スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない「小沢一郎」     9月23日(火)


麻生新総裁が誕生した。しかし早期の衆院解散・総選挙で「民主党に
政権を一度任せたい」という声が大きくなってきた。

自民党が負ける可能性が大きくなってきた。
小沢民主党に政権を本当に任せて大丈夫だろうか?
彼の国家像がまるで見えない。

小沢一郎は民主党代表に就任すると左へ左へと傾いていった。
自分の頭の中で矛盾しないのだろうか、政権を取る為の手段なのか、

2006年に北朝鮮が核実験を行った後の朝鮮半島情勢は「周辺事態法」
を適用できるかどうかを巡り問題になったとき、小沢は、「周辺事態法は
適用できない」との見解を発表した。

周辺事態法とは、例えば北朝鮮で周辺事態が発生した場合、米国軍を
自衛隊が後方支援することを正当化するための法律。
日本国が武力攻撃にさらされ、安全が脅かされる事態、これを周辺事態
といいます。

わざわざこのような法律を作らないと同盟国の米国と共同歩調を取れ
ないとは なさけない話である。

周辺事態法は適用できないと言うような人物に日本の国を任せて
大丈夫だろうか!

また小沢は国際安全保障政策では現行憲法を維持して国連中心主義を
主張しています。もし本気でそのように思っているなら相当
知が欠落しているとしか思えない。

米国もロシアも欧州も中国も国連など相手にしていないのが現実です。
発足以来、国連は重要な危機打開には何ひとつ貢献していない。
国連などあっても無くても同じようなものです。

常任理事国だけではなく、小国でさえ、いざ自分たちの国益がかかって
いるとなると国連など平気で無視します。

この実績も無い無能な国連を中心とした外交がどの様なものになるか
子供でも分かります。

まして常任理事国でもない日本が、国連を中心とした平和外交とは
あまりの間抜けぶりも ここにきわまれりです。

エゴと策謀が渦巻く国際政治の場で、日本国首相が「国連に我が日本国
をお任せします」と言えばその素晴らしいブラックユーモアに世界は
賞賛の拍手を浴びせてくれます。

憲法前文で「諸国民の公正と信義に信頼して」と書かれている。すなわち
日本の存在は「諸国民にお任せします」ということです。
広義に解釈すれば、独立精神を捨てて諸国民である国連に好きなように
してくださいという事です。

この憲法からすでに62年もの歳月がながれています。
平和を愛する諸国民など どこにも居ない,公正と信義を重んじる国など
どこにも居ない、自国のエゴ丸出しで大小の紛争を繰り返しています。


小沢は「この一戦に私の政治生命の全てをつぎ込む、日本人には、
新しい日本を築く能力と資質がある。力を合わせれば今日の困難は
必ず乗り越えられる、国民も夢を持ち実現しよう、民主党に一度
政権を任せてほしい。」と言っています。

しかし国際情勢がまるで見えないこの男に 日本のかじ取りを任して
も大丈夫だろうか!

日本の国益と生存を考えて行動するなら、敵を作るのを恐れては
いけない。「自国の国益は他国の不利益になる」という当たり前の事が
福田にはわかっていなかった、小沢も同じような気がする。

日本人が考える世界と現実の世界とのギャップがあまりにも大きすぎる。

国際政治力学においてホンネとタテマエを使い分けられない日本人の
悲しさ、自国の利益に関係なく他国を助けるような国などこの世に
存在しない。このような当たり前の事すらわかっていない。

福田は凡庸さを絵に描いたような男だった、小沢はもっと危険かも
知れない。

麻生自民党が次期衆院選で勝つ事を祈らずにはおれない。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

本来なら与党に不満がある場合野党に投票することで、現政権に対する意思表示をする権利が国民にはある。

……ある筈なんだが、野党が糞過ぎて自民を支持せざる得ない。

*****************************コピペ推奨***************************
■民主党に支持投票できない理由

●日本の国家主権を他国に委譲すること唱える岡田克也のような勢力が党内に潜伏

●民主党の憲法提言中間報告にも国家主権の委譲を記載

●国会休んで韓国の反日デモに参加する岡崎トミ子が副総裁

●朝鮮総連にパーティー券を販売→読売に取り上げられ自粛

●角田や近藤のように金正日が拉致問題を認めた時期に朝鮮総連から献金受け取ってる議員がいる(角田の息のかかった群馬県大田市は朝鮮総連関連の施設は非課税)

●北朝鮮への経済制裁反対

●成立すれば反日国家の人間でも首相になれる事を隠しながら外国人参政権推奨

●言論規制&外国人参政権が連鎖的に通る人権擁護法案推奨

●証拠がないにも関わらず党利党略の為だけに慰安婦の強制はあったとし日本を貶める輩が多数所属

●過去の言動を統括すると中国と韓国に終えてる戦後補償を再度行う可能性大(資金の出所は日本人の税金)

●沖縄に中国人3000万人の受け入れる沖縄ビジョン

●中小企業の事情は無視の最低賃金1000円法案

●掛け金払ってない在日コリアを救済する年金改正案

●国民に権利を戻す国民投票法案を党利党略の為、直前でごねる

●中国共産党と蜜月の関係、国防費の米国への資金提供60億円は非難し追及する一方、常時、日本の主要都市に核弾頭向けている中国への4000億円ODAに関しては審議もせず

●政治資金で15億の不動産を買う小沢が党首

●社会保険庁は民主党の支持母体なのに自民党に責任押し付け責任逃れ&解体阻止

●日本の地形事情で9条改正しなければ国防が難しいこと知りながら、国民にデメリット伏せたまま自民党との対決姿勢の為に9条改正反対ポーズ (9条が現行のままだと日本にミサイル発射される兆候を確認しても何もできず戦争が始まれば日本の国土が戦場になる可能性が極めて高い)

●朝鮮人帰化人で拉致問題も邪魔した福島瑞穂、辻元清美が所属する社民党と連立

●在日コリアの利権の為に手を挙げた朝鮮日報日本支社長の白真勲氏を参院選で擁立

他にも沢山あるが割愛する。

朝鮮総連から金の流れがある民主党が政権とったら、安倍首相がせっかく衰退させたパチンコやサラ金がまた復活し経済制裁も解きかねません。

日本の皆さん、こんな民主党に投票しようと思いますか?
*****************************************************************

グルジア紛争では国連は全く存在感がない
民主には自衛隊の海外派遣は国連決議に則って行うべきという主張があり、一見正論に聞こえるが
中国やロシアが拒否権を持つ国連に日本の主権の一部を委ねるという発想は理解に苦しむ
彼らは国連を神聖視し、日本政府よりも上位の存在と見る傾向がある
国際社会は国家とパワーポリティクスが全てだという当たり前の事が理解できていない

上のkLCZl7R6さんがほとんど言ってくれました。
アジアでもEU連合みたいなものを作るとか、お花畑な事を言ったり。
公約の財源18兆円をちっとも示せない(あるわけが無い)。
討論を避けてみたり。
政治家ならば、自分の主張を解り易く説明する義務があるでしょう。
到底、首相にふさわしい(いや党首でも)人物とは思えない。

やっぱり麻生さんに公明を切り離してもらって、がんばって欲しい!

立法府の長になろうとする人間が
「税金6億円で自分のビルを建てても法律に違反していない、何が悪い!」
と言って憚らない民主党。
その法律を作ったのは貴方でしょが!
年金問題も毒米問題も、民主党支持団体構成員のサボタージュが原因だけど
何故か責任を追求されるのは大臣だけ。

農林省の内部資料が明日出てくる予感。

朝鮮人による日本支配

小沢一郎は、朝鮮人による日本支配を進める勢力のみこしに乗った卑劣な政治家。民主党が政権を取れば、いずれ日本では内戦が勃発するだろう。民主党の口当たりのいいキャンペーンに騙されてはいけない。「小沢一郎氏と池田大作氏とノリエガ将軍の三角関係」に、現在も変わらぬ小沢一郎の役割が良く理解できる。
http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm

>一回、民主党にやらせて
理想的に事が運ぶ保障があれば。
あるいは、民主の暴走を即座に押さえ込める手段があれば。

参院が民主側に落ちてる以上、危険すぎて保障のない博打は打てませんて。

民主党の選挙基盤は、労働組合!

自治労、日教組など公務員組合票を基礎票としている。
同じ基盤で当選した大阪市長が、大阪市の特殊法人を改革したなどという話は、とんと聞かない。
 むしろ、公務員組合は利権勢力と化し、規制の枠組み変革の抵抗勢力となっている。
 民主党が、天下り全廃を公称しているのは、承知しているが、その選挙基盤である公務員労働組合の主張とは違う。素直に受け取れないところである。
22兆円のばら撒き政策も唱えている。予算が大きくなれば、予算執行に関連して、公務員も増え、特殊法人の数も増えるのが通例だ。これもスリム化には反する。
 要するに民主党の主張は、いいとこ取りで政策自体が矛盾しているのだ。
強力な世論の支持を背景とした小泉さんでも、あの程度の改革しか出来なかった。
経世会で利権まみれの政治をしてきた小沢が、改革を主導できるわけが無いではないか。所詮、政局だけの男と見るべきであろう。言ったモン勝ちと思っているのだ。
 前回、自民党が下野したのは、細川政権のとき。続く村山政権等で、日本は有形無形の国益を損なった。
 失敗を何度も繰り返すべきではない。
民主党の天下り廃止は、選挙用の空念仏と考えるのが相当では。
と思う。

済みません、あまりにも気になった為、ひと言言わせてください。
民主党に霞ヶ関の官僚制度をぶっつぶす勇気と、多大な労力をかける体力があるとは、とても思えません。
能力が有りそうな面々の頭数が少な過ぎるのです。
国を切り盛りするのに『一度、民主党にやらせてみては…』などと、ゲーム感覚にはなれないのです。
日本が二大政党制を実現するにはまだまだ未熟過ぎます。
あの村山氏、細川氏の時以上に、何もできずにかえって日本をめちゃめちゃにして解散するのがオチではないでしょうか。
もう少し成熟してから、政権交代しないとダメです。
最近の小沢氏の語り口をひと言に要約すると、『気合』でやり遂げる風にしか聞こえてきません。
彼個人の最後のチャンスという政治生命など、日本国にとってはどうでもよいことです。
二大政党制は望みますが、今の民主党の面々では無理だと思いますが。

小沢はマキャベリストなのか?

ブログが政治や宗教等の話になると、色んな人が誘導工作にやって来るのは良くある話で。。。
私は小沢はマキャベリストなのだと思っております。
権力を取る為ならと、元社会党勢と組んでいるのでしょう。
しかし、権力を取った後何がしたいかを全く出さないですね。
どっちにしろ、
政界再編で外資(もう終わったw)、中共、朝鮮系売国議員を分離して真の保守政党の誕生を願います。

敗戦後、GHQは日本の中枢をすべて公職追放し、その後釜に入れたのは戦前追放されていた左翼陣営。
GHQも罪なことをしました(日本が二度と起きあげられないために)
朝鮮戦争や日本の左翼勢力の異常な侵食にあせったGHQはレッドパージで引き締めをはかった。
そんな経過を知ると、日本の現在のあり方が十分理解できる。

shoichiさんのご指摘の通り、
民主党の大きな問題の一つは、支持団体だとおもいます。
せっかく、右でも左でもない路線をとるといっても、
支持団体の意思を無視はできないでしょう。
コーポラティズム路線でいってくれるのならいいんですが、
対米追従を拒否しながら、九条を語らないなんて、
似非もいいとこです。とにもかくも一度自民も民主もぶっ壊して、
いまの玉石混交じゃない思想ごとの政党の再編を望みます。

小沢一郎という男

小沢の先祖の墓は、韓国の済州島にあるのは有名な話です。
小沢の妻が熱狂的な創価信者という話もあります。
秘書に、韓国人女性がいます。
過去に政治資金(税金)を使い込んで、自分の名義で不動産購入したことを週刊誌にスッパぬかれ、争っていた裁判が今年の6月に小沢が敗訴(何故かマスコミは全然取り上げません)してます。
民主党で訪韓した際に、イ・ミョンバク大統領に政権政党になった際には、早急に外国人参政権を法化すると約束してます。
小沢一郎・・・自民党幹事長時代に遡れば、まだまだいくらで疑惑やうさん臭い話がてんこ盛りの男です。そもそも自民党飛び出したのも、自分の利権や地位の持続が難しくなったからだけです。その後も、党を作っては壊しを繰り返す錬金術で得たお金(税金)うやむやの内に、着服。
民主を支援してる純日本人の方は、日本の総理大臣が本当に、小沢一郎でいいのでしょうか?今一度、この男が政界でどういう生き方をしてきたのか振返って見てからでも、民主にすべきか考えても遅くはないでしょ。

自民党も民主党も政権担当はありません。悲しいかな、これが日本の
政治の実情です。

民主党に期待するものはあまりありませんが、政権交代が起きれば、
政界再編が起こります。
-下野すれば、政策集団ではなく利権集団の自民党は利権の分配が
 できなくなるため、結束を保てず分裂。
-横路氏のような旧社会党から、前原氏のような保守派までいる
 民主党は政権につくことだけを目的にかろうじて結束しているに
 過ぎず、政権をとれば分裂は必至。

政界再編の後で、まともな政党とまともな政治家が現れることを
期待したいです。

国連って、常任理事国が利用する(平和の名のもと人殺しの大義名分を与えたり、人権の名のもと自国の犯罪者や極貧者を他国に面倒を見させ責任を負わせ、批難のネタにする)組織だと、昨今感じていました。

それが正しいまたは一面であるなら、日本および日本人を他国が自国のために利用できるように解放するという事なんだろうな~と考えていました。
他国のために辛抱・忍耐をするのも構わないが、その選択権は日本および日本人に持っていて欲しい。 

井の中の蛙にならないように

これら政治ブログでの参加者などにとって自民党の何々に問題があるとか、民主党の内実はこうだとかありますが、他の政治に無関係なブログなどの参加者の意識は別のものです。
政治ブログにどっぷりすると逆に錯覚をおこすことが弊害とならないように気をつけなければならないと思います。

それだけに自民党の官僚まかせは何だとか首相が2回も続けて投げ出したとか、年金問題などが目につきますし、それだけに民主党の「国民の生活が第一」がこの不況下、庶民の心に響いてしまうのでしょう。

そして、その意味からも次期政権が民主党というのもあり得ると考えています。

国連常任理事国の構成を見れば、「国連中心主義」など実体を知っていて何をとぼけて言っているとおこちゃまでも分かります。

小沢民主政権を任せるのは危険。

今の日本の政治状況は、ちょっと前の台湾の政治状況に非常に似ています。台湾では陳水扁総統・民進党の経済政策での失敗や、政権の汚職問題などで国民の失望や憤りが広がり、その結果立法院(国会)の選挙も総統選挙も中国との融和や中台両岸共同市場を掲げる国民党が圧勝しました。
その時の台湾人の声は、「国民党に政権を任せよう」「政権交代すれば、台湾はもっと良くなる」でした。これは今の日本とそっくりです。

その結果はどうだったかというと、中台は融和したにもかかわらず、経済は活性化せず、逆に悪化。経済失策が指摘されるようになり、当初期待された、中国へ擦り寄ればWHOなど国際機関にオブザーバー参加ができるという期待も、中国の反対により参加できず、裏切られ、庶民の生活は苦しくなる一方となり、国民は失望し、怒り、先月には台湾で大規模な反政権デモが起きました。馬英九政権への支持率も政権発足わずか1ヶ月後の世論調査で、支持30%、不支持56%に急落しました。政権担当能力などなかった馬英九・国民党に政権を任せた結果です。

日本も同じ鉄を踏むのではないでしょうか。小沢一郎なんかは去年、参院選で国民の期待を集め、圧勝したにもかかわらず大連立騒動を引き起こし、「プッツンした」とかほざき、呆れたことに辞意を表明した。国民などどうでもいい、党首など辞めてもいい、民主党なんて潰れてもいいと平気で思ってる人間です。さらに言えば、小沢は社会経験など全くなく、大政治家だった親の地盤を引き継ぎ、何の苦労もなく世襲政治家となった人間です。
消費税や安保、靖国の主張を見てても、コロコロ変わるし、信用ならない。外国人の地方参政権付与という国家主権に関わる重大な問題を、何と政局に利用しようとさえしました。韓国の大統領が訪日した際には、大統領に在日コリアンへの参政権付与を求められ、これを勝手に受諾。小沢にはこれが内政干渉だということすらも、わからないそうです。
こんな人間が一国の内閣総理大臣になっていいわけありません。

>アジアでもEU連合みたいなものを作るとか、お花畑な事を言ったり。
日本では、今EUがやっていることはすでに約500年前に終わらしているんだよね。
東アジア共同体(大東亜共栄圏)は、ヨーロッパで言えば、ヨーロッパとアフリカを統合しましょうと言っているようなものです。

民主党が政権を取ったら

国連は中共やロシアといったゴロツキ国家が分担金をろくに負担もせず常任理事国として幅を利かせているところ。おまけに国連事務総長はアノ人。国連中心主義を唱える小沢氏の無邪気さには呆れます。正に【知の欠如】。外国人参政権等、小沢氏の特アに対するスタンスは危険そのもの。訪韓の際は「パチンコに対する支援」を韓国大統領から直々に頼まれています。
そして民主党は日教組、部落解放同盟という名の暴力集団、在日、自治労等の組合を支持母体とし、彼らの代表や社会党上がりの極左の人間で構成されています。朝鮮総連から献金をもらった人間もいます。
こんな民主党が政権を取ったら、日本は取り返しのつかないことになります。日教組の組織率と学力の相関は明確:民主党が政権を取ったら、学力低下に拍車が掛かることは間違いなし。年金問題はそもそも自治労がまともに仕事をしなかったことが原因。年金など貰えなくなります。
大阪市は組合員に担がれた、民主党推薦の平松氏が市長になっていますが、相変わらず裏金やら何やらでめちゃくちゃです。財政は破綻状態。橋下知事とは全く対照的です。

初投稿です。
民主党が政権を握ると、混乱に乗じて官僚が再び勢いを取り戻す気がします。小沢氏に官僚を押さえ込む力はないと思います。
しかし、麻生首相の就任挨拶では選挙と対民主党についての言葉しかなかった!国民ははどこに行ったのでしょうか?
と思いながら私自身、拉致や竹島、北方領土、尖閣諸島等の問題について、身近での議論や官邸にメール等するにとどまり、何か運動するということはなく...
やはり国民が情けないのでしょうか...
なにしろ今の国会議員は国民に選ばれたのですからね...

複数で書いているの?

 ブログ主の文章で、ですます体と断定口調が入り混じっていますが、そうでない題材もあり、二人以上で書いているのでしょうか?過去の文章をよく読むと、文体が二種類あります(三種類はない)。

民主党はなぜ日本人より「在日韓国人」の人権をばかりそんなに大切に考えるのか?

 自民党より民主党がずっと国民のためになると言う印象操作をしたがるいわゆる日本に住む左翼・反日的な人たちは、
 民団など外国人参政権を求め民主党を通じて日本を背後で操ろうとする強力な民族意識でまとまる在日韓国人グループなどの何らかの影響下にあるようです。
 ところが、日本のマスゴミたちは、CMなどでも分かるように韓国・朝鮮系サラ金・パチンコ企業から巨額の広告費を受け取っており、決してその事実を伝えられないようです。
 しかしこれは、日本の中に在日韓国人たちの自治領を認めるに等しく大変恐ろしいことだと思います。
 しかも、我が国の手ぬるい入国管理政策のために、多くの地域で日本の法律を守ろうとしないどころか、反日教育をしっかり受けた反日外国人によって占拠されはじめているようです。
 事実、日本でもいくつかの地域で、もうすでに日本であって日本でない、外国人に侵食された地域が増えて来ています。
 さて、民団の影響下にある民主党が外国人参政権法、さらには人権擁護法を通そうとしているのを見れば、一度民主党にやらせたいと言うのは、日本人の権利より外国人の権利を、特に在日韓国人の権利を大切にする党是とする民主党にお墨付きを与えるような日本国民の権利や財産を自ら奪う自殺行為であると思います。
 是非そのようなお考えの方には、日本の子供たちの将来のためにも再考して頂きたいと思います。
 
 

ちょっと単純すぎないか?

優れた政治家は、自分の手の内を見せるわけがない。手の内を見せず、国民の支持を得て政権をとり、自分がよいと思う方向へ国の舵を切る。できればウソをつかず、金にクリーン。たぶん最後の二つは無理だ。
民主主義は建前だ。日本においてもそうだ。政治には必ず裏がある。公約をそのまま実行するわけがない。なぜならそんなことをすれば外国に手の内を明かすことになり、確実に邪魔されるだけだからだ。
政治家に必要なのは明晰な頭脳だけではなく、日本を第一に考える愛国精神。愛国精神は外国と利害がぶつかる。だから外国勢力により失脚させられやすい。政治家の愛国精神は、ある程度自分の心の内に隠すものだ。そして愛国の目的を達成するため粛々とやるべきことを実行していく。
自民も民主も表面だけ見て判断しないほうがよい。福田さんも小沢さんも、一般人には絶対分からない政治の裏を知っている。政治の世界では脅しも罠も目白押しだ。もちろん力ある政治家は暗殺の可能性も常にある。なぜ旧田中派の実力者は早死になのか?死因にも不審な点が多い。
日本を反中にし、中国を反日にして一番得をするのは誰か。一番損をするのは誰か。推理小説と同じで、一番得をするものがそれを仕組んでいる可能性が高い。ちなみに私は心情的には反中、嫌韓だよ。だが、政治は感情的になってはダメだ。もちろん外国人参政権は論外。
日本は当面、対米従属しか手はない。核がないから。日本は今後、国際社会からの反発・制裁を上手にかわし、核を持つことが最大の課題だ。さらに日本では、国際社会だけでなく国内からの反発も抑えなければならない。これはとても難しい作業だ。
「核を持たねば!」と叫ぶのはたやすい。難しいのはどうやって持つか、そのプロセスだ。この困難なことを達成できるのは誰か。今の政治家にいるのだろうか?
麻生氏にはある程度期待している。いま考えられる中ではベストな人かもしれない。しかし彼は、米国の手先、清和会に借りを作ってしまった。経済政策は尊敬すべきエコノミスト、リチャードクー氏が指導しているため、正しいことを言っている。しかし自民党内の財政債権派に足を引っ張られ、有効な規模を確保することはできないだろう。こんな中で彼はどこまでやれるのだろうか?
それにしても、ここのブログの人たちはちょっと単純すぎやしないでしょうか?

民主党の姿勢は、国民に「不労所得」を与えるものばかりです。
つまり選挙対策の人気取りに終始しているのです。
日本全国を行脚して、美味しい公約をばら撒いて人気を取ったので次の選挙があれば過半数を取って、政権をものにできると踏んでのことでしょうが、如何せんあの辛気臭い顔には信頼が置けません。
そのような人物、そのような人物が無投票で党首に選ばれるような政党に国を託すことはできません。
麻生総理には真の国政とは何かの見本を示して頂いて民主党を追い込み、小沢の自爆テロによって自滅して欲しいものです。

国民が知らない民主党の正体

v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146

以下のサイトでは、有志の皆様のご協力を必要としています。
誰でもページ編集できるwikiですので、一度ご覧になってみてください。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
民主党の正体 (小沢一郎の正体、支持母体の正体、政策など)
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/161.html
自民と民主の違い
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/119.html
売国議員リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html
愛国議員リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/193.html
麻生内閣VSマスコミ

v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146v-146

国民は厳しい監視を

全体的な皆さんの聡明なるご意見を拝見いたしますと、民主党、小沢一郎氏に日本国の政権をゆだねるのは非現実的であること。大体一致しているようです。

麻生太郎氏は明確に民主党との戦いに勝つことが自分に与えられた天命であると謂われたようです。私もそれに期待をしたいと思います。ただ、自民党にも問題がないわけではありません。自民党内にも同和利権、媚中、媚韓・北朝鮮などの利権・族議員が見受けられます。このような売国奴的な議員がいる問題があります。

また、麻生氏は当面の民主党との政権争いに公明との連立がまだ必要と思われたのか、公明党の党大会にも出席、太田代表と硬い握手をされる報道も目にしました。公明党こそ日本を代表するがごとき太田代表の公明党、党大会に麻生氏の姿と笑顔があることに異常さを感じました。

一体、この国はどこに向かおうとしているのか、はなはだ情けない気分です。しかし、今は麻生氏を信頼し、日本再生の糸口を彼にゆだねるしかないのかも知れません。

でも最終的に日本の将来を決めるのは善良で常識ある日本国民であるはずです。日本国民の有権者の中でどれぐらいの人々がこのような真剣なブログを見ておられるかは存じませんが、落選させるべき国会議員が多くいます。その意味で出来る限り早く総選挙をやってもらいたいと感じています。

小沢氏に関係なく、今の民主党には日本丸を任せられない。

覚えておいでの方もいらっしゃるでしょうが、昨年参議院選で、民主党は比例名簿に民潭現役課長「金政玉」氏を推薦しました。最下位で落選したようですが…。
民潭は我が日本国憲法ではなく、あちらの憲法を遵守すると堂々と明記してます。
日本国の代表としてふさわしい方では到底ありません。そのような人選を行う民主党に、日本人として国政をお任せするのは恐ろしく感じます。

麻生氏には是非力を存分にふるっていただきたいですね。人間ですから問題もあるでしょうけれど、良い意味で“喧嘩のできる”首相が誕生すれば何かが変わるのではないか…などといった期待もしてしまいます。

腐ったミカン、腐ったリンゴ、どちらの箱をお買い上げいただけますか?
…と問われているかのような政局ですが、この辺りで政界の再編成をおこなって欲しい所です。

様々な選挙の投票率を見るにつけ悲しい気持ちにもなりますが、国民が“願いを込めて投票できる政党”がない…というのもまた大きな問題でしょうから。

もっとも、メディアの偏り方を見る限り、仮に正当な国益を重視する議員が集まっても、狙い撃ちされる危険性もありますので、難しい所かも知れませんね。


それはそうと、私も あ太郎さん と同じように思います。
もちろん批難するとかそういったことではありません。ただ“アフガンの伊藤さん”の記事などで強く感じたことは事実です。もし、同じ方の文章なのであれば、管理人さんの文才というものに感服します。

いずれにせよ、管理人さんの連日にわたる良質な問題提起に敬意を表します。

小沢一郎では

官僚を抑えられるわけが無い。
いくら口では都合のいいことを、言っていても
実態は異なる。
小沢は、自分の都合によければ、いくらでも
官僚のいうことを、そのまま受け入れる。
過去をみれば、明らかである。

民主党が真に国家国民のことを考えている議員集団であれば、
もちろん政権交代は望むものだ。

しかし、民主党のトップを見れば、小沢、鳩山、管、岡田など、
反日を命としているような輩ばかりです。確かに民主内にも
保守派の人間はいますが、その地位は低く、保守層の客寄せ
パンダになっているに過ぎない面があります。

マスゴミは狂ったように麻生新総裁を叩き、何かあれば全て
自民党のせいにするような報道です。これはテレビ、新聞しか
見ていない人は騙されるでしょう。仮にも大手メディアが発信
している情報ですからね。

ここをはじめとするブログをご覧になられている方々は、
そんな偏向メディアに騙される人はいないでしょうが、
周りの人間に聞くと、安易に「民主党に一度やらせてみては?」
という意見が多すぎますね。

民主党が政権をとったら、日本国の歴史は終わってしまうかも
しれません。正直、総選挙が恐怖です。

政権交代を繰り返すことが望ましいことは分かります。
しかし、政権を取るためには外国人(日本では多くの場合中朝韓人のこと)までも党員として受け入れる民主党の考え方が、オソロシヤ~。

民主党は支持母体は自治労なので
これからまた公務員制度の改革をしても絶対に国民にいい方向には行かない
政党内がもう与党になっての事を考えてか小沢一郎に逆らえない空気に満ちている

正直、今の民主党は小沢一郎の完全独裁政党

国連中心主義の危険性 まとめwiki

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/194.html
国連中心主義の危険性

↑こちらは、「国民が知らない反日の実態」というwikiサイトにある、
国連中心主義の危険性・問題点についてまとめているページです。
誰でも編集が出来ますので、ぜひ情報をまとめるのにご協力ください。

初めて投稿します

ブログ主さんの仰有る通り、民主党は何とも微妙ですよね。
例えば、世評が民主党を望み政権与党となったとします。
その際に民主党は今後もサポーター制度を維持出来るのか疑問に思っています。
今のサポーター制度では国籍に関係なく一定額を払えばこの政党の党首を選ぶ権利を得てしまうのですよね。小沢党首(何故代表と言い換えるのか理解出来ません)が体調等の問題で党を纏めきれなくなり誰か他の人を選ばざるをえなくなった時、この選挙制度で大丈夫なのでしょうか。また現行のサポーター制度を廃した時、既得権を持つ人々は民主党の抵抗勢力になるか党内左派と連動し党を割るだけの力になるかも知れません。
このような迷走するだけの条件を備えた制度を党内で運営し続けている限りフェイルセーフが強く要求される国家運営において民主党に任せるだけの確信を持つ事は私自身とても難しい。少数の人間にセーフティネットを設ける事は確かに大切ですが、それ以上にマジョリティの安定を根幹とせねばならない事に民主党は意識が向いていないように思います。

民主党政権なんてもっと暇な時に遣ってくれ。

 小沢さんの危険性とは、彼が利害調整を得意とする単なる選挙屋で、政策的なポリシーや、現実的なビジョンとなるとなるとなと、まるっきり朝鮮族並の妄想振りしか示せない処に有ると思います、其れも、呆れる程欠けていますから、誰も最初は信じない位です。

 端的な例を示すと、昨年彼は、自民党との大連合を合意寸前まで進めましたが、反対されて、連合する可能性が消えると、突然辞任を言い出しました、此処で小沢さんに引導を渡せない民主党も底が知れていますが、引き留められると前言を翻して、連合の画策意図も明らかにしないまま、党首として留まり、3選目を無投票当選で果たすように仕組みました。

 これらの彼の所業の何処に、期待できる何かが有るでしょうか。

 今回も、彼が政策として挙げている「国民の生活第一」にしてからが、その具体策と言えば、子育て支援金支給でしょう、単なるバラマキにしか過ぎませんし、政権与党になって初めてソノ発言責任を問われるものでしょう、この政策なら、子供の居ない単身者や、生活に困窮している人達にはナンの関係もない話で、総合的な救済には程遠い、それに、その財源はドゥするのか、根拠もあやふやです、「国民の生活第一」って、彼の云っている国民とは一体誰を指しているのか、到底発言責任を全うできるとは思えません。

 民主党に政権を取らせれば、官僚の天下りが無くなる、行政改革が進捗するなんて大嘘でしょう、是ほどの結果が明かな嘘も珍しい、何故なら、其の無くなるべき対象が、民主党の支持母体だからです、自分の拠って立つ足許を切り崩すことを党の公約にするのは、欺瞞とは云いませんか?

 是は、「バカにするにも程がある」話です。

 民主党の存在意義そのものがハッキリしていない、一体誰の為の政党なのか、国会議員は国民の生命と財産を護る事に身命を賭してくれるから選良足り得ているワケです、国税から活動費も捻出しているわけです、決して、利害調整、利益誘導といった最終的には私益に繋がる様な政治活動を促進する為に、歳費を払っているわけでは勿論無い。

 而るに、「私は日本を破壊する為に、国会議員で居る」と公言する様な、工作員、外国人から違法な金を貰っても平気な香具師、其れが発覚しても知らん顔すれば通る情況が罷り通って今の野党の議員にゴロゴロ居るのは、どうしてか。

 マスゴミが完全に買収されているからでしょう、自分達の生活の維持の為に、自分の誇りも国も売って終っているからでしょう、国会議員、マスコミ関係者、経済団体、司法団体にはそういう連中が溢れ却って居る様に思います、クズとしか形容しようが無い連中がこの日本の中枢を握っているからでしょう、ですから、改革は政界全体に必要なんです。

 「民主党に任せてみたら」と宣う人は、余程の政治音痴か、確信犯でしょう、確かに自民党にも腐った連中は大勢居ます、ざっと挙げても太田、古賀、山崎拓、加藤紘一、河野太郎、野田毅、二階、森、石破・・、そいつ等を成敗した上で、公明党と縁を切れば自民党はのに下らねばならないかも知れない、しかし、そう言う現実を造り出すのは、他ならない我々有権者なのです、一度任せて良い時期なら、政界浄化には良いかも知れません、しかし、今がその時期かどうか、考えなくても判ると思いますが。

その一回が、日本にとって致命的

小沢民主党が政権を取ったとして、国民に直接20兆円ばら撒きの飴政策で愚民を釣りながら、
その実、外国人参政権や人権擁護法案など、日本を破滅に追い込む政策を同時にヤラれたら、
たとえ政権が短命に終わったとしても、日本にとっては致命的。 一回やらせてみせるには、
あまりにもリスクがデカすぎる。   まるで台湾の馬政権。

自民党も酷い売国勢力を抱えているが、保守派も大きな勢力を保ち、主流派になって、売国派が
掲げる政策を潰せる。 一方民主党は、党首も執行部も売国勢力が牛耳っていて、保守派は
隅に追いやられ、党の売国マニフェストに何の影響力も及ぼせないばかりか、自民党の売国外交に
民主が反対しているかのように装う道具として、利用されるばかり。 

拉致被害者家族会の集会などで、毎回、民主党の松原仁議員が盛んにアピールしていますが、
肝心の民主党のマニフェストに拉致被害者奪還を阻止するような条項が含まれていることについて、
奴が党の執行部を批判したのを見たためしがない。 あれでは保守層を民主党に繋ぎとめるための
人寄せパンダ。

  自民党政権下では、日本はますます駄目になりますが、
  民主党政権になると、日本が無くなります

小沢氏とは理想が違いすぎる・・


濁った思想?をお持ちに見える小沢氏に対し、
透明な心で理想を掲げるように見える麻生さんは、
まだ早すぎたなどと言う記事もあったが、

人の心と時代は常に変化して動く。なりたい時期になれるのか等、
考えればとにかくチャンスだ。良い方に行こうと努力しているのであり、
先は分からないが、航海は力強く進まなければならないと思う。

立場としてぶつかるものが出ても、上下を越え、組織を越えて、
向かうべき方向があれば、心合わせて、少しでも出来る事をして大きな気持ちで
一つになるようにすれば、対立、上下支配の関係、抑圧感情は
越えられるのではないか。

「人間の小ささ、自分を守りたい、こだわりは、マイナスに働く」
長なる首相は、いかに多くの人の声に耳を傾けるかが大事。
訴える声を過小評価しないで欲しい。

そして、マスコミはもういい加減、眼を覚まし、国益を考え、
同時に自分たちの未来も潰してはならないと言う人が、立ち上がらなければ嘘だろう。


・・・首相になられても、日本社会の裏に隠された真実の目的を
忘れないことは、最も大切。
それだけの器を持つ人と思い期待したいです。

公職選挙法改正をして欲しいですね

私は現在この国を民主主義国家だと思っていません。
戸別訪問、ビラの配布、Web利用が禁止されている現在、
無所属や新人候補の政策を知る機会はほぼ皆無です。
情報遮断による参加意欲の低下が目的なんでしょう。
組織票と大政党有利の公職選挙法の改正が
民主主義を実現するためには必要なんだと思います。

小沢=国連=無知・無能・非力

つい最近、ご近所の方とあった時、「絶対に民主党に一票入れる!!」と息巻いていました。わりと在日や朝鮮や中国の事をよく知り、平沼氏や中川昭一氏の大ファンなのですが、今回は「小沢氏に総理大臣になってほしい」のだそうです。

「何故?」と尋ねると、「小沢氏は、民主党が政権をとっても、自分は総理大臣にならず、平沼赳夫氏を総理大臣にして、米国中国は相手にせずに、国連を中心に頑張ろうとしているから」というのが答えでしたが、「はて???」という感じです。

管理人さんが仰ったように、国連なんてまったく機能していないのが現実だと思います。それどころか、国連は台頭してきた中国に媚まくり、人権侵害を平気で黙認しているのでは?世界平和会議があった時も、ノーベル平和賞受賞者であり、仏教界の頂点を極める『ダライ・ラマ法王』を、中国が反対しているから、招待も出来なかったし、いまだに中国人によって、民族浄化や拷問や虐待を受けているウィグル人やチベット人を救えないのに、一体、この国連にどんな価値があるのでしょうか?教えて欲しいですね。

日本の莫大な国連への出資金は、自分のポジションだけを必死に守って、碌な仕事もしない「無能国連職員達」への高額な給料に、消えているのではないでしょうか?こんな無能国連を中心に、日本の命運を託そうなどと考えれる小沢の無知蒙昧さには、愕然とするばかりで、政権など絶対にとらせたくはない!!

でも。。。「応援できる政党が無い」というのも、情けないですよね?

鎖国より開国を

民主党が非常に危険であることは,同意できる。しかし,麻生流の土建屋に金をばら撒いて景気対策をやろうという政権は,いただけない。コメントには,暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退といったかつての亡国の歴史への道を辿りたい面々の書き込みが連なっている。
すでに日本の一人当たりのGNPは,シンガポールにも抜かれ,三流国家へ転落しつつある。なぜか?国民の税金を全部霞ヶ関に集め,補助金行政の名の下に各地へ配る。地方も大部分が国の補助金だから,要するに自分の金でないから,夕張でも大阪でも国の役人にだまされて,あれも欲しいこれも欲しいと必要もないプロジェクトを立ち上げて瀕死の状態だ。その上,関西空港など国の直轄事業に対しては,悪代官顔負けの莫大な地元負担金を背負わされている。道路や河川,港湾も同じ構造だ。自立した経済が育つはずがない。霞ヶ関を潰し,財源権限を委譲し,地方が責任をもって効果的に事業を行えば,それだけで,数十兆円の節約は可能であり,成長産業へ投資できる。地方に道路を造っても国の基準にはまらないと補助金は出ないから,要りもしない歩道を田舎に作りペンペン草が生えている。麻生流の景気対策で,さぞかし,ペンペン草がはびこるだろう。
暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退では,国はよくならない。このあたりで民主に任せて,道州制を実現し,思い切った地方分権を行うしかない。

少子化が進めば日本の一人当たりのGNPは増えます。


ペストの大流行

ヨーロッパでは1348年から猛威を振るったペストで人口が激減、半減した。
1人あたりの耕地面積は広がり、土地余り人手不足社会となった。
農産物の価格は下落、人手不足で労働賃金は上昇、生活水準は向上した。

江戸時代の三大飢饉

享保天明天保の江戸時代の飢饉が発生した1730年-1800年。
日本の人口は3200万人から一時3000万人を切るまでに減った。
だが生産性の向上で農業生産高は増加した。
技術進歩が人口減少を克服する原動力となり、生産性の向上は幕末まで続いた。

 アイルランドのジャガイモ飢饉

1846年から1910年頃にアイルランドでは人口が年率0.9%ずつ減った。
ジャガイモが飢饉で海外移民が続出。60年間ほど人口減少は続いた。
この間の経済成長率はプラスだった。
土地余り人手不足となり実質賃金が上昇。
人手のかからない畜産への産業構造転換も進んだ。

 1980年以降のハンガリー

出生率の大幅な低下と死亡率の上昇で人口が減少。
だが、実質成長率はおおむねプラスを維持。
80年代半ばまでは資本ストックが増大、90年代半ば以降は市場経済化による
技術進歩が雇用減をカバーした。

騙されてはいけない

民主党代表の小沢氏をみると、中国共産党を率いた毛沢東を思い出します。1921年に結党された中国共産党は、悪逆非道な行動から当初農民からは共匪と恐れられ、嫌われていました。しかし、国民党との内戦を有利にするため、農民の支持を得る戦略に変えました。仮面を被った共産党の戦略に農民は騙されました。1949年に政権を取ると、それまでの仮面を脱ぎ捨て、弾圧による恐怖政治を始めたのです。小沢民主党はポケットに国民に知られてはいけない政策を隠しています。民主党の党員資格を見てください。日本国籍を必要としていません。外国人党員の党費も選挙資金にしています。そのような政党を信用できるでしょうか。日本の国家としてのあり方を明らかにしない、仮面を被った民主党に騙されてはいけません。一度政権を任せば、地方参政権を成立させ、人権擁護法案を成立させます。被選挙権は与えないなどといったまやかしに乗ってはいけません。日本に帰化すれば被選挙権は手に入ります。反日議員が増加して日本は乗っ取られます。最大の敵は反日マスコミです。反日マスコミは民主党に有利な報道をします。小沢一郎は仮面を被った危険人物であることを多くの国民に知らせる必要があります。騙されてはいけません。

時代精神をつくっていく

日本の文化文政時代、浅間山噴火で、農民の多くが餓死。
人口が約5パーセント減ったが町人が、どんどん増えていき商業が
盛んになり 化政文化(江戸を中心にした、華美な町人文化の最盛期)
という文化が花開き発展した。

日本の未来に人口激減しても・・・人口が減っても暗くないです。

今の時期、一番大切なことは、やはり、
早く憲法を改正しないと、明日はありません。
・・・日本の明日がありません。、
国民はもっと、議論していかねばならない」時期だと思うのです。

そして日本は、時代を創り、リードする思想や行動原理を体現していかねば
ならないでしょう。そしてそれが世界精神となっていくためにも・・・


昨夜、機会があって例の大連立の時の党首会談の件についての
アンカーの動画を見ていたんですが…

青山氏の解説を自分なりに解釈すると
ぶっちゃけ小沢一郎という政治屋にとっては

日本はど~~~~でもいい
自分の信念・信条を満足させることがヤツにとっての政治

という印象を受けました。

なので大連立の話し合いの時も、終始国連決議うんぬんしか話していなくて、先の参院選で民主党が争点とした年金についてもな~~~んも話さなかったそうですし。

野党連合

民主党がもし政権を取った時には、社民・国民新党の
野党連合はどうなるのだろうか?

今回衆院総選挙で、民主党は自民党に対して勝利する
かも知れないが、単独で3分の2議席を得るまでの大躍進
を果たして遂げられるかどうか?
そこまでは考えにくいのではないだろうか?

その場合、今まで野党同士で協調路線を取っていた社民・国民新党は
1.政権政党(民主党)にくっついて行くのか、
2.また野党らしく与党批判を続けるのか?

1) の場合、果てしなく恐ろしい連立与党が出来上がる。日本は終わりです。
2) の場合、再び衆参ねじれが発生し、野党(自民も)も足並み揃わず、
大混乱は必至。日本は終わりです。
どちらにしても自民党に勝ってもらわなくては大変な事になります。

「一回民主にやらしてみたら?」という無責任極まりない街頭インタビュー
等聞くと、一気に脱力感が襲ってきます。

 「あゆ羽」と「心の選択」は同一人物?

その街頭インタビューなんですけど、
実際にENGカメラで現場取材してたことがある小生ですが
上司から結論有りきの映像を撮ってくるように指示されたディレクター(若い)が
それ相応の数を撮ってスタジオに持ちかへるのです。
で、早速編集室にて、その結論有りきに編集します。
で、オンエアーでしょ。
送り手側を知る者にとっては情報操作してるのはみえみえ!!

最後のチャンス

自ら「最後のチャンス」と選挙を自己の進退に言及する政治家に政権を渡そうとする「異常」な人間がいる事に驚きますが、この人に政権を渡してはいけません、小沢氏の国家・国家観が見えない、時と場合により「中国共産党」と同じようにコロコロか変わります。

個人の「慾」を政策と称して見え透いた嘘を堂々と「マニフェスト」なる英単語でごまかす、選挙だけに情熱を燃やす、政策は行き当たりばったり、社会党に体を売り、官僚と戦う姿勢を見せていますが官僚を動かる人材が必要、日教組・公労のバックアップを受ける民主党の人材の貧弱な事はとてもじゃ有りませんが無理でしょう。

今官僚が問題なのは「数」では有りません。不要な「特殊法人」が多いと言う事、これには公務員制度の改革の端緒を安倍内閣で切り口を見出したのですから具体的に定年までの高級官僚の「保安」を図り、有能な人材を登用する形にすれば良い。

民間意識、不良品を作れば会社は倒産、無駄な予算は切り詰める、公務員の予算は使うために有る、残すと仕事をして居ない?仕事を100%こなし予算を残したら評価される、これが官が民に近ずくと言う事。

ただし次回の予算は不意に備えて5年は積み立てる~こんなこと自民党でも出来るでしょう、危険を冒して民主党に票を入れる事でも有りません。
一度は私たち民主党に任せて下さい、なんて言いながら任せた途端に日本を謝罪国家にたたき落とした細川政権以降の日本をじっくり反省する事です。

CHANGE

私は、現在の自民党も民主党も支持しておりません。いや、今の政治家を誰も支持しておりませんが、少なくとも一国民として日本人として今できることは、このようなブログでみなさんのように意見を発信することと、1票を投じることだと思います。
そして、私は、何に対して1票を投じたいかといえば、その政党、政治家が『私心がなく具体的で熱い思いがこもったビジョン』と『信頼』です。
残念ながら今の政界にはそのような人や政党が見当たりませんし、これからさきも、今のような現状が続くようであれば、それを期待するのは大変困難なことではないかと思います。
そこで、やはり現状を打破するためには『政権交代』しかないと思います。
多くの方がおっしゃっているように、小沢民主党に政権を取らせることに対する不安は大きいと思われますが、それは承知で全国民がリスクをとらなければ、いけない時だと思います。あまりにも、日本人は戦後危機を感じなさ過ぎました。
ここえきて、ようやく国民レベルで国の行く末に本当の危機を感じ出したのではないでしょうか?
『CHANGE』です。

最後のチャンスか?

官僚の問題は,数の問題ではない,不要な特殊法人が多いと言うが,そんな現象面で捉えていては,問題の解決にならない。特殊法人をなくしても民間企業に形を変えて天下りはできる。天下りが悪いのではない。有能な人は活躍すればいい。問題は,硬直化した中央集権的な官僚制度にある。時代の要求が変わっているのに,各省,各局の縦割りで,予算配分は既得権益化し,定数もほとんど動かない。巨大な予算,権限をだれもチェックしないし,できない。官僚の定年を延ばしたところで同じことだ。その点,地方分権化を徹底的に進め,権限,財源を含め,地方に移すという民主の主張は正しい。中央集権国家はソ連のように崩壊する。住民が株主訴訟のように,不当な支出や無駄使いをチェックできる地方自治法に基づいた住民監査請求の対象になるように,国の直轄事業は地方に移すべきである。国は外交と防衛をやればよい。国が教育なんかに口を出してろくなことはない。米国や英国は州立だいがくはあっても国立大学や文部省なんて無かったのではないか?

不思議です

このブログの論調は自民支持、民主不支持でほぼ統一されています。
しかし現在の日本の惨状を招いたのはあくまでも政権与党の責任です。
仮に野党の反発で政策が進まなかったのだとしても、それは国民がそのような野党を支持したからです。即ち民意です。

逆に言えばそれだけ現与党の政策は国民の怒りを買っているわけです。そのような国民無視の政策を強引に進めてきた与党の責任です。
100歩譲って野党の本質がこのブログの指定通りだとして、そのような野党を支持するように国民を追い詰めたのは与党の責任でしょう。
どちらにせよ第一に責められるべきは与党のはずです。

もし野党が政権をとって国が悪化するようなことがあれば、また政権交代させればよいことです。

日本が無くなるまで後27年

民主にまかせてはどうかとの意見の人がかなりいると思いますが、現在の日本が今重大な岐路にいることがまるで理解されていない。設問の意味は小沢一郎が危険か否かである。

第一、党首小沢一郎は、土建派閥田中派の汚泥資金で育ち、ロッキード事件が起きると、竹下と共に以前と同じ利権集団経世会をつくり、最大派閥をバックに海部を首相に据え、官房長官として後ろからコントロールし、小沢一郎が実際の総理と言われていたの忘れたのでしょうか。若し彼が国を救えるというのならとっくに成果が上がっていた筈です。彼の成果は何だったでしょうか。湾岸戦争で多額の金を米国に提供したことでしょうか。日米携帯電話問題のときに周囲の反対を押し切り単身米国に行き、米モトロール社は得をし日本には不利益になるような妥結をし、又支援戦闘機FSXのとき日本独自案つぶしの為に暗躍(航空ファン情報)したことでしょうか。さらに佐川急便事件では、金丸一人に罪を負わせ、汚職の原因を選挙制度にすりかえたことでしょうか。

小沢一郎の米国の御用を勤める犬と思っていましたが、先祖の墓が韓国の済州島にあるとの話を聞いて納得しました。日東壮遊歌の金仁謙と同じ血が騒ぐみたいですね。

このような人間に日本を任したら日本は必ず無くなります。
日本という国が無くなるまで後27年。

亡国への歴史?

・大東亜共栄圏 = 東アジア共同体
・五族協和    = 多文化共生社会    ← ← ←
・八紘一宇    = 地球市民         ← ← ←
・日鮮一体    = 日韓友好

まるっきり 「 左 翼 」 の思想ですwww
あの戦争や侵略を煽ったのはどう見ても 「 左 翼 」 ですw
現在に至って同じことやってます。

創氏改名を進めたのも 「 左 翼 」 です。
なぜなら右翼は 「日本人と朝鮮人の区別がつかなくなるからヤメレ!!」 と言ってました。
右翼として当然の反応です。
右翼が民族をごちゃ混ぜにすることを支持するはずがありません。

「 左 翼 」 が軍国主義的で凶悪であることは、中国・ソ連を見ても一目瞭然! 証明されてます。

亡国への歴史?

・大東亜共栄圏 = 東アジア共同体
・五族協和    = 多文化共生社会
・八紘一宇    = 地球市民
・日鮮一体    = 日韓友好

…戦前の日本を動かしていたイデオロギーは現在の左翼理念とそっくりです。
こうした考え方を戦前は 「興亜論」 あるいは 「アジア主義」 と呼んでいました。

最初に 「興亜論」 を提唱したのは勝海舟です。
「日本と清国と朝鮮が同盟し、東アジア共同体を作り、欧米に対抗しよう!」と言いました。

しかし日本は今も昔も自分を過小評価する国です。
「いきなり大国の清と同盟は無理かなあ?」という遠慮がありました。

そこで樽井藤吉という興亜論者が 「大東合邦論」 という論文を発表します。
これは日清同盟の前段階として、日本と朝鮮が対等合邦し、「大東」という国を作り、そして「大東」と清国が同盟し、ロシアに対抗しよう…という考えです。
更にロシアを倒した後には、東南アジアに進出し、彼らを植民支配から解放しよう計画も含まれています。

これは 「日韓併合」 と 「大東亜戦争」 の雛形になったと言われている論文です。
この論文に韓国の文化人は感激し、日露戦争以降に日韓合邦運動を進めるようになります。
しかし安重根の伊藤博文暗殺により変質し、最終的には「併合」に帰結したのです。

こうした 「興亜論」 に対し、福沢諭吉は「そんな綺麗ごとは必ず失敗する!」として 「脱亜論」 を提唱しました。
「中国人や朝鮮人は民度が低いから、東アジア共同体は不可能!」という現実的な反論です。

つまり「戦前の日本」を反省する事とは、 「興亜論の反省」 なのであり、 「東アジア共同体理念の否定」 なのです。

支那事変を長期化させ国内世論を対米戦に誘導したコミュニスト

コミンテルンとスターリンの大謀略 - 沖縄県民斯ク戦ヘリ
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-452.html
>(略)
>三田村武夫著『大東亜戦争とスターリンの謀略』という本である。
>(略)
>戦後になって三田村氏は、前掲の体験を一冊にまとめた。「解説篇」では、
>日本を敗戦自滅に導いた共産主義者たちを明らかにし、「資料篇」では
>コミンテルンの秘密機関の実態や、支那事変・大東亜戦争下の時局論文や
>企画院事件の記録等で裏付けている。
>(略)
>そして日本人として忘れることのできない戦犯がいる。
>それはソルゲの手下になった日本人どもである。
>彼らはコミンテルンに所属し、支那事変を長期化し、国内世論を対米戦に誘導した。
>その重要な機密情報を百数十回にわたってソ連に流した。
>このゾルゲ事件に連座した尾崎秀実らは、日本を敗戦に追い込んで、共産革命のチャンスにしたかったのである。
>東條英機は、敗戦の責任を一身に負うような言い方をしているが、日本を敗戦に導くためにスパイとなった尾崎らの責任はどうなるのか。

謎の民族カラビトの正体

★★ 謎の民族カラビトの正体 ★★

古代のカラ半島南部に住み、日本語を話していた謎の民族=カラビト(韓人)とは何者なのか。
『渡来人』とも呼ばれた彼らの正体は、「倭人」である。
カラビトは、カラ地方(韓)に住んでいたことから、韓人=カラビトと呼ばれたわけだが、
彼らが話していた言語は日本語であり、大和言葉の方言である。古代カラ半島には三つの国が存在した。
シラキ、ミマナ、クタラの三国である。これらの国に住んでいたカラビトは、日本にも移住し、
古代日本の繁栄に貢献したが、彼らは倭人(日本人)なのである。
つまり、古代日本に、朝鮮人は移住していない。古代日本に朝鮮人は来なかったのだ。
戦後、朝鮮人は「古代日本には多くの朝鮮人が移住し、日本文化の発展に貢献した」という宣伝を
組織的に展開しているが、これはデタラメなのである。
古代日本に移住したのは、カラ半島に住んでいた倭人=カラビト(韓人)であり、彼らは日本民族
だったのである。
カラビトは、現在の朝鮮半島に住んでいる朝鮮人とは、民族が違うのだ。

そろそろ戦後も終わりを

よく「軍靴の音が聞こえる」、「また過ちの道を進んでいる」という、未だにこんなことを言い、先の大戦の状況と今の状況を同列に並べて、政治を語ろうとする人間が多すぎる。

私の地元の山梨日日新聞には、かつて郵政民営化で騒がれていたとき、こんな「知識人」の記事が載った。「道路公団民営化・郵政民営化など大きな改革が進んでいる。しかし戦前を見てみよう、浜口内閣は金解禁、軍縮など大規模な改革を断行し、その後戦争への道へと歩むこととなった。今、日本が歩んでいる道はかつての道にそっくりだ」
こんなアホらしいことを誰が信じるだろうか?この記事を見たとき、私は本当に呆れた。くだらなかった。では、この記事の言う通りとなったかといえば、あれから3年以上経ってるが戦争に近づいたなんてことは全くない。(笑)当然だ。
いつまでも先の大戦を取り上げ、現在と重ね合わせていろいろ言う人間が私には理解できない。もう止めませんか?戦時中と今では状況も、人々の思想も、政治体制も何もかも違うのです。重要なのは今、どうするかです。
過去の反省は必要でしょう。しかし、間違った反省をしてしまい、今度は自分を縛ってしまい、日本は左翼化が進んだ。「諸外国に、言うべきことを言うべきだ」などという当然すぎることを、政治家が主張するまで堕落した。

「戦争にならないように」から、だんだん変な方向に反省が進み、「争いはなるべくないように」、「みんなと仲良く、そして自分は遠慮する」、「愛国心は間違っている」、「国家なんていらない、地球市民だ」となってしまった。一例を挙げます。日本固有の領土である竹島ですが、ここから突然韓国が領有主張し、韓国によって日本漁船は締め出され、釜山収容所に抑留され、韓国の銃撃を受け、多数の死傷者が出る事態にまでなった。さらにはまんまと韓国に不法占拠され、今に至っている。この期間、日本は何をしていたか、それは抗議と国際司法裁判所での提案だけだった。圧力もかけられなかった。もちろん、漁船が銃撃を受け、死傷者が出ても、不法占拠されてもこれは変わらなかった。これは、「争いはなるべくないように」、「みんなと仲良く、そして自分は遠慮する」という戦後の誤った反省によってだ。結果、漁民(国民)は殺された。苦しんだ。それでも、日本はこれを掲げ続けるのだ。本当におかしい。

渡来人のことを挙げておられる方がいますが、1000年以上前のことを挙げられても何の意味もありません。今、同じこと(移民受け入れ)をやった場合、国家が崩壊することは免れません。フランスでは移民の大暴動が起き、非常事態宣言まで発令される事態になりました。移民受け入れは、安い労働力が得られ、日本人があまりしないような、きつい労働もしてくれるので、大企業にとっては好都合だろう。しかし、これによって日本人が職を追われれば、移民との間に軋轢が生まれ、いつか爆発する。一方移民にも日本人との格差を感じるようになり、そして耐えられなくなり、フランスのように爆発する。当然、治安も悪化する。こんなことを繰り返している国が「豊国」であり続けられるわけがない。

テレビ(マスコミ報道)を見てると、小沢大嫌いの私でさえも「小沢民主党に政権を!」という気持ちになってしまう。それほどマスコミの力は強大であり、洗脳さえすることもできる。再度述べるが、私は小沢一郎は大嫌いだ。それは前にも述べた通り、コロコロ主義主張を変え、国家のことを全く考えず、外国人への地方参政権問題を政局利用しようとさえする。最も失望したのは、去年、国民を裏切り大連立騒動を引き起こし、辞意を表明したことだ。「私は変わる」と言っておきながら、また民主党を潰そうとし、そして国民を裏切った。政権交代は将来的には必要だが、現状の小沢一郎と民主党には任せられない。今、そんな危険な賭けには出れない。台湾の二の舞だ。私の周囲で恐縮だが、「政権交代は必要だが、小沢一郎ではダメだ」という方が多いのが現状だ。
しかし、小沢一郎の立場で評価しているものもある。それは、小沢の移民受け入れに対する態度でのインタビューで、「まったくダメだ。現在でも『奴隷労働』と言われる非正規労働者の問題が深刻なのに。発展途上国から単純労働者を受け入れることは、一種の奴隷制度ではないか。治安問題を心配する声もあるが、それ以前に、そういう形での移民受け入れは人間の尊厳に対する冒涜であり、人道的にとても認められない。」と述べたことだ。ここは全く同感であり、移民受け入れは日本人に害となるだけでなく、移民にも重大な害となる。小沢の発言は高く評価する。(しかし、形によっては移民受け入れもOKと考えているようにも読み取れるが)しかし、前述でも述べた通り、自分の主義主張をコロコロ変えてきた人間だ。信用してはいけないのかもしれない。信用できないからこそ、小沢一郎に首相を任せることはできない。

【百済の歴史】

『百済の歴史』は、前期と後期に分かれる。前期の国を「第一次百済」、後期の国を「第二次百済」と
呼んで区別して考えるべきである。第一次百済は、西暦315年に、帯方郡の漢人・倭人が大和朝廷の
支援を受けて、日本領=任那の北部地域に建てた国である。前年の314年に、高句麗の侵攻によって
帯方郡を滅ぼされた、帯方郡出身の漢人・倭人たちによる「亡命政権」が第一次百済である。
これに対して、第二次百済は、西暦345年に第一次百済が高句麗に滅ぼされた後、倭人の近肖古王が
大和朝廷の支援の下で西暦346年に建国した国であり、完全な倭人国家である。
また、第一次百済が、大和朝廷の支援を受けているとはいえ、役人の中核が旧帯方郡出身の漢人・倭人たち
であったのに対し、第二次百済は、役人も武将も全て倭人であり、本国=大和から派遣された役人・武将も
多かった。
第二次百済は、大和国家の一部と呼んでも間違いではない。

第一次百済は、乾馬国(コマ)と呼ばれていた。
これは、帯方郡が、古代日本人から駒国(コマのクニ)と呼ばれていたためである。

90年以降の左翼と朝鮮人のつながり

日本人の「劣等感」を刺激しようとしてやっきになってるんだよ。
朝鮮人は身内だけになると常日頃の劣等感が噴出して祖国糾弾大会になる。
だから日本人も本当はそういう劣等感を隠してるに違いないと思って、
なんとか日本人の口から日本の劣等生に対する慨嘆を引き出したいんだ。

まさかそんなに常日頃から劣等意識にさいなまれているのが自分達だけだなんて
どうしても信じたくないんだよ。
---
Σ (゚Д゚;) 
そ、そうなのか。
劣等感に呵まれ、身内だけになると祖国糾弾大会・・・・。
歪んだ精神って怖い。
---
なんだ、あれだけやりあっといて知らなかったの?

あんたがやりあってた伝統左翼氏なんかは無理な政治的スタンスに起因するところも大だから
まだしもましな方で、在日ホロン部も本国電波も政治的陰謀もほとんどの行動は
脅迫的劣等感に起因することに気付けば、あの行動様式はほとんど理解できる。
連中に理解をよせる日本人も、この脅迫的劣等感を共有してることが多い。
左翼が半島と懇意になったのも政治的敗北が明らかになった90年代以降に顕著だ。
はっきり言って半島の連中は劣等感のエキスパートだからそれを刺激して
相手をコントロールするのは上手だよ。

植民地化されてないだけに、日本は非欧米系では抜きん出て文化的劣等意識が薄い。
日本だって欧米コンプレックスはあると思うかもしれないが、世界の非欧州系諸国の
平均レベルはとてもこんなモンじゃない。
そんな日本の唯一の傷とも言えるのが先の敗戦だから、ひときわ脅迫的劣等意識が
強い中韓の連中は重点攻撃してくるわけだ。

韓国民団が民主党を全力で応援、外国人参政権を獲得するために。小沢にも報告

韓国民団が民主党を全力で応援、外国人参政権を獲得するために。小沢にも報告
http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/51273186.html
>民団は、懸案の地方参政権獲得が大きなヤマ場を迎えつつあるとの認識のもとに、
>今後予想される衆院解散・総選挙後の国会で、必ず早期実現するとの強い
>決意のもとに、引き続き総力を傾ける。このため、「地域共生」をうたう
>全国各地の「10月のマダン」はもとより、総選挙では立候補者の動向を見極め、
>理解増進の機会として最大限活用する。

自民党も同じ

移民1000万人受け入れを 自民議連提言
2008.6.12 19:48

 自民党有志の「外国人材交流推進議員連盟」(会長・中川秀直元幹事長)は12日の総会で、
人口減少問題を解決するため、50年間で「総人口の10%程度」(約1000万人)の移民
受け入れを目指すことなどを盛り込んだ提言をまとめた。自民党は13日、国家戦略本部に
「日本型移民国家への道プロジェクトチーム」(木村義雄座長)を設置し、提言をたたき台に
党内論議をスタートさせる。
自民党も同じ、それよりテロリスト官僚を何とかしてください。
麻生様。

日本って誰の為の国でしょ?

>宙水さん
外国人でも日本人以上に日本に貢献し、日本文化を愛する人もいる。

これはその通りだと思います。ただ、ここでみなさんが懸念しているのは
シナ人・朝鮮人(反日思考と犯罪率が極めて高い)のことが主でしょ。決して外国人がどれもこれも排斥なんて思ってないかとおもいますよ。

私も、道州制はいいと思います。ただ道州制を掲げているから、民主党に政権を持たせようというのは全く別ものです。むしろ危険なもの(外国人参政権・沖縄一国二制度・人権擁護法案・移民大量受入れ)が多すぎて支持できないです。

道州制で地域の権限が強化+外国人参政権=特定外国人(シナ・朝鮮)による地方政治支配 → どんどん流入でどんどん支配地域が拡大 → 地域政治支配から、国政支配へ

これに人権擁護法案と、移民を促進する法案が追加されれば支配は加速度的に進みますね。

現在も、在日特権に守られた特権層が日本にいますが、民主が政権をとるとこういう特権層の増大と、更なる特権化が確実です。すでに地方都市でも、こういう特権層の問題が顕著に出てきて問題視する声がネット上で(大手マスコミは相変わらず取り上げません)大きく広がってますね。

もしかしたら将来こういう人達が、日本の支配層なるかもしれないですね。
国の繁栄はわかりませんが、純粋な日本人の繁栄は確実に終わることでしょう。
その時になって、後悔しても時にすでに遅しって感じでしょうね。

純粋の日本人とは?

>doragonさん
日本文化は強固で世界最高です。日本国はすばらしい国です。
したがって,移民で壊れることはありません。かえって世界にもっと日本文化が広がるでしょう。
日本人は多民族国家です。DNAを調べればすぐにわかることです。

あなたのような言う純粋な日本人が,どのような人をいうのか知れませんが,暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退では,孫の時代に上海あたりに出稼ぎに出て行かなくてはいけないようになるでしょうね。

「純粋な日本人」という言葉に反応する人達

>日本文化は強固で世界最高です。日本国はすばらしい国です。
まず始めに、こうやって持ち上げ、油断させる。工作の基本。
>したがって,移民で壊れることはありません。
壊れます。世界史を見れば、周辺蛮族が国内に侵入することで、多くの国が滅ぼされてきました。
>かえって世界にもっと日本文化が広がるでしょう。
我々の目的は、日本文化を広めることではなく、大和民族の子孫繁栄です。
どうして話をすりかえるのかな。日本の文化は欲しいが、大和民族の繁栄には興味がない人とはいったい…
>日本人は多民族国家です。DNAを調べればすぐにわかることです。
日本人を多民族国家というのなら、世界には民族などいないでしょうね。
なぜなら、日本は約2000年間、他とあまりかかわりを持たず自分達だけでやってきたのだから。それに比べ、支那朝鮮はどうでしょう。
>あなたのような言う純粋な日本人が,どのような人をいうのか知れませんが,
あなたは「純粋な日本人」ではないという自白ととらえてよいのですね。
>暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退では,
先ずレッテルありき。これがあなたにとっては都合が悪いことなのですね。
そして、これを連呼しているのは、宙水=txだけと。同一人物?コンビ芸?
>孫の時代に上海あたりに出稼ぎに出て行かなくてはいけないようになるでしょうね。
私の孫であって、日本人ではないよね。

歴史の教訓?

昭和20(1945)年2月14日、近衛文麿は天皇に以下のごとく奏上した。

「翻って国内を見るに、共産革命達成のあらゆる条件具備せられゆく観有之候、
すなはち生活の窮乏、労働者発言度の増大、英米に対する敵愾心の昂揚の反面たる
親ソ気分、軍部内一味の革新運動、これに便乗する新官僚の運動、
およびこれを背後より操りつゝある左翼分子の暗躍に御座候。」

「これを取り巻く一部官僚および民間有志は
(これを右翼といふも可、左翼といふも可なり、
いわゆる右翼は国体の衣を着けた共産主義者なり)
意識的に共産革命まで引きずらんとする意図を包蔵しおり、
無知単純なる軍人これに踊らされたりと見て大過なしと存候。」
----
当時のコミンテルンの世界戦略は、資本主義国家同士を戦わせて消耗させるというもので、
日本では朝日新聞の尾崎秀美が日米開戦前に特高の取調べで重要な証言をしている。
それは、「日中戦争で中国国民党軍壊滅・中国共産化→日中戦争は日米戦争に発展→
戦略物資を求めて日本軍が南進→初期に日本軍が欧米列強の植民地軍を打破→
しかし物量で米軍に圧倒され劣勢に→ソ連軍が日本に侵攻→日本共産化→日ソ連合で
米軍を東アジアから駆逐→東アジアの完全赤化成立」というもの。

日本人のDNA

#さんへ
日本人のDNAには,北方縄文系,,南方縄文系,中国系,朝鮮系,が何割かずつ入っています。1200年前まで多くの渡来人が入っています。それによって日本語は壊れることも無く,日本文化も維持されております。

純粋な日本人ってどのようなDNAのタイプの人を指すのですか?

国際結婚もどんどん増えています。
鎖国時代ではないのですから,優秀で金を持っている移民はどんどん受け入れた方が,より日本が強力な国になると思います。

そうしないと,あなたのDNAは100パーセント南方系縄文人かもしれませんが,あなたの孫が肉体労働に上海あたりへ出稼ぎに行かなくてはならないようになりますよ。


古代など

古代の事など皇室125代の歴史がある日本と記憶しておけば良い話、近代日本は戦国時代・江戸時代・明治を経て現状が有る近代国家、誰であろうと日本が嫌いな人は政治に関与しない、させない国民の知能が必要、自民・民主だと言っても殆どが戦後の人間、歴史もまともに評価できない連中を選んだ国民の責任を自覚すべき。

道州制、こんなものは「財政」で見るだけで良いでしょう、アメリカの様に継ぎ足しの国ではない日本、今更道州制の国家にする能力も常識もないでしょう、これだけ国家・国防・治安をわすれた人間がわざわざ外国勢力が入り込も安い「道州制」日本人の性格から習慣から見ても無理。

それと「労働者」と「移民」の意味もチャンと知るべき、労働者は回転が効く、移民は国籍は勿論ですが生活・宗教・教育・保護全て日本人と同じ扱いをする、教育から全て「相手」の国のしシステムも容認する事です。日本に「モスク」が出来、多様な文化を受け入れる中で日本人教育がアメリカの様に「国旗」の元に一丸となれますか?できますか?無理でしょう。

日本が好きで、日本人が好きで結婚する人が増えても日本人で有らなければならない、外国に籍を移動させるこれは自然な事です。
有る一定の勢力に右往左往する現状の日本、スパイ防止法も作れずにいるのに日本人を監視する「人権擁護法案」「外国人地方参政権」をやみくもに「人権」の名において与え・作ろうと言う日本の議員がゴマント居ること、これを作り出したのは団体票・宗教票、一般の良識が反映されたものとはとても思えない議員構成、まずこれを変えなければ日本も変わりません。

日本独自の思考を、愛国心を維持している人間を議会に送る、初歩からやり直す必要が今後必要、私は「西村新党」この第一歩を踏み出してくれたと応援したいと思います。

txさん
>日本人のDNAには,北方縄文系,,南方縄文系,中国系,朝鮮系,が何割かずつ入っています。1200年前まで多くの渡来人が入っています。
では、北方縄文系、南方縄文系、中国系、朝鮮系の人達は人類発祥の人種なんですか?違いますよね?なんで、執拗に日本人に対してのみ、多くのDNAが入っていると声高に主張し、北方縄文系、南方縄文系、中国系、朝鮮系とか主張しているものも、実はそうであると主張しないのですか?あなたの主張は人類皆兄弟、地球市民です、ではないのですか?地球市民思想は、売国奴の利益とはなりますが、日本人の利益に反します。にもかかわらず、それを主張するあなたはいったい誰?

>純粋な日本人ってどのようなDNAのタイプの人を指すのですか?
日本に約2000年住み続けた人達のことですよ。あなたはいったい誰?

>鎖国時代ではないのですから,優秀で金を持っている移民はどんどん受け入れた方が,より日本が強力な国になると思います。
いいえ、優秀な日本人を数多く育てることこそが、日本が強力な国になることです。異文化を持つ異民族を受け入れると必ず国は混乱し、そこを外国につけ込まれ衰退します。あなたは、日本人を増やしたり、教育するような政策については絶対言及しませんね。あなたはいったい誰?

>そうしないと,あなたのDNAは100パーセント南方系縄文人かもしれませんが,あなたの孫が肉体労働に上海あたりへ出稼ぎに行かなくてはならないようになりますよ。
煽りですか。どうあっても、日本は劣等だといいたいのですね。あなたはいったい誰?

>暴支膺懲
これは、日本を日米開戦に引き込むために、コミンテルンの指導の下、支那人が何の落ち度もない民間人も含めた日本人に対する陵辱、虐殺・殺戮を繰り返したことによりおきたものですよね。つまり、あなたにとって、日本人の命などカスということですよね。あなたはいったい誰?
>外国人排斥
国家はそのために作ったものです。外国人に略奪されないようにね。そのために軍隊があります。で、それが都合悪いあなたはいったい誰?

入ってません

きっちり調べれば 判る 日本人に 半島や chinaの 血は ありません。ただ トナリナダケ。 こっちから 助けに行って 多少の類似性は あっても 向こうの 文化に ならった事など 1つも在りません。教えてやった事は山ほど在ります。みな よく 調べて コメして下さい。古代史は ねじ曲げられている。(泣)

>txさん

DNAについてここで論議する気はありませんし、他の方々からも
いろいろご意見でているようですので・・・
純粋な日本人とい言い回しは確かに、すこしずれてたかもしれませんね。

何を言いたいのかといえば、日本国籍をもたない外国人、主に反日意識を持ち、犯罪目的で日本に密入国してくる者が多い国である中国と韓国。こういう国の人たち、考えなしに大量に受け入れ、おまけに外国人参政権などを与えてしまうことが、日本人にとっていかに危険かといいたいわけです(現に、在日特権問題や在日による犯罪率の高さなど問題視されてる)。日本や日本人に対して、敵意や悪意を持たずルールや法律を守れる外国の方なら別に反対などしません(参政権は別です)。

それと気になったのですが、txさん=宙水さん でしょうか?
暴支膺懲,外国人排斥,国連脱退というフレーズ
特に、暴支膺懲なんて難しい(私が知らなかっただけかもしれません)
言葉を同じように使われいるので少し気になりましたが・・・
違っていたら失礼しました。




もはや日本にまともな政党はないですよね。
野党の売国奴は論外、与党である自民党の中ですら人権擁護法の支持や移民受け入れ(移民庁の設置)を推し進めるような議員がいる始末・・・。
前回の参院選で注目していた、在日特権などに真正面から言及していた新風も議席は取れずでしたし(ただ、ここは支持母体が少々きな臭いと言われています。敵対組織のネガキャンの可能性もありますが)。
私はもちろん共産党支持などではありませんが、昔の学生運動を思い起こすと今の日本人に足りないのはこういった行動的な一面だと思います。
今こそ徹底的に闘うべき時なのかも知れません。
在日は日本の癌でしかありません。帰化させることなどもっての他です。
創価学会、統一教会、旧・オウム真理教のような自称宗教団体を見れば在日が危険な存在かは十二分に分かるはずです。

日本は、われわれ日本人の国です。
出来ることからでもこつこつ闘っていくべきだと思います。

 

自民党が唯一まともと選べる理由が、民主その他の様に一致団結して売国やってる訳じゃない事に尽きる。

小沢ですか。。。。壊し屋ですね。

先日、ハマコウさんの講演会に行ってきました。そこで、ハマコウさんが、意味深な発言をしておられました。

「小沢など、自民党から民主党への出向なんですよ。実は」

ふむぅ。。。。リップサービスとしては、面白い言い回しですが、それが本当なら、左派勢力を叩き潰すために、民主を政権に付け、一気にぶっつぶす、村山内閣で社会党が保守党になった時のようにかなぁ。。。とも。

金竹小とまで、言われた小沢氏です。馬鹿では無いと思いますしね。

裏の裏があるのかもしれませんね。意外に。

小沢はまるで国際情勢が見えていないという意見に全く同感です。中国に行ったら、胡キントウに、米つきバッタのように、ペコペコお辞儀して、本当にみっともないったらない。とにかく、国際政治の場に出せない、恥ずかしい男だと思った。いつかも、「アメリカでは、スクールバスが止まると、その後ろの車も止まる。そういうモラルがきちんとある。」などと見当ハズレのことを言っていて、目がテンになってしまった。あれは単に、法律で厳しく規定されているから守らざるを得ないだけの話。バカじゃないの!少なくとも、国際情勢に関しては、どうしようもないトンチンカンの田舎者です。国際政治の場には絶対に出したくない。日本の恥になります。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/341-03011a9b

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。