スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国家とは何か、主権とは何か、    9月3日(水)


昨日は福田首相の退陣に関して彼の念頭になかった「国家とは何か、」
について少し触れました。今日はもう少し深く考えてみたいと思います。

海に囲まれた平和な日本人にとって戦後は「国家とは何か、」なんて
当たり前の事は誰も考えもしなかった。

国家は支配階級が被支配階級を搾取する機関だから「国家は悪」で
あると 子供たちは左巻きの教師から教えられる。

ある有名な国立大学の教授はテレビで「国民を搾取するような国家の為
に命を捨てた戦前の人たちの ようにはなってはいけない」と言った。
そこに居並ぶ著名なコメンテーターや司会者も全員大きくうなずいた。

その中の別のコメンテータが教授の言葉を補足するように
「戦争は国を意識するから起こるのであって、お互い人間同士、どんな
トラブルも話し合えば解決する」言った。

あまりの軽薄さに目が点になった。

この人たちの頭の中には国家という意識がスッポリ抜け落ちて、単に
地球に住んでいる日本人の集団になっている。

政治家も知識人も敗戦による反省が行き過ぎて、なるべく国家という
胡散臭いものを考えないようになってしまった。

結果 中国や韓国、北朝鮮のような国際的ならず者の乱暴狼藉に反応
しなくなり、主権さえもあまり主張しない国になった。

「やたら反応するのは子供であって日本人は文明の進んだ大人である、
話し合えば分かってくれる」という夢物語の怪しげな体質の国に
なってしまった。

日本が戦後 御旗に掲げてきた「平和主義」とやらのホンワカムード
に浸かり「日本が攻めない限り外国が攻めて来る筈がない」、
「憲法9条がある限り日本は平和である、」「我々は日本人である前に
地球市民である」とまるでアニメニ登場するような軽薄な国に
仕立てあげてしまった。

竹島が韓国に実効支配されても政府はなにも言わない,尖閣諸島に
対して中国が領有権を主張しても抗議しない、
領土が次第に外国の手により侵食され、かすめ取られていくのを
指をくわえてみているだけ。

なにかというと「相手を刺激させない、相手に配慮する、話あえば
分かる、」こんな幼稚な国は世界中探しても日本国以外存在しない。

国のリーダーであるべき政治家が「国家とは何か」、「主権とは何か、」
を全く理解していない稀有な国です。

すこし昔を振り返ってみましょう。
私はブログのなかで何回も書いてきましたが、日本国が誕生する前
朝鮮半島や大陸から来た人たちと渾然一体となって暮らしていました。
当然そこには日本人という意識も国境という概念もなかった。

ところが大陸では唐が興って隋が滅びた、唐は朝鮮半島を支配下に
おいた、そして今度は倭国(日本)に脅威が及んできた。
このままだと朝鮮半島同様に唐の支配下に入ってしまう。

そこで遣唐使も廃止して中国に対して国交を閉ざした。
日本に住んでいた人たちは、中国の脅威に備えるために一致団結
して倭国から日本国に変わった。

「日本国の誕生である」

このとき初めて国家を意識し、日本国民を意識した。その後は
日本は明治維新によって国家意識、日本人意識がこの日本列島に
確立された。

当時 薩摩藩は鹿児島湾に来襲した英国軍艦の砲火で度肝を抜かれた。
長州藩もイギリス・フランスに大惨敗した。彼らはこのままでは
日本は外国の殖民地にされてしまう。

この意識が長年の平和で老人ボケになっている徳川幕府を倒す
きっかけになり、そして明治維新を迎えた。

幕末から日清、日露の戦争を経て、第二次世界大戦で負けるまで
喰うか喰われるか、という緊迫した世界状況の中で我々日本人は
強烈な国家意識を持つことが出来た。

ところが戦後アメリカの日本弱体化戦略によって、国家を守る意識
が完全に消されてしまった。

この心の隙を利用して中国は工作という卑劣な手段で日本を侵食
し始めた。正面から攻めていけば日本人の国家意識を目覚めさせる、
それより彼らは心や脳の中に入り込んで日本人を中国ゾンビに
していく。

中国共産党は日本を目覚めさせ、怒らせば日本人の真の強さを
よく分かっている。原子爆弾を50個くらいは直ぐに作れる技術も
ある、その資金もたっぷりある。

なるべく怒らさないように日中友好、互恵関係、隣人同士,一衣帯水、
などの言葉を使って政治家やメディア、知識人、平和主義の善意の
人たちの心の中に入り込んで、中国ゾンビに染めていく。

78年に訪日した小平は尖閣諸島の領有権を「棚上げ」しようと
提案、トラブルを避けたい日本政府は直ぐに飛びついた。

それ以降 中国との交渉は「棚上げ」「先送り」専門、毒餃子事件で
主権を侵され、東シナ海ガス田問題でインチキな共同開発で合意、
この国は主権や権益を失うことよりトラブルを避ける事が
最優先される。

中国は東シナ海を「友好の海」にしようと提案、トラブルを避けたい
首相も外務大臣も喜んで国益を海に捨てる。
最近の中国は「沖縄はもともと中国の領土である」と言い始めています

この国はもう一度「国家とは、主権とは」何かを学習しないと、
そのうち最終的には領土をかすめ取られてしまいます





ffff ← クリックしてもらえると励みになります

コメント

国とはつきつめれば家族、友人、隣人の集合体です。
国を守らないということは、家族を守れないという事です。
国に対する横暴は、家族に対する薄められた暴力です。

「国家」という言葉を批判する事に凝り固まり、家族を守ると言うことを忘れた人間は、
熱狂的軍国主義者の思考停止となんら変わりないのではないか と思うのです。

まるで国民を軍国主義に煽動し、自決を賛美し、朝鮮人への暴力を煽った当時の新聞を思わせます。
かつて、それらの煽動に逆らった人間は、熱狂的軍国主義者に叩かれましたが、
現在では、冷笑主義者に嘲笑われる という点については違いますが。

シナの一部になれば、超大国として幸せになれるなんてことを、選挙で選ばれた台湾の指導者や日本の左巻き連中は思っているようですが、中共は軍を侵攻させ、無理矢理に奪い取ったチベットやトルキスタンで暴虐の限りを尽くしています。

 管理人さま、早いペースでの更新、お疲れ様です。さてはじめは中国情報ではじまったような主張が、だんだん重い方向にあるようです。そしてコメント欄を読みますと、普段はネットの世界にあまり深く入っていない方も多いように思います。また「勉強になります」とのコメントも多い。

 さて巨大掲示板「2ちゃんねる」を口にすると、それだけで情報や考え方を頭から否定し、むしろ軽蔑されるケースがあります。そのような時、あるいは「なぜ」と深く知りたい時に役立つサイトが多くあります。たとえば、「半島大陸メモ」さん、というサイトがあります。名前からして「中韓を知りすぎた男」さんのところに興味をいだく方の資料庫にふさわしいかもしれません。(もちろん私は関係者ではありません。この膨大なキーワードを持つデータベースの利用者の一人です。)

半島大陸メモ
http://freett.com/iu/memo/menu.html
たとえばNHKの項目は以下の通りです。
NHK
目下の敵はNHK
韓国に媚びるNHK
日本国内ニュースより韓国芸能が先
盲目的編集
NHKが報道しなかったもの?
アテネ五輪選手の発言を歪曲
皆様の受信料もーらい
受信料不正流用ソウル支局長
バイトで知ったNHK内部惨状

 このようなマスコミこそ、愛国心を最も嫌う反日機関ですが..、しかし日本はネットでも有名なサイト「きっこ」さんなんかを見てもわかるとおり左翼の方のほうが力を持っています。「地獄に至る道は善意で敷き詰められている」わけです。
 



国家の否定

まさに共産主義思想そのものですね。国家を否定し、目指すところは暴力革命による世界統一共産政府の実現ですか。

プログ主さんが歴史の話をしてくれましたので、付け加えると、有史以来、日本は中国との関係を断ち、その影響力を排除した時、平和と繁栄を手に入れています。平安時代の400年然り、江戸時代の270年然り。

一方、鎌倉時代には元寇があり、足利義満が日明貿易をやった室町時代は戦国時代、朝鮮出兵へと繋がり、また、明治になって開国した途端、戦争の時代を迎えます。

今からでも遅くはありません。中国から手を引くべきです。

本土に住む日本人の大半は
第二次大戦敗戦の結果奪われた
辺境(北方四島)や、
明治になって編入した辺境(竹島、尖閣)
なんてどうなってもいいんでしょうね。
原始古代からの文字通りの固有の領土が
安泰ならたとえ沖縄が米軍の思いのままでも
いいんでしょう。
 米軍が三沢・横田・横須賀・嘉手納の四大
基地を手放すなんてことは米軍の
対テロ戦争が終わらない限り、
または日本の民主党が
追い出さない限りないし、
日中間の政治文書の有効性も
「中華人民共和国」が存続する限り
永続するでしょうから。
明治人だったら尖閣は堅持して台湾を
日本寄りの政権にするために必死に
工作するでしょうが今の世代の人々は
台湾はおろか尖閣もどうなっても
いいんでしょうね。

管理人様:

>工作という卑劣な手段で

喰うか喰われるかの21世紀にあって
軍事力と同様に、工作もまた、認められるべき手段だと思います。


「工作=卑劣」
とする視点は
「軍事力=絶対悪」
と看做す平和ボケ日本人と同じでは?

また、工作=卑劣の価値観が広まることは、
日本の弱体化を進めている中国などにとって
好都合なのでは?

民主党員に韓国人や北朝鮮の人間でもなれるって本当なのか?

 民主党員になるのに日本の国籍は要らないっていうのは本当でしょうか?
本当だとしたら、韓国や北朝鮮のスパイでも民主党員になれ、日本の政治を操れるのですから、これは本当に恐ろしいことではないでしょうか。
 

民主党綱領では、外国籍の者でも党員になれると謳っています。
オーナーの鳩山由紀夫は、赤い大富豪のロスチャイルドとは祖父の代より懇意にしており、ロスチャイルドの後援で民主党を創立したことは余り知られていないようです。
民主党は、共産党、社民党と同じく国際主義が根底にある政党と見なければなりません。
共産党、社民党と同様に非常に危険な政党です。

>日本の未来を憂う者さん、
下記をご参考に。
(民主党)
第2章 党員等
(党員)
第3 条 本党の党員は、本党の基本理念および政策に賛同する18歳以上の個人(在外邦人及び在日の外国人を含む)で、入党手続きを経た者とする。

(自民党の党則)

第一章の二  党   員
第  三 条 本党は、本党の目的に賛同する日本国民で、党則の定めるところにより忠実に義務を履行するとともに、国民大衆の奉仕者として積極的に党活動に参加するものをもって党員とする。

国家とは故郷であり文化

『おクニの為に』…戦前戦中よく使われた言葉ですが、今では『軍国主義』の代名詞になった様ですね。
『クニ』という言葉は『国家』であると同時に『故郷』でもあります。当時の人々が、「自分が『故郷』の為にする事はいつか天下『国家』の為に繋がる」、と解っていたが故の言葉でしょう。
同時に、日本が外圧の嵐に飲まれつつある事も人々は解っていました。『白人至上主義』からも『華夷秩序』からも逸脱した日本、集中攻撃されるのは明らかです。
それでも『勝敗』よりも大事なモノがありました。『日本の文化=アイデンティティ』です。そして文化は1人では生まれません。周りの人々(故郷)があってこそ、生まれ継がれていきます。
当時の厳しい状況(全アジアの植民地化等)を知るにつけ、私は『生きて虜囚の辱めを受けず』の言葉をこう解釈しています(異論はありましょうが)。
「負ける事で『今までの人生=価値観(故郷、文化)』が全て否定されるなら、この人生に何の意味があるのだろうか?」
…長文乱文、失礼致しました。

http://www.shomei.tv/project-59.html
はじめまして突然ですみませんがこのサイトに署名して貰えせんでしょうか
この法案が通ってしまえば行き着く先は日本の破滅だけです。
横行する差別や暴動などの無用の混乱を招かせるだけです。フランスやチベットの例をみればこの法案がいかに悪法かわかる事でしょう
しかもこの法案をとうしたがっているのは何も民主党だけではありません
自民党などもこのふざけた法案をとうしたがっているのです。
絶対に看破して良い法案じゃありません、どうか署名にご協力ください
お願いします。あとニコニコ動画で申し訳ありませんがこちらにも目をいただけないでしょうか 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3905516

政治家の資格

日本の政治家に立候補する資格は日本の真の歴史、それと真の中国、中国人、韓国、韓国人の姿これを勉強することが必須条件だと思うのだが。

国家と言う概念があればこそ、より広いコミュニティが成り立つのではないのでしょうか。国家がなければ、もっと狭い範囲でしかコミュニティが成り立たないと思います。
映画「ランボー」だって、保安官がランボーをトラブルを起こしかねないよそ者として排除しようとしたではありませんか。国家が存在しなければ、今よりも狭い範囲でよそ者排除の発想が強くなり、トラブル未然防止に躍起になることでしょう。

サヨク (に染まっているかも・・・) の皆さんへ

 あのような戦争を繰り返しません。・・・とは子供の頃からうんざりするほど何度も耳にしたことでしょう。ひとり日本だけのせいで戦争が起きたという、歴史の単純化、部分抜き出し編集、事実歪曲もされています。
 サヨクは、戦場の悲惨さ(どこのどんな戦争も悲惨で不条理!)と、政治外交の延長としての戦争を、すり替えたり等価に並べたりします。それでもって、国益に基づく強気な外交姿勢や駆け引きさえも、否定的に刷り込むのです。

 「戦争しないで済む、”政治的に”強い国になります。」でもなく、
 「事前に回避できる賢い国になります」でもなく、
 「友好国を侵略させない誠意のある国になります」などでもないですね。
 最初のフレーズは、ドサクサに「国」までが否定されています。ニュアンスが変です。気づいて下さい。知らないうちに、売国に加担しないようにしましょう。
 武力の行使や威嚇を行っていたり、人民弾圧や言論統制を行っている”国”が近隣にあります。日本国が、それを手助けしてはいけませんよね!

 騙してはいけないなら、「騙されてもいけない」となるはずですが、騙されるのは良心的らしい。この延長で、サヨクの人は、国も個人も殺すより殺される方がマシ、みたいな奇天烈で極端なリクツを公共のテレビなどで吐くのです。
 必死でゾンビ菌をまき散らしているサヨクがいます。騙されてはいけません。気づいて下さい。

 他国に、スパイ工作・搾取されるのはやむを得なくて、それを批判するのも防止するのも治安維持法みたいでダメだ、みたいな結論を出すのもサヨクです。工作を見逃しては、国益を損ないます。税金のタダ取られです。国民の生命財産が脅かされます。

 気づいて下さい。
 保守になれとは言いません。右翼になれなどとも言わないです。ニュートラルになって下さい。お願いします。

私の知人に“人間の良心”を頑なに信じている者がおります。

言葉も価値観も異なり、時には此方を敵対視している者までいる他国の人間とでも、真摯に話し合えば解決できない問題は無い…と、根拠もなしに主張する方々は相当に多いようです。

しかし、自分の町の暴走族や暴力団などと、真摯に話し合って無法を止めてもらうよう説得する…などといった行動した方は見たことがありません。

日本人同士の近所の問題すら話し合いで解決できないのであれば、世界規模で行える筈もなく、社会に対して大きな目標に同意して欲しければ、まず小さな実績を積み重ねて是非を問うべきだ。

…たまにそういった意地悪を言ってみるのですが、それは警察の仕事なのだそうです。(笑)

問題を孕む事、危険な事は他人に丸投げし、自分は安全な所で理想を口にする…カルト宗教やマルチ商法のソレと同じ芳しい香りが漂ってきます。

少し補足させて下さい

いつも興味深く読ませていただいております。
本日のエントリの「日本国の誕生」について書かれた箇所を少しだけ補足させてください。

> ところが大陸では唐が興って隋が滅びた、唐は朝鮮半島を支配下に
> おいた、そして今度は倭国(日本)に脅威が及んできた。
> このままだと朝鮮半島同様に唐の支配下に入ってしまう。
> そこで遣唐使も廃止して中国に対して国交を閉ざした。
> 日本に住んでいた人たちは、中国の脅威に備えるために一致団結
> して倭国から日本国に変わった。

遣唐使の廃止は、894年に唐の衰退を察知した菅原道真(すがわらのみちざね)が中心となって決断したものです。この時、我が国は663年の「白村江の戦い」での敗戦以来続けてきた唐との朝貢外交に終止符を打つことに成功したのです。
我が国の最初の独立宣言は、607年の第二回遣隋使の時であると思います。当時、勃興した隋の脅威に晒されながらも、かの有名な「日出ずる処の天子、書を日沒する処の天子に致す。云々」という国書を以って独立国家としての宣言を行いました。この国書は隋から大変な怒りを買いましたが、逆に国家としての威信は保たれたのです。

>“人間の良心”を頑なに信じている者がおります

逆に言えば話し合いで物事を解決した経験もほとんど無い人間の
上っ面だけで中身の無い悲しい理屈だど思いますでも

話し相手が暴力団とか暴走族だと危険だと思うので貴方の知人さんには
もっと身近なトラブルの仲裁をするようにすすめてはどうでしょう?
「人間の良心」で物事は解決するのか?
何事も経験ですよ、貴方や知人さんにも結構いろんな発見があるはずです

ココの辺のバランスって難しいですよね?割り切ってアキラメルのは
簡単ですがちょこっと実験してみるのはどうでしょう?

>国家とは故郷であり文化

「文化」とは結局(=自分)何ですよね?
私「個人」では後世に何かを残す事は不可能でも
私たちが親から受け継いでこの体に自然と染み付いたものは
日本と日本人がいる限りは受け継がれいくはずですから。

自分はごく最近感じてた事だったのでこのコメントには
驚がくしました

遣唐使が廃止された理由についてですが、
唐の脅威ではなく、安史の乱以降、節度使が台頭して、
唐という国はありましたが、もう地方政権程度の支配領域しかなく、
唐の衰退と、日本ももう学ぶことがなくなったから、
が主な理由だと思います。

総選挙が近いので、投票の際に役に立つ議員リストを作る必要があります。
与野党問わず、売国議員を落選させ、愛国議員は当選させるべきではないでしょうか。
以下のサイトでリスト作成の協力者を募集しています。
ぜひ有志を増やす支援をお願いいたします。

http://www35.atwiki.jp/kolia/
国民が知らない反日の実態

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/119.html
売国議員リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/132.html
愛国議員リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/171.html
認定保留議員リスト
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/186.html
最優先の編集ページ

「国民が知らない反日の実態」は、日本を滅亡させる反日勢力の陰謀や、主張の矛盾点・捏造点を監視し、
国民が知るべき日本の真実・裏事情を不特定多数でまとめるwikiサイトです。
特に、テレビや新聞などが隠そうとする情報をまとめることに力を入れています。

国民が知らない反日の実態は、以下の例のように非常に多種多様なページが作られており、
現在も進化し続けております。
この進化に皆さんもぜひご参加ください。
有志の方々の力が必要です。

ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/159.html
民主党の正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/184.html
反日主義者の精神構造
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/20.html
反日マスコミの正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/126.html
毎日新聞の不祥事年表
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/108.html
朝日新聞の不祥事年表
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/177.html
中国の虐殺史
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/157.html
韓国人の民度
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/138.html
韓国の歴史偽造
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/90.html
外国人参政権の正体
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/58.html
世界から見た日本
ttp://www35.atwiki.jp/kolia/pages/141.html
日教組の正体

>ちょこっと実験してみるのはどうでしょう?

そうですね。この辺りでひとつ日々の主張を実践に移していただくのもいいかもしれません。近所ではゴミ出しのトラブルが非常に多いので、その辺りから解決していただくとしましょう。

理屈の通じない方も多いですし、いつも何か怒っている外人さんもいます。…考え様によっては国際問題の縮図のようなものでしょうから、きっとやりがいを感じてくれることでしょう。(笑)

国家主権とまではいかなくても、何か…感じてくれるといいんですけどね。

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/162.html
国家財政の現状

日本の財政に対し、悲観的な見方と楽観的な見方の両方が混在しており、
国民はどちらを信用したらよいかが分からなくなっている。
財政・金融・会計は多くの国民にとって理解が難しいので、詳しい方はぜひ執筆をお願いします。
その際に、素人でも理解できるように、分かりやすくまとめていただけると助かります。
また、どういう経済政策が最も日本のためになるのか、についても執筆をお願いいたします。

マスコミの報道では真実のところが分かりません。
財政の真実を国民に分からせてください。

アフガニスタン日本人拉致殺害、パキスタン情報機関が関与か

【9月3日 AFP】アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が拉致・殺害された事件で、アフガニスタン情報当局は3日、事件に関与したとして逮捕したパキスタン国籍の男が、パキスタン情報機関の依頼を受けて拉致に協力したと話していると発表した。

 アフガニスタン情報機関NDS(National Directorate for Security)は声明を発表し、逮捕したAdil Shah容疑者が、パキスタン北西辺境州(North West Frontier Province)でイスラム神学校に通っていたと発表。さらに、Adil Shah容疑者が、パキスタンの3軍統合情報部(ISI、Inter-Services Intelligence)に依頼されてアフガニスタン人3人とともに活動していたと話しているとした。

 NDSの声明によると、「Adil Shah容疑者は、取り調べに対し、パキスタンISIが日本人スタッフの拉致・殺害を計画・実行したと話している。また、Adil Shah容疑者らのグループが多額の報酬を受け取ったとしている」という。

 伊藤和也さんは、8月26日にパキスタン国境から50キロの距離にあるアフガニスタン東部ナンガハル(Nangarhar)州で拉致され、翌27日に遺体で発見された。

 伊藤さんの拉致については、1996年から2001年までアフガニスタンで政権の座に就いていたイスラム原理主義組織タリバン(Taliban)が犯行声明を出していた。伊藤さんは、殺害されるまで、5年にわたってアフガニスタン国内で活動していた。
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2513293/3286813

『故』様

私の自己満足の様な書き込みに、ご理解頂けて安心致しました。確かに、『自分自身』が『故郷の体現者』でもある訳です。
『当時の状況』として植民地に対し列強は、現地文化の排除と、宗主国への劣等感を与える事に徹底しました。
昔で言えば『中国に事大する朝鮮』、近代では『アメリカナイズされたフィリピン』でしょうか。
宗主国の宗教を受け入れ、宗主国の言語を用い、宗主国風の名前をつけ、果ては『我が国は安定している』との言…両者の共通点です。
故郷・国家が消え、その一部である自分までもが消えるとしたら…空恐ろしいと感じるのは私だけでしょうか?

経済は、「習うより慣れろです!」

経済の動向やら、経済用語、無頓着で、よくわからない。確かに、専門用語やら、基本的な経済概念の習得は必要かもしれません。

 ただし、それを、大学なり大学院で、テキストで学んだとしてしても、どれだけの実用価値があるでしょうか?「ただ、能書きのうるさい若造」と思われるのがいいところかもしれません。

「習うより、慣れろ!」です。 

 能書きいうまえに、膨大な生のデータやら、生の情報に接することです。この作業をくりかえしましょう。

引用:オフィス・マツナガ月刊日程表 2008年9月
http://officematsunaga.livedoor.biz/archives/50701714.html

生データは、証券会社や株関係のサイトならいくらでもありますよ。

あと、基本として必要なのは、賃貸貸借表(バランスシート)の見方です。
国の賃借対照表は、プライマリー・バランスと言います。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88

これ、国や企業だけと思ってるかもしれませんが、家庭において、家計簿をつけ、自分で作成してみると、いかに無駄が多いとか、収支のバランスが悪いとかわかりますよ。(まぁ、やらないでしょうけどね)

個人的な意見ですが、金融って数学(統計学等)と思っている人が多いと思います。あれは、あくまでも、動向を調べるための道具でしかなく、金融は心理学です。株、債権、為替、上がると思っている人が多ければ、買い集めるから上がる。下がると思っている人が多ければ、売り続けるから下がる。ただそれだけです。

その心理状況をミスリードする奴らが居る。なぜなら、他の人が損すれば、自分たちが儲かるから。どのような人たちかは、想像してみてください。

>金融は心理学です

あのね、心理学が最も生かされるのは交渉ごとなの。

世界市場は情報=すべてインサイダーのようなもの。情報網=コネクションをいかに確立するか、世の中で天井しらずのモノは何か、それは能力のある人物と情報に天井知らずの価格がつく。人脈なきものに成功はない。
市場は人の手でつくられるもの。

一般投資家はそれらに煽られて乗っかるものなの。
胴元は損をしないギャンブルと同じです。

陰謀論ですか?

> あのね、心理学が最も生かされるのは交渉ごとなの。

 だとは、思いますが、断定するのは、いかがなものかと?

> 世界市場は情報=すべてインサイダーのようなもの。
> 情報網=コネクションをいかに確立するか、世の中で
> 天井しらずのモノは何か、それは能力のある人物と
> 情報に天井知らずの価格がつく。人脈なきものに成
> 功はない。 市場は人の手でつくられるもの。

 私も、そう、思いますが断定で表現するものですか?
 証明できるものなのですか?
 あくまでも、可能性として表現すべきじゃないのですか?

> 一般投資家はそれらに煽られて乗っかるものなの。

 それが、心理学でしょう?

> 胴元は損をしないギャンブルと同じです。

 それはどうでしょうか? 仕手の資本が幾ら大きいと言っても、現状、一般の方の資本の合計に比べると、はなはだ少ないと思いますよ。まぁ、一般の方の資本が、全て同方向に動くわけではないと思いますし、全体からみると少ないが、個としてみるととても大きい資本に、影響されるのは、正しいと思います。

個人的な感想ですが、文体が、とても不愉快です。なにかご不満でもありますか?

話にならん

あまりに愚かしい日本の政治体質に怒りに近いもどかしさを感じます。福田は、首相の器ではないとは思っていたが、これほど不適任な人物を派閥で選んだ自民党の体質にも問題ありです。

まだ福田は首相の在任期間が残っています。しかし、辞任発表以後、引きこもりを決め込んでいます。このようなときに外敵の武力侵略でもあったらどうするのでしょう。平和ボケ、危機管理のなさ、経済政策無知、国家主権、国益の認識なし、まったくバカ政治もいい加減にしろ言いたい。

全部の政党、政治家ども、国民をなめるのもいい加減にせよ!

はじめまして

先日偶然こちらのブログにたどり着き、記事を読ませて頂いてますが、
よくわからない事だらけで戸惑っています。

そんな私が聞きたいことがあるのですが、
場違いでしたら無視して下さい。すみません。

>「戦争は国を意識するから起こるのであって、お互い人間同士、どんな
>トラブルも話し合えば解決する」言った。

私はこれを聞いて、何が変なのかわからないんです。

日本の危機だとか、そういう事も分からないんです。
危ないの?何が?どうして? そんな感じです。
知識が無いので単語単語の理解が出来ないんだと思います。雰囲気でしか分からない…。

場違いなのは分かっていますが、誰か教えて下さい。
TVのニュースはアテにならないんですよね?
それなら、どこでどう普通の感覚を身に付ければいいんですか?
おすすめの本があるなら教えて欲しいです。
本当に場違いですみません。失礼しました。

>>陰謀論ですか?

投資家気取りの素人に一言。

①多額の資金を動かした事のない自称投資家・金融業界者ほど、うんちくが多い。失敗者ほど、他人に独自のノウハウを強要する。

②インターネット、本、人聞きで学べる効率のよい投資法は皆無である。

③儲かる手法は本来人には教えないものである。「こうやると儲かりますよ~」これは手数料詐欺と変わらないと理解した方がいい。

④証券会社や銀行は確実に儲かる投資先があれば客に銘柄を進めずに自らのリスクで投資するものである。リスクが存在するから客に勧めるのである。

⑤例えば、ホースレースでいえば、強い馬は必ず勝つように、勝つだけのセオリーが存在する。セオリーに不備があれば事故もあるから押さえがいるのである。投資や市場もセオリーによって確立されている。

#kqh4La1Yさんへ

>>陰謀論ですか?
>投資家気取りの素人に一言。

私の事でしょうか?

①~⑤に関しましては、全て賛成いたします。

①「独自のノウハウを強要する」に関しましては、反論させて頂きます。
私は、「習うより慣れろ!」と言っておりまして。「うんちく」「ノウハウ」に関しては述べておりませんが? ただ、「習うより慣れろ!」が「ノウハウ」と判断されますと、該当するかもしれません。

あまね様へ

>おすすめの本があるなら教えて欲しいです

ブログでも役立つのがありますよ。

● 反日ワクチン
● Renaissancejapan

責任の所在は?

福田さん辞任の表明で『福田は無責任だ』と一斉にまくし立てるマスコミ。
しかし最初から福田さんが無能なことは分かりきっていたのに、担ぎ上げた連中を責任追及する動きは見れませんでしたね。

あまつさえ、またも麻生さん潰しに奔走しはじめ・・・

ここでまたも無能議員を党首に据えようものなら、日本の未来はどうなってしまうのか、心配しています。

麻生内閣が誕生し、中川昭一さんや安部さん、平沼さん、民間から櫻井よしこさんらの入閣を夢見ています。

あまねさん、はじめまして、
ようこそ♪いらっしゃいました。

なんて、ブログ主さんでもないのに、ご挨拶してしまいました。
でも、どうぞ宜しくお願いいたします。

あまねさんのお気持ち、よく解ります。
私もそんな考えでした。


>「戦争は国を意識するから起こるのであって、お互い人間同士、どんな
>トラブルも話し合えば解決する」言った。

  こんな言葉が、通用する世界だったら、どんなに幸せかと思います。

宇宙人が襲撃してきたら…
こんな世界になるかもしれませんね!(多分)
でも、宇宙人と取引する国が出てきたりして(笑)



あまねさん、
国と言う言葉を、村と置き換えて考えてみませんか?


200世帯くらいの、村の真ん中に中国さんと言う家があります。

あまねさんのお宅の川を挟んだ中国さんは、
大家族で、食べるのもやっとの家なんですが、
子供はひもじい思いをしながら、大人達はお肉を食べています。

そのうち、最上級のステーキを食べたくなった人は、
お隣のチベット家から、ステーキを買える素材を盗み、
違うお隣さんには、生命に危険なゴミを散らしておきました。

両お隣さんが、文句を言ったので、
お隣さんの家族の半分を殺してしまいました。

そして、両隣さんに「あなたの家はなくなり、中国の家族になったので、
ウチの方針に従ってもらう!」と言い放ちました。

それでも、文句を言ったお隣さんには、
虐殺、虐待を繰り返しています。

でも、お隣さんを半分殺した事は子供には秘密、
村人の忠告も無視!

子供の中には、大人がステーキを食べている事に気ずき、
文句をいったら、殺されてしまいました。

違う子供は「もう少しごはんをください」と言ったら、
座敷牢屋に入れられてしまいました。



そうこうしている内に、
あまねさんのお宅は大金持ちなんですが、
おじぃさんが、昔けんかをしていて負けてしまった過去がありまが、

こんどは、あまねさんのお宅に目を付け始めたのですが、
お父さんは、悪い事などしていないのに、ウチが悪いことをしたのだから、
中国さんには、逆らえないといつも言っています。

だから、中国さんに沢山のお金をあげ、
中国さんの子供を家に入れて、お小遣いをあげています。
その中で、中国さんは拳銃を沢山買い始めました。

しかも、中国さんの子供は、親から
「あまねさんは、悪い人」と教えられています。
だから、あまねさんの家の家計簿や秘密を盗み、
こっそり親に教え、あまねさんの家族に乱暴もします!


中国さんは、自分が大きくなる為なら、
人を殺す事を何とも思わない家族です。

そんな家族が、あまね宅を狙っています!


>「戦争は国を意識するから起こるのであって、お互い人間同士、どんな
>トラブルも話し合えば解決する」

  ムリです!話合いにもなりませんね。
  中国さんは、連続大量殺人犯の家族なんですから、

しかも、
あまね宅は、襲われるまで反撃できない家法があるんです。

>TVのニュースはアテにならないんですよね?

  中国さんの子供や、中国さんのワイロを貰った村人が沢山働いて、
  あまね家の、平和を愛する心、戦わない心を平和と言う言葉で、包み隠そうとしている…?

長くなって、すみませんでした。

http://www.tibethouse.jp/human_rights/index.html
http://jp.epochtimes.com/index.php
http://www.falundafa-jp.net/

soumoukukki さんに賛成です!


>>喰うか喰われるかの21世紀にあって
軍事力と同様に、工作もまた、認められるべき手段だと思います。<<

本当にその通りだと思います!
明治の頃には、日本にも優秀な工作や喧伝が出来る人物が多数いたと聞いています。というか、“魑魅魍魎の国際社会”にあって、国益を考えた工作や喧伝は、必要不可欠なのではないか?と思われます。

>>「工作=卑劣」 とする視点は 「軍事力=絶対悪」 と看做す平和ボケ日本人と同じでは? >>

私も最近では、とみにそう思います。
①「相手が卑怯で卑劣な工作はしても、自分達(日本人)だけはそのようなことはしてはいけない」とか、
②「武士道を重んじる日本が、中韓と同じ土俵に立ってはいけない」とか、
③「民度が低い中韓人らと醜い議論をしてはいけない、日本人の品格にかかわる」など等。

そういう考えは、一応もっともなように聞こえますし、立派にも思えますが、実はそういう「良い格好しい好き」、「見栄っ張り精神」を、他国=中韓に大いに利用されているように思えます。

確かに仏教・キリスト教の精神的・宗教的生き方を貫きたいのであれば、上記のような考え方も良いでしょう。その代わり、国家や家族や領土や財産や国益、しいては己の生命や幸せも諦めねばなりません。「相手にしない」&「相手と同じことをしない」=戦わない=『虐殺&奴隷化』なのですから。

>>工作=卑劣の価値観が広まることは、 日本の弱体化を進めている中国などにとって 好都合なのでは? <<

まったく仰るとおりだと思います。「言い訳せずに死んでいく潔い武士道好きな真面目でお人良しの日本人」を中韓米が、大いに利用しまくってると、最近ヒシヒシと感じます。そして、この工作に篭絡されている“真面目な日本人”がなんと多いことか・・・。

確か何かの雑誌で読んだのですが・・・、アメリカが日本の『真珠湾攻撃』を非難した時に、日本軍の上層部の方が、『戦争をやっておるのに、なに寝言を言っておるか!子供みたいな事を言うな!!』と、一蹴したそうです。今の日本に、これくらい気概のある指導者が、おりますでしょうか?是非ともこのような指導者が、日本に現れて欲しいものだ』と、痛感いたしました。!!



昨日、『「1000万人移民」にNO!国民集会』に参加してきました。

大変恐ろしい、おぞましい日本民族解体政策が左翼と中韓勢力に乗っ取られた政府によって堂々と進められています。

移民として入ってくるのはチュウゴク人ばかりに決まっています。毒をばら撒かれたらどうするのか。高山正之先生によると、既に中国残留孤児2500人に対して、親族と称して10万人(孤児一人当たり40人)のチュウゴク人が入国している実績があるのですよ。1000万人も入れたら、そのうち4億もついて入って来ます。食い詰めチュウゴク人がゾロゾロと4億も。考えただけで身の毛もよだちます。

それでなくても、チュウゴク人・漢族の生殖能力の高さは歴史が証明しています。日本民族はあっという間に少数民族マイノリティー。日本がチベット化され、堺正章風に言えば、「中華人民共和国小日本自治区の、完成でぇ~す。」となり、日本語の使用や日本人の文化は禁止される一方で、イベントではチュウゴク人が和服を着て日本舞踊を踊って見せる時が来る。

移民を入れて、得をするのは資本家だけです。我々庶民は、職を奪われ、賃金のダンピングを余儀なくされ、その上中国語の学校やコミュニティー建設の為の税負担をさせられ、塗炭の苦しみを味わいます。

日本が移民国家である白人国家、アメリカやカナダ、オーストラリアのマネをする必要は全くありません。彼らは先住民の黄色人種を皆殺しにして黒人奴隷をつれて来て差別と搾取をくりかえして来ました。自分たちが余所者、移民なのですから、移民を受け入れるのは自然です。移民を受け入れて下層民の下にさらに下層民を作り、搾取の対象を拡げるだけですから。だが、日本人にそんな悪どい事が出来ますか?狡猾なチュウゴク人に騙されて奴隷にされるのが落ちです。

日本と日本人、日本民族の伝統と文化を守るため、断固反対しましょう。

♪♪人口減少は怖くない。
通勤ラッシュがなくなるし、渋滞も減る。お盆も正月もスーイスイだ。
GDPが減って何が悪いのだ。大事なのは一人当たりGDPだ。
北欧を見てみろ。国全体のGDPは小さいが、一人当たりGDPは大きく、税金は高いが、みんな幸せに暮らしている。

♪♪少子高齢化も怖くない。先進国は必ず通る道。
高齢者も女性も活躍できる社会を作ればよい。
お金に余裕のある高齢者はボランティアか低賃金で働くお母さんの子育てを手伝う。兵役がない代わりに若者が一定期間介護事業に参加し、高齢者の面倒を見る、または農業に従事する、良ければそのまま就職する。そういう徴介制度、徴農制度を作ればよい。

小さな子供は誰の子でもかわいいから、元気な高齢者には生きがいが出来る。高齢者に老後の心配がなくなれば貯蓄を維持しなくても良くなり、自分や子や孫の為に金を使う。フリーターも定職を得て結婚できるようになり、治安も改善。政府はそういうところに金を使うべきだ。それらの金はまるまる他の所得になり、還流する。税収も増える。経済対策になり、出生率の上昇、食料自給率の向上にも寄与する。農業経験者を増やして、輸入がストップしたら皆で畑を耕す。これこそ食料安保だ。

日本人には勤労に価値を見出す稀有な国民であり、人に喜ばれる仕事をしたい人がたくさんいるはずだ。

それにしても、ここまで破壊的な売国政策を推進するとは、中川○直という政治家は本当に日本人か?被参政権があるのだから日本国籍は持っているのだろうが・・・。

1千万人移民に反対の署名してきました!
皆でなんとしても阻止しましょう。

あまね様へ

何か本があれば、との事ですので色々考えて見たのですが、
初めから国防論や特定アジア問題等に取り組むのには無理があると思います。
一冊だけご紹介します。今更大ベストセラーを、、と笑われそうですが。。

『国家の品格』 藤原正彦 岩波新書  です。まずこれだけ紹介しておきます。

私の邪推ですが、あまね様はおそらく読んでいらっしゃらないと思います。
貴方の文面が「読んでいません」と語っているように思えます。
(もし既に読んでいらっしゃったのであれば深くお詫びします)
新書ですから驚く程手軽に読破出来ます。専門的な知識も何も要りません。
読んだ後に、貴方は必ず「この国に生まれてよかった」「文化伝統の大切さ」
「日本人として守るべきもの」「日本人としての誇り」を感じることでしょう。
そして「営々と続いてきた日本国家の素晴らしさ」を再認識するはずです。

「争いか話し合いか」・・・話し合いの方が良いに決まってます。
戦争は殺し合いですから起こすべきではないのは当たり前です。
だからと言って本当に丸腰で話し合いに臨んでいるのはこの日本くらいです。
それもお土産持参で。

貴方がトラブル相手と話し合おうと握手をし、ふと見ると相手は貴方の眉間に
拳銃を突きつけている。相手は言います「さあ、話し合いましょうか」
対等に平等に普通に話し合いが出来ると思いますか?
これが外交の根っこに存在している事は避けて通れません。

真っ白な人間にいきなり「軍事強化だ!」と言えば必ず拒否反応を示します。
逆に「平和のために武器は要らない、話し合いだ」と言えばすぐに染まります。
そこが左翼思想の危険なところです。
話し合いを対等に進めるためには「軍事力」の後ろ盾無くしてはあり得ません。

「この日本国の、日本人である事の誇り」を胸に刻んでいれば他国を侵略
しようなどとは決して考えません。そのかわり「この日本国の全て」は絶対に
守り抜かねばならないのだ、というごく当たり前の考え方になります。

左翼マスコミや自称平和活動家、極端な右翼傾向の書き込みが溢れるネット、
右翼調ブログに流され混乱する事もなくなると思います。書籍についても同じです。
その上でご自身が色々な勉強を徐々にされれば、正しい道は自ずと見えてくる、
次に何を調べていけば良いのか?も自ら判断できる筈だ。と確信しています。

貴方が読んでいない、と邪推した上での本の紹介、かつ偉そうな物言い。
そんな中での長文申し訳失礼しました。

>陰謀論ですか?
>金融は心理学です

あのね、最低25M単位で動かすようになったら、金融市場が心理学だの、陰謀論だの、慣れろなど、いっている人はいないよ。ウンチクとか言っている様では、ウォールストリートで食べていけません。データーは人から貰ったり、学んだりするようなら投資は辞めた方がいい。第三者から影響を受ける投資ほど、リスク度が上がると理解すればいいよ。コックでいえば
レシピを教えてもらったり、盗んだりして、料理をつくるようなもの。投資は自分で勉強して納得して行えばいい。確実に利益がでると踏まえるだけの自信がないものはやらない方がいい。いい加減な思い込みの自信や判断で投資したり、自信もないのに投資したり、素人に毛の生えた営業の口車に乗って投資するから失敗する。仕事の出来る金融マンは営業してないから。実際の話。

話が噛合ってないんですが・・・

#tQLq9AB.さんが言っていることに賛成しますよ。

>データーは人から貰ったり、学んだりするようなら投資は辞めた方が
>いい。第三者から影響を受ける投資ほど、リスク度が上がると理解
>すればいいよ。

1)私は、投資しろとは1度たりとも言っていませんよ。
2)上記の文ですが、私は「(人から)習うより、(自分でデータ集めて)慣れろ」なんですが・・・説明不足ですか? 同じことを言ってないのですか?

あと、「金融市場が心理学」とも言ってませんよ。「金融は心理学」と言ってます。 これは、私の説明不足で、誤解されているみたいですが、マクロにおける金融であるなら、おっしゃる通り心理学は関係ないですね。 私は、小口での一般投資家のイメージで使っています。 たとえば、利益が出ると信じて、ファンドに投資をします。 これは心理学です。 集まった金をファンドが債権に投資をする。 これは、心理学に関係なく、技術だと思ってます。

#tQLq9AB.さんが、おっしゃってるのは、債権全体を扱う時の話だと思います。 私は、小口の一般投資家の立場で話しています。

陰謀論についてですが、私は疑問を投げかけてるのであって、陰謀論だなどと断定などしてません。 勘違いされてませんか?

私は、人の金を集めて、債権に投資をするなんて、度胸も技術もないです。 ただ、こまめに生データ集めて、何故こうなったのか考えてるだけです。

○通行人様、おすすめブログの紹介ありがとうございました。
早速見に行こうと思います。

○平和大好き様、大変分かりやく説明して頂きありがとうございました。
国と言われてもピンとこなかったんですが、村にすると凄い怖さですね…。
本当にありがとうございます。

○マッキーさま、本を薦めて頂いてありがとうございます。
書店で見たことある題名ですが、ハイ、読んだことありませんでした。

色んなブログやサイトを見ていても、難しくて何が言いたいのかよく分からない事ばかりだったのですが、マッキー様に分かりやすくお話して頂けて、自分自身で少しずつでも知識を増やして勉強していこうという気持ちになりました。本当に有難うございます。
>次に何を調べていけば良いのか?も自ら判断できる筈だ。と確信しています。
まだまだ先になるとは思いますが、頑張ります。本当に有難うございました。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/328-cb44d471

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。