スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しくて、怖い国スリランカ の思い出 (NO I)

スリランカに初めて行ったのは、1992頃だったかと思う。

泉州銀行のスリランカ投資セミナーの案内のFAXが会社に流れてきました、泉州銀行とは取引がまったくないのに

セミナー会場が、会社の近くだったので行きました、その当時スリランカの知識は
仏教国、紅茶、宝石、のイメージだけでまったく何も知りませんでした、

御堂筋にある泉州銀行の会議室で約20社ほどが来ており、講師は国際工業開発機関の方で、数ヶ月後にスリランカのコロンボでスリランカの物産展がある、全世界からバイヤー、投資家達が来る、日本方もぜひとも参加して欲しい、参加される方はセミナーの後に残ってください、

行く気がないのでそのまま帰ろうと出口に行きましたら、行員の方が、現地での交通費とホテル代がスリランカ政府から出ます、観光のつもりでぜひ行ってください、手配はこちらで全てやります、東京では既に30数社が決まりました。

これも何かのご縁、仏教徒としてはスリランカの仏教遺跡を見るのも悪くない

当日成田空港で集合、時間どうり待ち合わせの場所に行ったら
来ているのは、ジェトロの方と東京商工会議所の方と、UNIDOの方と私を入れて四名だけ、事情を聞けば、十日前に内戦が勃発,石油基地が爆破され50名ほど亡くなった、テレビ、新聞で報道されたため、私以外の人は全てキャンセル、民間人は私だけ、

「テレビのニュースで知っていたが、直前にキャンセルしたら悪いと思って来ました」

『勇気ある行動に感謝します、今現在小康状態を保っています、大丈夫です』

現地に到着、予定していたヒルトンホテルではない、事情を聞くと、「三日前にホテルが自爆テロに爆破されて、60人なくなりました、
現在も機銃掃射を持ったタミール人数名がコロンボ市内に隠れています、ホテルの部屋から出ないように」

恐ろしい国に来てしまった、これも運命

この日から今日までスリランカの人たちとご縁ができ、長い付き合いが始まりました。

続きは次回


 ブログランキングに参加しています。よろしければクリックお願いします。










コメント

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/37-cb431e24

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。