スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新興国を浮上させる大波が来る    8月20日(水)


18日(月)に頂いたコメントの中に「その経済成長の大波とやらの
根拠を、是非とも教えて頂きたくぞんじます」と書かれています。

私の根拠は最初一ビジネスマンとしての感だけですが、たまたま
2008年の各国・地域におけるGDP成長率の表を見て
確信しました。

そこで自信を持って「新興国を中心に、経済成長の大波が近づいて
います」と書きました。

アジア途上国―8.4 インド-7.8 中央アジア-7.5 中東欧-5,3
中東-5.5 アフリカ全体-5.8 ブラジル-4.2 スペイン3.4
メキシコ-3.5 

サブプライムローン問題による金融不安が広がりはじめたのは、07春、
欧米の銀行は顔面蒼白の不良債権による巨額損失を計上した。

天井知らずで上がる石油価格と食品は家計を圧迫し、インフレ恐怖症に
各国は怯えた。

しかし冷静にこれらの新興市場を分析すれば、過去に例が無いほど
広範囲にわたる経済成長をしています。多くの人たちが貧困から
抜け出しています。

欧米主要諸国は 多少失速気味ですが、一時的な市場の動揺に
とらわれずに世界経済の現状を見れば、先行きは明るいです。

多くの新興国は好況に沸いています。原油の下落も見えてきました。
アメリカが落ち着きを取り戻せば、また世界中で力強い成長が
続くと思われます。

新興国は資源を採掘して安価な労働力を提供するだけでなく、今後は
国内の中流層を拡大させて世界に羽ばたく企業を育てていきます。

世界のファンドや多国籍企業は ニュヨークやロンドンからインドの
ムンバイ市場へと流れだしました。
アメリカ経済の大幅な減速を乗り切って、新興市場は今後、世界経済を
牽引していきます。

現在の金融不安は先進国に限られています、その一方で新興国は
借金を返し、インフレを抑えています。IMFは新興国の融資残高の
82%以上を回収したと発表しました。

今後 借金から解放された新興国はインフラへの投資を拡大し、自国の
企業をバックアップして経済成長を加速させていきます。

新興国の外貨準備高の額がいつの間にか増えています。
金融のプロ達も育っています、それぞれの中央銀行も まともに
なってきました。
(韓国の中央銀行だけは いまだにクエスチョンです、韓国は新興国で
ないので論評はさけます)

以上の事を分析した結果 「経済成長の大波が来る」と書きました。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

朝鮮人は人種差別民族
韓国が先進国になれるはずがない
http://specificasia.seesaa.net/article/105043876.html

詐欺じゃないのか?

北京発!栗原恵単独シャワー映像逆輸入!のページをクリックしていったら、勝手に 登録しました! と書いてあり6000円払えともかいてありました。

これどうなっているのですか?私はぜったいに払わん。

>fujikawaさん
メールアドレスや口座番号を知られたとか出なければ、
何の拘束力もないただのコメントだとは思いますが、
念のためプロバイダーに連絡して事の経過を説明して、
IPアドレスとメールアドレスの変更もお願いした方が良いかも知れませんね。
銀行の口座番号を知られたとかじゃないのでそれで対処可能なはずです。
もし知られてしまったのならそのなんかしらの口座を知られてしまったら、
その口座を消すしかありません。

円高にするといいみたい


日銀が金利が1%、上がるだけで日本人の資産は、
年間15兆円増えるって見方もあるようですよ♪
たぶんマスコミは反対する意見・・・・

おもしろいものですね。

今回のエントリーに対して、賛成のコメントも反対のコメントも無いとは。
コメントの数じたいも少ないですし、そのうち2個はエントリーに関係ない。

ブログ主殿の意見の裏取りを行ってみました。

外務省経済局調査室主要経済指標2008年7月30日
4,5ページに成長率がでています。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ecodata/pdfs/k_shihyo.pdf

IMF世界経済見通し2008年7月
4ページに成長率がでています。

http://www.imf.org/external/japanese/pubs/ft/weo/2008/update/02/pdf/0708j.pdf

上記の資料によりますと。ブログ主殿の感は、かなり良いものと思われます。

マスメディアのサイトでは、自国の成長率しか評論してなく、世界全体に関してのものを探すのは、少し苦労しました。また、外務省の発表のもは、大雑把すぎるので、IMFのものを結局探すはめに。あと、某国等の情報は、基本となる情報の信頼度がことごとく落ちてますので、IMFの発表でも信頼できないと思います。

fujikawaさんへ
ワンクリック詐欺は立派な犯罪。
ほとんどありえないことですが、例えメールアドレスやその他個人情報が相手に知られてしまったとしても、放置で問題ありません。
この程度のことでIPアドレスから割り出し可能な個人情報がプロバイダから漏れることは通常はありません。
やっつけたいと思うなら後ろめたさをを持った一市民のふりをして振込先を聞いて、警察に連絡すれば向こうがアウトです。
ちなみに6000円ではなく、60000円だったような気がしますが(笑)
ブログ主さま
エントリーと関係ない話題で申し訳ありません。
ネットでの常識を知らないかたがおられましたので、振り込め詐欺的なものに騙されるのは放置できないと思いましたので。

今後の展開は?

毎度、素晴らしいエントリーに感謝します。
さて、今朝の読売報道による「中国株7%上昇」なる
共産党テコ入れ策の件ですが,これはどのように読み解くと
宜しいでしょうか?(以下、引用)
「中国政府による景気刺激策への期待などから全面高となり、
株価指数の上昇幅が7%を超す大幅高となった。----」

どうでしょう?

中国株7%上昇ってニュースは、確かにありますね。でも最高株価から
60%落ちていた中での話でしょ。
北京オリンピック、上海万博後にどうなるかです。

現行の世界の経済・軍事バランスが壊れ、新たな国際勢力枠組みができるのか微妙な動きがあるようです。米欧、EUとNATOとロシアの対立、米中の裏のアジア協調外交による、中国の軍事・経済覇権への動き。これらは不気味です。北京オリンピック会場にキッシンジャーがいたのを見て、
これは、ただことじゃないと感じた。

産経ニュース

上海株、急落 景気対策なく嫌気

21日の上海株式市場の総合指数は、前日比約3・6%安の2431・72で取引を終えた。前日は中国政府が景気対策を実施するとの観測などで7%以上も値上がりしたが、景気対策の発表がなかったことから、幅広い銘柄が売られた。


東京株、終値99円安の1万2752円 4カ月半ぶりの安値水準

21日の東京株式市場は、米国の金融不安など国内外の景気悪化懸念を背景に売り圧力が強まり、日経平均株価は続落した。終値は前日比99円48銭安の1万2752円21銭で、1万2656円42銭を付けた4月1日以来、約4カ月半ぶりの安値水準となった。

 全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)も8・84ポイント安の1224・53。出来高は約15億7500万株。

 外為市場が円高に振れたことも悪材料となり、主力株を中心に値を下げた。午後に入り、アジア株の軟調を受けて下げ幅は一時拡大したが、割安感から買い戻される動きもあった。

資金流出、株下落…ロシア経済、グルジア紛争で危機

20日付のロシア有力紙コメルサントは、NATO会合の結果、「ロシアと西側の対立が紛争にまで発展してしまったことがはっきりした」と分析。プーチン首相が鉄鋼のメチェル社を非難して株価急落を招いたことと並び、グルジア紛争が、外国の対ロシア投資の引き揚げを招く主な要因





昨年の後半から米国の消費市場が冷え込んだにもかかわらず、
日本企業の連結決算は意外と良かったので、各社の有価証券報告書を読んでみると、欧米市場の落込み以上に新興国が健闘していました。
特にインドシナ諸国は絶好調です。中国からの生産シフトの効果が出ています。今年の第一四半期も、それが継続しておりまして、あの強大な対ドル円高差損を埋めて、さらにプラス成長した企業もあります。
金融経済では米国が風邪を引くと日本は肺炎かもしれませんが、実態経済はそういう時代は過ぎたと思います。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/319-13cd2342

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。