スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本を解体しようとするのは誰か    8月29日(金)


昨日の「アフガンに命を捧げた伊藤さん」に対して多数のコメントを
いただき、感激しています。

皆様のその知識の深さ 教養の高さに圧倒されました。あさはかな知識
で書いてしまった自分を恥じています。

毎日多くの方が私の拙いブログに来ていただいています。そしてその
多くの方が投稿されたコメントの素晴らしさに引かれて訪問して
いただいています。

そういう意味で毎日ブログを書く意味があると、ささやかながら
思っています。

私自身が投稿していただいたコメントの大ファンで 日々勉強させて
いただいています。

たまに強烈な脅しのコメントが「管理者だけに表示を~」と皆様の
目に触れずにきます。
誰だって自分の国を批判されれば腹が立ちます、その気持ちは重々
理解しています。しかしこの素晴らしい日本の国を守りたい、日本の
文化を破壊されたくない、その想いは日々強くなってきています。

日本はいまだに社会主義的な価値観を後生大事にしている人たちが
国を混乱させています。

特に教育界やメディアの中で我々の国を弱体化させることが正義と
勘違いしている人たちが多く存在しています。

「人権」「環境」「平和」「平等」「自由」といった、一見誰も反対
できない理念的な美辞麗句の裏に邪悪な社会主義思想が織り込まれて
います。そしてそれに気づかない善良な人びとを取り込んで
いっています。

保守の側もそれと気づかずにそうした運動に加担している人たちが
多くいます。

知識人の代表である大学教授の中に未だにマルクス・レーニン主義を
奉じている硬直した人たちが多くいます。日本の大学は未だに左翼の
巣窟です。

この教授たちの 世間を知らない、世界を見ない、理想主義への幼稚
な傾斜は死ぬまで直らないと思います。

日本を崩壊させるのはなにも左翼だけではありません。保守の確固
たる信念がなければ国家としての維持は危ういと思います。
福田首相を見ていればつくづくそのように思います。

国のリーダーの使命感、緊張感がゆるんでしまったら、たった一握り
の敵にでもやられてしまいます。過去の世界史がそれを証明して
います。

日本をおかしくしている最大の言葉は「平等」という言葉だと思います。
人間に上下関係をつくってはいけないという、悪しき平等主義がわが国
から真のリーダー、をなくしてしまいました。

国家の存続と国益を第一に考えなければならない首相までが、大衆と
同じレベル、同じ目線であるべきだと思っています。

人間がみなこの世の中で平等と思っている限り国も社会も秩序が
保てません、真の指導者も育ちません。

学校教育も教師と生徒は平等で対等な関係と思っています。それが
理想的な関係だと思って戦後ずっとやってきています。

私がビジネスで関わっている韓国で左翼思想にかぶれた盧武鉉大統領
が平準化教育を取り入れ韓国の子供たちをダメにしてしまいました。
(平準化教育とは優秀な学生を下のレベルに合わせる教育です)

その平等主義と左翼思想に毒された韓国の全国教職員労働組合が
押し進める平準化教育は日本の日教祖そっくりです。

韓国の中流以上は左翼教育のおぞましさに恐怖を感じて 海外に
子供を留学させています。

左翼思想に染まった日本の教員達が卒業式や入学式で国旗、国家に
敬意を払わない態度は 礼儀作法を知らないヤクザ集団です。

子供たちが教師のそうした姿勢を見て育ちます。

このような子供たちが大人になってまた教育界やマスコミ関係に
入っていきます。まさにスパイラル 悪循環です。

日教組の教育で親の権威も教師の権威もそして国家の権威も壊されて
しまいました。権威そのものを否定する「反権威主義」が正義の
御旗になってしまいました。

卒業して企業に入ってくれば世間が分かり 世界が見えて 教育の
呪縛からたちどころに解き放たれますが、教育界やメディアに
就職した人たちはイデオロギーに染まったまま日本を素直に見ること
が出来なくなってしまっています。

何か権威は自由を害する概念であるかのような、また権威を攻撃
するのが自分達の使命であるかのように信じています。

権威なくしては国家も家庭も教育も成り立ちません。

社会主義の中国や北朝鮮が、人間性を否定する最悪の独裁国だと
世界中の全ての人たちが気がついているのに、日本の左翼の人たち
は未だ目をつぶり、耳をふさいでいます。

このような人たちが必死になって憲法9条を守っています。
世界中のどこの国に「軍隊を持たない」と明記した憲法がありますか、

国を守る意志を持つことは悪で 無抵抗主義が善であると信じています。

このような考えの人たちが支配する国が21世紀生きながらえるとは
とても思えない。

我々日本は今や断崖絶壁に立っています。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

日本は基地害国家(米国・特定アジア)に蹂躙されているのを一般の日本人は理解していない

エントリーに拍手!以下コピペ推薦

売国奴福島瑞穂が『竹島表記を批判』
韓国のテレビで絶賛される福島みずほ朝鮮社民党
ttp://jp.youtube.com/watch?v=tRA39GHRwzU&feature=related

社民党と福島瑞穂さんの本性 【この記者会見は必見】
ttp://jp.youtube.com/watch?v=47Z6Lb0qDBY&feature=related

国民投票法に反対する社民党&共産党【たかじんのそこまで言って委員会】国民に選ぶ権利はないと主張する社民党福島&旧ソビエト支部日本共産党
ttp://jp.youtube.com/watch?v=ZoU4bagest0&feature=related

北朝鮮と関わるな 元ソ連共産党ワジム・トカチェンコ
(ソビエトに創られた北朝鮮が見放された真相)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=TYaBGwxj-lc&feature=related

北朝鮮による日本人拉致事件の解決を遅らせた反日売国奴議員達
拉致被害者の遺族の会見 【必見】犬畜生のように罵られた!
ttp://jp.youtube.com/watch?v=QWrhZuhWcqA&feature=related

民主党サヨク 平岡秀夫 死んだ被害者より加害者の命が大切
~息子を惨殺された母に
(2007.06.29 前半 )
ttp://jp.youtube.com/watch?v=REhldwq5N5Y&feature=related
(2007.06.29 後半 )
ttp://jp.youtube.com/watch?v=iAm0n7bg7PY&feature=related

週刊文春記事【必見】
ttp://nyt.trycomp.com/hokan/0023.html

カルト創価学会と在日暴力団の癒着
池田側近(公明幹部)と暴力団の「絆」『月刊現代二月号』「野中広務『権力20年戦争』」
ttp://otarunounga.hp.infoseek.co.jp/gendai2.htm

>たまに強烈な脅しのコメントが「管理者だけに表示を~」と皆様の
目に触れずにきます。

この「管理人のみ閲覧できます」というのは止めた方が良いと思います。
いかなるコメントも全て公開した方が良いのではないでしょうか。
そんな表立ってコメントできず、こそこそ人の見えない場所で脅迫行為を行うなど言語同断です。
他の人に見られたらマズいようなコメント、書いた自ら責任を取れないようなコメントなどは、はじめから書くべきではありませんね。
悪意のコメントなり脅迫文なり、自分で自信があるのならコソコソしないで正々堂々と書けば良いでしょう。

社会主義、共産主義で実現したもの

>>「人権」「環境」「平和」「平等」「自由」といった、一見誰も反対できない理念的な美辞麗句の裏に邪悪な社会主義思想が織り込まれています。

まさにここですね。 
社会主義、共産主義社会はどうなったか、まだ残っている社会主義、共産主義社会国家はどのような国か。
社会主義、共産主義社会で実現したものは 「言論弾圧」、「人権弾圧」、「監視社会」、「軍事拡張」、「侵略」、「虐殺」、「腐敗」、「汚職・賄賂」、「極端な階層社会」、「極端な貧富の差」、「環境破壊」、「道徳観の低下」、「国民の士気の低下」、「密造」、「麻薬・売春」、「経済破綻」・・・。

酒屋利権=在日朝鮮闇利権
もともと在日朝鮮人の飲食店が多い背景を利用してバブル崩壊前後に朝鮮闇社会が各地の繁華街専用業者(酒屋業)を組織的に展開した。高級クラブやキャバクラの売り上げの高い人気ホステスを次々と引き抜き、影で酒屋が出費して店を持たせるシステムを確立する。当然その店は高級酒を取引するいい客となる。金利や売り上げの利益も発生する、二度美味しい。助平な人のいいスポンサーをあてがい、女の色気をふっかけてその店を高額で売り飛ばす。闇社会は稼げるネタ(人材)を簡単に手放したりはしない。愛人を信用した愚かなスポンサーは売り上げを誤魔化していることも知らない。時期をみてやらせの計画倒産も日常茶飯事である。いわゆる売り掛け倒産である。潰れても闇社会の負債取り立てや罠には抜かりはない。高級クラブなどの風俗店が短期間で次々と看板を変える背景には朝鮮闇利権が存在する。ハニートラップとは政府要人だけではなく、日本人の身近にステージがあるのである。

左翼はこの日本国を本当に社会主義国にしたいのか

日本の左翼、人権屋、環境屋、平和屋、平等屋、自由屋等々は、そろそろ筋を通すべきだろう。

人権を蹂躙している国はどこの国なのか。環境を破壊しているのはどこの国なのか。軍備を増強しているのはどこの国なのか。党員しか政治に参加できない国はどこの国なのか。自由に物が言えず信教の自由も無い国は一体全体どこの国なのか。

共産党の権威を守るためには、共産党に反抗する自国民を平気で殺害しているのはどこの国なのか。共産党の正当性を守るために、戦ってもいない大日本帝国と戦ったように宣伝し続けて、反日教育をし続けているのはどこの国なのか。

それら全てに該当する国は、共産支那や北朝鮮である。それらの国が、最悪の独裁国だと何故言おうとしないのか。自分達は、日本国で自由を満喫し、民主政治下で好きなことを政治目的に掲げ主張し、法に守られて、ぬくぬくと暮らしているので、共産支那や北のことはどうでもよいと考えているのか。

世界には、無防備であれば攻撃する人々が居り、そのことに何ら自責の念を抱かない人々がいることを知らないのか、あるいは知ろうとしないのか。もし知っているなら、何ゆえに、「国軍を持たない」と主張するのか。

日本の主権者が国民であり、国民を守ることは、国を守ることに等しい。無防備であれば攻撃する人々が居り、そのことに何ら自責の念を抱かない人々がいる。このような人々に、無防備であることを知らせることは国民を危険にさらすことに等しい。何ゆえに、国民を守るための国軍を持つことを否定するのか。

それから格差についても、金持ちが貧者になればそれで格差が解消されたというのか。金持ちの資産を奪い、分け合うことが格差解消なのか。皆が等しく貧しくなることを望んでいるのか。貧困から逃れるために、あるいは豊かになるために工夫したり一生懸命働くことは悪いことなのか。才能を発揮することは悪なのか。

今日も重たいテーマですね。

毎日大変中身のあるテーマにチャレンジされていて、かつ投稿者のレベルも素晴らしく高く、私もつい、毎日のように参加してしまいます。昨日は少しOB方向に向いてましたけど。(笑)

「断崖絶壁」いや、もう既に落下中かもしれません。安部内閣が出来て少しままともになるかと思いましたが、自身の対応の政治的な幼さもあり、見事に中・韓・米と日本のマスコミとの連携によって潰されてしまいました。福田首相やその周りを見ているともう無理と悲観的にならざるを得ません。

また、ご指摘の左翼、特亜国やこれらに迎合する政治家の他に近年幅を利かせているのが、「新保守主義者」と呼ばれる「グローバリスト」「構造改革論者」です。あまり言われていませんが、彼らこそ「右側にいる亡国の日本解体勢力」だと思います。

彼らの主張は、ここで詳しく述べる余裕はありませんが、経済学としては全く非常識であり、日本経済にとってはマイナス面が大き過ぎます。小泉政権の経済政策を批判して痴漢冤罪で抹殺された植草教授が主張されるように、ここ数年の彼らの政策は明かに外資に日本人が営々と蓄えて来た富を殆どタダ同然で差し出すものでした。

私は、自由貿易が悪いと考えている訳ではありませんし、ブログ主さんのように個別の企業が海外進出して稼ごうとすること自体は正当な行為と思います。そして、その見返りとして当然外資の参入も認めなければなりません。ただ、やはりものには限度というものがあるのであって、強者である大企業・資本家の言うがまま、庶民の暮らしを全く無視して際限なく自由化してはとんでもないことになります。自由=絶対善、規制=絶対悪という、ステレオタイプの考え方では現実世界はムチャクチャになりかねません。

市場が本当に公平で公正なら良いのでしょうが、今グローバリズムの名のもとに世界で起こっていることは、大いに異なります。寡占化した国際資本が巧妙な談合やインサイダイー取引によって株価を左右したり、資源や穀物等の市場価格を吊り上げていると思われます。

また、低廉な労働力を求め工場が自由に移転することで(個々の企業にとっては大変なご苦労でしょうが)、安価な労働力を大量輸入していることになり、賃金は均衡せざるを得なくなってくる。日本人の20分の1の給料で働く何億もの中国人民と人件費ダンピング競争をさせられている訳です。結果、企業は正規社員をリストラして、非正規化、格差が拡大して、極端な話ですが無差別殺人・自殺者増加となっています。

それも移動の自由もない人権無視の彼の国では、農民戸籍しかないものは言わば闇の雇用ですから、劣悪な労働条件で働かざるを得ず、給料不払いでも泣き寝入りが横行しているそうですから、とても「公平・公正な競争」とは言えないのではないでしょうか。

また、中国の環境破壊、公害が叫ばれていますが、中国経済は基本的に外資導入により成り立っている訳で、その責任の何割かは日米欧の企業にあるのではないでしょうか。中国の環境を破壊して、中国人を奴隷のように働かせて、自国の労働者を疲弊させて国際資本に貢ぎ、その分け前をもらうのが彼ら構造改革論者の目的ではないでしょうか。

よくよく、気をつけなければなりません。

日の丸・君が代

初めて投稿します。日教組組合員として孤軍奮闘しております。今年の組合の県大会でも所謂「強制反対」の運動方針が規定路線のごとく提案されました。ひとり「当該項目削除」の修正案を出したのですが全員により否決されてしまいました。組合員の平均年齢は55歳以上だと思います。昔の反権力闘争を惰性で続けている感じです。来年もめげずにひとり立ち向かうつもりです。http://www.geocities.jp/ikeguchijp/#part1 文字化け→表示→エンコード→日本語(自動設定)クリック

憲法9条に関してもそのとうりだと思う、軍隊を持たないと言うことは国民を守らないと宣言しているのに、一般国民にわからないようにあらゆる手を使ってカムフラージュしている。これを変えなければと言う人でさえ自衛権はあるのだと言う議論にいってしまう、憲法9条議論するときは自衛権がどうのこうのではなく、軍隊を持たないと言うことは国が国民を守らないと宣言しているのだとはっきり言うべきだ。国を創設したら一番にやるべきは軍を創設し国民を守る体制にする、これを抜きにして国が成り立つわけがない、左巻きの連中が叫んでいるのは一般人は馬鹿だから税金だけ払えあとは自分でやれと言っている、こんなひどい搾取をやろうと叫んでいる連中をまだ支持する国民がいるのも現実だ。

彼らの嫌いな権威は日本の伝統であったり、古くからの地域共同体におけるしきたり、神道などの日本の土着宗教や概念であってマルクスとか、共産主義、という外国から来たブランド権威には大変従順ですね。

国名にこれらの言葉が入っているだけで実態は共わななくとも擁護してしまうのですから。
もっとも、確信犯的な外国に帰属意識を持つ工作員もどきの反日主義エセ日本人が半数以上いるのでしょうけど。

元はやはりGHQ(米国)

で朝日が戦前とまったくちがったスタンスで戦後 報道するも、私は同じ人が書いたのでなく
(価値観の激変で悩んだ人がたくさんいたと思います)、やはり、当時の権力を握った占領軍が
日本の再興を恐れ(忠臣蔵はあだ討ちなのでその当時は禁止されたそうです)、植民地の日本
にするが為に、戦勝国並待遇を朝鮮人に与えた、また 帰化した元朝鮮人(日本を嫌った朝鮮人)
を日本の中枢に配属した思うと、戦後の不合理はほとんど理解できます。
それが 最近ネットで知ったいろいろな情報を照らし合わせると、やっぱりです。電通も半島系に汚染され、日教組も最近(朝鮮日報、中央日報を読んでの感想) 韓国の教師組合に似てるなと思うます。
最近は 創価が信者の獲得より、経済に秀でた人を金銭的に、また創価の組織で全面的にバックアップ。
キーワードは安売りです。ソフトバンクもそうですね(創価系かわからないが)恐ろしいことです。
今後 日本は我々の子供、孫の世代なると大陸、半島人が経済を仕切り、
日本人は虐げられているでしょう!
相撲はまだスポーツで大きな影響は及ぼさないですが、モンゴルの侵食は怖い!
昔のハワイの大きなおでぶさんはやさしかった。
スポーツで侵食されると、次は経済、 その次は政治す。

マルクス・レーニン主義

マルクス・レーニン主義、久しぶりに聞く言葉です。ベルリンの壁が崩れ、ソ連解体、そして中国の小平以来の市場経済の取り入れで、世界ではアダム・スミスの資本市場経済主義に軍配が上がったと一時的にも考えた。

しかし、どっこい、共産社会主義はしぶとく生き残っている。表面上の名前は変わって、ロシアのプーチン主義、中国の胡錦濤主義とでも謂いましょうか?この状況を見ると形を変えた冷戦が煙を放ち始めた。

そして日本にも自由主義国には珍しく、共産党、社会党の流れを受け継いだ社民党、民主党、日教組なども現役である。そして自民党にも社会主義じゃないかと思われる、媚中、親韓議員がうじゃうじゃいる。これには胃が痛くなるほど、なんとかならないものかと思う近頃。

ブログ主催者様の意見:
>我々日本は今や断崖絶壁に立っています。
まさに同感の極みです。

この際だから非公開コメントを禁止しては。ついでに奴のipも表示
してしまいましょう。

はじめまして。いつも楽しく勉強させてもらいながら読んでいます。

本当に愚問なのですが。

ブログ主様は、ガンジー主義やダライラマ14世はどう思われますか?

私は、日本の憲法は必ず改正されねばならない、と考えていますが、また同時に、ガンジーや、現ダライラマ法王猊下を非常に尊敬しております。

本当に愚問ですみません。

日本は核武装すべきだ、とも思いますし、ダライラマ猊下の発言ややり方に、人間としての圧倒的な高さを感じ、非常に尊敬しています。
左翼のイデオロギーどうこうを完全に超越した、人間としての究極の高みだとも思ったりします。

ブログ主様の、ああいった徹底した非暴力主義(宗教的イデオロギーがそうさせているのでしょうが)について、僭越ながら意見を聞いてみたい、と思いましたので。


個人的な質問で申し訳ございません。

失礼します。

邪悪な社会主義思想→まさにその通りですね。戦後の公職追放で戦前社会のトップにいた人々の代わりに左翼思想に染まった人達が社会のトップに立ってしまいました。
それは現在も続いている悪しき伝統です。
救いはこうしたブログや本などを通じて少しずつではありますが真実が知られてきていること。
日本人はそこまで愚かなのか?!
私はそうではないと信じたいです。少なくともこのブログとコメントを拝見する限り、日本人は真実を見抜く力があると思います。
これからも期待しています。

教師は今こそ範を示せ

どうやら日教組は過去の遺物になりつつある様で大変喜ばしいのですが、ではそれ以外の教師が頼りになるのか?となると甚だ疑問です。『靖国参拝騒ぎ』の時に、縁者の若い教師(非日教組)に質問した事があります。
『戦争についてどう思う?生徒には何て教えてる?』
答えはありません。『教職員法違反だから』の返答さえありません。単に『興味がないから考えた事もない』だけの様でした。
大多数の人間が汲々とする中、他より高い給料を貰い、20代で結婚、自宅も購入できるほど優遇されているのに(羨ましくなんかないもん!笑)、その生活を保証してくれる自国に興味がないのです。自国に興味のない者が、どうしてその国民を育てる事ができましょう?
『日教組は日本共産主義最後の砦の1つ』と聞いた事があります。砦が決壊した後にこそ『愛国教育』が必要でしょう。世界に出ても、『お国自慢』もできない『のっぺらぼう』や『自称世界市民』は絶対に信用されません。
戦前教師の大多数は使命感に燃え、『いわゆる植民地』でも規範となるべく行動しました。今でもその残響を多くの『旧植民国』で見る事ができます。
日教組が縮小している現在こそ、教師が『教師の権威』を取り戻すチャンスでもあります。教師が『範を示す』時が来たのです。

「結果の平等」=「悪平等」=「不正義」

>日本をおかしくしている最大の言葉は「平等」という言葉

まさしくその通りですね。
左翼系の人達は 「機会の平等」ではなく 「結果の平等」を主張するからおかしなことになるのです。
全員が金メダルなんてことはあり得ないのです。「結果の平等」からは工夫や切磋琢磨、努力・・・といったものは決して生まれません。そんな社会は面白くでもありません。社会の活力はそがれ、全てが沈んでしまう。全てが貧しく、権力の中枢にあるほんの一握りの人間だけがよい思いをする。
それが「結果の平等」の現実の世界。

同感です。日本が日本であるために。

いつも勉強させていただいてます。ありがとうございます。

『戦争反対 平和平和 ○○友好』と念仏のごとく唱えていれば、平和であり続けられるという非現実的、牧歌的な考えの持ち主には一刻も早く現場から去ってもらいたいものです。
(ましてや教育現場などでは)
冷静に世界の現実を見てもらいたい。
(2,3年、発展途上国でがんばってもらいたい。日本がどんなに恵まれているか、明治以来、日本がどんなに西欧列強にのみこまれないよう努力したかよくわかるはずです。ついでにけっこう尊敬されているかもわかるはずです。実際そういう教員いました。海外ボランティアから帰ってきて考え変わっていましたよ。)

以前ビー○た○しさんが、最近の日本は右翼的な動きがあるのではという意見に対し
『戦後ある時期から とにかく左翼的な物言いをしたり 考えを持っている人がインテリと思われていた、しかし、最近だんだんそれはおかしい、という事も言われるようになってやっと中道に戻りつつあるかな、という段階ではないか』というような発言を聞き納得したものです。

ゆっくりとですが、今までとは確実に違ってきているとも思っています。現在、いわゆる左翼的な物言いにインテリジェンスを感じる人は、確実に古い世代だと思います。

毎年の靖国騒動、毒餃子、等の度を越した反日行動から、まだ若いフツーの人々が、何故?という疑問から始まり 色々なことを自分で学び、今までの教育や報道にも疑問を感じ始めています。
しかし、ここまで、自国や日本のために命をささげた先人達などをおろそかにする思想がしみこんでいる現在、まともな感性に戻すのは大変だと思います。

しかしこの先、日本があらゆる面で立ち直っていくためには、本来の国家、国民としての正常な感性、誇りを取り戻すことからはじめなければ先はない、と思います。
むしろ、誇りを取り戻す義務があると思います。
経済大国であるだけではなく、なんとしても政治大国にならなければ日本の未来はないのではないでしょうか。

その上で冷静な目で 現実世界を見極めていかなければ 虎視眈々とこの国を狙う連中に 外からも内側からも食潰されていってしまう、と危惧しています。
西欧各国が移民対策で汲々としている事も省みず 移民移民と嬉々としている政治家や 
真面目な国民の血と汗の結晶の税金を反日国家に垂れ流すような政治家を排除しなくて未来はありません。

>日本は断崖絶壁にたっています。
>この素晴らしい日本の国を守りたい、
 日本の文化を破壊されたくない、その想いは日々強くなってきています。
 
まったく同感です。これからの10年が日本という国が(中共の某指導者の言うとおり)形だけのものとなり滅ぶか 生き返るかの瀬戸際だと思っています。ここに来られる方のコメントを拝見してもまだまだ日本人はすてたもんじゃないと感じます。

一人一人が危機意識を持ち、それぞれのポジションにおいて最善を尽くしていきましょう。
自分の国を守ること、大切にすること、誇りを持つこと
=自分や自分の大切なものを大切にすること、大切にされることであり日本が他国の属国化せず生き残る唯一の道と思います。

乱文失礼しました。

フェミニストの日本解体計画

最近の本では
「おひとりさまの老後」(上野千鶴子)
が危険な左翼イデオロギーです。
先祖を敬わず・家族を作らず・自分さえ良ければという考えです。

<51歳(男)です。>
30年間くらい、朝日新聞・朝日ジャーナル(廃)の愛読者でした。
マスコミの頂点にたつ、「日本の良識」であると疑ったことはありませんでした。(読売新聞の勧誘にも負けずに・・・)

北京五輪(チベット問題)を契機に、ネット探索を行い真実がわかってきました。
自分の愚かさを知り、偏向マスコミの怖さを痛感しました。
このブログでも、いろいろ学ぶことが多い日々です。
今後ともよろしくお願いします。

書籍でも、「本当の歴史」学び始めました。~♪ 

日教組が過去の遺物になりつつある、と思っている人。今子供たちが使っている歴史教科書を見たことある?しゃれにならないことになってますよ。なぜ騒ぎにならないのか理解できません。

今、自分は20歳ですが、
自分が、社会に出た時に、世間に左翼勢力が幅を利かし、
他国に、操作され、売国議員に日本の舵を取られていたらと、
考えると、恐怖より怒りを覚えます。
いつになったら、彼らは、永眠してくれるのやら、
思想(利権か?)も世襲するんでしょうかね、、
まぁ、戦う楽しみがありますけど。

自称日本人に虐げられている民族の皆さんへ

みんなが見れない『裏でコソコソ』管理人を叩く・・・。
今さらですが本当に貴方がたらしい野蛮なやり口ですよね?
嘘を付いてる(教わっている)自覚があるからこんな事しかできないのでしょうか?

せっかくみんなに見てもらえる場所なのだから堂堂と自分の考えをぶつけて
みればいいのに・・・。

「タリバンだって我々には手を出さない。むしろ、守ってくれているんです。9条があるから、海外ではこれまで絶対に銃を撃たなかった日本。それが、ほんとうの日本の強味なんですよ。」

 ペシャワール会代表の中村哲氏の言葉です。前回の記事にも関わるのですが、今回の記事に、憲法9条のことが出ていたので、ここで取りあげました。
 この言葉の中にある「むしろ、守ってくれている」という言葉の中に、重要な鍵があると思います。無意識のうちに、甘えとおごりが出ていると私は考えます。およそ、人助けをしようと思う人間が、他人からその身を守ってもらってはいけないのです。結果的にそうなることがあったとしても、そのような気持ちを持ってはいけないのです。まず、生きて行く基本として、自分で自分の身を守ることができて、初めて他人に援助の手を差し伸べる資格があるのではないでしょうか。これは、日本が、憲法9条に守られていると言いながら、実は、米軍によって守られている情けない実態に目をつぶっている現状とダブります。
 諸悪の根源は、日本国憲法にあります。「諸国民の公正と信義に信頼し・・・」などという、前文からして虚構であることは、本当は小学生でもわかるはずなのです。ところが、多くの人は、権威に弱い。大学の先生たちや有名な人がよい憲法だといっている。また、憲法という名前だけでも、そのままありがたいものと信じてしまう。しかし、9条も含めて、このような憲法を頂いて生活していては、真の意味で自立した人間は育ちにくいでしょう。
 憲法は、人間が作ったものです。そして、謙虚な人なら誰でも分かっていることですが、人間は誰も不完全な存在です。したがって、人間が作った憲法も、不完全です。たとえ、GHQの押し付けによるものでなかったとしても、常に、見直し、また、変化して行く時代に応じて、変更すべきなのです。あらゆるものは変化するのです。ところが、それが日本では行なわれない。それで、虚構の上に、自己の人生の基盤を置く人が出てくるのだと思います。
 しかも、子供の頃から、日教組によって、この嘘を叩き込まれる。幼い頃の刷り込みは、滅多に変えることができません。科学的教育の基本の一つは、疑うことを教えることだと思いますが、それがなされていません。、自分の身や自分の国は、自分たちで守らなければいけない、他人や他国任せではいけないという、わかってみれば当然のことが理解されない理由はここにあるのではないでしょうか。
 しかし、客観的に思考する人々であれば、コペルニクスの地動説よりは、憲法9条のまやかしは理解されやすいと思います。したがって、私は、希望をもっています。 
 中村氏は、善意の人だと思います。彼を貶めようとも思いません。しかし、いわゆる脳内お花畑の思考をする典型的な人のようなので、しかも、今話題になっている事件と関係があり、問題を理解するのに適切な事例と考え、取りあげさせていただきました。彼も、戦後教育の犠牲者だと思います。

>佐助 氏

軍隊を持つと言うこと=国民を守る
なんて図式はなりたちませんよ。

アフガンやイラクの現地で日本の顔として活動しているのは、外交官でも警察官でも自衛艦でもなく、NGOの若者なのだそうだ。危険すぎて公務員が行けないからと、NGOに金を渡して日本代表で送り込んだ。

というのが真相のようです。

http://kikuchiyumi.blogspot.com/2008/08/blog-post_28.html
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-438.html

一番復興に貢献しているのは、NGOの若者なんですよ。

「反日」という作法

ずいぶん前から、テレビや、新聞などで、日本人が日本国を悪く言うのを、よく見、よく聞いてきた。 彼らの肩書きは、ジャーナリスト・大学教授・人権活動家・知識人・新聞社社主・官僚・市民団体代表・政治家・教師・労組・自然保護団体・NGO団体 弁護士・タレント等だ。彼らの思想は、自虐史観というもので貫かれており、史実に基づかない情報であろうと、無かろうと、不当に自らの祖国を傷付け、毀損していた。日本の近代 1868年から1945年の歴史を全て否定的に捉えようとしている。私は、彼らが受けた教育の問題や、間違った情報により、ただ単に、誤解しているだけだと思っていた。現在のようにインターネットで過去の情報が容易に収集できる時代が来たので自然と自らの国を愛するようになってくれるのだと思っていた。

しかしどうであろう。数こそ少なくなったものの、いまだに自らの国を不当に貶める者が
多い。ひょっとしたら、彼らにとって「反日」とは、それ自体に意味が有るのではないだろうか?「日本を貶める情報」それが事実であろうが無かろうが、積極的に流布し、あげつらう。そうする事によって、自らが「高級な人間」「善良な人間」である事の証明ができると考えているのではないだろうか?彼らは嗜み(たしなみ)として、「反日」であり続けることを選んでいるのではないだろうか?

彼らが、日本国の国旗や国歌をことさら無視、軽視するのは、現実社会に日本国を大切に思ったり、誇りに思う人間が増えることが邪魔だからではないだろうか?日本国の社会的な地位が上がると、相対的に自分達の「高級」「善良」な立場が危うくなる。
これはもう、左翼思想などという言葉で括れないのではないか?作法としての「反日」
或いは 華道 茶道等があるように、「反日道」というべき存在があるのではないか?
自国の名誉や誇りを傷つけ、嘲り、貶める事によって、自らの人間性を高め、社会を啓蒙する。人格形成の為の手段としているのではないか?(家元は誰だろう?)
私たちは、まさかその様な哲学がこの世に存在するなどと思わなかったから。出来合いの
言葉で彼らの事を、左翼とか自虐史観の持ち主、もっと過激な言葉で売国奴と呼んでいた。

又、彼らにとって、「反日」とは、市場で取引される利幅の高い「商品」でもあるようだ。外国にも盛んに輸出され、又、外国から「逆輸入」されている。私たちは、「舶来物」にどうも弱いようで、参ってしまう。

わたくし「憂国者」は今の日本の現状を揶揄したり、悲観して
コメントを書いているわけではありません。人間の心のプロセスとして、「他者より優れていたい。」「 人から善良で高級な人間であると認知されたい。」「お金儲けがしたい。」という心理は、古今東西に共通する事であり、決して特殊な考えではないと思います。

ただ、日本国の悲しむべき事は、日本人が日本国を貶めることを通じて、虚栄心を満たり、お金儲けが出来る仕組みが構築されているという事です。
日本国を愛する人達が、日本を取り戻す為に戦いを挑むときは、「反日」という仕組みに組み込まれた人々の「我欲」を相手にすることになります。「物事の道理」や「正しい歴史認識」だけを武器に戦うには手強過ぎます。

ではどうすればよいのか?
実は私達一人一人には素晴らしい「力」が備わっていて、それを使えば良いのだと思います。私たちは、その「力」を有効に使っていないだけだと思います。それは何かと言えば・・・「愛」です。(皆さん笑わないで下さい。)
「愛」とは一体どんな概念でしょうか?若い頃、社会心理学者 エーリッヒ・フロム氏
の著書「愛するということ」を読んで衝撃を受けました。それによると「愛」とは、感情ではなく、対象に対する「知識」「責任」「尊敬」「配慮」という要素から成立っているそうです。そして大切な事は、「愛とは技術である。」と述べられている事です。「技術」である以上、習得する為には、忍耐、努力、訓練が必要となります。当時の私の立ち位置から何と遠く離れているのだと、嘆き悲しみました。そして少しずつですが、「愛」の方向へ近づこうと努力してきたつもりです。(まだ目的地には辿りついていないのでしょうが…..)

このコメントを最後まで読んでくださった皆様、日本を「愛する」行動を今から始めませんか?自ら生まれ育った国の歴史を学び直し、国政に責任を持ち、素晴らしい国を護って下さった先人達の魂を慰霊・顕彰し、次の世代に日本国の有形・無形の財産を如何にバトンタッチするか心掛ける。日々努力し、「技術」を高めていくのです。

そして、「国を愛する技術」を武器に、「反日の我欲」に戦いを挑むのです。 血は流れない、衝撃音も閃光も無い静かな、淡々とした戦いになると思います。勝利の女神はどちらの勢力に微笑むでしょうか….それは何とも言えません。ただ後世の人々は、「技術」者たちをこう呼ぶことでしょう。

「愛国道」の求道者たちと。

恩師?

学校で教わった日本の近代の歴史と実際の日本の歴史の違いに愕然としています
教師の考えや教え方にもよるのかもしれませんけど。
正直今、学校で歴史の勉強を教えてくれた教師に会ったら文句の一言でも
言ってやりたいですよ

aaaaさん

今の高校教科書は中身もですが、分量もペラペラです。20年前の教科書と比べて半分位に見えます。字間もスカスカだし、これで大丈夫なのかと不安になります。
高校教科書でさえこうなのだから、小中学校教科書の程度は推して知るべし、です。
日教組寄りの教科書選定についても、まともな団体は抗議してますがマスコミには取り上げられませんね…逆はよく見かけますが。
日教組の崩壊にはまだ数年かかるでしょう。でも決壊が始まったのも事実。戦後の或る時期から今までの長い間、現場を牛耳られた事を考えればあと数年位、なんて事もありません。
逆に、教育基準が1~2年で変わり過ぎると却って危険ですし、ここはまともな教師育成の時間が稼げた、と考えた方が良いかと。

当然の利益 と 上前はね と 盗み  の違い

 泥棒がいます。コソ泥、強盗などは、誰にもわかりやすい泥棒ですが、お利口な泥棒もいます。大勢の被害者に一度に気づかれないように、こそーっと、なるべく合法的で人道的に見えるようにルール作りをしつつ、社会秩序に十分な配慮をした上で、止むを得ずこうなった、という将来の言い訳を用意して、確実に安全に泥棒を働くのです。

 被支配者候補の我々日本人は、日本に居ながら、ごく自然に富を巻き上げられるハメになります。こうなると、泥棒の盗みが上前はねを通りこして、当然の利益になってしまいます。
 そんな謀略策謀の担い手にはゼニに目のくらんだ日本人も含まれますが、外国勢力に操られる者、あるいは日本人に成り済ました者が社会的地位や権限を得て日常の仕事として行います。我々は戦いを挑まれた意識はないのに、相手は日常的に日本内部に包囲網をしかけて略奪をしかけてきます。それを邪魔するものは、泥棒(下っ端)から攻撃されます。

 これを放置していれば、何十年後かに、日本は戦争に巻き込まれもせず、経済大国でもあり続けたけど、なぜか日本人は富を失っている、などということになりかねません。
 我々に必要なのは、偏向のない情報、自分の判断力を高めて(時間がないので信頼できる言論元を確保)、排除すべき者を見極めて排除です。
 ・・・・ごく当たり前の結論で、投稿していいものか迷いますが、送信。


 それにしても、天皇を生物的にしか定義しない馬鹿サヨク。歴史と自然存在を後だしの法的な理屈で是非を論じる愚かな「自称合理主義者」。この「議論」を将来に生かすかの言い方をする。しかし、議論ではなく存在にケチをつける目的の屁理屈合戦になると、こういつらが優勢に見えてしまうのが残念。

知識人へのお願い

すみません。知識をお持ちの方にお願いがあります。
以下は、「アジアの真実」さんの記事からコピペさせていただきました。
真実かどうか知ってらっしゃる方、あるいは調べる術をお持ちの方、どうか、ご協力ください。

http://ameblo.jp/lancer1/
アジアの真実

2008年08月27日
下記のイザベラ・バードの記事について
テーマ:韓国・歴史認識問題
下記の記事ですが、誤りのある情報である可能性が高いとのことです。ご注意ください。
とりあえずまだ記事は削除せず残しますが、確定的になったら不要な情報をネット上に残さない為に削除します。
携帯から取り急ぎ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・イザベラ・バードの朝鮮紀行を韓国が改竄か? ~情報を求めています~

はじめまして。
外国に住んでいる日本人主婦です。
実は去年、英国人作家イザベラ・バードの朝鮮紀行(Korea and Her Neighbors)の英語版を取り寄せようとPCで調べていたら英国の出版社の物と韓国内で出版された種類のものがある事に気がつきました。
英国の出版社の原版は下記のHPにある内容だと思いますが
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea2.html   (韓国は何故反日か?)より

内容が全く正反対の韓国版では当時のソウルは清潔で人々はとても快適かつ豊かに暮らしているとイザベラバードは書いています。
韓国版は1997年に韓国延世(ヨンセイ)大学から出版されたものです。
http://www.seoulselection.com/shopping_book_view.html?pid=50

イザベラ・バードの朝鮮紀行(Korea and Her Neighbors)のエセコピーがNYタイムズから出ています。
(実本とは全く異なり、100年前のソウルは近代化されていて東洋一きれいな都市と書かれていますが、
おそらく先導者はNYタイムズのオオニシノリミツあたりではないでしょうか)

The Streets of Seoul.; From "Korea and Her Neighbors," by Mrs. Bishop.
http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=2&res=9C02E0DF1139E433A25750C0A9629C94699ED7CF&oref=slogin&oref=slogin

あと参考まで、外国でこの本をPCでサーチすると偽物版しか出てきません。本の紹介、あらすじの中で日本軍が韓国を支配中に建物をどんどん壊していったなどと書かれています。原本の英国の出版社に知らせれば虚偽本出版社は訴えられるのではないでしょうか?

http://www.google.co.nz/search?hl=en&q=Korea+and+Her+Neighbors&btnG=Search&meta=

救国のNGOの強化

日本の現状を憂いて、幾つかのNGOが活動しています。
アフガンで亡くなられた、行動される伊藤さんのような方が、今現在、世界各地でご活躍の事と思います。
この方々の幾人かでも、
日本の窮状をご理解頂き、引き抜くことができれば、即戦力として、強力な助っ人になるのではないでしょうか?

トンヘイさん
国家というものは一番に何をなすべきか、そこをぬきにして軍をもたないから平和だと叫んでもお花畑の議論でしかない、ひとつの国家がNGO団体だけで成り立つのならどこの国でも軍隊などもたない。軍隊をもつとはその国の国民を守る意志のあらわれである。今の憲法は国民を守ると言う国家意志がない、国民を守るのは他国民の善意にまかせるなどと憲法で宣言している国が何処にあるのだ、今の憲法は究極の搾取憲法に過ぎない。何度でも言うようだが憲法で国民を守らないと宣言しているのだ。税金は納めよだが人は守らないこういっているのだ。

今日もエントリーの内容と違います

すいません、ここのところ毎日ですが・・・

三菱UFJ、米ユニオンバンカルへのTOBを29日に開始
[東京 29日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-33513320080829

ユニオンバンカル:ユニオン・バンク・オブ・カルフォルニア,ニューヨーク証券取引所上場企業

この記事も日本のマスコミは発表していませんね。彼らは、未だに日本の金融業界もサブプライム問題で大きな打撃を受けていると言い続けている様に思います。しかし、彼らが言ってる程の被害を日本の金融業界は受けてないみたいですね。となると、日本の金融株が上昇すると困る人たちが居るのと考えるべきなのでしょうか?

個人的な感想では、バブル崩壊によってアメリカのハゲタカファンドにやられた時のお返しをしているかなぁと。グローバル・スタンダードなんですし。ただ、昔、日本isNO1と言って増長し、アメリカの不動産を買いあさったとき、手痛いしっぺ返しを貰った事を忘れてはならないかと思います。

なにごとも、ほどほどに、謙虚さを忘れずに。

「秘密:コメント」の件

管理人様

「秘密:管理者にだけ表示を許可する:コメント」についてのお願いです。

どのような内容か知りたいので「そのまま」出してください。寝ぼけている日本人の目が冷めると思います。
無理でしたら、今後の秘密コメントに関しては「表示は管理者に委ねる」として記して下さい。最終決定は管理人様のお心一つ(ハート)。

管理人様は貴重な存在です。失いたくありません。今はよくても疲れてしまうのではないかと心配です。お一人ですべてを負わないで下さい。

平等にも二種類あって、
機会の平等と 結果の平等があります。
左翼もどきが言うのは後者の平等です。
全体主義国家にならないために前者の平等については守っていかねばならないと思います。

kohiさんへ

イザベラ・バードの著作改ざんの一件は、デマのようです。詳しくはココで→http://d.hatena.ne.jp/lovelovedog/mobile?guid=on&date=20080827

http://zakmustang.blog26.fc2.com/blog-entry-1230.html
朝日の若宮啓文がフランス人との対談をした文を探したのですが、2年前という事もあってか、消えていたので、検索し、それをとりあげていたブログを貼ります。

若宮は、「 平 和 」の為に、「日本人は、WW2のトラウマから脱してはいけない」「日本人がトラウマから脱することがないようにするのは、自分の役割」と言っていました。(正確には、上記のブログに貼っていた魚拓も消されていたので、本文はわからず、意訳です)

戦争を知らない日本の子供達に、トラウマを背負わせる事が、「歴史を直視する」ことなんでしょうかね?
日本人の子供達にトラウマを背負わせ、自傷させる事が「平和」の条件なのかね?
あう意味、「一億総特攻隊」のようだ。

両陛下、コンサート鑑賞取りやめ アフガンの事件受け

 静養中の皇后さまは28日、群馬県草津町で音楽祭「第29回草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティバル」に参加し、チェロやクラリネットの著名な音楽家と、ピアノでベートーベンのピアノ三重奏曲第4番「街の歌」2楽章を演奏した。

 当初はその後に天皇陛下とともにコンサートを鑑賞予定だったが、宮内庁によると、アフガニスタンで死亡したペシャワール会の伊藤和也さんの悲報に心を痛め、急きょ取りやめた。

 ワークショップで皇后さまは眼鏡をかけ、音楽家と繰り返し練習。徐々に息のあった演奏を披露した。音楽祭は毎年、世界的な音楽家を招き、日本の若い演奏家らに教室などを開いていて、昨年も皇后さまはワークショップに参加していた。

http://www.asahi.com/national/update/0828/TKY200808280236.html

週刊オブイェクトの「ペシャワール会・中村哲医師のタリバンへの異常な愛情と毎日新聞・朴鐘珠記者の隠蔽工作」
http://obiekt.seesaa.net/article/105658453.html
は、良い指摘をしています。
天皇皇后陛下の佐賀県ご訪問に非礼な質問をしたことで有名な「朴鐘珠」記者が記事を変更し、彼らが都合が悪いと思う記事内容を変更しています。本当に、毎日新聞は、反社会的な存在です。
1. Posted by 民す党 2008年08月30日 09:20
http://blog.livedoor.jp/hanrakukai/archives/887357.html

とんさんへ
こちらから読むことができます。

http://web.archive.org/web/20070510083652/http://www.asahi.com/column/wakamiya/TKY200610300159.html
> 若宮 パリの街にはドゴールやチャーチルの像がそびえてますが、日本では東条英機らの靖国神社合祀(ごうし)で周辺国に激しくたたかれる。日本が戦争のトラウマを捨てたら、アジアは非常に警戒する。我々は核兵器をつくる経済力も技術もあるけれど、自制によって均衡が保たれてきた。

こいつふざけてんな。もともと誰も問題にしていなかったのに、たたくよう仕向けたのは手前らじゃねえか。

政治家に読ませてやりたい

いつもするどい視点で、しかも分かり易い文章に感心しております。今回も、私が日頃感じていることを実にうまく表現してくれています。私ではとても書けません。これからも続けていただきたいと願っております。敗戦後A級戦犯としてGHQに訴追された哲学者の大川周明博士が「自由」「平等」「公平」についてその考えを書いています。「精神的生活は自由」「政治的生活は平等」「経済的生活は公平」でなければいけないと。今は平等と公平を履き違えているような気がします。人間は生まれながらに平等ですが、その資質までは平等ではありません。私がオリンピック選手になれないのも資質がないからです。人間には夫々持ち味があります。大工さんに向いている人もいれば政治家に向いている人もいます。夫々の立場で持ち味を発揮できれば輝くことができます。それで社会は上手く回っていきます。全員が首相では国が動きません。首相もいれば大工さんもいる。それを肯定しないと不幸になります。学力格差反対を叫び、平均より下ばかりに視点がいき、全体の学力レベルを下げていきます。資質が違う以上格差は当然です。悪平等は国を停滞させます。それぞれが持ち場立場で「持ち味を発揮する」。それで良いのではないでしょうか。戦後の間違った歴史認識を知って欲しいといつも書かせてもらっています。
歴史の真実
大東亜戦争で日本を占領したGHQは、日本が再び立ち上がらないように日本の指導者を公職追放し、左翼の指導者を育てました。それが戦後の悪教育の始まりです。しかし、朝鮮戦争の勃発によって「マッカーサー」は初めて、戦う相手を間違っていたことに気付きました。1951年5月3日、アメリカ上院の軍事外交合同委員会において「マッカーサー」は、「Their purpose,therefore,in going to war was largely dictated by security.(日本の戦争目的は、主として自存自衛のためであった)と述べています。しかし、時はすでに遅く、この言葉を知っていたはずのマスコミは何故か報道してきませんでした。日本と戦い、東京裁判を行った司令官が「侵略戦争ではなかった」と言っているのに、日本のマスコミや進歩的文化人は「侵略戦争だった」と言います。1937年に始まった日中戦争は「ソビエトコミンテルンと中国共産党」の共謀によって引き起こされたものです。戦後、中国を訪れた多くの国会議員に対して「毛沢東」は、中国共産党が勝利できたのは日本軍のお陰であったと感謝しています。このことも報道されていません。中国政府は、靖国を責める資格はありません。むしろ感謝しなければいけない立場です。このことを広く伝える必要があります。事実ですから。

確かに日本は平等を正しい意味で使えていると思えないです。何かから逃げる為に使っている。

そういう言葉が多すぎる気がする。

解体工事中 (立ち入らないで下さい?)

「人権」「環境」「平和」「平等」「自由」といった、一見誰も反対できない理念的な美辞麗句・・・

 これって、サヨク的な人は、人間は生来、無条件に与えられているとしますが、本当だろうか。そう信じてい良いのでしょうか。人種国籍に関わらず与えられている、ということを実証的な証明をした人はいるのかねえ。まさか今現在、日本で実験しているんだ、なんて言わないでしょうね。

 また、キレイな言葉や精神力で得られるような簡単なものだろうか。米の自由とかも、相当なカネをかけて血と汗を流して維持してますもんね。

 要は維持コストがかかるものなんですよ。稼いだカネで運用しなければならない、いわば社会インフラ。生臭いカネの使い道の話しでもある。

 民度や歴史文化も影響する。国ごとに違って当然でしょ。それをサヨクのお方は、世界共通に実現できないのは、保守的で頑迷固陋で野蛮な支配志向の既得権益にしがみつく旧態依然な人間のせいだと決めつけて攻撃し、自分たちに追いついて来れない愚鈍な大衆を自分たちが導いてやらねばならない、みたいな自己陶酔的な使命感に酔いしれながら張り切ってしまいますね。これは大間違いだろう。

テレビ

テレビの番組表を見るとマトモな番組がないのに驚かされます、見なければ良い事なのでしょうが、現在は多くの番組が有り、興味をそそられる番組の「看板」が上がっていますのでNHKだけでもと見ると普通・Bs放送と各所でやって居ます。

韓国映画・中国映画、8月には戦争番組で60年前の戦争を回顧、高校生の戦争演劇、国民から視聴料を取りながら日本人に希望を与える、啓蒙すると言える様な番組が有りません。日本悪を騒ぎ過ぎる様な番組作りには予算委員会もクレームをつけるべきでしょう。

酷い番組には抗議しても殆ど意見が理解できないのでしょう、今までも確たる回答は貰った事もなく次回の放送にはご意見を反映させます。
マスコミがマトモに成って呉れないことにはテレビを見て育つ人達も大勢いますので嘘の歴史は監視し反発してほしいものです。

応援しています

初めてコメントさせていただきます。

>国を守る意志を持つことは悪で 無抵抗主義が善であると信じています。

この点はまさに現在の日本の「病気」を象徴していると思います。
国を守ること、愛することは次世代に受け継がれる将来を考えたら言うまでもなく大前提におかれるべきもののはず。なのに全くこうしたことを否定して売国行為に走ったり夢物語だけに生き続ける政治家や企業・組織には日本を出て行ってほしいと心底思います。

表現の自由を大義名分に散々捏造や中傷で国を貶め続ける人々が、誰かがごくまともに国を愛していることを表現するだけで一斉に叩きにかかったり、現実を指摘するだけで激しく罵ったりする今の状況はまともではないです。
この状況下で思ったことをはっきりと文字に起こし、コメントを広く受け付けておられるブログ主さんには頭が下がります。

家族で楽しみに読ませていただいております。大変ためになり、共感する点が多いです。卑怯な脅迫者がいることは心配ですが、できればぜひ今後とも長く続けていって下さいますように願っております。

<51歳(男)です。> 最後まで読んでください。

中学生のときの授業で、先生が強調していて脳裏に焼きついた事は以下の3点です。
①侵略戦争であり、軍の残虐性は目に余るものがあった。
②(戦争責任のある)天皇制を残した「GHQ」はおかしい。
③原爆投下:ある意味においては、「自業自得」である。

もちろん、先生を信じていました。
ずっと上の世代が、「天皇」「侵略戦争」を肯定するのを内心バカにしていました。
(インテリ?はそんなことは考えないよ! 腐れ右翼か!)
日教組(北海道なので北教組)が、デモ・ストを連発している姿をみて、
「さすが! 権力に対抗する先生! ガンバレ!」と尊敬していました。

子供の頃の、「アンポハンタイ(安保反対)!」の響きが耳に残っています。
もちろん、その意味するところは理解していませんでした。

高校生のころ、左翼闘争に参加できなかったことが残念でした。
あこがれの毛沢東様(社会主義・共産主義・ユートピア~心地よい響き!)
いつか、「毛沢東語録」を手にして中国にいくぞ!!!
そんな、左翼青年はいつしか、「日和見主義」に堕落しました。

時は流れて・・・
「謝罪問題」が起こりました!
腐れ右翼自民! 謝罪せよ!(心の中で叫んでいた)
極めつけは、村山総理万歳(さすが社会党! 勝利宣言じゃ!)
(コウノ談話↑◎ コイズミ靖国参拝↓×)

さらに時は流れて・・・
北京五輪(チベット問題)で、ネット探索・・・
★☆★30年程度愛読した、「アサヒ新聞」に別れを告げました。
愚かな自分に気がつき、中共等の情報戦略に驚きました。

私は、「下位の左翼くずれ」でしょう。
「アサヒ」に代表されるメディア等には、「バリバリの(隠)左翼」が中枢に君臨しています。
その連中には何を言ってもダメで、中国人が絶対謝らないのと本質は同じです。
死ぬまで待つ?(ネットの進歩で既存メディアは衰退するでしょう。)

面白いことに、バリバリの(隠)左翼が多いのに、バリバリの右翼は以外と少ない。
「ネット右翼」は、以外と健全だということがわかりました。
若い人に期待します。
私は、同世代の仲間に「正しい歴史を学ぶ・中国の実態を知る等」~を進めていきます。
「洗脳されたオヤジ」を説得するのは大変だけど・・・
<もちろん、自分の子供(孫)にもね~♪>

渡辺喜美元内閣府特命担当大臣ね、今日の生放送の朝ズバ(みのもんた)に出演してね、たしか、「官僚改革を断行すれば倒閣が起きると官僚から脅された」とか、「日本でもクーデターが起こりえる、内閣でそのような話は出ている」とか、発言してました。今の官僚改革といっても骨抜き改革で既得権がより強固になるものらしいけど。内情は知りませんが在日朝鮮系サラ金業者から献金を受けているワリには過激な発言です。意図はどこにあるのか?今頃内閣から怒られているのか?

2008/08/30(土) 10:16:36様

【風考計 核兵器「帝国以後」のエマニュエル・トッド氏との対談】
ご紹介ありがとうございます。
ネット上の感情的な「核保有」には抵抗を感じますが、これは読みやすかったです。
まだ知らない方が多いと思いますから是非教えてあげてください。m(__)m

管理人様、横道にそれて申し訳ありません。

なんとなく

>極めつけは、村山総理万歳(さすが社会党! 勝利宣言じゃ!)
>(コウノ談話↑◎ コイズミ靖国参拝↓×)

父親も靖国反対、南京大虐殺はあったと頑として話を聞かなかったが、
その精神構造はよくわからないままだった。
10年間中国に単身赴任した後でも、意見は変わらなかった。
けどなんとなく団塊の方がどういう社会の雰囲気で生きてきたのか
少しわかった気がします。

アダージョ様

すべてを日本のせいにさせようとする洗脳工作、WGIP をご存知ですか?

http://wgip.at.infoseek.co.jp/file/waya05.html
> まず日本を、「実効ある検閲の網の目」によって包囲し、
>その言語空間を外部の世界から完全に遮断する。
>しかるのちに「広汎」な検閲「攻勢」によって、
>この閉された言語空間を占領権力の意のままに造り変える。

ここのコメント欄もどうぞ。

谷村新司、陛下に非礼
http://kakutatakaheri.blog73.fc2.com/blog-entry-1252.html

沖縄での実地例も参考になります。

沖縄人と内地人を離間せよ!米軍斯く攪乱せり
http://birthofblues.livedoor.biz/archives/50698612.html

幸せだったかも・・・。


団塊世代の方のコメントを拝見して、『私は幸せだったかも・・・。』と思いました。小・中・高・大と、別段左翼系の先生はいなかったように思います。とは言っても、今のように日本の歴史や中朝韓の事を詳しく勉強していたわけではありませんが・・・。

祖母が戦争の悲惨さを私たち孫に、時々教えていましたが、両親がどちらかというと、いつも『日本人としての誇りを持ちなさい。日本はどこの国にも負けない素晴らしい伝統と歴史があります』とよく言っていましたし、また、『何か一つでも良いから、日本の伝統文化をしっかりと身につけなさい。それが日本人としての心得です』とも言われていたので、自然と『茶道や華道』を身につけ、その身につけた事がまた自然と、先人や日本を理解する『媒介』になっていたのでは?と思いました。

というのも、いくら写真付きで「南京大虐殺」の話をされても、「アジア侵略」とか「朝鮮慰安婦強制連行」とか糾弾されても、「どうも何か違うな~??」という疑いの念が払しょくできなかったのです。そして夕飯時に、父がよく『特攻隊員』の話をしてくれたり、天皇家の歴史や日本の歴史話を聞かせてくれたりしていた事も、左翼人の言うことを鵜呑みに出来なかった所以かもしれません。

そう、左翼や米中朝韓の言うことが、どうも“しっくりこない”という感じだったのです。

それに、学校の先生もどちらかというと、両親と同じようなことを言っていましたし、日本の天皇家の存在を高く評価していたのを覚えています。ですから、真剣に日本の歴史をどうこうとと考えたこともないかわりに、左翼らの言う「日本悪逆史観」にも、決して染まることがなかったんだと思います。ごく普通に「日の丸掲揚」も「君が代斉唱」も好きで、良い国だなと思っていましたから・・・。でも・・・他の友人に聞くと、酷い教え方されている人もいましたから、地域や学校にもよるのかもしれませんね。

しかしながら、私もかなりの平和ボケでしたが、中朝韓在日の「狡猾な工作や民族性」を経験したり、知らされてからは、一気に平和ボケから解け、今はとても厳しく中朝韓在日の実態や状況を調査するようになりました。



また

http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1847.html

日本の大企業「IHI」が韓国人大学生240人を採用するようですが。
反日教育で嘘の日韓歴史を刷り込まれ、この日本を仮想敵国と認識している
韓国人学生を雇うのは企業姿勢としてどんなものなのか?
造船・航空機エンジン等を製造している会社として弊害はないのか?
また、日本人の多くの若者たちがフリーターという不安定な職種を強いられている現状からして、なんとも納得のいかない話です。

中川秀直の「1000万人移民受け入れ政策」やらと連動している動きなのか。
以前、ローソンでも、日本にいる中国人留学生を大量に採用するとの報道がありましたが、IHI同様に表向きの採用理由は「彼等は優秀だから」というもの。
日本企業に勤め、日本の為に能力を尽くすのであれば問題はないのでしょうが、事あれば本国の意向に沿って一斉に行動するのは目に見えている。
この日本を、ここで暮らす日本人を大事にしない政治家や企業人・知識人が、
この国にはあまりにも多すぎる。


ちなみに、IHI の日本での 2008年4月の新卒採用数を調べてみたところ。
http://www.ihi.co.jp/ihi/recruit/ihi/ihi/recruit/info01.html

技術系 185
事務系 50

ということらしいです。これを見ると、韓国からも人を取るというようにも見えますが、まさか、韓国人を 240人というわけなのでしょうかね。Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)。あらためて朝鮮日報の記事を読むと韓国人240人と読めます。もしそうだとしたらとんでもないことですね。日本人より韓国人をたくさん採用するということになりますから。

>反日教育で嘘の日韓歴史を刷り込まれ、この日本を仮想敵国と認識している
>韓国人学生を雇うのは企業姿勢としてどんなものなのか?
まったくです。JAXA などにも完全に浸透している現状、もう国家レベルの技術情報もすべて横流しされると考えてよいでしょう。

>2008/08/30(土) 10:16:36| さま

私のパソコン環境のせいか、文字化けしてしまったので、また、挑戦したいと思ってます。
ありがとうございました。

もう、1年以上前の記事ですが、事あるごとに思い出す、私にとってのトラウマ記事です。

それから、日本人向けのましな教科書の一つである芙蓉社の歴史教科書をつぶしたのは、中核派と民潭です。両者とも機関紙でそれを誇ってましたからね。(こう書くと、一見中核派が純粋な日本人の組織のようにも見えますね)

あと、コピペですがこれも。コンパクトにまとめてあります。

=== 朝 鮮 人 が 日 本 に し た こ と ===

1、20世紀初頭、朝鮮は実質的に国が破綻状態で外国(中国・欧米・ロシア)から
  侵略されそうになったので、当時軍事強国だった日本に併合してほしいと救いを求める。
2、日本はいやいやながらも朝鮮に同情し併合を認め、内鮮一体のスローガンのもと
  多大な資本を投入して朝鮮の国つくりに協力。
  韓国の皇帝は天皇陛下に次ぐ高い地位を与えられ、多くの朝鮮人が日本に来て学問・技術・芸術を学ぶ。
3、大東亜戦争時は日本の臣民として共に欧米と戦い、朝鮮からも多くの志願兵が集まる。
4、ところが日本が敗戦すると手のひらを返したように日本を裏切る。
  急に日本は敗戦国で朝鮮は戦勝国だと言い始め、日本の法律だけでなくGHQの命令も無視して
  略奪・レイプ・殺人やりたい放題。
5、農家を襲って食料を奪いヤミ市で大もうけ、さらに土地の不法占拠・覚醒剤の密売
  当時朝鮮が混乱していたこともあり、日本を自分達のものにしようと役所や警察を襲って占拠
  もちろん税金は一切払わず、税金を徴収に来た国税局の職員にケガをさせることも・・・
  あまりの横暴ぶりにマッカーサーが激怒し朝鮮は戦勝国ではない第三国だと宣言する(三国人の由来)
6、一方朝鮮半島では「ヨーコの話」にも出てくるように日本人女性を襲ってレイプし放題
  被害に遭った女性はすべて泣き寝入り。
7、さらに、朝鮮人はアメリカのWGIPに習い日本人を洗脳し内部から支配することを計画。
  不法行為で儲けた資金力にものを言わせマスコミ・教育界・法曹界への影響力を強め
  「日本は極悪な加害者・朝鮮は善良な被害者」という図式を作り出し日本人に罪悪感をもたせる
  システムを確立する。
8、在日特権・竹島侵略・従軍慰安婦詐欺これらは朝鮮人がお人好しの日本人を騙すことで得られた
  成果であると言える。

とんさんへ

>私のパソコン環境のせいか、文字化けしてしまったので、また、挑戦したいと思ってます。
画面が出たら、文字コードに EUC-JP を指定してみてください。それで文字化けが治ると思います。

うらやましい。

椿さんがうらやましい。
私は三十代前半ですが、とりあえず・・・さんと同じような事を中学校社会科教師より教わりました。
時期的には昭和天皇の崩御の時であり、戦犯がくたばったと、不敬極まりない言葉を吐いておりました。

その後、日教組のしょーもない実態を知り、昭和天皇の終戦時の発言等を知るにつれ、己が不明を恥じるばかり。

身近な大人といえば子供に無関心な父親とTVがすべての母親しかおらず、知恵袋な年配の方と知り合う機会が無かったです。

tarochan さんへ。
今、見てきました。
どうもありがとうございました。


ガセで良かったと思いますが、英語版Wikiの改竄もしているという事ですし、気を抜けない国です。
世間はこういう状態なのに、私の従姉などは、韓国にあこがれ、韓国語を習い始めました。今どき・・・
先日も、「日本が、朝鮮人を強制連行して来て、炭鉱で無理やり働かせ虐めていたのを見た」と、固く信じる親類と大ゲンカになりました。
「朝鮮人は指を落とされて・・・」などと言う。
追及すると、どうも作業の工程で指を落としたようで、日本人が切り落としたわけではないのですが、「日本人は酷いことをした加害者である、知らないくせに!」と言い巻く始末。当時12歳程度のくせに、何を見たのやら。
おそらく、新聞TVの洗脳で、記憶を書き換えてしまったのでしょうが、こんなのが、親戚にいる。たまりません。

v-82日本は、日中友好協会会員や反日左翼マスコミなどを中韓にかなぐり捨てて、拉致被害者を奪還、竹島を連れて、太平洋に去って行く。太平洋に去るのは無理でも、他はできるのではないか。と願います。

ご苦労さまです

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
>>新聞TVの洗脳で、記憶を書き換えてしまったのでしょうが~

 これって、日本にとって怖いことですよね! 私にも覚えがあります。
 日ごろ穏やかな人が、その話題だけスイッチが入ったように、やけに狂信的。それどころか、逆に、こちらの無知や思想偏向を疑います。

 恐ろしい洗脳の効果を感じます。時間をかけて何回かにわけて資料なども渡しておいて説明しないと、説得どころかニュートラルに戻らないのです。

 これが、在日韓国・朝鮮の一世なんかの人になると、新聞TVの内容に関係なく、自分で自分を洗脳してしまう?? サヨク系のジャーナリストにでもそそのかされた?? 
 強制連行された!日本はヒドイことをした!と言って凄い血相で、泣いたり怒ったりできるんでしょ。
(それでいて、先祖のお墓がある愛する祖国に帰国しない、徴兵回避、祖国の政治参政権を行使しない。。。。。訳がわからん人たちです)

洗脳教育

他の方のコメントを拝見して私は比較的恵まれた環境で教育を受けてきたと実感しました。

中学時代に教員のストがあり他の授業が自習になる中、「教職員が職場放棄などもっての外!」と一人授業を行う様な先生が担任でしたし、高校時代の日本史の先生も「太平洋戦争は日本がABCD包囲網やハルノートで追い込まれて仕方なく突入した戦争だ」と教えてくれました。
今も現役か分かりませんが、このような先生方がいらっしゃる限り日本の教育も再生可能ではないかと思っています。

歴史の教科書が問題になることが多いのですが、私の記憶では国語の教科書にも問題が多かったように思います。
日本兵がやってきて村人を惨殺して回るのを恐怖に慄きながら隠れていた中国人少女の話を教材にされ、「日本は酷いことをした」といった感想文を書かされた覚えがあります。今考えると恐ろしい洗脳教育ですね。

普段ネットをやらない年齢層にはまだまだ洗脳されている人が多いです。
私の父も同様でしたが、根気強く話をすることと各種書籍を読ませることで最近は多少なりとも柔軟な考えが出来るようになってきました。親しい人たちを洗脳から解放するというのが私に出来ることと考え実行しています。(小学校の先生と付き合っていたとき、洗脳解除に失敗して破局したこともありましたが・・・(^^; )

日本再生のために身近で出来ることからやって行きましょう。

「パキスタン勢力が依頼」伊藤さん拉致、140万円で

アフガニスタンで非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の伊藤和也さん(31)が拉致、殺害された事件で、アフガン国家保安局は30日、拘束した実行犯の1人、アディル・シャー容疑者が「パキスタンの武装勢力から拉致を依頼された」と供述していることを明らかにした。

 同局によると、隣国パキスタン北西部で活動するイスラム武装勢力が犯行グループに「ペシャワール会の日本人を拉致して連れてくれば金を払う」と持ちかけ、100万パキスタンルピー(約143万円)の金額を提示したといい、シャー容疑者は「金目的だった」と供述しているという。

 シャー容疑者は当初、警察の調べに「アフガニスタンの治安悪化を印象付けて、外国人を追い出したかった。最初から殺すつもりだった」と話すなど供述内容が二転三転しており、保安局は裏付け捜査を進めるとともに、武装勢力の特定を急いでいる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/174427/

日本国民の生命=(北朝鮮「拉致被害者」)と財産=(南朝鮮「竹島」)

最近ずっと思っていたのですが

日本の官僚、政治家は自分らの存在理由を否定しているとしか思えない
そして日本の朝鮮半島とのやり取りを見ていると自分も何かしないといけないのでは
とも思います。
話し合だけで本当に全てが丸く治まるのなら日本(国)に自衛隊(軍隊)など必要ない

権威を嫌う差別主義者?

>>権威は自由を害する概念であるかのような、また権威を攻撃
するのが自分達の使命であるかのように信じています。
 そうなら、彼等は権威と権力を同一視しているのでしょうが、外部から看て自分達が揮っている力こそ、その唾棄すべき権力そのものである事に気が着けていないのか、はたまた、そのフリをしているだけか。

 権威は自由を侵害しませんが、シナを観れば権力が自由を侵害するのは、一目瞭然でしょう。

 権力とは、時に理不尽な力を揮う経済的、物質的な力であったり、恫喝だったりしますが、権威は尊敬と憧憬の上に成り立つモノでしか有りませんから、経済的、物質的な強制力を伴うワケがない。

 権威に反感を持つのは、自らに参加すべき資格や実力が端から無い、若しくは、その称揚される存在や機構を嫌悪しているからでしょう、元になっているのは自らの劣等感以外の何物でもない。

 皇室はその権威の象徴です、現存する世界最古の皇帝家だからです。
 
 その皇室から輩出される天皇陛下・皇后陛下を中心に出来上がっているのが日本国の実態です。

 皇室制度は差別社会の根源だとサヨクは言いますが、では皇室が民衆の冨を搾取しているか、と言えば然に非ず、皇室が国民の主権を脅かしているかと言えば、ソレも否でしょう、人別改めが存在した江戸時代迄ならイザ知らず、何処に差別を造り出していると云えるのだろうか、転居転籍は個人の自由裁量になっている筈だ、差別を無くすのなら、世の中に頼らずに自力で生きて行く方法しか無い、皇室を無くすことで、職業・地域・人種差別が解消しないのは、明らかでしょう。

 逆に皇室に生まれた方々は、端から、自らの意志で生きることを大方認められていないのですから、そう言う意味でなら、差別されていらっしゃるとは云えますが、差別にしても方向が正反対でしょう、トテモ一緒くたには出来ない。

 亦、そういう差別が嫌なら日本人を止める事をお薦めしたい、若しくは、憲法改正を目論んでみるのも一つの手段ではありますが、皇室廃止が反社会的、国民の合意に背く事である限り、その試みは犯罪行為だと判断されます、憲法九条が改正されない限り、防衛行動の範疇に入る先制攻撃さえ違憲だと言うことを、自衛隊の皆さんが命懸けで護っているのと同じ事です、皆日本人であろうとしているのに、ソノ日本が嫌いだから、自分の思うように変えたいと言うのは、余りに幼稚に過ぎますし、皆の共感を得るために何もしていないのではないか。

 しかも、サヨクや圧力団体の言う「差別を無くそう」と言う運動のベクトルは、「差別を既得権として温存しよう」と言う方向にしか向いていない様に感じます、権利を主張して差別を温存するか、差別を受けない為に権利を棄てるかと言う選択しかないのです、然も無くば、特権を享受している団体として、(逆)差別を温存する団体として存在している事になります、この自家撞着を如何にして解決できるのでしょうか。

namibia さんへ、

>>とりあえず・・・さんと同じような事を中学校社会科教師より教わりました。<<

それでも今現在、シッカリとした歴史認識を持ち、中朝韓や在日や日教組に対する状況も把握されているのですから、とても立派なことだと思いますし、同じ日本人として、非常に心強いです。私もかなり平和ボケだったので、今からでも遅くない、洗脳されている友人・知人に、少しづつ中朝韓や教育現場の実態を報せていこうと思っています。

崩壊させない

 日本を崩壊させようと目論む奴らは、崩壊そのものが目的ではありません。崩壊よりも支配したいのです。あからさまでは反発もあって、すぐには支配できないだろうから、長期計画を実行しているのです。
 真面目に働き莫大な富を産む日本人を、生かさず殺さず支配して、富を簒奪したいのです。限られた者だけで、楽して富を得たいという腹黒い奴らが蠢いているのです。

 そのためには、恥も外聞もなく何でも利用します。「人権」も「平和」も「平等」も、奴らにとっては、ただのツールです。日本を崩壊させつつ隙間を作ってガードを甘くさせてそそのかす。代わりに自分たちが政治経済の中枢に根を張り、権力に少しずつ潜り込みすり替わる。そのための暫定的な攻撃ツールなのです。
 「天皇」も利用できるかどうか、少しずつジャブを打って反応を確認してくるのです。天皇は政治的な発言を慎まれますので、権力さえ握ればエゴ集団にも利用価値がある可能性があるのです。
 権力さえ握れば、日本人は諦めが早いし道理さえ言い聞かせれば従順で素直だから何とでも支配できる、そんな前提でセッセとすり替わり工作に励む非日本人が確かにいるのです。

皇室は日本の要です

皇室典範に女系天皇を認めようとする意見がありますが、これは絶対に反対です。男子一系で継承して来た歴史そのものが日本なのです。これを途絶えさせることは、日本国家、日本民族のアイデンティティーを崩壊させることになります。

日教組教師や左翼思想の人間は、皇室を排除しようとしたり、国旗掲揚、国歌斉唱さえ否定するものがいます。しかし、彼等は日本国民であることを自ら否定していることになります。新興国の米国でさえ、国旗掲揚、国歌斉唱の時は起立し、胸に手を当てます。共産国、中国では、それを無視し、行わないと国賊として重大な懲罰を受けるでしょう。

いくら日本が自由な国であると言っても、日本の歴史、伝統、文化、社会価値を毀損していいことにはなりません。はっきり申します。日本にはカルト思想や共産社会主義は存在すべきではないのです。このことを明確に未来の子供の教育に継承させなくてはいけません。

皇室典範が大事なのか、男子継承が大事なのか?

私も、1500年以上続いてきた以上、男子承継を継続すべきであると思います。それが先祖に対する我々の務め。
しかし、典範を維持すべきとは思いません。
現在の典範を維持する限り、数十年後か100年後か分かりませんが、いつかは男系が途絶えます。妻妾数多と言う時代ではありません。御皇室も一夫一婦とすれば、いつの日にか男子がお生まれにならないということもありえましょう。
 典範など、どうでも良いこと。憲法をいじれないのならば、せめて典範を改正して、男系を維持するための方策を何とか考えるべきでありましょう。

文明の衝突 サミュエル・ハンチントン著より

ハンチントン教授によるとイデオロギーの対立は終了し、宗教・文化を共通とする文明のブロック化が始まりその対立が混沌となる。東アジアは神仏を統合した日本文明、中華(儒教)文明、東方正教会文明(ロシア、カザフスタン)、仏教文明(タイ、モンゴル、ビルマ、ラオス)イスラム文明(マレーシア、インドネシア、キルギス、トルキスタン他)、西欧文明(フィリピン、オースチラリア、ニュージーランド)、ヒンズー文明に分かれていく。東アジア共同体なるものをつくる動きがありますが、中国を宗主国とした単なる文明ブロック同士のサロンであり、なんら意味することはない。それが証拠にASEAN統合への動きは表面的で鈍い。日本は、単一民族としてのまとまり、神仏を統合した唯一の宗教国家でありかつ歴史の一貫性がある独自文明に位置づけられる。政治家、マスコミがよく言う「日本はアジアの一員」であるという言葉は中華文明への朝貢・従属を強いる詭弁です。日本は誇りある独立文明国家として中国の覇権を抑える役割を自覚すべきだと思う。それには自国を守るために米国の核導入も含めた最低限の国防体制が大前提。時間はあまり残されていない。それができなければ属国の選択肢しかない。チベットと同様の悲劇が日本で繰り返される。

管理人以外にも見えるようにしておく

最近、ここへのあらしにもなるとも思える、後味悪い貼り付け増えた、

怖がる必要はない、日本は独立すべき

真に独立するためには何をなすべきか?
このことが全ての争点となるべきです。

天皇位継承について、参考までに

(既知の方々は平にご容赦願います。私もですが、この話を知る方は少ないと思いますので…)
『天皇家男子の血脈』を守る為、昔から以下の方法がとられたそうです。
世間には親等の関係で『皇室』を名乗れない、『分家』の方々が居られます。『分家』に生まれた『長男』は、『本家』に継承者が存在しない場合、いつでも『天皇位』を継げる様に幼少より教育されます。
それは現在も続き、例え普段は『サラリーマン』だとしても、『次期天皇としての教育』を受けるのだとか…確か明治天皇も『分家』の出身でしたね。
また女性天皇は『一時的名誉職』であり、女性天皇の長男が皇位を継いだ例はありません。実際、有名な『推古天皇』の次天皇は別家系の長男でした。
『長子継承説』をとる学者先生はこの辺、忘れた事にしてるのでしょうか?勿論、私は『男子継承説』に賛成します。

いつも拝見しています。 私の会社も中韓と取引があるので、おっしゃることはよく分かります。 脅迫コメントは、痛いところを突かれた、彼らの断末魔の悲鳴でしょう。 気になさることはありません。 どうぞこのスタンスを、ずっと続けて頂きたいと思います。 残暑厳しい折、お体に気をつけて。
(福田さんがやめましたね・・・次が誰になるのせよ、媚中派でなきゃ良いや)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/325-abd36839

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。