スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国 5千年の歴史とは?     8月21日(木)


北京オリンピックも残り少なくなってきました。今回のオリンピック
で中国人の危うい非常識な人格が露呈されました。

世界中の人が中国の 狡猾にして傲慢、見栄っぱりな大嘘に、
本当の正体を見たと思います。

花火のCGや口パクはご愛嬌ですが、女子体操チームの2選手に、年齢
詐称疑惑、出場資格の16歳に満たないため パスポートを偽造するに
及んでは完全な詐欺罪です。

どの競技場でも、中国選手を応援する大合唱が起こる、報道によれば
相手方に「シャー、シャー」(殺、殺せ)の連呼、
もちろん自国チームに応援するのは、どこの国も同じですが、
この過剰さとマナーの悪さは一種の病気です。

中国を語るときに必ず「中華民族はメンツを重んじ、自尊心の非常に
強い民族である」と言いますが、どこの国だってメンツを重んじ
自尊心は強いです。

中国人の「メンツ」は世間に対する名誉ではなく、単なる虚栄心です。
その虚栄心の為に嘘を嘘で塗りたくります。

中国人の「自尊心」は自分の品位を保つことではなく、常に相手に
勝ちたい、負けたくないという、劣等感の裏返しの様な気がします。
そのためには手段は選ばない。

自分自身に自尊心があるなら、他人の自尊心も尊重しなければ
ならない。しかし中国人は永遠に他人の立場を考えることがない。
国際的にも相手に無理難題をふっかけ、自己主張ばかりを相手に
押し付けます。

問題を指摘すると、突然 話題や論旨をすりかえて、言い逃れます。
このオリンピック期間だけでも問題を隠蔽して、道理にかなうことを
語り合うことは無かった。

道理にかなうことを、語り合えば、すぐに馬脚を現し面子が潰れる
からです。

中国人は「アメリカは、たった200余年の歴史しかない、中国は
5000年の歴史がある」とよく自慢します。
その自慢のためにオリンピック開会式で中国古代の4大発明である
「火薬」「羅針盤」「紙」「活版印刷」に焦点をあてて長々と
自慢しました。

最近ある雑誌で読みましたがアメリカ人が中国に特許料を請求したら
「中国は火薬や印刷、紙の特許権を今まで貴方の国に請求したことが
無い」と,言って中国人はアメリカ人に特許料を払わなかった
そうです。

常に異なった他民族が支配した国にまともな文化は育たなかった。

私のブログで以前 説明したように日本に留学した魯迅が2000
数百年前の中国の歴史と文化を日本の資料で知り、5000年の
中華文化など何所にも無いことを知り、絶望したと書きました。

そして100年前 何万人もの清国留学生が持ち帰った日本文化を
お手本にして今日の中国文化が存在していることも書きました。

彼らは「歴史悠久」と誇らしげに自慢をしますが、歴史が長いからと
いって、決して文明国家であることを意味しません。
何故なら中国には同じ言語と同じ歴史を共有する国民と言うものが
存在しなかったからです。

そして彼らは中華料理は世界一だと言いますが、世界で賞味されて
いる中華料理は日本式中華料理です。日本で工夫された中華料理を
自慢しているのです。

中国の文化は自画自賛文化です、歴史をはじめ、人間としての知恵
才能にいたるまで何でもかんでも、世界でもっとも偉大であると
自慢します。

このように国民をお国自慢の話で催眠しなければ中国人としての
自覚をもてなかった、「国民国家」というシステムを構築するため
には 仕方のないことでした。

中国が皇帝システムを捨て国民国家への歩みを始めて まだ100年
しか経っていません。アメリカの歴史が200年の歴史しかないと
彼らは軽蔑しますが、中国のまともな歴史はまだ100年です。

5000年の歴史があると自慢する中国の社会制度と文化度を 
たった200年のアメリカと比べれば全てに於いて雲泥の差です。

5000年の中華文化とはいったい どういう文化ですか?

今回のオリンピックで中国は多数の金メダルを獲得しました。
特にアメリカを上回る金メダル量産は中華民族の強大さを
誇示できたと得意になっています。

しかし金メダルの数と国民の成熟度は何の関係もありません。

中国当局は「人文五輪」をスローガンに掲げ、市民のマナー向上に
呼びかけたが、教育効果はゼロだった。

中国の政治、社会制度、人権意識、人格の尊重、思いやり、優しさ
すなわち社会倫理を身に着けるには まだまだ長い年月が必要です





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

中華料理屋にあの赤い回転テーブルの考案者は日本人

昭和7年頃、目黒雅叙園の創業者である細川力蔵という方が「回転テーブル」を考案したそうです。
それがしばらくして日本から中国に伝来したのだとか・・・。
中国が誇るイダイナ4千年だか5千年の歴史というやつの
フタを開ければ中身は大概はこんなものです。
学校やご近所に中国人がいたら聞いてみてくらさい。私が間違っているかもしれないので・・・。

「ターンテーブル」については、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の「目黒雅叙園」に、次のように記載されています。
その記載から、少なくとも、中国で発明されたものであるとは、考えられていないようですね。

(引用)「本格的な北京料理や日本料理を供する料亭だったが、メニューに価格を入れるなど当時としては斬新なアイディアで軍人や政治家、華族層以外の普通市民の料亭利用者を増やした。また、中華料理店で一般に見られる円形のターンテーブル(二層構造の円形テーブル上部に料理を載せ回転させることで取りやすくするもの)も細川力蔵の発明で、その後に中国大陸へ伝わったものである、という説もある。しかしLazy Susanと呼ばれるターンテーブル自体は、18世紀のイギリスにすでに存在していたので、細川力蔵の発明と断言はできない。」

それにしても、北京五輪のお陰で、身近に目覚めた国民が増えて来ているのを知って、五輪様々と思っています。

浅田次郎さんの中国歴史小説のなかに
「中国人は礼儀正しいが行儀が悪い」
という一文があります。
百年前の清国人のことを書いた小説ですが、中国人を表す言葉として今までで一番納得しました。

電力の80%が石炭=発展途上国の実態

[上海 21日 ロイター] 中国政府は国内の石炭会社に対し、9月から海外への石炭出荷を削減するよう求めた。トレーダーらが21日明らかにした。

 政府は書面での指示は行わなかったものの、前週開かれた会合で削減を要請した。ただ、どの程度の削減を求めたかは明らかにされていない。

 中国は2004年以来最悪の電力危機に見舞われており、石炭不足や価格高騰がその原因だとされている。そのため、政府は国内の発電業者のために石炭を確保しようと努めている。中国では電力の80%が石炭を燃料として生産される。

 指示を受けたある企業の幹部は「口頭での命令だった。量についてはコメントできない」と述べた。

 トレーダーによると、石炭輸出に10%課税されることに加え、この命令が出されたことで、9月の石炭輸出は3分の1に減少すると予想している。

 今年1―7月の石炭輸出量は、月当たり平均430万トンだった。

発明を生かせない中国人

4大発明をしながら、東アジアの隅に縮こまって世界に広がる事のできなかった中国人って、ほんとに無能だと思う。あんまり自慢できるものでは無いと思いますね。

表向きの平和の祭典

http://www.excite.co.jp/News/world/20080821/Kyodo_OT_CO2008082101001041.html
中国でチベット人に発砲して・・・の報道

今の中国を国民国家と呼ぶにはまだ無理があるように思います。
共産党が君臨する変形の皇帝システム、支配層の独裁がいまだに統治する前近代が生きている、恐竜国家ですね。

見かけは大きく威勢はいいが、ちょっとした環境変化であっという間に衰退していくような気がします。

中国は5千年の歴史があると言っていますが日本の天皇のように同じ血で運営しているわけではなく国家としては出来たばかりの国ではないのでしょうか?文化なども捨て去って獣人支配の国になってるわけですし。

5千年という言い方はそんな論法でいいなら世界の多くの国が5千年6千年7千年の歴史を持っていると言っていいんじゃないですか?

中国5千年の歴史というのはいつもの捏造セリフでありこれに騙されてはならないと思います。すべては偽り。中国という言葉自体も他国を洗脳する為の表現、つまり偽りに満ちた言葉です。

唯一支那で五千年という言葉が使えるのは彼等は5千年前からまったく進歩していないという場合においてではないでしょうか?彼等の精神性は世界で最も遅れており醜悪で残忍。

日本は本当に迷惑ですね。

いつの時代も


中国が慢心すると、必ず過去の時代、朝鮮半島を取りに来たという
歴史がある。何度も何度も繰り返す。今回も、北から飲み込まれていって、
韓国が、「助けて」という時が迫っている。

日本もお祭り騒ぎの裏で備えなければならないだろう

http://gaikoanzenhosyo.blog4.fc2.com/blog-entry-372.html

海外国有資産の検査強化 中国
2008.8.21 産経
 21日付の中国英字紙チャイナ・デーリーによると、中国会計検査署はこのほど、海外に政府機関などが保有する国有資産の検査を強化するため新たな専門部署を設置した。

 中国の海外国有資産は1000億元(約1兆6000億円)以上との推計もあるが、これまでは検査体制が不十分で、不正経理が度々指摘されていた。

 新たな部署の概要は不明だが、80を超す政府機関が海外に資産を持っているとみられている。

それでも付き合う?新興国

経済成長の大波指数を示して頂いたんですが、それが本当に成長の大波となるかどうか
あくまで、管理者どのの主観によるものと思いますので、何とも判断のしようもありませんが・・・

新興国の経済成長と民度の成長度には、どうにもならない開きがあることが
特に最近になって顕わになってますが、とどのつまり、管理者さまのように、
相手の民度を知った上で、此方が賢く立ち回るべきって結論なんですね。

日本人の性善説ベースの価値観など日本人同士限定でしか通じないのだと、
世間一般に広く知られるまでに、どれほどの被害を被るんでしょうね。

進歩無し

死那の5000年の「偉大」な歴史に限らず、世界の四大文明発祥の地ってのはいずれも、先進国ではないでしょう。どこも進歩のペースが遅いのですよ。
中華民国出来立てのころなんかも、緩やかな連合状態が長かった神聖ローマ帝国のほうがまだましだったのじゃないですか。中華民国は内戦頻発だったのですから。

シナ・朝鮮は『甘やかされたクソガキ』です!


なんと言っても英国とのアヘン戦争で、中国は8つの国に分割されて、辛酸を舐めた経験がトラウマになっているのは分りますが、そんな事を言ってたら、他のアジア植民地はどうなるのでしょうか?

インドネシアは350年間もオランダに搾取され、インドも英国に200年以上、搾取されていたと聞いています。ベトナムやカンボディア・マレー・ビルマ・フィリピン等も、同じ『辛酸』を舐めています。しかし彼らが、中華や朝鮮のように、植民地の歴史を捏造したり、今も恨みがましく、女の腐ったような愚痴を言うのを聞いた事がありません。

ある評論家が言ってましたが、シナ・朝鮮が『植民地&属国』だった歴史を直視できないのは、すなわち『儒教思想』のせいだと仰ってました。

シナ人や朝鮮人が『植民地の歴史』を認めることは、『ご先祖様の失敗』を認めることになるので、それは大変な『親不孝』になるから、認めないのだ』と仰っていました。だから、どんな事があっても自国の惨めな歴史は認めずに、他人に罪をなすり付けるのだそうです。

言わば、甘やかされて育った“クソガキ”が、喧嘩に負けてブチ殴られた事が、今も「口惜しくって、口惜しくって」、地団太踏んで喚き散らしているだけの事だと思います。

何故、認証キーワードが表示されないのでしょうか?


管理人さんへ、
昨夜、コメントを記載しようと思ったら、
認証キーワードが表示されなかったので、アクセス出来なかったのですが、
なぜなのでしょうか?





>韓国が、「助けて」という時が迫っている。

韓国がどうなろうとも、関わらないことが一番に決まっているでしょ。

中国の歴史は異民族の歴史でもある。ただ単に肥沃な大地を求めた奪い合いの歴史とも言える。
現在の中国とあまたの異民族が築いた歴史には連続性が無く、歴史が刻まれた中国大陸に住む人々がいるだけだ。

そして歴史をお国自慢としか捉えることのできない民族には未来を統べる資格も能力も無い。過ちを繰り返して自滅あるのみ。

>どこの国だってメンツを重んじ、自尊心は強いです。

本当ですか?日本の首相を見ていると、とてもそうとは思えない。

>本当ですか?日本の首相を見ていると、とてもそうとは思えない。
日本の現首相は日本人じゃなく大陸の方なんじゃないですか?www

中華は夢幻

 シナの五千年は、周辺の民族の興亡の歴史であって、一貫した文明の継承ではない事は明かでしょう、大漢帝国以後、五胡十六国、五代、南北朝、元、清と、明かに漢族以外の異民族から受けた支配年数だけでも1200/2200ではありませんか、しかも、晋・隋・唐・宋・明で云う「漢民族」は、全て、後付で認定されたモノでしかなく、その実、隋の大半の構成は鮮卑族であり、唐の高祖は現在、少数民族に指定されている羌族の出自で有ることが明かに成っています、これらは全て文化発信力に乏しい遊牧民族だし、明の支配層は、楚の出身の宗教指導者(朱元章)で、出自から類推するに、寧ろ、古の漢人と言うべきですが、人間不信が高じて鎖国を行った位で、家臣の鄭和を除けば文明を発信したとは言い難い。

 シナの五千年の歴史とは、五千年間にそれら複数の民族が、シナの大地に足跡を残したと言う事実でしかない、而るに、文明とは社会が産み出す物を連綿として受け継ぎ現れるモノではないか。

 すると、シナの文明は唐代をピークに衰退して、現在在るのは、記念物的なモノばかりである事から、漢族を中心とした社会が持ちうる文化力は既に滅んでしまって存在しない事になる、シナが縋っているのは過去の栄光に過ぎない、中華は夢幻だろう。

三宅さん

私は北京五輪は一切見ないと決めていますので開会式も見ませんでしょたので大きな事は云えませんが、家内(当然女です)が「三宅さんてバカね」~と言うので聞いてみると~「中国の歴史5000年~5000年て大声で嬉々としてしゃべってるわよ」~「秦」から続いていると思ってんのかしら~こんな答えが家内から帰って来ましたので~「本人そう思ってんじゃないの」~と答えておきましたがNHKの第一人者も主婦にけなされてる様じゃ先行は暗いですね。

エレベーター

はじめて上海に行って、デパートの最上階でエレベーターを待っていたとき、ドアが開いても中にいる人が誰一人出ようとしないのでびっくりしました。
そこから一階にたどりつくまで、ほとんど各階に止まります。誰も乗ってこない階にも止まります。すごく時間がかかるし、口臭体臭のキツイ彼らとのすし詰め状態はかなりの苦痛です。

どういうことかおわかりですよね。
そうです。かなり多くの中国人は、エレベーターに乗る時、上下両方のボタンを押します。そして自分が上に行きたいのか下に行きたいのかにかかわらず、ドアが開くととりあえず乗り込むのです。

そんなことをしているから、エレベーター本来の処理能力を発揮できません。いつもすし詰め。悪循環です。
交通だって同じこと。ゆずリ合わない車の背後は大渋滞。歩行者の信号無視はいつ自分が渡れるか予測できない→待てないの連続。

「教育が不足している」
物分りのいい中国人はそこまでは認めます。
でも、これって教育の問題でしょうか?
かれらが「教育」という言葉を口にするとき「習いごと」というニュアンスが漂います。つまり特別な訓練なんだと。

喫茶店のウエイトレスの多くは、そこに勤めるようになってから挨拶をおぼえます。給料をもらうために経営者の命令に従う。その中に挨拶や一般常識が含まれている、ということですね。
だから休憩時間や退勤後には「本来の姿」に戻るのです。

論理性の欠如。
難しい議論に参加しろとは言わない。せめて、列に割り込んだら、目の前のひとだけでなく、そこからうしろのすべての人に迷惑がかかる、という程度の思考能力はもってもらいたい。

駐在の切なる希望です(笑)。

友達のお兄さんが中国人のお嫁さんをもらい、数年が経ったある日のこと。お嫁さんが手料理で儀父母をもてなしたところ、この義母がうっかり「美味!さすが中国3千年の歴史ね」といい間違えてしまったそうです。
いつもは控えめに攻撃的なお嫁さんですが、このときは後ろに炎を背負って「5千年の歴史ですっ!!!!!」とテーブルを叩いたそうです。
その一言で、なにか、中国人の本質を見たと友達は言っていました。

>韓国が、「助けて」という時が迫っている。

>韓国がどうなろうとも、関わらないことが一番に決まっているでしょ。

早く日本は手を打てってことにきまってるでしょ。
順番で次は台湾、沖縄でしょうから。

中国には歴史がない

北京オリンピック開催に反対していました。が、今回のオリンピックによって中国の異常さが世界に知られました。そういった意味においては大成功でした。中国5千年の歴史といっても中国人は真の歴史を知りません。知っているのは捏造された歴史です。孔子の名前は知っていてもその教えは知りません。中国の歴史は戦争に明け暮れた戦いの歴史です。秦の始皇帝が帝位についた紀元前222年から20世紀の1920年までの2140年間に国家的規模の内乱は160回もありました。それらに費やされた時間は896年です。3年に1回1年以上の期間が戦いでした。20世紀に入っても不正義な統治によって7000万人を超える犠牲者が出ています。残虐な殺戮は中国の戦争文化です。メンツを大事にする彼らは事実を隠蔽し、他国の責任にします。世界が中国の本質を知らなければいけません。

教育効果

>中国当局は「人文五輪」をスローガンに掲げ、市民のマナー向上に
>呼びかけたが、教育効果はゼロだった。

教育効果はある程度在ったけど、あの程度なのでは。
マジで。

出前一丁

香港では日本の発明品がわりと公平に市民に知れ渡っています。
というか、日本製はやはりブランド。お菓子や飲み物でも日本からのものは割高だけど一番良く売れるとのことです。私の取引先も、日本語のラベルを英語なんかに変えてくれるな、日本語のままがいいんだと言います。
「出前一丁シリーズ」が即席麺と同じ一般名詞の扱いでメニューの一画を占めていたりします。

英国の教育を受け、国際ビジネスの拠点として発達した自国(?)の文化にある程度自信を持っているから、他国の文化を正当に評価する余裕があるのでしょう。

一方、大陸は。
「昴」「時の過ぎ行くままに」「川の流れのように」「竹田の子守唄」…。
多くの大陸人はこれらは中国の歌だと思っています。私が日本語で合唱すると、「日本でもこの歌は翻訳されていますか?」とうれしそう。
おまけにこれらのコード進行をまるパクリした歌をつくって、間奏部分のストリングスに元歌の主旋律をそのまま使っていたり。

…コラぁ(笑)!ええかげんにせえよ!

管理人さんが書き込んでおられるような話で腹に据えかねた時、私は、
「あなたたちは文革以降、何か作り出したものがありましたっけ?」
と聞いてやることにしています。

「支那、暗黒大陸5000年、その歴史認識の始まり」へ 

かつて、支那には、
・孔子・孟子などの賢人がいた。
・紙・火薬・羅針盤・印刷という大発明がなされた。

しかし、これらに関して、
尊敬に値する話は、大昔のことであり、
現在の支那では、尊敬に値する事にお目に掛かることが、大変難しいことだということが分かってきました。

賢人については、このブログ管理人様の記載から、理解できます。

大発明については、次のような誤解に基づく考えから、非常に過大に評価させられているのではないでしょうか?
最初、前記のような発明がなされました。
しかし、無数の発明の中の4つに過ぎません(この時点では、玉石混合状態です)。
多くの発明の中から、玉を発見し、磨き上げ、
歴史を振り返ってみて、大発明とまで言われるようにしたのが、
支那とは異なる国々でした。
そして、
それらの国々の”磨き上げるため歴史の相違”が、それぞれの文化・技術を異なったものにして来たのだと考えられます。

例えば、日本で、
紙は、世界に誇れる異色な衣・食・住に関連した文化,技術の発展をみせております。
(技術面では、優れた物性,折り紙の発想を宇宙開発への応用などへ。)
火薬は、夏の夜空に打ち上げられるCGではない芸術的な花火を、ユカタを着て、ウチワを持った女性が夕涼みがてら見ている光景が目に浮かびます。
(技術面では、自動車の安全バッグへの応用などへ。)

支那の爆竹は、それはそれでいいのですが、日本のような情緒を感じられません。
また、紙ではダンボール肉まんが作られた話が報じられたことも、記憶に新しいところです。
(今でも、昔と変わらず、このようなユニークな発明が多く生まれていますね。)
昔の発明では、普通、1人の人間に依存する所が大きいものです。
その発明を磨き上げるには、大勢の人々が係っています。
土台に問題があれば、出発点が同じでも、大きく相違してきます。
これまで、少なくとも、支那人が過去のこれらの発明を自慢できるような行為をしてきたでしょうか?
(紙と知恵を大切にしない行為(焚書)をし、紙と自国民を愚弄する行為(歴史捏造書発行)をしてきましたね。また、現在でも、支那の知的財産権に関する事柄を尊重し、保護するという姿勢については、多くの問題点を抱えており、前記の認識により、到底、短期間での改善を期待できそうにはありません。こんな状態では、現支那人が自慢できるものがあるかというと、何も思いつきませんね。また、真の進歩も期待できません。)

従って、支那大陸の5000年は、言論弾圧,近隣諸国への侵略が進行形であることと併せて、
誇れるどころか、恥ずべき,人間的には進歩の無い暗黒5000年の歴史だと言いたくなりますね。
敢えて誇れる?とすれば、多くの自国民に迷惑を掛けてきたという、歴史上稀に見る、その数の驚異的な大きさではないでしょうか?
この5000年という歴史の重みに対する認識は、
さらに、この国の将来予測を暗いものにします。

韓国にいつも負ける理由

星野が黙秘する日本の闇 在日の証言、内部告発続々と 国賊・反日テロリストを追い詰めよ!


北朝鮮送金ルートを断て
http://www.youtube.com/watch?v=gfUojDy5kkA
朝鮮総連、地上げとパチンコ
http://vision.ameba.jp/watch.do?movie=266114
パチンコ必勝攻略で有名な梁山泊
http://www.youtube.com/watch?v=D2VhwFY58ZA&feature=related

韓国人 
http://www.youtube.com/results?search_query=%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%80%80%E5%BC%B7%E5%A7%A6&search_type= 
右翼の正体  特定アジア まとめスレ 
http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1192685451/


※コピペ ビラ メール で追放リレー ×100を始めよう! 効果絶大! 40万人突破!!


ホントのところは

中国人は日本に経済で完全勝利したと言い 日本人は自国が没落状態だという。
本当のところはどうなのでしょうね。

???どうして???

最近、何故か中国5千年の歴史ってよく聞きますが、
たしか、2,30年前は、中国3千年の歴史って行ってたはずだけど・・・・・
これも、捏造???>

テレビにはニセ情報が満載?

 日本のインテリさんは、素質がそうなのか保身なのかカッコ良いスタイルという思い込みなのか、楽天的なポジティブな物言いはお馬鹿さん、みたいな扱いです。景気の良い話しでも出ると、ちょっと待った、こんなデータもあるぞ、こんな考えもあるぞ、それを知ってて反論できる俺はインテリだぞ、みたいな流れを作りたがります。
 軽薄短小な庶民の皆さんは、軽挙盲動しちゃダメだよ、インテリの言うとおりに動きなさい、みたいな雰囲気を無意識に作ります。
 
 テレビなどを注意深く見ている方は、そんなインテリ馬鹿の言動に頷いていただけると思います。フザケタ人たちが、自己利益を隠しながら、でかい顔して「公益」や「未来」を解きます。

 サヨク的なインテリは、「理性的に」宗教を否定しながら、自分の妄信には気づかなかったり、おかしな思想誘導や印象操作をいまだにやっています。
 特アの異常性はスルー、あるいは発展途上においてはどこの国でも起こること、どこの国にも犯罪者はいる、みたいなエクスキューズを忘れません。紆余曲折はあるだろうが、彼らもいずれ必ず日本のようになる、という刷り込みです。それを手伝うのが日本の義務とほのめかします。(ここに余分な飛躍が混じります)
 
 特アが将来、日本のような国になるという保証はどこにもありません。日本の現代史を、彼らが辿る必然も理屈もありません。民族(思考性向精神基盤)が違うし時代も違うし、経済環境も全然違います。
 それは日本のせいではないし、義務でもありません。
 偽情報に踊らされないようにしたいものですね。

シナの正史も捏造の可能性有り

>中国5千年の歴史
実は彼等は、長江文明迄入れて1万数千年の文明と言い出す準備があると思わなくてはイケマセン、タダ飽くまで、黄河文明こそが漢族が築いた文明だと言うことになっている以上、それ以前に存在したとされる長江文明迄も漢族の文明に入れてしまうと、漢族の祖と言われる黄帝の三苗征伐は同士討ち、若しくは、漢族の方が侵略者に成ってしまうからだと思われます。

 しかも、その苗族や長江文明の主催者であった百越の民は、その後、呉越の建国・滅亡を経て楚国の建国、その後の冷涼期や戦乱の影響で、日本に移住して国津族となっている事が、他ならぬシナの学者の楚国研究に拠って次第に判明してきているワケです。

 その後の遊牧民の南下に拠って常在化した大陸の戦禍の所為で、楚人は殆ど全滅状態ですから、古代長江文明の主の子孫は他ならぬ日本人だという事になりかねないわけです。

 歴史學を政治的な手段の一つとしか見做していない事が明白な共産シナにとってさえ、是以上の歴史の改竄は、シナが属国と見下す朝鮮族の国々と同程度の行為と貶める事に成りはしないかと言う危惧が有ると私は思いますが、サスガに現住シナ人が侵略者の子孫である事を証明してしまうのは如何にもマズイのではないか、それ故所謂、シナの連綿と続いてきた正史=歴史学アカデミズムの矜持を保つ最後の砦であるシナの歴史学会に無用の圧力や人事を通した排除行為が働いているのではないかと心配しています。 (とは言え、正史自体もかなり怪しいのは確かですが)。

急がれる治療薬の開発

テレビ偽情報発信に係わっている
「日本のインテリさん(直近では、寺島、田勢発言?)」
には困ったものです。

去年頃、応急処置用として急遽開発されたと言われるワクチン
(せと型、西村型、桜井型、村田型、黒田型などの抗体)、
これらのワクチンが寺島菌、田勢菌などの類似菌に、
どうも有効だということがわかってきたと言われています。
これらワクチンの効力増強、必要であれば、さらなる新薬開発が望まれます。

前記の菌に感染すると、
初期には、夢遊病のように一点を見つめて話したり、卑屈な笑いをするように見えると言われ、
症状が進むと、徘徊が始まり、人に噛み付き、抗体がない人ではその病気が感染発症するそうです。
末期には、自分の体を食べるようですが、本人は痛みを感じないようであるそうです。
本当に、コワイ奇病ですね。
国民の中には、マダこのような奇病が広がっているのに気付いていない人も多いと聞いています。

国民が一刻も早く、このような奇病感染から逃れる恩恵に与りたければ、
自分自身のためにも、その開発を援助する必要がありますね。

ところで、我国に隣接して、「暗黒大陸支那」の存在を認識できる
「毒ギョーザ開き直り事件、長野聖火蹂躙事件、北京弾圧捏造五輪など」
の事例が積み重なるにつれて、
ワクチン開発に対する国民の認識、要望が高まって来ております。

従って、今後、益々、菌を散布する本体(マスコミ)の治療も見据えて、
優れた治療薬の開発が促進されることを、
優秀な開発者の登場と共に期待いたします。

日韓戦で日本侵略の助長をした韓国テレビ

「野蛮なコリア人」の育成に協力する「反日日本人」の害
(日本史から見た最新ニュースさんより)
http://wanokokoro.seesaa.net/article/105210652.html

愛国ブロガーは、日本を治療する

>>2008/08/24(日) 07:22:59 竹橋
>> 去年頃、応急処置用として急遽開発されたと言われるワクチン
>>(せと型、西村型、桜井型、村田型、黒田型などの抗体)、

政治系ブログは、さながら研究所だか先端医療施設ですな。活動するお医者がいる。
「先端医療」が広まって日常薬になって、早くすべての日本人が抗体を持つようになれるといいですね。
うちの会社のあの人にも勧めたいです。

北朝鮮をどうするか?

<当面の課題>
北朝は、中&米を天秤にかけている。
・中寄りで併合されたら最悪(後に韓国も・・・)
・米に恩を売り、日本から金をせびる。(核全捨て?)
<日本の現実的な選択>
・拉致問題は完全解決
・北には核兵器許容(たぶん捨てない?)
・日本も核武装!(大義名分あり)
<核武装に関して>
簡単ではないが、経済封鎖等を勘案して・・・
①エネルギー自給(太陽発電)
②鉱物資源備蓄
③食料自給
独立国としての勤めだわ・・・



ちゅうごくよんせんねん

>最近、何故か中国5千年の歴史ってよく聞きますが、

これの元ネタは糸井重里のインスタントラーメンの宣伝文句
「中国四千年の歴史云々」です。

中国5000年の歴史…なんて言ってたら
露西亜や東欧なんかも5000年の歴史を持ってることになりますね

なんせあそこはシナ(蒙古ですけど)の一部だったことがあるんですからw

まぁそれでも実証できている歴史だけで少なく見積もっても3000年はあるわけですし…
どこぞの半島国家の9000年の歴史…よりかはマシですが
#最古の史書が1300年代という国ですが

200万年

何らかの文化が残され、その土地にただ人間が居る事だけが条件なら
「石器」を発明した旧石器時代人のいたアフリカがダントツ1位ですね。

アフリカ200万年の歴史万歳!!

中国人の面子とは

本文中にも引用されている「中国人は面子を重んじる」とか大切にするとかですが、これはどこかの工作員の文言かデマゴーグされた言説ではないでしょうか。正しくは「中国人は体面さえ取り繕うことができれば中身はカラッポでも裏腹でも構わない」と言うべきではないでしょうか。儒教が身体のシンまで染み付いた発想は4千年変わりようもないようです。約束事や講和条約すら、とにかく自分が有利に立つまでの時間稼ぎの手段にしかすぎません。逆襲する体勢が整えば約束をぷいと反故にして突如牙を剥いて襲いかかる。その実態を欧米は百年以上目にしています。
アメリカだってそうです。

「工作員が政府の上層部までくいこんでいる日本には恐ろしくて亡命できない」と天安門事件の学生が語ったそうですが、そう工作された日本はともかく何回も痛い目にあっているアメリカが中国をパートナーにしようというその気持ちが理解できません。

概ね同意しますが、世界で食べられて居る中華料理は日本初では有りませんよ。
拉麺は日本の物って言うのは知られていますし。

読みました。ブログ主の中国に対する認識の幼稚さが、はっきり分かった。知りすぎたと自賛しないでください。

はっきり分かった とな?

↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ほほお  どこがどう幼稚なのか教えて下さいな。

幼稚なthinkですね。こんなものを書くのが恥ずかしいですね。

Re:japanese lady

apanese lady様
具体的なことは何一つ示せず、結論に至った論理さえ言えず、只幼稚と決め付ける。
どちらが幼稚なのでしょうか?。
証拠や事実に基づき論理的に話す訓練をしないと、日本に負けてしまいますよ。

重層構造の中華文明

 「中国4千年の歴史」と言う言葉の中に、2つも認識間違いが在ります、先ず、中国と言う名前の国を特定することが出来ません、中華民国も中華人民共和国も在るからです、しかも、この2国は誕生してから1世紀経っていない、中国という呼称は戦後生まれた後者の指導者が、シナに替わって、日本側に要請してきたものです。

 日本には既にその時点で、「中ッ国」と言う意味の中国地方が存在していました、後から出来た呼称で、しかも外国なのに、江択民は、「中国」の呼称の使用を中止する様に日本に「命令」してきています、他国の歴史認識に全く敬意を払えないレベルの低さを感じますね。

 モゥ一つは、四千年と言う数字です、シナの大地に展開した王朝が、全て同じ種族だったというのなら「連続」と考えて善いでしょう、しかし。現実には、漢民族と云える王朝の成立は趙宋で、その成立は960年ですからつまり、千年以上遡らねばならない、因みに元の侵攻により滅びたのが、1279年です、それ以後の朱明の朱氏は漢族ではなく楚人である事が知られています。

 現在の中華文明は、その起源を黄河文明に三千年以上先立つ時代から長江流域と、東シナ海沿岸で文明展開していた所謂長江文明が、紀元前20~25世紀の寒冷期に、北部草原で干ばつが起こり水が涸れて、水を求めて南下した遊牧民が、長江文明を武力で滅ぼし、奪い取り、文化を剽窃して、成立したのが黄河文明ですから、二重構造の文明だと言えるでしょう。

 秦漢の頃の民は第一派の南下勢力との混血で、彼らを漢民族と呼ぶのなら、南北朝以降から隋唐迄の混乱は、第二派の南下に拠って引き起こされたと看て良い、すると、秦漢時代の漢民族と、隋唐時代の漢民族とは、オソラク中味が相当違っていると看て良いでしょう、況してや、元以降の明かな異族王朝である大清帝国を中華文明にカウントする事自体、漢民族の括りを大きく曖昧にするモノだと言えましょう。

 遊牧民出自の支配層は掠奪と虐殺を生業とする権謀術数に溢れて居ましたが、文化創造力や発信力が著しく劣って居るのは、彼らが定住耕筰をしてこなかった為に、食糧生産力が著しく劣っている事を原因とします、作物は農耕民から掠奪するしかなかった、其れが、支配層が幾ら代わっても、文化の中核を担っていたのは、長江文明の名残りを継承した、海産と漁労の民、楚の民だった理由です。

 ですから、4千年を黄河文明成立と考えると云うのなら、楚民の長江文明は中国ではない事になります、逆に、楚民も中国だというのなら、漢民族と言う括りは消滅に近いほど希薄な括りだと言わざるを得ない。

 以上が、ブログ主様が展開してきたシナの歴史の概要です。

 景子さん、何処が「幼稚」なのかをご指摘下さいませんか?

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/320-c02e79da

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。