それに対して金玉均を中心とする日本留学体験を持つ若手官僚たちが
日本の協力を取り付けて朝鮮独立を図ろうと画策します。

しかしこれらの青年将校の挙行した甲申クーデターは失敗します。
そのご朝鮮はロシアの保護下に入る密約を結び、日清両国の干渉を
排除しようとしましたが清国に阻止されました。こんな事の繰り返し
で国はガタガタになり国民達の疲弊の度合いが深刻になってきました。

結局 日清戦争が勃発して日本が勝利し、これによって朝鮮はようやく
独立国となったわけです。(長くなりますので途中を省きました)

このような歴史の真実を韓国人はほとんど教えられることはありません。
それどころか、李朝末期は極楽のような社会で、誰も彼もが豊かで
楽しく暮らしていたと、とんでもない捏造の度を越えて妄想の歴史を
教えられます。

実際の李朝末期は大干ばつの頻発で食糧難、国庫は破綻状態、衛生
状態もこの当時朝鮮を訪れたビショップ夫人など「世界一不衛生国家」
と評しています。

このような地獄の様相を呈していた李朝末期を救ったのが日本でした。

日本統治によって朝鮮は様々な恩恵を受けて、李朝では考えられ
なかった近代化を成し遂げたのです。

ここで韓国人の呉善花評論家の言葉を書いてみます。
「私も高校生のときに近代史の教科書を読んで、日本は民族抹殺を
はかっていたんだと、本気で信じ込みました。しかし韓国人はそれに
ひるむことなく、独立運動を展開した。韓国は一貫して独立を望み、
勇敢に戦い続けてきたのに、日本がそれを妨害したために独立が果た
せなかったと書いてあるんです。しかし事実はその正反対だった」

「当時の韓国政府は独立の意志など全くなかった、これを認めたら
すべてひっくり返ってしまいます。戦後韓国の民族主義が根底から
消し飛びます。なぜならそういう朝鮮の近代化に最も力を注ぎ、
独立への道に最も力を注いだのは実は日本だったということが、
白日の下にさらされてしまうからです」と述べています。

このように呉善花さんが語っているように実際の歴史と韓国で
教えられる虚偽の歴史には大きな差があります。

このように捏造歪曲された歴史教科書で ありもしない日本の悪行を
教えられれば誰でも日本を憎むようになります。

韓国政府による反日教育で洗脳された状態の韓国人と日本人が仲良く
なることなど未来永劫ありえません。

韓国人が一流の国際人になるためには過去の歴史はどうしても避けて
通れない道です。韓国人はどんなに聞きたくない歴史の事実でも
立ち向かっていかなければなりません。

日本も左翼の人たちによって近代史が歪められてしまいました。
左翼たちの自虐史観によって日本の誇るべき過去の栄光は
泥にまみれてしまいました。

韓国とまるで正反対です。

しかしいつの日にか必ず歴史というのは真実を我々に語ってくれます




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

日清戦争

  「日清戦争が勃発して」と一言で書いて有りますが、日清戦争の原因は清が李氏朝鮮を欧米的な意味での支配下に置こうとしたので、日本としては其れを放って置く事が出来なかったからです。朝鮮を清が取れば日本の国防に支障が出ると考えたからです。
 日露戦争と全く同じ理由です。
 講和条約(下関条約)の第一条に「朝鮮は自主独立の国なり」と記し、朝鮮の独立を清に認めさせています。

うそつきはドロボーの始まり

正直言うと、以前、私は中国にも韓国にも強い嫌悪感は持っていませんでした。

しかし、あまりの中国、韓国の歴史捏造と反日行動に耐えられなくなりました。もうこの二つの民族との共存共栄はありえないと考えるようになっています。彼等は大きな損失を自ら招いたのです。

もう漢民族、朝鮮・韓国民族とは、鎖国状態でいいと思うぐらいです。

教育が歪んで居る

両国の「教育」が歪んで居る、そして大人が大人の対応が出来ない戦後教育が双方とも混乱しているからでしょう。

韓国は大陸政権の影響を受けてきました、突如「独立」しかも他力でした朝鮮総督府が作り上げた土壌に乗り上げ35年を暮らした訳です。

日本の敗戦で「南京両班・李承晩」大統領に担ぎあげたアメリカが「反日」韓国を作り挙げた様なものです、沖縄と同じ図柄です。

従い日韓条約を結ぶまで「世界の最貧国」北朝鮮は日本の工業力が残って居たので利用する、又ロシヤの援助で韓国を凌いでいました。

日韓条約で正常化を図るも「教育」は其の侭「反日」を維持しないとまとめきれない「反日」が「援助」の対象にもなる事を日本が教えたのです。

アメリカがなし得なかった韓国経済を「朴大統領」が日本を取り込むこと、ベトナム派兵で蘇生させた韓国初の「政権」でしょう。

一度は捨てそうに成った「反日」騒動を書き立てたのが北朝鮮を擁護する朝日新聞をはじめとする日本マスコミと言うのも皮肉な事です。

以降は日本書記を使い、近隣職国条項を使い、日本の教科書に日本の歴史を潰す役目を果たし、併合前の「中華攘夷」に嵌り込み未だ「日王」から逃れられない国に成って居る訳です。

韓国に云っても変えられません。日本が日本の歴史事実を其の侭教科書に書いて生徒に教える事から始めなければ成りません、事実は事実、飾ることなく書き双方の政治家が大人に成る事です。

韓国における日本文化・製品のコピー状況について

韓国の現状については、多くの優秀なサイトがあります。たとえば韓国の
日本文化や日本のモノ のコピーの状況を集めたところがあるので、紹介します。
 パクリ大国 南朝鮮 
http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html

 アニメ、おもちゃ、車、お菓子、その他ありとあらゆるものがコピーされ、これでもか、と紹介されています。コピー製品による日本の損失は数兆円規模でしょう。
 これでも韓国を許すのなら、それは普通ではありません。またぺ・ヨンジュンのレストランの真実は次の通り。支店をだす勢いだそうですが...。

チャングムの嘘 韓国に宮廷料理などない?
http://koumokuten.iza.ne.jp/blog/entry/40946/

日本で重んじられる体面と、支那や朝鮮の方々の重んじる体面(面子と言ったほうがシックリきますね)は全く異質のものですね。

日本人は体面を傷つけないように行動を律し、その判断を他社に委ねますが、支那や朝鮮の方々にとっての面子は自分で主張するものであり、それを保つために直接的に行動するものです。

ですが、呉善花女史がそうであったように、客観的な知識に触れることで自分の知識や価値観を再構成することもできます。逆に女史のように、多くの日本人よりもはるかに日本的な価値観を有する方も出てくることでしょう。

支那や朝鮮の政府はいざ知らず、国民の中には他国の良識ある人々と同様の価値観を持つことのできる力を内包している…と、信じたく思います。

日本から客観的な知識を持って呼びかけ、支那や朝鮮の内部に正しい価値観を喚起する力を呼び覚ますことを祈ります。ネットにはそれだけの力があると思いますし、このブログの管理人さんやコメントを書く皆さんの言葉にもまた、そういった力があると感じます。

現代の北と南に分かれる前の「李氏朝鮮」というのは、中韓戦争になった折、韓国側の将軍だった李氏が、戦闘中に自国を裏切り、中国と通じることで政権を奪って王位についたという、いわば泥棒政権なんですね。
以後400年にわたり、李氏は中国の属国として対中国土下座外交を行います。庶民の生活なんぞほったらかしだった。いわば同国人による植民地支配が行われていたのが李氏朝鮮の時代の韓国です。
政治体制は、いまの北朝鮮に似ています。ヤンバンと呼ばれる韓国人貴族だけが贅沢な暮らしをし、一般市民は貧窮のどん底。
下のURLをクリックして写真をご覧になるとわかりますが、半島一の大都市ソウルですら、その中心街である南大門前が、まるでホームレス広場となっていました。これが歴史の事実です。
http://photo.jijisama.org/BeforeAfter.html
当時の韓国庶民は、ヤンバンという貴族たちにとっての奴隷以下の存在でしかなかった。そのあまりの下品さに、次々と東亜各国を植民地化した列強ですら韓国にはまったく手を出していない。なぜかといえば、国が貧しく、市民はコジキ同然で、植民地化する魅力がまったくなかったから、といわれています。
いまの韓国の歴史番組などを見ますと、まるで李氏朝鮮の時代は人々が王侯貴族のような生活をし、女性たちは美しいチマチョゴリを着て優雅に暮らしていたかのごとく描かれていますが、これも真っ赤なウソ。当時のチマチョゴリは、ヤンバンが町にいる女性を我がものとするため、女性の乳を露出させるために着させた服でしかない。どこの世界に温帯地方でありながら女性に乳を露出される服を着させた国がありますか。長男を産んだ女性はその時点で乳を露出した。要するに女性が性の捌け口程度にしか扱われていなかった時代の産物がチマチョゴリで、国辱ものの服でしかない。乳の露出を禁止したのは日本の朝鮮総督府です。これも写真が残っている。そんなに昔の李氏朝鮮時代が良いのなら、現代韓国の女性も全員乳を露出して町を歩いてもらいたいものです。腹がたちます(怒)

日本では真実を言う人が出てくる度に「失言」「暴言」「間違い」のオンパレードで発言者をたたき潰す動きが今も続いている。始めから本当のことを教えたり報道したりしてればこんなことにはならないはず。自由な言論が許される日はいつなのでしょうか。偏った教育や言論統制が行われているといくらかの国民は気づいているがいっこうに現実は変わらず、新聞やTVなどひどくなっていくようにしか見えません。韓国や中国が作った話に疑問さえ持たない人たちを見ると暗い気持ちになります。政治家がまず自国の歴史を知ってほしい。

サムスンぐらいかな?

技術的に得るものがあるのはサムスンの半導体技術くらいですかね。あとはうーん思い浮かびません。
日本の造船技術を盗んだのは有名な話です。液晶TVなどの技術も日本の技術者が週末韓国に行って働いていたというのも有名ですね。
ただこの問題の根は深く、日本企業自らにあります。技術を育てようとしなくなったんですね、今の企業は。長期的なビジョンや戦略が無い。
ただ中韓にそれがあるかというと無いですね。欧米にはありますが。
大局的に物事を見られる日本人が少なくなったと感じます。政治家にも企業人にも。

ねたみ

日本が嫌いな理由
→侵略戦争をしかけてきた罪があるにも関わらず、民族が滅亡することもなく繁栄しているから

という国とまともにつきあえると思うほうがどうかしています。あちらはこちらの存在自体が不満なのですから。

サムソンと言っても。。。

サムソン電子の半導体技術と言っても、サムソン電子の売りの大型液晶TV用の半導体は日本のファブレス、某ベンチャー企業のモノを採用することになったそうです。某企業のHPに採用決定!と書いてます。〇〇から盗めなくなったから仕方ないらしい(笑)

隣人でもそうですが

相手の性格を変えようと こちらが努力するのではなく ただただ
付き合い方を変えればよいと 思います。
日韓断交すべし。

教えてあげた、史観教科書

【教えてあげた、「史観」 教科書】ーーー平成 15.7.7..
《朝日新聞をみんなで叩き潰す掲示板》・・・町工場の親方

昨年ある人から、韓国国定教科書の、「日本に教えてあげた」、記述の文章を読ませてもらって呆れました。
最低限の品性、教養を備えた著者なら、あそこまで侮辱したような文章は書けません。
「○○の技術を、日本に教えてあげた」 という文言が何箇所も出てきます。
普通でしたら、「○○の技術は、韓国から日本に伝えられ、日本を益した」 または 「日本は○○の技術を韓国から教わることにより、進歩した」 という表現になるはずです。
明治時代、日本は急速に近代化を進めるため、欧米の優れた技術知識を取り入れました。
現在欧米の中学生の教科書で、「わが国が○○の技術を日本に教えてあげた」 という表現をしている、教科書はないと思います。
あの教科書を読み、こんなふうに露骨な表現で、対日優位を書かなければならない相手のことを思って、ウンザリし、悲しくなりました。

尤も、日本国内でも、日本を見下し、軽蔑する点では、「朝日」は韓国より、上手、<下手> と私は思っています。

小森誠様のレスーーー15.7.7.

《町工場の親方さんへ》

そもそも 「教えてあげた」 と言うこと自体事実ではありません。正確には 「持ち込んだ」 と言うべきです。それに、「新羅」 を祖とする現在の朝鮮から何も教えてもらっていません。滅ぼされた 「百済」 から仏教や儒教の「宗教勧誘」 を受けただけです。
また稲作や漢字については朝鮮から教わったとは思えません。何しろ 「徐福伝説」 の存在があります。
今の福建省辺りから伝わったものと僕は見ていますが、如何でしょう。
「我々は日本にいろんなものを教えてあげた」 と抜かしたら、「それはあなた達の勝手な思い込みです。我々は自ら中国へ行って学びました。教えもしないくせに恩着せがましいことを言うのはみっともないから止めましょう」 と言うべきでしょう。 


日本の歴史教育

明治以来、歴史教育が、公正な立場にたってなされたことはありません
戦前は、都合の悪い、遺跡の破壊、隠蔽すら、御用学者によって、行われていました、たとえば、埼玉県の吉見百穴は、渡来系の集合墓穴であった事実を、隠すために、破壊されました

日本人も、古代の、公正な、歴史認識から、正史を、学びなおさなければならない時期に来ていると、思います

理解不能

日本人と朝鮮・韓国人が未来志向で理解しあえるか?簡単に言えば「無理」「無駄」です。その原因を作ったのは誰でしょうか。ブログ主様が仰られるようにあちらの歴史観と日本の主体性のない自虐史観です。他のコメントにもありましたが、あちらに改善を求めるのは「無理」「無駄」です。日本に巣くう自虐史観を正当な史観に戻すようにしなければなりません。なぜなら史実は一つしかないのですから。

 朝鮮日報オンラインで、「韓日海底トンネル:論議が再び活発化」という記事がありました。

一部だけですが。↓

先月10日には錦湖アシアナ・グループの朴三求(パク・サムグ)会長が、コーロンのイ・ウンニョル会長など韓国財界の要人15人と、トヨタ自動車の張富士夫会長など日本の主な経済人12人が出席して行われた会議の席上で、韓日海底トンネルに関する共同研究の必要性について言及した。

自民党の九州選出の衆議院議員14人が中心となって「海底トンネル推進の会」を結成するなど、海底トンネルの建設に対する関心が最近さらに高まっているという。

絶対反対です。

韓国と付き合っても経済的な恩恵はあっても、
失うものがそれを上回ります。

絶対作ってほしくありません。


工作員

呉善花氏や金完燮氏の著書を読めば、彼等が自分の国を愛していることが伝わります。日本の左翼の嘘つき学者と違い、勇気を持って真実を言った李栄薫ソウル大教授等も愛国者でしょう。そんな彼等を幽閉し職を奪い国に帰れ無くした。馬鹿な国民です。

----------------------------------
最近は工作員の出入りが激しいようですね。

・この時期、麻生首相を攻撃をする理由を思いつきません。
 攻撃しなければならないのは小沢では?
・1000万人移民推進代議士は右翼のほめ殺しにされていました。
 督促だっかも。
・統一協会との繋がりを指摘して安部首相や桜チャンネルを攻撃する組織がある。
 分断工作か?

半島人のアメリカでの工作活動や国際的な催しでの活動を見れば、脇の甘い日本では中枢部やあらゆる所に食い込んでいる筈。彼等の工作活動の能力は卓越しています(その能力を地道な国造りに使えば良い国になるものを)。決してあなどれません。もう最終段階かも知れません。対抗手段は事実と正論だけです。

なんかここんとこ、段々2chの東亜+の基本講座風になってきましたね。
皆さんも一度、行ってみてはいかがでしょう。 特亜の知識が満載ですよ。

2chはどうも・・・という方は、ダイジェスト版ともいえる
東亜備忘録さんのブログをお薦めします。 海外ニュース部門の1位のブログです。
http://kyouji.seesaa.net/ 

日本人は自尊心が有る為、嘘を嫌います。
朝鮮人は自尊心を守る為に嘘をつきます。
日本人にとって、自尊心を傷つける事が出来るのは自身だけです。
朝鮮人の自尊心は他者の言動で容易く傷つきます。
日本人の自尊心は自律です。
朝鮮人の自尊心は虚栄です。
世の中には、理解不可能である以前に、理解してはいけない物が存在します。敬うべきを敬うのが仁ならば、卑しむべきを卑しむも仁なり、と申します。醜悪な物を軽蔑しない社会は、不健全な社会です。日韓友好は欺瞞である以前に、邪悪です。

国交断絶しかないでしょう。

>一時期 女性の間で韓流ブームが起こり 

日本女性に対する侮辱ですよ(笑)。

>いいムードになってきたと喜んでいましたが

マスコミの捏造を真に受けていらしたのでしょうか。
日本と韓国が仲が良かったことが一度でもありましたか?
日本への憎悪を叫びながらも、自分たちから縁切りしようとしない、
その理由を考えると彼らは実に心根の卑しい民族だと思います。
韓国も中国も。

本論には関係なく、まったくどうでもいいことですが・・・
29日以降、問題発言叩きのようなくだらない報道がきれいに引っ込みましたね^^v
↑まえのコメントを覚えておいでの方しかわかんないでしょうけど(笑)

私にできること

韓国の真実や在日朝鮮人の実態を知らない日本人がいて、日本人の振りをして親韓へと世論を誤誘導する勢力餓国内に存在することが大きなネックです。
日本人であったならそして韓国、在日朝鮮人について事実を知ったなら、韓国との友好を阻止し遠ざける、在日朝鮮人の横暴を許さない断固とした世論が形成されると思います。少しづつですがその方向に向かっていると思います。何にも知らない日本人に少し韓国、在日朝鮮人、マスコミの通名報道について話すと興味を示してくれます。皆心のどこかで、何か変だと感じているのです。大きな声で事実を話すことが日本を変える第一歩です。

教えてあげた?

韓国との事があって、もっと古代から知っておこうと、専門の人が書いた歴史書を縄文時代から読み始め、今現在平安時代の政治機構に入っています。
あまり詳しくは憶えていませんし、知識も無いものですから間違いがあったら、訂正して下さい。
稲作の事ですが、考古学的には稲作が始まったのは弥生時代ではなく、縄文時代からだと言われ始めています。と言うのも、縄文時代の地層から稲の花粉がいくつも見つかったからです。今では、逆に日本から大陸のほうに伝わったのではないかとも考えられ、研究が始まっているようです。

それから、飛鳥時代の頃、百済人が日本に多大な影響を与え、いろんなものを伝え教えたと朝鮮人はよく言いますが、内容としては、それほどのものではありません。当時彼らが持ってきた技術は、馬の鞍に、焼き物、錦織など、あと少数の技術です。それと仏教です。仏教は当時日本に来ていた人達が自分達で信仰していたのを次第に日本人に広めていった。また、日本人も多大に興味を示すようになった。というところから始まったようです。
でも丁寧に教えていたようです。
また、当時の飛鳥の山村の岩場にオンドルの跡が見つかり、朝鮮人が住んでいたことが分かりましたが、どういう理由が知りませんが、しばらくすると、別な場所に集団で移動させられたことが別の遺跡から分かってと書いてありました。1カ所に長らく住まわせるようなことはしなかったということでしょうか。
奈良時代だったか、よく憶えていませんけど、こんな遺物も見つかっています。それは、日本人の貴人の妻妾だった渡来人の婦人がどこかへ移らなければならなくなった時に、男性が別れを惜しんで歌った和歌が書いてある木簡です。
時代も発見場所の詳細も本棚から引っぱり出せば詳しく書けるのですが、以上のこと、へえ~と思って印象に残っていたので、憶えていました。
今から思えば、あの当時の朝廷もそうやすやすと誰でも彼でも入国は許さなかったではないかと思いました。
朝鮮人は、今の日本人はほとんどが朝鮮人だ。それは百済大挙しておしかけ、支配していたからだと。
だったら、なぜ、言葉を朝鮮の言葉に変えなかったのでしょう。支配するのに言葉の違いは一番邪魔になるでしょうに。
それから、渡来人が錦の技術を伝えたとなっていますが、魏志倭人伝を見ていましたら、卑弥呼の使者が皇帝に絹、錦、真珠などを持って朝貢に来たとありました。と言うことは、当時から既に倭国には絹の錦織物があったということです。邪馬台国がどこにあったか何て事ばかりでなく、そんな文化面をもっと知りたいと思ったものです。
あっ、それから、卑弥呼は文書も一緒に持たせていたようです。ちょっと驚きました。当時に文字があったのでしょうか。あったとしたらどんな文字を使っていたのでしょう。もう漢字が行き渡っていたのでしょうか。内容からすると、まだのようでしたが。
そこが分からないのです。
拙い文ですみません。おおざっぱに書きましたので、時代等間違っているかも知れません。

古代文字?の夢

>菫さん
日本の古代史は、
記紀による天皇支配正当化の過程で、他勢力の口伝、文献(別の文字だったかも)を天皇家の歴史として纏めたので、混乱している部分が多いですね。

漢字以前の文字の件についてもそうですが、あったと考える事で歴史として納得できる事もあります。
下記は日本の古代文字?(かもしれない)一覧です

神代文字総覧
http://www.page.sannet.ne.jp/tsuzuki/sinmoji.htm
後の世に捏造された物も多いと思いますが・・・

ベトナム政府が援護射撃

韓国政府によるベトナム戦争展示や慰安婦騒動に呆れたベトナム政府が、韓国政府への強制慰安婦賠償請求したようです。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=3919786

慰安婦騒動がブーメランの様に韓国政府自身に向かっている。。。

岩波新書に「日本語の起源」というものがあり、その本によると、日本語の原点は古代タミール語にあるといわれています。タミール地方というのは、インドのスリランカの対岸あたりの地域です。稲作はこの地方から伝わったといわれ、古代タミル語で、ineは、日本語のイネ、haha、chichiは、それぞれ日本語の母、父。そして、おもしろいのが、太陽が、ya、下が、moto、というのだそうです。つまり、太陽の下=日の下が、ya-moto(ヤモト)これがなまって、ヤマトとなり、漢字で「日本」があてられるようになったといいます。稲の伝来は、海洋を経由して伝えられたというのが最近の多くの学説の示すところで、タミル地方がから、マレー半島、フィリピン、沖縄を経て、日本に伝わり、日本では最古の棚田が高知県にあります。
稲は、水を引いた田に苗を植え、水を抜いた田で収穫しますが、これは熱帯地方の雨季と乾季を人工的に作り上げているものです(稲は熱帯性植物)。そういうなりたちからみても、韓半島から我が国に伝来したとは、やや言い難いですね^^
15:56分のコメントで、チマ・チョゴリのことを書きましたので、もう少し詳しくボクのブログで書いておきました。興味のある方は見に来てください^^
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-220.html

漢字以前の文字について

↑古来、ヤマト民族は、漢字を使用する以前から深遠な言語体系を持っております。
「ヲシテ」文字です。
概ね発音は我々が未だに日常喋っている言葉です。

漢字とは、たかが二千年ほどの歴史しかない大陸由来の外来文字であり、
発音に中国式の「音読み」を導入すると共に、その文字の意味に日本古来の発音を当てはめた「訓読み」がありますが、
似たような漢字を使っていても、中国語と日本語が文法も発音も全く違う所以です。
そして、漢字やアルファベットなどの単一表現しかない言語とは違い、我が国独自のカタカナ、ひらがなと同時に漢字も駆使する豊かな言語表現は、他に類を見ない高度な文化とも言えます。

古来より、外来のものを積極的に取り入れて自らの文化に組み入れる工夫が大好きなヤマト民族(あるいは政治的意図などもあったかも?)の本質は今も昔も変わらないようです。

ヲシテ文字は、宇宙の成り立ちや哲学さえ内包する深遠な言語体系です。
世界4大文明よりも更に古い、古代日本の歴史と文明がタブーでなくなり、もっと正当に研究される日が早く来て欲しいものです。

神社の祝詞や言霊の響きを心地良く感じるのはヤマトの民のDNAでしょうか。
ヲシテ文字についてのHP
http://woshite.com/page1.html

李承晩ラインの真実を多くの人に知っていただきたい

http://blog.livedoor.jp/lancer1/archives/50327395.html
ここのサイトは日韓に横たわる深い問題を、穏やかに掘り下げていますね。竹島やパクリ以上に日本人が忘れてならない出来事が、国際法違反の李承晩ライン→44人死亡、328隻4000人拿捕→韓国人凶悪犯無条件釈放。在日特権付与。→(拿捕者を人質に取られた)日韓基本条約の締結。の流れではないでしょうか。なぜか日本のマスコミは全く触れませんが、もっともっと多くの方に知って欲しいです。

韓国兵の強制慰安ってのは、強姦

韓国が日本軍の従軍慰安婦がいたというのは捏造です。まぁ、何でも言いがかりをつけ、たかりの種にするのが韓国人ですが、従軍慰安婦なんてものの存在はありませんでした。あったのは、昔で謂う「赤線」、要するに売春婦です。

日本兵に売春婦を斡旋していたのも朝鮮人でしたし、日本軍は梅毒などの病気が兵隊に蔓延しないように、医学的検査はさせていたようです。しかし、日本軍が朝鮮女を従軍させるような、「従軍慰安婦」なんて言葉も当時、ありませんでした。従軍記者はありましたが・・・・

その売春婦たちは、自ら売春を生業としていたのであって、日本軍が強制的に売春をさせた史実はありません。彼女らは日本軍の将校より、はるかに高額の金を稼いでいたのです。

一方、ベトナムにおける韓国兵の野蛮さは、野獣並みでした。その当時、韓国兵は強いとの評判でしたが、要するに残酷の極みをやっていただけです。そして、韓国兵に限っては、強制慰安ではなく、強姦って次元でしょう。ベトナム政府は、そのことにつて韓国に謝罪と償いを要求することは正当なことです。

韓国の外貨準備高は、やはりどんどん減少してるようですね。
「韓国銀行(中央銀行)がこの日発表した統計によると、10月末時点の外貨準備高は、先月末から過去最大幅の274億ドル減少し、2122億5000万ドルとなった。減少は7カ月連続で、ほぼ3年ぶり低水準となった。」
(ロイター)

>孝彦さん
>戦前は、都合の悪い、遺跡の破壊、隠蔽すら、御用学者によって、行われていました、たとえば、埼玉県の吉見百穴は、渡来系の集合墓穴であった事実を、隠すために、破壊されました 。

これは新説でしょうか。珍説でしょうか。
吉見百穴が一部破壊されたことは事実のようですが。
と申しますのは、なぜこの遺跡の存在が都合が悪いのでしょうか。理解できません。
戦前の歴史解釈の方が、戦後のそれよりはるかに整合性があるように感じます。戦前の歴史研究は納得できるものが多いです。

最近の改竄は酷い

 吉見百穴(よしみひゃくあな)の破壊は、戦時中に地下軍事工場を作るため、下の方に穴を掘った為、その部分のみ大きな穴になってしまったのです。上の方は完全に残っています。
 関東に朝鮮半島からの帰化人を多数入植させたのは、日本書紀にも書かれていて、何も隠す理由は有りません。狛江、新座(しんらが訛った)、高麗川、高麗神社など朝鮮を示す地名は一杯あります。そして戦前は日韓同祖論を国が推し進めていて、朝鮮は同属とみなしていました。
 其れより教育委員会による吉見百穴の説明書きについて、最近書かれた文章の方が、昔に書かれた物より自虐的になっているほうが気になります。(滋賀県では蒲生氏郷の朝鮮出兵を、朝鮮侵略と書き換えた例があります)
 高句麗の好太王碑の文章を日本軍が改竄したなどと突如言い出すように、戦後の歴史学界は左翼が牛耳り、珍説のオンパレードです。

根底にあるもの

産経新聞、「正論」、2006.9.2.より。古田博司・筑波大学教授。

・・・さて今度は平和な時代の話である。韓国の経済がよかった1990年代前半、韓国研究者も随分と人数が増え、研究も精緻になっていった。民間企業もたくましく進出していった。しかし誰も経済危機を予測できはしなかった。
次は中国の番である。そこには金融システムもなければ、手形の不渡りに対する法的ペナルティも存在しない。現金決済が当たり前で、その上借りたものを返すという習慣もない。したがって不良債権がたまろうとバブルははじけないとも言われる。
要するにまっとうな市場経済ではないので、経済学者たちも予想しかねているのである。恐ろしいと思う
のだが、日本企業はまたも次々と進出している。そしてい、あの純朴な世界観が登場し、その中で議論が白熱していくのだ。ところが東アジアの人々からみれば、日本人は話し合ってもわからない相手である。そこで現実とずれることになってまた苦しむ。
こんなことばかり繰り返しているうちに、失望の歳月は積み重なっていった。つまり、自分のほうの見方ばかりどんと゜ん細かくかつ詳しくなっていくのに対して、相手方からの視点がほとんど顧慮されないのだ。したがって、現実的になりようがない。

【善人と正義派こそ国を過つ】
30年間、東アジアの研究に携わってきた筆者から見れば、《中国人も韓国人も北朝鮮人も日本人が圧倒的に嫌いである。これは否定すべくもない事実で直しようがない。》
個人的には日本人が好きでも、同族が集まって見解を述べる際には必ず反日になる。
なぜならば、日本人は中華の礼(道義)からもっとも遠いところにいる蛮族なのであり、その蛮族が自分達を見下し侵略し、なすすべもなく呆然自失しているうちに、勝手に敗戦して戦後また繁栄しているから、と見える。
日韓基本条約のときも、日中友好条約のときも、そのような日本からの援助が欲しかっただけで、その当時は嫉妬も押し隠して笑顔を向けた。しかしその微笑みが、本物でないことはやがて露わになっていったではないか。
そして戦後ずっと、「東アジアの人々は良い人ばかりで話し合えばわかる」、と言い続けたのは、共産主義者であり、社会主義者であり、進歩的文化人であった。伝統的なことにかけては、右も左もない。日本では、「伝統的な善人」、や、「国際的な正義派」、がいつも国を過つのである。
《東アジアの人々の心を全然知らない人たち、彼らが今血税を蕩尽し,『東アジア共同体』という巨大なプロジェクトを動かしている。

30年間,東アジアの研究に携わってきた筆者から見れば、

《中国人も韓国人も日本が圧倒的に嫌いである》、

中国、韓国両国語に通暁し、その社会、国民性、を長年の経験からよく知る、碩学、古田教授の言葉は真実です。
私も中韓は知りませんが、半世紀、50年間日本で生きてきた体験から、中韓と同じく、「朝日新聞」、とそのシンパの左翼は、《日本が圧倒的に嫌いである》、と考えてきました。
この事実は心にしっかり刻んで行かなければ、不幸な目に会うと考えます。

糾弾する朝鮮人と反論できない日本人

 >日本人であるが故に負う加害責任・・・(コピペ )
「私たち日本人は、日本人である以上、加害責任から逃れることはできないのだ。」

これは『朝鮮侵略と強制連行』(解放出版社 1992)のなかの「八歳の徴用少年の実態、そして韓国人受難の恨」と題する松本成美氏の文章にある最後の一節である。彼は「八五年から四年間北海道庁の委嘱による北海道開拓者殉難者受難者調査員を務め、最終年度の八八年に軍事基地建設工事で強制連行されてきた朝鮮人受難者の調査に当たった」人で、様々な資料調査や、直接体験者から聞き取り調査をしている。

その過程で彼は日本人としての複雑な感想を持ったと思う。その内容はかつての私と重ね合わせることのできるもので、私には十分想像がつく。しかし彼は日帝の植民地支配に直接関わった人でなく、強制連行・強制労働させた張本人でもない。その文脈からしておそらく私と同じく戦後生まれではないかと思われる人である。その彼がなぜ標記のような一節を結論として出してくるのか、戸惑いを感じてしまう。

植民地支配にしろ、強制連行・強制労働にしろ、「加害責任」とは国家が負うべき責任であると思うが、個々の日本人が、しかも直接当事者でない日本人がなぜその「責任から逃れられない」のか。

しかし松本氏は自分が日本人であるがゆえに「加害責任」を感じておられる。五〇年も前のことで、自分とは全く関係のない日本人がしでかした行為、あるいは当時の国家が犯した犯罪的行為の責任を、同じ日本人であるがゆえに負おうとしておられるのだ。

 『糾弾する朝鮮人と反論できない日本人』
http://www.asahi-net.or.jp/~fv2t-tjmt/daijuuhachidai

 >三国人の暴力から日本人を守ったのは警察官ではなくヤクザだった。
   (三国人の不法行為)・・・コピペ

 >山口組を日本最大の組織に変えた田岡一雄・・・(コピペ)

戦後、朝鮮人は、愚連隊と呼ばれる暴力組織を結成した。
1946年11月、日本警察はGHQから取り締まりの許可を得ると、地元ヤクザと手を組み、この鎮圧に当たった。
日本最大の暴力団・山口組は、元は愚連隊から庶民を守る為に組織された自警団である。

*元は、博徒や的屋(テキヤ)に過ぎなかった日本ヤクザは、朝鮮人との抗争を経て団結と統合を繰り返し、巨大組織へと発展したのである。

一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」
「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」
私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。飛行服の男たちだった。

 『在日コリア差別の由来』
http://resistance333.web.fc2.com/html/patriotism_web.html

 >TBS窓際放送局社員の独り言・・・(コピペ)

テレビ放送が始まってまもなくの頃、放送中のちょっとした言葉づかいの問題 (例えば「朝鮮民主人民共和国」を“北朝鮮”と呼んでしまった、など)に対して、 朝鮮総連から会社及び経営幹部の自宅に対して脅迫に近い抗議行動が繰り返される。
抗議行動に対する「手打ち」として、採用枠に“在日枠”が密かに設けられる。

総連幹部の子弟を中心に入社試験無し(カタチだけの面接)での採用が毎年続く。
在日枠の密約を所轄官庁に対して内密にしてもらうよう局側から総連に 「お願い」をしてさらに弱みを握られるなど、素人のような甘い対応で身動きがとれなくなっていく。

 『【コピペ】TBS窓際放送局社員の独り言』
http://current-affair.blog.so-net.ne.jp/2006-10-06-1

朝鮮の民族性

前回のブログに対して英国人女性旅行家イザベラバードの「朝鮮紀行記」について書きました。読まれた方の中には、日清戦争前後は日本の統治ではなかったのに日本の影響があったのはおかしいと思われたかもしれません。日本の影響で大きく発展したのは日露戦争後の保護国としての統治、日韓併合統治以降です。

しかし、日本による朝鮮改革は日清戦争後に始まったものです。「朝鮮紀行記」にこのように書かれています。

「日本人が「改革」と呼ぶ新しい秩序は1894年7月23日に日本兵が景福宮(キョンボックン)を武力で占拠したときから始まった。相ついで発布された(必ずしも施行されなかったが)改革法令は日本公使が主導したもので・・・・・・・・・。日本は朝鮮式機構の複雑多岐にわたる悪弊と取組み、是正しようとした。・・・・・」

その後の3国干渉によって朝鮮から手を引いたため、朝鮮は一部元の悪弊政治に戻りましたが、日本が改革しようとした多くのことが残ったものです。

朝鮮の教育についても書いています。
「狭量、マンネリズム、慢心、尊大、手仕事を蔑視する誤ったプライド、寛容な公共心や社会的信頼を破壊する自己中心の個人主義、2000年前からの慣習と伝統に隷属した思考と行動、視野の狭い知識、浅薄な倫理観、女性蔑視といったものは朝鮮の教育制度の産物に思われる」

中国に倣った科挙制度に基づく儒教教育が進歩を止めていたいたと思います。100年前のイザベラバードの視点はそっくりそのまま今の韓国に当てはまります。

韓国は進歩しないでどこに向かうのでしょうか。

深い歴史的トラウマの民族

小生の拙い20年間の在米韓国人の方々との交友経験から、
お話しいたします。

顔かたち骨格など外面は、日本人と瓜二つの民族ですが、
内面に関しては、非常に歴史的なトラウマ(trauma)が深い印象を
沢山の方から受けました。

①出自を隠そうとする人が殆ど。《差別トラウマ》
    皆一様にソウルから来たと言う。(発着飛行場は確かにそうでしょうが・・)
    全羅道や光州など、初対面には絶対に言わない。
    不思議と中国・黒龍江省からの韓国人の方も同様だった。
    両班(リャンバン)出(貴族的特権階級)と農民出の違い。
    殆どの人が両班出という場合が多いが・・・

  理由: 結婚は勿論、交流も出身地でしなかったり、出来なくなる。
    ハッキリ言って凄い差別意識が根深い。同じ韓国人同士でも、身分や出    身地の違いで交流が出来なくなる場合が多いらしい。
    慶州(元新羅)と全州(元百済)同士の対立は未だに有名。
    その裏返しで、ロス暴動で有名だが、人種差別意識が非常に強い。
    平気で、中南米黒人系の給与を割り引いたり、不払い問題が非常に多     い。
②上下・男女・貴賤などをもって序列意識が非常に強い。
    年上と年下・男女・富めるか?貧か?で上の者が下の者に、無言の圧力    を掛け、挨拶態度にて優位制を要求する。

 理由: 儒教を逆手に取り、権威絶対主義の現れ。プライドが必要以上に強く、
    尊大ぶる。 西洋人には要求しないが、同列の日本人や中国人には、異    常な程、礼義を要求する。自分に対する非礼には廻りに関係なく激昂す     るので、その場に居る、日本人や中国人には理解不能になる場合が多     い。
    異常な程男尊女卑である。男性は絶対にキッチンに立たない。妻の家事    は手伝わない。 所得以上の車、家のなどを持ちたがる。

③ ①と②の延長線上だが・・所得や実力以上の物で、身辺を飾りたがる。
   所得以上の新車や家を持ちたがるので、北米の車の販売店や銀行は韓国   人のブラックリストを確保している。
   よって、貸し倒れが異常に多いので、業界では有名。

  理由:  『借金はした者が勝ち』という諺が横行。 言葉一言で借金をチャラ   にしたと言う故事を良く引き合いに出す国民性。
  よって、借金に罪悪感は無いと言える。出来るときに目一杯するという性格。
  小生も引越時に所得がないのに車、家具、家財道具など全てを新品で揃え  た、母子家庭の女性の例を身近に見て、強い衝撃をうけた。

以上、大省略ですが、歴史的に被差別意識や弱者の論理などの、強いトラウマ を彼らから多く感じました。 

結論: 韓国の方々は友人にするには最高の方々ですが、以上のトラウマが深く心に宿っているので、其処を理解した上でお付き合い致しましょう。

以上です。

韓国の真実

朝鮮の李朝というのは、世界が中世の時にあった古代国家、たとえばインカ帝国とかアステカ帝国のようなものなんですね。
だから秀吉の文禄慶長の役というのは、コルテスやピサロのようなものだった。でも軍をひいてしまったので、その後も300年ほど古代が続いてしまったのでしょう。
この国の近代化はそれゆえ非常な困難をともなうものでした。人はよく韓国人のパクリを馬鹿にしますが、あれは本当はパクリではなくて、韓国の制度文物のほとんどが日本の規格を取り入れなければ成り立たなかったことの証左なのです。日本の規格は、裁判制度から、建築、自動車のデザイン、スナック菓子のアイデア、歴史教科書の書き方にまで及びます。
問題なのは韓国人がこのことを厭がって隠蔽し続けたことで、隠した偽の情報を学んだ子孫はますます事実から遠ざかっていったことなのです。嘘に嘘を重ねた結果もう元にもどれなくなり、海外に出て本当のことを知り、自壊をおこす韓国の若者も増えています。
その嘘の規格を教えたのも実は日本の左翼学者たちでした。彼らの書き物が教科書に混入し、左翼教師により韓国への贖罪感を植えつけられた日本の女子にも、いわば贖罪慰安婦が増えていきます。「贖罪慰安婦」とは、韓国人や中国人に贖罪すべきだと教えられ、その代価として身を投げ出す日本の女子の総称ともいえましょう。「挺身慰安婦」ともいえるでしょうか。
日韓の不幸な関係はもうそろそろ清算しなければなりません。
インカ帝国だった朝鮮に近代の規格を教えたのは実は日本だったのです。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/371-fd3cdfe3

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。