スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀日本の「使命」     10月6日(月)


先進国の世界で最も切迫した脅威は人口危機です。

人口が減り始めると国は経営を維持するために、まず増税と高齢者福祉
削減が必須になってきます。どの政党が政権を取ってもこの問題の
早期解決は困難を極めます。

今日は欧米先進国を例に挙げて、日本の進むべき道を考察したいと
思います。

その前になぜ西洋先進国で人口減少が起こり始めたのかを
考えて見ましょう。

20世紀後半の最大の変化は女性達が家からオフィスへ移ったことです。
女性達が男達に伍して働くようになり、結婚しなくても、自立が
出来るようになったことです。

そして先進国は低賃金の労働を新興国に移転して高賃金中心に社会を
組み立てました。女性達も政府や企業による同一賃金、同一労働、
育児休暇、託児所など様々な配慮のお陰で豊かな生活を手に
入れました。

既婚女性も「ピル」の出現により子供を生まなくなった。解放された
女性はキャリアを捨てる必要もなく豊かな生活を手に入れるために
妻たちも懸命に働きました。

欧米ではフェミニスト達の圧力で「性による差別」が禁止され、
女性の給料は急上昇し、かつては男達の職場である、医薬、法律、
マスコミ、上級官僚、実業家、に女性が進出するにつれ、家族は
崩壊しました。

日本も西洋と全く同じ道を追いかけています。

フェミニストの掲げる同一賃金、同一労働で男女が直接競い合う
ようになり、多くの優秀な女性が男を押しのけ昇進しました。
西洋の女性たちは、自らの手で独立を勝ち取り「もはや結婚する
必要はない」と考え始めました。

フランスの若い女性の「未婚者」の割合は、68%にまでなって
しまいました。

フェミニスト学者のキャサリンは「結婚も売春もセクシャル・ハラス
メントも根は同じ」との見解を述べました。
結婚制度廃止は女性解放の必須条件である、よって女よ、夫を
捨てよう、人生を男とともに歩むのは止めよう、というフェミニズム
宣言は一挙に広まり賞賛を浴びました。

フェミニストの言う結婚イコール身売り・奴隷説の影響をもろに受けた
西洋では、晩婚、少子化が津波のように襲い人口が急激に減り始め
ました。

そこで高齢者の税負担を引き上げ年金・医療給付金を大幅に引き
下げるか、あるいは移民を大量に受け入れるかの選択を
迫られました西洋諸国は大量移民を選択しました。

その結果西洋ではアラブ・アフリカからの大量移民で社会的緊張が
高まり、人種暴動、治安の急激な悪化が起こり国が乱れ始めました。

移民を受け入れた西洋諸国は、いま気がつき始めました、移民たちは
言葉も違い宗教も違います、同化するどころか人種別の貧民街を
つくり敵対するようになって来ました。

民主国家の弱みで彼らを税金で食べさせ、保護せざるをえなかった。
国民の税負担は以前より上がり、いいことは何も無かった。

西洋と同じ道を追いかけている日本は西洋のこの失敗をよく吟味して
決して安易に移民政策を取るべきでありません。

「2050年には日本の人口は1億人を切る」このような言葉に怯える
必要はありません、何年か先 例え人口が半分になっても日本人の
知恵で生きていけます。

日本は世界で最もテクノロジー・マインドを持った国です。
これからの世界では、国土が大きいとか、人口が多いとか、
豊かな資源に恵まれているとか、自給自足ができるとか、
そういった要因はさして意味を持たなくなってきます。

決定的な要因となるのは、テクノロジーの発達、応用可能なテクノ
ロジーをもっているかどうか、という点です、日本はその条件を
最も満たしている国です。

ロボットもその一つです、知能ロボットの出現は、農業、畜産、福祉、
医療などのあらゆる分野にまで進出してきます。
人口減少は知能ロボットの開発発展によって相殺され、逆に生産性を
飛躍的に上昇させます。

日本の弱点であるエネルギー問題もテクノロジーの発達で、
代替エネルギーが生産可能となり,石油の重要性は下落します。
日本の開発は世界のどこの国よりも進んでいます。

バイオテクノロジーの利用によって遺伝子組み換えと細胞融合の
発達で高温や乾燥などの悪条件に耐えられる品種がすでに
出来ています,また「水用栽培」によって1本のトマトの木から
3万個のトマトを収穫することが可能になっています。
農業の工業化です。

このように後10年~20年の間に日本の諸問題はおおかた
解決されます。

政治家やマスコミの誤った宣伝で移民を受け入れたら大変なことに
なります。

これからの日本は先端技術を駆使して、圧倒的な国際競争力を持つ
ことになります、エネルギー、食料,他の資源を輸入しなくて
よくなります、今ですら巨額の黒字をため込む体質であるのに
これからもっと巨額の貿易黒字がでます。

日本はどこかの邪悪な国と違って優しくて善意の国です、
日本の資金とテクノロジーを使って世界の開発途上地域の発展の
お手伝いをします。

日本は思う存分世界に貢献するためには当分はアメリカの軍事力の
バックが必要です。
そしてアメリカとともに世界共同管理人となり、世界の発展を
支えなければいけません。


日本にいま求められているのはこのような将来ビジョンを持った
頭脳集団の存在です。そのためにも他国の工作で狂った頭をもった
人たちを排除する透明な社会を創る必要があります。

過去ブログでも書きましたが、現在進行している中国を盟主とする
「東アジア共同体」を創り米国、欧州共同体と対抗するような
馬鹿げた発想は即止めるべきです。

日本人には想像も出来ないような思考や行動原理によって動く人達
と組めば日本の技術も金も吸い取られ、日本人も日本文化も消滅
してしまいます。

日本の組む相手はアメリカです、いまアメリカは一時的に経済混乱
していますが、日本が助けられる範囲で精一杯協力してアメリカを
救うべきです。

そして将来日米両国の経済力をバックにした新しい世界通貨を
つくるべきです。そのことで世界は安心して貿易ができ、世界経済の
安定に寄与します。

これから世界における日本の役割をしっかり認識できる人材が
かならず出てきます。
このブログをお読みの若い諸君 期待しています

独裁中国館の「閉館時刻」が迫っています,閉じ込められない内に
早く退出しましょう。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

テクノロジーがどんな形に発展していくのかは正直想像出来ませんが、

・移民政策は百害有って一利無しの愚の骨頂
・東アジア共同体は非現実的な幻想
・高齢化社会や人口減少は致命的な問題とはならない
・アメリカとは最大限ギブ&テイクの関係を保つべき

と言った点に関しては全面的に賛同です。

左翼達や反日国家達が嫌がる事=日本にとって良い事

の法則は永久に崩れないのでしょうかね。そろそろ彼らももっと効率的に
日本人を騙すには上の法則が当てはまらない様に自分達の主張を
変えていく必要があると気付きそうな物ですが…

日本と西洋諸国の少子化・晩婚化の原因は違うと思います。

西洋ではそうかもしれませんが、日本の場合は結婚した女性を優遇
する法律が羅列された結果、男性の方が女性と結婚することに意義
を見出せなくなってることが主な原因と考えられます。男性に家族を
養うだけの経済力をつけることが以前よりも難しくなっていることも忘
れてはいけません。女性を優遇する国家は滅びると語った人もいる
ぐらいですから。

脱亜論をふたたび展開する時期が来た

ブログ主さまはタイトル通り「中韓を知りすぎている」わけで、さんざん経験しての結論だと思います。

 お札の絵柄になっています「福澤諭吉」氏は慶應義塾や専修大学の創設者です。そして日本が中華思想や儒教精神を捨て、西洋スタイルを取り入れる流れを作った方です。その方が明治18年に「脱亜論」と呼ばれる文を書いています。
福沢諭吉「脱亜論」
http://www2.ttcn.ne.jp/~h-1jo/misery/3a4a1a3a30.html

 結びの言葉が「悪友を親しむものは共に悪名を免かるべからず。われは心においてアジア東方の悪友を謝絶するものなり」だそうです。

 古代の思想家マキャベリさんは「同じ土地に住み続けている民族は何代経ても同じ思想をするものだ」と言っています。脱亜論の仔細について討論する気はないですが、今また同じことが繰り返されようとしているかもしれません。しかし結論は同じです。日本は中国と朝鮮半島国家に深く関わるべきではありません。

 同じ黄色人種であっても思想的にもたいへんな差があり、アラブ人と日本人の思考形態くらい韓国人と日本人は違うそうです。泥棒文化、遊牧や騎馬民族の文化に対して日本の基礎となっている農耕文化は本質的に相入れないわけです。
 
 どうしても中国と貿易を続けたいなら、つかず離れず距離を保って行えばよいのです。これから異常な反日教育を受けた中国人や韓国人の若者たちが成長し、中国や韓国の中枢を形成する時代です。その憎悪でやさしい日本の若者は傷つけられることでしょう。
 
 子供たちが男女一緒に、同じ教室内で水着に着替えるようなジェンダーフリー教育などやっている暇があったら、世界の現状と自己防衛などを学ばせればよいと思います。日本の女性が世界で一番無防備かもしれません。中国では女性でも軍事訓練で拳銃の撃ち方を習っていました。
 
中国女性に「私をイジメたら短銃で撃つよ」と言われたこともありましたので...。


 

私も以前からなぜ日本に移民が必要なのか、中川秀直を中心とした売国勢力の主張が全く理解できませんでした(日本を潰すという意味なら分かりますが)。
今の日本の人口はむしろ多いくらいです。在日でなくても莫迦な日本人は大勢います。高齢化は大変な問題ですが、それは経済政策を正しい方向に舵を切ることによって解決できます。日本は少数精鋭の一等国にならねばならないし、なることができると確信しています。
そのためにも一刻も早く国民を覚醒させ、売国奴やなんちゃって日本人を駆逐しなければなりません。国防体制も米国に頼らなくてもいいくらいのものにしなければなりません。
やるべき事は山のようにありますが、私は麻生太郎首相のように日本の明るい将来が見えています。それを現実のものにするためにも、日々精進して参ります。

>このブログをお読みの若い諸君 期待しています
激励しかと受け止めました。

フランスは未婚者の数とは裏腹に出生率が上昇しているようで、少子化対策が功を奏しているようですね。私もマスコミや政府の安易な煽りには気をつけなければいけないと思っている一人で、特に移民の増加には大反対です。

おっしゃる通り日本は善意の国で他国に対しても善意を持ってすれば物事は解決すると考えがちですが、米国も自らの国益と覇権にかなうように同盟国を利用しているに過ぎません。外交・防衛に関しては常に冷静か現実的な判断が必要かと思います。東アジアを自国の支配下に置くべく着々と軍事・経済力拡大を続ける中国を封じ込めることがこれから必至になるでしょう。

モンゴル帝国支配下にあった大陸国家群は日本とは別世界

中世に蒙古に支配された地域と、蒙古に支配されなかった地域には深い歴史の溝があるというはなしがあります。これは本当の話でしょう。そしてこの話が本当ならば、世界帝国に組み込まれた民族と、その外部に存在した民族のあいだには深い溝があるといえるでしょう。

モンゴルがユーラシア大陸に世界帝国を建国していた時代に、
支那は元朝支配下にあった。そして朝鮮もモンゴル支配下にありました。

※歴代の高麗王のお嫁さんはすべてモンゴル人でした。
つまり歴代の高麗王のお母さんはすべてモンゴル人だったのです。
そしてそれは歴代の高麗王はすべてモンゴル人の子息だった
ことを意味します。

また、ロシアの貴族の系譜を調べると祖先がタタール(モンゴル)の
貴族だったという例が多いようです。これはロシアはモンゴル支配下に
あったので、朝鮮同様に貴族階級がモンゴル人だったのは納得できます。
今ではモンゴル人の血や影響は薄まったにせよロシアの生みの親はモンゴルです。

このようにかつてモンゴル帝国支配下にあった国では、地理的には
遠く離れていても血統的にはモンゴル人の血を媒介として繋がっていた。
そして現代人は繫がりを意識をしていないが現在でも繋がっている。
支那・朝鮮・ロシアのような大陸国家には、このような歴史の繫がりがある。


そして、その繫がりはわれわれ日本にない。

我々は水際で元寇を追い払ったのだ。

日本と支那・朝鮮の間にはかくも深き溝がある。
先進国はモンゴル帝国の外部にいた国々です。
日本は海を通じてこれらの国々と交わってきた。

歴史を認識すれば、東アジア共同体などは雲散霧消するしかない。
大陸には日本の未来は無いのではないか。

『血迷うな!』と言いたい

>>「東アジア共同体」を創り米国、欧州共同体と対抗するような
馬鹿げた発想は即止めるべきです。

大賛成です。こんなボケた事を言う政治家は、『何を血迷っているのか?』と憤慨しています。東亜細亜共同体を作りたいのであれば、大中華・小中華のシナ・朝鮮で勝手にやればいいと思う。日本人とは、思考も民度も歴史観も全く異なるシナ・朝鮮とは、水と油なのだから、東亜細亜共同体など、日本にとって『百害あって一利なし!』ではないですか?

チンピラ・ヤクザのシナ・朝鮮と共同体を作るくらいなら、一匹狼で名誉ある孤立をしている方が、はるかにマシです。


少子化は生まれてくる命も大切に


中絶は戦後の混乱期より減ったといえ先進国としては異例の年間30万件前後
という高水準で推移。ただし報告があったものだけで実際には100万件を
超えるといわれている。
反対にストレス社会では、子供の出来ない体質の人も増えているという現実もある。
少子化が叫ばれながらも中絶や虐待で幼い命が奪われている。

安易に政治家やマスコミの誤った宣伝で移民を受け入れたら大変なことに
なります。
日本は「生まれてくる命も大切に」することから始まると思う。

国連中心外交では国を滅ぼす



民主の国連主義の小沢氏は中国に接近し、アメリカと距離を置いた
外交を望んでいるようだが、ロシア、中国のいる国連が守るということなどない。
「日本のため」にミサイルを発射してくれようとするなんて国は世界でも
アメリカしかない。

アメリカの繁栄に日本も協力してきた部分はある。
今、アメリカの危機に支え合って、仲良くしておくことは
人間としての当たり前の知恵だろう。。

民主党の沖縄ビジョン

皆さん民主党の沖縄ビジョンをご存知でしょうか?これは民主党のマニフェストの一部なのですがまず沖縄一国二制度、時刻を日本と変える。東アジア諸国(中国でしょう)から3000万人誘致、中国語と英語教育を小さい頃から実施してマルチバイリンガル化する。そして中国の台湾統治を支持しています。その先には中国の沖縄統治を仮定しています。民主党は中国と繋がっています。沖縄ビジョンを一般に広く公表しない民主党は信用なりませんよ。


http://todays2ch.jugem.jp/

私も大量移民受け入れには大反対です。
日本は日本人の住む国です。
売国奴の言う事も飽き飽きでうんざりです。移民を大量に入れたらどうなるか、と言うのは先例があるので結果は知っているはずです。
実際にフィリピンからの看護師を受け入れた所は習慣の違いに大変苦労しているそうです。
しかし多くの人はマスコミのフィルターの為に知らない。
マスコミが多少でも正常化すれば、一気に良くなると思うのですが、可能性は非常に低いですね。
一発ミサイルでも飛んでこないと、皆目覚めないのかもしれません。

技術ですが、これからの世代がどうなるかが非常に不安です。
製造業で何人か新人を教えたことがありますが、非常に個人主義が強く、帰りたいが為に平気で嘘をつくものもいました。
自分の周りでもそういう話を聞きます。
これが自分の周りだけだと良いのですが…

そしてゆとり教育の世代、モンスターチルドレンやペアレンツの増加など確実に日本の精神破壊が進んでいると実感します。
たしかに日本の技術は素晴らしいですが、きちんと受け継ぎ発展することが出来るのか、それが不安です。

「他国の工作で狂った頭をもつ」人

いつも勉強させていただいております。
今回の記事を拝見している間、1000万人移民計画をぶち上げる中川秀直氏(※)と田嶋洋子氏をずっと思い浮かべていました。
※中川(女)の通称で呼ばれている方です。国士の中川昭一氏と決して混同なさらぬように。

“女性の仕事”とは子供を生み育てることであって、金を稼ぐことではないはずなんです。フェミニストがやっているのは、結局“女性”の否定なんだよね。

女性否定論者=フェミニスト

“国連”という言葉。過去に何人もの人が指摘していますが、“国連”という訳が問題ですよね。“戦勝連合国”にしたほうが良い。「戦勝連合国中心外交では国を滅ぼす」ああその通り、となります。

透明な目そして透明な社会

ブログ主様
悉く同意ですが、一点、当分はアメリカの軍事力をバックにとありますが、そのアメリカが信用出来る相手なのでしょうか、古くは、売国奴田中角栄を篭絡し日本の航空機産業の芽を摘んだロッキードPXL事件、平安氏が前プログ・コメント述べていた、同じくIT産業の芽を摘むことが目的と思えるトロン潰し、また半導体の不公平ルールの押し付け(半導体の件は、通産官僚棚橋祐治=衆議院議員棚橋泰文の親がゴリ押しし、トロン潰しの件は、棚橋祐治と孫正義等で画策したとされている)、売国奴小沢一郎が暗躍したとされる同じく航空機産業潰しのFSXの件、さらに古くさかのばれば、田中角栄が東南アジア歴訪を行ったときも親日国であった筈のインドネシアとタイでの反日デモの嵐、これもアメリカの策謀と見るのが妥当、近年の慰安婦問題で暗に日米安保破綻をほのめかすことで阿部内閣を恫喝した件、何れの件も、日本をアンフェアーの烙印を押すことだけは忘れなかった点を見れば、信用すれば後から弾が飛んでくるのは必須。1000万人移民の件も火元はアメリカでは無いのか。

ここのブログ主様にコメントする面々は、何れも偏狭な国粋主義者等ではなく、むしろ変なことは変と言えない現在の風潮の中で、ようやく語るべき人達が語り始めたかな、との段階です。ブログ主様の長年の感でアメリカと一緒にの結論は分かりますが、結論が先走り、公平公正な情報が出てこないと国民が結束しません。何しろ政治家政党は全て外国のひも付きなのです。

国民さえ結束できれば、国民の一人一人の生産性を高めることを着実に行い、問題を一つ一つ透明な目で見て解決していけば、全てうまくいきます。財政赤字等たいしたことではありません。メタンハイドレードを担保に未来から一時、金を借りる手だってあります。生産性が高まれば借金も返せます。まして少子化等問題にもなりません。

まずは色眼鏡の馬鹿な人間達の眼鏡を外さすか、排除するかです。

中川昭一氏は中川(酒)ですね。

子供は3人欲しいと言ったら、お金がないから2人までしか無理と言われました。
子供育てるのにお金が必要。嫁働く。会社休めないから結局子供少ない。・・・の連鎖です。
首都圏や関西の都市部では中学以上だと公立ではなく私立の進学校に行かさねば、良い教育が受けさせられません。
お金かかります。

何も考えず、いや悪意をもって子供をこさえてるやつもいます。補助金とか貰って子供虐待しまくり。
不良外人が子供生んでも、それは人口増加ではなく、害虫の繁殖と同じです。

子供?

子供ねぇ。こういう話ご存知ですか?
戦後民主主義とは大和民族の抹殺と殲滅の歴史にほぼ等しいように思えます。

おかしいぞ、杉並区!
韓国籍者の韓国出生の子に日本人と同じ手厚い「行政サービス」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1888.html
> 7 月に韓国で産まれた子供を日本に連れて来て、外国人登録と国民健康保険への
>加入を終えた後だった。(略)すると、担当職員は「1カ月以内に口座に35万円
>振り込まれます」と言った。

世界の争いは、人口が増えて食うために戦わないといけないことが根本
と聞きました。
ヨーロッパの歴史を見ても、黒死病?で人口が激減したあとルネッサンスが花開いたように、世界(中国)の人口が半分になったと仮定したら、ずいぶん暮らしやすい世間になることでしょうね。

計画という名の「やってみよう」は困ります

 嬰児や乳幼児の死亡率が下がり、栄養バランスを踏まえた食糧確保ができるようになったのだから、女性の出産率が下がるのは自然なことです。
 出産は死と隣り合わせ、拘束が多い育児に真摯に取り組む女性は尊い。男の方から産めとは言えませんが、女性には、産めることに誇りを持ってほしいですね。

 そんな前提で、員数合わせみたいな移民計画には反対です。自然の摂理に反します。人間を、単純な労働力か消費ロボットと見ているようで不謹慎さ不遜さを感じます。
 実施するにしても、日本への適応力などを基準に選別ぐらいすべきですが、「人権」や「平等」を気にし過ぎて実施できないのなら、移民ゼロで良いです。

 少なくとも、今現在、日本国内で犯罪を犯す者の多い国からは、反省を促す意味も込めて、絶対に阻止すべきです。彼らには、日本国に適応できない性向があるということです。移民どころか、来日さえ今すぐ制限してほしいくらいです。

ここ数年、子供を介した地域とのお付き合いの中で、実に様々な方々とお話をさせていただき、多くの事を学ばせていただきましたが、その中で、「自分が何の為に生きているのか」理解できないまま子育てをする方や、「子供を“つくる”」といった表現を平気でする親御さんの数が多かったことが正直ショックでした。

私の感覚では、子供は“授かる”ものであり、自らの都合でつくったのであれば、それは都合が悪くなればいらなくもなるだろう…と、近年の子供絡みの痛ましい報道を思い返し、変に納得させられてしまいました。

フェミニストの語る耳ざわりの良い言葉に、多くの大切な価値観が毒されてしまいました。少子化がどうの、移民がどうのと言う前に、ごく当たり前の、身の丈にあった価値観を取り戻すことが大事ですね。

ラッシュの駅、渋滞の最中に人口増加を叫べるか

この国にはもっともっと人口が必要だ、とわめく連中の
本音は、国のためにはないと思う。
いまだに続く毎朝のラッシュ、渋滞を、
バカ高い不動産の値段を考えてほしい。

これ以上鼠算式に人口が増えるのはむしろ別の問題、
破滅をもたらすだけでは?

いま起こりつつある問題の原因は人口減少にあるのではないと思う。
ましてや、移民を入れて解決するものでは決してないだろう。

自然界を見ても、一度入れた外来生物は、本来の生態系を
めちゃめちゃに崩し、二度と元には戻らない。

欧米の移民受入国の悲惨な現状を見て欲しい。

留学経験者、海外赴任経験者いわく
本来の国民が『差別だ』の罵声を恐れて
小さくなりものも言えないのに比べ、
移民が大声で自分達の権利なるものを叫んでいる。

もともと稼ぐために来ただけで その国柄に愛情がないので
犯罪は増え、町並みは荒れる一方、
押しかける移民の『大家族』の為に福祉の質は落ちる一方。

日本がこんな事にならない様に、心配せずにはいられないそうです。 

移民を受け入れて、すばらしくなったという国に
留学、赴任の経験のある方の話も伺いたいです。
(存在すれば…)

スルーでお願いします

宙水→HN複数使いまわしてる、悪質な中国系工作員です。
丁寧に根拠を挙げて指摘をしても、馬の耳に念仏なので
チャイナフリーならぬ、宙水フリーをオススメします( ´-`)

「いい加減にしろ」と思う


このブログは以前からいたって平和的。
最近、何でここで荒らすコメント人がいるんだろうか・・・??
「まともな意見の方々ばかりでランキングが上がっている・・」
それが気に入らない?

丁寧な言葉で混ざっていても、民主を応援してるわけだ。
いくら言葉は丁寧でも人間、中身が大事。何を考えているかが大切なのだ。

こういう人が支持する団体の中身って?だから信用がおけない。

dorapong 様、いつも御苦労様です。


異常ですね。しつこすぎるから、そろそろシャットアウトを望みます。
民主もこういう人に応援されたらかなわんだろう。

工作員の仕事

工作員は書いてナンボの世界です。カキ子しないと金になりません。人のことなど構ってられません。しかし金でどちらでも転びます。

宙水さんの意見を聞けば聞くほど、
中国ってイヤな国ですね…

詫びず
認めず
改めず
「絶対に中国に心を許してはならない」と思いました。

もう戦争は始まっているのではないでしょうか…

人間は真実を突かれると、怒りがちである。
国家も同様だ。

櫻井よしこさんの言葉もお借りしてコメントしました。


女は好きな男性の子供を生みたいものです。
男性、ガンバ!
一応、3人の子持ちの母親です。

まぁ、特定アジアの工作で狂った奴も困ったものですが

アメリカの工作で狂い、アメリカの国益のために動き、アメリカの求める制度を手先となって日本に押しつける。
散々内政干渉やバブル時に日本を目の敵にした国に対し、それすら忘れ、うまくいっているときは目を輝かせ、ちびりながら見習えとわめき、博打に失敗して不況になると再びアメリカの手先となって助けろとわめきだす。

俺には、中国の犬もアメリカの犬も同類に写るわけですよ。

日本の未来は我々日本人の手で創ろう

いつもの共感するエントリーに感謝しています。

このブログを通して、中韓の実像に迫り、その危険性を知って、これまでの洗脳された考えから覚醒していく日本人が一人でも増えることを願っています。

このコメント欄を読んでいくと、平和を愛する日本人の本質がよく分かるとともに、反対に日本人でない人間の本質も浮き彫りになって理解できます。またそのような危険な人間の流入が社会に与える危険性も簡単に想像できます。

ヨーロッパの例を出すまでもなく、移民してきた民族と日本人がうまく折り合いが付く訳がありません。移民を受け入れることによって、社会は殺伐とし、犯罪はさらに増加し、金権体質はもっと増幅されて、金持ち支那人に使われる朝鮮人企業が日本民族を滅亡へと追いやるでしょう。

中韓が本当に恐れているのは、日本人が本当のナショナリズムに目覚めることです。日本の国、日本の未来は日本人のためにあるのです。それは日本人によってのみ築かれるものだと考えています。

>中韓が本当に恐れているのは、日本人が本当のナショナリズムに目覚めることです。日本の国、日本の未来は日本人のためにあるのです。それは日本人によってのみ築かれるものだと考えています。

  そうですね。
  本当に、そうですね。
  kuni9292さんの言葉を聞いて、涙が出そうになりました。
  ありがとうございました。

欧米と中国の輪転機、過熱で燃え出すか?

この一ヶ月で、アメリカ中央銀行発行のドルは、1.5倍になった由。
中国も負けていない。この1年、元紙幣と国債を大量に印刷したようだ。

銀行を通じて、庶民に貸し出し。庶民は不動産に投資。

かくしてハルピンの田舎まで、高層マンションを作りまくっているようだが、突然、買い手がいなくなってしまった。
誰も住まないマンションをいくら作っても、年年歳歳、資産が目減りするだけ。夜になれば、真っ暗の幽霊マンションの林立。

壮大な無駄だ。

有効需要が無いのに、公共投資だけで成長が維持できると思うのが、そもそも間違い。
 不動産仲介業者はいち早く消えた。デヴェロッパーは倒産した。今や無価値となった不動産投資信託証券を抱えた都市住民が、誰も買わなかったマンションを見上げながら、騒いでいる。

2兆ドルの外貨保有はある。国が国債を刷って市中銀行から元を吸収、若しくは輪転機を回して元を増刷、人民銀行を通じて元を売り、ドルを買った外貨がある。その反射として元を市中に溢れさせてしまった。

急激な外貨増加のマイナス面、インフレの亢進状況を見る限りでは、輪転機が大活躍をして、市中のマネーを増やしたことが良く分かる。

 その流れが、この9月フリーズした。
みごとに金の動きが止まった。

 まだ、ガラガラという崩壊の音は聞こえてこないが、中国と言う砂上の楼閣は、今この瞬間、歴史的な金融崩壊の時を迎えている。崩壊すれば、豊かと言われた都市住民も、農民同様、無一文となる。めでたく、貧乏人ばかりの平等社会が実現するわけだ。

今や我々は、アメリカ、ヨーロッパ、中国という現代のスーパー国家群の経済が同時に瓦解するという、めったに見ることの出来ぬ、歴史的瞬間の生き証人となる。
 キリギリスは死に絶えて、働き蟻だけが生き残るのかどうかは、まだ分からない。

こそりと。

>「水用栽培」によって1本のトマトの木から3万個のトマトを収穫することが可能になっています。
 ・・・この技術、23年前の1985年つくば科学博で、見聞きしたのですが、
いまだに定着していないんでしょうか?

おれんじさん、
>フランスは未婚者の数とは裏腹に出生率が上昇しているようで、
 ・・・これ、アフリカやアラブからの移民による押し上げかも知れないですよ。


ちょっと息抜き。

海外のアニメファンサイトにおけるお国柄いろいろ。
http://pc-giga.com/abe/buyuden0604.html
・・・・中国人は時々思い出したように日本の悪口を書き始めて火がついたように猛烈にBBSを荒らし、韓国人はいつも日本人の悪口を書いています。
カナダ人が日本への悪口の書き方を見て中国人か韓国人かを当てる遊びをしはじめ、イギリス人が仲裁に入る。そういうムチャクチャなカオスを楽しむのが海外アニメサイトの醍醐味です・・・・・

みんな判っているみたいで笑えます。。。

00

日米で新しい世界通貨、というのは正直どうかと思います。
ドルが(現時点では巻き戻しで強くなってますが)配給過多でグラつく様や、
ユーロの対金融不安に対する足並みの乱れや、
中国元のような不透明で偽造の多い点等、いろいろ通貨を見ましたが
基本的に「一国一通貨が一番良いのではないか」と思っています。
許容範囲は初期のユーロのように、同規模で同レベルの経済力と文化レベルの国だけで
統合する程度ではないでしょうか。(今のユーロは明らかに広げ過ぎ)

一旦不景気になれば各状態にあった金利政策が一番良い薬なわけで
通貨が一つだと金利政策がままなりません。
例えば、中国の沿岸部と内陸でもし通貨が違えば、金利政策も紙幣発行のペースも違うし
今よりずっと柔軟な対応が出来たはずです。

通貨基金などの設立を急いだ背景は「カネがカネを生む錬金術」に溺れたファンドが
暴れまくった事実にあるわけで、その錬金術が破綻したのだから、前提が変わってきます。
もちろん国際貿易を円滑にするための通貨面での整備やファンド規制は必要でしょうが
日米統一通貨とかアジア統一通貨とかには正直魅力を感じません。

単純に書きます。
・人口減少は相対的に日本の国土を(1人当たり)増やす。
・人口減少はにCO2問題にプラス。
・人口減少が国力を低下させるわけではない。
・特亜からの人口補充は、犯罪者補充に同義。
・外国人は日本の生活文化と相容れない。
・単純に言って、万葉集、侘びさびの世界が日本から消える。
 などなど・・・・

明治の人口は3000万人です。今は1億2500万人。大杉。

もういいです 宙水さん(最終版)

DNAやミトコンドリア? そんなことどうでもいいですから。

前も私が貴方に噛み付いたように「日本人としての国家観」など
細かい細かい(石器がどうの・稲作がいつだったの・聖徳太子が云々)
など知らずとも、『日本人としての誇り』さえしっかり持っていれば
誰でも持つ事が出来るのだ。と、もう一度言いたいです。

日本国民=日本の国土で、日本の道徳・社会観で代々育ってきた人々
思慮深く・勤勉な・分別をわきまえた一種独特の国民性を持った国民
という捕らえ方をしていますので。
日本人の起源が大陸にあろうとも、大陸人と日本人は決定的に違う人種
に変化してしまってますよ。

その大陸異人連中を1000万人入れろって?
国力なんて下がりません。主様の本文通り、テクノロジーがある。資本財も。
大陸異人を1000万人入れて、その対応に振り回されている方がよほど
国力は減衰します。

どうせ石油は100年以内に枯渇します。代替エネルギーは必須です。
日本近海の太平洋には大量の資源が眠っていますので大丈夫です。
その奪い合いが熾烈になるでしょうから、余計に大陸異人は邪魔です。
代替エネルギー搾取と(前線としての)領土拡大の罠には嵌りません。
日本の為に日本国民と日本の領土を守る『本当の日本人』だけが
必要なのですよ。

日本の伝統・文化、道徳・秩序、国民性・精神、全て日本国民の手で
守りますから、工作員初め、宣伝員ももちろん移民も全く不要です。

移民に職を与えるくらいなら、日本の若者に。自衛軍ももっと強化すれば
失職者も相当減るんじゃないですか?


私があなたに対して書き込みをするのは今回を以って最終とします。
釣りに引っかかっているのがバカらしい。でも日本国を愛するが故、
どうしても反論せずには居られなくなるのです。
多くの皆さんもそれに釣られていらっしゃる(私も含めて・・反省。。)

前エントリーの後半なんて、とても読めたものじゃなかったですよ。
宙水氏の一稿目は確かに理解できる部分がありました。
ですから「一部同意」のコメントも書きました。
でもそのあと、何ですか?あの粘着は?
自作自演までして恥ずかしくないですか?
言葉尻を取り合った攻撃と応酬の繰り返し・・・・・ハァ。。。。
もっとエントリーに沿った皆さんの深い知識を勉強したいです。
かつてのソロさん、リッキーさんのような意見に学びたいのです。
昔の知識と教養に溢れたコメント欄が懐かしいですよ、全く。。。
今の半分のコメント数で3倍の知識が得られたような気がします。

主様は好きに書かせるおつもりのようですので、最後に書きたい事を書いて
少なくとも私は今後一切宙水氏のコメントには無反応を貫き通す事を誓います。

では、宙水さん、私の中では永久にさようなら。
(できれば、皆さんも最後に一文書いて、そのあとはもうスルーして欲しいです)

移民、百害あって一利なし!

まあ、相変わらずイミンイミンとうるさい奴がいるようですので、海外の実例をあげてるブログを紹介しておきましょう。

イタリアの移民デモ
http://maruko460.blog116.fc2.com/blog-entry-183.html

> しかし、西の町外れだけが別世界となっている。窓に漢字が
書かれた美容院、漢方薬の店、ネオン輝く娯楽クラブなど、ま
るで中国の街並だ。プラートの人口18万人のうち、いまや中
国人が2万人を占めている。

 彼らは初めは外人労働力として、プラートの伝統企業に雇わ
れていたのだが、技術を習得すると独立していった。プラート
の商工会議所に登録された中国人経営の企業は1992年の212社か
ら、2003年には1753社へと急増した。

 これらの会社は中国本国に大規模な製造工場を造り、低賃金
労働力を武器として、高級ブランド企業の注文を奪い始めた。
デザインだけプラートで行い、製造そのものは中国で行う。そ
の完成品に高級ブランドのラベルを縫いつける仕事だけがプラ
ートで行われる。

 そのコスト競争力に押されて、2000年に6千社もあった伝統的
なイタリア人経営の中小企業は、2005年には3千社を切ってい
た。700年の織物工業の歴史が、いまや断絶の危機に瀕して
いる。市当局には打つ手が見つからないようだ<

>しかし、そんな蜜月時代は長く続かなかった。中国人工員た
ちは何年か勤めて技術を得ると、会社を辞めて独立する。ぼろ
を着た出稼ぎ労働者が、いかにして工場を辞めた翌週に元ボス
の競争相手となったか、という記事が地元紙の商業面を賑わせ
た。

 まだ20代の女性起業家・王一華もその一人だ。王も蛇頭の
手引きで19歳にしてイタリアに不法入国した。いまでは中国
人の工員とイタリア人のデザイナーを雇う「グレート・ファッ
ション」という企業の代表におさまった。フォルクスワーゲン
に乗り、高級なサングラスをかけ、流暢なイタリア語を話す女
性起業家である。<

>そのうちに浙江省の企業が、コモで使われているコンピュー
タ制御の織機を導入した。これを昼夜動かすことで、この企業
は数年のうちにコモの伝統的企業を次々と廃業に追い込みだし
た。7年でこの地域でのコンピュータ制御の織機の数は670
台にまで急増し、世界の絹ネクタイのほぼ半分を生産するよう
になった。

 今やコモの伝統的企業に残された競争力はデザインだけだ。
しかし、それも風前の灯火である。浙江省のネクタイメーカー
の最大手「巴貝(パペイ)」は、輸出した絹物の支払いが困難
になったイタリア企業から、代金と相殺にデザイン工房を譲り
受けた。膨大なデザイン見本帳とイタリア人デザイナーを手に
入れて、優れたイタリアン・デザインのネクタイを年間2千万
本もの生産能力で世界に供給できるようになった。<

>■6.ハイエナのような手口■

 こうした倒産や廃業に伴って工場設備が競売にかけられるが、
そうした場にも中国企業が姿を現した。機械設備、設計図、操
作ノウハウを手に入れるためである。自動車などの近代工業や、
軍需産業を興すには、工作機械が重要な役割を果たすので、中
国政府は積極的に先進技術を買いあさるよう国有企業に促して
いる。

 インガソル社も2003年に倒産し、最初に売りに出された自動
車用の工作機械部門は、中国の巨大な国有企業「大連工作機械」
が買収した。数十年かけて蓄積された自動車製造技術の設計図
や工業規格の書類の山が、ただちに中国本社に送られた。

 大連工作機械は次にインガソルの切削機部門も買収しようと
したが、こちらは米政府に阻止された。この部門は米軍からの
注文で、ロケットの燃料タンクの性能を高める技術を開発した
り、B-2ステルス爆撃機がレーダーに映らないようにする素
材を塗る機械を開発していたからだ。

 低価格攻勢でアメリカの工作機メーカーを倒産に追い込み、
競売にかけられた設備や設計図などを買収して技術を手に入れ
る。まさにハイエナのような手口である。 ・・・(以下略)・・・<


移民受け入れても良い事ねえじゃん。
やっぱり移民なんて反対だね。

大陸系は大陸的に対応

敵を知り、己を知れば百戦危うからず
悪魔は天使の格好をしてやってくる
以上を踏まえた上で論破というエネルギーの消耗が激しい手法をとるのではなく、感化された人を取り戻す方が良いかと思います。
スパイスも、効かせすぎたら不快になります。
敵にもっと頭を使って貰うよう、感情的なレスは控えましょう。

私、褒め殺しの才能があると人に言われ、人生を損している者です。言われ無きいじめに心を痛めております(w。

宙水のコメントを読んでの私個人の感想は、「未だ、人海戦術の様な労働集約型の製造業を念頭に置いている」と感じました。
今、製造業にとって大切なテーマは「如何に資源の無駄な浪費を抑え、あるいは、新たな資源を如何に開発し高度な品質を担保出来るか?」だと私は思いますが、資源は有限です。

製造業の現場は殆ど機械化され、多くの従業員を必要としなくなりましたら。むしろ、機械を的確に操作出来る技術とメンテナンスの技術の需要が高まる。勿論これら機械を開発する能力も求められます。

日本と日本人の未来の為に必要な事は「教育」。移民受け入れでは無いと思います。

↑の宙水氏のコメントについて
どんな人間にも光と陰があるように、国家にも誇らしい「光」の部分と表にしたくない「陰」の部分がある。
宙水氏のコメントは、この「陰」の部分を強調してコメントしているので読む人に不快感を与えてしまう。
しかし、何点か??の箇所はあるものの概ね指摘していることは正鵠を射ていると思う。
自民党と民主党について、安全保障や対特ア三国に対する外交スタンスは麻生総理を支持できるものの、長年に渡る官僚体制の破壊という点では民主党に期待できる面がある(個人的には対公明党へのスタンスも支持する)。ただし、安全保障や外交および自治労との関係を考えると小沢代表はとても支持できない。“一度やらせてみたら”なんてとんでもないことだと思う。
宙水氏は官僚体制の破壊が最優先と考えておられるようだ。私も自民党ではできないと思うし、どこかで現在の官僚体制をどうにかしない限りこの日本は良くならないと思う。宙水氏はその部分を強く訴えている。
ただし、↑の朝日新聞の引用にある日本の太陽電池メーカのシェアが下がったという内容において、海外メーカで画期的な技術が開発されたからではない。日本メーカが結晶系太陽電池原料のシリコン調達戦略を読み間違えたためである。次世代、次々世代の太陽電池の研究開発面では、依然として日本が世界をリードしている。
また、1000万人移民問題についてはどうしても納得できる根拠が分からない。詳細な根拠を知りたい。

インターネットの出現によって、情報がマスコミ独占物ではなくなった。
おかげで、我々は非常に多くの情報を手に入れられるようになった。
情報の真偽確認や意見交換も容易になり、40代前半以降の人は、情報の扱い方に無意識に習熟しているように思う。
そういう意味において、今の若い世代が政治的に中心になる時期が非常に楽しみであったりするわけですが、ネット上に存在する多面的な情報ととマスコミの一面的な情報を比べ、マスコミに比重をおく団塊世代(情報の入手経路がTVのみ!等)の存在を私は非常に心配している。
人口比で最大勢力を誇るこの世代はこれからどんどん定年を迎え、年金というキンタマを握られる存在になる。
耳障りのよい文言をメディアで垂れ流せば巨大な票田に早代わり。
20年ほどは世代的な優位を保ち続けると思われる。
20年、社会構造が激変するのには十分な時間です。

どうも信用ならない

2008/10/07(火) 09:40:47| URL| 通りすがり様へ

>宙水氏のコメントについて ・・・どんな人間にも光と陰があるように

仰りたいことはわかりますが、でもあのようにHNを使うのは不信をかいます。宙水氏もHNの件を否定されていないようで、何故あれ程までされるのか、じっくり観察していきたいと思います。

移民1000万人は頭数さえそろえばいいというものではなく、内容(中共人)が問題です。多くの方が海外の移民問題を採り上げているのに、宙水氏はその件には触れず、金持ちの中国人が来る、としていますが誰もそのように考えておりません。

意見を伝え、理解してもらうにはテクニックも必要で、時には嘘も方便も必要でしょうが、宙水氏は「なんだかな~?」なのです。ブログやコメントをチラッと拝見したかぎりではわからなかった宙水氏の、今回の一件は大変勉強になりました。

宙水氏は所詮寂しかったのでしょうね。
閑に任せて彼のHPをちょこっと覗いてみましたがここにいらっしゃる誰もほとんどコメントしていない。その他の方も散見までも行かず。
コメント欄は コメント(0)ばかりでした。

サムライの復讐

「サムライの復讐」始まる=日本の復活、欧米に希望-金融危機で仏紙
http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/jij/081007/081007_mbiz012.html
 【パリ6日時事】欧米で金融危機が広がる中、日本企業が米金融機関などの買収・
投資に乗り出していることについて、6日付仏紙ルモンドは「サムライの復讐(ふくしゅう)
」と題する論文を掲載し、「日本は失われた10年から復活した。巨大なバブル崩壊からも
立ち直ることができる証しであり、欧米にも希望を抱かせる」と論じた。
 同紙は「世界でほぼ唯一『サブプライムの毒』を味わわなかったのが日本の銀行だ」
と評価。背景には日本が1990年代のバブル崩壊のトラウマ(精神的外傷)を克服できず、
リスクの高い投資を慎んだことがあると解説した。
 さらに、最近は中国の経済的奇跡ばかりがもてはやされ、日本は目立たないが、
「日本のロボット工学は世界一。研究開発関連予算は国内総生産(GDP)3.3%にも上る」
と指摘。「日本の復活を誰も気にしていないが、侮ってはならない」としている。
v-7
「少しヨイショしすぎですけど」

通行人さまへ

ご助言ありがとうございます。
HNの件は事実とするならマナー違反ですね。
1000万人移民問題はどうあっても納得できる説明はないですね。金持ちで親日的な外国人のみが移民するなんて現実にはありえません。ある一定ハードルを設けたって、入ってきて欲しくない人が不法に入国することは目に見えてます。その点の解決策なり弊害などについて言及しないままスルーされてることに皆さん納得いかないのでしょう。私もそうです。
日本は「単一民族」(アイヌや琉球含めて)であり、大規模な移民受けの歴史がありません→※朝鮮半島からの帰化人や韓国併合などで単一民族じゃないという意見は無視します。海外からの移住はいずれは受け入れざるを得なくとも、今はまだその時期ではないように思います。
失礼致しました。

つかぬこと

宙水氏のコメントが無いようですが消されてしまったのでしょうか?

趣旨とは違うけど
トマトのあれは不味くて喰えたもんじゃないから実用化は無理っす。
昔トマトとポテト合わせてポマトなんつったのもありましたがあれも
ちっちゃいわ不味いわ。

結局良い土と栄養素は必要な訳で、まあ糖分作るんだから当たり前だけど、農業を工業化、は中々難しいですよ。

>2008/10/06(月) 23:12:40| URL| 一応援者 #- さん

>移民を受け入れて、すばらしくなったという国に
>留学、赴任の経験のある方の話も伺いたいです。
すばらしくなったというわけではありませんが、オーストラリアは今のところ目だった問題点は出ておらずおかげでうまく世の中がまわっているようなきがします。

ですがその裏には白豪主義があるせいがあるかと思います。
実際に企業においてアジア人の管理職というのはあんまりいません。
移民アジア人(主に中国系&インド系)が大成するには特殊な技術職(医者や会計士)か自営業でしょう。

病院にいくと良くわかるのですが医者や看護婦(とくに救急病棟)も移民の人(看護士は東欧系の人も結構います)ばかりです。そして研修のためにまわってくる医学生はインド&中国系ばかり。こういった高度技術職には移民が多く入ってオーストラリアの世の中が回っているのだと実感はしています。

その一方で白人たちは適当に働いて嫌になったら2~3年でやめてちょっと休んだら転職するということを結構繰り返しますが、反対に管理職になるとお給料もかなり代わってきますから簡単に転職というのはしなくなります。

こういう風に書くと一見、移民は受け入れは悪くないじゃないかと思うでしょうが初めに言ったように白豪主義がありアジア人が進出できない部分があるからオーストラリアでは今のところそこそこうまく言っているのだと思います。また相続税がなく金持ちは金持ちのまま(要するに最初から土地などもっている白人は有利)だったりで移民弊害が急速に進んでいないのかもしれないです。

でも日本人は公平性を望む人が多くきっと移民を平等に扱い(ましてや人権擁護法ができたら扱わざる終えないでしょうから)オーストラリアのようには行かないように思います。

それに比較的うまく行っているオーストラリアでも移民の多いシドニーの中華街はアジアンギャングの台頭が激しいらしく(アメリカほどではなく歩けないとか言う状態ではないですが)殺傷事件が多くおきており最近では留学しに来ていた韓国スター(興味がないので名前忘れました)の弟がけんかに巻き込まれ刺されてなくなりました。今の日本もいろんな事件が起きて前より安全とはいえなくなりましたが移民を入れればこのように一層、治安が悪くなるなると思います。

オーストラリアに住んで7年になりますが今のところの現状はこんな感じで怠け者のオージーだけではここまで高い社会サービスを維持するのは無理だっただろうと思います。でも、いつかこの社会は中国系に取って代わられるのではないかと言う危惧もどこかにあるのも事実です。
ただ、確実に言えるのは移民法を日本に導入したらもっと早い速度で移民の弊害が表面化するのは間違いないだろうとは思ってます。

見あたりませんね

> トンヘー さん
>宙水氏のコメントが無いようですが消されてしまったのでしょうか?

そのようですね。ありがたい事です。
平和にコメントして学んでいる場所に入ってきて
気持ちを汚されるのはたまりませんでした。
皆さん頑張ってブログを守ってらっしゃった・・・
ブログ主さんの御決断に感謝です。

ついでに、
(政府も見習って、日本の防衛の為はやい決断をして欲しい)





水栽トマト。

なるほど、あのトマトはまずいですか。
これじゃ定着しませんね。
ご報告ありがとうございます。

今日のニュースに、
ロボットスーツ(?)量産化がありましたね。
ますます発展していくことを祈ります。

いつも愛読させていただいております。m(__)m

水耕栽培は実用化されていますよ。
ネットで検索すれば個人の間でも流行しています。
私も趣味でトマトとメロンをやってます。
ス-パーて゜販売されているトマトはけっこう水耕栽培のものだと聞いたことがあります。
ただし1株に3万個も成らせるような栽培では味がよくありません。

私のような素人でもやれるぐらいですから技術的にそんなに難しくありません。
しかし、日本の場合、農家といっても兼業がほとんどなのと高齢者が多いので
新しい技術に取り組む方が少ないですよね。
どこかの政党が農家の個人補償だとか言ってますが、素人の家庭菜園を少し規模をでかくした兼業農家相手に所得補償するの?
まるで社会主義です。 
活力がない社会になるでしょう。
所得保障するならば、農業を企業化するようなヤル気のあるところだけにして欲しいものです。
それも事業が軌道にのるまで。

ハイテク野菜工場

農業の工業化の件ですが、私の家族がJFEという鉄鋼会社の株を持っているのですが、株主優待の一つとしてこの2年程前から毎年エコ作というブランドの野菜(レタス系)を送ってくるのです。これが、ブログ主さんの仰るようなハイテクグリーンハウス内で水耕栽培によって育てられた野菜で、無農薬で清潔、しかも癖がなく結構美味しいという優れものです。葉物野菜とトマト等果実系とは必要な技術、環境が異なるのかもしれません、また、まだ本格的な商業ベースには乗っていないかもしれませんが、野菜工場はすでに存在するのです。同社のホームページのURLを書いておきますので、興味のある方はご覧ください。
http://www.ecosaku-yasai.com

これからの世界経営

東アジア共同体は実現性がない。脱亜論は今でもいきている。
但し脱亜とは欧米流に生きることではなく日本流で生きることを指します。
日本流に生きる日本と欧州と米国の三者の鼎立関係で世界を仕切っていくべきです。
日米欧ともに現在は問題があります。日米欧は以下の点を改善する必要がある。
日本 防衛力をつける。軍事力を使うための法整備をする。
米国 赤字体質を直す、すぐ軍事に訴えず、平和的になる、徳を磨く。
欧州 仲間割れがあっても意思決定を迅速に行えるようにする。

中国、ロシア、イスラムは野蛮で、これからも問題を起こし続けると思います。日米欧が結束すればアフリカ、南米、東南アジアは協力してくれる。インドは希望すれば日米欧の仲間に入れることも可能。

 是は私独自の考えですが、先史時代を含め是までの人類の歴史は貧困との闘いであった、餓死は勿論、疫病でさえ食物や上水道さえ満足で在れば人間は定数生き残って行けた事や、戦争も徒に起こすべきではないと考える民族が生き残ってきた事実から、満足な物質の供給が人間を生存させる要因であると認識していた、事実競争に措いても、最後は物質をより多く手にできた方が実権を握り、自分達の都合の良いように世界を、社会を、造り上げたワケです。

 故に物質的貧困を克服できたら、最大多数の人間が幸せになる事は大方の人間の共通認識だと思えた、社会的な不安や争議も物質的な満足がその発生頻度を下げる効果をもたらす、所謂「衣食が足って礼節を知る」のが基本だと思い込んでいた。

 処が、です。

 例えば、日本の現代社会での庶民の暮らしぶりは江戸時代の支配者であった将軍の其れを遙かに上回っているのは明かです、日本は江戸時代260年間のウチ、国内が荒れたのは島原の乱位で、他には庶民の暴動や一揆が単発的に起こったダケと言う、他国と比べれば、国家として極めて平穏で善く収まって居たと言える状態だったのですが、将軍にしてから現代の平民以下の情況ですから、当時の農業の生産性は低く、平民=農民の暮らしは貧しかった筈です、しかし、礼節は今と同じ若しくは今以上に保たれていたわけです。

 日本は昔から、「皆で貧乏する事を善しとする民族」のようです、確かに身分制度があって、少数の武士が生産活動をせずに俸禄を得ていました、しかし、多くの武士団は、氏族社会を形成していて、しきたりや家格によって年間祭事を行わねばならず、禄高に応じた出費を余儀なくされて、俸禄の石高は260年間一定でしたから、豊作で米価が下がった場合等、石高換算で支払われる俸給は寧ろ下がって生活はカナリ苦しかった様です、江戸詰めの藩士の殆どが現在に換算すれば2~5千万位の借金をしていた様で、本当に力を持っていたのは金を用立てていた金貸しだったワケです、その窮状が、明治維新の際に行った身分制度の廃止が、勿論、神風連の乱や西南戦争は起こりましたが、比較的にうまくいった理由としても挙げられると思います。

 亦、男女格差も当時日本を見聞した外国人、例えば、あのペリーに「東洋で唯一女性が家畜ではない國」と評されています、事実、嫁を貰う甲斐性のない江戸男は居ても、嫁にいけない江戸娘は余り居なかったワケです、日本は欧米の影響を受ける前から、文化的には庶民を中心とした国家であり、社会的に目覚めた国家だったと言えるでしょう、是は、日本社会の底流に確乎とした平等意識が流れていたからだと思います。

 西洋の価値観は「衣食足って(初めて)礼節を知る」ですから、アフリカや中近東の食うや食わずの人間でもまともな人間の暮らしさえ経験すれば、自分達と同じレベルになると云う思い込みがあったのではないか、見方に拠ればこれらも彼等なりの平等思想と言えましょうが、彼等の「平等」への思いの原点が「神の前の平等」であった事は、その後、異教の対立を深める理由になったのではないかと思います、つまり、同じ神を信じれば、同じレベルになると言う、是亦「思い込み」です。

 日本で人口が減ったのは、主に住宅問題と余剰時間の無さ、偶の余暇を過ごすに選択肢が増え過ぎた、という事ではあるまいか、加えて教育費の高騰も原因の大きな一つだと、つまりは、金の遣い方=価値観の変質の問題も大きいでしょう、是は社会が発展期にあれば当然起こる事の様です、但し、高学歴無教養が指摘される事態になった事は、一度深く掘り下げて考えてみるべきです。

ありがとうございます。

このブログに出会えて本当に良かったです。目が覚めた思いです。心から応援しています。頑張ってブログを続けて下さい。

男女差別の矛盾について

 女性の社会進出は大いにけっこうだが、女は都合のいい時だけ差別という言葉を使うのがよくない。
 
 1、就職活動中は髪の色=男女ともに黒
  
  なんで黒にするのか女に聞いてみた。『就職活動中なんだから、当たり前でしょ、茶髪とかいいかげんな格好で面接するわけ!』と言われた。
 
 2 、 入社後、男は茶髪禁止、女はOK.おかしくない?
『女性は容姿が大切だから職場でもOK、けど男はそんな権利ない』 見たいなことを言われた。

 1で記載したように、面接で受かりたいから女性も茶髪は公式な場ではふさわしくないと思って、黒髪にしてる。
  
 つまり、茶髪は女性であれ、仕事をする場ではふさわしくないと認めているのに、入社決まったら、茶髪って明らかに詐欺だろ。

  あと、映画館ってどちらかというと女性が多いよな。 仮に男性のほうが
多いのなら、女性のお客さんも増やそうって形でレディースday
があるのはまだ分かる。

 だが、現状は女性客のほうが圧倒的に多いのにも関わらず、メンズdayがないのは、どう考えてもおかしいだろ。
それがもし、逆だったら。。。大変なことになりそうだが。。

  誰か、この2点の女性の権利の正当性を説明できる人いる??

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/351-673aff05

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。