スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移民立国は日本消滅の序章     8月12日(火)

「露、グルジア空爆拡大」

グルジアの位置も歴史も知らない者が今回の戦争を私のブログで
取り上げる気はさらさらありません。

詳しいことは新聞、テレビなどで勉強してください。

今回の戦闘の原因は、グルジアが事実上、独立状態にあった北部の
親露分離派である南オセチア自冶州を実力で再統合しようとしたこと
にある。それぞれの後ろに大国ロシアと欧米が存在している。
(8月10日の産経新聞)

世界紛争の多くの原因は、一国の中に違う民族をかかえてしまった
ことによることが多い、今回のグルジア国内に存在するオセット人は
イラン系言語を話す。

このような場合 民族が融合するなどありえない。

今世界で起こっている紛争を調べれば即座にわかります。
私がビジネスで深く関わったスリランカでの内戦も、一国の中に
宗教も民族も違う人たちの 終わりなき戦争です。

もともとスリランカはシンハラ人で宗教は仏教徒、穏やかな心優しい
国民です。ところがイギリスに占領され、イギリス人は紅茶の
プランテーションのためにインドから大量のインド人を移入させた。

そのインド系(宗教はヒンズー教)の人たちが独立を主張して戦争を
引き起こしました。

日本に住んでいると内戦など想像もつきませんが、一国に他民族を
引き入れた時の悲劇は他国と戦う時よりも悲しみは増します。

私が何を言いたいか、それはこの幸せな一国一民族の平和な日本国を
将来内戦の目を育てようとしている愚かな政治家達がいることです。

それは自民党の大物政治家 中川秀直です。
彼は外国人材交流推進議員連盟の会長として移民の大量受け入れに
積極的です。日本の総人口の10%を移民が占める「他民族共生国家」
を作ると宣言しています。

日本を移民国家として定義し、「移民法」の制定や「移民庁」の設置を
工作しています。

既に以前から中国人や韓国人が日本に住み着いて社会を混乱させて
います。日本の犯罪の60%は外国人の犯罪です。そのうち40%は
中国人で、日本のヤクザの70%は韓国系と言われています。

このような日本の実態と 内戦と移民のトラブルに苦しんでいる他国の
実情を中川は知らないのでしょうか!

50年以上前から移民を受け入れてきたドイツでは、総人口に占める
移民の割合は,正規で13%、不法滞在者を含めると17~18%と
言われています。

マスコミに取り上げられたベルリンの学校の荒廃がドイツ国民に衝撃を
あたえています。
おびえた教師、トルコ語とアラビア語で罵声を放つ生徒、校門での
警察による所持品検査など、教室では無法地帯で学習意欲は皆無と
報じられています。

移民地域の学校によっては8割が移民と言うケースもあり、
言葉が通じないので授業にならない、その結果犯罪組織に入り、
麻薬ディーラーまで校内に入り込んでいます。

移民を受け入れた国家では、内政問題が即外交問題に発展します。
事の発端は、トルコ人が住んでいる地域で火災が起き、9人の
トルコ人の犠牲者が出た。

トルコ人はネオナチによる犯罪と決めつけ、火さいが起きてから
消防車が到着するまで、異常なほど遅かったと 暴動を起こした。
その上トルコの大統領までやってきて、「トルコ人はトルコ人で
あることを忘れてはならない」と演説して、ナショナリズムを煽った。

ドイツの政治家やメディアは、伝統的に移民に対して寛容な姿勢を
示してきたが、放火か失火か確定しない段階で放火と決め付けたことで
ドイツ人は堪忍袋の緒が切れた。

このような恩義を忘れるような国はEUに加盟させないぞ と宣言。
両国の関係はいっぺんに悪化した。

イタリアは最近中国から毎年多くの移民を受け入れ始めた。
おもに縫製工場中心に大量に受け入れ始めたが、中国人がその工場の
ブランド品のコピーを作って安く売りはじめた。

イタリアの場合ルーマニアからの移民が多いが、ルーマニア人による
殺人が約70件、性的暴行事件は約300件と激増している。

フランスでは移民が大暴動、イギリスではテロを起こすのはいつも
移民の子孫。スペインでも犯罪者の3割が移民。

このような大規模な移民がわが国にどんな災厄をもたらすか、
諸外国の先例が、端的に物語っています。
中川秀直が考えている移民は中国人中心です。恐ろしくて身震い
します。

日本に入ってきた移民に対して,保険証は発行するのか、年金は
どうするのか、在日外国人に選挙権を与えるのか、
単純な問題ではない。
余りにも日本の政治家は勉強不足です。

私はこの中川という政治家を非常に危険な人物として見ています。
はっきり言って中国に取り込まれた 政治家であると思っています。

彼は,古賀誠,二階俊博らと共に、「人権擁護法案」の積極推進派
としても知られています。(「人権擁護法案」の危険性については
過去 私のブログで解説しています、参考にしてください)

「麻生クーデター説」の捏造された謀略を覚えていますか!
仕掛け人は中川秀直です。
2007年9月12日、安倍晋三首相は突如辞任を発表した、突然とも
言うべき辞任宣言には様々な憶測が乱れ飛んだ。その決定的な理由と
されたのがいわゆる「麻生クーデター説」です。

もっとも信頼していた麻生に裏切られたと感じた安倍首相が絶望して
辞任へとつながった。この偽情報により、町村派内で麻生擁立論が
急速にしぼみ、翌日出馬表明した福田康夫に全派閥幹部が支持を
表明した。

そして福田総裁が誕生した。だが、このクーデター説は後に中川氏が
マスコミに流したことが判明した。

今回の福田の内閣改造では本来 中川が閣内に入るはずが彼は外された。
福田は支持率回復のため人気者の麻生を口説いて 幹事長に据えた。
そのときの密約は危険な中川を外すことが条件(私の推測です)

我々はこの得体の知れない危険な中川を注意深く監視しないと、
そのうち日本国は中国人に民族浄化されてしまいます。





ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

1000万人移民政策は絶対反対

管理者さんのご意見に同意するものです。日本の将来を危うくさせる移民政策は絶対阻止しなければなりません。多くのマスコミがこの問題を何故取り上げないのか疑問に思っています。国民が一致団結して反対する必要があります。一国民として、中川議員と大手マスコミに対して下記の意見を送っています。(カナダの中国人暴動記事は字数の関係で省略しています)

中川先生殿
先生は、日本の将来のためにと、移民1000万人受け入れ政策を進めておられます。それが、本当に国益に適うものであれば反対はいたしません。ハンチントンの文明の衝突でも書かれているように、異文明の共存は難しいものです。移民を多く受け入れている欧州の国々や移民国家アメリカでも移民問題が大きくなってきています。まして、反日教育を国是としている国からの受け入れは日本の将来を危うくすると考えております。すでに、大阪のある地区では大きな問題となっています。下記の記事はカナダにおける問題記事です。反カナダ教育を受けていない国においてもこのような状況です。日本の将来を憂う者としては、今の移民政策は絶対許されません。東南アジアからの難民受け入れであれば反対はしません。これからもこのような政策を公約として続ける以上は、自民党を支持するわけにはいかないと同時に、先生には国会議員を辞めていただくしかありません。日本の将来を真剣に考えた政策をお願いします。

多民族共生国家などという愚かな考えは、かつて社民党の福島や辻元などがうるさく主張していたものでした
それに対して表立って異を唱えられない背景には、義務教育の時代に教え込まれた「日本人の島国根性」というマイナスイメージがあります。
多民族を受け入れないような日本人は頑迷でリベラルではないかのように思いこまされ、誰も表立って抵抗出来ないようになった。
今や本当の日本の危機がやってきました。

同じ考えです。疑りたくはないが、
中川秀直→中川(女)→チャイナ・ハニートラップ+チャイナマネー

きれい事の言霊ではなく、ホモサピエンスとして発生した、人間と人間社会が持っている欲と凶暴をわきまえた原理原則を、身に付けていない政治家が歴史的に多すぎた結果が、多くの悲劇を生み続けている。

また人権意識が確立されていない大昔には、権力側が抑圧で移民を押さえ付けることができたが、いまやそれは出来ない。
つまり、国を豊かにする為の移民政策は、日本のような国にとっては、もう時代錯誤の遺物なのだ。結局、他の国の国民の災いを面倒みなくてはならないことになる。シナ人なぞに開放したら、四国なぞチャイナランドにされてしまう事だってありえる。

人間社会の歴史
http://yoiotoko.way-nifty.com/blog/2008/04/post_c836.html#more

他民族きょうせい

移民国家を目指す人々はアメリカ合衆国を
理想の国とみなしているのだろうが
日本はアメリカ合衆国にはなれません。
アメリカ合衆国になるには平野や台地が
狭すぎます。
他民族共生を謳う人はアメリカ合衆国に
移民すべきです。受け入れてもらえるかは
知りませんが。他民族共生は日本人に
とって他民族強制にほかなりません。

愚策

~愚策・駄作・廃国庁案~何を考えているのか分からない人間ですね。
政治家として苦労を考えず、安易な方法で国を維持しようとすること自体が間違い。
政治家を選ぶのは我々ですから、こんな愚政治家は国会に送るべきでは有りません、選挙区の皆さんには是非落選させてほしいものです。

選挙に行こうぜ!

 誤解を恐れず申しますと、今なら数名の血が流れるだけで、危機的状態から(一時的に)脱出できる可能性があるが、これを逃すと、数千、数万、あるいはそれ以上の日本人の血が流れる可能性が大きいということですね。
 支那の傀儡は、現在表立って動いている連中だけではないでしょう。彼らを葬っても、第二、第三の傀儡議員が生まれ、そして蠢くことでしょう。
 支那やその朝貢議員にとっての厄介な存在は、間違いなくネットであり、その規制への動きも止むことがありません。朝貢派が勢力を盛り返せぬよう、良識ある日本人は選挙でその意思を示さねばなりません。そのためには、投票率をいかに上げるかが問題です。
 平素、ネットで問題意識を喚起し、それが投票率へと結びつくようになれば、多くの朝貢議員がその議席を失うはずです。しかし、一方では小選挙区制で選べるほどの候補者が居ないという現実があり、「売国自民議員 vs 売国政党」の議席ぶん取り合戦という選挙区も少なくありません。この白けたムードを変えることが出来るのも、実は選挙です。
 無効票を飛躍的に増やせばいいんです。白票はいけません。開票中継で目立ちません。枠を真っ黒に塗ってやりましょう。そんな票が1/3、1/2を占めるようになれば、次の選挙は必ず「選べる候補者」が現れます。小市民が誰でも出来る、最も効果的な意思表示ではないでしょうか。
 現有勢力にそのまま議席を与え、着実に日本解体へ進むのも御免だし、かといって、売国政党に政権を委ね、それが加速するのは最悪のシナリオですから。

中川秀直

中川秀直・・・正体不明な存在なんですよね。

公開されている情報としては、東京都新宿区出身で、婿養子で中川家へ。しかし、その情報の裏取りしようとすると、出来ないらしいんですよ。何故でしょう?

中川秀直氏の地元東広島は、ブラジル系移民が多く居たよーな気がします。まぁ、遊びに行ったときの感想で、証明できませんが。

あと、マスゴミ出身者らしく、どっぷりマスゴミと繋がっているようです。

二人の中川氏を区別するため、こちらの中川氏は中川(女)と呼ばれているようですね。この人物、女や暴力団との関係で何かと噂が絶えません。半島説もあります。これについては真偽のほどは分かりませんが、やっていることは正にそのもの。

この世から消えてほしいと思えるほど酷い政治家が日本には何人もいますが、そういう人たちは、勝手に政治家になったのではなく、選挙で私たちが選んで国政に送り出し、政治家にした・・・。
国民が、もっと賢くならないといけないと思います。

世界で続々と多文化共生終了のお知らせ
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/51982608.html

生活保護を受給する外国人世帯が急増
http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/51989115.html

ある移民受け入れ後の日常風景
(これがブラジル人)
http://jp.youtube.com/watch?v=JUGp5mwTRIM

麻生さんが幹事長を引き受ける条件として、選挙対策委員長を従来の様に幹事長の下に戻す事を要求して福田も一旦は了承したが
古賀に恫喝されて撤回したという優柔不断ぶりを見せたと他所のブログにありました
また福田は中川秀直を改造内閣に入れなかったが、代わりに国家戦略本部長代理に就任させた(部長は福田)
それは中川が自分の提言、移民1000万受け入れを推進できる立場になったということではないのか
どうも福田の中途半端な、どちらにもいい格好しようという、足して2で割る的な姿勢はかえって悪い方に作用している感じがする

21世紀はシナ人の時代

>>中国人がその工場のブランド品のコピーを作って安く売りはじめた。
 ブランドの付加価値で保っているイタリア製品で是をやられたら、イタリアブランドはお終いですね、偽アルマーニ、偽グッチ、偽フェンディなら、今でも韓国製、香港製はあるでしょうが、本土のシナ人が造る偽物は、ホンモノの信用をとことん貶める方向で造られるから、信用も何もかも滅茶苦茶になる懼れがあります、つまり、低質、低価格、大量と言う三拍子、終いには、冗談のような「オリジナル」を創り出されて、そのうち「独立」される、グッチ成らぬクッチとか、フェンディならぬペンディとか(嗤)、しかも、それが、シナ国内なら合法と認定されますから、一貫の終わりですね。

 金になるモノなら、骨の髄までしゃぶり尽くすのがシナ人の商売の基本です、逆に言えば「儲け逃げ」ダケしかできないから、創業100年を超す大企業も老舗もブランドも育たない、是で4千年の歴史を誇るとは片腹痛い、喩え共産シナではなく、シナ人が関わる経済圏全てを見渡しても、何処にシナ人オリジナルの企業が有ろうか、日本がその創立~育成に大きく関わった台湾企業を除けば、有名なのは精々、インチキ塗り薬メーカー位ではないだろうか。

 21世紀はシナ人の世紀と言う人が居ましたが、彼が云う意味とは全く違った意味で、シナ人が世界で目立つ世紀に成るかも知れませんね、14億人の自滅は凄まじい限りでしょう、とばっちりを受けるのは必至、早く総理大臣を替えましょう。

変な君が代

昨日、オリンピックの北島氏の表彰のシーンを見ていたが、
君が代に『銅鑼の音』が入ったんだが何故だ?
国土よりも先に国家が売られたのか?

中川は危険だが、野田聖子も十分危険だと思う。なぜか『売国議員リスト』に入っていないのだが・・・。即リスト入りさせ警戒を厳にしないといけません。

訂正

×  国家
○  国歌
失礼!

TVで放送していた出来事だが・・


学校で「頂きます」といって手を合わせることが、
宗教儀式みたいで不快感?
それ言う親はどこの人?

結局、笛の合図で食事するって・・・なんか
言いなりになる学校のほうも可笑しくない?

撥ね退ける強い意志、正しい日本人の考え方が必要な時だろう

ドロドロ 中川秀直

ベトナムが力ずくで中国人を追い出したようなことが出来なければ、一国の中に自治区を作ってしまう方向性を持っています。
今の時代、そのようになってから強権的にことを行えば、摩擦が大きいでしょう。
この単に人口を増やす為などと外国人を増やすことは多くの問題を引き起こすと容易に想像出来ます。
身近なことで例えると都市部では駅のエスカレーターでは左側に歩かない人、右側に歩く人と暗黙のルール。
乗り物は降りる人が先、乗る人が後。乗り物では食べ物を食べない。
高齢者には席を譲る。
大声で喋らない。携帯で通話しない。
法律で禁止されている訳ではないこのようなルール。
日本人自体でも問題があるこれらのこと。説明をしても、中国人に守れるでしょうか。
日本人とのトラブルが増えるだろうと想像出来ます。
多くのデメリットのある大量移民。国を壊すようなことは許せません。
相変わらずの利権ですか。黒い中川秀直元幹事長。

すげえ

中川許さん!

私も大変心配しています。

中川秀直の1000万人移民受け入れ構想は、まさに2000年以上もかけて築いた日本民族国家を破壊します。彼は、日本の少子化と経済維持に絡めたことを言っていますが、国の豊かさは、人口の大きさではないのです。国民の質そして高度な国家、社会の成熟度によるものです。

冷戦以後、ユーゴの血で血を洗う民族紛争も記憶に新しいことです。アラブとユダヤの対立、そしてオイル利権に群がる米国、ロシア、中国などの動きも危険な綱渡りをしています。

世界には多くの紛争・戦争がありますが、その中でも民族、宗教対立は特に醜いですね。このような現実が世界にあるに係わらず、中川秀直が日本を移民の国にするなど狂気の沙汰です。すでに特亜国からの異民族流入は急激に始まっており、世界一安全な国であった日本がおかしくなりつつあります。このようなことは日本国民全部の結束にて絶対に阻止をしなくてはなりません。遅すぎてはいけないと思います。

「一時避難民」でさえ帰国しない

 ものの本によると、国家の構成要素は、国民、領土(国土)、主権の3つだそうです。政治機構などは、その次です。
 ターゲット国を破壊したい者なり、富を簒奪したい者が、その3つをそれぞれ攻めるのは自然ではあります。
 国民(国家構成員)をバラバラにする。伝統を破壊し腑抜けにし、歪んだ個人主義を持ち込んで「日本人意識」を希薄にし、とどめに外国人を受け入れさせる。
 日本領土はすでに蚕食されており、しかるべき機関が最大限の努力をせず、外国に実効支配を許している。
 主権を奪うためには、外国人に参政権を与えようとしたり人権擁護という逆差別を持ち込んで、日本国民の決定権を希薄化しようとする。
 これらは、日本国は日本人だけのものではありません、と認めさせようとするものです。

 そんな理念を置いとくとしても、移民計画はプランとして不完全です。移民受け入れのメリットやビジョンが示されていません。特に、想定されるリスクやデメリットが示されないのでは、企画としてはゼロ点であり、実施に値しません。国レベルの政策を、やってみてダメでした、では取り返しがつきません。いち企業の新商品ではないのです。
 敵は、少子高齢化対策を第一の名目にあげるでしょうが、外国人犯罪者の最も多い国なり、犯罪リピーターの多い民族を選ぶなどは、正気の沙汰ではありません。高齢者や社会弱者を犯罪者の餌食にするものでしかありません。そして、犯罪者が美味い縄張りを手放して帰国するなど、ありえないのです。

でしょ?

中川さんって「元在日」だから移民は普通のこと。
自分も移民の一人だから。
どこかのブログで見ました。

日本から出て行って欲しい政治家:
中川秀直
山タク
加藤
オザワ
これが実現できれば,かなり風通しが良くなるでしょうね。

売国議員を生み出す選挙区

よく中川秀直やら、加藤紘一やら、山崎拓、高村正彦etc・・・等の
売国政治家を落選させよう!との意見を2chあたりでも見かけます。
ところが、この手の輩を出す選挙区には、どうもマトモな対抗馬が
出ないらしいんですよね。 野党が有力な対抗馬を出さなかったり、
選挙を目的として帰化した朝鮮人だったり、 他に選択肢が居ないそうで。。
エロ拓(山拓)の福岡の選挙区が、その代表例として有名だったんですが、
どうやら、全国的に売国奴排出の選挙区はどこも同じみたいなんです。
「馬鹿vs売国奴 とか 売国奴vs超売国奴」 なんて選挙区がワンサカ。。。

やっぱり本物の保守政党を誕生させないと駄目なんですよ。

>中道さま、管理人様
 ブログ「賤人の独り言」さんのところで福田改造内閣の大臣たちの売国奴ぶりが、よくまとめられています。
http://tafu.iza.ne.jp/blog/entry/666554

【総務】増田寛也

【法務】保岡興治(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派)

【外務】高村正彦(日中友好議員連盟会長)

【財務】伊吹文明

【文部科学】鈴木恒夫(靖国代替追悼施設推進派)

【厚生労働】舛添要一

【農林水産】太田誠一(人権擁護法案賛成派)

【経済産業】二階俊博(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派)

【国土交通】谷垣禎一(中共のハニートラップに嵌り済み)

【環境】斉藤鉄夫(公明党)

【防衛】林芳正(北京五輪を支援する議員の会幹事、日中友好議員連盟事務局長、古賀誠系、村上ファンド関連)

【官房】町村信孝(日中友好議員連盟副会長)

【国家公安・沖縄北方・防災担当】林幹雄(靖国代替追悼施設推進派)

【金融・行革・公務員制度改革担当】茂木敏充(村上ファンド関連)

【経済財政・規制改革担当】与謝野馨(人権擁護法案賛成派)

【科学技術・消費者行政・食品安全担当】野田聖子(靖国代替追悼施設推進派、人権擁護法案賛成派、古賀誠系)

【拉致問題・少子化・公文書管理担当】中山恭子

【官房副長官】岩城光英

塩谷立(靖国代替追悼施設推進派)

 ...そして付け加えるなら
【内閣総理大臣】福田康夫
 ・中国の外務省に知己が多いという親子二代に渡る媚中派。
 ・総理への選出が不透明。読売新聞社社長渡辺氏、日本
  テレビの氏家氏ら数人が麻生氏排除のために選出した。
 ・小和田家ときわめて仲がよい女性天皇推進派。
 ・国家観なし。国民無視。移民推進派。「人の嫌がることはしない」を外交の信条とする。
 ・30万人の留学生を入れる計画を推進。
  一兆円を超える予算が必要。一方、日本人に奨学金が当た
  るのは現在、申請者の5人に1人程度。日本人に高等教育
  を極力受けさせないように日々努力している。

【国家戦略本部長代理】中川秀直
 一千万人の外国人移民を受け入れる計画の立案者。
「改革を徹底して進めてほしい」と福田首相より代理就任を求められる。移民基本法の制定、民族差別禁止法の制定、移民庁の創設 の三つの法的整備を日本国の国家戦略として推進中。
  


日本の若者は このままでいいの?

>・30万人の留学生を入れる計画を推進。
  一兆円を超える予算が必要。
一方、日本人に奨学金が当た るのは現在、申請者の5人に1人程度

これも絶対におかしいですね。経済的な理由で大学進学を諦めざるを得ない日本の若者達は、このままおとなしくしているつもりでしょうか? 


日本人に高等教育 を極力受けさせないように日々努力している

↑としか考えられませんね。国民が声をあげないと売国奴たちにいいようにされます。
選挙には必ずいきましょう! 

私も移民受け入れには大変危機感を覚えています。排他的とかそういう問題ではなく、実際にパリやロンドンの状況を見た結果です。犯罪が増え、街が汚れ、人種間の対立が日常化し、日本の良いものが全て消え去ってしまう…そんな国に絶対なって欲しくありません。日本人はここにいらっしゃる方だけでなく普通の方もそれを許すようなことはしないと思いますが。
とにかく気をつけていましょう!中川秀直氏には要注意ですね。

「他民族共生国家」の恐ろしい毒について私は、自分が外国人として海外でくらして、いろいろと感じるところがあります。

私は、日本で産まれポーランドとフランスに外国人として居住していますが、フランスは、他民族共生国家という意味で、日本とポーランドとは別世界です。

そのあり方の違いそして、良い面、悪い面などについても私のブログでもいろいろと書いておりますので、お時間ございましたら読んでいただければ幸いです。

 中川秀直は、帰化したシナ人らしいですね。
ハニートラップにやられて言う事をきいているのでは
なく、嬉々として同胞を暮らしやすい日本に呼び寄せ
たがっている。
原爆にやられた広島、長崎、大空襲でやられた東京
などは、一家全滅した家庭の土地だけでなく、戸籍も
のっとったなりすましもいるとききます。
 出自をさかのぼって調べようとすると、圧力が
かかって中止になったり、資料が火事やら何やら
不自然なかたちで消失しているパターンでは、
小和田雅子ファミリーがあります。
なぜか、反日国家、韓国の人達がつくった、
雅子が愛子さまを抱っこしている銅像がどこぞに
あるそうです。
命がけですが、なりすましの朝鮮人をみわけるには、
「ペックション」とくしゃみをしてみる。
中国人をみわけるには、「天安門」の話をふる、と。
いついかなる場合でも、ペックションは厳禁ですが、
(徒党を組んで、信じられない形で報復してくるし)
支那人の強盗が家に来た場合、天安門は一瞬でも
ひるませる効果があるかもしれませんね。

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/314-df0523ba

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。