スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「金融不安 」     10月1日(水)


米金融安定化法案を否決
米国発の金融危機の拡大を阻止するための法案が議会で否決されて
世界中の市場に大きな衝撃が走った。(9月30日)

今日はビジネスマンの立場から素人経済学を論じてみたいと思います。

まず過去の日本の経済を考察して見ます。
1990年の初め、日本の株式時価総額はアメリカを上回っていました。
土地も信じられないほど高騰していました。

80年後半日本は、高い成長率、低い失業率、企業は高収益でした。
しかし地価と株価が3倍になるなど、日本のバブル経済の凄まじさは、
どこか狂っていると思っていました。

このバブルの原因を作ったのは「モラル・ハザード」の欠如した銀行
でした。銀行は借りての資産状況を無視して巨額の融資を行い、
グロテスクなほど巨大な規模までバブルを大きくしていきました。
(いまのアメリカ金融問題と同じです)

伝統的に堅実だったはずの銀行が、高い金利につられて、いかがわしい
ヤクザな連中にも平気で融資していました。
住友銀行の頭取は「融資相手のむこう傷は問わない」と言明するほど
品格を無くしていました。

銀行は中小企業にも「いまや財テクしない企業は時代遅れ」といって
投機熱を煽りました。

一般個人も、預金を担保に借り入れをして株に投資しました。
銀行は個人の預金を引き出すことを拒否して それを担保に借り入れを
強要しました。この銀行の悪度さはヤクザ以上です。

銀行マンは社会のエリート、紳士であると信じている一般個人、中小企業
のオヤジさんたちは、彼らがヤクザ以上に道徳・倫理の欠如している
ことをバブル崩壊後に初めて知りました。

銀行はバブル崩壊後 一転して手のひらを返し、取立てに奔走、
担保物件の土地を取り上げました、しかし半分以下に下がった
土地でさえすでに売れなくなっていました。

バブルは自然に破裂したわけではなかった、日銀は過剰な投機を心配し
膨らんだ風船からガス抜きをするために金利を上げはじめた結果、
地価と株価が数年後にはピーク時の半分にまで下落してしまいました。

銀行の自業自得で多くの融資が貸し倒れになり、資金不足に陥った銀行
は弱体化していきました。

政府は景気低迷は銀行が資金不足になった為に 貸し渋りが起こり
結果、中小企業が倒産したと勘違いしてしまいました。

そこで政府は銀行さえ立ち直れば経済全体も回復するであろう、という
発想で98年60兆円の銀行救済計画を実施しました。

ところが銀行に資本注入しても、貸し出しは増えませんでした。
何故なら銀行は資金繰りに困っている中小零細企業には一銭も融資
をせず、優良企業に融資をしようとしました、ところがあまり資金を
必要としない企業は逆に銀行に返済を始めました。

大手企業や優良中小企業は円高を利用して海外に工場を作り、資金も
海外の銀行から手当てしていました。

海外に乗り出した日本の製造業は驚くべき数字をあげ、拡大して
いきました。海外で儲けた利益は海外に留め日本には還流しません
でした、何故なら二重課税されるからです。

この法律を変えさえすれば海外の利益が日本に還流され、景気も
もっとよくなったと思われます。日本企業は空前の利益を
上げていたのです、この実態が見えないエコノミストも政治家も
中小零細企業だけを見て景気が悪い悪いと言っていました。

エコノミストたちがいくら騒いだところで、日本経済はまったく
びくともしませんでした。GDPも毎年1~2%増えていました。

銀行は政府から公的資金が入り、その上大手企業からの返済金が返り
資金がだぶついてきました。そのだぶついた低金利の資金に世界の
投資ファンドが群がりました。その額およそ120~150兆円という巨額、
これが俗に言う「円キャリー」です。

この低金利の巨額の円が世界の株価を上げアメリカの株価や不動産を
高騰させました。
アメリカの銀行は毎年上がり続ける住宅価格に目をつけて
サブプライムローンという本来貸し出しできない低所得者にまで
ローンを組みました。

そしてこのサブプライムという怪しげな証券と別の優良証券を組み
合わせた金融商品をつくり世界中に売りました。売らんが為に
格付け会社に優良のお墨付きを貰い、世界の金融会社を信用させ
ました。はっきり言って詐欺です。

2007年初め住宅価格は値上がり続けるという「土地神話」が崩れ
ついにアメリカのバブルが崩壊しました。

これらの一連のアメリカの大混乱の主役はヘッジファンドです。
世界市場を揺り動かしアメリカをバブルに導いたのは明らかに
ヘッジファンドです

そのヘッジファンドを大きく育てたのは低金利の「円」なのです。
ということは今回のアメリカ金融問題の原因を作ったのは
実は日本なのです。

日本の血液は、アメリカの身体を流れて戻ってきます。両国は好き嫌い
の問題ではない、同じ身体なのです。
両方が離れて生存することはいまや不可能です。

このことについてもっと詳しく書くつもりでしたが、長くなって
しまったので いずれまた書いてみます。







ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

1%の金利

1%の金利ですから誰でも利用したくなりますね、日本がバブルに浮かれているときも多くの銀行はゴルフ場の購入まで薦めて居ました。

知人でも有名ゴルフ場を2億円で会員に成った、これも証券の魔術です買って一年もしない内に風船爆発、2億円が3千万泣いて居ました。

日本の企業は海外に、風船が破れた日本には外資が押し寄せ日本の証券会社・保険会社を二束三文で買いあさり、りーマン等に運用を依頼していた。

アメリカの保険会社などは安いのでしょうが、自転車操業の最たるもの最後まで面倒を見る日本の保険とは異なる事を日本人も知るべきでしょう。

今回の倒産劇何処まで波及するのか素人には想像もつきませんが、アメリカ経済には致命的な負が背負わされるでしょう、中国・日本・西欧を始め何処まで広がるのか脅威の目で見ています。

住友銀行の頭取の「むこう傷は問わない」という言葉は、使い方が違っていると思いますよ。これは融資相手(やくざを想定しているのでしょう)に対して言ったものではなく、行員に対して言ったもの。
つまり、それぞれの行員のノルマを達成するのに、手段を問わない=社会常識に反しようが、それによって行員が傷つこうが、ノルマ(成果)を勝ち取ったもののみを評価する、といった意味だったと記憶しています。

無名さんへ

同じことです。
お気持ちはわかりますが趣旨・論点を読むようにしたいものです。
わるぎはありませんので。

先のバブル崩壊時に株を買い、10年間持っていた人は

資産を何倍にも増やしているでしょう。
馬鹿なマスゴミが金融不安を煽ってくれるので、このところ日本の優良企業の株価は不当に安くなっています。
成長性があり、しっかり利益を出していて、財務内容も良好な企業のPBRが1を割り、ROEは10%を大幅に超え、配当利回りは3%超・・・そんな企業がザラにあります。PBR0.9とは100万円の純資産を持っている会社が90万円の値段になっているということ。資産が多少傷んでいるかも知れませんが、それにしても異常な安さ。
皆が強気になるときには慎重になり、皆が弱気になり、お先真っ暗なときは洞察と勇気を持って大胆に行動することが肝要かと。そこが資産家になる人と、一生貧乏な人の違い。

かつての日本のバブル崩壊前夜の有り様は、まさに聖書にある「ソドムの市」のようでした。
だがそれも、マスコミが仕掛け演出した虚像に過ぎない。
それに気づくことなく、彼らに踊らされた人々が火傷をおい、日本社会全体にまで多大な迷惑をかけたのです。
こういうマスコミ(その中心に鎮座するのは電通)に騙され続ける人は相変わらずあとをたちませんね。
それが現在の日本の最大の不幸です。

マネーは経済の血液

今アメリカでは大動脈が目詰まりを起こしている。心筋梗塞状態なのである。こんな時に金持ちに対する恨みつらみを言ってもしようがない。それは、選挙の時に言うべきである。今は早くバイパス手術をしないと、心臓が止まってしまってからでは遅いのだ。

75兆円でも、 市場関係者の間ではbetter than nothing「ないよりはまし」 、too small too late「小さすぎて、遅すぎる」といわれている。このままだと、米国民はとんでもなく高い代償を払わされることになるだろう。

ヨーロッパも金融崩壊、次は中国か?

リーマン等の組成したデリバティブの中に、サブプライム等の不良資産が混ぜられていたことについて、宮崎さんでしたかね、汚染米に喩えていましたっけ。
 当にぴったりの例え。

 デリバティブがレバレッジを効かせていたため、ここまで問題が大きくなってきたわけですが、実は中国も類似の問題を抱えています。

 不動産を買う際、日本では年収の5倍程度が目安とされておりますが、中国では、年収の10倍までローンが組めるようです。

例えば、都市戸籍を持つ北京在住の夫婦がいたとします。
共稼ぎで年収100万ならば、1000万のローンを組み、北京のマンションが買えます。年間の利払いが40万以上となりますが、食費は安いので何とか暮らしていける。先々マンションが値上がりすれば、転売益でウハウハ

の筈でしたが、
食費は上がる、マンションは下がるのダブルパンチ。なけなしの金をつぎ込んだ株は大暴落の惨状です。

 アメリカのサブプライム問題と全く同じ構図です。
いつ、弾けるんでしょうかね?

すみません。
中韓を知りすぎた男さんのエントリーとは、
違う話題なのですが、ここに来る皆様にぜひ見て頂きたい画像があります。

http://jp.youtube.com/watch?v=iKbuy7bPYlo&feature=related

この画像のコメントに、
「彼等が生まれ変わるとしたら
また日本人として生まれ変わってくれるのだろうか?

彼らの魂も転生までも、日本以外に渡したくない!
必ず戻ってきて欲しい!

アジアに人間の尊厳があることを
世界に知らしめた人たち
特攻隊員以上の愛を私は知らない 」

とコメントした方がおられましたが、
私も、彼たちの魂を他国には絶対渡したくない!
そして、中韓、アメリカに賤しめられたくないです。

貸した金をどう使うかは向こうが決めることですよ

博打やって借金したから金を貸した側が原因を作ったといっても言い掛かりでしょう。

課税が二重になっていることは問題ですね。
金利上げも決断しなくてはなりません
なんとか国内に金を流さないと

汗こそが本当の経済

正直言って経済はわかりません。証券会社から資産運用の電話がかかります。しかし、働きもしないで資産を増やすという考えが私には理解できません。

そのような世界はいつか弾けます。ただほど高いものはないと子供には言っています。サブプライム問題が何か具体的にはわかりません。が、ねずみ構と同じと考えていました。

実体の無い売り買いで利益を得る。こんな馬鹿なことはありません。蜃気楼のような経済は成り立つはずがありません。私は経済はわかりませんが、汗を流して始めて生きがいを感じるものです。

今回のサブプライム問題が良い教訓になればと念じています。ただほど怖いものはありません。

市場の流れに任せれば、自然に神の手によって改善される。
これが、グローバリズムの原理でしたよね。今まさに神の手が、行き過ぎた虚業に罰を与えて要るのだと思います。
人間「額に汗して働く」事を嫌がってはいけませんね。

原発巣はアメリカにあるのでしょうか?

>銀行マンは・・・ヤクザ以上に道徳・倫理の欠如している

日本もアメリカも銀行って軽蔑ものですね。<`ヘ´>

http://diary.jp.aol.com/a4pcpx/779.html#readmore

[一部引用]
ご存知の通り、アメリカの大手金融機関の大株主は、前述の金融財閥で、サブ・プライムローンでは、貧乏人に高額な住宅を売りつけ、借金地獄に落としいれ、最初から回収できないのはわかっており、自分達が投資するサラ金の闇金融機関に、貧乏人に借金をさせ、高金利でボロ儲け、そして貧乏人が支払いができなければ、親を脅し子供を幼児ポルノ送りで資金回収、またポルノ産業にも投資しておき、ここでもボロ儲け。  だいたいにおいて、幼稚園児や小学低学年の子供が、自らポルノ製作会社に職を求めていくと思いますか? 日本でも、パチンコ-サラ金-風俗-幼児ポルノはセットです。 パチンコ店で誘拐され、変死体で見つかっている子供は、今日の日本で多くいるのです。

倒産の理由

何年も前、友達の父親の小さな会社が『貸し剥し』で倒産しました。
仕事も順調で、社員も含めてニコニコ働いてたので、事情を聞いてもわかりませんでした。
‥偶然開いたこのサイトで、よく理解できました。
友達のところの社員はちりぢり。家族が仲良しなのが救いです。

更にこの続きをお願いしますm(_ _)m

バブル破裂そしてデフレスパイラル、そして・・

私もこの経済のうねりに翻弄された二十数年を振り返り思うことは、銀行って、しょせん金貸しだってこと。

長銀の社長が倒産するとき「社員は悪くないんです」って涙ながらに訴えましたが、バブルハイパーインフレが異常とも思わず、見境もなく貸し込むようなことをやった銀行は罪が重いです。

それで、デフレスパイラル経済になり、金融不安を防ぐために公的資金の巨額注入。しかし本当に救いがいる中小企業には、融資が回らなかった。日本人って本当に人が良すぎるぐらいです。いま、米国で起きていることも似たところがありますが、散々マネーゲームであぶく銭を稼いだ金融機関を、なぜ国民の税金で救わなくちゃならないんだと下院で公的資金の注入を否決。アメリカらしい動きだと変な感心をしております。

しかし、今回のアメリカの不良債権問題は、規模が馬鹿でかく、世界同時不況、いや恐慌の可能性も否定できません。中国も毒素を出してバブル破裂寸前ですし、何かと不安がないと言えばうそになりますね。

ただ、世界でドル外貨を一番溜め込んでいるのは中国です。その額は日本の3倍にも及ぶとか。この現実が何を意味することになるのか。アメリカは対外債務をバブル破綻名目で紙切れにしようとたくらんでいるかは知りませんが、極東アジア情勢にも少なからず変化と影響が及ぶのではないかと予測しております。

作られたバブル?米国の計画倒産?

・日本のバブル
日銀による低金利政策&窓口指導(信用創造圧力)

・米国のバブル
FRB&日銀の連携低金利政策
&サブプラ、ノンリコースローン黙認(信用膨張黙認)
(グリーンスパン前FRB議長は知っていたはず)

米国の金融危機は計画倒産???

ブッシュは金融救済法否決で戒厳令も視野に?

ブッシュ弾劾裁判を求める議員も出てきて、米政府内がなにやらきな臭いです。

ペリーノ報道官(米)、911の首謀者はビンラディンでは無いと暴露(英語)
http://jp.youtube.com/watch?v=3gwb2EuzGN4
0:28~
記者:yes, they are very important, but Osama bin Laden was the mastermind of 911
(ええ、それはとても重要です、しかしオサマ・ビン・ラディンは911の首謀者?)
ペリーノ報道官: No, Khalid Sheikh Mohammed was the mastermind of 911, and he’s sitting in jail right now.
(No、カリド・シィク・ムハンマドが911の首謀者でした、彼はいま刑務所にいます)
その他、協定を組んで正義を公に出す為に動いていると明言。
米国内で激しい対立があるようです。

対するブッシュは・・・・
ブッシュは金融危機で戒厳令も視野に?(英語)
http://jp.youtube.com/watch?v=Ya9WnONk9Fw

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

うん、たしかにコピペが二度してありますね。(^^;

 ピエロ(道化師)は宮中で、堅苦しい雰囲気を和らげるためにいたわけです。会議で言うとオッドマン。会議が硬直した時におかしなことを言って、きっかけを作りまた議論が始まる。そういう人の呼び名です。
 
 管理人様、著名なブログにはオッドマンが住みついています。ここにも湧いてでたようですが、「手ごわいブログ、あなどれないブログ」と認識されたのかもしれませんね...。

>> 普通の国民 さん

同意します。
日本人はゴジャゴジャと理屈をこねないのよね・・・。日本人同士なら分かり合えるからね。

「手ごわいブログ、あなどれないブログ」を更に広めましょう。

日本も世界第2位の経済大国になったし


日本はすでに世界の最先端を走っている。

世界から見た日本のことは、日本の中にいる日本人のほうが
わかっていないのかもしれないですね。
だいたい、敗戦後日本は焼け野原から復興した。

それに日本は考えてみると、バブルも経験し、デフレも戦争をせずに
克服できたのは日本だけだそうです。
(デフレは戦争が起きると特需が起きるので、克服した国はあった)

アメリカは今、バブル時代の日銀の対応を研究して、
立ち直ろうとしているようだ。
日本は過去の失敗から得られた教訓に学んだ知恵もある。

「失われた十年」というが、その間、足腰も強化してきた日本に、
今必要なことは、自分たちへの自信だと思います。
それがさらに、困難を乗り切っていくための力になると思う。


 バブルはいずれ弾けたのかもしれませんが、いくらなんでもやり方が強引すぎでしたね、確かに地価などは異常ではあったが、経済の成長にインフラはつきもの、しかも資産以外の物価は安定してたし、日銀の総裁は、実績のあるエコノミストを海外からでも引っ張ってくればいいのに。
 ゼロ金利で、たしかに、投機筋に金は流れましたが、あの不況下で金利は取れないと思いますよ、むしろ、経済が回復してないのに金利あげるべきじゃなかったとおもいますが。
 二重課税は問題ですが、ここまで外需は、好成績残してますし、問題は国内の消費の冷え込み。まぁ、こんな、世の中じゃ金使う気にならんでしょうに。日本の金融、財政政策は完璧に混迷してますね、理論もないし、国民心理も読めてない。やっぱ、なんだかんだで、日本は隠れ社会主義時代に戻るしかないのでしょうかね?

・・・・・

>宙水さん

過去のエントリーでも同じようなコメを書いて、他の方からつっこみが
はいった点についてなんら反論もなく、別エントリーにおいても同じようなことをずっと書き続けてるようですが・・・

>日本のとる道は、民主党や一部の自民党の議員の主張のとおり、1000万人の金持ち中国人を移民として受け入れるしかないかもしれないのだ。

以前にも同様のつっこみが出てた想いますが、1000万人の移民が
金持ちとどんな根拠でお考えなのか知りませんが、生活の苦しい貧困層や、日本のお金を狙ってやってくる犯罪者予備軍、中共から命令されて潜り込んでくる工作員。こういう人達が流入してくると懸念するべきでは?

コメ欄のURLから貴方様のブログを拝見させて頂きましたが、地方分権に固執してものを考えられてる点や、民主党と中国に対して好意的な印象を抱いておられるのが強く伝わってきました。逆に、民主党や中国が抱えるマイナスや負の部分についての言及がすっぽりと、抜け落ちているのが印象的でした。

それと、こちらのブログをよく拝見させて頂いてる一読者としての、個人的な意見ではありますが、ご自分のブログのエントリー内容とURLを毎回のように、こちらのブログのエントリーコメント欄に貼り付けられるのはどうかとおもいます・・・少し行儀が悪くないでしょうか?








dorapongさんへ

小生のブログをよく読んでいただければ,ご指摘の点は,全くの誤解か,あるいは,個人的な誹謗中傷だと存じますが・・・あまり個人攻撃はね?
どちらが,行儀悪いのでしょうかね?
→http://tokiwater1.exblog.jp/

dorapongさんへ

>dorapongさん
宙水さんのブログを見ると,書き込みにコメントにもあるように,単なる主張やスローガンでなく,具体的な事例を挙げて問題点をしてきされており,大変,参考になると思いました。

別に,地方分権に固執していたり,中国や民主党に好意的だということは,全く感じられません。日本をよりよくしなければならにと真剣に思慮されているように見受けられました。

意見はいいのですが,個人攻撃的な記事はいかがなものでしょうか。

移民

 
dorapongさんへ
>生活の苦しい貧困層や、日本のお金を狙ってやってくる犯罪者予備軍、中共から命令されて潜り込んでくる工作員。こういう人達が流入してくると懸念するべきでは?

カナダなどは,移民の条件に基本的に80万カナダドルの保有資産がないと入国を認めていません。

経済はわかりません。でも経済は重要だと思います。プログ主さまのご意見は同意できるものです。
私個人はその上で、不必要な物や見栄で生活しないのが日本人には良いと思うのです。


意見・偏見・主張・感想・批判

 checkstar ・宙水さんへ    dorapongさんの意見は、個人攻撃なのですか、私にはそう感じませんでした。憤りを書き殴りで書いているわけではないし、私などが意見すれば全て個人攻撃になってしまいます。
 checkstar さんは、個人攻撃的と表現されていますが、コメントの投稿者の名前をださず意見すれば、個人攻撃にならないのですか。
 
宙水さんのブログも、読ませて頂いきました。私にはdorapongさんと似た印象をもったのです。

 

気になった点がw

>宙水さん
小生のブログをよく読んでいただければ,ご指摘の点は,全くの誤解か,あるいは,個人的な誹謗中傷だと存じますが・・・あまり個人攻撃はね?
どちらが,行儀悪いのでしょうかね?

>checkstarさん
宙水さんのブログを見ると,書き込みにコメントにもあるように,単なる主張やスローガンでなく,具体的な事例を挙げて問題点をしてきされており,大変,参考になると思いました。

>くまさん
カナダなどは,移民の条件に基本的に80万カナダドルの保有資産がないと入国を認めていません。

えーっと。3人とも、文章の中で「、」とするべき所を「,」となってますが
これは単なる偶然ですかね・・・
書き込みの間隔も25分前後ぐらいと・・・

もう一点気になったんですが
宙水さんのコメで貼り付けしてあるURLの
http://www.zhaojun.com/youci/riyu.htm
あちらの言葉で書かれているサイトのようですね。
私には読めませんでしたが、宙水さんはお読みできるようですね。
もしかして、あちらの方か在日の方ですか?

3人が、同一人物なのかどうかは管理人さんのみ知るところでしょうが、私がもし同じことやるなら、もう少しうまくやると思いますね^^;







程度が低いね

 
 dorapongさんへ

 引用した論文は、有名な論文で、調べればすぐに要約ぐらい入手できます。
 
 自分と異なる意見を持つ人間に対して、まじめに議論するのはいいが、まともな議論ができないものだから、すぐに、在日、だとかあちらの方?とか、程度が低い誹謗中傷ですね。

 もっと、まともな議論をしたらどうですか?

宙水のブログ→http://tokiwater1.exblog.jp/

マスゴミこそが大東亜戦争の最大の責任者であり、戦争中からずっと日本国民を騙し続けて来たA級戦犯である

 韓国人を事務総長とし、日本に対する敵国条項も残り常任理事国でもないのに、日本国民の金だけが異常なほど奪われるばかりか、汚職や左翼思想で何かと悪い噂の多いあの「国連」を最大に重視する政策を標榜する小沢民主の異常さを、マスゴミがまったく非難しないのは、なぜか?
 韓国で休暇を過ごし、韓国人を国政の秘書に使う小沢の意見をあたかも
日本人のまともな意見の様にねつ造するマスゴミの正体は何か?
 今では批判の多い郵政民営化も当時はマスゴミの強力なバックアップでなされたではないか?
 はっきり言えるのは、日本のマスゴミはずっと日本国民を不利益に導いて来たねつA級戦犯であるということである。

疑わしい人が・・

>宙水さん
>>日本も戦前の二の舞のように、鬼畜米英、暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退ではとても現在の国際社会の地位を保っていけないことを悟るべき
 現代日本が、鬼畜米英、暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退の一つでもやっているのなら、そう言われても仕方がないが、それ処か、米国を礼賛し、共産シナに屈服し、不良外国人までを受け容れ、国連の主要な献金国であるのが現状でしょう。

 日本には、そんな戦勝国のアイドル=金ズルに留まっていないで、少しでも独立主権国ので国益重視の自己主張を広げて行こうとする姿勢が必要だと思うのですがね、その為には、現状の確かな認識が必要です。

 戦前日本の失敗は、周りの國の思惑も考えず、闇雲に大国化を目指した事に主因があると思います、国内の政権が極左勢力に握られていたと言う致命的な部分が有ったとはいえ、英米崇拝者にして英語屋の幣原頼みと言う外交力の弱い日本では、追い詰められると自分の生存権を主張する余り武力頼みとなってしまい、更なる外交音痴の軍部が正面突破だけを目指した事で、孤立するべくして孤立した面はあるでしょう。

 良く日本が「孤立する」と云いますが、戦前日本だって、孤立していたのは先進国の中だけだった、もっと云えばABCD包囲陣に参画した、アメリカ、ブリティッシュ(イギリス)、チャイナ、そしてダッジ(オランダ)だけでしょう、彼等の卑劣さは瞠目する程だった。

 例えば、英国はインドの輸入関税を何倍にも設定して、日本の繊維系産品の輸出先として拡がっていた対インド貿易を潰滅させたし、米国と「オランダは、対日本への原油輸出を禁止した、これらの措置は、日本が自国権益を満州に広げた事に対する「報復」で行われたことです。

 日本が満州権益のアドバンテージを握ったが故の制裁です、こんな馬鹿な話はない、公平な立場でのルールなら、悪質なのはABDの方でしょう、しかも、その中にはソ連もドイツもフランスも、イタリアも入って居ない。

 日本は、あくどい世界に放り込まれた、田舎出の貧乏人で、世界は正義のルールで回っていると単純に信じていたから、悪者にされ、葬られたのでしょう。

 戦前の失敗は仕方がなかった部分もありますが、最初から確定していたとは言えない部分もあると私は思っています。

 処で、宙水さんって、昔、紫頭巾とか、東京の人とか、数十種類のHNをクルクル変えて、然も大勢が自分を支持しているように見せかける様な工作を多用して、板に混乱をもたらし、ch桜から「アラシ認定でアク禁」食らった人に主張が似ているのですが、勘違いですかね。

あらら・・・こんなものが見つかりましたが。

>宙水さん

こちらのブログの過去のエントリーで、あぶない「小沢一郎」というタイトルのエントリーのコメントにおいて、txという名前でコメントを書き込んでいる方がいました。

コメントの内容が、宙水さんと非常に近い内容のコメントをされてる方で
「暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退」という表現も同じだった為、
宙水さん=txですか?と質問したところそれっきりぱったり書き込みがなくったことがありましたが。

気になったので、過去のエントリーのコメントを確認してみたんですが、txの
名前で書き込みしてる方も、先ほどの私のコメントで指摘したのと同じように「、」を使うべきところを「,」と使ってました。おまけに、同エントリーで「鎖国より開国を」と「最後のチャンスか?」いうタイトルでtxが書きこみをしたコメント(黒枠部分コメント)と、内容が全く同一の文章を別の所で見つけることができました。

■■■「鎖国より開国を」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
すでに日本の一人当たりのGNPは,シンガポールにも抜かれ,三流国家へ転落しつつある。なぜか?国民の税金を全部霞ヶ関に集め,補助金行政の名の下に各地へ配る。地方も大部分が国の補助金だから,要するに自分の金でないから,夕張でも大阪でも国の役人にだまされて,あれも欲しいこれも欲しいと必要もないプロジェクトを立ち上げて瀕死の状態だ。その上,関西空港など国の直轄事業に対しては,悪代官顔負けの莫大な地元負担金を背負わされている。道路や河川,港湾も同じ構造だ。地方に自立した経済が育つはずがない。霞ヶ関を潰し,財源権限を委譲し,地方が責任をもって効果的に事業を行えば,それだけで,数十兆円の節約は可能であり,成長産業へ投資できる。地方に道路を造っても国の基準にハマらないと補助金は出ないから,要りもしない歩道を田舎に作りペンペン草が生えている。麻生流の景気対策で,さぞかし,ペンペン草がはびこるだろう。   
■■■「最後のチャンスか?」■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
官僚の問題は,数の問題ではない,不要な特殊法人が多いと言うが,そんな現象面で捉えていては,問題の解決にならない。特殊法人をなくしても民間企業に形を変えて天下りはできる。天下りが悪いのではない。有能な人は活躍すればいい。問題は,硬直化した中央集権的な官僚制度にある。時代の要求が変わっているのに,各省,各局の縦割りで,予算配分は既得権益化し,定数もほとんど動かない。巨大な予算,権限をだれもチェックしないし,できない。官僚の定年を延ばしたところで同じことだ。その点,地方分権化を徹底的に進め,権限,財源を含め,地方に移すという民主の主張は正しい。中央集権国家はソ連のように崩壊する。住民が株主訴訟のように,不当な支出や無駄使いをチェックできる地方自治法に基づいた住民監査請求の対象になるように,国の直轄事業は地方に移すべきである。国は外交と防衛をやればよい。国が教育なんかに口を出してろくなことはない。米国や英国は州立だいがくはあっても国立大学や文部省なんて無かったのではないか?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

どこかというと、宙水さんのブログの2008/9/24  「日本文化と政治」
というエントリーです(該当エントリーの上段やや下部分と、一番下段にあたる文章)。これはどういうことなんでしょうか・・・

なぜ、名前の違う方が書き込んだはずのコメント内容が、宙水さんのブログのエントリーで書かれてる文章とぴったり一致してるのでしょうか?

正直、私には貴方が名前を複数使い分けて、自分のブログのエントリー内容をコメントとしてこちらのブログに書いてるようにしか思えません。

宙水の名前を使ってる時も、同様に自分のブログの内容をそのまま
そっくりこちらのブログにコメントとして、書き込んだりしてますよね?

何故そんなことをする必要があるのか?
何を目的にこんなことをしてるのか?
ちゃんとお答えできますか?
程度が低い、工作をしてるのは貴方のほうですよ?


考え方はさまざまですが

ブログ主さん今日もおつかれさまです。

何人かの方が言ってるようにこのブログやコメントの質が目障りになってきた者どもがいるってことかな。ネットから社会に注意喚起しようと皆が努力してるなかで、明らかに逆の方向性でコメント書いてる人がいる。ブログの価値ってのはブログ主さんとコメント書くやつらみんなでつくり上げるもんじゃないの。

わざと議論をループさせてやりあったり、無駄に喧嘩口調だったり。言葉尻つかまえてブログ主さんやコメント書く人非難したり、ブログの記事に賛同するフリしながら功名に外部に誘導したりするのが増えるってのは、初めて見に来た人や知人に紹介されてここに来た人をがっかりさせるには効率的でいい手段だよね。

ここのコメント書く人たちだけでなくどこでもそうだが、その人がコメントに書く内容なんてその人の持ってる知識や考えの一部に過ぎない。なんでもかんでもみんなが100%同調できる訳がない。その辺理解してコメントしたら?他のコメント書く人たちが引いちゃってるでしょう。

自分が人よりも裏を読む優れた思考・洞察力を持っていることを示したいとか、言いたいことを相手に100%理解してさせたいとか、理詰めで屈服させたいとか、見え見えなんですけど。まるっきり子供の行動じゃないの?

「荒らしに構った者も荒らし」とよく言うけれども放置すればブログの品が落ちる一方。コメント削除すれば「都合の悪いコメを消したw」とか攻撃の手段を与えるだけ。今が耐え所だと思って淡々と理性的に解決していくしかないのでしょうかね。

あなた方はこのブログのコメント欄で一体何がしたいのですか?

「海外脱出組」中国人がカナダで大暴走

週刊文春7月31日号(7月24日発売)記事(P42-45)より
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1772.html
イナゴの大群のごとく、押し寄せた中国人は街を汚し、ルールを踏みにじり、そして.....
バンクーバーは今や香港と掛けてホンクーバーと呼ばれているとか・・・・

尻尾が見えた?

>宙水さん
>>あたなのコメントは、いつも本当に主観的乾燥ばかりで、かつ、支離滅裂で、反論しようもありません。
 おや、動揺なすっていらっしゃるんじゃありませんか(嗤)
 要は「反論できない」と云うことですね、諒解。
 そうですか、紫頭巾さんお久しぶりで、いい年をしてお盛んですね。

「暴支膺懲」論への経緯

「暴支膺懲」(暴虐な支那を懲らしめる)論への経緯
尼港事件 1920年 休戦後、共産パルチザンが騙し討ち。日本人民間犠牲者は300名以上
南京事件 1927年 日本領事館も襲撃され暴行、掠奪、陵辱
済南事件 1928年 日本人居留民12名が殺害された
盧溝橋事件1937年 軍事衝突(コミンテルンが策謀)
通州事件 1937年 日本人居留民含む約230名が虐殺
そして、新聞が政府に先がけて「暴支膺懲」を掲げたのです。
現代同様、因果に依るものです。

現代中国語の中の日本語「外来語」問題

>中国語の8割が日本語のコピーなのであるから、
人文科学系の単語の7割ほどが日本語。

現代中国語の中の日本語「外来語」問題
http://www.kotono8.com/wiki/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E8%AA%9E%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E3%80%8C%E5%A4%96%E6%9D%A5%E8%AA%9E%E3%80%8D%E5%95%8F%E9%A1%8C

支那人が、西洋を理解するときは日本(語)を通して見るという話。

>ナポレオン・ソロさん
> 処で、宙水さんって、昔、紫頭巾とか、東京の人とか、数十種類のHNを
>クルクル変えて、然も大勢が自分を支持しているように見せかける様な工作を
>多用して、板に混乱をもたらし、ch桜から「アラシ認定でアク禁」食らった人に
>主張が似ているのですが、勘違いですかね。
私は、安倍氏が総理のときに「私(のビジネス)を邪魔するものは、みんな殺す」と言って、
某掲示板で大暴れしていた人がいたのを思い出しました。

中国は当初日本共産党を通じた日本革命を画策

>宙水さん
>どちらが,行儀悪いのでしょうかね?
自分の意見が支持されないとみるや、大暴れをしているのは誰?

>ブログ主でもないのにえらそうなコメントはやめたらどうですか。
自己紹介ですか。

それと、宙水さんは、こういう話はしてくれないんですか。
言うまでもありませんが、民主党≒旧社会党です。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/02iti001.htm
>【ワシントン1日=前田徹】朝鮮戦争直後から日中国交正常化前後にかけ
>て日本国内で暗躍した中国スパイについての米国防総省機密文書が米国立
>公文書館から見つかり、戦後日本を舞台に展開された米中の熾烈(しれつ)
>な情報戦の実態が明らかになった。中国は当初、日本共産党を通じた
>日本革命を画策し、中ソ対立が深刻化すると今度は旧社会党や労働組合
>の親中派工作に力を注いだほか、朝鮮半島危機を招いた米軍のプエブロ号
>拿捕(だほ)事件では自民党有力者に働きかけて情報収集に躍起となった様
>子なども赤裸々に描かれている。
>【中略】
> このほか、日本の労働組合幹部が中国側の招待で訪中し、多額の宝石
>類を持ち帰り、それ以降は親中派になったとする報告や、社会党参院議員
>がダイヤの指輪を中国要人から贈られるなど金品攻勢が行われていたこと
>を示唆する報告もあった。

中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-54.html

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/348-aa0df04a

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。