スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖いほど強い「日本経済」     8月27日(水)


「バブル崩壊以降日本の平成不況は今も延々と続いています。」
このような書き出しで始まる文章を過去何回も目にしてきました。

最近もアメリカの経済学者ポール・クルーグマンの本に「1980年代、
日本は世界的な経済大国であったが、同時にそこでは歴史上最大級の
バブルが発生して、見事なくらい崩壊した。
その後、今日までおよぶ長期的な経済停滞が続いている」と書かれて
いました。(本屋の立ち読みで、一部しか見ていません)

将来のノーベル賞候補と目されている、経済学者に異論を挟むつもり
はありませんが、彼が日本経済の実力と奥深さを知れば、
「長期的な経済停滞」とは書かなかったと思います。

日本経済はバブル崩壊以降毎年その実力を貯え、今やアジアや欧米
諸国のビジネスマンは恐怖と畏敬の念すら抱いています。

日本の製造業は大企業だけでなく町工場に至るまで自分達の技術が
いかに優れているかを知っています。
世界の一流ビジネスマンも認めています。

日本の製造業は無敵なのです。

このようなことを言うと、なにを寝ぼけたことを,と一蹴されそう
ですが、無敵と言ったのは私ではなく台湾企業の友人が言ったのです。

その友人が言うには「日本から機械を導入し、同じ設計図で 同じ
仕様書で作っても日本の工場と同じものが出来ない。
だから、日本はこの上もなく恐ろしい、無敵だ!」と言ったのです。

日本が元気なく見えるのは、政治家やエコノミストたちの言葉に
惑わされているからです。

日本経済に対するメディアの論調は、暗いものばかりです。
物事を悲観的に見ることが、日本メディア全体の思考を支配しています。

日本経済はバブルが破裂してからどのくらい縮小したか?
実は日本経済は縮小していない、縮小しているように見えるのは
不動産と株が下がった為に縮小しているように見えるのです。

バブル崩壊して不景気になったのは銀行や証券会社といった金融関係
とバブルで踊った不動産や建築関係です。

その間 日本の製造業は海外に続々と工場を進出させ、世界経済を
支える重要な役割を果たしています。

10数年まえ世界は日本の技術力に怯えていました、しかし今や世界
は日本と競争する気はなくなりました、勝てないことが分かった
からです。

アメリカも作ることを諦めてしまいました。

もしエコノミストが「日本経済絶好調宣言」を出したら日本の
空気は一変に変わり明るくなります。しかしおとなしくしている方が
安全です。アメリカが嫉妬して潰しに来ます。

日本は逆境には強いが,順境にはとてつもなく弱い。

NHKの大河ドラマ篤姫を毎週楽しみにしています。幕末の事情が
よく分かり参考になります。

アメリカのペルリが黒船を率いて日本を威嚇して強引に要求を通そうと
した時、極東の小国の日本は、狼狽して、なすところを知らなかった。

ところが僅か40年後、押しも押されもせぬ極東の一等国として
世界をにらみつけていました。

そして第二次世界大戦後全てを失った日本は逆境をばねにして、昭和
63年日本の一人当たりGNPでアメリカを追い抜いてしまった。
そしてバブルを迎え、怯えたアメリカに完膚なきまで潰されて
しまいました。

しかし日本経済は最強です、日本の貿易黒字が減ることは絶対無い。
部品や材料といった資本財が非常な勢いで伸びてきています。

輸出の中心が資本財であるかぎり日本経済は台湾の友人が
言ったように「日本は無敵」なのです。

欧米が嫉妬して日本からの輸入をストップすれば、相手国の工場は
ストップしてしまいます。

この技術があるかぎり、いくらエコノミストたちが悲観論で騒いでも
心配いりません。

日本人は未来を悲観する必要は全くない。
日本は「無敵」なのです。




ffff ← クリックしてもらえると励みになります。


コメント

外人が日本人を特別視してるってのは、自分の国の歴史少しでも知ってたら誰でも分かるだろ。
まず、資源が全くないってことはすごいこと。もう両手両足もがれたぐらいのハンデ。
しかもすごいのは、米国の3分の1の人口、わずか25分の1の領土で、
その上ただでさえ極小の国土の7割が山、山、山。なーんにもない、山・・・。
だから農業で輸出して食べていくことすらできない。条件からして最貧国でもおかしくない国。
そんな国が、100年ほど前で当時世界最強クラスだった露助とか清をあっさり倒して、
非白人国家で普通に白人常任倶楽部仲間入りしちゃってて、
おまけに米国敵に回してガチで戦争して、世界で唯一米国本土爆撃して、
英国の無敵艦隊フルボッコにして、オランダ倒して、
世界で唯一原爆落とさせるほどてこずらせて。しかも二発だよ。二発。考えられない。
敗戦とか言ってるけど日本のせいでアジアから白人の植民地全部消されたし。
しかも信じられないのは、戦争に負けてただでさえ何にもない国が
さらにインフラまで全部叩き潰されて、多額の賠償金まで背負わせて
100%再起不能にしといた極貧衰弱国家で、
今度こそ生意気なイエローモンキーが消えて数百年はウザイ顔見ないで済むと思ってたら、
直ちに再び白人社会に経済で参戦して来くさって、
参戦どころかごぼう抜きでたった2、30年であっという間に米国さえ抜いて世界第一位。
東京の土地だけで米国全土が買えるほどの呆れた価値になっちゃう程の超絶経済力で
世界中( ゚Д゚)ポカーン・・・状態。
その後もずーっと二位維持。頭一本でそれ。
しかも経済の80%が内需。内需だけでそれ。
金融とかでまだ全然進出してないし車や家電、工業製品もまだまだ進出しきってなくてそれ。
もうキチガイの域。伸びしろありすぎワロタ。戦後60年一発も打たずに侵略せずにこれ。
何気に世界最長寿国とかなってる。
んで今度は漫画・アニメ・ゲーム。気がつけばハリウッドの規模とっくに超えてる。
アメリカの検索で一位になってるのが日本のアニメとか。
世界中で一番人気の映像作品が日本のアニメとか。
極めつけは世界一長い国号、2000年のどの白人より長い王室ならぬ、
その上の皇室保有。エンペラーに代表される歴史。
普通の神経してたらこんな国怖くて関わりたくない。

叩かれた夢

アメリカで日本製自動車が叩きつぶされる映像が焼き付いているのでしょう。もう日本企業はその土地で人材を使い、雇用して相手に取っても抜き差しの出来ない大刀に育っているのにマスコミは内に閉じこもり内政のスキャンダルばかり追いまわしている、その中で少しでも明るい面を見付けたいと「日径新聞」が売上を伸ばしている。

目新し事でも書いてあるかと思いきや、たいした記事でも有りません。余程「Technobahn」の写真を見ている方が楽しい、皇室問題を取り上げたり、チクリ日記を一ペイジだけ切り抜いて記事にするなんて事も有りませんから~国民からの「借入」は沢山ありますが国際的には無借金経営、赤字部門は有りません。
日本を元気付ける記事を朝鮮並みに書いてくれれば有り難いと思う時が有ります~縮んでいては大きく成りません。

輸出でいくら儲けようが、その金が日本に還流しないのが
不況の原因だと思います。
配当とかは戻ってきてますが、資金循環にはつながらないし。
ゼロ金利の永久化で背中を押されたご老人の資金や主婦たちは 
投信とか、FXの大博打に出てます。
まあそのうちアメリカの「自己矛盾を他国に押し付けて解決してきた」
やり方
アメリカが民主党になれば、1ドル20円とかに平気でしちゃいますわ。

もう一つの日本の気が付かなかったこと


日本って{怪物}だったってことですね。中韓が反日教育で日本を
小さく情けない国として見ようと「努力」した。
日本も「鏡」を取り上げられ、蔑まれ、自分の姿が見えなかった。
犬だ犬だと言われ、ひもに繋がれ尻尾を振っていた。
(鏡は日本神道の御神体でもある)。
現実に目を向けたら、取り戻すのは本来の日本人の誇り。
本当は巨人なのだ、日本の可能性は、果てしなく大なのだ。

日本は規制によって、小さくなっているだけ、「ある組合の生活を護ろうとする」、
マスコミの言うことは信用できない。代替エネルギーの開発も期待され、
円高にすることで、原油、穀物の輸入価格も引き下がる。
ガソリン税もやめると使用量も増える。金利を下げ、さらに国民の安全も資産も
護る防衛で外国人投資家を呼び込む。農業規制を緩め、誰でも農業ができるようにする。
たったこれだけでも日本は変わるが、「たったそれだけ」だが、規制という名の
「自分を護ろうとする大人が止めている」

だから、若者は、越えていかなければならないのでしょう、古い価値観を・・
新しい時代を作るためにも

ん~、優位に立つと弱い性格というか。
目標に向かって精進しているのが一番性に合っているのかも。
自虐的、程度をわきまえれば、まだまだ先はあるんだよーと、努力に繋がるのでしょう。
しかし、その自虐好きを中韓にいいように突付かれているのが現状でしょうか。

コメントの1+2を読んで・・・
おまいらアホか~?大きい声をだすな(叩かれるぞヨ)
俺は、気分よく酒飲んで寝る~ピョン!
幸せ気分だわ ~ ピョン!

あたりまえだけど・・・
歴史認識で日本の誇りをとりもどし、
軍隊+核武装する。(あたりまえ)

誇りをとり戻せば、経済はなんとでもなるな~ピョン!

敢えて言うなら、

強いのは「日本経済」ではなくて「日本企業」特に「製造業」ですね。製造業は頑張っていますが、「国」としての経済は必ずしも強いとは言えません。「国」の体をなしていないのだから、仕方ありませんが。

原因は、個人消費の低迷です。最終消費が伸びないような政策ばかり取っているから、いくら企業が頑張っても離陸できないのです。政府、官僚、財界、マスコミがグルになって「不況だ」「日本の財政は破綻している」等と悲観論を言いつのり、御用学者たるエコノミストが追従する。国民に「不況だから正規社員になれなくても、給料が下がっても仕方ない。」「財政危機だから増税も仕方ない。」等と思わせる為です。その意味では、強い日本の製造業も共犯ですね。

いい加減に輸出頼みの円安政策から脱して内需拡大政策をとり、企業は労働分配率を上げて、個人消費を増やすべきです。製造業は充分な競争力があり、かつ円高になれば原材料費が下がるので、却って利益があがる筈です。 

自虐史観勢力をなんとかせねば

GHQにより、日本の歴史を否定された空白をなんとかせねばいけません。韓国、シナに、その空白を利用され、言いたい放題やられ放題の所は、そろそろ腰をあげなくてはなりませんね。
日本国内には、左巻き脳やカルトが政界や報道に寄生し、反日工作勢力として存在しています。これらをなんとかせねば・・・

皇室の問題は、日本の将来を考える上で心配です。日本の皇室のように男系で2000年以上も歴史継続がある国は、世界でも類がありません。一見、経済と関係がないように思えますが、そこが日本民族の卓越した能力の源泉でもあると思います。

中国5000年の歴史?そんなものは存在しません。それぞれの時代に混血しながら出現した民族により支配と破壊を繰り返し、切れ切れのつぎはぎ歴史です。

 この話が本当なら嬉しい限りだね。日本無敵説。
 これで反日勢力がいなければ、安心して枕を高くして眠れるのになぁ。

無敵なら無税にして・・・

心配はこれからの日本です

 日本人を特に馬鹿にするのはスウェーデンやフランスなど、白人が支配層にいる文化が古い地域だと思います。実際に日本人から見ると、生活に余裕があるように見える。ところが誰もおおっぴらに語りませんが、豊かな生活の理由の一つが、「紛争国への武器輸出」です。実際に貿易額のどのくらいの割合を武器輸出が占めるかデータを見ていませんが、おそらく無視できない金額ではないでしょうか。同じように大国であるロシア、アメリカ、中国はじめ多くの国が武器輸出でカネを稼いでいます。
 
 「世界と日本の社会動態」というページがあります。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/jw5.html

  それによると、世界の武器輸出総額は約160億ドル。一兆7千万円くらいです。ロシアとアメリカの両国で約6割を生産。残りの4割の武器をさきほど名をあげたような多くの先進国々で作っています。ただし実態は、もっと多いと想像できます。

 また世界中に埋まっている地雷は1億2千万個です。地雷で特に悪質なものは「中国製」です。金属探知機で探しにくい「木箱(きばこ)」でできた地雷を作っています。また子供の足を吹き飛ばすための「おもちゃに似せた地雷」もあります。価格が高くても、よく売れるのでしょう。効率のよい収入源です。
 
 我々日本人の精密な工業部品が兵器に使われることも、多少はあるでしょう。しかし「米国、ロシア、ヨーロッパや北欧はじめ、自分たちの豊かな生活をするためには、他人を殺傷する兵器を高値で紛争国に売りつける」ことはしていません。そのぶん、我々日本人は貿易で収入を得るために長くつらい労働で安い民生品を作ってきました。それはある意味誇りです。 
  
 しかし中国との軍事衝突の可能性がでてきた今、ついに武器の研究開発や大量購入も視野に入れるときが来たのかもしれません。 中国は日本海に潜行する核ミサイル搭載可能な原子力潜水艦を30隻以上急いで建造しています。秘密の軍港も発見されました。大型の核ミサイルが40基?くらい日本全土に発射できる体制になっていることなど、あと数年で日米の軍事力を逆転します。自衛隊は腐った部分を切り離しがんばって、欲しいのですが...。
 
下記の画像は北京オリンピック閉会式の世界画像と光の矢の映像です。
http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/5/5/550e57dd.jpg

 見えにくいですが、「沖縄」ではなく「RYUUKYUU」と書いているそうです。中国にとって沖縄は「日本」ではなく、古くから中国に貢物を送って交易していた琉球王国なのです。中国共産党が台湾の次に食うのは、きっと沖縄なのでしょう。 
 日本経済は強くとも、軍事バランスこそが世界の現実です。隣国の中国が軍事大国になった今、それを忘れないようにしたいものです。

台湾人の方の意見はとても勇気付けられますね。
こういう論調を日経新聞が書いてほしいものです。

やはりおかしい日本の実態

何かしっくりしない。
さて、何だろうか?

確かに日本の製造業の技術力は大企業だけでなく町工場にいたるまで、誇れるものがあるのだろう。
しかし、その高い技術力に対して受け取る対価が見合っていないのかもしれない。
その表れが、高い技術力を持っていてもここ最近の燃料高で途端に中小企業がはあはあ言っていることもその一つではないだろうか。
かの有名な東京、大田区の町工場。技術力に非凡なものがあると言われながら、シッター商店街ならぬ、シャッター工場群でもある。

それと実際の物作りによる本来正当な利益の出し方よりも、金融操作による利益の方が大きく、盛んになってしまっていないのだろうか。

貿易黒字が減ることは無いかもしれない。
でも日本の富の偏在の修正はされず、富の再配分はいびつのまま、日本経済は成り立っているように思う。
100円ショップが無くても生きていけた貧乏人は今、100円ショップが無ければ生きていけない貧乏人になっている。

逆に言うと日本人が現状に満足しない間は伸び続けるということ。
慢心こそが日本の真の敵。最強なのに弱点を探して精進を怠らない姿勢こそ日本の凄み。自信が無いから努力する。何も無いとわかっているから立ち止まらない。

マスコミの悲観論も慢心を諌める薬と思えばありがたい。副作用はもちろんそれにつけ込む隣国の暴走。しかし、決してこれらに拳を挙げてはいけない。日本の凋落はそこから始まる。反日国家の真の狙いは日本の信用失墜。人望のある紳士・淑女が言いがかりをつける乞食を足蹴にすれば乞食は喜び勇んで大声を上げ、施しを要求するだろう。

正に痛快な分析ですね。

今月から、ひいきの一読者です。
毎日、このプログ拝読させていただいております。まさに、痛快の一言です。歯切れよく、中韓の事をバッサリとおきりになって、実に分かりやすいです。それに具体的な数字を使われて書かれていますので、大変、勉強になります。

私が中国に最初に入ったのが、1992年。北京空港のトイレで扉なしの大便する場所を見てびっくりし、飛行機が、滑走途中で故障で取りやめ。滑走路で下され。翌朝のフライトまで過ごすために、深夜にえらい遠いホテルまで超満員のバスに詰め込まれ連れて行かれ、2時間くらいして、また空港へ向け出発した日が懐かしく思い出されます。

現在、私は今、ヨーロッパに住んでおり。11年になります。ヨーロッパや、いくつかの地域で事業(個人事業家)をしております。生産業もしておりますので、日本製品の優秀な機械類群に対する世界からの信頼性は、実感としてわかります。日本の技術力はドイツと並び、世界一です。ただ、日本でも先駆的な新技術開発が多くあっても、なかなか世に出ないのが残念です。

それはさておきまして、ドイツも資本財輸出では、日本には負けておりません。輸出総額では世界一ではないでしょうか? チェコやポーランドはドイツ経済圏です。その周辺の国の発展ぶりは、元東ドイツだった地域も入れてすごいものがあります。しかし、ドイツ本国では本来の勤勉さが、世代交代で少し筒、失われつつあり。 トルコ人の人達の働きがなければ成り立たないように思います。 翻って、日本の資本財は世界中いたるところで、少し筒増え続けているように見えます。

資源を取り仕切っている世界の支配層と、日本の巨大製造会社群どちらが強い立場にあるのでしょうか? 日本の多くの大手の会社も、次第に韓国大手のように次第に、外資に支配されつつあるような気がしますが?
SONYでさえ、すでに、50%以上は外資と聞いております。今の株式相場の低迷が続いて、またどれだけの株が買われていくのでしょうか?と気にして見ております。

それほど、楽観はできないと思うけど・・・。

現在の日本の教育内容を考えると、
その、強いはずの製造業がいつだめになるかわからないです。
実際、現在の若者は、製造の現場には付きたがらないでしょう。
現在の製造の現場にいるのは団塊の世代のはずです。
2,3年先で問題になることはないかもしれないけど、
10年先は危ないかもしれないと思います。

頑張れ、ブログ主さん

 思うに、日本が「売りたい」モノを「売りたい値段」で買って呉れる外国の消費者って、限られた数しか居ないワケです、ダカラ、資本財だけの生産にして、消費財は工賃の安い処で造るようにした、ソレによって、売れない範囲にまでモノが売れ、ソレが原価を下げて、更に売れると言う善循環を造っている、是が自然な流れなのでしょう。

 シナは、その流れを造るのが、自国で直ぐにでも可能だと思いこんでいる様ですが、消費者の信を得るマトモな餃子一つ造れず、ウナギ一匹出荷出来ない現実を看れば、その実現には、未だ多くの時間を懸けなければならない事は明白な事実です、シナ人得意の「ドン殻」ダケではどうにもならない事なのですから。

 昔の資本財から消費財まで一貫して国内生産していた時と、今を比べれば不自然に感じるかも知れませんが、それでも、日本も消費財しか造れなかった時期があった、例えば、つい最近の事ですが、自社ブランドの精密機械を造り始められたは善いが、その精密機械の部品を造る精密機械はドイツに依存していた時代が永らくありました。

 日本はその中から、一歩ずつ自社で全部を賄える様、多くのアイデアの中から、既成品の真似でないモノを造り出すベクトルを尊重して努力してきたから今があるわけです、それは、決して目先の利益・成果に捕らわれていては出来ない事です、そして、その方向での辛抱強い試みは未だに日本で進行形です。

 日本の本当の強みは、そう言うニーズに応える人材を育てる組織体制が在り、その組織に、未知の開発の成功・達成を待つ猶予を保ち期待を維持できる実績があると云うことでしょう、そして、それらの事が一朝一夕に出来たわけではない事、今もその体制の決定に賛同する姿勢が労使と共に変化がない事、つまり、日本人の「辛抱強さ」「社会の発展の為に、自己犠牲を厭わない真摯な気持ち」が、日本の産業界を拠り強固なモノにしているのだと思います。

 ブログ主さんの見解は、是までの「シナの歴史」信仰からの誤解や文明観を、悉く打ち破り逆転させ、多くの疑問に直截に答えたモノだと感心しています、正に「目から鱗」、しかも、現実に顕れた数字を援用しながらの、経済状況の説明には、自説の展開とは言え、多く共感を覚えるモノです、巷に溢れる悲観論なら素人レベルでも幾らでも出せるし、当たらなくても、悲観論ですから、「当たらずに善かった」で済ませて貰える気楽さまで在ります、其処を敢えて悲観論を排除し、現実をポジティブに捉えて、尻込みと安全策に傾き勝ちな世論を活気着けたいとの思いが伝わってきます。

 聴けば、ブログ主も経営者とのこと、ややもすれば悲観論に浸り勝ちな立場にして、このポジティブな姿勢は賞賛に値すると感じます。
 

 一言で云えば「素晴らしく、簡潔にして明晰」であると思います。

初めまして

東京五輪の日紡貝塚は応援しました 興奮しました 大松監督が議員になり 紛争国会で与党の防波堤に それも議員と言うより警備員かと思われるような動きを見て 小生はがっかり あれ以来五輪は見ません 今回ネットで見ました閉会式の光の絵ですが、あれはどう見ても中狂から各国への核弾頭の航跡に見えてしまうのは 小生少しおかしいのでしょうか?でも どう見ても気持ち悪いし吐き気をもよおします。

外から破壊できないのなら、内部から破壊、崩壊するように仕向ければいいのでは?

①官僚機構が食い物にしている

②前後の反日勢力がいわゆる在日利権を確立した

③バブル崩壊後①②に便乗した日本企業体が生まれた

④ゼロ金利政策で毎年30兆以上の金が国民から騙し取られている

⑤シナ・ロシアの反日利権が①②に便乗した

本来はもつと豊かであるべき礼儀正しく大人しい日本人は騙され毟り取られ三等国民扱いである

暗い話題ばかりの日本で、こんな勇気をくれる言葉をかけてくれる人がもっと増えたら、日本人としてもっと誇りと勇気をもてるのに・・
悲観的な観測、ニュースばかりみていると頭がおかしくなります。
日本人の素晴らしさ、そして経済的な強さは海外にきてつくづく感じていまるのに、いつも悪いニュース、話題ばかりが目に付く。日本人、日本をもっと遠慮なく誇らしく感じたいと思っているので、こういうブログを読むと本当に救われる・・。  

>実際、現在の若者は、製造の現場には付きたがらないでしょう。

そうかもしれないですが、日本の製造業の素晴らしさを知らないことも要因ではないでしょうか? 私もこれほどとは知りませんでした。 テレビの匠のように「日本が世界に誇る職業」として採り上げるなどすれば、見る目もかなり違ってくると思います。 派遣で苦労している若者もいますから、もっていきようではやるのではないでしょうか。

政府が真に日本を守りたいなら、「移民1000万人」より、まず日本人の後継者育成に力を注ぐべきです。青年の仕事への価値観を教育しなおすために手を付くしてみるべきです。

政府があてにならないから
仕事を探している若者は、積極的にこの分野を当たってみたらどうでしょうか?
ケニア人も日本で我慢する事を覚えたそうです。 最初は辛くてもやがて技術が身に付けば、あなたは中韓はもちろん世界中になくてはならない人(笑)

海外で御苦労様です。


>韓国で働くビジネスマン様
>暗い話題ばかりの日本で、こんな勇気をくれる言葉をかけてくれる人がもっと増えたら

そうですね、私も、同じようなこと、ず~っと感じていました。
嫌な考えに囚われて、心配したり、落ち込みやすいので、
「闇じゃなく、光を見ようよ!」と、よく言われます。脳天気という考えではないです。

どこも不安をあおり、落ち込むような書き方ばかり。
それで、「光はどこに?誰か、何処かにいないの?」って・・・思った。
それなら、私が!と思って頑張ってたら、
こんな前向きなブログに出会えました。愚痴だけでなく、発展的な考え方はいいですね。
現実をしっかり見て、前向きに頑張って生きていきましょう。

小学生みたいな政策を連発する政府でも先進国を守り続けられるんだから
確かに無敵なのかもしれないな

記事からやや外れます

普通の国民 さん
>>スウェーデンやフランスなど、~「紛争国への武器輸出」です。
>>~世界中に埋まっている地雷は1億2千万個です。

 他の国の紛争を食い物にしているのだから、まったく、ひどい話しですよね! 白人の人権意識やら平和意識なんて、ぜんぜん信用できませんね。欧の環境先進、中立平和主義などのイメージなんか粉飾もいいところ。
 関連して、許せないと思うのは、地雷をはじめとする武器開発に猛反対するという看板を掲げながら、実態は日本に向けてのみ武器を開発するな使うなという日本のサヨクです。地雷の被害者を、自分らのイメージ戦略に利用しています。
 奴らは中国をはじめ、武器輸出国のことは、ぜんぜん非難しませんね!中米欧露の武器は、世界平和に寄与しているかのようなデタラメさえ言います。サヨクは自称「世界市民」だったりしますが、世界を知らない猛烈な馬鹿か、人権も平和も語る資格のない地球外市民です。

 閑話休題。経済学者は、データにならないものは研究しないんでしょう。欧米の先生は、ウワマエを撥ねるマネーゲーム解析の傾向があるのでは? 国民性という数値化できないものと、その国の経済を理論づけている先生はいるんでしょうか。地政学上で不利、地下資源も乏しいのに経済大国、文化大国の我が国日本は、誇るに足る国です。
 確実な理屈は、怠け者は富を得る技術を得られない、もうひとつはルールを作る利権と上前をハネる権利を持った者は確実に儲かる、でしょう。
 税金は、ある意味、我々の上前をはねているわけで、ルールを作っている奴や使う権利を独占しようとしている奴を監視しなければなりません。

でもなあ、それこそ全体としみれば、「数字」はいいのかもしれないけど、
その内訳は二極化してるわけで、庶民はどんどん苦しくなってるわけで。

小さい工場だって技術はあるかもしれないけど、
金にならないから、後継者も居ないしどんどん廃れる一方。

技術立国といっても、それは今までの遺産に過ぎないし、
理系離れが深刻な昨今をみると、その技術優位だって、
いつまでも続くものじゃないでしょう

Re:心配はこれからの日本です

普通の国民 さま
 
> 下記の画像は北京オリンピック閉会式の世界画像と光の矢の映像です。
> http://image.blog.livedoor.jp/dqnplus/imgs/5/5/550e57dd.jpg
>
>  見えにくいですが、「沖縄」ではなく「RYUUKYUU」と書いているそうです。
>

よくみると RYUKYU ISLANDS (琉球諸島) と書いてあるように見えます

これは、現在も国際的に普通に使用されている固有名詞ではないでしょうか。
沖縄県(島)のことを琉球王国としているわけではないと思いますよ。

琉球表記と中国

>東海トクトさま
 琉球アイランドセラピー(作 成 日:2008 年 03月 21日)
http://bccks.jp/viewer/12507/1/A/#
>日本の九州南部から台湾にかけて弧のように浮かぶ60余の島々、琉球。ここはまさに
>アジア文化の交差点です。あらゆる文化がクロスオーバーした土地柄です。

とありました。中国が無礼に「沖縄」を「琉球」と書いたわけではないかもしれません。
ご指摘、ありがとうございました。さて関連しますが南沙諸島問題というものがあります。
 http://adolf45d.client.jp/kousyouminami.htm
>南沙諸島100以上のサンゴ礁や小島などからなるサンゴ礁で埋蔵量
>200億トンとも言われる大油田とガス田がある。中国はこの海域に軍事
>施設を建設し、1992年に一方的に南沙諸島の領有を宣言した。
とのことです。
 福田首相はすでに「共同開発」名目でガス田開発の権利を中国に与えてしまいました。それを前例として使われますので、沖縄を含む「琉球」や尖閣諸島の資源も実質的に中国のものなのです。どんなに日本経済が強くても言葉は悪いですが、まるで「みかじめ料」を米国や中国に支払うような仕組みが悲しいです。
 
 強い経済を持っていても日々経済的に貧しくなるばかりの日本人とは...。

シリコンバレーからみても

日本の技術は本当に怖い。
シリコンバレー技術者のやってることは、PCのアーキテクチャの上でこちょこちょとソフトを書いてるだけでえすけど、日本は新しいハードを作れてしまうんですもん。そんなこと、シリコンバレーにはできません。

日本が貧しくなってるというのも間違いです。
まっとうな経済活動をしてると、日本くらいのレベルの生活が正しいんです。

こないだ、ドバイに行ったのですが、120万人のうち、100万人は日給500円の生活で、残りの20万人が億単位の年収を稼いでいるという構造でした。

日本も同じような構造にすれば、ドバイ以上の発展が可能、、だけどそれをしないで、全体がそこそこ食べられるってのが日本のいいとこじゃないでしょうか?

日本で唯一気持ち悪いのが、朝のニュースですね。

「こんなひどい国ありますか?」

みたいな言葉の連発。あれは何かの洗脳でしょうか?

それでも本当のところが知りたい

≪もしエコノミストが「日本経済絶好調宣言」を出したら日本の空気は一変に変わり明るくなります。しかしおとなしくしている方が安全です。アメリカが嫉妬して潰しに来ます≫

東京都の地価で米国一国が買えると言って、見事に壊されました。また戦前は、アジアの超大国を自認していて、これも見事に打ち壊されました。しかし二度と立ち上がれないほどのそれこそ見事な崩壊の仕方だったのですが、そのえげつないほどの2度の逆境を日本人は立派に克服し立ち直っています。

まことに≪日本は逆境には強いが,順境にはとてつもなく弱い≫のでしょう。

日本マスゴミが、嘘を吐いてまで日本ダメ論を展開して、国民の気を引き締めているのは、そのためなのかも知れません。このブログ主さんらに、啓発されたネット住人が、日本はダメなんかではないと思い始めると、本当は危険なのかもしれないですね。

「日本マスゴミが日本人が本当のことを知ればダメになるぞ」と脅そうとも、それはそれで良いと考えています。小生は本当のことを知っておきたいと思っています。

普通の国民さん、そのスウェーデンが経済破綻しかかっているようですよ。
http://blog.goo.ne.jp/kitaryunosuke/e/023a6075802bbc0e4815605884d0883d

でも日本の製造業、結構後継者がいないって騒いでるけど?
今職人って呼ばれてる人の殆どが棺おけに片足突っ込んでるようなご老人。
それなのに、今の若い子たちが選ぶ職業での製造業はワースト人気。
そこまで無敵でも無い気がする。

驕る平家は滅ぶ

日本の製造現場が強いのは現場に強い技術をもった「職人」がいるからです。コンピューターではありません。本当の強さは「人」です。現場は改善の「宝庫」と呼んでいました。その現場を非正規社員に託す会社はいずれ現場力を失っていきます。正規社員と非正規社員の違いは「会社への帰属意識です」。それが日本の強みでした。非正規社員に帰属意識を持たすことはできません。帰属意識があるから改善し、更に技術を高めようとします。会社は人を育てることを第一にしなければいけません。私が勤めていた会社は、資本は金ではなく「人」だと言います。管理者の最も重要な務めは「部下を育てる」ことでした。成績が良くても部下が育たなければ失格です。もう大分前の話ですが、広島のある中小繊維メーカーは常に黒字でした。汎用技術の繊維製造部門では安い外国製品には勝てないが、外国には真似できない染色技術があるから高くても輸出できるといっていました。その会社が何故高い技術を開発し続けることができるのか。それは現場の「人」を大切にしているからとのことでした。コスト削減も大事ですが「人」はもっと大事です。経済大国だなどと言って、現場を軽視して胡坐をかいていると傾いていきます。三井化学が二酸化炭素を原料にして樹脂を製造する試験プラントを建設したというニュースを見ました。画期的な技術です。成功を願っています。医療分野を含め、日本は最先端を走っています。その足を止めないで走って欲しいものです。その技術を狙っているのがお隣の国です。用心、用心。

じゃあ又負けるわ

高い技術力、その通りでしょう、だから負けたんです。神業搭乗員の乗った零式艦上戦闘機と巴戦やるのは馬鹿、んで馬鹿でも操縦できる防御抜群ハイパワー戦闘機を大量投入。敵は負けるようなところで勝負するんですか?補給線とか輸送船とか、そんな当たり前なもん見向きもしないで職人芸に懲りまくる。情報は相変わらず垂れ流し、レーダーは八木アンテナなのにかっぱらわれてぼこぼこ、組織運営能力0、タライ回しの先送り、陸海軍の人事のまんまで動きがとれない。だからますます職人芸に執着する、で、あーあ、それを又あおる素人野球解説者が出る始末。現実逃避もいいとこ。何も変わってませんなあ、大和魂にゃ敵は無い~ですか。もう二度と負けたくないんで、ばか丸出ししないで下さいな。あんた支那朝鮮の工作員並みですよ。

真実を伝えないマスメディアの存在って?

> 日本マスゴミが、嘘を吐いてまで日本ダメ論を展開して、国民の気を引
> き締めているのは、そのためなのかも知れません。このブログ主さんら
> に、啓発されたネット住人が、日本はダメなんかではないと思い始める> と、本当は危険なのかもしれないですね。

真実を伝えないのなら、マスメディアに存在価値は無いのでは? 真実をしって、前回の増長を反省し、謙虚にしていれば問題は発生しないと思います。

謙虚さ:世界に理解されない独特な日本の特性?

真実を伝えないのなら、マスメディアに存在価値は無いのでは?

だなんて、何を小中学生みたいなコメント出してるんですか。
マスコミは昔も今も権力者にとって、大衆洗脳の為の手段でしかありませんよ!

いろいろな意見

同じこと様
>じゃあ又負けるわ

コメントの意味がよく分かりません。きっと大切な事を書かれたであろうと思いますので、恐れいりますが私のような読者にも分かりやすく、もう一度ご説明下さると助かります。
真摯な気持ちで耳を傾けておりますので宜しくお願い致します。m(__)m

★日露戦争★

1904年のある日、世界中に、ある戦争の話が伝わってきた。
長い間鎖国し、孤立していた極東のチッポケな島国が
開国し、やっと国家の体裁を整えたばかりだというのに
無謀にも、ペルシャ帝国やオスマントルコ帝国や欧州諸国・・・ですら勝てなかった、
あの大国ロシアに、ガチンコ勝負を挑んだという

まだ正確な地理情報が不足していた当時のこと
世界の人達は、
まるで、アリが巨象にケンカを売ってるようなものだと
驚き、あきれた
(現在に例えれば、パラオのような太平洋の小さな島嶼国家が、アメリカと
全面戦争したようなイメージか)
そして、どーせ、日本は巨象のロシアに、踏み潰されるだろうと思った

しかし、なんと、そのアリが、巨像を叩きのめしてしまったいう。
世界の人達は、ア然とした
アジア・アフリカ・東欧諸国は狂喜乱舞し、欧米諸国は黄禍と呼び、警戒を強めた。

これ以降、世界の国々は、日本という国の、底知れぬ、凄さ、恐ろしさを
味わわされることとなった。
欧米列強は日本を開国させ、日本の中に入りこもうとしたが
反対に、中から恐ろしく強い日本人が飛び出して来て、逆の結果を招くこととなってしまった
世界の人々は、中国を眠れる獅子と呼び怖れていたが
本当の眠れる獅子は、その東に位置するチッポケな島国、日本だったのである。

■イラン人が説明する 親日の理由

・イスラムには厳しい決まりがありますが、現実にはなかなか守れていません
しかし日本はイスラム教の国ではないのに、はるか昔から
イスラムの教えを実践してきました。このことに我々は驚かされ感動します。
イスラムの教えをちゃんと守れている国はイスラム諸国にはありません。
世界で日本だけなのです。
だから、我々は非イスラム諸国で、日本だけは、我々の仲間と思っているのです。

・日本はイラン、トルコ、・・・などイスラム諸国をイジメてきたロシアや欧米諸国
を日露戦争や第2次大戦で打ち破ってくれました。
アメリカには負けましたが、小さな日本が、多数の白人国家相手にひとりで
ここまで頑張ったという事実は我々をどれだけ勇気付けてくれたことか
計り知れません

・敗戦でもう終わった国と思われていた日本が戦後は経済で奇跡的な回復をし
1980年代にはアメリカまで叩きのめした。これは凄いことです。
また、その後景気は停滞していますが、最先端の科学技術ではむしろ欧米を
引き離し、差を年々広げています。今は文字通り、突出した世界一の先進国
と言っていいでしょう。こういう現実を知らないのは日本人だけです。
ドイツ人ですら日本車を選ぶのですよ。

・最近では、文化的影響力でも、突出した存在になってますね。
同じアジアの国である日本の文化がこんなにも影響力があるのは
我々にとってもうれしいことです。

・我々はどの国に対しても悪口を言いますが、日本に対して悪口を言う人は
滅多にいません。イランで日本人になりたいか?アンケートをとったら
たぶん100人中100人全員がなりたいと言うでしょう。
日本はそれ程好かれているのです。
残念なのは政治的に弱いことです。この点は我々イスラム諸国が日本を支援
していかなければと考えています。



▼ロシアのトップは親日である

プーチンさんは、柔道と寿司が大好きな親日派。
娘さんも大学で日本語を学んでいる。
私が「プーチンさんはホンマもんの親日だ!」と確信したできごとをお話し
ましょう。(あんまり具体的には話せないのですが。)
私と、皆様もご存知のY氏は、プーチンさんのブレーンZ氏(故人)といろい
ろ話をしました。
時には、「こうしたら日ロ関係がもっとよくなるかもね~」という話も出てき
ます。
そのとき私たちはZ氏に、「これってプーチンさんの許可とらなくていいの
?」と聞くことがありました。
するとZ氏は、
「いや、いいんだよ。日ロ関係が良くなることは、彼の願いだから、許可は
いらないんだ。彼の意思はよくわかっているから」
と言いました。
また、2003年1月に小泉さんとプーチンさんが会談し、両国関係が劇的に改
善されたときも、ブレーンたちの喜び方は尋常ではありませんでした。
なんでプーチンさんやロシアのトップは日本好きなのでしょうか?
いろいろな人に話しを聞いてみると、ある程度の傾向が見えてきます。

▼ロシア国民も親日である

1、文化
ロシア人は、日本の文化を非常に尊敬しています。
主君のために命を捨てる武士道、禅仏教はロシア人のあこがれ。
また、ここ数年間和食ブームが続いていて、衰える気配はありません。
アルバートどおりに買い物に行けば、「村上春樹読んだよ!」「吉本バナナ
読んだよ!」「北野たけしのザトイチみたよ!」と声をかけられる。

2、経済力
万世一系の天皇家。
神話の時代から延々とつづく世界最古の神秘的な国。
なのに、世界一品質のいい製品を作っている。
まさに、「なんじゃこりゃ~~~~~~~」ですね。
その他、日本は世界一貧富の格差が少ないというのもあこがれ。
共産主義は元々「貧富の差のない平等な社会建設」を目指した。
ところが、ソ連は崩壊して目標は挫折。
ところが、極東の資本主義国日本は、どういうわけか共産主義の理想と
する、「国民総中産階級」を実現してしまった。
これはすごい。

3、ロシアに勝ち・アメリカと戦った
日本のような小さな国が、ロシア帝国と戦って勝った。
ロシア人自身もびっくりです。
そればかりか、覇権国家アメリカに無謀にも戦いを挑み、敗れたものの、
結構持ちこたえた。
まったく日本という国はわけがわからない、神秘的な国ではありません
か。(笑)
ロシアに来てもらえればわかります。
ロシア人はスーパーエリートから庶民まで、ほとんどが親日なのです。


▼ロシアは反中である。

ロシアは、中国に武器と石油を売りまくっている。
ロシアは、中国と共にアメリカのイラク攻撃に反対した。
ロシアは、中国と共に中央アジアの独裁者を保護している。
ロシアと中国は大規模な共同軍事演習を実施している。

しかし、ロシアのおえらいさんと話をしていると、全然親中ではありません。
そして、理由もちゃんとある。
ある政府の方が酒の席で言っていました。

「中国の人口は13億人でロシアの10倍ですよ。(ロシアは1億4000万人) 
彼らがシベリアに大挙して入植してきたら、防ぐ方法ないんです」
別の方が言いました。
「中国は13億人の人口。それで、経済は30年間も平均9%の成長。軍事
費は15年間も二桁増。しかも奴らには中華思想があって、なおかつ白人
を憎んでいる」
まあ、例を挙げればキリがないのですが、こういう意見はロシアのあちこち
で聞かれます。
ここで疑問がわきますね。
「じゃあなんでロシアは中国と仲良くしているの?」
そう、「敵(アメリカ)の敵(中国)は味方」。
ロシアとしては、「ロシアでボルシチ革命を起こそう」なんて裏工作をしてい
る覇権国家アメリカと、お隣の大国中国が戦って自滅してもらいたい。
そして、中国はロシアの武器と石油・ガスを無限に買ってくれますから、儲
かる。

中ロ関係というのは、こういう「実利」を元に成り立っているのです

構造不況業種さんへ

>>真実を伝えないのなら、マスメディアに存在価値は無いのでは?
>だなんて、何を小中学生みたいなコメント出してるんですか。
>マスコミは昔も今も権力者にとって、大衆洗脳の為の手段でしかありませんよ

はい、私も、そう思っています。しかし、あなたのように、断定で述べる事はできません。証明できないので。あくまでも、「おそらく」としか言えません。

また、存在理由を無くしたと思われるマスメディアは、今後、何をもって存在していくのでしょうか 「真実を伝えるシステムになる?」それとも「淘汰される?」

某侮日新聞は、淘汰される道を選んだ様ですが・・・

見方を変えれば

資本財を売っている日本は非常に手堅い商売をしているとは思います。しかし、一般的に組み立てて製品にし、付加価値を付けた方が利益は大きいはず。つまり、おいしい部分は外国に持って行かれている、と言えると思います。こういった新しい製品や売れる製品を作り出す企画力は、日本人には乏しいですね。

回りを見て

周りを見渡せば日本がどれだけ潜在能力が有るのかは判ると思うのですが、マスコミの愚見を丸のみ、現場で汗水をたらした事も金策もしたことがない、本ばかり、議論ばかりの中で育った人は、如何にすればズルク金儲けが出来るか?を考えています。

コツコツが嫌いな人が増えてきている事はフリーターと呼ばれる人が増加している事で判ります、日本が裕福が故の病気ですね。「我慢」の中から何かを生み出す「根気」が無くなってる様に見えるのです。
叩かれた時点で負け犬根性・自我が出て陥落消えていく、こんな人材が増えているのも確かです、無駄な教育の結果でも有るでしょう。

「鉄は熱い内」に打たないと用をなしません。現場の責任だ!!~何事も現場が委縮しては良い仕事は出来ません。マスコミがやって来た事は現場を委縮させ人権と称して人間を甘やかしてきた事、中国・韓国は徴兵制と言う「タガ」で現在の日本人は考えられない事をやって居ます。

明治の日本を顧みれば日本ほど中・韓は「芯」は無くても一人の人間としては徴兵を経験した人間は「我慢」を知っています。それを人権を隠れ蓑に鍛える機能を喪失させる事に懸命な日本マスコミに騙されない日本人の経営者・教員・指導者が増えてほしいものです。

★最強のハイテク国家ドイツの変遷

・科学技術では我々にかなう民族は世界中でどこにもあるまいと豪語していた

・ドイツが100年かけても開発できず断念、「現在の科学技術では開発は不可能」
と結論付けた無段階変速機トロイダルCVTを、日本精工が開発し大ショックを受ける
その後この技術はメルセデスベンツに有償供与され、日本精工の開発者は
歴史上一度も外人を入れていないドイツ自動車工業会の正メンバーになった

・1999年 ドイツ商工会議所会頭、ドイツ国内の講演での発言
「我々が科学技術で日本に追いつくのは100%不可能になった
未来永劫無理だ 差は年々開くばかりだ。ああ・・」

このままでは日本車に勝てないと悟ったダイムラーが
日産を手に入れる為に、クライスラーを買収
(日本人は長いものに巻かれろという思想があるから
クライスラーを買収してこちらが大きくなれば日産は簡単に跪くだろうと計算した)
しかし、日産を買収しようとしたら、ダイムラーの大株主に訴えるぞと言われ、断念w

ドイツ国内のアンケートで買いたい車のトップ3を日本車に奪われた(ドイツ史上初)

借金だけあって技術がないクライスラーを抱えたダイムラー業績急悪化

翌年、ドイツ国内のアンケートで買いたい車のトップ10のほとんどを
日本車に奪われた(ドイツ車ヤベー)

ダイムラー クライスラーを手放すことを内定(すべては無駄に終わった・・)

ドイツ自動車工業会が、ドイツメーカーが戦前から何十年もかけて
研究していた無段階変速ギア・トロイダルCVTの開発断念を発表。
「現在の科学技術の水準ではトロイダルCVTの開発は不可能」と断言した。
しかし皮肉にもその直後に日本精工が開発に成功
その後、他の日本メーカーが違うやり方で、次々と
トロイダルCVTの開発に成功し、ドイツ人を仰天させた。
この様な例は他にもたくさんある。

イギリスの著名な経済学者フィングルトンは
「昔、イギリスは、アメリカのことを、欧州のモノマネばかりしている国で、
創造力が全くない国と嘲笑していたが、
後にそれが誤りであることが明白になり、イギリスは大恥をかいた。
皮肉なことに、
今、アメリカは日本に対し、イギリスと同じ失敗を繰り返そうとしている」
と述べている。

案外、当の日本人が、一番日本の力を侮っているのかもしれないw

■不可能と言われていたトロイダルCVTの開発に成功した日本企業■

思わず畑は、手に持ったコップを落としそうになった。
1981年、春。出光興産営業研究所の応接室で、
研究員の畑はある大きなプロジェクトの依頼を受けていた。
依頼主は新型の自動車用無段変速機、
トロイダルCVTの開発を手がけていた日本精工の町田尚(まちだ ひさし)
………
トロイダルCVT。
従来の変速機に比べ、格段にエネルギー効率が良いこの無段変速機は、
石油ショックをきっかけに欧米でも盛んに研究・開発されていた。
だが、いまだ誰もその開発に成功していない。
その原因は、潤滑油にあった。
動力は確実に伝えても摩擦が強すぎ、すぐに金属疲労を引き起こす。
あるいは、高温や低温といった過酷な条件下では、使いものにならなくなる。
-長年にわたって開発をリードしてきた、
某自動車メーカー(メルセデス)でさえ開発中止を検討している。
畑に依頼がまいこんだのは、まさにそんな時期だった。
「成功したら、世界初だよ。」
そう畑は、中央研究所の坪内を誘った。
………
「これだよ、畑さん!」
ついに高特性トラクションオイル基油の合成に成功したその時、
日本精工に開発を依頼されてからすでに10年の月日が過ぎていた。
………
1999年11月、世界初のハーフトロイダル形CVTを搭載したクルマが発売され、
世界中のモータージャーナリストたちの話題をさらった。
だが、そんな華々しい舞台とは正反対の千葉の小さな居酒屋で、
畑と坪内はひっそりと祝杯をあげていた。

地道にコツコツ行くしかない!

日本の生産力(ハード)は世界トップクラス、加えて特許収支(ソフト)も世界で唯一、黒字です。特に特許収支については、ドイツ・アメリカでさえ万年赤字、韓国に至っては対日特許収支だけで年間4百億円の赤字とも聞きます。
その両方を示す好例が、中小工場の生産効率の高さと特許取得率でしょう。他国の同規模工場の生産力を1とすると、日本のソレは2~3の生産力があるとか。更に日本の特許の殆どは中小工場が持っています。
また昔から日本は技術革新の周期も短い。例えば青銅の鋳造技術が大陸から伝わって40年後には、世界最大の青銅の仏像が造られました。鉄砲も伝来から40年後には、質量共に世界一の生産国になっています。
戦後の復興もまた然り。それ故に、日本は世界中から畏敬の念で見られるのです。なのに、国内の停滞感・閉塞感…。これは左翼系マスコミ・経済学者の誘導だけでなく、『ハード(≠長期)よりソフト(≠短期)を扱った方が格上』と言った『短絡なグローバルスタンダード(=英米式)』が普及した結果ではないでしょうか?
でも結局、日本には『終身雇用、年功序列』が相応しいのです。なぜなら技術は一朝一夕に産み出されるモノではなく、地道に積み上げていくモノ。『コツコツ地道に』が日本スタイルなのです。

通行人様へ

わざわざ御丁寧に恐れ入ります。書き飛ばしましたが単純な事です。

 高い技術力は日本の誇りですが、それだけに執着すれば他の現実に目をつぶる事になる。で結局総力戦としては大負けすると言いたいだけです。まずい点はどんな国にもあります。そこから目をそらすような議論には賛成できないという事です。日本が負けたのは補給、情報、物量などでしょう。特に補給は頭から馬鹿にしてました。軍人のする事じゃないとまで。
   輜重輸卒が兵隊ならば蝶もトンボも鳥の内

 あまりに職人芸やプロ意識が強いと、確かに優れている訳ですが、それを支える基礎や周辺に目がいかなくなるどころか無視して物を考えるようになる。これさえあればという発想ですが、それは東大さえ出ていればと同じ事だろうという事です。相手はこちらの優れている所ではなく劣っている所を突いて来る訳で、だから今でも反日プロパガンダなどにあっさり載せられている、情報管理能力はひどいでしょう。

 要するに己を超えて己を見る目が大切だろうという事でした。

 この程度ですが、お答えになっているでしょうか。
遅くなりまして申しわけありません。

 

逆援助サイト紹介。逆援助が実現できるサイトを紹介していますので、まず試してみて下さい。http://tm8.s-fc2.com/

同じこと様へ

お返事、大変ありがとうございました。
正直なところ、先のコメントからは強い怒りを感じましたので御聞きし難かったのですが、ご丁寧なお返事を頂戴できてとても嬉しく思います。勉強になります。

怖い程弱体化した日本

寝言は寝てからしてくれ はよ目を醒ませ!アホ、ボケ増殖中、良識ブログ書け世の裏は偽装、捏造、欲知識を増やせ騙されるな、日本を救う会

日本でしか実用化できなかった技術は結構あります。
何気に技術大国。

・ロータリーエンジン ... 量産化できたのは日本のマツダだけです。
・ハイブリッドエンジン ... 量産化したのは日本のトヨタ。
・固体燃料ロケット ...... 実用化できたのは日本だけ。
・カラー液晶 ............. 技術は流出してしまいましたが、量産したのは日本。
・デジタルカメラ ......... 量産したのは日本です。フィルムカメラを駆逐。
・NANDフラッシュメモリ.. メディア再生携帯機器の立役者。日本で開発。
・DVD .................... 日本で開発されました。
・高速鉄道................ 時速200kmを超える鉄道網を始めて作ったのは日本。
・深海探査................ 世界で一番深く潜れる有人潜水艦を開発。
・二足歩行ロボット......... 日本では玩具すらありますが、実は非常に難しい技術です。

そしてこれからも
・iPS細胞 ................ 再生医療の本命とされています。日本で開発。

唐津 一先生の本など読むと良いですね。

>・DVD .................... 日本で開発されました。

DVDを開発したのはフィリップスとソニーで日本だけでってわけじゃないかと。

実は部品というのはたいていの場合、非常に安い価格なのだ。
一個いくらというより、ロットでいくらの商売。
外国の電子製品の基幹部品は日本製だと言う向きは多いが、
部品業者はあまり儲からない。
それはサムスンが巨利を得て、日本の部品納入業者が非常に少ない
儲けしか得ていないことを見ても明白なのだが、以外とこのことを
知っていない日本人が多い。 いまや製造業は世界的に儲からない
業種になっていまったのだ。 日本の製造業を自慢する日本人はなぜ
(今はサブプライム大不況で躓いているが)世界の金融ファンドがボロ儲けして製造業が束に
なっても弱小ファンドの利益にも劣るのか理解していない。
製造業に頼っていたから日本はある意味おおきく世界から取り残されているのだよ。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/323-b0cc6d50

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。