スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中友好というまやかし   7月17(木)


昨日は加藤、山拓の裏切りについて書きました。

人間は誰でも良心を持っている、自分の利益だけで動く時も、必ず
自分の行動に対する大義名分をもっている。そのことで良心を麻痺
させてしまいます。

加藤や山拓の大義名分は、中国や北朝鮮を近代化させることは、日本
のためである、これらの独裁国家を援助することによって普通の
民主国家にしていくことは自分の使命である。

そのために日本の税金を使おうが、拉致被害者の生命など大事の前の
小事である。おそらくこのように考えているから 日本国、あるいは
日本国民を裏切っても 平気でおれるのではないかとおもわれます。

ところが中国人は自分の良心を麻痺さす必要はない。利益が善,
利益を得るためには、いかなる悪徳非道なことでも できるのです。
良心を麻痺さすことも 良心の呵責も関係ないのです。

私がこのようなことを書けばかならず「それは言いすぎである、中国人
も同じ人間である、中国人に恨みでもあるのか!」と必ず言われます。

しかし中国二千年来の歴史をながめたとき、納得できます。

中国民衆は何千年間、いつも飢餓の線上でもがき、命を保つためには、
互いに欺き,だましあい、相手の命を奪わなければ生きていけなかった。

だから中国社会では汚職、不正が横行し、言うこと、なすことが不誠実
なのです。

戦後 毛沢東は「百家争鳴、百花斉放運動」を展開 政府を自由に
批判してもOKです。中国は変わりました、と宣伝。

毛沢東の本心は陰で批判している知識人をあぶりだして 表に出させて
抹殺することが目的だった。

これに嵌まったブルジョアや知識人が安心して、本心を隠すことなく
吐いてしまった。「まってました」とばかり、これらの人たちを一斉に摘発、
して、殺してしまった。50万人~100万人ともいわれています。

毛沢東はソ連を真似て、秘密警察を作り、チクリ、密告を奨励した。
このことによって罪も無い人が大勢 摘発され殺された。

このような中国社会で長年暮らしている中国人は、日夜不安と恐怖に
おののいて誰も信じられなくなる。
自分の弱点、秘密を一番知っている妻が一番 恐ろしいことになります。

中国人がよそ者に対してだけでなく、仲間に対しても猜疑心や敵愾心が
強く、結果 嘘を嘘で塗り固めてしまう。

中国人気質を甘く考えている日本の中小企業が 中国で無事に会社経営
を全うするなど、どんなに難しいかよく分かっていただけたとおもいます。

中国は中国自身の利益しか考えない専制国家であり、いつ法律を突如
変更して外国人の利権を取り上げるか分からない国であることを
忘れてはならない。

話は少し飛びますが、数年前に突然 大阪商工会議所から講演を
依頼されました。「失敗しない中国進出のために」というテーマです。

私の前に「日中投資促進機構」の事務局長の方のお話があり、皆様に
20ページほどある立派なプリントを配り、その中には、世界の
対中投資動向やその他の細かい数字が羅列していました。

しかし お話の内容はあまりにも能天気で怖くなりました。
「中国側の希望・要望を感じ取り、できるだけ協力する姿勢、
何でも相談を持ちかけられる関係構築、中国側のメンツを重んじる、
筋、ケジメをきちんとつける、」

話を全て覚えているわけではありませんが、事務局長の話で背筋が
寒くなりました。投資促進機構の名前の通り投資を促進さすために
彼は講演しているわけだから、仕方がありませんが、信じた企業は
必ず痛い目に遭います。

その後で講演した私は 急遽話を変えて、上記に書いたような中国人
の本質、危険性などを例に挙げてお話しました。

どちらの話を信じたか分かりませんが、結果として投資促進機構の
邪魔をしてしまいました。

日本には「日中間の交流活動を支援する」という美名の下に
日中友好7団体が存在します。

日中協会 (会長は野田毅)
日中友好協会 (会長は加藤紘一)
日中経済協会 (会長は張冨士夫)
日本国際貿易促進会 (会長は河野洋平)
日本中国文化交流会 (会長は辻井喬)
日中友好議員連盟(会長は高村正彦)(副会長は町村信考、鳩山由紀夫)
日中友好会館 (会長は林義郎)

この有名な7団体以外にも数多くの日中協会が存在します。
先ほどの講演をご一緒させていただいた日中投資促進機構などは
かなり知られています(会長は豊田章一郎)

なぜこのように多くの「チャイナサービス友好協会」が存在して
いるのか、何故必要なのか私には理解できません。

これらの協会の会長の名前を見ただけで全て理解ができたと思います。
日本の国益より中国の利益優先です。

中国には必ずこれらの協会と同じ名前の協会が存在しています。
例えば「日中友好協会」-「中日友好協会」
「日中投資促進機構」-「中日投資促進委員会」

これらの協会は「お互い交流しながら 情報を交換して相互理解を
深めている」といっていますが、殆ど中国の思いのままに動かされて
います。

例えば日中投資促進機構は「投資を巡る問題が起こると日中一体と
なって問題処理を行う」と言っていますが大企業のことは、
知りませんが、中小企業は殆ど泣き寝入りです。

5月の胡錦濤訪日の時これらの7団体その他1300人が集まり ホテル
で歓迎レセプションが行われた、胡主席が来場すると まるで天皇陛下
をお迎えしたような 厳粛な雰囲気で、大きな拍手で迎えた。

胡主席は「友好7団体の皆さんは、日中友好の功労者、未来を切り開き
中日友好事業を促進するよう、手を携えて努力することを期待します」
と挨拶した。

これを直訳すると、「もっと中国のために尽くせ、まだ努力が足りない」
と叱咤したのです。
本来なら中国のために尽くしたこれらの団体に対して感謝を述べるのが
筋ですが、「もっと中国のために努力しろ」といったのです。

ところが会場にいた日本の著名人たちは感激して ひときわ大きな
拍手が鳴り止まなかった。

壇上にいる胡主席の国は近代化には程遠い後進国であり、
日本の国民の6兆円の援助と、日本の技術でやっと経済大国に
なれた国です。まずそのことに感謝を述べるのが先決です。


今日は長くなってしまいました。
最後に 日本の繁栄と幸せは中国には存在しなかったことを、私たちは
先の大戦で充分に学んだはずだが、またしても同じ過ちを犯しています。






ffff ← クリックしてもらえると励みになります。

コメント

人口が金

人口が金に見えるのでしょう、1%が購買力を有すれば日本の人口を上回る、幻想を抱くでしょうね。まして今は車が売れ、新幹線が走り、ビルが並び、人件費が安い、しかしもうすぐ人民を騙す道具に社会保険制度を完備しろ、途中でのリストラは許さない、と日本企業は叩かれる事が目に見えるようです~慾をかくと碌な事は有りません。
彼らの変わり身の早さ「七面鳥」の比では有りません、「風見鶏」が騙され靖国神社を政争の「具」にしてしまった様に何処から文句をつけてくるか判らない、軍事力を有した戦前ですらあのザマ徒手空拳で外務省が当てにならない日本企業はどうするのでしょう???
株のお好きなチャイナの人達、日本企業の株も当然手に入れるでしょう、この分野だけでも金の出所をしっかり把握しておかないとアメリカと思ったら中国企業に成ってしまった~じゃ済まされません。

まったく同意します!

中国民衆は何千年間、いつも飢餓の線上でもがき、命を保つためには、
互いに欺き,だましあい、相手の命を奪わなければ生きていけなかった。

私もまったく同じ考えを持ちます!

大陸(特にユーラシア大陸)は常に民族の紛争から、交渉術が長け(狡猾)、騙し、騙され、殺し、殺され の歴史が討論や軍事力に反映したのですよね。

職人の私でもわかります。

これからも 良い話をお願いします。

追記

余計な投稿 お許しください!
私が中学生ですから、35年ほど前です。
英語の時間でCLEVER,WISE(スペルは??)ですが
よく理解できなかった思い出があります。

もう 還暦も過ぎたのでわかるようになりましたが、でも いまだに
疑問符がつく(昔 親からお前は○鹿正直すぎると言われた)

蝦夷系 日本人です。

右手で握手しながら左手で頬を叩く国民性

管理人さんの言われる通りです。中国の歴史を知ればわかります。豚を乗せた船が沈んだときに、助けられたのは豚で持ち主は殺されました。それが中国です。中国の怖さは、軍事力ではありません。冷酷非常な民族性です。毛沢東が行った「大躍進」「文化大革命」によって殺されたのは善良な市民で、生き残ったのは「人を殺すことに良心の呵責を感じないヤクザ人間です」。文化大革命で生き残った人間が今の政治指導者になっています。表面的な言葉に騙されてはいけません。何も言わなければ大丈夫などといった考えは甘いです。何も言わない、言えない良心的な人が犠牲になっていきました。政治家の中には、それを知った上で親中行為をしている人がいるかも知れません。そのような人は、弱みを握られているか利権を目的にしている政治家です。今一番の問題は、目先の利益しか考えない経済界と中国の非道を知っていながら報道しないマスコミです。多くの韓国企業が中国から夜逃げしています。夜逃げでなければ逃げられないしくみになっています。管理人さんのブログは正しいと考えています。中国・朝鮮に騙されてはいけません。

真実の大義名分はどこにある


中国は儒教の国、信仰も共産党政府が許可し、管理している。
信仰を待たない人間が多い。
そういう人間は平気で大きな罪を犯す。
『自分のために』奪う。

真実を知らないと言うことが周りだけでない、
本人を恐ろしい目に遭わせる事になる。それは、
まっ赤な焼け火箸が 熱いという事を知らずにしっかりと
握りつかむようなことをするから大火傷をする

信仰あるものは、良心がある。
罪を犯すことがあっても
熱いのが、判っているから、加減というものがわかる。

「たましいに取り返しの付かない
大きな火傷を負う人々」が
中国には多いということだ。

来世も地獄も知らぬから、恐れも無く、
他のものに対して、慈悲など期待しても無く、
「何の遠慮もない」ということだ

それは気をつけなければいけない。
それは知っておかねばならないと思う

朝鮮人、怖~い

http://killkorea.iza.ne.jp/blog/
朝鮮人、完全に狂っていますね。同じ人類とは思えません。
説明不要ですね。怖いですね。連中の仲間がたくさん日本に住んでいますからね。世界中から嫌われるわけですね。これを見て悲しんでいる朝鮮人もいるはずですが、命が惜しいですから何も言えませんね。朝鮮民族の恥ですよ。精神異常者ですよ、全員。在韓邦人救出のため、国連軍の派遣を検討してほしいですね、まったく。事務総長が朝鮮人では無理ですかね。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
こちらのブログは、割合的に多い。いつも気になります。大丈夫でしょうか。
愛国ブログ、反日組織を暴いて批判していたブログが、非道な攻撃脅迫をうけた例があったと聞きますが・・・・
応援しています。

まともな意見、真っ当なコメントを増やして応援します

いつも読ませてもらっています。

まともな意見、中身のある意見を増やして、非道な攻撃の数(割合)を相対的に縮小しましょう。応援しています。

中国に進出している企業や融資を促す人間はいつまで魂を売り続けるつもりなんでしょうね?
またそれらの企業に所属してて気づいているけど、仕事についている人もど同罪です。
大げさなと思われるかも知れませんが、既にそう言う声は出始めています。
そろそろ個人個人が自分がどういう人間か宣言しないといけない時期だと思います。

いつも拝見させて頂いております。

中国、本当に恐ろしい国ですね・・。
さらに恐ろしいのは中国の本質を多くの日本人が知らないこと・・。
私も最近ようやく目が覚めました。ありがとうございます。
微力ながらできるだけ多くの人に真実を伝えてゆこうと思っています。

飲酒は罰金

過去スレで書かせていただいた暴漢乱入事件で、警察で事情聴取されたときのこと。
まあ、ダラダラと時間をかけ、人を待たせて、金をせびる(示談をうながす)タイミングを計っているわけです。いいかげん嫌になって回りを見渡すと、壁に一枚の張り紙が。
どうも、警官の勤務規定を書いてあるようなのですが、そのひとつに、
「酒を飲んで勤務したものからは罰金を取る」
と書いてあるように思えるのです。
それで、付き添いに来ていた中国人通訳に確認すると、そうです、と。
「やはり、警察はそういう面は厳しいですから」
……おいおい(笑)

するとなにか?この国の警察官は罰金を取ると張り紙されないと勤務中に酒を飲むのか?
警察署内にそんな張り紙をしなければならないこと自体恥ずかしいとは思わないのか?
と突っ込もうとした気力が急速に萎えて…。
そういうふうにネガティブに考えないで、良いことを書いてあるとポジティブに受け取るべきだ、とか言うんだろうなぁ、と。

「中国にもちゃんとルールはあります」と胸を張る中国人がいますが、彼らのいうルールとはそういうことだとよく理解しておいてください。強制力とペナルティーによって「従わされる」のがルールであり、だれも見ていないところではそのルールから解放される、というのが彼らの基本的スタンスです。
日本で一見マナーよく生活をしている中国人は、異国というプレッシャーのもとで芝居をしているにすぎません。ゴミを道端に捨てるよりはゴミ箱を探して捨てるほうが自分自身が気持ちいい。そういうレベルには到底達していない。彼らの心の中には神も仏もいないのです。

こんなひとたちが世界にはびこったら、地球は本当に「猿の惑星」になってしまいますよ。

パトカーは私物

中国の上級警察官はパトカーに乗って出勤します。ひどいのになると、自分のアパート近くに常習の路上駐車、です。
先日私と同じ棟に住んでいる独身の警官が女性を助手席に乗せて帰宅してました。警官本人は部屋に何か用事があるのか、エンジンをかけたまま不在。女性のほうはひたすらパンかなんかをパクついてました。
どこかの「散髪屋」から拾ってきたのか?
よくわかりませんが、そういうのがこちらの日常です。

警察署に置いておいたら盗まれるから俺が保管している、とかいうのでしょうね、わかってますよ(笑)。

先日の捕物

つい2週間ほどまえに、会社の前の路上で逮捕劇がありまして。
会社を移転するために、希望退職者をつのったのですが、最近の労働法改定で、解雇時の給料保証がべらぼうに高くなりまして。
それが施行される前にやめたものが、くやしまぎれに現役の工員をゆすったのです。何人も被害が出ていると報告をうけて、そのうちのひとりに「今は金がないから、後日待ち合わせよう」と言わせました。
その受け渡し現場に私服警官を8人張りこませたわけです。
一件落着。

えっ?中国の警察も仕事するのだなって?
そういうこともありますよ。署長に金さえ渡しておけば。

五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か

■印刷版


http://jp.epochtimes.com/jp/2008/07/html/d75767.html

【大紀元日本7月16日】情報によると、今年7月に入ってから、五輪ヨットレース開催地の中国山東省青島市で原因不明の疫病が流行し、15日の時点で、青島の市街区だけで感染者数は16万人に達し、死亡者数は1251人に達したという。

 海外のいくつかの中国語メディアの15日の報道によると、現在、青島大学の付属病院、青島市立病院などの大きな病院では、毎日数万人規模で患者が詰め掛けているという。これらの患者に共通の病状は、激しい頭痛、嘔吐、高熱である。多くの高齢者と児童は病状がより激しく、肝臓、腎臓、呼吸器などの機能障害を併発した患者も少なくない。

 感染者の増加とともに、市民の不安も日々広がっている。青島市の衛生部門は、人々の不安を緩和するために、メディアを通じて、今回の感染症はインフルエンザであり、大規模な流行は起こらないという専門家の考えを強調している。

 一方、7月12日に青島市政府は全市の衛生局、疾病制御センターなどの関係者を集めて研究会議を開いた。会議の席上、今回の感染症は流行性脳脊髄膜炎に似ていることが報告された。その上で、間もなく開催されるオリンピックのヨットレースに影響を与えないように、今回の感染症情報を最高機密として扱うことが決定された。そして、各級の衛生医療部門に、患者の情報が外部に漏れないよう指示し、すべての可能な手段を使って患者を強制的に隔離するよう要求した。また、この会議では、内部には厳しく対処し、外向けには穏やかな雰囲気で行ない、対外的にはやはりインフルエンザであると宣伝することが決定された。

 同情報は山東省と青島市のインターネット掲示板でも話題となっていたようだが、すべての関連発言はすでに削除されている。


(08/07/16 01:31)

コメントの投稿

投稿コメントは承認後に表示されます。紳士的でないコメントは承認しかねますのでご了承ください。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://kkmyo.blog70.fc2.com/tb.php/300-c3b1b7e9

著書

辻本貴一の本 辻本貴一の本

ブログランキング

人気ブログランキングに参加しています。 ↓クリックすると投票されます。

励みになるのでお越しいただいたときはクリックしてもらえるとうれしいです。
 m(_ _)m         ⇒ランキングを見る

スポンサー

おすすめの書籍

最近の記事

最近のコメント

FC2Ad

/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。